青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「来る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

来たら~ ~来ない 来ない~ ~来なかった ~来ました 来ました~ ~来ます ~来よう 来り~ ~来る
来る~
~来れ 来れ~ 来年~ 杯~ ~東 東~ ~東京 東京~ 東北~ 東洋~

「来る~」 42433, 458ppm, 215位

▼ 来る~ (7588, 17.9%)

88 彼は 78 私は 62 急に 43 いって, 云って 39 そこに 37 言って 32 いうので 31 すぐに 30 云ふ 23 今度は, 言ふ 22 彼女は, 自分の 20 思う 19 すれば, それを, 彼の 18 私の 17 そこには, それは 16 いう 15 思って 14 二人は 13 男は 11 いふこと, そこの, 例の 10 いつでも, いふので, それが, なると, 信じて 9 さすがに, 何か, 僕は, 葉子は 8 云う, 先生は, 家の, 彼等は, 聞いて

7 [16件] いうから, 一緒に, 不意に, 二人の, 云うので, 云った, 妙に, 彼女の, 思うの, 思ふ, 橋の, 約束し, 自分で, 自分は, 見えて, 誰も

6 [16件] かれは, そこから, 一人の, 云うこと, 云う事, 右の, 思うと, 思ひます, 急いで, 此の, 気が, 父は, 瑠璃子は, 私たちは, 言った, 途中で

5 [32件] いい, いいわ, いうが, いふの, お君, これが, すると, その時, なれば, よかった, 三人は, 下宿の, 云うの, 人の, 今までは, 僕の, 向うから, 女は, 娘は, 彼らは, 早くも, 母の, 矢代は, 私が, 空気が, 笹村は, 約束した, 老人は, 腰を, 誰か, 頭が, 黙って

4 [52件] あわてて, いけない, いつて, いつもの, いふ, いふ事, うしろから, うるさいから, お角, ここで, しよう, そこは, そこへ, そこを, その中, その晩, その途中, それに, ハッと, パッと, 一人が, 云うよう, 人々は, 今まで, 何の, 信一郎は, 兵馬は, 同時にその, 女中が, 彼方から, 後から, 思えば, 思ったの, 或る, 昔の, 氏は, 流石に, 父の, 父親は, 直ぐに, 眼の, 突然に, 美奈子は, 考へたの, 胸が, 自然と, 見て, 言ふと, 足を, 雨が, 電車の, 顔を

3 [120件] あの人, あの嬢子, ある, あれば, いいん, いうと, いうのに, いうんで, いえば, いきなり, いけないから, いずれも, いっても, いふん, おっしゃって, お勢, お庄, お銀, お隣の, お高, きいて, これは, これも, これを, すぐ, すぐその, そのあと, その人, それらの, ちょいと, ちょうどその, どこへ, ぴたりと, ゆき子は, わたくしは, われわれの, われわれは, ピタリと, 主人が, 二つの, 云い置いて, 云うから, 云うは, 云うん, 云ったが, 人々の, 人は, 人通りの, 人間の, 今は, 今日の, 他の, 伸子の, 何う, 何が, 何という, 何に, 何よりも, 何を, 何時でも, 俄に, 其処の, 出て, 前の, 反対に, 口々に, 同時に, 向うの, 問題は, 喜んで, 声を, 変な, 女の, 好い, 宿の, 対岸の, 少しも, 崖の, 左の, 庭の, 後ろから, 思います, 思い出したよう, 手に, 手を, 普通の, 暗いなか, 次郎は, 母は, 母親は, 氷の, 河の, 法水は, 湯の, 漸と, 申して, 皆な, 矢代の, 私と, 私に, 私には, 立止っ, 立派な, 第一, 紀代子は, 縦横に, 考へた, 考へて, 自分も, 自然に, 路傍の, 身体が, 車の, 車を, 車夫は, 道が, 雪が, 非常に, 頭の, 馬を

2 [419件] あいにくお, あいにくに, あかりも, あたりに, あたりを, ある地方, いいと, いいねえ, いいのに, いいよ, いい気持, いうだけ, いうだけでも, いうて, いうでは, いうほど, いうほどの, いう日, いきなり僕, いけないし, いけないと, いった, いつても, いつまでも, いつもそれ, いつも呑んだくれ, いつも苛, いふと, いろいろな, いろいろの, おしまいには, お島, お時, お由さん, お蓮, かえってその, かの女, かれら, きっと洗面所, きまって現, くるりと, ここに, ここには, ここの, ここらが, ここらは, この辺, これで, これまで, これらの, こんどは, さう, さかんに, さっきの, さっき出, したら私, しようか, すぐお, すぐまた, すぐ下, すぐ床, すぐ板の間, すぐ私, すべてが, する, そいつが, そう言っ, そっと止め, そのお, そのこと, その上, その下, その前, その声, その女, その死体, その男, その者, その蔭, それでお, それまで, それも, そわそわと, だしぬけに, ぢき, とうとう小雨, どうした, どうにも動けない, どの雀, ふいに, ほかの, また, またし, また声, まるで別, みんなは, もう, もうそこ, もう半道, もう夜, よい, よう, わざと肩, ハガキが, ハタと, ピアノの, ピタリとばかり, ベッドの, モース先生が, 一そ宇品へ, 一つの, 一匹の, 一度挨拶, 一座が, 一拍子に, 一条の, 一段と声, 一種の, 一軒の, 一風呂浴び, 丁度その, 三毛の, 上から, 不可ません, 不安らしく呟いた, 中から, 丸で, 事務室は, 二人とも, 二枚重ね, 云いながら, 云うあの, 云うじゃ, 云うわけ, 云う時, 云う訳, 云う速達, 云ったの, 云つた, 云つてゐた, 云へば, 五円の, 京吉は, 人だかりが, 人夫は, 人間が, 人間は, 今日常識的に, 仔犬を, 以前の, 仰向, 会場は, 伸子は, 何うし, 何から, 何でも, 何も, 何故か落ちついた, 何時か, 何時の間にか幾千本, 余は, 信じよう, 信一郎の, 俺達の, 僕に, 兄は, 先ず金, 先に, 先刻まで, 先師は, 先生の, 八方に, 八重桜の, 公園の, 兵隊は, 内には, 分ると, 初瀬は, 制服の, 勝手に, 半七, 危い, 又, 叔母は, 口が, 台所の, 右手の, 吉田さんが, 同時にまた, 同時に今, 同時に木の葉, 同様に, 名刺を, 向うに, 向岸, 君は, 味方の, 器用な, 困りますね, 城太郎は, 堪らないザアッ, 壁に, 変に, 夏の, 外に, 外の, 多少の, 多鶴子は, 夜が, 大きな鏡, 大変な, 夫の, 夫人は, 奥の, 女が, 女中の, 女房は, 妻の, 妻は, 娘の, 婆さんは, 嫌な, 子供が, 子供は, 子供らしく, 実に突然に, 宮子は, 家が, 家に, 家は, 家康は, 寝室へ, 小僧は, 少年は, 山田は, 島々の, 川づら, 左側の, 左右に, 左手の, 幅飛び, 幾は, 床の, 店の, 弁信法師は, 彦兵衛は, 役人は, 彼と, 彼も, 彼方に, 彼等が, 復た, 思いますね, 思いも, 思った, 思つた, 思つたから, 思わずホッと, 思われます, 息を, 患者は, 愛想ぶりに, 我々の, 我々は, 扉が, 技師は, 提灯の, 政子さんは, 文壇の, 斉く, 新吉の, 新吉は, 新太郎ちやんが, 新聞紙を, 日は, 日吉は, 日本の, 早々私, 早速彼, 智恵子は, 暗い人影, 暫くは, 書物を, 村は, 杖の, 松の, 板塀から, 格子を, 框に, 楢雄は, 横丁に, 次の, 次は, 次第に能, 歯の, 殆ん, 母が, 母を, 毛布を, 気の, 気を, 水は, 池の, 波の, 洋服を, 浅草の, 涙が, 渠は, 湯に, 火の, 灯りが, 無意識に, 照子は, 爺さんは, 独りで, 猫の, 猿共は, 玄機は, 珍らしく, 現在の, 理助は, 瑠璃子の, 瑠璃子夫人の, 甚内は, 由を, 盛んに, 眼を, 矢も, 石段の, 砂原では, 砂土原町へ, 社会人として, 秀吉は, 私などにも, 私丈が, 私共は, 私達は, 秋を, 立ちどまって, 立ち停った, 答えた, 約束を, 紳士は, 絵画が, 続いて, 線路の, 美奈子には, 翁の, 考えが, 聞けば, 膝が, 自分から, 自分が, 自分に, 自分を, 舌を, 芒の, 草が, 荘田は, 葉子が, 藤吉郎は, 蘿月は, 蚊帳が, 行列が, 行手に, 見るもの, 言いました, 言いますから, 言うので, 言ったが, 言ひ知れぬ, 言や, 話が, 話は, 語つた, 誰かが, 誰からも, 誰でも, 警部は, 谿は, 豹一は, 貴女の, 赤土へ, 路ばた, 身を, 途端に, 連れの, 部屋は, 金五郎は, 鉄冠子は, 鉄槌で, 銀造は, 鋸の, 鏡を, 長兄は, 長屋の, 長火鉢の, 門に, 門の, 間もなくその, 闇の, 障子の, 雨降りにでも, 雪は, 雪を, 電車が, 青年は, 静かに, 面を, 面倒だ, 面白いテロリスト, 額に, 首が, 馬から, 馬の, 馬鹿に, 駕籠の, 鹿の, 鼻の

1 [4895件 抜粋] ああいい, あたかも熟睡, あとは, あの奇妙, あまり此方, あれが, いいおいて, いいのになあ, いい魚, いうより, いきなりお先煙草, いきなり中野, いきなり有島氏兄弟, いきなり鼓, いたく動揺, いったん嫁, いつもあの, いつも君, いつも走り出迎える, いふ病処の, いやハヤ, いよいよ日当り, いわゆる, うたい止めた, おきまり, おつみ, おもったので, お仕舞い, お前たちが, お土産, お徳, お母様に, お筆, お近, かう何とも, かならず問題, がっかりし, きっとナオミ, きまってさよなら, くること, こういう逆説的, ここにも, このあたり一面, この写真, この家, この種, この防火建築, こわれかかった家, ごくわずかである, さきほどと, さっそく二人, しきりに信州, したら来世, しまいには, じいやは, すぐから, すぐまるで私, すぐ出かけ, すぐ川口, すぐ新子, すぐ眼, すぐ赤児, すごすご宿, するか, そういう風景, そこでややしばらく, そこで祭文語り, そっとそこ, そのそば, そのラムプ, その低い, その力, その女群, その思想, その早い, その渦, その白い円い, その続い, その薄笑い, その途中主人, その頃, それぞれ黄色が, それへ, そんな臭味, たしかにそう思っ, たちまち面倒, だれか, ちょうどガラッ八, ちょうど誰, ちようど若い, つい掘, つぶやくよう, とうとう動かなくなっ, とたんに女中, どうしても一切, どうだ, どうも皆其机, どこに, どんな偉, なにかの, なんだか安心, にわかに不安, はたと膝, ぱったりと, ひとりの, ひろ子が, ふとすれ違った, ふと立, ぷッ, ほんとうに, まごつかざるを, まず御, またき, またもや呼び停められた, また二人, また彼, また縁先, まだ人通り, まったく自分, まるでそんな, まるで温室, みょうに神経的, むっと熱気, もうあんな, もうすっかり黄昏, もうの, もう今, もう四, もう早い, もう油断, もう酒, もう黄葉, もとの, もみ消さねば, やがて沙山, やっと泰さん, やはりそこ, やはり御多分, ゆかはを, よかっただ, よけい世の中, わざとその, わたくし達も, アアと, アメリカの, エマニュエルは, ガスの, ギョッとして, グルリと, ジワジワと, セイセイ呼吸が, チョットそこ, トロツコは, ニコとして, パリで, フト物忘れでも, ヘスペリディーズの, ポラーノの, ムシュー・ドファルジュが, ヨ, ロロと, 一ト月ばかりの, 一同の, 一層気, 一散に, 一本線の, 一番関西で, 一躍之, 丁度御, 三人が, 三年曲輪の, 上には, 上野の, 下野の, 不思議な, 世事の, 並の, 丸山の, 久しぶりに, 乾物屋と, 事情は, 二人ともが, 二十銭銀貨が, 云いました, 云うあんばい, 云うもの, 云う感じ, 云う風, 云ったら何, 云つた方が, 云つて急に, 云ふも, 五百の, 亜米利加人が, 人声が, 人食人種だって, 今一度謡わせられ, 今晩は, 仕事が, 以前は, 件の, 伝えて, 体温や, 何だかわいわい云っ, 何とはなし, 何処からも, 何時も上海, 使わなくっちゃ, 俊亮は, 信ぜられて, 俥夫はがたりと, 偶然故郷の, 僅か二尋位, 先き, 先斗町の, 入り込んで, 全く生命, 八方美人は, 兵部の, 其処には, 内海に, 再び無銘, 冷やかに, 出逢頭, 初めて大きな, 前とは, 加十に, 勘三は, 北村の, 十分の後に, 半ば朽ちた, 南天の, 危ないわよ, 原田雲井が, 又キレイ, 又気, 友達と, 口を, 可いね, 各個人, 同宿の, 同時に今度, 同時に文壇, 同時に私, 名前を, 否とは, 告げて, 呼吸は, 品の, 唱歌が, 喜美子の, 囁くよう, 四辺は, 図書館なる, 地べたで, 坊ちやんは, 執拗に, 堯の, 墓地に, 夕食の, 多分に, 夜鷹蕎麦の, 大きな黒い, 大勢立ってる, 大学の, 大森氏の, 天候の, 夫は, 女中は, 如何した, 妻子を, 姐さんが, 嫂は, 孔明は, 学生でも, 安楽椅子で, 定子は, 実に数限り, 宮子に, 家並の, 宿賃は, 寺の, 小さい声, 小倉はじゃけんに, 小林君は, 少々精神異状者, 少し甘えた, 尾い, 山岸は, 屹度宵張りを, 島の, 川蒸気の, 差向っ, 布の, 帽子の, 平次の, 幽霊は, 庄之, 店台を, 康雄は, 弁信法師の, 弟の, 当時の, 彼を, 往来は, 後の, 従って挙動, 御座敷番, 心に, 必ず山, 忘れられた奥歯, 忽ち馘, 思いきって, 思い出しては, 思うわ, 思ったよ, 思っとるん, 思ひ正札, 思わず知らず, 急行列車は, 恢復期に, 息せき切って, 悩みが, 惣兵衛ちやんは, 愕いた, 慌てて, 懸命に, 戸棚に, 手分けを, 技術的である, 指さしたの, 揉み手を, 教えたの, 数学的範疇, 文部省式教育観の, 新太郎ちやんは, 新聞記事という, 既に病膏肓, 日観は, 早瀬さん御機嫌宜しゅう, 昔から, 昨日会つた人達が, 時々は, 時間で, 暗い家, 書いて, 最上層, 最早数理的, 朝早く, 未だ若葉, 机の, 来たいと, 東京附近や, 果してあの, 枯枝の, 栖方の, 案内者は, 梅子が, 椅子を, 極めて稀, 横光の, 次第にこの, 欺いたが, 正面が, 武蔵は, 段々囃し, 毎晩暗い, 気高いまでに, 水道橋の, 江戸ッ子の, 沖仲士が, 法律で, 泰軒は, 浅草紙亀の子束子髪洗粉などを, 浪曼的完成も, 涙を, 渓流が, 渾身の, 滝本には, 激しい痛み, 灯影が, 焚火は, 煙草の, 父親が, 牧場の, 犬は, 猟師が, 玄関脇の, 現に掘っ, 瓦師馬の, 生れ変ったよう, 用心を, 甲高い声, 町を, 疑わしい狡猾, 白い子犬, 百歳は, 皆大, 盛んな, 直ぐに姫草看護婦, 直ぐ僧正, 直ちに哲学, 相互に, 真木が, 眠れなくなる由, 矢張りこちらの, 知らせて, 石で, 礼式も, 神, 福沢先生は, 私を, 稲を, 突然ある, 突然逆転, 立ちどまり振り, 竹垣の, 笹野様に, 米櫃の, 純文学科の, 紫陽花の, 結局落着く, 綱手は, 締りの, 群集が, 老は, 考えられるから, 聞いたとき, 聞くと, 肥つた男は, 胸の, 腹を, 自分ながら, 自己に, 至極さり気, 舟は, 色んな変テコ, 花売り, 若い夫人, 若者は, 茶の間を, 草履が, 荷馬車は, 葉山氏の, 薄暗い露路, 虚無主義者や, 蟹は, 行つて帰りました, 表戸, 裸麦の, 要らぬ物, 見える我が身, 見るべきなの, 覚えたから, 言いその, 言うの, 言った言葉, 言つて代る, 言ふこ, 記憶の, 誓った夢, 誰が, 諺に, 豊雄は, 赤い襷, 跡方も, 躍る馬, 軍部の, 辻の, 追いかけて, 通夜の, 遊行上人の, 道わきへ, 違ひます, 郡兵衛は, 都合の, 野呂は, 鉄や, 鍬形打った, 長堀川の, 門口に, 間もなく, 間もなく労働紹介, 阿彌陀寺の, 険しい牧, 随分喧嘩, 雌鶏また, 雪田が, 霧原, 静かな, 靴ずれが, 頓に明るく, 風の, 食卓を, 馬方でございます, 駒三郎の, 騒ぎくたびれた, 魔どもは, 鶴雄は, 黒猫は

▼ 来る~ (7301, 17.2%)

650 である 374 を待っ 364 だった 358305 です 274 であった 174 では 149 を待つ 135 でした 122 を感じた 83 であります 75 を見る 70 だと 68 を見 5857 が見えた, だから 55 であるが, を見た 51 だつた 48 だが 43 を覚えた 42 を待った 29 だろう 26 であって, ですが 25 ですから 22 でありました 21 であろう, は 2019 だそう, は当然, をどう 18 であったが, ですよ, を待ち, を感じ 16 が見える, を今, を待ち受け 1514 でございます, でも, もある 13 かい, であるから, でしょう, を彼, を心待ち, を意識, を感じる, を私 12 かね, はいつも 11 じゃ, だったが, だよ, であろうか, に出逢った, を待ちかね, を楽しみ 10 だろうか, ですか, に気がついた, を何, を待つた 9 が常, だか, だろうと, はこの, は何, は自然, を感ずる, を見ました, を覚え

8 [11件] かそれ, かも知れない, さ, じゃない, だという, と同じ, に出会った, に逢った, ね, を待ち構え, を知っ

7 かしら, が, でしょうか, もあった, もこの, を待ち受けた, を忘れた, を発見, を覚える, を認めました

6 [15件] かえ, か知らない, が普通, が本当, が見られた, だね, だらう, であると, でしたが, はまだ, は大抵, も無理, を待, を認めた, を防ぐ

5 [33件] かな, がお, がその, が不思議, が当然, が待たれる, が目, が私, が自然, が遅い, が遅かっ, だらうと, ぢや, であろうと, でございましょう, ですね, ですもの, はお, はその, はなかなか, は無理, は私, をまっ, を予期, を如何, を待ちかまえ, を待ってる, を待とう, を感じました, を感ぜず, を期待, を眺め, を見つけた

4 [49件] かもしれない, か見当, がある, がこの, がよく, が例, が多い, が眼, が自分, が見え, が見えました, が見えます, じゃないでしょう, だぞ, だといふ, だな, だろうかと, でありますが, であるか, でございましょうか, でしょうね, ですって, でなければ, に不思議, に会った, に出, はいつ, はやはり, は不思議, は勿論, は夕方, は容易, は水, をお, をじっと, をぼんやり, を予想, を喜ん, を常, を待たず, を待ち兼ね, を疑わない, を知る, を耳, を聞い, を聞いた, を覚えました, を誰, んです

3 [70件] かあるいは, かその, かも知れなかった, か知ら, があります, がそれ, がわかった, が今日, が厭, が待たれた, が待遠しく, が感じられた, が感じられる, が感ぜられた, が楽しみ, が見え出した, が遅, じゃなかった, だけれど, ださ, だし, だそれ, だろうという, でありまして, でないこと, でもあった, で御座いました, に気づいた, に逢いました, に遇, はぜひ, はまず, は夜, は好い, は実に, は少し, は当り前, は白い, は面白い, もあり, もその, も彼, も早かっ, をお待ち, をこの, をジッ, を二人, を例, を前, を又, を待ちかねた, を待ちぬい, を待ちました, を待ち切れない, を待ち受ける, を待ち合せ, を待ち遠し, を御覧, を恐れる, を懼, を止める, を禁ずる, を聞く, を聴い, を虔ん, を見れ, を見張っ, を認める, を迎える, を遅し

2 [236件] かそれとも, かと彼, かと思, かと思う, かと思っ, かと私たち, かどう, かまだ, かも知れなかつた, かも知れません, かも知れん, か分らぬ, か判りかね, か又は, か名, か彼, か来ない, か自分, か顔丈, があつ, があの, がとまりました, がどれ, がま, がまた, がもう, がもう少し, がもどかしい, がわかります, が一日千秋, が何となく, が分っ, が判る, が半, が大, が容易, が居る, が待ち遠しかっ, が手, が目的, が美奈子, が聞えた, が苦, が落ち, が通例, が遅く, が重なる, が間違, が非常, が面白かっ, が順, が順当, じゃあなかっ, だからと, だつたが, だらうか, だろうが, だ代り, だ飛び込んで, でありますから, であり従って, であること, であるし, であろうかと, であろうが, でございますから, でございますよ, ですわ, で御座います, と出会った, ならば, にうろたえ, にちがい, に会う, に出会いました, に出逢いました, に出遇った, に気が付いた, に行き逢った, に違い, はあたりまえ, はあたり前, はあれ, はこう, はさあ, はすなわち, はそれ, はたしかに, はただ, はだれ, はちょっと, はどう, はどういう, はまさしく, はめずらしい, はもう, はやっぱり, は一つ, は一人, は不都合, は二本足, は今日, は何故, は例, は僕等, は初めて, は午後, は単に, は厭, は変, は多く, は多分, は大変, は如何, は妙, は屋根屋, は已, は彼, は日曜日, は早く, は普通, は朝, は来る, は武田耕雲斎, は決して, は珍しい, は珍しく, は男, は町, は眼, は老いた, は見ました, は鯉, もあつ, もおかしい, もそう, もまた, ももうそんなに, もよく, も一つ, も事実, も今, も大変, も好から, も実は, も当然, も煩い, も珍, も知らず, も知らぬ, も自分, も見えた, や, やら, やらすっかり, らしい, をいかん, をいつ, をいやがっ, をおぼえた, をかわし, をここ, をしみじみ, をその, をそれ, をそれ程, をちゃんと, をぢ, をとめました, をどうして, をどうにも, をどれ, をどんなに, をながめ, をね, をやっと, をわたくし, を上, を人間, を兵馬, を厭う, を叩き, を喜ぶ, を山田, を彼女, を待たなけれ, を待たね, を待ちあぐんだ, を待ちうけ, を待ちつけ, を待ちつけた, を待ちわび, を待ち合せた, を待ち構えた, を待ち続け, を待つてる, を待受け, を待遠しく, を忘れ, を忘れました, を怖, を恐れ, を感じ出した, を我慢, を抑える, を押え, を押える, を押え付ける, を排斥, を止め, を死, を毎日, を知, を知った, を禁じる, を禁じ得なかった, を聞きました, を葉子, を見かけ, を見つめ, を見まもっ, を見受けます, を見詰め, を認め, を認めます, を辛抱強く, を迎, を迎え, を迎えた, を防い, を防ぎとめる, を静か, を首, を黙っ, んが, んよう

1 [1583件 抜粋] あおんなじ, お断りだ, かいまだに, かこ, かしらと思っ, かたぶん, かちよ, かという, かといっ, かとおもう, かとスタンプ, かと不思議, かと思います, かと思つて, かと思われる, かと日本左衛門, かと言う, かと過ぎ行く, かなあ, かなぞ, かねひょっとしたら, かは分らない, かもしれぬ, かわからず, かを見よう, かサト子, か一々, か二日, か僕, か博士, か実は, か必ず, か昼, か様々, か無論, か知らぬ, か知りません, か聞えない, か解らなかった, か野菜, がいかにも, がいちばん話, がいや, がうるさい, がおお, がおもしろい, がこれ, がそれぢ, がたのしみ, がどういう, がどの, がなかなか, がはっきり, がほんとう, がみえる, がやっと, がわかる, がキツネ, が一ばん, が一本五十銭, が一種妖怪的, が不自然, が二分方, が今, が何十人, が僕ら, が分ります, が前, が即ち, が啓介, が壮観, が夢, が奇蹟, が妬, が婚礼, が室, が少ない, が幽か, が当りまえじゃ, が当り前ぢ, が待ち, が必要, が恐ろしい, が意外, が慣, が慣わし, が抑えきれなかった, が持前, が既に, が早かっ, が暗黒, が本筋, が梶, が歌謡, が気がかり, が済む, が特に, が癖, が眺められた, が窓, が美しい, が習慣, が至当, が苦痛, が葉子, が見, が見受けられました, が責められる, が身の程知らず, が通りすがり, が遠く, が雹どまり, が面白く, が頭, が骨, さえあった, さえも窮屈, さねえ, じゃった, じゃ夜, だあの, だけどその, だそして, だったと, だったわネ, だっぺ, だとして, だなと, だまち子, だらう果して, だわ, だエ, だツ, だ好き, だ最う, だ痴, であったと, であったろう, でありましょう, であり学問, であるかも, である主, であろうこと, であろうどこ, でございました, でしたから, でしょうそれ, ですですから, でないか, でなくて, でなく釣台, でやすよ, といったこと, とではやはりかなり, とはちがう, とは別問題, とは違つた原因, ともすれち, とツェレリナ自身, と合し, と岡本, と本質的, と浜, と男女, と違っ, などにはその, ならまだ, なら何, なら構わないと, なら辛抱, にいい, にかかわらず, にはいくらか, にはどういう, には二人, には何故, には所, には橋, には随分, にぶつ, にも今, にも心配, に任せ, に八時間, に出会う, に出会っ, に吃驚, に四, に対して四人, に心づい, に来, に毎次, に気が付きました, に注意, に相違, に耐え, に逢っ, に遭う, に馴れ, に驚かれた, はあさの一語, はあたり, はありゃ, はいったい, はいわば, はお前達, はかなり, はことごとく, はさいわい, はすこし, はずっと, はそこ, はた, はたれだろう, はでっぷり, はなぜ, ははぜた, はまぎれ, はまったく, はみんな君, はもちろん, はもっとも, はよ, はよけない, はわけ, はわたし一人, はコルネイユ, はホン, は一刀, は三人, は不, は並, は久しぶり, は乱暴, は二人, は人, は仏教, は伊之助, は何と, は何処, は俺達, は光, は冬, は初, は勝手, は十八九歳, は原宿, は只者, は吉原, は唐紙, は因果物語, は塵芥溜, は夏, は夜空, は大抵日中, は夫, は女, は嫌, は子供たち, は宜しい, は寄り給, は少から, は山方, は常, は年, は当りまえ, は彼女, は御免, は必ずしも, は恐ろしい, は愛嬌, は扉, は新聞紙, は既に, は明らか, は暗闇, は月, は本院, は格別, は構わない, は止そう, は殆普通, は気の毒, は油断, は注意, は済んだ, は熊公八公, は物質, は生活, は発音, は皆我々, は相, は知つて, は穏, は竪穴, は老木, は自身, は花田中尉, は葉子, は表二階, は見あわせ, は覚え, は解りきっ, は詩人, は誰, は軍歌, は辰, は遅, は避け, は針金, は間違っ, は雪江さん, は食物, は魂, ばかりがいらいら, ばかりまっ, ば待つ, までをありがたく, もありました, もいます, もこの大きな, もさう手間, もそんなに, もなかなか, もほとんど, ももう程なく, もやっぱり, もよかろ, もわるく, も二十年, も何ん, も億劫, も内弟子, も前, も可笑し, も嬉しかっ, も少し, も度々, も待っ, も忘れちゃった, も或, も時に, も本陣, も極り, も段々, も済まさず, も異様, も考え物, も若い, も近い, も間違った, も面白い, やら冷ややか, や透明, よきっと, よりも青年, わかって, をあまり, をいつも, をうるさがる, をおのずから, をかの, をきく, をこっち, をさき, をしばらく, をせめて, をそっと, をたぐり寄せ, をちょっと, をてんから, をどうしても, をのんびり, をひとり, をまざまざ, をまちわび, をみた, をもの, をやめた, をよけよう, をクリストフ, をジリジリ, をドリアン, を一つ, を一心に, を一生懸命, を三四町さき, を両手, を主膳, を今度, を仰い, を佇ん, を何度, を信じ, を修道院, を内心, を判官, を十分, を却, を友人ら, を可, を嗅いだ, を地引網, を声, を女, を妨げた, を嫌がる, を宅, を定, を客間, を寿司詰, を巡邏中, を己, を平八, を幸い, を引き受ける, を当て, を待ちうけました, を待ちかねるであろう, を待ちくたびれ, を待ちましょう, を待ち伏せよう, を待ち兼ねた, を待ち受けました, を待ち合わせた, を待ち焦れ, を待ち設けた, を待つらしく, を待佗びて, を待合せ, を後家, を心, を思わない, を恐れた, を想わせる, を感じてる, を感ず, を懸命, を手, を払いつけ, を拒んだ, を拾いましょう, を日課, を曳, を望み, を本気, を楊柳, を機会, を止めた, を気づかず, を気長, を浅間, を渋っ, を澄まし, を無意識, を玉藻, を用心, を病気, を皆んな, を看, を眺めました, を知らせ, を祈った, を秋山, を笑っ, を結句, を考え, を聴きました, を胡麻, を自分, を若, を葉, を見きわめる, を見たくなかつた, を見ない, を見よう, を見るであろう, を見合せ, を見掛けた, を覗, を許さなかった, を認めない, を諦め, を足踏み, を軽い, を追わぬ, を道寄, を避ける, を銀之丞, を階段, を頭, を馬上, んじっと, ア向うの, サ実は, 処既に, 待ち遠しく心, 時は, 来ないの, 軽挙を

▼ 来るよう~ (1717, 4.0%)

127 な気 113 になった 48 なこと 37 です 34 になっ 30 だ, に, になりました 28 である 27 であった 21 だった, になる, に思われる 16 に成った 14 なもの, に思われた 13 な感じ, に感じた, に言っ 12 な心持 11 では, にし, になり 10 な事, な気配, に思えた, に見えた 9 に云っ, に思った 8 な気持, な音, に命じた, に思う 7 な声, に見える 6 であります, でした, ですから, なところ, なの, なわけ, な人, な足音, にいっ 5 だと, な奴, な男, に思われ, に感じる

4 [13件] だが, でありました, なそんな, な様子, な眺め, におっしゃっ, にと言っ, になるだろう, に命じ, に思われます, に感じ, に感ぜられる, に私

3 [22件] だな, だね, でございます, でも, な, なその, な場合, な強い, な彼女, な心もち, な心地, な者, な訳, にそう, にその, になります, にも思われます, にッ, に思え, に思える, に感じられた, に感ずる

2 [81件] す, だし, だぞ, であったが, であるが, でしたから, でしたが, ですが, ですね, でその, でなくては, で何度, で気, なので, な不安, な予感, な凄, な初心, な厭, な女, な妙, な小さな, な小屋, な幻, な恐ろしい, な悲痛, な感情, な所, な日, な模様, な気イ, な涙, な淋しい, な状態, な種類, な自分, な言葉, な詩, な錯覚, な風, にいいつけた, にこの, にさえ思われた, にって, にと, にといった, にとおっしゃっ, にとすすめ, にとのこ, にとのこと, にと云う, にと云っ, にと手紙, にと申し, にと私, にと言いつけました, にと言いました, にと願った, にない, になったら, になつ, になれ, には見えない, にも思えた, にも思われる, に人間, に伝え, に勧める, に思いました, に思われました, に感じられる, に注意, に然, に約束, に見え, に見えました, に言いつけた, に言う, に言った, に誘い, に通知

