青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「柔~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

果たして~ 果て~ ~枝 枝~ ~柄 柄~ 柏~ 某~ 染~ 染め~
柔~
~柱 柱~ ~柳 柳~ 柵~ 柿~ 栄~ 栗~ 校~ 校長~

「柔~」 1791, 19ppm, 5935位

▼ 柔かな~ (386, 21.6%)

4 光を 3 手を, 草の, 風に

2 [29件] は春さき, やさ, 体を, 光で, 円石も, 声で, 感じの, 手に, 掌が, 梅野でも, 滑らかな, 煙を, 物が, 物悲しい赤, 物言ひである, 眼を, 筋肉を, 綿の, 肩の, 葉が, 葉を, 葉先で, 調子や, 軟風に, 靄に, 音の, 風を, 髪の, 髪は

1 [315件] いい匂い, うちにも, この頃, ささやきであろうか, しっとりした, しんみりと, すがすがしい肌触り, すなお, せえ, その光, その曲線, その頂, それで甘い, たるんだ頬, でも, のでしょう, のと, は仏, ふくらみが, ふくらみを, ほんのりと, ものにな, やさしそう, ゆったりした, ココア色の, シャツと, スリッパを, スロープだけを, ズボン吊鼠いろ, ソファアを, バネ仕掛けの, フェルトで, ボケーの, ライラックめいた, リズムの, レモン色に, 一定の, 下帶, 両足の, 中形の, 中老人, 乳色の, 乳青の, 乳首を, 人物, 仏人に, 体ごとそこへ, 体重を, 何とも, 余韻の, 佛人に, 光に, 光の, 光りが, 光子の, 光線, 光芒感激に, 児童は, 円っ, 円みが, 冷たい動かない, 出家容の, 剣の, 動作までが, 匂ひ, 匂ふ, 厚い髪, 口もとに, 可愛い声, 含み声であった, 呼吸が, 喉へ, 四月の, 土に, 土の, 土人形の, 圧迫と共に, 地面に, 声だった, 夕風につれて, 外光が, 天鵞絨の, 太陽の, 好い男, 婦人の, 子供の, 寝台で, 寝床に, 布団真白な, 布地の, 帽子や, 幅を, 平滑な, 平靜な, 年頃に, 幸福に, 幾筋もの, 弾丸の, 弾力を以て, 影や, 影を, 後姿で, 心に, 心の, 心情が, 快い責務, 思ひやりの, 恋であっ, 息吹きを, 悲しさ, 意味の, 愛慾の, 愛撫を, 感じが, 感じや, 態度に, 憂愁に, 手先を, 手段ばかりを, 手触りで, 手首だった, 指先の, 撫でたいよう, 断髪に, 日あたりの, 日光に, 日差しが, 旨いヤツ, 明るさ, 春の, 春風に, 景色が, 暈を, 暈光を, 暖かさ, 月夜で, 月影が, 服の, 木の葉の, 様子も, 母の, 毛で, 毛なみを, 毛は, 毛皮の, 毛糸の, 毛衣を, 気が, 気もちに, 気持にな, 氣が, 水で, 泡は, 波を, 泥の, 浴衣に, 淡い月光, 清らかさを, 温気を, 滑かな, 灰色の, 烏帽子を, 無数の, 物に, 物腰を, 特別の, 生々と, 産毛が, 田園牧場川と, 発音を, 白いもの, 白い皮膚, 白い雲, 白い頸すじ, 白塔と, 白衣の, 皮の, 皮帽子を, 目鼻が, 相当地位も, 眉が, 砂の, 砂土を, 神秘の, 穏かな, 笑くぼ, 笹の, 筋が, 粉雪の, 粘土が, 紅い色, 紐帯で, 紙片を, 細々した, 細頸を, 絨緞の, 綿を, 綿入の, 緑の, 緑色の, 羅衣を, 美しさ, 美少年は, 羽蟲の, 翼と, 肉の, 肉を, 肉体が, 肉体の, 肉体を, 肌と, 肩が, 肩や, 肱を, 背負あげ, 胸に, 胸の, 胸を, 腕が, 腕の, 腕を, 腹の, 色と, 色の, 色男でした, 艶を, 芳香に, 芽を, 苔に, 苔の, 若い声, 若葉を, 茂みの, 茶に, 草が, 草に, 草を, 草原自然の, 草原青い, 葉は, 葉むらを, 葉摺れ, 薄ら明るい, 薄明を, 薄青い, 衣が, 表情を, 袖を, 裂を, 裂目を, 襞を, 襟脚に, 親しい眺め, 言に, 調和が, 調子で, 變化は, 豆の, 趣味を, 足で, 身体を, 迫力は, 部屋着の, 重みが, 金髪は, 針を, 長い頭髪, 間接の, 闇に, 陽光が, 隆起が, 雜木林が, 雨と, 雨の, 雨は, 雪の, 雲の, 青空に, 靴音を, 音が, 音に, 音ほんとうに, 頬に, 頬の, 頬へ, 頬を, 頬辺の, 頬辺を, 頭髪を, 頸に, 顎に, 顎の, 顎を, 顔に, 風が, 食物は, 饒舌が, 饗庭の, 香ばしい息, 香りとでも, 馥郁たる, 驅け, 骨が, 高原を, 髢を, 髪の毛で, 髪の毛と, 髪を, 魅力とは, 鮮緑を, 鳴海絞りの, 鳶色の, 鹹風とが, 黒い髪, 黒土で

