青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「枝~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

林~ 林檎~ 枚~ ~果 果~ ~果して 果して~ 果たして~ 果て~ ~枝
枝~
~柄 柄~ 柏~ 某~ 染~ 染め~ 柔~ ~柱 柱~ ~柳

「枝~」 9140, 99ppm, 1114位

▼ 枝~ (2031, 22.2%)

37 折って 28 持って 22 張って 21 垂れて 19 ひろげて 15 伸ばして 14 手に 12 伸して 11 離れて 10 のばして, 見て 9 かわして, 拡げて, 肩に 8 持つて 7 出して 6 さしのべて, もって, 交えて, 取って, 垂らして, 張つてゐる, 折りて 5 剪って, 地に, 張つてゐた, 折り取り, 拾って, 透いて, 透かして

4 [12件] おろして, かくと, かざして, とって, 伝って, 分ち葉, 切って, 四方に, 引寄せ, 杖に, 集めて, 鳴らして

3 [30件] かすめて, かついで, さ, さしか, はなれて, ゆすって, 交へ, 交へて, 伐って, 差し伸べて, 広げて, 手頃に, 打つて, 折ったよう, 折ったり, 折りながら, 折り取って, 折ろうと, 挿して, 掻き上げられた様, 揺って, 渡って, 空に, 空へ, 突き出して, 見ると, 踏んで, 透して, 鉈で, 鳴らす音

2 [135件] かざすも, かついだり, がちがち噛じりました, くぐって, けたてて, さし交, すっかり集めました, そよがして, たよりに, たれて, たわめて, たわわに, ちらと, つかんで, つたって, とり直して, ながめて, のせて, のばしたまま, のべて, はって, はらって, ひろげその, ひろげた楓, ひろげた槲, ひろげた櫻, ぶツ, へし折って, へし折つて, へし折つて來, むすんで, もつて, ゆすぶって, ゆすぶれば, ゆるがせて, わけて, ガサガサいわせ, ピクピクさせました, 一つ牡蠣船の, 一と, 一本折り, 交え葉, 交して, 交は, 交叉した, 伐りて, 伝わって, 伸した事, 伸した繁りの, 傳は, 出した, 分けて, 分って, 切り取って, 切る時, 利用する, 剪り, 剪る, 口に, 吹く風の音, 地上に, 地上へ, 垂し, 執って, 大事に, 奪おうと, 奪ったの, 少し折っ, 差して, 差しのべて, 延して, 延ばして, 引張った, 張ったよう, 張り出して, 張り渡し, 張り渡した, 張り野天風呂, 手洗鉢に, 投げて, 投げ入れた, 折った, 折ったの, 折つ, 折らせて, 折らせると, 折られたそれら, 折り林檎, 抱へ, 拡げた一本, 拾いに, 持ち出して, 持ったまま, 指した, 振り乱して, 採って, 探つて, 掴んで, 掻き上げられた樣, 掻き分けながら, 握つたま, 握つて, 握りその, 擴げた欅の, 曲げて, 杖つく, 横ざまに, 横に, 河童路地へ, 涼傘の, 添へ, 潜った, 片手に, 生じて, 眺めて, 組みて, 組んで, 結んで, 綴って, 要素として, 見あげました, 見つけて, 見つめた, 走らせて, 路の, 軽石の, 透きて, 連れて, 運んで, 離れた, 震わせて, 風に, 飛びめぐる, 鳴らせて, 鶴子は

1 [1305件 抜粋] あたま, いけて, いぢくつ, いっぱいひろげ, うちはっきり, うんとのばし, おおうて, おしまげて, おどかすつもり, おろされて, おろし陽, おろすの, お呼びなさい, お葉, かき分けかき分けぐんぐん, かき集めて, かざした儘片手, かざしながら, かつぎこんだり, かぶったり, かわしたまま, きったり, きりおとされないん, きりはらいおお, くぐつて, くぐり葉, くねらして, くべながら, くれるの, ぐっと曲げた, けって, こじて, ことさらに, この新しい, さげた女学生, さしかける, さしかわしながら, さしたり, さして置いた, さし交してる老木, さし交せて, さし出した一叢, さそって, さびしく, ざわだたせ, しげらして, した酔払, しなわせた橙, じっと見あげた, すて岩, ずっと先, そっと水, その児, そよがせ自分たち, たくさんに, たぐって, ただ三四本, ためた弓弦, たらして, たわめ庄次郎, ちょっと拾い上げ, ぢつと, つかみ僅か, つかみ綱, つかんだまま, つきもどすと, つき飛ばした, つけたり, つたつて, つたは, つらね蔭, できるだけ先, とりまとめたり, どっさり持っ, ながめながら, なして, にぎると, のせ緑, のばした椎, のばす努力, はさむ, はじめあらゆる, はつて, はなれぬ枯れた葉, はめた大きい, はりクロッケー, ばらばらと, ひき寄せて, ひっぱり出しては, ひらりひらりひらりと, ひろげた, ひろげた一叢, ひろげた大きな, ひろげた灌木, ひろげる, ひろつて, ふったらしかった, ふり動かして, ふるわせながら, ふんで, ぶらさげて, ぷいっとこどもになげつけました, へし折り棘, ぽきん, まじえて, まじゆる, また引きよせた, まっ直, むしって, もぎ取つて, もち枝, もてこれ, もて青年, もらって, ゆさ, ゆすつて毬, ゆすると, ゆるがして, わざわざ別所, ザザザザザ, ステッキ代りに, ネブタという, ピシツと, ブチ切っ, ポキポキ折っ, ユサユサ揺すっ, 一つチヨンと, 一同磨ぎ, 一掴み取つ, 一月遲れ, 一本かみ切っ, 一本切っ, 一本折つた上何處で, 一本描き, 丁度いい, 三房結わえ, 上げたり, 上へ, 下から, 下の, 下り茂りの, 並べて, 串に, 丹生川平へ, 二つの, 二本地面に, 交えた常磐木, 交えた老樹, 交し合つて, 交わしながら, 付けて, 伐そう, 伐らば, 伐られ左, 伐り下ろし樹心, 伐ろうと, 伐採する, 伝うと, 伝ったり, 伝ふてゐる, 伸した桜, 伸した水楢, 伸せる緑樹, 伸ばした古木, 伸ばしても, 低く差し延べた, 作らせて, 保護する, 側に, 傳ひかけた, 光子さんに, 入口に, 再びそっと手, 凝視めて, 出しその, 出したきり, 出した珊瑚, 出し梢, 分かちたくさん, 分かち繁く, 分けながら, 分ちこの, 分ち小枝, 切っても, 切つた, 切りそれ, 切り削り香り, 切り取った, 切り小さな, 切り落さなければ, 切ると, 切るよう, 刈って, 刈り取り刈り取り, 刈り込まれて, 刈り込んでも, 刺して, 剥いで, 剪んで, 劇しく鳴らし騒い, 力任せに, 動かす姿, 勘定し, 匍って, 半分折られた, 厚く下敷, 友さんお前が, 取りに, 叩いた, 叩き切り, 吹いたり, 吹かなかった, 吹き乱されて, 呼び出した, 唸らせ戸, 噛へながら, 土に, 地中の, 垂らしかんらん, 垂れたの, 垂れた数十株, 垂れ今やいきいき, 垂れ又は, 垂れ枝, 堆く積み重ねた, 壁外に, 夜に, 大輔に, 奪いその, 奪うこと, 女に, 好む, 実地に, 実隆に, 射切って, 小さく折っ, 少しく切り落とす, 少しばかり, 少し取った, 少し曲げ, 山から, 川の, 差し上げた, 差し出して, 常に別々, 幾本か, 床の, 延した庭構え, 延ばし梢, 延ばすも, 弄くった, 引き寄せ李, 引き撓めると, 引出物に, 張った, 張った一里塚, 張った下, 張った墓原, 張った木陰, 張った矮少, 張つた, 張つた向うに, 張つた椎の木の, 張つて小屋を, 張つて血よりも, 張りその, 張りつめて, 張りま, 張り合って, 張り生々, 張り葉, 微風が, 必ず餅, 悉途方も, 成した白珊瑚, 我が袖, 戦がして, 手で, 手懸りに, 手折ては, 手草として, 打ち振ってる子供, 打つ, 打つの, 払いのけた, 払い仏, 払った, 払ひ落した, 把って, 把出し, 投げたり, 折つた, 折つてもらつ, 折つて敵を, 折ぺっしょっても引寄せ, 折らせた, 折られその, 折られたか, 折りくべた, 折りとって, 折り取った, 折り取りました, 折り取ること, 折り敷いて, 折り添えて, 折り若芽, 折ること, 折るといふ, 折るならば, 折るほどの, 折れば, 択んで, 抱きかかえまた, 抱へて, 押しわけて, 押し分けると, 拂つ, 担いだまま体, 担ぎ込んで, 拔きとり, 拡げたたくさん, 拡げた大樹, 拡げた栂, 拾い取って, 拾つてステッキ代りに, 持たせ親指, 持ち二三歳, 持つたの, 指さすの, 指し交したり, 振う紅葉黄葉, 振りまわし月, 振り乱すの, 振り分けて, 挾み当て弱々しい, 挿し遊歩甲板, 挿すの, 捉えるまでに, 捉え進み移る状, 捻じ切って, 掠め大粒, 採りたるに, 採ること, 探り水, 掩うて, 掴み隻手, 掴んだ鶸, 描いたもの, 描くとしても, 插し, 握ったまま, 握り得るの, 揺するとき, 揺ぶりながら, 搓り, 携へて, 撒いたから, 撓むばかりに, 撓めたり, 撓める状態, 撓わして, 撓わめ, 擽つて, 攫おう, 放さなかった, 放ちかねつつ, 放心掻き弾い, 敲き折, 敷いた三, 敷くのみ, 断ち申したるあと, 明るい月, 曳き上げたいと, 杖とも, 杖の, 束ねた桑畑, 東の, 根もとの, 構えて, 橇の, 止める, 水ぎはへ, 水溜りに, 汚れた汗, 泣かせた西風, 洩れ新酒, 活ける私, 浪打ち, 添えて, 渡したもの, 渡しました, 渡りきって, 渡り歩いて, 渡る時, 滑り落ちた雪, 澤山に, 焔の, 無数に, 焦だたしいまでに, 熱い心, 燃やしおきて, 狙って, 生けて, 生じ得ず, 生み銀, 用ひ, 田宮は, 画く時, 発見する, 登るん, 白いものかげ, 盗んで, 直しなお, 真紅な, 眺め入りつつ, 矯められて, 移つた翔つた百舌が, 積みかさねふわり, 突っ張って, 立てて, 笏に, 籠目に, 細く空, 組み合わせたよう, 組んだ十文字, 結いつけがさがさ, 結えつけて, 結びて, 綰ねて, 綴つてゐる, 編んで, 縦横に, 美しいと, 翼と, 股の, 胸に, 自動車の, 自由に, 花を, 落日後の, 蔓らし, 蔓を, 被せて, 裂かれつつ, 裏の, 見あげた, 見この, 見た, 見つけそれ, 見ま, 見るの, 見上げた時, 見出すの, 見間違えたかと, 訪れて, 護りたる君, 貰つてくる, 貰つて来, 買いに, 買ふ, 越したか, 足場として, 踏みつけるよう, 踏み折って, 踏んだ音, 軽く誘っ, 送られた時, 透かしつ, 透しながら, 運び去ったあと, 遣つて, 選びます, 重くさし, 重ね葉, 鉢に, 鍋の, 開いた樹, 陸の, 雌雄二本下し, 離るる, 離れた朽葉, 離れた熟柿, 離れる, 離れる最後, 雪中に, 霧氷に, 鞭に, 頼りとして, 顳, 飛び廻つて, 飛上る, 飾った栗, 飾って, 騒がして, 高々と, 高く擴げたアカダモ, 鳴らさず湖面全体, 鳴らさぬ君, 鳴らし雪, 鳴らせる寒風

▼ 枝~ (1342, 14.7%)

20 とまって 18 止まって 11 手を 10 かかって 8 かけて, つけて 7 足を 6 ひっかかって, 止まりました, 花が 5 きて, しがみついて, つかまって, なって, ひつか, 互生し, 巣を, 雀が 4 あかりを, ついて, とまりました, 何か, 引っかかって, 来て, 結びつけて, 色鳥の, 首を

3 [18件] からんで, しが, それを, ゐて, 分れて, 吊して, 巻きつけて, 帯を, 懸けて, 掛けて, 枝を, 残って, 火が, 生つて, 腰を, 跨がって, 飛びつこうと, 飛んで

