青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「栗~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

染~ 染め~ 柔~ ~柱 柱~ ~柳 柳~ 柵~ 柿~ 栄~
栗~
校~ 校長~ 株~ ~根 根~ ~根拠 根拠~ ~根本 根本~ 根柢~

「栗~」 1807, 20ppm, 5882位

▼ 栗~ (911, 50.4%)

113 木の 52 木が 34 木は 22 木に 19 実を 18 木の下に 14 木を 13 実が 9 木も, 木や, 樹の, 花の 8 いがの, やうに, 毬の, 花が 7 やうな, 大木が, 木から, 木には, 花 6 きんと, 実の, 木, 木の根もとに, 林に, 樹が, 花は, 青毬 5 いがが, 毬が, 皮を, 葉を

4 [12件] いが, いがは, 大木の, 字を, 実, 条下に, 林の, 果は, 梢に, 毬を, 葉が, 葉の

3 いがかな, きんとん, ような, 實が, 木だ, 木の下で, 木の下へ, 梢から, 梢を, 毬は

2 [52件] いがでも, いが栗は, ように, アクを, イガを, 下を, 全身に, 古樹, 味よ, 声が, 大木に, 大樹の, 季節である, 実は, 実ほどの, 実や, 實の, 木で, 木である, 木栗の, 木立の, 木花さき, 木花さはに, 木落葉する, 林で, 林なぞは, 林には, 果で, 果を, 枝, 枝が, 枝に, 梢の, 樹に, 殻を, 毬彙が, 毬毬は, 渋皮を, 皮の, 立木でした, 立木も, 緑葉の, 花である, 花でした, 花ぶさ返り咲き, 花柿の, 芽生と, 若木の, 若木は, 葉は, 袋を, 青いイガ

1 [273件] あを, いがって, いがに, いがばかり, いがも, いがや, おたんちん, おぼろきんと, かわりに, くわんづめ, くわんづめが, こ, こずえに, こずゑのあはれなるとなりの榧, ことを, ご飯が, さかりで, しだり, しるしを, たくさんできる, たれはな刺, にぶい声, のこりは, はいった餡, はうは, はしり哉, はな, ふくませなぞ, ほうを, ゆだり上り, アイスクリームうまし, イガだ, イガの, イガは, バ, パンケーキ, プディングが, プデン, プデンが, プデンや, 一つ宛落ちたるは, 上から, 下には, 下影, 下枝の, 並木に, 並木道が, 並樹道に, 中から, 丸太が, 丸木に, 二つの, 二升ばかりを, 伝説が, 優品で, 出る所, 刺が, 匂, 化物の, 古木の下, 古木は, 含ませは, 含マセ煮, 味が, 味と, 味は, 味を, 嘉三郎旦那じゃ, 図, 在る塲所, 堅い皮, 多い林, 大いなるを, 大きな石造, 大木は, 大木へ, 大木へと, 大木真黒に, 大樹が, 如く尖つた頭, 季節は, 定見世, 実さ, 実だの, 実でした, 実などを, 実はいたる, 実はなかなか, 実は拾, 実は日に日に, 実みたい, 実りて, 実る季節, 宮, 宮に, 密林を, 實, 實で, 實でした, 實よりも, 實を, 小枝, 山には, 山を, 幹の, 強飯, 強飯売家の, 感じは, 文中には, 新種をも, 方へ, 方を, 時何者をか, 木ありがたう, 木ありがとう, 木からも, 木がには, 木がらひら, 木さえ, 木じゃ, 木その他の, 木だの, 木ぢゃないぜ途方も, 木では, 木でも, 木と, 木といふ, 木とか, 木とが, 木とは, 木なども, 木なら, 木なんて, 木にな, 木の下といふだけ, 木の下には, 木の下の, 木の下まで, 木の下を, 木の根もとで, 木の根もとには, 木の葉の, 木はちよつと, 木ばやしの, 木へ, 木へも, 木まだ, 木まで, 木より, 木らしい, 木下駄を, 木今夜の, 木屑を, 木杉の, 木柿の木に, 木榛の木などの, 木死ん, 木立に, 木蔭に, 木見, 木起きろ, 木食っ, 本とい, 本を, 材を, 林は, 林へ, 林も, 林丈高き, 果横丁そっくり, 果横丁を, 枝で, 枝の, 枝へ, 根元を, 根株に, 根株へ, 梢で, 梢なぞ, 梢も, 樹, 樹から, 樹と, 樹は, 樹ばかりの, 樹や, 殻の, 殼が, 毬, 毬とは, 毬も, 毬殻に, 毯の, 水っぽくぺちゃぺちゃな中身, 沢山ある, 渋気, 湯煮た, 滑かな, 澁が, 煮たの, 生え茂った絶頂, 畑も, 番に, 発育, 皮が, 皮だけが, 皮剥て, 矮林を, 砂糖漬で, 穂と, 穂の, 穂を, 穗の, 笑うこの, 粒を, 繁みに, 罐詰と, 老樹の, 背っくらべだ, 背競べに, 背競を, 自生地が, 自生地は, 花ちるてら, 花に, 花のに, 花ふさふさ, 花や, 花アヴォンの, 花咲きこぼれたる, 花咲く, 花四十路過ぎたる, 花成程, 花旭に, 花盛りの, 花萱の, 花蝋燭の, 花降り, 若木には, 若葉で, 若葉の, 落ちるころ, 落ちる西, 落ちる音, 落葉が, 落葉は, 葉に, 葉も, 葉をか, 葉沈む, 虫だの, 虫蜻蛉虻蝶蜘蛛芋虫白樺の, 角材を, 記事が, 訛で, 話が, 話を, 赤葉に, 辣みたいに, 金団だ, 金団なんぞは, 門柱に, 間で, 関係は, 陰影に, 電燈は, 青きは, 青葉に, 頭の, 頭を, 頭髪も, 頭髮も, 飯を

