青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「柄~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

枚~ ~果 果~ ~果して 果して~ 果たして~ 果て~ ~枝 枝~ ~柄
柄~
柏~ 某~ 染~ 染め~ 柔~ ~柱 柱~ ~柳 柳~ 柵~

「柄~」 4812, 52ppm, 2237位

▼ 柄~ (777, 16.1%)

36 槍を 7 方を 6 長い団扇 5 ように, 槍の 4 団扇を, 大小を, 方に, 着物を, 薙刀を, 長い鍬, 頭が

3 [12件] ついた鍬, ところに, やうに, ような, 上に, 先に, 大きい方, 大きさ, 手拭を, 烈風に, 着物に, 良くない

2 [56件] い, ことで, ついたブラシ, ついた雨, ところまで, ほうを, やうな, よいこと, よくない, テグスに, 中へ, 丹前を, 傾いた赤い, 先き, 先を, 内側に, 処々に, 十文字の, 大槍, 大身の, 太刀が, 太刀に, 女では, 好いの, 孔に, 尻の, 悪いの, 手拭が, 手拭など, 持ち方, 末端を, 材料費という, 槍であった, 槍と, 槍は, 槍先を, 殊勝な, 浴衣を, 火箸を, 無いところ, 端を, 網を, 良いの, 許す範囲, 選択こそ, 鎌で, 長いほう, 長いパラソル, 長い大きな, 長い提灯, 長い日傘, 長い煙管, 長さ, 頭を, 風に, 麈尾を

1 [542件 抜粋] あたりを, あった者, あらゆる習慣, あるこの, ある斧, いい男もの, いい綺麗, うつりの, うまさ, おそい月, お力添に, お召の, お巡りさんも, お腰の物, かげに, が出る, くつ, ことから, ことです, こととか, こととて, ことについて, ことばかり, さびれさ加減, しなうよう, すげ方, せいばかり, それに, それ以下の, ついたの, ついたよう, ついたガラス, ついたシャモジ, ついたナイフ, ついたパイプ型真鍮製, ついた二つ, ついた冷や, ついた品, ついた四枚刃, ついた団扇, ついた大きな, ついた小さい, ついた底, ついた庖丁, ついた枠, ついた柄杓, ついた椶櫚箒, ついた燭臺, ついた盆, ついた真ちゅう, ついた眼鏡, ついた眼鏡越し, ついた簑虫, ついた綺麗, ついた酒計器, ついた鏡, ついた非常, ついた馬乗提灯, ついた髪, ついた黒鳥毛, ついて, でく, ところを, どんより, ないカスタード用コップ一個, ない一挺, ない所, ない斧, ない錆小刀, なかから, なかごろに, ぬけた古, ひくいので, ひびきが, ひょろ長い雨傘一本, まちの, まわりへ, まんなかを, もとに, ものあづまコートと, ものだった, ものと, ものを, よろい貫し, わるいストリップ, わるい妙, わるい調子, わるさ, を締めた, サックコートに, スウエタアかなんぞ, ステツキを, テグスを, テグス三本その, テグス五寸くらい, テグス鈎は, デッケイこんもり, トンカツや, ナイフが, ナイフも, ハンカチーフを, パラソルとが, 一枚しか, 一端に, 一部が, 一部とも, 一部を, 三十八倍と, 上でも, 上の, 上潮が, 上潮に, 上端へ, 上等テグスを, 下を, 不景気で, 両手の, 両端に, 中に, 中程に, 五尺も, 人でした, 人では, 人気には, 付いた, 付いたぺーパーナイフ, 付いた八角形, 付いた小形, 付いた竹籠, 付いた縦, 付いた豪勢, 付いた銛, 付け根で, 使いごろの, 俄雨に, 俳優が, 値段を, 先だけ, 先で, 先は, 光らぬ単衣物, 光る夕ぐれ, 光景だった, 八五郎が, 八十七倍と, 内でも, 内部に, 凍氷降雪, 処から, 処に, 処の, 刀を, 割に, 勇氣が, 十文字であります, 半ばを, 厚いナイフ, 厳めしい, 友禅に, 双子の, 取れた肥柄杓, 名月で, 品評を, 問題だけ, 問題である, 坂本警護を, 垢染の, 塵程も, 変った手拭, 夏衣を, 夕暗に, 夕焼空向, 夕陽は, 大きいこと, 大きいぽー, 大きい力, 大きい婦人, 大きい少年, 大きい役者, 大きい恐怖心, 大きい正直者, 大きい男, 大きい眉, 大きい色, 大きい色白, 大きい豊滿, 大きい賢, 大きすぎる, 大きなナイフ, 大丸髷, 大小二枚重ねの, 大小銀鐺骨太だ, 大島が, 大金などは, 太い大きな, 太い嫩葉, 奥に, 奴を, 好い爪はずれ, 好みなども, 好天気, 如く飾られ数人, 子房が, 寒中にも, 寸法で, 小さいおし, 小さいひ弱さ, 小さいカナリヤ, 小さいニコニコ, 小さい可愛らしい少年, 小さい子役, 小さい小綺麗, 小さい役者, 小さい方, 小さく平素一見, 小さなもんぺ, 小さなナイフ, 小さな家鳩, 小さな石, 小刀を, 小提灯, 小脇差, 小蒲団, 小長い, 尖が, 尖に, 巌丈な, 底に, 底の, 座蒲団ね, 廃娼反対演説を, 形に, 形には, 後に, 微風に, 忙しさ, 快晴の, 恰好など, 悪いこと, 悪いこと随一, 悪いところ, 悪いやつ, 悪い兄弟子, 悪い大声, 悪い所, 愛嬌で, 所に, 所には, 所を, 扇を, 手ざわりにも, 手は, 手元四尺ばかりしか, 手拭賣り切れ, 手槍それを, 手槍で, 把握者を, 折れし柄杓, 折れた洋傘, 折れて, 折れるまで, 持ち主巽小, 指紋と, 掘出し物にでも, 握りかげんを, 撓ふ轎椅子, 故でも, 新しいの, 方が, 方で, 方でこ, 日傘わが, 日傘鉄砲箪笥長持その他の, 日曜日読了へ, 日曜日讀み, 旭の, 春であり, 春光を, 時雨に, 時雨空を, 曲ったところ, 曲った杓子, 曲直も, 月に, 月光に, 月夜亥刻, 月明には, 朧夜に, 木理を, 末端に, 末端には, 朽ちし昔, 朽ちるばかり, 村會議員半, 杓子棒を, 杖を, 柄杓で, 栄三郎の, 根元には, 根元まで, 極めて大きい, 槍, 槍が, 槍さきに, 槍で, 槍です, 槍では, 槍に, 槍をから, 槍尖, 槍朱い, 槍梅雪の, 槍組と, 槍組などが, 様に, 様子を, 正札を, 残って, 気勢いには, 水茶屋を, 永い細長い平たい匕, 洋傘と, 洋服と, 活気を, 浴衣がけで, 浴衣の, 浴衣は, 海岸から, 満潮に, 濃い戌, 灰色雲を, 烈しい吹雪, 烈風で, 無拘束, 物価騰貴の, 猿手に, 男が, 男で, 相談を, 眞田紐が, 眼の, 着きし儘, 着け方, 着つけうす, 着もの紬か, 着物は, 矢は, 短いむち, 短いわり, 短い突錐, 短い筆, 短い肥後鍬, 短い錆びた, 短かい, 短刀が, 短刀で, 研究も, 磯節聞か, 礼状を, 稍軽い, 穂先を, 穂尖, 端が, 端に, 端近くに, 箒で, 節の, 糠雨を, 納税告知書で, 素敵に, 素槍, 素袷素足に, 細かいよい品, 細かい所, 紺絣の, 織物に, 美しさ, 義に, 羽織で, 羽織を, 者を, 聳えて, 肩棒とは, 背広服気取った, 脇差着物までも, 脇差知らぬ, 脇差金象嵌角鍔の, 舶来洋傘, 良いので, 良いもの, 良い折目, 良否に, 色を, 茶色の, 草刈鎌で, 草刈鎌を, 菊の, 菱槍を, 蒔絵に, 蝙蝠傘を, 螺旋を, 血を, 表面美に, 袷羽織茶献上博多の, 裡より, 襦袢を, 西日が, 西日を, 見定めが, 見本を, 見立てなども, 親属関係, 話とか, 變つた手拭で, 象牙に, 車, 辺りにも, 近くには, 運動帽は, 過ちが, 選択は, 部には, 部分とが, 重みで, 野太刀を, 金の, 金具も, 銘仙に, 銘仙の, 銘仙を, 鋭利なる, 長い, 長いちっちゃな, 長いの, 長いよく, 長いブラシ, 長い作切鍬, 長い四つ歯, 長い団, 長い大, 長い大きい駕籠, 長い大小, 長い婦人用パイプ, 長い杓子, 長い桙, 長い槌, 長い槍, 長い添え, 長い玉, 長い白, 長い突錐, 長い竹, 長い純白, 長い紫, 長い薪割, 長い蛇の目, 長い道具, 長い鉄槌, 長い鍵, 長い馬鍬, 長き和蘭陀パイプ, 長さ七尺五寸二分, 長さ九尺余, 長刀杖に, 長槍, 間に, 間には, 闇に, 附いたステッキ, 附いたナイフ, 附いた器物, 附いた大形ナイフ, 附いた正方形, 附いた稻妻形, 隔たりも, 隔りも, 雁首が, 雑沓の, 雨で, 雨な, 雨は, 雨を, 雨降, 震動が, 霰が, 面白いよう, 面白い更紗, 鞭が, 音, 音でも, 頭の, 頭へ, 風半纏を, 風雪を, 飛白であった, 飾りものである, 飾り巻きともどもいかにも, 馬乗提灯を, 鮫が, 鮫に