▼ 柔~ (275, 15.4%)

5 御飯を, 手を 4 感じを 3 のを, 土の, 女の, 気持に, 物が

2 [13件] のは, 位な, 光が, 処を, 感触を, 物ばかり, 白い肉体, 皮膚を, 線を, 肩の, 脚を, 苔の, 言葉が

1 [220件] からいや, からお, からだ, からと云う, から蒟蒻玉, が一旦, でゐた, なりにむづりむづりと, のが, のでどこ, のでなけれ, のでフィヨードル, ので炊いた, のにパン, のに注意, ふっくらと, ふっくりと, ほどにし, みたいな, むく毛の, やうだ, やさしいもの, クッションだ, クッションに, ビフテキを, フランス語で, ベッドが, 上着を, 上等の, 下で, 中に, 丸みの, 乾草の, 事と, 京都弁よりも, 人間的な, 体温の, 優しさ, 光で, 光とを, 光の, 光線こんな, 光線と, 其の袖, 冬の, 処だけを, 処の, 処ばかり, 処即ち, 包みには, 十子の, 原始林の, 善良さが, 土を, 地を, 地面から, 地面に, 声が, 声だつた, 変化の, 夜が, 夜具に, 夢の, 夢想が, 大きな泡, 嫋々しい, 宮子の, 寝台が, 寝床じゃ, 小さいの, 山ふところに, 岬の, 床が, 弾力の, 微妙な, 心の, 心を, 心臓の, 心臓を, 愛情が, 感じで, 感じは, 感じ易い, 感触に, 態度を, 手に, 掌とを, 掌の, 擽ったいよう, 方が, 旅行帽を, 日射しが, 日影が, 春風の, 晩春の, 曲線に, 朝の, 木で, 木の, 木を, 楯に, 次男坊に, 歌ばっかり, 母親の, 毛に, 毛の, 気候の, 気質愛情に, 水の, 水色毛布のか, 泥の, 泥へ, 泥濘と, 涙が, 涙で, 炬燵蒲団を, 煉化道は, 燈の, 牛蒡が, 物づく, 物を, 物体の, 琥珀色を, 畳が, 疲れが, 白い腕, 白さ, 皮の, 盛り上がりを, 目きつ, 目映い光, 真白い胸もと, 着物と, 着物などに, 瞳が, 石の, 砂を, 砂地は, 硅藻が, 空気の, 空気辛い, 節の, 粥とも, 紙の, 細い手, 綿な, 緑の, 緑色は, 線で, 美味い鶏, 羽で, 羽根を, 羽根蒲団に, 肉が, 肉を, 肉体を, 肉附き, 肩を, 肱を, 胸に, 胸の, 腰の, 膸まで, 自由自在に, 色の, 色彩の, 苜蓿の, 若葉で, 若葉の, 若葉を, 菩提樹の, 落ち着きと, 葉っぱが, 葉の, 葉は, 葉を, 蒜と, 蒸気に, 薄団に, 薫の, 藻に, 蝶が, 衣ずれの, 裂に, 褥の, 調子の, 豆や, 躯を, 部分が, 部分即ち, 重圧が, 鉛筆と, 長い声, 雅号で, 雑多な, 雨が, 雨に, 雪が, 雪の, 雪を, 青いい, 青さ, 青年だった, 音との, 響きを, 頬つ, 頬を, 頬香ばしい, 顔の, 顔を, 風が, 飯を, 首を, 髪の毛が, 髮の, 鶏の, 黄色の, 黒い土地, 黒い毛, 黒色の