▼ 栗~ (176, 9.7%)

5 出して, 拾いに 4 入れて 3 むいて, もって, 投げて 2 くれないか, たくさんとりました, ゆでて, 取りに, 拾は, 持って, 買うと, 買って

1 [137件] あてがって, うるを, うんとひろった, おいて, お三寶, かき出して, かじり始めた, くい餅, くべて, くれたの, くわんづめにしたのです, しこたま購, して, たべたり, たべねえか, ちょっとしたお, とつて, どっさりひろっ, ならべたよう, ひろい給うなかれ, ひろっては, ひろひながら, ひろひま, みつけた, みんなに, みんな川端夫人に, むいたり, やいてて, やくとて, クリとして, バターと, 一人で, 上げない, 二つ, 二つとりました, 五つだけ, 五年生と, 仕入れする, 傍山の, 先生に, 八斗あとで, 剥いて, 剥きつ, 剥き始めつ, 剥き茶, 剥ぐとて, 取りて, 取り出すやう, 取る方, 含ませ煮に, 喰うべよと, 喰べて, 噛みながら, 噬り, 堆く蜜柑, 塩尻に, 売って, 密柑と, 干して, 思ひ出したと, 懐柔した, 我がシバグリ, 我がタンバグリ, 我が中グリ, 括つた, 拾いだす同じ, 拾うに, 拾うまいと, 拾う譬, 拾おうとして, 拾ったこと, 拾つた故郷の, 拾つてゐた, 拾つて來たり, 拾わしめようと, 拾わねば, 持ち直して, 持て入って, 採りに, 搖り落した, 摘みながら, 摘んだ, 放たしむると, 放ちて, 数えた手, 数えて, 日本中に, 植えること, 植ゑたり, 殻ばかりに, 比ひなき, 水の, 沢山採っ, 湯煮, 火鉢の, 焼いたり, 焼く匂い, 煮ながら, 燒い, 燒き, 燒く, 爐に, 献つた人が, 献上した, 皮の, 盗みに, 石で, 破り梃, 空高く, 穿つ, 米一升に, 茹でましたから, 落して, 落してなりと, 落す, 蒸して, 袂に, 裏の, 西洋料理に, 見せて, 見たがったり, 見て, 試みに, 買ったそして, 買つて月の, 送つて, 電灯の, 頬の, 風呂敷へ, 食うが, 食うぶる童, 食ったこと, 食ふ, 食べた, 食べたいな, 食べたこと, 食らおうと

