青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「染~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~果して 果して~ 果たして~ 果て~ ~枝 枝~ ~柄 柄~ 柏~ 某~
染~
染め~ 柔~ ~柱 柱~ ~柳 柳~ 柵~ 柿~ 栄~ 栗~

「染~」 1949, 21ppm, 5462位

▼ 染~ (471, 24.2%)

6 短刀を 5 匕首を, 振袖を, 袷を 4 ために, ところへ, 振袖に, 衣を

3 [15件] いい絣, ことを, ように, 匕首が, 外に, 大振袖, 客は, 小袖に, 小袖を, 布を, 手形, 手拭を, 脇差と, 花の, 長襦袢の

2 [42件] きぬは, ことで, ことは, やうに, 剃刀で, 匕首と, 匕首も, 反物を, 天鵞絨の, 姫に, 姿が, 小刀を, 帯を, 弟あの, 悲しんで, 手形が, 手拭で, 振袖が, 斧を, 方は, 様な, 武具を, 死骸を, 浴衣に, 演じた激情的, 演説が, 狩衣に, 着物を, 秋草は, 脇差を, 薄墨太夫に, 衣に, 袖を, 襟巻が, 部屋の, 部屋は, 部屋へ, 闖入を, 顔が, 髪の, 麻だ, 麻の葉鹿の子の

1 [305件] あった以上, あの体, いいの, いる祇園町, おん衣おなじ, お小袖, お染ちやん, からだを, ことだ, ごとし人, さやけめづべかりけり, さやけ賞づべかりけり, する気持, その後の, その愛, その歴史, つ, ところから, ところの, ふつくりした, ぶっさき羽織, ほかに, ものの, やうな, ゆも, ような, りっぱな, ゐない久松, シドロモドロな, チリメンの, テーブル, ハンカチが, ハンカチを, バンドが, ボロボロに, 一つとして, 一路で, 一途な, 七化けも, 三人切りだ, 上塗を, 下帯小玉打の, 下襲, 不埒な, 不断帯格子の, 不行跡から, 事を, 二人を, 二梃剃刀が, 二歳の, 人形は, 仕事を, 仕打が, 他に, 代りに, 伊達な, 伯母の, 侍が, 傍を, 兄さん久三郎さんが, 兵児帯を, 兵子帯いが栗天窓団栗目ころころ, 凧絲を, 出刃を, 刄物を, 切に, 切を, 切出し紛れも, 剃刀を, 前も, 前垂れの, 前垂同一で, 加勢で, 匕首などは, 匕首などを, 匕首なんか, 半紙を, 半纏を, 半衿, 単衣, 危險をも, 口から, 名を, 名月, 品, 唇から, 單衣若々しく, 土と, 声に, 外には, 夜具に, 大家である, 大島です, 姿, 姿は, 守を, 客だけは, 客であった, 客も, 家から, 家が, 寝巻を, 寢卷を, 寢首へ, 小桜, 小浜を, 小蒲団, 左の, 帯際を, 年齢から, 幽霊やった, 影に, 影も, 役が, 彼の, 御識, 心で, 心を, 患者甚多し, 悪さ, 意志を, 愛に, 懐に, 手へ, 手拭に, 手紙, 手紙押し開く, 手綱とは, 技が, 振袖と, 振袖精好の, 振袖精巧の, 掻巻で, 掻巻の, 揚弓に, 文章なんか, 文章に, 新形浴衣と, 方だ, 方へ, 旅は, 旗を, 暖簾や, 暖簾を, 暗い顔, 朱色の, 材料は, 染め下地に, 柔かい膝, 梅に, 槍が, 模様が, 模様の, 横きりの, 横顔を, 樹海と, 歯の, 死骸が, 死骸と, 死骸の, 死骸は, 殆ん, 殘つてゐる, 段切の, 殺されたの, 母を, 水干を, 汚れきった風呂敷, 法衣に, 法衣を, 浴衣, 浴衣を, 浴衣腕まくりし, 涙を, 深帳, 湯も, 溜息それでも, 災難, 炬燵ぶとんを, 無事な, 熨斗目の, 熱心な, 父親加賀の, 物を, 玄翁を, 生霊の, 産れた, 男は, 目は, 真綿を, 真綿帽子, 眼に, 眼には, 着物が, 知識が, 短刀が, 短刀と, 短刀の, 石仏を, 石臼が, 端が, 竹を, 答は, 答へは, 節に, 紅ちら, 紅匂いこぼれ, 紐が, 細帯物を, 細紐が, 絹の, 絽縮緬の, 綿衣すら, 緋桜縮緬, 縮緬頭巾を, 繩を, 羅衣と, 美しさ, 羽織, 羽織を, 者に, 肉襦袢や, 股引は, 背当て, 胸に, 脇差それを, 脇差の, 脚絆か, 腕卷きあげ, 腕巻きあげ, 膝の, 膝を, 色と, 色は, 花も, 草履と, 蒲団が, 蔭から, 蔭に, 薄いお太鼓, 薄墨大夫は, 薄墨太夫は, 薄物を, 薬袋紙にも, 行動も, 衣服を, 衣裳, 衣裳や, 袂の, 袂も, 袈裟より, 袋が, 袋さへ, 袋に, 袋を, 袖, 袖ながき, 袖の, 袖緋の, 被布を, 袷か, 袷が, 袷も, 裏が, 裲の, 裾を, 褄を, 褄端折で, 襟の, 襟巻と, 襦袢ぐるみ袂の, 襦袢の, 襷がけで, 襷や, 襷懸け, 許へ, 説明が, 説明は, 説明を, 身ごろを, 返事が, 道であります, 部屋に, 部屍に, 鉄棒を, 鎧剥ぎ, 鎧直垂の, 長襦袢, 長襦袢は, 陣幕が, 雪の, 雲, 霞が, 韻律演説, 頬を, 頭は, 顏色が, 顔を, 顔見, 風呂敷の, 風呂敷包を, 香に, 高級浴衣として, 麻の葉鹿の子は, 黒い帯