▼ 柔かに~ (230, 12.8%)

8 して 4 なって 3 いった, なると

2 [16件] しかも反抗, した, なりしたが, なる, ふくれあがる, 云って, 力なげ, 包まれて, 垂れて, 手を, 撫でるごと, 曲げて, 私の, 落着い, 言つた, 響くの

1 [180件] あおいで, あたたかくつつみました, うち燻んで, うまく撃った, おさ, おさえたま, おろして, お願い申します, かろく魘さ, かわる, がっくりと, くくれてる二重, ぐいぐいと, こうまで, こぼれた褄, したしみ, したの, したるごとく美しい, したパン, した様, しっとりと, しないと, しを, しッとり, すつと, するには, する弱音ペダル, ずる, ずるずると, そろそろと, だ, なった, なったの, なつて, なつて來, なでるの, なりそして, なり下種, なるまで, なる事, のんどりしたこの, ひろが, ふっくりと, ほかほか暖そう, ほろほろと, ぼかして, また巧み, ものの, やや乱れた, ゆたかに, グレーの, ハッキリ言った, 上へ, 下げたまま, 世慣れて, 乱れかかる額髪, 予の, 云う所, 仰しゃる事, 伝わって, 伸びそう, 優しく雪枝, 先生の, 其中に, 冷き, 出來, 動いて, 動く頸, 包まねば, 半ば起き, 取って, 叩く者, 叱られるので, 問ひ進みました, 地上離れ, 変り易い, 外し同じ, 女客, 孫を, 宥って, 實つたのを, 尋ねたが, 導かれ流れた, 平次を, 延びちぢみかな, 延びて, 延び出した小枝, 引起し, 当る寝具, 微笑し, 心を, 恨みを, 悶えさせて, 感謝の, 懷かしい, 懸つて, 成つて畢ふ傾がある, 手首を, 手首をや, 打霞んだ, 投げた腕, 押し包みました, 拝まれた, 拭ひまつりし, 掛けた弱腰, 掛け合つて, 揉んで, 握られて, 揺れたと, 教えるが, 敷設け, 断られた, 斯う, 暖く, 曲って, 次第に夢, 沈んで, 流れ出して, 浮いて, 浮き出て, 深い鉛色, 渠を, 温く吾人, 湿うて, 湿ったぼんやり, 滑か, 滑だ, 濕うてゐる, 濡らして, 煙籠むる若干の, 父に対して, 猿轡を, 白い丁度, 眼を, 笑って, 素直に, 細く白くし, 結ばれて, 結んだ中, 美しいもの, 聞えます, 肩に, 膝に, 艶かに, 苔潤ひ, 草を, 落ち付いたの, 落ち著い, 蒲団に, 褄が, 襞, 見えて, 見える前, 言う意, 言つて薄, 言ひ直しました, 言ふ, 訊くの, 話を, 説明する, 走る馬車, 起直っ, 輝いて, 通るよう, 野の, 長い毛, 降り積る雪, 陰影し, 霞んで, 青葉を, 静かな, 頭を, 頼みますばい, 頼むぜ, 願い度, 願ひたい, 首筋も, 骨を, 鳴く聲, 黄ばんだ光りの

▼ 柔~ (135, 7.5%)