▼ 柄~ (717, 14.9%)

29 握って 13 握りしめて 10 つかんで 9 杖に 7 たたいて, にぎって, 握りしめた 6 叩いて 5 忘れて, 持って, 握つて, 片手に, 返して 4 横に, 見て

3 [12件] して, つかんだ, にぎった, 上に, 両手に, 叩いた, 執つて, 左の, 握った, 片手で, 畳んで, 立てて

2 [42件] あて斜め, おさえて, くるりと, したよう, しっかり握っ, しつかり握つて, すげて, すげること, たたいた, つけたよう, はずして, もつこと, ピッタリと, ポンと, 下げて, 両手で, 中に, 二つの, 二人で, 伝わって, 取って, 取ると, 口に, 女の, 引いて, 引寄せ, 手に, 手元に, 手握りもち, 押し合, 持った手, 挟んで, 掴んで, 握ったの, 握らせて, 握りしめながら, 握りながら, 握り合つて, 握り直した, 添へて, 無視し, 考えて

1 [476件] あてて, いいだけ, いざと, いじって, いじってる手, いれると, うつ, おさえた異様, おさえ尺取り横町, おもちゃに, お糺し, お藤さん, かけた白鞘, かたくにぎりしめ, かつぎ回ったり, がちゃがちゃと, ぎゅっとつかみ締める, くわえた, こころもち斜めに, この二人, こんな風, ささえ, さしたらば, さしてアカ, さして憚ら, さしのべて, させたもの, しかとに, しかと握り, しごいて, した, しっかりと, しつかり握つたま, しなやかに, すげし白銀, すげたよう, すげたペン小刀みたい, すげた錫杖, すげ替えて, すげ道具調べ, すてて, その柱, そらして, た, たたいたとき, たたいた談論, たたき一眼, ただお離しなすっ, たてたよう, たてたん, たてた女流探偵, たてた艦, たてました, たてられて, たてるであろうところ, ちょいと, つかまえて, つかみしめた浪路, つかみしめて, つかみその, つかみ片手, つかんだまま, つき出して, つけたもの, つけたり, つけたる羽団扇, つけた阿片吸飮具, つけて, つけぬもの, つける, つけると, つけ加えるわけ, つけ半分以上, つたって, つつく手, とって, とりて, とるといふ, とる家筋, どこへ, なでた, にぎり威厳, のばして, はうが, はめたん, はめる, はめ返した, ひるがえして, ふたたびほじくり出し, ふるって, ぶったぎっても, ほめたあげく, まわしながら, みごとに, みずおちに, もう一度見せ, もぎ取ろうと, もちかえる気, もって, もつて, もて扱いながら, もて渠, やったの, やや前, ゆるくし, ゆるめたので, りゅうと右, わきま, わきまえない安い, わきまえぬ, わきまえるよう, ガチンガチン鳴らし, シッカリと, セリ出し, ソロリと, タッ, トントンと, バタバタと, ムズとばかり, 一つ一つ眺め, 一度握らせた, 丁と打ちました, 丁と打つ, 三五郎は, 上げたよ, 上下させ, 下へ, 両膝, 二様に, 人に, 付けたるもの用, 付け寄せ石細工を以て, 付た, 伝つて汗は, 伸した, 伸ばした, 伺ひましてと, 低目, 何とあげつらわれ, 何ものにも, 作し, 使う槍術, 使って, 修繕させる, 傍から, 先に, 全體, 具え鋸歯, 内輪に, 切ったよう, 切って, 切らせました, 切り折っ, 切り折られたら, 刺して, 削るの, 前半に, 力いっぱいぎゅっと握りしめた, 力一杯に, 力強く握りしめた, 力限り動かし, 加へて, 動かす度, 動かす応援, 千代子に, 卷いた實用一點張, 双手に, 取り上げて, 取上げた, 取外して, 取払いその, 受けた, 受けた服紗, 口にく, 叩き, 叩く, 叩くの, 右の, 右手で, 各, 合はせ, 同じう, 向うに, 向うへ, 向けて, 君江に, 吹くと, 咎めるよう, 品夫の, 唇の, 啣えて, 啣え得る, 嗅いで, 嗅がせると, 回転させる, 図案し, 固くし, 固く右, 固く握りしめ, 固着する, 執って, 執つて泥, 執りて, 執る老, 執れるかの, 基礎に, 堅く握つ, 変へ, 外しあと, 外して, 大地主, 天秤棒の, 失しがち, 失した笑い声, 奥様に, 妨げられて, 婉曲に, 察せざる, 小夜菊の, 小指だけ, 小脇に, 嵌込, 左手に, 差し込むところ, 巻いたきゃしゃ, 巻いた紐, 巻きその, 延した時, 廻すん, 廻わし一歩踏み出す, 弄くる, 引きながら, 引き上げて, 引き女, 引っかけて, 引つ懸けて, 引取った, 引掴ん, 強く引っ張った, 彫る, 彼の, 後から, 後方右手に, 後部に, 得つる時, 忘れ思わずすっくと, 思って, 思わぬ殺生好, 悪くし, 感謝す, 扇拍子で, 手で, 手巾で, 手渡しながら, 手袋の, 手許へ, 打ち鳴らすと, 打った, 打ったの, 打った拍子, 打って, 打つけ, 打つと, 打込むべく外, 打返して, 把った, 把って, 抑えた, 投げすてて, 投げつけた, 投り出した, 折れよと, 抜いた小, 抜いて, 抜けないよう, 択って, 択り分け, 抱きこみとっさ, 押えて, 押え宇治, 押え押え国道, 押さえて, 押して, 押へて, 押ッ放す, 括りつけて, 括り付け, 持ちあった, 持ち代えて, 持ち右, 持ち定め, 持ち添えて, 持ち直して, 持つた手許, 持つて, 持つ手, 按じて, 挫ぐるばかりに, 振り上げ, 振り上げて, 捕まえて, 捨てたの, 捻じ入れまた, 掌で, 推して, 掴みそれ, 掴み矛, 掴んだ, 掴んだまま, 揉んで, 握ったかと, 握ったのよ, 握ったまま, 握ったまま男, 握った上, 握った少年, 握った手の甲, 握った時, 握った片手, 握っては, 握つた手, 握つた筈, 握つて馬, 握らしたらそこ, 握り, 握りしめいつ, 握りしめたが, 握りしめる, 握りしめると, 握りしめ眼前, 握りつめ裏, 握りて, 握り力んで, 握り右足, 握り合いなど, 握り哀れ, 握り拇指, 握り給, 握り締めた, 握り締めた十余人, 握り締めて, 握り見現, 握り足, 握り鞴, 握ること, 握る源三郎, 握れる身, 撞着い, 擬して, 攫んで, 攫んでも, 支え片手, 放さずに, 放すと, 斬り折ると共に, 断ちきれず白い, 新しくなさらなけれ, 昔通りに, 書しもの, 有して, 有する四個, 机の, 杖づく, 東に, 板囲いに, 栓の, 植ゑて直に, 樹てた, 武士の, 歯で, 残した笹穂, 殘した, 洗って, 添える, 添へ, 滑らせると, 漏る雫, 烈しく打った, 燧杵に, 生活難に, 田舎くさい, 発見する, 白糸で, 皮肉ったよう, 目の, 着けた場合, 着て, 着るじゃあねえか, 短くシュトック, 砕くるばかりに, 砕くる許, 砕けるまでに, 破れよと, 碎けんばかりに, 示すと, 突き出して, 突っ立てその, 立てたかと, 立てたこと, 立てた事, 糺されたいもっと, 結び縁側, 絹糸で, 縛つた前垂を, 縛つた黒元結を, 縛つて, 縦に, 考えずそんな, 考えないところ, 考へたか, 考へ何れ, 考案する, 耳の, 肩に, 肩へ, 脱けたなら, 腮の, 腰に, 膝の, 臍に, 自由に, 苦しげに, 落した, 落したとい, 袖で, 褒められたが, 見せに, 見たてて, 見つけた, 見つけるの, 見ると, 見る事, 見る女, 見れば, 見立てて, 覚えて, 觀世縒で, 触りある, 設けて, 認めて, 調査した, 買って, 赤く塗つた花鋏, 超越した, 足懸り, 踞った膝, 蹴飛ばして, 轢き折って, 追ったため, 逆に, 逆手に, 造る, 選ぶ時, 選り分けた事, 選んで, 金棒の, 銀六親分なんかに, 鎌り, 附けたらうと, 附けた樣, 附けて, 離して, 離すと, 頬に, 頭上高く, 頸の, 顕して, 顧みざるお, 風呂敷で, 飛越えた, 高くついた, 鳴らし, 鳴らして, 黒と, 默つて舞臺にか, 鼻筋へ

▼ 柄~ (607, 12.6%)

99 手を 23 ないこと 7 手が 5 かかって, ない, ない事, 籐を 3 ないわ, 合ったもの, 合は, 鳴った

2 [27件] かけた手, からませた, からみついて, しては, ついて, つかまって, ないと, ないの, ないん, ない仕事, ない声, ない役, ない話, なくテレ, 似ず固い, 似氣, 何の, 合って, 合つた, 合つてゐる, 對し, 当って, 無い, 箝まる, 腰を, 触れて, 適った役割り