▼ 染~ (156, 8.0%)

3 さすがに 2 少しツンと, 息を, 掌を, 自分の, 返す言葉

1 [143件] いつの間にか忍ん, いつもあどけない, いなかった, おとなしく顔, お雛, お雪, かう言, さてこの, すつかり脹れ, そこに, その人, その次, その祇園, その親切, その頃流行, それは, そんなこと, ぞっと身の毛, ともするとはす, どうなった, どうもそうであるらしい, どんなに苦々しい, なおもつづけ, なか, なかなか笑う, なかなか近寄る, なぜ早く, なんだか肌寒い, ぬ我, はっとした, はっと胸, ふるえながら, また泣きつづけた, また言った, また障子, まだ間, もう一歩, もう勤め, もとの, やはり俯向, やはり黙っ, ハッと, フト顏を, 一と, 一層はらはらと, 一種の, 三十と, 上野の, 下っ引, 下つ, 久松と, 京の, 今夜の, 他愛も, 何か, 何とも言いよう, 何んと, 俊吉の, 俺が, 僕にとっては, 其のま, 内氣, 十九と, 取って, 取り分けて, 取済して, 取濟, 口書き拇印を, 可愛い可愛い花, 可愛らしく手, 唯もう轉倒, 女だけに, 女給同盟の, 寂しい心持ち, 少し涙, 尤も久しい, 平次の, 平次夫婦の, 平気である, 幸に, 引込みましたが, 彼を, 後前の, 怖ご, 思った, 情婦でも, 惣十郎町の, 懐を, 手を, 掻き消すごとく姿, 昔は, 朝に, 此処を, 死人の, 永く菊子, 沈んだ顔, 淋しく菊屋, 漸く蒲團, 濃い口紅, 無論に, 犇と, 玉屋小三郎抱の, 玉屋小三郎抱への, 白地明石に, 百足屋の, 眉を, 確かに, 簪の, 糸が, 素直に, 絞染に, 綺麗な, 美しい唐人髷, 耳朶に, 肩から, 色が, 蛇にでも, 血眼に, 被衣を, 覺悟の, 角まで, 言い知れない悲しい, 言われたまま, 言葉少なに, 誰も, 賢くない, 跳ね飛ばされたよう, 身を, 近間に, 途方に, 遊女の, 鄙に, 釋然として, 重そう, 鉄砲を, 顏馴染別に, 顔の, 飛び散る血潮, 飛んで, 鮮やかに, 黒っぽい袷, 黒つ, 默つ