2 [89件] いっぱいひかるはなんぞ, かけられて, からまって, からまれて, きれいな, さげて, そを, たわわなる, ついた新芽, つかまつて, つかまりながら, つけた物, つもれるもを, つるして, とまりから, とまりその, のって, のぼって, ひっから, ぶらさげて, ぶら下, ほんのりと, またがって, みちわたる, フワリと, ブラ下が, 三疋の, 下りました, 乗って, 二輪ばかり, 作るとき, 偶然に, 別れて, 吊した, 咲いた花, 四五輪か, 在り, 塗りつけたやう, 妙な, 寥し, 小鳥が, 居たお父さん, 引っ掛って, 引掛け, 引掛つてゐた, 当たる風, 慰あり, 揺る声, 日が, 早や, 果あり, 枝が, 止って, 毛虫の, 渡して, 火を, 照り交, 玉を, 瓢箪寛政天保以後の, 留まれど, 白い一枚, 眼を, 着いて, 矮人の, 私は, 移って, 積もった雪, 置いて, 肱を, 腰かけて, 花あり, 花の, 芽ぐみて, 落ちて, 葉あり, 葉を, 返らず地, 這ひ, 遮ぎられて, 遮られて, 離れて, 静けさが, 頬を, 頭を, 風が, 風の, 飛びついて, 飛付くと, 鳥が

1 [934件 抜粋] あたりながら, あてつける多, ある, ある方, ある柿, あんなにきれい, いつしか青い, いますよ, いよいよからみつく, いるリス, うしろざまに, おさえつけられ両足, おちかかります, お歌でも, かかってる凧糸, かかり, かかりました, かかる, かかる髑髏一つ, かがやき, かけさせた, かけた, かけたこと, かけたり, かけた光景, かけた瓠, かけられた, かける, かじりついた蝉, かたどられ舞, かつ飛び, からすが, からだを, からまる風, からむ風, きれっぱし, くつ, こごれり, さかせてぞ, さきだしません, さけを, さした幾十, さし斬っては, さつきから, しかれたる紙, しっかりと, しつかりと, しばりつけて, し垂, すがって, すがりそして, すぎなかったの, すれすれに, せよ一尾, それが, た, たくさんな, たずねた, たづねたものであるが, だらりと, ちょこなんととまっ, ぢつと, ついた小粒, つかまった, つかまったり, つかまった女, つかまりぴょんと, つく, つく鴉食, つけたまま, つけた消息, つけられて, つけられました手紙, つっかかったり, つもりやがて, つるした, つるし上げた, です, とつて, とどめぬ玉蘭, とびうつりました, とまった, とまったま, とまってるでは, とまらせて, とまりたる頬白, とまります, とまると, とまれる鳥, とりすがって, とりすがりひよくりひよく, とりついて, なったの, なった実, なつた, ならさ, なるの, のしかかって, のびて, のりすれのりすれ梟, はちの巣を, ひた縋る燕, ひっかかったえたい, ひっかかったの, ひっかかってや, ひっかかるの, ひっかける, ひっついて, ひとりの, ぴったり寄り添う, ふりかかる, ふれて, ぶつかる, ぶらさ, ぶらさがったまま, ぶらさがつたり, ぶらさがる者, ぶらぶらさげ, ぶらりとさがっ, ぶら下げて, ぶら下る, ぶら下る心臟, まきつけぶらりと, またが, またぶらさげ, また花, まつわれば, まるで一軒家, みどりの, むすびたる莢皆, もうあき, もとめたこまかい, もはや田, もらはれて, やすを, ゆふ, よじ窓, よりて, わかれて, わたるごと, クツ付い, クマイチゴの, テープが, ブツリと, ブラ下がっ, ブラ下りました, ムネを, 一ぴきも, 一人の, 一匹の, 一尺からの, 一杯蕾が, 一輪二輪と, 上ってる狸, 上らんと, 下げられた繖, 下った, 下って, 下りて, 並んで, 中山こんに, 乏しい花, 乗った位置, 乗りうつり, 二つの, 二匹のは, 二羽の, 云いつかつ, 人が, 今とまり, 付けた, 付けた手紙, 付けて, 伝ってさえ, 似たり, 似合わないこと, 何千何万と, 作り物の, 俯居し, 倒に, 倚り掛り, 光の, 八尺の, 其の身体, 凍りついて, 凍り着いたよう, 出くわした時, 分れたよう, 到るまで, 力を, 動いた, 化生し, 半ば遮られた, 卵らみのる, 収めて, 取り付いて, 取ッ, 口づけを, 各二葉, 吊したおとり籠, 吊り上げその, 吊り下げた支那風, 同じく何千何万, 名殘, 向つて, 吹きつける, 咲いた一個, 咲いて, 咲かせて, 咲きたる花, 咲き時雨, 咲く, 咲く全部, 啼く鶉, 囀り廻って, 四肢を, 団栗の, 坐して, 堅に, 多く宮廷楽に, 大きな勾玉, 大な, 大慈の, 奇数羽状複葉を, 契るとも, 妾は, 実が, 宿り人, 寂しいほほ笑み, 寄りか, 寒くぶらんと, 対い, 対生し, 小さい金, 小さく結んだ, 小さな浴衣, 少したまっ, 居らぬ, 届く, 届くまで, 岐かれ, 巣あり, 巣くうという, 巣くって, 巻きつけた気持, 座って, 引かかった凧, 引かけて, 引き留められ其花, 引っかかる, 引っ掛かって, 引ッ掛った, 張られた蜘蛛, 張を, 当たって, 後半身を, 御文, 憤りつ此處閑窓, 懸かつて, 懸けること, 懸け谷川, 懸ると, 成るもの, 我を, 戟とる, 手毬が, 手繰りつく前, 打ちつけて, 托く, 托するはかない, 投げて, 折々小禽, 押しつけ片足, 括られて, 拮抗したる, 挨拶させられた, 挿して, 捉まっ, 捲きついて, 掛かりたるの, 掛けたか, 掛けに, 掛け左, 掛つたわけ, 掴って, 掴まって, 提灯が, 揺られて, 揺るる, 攀ぢ登り, 支柱を, 散りかかる桜, 数えられて, 数葩とは, 日は, 明るい色, 星の, 春待つ, 時々小鳥, 曝らし, 書いた物, 月が, 朝日が, 朱色の, 来る, 来合せて, 枝, 枝さき唐崎の, 枝の, 柔かくつもっ, 桜を, 梢さがり, 梳かれ丸い, 構まれた, 歌い花, 歌を, 止つた, 止つてゐた, 止まった小鳥, 止まっては, 止まること, 死骸を, 残されたすずめ, 残ったの, 残った郷里, 残りたる風, 残る, 殘ンの, 毛虫を, 氷雪が, 永久的の, 泊り啼きを, 浴衣を, 渡るらしい羽音, 溜つて居, 滴るよう, 漂って, 烏が, 烏瓜ッて, 焼けて, 熟するという, 猿が, 玩具の, 瓢を, 生って, 産み作ること, 画いて, 留って, 留まった梟, 留めて, 登って, 白い煙, 白つ, 白露が, 目くばせ, 目を, 相談を, 相隔り, 真直な, 着いた梅, 着けて, 石を, 石舟斎の, 示した, 秋たけ, 移ったの, 移つた, 移り啼きつつ, 移り往くこの, 移る小鳥, 積もっても, 答えたの, 籠が, 糸を, 紙張子の, 紫あさく, 紫色の, 細紐を, 結い付け, 結えなおして, 結びつけたので, 結び付くべき短冊, 結び附けたの, 結び附けて, 結ぶと, 絡まれて, 統ぶる, 綿の, 縊死を, 縋って, 縋りつきましたそれ, 縋りつも, 縋りながら, 縋れる殼, 繋ぐ習, 纒まっ, 置いたの, 群れ咲くの, 羽音を, 肘を, 背うちま, 胸の, 腰かけ二本, 自らの, 至り再び, 船具に, 色紅き, 花さけ, 花も, 茅葺の, 草鞋が, 萌やした, 蒿雀つどへり, 蓑虫が, 蔽はれ, 薄い日本紙, 薄緑, 藷蕷を, 蝉は, 蝕って, 衣の, 袂を, 袖を, 見えた, 見ゆわれの, 触ると, 触れること, 触れるの, 言わせて, 詫びた, 豚の, 貫いた小さい, 貫く珠香さ, 赤き花一つ, 走り昇り, 足元が, 身を, 輝く玉, 辮髪が, 近々と寄り添う, 近づいて, 返事を, 逃げのびると, 逃げる, 逆しまに, 透く, 這いのぼったへちま, 連らなる, 遊ぶの, 過ぎなかった, 過ぎなくて, 達するまで, 邪げられ, 配する, 針を, 釣るして, 鉤に, 錘を, 長さ, 開き且つ, 陽光を, 隠れて, 雀一列なら, 雄花が, 雄鶏の, 集まるごとき音, 雌の, 雪が, 雪を, 雫の, 青い皮, 青がかった, 青筋を, 靡いたその, 面白そう, 預けること, 預ったから, 顕はる, 風ならず, 飛びうつる時, 飛びつき塀, 飛び上がりました, 飛び上って, 飛び付かせるわけぢ, 飛び移つて餘念, 飛び移るとき, 飛上った, 馬を, 馳け, 髪の毛の, 魚の, 鳥を, 鳴って, 鳴りわたる風音, 鴉が, 鵯が, 鷦鷯が, 麦藁の, 黄色の, 黒いつ

▼ 枝~ (1265, 13.8%)

52 上に 30 間から 23 ように 20 間に 17 下に 14 上から 12 さきに, 下を, 間を 11 ような, 上で 9 先に, 影が 8 中に, 花を 7 上の, 先き 6 先から, 先が 5 かげに, 折れる音

4 [12件] さきを, ところに, なり, やうに, 一つが, 先へ, 切り口を, 声が, 影に, 手水鉢, 方へ, 方を

3 [12件] ために, やうな, 上には, 下から, 先には, 姿を, 幅が, 末葉は, 枝先の, 蔭で, 蔭に, 顔に

2 [79件] あいだから, あいだに, あいだを, あるところ, うえに, かげで, からだは, からだを, さきは, しなやかに, た, つまった葉柳, とこに, ところへ, ところまで, なかに, なかの, なかを, ぬめりに, ほそ枝立ち, アパアトから, 一つ一つには, 上まで, 上を, 下なる, 下には, 下の, 下へ, 両側に, 両股, 中を, 交叉は, 先端に, 口に, 各点, 如く音律, 室の, 尖から, 尖に, 尖へ, 巣ごもりに, 弟子に, 影を, 影濃く, 手を, 折れたの, 折れるの, 振の, 数が, 方が, 方で, 方に, 棘ひりひりと, 森わけ, 楚さ青に, 法師も, 痕跡が, 秀ごとの, 端に, 笛のみ, 節々に, 結晶は, 網目を, 繁みに, 股を, 花に, 花咲く, 茂みの, 草一把の, 落ちて, 葉かげに, 葉は, 蔭を, 鉤に, 間の, 間や, 霜に, 鞭を, 音が

