青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「枕~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

東京~ 東北~ 東洋~ 東西~ ~松 松~ 松本~ ~板 板~ ~枕
枕~
枕元~ ~林 林~ 林檎~ 枚~ ~果 果~ ~果して 果して~ 果たして~

「枕~」 4402, 48ppm, 2451位

▼ 枕~ (1003, 22.8%)

192 して 30 頭を, 顔を 15 就くと 12 就いて 11 なって 10 就いた 9 つくと, つけて 8 ついて, 寝て 7 させて, しながら 6 響いて 5 すると, ついたが, つきました, つけた, 就いたの, 横に 4 ひ, 伏せて, 就く, 通って, 額を

3 [17件] ころりと, した, したまま, するよう, ついた, ついてからも, つくまで, つけると, ひびいて, ゴロリと, 仰向き臥して, 埋めて, 就いてからも, 眼を, 身を, 近く一脚の, 顏を

2 [44件] あたま, したり, した口, ついたまま, ついた時, つきましたが, つく, つくや, つけるが, ならべて, なるもの, みだれかかりたるそれ, 乱れて, 仰向きに, 伏すとぞ, 倒れて, 夢むともなく夢むるのは十幾年の, 就いたところ, 就いた時, 就きは, 強攫み着き, 手を, 押しあてた, 押しつけた耳, 押しつけて, 横たわって, 死んで, 目を, 眠って, 眠りけり, 着いて, 着けて, 立てかけありし張物板, 肘を, 臂を, 親しんで, 討死する, 討死の, 討死を, 足は, 通ふ, 降る, 響く, 頬を

1 [460件] いつも巷, うずくまって, うずめ夜具, うつむいた, うとうとし, おき, おちた, おちますか, おとづれなまめかしく, かかった髪, かかる洗い髪, かけたレース, かたりと, がっくりと, ぐう, ぐっすり寝, こ, この場, こぼれて, ごろりと寢, ごろりと横, ごろ寝を, さして, さす月, させました, さも嬉し, しいた, しかけた, しがみついた, しがみつくほど, したうたた寝, したしめなかった, したと, したなり, したにも, したの, しためじ, した折助, した脇息, した風情, しつかり頭, してうと, してつ, してという, してるみたい, しふし, しました, しみ入る, しもっと, しんじつ寝, し千辛万苦, し寝具, し目, すやすや寝入っ, すやすや眠つて, すやすや眠り, すりつけた, するか, するが, するなど, するフリ, する時, する楽, す樂亦其中, ずっしりと, せらるべく候, そのまま部屋, ちかき, ちかく目ざめゐ, ちかく魚群, ついたかと, ついたこと, ついたまま母上, ついたもの, ついた三四郎, ついた愛子, ついた老婆, ついた肩, ついた顔, ついてからの, つい寝, つかせた, つかなければ, つかねば, つかまつて, つかれる, つかんとして, つきかけると, つきながら, つきぬ, つくかと, つくたびごと, つくとき, つくところ, つく前, つけたが, つけたま, つけた片方, つけては, つけながら, つけば, つけもう, つけること, つけるや, つけ大きな, つこうかと, つこうと, つこうという, つっ伏しがち, つっ伏した, つっ伏して, つんと拗ねた, なずめなかった, なったと, なる, なるよう, のせた, のせて, のせると, のせ瞳, のって, ひしと喰, ひっかかった, ひったりと, ひつたり, ひと夜置きたれ, ひびきて, ひびく, ひびく新居, ひびく餅, ぴたりと, ふる言葉, ふれるが, またも, みだれかかって, もう一人, ゆるりと, よりかかったまま目, よりかかって, よりて, わが命, アゴを, エンゼルを, ガツクリ首を, コロリと, スヤスヤと, 一人の, 一族一門の, 下がって, 下屋の, 不義非道の, 世を, 両手を, 並べた定法, 乗せそれで, 乗せ其, 乘せた, 乱した, 乱る, 乱れた鬢, 他の, 代つて, 仮寝し, 仮寝の, 仰向, 仰向いて, 伏せた, 休め向, 伝は, 伝わり落ちると, 伸びた長い, 似た義, 似て, 依る計り, 俯つ伏し, 俯伏し, 俯伏しぬ, 倒して, 倒れぬ, 偕老の, 傳は, 入れるくらい, 凭せかけたまま, 凭れながら, 刄物で, 前後を, 割腹焼亡した, 勿体なや, 午睡した, 友禅の, 叢に, 合羽を, 名の, 味噌蔵の, 呼び阿園, 和助に, 唸って, 噛みつき口, 噛み附いたり, 噛りつく, 圧し当てた, 地に, 坐布団, 垂らして, 垂れて, 埋めその, 埋めた, 埋めたとたん, 埋めた頬, 埋めてる様子, 埋めました, 埋めるよう, 埋んでがっくり, 塞ぐ耳, 壁の, 変ってること, 夢に, 大の字なりに, 大地へ, 天井に, 如何な, 宗門に, 容れ用, 寝かせながら, 寝かせやはり, 寝ころがる, 寝ころんで, 寝そべった, 寝そべって, 寝た, 寝た次ぎの, 寝ね小, 寝る, 寝僵, 寝返りした, 寢て, 寢入つてから, 小ざかもり, 小波を, 就いたが, 就いたま, 就いた三吉, 就かせたが, 就かぬの, 就かむ, 就きあるいは, 就きしこと, 就きたり, 就きたるも, 就きたれど, 就きつ, 就きての, 就きてよりは, 就きぬ, 就きました, 就きまする, 就き乍ら言, 就き候とき, 就き劉東夏, 就き幽か, 就くこと, 就く前, 山野に, 差し込むと, 帯腰が, 床の, 床を, 引かぶる気, 引寄せ, 当てが, 彼は, 後向きに, 心地よさ, 思い思いひと, 恍惚として, 息を, 惑ふ, 懸った時, 成る, 我が顔, 我れ, 或は岩, 打仰ぎぬ, 打伏せた, 打死, 打死し, 打響き, 押しあてて, 押しついて, 押しつけた頭, 押し付けて, 押し伏せた, 押し合, 押し当てた, 押し当てたまま, 振つて, 捨てて, 接吻せり, 支えて, 敷いて, 旅人を, 昏睡し, 暫く寝転ん, 月を, 枕し, 枕の, 枕を, 横え, 横たはる, 横つた, 横わっ, 横わった, 横倒しに, 横臥し, 止まり蝶, 死にたいと, 死ねという, 死骸を, 殘る, 殺されても, 毛布に, 水布団そのまま, 汗が, 江戸の, 沈ませる, 沈みそして, 沈める横顔, 沈んだまま, 沈んで, 河童頭を, 泣き寝入りに, 泣く売春婦, 泪を, 浪を, 涙すること, 涙の, 深々と, 添えて, 満足そうな, 漂う寝乱れ髪, 潮のを, 焚きこめて, 熨斗が, 片頬, 玉を, 痛む, 白いカバー, 皮肉な, 眠った, 眠ってる子, 眠らんと, 眠りこけて, 眠ると, 着いた, 着かぬの, 着かるるどころ, 着けた, 着けた胡麻塩頭, 着けながら, 破れた畳, 私は, 突つ立て, 突伏に, 立ち腹切る, 絹糸の, 縋りついた, 置いて, 置き吾こ, 耳を, 聞いたそれ, 聞いて, 聞きながら, 聞く山家, 聞こえて, 肱を, 肱枕を, 背を, 腕に, 臥して, 落した, 落しながら, 落し一つ鼾, 落ちるので, 落ち付けた, 落ち散りました, 落とし, 薄く伝わった, 虫の, 蛇を, 袖しほれ, 西向きに, 親しみかけました, 親しむよう, 討ち死にする, 討死ある, 討死した, 討死したい, 討死に, 討死ツて, 足を, 踏反返っ, 蹴躓ずい, 転々と, 載せて, 辛うじてその, 近い小, 近い所, 近い湯滝, 近き虫, 近くひびきます, 近く差寄りて, 近く押付け, 近く聞えた, 近く髮に, 近け, 近づいて, 近づくの, 迫って, 迫つて来る, 這入つて, 通う, 通うの, 通う春雨, 通う風, 通えば, 遁げて, 都に, 野天の, 鈴川源十郎は, 錦紗ずくめの, 鐘の, 長くなっ, 隻手を, 雀の, 雪ふりに, 露を, 露營し, 青空を, 青草の, 静かに, 靜かに, 靠れて, 音づるゝ風は, 響いた, 響いたかという, 響いたの, 響いた点滴, 響かない筈, 響くちろ, 響くの, 響く夜, 響く波, 響く淺川, 響く町, 響く谿流, 頬杖を, 頭が, 顎を, 髪を, 鳩尾を

