青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「東西~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~来れ 来れ~ 来年~ 杯~ ~東 東~ ~東京 東京~ 東北~ 東洋~
東西~
~松 松~ 松本~ ~板 板~ ~枕 枕~ 枕元~ ~林 林~

「東西~」 1302, 14ppm, 7920位

▼ 東西~ (278, 21.4%)

4 歴史に 3 二大, 別は, 文化は, 文化を

2 [21件] 一致は, 二峰に, 交通の, 古典の, 史料によ, 学に, 学者が, 差を, 探偵小説を, 文学など, 文明が, 料理を, 書を, 歴史と, 町奉行は, 空が, 結合を, 諸国に, 長さ, 間に, 関係を

1 [220件] あらゆる劇的ジャンル, ある乾坤, いずれが, お客様方初日早々, お歴々壺振, すぐれた芸術家, ところが, 一致が, 一致共通には, 七重塔が, 七重塔を, 両国に, 両国の, 両国浅草の, 両大塔, 両大学, 両大関, 両方の, 両星一時, 両軍ここ, 両道を, 両関, 両駒ヶ岳, 亂暴な, 事物を, 二つの, 二京恢復に, 二大潮が, 二方から, 二道を, 交通は, 交通を, 人ことごとく, 人尽く, 人心を, 人情と, 人民風俗を, 人盡く, 人相学などにも, 会堂に, 位置は, 作を, 価値を, 偉人の, 偉人は, 傑出した, 優れたる哲學, 先輩の, 兩國に, 兩國の, 兩大關也, 兩端相距る, 六座に, 分け隔て, 別ある, 別も, 力の, 区別さえ, 区別を, 博物館を, 口より, 古文書の, 古文書を, 史料が, 史料は, 史料を, 各地に, 名匠の, 和睦は, 哲学および, 哲学者が, 哲學者が, 哲理を, 国々を, 国境に, 国持大名が, 坂を, 外交に, 大なる, 大學, 大模擬戦, 大洋を, 大火史を, 大関とでも, 大関に, 大關, 好一対なるべく, 好一對, 如何なる聖賢, 嫌い無しに, 学問に, 学界に, 学者たちの, 學者の, 學者間にも, 宗教その, 宗教家を, 宗教改革, 定めようが, 家庭を, 対比が, 対立は, 山岳地帯から, 差別なく, 差別の, 差別も, 差無き, 市の, 市ノ棚では, 帰路を, 幅も, 幅約, 床几に, 廊に, 廊へ, 廊下から, 廣場から, 御荷鉾山, 微風が, 思想を, 思想家が, 感情融和に, 戦記や, 戯曲を, 戯曲作家を, 探偵小説に, 探偵小説に関する, 教という, 教法は, 文学作品を, 文学書に, 文學者の, 文明の, 文明を, 文部が, 方向に, 方向を, 方角が, 方角までも, 旅の, 旅人に, 春は, 書もつ, 書物で, 書物を, 最長十一二里も, 果に, 柵門から, 桟敷は, 橋番所に, 歴史は, 歴史を, 歴史を通じて, 歴史世界の, 流れにおける, 流れにては, 海と, 演劇史を, 犯罪捜査史を, 瓦楽多を, 瓦落多を, 発明家が, 発明家の, 益々近づく, 盛衰を, 相共に, 相撲が, 相融和, 相違が, 碩學を, 磊落は, 稲霊を, 竜が, 築土一町余, 紡績工場を, 線が, 線の, 線を, 美術の, 習慣を, 聖經中の, 聖者の, 航空路の, 良書に, 花道から, 芸術家を, 荒ぶる神, 落語界には, 融合点を, 裏通りも, 見当も, 親睦の, 言語で, 詩歌の, 詩論を, 諒解を, 諸例, 諸港, 識者に, 谷底に, 賢人たちは, 賭博に関する, 通路が, 道徳の, 違うところ, 酒讃に, 重要なる, 長い廻廊, 長い方向, 門弟を, 隅に, 隔離を, 隣宿から, 隣里に, 雲を, 雲助という, 風を, 風俗ともに, 風俗習慣を, 風土に

▼ 東西~ (200, 15.4%)

5 通じて 3 わかれて, 別れて, 奔走し, 対峙し, 長く南北 2 なった街, 二つの, 二分する, 分けて, 流れて, 渉って, 走って, 通ずる文学, 通ずる横町

