青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「東~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~来ます ~来よう 来り~ ~来る 来る~ ~来れ 来れ~ 来年~ 杯~ ~東
東~
~東京 東京~ 東北~ 東洋~ 東西~ ~松 松~ 松本~ ~板 板~

「東~」 7767, 84ppm, 1331位

▼ 東~ (1904, 24.5%)

114 方へ 99 空が 77 方に 62 空に 55 方の 40 方を 39 方から 33 空を 31 空は 26 空の 25 方は 17 空から 15 空には 14 空へ 13 対の 12 方が 11 国の, 方で 10 山から, 山に 8 ほうへ, 対へ, 山の 7 方より, 海の, 院の 6 ほうに, 対に, 院に, 風が

5 [13件] 一角に, 中み, 國に, 大日本人, 山の上に, 方には, 方春日の, 浜へ, 空も, 窓の, 窓を, 院へ, 鼻とに

4 [17件] そらが, そらの, 国に, 塔の, 大きなる, 山を, 山脈の, 岸に, 方だ, 海に, 窓から, 窓に, 端に, 門を, 隅に, 隅の, 雲の

3 [30件] そらには, そらは, ほうから, ほうは, ほうを, 口から, 国へ, 国を, 大關, 天が, 天に, 妻戸の, 対を, 廊下を, 方, 方にも, 桟敷に, 横綱が, 海岸に, 滝の, 町の, 白むの, 磯の, 空, 窓は, 縁の, 遠くの, 門へ, 隅には, 雲は

2 [103件] かたに, かた百万遍革堂, すみの, そらに, どこかの, なり, はしに, はずれで, はづれ, ほうが, ほうの, ものは, 一方を, 丘に, 事を, 京に, 京の, 京を, 仙人峠から, 入り口に, 入江へ, 北上山地の, 単吊, 口を, 國の, 地平から, 地平線から, 地平線上に, 坂は, 城戸を, 境に, 壁の, 天は, 夫人が, 女王の, 女王は, 室に, 尾根を, 山々は, 山にも, 山の端は, 山地から, 山地まで, 峰が, 峰の, 崖から, 平野は, 座敷の, 往来に, 御方, 御方は, 御方様, 御方様はじめ, 御方鶴姫さまともども奈良に, 御殿へ, 御連枝, 御館と, 戸を, 斜面を, 方からは, 方だけ, 方にては, 方のは, 方へと, 旦那あんたの, 朝ぼらけ, 果に, 森の, 森を, 横綱は, 水平線は, 浜を, 海へ, 海を, 海辺の, 淡の, 渡殿の, 灰色の, 瑞泉寺山に, 異域へ, 白む頃, 白らむ頃から, 窓からは, 窓掛の, 端と, 縁に, 肩から, 諺の, 谷に, 谷も, 途に, 道へ, 部屋へ, 野に, 門から, 門の, 門まで, 院は, 陣にでも, 雪の, 顔を, 風に, 高原を

1 [692件 抜粋] あたりで, あちこちに, おしゃべりの, おでん屋で, お奉行所, お奉行所附, お母様の, お空, かためそこ, かたを, かたヱネチアを, かた六天山の, かた長安を, かなたより, ぐらぐらする, こと起り, この句, ずっと末, そらと, そらも, たまりから, たまり場から, ところで, とつぷりとした青い, は, はずれに, はずれには, はずれの, はづれで, はて, は之, は事, は失敗, は幼, は徒美, は意明らか, は懲り, は真実, は臭, は蔵頭露尾, は薫染, は赤縄紅糸, は迂闊漢, ふもとへ, ふもと木や, ほうからは, ほうには, ほう一帯が, ほう二百メートルの, また東, まどに, ものと, アレクサンドリア図書館な, ウラルアルタイそして, エミシは, ジブという, トルコ人の, ドン端れ, 一ばん端れ, 一方が, 一端に, 一角だけが, 一面で, 三十六峰も, 上流に, 不作と, 丘陵の, 中門廊にも, 丸で, 丸に, 九つの, 五から, 五山の, 京へ, 京より, 人に, 人は, 仙藏はんの, 低い山, 住居の, 停留所を, 停車場に, 停車場へも, 側に, 側には, 傍へ, 光です, 光を, 入口で, 入口の, 八幡村という, 公儀衆を, 六畳に, 出口と, 出外れで, 前へ, 動静を, 半面は, 南伏見稲荷の, 原に, 口へと, 古物語, 句なども, 右の, 各県, 名花ここに, 命を, 四畳半で, 四辻まで, 国あすは, 国から, 国は, 國, 國を, 土地に, 土蔵に, 地域は, 地山美しく, 地平線だけが, 地平線を, 地方汝南, 地理の, 坂を, 坊に, 垣に, 城戸に, 城戸へ, 堤寄りに, 塀を, 墓地と, 声援西の, 夕あらし, 外海の, 多摩川だ, 夜空に, 大きい沼, 大公園ヴィクトーリア・パーク, 大洋へ, 大関の, 大関島川太吉と, 天末は, 天部部落の, 夫人は, 夫人を, 奉行は, 奉行所の, 女達は, 姉君を, 姫君にも, 姫君も, 字の, 客が, 室で, 宮が, 家に, 寄手は, 対で, 対であった, 対なども, 対にかけ, 対には, 対へも, 対も, 小木が, 小渡へ, 小田原西の, 尾根に, 局に, 屋敷は, 屋根の, 山ぎわを, 山にの, 山には, 山の上から, 山の端が, 山の端に, 山は, 山へ, 山も, 山中に, 山側は, 山地の, 山巓から, 山端から, 山西の, 山路かなたこなた巡りまし, 山辺を, 岡を, 岩井村の, 岸からは, 岸には, 岸の上に, 岸辺を, 峡間に, 峯から, 峰は, 峰を, 島々, 島と, 崖上から, 崖道を, 嵐が, 川原に, 川口で, 川口に, 幕でも, 幕下十枚目に, 平野から, 店に, 座の, 座敷で, 座敷には, 庭であった, 庭を, 廊に, 廊下から, 廊下に, 廊下の, 廓の, 建物の, 強風が, 御殿を, 御門を, 心理の, 恐ろしい生活, 息子達の, 房には, 手によって, 敗報ばかりが, 文字を, 斜面は, 方おもしろし, 方からじゃ, 方からでも, 方そこい, 方ただちに, 方です, 方と, 方にかけて, 方へだけは, 方へは, 方も, 方インドの, 方ガンゼを, 方メディアの, 方一マイルばかりの, 方一面に, 方二三里を, 方北国脇街道を, 方千葉佐倉の, 方南北に, 方向に, 方四五丁先と, 方地平線上に, 方太平洋の, 方播磨灘の, 方数哩の, 方毛人五十五国を, 方水深く, 方江戸の, 方深川の, 方滄州に, 方角から, 方角でございます, 方角に, 方角の, 方角へ, 方贔屓どす, 方遠くに, 方遥なる, 方雲の, 方雲取山から, 方面に, 日の, 日本の, 旦那そう, 旦那と, 旦那の, 旦那岩井の, 旦那等が, 景色を, 曇つた空を, 書院であった, 朝鮮人南の, 本日の, 本澪, 村あたりで, 村には, 村はずれの, 村はずれを, 村へも, 東伯日野川を, 東叡山の, 果が, 果てと, 果ての, 棧敷の, 森から, 森からも, 極の, 横に, 横綱と, 橋, 檜高山治右衛門池の, 水平を, 水平線が, 水平線一帯が, 水沼駅からの, 水面が, 江戸陸奥の, 池に, 沖に, 沖へ, 沖を, 沢は, 沢へと, 沢形の, 河面に, 沼原地に, 泉の, 注意を, 浅虫といふ, 浜の, 浜まで, 浜辺, 海さしわたる, 海には, 海岸で, 海水浴場へ, 海水浴場へも, 海面は, 涯なる, 涯に, 渚に, 港は, 片隅に, 牛島の, 特徴が, 理髪店に, 生れで, 田んぼへ, 田圃へ, 田舎大尽の, 町かどに, 町であった, 町などは, 病室へ, 白いお, 白塀の, 相手の, 相違ほど, 石段で, 石町一丁目に, 破風から, 碧玉といふ, 碧玉の, 磯邊西の, 神,の, 稜ばった燧石の, 種だ, 穴から, 空うすく, 空か, 空からは, 空さ, 空だけは, 空であります, 空と, 空もうす, 空ようやく, 空一杯に, 空地だ, 空眺め, 空西の, 空雲すこしく, 突端に, 窓が, 窓や, 窓口から, 端から, 端ぞ, 端であった, 端の, 端へ, 端れ, 端同町の, 端近く, 第一座, 筑波山の, 籔の, 粟田山に, 紅梅を, 紙屋の, 紺屋は, 紺屋へ, 絶壁へ, 絹は, 縁から, 縁側から, 織田を, 肩とも, 肩に, 肩まで, 胸を, 臺に, 色だけ, 花や, 花散, 花道は, 花隈から, 茅処を, 蒙古, 街道に, 衰える時, 袁術北の, 袂に, 裏は, 裏町蚊の, 言葉に, 詰から, 語也抵抗せず, 諸団体, 諸国から, 諺鉄釘至剛なる, 谷西の, 谷間から, 赤岳北の, 路行く, 軍是に, 辰さんの, 辻, 通行も, 道から, 道からも, 遠い空, 遺蹟と, 遺蹟といふは, 遺蹟ほど, 郊外田端の, 部へ, 部分から, 部分では, 部落を, 都で, 都を, 野中に, 野人の, 釣殿へ, 釣殿へは, 銭なし, 長白山, 門には, 門前の, 間に, 関は, 関門だけは, 関門を, 關脇に, 降口, 院から, 院で, 院でだけ, 院でも, 院を通じて, 陳述は, 陽を, 隅っこの, 隅と, 階から, 階の, 隔たる如く云々, 隣りの, 雁ヶ腹摺山に, 雑菜の, 雛壇を, 離れに, 雪峰の, 雪鞍は, 雲を, 雲取山に, 青い古生, 面に, 鞍部には, 韻を, 風は, 風を, 颶風が, 養魚場で, 養魚場の, 首府という, 首都, 高地との, 高地に, 高平川と, 高流と, 高窓際, 鳥合ヶ原は, 麓に, 麓には, 鼻先の

▼ 東~ (810, 10.4%)

32 向って 12 日は, 流れて 11 向かって 8 向いて, 西に, 進んで 7 面して 6 向けて, 当って 5 下ると, 向ふ 4 むかって, 別れて, 向ひ, 延びて, 折れて, 昇り西 3 あるの, 出て, 別れた, 向つて, 尾根を, 行く, 行くと, 進むと, 降って

2 [55件] あがり西, あった, あらはる, あり, あり其の, ある, あるか, ある時, たゆたひ, わかれて, 下らん, 下る, 偏り過ぎた山国, 偏り過ぎた山國, 入つて, 入るもの, 出で, 分かれて, 切れた所, 北向だ, 南に, 受けて, 向きて, 向きを, 塔の, 山を, 常磐あり, 延びた尾根, 往かん日, 折れると, 接して, 散るごとく, 方って, 於て, 来て, 横断し, 派出した, 流る, 流れるの, 海を, 溢れ西, 當る, 発源する, 立つと, 聞えたり, 落つる水, 行き西, 走って, 足が, 還り玉はん, 還る今, 開いた田舎, 開き西, 雁坂峠足柄山が, 面し道路