1 [559件 抜粋] いって, しばしば誘いました, じゃ, じゃあお, じゃあない, じゃあ二階, じゃこ, じゃ下手人, じゃ大した, じゃ真, じゃ随分, すであった, すです, だからね, だがね, だけれど, だこりゃ, だぜ, だったら一日, だという, だなし, だ戻って, だ蝕, で, であったら我々真っ先, であるから, であれば, でお父さん, でこんな, でご, ではた, でぼんやり, でもあった, でわたし, でギイッ, で不安, で切角真, で危なく, で又, で月, で淋し, で窓外, で自分, で雲, との通知, と言いきかせ, なあの, なお, なおののいた声, なお方, なこんな, なさかん, なしっとり, なしゃがれた含み声, なしんねりと, なそう, なとき, なのに, なひと, なひやかしだとは, なへん, なまだ, なもん, なやつ, なよう, ならその, なら下谷, なり, なんで, なアクティヴ, なセクト主義的, なソプラノ, なタイプ, なフレッシュ, な万引, な不吉, な不覚, な中年増, な乱暴者, な事態, な二文, な人生, な人皆, な人間, な仕かけ, な位置, な何ん, な何物, な余韻, な個体, な偉力, な傾向, な僧侶, な公算, な具合, な冬, な冷た, な冷たい, な処, な創造, な加速的構成, な動物, な勢い, な半, な南京靴, な叢, な和歌, な喜び, な囚人, な土地柄, な塩梅, な夜, な大きな, な大群, な夫, な好い, な始末, な姿勢, な子, な客, な室, な宿直, な寂し, な寒, な将来, な居心地, な工合, な巨木, な希望, な幻想, な建設, な形, な得体, な微笑, な心, な心得, な心持ち, な必然性, な快, な思い, な性質, な恐怖, な息苦しい, な悲し, な想い, な意気地, な憂い, な憐れむべき事情, な懐かしい, な擬音的重畳形容詞, な数秒, な文章, な新鮮, な方向, な日本左衛門, な明らか, な春, な晴れ晴れ, な暇, な暗い, な暮しぶり, な曠, な有様, な朗らか, な朝, な本堂, な梯子, な植え込み, な極端, な機会, な次第, な殺し文句, な気ぶり, な気もち, な気勢, な気合, な気持ち, な水音, な江戸紫, な河, な流言, な浪路, な浮かれ男, な深い, な無残, な無気味, な物凄い, な特色, な狎れ狎れしさ, な環境, な生来, な生活的影響, な異様, な病人, な白, な相手, な石, な破目, な社会, な神秘性, な稀代, な空, な空合い, な空気, な笑い声, な笛, な籠った声, な絵, な繁華, な習, な習性, な腰, な腹, な色男, な花, な若い, な苦し, な薄気味悪, な西洋人, な観客, な調子, な身分, な軽い, な迅さ, な迷信, な遊び, な道, な重々しい, な重い, な重み, な野蛮, な阿呆, な雪, な電話, な響, な頗る, な颯爽, な食いかた, な馬鹿, な馴染, な騒ぎ, にあなた, にある, にあわただしく, にいいつけ, にいいました, にいう, にいくら, にいのっ, にうまく, にお, にかすか, にきまっ, にこっち岸, にこの世, にさえ思え出した, にさえ思われる, にさせます, にさせられた, にしか思われ, にしきりに, にした, にしたら, にしてやる, にしなけれ, にしなさい, にしむける, にする, にするでしょう, にせい, にたのん, にだんだん, にって使い, にって僕, にって言いつける, にって言っ, にでもすれ, にといいました, にという, にということ, にというの, にというわけ, にという事, にという伸子, にという口上, にという山上元, にという書面, にという父, にといっ, にといわれた, にとお, にとかけさせた, にとか申し, にとし, にとしたためた, にとその, にとのお, にとのため, にとの切, にとの有り難い, にとの謎, にとまた, にとフランシーヌ, にと云い, にと云った, にと仰せ下さる, にと伝えさせた, にと伝言, にと使い, にと勧めた, にと叔母さん, にと告げた, にと呼び, にと呼ん, にと命ぜられた, にと女房, にと彼ら, にと必要, にと惟光, にと東, にと母親, にと江島屋, にと沙汰, にと熱心, にと田舎, にと看守, にと知らせ, にと言い渡され, にと言う, にと言づて, にと話, にと誘う, にと院長, にと頻りに, にと頼んだ, にな, になってる, にならなけりゃ, にならなけれ, になりおる, ににこにこ, には若い, には言えない, にひいやり, にふと, にもし, にもなる, にもなるだろう, にも思える, にも感じられ, にも見えました, にも見える, にも言わなかった, にやっ, にわたし, にコゼット, にツ, にドン, にドンドン, にパッ, に一昨日, に云いつけ, に云う, に云つて, に仕向けたがる, に仕掛け, に仮, に仰言います, に伝えろ, に信子, に僅か, に光った, に兜, に入っ, に冷, に切符, に努力, に勧め, に取計らえ, に口早, に合い, に合図, に合理的, に吩咐, に告げた, に呪われたる, に命じる, に命ぜられた, に塩梅, に多い, に夢, に夢想, に契約, に女, に孤独, に岸本, に巌流, に幽か, に彼ら, に心掛け, に思い, に思いなされへん, に思いまし, に思い始めました, に思われまし, に急きたてた, に息苦し, に悪く, に愛子, に感じたでしょう, に感じられ, に感ぜられた, に成りました, に手まねき, に手紙, に招かれた, に探し, に描かれ, に教える, に新鮮, に日本左衛門, に昇っ, に昨夜, に時々, に暗かっ, に書いた, に書けない, に朦朧, に東, に次第に, に死, に浪, に溌剌, に熱湯, に燃え, に特殊, に生活, に申しましょう, に痛んだ, に白い, に睡眠, に紙, に緑, に繰りかえし, に聞い, に自ら, に自分等, に若松市観光案内, に要求, に見, に見えます, に見られる, に覚えた, に覚える, に言いつけました, に言い付かっ, に言い付けられまし, に言え, に言われ, に言われる, に言ッ, に言付けます, に設計, に話された, に話す, に誘っ, に路順, に近かっ, に近所, に追っかけおん, に逃げ出し, に階段, に離れ, に雪, に電話, に響いた, に頭, に頼まれた, に頼み, に頼んだ, に颯と, に飛脚屋さん, に騒い, に骰子, に鮮やか, に黄いろい, まして此, よ, 勧めて, 呼び寄せられた, 命じた, 命じたそう, 命ずると, 命ぜられた, 固く申しつける, 求められた, 言いつけた, 言いつけられたの, 言いつけろ, 頼んだ

▼ 来ること~ (1485, 3.5%)

54 になっ 51 になった 49 がある 43 もある 21 もあった 19 があった, が出来る, である 18 になる 13 はない 12 にし 11 ができた, は出来ない 10 ができない, が出来た, にしよう 9 であった, にした, もあれ, を知っ 8 があつ, のない 7 があっ, があります, でしょう, になつ, を望ん 6 がありました, ができる, だ, はあっ, はなかっ, を私 5 ができなかった, だろう, になりました, を想像, を感じた, を期待

4 [18件] がしばしば, が出来ない, が出来なかった, が度々, さえあった, だった, でした, です, でも, などもある, になってる, はある, はあるまい, はないだろう, もあつ, もあり, を, を忘れなかった

3 [34件] があるだろう, があろう, がない, がよく, がわかった, が出来ました, が多い, が必要, であるが, であろう, でなければ, では, なん, になり, の出来る, はほとんど, はめったに, は昔, は来た, は来る, は稀, もあるまい, もおそい, もない, も出来た, も出来ない, も出来る, よ, を予期, を切に, を楽しみ, を知った, を知つて, を祈ります

2 [68件] あり, か, があったら, があり, ができました, がなかっ, が何となく, が出来ぬ, が出来ませんでした, が好き, が少なく, さえある, じゃろう, だと, だという, だの, だらう, であります, でご, と思つて, と思われます, にきまった, にしました, になってた, になつて, にはなっ, に気がついた, に約束, のある, のできる, は, はあった, はいかにも, はできない, はとり, はならん, はねえ, はまだ, は不可能, は今, は出来ないであろう, は分かっ, は恋愛, は滅多, は皇神たち, は確か, は確実, は考えられない, は誰, は間違い, もあっ, もあるでせう, も十分, も当然, も早い, も目, も綾衣, を信じ, を命じた, を彼, を待つ, を怖, を意識, を望む, を発見, を約した, を考へ, を警戒

1 [652件 抜粋] あたわず, あらんか, ありますの, あり得べからざること, あるの, おびたゞし, かこの間, かと思え, かと思われる, が, があらう, があるだらう, がおそかっ, がきまっ, がそもそも間違, がたびたび, ができましょう, ができませな, ができるなら, がどうして, がなかつた, がなかろ, がはなはだ, がもう少し, がよい, がわかつ, がわかつた, がわかる, が一種, が使命, が例, が出来, が出来なけれ, が出来ねえ, が出来ませぬ, が出来やしない, が出来よう, が出来るだろう, が出来ん, が分っ, が分った, が分らぬ, が厭, が多く, が少く, が待たれます, が怖く, が急, が感じられた, が新劇, が明らか, が有ったら, が有る, が望ましい, が決定, が甚だ, が皆, が知らし, が知れる, が確かめられ, が確かめられた, が約束, が繁く, が考え得られる, が腹立たしく, が許される, が顕, さ, さえ出来なかったらしい, さえ極めて, さえ私, すらあった, すら知らず, ただ恋, だけはかんにん, だけは確実, だけを知っ, だってよし, だのお, だらうと, だろうから, だろうと, で, であったというのみ, であらう, でありましょうが, であろうから, であろうが, であろうし, であろうとも, でかならずしも, でございます, でしょうか, ですし, でそう, でそれ, でも不安, で写象, で当然, と, とそれ, となった, となるであろう, とはあらかじめ, とばかり思っ, と天災, と思い, と思ふ, と来ない, と覚悟, なかるべし, なく日本, なしに, なぞもあった, などがあっ, などがあつ, などがありました, などはごく, などはまるで, などは京, などは内地, などは誰人, などめったに, などもあつ, などをできなくし, なのにと, ならいっそ, ならんぞ, なるを, なんかある, なんかない, なんか私, なんぞないだろう, にある, にお, にきまっ, にきめ, にしたら, にしましょう, にしませう, にする, にたえないらしい, についてあなた, についてだまっ, になっとった, になっとる, になつたの, にはまちがい, には一方, には不賛成, には変り, には気づかない, には近ごろ, にもなった, にも気, によってそこ, によってその, によって今日, によって技術, によって特別, によつて, に不服, に今, に依っ, に努力, に定, に定め, に平常, に彼, に御, に成った, に昨夜, に極まった, に決つた, に決め, に決めたらしい, に特別, に疲れるだろう, に相談, に相違, に話, に較べれ, に過ぎなかった, に関して高重, のおくれた, のおそい, のできなかった, のできぬ, のどんなに, のな, の予感, の出来た, の出来ぬ, の方, の是非必要, の皮肉, の間, はあまり, はありました, はあり得ない, はいつ, はおさえ, はおれ, はごく, はしなかった, はすでに, はそれ, はたいへん, はたしか, はたれ, はできず, はできなかったでしょう, はできぬ, はとうてい, はとうに, はとても, はならない, はなりますまい, はぼく, はまことに当然, はもう, はもう古く, はもはや, はよろしく, はわたし, はホン, は万人, は不思議, は並, は争えまい, は云, は人, は以前, は何人, は俳句, は僕, は免れません, は凡そ, は出来, は出来なかつた, は出来なかろう, は出来ぬ, は初め, は到底, は動坂, は勿論, は可能, は国, は子路, は容易, は寧ろ, は小人, は少なかっ, は少なく, は差, は年, は当初, は当然, は彼, は忘れ, は怖, は想像, は手紙, は敵味方, は新た, は明かであった, は明らか, は明瞭, は昼間私達, は望外, は来よう, は果して, は殆ど, は気持, は漁夫達, は為, は無い, は無論, は珍しい, は疑ひない, は相当, は知れきっ, は私, は経験論者, は絶対, は見過され, は解っ, は言, は躊躇, は近代, は近来, は述べた, は遺憾, は避け, は随意, は非常, は驚く, ばかりだった, ばかり考える, まで, もあら, もあります, もあろう, もおぼつかない, もお雪ちゃん, もしばしば, もそう, もたしか, もでき, もできた, もできよう, もなかつた, もなく, もなく寂しく, もなけれ, もまた, もまれ, もみんな, もやあらむと, もよく, も予期, も以前どおり, も何, も先刻, も出す, も出来ず, も出来ません, も出来よう, も可能, も変, も少し, も忘れ, も意, も折々, も有ります, も有る, も期待, も次第に, も求めず, も決して, も無用, も珍しく, も疑い, も知っ, も確か, も神尾, も笹村, も考えさせる, も解っ, も言った, も許されない, も迅いが, も近ごろ, も酷く, も飛ぶ, やだが, やまた, やら誰, や主人, や五年前, よく乗客, よりも素子, をいい, をいそがなけれ, をいやがる, をお, をかぎ, をきっぱり, をこの, をさほど, をしなくなった, をそれに, をたのみ, をどんなに, をねがっ, をまちこがれ, をまったく, をも想っ, をも想像, をも期待, をやめない, をやめよう, をわたしたち, をわれわれ, を一縷, を予想, を予知, を人, を伝えた, を何, を余り, を余儀なく, を僕, を免れない, を切望, を勉, を勧め, を厳禁, を古来, を否めない, を告げ, を命じました, を喜ばない, を喜ん, を報告, を大事, を失念, を好まなかった, を好まぬ, を妨げる, を嫌っ, を宣言, を密か, を岸本, を巳代公, を希望, を引受けた, を待, を待ちわび, を待ち兼ね, を待った, を得べし, を御, を心がけなく, を心配, を必然, を忌み, を忘れ, を思いついた, を思い出し, を思え, を思っ, を思ふ, を思わず, を思わない, を怠らない, を怠るまい, を悟るでしょう, を惧, を感じ, を憂い, を承知, を承諾, を提議, を政策上, を早く, を明治二十年代, を明白, を昔, を望まない, を望み, を望みます, を望んだ, を様々, を欠かさなかった, を止さう, を止められ, を止められた, を汝, を焼い, を熱望, を王子, を生涯, を疑わない, を目撃, を目的, を確信, を祈っ, を祖母さん, を祷っ, を禁じた, を禁じられる, を禁じ得ない, を約す, を考え, を聞い, を肯, を自分, を花見正月, を衷心, を親爺, を言いだした, を許された, を許されなかった, を許した, を許し得なかった, を詠んだ, を話した, を話しました, を迷惑, を通告, を通知, を雄, を願, 之なり, 出来ません, 或は嵐, 若し警察, 遠きを, 飛ぶが

▼ 来るもの~ (1197, 2.8%)

57 がある 47 である 4037 では 3424 だと, です 17 ですから 15 のよう, もある 12 だから 11 と思っ 8 はない, らしい 7 がない, であること, ですか, でなければ, と信じ, なの 6 あり, があった, であると, でも 5 だが, であります, のある, はありません, はなかっ, もあった, もあれ

4 [15件] があっ, があつ, がありました, があります, が来た, であった, であろう, とすれ, と見え, と覚悟, に, は, もあり, も来る, らしかった

3 [24件] かね, が多かっ, だという, だよ, だろうか, であるから, であるが, でしょうか, で御, とせられ, とばかり思っ, と思い, と思う, と考へ, と考へる, と見, と見なけれ, なので, なり, なん, はその, は拒まず, もない, を感じた

2 [52件] があったら, があり, がありません, があれ, が多い, が多く, が引き, が無い, じゃない, ぞ, だそう, だちは, だった, だとばかり, だらうか, で, であって, であらう, であるという, でこの, ですよ, でせう, でそれ, でない, としか思われません, と思います, と考へられた, と見える, なら, にし, の中, はある, はあるまい, はお, はどれ, ははて, は何, は悉く, は来る, は病人, は皆, は神, は聞え, もあ, もあります, もなく, も多い, も皆, を, を大変邪魔, を待ち受け, を異端邪説

1 [511件 抜粋] あり柄, あるにぞ, かつまらない, かとどこ, かと怒り, かと思いました, かと思う, かと思え, かと思っ, かと思った, かどう, かなかなか, かねちった, かねほんとに, かね冗談ぢ, かも知れない, か再びさめざめ, か判断, か吹い, か天井, か妻女山, か日ごと夜ごと, か昼間, か権式, か此方, か畜生奴, か積もっ, か第, か自分自身, か遠く, か黙っ, があ, があったら拒むまい, があるだろう, があるで, があるであらう, があるらしい, があろう, がここ, がこの, がたま, がどこ, がなかっ, がなけれ, がほんとう, がまだ, がようやく, が一, が主題, が争われず, が全部, が出来た, が多, が少く, が少なく, が山づと, が必ずしも, が恐しい, が所謂戦国時代, が有, が有る, が有るなら教え, が梅三爺, が残され, が沢山, が甚だ, が相当, が相手, が立身, が蛇, が誰, が踵, が遂に, が重視, が風流, が鬼, が鮮, こそが某, さ, さえあった, さえあり, じゃ, じゃうむ, すでに数万戸, そう来なくっ, そしてそれ, その左, だからこそ, だけで衣食, だここ, だぜ, だとか, だな, だね, だのに, だまるで, だろうかとの, だろうかとも, だろうとさえ, だゲナ, だ泪, であ, であったが, であっては, でありました, であり稀少, であるか, であるかという, であるかについて, であるし, であるといふ, であるなど, であるの, であるらしい, である何処, であろうか, であろうが, であろうと, でいわゆる, でお, でおまえたち, でこれ, でご, でございますから, でございますやら, でしたなら空, でしょう, ですからね, ですと, ですね, ですねえ, でそこ, でその, でないと, でなかったら異性, でなく地獄, でねえだ, でのうお, でもう, で二人, で人類, で先触れ, で冷たい, で分っ, で平俗, で心, で必ずしも, で支那, で昔, で普通各区, で本来, で殊更, で源氏, で特別, で琵琶湖, で私, で職業, で裏, で西洋, で見まいと, で馬丁, という予想, といえる, といわれ, とおぼえます, とこっち, としか思えず, としか思われない, としてもともかく, として二十年, として今日, として求められ始め, とせられる, とその, となすべし, となる, との二種類, との結び付け, との間, とはどうしても, とは思えない, とは覚悟, とは言, とは限りますまい, とばかり思った, とばっかり信じ, とひそか, とぼんやり, とみえた, とみえます, とみえる, とも思えない, とも思っ, とも知れず, とも考えられる, とを対立, と予察, と予想, と信じられ, と半, と古く, と固く, と定め, と心得, と思いきっ, と思った, と思つて, と思わなけりゃ, と思われます, と村人たち, と楽観, と決め, と看做された, と知れ, と確信, と私, と考え, と考へられ, と腹, と見えまし, と解さなけれ, と言う, と言っ, と計っ, と認むべ, と身構え, と遭遇, なくて, などがそれ等, などはまず, などもあつ, ならそして, ならそのうち, ならと, ならとくに, ならどんな, ならば, ならやって, ならん, なら何でもかでも, なら帰って, なら戻っても, なら片づけずに, なら衝立, なら間違, なるが, なれば, なんかありゃしない, にあらず, にきまって, についてかく, について調べ, にとつ, ににこにこ, にのこし, にはその, にはめった, にはピストル, には何, には勇ましく, には只, には堪えがたく, には種, にも家, に代, に動かされ, に向, に向っ, に対して我々, に対し必然, に抗, に教えた, に決まっ, に異様, に相違, に自己, に花, に観られる, に託し, に違, ねえ, のうち, のため, のほか, のやう, の力, の名古屋便り, の多い, の強, の役, の感情, の探る, の数, の注進, の為, の目明かし, の見える, はあっ, はあの, はありませんでした, はかくして, はかならず, はごくごく, はしかし, はすべて, はともかく, はと言, はなく, はなにか, はにしん, はひぐらし, はほとんど, はみな膃肭獣, はみな謳歌, はみんな喰, はみんな市井, はめったに, はめつた, はめつたに, はもっと, はやはり, は一人, は一名, は丁度, は万葉, は世界観, は之, は人, は今日, は何ん, は分ろう, は劇詩界, は十中八九, は十人, は和尚, は品質, は夏目先生, は多い, は多く, は大, は大した, は大抵, は大概淫奔, は女郎屋, は奴隷, は定めし, は実に, は実は, は尊氏, は少かろ, は少く, は峯, は彼等, は恐らく, は恐怖, は我々自身, は拒まず去る, は有りません, は来させる, は植え込み, は次, は此処津, は決してそう, は河竹, は浅く, は深い, は温暖, は漬物, は無, は無事, は無論, は無間地獄, は珍, は畢竟, は皆文明開化, は砂塵, は神人以外, は空間, は立体映画, は自ら侵略主義, は自分, は街道, は誠意, は誰, は迎, は遺髪, は鉄筋コンクリート, は長々, は驚愕, は高い, はX線, ばかりだった, ばかりであった, ばかりを見, への予想, への影響, へは大手, へ静か, までがただ, もありました, もありません, もあるらしく, もいかに, もお, もおとそ, もなかっ, もみんな, もめったに, も一年, も一生奉公, も外, も多, も娶る, も寡, も少ない, も微, も悉く, も有, も有った, も無い, も無き, も皆ペリイ, も稀, も耳, も見当らない, も随分, やらどうやら何だか, やら分りゃ, やら午, やら知らね, よ, よりももっと, よりやぐつと, より外, わが死, をいくらでも, をいちいち, をお, をその, をそれなり, をつくっ, をつつまれなかった, をながめ続けた, をまさかに, をまれびと, をみんな, をもっ, をも見定めね, をよく, をダイマナコ, を一人, を一概に, を上段, を人間, を何, を入るる, を分割, を力強く, を取っ, を右, を吐き出し, を喜ぶ, を待っ, を待つ, を心, を思う, を想っ, を感じ, を持っ, を斬っ, を次ぎ次ぎに, を止め, を求める, を用心, を疲れ切っ, を眺め, を眼, を禁じ, を立ち, を罵る, を自ら押, を自己, を見, を見よう, を見出し, を見逃さない, を詮議, を認めました, を謂, を踏みにじった, を迎える, を震え, を黙っ, 一々を, 何がな王事, 少からむ, 悉くまた, 悲しい甘い感情, 生椎茸, 見えたり

▼ 来る~ (726, 1.7%)

14365 です 57 だよ 49 だから 23 だろう 21 でしょう 20 じゃない, だね 16 だぞ, ですよ 13 だもの, ですか 12 だが 11 じゃなかった, だからね, だな, ですもの 10 だと 9 だぜ, ですから, ですって 7 でしょうか 6 だか, ですからね 5 じゃありません, だつて, ですが 4 でしょうね, ですね 3 じゃ, だそう, だった, だろうと, だろうね, ですの

2 [15件] かね, じゃあない, じゃないでしょう, だからな, だからなあ, だってさ, だなあ, だろ, だろうから, だわ, でしょ, でしょうよ, ですぜ, ですつて, やぜ

1 [87件] じゃああるまい, じゃあねえ, じゃあるまい, じゃけ, じゃけん, じゃそこで, じゃったのに, じゃなかっ, じゃなくっ, じゃなし, じゃよ, じゃろ, じゃァなかっ, じゃア, じゃ仕様, じや, ぞ, だあいつ, だうち, だからって, だからヨー, だがな, だがなあ, だがね, だけれど, だけれども, だしっかり, だすると, だその, だたとえば, だっけ, だったっけ, だったな, だったら, だったら当主, だって, だってね, だって申します, だつけ, だでなあ, だとさ, だとは, だともだって, だとよ, だなんて, だねえか, だべ, だらうよと, だろうねえ, だん, だキット, だッ, だネ, だ何, だ只, だ我々, であります, でございま, でございます, でございますか, でございますから, でございますつて, でございます今お, でした, でしたな, でしょうからね, でしょうな, でしょう東京生活, ですえ, ですからねえ, ですがね, ですけど, ですけれど, ですけれども, ですな, ですねえ, ですナ, ですヨ, でないか, でも, で御座いますって, ならそれ, ならそんな, ならどうして, なら何, なら私達, は

▼ 来るので~ (598, 1.4%)

99 あつた 11 私は 10 彼は 6 あつて, せう, それを 4 あらう 3 それが, 一種の, 有った

2 [22件] あらうが, この頃, その度毎, それに, それは, とても面白かっ, わたしは, 不思議に, 今度は, 僕は, 困ります, 夜も, 娘は, 彼女は, 彼岸過ぎから, 満潮の, 病気の, 知って, 私の, 私も, 自分は, 餅屋の

1 [403件] ああいふ風, あいつめも, あつたら, あぶなくて, あらうか, あるいは足下, あるけれ共, ある日, ある防疫官, あわてて, いいかげんに, いつでも, いつの間にか専門的, いよいよ本式, いよいよ脳, いよいよ興, いよいよ驚い, いろ, いわゆる, いわゆる桃山時代前後, うける, うんざりする, うんと勉強, おまん, おもちゃや, おやじの, おやと, お付の, お国もの, お墓, お末, お留ちゃん, お粂, お角, お話相手も, お金が, かう素人まかせ, きたなくて, げすから, ここでも, ここに, この, この上, この幽霊, これこそ, これに, これは, これも, ござります, さえ道, さすがに, さて何時, しくしく泣きだした, しまいには, しようが, せうか, せうが, そういう意味, そうなれ, そう思う, そこに, そのため, そのたんび, そのとき, その一列, その一部, その下士官室, その外, その店, その度ごと, その後老人は, その悩まされよう, その方法, その春, その時分, その末端, その標準, その音楽, それから一時, それだけでも, それではと, それで大抵五日, それで無く, それなら大概明後日, それまでには, それ等の, そんな険呑, たいへんな, たがいに, たじろぐところ, たまらなくなっ, ついには, つい泣い, つまらない料理人たち, でももう, とうとう父母, とても海辺, どうする, どうなる, どうにか此年月, どうにも手, どちらも, どっと笑う, どの話, なかなか以, なしに, ひとまず国元, ひとり寝る, ひどく情けない, ひやひやする, びっくりし, ますます病, また一盆, また物売り, まるで日曜幼稚園, まるで犬, みて, みんなも, もう何年来, もう我慢, もう猶予, もしや恐怖王, もとの, やむなく私, やむなく首, やりにくかっ, よく見たら, よんどころなくも, わたくしは, わたくし達も, わたしが, わたしたちは, われわれも, われ知らず, ジャヴェルは, トテモ正しい, ドウカする, ボーイ達でさえ, ボーイ達は, 一々かぞえ尽くされない, 一々その, 一つ十銭とか, 一パイ屋の, 一ヶ年一回は, 一寸抄く, 一層心, 一度だって, 一日中奥歯を, 一郎は, 丈助は, 三人は, 三四合する, 不審の, 不思議だ, 両手で, 之が, 之は, 事柄は, 二人とも, 二部屋ばかり, 今では, 今に多代子さん, 今やって来る, 今日一寸きめつけ, 今朝ももう, 仕方が, 仕方なく起き上る, 仕方無しに, 会いますと, 伴れ, 体操の, 何とか云わなけれ, 何の, 何分出る, 余り旨く, 余程遠い, 例の, 俥を, 俺は, 傍で, 傘の, 全く統計的, 六月は, 兵士の, 再び仙吉, 出て, 切りに, 初めは, 判るおお, 勉強部屋の, 勝次郎は, 勢い看視, 半七, 半蔵なぞは, 厭, 古河君は, 右から, 吉田は, 同じやう, 同伴し, 同類た, 向うから, 呼吸が, 善うこの, 困ったちゃ, 困るという, 堀部君は, 変な, 夜中でも, 大いに面, 大きな荷物, 大きに凌ぎ, 大抵一本の, 奥さんは, 妙な, 始末に, 婆とは, 婦人, 嫌って, 子供の, 実は全体, 実在した, 宦者は, 家来共は, 宿場宿場では, 寝つかれも, 小脇に, 小説の, 少し暇, 少なくとも個人, 川瀬の, 帝の, 帰り路は, 平生なら, 年を, 底の, 店の, 張の, 張物や, 当時は, 彼も, 彼らは, 彼方の, 彼自身の, 往きには, 待って, 後には, 御安心, 御座いますもの, 御機嫌ななめならず, 徳富氏も, 忠節の, 急いで, 恐れて, 恐ろしくなっ, 恐ろしさ, 愛子は, 感じ易い, 感染所作が, 慣れた足, 成る程, 戦闘力の, 手真似で, 手間ばかり, 才之, 掛違っ, 攻められて, 政治家その他の, 教室は, 数日の, 文字春も, 文学技術が, 新たな, 新五郎始め市内の, 旅へ, 日本でも, 早く走る, 明確な, 昼間は, 更に二の矢, 最後に, 朝早く, 朝顔の, 本名は, 杉寛の, 村は, 栄蔵は, 根菜類は, 桶の, 次ぎ次ぎにそれ, 止した, 止めようと, 正午休みの, 正吉は, 此の, 此を, 此方の, 此方は, 死体を, 死物狂いに, 母は, 毎日床を, 毎日毎夜睡る, 毎日色, 比喩とは, 気が, 気に, 気乗りも, 水晶の, 汪は, 法律で, 泣けて, 洗つた, 浄瑠璃の, 渠は, 源七は, 源七も, 源七老, 滅多にそれ, 漸く通った, 潔癖な, 点数の, 無かった, 父の, 父子の, 狐の, 玄関には, 甚く, 生活に, 男は, 男子席の, 百姓は, 皆が, 直ぐ手, 相手に, 眼を, 着物を, 石炭の, 福松は, 私達の, 秋の, 窓ぎわへ, 競争者の, 管の, 管絃の, 箸の, 範疇とは, 簑を, 経験の, 結局原則は, 綾衣は, 能は, 能勢弁護士も, 自ら慰める, 自分が, 自分にも, 自分の, 自然吾, 良寛さんも, 若い人達, 若し留守, 苦笑いし, 荷物は, 萱野も, 落付い, 葉子は, 表面は, 見つとも, 見て, 見るとも, 見る見るその, 試験が, 負に, 越中屋の, 踊り手は, 軍治の, 輸送が, 辛くもある, 近しくし, 近習が, 迚も, 逃げる男, 逃げ出したが, 逃げ出しニューグランド, 途中へ, 遽て, 酒が, 里の, 金網の, 銀子も, 門弟連中の, 閉口し, 開廷は, 間には, 随つて供物も, 電位計へ, 電車の, 非常に, 顔見知りに, 顔見知りの, 首巻を, 高山の, 鬣を

▼ 来るという~ (500, 1.2%)

36 ことは 30 ような 27 のは 13 ことに, ことを 10 ことが 9 のが, のです 7 のである 6 のだ, のも 5 ことも 4 ことだ, ことでした, のを, わけで, 事も, 始末で 3 ありさ, ことであった, ことな, ことの, ところに, のであった, のであります, んだ, 情報が, 話が

2 [20件] ことで, ことである, ことです, ことには, のか, のだろう, ので, やつは, ように, わけです, 事が, 事に, 始末であった, 意味の, 手紙を, 約束を, 者も, 訳で, 風に, 騒ぎで

1 [235件] あの句, うわさだ, ことその, ことだけは, ことだった, ことでありました, ことなぞを, ことについて, ことをも, こと次に, この人々, この地方, この寺, これから位牌, これも, こッた, そのこと, その時, その第, それが, ちょっと変った, ところの, ところは, のさえ, のじゃ, のでした, のでない, のとで, もの, ものだ, ものでしょう, ものです, ものな, もんだ, もんです, ようだったら, ような遣, わけか, わけな, わけの, オプティミズムが, ヒューマニティーの, プロセスに対して, 一つの, 一事だ, 一寸一息し, 一言の, 七月九日の, 下町の, 不安が, 不思議が, 世にも身, 世間一般の, 了見は, 予告が, 予感に, 予言は, 事で, 事です, 事は, 事件が, 事実だけは, 事実と, 事実は, 事実を, 事態が, 二元論的態度は, 人間の, 人間生活の, 今夜の, 仕組み, 仕組みだ, 代りに, 伝言であった, 伝説なども, 伝説の, 作戦も, 信念を, 傾向が, 光景である, 具合が, 具合だ, 具合で, 冬至の, 処だ, 刻限それは, 前の, 動作を, 勢いだ, 勢いで, 勢いで御座いました, 北見博士の, 単純で, 印象を, 原因結果の, 厭な, 厳然と, 取沙汰が, 口実の, 句である, 噂が, 噂です, 四月は, 固い約束, 報せが, 報らせ, 報告を, 報知は, 太古よりの, 奇々妙々怪, 女の, 始末, 始末だ, 学説は, 実情である, 川は, 工合で, 希望を, 弥勒菩薩の, 弱り方, 形で, 形勢が, 形式を, 形式的な, 得も, 循環を, 思いが, 思いつきを, 怪談の, 意味だ, 意味らしい, 意味を, 意気込みを, 所だ, 挙動も, 推移は, 新方向, 方な, 方法である, 旅券しか, 日である, 日の, 日は, 日本映画の, 春隆の, 時である, 晩じゃった, 有様だ, 有様であった, 望を, 次第で, 歌である, 正直者の, 武家の, 段取りでした, 気質の, 点が, 点を, 特徴が, 状態であった, 現実の, 現象が, 現象は, 理由は, 田沼勢が, 甲州商人の, 男だ, 病的な, 眼前の, 知らせであった, 知らせを, 確信が, 確信を, 神秘について, 約束で, 組織に, 結論を, 考えに, 考えは, 考え方である, 考え方も, 背景の, 自信を, 若い武家, 西洋の, 見解は, 見込みは, 覚悟おれも, 観点を, 角兵衛獅子の, 計算の, 訳です, 訳は, 証拠に, 証拠の, 証拠を, 証拠人を, 評判だけ, 話しを, 話だ, 話だけ, 話だった, 話で, 話でありました, 話に, 話も, 話らて, 話を, 説は, 説明は, 調子で, 警報も, 趣向, 辻君, 返事が, 返事を, 通知が, 通知を, 速達が, 道筋を, 違例な, 電報を, 電話が, 青年も, 順序で, 頭が, 風だ, 風で, 風であった, 風な, 風習だ, 騒ぎが, 騒ぎさ, 騒ぎです, 騒ぎに