▼ 染~ (118, 6.1%)

14 の朱盆 4 とお, の死骸 3 を殺した 2 が殺された, でございますか, といふの, もお

1 [85件] か, があと, がお, がこんな, がたいへん, が付きまとっ, が再び, が大, が妻戀稻荷樣前, が引摺り, が惡事, が殺され, が燈心, が立去った, が自首, が見付けた, だ, です, という奴, という男, という男名人気質, といえ, とする, とたつた, とどんな, との関係, との關係, ともう, とやらが出した, と張り合, と眤懇, と私, には相, に奪い取られました, のところ, のふところ, のほか, の仕業, の作, の作った, の先代, の家, の後, の所, の持つ, の持物, の方, の盆, の繁, の衰死, の許嫁, の財布, の隠れ, は, はあわて, はお, はお座敷, はこの, はそう, はその, はその後, はそれ, はそんな, は今晩, は働き者, は冬坡, は家, は寢, は死ん, は用心, は申しました, は縁臺, は覚悟, は贋金造り, は近頃, もその, もなかなか, もまだ, ももう, も主犯, も睨む, をし, を勘辨, を引致, を騙し

▼ 染~ (88, 4.5%)

29 助の 10 助が 9 助は 7 助一座 4 助と 3 助とは, 助に, 助を 2 助から, 助では, 助という, 助親方

1 [12件] 助こそ, 助さんが, 助さん芝居の, 助であっ, 助でございます, 助とか, 助に対して, 助も, 助や, 助らしい, 助中軸の, 助大野清茂中村英嘉伊東昌春林民五郎黒羽源治木村嘉吉中村勘蔵山田武岡馨が

▼ 染~ (83, 4.3%)

3 下手人でない 2 下手人, 久松に, 出来るとか, 引取る, 相手では

1 [70件] あまりやるせない, あらはれた, いつ見, うつるほどの, さらわれ縛られさいなまれて, だんだん近づく, ちらちら来る, とられて, なかったら, はげて, はみ出すばかり, ほんのり溢れる, まだ二葉屋, ボンヤリ着い, 一昨年の, 一番先に, 一途に, 三歳であった, 三百兩の, 上がるから, 上御殿から, 下手人でなかつたら, 下手人なら, 久松と, 二つの, 八五郎と, 出て, 出来上ってるよう, 化物めいた, 四つの, 執念は, 執念深く佐野屋, 夜の, 姉夫婦を, 嫌ふ, 小提灯, 幾度か, 心配し, 憎くなつた, 懐から, 救ひ, 東京大, 栄之助久松が, 歸つたら, 歸つて來ない, 歿く, 殺されたの, 殺された頃, 殺されて, 水死体に, 水死體にな, 沈んだ顏, 泣き出しさうに, 消えずに, 淋しそう, 演説した, 濡れも, 病気に, 紫の, 縛られりや, 色を, 落ちて, 藁の, 觀念し, 豊かに, 通りました, 金の, 金三郎を, 閨の, 飛ばしたんぢ

▼ 染~ (83, 4.3%)

2 口説き廻ると, 可愛がった, 密と

1 [77件] お七, して, してるの, しますから, する, そこらくに, なして, なぶった, ふりかえって, もえは, もしその, やってるの, ベアトリーチェに, 上げて, 下手人だって, 作って, 入れても, 勤めこれ, 取巻いて, 川の, 帰す訳, 平次と, 引付けて, 引入れようと, 引入れ小泉町, 思ふうす青き, 才市に, 抜いて, 抱きながら, 持參金が, 振り返って, 捉えて, 捌いたよう, 捌くの, 捜しながら, 捜し当てるまでは, 捨てて, 掛物の, 揚げ詰め, 放り出させて, 救ふ, 敷乱し, 斬ったか, 東京下りの, 柔な, 桂川の, 業と, 模する法, 殺したの, 殺した血染, 殺すやう, 殺す氣, 殺せば, 求めて, 注意したら, 滅茶滅茶に, 牛込の, 着た鴎, 睨んで, 端坐した, 絞って, 落して, 袂へ, 語る, 語るなんざあ, 負ふて, 追って庭, 送って, 逃がすよう, 造れば, 配したもの, 隣土地の, 離れて, 頼んで, 飜す, 餌に, 鼬を