1 [392件] あうもの, あうん, あたかも鳥さし, あった, あったこと, あつめて, あてがいそれ, あとの, あふ女達, あらず書生, あり人, ある事, ある男, あわせて, いいたい意味, いたるまで, おさえられて, お身, かかった, かかったかと, かかったので, かかり両, かかる, かけた右手, かけながら, かける一瞬, かけ二三寸拔, かじりついて, かなって, からげ収縮, からすが, からまして, かるくあたる, くくりつけた無数, くっついた折れた骨片, ぐざと立つ, こうまで, この大, こめて, こめ彼ら, こんな器用, さわった, しがみついて, した極めて, しちゃ, して, しても, しぼって, しぼッた, すぐ手, すげたる大工, すばらしい夜光珠, そっとその, ちょっぴりと, つかまった, つかまつて, つかまり片手, つけて, つけられた華蓋, つながった消炭, ていねいに, とまり, とまる, とりつかせ, どこか, どんな指紋, ないぜ, ないところ, ないみたい, ないもの, ないもん, ないやう, ないわよ, ないジミ, ないジャンプ, ない他人, ない嫩, ない子供, ない学問, ない家康, ない幼稚, ない政治, ない教育, ない方面, ない松島見物, ない棧敷席, ない気, ない海老茶色, ない漢語, ない無理算段, ない狂歌, ない狭い単, ない男ぶり, ない相手, ない空疎, ない節廻し, ない自負, ない言草, ない説教, ない読本, ない軍事, ない遠慮ぶり, ない野心, ない隠し芸, ない風流心, なかった, なきお, なきこと, なき素振り, なくあやまっ, なくいくら, なくおとなしい, なくこの, なくしんみり, なくその, なくとりみだし, なくわたし, なくオトコギ, なくチャア公, なく信心気, なく優しい声, なく凄ん, なく出さなく, なく勇みたつ, なく同情, なく嘆息, なく大きな, なく左大臣, なく心臓, なく思い出, なく悄, なく愛嬌たっぷり, なく散歩, なく歌, なく武芸, なく沈黙, なく涙, なく白, なく立派, なく自分, なく詩, なく通めたい口, なく錆び, なく非常, なく風流, なじまぬ躾, なったり, なって, なる, ねっとりと, ねばりついて, のせて, のぼり竜, のみ見出さる, はしって, はしり銀, はまった乙, はまった達者さ, はまって, はまらない文句, はまるよ, ひっかけ逆さ, ひどく血, ふさは, ふさわしいの, ふさわしい人体, ふれさせて, ぶら下, ぶら下ると, まいられた, まきつけたの, またつかまっ, まよった手, みとれて, むこうずねを, むら雲の, よりかかった, よる, エッセンスを, キャベツの, シャツを, チョコナンと, ベッタリ黒い, マントの, メリンスの, 一応穴っ子, 一軒恰好な, 上って, 上りましたる社会党, 不似合, 不似合ひな品, 不安を, 不相応で, 丸の, 乗し懸って, 乗せ鐺, 乘つて出, 付会し, 付広, 似あわないと, 似ずお, 似ずおとなしい, 似ず好んで, 似ず顔, 似ない小さい優しい, 似ぬ地味, 似ぬ小さい, 似ぬ輕捷, 似ぬ非凡, 似合ない, 似合は, 似合はずまた, 似合はず四方に, 似合はず輕快に, 似合わずおだやか, 似合わず人柄, 似合わず心がけ, 似合わず打ち解けた男, 似合わない健脚, 似合わない小, 似合わない親切者, 似合わぬこと, 似合わぬ冗談, 似合わねえなんで, 似合わねえ奴, 似気, 何かの, 何者にか, 使はれ, 候えば, 候へども, 候へば, 偶然うらみの, 僕は, 光って, 八寸の, 再びこの, 凭りかかつて, 凭れながら, 凭れぽかんと, 凭れポカン, 刀には, 分かれさらに, 力を, 匕首の, 南蛮鉄の, 卷いた白旗, 又そこ, 取り縋るを, 叢雲の, 合います, 合うの, 合った世話, 合つた仕事を, 合ひさうだ, 合ひます, 合や, 合わないから, 合わないの, 合わないもの, 合わない居直り方, 合わない西洋人, 合わねえ九尺, 名を, 向けられた, 向って, 吸いつく, 吸ひつく, 味方の, 図らずも, 固定する, 固着する, 塗って, 夜光珠を, 大きな手, 太い根竹, 小さな赤い, 少し穢れめ, 少し籐, 屈めて, 左の, 左手を, 左様な, 巻いた奉書紙, 巻いた籐, 巻きよじれた独楽, 布ぎれがついていたのであった, 師匠の, 幾度も, 引っかかって, 引っ掛けて, 引掛け, 引掛けた, 当つて, 彫られた文字, 往った, 後藤の, 御幣を, 応じた答え, 扇子で, 手まで, 手も, 手をか, 打ったる三つ葉葵, 拭へども, 持ち添えて, 挟んだり, 掛かって, 掛りました, 掛ると, 掴まって, 於きまして, 於て, 期待する, 木脂を, 様々な, 横に, 橙色の, 残された指紋, 気を, 油虫が, 油障子を, 湿りを, 満を, 無いの, 無い侠気, 無い政事上, 無い聞書, 無い親切, 無き事, 犯人の, 珍しい扮装, 珍らしく, 環や, 留め, 痩せがれた手, 白布を, 直角に, 相応し, 眼が, 着いて, 私は, 竜の, 笹穂の, 糠の, 紙片が, 結びつけたること, 結んで, 絡んだ, 縄を, 縋つて飮ん, 縋りて, 縛り放しでも, 肱を, 育てたり, 至りまして, 草木の, 著いたごとし, 蝋鞘の, 血潮手に, 行って, 襟を, 見えるかと, 觸つて舌を, 赤い模樣, 赤い畫, 赤蜻蛉が, 躓きも, 轟の, 近く別の, 進み織締, 遠い星, 適合した, 銀鋲うてる, 銀鋲を, 鏤めたは, 長きもの, 陶醉し, 集まる血, 雨の, 青貝の, 青貝を, 順つてひとりの, 頓着なく, 頬を, 食いついて, 馴れない為, 騎馬では, 鰭を, 鳴った彼, 鳴って, 黄金を

▼ 柄~ (241, 5.0%)

5 小さいから 4 いいし, しらを, ついて, 出て 3 残って

2 [11件] いいので, しらで, しらに, しらの, とんで, やつと, 付いて, 小さくて, 時代に, 立派な, 落ちた

1 [195件] あった, あったらハリウド, あった竹, あっては, あらくなっ, ありそれ, あり一分, ある, あるたとえば, あるならちょい, いいから, いたす, いつの間にか緩ん, おちて, お先まっ, かちつと, かなりある, かわり過ぎた, この遠い, ささる溝, さっとわれ, しらが, しらさしいづる見れば, しらと, しらとともに, しらは, すえて, すこしもない, すっくと空, すでに土地柄, その切っさき, その蓋, ちがう, ちがうよ, ちがって, ちぎれると, ちっとも眼, ついてるので, つけて, ない, ないので, なくて, のぞかれた, ひとりで, ひどく長くて, ぶら下, へし折れて, やがてがた, やっと二寸, やはり床下, やみの, よう出来た, よくきこえる, よくて, よくない, よくなかつた, わるいから, わるい代り, わるくなった, ガタガタと, グタリと, シッカリ嵌っ, ニョキリと, ヌウツと, ハイカラ過ぎる, ハンズの, バターンと, ピッタリつい, ピョンと, 一尺二寸ぐらい, 三尺も, 三尺刀身が, 上下について, 下向きに, 不似合, 不粋か, 二十二の, 二本と, 亜熱帯的の, 他の, 付いた鋤, 仙八親方が, 伸縮自在折曲も, 何の, 光りお, 出来て, 向くまいと, 場所柄だけに, 場所柄ゆえ堅い, 変って, 夏むきな, 大きい, 大きいせゐ, 大きいん, 大きいン, 大きい割, 大きい癖, 大きくて, 大き過ぎた, 天道様の, 奥州安達ヶ原とは, 好い方, 好かった, 姉妹たちより, 宜いな, 小さいし, 小さい癖, 小さくなっ, 小さく感じられた, 少し地べた, 少し悪い, 少し意氣, 少し曲っ, 少し野暮, 左方の, 強く大きく人麿的声調, 心持濕つて居る, 必ずしも美しく, 怖いと, 急に, 悪いせい, 悪いと, 悪いという, 悪いなあ, 悪いん, 悪くて, 悪くなかった, 悪く下品, 悪く性質, 惡く, 手に, 折つ, 折れた娘, 折れて, 折れる, 折れ掛った儘放置, 折柄では, 握られて, 撓うほど, 曲って, 曲らないから, 朱羅宇の, 朽ちた話, 朽ち玉手箱, 桶の, 榻の, 殆ど直角, 気に入ったから, 気に入らないからと, 気に入らぬからと, 流行し, 流行する, 滑るの, 濡れて, 無い, 玄坊の, 町とは, 目印に, 相立たぬ, 真ん中から, 真名古の, 短くそして, 立派である, 粋だ, 細くて, 聞いて, 膝を, 自分自身の, 自然に, 良いから, 良うは, 草石蚕の, 菌蓋の, 落ちても, 蔦代の, 見えるやう, 解らぬ實, 賽銭箱について, 近因である, 違うよ, 違つては, 金作りなる, 鉄の, 鉤形に, 銀だ, 長くて, 長すぎ, 長すぎる, 長局である, 附けられた, 附着した, 隱れる, 風に, 高等に, 麗わしい

▼ 柄にも~ (217, 4.5%)

13 ないこと 5 なくこんな 3 ない事, なくお

2 [16件] ない, ないわ, ない抗議, ない気, ない高, なき議院政略, なくタガ, なくマダム, なく小判, なく旅愁, なく歌, なく脈, 似ぬ噛んで, 似合は, 似合はず何等, 無い事

