青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「柿~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

柏~ 某~ 染~ 染め~ 柔~ ~柱 柱~ ~柳 柳~ 柵~
柿~
栄~ 栗~ 校~ 校長~ 株~ ~根 根~ ~根拠 根拠~ ~根本

「柿~」 1893, 20ppm, 5625位

▼ 柿~ (771, 40.7%)

42 実を 26 実が 25 葉の 22 葉が 21 実の, 木の下に 20 樹の 10 葉, 葉は 9 花の 8 樹が, 皮を 7 核を, 種, 種を, 花が 6 市の, 枝を 5 市は, 木の下へ, 種と, 葉を 4 実ぢ, 実も, 實の, 實を, 木の下で, 枝に, 梢が, 花, 若葉の, 葉や

3 [22件] やうな, ような, 一片を, 実, 實が, 木の下から, 木の下には, 木の下の, 梢には, 梢の, 樹と, 樹は, 渋の, 皮が, 種に, 種の, 老木の, 花は, 若葉が, 若葉は, 葉に, 葉も

2 [45件] うまさ, お料理, そら価, なつて, もみぢが, ように, 上枝に, 乾したの, 味は, 好きな, 実で, 実などを, 実はやや, 実へ, 市も, 幹に, 方で, 木の下を, 枝が, 枯枝が, 枯葉が, 柿や, 梢に, 梢を, 樹だ, 樹に, 樹へ, 汁を, 渋は, 烏を, 熟した, 籠を, 紅葉が, 花ちる, 花日本でも, 芽生えを, 落葉が, 落葉の, 葉などの, 蔕も, 蔕を, 蔕黒く, 贈物が, 贈物の, 赤き実

1 [293件] いい実, いとど赤く, うつくしさ, うれたま, うれたる風, うれ葉赤, お見舞, かの柿の木, くれないとが, ここだ朱, こずえが, こずえには, こずえの, ことが, ことを, しづかなる, しぶが, しぶの, すきな, すこししぶく, たね, たねに, たねを, ために, ためには, たわわなる, たわわに, つぶらかに, なって, なりが, へただつた, へたながら, へたの, へたを, ほうが, ほづえにただ一羽雀, みごとさに, やうに, ゆりも, 一ぱい入, 一枝が, 一種で, 一籠を, 三つ四つしぐれ, 三分の一は, 上枝を, 下は, 下へ, 中へ, 事なぞは, 会三月例会一洵三土思無水藤君和蕾の, 会例会である, 会出席出席者は, 会第, 例に, 傍には, 内部の, 冷たく柔らかい汁, 功, 半熟の, 収斂性が, 古樹, 味, 図柄である, 型を, 大木が, 大木は, 大樹あり, 子は, 季節に, 実したたか, 実そよがう, 実たわわ, 実だの, 実った年, 実つ, 実でも, 実との, 実など, 実なら, 実にち, 実については, 実にゐる, 実に目白, 実に見とれる, 実はいか, 実はおいしい, 実はたくさん, 実はもう, 実はキラキラ, 実は年ごと, 実は感極まり, 実は誰, 実は青葉, 実ひとつ, 実や, 実二ツ, 実撒砂, 実星の, 実赤く, 家苞も, 實でも, 實に, 實にも, 實ひとつ事も, 實も, 小粒で, 市, 市お前が, 市か, 市さんの, 市とは, 市同じ, 帶といふ, 帷子を, 幹から, 幹が, 幹も, 幹躑躅山吹の, 広葉が, 当り年に, 形を, 成熟期に, 成績の, 新しいこと, 新芽, 方が, 方へ, 木が, 木だった, 木であった, 木であろう, 木の下あたりから, 木の下では, 木の下は, 木の根もとに, 木の根張りも, 木の間から, 木の間を, 木蔭は, 本に, 本の, 村びと今は, 林が, 果物あり, 枝などの, 枝の, 枝へ, 枝振, 枯れ葉の, 枯枝の, 枯枝を通して, 核から, 核吹かけられ, 核子, 核子にも, 根廻りを, 梢か, 梢なぞの, 梢も, 梢石垣の, 樹から, 樹で, 樹との, 樹などが, 樹も, 樹や, 樹を, 樹影は, 歌人などと, 渋が, 渋についての, 渋汁を, 澁いの, 点点に, 烏が, 熟する, 甘いの, 甘さ, 甘味が, 生つた木の下, 生つて, 生ま生, 画に, 病葉が, 白い花, 皮の, 皮は, 皮ムキに, 目つぶし, 種が, 種とくらい, 種とを, 種は, 種子が, 穴からは, 立木に, 立樹を, 篠懸の, 粉の, 紅葉や, 素袍も, 絵の, 継は, 縄へ, 老木は, 老木を, 老樹が, 老樹の, 育ちと, 腐敗りかかった, 色が, 色と, 色に, 色を, 花と, 花を, 花散る, 芽, 芽が, 芽は, 芽も, 芽よ, 芽紅い, 苗を, 若木が, 若木の, 若葉, 若葉した, 若葉で, 若葉に, 若葉のか, 若葉よ, 落ちた事, 落ちる, 落つるとき, 落葉, 落葉だけ, 落葉で, 落葉に, 落葉は, 落葉も, 落葉よりも, 落葉を, 落葉茶の, 葉おちこませ, 葉おちる, 葉ごみに, 葉だ, 葉で, 葉である, 葉では, 葉などが, 葉ひらり, 葉やうやく, 葉人形とかの, 葉咲く, 葉後記を, 葉柿の, 葉発送の, 葉裏に, 葉銀杏の, 葉鮨でも, 葉鮨と, 葉鮨も, 葉鮨を, 蔕, 蔕が, 蔕に, 蔕一つ出なかつた, 蔕柿膓, 袋下げ, 裸木その, 裸木に, 話など, 贈物であり, 赤いの, 赤うなる, 赤く熟した, 赤さ, 通りな, 郷土的味覚は, 酢あえだの, 里といつても, 金象眼を, 鍔と, 鍔とな, 青い葉, 青葉が, 音です, 食いかけを, 黄色い朽葉, 黒い幹