▼ 染~ (49, 2.5%)

3 一緒に 2 久松の, 名乗る以上, 呼ぶよう, 米吉は, 織とを, 顔を

1 [34件] いうて, いうべきだ, いって, お七, お今, お半, お雪は, でつちの早変り, ネクタイ, 一緒にな, 下男の, 不思議な, 世間で, 久松とを, 云うの, 云ふ, 仙之, 入れ違, 別れたん, 名を, 向い合って, 天草言葉とが, 婿の, 家内の, 急拵えの, 松五郎の, 申します, 綾錦また, 繻子の, 行く, 言ふ, 逢って, 逢引した, 黒モジリあわせ

▼ 染~ (49, 2.5%)

3 の髪

1 [46件] がいそいそ, がそれ, がなんで, が友田, が或, が書いた, が特に, が眼, が結っ, が話, だ, て無茶, という若い, とに両, とを交互, と金五郎, にしきり, について泣きだし, に制裁, のからくり, の偽, の旦那, の書いた, の眼, の袖, の頭, は, はさすが, はただ, はどんなに, はびっくり, はむっと, は命, は姉芸者, は威圧, は早くから, は泣きじゃくり, は畳, は蛭子神社, は蟀谷, は袂, は訊いた, は誰, も顔色, を見, を誰

▼ 染さん~ (44, 2.3%)

2 と並べる, に夢中, のこと, の薄墨華魁, はそれ

1 [34件] かい, かでなければ, から稽古, が, が手拭, というの, という女, とかを尋ね, とは仲, と何, と話し, について根岸, には他, には嫁, によそえた, に嫌, の何, の本, の本当, の顏, の顔, はさぞ, はたつた, は三十, は何, は堅い, は平気, は思ひ, は死ん, は氣分, は食, を忘れない, を殺した, を連れ

▼ 染~ (43, 2.2%)

3 なって 2 絡みついて

1 [38件] こぼれたが, したる, した木綿糸, しましょうよ, すると, するには, するの, せむ, なった, なった園長, なつて, なりましたが, やン, 乳が, 人の, 向って, 成つた綸子か, 搦んだ, 會つていろ, 未練が, 松の, 比べるならまだ, 源五右衛門と, 熱心な, 相違ない, 縮緬の, 聲を, 肩を, 花片の, 蒲團を, 触れると, 言はれた, 話した, 逢うため, 逢うの, 違いない, 限らない, 鹿の子絞の

▼ 染~ (25, 1.3%)

2 自分の

1 [23件] きのう今日は, しない, そうです, ない様子ゆえ, もう見, 地も, 少し持て, 息が, 悉く絞です, 承知か, 敷いて, 来た, 染た, 殺し兼ねなかつた, 水際の, 獨り, 痛む足, 知れ切った事, 私には, 良いさ, 露出に, 顔を, 駅の

▼ 染つて~ (24, 1.2%)

4 立つて 2 ゐた, ゐる, 居る

1 [14件] くる, しまつて, すつぱい汁, なかなか落ちない, はづかし, ゐた手拭, ゐないかといふ, ゐない教育, ゐます, ゐるやう, ゐる姿, をりません, 行く可能性, 見えた

▼ 染~ (24, 1.2%)

2 にし

1 [22件] とかそういう, と日本, と赤繪, などで藥, などというもの, にさういふ, には山, のこと, のよ, の一輪挿, の口邊, の湯呑, の結構, の絵, の豪華絢麗, の順, はもとより, もいろ, や錦手, をよく, を割合, を支那

▼ 染という~ (19, 1.0%)

4 名を 2 のは, 可愛らしい名, 名が, 最も可愛らしい 1 のが, ものが, 一人娘が, 女なり, 娘を, 恋人の, 若い女

▼ 染久松~ (19, 1.0%)