1 [529件 抜粋] あたって, あたりて, あたります, あった二個, あつて, ありしもの, ありて, ありと, ありました, あり佐久間, あり朱崖, あり来りでそれ, あるかと, あるが, あるなり, あるもの, あるを, あるハワイ島, ある伯爵領地, ある元, ある先王, ある坂戸山, ある大, ある寄席, ある峯, ある新, ある沙丘, ある生品郷, ある町, ある石穴, ある竜首山の上, ある聯隊本部, ある諸, ある雲雀, いて, いで西, うかんだ黒, おなじ, おまわし, かえるよう, かかり, かたまりそして, かたむいた方向, きょうは, ささやかな, さし上り船, さらに蝦夷, し争乱, し櫂, すなわち吾, ずっと続い, そへ, そよそよと, ただよって, たまる落葉, つき出て, つづいて, つづく高, つらなりて, とりますの, とり京都, とること, なったところ, なった五台山, なった山, なった左手, なって, なってるが, なつた, なるか, なるに, のぼれば, へだたる三里, ほのめくころ, まるい大きい山, まわし損, まわった真夜なか, むいて, むかひてか, むかふ者, むかへり, めぐらして, ゆきエリス諸島辺, ゆくと, ゆくトオカル・ダル, ゆけば, よく一度, よったガレ, ゐて, アドリアティコ海西に, コースを, ソヴェト一の, タングラ南は, チュイレリーの, 一二丁ほど, 一町許で, 一軒許で, 一間のれんじ, 七十二間西に, 万太郎山を, 三百キロメートルばかり, 上つて路上の, 上ること三里半余, 下って, 下つた, 下て, 下りて, 下り始めると, 下り給いし, 下るもの, 下る前日, 下る決意, 主人西に, 之く, 之を, 九四六メートルの, 二つの, 二人の, 二条, 二百五十マイルほどの, 二里ばかりの, 五六里離れた, 五竜鹿島槍の, 亘る長い, 今川義元, 伊豆の, 伊賀伊勢方面へ, 会って, 伝いて, 伝って, 伸びた七面鳥, 位しその, 位し四分の一ポイント北, 位置し, 低下した, 何が, 何里も, 來た, 倒れて, 偏した, 傳へ, 僑居し, 兇暴な, 入った方, 入りて, 入り轉, 入るの, 入る北側, 入る渠, 全く海, 共にこの, 兵庫白馬と, 兵庫県の, 冠山の, 出づる日, 出づれば, 出るの, 出る沢, 出来ること, 分れくだん, 分れて, 分れるさ, 切断に, 列る, 別れたよう, 別れてからの, 別れました, 別れゆくべき人間, 別れ去った, 別れ去って, 別れ地球, 利根の, 前山が, 北に, 十円菊田三十友田三十僕三十と, 南アルプス山系の, 去る所, 及ぼした影響, 召された時, 召された時初, 召すと, 台地を, 名の, 向いたの, 向いた一角, 向いた下, 向いた方, 向いた角, 向いた陽当たり, 向いた階段, 向いますと, 向い一拝, 向い小名木川, 向い氷河, 向い漱石氏, 向い雪山, 向う, 向うて, 向う道, 向かいそれ, 向かいぬ, 向かいわが, 向かう, 向かっては, 向くと, 向く時, 向けさせること, 向けさんざ, 向ける窓, 向け全速力, 向け周囲七町, 向け直したの, 向った水道, 向っても, 向つたとき十月の, 向つたのは, 向つて川, 向つて砂嘴, 向て, 向はしめたる像の, 向ッ, 向島北にや, 吹き廻されるから, 吹く風, 味方し, 呼び江戸市中, 回るにつれて, 回るや, 在つた, 在らざりしなり, 在りと, 在り上野, 在り奥州界, 在る, 在るの, 在るを, 在る倭種, 在る山, 在る山都会, 在る岬, 在る林, 変じて, 大倭国, 大和西に, 大木あり, 大阪が, 太平洋に, 奉天城が, 奉天城外の, 存在する, 定めて, 寄せて, 寄った京極通り, 寄った横丁, 寄って, 寄り過ぎた肩, 富士あり, 富士山が, 富士山西に, 實に, 居たまいき, 居る, 居るという, 岩崎公園の, 峙つ高山, 帰った, 帰らねば, 帰りし後数日, 帰る, 帰ること, 帰るの, 帰る名残, 帰れ, 帰れば, 平らかな, 延びた同名, 延べた太い, 延沢といふ, 廻す, 廻り到る烟, 引返すの, 当たる, 当つて, 当つて革命, 当るが, 当る横川, 当る霊場, 徙された, 徙る, 復た, 徳川どのという, 徳川北条北国に, 懸けての, 房総半島西に, 折れた本, 折れ北, 折れ多賀城, 抜けて, 抱いて, 放たれたあの, 新洛陽, 方り, 於ては, 日光の, 日本海に, 日本西に, 昇る, 昇れば, 易し, 普ね, 曲って, 曲り白骨島, 曳いて, 替え溝際, 月を, 月代が, 望み見て, 望むこと, 朝う, 来たらしく軟かく, 来るもの, 東京南に, 根を, 桃山と, 楠の, 楽人たちが, 横たわる群巒, 横切って, 檀王法林寺という, 欧弗同盟国西に, 此の, 歸りけり, 歸る, 歸着いた, 水無瀬川の, 求めんかと, 江戸一円へ, 流しをり, 流れた, 流れても, 流れもう一度, 流れるもの, 流れるタムチョク・カンバブ, 流れ太陽, 流れ赤牛岳, 添うて, 清らかな, 清左衛門湯一名法斎湯という, 渡った湖口, 渡って, 渡つたところの, 渡つて灯影ま, 渡り建仁寺, 渡る血, 湛へ, 漂い西, 潜り抜けると, 無論見, 無辺の, 照らし西, 片麻岩延縁, 独立し, 現れるか, 生れ, 甲府平原と, 町を, 畳む夜中, 當つて革命の, 當り, 疲れ西, 病みて, 登るを, 登ろうと, 白雲の, 百万坪の, 百余歩行く, 相模灘西に, 相談し, 眺めんと, 眼を, 移った, 移った為, 移って, 移らしめし, 窪を, 立て, 笑いかけ, 筆を, 筑波山西に, 節使衙門の, 米沢の, 粕壁と, 紅雲の, 給金は, 続いて, 続く前山, 続く平, 美しく出ます, 美地有り, 老いゆく我, 聞えること, 聳えて, 聳立し, 腰高な, 至りまた, 至れば, 花妻, 茶の間が, 落葉が, 蓮華鷲羽から, 虹が, 蜿蜒として, 蝦夷の, 行かんまず, 行き坂, 行き高, 行くこと一里, 行くこと七里, 行くこと三町, 行くこと三里, 行くにつれて, 行くに従って, 行く身なり, 行こうと, 行ったら月, 衝いて, 裂かれて, 覇府あり, 見えて, 見えなくしたり, 見える河内辺り, 見える高地, 見込まれて, 言った, 言って, 記され郡界普, 訣れた, 話しかけた, 話した, 話したという, 負けるは, 走り荒々しい, 走る大道, 走る尾根, 赴かせ給, 越えたといふ, 越えて, 越すと, 距る, 跪いた, 転じて, 転ずるの, 転ずるを, 輝す, 迂廻して, 近く小高い, 近く見, 逆行する, 通わせて, 通過した, 連る, 連亙し, 進みました, 進み今, 進み北一條, 進み春分秋分, 進み遂に, 進んだ, 進んだもの, 遊ぶ事, 過ぐ, 道を, 重建懷聖寺記, 金峰の, 長い姉様, 関野喜内と, 降り行くこと五里, 降れば, 限りなき, 陣し, 階段が, 隣った邸, 隣って, 隣り近所, 隣り道のり, 雁坂峠北に, 離れたる一個, 離れて, 難うし, 雲を, 青き野, 面したからり, 面した小, 面した庭, 面した硝子窓, 面した窓口, 面する方角, 飛び東風, 飛ぶ風, 馳けりゆく

▼ 東~ (546, 7.0%)

48 東へと 22 向って 12 東へ 9 出て 6 向けて 5 流れて, 行けば, 進んで, 飛んで 4 向かって, 夕方は, 歩いて, 行くと, 走って 3 下って, 向いて, 延びて, 急いで, 折れて, 行って, 西へと

2 [32件] お立ちなされ, さして, はいるせまい, 上って, 下がって, 下ると, 下るの, 五百五十キロばかりの, 入ったところ, 入る南側, 切れて, 去った, 向いても, 東から, 橋を, 此人は, 渡って, 行く, 行くにつれて, 行こうか, 行ったところ, 袂を, 西へ, 西への, 走つた, 走つて, 走り西, 赴き一地方官吏, 越えて, 通って, 進むと, 進めないこと

1 [324件] あげれば, あすは, いった山麓附近, いっちゃ, お玉が, かけた平坦, かけて, かけての, きたという, くだりたまひ, くだる村道, さして下っ, さして進軍, さして降り始めた, さす彼, すすむ二百隻, すすめば, すすんで, そのせばまった, それから北, ただせッ, だろうか, つき出て, でたら引き潮, とって, とびつつ, とぼとぼ牛車, なおも松, のこらず一どきにまわす, はいったごたごた, はいると, ひがしへ, まいりましたが, またある, または西, まっしぐらに, まっ直, まわって, むかって, むきたるを, ゆるに, よったところ, わたったこと, 一万四千キロの, 一刷け, 一散に, 一直線に, 一里二十丁程, 一里半ばかり, 一里少々, 丁字形とか, 丁字形に, 七八町細い, 三ツヶ谷氷ノ山鉢伏滝川妙見蘇夫等が, 三十一尺の, 三四里ほども, 三度北へ, 三里と, 三里ばかり, 三里涸沼と, 下ったそれ, 下ったもの, 下りつつ, 下りました, 下りる坂, 下る, 下るお, 下ること, 下るとて, 下るほどの, 下るん, 下る道中, 世界中の, 丘陵の, 両国橋の, 二十歩に, 二千キロも, 二里ばかり, 二間ほどの, 五六丁大, 京町を, 京都の, 人気が, 伸びて, 佐保川の, 來て, 偏って, 傾いて, 傾くよう, 入ったテームス川寄り, 入り右, 入るの, 入る時, 入る町玉屋伊兵衛持家, 八里ほどの, 出すと, 出ると, 切れると, 切れ込み興聖寺, 加布里前原を, 動きだした, 動くと, 動くのに, 十二三里武州の, 十数キロ離れた, 南, 南へ, 去った詩人, 去ること五十キロ, 参る, 取れと, 同じく関, 名残りの, 向いてるから, 向う便船, 向くはず, 向けても, 向けようと, 向け一条通り, 向け変えて, 向つて, 向ふ, 向へば, 吹いて, 吹靡き, 四町近く, 回って, 回るよう, 坂を, 変るの, 外れて, 大田圃, 寄った隣国, 寄り過ぎたよう, 封じたの, 小貝川の, 崩れかかる, 帰ったという, 帰り去る, 帰るとき, 帰る法国, 帰る者, 帰る趣, 帰れとの, 広く伸びる, 延す了簡, 延びた沃野, 延び廻つて自然に, 廻って, 廻り少し, 廻る, 廻ると, 引き落した線, 引き返して, 彷徨つ, 彼等は, 往っ, 往って, 御機嫌よう御, 急いだ, 急いだの, 急いだ十時, 懸ける, 或いは秩父, 或は南, 手あつく葬った, 打たする思, 折れた新道, 折れると, 折れ上ノ宮中学, 折れ四ツ辻, 折れ更に, 折れ歌舞伎座前, 抜けて, 抜けると, 抜ける狭い, 拔ける, 振り向けた, 掘割を, 数町の, 方向を, 方角を, 旅立する, 早河, 明日は, 曲がったらしい, 曲がって, 曲った時東山, 曲る処, 更に北, 来たらしい景色, 来た時, 来ると, 来れば, 東山の, 横切って, 横断する, 次の, 歩いた, 歩き出した, 歩き出す, 歩き廻りたい願い, 歩こうか, 歩ませて, 沈黙の, 河原のぼりに, 波木井河の, 流される, 流る, 流れる雲, 流れ出して, 流れ又, 海に, 海の, 渡して, 渡った, 渡つた, 渡り富吉町, 渡り小高い, 渡ると, 猿の, 生田区を, 田圃を, 畝を, 登った尾根, 百メートルほど, 真っ直, 真直ぐ細工谷町, 真直に, 眼を, 移った, 移つて信濃に, 移動させ, 移動し, 突っ切った, 突っ切ったこと, 突出し, 窓を, 立った, 約一里, 続く山稜, 続ケル絶頂, 総ひきあげ, 翔けるうるんだ雲, 肩代りを, 自分で, 航海した, 艦首を, 落ちかかる怪しい, 落つる日, 蜿々と, 行きますと, 行くか, 行くこと, 行くこと九百キロ, 行くつもり, 行くなり, 行くの, 行くので, 行くべきところ, 行くほど, 行く三田, 行く友, 行く時, 行く風俗, 行った, 行ったか, 行ったが, 行ったら太平洋, 行ったり, 行つても, 貫流する, 走った, 走ったつもり, 走ったら太平洋, 走った成東, 走っても, 走らせた, 走りて, 走りました, 走り山, 越えた, 越えると, 越す捷径, 足を, 踊り行く, 転じて, 轡を, 辷って, 迫るにつれて, 送る者, 逃げのびた, 逃げのびんと, 逃げ出した, 通じて, 通ずる坑道, 通ずる堀, 通り大井町, 連なって, 進みました, 進みキンギン国, 進む, 進むこと, 進むとは, 進んだ, 進んだ時, 逸る心, 都へと, 鈴鹿山脈の, 開け置けば, 降ったところ, 降りた, 降りれば, 顔を, 飛び去つた, 飛ぶ早駕籠一挺, 飛んだ, 飛んだの, 飛んでは, 飛行を, 馬を, 駈けた, 駈けぬけようと, 駈け出すと

▼ 東~ (275, 3.5%)

7 東西は 5 更にほの暗い 3 雲取山に

2 [15件] 下町方面北は, 今出川まで, 例の, 出羽奥州北は, 口紅を, 塩原西は, 太平洋雲間漏る, 奥州の, 室町小路を, 東と, 業平橋南は, 海を, 米大陸に, 花山院殿広橋殿西園寺殿転, 雲取山から

1 [230件] あッとばかりに, いちめんの, いや味に, いよいよもっ, うしろです, くねくねと, すがりつくよう, すぐに, すぐ乗っ, すなわちダン, すべて数千尺の, ずるそう, だらしなく, とおく加茂, ない右, なおも探る, ひきつったよう, ひとを, ほんのりと, みくり, もろくも, やや高み, わずか五十キロ, アジアの, アドリアティコ海西は, カスピ海西は, カムチャツカの, キョトンと, キルボア山小, ギョッと, ドイツから, ドニエステルおよび, ニヤリと, ボンド街西は, モンテカルロといった, 一面に, 丁度僕, 三春北は, 三枚洲の, 三河にまで, 上総西は, 下素, 両国矢, 丹後但馬から, 久我畷北は, 事に, 事務所と, 二人の, 二条三条の, 井戸端なり, 今宮西は, 今戸西は, 仙台, 仙台松島くらいまでは, 伊豆から, 伊豆山の, 伊賀越え, 佐倉の, 俎倉西は, 信州, 信濃の, 信濃上野武蔵相, 修羅西は, 倒木が, 兩毛奧州の, 八ヶ岳南アルプスと, 冷たく笑っ, 勧学坂から, 北安曇の, 十和田湖の, 南方支那から, 南部, 只低い, 同伴者の, 名古屋まで, 呉に, 呉会に, 唐時代に, 城西は, 境橋下を, 外蒙, 夜明け鐘が, 大体陰気で, 大同江だ, 大和口の, 大和川北は, 大枝山, 大池北は, 大野川が, 大饑饉, 天主教会堂, 天子山也, 太平洋だ, 夷狄と, 奈良井辺の, 媚めかしく片膝を, 守る, 宮川池に, 富士河漲り, 対岸の, 小善小悪も, 小馬鹿に, 山が, 山木が, 市川南は, 平野に, 広い田圃, 後悔の, 御代官, 快心, 思い浮べた, 悠紀, 悪因を, 意を, 愛宕町から, 懸崖數十丈その, 房総または, 房総常野武信の, 手早くそれ, 日の, 日本から, 日本の, 日本まで, 日本北は, 日本海に, 明るく西, 明智の, 明治の, 朝, 朝鮮の, 朝鮮半島の, 材木蔵から, 東, 東という, 東として, 東の, 東両者永遠に, 東京の, 東京南は, 東支鉄道沿線の, 東栄の, 東海道西は, 板橋まで, 板橋を, 栃木県に, 桃畑北は, 桜井より, 桜沢まで, 楊, 樺太西は, 武尊山の, 毛人の, 水平な, 水戸から, 水戸南は, 水戸様が, 江戸の, 江戸湾を, 法師温泉の, 津軽の, 浚稽山から, 海で, 海に, 海よ, 海北は, 海西は, 涼しい泉, 淀み, 湖畔迄, 源氏の, 滄海漫々として, 漸く明るく, 牟礼志度路すこし, 理も, 甚だ浅く, 町に, 町盡の, 白んだ, 皇室に, 直ぐ一面, 相当広い, 石井山蛙ヶ鼻の, 砂町の, 神宮寺西は, 私の, 秩父及び, 窓だ, 竹垣で, 笛吹川南は, 縮れた風, 美濃らしい, 群馬県西と, 羽生に, 股, 自分でも, 自堕落に, 花の, 花柳に, 茗荷谷を, 茨城水海道へんまでも, 茶いろ, 荒山北の方は, 葡萄牙に, 融解の, 西の, 贄川の, 越中境栗殻山の, 追分までの, 遠く北条, 銀の, 銚子南は, 長子の, 関所, 関東の, 関東地方にまで, 陣場か, 隅田川を, 際限なく, 雲取, 霊岸島北は, 霊界の, 青い銅, 青森浅虫あたり迄, 頷いて, 駿河の, 高瀬川から, 鬼怒川へ, 鮭鱒を, 鳥波の, 鼻唄交り

