青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「柱~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~枝 枝~ ~柄 柄~ 柏~ 某~ 染~ 染め~ 柔~ ~柱
柱~
~柳 柳~ 柵~ 柿~ 栄~ 栗~ 校~ 校長~ 株~ ~根

「柱~」 4706, 51ppm, 2284位

▼ 柱~ (1078, 22.9%)

42 下に 27 ように 26 上に 14 蔭に 13 かげに, やうに, 上の 12 ような 10 傍に, 陰に 9 ところに, 側に, 影に, 根に 7 そばに, もとに, 下で, 下の, 中に, 神, 釘に, 間に 6 ところへ, 下へ, 神の, 神は 5 下から, 下には, 前に, 影から, 影の

4 [14件] かげから, そばへ, やうな, 一本に, 上から, 傍へ, 後ろに, 神で, 立って, 蔭から, 角に, 間の, 間を, 際に

3 [20件] あるの, かげへ, ところで, ほうへ, 下を, 並んで, 前面に, 向こうに, 周囲を, 所に, 所へ, 方へ, 時計を, 柱頭に, 根へ, 根もとに, 根元を, 歪んだ部屋, 神が, 立つて

2 [66件] あたりで, うえに, かくしボタン, かげの, ごとくして, そばの, ところから, ところには, ところまで, やがて平地, 一つに, 一方に, 上で, 上には, 上にも, 上は, 上へ, 上を, 上部の, 上高く, 下敷きに, 中で, 中でし, 中へ, 仮轄, 側を, 傷と, 先には, 列は, 前で, 割れる音, 力との, 大きな屋根, 大伽藍, 天麩羅は, 太さ, 小綺麗な, 影を, 折釘に, 数を, 方に, 方を, 時計の, 根もとの, 根を, 根入りの, 格子に, 歪んだ家, 燃え残り, 神に, 神も, 花に, 蔭で, 薄り, 裏の, 角で, 角を, 釘を, 長さ, 間には, 間へ, 陰から, 隠し穴から, 面が, 頂上から, 頂上の

1 [509件 抜粋] あいだに, あつた, あの刀痕, あるため, あるば, ある奴, ある宮殿, ある志摩, ある部分, うしろの, うしろへと, うちに, おきかた, おれたの, かげあたり, かげで, かげには, きらいなく, くさったの, けむりが, こばへ, ごとくあるいは, ごとくすくすくと, ごとくなって, ごとくなつかしき, ごとく両, ごとく倒, ごとく捲き起したよう, ごとく足, さきに, したへ, すがた, すぐ側, すぐ傍, そげ多き, その, その一本, そばで, そばには, そばは, そばを, それに, たおれたる方位, たった木, たって, ちさき, てっぺんに, てっぺんまで, てつぺんへ, ところどころに, どこかに, どこかを, ない高い練りもの, ひとつが, ひびわれた木目, ふくらみ, ふくらみが, ふくらみを, まえに, まがったの, ますこと, まだ火, まはり, まわりに, むこうに, めくり暦, めぐりに, もと, もとで, やうで, ゆがんだの, ようであった, ようなあり, ようにしか, わきに, わきの, わきを, われ目を, エンタシスのみ, カンテラの, ガス燈の, ハコベとは, ハリ紙は, ベルを, ライスカレーも, ランプの, 一つが, 一つで, 一つにも, 一つへ, 一つを, 一つ立つ, 一品だけは, 一所へ, 一方には, 一本が, 一本ずつに, 一本を, 一角を, 一辺が, 一部が, 一面に, 三人の, 上, 上なる, 上にて, 上より, 上方に, 上空を, 下, 下が, 下につき, 下にも, 下は, 下部に, 下部を, 両側に, 並んだ古風, 並んだ金堂, 並立とが, 中から, 中の, 中は, 中を, 中下部以下が, 中大倭日子, 中央から, 中央に, 中軸に, 中辺よりも, 中途から, 事も, 交通事故みたいな, 交錯を, 亭が, 人たちだって, 仕事場に, 似合ひさう, 位置から, 倒れかかる寸前, 倒れた以前掛茶屋, 倒れるよう, 側が, 側まで, 側凭れ, 傍で, 傍唐紙を, 傷あとこの, 傾いた瓦斯灯, 元へ, 先に, 先端は, 光りに, 光を, 内側に, 内部に, 円座から, 冷たさ, 処です, 出たところ, 刀きず, 分堂, 切り屑の, 切れ端の, 切口を, 切嵌め, 列が, 列の, 列も, 列や, 列を, 刳り穴, 前には, 前の, 前を, 前三尺余り, 前面を, 割れ目などに, 割れ目に, 割目にも, 効能を, 十字架を, 反りが, 取代え, 右手に, 名あり, 名に, 名は, 名義に, 向うに, 向うは, 君と, 周りを, 周囲に, 呼鈴に, 和歌という, 土臺石から, 城が, 壁は, 外は, 外側の, 外框の, 多いこと, 大いなる霸王樹, 大神の, 天辺に, 天頂に, 太い茅葺屋根, 奥から, 女子は, 女王に, 女王淨き, 如きも, 如き脚, 如き莖, 如き雲, 如くかしら, 如く上, 如く或は, 如く稜, 如く繁りたる巨木, 如く色, 如く騰れるあり, 姫君を, 姫神を, 姿天に, 子の, 子大, 子孫は, 字は, 字句を, 存在などは, 家に, 尖に, 尖には, 尖へ, 尖端に, 尖端の, 尖端へ, 左右から, 巻雲が, 帆を, 帝が, 干割れるの, 平行線が, 幾本かが, 底の, 底や, 底部と, 底部に, 建物こそ, 建築物の, 廻りを, 廻り直しも, 式皆, 弟たちを, 弱々しさ, 張切つた背, 彈丸の, 形である, 形に, 形も, 形を, 形態から, 彫刻天井や, 影で, 影や, 影暗く, 後ろから, 御名は, 御名を, 御子たちおのも, 御子を, 御子和知都美の, 御子達は, 御神以来図, 御神前, 御簾の, 徴し, 恋星が, 恰好までも, 意味を, 慈親も, 或る, 所にわ, 所へは, 所まで, 手先き, 手擦れた, 折れかかった汚, 折れたこと, 折れたので, 折れの, 折れる音, 折れを, 折れ釘に, 抜けた地面, 掛花活に, 支力が, 支力の, 支柱飾りと, 数々を, 数が, 数まで, 数も, 数本が, 文字, 方向を, 時代な, 時計が, 暗い投影, 暗い敷石, 暗中に, 暦が, 木が, 木口や, 木理も, 木目が, 木目に, 末のを, 末端に, 末端の, 本に, 杵が, 林に, 林を, 柱が, 柱頭へ, 根かとも, 根が, 根がたに, 根がたへ, 根っこに, 根つぎを, 根で, 根の, 根もとから, 根元には, 根元へ, 根元三寸程の, 根方の, 格子からは, 森列せる, 様な, 様に, 標札を, 横から, 横に, 横の, 欄干が, 歌を, 正面から, 此方の, 歪んだ何時, 歪んだ居間, 毛に, 法, 浮上がるの, 深部に, 火柱の, 火災除け, 炎が, 爲めに, 片脇の, 物とが, 状挿には, 狼煙を, 王, 王の, 環に, 産んだ三男, 男子は, 痕を, 白い影, 白さ, 白樺の, 皇神等の, 皮が, 真ん, 真下に, 真中に, 真中辺を, 知識を, 短く折れた, 石は, 石障, 破れなんか, 破れ目へ, 破片です, 礎へ, 礎や, 礎石が, 神あり, 神お, 神であった, 神として, 神なぞといふ, 神前に, 神名は, 神天の, 神様の, 神様はな, 神樣の, 神樣はな, 神相並び, 神議り, 禁札をも, 穴から, 穴には, 穴蔵と, 立てるなど, 端が, 節の, 籠に, 紐に, 純日本家屋, 細いの, 細みも, 絵を, 綿津見の, 線の, 繩の, 美しい事, 美しい排列, 群を, 背後などで, 背後に, 背後へ, 腐れ掛った, 腕木に, 臭いや, 船と, 色合などへ, 艶に, 艶を, 花であり, 花である, 花筒に, 若く或は, 草庵に, 蔭の, 蔭へ, 蔭や, 蔭を, 血も, 行列の, 表面総て右往左往と, 装飾に, 裏に, 裏側を, 角から, 角まで, 許に, 詫住居を, 貴子を, 足を, 趺の, 跡らしい, 近くに, 近くまで, 遺蹟として, 邊に, 郷介と, 郷介法師か, 配置との, 配置は, 重さ, 釘にかけて, 釘隠しが, 釣籠の, 釦の, 鈴縄が, 鈴蘭灯に, 鐵釘長, 間から, 間にも, 間隔が, 陰とか, 陰などに, 陰には, 陰へ, 陰や, 陰を, 隙間に, 電鈴に, 電鈴を, 震動でも, 音なぞを, 音を, 頂きに, 頂点には, 順番を, 頭が, 頭に, 類が, 飾の, 香沈丁の, 麓の, 黄金なる, 黒い家