3 がお

1 [16件] お品, お夏清十郎, がちょっと, じゃ書けねえ, という質店, とか夕霧伊左衞門, に会う, の, のお, のごとき, の恋, の死んだ, の芝居, の野崎村, もこの, よりやけ

▼ 染~ (15, 0.8%)

1 [15件] が又, である, というの, というダンサー, という名, という女, などと言う, に對, のそば, の行, の關係, はそれ, は乳房, は二十一, は大げさ

▼ 染~ (13, 0.7%)

1 [13件] か, が浪人, であった, でもなく, という乾児, のその, の後, の死骸, の肩, の足首, の面前, の首級, は脇差し

▼ 染~ (13, 0.7%)

2 の皿

1 [11件] と共に讃えないであろう, と赤絵, に使う, に向っ, に太刀打ち, の茶碗, はなぜ, は支那, もあり, もあります, や赤絵類

▼ 染~ (12, 0.6%)

3 の仕事 1 としては本格的, との二つ, と型染紙, と型附紙, なくしては, にある, のみならず, も作つ, も同君

▼ 染~ (11, 0.6%)

1 [11件] のです, のなどが, よ京町, んで一寸, 人は, 山鹿十介の, 気持にさえ, 煎餅布団でも, 煎餅布団を, 縮緬の, 者だ

▼ 染~ (11, 0.6%)

2 その髪 1 その時分, それは, どこか, 一番多くの, 丁度蛇, 本紅染, 清らかな, 置たかった, 聞こえます

▼ 染~ (11, 0.6%)

1 [11件] がへべれけ, が一人乗り, のこと, の銀子, はそれ, は何かと, は前身, は自称女子大出, も酔っ, より丸, を抑え

▼ 染~ (10, 0.5%)

3 の袖 2 の身 1 かろ, に身, を, をまとい, を纏っ

▼ 染~ (9, 0.5%)

2 て仕事 1 ていた, ていつた, てくる, て來, 合ひ, 木曾路の, 緑葉に

▼ 染ちゃん~ (9, 0.5%)

1 お出ばな, だけがかけがえ, どうした, に叱られます, のところ以外, のほか, も余所, 嬉しいでしょう, 恐かった

▼ 染~ (9, 0.5%)

1 がで, がイヤ, という姐さん, と違っ, のあの, の噺, の態度, はあの, はなぜ

▼ 染~ (9, 0.5%)

2 の旗, 絞りの 1 に煤びわ, の幔幕, の暖簾, の皿, の総

▼ 染~ (9, 0.5%)

1 かと思う, が云う, が呼出し, が褄, っての, と記した, は悄, は悄々, は残っ

▼ 染ちやん~ (8, 0.4%)

2 が可哀想 1 が人, が馬, だつたの, にはそんな, の愛嬌, は助

▼ 染つた~ (8, 0.4%)

1 が目, この若木, とのこと, もの, やうな, 大きな果實, 尊い荊棘, 黄いろい齒

▼ 染~ (8, 0.4%)

1 いるよう, 九十五六程も, 大輪の, 居る支那人, 居る此様, 山ぶみ, 毒牙を, 起き上りながら

▼ 染には~ (7, 0.4%)

1 それが, どうしていい, 二つぐらい, 動物性の, 惡い, 關係は, 限らない

▼ 染~ (7, 0.4%)

2 ぁい 1 お甲, したで, 今日は, 何とかし, 茜染で

▼ 染吉さん~ (7, 0.4%)

1 が殺されたさうで, と面白く, にあなた, の死骸, は, はお可, は久し振り

▼ 染太郎~ (7, 0.4%)

1 が復活, でやる, というウチ, と大阪, のオカミサン, はお, へたどりつく

▼ 染婆さん~ (7, 0.4%)

2 の夫 1 が四十, の娘, の家, の所在, はとうに

▼ 染~ (7, 0.4%)

2 が出 1 がある, が出た, である, なり, は家

▼ 染~ (6, 0.3%)

3 の因縁 1 の慾情, の色, の象形雲影

▼ 染~ (6, 0.3%)

2 の名 1 という悪性, といっ, と云っ, と云つて

▼ 染~ (5, 0.3%)

1 つて人一人殺す, といふ特殊, と思え, ね, よ

▼ 染~ (5, 0.3%)