▼ 柿~ (209, 11.0%)

6 むいて, もいで 5 取りに, 持って 4 買って 3 むいで, 取つて

2 [11件] くれた, たべつつ, もぎつつ, 一つ食っ, 取って, 噛り, 売って, 握って, 潰して, 見て, 食べて

1 [155件] いぢつて, いりこと, おいしそう, おとして, お買い遊ばしました, かじった, かじりあった仲, かじる楽, くふ積, しゃぶって, すこしたくさん, すすめながら, すゝむれ, たべに, だまって, とったあ, とつて, とる, ながめました, ぱくつきながら, ぱたりと, ほって, むきつづけて, もいだり, もぐ, もぐなど, もぐべく近所, もぐより, もぐ人, もぐ父, もぐ長い長い, ハイキングの, 一つ, 一つ二つ転がした, 一つ取つ, 一つ持っ, 一つ置い, 一人じ, 上げますという, 与えて, 並べたる婆, 二つずつ, 二つに, 二つほど, 二つ出しなさる, 二升位も, 仏手柑を, 何處の, 六個許りとる, 出した, 出したり, 出して, 出せ, 剥く庖丁, 取つて喰, 取つて食, 取つて食ふた, 取り高音, 取るため, 取ろうと, 取上げた, 取出した, 吊し柿に, 名物の, 吸ったり, 味つたうま, 味ひつ, 味わった, 喜い, 喰べ, 喰べて, 四纏に, 売つてる男, 売る家, 多く産する, 大きな笊, 好むに, 守る吝き, 完全に, 実を, 少し上げる, 引手繰っ, 引手繰る, 御馳走し, 御馳走する, 愛する実, 慰めようと, 懷に, 手に, 投げつけたと, 投げつけられたと, 投げつけられたとしても, 拝見し, 拾った, 拾って, 持つて, 掠奪に, 描いて, 描くとき, 描くの, 既に貰った, 殘らず吐き出したい, 生産する, 盗もうと, 盗んだん, 盛て, 盜み, 省作の, 睨めながら, 積んだ脊, 給田に, 継木した, 脊負って, 見あげて, 見た, 見ちゃ, 見に, 見ますと, 見上げてよ, 覘つてゐるで, 貰い馬鈴薯, 貰うた時, 貰つたさ, 貰ふ, 買つて芋串を, 買ひ, 賣つたり, 賣物, 返せ, 送って, 送つて, 造る事, 配合する, 鑑賞し, 霊前に, 面白や, 頂けば, 頬張って, 食いし事, 食いだした, 食う, 食うた, 食ったの, 食った事, 食って, 食っては, 食ってる, 食べ, 食べてから, 食べに, 食べる, 食べると, 食べるよりも, 食べる時, 鵜呑に