▼ 柱~ (1067, 22.7%)

38 よりかかって 26 凭れて 18 かかって 14 背を 12 倚りかかっ, 掛けて, 身を, 頭を 11 かけて 10 つかまって 8 なって, 手を 7 して, 懸けて 6 よりかかりながら, 倚って, 倚り 5 向って, 添うて 4 かき縋る古, つかまつて, 倚りかかった, 当って, 縛りつけて, 靠れて

3 [17件] かけた, かけられて, もたれかかって, 倚凭り, 凭りかかっ, 凭れたまま, 懸つて, 支えられて, 映って, 札を, 立った, 立てかけて, 縋って, 縛りつけられて, 脊を, 自分の, 衝突する

2 [55件] くくりつけて, しばりつけて, たつた一つ, ついて, つかまったまま, つかまりながら, つながれて, つなぎその, とまって, なる棒, よっかかって, よりかかったまま, ガッと, ブラさげ, 体を, 倚りかかり, 倚りつづけ, 倚れ, 倚凭って, 倚掛って, 凭せ, 凭って, 凭れかかって, 凭れたま, 凭れ袖, 凭掛っ, 凭掛って, 吊つた籠, 囲まれて, 寄つて細工物に, 小判が, 御寵愛, 懸って, 打ちつけて, 打ち付けて, 掲げた標札, 掴って, 擦りつけて, 斬りつけて, 映つて, 煤ばんだ花籠, 獅噛みつい, 白く名前, 結わえて, 結んで, 縛めたり, 縛られたまま, 縛りつけその, 縛りつけられたの, 繋がれて, 背中を, 茅の, 藤野さんが, 門燈が, 阿蘭陀渡の

1 [659件 抜粋] あたるもの, あてがって, ある, あるベル, ある手水鉢, いずれも, いましめられた坊主ひとり, いやという, うた, うたた寐, うちつけて, えいとこさ, おそろしいささくれ, おのおの一つ, おも, かかった八角時計, かかった六角時計, かかった対子, かかってる着物, かかる時計, かけあるいは, かけたる着物, かけた假面, かけた真田, かけた綺麗, かけた罪, かけた茅葺, かけました, かける幡, かけ事務室, かけ用, かじりつく皆, かって, からまれて, からみつけた, からんで, がくがく叩きつけた, くくられて, くくりつけられた, くくりつけられたまま, くくりつけられると, くくり付けて, くくり付けられた, くらべて, こすりつけこすりつけしてこら, このダフォディル, さげた標札, ささえて, ささえられまた, さまざまな, しかけて, しがみついた, しがみついた人影, しがみついて, しがみつきながら, したゆかしい, しばらく泣き申し, しばられて, しばられ猿轡, しるしを, し葉, じっと静か, すがって, すき間が, すぎない者, ずらせながら, そえた彫像, そっくりの, その大, その朱塗, そばめる人, た, ただよ, たてかけたの, たよらなくては, ちゃんと, ちやんと, ついた指痕, つかまったり, つかまった手, つかまりました, つかまり乗り出すよう, つかまり我が, つないだ綱, つながれたま, つながれたまま, つなぎました, つるして, てめえの, とがめあり, とめて, とりすがると, とりついて, どしん, どの祭壇, どろどろした, なつて, なりました, なりまなこ, なり出した, なるの, なるよう, なる木, ぬぎかけた花衣, ねばりつきたい, のこって, はった白紙, はって, はめ込まれゆがみ, はれば, びっくりする, ぴたりと, ふツ, ぶっつかりながら, ぶっつけた, ぶっつけながら, ぶつかり壁, ぶつかる, ぶつけさせた, ぶつけて, ぶつつかる, ぶつ附けた, ぶらさげた, ぶら下げた狐, ぶら下げて, まきついて, まきつけて, ます, みなして, むかって, むすばれて, もうひとり家人, もたして, もたせかけた, もたせて, もたれかかったなり, ゆく, ゆわえて, よじられた形, よじ昇り柱, よせかけて, よっかかったの, よっかかった時, よっかからせて, よったまま宇治, よった主, よりかかったが, よりかかりかなり, よりかかりて, よりかかり大きく, よりかかり白扇, よりかかり腕, わたされこうして, カヤの, グッと, コラント, ドスンドスンと, ドンと, ハリ紙を, ブラ下げ, ポンと, ラテン文字で, 一人ずつ, 一匹の, 一枚懸けた, 一面の, 上げましたが, 上げるぞ, 上げるまでに, 下って, 下ってる短い, 両手で, 両腕, 二本の, 亥の, 今手, 仰向けに, 任命された, 似て, 何か, 使った片隅, 例の, 依りか, 倒れかかったまま, 倚つて一人静観しうる, 倚つて立上り縄の, 倚りか, 倚り懸, 倚れり, 倚凭っ, 倚凭つて居た, 僕を, 先刻のと, 入れて, 凍りついて, 凭せかけながら, 凭つてゐた, 凭り, 凭りかかつて, 凭りかかれり, 凭れかかるよう, 凭れた, 凭れた横顔, 凭れた淺黄, 凭れた肩, 凭れると, 凭れ腕組み, 凭懸った, 凭懸つた儘顏を, 凭懸つた儘顔を, 刻み日本, 刻み込まれて, 創を, 十文字に, 半ば身を, 半折, 卷き附けて, 友染の, 取りつき, 取りつけの, 取ッ, 取付けて, 叩き付けようと, 号外が, 吊しあげられそして, 吊し長々, 吊るし上げられそして, 名文句, 向ひ, 呼鈴の, 品よく, 唐草彫, 噛り付い, 四面楚歌声と, 囲まれた地紙形, 固めつけた, 土佐特産の, 圧された結果, 垢を, 堆き天井, 変って, 大きなカレンダー, 大きな梨, 大草鞋, 天帝の, 夫婦と, 女が, 妙な, 安政三年再建と, 安煙草, 宿ると, 寄か, 寄かかつて, 寄せて, 寄って, 寄つて細工物の, 寄つて義雄が, 寄りかかりながら, 寄り両, 寄り掛かって, 寄り添って, 寄添う時間, 富山の, 小さな紙切れ, 少しばかり, 就いた修道女, 就かれてる修道女, 就くとも, 就ては, 山葡萄が, 岡本未と, 左の, 左手を, 巻きつけて, 帰して, 帰し柱, 平べ, 幾個か, 床板の, 張つて置く, 張りつけられて, 張り残し, 当たる所, 当りそう, 必ず大きい, 応は, 愛を, 憑りか, 懸かって, 懸かる時計, 懸けたと, 懸けた薄暗い, 懸けられて, 懸つた籠, 懸つて燻, 打ち一つ, 打ち付けた標札, 打ち込んで, 打付けて, 抱えついて, 押しあげられて, 押しつけられて, 押しつけられ息, 括られたまま, 括りつけさして, 括りつけて, 括り附けた手首, 挟まれて, 挟んで, 捉まり右の, 掛かつて, 掛けし舷燈, 掛けた, 掛けられ二十六歳, 掛けるの, 掛けるも, 掛ったボンボン時計, 掛った角時計, 掛って, 掲示が, 掴まつたま, 掴まりながら, 掴まると, 攀ぢ登りプラタナの, 攀昇る, 支えて, 支へて, 新門と, 映った, 時計を, 書いたもの, 有刺鉄線を, 朝日が, 木戸が, 木目の, 枝松が, 架けて, 柳の, 桜の, 植えて, 楊修は, 楊枝を, 歌を, 止ったり, 止まった, 残る地盤昇降, 母と, 毎月十五十六日当山説教と, 油壷の, 油紙が, 沿うて, 消えて, 深々と, 添えて, 渡す, 灯の, 照りはえて, 父が, 片手を, 牛の, 独楽の, 猿を, 王家の, 留まって, 當つた彈丸の, 當つて少し, 白墨の, 矢を, 石川の, 石油ランプが, 碎けて, 神代杉ずくめの, 秋雨の, 突き当った, 突き当って, 突っ刺さっ, 窮命させ, 立つたまま謡, 立てかけた地球儀, 立てた丸太, 立掛けて, 立縛り, 竹の, 籠が, 米が, 紙が, 紙片が, 終わってる上水分配, 結いつけて, 結え附け置きたるまま, 結は, 結ひつけられ, 結びつけて, 結び付けた, 結わいつけた匕首, 絡んだ手, 絡んだ身体, 綱を, 緒を, 縄で, 縋ったまま, 縋つて, 縋りきざ, 縋りついて, 縋りつき呼吸, 縋る古, 縛つて桃の, 縛つて死骸を, 縛められて, 縛られたそれ, 縛られた樣子, 縛られて, 縛られてるジャヴェル, 縛りおくぞ, 縛りつけた, 縛りつけられたジャヴェル, 縛りつけるには, 縛り付け乍ら續, 縮緬の, 繋いだ西村家, 繋って, 繍を, 繩で, 罪が, 罪人を, 群り立った, 肌襦袢ばかりを, 脅迫の, 脊中がと, 腰を, 茅葺き屋根という, 草モ木モ靡キシ秋, 草葺の, 萱の, 萱葺の, 落ちた, 藍染川と, 虎の, 蟋蟀が, 行燈掛け, 衝突し, 表札が, 見せた竹筒, 見られるところ, 見立てて, 触って, 記しし歌, 記した歌, 象牙の, 貼って, 貼られたよう, 貼りつけた, 貼りつけるの, 赤い糸, 赤い鳥, 足を, 身体を, 車体の, 載せた人間, 載っけるの, 載つけるの, 近く斜に, 近づいても, 返って, 逞ましい, 遊んで, 避くる, 里見恭助という, 釘付に, 鉢合せを, 銀の, 鎖で, 長い柱鏡, 長さ五フィート, 関係あり, 関係の, 附着い, 隠されるよう, 隠れて, 隠形, 靠りかかっ, 靠り掛かっ, 靠れたる役員, 靠れる習慣, 靠れ乍ら, 靠着れ, 頬を, 頭の, 題して, 額を, 風呂敷ほど, 飛びついて, 飛びつくが, 高くあげ, 高く雨, 高木の, 鳥を, 黒い手, 黒光りが, 點けて