▼ 来るから~ (482, 1.1%)

23 である 13 です, 待って 8 であった 6 おもしろい, その時, それまで, それを, だ 5 お前は, 見て 3 そう思っ, その間に, だった, 不思議である, 安心し, 少し待っ, 帰るまで, 私も

2 [18件] おめ, お前も, それに, であって, であります, であろう, ぼくは, 不思議です, 今度出, 仕方が, 其の積り, 助けて, 妙である, 愉快である, 戸を, 支度を, 用心しろ, 知って

1 [325件] あと二年間お, あのだいじ, あの子, あの店, あわてて, あんまりあけっぱなしの, いい, いいで, いいでしょう, いけないと, いけないの, いっしょに, いつも流れ, いろいろ協議, うちへ, うち合わせ, うまく演, ええけど, おかしなもの, おまはん彼, おもしろいもの, おもしろくあそびたい, おやじが, お前さん小屋へ, お前そこん, お前たちは, お前どこかへ, お前一緒に, お婆ちやん, お定, お客さんでしょう, お待ち召され, お待ち召されよ, お留守, お茶を, お辞儀を, かまわないと, きつと, きょうは, きらい, きらいだ, けさは, ここで, ここには, こちらから, この手, この歌, この限界内, これだけ, これで, これは, こんな眼, ごゆっくり, さあ皆, さうし, しっかりする, しばらくここ, しばらく待っ, しばらく待て, すぐその, すぐみんな, せっかく出かけた, そうしたら, そうでも, そこで待つ, そこの, そこへ, そしたらお, そしたら暫く, そしたら皆, そのとき, そのとき是非, そのとき模様, その光線, その時分, その積り, その間留守を, その間頼む, それが, それだけの, それで, それで八幡様, それには, それまでの, それも, それ迄に, そろ, そんなこつて, そんなに騒がない, だいじょうぶだろう, だと, だという, だろう, ちょうど真正面, ちょっと待っ, つて云は, つて女中が, つて己が, で, でありました, でした, でせう結構, では, でも, で朝夕, で漁師たち, ともかくも, どうかお母さん, どうぞお前さん, どんな良い, なおいけない, のみこめず感受, ばらばらに, ほんとにやに, まってて, みんなで, みんな安心し, もう一度いっしょ, もう舎, もし叔母さん, もっとピンピンし, やはり不純, ゆつくり考へ, よき文芸的作品, よろしくいっとい, よろしくとの, わしの, アダリンのみ, アノ子供衆に, サ吾家に, シンとして, ソワソワ落着, ビク, ビックリさせられ, ムクの, ユックリと, ロースの, 一つ, 一つの, 一人で, 一寸待っ, 一所に, 一時混乱し, 一杯ずつでも, 一概には, 一足二足後へ, 七兵衛は, 不思議だ, 世界を, 之に対する, 予め糧米, 事に, 二度と江戸, 人の, 今の, 今晩その, 今迄の, 仕よう, 仕方ない, 他国者の, 会って, 何分よろしくおねがい, 価格は, 僕も, 兎も, 兵馬は, 兵馬も, 其の前祝い, 其所の, 其時に, 再び通学, 動も, 却っていい, 又すぐ, 友造は, 受けきれねえ, 受取って, 可笑しいじゃ, 各国の, 向うの, 君は, 呼んで, 噂評判の, 困る, 土蔵の, 大丈夫だ, 大抵の, 夫まで, 奇体さ, 女優も, 好いです, 好く留守番, 妙であった, 始末が, 始末に, 嫌な, 嬋娟たる, 子供を, 守夫さんも, 安心な, 宜しく頼みます, 宜しく頼む, 家は, 寒いの, 寝んね, 少し待て, 少し貴方, 工合が, 帰ってから, 帰りは, 広告が, 座敷を, 延時間に, 当然問題, 待っといで, 待つて, 待つという, 後で此処, 後者の, 従って, 従順し, 御安心, 御苦労だ, 心理遺伝と, 心配する, 忘れねえで, 思い切って, 急勾配, 怪しまないで, 恐らくお前, 恰音韻変化と, 悪いこと, 悪くなく思っ, 悪るい, 悪戯を, 惜しい物, 我家へ, 或る, 手執り, 手控えて, 手金だけ, 放して, 旅の, 旦那様として, 昨年も, 是は, 是非内に, 晴さんゆっくり, 暫く凝, 最早死物狂い, 木戸を, 本人達に, 本当に迷惑, 来たらいっしょ, 来たらすぐ, 来ないかとの, 此の, 此奴も, 此方へ, 残りの, 殴っちゃ, 水際が, 汝え, 汝其の, 泣くなよ, 深雪さんも, 溜まらない, 無性に嬉しく, 照り降りは, 爆発が, 瑠美子も, 用心し, 用心した, 用心しなさい, 町が, 留守を, 畢竟口先, 病院まで, 目も, 矢代たちと, 確かな, 私に, 私は, 私一人なにしない, 移り替えの, 米友が, 米友は, 米国の, 紅茶を, 終始天候, 結晶とは, 続けて, 肝を, 芯が, 花瓶を, 苦しいこと, 葬式は, 行かない方, 覚えて, 訳が, 話を, 誂え向き, 読者は, 誰にも, 謙信へ, 貴方も, 貴様と, 起こるの, 足りないかも, 近々家, 近所に, 逃げ出すまで, 逃しては, 途中で, 遂に何, 邪魔だ, 部屋だけ, 雑誌に, 面倒だ, 頼みますよ, 頼むと, 駄目です, 駅の, 骨は, 魂祭りである

▼ 来る~ (474, 1.1%)

88 いい 30 よい 14 好い 8 宜い 7 早いか 6 いいよ 5 それは, よいと 4 これは, よかろう, 好いと 3 あれは, それが, ものは, 可い, 好からう

2 [12件] いいぞ, いわゆる一文獅子, これも, その人, それも, それを, 併し, 否や, 夜は, 気の, 相手は, 私は

1 [260件] あなたと, ある夜, あんなたち, あんな若い, いいかと, いいじゃ, いいぜ, いいその, いいと, いいという, いいとんだ, いいなあに, いいや, いいよと, いい人間, いい十手捕縄, いい女房, いい混濁, いい狸, いい誰, いい近頃, いい黒雲五人男, いくら詳細, いっとき居なくなる, いつも大, いつ来, ええ, ええよ, おひる, おもしろかりし, お前の, ここでは, このお茶, この三度目, この人物, この何らかの不平等, この句, この問題, この尾根, この連関, この霙, これが, これによっても, これほど, これを, こんなに老人, ごとき点, ごとくに, さて吉, しかしそれだけにいくら, しかし実験科学, しかし振りあげた, すでに上手, すべて日本人, すると彼, そうした神義論, そこまで, そのなか, そのよう, その中, その儘出, その前, その和ら, その年, その数, その時, その水の手, その町, その間子供が, その間小隊長は, その間少し, それでも一度, それと, それに, それには, それの, それはた, それへの, それまで, それらの, それらは, それ以上近, それ等は, そんなこと, そんな事, ただ人間, たまの, てんで気, どうも小さい, どの船, なぜだ, なんだい姉さん, なんにも言わず, ひどく達者, ほんとうは, ほんとに物好き, また影, まづわれ, ままに, まま流るる, みな功名の, みんな同じ, みんな驚い, もう一匹, もし国, もともとこの, やはり釈然, よいきっと, よいし, よいよ, よいわ, よい三田, よい人, よい我々, よい返り討ち, ようである, わざと笑, オットセイの, ナア夕飯までには, ハイフォンへ, ベアテンベルクとかいう, ライプチヒの, 一つとして, 一体なら, 一同が, 一度足元, 一時間か, 一時間ばかりも, 一月たち二月たつ, 両国広小路, 中, 主として観客, 之は, 之亦, 事実もつ, 二年子までの, 今は, 今夜は, 今日から, 仏徒たり, 何う, 何しろ此女, 何家から, 其根本を, 印度が, 双尖, 取分けて, 取巻, 古いほど, 可, 同時にそれ, 嘘の, 塀の, 多ければ, 大体これは, 大抵は, 女らは, 好いさ, 好いや, 好いよ, 好いわ, 好い誰, 如きは, 如くに, 如く其, 如く参勤交代, 如く山谷ため, 如く楽め, 如く節序, 如し, 如何も, 妙齢の, 威かした鳥, 学校に, 宜いよ, 宜えと, 宜からう, 宜しゅうございます, 家には, 寒くなる, 寝くたれ髪, 寺の, 寺本来ず, 強いてそういう, 強いて笑い, 彼の, 彼らは, 後生だ, 御簾の, 心変りを, 急な, 恐ろしいの, 情の, 愛する妻, 戸口の, 扇子面に, 故に又一発致セ, 故に外出, 文学も, 斯ん, 新よ, 是は, 昼間は, 時にはあやまっ, 暫くする, 朝の, 朝顔売り, 本当にもうそれ, 来るたび, 東京で, 果してそれ, 案外相手, 桐は, 此と, 此は, 此までの, 此頃では, 武蔵の, 死人が, 段々研究, 気に, 沢庵の, 泥棒の, 火事は, 炭は, 玄関へ, 用が, 皆断はる, 直ぐに登美, 真実は, 神楽殿には, 秀吉は, 笛が, 第一, 第一線の, 米欲し, 純抒情詩, 細かい記憶, 結局物資不足の, 縁なく, 考へて, 芸妓の, 落ち目に, 表面に, 西の宮系統の, 要するにいよいよ肺, 見当らず, 見逃して, 詮ずる, 誰である, 近頃猥談ばかり, 道ばたから, 郷の, 里では, 長くは, 長塚節の, 隅田川なぞで, 頗る曖昧, 頭の, 顔が

▼ 来る~ (471, 1.1%)

24 がある 17 の足音 7 があった, 来る人 6 はありません 5 があります, だ, の姿, はない, もあった 4 があっ, がありました, が多い, の数, もない, を見た

3 [16件] が一人, が多く, であった, のある, のため, の手, の気勢, の気配, の跫音, の顔, は一人, もあり, もある, もなかっ, もなく, も来る

2 [30件] があれ, がたくさん, がない, がふえました, が有る, が淋しい, が皆, である, でなければ, でも身体, のよう, の声, の影, の心, の絵, はたいてい, はたとえ, はどんな, はまだ, は少ない, は無い, もあっ, もあまり, もありません, もあるまい, もなけれ, も少く, も少ない, も往く, を心待ち

1 [253件] ありて, あるを, から入費, があり, がありません, があるなら, がいる, がそれでも, がちょいちょい, がどうも, がどれほど, がなかっ, がほか, がぼつぼつ, がゐる, がカメラ, が一層, が一年, が何人, が又, が多かっ, が弁信, が引き換え, が持っ, が有, が来ない, が毎日, が沢山, が無かっ, が相当, が自分, が見える, が踵, が随分, ごえを, さえあった, さえできた, しかもまだ, だとも, だね, だろう, ってもない, ですぜ, でないだけに, ではない, でもあれ, で子供, で毎日毎晩, で近頃, で駐, といえ, といる, とても大, とはまるで, と企み, と往く, と相対, と衝突, と言, なの, なん, なんかある, なんかになに, なんぞに持せ, にいちいち, にたいへん, にちょいちょい, にのみそ, にはきっと, にはこの, には上等料理, には多少, には嫁, には誰, にばっかり見え, にも平気, にも頒, に会い, に何, に出逢おう, に向かっ, に向っ, に喜ん, に四階, に感服, に我, に押され, に歌人, に毎日いつ, に気がつかなかった, に気の毒, に気兼ね, に火事, に矢沢某氏, に聞く, に見え, に見られる, に近く, に逢った, に里数, に限る, に顔, に馬, のあと, のあり, のかげ, のくれる, のけはいで甲斐, のこと, のし, のない, のほか, のみを可愛がっ, の中, の亭, の伝うる, の全て, の内, の口, の口々, の名, の名前, の多く, の大小, の容貌, の帽子, の心持, の急がぬ, の性質, の有ろう, の来る, の様子, の波, の物音, の犬, の用件, の目, の眼, の秘密, の群, の見える, の話し声, の話声, の金, の音, の顔どれ, はあっ, はあるまい, はいつ, はことごとく, はこの, はございやせん, はどっち, はないでしょう, はなかっ, はひとり, はふえる, はみんな体, はよく, は二間, は全く, は初代基督教徒, は吃驚, は多い, は実に, は少く, は御馳走, は手, は源氏, は皆其処, は皆半死半生, は皆得意顔, は皆日本服, は私, は稀, は誰, は連綿, は頭, は首, ばかりで, もあったなら, もありました, もあります, もありませんでした, もあるまじ, もあるらしかった, もいない, もが黒ん坊, もこの, もござりません, もしまいに, もそれぞれ相当, もない淋しい, もなかりき, もなくなっ, もなし, もますます, もまばら, も何となく, も何より, も出, も又, も多く, も少い, も少なし, も島々, も殆ど, も無かっ, も物, も留め, も皆, も相当, も私, も稀, も遠い, や招き度, をあて, をあまり, をおそるおそる, をその, をつらまえ, をひとり, をみな, を入れ, を出口, を利用, を呼び止め, を天, を彼, を待ちます, を待ち受け, を待ち受ける, を待っ, を待ったでしょう, を感じ, を拒む, を断つ, を殺す, を点検, を熟, を示し, を見る, を見張っ, を見詰め, を誰, を迎え, を避け, 出て, 多くなり, 来ないの, 来る人みんな, 来る人皆, 知れぬ煩し

▼ 来る~ (422, 1.0%)

51 違いない 43 相違ない 35 ちがいない 26 きまって 23 しても 21 連れて 11 違ひない 8 違ない 7 随って 6 したがって, 及んで 5 つけても 4 逢ふ, 違いありません 3 きまつて, ちがいありません, つけて, 従うて, 相違ありません, 相違なかっ, 逢ひ, 違いなかった, 違い無い

2 [16件] きまってる, しては, ちが, 不思議は, 任せて, 会した, 伴の, 就いて, 従つて山は, 極まって, 決って, 相違ねえ, 過ぎない, 過ぎなかった, 違えねえから, 随い

1 [113件] あらずして, おいこの, およんで, お登和嬢, かかわらず問題, きまってるじゃ, きまつた小さな, したが, したって, したところ, してからが, しろその, しろ一種, しろ帰るに, しろ或いは, すぎなかったが, ちがいありませぬ, ちがいなかった, ちがいなかろ, ときは, どの道, なんたる, はねまず, ひきかえ, へいげん等, べつだん不思議, よい加減, わたしは, ア来ました, ハ坂本龍馬なる, 一女の, 事を, 今は, 仕方が, 他なら, 会す, 会つて購ひ求めた, 会へば, 会へるなり, 伴れ, 似たり, 充分だ, 先だちて, 到るべし, 千や, 半時間, 及ばずつて, 及ばないという, 及ばぬと, 及ばぬ明後日宿, 及ばんという, 及ばんといふ, 及びかの, 及びません勘定, 及び始めて, 及び町, 及び遂に, 吉兵衛焦躁て, 堪へ難く, 外ならない, 定って, 容体ことごとく, 尋ぬる, 就いての, 就きては, 就ては, 従がって, 従つてその, 従つて心に, 従つて手全体が, 従つて時勢も, 従つて父は, 従ひ, 必要な, 擬したもの, 於てを, 来所なく, 極っ, 極って, 極ってる, 決まって, 焔魔様へ, 相異, 着物がねえって, 紅衣の, 至っては, 至るの, 船の, 誰が, 越したこと, 跟い, 過ぎなかつた, 道中差を, 違ありません, 違いございませぬ, 違いないであろう, 違いは, 違えねえそう, 違えねえと, 違えねえ処, 違げえ, 違なかっ, 違なかつた, 遭うた, 閉口した, 間も, 随つて彼は, 随れ, 非ずして, 非る, 音に, 駭ける, 駭され

▼ 来る~ (419, 1.0%)

26 がある 23 があった 12 もあった, もある 11 もない 9 もなかっ 8 はない, はなかっ 6 があります, がない 5 は拒まず, もなく 4 があり, のある, のため, もあれ, も無い 3 が多い, が無い, に, のない, はさらに, は誰, も多い, を待っ

2 [19件] あれば, がありました, があれ, がなかっ, が到頭, が多かっ, が多く, が沢山, でなければ, なり, に途中, の為, の足音, はあっ, は飢えないだろう, もあり, もなけれ, も多かっ, を拒む

1 [206件] ありて, ありと, あ一人, あ酒飲み, いと少なく, いと高き, かその, から, が, があ, があっ, があったら, があつ, がありまし, があるだ, があるだろう, があるらしい, がいる, がかえって, がすこぶる, がたくさん, がだんだん, がちょうど, がな, がなく, がヤット, が一様, が三四人, が二三十円, が京, が佐渡どの, が再び, が出, が大, が夫, が居る, が廟門, が引き, が御座いませぬ, が有る, が有れ, が毎年二千, が無くなった, が異様, が絶えなかった, が線香, くらいある, しかもその, ぞ, だ, だから, でございましょうその, といふこと, とがあっ, とは, とほか, と仮り, と去る, と定まれり, と寄付, と引っ返す, と覚悟, と迎, なぞはありゃしない, などが夜どおし門, などが廊下, などはありやしない, などは一人, などは殆ど, などもあった, なれども, なんぞは一月, なんてない, にとって決して, にはいっさい, には温かい, にむごたらしく, にもめ, に一宿一飯, に向, に対して一問, に対して歩哨, に対して無頓着, に対する責任, に引継い, に挨拶, に教え, に求めよう, に知らしめる, に見せ, に非, のうち, のほか, のよう, の凡て, の出, の口, の喰, の多い, の多かっ, の心, の目, の自動車, の跫音, は, はありませんでした, はいない, はかならず, はだれ, はないだらう, はないだろう, はなくなった, はねえ, はまるで, はよく, はわれ, は一人, は何れ, は何者, は信長, は先ず, は光明, は前, は坑夫, は城太郎, は多く, は多く其家, は大きな, は寝, は少い, は居ない, は幸, は彼ら, は後, は必ず, は必ら, は日本一, は時代, は未だ, は来い, は来り, は極, は殆, は殆ど, は無い, は片端, は皆敵, は皆神, は祖霊, は稀, は虚無僧, は裁判官, は警官, は赤い, は非常, は黄忠, ばかりといっ, への貴重, もあっ, もあります, もそこ, もなし, もチョイチョイ, も下, も多く, も大分, も女, も少く, も少なく, も想像, も来る, も相当, やらで, や伊祖, や出勤, や強請, や裸馬, や騎馬徒士立ち, よりずっと, よ幸福, をちょろまかし, をぢ, をほんとに, をみんな, をアマミキョ, を引き, を強いて, を待ちかまえた, を歓迎, を禦ぐ, を突出す, を見つける, を見ろ, を警戒, を迎え, を遠く, 入れないぞ, 又自ら, 多く借料一週間一円, 多し, 必ず斬新奇警人, 抱かれて, 拒まずという, 来る者皆, 極めて多かっ, 負われて

▼ 来る~ (378, 0.9%)

22 どうか 10 来ないか, 来るかと 9 明日は 6 え, わからない 4 わからないの, 知れたもの 3 それが, それを, ッ, 分らないと

2 [30件] して, それは, です, どうかも, どうかを, どうか分りません, わかりませんが, 今の, 出て, 分りません, 判らないの, 否かを, 打ち続く霖雨, 来ないかが, 来ないかは, 来ぬか, 来ぬかを, 来ねえか, 来るか, 知らないが, 知らぬが, 知れたこと, 知れない, 知れないという, 知れないの, 知れない災厄, 知れませんし, 自分が, 見て, 鈴鹿の

1 [235件] あやふやであった, あるいはその, あるいはカムパネルラ, あるいは一つ, あるいは十日, あるいは思い切っ, あるいは現在, いい便り, いずれ天地, いっそ来, いつ来る, いはず, いまに, いま来る, いろんな事, おいらあ, くるかと, こう思っ, こったら事, この二つ, この船, この若い, この説明, これまで, これや, さっぱり見当, さもなければこっち, しれない, しれなかった, じっと見, すると, そうでなけれ, そのおれ, その志向, その筋道, それすら, それとも宿屋, それとも手紙, それとも近所, それによって, そんな事, だ, だッ, ちょっと当て, つどうが, でなけりゃここ, とにかく来るべき, どうかが, どうかさえ, どうかと, どうかという, どうする, どうだ, どこへ, どちらかに, どっちか, ないしはズルズル, なにかし, ねじって, ふしぎな, またはその, または彼, まだ明確, もう来る, よういうたある, よく判っ, よく確かめ, わからず若し, わからないぞ, わからないと, わからないよう, わからない侵入者, わからない白刃, わからなかった, わからなかったし, わからぬ, わからぬが, わからぬところ, わかりは, わかりませぬが, わかりません, わかりやしないつて言, 一週間以後に, 七日目に, 予想されない, 予測を, 事件の, 二つに, 二階から, 今出, 今日来る, 今来る, 何う, 何うだ, 何時来る, 使いを, 信越線から, 信長は, 俺は, 倉地という, 僕が, 全く見当, 其時何方が, 分からない, 分からんし, 分らない, 分らないこりゃ, 分らないし, 分らないという, 分らないので, 分らないもの, 分らないん, 分らなかったもの, 分らぬが, 分らねえもん, 分りは, 分りませんわ, 判らない, 判らないから, 判らない女中, 判らなかった, 判らぬ, 判らねえ, 判りませんぜ, 判りゃしません, 勇敢に, 又は純粋直観, 又は船, 又今夜, 君うちの, 君それでも, 否か, 否や, 喋って, 嘴から, 夜が, 大分盛っ, 大河原へ, 天文学者が, 夫こそ, 家処を, 察する, 対手に, 帰るにも, 彼らには, 恐しと, 悲しい黒装束, 或いはカムパネルラ, 或いは又, 或ひ, 手紙が, 手紙を, 教えて, 数年後に, 斬って, 斬らせて, 日本などより, 日本人, 明に, 書く私自身, 最早美留藻, 未定の, 来たと, 来て, 来ないうち, 来ないかって, 来ないかで, 来ないかという, 来ないかを, 来ないの, 来ぬかも, 来まいか, 来らぬか, 来るなら来い, 東京風に, 東海道から, 楽しみじゃ, 此問題は, 毎日ビクビク, 気を, 江戸表で, 深く来る, 火事に, 犬が, 理知主義の, 生活力の, 畜生来, 皆目見当が, 皆知らずに, 真理主義としての, 知って, 知ってるかい, 知らぬ風, 知らねえが, 知らねど, 知らんと, 知りません, 知れたもん, 知れないから, 知れないのよ, 知れないよう, 知れない不安さ, 知れない用事, 知れなかったん, 知れねえこれ, 知れねえな, 知れやしない, 知れやしません今夜, 知んな, 禿を, 私も, 窺って, 考えて, 自分の, 自然に, 行こうか, 見に, 見ものだ, 見ようと, 覚えて, 解らない, 解らないで, 解らないほどに, 解らない事, 解らなかった, 解らんもん, 訣らない, 誰か一人が, 買って, 足音を, 途絶えては, 金を, 鏡の, 鞭の, 馬の

▼ 来る~ (362, 0.9%)

3 と同じ, に, の姿, はどこ

2 [24件] がある, その稀, だ, にお, にそれ, には, にはこんな, にはもう, には彼, には必ら, には瑠璃子, にも, に母, に男, に見た, に限っ, のよう, はいつも, はきっと, はこの, は何, は必ず, 作る心, 持つて

1 [302件] あの森, あ針, お清, からぼろ, から別に, から気づい, があつ, があるだろう, がきっと, がございます, がんばって, が不意, が来る, が来るだろう, が来れ, が近づい, こそ腹, この対立, この裏, この部屋, この雨雲, しつぽ, すでにこの, すら多, そういう本, そこで一足, そして樹木, その人, その大, その提灯, その眼, だけは人間, だろうそう, である, でしょうか, です, でなけりゃ来やしませんから, でもなかなか, でも叔母, で二人, で善い, で船, と妹, と来ない, どうか死なない, などには宅, などは憧れ, などは素肌, などは頭, など忙しく, など殊に, ならぬ冷え日, なり, なんかでももうこれから, にあたっても解決, にうま, にうんと, にきっと, にきつ, にくれぐれも, にこっち, にこれ, にそういう, にそんな, についつい, にとった, にとつ, にのみおま, にはあるいは, にはあんな, にはいつも, にはいつもそう, にはきっと, にはさすが, にはしばしば, にはそれから, にはただ, にはなぜ, にはみな, にはよく, にはトントン拍子, にはメンデルスゾン, にはリ, にはリュクサンブール, には一, には一晩, には人, には今, には伯母さん, には何, には兵卒, には出くわしたくない, には噴出, には妙, には山門, には屹度, には己, には常に, には彼女ら, には必ず, には必貸家, には投身者, には招かず, には数百, には早め, には服装, には毒, には気, には気がつかなかった, には気づき, には海, には深い, には温泉行き, には篤さん, には老衰, には花火, には苦しかっ, には路傍, には遠い, には間違い, には随分, には食事, にふと, にまた, にも並, にも俺, にも町, にも落馬, にも見かけた, にも隙, にゃアお客, にや俺, によく, にメイ, に一切, に不, に何時も, に使う, に使つた竪, に出来た, に前面, に千代, に受けた, に受け合った, に君, に御, に拾っ, に持っ, に日記帳, に時計, に月明, に渡った, に着る, に突い, に自分, に舟, に若し, に荷物, に薫, に袂, に見, に見えなかった, に見る, に言った, に警察自動車, に道, に金, に頭, に頼ん, に風間さん, に馬車, のおれ, のらん, のネルロ, の事, の仕事着, の企画, の光景, の召使い, の外, の定まらぬ, の彼女, の彼女達, の支度, の方, の日限, の楽し, の様子, の歌, の気持, の気持ちそつくり, の痛, の目標, の着換, の華々し, の趣, の足, の迅さ, の雑音, の飛行機, の高城, は, はあまり, はその, はそれ, はたける, はまた, はまだ, はもう, はやるせない, はよく, は一人, は一週間分, は仏, は何時, は全く, は其前提, は冑, は印度洋, は四五日, は堯, は多少, は大きく, は大抵, は如何, は宮, は家, は快く, は怖い, は既に, は朝廷, は東海道, は正に, は気, は気がつかなかった, は気がつかなかつた, は流石, は海, は無, は燈, は狐, は祖, は私, は自動車, は自身, は被害者, は許し, は誰, は諸, は郊外, は馬, は馬車, ふと玩具, への誓約, ほど彼, ほど気候, までここ, までそのままぼんやり, までにはやっと, までは其処, まで待っ, まで想像, まで預け, もあり, もありました, もありましょう, もあり来ぬ, もう階子段, もなかっ, もまるで, ももう, もわれわれ, も一人, も何, も前, も思い出, も私, も降る, よりはずつと住み, よりも初め, よりよけい, をお待ち, を待っ, を待つ, を待とう, を迎え, 丁度こんな, 何とか云, 前借金, 即ち或は刈上げ祭り, 古い仏壇, 打払方, 最も魅惑的, 本基, 現にし, 見えたろう, 見えませんでしたね, 覗いて, 詠んだ長歌, 誤まって, 通った確か, 高い木

▼ 来るまで~ (348, 0.8%)

10 待って 9 彼は 7 私は 6 ここに 4 彼の 3 ここで, 伸子は, 少し間, 手を

2 [11件] どこに, 一人で, 代助, 否応なく, 売薬の, 待つこと, 待てと, 此処で, 瑠璃子は, 誰も, 辛抱し

1 [278件] あすこの, あそこに, あたし抱い, あまり気, いっしょに, いやつい, おげん, おとなしくじっと, お互いに, お前この, お墓, お増, お延, お行儀, かいつまんで, かからねば, くすぶり烟って, こうし, こうして置く, このよう, この一間, この小僧, この甘酒茶屋, こんなに工場, こんなもの, ご隠忍, さかんに, さまざまな, しかし誰, しばらくそれ, じっと自分, ずいぶん気, せめて髯, ぜひ生き, そうしてお待ち, そこの, そこを, そしてその後, そのま, そのままに, その一年じゅう, その儘凝ツ, その光, その場, その婦人, その態度, その日, その箱, その間どういう, その騒ぎ, ただ遊ん, だ, つ, ついぞ誰一人, つまらぬ男たち, であって, です, とうぶんここ, とても待っ, とにかく一時手, どうあっ, どうしても待っ, どうする, どうだい君, どこにでも, どこへも, どこを, どっちみち現場, なだめて, なんという, なんとかし, ひそんで, ふたりは, まるつ, みんなは, やはりこの, やろうや, ゆつくり, よく分らなかった, よろしく留守居, わたしたちは, ビールを, ブロード, ホン, 一つ行こう, 一人も, 一寝入りする, 一時沈滞の, 一服や, 一睡り, 丁度五日の, 丈夫でい, 三日も, 世から, 世の, 二人ほしい, 二時間待った, 五六時間も, 井戸水を, 人間の, 仕事は, 仮に埋葬, 会議が, 伸子たちは, 佐古は, 何かと女房, 何だか知れぬ, 何も, 何やら言い知れぬ, 何より不安, 何一つ手を, 作者は, 保の, 俺たちは, 僕にも, 僕は, 兄には, 先生は, 全然さだ子, 公孫, 兵士達は, 再戻つ, 凋むこと, 勉強を, 動けないと, 動けなかったので, 勘定に, 勤めて, 勿論犀川, 十分程, 千枝子は, 半蔵は, 双方とも, 叛賊の, 君が, 周囲の, 咲きつづける東北, 因縁を, 坊は, 坑夫を, 城中に, 外で, 外に, 外を, 多計代, 娘を, 孔雀の, 実はあたし, 実現しなかった, 容易でない, 宿で, 富岡の, 小一時間病人, 小林は, 少し寝, 少し待っ, 山の, 山上の, 山科へ, 幕僚の, 平次も, 庭を, 待たねば, 待ちます, 待ち草臥れた, 待ってるよ, 待つが, 待つては, 待つと, 待つよう, 待つん, 待つ積り, 待てば, 後を, 御米, 志を, 快い安眠, 怒鳴りつづけ暴, 恒子は, 想像し, 感じること, 戻れと, 手が, 手に, 手前は, 抗日は, 授業は, 控えて, 散りこすな, 新聞を, 日々の, 日本現代劇の, 早稲田の, 昼寝でも, 暫く在職, 本陣にのみ, 杯を, 東京の, 林田が, 枯れ枝の, 格別の, 樹に, 欄干にも, 死ぬべきもの, 殆ど何物, 殴らせて, 氏の, 氏は, 気が, 気長く, 決して叔母, 沈黙が, 泊まらして, 泊り込んで, 浅井は, 浩は, 源氏は, 火ば, 父を, 生きる事, 甲斐は, 留さんの, 留めて, 病人の, 発表は, 目白押しを, 相談を, 矢代正身は, 知らなかった, 知ること, 祈祷を, 私たちは, 私の, 私を, 秘めて, 笹村は, 米国の, 素子の, 絶叫する, 続いて, 繰り返し繰り返し愛読, 肱で, 胸が, 腰湯パップ又は, 自分に, 自分の, 舞ったり, 色々と, 花を, 見て, 見張って, 見渡す限り雪, 親しく其装飾, 親戚の, 解かれない, 詰りお, 誰とも, 貸しても, 起きないで, 身を, 迎えるん, 遊びに, 遊んで, 達者で, 遠慮したい, 遺骸を, 部屋を, 長い間二人, 附いて, 陽子は, 随所に, 電車の, 静かに, 預つて, 頑固に, 鳥渡云い出し, 鶴雄は, 黙つてる方

▼ 来るかも~ (327, 0.8%)

47 知れない 37 しれない 17 知れないと, 知れません 12 知れぬ 7 知れないが, 知れん 6 しれません, 知れないから, 知れないという 5 知れないの, 知れぬと 4 知れませんよ 3 しれないと, 知れないよ, 知れぬの, 知れませんが, 知れんと

2 [16件] しれないが, しれないぜ, しれないよ, しれぬ, しれませんね, わからない, 知れないぜ, 知れないぞ, 知れないね, 知れないん, 知れぬから, 知れぬので, 知れぬ撞見, 知れねえ, 知れねえから, 知れんが