▼ 柿~ (107, 5.7%)

7 は自分 3 の心 2 に何, の眼, の足, はその, はまた, は本当に, は腹, は話

1 [81件] か, がかい, がかつて, がそうそう, がぷっつり, が何, が出, が実際, が戸外, が能弁, とのいる, とはもつれあっ, と共通, と森村, と笑い合う, なんぞも田舎新聞, にとってはこの, にはきゅう, にはその, には頓着, に尋ねた, に話しかけよう, に頼ん, のはい, の奴今ごろ, の手, の注意, の笑い, の耳, の能弁, の膝, の興奮, の身, の野郎, の長談義, の面皮, の顔つき, は, はいつの間にか, はいや, はかなり, はきゅう, はぎょっと, はしまった, はしんみり, はじっと, はそう, はそれ, はそわそわ, はたんなる, はだめ, はとうとう, はとにかく, はほとんど, はぼろぼろ, はまだ, はわざと, はガンベ, は三人, は今夜, は創成川, は夜学校, は大黒座, は始めた, は安心, は已む, は思わず, は早く, は朋輩たち, は橋, は爪, は直感, は眩しく, は眼まぐろ, は覚った, は途中, も二十五, も西山, をそこ, をとうとう, を誘っ

▼ 柿~ (100, 5.3%)

3 うれて 2 もと白梅が, 枝の, 枝も, 落ちて, 落葉し, 見える, 赤くて

1 [83件] ありましょうか, ありません, あり無花果, あり羊歯, あるか, あるので, いくつも, いつのまにかなくなっ, おちさ, おちるので, お料理, お隣り, きれいに, ころ, ころころと, すき, ずいぶん赤い, そこへ, そりゃあ落ちる, だいぶ色づいた, なくなってるん, なつてる, ばたり, また一つ, ま正面, もう黄色く, よみが, シブく, 一つぽたり, 一本, 一番多く, 一番旨い, 七分三分に, 不思議な, 並べて, 二つか, 二つ三つ残ん, 今年は, 十五夜に, 垂れ下がって, 堅いか, 大きくな, 好い色, 好物だつた, 好物な, 山盛に, 庵を, 房を, 木の実の, 枝を, 梢を, 欲しくなつた, 潰れたとも, 澤山落ち, 炎天の, 熟れました只今三個, 父さんに, 生って, 盛に, 盛んだ, 目の, 真紅の, 真赤に, 秋に, 累々として, 美しい色, 色づき女郎花, 花を, 芽ぶいた棗, 芽ぶく, 落ちた夜, 落ちるなり, 落ちるまた, 落ちる蜂, 蜜柑が, 赤い, 赤くなつ, 赤く一羽, 重そう, 鈴なりにな, 陰干, 食べたくなつ, 高いところ

▼ 柿~ (81, 4.3%)