▼ 柱~ (506, 10.8%)

16 立てて 11 背に 7 背負は 6 叩いて 5 楯に 4 樹て, 見て, 見ると 3 かついで, さ, 伝って, 廻って, 立て, 立てると, 背負はせる, 離れて

2 [27件] たてた, たよりに, ながめた, みたて, もって, ゴシゴシ引い, 仰ぐと, 削つて, 削るやう, 前に, 喚上げき, 囲んで, 太く立て, 建てたよう, 抱き僅, 掴んで, 握って, 撫でて, 欄に, 立てた, 立てる, 立て蛸樹, 背負った血だらけ, 背負って, 背負ふ, 負って, 震い動かさん

1 [371件] あげた, あげたいと, あげ陽平, いくつも, いとも無, うしなって, うしろ背に, おいつづける, おかし下さい, おったり, お立て, かすかに, かぞえて, かついだなり, かついだ男, かつぎだしたか, かつぎながら, がっちりと, きらめかせ, くぐりながら, くんで, こさえて, こさえ上げて, ことごとく朱, この地方, この辺, こわして, さがして, ささげねば, さす間, した綺麗, しっかと抱い, しつかと, しつかりと, しらべて, すっかり包ん, すべッて, すり減らすの, するかの, そそり立ている, そのまま頭上, その威嚇, その強い, そよそよと, たてさせて, たてたも, たてたり, たてて, たてながら, たてます, たてるもの, だれかに, つかったもの, つかまへ, つかんだまま, つかんで, つけた置床, つたって, つたふ, つづる放電現象, つや, できあがらせ音, とび越し, ながめて, なしその, なして, なすあるは, なすわけ, なでたり, なでて, なで立つと, にぎり片手, ぬけるよう, のぼりつめたの, はずして, はつらなる雁, はなれる時, ば白き, ほめ屋敷, ぼんやりと, また適当, まわる時, みたてたと, みて, みると, めぐりて, めぐれる一大水盤, もつて, ゆさゆさと, よじ上って, よじ上り鴨居, ストンと, 一層昔, 一廻りし, 一廻りした, 一旦失う, 一本頂く, 一眄する, 丁度小さな, 三つまでは, 三度廻っ, 三本立て, 上がって, 上だけ, 上の, 下す, 下の, 中央において, 中心に, 丹や, 主部と, 乱杭の, 二つに, 二三本お, 二本しか, 二本ずつ, 二本見た, 仆した, 仰いだ, 仲よく二人, 伐る音, 伝わって, 低く覗い, 作って, 使うひつよう, 倒すよう, 傳は, 八十本立て, 分家の, 切って, 切り組に, 切り縮めて, 刻んで, 削り去るとの, 削る道具さ, 削れ羽目板, 前の, 前へ, 割いて, 力に, 動かして, 取り巻いた五裂, 取離して, 叩かせると, 叩き付けたの, 叩き戸障子, 叩き折られる思ひの, 吹き出して, 喚上げた, 噴き大地, 四すみへ, 回り襖, 土中に, 地面に, 埋めた花御堂, 塗り又は, 壯大に, 外して, 失うて, 失った妻たち, 失った婦人たち, 失って, 始め奉り, 寄附した, 寝かせ蓋, 対象として, 少し打ちこわし, 少し楯, 崩し取って, 左右に, 平調に, 延ばすの, 建て, 建てたの, 建てたろう, 建てた唐橋式, 建てぬの, 建てるわけ, 建てる必要, 建て席, 建て是, 建て黒い, 建直さむ, 建立しなけれ, 廻つて夫婦の, 廻つて踊つて見せる, 廻られた話, 廻りて内, 廻るのに, 引き抜いたとは, 引き抜いた者, 引き抜こうという, 当てがった, 往き, 往きつ戻りつして, 後ろに, 御覽, 心に, 心棒に, 思い出した, 意味する, 感じさせる, 手もて, 打ちつ, 打ち倒すこと, 打ち叩きて, 打建てむ死者に, 折りて, 抜きたいもの, 抜き床, 抜くと, 択つて立て, 抱いて, 抱くの苦慘, 抱へて, 押し倒した, 押立てて, 持たないから, 持つた弓形張出窓, 振動させ, 捩じ倒し戦車, 掠めて, 掴んだ手, 掻き抱いて, 握ったら急, 握つて體, 揺ぶる屋根, 揺りうごかしそれ, 撼さんと, 擲る, 攀ぢて, 敲きながら, 斬る覆面, 映し抱くべく繞, 最前の, 杖に, 染めました, 根こぎに, 植ゑ込んだ, 横たえて, 残したまま, 残して, 殴ったやう, 求めた, 照すに, 照せり, 照らす頃, 燃えくず, 留めて, 登り籠, 登る姿, 白木綿で, 百本も, 盜める, 目標と, 直す時雲, 盾に, 看板に, 真黒に, 眺めた, 眺めて, 眺め水瓶, 祀って, 祖神と, 祭壇の, 突き倒さうと, 突き砕いて, 突込んだ, 立てず, 立てその, 立てたいわゆる, 立てた時, 立てても, 立てなかつたと, 立てるため, 立てるなんて, 立てるに, 立てるの, 立てるらしいの, 立てる余地, 立てる習慣, 立て一方, 立て並べて, 立て並べ柱, 立て型, 立て大きな, 立て屋根, 立て床, 立て彩華, 立て有刺鉄線, 立て私たち, 立て釣瓶, 竹で, 組んだ格子, 組んで, 結い筵編み, 緑の, 縫ひ, 繞つた, 置き全体, 聯ね, 肩に, 背中に, 背景に, 背負いかけたか, 背負うつもり, 背負つ, 背負つた血だらけな, 背負はせ, 背負ふつもりだらう, 背負わされるかも, 背負わされるが, 背負わされるぜ, 背負わせて, 脊負つた血だらけな, 花火の, 行き, 褒め庭, 見せた造り, 見た, 見たん, 見た時, 見た覚え, 見つめて, 見るが, 見る如く動かずそこ, 見れば, 見出した時, 見出した気持, 見詰めて, 記念に, 設くる, 設ける方, 谷の, 象どった鉛筆, 負うて, 貫くの, 起しそれに, 起したり, 起して, 越えなくては, 越した事, 踏むこと, 踏んで, 蹴倒した, 蹴飛ばしそう, 軽々とかつい, 逆樣, 透いて, 通じ人物, 通りこし, 造る斯く, 連ねその, 運んで, 道の, 遶り, 選ぶ方, 金の, 釘で, 鈴ヶ森に, 鐵の, 離れた十四, 震わすよう, 青く塗りかえ, 非常に, 頂き子房, 頼りに, 馬の, 高くした, 鳴して, 鳴らせて

