青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「枚~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

松~ 松本~ ~板 板~ ~枕 枕~ 枕元~ ~林 林~ 林檎~
枚~
~果 果~ ~果して 果して~ 果たして~ 果て~ ~枝 枝~ ~柄 柄~

「枚~」 13475, 146ppm, 726位

▼ 枚~ (3267, 24.2%)

61 紙を 56 名刺を 50 紙片を 39 写真を 27 絵を 23 紙幣を 22 紙が, 紙に 20 小判を, 紙片が 16 紙の 15 板を 14 板の 13 切符を, 皿を 12 原稿を 11 写真の, 新聞を 10 小説を, 新聞紙を 9 写真が, 小判が, 紙きれを, 葉の, 葉書が, 葉書を 8 ものを, レコードを, 半紙を, 姿で, 板が, 毛布を, 着物を, 障子が 7 ハガキを, 名刺が, 地図を, 絵の, 絵は, 金貨を, 障子に 6 上に, 着物も, 莚を, 葉が, 蒲団を, 金貨が, 銀貨を, 雨戸が, 黄金を

5 [19件] はがきを, 写真は, 原稿紙に, 号外を, 小判も, 戸が, 持主に, 方は, 木の葉が, 木の葉を, 畳が, 紙も, 紙切れを, 花弁が, 重さ, 銅貨を, 障子を, 雨戸は, 雨戸を

4 [30件] コンテ画を, ハガキが, ビラを, 下は, 切符, 十円札を, 十円紙幣を, 原稿用紙を, 図を, 差で, 手紙を, 書付を, 木の葉の, 板と, 歯形が, 油絵を, 浴衣を, 白紙を, 皿の, 端書を, 精巧複雑透明な, 紙片に, 紙片の, 絵が, 絵に, 絵図面を, 葉を, 葉書に, 長篇を, 風景画を

3 [75件] お世話にも, もので, ものである, ガラスの, ガラス板を, ドアを, 中に, 中の, 写生を, 切り札の, 切符の, 十円札の, 半紙に, 単衣, 古毛布, 夕刊を, 大きさ, 大きな紙, 寫眞を, 封筒を, 小判と, 小説は, 布団に, 布団の, 干物が, 御褒美, 戸は, 戸を, 手型を, 手形が, 書類を, 札を, 板に, 母の, 毛布に, 毛布は, 油絵が, 油絵の, 煎餅を, 男は, 画が, 画を, 畳の, 白い紙, 皿が, 皿と, 皿に, 着物に, 短冊が, 短冊を, 短册, 短篇を, 硝子戸を, 紙きれに, 紙と, 紙切が, 紙数を, 紙片と, 絵で, 絵葉書を, 自分の, 色紙が, 莚が, 葉は, 蒲団が, 蓆が, 蓆を, 衣を, 表に, 鏡の, 鏡を, 障子, 雨戸の, 額の, 黄金が

2 [231件] お守札, はがきさえ, はがきに, はがきの, ふとん, ままで, ものと, イノシシは, カードが, カードを, ガラス面が, シャツを, スケッチを, スケッチ板ばかり, トランプの, ハンカチーフを, ヒモノを, ポスタアの, マントは, ムシロを, レコードが, レコードは, レタアペイパアに, レター, レントゲン写真を, 下に, 予定だ, 仕切を, 便箋が, 便箋に, 写楽に, 写真, 写真さえ, 写真とが, 写真も, 冬着さえ, 処方箋を, 切り札を, 切手を, 切抜きを, 切符は, 別の, 刷物を, 力作, 半紙字が, 半裸体, 印刷物を, 原稿に, 受信紙を, 古新聞, 古新聞紙, 名刺で, 名刺に, 向うに, 吸取紙, 吹きめくられ釘一本, 唇が, 唇の, 唐紙に, 唐襖に, 図面を, 大作に, 大画, 大畫, 大磐石, 好い着物, 姿の, 寒さ, 寫眞が, 封筒が, 小さな写真, 小さな葉, 小切手が, 小判, 小判は, 小品を, 小形の, 小説に, 屏風で, 山絵図を, 布を, 布団が, 布団を, 布片の, 広告ビラらしい, 店に, 座蒲団を, 張板に, 彼方から, 必勝の, 懐紙を, 扉が, 扉の, 扉は, 扉を, 手紙の, 抜け落ちた時, 押絵の, 拾円札が, 挿画に, 掛蒲團を, 敷布が, 新聞紙が, 方が, 明りとり, 晴着を, 書きつけを, 書簡箋を, 書附を, 最後の, 木の葉に, 木の葉にも, 木の葉も, 木版画で, 木綿の, 札は, 札も, 朱い, 杉戸が, 板きれ, 板です, 板子の, 板戸を, 板片が, 桐の, 櫛の, 毛皮の, 油画に, 油絵で, 瀬戸物を, 火が, 点々は, 点数が, 煎餅は, 瓦版を, 用箋を, 画の, 画も, 畳も, 畳を, 痛手で, 白いブラウス, 白紙に, 白紙の, 白紙へ, 百円札を, 百円紙幣を, 的を, 盆を, 着換と, 着物すら, 着物と, 着物の, 短冊に, 短篇では, 短篇小説で, 石版刷の, 紅葉を, 紙きれが, 紙で, 紙とを, 紙は, 紙幣が, 紙幣と, 紙幣は, 紙札を, 紙片, 素材を, 絵でも, 絵像を, 絵看板が, 絵端書が, 綿入を, 美人の, 義歯を, 羽を, 羽織を, 翅を, 習作を, 肌着を, 肖像画から, 脅迫文を, 腰障子が, 舌は, 舌を, 花弁だ, 花弁で, 花櫛, 苫を, 荒莚が, 莚と, 萼片が, 落葉の, 葉と, 葉も, 葉書と, 蒲団に, 蒲團を, 薄い板片, 薄い紙, 衣に, 衣の, 衣服を, 袷を, 裸婦の, 褞袍の, 襖が, 襖は, 貨幣を, 貼紙が, 質札が, 赤紙は, 辞令を, 通牒が, 通知に, 遺書を, 遺言書を, 重さくら, 銀を, 銭, 鏡が, 長さ, 間から, 間に, 限られた画面, 障子の, 青い幻燈, 風景画は, 骨牌の, 黒い布, 黒板を

1 [1679件 抜粋] ああいう, あられも, うすい布団, うすべりとい, うち一枚が, うち五十枚今度口述し, うち売れ残りが, うんすん, お墨付, お杉戸, かきつけが, からだ, きものにも, くさりかたびらは, この名画, これも, すらりと, ために, つけ木を, と一面, なかから, なめらかな, は唯, ふたの, ほうが, ほんの一端, ままだった, むしろが, もえかけたむしろ, ものそれが, ものに, ものらしい, もの赤い, やうな, やつでが, ゆきちがいぐらい, よそいきな, アフタヌーン, エハガキだった, エロチックに関する, カルタを, カードに, カード型の, ガラスを, ガラス板で, キャビネを, キャンバスに, ゴザです, ザラ紙の, シリング銀貨とを, スウェターを, ゼラチンを, タブロウ全体でも, トタンが, トランプを, ニッケル貨幣, ノートル・ダムの, ハンカチを, ハンケチでは, パラフィン紙です, ビラから, ビラ幕を, フトンは, ブリキ板が, プログラムを, ホーガン紙です, マニユスクリイで, メモそれは, ルドンである, ルパシカを, レコオド, レコードでは, ワンピースが, 一円紙幣を, 丁度枕の, 上前歯を, 上衣また, 下着も, 不渡手形を, 並べた座布団, 中後へ, 丹前を, 乘換切符を, 事で, 五万分一図葉は, 五円紙幣に, 人工雪の, 人間の, 仕事は, 他所行, 何行目に, 作品が, 例より, 便箋全部を, 信号旗を, 俳句だけかと, 値打も, 先祖の, 入場券つまり, 入浴券であった, 全身に, 円板の, 写真だけ, 写真であった, 写真である, 写真に, 写真或は, 冬服と, 処も, 出所が, 切れ地を, 切符が, 切符に, 初めの, 前に, 前借證を, 割即ち, 創作に対する, 十円札が, 十円札まだ, 十銭ニッケル貨幣とを, 千フラン紙幣を, 半七, 半紙の, 卒塔婆へ, 印刷した, 厚い御, 厚さ, 原稿の, 原稿用紙の, 原稿紙を, 反射鏡の, 受取を, 古い板, 古い面, 古ゴザ, 古銭を, 合羽をも, 名刺だった, 名品が, 名画だ, 命令書を, 唐紙は, 四半頁大の, 図が, 図葉の, 圖を, 地方新聞を, 報告書に, 塩煎餅を, 壁であっ, 夏衣は, 外に, 外紙の, 夜具も, 大きいの, 大きなつばさ, 大きな布, 大きな絵, 大きな蕗, 大きな青ガラス, 大夜具, 大工の, 大注文, 大鯛, 天井石の, 奈翁金貨を, 女が, 女物を, 姿絵を, 子供が, 字数であった, 宗教と, 寄稿を, 寝袋共同の, 封緘は, 小さい油画, 小さき花弁, 小さな召集令状, 小さな油画, 小さな紙, 小さな縦板, 小切手を, 小判の, 小品だ, 小板, 小粒を, 小袖と, 小説, 小説には, 小銀貨, 尾羽を, 履歴書と, 島の, 差である, 巻紙ズラリ, 布きれとして, 布は, 布団から, 帆布と, 帷を, 帽子無し足袋なし, 幕が, 平面の, 年始状が, 幻燈の, 床板を, 座布団に, 座蒲団に, 張り紙に, 彩色石版が, 彼が, 彼方の, 御影, 必ず我劵, 意見書を, 慶長小判を, 戸に, 戸板が, 所にて, 扇の, 扉ごと外れた, 手形も, 手紙, 手紙でした, 折り畳んだ紙片, 折目から, 拓本の, 拾円札を, 持主へ, 捨て菰, 掛蒲団は, 揃いの, 揚代, 放浪児の, 敷きぶとんと, 敷物も, 敷蒲團の, 文銭が, 料紙を, 新しい葉書, 新聞の, 新聞紙, 方です, 方洗いましょう, 日本銀行から, 明智を, 映像を, 時も, 暖かい軍衣, 曲線から, 書き付けを, 書付が, 服には, 木の葉とが, 木札が, 木綿物位買う, 未発表, 札の, 朱盆を, 東を, 板ぎれをもてば何かしら大工仕事を, 板は, 板張は, 板片, 板自然の, 枯葉の, 柏の葉から, 株券を, 棚が, 楽譜を, 橋桁を, 檢討に, 櫛を, 次に文芸委員会, 歌留多を, 歯と, 歯よし, 歯形は, 死絵が, 毛布が, 毛皮に, 水彩を, 水色と, 汚れたハンカチ, 油画や, 油紙包みと, 洗い立ての, 活字ケースが, 浅草紙が, 浮草の, 浴衣の, 淡色街上風景が, 渋紙同様の, 漫画を, 火の, 炭素紙みたいに, 焼けたトタン板, 煙草の, 燻し金, 父と, 版画で, 物置に, 珍らしい, 瓦さえ, 生活と, 田から, 田を, 男が, 画から, 画にも, 画布によって, 画面きりで, 畑は, 番組につき, 番附は, 異なった布地, 疊も, 発売切符は, 白い前, 白い皿, 白紙が, 白衣が, 白金貨幣その, 百円紙幣が, 皮しか, 皺くちゃに, 皿である, 皿も, 直しものを, 眼と, 着換えとが, 着替への, 着物しか, 着物まで, 着物肌襦袢腰巻の, 短冊すら, 短篇, 短篇であり, 短篇小説は, 石を, 石版画, 硝子が, 硝子戸の, 祝儀を, 種板が, 穢い道服, 空封筒である, 窓硝子も, 童子格子だつた, 端書と, 筈だ, 筵の, 節約を, 紙, 紙きれの, 紙さへ, 紙であり, 紙にも, 紙位牌が, 紙切れとを, 紙屑の, 紙札が, 紙片であった, 紙片へ, 紙鳶が, 素裸, 素通し硝子であった, 紹介状も, 結晶の, 絵である, 絵はがきを, 絵以上に, 絵図面が, 絵図面でも, 絵画も, 絵葉書であった, 絹手巾が, 綴れの, 繪がか, 纏頭を, 罫紙を, 美人写真が, 美人画を, 美濃紙本で, 羽根では, 羽織と, 翼の, 聖マリア像を, 聯を, 肌着すら, 肖像の, 肖像画の, 背中の, 胸を, 腰巻が, 與八は, 色紙や, 芭蕉布に, 花嫁姿と, 花弁としか, 芸術写真に, 若い健康そう, 若葉が, 茣蓙を, 草色を, 莚でしか, 莚へ, 菰を, 萼片を, 葉すなわち, 葉つ, 葉をも, 葉書で, 葉書とともに, 葉裏に, 蒟蒻版が, 蒲団の, 蒲団白木の, 蓆とが, 蓋を, 薄い婦人用ハンカチ, 薄い紙片, 薄板尾瀬沼の, 薪割姿では, 藁莚を, 虹色の, 衣あら, 衣服が, 衣類を, 表紙を, 表面を, 裏に, 裸に, 褒美だ, 襖と, 襖の, 襦袢が, 見事な, 見苦しい姿, 角板が, 訪問名刺を, 証文ばかり, 評論明日の, 詩篇は, 論文は, 譜を, 貝がらには, 貴重な, 贋造紙幣が, 赤い舌, 赤札を, 走り書であった, 路地を, 身の, 車券を, 連壁が, 遺漏も, 金の, 金巾を, 釣り鐘マントを, 鉄板が, 銀子を, 銀貨も, 銅の, 銭から, 錢, 錢を, 長い紙, 長崎地図も, 長方形の, 長篇しかも, 長編を, 開扉が, 陽画の, 隔てが, 際どさ, 隣合せに, 隨筆も, 雨戸, 雨戸には, 電報を, 青い葉ッぱをおもちゃにしていました, 青年を, 青銅瓦が, 非常に, 革の, 音盤の, 頬かむりが, 額に, 風俗畫を, 風景画が, 飛び石の, 食券の, 骨牌を, 骨牌札を, 黄楊の, 黄色い花弁, 黒い上衣, 鼻紙は

▼ 枚~ (673, 5.0%)

13 手に 11 入れて, 持って 8 隔てて 5 書く 4 出して, 取って, 抱かされた, 残して, 選んで, 開くと 3 とって, めくって, 上げねば, 加えて, 四つに, 持つて, 私は, 縦に, 送る, 重ねて

2 [33件] かきそれから, かき更に, とつて, ふくんで, 与えて, 与へ, 二円で, 作る単色, 僕は, 包んだ紙包, 取り上げて, 取り出して, 夢の, 家へ, 少しばかり, 彼女への, 後年病臥中でも, 御褒美, 必要と, 掴んで, 握つて, 携えて, 書いたけれども, 書いて, 書くと, 結び文, 置いて, 自分の, 見ても, 買って, 蹴つて, 選択する, 郵送せよ

1 [505件 抜粋] あつめて, あつらえて, あぶつ, あわてて, いただいて, うずめるよう, うっとりと, おきみ, おとどけ申しました, お忘れない, お母さんに, お送りいたします, かいた, かいて, かき来たバス, かけて, きりぬいて, こしらえるの, こじ放すと, こッそり渡し, さげて, さし上げますし, しあげれば, しいて, しきりにパチつかせ, じょうずに, すっと抜取っ, そうっと引いた, そこに, そっくり含まぬ, そっと弥三郎, それぞれ念入に, たくさんある, だすやつ, ちひさくた, ちょっと拡げ, つかんで, つくつて, つけてるだけ, つまみ上げたので, つまみ出すと, とじた小本, とらせよう, とりあげ, とりあげた, とりあげて, とりだして, とり出して, とれば, にせ札, ぬき取って, ぬすみ取りなに, ぬすんで, のけると, のせる, はがして, はずして, ぱつと室の, ひらひらと, ふくんだ夜討, へだてた畦, へだてて, ほかの, またはれ, まとい息, むざとばかりに肩より, むしり取って, めくつて, めくらせピリリ, めくり起こして, めくると, もう二三枚, もって, もつた, ものしよう, もらい十ギニー, やるから, カマルー小の, ジルノルマン氏に, チーンと, ヒユウと, ピタリと, ブラ下げた, ホテイ・ホテルに, ラウダに, 一つ, 一両と, 一冊の, 一度に, 一日で, 一気に書いた, 七十五銭に, 三十か, 三方に, 三時間以上ずつ, 上納し, 下さったの, 下さつたの, 下さるという, 下さるのみ, 下された, 下に, 与へるこれ, 並べ十ドル, 二ツ折り, 二三年前に, 二倍に, 五十エスクウドに, 五十銭で, 五圓に, 人字形に, 仕立て上げろ, 仕立て得るとして, 代議士の, 以前の, 余して, 作った, 作らせて, 使うインク, 使った, 使用した, 便りに, 借りる, 元に, 元の, 入れた, 入れたる箱, 入れた風呂敷づつみを, 六百両に, 再びもと, 再び金庫, 写し取って, 写す予定, 准三宮聖護院道澄に, 准三宮藤原晴子に, 出し, 出した, 出すと, 出ました, 切り皮を, 切手貼っ, 判と, 別にしまつて, 利用し, 剥いで, 剥ぐ, 加えろと, 加ふ, 包んで, 十両と, 十四五字八行と, 十月一杯までに, 半ばで, 半分づつ繼いで, 半分に, 半分ばかりで, 卓の, 印刷し, 原の, 取つて, 取りあげて, 取りだした, 取りて, 取り上げ, 取り二本, 取り出し丸山, 取り寄せ知れる限り, 取り返すため, 取り返そうと, 取上げた, 取出して, 取出し紙, 取去りて, 取外して, 取除くと, 受け取って, 受け取らないうち, 受刑者に, 受取って, 合する, 同じよう, 同時に振り出す, 呑み瘟気, 呑むべしこれ, 呑めば, 呼ぶたび, 咬へ, 唇で, 喰べ, 噛り, 噛る, 四つ折に, 団長が, 固定し, 執った, 壁から, 外から, 外すの, 外套の, 多助に, 大きい紙, 大切に, 大屋さんの, 失われたが, 奉納いたします, 奪った, 奮發した, 女御藤原前, 娘に, 婆さんの, 寄進し, 寄附した, 密と, 寒くなった, 寒くなつた, 寝巻に, 寝衣, 対比し, 封入した, 将軍家に, 小夜子の, 山川技師の, 山田君に, 嵌めさせたが, 差して, 巻き続けて, 帯の, 平く, 幾日も, 式部卿智仁親王に, 引いたああ, 引きちぎつて, 引き破って, 引っかけたきり, 引っくり返すにも, 引っぺがすのは容易, 引っ外ずし, 引っ掴んで, 引抜いても, 張つた, 張り大, 張り終つた, 張るの, 彼の, 彼女に, 徃年欧米漫遊中購ひたる, 待ちこがれて, 待って, 得たり, 得る当, 御所へ, 徳市に, 心おどらせ, 忍んで, 思ひ出した, 懷に, 手がたなで, 手帳から, 手形がわりに, 手斧とともに, 打ちかけた姿, 打砕いて, 払つて唐物の, 把つて火に, 投げ出した, 投げ出しゃ俺, 投げ出すに, 投げ出すよう, 投出すと共に, 折った, 折り下, 抜いて, 抜かして, 抜き出した, 抜き取って, 抜き取りに, 抱かされたが, 抵当に, 押し返すやう, 拔き出した, 拡げ一気に, 拾い取って, 拾つて読む, 拾ひ取らう, 指した, 指し示した, 指の, 挙げること, 挟むの, 捨てると, 掌へ, 掘り出した美術愛好者, 掛けた死骸, 採るなら, 探して, 掩ひ, 掻っさらった, 揉んで, 描いて, 描きぬ, 描き終ること, 損じただけ, 撒布する, 放ちそれ, 敬二の, 敬太郎の, 数えられて, 敷いたほどの, 敷いた畳, 敷きその, 敷き上, 敷くばかりの, 數へる, 斬って, 日光に, 日日の, 日本橋とか, 景物に, 書いた, 書いたやう, 書きあげる, 書きくたびれて, 書きなぐつた, 書き上げたくらい, 書き下して, 書き了, 書き得, 書くごと, 書くの, 書了へる, 最後まで, 有つてゐる, 朝顔に, 柳橋の, 欠かしたこと, 武田の, 残した二枚目, 毀したとき, 母に, 毎日書い, 毛布がわりに, 水に, 水の, 水へ, 求む, 求めると, 波の, 泥だらけにな, 浄水に, 渡された, 湯番に, 漸くまとめ得た, 濡らしては, 無傷に, 無意識に, 無駄に, 焼き捨ててから, 煽って, 珍らし, 畑物を, 畳ね, 畳み込んで, 発見され, 発送し, 皆んな掘出され, 皆貴重品に, 皿に, 眺める眼つき, 着せて, 着たまま, 着て, 破いた吾輩, 破って, 破るか, 破るの, 祝儀に, 積まれたが, 積まれたとき, 積み重ねる, 積んで, 立て, 竪に, 第一, 筒巻きに, 箱の, 節ちゃんに, 節子の, 紙に, 素子に, 素肌に, 細かく割つ, 細かく引き裂い, 細く畳んだ, 細く疊ん, 絶版に, 縄でく, 繰って, 繰り手洗鉢, 繰り込んで, 置いた, 羽織って, 肉の, 脱いで, 脱く, 腰掛の, 自分で, 荒縄の, 葉子は, 蔵す伝えて, 薬料として, 虫めがねで, 表紙に, 被った三田, 被賜, 装飾的に, 裏返した, 裏返して, 製作した, 褥に, 見かは, 見さえ, 見つけて, 見て, 見も, 見ようという, 見るに, 見るよう, 見出した, 記録した, 詐欺師の, 読みながら, 読み返して, 読んで, 誰かに, 講義しか, 財布から, 貯へ, 貰って, 貰つただけ, 買いました, 買い求め懐, 買う資力, 買おうかと, 買った, 買ひ受けた, 買ひ申し, 買ふて見た, 買取り坊主頭, 買取るに, 貸したまわれ, 賜は, 賜わった, 賜わるという, 賞として, 質に, 購う, 購ふ, 賽銭箱の, 贈らせた, 越えたること, 越えると, 越して, 踏み破って, 身体の, 車掌に, 載せて, 追加し, 送りまた, 送り屆けた, 透き通し, 透して, 造り并, 重ね, 重ねたもの, 金博士に, 銜ませ, 銜み, 鋼鉄の, 閉め忘れてること, 開けさ, 開けた, 開けて, 間に, 除いたほか, 除いて, 除いては, 隔って, 隔てただけで, 隔てた多摩川, 隔てた鄰家, 隔てに, 隠して, 隣人に, 雄吉の, 電気蓄音機に, 面の, 頂戴し, 順送りに, 馬淵の, 齎らした

▼ 枚~ (628, 4.7%)

14 ない, 幾枚も 12 重ねて 11 何枚も 8 なかった 7 持って 6 出て 5 三枚も, 残って, 毀れて 4 ちぐはぐに, ないの, 二枚も, 書いて 3 ありません, かいて, かさねて, ないこと, 三十枚も, 五枚も, 出して, 撮って, 襲ね, 買って

2 [35件] あらずなりぬ, ある, あるその, かけて, たまって, ないはず, ないん, なかつた, はがして, 一度に, 上手に, 二十枚も, 入れて, 六枚も, 写真を, 出来ません, 売れて, 外れて, 張り重ねて, 撮つた, 書いた, 書くの, 束に, 欠損せず, 無かった, 皿を, 着せて, 着て, 紙を, 縫って, 読んで, 買わずに, 貼って, 貼つてあつ, 送って