1 [104件] しらないけれども, しれないから, しれないからね, しれないって, しれないという, しれないな, しれないね, しれないの, しれないよう, しれないん, しれない敵, しれない明日, しれない自分, しれぬいや, しれぬと, しれぬと共に, しれぬの, しれぬ動坂, しれねえからな, しれねえぜ, しれませんから, しれませんが, しれませんよ, しれません肩, しれん, しれんが, しれん用心用心, はっきりは, わからないの, わからないのみ, わからないわ, わからない今日, わからない場合, わからない津波, わからぬ怖, わからんと, わかりません, 分らない, 分らないん, 分りません, 分れしませんが, 判らないぞ, 判らないと, 判らないので, 判りません手, 存じませぬゆえ, 知らなかった, 知れずという, 知れないからと, 知れないからな, 知れないからね, 知れないけど, 知れないこと, 知れないそんな, 知れないなどと, 知れないほど, 知れないよう, 知れないわ, 知れないわよ, 知れないッ, 知れないテ, 知れない不思議, 知れない今日一日, 知れない俥, 知れない名台屋, 知れない私, 知れない落葉, 知れなかった, 知れなかったその, 知れなくつて, 知れぬえ, 知れぬが, 知れぬといふ, 知れぬナニ, 知れぬ世田ヶ谷, 知れぬ苦しみ, 知れぬ鶴原, 知れねえからな, 知れねえぜ, 知れねえどっこいしょ, 知れねえのに, 知れねど, 知れませぬ, 知れませんから, 知れませんからね, 知れませんがね, 知れませんけれど, 知れませんし, 知れませんでした, 知れませんわ, 知れません石, 知れや, 知れんがね, 知れんけんど, 知れんぞ, 知れんという, 知れんど, 知れんどうせ, 知れんな, 知れんの, 知んねえから, 解らないけれど, 計り知られぬ, 謀り知れないやう

▼ 来る~ (272, 0.6%)

15 がある 14 もある 9 になる 8 になっ 7 になつ 6 になった 4 があった, である, もあり 3 は来る, もあつ, もあります

2 [22件] があります, ができない, だ, だってある, では, と思っ, なの, にし, にした, にしよう, になつたの, になりました, の体, の出来る, はならぬ, はならん, は私, もあれ, も稀, を, をある程度, を用

1 [148件] あり, ありしを, ありやと, かと思い, かと思う, かと言, かも知れない, があっ, があったら, がありました, がしばしば, ができた, ができなくっ, ができる, がない, がはなはだしく, がわかるだろう, が何, が出来, が出来ず, が出来た, が出来ない, が出来ました, が出来ません, が出来る, が判つて, が多い, が夜, が屡, が当然, が忘れられ, が自覚, が誰, さえあった, さえある, さえできない, すらある, だけは確か, だって有りうる, だと, だろう, だろうと, であ, であった, であります, でせう, でも明らか, で普通, となりました, と存じます, と存じまする, と思います, と思ふ, なし圃, なので, なら一寸, にしませう, になつて, になり, にやりきれなく, に対しても世間, に成功, に為よう, のない, の出来ない, の出来なかつた, の考へられなく, はありました, はありますまい, はありやせん, はあり得ないでしょう, はい, はさ, はたしか, はたとい, はない, はなかろう, はめったに, は今, は出来ない, は出来ぬ, は受け合う, は地獄, は度々, は恥, は明らか, は昔, は有るまい, は来た, は来るだらう, は来るだろう, は極, は極めて, は殆, は相, は相成らぬ, は神聖, は稀, また稀, もあった, もあるだらう, もあるだろう, もあるであろう, もしない, もないでしょう, もほとんど, もやや, も出来ない, も出来ないでしょう, も出来ねえ, も動詞化, も彼, も無い, も物淋し, やら大坂出来, やら帰っ, をお, をもっ, を予想, を云います, を云う, を云っ, を今日, を以て無名, を勧め, を大変厭, を待つ, を忘れなかった, を思つた, を意識, を望みたい, を望ん, を疑ひません, を知っ, を知つて, を知らせる, を考へた, を考へない, を自覚, を自身, を許し, を話した, を誰, 多く主人夫婦, 断じて疑い, 短い間隔, 近しとの, 遅きを

▼ 来るやう~ (270, 0.6%)

29 な気 15 になつ 10 に思はれた 85 なこと, に 4 であつ, な場合, になり, に云つて, に思へた

3 [11件] だった, である, な, なもの, な事, にさ, にな, になりました, に思はれ, に見えた, に言

2 [13件] でした, なる雨, な不安, な声, な気持, な習, な話, にし, にと書い, にと言, になる, に思はれる, に頼んだ

1 [119件] だが, だと, だよ, だ戻つて, でこんな, でございました, です, ですから, でなければ, では, でぱつぱつと呼吸, でゆき子, で仕方, で別け, で歩けやしない, で老爺, で胆, なしめつぽい, なそして, なそんな, なとき, なの, なもう少し, なん, なカラツ風, なドレミファ, なボウ, なラガド, な一時的, な不快, な不自然, な人, な人物, な処, な切な, な初心, な厚ぽ, な圧迫, な奇蹟, な奴, な嫉妬, な客, な心もち, な心もちさ, な心地, な心持, な恐ろしい, な患者, な手合, な方法, な日, な明治中世東京各地, な様子, な気さ, な気持ち, な沁, な沈んだ声, な涙ぐましい, な無気味, な眠気, な知識, な者, な街なか, な言葉, な足音, な身代, な隠居, な面白, な顔, な香り, にいつ, にいひつけました, にお, にきこえます, にこっち岸, にし向けなけれ, にそんな, にといつ, にといふさそひ, にといふ母, にといまさら, にと云つて, にと再三, にと刑事, にと幾度, にと招き, になった, になります, になりませうなら, にもなつて, にも思はれます, にも思ふ, にも思へるで, にも見えた, にわざ, に云, に何となく, に命ぜられた, に和尚, に思, に思ってる, に思ひます, に思ふ, に思へる, に思へ出した, に感じた, に感じられなけれ, に感ずる, に抜いた, に描かれ, に日々, に朦朧, に考へられ, に聞えた, に聞えます, に聞こえる, に言付け, に話, に通知

▼ 来るところ~ (265, 0.6%)

9 ではない 8 だった 7 じゃない, のもの 65 がある 4 であった 3 だつた, でした, ではありません, なん, を見る 2 がありました, であつ, であるが, です, の, もある, を, を確か, を見た

1 [186件] から出発, から発する, があった, があり, がおれ, がこっち, がこの, がすこし, がない, がなく, が先ず, が壮観, が変化, が必ず, が書生時代, が見える, が頗る, じゃねえ, じゃねえだ, だからネ, だったから, だったに, だったねエ, だと, だ盲目, であったろうが, であの, でありました, であります, である, であろう, でこの, でしたが, ですもの, でない, でなく後ろ, では涙, では無い, でもな, で嘉代吉, で流れ, で無い, で私, で花嫁, で話相手, で颱風, なぞこの, などを歩いた, なんぞよく, にある, にいで, にいる, にこの, には山くじら, によって見れ, にわれ, に一通り二通り, に出逢われた, に向っ, に多少, に無事, に芝居, に身, に集まっ, に餌, ね, の一つ, の一隊, の不, の五字, の人, の人間, の切実, の力, の原因, の同じ, の小坊主, の帰国通行券, の快感, の意味, の感覚, の戦い, の方向, の明, の春, の最後, の短気, の結論, の編集, の興行, の色々, の芸術的天才, の行動, の製作, の諸, の驚駭, はお, はかく, はこれら見物, はさすが, はどう, はなかなか, はまず, はエルム, は一層, は互, は何, は同じく, は学説, は恐らくは, は自然, へ, へきた, へは出やがらない, へ上, へ低, へ出, へ来た, へ白雲, へ蔵六, へ虎跳, へ行っ, まで, まで来た, もわかっ, も出, も文学, も汽車, も漢中, も無い, よ, らしいが, をともに, をぱったり, をみつけた, をみる, をもう少し, をも究明, をやる, をグッ, を上, を不意, を二階, を信昌公, を儀礼的, を取, を取っ, を受け, を受けとめ, を受ける, を大手, を尋ねる, を弁, を引込ん, を待, を待ちうけ, を得, を心理的, を思ひ, を我が, を択ん, を捉, を掌, を探っ, を浅く, を無理, を理解, を真っ向, を眼鏡, を知る, を研究, を礑, を究めたう, を穿鑿, を繹, を老人, を考えれ, を見, を見かけた, を見ました, を見られ, を詳, を論述, を雷撃一閃, 赴く客観的, 還って

▼ 来る~ (256, 0.6%)

57 も来る 9 来る日 6 の光 5 も, も同じ 4 がある, だ, を待っ 3 である, もくる, も彼女 2 が来た, だった, には例, のある, も無, も私, を待ち, 来る夜

1 [137件] かなかなしく, が, があり, があるだろう, があるであろう, がきまった, がすべてそう, がずんずん, がない, がやって来, が元旦, が幸福, が心待ち, が有りましたら, が軒端, だぞと, だつた, だね, だのに, でしたね, で家, で無いと, で電報, なので, なり, なりが地方, なり語れる日, にかぎつ, にはちと, にはわざと, には暮れ, には毎年必雪, には茶の間, にや, によく, に炙られた, に順吉, のやう, の儀装, の如く, の幸, の悲し, の昼間, の暮, の朝, の歌, の近, の近い, の退屈, の長閑, は, はあるまい, はおおよそ, はもちろん, は二階, は何だかのうのう, は入学式, は困る, は多分, は少し, は文字通り, は武蔵, は決つて, は眼鼻口, までここ, までじっと, までと出し, までは, までは昔, まで城内, もあら, もある, もあれ, もいま, もお, もお待ち, もこうして, もしゃべりつづけた, もそうした, もその, もそれきり, もつ, もなまぬるい, もにこにこ, もわたし, もエムデン, も五月雨, も何, も夢, も実に, も家, も平凡, も引きずり, も彼, も彼等, も念仏, も我, も拡げた, も日, も昼寝, も暮らさなけれ, も朝, も次郎兵衛, も洗濯, も海, も清水トンネル, も潮, も焼, も真黒, も稀, も糞, も翌, も考, も西, も賑, も赤い, も退屈, も鉛, も雨, も雪, も鼻, をあわれむ, をさびしく, をただ, を夢みる, を待ちくらした, を待ッ, を心待ち, を心得, を恐れ, を楽しみ, を盂蘭盆, を空しく, を約し, を迎えた, 少しあやしかっ, 来る日うつら

▼ 来る~ (221, 0.5%)

4 から, に, にもう, の日 3 に僕

2 [11件] にここ, にひそか, に吹く, に実は, に既に, に早, に私, に自分, のよう, の年, の晩

1 [180件] ある夜兄, ある欧洲人, うんと忙しく, お組さん, かあるいは, からあすこ, からあった, からし, からすわっ, からそれ, からそんな, からのもの, からの望み, からふっと, からよく, からわたし, から中学, から佩剣, から噂, から洋食, から独逸, から私, から西, から関ヶ原, から飲ん, から黒光, とった写真, とは別人, と同じ, にあなた, にあの, にある, にいた, にいったん, にうろつい, におかみさん, にお前, にお前さん, にかいた, にこっち, にことごとく, にこの, にすっかり, にすでに, にたくさん跳ね魚, にたしか, にちゃんと, にどうして, にどこ, には, にはいつ, にはお前どこ, にはたべたがる, には乾く, には何, にぱた, にひと月, にもだいぶ, にや, にわたし, にゴミ, にスイッチ, に一場, に一通り現場, に三人, に二, に今一度, に仙台侯, に何, に何で, に何処, に何故, に先, に兎, に出かける, に出来, に剃った, に割腹, に千島, に卜いし, に大変にこにこ, に太陽, に実, に屋根, に巣鴨, に強いて, に彦, に探した, に時間, に書い, に最う, に朋達三人, に杭州蘇州, に松平出雲守殿御家中, に桃谷, に死ん, に死骸, に母子三人, に沖縄, に沢庵, に津田, に渋谷, に漬物, に炉, に熔岩柱, に病院, に眠っちまおう, に砂浜, に研究, に確か机, に神戸, に穴, に突然, に能登守, に見付, に評判記, に話し, に誰, に誰か, に警視庁, に谷中, に起き, に退出, に部屋, に鉱泉, に雇っ, に離室, に青山, に頻, に飛込自殺, に黒船, のしらせ, のところあたり, の不安, の伸子, の年あたり, の彼, の快, の時, の様, の秋, の稲妻, の約束, の芝, の重苦しい, はしきりに, は反, は反っ, は大, は大工, は客足, は書き物, は病臥, は高輪, ぶこ胃痙攣みたい, へ一人, また執拗, までお, までにはともかく, まではその, までは女, までは混乱, までふたり, まで作爺さん, もうそれ, もしかしたら, よりも小さい, よりも私, アンテオクにおいて, 働いて, 号外号外と, 塩尻が, 岸を, 愛子は, 手紙で, 晩に, 胡瓜に, 触の, 隣りの, 電報し

▼ 来るかと~ (201, 0.5%)

24 思うと 16 思って 8 いうと 5 待って 4 思えば 3 思ふと, 思われた, 思われるよう

2 [12件] いうに, いえば, 云えば, 云へば, 思いながら, 思ったが, 思ったので, 思われる, 思われるくらい, 思われるほど, 息を, 言へば

1 [111件] いいますと, いふこと, いふと, いへば, いやどうぞ, いらいらし, おもうと, きかれても, そればかり, そればかりを, そればっかり, それを, そんなこと, たのしみに, はらはらし, ひたすらそれ, また身構, もじもじし, ビクビクし, ビクビクもの, 下駄つっかけ, 不図, 不眠に, 中村が, 云うと, 云ふと, 先生は, 兢々ともし, 内々心配し, 前晩, 半七, 去年も, 又次郎は, 友達は, 問われるかも, 固唾を, 多少気, 岸本は, 幾夜眠らず, 廊下の, 待たれるその, 待ちかまえて, 待ちましたが, 待ちわびしが, 待ちわびて, 待ち構えながら, 待ってるわけ, 待つた, 待つて, 待つ処, 心待ちに, 心待に, 思いちゃんと, 思いの, 思い仕事, 思い姫君, 思い絶えず, 思う, 思うとりました, 思うに, 思うほど, 思った, 思ったから, 思ったのに, 思ったら入り, 思ったら君, 思ったら誰, 思ったら頭山先生, 思つてゐた, 思はれた, 思はれました, 思はれるほど, 思はれる程, 思はれる自分, 思へば, 思やあ, 思われうつむけば, 思われること, 思われるばかり, 感じた時, 憂いたが, 拝観に, 枕に, 気が, 気に, 燗し, 申しますると, 疑う渓声, 疑ふ程, 皆な待ち受けた, 眸を, 私も, 空を, 窓から, 耳を, 聞く故, 菊路たちふたりは, 見えた, 見えたが, 見えるやう, 見上くれ, 言うと, 言うに, 言えば, 言って, 訊くと, 訊ねるであろう, 身震を, 鍛冶小屋の, 隆吉を, 首を

▼ 来るはず~ (200, 0.5%)

19 はない 18 になっ 12 がない 109 である, です 7 はありません 6 のもの 5 だから, であった, もない 4 だが 3 だったの, だと, では, はなかっ, もありません

2 [12件] がなかっ, じゃ, じゃが, だった, だよ, だわ, であるが, でした, なの, の, のない, の小杉正吉少年

1 [52件] あれへん, がございません, が無い, さ, じゃそれから, じゃなかった, だがと, だけれど, だぞよ, だったが, だつたので, だといった, であったこと, であった事, でありながら, であるの, でしたの, ですが, ですわ, でその, でね, とか何とか, と語った, なければ, なるを, なんかありゃしません, になった, にもなっ, のところ, のポチ, の人, の何, の友だち, の友人, の叔父, の大臣, の女, の思慮, の日, の法本, の直吉, の退却命令, の電燈代, はありませぬ, はなかろう, はねえ, もあるまい, もあるまいで, もないだろう, もなかっ, もなし, ゆえもう

▼ 来る~ (188, 0.4%)

2113 はない 12 がない 10 である 8 だから, です 6 だと, になっ, もない 5 になつ 4 だが, だったの, なん 3 ですが, はありません 2 じゃなかった, だった, だったが, だつたん, ですから, なの, の人, はねえ, よ

1 [57件] がおま, が無い, じゃった三菱, じゃ無, だからね, だったけど, だったこと, だった子, だった黄金, だよ, だ不自由, だ気早, であったけれども, であったその, であつ, であります, でご, でございますから, でしたが, ですね, では, で御座います, といいます, なので, なのに, なのよ, なんで, になつて, の, のとは一寸, のもの, のローラ, の人々, の同君, の想像的人物, の新, の樹明君, の武蔵, の母親, の沢, の海, の無い, の父親, の笹田, の自動車, の船, の芬蘭, の言葉, の金, はなかつた, は有りません, は無い, は無し, もあるまい, もなけれ, ァありません, 故知らせ

▼ 来る~ (155, 0.4%)

2 それに, 人にも, 僕は, 日給袋は, 殊に小さな, 逃亡の

1 [143件] あう人, あなたが, ある時, あわれげ, い, この書物, ごみっぽい, さらでだに暑い, じりっと, する事, そいから, そうかと, そう云う, そこに, そこらここら, そのとき, それから, それが, それにこれ, それにも, それ泣が, つむぎ屋さん, づけさ, でしてね, とにかく変ってる, どうかする, なにも, ひとが, ふたりだったら, ぼく達も, まして臨時, またどんな, またのめのめ, また後者, また有野, また生体, まるつ切り, めった風は, もうこんな, やがては, わたしは, わたしも, わっしゃ, ガラスは, ホントに, ヤマメも, 一九二八年, 一方作者, 一筆ごとに, 上糸目に, 乳も, 二三人寄るべから, 今まで, 仮埋葬, 何も, 八弥は, 其他幾らでも, 凡ての, 利ちやんも, 利男君も, 北川は, 午さがり, 又あんまり, 又いそい, 又好色, 又長家, 叡山へ, 口は, 台湾沖縄等の, 呼吸も, 喜劇的な, 営業の, 変な, 夜は, 夜明け前に, 大阪劇場も, 女が, 存外飽きない, 宇田荻邨さんや, 少なければ, 居なかったら世間, 山野に, 巌流は, 年齢相応に, 庭からは, 庭さきの, 当人も, 息を, 息子夫婦も, 托児所や, 文化の, 料理屑は, 日没近く土地の, 晩の, 木札は, 木立の, 村人は, 来ないの, 栄耀を, 橇も, 欲しいと, 歴史的事実として, 毬を, 気が, 気に, 汁粉小屋まで, 汝や, 決定的な, 泣きそう, 活動写真の, 海は, 深夜迷い込ん, 炊事し, 炭が, 熊も, 男に, 男優の, 眠くもな, 瞳は, 社会科学の, 私たちが, 私たちの, 私を, 総合的な, 縁談は, 縫いものや, 翻読にも, 聖歌を, 脈の, 自分でも, 苦労は, 言いつけたこと, 越中富山の, 近所の, 那し, 部下が, 鈴木静一も, 鎌倉の, 陽に, 飄亭碧梧桐露月四方太などの, 食物は, 髪の毛は, 鶏と

▼ 来る~ (135, 0.3%)

11 な気 7 になつ, になる 5 なこと, になっ 4 になった, に思われた, に感じた 3 にもなつ, に見える 2 だ, で自分, な御, になったら, になり, に感ぜられ

1 [70件] じゃあありません, だった, だねえ, で, であった, であったが, であります, でございます, で又, で古訓, で旅費, で無, なのろい, なもの, なニタニタ笑い, な不可思議, な事, な偉い, な化け物, な向き, な奴, な子供, な性質, な恐, な感じ, な昂奮, な森, な気分, な気持, な痛々しい, な社会的集団的性格, な臭い, な苦悶, な酔狂, な隙間, にさえ思った, にとありました, にとの用意, にと云う, にと言, にな, になどと云っ, になりました, になれ, に一見, に不思議, に云っ, に云つて, に同じく, に命じ, に大抵, に思, に思はれた, に思はれる, に思ふ, に思へた, に想えた, に感じ, に感じられた, に感じる, に成った, に成つた, に申渡し, に約束, に考へ, に聞える, に見えました, に言つて, に重, を見得た

▼ 来るとき~ (133, 0.3%)

2 にりっぱ, はその, もいつも, もう帰る, わからないよ

1 [123件] あの汽車, いつもする, かつては, かまたは, からこの, からひどい, から探しつづけ, から正使, がありまし, があります, じゃない, するどく君, そのとき聖女ブリジツト, そんなもの, たちまち柱, だけ云わ, であります, とは正反対, と同じ, など実に, など私, など馬小屋, なんかも通り全体, に, にしろ, にその, ににせもの, にはあらゆる, にはこれ, にはちょうど, にはどう, にはどこ, にはほうぼう, には一行, には何, には堅気, には太陽, には家, には御成門, には必ら, には怖, には晴れやか, には来る, には株, には気持, には沢山, には監獄, には苦しんだ, にもあなた, にわし, にわれわれ, に乗っ, に伊賀, に初めて, に彼, に戸, に持っ, に持つ, に立ってる, に認め, ねあの, のあの, のこなた, のその, のって, のやう, の声, の如き, の心持, の有様, の船中, の苦し, の道, はあと, はいくら, はお湯, はこっそり, はそれでも, はもっと仰山, はペンさん, は一, は例, は俺, は倉子, は傷, は前, は口, は堺屋, は大変, は安らか, は寺囲い, は山鳥, は来る, は殆ど, は気, は満足, は眼, は矢張り厭, は自分, は諸生, は賢, は追う, またあの, もうちゃんと覚悟, もおまえ, もこんな, もそう, も帰る, も明白, も通った, よりも帰る, を待つ, 何だかいい, 受けとったハガキ, 急いで, 感じたの, 持って, 早速帆綱, 果して私たち, 次第に上野, 生じる下品さ, 贈られたもの, 頼んだ箪笥

▼ 来るには~ (132, 0.3%)

9 来たが 4 来ましたが 3 及ばぬ, 来るが 2 勿体ない位, 及ばん, 来た, 来たん, 来て, 違ひない

1 [101件] あの無, あまりあどけない, いささか遅い, いろいろな, いろいろ苦心, およばないだが, およばないって, およばんただ, およばんよ, かなりめんどう, かなり長い, この娘, さだめし容易, すこし早い, ぜひとも一両日, そっちを, たいへんな, どうせ手ぶら, ぬかるみ石コロ道, はやすぎるでしょう, ひとかたならぬ, またとない潮時, まだちょっと間, まだ七日, まだ大分間, まだ少し間, まだ間, もちろん相当, やって来たが, アサが, ロフォーデンの, 一応の, 一月余りの, 三昧谷道三日市道葛野道などの, 二三回も, 二年越しの, 何か, 何かしら其処に, 僕と, 僕も, 億年兆年億兆年だ, 先ず何, 十年は, 及ばないから, 及ばないと, 及ばないやね, 及ばなかったん, 及ばなささ, 及ばぬとは, 及ばぬの, 及ばぬ己, 及ばんぞ, 及びません, 及ぶまい, 取って, 司教の, 命がけだった, 土地家屋, 大分手数を, 大分間が, 少し暇, 少し物好き, 川の, 彼女は, 微かな, 持って, 日本の, 明治初年から, 時期が, 最も便利, 月ヶ瀬を, 来たがね, 来たしいつも, 来たの, 来たらしいが, 来るだけの, 来るで, 来るはず, 横に, 機な, 歩いて, 死にかかったん, 泊らない方, 皆んな見張っ, 皆何か, 相当の, 相違ない, 眼あきの, 私だっても, 至極結構, 躊躇せず, 車の, 道路が, 違いなかろ, 閉口しとる, 間違いない, 電車の, 頭を, 驚かれるもの, 驚きますね, 麓で

▼ 来る途中~ (131, 0.3%)

32 いろいろ変, でもう, で二人, で伸子, で何

1 [118件] あたかも吉祥寺門前, あの児, いつどこ, いよいよ重態, いろいろ親切, からもう, この人, この庄吉, すでに刀, すでに義景, そのこと, そのひと, その川岸, その立札, たちまち相次い, ちょっと道, であるという, でおれ, でか或いは, でそう, でそれ, でだんだん, でとてつもない, でどんな, でなにか, でにわかに, ではなお, ではなかっ, でひとり, でもうちっと, でもその, でももう, でも其の, でも方々, でよ, でわたくし, で一度, で何と, で俄, で俄盲目, で偶然甚吉, で先生, で八幡宮, で写生, で前, で女, で姿, で寄った, で川沿い, で左, で巧み, で己, で彼, で彼女, で心細い, で思いだした, で息, で捨てられました, で星影, で栄, で海, で消え, で清葉, で獲物代り, で発見, で考えた, で耳, で自分, で落合, で見知らない, で見聞, で訳読, で買った, で買取つた, で追, で運命, で道路, で食べました, なの, なんか随分, にある, にあろう, にしまった, にそこここ, にて図らず, にはなんにも, にはまだ, には紫色, にも彼, に二人, に生れた, のさびしい, の加茂神社, の古道具屋, の彼, の思いがけない, の暑, の林, の田, の船, の菩提樹並木, の萎れ, の薬屋, の辻, の高空, もうここ, らしかった, をちょっと, チラリと, 丁度あすこ, 不図, 共に心肚, 召捕の, 始終手, 捕まえ損ねた怪美人, 早くも, 期せずして, 逸れて

▼ 来る~ (130, 0.3%)

7 来る客 4 もある 3 がある, も来る 2 に平素, に軽い, のなか, の中, の声, の為, の顔, は厭, は色, もあった

1 [93件] から区会議員, がない, が可, が噂, が皆それ, が終日, が絶えなかった, という, というの, といったら, とては悪, とても三日, とは物, と入れ替わり立ち, と大津, と応待, には何かしら, にアッテンド, に叮重, に売り出し, に憎しみ, に注意, に鋭い, のうち, のうち一人, のため, の一人, の一件, の下駄, の会話, の前, の常連, の待合所, の或は, の望, の気, の目, の話, の誰, の雨外套, はありません, はいくら, はいま, はいわゆる, はきっと, はその, はたいてい, はない, はなし, は一間, は何, は入れ, は十人十, は宝石, は宴会, は斬れる, は映画, は有ります, は殆, は漸く, は特別, は狐, は皆, は相, は自分, へ対し, もあっ, もあつ, もあり, もあります, もあるまい, もあれ, もが黙, もまるで, も二, も仲, も有りません, も朝, も無し, も誰一人銅鑼, をお, をつかまえ, をみな部屋, を一列, を取次い, を基礎, を待った, を拾っ, を見る, を謝絶, を迎え, を追, 又遠隔

▼ 来るまでは~ (124, 0.3%)

2 すがれたらすがって, それを, 何も, 待って, 私が

1 [114件] いたずらに, かならずこれ以上, かねて娘, ここは, ここを, このよう, この平衡, この歌, これは, そこで, それが, それともお前, それに, だれも, どうしても亭主, どうしても待つ, どうぞ軽はずみ, どこを, どんなこと, どんなにし, ほとんどわき目, まだまだ勤められる, まだ鎖国, みんなもっと, むっつりとして, もう二度と寄合, もっと汚, やめないはず, わけの, コペンハーゲン市西南へ, ヨーロッパ式の, 一時間かかる, 一縷の, 三人とも, 主幹の, 事務所は, 二人で, 今浜といった, 他の, 会わないから, 何が, 何の, 何を, 余り現場, 俺は, 僕は, 充分に, 全く何, 兵馬さんは, 別にこれ, 別条が, 前の, 勤めても, 医者の, 千歳に, 叙景にも, 口へ, 同じ問題, 否でも, 吾を, 地上に, 大会へ, 如何にも柔順, 妻は, 子供達は, 安全という, 家臣と, 帰らぬ, 常人の, 幼い時, 幾分事件, 彼女こそ, 忘れて, 怖くって, 想像も, 憲兵と, 手出しが, 手紙を, 敵には, 斯うし, 来ても, 構うまいという, 武蔵様と, 毎月一回位あった, 気が, 決して家, 河の, 無かった, 無暗に, 無難, 物々しい見張, 現場は, 皆帰さない, 私からの, 私たちは, 絶えず皆, 縛られたまま, 聞いても, 自分の, 自分は, 自分を, 船を, 若し泥棒, 荷馬車一台百姓一人に, 落着か, 見たの, 覚えて, 誰も, 警察医に, 身体を, 辛うても, 近道と, 黒子の, 黙止すべき

▼ 来る~ (122, 0.3%)

10 見て 6 見れば 4 見る 2 待って, 待つ, 待つが, 目科は, 禁じ得ない, 見るに, 見るより

1 [88件] かしき夏, ことごとく殺し, この寺, さまで厭はず, ぢさんを, なつかしむ, ぽんと, まち申, よく見れ, 上品と, 予知せず, 予防した, 何も, 俟ち, 俟って, 俟つ, 信ずといふ, 候いよく, 候って, 兎旨く, 半分聞き, 受取り二人, 向う様, 吸い落して, 吸い食う, 吾見ぬ, 喜んで, 境にて, 妨げんが, 寂しみゐ, 尻目に, 影勝王が, 待たうと, 待ちおれ, 待ちかまえた, 待ちしに, 待ちたりけり, 待ちて, 待ち一, 待ち倶, 待ち兼ねて, 待ち女ども束髪, 待ち東仲通, 待ち給, 待ち要撃, 待った, 待ったが, 待つこと, 待つや, 待つらん若者, 待つ由, 待受けました, 得べし, 恐れては, 感じつつ, 慮りわざと, 拒まずという, 指折り数へて, 望んで, 温かく迎えます, 物とも, 留むる呪あり, 目に, 知らずや, 知らんや, 知りて, 祈るに, 老紳士, 能く, 見, 見これ, 見たと, 見ると, 見使, 見土穴, 見驚きて, 覚えたり, 覚えるの, 覚ゆ, 覚ゆる, 親しく見た, 認めつつ, 辞せず, 遅た, 避けかくして, 銛を, 鍔元競り合い, 飜り

▼ 来るのに~ (121, 0.3%)

5 気が 3 今日は, 身を 2 何の, 敵は, 目を, 私は, 違ひない

1 [100件] あの人, いく夜, いつまで, いつもいつも同じ, いつも夜船, うんざりした, えらそう, お前に, かわりは, きょうは, こうビクビクする, ここでは, こんな手, さも似, その姿, その後管楽の, その法事, その頑張り, それすら, そんな山奥, ぞっとした, たった一人, だいぶん永く, でっくわせました, なんの, はらはらと, まだ船, まぶしくなったらしい, まるで夢, みんな一応, むしろ驚嘆, もはや照れ, わきへ, わしには, わたしは, デアデヴィル, 一々お金, 一向間拍子, 一層心, 一度も, 二頭の, 人々は, 人に, 人間の, 人間ばかりは, 会ひました, 会ふこ, 何うし, 何人か, 作戦計画の, 候, 傍に, 出合つた, 君江は, 唖然として, 国によつ, 増産の, 壼として, 外ならない, 夥しい軍艦, 大洋を, 姉は, 家を, 就ては, 幾つかの, 幾分か, 弁当を, 彼は, 従つて先刻妹の, 心附いた, 手間を, 有島の, 本の, 校門の, 次の, 次郎は, 此家で, 武蔵の, 歩いて, 気ずいた, 気を, 汽車賃は, 漁夫たちは, 特別の, 玄関まで, 疲れ果て, 目が, 直接心掛かり, 碌な, 突き衝てられ, 胆を, 胸を, 自分の, 自分は, 船で, 見合から, 逢つて立留つてその, 逢ひました, 風邪を, 骸が

▼ 来るとは~ (109, 0.3%)

5 思わなかった 3 思って 2 よくよくの, 思いがけなかった, 清吉汝も, 考えられない, 限らないので, 飛んで

1 [89件] あくまで野放図, ありがたいから, あんたか, あんまり遠慮, あゝ神仏, いえその, いって, いつたけれど, おかしい, おもって, お松の, けしからん, その上義王, その時, どういう意味, どうしても考えられない, どうも思はれませんでした, どうも思われませんでした, なんたる, なんとも合点, まったく天, よくよくな, よくよく思い合っ, わたくしどもでも, 一寸想像, 不思議な, 中国の, 二人の, 云えない, 云っても, 云つてた, 云われないだろう, 何ういう, 何ごとか, 何だ, 何という, 何ともは, 何と奸智, 何事だ, 何人も, 余り生地, 余程間抜, 作り話なら知らぬ, 信じられぬ, 全く伊藤, 判らなかつた社長, 友達甲斐が, 只事でない, 可愛らしいところ, 大人げない, 奇怪である, 実に私, 御定連, 怖いから, 思いがけないだけに, 思いますけれど, 思いも, 思えなかった, 思えなかったの, 思つ, 思つてゐなかつた, 思はなかつた, 思ひも, 思わずおそらく, 思わず銀座, 思われないほどに, 思われなかった, 怪しからぬ, 惘れ返った大胆者, 想像しなかつた, 感心感心, 昔から, 望むところ, 極っては, 物数寄な, 知って, 知らないもの, 私は, 美事ねえ, 考へなかつただらう, 言いながら, 言っても, 言つてゐた, 身の程知らぬ, 限らない, 限らないの, 限らなくなる, 随分好い, 非愛国的

▼ 来るわけ~ (108, 0.3%)

17 である 12 です 7 だ, はない 5 もない 4 でしょう, では 3 でも, はありません 2 がない, であります, であるが, でこの, にはいかない, に行かない, のもの

1 [32件] がありません, がある, だから, だね, であろう, でこうした, ですから, ですが, ですけれども, でせう, でそう, でと, で観念論的世界観, なの, にいかない, になっ, にはいかなかった, にはいきませんでした, にはゆかなかった, には行かない, には行かなかった, には行かねえ, にもいかない, にもいかないでしょう, にもいかんらしい, にもゆかず, にもゆくまい, のない, のわからない, はなかっ, はなし, は分つとる