1 [162件] ある諸, うねり連, お働き, かかわらず周囲, かけずりまわったかれは, そそぎこみ, その例, ただ二つ, たった二人, ついた窓, なく前後, なったと, ならび立った時代, のびる道, ひろがり, また南北, よりて, わかる, わかれ各, 不規則な, 二ツの, 二大, 五丁ほどの, 五間の, 亘って, 亘つて少く, 亘つて粉には, 亘り三百人, 亙つて, 亙つて行, 亙りて, 亙り現出, 人里ある, 伸ばして, 伸びた, 伸びて, 伸びること四里, 低き屏風, 倦むこと, 傳播した, 僅かな, 兵を, 兵乱の, 出入し, 分れた所以, 分れて, 分れ南北, 分岐した, 分布し, 別れてから, 動かして, 南北に, 向きあって, 大きな塾, 奔走した, 奔走す, 奔走する, 奔馳し, 対照的に, 居ながれた, 居流れて, 屡々実例, 席を, 平行し, 幾多の, 引いて, 引張回した揚句, 引用し, 形づけられ, 往来せられる, 懸けた五丈, 戦って, 打ち開けた水田, 控えて, 攻めたてる, 散って, 散見される, 数十軒乗合の, 於ける仮死, 於ける家族制度, 於て, 東山西山て, 横たわつて, 横切る筋, 横断し, 横断す, 橋番の, 比を, 比類なき, 流浪し, 渉った, 湧き南北, 溢れて, 滯船し, 漂遊せしめ, 火災を, 狭い原, 狭く南北, 画る, 相対峙, 眞直に, 研究所の, 移り去った, 立分れ, 細長い空地, 細長くし, 細長く連なっ, 縦に, 翼を, 聳立する, 興つて今日まで, 虚空を, 蜂起した, 蟠居, 行き違いて, 行はる, 袂を, 貫く四条, 貫く最も, 走りわれわれ子供, 走り迷いて, 走る, 走るもの, 走る事, 走る二條, 走る新設, 走る渓流, 走る連山, 走る電線, 起って, 迷ふ, 迷惑し, 逃げ走って, 逃走るなり, 通して, 通ずるとは, 通ずる事, 通ずる大, 通ずる文學, 通ずる標準, 通ずる道路, 通ずる閑静, 連なりて, 連る, 連亘した, 道を, 道路を, 長い, 長い雲ノ平, 長く十何畳, 長く拡つて, 長く横わる右足湖, 長く疎ら, 長く破風形, 長く続い, 長く背, 長し, 開き泉殿, 離れて, 飛行し, 駈けぬける車輪, 駈けまわって

▼ 東西南北~ (117, 9.0%)

3 のいずれ 2 から, がわかる, に物見櫓, のいづれかにあるとばかり思つて, の人, の四つ, の四ツ, の水転, の諸, へ此処

1 [94件] いずく, から交, から京都, から他国人, がある, がたより, がわからねえ, ことごとく道路, し七十たび説, その国, その日, で書い, という観念, という言葉, といふ, とも自在, と群集, などといふもの, におの, にかけて葛西, には各々二三本, に人, に分ち始めた, に各, に向けあっ, に向っ, に四ツ, に小路, に屋, に建てた, に往来漂泊, に池, に漏れなく伝わった, に確實, に飛び, のある, のいかなる, のお客, の中央, の判然, の別, の区劃, の各, の四宗, の四方, の四面, の嫌い, の差, の差別, の戦地, の文字, の方位, の方向, の方角, の相, の空, の空間地位, の精英, の脱, の観念, の門, の門讃美, の隅々, の風姿, は一つ, は充満, は実は, は思想, へ五里十里, へ以, へ行く, より来る, より池, より着し, より著し, をわきまえた, を一二三四, を合わせ, を圧倒, を東海道, を美醜善悪, を血眼, を見渡した, を調べ, を遠し, を釣り, を馳, を駈けめぐっ, を駈け廻っ, 今やぐるりと, 全然山地, 到る処, 各十二間, 求め歩

▼ 東西~ (89, 6.8%)