1 [425件] あげたので, あった, あったでしょうか, あったと, あったよう, あったん, あった写真, あつたでせう, あやしかつ, あらうかと, あらざれど, あらず余, ありそう, ありそれ, ありませんよ, ありゃしないん, ありやしないじゃ, あると, あるという, あるの, あるよ, ある写真, ある化け物, ある醜, あわせたよう, いずれは, いや家中, いりませうか, うちへ, おあり, おごって, お出し, お持ち, お釣りに, かいたの, かいた行成風, かかずに, かかずにと, かかって, かかねば, かきつづけられる作品, かきました, かくの, かさねぞうり, かさねた寐巻, くだされないとは, くれないのね, くれなかったこと, ここまで, こころから日本, こしらえずに, こしらえたいが, ことごとく蒲団, この世に, この美しい, ございません, ございませんが, しまって, しまひ込んでや, ずらりと並ん, ずらりと懸っ, そういうもの, そうされる, そこここに, その面影, それぞれ額縁には, ためて, だせない, ちょっとした感想, ついて, つかませないこと, つかわぬ家, つくって, つくつた, つけて, つづいた終り, つるして, とって, とらずに, とりかへて, とれた, ないさ, ないと, ないといった, ないので, ないもの, ないもん, ないらしかった, ない事, ない狹, ない私, なかつたと, なく, なくかえって, なくて, なくなったん, なくなって, なくなるまで, なくやつ, なく手垢, なし床, ならべその, ならべた下, のこさず清掃, はいつて, はがれて, はめた, はられた, ひとから, ぶら下がって, またふえる, また改めて, みせて, むしりとつ, めちゃめちゃに, もう一つ下, もらわないで, やったろう, やつて, やぶれ候, やるの, よこした事, よろしいが, われわれに, ザラザラと, スケツチし, テーブルの, ハガキくれました, ハートが, ブラ下っ, 一枚, 一枚も, 丁寧に, 上の, 上らしい, 上手の, 下へ, 下画を, 並べて, 並べられて, 乗せて, 二十枚もの, 五枚もの, 交っては, 人に, 仕上げません, 仕入れたの, 伊作に, 何故も, 何枚もの紙で, 何萬枚も, 余って, 余計に, 作った, 作らせられた後, 使って, 使わない, 使わないところ, 借りて, 入って, 入つちや, 入つて, 写って, 写生を, 出させ額, 出したじゃ, 出しませんよ, 出しゃしませんがね, 出せば, 出ては, 出来っこない, 出来て, 出来てるもの, 出来ぬ事, 出来ませんでした, 切り散らして, 刷らせました, 割が, 割ったり, 割れて, 動かない, 勝手を, 包んだ方, 十枚も, 単衣, 参って, 反古が, 叔父の, 取り換, 取ると, 取出し好き, 受取って, 古びた外套, 合わせて, 吹き飛ばされちぎられた青い, 四十枚も, 四枚も, 四枚もの, 堆く懐, 増して, 壁に, 売って, 売れだの, 売れなくても, 売れませんでした, 売ろうと, 多く著す, 奮発し, 子供時代の, 封筒を, 小説を, 幾枚もの, 引かれて, 引き出した, 引っ張って, 引張らせる算段, 引続い, 張りつける, 役者が, 得ないという, 御描きなさらない, 忽ちの, 手に, 手にと, 手伝って, 批評を, 投げ出せば, 折りかさねた側, 抱えて, 拡げたなりに, 拵え上げたそういう, 拵へて, 拵らえ, 拾い出し論判, 拾い度, 拾って, 拾はせ, 持たないし, 持ち出して, 持った縞, 持っては, 持つて, 挙げると, 振りおとして, 捨てられて, 掃き立てた, 掘り出されないの, 描いたの, 描いたろう, 描いて, 描いてないの, 描かずに, 描かないで, 描きましたよ, 描き捨てられた反古, 描き直すという, 描くの, 描けなくなるの, 描けば, 換えるくらい, 握らせさえ, 損した, 損せず, 撮った, 撮ったん, 撮るという, 擴げたなりに, 数字と, 敷いて, 敷き詰めて, 敷けるだろう室, 新聞を, 早く速やか, 暗誦する, 書いたの, 書いた頃, 書かずに, 書かない, 書かなかった, 書かれないで, 書かんのにか, 書きすすめること, 書きそこ, 書きとばして, 書きなおして, 書きません, 書き上らないまま, 書き損じなくすぐ, 書き直しては, 書き試みたる趣, 書くと, 書くもの, 書けて, 書けなくなったり, 書けるかも, 最大限度にまで, 有る一冊, 朝飯前, 来ないもの, 来ぬ, 枠張りし, 枯葉の, 此の, 残さぬという, 残つてゐない, 残らず散りつくして, 残らず葉, 残らず集めて, 殖えなかつた, 毛布を, 水で, 江戸の, 渡して, 溜らないうち, 濡れなかった, 烏を, 無い, 無いと, 無いの, 無いん, 片隅に, 献納した, 現れる新年号, 用意し, 用意してなかつた, 画いて, 画かれたの, 画が, 画を, 畳みきれないほど, 畳んでは, 発見されなかった, 白紙だった, 白紙だつた, 皮を, 着が, 着てりゃいい加減, 着とらん, 着込んで, 破った, 破つた, 破り棄てて, 私すること, 私の, 稼ぎは, 稿を, 空を, 立派な, 納まらない, 累ねたように, 絵を, 続いた後, 綴じたの, 編んだよ, 縫い合しそれに, 繰り返して, 背中に, 花火の, 苫を, 菊半截ぐらいの, 落ちて, 蒲団を, 蔵って, 衆議院へ, 街路樹に, 見えなかった, 見せた, 見せて, 見せびらかせつつ, 見せられ外国人, 見たこと, 見出すこと, 見当らなかった, 見当りません, 見當らなかつ, 覚えしや, 読まぬ中, 読んだかと, 讀めなくな, 貰えた, 貰ひ, 買う人, 買えた, 買おうと, 買つ, 買つて勝つたで, 買は, 貼ってない, 貼りたる厚き, 貼りつけて, 貼りつけられて, 貼り付けて, 貼り出されて, 貼り合せて, 贈りましょうわい, 赤い着物, 踏み折られて, 返事は, 重な, 重なった用箋, 重なり合って, 重ねあわした, 重ねその, 重ねたの, 重ねたよう, 重ねたガーゼ, 重ねた上, 重ねた竪, 重ねる所, 重ねれば, 重ね幾枚, 重ね着, 金齒を, 釣れたならば, 鎧を, 長い椰子, 開けたくは, 間違って, 附いて, 随分変っ, 頭に, 頼む事, 首へ, 麗々しく掲げ, 鼠色に

▼ 枚~ (452, 3.4%)

54 なって 9 卸して 8 なった 6 して 5 なつた 4 おろして, なつて, なる 3 なると, なるの, 当たる, 書いて, 眼を

2 [23件] あとの, かう言, こう言う, しろ我々階級, なったこと, なった大男, なる時, のぼる, まとめて, 二三枚しか, 何か, 僕等人間と, 剥がして, 包んで, 及ぶ此等, 古机一つ, 大きく馬, 畳んでも, 白木の, 細々と, 自分の, 過ぎなかった, 青差一本それで

1 [297件] あたつ, あなたの, あまる逐字訳, あまる駈け出し, あるたいへん, いたせ買って, いち, いちいち桟, いちいち触れ, おはぐろ, おろしそれから, おろしたつて文句, おろし洗いづくり, おろし片身, おろす, おろすと, お京, かえられるとは, かなり達者, ぎらしたでしょう, ぎらしてくれることもあった, くらべて, くるまって, くるまり身心, こてこてと, こまかくつまっ, こまごまと, させられて, させ厚い, されて, されると, しがみついて, した, したためた行書, した頭, しては, しても, しなければ, しまた, しるされた自然, しろ長い, すべてを, せよといふ, そっと手, それだけ補, ちかいの, ちぢめたが, ちぢめて, ちぢめても, つくり蓼酢, つりこまれて, とりかかる, なし以, なったか, なったからと, なったという, なったの, なったら厚い, なった内地人, なった境地, なった女, なった時, なった浴衣, なった職人, なった鉄人, なった頃, なっても, なつてる, ならなかったと, ならぬうち, ならべ得られるか, なり, なりあるいは, なりそう, なりて, なりながら, なりぬ, なりズボン, なり丸い, なり広告面, なり手足, なり朝一回, なり鋭い, なるじゃ, なる修養, なる時節, なろう, なろうと, のぼるであろう, のぼるもの, ひきのばす, ひろげたのに, ふと目, べたべたと, ぼろぼろの, まくって, まとめ上げるの, みな海の, むこう鉢巻, むずかしい漢字, めぐり会う時, わざとらしい眉, サルマタ手拭で, シャツが, シャツ一二枚それに, シャツ一枚着, ドスを, ペンを, ポッケットへ, 一人と, 一人といった, 一升徳利, 一句ぐらいずつの, 一字ずつ, 一字の, 一杯ずつ, 一枚の, 一銭銅貨を, 一首ずつ, 丁重に, 上るであらう驚くべき嵩, 下された, 下して, 下ろして, 下部から, 不審な, 久々で, 乗って, 二十日も, 五円紙幣が, 亘って, 付き五錢づつ貰つて帶, 代えて, 代へる, 仮名で, 似て, 余る作品, 例の, 候文で, 假名で, 入って, 入るため, 入れたアマディオ, 入れたレコード, 兵児帯を, 出て, 切れる用紙, 到るまでも, 刷つた御, 刷つた粗末な, 剥かれて, 割き薄く, 割る, 包み灰, 包んだきり, 十年も, 千両も, 卸した鰺, 卸ろし, 及び, 和歌を, 圧さくし, 堅き約束, 堅く見えた, 堅めた, 墨筆で, 夜具をまで, 大概一日半掛り也海國兵談總紙數三百五十枚にて, 女の, 子供一枚, 客人一人の, 家持の, 寒天三本位使いましょう, 射す電光, 小粒青錢取交ぜ, 小銭を, 就て, 就ても, 平均三十箇くらいずつの, 平家を, 張り合されて, 当る, 当る代物, 彼女は, 往った, 成って, 手を, 折った巻紙形, 折って, 拮抗し得る, 描いた雪秋, 換えようとは, 日本地図が, 映りながら, 時服など, 書いたもの, 書いた密書, 書いた結び文, 書いた絵図面, 書いた至つて簡單, 書かれて, 書き直した, 書く, 桜桃二粒を, 極彩色桐に, 様々な, 櫻桃二粒を, 次の, 毛筆で, 汗を, 沢山は, 浄書し終った, 湯巻の, 漆で, 濃艶, 煮小豆二升, 燒け, 猿股で, 現れた文意, 甚だ下手, 畳んで, 白粉の, 皺くちゃの, 着かへて, 硝子嵌, 私の, 簡単な, 紅の, 紅を, 細々認めた, 細字で, 細工が, 細帯を, 細紐一ツの, 絹畳を, 続く, 縮めろといふ, 縮小した, 纏め上げた, 羊蹄の, 翻訳を, 而秀桂秀調関三常世片市半四郎紫若也, 肌寒い思い, 肩に, 腰な, 至るの, 舌平目の, 英介が, 薄墨で, 行を, 袴服を, 製図用の, 要約する, 見えました, 見入って, 見解を, 観て, 覺束ない, 觸れ, 記入した, 説明を, 説明図二百六十七図が, 貧乏徳利の, 赤い細帯一つ, 走り書きしたる, 跣足で, 近い, 近い大きさ, 近い小判型, 近い答案, 近くなった, 透き徹る明る, 通用するなら, 過ぎざるぞおもしろき, 過ぎないこと, 過ぎなかったが, 過般の, 達した時, 達するでしょう, 達する量, 達筆を, 達者な, 重ね作者, 重ね合わせて, 銀貨で, 鐵筆で, 長方形の, 限ったの, 限らず天津教古文書, 雀一羽描い, 青差一本, 静けさの, 頸や, 飛び付きました, 食い合わせて, 魚屋の, 鱧五本蒲鉾と

▼ 枚~ (319, 2.4%)

3 はとても, は肌, は肌寒く, 歩いて

2 [15件] あつた, すむの, はちっと, はなく, は肌寒い, もよい, 五文だ, 会葬御礼の, 全流域, 完結する, 小判の, 彷徨き乍ら, 片手に, 肱枕し, 震えて

1 [277件] ああ完全, あぐらを, あとは, あの小さい, あまり寒い, あらう, あらわれそのまま, いいくらいに, いいと, いいよ, いかんせん往来, いきなり立, いたって, いる人, うろうろさせ, おいでに, おしまいです, おまえの, おりて, お前さんを, お前も, お客を, かたづく事柄, かなりまとまった, かり出して, かれら, かろうじて継がっ, こと足ります, この壁画, これから毎朝跣足, これが, さえぎられた隣室, さえも書く, しかも大晦日, すっかり調べ, すみます, それには, それを, それ等を, たくさんじゃ, たくさんでござんす, たった九百円, つながって, できてるかの, どうなる, なりも, ねてた調子, はいられぬ, はうそ寒い, はこれから, はさぞ, はだし, はなし, はなはだ寒い, はふるえる, はやりきれない, はわるい, はダメ, は五十匁, は冷やか, は容易, は寒い, は小説, は待遠しい, は探偵小説的, は散歩, は書き足りない, は書け, は無理, は肩, は行かない, は足りなくなっ, は迚, は風, ぱっと寝床, びしよ濡れに, ぴったりつい, ふうふういう, べつたり, みんなに, もっとも褞袍, もできあがらなくっ, も取られ, も売らせない, やったん, やめに, ゆつくりのぞく, よいが, ガタガタふるえ, チャチな, ドアを, ニュッと, ヒョロリと, ピタリと, ベッドへ, ヤチギリやが, ラケツトを, 一ヶ月である, 一円それだけ, 一円五十銭くれ, 一団を, 一時間も, 一枚で, 一枚は, 一梱だ, 一生懸命に, 一目散の, 三千円だ, 三味線の, 三百円だ, 上着を, 不行儀な, 中じ, 乗って, 乗鞍ヶ岳の, 九州落を, 九枚で, 乳が, 乳母車を, 二円は, 二十銭よ, 二貫匁是だけも, 五十なんかと, 五十三円二十円位で, 五十両ぐらいに, 五十分きけます, 五文, 五百匁だ, 井伏さんの, 人命一つを, 仕事を, 仕切られ四畳半, 体操を, 何の, 僅かに, 八銭だ, 六銭熨斗と, 其の冷たい, 其冬を, 内海さんを, 冬空の, 凌いでると, 出て, 前後の, 前線に, 劔の, 動かして, 包めるとても, 包んだ上, 包んで, 十枚十一枚十二枚十三枚十四枚十五枚十六枚, 占めるよう, 即座に, 台所を, 吉五郎は, 喜蔵が, 喧嘩が, 四升を, 四貫目箱の, 囲って, 国へ, 地方を, 地方講演に, 売れるがなあ, 大体二十枚ずつで, 大威張り, 大学を, 太平洋を, 女人とともに, 客が, 寐たりという, 寝ころんで, 寝まき姿, 封書が, 小倉の, 左程, 御免を, 御用と, 応接間の, 慄へて, 或は二枚, 戸外に, 所望された, 扇子を, 拾銭の, 支配人に, 放ったらかして, 数百万人も, 是非ともそれ, 書店の, 朝鮮に, 来たの, 来た毛糸, 来ると, 東京に, 果報が, 柏餅に, 横坐りに, 此の, 歩き回って, 歯として, 殆前後を, 毎日, 水が, 汽車に, 沢山です, 洗濯, 洗濯物の, 海へ, 涼んで, 済まして, 済ませる人, 滑って, 漂流する, 片付けて, 狭いベッド, 玉を, 生命を, 真裸に, 穴から, 窓側に, 立ったまま, 立膝で, 精密な, 紛ふかた, 素足の, 細帯一つ締め, 終りで, 終るところ, 終るほど, 結構でございます, 結構で御座います, 編輯に, 縁側に, 肌に, 胴と, 腕まくりだ, 自分たちの, 自然に, 草鞋を, 葛籠を, 蒲団に, 蒲団の, 蟄居し, 血の, 裸体にも, 裾は, 見事に, 解職を, 誰か, 買えるの, 買った, 買ったとかいう, 赤い敷石, 走って, 足の, 足りないという, 足りなかつたらどう, 足りなければ, 踊り狂い, 踊る江州音頭, 過し板, 部屋に, 金の, 金一両という, 金庫を, 随分御, 障子へ, 雨戸兼帯だつた, 雲形の, 顫え, 飛ばしたつて, 飛ばして, 馘首された, 魔法博士に, 鵞鳥の, 黄色い人魚

▼ 枚~ (314, 2.3%)

3 なって, 小粒で, 繰り始めたが

2 [17件] すこし, その上, それから現金, なく描い, なく画いた, なっては, なつた, なり各人, 一銭銅貨二枚握った, 下一枚の, 下歯六枚, 外に, 引受けるから, 来ると, 皿を, 羽織が, 見て

1 [271件] あけると, あとから, あまり消す, いうと, いうならともかく, いうので, いえども, いっちゃ, いっても, いはれるが, いふと, いへども, いわゆる海, いわれる淀君自筆, うたわぬ前, おして後ろ, お化けの, お艶, かえられ私, かぞえます, きめ椽側, くしゃくしゃの, くつ下二足に, これも, しらべなば, そして大きな, その外, その心理的過程, その手, その肉筆, それから下着, それから小銭, それから白絣, それきり, それに, ぢの, つた處な, つづけさま, つづけて, つてくんねえ, なくうつされた, なくきちんと, なくその, なくつり, なくぶら下っ, なく一, なく一綴り, なく乾し並べ, なく何処, なく半紙, なく合さっ, なく小さい掌, なく川風, なく抱え, なく抽象的, なく振り, なく撮られ, なく書い, なく書き飛ばし, なく眺めた, なく短冊, なく落, なく落葉, なく複製, なく貰った, なく貼っ, なく貼りこまれ, なく高く昇った, なげこまれる紙, なった, ならぬでも, なりあついあつい, なり三百枚, なり二百枚, なり発送, なり百枚, なると, なるの, なるも, はしるよし, ほかに, まくらと, まとまったもの, まるい形, めくって, クイクイの, スープの, ビール一本, フチに, ペイジを, ポツダム宣言の, 一と, 一圓札二枚と, 一昨日兩國の, 一朱殘しました, 一枚, 一番おしまいに, 一緒に, 一銭銅貨五枚とを, 三マルクと, 三枚の, 三百円ある, 上から, 両方で, 久留米絣の, 二分金と, 二十円のが, 二坪ほどの, 二朱銀五枚が, 二枚その, 二枚の, 二行, 二行くらい, 云いたいほど, 云い直す, 云う, 云ったこと, 云ふ, 云わず三十枚, 五円一枚それから, 五十ドル札を, 五十銭札を, 五十銭銀貨一枚と, 五十錢銀貨一枚と, 五圓紙幣が, 五百フランのが, 交換し, 人絹の, 他家秘蔵の, 伊太利の, 余は, 余念も, 入口の, 入場券五千枚を, 八枚を, 六円二十何銭入りの, 円光の, 出て, 分厚く溜まる, 切り替られるやう, 剥がされて, 剥がして, 剥ぎ裂かれて, 勘定し, 匕首が, 十円札が, 十銭紙幣一枚それだけ, 半紙一枚に, 反物が, 古ラシャ, 同様に, 外は, 大きな卓上, 大なまくら, 失われて, 子供の, 子供達の, 存じます, 寄附し, 小倉の, 小型の, 小声で, 小折本孝経和蘭文典前後訳鍵二冊唐詩選掌故, 小掻巻, 小粒が, 小粒を, 小粒銀, 少々, 少しも, 少し行く, 少なくなつ, 工場へ, 引出しが, 思って, 思つたが, 思わるる真白, 恰度洋服屋が, 扇子あたしは, 手紙一本とで, 承り候, 持ち出されて, 指環とを, 掏り換え, 換えくれと, 数えて, 数えながら, 数えられる自動車, 新しい手拭, 書いて, 書かなければ, 書きつ, 書くこと, 書ける事, 書籍一巻とが, 書記が, 机一脚を, 柄の, 正宗の, 此の, 毛布を, 毛布一枚との, 洋傘一本とを, 減って, 漉いて, 熟柿の, 猟銃と, 男持ちの, 番傘を, 畳が, 白魚の, 知れず淋し, 研究を, 社会面を, 私とは, 秦皮樹の, 空つ, 算出する, 箱いっぱいに, 粉白粉と, 粒百六十ほかに, 紙を, 細字に, 紹介状を, 紺単, 続いて, 繰りひろげます, 繰り行けば, 美味そう, 胴としか, 脱ぎ棄てながら, 茶碗が, 茶碗と, 茶菓子一皿を, 葡萄酒を, 薄綿入, 衣服を, 表紙用の, 襦袢一枚, 見られ得る, 見られ得るから, 言つても, 訳しおわると, 証文の, 認め難い, 読まない中, 読まぬうち, 読んで, 謂はれ, 讀まぬうち, 買って, 貼りかためて, 質の, 走り書きの, 進んで, 適合した, 郡の, 重ねて, 金銀貨併せ, 鉛筆と, 銀貨銅貨を, 銅貨を, 長いの, 障子二枚を, 電車切符しか, 青差一本という, 頁を, 食物を, 鮫の, 麻の, 黄玉の, 黙って

▼ 枚~ (300, 2.2%)

14 いって 4 いつて 3 づれし溝板の

2 [15件] いつでも, お定, ここに, づしてをいたが雀の, どなたです, 三更に, 下へ, 今晩三更に, 寝台に, 巨勢博士の, 時を, 自分の, 門に, 頭の, 髪の

1 [249件] あきらめても, あの通り, あまり見苦しく, あらうと, あると, いただきました, いってるきり, いつもジットリ穢れ, いて, いやだ, いるでしょう, いわゆる中落ち, おろか紅白粉などさえ, お前に, かけて, かけるでしょう小説, かばんに, かばんへ, きて, ぎおとす時腰に, くっつけて, けれあ, こう毛, この人, この分, この年二月二十三日, この種, これだ, これも, これを, これ等の, こわれ一枚, さう, さながら魂, さんであった, しじゅう開い, じきである, すぐ出来るだろう, すべて鬼六が, その女, その家, その朝嚴重, その都会, その項, つきり, づして淡島明神と, づして見る, づれて並べし, どだいお金, どっしりと, どの子ども, なれて, ひつて, まぎれも, まつて, めんどうじゃ, やはりお盆, やはりその, やはりぼーっと明るかっ, られました, わるくないでしょう, グチャグチャに, ペロリと, ペン字で, ホノルルの, ボロボロで, マア三ヵ月ね, 一八三二年六月十五日の, 一八八六年に, 一日の, 一枚と, 七つか, 上田の, 上等兵の, 下に, 世の, 乾草商人の, 二十四両どう, 二千四百四十円ばかりの, 井崎八郎の, 人が, 今剪, 今日の, 仕上げる積, 他の, 余所目を, 使ったろう, 傑出した, 元来は, 八犬伝の, 八端それに, 函の, 分けて, 十か, 十七世紀末か, 十二フランの, 又ポチ, 友人, 双葉山が, 反古紙に, 受取証一枚は, 口述, 古代希臘か, 同製作部主任佐瀬龍, 和文の, 喫べて, 喰べ, 四十七円に, 地面に, 執筆し, 売れて, 売れるとの, 外記が, 多すぎらと, 多分同, 多計代, 大分後に, 天保年間と, 夫人が, 女, 女物であった, 姉さんたちに, 婦人雑誌へ, 学校に, 定まりたる身, 客の, 室内で, 家へ, 家族が, 寒い庭前, 小型の, 小説を, 少し短く, 少なくも数百円, 尾翼に, 局半に, 工面する, 帝國圖書館で, 干して, 平気で, 廊下へ, 引き受けて, 形だけ, 往復葉書で, 必ず仕事, 必ず写生, 必ず懸け, 必ず添え, 必ず靴, 慶應二年頃と, 我手し, 手に, 折り目が, 敷けるであろう一間, 文士の, 文字が, 新しいけれど, 新帰, 時候見舞と, 暗誦しなく, 書けない, 最も大型, 有名な, 本式のが, 机の, 東洋真珠商会主下村豊造氏の, 柳橋の, 栗原で, 株屋の, 植ゑてしまつた, 横文字三十行位の, 樹下に, 正己, 残って, 毒に, 水の, 汚れて, 沖合の, 波の, 流れに, 澳門で, 濃いの, 為替券若く, 無くては, 特にその, 玄人が, 用意し, 男一枚は, 男物であり, 番頭の, 白紙だった, 白紙だつた, 白綾一枚は, 白金では, 皆んな贋物の, 着せるだらうと, 着物を, 砂地が, 破れ穢れて, 確かに, 神業で, 秀子のに, 私が, 私に, 私の, 私のよ, 窃んで, 箪笥の, 米の, 糊で, 絵を, 綿の, 美しい妙齢, 背を, 胸に, 胸を, 脚を, 脣弁で, 腰に, 芝居の, 落ちた余, 藤を以て, 表題或は, 袂へ, 見るまで, 読みました, 読むと, 警視庁の, 貰って, 貰へ, 貴方にとって, 買えるの, 買った, 返したそして, 透徹る, 連續した, 遠州掛川宿, 酷いねえ, 野菊の, 銀の, 閉めないで, 開いたま, 閲兵式場の, 青年文士が, 順に前, 風に, 骨が, 高浮彫, 高野山へ

▼ 枚一枚~ (204, 1.5%)

5 繰って, 見て 4 めくって 3 めくつて, 調べて 2 あけて, とりだしては, と見, に眼, の点々, の葉, 剥いで, 脱いで

1 [168件] あけては, あらためて, かきわけ検, かぞえて, がカチカチ, が同, が浮き上っ, が金箔, きたながら, くっきりと, くばって, この畳, しのり, しらべて, すこしずつ, するすると, ずうずうしい位, たしかめて, ちぎつて, でおまえ, では, とあまり, といわゆる, とその, とめくっ, とペイジ, とポツダム宣言, と他家秘蔵, と余念, と円光, と剥がされ, と大きな, と持ち出され, と社会面, と箱いっぱい, と紙, と繰りひろげます, と脱ぎ棄て, と衣服, と貼りかため, と重ね, と頁, どんなにそれ, ながめたのち, ならべて, にいちいち, にしるされた, にまくっ, にみな海, にわざとらしい, にポッケット, に堅め, に彼女, に日本地図, に映り, に書い, に様々, に紅, に観, に説明, に透き徹る, に長方形, に静けさ, ぬぎすてられて, のすき間, のふち, のガラス, のレコード, の写真, の前, の図, の図葉, の板, の橋桁, の歌, の片面, の甘蔗, の田, の紙, の羽, の貝がら, の重, はいでも, はいでやったあげく, はぎおとす時, はぎ取るやう, はぐって, はっきりかい, はっきり見え, はつ, はなれ, はられました, ひっぺがしては, ひろげて, ひん飜, ぽろりと, まくって, まくりはじめたの, までが肉, むいて, むき始めましたが, むしって, むしりとって, むしり取りました, むしる, めくりとるよう, もぐの, も書き損じなく, ゆっくり寸, よく調べ, をつくつ, をとりあげ, をめくっ, を使う, を取外し, を大切, を拾つて, を書く, を無意識, を皆貴重品, を眺める, を私, を虫めがね, を見よう, キラキラ強い, ヒラヒラと, 剥がされて, 剥がれて, 剥ぎ取られて, 剥くられては, 剥ぐよう, 取っては, 取れて, 取出すと, 叩き試みて, 売るん, 外されて, 引きちぎり, 悠々と, 押して, 拝んでは, 拾って, 持ち去られて, 挽くの, 掛けかえる繁雑さ, 揃えて, 描きにか, 撫でて, 数えて, 暗いひだ, 検めて, 洗いだしたので, 異なった作, 白い壁, 積み重ねられて, 絞りながら, 編みました, 縫って, 繰り出し始めたの, 脱がされた, 脱ぎ去って, 読み進んだ, 調べましたが, 貼って, 輝いて, 運ぶ役, 配って, 開いて

▼ 枚ずつ~ (156, 1.2%)