▼ 来る~ (107, 0.3%)

3 に俺 2 に水蒸気

1 [102件] お菊, かれは, この痩肉, しばらくお待ち, で一日岸本, なんにもたべなかった, にあれ, にいつの間にか, にいつも, にお, におばさん, にお嬢さん, にお雪さん, にことごとく, にした, にそこここ, にその, にそれ, にどう, には犬, にまったく, にもさげすん, にもそれ程, にもともすると, にもまだ, にもやはり, にも荒川, にナン, にモデル, にローリング, に三ヵ所, に三分, に二, に互いに, に今, に何者, に使い, に偉丈夫, に全身, に兵馬, に其, に向う, に土人, に変っ, に屏息, に山陽, に岩角, に年月, に手拍子, に振返っ, に明, に景子達, に最も, に柔, に死骸, に池上, に清々, に父親, に牛, に甲野さん, に男たち, に相当, に紋太郎, に膳, に葛岡, に見, に見た, に解決, に話, に逃げ, に途中, に部屋, に風波, のこと, のたった, の二三時間, の夕暮れ, の岳, の心細, の想像, の手持無沙汰, の真暗, の私共, は, はここ, は小, は短く, は資本家, もお, も今にも, も殆ど無言, も無く, やつて, ゆっくら, を何, を兼好, を大きな, を芸妓, 多少物珍, 少し主, 置いて, 逃げると

▼ 来るその~ (106, 0.2%)

2 声は, 小僧が, 汽車の, 点が

1 [98件] あたりの, おおらかな, きまりのな, ことからだけ, ことも, たびに, ための, ひとを, むら雲を, ような, ような死にそこない, わずらわしさ, 一つには, 一切の, 不可思議な, 中の, 人に対しての, 人の, 伝える所, 侍を, 傘を, 光は, 光景は, 光景を, 冬に対して, 出合頭に, 出所は, 動きが, 動揺を, 勢の, 口もとが, 吉川夫人を, 埃で, 場面の, 声も, 夜鰹即, 大和尚が, 夫妻の, 好意には, 妾宅の, 子までを, 家では, 容貌が, 少女までが, 山道を, 帯が, 度に, 心を, 心理だ, 意気を, 感覚が, 手拭は, 日の, 日光例幣使の, 時寺では, 時計を, 様子も, 武士は, 気味の, 水車の, 流動において, 涙を, 煙に, 煙は, 熱の, 生活心情が, 男は, 男を, 疑問に, 祈りは, 空気に, 筋の, 美しさ, 老人に, 背後に, 芝居が, 芥子粒ほどの, 芸者を, 茂りの, 裂け目から, 裏を, 話声は, 足音が, 跫音を, 運動の, 鐘の, 際の, 雌の, 雨も, 音, 音は, 頃の, 顔に, 顔は, 食事当番に対して, 馬には, 麻痺が, 鼻息の

▼ 来るたび~ (106, 0.2%)

83 に必ず 2 にいつも, にお, にその, にそれ, によく, に代, に何, に家, に自分

1 [77件] あるいは右, いつも天気, にあの, にあれ, にいつ, にいつもきまって, にいろいろ, にお門違い, にかならず, にけふ, にこの, にする, にちやほや, になに, にまた, にみんな, にわたし, にイヤ, にエエ, にエミリー, にカタクリ, にハンカチ, に云つたの, に今度, に兄, に兵馬さん, に其の, に各自, に同じ, に吐いてる, に吾が, に呼ん, に土産物, に地代, に増喜楼, に声, に夫婦, に子, に宝くじ, に寛斎, に小首, に彼, に彼女, に微笑, に握っ, に時々, に殉死, に母, に泊っ, に田舎町, に申します, に痩せた, に眠っ, に立ち留まっ, に立ち留まつ, に索然, に縮図, に耳, に腕, に船体, に若く, に蒼蠅, に言った, に謡, に近所, に道, に長良, に隣り, に雨風, に靴磨き, の小言, もしあの, わちき, 人知れず, 大きな桐, 撓む姿, 痛々しく痩せ

▼ 来るつもり~ (105, 0.2%)

10 です 8 だから, なの 5 だ, だった, では 3 なん 2 だけれど, だったん, でいる, でしたの, はなかっ

1 [51件] かい, かしら, か男, がなかっ, じゃ, じゃないだろう, じゃなかった, じゃろうが, だが, だぞ, だったから, だったが, だったの, だついては, で, であったそう, であるから, であるが, でいました, でございます, でした, でしたが, でしょう, ですからね, ですっかり, でも, で出掛けた, で出立つした, で引き, で待っ, で早く, で来た, で歩い, で残し, で深川, で用意, で美和子, で考へ, で自分, で荷物, で見当ちがい, なのね, なのよ, なら如何, なら戦地, なら飛行機, の盗賊, もなく, よ, らしい, らしかった

▼ 来る様子~ (105, 0.2%)

9 です 8 がない, はなかっ 6 だ, もない 4 がなかっ, である, もなく 3 であった, はなかつた 2 だった, なので, はない, はなく, はねえ, もなかっ, を見, を見る

1 [34件] がありあり, がありません, がした, がなかつた, がなく, がまるで, がようやく, が比較的, が物凄い, じゃねえ, だったか, だ分った葉巻煙草, ですから, でも知れた, で御座います, で立ち上っ, とござりますが, と言い, なのに, に彼, に自分, の底, はなき, はなし, は大臣, は活気, までが葉子, もありません, もねえ, も見えない, も見えません, をあの, を目撃, を見定め

▼ 来る~ (105, 0.2%)

9 がした 7 になった 54 はい, 遣は 3 かい, がし, になっ 2 がする, なん, になられた, になりました, はいが, はない, はなかっ, はひあり, 遣ねえよ

1 [49件] かいナア, かしらこの, かっ性懲り, かとその, かと彼, かな, かも知れぬ, か来ぬ, か止む, があっ, があったら来, がある, がつく, さえした, さえする, じゃな, だな, だろうそれ, でいた, でしょうね, でゐた, で切符, で子供好き, ない, ならば, なら世話, なら相当, なら行くさ, なんぞ昨日, にお, になったろう, になつ, になつたん, になりません, になる, のない, の立つた, はありません, はいはない, はいはなかった, はなくなるだろう, はなし, は有る, は無い, は萎え, もない, もなし, 遣ひは, 遣も

▼ 来る~ (103, 0.2%)

3 のため 2 が薄暗い, にモロ, に吹かれ, に妙, はいかにも, はそれでも

1 [88件] ありて, かと考へる, からし, か知らない, がこの, がひとしお, がまるで, が一段と, が冷え冷え, が初夜権以前, が多量, が寒い, が己, が広い, が強く, が得ならぬ, が御者, が松, が波, が湖水, が潮騒, が私, が胸, が被衣, が開け放たれた, が頻, が骨, すらが薄い, でございました, で時々, と一緒, にあらい, につれ四方, にもふるえ, に僕, に吹きあおられ, に抵抗, に海面, に胡蝶, に雪, に音, に飜, の, のきれ, のさむい, のふせぎ, のやう, のよう, のイタズラ, の中, の寒, の寒い, の意, の涼し, の涼しい, の為め, の香, はかなり, はさすが, はつめたい, はとても, はなまぬるく, はひやりと, はまだ, はもう, は一, は人, は侍従香, は割合, は半島, は吾ら, は彼, は既に極めて, は春, は村なか, は泥, は立木, は身, は野, は隠, もしくは墓所近く, もない, もなし, も日, も狂, も生ぬるく, をじっと, を避けよう

▼ 来る~ (87, 0.2%)

21 あらう 19 せう 7 あらうと 2 あらうが, しよう, せうか, せうね

1 [32件] あらうお, あらうか, あらうすると, あらうもの, あらう如何なる, あらう敵, あらう次, あらう母, あらう汝, あらう自分, あらう随分, いいじゃ, おりを, お前は, がしょうが, こらえ切れなくなって, ごわしやう, せうが, せうさ, せうし, せうもう少し, ちゃんとし, はござりませぬか, ほっとけば, 三十年この, 何か, 前もってこっち, 可いか, 女子が, 愚痴を, 相当の, 賑やかに

▼ 来るなり~ (87, 0.2%)

3 私の 2 何も, 彼の, 真青な

1 [78件] あのとおり, いきなりバア, いきなり又, いきなり変異, きよと, こういうお, こそこそと, この先生, しろ, すぐに, すぐ地, すぐ言った, その日, その辺, そんな馬鹿, ただならぬ血相, ためらった, と云, どっと肺病, なんとかし, はしたないこと, ほかの, もう私, ゆき子を, わがままも, ジーッと, スレ違いざま, プッツリと, ンまア, 事務所の, 二人へ, 二名の, 他人に, 仰天し, 使を, 僕と, 公孫, 内蔵吉の, 冷蔵庫の, 叱りつけたもの, 各, 向うへ, 啓吉に, 喘いで, 大地へ, 大声で, 大変な, 姉に, 寝汚, 岡安の, 彼方此方を, 息を, 慰めて, 或いは手薄, 昼の, 最前の, 権柄に, 海音如来の, 狼狽の, 由蔵の, 睡たさ, 石川に, 私から, 私共の, 罵った, 脚絆も, 自分の, 言った, 言って, 言葉を, 訪れの, 諸将, 霧原氏に, 面目の, 頭痛が, 養生の, 鵞鳥の, 鼻を

▼ 来るそう~ (82, 0.2%)

17 です 157 である 6 だが 4 ですよ 2 だから, だよ, で, ですね, な, なると

1 [21件] いって, じゃ, じゃない, すると, だけど, だけれど, だし, だども, だね, だ毛, でございます, でございますね, ですから, ですが, ですと, ですわ, で御座います, で水面, やねんけど, 云うみじめ, 云おうとして

▼ 来る~ (81, 0.2%)

63 だと, になる 2 から寒, だろう, ですから, にはあたり, にはもう, の時間, を見計らっ

1 [55件] からそろそろ, からのこの, から私, じゃない, じゃに, だあ, だが, でございましょう, でした, でしょう, ですがね, ではない, で見知った, となろう, なので, に, になっ, には, にはあたし, にはあの, にはお, にはどの, にはどれ, にはもう全く, にはわたし, には中根, には二つ, には改札口, には男, には職人たち, には茶屋酒, には蛾, には誰, には頂上, には麓, にまた, にや, に二階建, に成りました, に燃える, に陽, はお, はお力, は丁度, は丁度二番, は妻, は海, は病勢, は積雪腰, までには流され, までには自分, までは濃い, まで倶, まで眠らず, 潰れた村

▼ 来るばかり~ (80, 0.2%)

13 であった 12 である 11 だった 10 です 32 だつた, であつ, では

1 [25件] そのいじらし, だで, だ畜生, であったが, であります, である可笑しく, でお, でその, でただ, でどうか, でなくジュウヴェ, でなく人間, でなく余り, で中, で今にも今にも, で信号, で口, で家, で染, で楽屋, なので, 人影は, 其の胸, 暁近い, 老人の

▼ 来る~ (80, 0.2%)

10 がある 4 集まる奴 3 だ, もねえ 2 がいる, にろくな, に向

1 [54件] あっか, かい, があっ, があったら, があります, がありゃ, があろう, がいた, がほか, がゐる, が居る, が本当に, が沢山, だが, だと, です, でゆうべ, なん, なんか一人, には隠しだて, の心, の心持, の気, の面, はあるまい, はない, はまだ, は大抵, は手強い, は腕, は色餓鬼, は馬鹿, ばかり世間, も, もある, もいねえ, もない, もロク, も多く, も寸分, も来る, を, をねらっ, をまず, をグッ, をナイフ, を一人, を下, を両方の, を二人叩き仆, を山, を殴りつけ, を行手, を逆

▼ 来る~ (80, 0.2%)

5 がある 3 だった, の原因 2 ではない, ではなかっ, のもの, を一々, を押えよう, を見る

1 [57件] がどこ, が知りたい, じゃありません, じゃありやし, じゃない, じゃねえ火, じゃア, だ, だつた, だよ, であった, であつ, である, でしたの, でねエ, ではありません, で此処, で汝, とはほぼ, と成つて, なぞには粘り強い, になっ, にはこれら, に原因, に真, の一つ, の中, の単なる, の大きな, の戸口, の者, はない, はまるで, はもっと, は嫌い, は必, は私, まで来, もない, も男前上々, をよっく, を右手, を噛み殺し, を大, を奥深く, を女橋, を察, を押える, を捕える, を描かう, を求めた, を知らず, を示す, を見, を見た, を言, 固より

▼ 来る~ (79, 0.2%)

5 がある 3 の中 2 があっ, があつ, が来ない, の体, の足音, を見る, を遠ざける

1 [57件] が, があった, があるだろう, が口, が多かっ, が好う, が居る, が長い, だという, であった, でそっと, ではあるまい, ではなかつた, というの, とおまえ, とわたくし, と一緒, なん, にあっ, に会いました, のある, のなか, のよう, のリンカク, の一列, の人, の声, の屍体, の心理状態, の真情, の群れ, の脚, の腰, の裸体, の躯, の鋭い, の靴音, の頭, の顔, の髪, の黒い, はありゃ, はあれ, はその, は夥, は嫌, は幽霊, は忘れる気づかひ, は甚だ, は萩原様, もあった, もコケツト, も女, をつかまえ, を待つ, を見まし, を見れ

▼ 来る足音~ (78, 0.2%)

19 がした 7 がし, がする 4 を聞い 2 がきこえた, がひびいた, を聞いた

1 [35件] があわただしく, がお前, がきこえ, がこの, がしずか, がしてる, がガサガサ, がチヤッ, が廊下, が聞えた, が聞えます, が聞える, が聞こえた, が聴こえた, が軽く, して, じゃない, でした, でその, で目, と人声, に気がつかなかった, に老爺, に耳, に言葉, のまだ, のやう, の主, の早い, はその, はだ, を二人, を彼女, 絶えぬ, 聞付け目覚

▼ 来る~ (76, 0.2%)

7 がある 4 があった 2 があつ, であった, というの, の姿, の顔

1 [55件] あり, あり其, かも知れない, があっ, が厭, が実に, が居る, が狭い, が知らし, が私, だがね, である, で一寸, で歌吉, と女, なども, なん, には背き切れない, にばっ, にゆき, に今朝, に会うた, に出, に相違, のなか, の不満, の声, の多き, の手紙, の方, の群, の語気, の靴音, はおれ, はきん, はすぐ, は一人, は勿論, は年ごろ四十一二歳, は抜刀, は羽織がけ, は膚, は色, は遅く, も, もあった, もある, もいなかった, も一人二人, も汚, や女, をあくまで, を物の数, を見た, を見る

▼ 来るまでの~ (75, 0.2%)

7 間に 3 あいだに, 時間を 2 ことを, 時間が, 途中で, 間私は

1 [54件] あいだおれは, あいだを, いきさつなども, いろんな出来ごと, ここの, ほんの一二丁, ギリシア的世界観は, 一昼夜を, 三日は, 僅かな, 僅かばかりの, 千鶴子の, 叙述は, 古語であった, 各政綱項目, 四十日間常に, 四半刻を, 崖の, 師範役であった, 広い通り, 数多い日数, 数時間の, 方が, 時を, 時間に, 時間は, 暁方ついに, 条件として, 渾沌と, 生活で, 経路を, 船中の, 親切が, 話である, 退屈しのぎにな, 過程に, 過程の, 道で, 道を, 道誉の, 金を, 錯覚作用を, 長い歳月, 間じ, 間たとえば, 間において, 間にと, 間にも, 間も, 間を, 間一寸手伝ひ, 間三時間程, 難関を, 雪の

▼ 来る~ (74, 0.2%)

3 知れたこと, 誰故ぞ

1 [68件] いいとしても, お万, こっちの, この珍客, した人足, づの三毛が, でおら, どうせ軽薄, なぞ, のう悲し, まさしくわが, 万年町山伏町新谷町あたりを, 不便なれ, 予言者なり, 今しも, 今日には, 何となく心, 何者ぞ, 何者の, 例の, 先ほど, 全く熱心, 別人ならず, 厭でありん, 又この, 吉蔵といふ, 同じ長, 呼ぶはの, 善平なり, 四十近い, 大軍われは, 女給が, 女連れの, 定の, 容易の, 密猟船の, 布袋殿なり, 師匠より, 平和を, 建設的革命家なり, 彼の, 復た, 必定, 必定なれ, 応諾の, 明らかである, 本家の, 李湛で, 来るは, 松風玉を, 正にこの, 此事件を, 火を, 烏の, 無かりき, 確かに, 礼なり, 群青で, 色白く, 若いの, 見識に, 誠に妙, 誰が, 謝絶と, 辰弥なり, 迎ひ, 陰ながら我等, 革命家なり

▼ 来るうち~ (73, 0.2%)

63 にその, に私 2 に気

1 [59件] ときおりわ, にあと, にある, にいつか, にいつの間にか, にお, にがさがさ, にこの, にすこし, にすっかり, にとうとう, にどうも, にどこ, にはその, にはド, には又, には忍野君, には海, にひろ子, にふと, にまた, にもう悉皆, にもその, にも竜, にタッタ, に万太郎, に三百, に二人, に五郎三郎, に人, に今, に伸子, に兼, に印度洋, に地方, に多く, に女, に家, に寒, に彼女, に懐かしい, に水, に洗練, に百人以上, に秀吉, に簡単, に袂, に見る見る, に車, に遊離, に雪, に黒田家, のもの, はまだ, は夫大阪, は左, ふと湖, をやめ, 互に深く

▼ 来る時分~ (73, 0.2%)

5 だと, なん 43 だが, になる 2 になっ, にはもう

1 [49件] から寺, だぜ, だな, だのに, だろうか, であった, であつ, であらう, であろうと, でございます, で落着き, に, にさがしあぐねた, にはあんなに仲よく, にはすっかり, にはその, にはどうしても, にはまた, にはまだ, にはパラソル, には信者, には僕, には全く, には別, には唇, には女郎衆, には彼, には彼女, には故郷, には日本, には父親, には逃げ, には門, にやっと, に二人, に何, に叔母, に当っ, に彼家, に所有, に牛一頭, の伸子, は屋敷, までにはたっぷり, までに細君, までもこの, やのに, よくいた, より近

▼ 来るまでに~ (72, 0.2%)

2 代つた

1 [70件] あたりは, あたりまえの, あの人たち, あまり余計, ありません伊香保, あれは, お金を, かいて, この内, すりかえられて, その人, その新しい, その理, ちやんと, どうした, どんなこと, なった事情, なって, のぼせるよう, ふところの, ほとんど散々, よく沸かし, ウイスキーを, 一行は, 三時間ほどよ, 二人の, 二日も, 二時に, 他人の, 何度も, 俺は, 倫敦の, 八畳に, 六十三日を, 写真や, 凡そ一時間かかった, 出会ったいろんな, 原棉が, 変つた, 多くの, 夜が, 大体の, 大急ぎで, 大方尽きた, 娘を, 室も, 幾度も, 彼が, 手足が, 既に三回, 昇汞に, 時間が, 暑を, 桔梗は, 此商売が, 母上には, 畳と, 疲れて, 着いたと, 私の, 私は, 穴の, 蜘蛛の, 親方は, 計算は, 調べて, 運んだの, 過ぎて, 金を, S子の

▼ 来るなんて~ (71, 0.2%)

2 なんという, 狂人の

1 [67件] あの人, あんたも, いうの, いったいこの, いったい何, うれしいなあ, ことが, ことは, この男, ずいぶん呑気, そう言っ, それだけ, それだけで, そんなこと, そんなそんな, そんなばかばかしい, そんな君, ちよつと, どうせうそ, どんな大人, のは, ほんとうに, ほんとに好, まあ, まつたく始めて, まア, やっぱり君たち, よほどうまく, 一体夫婦, 不潔だ, 事は, 伊那の, 何ぼ, 全くふざけた, 全く意味, 呑気な, 嘘つきだ, 図は, 変テコねッて, 大屋さんの, 失敬だって, 失敬ぢや, 失敬な, 妙な, 実に珍, 実に驚くべき, 戦争の, 旨いこと, 木村も, 死神が, 殆ん, 痩せっぽちの, 百姓する, 自分自身を, 自尊心が, 自然に, 草双紙にも, 見かけに, 言うん, 言ってたわ, 言わっせるが, 貴郎, 身のほどを, 隅に, 飯田さんも, 馬鹿な, 馬鹿や

▼ 来るとも~ (70, 0.2%)

3 いう, なしに 2 なほわれの, 名のらず, 李華は

1 [58件] いいあるいは, いいまた, いい或は, いうが, いえる, いった, いわれるであろう, きっと打ち払っ, さは, しれない不安, なくいろいろ, なくたずね, なく台所, なく市内, なく往く, なく歩い, なく法医学部, なく洋燈, なく深良屋敷, なく番町, なく真, なく虫, むざとは物など, わからない, 一箇の, 与ふまじきぞ, 予期し, 云うべき景, 云ったそう, 云ふ, 分らないよう, 判然した, 吾の, 対面は, 少しの, 思わず幾曲り, 思われないから, 更に恐る, 来ないとも, 決して無断, 無く自分, 甘受しなけれ, 知らずいとも, 知らずこれ, 知らず奥, 知らぬ一人, 知れないその, 知れない優雅, 知れない呟くよう, 知れなかった, 知れぬという, 知れぬほのか, 自分らは, 見えないな, 解らない列車, 言はれた, 誨えた, 限らんしね

▼ 来るにつれて~ (69, 0.2%)

2 急に

1 [67件] あのヤング, おつぎさん, かえってВ, そのお目玉, その作業, その嫁, それぞれの, それと, それは, そんな五官, ただ走る, だんだんいや, どうしてもこれ, ハッキリと, ファーブルが, リアリズムは, ロリー氏の, 三人は, 上の, 不快を, 二人は, 今まで, 今度は, 他の, 何だか神経過敏, 何でも, 初冬の, 各々二階を, 吉岡の, 吉田茂は, 外の, 外記は, 寿詞, 川島は, 川手氏は, 左様云う, 幾分陽気, 強右衛門は, 当初には, 彼等の, 往来の, 思いやった, 文学における, 時々そんな, 晩潮は, 村の, 次第に遠ざかっ, 此の先生の, 段々と, 汽車は, 消されたの, 男は, 益々己, 自から, 自分が, 自分の, 藁葺屋根の, 虹の, 行き斃, 西北に, 親子夫婦兄妹の, 話が, 踊って, 錆びの, 頭脳が, 風も, 馬鹿らしくて

▼ 来る~ (68, 0.2%)

3 助けが 2 友達も, 庄の, 糸さんが, 絹の

1 [57件] かめと, きまりの, せいに, それが, それの, それは, たきという, もみ, ゆうの, 三の, 久美さんに, 久美さんの, 乳の, 京の, 今の, 仕事が, 作の, 使者は, 侍の, 児が, 利口な, 化を, 友達に, 喜多と, 坊主さ, 増という, 夏の, 大名衆と, 妙, 姿が, 島に, 延の, 弁当を, 弓の, 徳を, 敏の, 料理を, 杉の, 此という, 武家様みた, 歳暮やる, 民を, 産屋であった, 百姓さんの, 秀に関しては, 秀の, 秋の, 粂が, 精霊を, 絹は, 菊の, 袖, 見こみも, 身の, 返事が, 雪, 高を

▼ 来る~ (67, 0.2%)

3 にいつも, に私 2 に, に代, に厭, に必ず, に椅子

1 [51件] がいよいよ, にああ, にお, にお金, にしまいに, にそう, にその, にだんだん, にちよ, につれ, にどうして, にどんな, にほめ, にわたし, にキマッ, にチビ, に一度, に云った, に何, に何とか, に何度, に其の, に垢抜け, に声, に大分以前, に始め, に姿, に岸本, に店ごと, に心, に思ふ, に感心, に手, に暫く, に棚, に河下, に爾, に町, に白い, に眼, に着流し, に膝, に船頭, に言う, に話, に跡継ぎ, に釣船屋米穀, に鉛筆, に駅, の無口さ, 撓む姿

▼ 来る~ (66, 0.2%)

9 がした 4 がする 3 して 2 うれしさ, が聞こえた, を耳, 嬉しさ

1 [42件] があった, がし, がじれ, がどう, がみしりみしり, がみしりみしり聞え出した, が乱雑, が切ない, が聞えた, が聞えだした, が聞える, す, だ, であった何, である, でもその, で目, といえ, とが午後, としか思はれない, にたま, にも彼, に対しては受け身, に気がつい, に注意, に眼, に耳, のした, のとどろ, のよろし, の方, の違い, は聞き留めた, もなく, も戸, や号令, よりは弱く, をききます, をその, をも聞き分けた, を彼女, を聞く

▼ 来る~ (63, 0.1%)

14 否や 3 うだつた 2 今より

1 [44件] いきなりやられた, いきなり鼻, いつしか丁寧, うだつたら, そこなる, その同勢, ふたりは, ほとんど歯, まず朝飯, またなつかしき, まづ吉原, まびとであつた, よみがえったよう, ガラリツと, キョロキョロと, 中川も, 他界より, 代首, 伝を, 何らの, 全く同工異形, 前へ, 勅命と, 否やしめつけない, 否やたちまち, 否やと, 否や忽ち, 否数百, 吾人は, 坐する者みな, 富士を, 常世浪に, 必せりである, 忽花を, 極めて厳粛, 活を, 爽然たる, 疾風の, 空間化され, 虹の, 郊外の, 郷情欝として, 馬から, 馬城の

▼ 来る~ (63, 0.1%)

5 がいい 2 が好い, を向きました

1 [54件] が, がどうも, がどんなに, がむしろ, がよい, がよかっ, が僕, が分量, が多い, が実際, が悪い, が手取, が手紙, が早い, が話し, が速かっ, が雑作, だと, でも, で明治五年以来, と東京中, なの, に動い, に林, に行きましょう, の半分, の商売人, の岸, は其様こと, は容易, は良い, へいった, へと敢えて, へ半面, へ官兵衛, へ寄り, へ歩き出し, へ盲, へ耳, へ脱兎, へ行, へ追い慕い, へ透かし, へ駈け出し, をおずおず, をじ, をじっと, をすかし, をそう, をそっと, をちょいちょい, を眺め, を睨んだ, 来る方

▼ 来るだけ~ (60, 0.1%)

86 だった 4 であった, である, です 3 では 2 だよ

1 [29件] だという, であったし, であるが, でございます, でした, ですから, ですが, ですわ, でその他, でどう, でどうにか, でなく吉例, でなく村, でペエストリ, で三つ, で水, で絵, で葉子, で酒なぞ一度, なの, なのに, なのよ, ならこれ, ならまだ, ならよ, なら我慢, なん, 何の, 取って

▼ 来るころ~ (59, 0.1%)

103 になる 2 です, に幾羽

1 [42件] かもしれない, から同じ, その前, だから, である, であるから, で年, と待っ, と網張, なの, にお, にこの, になっ, になった, にはあるいは, にはいよいよ, にはやがて, には中日, には僕, には午飯, には半蔵, には吉左衛門, には妻女山一帯, には娘, には彼, には得右衛門, には惣兵衛ちやん, には村, には私, には笹村, には長野県, に微風, に源氏, の年齢, はうわさ, はこの, は僕たち, は町, は風, までとにもかく, まで待ち, よ

▼ 来るもん~ (58, 0.1%)

137 ですか 5 ですから 43 じゃない 2 かね

1 [24件] かい, かとは言わない, かな馬鹿臭, かねえ, かウン女, かナ, か売女奴, じゃあねえ, じゃありません, じゃけ, じゃ有りません, だから, だで, だでの, でしてね, です, ですねえ, でも, でガラスキー, ならば, はてえと, はなん, やと, よ

▼ 来る人々~ (58, 0.1%)

3 のため 2 の中

1 [53件] からも大抵, があった, が勤労者, が各, が多く, が百歳, が荷物, である, で事務所, といえ, に, には望む, によって生計, にバラック住居, に乱暴, に向っ, に対し私, に対する好意, に押され, に斯, の住む, の動き, の大, の懐, の捕虜, の笑い, の群, の裡, の顔, はただ, はといへ, は国民性, は皆, は皆足早, は細, は身なり, への微衷, もあちこち, もある, も同じ, も間もなく, も震災前, よ折, をもその, を平安朝, を手玉, を片端, を眺むる, を眺め居, を窺, を見, を見た, を見る

▼ 来る~ (57, 0.1%)

6 も来る 2 の寒, の闇, もくる, も打続い, 来る夜

1 [41件] ありけり月, にも行燈, に我, に紛れ込もう, に迎, のこと, のつぎ, のふけ, のよう, のよき, の儀式, の冷たい, の恐怖, の河, の空気, の色, の裾野, の雨, の雨間灯, の風, の風の音, はどんな, はまことに, は古橋さん, は夜更, は常に, は年, もそれ, もよく, も彼女, も水死女たち, も眠らず, も眠り, も私達, も葉, を寂滅, を楽しみ, を紅閨, を頑張り続けた, 同じ遊び, 深の

▼ 来るといふ~ (56, 0.1%)

6 ことは 3 ことだ 2 お婿さん, やうな, 事に

1 [41件] いとま, こころを, ことだつた, ことで, ことを, この事実, さわぎ, ただそれだけ, なる, のが, のだ, まことに容易, やうに, わけの, んだ, 一見普通, 事だつた, 事は, 事を, 伝言で, 位の, 信仰が, 前提の, 噂が, 噂は, 噂も, 手紙の, 方法な, 暑気盛りの, 確信を, 筈が, 約束を, 自分としての, 観念が, 話を, 赤子の, 雨の, 電話省線で, 風で, 風に, 風には

▼ 来る~ (55, 0.1%)

2 がふた, で俺, で僕, へ

1 [47件] がある, が富士川岸, が開かれ, だ, であった, であなた, ではない, でもよく, でも駅員, で一人, で与, で何度, で信州, で向, で娘, で実は, で幾ら, で汗, で男女, で聞い, で谷中, とじっと, とどちら, とまた, にありました, にある, にはそういう, には早, には随分, に目, の仕切り, の小さな, の岐, の横堀村, の阪一つ, の鴫, の鼻, はありません, はわかっ, も奥州街道, も後, も最早, をおぼえ, をすっかり, を最も, を知らない, を行く

▼ 来るほど~ (52, 0.1%)

3 だった 2 それが, 眺めて

1 [45件] この抗議, その淡い, その興奮性, でした, です, ならば, なら我方, なりけり, なれば, な勇気, ものを, ゆえ大いに, よくわかる, スブスブスブと, 何で皆, 使って, 僕の, 其の雨, 固くならなけれ, 太くなる, 季節の, 彼の, 待ちこがれも, 性根の, 恋愛は, 悪い時代, 愛慾の, 懇意に, 打ッ, 旨く行かなかった, 昼よりも, 時速が, 清らかに, 焼きたて, 熱した薬罐, 百倍し, 秀吉が, 笹村の, 美しい遊女, 自分という, 街道は, 身体が, 道が, 風が, 鮮明に

▼ 来るなと~ (51, 0.1%)

3 言って 2 いっても, 云えば, 云っても, 思って, 感ずる事

1 [38件] いいましたので, いうこと, いうのに, いって, いわれても, おっしゃいましても, おっしゃること, しきりに叫ん, すぐ疳, 三人の, 云う区別, 云つたに, 云われたのに, 云われ然, 叱られても, 家臣どもも, 希って, 思いその, 思いました, 思いましたけれども, 思う間もなく, 思ったら時, 思つてる, 思つてゐる, 思ふと, 思へば, 思わずには, 断って, 栄之, 申すに, 禁じて, 見たら, 言うならば, 言うなら行かないよ, 言ふて, 言われて, 電話で, 願って

▼ 来る~ (51, 0.1%)

5 のもの 3 がある, ではありません 2 ではない

1 [38件] から此家, がなくなり, が下関, が不思議, が少し, じゃあない, じゃあねえよ, じゃない, だからね, だった, であ, であった, であって, である, でございましたから, では何処, で市中繁華, で水, で豊か, に凝っ, に出会した, に芸術, に非, の場合, の客観性, の従って, の根拠, は無い, は理想, は福岡, へ風, もしくは深川, をずんと, を一眼, を拳, を足掛り, を飛, 若しくは深川

▼ 来る気配~ (48, 0.1%)

9 がした 5 がする 4 もない 3 があった 2 がし, がない, はない

1 [21件] いありませんよ, がしない, さえ無い, だ, である, でしたから, で富岡, にも源氏, に堪えかね, に顔, のない, のなかっ, はさらに, はなかっ, はなく, もしない, もなかっ, もなく, も無い, をさぐっ, を感じました

▼ 来るごと~ (47, 0.1%)

3 に, にその 2 にこれ, に彼女, に立ち寄っ

1 [35件] にある, にいつもこんなに, にこの, にややもすれば, に亡き, に人力車, に仏前, に他, に各室, に大杉栄, に宜しく, に幾度, に役人, に彼, に必ず, に念仏, に思わず, に接吻, に撞きだされる, に春がすみ, に柘榴, に椅子, に歓迎, に浅瀬, に浪子, に男, に画, に皮肉, に花, に読む, に車, に野, に黙っ, の武者修行, はもちろん