▼ 栗~ (60, 3.3%)

2 ころ, ころころぱちぱち, またすがれ, まだ枝, 再び目, 天然の, 少なく釧路

1 [46件] あらはに, いかが, その幹, その椎, つぶは, ないや, ないやう, ひりひてさ, シヤアテエニユといふ, ジウジウ汁を, 一つだ, 一つも, 中国の, 今年で, 十年しか, 即其なごり, 同国の, 君が, 堅いこと, 多く実, 子がにを, 少しは, 心よわく, 日本に, 日本には, 日本の, 有名な, 本た, 栗とて, 毬を, 気が, 汗ばむ, 無いかと, 無いでしょう, 煙草を, 生の, 私の, 笑んで, 花巻で, 落ち土, 裸にて, 親鸞上人の, 近き電灯, 通常日本では, 青く何, 食べられん

▼ 栗~ (56, 3.1%)

2 おちて, ぽんと, 三本と

1 [50件] あったし, あっても, ありますから, あるこれ, おッこ, かためて, ころころ落ち, ございますが, ございますね, そこら中に, なったな, なって, なってるかも, ほしいもの, めっきりと, ゆだった一つ, ゆだりつつ, よう焼けた, 一つ一つ児島の, 一つ転が, 二つ出た, 五六粒実っ, 今度は, 低いながらに, 偶然落ち, 其の淺, 出さ, 出た酒, 各病室, 實つてゐます, 店に, 拾へる, 来るが, 殻いかめしく, 沢山おち, 流れて, 火の, 焼けたから, 熟する音, 爆ぜたやう, 生え出した, 立って, 笑む, 芽を, 茹でられて, 落ちた, 落ちたの, 見事な, 金色に, 飛込むぜ

▼ 栗~ (44, 2.4%)

4 柿の 3 柿や 2 初茸などを, 胡桃が

1 [33件] いなごや, かやの木や, こ, まだ朝露, まつたけなんかを, ドングリが, 乾菜などが, 夏は, 昆布の, 松たけを, 柏の, 柏や, 柿, 柿も, 桃などの, 楊も, 楝の, 樫や, 櫟の, 氷餅の, 淡色の, 白樺などの, 筍それからまた, 米や, 胡桃の, 胡桃を, 腹が, 臭木が, 臼が, 芒の, 落ちたるを, 葡萄づるのかげに逞ましい, 雑木が

▼ 栗~ (36, 2.0%)

2 ある, 寒けど, 柿も, 芽を

1 [28件] あれば, おちたま, かなりゆだった, すっかりやらえる, すっかりゆだり上った, だいぶ落ちた, だし, ひりはず, ブッシー・パークに, プッシー・パークに, 三本ある, 上等の, 乾, 十三俵ほど, 実りました, 弾ける, 持って, 枝豆も, 椎も, 樫も, 樹が, 此例に, 死ぬからな, 用意し, 皆んな雌蕋の, 笑んで, 納屋に, 黒くな

▼ 栗~ (34, 1.9%)

2 の大入道

1 [32件] が, がこれ, が蓬, であった, でなくな, でまるまる, と辮子頭, と鬚だらけ, に前年, の中小僧, の五十恰好, の哥兄, の坊主, の恰好, の横腹, の江馬兆策, の波斯猫, の背景, の若い, の茶目, の黒木繁, も昔, をぬ, をぬい, をゴシ, を並べ, を太い, を撫で, を横たえ, を縦, を酒壜, を長く

▼ 栗~ (29, 1.6%)

2 云っても, 柳の

1 [25件] いう, いうと, いっしょに, いって, ぜんざいとが, ちっとも違, カリン, クリ, 一顆の, 同様な, 名づく, 壺とは, 小さく切った, 思ったの, 杉の, 松, 柿が, 桐が, 申せば, 盆なる, 私が, 聞けば, 臼の, 蜂と, 貝殻と

▼ 栗~ (19, 1.1%)

2 しありけり, したり, 栗の

1 [13件] おどろかされて, して, 似たひしゃげた安, 刈った頭, 刈られた重吉, 基づいての, 托して, 授けた秋, 異ならずで蜘蛛, 目口鼻つけた, 違ひない, 長いモミ上げ, 黙礼を