3 問わない 2 論ぜずあまねく, 論ぜず世, 買うの

1 [80件] さへ, しらずなる, ながめまた, ひっくるめての, わきまえない東京, 一貫し, 冠して, 分つて, 切り離した大海, 別つ, 問はずかけめぐつ, 問はず上世には, 問はず凡そ, 問はず大体人間の, 問はず時の, 問はず時代の, 問はず架空の, 問はず武力なき, 問はず相, 問わざれば, 問わずあの, 問わずいつ, 問わずおよそ, 問わずまた, 問わずよき, 問わずよく, 問わず上世, 問わず主義, 問わず何千何万, 問わず古今, 問わず子供, 問わず実は, 問わず少なくとも, 問わず幾百万人, 問わず時, 問わず本格推理小説, 問わず犬, 問わず軍隊, 問わないその, 問わないよう, 問わば, 圧して, 失い男泣き, 失ひて, 失わす, 平定せ, 弁じない, 弁ぜざる嬰児, 弁ぜずもしくは, 弁ぜず乱雑, 引張回した揚句, 往復します, 打って, 指点する, 歴遊し, 盡し, 知らずなる, 知る頃, 結びつける連鎖, 結んだ大切, 絶し, 見渡して, 見渡せば, 記したの, 論ずる時, 論ぜず近代, 論ぜず魔界, 貫いて, 貫く普遍, 走せめぐる七兵衛, 距て, 通じた心理状態, 通じ私, 通ずる歴史, 連山で, 随逐し, 離れるよう, 顧み支那大陸, 飄遊し, 駆けまわった

▼ 東西~ (58, 4.5%)

8 洋の 4 陣の 3 文明の, 陣営の 2 京の, 勢力の, 洋に, 軍に, 陣は

1 [30件] 世界とも, 京および, 京で, 半球を, 域に, 塔の, 塔を, 大分割の, 大学各, 大軍の, 大門街が, 大陸が, 室に, 朝日新聞に, 朝日新聞の, 洋その他世界中に, 洋ともに, 洋は, 洋を, 海面よりの, 町奉行に, 町奉行の, 種の, 藩の, 軍の, 軍は, 軍必死に, 門へ, 隅に, 隣りの

▼ 東西古今~ (21, 1.6%)

2 を問はず, を通じて一

1 [17件] あらゆる一切, にある, にはない, に亙っ, に亙つ, に倫, に通じ, のあらゆる, の大, の小説, の戦争史, の文学者, の書物, の雑書, を問わず, を通じて卓抜, 同じこと

▼ 東西~ (19, 1.5%)

2 なければ, 弁じない白痴

1 [15件] お分り, ないらしい, また然, 分かず一筋, 分からずふらふら, 分りません, 分りませんで途方, 判らない未婚, 同じく相対的, 弁えない心細い, 弁えぬこの, 弁えぬ取って, 知らず南北, 知らず言葉, 知らぬ幼児

▼ 東西から~ (16, 1.2%)

1 [16件] わが大, 京都に, 入って, 出た飼主, 南北から, 呼応し, 巨姿を, 挟撃し, 挟撃した, 援兵が, 来り投じた, 江戸を, 漕ぎ寄せた船, 襲った, 起るこゑ, 追いちぢめそのうち

▼ 東西を通じて~ (15, 1.2%)

1 [15件] いろいろある, おしなべて朝日, かかるみじめ, そうたくさん, それほど差異, やはりこの, 人間の, 判官の, 同じもの, 天下に, 少くない, 独特なる, 発表されてないだろう, 詩にも, 鬼門金神を

▼ 東西とも~ (11, 0.8%)

3 に行わるる 2 一望の 1 に大人, に怪火, に房州, に既に, に暮六つ, に行

▼ 東西~ (9, 0.7%)

2 馳ります 1 五十町南北へ, 向けて, 崩れだした, 散々に, 藤吉佐平次は, 足を, 遊説の

▼ 東西文明~ (9, 0.7%)

2 ノ融合 1 の比較論, の相違, の英華, の融合, ノ融合トハ日本化シ世界化シタル亞細亞思想, ノ融合時代ト云フ, 諸國

▼ 東西~ (8, 0.6%)

1 いよいよ分離, ない, なく古今, 一里に, 一里南北は, 全然反対, 八角形を, 時ならぬ

▼ 東西兩洋~ (8, 0.6%)

2 の交通, の文化 1 にかけて共通鮎, に派遣, の一番普通, の中間

▼ 東西~ (8, 0.6%)

1 並ぶ学問, 会して, 合して, 同じとでも, 呼んで, 応じて, 敵したりと, 結ぶ形

▼ 東西~ (7, 0.5%)

1 あり処, あればこそ, おのおの十町南側十一町北側七町その, すべて三寸角の, ないこと, 争うと, 狭い通路

▼ 東西~ (6, 0.5%)

3 南北とを 1 なくみなかく, 古今を, 時の

▼ 東西交通~ (6, 0.5%)