▼ 枕~ (892, 20.3%)

129 並べて 71 ならべて 35 高くし 32 して 19 高うし 15 出して 12 持って 9 取って 8 外して 7 つかんで 6 置いて 5 借りて, 抱えて, 持つて, 蹴って 4 しながら, もたげて, 上げて, 並べるの, 横に 3 動かして, 取るより, 当てが, 擡げて, 濡らした

2 [38件] あげた, あげて, あてがって, かって, かりて, させて, すると, するの, そばだてて, ならべた, もたせて, 並べた, 並べた上人, 並べながら, 並べ仰向, 二つならべ, 付けると, 列べて, 廊下の, 引きよせて, 引寄せ, 抱いて, 拾って, 最も強く, 極めて, 欹てつ, 欹てました, 濡らして, 直して, 知らぬ鳥, 裏返しに, 貸して, 賭けて, 返して, 附けると, 頭に, 駢べて, 高くした

1 [418件] あげましょうか, あてが, あてがったの, あてがったり, あらぬ方, うっとりと, うつして, おかいな, おきその, おさえて, お使い, お使いなされませ, お貸し, かえして, かえそうと, かかえたロマンチカ, かかえて, かき抱きながら, かけて, かたはらの, かったり, かついで, かわさぬ豪い, かわしました, かわせ肌, くくりつけたよう, くれと, くれ枕, けとばされても, けとばして, こしらえようと, こちらへ, こっちに, この茅屋根, こぼれて, ごりごりゆすぶ, さがして, ささげて, さして, さして抱き, さし入れた, させたとき, させま, させ上, さへ, さるるであろう, した, したが, したこと, したその, したため, したまま, したん, しっかと押え, しつ, しまいかける, しましたが, しらべると, し皮肉, すえうしろ向き, するにも, するも, する土地, する様, ずらし座蒲団, そこに, そばたて, そばだつれば, たかくしたら寝, たぐりよせその, だいて, つかむやら, つけたまま眺むる, つけて, つけ玉椿八千代, つらねて, とりかへても, とり自分, とるや, とるん, どうする, なおしたり, なおしてるうち, なさいまし, なすったん, なで回し, ならべさせて, ならべそして, ならべたまま, ならべた押し絵, ならべてね, ならべての, ならべよう, ならべる最期, ならべる習慣, ぬらした, ぬらしたこと, のせて, のぞかせて, はずしたなり, はずした顔, はずして, はずすこと, はずせば, はなれたが, はねのけんばかりに, ば高く, ひたす涙, ひつ掴ん, ひろって, ふくらますやう, ぶつけ合って, また袋, みると, みるに, もって, もて, わきに, キシませ, ポーンと, 一つに, 一つ左に, 一つ手に, 一ツ持っ, 上げた瞬間, 上げないこと, 上げません, 上げようと, 上げると, 上げる力, 上げる親類, 上へ, 不意に, 与えないで, 両手で, 並べある, 並べたいもの, 並べたが, 並べたその, 並べたところ, 並べたばかり, 並べたり, 並べたる二人, 並べた者共, 並べた訳, 並べてね, 並べてやすん, 並べて唸つ, 並べて眠りました, 並べて眠る, 並べて臥せり, 並べは, 並べる, 並べるであろうと, 並べるよう, 並べる訳, 並べろというは, 並べ大きく, 中へ, 乗出すさえ, 二つかっ, 二つ接ぎあわせた, 交したこと, 交しません, 交すこと, 交せば, 交わせたこと, 交わそうとは, 仕かえて, 伝って, 備え御沓杖等, 傳う, 入れずに, 出させましょうか, 出した, 出したり, 出したりなど, 出し昼寝, 出す処, 刺したので, 削る山颪, 前に, 動かすと, 動かそうという, 北に, 半, 去る六尺, 参木に, 反すなどは, 取つて, 取りかえて, 取りませうか, 取り出した, 取り換えて, 取るが, 取ッ, 取上げて, 取交えた括蒲団, 取出しました, 取出すの, 取出そうとして, 取外す時, 叩かせて, 叩きて, 叩き付けて, 叩くやう, 叩くよう, 向き合はせ, 向へ, 商う稼業, 啓く, 噛みながら, 四つ頭あわせ, 