青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「柏~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~果 果~ ~果して 果して~ 果たして~ 果て~ ~枝 枝~ ~柄 柄~
柏~
某~ 染~ 染め~ 柔~ ~柱 柱~ ~柳 柳~ 柵~ 柿~

「柏~」 1138, 12ppm, 8928位

▼ 柏~ (379, 33.3%)

9 の子 7 の日記 6 をし 5 に与, に嫁, の家 4 が家, である, の妻狩谷氏俊, の門

3 [11件] が奥医師, の兄弟, の女, の妻俊, の書, の病, の長女洲, の門人, はこれ, は後, も亦

2 [22件] が, がお玉, が中橋, が京都, が兄, が始, が徳安, が躋寿館, たかの, との間, の事, の人となり, の嗣子磐, の墓, の妾春, の学術, の第, の遺骸, は上, は又, は福山, を幕府

1 [249件] がこれ, がため, が三月十六日, が上洛, が予後, が二十, が二月二十三日, が二条, が云, が京水, が代, が何人, が兄榛軒, が前, が劇, が古泉, が古銭, が塩田良三, が多紀, が大津, が妾佐藤氏春, が将軍, が将軍家定, が将軍徳川家茂, が岡崎, が幕府, が後に, が慊堂, が所感, が数多, が既に, が春, が暇, が書した, が書牘, が此年甲寅, が死所, が歿, が法眼, が浄書, が淹京中宿舎, が父蘭軒, が狩谷, が生れた, が癸亥, が経学, が聴者中, が萎縮腎, が藩, が郷, が門人等, が阿部侯, が阿部家, で塩田楊庵, で狂言為組, で舟庵, とで常三郎, と妾春, と津軽家, と父楊庵, と茶山, ならば, に, にし, にその, に上洛, に与へた, に事, に仕へた, に信頼, に嘱, に学んだ, に寄せた, に従遊, に杖, に比する, に纏繞, に至つて, に見え, に託し, に詞, に諫めら, に随行, のもの, の一大特色, の三人, の世, の中橋, の丸山, の乗船問題, の事蹟, の二人, の二子, の二子及渋江抽斎, の京都, の仕, の伯母正宗院, の備忘録, の兄, の写した, の冢子鉄三郎, の又, の名, の喪, の嗣磐, の四女, の多紀, の奥医師, の奥詰, の女国, の女安, の妻, の妻狩谷氏俊子, の妾, の妾春三十九, の妾春二十七, の妾春二十六, の妾春四十一, の妾春四十七, の妾春四十三, の妾春四十五, の妾春四十八, の妾春四十六, の妾春四十四, の子孫祐, の学, の庶出, の後事, の忍ぶ, の愛泉, の手, の技, の書牘, の机, の来る, の機智, の次女国, の正妻狩谷氏俊, の此年天保三年三月, の死, の歿, の歿後, の気質, の治, の治病法, の治療, の洋医方, の浄書, の癸亥七月十九日淹京中, の癸亥淹京中, の直情径行礼法, の相貌, の神, の立場, の筆蹟, の継室春五十, の継室春四十九, の蘭方, の覚書, の親友, の言, の許, の詩, の退いた, の遺す, の鉄三郎, の鉄三郎五歳, の門下, の門人中, の門人塩田良三, の阿部侯, の雑記中, の願, の鹵簿中, は, はあずかっ, はお玉, は一面多紀氏累世, は三つ, は三月四日, は二十二日, は二歳, は五月二十八日, は京都, は兄, は六つ, は六年, は其師, は其頃, は十月七日, は十月十六日, は四十三歳, は国学者, は壬戌, は奥詰医師, は家, は家人, は寝, は将軍, は屡, は屡々, は己未, は幕府, は幸, は幼, は幼時好学, は扈随, は抽斎, は時に, は未だ, は歌, は正月の, は此, は此等, は死, は母五百, は江戸, は江戸市中, は父, は狩谷, は癸亥, は真に, は端, は絶て, は翌年お玉, は聞い, は蘭方医, は起首, は辛巳中例, は近視, は遂に, は酒色, は隋書, は随行, は駅, も来り, より長ずる, を失つた時二十七歳, を始, を左右, を師, を徴す, を愛し, を愛した, を招請, を獲た, を疎んじ, を筆, 診

▼ 柏~ (257, 22.6%)

25 木は 19 木が 13 葉を 8 木大王が 7 木の 6 木どもは, 木大王の 5 林に, 葉も 4 木の下に, 木大王も, 紋の, 紋を 3 ために, 大木の, 木も, 葉に

2 [20件] あいだに, 下に, 中を, 妊娠の, 定紋が, 幹の, 所謂, 木か, 木と, 木に, 木の頭の, 林の, 枝の, 枯れ葉を, 梢に, 樹の, 為に, 若い木, 茂った中, 葉が