▼ 栗~ (18, 1.0%)

2 であつ

1 [16件] がこれ, と並称, と倶, と親善, に等しき, に通じ, のこれ, の事, の如き, の皇朝医史, の身分, の輓詩, は少時京都, は父, を学ぶ, を請

▼ 栗~ (15, 0.8%)

2 をたく, を炊い

1 [11件] が出た, が出来た, が結構, でも食べ, には少し, に似た, の受取, の腹, を供え祭る, を持つ, を食べる

▼ 栗だの~ (10, 0.6%)

3 柿だの 2 きのこだの, 青びかりの石だ 1 草だ, 菌だの, 高つきに

▼ 栗~ (9, 0.5%)

1 だった, はいつ, はなんだか, は憲兵上等兵, は時々, は次, は老人, 狭衣, 狭衣君牛込下宮比町

▼ 栗拾い~ (9, 0.5%)

1 から戻っ, たちが, には随分, にゆく, に来い, に来た, に駈け, の子供ら, や魚とり

▼ 栗~ (9, 0.5%)

3 の紋お召 2 の小さな 1 が明く, のお召縮緬, の縮緬, の被布

▼ 栗いろ~ (8, 0.4%)

2 の髪 1 の二分, の強い, の栗, の群, の額, をした

▼ 栗ぜんざい~ (8, 0.4%)

1 というはり紙, とざうにを, と冷コーヒー, と書かれる, にいくらか, を一, を食, を食べ

▼ 栗唐一座~ (8, 0.4%)

3 の小屋, の眞珠太夫 1 が田舍廻り, の名

▼ 栗でも~ (7, 0.4%)

1 みんな同じ, 剥きながら, 数えるよう, 甘藷でも, 茹でて, 薯でも, 食って

▼ 栗~ (7, 0.4%)

2 が喰 1 がキヨロリ, である, と廣, の酒喰, はクル

▼ 栗~ (6, 0.3%)

1 から申す, と言っ, な, のを, ふたりで, よ栗

▼ 栗という~ (6, 0.3%)

1 のが, のは, ものの, ものを, 二小, 貝の

▼ 栗ひろ~ (6, 0.3%)

3 ひ週間 2 ひに 1 ひなんぞ

▼ 栗~ (6, 0.3%)

1 にゆく, によく, に駈け, ひたち, ひらしい, ふ

▼ 栗~ (6, 0.3%)

1 でこれ, で圍つた狹, に妨げられ, の井桁, の頑丈, らしい嚴重

▼ 栗~ (6, 0.3%)

2 の下 1 などの雑わる, の卓, の机, もずいぶん

▼ 栗~ (5, 0.3%)

2 たまの, たまを 1 たま

▼ 栗坊主~ (5, 0.3%)

1 だつた, のざんげ, の男, の親爺, の頭

▼ 栗谷川浩平~ (5, 0.3%)

1 といふ若い, の言葉, の顔, を加へた車, を眺め

▼ 栗~ (5, 0.3%)

1 か, であらう, の何人, を以てこれ, を斥

▼ 栗などの~ (4, 0.2%)

2 雑木が 1 立木を, 葉だ

▼ 栗園先生~ (4, 0.2%)

1 の門, の門前, は福澤, は頼ん

▼ 栗~ (4, 0.2%)

1 がおよそ, が予言, の男, は上衣

▼ 栗~ (4, 0.2%)

2 の渡 1 の渡し, より舟

▼ 栗~ (4, 0.2%)

1 など採, に事, を剥く, 大得意

▼ 栗うり~ (3, 0.2%)

1 にて焼, の童, やさしくいと

▼ 栗から~ (3, 0.2%)

1 樫の, 液が, 生まれた栗太郎

▼ 栗こわ~ (3, 0.2%)

3 めしの

▼ 栗~ (3, 0.2%)

1 しるし半纏の, せう, つくったお

▼ 栗などを~ (3, 0.2%)

1 ほろほろと, 三方に, 補食と

▼ 栗なり~ (3, 0.2%)