3 分けて, 書いて 2 くれた, キチンと, 扉を, 数えて, 着物を, 薄赤い, 音を

1 [136件] うす膜, おいて, おどる, かかえて, くばって, くれるから, くれるなり, くれるん, さかのぼって, せっせと束, そこに, その画札, それに, それを, だった, つけて, つるさせました, であった, ですって, で六回, とっても四千円, とどけて, ぬいで, のせて, はぎとって, みんなに, むしりとる, めくって, めくられて, もらって, やって, やると, やわらかい四角, やわらかい地面, タイテイの, ディクテイトし, ハガキを, バカ丁寧, レコードを, 一度に, 丁寧に, 七集まで, 三列に, 下すった, 両方の, 並べると, 中の, 二人の, 二度も, 伸子と, 克明に, 入れさせて, 入れて, 公平に, 写して, 分けられる, 切手を, 剥げて, 剥げ落ちて, 十二ヶ所そして, 取りのぞいた, 取り上げて, 取り出して, 取出し検めては, 合計十枚ある, 四回書いた, 女たちに, 女の, 客へ, 小さいお喋り, 平たく並べ, 延びて, 引上げた, 役人に, 念入りに, 手渡しでも, 手紙の, 投げては, 抱えて, 括って, 拾い上げて, 持って, 掲示板と, 改めて包装, 数えで, 新しい油画, 書かした, 書簡箋を, 月に, 月の, 村じゅうへ, 東妙和尚が, 様々の, 洋服ズボンシャツみんなぬぎ, 渡した, 渡す, 渡すと, 灰皿が, 炉の, 白銀の, 真田の, 祝儀として, 私の, 竹の, 紙を, 紙函に, 素子に, 絵が, 置いて, 美濃紙に, 脱ぐ, 茎に, 葉が, 著け, 衣を, 裏返して, 見てさえも, 誂えまして, 謂わば, 貰い筆記, 買いますよ, 買ったもの, 貼って, 貼り付けて, 質も, 送った, 都合一年に, 都合三袋で, 配って, 重ね数十枚, 鎖してない, 開けて, 頁を, 頂くこと, 順に読み直し, 食卓の

▼ 枚~ (151, 1.1%)

3 とこは

2 [11件] ある, あるに, ぽろりと, 一度に, 三文二枚で, 何かの, 何万枚と, 入って, 百と, 紛失し, 開いて

1 [126件] あった, あって, あの大, あります, あるきり, あるだけ, あるの, あれば, いかに江戸, いつまで, お前の, かりにどこ, さね, さねの, すこしはす, それほど貴重, た役者, た男, ところ, ところ心あたりが, ところ開い, どうしても欲しく, どう書き直し, なか, なくなって, ならんで, はいって, ばりばりと, ふいに, ふっくりと, もう無くなった, やはり自分, よく整斉, カチカチと, ドガアの, ポッカリ黒い, ポンと, ヤットしかも, 一ヶ処に, 一体いくら, 一円である, 一尺ほど, 一枚の, 万金以上に, 三列に, 三十円以上を, 三十度位あ, 三十枚ながら, 上に, 下の, 下谷御, 並べられて, 二つの, 二十五銭であった, 二間四方ほど, 五分間も, 今は, 他の, 何の, 俄かに, 俄に, 倫敦の, 僅かに, 出来上がって, 助かつ, 千円の, 半分ほど, 卓の, 印度ゴムの, 合綴し, 同じい姿勢, 届けられて, 嵌まって, 広げられたまま, 延びて, 往来へ, 必ずしも茎, 恥かしくて, 惜しいわけ, 惜しくて, 挙げられる, 揃うと, 数十万円の, 机の, 案外の, 桶そのものの, 正本の, 水際立つて, 浮き上って, 潤ひ, 犬歯それから, 白ペンキで, 百円札, 盗まれても, 目標です, 真中で, 砕けて, 破れて, 破れようとも, 突然その, 紅色の, 紛失した, 細目に, 缺けて, 義歯で, 股の, 自分に, 自分の, 舞い込むん, 落ちたので, 裂き棄てて, 見えたり, 語り貌, 警察の, 貼り附けて, 贋物では, 身上だ, 載せて, 載って, 載つて, 金箔に, 鋸の, 門歯四枚が, 雑と, 音も, 颯と幅ひろ

▼ 枚~ (119, 0.9%)

2 せいぜい二枚, 事に, 二枚の, 重ねて

1 [111件] あった, あったが, あったところ, あと三十枚四十枚という, あります, ありシュナーベル夫人, あり手甲甲掛け, あり父, あり私, あるが, あるでしょうから, あると, ある其短册, ある短冊, かかげられて, かつてゐた, こうと, して, それで何, つかんで, つまれて, でした, なし, ひきぬいて, ぶつて, もって, バラバラと, 一枚半を, 三十枚だつた, 三枚, 三枚かづ, 三枚は, 三枚出, 三枚貼った, 三枚開いた, 下に, 並べて, 二十枚あらかじめ, 二十枚か, 二晩に, 二枚かが, 二枚半の, 二枚掛け通し, 二百枚かい, 二錢玉を, 五枚当てた, 今の, 何千枚か, 入った千両箱, 入れたコップ, 出て, 卅枚綴合せ, 南京虫の, 卷いて, 取り出して, 取出して, 四五枚ぐらいの, 四枚かを, 四枚で, 四枚の, 墨で, 壁を, 売れて, 家の, 封緘を, 巣の, 幾つの, 引かへに, 引き破って, 或は四, 抜出して, 持たない家, 持って, 持合せが, 描いて, 描き込むであつた, 撮っただけ, 敷き込んで, 景気よく, 書かせようという, 書き上げた, 書き溜めた原稿, 札か, 来まして, 残して, 残って, 殖えた, 渡して, 百五十枚で, 百五十枚の, 百枚ずつ, 百枚の, 皆のせた, 知れぬ程散乱, 積み重ねたよう, 紛失した, 続いて, 縦に, 縦横に, 聴く機会, 袂に, 見える, 見せた, 見た記憶, 見られること, 貼重ねて, 重ねたから, 金の, 鋲で, 飾られて, 鷲づかみ

▼ 枚かの~ (115, 0.9%)

11 紙幣を 3 レコードを, 原稿を, 絵を, 銀貨を 2 ビラを, 作品を, 写真を, 小判が, 銅貨を

1 [82件] うすい氷, かなり厚い, この手紙, その原図, やうに, カンヴァスの, カードを, セザンヌの, ビスケットを, ポスターが, レントゲン写真を, 一シリング銀貨や, 丁を, 下図を, 中の, 六, 写生を, 写真とが, 写真の, 切手の, 千円札を, 千圓札を, 半襟を, 古新聞紙, 図面には, 夜具が, 大鋸小鋸と, 女の, 小さい綴本, 小判は, 小判を, 小説を, 居催促大人に, 干し物が, 愚にも, 手の, 拾円札を, 文放, 新しいタオル, 新聞は, 書きつけを, 木の, 札の, 東京地図は, 板の, 模写を, 残りを, 法幣を, 浮世絵を, 海洋図が, 現像を, 百円札であっ, 盆を, 着替を, 着物と, 着類が, 穴あき, 窓ガラスは, 端書を, 筋書だけ, 紙で, 紙に, 紙幣に, 紙幣の, 紙片の, 絵が, 絵葉書に, 羽とを, 習作の, 自叙伝体小説を, 色物の, 葉を, 蓆を, 薄板を, 衣を, 貨幣を, 金貨で, 金貨であります, 銅版画を, 銭を, 附箋が, 黄金に

▼ 枚だけ~ (112, 0.8%)

3 残して, 渡して, 開いて 2 である, 手に

1 [99件] あけ空, あって, あとは, ありました, いま申しました, しきゃ着て, すこし動く, そっと出し, たった一枚, たりないの, だ, だし, ちょっとほんの, ついて, であったが, であの, でいい, です, でほか, でよかっ, で三人, で小路, で洗, どうしても話, どうしてゆれたらう, なら買えるん, なん, はいだ, はいでみれば, はねて, ひら, ひらひらと, ふさった, やや氣, コジ開けられ, サラサラと, 一時間ほど, 丁寧に, 上へ, 余計に, 入れかえて, 出したきり, 出て, 出來上, 取って, 取り出し, 地方新聞が, 増刷りされた, 声帯模写を, 外からは, 外されて, 多助に, 天井板を, 少しの, 山の, 巻き上って, 座ぶとんが, 引き, 懸けて, 拔いた, 拵え上げ腹心, 持ち出したやう, 持って, 挿画を, 掛けること, 数えて, 敷いて, 明けた乾物, 明け放した雨戸, 暗誦し, 暫時拝借し, 書いた本社用, 極印を, 横に, 欠けて, 武家あがり, 残しました, 殘し, 溜りました, 着せかけたが, 着せて, 空中に, 紅葉し, 結び直して, 統制官の, 絵に, 絵はがきを, 義歯で, 落したの, 落ちて, 蓙を, 買いに, 送る, 開けさせた, 開けて, 開けひろげて, 開け放つたま, 雨戸を, 黄いろい灯

▼ 枚ばかり~ (111, 0.8%)

6 書いた 3 持って, 書いて 2 私の, 買って, 重ねて

1 [93件] あるそれで, ある外, おみやげに, かけて, きり書けなかった, じとじとした, たまって, だから, つくりそして, でお, です, です短篇, とにかく終る, のと, のを, ばりばり芝居, フトかいた, ブラさげ, ペシコフ爺さん, 一つも, 一銭切手を, 並べて, 二つ折りに, 今でも, 仕事した, 俳文めいた, 其庭葢の, 出して, 出た時, 出品する, 半切十数枚書いた, 半蔵の, 単衣, 厭だ, 取って, 取出した, 合わせて, 咲, 国へ, 大体完成した, 寄付した, 封筒に, 小さく疊ん, 引うけ, 引っ剥しました, 後ろへ, 戦地の, 手紙かきかけ, 抜書きさせ, 持ち出して, 掩うた, 撮った, 新聞を, 書いたねたの, 書いたの, 書いたら精根, 書いた単に, 書いた後一二枚, 書きちらすと, 書きなぐって, 書きました, 書きます, 書きますと, 書き上げた, 書き寿江, 書き読書, 李に, 浮かして, 発送しました, 皮膚を, 瞬間写真を, 約束する, 終り, 繰った奥, 缺けて, 自動装置の, 色々と, 荊の, 裏の, 見たわ, 見た所, 読ませて, 貰いたい, 貰って, 買い込んで, 贈つて, 起草すべき, 載せて, 鋪ける, 開けた戸, 開けた雨戸, 開けて, 附木の

▼ 枚でも~ (110, 0.8%)

3 二枚でも, 何枚でも, 描いて 2 いいから, 三枚でも, 十枚でも, 書いて, 自分の, 買って

1 [89件] あいつの, あなたの, あらア, ありましたら私, ある, い, おろそかに, お嫂さん, お描き下さい, この庭, それを, だまって, わたしの, 一時に, 一篇が, 一行の, 三十枚でも, 三度数え直し, 三枚でもか, 下駄一足でも, 二まい, 二枚で, 五枚で, 五枚でも, 今の, 何だ, 何千噸何万噸の, 余計に, 使へば, 兎に, 割るは, 勝てないの, 十五枚でも, 原稿を, 口を, 圓朝ノホホンと, 壊して, 売れるだけ, 多くの, 多く売らなけれ, 多く持つ, 夜ふかしを, 大切に, 大切の, 天下の, 好きな, 好意の, 実に大切, 市場に, 引き受けるよ, 手が, 手で, 手製の, 打砕いたが, 拵えろそこ, 持つよう, 掌の, 描かせようとまで, 描くの, 数百金に, 敵に, 暮らせば, 曲がねえと, 書かせるの, 書かそう, 書きあげるつもり, 書けたかね, 書けるぢ, 枝から, 欲しいと, 止め常に, 残す方, 殖えるの, 活字に, 渡さないと, 滿足な, 無駄に, 着せて, 着物を, 秦宗吉の, 結構小説, 自分たちの, 複製が, 見ては, 読む人, 読む勇気, 買つて呉れる, 重ねて, 食わないと

▼ 枚~ (97, 0.7%)

3 の肋骨 2 だから, の半分, の戸

1 [88件] かにたずぬる, かの, かの原稿紙, かの衣裳, からずらりと, から五枚目, から書, がばさばさ, がポカリ, ぐらいからつかみはじめ, さへツ, だけ, だぜ, でここ, でゐ, で一ぷく, で小松山, で生れ乍ら, で藝, で通るだろう, ということ, といった顔, といふところ, とかいう立派, とかいふ伊勢屋, として優遇, との間, とはいえない, と立役, なんぞの柄, にあらわれ, にある, におりました, にかかる, にしたてられ, には彼, に光丸君, に廻った, に引っかかっ, に当った, に据, に据えられた, に据ゑられた布袋屋萬三郎, に書い, に羽州山, に附く, ね, のやう, のよう, の二つ, の名, の売れっ, の大, の小判, の小磯扇次, の橋板, の煎餅, の目録, の着物, の紙, の紙札, の素顔, の終りあたり, の肋六枚目, の返事, の隅, の額, の顔, は, は一桁, は四等, へかけ, までとった, まで書いた, まで書きちらすだろう, まで番号, も出来ぬ, をかけ, をこしらえ, をし, を半分喰べた時満腹, を張っ, を張り, を用意, を語りし, を蹴る, を開い, 然と

▼ 枚しか~ (75, 0.6%)

8 残って 3 なかった, 無いの 2 ない, ないの, ない封筒, 残つてゐない, 無い, 無かった, 着て

1 [47件] ありません, ありませんでした, ありませんので, ありませんよ, おあり, くれないが, ついて, ないきもの, ないこと, ないので, ないん, ないオーバー, ないネル, ない亜麻, ない苗木, なかつたから, なかつたな, なかつた布團, なくあと, なくほんとう, なく六枚分, ねえん, はかどらなかつたよ, もって, わたしてないもの, キップなど, 仕事を, 出けてを, 出來, 刷られなかった, 手に, 持たないの, 持たない蒲団, 持って, 持つて, 持て居ないの, 書いてないが, 書けず, 無いどう, 無い保雄, 無い着物, 無い絹物, 花びらは, 葉が, 買は, 遣りゃア, 開いて

▼ 枚ほど~ (73, 0.5%)

2 しかなかつた

1 [71件] あった, いつ頃, お勝手用木綿の, かいたの, かいて, かき, かきそれから, この絵巻物, ござりまする, ごっそり買っ, すべって, そへ, だつたの, つるさんの, でしょうね, わたして, ガッと, 一ヶ月ほどか, 中味が, 今日の, 入って, 入つて, 出して, 出しました, 出て, 出來, 出来上りあと百枚か, 削った樹, 前へ, 喰わせて, 四人で, 彼女も, 急場に, 懸って, 手ずから綴じ, 拾いあつめるん, 持つて, 持てあましたるもの, 揃へ, 敷かれる庭, 敷かれ其の, 敷き一双, 敷ける, 明るく照っ, 明日の, 書いたが, 書いて, 書いてから, 書かれた原稿, 書き上げたところ, 書き例, 書き得たり, 書き込みを, 書く, 楽に, 樂に, 歴史文学について, 発表しました, 相當, 短册, 続篇として, 綴じたもの, 蔵われ, 貰つ, 購つた, 距つては, 重ねて, 閉まって, 閉めずに, 開けて, 開けると

▼ 枚ある~ (60, 0.4%)

4 のだ 32 きりだった, だけだ, んだ

1 [47件] うちの, かということ, からお, からこれ, から番頭, か二千枚, か実に, か実は, がこれ, が松年先生, が権威的, きりで, きり客用の, ぎりである, ことは, これは, し枕, そうだ, その図, ぞ, だけそれ, だけで随分, だけな, だけ何, ぢや, といふの, とか小さな, とか職工達, と思つて, ね, の, のを, はずだ, ばかりだ, ひは, ものは, もの三枚の, わけで, ガラス戸を, 切りであった, 前から, 是れで, 筈だ, 筈な, 著物, 蜥蜴たり, 障子を

▼ 枚ほどの~ (54, 0.4%)

3 小説を 2 原稿が, 賀状に

1 [47件] かわらが, これも, ちょうど頃合, もので, ものでした, ものを, ものをといふ, もの連載しよう, センベイの, 一冊を, 事で, 仕事でも, 作品が, 作品な, 分量を, 原稿紙だけ, 原稿紙の, 原稿紙整頓し, 叙事詩をも, 大い, 大きい蝦蟆, 大きな絵, 大繪圖面, 小さく疊ん, 小説, 小説の, 幅の, 文学史めいた, 書き込みを, 枚数の, 栗板が, 画布を, 短い小説, 短冊上京後の, 短文である, 短篇を, 短篇小説を, 空所が, 絵はがきを, 絵図面が, 綴本で, 草稿は, 草稿を, 距離が, 距離を, 長編小説に, 間に

▼ 枚~ (54, 0.4%)

3 になっ 2 にし, になった, の外, を買っ

1 [43件] ありし事, がある, であんまり, でも売れ行き, とかに出る, として売り出され, などを見馴れ, においても決して, にこれ, にさえ出た, にさえ描かれた, につき, にてその, になり, にね, には明, にも負けないだろう, に向った, に描かせる, に描かれ, に描かれた, に時として, の美人画, は, はその, は元禄以降正徳年中, は巧, は髷, もある, もよかっ, をお, をかい, をかいた, をそれから, をながめ, を一心に, を思い出し, を抱い, を持っ, を描い, を見, を見る, を頼ん

▼ 枚ばかりの~ (52, 0.4%)

3 小説を 2 もので, ものを, 原稿に, 短篇を

1 [41件] ものも, チケットを, ニュース演芸を, レコードを, 中で, 写本題し, 写真が, 勉強を, 単衣, 原稿でした, 原稿らしい, 原稿を, 原稿用紙だけが, 同じ形, 器用な, 壁紙の, 小判を, 小品, 小品だ, 小説, 彌生子感想を, 往復端書を, 感想を, 文章, 文章を, 真中に, 短冊に, 短編を, 紙片を, 色褪せた書簡箋, 蒲団を, 蓆が, 處女作を, 蚕が, 評論を, 長篇と, 長篇とを, 長篇を, 間に, 頼信紙を, 鴎外漱石荷風の

▼ 枚以上~ (49, 0.4%)

6 の小説 2 お買求め, といふこと, のもの, の長

1 [35件] あって, ありました, ある, かかるでしょうから, かくの, になった, になったらしい, のレコード, の仕事, の切り札, の原稿, の巨, の新作, の連中, の重量, の雪, の食, は, は確か, もたまっ, もっとある, もの写真, も巧み, も撮っ, も敷け, をよむ, を書い, を記すべし, を身, 在る, 書いては, 書けたこと, 積めば, 続けるなんて, 貼ったほどの

▼ 枚~ (49, 0.4%)

2 のもの

1 [47件] あり長楕円形, しかくつつい, ずつこの, ずつね何時, ずつわれわれ, ずつ書い, だつた, でしょう, なし, なら刈, にすぎずし, になっ, に書い, のこと, のスピード, の中篇, の仕事, の写真, の凧, の厚, の小説, の蒐集, の輕, の返事, はきつ, は損, は枕, は欲し, は着せられる, まで時々, もあろう, ゐお, ゐ出来たん, ゐ書いて, ゐ進んだ, を同時に, を水, を独り, 厚いの, 強い人, 悪い家, 書いて, 書けない位, 読みては, 載せて, 迄書く, 送る

▼ 枚出し~ (49, 0.4%)

2 て, て上, て上框, て来, て父, て青年

1 [37件] さえすれ, たりし, てあと, ていや, てお, てくれた, てすたすた, てそこ, てそれ, てぽ, てやつ, てやろう, てモルジアナ, て下ろし, て両替, て今年, て何, て何処, て健三, て僕, て女, て娘, て御, て急, て敷い, て来た, て残り, て渡し, て渡した, て犬歯, て私, て縦横, て與吉, て見せ, て見せた, て謹んだ, て餉台

▼ 枚看板~ (49, 0.4%)

2 にし

1 [47件] がむっつり, が目, けれども煙たがられ, じゃござんせん, である土だらけ, でこの, でした, でも目立たんで, でやる, で上田, で下らない, で乗り込ん, で出演, で押し上がり, で押し通す, で東京生れ, で真, で青春自伝, とこの, となっ, となり, なの, にする, になっ, になつて, に今日, のお, のポスター, の一張羅, の失恋, の女優, の小唄, の役者, の抜弁天一座, の木綿, の灯, の羽二重, の袷, の黒羽二重, の鼠, までを民蔵, も見え, をはいで終え, を外され, を後生大切, を掲げる, を除く

▼ 枚重ね~ (49, 0.4%)

7 て着 3 てある 2 ていた, てそれ, て足

1 [33件] てその, てはい, てみ, ても平面, てゐ, て二つ, て何, て其上, て在る, て座った, て敷いた, て敷き, て横, て波, て濃い濃い, て着せ, て縫い合わせました, て胴, て覗い, にした, に三つ大, に忍, に忍ばるる, の冬, の外出向, の小袖元日, の引とき, の縮緬, の葉形カード, を女たち, 朱どんす, 着する, 黒魚子五つ紋の

▼ 枚持っ~ (47, 0.3%)

9 ている 8 て来 5 ていた, てき 2 てまいりました, て来い, て来る

1 [14件] ていかなけりゃなるまい, ていました, ておい, てくれ, てモウモウ, て出, て分配, て市中, て彼女, て時々, て止せ, て行, て行っ, て飛出い

▼ 枚~ (47, 0.3%)

3 のやう 2 があつ, であつ, でつくられ, になった

1 [36件] がとても, が下りた, が乗つ, だ, で中, で四尺, で張りつめた, で橋, とは実に, なんで, に再製, に松竹梅, に白, に緑色, に見える, に貼り付け, に足, のすつ, のよう, の刳, の塗喰, の小橋, の平らか, の広告掲示板, の木彫, の橋, の湯, の無, の金湯, の鉱泉, の閉, は萬一, へ模様画, を何ん, を取りのけ, を立てかけ

▼ 枚とも~ (43, 0.3%)

2 なれば, 彼の

1 [39件] お仕上げ, すっかり取っ, ちゃんとテーブル, とりあげて, まぐれ当たりに, みな垂れ, 偽物です, 全部一等に, 出して, 勝ったので, 反っ繰り返って, 同じもの, 同一の, 同一箇所, 同質同形で, 固く握り締め, 外して, 宵の, 差しだしました, 御覧下さい, 東であった, 毛付きの, 汚れてるん, 消費し, 目白四ノと, 知れぬバラ, 知れぬ唇, 破れて, 糊で, 紙片の, 自分の, 舶来の, 著か, 虫の, 表面を, 見られるという, 見られ三枚, 証紙の, 辯護士の

▼ 枚~ (43, 0.3%)

3 書く 2 で四枚六枚, 最も多い

1 [36件] かいて, すぎて, ずつ, ずつ三回, だけ罫紙, ついて, で一月, で先ず, で龍, と, というの, という長文, という風, にのたくらせた, には負, のなか, の分量, の大, の字凧, の小片, の糸目, の絵凧, の般若, ばかりで, ばかりの巴御前, ばかりの感想, へうなり, ほどの手紙, また股引, も強い, をとばす, を使う, を書い, を書き, 書いただけ, 片付ける

▼ 枚~ (39, 0.3%)

4 二枚は 2 三枚は

1 [33件] そこらの, つてピース一箱一本を, まいも, ろう, ろうと仰しゃ, 三十枚の, 三枚じゃ, 三枚にては, 三枚はがす, 三枚有つたとて, 三枚読ん, 二十枚で, 二十枚は, 二枚が, 二枚けちけち, 二枚ちょうだいした, 二枚ちよつく, 二枚の, 二枚ひらひら, 二枚を, 二枚世間の, 二枚流した, 二枚降っ, 二百枚で, 二百枚の, 二百枚は, 五枚で, 十五枚はねえ, 十枚で, 十枚の, 小判の, 戸は, 父の

▼ 枚~ (39, 0.3%)

32 ですね

1 [34件] だせっかく, だった, だつたね, だと, であった, であったから, であった故, である, であるだけに, でしょう, ですから, ですよ, では, と見え, なの, なので, なり, にい, にひっかけ, に夜着, に大, に行く, に被せ, のため, のやう, へかける, へ引っ, へ押し上げ, へ掲げられ, わ手, をいっ, を行かなけれ, を行く, を行った

▼ 枚~ (39, 0.3%)

14 の屏風 4 の小 2 の枕屏風, の紙石盤

1 [17件] が隅, だけれども, であった, にした, に畳む, のひくい, の又兵衛, の小さな, の少し, の抱一, の時代, の盤, の腰屏風, の葭簀屏風, の葮, の金屏, の銀屏

▼ 枚二枚~ (32, 0.2%)

3 と繰り始めた 2 と数え, と皿

1 [25件] だけひら, だけひらひら, とあける, とかぞえます, とくしゃくしゃ, と剥がし, と剥ぎ裂かれ, と勘定, と失われ, と小声, と少なく, と数えられる, と白魚, と細字, と繰り行け, と読ん, と黙っ, の判金, の画, はめんどう, は余所目, を写し取っ, 探り開けはては, 脱いで, 開けて

▼ 枚ぐらい~ (31, 0.2%)

2 でこれ

1 [29件] あった, ありますから, けちけちし, そのまま文章, だが, でき上った頃, でしたら, でしょうあと二百八十枚, のが, のせます, やぶるの, ジャケットを, 上げても, 余分に, 同封し, 宛念を, 手に, 拵えて, 敷けるほどの, 書いて, 書けた, 来月に, 毀たれても, 混ざって, 混って, 無くしたって, 貴方が, 買うよう, 買って

▼ 枚という~ (31, 0.2%)

2 のが, 大物である

1 [27件] ことから, ところです, ところに, のです, のは, ふうに, ものを, ような, んです, 乞食小舎の, 価でした, 信じられない書き方, 値が, 分量には, 寄進を, 密度で, 小説を, 心細さ, 服装で, 比率が, 程度まで, 自慢の, 計算が, 量から, 金の, 鉄扉が, 鉄扉の

▼ 枚その~ (30, 0.2%)

2 上に, 下敷に, 袂の

1 [24件] いづれも, うら, 三枚の, 上へ, 下には, 中の, 代金二百両也メリヤス上下共十五通その, 代金五十両也, 代金八両三歩也そーめん六俵二十把入りその, 先は, 写真を, 十二枚を, 外に, 外着物と, 奥に, 封筒ごと失くなった, 封筒の, 座布團を, 眞ん中に, 着物の, 肖顔, 著こなし, 辺りには, 頃の

▼ 枚~ (30, 0.2%)

2 ぜ, よ

1 [26件] からいい, からおそくとも, から大した, から猶, から裏, から踏み外せ, か知らない, が, がこれ, きゃあ残し, けれども生活, これは, つたので, つて大金だ, つて描い, つて見かけよりや, で留置場, となりゃ, と云ったら, のと, ものしかし, 一日に, 十枚だってかの, 国手, 白いパンツ, 親分

