青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「柳~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~柄 柄~ 柏~ 某~ 染~ 染め~ 柔~ ~柱 柱~ ~柳
柳~
柵~ 柿~ 栄~ 栗~ 校~ 校長~ 株~ ~根 根~ ~根拠

「柳~」 4850, 52ppm, 2223位

▼ 柳~ (1652, 34.1%)

70 下に 38 木の 27 枝に 26 かげに, 葉の 24 枝の 23 木が 21 下を 19 下の, 枝が, 枝を 17 蔭に 16 樹の 15 葉が 14 下で 12 木に, 木の下に, 糸を 11 ように, 葉を 10 糸の 9 木は, 木を, 葉に, 葉も, 間に 8 かげから, 花が, 葉は, 蔭から 7 下から, 木蔭に, 枝で, 樹に 6 かげで, やうに, 下へ, 中を, 樹が, 色の, 花の, 蔭の

5 [11件] もとに, 上に, 並木が, 並木の, 大樹が, 幹を, 木へ, 枝や, 根に, 立木あり, 陰に

4 [18件] うしろ藪の, ひげ根, ような, 下には, 主人の, 大木の, 影が, 影で, 木の下で, 木の下へ, 枝から, 根へ, 根方に, 腰を, 若芽が, 葉, 蔭で, 雨に

3 [35件] いと空しく, かげが, かげの, なかに, もと, 並木に, 並木を, 中から, 大木が, 大樹, 太い生, 小枝, 幹に, 影は, 影も, 手を, 方から, 木から, 木の下まで, 木も, 木蔭から, 枝は, 根元の, 立木が, 緑は, 美しさ, 老大樹, 芽が, 芽の, 蔭が, 衣桁, 間の, 間を, 顔を, 馬場の

2 [110件] あいだを, ある新しい, かげ, かげより, ことが, すぐ下, てつぺんから, やうな, 上から, 上へ, 上を, 下, 下へは, 下や, 下枝にかけて, 下蔭, 並木と, 並木は, 中で, 井湯島の, 代理で, 佐和利, 傍に, 切株が, 切株に, 前に, 声, 声が, 多い村, 大木を, 大樹の, 家で, 家へ, 家を, 幹から, 幹と, 幹にかけて, 幹の, 影から, 影を, 思惑で, 態度は, 手が, 手の, 新緑と, 方へ, 方を, 木, 木かげに, 木で, 木の下を, 木蔭で, 木蔭を, 木陰に, 枝と, 枝垂れた下, 株に, 根から, 根は, 根を, 根方で, 梢に, 梢の, 梢を, 樹は, 樹を, 樹下に, 死骸の, 母親に, 特異な, 眉の, 立木など, 立木に, 立木の, 精である, 糸, 糸が, 糸と, 糸に, 細い枝, 絵模様の, 緑を, 老木が, 腰に, 色が, 花粉の, 苗木が, 若葉の, 茶屋から, 落葉を, 葉かげにけむ, 葉でも, 葉み, 葉よりも, 葉先を, 蔭には, 薄い朧, 虫や, 蟲は, 見舞いに, 言葉を, 診察, 話では, 間から, 間で, 霙は, 青い枝, 頸筋を, 風に, 馬場から

1 [605件 抜粋] あさみどり何, あの柳町, ある, ある土手, ある湯屋, いたころ, いとの, いろに, かげなる石橋, かげには, かげや, かげを, けむりが, こかげに, ことあらわれず, ことなら, ことに関して, こと気に, こんもりと, ごとき姿, ごとく庭木, ごとく花開いた, しげみに, しずくが, しだれたる, しっとりと, しづくに濡れ, するまま, せいだろう, そうした苦悶, そなた, ために, ちょうど程よい, つじの, てつぺんに, とこを, とわか, なつかしくも, なびきも, なびく井筒, はや根, ほそい枝, まはり, みどりが, みどりも, むかふを, ものと, やうで, やるせない顔, ゆれて, わきの, ゐない座, イスや, エレメンタルスに, ヒョロヒョロ型を, 一列あり, 一廓は, 一本は, 一部が, 一重, 上の, 上まで, 下といふ, 下なる, 下なんか, 下にも, 下は, 下まで, 下枝に, 下枝を, 並木, 並木なども, 並木の間に, 並木も, 並木下には, 並木日に, 並木空から, 並木路撒水した, 並木道が, 並樹暗く, 中に, 中へ, 中や, 中より, 丸材へ, 丸材を, 事, 事上森出現は, 事件で, 五つ衣に, 五つ衣を, 五重を, 井戸の, 亭主一派と, 仇討が, 仕事は, 仕業で, 伝説などは, 佐和利泣く, 体は, 側へ, 兄からの, 兄が, 具合で, 凄さ, 刃が, 刑期は, 別れを, 削ったの, 前と, 前の, 前も, 勧めで, 勸めで, 千縷蕭條いとくり返し, 原に, 原の, 友人の, 叢から, 古木は, 句俚語を, 名が, 名残とかいう, 名雪女郎の, 向い側に, 向うに, 向うの, 図の, 土手に, 垂れたる, 垂れた長閑, 垂枝では, 夕日かな, 夕霜に, 夕風に, 外には, 多い島々, 夢を, 大きな樹, 大枝, 大樹その, 大樹までが, 大樹を, 大樹を通して, 大樹二三本あり, 大樹立, 太杖を, 奧に, 如き黒髪, 如く成長しました, 妹雪って, 妻君病気で, 姿が, 姿に, 姿を, 嫉妬には, 嫩葉に, 家から, 家が, 家なら, 寝ン, 小波に, 少し茶, 尾張名古屋の, 嵐かな, 巨木の, 巷の, 帳に, 幹からは, 幹へ, 幹影から, 幹風に, 弊を, 式多津当事の, 影の, 影へ, 後に, 後ろから, 後ろに, 従兄で, 御所の, 御所伽羅の, 御所秀衡の, 御頼, 息子の, 恰好は, 愛撫の, 成績は, 所を, 手もとヒラリと, 技と, 描いて, 散る中, 数条の, 文である, 文のみにて, 文を, 断末魔の, 新緑を, 新芽を, 方で, 昔の, 暗いかげ, 曲りくねつた幹, 木々は, 木か, 木その, 木だ, 木とが, 木な, 木などが, 木にかけて, 木の下これは, 木の下だ, 木の下には, 木の根から, 木の根もとへ, 木の間からは, 木ばかり, 木や, 木よ, 木影に, 木末に, 木立ちに, 木立に, 木立を, 木立軽く, 木蔭へ, 木越しに, 末に, 本国であっ, 杖を, 条に, 条を, 来たよう, 来るを, 枕の, 林の, 果ては空, 枝か, 枝さえ, 枝つ, 枝にて, 枝にと, 枝はじやぶ, 枝ぶりを, 枝までが, 枝も, 枝もて, 枝やうの, 枝下垂れ, 枝垂れたあたり, 枝折戸四ツ目垣, 枝葉が, 枝葉に, 枯れたの, 枯枝に, 枯枝の, 枯枝を, 枯葉に, 柔軟さに, 柳ば, 栄ゆる, 根がたには, 根つこ, 根といった, 根の, 根も, 根もと, 根もとに, 根方へ, 桜や, 梢から, 梢が, 梢は, 梢越しに, 棒を, 森の, 森神社との, 植わった岸, 植ゑ込ん, 横櫛と, 樹, 樹かげに, 樹なり, 樹には, 樹も, 樹を以て, 樹植えられ, 樹蔭へ, 次と, 死んだという, 死状が, 残骸が, 殺された時, 母親, 毛虫, 気が, 気の, 気褄を, 氣には, 氣褄を, 水際を, 注いだ猪口, 洩れ日, 浦といへる, 浦の, 浴場の, 淺みどり, 渡しの, 湯という, 漸く風, 無二の, 煙る書堂, 煙れる, 牆に, 片手を, 生えた堤, 生えた島々, 生えた川岸, 生えた河, 生棒, 田舎唄に, 由来を, 画どした, 画を, 番所の, 病気の, 病氣の, 痩せた枝, 痩せた蔭, 白楊の, 皮で, 眉, 眉微かに, 眉毛目を, 眼から, 稲荷と, 稲荷の, 立ちて, 立ち木が, 立つて, 立てば, 立木日覆より, 籠を, 精か, 精の, 精を, 糸しずかに, 糸で, 糸にこそ, 糸や, 糸より, 糸乱る, 細い枝影, 絮の, 絲の, 絲を, 緑が, 緑に, 繁って, 繁殖する, 織物の, 美しい死骸, 翠から, 老木と共に, 耳に, 聲が, 肩掛け, 背中の, 脊骨, 腕に, 腰, 腰は, 臂力体の, 自然木の下白張の, 舟では, 色と, 色は, 花を通して, 花火が, 花芽の, 芽という, 芽に, 芽ほどな, 芽を, 芽柔かい, 若い葉, 若葉が, 茂みに, 茂みの, 茂みゴチック式の, 茂りかな, 茂るところ, 茶屋と, 茶屋という, 萌えに, 落葉, 葉かげ水際まで, 葉かげ越しに, 葉くらいの, 葉その, 葉とともに, 葉のそ, 葉ほどの, 葉先へ, 葉光らぬ, 葉斜に, 葉末も, 葉末を, 葉蔭に, 葉蔭は, 葉輝く, 葉陰に, 蒼白い顔, 蓑着たる, 蔭にでも, 蔭を, 蔭夜鷹の, 藪の, 藪も, 藪を, 虫なんか, 虫イタドリの, 虫蚯蚓栗の, 蟲や, 街路樹が, 袂に, 裏に, 裏木戸と, 裏門から, 言ふこ, 言葉に, 言葉には, 言葉や, 訃が, 詩あり略す, 話が, 話で, 話なども, 話を, 調子は, 譬の, 豊かな, 負けだ, 質で, 路地の, 身の, 身体から, 身体は, 軒燈に, 軒端梅の, 軽挙, 輝くばかりの, 辺りまで, 返事が, 返事を, 通筋を, 部屋にな, 間, 間は, 間までは, 間雁の, 闇が, 陰から, 険相な, 雨といふ, 雫が, 雫も, 霊なる, 露より, 靄の, 青々した, 青い二階, 青い影, 青い蔭, 青は, 青む頃, 青葉と, 面影は, 頬の, 頭顱へ, 題のみ, 顔色は, 風さらさら, 風である, 風采その, 館あとを, 首に, 馬場で, 馬場に, 馬場へ, 馬場を, 馬鹿に, 髪の, 髪は, 髪も, 髪恨は, 麹町宅へ, 鼻へ