▼ 東から~ (201, 2.6%)

33 西へ 13 西へと 7 西に 6 出て 5 北へ 3 南へ, 来て, 登って, 西への 2 上って, 二十日の, 北へと, 南に, 吹く風, 西から, 西の, 軽快な, 金牛宮の

1 [107件] おそいかかって, げにし, げの, こっちへ, この山中路, すこし肌寒い, ちりぢり, どこを, のっと大きな, のぼりました, のぼり次第に, のぼる東亜, はるばると, ふき野, また聴きし, やるか, 上った少, 下りて, 世界の, 二軒目に, 五人西から, 五六里来た, 今のぼった, 仰ぐと, 來た, 円形に, 出た, 出た太陽, 出るこたあ, 勇ましいオリオン星座, 北に, 北にかけての, 北畠の, 南にかけて, 南にかけては, 南へと, 南への, 只見川に, 吹いて, 吹く, 吹く初夏, 吹く時, 四回も, 大川を, 差す日, 巴里へ, 弱い風, 扼して, 数えて, 日が, 早く延び, 昇って, 昇ること, 昇ると, 昇る月, 望めば, 朝日が, 来たら西, 来たり, 来た旅人, 来た筈, 来ると, 来るの, 来る人, 来る大きな, 来る道, 来る鬼ども, 来れば, 東北にかけて, 東南に, 横輪豊前の, 次第に北東, 武田耕雲斎が, 歩み来る旅人, 渡りかけて, 物いい, 申し渡したさうだ, 登っても, 登る途中, 登る間, 眺めた妙義, 眺めた山々, 眺めた聖, 移って, 移つてき, 突出し, 聞いたばかしの, 聞いても, 興安へ, 船尾二つ岳相馬山榛名富士と, 落ち込む沢, 行き交う旅人, 襲いかかるは, 西からの, 西即ち, 西西から, 見ると, 見るので, 這入りまするは, 連れて, 遠ざけられて, 遣って, 鈴鹿山脈を, 長七郎地蔵荒山鍋割鈴ヶ岳と, 陽が, 風が, 鶴ヶ岳に

▼ 東~ (153, 2.0%)

37 とヒトミ 9 もヒトミ 3 はヒトミ 2 がいった, がこたえた, の方, はうしろ, はこの, はその, はまた, は目, は自分, 少年は

1 [84件] が, があきれた, がお, がおどろい, がきく, がこの, がさし出す, がさっと, がすこし, がそう, がたずねた, がとうとう, がとつぜん, が先, が出, が穴, が聞いた, が銃, が雑草, が顔, こうなっ, だ, とはいいあわせた, とはにぎやか, と下りる, には博士, によく, に似た, に向い, に命じ, の前, の眼, の耳, の頭, はあたり, はいった, はいつ, はおどろい, はおどろいた, はきいた, はすっくと, はすらすら, はそろそろ, はため息, はとくい, はなかなか, はなるべく, はふしぎ, はもう, はウェイトレス, は世にも, は元気, は出, は博士, は吃驚, は各自ライフル銃, は声, は居ない, は彼ら, は心霊, は思いきっ, は急, は欷, は穴, は考えこんだ, は腹, は蔓草, は首, もその, もとうとうおそろしく, もようよう, もツイ, も同じく, も始め, も悲鳴, も頭, やヒトミ, をお側, をさし招いた, をすばやく, をよん, を先, 及び主人, 爺が

▼ 東~ (119, 1.5%)

9 西とに 5 西に, 西の 4 南に 3 南を, 西が, 西と

2 [13件] いえば, 北と, 北との, 北の, 南が, 南とを, 真中に, 西から, 西とが, 西との, 西とへ, 西とを, 西は

1 [61件] いうべきが, いつて, いひ西, うろうろし, さすらい求めて, し越後, すれば, その極, なると, はかは, まるで方向違い, カブを, 両方から, 丸々種類, 云って, 五人で, 会ふ, 元うち, 出ました, 北とに, 北とを, 北に, 北は, 南とに, 南とは, 南の, 南諸処方々で, 各新聞, 呼ぶこと, 女中の, 屡々密話清, 数語を, 書くも, 松喜で, 案内者とを, 森永で, 橋がかりを, 浩養軒へ, 相談し, 眼を, 称するは, 考えようもの, 考えられる, 考へられる, 膝を, 行き夕食, 行って, 西, 西という, 西とから, 西とからは, 西とにも, 西とは, 西へ, 西ミノと, 言いひとしく, 言えば, 言った, 言って, 鏑木とで, 食事次の

▼ 東~ (117, 1.5%)

9 指して 6 向いて 3 向いても, 見れば 2 さして, 差して, 眺めると, 見て, 見ても

1 [86件] こっちの, こッち, さして出る, さして旅, さして行く, さして走る, させば, その當時, どり, ながめて, ながめても, ほ, みれど, めざして, めざすが, よっぴ川, 一個捨て, 下町一に, 中へ, 仲介に, 伏兵線の, 併せて, 出て, 出てから, 占領し, 去って, 受けた二階, 可なり, 各晩, 向いたまま, 向いてさえ, 向いてるの, 向うに, 向かなかった, 向き皆, 向き西, 向く, 向けば, 囲む重大, 塞いで, 実せん, 少々祖母さん, 征したるなれども, 征せん, 志して, 我々で, 手に, 打って, 抜け不明門, 拝した, 持つ神, 指さして, 指し北, 指示した, 掴んだとは, 掴んだばかり, 攻めて, 望むと, 望む平地, 望んで, 東破風それに対して, 枕に, 染めて, 泊船亭と, 流るる大川, 流れて, 流れる大沢, 流れる鶏冠谷, 白峰という, 缺いで居る, 背に, 見, 見る, 見ると, 見るならば, 見空, 負へり, 貫く廣, 走り險しき山, 迂廻して, 連れて, 連れ部下, 過ぎて, 限る丘陵, 電光の, 青州といへる

▼ 東~ (92, 1.2%)

6 白んで 4 白む 3 わの 2 まっ赤, やっと白みかけた, 明るくなっ, 来て, 白むの, 白む頃, 白もうという

1 [65件] あかるんで, すこし白んだ, その蔬菜, ちらちら, どんどんと, はいって, ふさがって, ぼうと, まだ日本, まばゆく白くなった, ようやく白ん, わに, ボストンに, 一人一人から, 一寸と, 一緒, 中禅寺湖で, 主だ, 二間四枚の, 仄かに, 分つて, 北海道の, 同卓, 坂東と, 夜の, 好いと, 好かろう, 少し白く, 展けて, 屠殺の, 山野を, 川崎西が, 恋しい東, 新しく領土, 春敲門, 暴殺に, 東大番西が, 水に, 琥珀の, 甲信武三国の, 白まないうち, 白まぬうち, 白みかけたの, 白みかけたので, 白みかけたものの, 白みかけると, 白み初め, 白み始める頃, 白む日の出, 白んだか, 白んだばかり, 白んでから, 秦に, 稲垣淡路守種信で, 稻垣淡路守種信で, 紅けれあ, 西に, 話した次第, 近江方西が, 金を, 鏑木と, 門風な, 開いて, 隙いた, 騒がしかつ

▼ 東へと~ (78, 1.0%)

2 向かって, 歩いて, 移動し, 走って, 進んで, 道を

1 [66件] あるいて, かじを, ときどき日かげ, とって, 下った, 下って, 代々の, 何も, 出て, 勢揃いし, 半刻余り, 向きを, 吹き荒れて, 山路を, 巻いて, 延びて, 心細く走り続ける, 急いだ平, 急ぐ軍馬, 急走した, 急速に, 折れた兵衛正清, 揚子江を, 揺れて, 教えられた通り, 散って, 数多く流れ, 文壇を, 歩んで, 殆ん, 波と, 流されたの, 流されて, 流れた, 流れつづくかに, 流れて, 流れるの, 流れ八幡, 流れ出した, 渡って, 渡つて行つたに, 湯島新花町秋葉の, 滑つてゐる, 漕ぎ進んで, 漸進し, 用事も, 疾駆した, 移動し続け, 移動を, 航海し, 行きかえるうち, 行き英盆川, 行く白鳥, 走ったやがて, 走りました, 走り続けるの, 走る, 追つか, 逆に, 這って, 通りか, 進みました, 進路を, 針路を, 飛び続けて, 驀進し

▼ 東~ (73, 0.9%)

11 西も 2 知らない他国

1 [60件] あらばこそ, ありゃしませんよ, くらくなり, けむりだしたので, しらない頑是, そこまでは, そばで, それを, そんなこと言はず, なんとなく切迫, ひらけ, もうげんじ, わからないの, わからない乙女, わからない信吉, わからぬ広野, わからぬ東京, わからねえ人間, 一面の, 不案内の, 共に下谷, 共に川口, 分からない原中, 分らぬここ, 分らぬ亡国, 分らぬ子ども時代, 分らねえもの, 判らないン, 判りませんぢ, 動きの, 北も, 南も, 各所の, 同じ心, 定めなき今, 小原も, 廻転する, 御存じの, 心許なくああ大, 方角さへ, 有明荘の, 来り野並, 果しなき, 根元の, 此の, 流石に, 目に, 知らない新兵, 知らない稚い, 知らねえおさな, 絶壁だった, 蓮池の, 行詰りたる味気, 西両者永遠に, 見る限りバラック建, 解らない, 通じて, 闇だ, 雪とけながれ, 霞むなり

▼ 東~ (71, 0.9%)

2 と西軍, に在っ, の徳川

1 [65件] が羽檄, が踏出し, である, でどれ, では先鋒本多忠朝, では和泉, と, とが河内, とともに味方, と戦, と決戦, と河内口, にお, には尚, に内応, に切込まん, に参加, に御, に有利, に降る, のうごき, の一将, の内部, の勝, の南海, の危う, の士卒, の大, の将, の御, の旗幟, の福島, の精鋭, の総, の総帥徳川家康, の羽翼, の藤堂, の諸, の軍威隆々, の飛将軍, は優に, は只, は多く, は大, は大挙, は幕府, は昨日奮戦, は秀頼, は行在所守護, へつく, も思った, を呑ん, を嶮隘, を支えた, を眼下, を窺った, を衝き, を要撃, を誘致, を迎え撃ち, を迎え撃つ, を迎撃, を逆, 既に木幡伏見, 未一矢

▼ 東~ (70, 0.9%)

9 の詩 3 の如き, の此詩 2 が種, の文, の絶句

1 [49件] が, がしから, がひと, が工風, が恵州, が所謂, が望湖楼酔書, が望雲楼, が歴史地理, が洗兒詩, が言う, が酔余, が食べた, その意, との間, など, などによつて, なんぞのよう, にもまた, に比し, の, のやう, のやから, の云々, の其の, の口真似, の喬, の四時, の所, の書, の次, の潮州韓文公廟碑, の牡丹, の真君泉, の自筆, の藤助, の言った, の赤壁, の赤壁賦, の車, の陳述古, の雜著, の頃, は戒禅師, は極力, は犬, は茶, も米, 再び出世底

▼ 東~ (69, 0.9%)

6 の主人 4 の男 3 の墓地, は新築 2 である, の女, の家, の森, の門

1 [43件] から借り, が後に, すなわち正親町三条家, であった, では雨戸, で琴, といふの, となった, にいる, になった, には正親町三条家, に住ん, に同じ, に家, に悪, のおとなしい, のランプ室, の下新川, の下野河内郡, の北米合衆国これ, の北米連邦これ, の国境, の女子学校, の宅地, の室津, の家族, の小学校, の庭, の桜, の森越し, の植野村, の石山氏, の筋, の舊主人, の荒島山, の邸, は墓地, は斎藤貞兵衛, は焔硝蔵, は私, は若い, へ格外, へ風呂

▼ 東より~ (58, 0.7%)

16 西に 2 出でて, 北へ, 望めば, 西へ, 西へと

1 [32件] して, すすみて, する女, すれども, せん相, のぼるらむ昨日に, はたや, 一は, 出ずる日西, 出で, 北平を, 南, 南に, 春は, 来たり, 来たる, 来つて会, 来つれば, 来り淀, 来る浅瀬石川, 来れり, 栂谷落合西岸より, 移りて, 第二番目がい, 襲ふ, 西の, 鎌倉を, 開くと共に, 霊智の, 順に五座, 順に大江橋, 颯と乗

▼ 東~ (58, 0.7%)

3 と宇礼 2 が成人, に伝える, のこと, のタタリ, の母, の膝, はまだ

1 [41件] がこの, が三ツ, が亡父, が生れ, その横, だが, という一男, という低能児, とお, と共にバカ, にたのん, にのりうつる, にはタナグ山の神霊, にも会わせる, に代っ, に当主, に明かし, に現れ, のお守り役, の低能, の傍, の力, の教育, の智能, の片腕, の茶ワン, の身, の頭, はねむたく, はオレ, はタナグ山神, は二十三, は当日, は立派, や私, をつれ, を一しょ, を憐れむ, を残し, を殺し, を自分