▼ 枚書い~ (30, 0.2%)

2 て又

1 [28件] てあげた, ていただく, てくれ, てしまふ, てたしか, てつけ加え, てと, ては消し二枚, ては消し十枚, ては破り, ては破りする, てまず, てもらっ, ても僅か, ても書き足らない, ても速記的, てゐる, て一枚, て出し, て厭, て居, て止し, て渡した, て漸く, て行つたの, て読み直し, て貰, て送る

▼ 枚~ (29, 0.2%)

3 ている 2 ていた, てみんな, て居る, を曲げ込ん, 換えて

1 [16件] そして朝, ておりました, てぼろぼろ, てよれよれ, てゐる, て敷蒲団, て腰簔, て金子, で姿, にめ, 友染の, 唐桟柄の, 換えたやつ, 換えた風俗, 換えるごと, 暑い時

▼ 枚買っ~ (29, 0.2%)

2 て来た

1 [27件] て, ていけ, ていらし, てくる, てそこで, てみよう, てもタバコ, ても身, てやっ, てやらね, てやり, てレート化粧品, て一面, て五枚, て千円, て夫人, て帯, て帰っ, て来い, て来たら, て来る, て東京駅, て渡し, て私, て行く, て遣る, て金太郎

▼ 枚~ (27, 0.2%)

2 もある

1 [25件] いるです, が四十八マアク, ぐらいは楽, しか買わず, だけがうまく, だけは書く, と胴着, のネダ, の床板, の敷居, の新しい, は必ず, は文字どおり, は板敷, も受, も立派, をことごとく, を一反, を一気に, を今, を僕一座, 呉れた, 書く, 約一万円, 買って

▼ 枚続き~ (27, 0.2%)

4 の絵 2 の錦絵

1 [21件] かの絵, が出版, が割り竹, では中, で五銭, で五銭位, で吹き込まれた, にも残る, に長く, のいのち, のこれ, のを, の古い, の武者絵, の油画, の画, または三枚続き, を仕上げられる, を沢山, 一枚だけは, 位の

▼ 枚開い~ (27, 0.2%)

4 ていた 3 てゐる 2 ている, てお, て若い

1 [14件] て, てあります, ておっ, てそこ, てその, てゐた, て壮い, て居, て居りました, て居ります, て居るで, て庭, て縁側, て行った

▼ 枚それ~ (26, 0.2%)

1 [26件] から五十銭, がどんなに, が二千円, が何れ, だけがその, には両端, に剰った, に加え, に加わった, に御家流, に朋輩, に目, もこれ, もしつとり濡れ, もただ, もみな無効, も旅垢, も楢, も織った, も隙間だらけ, をはがし, を一枚一枚, を柏餅, を油紙, を算, を見

▼ 枚には~ (26, 0.2%)

2 ならう

1 [24件] あの雄大, まだ書き上らない, 一個の, 仮名一枚には, 假名一枚には, 売れると, 大雪の, 少年の, 手を, 暗い木立, 気取つた字, 氣取つた字で, 片足を, 白鳥更に, 百円受取った, 眞名で, 真名で, 立秋の, 肥った妻, 蘆に, 見おぼえの, 貝類を, 雪の, 鶴他の

▼ 枚屏風~ (26, 0.2%)

2 の中, の陰

1 [22件] が一つ眼前, ずんどの, でかこつ, とかいうよう, には単に, に南天, に土佐派, に屹, の余白, の煤けた, の裾, は少し, をためつすがめつ, をながめ, を小楯, を押しやる, を持っ, を立て, を立てた, を見る, を逆, を開いた

▼ 枚きり~ (25, 0.2%)

2 だった, なの, になる

1 [19件] しか, しかない, しか著, しか見せられ, であったが, である, でございまして, でそこ, で他, で寒中, ないこと, ないもの, の単物, の煎餅蒲団, の短冊, の種紙, の縮緬, の裸体, 持ちません

▼ 枚~ (25, 0.2%)

3 の歌 2 がある, のレコード

1 [18件] が少し, であること, では, ではない, ではカルーソー, ではソプラノ, ではポリドール, ではランドフスカ, では五番目, では吹込み, では老, のアリア, の名, の歌曲, の見事, は数え切れない, は旧, 干竿

▼ 枚つづき~ (24, 0.2%)

2 の, のハガキ, の似顔絵, もある

1 [16件] お送りした, のを, のエハガキ, の戰爭繪, の毛布, の版画, の硝子, の絵, の錦画, の錦絵, は一組五銭, や四枚, 三枚つづき, 五枚つづき, 似顔絵の, 絵にて

▼ 枚もの~ (24, 0.2%)

2 では, 紙きれが

1 [20件] うち波の, べつに, を書いた, スケッチを, 世界的名画や, 写真によって, 写真を, 寫眞を, 平板が, 新聞紙の, 板に, 母さんの, 畳を, 白い紙, 紙片が, 罫紙が, 色紙に, 蘭の, 銀貨の, 黒緑の

▼ 枚~ (24, 0.2%)

1 [24件] か何, でと羞, でも見立てる, で着痩せ, などもあった, に, には上着, に合せ, に鼠色, ね, ねのまだ, ねの座布団, ねの振袖, ねの薄い, ねを着せ, の不, の友禅縮緬, の外部, の時, の雪駄, を掴みのけ, を着飾った, を着飾り, を被

▼ 枚折り~ (23, 0.2%)

9 の屏風 2 の刺繍屏風

1 [12件] の中, の古色, の大, の大きな, の屏風一重, の金屏, の金屏風, の銀屏風, びょうぶの, 屏風で, 屏風に, 屏風の

▼ 枚敷い~ (23, 0.2%)

3 てある, てその 2 て一枚, て寝

1 [13件] てあった, てあつ, てあります, てくれた, てごらん, て其の, て寢, て床, て御, て枕, て窓, て経机, て逃げ

▼ 枚にな~ (22, 0.2%)

2 つた私は, つて一生懸命釣道具を

1 [18件] つたのである, つてさて, つてね, つてを, つてセツセツと, つて伴い, つて大学の, つて庭造りの, つて扇風機の, つて掃除を, つて浜辺へ, つて白靴を, つて素足で, つて胸も, つて裏の, つて裏庭に, つて跣で, つて飛び込ん

▼ 枚~ (22, 0.2%)

4 つた 2 つて, ひましたし, ふ

1 [12件] つたこと, つたら息子, はう為め, ひましたよ, ひ乗船名簿, ひ取らうと, ふことの, ふて千二百何某, ふの, へば箱, へもせず, へやしない

▼ 枚あった~ (21, 0.2%)

2 がそれ

1 [19件] から黒田, が桟, が男, が白髯, きっと多, きり, そうです, って粉, というの, と思います, と言い伝えられ, はずじゃが, ものだ, よ, ように, 筈である, 筈です, 筈と, 葉が

▼ 枚入っ~ (21, 0.2%)

8 ていた 7 ている 1 てい, ていない, ておりませんです, てもらえまい, て居ります, て居る

▼ 枚~ (21, 0.2%)

5 て來 4 ている, て来た 2 て来ました 1 てきます, て来なかった, て来ます, て来ません, て来る, 來る

▼ 枚~ (20, 0.1%)

2 呉れ

1 [18件] さらを, めに, 三輪の, 倉の, 借りした, 出しに, 土産に, 壊しなすって, 役所の, 恵み下さいませ, 拵へに, 撮りに, 書きなさいな, 書き下さい, 渡しなさった, 目に, 祖師さまのが, 見せに

▼ 枚から~ (20, 0.1%)

2 十五枚位の

1 [18件] あとに, なるその, われわれが, 一万枚を, 七八十枚の, 七枚, 二百枚位まで, 五十枚の, 五枚程度の, 五百枚の, 他へ, 何か, 八枚までの, 四十枚位迄, 指し飛香, 書いて, 百五十枚ほどの, 百枚ぐらいずつに

▼ 枚ぐらいの~ (20, 0.1%)

2 ものなら

1 [18件] ことは, ところなら, もの, ものです, ものに, 値段には, 処に, 大きさ, 小説を, 探偵小説の, 書類を, 由, 短かい, 短文である, 答案を, 紙切を, 車券が, 間を

▼ 枚にも~ (20, 0.1%)

2 伸ばして

1 [18件] あたる巨大, なって, なってるだろう, なりました, のぼる文章, みたない前, わたって, わたる長文, 剥がすこと, 及ばなかつた, 及んだ, 同じ文句, 幾枚にも, 百枚にも, 眞實の, 触れない, 越した奥, 遂に何

▼ 枚~ (20, 0.1%)

8 のお 3 になつて 1 から拔, でも賣れ, にし, にね, にも負けないだらう, に描かせる, の主, の美女, を抱い

▼ 枚あけ~ (19, 0.1%)

2 てある, て草履

1 [15件] てあけ終る, てあった, てくれ, てそこ, ては表題, て庭, て掃く, て新しい, て置いた, て色, て行った, て見る, て食卓, 放した戸, 行くに

▼ 枚~ (19, 0.1%)

1 [19件] が片寄せ, が見える, でも入れたら, で平常, にした, には錠, に松, に落葉, のよう, の中門, の入口, の戸口, をあけれ, をひきあけ, を内, を立てた, を開いた, を開きたる, を馬

▼ 枚~ (18, 0.1%)

5 は地獄

1 [13件] からにょっきりと正体, からはくま, だよ, つたところ, に一枚, に落ちた, に重ねたかっ, のお, の分, の厚い, の方, はあきらか, へ着込ん

▼ 枚書く~ (18, 0.1%)

2 にもそれ, のに

1 [14件] ことも, といった式, として四百枚, ともう, と丁寧, と大, と後, にまさる, のが, のに二, もおなじ, ものが, 針桐小僧の, 間に

▼ 枚あれ~ (17, 0.1%)

1 [17件] はどう, ば, ばこれから, ばそれで, ばたいした, ばともかく, ばなぞ, ばもう, ばタクサン, ば何處, ば好い, ば宜し, ば家内, ば当分, ば沢山, ば結構, を頂戴

▼ 枚入れ~ (17, 0.1%)

2 ている, て置きました

1 [13件] てあ, てあった, ておきます, てくれない, てそれ, てそれから, て其, て定価, て封, て煮, て玉子, て置く, 染吉の

▼ 枚~ (17, 0.1%)

3 の家 2 の場

1 [12件] です, という橋, と下谷, に到り, の傍, の方, の東京パレス見学, の畔, へでも出かける, へ横丁, を中, を渡りました

▼ 枚落ち~ (17, 0.1%)

3 ていた 2 ていました, ている, て壁土 1 てい, ていっ, てはいませんでした, てゐた, てゐました, て居ました, で指し, 散ったので

▼ 枚近く~ (17, 0.1%)

2 書いて

1 [15件] かいたわけ, なつたぢ, の原稿, の小説, もちらばった, も一度, も入っ, も描き残し, も生顔, 入れて, 届いたの, 散らばつて, 書いた, 書いたこと, 書きあげたが

▼ 枚開け~ (17, 0.1%)

2 てある, て枕

1 [13件] さへ, てあげます, てあります, てい, てそれ, ては向, て寝間着, て後, て海, て置いた, て見, て風通し, に立つ

▼ 枚かを~ (16, 0.1%)

1 [16件] お重ね, 丁寧に, 作り富士見町, 取り出して, 夕方使に, 抜き出した, 書いたので, 書きすまして, 活かして, 用ゐ, 紙に, 紙撚で繋い, 自家用に, 試みたが, 重ねて, 隔てて

▼ 枚重ねた~ (16, 0.1%)

5 姫の 3 座蒲団の 1 それを, 上から, 上に, 博奕打ちらしい, 大きな座蒲団, 散らしの, 禪門, 銘仙の

▼ 枚です~ (15, 0.1%)

32 か, よ 1 お受取り下さい, から五十二両, から小林君, がコンポジション, けれどその, けれども, な, よ親分

▼ 枚~ (15, 0.1%)

2 に入れ, に取っ

1 [11件] から抜きかけた, にとつて, にとりました, に入った, に入れられた, に入れる, に取った, に持っ, に持ってる, をつい, をつけない

▼ 枚だって~ (14, 0.1%)

1 [14件] ありよう, タダでは, 一行だって, 偽ものは, 半枚だって, 売れやしない, 容易に, 拵えて, 捨てたり, 服らしい, 無かった, 着られるの, 貴樣ら, 買わないじゃ

▼ 枚~ (14, 0.1%)

1 [14件] から切り出され, から刻み出した, がポン, が与八, が橋, でつくった, で下りられ, にかけた, の上, の下, の板橋, の橋, の角, をカンタン

▼ 枚あつ~ (13, 0.1%)

91 たといふ, たので, たらなあと, ちを

▼ 枚だけは~ (13, 0.1%)

1 [13件] あんたが, いつかの, づさないで立つ, づした離屋の, 何気なくはぐっ, 兎に, 取られない, 手放さなかったの, 手許に, 生かして, 眞物の, 買う義務, 近かった

▼ 枚づつ~ (13, 0.1%)

2 持つて

1 [11件] に書いた, の寄進, の往復ぐらゐ當, の懷ろ紙, 入つて, 出してる, 剥いて, 呉れること, 書かせるん, 綴じた忰, 集めて

▼ 枚といふ~ (13, 0.1%)

1 [13件] こと, ところで助, のは, もの何う, やうに, 今迄の, 小説が, 感じほん, 法は, 統計が, 話也, 贅澤で, 高價

▼ 枚まで~ (13, 0.1%)

2 書いた

1 [11件] である, ぬいで, ゆく, 剥ぎ取られた, 喰べた, 外づしかけると龍馬が, 小説として, 撮れます, 書き続けたところ, 書く半分, 重ねて

▼ 枚残っ~ (13, 0.1%)

5 ていた 4 ている 1 ていない, ていました, て居る, て手もと

▼ 枚~ (13, 0.1%)

2 ている, て行く 1 ていっ, てもわかりっこない, ても一向, ても何枚, てゆく, てゐる, て感心, 當には, 當の

▼ 枚めくっ~ (12, 0.1%)

1 [12件] て, てある, ていた, ていった, てみた, てみました, て事件, て合せ, て押入, て行く, て見, て見れ

▼ 枚三枚~ (12, 0.1%)

1 [12件] とお化け, と三百円, と勝治, と漉い, と買っ, と適合, と長い, の小説, は廊下, は見る, わけなく離れどすんと, 光る物手

▼ 枚~ (12, 0.1%)

4 つてゐる 1 つたと, つたといふ, つたのか, つた財布を, つてある, つてゐた, つてゐました, つて居るで

▼ 枚取り出し~ (12, 0.1%)

21 それからズボン, それを, てき, てみた, て女, て彼, て梅代, て男, て調書, ながら

▼ 枚くらい~ (11, 0.1%)

1 [11件] こぼれ落ちて, そっと貸し, でまとめて, ギッシリと, 何か, 売って, 売れること, 抜書きしても, 書きかけこれ, 書けないわけ, 画いて

▼ 枚ぐらいは~ (11, 0.1%)

1 [11件] こわして, スケッチを, ドコかに, 別に腹, 寄越しても, 市へ, 残すよう, 買つたらう, 贋も, 贋金かも, 開けても

▼ 枚ごと~ (11, 0.1%)

1 [11件] にその, にまざまざ, にオドオド, に左右一対, に手, に挿画, に繰っ, に読ん, に雅号, に黄金, の美し

▼ 枚づゝ~ (11, 0.1%)

1 [11件] 出した, 剥ぎ剥げ根, 卸して, 寫して, 嵌めて, 投げて, 持つて, 着いて, 解いた, 買うて, 賣る

▼ 枚上手~ (11, 0.1%)

2 の役者 1 だ, で角, ならもう, に使い分けまし, に出, の名, らしい, をいっ, を行っ

▼ 枚持つ~ (11, 0.1%)

4 て來 2 て居た 1 てゐる, て居りました, て月, て来, て来た

▼ 枚~ (11, 0.1%)

1 [11件] あるが, かけ連ねて, この一年間, する, 使って, 入った, 原稿が, 持つて, 撮って, 書いた処, 用意せい

▼ 枚~ (11, 0.1%)

1 [11件] の中佐渡ヶ島, の如き, の孤家, の錦絵, はこの, はその, は婦人, または一枚絵, または三枚, また七枚, キノ錦絵ガ掲ゲテアッタノヲ今

▼ 枚あっ~ (10, 0.1%)

2 てそれ 1 たっていか, ていい, てはす, てもありゃ, てもお家, て右, て時々, て花

▼ 枚あり~ (10, 0.1%)

1 その上, との事, と問う, のま, やあ結構, やこの, や大概, や極楽, 他の, 合唱も

▼ 枚かい~ (10, 0.1%)

31 ています, てしまった, てね, てみろ, てもいい, て一, て下さい

▼ 枚くらいの~ (10, 0.1%)

2 大きさ, 見当の 1 小品である, 小説に, 短篇も, 見当で, 違った吹込み, 長い電報

▼ 枚これ~ (10, 0.1%)

2 がその 1 で私, に一枚, は五枚, は朝鮮, も何, をお, を開け, を開けれ

▼ 枚もっ~ (10, 0.1%)

2 て来た 1 て, ていた, ていない, ている, てやがら, て大阪, て握っ, て飛びこんだ

▼ 枚二十枚~ (10, 0.1%)

2 と引受ける, を夢 1 では, となげこまれる, のもの, の寄稿, 或はそれ以上, 書いては

▼ 枚取っ~ (10, 0.1%)

1 ておい, てながめ, ては餅, ても宜しい, てサラサラ, て来た, て歯, て渡した, て畳, て裏表

▼ 枚外し~ (10, 0.1%)

1 てあつた, てしまいました, て了, て二枚目, て各々, て天井裏, て待つた, て念入り, て持っ, て行つて

▼ 枚~ (10, 0.1%)

2 開けないで 1 しがみついて, 剥ぎ取り竊取, 呉れたもの, 散ば, 書いて, 耽念, 開いて, 頼んだ事

▼ 枚小袖~ (10, 0.1%)

1 ついわざとらしい, に着換え, に羽織, に黒斜子, の嬌娜姿, の払い物, の黒繻子, もずるり, を上品, 御納戸博多

▼ 枚撮っ~ (10, 0.1%)

3 て貰った 1 てみた, てやる, て下さい, て下る, て早々, て来, て置いた

▼ 枚繰っ~ (10, 0.1%)

2 て説明 1 ていく, ていました, てそこ, て差出人, て明るく, て見, て見た, て見たら

▼ 枚買う~ (10, 0.1%)

1 かもしれない, ことが, ことも, だけの金, て貰, とすぐ, のにいろいろ, のにも, ように, 金しか

▼ 枚とは~ (9, 0.1%)

1 さすがの, はぐらないのに, ひどいです, ひどいや, またひどく, セルと, 著られません, 違って, 限らないが

▼ 枚一円~ (9, 0.1%)

1 から二十円, だよ, で飛ぶ, といふ値, とか二円, としても百円, と勧進, にも当らない, 呆れたもう

▼ 枚丁寧~ (9, 0.1%)

1 にたたん, にわき, に包んだ, に小判, に拡げ, に焼鏝, に疊ん, に紅く, に紙

▼ 枚描い~ (9, 0.1%)

1 て, てそれ, てみる, て上げよう, て下さらん, て呉れない, て居合わせた, て見た, て貰

▼ 枚書いた~ (9, 0.1%)

1 がいくら, がいや, が又, が気にいらない, とかこう, に過ぎなかった, のは, ものが, 原稿を

▼ 枚残らず~ (9, 0.1%)

1 お梶さん, バタバタと, 大事に, 姿を, 散り落ち川, 畳の, 綺麗に, 脱ぎすてると, 釘付に

▼ 枚~ (9, 0.1%)

2 の裾 1 という扮装, といふ気, ならば, に翁格子, に長襦袢, の下着, を重ねたる

▼ 枚~ (9, 0.1%)

2 りを, り丁寧 1 かいて, りの, り木版, り置き其の, り載せて

▼ 枚送っ~ (9, 0.1%)

2 てよこした 1 てくれ, てくれた, て下さる, て来, て来た, て来る, て欲しい

▼ 枚雨戸~ (9, 0.1%)

1 が開い, なしだ, へ釘, をはづしてあつたか, を繰りだした, を繰りました, を繰る, を開け, を開けた

▼ 枚~ (8, 0.1%)

3 つてその 1 つたのが, つたのを, つて見た, づけときやせう, ばらという

▼ 枚くれ~ (8, 0.1%)

1 てやった, てやったら, て一枚, といふ, と仰, と熱心, と言っ, 給えと

▼ 枚だけが~ (8, 0.1%)

1 あけられて, えらばれて, ぼーっと明るかっ, ブルブル震え, 正月の, 灯に, 確かに, 舞台装置である

▼ 枚だけを~ (8, 0.1%)

2 残して 1 お返し下さいますまい, くぐりの, ひっかけて, 悪女塚の, 数えて, 昔から

▼ 枚とか~ (8, 0.1%)

2 市中に 1 七枚とかに, 三枚とか, 十数枚とかいう, 売れたそう, 買いに, 買って

▼ 枚として~ (8, 0.1%)

1 ムクを, 全部で, 嫌, 完全な, 着色の, 硝子戸を, 計算が, 認められるん

▼ 枚なく~ (8, 0.1%)

4 なつた 1 て男, なつたの, なつて, ば我等

▼ 枚なり~ (8, 0.1%)

1 いつも開い, と親, 一枚なり, 七枚なりを, 三枚なりを, 二枚なり, 何なり, 読む事

▼ 枚にて~ (8, 0.1%)

2 伯父が 1 ズボンの, 夜も, 幾種の, 御座候得, 足れり, 追払はる

▼ 枚ほどに~ (8, 0.1%)

1 して, 切れて, 圧縮した, 成り厚く, 整理し, 書いたけれ共, 書いた稿, 書き連ねたの

▼ 枚より~ (8, 0.1%)

2 多くは 1 だして, ない取, 外持つ, 少し大きい, 成立する, 狭き場所

▼ 枚~ (8, 0.1%)

2 の番附 1 にある, にゃ烏帽子素袍, の八百屋お七, の出品目録, の読売もの, の錦絵

▼ 枚~ (8, 0.1%)

2 の前 1 に押しつける, に裂い, のところ, の字, はいつも, を撮した

▼ 枚~ (8, 0.1%)

3 きに 1 きの, きは, き三枚續, け樣, になつて

▼ 枚脱い~ (8, 0.1%)

1 じゃあ, でいた, でいっ, でなり, で与えた, で渡した, で竈, で行った

▼ 枚~ (8, 0.1%)

2 の定跡, を指す 1 かで五番, だつたが, で指し, を指し

▼ 枚かさね~ (7, 0.1%)

1 て三つ折, て着, て置い, て袋, て貼らなけれ, に黒ちり, 着し

▼ 枚くら~ (7, 0.1%)

3 ゐは 2 ゐ敷けるくら 1 ゐづつ, ゐの

▼ 枚ずつの~ (7, 0.1%)

1 カードを, キャベジの, 優れたレコード, 切符の, 外には, 肖像画を, 話なぞは

▼ 枚それから~ (7, 0.1%)

1 ひいふうみい三行, 小銭が, 横山町の, 海軍大尉の, 父の, 粗末な, 銀貨や

▼ 枚ちかく~ (7, 0.1%)

1 なって, の原稿, の約束, はあるだらう, も重なっ, 書きすすめて, 集める事

▼ 枚とりだし~ (7, 0.1%)

1 ておもしろく, てとど, てはその, ては筆, てイワン, て与へよう, て私

▼ 枚ならべ~ (7, 0.1%)

1 てある, ておい, てまん中, て壁, て水面, て照合, て載せ

▼ 枚~ (7, 0.1%)

1 にかかった, に早く, の左, の洗濯もの, の薄, の雨戸, も剥がれ

▼ 枚並べ~ (7, 0.1%)

2 その上 1 それへ, てあった, て小さく, て敷いた, て架けた

▼ 枚切手~ (7, 0.1%)

4 の大 1 が剥げ, が四十何銭, をくすねる

▼ 枚合せ~ (7, 0.1%)

1 て止まり, て綴った, て芝居, にし, の硝子板, の護身服, 一枚もの就中飼鶏が

▼ 枚~ (7, 0.1%)

1 からの体当り, からコジ, から外し, から無理, から鑿, に宝物無数, へ此

▼ 枚~ (7, 0.1%)

1 入れ御, 入手の, 執筆, 揮毫を, 荷担は, 贔屓様を, 送り下さいませ

▼ 枚欲しい~ (7, 0.1%)

2 のだ 1 があれ, と思, と思つて, ものです, んです

▼ 枚~ (7, 0.1%)

1 だろう, ですごく, で太い, のすっぽん, の足駄, の駒下駄高, はやっと

▼ 枚着た~ (7, 0.1%)

1 ことは, せいか, って防寒, の, ま, ままで, 若いお姫様

▼ 枚~ (7, 0.1%)

1 があり, とも七段肉, のお鍋, の上等, は普通, を小さく, を杉箸

▼ 枚~ (7, 0.1%)

1 でお願い, にはおった, に掛け, の早打, の轎, の長持, の駕籠

▼ 枚落し~ (7, 0.1%)

1 てあの, ても危い, ても大丈夫, て指し, でいこう, でどうしても, で四番

▼ 枚開けた~ (7, 0.1%)

2 雨戸の 1 ま, ままで, まま霰の, 一膳めし屋の, 障子の

▼ 枚障子~ (7, 0.1%)

1 いつも白う, がはまっ, がはまる, となつ, のはずれた, の室, ばかりを隔て

▼ 枚あります~ (6, 0.0%)

2 から 1 がそれ, が実松源次郎, ね, よ

▼ 枚かかっ~ (6, 0.0%)

3 ていた 2 ている 1 ており

▼ 枚かけ~ (6, 0.0%)

1 このごろ栗栖が, てあった, と注文, 四枚, 布団一枚, 横に

▼ 枚じゃ~ (6, 0.0%)

1 あるまい, どうにもなりゃしない, ないかしら, ないかなんて, ないずッしり, 高座へは

▼ 枚だけの~ (6, 0.0%)