1 [739件 抜粋] あいだにでも, あたりを, あの新鮮, あひ, あるもの, ある大きな, ある燭台, いかに悠大, うちに, うねりや, お産と, お神酒徳利で, かげから, かげでなく, かなたで, かはり, きりだしに, きれたところ, こまやかな, ごつある, さかり候を, さきから, さきで, さきには, さきの, さした冬, さして, さびしも, さびれしこの, ざわざわいふ, しげつた槻, しなだれかかったその, しなびたの, しなやかな, すいてる所, すべてを, すらすらと, ずっとさき, そこかしこ, その姿, その曲り, それも, たおたおするほど, たたずまい, たたずまいなど, ちぎれて, ついたそのおかしな, ついたもの, つき工合, つやが, とげとげしい木瓜, ところで, とむら, ないもの, ない時, ない竹, なかで, なやましさ, なんとせかせか蝉, なんと一, のびやかに, はずれから, はびこつた松, は打ち落し, ふしぶし, ほそい孔, ほめて, ぽきぽき折れる, まばらな, まま, ままその, ままの, まま欄杆伝ひ, まま落ち, まま風に, まわりに, むかし話を, もぎ取られた跡, もとには, もみぢに, やうな反り返, やすけさは, やつ宿の, ゆれ揺れて, よいの, ようだ, ようで, よく繁った, わかれまだ, アパアトへ, シューベルトを, シンを, ステッキを, トマトが, 一つは, 一つへ, 一つ一つに, 一つ一つの, 一座で, 一本や, 一番先へ, 一葉を, 一部に, 一部を, 三つ叉に, 三人がは, 上が, 上くさ, 上でも, 上なる, 上にも, 上へ, 上や, 上漣かがやき, 下で, 下にでも, 下は, 下側に, 下半身, 下駄を, 不安は, 両端の, 両端を, 中では, 中には, 中ほどに, 中二本か, 中程に, 乱れて, 二本行きちが, 二本行きちがいそれから, 五尺ばかり, 五百枝ひろご, 交叉の, 交錯から, 人形は, 人情話で, 人情話の, 付いた結晶, 仙女は, 仮面までを, 伸びた幾つ, 伸びない芽吹きの, 伸び方にも, 位置に, 何番目かの, 侍女達は, 依るべきなし, 傍に, 僕の, 先々に, 先々にまで, 先で, 先な, 先の, 先は, 先ん, 先ッ, 先端にまで, 先端の, 先端も, 入って, 全身を, 具合を, 具合花の, 冠の, 冴え返った顔, 処置に, 出たもの, 出て, 出る時, 分れ目に, 分岐点に, 分枝点, 切って, 切り口と, 切り口に, 切れッぱしで突ッつき出した, 切端は, 削ったの, 前に, 動いて, 勢いよく伸び, 匂へる, 半上, 印が, 参差へ, 叉に, 口元を, 口吻には, 向うへ, 向き向きに, 呪文についての, 呪文を, 囁く揺ぎ, 四つ目に, 垂れがてに, 垂れたる, 垂れた糸桜, 垂下っ, 垣に, 城に, 声にも, 声も, 変に, 変形した, 夕ざくら, 外形は, 多い円い形, 多きその, 多くつい, 大いに茂るごとく, 大樹が, 夫の, 奏びにしてもその, 奥は, 如く, 如く分れて, 姉で, 姿の, 姿は, 嫁入り先金助町の, 嫩葉に, 完全な, 実に適切, 室にも, 家で, 家族は, 寝息を, 対称性という, 小さい手, 小さい頃, 小舎を, 小鼻は, 尖つた雑木林, 尖端に, 居るを, 屈折の, 岐れ, 左右に, 差しぶりを, 巻枇杷殿大, 幹と, 幹に, 広くひろがっ, 底に, 延びた槇, 延びた満天星, 弟子であった, 強い力, 強くはねかえる, 形, 形の, 形鴨足の, 影と, 影の, 影映れる, 微妙な, 微細な, 応対は, 思ったとおり, 悉くは, 悲しげ, 感じと, 感じは, 懸って, 成長は, 扉を, 手で, 手向もうけず, 手塩に, 承諾を, 折れたもの, 折れて, 折れやせんと, 折れるにつれて, 折れる荒々しい, 折れる響き, 抱いて, 拡がりは, 指す方, 揺り揺りも, 揺れひた縋り, 揺れるの, 搖れるやう, 撓った糸咲, 撓みの, 撓むほど, 撓む音, 擦れ合う音, 数で, 新鮮な, 日曜日, 時の, 景色は, 曲がりくねった闊葉樹, 曲りぐあいや根の, 木に, 木舞い, 末端の, 朽たるを, 朽ちること, 杖などを, 束が, 束などに, 東方に, 林檎を, 果物と, 枝ごとに, 枯れたの, 枯れたやう, 柄を, 柔かな, 柴を, 柿が, 根元に, 根元七寸程の, 桃が, 桃の, 桑畠には, 梅が, 梅の, 梅花の, 梅花は, 梢毎に, 楕円形な, 様子を, 横断面で, 樹膚を, 歌の, 武骨なる, 死するもの等, 残りや, 残りを, 母の, 気づかいが, 流れこば, 海を, 源太なら, 濃いの, 煙り渡って, 燃えさしが, 燭台と, 父親も, 片づけを, 獨活の, 玉串を, 環飾, 生えかた, 生れつきは, 生涯にも, 疑惑を, 病気を, 白張の, 白金光の, 皮を, 皮膚に, 目が, 眼が, 眼にと, 眼にも, 着物の, 瞬きが, 短縮せる, 神社であります, 禿びた接骨気, 秀に, 秋色を, 突端に, 立って, 立場を, 端々までが, 端から, 端っこの, 端などで, 端の, 端まで, 筆もて, 筏, 管から, 節へ, 簀子と, 紅葉ももう, 紅葉を, 細い棗, 細く垂, 結び文, 絶所で, 網の, 網目が, 網目の, 緊密な, 緋鹿子を, 緑の, 線夜の, 繁った松, 繁った溝, 繁みが, 繁みを, 繁味を, 繊細さ, 美しさ, 群叢から, 股より, 肩を, 胸に, 胸の, 膝に, 自分という, 芍薬こそ, 花, 花が, 花には, 花や, 花咲いた, 花弁は, 花簪の, 芽ぶかうとして, 芽を, 苔に, 茂った楡, 茂った榎, 茂み葉の, 草樹に, 莟の, 菊花が, 葉が, 葉でも, 葉擦れの, 葉間に, 蔭にな, 蔭ばかりを, 蔭や, 蝋梅が, 蝋燭に, 衣裳を, 表面に, 袷いちまい, 裂けた岳樺, 裂ける響, 裂ける響き, 見て, 視線を, 言葉が, 言葉に, 話に, 調和が, 貫通した, 赤い鳥, 赤ん坊は, 足を, 踊って, 身まかりければ, 身投げと, 軸が, 辞職が, 込んだ庭, 込んだ木, 遺骨を, 配布や, 重なったここ, 重なり合った上, 重なる筆, 野の, 鈴蘭の, 鉤で, 長い荻, 間かがやかし, 間からは, 間で, 間は, 間より, 間兵部の, 関係それから, 陰に, 陰の, 隙間に, 雀とも, 集合即ち, 雫も, 電話が, 露に, 青み, 非対称その, 非対称的発達, 面白さ, 鞭で, 音, 音は, 額に, 顔へ, 風に, 風流から, 騒ぐ音, 骨組の, 高い上, 高さ, 髪紐を, 鳥の, 鷦鷯とらむと

▼ 枝~ (805, 8.8%)

17 出て 9 折れて 7 横に 5 邪魔に, 風に 4 さし出, 垂れて, 微風に, 手を, 揺れて, 見えて

3 [17件] あった, あって, ある, くれに, さいて, それを, ついたり, 伸び出た, 出来る, 寒そう, 彼の, 私の, 芽を, 落ちて, 顔を, 風の, 高くて

2 [45件] かけて, かすかに, こんもりと, さしかけて, さして, さしてある, ざわざわと, ついて, でっぷりと, ひろがって, ゆれて, ゆれと, ゆれる, ザワ, 一本折れ, 下の, 交互に, 伸びて, 伸び出して, 出始めるの, 分れて, 別れて, 動いて, 君普通の, 咲いて, 四五本出, 地に, 幹に, 弓なりに, 彼女の, 後ろから, 成長し, 折れた, 撓んで, 散乱し, 枯れて, 樹氷に, 水に, 水の, 沢山出, 烈しくざわざわ, 空間的に, 花の, 覗いて, 透かして

1 [597件 抜粋] ああ重なる, あたま, あつた, ありますが, ありません, あり二階, あり根元, あり花, あるばかり, あるよう, ある種, ある角度, いい出した, いくつ出る, いっても, いっぱいに, いっぱい咲い, いっぱい花, いつしかみのむし, いつも港, いまにも, いろいろと, うすうす光っ, うず高く, おっ覆さる, おつ覆, おとすの, おどりの, おれたらどう, おん輿の, お互同志, かえり咲き, かかえて, かかって, かなり太かっ, かぶさつて眞黄, かぶさり小里万造氏, かぶせたや, かんじんの, きょとんと, ぎっしりと, くすぶりながら, くっきり青空, くれ, こうご, ことごとく美しい, この常緑, こまかく, こんなにも多, さしたやう, さしてあります, さして枝毎, さして終, さして茂ってた, さし出して, さし招く, さし葉が, さっき見た, さながら日除け, さわるの, ざら, しきりに騒い, しなつて地びたについてしまふ, しなやかな, すかりと, すきで, ずっと横, そうぞうしい音, そう云っ, そう言った, その岩, その彩色, その後で, それでは一円, それに, ただ皮だけで, たよた, ちょうど今村, ちょうど鉄網, ちょっと書い, つい, つったって, つぶやくよう, つや, できて, でて, どう抵抗, ながいねばねば, なくな, なでて, ななめに, にゅっと頭, ぬれ幹, はじめて地, はね返つて, はみ出た分, はりだして, ばさばさと, ひっ裂かれては, ひとに, ひまゆ落合, ふさいで, ふたりの, ふわふわ風, ぷーっと, へし折れそう, ほしいな, ほとんど軒, ほめて, ぽつ, まだ短い, まるで手, まるで見えない, みんな折れ, みんな窮屈そうな, むっくり頭, もう真赤, もとに, やっとどうにか歩ける, やはり長々と, ゆさゆさと, ゆすれました, ゆらいで, ゆらゆら揺れ, ゆれると, ゆれるに, わざと道, わたしの, わった如く, カギに, スイ, ニューッと, バサッと, ピーンと, ポキンと, ランプの, 一つづゝぴらり, 一つ一つ黄金白銀の, 一つ水について, 一ともと, 一ぺんに, 一ペんに, 一方に, 一方の, 一方庭, 一本ついてる, 一本も, 一本落ちてる, 一歩つい, 一組と, 一緒に, 一輪ざし, 丁度好い, 上から, 上空に, 下にを, 下るほど, 下を, 中堅格, 中心から, 丸るい影を, 久慈の, 乾枯びて焚き付け, 二つに, 二三本あしらっ, 二三本斜めに, 二三本落ち, 二三枚の, 二年目に, 二本か, 云った, 五六本空に, 五間十間と, 交じって, 交じり合って, 交叉し, 享楽的で, 人情噺, 今度来, 他の, 付いたもの, 付くそしてまた, 伯母であっ, 伸び出し松林, 伸び初めると, 低いので, 低くわかれ, 低く垂下, 低れ下り, 何本も, 余りに高かっ, 便所に, 傘の, 傘を, 像を, 優寂な, 入りくんで, 入江の, 全部同じ, 六十度で, 処女の, 出ずに, 出た, 出たもの, 出るとか, 出るの, 出るよう, 出る事, 出來, 出葉, 分かれて, 分かれるよう, 切れて, 刎ねか, 剪られた, 動き枝端に, 動く, 動くと, 動くの, 勤労奉仕の, 半分は, 半分往来へ, 参差として, 友染模様の, 取りかえして, 古くし, 古びた柱時計, 叫び出した, 名刺を, 吹き折られたこと, 呼びとめた, 和一郎を, 唐崎の, 四十折櫃に, 四方へ, 固着し, 土手の, 土蔵の, 地へ, 地上に, 垂れ下, 垂れ下ってるの, 垂穗を, 垣根を, 堂の, 墓前の, 墓石の, 多いから, 多くて, 多く出る, 大きい火燵, 大きい聲, 大屋根, 大方枯れ, 天を, 夫, 女中奉公し, 女生徒, 好きに, 如何にも世界, 嫁という, 宙に, 宝竜の, 実になりかけた, 寂しそう, 密生し, 小走りに, 少し高, 居室に, 屋根代用と, 岸本の, 川の, 左右から, 差出たあたり, 己れ, 幹の, 幾重幾里に, 庇へ, 底意なり, 延びて, 建物の, 引き裂けたまま, 引っ込むと, 引止めた, 張り出して, 強い弾力, 形よく, 影を, 影絵の, 彼猫, 往来の, 往来へ, 微に, 心に, 思われた, 急性肺炎により, 怪物の, 惚れぼれと, 惜し気, 意地悪る, 慄え, 戸口を, 房枝の, 手早く籠目, 打合う, 投げあげられる, 投げ込んで, 折って, 折られて, 折れたらしい, 折れたら大変, 折れたり, 折れてるぜ, 折れてる話, 折れる, 折れるか, 折れるほど, 折れる縁起, 折れ落ちたの, 拡がって, 挿して, 捨てかねた, 授業を, 插し, 揺れさわぐと, 揺れるよう, 揺れ葉, 揺れ騒ぎだした, 撓うばかりに, 撓み抱え込んで, 放射した, 放送する, 教えるであろう無慈悲, 方々に, 既に浅黄色, 時々に, 時おり児童, 暗い霧, 月の, 月並に, 木の, 来年女学校を, 析れ, 枝から, 枝と, 枝を, 枯葉を, 柔かに, 栓を, 梅独特の, 梢を, 横たわって, 横わっ, 横手の, 毎節明, 気が, 水面に, 汐風に, 決して摺れ合わない, 沢山見られる, 泰造や, 浅緑に, 浮んで, 淋しくなつ, 濃い形, 灰色の, 無い幹, 無殘, 無理に, 無造作に, 無遠慮に, 煙って, 煙も, 牛車の, 生えたかと, 生えやしないかい, 生えるです, 生え殆, 生気に, 申訳許り, 疾風に, 病弱な, 発すると, 発出し, 白い干物, 白く重く見えた, 皆そう, 目ざとく歩道, 目に, 目前で, 眠むそう, 眼に, 眼の, 眼を, 着いて, 砂と, 社寺から, 空を, 突き出て, 窓を, 窓硝子に, 立ち始めて, 立って, 立てかけられ御幣, 立体的に, 糸の, 紅を, 紫ばんだ, 結び付けて, 網の, 緑色ながら, 縁側に, 縦横に, 繁って, 繁茂し, 美しく差し交じっ, 老女の, 聚まっ, 背から, 胸を, 花を, 若き圓朝, 茂った, 茂って, 茂つて充實し, 草が, 落ちかかったり, 落ちた, 蓋さッて, 薄暮の, 薄紫の, 蜘蛛の, 行手を, 衣服か, 裂けたアカシヤ, 裂けて, 裂けるの, 見えた, 見えときには, 見えます, 見える, 見えるの, 見える林泉, 見つかりました, 見廻りを, 触った, 言うと, 訪れようと, 諸葉, 買いましたところ, 越境し, 足の, 跳ね反, 載つとるぞ, 透いた, 透いて, 過日の, 遥か頭の, 選ばれて, 重いか, 重って, 重つて, 重箱の, 金糸で, 金色には, 針坊主に, 鈴田の, 錯綜し, 錯綜してる, 長すぎる, 開きかけて, 隣家の, 電話を, 震えました, 霜に, 青あ, 青あおと, 青い蜜柑, 青空を, 青黒くしげっ, 静かに, 靡いて, 音を, 預って, 頭に, 頭の, 頭上に, 顔さし伸べ, 風情を, 馬の, 馬鈴薯の, 高いので, 鬢髮伸びるがまゝに生ひ垂れた, 鳴り小石, 鳴るかと, 鶴松に, 鹿の, 黒, 黒くうつっ, 黒く大きな