1 が大井, の仕業, の局, の腰元, の腰元ども

▼ 染模樣~ (5, 0.3%)

1 の意匠, の派手, は今, は白, を鮮

▼ 染~ (5, 0.3%)

2 した心 1 しつつも, をわるい, を捨てる

▼ 染~ (5, 0.3%)

1 などを着, の夜着, の掻巻, りと, を買う

▼ 染退~ (5, 0.3%)

2 川が 1 川の, 川添ひ, 川荒廢の

▼ 染~ (4, 0.2%)

1 加久らと, 加久らを, 染でなきゃ, 雛は

▼ 染つたの~ (4, 0.2%)

2 を擧げ 1 かともすると, かな

▼ 染といふ~ (4, 0.2%)

2 女は 1 のが, 妾を

▼ 染~ (4, 0.2%)

1 しつこく絡みついた, 噛みついた, 執こく, 行ったら由布院

▼ 染太夫~ (4, 0.2%)

1 が語る, は上, は起ち, は起ちかけ

▼ 染奴さん~ (4, 0.2%)

1 あんまりあんた, ちょっと話したい, はハイカラ, 待って

▼ 染子さん~ (4, 0.2%)

1 こそどう, って誰, です, はここ

▼ 染~ (4, 0.2%)

2 を製 1 に染めけむごと, に浸

▼ 染~ (4, 0.2%)

1 の切れッぱしだの膠鍋, の手甲, の袴, の裁附袴

▼ 染~ (3, 0.2%)

1 何かを, 縮緬か, 血の

▼ 染した~ (3, 0.2%)

1 つてわけ, のだ, 微笑の

▼ 染する~ (3, 0.2%)

1 ところぞ, によつて用, もので

▼ 染では~ (3, 0.2%)

1 いけない, ございません兎, なかった

▼ 染とが~ (3, 0.2%)

1 よく語りわけられ, 引き分けられなければ, 残った

▼ 染~ (3, 0.2%)

1 その蔭, の暗闇, の藍甕

▼ 染情史秋七草~ (3, 0.2%)

3

▼ 染~ (3, 0.2%)

1 いた半被, いた酸漿提燈, でそれ

▼ 染~ (3, 0.2%)

1 も一向, をならっ, を広く

▼ 染~ (3, 0.2%)

1 が付い, へ垂らし, までが浅ましかっ

▼ 染病研究所~ (3, 0.2%)

1 に梅野博士, の病室, へ行つて

▼ 染~ (3, 0.2%)

1 で刺繍つた莟, のさめはつる, を添えたる

▼ 染さま~ (2, 0.1%)

1 あれ久さま, はお前

▼ 染せず~ (2, 0.1%)

1 に薫染, 仏地に

▼ 染ちゃんと~ (2, 0.1%)

1 云う年紀, 皆で

▼ 染つて來~ (2, 0.1%)

1 たかな, るの

▼ 染とかいう~ (2, 0.1%)

1 娘の, 菊だの

▼ 染との~ (2, 0.1%)

1 意であります, 祝言が

▼ 染とを~ (2, 0.1%)

1 併せ用, 防ぐから

▼ 染と共に~ (2, 0.1%)

1 この小屋, 責任の

▼ 染にも~ (2, 0.1%)

1 一應遇つて見ました, 白妙にも

▼ 染に対して~ (2, 0.1%)

1 こうした不思議, 散々謝まった

▼ 染~ (2, 0.1%)

2 て行かな

▼ 染むるもみぢ葉~ (2, 0.1%)

1 の朱, は

▼ 染もの~ (2, 0.1%)

1 といったの, をつかん

▼ 染より~ (2, 0.1%)

1 私の, 親父の

▼ 染よりは~ (2, 0.1%)

1 三十幾つか, 砂鉱の

▼ 染~ (2, 0.1%)

2 て自己

▼ 染~ (2, 0.1%)

1 から来た, で物

▼ 染メリンス~ (2, 0.1%)

1 の女, の女帯

▼ 染丸はん~ (2, 0.1%)

1 に勝手, のお

▼ 染久松ぢ~ (2, 0.1%)