2 広さ 1 ものであっ, 値打ちが, 硝子板の, 空間に

▼ 枚つい~ (6, 0.0%)

2 ている, て居る 1 立てたるが, 近い前

▼ 枚とを~ (6, 0.0%)

1 のせたお盆, カラリと, 採集した, 湯煎に, 番台へ, 頂戴した

▼ 枚なら~ (6, 0.0%)

2 この段 1 べまず, テレジイナの, 四枚ある, 楽に

▼ 枚について~ (6, 0.0%)

1 ナポレオン金貨一つずつを, 二斗ずつ, 何貫取る, 十五カペイキか, 幾らずつの, 本国ドルで

▼ 枚~ (6, 0.0%)

1 坐り直した女性, 宿の, 手を, 灰を, 馬糞墨で, 黒の

▼ 枚ほども~ (6, 0.0%)

1 あった, あつて, ある大, ある大きな, 吹き落とされたと, 書いたの

▼ 枚一枚丁寧~ (6, 0.0%)

1 にわき, に小判, に拡げ, に焼鏝, に紅く, に紙

▼ 枚~ (6, 0.0%)

2 はことごとく, は全部 1 にはどこ, の季節

▼ 枚~ (6, 0.0%)

1 かいて, すっかりこねかえ, の採点, の長篇小説, を敷き詰め, を製

▼ 枚六枚~ (6, 0.0%)

2 となっ 1 そしてこれ等, ですむ, の隨筆, またたくひま

▼ 枚出す~ (6, 0.0%)

1 かなあ, と, とそれ, と一人, と投げる, ので

▼ 枚分銅~ (6, 0.0%)

2 に目 1 と申します, の一枚, の一箇, をはじめ

▼ 枚加わる~ (6, 0.0%)

1 ことに, とイヤ, とクリスマス, と三人, と千鈞, 必要が

▼ 枚外れ~ (6, 0.0%)

1 か, ている, ておりました, て娘, て美しい, て障子

▼ 枚書き~ (6, 0.0%)

1 さて明日, つぶしてから, 終った, 終ったの, 終る, 飛ばさしたこと

▼ 枚~ (6, 0.0%)

1 にかすか, にまざ, に一字宛, に何錢とき, に息苦しく, に順序

▼ 枚~ (6, 0.0%)

1 が張つたやう, で出来た, の疊八枚, の間, をはぐ, を剥ぎ取れ

▼ 枚着物~ (6, 0.0%)

1 をうすく, を剥がれ, を持たせ, を着換えた, を脱がす, を著せ

▼ 枚~ (6, 0.0%)

1 一行に, 一行及び, 一行第, 三枚が, 二行に, 八行第

▼ 枚~ (6, 0.0%)

3 に包ん 1 にくるん, を剥がす, を継い

▼ 枚買った~ (6, 0.0%)

1 ところで, ところを, のである, のは, 何と四十円也, 僕は

▼ 枚載せ~ (6, 0.0%)

3 てある 1 てあります, てやる, て上等

▼ 枚~ (6, 0.0%)

2 書く 1 まとまったの, 書いた, 書いて, 行った

▼ 枚~ (6, 0.0%)

1 かなんかで撮った, さね, なつて掛, の紅裏, を着た, を着たるあり

▼ 枚隔てた~ (6, 0.0%)

1 すぐ眼, 南へ, 外から, 外の, 外側では, 表の

▼ 枚あまり~ (5, 0.0%)

1 が百円, を書きあげ, を選ん, 書いた, 書いた時

▼ 枚かが~ (5, 0.0%)

1 あるよう, 時折り, 済んだ, 滝野の, 茶色に

▼ 枚かき~ (5, 0.0%)

1 きょうは, たり, 終り, 終りました, 終る

▼ 枚しい~ (5, 0.0%)

3 てある 1 てその, てそれ

▼ 枚だし~ (5, 0.0%)

21 てそれに, ても誰一人ウン, て料理人

▼ 枚~ (5, 0.0%)

1 やだめ, やとても, やどうしてどうして, や書けない, や百倍

▼ 枚とっ~ (5, 0.0%)

1 てから矢代, てくれた, てしきりに, て一等運転士, て番茶

▼ 枚とり出し~ (5, 0.0%)

2 て握らせた 1 それを, て, て魚屋さん

▼ 枚のせ~ (5, 0.0%)

1 たりする, て来た, て縄, て繩, て肉

▼ 枚ばかりを~ (5, 0.0%)

2 書いて 1 ほうり出して, 口授し, 濡らして

▼ 枚ほしい~ (5, 0.0%)

2 ものだ 1 とこの, のである, 女の子は

▼ 枚もらっ~ (5, 0.0%)

2 てその 1 てき, てこれ, ても二

▼ 枚ガラス~ (5, 0.0%)

1 がはめこん, の大戸, の屋根裏, の広い, をはめた

▼ 枚ポケット~ (5, 0.0%)

1 から出し, から取出し, から抜い, にし, にしまいこん

▼ 枚三十銭~ (5, 0.0%)

1 でなくても, で新, とか五十銭, の原稿料, も貰える

▼ 枚以内~ (5, 0.0%)

1 でまとめ, に致しましょう, の短篇, はお, 書いて

▼ 枚余り~ (5, 0.0%)

1 ありまする, の写真, の原稿, の持駒, を

▼ 枚~ (5, 0.0%)

1 がまだ, にくれた, に渡した, の家, は持っ

▼ 枚切り~ (5, 0.0%)

1 だから, ですが, の着物, 定った, 破られて

▼ 枚加わっ~ (5, 0.0%)

2 てい 1 て, ている, て西陽

▼ 枚取つ~ (5, 0.0%)

2 て下すつた 1 てそれ, て八五郎, て見る

▼ 枚四匁~ (5, 0.0%)

2 の小判 1 で今, としても四貫目, の千枚

▼ 枚四十枚~ (5, 0.0%)

1 というの, とその, と書ける, と訳しおわる, も書ける

▼ 枚~ (5, 0.0%)

1 からはずされ, にかかった, にかけてその, に投げた, に貼りつけ

▼ 枚~ (5, 0.0%)

2 の大 1 だから, です, の鉄

▼ 枚張り~ (5, 0.0%)

1 さ, で隅, といふの, の壁, の武者繪

▼ 枚役者~ (5, 0.0%)

3 が上 1 が上ゆえ, が下

▼ 枚~ (5, 0.0%)

2 があっ 1 があつ, ということ, になっ

▼ 枚渡し~ (5, 0.0%)

1 てくれた, てやった, てやりました, てよこさない, て下さい

▼ 枚用意~ (5, 0.0%)

4 して 1 に持たせる

▼ 枚~ (5, 0.0%)

1 ねて, へあけた, をめくり上げ, を半, を敷いた

▼ 枚程の~ (5, 0.0%)

1 大きさ, 画は, 畫布を, 短篇が, 長さ

▼ 枚程度~ (5, 0.0%)

1 では書け, という約束, に縮め, のもの, のレヴィウ台本

▼ 枚~ (5, 0.0%)

2 の兜, の襖 1 のその

▼ 枚~ (5, 0.0%)

2 にし 1 だからな, の物, の雪駄穿

▼ 枚貰っ~ (5, 0.0%)

1 てズボン, て帰った, て来た, て来たかった, て行く

▼ 枚買い~ (5, 0.0%)

1 すぐ一枚, それに, それを, の客, 自信あり

▼ 枚貼っ~ (5, 0.0%)

1 てあった, てある, て出す, て金属, て長く

▼ 枚近い~ (5, 0.0%)

1 ものを, 原稿紙の, 文学の, 父の, 長篇を

▼ 枚開いた~ (5, 0.0%)

1 のみで, ま, ままだった, 障子の, 雨戸の

▼ 枚あける~ (4, 0.0%)

1 と強い, と皎, と縁側, 人は

▼ 枚ありました~ (4, 0.0%)

2 けれども大きい 1 のよ, はずあれを

▼ 枚あるいは~ (4, 0.0%)

1 二十枚あるいは, 五百枚の, 半分の, 百五十枚と

▼ 枚うわ~ (4, 0.0%)

1 てで, てになった, 手だ, 手で

▼ 枚~ (4, 0.0%)

2 ている, て頭陀袋

▼ 枚さえ~ (4, 0.0%)

1 その手, 出れば, 拵えて, 来なかった

▼ 枚ずつは~ (4, 0.0%)

1 ある, かならずはがき, 入って, 奮発しなくっ

▼ 枚ずつを~ (4, 0.0%)

1 お授けなさる, 三本に, 与えたほか, 版木に

▼ 枚そこ~ (4, 0.0%)

1 で仕立て, に見られなかった, へ挾み込んだ, へ敷きならべ

▼ 枚そっと~ (4, 0.0%)

1 おろした, くつ屋に, その手, 開けて

▼ 枚である~ (4, 0.0%)

2 ことを 1 が, がこの

▼ 枚~ (4, 0.0%)

1 のでございます, のです, ので裏どなり, んていう

▼ 枚ながら~ (4, 0.0%)

2 抜けて 1 別々の, 散って

▼ 枚のこらず~ (4, 0.0%)

1 ビリビリと, 外されおや, 撃墜され, 返して

▼ 枚ひらひら~ (4, 0.0%)

1 して, とまい落ち, と舞い落ち, と舞い落ちた

▼ 枚までも~ (4, 0.0%)

2 出すから 1 はぎとって, 残さぬなどという

▼ 枚もう~ (4, 0.0%)

1 一枚, 一枚という, 一枚もう, 寒明け寒

▼ 枚もの紙~ (4, 0.0%)

1 がぬりつぶされた, でくるんだ, を剥がす, を揃え

▼ 枚わたし~ (4, 0.0%)

1 てくれた, て二日, ながら言った, の為

▼ 枚モロ~ (4, 0.0%)

1 に外す, に折, に折れ, に飛ん

▼ 枚~ (4, 0.0%)

1 下サル, 二重ニ重, 出セシモノヽ別ニ葉モ花ラシキ者モナキ寄生品, 完成サレヨ

▼ 枚一緒~ (4, 0.0%)

1 に入れ, に出し, に奪, に持っ

▼ 枚~ (4, 0.0%)

1 けは一々, け大切, け孤立, け態と

▼ 枚三円~ (4, 0.0%)

1 から七円ぐらゐする, でお前, ときめた, 迄

▼ 枚二円~ (4, 0.0%)

1 すると, ずつにし, でその, の五枚お引き受け

▼ 枚二百枚~ (4, 0.0%)

1 というもの, という信じられない, と寄附, と書く

▼ 枚五円~ (4, 0.0%)

1 でございますよ, でネギさん, で入っ, の割

▼ 枚五文~ (4, 0.0%)

2 なら安い 1 で買う, で飛ぶ

▼ 枚五枚~ (4, 0.0%)

1 と工場, と書い, と書きつ, の隨筆

▼ 枚写真~ (4, 0.0%)

1 にとってその, にとらし, をとった, を焼い

▼ 枚~ (4, 0.0%)

1 に触っ, のあの, のカンナ, の丈夫

▼ 枚刷り~ (4, 0.0%)

1 なりとも拵え, になっ, の大, の道中双六

▼ 枚~ (4, 0.0%)

2 ねぬぎ, れば

▼ 枚取出し~ (4, 0.0%)

1 その裏, てそれ, てホームズ, て主人

▼ 枚~ (4, 0.0%)

21 ズボン下二枚麻半, 十

▼ 枚~ (4, 0.0%)

1 なる睡蓮, の地, 坂なら, 鱗の

▼ 枚大きな~ (4, 0.0%)

1 ものにか, ビラが, 二銭銅貨が, 黒天鵞絨の

▼ 枚小説~ (4, 0.0%)

1 の底, をかいた, をかく, をのせる

▼ 枚~ (4, 0.0%)

1 ちぎったよう, て餘計, 掛けて, 開けましたが

▼ 枚抜け~ (4, 0.0%)

2 てい 1 ている, て二人きり

▼ 枚拝借~ (4, 0.0%)

1 したのよ, してね, 願いたいと, 願えませんでしょうか

▼ 枚拾っ~ (4, 0.0%)

1 てきた, て当てる, て立掛けた, て財布

▼ 枚揃え~ (4, 0.0%)

1 てあった, てあつ, てあらわれた, ていた

▼ 枚描き~ (4, 0.0%)

1 にか, の絵, 度か, 終つてその

▼ 枚~ (4, 0.0%)

1 にまで謠, により, の彩絵, をこしらえ

▼ 枚敷かれ~ (4, 0.0%)

1 てある, てい, て入口, 褥脇息など

▼ 枚書け~ (4, 0.0%)

1 といふお, ばいい, ば忽筆, ば生き

▼ 枚書ける~ (4, 0.0%)

1 からあの, が材料, くらいなら, とそれ

▼ 枚~ (4, 0.0%)

1 が一つ, の上, の下, の足

▼ 枚~ (4, 0.0%)

3 ていた 1 て冬の

▼ 枚残った~ (4, 0.0%)

1 ことだった, とき浅, のである, 白銅を

▼ 枚~ (4, 0.0%)

1 で濡, で濡らし, にぬれ, へ漬け

▼ 枚無い~ (4, 0.0%)

1 ことは, ぜ戸棚, のです, らしいぢ

▼ 枚目欄外~ (4, 0.0%)

4

▼ 枚硝子~ (4, 0.0%)

1 になっ, のはまつた陳列, の小, の透明

▼ 枚紛失~ (4, 0.0%)

1 したそれ, した事, して, しても

▼ 枚縫っ~ (4, 0.0%)

1 てい, てしまった, てもらった, ても手

▼ 枚自分~ (4, 0.0%)

2 の方 1 のポケト, の身

▼ 枚~ (4, 0.0%)

2 つた 1 ふ, へる仕組み

▼ 枚貼つた~ (4, 0.0%)

2 封の 1 十枚近い, 封書

▼ 枚足りない~ (4, 0.0%)

1 ぞ, のである, ばかりで, 分は

▼ 枚~ (4, 0.0%)

2 に着けない 1 にま, の皮

▼ 枚~ (4, 0.0%)

1 の兜, の大, の鉢兜, を頂いた

▼ 枚頂戴~ (4, 0.0%)

1 いたしたい, いたしたいと, いたしたうございます, の事

▼ 枚~ (4, 0.0%)

1 にゆられ, に吹かれ, に吹かれる, をはらませ

▼ 枚あい~ (3, 0.0%)

2 ている 1 てい

▼ 枚あけた~ (3, 0.0%)

1 ところから, まま薄暗い, 障子の

▼ 枚あと~ (3, 0.0%)

1 から塩, へ繰, へ繰っ

▼ 枚あの~ (3, 0.0%)

1 方の, 牛肉屋で, 風景は

▼ 枚いくら~ (3, 0.0%)

1 だ, だと, という原稿料

▼ 枚いる~ (3, 0.0%)

1 かはる子さん, のだ, んです

▼ 枚おい~ (3, 0.0%)

1 てきた, て名残り, て彼

▼ 枚お送り~ (3, 0.0%)

1 いたします, します, 申しあげ候

▼ 枚かいた~ (3, 0.0%)

1 ことも, のち岩波の, 夢を

▼ 枚かく~ (3, 0.0%)

1 ところという, のが, 方が

▼ 枚かさねた~ (3, 0.0%)

1 かと見える, ほどあた, ような

▼ 枚かり~ (3, 0.0%)

2 そめに 1 てく

▼ 枚くらいは~ (3, 0.0%)

1 かかるでしょう, 引きだして, 開けて

▼ 枚くれた~ (3, 0.0%)

1 ぎりいくら不足だ, んだ, 当然その

▼ 枚くん~ (3, 0.0%)

1 な, ねえ, ねえか

▼ 枚ぐらいしか~ (3, 0.0%)

1 掛け替えが, 書かなかったろうという, 書けません

▼ 枚ぐらいに~ (3, 0.0%)

1 して, またがってるねえ, まとめて

▼ 枚こっ~ (3, 0.0%)

3 きりの

▼ 枚この~ (3, 0.0%)

1 あとに, 時代には, 畳を

▼ 枚こぼれ~ (3, 0.0%)

1 ておりました, てもカラカラ, て来た

▼ 枚すらすら~ (3, 0.0%)

1 と手, と書き上げ, と私

▼ 枚そして~ (3, 0.0%)

1 これ等の, それによって, 雨戸が

▼ 枚そっくり~ (3, 0.0%)

1 めくって, ムシリ取られ, 呑むの

▼ 枚それだけ~ (3, 0.0%)

1 だよ, なん, 散らばって

▼ 枚それに~ (3, 0.0%)

1 一圓紙幣が, 寒さ, 馬琴の

▼ 枚たり~ (3, 0.0%)

1 ともむだ, とも書い, ない

▼ 枚だけで~ (3, 0.0%)

1 い, 沢山です, 葺いて

▼ 枚だけに~ (3, 0.0%)

2 なって 1 忽ち手

▼ 枚だった~ (3, 0.0%)

1 が坂道, と言う, よ

▼ 枚だろう~ (3, 0.0%)

1 あと三枚, という, と思っ

▼ 枚ちかい~ (3, 0.0%)

1 ものが, 作品が, 小説を

▼ 枚ちらばっ~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 ている

▼ 枚であった~ (3, 0.0%)

1 がため, と仮定, のです

▼ 枚とかいう~ (3, 0.0%)

1 ので, 短いもの, 高いもの

▼ 枚とても~ (3, 0.0%)

1 数ふれ, 數ふれ, 書けないことわる

▼ 枚にわたって~ (3, 0.0%)

1 マニ教潜入記を, 書こうと, 毒瓦斯製造法の

▼ 枚にわたる~ (3, 0.0%)

1 趣意書を, 長い記事, 長文の

▼ 枚のこっ~ (3, 0.0%)

1 ていました, ています, ている

▼ 枚はがし~ (3, 0.0%)

1 てしょう, てその, て火

▼ 枚はさん~ (3, 0.0%)

1 でガリガリ, で四枚, で弁信

▼ 枚はずし~ (3, 0.0%)

1 てき, てそこ, て庭

▼ 枚はずれ~ (3, 0.0%)

1 ている, てね, てポッカリ

▼ 枚ばかりずつ~ (3, 0.0%)

2 幾山にも 1 白紙に

▼ 枚ぶん~ (3, 0.0%)

1 のおかしな, の金, 差しだした豪

▼ 枚ほか~ (3, 0.0%)

2 に浴衣 1 入って

▼ 枚また~ (3, 0.0%)

1 一枚と, 一枚矢つ, 三枚続

▼ 枚むしっ~ (3, 0.0%)

1 てその, て一郎, て十日

▼ 枚めくる~ (3, 0.0%)

1 とそこ, とノッケ, と一頁

▼ 枚もった~ (3, 0.0%)

1 きりで, だけで, リーダが

▼ 枚やる~ (3, 0.0%)

1 と嬉し, と繍幔, よジム

▼ 枚をも~ (3, 0.0%)

1 余さなくなった, 書き得ずして, 片付けて

▼ 枚キラキラ~ (3, 0.0%)

1 と光った, と氷, 強い金色

▼ 枚コジ~ (3, 0.0%)

1 あけた, あけると, 開けて

▼ 枚ハート~ (3, 0.0%)

2 の一 1 のしるし

▼ 枚一時~ (3, 0.0%)

1 に世, に書き上げた, 迄に書き上げた

▼ 枚三枚四枚~ (3, 0.0%)

1 それからひい, とその, とつづけ

▼ 枚下し~ (3, 0.0%)

2 置かる 1 さえすれ

▼ 枚並ん~ (3, 0.0%)

1 で, でいます, でいる

▼ 枚二万五千円~ (3, 0.0%)

1 か三万円, で買, 計二十枚五十万円

▼ 枚五十銭~ (3, 0.0%)

1 ぐらいであった, の原稿, の見本

▼ 枚五厘~ (3, 0.0%)

1 であつ, にもつかない, の絵草紙

▼ 枚以下~ (3, 0.0%)

1 しか売れない, それから商売, ということ

▼ 枚借り~ (3, 0.0%)

1 て伊庭, て来, て行く

▼ 枚入った~ (3, 0.0%)

1 とする, 一八七一年の, 綺麗な

▼ 枚入れた~ (3, 0.0%)

1 のと, ほどのぼっとりした, 鍋を

▼ 枚~ (3, 0.0%)

1 ぐらいな大き, のすわらぬ, はみんな

▼ 枚出した~ (3, 0.0%)

1 きり何も, だけで, のを

▼ 枚出た~ (3, 0.0%)

1 のでいよいよ, まで, 時は

▼ 枚出来~ (3, 0.0%)

1 そうである, ている, てゐる

▼ 枚出来たら~ (3, 0.0%)

2 銀座へ 1 お送りします

▼ 枚切符~ (3, 0.0%)

1 を買っ, を頼まれ, 買って

▼ 枚前後~ (3, 0.0%)

1 で四十五万円, の原稿, の好

▼ 枚剥い~ (3, 0.0%)

1 でゆく, でスラスラ, で布

▼ 枚~ (3, 0.0%)

1 はつて, はれば, へられた

▼ 枚十五枚~ (3, 0.0%)

1 と分厚く, などがある, を与え

▼ 枚半以上~ (3, 0.0%)

2 の大 1 の武者絵

▼ 枚半分~ (3, 0.0%)

2 ほどを紙縒 1 ばかり開い

▼ 枚同じ~ (3, 0.0%)

2 ように 1 のを

▼ 枚向う~ (3, 0.0%)

1 にある, に現在敵, へよろけ

▼ 枚~ (3, 0.0%)

1 に貸し, の記念, を撮っ

▼ 枚四十銭~ (3, 0.0%)

1 だったの, だつた, の原稿料

▼ 枚四枚~ (3, 0.0%)

1 それからひい, とその, とつづけ

▼ 枚売っ~ (3, 0.0%)

1 てくれぬ, てくんなさるなら, て下さい

▼ 枚売れた~ (3, 0.0%)

1 から慥か, かをたずねる, のが

▼ 枚~ (3, 0.0%)

2 の枕 1 の肌着三枚

▼ 枚寄附~ (3, 0.0%)

2 して 1 するから

▼ 枚小判~ (3, 0.0%)

1 がある, が辷った, の十枚

▼ 枚~ (3, 0.0%)

1 が二筋, は縄, も二筋

▼ 枚引いた~ (3, 0.0%)

1 のでそこ, ので寮, 雨戸の

▼ 枚張った~ (3, 0.0%)

1 だけの壁, ように, 小さな窓

▼ 枚~ (3, 0.0%)

1 に見せた, の前, の掌

▼ 枚投げ出し~ (3, 0.0%)

1 てそのまま, てむやみ, 私の

▼ 枚投げ出す~ (3, 0.0%)

2 が早い 1

▼ 枚折屏風~ (3, 0.0%)

1 があった, を見ました, を逆

▼ 枚~ (3, 0.0%)

2 いて 1 取られたので

▼ 枚掛け~ (3, 0.0%)

1 てある, と色々, 三枚掛けと

▼ 枚揃っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てなく, て開いた

▼ 枚描く~ (3, 0.0%)

1 ことも, ところを, 辛棒さえ

▼ 枚散らばっ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ていた

▼ 枚~ (3, 0.0%)

1 かつてゐた, ぐらいの所, より五十枚敷位

▼ 枚明けた~ (3, 0.0%)

1 ばかり暗い, 戸の, 縁側の

▼ 枚書きなぐる~ (3, 0.0%)

1 いつもの, それを, 梅焼酎はよ

▼ 枚欠け~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ても差支えない

▼ 枚毀し~ (3, 0.0%)

1 てさえも指一本, てさえ指一本, て置いた

▼ 枚~ (3, 0.0%)

1 へたり, へてやつ, へてガラツ八

▼ 枚無造作~ (3, 0.0%)

2 にひっかけた 1 に積み重ね

▼ 枚焼く~ (3, 0.0%)

2 にした 1 にし

▼ 枚百円~ (3, 0.0%)

1 の原稿料, は出します, は最低

▼ 枚看板年~ (3, 0.0%)

2 は隨一 1 は随一

▼ 枚立てかけ~ (3, 0.0%)

1 てあった, てあつ, てある

▼ 枚細目~ (3, 0.0%)

1 にあけ, にあけた, に開けた

▼ 枚~ (3, 0.0%)

1 で四冊, の小, ばかりの写本

▼ 枚綴じ~ (3, 0.0%)

1 て毛筆, の秘密, ばかりのもの

▼ 枚置い~ (3, 0.0%)

1 てあった, て来る, て行っ

▼ 枚~ (3, 0.0%)

1 を, を向けたい, を洗っ

▼ 枚~ (3, 0.0%)

1 ている, て両, て居る

▼ 枚蒲団~ (3, 0.0%)

1 にこぶ, の上, を掛け

▼ 枚裸体~ (3, 0.0%)

1 と裸体, のまま上框, も見えた

▼ 枚証文~ (3, 0.0%)

1 ならべつに, の芸者, の辰巳七個所

▼ 枚調べ~ (3, 0.0%)

1 てゆく, て河川, て見た

▼ 枚貰った~ (3, 0.0%)

1 ので葉子, のを, 写真は

▼ 枚貰つて~ (3, 0.0%)

1 来た, 来たん, 来ましたよ

▼ 枚買つて~ (3, 0.0%)

1 帰るつもり, 来て, 行くん

▼ 枚貸し~ (3, 0.0%)

2 てくれ 1 てほしい

▼ 枚起請~ (3, 0.0%)

1 である, という譬, や旅役者

▼ 枚足らず~ (3, 0.0%)

1 であらう, のもの, の中篇

▼ 枚足らん~ (3, 0.0%)

2 ねえ 1 ねえ旦那

▼ 枚這入っ~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 ている

▼ 枚重なっ~ (3, 0.0%)

3 ている

▼ 枚開く~ (3, 0.0%)

1 ときらきら, と朝日, と真青

▼ 枚開ける~ (3, 0.0%)

1 と夢中, と裏, 度に

▼ 枚隔て~ (3, 0.0%)

1 て勿体ない, て勿體, て眺める

▼ 枚集った~ (3, 0.0%)

1 ような, 形に, 雪は

▼ 枚飛ん~ (3, 0.0%)

2 で曲者 1 で來

▼ 枚駕籠~ (3, 0.0%)

1 で行ったら, をやとい, を雇っ

▼ 枚あいた~ (2, 0.0%)