11 なって 8 なります 5 なるまで 2 なりますから, なりません, なりませんから

1 [105件] この中, すること, すると味, する手数, たきすぎたお萩, たまった, ておいしい, てしかも, てデコボコだらけ, て美味, て美味い, て重たい, て鞣し, どこかに, なかった, なければ, なったところ, なったの, なったら暫く, なった石, なつた皮膚, なめして, なりさ, なりました, なりますが, なりませんね, なり世人, なり武夫, なり角, なる, なると, なるね, なるよ, なるよりも, なる事, なろうとは, ひいた眉, ふかし, ふわふわし, へこむ, ぼろぼろに, サ, シーツや, フクフクし, 二重に, 云った, 伸びません, 何も, 保つの, 入口の, 出来ます, 出来ますし, 刻んで, 力が, 又冷, 口笛を, 味も, 和かな, 固まった処, 太陽の, 女の, 尻の, 崩れて, 廊下へ, 彼は, 心を, 成った, 押えると, 担ぎながら, 捏ねたの, 擽るやう, 断って, 断れると, 時には, 曳いて, 柔く, 柿の, 梳いて, 温な, 湯煮, 溶けた, 煙の, 煮えます, 煮えるね, 煮た料理, 煮た菓物, 煮ます, 煮ますの, 煮るの, 煮込みますが, 物にも, 畳に, 盛り上っ, 絹が, 肌着や, 肩を, 脈打って, 腕を, 膨れて, 舞い散って, 豊かに, 適度の, 部屋の, 霞んだ大気, 額に

▼ 柔~ (66, 3.7%)

3 して, なって, なります 2 なりません, 湯煮

1 [53件] あったかいし, あはれである, したゼラチン, しようと, すくんで, すべくその, すらりと, すり抜けて, するからね, すると, その恐怖, その盃, なった処, なりましょう, なりますから, なりますが, なりますとさ, なるまで, ひツ, ホンの, 似て, 出来て, 剛に, 口数が, 向けるか, 当るお玉, 微笑し, 恣ままならず, 手を, 握りながら, 撮み出すに, 武と, 湯煮ます, 濃い浅葱, 炊かねば, 煮えて, 煮る人, 煮る法, 爪先を, 生温い空気, 白い餅, 聞えて, 肩に, 背にか, 膝を, 膨れますが, 致します, 葉末は, 袖を, 身を, 遊ばせあれ, 過ぐれ, 陥るの

▼ 柔しい~ (51, 2.8%)

4 声を 2 のと, 声で, 涙を, 男に

1 [39件] お小姓, お里の, ことを, 中に, 事では, 人で, 冬の, 処の, 名の, 器量と, 声や, 女である, 女房も, 字で, 客で, 小鳩の, 小鼓の, 巴旦杏表情に, 微笑が, 微笑を, 愛情の, 感情の, 文字を, 木地の, 波が, 物言ひ, 男が, 男な, 真白な, 眼で, 調子で, 足音を, 陰影に, 響私は, 顏し, 顏附き, 顔さえも, 顔さへも, 顔の

▼ 柔~ (40, 2.2%)

3 て, てくれる, ること 2 られて, るもの

1 [27件] つ, てかう, てくれました, てまとも, て厠, て妻, て広大, て後, て答, て見た, なかつた, よ, よわが, られたという, られたるもの, られた兄, られた春, られた此女, られるであろうから, られるやう, られるよう, る, ると, るより, る縁, れば, 和ませ清らか

▼ 柔~ (38, 2.1%)

2 のと, 身体を

1 [34件] のかい, のは, ものさびしい響き, 優しい声, 円みの, 口髭に, 口髭の, 土に, 女の, 布が, 御肩, 微笑が, 感じが, 所は, 掌が, 泥の, 温よかな, 狆の, 白浪が, 笑顔を, 緑の, 聲が, 肉付に, 背を, 胸毛の, 膝なりに, 苔のうへに, 衣の, 褄はずれの, 音の, 響である, 頬に, 髭を, 黒土の

▼ 柔かで~ (34, 1.9%)

2 はかなくさ

1 [32件] ああ堪らねえ, それに, たやすく穴, ついぞ主人風, 上等だった, 仕末, 勿論念入り, 壊えます, 壊へ, 安易で, 少しも, 戰鬪的で, 新しく頂上, 気持いい, 深切でした, 温いコツプ形, 温かな, 瀟洒である, 甘味が, 生で食べられます, 疲れること一通り, 綺麗だった, 綺麗でない, 耳に, 腰が, 若い者, 茶色に, 親切でした, 語尾が, 豊かで, 辯舌も, 酸味が