2 いいが, 俺の, 柿の, 葉が

1 [73件] あの通り, あまりな, あらかた配所, あゝやつ, うまく喰, お友達, こんな大き, しづかな, すつかり, すでに熟し, その実, その辺, それから, とらじを, どうかした, どんなに食っ, ないぜ, ならび立てりと, ひどくおいしいそう, また力, まもなくなくなっ, まるで柿の木, みんなお, むけた, もうやわらかく, もう一つ, もぐべきもの, もげましたが, もつと, やっぱり柿, よく生った, ボタボタと, 一つも, 何時まで, 出ない, 吾楽しみ, 喜い, 土地の, 堅過ぎる, 大方取り, 小僧よりも, 屹度土地の, 岩の, 庭に, 心の, 愚かな, 日本固有の, 日本家庭的な, 木に, 未だ少し渋, 枝ぶりも, 枝振, 植えても, 甘くなる, 生涯喰っ, 痰の, 老木が, 肉の, 自分獨り取, 落ちたま, 衣紋八彌, 西洋に, 親指と, 貴さまの, 貴下の, 赤, 赤い, 赤くなりに, 青い柿, 食えまいかと, 首を, 驚くべき誠実, 鼠が

▼ 柿~ (42, 2.2%)

3 栗や 2 そやなかつたら, 栗の, 栗を, 桃や, 椿木犀山茶花八つ手躑躅山吹の, 言うて

1 [27件] いうてな, いろいろの, これの, みかんなど, キャラメルが, キヤラメルが, トキワカエデの, パンを, 其他の, 半分われた, 塩煎餅などを, 松茸などを, 林檎や, 栗などは, 梨なぞが, 梨の木が, 梨の木を, 梨を, 橡など, 櫨紅葉の, 海棠林檎の, 緑も, 胡瓜や, 薩摩薯や, 蜜柑や, 野菜を, 雑木に

▼ 柿~ (41, 2.2%)

2 が呉子さん, はその

1 [37件] があの, がもう, が扉, でなくとも, と呉子さん, と郷里, と雪子, にし, になり代っ, のなし得た, の前, の地位, の声, の方, の書棚, の死後二ヶ月, の病状, の言葉, の陰謀, の頬, はきいた, はなに, はホッ, は僕, は出鱈目, は化物, は博士, は右手, は室内, は自分, は遂に, は頬, は頭, は馳, も不愉快, も実は, よりも二つ歳上

▼ 柿右衛門~ (35, 1.8%)

1 [35件] が独り, が真, が竈, が線香, が認められる, という人, と云う, などといっ, にそっくり, には工芸美術的, に限った, の中, の作, の作ひとつ, の出, の存在, の所, の手法, の熟柿, の皿, の眼, の神経質, の製作, の赤, の赤絵, の陶器, の非礼, の香炉, はお, はこの, は彼, もじりの, をロココ風, を模倣, を選ん

▼ 柿~ (34, 1.8%)

2 うれて, すべて秋の, 今年は

1 [28件] あるまいから, あれが, いっしょに, ぎにきた, ぎにきたそして, たわわに, ぶどうも, みな日に, みんな青, 一緒に, 一葉を, 七種の, 二束三文に, 又くふ, 味噌も, 夏の, 多いが, 多分そんな, 実を, 持って, 旨い場所, 柑子も, 正眼仰ぎ, 熟して, 熟んだらおら, 皆渋し, 色づく, 食いたいの

▼ 柿丘秋郎~ (30, 1.6%)

2 の奇怪

1 [28件] がこんな, が企てた, が恩人, が自邸, こそは世の中, と云った, と白石博士, と白石博士夫人雪子, にちがい, にとって彼女, には普通, に委細, のとろう, の地位, の場合, の正体, の輪廓, の関係, の魂胆, はかつて, はその後, はその間, はなんと, は室内, は彼, は恩人, は捉えた, を永らく

▼ 柿~ (28, 1.5%)

2 交換した, 椎と

1 [24件] いうと, いつて, いへば, お酒, かや, こねかけた壁土, ただ一つ, つてたべよ, ハタン杏の, 一しよ, 両つ, 別種で, 同じよう, 呼ぶ甘味, 娘, 柚の, 梨と, 目白の, 築石畦, 苦虫ある, 蜜柑の, 赤い柿, 関係ある, 鴉と