2 や書けねえ

▼ 染分縞~ (2, 0.1%)

2

▼ 染吉殺し~ (2, 0.1%)

1 の下手人, はまだ

▼ 染小袖~ (2, 0.1%)

1 の田舎づくり, を着

▼ 染~ (2, 0.1%)

1 などから馬, に就い

▼ 染工場~ (2, 0.1%)

1 から鉱物染料, がある

▼ 染~ (2, 0.1%)

1 の名, の称正宗院

▼ 染~ (2, 0.1%)

1 を生じ, を絶た

▼ 染~ (2, 0.1%)

1 の発明, は搗染

▼ 染浴衣~ (2, 0.1%)

1 に羽織, は高々

▼ 染渡る~ (2, 0.1%)

2 と何

▼ 染~ (2, 0.1%)

1 の中, の内外

▼ 染病室~ (2, 0.1%)

1 から普通, も今

▼ 染~ (2, 0.1%)

1 の潮, や

▼ 染縮緬~ (2, 0.1%)

1 が端もの, のやう

▼ 染~ (2, 0.1%)

1 を張る, を張るあり

▼ 染~ (2, 0.1%)

1 が悪い, の続き

▼ 染~ (2, 0.1%)

2 の印

▼ 染革師~ (2, 0.1%)

1 などの工匠, の老

▼1* [257件]