1 [161件] あるまじき拐引同様, かかわらずかなり, これはと, ないお, ないお嬢さん, ないと, ないところ, ない不遜, ない乗り気, ない了簡, ない仕事, ない僞善的, ない優しいことば, ない冗談, ない収入, ない口, ない啓蒙的, ない喫茶店, ない大作, ない女, ない姓名, ない官職, ない張り, ない心掛け, ない感慨無量, ない慷慨, ない教部省, ない文学論, ない新, ない檢校, ない母, ない洒落た, ない物思い, ない眼つき, ない稚気, ない種類, ない突飛, ない美しい文字, ない老嬢, ない自費出版なぞ, ない艶, ない芝居, ない草鞋, ない華奢, ない親切, ない言葉, ない謹慎, ない警戒心, ない議論, ない負ン気, ない部屋, ない部署, ない重荷, ない野心, ない鉄火, ない非望, ない風流, ない風流気, ない飛び, ない飛び上がり方, ない高い値段, なかつたのに, なき威容, なくあの, なくえらく, なくおど, なくしおらしい同情, なくそんな, なくつい, なくとぐろ, なくはにかんだ, なくわざと, なくシューベルト, なくヨシミ, なく一杯, なく優しい苦労, なく分別臭い顏, なく哀訴, なく圧され, なく地獄, なく変, なく大きな, なく寂しくな, なく尋常, なく少々, なく岡本, なく左, なく御, なく恥ずかしがっ, なく悲鳴, なく意外, なく意気, なく憐愍, なく挑戦, なく文学青年的, なく日本, なく未明, なく案外, なく水, なく泡盛, なく現世, なく登り口, なく真剣, なく神妙, なく笛, なく経験, なく考えこん, なく膝小僧, なく興味, なく芸術家タイプ, なく若々しく歌, なく衣裳, なく言わざる, なく赤い顔, なく身体, なく遠慮, なく頬杖, なく顔中, にずこの, ねえこと, ねえ仲人口, ねえ信心, ねえ光る物, ねえ分別, ねえ寝言, ねえ渋い, ねえ纒まつ, ふさわしくない, ふさわしくなく思えた, ほのかな, よるが, 不似合, 人間は, 似ずに, 似ず氣, 似ず縦十吋幅八吋, 似ず老成, 似ず莞爾, 似ぬぞんざい, 似ぬなか, 似ぬ媚態, 似合はずしんとして, 似合わず台, 似合わないいや, 似合わないと, 似合わない大きい, 似合わぬ頭, 具足にも, 因るか, 年にも, 指紋は, 採集箱の, 有るまじき容易, 無いこと, 無いし, 無いやう, 無い恥かし, 無い異様, 無い親切, 特色が, 障るよう

▼ 柄~ (137, 2.8%)

2 あつた, せう, たたいたもの, ね, 力一杯馬, 毛皮の, 茎に

1 [123件] あつたら, あつて, いきなり向う脛, いつも中, おいでの, お綱, この, このくらい, この事件, こんな片田舍, こんな遣い物, ござりまする, すこしグラ, そうっと揉み消した, そこには, その肉質壁, その馬, それだけ独特, それは, たまには, てっぺんに, どうか又, なぐりつけた, なぐりつけると, なんとかし, ひとつ叩け, びしびし撲った, ふと立ちどまっ, ぽかッと, もう何もかも御, よかつた, わかるに, パチリと, ピシリッと, 一ころは, 一箇の, 万七が, 不良か, 乗馬の, 人を, 仔牛の, 何でも, 何もかも御存知, 何樣私娼では, 僕の, 光春の, 兎角左様いふ, 全部の, 割り竹を, 十字の, 口説くか, 叩いて, 叩くが, 向う脛を, 唐黍の, 堅い染め, 夜は, 夜目遠目が, 女の, 妙な, 安旗本, 寸法を, 少しく景気, 店, 弾くよう, 形ち, 彼が, 往古の, 慣れて, 打つたと, 払おうとして, 指し示された部屋, 推量出来ます, 掻寄せよう, 斯う, 早く知れました, 昂奮し, 有ったろうから, 朝湯も, 木口の, 柳の, 桑樹を, 殺すかよ, 毎日の, 深々と, 焚火を, 無いし, 無えん, 物を, 生り物全体の, 生活費の, 直覚的に, 相当に, 相手の, 真面目な, 竜之, 結構である, 老人の, 老僧, 肉の, 肩を, 能く, 良い道具, 芸妓衆や, 若い時, 茎を, 蔽われて, 藝妓衆や, 訛るの, 身を, 逢っても, 鍵を, 関取衆でも, 關取衆でも, 附近に, 随筆を, 障子を, 隱居は, 難かしく, 面会などは, 頭を, 頼母しいでしょう, 食卓を

▼ 柄~ (132, 2.7%)

6 小さいが 3 大きい方 2 大きいが, 大きくありません, 好んで, 小さくとも, 引き寄せられる然し

1 [113件] あんまり血, いいの, いたく曲っ, いって, くらげの, このごろ流行と, この青い, した女, すべて一本の, その半面, それから, それつきり, どう, なくとも, なし顔, はずされた, ぽっきりと, また後, もたせたいもの, ゆるくて, よし今, グレインの, 一体虚弱, 一塲の, 一寸も, 一尺八寸に, 七フィートある, 三尺八寸それで, 不思議な, 中位であった, 二十三年, 二尺五寸か, 二枚の, 似たもの, 何でおじゃる, 何んだ, 何処かで, 佳うございました, 力の, 半兵衛の, 単純な, 又別, 取り除いて, 器の, 場所柄なり, 多く焼杉を, 多吉の, 夜光珠に, 大きくご, 大きくツ, 大英国, 婆やには, 婢僕の, 子供の, 小さいけど, 小さい方, 小さな木製, 平竹, 彼女が, 彼女の, 彼等の, 後ではめ込んだ, 後に, 後請, 我国の, 折れたピカソ, 折れ打たれた賊, 拵へもの, 支那とち, 斯う, 曲ってるだろう, 期せずし, 木製の, 木質にて, 朽ちて, 杖に, 東京にゃ, 歌の, 水で, 河野が, 消えたが, 猫の, 真珠貝の, 真赤に, 短く一尺, 碎けトロイア軍, 立派だ, 竹であります, 竹を, 竹製その, 第一流, 紙に, 紫の, 細かい地味, 絣で, 緑色の, 至つて小さい, 舗石の, 芦みたいな, 茶糸巻で, 見られぬし, 調和を, 貴方も, 身を, 邪魔に, 金次郎様の, 鉛の, 銀あるいは, 長さ, 離しません, 雪に, 非常に, 鮫の

▼ 柄~ (107, 2.2%)

4 拳も 3 何も, 辨へ, 通れと 2 そっくりそのままと, とおれと, りの, 外に, 大きく色, 忘れて, 透れと

1 [80件] あったが, あつた, あのと, あろうに, いい, いいが, こまかく地味, ございましたさうで, すぐ液体, ない, ない匕首, ない小型, なき斧, なく口笛, なく娘, はっきりと, はばきも, ほつれた腰刀, もって, よい, よくなかつた, よく似, よし女優, わきまえずに, わきまえず大身旗本, わきまえず曲輪, わきめえ, わるくない, ソツが, 中形も, 主人の, 五ヶ所迄, 亦ある程度, 人の, 介わ, 六つ七つに, 刄も, 分かぬまでに, 判らないと, 十六七の, 半分ぐらいは, 原色的な, 右衛門の, 器量も, 埋まらんばかりに, 大きい娘, 大きく力, 大きく女形, 弁えず矢庭, 後期王朝末の, 徹れと, 忘れ処女, 思はれてを, 意の, 我身も, 折れよとばかりに, 朽ちて, 構はずクスリと, 構はず平次を, 構はず面白, 氣も, 疲れの, 目貫も, 相當, 砕けよ飛べよと, 結構らしい, 縞も, 考えずに, 考へずに, 自から, 落ちて, 調査しました, 通れとばかり, 違ふ, 錢形の, 長くて, 長くない, 顔も, 顧みず余りに公然, 鶴さんの

▼ 柄~ (98, 2.0%)

50 手を 2 かけて, 掛けて

1 [44件] おつぎ, かかった, かかり胆, かかッ, かけた, かけたまま, かけた右手, かけた手, かけながら, かすかに, しがみついた相手, そっとかけた, その手, のばさせた, もう手, ガツン, キリキリと, ヘバリ付い, リボンの, 両手が, 出しても, 右手を, 左の, 巻いて, 感じて, 手さえ, 手も, 捉まったり, 掛けた手, 時々手, 横た, 煙管を, 片手は, 片手を, 物々しく右手, 移しトランク, 結びつけて, 行ったと, 走りそう, 走ろうと, 返る, 革を, 飛ぶ, 飾り靴下

▼ 柄~ (73, 1.5%)

3 の貌 2 が言った, の姿, の心, の言葉, の顔, はまた, は尾田, は急, は立ち上がった, は静か

1 [50件] がいる, が呼ぶ, が尾田, が応える, が樹上, だ, とも思われない, と親しく, にとってはおそらくは, に復, に易々, に連れられ, のしっかり, の世界, の前, の声, の思想, の意, の方, の横, の眼, の美しい, の胴体, はあたり, はさっと, はしばらく, はにたりと, はにたりにたりと, はまだ, はもくもくと, はゆったり, はバット, は一つ, は生きる, は男, は笑う, は考え込んだ, は腹ばっ, は言い, は言った, は言葉, は身構え, は馴れきった, もいる, もバット, も黙っ, も黙った, を呼んだ, を思い, を見た

▼ 柄では~ (70, 1.5%)