▼ 柱~ (353, 7.5%)

24 立って 12 あって 5 ある, 立つて 4 いつかぼんやりした 3 あった, 凍み割れる音, 幾本も, 眼に

2 [17件] あれば, くれの, ばらばらに, 一本中程が, 一本立っ, 並んで, 並木の, 二本立っ, 何本も, 建って, 折れて, 横ざまに, 歪んで, 砕けて, 行列し, 見える, 見え出すと

1 [257件] あったから, あったと, あつて, ありこつちは, ありその, ありまた, あり中心, あり壁, あるが, あるだけは, あると, あるとか, あるの, あるので, ある日, あろう, いくつか, いくつも, うごく, うづまき, お椀型, きしむよう, ぎいぎいって鳴る, ぐるぐる巻き, ぐわうッと, ここかしこと, こんな美しい, じっと撓ん, じゃまに, すくすくと夜風, すぐ彼, すごいいきおい, すさまじい音, ずっと一列, そっと西風, その境, それこそ, たおれる, たって, ついた大きな, できたわけ, でんと, とびあがった, ない, ないので, ない以上, ない岸駒, なくなったと, なくなる頃, ななめに, なんだか背のび, なんの, はげしい音, べつとりと, ほしいこと, ぼんやり木, みんな黒焦げに, むくむくと, もう抜け, もくもくとして, もくもくと宙天, エレクションの, ギリシア建築の, ツルツルと, フキ上つた, ポッと, ポンと, ミシリ, ミリッと, 一列に, 一本, 一本ある, 一本とか, 一本ニョキリと, 一本平たい, 一本浮き, 一本花下に, 一杯たってる, 一杯立っ, 三つばかり, 三本ある, 三本に, 三本空い, 上って, 上に, 不意に, 両方の, 主体で, 二つに, 二三本と, 二三本見える, 二本ある, 二本に, 二本ぬっと, 二本建っ, 二本抱き合わした, 二本立てられ, 二本鬼魅悪く, 人穴城から, 今はるか, 何事か, 何本か, 俄に, 信濃で, 倒されて, 倒れたよう, 倒れて, 倒れ崩れて, 傾いて, 傾き簷, 八本である, 其儘残つてゐる, 凄まじく咆, 凍割れた, 出て, 動き出す, 半分無くなっ, 厳然と, 参拾本以上並び, 双方から, 叡山の, 啜り泣くよう, 四方に, 四本立っ, 地上まで, 堅固ラシクスクスクと, 壊れないよう, 多く傘鉾, 多く壁, 夜の, 大きくて, 天にまで, 天にも, 天を, 天井の, 天井まで, 太くなる, 好だ, 寝て, 対岸を, 小さくな, 屋根を, 左右に, 年を, 幻の, 幾本と, 床の, 底光りを, 廂の, 建ち其近く下, 建て, 廻るよう, 廻廊の, 強い強い, 強すぎる, 彼方の, 打ちつけて, 折れそう, 折れたり, 折れた時, 押立てられ, 振り子の, 揺れて, 揺れる, 搬びこまれた, 撓って, 散々に, 新しい黒煙, 日のみ, 曲り戸, 有って, 木ネジと, 朽ちかかって, 朽ちて, 朽ちてるので, 林の, 林立し, 死して, 残らず椎の木, 気に, 気味の, 汗を, 沢山ある, 沢山列, 河岸の, 海近く青い, 漆喰の, 灰色に, 烟の, 無数に, 焼けついて, 煤けた下, 燃えおちて, 燃えるなど, 燃え上がった, 珊瑚の, 白地に, 白布の, 眼の, 矢来に, 砕けるはず, 私に, 空たかく, 空へ, 突きはずされると, 突つ立つ, 突立った, 立ちそう, 立ちのぼったと, 立ち並び少し, 立ち十二階, 立った, 立ったところ, 立ったよう, 立っては, 立ってる, 立て, 立てて, 立てられて, 立てられると, 立てられパアデレ・アンゼリス樣, 立て居る程, 竹に, 置かれて, 群湧いた, 聳え私たち, 脚元を, 腐つて, 自身に, 芸子髷に, 落ちて, 著しいエンタシス, 蓬, 蝶と, 行きすぎた車, 見えた, 見えるので, 見え始めた, 見え晴れた空, 見え朝日, 見付った, 見付つた, 許肩に, 読まれた, 軋り鳴ったり, 近く目を, 鉄丹か, 鍬形の, 長久手に, 開きよ, 露われ, 静に, 音も, 須弥壇の, 風も, 高々と, 黒く煤け

▼ 柱~ (164, 3.5%)

14 なって 9 柱との, 柱の 3 なつて 2 して, しより, し大君, 云つた方が, 屋根とに, 式にて, 欄干と, 申すの, 閾ばかりが, 頼んで

1 [109件] あらあらしい平, いいいかにも, いいます, いうよりも, いえりその, いって, いはず潮氣, いふ, いわずそこらじゅう血まみれ, した, しロヂイ産, し大きな, し銀線, せむか時機, せりその, そこに, そそり立ち, たのみ慈母, たのみ朝, たのむ故, たのんで, なし以後, ならん, なり了, なり土台, なり夜, なり扉, なり真赤, なるもの, なる男子, ひとりよがり, 一緒に, 三ツ葉の, 丸太の, 二箇所に, 云い地維, 云ふ, 五つの, 仰がれた人, 其を, 冷蔵庫の, 化する, 化せり, 取りすがるの, 同じで, 同じよう, 同じ石, 同じ砂岩, 呼んで, 唐紙との, 喧騒の, 四本の, 土台には, 塀との, 壁だけは, 大きな杉, 天井と, 孕石, 少し明けた, 屋根とは, 屋根を, 山鼻の, 床が, 恃む周囲や, 成らう, 戸の, 手すりを, 打ち立てたもの, 敷居とに, 新らしい, 新らし過ぎ, 新聞は, 映り合って, 松の木とに, 板との, 柱しか, 柱とに, 格子に, 桑畠に, 棒の, 横の, 横木が, 横木との, 派手な, 無気味に, 煤けた天井, 現はれ, 異様な, 相対し, 石と, 穂先二尺あまりの, 等しい恐怖, 綱引きを, 羽目板との, 聳えし雲, 蚕棚との, 蝋塗鞘に, 見立て, 見立てたが, 言ふ, 訳したの, 軒の, 連なり甍, 鉄鎖と, 鋸との, 長押が, 頼みすがってさえ, 頼むもの, 額合わせを