囲むとも, 埋めて, 執りましょうか, 売って, 変えた, 外した, 外したり, 外し腕, 外すと, 大負け, 天井へ, 奪はせ, 安ん, 宿と, 寄せるよう, 富岡は, 寝床の, 専門に, 少し高く, 巡らして, 左右に, 巻きタオル, 廻す, 廻つて下駄を, 引きよせながら, 引き寄せて, 引き寄せましたが, 引き抜く, 引く途端, 引つぱられると, 引つぱるのであつた, 引入れ夜着引被ぎて, 強盗に, 当てがっ, 当てた, 形代として, 形代に, 御貸し, 必要と, 忌む, 急いで, 懷ろに, 手で, 手に, 打つ, 払って, 投げこんだところ, 投げつけたり, 投げるやら, 投げるよう, 投げ出したり, 投げ出すもの, 投って, 投り出し, 抱えながら, 抱えるよう, 抱きしめた, 抱く, 抱くよう, 抱へて, 押えて, 押し除けられ蓐, 拂つて長夜に, 拝んだ, 拾いあげ袖, 持ち出して, 持ち来らしめ寝ながら, 持ち行きて, 持上げる時, 振って, 振つた, 振るだけで, 捉へて, 捨てたの, 据えたよう, 据えて, 据え置き, 排して, 探して, 換えて, 揺られて, 揺り動かすよう, 撼す, 擡ぐれ, 擡げ, 擡げしが, 擡げずには, 擡げた, 擡げたるを, 擡げると, 擡げ天地紅, 擡る, 攫んで, 支へて, 支へに, 敷いとったが, 暗く寂しげ, 本題の, 横へ, 欹て, 欹てなど, 此方に, 氷枕に, 浸さんに, 浸す, 潤したこと, 濡らしてまで, 濡らす想い, 濡らそう, 照らす, 爪で, 用意し, 用意した, 男の, 直させます時, 直した, 直してから, 直してる間, 直しやりながら, 直すこと, 眺むる態度は, 眺めて, 眼に, 着けると, 石の, 砕いて, 私は, 移しては, 突き何気なく, 立て直す, 竝べて, 粉々に, 置いた, 置いたり, 置きました, 置き直して, 耳に, 肩に, 胸に, 脇息に, 脱したらしい膨れぼったい眼, 自分の, 自分のだけに, 花に, 蔽う六枚屏風, 裏返せとか, 襲うが, 見せた, 見た, 見ると, 見交わす, 見出した, 見比べるばかり, 訪れて, 貴公に, 買うの, 起した, 足で, 足蹴に, 蹴った, 蹴つて, 蹴つて立上り, 蹴とばされたよう, 蹴とばし, 蹴とばしたすそ, 蹴とばす布団, 蹴らぬばかり, 蹴り飛ばす処, 蹴る, 蹴上げたり, 蹴外し少しく, 返すに, 逆に, 通って, 造つて其房, 遺骸と共に, 酒井に, 附けた枕, 附け洒落本, 除けて, 離るる, 離れた, 離れたの, 離れやせん, 離れられない, 離れると, 震ひ動かすやう, 頤に, 頬に, 頭の, 頭へ, 頻回易, 首に, 高うする, 高うは, 高くさせる, 高くすべし, 高くやせこけ, 高く休み, 高く寐, 高く寝, 高く寝込ん, 高く眠られじ, 高く飛ばし, 鳴して

▼ 枕もと~ (739, 16.8%)

20 に置い 10 に坐っ 9 に置いた 8 の時計, へ来 7 に坐つ 6 に坐, に坐った, のテーブル, の煙草盆 5 にすわっ, に坐り, に立っ, の懐中時計 4 にある, にいる, に小さい, の壁, の小, の行燈, を見る

3 [16件] で, にあった, におい, にきた, にすわる, にはお, に持っ, に近い, のコップ, の水, の置ランプ, の腕時計, の蝋燭, の電燈, へ行っ, を少し

2 [58件] でこの, で又, で看病, にいざり, にう, にお, においた, においてある, にしばらく, にすわった, には本, には白衣, にひびい, にもう, に並べ, に伏せ, に吊られた, に呼ん, に坐りこん, に坐り込ん, に女, に居ります, に引きよせ, に投げ出され, に据えた, に控え, に散らし, に本, に来, に物々しく, に用意, に立つ, に行き, に行燈, に見おぼえ, に見しらせぬ, に誰か, に転がっ, に近づき, のスタンド, のランプ, の刀, の懷中時計, の洗面器, の火鉢, の硯箱, の障子, の電灯, へ出, へ寄っ, へ寄つて, へ寄付かない, へ持っ, へ持つ, へ置い, をうろうろ, を見つめ, を遠慮