12 ありません 11 ない 9 なかった 2 あるが, ないの, 無い

1 [32件] あったけれども, ありませんが, ありませんけれど, ありません浩一郎, ありやせんのさ, あるし, ございませんが, ないかも, ないし, ないね, ないよろしく, ない一体, ない一體, ない闇討, なかつた, なかつたが, なかつたやう, なくこの, なくヨシ子, なく云, なく平次, なし大方, 切れないぞと, 名妓の, 御座いますし, 無いの, 無いよう, 無かった, 無く女房, 素人とは, 聞かされても, 良医の

▼ 柄でも~ (60, 1.2%)

4 ない 3 ありません, ないこと 2 あったので, あるめ, ないし, ないだろう, ないと, ないわ, なかった, 勿論ない

1 [34件] あった, あったろう, ありました, ありませんから, ありまた, あり八五郎, あり數代, あり木口, あるから, あるし, あるの, あるので, あるまい, あるまいが, ないの, ないのに, ないよう, ないわよ, ないん, ない望み, ない癖, なくやはり, なく愛誦, なく持ち出し, なく甘ったれた, なしあつしにも, なし新撰組, また余, 両手を, 仕たよう, 分る犬神, 女の, 建てたよう, 無く印刷所

▼ 柄~ (51, 1.1%)

1 [51件] あきらめて, いいいかさま, いい年格好, いい色, いう, いはなければ, いひ容子, いやまて思は, さやを, すぐ考えられ, そうし, その強弱, それから幾分, つらなり鉄, なしひくひく, なりぬ, ほめたお召, むぞうさに, 事業方針との, 交叉し, 六毛柄とが, 刀身とを, 判ったとき, 取られ相, 同じやう, 存じて, 存じまして, 少しも, 尖とを, 年輩で, 幼少から, 幾つもの, 心の, 時節柄とを, 枉げて, 柄を, 染と共に, 模様と, 申しては, 相当する, 看護婦に, 知って, 絵画と, 致しまして, 見えますよ, 記憶力これは, 記憶力である, 謂はれる, 鍔とを, 鞘は, 髪の

▼ 柄~ (49, 1.0%)

2 といふ, と思つて, ね先生, よ

1 [41件] あれも, からここら, からこの, からそれ, からだ, からである, からなおさら, から丹右衞門, から何, から切つて, から助け, から山, から心機一転, から愛らしい, から揃っ, から閣翁, がとりわけ, が写真, が昨夜, が身體, けどなァ, けれど毛, ぞ, ぞ柄, つた, つたので, つて良く, ということ, と私, と称し, と言う, な, ねそれ, のに私, ものかわっ, わね之, わね髪, 一台位通るだろう, 何か, 写真は, 爾し

▼ 柄じゃ~ (47, 1.0%)

7 ない 4 ないけど 2 ありません, ないですよ, ないよ, アない

1 [28件] ありませんか, ありません真似, ございません, そんな貴女, でその, ないお, ないからな, ないさ, ないし, ないぞ, ないの, ないよう, ないわ, ないわい, ないん, ない洗って, なかったってね, ねえや, ねえん, まるでなくっ, むろんない, アありません, 名ある, 御座んせん, 無いよ, 無いん, 贅沢も, 迷込んで

▼ 柄~ (47, 1.0%)

2 の一人, の中, の頭, を離れ

1 [39件] が今, が凋落, が巣, が滅亡, でも向う, とか吉弥組, とか名, とやらの仲間, と幡随長兵衛, と町奴, なる組, にも殆ど過半数, のほろびる, の一党, の乱暴, の付合, の侍, の十数人, の友達, の喧嘩沙汰, の屋敷, の屋敷奉公, の成立ち, の旗本, の旗本衆, の滅亡, の瓦解, の申合せ, の神祇組の, の若い, の連中, の重立った, の青山播磨, は自然, もなかなか, ももう, や神祇組, を瓦解, を相手

▼ 柄から~ (40, 0.8%)

7 手を 2 いっても, 言つても, 離れた

1 [27件] いったって, いへば, お女中達, これは, クサリが, ボキリと, 九厘までの, 二寸の, 云つても, 來た, 右手は, 囚人の, 尖端まで, 市電の, 拔いたま, 指の, 放させようと, 放した, 放して, 放そうとは, 斜めに, 来るズルイ所, 止むを, 水火秘文状を, 見て, 辷りかけた, 髪形から

▼ 柄だけに~ (36, 0.7%)

1 [36件] あまり異様, この種, さすがに, すぐに, その後も, それほどに, どこからか, なって, わたくしは, 丸橋忠弥の, 凛として, 味が, 困るの, 多少の, 夥しい彌次馬, 大変な, 家は, 少し遲, 市ヶ谷監獄署面会人控所にて, 幾つかの, 店の, 彼の, 愛嬌ばなしを, 抜け目なく, 旨い事, 早く廣, 早起きを, 田舎者には, 竿と, 縞が, 肉の, 賑わって, 遊廓も, 部屋に, 門並みきれいに, 高輪の

▼ 柄には~ (32, 0.7%)

1 [32件] あまたの, ありませんがね, あるが, あわない, しつて, つつましく象牙, ないこと, ない役, はまりました, ふさわしかろう, まだ執着, まつて, ベツトリ血が, 丸に, 乾いた牛, 似合わない真実, 刀痕が, 女の, 小判型に, 嵌らなかったが, 幸い太い, 彫刻が, 指紋が, 特別に, 特別の, 緑色の, 見えません, 見れば, 違いない, 金を, 金剛石を, 頓着なく

▼ 柄~ (31, 0.6%)

17 やない 4 やなし 3 やありません, やねえ 1 やあ, やある, やどうせ, やねえか

▼ 柄~ (28, 0.6%)

2 色合は, 鞘に

1 [24件] おへん, ネクタイなぞ, 下駄を, 二手柄, 何かも, 取手も, 四肢の, 型を, 帶の, 幾万年経りましき, 幾萬年經りましき, 張扇で, 演技が, 留針の, 窓に, 舌の, 色あいの, 色合の, 草鞋脛当などは, 菌褶半, 連動機が, 鋭利な, 鞘は, 鞘を

▼ 柄である~ (27, 0.6%)

2 から溝口, ことを

1 [23件] かも知れない, からどこ, からなるべく, から二人, から井戸, から余計, から全市死相, から八橋, から南朝, から手紙, から支那, から新年, から枉げ, から私, がその, が多く, が然し, ことそれでいて, ぞという, といふこと, ところへ, ともいい得る, のでふと

▼ 柄~ (27, 0.6%)

2 に唾

1 [25件] などは朱, に吸い取られ, に赤銅, の中, の強い, の縺れ, の腐っ, はゆるく, は少し, は煮, は茶, は黒, へきり, へしめり, へフーッ, へ唇, へ精魂, へ食い込んだ, まで血, も性, も拳, をしめした, を売る, を巻上げます, を捻りぎみ

▼ 柄です~ (20, 0.4%)

4

1 [16件] か, からすぐ, から万更, から女, から容易, から討たれる, から馬, がそれ, が釘, けれども客, こと, し殊に, ぜ親分, な, ね, 既に悪い

▼ 柄とは~ (19, 0.4%)

4 いいながら 2 見られません, 言いながら

1 [11件] いえなぜ, いえ多く, いつても, 云へ, 全然合わない, 強かつた, 思はれないの, 思はれません, 申しながら, 言つても, 釣り合わないよ

▼ 柄~ (16, 0.3%)

2 に唾

1 [14件] から肩半分, から腰, にきびしい, に伝わった, の指, の神経, をかける, をねじっ, をグッ, を外し, を引き締めた, を抑え, を朱, を翳した

▼ 柄でない~ (15, 0.3%)

1 [15件] からはた, か考え, か考へ, ことは, ことを, しかし今や, ぞはははははなにじゃま, と, と言っ, なぞと牧田氏, のにと私, ような, ように, んです, 二等が

▼ 柄とを~ (13, 0.3%)

4 弁へ, 弁へる 1 お綱, わきまえて, 両手で, 弁へた, 縛り合わせるの

▼ 柄~ (12, 0.2%)

2 を二人 1 の塵, へ手, までべっとり, まで向う, まで通っ, まで駕籠, を一寸, を心もち, を握, 迄づぶりとつき

▼ 柄~ (11, 0.2%)

2 時には二十八, 柄でない 1 あは, え, それとも子供, どの家, デリック位な, 幾許尊き, 知らんが

▼ 柄この~ (10, 0.2%)

1 さき御, 不評の, 名記者, 夜だけは, 家の, 射撃事件が, 望楼の, 申出に, 薬草の, 被害地方からも

▼ 柄だけ~ (10, 0.2%)

3 あって 1 あつて, あつて写真師, あるもの, 出して, 出て, 水の上に, 誰を

▼ 柄まで~ (10, 0.2%)

1 ぐつと突込んだ, 叩き込むの, 同じな, 手に, 肉に, 胸に, 自分の, 血汐に, 駕籠へ, 黒布で

▼ 柄~ (9, 0.2%)

1 もてには, 仕事の, 代官には, 家柄総じて, 年寄のは, 得じゃ, 賤さんに, 辰の, 顧客には

▼ 柄こんな~ (9, 0.2%)

2 事が 1 ことは, 事にも, 事は, 古風な, 悪戯は, 男に, 違法の

▼ 柄をも~ (8, 0.2%)

1 わきまえず金助, 弁えずに, 憚から, 拭いて, 構いませず女心, 考えないよう, 考へないやう, 顧慮せず

▼ 柄~ (8, 0.2%)

1 のあんな, の入る, の方, の生まれ, はその, は吾妻渓谷, は家, をよく

▼ 柄~ (8, 0.2%)