1 ままに, 板戸の

▼ 枚あがり~ (2, 0.0%)

2 て評判

▼ 枚あなた~ (2, 0.0%)

1 にもさし上げます, に書い

▼ 枚うつし~ (2, 0.0%)

1 てもらう, てをかう

▼ 枚おくれ~ (2, 0.0%)

1 よ, 何でも

▼ 枚おち~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ 枚お前~ (2, 0.0%)

1 にやる, に一枚

▼ 枚お願い~ (2, 0.0%)

1 しましょう, ですから

▼ 枚かざられ~ (2, 0.0%)

1 てい, てゐ

▼ 枚かって~ (2, 0.0%)

1 すこし先, 来た丈

▼ 枚かんばん~ (2, 0.0%)

1 の洋服, の素袷

▼ 枚くださいました~ (2, 0.0%)

1 が読ん, よ

▼ 枚くらいしか~ (2, 0.0%)

1 お出来, なかった

▼ 枚くらいに~ (2, 0.0%)

1 書いたの, 達して

▼ 枚ぐらいで~ (2, 0.0%)

1 切り上げたら何うに, 毒婦呼ばわりを

▼ 枚ぐらいも~ (2, 0.0%)

1 ありそれ, あるよう

▼ 枚~ (2, 0.0%)

2 えて

▼ 枚こし~ (2, 0.0%)

1 らへ, らへても

▼ 枚こじ開け~ (2, 0.0%)

1 てあった, てあるだ

▼ 枚こまかき~ (2, 0.0%)

2 事は

▼ 枚こわし~ (2, 0.0%)

2 てしまった

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 寄進なさいました, 閲読下さらば

▼ 枚さし~ (2, 0.0%)

1 ていた, 出す

▼ 枚しき~ (2, 0.0%)

1 このほっ, 交り

▼ 枚するする~ (2, 0.0%)

1 と伸び, と開きかけた

▼ 枚ずつと~ (2, 0.0%)

1 かぎって, 決って

▼ 枚そう~ (2, 0.0%)

1 だ, です

▼ 枚そちら~ (2, 0.0%)

1 に行き, へゆく

▼ 枚それで~ (2, 0.0%)

1 ずぶ濡れに, 必要な

▼ 枚そろっ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 枚たった~ (2, 0.0%)

1 六フランで, 四文

▼ 枚たらん~ (2, 0.0%)

2 事を

▼ 枚だけしか~ (2, 0.0%)

1 ない, 有りませむ

▼ 枚だけでも~ (2, 0.0%)

1 おあり, よく見

▼ 枚だに~ (2, 0.0%)

1 ない, なき極めて

▼ 枚だらり~ (2, 0.0%)

1 と下がっ, と掛かり

▼ 枚ちょっと~ (2, 0.0%)

1 ですねと, 胸の

▼ 枚っきり~ (2, 0.0%)

1 ですし, 無いの

▼ 枚ついてる~ (2, 0.0%)

1 からよく, 大木が

▼ 枚つかみし~ (2, 0.0%)

2 後は

▼ 枚つくる~ (2, 0.0%)

1 どころか食べ, のだ

▼ 枚つけ~ (2, 0.0%)

1 てじっと, 代えのぼたん五個

▼ 枚つけた~ (2, 0.0%)

1 ものが, 桃の

▼ 枚づつ買~ (2, 0.0%)

1 つたもの, ひますよ

▼ 枚づゝ帶~ (2, 0.0%)

2 を添

▼ 枚でき~ (2, 0.0%)

2 てゐれ

▼ 枚でした~ (2, 0.0%)

1 が三歳, っけ

▼ 枚でもって~ (2, 0.0%)

1 全身水を, 覆いこれ

▼ 枚で遣付けよう~ (2, 0.0%)

1 という男, といふ男

▼ 枚とが~ (2, 0.0%)

1 ゆうべ置き去りに, 入って

▼ 枚とられた~ (2, 0.0%)

1 んだ, 太田は

▼ 枚とる~ (2, 0.0%)

1 ことが, とぬかす

▼ 枚とれ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, ばそれで

▼ 枚と共に~ (2, 0.0%)

1 ベルギー婦人を, 暮して

▼ 枚どう~ (2, 0.0%)

1 だい, 眺めても

▼ 枚どうか~ (2, 0.0%)

1 して, 将来見捨てず

▼ 枚どてら~ (2, 0.0%)

1 の袵, の袵広

▼ 枚ない~ (2, 0.0%)

1 板の間に, 筈が

▼ 枚なりを~ (2, 0.0%)

1 其の儘採つて, 斜に

▼ 枚なんて~ (2, 0.0%)

1 カメラを, 買えますか

▼ 枚につき~ (2, 0.0%)

1 一般の, 二分の一ずつの

▼ 枚によ~ (2, 0.0%)

2 つて此室と

▼ 枚ぬき出し~ (2, 0.0%)

1 て, てそれ

▼ 枚ぬぎすてる~ (2, 0.0%)

2 旅から

▼ 枚のみ~ (2, 0.0%)

1 では, 頂戴しました

▼ 枚はぐり~ (2, 0.0%)

1 一房絞っ, 最後の

▼ 枚はっ~ (2, 0.0%)

1 てあった, てある

▼ 枚はっきり~ (2, 0.0%)

1 かいて, 見えて

▼ 枚はりつけられ~ (2, 0.0%)

1 そよ, ている

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 さっと斬れ, し池田瑞長

▼ 枚ばかりと~ (2, 0.0%)

1 折詰を, 黒や

▼ 枚ばかりに~ (2, 0.0%)

1 なり活字, 青く生え

▼ 枚ばかりも~ (2, 0.0%)

1 書き上げた, 書き進んで

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 ら, ッかけ

▼ 枚ひっかけた~ (2, 0.0%)

1 きりで, だらしない

▼ 枚へだて~ (2, 0.0%)

1 ている, て見

▼ 枚ほどは~ (2, 0.0%)

1 優にある, 足を

▼ 枚ほぼ~ (2, 0.0%)

1 百十二字乃至, 百四十字乃至

▼ 枚までが~ (2, 0.0%)

1 肉に, 贋物と

▼ 枚むしり~ (2, 0.0%)

1 とつて, 唇に

▼ 枚むだ~ (2, 0.0%)

1 では, にした

▼ 枚めあたり~ (2, 0.0%)

1 から血, よ

▼ 枚めくった~ (2, 0.0%)

1 ところに, のである

▼ 枚めくつ~ (2, 0.0%)

1 てい, てゆく

▼ 枚もつ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て来

▼ 枚やっ~ (2, 0.0%)

1 てその, て芝生

▼ 枚やった~ (2, 0.0%)

1 ことから, のであります

▼ 枚やっと~ (2, 0.0%)

1 作り時計, 手に

▼ 枚よりは~ (2, 0.0%)

1 新しい別, 無事に

▼ 枚わかれし~ (2, 0.0%)

2 蛇の

▼ 枚わき役~ (2, 0.0%)

1 として加わり, に加わる

▼ 枚わけ~ (2, 0.0%)

2 てやる

▼ 枚をめぐって~ (2, 0.0%)

1 廻り灯籠の, 廻り燈籠の

▼ 枚エハガキ~ (2, 0.0%)

1 など買った, をお送り

▼ 枚カレンダー~ (2, 0.0%)

1 だの工場, に記

▼ 枚スケッチ~ (2, 0.0%)

1 したいから, と玩具

▼ 枚ズリ~ (2, 0.0%)

1 とすれ, なども思い合せられる

▼ 枚テーブル~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 枚ヒラヒラ~ (2, 0.0%)

1 と地面, と床

▼ 枚ビラ~ (2, 0.0%)

1 が下っ, を配

▼ 枚ボーイ~ (2, 0.0%)

1 の手, の銀盆

▼ 枚一両~ (2, 0.0%)

1 ずつで売っ, の平均

▼ 枚一圓~ (2, 0.0%)

1 で當時, の筆記料

▼ 枚一寸~ (2, 0.0%)

1 したの, です

▼ 枚一枚それ~ (2, 0.0%)

1 に目, をはがし

▼ 枚一枚手~ (2, 0.0%)

1 にとつて, に取っ

▼ 枚一枚海~ (2, 0.0%)

1 に流す, の風

▼ 枚一枚点検~ (2, 0.0%)

1 しながら, する

▼ 枚一枚皮~ (2, 0.0%)

1 をはぐ, を剥ぎ取れ

▼ 枚一枚着物~ (2, 0.0%)

1 を剥がれ, を脱がす

▼ 枚一枚葉~ (2, 0.0%)

1 を向けたい, を洗っ

▼ 枚一枚鱗~ (2, 0.0%)

1 のよう, を拵え

▼ 枚一郡一城~ (2, 0.0%)

1 あるいは血みどろ, 或は血みどろ

▼ 枚一銭~ (2, 0.0%)

1 から五六銭, から五銭

▼ 枚七枚~ (2, 0.0%)

1 おお拾, ぐらい書い

▼ 枚三十枚~ (2, 0.0%)

1 ぐらい買っ, の作

▼ 枚三銭~ (2, 0.0%)

1 ずつだ, で

▼ 枚上手ぢ~ (2, 0.0%)

2

▼ 枚下さっ~ (2, 0.0%)

1 てうまく, てこれ

▼ 枚不思議~ (2, 0.0%)

1 な写真, に燈籠

▼ 枚不足~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 枚両面~ (2, 0.0%)

1 だが, のレコード

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 で駈附け, で駈附ける

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 わづか, 二十枚提灯十張と

▼ 枚乃至~ (2, 0.0%)

1 五枚という, 十枚を

▼ 枚二十五銭~ (2, 0.0%)

1 で糸, になられた

▼ 枚二十円~ (2, 0.0%)

1 と云, の秘密写真

▼ 枚二枚三枚四枚~ (2, 0.0%)

1 それからひい, とその

▼ 枚二枚二枚半~ (2, 0.0%)

2 最も多い

▼ 枚二枚半~ (2, 0.0%)

2 最も多い

▼ 枚五個五色~ (2, 0.0%)

2 の宝石

▼ 枚五十万円~ (2, 0.0%)

1 に売れた, の海

▼ 枚五百枚~ (2, 0.0%)

1 ぐらい買う, というなら

▼ 枚五銭~ (2, 0.0%)

1 でこの, の座蒲団

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 にしらせず, を馬鹿

▼ 枚今日~ (2, 0.0%)

1 はよく, 迄遺つ

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 中枢に, 始め軽く

▼ 枚位違つて~ (2, 0.0%)

2 ゐても

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 かで, でもいい

▼ 枚何十枚一郡一城~ (2, 0.0%)

1 あるいは血みどろ, 或は血みどろ

▼ 枚供養~ (2, 0.0%)

1 のため, の名号

▼ 枚倒し~ (2, 0.0%)

2 て八五郎

▼ 枚倒れる~ (2, 0.0%)

2 のを

▼ 枚借りる~ (2, 0.0%)

1 ことに, と拂

▼ 枚入り~ (2, 0.0%)

1 たる嚢, の小

▼ 枚入る~ (2, 0.0%)

1 とがらり, として十一枚

▼ 枚其内側~ (2, 0.0%)

2 に吊した

▼ 枚内外~ (2, 0.0%)

1 だろうと, であったので

▼ 枚写し~ (2, 0.0%)

1 てうち, てすぐ

▼ 枚写した~ (2, 0.0%)

1 から送る, が甚だ

▼ 枚写す~ (2, 0.0%)

1 ことに, と云う

▼ 枚写せ~ (2, 0.0%)

2 ば百六十四文

▼ 枚写生~ (2, 0.0%)

1 したまずい, をしよう

▼ 枚出された~ (2, 0.0%)

1 ように, 時に

▼ 枚出來~ (2, 0.0%)

1 ましたよ, れば

▼ 枚出来た~ (2, 0.0%)

1 ことに, ところで

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 にその, の半紙

▼ 枚刷っ~ (2, 0.0%)

1 て一タンガー, て皆

▼ 枚剥がし~ (2, 0.0%)

1 てその, て其方

▼ 枚剥がれざりし~ (2, 0.0%)

2 には舌

▼ 枚剥ぎ取られ~ (2, 0.0%)

1 ている, て行きます

▼ 枚剥くる~ (2, 0.0%)

1 とその, 音でも

▼ 枚加え~ (2, 0.0%)

1 てやっ, てよび集め

▼ 枚加はつ~ (2, 0.0%)

1 た, たこと

▼ 枚加わった~ (2, 0.0%)

1 だけでも相当, ので

▼ 枚動かず~ (2, 0.0%)

1 平素は, 気味の

▼ 枚包ん~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ 枚十銭~ (2, 0.0%)

1 の, の似顔絵

▼ 枚千円~ (2, 0.0%)

2 もする

▼ 枚及び~ (2, 0.0%)

1 ズボンを, 記事中に

▼ 枚取れ~ (2, 0.0%)

1 て頭, と言われた

▼ 枚取出す~ (2, 0.0%)

1 とそれ, と一番下

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 の人差指, の品々

▼ 枚右手~ (2, 0.0%)

2 の食指

▼ 枚呑む~ (2, 0.0%)

1 とお腹, となおります

▼ 枚壊れ~ (2, 0.0%)

1 ている, て床下

▼ 枚売った~ (2, 0.0%)

1 うちたった, んです

▼ 枚売り~ (2, 0.0%)

1 の肖像, 次には

▼ 枚外され~ (2, 0.0%)

1 てをりました, てボッカリ大穴

▼ 枚奮発~ (2, 0.0%)

1 しさえ, して

▼ 枚女中~ (2, 0.0%)

1 に持たせ, に買つて

▼ 枚婆さん~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 枚宛高島先生~ (2, 0.0%)

2 は急がし

▼ 枚富江~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 枚封じ~ (2, 0.0%)

1 てあつ, 越したり

▼ 枚小さく~ (2, 0.0%)

1 畳んで, 疊んだ

▼ 枚小粒~ (2, 0.0%)

1 が二つ三つ落散つて, で二三兩

▼ 枚小袖帯~ (2, 0.0%)

1 に背負揚, は白縮緬

▼ 枚屑屋~ (2, 0.0%)

1 に一円五十銭, に壱円五拾銭

▼ 枚岩層~ (2, 0.0%)

1 から成り, が主

▼ 枚差出す~ (2, 0.0%)

1 ことが, と小僧

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 のそれ, のマスト

▼ 枚引きめくっ~ (2, 0.0%)

1 て来た, て栄

▼ 枚引き出し~ (2, 0.0%)

1 てテーブル, にしまってる

▼ 枚引っ~ (2, 0.0%)

1 剥いで, 懸けたまま

▼ 枚引っかかっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 枚引っぱり出し~ (2, 0.0%)

1 て両手, て給仕

▼ 枚張れ~ (2, 0.0%)

2 ばどう

▼ 枚当る~ (2, 0.0%)

1 かもしれず, が本命通り

▼ 枚彼女~ (2, 0.0%)

1 の生涯, は卓上

▼ 枚念入り~ (2, 0.0%)

1 に皺, に繰り拡げ

▼ 枚怪しい~ (2, 0.0%)

2 女の

▼ 枚恵ん~ (2, 0.0%)

1 でください, でやった

▼ 枚戴きたい~ (2, 0.0%)

1 と思います, と思ひます

▼ 枚所持~ (2, 0.0%)

1 して, せるも

▼ 枚~ (2, 0.0%)

2 をつかう

▼ 枚打っ~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て在った

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 り出して, り込んだ

▼ 枚抜い~ (2, 0.0%)

1 てパチパチ, て出した

▼ 枚抜き出し~ (2, 0.0%)

1 てそつ, て渡した

▼ 枚拝領~ (2, 0.0%)

1 したん, した何

▼ 枚持たぬ~ (2, 0.0%)

1 坊主に, 身で

▼ 枚掴み出し~ (2, 0.0%)

1 て店, 相手の

▼ 枚掴ん~ (2, 0.0%)

1 できた, で來

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 ひ, へてカバン

▼ 枚描こう~ (2, 0.0%)

1 かと思っ, と絵具箱

▼ 枚握った~ (2, 0.0%)

2 手が

▼ 枚握らせる~ (2, 0.0%)

1 と印度人, と忽ち

▼ 枚摺錦絵~ (2, 0.0%)

1 あり, は富嶽三十六景

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 つたのである, つて送

▼ 枚撮影~ (2, 0.0%)

1 しそれから, したが

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 に靴, ッた

▼ 枚散っ~ (2, 0.0%)

1 ている, てもそれ

▼ 枚散り~ (2, 0.0%)

1 二枚落ち, 谷の

▼ 枚数え~ (2, 0.0%)

1 ていった, て卓

▼ 枚敷位~ (2, 0.0%)

1 に至り, の赤

▼ 枚敷居~ (2, 0.0%)

1 から外れ, のうえ

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 らしく折れて, 型式読みもの風の

▼ 枚新しく~ (2, 0.0%)

1 並べ跫音, 買って

▼ 枚明け~ (2, 0.0%)

1 て立っ, て行った

▼ 枚時には~ (2, 0.0%)

1 二十余種にて, 四十枚も

▼ 枚書き上げ~ (2, 0.0%)

1 てねる, 一層心持ち

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 と八本, なんてもの

▼ 枚残した~ (2, 0.0%)

1 だけで, 雨戸から

▼ 枚残ってる~ (2, 0.0%)

1 だけで, のを

▼ 枚残つて~ (2, 0.0%)

1 ゐたので, ゐること

▼ 枚残り~ (2, 0.0%)

1 は十八, 透明な

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 した雨戸, りは

▼ 枚母親~ (2, 0.0%)

1 にかけさせ, の記念

▼ 枚沢岳~ (2, 0.0%)

2 と悪

▼ 枚流通~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 枚浮い~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て居ました

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 に流す, の風

▼ 枚消印~ (2, 0.0%)

2 の逸れ

▼ 枚減らし~ (2, 0.0%)

1 てゐ, て質屋

▼ 枚渡した~ (2, 0.0%)

1 低い橋, 黄金が

▼ 枚漉き~ (2, 0.0%)

1 のい, の純白

▼ 枚点検~ (2, 0.0%)

1 しながら, する

▼ 枚無理~ (2, 0.0%)

1 にこじ開けられた, に包ん

▼ 枚焼い~ (2, 0.0%)

1 てやる, て遣る

▼ 枚燦然~ (2, 0.0%)

1 たる眞, としてガラッ

▼ 枚甲伏~ (2, 0.0%)

1 というの, の法

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 を出し, を描い

▼ 枚画い~ (2, 0.0%)

1 ていただきたい, ておく

▼ 枚畳ん~ (2, 0.0%)

1 で置い, で重ねられた

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 にのせ, の隅

▼ 枚盗む~ (2, 0.0%)

1 こと物を, と当る

▼ 枚~ (2, 0.0%)

2 につけ

▼ 枚着たい~ (2, 0.0%)

2

▼ 枚着たきり~ (2, 0.0%)

1 で日本服, で給仕

▼ 枚着る~ (2, 0.0%)

1 じゃあ, 着物も

▼ 枚破っ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て四角く

▼ 枚破損~ (2, 0.0%)

2 の由

▼ 枚硝子戸~ (2, 0.0%)

1 がある, を当てる

▼ 枚程しか~ (2, 0.0%)

2 ないの

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 が映っ, にほうり投げ

▼ 枚立っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て居り

▼ 枚立て~ (2, 0.0%)

2 てある

▼ 枚竹筒~ (2, 0.0%)

2 に入れ

▼ 枚糸枠~ (2, 0.0%)

2 に立てる

▼ 枚紙幣~ (2, 0.0%)

1 を刷らせました, を数え

▼ 枚素肌~ (2, 0.0%)

1 にひっかけた, に着た

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 だつた, のエハガキ

▼ 枚綴り~ (2, 0.0%)

1 のお手本, の次

▼ 枚繰った~ (2, 0.0%)

1 戸が, 縁の

▼ 枚繰つ~ (2, 0.0%)

2 てそれからまた

▼ 枚繰られ~ (2, 0.0%)

1 てあっ, てある

▼ 枚繰る~ (2, 0.0%)

1 と私, と部屋

▼ 枚羽織~ (2, 0.0%)

2 はおなじ

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 はぬ, ひかけて

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 が七十三対, をそろえ

▼ 枚脱ぎ~ (2, 0.0%)

1 ついに真, 二枚脱ぎ

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 の形, の表

▼ 枚草一把~ (2, 0.0%)

1 を儲け, を構え

▼ 枚草履~ (2, 0.0%)

1 がホーイホイ, ばき

▼ 枚落した~ (2, 0.0%)

1 のであった, ような

▼ 枚落ちる~ (2, 0.0%)

1 とすっかり, と見え

▼ 枚裏返し~ (2, 0.0%)

1 になつ, になつて

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 を開いた, を開ける

▼ 枚要る~ (2, 0.0%)

1 かから割り出した, から都合

▼ 枚見る~ (2, 0.0%)

1 と胸, よりは較べ

▼ 枚見事~ (2, 0.0%)

1 なの, に押倒

▼ 枚読む~ (2, 0.0%)

1 となんと, のに

▼ 枚読ん~ (2, 0.0%)

1 で歩いた, で見た

▼ 枚警視庁~ (2, 0.0%)

1 にため, の役人

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 だった, を自分

▼ 枚貰つて來~ (2, 0.0%)

1 たこれ, たの

▼ 枚貰ひたい~ (2, 0.0%)

2

▼ 枚買つて一枚~ (2, 0.0%)

2 はお

▼ 枚買つて來~ (2, 0.0%)

1 た, てくれた

▼ 枚貼った~ (2, 0.0%)

1 恐ろしく重い分厚, 深紅の

▼ 枚起す~ (2, 0.0%)

1 と, と床板

▼ 枚起請文~ (2, 0.0%)

1 をよみました, を書いた

▼ 枚載っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 枚送つ~ (2, 0.0%)

1 てあつて, てくれつ

▼ 枚送られ~ (2, 0.0%)

1 ている, て来た

▼ 枚通す~ (2, 0.0%)

1 のは, のも

▼ 枚邪魔~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 枚重なった~ (2, 0.0%)

1 ままを, ものか

▼ 枚重ねる~ (2, 0.0%)

1 としたなら, やうに

▼ 枚銘仙~ (2, 0.0%)

2 の着物

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 だ, ときた

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 が飛びます, を飛ばした

▼ 枚長火鉢~ (2, 0.0%)

1 が一つ, の上

▼ 枚長目~ (2, 0.0%)

2 に敷いた

▼ 枚~ (2, 0.0%)

2 ててあった

▼ 枚~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 もなく, もなし

▼ 枚預け~ (2, 0.0%)

1 て置いた, て置く

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 に張りつけ, の上

▼ 枚風呂場~ (2, 0.0%)

2 の盥

▼ 枚風呂敷~ (2, 0.0%)

2 に包ん

▼ 枚颯と~ (2, 0.0%)

1 蒼く色, 風が

▼ 枚髪一筋~ (2, 0.0%)

1 でもいま, でも捜し当て

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 のよう, を拵え

▼ 枚鹿角立~ (2, 0.0%)

2 の兜

▼ 枚~ (2, 0.0%)

1 のかたびら, 半ジュバン等お送り

▼ 枚鼻紙~ (2, 0.0%)

2 に捻る

▼1* [1962件]