▼ 柱~ (163, 3.5%)

2 さくり, どこに, まるで木, 何の, 立って

1 [153件] あるが, あれは, いうまでも, いかに, いかにも申しわけ, いずれも, いと醜き, おろか蓆一枚やぶれ, かたむいて, かたむき廂, かたんと, この空, こんに, ごろごろと, じりじりと, ずっと遠く, ただ一本, とうに建っ, なくなった, なく赤い, なれし別れ, ひどくグラグラ, びっしり並ん, ふらつくやう, ふろふきの, まだ火勢, まだ立っ, みるみる抉られ, みんな白蟻が, むかし向, めりめりと, もうこわがっ, もとよりその, やっと両方, わりに太かっ, われを, キチンと, グングン騰っ, シグナレスでした, パーッと, ピクプュス小路と, ボウーッと, ポスターの, マホガニーでありまし, 一旋回し, 一本でも, 三尺おき, 中より, 二つに, 五十米ぐらい, 他の, 何に, 傾いて, 傾き, 傾き倒れ軒, 傾き誰, 再び煙, 凄いもの, 半分どころから, 厚さ, 参差と, 友愛だ, 周囲の, 周圍の, 和漢洋の, 困って, 固より, 圓い, 土台が, 基底に, 大きく三岐, 大きな三枝, 大破の, 太い, 太くて, 始めシッパールの, 宗教家の, 小僧や, 峰の, 巻き上って, 幟旗で, 彼の, 彼自身の, 後の, 御子まさざりき, 心の, 心持ち曲っ, 忽ち百目蝋燭, 思ひの, 悲しいくら, 所々歪んだ, 折れ地, 掘立てそして, 摧け, 敬虔なる, 断頭の, 明治大正文学の, 星座に, 時代で, 暗に吸いこまれる, 朽ちて, 楕円形で, 極彩色に, 樹林にて, 此家長の, 歪み見るから, 残らず火, 民族の, 水の, 池の, 漸次に, 無遠慮に, 焦げた儘地, 煤け大きな, 猶余りに乾いた, 獨神おのも, 珊瑚で, 理論家ベスパーロフの, 生れて, 生物の, 當初墳墓を, 皆煉瓦を, 直ぐに, 直ぐ目の, 眞直に, 眼の, 短い, 竹を, 細く天井, 緋毛氈で, 脚立の, 自然の, 花托の, 落ちついて, 薬玉および, 虫に, 襞打つ, 見えなかったよ, 赤地に, 車に, 遠慮なく歪められ, 重複する, 鉄橋の, 鋸や, 長く花筒, 長さ, 附近の, 霧の, 静かに, 順々に, 風下へ, 黄なる, 黒光りの

▼ 柱~ (120, 2.5%)

5 背を, 頭を 3 手を 2 うしろ手に, しがみついて, ブラ下げたり, 血が

1 [99件] うんと搦, お書き, かけて, かけ渡した, からみついて, くくりつけて, くくりつけられた罪人, くくり付けて, ぐるぐる巻, ささ, しがみつくよう, しばりつけて, すらすらと, その西瓜, それを, ちかよって, つかまった, つかまって, つかまりながら, つかまッ, つながれて, ばしやり, ぶつかる, ぶつかると, ゆったりと, よりかかって, よりかかつて, よろけました, わたされそこでまた, ズンと, 両手を, 二の腕を, 五分も, 付けて, 付けられる前, 体を, 倚り懸る, 倚れ, 凭れか, 凭れて, 切尖, 叩き付けようと, 向って, 喰いこんで, 噛り付い, 地より, 地獄壺を, 密接せしめ, 尻を, 巻き付くので, 幾条とも, 当ると, 懸けた, 懸て, 打ちこんだり, 打ち込み乍ら, 投げつけて, 抱きついて, 押倒し, 括りつけます, 括り付けて, 掛けた, 掛けて, 斬りこんだそぼろ助広, 斬りこんだまま, 斬りこんで, 波止場の, 片手を, 狙ひ, 痣の, 登ろうとして, 突っかえ, 筆太に, 結びつけて, 結び付け惣右衞門, 綾と, 縄尻を, 縛いつけられ, 縛りつけた, 縛りつけて, 縛りつけようという, 縛り付けた, 縛り付けて, 縛れ, 繋いだが, 腕で, 臨終に, 自分の, 袖の, 袖を, 触るにも, 貼り並べられました, 身体を, 近寄りました, 鉢合せし, 飛びこんで, 養父を, 駆け上る元気, 驅け

▼ 柱~ (113, 2.4%)

5 廊の 4 壁の 3 棟木が, 横木に 2 この子, 壁が, 壁や, 壁を, 板を, 梁の, 梁は, 梁や, 横木が

1 [80件] そこに, ぬきや, ふすま, キールやで, テーブルの, トタンで, レールに, 一片の, 両方の, 何かに, 商品の, 垂木に, 壁に, 壁には, 壁ぶち, 大弓矢, 天の川を, 天井の, 天井は, 家の, 家具などの, 屋根に, 屋根は, 屋根や, 庇や, 床の, 床板を, 廊下が, 彫刻や, 戸の, 戸板は, 扉などは, 扉に, 扉には, 扉によって, 扉の, 扉のみ, 手すりを, 木目の, 板に, 板の, 板の間を, 板壁に, 板敷は, 板縁を, 格子が, 格子を, 桁を, 梁その, 梁に, 梁にも, 梁を, 梯子に, 棒ぐいやつん, 棟木に, 横木の間に, 欄干や, 欄杆や, 欄間の, 火鉢の, 烙鉄などの, 煤けた天井, 燈架に, 獄門は, 白壁や, 窓の, 簾に, 縄に, 足場の, 軒回りの, 鏡板などが, 長押をと, 障子の, 障子を, 雨漏, 首も, 鴨居など, 鴨居などには, 鴨居に, 鴨居へ

▼ 柱~ (98, 2.1%)

4 天井も, 見わけられたの 3 何も 2 壁も, 石垣も, 鋼鉄も

1 [81件] あれば, おおくなり, かぼそきに, くひやぶれ, しっかりし, しないで, なく孤影悄然, なく置かれ, のきも, びっくりし, ふとく壁, また金襴, まだ新しく, みるみる太く, もはや朽ち始め, やがて視界, わずかに, ボーッと, 二階縁の, 人間の, 低くおろし, 傾きかかった家, 古蓆, 土も, 垂木も, 天井板も, 太く暖炉, 宮には, 庭も, 廊下も, 延び上って, 建て代え, 戸棚も, 扉も, 搖れるやう, 敷居も, 新しいの, 新しく木, 日々に, 昔の, 曲りぜんたい, 木も, 未だがっしりし, 朽ち簷, 板も, 板壁も, 桶でが, 桶でがな, 梁も, 棚も, 歪んで, 殆ど見えない, 無く真実, 無く組立て候事, 煤けたやう, 煤の, 異様に, 畳も, 疊も, 眞つ, 真珠の, 真直ぐに, 磨き込んで, 立って, 節の, 縁も, 美々しいビル, 腐蝕って, 葉子に, 蜘蛛の, 袋戸棚も, 見ては, 鉄の, 長押も, 階段も, 電灯も, 高い天井, 鳴りだした, 黒く光っ, 黒く塗られ, 黒く天井