▼ 枝~ (564, 6.2%)

4 折れて, 風に 3 彼の

2 [24件] あたかも墓, あんな気, さちよから, ざわざわと, それを, まだ黙っ, まるで弾丸, ハンケチを, 低い生垣, 四方に, 天を, 幹から, 幹に, 暫く黙っ, 枯れて, 相関現象で, 眼を, 美しく伸び, 腹を, 自作自演の, 萼片の, 赤ん坊の, 風の, 鳥の

1 [505件 抜粋] あきれながらも, あくまで遠く, あざわらって, あの衝動, あまりの, ある盗人, あわてそれから, あわてて, いきなり寝台, いきなり玄関, いくえにも頭上, いくら重なっ, いったんは, いつたん, いつも陰, いま雨沫を, いよいよあわて, うぐいすが, おのずから一, おふくろの, おもしろく曲がりくねっ, およう達, お勢, かなしくしげり, かなりよく知ってるらしく, くすくす笑, くずれおちて, くつの, くねくねと, くろがねの, ぐうぐう大きな, ぐさりと, こういった, こう罵っ, ことごとく下, この世を, この女, こまかい事実, こまったよう, これも, ささくれ立ち, さっきから, さつ, しづくになりに, しなうばかり, しなって, じっと耳, すかりと, すぐそこ, すぐそれ, すぐに, すこしもじっ, すこし撓った, すこし短い, すしを, すっと駈け寄り, すべて隣の, そういっ, そうし, そぎ落したよう, そっと黒川団長, そのあと, そのころ初代燕枝門下, そのまま手, その上, その像, その娘, その尖, その年, その幹, その時, その渓間, その衣, その話, その連想, その長女, その頂, それぞれ浅緑の, それに, そんなら, たいていぶ, たうとう青い, たしなみも, ただぼんやり, ただ引かれる, たっぷり眠った, たゆら, たわみ地上, たわわに, たわんで, だまって, だめであった, ちょっと居場所, とうとう怒り出した, とうとう青い, とても大きな, とても生々し, とんとんと, どうしたであろう, どうしても出来ない, どぎまぎし, どこへ, どれでも, どんどんもえはじめました, どんな線, なお幹, なお強かっ, なくなりに, なつかしけれど, なつかしそう, なにか言いだしかけた, なほ影を, にぶい柔らかい音, ひくく笑った, ひとわたり見, ひどく感心, びっくりした, ふっとこわばった, ふるい石, ほっと溜息, ほとんど無言, まじめに, まずこの, まず解熱剤, またつよく, また朗, また直ぐ, また腹, また自動車, まだねむっ, まだ不安心, まだ十分, まっくろに, まつくろ, まるでゴシック風, みな上に, みな生物の, むくむくと, めを, もう一度ガウン, もう二十一歳, もう無, もう自動車, もがき苦しむ腕, もぎとられて, もっと水上, もんぺをはいてわしといっしょに来, やさしい笑顔, やっぱりひとりでに垂れ, よその, よろこんで, イルミネーシヨンする, カヤノの, キヨを, ギクギクした, ゴルドンの, サイダーを, スッカリ安心したらしく, ツと, バラバラに, ピンを, ベッドから, モダン日本の, 一つが, 一つ一つ薄き, 一と, 一カ所に, 一段と闇, 一王朝と, 一瞥した, 一瞬得意に, 三浦環や, 下の, 下品である, 不二と, 両側から, 中, 中途から, 二人の, 二十三歳妊娠し, 二日たち三日たつ, 云いすてて, 云った, 互にからみ合い, 五十七糎という, 亡くなつて, 人が, 人を, 今夜は, 今日は, 他の, 以前の, 伐りとられ, 低くってよ, 低れ, 何かしら慌てた, 何だかしっくり, 何となく, 何となく花, 何処に, 何百という, 余りに匂, 傍から, 兎の毛の, 全身が, 八方へ, 其の小刀, 円柱状で, 円盤に, 冬大雪が, 冷やかし半分, 凄まじく鳴り渡り, 凡ての, 刃を, 切った方, 切り取られてる幹, 前後左右に, 前述の, 割けない, 動かない, 動けども, 勿論小石, 北風が, 十二の, 半ば楽しく, 半身毟り取った, 半面焦げ, 南それから, 南向に, 又打ち被る, 取り出した札束, 口を, 古へ, 右側の, 各節, 吹かれて, 吹き折っても, 吹き折られたが, 吹聴するごとく, 呆気に, 嘉七の, 囁いたが, 四百一尺の, 土地では, 地上を, 地上七八寸の, 垣根越しに, 多くは, 夜具の, 大きな, 大変よく, 大笑いであった, 夫, 奪われるに, 女の, 女中の, 好いた男, 好きで, 姉には, 姉の, 子供たちの, 安楽そうに, 完全に, 家に, 寒い風, 寝室へは, 少し他, 少し顔, 尺八を, 屈めた頭, 川の, 己れ, 常に作られ, 常夏の, 幸に, 幾年もの, 幾本でも, 幾百の, 広い蓮池, 度を, 庭に, 廂の, 強い光, 彼れ, 彼を, 従順に, 微笑しかけた, 心に, 心配した, 思いがけず嬉しく, 思ひの, 怺へ, 恋人に, 愈, 慄く, 戸を, 戸籍面で, 房の, 手向くべく, 折らせまい形容, 折れますめ, 折れよと, 抱き合ったまま, 押し撓めて, 挫けて, 捺印し, 揺すられるまま, 揺る, 揺るる楽しく, 撓み幹, 改めて相手, 改めて自説, 敗残の, 数知れぬ, 断言した, 新世界, 既に成長, 既に紅い, 日曜日に, 明治三十三年二月十一日六十八歳を以て, 昔の, 昨夜よく, 昨日私の, 是れ, 時々ひう, 時に一本, 時に枝, 時計を, 暗い泪ぐましいやうな心もち, 暫く思案, 暫く揺れ, 曲がりくねって, 曾て, 月に, 月を, 本来の, 朱槍を, 李を, 杜絶れた, 束ねられ田の面, 東の, 東國を, 枝で, 枝と, 枝の, 枯れ, 枯枝, 枯枝であります, 柳の, 栄え葉, 椅子の, 樹のぼりが, 死んだよう, 殆ど地に, 殊に惑, 母親似, 毎夜の, 気が, 水平に, 江戸っ子肌の, 沢子を, 泣いては, 泣きだしそう, 活気を, 海の, 涙を, 涙声に, 湖水の, 源兵衛の, 漸くその, 濃くつややか, 灼きつくよう, 為に, 無実じゃ, 無実では, 無意味な, 無言で, 熟した果実, 熟と, 爛れた空, 特別な, 特別の, 特売場で, 犇, 狂人の, 狐に, 玄関に, 珠と, 甘えて, 甘栗を, 生きものの, 田舍を, 田舎の, 男を, 病院へ, 瘤だらけで, 白くなっ, 百日紅の, 皆上方に, 皆北方へ, 皆此依代で, 直径が, 相交叉, 相手の, 眉を, 着換え, 着物も, 着物同様屍を, 睦まじい一家, 知らずに, 知れり, 硝子で, 硬く笑つて, 秋の, 突然脳, 突然顔, 立つたまま, 竹にも, 竹の, 等しく日光, 答えた, 節だ, 粗その, 粗朶小屋の, 紐育へ, 紙の, 細くなる, 細すぎ, 緑の, 縦横に, 繁りに, 署の, 美しい, 考えて, 聞いて, 肩の, 背が, 腕を, 自らは, 自分で, 自由に, 花が, 花びんの, 花卉や, 若い良人, 若え, 苦笑した, 茂りて, 茶色の, 華麗な, 蔓って, 蔓つて谷に, 蕾の, 血相の, 行儀よく, 裂けて, 裏から, 裸に, 西洋でも, 見る, 見上るほど, 覚えて, 言を, 訶和郎の, 足に, 跳ね返つてもと, 軽蔑し, 近世まで, 通った, 連理に, 道いっぱいに, 郭外の, 重たそう, 長く垂れ, 長く青い浅瀬, 闘いを, 防風林でも, 降りる混雑, 雑誌から, 雪が, 雲の上に, 震えて, 青い大空, 青く半ば, 静かに, 非常な, 非常に, 面憎がり, 頑固で, 額に, 飛びつくに, 飯を, 骨だ, 高いところ, 高すぎ, 魂ある, 鳥が, 鳥棲枯し, 黒く枯れた, 黙って

▼ 枝から~ (330, 3.6%)

53 枝へ 19 枝へと 18 枝を 14 枝に 4 幹を, 離れて 3 もぎ立て, 落ちて, 葉を, 雪の

2 [16件] さらに第, とび立ちました, ばらばらと, ぼたりと, 下って, 二間も, 取り立ての, 垂れて, 塀外へ, 星の, 果物を, 繩を, 落ちるよう, 蔓から, 雫が, 風に

1 [174件] おちたの, おのが, きいたとき, こっそり自分, この枝, こぼれたか, ころげ落ちた, さがったクモ, さがるとき, さら, しずかに, ずきり, それぞれ大枝を, たれさがるむらさき色, たれて, だらつと, だん, ちぎつて口, できて, はいうつった, ひくく身, ひげ, ふり落ちるどす黒い, ぶらさがって, ぶら下がる時, また耳もと, もぎって, もぎとった, もぎとられると, もぎ取ったばかりの, もぎ取った許, もぎ取つたばかりの, もげて, アカシヤの, トトトト雪が, ドタドタと, ヌルリと, フラツと, ブランコにな, ブラ下が, ブラ下つて水面の, ブラ下りだんだん, 一匹の, 三十米と, 下がって, 下に, 下の, 下ろすわけ, 中年の, 人が, 倒さに, 八つ手に, 別の, 厩の, 取おろしたもの, 取おろして, 取りは, 取り外さうと, 取外すと, 可なり, 可愛いい若芽, 吊下げられて, 同夫人, 向ふ, 吹つ飛ばし, 四方八面に, 土塀を, 地上へ, 垂れ下って, 垂れ下つた, 垂下る, 外して, 大きな房, 実を, 小さな青虫, 屋根へ, 岩へと, 崖へ, 巻いて, 幹へ, 幹まで, 往来へ, 成って, 手を, 手紙が, 技を, 振い落す小雨, 揺すぶり始めた, 摘み取つて中, 放すまいと, 散る雫, 数尺の, 斯う, 時々サッと雪, 更に太い, 杉の, 李へ, 枝が, 枝と, 枝へは, 枝幹から, 枯葉が, 栗蟲を, 梢の, 梢を, 梯子は, 横枝の, 次第に低く, 毛虫が, 水が, 溶け落ちる重い, 煤けた色, 生えたと, 目立って, 直ぐに, 真逆さま, 眼を, 石を, 空に, 空中に, 糞を, 紫蘇の, 緑の, 聞いた話, 肉桂の, 自分の, 花片が, 落ちか, 落ちかかって, 落ちさ, 落ちたがって, 落ちた一点, 落ちた一點, 落ちた木の葉, 落ちるの, 落ちるやう, 落ちる雪, 落葉が, 葉の, 葉下に, 蔵の, 薄暗いため, 蜜柑の, 見事に, 謝すれ, 赤い実, 起つて, 足を, 転がり落ちた, 近年枯れかけ, 送つたコロンバン, 這いかかった土蜘蛛, 通して, 釣るす籠, 隣家の, 離すとき, 離れたるが, 離れまっすぐ, 離れると, 離れ落ちるので, 離れ落ちるよう, 雨雪を, 雪が, 青虫が, 飛ばんと, 飛び下りざま, 飛び下りました, 飛び立ちそう, 飛び降りた, 飛立つ, 飛立つ羽, 黄色に, 黒い小, 黒い影

▼ 枝~ (221, 2.4%)