1 [441件] からちょっと, からぼろけた財布, からまだ, から一山, から消えず, から笑, が暗く, であげ, であつ, でいつ, でお, でしずか, でじい, でつば, でとん, でば, でウィスキー, でクドクド, でヒイタア, で不思議, で大息, で引揚げ以来, で急, で愚痴つて, で手, で手帳, で暫く, で書き置き, で末期の水, で楽, で泣い, で浦島太郎, で父, で突然, で聞こえる, で腰, で蚊, で行われた, で言った, で話し, で読み聞かせた, で酒, で隨分, で駈け, で駈けまわる, で鯉, に, にあぐら, にあらわれ, にありました, にいた, にいつ, においてねる, においてもう, において出, において帽子, において親しく, においといた, におく, にかけ, にきこえる, にきちんと, にこぼれ, にさし, にさっき店, にしゃがん, にしゃんと, にそ, にそっと, にたばね, につ, につるした, にて声, になまめかしく, にならべさせた, にはいつも, にはうす暗い, にはお父さん, にはこの, にはゆうべ, にはれい, にはオポピリン, にはベッドテーブル, には一つ, には一人, には三鞭酒, には依然として, には兄貴, には前芸, には古びた, には国民新聞, には壁, には夕方, には妻, には寝間着, には平生酒, には新鮮, には昔風, には曙覽, には楽屋番, には正装, には母, には母様, には毎晩, には水, には水槽, には法師, には澄子, には父, には異様, には看護婦, には立派, には箱火鉢, には縁, には腹, には臨時, には若い, には蝋燭さ, には血, には見舞, には見舞い, には重恩, には鈴岡さん, にふだん, にまだ, にも坐っ, にやはり, によって, によび, にゐ, にゐた, にゐる, にションボリ, にツネ子, にノート, に一匹, に一番近く, に三匹, に三郎, に両手, に付い, に付き, に何, に兄, に出, に取り出し, に取り出した, に古い, に吊され, に呼び集め, に咲いた, に咲きみだれる, に坐つた, に坐りつづけ, に坐る, に夜明近く, に大きな, に太身, に婆, に婦人雑誌, に媼さん, に宿, に寄っ, に寄り, に寄る, に寝そべっ, に居然, に座, に手, に手紙, に打ち棄て, に据え, に据わってる, に掛け, に放り出し, に散らかした, に散らした, に明滅, に書簡箋, に木の根ツ, に本間さん, に松籟, に殆, に母, に水, に泣き伏した, に活けさせ, に点つて, に煙草盆, に燭つて, に独り, に現われ, に現われた, に現われました, に白い, に目, に眞蒼, に真っ, に真四角, に真白い, に着き切っ, に短い, に程よく, に突立つた, に立てた, に紫, に置いといた, に置かれ, に置かれた, に置きし, に置きました, に置く, に胡桃色, に脇息, に腰, に薬瓶, に藥瓶, に蚊帳, に蝋燭, に行っ, に行儀, に見いださない, に見る, に見出した, に親孝行, に詰めかけ, に赤あか, に起きあが, に足, に近く, に近く侍, に近づい, に近づいた, に這い迫り, に運ばれる, に運び出された, に降り立った, に隣村, に集つて, に集る, に電気スタンド, に顔, に飛び入る, に飯, に飽かずながめた, に鬚, に魚, に黒い小さい, に黙然と, に鼠, のあたり, のあんどん, のお, のお母さん, のかん, のすすけた, のほう, のアスパラガス, のイス, のカアテン, のガラス窓, のコツプ, のタオル, のトースト, のノォト, のノート, のピストル, のフラスコ, のベル, のボタン, の上, の主人, の乱れ籠, の兄, の円い, の几帳, の卓, の古い, の品品, の団子, の夜卓, の婦人雑誌, の小さな, の少女, の屏風板, の崩れ, の床の間, の手, の手帳, の手拭, の手燭, の方, の有明行燈, の朝顔, の木魚, の本, の椅子, の水壜, の汚物, の池, の湯呑み, の灯, の煙草, の煙草入れ, の燧石, の甲野, の畳, の盆, の看護婦, の破れた, の窓, の素焼, の羽根楊枝, の脇差, の脇指, の臘燭, の花びん, の花束, の花鉢, の葡萄, の薔薇, の蛮僧, の行灯, の衝立, の襖, の角行燈, の貝, の財布, の金ダライ, の鈴, の銘刀松倉郷, の鎧, の鏡付, の障子一面, の雨戸, の電報, の電気, の電気スタンド, の青い, の風呂敷, の香, へある, へいく, へいざり寄っ, へいざり込ん, へう, へお, へおい, へかえって, へかがん, へき, へく, へすう, へすりよつた, へすわる, へそなえ, へそろそろ, へはいっ, へはおお, へは例, へは煙草盆, へもわけ, へやってき, へゆく, へピタリ, へ一男, へ一面, へ三上治太郎, へ下, へ参りまし, へ取り寄せ, へ古風, へ呼ばせた, へ呼びつけ, へ呼び付けられ, へ呼び寄せた, へ呼ん, へ坐した, へ坐つ, へ坐る, へ女房, へ小判, へ尻, へ山椒, へ差し上げなけれ, へ座, へ忍び込ん, へ忍ん, へ投げ出す, へ据わった, へ摺り寄せ, へ本, へ本当, へ来た, へ来ました, へ歩みよられた, へ水差し, へ無作法, へ白い, へ突っ, へ筆墨, へ置き, へ膝, へ膳, へ蛇, へ行く, へ行った, へ近, へ迷っ, へ這いよった, へ這い寄っ, へ這い寄った, へ連れ, へ進みよつた, へ運ん, へ運んだ, まできました, まで聴こえ, まで運ん, をさ, をじっと, をそっと, をつめたく, をぬけ出し, を手さぐり, を歩き回る, を片, を片づける, を見, を見ました, を見れ, を見舞っ, を訪ねた, を訪れ, を起った, を離れた, を離れる, を飛び, を飛び廻り, 歩かなかった, 立ちつ

▼ 枕~ (625, 14.2%)

100 上に 51 上で, 下に 19 上から, 下から 17 下へ 16 上へ 11 上の 10 下を 6 ような, ように, 下の, 方へ, 草紙 5 中に, 傍へ, 方に 4 うえに, もとに, 中へ, 位置が 3 そばに, ところへ, やうな, 下で, 所に, 横に, 草子, 間へ

2 [26件] あがらぬ大病, うえには, かわりに, したに, したを, ために, なかに, なくなく, よき友, わきに, 上にも, 上を, 下において, 下は, 下や, 両傍, 位置を, 傍に, 工合を, 布が, 形に, 横へ, 草子の, 草子も, 草紙に, 類にまで