▼ 東~ (52, 0.7%)

2 とは別, の何者

1 [48件] が, が捧げた, が杖, が礼拝, が誘ひ, こそ言, だけだつた, であって, で長く, として認められたる, とのみことに, と成りおわりたる, と武士, と氏姓, と汝, と申しました, と相, なるもの, に向, に属する, に当てん, に白状, の一, の作物, の全, の共鳴, の初, の専有, の忠勇, の新, の生活, の生活意識, の祖先中, の祖先以外, の製作, の要素, の間, はつきます, は勿論, は多く, は常に, は昔, は要するに, も拷問, をもって組織, を以て中衛府, を使, を派し

▼ 東向き~ (52, 0.7%)

5 の窓 2 であるが, なり, の縁側

1 [41件] か知らず, じゃの, だった, だったから, でご, でしょう, で戸, なの, にし, にて日あたり, になっ, になつて, に傾き, に据え, に直した, に立っ, に立てられた, のガラス戸, の三番目, の三階四室, の壁, の室, の屋根, の山腹, の座敷, の方, の淡暗い, の窓ぎは, の窓障子, の細長い, の縁, の縁先, の肱, の腰高窓, の自分, の裏二階, の適当, の部屋, の雨戸, の雪, の高

▼ 東には~ (42, 0.5%)

2 うすい黄金色, 居ないこと

1 [38件] あたらしい雲, ねえなんぞと, よくわかります, アカヤ山が, メンヒの, 三笠山の, 前に, 劉表西には, 古川城東, 土地の, 大きな立派, 天子の, 奥白根西には, 妙見, 妙高火山群と, 宗良親王西には, 小閣, 岩松山譲鏡山など, 川を, 建春門西には, 廻立殿が, 形ばかりの, 怪物フーラー博士, 敏感な, 料理の, 日本の, 東山の, 根張りの, 武田勝頼, 水戸浪士らの, 江戸川, 海を, 若宮の, 藻刈船が, 行は, 街道を, 遠く利根川水源地, 黄海を

▼ 東~ (39, 0.5%)

2 と西國, に布教

1 [35件] と云, につれ, にはしか, にゐらしつたさうでございます, に下, に出した, に及ぼす, に在, に少く, に於, に日蓮宗, に比し, に注いだ, に注ぎたる, に盛, に知つて, に稀, に走, に遷, に關係, に頓, の, の人, の制, の地位, の地理, の安房, の布教, の話, の間, をも風化, を背, を説明, を頭, 大布教者

▼ 東~ (32, 0.4%)

4 の末 2 の和帝, の孝明帝, の鄭玄

1 [22件] に属した, の主, の光武帝, の光武皇帝, の天下, の孝獻皇帝, の明帝, の時, の末期, の桓帝, の歴代中, の永, の王充, の班超, の第, の舊學, の蔡倫, の袁紹, の西域經營, の許愼, の陳琳, の靈帝

▼ 東~ (31, 0.4%)

4 が立つ 2 とか西塔, に來, に来た, の下

1 [19件] あるのみ, がみえはじめる, がみえる, が立っ, が聳え, といっ, に最も, の, のあの, の印象, の大, の岡, の根本中堂, の無動寺, の竹林房静厳法印, はよく, は周知, は明らか, を模

▼ 東両国~ (29, 0.4%)

2 の観世物小屋, へ行っ

1 [25件] ではあわ雪, で見た, に万八, に小屋, に幼馴染, の伊勢辰, の元町, の医者, の国技館前, の天霊様, の小屋, の小料理屋, の方, の橋番小屋, の橋袂, の盛場, の祈祷所, の角, の質屋, の阪東三八, は石原, は縄張, へ出かけた, へ急がせました, へ駆けつける

▼ 東~ (29, 0.4%)

3 の平和, の霸國 2 に於, の諸

1 [19件] と歐米, における使命, に干渉, に於ける, に跋扈, に輸入, のトルストイ, の卷, の問題, の國, の地方性, の文化, の新, の方面, の道徳, の霸者, へ旅行, を植民地視, 若くは

▼ 東~ (29, 0.4%)

52 の切符, へかけつける, へ母上

1 [18件] そっくりー, で東西合同, に上演, の少女歌劇, の舞台, の舞台装置, の青年歌舞伎, へかけつけ, へでも行つて, へ六代目, へ屋井, へ新国劇見物, へ新派, へ着く, へ菊, へ行き, へ行った, までかけつけた

▼ 東妙和尚~ (27, 0.3%)

1 [27件] うつしの, からお, からお手本, からこの, から与八殿, から授けられ, がある, がいちいち, がよく, が伴僧, が受取っ, が彫刻, が手ずから, が抑え, が説明, とてもあんまり商売, と与八, などもお松, について和讃, に尋ね, の手, は与八, は広い, は石鑿, もよく, も芝生, や与八

▼ 東寄り~ (26, 0.3%)

2 の方

1 [24件] で東北, にべつ, にエフィニゲウス家, に五, に少し, に羅漢寺, のソヴエット, の下町, の南風, の国々, の奧, の宿場, の山路, の岩, の岩壁, の峠村中, の所, の手すり, の方向, の武者窓, の線路, の處, の角, を流れる

▼ 東さん~ (24, 0.3%)

2 あ西さん

1 [22件] がやって来ました, が来る, が玉川上野毛, この壺, でない方, というの, と云い合っ, と大東学園病院, に代理, のところ, の好意, の店, の所, はそう, はそれ等, は一つ一つ, は断然, は話, へ掌, を呼び, を呼ん, を招

▼ 東~ (24, 0.3%)

3 むくむく盛りあがり

1 [21件] あなたの, こっちが, これに, つきる山脈, どちらが, どっちが, ほろろ, アメリカが, ドサクサ狙いの, 今日再会し, 切れた磯山, 反対の, 地盤を, 外海と, 天野君は, 幼時を, 或いは東寺, 抱え半, 日本が, 暮らすこと, 海に

▼ 東兵衛~ (23, 0.3%)

3 という男 2 の女房, の妻女

1 [16件] からの急使, がじ, がわし, という名, としてもわし, となっ, に膝詰め談判, のおろした, の出した, の女房子供, の自慢, はまだ, は東兵衛, は気, は狂人, もかなり

▼ 東洲齋~ (23, 0.3%)

2 の家, を殺した

1 [19件] が大した, が書類, といふの, と今, にはどうも, には心當, には殺される, に頼んだ, の伜, の住んだ, の内弟子, は口, は日頃, は死ん, は自分, も可哀想, を手籠, を責めた, 絞め殺されて

▼ 東下り~ (22, 0.3%)

3 をした

1 [19件] して, だから, としかいい, と宣, のとき, の御, の条, の業平さん, の業平朝臣, の河原者, の路すがら, の道中, の道行, は哀れ, は私, や朝ぐもりなんて, をする, をせね, を果し

▼ 東~ (22, 0.3%)

1 [22件] が東京, が熊, と子供, に向, に委せ, に嫁, の冷やか, の村, の眼附, の行動, の行衛不明, はある, はそれ, はそれら, はちよ, は上州, は世にも, は作り話, は四万五千円, は奥, は東京, は顔

▼ 東~ (22, 0.3%)

2

1 [20件] が木村氏本人, が鈴木茂三郎氏, との関係, と東宝共同主催, に, にのった, に促され, に劇評, のコンクール, の主催, の夕刊, の手, の投書欄, の朝刊, の本, の松内玲羊氏, の記者, の読者数, の通信員, へ誘われ

▼ 東~ (22, 0.3%)

4 のセット 2 へ, へ向, へ行く

1 [12件] だ, ではジャズチンドン屋, でセット, で杉原勾当, のスタヂオ, の撮影所, の方, の部屋, は風呂, へ引返し, へ電話, を後

▼ 東~ (22, 0.3%)

2 だ, 参れ

1 [18件] が, がそう, が二, が頓狂, さも感, それから指無し, とであった, とを従え, とを連れ, と源女, の応える, へ向けた, もう何刻, も怯えた, も招, をも連れ, 共々数日前, 寄せろ船

▼ 東支鉄道~ (19, 0.2%)

4 の問題 2 の倶楽部

1 [13件] が南, が東, が黒竜江省, の回収, の幹部, の昂昂渓駅, の灰皿, の終端駅, の線路, の関係, は大, は満, を踏み越し

▼ 東叡山~ (18, 0.2%)

2 の寛永寺

1 [16件] とは形式, ともこじつけれ, にしく, に於, の九つ, の北裏, の大, の天, の存在, の御, の御用, の配下, の鐘, を削, 御造營, 看花

▼ 東銀子~ (18, 0.2%)

2

1 [16件] が文芸部, だった, という名前, とは舞台, どうした, にプラトニックラブ, に惚れた, のよう, の薄い, の赤い, の踊り, の顔, はもう, は十七歳, も失われた, 頑張れ

▼ 東兩國~ (17, 0.2%)

2 の盛り場, の見世物小屋

1 [13件] から原庭, に大層, のいろ, の不二屋, の出合茶屋, の名物, の小料理屋, の方, の栗唐一座, の軒, へ來, へ駈けつける, まであまり

▼ 東~ (17, 0.2%)

4 の窓 2 にとじこもっ

1 [11件] で人, で変死, で発見, にあった, に移しかえ, の床, へやって来る, へ忍び入り, へ運び込み, へ運び込ん, へ道具

▼ 東~ (16, 0.2%)

2 の末

1 [14件] の仏陀跋, の元, の升平年間, の咸康年中, の大, の太, の干, の恵帝, の李嵩涼州, の永和年中, の王羲之, の董寿, の袁宏, の陶淵明先生

▼ 東洋風~ (16, 0.2%)

1 [16件] なところ, なの, なので, な一重瞼, な単調さ, な可愛らしい, な味, な型, な志士, な招宴, な特徴, な現実, な西洋風, な重, な風采, に言え

▼ 東町奉行所~ (16, 0.2%)

2 に来, へ立会

1 [12件] との間, に往く, に往つて, に跡部平八郎, の危急, の門前, の防備, は城, へ出, へ来た, へ玉造口, へ訴

▼ 東照公~ (15, 0.2%)

2 だの, は惜福, 御墨附 1 と戦っ, と戰つて, の功, の木像, の横ツ腹, はそれ, は太閤秀吉, は自己, も仰せ

▼ 東~ (15, 0.2%)

2 に蟄伏, の喬瑁

1 [11件] だの神守村, にある, に住まっ, に住む, のあらまし, の太守喬瑁, の従事, の栗原氏, の蜂須賀村, の野, をも後

▼ 東~ (14, 0.2%)

1 [14件] あたかも無人, ていた, ては二十間川, てシナ, て史彬, て已, て石小田新田, て薊州, て行った, て遠く, て遠く洲崎, て高橋, 右に, 西する

▼ 東巖子~ (14, 0.2%)

1 [14件] が云った, という仙人, とが小鳥, に比べる, の頭, は一年, は云い張った, は山, は岷山, は平気, は思わず云った, へは行かず, も小鳥, を訪れ

▼ 東~ (14, 0.2%)

2 の元

1 [12件] になります, の中世, の初, の咸和三年, の常, の成帝, の末, の王隱, の習鑿齒以來, の謝安, より宋, を建設

▼ 東練兵場~ (14, 0.2%)

2 で遭難, に施療所, に築城本部, の方, の焼野, を横切っ 1 でしたが, へ出かけ

▼ 東する~ (13, 0.2%)

1 [13件] か西, ことが, ことに, こと三里半で, と次第に, と茨城県, に連れ, の一事, やその, を聞き, 事又, 沙漠の, 者櫛の

▼ 東~ (13, 0.2%)

1 [13件] がそう, がやはり, が全く, が要求, と日交, の中, の在郷軍人達, の篠田, の職場, の職場大衆, の規約, はスローガン, は政党

▼ 東勝寺~ (13, 0.2%)

2 の山門

1 [11件] のお, の八, の内, の大, の広前, の庫裡, の旧跡, の楽殿, は北条泰時さま, へ移ろう, へ退け

▼ 東~ (13, 0.2%)

1 [13件] があわて, が居眠り, と禹徳淳, の三人, の眠っ, はぼんやり, は口, は家, は戸口, は旅行, は椅子, は眼, を仲

▼ 東~ (13, 0.2%)

1 [13件] じゃ, に引き上げ, に臨川寺, に高札, の両側, の晒し場, の流し, の程よい, の空, までは色々, まで引き上げ, まで来りし, 今稻荷

▼ 東では~ (12, 0.2%)

1 [12件] だいたいに, まだする, コシキリ東北へ, シナの, ドイツ語西では, 三河, 十月亥の, 宮古島の, 是を, 諸処方々に, 豆州房州辺でも, 駒子下と

▼ 東にも~ (12, 0.2%)

4 西にも 2 火の手の 1 下って, 出現し, 杉の, 点れて, 行く, 行つたのである

▼ 東~ (12, 0.2%)

2 ただに, 西や 1 南に, 南には, 南の, 南や, 国の, 國の, 西と, 陸奥へ

▼ 東~ (12, 0.2%)

5 の徳王 2 の国, の孫権 1 から逃げ, に寓居, を興したまい

▼ 東~ (12, 0.2%)

2 の初め, の初め頃, を爲さん 1 の世, の定, の時代, の襄王, の都, を爲す

▼ 東~ (12, 0.2%)

2 の下 1 から入, から射し込む, から新道, から眼, だ, にはでつかい, の部屋, へ蜘蛛, をあけ, をもれる

▼ 東~ (11, 0.1%)

2 西か 1 あるいはその, いずれへ, 南か, 大坂か, 無論わからぬ, 行く先も, 西かをも, 西へ, 陸の

▼ 東南方~ (11, 0.1%)

2 を指し 1 から開始, にある, において丹道, には二ヶ処, に桜, に當, に長い, の側, へ飛ん

▼ 東印度會社~ (11, 0.1%)