あきらかにこれ, 枚あけ限りになっ, 枚あげて見てくれ, 枚あげかけて一枚, 枚あげたいが着, 枚あげましょうか, 枚あげませうか, 枚あすこへ漬け, 枚あたり三十圓これはルリ, 枚あたり百圓拂つて, 枚あつめてゐた, 枚あて書いて, 枚あてがうとその, 枚あてがっても彼, 枚あとこまこましたもの三十枚, 枚あと一銭が二枚, 枚あなた様を必要, 枚あまっていた, 枚あまり逢状を貯めた, 枚あらかじめ仕入れて, 枚あらためてみた, 枚ありあわせの紋, 枚ありませんや, 枚あり合せの板切れ, 枚あるではありません, 枚あわせたほどもある, 枚いい心持のが, 枚いたし候, 枚いただいてそれっきり私たち, 枚いただくという, 枚いただけたなんて, 枚いちどに単行本, 枚いっしょに丸め, 枚いつでもお湯, 枚いつのまにかはがされて, 枚いづれも半紙一枚づつ, 枚いと細々と認めた, 枚いばって買っ, 枚いれますといえ, 枚うす曇りの, 枚うつさせろ私は, 枚うつすのに, 枚うろこ落して, 枚おいたが別に, 枚おお拾両, 枚おく深いかくしの, 枚おくれんか, 枚おすのは, 枚おだしなさい, 枚おねがいいたします, 枚おまけに足, 枚おみやげに買っ, 枚おりている, 枚おろして長い, 枚お下げわたし願いたいもの, 枚お代りするにも, 枚お婆さんの枕元, 枚お嬢さんに差上げる, 枚お客の間, 枚お引き受けしますわ, 枚お母さんの為, 枚お爺さんに与えた, 枚お貸申すと, 枚お里はひそか, 枚お釣りになりました, 枚かいたら又それ, 枚かかえふたたび正成, 枚かかえこんでだんだん, 枚かかげられ弁や, 枚かかった朱葉も, 枚かかなければならない, 枚かきたかったがどうも, 枚かきわけ検べて, 枚かき終ったところ, 枚かき込んでありました, 枚かき飛ばすとか中里介山, 枚かくしてありますから, 枚かけられてある, 枚かけると小さい, 枚かさねし襟なつかしき, 枚かさねとして肯定する, 枚かずつ振り落し, 枚かぞえてみ, 枚かぞえるのに, 枚かたまつて, 枚かつてやらう, 枚かで一応結んだ, 枚かとげっそりし, 枚かならず乾されるの, 枚かになって, 枚かにのぼつて, 枚かは必ずそれら陶工, 枚かぶせたような, 枚かぶってその, 枚かぶったように, 枚かまどの形, 枚かまで徹って, 枚かもって電車に, 枚からの長い請願書, 枚かを通して染まったの, 枚がけ位のタテ, 枚がのつてゐた, 枚きいて貰, 枚きたながらず, 枚きっかり合わさって, 枚きれはしない, 枚きわめて肥えたもの, 枚くださいませんか, 枚くださったのだ, 枚くっきりとなっ, 枚くばって歩いた, 枚くらいで完成する, 枚くらいも弾奏し終えた, 枚くらいをつなぎ合わせた, 枚くれる約束じゃ, 枚くわえていた, 枚くわわって注げ注げ, 枚ぐしゃぐしゃに丸め, 枚ぐらいずつ一日に, 枚ぐらいずつに章を, 枚ぐらいというミニチュア連載小説である, 枚ぐらいを一冊の, 枚ぐらゐ欲しいところで, 枚ぐらゐおれや出るかと, 枚ぐらゐづゝ葉書を書き, 枚ぐらゐの温かさ, 枚ぐらゐのお方もずゐ, 枚ぐらゐのところでもう十分過ぎて, 枚ぐらゐの何でもない, 枚ぐらゐの所に草, 枚ぐらゐの短文でちよ, 枚ぐらゐの長編にしたい, 枚ぐらゐの鼻紙で魔窟, 枚ぐらゐは出来のい, 枚ぐらゐ買つたつて十万以上残つてゐるは, 枚ぐれえ次第に, 枚ぐれえくれるぜ遠慮, 枚けずったカドによって, 枚けちけちしねえだってよ, 枚こいつを小判, 枚こくめいに, 枚こころもち浮いて, 枚こしらえてあげましょう, 枚こしらえずに伸子, 枚こしらえたいなどと言った, 枚こしらえられるとしてもジッ, 枚こじあけて入り, 枚こっちの五枚, 枚これから実験に, 枚こわせと言う, 枚こわれていました, 枚ございましたがお, 枚ござろうがの, 枚へ見付からなかつた, 枚さかのぼって見た, 枚さぐり取って彼, 枚さげて座敷, 枚さしあげたのです, 枚さしたる櫛は, 枚さし上げ申し候内, 枚さらがあった, 枚さらったのです, 枚ざっとどうにか書き上げて, 枚ざつとどうにか書き上げて, 枚のり返っ, 枚しかし腰の, 枚しかもその包み紙, 枚しまい忘れたのが, 枚しまっている, 枚しまるように, 枚しめ残した雨戸, 枚しめた雨戸の, 枚しらべて行く, 枚しるし半纏という処, 枚じかに地面へ, 枚じきはあり, 枚じきそこにと思う, 枚じみた看客を, 枚すぐ外れるやう, 枚すこしずつ外し, 枚すっと開いて, 枚すてて来た, 枚すませ小南を, 枚すむとすぐ, 枚すら見当らなかつたので, 枚すらも身体に, 枚すんで二枚目, 枚すんなりしたその, 枚ずうずうしい位に, 枚ずつしか持ち合わせて, 枚ずつじゃ遠慮のう, 枚ずつで十三回間に, 枚ずつに離れた紙, 枚ずつにて半箇年間つまらぬ, 枚ずつほど持って, 枚ずつも買って, 枚ずつよオく, 枚ずらりと並べて, 枚ずるずると切出す, 枚ぜひとも欲しいもの, 枚そうして笑って, 枚そえてくださる, 枚そこそこの長, 枚そちらこちらに生えてる, 枚そっちかい, 枚そばにはまた, 枚それぢや一, 枚それでも彼は, 枚それほど皺にも, 枚それ自身嬌羞を帯びた, 枚そろったのが, 枚まつた, 枚たけをつめる, 枚たしかめて何, 枚たたんで置い, 枚ただくれました, 枚たっていた, 枚たつ入口の, 枚たてて歯みがき, 枚たひらげる, 枚たらずの短篇, 枚たれたしもた, 枚たんねんに拾, 枚だけといふ約束で, 枚だすな, 枚だってかのゑさは, 枚だってね大事の, 枚だっても書けるじゃ, 枚だつて決して, 枚だつたが追, 枚だの九十枚だ, 枚ちぎつていく, 枚ちぢみ中形五六枚位は, 枚ちゃんとはいって, 枚ちやんと紙, 枚ちょいと引, 枚ちょうだいしたって, 枚ちょうど状差しの, 枚ちよつくらち, 枚ちらと見, 枚ってのは, 枚ッ刎ね, 枚ついでに大作, 枚ついには三分間, 枚つかませると勝家, 枚つかみ出してそれ, 枚つかみ出すと, 枚つかめそうに, 枚つかんで忙し, 枚つきつめてしまう, 枚つぎの誓紙捧, 枚つけようと返す, 枚つけるか蜜柑, 枚つつましやかに, 枚つづきでその問題, 枚つまみあげ戸棚の, 枚つまみあげるとくるくる, 枚つまみ出して, 枚づつせつせと束にこし, 枚づつただで上げる, 枚づつの百円札を十字, 枚づつはいつた十の財布, 枚づつはぎとつて行く苦痛, 枚づつはぐらかすやうに加工しながら, 枚づつばらばらとはじいて見るので, 枚づつめくつてゐるものの少しも, 枚づつもやりや宜いん, 枚づつも葉書を往復, 枚づつわたしと妹, 枚づつ丹念に, 枚づつ來る, 枚づつ出し合つて疊の上, 枚づつ十の財布, 枚づつ天朝より恩賜, 枚づつ子供等の前, 枚づつ引き剥って見た, 枚づつ必要の盜汗, 枚づつ插繪が入, 枚づつ教頭に宛て, 枚づつ眞田の紋, 枚づつ繪葉書を出し, 枚づつ表側を上, 枚づつ貰ふもの, 枚づつ近頃で安井, 枚づつ配布されるの, 枚づれてその間に何やら, 枚づゝなくては行けないの, 枚づゝめくつて一枚のはがき, 枚づゝ五六人の子, 枚づゝ厳かなる神将, 枚づゝ名でもつけよう, 枚づゝ君來よと染むるにや, 枚づゝ気長にやつ, 枚づゝ洋服ズボンシャツみんなぬぎサルマタ一枚, 枚づゝ繰り返し見つ, 枚づゝ観客に渡し, 枚づゝ買つて来るので, 枚づゝ集まつて, 枚づゝ雲に星, 枚てめえ大切候に持っ, 枚であけ放った座敷の, 枚であってその, 枚であろうがとにかく, 枚でございますから, 枚でしょうね, 枚ですましてゐる, 枚でっくりの, 枚でないことを, 枚でなくても二枚, 枚でなく殖えていた, 枚でぬッと, 枚でまとめることは, 枚でもかまひません, 枚でもよかつた, 枚で急いで茶の間, 枚で痩せた体を, 枚で覆つてある, 枚で見かねたのか, 枚で頻に我と, 枚とかに鋏を, 枚とさえいう処, 枚としか記入しない, 枚とじと称する, 枚とだけはいわば肌身, 枚とったことが, 枚との包みが, 枚とばされて, 枚とばしてやれい, 枚とめてある, 枚ともはいたり, 枚とらせて貰う, 枚とられたら一枚ぬぐ, 枚とりそれを, 枚とりあげてヘカベー之, 枚とりあはせのよい, 枚とりかえる方が, 枚とり落して破つた, 枚とるではなし, 枚とれた程度である, 枚とんと指の, 枚ほりに, 枚どうしかな, 枚どうしても加へ, 枚どうせ僕の, 枚どこかへなくなった, 枚どころでは, 枚どころか四百三十五頁ある, 枚どり大に, 枚どんなにそれを, 枚なか着はだ, 枚ながめたのちに, 枚なけりゃ煙草入れ一つも, 枚なげて, 枚なげしに朱, 枚などがある, 枚などはやたらに, 枚などよりは遥かに, 枚ならびに包紙を, 枚ならべた穀物置場が, 枚なるも難し, 枚なんぞは刹那主義だ, 枚なんぼで安う, 枚にぎって書店, 枚にぎったうえに, 枚にぎると新橋, 枚にすら如かないもの, 枚についてはあまり色が, 枚にては到底寒気, 枚にとりかわって, 枚になどなつて, 枚によってよく象徴, 枚によっても一つの, 枚にわたり吹き込まれた, 枚ぬいてそれに, 枚ぬかるみのポスト, 枚ぬかれてし, 枚ぬき取る方法, 枚ぬきだすとそれ, 枚ぬきとられた時の, 枚ぬき取って私, 枚ぬぎすてられていく, 枚ぬぐというきまり, 枚ぬけた今年は, 枚ぬけ落ちたような, 枚ぬげば肩, 枚ねえんです, 枚のこさずくわえとり舞いあがってたべ, 枚のこしてあと, 枚のこつてゐる, 枚のこらず引裂かれている, 枚のせただけでもあらわせる, 枚のっていた, 枚のっけている, 枚のってるんで非常, 枚のねだん, 枚のみにて唯だ, 枚はいでもやった, 枚はいだばかりの一冊, 枚はいでやったあげくに, 枚はいでやらあ, 枚はいで持って行っ, 枚はかなげな, 枚はがしたほどの, 枚はがすのは, 枚はがれていた, 枚はがれた下で, 枚はぎ取るやうに, 枚はくようになっ, 枚はぐって行く, 枚はさまった美しい挿絵, 枚はさみありこは, 枚はずさないと銭箱, 枚はずみそこへ, 枚はずれる仕掛けだ, 枚はずんだらう, 枚はってまた勝て, 枚はつてあつた, 枚はねとばされて居た, 枚はね除けて中, 枚はね飛ばして一調子, 枚はまって居る, 枚はりつけて大きな, 枚はりつけた警察の, 枚はる切手が, 枚ばかし暴に, 枚ばかりしか残って, 枚ばかりという約束を, 枚ばかりとが這入つて, 枚ばかりは直ぐに, 枚ばかりへ隙間なく, 枚ばったり内へ, 枚ばりといつた, 枚ぱっと出して, 枚ぱつと飛び散つた, 枚ひきずりだしてタツノ, 枚ひき千切ってその, 枚ひき拔いて, 枚ひき残されてい, 枚ひき破られている, 枚ひくと老人, 枚ひっぺがしては朝の, 枚ひっくり返して, 枚ひとそろえの, 枚ひとつつみにし, 枚ひらいて行っ, 枚ひらいたままに, 枚ひらりとはいっ, 枚ひるすぎに, 枚ひろげてみた, 枚ひろげたのは, 枚ひろげられその上, 枚ひん飜られる, 枚びた一文もまかりません, 枚びっしりと細い, 枚びらき馬蹄形の重い, 枚はりと, 枚ふいに取上げ, 枚ふつてみ, 枚ふらふらと日向ぼっこ, 枚ふわりとおり, 枚ふんぱつして, 枚ぶくぶくと浮い, 枚ぶら下がってい, 枚ぶら下げてこいつ, 枚ぶら提げて部屋, 枚ぶんのをかし, 枚へらさねばならない, 枚べったりと便箋, 枚ぺたんと一個になっ, 枚ほうってやった, 枚ほうりだして行っ, 枚ほごして綿撒糸, 枚ほしくてあたし, 枚ほどとなりなお, 枚ほどのがあるから, 枚ほどまで原稿が, 枚ぼくの鼻先, 枚ぼろ屑のよう, 枚ぽかりと, 枚ぽつねんとのせて, 枚ぽろりと落ち, 枚ぽんと抛っ, 枚まい込んで来た, 枚まきあげてしまう, 枚まきついてある, 枚まぎれこんだように, 枚まくって居る, 枚まくりはじめたのだ, 枚まさかの時の, 枚またたくひまに, 枚または三十の, 枚までの種板を, 枚までは眼を, 枚まとって伸びる, 枚まとつてゐる, 枚まとめて四十枚, 枚まるで美術館の, 枚まんぞくに撮れ, 枚みよ子の前, 枚みることが, 枚みんな持って, 枚みんな品のいい, 枚むいて行く, 枚むき始めましたが成, 枚むしりとってやった, 枚むしり取り元の, 枚むしろだか, 枚めくつては, 枚めくられていた, 枚めくり箒の, 枚めくりとるように, 枚めくり取るとその, 枚めだかを, 枚め畳の裏腹, 枚もいで唇, 枚もぐのよ, 枚もち出して, 枚もちだしそれを, 枚もと慾と道づれ, 枚もの就中飼鶏がぱっと, 枚もはまつて, 枚もみじの葉, 枚もより風の枯木, 枚もらったんです, 枚もろに外れ, 枚もろ手前脚, 枚やいてやれ, 枚やぶけていました, 枚やぶれていない, 枚やろうかな, 枚ゆき子は胸, 枚ゆっくり寸の, 枚よかありませんもん, 枚よく調べて, 枚よこしてこれ, 枚よこせと吹ッ, 枚よめば誰, 枚わが愛蔵の, 枚わけなく離れどすんと身体, 枚わしは欲しい, 枚わずか一朱, 枚わたしわたしはわたし, 枚わったというよう, 枚ゑがくのと珍らしい昆蟲, 枚をはなむけに, 枚をばわれこ, 枚を以て自己の, 枚アイロンをかけ, 枚アバラのつもり, 枚オツリに渡され, 枚オペラでは, 枚カッフェーの女給さんたち, 枚カンバンはおろす, 枚ガス銘仙の上蒲団, 枚ガタガタと開い, 枚ガタガタ雨戸の嵌め外し, 枚ガラス戸をあけ, 枚ガラリとあける, 枚コロコロと転がり落ちました, 枚ゴザが巻い, 枚ゴマメを一袋, 枚ゴム製の舟, 枚サティのレコード, 枚ザサブンゴザサメゴザサという通り体小, 枚ザラザラひろいあつめ, 枚シーツを買っ, 枚ジイドのを二十四枚かき, 枚スナップものこされ, 枚スペードのしるし, 枚スーッと下, 枚ズツ奢って, 枚ズボン下二枚を重ね, 枚ズROス一つの彼女たち, 枚ソトその半ば, 枚タオル一枚石鹸一個と蚊帳ひとはり, 枚タロ芋百箇焼豚二頭鱶一尾及び大海亀一匹, 枚ダイヤのしるし, 枚ダブって目まい, 枚チャリンと小さい, 枚チョットとです, 枚ツト開けると, 枚ニテ人ヲ飽シムベシ, 枚精進ニ魂消, 枚ノブ公に握らせ, 枚ハガキ二枚撫子一包そして焼酎一合, 枚ハネ飛ばして, 枚パッと跳ね返る, 枚パツと跳ね返る, 枚パラパラとふっ, 枚ヒユツヒユツと飛びます, 枚ビロードの布, 枚ピンで留め, 枚フランネルの単, 枚フロック・コオトに勲章, 枚ブラ下がつて, 枚プリントに刷っ, 枚ヘバリ付いて, 枚ペラペラと見, 枚ポイと投げ重ね, 枚ムクを加え, 枚メリメリと無理無体, 枚レコードでもお, 枚ロケーションの話, 枚ワタクシに売っ, 枚ヴォルフのがありました, 枚と袋一朱, 枚一〇号を何枚, 枚一ぺんに買った, 枚一セントで買った, 枚一ドルで香港, 枚一ドル三十セントのシーツ十枚, 枚一ヶ所に埋け, 枚一・七〇也買って, 枚一一二字で割り切れ, 枚一万円の原稿, 枚一円七十五銭くらいで売る, 枚一円五十銭が最高, 枚一円八十銭の見本, 枚一円十五銭で売る, 枚一円札が五枚, 枚一円札二枚それから銀貨, 枚一分といふ見当, 枚一所に來, 枚一方は太平洋, 枚一朱切付本五十丁の潤筆料, 枚一杯にお母さん, 枚一枚あけ行くに, 枚一枚たんねんに拾, 枚一枚ふつてみ, 枚一枚アイロンをかけ, 枚一枚カレンダーに記, 枚一枚ビラを配, 枚一枚ビロードの布, 枚一枚供養の名号, 枚一枚僕がまだ, 枚一枚写真にとってその, 枚一枚勘定し直して, 枚一枚半という風, 枚一枚叮嚀に検め, 枚一枚名工がのみで彫っ, 枚一枚吟味して, 枚一枚四匁としても四貫目, 枚一枚壁からはずされ, 枚一枚大事に拭う, 枚一枚天井の梁, 枚一枚小刀の先, 枚一枚小銭を探し出す, 枚一枚左側ページに貼付, 枚一枚引ンむいても, 枚一枚念入りに繰り拡げ, 枚一枚悔みの手紙, 枚一枚戸袋に繰り入れ, 枚一枚手描きした例, 枚一枚手足の生爪, 枚一枚数が殖え, 枚一枚敷居のうえ, 枚一枚日附が記され, 枚一枚月の雫, 枚一枚本をくつ, 枚一枚板張りをし, 枚一枚毎に息苦しく, 枚一枚火鉢の火, 枚一枚猿股を渡す, 枚一枚畳をめくり上げ, 枚一枚病皮を剥ぎ取る, 枚一枚皆んな違って, 枚一枚皺をのばし, 枚一枚真珠を半分, 枚一枚石畳の一つ一つ, 枚一枚紙幣を数え, 枚一枚繃帯の薄れ, 枚一枚脇へ取り除け, 枚一枚身の皮, 枚一枚這寄って来た, 枚一枚通行人に配った, 枚一枚違ふが, 枚一枚重ね著をする, 枚一枚釘打で板, 枚一枚雨戸へ釘, 枚一枚風に吹かれる, 枚一枚鮮かに描いた, 枚一組の極彩色, 枚一組のを借り, 枚一組袋入りの額面用名画, 枚一連の戸, 枚一錢と云, 枚一錢三枚一錢と云, 枚一題に限る, 枚七八円から四五円, 枚七円という当時, 枚七十両で買つた, 枚七寸五分から六寸五分, 枚七時に完成, 枚七枚十枚十二枚時には二十余種, 枚万年筆の達筆, 枚丈拂つたん, 枚三円以上の小説, 枚三円位取れたの, 枚三十五銭の原稿, 枚三十六面は長大, 枚三十枚十五枚を与え, 枚三十枚四十枚も書ける, 枚三千枚張りの供車, 枚三厘の襯衣, 枚三文とは安, 枚三文二枚で五文, 枚三時迄か, 枚三景迄は中, 枚三枚お代りするにも, 枚三枚ヒユツヒユツと飛びます, 枚三枚五枚と書きつ, 枚三枚四枚五枚六枚そしてこれ等, 枚三枚箪笥から消え, 枚三枚續け樣, 枚三枚賞め手もない, 枚三枚錢が飛びます, 枚三畳もある, 枚三百枚五百枚ぐらい買う, 枚三萬五千圓といふ値段, 枚三通の手紙, 枚上がって座頭, 枚上げて牀板, 枚上げさせてそこ, 枚上げたところ早速, 枚上げられ床板が, 枚上げるのです, 枚上官二十六人に白銀二百枚, 枚上席であった芹沢, 枚上座らしい方角, 枚上衣一枚持たないヤレミーチユフ, 枚下さいな, 枚下さつたありがたう, 枚下つた処にありし, 枚下宿の子供, 枚下書きした後, 枚似合に, 枚不動国行の刀一口, 枚与えて船室, 枚与えられるだけである, 枚世間の女なみ, 枚両方へ明, 枚並べた塩せんべいの, 枚並んだのを, 枚中官以下に鳥目五百貫, 枚中為切にした, 枚丸めて放っ, 枚待ち顔に, 枚主人のめり安, 枚を半紙, 枚せて, 枚な容子, 枚九円四十銭よ, 枚九分に一枚, 枚九十銭なん, 枚九銭の要求, 枚乱雑に積ん, 枚事務所のよう, 枚二つ折にし, 枚二の腕から胸, 枚二ギニーの者, 枚二ツ折にし, 枚二万五千円二十枚合計五十万円を陸海軍, 枚二万五千円宛に計, 枚二万円に売れ, 枚二三十銭位で売り出せ, 枚二円以上となり, 枚二円前後になつ, 枚二十円のを云いつけ, 枚二十四枚は二十四両, 枚二十枚何枚書いても, 枚二十銭の稿料, 枚二千圓と號, 枚二朱ずつで京大坂, 枚二枚それも楢, 枚二枚三枚と三百円, 枚二枚三枚ヒユツヒユツと飛びます, 枚二枚三枚四枚五枚六枚そしてこれ等, 枚二法真鍮貨二つと探し出し, 枚二百文乃至一枚百文, 枚二百枚三百枚五百枚ぐらい買う, 枚二錢か三錢, 枚五〇銭で買った, 枚五つの五色, 枚五ドルするという, 枚五ルーブリさ, 枚五人抜くと, 枚五円その他のく, 枚五匁だと, 枚五十両百両二百両三百両などいう, 枚五十円どつせ, 枚五十銭ぐらゐであつたと思ふ, 枚五十銭銀貨で六百枚, 枚五十錢宛に賣る, 枚五千円だと, 枚五圓か十圓づゝで, 枚五枚六枚そしてこれ等, 枚五枚六枚七枚おお拾, 枚五町四方見当なき鉄砲, 枚交ぜて切っ, 枚交っていた, 枚の物, 枚今ごろ着る外出用, 枚今度口述したり, 枚仕上げてあと, 枚仕上げた時には, 枚仕立てて小包, 枚仕立てまして娘, 枚以上二枚以内でまとめ, 枚以上五六百枚以下それから商売, 枚以上発売されて, 枚以上蓄めている, 枚以外の部分, 枚会合に加わっ, 枚伝公の前, 枚位そちらでも使っ, 枚位づつ呉れた, 枚位のは却って, 枚位ふだん用のメリンス, 枚位仕方あんめえ, 枚位内の程度, 枚位可いぢ, 枚位平気だからね, 枚位短かいも, 枚位累ねて, 枚位違ふ人, 枚何れも目, 枚何千円にもなる, 枚何千円何万円にも取引, 枚何枚書いても, 枚何町歩という広い, 枚何百枚といふ高, 枚余る真四角な, 枚余分に焼いた, 枚余計にシャツ, 枚作って貰えず, 枚作るわけには, 枚併せると何, 枚使い残りのレター, 枚使つたと云ふからそ, 枚た切り, 枚來ようと見向き, 枚供えようともしない, 枚借りだすのが, 枚借り出したがそれ, 枚借り受けて酒樽, 枚倹約したら十冊, 枚健三の手, 枚働いている, 枚して, 枚僕たちに出し, 枚の人顔, 枚先頭に置い, 枚光る物手を, 枚に角自分, 枚入り口の三方, 枚入り用なの, 枚入るだろうと思った, 枚入れましょうといえ, 枚入口に立っ, 枚全体盗んだ, 枚全部試験に通ります, 枚全部頂戴いたします, 枚八仙の芭蕉煎餅, 枚八円にて何卒, 枚八分に一枚, 枚八十カペイキ三十分の早とり, 枚八十円で吹, 枚八十枚と書かなけれ, 枚八厘か一銭, 枚八枚のは唯, 枚八百枚甚しきは千枚, 枚八銭の原稿紙, 枚八銭以上ビール一杯二十五銭とす, 枚六号ないし八号, 枚六枚七枚おお拾, 枚六枚八枚のは唯, 枚六枚数うるばかり, 枚六號乃至八號の畫布, 枚六銭の売上げ, 枚共僕が今, 枚其上に敷いた, 枚其処に投, 枚内外のを是非, 枚を戴き, 枚写しましたが昌吉, 枚写し終えると此度, 枚冠つて半日寢込んだ時, 枚冬一枚の支給, 枚凄い色男に, 枚処分したのち, 枚出さうと思つたの, 枚出さして彼, 枚出しましたがそこ, 枚出るごとに, 枚出入りの人たち, 枚出来たっぺいあん時の, 枚出来ましたよ, 枚分けて貰, 枚分そッくりあげて, 枚分拵へてまた, 枚切ったのである, 枚切りとったもので, 枚切りとつた, 枚切り取つて殘り, 枚を廃, 枚制作して, 枚刷つてもらつて, 枚刷り絵に供え, 枚掛一つ換える, 枚前後内容はリアル, 枚剥がされていく, 枚剥がされるとその, 枚剥がれて行く, 枚剥がれたように, 枚剥ぎ取ってみる, 枚剥くられては落ち, 枚剥ぐように, 枚剥落して, 枚って来, 枚割って居る, 枚割ったのです, 枚割れて飛んだ, 枚加えといて呉れ, 枚加えられたとは知らなかった, 枚加え得たという, 枚加わりたいと思っ, 枚助けてみた, 枚動かない沈鬱なる, 枚動かぬやうな, 枚勘定し直して, 枚は丁度, 枚化けの皮をはいでやろう, 枚化粧台の上, 枚北浜の, 枚十万円ぐらゐに売れば, 枚十三貫である, 枚十二円か, 枚十二枚時には二十余種, 枚十人扶持を受けた, 枚十八銭古新聞十六銭, 枚十六文であるから, 枚十六文夫れから, 枚十円で穴, 枚十円札で六十二枚, 枚十字に合せた, 