1 [194件] あがらぬ病体, あたり, ありかさ, あるの, ある方, い, うちに, うちにこそ, うち身の, お話が, かげに, かたはらに, かはり, くだりを, ことききましたら, ことを, したから, そばまで, たまと, とがなる, とがよ, とがを憾め, ところに, ところの, とこを, ともし消し, なかへ, はしで, はしに, はずれほうだいうたた寝し, ほうへ, ほとりいつしか, ほとり俄かに, ほとり心づかざれ, ま, まわりに, もとなる, よしあしと, わきにおいて, カヴァ掛蒲団の, サラサは, ママママ, リュックサックから, 上でも, 上において, 上にて, 上には, 上のみ, 上まで, 上らないよう, 下, 下なる, 下には, 下にを, 下より, 下枕の, 並べ置いて, 中から, 中で, 中にも, 中の, 中央を, 事については, 事は, 人は, 代りと, 代りに, 代用品, 代金四十銭也の, 位置など, 位置も, 低きを, 倒れて, 側を, 傍で, 元に, 具合だけ, 具合を, 処へ, 切なき夜半, 切れに, 前に, 前後に, 前説は, 効能に, 勢で, 勤めの, 半は, 厚みの, 取替を, 向きを, 堅いの, 外へ, 夢, 夢に, 奇瑞に, 奪ひあひ, 好み一つでも, 如く枕し, 如し而し, 寝心地の, 小包には, 左右に, 布へ, 布を, 底に, 底を, 形の, 後で, 心配など, 所へ, 抽匣から, 故だろう, 故事を, 方が, 方に当たる, 方や, 方を, 方角を, 春の, 時から, 書生は, 有無を, 未だ安, 栓を, 横において, 横手あたりに, 横腹に, 殺風景は, 比翼紋の, 氷を, 濡れて, 濡れない晩, 物々しさ, 物凄い昔話, 物語が, 物語でございます, 物語は, 番でも, 異った, 痛みも, 癖が, 白いカヴア, 白い切, 白い布, 皺の, 真ん中を, 石を, 空気の, 空気を, 端に, 端を, 笥の, 紋を, 紙の, 紙を, 細きが, 羽根が, 耳へ, 耳を, 脹らみ具合, 自害を, 草子だの, 草子には, 草子や, 草子を, 草紙なぞを, 草紙は, 草紙を, 蕎麥殼も, 被ひ, 覆いも, 覆いを, 覆が, 許に, 詰物を, 赤さ, 近くに, 近所を, 近辺に, 邯鄲子太い, 重ねて, 金蒔絵の, 銀の, 間の, 隅々を, 雪と, 露を, 面に, 音とともに, 音を, 題材等によって, 類までの, 香に

▼ 枕~ (96, 2.2%)

3 みに 2 み, 上らないで, 二つ並ん, 其のま, 置かれて

1 [83件] あがらないよう, あがらなかった, あがりそう, あった, あったが, あったらこの, あつた, あてがわれた, あり湯殿, いけない旅, いちばん違ってる, いやに, この花, ころがって, ございませんでしたね, しっとりする, たった一つ, ついて, ないし, ないどんなに, ないの, ないので, ならべて, のせられて, のぞいて, ひくうて, ひっくり返って, びっしょり涙, みへ, みを, やがて宵子, キチンと, 一つある, 一つずつ, 一つッ切りであった, 一つ欲しい, 丁度八百屋, 三つ, 上がらない, 上らないとの, 上らないので, 上らないよう, 上らないん, 上らない日, 上らなかったそう, 上らなかつた, 上らなくなって, 二つ, 二つ並べ, 二つ並んだ, 今に, 借りられるの, 入って, 冷たいとか, 出来ようか, 包まれ布団, 四つ並べられ, 大きくて, 孰方つかず, 寒かろう, 小さくッ, 少し固く, 崩れたので, 据えられて, 横たわってるの, 毛布の, 濡れしおれるほど, 濡れちまったが, 灰だらけに, 無闇に, 珍妙なる, 空しく置い, 置いて, 置かれる所, 落ちる, 落ち寝床, 身体の, 転げて, 転げ落ち私, 飛んで, 首筋に, 高いと, 高められ額

▼ 枕から~ (87, 2.0%)

18 頭を 7 顔を 4 首を 3 頭が 2 そっと頭, 二尺ほど, 離すと, 顏を

1 [47件] あげて, かけて, こけて, ころっと落ちる, ずり落ちそう, ずり落ち元, ちょっと頭, ちよつと, のし上つて眼を, もたげた, もたげて, もたげガラス越し, 一間とも, 上げたが, 上げて, 上げるの, 上らないから, 下がったあたり, 喉にかけて, 少し顔, 持ち上げて, 振りはずし, 枕へ, 枕へと, 毛布ヤカンまで, 浮かすよう, 滑り落ちた, 畳の, 耳が, 落した, 落して, 落ちそう, 落ちて, 見えるところ, 見渡す畳, 転げ落ちて, 透くその, 道臣の, 離した, 離して, 離れること, 雫が, 面を, 頭部を, 顔も, 顛動し, 首も

▼ 枕~ (79, 1.8%)

2 あがらないと, あがらぬ大病, ある, 冷たかつた, 濡れる濡れる濡れる, 蒲団も

1 [67件] あがらず, あがらずあまり, あがらないよう, あがらない騷ぎ, あがらなかったの, あがらぬという, あがらぬ病, あてがわれません, いらない, うごかさなかった, かけもの, きちんと並ん, ございますから, さぞ痛みますやろ, せずに, そこに, ちゃんと置い, なまめかしくほのか, 一つだ, 一杯に, 上がらず, 上がらない大病, 上がらない有, 上がらぬ有様, 上がらぬ病, 上がらぬ重態, 上がらぬ騒ぎ, 上がらぬ騷ぎ, 上げで, 上らず臥せつて, 上らないよう, 上らない有様, 上らなかったよう, 上らぬやう, 上らぬ寝床, 上らぬ寢床, 上らぬ病人, 上らねえ騷ぎだ, 丸枕に, 二つ出る, 二つ持っ, 交わさずよく, 付きそう, 何の, 備へ, 其儘に, 出して, 出色な, 動かされたに, 各々に, 噴きあげる血のり, 夢も, 夥しい血, 布団も, 当てて, 掻卷も, 毛も, 浮き上がらんばかりの, 浮き上がるほど, 無くなった, 男枕が, 紙製のが, 羽根を, 花の, 袖も, 顔も, 髪も

▼ 枕~ (68, 1.5%)

3 一ツで 2 あるの

1 [63件] あちこちの, いつでも, かせがないという, ぐっしょり濡れ, さすがに, して, しないで, しぼるよう, そぐわなかった, そっちへ, どうしてその, ない筈, ぬれる程, ひどく私, またぐっしょり, また粲, めづらしくも坊主枕, やが, 一寸縁日, 不用ものの, 両腕, 二ツいる, 二人に, 交さずとも, 交わさなかった, 伽羅も, 何が, 依然としてあった, 写生箱の, 呪はれ, 土間に, 坊主枕一つと, 夢も, 彼の, 徒らな, 思うよう, 思った処, 意気地なく, 持つて, 旅人を, 昼寝には, 最も柔軟, 木の根の, 枕掛けも, 歌の, 流されるほどに, 涙で, 特別な, 特殊な, 王妃の, 病人が, 白い巾, 的を, 私の, 私は, 秋の, 脂染みた, 落ちて, 蕎麦殻を, 袖の下に, 近来彼の, 隠して, 高天原に