1 [11件] が常に, に入り, に聘せられ, の商船, の支配權, の書記, の根據地ジヤワ, の關係, はジヤワ, は印度, 及び露米會社

▼ 東忠介~ (11, 0.1%)

1 [11件] からの又聞き, から聞いた, がこの, が口走った, が手洗場, で面差, という気, とツル, の橋渡し, の話, は只今

▼ 東美濃~ (11, 0.1%)

2 から伊那, の盆地 1 と南信濃, にある, の同志, の地方, の町, へ焼き働き, や伊那

▼ 東~ (10, 0.1%)

1 いやこれ, かあれ, から朝日, かわからねえ, か知らない, が北穂高岳, が身上, といっ, とか西, のと

▼ 東印度~ (10, 0.1%)

1 および支那紀行, および波斯新話, から渡つて, で一番, に産, のいや, のスマトラ, の殖民地, の童子王, 及び西印度

▼ 東支那海~ (10, 0.1%)

2 を東上 1 で覇, にぬける, に面し, の電信夫, へと列なっ, へぬけた, や印度洋, を通

▼ 東照権現~ (10, 0.1%)

1 からの拝領品, が有難い, に参詣, のお, の偉大, の前, の御, の神前, もそれ, も心から

▼ 東綺譚~ (10, 0.1%)

1 と命名, には寂し, に於ける, の一篇, はここ, はその, は若し, を脚本, を読み返し, を読む

▼ 東~ (10, 0.1%)

2 の中, 活けて 1 だの色変り, で図柄, で圖柄, によって代表, によつて代表, を重ね

▼ 東~ (10, 0.1%)

3 して 1 が1日, したまい冬十月史彬, しまるで, すること二十九哩強, の列車, も黙然, 仕候時

▼ 東西~ (10, 0.1%)

7 は西 1 の三方, の町内, の黒い

▼ 東隣り~ (10, 0.1%)

2 が牧場 1 が小間物屋, が日比野, には望月太喜次さん, の合奏, の広大, は大きな, は礼拝堂, 大島村からは

▼ 東という~ (9, 0.1%)

1 ことに, ことほど, のを, 人物私は, 名で, 学生の, 結論も, 綽名まで, 部落の

▼ 東へも~ (9, 0.1%)

2 南へも 1 うごかして, すべて又, でる道, ぬけだす工夫, 行ったかと, 行詰まっ, 遠くにも

▼ 東ヨーロッパ~ (9, 0.1%)

1 にもおこなわれ, に人民民主主義政権, の交通, の人民, の人民民主主義, の嬪宮, の対立, の民衆, の社会主義国家

▼ 東久世通禧~ (9, 0.1%)

1 であったが, と三宮英人殺傷事件, に約した, の前, の名代, の方, の発話, も伊藤俊介ら, をはじめ

▼ 東南部~ (9, 0.1%)

2 にある 1 から印度, すなわち爾, でこれ, などに住む蒙, にも同じ, に最も, の労働者地区

▼ 東尼様~ (9, 0.1%)

1 が仰せ, でございました, に向かっ, のお, の惜別, の頭巾, はご, や平野国臣様, を警護

▼ 東~ (9, 0.1%)

2 の時 1 した, に先, に至る, の事, の年, は, を語る

▼ 東桂さん~ (9, 0.1%)

1 が一所懸命, が指, が間もなく, といふ漢方, のま, の世話, の煎薬ぐらゐではいつかな, はほとほと, は腫物

▼ 東~ (9, 0.1%)

1 が俳諧, が始, に至つて, の壻養子, の表, は寶暦二年十二月五日, は用達商人, は義公, を擧げた

▼ 東漢時代~ (9, 0.1%)

1 からかかる, から已に, には光武帝, に出, に広, に焦, に紙, の石, の蔡倫

▼ 東~ (9, 0.1%)

3 の太 1 に達し, の宿舎, の府使, の旅館, の温泉, へひそん

▼ 東でも~ (8, 0.1%)

1 なく西, ばた, ぽった, 人肉を, 北でも, 南でも, 西でも, 言い囃されたこと

▼ 東とに~ (8, 0.1%)

1 わけて, 亙つて, 分って, 別れた黎, 別れて, 控えそして, 窓が, 立分れ

▼ 東なる~ (8, 0.1%)

2 みちのく山に 1 は低く, 倭種の, 八咫の, 四國を, 奴國即ち, 西迫鼻より

▼ 東にあたる~ (8, 0.1%)

1 位置で, 修学院道の, 大洗海岸を, 故にや, 東広島駅から, 畔の, 箕谷に, 辺には

▼ 東下し~ (8, 0.1%)

1 ている, てくる, て北条氏, て十三代, て徳川北畠, て来た, て来るであろう, て江戸城

▼ 東中洲~ (8, 0.1%)

2 のカフェー 1 と申しまし, の水野旅館, の賑やか, の野菜畑, の青柳, は只今

▼ 東久雄~ (8, 0.1%)

1 が来てた, と中西, と会, と要談, に会, の浅草ピン行き話, をつかまへ, 来り雨

▼ 東亞諸國~ (8, 0.1%)

2 の間 1 に對, に必要, の史學界, の日本, の言語, をも含め

▼ 東~ (8, 0.1%)

1 とは何, に及んだ, の前川, の彼等, の支部長, を抱き込んだ, を雇, を雇っ

▼ 東十郎~ (8, 0.1%)

1 とでこの, に食い殺された, の叫ぶ, の声, の骸骨, への罪滅し, を殺す助ける, を穴

▼ 東~ (8, 0.1%)

1 と云, に入れられ, に居つた, に移らなけれ, のひと, の三階, の前, の或

▼ 東~ (8, 0.1%)

2 の命 1 とは同年, とを叙, の任務, の前, の前年, を命じた

▼ 東~ (8, 0.1%)

1 に営, に至り, に至る, の事, の事了, の府城, の激戦, より還る

▼ 東~ (8, 0.1%)

2 地方に 1 南信の, 地方から, 地方などは, 地方同門の, 方面は, 界隈の

▼ 東~ (8, 0.1%)

1 から天頂, に低く, に懸かる, に片寄せ, に白い, に鼠色雲, の眺め, を詰所

▼ 東西洋~ (8, 0.1%)

1 おなじ物事, とも鼠, の倫理, の哲学的史実, の文明, の概念, の語, 諸國

▼ 東軍流~ (8, 0.1%)

2 の名人 1 ではかなり, という御, にて秘す, の三宅軍兵衛, の兵法家, の流風

▼ 東造爺~ (8, 0.1%)

1 がいる, が轆轤, だけが少なくも, に向っ, はけげん, はほか, は気, までがまた

▼ 東~ (7, 0.1%)

1 でした, というの, の中, の床, の肉丼, へおなり, や米久

▼ 東~ (7, 0.1%)

1 に住ん, の山, の社会主義婦人同盟, の福谿, の貧窮, の野田某氏, を歩きまわる

▼ 東南端~ (7, 0.1%)

1 が戈壁沙漠, に位, に在っ, に接し, に着きました, の岬, の河

▼ 東~ (7, 0.1%)

1 で探した, とはどこ, ともいう, と東叡山, については妙心寺史, の名, の略伝

▼ 東尾根~ (7, 0.1%)

1 から相当, が楽そう, その蔭, の上, はトラバース, へ取付き, をさがす

▼ 東山道軍~ (7, 0.1%)

1 が江戸, のさかん, のため, の執事, の進発, をこの, を助けよう

▼ 東~ (7, 0.1%)

2 の空 1 に弔魂碑, に至る, の上, の向う, の西北

▼ 東~ (7, 0.1%)

1 でしょう, で寝る, にてもよろしい, に眠っ, の癖, の白い, を忌む

▼ 東湾汽船~ (7, 0.1%)

2 の三十六号船 1 に乗った, に四十年, の大, の発着所, も葛西汽船

▼ 東華門~ (7, 0.1%)

1 から五鳳楼, に至る, に詰め, のうち, の営, の外, の王必

▼ 東~ (7, 0.1%)

1 で一つ, なる宮森, には方二寸五分, に位, に在る, に得, の村

▼ 東からも~ (6, 0.1%)

1 全部落, 南からも, 吹きゃ西, 水が, 西からも, 雲が

▼ 東~ (6, 0.1%)

1 という若い, とだけが後, とはその, は室, も恐ろしく, を船

▼ 東助君~ (6, 0.1%)

1 がいった, がそう, なかなかよく知っ, にヒトミさん, のいう, もいっしょ

▼ 東半分~ (6, 0.1%)

1 から京都府, では今, でヤツガイ, において今, に汎, はどこ

▼ 東四郎~ (6, 0.1%)

1 からその, から渋紙包み, がそれ, と藤田小四郎, は参謀山国兵部, や亀山嘉治

▼ 東坡巾先生~ (6, 0.1%)

1 は叮嚀, は味噌, は悲しむ, は瓢, は突, は道行

▼ 東学党~ (6, 0.1%)

3 の乱 1 が官兵, は風声, ますます猖獗

▼ 東~ (6, 0.1%)

1 といったよう, とか祇園, とは事, は尚, や明治, を仲介

▼ 東~ (6, 0.1%)

2 へ往復 1 と西岳, のあなた, の唇舌, の絶頂

▼ 東~ (6, 0.1%)

1 するまでの, する彼, と, を急ぐ, を言上, を送る

▼ 東~ (6, 0.1%)

1 の先祖, の当選, の手, の新, を名乗った, を継ぎ

▼ 東~ (6, 0.1%)

3 第一 1 の第, 之小菅監獄, 去

▼ 東~ (6, 0.1%)

1 一の, 一病棟, 一病棟の, 一病棟は, 十三番目の, 幾家に

▼ 東~ (6, 0.1%)

1 がまるで, だわい, でした, のはずれ, へ出ます, をとおりぬけ

▼ 東遊び~ (6, 0.1%)

1 が宮中, と共に畿内, などに関係, の基礎, の舞, の音楽

▼ 東~ (6, 0.1%)

2 の歌 1 がいつた, といつた, は多く, は常陸

▼ 東からの~ (5, 0.1%)

1 たのみで, 一番列車が, 光線が, 若い精神, 風に

▼ 東へは~ (5, 0.1%)

1 お化けも, めったに足, 一寸も, 帰り様が, 逃げられない

▼ 東インド~ (5, 0.1%)

1 および支那, に向う, の振り合い, の産, を横領

▼ 東三條殿~ (5, 0.1%)

1 で名高く, のおも, の愛兒, の歌よみ, の窕子

▼ 東~ (5, 0.1%)

1 するもの, する北条征伐, する弘前城主津軽侯, は, を阻止

▼ 東亞連盟運動~ (5, 0.1%)

1 の回顧, の本質, はその, は三民主義, は世界

▼ 東伯爵~ (5, 0.1%)

1 によく, に兄, のお足さん, の訪問, の談

▼ 東助さん~ (5, 0.1%)

1 の手, の方, もまだ, も三次元世界, 分って

▼ 東南面~ (5, 0.1%)

1 が殊に, には夥しく白い, に懸っ, に陣, を防護

▼ 東印度会社~ (5, 0.1%)

1 から派遣, のしるし今, の現地, はこれら, は云わ

▼ 東叡山寛永寺~ (5, 0.1%)

1 というただ, の天海和尚, の山裾, の支配, は天海上人

▼ 東安市場~ (5, 0.1%)

1 がある, の中, の側, の吉祥茶園, へ行く

▼ 東小篠~ (5, 0.1%)

1 ないしは神秘, はそそのかす, は云い出した, は微妙, は心

▼ 東席順~ (5, 0.1%)

5

▼ 東~ (5, 0.1%)

2 北に 1 南と, 南に, 南を

▼ 東曲輪~ (5, 0.1%)

1 との往来, にたてこもっ, の大き, の指揮, へ長坂釣閑

▼ 東~ (5, 0.1%)

1 が紙面, の, の五十年記念一万円, の記者諸君, や東日

▼ 東~ (5, 0.1%)

3 の門前 1 に繋がれ, の牢

▼ 東白み~ (5, 0.1%)

5 の明り

▼ 東米八~ (5, 0.1%)

1 であった, といいます, と和泉屋次郎吉, の掛け小屋, の楽屋

▼ 東西南~ (5, 0.1%)

3 の三方 1 の壁, の歩廊

▼ 東~ (5, 0.1%)

2 ヲ食ウ 1 とは関東, を呑む, ヲ食ラフ

▼ 東からは~ (4, 0.1%)

1 まだ到着, クビ話が, 恐しい, 長いガレ

▼ 東にとって~ (4, 0.1%)

1 暗夜の, 武蔵の, 生野から, 石門に

▼ 東よりの~ (4, 0.1%)

1 教室の, 村で, 窓下に, 隅に

▼ 東よりも~ (4, 0.1%)

1 フランクリンを, 三十米許高い, 西から, 西よりも

▼ 東ローマ皇帝~ (4, 0.1%)

1 からの使者, と力, に哲学書, を戴く

▼ 東~ (4, 0.1%)

2 の声 1 だが, らしい

▼ 東三郎さま~ (4, 0.1%)

2 の陳述 1 は岩井半四郎, は後見

▼ 東五郎~ (4, 0.1%)

1 と会, と早耳七五郎, と申しやす, どの長次どの御両人

▼ 東亞民族~ (4, 0.1%)

2 の世界史的使命 1 はヨーロッパ民族, は一緒

▼ 東伯爵夫人~ (4, 0.1%)

1 となっ, の写真, の名, の怪死

▼ 東~ (4, 0.1%)

3 の小舎 1 の空小舎

▼ 東先生~ (4, 0.1%)

2 の内 1 という方, は洋行

▼ 東六右衛門~ (4, 0.1%)

1 が, やその他, をもっ, をよび出し

▼ 東南岸~ (4, 0.1%)

1 に一里, に於, の島々, の渚

▼ 東印度大学~ (4, 0.1%)

1 がヘイリベリ, において, における彼, の状態

▼ 東~ (4, 0.1%)

4 へ往

▼ 東~ (4, 0.1%)

1 西来の, 西来無, 西来知幾年壮心一片老, 長安萬里餘

▼ 東~ (4, 0.1%)

4 は西

▼ 東~ (4, 0.1%)