▼ 来るため~ (47, 0.1%)

2 であった, ではなく, にわざわざ

1 [41件] かどうも, このところ数日, だと, だろうという, である, です, なの, にいや, にお, にそんな, につくられた, にはこの, にはこれから, にはどれ, にはフランス, には人々, には先天的, には少く, には彼, にやや, にゼーロン, に人間, に元, に幾何, に後, に手, に手間どっ, に新しく, に早く, に派遣, に現在, に退場, に隣室, に靴, に馬, の切符, の旅行, の準備作業, の金, ばかりのよう, もあった

▼ 来るまでには~ (44, 0.1%)

2 お庄, 俺も, 相当の

1 [38件] いろいろ思いがけない, きっと独, さまざまの, すっかり元, すっかり弱められ, その間かなりな, それぞれ相当の, どのくらいの, どの位, なおお, なって, まだいろいろ多く, まだ二カ月, まだ二時間あまり, まだ相当, まだ長い長い, 三十分しか, 世の常の, 何程の, 充分に, 大分手間が, 大分時間が, 大分暇が, 大分長らく, 大分間が, 容易ならぬ, 少々間, 少くとも, 少し間, 尠なく, 彼女の, 数ヵ月を, 既に幾歳月, 正月以来幾たびか, 相当時間, 種々思案, 適当な, 鬼に

▼ 来るとか~ (41, 0.1%)

3 来ないとか

1 [38件] あるいは何箇, あるいは南方, いいよった, いうので, いかにも丸八, いって, いってるもの, いつもに, すれば, ただ事ならぬ, どこどこの, なんとか言う, にせ気違い, また刃物, 云って, 云ふ, 仰っしゃって, 何十万寄せる, 何者かが, 兄と, 北畠殿が, 又その, 商売がらでも, 布地が, 或は菌, 本年米作の, 来ないとかいう, 根津の, 歌舞伎に, 毎晩の, 洗濯物の, 聞いたが, 落して, 覆駕, 言って, 言ってるそう, 言つて菜の花桃の, 詩人が

▼ 来る~ (41, 0.1%)

1 [41件] が溢れ, が膝, と共によよと, にむせ, に曇った, の中, の為, も交っ, をおさえ, をかろうじて, をそっと, をどう, をのみこん, をのみ込み, をハンケチ, を危ぶみ, を受け, を奥歯, を強いて, を抑えかねました, を抑えた, を抑えよう, を抑止, を押え, を拭い, を拭く, を拭った, を横, を止めかね, を胸, を自分, を袖, を襦袢, を見, を見せまい, を辛, を辛うじて, を銀鼠, を隠すべく, を頑, を飲み込もう

▼ 来るって~ (40, 0.1%)

2 いうのに, ことも, 出て

1 [34件] あがりましたのよ, いいやしなかったか, いうじゃねえか, えの, えのに, え心配, お前の, お前は, お母さまが, ことは, こわがったの, そんな法, のも, みんなの, んだ, サ, 云うそう, 云ったのに, 云ったらおら, 云ったん, 云って, 云ってたじゃ, 代物だ, 伯父さんが, 俊ちゃんと, 大気焔, 御帰り, 手紙が, 来んじゃ, 法が, 法は, 胡魔化し, 訳でも, 話じゃ

▼ 来る~ (40, 0.1%)

2 あり, 来るも

1 [36件] あり他, あり医者, あるいは難き, い, うれしき, おかし, その紙, ぢゃ, のったらいつ, また宜, また已むべ, また患, ようか, ようなく, よし束, よし来らざる, ンか, ンです, 一切返事せざりき, 去るも, 及ぶこと, 場所柄なれ, 屈せず撓まずさらに, 往くも, 後家, 明白去る, 来ないも, 構えて, 此処らの, 此月だ, 汗滝の, 産まるる子, 異なもの, 能く, 遅くは, 遅しとばかり

▼ 来る場合~ (40, 0.1%)

2 があります, が少なく, には必ず, もありましょう

1 [32件] がある, が多, が多い, が多く, が安定, が火山, さえ少なく, でありますが, ですが, とちがっ, にどうして, にはかえって, にはこの, にはその, には牛小屋, に岸, に聞く, に限っ, に限つて, の要心, はかえって, はどうもそう, は他, は努め, は大抵, は甚だ, もあり, もある, もあろう, をも宿命的, を予想, を考え

▼ 来る若い~ (40, 0.1%)

5 女の 3 男が, 男の 2 人々の, 者の

1 [25件] もの, ものの, 下町風の, 人たちの, 健康さうな, 内儀や, 医師であった, 女を, 奴の, 娘たちのけ, 娘との, 娘を, 婦人画家たちの, 学生の, 将校や, 師匠には, 年代の, 牧師の, 男たちは, 男も, 男等が, 男達に, 画家が, 経師職との, 青年や

▼ 来るかの~ (39, 0.1%)

9 ように 4 ようだった, ようであった 2 やうに, ような, 様に

1 [16件] ごとき観, ごとくめいめい, やう, やうだ, やうだつた, やうである, やうな, ようである, ビエラ彗星, 好奇心に, 如き観, 小さい流, 恵みに, 手ごたえが, 教えな, 時でも

▼ 来るからと~ (39, 0.1%)

5 いって, 云って 4 言って 3 約束し 2 私が

1 [20件] いう, いうので, いつて, お角さん, ごまかして, それを, マダムは, 主人に, 事務長に, 前以, 婆さんに, 注意し, 田圃の, 申されて, 申して, 百合子に, 約して, 言い, 言うので, 門へ

▼ 来る人間~ (39, 0.1%)

3 がある

1 [36件] があれ, がいた, がみんな哲学者, が物, が見える, が重なり, こそは人間, だってその, と自分, に対する憎悪心, に手がかり, に目前, のうち, の中, の声, の幸福感, の心状, の浪, の相違, の眼, の足, の陥, の頭数, の魂, はあるまい, はみな, は皆我, は自分, へ下, をしらべ, を力ずく, を呑み込ん, を紹介, を見る, を見張っ, を追わし

▼ 来る~ (39, 0.1%)

10 も来る 42 の春, も苦しんだ

1 [21件] からは都, だから, にも各, の受験日, の幸福, の秋, の草, の運勢, は, はその後, は凶作, は警戒, もマイナス, も左, も待ち, も木, も空閨, よりや村, を晦日, を祝福, 若な

▼ 来る~ (39, 0.1%)

1 [39件] あり, があつ, がある, が考へられ, が自ら其種姓, であつ, である, で年の暮れ, で簑笠, となり, とに分つ, と人, と地物, と海, と海ぎは, と見た, と言, なるが, なる人, には地物, に命, に用, に至つて, に附属, に附随, の信仰, の内容, の名, の川, は仮装, は建築物, は稀, ばかりを信じた, も必, をも天上, を表した, を迎, 即ある, 及び其一行

▼ 来る~ (39, 0.1%)

4 はない 3 である, です, では 2 だ, でも

1 [22件] がない, がわかつ, じゃあありません, じゃあない, じゃからの, だから, だが, であります, である故, ですからね, でそこで, でやがて, で家, なら芥箱, になります, にはいくまい, にもいきますまい, にもゆかず, にも行かない, に行かない, はありあしねえ, はねえ

▼ 来るじゃ~ (38, 0.1%)

15 ないか 6 ありませんか 5 ないの 2 ねえか 1 あろ, ぃ, そこでお, ないからね, ないぞ, ないですか, ろが, アない, アねえか, 何を

▼ 来る手紙~ (38, 0.1%)

2 の中, の内容, の数

1 [32件] が何より, そんなの, だった, で岸本, とがある, と胡堂, なども他, には父, には美穂子, にもこんど, にも来る, による, に下宿, に不安, に碌, の多く, の端, の置場所, は本名, は金, もいい, も文章, も来る, や電報, をみんな, をむやみ, を学校, を待ち, を待っ, を待つ, を押え, を押収

▼ 来る~ (38, 0.1%)

2 の勢, の流れ, を言うたらしい

1 [32件] がこの, がそれら, がちょろちょろ, が一たび岩石, が両方, が岩, が川下, が滝, たらたら水, ではなく, なの, のある, のきれい, のしばらく, のよう, の中, の力, の勢い, の多い, の大量, の感触, の音, は大きい, は大石, は街道, は見, は都会, を司る, を嘗め, を番, を集め取り入れ, 止めて

▼ 来るほどの~ (37, 0.1%)

3 人間は 2 もので, ものは

1 [30件] お人, ことだろう, ことは, ものを, シロモノじゃ, 丁寧な, 不敵な, 人には, 人を, 作品こそ, 働き者が, 困つた出来事, 大きな声, 大胆な, 小石なら, 心に, 急用は, 恋愛空想家であった, 気の, 用件も, 知恵は, 考えなし, 者が, 者は, 距離である, 距離にしか, 車は, 違ひ, 金は, 面倒を

▼ 来る~ (37, 0.1%)

3 きっと

1 [34件] あの娘, あの子供, あの按摩さん, い, いいかい, こいつは, しなれバ, そのうち, そらね, どうせ僕, な気, やつ等に, わざわざ行っ, ウ, エヽ私の, ッ, 一人は, 乃公が, 今の, 其様な, 君お, 君厭なら, 女房, 安心し給え, 宵の口は, 少し心当り, 彼奴がさ, 早いねえ, 朝は, 本当にやって来る, 来るよ, 甚三郎の, 花魁, 苔が

▼ 来る姿~ (37, 0.1%)

4 を見る 2 が見えた, であった, も帰る, を想像

1 [25件] がはっと, が如何にも, が見えました, が見えます, が見られた, が豆, が道, が酒場, にふと, にジーッ, に胸, に行き逢いました, は宣命, へ, をはっきり, をみる, をみれ, を一目, を朧ろ, を私, を見, を見かけた, を見つけた, を見附けませんで, を認めました

▼ 来る~ (37, 0.1%)

2 を見た

1 [35件] があったら, と奮戦, と戦った, にこう, にぶつかる, に対しては辟易, に対して十分, に立ち向かった, のため, のもの, の乱れ, の前面, の勢, の圧力, の気, の猛烈, の軍勢, はこなた, は少ない, は際限, へその, へのふせぎ, へ駈け戻し, もありませぬ, をわき目, を充分, を切ろう, を待受ける, を扇, を撃ちはらう, を片っぱし, を石, を自然, を防がなけれ, を防げ

▼ 来ると共に~ (34, 0.1%)

2 彼は

1 [32件] お松を, その夢中, その胸, 一方声楽上, 一郎が, 何とも言えず, 俺の, 僕は, 南の, 南国の, 婦人の, 島村氏の, 当人の, 彼女の, 急に, 最低との, 月丸は, 次の, 此那に, 深閑と, 漸く怠り出した, 無縁の, 現在の, 相手に対する, 神聖な, 総る, 肩から, 自分の, 花鳥の, 茶袋は, 軒下の, 隣の

▼ 来る~ (34, 0.1%)

2 に, に僕, に幾度, に必ず, 目を

1 [24件] にお, にまだ, によく, にゴマメ, に世代交替, に二人っきり, に例, に冬, に宿し, に店, に彼, に戸障子, に持て来, に楽しかっ, に水, に泣いた, に直立, に私, に良人, に赤い, に降り迎え, に雪割草, に面倒そう, に顔

▼ 来る~ (33, 0.1%)

2 に不, に混

1 [29件] から明るい, でも隣家, で憶え, で白い, で鶯, にいつ, にさりとて, についに, によく, に三人, に二度, に叔母, に嫂, に徐佐卿, に怪しき, に横浜貿易, に目細, に相合, に自分, に遂に, に頸, へお, へその, をのそり, を三二歩四人, を出かけた, を急い, を白旗, を貫き

▼ 来る跫音~ (33, 0.1%)

10 がした 2 がし, がする, を聞い

1 [17件] がきこえた, がその, が四辺, が彼, が聞え, が聞えた, が聴, す, だと, となっ, はそのまま, もしない, をお, を振, を聞きつけたらしく, を聴く, 聞えて

▼ 来る電車~ (33, 0.1%)

3 の中, はどれ 2 の音, も来る

1 [23件] がお茶の水, が停る, が時々, が更に, で友達, と行き逢う, に合図, に振ります, に油断, の停留場, の前, の方, の番号, の終点, の音さ, は学生, は永久, も普通, も皆, をきっと, をキヨトン, を覘, を追い越そう

▼ 来るに従って~ (32, 0.1%)

1 [32件] あらゆる憎しみ, あらゆる種類, からだじゅうを, これで, さすがに, その全体的, ますます丹, むやみに, ウッスリ相手の, ブルジョアジーは, 主として学生上り, 乗客が, 亀は, 体は, 信長も, 十月比の, 収容した, 吉弥の, 吉良兵曹長は, 大学専門学校を, 彼の, 最愛の, 次には, 水の, 煙の, 父は, 石を, 節まわしが, 自然に, 色々な, 蕭々と, 言わぬ決心

▼ 来るたんび~ (31, 0.1%)

2 に何, に私

1 [27件] にあれ, にお前, にお金, にきっと, にそう, にむごたらしく, にわたくしたち, にキット, に俺, に写生帖, に初め, に千世子自身, に叔母さん, に口, に君, に寝, に少し, に彼, に彼等, に御, に悲しい, に気, に水, に皆, に舌鼓, に違う, に長蔵さん

▼ 来る~ (31, 0.1%)

8 来るわ 3 あら走っ

1 [20件] え, お呑みなさい, この日本, そしたらまた, そしてあたし, とにかく, ねえ, ほんと何処, ジリジリと, ハインツの, 事は, 何と其, 光ちゃんそこに, 容器を, 後へ, 愛さんも, 東京市に, 煙に, 益軒の, 踏切りの

▼ 来る~ (31, 0.1%)

1 [31件] だから, だったが, であった, である, でございます, では, に小次郎殿, に後, の人, の仕事, の体, の奴一筋縄, の年頃, の御, の者, の賊, へとへとに, イヨイヨその, ヘンな, 一層それ, 両軍, 何とも云えぬ, 困難を, 国民性や, 嬉しいの, 掛け離れて, 新聞紙に, 明智は, 有難くかたじけなく思われた, 森の, 癪に

▼ 来る~ (30, 0.1%)

6 うだ 3 うな 2 うさう, うだから, うだが, う言, の人

1 [11件] うだつた, うだよ, うぢゃないか, うでヅリヤン, ざら波ただ, の市井雑爼, の旅人す, の講中, の車馬, へをかしき, 待てるだろう

▼ 来るより~ (30, 0.1%)

4 外に 3 仕方が 2 ほかは

1 [21件] しかたが, ほかに, ほか何の, やがて奥深, 他は, 先, 前から, 前それは, 善美を, 外は, 外為方が, 外風すら, 大きな流れ, 安定の, 少し許, 早くベタリ, 早く弥助, 残酷な, 番屋の, 筋骨逞しき, 自国に

▼ 来る一種~ (30, 0.1%)

2 の力

1 [28件] のぎごち, のぽ, の不安定さ, の不快, の予期, の匂, の匂い, の奨励, の嫌悪, の快調, の悲哀, の愛感, の感じ, の感傷, の憤りめいた, の文化的勇気, の流行性, の異, の発作的精神異常者, の臭気, の興味的中心, の薬, の評判, の諦念, の道化役, の陶酔, の鬼気, 込み入った条件

▼ 来る人たち~ (30, 0.1%)

1 [30件] がいずれ, が落合, が見える, ですもの, で山, とトラルドラグダカ, と向こう, と話, には愛想, に訊い, のある, のうわさ, のため, の上, の事, の出入り, の声, の夜具類, の様子, の生活, の評判, の話, の足音, はそこで, はそれぞれ, は店, は絶えない, は足元, は門前, へ強いられ

▼ 来る子供~ (30, 0.1%)

2 の様

1 [28件] があつ, が守, が常に, とそれ, にせめて, にはその, にばかり気, に反映, に対して父, のうるささ, のため, の前, の声, の姿, の時分, の跫音, の遊び場, の青い, の顔, はかならず, は時々, は男, ばかりを座敷, ばかりを預る, も見えなかった, をひっくるめ, を叱り, を引っ張っ

▼ 来る~ (30, 0.1%)

8 である, なの 5 です 21 がない, だから, ですが, ではない, になる, はない, はなかつた

▼ 来る二人~ (29, 0.1%)

2 の人, の姿, の男, の青年

1 [21件] だけで検分, でやつ, のため, の仇敵, の大きな, の子供, の少年, の旅人, の武士, の男女, の老人, の若者, の足, の間, はここ, を満足, を用心深く, を眺め, を見, 曳きの, 来るだんだん

▼ 来るあの~ (28, 0.1%)

1 [28件] いじらしさ, なだらかな, ヒポコンデリアックな, 乳白色の, 人たちの, 人です, 人の, 仲買人と, 倭寇ばかり, 勝子の, 原動力の, 女の, 寒い憂愁, 平たい鰈, 年を, 情合でなけれ, 有名な, 清潔感フレッシュな, 源氏と, 男であり, 男を, 船乗りの, 若くて, 蒼白な, 辛いとも, 郵便配達手君の, 間の, 静穏

▼ 来るだけの~ (28, 0.1%)

1 [28件] ことだろう, ことで, ことである, ことです, ことなら, ことに, ものだ, もので, ものです, ゆとりしか, 事でございます, 仕事な, 写真の, 力が, 努力, 実権を, 寂しいこと, 時刻を, 準備を, 無慈悲さを, 理由が, 理窟が, 用意は, 職権が, 能力を, 親切も, 話です, 身だしなみを

▼ 来る一人~ (28, 0.1%)

8 の男 2 の侍, の女

1 [16件] が奥氏, の人, の人物, の人間, の修行者, の大男, の婦人, の少年, の巡査, の慶応ボオイ, の男性, の老人, の者, の警官, の青年, の頼もしい

▼ 来る感じ~ (28, 0.1%)

2 がした, である, なの, のする

1 [20件] がする, が主, が作品, が強く, その感動, です, でなくて, では決して, でワッ, としてはただ, にかけ, にこの, はいきなり, はしみじみ, は万葉, は少し, は滅多, をその, をソックリ, を重んずる

▼ 来るくらい~ (27, 0.1%)

7 だから 3 ですから 2 だ, ならいっそ

1 [13件] だったらしい, であって, でその, で殆, なところ, なら何, なら死んだ時, な事, 乳も, 彼には, 気を, 私の, 高いわ

▼ 来るそれ~ (27, 0.1%)

1 [27件] が当然, だからね, だけでも貴方, とともに物質, と米友, にも合, に匹敵, のみでなく, はシャスチナ, は内証, は相思, は雪, までにせめて, まではどんな, まではまだ, まで死躰, も面白い, をこの, をながめ, をよそ, を信じ, を捕る, を気が付け, を煮, を短く, を神崎, を見

▼ 来るとの~ (27, 0.1%)

2 こと, ことだった, 事なり

1 [21件] ことそれ以来鎗温泉から, ことだ, ことでありました, ことです, ことに, こと弁信法師はと, そっと私, 判断は, 報知も, 急報が, 由だった, 知らせが, 知らせだ, 知らせである, 知らせに, 話であった, 返辞, 迷信が, 電話でした, 風聞を, 風説が

▼ 来る~ (27, 0.1%)

2 なの, はし

1 [23件] があっ, があつ, がした, が聞こえ初める, だ, だった, であつ, であろうはず, でもなく, とがいつも, なきかちどきで, に向っ, の主, の隣びとらし通り過ぎ, は愚, は柔, らしかった, らしかつ, を, をはっきり, を聞き, を聞く, を聞くでしょう

▼ 来る~ (26, 0.1%)

1 [26件] があるまい, が十方, であったが, となる, と彼, にかなわない, にはうたれないで, にわたくし, に圧迫, に感心, に抗, に押し出される, に較べ, に閑山, の制, の無い, の自覚, はも, は何ん, をせき止め, をジイッ, を信ずる, を前, を嗅ぎわける, を感じた, を支え切れない

▼ 来るこの~ (25, 0.1%)

2 事実の

1 [23件] いまわしい想像, 一つ手まえ, 上海の, 不思議な, 人が, 受難の, 土地で, 夜ごろ雲は, 女を, 川上といふ, 店でさえ, 強敵に対して, 感想を, 昔の, 時早し, 橋は, 水っぽい後家さん, 花粉を, 行政上の, 郵便局は, 際自分の, 雄大な, 集注と

▼ 来る人物~ (25, 0.1%)

2 の印象, の境遇, や事件

1 [19件] が何れ, が例外, が髷, と其背景, になった, になつ, のあらかた, の型, の誰, はぼっ, は何れ, は最も, は最後, は軽井沢, も来る, も皆西洋, も農村, らしくも, を三十人

▼ 来る自分~ (25, 0.1%)

2 の雄弁

1 [23件] がまるで, ともう, に我慢, に気がつく, に腹, の, の口, の国, の声, の子, の子供, の心, の心持ち, の心理状態, の方, の気持ち, の良人, の若い, の醜, の頭, への口実, を心細く, を野

▼ 来る人影~ (24, 0.1%)

5 がある 3 があった

1 [16件] から何ん, があつ, がありました, があります, があれ, が土手, のある, はたしかに, はない, は提灯, は若松屋惣七, もない, もなく, もまだ, も見えた, を認めた

▼ 来る~ (24, 0.1%)

2 の網

1 [22件] か知らぬ, が冷やか, が彼, が氷り果てた, が減少, が目, が道, が雨雲, が青白く, だけがほのぼの, でそれ, というもの, に半面, に蒐集棚, のため, のなか, の反射, の波長, はものやわらか, は日光, は空気, をまっ

▼ 来る~ (24, 0.1%)

2 がある

1 [22件] からは足, がどう, がゐる, が夢中, が弾い, が病気, であること, でご, でなく田舎, ではありません, で紺地, と社長, のほう, の口, の姿, の挨拶, の数, の背中, はあっ, も走る, らしさ, を見た

▼ 来る必要~ (24, 0.1%)

4 がある, はない 3 があった, がない 2 もなかっ 1 がなくなる, が示され, として充分, はどこ, はなかっ, はなかつた, はなかろう, も無い

▼ 来る~ (24, 0.1%)

2 代助

1 [22件] さかさ, しばらく待った, その同じ手紙, どうしても其奴, ひまを, モスクワ中の, 上りの, 可なり, 地層の, 待って, 様々の, 橋の, 次の, 相変らず, 福井では, 私の, 私は, 緩り, 翅を, 腰を, 道子と, 飲まずに

▼ 来るやつ~ (23, 0.1%)

3 がある 2

1 [18件] が居る, で此方, なら幾台, にはほとんど, には弱る, もない, もねえ, も来る, よ, をぶん殴った, を待ち, を待っ, を扇子, を掻, を真正面, を見, を身, を預かっ

▼ 来るにつれ~ (22, 0.1%)

1 [22件] あらわに, いつかそれが, ぐっと引っ張っ, だんだん一匹, ついに今日, なんとし, やがては, 一座は, 伸子は, 妻が, 宏子は, 寝苦しく物, 文壇という, 旅行に, 東方の, 柳に対する, 皆ここへ, 私は, 粛として, 船は, 貴方への, 赤いジャケツ

▼ 来るにも~ (22, 0.1%)

2 及ばぬ訣

1 [20件] かかわらず堤, ずッ, その人形, それを, ふさわしいよう, よほど用心, ろくろく旅費, 俳号で, 及ばない, 及ぶまいと, 及ぶまいに, 帰るにも, 手提げを, 拘らず何とも, 拘らず葬列, 服装を, 来られずに, 種々な, 閉口しました, 間が

▼ 来る~ (22, 0.1%)

1 [22件] えの, が精, だから, だった, である, です, ですから, で殆ど, ならまだ, なら一, なら飯田さん, なん, のこと, のもの, の事, の奴, の決心, の義, の離れ業, の頭, ゐなら一緒, 分けて

▼ 来る彼女~ (22, 0.1%)

2 のいろ, の足音, の顔

1 [16件] のこと, のす, のその, のため, のところ, の上半身, の命令, の後ろ, の手, の肉体, の表情, の魔力, は魂, へいった, を振り, を改めて

▼ 来る連中~ (22, 0.1%)

1 [22件] がかなり, がぼつぼつ, がよく, でもほとんど, とで人出, には可也, には百年, の中, の姿, の顔触れ, はまた, はやっと, は先づバツカス, は大人, は思いこん, もあった, もとても, ももう, も綿, を少し, を待たなけれ, を撒く

▼ 来るあいだ~ (21, 0.0%)

2 にそこ

1 [19件] にまだ, にもこの, にもその, にもたびたび, に三度, に亀吉, に二人, に何, に旅, に松吉, に横田君, に田児浦, に私はつ, に軍議, の部屋, は決して, もどこ, 寂しかろう, 思い思いの

▼ 来る人達~ (21, 0.0%)

1 [21件] がうごめい, が住める, との間, にすゝめ, に押し出される, のため, の中, の挨拶, の方, の生活, は, はずっと, は入浴者, は地主, は大抵, は男, は皆そこ, をめずらし, を気, を相手, を眺め

▼ 来る~ (21, 0.0%)

2 の中

1 [19件] にし, のうち, のその, のよう, の乗客, の其波, の剣舳, の姿, の帆, の推進輪, はありませぬ, はすべて水深, は幾艘, は苫, もその, をことごとく, を五艘, を待つ, を認めた

▼ 来る~ (21, 0.0%)

2 の結晶, をその, を仰い

1 [15件] か人馬, が昨日, じもの往き, と無限, に向っ, に山, のとどまらず, の中, の冷た, の塊, の夕, の消, の瀾, を思ひけり, を踏み分け

▼ 来るからには~ (20, 0.0%)

1 [20件] いわば坂田, この人, そなた, ほかの, まさか婦人, まとまった用事, もう少し肩, もとより一命, ロクな, 何か, 元より, 味方も, 宇喜多直家が, 承知だろう, 格太郎が, 歌舞伎は, 決して味方, 火急の, 燕だつ, 迂濶

▼ 来る~ (20, 0.0%)

3 っ, 来るぞ

1 [14件] あれ見よ, うかうかし, おさらば, くるぞ, っ来るぞ, やつて, ッここへも, ママが, 太十, 打って, 追っかけて, 銀三十枚, 馬鹿馬鹿しいにも, 騒ぐな

▼ 来るぞと~ (20, 0.0%)

1 [20件] いって, おどすの, まえぶれが, 仰っしゃっておいででした, 勇ましく誓っ, 叫んだ直後, 問う, 問えば, 待ち構へ, 思う, 思った, 思ったらしくこの, 思って, 思わしたに, 気味の, 父は, 片避け, 私は, 触れ知らせた程, 言われること

▼ 来るといった~ (20, 0.0%)

3 ような 2 ふうであった

1 [15件] あんばいで, おかあさんは, そうです, その客, ちょっと内地, やり方だった, 五通神の, 塩梅である, 帆村探偵は, 有様で, 気配だった, 言葉から, 言葉が, 風の, 鹽梅だ

▼ 来る~ (20, 0.0%)

1 [20件] が両, というもの, にそなえる, につけ, のたのしみ, のよう, の予感, の山風, の淋し, の陽, は三重奏, は何, もおそかっ, も来る, も花, らしきもの, をながめたら, を信じ, を待, を楽しく

▼ 来るかを~ (19, 0.0%)

3 示そうと 2 見ようと, 説明し

1 [12件] もっと深く, われわれは, 待って, 心得た地主, 注意し, 知った, 知って, 知らねば, 示した, 聞きたい, 見極めて, 読者は

▼ 来る有様~ (19, 0.0%)

2 です

1 [17件] が幻, が書い, が浮き上, であったが, である, でしたから, というもの, とそれら, とまでなっ, はたしかに, はちょうど, は小気味, は巴里市民諸君, は恰も, は真実魂, をごく, をその

▼ 来る~ (19, 0.0%)

2 の中

1 [17件] があっ, がある, がもつ, が有る, って何, では, にもまだ, の多い, の形, の音, はみな, は何, も尽きた, を悟性, を請取, を食, 干竿

▼ 来る~ (19, 0.0%)

2 か, の音

1 [15件] か神, になっ, に一騒ぎ, のよう, の中, の粒, の足, は彼, は此, もそれ, や雪, を寧ろ, を眺めた, を見, 漏の

▼ 来るけれども~ (18, 0.0%)

1 [18件] あれは, それが, どうして助ける, 世間の, 中天の, 今帰る, 今日の, 何う, 何とない, 余は, 信じる力, 兎に, 大概夜出, 大阪の, 用が, 藤田に, 記紀万葉の, 雪子の

▼ 来る光線~ (18, 0.0%)

2 のため, は下界

1 [14件] から開放, が月, が青, によって朝, の強弱, の暖味, の量, はなんとも, は皆頭, もなく, をうけ, を入れる, を溯っ, を眺める

▼ 来る~ (18, 0.0%)

2 き光栄

1 [16件] からざりし, からず, き, きかは, きが故に, きものが, きを, き予等, き内閣, き凋落, き悲劇, き日本文学, き醗酵, くは, く候, とは

▼ 来る問題~ (18, 0.0%)

3 ではない

1 [15件] があります, じゃない, である, ですが, となる, なの, のやう, は一, は何人, は単に, は当然, は日本語, は石城神社, は結婚, を考へ

▼ 来る~ (18, 0.0%)

2 の姿

1 [16件] だったが, に唇, のうしろ, の中, の心持, の性格, の恋愛事件, の瞳, は一種, は更に, への対立気分, れは, を待っ, を待つ, を見た, を避け

▼ 来る~ (18, 0.0%)

4 の音

1 [14件] がしら, がしらが, で先, で岸, にがらがら, の位相, の高, は, はある, は千千石湾, は私たち, も高く, を, を避ける

▼ 来る~ (18, 0.0%)

2 の心, の眼

1 [14件] が外出, と云う, なの, の夫, の肉体, の誠意, の辷る, は人, は暇, は歩き廻った, をせきたてた, をふり, を待っ, を見降し

▼ 来る約束~ (18, 0.0%)

3 になっ 2 をし

1 [13件] じゃったわい, だったが, だつたんぢ, だのに, なので, になった, に成つて, のむす, のリサ, の日, をした, をする, 討たせては

▼ 来る~ (18, 0.0%)

1 [18件] が長く, だが, だつた, では, で馬鹿気, などどれ, のため, は各地, は唯物史観, は昔ながら, もある, もごく, をきかされた, をし, を区切りたい, を幾らか, を聞い, を聞いた

▼ 来るとともに~ (17, 0.0%)

2 今晩先輩に, 私の

1 [13件] あの時代, また自分, 争い逆らう, 今まで, 今度は, 口を, 変化の, 太守細川三斎忠興が, 張詰めし気, 日本左衛門中心の, 景色にも, 没落せざる, 雷電の

▼ 来る~ (17, 0.0%)

1 [17件] お前, げきか, こう外す, ここが, こっちへ, またこれ, アと, ア可笑しい, ッ, リブッツリ默つ, 会わないと迄, 併し, 危ね, 帰れ, 日本は, 行っちまえ, 邪魔を

▼ 来るんで~ (17, 0.0%)

2 げすから

1 [15件] げしょうあの, げしょうよ, さあ, さあどつち, すぐ脱, せう, せうね, せう大, ぼうッと, 困るね, 己は, 持主の, 私の, 私ゃ可哀想だ, 籠の

▼ 来る~ (17, 0.0%)

1 [17件] がてんでに, だった, に堪えかね, ねえ, のしな, のゆるみ, の空虚, の苦痛, の青い, ぼそさ, をじっと, をぢ, を抑, を抑え, を押え, を押し鎮め, を考える

▼ 来るある~ (16, 0.0%)

2 人物の

1 [14件] ものが, ものは, 人が, 力を, 微妙な, 恐しい, 株屋が, 特殊な, 特種な, 狭さ, 異様な, 空気が, 聯想に, 郊外の

▼ 来る一つ~ (16, 0.0%)

1 [16件] の事実, の人影, の俤, の光景, の小舟, の影, の手段, の新聞, の時代, の破壊的, の結果, の結論, の美感, の証拠物, の重大, は濡れ

▼ 来る大きな~ (16, 0.0%)

2 高瀬船に

1 [14件] うねりに, 声で, 太陽が, 尊い芸術的, 山へ, 影法師が, 政治的勢力が, 沢を, 犬が, 綿の, 間違いが, 風であり, 駄々児であった, 鮭を

▼ 来る~ (16, 0.0%)

2 の若者, もある

1 [12件] から停車場, のもの, の人, の人たち, の女, の娘, の子供, の子供ら, の守り主, の小前, の老若, の駐在所

▼ 来るいろいろ~ (15, 0.0%)

1 [15件] なこと, な作者, な刺戟, な様子, な止み難い, な現象, な誘惑, の問題, の噂, の思い, の情景, の欠点, の気風, の苦しみ, の苦悩

▼ 来るなど~ (15, 0.0%)

2 心も

1 [13件] して, すべて三島の, まるで嘘, よほどな, 云う事, 僕も, 哀れが, 失敬だ, 察する, 悉皆ためし, 我家に, 腹の, 言ふ

▼ 来る女中~ (15, 0.0%)