1 [95件] あいだで, かげに, かたい実, とこまで, なかや, ふたおもに, むれを, ような, 上から, 上露よりも, 下で, 下宿の, 並木の, 乾葉で, 事だ, 二面に, 伎倆に, 兄弟は, 兄弟皆免れなかつた, 初の, 初節句である, 初節句即, 単衣, 古木の, 大木が, 大木だった, 大木に, 大木は, 大樹は, 大樹ばかり, 夫と, 姿は, 嫡子を, 家まで, 宿へ, 宿を, 密生した, 小枝, 屏が, 師匠の, 幹が, 所生の, 描いた絵, 方へ, 昆弟皆拙, 最もうれし, 木おいらおまえと, 木かげに, 木がは, 木であろう, 木な, 木の下で, 木の下の, 木や, 木を, 木クリストフは, 木立に, 木立の, 木遊びに, 板張りだった, 枝へ, 枯れ葉が, 枯枝や, 柩の, 根元の, 梢からは, 樹を, 注意を, 生れたの, 生れた年, 生んだ先夫, 申立に, 疎林を, 病は, 絵画であった, 絵画を, 繁みより, 老木は, 花魁で, 若葉を, 茂った林, 葉っぱごと食わない, 葉つ, 葉青く, 著換を, 蔭に, 薄ら花ほ, 言葉が, 言葉の, 赤ばやし, 踊りも, 静まった葉波, 顔を, 首だった, 高さ三丈

▼ 柏~ (72, 6.3%)

5 でございます 3 の門口 2 という宿屋, という染め物店, と云う, の主人, の姉さん, の姐さん, の寮

1 [50件] から飛び出した, がちゃんと, だと, だな, だね, ですます, でも門, で三人, で下女, というの, というは可, という旅籠, という旅籠屋, とも近い, と斜め, に会せしめ, に投ず, に泊まった, に瑕, のお, のお客, の一人娘, の前, の奥庭, の店, の座敷, の庭, の愛子, の戸主, の手代, の明けず, の番頭, の秘密, の綱次, の裏口, の門, の開けず, へと極めた, へ来た, へ行っ, へ迎え, へ送り込み, へ連れ, へ連れ込んだ, より帰る, を乗っ取る, を出, を抜け出した, を立ちまする, を飛び出た

▼ 柏~ (50, 4.4%)

3 私の 2 ざわめき月光, しのび音, 手だ

1 [41件] いった, ざらざら雲, すっかり気抜け, フイと, ポケットから, ミシミシと, 一向平気, 一座へ, 一足前へ, 不幸に, 九つで, 今何を, 付添人という, 伸び放題, 余り上手く, 利章に, 利章より, 同音に, 呻くよう, 四本とも, 失われた絵, 容易に, 少ないよう, 役人の, 徳の, 整理と, 森々と, 楽器を, 正直に, 殊に多い, 母に, 熱心に, 猶太人経営, 眼を, 突然私, 耳にも, 話の, 調子外れな, 運転手の, 重ねて, 高笑いを

▼ 柏~ (28, 2.5%)

2 長刀の

1 [26件] すわるの, どうかいたしました, ヘマで, 一たび病ん, 二三本埃を, 云つた, 人と, 今曾能子刀自, 代る此, 代る珍景, 全安, 十七良三が, 大に, 帰って, 役不足からか, 斑らに, 暫く思案, 生へ, 生れて, 痙攣を, 知らぬ筈, 私が, 立って, 纔に, 質屋の, 鳴るといふ

▼ 柏~ (24, 2.1%)

3 と鈴木 2 は吉田, や鈴木

1 [17件] から紹介, がはじめて, だけが昔, といふ亡友, と僕, と同級, に読ませ, に讀ませ, の方, の紹介, はその, はやはり, はゲーテ, は僕, は兵隊, は長谷川浩三, へ手紙

▼ 柏~ (23, 2.0%)

2 霰の, 霰ふる

1 [19件] して, もさう言って, 仮名文字を, 似た葉, 告げる為, 囲まれて, 川口, 手紙を, 柳, 河に, 生ませた女, 画を, 着て, 置去りを, 自分だけの, 語つた, 説明し, 配せむとしてゐる青年田中鏐造, 霰のは

▼ 柏~ (22, 1.9%)

2 採りに

1 [20件] して, とつて, 下宿まで, 伴つて石川に, 伴ひ, 墓上に, 悉く海, 押飛ばす, 探したが, 東京に, 植えました, 海に, 湘王と, 紀伊の, 訪ねて, 負うて, 轎の, 迎へに, 連れて, 過ぎくれば

▼ 柏~ (17, 1.5%)

2 松も, 楢の

1 [13件] もみじや, 何かの, 唐松などが, 小松以外は, 松の, 椹や, 楢などが, 榎桧などの, 樫や, 櫟や, 瓢箪の, 金履祥の, 高野槙に

▼ 柏~ (14, 1.2%)