▼ 柿~ (23, 1.2%)

1 [23件] いいところ, ぎはひぬ山の, しろ窓, なつた, 事を, 似た茶, 刃を, 刄を, 小鳥は, 日本の, 来る烏, 来ゐる小禽, 桃を, 比べて, 清明を, 灯かげさだまる, 烏は, 目白散らばり, 目白群れ来る, 眼が, 種が, 言ひました, 遊ぶ小禽

▼ 柿など~ (9, 0.5%)

1 むいて, 切り刻みて, 土産あり, 山の, 採出, 盗んだ何の, 色々植え, 誰が, 食べながら

▼ 柿丘氏~ (9, 0.5%)

1 があの, が今年, にはすこしも, には不, の右胸部, の手, の日記帳, の結核空洞, を殺した

▼ 柿村屋~ (9, 0.5%)

2 の仕事 1 という男, には町, は干渉, は決して, は誰, は食える, へ来る

▼ 柿~ (9, 0.5%)

2 の一刀, の小わき 1 とお, と大小二つ, に眼, の長刀, も六十歳

▼ 柿でも~ (8, 0.4%)

2 ない柿 1 なくその, なく霜, 指さすよう, 盗んだかと, 羊羮でも, 買へ

▼ 柿もぎ~ (8, 0.4%)

6 に来た 1 に, にとりかかりました

▼ 柿若葉~ (8, 0.4%)

1 がうつくしい, そして何若葉, その家, なり, に雨ツブ, の, ののぞき下ろせる, もう血痰

▼ 柿いろ~ (7, 0.4%)

1 の十徳, の日傘, の獄衣, の鉢巻, の革羽織, 無地の, 羽織の

▼ 柿などを~ (7, 0.4%)

1 供えます, 喰べ, 張り子で, 張子で, 軒に, 食って, 食べながら

▼ 柿だの~ (6, 0.3%)

1 仙人草の根だの, 木犀だの, 李だの, 椎だの, 椰子だの, 饅頭だ

▼ 柿~ (5, 0.3%)

1 からちょっと, から食べ, と, とか郷里, と思っ

▼ 柿~ (5, 0.3%)

1 串柿を, 名の, 自分で, 華やかな, 重くも

▼ 柿ガ岡病院~ (5, 0.3%)

1 から連れだした, にいた, にはいった, にはいる, に怪人

▼ 柿内さん~ (5, 0.3%)

1 あの観音さん, とこい, と同じ, どうもこの, の云っ

▼ 柿内未亡人~ (5, 0.3%)

1 がほんの, の署名, はその, は束髪, は突然はらはら

▼ 柿羊羹~ (5, 0.3%)

1 か味噌松風, のヘトヘト, の箱, の菓子皿, を台

▼ 柿~ (5, 0.3%)

1 の小屋, の屋根板, の格, の茶室, をバリバリ

▼ 柿なんか~ (4, 0.2%)

1 ひとりでに地べた, 見えなかつた, 食いたくねえの, 食ひたくねえ

▼ 柿には~ (4, 0.2%)

1 大きな実, 意味が, 柿虫が, 酸味が

▼ 柿~ (4, 0.2%)

1 が出, の奥さん奥さん, の姉さんとこ行, の部屋

▼ 柿老人~ (4, 0.2%)

1 が大小二つ, に鍔元, の住まい, の住まいでこ

▼ 柿~ (4, 0.2%)

1 といふ名, などは書屋, の大きな, をおも

▼ 柿落葉~ (4, 0.2%)

1 そのままそれ, と, の時節, の風情

▼ 柿~ (3, 0.2%)

2 何かの 1 寝苦しい夜

▼ 柿なら~ (3, 0.2%)

1 しここ, ば, 柿と

▼ 柿やと~ (3, 0.2%)

2 きめるの 1 思うてけ

▼ 柿ナマス~ (3, 0.2%)