3 をかけた 2 の掛った 1 といったよう, を丁と, を払いました

▼ 柄その~ (7, 0.1%)

1 晩は, 書くもの, 爲に, 竹材までが, 見るところ, 辺を, 通りに

▼ 柄とて~ (7, 0.1%)

1 それは, 伯爵は, 學者も, 春霞神風に, 棄置難し, 玄竹は, 直ちに承諾

▼ 柄こそ~ (6, 0.1%)

1 わびしき, 不意気, 大きいが, 大きいけれど, 大きくても, 小さいが

▼ 柄それ~ (6, 0.1%)

1 と知っ, は穏, は訊く, を眼下, を聞き流し, を鍔元

▼ 柄として~ (6, 0.1%)

1 おのずからそうなる, ご醉興, 一番適し, 水蒸気の, 沼にも, 金銭の

▼ 柄~ (6, 0.1%)

1 のでつい, ので一方, のを, んだろう, んで仕方, 女で

▼ 柄~ (6, 0.1%)

1 の不可解, の奇妙, の穴, を一寸, を中心, を揃え

▼ 柄そこ~ (5, 0.1%)

1 に居合せた, の大, へ来, へ東ローマ皇帝, へ訪れ

▼ 柄だった~ (5, 0.1%)

21 のでこれ, のでしょう, ので陣十郎

▼ 柄にて~ (5, 0.1%)

1 あたりの, 乱れかかる頬, 当然の, 探りながら, 赤銅拵えが

▼ 柄よく~ (5, 0.1%)

2 知って 1 売れると, 奈良へ, 旅行を

▼ 柄らしい~ (5, 0.1%)

1 いき, 威厳を, 調子で, 顔を, 馳走を

▼ 柄~ (5, 0.1%)

4 ひの 1 のお召衣

▼ 柄~ (5, 0.1%)

1 に僅か, に少し, に血, は膏, を紡い

▼ 柄そう~ (4, 0.1%)

1 いっては, かと思う, 受取れるが, 堅くも

▼ 柄そんな~ (4, 0.1%)

1 ことは, こと位を, 忠義三昧は, 記事を

▼ 柄~ (4, 0.1%)

2 もとな, 暴ぶる

▼ 柄だけの~ (4, 0.1%)

1 お茶を, 刀を, 商賣, 問題でなく

▼ 柄だけを~ (4, 0.1%)

1 ザブリと, 取付けた竹光, 握って, 洗って

▼ 柄といふ~ (4, 0.1%)

1 ことも, 問題である, 問題に, 意味から

▼ 柄とか~ (4, 0.1%)

1 仕立とかを, 着附とか, 腰の物の, 鈎の

▼ 柄ながら~ (4, 0.1%)

2 濃茶薄茶 1 今年は, 少しばかり

▼ 柄なれ~ (4, 0.1%)

1 ば三百反, ば国民, ば米人, ば面白き

▼ 柄にかけて~ (4, 0.1%)

1 下山した, 同じく空, 居合腰で, 綱で

▼ 柄もと~ (4, 0.1%)

1 ふかく人血, まで血, を握りしめ, を蹴上げられ

▼ 柄~ (4, 0.1%)

1 にお, にかかった, に足, へ皮

▼ 柄平次~ (4, 0.1%)

1 の顏, はあき, も滿更, や八五郎

▼ 柄模様~ (4, 0.1%)

1 ときたらよくも, は実に, を自分, を詳しく

▼ 柄相応~ (4, 0.1%)

1 だ, な藍微塵, に月夜, に観られ

▼ 柄~ (4, 0.1%)

2 のこなし 1 に寸鉄, の

▼ 柄うまく~ (3, 0.1%)

1 ツァンニー・ケンボ, 扱って, 話が

▼ 柄こういう~ (3, 0.1%)

1 ものには, 女を, 激情的な

▼ 柄こうした~ (3, 0.1%)

1 場合悪い, 差出人の, 被害者を

▼ 柄だろう~ (3, 0.1%)

1 か, て, 四枚格子の

▼ 柄であった~ (3, 0.1%)

1 かも知れません, からサイ, が此の前

▼ 柄でございます~ (3, 0.1%)

1 からそんな, から幸, のでどうぞ

▼ 柄でした~ (3, 0.1%)

21

▼ 柄という~ (3, 0.1%)

1 のは, ものだ, 感じである

▼ 柄どこ~ (3, 0.1%)

1 からか聴, ともなく, やら切り

▼ 柄ばかり~ (3, 0.1%)

1 大きくて, 庭の, 握って

▼ 柄より~ (3, 0.1%)

1 寸法の, 引起し, 見て

▼ 柄らしく~ (3, 0.1%)

1 も無く, 恐ろしく厳重, 恐ろしく嚴重

▼ 柄九尺~ (3, 0.1%)

3 の槍

▼ 柄他人~ (3, 0.1%)

1 の容易, の服装, の秘密

▼ 柄付鍋~ (3, 0.1%)

2 で火燗 1 を持っ

▼ 柄~ (3, 0.1%)

1 して, になろう, の小刀一本

▼ 柄~ (3, 0.1%)

1 大切に, 奉行様は, 尋に

▼ 柄木さん~ (3, 0.1%)

1 はもう, よ, よろしくお願い

▼ 柄~ (3, 0.1%)

1 かかったお店者, かかった此, 合わせた町奉行

▼ 柄~ (3, 0.1%)

1 を拝借, を持っ, を文七

▼ 柄~ (3, 0.1%)

1 の唐津藩, の後, の鑛毒被害地

▼ 柄殊に~ (3, 0.1%)

2 その記憶 1 先年月形城の

▼ 柄長く~ (3, 0.1%)

1 一文字に, 椎の, 造らせたる野太刀

▼ 柄あい~ (2, 0.0%)

1 が地味, なので

▼ 柄あたかも~ (2, 0.0%)

1 あなたから, 好し先生

▼ 柄あなた~ (2, 0.0%)

1 は行届いた, ももちろん

▼ 柄いき~ (2, 0.0%)

1 だけで, 以上に

▼ 柄いっ~ (2, 0.0%)

2 ておかなけれ

▼ 柄いつも~ (2, 0.0%)

1 剃り立て, 正午近くに

▼ 柄お客様~ (2, 0.0%)

2 はほとんど

▼ 柄かも~ (2, 0.0%)

1 わかりません, 知れないが

▼ 柄かよ~ (2, 0.0%)

1 お前は, 勇

▼ 柄ぐるみ~ (2, 0.0%)

1 ちょうと腕長, にむぐずり

▼ 柄ごく~ (2, 0.0%)

2 内密で

▼ 柄~ (2, 0.0%)

1 あれで, しか

▼ 柄さん~ (2, 0.0%)

1 は一向に, も感づいたらしく

▼ 柄じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ないから, ないのね

▼ 柄じゃねえ~ (2, 0.0%)

1 こうしよう, そんなこと

▼ 柄つき~ (2, 0.0%)

1 の片目金, の鈴

▼ 柄であっ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, てわれ

▼ 柄でなく~ (2, 0.0%)

1 とも都会, 現はれた

▼ 柄としては~ (2, 0.0%)

1 わりに品質, 少し取

▼ 柄としても~ (2, 0.0%)

1 そう云わなけれ, 神社の

▼ 柄とでも~ (2, 0.0%)

1 いうもの, 云いたいよう

▼ 柄なき~ (2, 0.0%)

1 ものあり, ものに

▼ 柄など~ (2, 0.0%)

1 とても不器用, 気に

▼ 柄などにも~ (2, 0.0%)

1 一々名, 不便である

▼ 柄に対して~ (2, 0.0%)

1 奴は, 相当なる

▼ 柄のみ~ (2, 0.0%)

1 です, なりしかど

▼ 柄また~ (2, 0.0%)

1 パチパチパパパパパと, 時としては

▼ 柄みたい~ (2, 0.0%)

1 な扉, な顔

▼ 柄らしくない~ (2, 0.0%)

1 にし, 艶や

▼ 柄をに~ (2, 0.0%)

1 ぎつてわたしを, ぎつて怒りました

▼ 柄を以て~ (2, 0.0%)

1 助勢に, 相尋ねる

▼ 柄一番先~ (2, 0.0%)

2 に路地

▼ 柄丁度~ (2, 0.0%)

1 この時刻, よいお

▼ 柄上方~ (2, 0.0%)

1 のお, の街

▼ 柄~ (2, 0.0%)

1 の善, 住めるとも

▼ 柄付眼鏡~ (2, 0.0%)

1 かなんかを両手, を当て

▼ 柄~ (2, 0.0%)

1 のビク, を出した

▼ 柄~ (2, 0.0%)

1 一しきり吹き出した, 将来の

▼ 柄~ (2, 0.0%)

1 が一杯, もかろく

▼ 柄合い~ (2, 0.0%)

1 から見, などからその

▼ 柄向う~ (2, 0.0%)

1 から来た, 座敷の

▼ 柄多く~ (2, 0.0%)

1 ありたり, の先

▼ 柄~ (2, 0.0%)

1 のお客樣方, のこと

▼ 柄~ (2, 0.0%)

1 に対していつも, の出入

▼ 柄少し~ (2, 0.0%)

1 ばかり不, ひど過ぎる

▼ 柄幸い~ (2, 0.0%)

1 にも東京府, にも貴下

▼ 柄幾度~ (2, 0.0%)

2 も見

▼ 柄廊下~ (2, 0.0%)

1 を小走り, を近く足音

▼ 柄~ (2, 0.0%)

1 る, るるばかり

▼ 柄~ (2, 0.0%)

1 印象を, 夜夫の

▼ 柄~ (2, 0.0%)

1 をコツ, を排し

▼ 柄日清~ (2, 0.0%)