▼ 柔~ (24, 1.3%)

2 兎の, 木の芽の, 羽蟻も, 蒲団に

1 [16件] うまごやし愛し, かなや火桶, さては, 十字架, 嫩葉は, 手と, 手を, 掌で, 斑らの, 毛氈を, 湯気に, 苔の, 若葉ぞ, 蝶なれ, 頸より, 額を

▼ 柔~ (21, 1.2%)

2 が風, のよう

1 [17件] が浮ん, でうっすり, と蹠, につく, のいみじ, のかげ, のやう, の密生, の感じ, の渦, の生, の生えた, の白く, の間, は如何にも, を持つた, を簇

▼ 柔しく~ (20, 1.1%)

2 彼に

1 [18件] こうして親子夫婦, しずしずと, て淫ら, なり, はる, ほほ笑みを, シュウマンを, 前に, 叱責した, 喉を, 嬉しく勇ましき丈夫, 広く無関心, 純真に, 素直に, 色々と, 身に, 非常に, 麝香の

▼ 柔~ (19, 1.1%)

2 であった, である

1 [15件] だった, であったが, であったと, であるが, であるし, である上, ですから, で美し, なるが, なるは, なるもの, なる幼年, なる月, なる點, 何れぞや

▼ 柔~ (18, 1.0%)

5 くして 2 うちに

1 [11件] げだ, さうな岡田, さで, さに, さの, さは, さよ, そうな, サを, 味を, 小糠たつ

▼ 柔~ (16, 0.9%)

2 な山々, の情

1 [12件] いかわからん, がある, で真に, なむずむず, なれども, な東山, にし, に近い懶, の色気, の諂, を四畳半, 真ニ美人

▼ 柔~ (13, 0.7%)

5 のある 1 があり, が乏しく, が感じられた, が浮かんだ, だつた, とやさし, はなく, を受付け

▼ 柔くっ~ (12, 0.7%)

2 て味, て美味い 1 てなかなか, てササラ, てビフテキ, て実に, て綿, て美味う, て良い, て適当

▼ 柔らい~ (12, 0.7%)

2 だよう, で来た, で行く 1 だが, だ理会, でいっ, ですぐ, で来る, で行った

▼ 柔~ (11, 0.6%)

3 だった 1 が出, ではなく, で物足りな, とも違います, になっ, はただごと, はふと, 温さ

▼ 柔~ (10, 0.6%)

1 一両日過ぎる, 何とも言えない, 冷い, 押すと, 柔, 氣持の, 父王の, 結構だ, 結構です, 美味いもの

▼ 柔~ (10, 0.6%)

1 一手くらゐ, 区別につき, 字の, 対比にも, 性宋襄に, 方な, 用意が, 異同が, 裏の, 面が

▼ 柔~ (10, 0.6%)

1 もって, よそおって, 制すとでも, 外に, 嫌うとかいう, 教へて, 焚きながら, 致すと, 説くにも, 貴ぶに

▼ 柔よく~ (9, 0.5%)

8 剛を 1 柔を

▼ 柔いもの~ (8, 0.4%)

1 が乗つた, が充満, が喜ばれる, が私, とはどうも, に縛られ, は大切, を着

▼ 柔くし~ (8, 0.4%)

1 てあれ, てその, てもらった, て出来上った, て加え, て食べない, なければ, ますから

▼ 柔~ (8, 0.4%)

1 なるというも, 云ふ, 剛とは, 剛は, 名づけられて, 換へる, 知るや, 説かんと

▼ 柔い草~ (6, 0.3%)

3 を踏ん 1 の上, の床, を与えなけれ

▼ 柔~ (6, 0.3%)

2 な眼 1 な手, な目付, な黒眸, の手

▼ 柔~ (6, 0.3%)

1 となる, な享楽主義, な多感性, な者ども, にいかにも, になされ

▼ 柔皮花~ (6, 0.3%)