▼ 柳~ (338, 7.0%)

9 緑花は 4 伐られなかった, 芽を 3 それを, 風に

2 [35件] いった, そう言い, その反対, ないが, みどり花は, 丁ど, 主人の, 今し方起き出し, 今は, 俄かに, 倒れ竹, 先刻の, 北海道には, 午過ぎの, 半蔵門から, 参木の, 取つて, 吻と, 夜風に, 客の, 小原の, 志郎を, 早くから座, 昔盛岡で, 暗夜の, 朝から, 松原からの, 猶その, 男の, 皆短い, 秋風に, 緑に, 蔑む色, 鎌を, 阪井を

1 [245件] あたりを, いいかけて, いうまでも, いちはやく芽ぐん, いった平素温和, いつかやわらかい, いつの, いつもの, いひかけて, うなずいた, お小夜様, お杉, きのうの, くらく花, ぐたりと葉を, こと切れて, このごろの, この間植ゑたばつかだに, さすがに, しかたなし, しかつめらしい顔, しづ子から, しょげ切ったやう, すこし眼, すんなりと, そう言っ, そこまでも, そこを, そっと窺い, そのままに, そのまま表, その儘, その前, その痩せた, その腕, それぞれ芽を, それまでにも, だらりと, ちょいちょい遊び, ぢめ文芸部に, つくづく感じた, どろ, なくなる向島, ひどく感慨, ひどく気に入った, ひどく酔っ, ひやかすよう, ふかみどり, ほんのりと, ますます眼, まだノコノコ来, まっさおに, もう一, もう一人, もう大概落葉, もう赤い, もっと年配, もはや青い, やさしい, やつれたる姿, やはり不安, ら二人の, わたしを, わらいだす, カレーライスを, サリックスバビロニカです, シャワーを, ハリキリボーイの, ミサ子に, ミサ子の, 一同に, 一室に, 一旦帰京, 一本ごとに, 一番先に, 一群の, 中二, 事情が, 今じゃ, 今や夢, 今日昼帰京した, 今日那波氏に, 今日限りで, 低くし, 何か, 何ぜとも, 何の, 何んと, 作者の, 修羅の, 傘に, 元の, 兵児帯で, 再び姿, 冷淡に, 初夏の, 別の, 動きながらも, 十一月だ, 卑劣だ, 卑近に, 去年の, 又ひき留める, 口々の, 唇の, 喜んで, 嚢陽の, 土間に, 坂本氏に, 執拗くつけ廻され, 壁に, 声を, 夜中に, 大して身装, 天井裏で, 學者過ぎた, 守護の, 安心し, 寂しかろ, 富豪の, 少したった, 屈辱と, 山オコゼは, 崔が, 崔の, 嵩に, 巌の, 平気で, 年も, 引返して, 彼に, 往くも, 後添, 心づいて, 心で, 心の, 忽ち震, 忽ち震いつく, 怒って, 怒りと, 思わずこういった, 恐らく明治, 恐るるよう, 慄へて, 慶応病院で, 手塚の, 手放しで, 打消す様, 打消す樣, 折る人, 抽斎である, 持病の, 支える, 文政五年に, 斎の, 新米だ, 新緑を, 既に来た, 日ましに, 早うしろ, 早き物, 早く枯れた, 明るいオレンジ, 昨夜の, 時々荒れ出し, 曳き立てられながら, 月の, 有馬屋の, 朝寒に, 枝が, 枯れたれど, 柳, 柳なれ, 柳の, 桜と共に, 植ゑたばかりの, 次第に失い, 正面の, 死に物狂い, 毛の, 水の, 江戸を, 泣いて, 流れて, 深青, 漸く立ち直っ, 無事に, 煙の, 狂ひし, 生蕃に, 田舎から, 甲谷の, 界方を, 白き馬, 目を, 真っ黒に, 矢之助お, 竃の, 立ち上ると, 立って, 笑いながら, 筆を, 緑といふ, 老い四境, 考えぶかい, 自分の, 自分を, 舟の, 芽ぶいた桜, 芽ぶく, 茂り垂れて, 茂れども, 茶碗に, 萌えて, 落葉が, 葉の, 西瓜の, 言った, 誠にいい, 誠に風情, 誰が, 財産家の子だ, 身支度し, 辛くも喉, 返事に, 遂にそこ, 酒を, 銀杏の, 錆びた色, 長い髪, 長揖, 長柄の, 阪井の, 陰気くさい, 雨に, 雨の, 青い, 静かに, 顏を, 顔を, 駭い, 驚いて, 魅せられたよう, 黒い制服, 黙って

▼ 柳~ (302, 6.2%)

6 あって, 芽を, 風に 5 ある, 枝を 4 立って 3 くれに, 一本風に, 繁って

2 [27件] あつて柳屋, ビロードの, 一家の, 一本立つ, 一本長々, 不平相な, 住居だ, 呼んだ, 喙を, 家だ, 引取つた, 来て, 植えられて, 植って, 此方から, 水に, 水を, 泣いて, 立ち並んで, 糸を, 緑色の, 見える, 路ばた, 辛くも若芽, 霞んで, 靡く, 飛び飛びに