1 はわざわざ, は別に, も他, をわざわざ

▼ 東将軍~ (4, 0.1%)

1 でも将軍御所, の宣旨, の称, の綬

▼ 東~ (4, 0.1%)

2 に萩刈 1 なども昔八甲田山, の頸

▼ 東市正~ (4, 0.1%)

1 と同席, のお, の許婚者, は土器町

▼ 東廻航路~ (4, 0.1%)

1 によつてアジア, をとつ, をとり, を開いた

▼ 東支鉄道問題~ (4, 0.1%)

1 がどう, が起っ, で蒋介石政府, はソヴェト同盟

▼ 東~ (4, 0.1%)

1 から西, と南, も西, 微南

▼ 東~ (4, 0.1%)

1 に出, の下, の方, わっち

▼ 東流二絃琴~ (4, 0.1%)

1 のお, の正統, はもっと, は明治十七年ごろ

▼ 東破風~ (4, 0.1%)

1 だけが見え, だけで西破風, に着いた, の頂上

▼ 東~ (4, 0.1%)

2 沙連天 1 古, 山の

▼ 東蝦夷~ (4, 0.1%)

1 からぐるり, からシコツ, の地, を侵せり

▼ 東~ (4, 0.1%)

1 し長春, に於ける, 西奔遊観に, 西馳に

▼ 東~ (4, 0.1%)

1 にこう, にのせ, に記され, の十三

▼ 東~ (4, 0.1%)

1 がある, をはひつ, を出, を望む

▼ 東雲仙火山~ (4, 0.1%)

1 との交錯, と西雲仙火山, の範囲, は新た

▼ 東~ (4, 0.1%)

1 に若干, の産業, 及び満, 及び満州

▼ 東~ (4, 0.1%)

1 に登り, の下山道, の残雪, へ登った

▼ 東~ (3, 0.0%)

3 ふは

▼ 東~ (3, 0.0%)

2 若葉かな 1 ああ遇

▼ 東せん~ (3, 0.0%)

21 とする

▼ 東との~ (3, 0.0%)

1 分れ道なる, 区分を, 文化的精髄の

▼ 東どなり~ (3, 0.0%)

1 には少し, に住ん, は道路

▼ 東にか~ (3, 0.0%)

2 へる心 1 はれば

▼ 東にて~ (3, 0.0%)

1 また南, 御前沢谷落合凡そ一里許り, 騎馬音楽有之

▼ 東インド諸島~ (3, 0.0%)

1 に住, に棲む, の一

▼ 東ゴート~ (3, 0.0%)

2 の王テオドリッヒ 1 の気

▼ 東トルキスタン~ (3, 0.0%)

1 で発見, のヤルカンド, の最大都會ヤルカンド

▼ 東~ (3, 0.0%)

2 続ケル絶頂 1 突進スベシ

▼ 東一番丁~ (3, 0.0%)

1 にあっ, に行っ, の夜

▼ 東三条~ (3, 0.0%)

1 どの, の家, の河原院

▼ 東三筋町~ (3, 0.0%)

1 から和泉町, に近い, の旧

▼ 東亞連盟~ (3, 0.0%)

2 の主張 1 の建設方式

▼ 東今日~ (3, 0.0%)

3 は西

▼ 東~ (3, 0.0%)

1 の大事, の謀議, 等我が

▼ 東停車場~ (3, 0.0%)

1 の荷物, へ二人, まで運び

▼ 東兵衛さま~ (3, 0.0%)

1 が御, とやら, とやらがお

▼ 東出口~ (3, 0.0%)

1 の前, の横, の荷物預り所

▼ 東~ (3, 0.0%)

1 の三方, の敵性連環, の果

▼ 東十里~ (3, 0.0%)

1 に在り, の処, の日黄村

▼ 東四牌樓~ (3, 0.0%)

1 から北, から南, の邊

▼ 東圃君~ (3, 0.0%)

1 が家族, に送っ, の宅

▼ 東坡肉~ (3, 0.0%)

1 というの, と号する, やら海参

▼ 東坡詩集~ (3, 0.0%)

2 を見る 1 の中

▼ 東~ (3, 0.0%)

1 の情痴, を忘れた, を権輿

▼ 東妙和尚さん~ (3, 0.0%)

1 からこの, から描い, もそう

▼ 東~ (3, 0.0%)

1 は, は家内医官補, 同補

▼ 東尼殿~ (3, 0.0%)

2 じゃ 1 も拙者

▼ 東左平~ (3, 0.0%)

1 に売った, の妻, は前

▼ 東~ (3, 0.0%)

1 と西市, に李和子, 正に宗家

▼ 東市正どの~ (3, 0.0%)

1 を世継ぎ, を伊達家, を立てろ

▼ 東帝国~ (3, 0.0%)

1 の旧都府, の起った, を建設

▼ 東度海千餘里至~ (3, 0.0%)

3 拘奴國

▼ 東~ (3, 0.0%)

1 奉行所や, 荷鉾の, 荷鉾山

▼ 東日主催~ (3, 0.0%)

1 で行, の, の浅草まつり

▼ 東~ (3, 0.0%)

1 となっ, の, はついに

▼ 東桟敷~ (3, 0.0%)

1 におります, の方, の紫幔幕

▼ 東桶小屋沢~ (3, 0.0%)

1 から小, から峠, から楢俣

▼ 東検島~ (3, 0.0%)

1 に移し, の官庁, へ根拠地

▼ 東橋亭~ (3, 0.0%)

2 とよぶ 1 の昼席

▼ 東洲齋榮吉~ (3, 0.0%)

1 といふ男, といふ鎌倉町, は絞め殺され

▼ 東~ (3, 0.0%)

1 と西川流, の二つ, の河水

▼ 東清鉄道~ (3, 0.0%)

1 の客車, を敷設, 副総裁ウェンツェリ

▼ 東渡海千餘里復~ (3, 0.0%)

3 有國

▼ 東漢末~ (3, 0.0%)

1 に遼東方面, の應劭, の蔡

▼ 東照神君~ (3, 0.0%)

1 から遺言, の神謀, の英霊

▼ 東町奉行跡部~ (3, 0.0%)

1 が玉造口定番遠藤, の遣つ, は火

▼ 東~ (3, 0.0%)

1 と号, に登れ, 元泰

▼ 東秀代~ (3, 0.0%)

1 が江戸, の勢力, は舞踊

▼ 東箱田~ (3, 0.0%)

1 と私, にある, の方

▼ 東羽黒~ (3, 0.0%)

1 と対立, に敗れ, に追い詰められ

▼ 東~ (3, 0.0%)

1 から登れる, の頭, へ下っ

▼ 東~ (3, 0.0%)

1 が官軍, となりましたろう, 即ち私

▼ 東角門~ (3, 0.0%)

2 の言 1 に坐し

▼ 東警察署~ (3, 0.0%)

2 の二階 1 の巡査

▼ 東~ (3, 0.0%)

1 が意外, の新, 及び南洋方面

▼ 東~ (3, 0.0%)

2 へ森岩雄 1 の地下

▼ 東鎌尾根~ (3, 0.0%)

1 と呼ばれる, の路, や横尾

▼ 東~ (3, 0.0%)

1 に産した, を攻め, 非利加

▼ 東青柳町~ (3, 0.0%)

1 にまた, に野上佐太夫, の噂

▼ 東餅屋~ (3, 0.0%)

1 に集まっ, へは松本勢, まで

▼ 東馬川島~ (3, 0.0%)

3 与七郎

▼ 東鶏冠山砲台~ (3, 0.0%)

1 にも敵, の廃墟, の敗墟

▼ 東~ (2, 0.0%)

2 もての

▼ 東かぜ~ (2, 0.0%)

2 の強い

▼ 東かと~ (2, 0.0%)

1 思って, 思つて出かける

▼ 東した~ (2, 0.0%)

1 か馬蹄, 御主人

▼ 東すれ~ (2, 0.0%)

1 ば余吾, ば六町

▼ 東って~ (2, 0.0%)

1 もの, 台湾の

▼ 東といふ~ (2, 0.0%)

1 名言が, 風に

▼ 東とから~ (2, 0.0%)

1 取り囲まれるに, 同時に別々

▼ 東なら~ (2, 0.0%)

2 ぼくの

▼ 東にかけて~ (2, 0.0%)

1 背負うて, 荒地の

▼ 東にかけての~ (2, 0.0%)

1 兵舎や, 郊外では

▼ 東にかけては~ (2, 0.0%)

1 山また, 猫又山から

▼ 東はずれ~ (2, 0.0%)

1 でな, にあたる山腹

▼ 東への~ (2, 0.0%)

1 船脚を, 行き足

▼ 東ほど~ (2, 0.0%)

1 ちがうが, 多くの

▼ 東また~ (2, 0.0%)

1 山は, 山も

▼ 東アフリカ~ (2, 0.0%)

1 のマンダンダ人, の首都モザンビイク

▼ 東インド会社~ (2, 0.0%)

2 の船

▼ 東コート~ (2, 0.0%)

1 に御高祖頭巾, を羽織った

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 向ッテ航行中ナリ, 在リ

▼ 東ブリル街一一三〇番地~ (2, 0.0%)

1 の家, の家主ハルナン

▼ 東ユダヤ人劇団~ (2, 0.0%)

1 の俳優イーザーク・レーヴィー, をしばしば

▼ 東ロンドン~ (2, 0.0%)

1 の娼家, の雰囲気

▼ 東ローマ~ (2, 0.0%)

1 のイソーリアン法王, のレオ・イソーリアン

▼ 東ローマ帝国~ (2, 0.0%)

1 が朝廷, の岸

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 南ト誤, 征チシヨリ茲ニ六年ニナリヌ又

▼ 東ヶ丸~ (2, 0.0%)

1 といい, に着いた

▼ 東一つ~ (2, 0.0%)

1 の大, は西

▼ 東三〇〇米~ (2, 0.0%)

1 の地点, の馬繋場

▼ 東三本木~ (2, 0.0%)

1 の家, の宿

▼ 東三省~ (2, 0.0%)

1 の農民, も

▼ 東下駄~ (2, 0.0%)

1 でも脱い, の先

▼ 東両国一パイ~ (2, 0.0%)

2 に網

▼ 東乃至~ (2, 0.0%)

1 北の, 東北に

▼ 東久邇~ (2, 0.0%)

2 の内閣

▼ 東五里筑後境~ (2, 0.0%)

1 の物静か, の物靜

▼ 東亜細亜特有~ (2, 0.0%)

2 の小

▼ 東亞共榮圈~ (2, 0.0%)

1 ああ盟主日本, の原理

▼ 東亞文化~ (2, 0.0%)

1 の理念, の精神

▼ 東今出川~ (2, 0.0%)

2 までの堀

▼ 東信電力~ (2, 0.0%)

1 の金原様, の金原氏

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 の十倉, は廿三ヶ村

▼ 東八ヵ国~ (2, 0.0%)

1 の官衙, をお

▼ 東北西~ (2, 0.0%)

2 の三方

▼ 東北郊~ (2, 0.0%)

1 には遠く, に特有

▼ 東十六条~ (2, 0.0%)

1 と言, に家

▼ 東半部~ (2, 0.0%)

1 が海中, へかけ

▼ 東南端襟裳岬~ (2, 0.0%)

1 のもと, は幌泉

▼ 東南西~ (2, 0.0%)

1 に株, の三方

▼ 東~ (2, 0.0%)

2 牌楼の

▼ 東印度水夫~ (2, 0.0%)

1 だ, の屋根裏

▼ 東呉大学~ (2, 0.0%)

1 ほどの美しい, や済南

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 の月日, は期せ

▼ 東喜代駒~ (2, 0.0%)

1 がハリ扇, 来りひるを

▼ 東国侍~ (2, 0.0%)

1 の何げ, の微行

▼ 東國地方~ (2, 0.0%)

1 に高等, の布教

▼ 東地方~ (2, 0.0%)

1 で目撃, の或

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 が倉, このランプ

▼ 東坡先生~ (2, 0.0%)

1 ではなく, も苦笑

▼ 東坡巾~ (2, 0.0%)

1 といったよう, の先生

▼ 東埔塞~ (2, 0.0%)

2 の統監

▼ 東塔西塔~ (2, 0.0%)

1 の伽藍, はいう

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 と十二町, 及び南壁

▼ 東壽司~ (2, 0.0%)

1 に招待, に於い

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 万, 滿

▼ 東太后~ (2, 0.0%)

1 との間柄, や恭親王

▼ 東太母子~ (2, 0.0%)

1 の四人, をむかえ

▼ 東太郎~ (2, 0.0%)

1 の名, の暗

▼ 東奔西馳~ (2, 0.0%)

1 し父, にさしも

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 の一地方, の奇勝

▼ 東女大~ (2, 0.0%)

1 に競争, の平野智治夫人其他

▼ 東妻三郎~ (2, 0.0%)

1 が扮する, の映画

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 というの, は柔らかい

▼ 東寔敬題~ (2, 0.0%)

1 となる, の下

▼ 東小門外~ (2, 0.0%)

1 の平山牧場, の駐在所

▼ 東~ (2, 0.0%)

2 許の

▼ 東岸壁~ (2, 0.0%)

1 から西岸壁, の方

▼ 東市正宗興~ (2, 0.0%)

1 となのった, の表面上

▼ 東帰し~ (2, 0.0%)

1 て来た, て江戸城内外戦火

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 に一楽園, やの主人

▼ 東廻選手~ (2, 0.0%)

1 として世界, によってほとんど

▼ 東御殿~ (2, 0.0%)

1 もまた, を余所

▼ 東惣平~ (2, 0.0%)

1 で私, という弁護士

▼ 東拓ビル~ (2, 0.0%)

2 のコロムビア本社

▼ 東支倶楽部~ (2, 0.0%)

1 の舞踊会, へいそぐ

▼ 東日会館~ (2, 0.0%)

1 でランチ, の屋根

▼ 東晉時代~ (2, 0.0%)

1 と略, に出た

▼ 東晋時代~ (2, 0.0%)

1 と同じく, に苻堅

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 に侵入退却, に集めた

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 なども怪我, は艸體

▼ 東朝座~ (2, 0.0%)