2 の要路 1 において大井川, の序幕, の繁栄, の衝

▼ 東西その~ (5, 0.4%)

1 例に, 例多し, 慧眼に, 軌を一にし, 軌を一にする

▼ 東西には~ (5, 0.4%)

2 二筋の 1 宝樹八株ずつを, 曹軍の, 東の

▼ 東西にわたって~ (5, 0.4%)

1 一人も, 世界数億の, 少なくは, 文芸, 未だ一つ

▼ 東西文化~ (5, 0.4%)

1 が本質, の媒介処, の方向, の異同, の融合

▼ 東西なし~ (4, 0.3%)

1 いかなる所, いずれの, ということ, 何処にか

▼ 東西兩國~ (4, 0.3%)

1 にはもつ, の香具師仲間, は小正月, を見張らせ

▼ 東西呼応~ (4, 0.3%)

3 して 1 し得るほど

▼ 東西相違~ (4, 0.3%)

3 あるべくも 1 の重要

▼ 東西きっ~ (3, 0.2%)

2 ての大 1 ての器量人大谷吉継

▼ 東西なく~ (3, 0.2%)

1 一歩即, 酔境は, 酔心に

▼ 東西より~ (3, 0.2%)

1 ボローニアを, 筑摩家の, 衝と

▼ 東西をも~ (3, 0.2%)

2 分かず思 1 知らず一善

▼ 東西両国~ (3, 0.2%)

1 から死骸, は野次馬, を通じて一種

▼ 東西二つ~ (3, 0.2%)

1 に分け, の交通路, の道

▼ 東西二派~ (3, 0.2%)

1 に分れ, に相, の寺院異端

▼ 東西~ (3, 0.2%)

1 の旅, の生命力, 多い中

▼ 東西人種~ (3, 0.2%)

1 の元, の性質, の相違

▼ 東西~ (3, 0.2%)

1 にあり, にいる, に同

▼ 東西共通~ (3, 0.2%)

1 でヨーロッパ, に行, の沈魚落雁

▼ 東西南北いずれ~ (3, 0.2%)

1 にせよ, に面し, の方

▼ 東西南北何れ~ (3, 0.2%)

2 を見 1 を見る

▼ 東西南北共~ (3, 0.2%)

1 に仕切られ, に天, に自ら

▼ 東西同じ~ (3, 0.2%)

1 で手間, ね, やうに

▼ 東西山梨~ (3, 0.2%)

2 の郡界 1 の群界

▼ 東西手切れ~ (3, 0.2%)

1 となら, とならん, となる

▼ 東西~ (3, 0.2%)

3 の古今

▼ 東西相呼応~ (3, 0.2%)

2 して 1 する大

▼ 東西~ (3, 0.2%)

1 國の, 聖賢の, 邦の

▼ 東西~ (2, 0.2%)

1 ように, 南北かの

▼ 東西によって~ (2, 0.2%)

1 こんな相違, 気候

▼ 東西にわ~ (2, 0.2%)

2 たつて

▼ 東西~ (2, 0.2%)

1 知ラズ, 通ジタル歴史的進歩ニ於テ各々其

▼ 東西一つ~ (2, 0.2%)

2 として欲

▼ 東西両川~ (2, 0.2%)

1 の人士, の民

▼ 東西両方~ (2, 0.2%)

1 から乗っ込ん, に分かれ

▼ 東西~ (2, 0.2%)

1 大勢力, 大文明

▼ 東西二京~ (2, 0.2%)

1 の人, を歴見する

▼ 東西二列~ (2, 0.2%)

1 となっ, に分かれ

▼ 東西二里南北五里~ (2, 0.2%)

1 がほどに二三十町, というひろい

▼ 東西何処~ (2, 0.2%)

2 有南北

▼ 東西六里南北三里二十七町~ (2, 0.2%)

1 と云つて, のこの

▼ 東西半球~ (2, 0.2%)

1 に棲んだ, の熱地

▼ 東西南北どこ~ (2, 0.2%)

1 の空, へでも気まま

▼ 東西南北どちら~ (2, 0.2%)

1 の方角, へ外れ

▼ 東西南北上下~ (2, 0.2%)

1 なり, の六方

▼ 東西南北四方~ (2, 0.2%)

1 に向かっ, の壁

▼ 東西~ (2, 0.2%)

2 南北の

▼ 東西変り~ (2, 0.2%)

2 はない

▼ 東西天下~ (2, 0.2%)