2 もみんな

1 [13件] がある, がする, が来る, につれられ, のうしろ, の一人, の名, の大半, はわたくしたち中年前後, は襟前, もお召, も来, も来る

▼ 来る度毎~ (15, 0.0%)

1 [15件] におびただしく, にそれとなく, に二十, に仏前, に何, に何かしら新, に勝利, に必ず, に忽ち, に手, に母, に私, に精しく, に馬琴, に驚き

▼ 来る時代~ (15, 0.0%)

2 が参ります

1 [13件] だつたの, である, になっ, には常住, に這入らう, のうつり, の大波, の姿, の性格, の空気, の違い, の黎明, は遥か

▼ 来る~ (15, 0.0%)

4 の光 2 の影, も来る 1 のかげあり, の出, も会計, も歌会, も毎日毎日, を見, 蒙古

▼ 来る気勢~ (15, 0.0%)

4 がした 2 がし, がする, もない 1 でした, なるを, はなく, もなかっ, をみせた

▼ 来る汽車~ (15, 0.0%)

2 の音

1 [13件] ぞ来る, の中, の屋根, の車輪, の響き, の顔, は姿, は気, は随分, をとめ, を知らせよ, を見, ん中

▼ 来る迄は~ (15, 0.0%)

1 [15件] それを, どこまでも, もてましょう, 一般的に, 何か, 何を, 働くけれども, 前の, 図画の, 大阪の, 守りとおす, 想像しなかつた, 教会の, 極めて少数, 此平衡は

▼ 来るお客~ (14, 0.0%)

1 [14件] が殆, だったの, で綽名, に悪戯, の声, の数, はお婆さん, は無し, は青木, ばかりで儲かる, もたくさん, もちょいちょい, も随分, や店

▼ 来るほか~ (14, 0.0%)

2 はない

1 [12件] ないいくら, にはここ, にはほとんど, には現代, に女, に用, に誰, に道, の慾望, の瓶, の音響, はありません

▼ 来る不安~ (14, 0.0%)

2 を天候

1 [12件] が起る, と恐怖, と悩み, なにおい, な芽, にいらいら, におかれ, はどうしても, は葉子, や不愉快さ, を彼, を深刻

▼ 来る強い~ (14, 0.0%)

2 風を

1 [12件] 光線が, 刺激, 反射を, 家来達が, 振動は, 若武者を, 草の, 非難の, 風では, 風に, 風は, 風も

▼ 来る早々~ (14, 0.0%)

1 [14件] からあんな, からあんなに, からその, からぶすぶす, から仲間, から何, から笑いこけ, から軍衣, こんなこと, に陸軍軍医学校, 促し, 沈んで, 津村先生に, 素っ気ない

▼ 来る時刻~ (14, 0.0%)

3 が来た 2 であった 1 から十人十色, が規定, が近づいた, が遅い, だから, だぜ, だったの, でないが, を見計らっ

▼ 来る時間~ (14, 0.0%)

1 [14件] が近づい, だ見つかると, ですから, と一分, になる, には外出, に気づい, に間, の二種類, まで明言, も大抵, を教え, を知っ, を胸

▼ 来る自動車~ (14, 0.0%)

2 の警笛

1 [12件] があった, が三台, が来る, だけは人間, に大宅壮一君, のヘッドライト, の中, の密集, の燈火, の群, や馬車, を発見

▼ 来る自然~ (14, 0.0%)

2 の結果

1 [12件] あるいは不自由, と人生, なもの, な天性, な感じ, な連想, の大勢, の工, の美, の落ちつき, は美しい, 色々の

▼ 来る~ (14, 0.0%)

1 [14件] では鹿, でもある, で年, にある, にて何某, に仙台, に分らぬ, に龍, のつい, の淋し, の谷, の途中, はもとより, は一方

▼ 来る~ (14, 0.0%)

2 を見る

1 [12件] がありました, がまたいっそう, が晴ればれし, ではない, のそば, の赤い, は夕雲, をちらっと, をジロジロ, を心臓, を皆, を見

▼ 来るやら~ (13, 0.0%)

1 [13件] して, ですね, む和蘭の, 何か, 何やらで, 取揚婆, 夜一夜大騒ぎを, 大騒ぎそれから, 大騒ぎです, 師匠の, 検視の, 知れぬ話, 諸国の

▼ 来るんぢ~ (13, 0.0%)

7 やない 3 やなかつた 1 やなく, や無い, や無え

▼ 来る以前~ (13, 0.0%)

1 [13件] からすでに, から今, に, にいた, にその, に宮, に松川, に決定, に行, の出来事, の土地, の行動, の遍歴中

▼ 来る~ (13, 0.0%)

1 [13件] があらう, とあ, のかお, のこゑきけば氷雨, のため, の殖える, はみんな男の子, は何, は歩みとどめず, もあれ, をよびとめし, を置い, を膝

▼ 来る理由~ (13, 0.0%)

3 がある 2 が大 1 があっ, がない, がよく, はタッタ一つ, は何処, も亦, を時, を示さない

▼ 来る言葉~ (13, 0.0%)

1 [13件] が情けない, だから, である, で述べられ, にはとかく, には樋口三郎兵衛, のトゲ, の力, の怒, の波, をこの, を我々, を磨く

▼ 来るかという~ (12, 0.0%)

2 ことを 1 ことが, ことだ, ことは, ことも, 事が, 問合わせである, 問題は, 愚問と, 細かい予期, 訝しさ

▼ 来る~ (12, 0.0%)

5 はいが 1 あんたしばらく, それまで, はいさえ, はいである, はいは, ふも又, 碁は

▼ 来る人ごと~ (12, 0.0%)

1 [12件] に, にこの, にその同じ, にそれ, に会, に同じ, に吹聴, に妻, に宵子, に掘り, に見せ, に錺屋

▼ 来る商人~ (12, 0.0%)

2 の外 1 から外, があらわれた, がい, が地方, が天秤, とを除い, の荷, または官庁, も一人二人, も見えず

▼ 来る場所~ (12, 0.0%)

2 じゃない, ではない 1 がこちら, だよ, に決め, はそこ, はない, は定, へ移った, をみつ

▼ 来る~ (12, 0.0%)

1 [12件] ちゃな, 丘を, 六を通じてのみ, 提灯, 枝を, 渠と, 災害の, 蒸気は, 虫が, 蜘蛛を, 鬼の, 鰻を

▼ 来る少し~ (12, 0.0%)

6 前に 1 ばかりの光線, まえに, 前この, 前だ, 前の, 変に

▼ 来る方向~ (12, 0.0%)

1 [12件] からすれ, から推測, にさり気, について来た, に向っ, はいず, ばかりで, へからだ, を凝視, を嗅ぎ, を気, を考察

▼ 来る旅人~ (12, 0.0%)

1 [12件] があります, がわかき, が多い, が多く, にはどうしてこんなに, に向け, の上陸ぶり, の影, の混雑, の話, の足, は大概失望

▼ 来る~ (12, 0.0%)

3 二の 2 一の 1 三すなわち, 二次思想形体的内容とは, 二次戦争を, 二次的の, 八番目に, 十五期及第十六期の, 十議会を通じて

▼ 来る結果~ (12, 0.0%)

3 なの 1 として用いられる, として社会的便宜, について私, に他, はいくつ, もしそれ, をもっと, を明らか, 遂に尋常

▼ 来る~ (11, 0.0%)

3 えの 1 いなこと, えこと, えとそこ, えとやにわに, えと今度, えと甚右, え処, エやつが

▼ 来るのみ~ (11, 0.0%)

2 です 1 だし, だった, であります, である, でなく伊達一藩, ならず更に, ならず来る時, ならず西北原, 過が

▼ 来るひと~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, があるまい, ができた, がなかっ, だけど, の数, はマア, は浅井長政, は男, も来る, も無い

▼ 来る~ (11, 0.0%)

2 て言う 1 たって, ていうから少々, ていうぜ, てなここ, ての, てエ, て出かけ, て出懸け, て皆

▼ 来る光景~ (11, 0.0%)

2 を想像 1 がありあり, が無い, が眼, はちょっと, はまざまざ, は高輪, をしつかり, を見まもった, を遠く

▼ 来る~ (11, 0.0%)

3 はない 2 は人声 1 に不規則, に方法, はおとなしく, はないだろう, はなかっ, は高粱

▼ 来る~ (11, 0.0%)

1 [11件] がキラキラ, であった, とぽっちり, に向っ, に溺れ酔おう, に直面, のよう, の濃く, はその, は見えない, も見えない

▼ 来る感情~ (11, 0.0%)

3 を声 1 がまだ, が鼻, で十銭銀貨, に堪えない, に堪へない, に近代, を抑えきれなくなった, を押える

▼ 来る新しい~ (11, 0.0%)

2 客の 1 ポスターに, 世の中に, 俳句は, 力に対して, 力を, 文明開化が, 文芸思想を, 生命の, 風景を

▼ 来る模様~ (11, 0.0%)

1 [11件] がありません, がある, がない, がなかっ, が古び, だ, であった, と同一, などすこしも, もあった, も見えませんでした

▼ 来る機会~ (11, 0.0%)

3 がない 2 を待っ 1 がある, がなかっ, が無くなる, のある, はない, を多く

▼ 来る生活~ (11, 0.0%)

3 に村びと 1 と云, のいろいろ, のそういう, のため, の息づき, の窮屈さ, の重圧, の風

▼ 来る積り~ (11, 0.0%)

1 [11件] か知らん, だ, だった, だつたが, だよ, であったそう, であった為, でいる, です血, でそこ, で人目

▼ 来る笑い~ (11, 0.0%)

1 [11件] と一緒, ほど尊い, をおさえる, をおしかくし, をこじらし, をどうしても, を待ち構える, を怺, を押し殺す, を止める, を観

▼ 来る~ (11, 0.0%)

2 でこのごろ 1 の満員, の音, はみるみる, はやがて, へ大きく, もが他, も来る, を見詰め, 出て

▼ 来る~ (11, 0.0%)

1 [11件] がよく, が入らなくなった, が附い, じゃねえ, だつて, でもあれ, などでどう, はなくなっ, を三十円, を貸し, を返す

▼ 来る~ (11, 0.0%)

3 の蹄 1 がある, と人, と犬, に唐鞍箱, の一群, の気の毒, を眺め, を見る

▼ 来るかは~ (10, 0.0%)

1 わからないが, 僕らが, 分からない, 判らないの, 勿論私, 問題の, 知らぬけれど, 知れないが, 考えなかった, 言うまでもないこと

▼ 来るけれど~ (10, 0.0%)

1 するとまた前, それからさき, ひとりでは, まるですずらん, 何か, 作者自身の, 僕は, 君は, 容易に, 非常に

▼ 来るすべて~ (10, 0.0%)

1 のもの, の人, の人間, の外国人, の客, の点, の美しき, の苦痛, の足音, の重

▼ 来るたびごと~ (10, 0.0%)

1 にぜひ, にのこのこ, にガヴローシュ, に五円, に再度, に切なく, に寝台, に幾らか, に書いた, に繰り返す

▼ 来るとしても~ (10, 0.0%)

1 おかしい, こんどは, せいぜい五, それまで, なお家族制度, テンピを, 仕方なし, 別に不思議, 子供は, 途中から

▼ 来るなどは~ (10, 0.0%)

1 いけないよ, そもそもよほど, どうも怪しい, まことにイヤ, 不埒な, 呉人を, 思いも, 泥縄式でない, 田舎家の, 穏やかでない

▼ 来るほどに~ (10, 0.0%)

1 さのみも, どうぞそれ, なった, 便りは, 先祖代々からの, 溶かした砂糖, 肴大方, 自分の, 運んだ, 集るほどに

▼ 来るよりも~ (10, 0.0%)

1 そうして二杯, はやく江戸, まえの, 一足先に, 主として雷雨, 割安である, 反って, 同国人であり, 実質的に, 寧ろ石仏

▼ 来る~ (10, 0.0%)

1 あるまい, との交渉, にその, にはなく, に用, の人達, の付添婦たち, の艦艇, はない, 県の

▼ 来る~ (10, 0.0%)

1 の仕事, の十二月はじめ, の噂, の寒気, の日, も寒い寒い, も来る, を思う, を想わす, 浅

▼ 来る冷たい~ (10, 0.0%)

2 猿ヶ石川の, 風が 1 そして熱い, 底から, 水の, 清水に, 顔を, 風を

▼ 来る始末~ (10, 0.0%)

31 だった, だったの, だった村, である, でした附近一帯, なので, に俄然

▼ 来る学生~ (10, 0.0%)

2 の一人 1 がある, がみんな, なんかある, にも礼拝, のなりふり, は上京当時, は放課後, も多い

▼ 来る小さな~ (10, 0.0%)

1 不思議な, 効果は, 川の, 支流を, 男の子にも, 石油の, 神が, 葉は, 足音が, 震えあらゆる

▼ 来る~ (10, 0.0%)

1 先導を, 婆さんであった, 客様の, 客様は, 常を, 常連が, 舎弟と, 通行の, 陣屋だ, 魂よ

▼ 来る~ (10, 0.0%)

1 であった, のこと, の日光, の潮, の灰色, の軽風, も例, も来る, を長々, 来る朝

▼ 来る百姓~ (10, 0.0%)

1 から代価, があっ, があった, のある, のよう, の一団, の姿, の顔, は皆貧乏そう, を見迎え

▼ 来る相手~ (10, 0.0%)

2 の心根 1 の刀, の天秤, の態度, の気持, の語気, めがけて, をぢ, をチラリ

▼ 来るそして~ (9, 0.0%)

1 いいの, この暗黒さ, エハガキの, テレ隠しに, パタッと, 其処に, 新橋の, 毎日海へ, 私が

▼ 来る~ (9, 0.0%)

1 かがあっ, かの匂, かの怖, かデリケート, か不吉, か苦しい, だろう雨戸, といふ悩ましい, とも云

▼ 来る危険~ (9, 0.0%)

1 があった, がある, な境界線, のほどを思わず, はなかっ, は物, も感じた, を犯す, を覚えた

▼ 来る多く~ (9, 0.0%)

2 の男性 1 の人, の人々, の失望, の小鳥, の旅人, の漁船, の自動車

▼ 来る~ (9, 0.0%)

1 すずきを, 先生に, 掃除の, 時計の, 洪水を, 煩悶から, 蜈蚣の, 震動の, 露西亜人から

▼ 来る少年~ (9, 0.0%)

2 の姿 1 があった, であつ, のこと, の群, も多く, や幼童, を待ち受ける

▼ 来る~ (9, 0.0%)

1 がへり, の小屋, の庵, の影, の方, の紫, の高い, の黙示, はなに上衣

▼ 来る心持~ (9, 0.0%)

1 があっ, が可愛い, だけを比較, でここ, とそれ, のうつりかわり, は全く, をどう, を制し

▼ 来る心配~ (9, 0.0%)

2 はない 1 がある, の絶対, はありません, はなかっ, はなく, もなかっ, もなし

▼ 来る必然的~ (9, 0.0%)

3 な結果 1 な一つ, な二つ, な当然, な生活条件, な結論, の運命

▼ 来る患者~ (9, 0.0%)

1 などがゴッタ, の甲乙丙丁, の脈, の診察, の診療, はまだなかなか, もあれ, を容れる, を良心的

▼ 来る~ (9, 0.0%)

1 が, に対して深刻, の凶霊, の呪い, の恐怖, の歌, の蔭, の諸相, を迎える

▼ 来る~ (9, 0.0%)

2 のこと 1 からは泣いた, と子ら, の郷里, の顔, の顔付, の顔色, や妻

▼ 来る気遣い~ (9, 0.0%)

5 はない 1 ないん, はありません, はなかろう, はなく

▼ 来る~ (9, 0.0%)

1 であった, のよう, の顔, の骨箱, を嫌つた, を母, を見た, を迎, を迎える

▼ 来る男女~ (9, 0.0%)

2 の情話, の間 1 がある, の子弟たち, の少年, の手放し, の若い

▼ 来る白い~ (9, 0.0%)

1 アクを, 数字を, 明るみを, 波や, 煙の, 翼が, 翼の, 顔を, 驟雨の

▼ 来る種々~ (9, 0.0%)

1 な報告, な害毒, な思い, な流言, な菌, の事物, の問題, の情報, の発明

▼ 来る群衆~ (9, 0.0%)

1 に圧せられ, の中, の勢力, の数, の波, の頭上, の顔, は手, を遮断

▼ 来る~ (9, 0.0%)

3 侍の 1 さが, さを, 侍その, 侍に, 侍を, 親分を

▼ 来る~ (9, 0.0%)

1 くらがりに, をむやみ, 明りが, 明りに, 暗みの, 濁りの, 白い月, 雲り, 黄色い光線

▼ 来る~ (9, 0.0%)

2 に墓地 1 であって, にいくつ, には茶, にも最大, に敦煌, に躑躅, の従者

▼ 来る黒い~ (9, 0.0%)

3 脚を 1 人影, 影の, 服装の, 煙も, 瞳, 長途からの

▼ 来るなどという~ (8, 0.0%)

4 ことは 1 事は, 訳には, 風景も, 騒ぎに

▼ 来る一団~ (8, 0.0%)

1 があった, が焚火, の人声, の人影, の少年, の旅, の青年, も駈け込んだらしい

▼ 来る一方~ (8, 0.0%)

2 だ, だった 1 でまた, なので, に坑内, の必死

▼ 来る予定~ (8, 0.0%)

1 が来ない, だった, でいた, です, ですか, ではない, でゐた, になっ

▼ 来る以上~ (8, 0.0%)

1 いずれ何, その真意, の仕事, はそれ, は憎, は池, は相当, は都

▼ 来る~ (8, 0.0%)

1 しもすく, として, になっ, のあの, のクラン・マッキンタイア号, の外部的, はあっ, はこれ

▼ 来る其の~ (8, 0.0%)

1 代償は, 先へ, 時は, 松葉掻き, 液体を, 茶壺は, 連れは, 頃の

▼ 来る~ (8, 0.0%)

1 が毎年騾馬, にはあの, には何, には別に, には来る, には江戸, に何, のこと

▼ 来る列車~ (8, 0.0%)

3 の響 1 のひびき, のやう, の一隅, を待ちうけ, を迎える

▼ 来る女たち~ (8, 0.0%)

1 さえあった, である, のむさくるしい, の声, の足許, の顔ぶれ, はつぎつぎに, や山岸

▼ 来る~ (8, 0.0%)

2 の中 1 だ, ですから, でもこの, の前, の大祭, の抱え

▼ 来る度び~ (8, 0.0%)

1 にこの, にイタリア, に彼, に思い起す, に果物, に汽車, に矢代, に辛らく

▼ 来る当然~ (8, 0.0%)

3 の帰結 1 な現象, のこと, の二分派, の結果, 悲しさ

▼ 来る~ (8, 0.0%)

1 はひきずっ, るシステム, る健全, る後味, る晩, る有名, る陰惨さ, 満足とが

▼ 来る手筈~ (8, 0.0%)

3 になっ 1 じゃった猿, だったの, だった新井章吾, です, に成っ

▼ 来る文字~ (8, 0.0%)

1 だけである, ですからな, というもの, となった, の内容, の頻度, は, を寄せ集め

▼ 来る新聞~ (8, 0.0%)

1 にゃない, によく, に宣教師達, のこの, の上, の中, や手紙, 見ない方

▼ 来る様々~ (8, 0.0%)

1 な客, な思惟, な疑問, な結果, の出来事, の変化, の懸念, の現象

▼ 来る気持~ (8, 0.0%)

1 がする, の圧迫, は一寸, は独特, を押える, を持っ, を整理, 良い興奮

▼ 来る気色~ (8, 0.0%)

2 はなかっ 1 がありません, さらにない, には見えなかった, はまるで, は確か, もない寂し

▼ 来る涼風~ (8, 0.0%)

1 とそれ, に当っ, に手, に接した, に汗, のため私, をうけ, を受け

▼ 来る~ (8, 0.0%)

21 のよう, の前, の圧力, の白糸, の顔, の飛沫

▼ 来る無数~ (8, 0.0%)

1 の印象, の幼, の橇, の空罎, の紛擾, の藪蚊, の蛆, の陰影ども

▼ 来る~ (8, 0.0%)

1 とすれ違わなけれ, に肩, の影, の息, の歩み, の群れ, の顔, を見る

▼ 来る物音~ (8, 0.0%)

1 が聞える, に気づいた, のやう, のよう, の流れ, もない, を耳, 振返って

▼ 来る~ (8, 0.0%)

1 にでもいう, に交った, の声, の数, の牙, もきょう, もない, を随

▼ 来る老人~ (8, 0.0%)

2 の重傷者 1 があった, であった, のよう, は田舎, を見る, を靴

▼ 来る~ (8, 0.0%)

1 だけを食っ, で十一月, のぞろぞろ, や様々, よ, をとらえる, を夏, を煽

▼ 来る~ (8, 0.0%)

1 世紀が, 問題を, 天神の, 定義は, 対立の, 対立は, 将を, 思想の

▼ 来る迄の~ (8, 0.0%)

1 あの気味, 二十何年の, 元気の, 午後の, 廊下を, 時間を, 話である, 間を

▼ 来る~ (8, 0.0%)

1 じゃはからず, で娘, で小金原, で親子連, で逢違い, に立ち寄, の爺, まで心

▼ 来る~ (8, 0.0%)

5 の音 1 で少年たち, の気配, の裏

▼ 来る馬車~ (8, 0.0%)

2 や自動車 1 があつ, がもう, のとどろき, の姿, の正体, も

▼ 来るからね~ (7, 0.0%)

1 そこから, よく留守番, 友ちゃん, 気を, 直ぐ引越す, 辛抱おし, 飯あ

▼ 来る~ (7, 0.0%)

1 いおさらばだい, おとなしくし, ひと夕立, ジム, 待って, 気を, 父爺

▼ 来る~ (7, 0.0%)

5 やない 1 やありません, やもう

▼ 来るとかいう~ (7, 0.0%)

1 ことから, ことが, ことに, ことを, のである, のは, 噂でございます

▼ 来るとて~ (7, 0.0%)

1 お出, お出でに, 今方出, 大騒ぎを, 宅に, 当人鼻高し, 返事は

▼ 来るなどと~ (7, 0.0%)

1 おっしゃるの, 云う大騒ぎ, 呟いたの, 大騒ぎを, 実にまめ, 思って, 言うの

▼ 来るまた~ (7, 0.0%)

1 あとから, たの, ドンドン先へ, 一と, 一本また, 只かえって来る, 悦ばしからずや

▼ 来る不思議~ (7, 0.0%)

1 なマアチ, な力, な情緒, な電話, な響き, に沈んだ, に清らか

▼ 来る乗客~ (7, 0.0%)

1 で見る見る, に, に付きまとっ, のため, の下半身, も降り, を待つ

▼ 来る人声~ (7, 0.0%)

2 がした 1 がある, がさわがしく, が聞え, が起りました, のやう

▼ 来る千鶴子~ (7, 0.0%)

1 だったが, と見合う, の処置, の肉声, の裾, を眺め, を見

▼ 来る原因~ (7, 0.0%)

1 である, の説明, は彼, をつきすすめ, を公表, を社会, を突き止めね

▼ 来る味方~ (7, 0.0%)

1 にも何, の兵士, の名, の物見, は関, をながめ廻し, を容れ

▼ 来る~ (7, 0.0%)

1 の日光, の温か, の親しみ, の風, は巡っ, らしい雨, を喜ぶ

▼ 来る~ (7, 0.0%)

1 でほんとう, のよう, の跫音, はどうも, は善く, を見, を見た

▼ 来る~ (7, 0.0%)

2 の顔 1 のむせぶ, の咽ぶ, の声, もあれ, れから

▼ 来る~ (7, 0.0%)

2 のお 1 について, に言った, の手紙, や友人, をもどかし

▼ 来る~ (7, 0.0%)

1 があります, となっ, と云, に沿っ, の意味, の水, をあはれ

▼ 来る~ (7, 0.0%)

1 かじーっと, その足, に惟神, に憂, に豕, に遠い, 白鼠と

▼ 来る方角~ (7, 0.0%)

1 がまったく, が始め, の方, は, へは行かぬ, へ近づく, を眺め

▼ 来る日光~ (7, 0.0%)

2 の反射 1 が径, が蒐集棚, で向, に汚らしく, に浴

▼ 来る時期~ (7, 0.0%)

1 があり, なので, にちようど念仏踊り, も近づい, をも知らない, を予言, を待つ

▼ 来る最も~ (7, 0.0%)

1 古い記憶, 堪へ難い, 深い本能, 確かな, 確な, 自然な, 自由主義哲学らしい

▼ 来る~ (7, 0.0%)

1 のもの, の大, の波, の面, の鴎, はどうどう, をまとも

▼ 来る清助~ (7, 0.0%)

1 からおま, がある, と二人, はもう, は彼, もまだ, も顔

▼ 来る~ (7, 0.0%)

1 があった, が停頓, が来る, で波, に淀む, のやう, を一向

▼ 来る~ (7, 0.0%)

1 が見える, にまさりたる, のひかり, の光, の光線, の影, 取虫

▼ 来る~ (7, 0.0%)

2 に駅 1 にあった, に建てた, に痩せた, に都会, 掛けだつたの

▼ 来る~ (7, 0.0%)

1 が泄, が漲り込ん, で其の, に巻かれ, はまじり合っ, を浴び, 臭い風

▼ 来る~ (7, 0.0%)

1 がっかりし, です, なるに, を知らせたら, を知らせられた, 見えまた, 迎えに

▼ 来る~ (7, 0.0%)

1 あり, が戞, っ張そう, の中, ははや, はまるで, をカワ

▼ 来る~ (7, 0.0%)

1 という石, と瓦, に向かっ, に打たるる, の壁, の雨, の音

▼ 来る~ (7, 0.0%)

1 の光, の色, の野菜車, の霞める, や水, を見, 怖ろ

▼ 来る美し~ (7, 0.0%)

3 さを 1 さが, さだ, さであった, さは

▼ 来る群集~ (7, 0.0%)

1 が自ら, に当惑, のなか, の波, は近郊近在, を待ち受け, を追い出し

▼ 来る苦痛~ (7, 0.0%)

2 の為 1 に法王, の息切れ, は少し, は種々, をさえ感じなかった

▼ 来る~ (7, 0.0%)

2 の群 1 も追わず, をたたき殺し, を団扇, を追い払っ, を逐い

▼ 来る~ (7, 0.0%)

1 があっ, が金色, に与え, のよう, の声, の羽音どこ, の荒

▼ 来る~ (7, 0.0%)

2 の音 1 がみな釘付け, がもつれる, に穿い, の皮, の速い

▼ 来る迄に~ (7, 0.0%)

1 いくらでもそれ, もう二十マイル, 何もかも判っ, 帰り給, 幾日経った, 美留藻の, 自分は

▼ 来る近所~ (7, 0.0%)

2 の医者 1 のお, の人, の娘達, の婆さん, の針医

▼ 来る~ (7, 0.0%)

1 です, にかれ, にはどう, にパン屑, のやう, の人馴れ, を捕ろう

▼ 来る青年~ (7, 0.0%)

1 がつくっ, が真面目, と対坐, に特別, の中, は皆古典, を書い

▼ 来る~ (7, 0.0%)

1 が見えました, が重要, だなぞと, は大小種類, を不意, を捕った, を見る

▼ 来る~ (7, 0.0%)

1 である故に, の, のさわさ, のふん, の尾長, の数, もあった

▼ 来るいろんな~ (6, 0.0%)

1 事件が, 家庭内の, 新聞を, 目新しい作品, 苦しい事, 錯覚それに

▼ 来るかすか~ (6, 0.0%)

3 な風 1 なタイプライタア, な戦慄, な明かり

▼ 来るからな~ (6, 0.0%)

1 おとなしくし, どうで, なるべく部屋, なんだか頭, 一服しとれ, 坊おとなしく

▼ 来るそういう~ (6, 0.0%)

1 ききめが, ときその, 大陸の, 癖, 過程, 風に

▼ 来るとこ~ (6, 0.0%)

1 だけど, なん, はい, は此処, まで下り, もなから

▼ 来るについて~ (6, 0.0%)

1 お金の, すでに大砲, 二つの, 伸子が, 旅券の, 色々の

▼ 来るほう~ (6, 0.0%)

1 がわるい, が稀, だ, の人間, へ微笑, へ眼

▼ 来るまでも~ (6, 0.0%)

1 ありますまいと, あるまい明日, そういう女性, ないの, なく此, 葉子は

▼ 来るよと~ (6, 0.0%)

1 いって, だまして, 云ったそう, 捨て台辞, 足袋を, 銘仙の

▼ 来る~ (6, 0.0%)

1 だつたな, だね, です, ですもの, ですよ, でせう

▼ 来る一隊~ (6, 0.0%)

1 がありました, の先頭, の兵馬, の者, の鉄甲, の青年行商人

▼ 来る事実~ (6, 0.0%)

1 じゃありません, だけで読者, である, とを照合, の中, は今

▼ 来る二三人~ (6, 0.0%)

3 の足音 1 と思っ, の乱れた, の家庭教師

▼ 来る仲間~ (6, 0.0%)

1 がひろっ, だが, の者, はなん, もその, を待っ

▼ 来る伸子~ (6, 0.0%)

1 と素子, にふれた, のこころ, の感動, を認め, を認める

▼ 来る~ (6, 0.0%)

1 に, の影, の足音, は答えなかった, をじっと, を見

▼ 来る医者~ (6, 0.0%)

2 が来る 1 が血液, は大抵, もいる, を見る

▼ 来る~ (6, 0.0%)

1 もなき, も知らぬ, 探偵が, 探偵じみた, 探偵でない, 探偵は

▼ 来る夫人~ (6, 0.0%)

1 の一言一言剣, の気持, の特色, の言葉, の足音, を軽く

▼ 来る女房~ (6, 0.0%)

1 が来た, と取り, にしきりに, の嵩高, をどこ, を避け

▼ 来る~ (6, 0.0%)

1 がつくづく, とぱったり, とぱつたり出逢, と手, に対する苛立たし, の家計

▼ 来る径路~ (6, 0.0%)

1 であること, には常に, に出来た, は考, を明らか, を示し

▼ 来る恐怖~ (6, 0.0%)

1 でした, には, の痙攣, は叔父さん, をどう, を無理

▼ 来る悲しみ~ (6, 0.0%)

1 であろう, の色, を押えきれない, を泣く, を覚える, を隠そう

▼ 来る感動~ (6, 0.0%)

1 に一種当惑, に堪えかね, も礼儀, をおさえかねた, を制, を覚えた

▼ 来る憂い~ (6, 0.0%)

1 があれ, なし, はあるまい, はない, はなかっ, は更に

▼ 来る~ (6, 0.0%)

1 のお正月, らしさ, 二郎とお, 八に, 時代に, 浪曼主義に

▼ 来る時節~ (6, 0.0%)

1 がやっ, である, ですから, でもなけれ, には宗助, を辛抱強く

▼ 来る~ (6, 0.0%)

1 であった, であつ, なぞは岸本, にそれ, はいつ, もあっ

▼ 来る景色~ (6, 0.0%)

2 はよほど 1 はある, はこの, はない, もない

▼ 来る暗い~ (6, 0.0%)

1 北風であった, 夜の, 濠端を, 無自覚の, 空気自分の, 谷底で

▼ 来る次第~ (6, 0.0%)

1 であ, である, であるが, でこ, なの, なので

▼ 来る母親~ (6, 0.0%)

1 から次第に, がある, がいかにも, が二人, の心, の肉体そのもの

▼ 来る気分~ (6, 0.0%)

1 がない, が知れる, のひそか, は何とも, もあり, を繰返し

▼ 来る現実~ (6, 0.0%)

2 との三角関係 1 という三つ, に我, に抵抗, の中

▼ 来る生徒~ (6, 0.0%)

1 には断然, の一群, の群, の群れ, は他, も若干

▼ 来る~ (6, 0.0%)

1 のけはい, の冷気, の午後, の日, の稔り, らしい日光

▼ 来る~ (6, 0.0%)

4 の音 1 と太鼓, にのみ耳

▼ 来る~ (6, 0.0%)

1 医師の, 壮士である, 婆さんだろう, 爺さんや, 盲人に, 頽の

▼ 来る考え~ (6, 0.0%)

1 が新た, であろうと, にぼけ, にゆらめくらしい沈んだ, は何, 過しかも

▼ 来る~ (6, 0.0%)

1 には決して, に驚き, のひと, の舳, を時々, を見よ

▼ 来る迄には~ (6, 0.0%)

1 まだ二時間あまり, 事件の, 大分暇が, 日本人に, 見張, 長い人間業績

▼ 来る連想~ (6, 0.0%)

1 あるいは共鳴, がある, が心, によるかもしれない, の例, の誘引

▼ 来る運命~ (6, 0.0%)

1 ではある, なの, の下, をかわせない, を傍観, を待つ

▼ 来る過程~ (6, 0.0%)

1 その途上, には記紀, には詠歎, の如何, もリアリスティック, を中心

▼ 来る道筋~ (6, 0.0%)

1 がよく, が描かれ, で医師, にその, には円満, に関係

▼ 来る音楽~ (6, 0.0%)

1 であり詩的情感, として想像, に耳, に聴き, もなかっ, やどよめき

▼ 来る~ (6, 0.0%)