1 での独演会, の高座

▼ 東株暴落事件~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 東欄一樹~ (2, 0.0%)

2 の雪

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 したの, の日

▼ 東洋種~ (2, 0.0%)

1 らしい丸顔, らしい若い

▼ 東洋行~ (2, 0.0%)

1 の, の英吉利人

▼ 東流し~ (2, 0.0%)

1 てポー, 再び東北

▼ 東清倉庫~ (2, 0.0%)

1 に避難, は八幡様

▼ 東漂西泊~ (2, 0.0%)

1 した, するより

▼ 東照権現以来~ (2, 0.0%)

2 の名家

▼ 東照権現様~ (2, 0.0%)

1 の出開帳, 御遺訓

▼ 東照神君三百年~ (2, 0.0%)

1 の洪業, の遺業

▼ 東町奉行~ (2, 0.0%)

1 に出さう, に宛て

▼ 東町奉行跡部良弼~ (2, 0.0%)

1 に密訴, は代官二人

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 の, の空

▼ 東移西転どこ~ (2, 0.0%)

2 にどう

▼ 東笠西笠~ (2, 0.0%)

1 の別称, 両山

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 から客, で乱

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 一里錦江灣頭に, 七十キロです

▼ 東羅馬~ (2, 0.0%)

1 の文明, の百合

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 へ下っ, を領

▼ 東行至~ (2, 0.0%)

2 不彌

▼ 東表口~ (2, 0.0%)

1 に向, を這入つた

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 へ影, 近き所

▼ 東西南北~ (2, 0.0%)

1 ともみんな五メートル六〇センチ, の風の神

▼ 東覚寺~ (2, 0.0%)

1 と申します, の裏手

▼ 東観漢紀~ (2, 0.0%)

1 に於ける, 或は後

▼ 東諸国~ (2, 0.0%)

1 に盗, の守

▼ 東走し~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ 東軍徳川方~ (2, 0.0%)

1 の捨て, の部将

▼ 東軍西軍~ (2, 0.0%)

2 の激戦地

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 における無比, の情景

▼ 東迄の~ (2, 0.0%)

2 無限の

▼ 東近江~ (2, 0.0%)

2 の筑摩神社

▼ 東邸給三十口准~ (2, 0.0%)

2 大監察

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 の奥, の野人

▼ 東錦絵~ (2, 0.0%)

1 のはじめ, のやう

▼ 東長崎~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 東長崎驛~ (2, 0.0%)

1 を右手, を經

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 の瓦, は彭城仁左衛門宣義

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 から支那, の武夫

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 などには單, に南都

▼ 東雅楼~ (2, 0.0%)

1 と云う, にし

▼ 東面し~ (2, 0.0%)

1 ている, て陣取り

▼ 東飛行連隊~ (2, 0.0%)

1 から偵察機, がある

▼ 東餅屋西餅屋~ (2, 0.0%)

1 に住む, は敵

▼ 東馬山路主計ら~ (2, 0.0%)

1 が五, の赤い

▼ 東魚来テ四海~ (2, 0.0%)

2 ヲ呑ム

▼ 東~ (2, 0.0%)

1 と号, ひさぐ庵さき

▼ 東鶏冠山~ (2, 0.0%)

1 の北堡塁, の永久砲塁

▼1* [831件]