1 をとった, をとつ

▼ 東西文化融合~ (2, 0.2%)

1 の希望, の産物

▼ 東西朝日~ (2, 0.2%)

1 に, の夕刊面

▼ 東西歴史~ (2, 0.2%)

1 にあるまい, の交渉研究

▼ 東西比利亞~ (2, 0.2%)

1 ヲ取得センガタメニ其, ヲ領有スベク露西亞ニ對スル大陸軍

▼ 東西演劇~ (2, 0.2%)

1 の原始精神, の本質

▼ 東西異なる~ (2, 0.2%)

1 ことなし, 無しと

▼ 東西聯合~ (2, 0.2%)

2 のトバ

▼ 東西道徳~ (2, 0.2%)

1 の根源思想, の標準

▼1* [263件]

東西あまり変りは, 東西あらゆる学者が, 東西あらんや, 東西ずくを, 東西いずれの地, 東西おのづから, 東西かくの如く, 東西このところお, 東西さてこのたびご覧, 東西それに匹敵, 東西から筋, 東西だけは分って, 東西美の, 東西というような, 東西とに蟠延し源, 東西ともに深い霞, 東西どこを捜し, 東西どの位ある, 東西などからいちどに奮い起っ, 東西なる語は, 東西なれどもこ, 東西にかけてうち續い, 東西にわたり三百人を, 東西にわたる犯罪文献の, 東西ひとりもいなかった, 東西への里程を, 東西よりも南北に, 東西ドチラが正しい, 東西ニソノ範ヲ垂ルベシ, 東西ニ相分レテ英國艦隊ヲ本, 東西比較ニ於テモ通例, 東西亘ル故, 東西ヨリ飛ンデ孔明, 東西リヴィエーラに分たれ, 東西として驚愕, 東西一千三百里南北七百里十三州は三倍, 東西一千米突南北二百米突の広, 東西一双の白玉瓊, 東西一町半の間, 東西一百三十間六万六千六百余坪南北西の三方, 東西一致の意見, 東西一轍と見える, 東西一里五町南北一里十二町といわれた, 東西一里南北一里二町これが本栖湖, 東西一里南北二十四町の城壁, 東西七千四百間とある, 東西七里南北十余里というよう, 東西七間南北四間東西は八角形, 東西万里ノ遠, 東西三丈余南北十丈ばかりその, 東西三十度南北二十五度の外, 東西三十里の中, 東西三四里山が川, 東西三宇ずつで, 東西三里半幅は一里半, 東西三里計南北四里計只見川原中ヲ流, 東西与力同心を動員, 東西両側が名, 東西両様の一致, 東西両端における実物, 東西両面の海, 東西中間の者, 東西の古今, 東西二十七間南北四十二間満潮時に一丈前後, 東西二十万の大軍, 東西二峰と中央, 東西二州より成り, 東西二支里計りの街, 東西二里もあるべく, 東西二里十七町弱南北約二里三町, 東西二門を開き, 東西互いに得る利益, 東西五人ずつの非常, 東西五十三間南北百七十間に定め, 東西五月行南北三月行各至於海, 東西五枚ずつ合計十枚, 東西五町にあまる, 東西五町位南北七八町位の小さな, 東西五百三十間南北九百二間というの, 東西五里に亙り, 東西五間に南北六間位, 東西五間南北三間の御殿, 東西交通史上より觀, 東西人心の異, 東西人情は兄弟, 東西人毎にかかる, 東西に例, 東西を尽くしたる, 東西何丁通りに当り, 東西例證に乏しから, 東西個々に撃とう, 東西傳播の經路, 東西先哲の論旨, 東西兩側に於ける, 東西兩半球間過去の交通, 東西兩國その頃の賑, 東西兩國幾十とも知れぬ, 東西兩方の橋詰, 東西兩民族の心理的相違, 東西兩用の間, 東西八キロ南北六キロに過ぎない, 東西八町南北四町と案内者, 東西共におもしろし, 東西凡三り半, 東西分らずだもの, 東西列國文明の精英, 東西の三方, 東西北八胡同と西四牌楼北報子胡同, 東西北六條胡同の宿舍, 東西十七間幅十二間四尺高さ, 東西十二条南北六条の小, 東西十五町と稱, 東西十八里百十五歩南北十五里百七十五歩の長方形, 東西十六カイリの広い, 東西十六七里にまたがっ, 