1 [207件] あおい芽, あたかも墓, あたま, あったらお, あつて, ありその, ありますか, あり這入った右側, あるが, あるすこし, あるばかり, ある人物, いい, いけない顔, いました, おいて, お増, くれの, くれのそよ, こういった, こんもりと, ごちさ, さんらんと, しげり川下, しずかに, すうと, すずしい蔭, その大門通り, その男, その門, ところどころに, どうの, どこからか, どこまでも, なびいて, なびきちょうど, なびくにつれて, ならんで, のこ, ひよろひよろ, ふとある, ほの暗い中, もう煙っ, もって, もとの, やって来た, やって来る, ようやく米粒, よく旅人, れい子と, わきに, わたし場の, ゐないと, ゐないので, ジャーマンベーカリーの, スカートの, ダイヤモンドに, 一本, 一本あっ, 一本あれ, 一本このごろは, 一本づつ植わ, 一本二人を, 一本立っ, 一株ある, 一株すつ, 一株黒ぐろ, 下膨れの, 久しぶりで, 二三本上り下りの, 二三本残った, 二人の, 云った, 今なお, 今夜行った, 体裁を, 何を, 入つて行つて, 入院費用三百円程, 出たり, 出て, 刀の, 別に何処, 別に何處, 南割下水の, 可哀相だ, 地上に, 坂田に, 多い, 多く見える, 夜風に, 女子供向け, 好きだった, 妻恋稲荷の, 姉の, 小田原の, 少しずつ, 少し芽, 居なくなってから, 岸に, 川の, 川風に, 左右に, 師走の, 帰って, 帰りその, 役者の, 待って, 後から, 思い出したよう, 恐らく分, 投げた卷煙草, 投げた巻煙草, 招く風, 持田家の, 明かに, 暗く条, 月給取りに, 有ったらお, 来り道子, 来訪いやだ, 東京から, 東京へ, 枝垂れたよう, 枯れかかった葉, 柳へ, 植えて, 植え付けて, 植わりこの, 植わり牆, 死んで, 殺されましたぜ, 殺陣の, 気ぜわしそう, 水の, 水面に, 江戸を, 決定的に, 沈黙を, 沢山ある, 注意を, 溺れたあと, 煙り残り, 煙るぐらいな, 煙るぐらゐな間, 物を, 生, 生えたかの, 生えて, 生茂って, 田島って, 界方を, 発起し, 登って, 祟って, 窓も, 窺い出づ, 立ちことに, 細い葉, 緑に, 緑を, 織り出して, 美しいといふ, 聳えて, 胸に, 自分に, 芽ぐんで, 芽ぶいて, 芽吹いて, 茂って, 茂つて其の, 菊田, 萌えた美しい, 落ちて, 蔭に, 血迷って, 行く手で, 行ったり, 表へ, 襪を, 見えた, 見え家, 訪れて, 誰にとも, 豊富な, 轟の, 辛抱づよくミサ子たち, 近々座, 遠くに, 酌を, 長く垂れ, 阪井に, 阪井を, 雨の, 電氣の, 霜に, 青々として, 青く綾, 青んで, 静な, 靡いた, 預かって, 顫える, 風邪気の, 骨ばかりに, 鹿子木氏に, 黄色い芽

▼ 柳~ (209, 4.3%)

84 の妹, の父親, の顔 3 と一緒, は帰っ, は蝶子 2 が何, に言う, の口, の声, の姿, はまだ, はやがて, は手代, は気, を殺した

1 [160件] がこと, がしばしば, がたびたび, がハラハラ, が一層, が丁稚相手, が切り廻し, が帰っ, が早く, が梅田, が殺されました, が浄瑠璃, が眠い, が紋附, が背, が腸, が腹立たしい, が自害, が芸者遊び, が蝶子, が襷がけ, が親, が言った, が遊蕩, が頑固, だけが判読, だよ, といい, という人, と三人, と二人, と同じ, と案内, と自分, と走り書き, に, にくれぐれも, にそろそろ, にだけは小遣い, にはいちばん, には子供, には面, にほとほと, に働き, に意見, に戻っ, に持ちかけた, に持ちかける, に挨拶, に撥ねつけられた, に蝶子, に言い出そう, に話す, に迫った, に違い, のこと, のしょげ, のため, のところ, のわめき, の仇, の使い分, の冷やか, の前, の夢, の妻, の娘, の家, の年, の店, の性分, の悪口, の所, の手紙, の方, の樣子, の死んだ, の毎日, の爲, の父, の看病, の耳, の肚, の興味, の變死, の足音, の身, の通い, の遊び, の食意地, はある, はいささか, はいびき, はいや, はうまい, はうんと, はかめへん, はした, はそわそわ, はそんな, はなまこ, はひそか, はひょっくり, はふい, はほっと, はわが身, はハラハラ, はヒーヒー声, は三味線, は乗, は二十歳, は位牌, は何, は何となく, は別に, は即座, は反対側, は啜っ, は天井, は天候, は心細い, は怖い, は戻っ, は梅田新道, は毎日, は毎日郵便局, は浄瑠璃, は渋い, は疲れる, は病気, は白い, は相, は知らない, は素知らぬ, は耳, は葬式, は西瓜, は親, は言い, は言い出した, は言った, は話した, は誓った, は足, は近く, は金, は顔, もボックス, も加減, も手, も黙っ, や, を, をしっかり, を一人前, を出, を嘲笑, を引きずり込んだ, を贔屓, を非難

▼ 柳~ (195, 4.0%)

13 風と 9 受けて 4 して 3 秋風の 2 凭れて, 手を, 翡翠といふ, 芽が, 銀の, 頭を, 風である, 風の, 飛びつく蛙, 鷺の

1 [146件] ありぬ船, あんな勇気, いて, いるの, うつろひ, うまく食い入っ, かけたるもの, かけたる紅, かけたる衣, かけた賽, きいた, くくって, くらぶれ, けまりだった, こっちの, さそはれ内, さつと, しないの, しない花, しばしたたずむ, しようか, しろ一昨年頃, ちなんで, つ, つかまって, つける必要, ともれ川, なって, はや緑, ひもを, ふれぬ, まかすべし, まじり川, まじり樺, コビヘツラッタ人々に, ピンハネ, 並んで, 二十円せびっ, 任せて, 似たるもの, 似た感じ, 何か, 倚りかかっ, 六, 処理させる, 南瓜, 受けるも, 吊されて, 向って, 呼ばれて, 囁き冷, 四五羽, 因んで, 塞がれた店先, 夕あかり猶, 大道世帯を, 嫁づいた, 嫌はれ, 対した, 少女は, 引掛け, 弾かれた怨み, 彼の, 懸けしいにしへ, 懸けて, 懸って, 手紙を, 掛けるもの, 攀じ, 散りかかるという, 散る篝火, 早や, 星一つ, 春ぞ, 暗い湯屋, 月給を, 橡の, 残るとき青銅, 流して, 浮く, 涼しい風, 混つて櫻の, 渡し探り, 渡辺の, 濡色な, 灯入りの, 焦がれた又, 煙つた, 燕を, 片手を, 現われて, 白百合を, 相談を, 立てかけ彼, 立直った, 筆と, 紐を, 細かい雨, 繋いで, 纜った, 纜つた頃は, 美い, 肚の, 背すじを, 腰を, 自分が, 至っては, 舟を, 苦しめられて, 落雷した, 葭簀を, 蒼澄んだ, 蛙の, 衣裳を, 見えた, 解って, 訊いたの, 詫びた, 語った, 謝罪させなけれ, 蹴毬, 近き窓, 近く茶屋の, 逢ひ, 銀緑の, 銀色の, 長いあいだ子供, 集まった, 雨の, 雪折なし, 雪折れなし, 靄の, 音ずれ, 風すべては, 風も, 風剣術の, 風暖簾に, 風蛙の, 飛びつかうとして, 飛付かうと, 駒を, 魅入られたん, 鳴き大火西に, 鳴く鶯, 鵯梅花に, 鶯の

▼ 柳~ (175, 3.6%)

6 殺したの 3 吹いて, 小楯に 2 はらひ, 回向院の, 後に, 栽え, 横眼に, 殺して, 胸に, 連れて, 驚かせた

1 [145件] うちへ, うったの, うつしまた, お植え, かかれて, かく女, かすめて, くぐり土手, ぐらく霞たなびく, さす, さす事, さながら自分, すべつて紫陽花の, そのままに, そのまま緑, つかまえて, つかまえ曳き立てて, つたふ, とって, はじめしづ子サワ子その, ば玉を, ひどく怨ん, まじへ, めぐり出でしが, やめさせるか, ビクターへ, 一本植え付け, 一緒に, 三年越口説き廻した, 中に, 今におしみ, 代りに, 伐つた事, 伐つて, 伴れ, 傷つけたそう, 写生した, 切つ, 切り太い, 助けて, 印象ふかく, 取り寄せようとして, 叩いたり, 吹く, 吹く風さ, 呼びかえして, 呼んだ, 呼留め, 咏じた, 娶った, 娶って, 害めた, 庇ひ過ぎ, 引き千, 引けば, 得たもの, 怒らすこと, 怒る怒られた柳, 思い出さずには, 思ひ出さずには, 愛すかな, 手向けられた墓, 打ち倒しても, 打擲し, 打殺した事, 払って, 折つて別を, 折りて, 折り草, 抱いた女性的, 押退け, 指さして, 採集し, 描いたらうまい, 描いたら巧, 揺り起そうと, 斬り独り, 木刀で, 杖に, 枕と, 染めて, 根こぎに, 栽る, 栽ゑた, 栽ゑたり, 植うる, 植えそして, 植えた, 植えたの, 植えたり, 植えた堤, 植えた時代, 植ゑた謂ゆる, 横に, 欄干から, 欄干さきへ, 殺したか, 殺した匕首, 潛つて格子戸の, 潛り, 潜って, 潜りて, 濃く薄く遠近, 照し, 物蔭に, 百歩へ, 的に, 直属に, 相手に, 盾に, 眺め池, 立てること, 約束いたし, 編むの, 縫って, 縫ふ, 翠の, 脊に, 船に, 茶山に, 見た, 見て, 見ても, 見まわして, 見る, 見るよう, 見れば, 見舞ふ, 解釈し, 詠嘆する, 誘い二階, 誘って, 距つ, 蹴った, 蹴飛ばすよう, 軽くなびかせ, 迎えた, 透いて, 透かしながら, 選んで, 離す必要, 離れ番屋, 頼りない, 鮮に, 鶯が