18 たわわに 16 葉も 7 たわ 6 幹も 4 たわわな, 撓に 3 撓むばかりに, 木の葉も, 顔に

2 [12件] たわむばかりに, なく家, 一緒に, 何の, 撓わに, 栄えて, 根の, 梁も, 梢も, 皆な, 見える, 顏に

1 [133件] あらはに, あらばこそ, あるの, いろいろ面倒, うねりつ, おとろえた頂上, おのずと揺れる, がんばりとおしたと, さうし, しだれて, し樹, すっかり白天鵞絨, その妹, その日, その顔, そよがぬ風, それぞれの, そんな気, たはむ程, たれんばかりに, たわむばかり, たわわ, だんだんおとなしく, つづいた, ときたまふっと振り, どうだ, ない, ない枯れた, なかった, なく葉, なく行倒れ, なし, なし此, なにも, のびて, ふくらんで, みな大枝に, やけこがれさ, よいが, 一しょに, 一条残さず, 上に, 下手な, 亦支, 人の, 伐ること, 何も, 全く手, 円朝と, 出来た, 加へ, 動かず暑き, 動かず額, 台所で, 同じ場所, 向うから, 吹けば, 咲き居らず, 喜びだが, 垂れるほどに, 垂折れん, 埋まるくら, 埋まるくらい, 墨染に, 墨絵の, 外出し, 多くは, 大切に, 大方は, 天鵞絨の, 女だった, 女中たちも, 小枝, 山小屋の, 已に折れ, 強く揺れ, 待って, 徒らに, 心の, 我が主人, 扇朝も, 払わぬ青葉枯葉, 折れず柳, 折れそう, 折れて, 折れるばかりに, 折れんばかりに, 拂はずに, 招かれて, 指せば, 摧けて, 撓, 撓む許, 撓めり, 撓わなミモザ, 撓わわに, 朽ちかけて, 枯れず幹, 栄える葉, 栄ゆれあ, 橈むばかりの大きな, 溢れて, 演る, 無き木, 無し, 燃えるばかりに, 燻べてなかつた, 独立だ, 石の, 空洞に, 細く緑, 繁つてゐる, 繞に, 腕を, 臭い, 若芽すも, 茎に, 萎れかえってすっかり, 裂けさうに, 裂けさうになつ, 裂けるまで, 見あたらなかつた, 親しく小, 豊かに, 足袋を, 金属性の, 針も, 雨に, 靡くまで, 風に, 高座で, 鳴らさぬ平和主義, 鳴らさぬ泰平

▼ 枝~ (200, 2.2%)

5 飛び移って 3 手を, 掛けて, 行く

2 [13件] つけて, ふわりと, 上って, 引っかかって, 戻って, 木から, 枝から, 爪を, 眼を, 移つた, 跳びある, 釣し上げ, 飛んで

1 [160件] あるいて, うつって, うつるとき, うつるらしい姿, おろして, お付け, お君, かかって, かけた細引, かけて, かけると, からみついた細い, さか, しごきを, しっかり巻きつけ, つたはつた, つるし四本, とびうつりつぎ, とび移つた, とび移る遊戯, とまった, なだれ出した, なにか細工, のしかかったとたん, のぼって, はいあがって, はいうつっ, はいだした, はしごでも, ぶらさがって, ぶら下げて, また別, また軒, もうひとつ, スルスルと, ブランコを, ブラ下がっ, 一鋏み, 万べ, 上つて行つては, 上りまして, 上り出したこと, 上り込み, 上手に, 両手を, 乗つちや, 乗り移る, 二本並ん, 五郎, 伝って, 低く飛ん, 停まった, 八咫の, 八尺の, 六尺棒を, 剃刀の, 千仭の, 古賀と, 吊さっては, 吊して, 吊つたハムモツク, 吊り下げた, 啼いて, 土蜘蛛の, 塀の, 墜落する, 寄った, 小刀を, 巣を, 帰る, 幾個も, 引き攀ぢ, 引き通して, 引っかかったこと, 引っかかりました, 引っかけた, 引ッかけ, 忙しさうに, 急がれんこと, 急ぐべし, 愉快そうに, 懸けて, 懸ける, 手足を, 投げかけた, 投げました, 抱き上げて, 招いた, 指を, 掛けた大根, 掴みかかった, 提灯を, 攀じて, 新妻莞と, 樹から, 毛糸だの, 油紙包の, 海水着の, 濡れた鳥, 火が, 烏を, 無数の, 瓢箪を, 甲高に, 登つて行く, 目を, 真中へ, 眼の, 着いたと, 移ったの, 程よく吊り下げ, 積らし, 突っかけ, 結びつけて, 結び文に, 結付けた, 縄を, 縛り付けて, 蔓を, 行き冷房, 行き理髪, 贈って, 足を, 足場を, 跨いで, 返すの, 這い上って, 通わしそこ, 連って, 遁がれたり, 遠くに, 金網から, 釣る, 釣上げられ後手, 附けて, 降りて, 陽の, 電話か, 青あらし, 飛びうつって, 飛びうつつてゐます, 飛びうつつてゐる, 飛びかわしてさえずっている, 飛びつくと, 飛びわたって, 飛び下るだけ, 飛び下るに, 飛び付くこと, 飛び渡った, 飛び渡ったり, 飛び移つて, 飛び移り小首, 飛び移るの, 飛び移る金, 飛んだ, 飛んだ枇杷, 馬上の, 馬乗りに, 高い枝, 髷を

▼ 枝~ (189, 2.1%)

16 枝との 7 枝とを 6 枝とが 5 した水底, 枝の, 葉の 3 なって, 一緒に 2 いっしょに, 寒菊の, 枝が, 枝とにも, 枝を, 水を, 竹を, 結婚する

1 [123件] ある, いいか, いうほどの, いつしよ, いはず幹, いはれて, いろ, いわず幹, おこよへ, こすれ合いその, すれ, すれすれな, すれすれに, すれ葉, そこに, であって, どこの, なったと, ならん, なりて, なりました, なり後野生, なり葉, なり行き止まり, なる, なるの, なる羊飼, ふたりで, わかれてからも, キヨが, クマイチゴの, ニンニクの, ヨハンの, 並び称された人情噺, 二人の, 云います, 云ふ, 交錯し, 仮に名づけ, 僅かな, 優しい書風, 兄妹みた, 分かれて, 初咲, 化して, 千田が, 号し, 同じよう, 同様に, 四つ匐いの, 城太郎の, 大納言, 娘の, 家を, 小間使の, 少しも, 平氏門の, 幹との, 幹とは, 幹とを, 必ず贈物, 思わしい所, 成るの, 成戸を, 手斧目の, 揺れ幹と, 散らされた葉, 新しい生活, 新石町, 日に, 日の, 書いて, 月巣, 末弟の, 松の, 松葉の, 枝と, 枝とは, 枝幹と, 枝葉と, 根への, 楽しそう, 次郎を, 歌ひたく, 此方の, 殆ど同様, 殊に根, 清子が, 為らん, 烏啼天駆, 現れる, 瓢箪が, 申しおった, 申しまして, 申す男の子, 申す者, 石を, 称する型, 穴とを, 竹の, 紋之, 結婚すれ, 縄と, 花束とを, 苔と, 若き枝, 茅野雄夫婦とは, 草で, 葉が, 葉と, 葉ばかりが, 葉を, 薪の, 蘆の, 言わるる行き止まり, 連れ立って, 違って, 遠く沈んだ, 雲の, 霞幕とに, 高きに, 高城鉄也の, 鹿の

▼ 枝ぶり~ (144, 1.6%)

6 の良い 5 のいい, を見 4 のよい, の面白い 3 の好い, や花 2 などを見, のおもしろい, のやさしい, の柳, も良い, よきサンシユユ, をし, を眺めた, を見せ, 悪き桜木

1 [94件] あるのみ, おもしろい梨の木, か固体, があまりに, がいや, がどう, がなんと, がまるで, がよく, が午, が同じ, が愚か, が気, が私, が違い, が面白く, が飛石, だけにても観賞, だつたやう, だと, だとか, ですぐ, で桃代, で美しい, とを賞め, と申し, と見る, などはほんの, などを眺めた, にあしらっ, になります, になるだろう, には日当り, にも何処, にも捨て, にも私たち日本人, に念, に精, のうつくしいくろ, のところ, の佳い, の嘆賞, の小さな, の描き, の整った, の柔, の樹, の特異さ, の細か, の美しい, の蜒つた松, の見るべき, の面白い美しい, はゴッホ, は一個所, は千差万別, は気持, は絵画的, までにもしずか, までも家, もいつも, もおもしろい, もよく, も好もしい, も私, や繊細, や香気, よい花, よきを, をきつ, をした, をただ, をちょっと, をととのえる, をながめながめする, を仰ぐ, を作り, を持たない, を気, を物色, を眺め, を示し, を示した, を舞わせ, を見ざるべからず, を見る, を覗かし, を躍らし, を造っ, を食い入る, 枯れ案配, 立ちどまって, 美しく生え, 面白く海

▼ 枝~ (144, 1.6%)

19 葉を 9 葉が, 葉の 4 幹に 3 灌木の, 葉に, 葉や 2 その他の, 幹の, 広告の, 撓むらむ, 梢を, 笹の, 茎の, 萱の, 葉は, 蘆荻の

1 [74件] かなたの, さっきのを, ざらざらした, じめじめした, その兄弟, とにかくマクベス, やどり木などと, ゴツ, ザクロの, 乾いた海草, 何かを, 光ってる小石, 其他の, 円物づくりの, 千代や, 和一郎が, 土蔵の, 奪い合いの, 女中たちとも, 小枝, 小男の, 岩組みなどの, 崖の, 干し竿, 幹に対して, 幹や, 斎串の, 春日燈籠や, 木の葉の, 松の, 果実が, 枝を, 柔嫩な, 根っこを, 根で, 根を, 梢は, 横棒なぞを, 樹皮にも, 次郎の, 泥で, 海草を, 海豹の, 炭が, 破籠, 神經質に, 紙の, 細い棒さき, 美しい葉, 花と, 花は, 花咲いた, 苔生した, 茄子畑の, 草が, 草などを, 草の, 草の根の, 荒い山上, 葉で, 葉であり, 葉も, 蔓枝だけが, 薄の, 藁切を, 藪の, 見て, 軒の, 辛夷や, 遠くの, 雲の, 電柱にあたって, 食物までも, 鳥に

▼ 枝~ (124, 1.4%)

3 すっかりきれい, 包まれ電気会社 2 あんだ大きな, きつねうどんを, こしら, なぐつて, 体を, 囲った垣根, 擦剥き疵, 縊死を

1 [102件] あつたの, いびつに, おおいちょうど, からげて, からすが, くびれ死ぬと, こしらえたいと, こしらえた長し短し, こしらえましたと, すつかり, すでに子孫, せち辛い世帯向, そういう鉤, そっと触れ合っ, そのむちをたゝきおとしました, その鐘, ちんちんと, つくったむちときたら, つくった平, つくった紐, つくった野趣, できた帷, ばりばりに, ひっぱたくこと, ふいて, ぶらんこを, ほは, ぽん, やったの, やっと押え, より曲げられた, 一寸あやし, 一撃を, 休息するべく, 何やら詰め, 何度も, 作った太い, 作つた杖の, 作られて, 冬空に, 出来て, 切り落され幹, 刺し殺す, 包まれ電氣會社, 北海の, 卑賤な, 叩くやら, 叫んで, 同じやう, 啼きそれから, 囀つて, 圓錐形に, 大妖, 奇妙な, 宙に, 家の, 小さなオリイブ色, 少女の, 彼の, 彼女は, 念仏行者の, 悲鳴の, 意味あり, 打ち飛ばした, 拵へ, 捕えること, 支えようと, 昼寝し, 晝寢たら, 根は, 欺いた手段, 歌を, 氷華の, 浮気ものの, 淡い陽, 深山を, 牛若の, 狐わなを, 狩小屋を, 用意される, 相当の, 眼を, 突っぱって, 籠を, 粧われた花嫁, 縦横に, 羽根を, 蔽われて, 補強した, 身を, 造った胡弓, 造った至, 造つた本格の, 遮られた下, 重箱の, 鋸を, 開かれる, 間に合せ油は, 鞭打き, 頸を, 首を, 鳴いて

▼ 枝には~ (96, 1.1%)

4 熟して 2 大きなの, 蛭が

1 [88件] いろが, い上がりブドリたち, きびしく内助, そういうところ, ただお, たわわに, ついて, つけて, とまらうとも, なく土, なほ露の, なんと五寸釘, ぽつらぽつらと, まされる芽, また生命, まだ熟, もうこれ, もうこれっきり, もとより頭取, やすと, アスナロノヒジキと, 一つも, 一条の, 一羽の, 二匹の, 二疋の, 何百という, 兎糸が, 凄惨な, 刺あり, 刺が, 古い繩, 四十雀が, 大きな鏡, 大変話し, 女蘿が, 実に沢山, 容易に, 巣を, 心外だ, 房に, 指の, 散り残ったわずか, 新たに, 柿の, 梨の, 残さない, 殻に, 汝が, 注意さえ, 渋柿が, 満開の, 澁皮が, 澄み切つた青空, 物干, 白き渚, 直角な, 真つ, 秀英が, 窓の, 紅熟した, 紗を, 細い小, 緋鹿子の, 縋つて, 羽毛が, 花瓶の, 苞葉が, 茜とも, 茶いろ, 草の, 葉の, 薄桃色, 藻草が, 蜂と, 赤い萼, 赤裸に, 鉛筆ぐらいの, 長さ四, 雫が, 青葉が, 風が, 風の, 風雨の, 魚狗が, 麻だの, 黄色い八重, 黄金色の

▼ 枝にも~ (43, 0.5%)