2 氣に 1 気に

▼ 栗には~ (3, 0.2%)

1 甘い味, 甘口の, 限らず

▼ 栗にも~ (3, 0.2%)

1 あるかも, 劣らぬさ, 劣らぬそう

▼ 栗~ (3, 0.2%)

1 かけて, 出られる, 鯛の

▼ 栗~ (3, 0.2%)

1 といふの, と洒落た, の竹松

▼ 栗売男~ (3, 0.2%)

1 のただ, の店, は金貨

▼ 栗枝豆~ (3, 0.2%)

3 ありがたく頂戴

▼ 栗~ (3, 0.2%)

3 の実

▼ 栗谷川さん~ (3, 0.2%)

1 あの, のところ, はどう

▼ 栗およそ~ (2, 0.1%)

1 保存に, 六百本

▼ 栗さび~ (2, 0.1%)

2 にさびつれ

▼ 栗さびる~ (2, 0.1%)

2 のみなる

▼ 栗しろく~ (2, 0.1%)

2 なだるる

▼ 栗すなわち~ (2, 0.1%)

1 アマグリは, 甘クリ

▼ 栗~ (2, 0.1%)

2 なふ恵心

▼ 栗それから~ (2, 0.1%)

1 檜木なぞの, 膳に

▼ 栗です~ (2, 0.1%)

1 なあ, よ

▼ 栗といふ~ (2, 0.1%)

1 やうに, 星形の

▼ 栗とで~ (2, 0.1%)

1 腰張りを, 腰張を

▼ 栗との~ (2, 0.1%)

1 これに, 軟い

▼ 栗など~ (2, 0.1%)

1 剥かずなりぬ, 搖りおとし

▼ 栗などが~ (2, 0.1%)

1 並木の, 乗って

▼ 栗なんか~ (2, 0.1%)

1 冗談でしょう, 喰いたか

▼ 栗また~ (2, 0.1%)

1 四ヶ上郷, 楢に

▼ 栗むき~ (2, 0.1%)

1 と呼び, のヘラ棒

▼ 栗めし~ (2, 0.1%)

1 の立て看板, や竹の子めし

▼ 栗やら~ (2, 0.1%)

1 中に, 色々供物

▼ 栗よいつよ~ (2, 0.1%)

2 りか立つ

▼ 栗並び立ち~ (2, 0.1%)

2 たり

▼ 栗~ (2, 0.1%)

2 はこずゑ

▼ 栗屋君~ (2, 0.1%)

1 であるとは, は幾度

▼ 栗戸利休~ (2, 0.1%)

1 はわし, 実は松井田四郎太

▼ 栗~ (2, 0.1%)

1 に出, の鉄橋

▼ 栗~ (2, 0.1%)

1 とは方角, の峠

▼ 栗~ (2, 0.1%)

1 は大形, をつけ

▼ 栗~ (2, 0.1%)

1 のところ, ゆきましたって

▼ 栗~ (2, 0.1%)

1 の身, を捕

▼ 栗飯屋~ (2, 0.1%)

1 で大店, で親分

▼1* [158件]