1 の戦争画, の戰爭畫

▼ 柄木町~ (2, 0.0%)

1 の弥生, へ小料理見世

▼ 柄来た~ (2, 0.0%)

1 京極を, 大阪の

▼ 柄来訪~ (2, 0.0%)

1 して, の英百合子

▼ 柄模樣~ (2, 0.0%)

2 を集め

▼ 柄決して~ (2, 0.0%)

1 広くは, 酩酊が

▼ 柄沢山~ (2, 0.0%)

1 と大高, に相当

▼ 柄河豚料理一点張り~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ 柄涼み~ (2, 0.0%)

2 がてら

▼ 柄烈しく~ (2, 0.0%)

2 音を

▼ 柄無理~ (2, 0.0%)

2 な詮索

▼ 柄皆朱~ (2, 0.0%)

1 の手槍, の笹穗

▼ 柄相当~ (2, 0.0%)

1 だ, のなんぞ焼け

▼ 柄~ (2, 0.0%)

1 かの片手, に取っ

▼ 柄秀吉~ (2, 0.0%)

1 は征韓, は関東奥羽

▼ 柄~ (2, 0.0%)

1 に月, は雨雲

▼ 柄~ (2, 0.0%)

1 のそ, を通して射し込ん

▼ 柄~ (2, 0.0%)

1 一審で, 五

▼ 柄細身~ (2, 0.0%)

1 をずっしり, をにぎりしめました

▼ 柄~ (2, 0.0%)

1 にも庖丁, 打つて

▼ 柄自分~ (2, 0.0%)

1 でやって来ました, も画

▼ 柄行き~ (2, 0.0%)

1 でいつも, で男っ振り

▼ 柄~ (2, 0.0%)

1 のあんた, やらん訪

▼ 柄賑やか~ (2, 0.0%)

1 な夜店, な新宿

▼ 柄贅沢~ (2, 0.0%)

1 な羅物, はいわない

▼ 柄近く~ (2, 0.0%)

1 受けとめた武蔵太郎, 寄って

▼ 柄~ (2, 0.0%)

2

▼ 柄遥か~ (2, 0.0%)

1 の下界, 向うで

▼ 柄~ (2, 0.0%)

1 がつけ, に水

▼ 柄~ (2, 0.0%)

1 に出汁, の中

▼ 柄長き~ (2, 0.0%)

1 柄杓を, 薙刀の

▼ 柄附目金~ (2, 0.0%)

1 の柄, はニムフエ

▼ 柄香炉~ (2, 0.0%)

1 を持つ, 常花

▼1* [603件]