▼ 枕~ (48, 1.1%)

2 して, し左手

1 [44件] いうらしいが, いっても, いわず行燈, し, ししばし, したなり, したる寢, した例, し仰向きに, し手, し昏, し朝, し甲冑, する捨身無一物, す李夫人, である, なった, なるので, まきて, シーツの, マトレスに, 一緒に, 二人寝しよう, 入れ交ったお, 反対側の, 呼び月輪兵部殿, 寝間着とが, 屏風と, 布団だけ, 床の, 座布団が, 座蒲團と, 我は, 掏りかえて, 敷布と, 敷布を, 敷蒲団が, 斜つ, 毛布とを, 毛布を, 自分とだけ, 薬とに, 逆に, 青い焔

▼ 枕~ (45, 1.0%)

3 から身, の方 2 に至る, の間, を渡り, を渡る

1 [31件] から向島, から吾妻橋, でお爺さん, で首, と水神, には及ばなかった, に運ばれ, のほとり, の二ツ, の八百松, の欄干, の渡, の袂, の際, へか, へ持っ, へ着いた, へ着き, まではどれ, まで参りまする, まで参る, まで折, より遠く, より鐘ヶ淵, を北, を左, を渡っ, を渡つて, を通りかかっ, を過る, 更には

▼ 枕~ (36, 0.8%)

5 頭を 2 着けた時, 顔を

1 [27件] あてた, おさせ着けられた, つき立てむつくり半身, つくこと, つけた, つけた頭もろとも, つけて, つけながら, つっ伏した, ひそひそと, ほそぼそと, もどして, 凭らせ, 口を, 寝かして, 寝かせて, 当てたまま, 当て変え, 手を, 持ちあげ借着, 片足を, 突つ立てた, 肘を, 落すと, 詰寄せる, 頬杖を, 頭おっつけ

▼ 枕~ (32, 0.7%)

43 ている 2 て寝

1 [23件] ておった, てごろん, てわずか, てをり, て乘客等, て人知らず, て姑, て寝ねし, て寢, て居た, て折々, て泣き泣き, て目, て真中, て眼, て秋空, て終に, て緊乎, て縦横, て読みかけた, て面, ながら, ながら女

▼ 枕~ (31, 0.7%)

2 に, に坐つた, の洋燈

1 [25件] で, にあらはれる, にきた, に亂, に夕, に懸け, に散る, に燻籠, に立ちける, に立つ, に立つた, に觸, に還つた, に長い, に集つた人々, の小さな, の手ランプ, の時計, の椅子, の障子, は一面, まで來, をヒタヒタ, を去らなかつた, 少し離れ

▼ 枕べに~ (30, 0.7%)

2 すわるは, 玉を

1 [26件] いたの, おきししろ, おき短檠, こと, しゃがんで, すわり居り訣れむ, つぎつぎ倒れ, ともる灯, やさしい初夢, 七日咲きたる, 人の, 参って, 坐って, 坐つて, 書を, 来るごと, 添へて, 祈りを, 笑ひどよめく, 置きし一通, 置きつつ, 聞くの, 訪れて, 近い控え, 間にあうよう, 非常な

▼ 枕~ (28, 0.6%)

2 寝て, 寝るの, 横に

1 [22件] いつもする, うたたね, うたたねという, こちらへ, ござります, ごろ, なぐり合って, ふさいで, 互違いに, 体をよ, 冷やして, 叩く訳, 四つ並ん, 坐蒲団, 寛蓮巧に, 寝ころんだり, 寝そべって, 寝ること, 寝る私, 横たわって, 毛布を, 目を

▼ 枕~ (23, 0.5%)

2 衣類が

1 [21件] オリヴィエの, クションを, シーツと, 夜の, 宵の, 寝床の, 寝衣, 座布団や, 御衾, 敷布どこさ, 権大納言, 毛布に, 毛布を, 洗面道具などを, 瀬戸物の, 脱ぎ忘れて, 膨らんだ鼠, 蒲団なぞの, 蒲団に, 赤い肩, 重い小箱

▼ 枕時計~ (23, 0.5%)

3 を見る 2 の音, を見

1 [16件] がまだ, がジンジン, が五分遅れ, であって, などがあり, の絵, の表, の針, はもう, は十時, は突, やら鏡台, やら鏡臺, を六時半, を手さぐり, を買った

▼ 枕言葉~ (20, 0.5%)

3 として

1 [17件] から, から導かれた, だ, で歌, となし, などいふ, なる, に始まっ, の, のやう, の意味, の文字, は天, は聞きなれない, も生じた, やかけ言葉, をそのまま

▼ 枕として~ (17, 0.4%)

2 死んで

1 [15件] お寢, 伯昏夢人や, 余の, 前後も, 子孫の, 寝ぎたなく, 寝て, 寝ぬるを, 床の, 心細くも, 戦い申さんは, 曠野に, 江南を, 眠り終あらん, 睡りゐる金眸

▼ 枕~ (17, 0.4%)

3 がびつしよりに成つた事 2 を濡らし

1 [12件] がひんやり, が氷, に手, に染みついた, に触る, に頭, に額, の濡れない, はびっしょり, は濡れる, も湿りました, を取り

▼ 枕草紙~ (12, 0.3%)

1 [12件] だのあんな, などで見る, に, にげなきもの, のペエジ, の形態, の成立時期, は警察, をすぐ, をためた, を春宮, 諸板本

▼ 枕について~ (9, 0.2%)

1 うとうと眠った, からもいろ, それとなく立て廻された, まず頭, まだ眠り, 夢を, 寝入りました, 綿の, 見ましたが

▼ 枕~ (8, 0.2%)

2 のが 1 え, このできた, この出来た, とか煙草入, と思ってた, ものお客を

▼ 枕には~ (8, 0.2%)

1 ついたが, 夏の, 妙な, 小さな頭, 就いたが, 就きましたが, 無関心, 閉口する

▼ 枕さがし~ (7, 0.2%)