▼ 柳~ (123, 2.5%)

3 の掛小屋, の町医, の通り 2 の, の人達, の扇屋

1 [108件] から上野, から六条, から新吉, か祇園, この辺, ちゃ, ってどこ, で, である, ですね, ではまた, でもこの, でキング, で仕切一円, で悩まされた, で金, といっ, とよび, と称, と言う, なぞとも隠し, なる旧, にかけて其の, に一寸, に嬌名, に対しても好か, に押上, に接する, に生れ, に行っ, に見る, に買手ども, のかご寅, のかれ, のこういう, のその, のほう, の一蓮寺, の事, の低い, の佐野屋, の入れ知恵, の叔父さん, の坂, の奥まった, の姉, の姐さんたち, の家, の小屋, の小屋場, の市川楽翁, の廓, の影法師, の或, の折, の新吉, の旗亭, の柳, の樋屋, の横, の橋, の燈, の総門, の編笠茶屋, の縁日, の者ども, の花魁, の芸妓じんみち, の菊屋, の裏長屋, の通, の遊女屋, の遊廓, の金六郎, の金貸し, の金貸金六郎, の長男, の附近, の隠れ家, の電車停留場, の駕籠寅, はいたずら, は吉川町, は恐らく, へいこう, へいそがせた, への道, へ出掛け, へ拔, へ来, へ来た, へ来ました, へ行きゃ, へ行つたの, へ走っ, へ通っ, へ遊び, まで使, まで来, まで籐椅子, や祇園, をたずねる, を全部, を圧倒, を思い出します, を見る, を走, ノ負傷者ハ東照宮下ニ治療所アレバ出向ク

▼ 柳~ (111, 2.3%)

3 蝙蝠を 2 いう, なって, 松, 燕を, 阿香

1 [98件] あの支那婦人, いひ又, いふと, お辰, きた日, すれすれに, ならしむといふ, のみながら, ふくれ合って, アカシアとの, エルムも, 一緒に, 三益, 九月の, 云うの, 云ひ, 交す最後, 会ひ, 会見の, 來ては, 僕もう, 共に去る, 出て, 勘次が, 又六, 取膳, 受け流す流, 号され, 吉五郎の, 同じ名, 同じ和, 同じ様, 名づけたよう, 呪文の, 呼ばれて, 呼んだ, 呼んだ時, 大岡市十郎だけが, 大島を, 大庭は, 大庭来り, 大阪へ, 娘が, 家々との, 川島が, 待合せて, 思いがけない坂田, 懇ろに, 打つかった話, 打合せ, 掘割との, 揃って, 斎藤の, 曇れる, 書くの, 朝日, 東劇へ, 松の木が, 柳の, 桜が, 桜との, 榎並の, 残りの, 気心が, 氣心が, 水と, 沖ツ海カイビャク以来たった, 浅草へ, 渡辺篤に, 発しまして, 白鷺の, 相似たり, 相對, 相談した, 看板との, 称えられぬいと, 笠とだけで, 糸杉が, 細竹に, 菊田東京より, 葦とが, 蘆と, 蘆との, 行人と, 街燈とを, 西条様との, 見へて, 見るため, 親しくなった, 言ったね, 言つて十六花の, 諸共全く, 近江の, 連絡とる, 遊廓とは, 違って, 鈴木桂介それに, 顔を

▼ 柳~ (80, 1.6%)

3 という者, の右馬介 2 の名

1 [72件] いや右馬介どの, から聞け, があの, がい, がお, がきっと, がさがし, じつは右馬介, だ, だけはすでに, だった, だよ, である, です, ですがと, という具足師, という実直者, として再び, となっ, となり, との間, とはまま, とは仮, とも名のり, とやら, と他, と変え, と変名, と聞け, なればとて, にあずけ, にお, に匿われ, に大杯, に救われ, に調べさせ, に連れられ, のいる, の下請仕事, の容子, の帰り, の影, の本身, の留守中, の看板, の眼, の隠れ蓑, はいず, はいま, はしどろもどろ, はしばし, はすぐ, はつい, はつねに, はどこ, は再び, は半月, は声, は帰らなかった, は平身低頭, は日満, は笑い, は身まま, は頬杖, もお世話, もまごまご, もまた, も夏, も足, を信じ, を引い, 逃げよう

▼ 柳秋雲~ (60, 1.2%)

3 はそれ 2 と方美貞, に何

1 [53件] から思い出させられ, がふい, が作った, が出る, が手, が荘家, が足音, が静か, だとばかり, でありまして, とは差向い, にいわせます, についてはいろいろ, になにか, にも伝え, に歌, に芝居, のこと, の先刻, の声, の姿, の所謂玩具, の方, の眼, の行方, はあの, はいいました, はすぐ, はその, はちら, はなごやかな, は少し, は少女時代, は急, は悲し, は手, は新新, は暫く, は曖昧, は無口, は片手, は立, は答えました, は荘家, は陳慧君, もへん, も加わる, も立交, も黙っ, をも加え, を促し, を迎えました, を長く

▼ 柳~ (58, 1.2%)

3 芽を 2 披つた襟を, 豆腐屋の

1 [51件] あり梅, ある, お辰, かるく, しだれけりみ, しだれて, そろそろ芽, つづいて, なつかしいが, なびくよ, なんのその思案橋, また小原, むやみに, ゐて, ランプを, 人影も, 今は, 來る, 化粧を, 匝る, 同様だ, 咲きいづる, 土塀の, 塔婆も, 寂しい葉ずれ, 寝室より, 射ない, 手を, 旅する, 春の, 時子も, 来て, 来る, 枯れて, 植えず, 浄御, 無しに, 無言で, 真白に, 筑波颪に, 続いて, 腰が, 舗道の, 芽んだ, 藤も, 蘇る今日, 見えて, 見えねば, 通るたび, 重い鈍い緑, 隠れる

▼ 柳~ (47, 1.0%)

3 桜の 2 樫や, 白楊の

1 [40件] あざみは, いろいろの, お留, さてはそこ, それじゃ, という小料理屋, という旅籠屋, なぎの, はこべが, イタヤもみぢなどが, 今の, 君が, 國府田さんは, 坂田の, 塔を, 大庭と, 川楊の, 心のみ, 我輩は, 杉などが, 桜などが, 梅に, 梅の, 楢椈の, 槐に, 槐の, 槐も, 樋口, 樺は, 浜路の, 清水の, 白楊や, 白樺や, 石田, 芦を, 菩提樹が, 葦の, 蒲や, 薄の, 鈴懸

▼ 柳ヶ瀬~ (36, 0.7%)

3 を越え 2 では雨

1 [31件] から下余吾方面, から中, といっ, など山, において御, にわたる方角, に破った, のおく, のこの, のとき, の両面, の勝ち軍, の合戦, の峠, の後, の戦い, の戦後, の突地, の端, の陣, の陣中, へ抜けよう, へ拔, へ来, までの間, まで駈けつけ, をあるい, を経, を越, 越えの, 越えも

▼ 柳さん~ (34, 0.7%)

2 ですよ, のよう, の身

1 [28件] お書きなさい, がいます, が下女, が仲, が嫁, が怪しい, すっかりはたい, でした, ですね, というお方, というの, どうもなん, にお, にこの, に節附, に近頃, の, のところ, の兄さん, の名, の家, の方, は昭和, への怨, も何時, をい, を怨む, 小さい時