ている, 染いだしたる草花などの, 染いろも美しい, 染おぼろげならぬ殿ぶり, 染かんざしに, 染くからいかねえとか, 染くさいこと, 染けてある, 染されて私, 染された如くにな, 染さんあなたがた二人の心中, 染さんあなたたちの時代, 染さん坊ちやんが引付け, 染じゃありませんか, 染がたつ, 染せし當初なれ, 染その扱帯その, 染たちにはどちら, 染たらしい黒すぎる部長, 染たる布を以て, 染たんだ, 染だけでも助けて, 染だったことに, 染だらけになった, 染ちゃんお客様がッ, 染ちゃんわけをお話, 染ちゃん大分御念入だねなんて, 染ちゃん顔をね包ん, 染つけられている, 染つたヅツクのズボン, 染つたネープの骸, 染つた下で更に, 染つた屍体の中, 染つた木の葉は枝, 染つた本郷の大, 染つた爪の先, 染つた片腕を出された, 染つた葉の僅少, 染つた部分がある, 染つた顏でニヤリ, 染つて光つてゐる, 染つて段々にそれ, 染つて赤井主水, 染てから一週間も, 染であったからによります, 染であるが手拭, 染であろうがのろま薬, 染でないからなんて銅八親分, 染でなきゃア佐七と, 染とか繻珍とか, 染とて血も, 染とは反が, 染とも見える名, 染とやらのことを, 染などしたの, 染などといったものが, 染などに用ゐ, 染ならば直ぐ, 染なりお七なり, 染なんておかしいじゃ, 染にとっては全好奇心, 染に対する見得, 染ぬいた一軒の, 染ぬるものおおき, 染なくい, 染ふれど染, 染への思慕が, 染ほどにしか考へない守宮, 染まざらしめたのである, 染ました唇, 染ますば, 染まだ寢亂れ, 染までかと我は, 染むとふ紫の, 染むらむ人妻の泣く, 染むるは何, 染むるいくその匂ぞや, 染むるがごとく紅なる桜, 染むるがごとく麦田あり桑田, 染むるに宜しければ, 染むる者の水, 染めしが如く, 染もしくは繍箔の, 染れる秋の, 染わけかまぼこのよう, 染をと思つた, 染をば追い来し者, 染ガスリの夜着, 染サンガ新聞ヲ読ンデクレタラ, 染サント二人デ, 染ッ子を上野, 染ネジなどであり, 染マリ水着デ隠, 染極メテ鮮好ナリ, 染ムベシ故ニ黄ト曰ヒ緑ト曰フ也, 染メル時ハ特有ナ鉄漿, 染メ黄金ヲ作スベシ, 染モスリンの蹴出し, 染の, 染一塊の花束, 染上がりましてな, 染丸さんに怒られ, 染丸音曲噺の圓太郎, 染久松小僧尼子守女女房雷鳴様にまでなりまする, 染事件の血液検査, 染二人そろうて, 染二十一歳というの, 染二十歳になつ, 染五郎家橘栄三郎松助ら一座にて一番目, 染五郎等の活躍, 染交ぜてあります, 染が歳ごと, 染人形や久松人形, 染付その他数多ある, 染付ものの陶器, 染付味がとても, 染付屋さんで茶, 染付繪高麗式の鐵砂文, 染付茶碗はさっき, 染付赤絵九谷瀬戸唐津朝鮮中国なにほどのこと, 染付赤繪が最も, 染付赤繪等々にし, 染付金襴手青磁など後年, 染付青磁等種類は多い, 染にも足らない, 染以外の者, 染山居, 染何縞がはやろう, 染八五郎じゃ床, 染八五郎ぢや床, 染凄く舞台に, 染だせる浮紋, 染分られるに違, 染分手綱ですか, 染で見るもの, 染しより, 染渓紅, 染友二郎六兵衞それに本店, 染吉自身の血, 染にはありましょう, 染が無類, 染問屋に此事, 染四郎来りサロン春, 染に寓, 染坊隱居は飛んだ, 染をつける, 染堪忍して, 染に入れる, 染太夫五十歳前後鶴澤吉治四十歳前後竹本座の手代庄吉, 染太夫吉治庄吉は笑, 染太夫等はしばらく, 染太郎オコノミ焼の屋号, 染女衒立縞の木綿, 染奴さんあたしは約束, 染奴さんあんた一体あたしを誰, 染奴さんあんた命が要らないなら, 染奴さんなんか知らん, 染奴さん玉井さんはもう, 染奴大庭春吉三人の眸, 染嫁入りしてから, 染子さん來てんの, 染子さん芹沢十四子さん川瀬光子さん等のがあります, 染だって全く, 染山吹等々の御衣幾襲, 染工これを衣嚢, 染工場主の中村愼三郎氏, 染工所尼崎汽船などの大, 染工職人がせっせと, 染を得, 染に鞣革, 染帷子片袖, 染叢, 染へ卸す, 染たり西湖柳色, 染書, 染思ひましたの, 染と醜, 染感染の作用, 染感謝しなければ, 染の染板数百枚, 染手拭酒の名, 染打上下付棹懸色々, 染打衣生単, 染扮装で顔, 染の法被, 染指してゐた, 染日ぐらし吉野そのほか二, 染ておこ, 染月毛てふ, 染が汁, 染板数百枚をあつめ, 染思ひましたの, 染染感謝しなければ, 染染緋縮緬などを用, 染と糸, 染お染様, 染様あなたはやっぱり, 染殺しの疑ひ, 染法儀七患辭過三辯尚賢上, 染浅い場所では, 染浴衣地のこれ, 染海松ヲ正月三日, 染渡って居ります, 染渡りさあ堪らぬ, 染潤んだ枕が, 染汚の, 染のよう, 染も備え, 染疫免疫の事実, 染病發生の噂, 染病研究所勤務醫學博士近藤奎三氏を伴來, 染病研究所東京外國語學校獨逸語學科に學んだ, 染病細菌の附着, 染病豫防の效能, 染着せらる, 染着心でも出来, 染研究会の人達, 染硝子でも嵌めた, 染の末, 染の帷子, 染紋様の如くなる, 染を胎, 染の衣, 染綿は汚, 染緋縮緬などを用, 染で安もの買, 染縮緬ずたずたに引き裂き, 染羽二重をつける, 染おもほ, 染能悦可愛などという魔女たち, 染ノ心, 染著顧戀は, 染と塩煎餅, 染を煎じ, 染藍染講中手拭の軒, 染は多, 染行きは, 染衣一鉢の沙門, 染衣剃髪のお, 染衣薙髪の身, 染は続, 染之, 染や地代, 染の紺ヘル, 染ひに, 染錣頭巾でいろは, 染錦絵の風俗, 染附くつまり, 染附けた色絵の, 染附けられたコバルトと, 染附赤の上絵, 染青青総牧田, 染革仕事も一さい合財, 染革塗師かざり師糸縒などの諸, 染音次郎が知らない, 染で厳重, 染之助