あじあ大陸, 東あすは南, 東あたりなら此, 東あらましは有力, 東あるいは西と, 東かしら私は, 東かの二つ以上には, 東かへ去ったであろう, 東からか早く云え, 東からと西からと, 東からとも殆ど方向の, 東かれらこそ, 東がしもなのであつ, 東くだりはただ, 東くんのお母さん, 東くん小原くん有田くんこの三人, 東これは西, 東向いて, 東さしてはしって, 東さんこれ価値ものよ茶碗, 東さんそれだけで一万両, 東さん中さん西さんと呼ん, 東ざかいの桜沢から西, 東ざかい桜沢に達する, 東したいのだ, 東しゅうかの弟子, 東じゃ品川から, 東すべきかその, 東せしむべし, 東せらるるはよろしく, 東せる禪僧よりは, 東だけがやらぬと, 東だけに海を, 東だのったって容易, 東であれ西であれ, 東でなく正しくは, 東というという工合で, 東とかいふやうな, 東とが分岐した, 東として自主的に, 東とは往古漢楚の, 東とへだ, 東と共にウイスキー大いに, 東どののお, 東なくして, 東などという面々に, 東などに舞台を, 東なにがしという踊り, 東にあたりアペンニノの, 東における最も大阪的, 東にしか打ち明けて, 東にと走り回った, 東にばかり多いよう, 東はさがみ, 東はずつと弓なりに, 東はてなくのぞみけり, 東はるかに散乱, 東びとには創作, 東ふもとに出れ, 東へかへり東, 東へなだれる下り口, 東べたを南, 東までまはつ, 東まわしはわし, 東むきのくぼみ, 東むきのがわ, 東やの女中, 東やへ来た, 東やや南に, 東やら自分が, 東われそこへ立ち廻っ, 東をばかり氣に, 東白むにや, 東アフリカ方面の状態, 東アフリカ駐屯軍の一曹長, 東アペンニノの左, 東インド一円はイギリス, 東インド地方からも輸入, 東インド所領をロシア, 東インド産の二猴, 東インド艦隊司令長官オーリックを特使, 東キネの幹部女優桐花カスミ, 東ゴリョウと呼び, 東ゴリヨウと呼ん, 東シエストリ及びキアーヴェリ, 東ジャンダルムに抱きつい, 東スペインの洞穴, 東スルヤ舳艫千里旌旗空ヲ蔽フ, 東ソ連の航空基地, 東トルキスタン東部の流砂, 東トルキスタン辺の歌謡, 東ドン端れだから, 東ニ昇レバ則チ花ハ東ニ朝ヒ日ガ天ニ中スレバ則チ花ハ直チニ上ニ朝ヒ, 東ニ朝ヒ日ガ天ニ中スレバ則チ花ハ直チニ上ニ朝ヒ, 東ニ波山ヲ瞻レバ翠鬟拭フガ如シ, 東ノカタ武昌ヲ望メバ, 東まつま, 東ハ万力筋切差西保等ト山脊ヲ界シ, 東ハ栗原筋ノ雁坂峠ニ連ナリ, 東ハ槙山之奥ボウジノ峠カギリ, 東プロイセンからライン河, 東プロシアのケニヒスベルグ, 東ムジエルロの者, 東ユダヤ人のユダヤドイツ語, 東ユダヤ系の若い, 東ヨリ来テ, 東ヨーロッパ諸国に現れた, 東ラストンの方, 東ラストン・エルライジ農場アベー・スラネー氏と云う, 東ロプ海床を越え, 東ローマあたりの品物, 東ローマ人やマホメット教徒, 東ローマ皇帝レオ三世の禁令, 東丸から北側, 東一丁の所, 東一七一五番または事務所, 東一人は西, 東一千五百里の大, 東一帯は八幡, 東一西に別, 東一里で仙台, 東一里甲州街道から十丁, 東三さんか, 東三めうまくやれ, 東三八の小屋, 東三十三ヵ所だか, 東三十三ヶ所お大師詣で, 東三峡猿鳴く悲し, 東三弥吉という女, 東三本樹あたりの妓楼, 東三條の邸, 東三江八ってお, 東三河の豊川上流, 東三省全部と熱河東部, 東三省政権の首脳者, 東三省統一の犠牲, 東三筋町時代を回顧, 東三郎が取調べ, 東三里ばかり也, 東上せられし先生の, 東上と下へ画然と, 東下したるとき将軍家を, 東下せしに颶風, 東下りなさったのであった, 東下りるだよ, 東下り京上り往来に果つるおん旅, 東両国党だつた, 東両国回向院前にてもこの, 東両国回向院前等に卸売見世, 東両者永遠に相, 東中梅の三坊, 東中泉は西, 東久世の諸, 東久世さんわたしはこういう, 東久世伯はこんな, 東久世壬生四条錦小路沢の七卿, 東久世家の執事, 東久世少将伊達伊予守両閣下, 東久世通禧公次は養素軒柳原, 東久邇さんあの方, 東久邇内閣は毎日毎日, 東久邇宮を内閣, 東久邇宮師正王殿下がくげ沼, 東久邇宮殿下が鐘紡工場見学, 東久雄近くの菊田, 東亀戸辺の私娼窟, 東事中又相州小田原辺, 東二カイリの海上, 東二丁目に遠藤, 東二冬三江四支五微六魚, 東二十畳次八畳控え三畳等々たくさんな部屋数, 東二千里定而又, 東二字口に寄りつけられ, 東二着とある, 東二軒茶屋ての, 東二郎どのを良人, 東二郎幸村の鍛, 東二郎西洋小間物の店, 東二里ばかり桃川, 東二里余の船上山, 東五六里のところ, 東五十六丁目の, 東五百浬鳥島の北二百浬, 東五西二とも申しやす, 東五里に当, 東亜細亜の民族, 東亞ホテルの方, 東亞一帶の地, 東亞共榮圈構成の原理, 東亞同文會の支那經濟叢書, 東亞問題に就い, 東亞戰爭は後世, 東亞的のもの, 東亞的指導原理の確立, 東亞的統制主義の確立, 東亞經濟研究と名, 東亞諸民族相携えて, 東亞通りを東亞ホテル, 東亞飛行の壯擧決定, 東交代表河野争議部長が下, 東交内で有名, 東交幹部の大, 東交幹部四十五名の解傭, 東交某車庫の集会, 東亭扇升の名, 東人その他を表す, 東人らが皇太子, 東人情嶮峻にし, 東人毛人などと名乗つたの, 東人等がともに, 東仏蘭西の境, 東仕候えど取, 東以来与日本三四段名手対局輒勝, 東の懷中, 東伯爵夫人自殺の詳報, 東使として派遣, 東使伯寧がおなじく, 東の意, 東侵する彼れ, 東信濃町に住ん, 東信越の山々, 東信電気の小舎, 東倫敦という小さい, 東倫敦博物館の主事ラチマー女史, 東倶知安から馬の背, 東健面鈴木伝明英百合子君らがいた, 東像立海牙城市中身起賤民成碩学応知翁亦一英雄, 東入るまで, 東兩國三ノ一・五, 東八ヵ国掌管の戦捷, 東八代はチャンポポ, 東八箇国に入ります, 東六十州の人情, 東六角より北, 東内原の原谷, 東冬江と韻許, 東冶縣人有人海行遭風流移至, 東出る日の, 東へと言え, 東劇休憩室に飾られた, 東劇入場料六円である, 東劇明治座の最近, 東劇見物帰りの母上, 東劇観劇とシャレた, 東助さん先へはいります, 東助君生命のこと, 東勇作さんから楽譜, 東勝寺五大堂の上, 東勝寺堂塔の瑶珞, 東勝神州傲来国華果山に石卵, 東勝神洲の水底, 東北の方宮古の海, 東北海道の真中, 東区出身の島高蔵, 東区見物バスにのりこんだ, 東十度北即ち南南西, 東十郎氏は有賀又兵衛, 東千五百里ばかり離れ, 東千八百キロというところ, 東半マイルほどのところ, 東半島大韓帝国に心し, 東半部土人の原始社会, 東半部強ヲ於菟ニ西半部弱, 東南下して, 東南半璧の天地, 東南方一里半くら, 東南方数町に峰, 東南方旅立ち事故生ずと, 東南方湖心に十五, 東南欧ペルシア等に竜蛇, 東南欧羅巴からの移民, 東南端俗にお, 東南部針木夜立鹿島槍大黒の山々, 東南風らしいと, 東印度アメリカ諸州等イスパニヤ領の広大, 東印度人の労働, 東印度会社的な国策会社, 東印度会社設立は一六〇二年, 東印度商会の設立, 東印度會社イギリス東印度會社及び露米會社, 東印度生れの猩々, 東印度総督がおりまする, 東印度群島へ往, 東印度艦隊を率, 東印度艦隊司令長官に任命, 東印度艦隊司令長官海軍代將ビツドルが來航, 東印度艦隊根據地の上海, 東印度諸島に産, 東印度邊りと, 東却夫餘西撃烏孫盡據匈奴故地, 東厦門その他の租借地, 東去去舟汎不, 東参りの話, 東双子山ヲ経テ高麗郷二至ル, 東看花, 東叡山三十六坊といわれ, 東叡山上野の丘, 東叡山彰義隊を攻撃, 東叡山數十ヶ寺の御用, 東叡山法親王を脱し, 東叡山輪王寺御所蔵, 東叡王府所賜之梅, 東吉お前もそろそろ, 東吉原両飛行家, 東吉祥寺前に至る, 東向いた所は, 東向うに其八雲, 東向きのだら, 東向き二階の八疊, 東向き西と北の方, 東君たちは早速, 東君雲中君巫社巫祠族人炊の屬, 東に似た, 東呉人ヲシテ洛陽ニ入ラシム, 東呉六郡をつかね, 東呉十余万の兵, 東周之書惟文侯之命秦誓二篇而已, 東周今日は秦, 東周以後の銅器, 東呼続星崎の海, 東品楼で食事, 東喜代駒山野一郎に私, 東單牌樓のあたり, 東四つの大字, 東四つ目通今の被服廠跡, 東四十物町を突切, 東四十里漢陽の荘麗, 東四盟の内, 東団栗辻から起っ, 東国なまりの男たち, 東国造という役, 東の子供, 東圃学に於ける, 東國平定の時, 東國歳時記洌陽歳時記及び京都雜志皆之, 東國的宗旨であるから, 東國詩人の冠, 東國關八州と同じ, 東國風として大晦日, 東在住の右武大夫, 東在留のアラブ人, 東を仮, 東地二十三世世々住持しきたる, 東坡之を用, 東坡仏印と飲ん, 東坡先生乃ち云ふ記, 東坡固より牧之, 東坡外傳の首, 東坡始め差役を復舊, 東坡少年詩あり云, 東坡山谷等の評, 東坡嶺海の間, 東坡数間の屋, 東坡数間屋結廬十余間はみな間数, 東坡柳州の筆, 東坡米元章, 東坡蓋し郷語, 東坡詩の講義, 東坡詩溪聲便是廣長舌山色豈非, 東塔南谷の円融坊, 東塔坂をのぼっ, 東塔山王院の堂衆, 東塔水煙の天女, 東塔西塔横川とあっ, 東塔露盤の銘文, 東塗西抹命の蹇, 東塘正落潮孤篷泊處雨蕭蕭疎鐘夜火寒山寺, 東夏蔡家溝駅長オグネフ同駅駐在中隊長オルダコフ大尉, 東外れにある, 東多武峰初瀬の山々, 東關は, 東大分院の名医たち, 東大寺の三字, 東大路篤治といえ, 東大陸風雲日将急, 東天井の中山, 東太さんはのみました, 東太天鬼上座に志呂足, 東太平洋中岸に延び, 東太成人せば, 東奔西馳熱心にその, 東奔西駛の二年間, 東奧日報に據, 東女史などの卓説, 東女子大学の人十数人, 東如意ヶ岳を望む, 東という坊さん, 東子爵家にも秘伝, 東安居院は天台竹林院派, 東安枳園と共に正, 東安河村意篤内田養三等が来り診し, 東安自分津山忠琢右に付金三百疋づつ頂戴, 東宗北宗などと言います, 東臣が, 東宮仕えの堀川, 東にあっ, 東富士川の西, 東富松の部落, 東寔愚堂和尚がふらり, 東寔愚堂国師天正五年四月八日濃州伊自良, 東やその他, 東寧ポクラニチア等北満の南北, 東寧辺りでは, 東寳社長秦豊吉氏だの川浪道三氏, 東寺僧青磁碗を得, 東将軍紀古佐美, 東篠に, 東小原はまだ, 東小柳と呼ぶ, 東が支那政府, 東山名宗全邸を中心, 東山水の威霊, 東山科郷の者, 東の水源, 東岐沢に入る, 東岱前後の烟, 東と号, 東州斎写楽の如きで, 東州静海軍の姚氏, 東巡礼の如き, 東左平が買ったあと, 東左平が手をつけた, 東左近将監なりと彼, 東左近将監長井丹後守越後ノ前, 東巧芸史滝精一先生の日本絵画史, 東市宿北草牛南湊は山, 東と稱, 東帝西帝と稱, 東帰さるるようなら, 東帰り一人で, 東帰後はいう, 東帰由法国之馬賽口登舟遇日本井上甫水兄亦自, 東帰開業授徒享和癸亥七月病麻疹而没年纔二十五府下識与不識, 東幕内力士小野川と西幕内力士, 東平太重胤等其座に候, 東広島県倉橋島の南方一里半, 東廓南品甲駅板橋凡そ府内, 東建仁寺の本, 東廻りとかいうよう, 東廻りニて御, 東廻廊の夕風, 東廿八町にあり, 東役中の身の上, 東役所址は今, 東役所森崎を西役所, 東役高に, 東彼岸ならびに江戸彼岸, 東彼岸江戸彼岸と新, 東径百四十度の線, 東徙後の書, 東御嶽観音様へ詣でる, 東御殿右は奉行屋敷, 東御門すなわち奴婢門, 東忠介川俣踏絵村雲笑子幸田節三酒月守の六人, 東忠介東京貴石倶楽部の松沢平吉, 東忠介珊瑚王の伜, 東恩納寛惇氏は総括, 東所前主, 東或は西數里の, 東がなんぞい, 東扶桑の西, 東から依頼, 東拓前の中央広場, 東招撫使に進め, 東指してドッ, 東播磨の明石城, 東播磨八郡の四十三万石, 東や山東, 東支線の汽車, 東支那海一帶に渉つて海上, 東支鉄にからんだ, 東支鉄道一年の貨物, 東支鉄道問題以来ファシズムに反対, 東支鉄道従業員のジェネラル・ストライキ, 東支鉄道沿線の穆陵, 東支鉄道西部線の欧洲, 東攻略戰に參加, 東教区教会で代理人, 東の子, 東斎正喜に至つて始, 東料理だとか, 東日出処でありすなわち, 東日報に見, 東日大毎に連載, 東日委嘱により別府, 東日社から倉島君, 東日系との義捐金競争, 東日記者久保田来りラヂオ, 東早々これを, 東明日は西, 東晃博士が主唱者, 東晉以來支那教界の大, 東晉初の趙胤, 東晉宋齊の間, 東晉宋齊梁陳と云, 東晋以下南朝諸国のみのこと, 東普作戦の苦い, 東景庵の藥師如來像, 東景色もお, 東晴れたり, 東曲輪西曲輪中曲輪と称され, 東の掾公悌, 東曹掾に任じられ, 東最高の山, 東の屋根, 東有田小原三羽がらすだよ, 東いたし, 東朝ごとの日, 東朝大朝の朝刊, 東朝所載の記事, 東朝系と東日系, 東朝紙上に連載, 東朝館といっ, 東木曾の冬, 東木賊の廃屋, 東本能寺の四面, 東の意, 東来りサトウロクローは, 東東京の労働者, 東東海道の松並木, 東林黨のため, 東やたらに, 東の立会停止, 東株ビルデングの石造, 東株機構改革大蔵省案なるもの, 東桟敷ほこりかな紫幔幕, 東桟敷冷房はまるで, 東検島沖のチャイナ号, 東の隅, 東の病院, 東横大路いったい黒い, 東樹院には狸, 東橄欖山地から, 東橋亭麹町の青柳亭, 東橋庵という蕎麦屋, 東橋脚から西橋脚, 東櫻島に於, 東櫻島村には野尻, 東櫻島村黒神小學校に隣れる, 東欄梨花と題する, 東次郎氏の座頭, 東のハンガリア人, 東歐洲に有り, 東正面に当る, 東正面直下で合流, 東毛人を征する, 東氏金が歿, 東気質で山城大和, 東水橋町に御, 東の辺, 東沃沮の俗, 東没後はとかく, 東沢山を起し, 東を訪う, 東河名は彭, 東河岸に落ち, 東泉崎久茂地等の学校, 東法然院にて, 東泰山に登っ, 東に古屋敷, 東の教, 東洲齋寫樂とは同郷人, 東の冬島京子, 東の盛ん, 東派浄土真宗一派階級之次第, 東流したものは, 東流し始めていた, 東流す限りなき, 東かりし勢, 東浅草小島町の西, 東浜崎に到る, 東海邊大工町なるサイカチ, 東深く西浅き, 東淺井郡との境, 東清信士は過去帳一本, 東清寺と刻, 東清寺本堂建立の資金寄附者, 東清鉄道あたりの従業員, 東清鉄道民政部長アファナアシェフ少将同営業部長ギンツェ, 東清鉄道沿線の南, 東清鉄道長春ハルビン間の特別列車, 東清鐵道ヲ取得シテ, 東は松浦陶, 東渓南陵石崎士斉而南陵未及読其作, 東渡海千餘里狗奴國に至る, 東游せんとして郷中, 東渺々たるオホーツク海, 東の両, 東湾入ともいうべき, 東源寺という寺, 東の反駁, 東の中, 東漂西泊おのづから死, 東漂西泊ぶりもまた, 東漢一統の世, 東漢二百年間に於ける, 東漢名節を尚, 東漢明帝のとき經學, 東漢最後の獻帝, 東漢末賢高麗加世溢漢奴加己利を尚, 東は会沢, 東に落, 東の民族, 東瀛禅師に参禅, 東瀛禅師建仁寺の黙雷和尚, 東炭谷橋白魚橋の下, 東煙台甘泉堡, 東照公以来独裁制を擁護, 東照公入国よりもずっと, 東照公樣御封の遠, 東照大神君ヲ駿城ニ拝シテ洛陽ニ帰休ス, 東照家康公の御, 東照権現家康公のお, 東照権現誕生の地, 東照權現樣から頂い, 東照權現樣御入國, 東照權現樣御一統の後, 東照權現樣江戸御入府前, 東照神御祖命, 東熊野の尾鷲あたり, 東が演ずる, 東營城子といふところ, 東父西母が命, 東に走つ, 東狩りのとき, 東太風気まぐれグロテスクさすらい, 東猿末虎長広照玉と堂々, 東獅子吼ゆる時芳草緑, 東玄得をも呼ん, 東玉の井へと転化, 東甲浦限両郡中所所算所取前神子くし, 東町奉行井上駿河守西町奉行稲垣淡路守この三人, 東町奉行志摩長門守で捕方与力, 東町奉行所前まで来, 東町奉行稲垣をも出席, 東町奉行稻垣をも出席, 東町奉行跡部山城守良弼も去年四月, 東界上大みそ筋から下難波橋筋, 東発今日は街, 東発撮影所へ急ぐ, 東発近くの街道, 東発食堂の昼食, 東発食堂じゃが芋のコロッケ, 東登美にいた, 東が評した, 東白氏の実験, 東白浜にある, 東百丈西七十五丈南北もまた, 東百代という踊り, 東皇太一といふ星, 東皇開山烏帽子岳ノ中央ヨリ発シ, 東直下に在る, 東会して, 東相会送春, 東相豆の海, 東の潮安縣, 東破風それに対して西, 東神前の東北海中, 東神田故此度, 東禪寺前で夜泣蕎麥, 東禪寺横で, 東禪寺横田圃と墓地, 東禪院板と開元寺板, 東は疾風迅雷的, 東稲荷町の地, 東穂高の二峰, 東穂高岳と命名, 東は高く, 東空しく墓中に, 東窓残月の記, 東立ち爽やかに, 東の子供たち, 東のかわいた, 東競石郷二木に於, 東と次週, 東管合唱は放, 東節語りと聞い, 東に置く, 東紅梅町には尼古来教会, 東紐育に移し, 東經七十三度五分から七十五度四十分, 東經二十五度を距, 東の帯, 東の雨戸, 東羅馬帝国との境界, 東羅馬皇帝の後宮, 東美濃地方に領地, 東のつんぼ, 東翼一帯にはクロパトキン大将, 東と云う, 東して, 東股東南が京, 東股頭国師岳奥仙丈岳朝日岳金峰山等合せて, 東に対しての戦い, 東能高郡下の主, 東には大, 東膽吹の山, 東臨海県のさかい, 東臨淮徐南近江漢伯禽封魯淮夷蠻貊及彼南夷莫不率從不意蔡侯一虜熊貲始大楚之覇業, 東又西, 東至一支國又至竹斯國, 東至日所出爲大平西至日所入爲大, 東至日所出爲太平西至日所入爲太, 東至秦王國其人同於華夏, 東の五月雨, 東與沃沮北與夫餘接都於丸都之下, 東舎人と称す, 東が能登守教経, 東良三郎が立っ, 東草鞋切らして, 東莱侯に封じ, 東莱城を占領, 東莱温泉へ案内, 東莱門の外, 東莱馬山から狩り集めた, 東華郡の陳司空, 東之上, 東蝦夷日誌や蝦夷行程記, 東行以来侍講としての平田鉄胤, 東行前記ともいふべき, 東行庵に拝登, 東行百里にし, 東行百里水行二十日及十日陸行一日ニシテ少クトモ水陸三十餘日ハ費シタルニ, 東の寄席, 東に向つた, 東表日出の地, 東袋町の弥生, 東裏手の茂左衛門橋, 東西南北中央の五人, 東西南麓ニ温泉アリテ山六七分以上ハ草木生セサル程, 東西我家ほどよき, 東西新屋町より東北, 東西洋ともに鬼, 東西洋人の入, 東西遊記を上梓, 東や狩倉, 東覗きと称する, 東覚院ですか, 東覚院これも真言宗, 東覚院宝性寺安穏寺北のは, 東観撰修を標した, 東観紀を三史, 東觀漢記を一人, 東言葉でケケレ, 東訛りの雑つた蛮音, 東詰そこは四国屋, 東も文句, 東警察とか云う, 東谿にある, 東既に来り迫る, 東の, 東越後界にあり, 東軍七千喊声を上ぐること波, 東軍坊なる人, 東軍大和口の先鋒水野勝成, 東軍徳川へ當, 東軍摧靡して, 東軍数万の怒, 東軍流卜伝の遺風, 東軍流槍は宝蔵院流, 東軍流無反の構え, 東軒筆録に記され, 東輕井澤と共に昔, 東辟後に起した, 東追手の月, 東白首囚, 東のほとり, 東道太郎三氏の著, 東道太郎君の, 東道頓堀の雑鬧, 東郊鳴瀧の地, 東郡内で千石, 東郡地方で石, 東郡太守たりし, 東郡津島の服部小平太, 東郡甚目寺観音院境内にオサルサマ, 東郭延仙道成りて, 東には依然として, 東配地下室の試写室, 東配殿に木彫り, 東である, 東尖ヶ岳, 東とのあいだ, 東鏡未詳撰盖北條家之左右, 東鑑一部を贈, 東鑑考に, 東長倉村の一集落, 東長崎驛附近までの間, 東門外にある, 東闌一株雪人生看得幾清明, 東の下, 東關紀行などに照らし, 東除西討いまや両川, 東の四方拝, 東隣たるに依り, 東隣りなる望雲館へ, 東隣今川氏の部将, 東雅引用の文, 東雖生於戎羯其為人有足多者, 東雲仙火山群最東端, 東靡西靡して, 東はなだらか, 東面部に其怪窟, 東の多く, 東にし, 東頭一箇の漢, 東頸城郡の山間, 東を以て聚まり群, 東飛行第八聯隊, 東飛行場より飛行機一機, 東飯田宏作山田吉郎兵衛松村介石の二十名, 東馬お前は雲水たち, 東馬らに促される, 東馬健児警視通訳その他新聞記者と共に同, 東馬其方も行く, 東馬北伝八郎山路主計川島与七郎等, 東馬四人を乗せた, 東馬山路主計ほか六七人の異形, 東馬甚斎という居士, 東へ誰か, 東高台の傾斜面, 東魚来ツテ四海ヲ呑ミ, 東鳥島の敵飛行根拠地, 東のよう, 東鶏冠山その他の日露戦争, 東あるいは北亀, 東鶴北亀のおもむき, 東鷄冠山の中間, 東鹿ヶ谷にあります, 東黒潮の急流, 東黒谷に借りず