2 言ふ

1 [12件] いひて, 云ひ, 偃松とが, 同庚, 名告つて, 呼ばれた当時姫鏡, 命ぜられた, 大辻が, 揃って, 私は, 称して, 西野治平高見沢遠

▼ 柏~ (10, 0.9%)

4 の返事 2 といふ釜師, のつくつた, は鉱気

▼ 柏~ (7, 0.6%)

1 が毎夜, の並木, の大木, の木影, の林, の枝幹莖葉, はすでに

▼ 柏~ (6, 0.5%)

1 に入らざる, に置き, の一人, の人, の塩田良三, の養玄

▼ 柏などの~ (4, 0.4%)

1 大木が, 落葉喬木類が, 見事な, 高山の

▼ 柏ばやし~ (4, 0.4%)

2 の方 1 の月あかり, をと

▼ 柏~ (4, 0.4%)

1 内藏允, 柚の木も, 直ぐ出, 直ぐ出来ます

▼ 柏~ (4, 0.4%)

1 の家, の描いた, を訪ね, を訪ねる

▼ 柏~ (4, 0.4%)

1 だけで, の枝折戸, は天井裏, へ入りました

▼ 柏木藤兵衞~ (4, 0.4%)

1 とあります, といふ有名, の跡, は早く

▼ 柏~ (4, 0.4%)

1 がここ, であつ, と名乗る, は幟

▼ 柏から~ (3, 0.3%)

1 あの日, 手紙が, 手賀沼附近を

▼ 柏~ (3, 0.3%)

1 作り其の, 寝る夜具, 見物

▼ 柏~ (3, 0.3%)

1 が用意, だ, の

▼ 柏~ (3, 0.3%)

1 のほこり, の塵積り心, は伊東

▼ 柏~ (3, 0.3%)

2 の言葉 1 の信条

▼ 柏さん~ (2, 0.2%)

1 が, という日本人

▼ 柏だの~ (2, 0.2%)

1 エルムなどが, 桜だの

▼ 柏でも~ (2, 0.2%)

2 可い

▼ 柏という~ (2, 0.2%)

1 かしわの, 友人が

▼ 柏との~ (2, 0.2%)

1 あいだから, 間に

▼ 柏ども~ (2, 0.2%)

2 がまじめ

▼ 柏などが~ (2, 0.2%)

1 つぎつぎと, 争って

▼ 柏~ (2, 0.2%)

1 マロニエへと, 首縊が

▼ 柏一成~ (2, 0.2%)

2 内藏允

▼ 柏二杯~ (2, 0.2%)

2 を平らげた

▼ 柏~ (2, 0.2%)

1 とゲエテ街, と僕

▼ 柏~ (2, 0.2%)

1 と交互, を伴

▼ 柏卜庵~ (2, 0.2%)

1 の二人, はすぐ

▼ 柏木立~ (2, 0.2%)

1 のうしろ, をたもと

▼ 柏~ (2, 0.2%)

1 もさ, も演

▼ 柏~ (2, 0.2%)

1 に托す, 来り小田中久二雄

▼ 柏軒等~ (2, 0.2%)

1 の吉原, は後説

▼ 柏~ (2, 0.2%)

1 から九里, で降りる

▼1* [150件]