2 の匂い, の香り 1 が香り, を持ち込んだ

▼ 柔いも~ (5, 0.3%)

21 のだった, のでそれ, のなら

▼ 柔~ (5, 0.3%)

1 おのおの必要, ここに, 下に, 十一歳に, 能くそ

▼ 柔しげ~ (5, 0.3%)

2 な微笑, な心 1 な人

▼ 柔なる~ (5, 0.3%)

1 四字を, 情ふかく, 態度を, 笛の, 調子の

▼ 柔~ (5, 0.3%)

1 なる茎, な体格, な姿, な趣味, に動く

▼ 柔いお~ (4, 0.2%)

1 料理が, 料理を, 肌が, 頭を

▼ 柔いだ~ (4, 0.2%)

1 悲劇的快感を, 眼に, 眼の, 表情が

▼ 柔~ (4, 0.2%)

1 ちよつと, やる, 漢中王に, 蜀に

▼ 柔~ (4, 0.2%)

3 の王 1 の朱丹

▼ 柔~ (4, 0.2%)

3 く剛 1 く強

▼ 柔いそ~ (3, 0.2%)

2 して 1 の葉

▼ 柔いところ~ (3, 0.2%)

1 があっ, と一重, に格闘

▼ 柔こう~ (3, 0.2%)

1 すいと, 畜生に, 肌に

▼ 柔しみ~ (3, 0.2%)

1 がなかっ, などは目, を湛え

▼ 柔である~ (3, 0.2%)

1 から人体, といえぬ, と一貫

▼ 柔~ (3, 0.2%)

1 が漸く, の人, 甚だ忘

▼ 柔~ (3, 0.2%)

1 の名, の名残, までがまざまざ

▼ 柔~ (3, 0.2%)

1 と自, なる絹様, なる絹樣

▼ 柔~ (3, 0.2%)

1 は随分, や薩摩芋料理, を遣っ

▼ 柔~ (3, 0.2%)

1 でこわれ, の乗馬ズボン, の緒

▼ 柔~ (3, 0.2%)

1 な情趣, な言葉, をきわめたなびき

▼ 柔~ (3, 0.2%)

2 の木の葉 1 にも得堪ない

▼ 柔いくら~ (2, 0.1%)

2 ゐの

▼ 柔いこ~ (2, 0.1%)

1 と綿, と蓋

▼ 柔いで~ (2, 0.1%)

1 平和な, 靜かな風の

▼ 柔いと~ (2, 0.1%)

1 いうこと, 言いあなた

▼ 柔い潰れ~ (2, 0.1%)

1 さうにも, そうにも

▼ 柔~ (2, 0.1%)

1 着物を, 言辭掛けつ

▼ 柔かなだけに~ (2, 0.1%)

1 つめ物には, 却って不気味

▼ 柔かな女~ (2, 0.1%)

1 の房, の手

▼ 柔かな日~ (2, 0.1%)

1 の光, ばかりある

▼ 柔かな線~ (2, 0.1%)

1 が山田, でぴたり

▼ 柔きし~ (2, 0.1%)

2 のび音

▼ 柔く低い~ (2, 0.1%)

2 山々の

▼ 柔げたもの~ (2, 0.1%)

1 であろうという, としか見られない

▼ 柔~ (2, 0.1%)

1 とかいっ, とか鐵砲

▼ 柔~ (2, 0.1%)

1 やさうな, やない

▼ 柔とは~ (2, 0.1%)

1 すでに前, 多年義絶し

▼ 柔~ (2, 0.1%)

1 られたヒューマニズム, られた光線

▼ 柔もの~ (2, 0.1%)

2 幼し

▼ 柔ものの~ (2, 0.1%)

2 黒きかげ葱はか

▼ 柔~ (2, 0.1%)

1 かな人柄では, かな感傷を

▼ 柔~ (2, 0.1%)

1 お前は, 大柔

▼ 柔二様~ (2, 0.1%)

1 の使い分け, の努力

▼ 柔仏族~ (2, 0.1%)

1 によって統治, の酋長

▼ 柔~ (2, 0.1%)

1 その宜しき, の二面

▼ 柔剣道~ (2, 0.1%)