▼ 柳~ (32, 0.7%)

1 [32件] が人一倍, が代表的, が得意, が穴, が色, だが, てえ, てえ大, という落語家, と拮抗, と燕枝, に仕込まれた, に染められ, の, のありし, のたぐい, のほう, のまくら, の人情話, の仲の町, の口演, の名前, の折ふし春の都, の方, の春, の綾, の話, の速記, は名前, は薄暗い, をこき交ぜた, をまぜ

▼ 柳生家~ (31, 0.6%)

2 の用人

1 [29件] があり, がある, であり木村助九郎, でそれ, でも答えまい, という古, といえ, とはわれ, とは地理的, と対等, にある, にもどり申し, に入れ, に聞えた, の四男右門, の埋, の大本, の屋敷, の御用人さま, の方, の者, の血, の護り, の門前, は兄, は剣, へも出入り, へ救われ, 御先祖

▼ 柳~ (30, 0.6%)

2 の塀, の知合, へ行っ

1 [24件] でなかったこと, には今, には執事, に奇妙, に引返した, に禍, の事件, の人達, の代表者, の家督, の密閉, の怪事, の書斎, の番号, の相談役, の財産, へお, へとフル, へと走らせた, へは警部, へ談話筆記, を廻っ, を訪ねた, を返上

▼ 柳糸子~ (30, 0.6%)

2 ほどの女

1 [28件] が不思議, が何ん, が作者, が元, が前夜日比谷公園, が愛, が裸, が魂, だって昔, と姉妹, に劣らず, に美しい, の人目, の妹, の客, の怪死, の怪死事件, の指, の新しい, の罪悪史, の襲撃事件, の顔, は喜劇的, は早く, は昨夜, は黙っ, を取り巻い, を襲撃

▼ 柳~ (29, 0.6%)

9 しの 4 しへ 3 しと, しのろ半 2 しに 1 し, しから, しぎわに船, しのろ半で, しへの, しを, し川長, し連

▼ 柳並木~ (28, 0.6%)

5 のかげ 2 の下

1 [21件] それで二人, に綴られた, の, のところ, の影, の方, の河岸通り, の濠端, の物蔭, の葉裏, の蔭, の道端, の陰, は未だ, も名残り, も枯, を別れ, を市十郎, を縫っ, を通して電車通, を隔て

▼ 柳~ (27, 0.6%)

2 がでっぷり, さえがすでにすでに, と水, の音, は自作自演

1 [17件] から手紙, が人情噺, が睨んだ, が若き, と号, など手堅い, に至り, のところ, のやう, の大, の手塩, はこう, はその, は軽蔑, もあら, より上位, 折り揃

▼ 柳麗玉~ (25, 0.5%)

2 は安

1 [23件] がいそいそ, がめいめい毛布, が手紙, が現れる, が立っ, が腰かけ, が降り, の笑い, はひざまずい, はドア, は一隅, は下手, は信頼, は勇まし, は尊敬, は心配そう, は忍び笑い, は李春華, は無言, は蝋燭, も勇躍, を残し, 第三場

▼ 柳~ (24, 0.5%)

2 の落語家

1 [22件] からは小, での古, では大, では指折り, で大御所, とか三遊派, とは歴史的, と称し, の, のおん大将ンとこ, の人たち, の人間, の仲間, の大, の柳枝さん, の若手, の首領春風亭柳枝, へいっ, へと移籍, へ出, も同時に, をかける

▼ 柳~ (21, 0.4%)

4 の書斎

1 [17件] が云え, が僕, が去る, が昨夜十時頃, が毎夜, が見てなかった, だった, と伎芸天女, には全然, に対する訊問, の方, は漸, は無, は衝動, は過去, を愛し, を罵倒

▼ 柳から~ (18, 0.4%)

2 柳へ

1 [16件] たよりで, まずその, ノートを, 下りて, 土手の, 大盛況, 巧みに, 手紙で, 来て, 渡された全, 生った人間, 蘆から, 言はせる, 鈍重に, 電話藤山は, 食を

▼ 柳という~ (17, 0.4%)

2 女を

1 [15件] のが, ものじゃ, 一の, 人が, 博士も, 地名が, 大金持, 女は, 女中へ, 女中も, 姓は, 字を, 席亭へ, 秀才が, 野郎は

▼ 柳~ (17, 0.4%)

2 の一軒屋, の処, の家

1 [11件] が国禁, が老年, が頭, という小づくり, という画伯さん, に注意, の厚顔さ, の手許, の親類, は旧弊, を見付

▼ 柳~ (17, 0.4%)

2 の外, の御

1 [13件] でしんと, で一途, において一族宿老すべて, の一劃, の一房, の内, の周囲いっぱい, の宿直, の本陣, の陣門, の高氏, へ馬, までには一里余

▼ 柳美館~ (17, 0.4%)

3 の主人 2 の番頭

1 [12件] あきれかえって, だった, とやらで, の名, の存在, の旦那, の湯槽, の灯, はふき出した, は笑った, も満員満員, 今松

▼ 柳容堂~ (14, 0.3%)

6 の二階 1 からと云っ, からの電話, から電話, の明るい, の時, の沢子, の薄暗い, へ行く

▼ 柳庄蔵~ (14, 0.3%)

2 を殺し, を殺した 1 が悪人, そしてここ, だ, だとは, と小川正一, のふくれ上った, は二ヶ月以前刑務所内, は彼, も殺し, を死人

▼ 柳盛座~ (14, 0.3%)

1 [14件] がじき近所, で二銭, と宮戸座, における和好, の二階, の出身, の方, の舞台, の芝居, の裏, の観客, は浅草, へいわゆる, よりここ

▼ 柳~ (13, 0.3%)

3 の詩 1 が独り, が独りこれ, が蘭軒, に謂, のあつ, の句, は七十五歳, は蘭軒等, は詩, を除非

▼ 柳にも~ (12, 0.2%)

1 [12件] そろそろ暮色, たれて, まして泣く, サンシユユにも, 何か, 倭文子にも, 振向かずそうして, 水にも, 物悲しい揺落, 自然の, 遂に報い, 青い芽

▼ 柳~ (12, 0.2%)

2 の家, の書斎 1 にたのまれた, の姓, の忘れ形見, の洋風書斎, は少し, は頑として, は骨董, を招き

▼ 柳丹永~ (11, 0.2%)

5 のこと 1 が出, にもちょっと, に似, の, のもと, は似

▼ 柳散り~ (11, 0.2%)

8 清水涸れ 1 すぎに, 桐落て, 清水かれ

▼ 柳~ (11, 0.2%)

2 に魚 1 が, があり, がたおやか, に搦ん, のフラネル, の仙台平, の模様, も柳橋, やたくさんお偉方

▼ 柳番屋~ (11, 0.2%)

8 の蔭 1 の処, の脇, の陰

▼ 柳ちどり~ (10, 0.2%)

1 でなければ, とは第, と思っ, と海原真帆子, と間違えられる, に代っ, は声, は確か, は第, を電話機

▼ 柳には~ (10, 0.2%)

2 蝉の 1 お氣, お贔負, こんもりと, 乾いた藻, 川魚を, 性の, 能勢の, 風が

▼ 柳~ (9, 0.2%)

1 あらうか, アラスカへ, 今朝で, 仕切ったその, 昼飯を, 暗くなる, 疲れて, 背骨を, 造つたと

▼ 柳倭文子~ (9, 0.2%)

3 と茂少年 1 であろうという, という美しい, とはこの, と三谷青年, は一体全体, は危く難

▼ 柳亭種彦~ (8, 0.2%)

21 が, のその, の田舎源氏, の読み, の還, は昔

▼ 柳仙夫婦~ (8, 0.2%)

1 から娘, があの, がこの世, の一軒屋, の殺され, の間, は快く, を惨殺

▼ 柳枝さん~ (8, 0.2%)

1 からまた, が真打, のところ, の元, の前, の苦, へ話し, も演

▼ 柳~ (8, 0.2%)

1 で金蔵, といふ銭湯, と白, は町内, は芸妓達, への, へ入, へ捨て

▼ 柳甲李~ (8, 0.2%)

1 が今, でそれ, など, のこと, の秘密, は開かれた, をしん, を憎んだ

▼ 柳~ (7, 0.1%)

2 のと 1 から匕首, が義雄, それに, とする, よ

▼ 柳吉さん~ (7, 0.1%)