東西十町ぐらいその, 東西十里南北二里ばかりというよう, 東西南北そのものが指針, 東西南北それぞれの方角, 東西南北みんな海で陸地, 東西南北世界中の大, 東西南北九ヵ所の門, 東西南北二十余町と承りました, 東西南北其他八方の産物, 東西南北別々の編輯室, 東西南北前後左右あるいは大, 東西南北参差として何, 東西南北四境の味方, 東西南北四門のうち, 東西南北地互為中時各有, 東西南北宿の雪隠, 東西南北湯坪にあり, 東西南北町名生番付といったよう, 東西南北等の考, 東西南北行方知れずだから, 東西南北貴様の行方, 東西南北遠近高低すべて無茶苦茶だが, 東西南北風のふく方角, 東西厭世家の平, 東西尽後, 東西及南北に断面図, 東西古今偉大なる藝術家, 東西古今文明の急進勇歩, 東西古今真理を愛し, 東西古今総ての聖賢, 東西古今詩が音楽, 東西一君を, 東西合同の歌舞伎, 東西事だ, 東西同時旗上げの密約, 東西名手の作, 東西呼應シテ一擧露國ヲ屈服セシメ, 東西四千二百尺の埠頭, 東西四里半南北はごく, 東西四里南北五里に及び, 東西を異に, 東西地球の相, 東西境遇の阻絶, 東西學總長の, 東西大堺之事, 東西大差ないの, 東西大番を通算, 東西大陸の中心, 東西奥仙丈なる称呼, 東西宗教の相違, 東西実用主義の双へき, 東西富松の二つ, 東西寸分の差異, 東西山梨二郡の北方, 東西山河をへだて, 東西左右の振られ, 東西幾人も居まい, 東西幾峰か有る, 東西廻り階段の入口, 東西彼我の文明, 東西奔走と, 東西思いのまま, 東西思想の大, 東西性質を異に, 東西悲田に勅, 東西は兄弟, 東西ひは, 東西技法の差異, 東西抗争の戦争名分, 東西挟撃して, 東西数千里にわたる大国, 東西数里にわたる, 東西文化優劣論のごとき, 東西文化最初の接触, 東西文物の上, 東西新古の作品, 東西新聞もふみ倒されてる, 東西暗合に歸, 東西最初お聞, 東西の算, 東西有幾峯買得住來今幾日尋常誰與坐從容, 東西朝日新聞に書きはじめられた, 東西本願寺の由来, 東西東西このところ, 東西案外実際にはそんな, 東西梁行は十五間三尺, 東西梁行十一間高さ二丈四尺, 東西梁行十五間床から天井, 東西橋詰を賑わした, 東西櫻島の兩村, 東西此利亞領有ハ日本ノ積極的權利タルト同時ニ, 東西殆ど変りは, 東西比利亞トニ革命大帝國ヲ建ツル時, 東西比利亞トヲ結合スル時内外蒙古, 東西比利亞ニ取得スベキ運命ニ於テ同一ナル罪惡, 東西比利亞ニ支那朝鮮民族ヲ迎ヘテ先住, 東西比利亞濠洲等ヲ其, 東西比較文学の講義, 東西法華堂薬師堂浮堂中門回廊本社神楽堂鐘楼文庫等及末社おほし, 東西海陸の両面, 東西深く切れて, 東西混合劇だった, 東西無比の文学翻訳国, 東西を極めて, 東西百二十四度南北は百十七度, 東西百五十五間南北百六間という広, 東西百里の隔たり, 東西な陰性, 東西さうである, 東西相倚る樽, 東西相対するの位置, 東西相対峙するよう, 東西相對峙し相, 東西相照し合う立体的関係, 東西相距る三十里, 東西相離れ候ては君臣, 東西眞二つに割れた, 東西知らぬ迷宮である, 東西をはじめた, 東西符合せるは, 東西符節を合せた, 東西九里二十町南北七里十町にも, 東西結び着けの, 東西と南北線, 東西縦断は頂角, 東西美術の連鎖, 東西至るところの, 東西芸苑の盛観, 東西芸術の契機, 東西若くは是, 東西茨城郡界の哺時臥山, 東西落語界を通じて我が, 東西蝦夷地を警衛, 東西見当が分らない, 東西を同, 東西が誘惑, 東西を一つ, 東西道徳原理の相違, 東西遠く相離れ, 東西長屋に住ん, 東西開戦せば, 東西としてロンドン, 東西雄藩の正面衝突, 東西雲仙の連峰, 東西雲焼し枯木不時, 東西風呂のこと, 東西へ泊った, 東西黙っ