1 といっ, はキザ柿, を拵え

▼ 柿ムキ~ (3, 0.2%)

2 をやっ 1 に興がっ

▼ 柿一つ~ (3, 0.2%)

1 たつた一つ, 取って, 落ちて

▼ 柿丘邸~ (3, 0.2%)

1 に足, の玄関, の門

▼ 柿内氏~ (3, 0.2%)

1 からこの, に話し, はもう

▼ 柿葺きで~ (3, 0.2%)

2 あつた 1 語ど

▼ 柿~ (3, 0.2%)

1 と称する, の瓶, をあおりました

▼ 柿それ~ (2, 0.1%)

1 だ, はそれ

▼ 柿だけが~ (2, 0.1%)

1 奇妙な, 風鈴の

▼ 柿です~ (2, 0.1%)

1 か, よ

▼ 柿とが~ (2, 0.1%)

1 一緒に, 私の

▼ 柿とは~ (2, 0.1%)

1 お百姓, 如何

▼ 柿とを~ (2, 0.1%)

1 混ぜた物, 貰つたそして

▼ 柿~ (2, 0.1%)

1 ので私, のを

▼ 柿などが~ (2, 0.1%)

1 あった, 弁慶に

▼ 柿などの~ (2, 0.1%)

1 地で, 類を

▼ 柿ばかり~ (2, 0.1%)

1 与えたのみか, 食ってて

▼ 柿ばかりが~ (2, 0.1%)

1 あかるく見える, 残って

▼ 柿~ (2, 0.1%)

1 けさの, つけて

▼ 柿みたい~ (2, 0.1%)

1 な臭い, な臭気

▼ 柿もみぢ梅が枝~ (2, 0.1%)

2 の蔦

▼ 柿~ (2, 0.1%)

1 林檎よ, 石よ

▼ 柿よりも~ (2, 0.1%)

1 もつと, 米味噌醤油の

▼ 柿一本~ (2, 0.1%)

1 と自然薯, の生れ在所

▼ 柿丘夫妻~ (2, 0.1%)

1 はもう, は共に

▼ 柿~ (2, 0.1%)

1 なりなと, の女

▼ 柿内さんとこ~ (2, 0.1%)

1 で遊ん, やいや

▼ 柿右衞門~ (2, 0.1%)

1 となり, の藝術

▼ 柿名人~ (2, 0.1%)

1 の作, の千柿

▼ 柿団扇~ (2, 0.1%)

1 で指した, をもち

▼ 柿売り~ (2, 0.1%)

1 とみなひと通り, のか

▼ 柿~ (2, 0.1%)

1 の前, は戸板

▼ 柿柘榴~ (2, 0.1%)

1 などと蕪, などの苗木

▼ 柿江貴様~ (2, 0.1%)

1 ははじめ, はローラン

▼ 柿~ (2, 0.1%)

1 の浅春, を望む

▼ 柿赤く~ (2, 0.1%)

1 枯草に, 蜜柑青し

▼ 柿食う~ (2, 0.1%)

1 てゐる, 客だ

▼1* [163件]