1 にかけては絶対, の選手

▼ 柔~ (2, 0.1%)

1 へ腰, を踏ん

▼ 柔~ (2, 0.1%)

1 記に, 記には

▼ 柔~ (2, 0.1%)

1 でいくら, の肢體

▼1* [146件]

いいいのは, 柔いうすねずみで, 柔いがその物, 柔いずれとすべき, 柔いせいか濡れ, 柔いだ光りに照, 柔いでみるのだ, 柔いで突いて立った, 柔いのやら堅い, 柔いのでしょうか眼, 柔いふくらみの, 柔いようだな, 柔い草葉の風, 柔うてやわうて, 柔うにバンザイやりましょう, 柔かった肩も, 柔かではあるが, 柔かなところへ, 柔かな中に円い, 柔かな所がある, 柔かな流に面し, 柔かにしかもしつかり握つ, 柔かに展げられたの, 柔かの耕土の, 柔を告げ, 柔ぎがあったが運悪くここ, 柔ぎそめる, 柔ぎ三月に芽ぐみ, 柔くその木目, 柔くついた, 柔くなるような, 柔くふくらみを帯び, 柔くまた横, 柔くやさしく私の, 柔く快い髪, 柔く温い胸毛の, 柔く短く截れ, 柔く軽いがこれ, 柔く軽くつ, 柔だろうと, 柔ぐと彼は酒盃, 柔ぐと相手の心, 柔ぐべくも試みぬ, 柔え物, 柔げたおほ, 柔げたやうでも, 柔げどこか子供, 柔げようと思った, 柔げんは御身, 柔げ倉子は関係, 柔げ大月の早速, 柔げ歴史観を統一, 柔げ静かに言い続け, 柔さ能くかく, 柔さ色きめそんな, 柔しかったが月丸, 柔しき御心, 柔しき処女の血, 柔しき手して, 柔しき聲して, 柔しき飾りに過ぎぬ, 柔しくしてやらねばいけない, 柔しくって人柄, 柔しくまどろんでいる, 柔しくもあつた, 柔しく制しながらも平気, 柔しく微笑んだのです, 柔しく持たんとお, 柔しく持って賑やか, 柔しく綻びかかった花の, 柔しく言うてお, 柔しく説いたが, 柔しすぎる色の, 柔しゅう云われますから, 柔ずくめで前垂, 柔っけもんだぞ, 柔つけもんだぞ, 柔ですがショーランド, 柔との極端な, 柔なうるおいのある, 柔なぐびりと, 柔なこきつかわれ方に, 柔ならず剛に, 柔ならねばならぬ, 柔なりでは, 柔寝ろとへ, 柔まっていた, 柔村かたつく, 柔みの感じを欠い, 柔やが下に, 柔と背向き, 柔うにした, 柔わり合掌したよう, 柔はりと, 柔んでやつて, 柔イ布デ頤, 柔イ指ノ先, 柔ツマリ学医の面目云々, 柔以テ相済ウベクイタズラニソノ勇ヲ, 柔に三松, 柔の硬, 柔佞多智相州にまさる, 柔兼備よく微塵流, 柔は剛, 柔を守り, 柔があり, 柔剛二種のもの, 柔劍道の試合, 柔するの, 柔即ち世に, 柔とあれ, 柔婉優美なる婦女, 柔婉性との内, 柔媚陰險をば拒斥, 柔守人は剛, 柔弱い貴婦人の, 柔弱い尊い婦人は, 柔柔中の硬, 柔櫓声中夢を載せ, 柔に対する愛, 柔毛ざくと斬り落す, 柔て如何にも, 柔水火の手段, 柔は氷, 柔の宮城長順氏, 柔潤肉のごとし, 柔族, 柔でも毛, 柔相和して, 柔石等の魯迅, 柔紳士となり了せ, 柔美さは発売当時われわれ, 柔美式なる色相図, 柔の肉つき, 柔にもかかわらず, 柔すらを, 柔をやる, 柔で頭, 柔草のにこよ, 柔また直, 柔過ぎてならず, 柔過ぎたら粉を, 柔遥かに殊, 柔に瓏銀, 柔長舌をひろげはじめた, 柔靭さが加わった