あまり派手に, 柄あまりにもよく, 柄ある長槍携, 柄あれども他, 柄いいかげんに調子, 柄いくぶんは実戦本位, 柄いくらかの余裕, 柄いつでもそば, 柄いよいよ御清健, 柄うんと諸方の, 柄おしよせるオロシャの, 柄おそくなる夜, 柄お気に召しませんでしょう, 柄かえってお堅い, 柄かけた白鞘の, 柄かなり突っこんだ所, 柄かの贋警視一行の, 柄かむろ蛇や, 柄からか雨戸などは, 柄がばたんば, 柄くれかけた街路へ, 柄ぐるみ日吉を岸, 柄これは根本的, 柄こんどの怪人集団事件, 柄ごと一尺近いの, 柄ごと唇へ当て, 柄さえ読める, 柄さきの銃声, 柄さすつかりくつ, 柄さも仰山らしく, 柄ざわりがぐんぐん胸, 柄て居る, 柄しまいまで見, 柄やないし, 柄じゃがあせんつまり, 柄じゃとて直き, 柄すべて猪牙が, 柄ぜひもありません, 柄とはいちめん, 柄そうしたことに対して, 柄あ言い条, 柄たしかな筋, 柄たるに過ぎず, 柄だけは恥かしくなから, 柄だけを以て立ち現われ, 柄だってそれじゃ, 柄だつたね, 柄だ喜んで下さい, 柄ちょうど店の, 柄ぢやあなし, 柄ついて畑, 柄つき眼鏡をさげ, 柄つき針の類ひも消毒液, 柄つけて青銅, 柄つてことを知らねえ, 柄であろうという川崎先生, 柄であんめえ, 柄でござれば夜分, 柄でござんすからその, 柄でしょうけどアイネス嬢, 柄でをしへて, 柄で御座います戻り駄賃に, 柄といふべきだつた, 柄とがある, 柄とで何となく物, 柄とともにポンと, 柄とによって動かす, 柄との観念と, 柄ともににせもの打ち, 柄とより成る物, 柄とりどりの流言伝はり, 柄とるますらを, 柄とんだお邪魔, 柄どうかと思われる, 柄どのようなお, 柄なかなか繁昌し, 柄ながらに投げ棄てつ, 柄などでしゃくい出しては, 柄などとまつたく関係, 柄などに就いて, 柄なども選んでは, 柄などを一と, 柄なら丁度これからの, 柄なり可恐, 柄なるをさり, 柄なんとか筋道を, 柄にあたる部分には, 柄にこそ手を, 柄について自分たちの, 柄についての短評などをも, 柄にとりお払い箱を, 柄にのみ限られてる今日, 柄にまで付いて, 柄にゃ向かない, 柄によつて他の, 柄によって奥向のと, 柄によっては必要以上に, 柄によるものさ, 柄に関してである, 柄のみに頼つて, 柄はかば糸にて, 柄はからず先生の, 柄はしたなく驚くよう, 柄ばかりが黒木で, 柄ばかりの長刀錣の, 柄ばかりを依然抜き身, 柄ばつかりで, 柄ひとつ国境に於ける, 柄ぴかぴかきらきらで廓, 柄ふだんは銭湯, 柄ふりしきる春雨に, 柄くろを, 柄へも手を, 柄ほども文句を, 柄づ相当な, 柄またもや一層の妖気魔気, 柄までも血塗れに, 柄までを極太柄と, 柄みじかにお, 柄むだにすてられよう, 柄もて汲めりて, 柄もりに袖, 柄やがて向うより, 柄やむをえず夕方水牛を, 柄ゆえ堅いほう, 柄ゆえそれが何より, 柄ゆえ事と次第, 柄ゆえ普通の村人, 柄ゆえ酒の肴, 柄ゆきが, 柄よりも姿が, 柄らしく掛けてある, 柄わが唯物論研究会の, 柄わざと舌ッたる, 柄わたしの部屋, 柄をよけながらいやお婆さん, 柄を通して日吉の, 柄アアアラ不思議やいぶかし, 柄アルコール漬になつ, 柄アンタの方, 柄エクセター教区監督を誹謗, 柄エリスの来, 柄オルガンの遠い, 柄カンドコロに時間, 柄ガラガラと表, 柄クロクロ島の沈没, 柄ズッと入る, 柄タキシー運転手姿の樫尾, 柄タンポ槍の敵, 柄ダンスの一くさり, 柄ツエツペリン伯号来る, 柄ツヽと小, 柄ナイフ時計台鏡の縁, 柄ニナクオ世辞ヲ云ウ, 柄悪イ温泉マークノヨウナ家カ, 柄ハッと心, 柄ハ一尺八寸ニ巻カセ二尺一寸ノ打, 柄ペツポのをぢ, 柄ホテルの玄関, 柄ポンポン言ふこ, 柄リーマン博士が初めて, 柄一丁目から歩道, 柄一人なりとも, 柄一先づ民間航空事業の貢献, 柄一日に数時間づゝ, 柄一緒に門, 柄丁度英軍の高射砲, 柄尖の, 柄三四寸で錘, 柄三尺八寸の寸法, 柄三岸のもの, 柄三番鶏の啼声, 柄上二乃至四, 柄上州名物の空っ風, 柄下りに抜刀, 柄不思議はない, 柄不意に天来, 柄不用心だと, 柄不都合であると, 柄世話やきに, 柄中学は卒業, 柄中途半端の来り, 柄丹田にあてた, 柄主君は御在, 柄事故町場近き, 柄乘らずに, 柄二三頭の毛むくじゃら, 柄二人は予ら, 柄二十六夜待というの, 柄二十日あまりの月光, 柄五月雨の水勢, 柄五葉の矢車草, 柄交際で花札, 柄人樣に怨まれ, 柄人波を分け, 柄人見知りなんかはし, 柄人間の鑑定, 柄人間的労働力を節約, 柄今度は川上, 柄に貸, 柄付眼鏡もろとも握りしめた, 柄伯耆守と共に子, 柄伸子にはひときわ, 柄何等の遺恨候, 柄依然日露戦争継続中の, 柄俄雨が一方, 柄修理不在で番所, 柄の手, 柄倉島君忽卒として暇, 柄健斎老を啓発, 柄傍らなる小門, 柄の下, 柄傭人達の食事時間, 柄僧侶の娘, 柄先三寸の洒落, 柄先斗町あたりの芸者, 柄先輩の人, 柄光栄ある石井長六閣下, 柄入りかかる夕日, 柄八月の末近く南国, 柄六十を越し, 柄六月中旬で標高三千尺, 柄其の猟師と, 柄て山陵, 柄兼而御聞に入, 柄内々の質入, 柄処断を明, 柄処用で外出, 柄出入るものに, 柄に微か, 柄判りまさあ, 柄利根川増水の噂, 柄則重の書状, 柄勃発した支那事変, 柄次に盗取られた, 柄医者の流行, 柄十人許りで刀脇差, 柄千兩の金子, 柄千六にはよく, 柄近くなっ, 柄半幅には, 柄南禅寺の山門, 柄南禪寺の山門, 柄をした, 柄卷き蝋塗鞘の, 柄去る九日の, 柄参詣の人, 柄口説かれることには, 柄叱らない訳にも, 柄各種の暴力団等, 柄地方の, 柄同じところを, 柄名人の使う, 柄ふ岸, 柄君自身が狙われ, 柄吾人戦勝国の国民, 柄呼鈴が激しく, 柄咄嗟に降っ, 柄品物はそろっ, 柄唐桟の半纏, 柄喧嘩を致す, 柄を書く, 柄四國鐵道土讃線の開通當時, 柄四尺という長柄, 柄四時頃の事, 柄四月は非常, 柄土砂降りに降り出した, 柄在所表へ相, 柄場内に哄, 柄塀外へ来た, 柄墓石の下, 柄売薬を業, 柄外國の文明品, 柄外宿同様お継立て, 柄多鶴子はあちこち, 柄は暗く, 柄夜中で人気, 柄夜道をあるく, 柄夜鷹も皆んな馴染, 柄大患後の衰弱, 柄大阪の病院, 柄天火を以て降らし, 柄天神は荏柄天神, 柄天神祠前を過, 柄太きを横, 柄奉行も濫, 柄奥平家の大奥, 柄の障子, 柄女一人を置い, 柄な事, 柄如才ないところ, 柄なこと, 柄妙齢美貌の婦人記者, 柄婚礼料理町内の運動会, 柄婦人に就い, 柄な顔, 柄を握, 柄季節にも当っ, 柄学部長の若林君, 柄安否を氣遣つて伊豆, 柄官憲にて支那人, 柄定められた掟でも, 柄もって, 柄実に寒い露営地, 柄客種が柄, 柄宣告を澄ました, 柄宵の口はかえって, 柄家中の若い, 柄寒き月明りに, 柄小さく痩せぎすである, 柄小生を訪問, 柄小紋など注文, 柄小紋凡てありますし, 柄小花を多数, 柄で受ける, 柄居士は, 柄屋敷の隅, 柄山脈が切れはじめ, 柄岸近く縄舟を漕ぎ, 柄の方, 柄川俣伊予之進はこの, 柄川向の磧, 柄巻きあらゆる部門, 柄巻きしても雀弓, 柄巻師から質, 柄巻職人など住ん, 柄巾着切の方, 柄帝國議會に建議案提出, 柄師団の方, 柄の色, 柄帰って来た, 柄常に尾行する, 柄平生からお, 柄幽霊の話, 柄も散らかっ, 柄座敷の方, 柄当時政府に左院, 柄当然な考え, 柄ばかりの鉄, 柄彫りは上り竜, 柄彫刻のこと, 柄役僧の延光, 柄從臣介之推, 柄御三家の奥女中, 柄御車の手形, 柄徳川政府の方針, 柄やすくし, 柄心がけがわるい, 柄心掛けが宜しく, 柄必ず肉体の, 柄必死と噛み殺し, 柄忍び歩きの名人, 柄思いのほか忍び, 柄思い切り汚造り, 柄怪しき病ひ, 柄かしいひどい, 柄悪いところへ, 柄悪くはない, 柄悪く荒っぽいので大人しい, 柄悪意を満載, 柄悪戦の最中, 柄意地になつて噛りつ, 柄意外の障害, 柄感覚でわかる, 柄懇意にし, 柄或いは御断り, 柄の声, 柄を早く, 柄手燭の取手, 柄手荒いことも, 柄払いして仁右衛門親仁, 柄押借りなどは一手, 柄持てる長劍利刄數, 柄指導的立場にあるべき, 柄控訴すると, 柄政治的原因で, 柄教室に並べ, 柄文献だけで調べ, 柄新興の茶道, 柄は傾き, 柄日本の軍艦, 柄日本はいふに及ばず, 柄日蓮や曾我兄弟, 柄昌造たちには現, 柄明治文化の総和, 柄易者とか占い者, 柄昔風の思い付, 柄十二日の, 柄是非先生の御, 柄やすみで, 柄時々外へも, 柄時分どきでござろう, 柄時鳥の鳴く, 柄暮れようとする, 柄の一尺, 柄月明によって歌舞, 柄有馬玄頭邸で能楽, 柄のすがすがし, 柄木さんあなたがはいる, 柄木曾河第一, 柄木町すじ連雀町から風呂屋町, 柄木自身が自分, 柄本国のイスパニア, 柄本家の被官天草平九郎, 柄朱鞘の大小, 柄の妻戸, 柄杓子などを選びたく思います, 柄来合せた高井覺太郎君の, 柄来合せつる壮士三名の, 柄の空, 柄の薬袋紙, 柄柿落葉の時節, 柄格別のおもてなし, 柄格子戸のベル, 柄案内知った長崎あたり, 柄桜時故ニ風景モ, 柄の実に, 柄梯子段を踏, 柄椽近く座を占め, 柄楼上より聴, 柄次に一厘柄から, 柄を考へつ, 柄正面から来た, 柄此方から正直, 柄此程の秋, 柄残暑どきで午後, 柄毎日のよう, 柄は夕飯中, 柄気性柄蝶子には出来なかった, 柄気海へ引き付け, 柄水野様より参れ, 柄汲み置きの水, 柄沸き起る絃歌の, 柄注意力観察力記憶力なぞが非常, 柄洋上には密雲, 柄洋服を着ない, 柄本繩, 柄浄蔵の父, 柄浅草的を何パーセント, 柄浅間颪が寒く, 柄渡来したる日本人, 柄へ, 柄珠艦出帆の, 柄満々たる風, 柄満月が空, 柄満開の桜, 柄がし, 柄漏りも懐しく, 柄漏れの滴, 柄漲る暴徒を, 柄に乗り, 柄烈しい物音が, 柄無きにあらず, 柄ういふ, 柄の輝国, 柄片破れ月が澄みきった, 柄犯罪者の気持, 柄などのもの, 柄御病氣, 柄猶予はできない, 柄玄関で訪う, 柄理由なく断わる, 柄産婆の宅, 柄田舎からの参宮者, 柄で葵, 柄番附は天子, 柄異国船の来, 柄痴情関係と睨んだ, 柄盂蘭盆のこと, 柄が利かない, 柄目貫まで丁寧, 柄目釘の三部, 柄直に其跡を, 柄相当参考になる, 柄相應の威嚴, 柄眠むたさまたは些細, 柄着流しの上, 柄知れぬは弗箱, 柄研究員として出入, 柄碇泊中のイギリス, 柄社長室には東宝重役, 柄私體の議論可, 柄の太陽, 柄秋風空中を掠め, 柄種々御心配, 柄突っかけが, 柄突如とし, 柄立てさせて上げ, 柄竹の台の方, 柄竿の長, 柄笑ひもならず苦り切り乍ら額, 柄笹穗皆朱の槍, 柄突くばかりの, 柄米友が居合せなかった, 柄糸めぬきは四代光乗, 柄糸拭上げまですっかり, 柄糸鞘の長, 柄紫派の波, 柄細雨が降っ, 柄組一統の者, 柄絶入るように, 柄縞柄は分らぬ, 柄美しくない女, 柄美貌が仇, 柄老生もこのごろ, 柄く種, 柄腹こなしに一席, 柄がしら, 柄自愛専一に祈, 柄自然そういう女の子, 柄至つて靜かなところ, 柄を横さ, 柄舞台の口上, 柄芋銭のやう, 柄であって, 柄英国がこれ, 柄荒増る風, 柄荷馬車馬でもゐる, 柄は根, 柄蝶子には出来なかった, 柄衆目がこの, 柄ではもう, 柄衣山にさらし首, 柄の戸, 柄表通りに浅田, 柄袋のか, 柄袋浅黄甲斐絹の手甲脚半, 柄に朽ち果てる, 柄が静か, 柄見物に来てた, 柄観察が細かい, 柄訪ねて来た, 柄訪れ来った杉山昌三九と, 柄警部は次, 柄買出しに来た, 柄贅澤な羅物, 柄赤銅のかぶせ, 柄走り寄った追手, 柄起った薄板工場の, 柄身軽に出かける, 柄身輕に出かける, 柄車止の提灯, 柄を鳴らし, 柄転じ風物改ま, 柄軽率な譏りを, 柄辛抱強く待った, 柄逃げ出す訳には, 柄途方も無く, 柄通りかかったあの, 柄通りかかった汽車に, 柄通りがかりの八五郎, 柄通読しても, 柄運動の目標, 柄運動不足で胃弱ぞろい, 柄ル二十一日石川宗十郎, 柄道具が多い, 柄遠くにあっ, 柄選みの相談役に李子, 柄邪推深いもの, 柄を出した, 柄重大な問題, 柄野暮くさいの, 柄銀次隼の吉三, 柄銭湯帰りの客, 柄鍔その他の部分, 柄長刀の一手, 柄長崎ぢゆうの誰よりも現, 柄長州藩士等追, 柄長柄短カノ, 柄の方, 柄開庁した函館, 柄間もなく新穀の, 柄閻魔参りなどに, 柄の鐘様, 柄附眼鏡を向け, 柄降り出した細かな, 柄までズブッ, 柄障子は開けっ放し, 柄隨分人樣に怨まれる, 柄難捨置依之已来御料私領村, 柄も止ん, 柄雲間を出でし, 柄電話で會見, 柄電車は台町, 柄が薄れ, 柄青幇に就い, 柄青空を衝い, 柄面部を包みし, 柄の黄金, 柄をさせ, 柄音動作一瞬に跳びかかっ, 柄音楽がやや, 柄を下げ, 柄を延し, 柄は追手, 柄風紀がみだれ, 柄飛ぶように, 柄食べようと思いつい, 柄養蚕上簇に際し百姓, 柄つ程, 柄餘儀なき場合, 柄鳴りして, 柄は大事