3 梢にも 2 勢いこん, 埃らしい, 葉にも

1 [34件] この印刷所, さすがに, さわらずに, つたわって, どの杖, どんづまりまで皮肉と, ひっかからないでぶら下がって, まきついて, みな点々と, もちろんなり, 一寸ばかり, 一面に, 久保田君にも, 冷な, 卒都婆にも, 及び花, 四五輪の, 持たなく成つたやう, 掛けず黒, 更紗模様を, 根にも, 此方の, 生気の, 皆な, 紅い艶, 紅玉黄玉紫玉緑玉碧玉の, 綿の, 花が, 蔓にも, 覚えが, 雪が, 電線にも, 頭の, 首を

▼ 枝~ (38, 0.4%)

10 の結晶 5 の枝 3 のもの 2 になる, の模様

1 [16件] が得られた, というの, とかなり, とが多かっ, との両, との中間, に発達, の一番簡単, の六花, の場合, の小, の縞, の雪, をし, をなした, 及び広幅

▼ 枝より~ (27, 0.3%)

5 枝に 2 枝を

1 [20件] ころがり落つ, どす黒い臭気, また枝, わななきて, 一枚の, 上位だ, 他には, 以上に, 出でに, 取り放しぬ, 少し低い, 屋根より, 枝, 枝へ, 枝へと, 残らなかつたし, 滑り落ちる際, 猿達のと, 貝の, 高い

▼ 枝~ (27, 0.3%)

3 の葉 2 を刈り取る

1 [22件] からやがて, が弁天堂, などに残つて, にこんもり, にのみ煩い, には花弁, にぽかっと, にも小さな, に凍りつい, に小さい, に引っかかっ, の蝸牛, は素直, へ鳥, をのぞかせ, を五寸余り, を地, を折っ, を指さした, を照らし, を空, を針

▼ 枝という~ (26, 0.3%)

3 枝は 2 のは, 枝に, 枝を

1 [17件] のが, ものが, んです, 乙女で, 乙女を, 二十一の, 女にも, 女の, 女は, 女役者は, 女性は, 娘を, 小料理屋が, 心持が, 枝の, 物質から, 言葉で

▼ 枝さん~ (24, 0.3%)

1 [24件] え, からまた, がゆかぬ, が真打, が買っ, で自殺, とは武右衛門, ともよく, と何, におまえ, のところ, の下駄, の事, の元, の前, の投書, の自殺, の苦, はずっと, は先, は親切, へ話し, まさかお前さん, も演

▼ 枝~ (24, 0.3%)

1 [24件] が少し, が朝, そよがず寂, にあり, にそれ, にはちらほら, には川柳, にまた, に在っ, に大きな, に密集, に幾枚, に忽, に朱, に殘つて, に着け, に短縮, の春, の色, の花, の若芽, へ昇る, を揺, を離れ

▼ 枝へと~ (23, 0.3%)

1 [23件] とんぼが, ガサゴソと, ハンモックを, 並べて張つたテント, 伝って, 危っ, 手を, 滑り往きます, 登って, 移り歩い, 自在に, 花が, 跳渡っ, 軽業でも, 遊んで, 銀光の, 飛びながら, 飛び交うて, 飛び渡って, 飛び移った, 飛び移り二人, 飛び移る小鳥, 飛んでは

▼ 枝~ (23, 0.3%)

2

1 [21件] から幹, が強い, が心, が慄, と日, にある, には真, には茜, にも皆, にテープ, に鳴りわたる, のやう, の中, の繁み, の繊細さ, はざわざわ, は大, よりも梢, を切る, を眺め, を透かし

▼ 枝~ (22, 0.2%)

2 づもる夜目に, て花, 葉は

1 [16件] さらに小, その枝, その枝端, づりつつ春待ちが, ていない, ている, てその, てそれ, て好き衣着たる, て行っ, ふさふさとして, 下の, 五裂花冠と, 交錯し, 小枝端に, 枝上の

▼ 枝との~ (22, 0.2%)

8 間に

1 [14件] あいだの, なかを, 世界に, 入りまじって, 絡みあつ, 触れる音, 話は, 重りの, 間である, 間には, 間へ, 隔りが, 騒がしくかち, 高き響き

▼ 枝ちやん~ (21, 0.2%)

1 [21件] か, からも伺つて, が可, が混血児, ならすぐ, にも来ない, に冷淡, のやう, の女, の将来, の母さん, の気持, はそんな, はなかなか, はもう, は僕, は可, は学問, もです, をどうか, を悲観

▼ 枝~ (21, 0.2%)

3 に互生 2 に花穂

1 [16件] にあたかも, にある, に咲き, に多く, に排列, に新旧, に満ち, に灯明, に群生, に群着, に芽, に集り咲く, の果, の花, の苞葉腋毎, の葉間

▼ 枝~ (18, 0.2%)

2 何かの, 何んかに

1 [14件] え, その辺, 今年生えた, 何か, 何かに, 何かを, 切つて静江に, 知らずやっぱり, 知らず矢張幾ツ, 紙など, 若いの, 葉隠れに, 薔薇の, 青いわか

▼ 枝~ (18, 0.2%)

1 [18件] から人夫, から会津, から岩魚釣り, から来た, から郵便物, から雇う, でも同名, にも自動車, に伝わった, に入り, に通ずる, に達する, の者, へ行く, へ越した, へ越す, までは五里, を訪ねる

▼ 枝とを~ (17, 0.2%)

1 [17件] おたがいにさし, からまり合いながら, こんがらかせかへ, すり合せて, むきだして, 交えて, 交は, 剪定し, 小さな杙, 彼は, 急がせて, 打ち當, 択ばずに, 描いて, 束ねて, 渡つて歩いた, 盛ったる籠

▼ 枝などを~ (17, 0.2%)

2 入れて

1 [15件] かぶせて, くわえて, それに, つかって, つけ顔, 切るの, 寄せ集めて, 折って, 抱えて, 拾うて, 持ちより, 撒きちらしこんど, 焼く火, 眺めると, 調べて

▼ 枝~ (17, 0.2%)

1 [17件] から枝端, から茎, に一花, に一輪, に下っ, に出る, に垂れ下がる, に大, に生ずる, に相, に着き, に簇集, に群集, に聚, の果穂, へと飛来飛, れに

▼ 枝~ (15, 0.2%)

2 といふ事

1 [13件] が如何, にぽつりぽつり, の松, の羽根飾, は同じ, も木の葉, よき栂, をなおし, を一々, を作っ, を眺め, を眼, を箒

▼ 枝ごと~ (14, 0.2%)

2 に, に一人 1 ち切れ飛ぶ青柿, にかかる, に垂れ下る, に白く, に鶴, のバナナ, 吊されて, 売って, 折ったり, 死んで

▼ 枝まで~ (14, 0.2%)

1 [14件] しかられた, ついたぼりぼりに, とどくよう, はっきり見え, 傳うて, 戻って, 戻るの, 折っちまっちゃ, 折られた栗, 来た, 歩くそこ, 焼け枯れて, 辷り落して, 降りて

▼ 枝でも~ (13, 0.1%)

1 [13件] かまわずらんぼう, さらにまた, ない別, なお有難い, なかれただろうな, 何でもある, 切ること, 木槿でも, 根気よく, 植えて, 繁殖する, 葉でも, 電線でも

▼ 枝からは~ (12, 0.1%)

1 [12件] づしてあげ, なれたゆず, なれました, 可憐の, 大した骨, 時々はら, 時々はらはらと, 木の葉が, 紫色に, 細い葉, 雪解けの, 鮮やかな

▼ 枝にかけて~ (12, 0.1%)

1 [12件] あたかも躑躅, あつた, いうこと, しばらく待った, 乾して, 天幕の, 干したが, 成に従って, 暫く耳, 縛りつけられた, 良き墨, 見る

▼ 枝さし~ (11, 0.1%)

2 かはし, かはしたる 1 かはした, かはす, かわして, ている, 交す梢, 交わす土手, 入れたる窓

▼ 枝ちや~ (11, 0.1%)

1 [11件] んあの, んあんた, んあんな, んあんまり, んいい加減, んかう, んそんな, んとにかく, んパパ, ん君, ん最後

▼ 枝とが~ (11, 0.1%)

1 [11件] ありてこそ, しっくりと, しなやかに, ぶっつかり合って, 一所に, 殆どこんがらかった, 空も, 組み合った白檜, 緑に, 触れ合って, 頭の

▼ 枝ばかり~ (10, 0.1%)

1 それも, でなく花, でなく薬局, で垂れて, のが, 低い空一面, 咲いて, 挿す, 残った枯れたよう, 気に

▼ 枝珊瑚~ (10, 0.1%)

3 の椅子 1 というやつ, などは紅, に見せ, の光, の根, の簪, の置物

▼ 枝移り~ (10, 0.1%)

3 して, をし 1 するその, する夜鶯, する小鳥, をやる

▼ 枝さき~ (9, 0.1%)

1 からはすき, からはすきとおった, だけを見せつけられ, にかたまっ, につい, に一ぱい, は伸び, まで熟視, をひたすだろう

▼ 枝だの~ (9, 0.1%)

2 細目の 1 あしだの, 女中と, 木の葉の, 灯の, 無遠慮に, 竹の, 老人だの

▼ 枝など~ (9, 0.1%)

2 折って 1 ついた舶来, であるが, とり集めて, また折りくべ, よろしきも, 手堅い素噺, 振りて

▼ 枝八郎~ (9, 0.1%)

2 の姿 1 であるという, という方, とこの, ともあろう, のどこ, はいま枯菅, を送り届けた

▼ 枝~ (9, 0.1%)

1 が出, が徐徐に, が映っ, はいつか, はくっきり, も動かない, をすかし, を派手, 在水楼間

▼ 枝沢山~ (9, 0.1%)

1 から雁峠, である, に結び付け, に続く, の削り, の次に, の頂上, は即ち, を槙沢山

▼ 枝越し~ (9, 0.1%)

2 に望まれる 1 にこぼれ, に上, に揺り, に菊人形, に離家, に高い, 二階の

▼ 枝~ (8, 0.1%)

2 尋ヌルコト莫ンバ好 1 出シ簇, 出ス頃ニハ, 折ルモ大樹ハ損傷サルルコトナシ, 拂イ除ケナガラ, 採ラント, 黒

▼ 枝~ (8, 0.1%)

1 のこと, の栗, の薄仁梅, は同じ, よかし, る, るるさくら日, るる裡

▼ 枝かげ~ (7, 0.1%)

1 にゆらゆら, に古風, に芽, に身, の雑草, を失い, を通りすがり

▼ 枝とは~ (7, 0.1%)

1 いそいで, 何等か, 古い知りあい, 左右に, 緑色である, 言えないよう, 非常な

▼ 枝ながら~ (7, 0.1%)

1 うつろふ, 実家の, 硝子杯に, 背きてさ, 蒼空に, 袖を, 障子に

▼ 枝などが~ (7, 0.1%)

1 じっさいはその, それに, 凍り折れるよう, 列を, 混つてゐる, 無残に, 重立ったもの

▼ 枝にと~ (7, 0.1%)

6 まつて 1 まつたまま

▼ 枝または~ (7, 0.1%)

1 そよ, 二枝の, 新雪表面には, 竹を, 笹の, 角板が, 車などを

▼ 枝一つ~ (7, 0.1%)

2 動かさない松林 1 なかつたん, のりんご, 動かす気色, 折っても, 裂くこと

▼ 枝~ (7, 0.1%)

2 と進藤 1 が私, の, のシルエツト, の或, を促し

▼ 枝~ (7, 0.1%)

1 から幹, が茶がかり, と幹, の総量, は玉骨, は黒く, をなびかせ

▼ 枝~ (7, 0.1%)

21 に三, に実, に杖立て, に花さ, に裂き

▼ 枝~ (7, 0.1%)

31 賣が, 賣に, 賣の, 賣委曲

▼ 枝である~ (6, 0.1%)

1 から目白, が苦労, ことも, とか聞い, やら明瞭, 存在の

▼ 枝一本~ (6, 0.1%)

1 でも伐れ, も木の葉一枚, 下すにも, 折らないで, 揺れないし, 見つからないほど

▼ 枝分れ~ (6, 0.1%)

1 が生ずる, の例, の点, の現象, をする, 常吹く

▼ 枝太郎~ (6, 0.1%)

41 が大津絵, や春團治

▼ 枝打ぢ~ (6, 0.1%)

2 するべがな, つの 1 ていうの, ていふ

▼ 枝折れ~ (6, 0.1%)

2 の痕 1 ばぱっと, ばむす, を挙げる, 猴ども一同水に

▼ 枝さえ~ (5, 0.1%)

1 きのう見た, 芽吹いて, 見え分か, 離れなかったが, 風が

▼ 枝さす~ (5, 0.1%)

2 こぬれ 1 ひまびまを, や唯, 立樹も

▼ 枝つき~ (5, 0.1%)

1 のまま, の柿, の竹, の蜜柑, の野茨

▼ 枝では~ (5, 0.1%)

1 あり得ない, ないか, なかつたがな, 栗鼠が, 美くしい

▼ 枝にか~ (5, 0.1%)

1 かつてぐらぐらする, かつてる, きついて, へすとも, へると

▼ 枝へは~ (5, 0.1%)

1 うつれないかね, ひ登つて, 手が, 白や, 眼の

▼ 枝もと~ (5, 0.1%)

2 ををに露霜おき 1 を, ををに雪, ををに露霜

▼ 枝を通して~ (5, 0.1%)