あとは分らず, 栗あり本朝食鑑, 栗いり椎柿蜜柑などを, 栗しだのみでも, 栗がもの言ふ, 栗きぬかつぎ枝豆, 栗はめし, 栗ごまめ数の子を祝え, 栗ごまめ數の子, 栗せしむるもの無き, 栗ぜんざい一杯とおすましと, 栗ぜんざい食ひ引返して, 栗そのほか豚の, 栗そのものは食べたい, 栗その他の枯れがれ, 栗だったのかい, 栗だらけになる, 栗やな, 栗であり大豆であり, 栗でしたからもつ, 栗とか火星の, 栗とて枯れに, 栗とと貫一は, 栗とは違ふ, 栗とも云ふべき, 栗とをかけあわせて, 栗などは初めの, 栗ならば味淋二合砂糖一斤塩小匙一杯半, 栗のやくるを, 栗ばかりでなくまつたけ, 栗ひたに落つれ, 栗ひらひなどし, 栗ひらふべき山の, 栗ひろいにくる, 栗ほどの悍馬あり, 栗または杭子を, 栗まで持って, 栗むしをただ, 栗めせ君, 栗ようかんのおいしかっ, 栗をね俵を, 栗アリ極メテ小ニシテ一年ニ三度, 栗クルミ野ブドウなどのひと, 栗サヽトハ小ナルヲ云小栗ナリ又シバクリト云爾雅, 栗ト云フ者アリ好搗栗ヲ用テ蒸熟シ布ニ裹ミ鉄杵, 栗ト号ス其味ヒ佳ナラズト為サズ此類, 栗ニ勝レリ好デ食スベシト, 栗ハ諸州ニ在レドモ, 栗メリヤスうどんそば密柑等々の店, 栗メロンいちじく葡萄その他新秋の百果, 栗ヨーカンを食った, 栗収ム故, 栗ヲ用ヰ殻ヲ連ネテ晒乾シ稍皺バミタル時臼ニ搗キテ殻及シブ皮, 栗一つを袋, 栗一袋買いこむ, 栗一顆の小, 栗三年の柿, 栗三年三歳だよ, 栗三年柿八年柚は九年, 栗並べ干したる, 栗並べ干したる暇ある, 栗丸太の枝折門, 栗丹波酸漿丹波焼丹後縞丹後紬丹後縮緬但馬牛など皆, 栗至奉, 栗乾した杏子など, 栗五合ならば, 栗人参などを買っ, 栗何年とか云われる, 栗八幡社にては正月初め, 栗剥げと出されし, 栗及び蕨に, 栗訳の, 栗四つ蜜柑二つ干柿五つ丸柿二つパン一つを役人, 栗園六十二歳孫三十九歳であつ, 栗園初の名, 栗園惟常が生れた, 栗園詩存に, 栗垣内村又, 栗塚省吾木下広次土方寧の諸君, 栗売りに変っ, 栗多くそれも, 栗天窓団栗目ころころと, 栗太郎勝部神社のオコナイ, 栗がある, 栗尺角の殿中柱, 栗山郷南北七里曲物の器, 栗岡山または栗山, 栗川波木井川早川常葉川など何れ, 栗川福士川佐野川稲子川芝川など渓流魚, 栗で葺い, 栗の愛息, 栗強飯をお, 栗の下, 栗御飯しませうか, 栗戸さんでいらっしゃいます, 栗戸探偵でいらっしゃいましょう, 栗斎服保は号, 栗料理は貧しい, 栗時代のにがい, 栗月毛黒などが何十頭, 栗及び青き, 栗が問屋場, 栗枝豆薄の類, 栗などの見事, 栗柳松櫻杏桃梅椎の木や楡, 栗柿あめなりとあっ, 栗柿棗などの果樹, 栗柿瓜をかじり, 栗株立の榛の木, 栗梅色に塗った, 栗棘庵に住み, 栗の雑木林, 栗それから種々, 栗檜柿などといふ樹木, 栗檜欅などが生え繁っ, 栗殻山の打越, 栗民譚が愛護民譚, 栗などという地, 栗として堪えきれぬ, 栗焼きの店, 栗焼き栗というの, 栗りて, 栗珊瑚色の房, 栗柿野葡萄松茸などの, 栗田翁の説, 栗白樺古カンバ等, 栗皮茶のよう, 栗盛りたる紙筒を, 栗眼間伸びのした, 栗神社あり孝, 栗の雑木, 栗等非常に有用, 栗に鼻さし, 栗が幾つ, 栗羊羮の重み, 栗美くしう落ちた, 栗美しう落ちた, 栗老樹の桃, 栗色っぽい柔かい髪が, 栗かにブツカ, 栗茸岩茸鼠茸舞茸なんぞというの, 栗や年魚, 栗葡萄枝豆里芋なぞと共に大, 栗藤次鼻の下, 栗蜜柑柿柘榴などと蕪, 栗責めである, 栗買いに隣村, 栗は聾, 栗選手と共にストックホルム, 栗野山の頂上, 栗を牽, 栗という所, 栗陰長嘯絶妙前聯及之, 栗食みてかつ, 栗食めば況して, 栗飯屋時分時で不動樣, 栗饅煎餅最中に至る, 栗驚駭これを久しうし