1 はお, は昨夜, は殺され, を今日, を殺し, を諦らめ, を追出し

▼ 柳夫人~ (7, 0.1%)

1 からは何, が人殺し, に化け, に失恋, の子供, の家出, もこの

▼ 柳斎どの~ (7, 0.1%)

1 か, がお, とは国もと以来, にもいぶかしい, のお蔭, は以前, も二度と

▼ 柳~ (7, 0.1%)

1 が植つて, に縁, に限, の在る, の根, の縁, を植え

▼ 柳~ (7, 0.1%)

1 に帰る, に帰着, に着いた, に近い, の主人, へ帰ろう, 追淀

▼ 柳生谷~ (7, 0.1%)

1 から笠置地方, になど壮年, の山河, の晨, へ急ぎ, へ急げ, へ来た

▼ 柳~ (7, 0.1%)

2 の門前 1 に着く, の新, は段々, へと自動車, を引継いだ

▼ 柳かげ~ (6, 0.1%)

1 から, くづをれはてて, に消えぬ, まねく尾花, やら空地, を薄

▼ 柳ちや~ (6, 0.1%)

41 ん何だ, ん來

▼ 柳との~ (6, 0.1%)

1 仲が, 会話に, 劇しい, 対照が, 無銭の, 関係が

▼ 柳~ (6, 0.1%)

1 従者に, 流れた, 縛りつけるぞと, 芽ぶいて, 見えが, 駕が

▼ 柳光一~ (6, 0.1%)

1 であった, である, という少年, の誕生日, はどの, は四年生

▼ 柳宗元~ (6, 0.1%)

2 は韓 1 がその, の後三百年, の意見, の非難

▼ 柳村氏~ (6, 0.1%)

1 が, の草, の言葉, の鼓吹, はルコント・ド・リイル, を本郷西片町

▼ 柳桜師匠~ (6, 0.1%)

1 が, とうち, とそっくり, のこれら, のところ, はこう

▼ 柳~ (6, 0.1%)

2 の春日重蔵 1 に町道場, のご, の先生, の直真

▼ 柳~ (6, 0.1%)

1 いづれも, しばしとてこそ, などというもの, などに荷, にいつも, にたたずん

▼ 柳しだ~ (5, 0.1%)

1 るる両, るる井, るる四つ手網今, るる川, るる橋いくつ舟

▼ 柳などの~ (5, 0.1%)

1 まわりを, 並んだ前, 助手の, 木を, 模様の

▼ 柳やの~ (5, 0.1%)

1 おステさん, 多いその, 女中, 女中の, 森を

▼ 柳剛流~ (5, 0.1%)

1 に限る, の使い手, の猛者湧井道太郎, の足, をよく

▼ 柳小路~ (5, 0.1%)

1 から吉川勢, で見かけた, の奥, の支那グリル一番, の淀川

▼ 柳斎旦那~ (5, 0.1%)

1 から出, だ, とはよほど, はお, はおととい

▼ 柳永二郎~ (5, 0.1%)

1 と大矢市次郎, につた, の娘, の富山, も

▼ 柳町通り~ (5, 0.1%)

1 でその, で遥か, には高坂弾正, の方, の方角

▼ 柳~ (5, 0.1%)

2 のゐる 1 がゐる, の計, はこの

▼ 柳~ (4, 0.1%)

1 つる頃, ほば, 小夜様を, 辰お

▼ 柳その~ (4, 0.1%)

2 三人と 1 人よりも, 枝を

▼ 柳です~ (4, 0.1%)

21 な, の

▼ 柳といふ~ (4, 0.1%)

1 ことは, のは, のも, 柳の

▼ 柳とも~ (4, 0.1%)

1 いわず藤, よぶ人間, ろともに, 呼び本名

▼ 柳などが~ (4, 0.1%)

2 眼に 1 芽を, 離れにくい

▼ 柳佐々木小次郎~ (4, 0.1%)

1 だが, とはどうして, のす, のほか

▼ 柳光亭~ (4, 0.1%)

1 だの深川亭, といった一流二流, の楼上, も近く

▼ 柳八重子女史~ (4, 0.1%)

2 の紹介 1 であった, であつ

▼ 柳博士~ (4, 0.1%)

1 と連立っ, に隣, に隣室, や千村教授

▼ 柳右衛門~ (4, 0.1%)

2 の新法 1 という郡奉行, を通じて薩州その他九州

▼ 柳~ (4, 0.1%)

1 から獄中, しばらくたのむ, ちょっとはいれ, は長く

▼ 柳~ (4, 0.1%)

21 と號, はどう

▼ 柳~ (4, 0.1%)

2 小文治 1 が来, の両君

▼ 柳敬助君~ (4, 0.1%)

2 に友人, の夫人

▼ 柳斎さま~ (4, 0.1%)

1 がいます, とてもう, のお, はもう

▼ 柳樹屯~ (4, 0.1%)

1 に上陸, に帰りし, に帰れ, へ帰りぬ

▼ 柳~ (4, 0.1%)

1 でございますか, のある, は油, は鉄橋

▼ 柳~ (4, 0.1%)

1 がいう, もなかっ, を尻目, を従え

▼ 柳~ (4, 0.1%)

1 という書生, の義弟, は磊落, は馬

▼ 柳ある~ (3, 0.1%)

1 は眺望, みち, 処には

▼ 柳~ (3, 0.1%)

1 ウツギの, 何か, 何かの

▼ 柳ちゃん~ (3, 0.1%)

1 にも読ん, を連れ, 来たよ

▼ 柳ちる~ (3, 0.1%)

1 そこから, 夕暮の, 頃

▼ 柳とともに~ (3, 0.1%)

2 目立つの 1 鶴屋と

▼ 柳とは~ (3, 0.1%)

1 やっと宏荘, 無言で, 趣が

▼ 柳と共に~ (3, 0.1%)

1 吹かれて, 枝垂れたよう, 附立病院へ

▼ 柳に対して~ (3, 0.1%)

1 微藍, 激しい怒り, 花やかである

▼ 柳に対する~ (3, 0.1%)

1 怒が, 憐愍の, 解釈も

▼ 柳までが~ (3, 0.1%)

1 湖の, 鉢卷を, 鉢巻を

▼ 柳を以て~ (3, 0.1%)

1 名と, 幣を, 護岸と

▼ 柳ヶ瀬表~ (3, 0.1%)

1 に不参, の御, へも御供

▼ 柳ヶ瀬附近~ (3, 0.1%)

1 には今朝, に着く, また椿坂

▼ 柳将軍~ (3, 0.1%)

1 から盧君, の怪, の正体

▼ 柳左衛門~ (3, 0.1%)

1 だった, という名前, は寄宿舎

▼ 柳成竜~ (3, 0.1%)

1 が八道, が来, は之

▼ 柳~ (3, 0.1%)

2 のかげ 1 という人

▼ 柳未亡人~ (3, 0.1%)

1 ではこれ, というの, とは一体

▼ 柳江亭~ (3, 0.1%)

1 の人気, の軒, は連夜木戸打止め

▼ 柳洲君~ (3, 0.1%)

1 が在, の才筆, は画

▼ 柳燕石~ (3, 0.1%)

1 が楠公, が死ん, の家

▼ 柳馬場~ (3, 0.1%)

2 の角 1 の鍵屋

▼ 柳~ (3, 0.1%)

1 か, というの, の御馳走

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 をき, をめ

▼ 柳あなあはれ~ (2, 0.0%)

2 かかりの

▼ 柳いと~ (2, 0.0%)

2 長けれど

▼ 柳いま~ (2, 0.0%)

1 ぞ散りしく, もさねあら

▼ 柳かすむ~ (2, 0.0%)

1 やその, 朝とて

▼ 柳からの~ (2, 0.0%)

1 密かの, 祕かの

▼ 柳さくら~ (2, 0.0%)

1 の透模様, をこきまぜ

▼ 柳しぼり~ (2, 0.0%)

1 の一腰, の鞘

▼ 柳ずし~ (2, 0.0%)

1 で休ん, に現れ

▼ 柳ちら~ (2, 0.0%)

2 とうごかす

▼ 柳とが~ (2, 0.0%)

1 ある, 混線し

▼ 柳~ (2, 0.0%)

2 よかに揺れぬれ

▼ 柳など~ (2, 0.0%)

1 其例で, 詩や

▼ 柳などは~ (2, 0.0%)