▼ 柱にも~ (84, 1.8%)

47 たれて 4 たれながら 2 たれたまま

1 [31件] からみつく, たれ, たれたま, たれたり, たれた信長, たれた女, たれた支那人, たれると, たれる折, たれドア越し, たれ伸子, たれ安坐, たれ明け方, たれ欄, たれ素子, まだ火, むなしき竜, 古い苔, 壁にも, 小歌が, 彼れ, 敷き物, 映って, 束に, 楹にも, 欄にも, 滲み着いて, 看板にも, 立って, 蠅が, 認められる

▼ 柱には~ (79, 1.7%)

2 ほんの微か, 例の, 刻みたる獣, 割れめ, 四幅の, 大きなぼ

1 [67件] お増, このボンボン時計, この家不相応, たれの, ちゃんと久松留守, どこから, どんな姿, なれるもの, のたくった草書, もう灯, ランプが, ルービーが, 一つ残らず, 一面の, 万葉の, 人間の, 何の, 円錐形の, 北川十郎という, 同国製の, 味噌溜と, 塩詰の, 大釘, 天君泰然百體從令心爲形役乃獸乃禽という, 天秤に, 字が, 小さな欅, 山か, 幾通りもの, 彈の, 彼女の, 必ず数個, 息を, 斜に, 新しい時計, 日あたりが, 日蔭干, 昔腕木に, 昼の, 時計の, 朱緑黄などで, 松の, 溝彫, 炭屋や, 焼け爛れた殉教者達, 玉を, 珍らし, 男の, 男や, 着換, 種々な, 童橋, 精巧な, 紙で, 紙を, 細長い竹, 縦に, 荒涼と, 蚫の, 血汐の, 誰の, 金を, 金比羅大神宮の, 鏡を, 鬼の, 鳳凰や, 黒い綱

▼ 柱から~ (57, 1.2%)

3 壁壁から 2 内法長押腰長押切目長押に, 外して, 背を, 鍵を

1 [46件] ぶらさ, またもや鎖, まだ微か, むしむし湧い, 一間が, 下した時, 出て, 刀を, 同じよう, 四本の, 垂れ下って, 壁長押を, 天井から, 奥の, 引き出された女, 引離そうと, 忍び出た, 成って, 柱へ, 柱へと, 柱までの, 校書殿の, 梁にかけて, 無数の, 燭光の, 物置へ, 狐を, 畳と, 疊から, 立ちあがって, 縁側の, 繩を, 美しい造花, 羽目から, 肋骨の, 自分の, 落ちる, 解いた, 身を, 身体を, 辷り落されるやう, 遠いところ, 遠ざけられ時々, 離す, 離れると, 黒い綱

▼ 柱~ (41, 0.9%)

6 の間 3 のある

1 [32件] があっ, が並ん, が少し, が青空, でもあれ, とが瞳, とそれ, にある, には十数流, には破損, のやう, のよう, のガラス戸, の廊, の美し, の迫持, の青い, は人体, は十数流, は東側, は表側, や裁縫店, や銃, をいつも, をもっ, を並べ, を充分, を入っ, を四方, を見, を見た, を透し

▼ 柱とも~ (40, 0.8%)

3 頼んで

1 [37件] いうべきである, いうべき大, お縋りいた, たのむただ, たのむ存在, でございます, なって, ゆかないまでも, 二柱とも, 取り縋って, 思いましたが, 思うぞ, 思う同伴, 思う娘, 思ふ娘, 恃んで, 書く, 杖とも, 石とも, 竜之, 考へる事, 見事に, 譬えように, 頼って, 頼に, 頼まれて, 頼みきって, 頼みたる, 頼みて, 頼みましたもの, 頼み家財道具と, 頼み申し, 頼むの, 頼む川上機関大尉, 頼む聖徳太子, 頼む贅澤, 頼んだ番頭

▼ 柱~ (30, 0.6%)

3 あつた 2 威勢よく, 頭を

1 [23件] ずッ, たたいて, つつぱつてあつた, でも, 一同が, 不随意, 二百五十年に, 円天井を, 区画された, 噪いでいる, 小突いて, 希臘風の, 悄乎と, 支えられた四つ, 支えられた浅い, 支へて, 柱と, 正面へ, 砌に, 突立たせ, 縱に, 軒ごとに, 音楽会の

▼ 柱~ (17, 0.4%)

2 と考えられる, のの, ア

1 [11件] からこれ, が時計, とか屋根, と云っ, と思い, と権八, な, ね, の, よ, わちゃんと

▼ 柱との~ (17, 0.4%)

4 間に 3 間を 1 あいだに, あひだ, 三方に, 写生図であり, 合せ目が, 壁間に, 影は, 融合を, 間には, 間へ

▼ 柱として~ (16, 0.3%)

1 [16件] おるもの, なお複雑, 不足なく, 今日にまで, 供出税どれひとつ男の, 厚板を, 寄った巨大, 居られる, 慕われもし, 支えられて, 独立し, 畑中に, 白木の, 祭の, 私は, 車やどり

▼ 柱~ (14, 0.3%)

2 を一枚

1 [12件] からひきちぎった, が立夏, が貼つ, に小母さん, に巻き込まれ, のよう, の日附, は昨年十二月廿七日, を売り歩い, を眺め, を見た, を覗きました

▼ 柱でも~ (12, 0.3%)

3 鴨居でも 1 こない喜んで, 今は, 壁でも, 床でも, 抜き上げたよう, 桟橋でも, 構は, 照らしたの, 蚊帳でも

▼ 柱~ (11, 0.2%)

3 を見 2 のなか 1 に映っ, に疲れた, のかかっ, の方, もコローム版, を買

▼ 柱という~ (10, 0.2%)

2 ものは 1 のは, ものなし, 以上は, 名が, 奴じゃ, 字を, 木を, 柱が

▼ 柱によって~ (9, 0.2%)

1 その家, ふせぐよう, 千代子の, 夢見する, 居る, 悲しそう, 支持され, 立つと, 見て

▼ 柱一本~ (8, 0.2%)

2 も無く 1 につき五挺, にも並々, へだてて, も残らぬ, を樹, 立直らないで

▼ 柱あり~ (6, 0.1%)

2 と申す 1 て倚, て合せ, て詩音樂等, 色白く

▼ 柱~ (6, 0.1%)

1 まるで分らなくなっ, 何かで, 塀に, 壁の, 数々の, 高らかに

▼ 柱とが~ (6, 0.1%)

3 ちらっと窓 1 あるが, ちらつと窓, 鈍重に

▼ 柱~ (6, 0.1%)

1 の, のじゃ, んざ半分がた火に, んだ, んです, 何う

▼ 柱などは~ (6, 0.1%)

1 これに, はじめの, ドリックに, 僂麻質斯でも, 勿論の, 鰹節の

▼ 柱にかけて~ (6, 0.1%)

1 ある長い, かけっぱなし, 一本の, 引っぱりよって, 置きわすれて, 置くこと

▼ 柱~ (6, 0.1%)

2 の墓石 1 の墓, の壁, の守り本尊, の木片

▼ 柱~ (6, 0.1%)

1 だけがやたら, になつ, にも茶, に紅梅, の暦, の鏡

▼ 柱~ (6, 0.1%)

1 などこちら, について陣, に陣, に陣取りました, のあたり, を燃し

▼ 柱~ (6, 0.1%)

1 と称する, に適当, のこと, の人物, は春信, を流行

▼ 柱かけ~ (5, 0.1%)

1 の時計, の瓢箪, の生花, の花活, の鏡

▼ 柱たる~ (5, 0.1%)

1 両将軍, 人々にたいする, 劉, 族長家だ, 死刑台の

▼ 柱だけが~ (5, 0.1%)

1 まだ温かい, 一抱へも, 何となく目, 残されるよう, 残った

▼ 柱だの~ (5, 0.1%)