あかる屋の, 柿あめなりとあっ, 柿いよいよ膨れて, 柿うりの女, 柿おくれな小母さん, 柿おちてゐ, 柿ふや, 柿ぐらゐは食へた, 柿さんたちが梯子, 柿すもも等があちこち, 柿うべば, 柿たいへんおいしい, 柿だけは以前から, 柿だったが白い, 柿だってもぎらせまいと, 柿だつたが, 柿であって柿, 柿ではないけれど, 柿といふものは, 柿とか握り飯とか, 柿とかいう珍らしい, 柿とともに時の, 柿との話は, 柿と共に生きつづけ働きつづけて, 柿なぞも先ずその, 柿などというものは, 柿などといふ樹木から, 柿などもすっかり熟し, 柿なんぞ田舎で, 柿なんぞをピョコ, 柿にも飽きたから, 柿に関する理論的な疑, 柿ねえ愉しみ, 柿ばんでい, 柿とりぽ, 柿また柿の, 柿もいでゐる, 柿もぐ空が, 柿もね皆な, 柿もみじを見る, 柿もろた, 柿やらも分らんなあ, 柿ゆたかに盛られた, 柿より質が, 柿よろしみと, 柿を以て題と, 柿を通して木の実が, 柿取ったて, 柿エ門古九谷, 柿ザボン焼魚それは或, 柿ナマス柿がお, 柿ニ歩イタ等の僕, 柿モギの声, 柿三本の栗, 柿丘お前の勝利, 柿丘呉子を此後, 柿丘夫人から依頼, 柿丘夫人呉子さんを援, 柿丘氏死亡の責任, 柿丘秋郎殺害犯人として貴方, 柿丘自身もかねてから, 柿二つパン一つを役人, 柿人間よませて, 柿代富太郎茂吉え遣し, 柿何家の柿, 柿作りのかたわら寺普請, 柿八年柚は九年, 柿其与川その他の木曾谷, 柿其村のよう, 柿其柿が秩父, 柿内さんあんたの絵エ, 柿内さんあんたきんの道頓堀, 柿内さんわたしいっその, 柿内ナミという生徒監, 柿内園子ト綿貫栄次郎トハソノ各, 柿内夫人園子より光子, 柿冷えたふかし藷に, 柿木梅五三本この, 柿双樹あれか双, 柿取りまぜて, 柿と署名, 柿も柿, 柿右衛門いずれもいずれ, 柿右衛門さんの挨拶, 柿右衛門みな一派の特長, 柿右衛門鍋島古伊万里は好い, 柿右衛門風な品, 柿などがあり, 柿坂のかぶと屋, 柿得意で, 柿好きの余, 柿はかね, 柿屋喜左衛門祖父物語一名朝日物語に云う, 柿も柿, 柿の柿取り, 柿も柿, 柿三十日着直ちに, 柿には柿, 柿有難う田舎の, 柿李その他三人の眼, 柿李その他眼にある, 柿李なぞの緑葉, 柿や屋根板, 柿板葺きの木造, 柿枇杷の如き, 柿の柿, 柿林檎の山, 柿の殆, 柿染めの古ぼけた, 柿柚子橙唐辛等をとりいれる, 柿は枝ぶり, 柿など, 柿栗葡萄枝豆里芋なぞと共に大, 柿栽培部落であります, 柿桃葡萄梨粟枇杷蜜柑のたぐい, 柿梨何でも手当り次第, 柿梨茱萸のた, 柿などの果樹, 柿楮煙草麻牧馬牛の奨励等, 柿模様の火鉢, 柿権八などを顧み, 柿江さんは夜学校, 柿江君さっきの葉書, 柿泥棒にきやがった, 柿浸されし上つ, 柿漬けて味噌, 柿をかじり, 柿ほどの大き, 柿紅葉白膠木紅葉山紅葉が眼ざま, 柿紅葉芋の葉, 柿羊羮でも買つて, 柿を抱え, 柿膓柿の帶, 柿自身だつて, 柿舎春はまだ, 柿花村の岡村, 柿もはや, 柿若葉あれはきつつき, 柿の木, 柿落葉色うつくしく散りし, 柿落葉赤毛布にヴァイオリン, 柿といつ, 柿葉兄の絵ハガキ, 柿葡萄みかんなぞありふれた, 柿葺落しで那波, 柿がゐます, 柿蜜柑などを盛つた皿, 柿蜜柑屋大福駄菓子店おでん店ずらりと並ん, 柿をあらためて, 柿つつゆく, 柿見たやうに, 柿葉てらてら, 柿買うた直ぐ送る, 柿買爺さんがやつ, 柿買老人が一人, 柿買車で, 柿赤き梢を, 柿野葡萄松茸などの山の幸, 柿陶物の杯臺, 柿ふて居れば, 柿食いに来る, 柿食みにつど, 柿饅頭などが亂