2 勿論焼け

▼ 柳ばかり~ (2, 0.0%)

1 でない手塚, 蝉の

▼ 柳への~ (2, 0.0%)

1 慰労金千円也を, 手紙を

▼ 柳やに~ (2, 0.0%)

1 戻る, 風呂へ

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 以テ此種ノ, 穿ツテ啼ク

▼ 柳ヶ浦~ (2, 0.0%)

1 から遙, を流れる

▼ 柳ヶ瀬山地~ (2, 0.0%)

1 に入る, へ駈けつづけ

▼ 柳ヶ瀬村~ (2, 0.0%)

1 から西, の方

▼ 柳ヶ瀬賤ヶ嶽~ (2, 0.0%)

1 などの境, など境

▼ 柳並み木~ (2, 0.0%)

1 のかげ, の行き行く

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 ぐらいはやれる, のお玉さん

▼ 柳亭燕枝~ (2, 0.0%)

1 である, の話

▼ 柳佐々木~ (2, 0.0%)

1 であろうと, と称する

▼ 柳何一つ~ (2, 0.0%)

2 音もこそ

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 の甘味, をし

▼ 柳参り~ (2, 0.0%)

1 という事, は城下

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 の発源地, 六

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 と云った, までが嬉し

▼ 柳多留~ (2, 0.0%)

1 にあった, の解説

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 であります, でありますが

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 元, 元先生

▼ 柳宗悦氏~ (2, 0.0%)

1 が目, の民芸研究

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 の作, の刺史

▼ 柳幾本~ (2, 0.0%)

2 たちて

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 と言っ, の亭主

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 のこと, の里

▼ 柳曳き~ (2, 0.0%)

2 ずる埃かな

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 うつしの, も皮肉屋

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 などで十九世紀イギリス, などのよう

▼ 柳条さん~ (2, 0.0%)

1 が真っ黒, の聞き覚え

▼ 柳条柳橋~ (2, 0.0%)

1 を尻目, を従え

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 がいった, も柳橘

▼ 柳條柳橘~ (2, 0.0%)

1 を尻目, を従え

▼ 柳母子~ (2, 0.0%)

1 がいよいよ, を取戻す

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 が林園月令, の絶句

▼ 柳炭等~ (2, 0.0%)

1 で作られた, の混合物

▼ 柳~ (2, 0.0%)

2 の浪

▼ 柳生ぜり~ (2, 0.0%)

2 因て

▼ 柳町筋~ (2, 0.0%)

1 でございますか, を帰っ

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 にはもう, を見おろす

▼ 柳盛座時代~ (2, 0.0%)

2 からである

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 既に青く, 既に青し

▼ 柳秋雲さん~ (2, 0.0%)

1 の歌, はちょっと

▼ 柳立枠~ (2, 0.0%)

1 の小, の羽織

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 に花緑, の花

▼ 柳~ (2, 0.0%)

2 に路

▼ 柳編み~ (2, 0.0%)

1 の屋根, の羽子板

▼ 柳~ (2, 0.0%)

2 にけり

▼ 柳花苑~ (2, 0.0%)

1 がみごと, という曲

▼ 柳菩提樹~ (2, 0.0%)

2 や榛

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 が初々しい, のインバネス

▼ 柳藤桜山吹~ (2, 0.0%)

2 など飛

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 の五衣, の五衣打ち

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 のカバン, の長方形

▼ 柳~ (2, 0.0%)

2 のごとき

▼ 柳~ (2, 0.0%)

1 の了戒一刀, の大小

▼ 柳風軒~ (2, 0.0%)

1 に出逢い, の教え

▼ 柳高次~ (2, 0.0%)

1 が早馬, は讃州志度

▼ 柳麟湯~ (2, 0.0%)

2 の輩

▼1* [412件]