1 こわれたちりとり, 壁だの, 大輪の, 天下地上の, 打だ

▼ 柱などに~ (5, 0.1%)

1 御守札, 懸けられたもの, 積み重なってるそれら, 竜や, 記録によって

▼ 柱などを~ (5, 0.1%)

1 こすりて, ひちひちと, 巻いた布, 掻き破って, 詠んで

▼ 柱より~ (5, 0.1%)

1 たよって, 先ずその, 光る春, 其を, 取りいでよ

▼ 柱~ (5, 0.1%)

1 には青銅, に一, の聯, の茂太郎, より槌

▼ 柱~ (5, 0.1%)

1 がいずれ, が広く, の寸尺, の広い, の數

▼ 柱ある~ (4, 0.1%)

1 一子房とを, 処には, 子房と, 竈女の

▼ 柱とか~ (4, 0.1%)

1 もっともっとどうにも, もつともつとどうにも, 云ったの, 棟木だけの

▼ 柱とを~ (4, 0.1%)

1 憶ひ起す, 揃えると, 有す, 見ました

▼ 柱などが~ (4, 0.1%)

1 影を, 急に, 散らばって, 立ち並んで

▼ 柱により~ (4, 0.1%)

1 かかって, かかるか, かかるよう, 気の毒な

▼ 柱まで~ (4, 0.1%)

1 つれて, ふるえたし, 主人が, 飛んで

▼ 柱太し~ (4, 0.1%)

3 り高天 1

▼ 柱~ (4, 0.1%)

1 でもお, の道具, ばかりで, をやっ

▼ 柱~ (4, 0.1%)

4 の牧場

▼ 柱~ (4, 0.1%)

2 の見事 1 の式, を唄う

▼ 柱~ (4, 0.1%)

3 に立つ 1 に立ち

▼ 柱からは~ (3, 0.1%)

1 なれて, なれシキイ, 離れなかった

▼ 柱その~ (3, 0.1%)

1 側の, 玄関に, 頂きに

▼ 柱だけの~ (3, 0.1%)

1 姿を, 家の, 白いバンガロオ

▼ 柱づたいに~ (3, 0.1%)

1 こっそりあたり, つるつると, 滑りおりずに

▼ 柱であった~ (3, 0.1%)

1 そして少女, 事を, 信玄の

▼ 柱である~ (3, 0.1%)

1 かの如く, 天主教の, 息子を

▼ 柱と共に~ (3, 0.1%)

1 その家, どんと地上, 遺って

▼ 柱なり~ (3, 0.1%)

1 ほかにも, 石なりが, 竿なりの

▼ 柱にと~ (3, 0.1%)

2 まつて 1 まつたジガ蜂

▼ 柱ふと~ (3, 0.1%)

1 しき家くらか, しり高天原, やかに

▼ 柱へも~ (3, 0.1%)

1 たれて, たれ周馬, 掛かって

▼ 柱~ (3, 0.1%)

1 二本抜ケルヨウニシテ置イタガヨクヨク考エタトコロガ皆ンナオレガ悪, 具ヘ, 飾リ

▼ 柱~ (3, 0.1%)

1 の人々, の信行員, の同志

▼ 柱作り~ (3, 0.1%)

1 に適する, の品種, の紅ばら

▼ 柱~ (3, 0.1%)

1 が作つた, が方技, は方技

▼ 柱~ (3, 0.1%)

1 があれ, のつり棚, より成る

▼ 柱太しく~ (3, 0.1%)

1 生したしかし, 立てて, 立てる神殿

▼ 柱推命~ (3, 0.1%)

1 といふ占, などいう, の占師

▼ 柱置き忘れた~ (3, 0.1%)

2 やうな 1 ような

▼ 柱~ (3, 0.1%)

1 その金屏風, に障子, を這い上っ

▼ 柱かくし~ (2, 0.0%)

1 絵また, 絵を

▼ 柱かの~ (2, 0.0%)

1 廃太子が, 梁の

▼ 柱くだけ~ (2, 0.0%)

2 地維か

▼ 柱さえ~ (2, 0.0%)

1 あなたの, 破れて

▼ 柱しか~ (2, 0.0%)

1 何も, 見えない洞

▼ 柱たり~ (2, 0.0%)

2 棟たる

▼ 柱です~ (2, 0.0%)

1 から風, わこんな

▼ 柱では~ (2, 0.0%)

1 ないか, 楽でない

▼ 柱といふ~ (2, 0.0%)

1 ように, 柱には

▼ 柱とに~ (2, 0.0%)

1 ハンモクを, 堅く結び

▼ 柱とは~ (2, 0.0%)

1 いちばん仲よく, 異なった材木

▼ 柱なき~ (2, 0.0%)

1 家であり, 繊絃これ二十五絃

▼ 柱なし~ (2, 0.0%)

1 の建物, 何間四面という

▼ 柱など~ (2, 0.0%)

1 であろうか, 重さ

▼ 柱なども~ (2, 0.0%)

1 可也贅沢, 太しく奢った

▼ 柱なほ~ (2, 0.0%)

2

▼ 柱なる~ (2, 0.0%)

1 時計を, 蜘蛛の

▼ 柱なれ~ (2, 0.0%)

1 ども手ざはりの土, ども皆小

▼ 柱なんぞも~ (2, 0.0%)

1 太かった, 日本では

▼ 柱にくく~ (2, 0.0%)

1 しつけて, しつけられて

▼ 柱にでも~ (2, 0.0%)

1 登る, 結んで

▼ 柱によ~ (2, 0.0%)

1 つて坐, つて屋根が

▼ 柱のみ~ (2, 0.0%)

1 で四壁, 破の

▼ 柱ばかり~ (2, 0.0%)

1 でございました, 参差と

▼ 柱ばかりに~ (2, 0.0%)

1 なって, なってるけれど

▼ 柱へでも~ (2, 0.0%)

1 投げつけるらしい物, 書き散らしかねぬ時代

▼ 柱~ (2, 0.0%)

2

▼ 柱よりは~ (2, 0.0%)

1 ヤハだ, 少し右

▼ 柱らしい~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 柱をば~ (2, 0.0%)

1 杉檜の, 迎へ

▼ 柱をめぐって~ (2, 0.0%)

1 年寄の, 広い縁側

▼ 柱一本鴫~ (2, 0.0%)

2 居一ツ

▼ 柱~ (2, 0.0%)

1 に在り, の土

▼ 柱~ (2, 0.0%)

1 あるいは大, に座

▼ 柱動く~ (2, 0.0%)

2 恐しさ

▼ 柱千年万年動ぐなと~ (2, 0.0%)

2 祈り定

▼ 柱夫人~ (2, 0.0%)

1 がいっしょ, が帰っ

▼ 柱~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, に昇る

▼ 柱寄り~ (2, 0.0%)

1 の方, 丁度疊

▼ 柱~ (2, 0.0%)

1 と吐月峰, に吐月峰

▼ 柱廻り~ (2, 0.0%)

1 の形式, の遺風

▼ 柱~ (2, 0.0%)

1 の下, の畔

▼ 柱日本紀~ (2, 0.0%)

2 では竹野媛

▼ 柱時鐘~ (2, 0.0%)

2 を見詰むれ

▼ 柱~ (2, 0.0%)

1 に祟られた, また壁板

▼ 柱汚れた~ (2, 0.0%)

2 板目干し

▼ 柱~ (2, 0.0%)

1 の中, の像

▼ 柱立て~ (2, 0.0%)

1 て釜, のまま

▼ 柱立式天星色星多願~ (2, 0.0%)

2 の玉女三神

▼ 柱立式昨日~ (2, 0.0%)

2 済みしと

▼ 柱組み~ (2, 0.0%)

1 の一本, を取りまいた

▼ 柱~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ 柱高欄垂木桝肘木貫~ (2, 0.0%)

2 やら角木

▼ 柱黒き~ (2, 0.0%)

1 峯の, 影を

▼1* [282件]