だちの, 柏かの根方, 柏ちやんのやう, 柏ちりはてて時雨, 柏とかいう闊葉樹ばかり, 柏とかを兵道家の, 柏とで松邑へ, 柏とにかこまれて, 柏とも書く, 柏にも定めし冷, 柏によって形成られ, 柏やくぬぎや椎, 柏らしいものが, 柏一名玉遂また千年柏, 柏一歳であつ, 柏七つ柏軒と妻俊, 柏三つ女久利一つ柏軒と妻俊, 柏三十一子棠助七つ, 柏三十七子平安十三三郎二つ女長十八良十六, 柏三十三子棠助九つ, 柏三十九子徳十五, 柏三十五子徳十一, 柏三十八子徳十四, 柏三十六子平安十二女長十七良十五, 柏三十四子平安十紋次郎二つ女長十五良十三, 柏久利の二女, 柏二つ柏軒二十七妻俊も同じく, 柏二十一女長二つ全安, 柏二十七子棠助三つ, 柏二十三女長四つ良二つ全安, 柏二十九子棠助五つ, 柏二十二女長三つ良一つ全安, 柏二十五子棠助一つ, 柏二十八子棠助四つ, 柏二十六子棠助二つ, 柏二十四女長五つ良三つ全安, 柏二十女長一つ全安, 柏二子の名, 柏云々という言葉, 柏五つ柏軒と妻俊, 柏の曾能子刀自, 柏偽りて鈔, 柏八つ柏軒と妻俊, 柏六つ柏軒と妻俊, 柏冬青木犀などの老木, 柏利安の卜庵, 柏十一柏軒及妻俊三十六女洲五つ国二つ蘭軒の女長三十二, 柏十七全安, 柏十三柏軒と妻俊, 柏十九全安, 柏十二柏軒及妻俊三十七女洲六つ国三つ其他長は三十三, 柏十五柏軒並妻俊四十女洲九つ国六つ男鉄三郎一つ蘭軒の女長三十六, 柏十八柏軒並妻俊四十三妾春二十八鉄三郎四つ女洲十二国九つ安一つ, 柏十六孫女梅一つ柏軒並妻俊四十一女洲十国七つ柏軒の妾春二十六, 柏十四柏軒と妻俊, 柏十柏軒及妻俊三十五女洲四つ国一つ長三十一, 柏四つ同久利二つ, 柏四十子徳十六, 柏の麓, 柏大中村と庇, 柏大夫は欒, 柏如亭が名吟, 柏小関大学の二人, 柏屋金蔵揉手をし, 柏山脈に折れ, 柏島沖の島へも行き, 柏巻きが幾ツ, 柏影霜葉喃語を棄てず, 柏拉図を知った, 柏持病脳痛不出来之処, 柏文書などが其の, 柏断髪す, 柏の卓子, 柏村岡田浅原吉田下村などと一廉, 柏村岡田淺原吉田下村などと一廉, 柏の中, 柏枝ぶりの蜒つた松, 柏柊水松の古, 柏柏軒の妻俊, 柏梁台を建て, 柏椶櫚竹などが少し, 柏の, 柏槇箱根笹つくばひの, 柏槙欅椋檜楓伽羅山梨漆樫等の木立, 柏槙箱根笹つくばひの, 柏権十郎座がかかってたでしょう, 柏樹子と答えた, 柏樹居士と云, 柏次郎という人, 柏潤和川辺のしぬ, 柏澤梨ゑんじゆ, 柏犬榧などが多い, 柏益一人並無伯益柏翳分二人, 柏を帰し, 柏翁ぢやよ, 柏翳分二人之説, 柏舟節を守る, 柏葦湯に行, 柏蔵人熊坂大伍などの輩, 柏西野治平高見沢遠治三君, 柏というところ, 柏軒一人であ, 柏軒七歳長三歳, 柏軒三十七回忌に営まれた, 柏軒並妻俊四十一女洲十国七つ柏軒の妾春二十六, 柏軒並妻俊四十七妾春三十二男鉄三郎八つ女洲十六国十三安五つ, 柏軒並妻俊四十三妾春二十八鉄三郎四つ女洲十二国九つ安一つ, 柏軒並妻俊四十二女洲十一国八つ男鉄三郎二つ蘭軒の女長三十八, 柏軒並妻俊四十五妾春三十鉄三郎六つ洲十四国十一安三つ, 柏軒並妻俊四十六妾春三十一男鉄三郎七つ女洲十五国十二安四つ, 柏軒並妻俊四十四妾春二十九子鉄三郎五つ女洲十三国十安二つ, 柏軒並妻俊四十女洲九つ国六つ男鉄三郎一つ蘭軒の女長三十六, 柏軒二人の講余, 柏軒二十一歳長十七歳, 柏軒二十七妻俊も同じく, 柏軒二十三歳長十九歳, 柏軒二十二長十八, 柏軒二十五長二十一, 柏軒二十六長二十二, 柏軒五十一子鉄三郎十二女洲二十国十七安九つ, 柏軒五十三子鉄三郎十四平三郎二つ女国十九安十一琴八つ妾春三十八榛軒未亡人志保六十三であつ, 柏軒五十二子鉄三郎十三平三郎一つ女洲二十一国十八安十琴七つ妾春三十七榛軒未亡人志保六十二であつ, 柏軒五十子鉄三郎十一女洲十九国十六安八つ, 柏軒五歳長一歳, 柏軒十七長十三, 柏軒十九長十五, 柏軒十二長八つ, 柏軒十五歳長十一歳, 柏軒十八長十四, 柏軒十六長十二, 柏軒十四長十, 柏軒十歳長六歳, 柏軒四十九子鉄三郎十女洲十八国十五安七つ, 柏軒四十八子鉄三郎九つ女洲十七国十四安六つ, 柏軒四歳であつ, 柏軒所著の書, 柏軒門の松田道夫さん, 柏軒門人中或は孫, 柏軒門人中清川安策孫の事, 柏を進め, 柏野村武藤松村高辻等の諸君, 柏野水島などを過ぎ, 柏金履祥の如き, 柏閏八河辺の小竹, 柏に香, 柏隆白忠兵衛を送り, 柏雑木の枝, 柏といい, 柏飯田へ行, 柏香木を取り