1 一寸法師の, 夕方には, 段々下り, 混雑した, 薄暗い松

▼ 枝切り職~ (5, 0.1%)

3 をやっ 1 であった, であったが

▼ 枝垂櫻~ (5, 0.1%)

1 がもう, と天守臺, の枝, の苗木, をウヰーピング・チェリー

▼ 枝大葉~ (5, 0.1%)

2 の議論 1 に過ぎなかつた, の侵略論, の論

▼ 枝女史~ (5, 0.1%)

1 が叫ぶ, と共に近ごろ, の前, の御, の憤懣

▼ 枝~ (5, 0.1%)

1 の墓, の時, の親類, へお, へ奉公

▼ 枝尾根~ (5, 0.1%)

1 なども二百米近く, の上, の最高点, の西側, を下り

▼ 枝弦吾~ (5, 0.1%)

1 だった, の惜しい, は呆然, は定められた, は歯

▼ 枝~ (5, 0.1%)

1 で殆, をふるはせ, を投げさせ, を投げ捨て, を振り上げ

▼ 枝~ (5, 0.1%)

1 が出る, の数, はその, より離され, を通じて着い

▼ 枝~ (5, 0.1%)

1 を分ち, を岐, を張り傘蓋, を横たえ, を残し

▼ 枝~ (5, 0.1%)

1 から上っ, ではない, にかかっとる, に臨んだ, のウラ

▼ 枝状発達~ (5, 0.1%)

2 をした, をする 1 を生ずる

▼ 枝珊瑚珠~ (5, 0.1%)

1 のいろ, の卷一, の色, は江戸咄, をちょっと

▼ 枝ある~ (4, 0.0%)

1 木を, 槻の, 樹に, 角二つ生え

▼ 枝として~ (4, 0.0%)

2 理解される 1 略, 考えられる経済学

▼ 枝とも~ (4, 0.0%)

1 いうべきもの, 申すべき当家, 蘖とも, 誰も

▼ 枝なら~ (4, 0.0%)

1 さ, ば貰つて, ん, 何て

▼ 枝にでも~ (4, 0.0%)

1 かかれば, 引っかかったん, 昇つてゐ, 突っかけ

▼ 枝はいちめん~ (4, 0.0%)

2 にひろ, に下草

▼ 枝ばかりに~ (4, 0.0%)

1 なって, なりぬ, なります, なり芙蓉

▼ 枝よりも~ (4, 0.0%)

2 一段下の 1 なお強かっ, 梢梢よりも

▼ 枝切り人~ (4, 0.0%)

1 だったので, でありツーロン, です, となった

▼ 枝~ (4, 0.0%)

1 が奉る, と申します, のお, を後

▼ 枝~ (4, 0.0%)

1 との話, の家苞, を売る, を霊前

▼ 枝~ (4, 0.0%)

1 に集っ, に雌雄花, の傘房状, は打ち靡いた

▼ 枝検事~ (4, 0.0%)

1 でなくても, になにか, はポン, は自暴自棄

▼ 枝模様~ (4, 0.0%)

1 でもさっぱり, のついた, の壁紙, の渋い

▼ 枝立ち~ (4, 0.0%)

2 あざやけきさ青, つづき見れども

▼ 枝~ (4, 0.0%)

1 の, のやう, はそうした, や枝太郎

▼ 枝いっぱい~ (3, 0.0%)

1 にみてた, に硫黄, 咲いて

▼ 枝うち~ (3, 0.0%)

3 かはす

▼ 枝からも~ (3, 0.0%)

1 緑の, 腐った錨綱, 葉からも

▼ 枝~ (3, 0.0%)

3 ひもちて

▼ 枝この~ (3, 0.0%)

21 噺を

▼ 枝~ (3, 0.0%)

1 しにずつと, しに澄みわたった青灰, し葉

▼ 枝その~ (3, 0.0%)

1 繩の, 葉の, 蔓四方に

▼ 枝たち~ (3, 0.0%)

1 にはかまわず, の日常生活, の泣い

▼ 枝~ (3, 0.0%)

1 つて自分ひとりを, な, 葉だ

▼ 枝だけが~ (3, 0.0%)

1 なかなか出, 揺れ動くの, 残り原始時代

▼ 枝だって~ (3, 0.0%)

1 ちゃんといや, 僕の, 自分ひとりを

▼ 枝です~ (3, 0.0%)

1 かそれとも, な, わ

▼ 枝とか~ (3, 0.0%)

1 文治郎とかの, 木の実とかを, 鳥とかを

▼ 枝などに~ (3, 0.0%)

1 出来た着氷, 貫ぬき置く, 雀が

▼ 枝などの~ (3, 0.0%)

1 場合と, 年々なつかしい, 運命の

▼ 枝などは~ (3, 0.0%)

1 全く花, 出さずに, 大半落ち

▼ 枝なども~ (3, 0.0%)

1 いて, たくさん折れ, 取って

▼ 枝なんか~ (3, 0.0%)

1 くらべもの, ほらざわざわ, 何本折れた

▼ 枝について~ (3, 0.0%)

1 はっきり自分, ほんとうの, ゐるの

▼ 枝にて~ (3, 0.0%)

1 その神, 作らる, 千葉

▼ 枝にまで~ (3, 0.0%)

1 つけて, 人の, 凍りついて

▼ 枝によって~ (3, 0.0%)

1 その花, 差が, 行けば

▼ 枝に対する~ (3, 0.0%)

1 のと, 不満は, 多計代

▼ 枝のみ~ (3, 0.0%)

1 ぎりには, 残つた茱萸藪の, 見ゆ

▼ 枝もの~ (3, 0.0%)

1 と言っ, ばかり描い, よりも少し

▼ 枝をけ~ (3, 0.0%)

2 立てました 1 づつて御幣を

▼ 枝を以て~ (3, 0.0%)

1 葉に, 身を, 髯籠の

▼ 枝一面~ (3, 0.0%)

2 に蚤 1 に咲いた

▼ 枝三枝~ (3, 0.0%)

2 剪んで 1 が見え

▼ 枝主人~ (3, 0.0%)

1 でございます, の指図, は見物人

▼ 枝付燭台~ (3, 0.0%)

1 でさらに, にともった, に立てた

▼ 枝先きが~ (3, 0.0%)

2 見えるきり 1 枯れたところ

▼ 枝切れ~ (3, 0.0%)

1 で蟻穴, はつけない, へ棲

▼ 枝~ (3, 0.0%)

1 となる, のもの, の雪

▼ 枝折り~ (3, 0.0%)

1 がありました, の代わり, 揃へて

▼ 枝~ (3, 0.0%)

1 のうえ, をとっ, を断っ

▼ 枝~ (3, 0.0%)

1 に上り, の紅樹林, やひ

▼ 枝燭台~ (3, 0.0%)

1 のついた, を手, 古甕

▼ 枝状結晶~ (3, 0.0%)

1 が平面, が水蒸気, に小

▼ 枝~ (3, 0.0%)

1 へ変圧配給, へ流れ込み, を廣げ

▼ 枝~ (3, 0.0%)

1 のからから, の声, の鳴く

▼ 枝見れ~ (3, 0.0%)

2 ばみ 1 ば汀

▼ 枝~ (3, 0.0%)

1 があったでしょう, に入る, のこと

▼ 枝~ (3, 0.0%)

1 がどうして, の一行, の父親

▼ 枝~ (3, 0.0%)

1 の長, を出す, 釣り擬餌

▼ 枝うつりし~ (2, 0.0%)

2

▼ 枝こそ~ (2, 0.0%)

1 交せ, 看護婦秋草の

▼ 枝こまごま~ (2, 0.0%)

2 とあり

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 へ垂らし, へ落ち

▼ 枝さえが~ (2, 0.0%)

2 すでにすでに若い

▼ 枝さしのべ~ (2, 0.0%)

2 花さく

▼ 枝さし掩~ (2, 0.0%)

1 ひ梅, ふ枇杷

▼ 枝しげり~ (2, 0.0%)

1 清く碧, 葉は

▼ 枝そこらく~ (2, 0.0%)

2 を明り

▼ 枝それ~ (2, 0.0%)

1 がやはり, が生命それ自身

▼ 枝~ (2, 0.0%)

2 透きて

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 づさへたまひき, をや

▼ 枝たみ子~ (2, 0.0%)

1 の姉妹, は女中奉公

▼ 枝たれ~ (2, 0.0%)

2 て南無

▼ 枝だけ~ (2, 0.0%)

1 真白に, 雲行きの

▼ 枝だけに~ (2, 0.0%)

1 脈が, 袋を

▼ 枝だけは~ (2, 0.0%)

1 念佛講の, 鳥糞を

▼ 枝だった~ (2, 0.0%)

1 のだ, ので驚いた

▼ 枝だれし~ (2, 0.0%)

2 柿の

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 やしばらく, ゆうに萌え出

▼ 枝といふ~ (2, 0.0%)

1 ものには, 枝には

▼ 枝とともに~ (2, 0.0%)

1 茂りて, 颯と鳴った

▼ 枝とに~ (2, 0.0%)

1 はさまった巣, 同じもの

▼ 枝とにも~ (2, 0.0%)

2 ゆる火

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 のである, んざがさが

▼ 枝なぞは~ (2, 0.0%)

1 夜から, 殊に延び放題

▼ 枝などから~ (2, 0.0%)

1 どんなもの, 毟り取って

▼ 枝などへ~ (2, 0.0%)

1 つけて, ぶら下ってるの

▼ 枝なり~ (2, 0.0%)

1 独逸にて, 葉なり

▼ 枝なりに~ (2, 0.0%)

1 ひらひらと, 二蜿り

▼ 枝ばかりの~ (2, 0.0%)

1 はんの, 見返り柳が

▼ 枝ぶり葉~ (2, 0.0%)

1 のす, の色

▼ 枝ほど~ (2, 0.0%)

1 交ぜて, 怪しきは

▼ 枝までが~ (2, 0.0%)

1 この木特有, 顔や

▼ 枝までは~ (2, 0.0%)

1 凡そ二丈も, 目測凡そ二丈も

▼ 枝までも~ (2, 0.0%)

1 交えて, 自分で

▼ 枝みち~ (2, 0.0%)

1 になっ, に歩み入れ

▼ 枝もて~ (2, 0.0%)

1 縛りつけ賠償, 車輪を

▼ 枝ゆらゆら~ (2, 0.0%)

1 と動き, ゆれる

▼ 枝ゆれ~ (2, 0.0%)

1 てま, て花

▼ 枝をかは~ (2, 0.0%)

1 したまま, して

▼ 枝をば~ (2, 0.0%)

1 あたかもそれ, 屋島とは

▼ 枝をも~ (2, 0.0%)

1 摘み盡し, 貰い受けた

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 坊, 處に

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 吊ラレテアツタカ, 或ハ三葉

▼ 枝一ぱい~ (2, 0.0%)

1 に散らかっ, に翳した

▼ 枝一ツ~ (2, 0.0%)

2 もない

▼ 枝一杯~ (2, 0.0%)

1 に花, に赤い

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 にかけ入り, 垂れて

▼ 枝~ (2, 0.0%)

2 はねあるく小さな

▼ 枝付き~ (2, 0.0%)

2 の蜜柑

▼ 枝付燭臺~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 に, 繋客舟

▼ 枝分れした~ (2, 0.0%)

1 ものを, 爆発的分裂を

▼ 枝剪ん~ (2, 0.0%)

2 で床

▼ 枝卸し~ (2, 0.0%)

1 などのこと, などの見回り

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 ニ着セラレ御宿村司嘉慶泊リ御, 三郎

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 の村上, をぼつぼつ

▼ 枝夫人~ (2, 0.0%)

1 こそ恐しい, は継母

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 は今宵, を飯場

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 の邸宅附近, を眺め

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 の手, をつれ

▼ 枝宗左衞門~ (2, 0.0%)

1 が役目, といふ三百五十石

▼ 枝小枝~ (2, 0.0%)

2 にみち

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 がぱらぱら, は首筋

▼ 枝師匠~ (2, 0.0%)

1 だよ, ははははは

▼ 枝張れる~ (2, 0.0%)

2 老木を

▼ 枝打ぢさ~ (2, 0.0%)

2 なぃのか

▼ 枝折っ~ (2, 0.0%)

1 てき, て来

▼ 枝折った~ (2, 0.0%)

1 が次, ねその

▼ 枝折れたる~ (2, 0.0%)

1 宿の, 枯木の

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 のこと, の嫩

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 が弱く, ならびに深緑色

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 の葉, もとべ

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 にまで射し込ん, の

▼ 枝流れ~ (2, 0.0%)

1 に芽出し柳, の青白い

▼ 枝竹蔵~ (2, 0.0%)

1 といった, の息子

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 と名, を吹き鳴らした

▼ 枝編み~ (2, 0.0%)

1 籠が, 籠に

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 から蕾, の知識

▼ 枝~ (2, 0.0%)

2 の根

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 と葉, など概して細々

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 が出ない, の内皮

▼ 枝蝋燭立て~ (2, 0.0%)

1 から一本, へ戻し得た

▼ 枝話し~ (2, 0.0%)