あやめつつじさくら草の, 柳ありて直, 柳ありしは柳北先生, 柳いかにも美しいという, 柳いくそたび, 柳うす青い褄白い, 柳かげ水のながれ, 柳かげ葦笛吹きて, 柳かげ青銭一つ投げて, 柳かと思ひましたが, 柳かとも思はれる樣, 柳かなかね, 柳くらき比軒ば, 柳こいつはゆ, 柳これを着, 柳さくら垣根つ, 柳さく子のプロマイド, 柳さんさへその, 柳さんぼくは独力, 柳さんみたいな度胸, 柳さん今言ったなんとか, 柳さん俺がこんな, 柳さん竈の素燒, 柳さん自身に依, 柳しっかりしろ, 柳じゃないか, 柳すかしに青く, 柳すずしくお地蔵さま, 柳すなわちギョリュウ, 柳なびく辺城, 柳ただ見て, 柳たちはざっと, 柳だけが昔と, 柳だけであつた, 柳だけは神様が, 柳だつたことは, 柳だに持つもの, 柳だの桧だ, 柳だるには, 柳ちどりさんにいい, 柳ちゃん何だってお, 柳ちょいとお前さん, 柳ちりかふ, 柳やなう, 柳つらなり河床も, 柳てえ講釈師が, 柳であったかわからなくなっ, 柳であろうと柏, 柳でしたよ, 柳でしょうか竹, 柳ではあるまいよ, 柳とか菖蒲浴衣とか, 柳とても描かれては, 柳とで川口町の, 柳とに溢れた時, 柳とを連れて, 柳なきは既に, 柳なぞいずれも, 柳なぞは烈風に, 柳などとは違つて人間を, 柳などともいう, 柳なども見えるだけに, 柳などを除いては, 柳なにはのはし, 柳なびきて散り, 柳なら皺を, 柳なり桃の, 柳なりの神た, 柳なれど加賀, 柳なんぞあれで, 柳なんぞがいろいろな, 柳なんぞの縞お召人懐く送っ, 柳にかくる金州, 柳にぞ置く, 柳にだけ打ちあけた, 柳について同博士, 柳についてはこれ程文献, 柳にでも繋いで, 柳にとってはむしろ表向き, 柳にのみものを, 柳による子ぬ, 柳ぬれし今朝門すぐる文づかひ, 柳のみ春しりが, 柳のよふじのつ, 柳のわたのしのびくる, 柳ばかりは今も, 柳ばかりを写生し, 柳ひくき浪華の, 柳ぼくはおまえ, 柳まして三十三間堂の, 柳まつりの翌月, 柳まで日に, 柳まんまろく, 柳みじかくて暗き, 柳めぐみて小桃, 柳やがもって, 柳やはひっそりし, 柳やへ戻らず, 柳やら桜やらの, 柳ゆるしてくれ, 柳糸や, 柳より出づ, 柳よりはほんものに, 柳を飾つて, 柳きのふより, 柳われもたむけ, 柳ゐないので自分, 柳ゐなくなったため皆元気がい, 柳と呶, 柳オルガお杉, 柳カシハも新芽, 柳ト名ヅク其花ハ雨ニ遇ヘバ則チ開ク宜シク, 柳名アリ云々, 柳ハエ小鮎, 柳ハ小幹弱枝之レヲ挿スニ生ジ易シ, 柳ホテルに泊まっ, 柳ポプラのは黒, 柳ミサ子その他三四人は専攻科, 柳ラヂオの話, 柳ヶ瀬以後大勢はすでに, 柳ヶ瀬出陣のとき, 柳ヶ瀬山中の一村, 柳ヶ瀬役の帰趨, 柳ヶ瀬戦捷のとき, 柳ヶ瀬戦況の報, 柳ヶ瀬方面の山々, 柳ヶ瀬椿坂大黒谷と蜿蜒, 柳ヶ瀬茂山の乱軍, 柳一切悪かった, 柳一名ハ西河柳幹甚ダ大ナラズ, 柳一名ハ観音柳一名ハ西河柳幹甚ダ大ナラズ, 柳一家はいつも, 柳一本道を覗き, 柳一本風にゆらるる, 柳一枝の春信, 柳けの江戸, 柳三味線徳川時代の服装, 柳三遊と別れ, 柳三遊最終期以来の寄席修業者, 柳両国の南川はた通り, 柳中宵月勤めまする役人, 柳事件ですよ, 柳五葉牡丹花ぐるま, 柳亭侯に封じた, 柳亭左円次といふ人, 柳亭左楽がわずか, 柳亭市馬がかねがね, 柳亭徳升という人, 柳亭燕枝春錦亭柳桜のたぐい, 柳亭燕枝春風亭柳枝桂文治らが春木座, 柳亭燕路は北国, 柳亭種彦あたりを筆頭, 柳亭種彦六十に至っ, 柳亭鶴枝だった, 柳輔らの, 柳今日裁判所へ行き, 柳仙久留米の平川良衛, 柳仙宅襲撃の仕事, 柳仙自宅の場, 柳以下大ぜい, 柳以下荷拵への手伝, 柳伐つて翡翠終, 柳作久の三女, 柳倭文子さんです, 柳先々代柳枝先代助六先代今輔, 柳光一敏捷らしい手塚, 柳入江プロへ電話, 柳公權が在る, 柳公綽が襄陽, 柳其の桂は, 柳兼子はアルト, 柳冗談やおどかし, 柳出窓の瞿麦, 柳で刺, 柳利三郎は立憲党, 柳剛流師範雨ヶ瀬某と相州小田原, 柳剛流東軍流卜伝の遺風, 柳北二翁を詰責, 柳十勝柳水楢等の闊葉樹, 柳千株に夏, 柳博士等と連立っ, 柳原稿図も添え, 柳いかさま当時, 柳吉蔵市川升蔵先代桜川善孝といったよう, 柳含春を配せり, 柳を編ん, 柳因別る, 柳に学び, 柳圃晴湖等その他各方面, 柳と云つて, 柳垂れたる江の, 柳に身, 柳といふの, 柳多くあり, 柳多留四十二篇に, 柳多留正調の伝統, 柳がその後, 柳大塔の東廿八町, 柳大阪で静養, 柳夫人捜索に全力, 柳夫妻はそれ, 柳好柳枝より上位, 柳如是といふ者, 柳なしに, 柳姿の覆面三, 柳も楊柳, 柳宗悦の, 柳宗悦さんたちのやっ, 柳宗悦園池公致児島喜久雄郡虎彦等上流の青年たち, 柳家三亀松はこの, 柳家三語楼昇龍斎貞丈尺八の加藤渓水, 柳宿は蛇, 柳寿斎爺さんに教わった, 柳将軍御意を得申す, 柳小さな柴橋北戸の, 柳少しく斜に, 柳山後山前処処梅, 柳岩国の錦帯橋, 柳嶋橋本に飲み, 柳の事, 柳巷新史を著し, 柳帰って来た, 柳幹甚ダ大ナラズ, 柳庄蔵氏なの, 柳と号し, 柳てっ, 柳志賀里見萱野の諸君, 柳成竜工夫して, 柳成竜等百余人に護られ, 柳房生の親戚, 柳ひしと, 柳政太郎などであ, 柳敏三郎を悼む, 柳散らうとする, 柳散る頃に, 柳敬助という人, 柳敬助正宗得三郎津田青楓諸氏の個展, 柳多き旅館, 柳と, 柳斎おまえもいい, 柳斎さんうまい口, 柳斎だんなの持ち物, 柳斎一色右馬介から聞い, 柳をり, 柳書屋と名づけた, 柳書屋柳原書屋三亦堂, 柳望み見て, 柳村上田からは, 柳条溝にて鉄道線路, 柳条溝事件上海事変満州建国とつぎつぎに, 柳条目に見えた, 柳条笹のよう, 柳条辺も夕月, 柳来り一泊し, 柳など生茂り, 柳松櫻杏桃梅椎の木や楡, 柳松翠色更に新た, 柳枝つばめ馬生小勝今輔, 柳枝先代助六先代今輔, 柳枝入船米蔵がある, 柳枝口演の, 柳枝左の臂, 柳枝左臂に生ずべし, 柳枝師匠だよ, 柳枝桂文治らが春木座, 柳枝此の人等, 柳栴檀櫨などのかげ, 柳栴檀石榴櫨などのかげ, 柳は風, 柳桜山吹紅梅萌黄などの袿, 柳桜師の, 柳桜木蓮無花果雪柳といつた, 柳桜爺さんよくまあ, 柳桜緋桃の小路, 柳桜門下にはせ参じた, 柳梅桜花の師匠, 柳條さんたち四五人と苦しまぎれ, 柳椎樫杉椿なぞの大木, 柳楊枝にけづりてもなよよかなり, 柳之助, 柳槻桜桃梨橙楡躑躅蜜柑というよう, 柳模様は好ん, 柳樹茂密その上, 柳橋本なんか, 柳橘柳好小文治, 柳檜桃楡その他チベットの異様, 柳を植ゑたくらゐでは, 柳氏女あり, 柳氏来訪年齢の差異, 柳の流れ, 柳水楢等の闊葉樹, 柳永二郎娘のこと, 柳永二郎英太郎大矢市次郎で徹宵, 柳江納所僧の空闥, 柳が教, 柳派入り一件かもしれない, 柳派的である, 柳浪子を主筆, 柳涼しくこの火の手, 柳淀んだ濠の, 柳の緑, 柳の詩, 柳湾漁唱詩第三集, 柳濃く生際, 柳瀬山続きにその, 柳焦げし心臟かと, 柳燕蓮池それ等に面, 柳の御用, 柳生家そのものは水泡, 柳生家伝来の大, 柳生家初代の埋めたる, 柳生家厳の息子, 柳生家在府家老を説いた, 柳生家菩提寺の橋本定芳師, 柳生家財産の埋蔵個所, 柳生谷四箇の庄, 柳町一帯の屋根, 柳町先夜の望富閣, 柳町大浜ト飲ミマワッテ化粧ノ女, 柳町天然理心流道場試衛館の若, 柳町寺町堤町塩町蜆貝町新蜆貝町, 柳町指ヶ谷町へかけ, 柳町指ヶ谷町辺の溝, 柳町昔時幕府の同朋, 柳町望富閣と叫び合っ, 柳町筋一帯の芸妓屋稼業, 柳町菎蒻閻魔のすぐ, 柳町薬研堀町等々互ひに, 柳町通り南北に一筋, 柳畑辺より下, 柳番頭の與七, 柳百五十株を植えさせた, 柳の道陸神, 柳社演劇を催す, 柳秀子はその, 柳秋雲の上に眼, 柳立つ闇に, 柳の類, 柳けだし参, 柳と云, 柳箱松を著, 柳をつけ, 柳糸堂の, 柳糸子日比谷公園で身ぐるみ, 柳の地, 柳綿屋の喧嘩母衣, 柳緑水碧山青に至る, 柳緑花紅の札の辻, 柳緑花紅碑を尋, 柳織成鶯羽色, 柳縹子気の抜けた, 柳美談ではない, 柳翁いわくこれも櫛, 柳老父の病い, 柳胡桃桃檜その他日本に見られない, 柳脱退のこと, 柳荘堂山県大弐三千人の門下, 柳荘居士と号す, 柳荘相法今に至っ, 柳莊相法にせよ, 柳えはじめ, 柳落語家に扇子, 柳葉色を曇らせ, 柳蒲公英の黄金色, 柳で胸, 柳蓼蘆などのよう, 柳藍色の橋, 柳です, 柳低して, 柳製大籠などがいかにもひとまず, 柳褄茶屋の蒲団, 柳また同じ, 柳れその, 柳諸家が起り, 柳辻行燈編笠茶屋の灯, 柳の二人, 柳道木々を根, 柳遠近の森, 柳とか柳川, 柳重徳氏が自身自動車, 柳銀泥の黒く, 柳門選り抜きの剣手, 柳門非凡の剣手, 柳は歐蘇, 柳間出仕寄合御番, 柳闇花明の里, 柳香の, 柳陰呼渡図一幀巣兆樗良蜀山素檗乙二等の自, 柳隠れにいろは茶屋四十八軒, 柳れに, 柳雛花菜の雛, 柳雪駄直しの日, 柳雲飛鳥といいます, 柳震慄きつさ, 柳にさめ, 柳青める北上の, 柳をうならせ, 柳頗有春色故詩中及之, 柳の大木, 柳の句, 柳馬場上に住, 柳馬場島本三郎九郎の家, 柳高次山本幸堂野村辰太郎白峰駿馬望月亀弥太大利鼎吉新宮次郎元山七郎位です, 柳いつも高島田, 柳かき消すごとく散りに, 柳鰈ノヨウニ華奢デ細長, 柳だと, 柳の装, 柳麗玉禹徳淳朴鳳錫白基竜黄成鎬同志一二および前場, 柳麗玉隣家の古着屋, 柳黒幕の背景, 柳鼠梨欅などの樹膚