1 ではあるまい, と思はれた, のごとく, の噂, の毒手, もしかね, も命がけ

▼ 枕~ (7, 0.2%)

1 に一枚, に坐っ, に坐る, に置い, に見知らぬ, のガーベラ, へ金三郎様

▼ 枕した~ (6, 0.1%)

1 とあっ, 夫人の, 妾の, 時の, 頭の, 風情である

▼ 枕でも~ (6, 0.1%)

1 あれば, して, ぶつけて, 御覧に, 投げとばすよう, 投げようと

▼ 枕より~ (6, 0.1%)

2 あとより 1 おちたるきはの, 外には, 跡より, 顔を

▼ 枕依然~ (6, 0.1%)

2 半夜の, 半夜鐘 1 半夜鐘と, 半夜鐘として

▼ 枕近く~ (6, 0.1%)

3 にあり 1 きこえたり, へ寄っ, 来りて

▼ 枕まで~ (5, 0.1%)

2 宛が 1 出させて, 投り出す, 持出して

▼ 枕をは~ (5, 0.1%)

1 づして土気色の, づして横の, づして眠る, づして顔を, づすことにはその都度折檻を

▼ 枕一つ~ (5, 0.1%)

2 を抱え 1 になつて, の生活, を畳

▼ 枕~ (5, 0.1%)

1 がこの, であったという, であったに, の伝説, の面影

▼ 枕~ (4, 0.1%)

1 てあら, て御, て死なまし, て死なん

▼ 枕~ (4, 0.1%)

2 がし, へ疎む

▼ 枕だけ~ (4, 0.1%)

1 だと, つけて, 刎ねた寝床の, 持って

▼ 枕にと~ (4, 0.1%)

1 いふ時, そっと主人, 覚悟し, 話が

▼ 枕にまで~ (4, 0.1%)

1 伝わりおちるの, 及んで, 響いたん, 響いた私

▼ 枕~ (4, 0.1%)

2 る出窓 1 る小, る橋場

▼ 枕~ (4, 0.1%)

1 ナラベテネタルニヒトリハ悪夢ヲ, ナラベテ寝, 持ッテ来テ寝, 持ッテ来テ適当ナ

▼ 枕二つ~ (4, 0.1%)

1 こりや, と水さし, 並べて, 並んで

▼ 枕~ (4, 0.1%)

2 で出る 1 でいる, ではありません

▼ 枕~ (4, 0.1%)

1 ではあるまい, によく, のお手本, の痴戯

▼ 枕行燈~ (4, 0.1%)

1 に羽織, の光, の火, を古道具屋

▼ 枕返し~ (4, 0.1%)

1 とは一夜, と云, の怪談, の起こる

▼ 枕あんどん~ (3, 0.1%)

1 がぼう, の光, を吹き消した

▼ 枕かけ~ (3, 0.1%)

1 というの, にも, 即ち単に

▼ 枕ごと~ (3, 0.1%)

1 あるいは歌枕, は多く, 流せ

▼ 枕せる~ (3, 0.1%)

1 を怪く, 都なれ, 頭を

▼ 枕だけは~ (3, 0.1%)

1 はずすまいと, 柔かいの, 隠す隙

▼ 枕なし~ (3, 0.1%)

1 でええ, でおっ, の大

▼ 枕など~ (3, 0.1%)

2 持ち出して 1 彼女について

▼ 枕についてから~ (3, 0.1%)

2 一つには 1 闇を

▼ 枕についても~ (3, 0.1%)

1 目を, 眠られない事, 考える

▼ 枕~ (3, 0.1%)

1 近き小鳥, 近き時計, 近く立ち寄る

▼ 枕をも~ (3, 0.1%)

1 上に, 並べて, 得挙げざりし

▼ 枕半弓~ (3, 0.1%)

1 とか駕籠半弓, は夜寢, よりは逞しく

▼ 枕~ (3, 0.1%)

1 となった, のこと, の有無

▼ 枕~ (3, 0.1%)

1 の筵, の褥, を恋し

▼ 枕蚊帳~ (3, 0.1%)

1 にかぶせた, の中, の蒼き

▼ 枕~ (3, 0.1%)

1 で出る, で客, といいまし

▼ 枕~ (2, 0.0%)

1 また候, 敷布だしあっ

▼ 枕あて~ (2, 0.0%)

2 がひ

▼ 枕~ (2, 0.0%)

1 えせっ, ず来

▼ 枕ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 大きさ, 小さい胴

▼ 枕さえ~ (2, 0.0%)

1 備えつけて, 出して

▼ 枕させた~ (2, 0.0%)

1 まあね, まひし

▼ 枕~ (2, 0.0%)

1 惜ま, 春の

▼ 枕つく~ (2, 0.0%)

1 妻屋も, 小衾

▼ 枕づく~ (2, 0.0%)

1 嬬屋さぶしく, 嬬屋佐夫斯久おも

▼ 枕では~ (2, 0.0%)

1 御気に入りますまい, 頭に

▼ 枕という~ (2, 0.0%)

1 のは, ものは

▼ 枕とが~ (2, 0.0%)

1 しいんと虚空, 置いて

▼ 枕としては~ (2, 0.0%)

1 低く木, 誠にお

▼ 枕との~ (2, 0.0%)

1 間で, 間には

▼ 枕~ (2, 0.0%)

1 んざあ悪く, んです

▼ 枕などが~ (2, 0.0%)

1 あった, 浮いて

▼ 枕にも~ (2, 0.0%)

1 就かざるなり乳母, 雨の

▼ 枕のうへに~ (2, 0.0%)

1 解けひろ, 顔を

▼ 枕ばかり~ (2, 0.0%)

1 並べたレヴューふう, 寂しく丁と

▼ 枕べの~ (2, 0.0%)

1 兄弟たちへ, 寒さ計り

▼ 枕までも~ (2, 0.0%)

1 新しかった, 造った

▼ 枕~ (2, 0.0%)

1 てつき出したる, 水の

▼ 枕もと近く~ (2, 0.0%)

1 呼び寄せなさって, 招いて

▼ 枕カバー~ (2, 0.0%)

1 の上, の中

▼ 枕~ (2, 0.0%)

1 寝暗, 近クシテ喧聒ニ

▼ 枕並べ~ (2, 0.0%)