あれをエンタシス, 柱いつぽんを, 柱いほに, 柱うつばり暗澹たる焦熱, 柱おかぬ琴に, 柱おのもおの, 柱かつぎ筑前博多の, 柱からも横木からも, 柱がけとして用いられ, 柱がにょっきり生え, 柱ぎわに突っ, 柱こそ要るなれ, 柱よみと, 柱へ立て, 柱しげき間に, 柱も睦まじ, 柱そして酒と, 柱それはちょうど, 柱たちがうまく, 柱たてて, 柱たまはる梅, 柱たまたま傾き堊壁時, 柱だけつっ立って, 柱だけになった門, 柱だけにも六年も, 柱だけは新しくなっ, 柱だったり鉄材, 柱だったか入口, 柱つたいにするする, 柱つめたき秋の, 柱づたいにおかみさんの寝間, 柱づたいに土台の仕組み, 柱であれ岩であれ, 柱であろうなどとは思い設けなかった, 柱でさえ風化し, 柱といへる島有, 柱とかべのすきま, 柱としての結合を, 柱とで仕切られただ, 柱とでもいうべきもの, 柱ととしたる竹門, 柱となツて, 柱とやら膝も, 柱どけいが, 柱なくまた脚, 柱なぞ眼を, 柱なぞにも目を, 柱なぞは綱を, 柱などの用いられて, 柱ならびに子房を, 柱なりと言ったと, 柱なりという声を, 柱なんかにかけて粧飾に, 柱なんぞは黒檀の, 柱にあたってばらばらに, 柱にあたってがちゃンと, 柱にかかつた, 柱にかけ乍ら佇ん, 柱について考えて, 柱にても適意の, 柱になつて百姓を, 柱にのつけるつもり, 柱にのみ応用せられた, 柱にばかり感心し, 柱によつたま, 柱によりかかつた, 柱に対してかんなを, 柱に対してはそれを, 柱に対してもあたかも人, 柱に対するのである, 柱のうへへと振りかけるの, 柱のくぎへくゝりつけました, 柱のねもとに, 柱のみは後生大事に, 柱のむこうに, 柱はいふもさら, 柱はずつしり据つて動かぬ, 柱はずれに踏台, 柱はね三蔵法師は, 柱はへしおれて, 柱ばかりが立ってる洋物小売部, 柱ばかりの小家, 柱ばかりはついついと, 柱へと反射し, 柱ほめて造れる, 柱ほんとにそれを, 柱また次の, 柱またはランプに対して, 柱までと心ばかりは, 柱までの間を, 柱みな草の如く, 柱の神, 柱めでたきかのアプサン宮, 柱やがては家, 柱やつかをもっ, 柱やら天井を, 柱よりももっとあの, 柱をけづらね, 柱をよぢ登つてあの, 柱を以て天上に, 柱ガ二三本ニ入リ乱レテ, 柱ゴシク風の穹窿, 柱ゴシック風の穹窿, 柱サッケッティジユオキフィファンティバルッチガルリ及びかの, 柱メリメエの巧, 柱一つを界, 柱一尺余り引き抜けば, 柱一方の隅, 柱一木のよく, 柱一本一日がかりでためつすかしつ, 柱一本根太板も親たち, 柱一本根繼ぎするにも, 柱一枚の瓦, 柱一株をたつ, 柱一間を隔, 柱三個ありて, 柱二晶に解釈, 柱二百八十本立て間口二十間, 柱五十余木を費し, 柱五本に菊屋傳右衞門, 柱代りの金剛杖, 柱伝説なども此神, 柱を僕, 柱倒れ人も, 柱傾き瓦落ちて, 柱傾き破壁摧欄僅に, 柱傾くをみ, 柱たらん, 柱像屋根を支, 柱八項あり生まれて, 柱六本目のかげ, 柱六百を數, 柱六雄蕋ナルコト亦ヤナギタデノ如シ, 柱凝ったふすまなに, 柱列内部で週給六十四シリング以下三四十シリング, 柱列迫持の燃え立つ, 柱に酒, 柱十数本一丈五尺にし, 柱去年も一昨年, 柱娶茨田連小望, 柱又は旗竿には, 柱古りにけり, 柱古色をおびた, 柱とに注意, 柱台所湯殿のカマチ, 柱同じ型の, 柱同時にバラバラッと, 柱吐月の二峰, 柱向って三方, 柱国賜緋魚袋閭丘胤と申す, 柱國新平郡王とあ, 柱國賜緋魚袋閭丘胤と申す, 柱にう, 柱に委ねた, 柱地軸も崩, 柱の新, 柱堂昔ごのみ, 柱が定められ, 柱壁押入二尺の床の間, 柱大小の迫持, 柱大神と朱, 柱に朝したる, 柱天下国治大行, 柱天井から掛ける, 柱天秤棒を立掛け, 柱太き廻廊を, 柱太しき立てた橿原, 柱き給いて, 柱子魏越管黔敖高孫子, 柱らしくも, 柱小石の一つ, 柱少し折れ, 柱の僅, 柱がある, 柱巻きの見, 柱ヲ倒スナリ, 柱までのぞきこんだ, 柱床板に至る, 柱廊下にはるり, 柱廊下その他片っ端から汚い汚い, 柱建ての基礎工事, 柱の小, 柱形自然石の幾つ, 柱やインキ瓶, 柱或は男木など, 柱戯遊びをする, 柱戸障子勝手道具などが日永, 柱所々骨の折れた, 柱け地維, 柱掘立てたのよ, 柱推命學とかいふむづかしい運命判斷, 柱損じて如何, 柱文銀を取り, 柱文銀一つのみと獨, 柱斜めに破れたる, 柱日本の眼目, 柱暦今年はない, 柱依誰, 柱朱壁とは五百年以前, 柱朱欄干瑪瑙, 柱朽ちたるに細々, 柱が立てかけ, 柱来り迎ふる, 柱板敷へひらひら, 柱の下, 柱に退りゆく, 柱におなじ, 柱棟木廂の裏, 柱椽縁床板に至る, 柱楹草木悉く旋轉, 柱に住ませ, 柱のよう, 柱残礎散在す, 柱殿のおっしゃる, 柱の穴, 柱水晶の廂, 柱がとめど, 柱潮風に佗びてはいるが, 柱激しく揺れその間, 柱の壁, 柱がともっ, 柱灯籠諸仏野干鬼神, 柱焼きの年占, 柱の渦巻, 柱に見える, 柱燈人造麝香の広告, 柱などを叩き立てる, 柱獄門台に懸けた, 柱を中, 柱白い壁が, 柱の神, 柱副はし, 柱看板その奥, 柱石等の中, 柱碎けたる石の, 柱磨き上げたリノリュームそこに, 柱礎内の秘密, 柱の命, 柱神社は藩祖, 柱神者並獨神成坐而, 柱の類, 柱祭りは元, 柱が幾つ, 柱窮屈な軍服, 柱二級天の, 柱にいや, 柱紫檀めきたり, 柱緑色の壁, 柱縁側なぞ時代, 柱羽目板等に結構, 柱の脹らみ, 柱に馳せ, 柱自身の名, 柱花狭間梁の波, 柱の屋根, 柱茶室造りに似た, 柱蜘蛛の巣, 柱螺鈿の衣桁, 柱行燈の灯, 柱りたま, 柱貫木にもだ, 柱にはオスマン風, 柱身の上に置かれた, 柱ましい孟宗竹, 柱邪魔くさかりし昔, 柱長く斜に, 柱長押などは皆眼, 柱間ごとに万宝, 柱間一つだけを入り口, 柱限東ハ槙山之奥ボウジノ峠カギリ, 柱隠しの姿絵, 柱れに, 柱離れで挫げ, 柱霜雪に朽, 柱の柱頭, 柱飾りにした, 柱などの傳, 柱高千穗の宮, 柱鳴り瓦飛び壁, 柱黄金甍の端, 柱黒光りする大黒柱, 柱黝んだ壁