1 に依っ, の色々

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 に白い, に透し

▼ 枝~ (2, 0.0%)

2 りして

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 は星, を狙っ

▼ 枝~ (2, 0.0%)

1 に咲きこぼれた, に寂然

▼ 枝集め~ (2, 0.0%)

1 べい, べいい

▼ 枝革緒~ (2, 0.0%)

2 の雪駄おと

▼ 枝頂戴~ (2, 0.0%)

1 した, する

▼ 枝高く~ (2, 0.0%)

1 らっぱの, 登ったり

▼1* [432件]

あせを, 枝あたかもかさの, 枝あとの青い, 枝いちめんにつける, 枝うしろへ気, 枝うちかざし風呼べば, 枝おし分けられて, 枝おもしろく竜にや, 枝おろしの時期, 枝おろしかねたる暮れの, 枝お前のいい, 枝お客様なの, 枝かきわけてラウラ木, 枝かざして何, 枝かしこの枝, 枝かしらと思いましたが, 枝かと思う倒れて, 枝かね薬の, 枝からの電話で, 枝がはびこつて草苗などは, 枝きり三番目の樹, 枝きれみたいな, 枝ぐらいは貰っても, 枝ぐらゐには飛びつけるやう, 枝ぐるみ折って, 枝ぐるみ霞に靉靆, 枝こえきらきらとおん, 枝こがねの繍, 枝ここは宿, 枝こっちの枝, 枝こと天川呉羽嬢を呼出し, 枝これに靡き, 枝こんで立派, 枝ごとのもあった, 枝ごと一面に散らばっ, 枝ごと叩き落として, 枝ごと風に吹きゆすられ, 枝ごみの葉かげ, 枝さき唐崎の千本松, 枝さし出でたるべし, 枝さし蔽ひ, 枝さては横合いから, 枝さらさらと靡き, 枝された高さ四フィート, 枝さんそれはどこ, 枝さんほんとうにお, 枝さん大花環のこと, 枝しげき間より, 枝しげくたけ, 枝しぬに垂れ, 枝じゃ無い右, 枝すきたる柳, 枝すさんで行く, 枝ずつ高い梢, 枝ずれに振袖, 枝せず高さ, 枝せる梗端に, 枝ふ物, 枝そういうものが, 枝そぎに, 枝そのうえを小さな, 枝その他の立体的, 枝たむく帝の, 枝たわむ程みのりたるなり, 枝たわわなる葡萄, 枝だらうがみんな, 枝だらけになり, 枝だろうと思います, 枝ちゃん何だって, 枝って美しいもの, 枝かのま, 枝つき燭架に灯, 枝つばめ馬生小勝今輔, 枝つまり二二六計, 枝づたいに水車小屋の屋根, 枝づたい土塀へ移るやい, 枝づたえに渡り行かば, 枝づたひ病むうぐひすの戸にき, 枝てんごしい, 枝であったので彼, 枝であろうも知れない, 枝でございますよ, 枝でさえも落着か, 枝ですつかり田圃を, 枝とから成ってる一つ, 枝としては二人が, 枝とて廿を, 枝と共に撓んで, 枝どもの中, 枝ながらに根を, 枝なぞにちょんと, 枝などで此が, 枝などと共にぎっしりと, 枝などはもまれに, 枝なりの蜜柑などを, 枝なりをもらったこと, 枝なる果に, 枝にあたってばちんと, 枝にあたる勝間, 枝にかけわたした竹棹, 枝にかへして, 枝にくびをつるされたりする, 枝にともづなをかけて自分たちも, 枝にのつてゐる, 枝にばかり花が, 枝によるものである, 枝のうへ廣き, 枝のずつと先, 枝のみか栗ひた, 枝のみが残る, 枝のみを慄は, 枝のよこに, 枝はけふ折ることぞか, 枝はじめ死んだ燕路さん, 枝はた没薬蘆薈, 枝はと見れば, 枝ばらを折りました, 枝ひきずるばかりに垂れ, 枝ひろごり, 枝ふく春のかぜ海, 枝ふた枝を, 枝ぶりさへいたく, 枝ぶり一つにも杖, 枝ぶり優美な橄欖, 枝ぶり山毛欅の老樹, 枝ぶり葉ぶりがむしろ, 枝ぶり蝉のとまり, 枝ぶり趣味好尚に至る, 枝へでも引掛っ, 枝へのした, 枝へも降り伏見屋, 枝べのつくつくしまだ, 枝ほそく鋭く夜空, 枝ほどの蛸入道は, 枝ほどもありそう, 枝また枝と, 枝まつはりたるに衣, 枝までの距離で, 枝まるまどにうつり, 枝みたいだ, 枝もかあいそう, 枝もささらの, 枝もつれて行こう, 枝もて追い払うた爾後虎は, 枝もろ共に上下, 枝やうの物, 枝やたらに伸びる, 枝ゆらぐ垣の, 枝ゆりうごかす実感も, 枝これは, 枝の死後, 枝らしさを, 枝わかれした淡紅の, 枝わかれするかのよう, 枝わたりをして, 枝をかへて啼くと, 枝をこそ折れ, 枝をとつては, 枝をどつさり持つて, 枝をのしあって, 枝をやッと, 枝カラポント土ノ上, 枝ッ切れを投げ捨てる, 枝ニハ毛ナシ予先年此種ヲ大隅佐, 枝ニモ幹ニモ生ゼリ而シテ其全ク一種ノ寄生植物ニシテ年, 枝ハ枯レ行クモ全ク枯レ尽ルコトナキ多年生, 枝ハ浮毛ヲ帯ブレドモ, 枝ベルナルディン・ディ・フォスコの如き, 枝モチの幹等, 枝として花, 枝一家は泉屋, 枝一本腕一本とかいふ嚴, 枝一本阿倍の右大臣, 枝一条もみだりに, 枝一枝桂の葉, 枝一派を柳派, 枝一葉さえも真似, 枝三つ斜めして, 枝三本ずつで, 枝三枝萩の小, 枝上地上に咲きこぼれ, 枝下りに峯, 枝助君, 枝之レヲ挿スニ生ジ易シ, 枝九葉草というの, 枝はす, 枝伐て一の, 枝伐りしかばその, 枝会帳簿の整理, 枝伝三郎千恵造三亀雄たみ子の七人きょうだい, 枝を組合せ, 枝低く垂れた菩提樹, 枝何もかもここで, 枝先代助六先代今輔, 枝入船米蔵がある, 枝全体にうす, 枝八方に指し, 枝其ものが滑っこく, 枝其他御酒錫供餅などを持つた, 枝其枝に鹿, 枝であるとの, 枝切ってき, 枝切りをし, 枝別館てうち, 枝剥き垂れ天照る, 枝ならびにその, 枝の枝, 枝北枝かな, 枝十四子は先日女学校, 枝原源太郎達が到着, 枝原達の勝負, 枝及び田部行乞それから, 枝口演の, 枝瑤箏絃上曲, 枝右梧するも, 枝同士でもしばしば, 枝もない, 枝あの遺書, 枝君俺は今朝, 枝君君が一番, 枝吹き鳴らすモダン風駄々羅太鼓の, 枝啄み滅し去ると, 枝団長黒川が早く, 枝垂れのベコニヤ, 枝垂栗の自生地, 枝垂梅あり君, 枝売ってくれ, 枝夕さり寒し陽, 枝ク分レ下垂シテフサノ如シ白色ニシテ微, 枝大吉力代といったよう, 枝大方折れしを, 枝大楠立ちならぶし, 枝太郎あたりが老大家, 枝太郎のはやはり, 枝太郎歌六などの音曲師, 枝の腕ぐらゐの, 枝女子という若い, 枝子ちよと内, 枝子早朝より看護, 枝孫葉の家門, 枝左衛門の, 枝日枝といふ, 枝小さな枝を, 枝小僧が取, 枝尺取りなどのごとき, 枝山岨を断崕, 枝岐ニ御下リ, 枝岐小屋の隣り, 枝岐山を通られた, 枝岐川や只見川, 枝岐村ト尾瀬沼過半ヲ遮, 枝岩角などに縋っ, 枝岩角谷間に白い, 枝峰皺襞を作り, 枝工合なぞが次々, 枝の臂, 枝左臂に生ずべし, 枝差しだしている, 枝差し伸べて枝, 枝幹其儘で小, 枝幹莖葉を成さし, 枝幾本となく, 枝延びて緑なす, 枝折らるる虞なかりき, 枝張五十三間を数えられる, 枝形燈架や贅沢, 枝影それらのもの, 枝ん生, 枝恐ろしい樹木の, 枝態葉相これでは生命, 枝にあらはる, 枝房枝のいう, 枝に持っ, 枝手折って来, 枝扱き放つなり, 枝承諾のうえ, 枝折りしまたは鼻紙取り出だし, 枝折るべからずさ, 枝折れた松が, 枝抹疎として塞煙, 枝拾いじねんじょ穿が, 枝持って来, 枝推し分けて見れ, 枝提げて帰っ, 枝摘めば, 枝にし, 枝撓みて折れ, 枝擦れの音, 枝攀づる業は知らざる, 枝早くそういっ, 枝春錦亭柳桜のたぐい, 枝春風亭柳枝桂文治らが春木座, 枝時の間水につき, 枝のすがすがしい, 枝未亡人が師匠宅, 枝を盛れる, 枝朶細工などを生業, 枝朽幹なかば枯死せるの, 枝条密聚せる森林帯, 枝東枝やたらに, 枝枝等のかげ, 枝柄天神は荏柄天神, 枝柄天神祠前を過, 枝柏枝も演, 枝柯甚だ盛ん, 枝柯皇室の藩屏たる, 枝の濠ば, 枝柳桜が代表的, 枝の葉, 枝桂文治らが春木座, 枝の落葉, 枝の家連, 枝もてど, 枝椏縦横に交錯, 枝椰子の實, 枝のお, 枝槻千葉の大野, 枝と仰, 枝次に細い枝, 枝の人等, 枝と言う, 枝水一杯ささげる者, 枝没して数年, 枝沢山枝沢山を槙沢山, 枝のピラミッド形, 枝法モンタージュでハンケチ, 枝活けてある, 枝を作つて, 枝流川通名残橋阯カフヱーやおでん, 枝浪板藪畳の如き, 枝深い濕つた紫陽花の, 枝深くすぎ去つた幾世紀, 枝渡り空行く, 枝渡りして彼, 枝の葉, 枝ひ龍姿雷聲白雲, 枝から出る, 枝クシテ梢ニ葉アリテ松, 枝照る汀の, 枝熊吉と旅行, 枝燃えさして境内, 枝燭台さまざまな壺, 枝状その他の平板結晶, 枝状六花結晶を底面, 枝状樹枝角板中間型角板角錐角柱側面付角柱の順, 枝状系統によく, 枝状紋とか言う, 枝珊瑚樹を台, 枝松の, 枝ひ茂りて, 枝用事のこと, 枝の草, 枝白い瑠璃の, 枝的連接法とも呼ばれる, 枝移りしようとして翔けり, 枝ほのに, 枝立てたのは, 枝立木岩組波布浪板の如き, 枝を用意, 枝のかげ, 枝組織として具体化, 枝組違へ次第に, 枝結晶は直径一・五粍位, 枝結晶並に, 枝総て下谷広小路松源裏手の体, 枝総て八つ山下夜の模様, 枝総て湯島天神境内の体, 枝繁き山桜の, 枝繁く葉は, 枝繁りあひ広ごり, 枝繁りあひたればわれ, 枝繁蔓して, 枝美しい花が, 枝美しく編みたる間, 枝にでもさ, 枝なの, 枝から飛び, 枝自然な萩, 枝自身が信用, 枝花芒葛敗醤花蘭草牽牛花及瞿麦である, 枝苅るうちに, 枝荊棘に蔓, 枝華柳先々代柳枝先代助六先代今輔, 枝の小, 枝落しや植, 枝落北枝開これが宇宙, 枝葉繊維叢蔓芽棘すべてが互いに, 枝のさし, 枝蔵前の師匠, 枝蔽える木の葉の, 枝蝦しめ蠅の類, 枝が下手, 枝術的徳から区別, 枝裂けてお, 枝掻いて, 枝の籠, 枝見つけて手折っ, 枝角板中間型となる, 枝角板中間型角板角錐角柱側面付角柱の順, 枝角類はいろ, 枝諸共に伐り倒し, 枝豪快な若葉, 枝深く活けたる, 枝には依然として, 枝透いて簾越, 枝通い口の三尺, 枝続随子, 枝違った樹木の, 枝野人的な葉, 枝長くさす北, 枝門下の新進気鋭, 枝開これが宇宙, 枝附きのもの, 枝雀枝太郎あたりが老大家, 枝雀老人をもかかる, 枝離れたる花の, 枝の流るる, 枝に折れもやせ, 枝は出来る, 枝を凌げる, 枝露わな向う脛から内股, 枝青くしげりして, 枝靡くよう, 枝もせず動き, 枝頭万朶の春真盛り, 枝騎士道の花, 枝の枝, 枝高い草皆陰惨な, 枝高百尺とある, 枝鳴くものは, 枝鶴宗十郎のよう, 枝黒ずんだ巨幹それが