1 てこの, ながら薬

▼ 枕~ (2, 0.0%)

1 の書, の燭

▼ 枕団子~ (2, 0.0%)

2 のあまり

▼ 枕~ (2, 0.0%)

1 の角材, をした

▼ 枕捜し~ (2, 0.0%)

1 とまで罵られ, の真似

▼ 枕~ (2, 0.0%)

2 に匍匐

▼ 枕枕さ~ (2, 0.0%)

2 へ疎む

▼ 枕汚れし~ (2, 0.0%)

2 眼洗は

▼ 枕流亭~ (2, 0.0%)

1 があり, にやどる

▼ 枕~ (2, 0.0%)

2 がひどい

▼ 枕~ (2, 0.0%)

1 ふべく, ふ今宵

▼ 枕蒲団~ (2, 0.0%)

1 に背中, の上

▼ 枕重ね~ (2, 0.0%)

1 て, て宵

▼1* [190件]

あがらず秋の, 枕あまりに床, 枕いたずらに堅き, 枕いよいよ上らず明日, 枕うつらうつらの我, 枕つ, 枕おしやりて居直れ, 枕かむとは, 枕からか夜着の, 枕からはづして鼾を, 枕がきのついた, 枕がのつかつて, 枕がわりに頭, 枕ぎて夢むは誰, 枕ぐ旅人われは, 枕ち寄れ枕, 枕これの船路, 枕こんなに濡らし, 枕こんなに濡らして, 枕ごと以外に古典的, 枕ごと体が急, 枕させたまいし元の, 枕ざわりが変だと, 枕ずれのし, 枕その夢の, 枕ただよひ寝られざる, 枕たった一つを, 枕だいてね, 枕だけがひどくゆき子, 枕だけという人生から, 枕だけははづすまいと思つてゐるであらう, 枕だつたら北枕に, 枕やある, 枕っていましたから, 枕つひにあがらず, 枕である様に, 枕ででもあったの, 枕というは黒板ふき位の, 枕とうすべったい蒲団, 枕とか何とか云っ, 枕とに浴衣を, 枕とは飛んでも, 枕とも蒲団とも, 枕とを運んで, 枕と共に後方の, 枕どもに埋まっ, 枕ながら幽に, 枕なす瓜もよけども, 枕なぞ流るるよう, 枕などの縫釈であった, 枕などを取出して, 枕などをかはうと, 枕なるさほ, 枕な投げそ, 枕にかよふ軒, 枕にごろんとなる, 枕にぞ聞く, 枕についてからも彼は, 枕についてはいない, 枕につきはしたが, 枕にてガラス戸に, 枕にてもよろしいと, 枕にでも訊けッ, 枕にとがはない, 枕になつてすつ, 枕にまつわる蚊, 枕によりかかる姿勢, 枕ぬらして泣く寝, 枕やっぱり元, 枕のうへで首を, 枕のせゐぢや, 枕のみの鑑賞だ, 枕のみはなかった, 枕のよこに, 枕ひいやりとして眼覺, 枕へと渡り歩いて, 枕べでの手控えを, 枕べを見舞つた自分の, 枕ほどの高さ, 枕まではゆきにくい, 枕の紅樓, 枕もとのを一つ, 枕もと夜着の下, 枕もと等で突然, 枕もと近く氷柱を置い, 枕もと近く蟲の音, 枕やふとんにいれる, 枕よりは陸の, 枕をかへして, 枕をかへよ舊りぬるも, 枕を以て法然に, 枕サガシダト分ッテモ却テソノタメニ興味ヲ惹カレテ, 枕シ艱難漸ク都ニ帰リ着クコトヲ得タリ, 枕スキー銃ボートなどで食糧品, 枕テーブルの上, 枕代理而シテ彼ノ, 枕一杯に濡れた, 枕一組何円のセット, 枕並ぶるおのれが, 枕辺, 枕交わすが商売, 枕や料理代, 枕代りにした, 枕仮初のおや, 枕余りに床, 枕させるという, 枕其の中に, 枕冊子の一種, 枕出しましょうか, 枕切れなどを汚す, 枕になつて, 枕は勃, 枕に重き, 枕団子旧弊だね, 枕團子をのがれけり, 枕の胴, 枕墨絵を描いた, 枕外しなさったのん, 枕夜着赤い友染, 枕に束ね, 枕太鼓の音, 枕守るともし, 枕小脇に喜び勇ん, 枕山湖山画家では老, 枕に赤い, 枕よせて, 枕引き足角力も一席, 枕当の汚れたの, 枕慣れない蚊帳の, 枕手あたり次第に掻きむしっ, 枕托児所のため, 枕抱えて吐く, 枕持ちて甲板, 枕も洗濯, 枕掛けもレース飾り, 枕擡ぐることも懶く, 枕衾誰与, 枕曾労千里夢一燈初話五年心の詩, 枕木の間ごとに変化, 枕の鳴る, 枕の中, 枕枕あまりに床, 枕枕余りに床, 枕枕頭には蒔絵もの, 枕をひっさげ, 枕の物体, 枕橋吾妻橋も過ぎ, 枕橋源森橋の下, 枕流王の元年, 枕添芸妓遊女のかえ, 枕清風知暑退, 枕火鉢座蒲団も五六枚, 枕火鉢炬燵櫓の形, 枕物ぐるひ大原ざこ寝, 枕瑠璃の床, 枕の汚, 枕直しも済み, 枕だ後, 枕と謂っ, 枕の度, 枕く, 枕を立て, 枕自分の洗面器, 枕至つて古いもの, 枕花ニナルカモ知レナイト考エテ特ニ念ヲ入, 枕草紙三巻本両類本考, 枕草紙研究への示唆, 枕の上, 枕蒲團掻卷の朱鷺色, 枕か袋, 枕蚊帳その他ブラッセル産の敷物, 枕蚊帳たんぜん二人分が入れられる, 枕蠹書の裡, 枕として露下月前, 枕被いの上, 枕覆いは徒ら, 枕言葉歌の類, 枕をふつ, 枕方方が, 枕近く置ながら幾度, 枕近く膝行り寄りました, 枕ひに, 枕附きで出れば望み, 枕の窓, 枕電灯がなまめかしく, 枕露けかりき, 枕青森県の一部, 枕の痺れ, 枕の里, 枕高麗契丹の雲