枚十日に六十九枚, 枚十枚二十枚何枚書いても, 枚十枚十二枚時には二十余種, 枚十法二枚二法真鍮貨二つと探し出し, 枚十行二十字詰で何文, 枚十銭銅板一円と勧進, 枚千二百円の大きい, 枚千五百枚という量, 枚千五百疋でこれ, 枚千人の婦女, 枚千八百フランもする, 枚千圓と呼ばれた, 枚半くらゐの, 枚半ついでにもう, 枚半やつつけ乍らニュース漫談を書いた, 枚半三枚半の大, 枚半位で出来ます, 枚半書き川口松太郎に贈られた, 枚半枚の平均, 枚半紙に毛筆, 枚半襟一かけお嬢さんが自分, 枚半襟巻き二本毛糸の靴下, 枚の上, 枚厚いのが, 枚厚く敷いたよう, 枚厨子扉があっ, 枚双幅のよう, 枚反古にまぎれ込んだ, 枚つとい, 枚取り下ろして, 枚取りだし乞食にでも, 枚取り上げて吟味, 枚取り出すとその, 枚取り外した大戸の, 枚取るとぶっつけ, 枚取れるというん, 枚取寄せて削っ, 枚取換えて上げよう, 枚受取つたさつ, 枚口絵は, 枚叩き割り差し込んだまま, 枚叩き試みて人間, 枚叮嚀に検め, 枚なしに, 枚台無しにした, 枚台覆いパーヴェル・パヴロヴィッチの下着, 枚はさ, 枚合わせた紙の, 枚合羽が出来た, 枚合計五十万円を陸海軍, 枚吉川夫人へ一枚, 枚吉永の, 枚同じくマルマレードを, 枚同封して, 枚同時にかきます, 枚名工がのみで彫っ, 枚君達は一体, 枚吟味して, 枚吹込まうと, 枚吹込みと決定, 枚呉れてまた, 枚呉れたのである, 枚呉れろと言, 枚周匝に扇形, 枚味わうために, 枚哲学部長の署名, 枚唐人管絃遊戯の圖, 枚けて, 枚喜捨せられた事, 枚喰わされたのである, 枚嘗めてごらん, 枚み込んじゃ, 枚四十五錢の寫眞, 枚四方の調度, 枚四月四日には笞打, 枚四枚五枚と書い, 枚四枚五枚六枚そしてこれ等, 枚団扇三十枚豚五頭魚類の山, 枚は漆, 枚地面に横たえ, 枚垂れていた, 枚垂れただけです, 枚埃まみれになつて転, 枚埋つてゐる, 枚執って来, 枚堂々たる朝鮮誌である, 枚堅パンを出した, 枚報知の片雲録, 枚増して貰った, 枚壁際に投出され, 枚壊したダケだ, 枚壊すくらいにしか思っ, 枚売り切れてから買う, 枚売るんです, 枚売れたら切符売り, 枚のひと, 枚夏帯は丸帯, 枚夏羽織も着ず, 枚夕べに五枚, 枚夕方までに出来た, 枚外したま, 枚外すと沈みかけた, 枚外側に三枚, 枚外套がある, 枚多いというの, 枚多く画いたか, 枚まとめる, 枚夢中でめくって, 枚大きい紙を, 枚大きく拡げられて, 枚大の字也になり, 枚大事に拭う, 枚大切そうに蔵, 枚大判二百三十枚隱して, 枚大変失礼ですけれど, 枚大物の太閤秀吉, 枚天井の梁, 枚られたそう, 枚奪取ってまいった, 枚んでやつ, 枚な浅黄色の, 枚子産石と申しまし, 枚学校へ来た, 枚学生の新聞, 枚宛一ヵ月間記し続けて, 枚宛両手に持っ, 枚宛夜毎に札, 枚宛手に取, 枚宛枝の尖, 枚宛残つた, 枚宛殘つた, 枚宛美事な印画紙, 枚宛銀貨を数, 枚の中, 枚家じゅうの写真, 枚したきり, 枚寄さないん, 枚寄せ書きした, 枚寒月君につき付ける, 枚寝そびれている, 枚寢卷代りにあの, 枚に天津教文書, 枚寸延びという大安売, 枚対坐に据え, 枚のし, 枚封じられてあった, 枚封じ込むで郵税だけは, 枚封じ込めた郵便も, 枚封じ込んだものと, 枚封入するの, 枚封書六つそれを書く, 枚供が, 枚小さい額縁の, 枚小わきにかかえた, 枚小刀の先, 枚小十郎の前, 枚小布一片といえ, 枚小石の重り, 枚小粒一つ無くな, 枚小袖襲ねて, 枚小褄をキリリ, 枚小銭を探し出す, 枚少しかう汚れて, 枚少女が裸, 枚届けてくれ, 枚屋根に掛け, 枚屏風月には蒼き, 枚屏風表に描いた, 枚山羊髭の生えた, 枚岡崎の, 枚岩質粘板岩や角岩及硅岩, 枚とのコル, 枚に吹き散らした, 枚全くこの, 枚巡業の荷物, 枚の方, 枚左側ページに貼付, 枚巧みにはずされ, 枚加わったの, 枚差してある, 枚差上げてくれ給え, 枚巻紙封筒をも取寄せ, 枚巾着の中, 枚布いてあつ, 枚布かれている, 枚布かれる様に, 枚布団で化粧鞍, 枚布団一枚皿小鉢から下駄一足, 枚帆布を当て, 枚帯一筋着物一枚作らざるべからず, 枚も二筋, 枚が残っ, 枚干してあ, 枚干した位しか, 枚干し忘れられたように, 枚干すごとに, 枚に並ん, 枚平げるの, 枚平らげて出, 枚平均九五%が売れる, 枚平均全部を十日あまり, 枚平次が紙屑, 枚幾らといふ紙幣, 枚幾文にて街頭, 枚の上, 枚床几の上, 枚床板の上, 枚になっ, 枚に二列, 枚延べてそして, 枚建てまわして, 枚廻している, 枚式台に持っ, 枚引あく口の悪き, 枚引あけ水の如く, 枚引きずつてき, 枚引きあけられあけられた隙から, 枚引きよせましたが窓掛, 枚引き戸の合わさり, 枚引き抜いて突き出した, 枚引き抜くと門, 枚引き裂いてそれと, 枚引き開けた庭の, 枚引っかけて, 枚引っかけた盲目縞長ばん, 枚引つかけ帯を, 枚引ンむいても, 枚張って茶の間, 枚張つたやうに道, 枚張らうと思ひ立つた, 枚張りつけてある, 枚強くきらきらと, 枚当てて歩い, 枚当てたのも, 枚形見に頂きた, 枚の陽明門, 枚彫ではなく, 枚彫なのであろう, 枚彳んだ人, 枚彼岸にある, 枚彼方を透視, 枚後手に縛りあげた, 枚後者は二枚, 枚後閑武兵衞の手, 枚得物に持った, 枚御家人喜六の唇, 枚御用達和右衛門並びに彦兵衛, 枚徳市に与えた, 枚の美, 枚忘れんようにな, 枚懸けない真新, 枚思い出している, 枚悔みの手紙, 枚悠々と拾い集め, 枚悪党が上, 枚悪筆の乱筆, 枚から出し, 枚懐中から出し, 枚懐紙の切端, 枚懷中から取出し, 枚懸けたのが, 枚懸っている, 枚或いはもつとに, 枚或はそれ以上ある, 枚戸棚にあった, 枚戸袋に繰り入れ, 枚房楊枝を持, 枚所々破けたまま, 枚所有して, 枚所望されて, 枚手のひらに握らされ, 枚手前で堪え, 枚手拭をかぶっ, 枚手拭一筋の方, 枚手探りに捜し, 枚手描きした例, 枚手早く円めて, 枚手渡したのである, 枚手紙の二三本, 枚手紙三本書いた, 枚手紙二つそのい, 枚手習いか, 枚手許へ引, 枚手足の生爪, 枚打ちつけられてい, 枚打ち毀してお, 枚ひました, 枚づかつて, 枚投げてやりました, 枚投げられて左, 枚投げ出したゆえ店の, 枚投付けたら一番仕舞の, 枚投出してくれた, 枚折ったそうじゃございません, 枚折り畳んで押し込ん, 枚折り込んであった, 枚抛り出してある, 枚抛出して逃げる, 枚抜きながらそれ, 枚抜きかけたがちょっと, 枚抜きとるとそのまま, 枚抜き出されて来た, 枚抜けた壜底から, 枚り出したの, 枚へて行, 枚つけられて, 枚押して雨戸, 枚押し倒して入りました, 枚押し開けて灯, 枚押入から取り出し, 枚拝んでは海, 枚拡げると筆太, 枚へたい, 枚拵えてはやらなかった, 枚拾い読みして, 枚拾円といふ意味, 枚持たずに, 枚持たないヤレミーチユフの, 枚持ち添へて, 枚持ち並べたお絹, 枚持ち出して毛筆, 枚持ち出した様子も, 枚持ち去られてゆく, 枚持つてるぞ, 枚持出したから九人力, 枚持出すと威勢, 枚に挟ん, 枚挙げて来た, 枚振袖絲櫻の名木, 枚挽くのでございます, 枚挽ける又挽ける, 枚挾まる様だ, 枚捨てるのは, 枚掃いたんだっちふ, 枚に入れた, 枚掘り當て, 枚掘出しけるゆへ, 枚掛けかえる繁雑さは, 枚掛け通してある, 枚掛つて居るの, 枚掛寫眞器でその, 枚採って挟み, 枚探り開けはては背皮, 枚控えてあたら, 枚掲げてあった, 枚掴み出すと乞食坊主, 枚揃いましたる大切の, 枚揃うてある, 枚揃うたのは, 枚描かそうと, 枚描かうと思つて適當, 枚描かして貰, 枚描かせ百三十部限定の, 枚描かれてゐた, 枚描けば十枚, 枚描けるように, 枚提灯十張と言った, 枚んであつ, 枚つてゐた, 枚握って存分, 枚握らせてやる, 枚摺山水画は尽く, 枚撫でて埃, 枚撫子一包そして焼酎一合, 枚撮み出して我, 枚撮りたいというの, 枚撮りましたけれどその後二年, 枚撮んだ煎餅を, 枚擦れた縁の, 枚攫んで来, 枚散ったわけで, 枚散らばつては, 枚散り敷いていた, 枚散り落ちた木の葉が, 枚散り込んでゐる, 枚散財さっせい二銭, 枚数えるとそれ, 枚敷かぬ堅い床板, 枚敷きても膚, 枚敷き並べ彼女は, 枚敷き列ねて床の間, 枚に貼りつけられ, 枚斜めに網代屏風, 枚斬り残したらしく首は, 枚新しい紙を, 枚新婚祝句を書きなぐ, 枚新子らしく便箋, 枚新調しただけ, 枚方二尺位の油画, 枚方役者が違わ, 枚方明晰に相違, 枚に十枚, 枚日附が記され, 枚明けっ放しになっ, 枚明けると光線, 枚明ければどんより, 枚明け放しになった, 枚明らさまに開い, 枚映画俳優かと見まごう, 枚昨夜お送り申しました, 枚昨夜女隱居が盜, 枚昨日書いて, 枚に対して暫らく茫然, 枚時服四ずつを賜わりました, 枚景物に添え, 枚暖簾をうるさ, 枚の空, 枚暗いひだを, 枚暗号のホゴ, 枚暗誦するだけでも, 枚暮春には春服, 枚上げた, 枚書いたらもう駄目, 枚書かされた世間師としては, 枚書かなくちゃならない, 枚書かなければならず, 枚書かねばならん, 枚書きあげられてゐた, 枚書きあげるとして五百枚, 枚書きなおしてしまった, 枚書きなぐつた魚眠洞君へ, 枚書き上げたのが, 枚書き出した原稿を, 枚書き十二時半に出る, 枚書き山本安英の, 枚書き損つたか, 枚書き文藝春秋社の迎, 枚書き終はつた, 枚書き続けて行, 枚書けたことも, 枚書けませんでね裁縫, 枚書ければ一枚, 枚書籍十六冊オラショ類を書いた, 枚曾呂利の手, 枚の雫, 枚月代は伸びる, 枚月末までにおねがい, 枚有つたとて鼻, 枚有るわけで, 枚の衣嚢, 枚朝夕翫撫頗有似酒人独酔, 枚木津新町の, 枚未だに彼の, 枚をくつ, 枚を別, 枚に染まった, 枚朱漆で書い, 枚杉山さんは一枚, 枚の中, 枚束千円という大金, 枚来たきりであった, 枚来たらおしまいである, 枚来ぬことの, 枚東宝宣伝部へ一枚半, 枚松原村山本善十郎, 枚松緑を買, 枚板地区に行く, 枚板張りをし, 枚板赤水とっぽ, 枚板鉱泉浴をした, 枚林檎が描い, 枚をはなれ, 枚染めるのを, 枚柱一本にも並々, 枚格子の意気造り, 枚に残っ, 枚張りに, 枚棄ててある, 枚につくり, 枚椅子の裏, 枚検めて行った, 枚極彩色の絵看板, 枚模様の違った, 枚に並べた, 枚横側に二枚, 枚橋上下駒寄せ黒塗りに白く, 枚橋湯本箱根石垣山まで取入れ, 枚のやう, 枚欠いた上顔に, 枚欠きましたる菊めの, 枚欠け落ちて右, 枚欠け落ち鼈に殺された, 枚の三人金僉知ら, 枚欲しく思って, 枚歌磨の自画像, 枚正一に拵, 枚も近所, 枚此代金札二十二両外に三歩手数料, 枚此方からもいなだ一枚, 枚歩いて狭い, 枚死出の旅路, 枚死絵があった, 枚残されたばかりであった, 枚残して死ん, 枚残らず失くなってしまったろう, 枚残らず砕けてしまった, 枚残らず破れ散って係官, 枚残る紅葉かな, 枚殖えて九枚, 枚殖やして六銭, 枚殘つて居る, 枚段ボールを掛け布団, 枚毀した処が, 枚毀したら其の人, 枚毀す者は, 枚毀れますと私, 枚の手, 枚比べてみる, 枚毛布が一枚, 枚毛氈の數亦, 枚気張って呉れた, 枚水夫十六人飲み水十五石積, 枚水面へ浮び出, 枚永楽銭が, 枚求めてそれ, 枚汗ばんだ手で, 枚の一支脈, 枚注文した, 枚洗い揚げたところ, 枚洗いだしたのでさっとたちまち, 枚洗うてもわて食えます, 枚洗って置こう, 枚洗つて今日は大原, 枚洗ひものをし, 枚洗ろうてもわて食えます, 枚の澪標遥, 枚洲ガン場中川尻出洲, 枚流したって惜しい, 枚浅草観音のが一枚, 枚浮かしたほどにも思われず, 枚消えてなく, 枚りこんで, 枚済むと上半身, 枚減らねばならぬ, 枚減り畑が, 枚渡されるのです, 枚渡すと老人, 枚満足に読めなかった, 枚準備されて, 枚溜まったところで, 枚滅多に見られる, 枚漂うて来た, 枚火鉢の火, 枚灯して念入り, 枚雑作に, 枚無くなつた, 枚無くなってるのを, 枚無一物であったが, 枚無事に残っ, 枚無人の裡, 枚無帽で髪の毛, 枚無心して, 枚無雑作に包ん, 枚無難に通過, 枚焼かしてその, 枚焼かせる意味を, 枚焼きましをし, 枚暗がりに, 枚片手に大きな, 枚片隅によせかけ, 枚を前, 枚のやう, 枚物すごい音し, 枚物二枚物ではランドフスカ, 枚特志を以てその, 枚猿股を渡す, 枚玉葱八つ西洋人参八つ入れて, 枚現してある, 枚現われはした, 枚が落ちた, 枚甚しきは千枚, 枚申しわけのよう, 枚が上る, 枚男女名取中の寄附, 枚画き改めたところで, 枚画室から借りた, 枚画板の中, 枚画面の空間, 枚があっ, 枚畚褌の上, 枚異なった作を, 枚疊んだ儘帶, 枚もなく, 枚疑う点も, 枚病皮を剥ぎ取る, 枚病院まで頼まれた, 枚発見した, 枚登録するのに, 枚白い壁の, 枚白帆の船, 枚白木の板, 枚白状致しますから, 枚白玉が二枚, 枚白縮緬の半襟, 枚百文で売る, 枚百文位で買った, 枚に見せ, 枚皆んな違って, 枚皆整ふべきを, 枚皮畳を六枚, 枚皮膚ができた, 枚をのばし, 枚皺くちゃになっ, 枚皿小鉢から下駄一足, 枚盗み次にそれ, 枚盗られた時大, 枚監札のダルマ, 枚目どころで相, 枚目のには女人禁制, 枚目ケネスハーランを発見, 枚目右端欄外に, 枚目品位と伝法, 枚目的なこと, 枚直ぐに縁側, 枚直してあった, 枚相当の価格, 枚相添此段御達申上候, 枚枝を, 枚看板ちゃちなぽん, 枚看板ぢや失礼, 枚看板みたいに動物富籖, 枚看板八丁荒しの, 枚新しい文錢, 枚真正面から書い, 枚真珠を半分, 枚真赤な楕円形, 枚着けていた, 枚着けただけで歩い, 枚着ずにふるえ, 枚着せずいつも襷掛け, 枚着せられて夜っぴて, 枚着たる十二三歳の, 枚着てるのは, 枚着とるんな, 枚着ものを始末, 枚着ようじゃ有りません, 枚着るではなし, 枚着流して帽子, 枚着飾らせますれば上つ方, 枚つ張り, 枚矢代に手渡した, 枚矢立の墨, 枚短い手紙が, 枚短刀は脇差, 枚石畳の一つ一つ, 枚石鹸一個と蚊帳ひとはり, 枚砕いたそうであった, 枚砕くと云う, 枚砕けてゐ, 枚襖に, 枚破し升た, 枚の大きな, 枚祭壇のあたり, 枚私たちの前, 枚秘蔵されて, 枚秤量皆此銭ヨリ軽シ, 枚積み重ねてあつ, 枚積み重ねられてしだいに, 枚積んで見ねえ, 枚空いている, 枚空中から舞い落ち, 枚空脛すこし暑い, 枚突っこんでありますが, 枚突然砕け散ったの, 枚窓硝子の真ん中, 枚立つて居る, 枚立てきられた腰高障子には, 枚立てたように, 枚べに塗り込んだ, 枚へ盛っ, 枚箪笥から消え, 枚箱諸共に打砕く, 枚節ちゃんに上げよう, 枚節子に買っ, 枚米子ちゃんと市子ちゃん, 枚を着け, 枚糸一筋さえも彼等, 枚糸一筋みな大君のたまもの, 枚のついた, 枚紅毛人の首, 枚紙きれが落ちた, 枚紙入から抜取られ, 枚紙張横額二枚金屏風半双を送付, 枚紙挟みからとり出し, 枚紙片が貼られ, 枚紙鳶など手繰る如く, 枚紛れこんでいた, 枚紛れ込んだのは, 枚素敵に好い, 枚累ねた位のもの, 枚細い文字で, 枚細腕で引い, 枚紳士の指先, 枚紺がすり二枚ちぢみ中形五六枚位, 枚終ると鶴村, 枚組のを抜き取つた, 枚結びつけてあった, 枚絞りながらバケツ, 枚絵ハガキをとり, 枚絵並に二枚, 枚絵中稀に英山, 枚絵二枚続きまたは, 枚絶品がある, 枚の疊八枚, 枚絹二百匹綿三百把米千五百俵の献上, 枚の中形, 枚継ぎの誓紙, 枚継ぎ合せた廃物利用の, 枚続きですが芝居, 枚網盥をうごかした, 枚綴じた手紙が, 枚綴り合せて片仮名, 枚綿入れならば, 枚の毛氈, 枚のついた, 枚締めてはあった, 枚編まなければならない, 枚縄切れ五六尺でさえ, 枚縫い上げるよ, 枚縫い合わせて手製, 枚縫った例が, 枚にその, 枚繃帯の薄れ, 枚つて見たら, 枚繰り出し始めたのである, 枚繰り開けたるところより, 枚けて右, 枚置かれてある, 枚置きそれを, 枚置き忘れてある, 枚美濃紙に包ん, 枚美術学校にも一葉, 枚羞恥よりも凄惨, 枚が生え, 枚羽根のプロペラ, 枚羽織つて胸毛と一緒, 枚翻って来る, 枚翻訳すると, 枚聴き終った時は, 枚肉筆の短冊, 枚の鎧, 枚肋三つ重ねを一町先, 枚にかくし, 枚肌着一枚だけしかない, 枚懸窓, 枚股引腹掛手拭の外, 枚肩中へ無理, 枚背中に当, 枚背景としてつかっ, 枚背負つたま, 枚背負つて居る, 枚へ取り除け, 枚脱いだのだ, 枚脱いだら凍えて死ぬ, 枚脱がなければならなかった, 枚脱ぎ去って清浄無垢, 枚脱ぐのは, 枚脱げば何時, 枚脱退声明取消文を書かした, 枚よく焼きあげた, 枚膏薬を貰っ, 枚自他一如の純真, 枚自宅の庭, 枚自然に持ち上っ, 枚自由にならない, 枚自画像が一枚, 枚ひこまないかな, 枚舞いこんでいた, 枚の画看板, 枚花袋から貰っ, 枚若しくは二千三百四十五萬六千七百八十九枚の, 枚のジャム, 枚いろの, 枚茶皮の財布, 枚茶色に煤けた, 枚草鞋一足赤褌一本で雨風, 枚華奢な煙草盆, 枚落ちかかったものです, 枚落ちたのと, 枚葉書を出し, 枚著書を配布, 枚蒔絵模様のけっこう, 枚の垂れ, 枚をおろし, 枚して, 枚藁蒲団の下, 枚藤井の叔父, 枚と名づけ, 枚虫干の時, 枚蛸薬師のが一枚, 枚の卵, 枚行く先から出さない, 枚行李二つ位もう一つ, 枚街路の物音, 枚衣紋竹にかけて吊さした, 枚より取り出し, 枚袂懐中こいつは持てない, 枚袋入がたった, 枚はれて, 枚被いて残り, 枚被けて二人一緒, 枚被ってしまいました, 枚袷小松くずしの, 枚袷藍気鼠の半襟, 枚は短, 枚複写させそれ, 枚褞袍を重ねた, 枚襦袢を着, 枚襦袢一枚の寒, 枚襲きらびやかなる服装, 枚要する長文句が, 枚要りますけれども代価, 枚見えその上, 枚見せてもらった, 枚見せたらこれからすぐにでも, 枚見せるにも, 枚見たか知れなかった, 枚見付けたんです, 枚見付けると簡單, 枚見当にはまだだいぶ, 枚観賞しても, 枚の生えた, 枚解剖の図, 枚託けただけで, 枚致かけ, 枚計画の長篇小説, 枚するところ, 枚記念に下さいまし, 枚記載の署名, 枚誤魔化しの出來, 枚を固持, 枚読めなかったものだ, 枚調べましたが花色木綿, 枚調製の件, 枚講談倶楽部へ一枚, 枚譲吉の前, 枚讀まないうちに, 枚の山の上, 枚豚五頭魚類の山, 枚の皮二枚, 枚財布の底, 枚貰うとそいつ, 枚貰つて東京へ戻, 枚貰つて泥と血, 枚貰つて錢形の親分, 枚買いたいと思う, 枚買いてえと思った, 枚買いましたよ, 枚買い入れそれから, 枚買い足して重ね着, 枚買い込んで一, 枚買っちゃったの, 枚買っといてくれ, 枚買つたといふこと, 枚買つて千円も二千円, 枚買つて東京の留守宅, 枚買ひまゐら, 枚買わされたんだ, 枚てやらう, 枚がし, 枚貼られたところで, 枚貼りつけている, 枚貼りつけたまま宇治は, 枚賜り候へとの, 枚賞め手もない, 枚賞金は一等五百円, 枚質屋に曲げ込ませ, 枚赤矛八竿を以て墨坂, 枚赤茶けた畳の, 枚越している, 枚越すでしょうね, 枚をとられた, 枚足して書, 枚足もとに落ち, 枚足りませんな, 枚てたよう, 枚跳ね返し野良犬を, 枚踏み出していた, 枚飛す, 枚蹴開いて其儘朧銀, 枚軍服あり平装の, 枚つて居た, 枚載せられたのは, 枚く叩い, 枚輝いていた, 枚辛うじてこの四冊, 枚辷るように, 枚返すとそれ, 枚送りましたの, 枚送るのを, 枚這入つてゐる古びた, 枚這寄って来た, 枚通してくん, 枚通行人に配った, 枚連作の大津絵, 枚進み他愛も, 枚進む時も, 枚進呈でやたら, 枚運ばれてきた, 枚運ぶ役を, 枚ふが, 枚違うという, 枚遣って女房, 枚遣ろうと仰し, 枚選び出して一枚, 枚選び寝台に載せ, 枚選り出して傍, 枚都合六枚の花弁, 枚都合四円五十銭という金, 枚配って歩いた, 枚酒一本でとろ, 枚重い朝露を, 枚重ったまま発掘された, 枚重ねさせようとする, 枚重ねしをふわり, 枚重ねた如き擬態を, 枚重ねなければならぬ, 枚重ね著をする, 枚重ることも, 枚をまとめ, 枚金屏風半双を送付, 枚金襴の古, 枚金貨をつかみ出し, 枚金銀装横刀一口鏡一面倭文二端白眼鴾毛馬一匹白鵠二翼造顔師一人御贄五十舁, 枚釘一本といえ, 枚釘打で板, 枚釣ってあった, 枚の扉, 枚の台, 枚に入れた, 枚銀杏の葉, 枚銅臭芬々として耳, 枚の切口, 枚錢一錢だつて殘つて, 枚錣金の竜頭, 枚鍾馗を描い, 枚の一枚一枚, 枚鏡台の前, 枚鑑札の藝者, 枚のところ, 枚門つまり両開き門になっ, 枚閉めながら云った, 枚閉め残した雨戸の, 枚開かっていた, 枚開かれてい, 枚開きの化粧鏡, 枚開けっ放しになっ, 枚開けつ放しになつて, 枚開けつ放したま, 枚開け拡げて月, 枚開け放したままだった, 枚開け放った障子の, 枚開け放つた障子の, 枚間違ってはいった, 枚附けたして発表, 枚降ってき, 枚限りだお, 枚隅っこに破片, 枚隔てたる夫人堂の, 枚隔て行われている, 枚隣りの部屋, 枚隣家が間に合わせ, 枚集めてくる, 枚集らなきゃ読めない判じものなら, 枚雑巾二枚を製作, 枚離れていた, 枚の絵, 枚電光を開い, 枚青衣の少女, 枚静かに落ち, 枚静物の素描, 枚面白く可笑しく書いて, 枚を背, 枚靴一足にしろ, 枚靴下の腿, 枚鞣革の袴一つ, 枚頂けませんかあつし, 枚頑固に剥ぎとれない, 枚領事から受取った, 枚から引被, 枚頼まれたのかと, 枚頼信紙をもらい受け, 枚は豆, 枚飛ばして読む, 枚飛び吹きちぎられた栗の, 枚飛び越えたと思ふ, 枚飛んだ奥の, 枚飛込んで来た, 枚ると, 枚飜訳した, 枚食べ二枚食べし, 枚食べして行っ, 枚食べつくした私寄宿舎の, 枚食卓の上, 枚ふこと, 枚飼わぬ家は, 枚の脊, 枚馬券を買つた, 枚馬春堂の机, 枚馬桐油二十五枚駕籠蒲団小五十枚中二十枚, 枚駈けつけるからそれ, 枚駒井能登守ということ, 枚駕籠蒲団小五十枚中二十枚, 枚骨董中の骨董レコード, 枚高かろうとも, 枚高貴な孤独, 枚の中, 枚魑魅魍魎というの, 枚かに描いた, 枚の御酒一盞くだ, 枚の羽, 枚麦酒にまぜ, 枚の味噌汁一杯, 枚焦に, 枚黒いシャツと, 枚黒くしたが, 枚黒ずんで枯れ