2 のうる 1 のうるささ, の白い, の長い, を掻

▼ 来る~ (6, 0.0%)

1 がある, の中, の慴, は威力, を体, を呼ん

▼ 来るお客さん~ (5, 0.0%)

1 がそう, が飯, の中, は引き, も時々

▼ 来るくらいの~ (5, 0.0%)

3 もので 1 ことは, ものだ

▼ 来るぐらい~ (5, 0.0%)

2 ならどうして 1 だった, 屁とも, 骨折ったって

▼ 来るこれ~ (5, 0.0%)

1 こそほんと, は其処, は殆ど, も中, も作品化

▼ 来るそれから~ (5, 0.0%)

2 ひとりでにおいしい, ラシャメンで 1 所在佐幕に

▼ 来るだけでも~ (5, 0.0%)

1 ほんとに愉快, 二十五万円程の, 幸福ぢや, 見て, 額から

▼ 来るだけに~ (5, 0.0%)

2 なった 1 なりました, もう言葉, 止まって

▼ 来るっていう~ (5, 0.0%)

2 ことを 1 んだ, んだろう, んです

▼ 来るついで~ (5, 0.0%)

2 にここ 1 に連れ, に遊び, はあっ

▼ 来るものの~ (5, 0.0%)

1 かげに, しかしこの, 制しきれぬ興奮, 千賀春は, 来た必然さ

▼ 来るやいなや~ (5, 0.0%)

1 キーと, 些細な, 仁蔵を, 寝床へ, 明らかに

▼ 来るようす~ (5, 0.0%)

1 がない, に三次, はなかっ, もない, もなく

▼ 来るアク~ (5, 0.0%)

3 を幾度 1 を取り, を掬い取らなけれ

▼ 来る一群~ (5, 0.0%)

1 には数人, のうち, の旅人, の軍隊, を相手

▼ 来る~ (5, 0.0%)

1 に吉原語, に序, に暗い, に祈祷, の伏見屋

▼ 来る主人~ (5, 0.0%)

2 と同じ 1 と車座, を見, を見かけ

▼ 来る事件~ (5, 0.0%)

1 の中, の犯人, はいづれ, は近代, もその

▼ 来る二つ~ (5, 0.0%)

1 の合唱, の時代, の物体, の顔, の黒い

▼ 来る印象~ (5, 0.0%)

1 である, はどことなく, は前々, は知らず, は軽く

▼ 来る友達~ (5, 0.0%)

1 が何時も, に話し, は皆, は顔, も多かっ

▼ 来る~ (5, 0.0%)

3 刀自の 1 えの, への鏡

▼ 来る~ (5, 0.0%)

1 の国, の方, の記憶力, は気, を思ひかね

▼ 来る女性~ (5, 0.0%)

1 ことごとくよし, と云, と云え, の深き, を避けよう

▼ 来る娘たち~ (5, 0.0%)

1 なぞはいずれ, の年頃, の草, は偶然, をそのまま

▼ 来る子供たち~ (5, 0.0%)

1 が, が肩, に向っ, のため, の世話

▼ 来る子供達~ (5, 0.0%)

1 が待ちきれなくなっ, の叫び声, の群, を早く, を芋

▼ 来る小説~ (5, 0.0%)

1 がある, は長短数十篇, もある, も長短篇, を乱読

▼ 来る幸福~ (5, 0.0%)

1 といふもの, な思想, の枝, をお, をもっ

▼ 来る形勢~ (5, 0.0%)

1 だと, なども彼, には極力, は少し, を示し

▼ 来る~ (5, 0.0%)

1 からブランシユ, から従者たち, から悪者, の河, をよく

▼ 来る微風~ (5, 0.0%)

1 がにわかにひんやり, に婦人, に常緑樹, に百合, を斜め

▼ 来る心地~ (5, 0.0%)

2 のよい 1 がした, しつ, のする

▼ 来る思い~ (5, 0.0%)

2 がした 1 でこの, は果して, を味わうべく

▼ 来る怪しい~ (5, 0.0%)

2 女の 1 もの音だけ, 影を, 獣では

▼ 来る恐れ~ (5, 0.0%)

2 がある 1 があった, も感じ, を言

▼ 来る~ (5, 0.0%)

1 には十, もなく, を待とう, 同じ船, 本阿弥様

▼ 来る提灯~ (5, 0.0%)

1 が二つ, の光, を座敷, を待っ, を待つ

▼ 来る方法~ (5, 0.0%)

1 が発見, とが人間, はない, もなく, をご存じ

▼ 来る日本~ (5, 0.0%)

1 がまた, の伝説集, の友人達, の物件, の音楽家

▼ 来る日本人~ (5, 0.0%)

2 の一時 1 があっ, に共通, は今

▼ 来る時私~ (5, 0.0%)

1 はさらに, はたいへん, は完, は涯, は神様

▼ 来る書生~ (5, 0.0%)

1 が来るし, だからという, の懦弱, は随分, を父

▼ 来る~ (5, 0.0%)

2 の声 1 がある, の塞, を口ずさん

▼ 来る~ (5, 0.0%)

1 の事実, の役人, の男, の連中, 小さな男

▼ 来る~ (5, 0.0%)

2 になる 1 がある, どりを, 取ですが

▼ 来る気持ち~ (5, 0.0%)

1 が起きた, のよ, の反映, は苦しい, は違います

▼ 来る~ (5, 0.0%)

1 が燃え始める, に一番, のよう, の一点, の山

▼ 来る烈しい~ (5, 0.0%)

2 慾望を 1 真昼の, 睡魔と, 陽を

▼ 来る~ (5, 0.0%)

1 のよう, の中, の名, を気味悪, を見る

▼ 来る男たち~ (5, 0.0%)

1 がなく, に対して, に対して勝手気まま, に私, の話声

▼ 来る看護婦~ (5, 0.0%)

2 の足音 1 が一人, に七時, に時々

▼ 来る~ (5, 0.0%)

1 から放射, と云, に見え, に見えぬ, はなかっ

▼ 来る瞬間~ (5, 0.0%)

1 がある, さすがに, であった, は何だか, までそれ

▼ 来る美しい~ (5, 0.0%)

2 面影を 1 けれど悩, こえを, 私の

▼ 来る~ (5, 0.0%)

1 の虫, をおさえ, をしずめ, をそんな, を押え

▼ 来る自転車~ (5, 0.0%)

1 だの俥, で一刻, のベル, の車体, を引出す

▼ 来る若者~ (5, 0.0%)

1 がウメ子, なども波, のいじらし, は遠路, 来る若者

▼ 来る藪蚊~ (5, 0.0%)

1 かな, の唸り声, の群, を袖, を防ぐ

▼ 来る~ (5, 0.0%)

1 に対してまず, のよう, の様, の群れ, を一度

▼ 来る見物人~ (5, 0.0%)

2 で大向, を相手 1 の顔

▼ 来る見込み~ (5, 0.0%)

1 か月給, でもある, で敵, はほとんど, は充分

▼ 来る軽い~ (5, 0.0%)

1 微かな, 脚気患者の, 足音を, 跫音が, 風で

▼ 来る~ (5, 0.0%)

3 の音 1 に気, の声

▼ 来る長い~ (5, 0.0%)

1 冬を, 尾を, 渡殿の, 睡眠が, 路の

▼ 来る~ (5, 0.0%)

1 かただし, で覆はれ, ながら木原, に憂鬱, は見る見る

▼ 来る電話~ (5, 0.0%)

1 が半分以上, の主, を細大, を聞いてる, を聞かされ

▼ 来る~ (5, 0.0%)

1 が立っ, ではない, に寒気, の茫茫, は十米先

▼ 来る静か~ (5, 0.0%)

1 な不安, な夕暮, な海, な跫音, な香気

▼ 来る~ (5, 0.0%)

1 の上, の刈方, を三角刈り, を冷たい, を振る

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 ひだだけ, やぶげ, われな, 出た出た

▼ 来るあたり~ (4, 0.0%)

1 に梅, の人, は一寸, を見廻す

▼ 来るあらゆる~ (4, 0.0%)

1 事件に, 愛情が, 現象を, 米友としての

▼ 来るお嬢さん~ (4, 0.0%)

1 がその, が二人, の姿, の肌

▼ 来るかとも~ (4, 0.0%)

2 怪しまれた 1 思われる, 聞取られて

▼ 来るかなと~ (4, 0.0%)

2 思って 1 台所の, 待つまいと

▼ 来るからって~ (4, 0.0%)

1 云われるもん, 女中が, 己が, 待って

▼ 来るぐらいの~ (4, 0.0%)

1 ことしゃんしゃんやればいいのにそれを, ことです, ものだ, 暇も

▼ 来るけは~ (4, 0.0%)

1 いもした, ひあり, ひさ, ひも見えなかつた

▼ 来るしかも~ (4, 0.0%)

1 その恋愛, 今までの, 其のイムプレッション, 夥しい人数

▼ 来るすこし~ (4, 0.0%)

2 以前に 1 前ごろから, 前に

▼ 来るせい~ (4, 0.0%)

1 か疎, であろう, でこの, ですか

▼ 来るそうして~ (4, 0.0%)

1 からだじゅうが, 今までの, 峠の, 眼や

▼ 来るそよ風~ (4, 0.0%)

2 が二度 1 に吹かれ, も微醺

▼ 来るそれら~ (4, 0.0%)

1 の市井, の感銘, の関東方, の非難

▼ 来るそんな~ (4, 0.0%)

1 好運な, 工合で, 悦ばしげ, 気が

▼ 来るつて~ (4, 0.0%)

1 いふん, いふ情報, えんで, んでがす

▼ 来るとしか~ (4, 0.0%)

2 思われない 1 思えませんでした, 見えません

▼ 来るとして~ (4, 0.0%)

1 きょうは, それから, ゐるもの, 今日は

▼ 来るとでも~ (4, 0.0%)

1 いうたら幾分, いうの, 思ってるよう, 言われるの

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 いいな, ぶ臭い, まだや, ッと

▼ 来るどんな~ (4, 0.0%)

1 ものも, 些細な, 怪物よりも, 軽い動揺

▼ 来るなぞ~ (4, 0.0%)

1 という自惚れ, といふこと, と云はず, はもちろん

▼ 来るに従い~ (4, 0.0%)

1 しっくりと, 会戦指揮の, 次第に温まる, 自分の

▼ 来るばかりか~ (4, 0.0%)

1 どうやら洋装, 二人しか, 時には手懸り上, 貯えの

▼ 来るばかりに~ (4, 0.0%)

2 なつた 1 なった, 引返して

▼ 来るまれびと~ (4, 0.0%)

1 の為事, の考, は稍, を二つ

▼ 来るみたい~ (4, 0.0%)

1 だよ, な頼もしい, に用事, に随分

▼ 来るもう~ (4, 0.0%)

2 一つの 1 ほんとうに, 嫌に

▼ 来るやも~ (4, 0.0%)

3 知れぬ 1 しれぬ

▼ 来るよって~ (4, 0.0%)

1 いまの, とうとうお母ちゃん, にと云い置い, 待ってたらどう

▼ 来るよりは~ (4, 0.0%)

1 ペルシャへでも, 会津侯へ, 寧ろ飲み, 近所の

▼ 来るをば~ (4, 0.0%)

1 じつと, 待かね, 誰なら, 防ぎとどむる者一人も

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 て, てお, てさつき花, て出

▼ 来る一陣~ (4, 0.0%)

1 のその, の怪風, の烈風, の風

▼ 来る不幸~ (4, 0.0%)

1 である, な出来ごと, の人, よりも不幸

▼ 来る世の中~ (4, 0.0%)

1 じゃない, である, です, のつまらなく

▼ 来る世間~ (4, 0.0%)

2 の非難 1 のむごい, の人たち

▼ 来る二三日前~ (4, 0.0%)

1 にその, に其話, に帰っ, まで土

▼ 来る人数~ (4, 0.0%)

1 は蟻, もあっ, を皆, を見る

▼ 来る他人~ (4, 0.0%)

1 と云う, の家, の欠点, の瑕瑾ばなし

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 の狙った, の生涯, の考索, は頬

▼ 来る~ (4, 0.0%)

2 になつ 1 になっ, の形

▼ 来る元気~ (4, 0.0%)

1 がありゃ, な若者, のある, もなく

▼ 来る先生~ (4, 0.0%)

1 の中, は外来, をおこらした, を驚かし

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 のバケツ音, は相当, もなく, も少く

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 のよう, の潮, は多く, を感じる

▼ 来る刹那~ (4, 0.0%)

1 に就い, の光景, の声, の瑞々し

▼ 来る刻限~ (4, 0.0%)

1 と為った, になっ, には些, を計り

▼ 来る前兆~ (4, 0.0%)

1 が見える, だという, でありましたけれど, である

▼ 来る勇気~ (4, 0.0%)

1 がありません, はない, もあるまい, をふるい起した

▼ 来る勢い~ (4, 0.0%)

1 が見える, でメリ, の好い, をはずす

▼ 来る即ち~ (4, 0.0%)

1 その人, 楽みを, 構図で, 言語は

▼ 来る古い~ (4, 0.0%)

2 留学生や 1 定連, 洋画家の

▼ 来る名前~ (4, 0.0%)

1 だそう, でなくては, は土佐一中時代, をなる

▼ 来る呼吸~ (4, 0.0%)

1 に坩, のおもしろ, は絶え, を続け

▼ 来る唯一~ (4, 0.0%)

1 の人間, の光線, の常識, の物象

▼ 来る圧力~ (4, 0.0%)

1 その圧力, には何とも, に押された, に耐えよう

▼ 来る報告~ (4, 0.0%)

1 はことごとく, もすべて又四郎, もその, を待った

▼ 来る変化~ (4, 0.0%)

1 は余, は彼, や転向, を迹

▼ 来る夜風~ (4, 0.0%)

1 が肌寒い, にゆらりゆらりと, に燈台, を楽しみ

▼ 来る太刀~ (4, 0.0%)

1 が何, にも必然, の中, を受け損じ

▼ 来る太陽~ (4, 0.0%)

1 が再び, にとかされ, のせい, の光

▼ 来る奴等~ (4, 0.0%)

1 があった, だ貴様たち, をいやおうなしに, をこの

▼ 来る婦人~ (4, 0.0%)

1 であった, というもの, は大概, を打見遣りつ

▼ 来る嬉し~ (4, 0.0%)

2 さで 1 さと, さに

▼ 来る客たち~ (4, 0.0%)

1 だから, のこの, をもそうだ, を照れさせ

▼ 来る容子~ (4, 0.0%)

1 がない, がなかっ, も見えない, を見

▼ 来る寂し~ (4, 0.0%)

1 さだけ, さでは, さは, さ悲し

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 さに, さの, さは, さを

▼ 来る小鳥~ (4, 0.0%)

1 だのリス, によって日ごと, の啼き, もすべて

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 にまだ, のない, の色, 知れぬ鬼気

▼ 来る弾丸~ (4, 0.0%)

1 が私たち, に向い, は飛び越し, は髪の毛一本

▼ 来る役者~ (4, 0.0%)

1 から見, がそれぞれ, は一種, をここら

▼ 来る後ろ~ (4, 0.0%)

1 に芳公, の従者たち, の百合子達, の足おと

▼ 来る微か~ (4, 0.0%)

2 なあかり 1 な光, な跫音

▼ 来る快感~ (4, 0.0%)

1 が少く, と炬燵, なり, の中

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 れから, れを, ろし, ろしい

▼ 来る恐ろしい~ (4, 0.0%)

1 ほど荘厳, 力を, 早老の, 町の

▼ 来る情報~ (4, 0.0%)

1 による, も入った, を聞き, を集め

▼ 来る想念~ (4, 0.0%)

1 と同様, に我, に辻, は伊勢

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 が散漫, の破綻, の道すじ, への確信

▼ 来る感覚~ (4, 0.0%)

1 のため, はすでに, は一層, は予め

▼ 来る態度~ (4, 0.0%)

1 が心, なの, に圧せられ, は逃避

▼ 来る所以~ (4, 0.0%)

1 が明白, である, はこの, も其処

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 に負えない, のよう, を振りほどい, を避け

▼ 来る拍子~ (4, 0.0%)

1 にそこ, に其処, に見えた, はしなやか

▼ 来る数々~ (4, 0.0%)

1 の旧師, の条理, の物象, の船

▼ 来る文体~ (4, 0.0%)

2 は日本人, 或は語句

▼ 来る明日~ (4, 0.0%)

1 にでもなる, の晩, の朝, を待った

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 の光, の足音, の雲, までの余裕

▼ 来る月光~ (4, 0.0%)

2 がまばら 1 が彼女, とところどころ

▼ 来る来る~ (4, 0.0%)

1 って来ん, とは言っ, 当歳の, 歩いて

▼ 来る決心~ (4, 0.0%)

2 をした 1 きめた, の動機

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 に心, のまん中, の光り, を眺め

▼ 来る涼しい~ (4, 0.0%)

2 風は 1 空気が, 風に

▼ 来る深い~ (4, 0.0%)

1 処には, 思慮哲学上の, 湯の, 認識が

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 があまり, の滴垂, を受け入れ, 揉みの

▼ 来る準備~ (4, 0.0%)

1 で, の麻, をし, をすっかり

▼ 来る火の粉~ (4, 0.0%)

1 がうる, と煙, を払, を払おう

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 がある, のよう, の啼き, を追った

▼ 来る特徴~ (4, 0.0%)

1 はどうも, は赤人一流, もある, を有っ

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 に向っ, のかたち, を身, を音

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 があっ, がある, がない, が出来た

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 の人びと, の子供等, の様子, を西鍛冶屋町

▼ 来る病気~ (4, 0.0%)

1 である, です, で何, をく

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 です, ですよ, 変らず石地蔵, 抱いて

▼ 来る真黒~ (4, 0.0%)

1 なる火薬, な泡, な重み, な鉄

▼ 来る程度~ (4, 0.0%)

1 であるから, とその, にとどまり, のもの

▼ 来る節子~ (4, 0.0%)

2 を待受けた 1 がいかに, が彼

▼ 来る精神~ (4, 0.0%)

1 において理解, の不安, の白刃, の解放

▼ 来る細い~ (4, 0.0%)

1 ものが, 廊下の, 流れの, 溝が

▼ 来る結論~ (4, 0.0%)

1 である, でもある, は妙, は批評自身

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 が尠い, の感受, の採択, を多分

▼ 来る習慣~ (4, 0.0%)

1 から出来た, があった, が手伝つて, は今

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 と形, の白い, は常に, を失っ

▼ 来る色々~ (4, 0.0%)

1 な団体見物, な土産物, な意気, の智的

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 が降る, の白玉, を受け, を払

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 の死んだ, の鳴, の鳴き声, を見る

▼ 来る親戚~ (4, 0.0%)

1 に逢っ, の婦人, の足, も親戚

▼ 来る誤り~ (4, 0.0%)

2 である 1 に陥つ, の言葉

▼ 来る~ (4, 0.0%)

1 の跫音, はわし一人, を待伏せ, を見る

▼ 来る過去~ (4, 0.0%)

1 の幻影, の幽霊, を逃, を酌量

▼ 来る道中~ (4, 0.0%)

1 で, では駒井能登守, で逢いました, の踊り

▼ 来る郵便物~ (4, 0.0%)

1 がボツボツ, もお, を取り, を彼

▼ 来る重吉~ (4, 0.0%)

1 の姿, の家, の靴音, はひろ子

▼ 来る鋭い~ (4, 0.0%)

2 歯牙を 1 コツコツと, 直感で

▼ 来る限り~ (4, 0.0%)

1 あらゆる幸福, きっと, の諸, びくびくせね

▼ 来る電流~ (4, 0.0%)

1 と同じく, のよう, を切っ, を針金

▼ 来る騒ぎ~ (4, 0.0%)

2 の音 1 だった, です

▼ 来るあて~ (3, 0.0%)

1 がある, のない, もなくなる

▼ 来るあやしい~ (3, 0.0%)

3 楽器の

▼ 来るいわれ~ (3, 0.0%)

3 はない

▼ 来るうしろ~ (3, 0.0%)

1 から頼朝, に天地, の敵

▼ 来るおり~ (3, 0.0%)

1 にはよく, の美わし, をうかがっ

▼ 来るお婆さん~ (3, 0.0%)

1 があっ, である, に昔

▼ 来るお金~ (3, 0.0%)

1 じゃあなし, では十分, はたいてい

▼ 来るかが~ (3, 0.0%)

1 ちゃめちゃの, 判ると, 大きい課題

▼ 来るかや~ (3, 0.0%)

1 あと, と田圃, と組合

▼ 来るきり~ (3, 0.0%)

1 です, なの, の方

▼ 来るくせ~ (3, 0.0%)

1 があった, に, に自分

▼ 来るこれから~ (3, 0.0%)

1 かもしれない, の見物, 迎えようと

▼ 来るこれら~ (3, 0.0%)

1 の会話, の教え子, の話

▼ 来るさま~ (3, 0.0%)

1 なりき阿園, はすさまじい, は優に

▼ 来るさまざま~ (3, 0.0%)

1 な質疑, の文学雑誌, の苦痛

▼ 来るしかし~ (3, 0.0%)

1 その幽玄, それが, 吉田は

▼ 来るすると~ (3, 0.0%)

1 らくだが, 今まで, 早や

▼ 来るずっと~ (3, 0.0%)

1 以前から, 前から, 前に

▼ 来るその間~ (3, 0.0%)

1 に, にはどこ, にもし

▼ 来るたって~ (3, 0.0%)

1 そりゃ容易, ま宅, 深しい

▼ 来るどこ~ (3, 0.0%)

1 かに殺気, か謙遜, にある

▼ 来るどころ~ (3, 0.0%)

2 では 1 の騒ぎ

▼ 来るどころか~ (3, 0.0%)

1 大へん, 皆いやな, 返事さえ

▼ 来るなか~ (3, 0.0%)

1 で凍て, に清三, を芹

▼ 来るなという~ (3, 0.0%)

1 予感を, 感じが, 手紙を

▼ 来るなどとは~ (3, 0.0%)

1 余りに殊勝, 実際に, 思っても

▼ 来るなんぞは~ (3, 0.0%)

1 あんまり罪, 手も, 能

▼ 来るについては~ (3, 0.0%)

1 はっきりした, 来るだけの, 種々な

▼ 来るにつけ~ (3, 0.0%)

1 わたしが, 各部屋, 癒る

▼ 来るにゃ~ (3, 0.0%)

1 はやい, ア水街道から, 及ばねえ

▼ 来るにや~ (3, 0.0%)

1 ア立つてる, 来たけど, 来るけど

▼ 来るのよ~ (3, 0.0%)

1 いやね, やっぱりあの, 家具を

▼ 来るひよめき~ (3, 0.0%)

3 の為

▼ 来るふう~ (3, 0.0%)

2 でも 1 である

▼ 来るぼんやり~ (3, 0.0%)

1 した光, した曖昧, 居馴染めない

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 だらな, に, ぼろしは

▼ 来るまでが~ (3, 0.0%)

1 これが, まるで夢中, 一年足らずその間に

▼ 来るまでと~ (3, 0.0%)

1 云うもの, 思って, 思つてグリツプを

▼ 来るまま~ (3, 0.0%)

1 にさせ, に文義, に機敏

▼ 来るよく~ (3, 0.0%)

1 この辺, 叱る日, 禿の

▼ 来るわずか~ (3, 0.0%)

1 な光, な兵, な時間

▼ 来るわよ~ (3, 0.0%)

1 汐干, 綺羅子と, 鬼魅が

▼ 来るテーマ~ (3, 0.0%)

1 がひそん, であった, であつ

▼ 来る一年~ (3, 0.0%)

1 はどんな, への祝福, を迎えよう

▼ 来る一種異様~ (3, 0.0%)

1 な記憶, の戦慄, の物音

▼ 来る一艘~ (3, 0.0%)

1 がある, の川船, の汽船

▼ 来る一郎~ (3, 0.0%)

1 に突当られ, の話, を彼女

▼ 来る一騎~ (3, 0.0%)

1 があった, の若武者, を待っ

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 の人, へ追いやられる, を潜った

▼ 来る不快~ (3, 0.0%)

1 と悪感, の感覚, の観念

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 に腰, は歴史的運動, は物質

▼ 来る乞食~ (3, 0.0%)

1 という風体, は乞食, も山

▼ 来る人足~ (3, 0.0%)

1 なぞにあんなに, に注意, を跳ね飛ばし投げ付け

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 のあなた, までは窮屈, 見たよう

▼ 来る仕掛~ (3, 0.0%)

2 になっ 1 の露店

▼ 来る仕方~ (3, 0.0%)

1 ない, なしこれ, なしに

▼ 来る何と~ (3, 0.0%)

1 なしの, まめな, 珍しや

▼ 来る何もの~ (3, 0.0%)

1 かと激しく, かの打, かを尾田

▼ 来る余地~ (3, 0.0%)

1 あるやも, のある, の出来た

▼ 来る作品~ (3, 0.0%)

1 がそれでは, が皆, の質

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 のうち, の六三郎, の草履取

▼ 来る便り~ (3, 0.0%)

1 が世の中, は明らさま, 来る便り

▼ 来る傾向~ (3, 0.0%)

1 がある, なので, にあった

▼ 来る僅か~ (3, 0.0%)

1 な光線, な金, 分秒の

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 の声, の姿, の疲労困憊

▼ 来る全く~ (3, 0.0%)

1 こいつは, 及びも, 四肢で

▼ 来る八五郎~ (3, 0.0%)

1 の手, の甘酸っぱい, は耳

▼ 来る兵隊~ (3, 0.0%)

2 なぞもほめ 1 がいなくなる

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 に入れ代っ, に多少, はまだよく

▼ 来る内容~ (3, 0.0%)

1 が少し, で第, を持つた

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 い水, い麦茶, かな微風

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 の先, を振り向き, を支えよう

▼ 来る制限~ (3, 0.0%)

1 ではなく, なの, はハッキリ

▼ 来る前出~ (3, 0.0%)

2 の女房達 1 の仲間姿

▼ 来る前後~ (3, 0.0%)

1 からひと, から蜂谷良作, のいきさつ

▼ 来る力強い~ (3, 0.0%)

1 一種の, 体臭, 爽快な

▼ 来る~ (3, 0.0%)

3 多源次郎

▼ 来る労働者~ (3, 0.0%)

1 の数, は必ず, は珍

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 れ, れの, れ我安居

▼ 来る十一月~ (3, 0.0%)

1 の三日, の二十日, までの間

▼ 来る十六議会~ (3, 0.0%)

1 において田中正造, はしばらく, は姑

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 作為兼半, 刻ほど, 神半人の

▼ 来る半蔵~ (3, 0.0%)

1 が教え子, の夢, の結婚

▼ 来る原理~ (3, 0.0%)

1 じゃ, を以て内容, を排斥

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 も来る, 何か, 自己からの

▼ 来る口惜し~ (3, 0.0%)

2 さに 1 さや

▼ 来る困難~ (3, 0.0%)

1 な条件, にベソ, を列挙

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 なの, の人たち, 如き手ぬるい

▼ 来る土台~ (3, 0.0%)

2 として現在語 1 となる

▼ 来る土地~ (3, 0.0%)

1 である, の役者, を潰し

▼ 来る地方~ (3, 0.0%)

1 の新しき, の飛脚, もある

▼ 来る城太郎~ (3, 0.0%)

1 であった, にわかり, の影

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 だなと, な男, な老人

▼ 来る夕方~ (3, 0.0%)

1 の南風, の空気, もすく

▼ 来る夕闇~ (3, 0.0%)

1 に女, に樹立, の霜寒

▼ 来る外国人~ (3, 0.0%)

1 があるだろう, はみんな何, は御馳走

▼ 来る大きい~ (3, 0.0%)

1 手ずれた, 方の, 生徒位にしか

▼ 来る大勢~ (3, 0.0%)

1 の人, の衆, の足音

▼ 来る大学生~ (3, 0.0%)

1 が彼等, のうち, の中

▼ 来る~ (3, 0.0%)

2 つ罪 1 の救い

▼ 来る太鼓~ (3, 0.0%)

3 の音

▼ 来る奥さん~ (3, 0.0%)

1 なんてあたし, のうしろ, の様子

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 が集まる, と共に, にはおよそ

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 あさん, が疫病神, でございます

▼ 来る季節~ (3, 0.0%)

2 である 1 になつ

▼ 来る宝石~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 や羅紗

▼ 来る実に~ (3, 0.0%)

2 呆れ返つた 1 呆れ返った無

▼ 来る客人~ (3, 0.0%)

1 にも座敷, の中, の邪魔

▼ 来る家族~ (3, 0.0%)

1 の余, は不, も一昼夜以上

▼ 来る寒い~ (3, 0.0%)

1 冬を, 風に, 風を

▼ 来る寒風~ (3, 0.0%)

1 がもぐり込ん, が吹きはじめる, が寒い

▼ 来る小さい~ (3, 0.0%)

1 人影を, 子供と, 長方形の

▼ 来る少女~ (3, 0.0%)

1 が一番, をうまく, を云

▼ 来る岸本~ (3, 0.0%)

1 だけが残った, であったという, は節子

▼ 来る常世~ (3, 0.0%)

2 の神 1 のまれびとが

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 にお, の, のもの

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 の声, の黒い, を抱き絞め

▼ 来る強烈~ (3, 0.0%)

1 な光, な光線, な酣酔

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 がある, もない, 浪屋の

▼ 来る当麻路~ (3, 0.0%)

3 の脇

▼ 来る彼等~ (3, 0.0%)

1 の姿, の笑い声, を待っ

▼ 来る得体~ (3, 0.0%)

1 のしれない, の知れない, の知れぬ

▼ 来る得意~ (3, 0.0%)

1 にほかならなかった, の情, ばかりで

▼ 来る必然~ (3, 0.0%)

1 が一方, の技法, の結果

▼ 来る怒り~ (3, 0.0%)

1 を感じ, を感じた, を辛うじて抑

▼ 来る思想~ (3, 0.0%)

1 だけじゃ到底, である, は人

▼ 来る性質~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 を有った

▼ 来る恋愛~ (3, 0.0%)

2 の自由 1 は自発

▼ 来る~ (3, 0.0%)

2 れは 1 れも

▼ 来る愛情~ (3, 0.0%)

1 なんて私, なんて私大, よりも多少

▼ 来る感激~ (3, 0.0%)

1 にむせびつ, に胸, の彼

▼ 来る感銘~ (3, 0.0%)

1 がある, とが与っ, の混乱

▼ 来る戦慄~ (3, 0.0%)

1 が私, と共に我, をじっと

▼ 来る敵方~ (3, 0.0%)

1 の使者, の侍, を排し除け

▼ 来る文学~ (3, 0.0%)

1 に対する態度, の肉体, の魅力

▼ 来る新聞記者~ (3, 0.0%)

1 なぞもあっ, は来る, は騒ぐ

▼ 来る日影~ (3, 0.0%)

1 が落ちた, と促迷蔵, に蒼い

▼ 来る昆虫~ (3, 0.0%)

1 のため, の名, を近寄らせない

▼ 来る明るい~ (3, 0.0%)

1 光線を, 毛欅の, 燈光の

▼ 来る時勢~ (3, 0.0%)

1 であるから, に嘉六, より三四年

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 である, のてっぺん, をやはり

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 の国, 能力を, 貫の

▼ 来る松明~ (3, 0.0%)

1 とは坂, のあいだ, の光

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 は一つ, は凄い, ぶすま

▼ 来る機械~ (3, 0.0%)

2 の鋭い 1 とても果してそれ

▼ 来る歌舞伎~ (3, 0.0%)

1 について話す, の噂, の話題

▼ 来る歔欷~ (3, 0.0%)

1 と羞恥, の声, をのん

▼ 来る正月~ (3, 0.0%)

1 には大磯, に胡弓, 来る正月

▼ 来る汽笛~ (3, 0.0%)

2 の音 1 だか

▼ 来る汽船~ (3, 0.0%)

1 があった, の汽笛, や帆船

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 だ, の支流, の水

▼ 来る洋服~ (3, 0.0%)

2 を着た 1 の紳士

▼ 来る湿気~ (3, 0.0%)

1 の感, や霧, を含める

▼ 来る潮風~ (3, 0.0%)

1 が明, が肌, になぶらせ

▼ 来る濁水~ (3, 0.0%)

2 は忽ち 1 は風雨

▼ 来る濃い~ (3, 0.0%)

1 液体である, 霧火山の, 髪を

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 で女給, は故意, を見る

▼ 来る牧野~ (3, 0.0%)

1 と一緒, に逢った, の旦那

▼ 来る物凄い~ (3, 0.0%)

1 気魄の, 海上の, 深山に

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 あり, がもう, のよう

▼ 来る~ (3, 0.0%)

2 らしい出来事 1 らしい獲物

▼ 来る現象~ (3, 0.0%)

1 についても女, の一例, を表現

▼ 来る甘い~ (3, 0.0%)

1 倦怠, 叫び, 誘惑であった

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 だぜ, になった, を待っ

▼ 来る異様~ (3, 0.0%)

1 なムード, な一つ, な音響

▼ 来る疑問~ (3, 0.0%)

1 なの, の氷塊, や感激

▼ 来る病人~ (3, 0.0%)

1 が見えた, の生命, も困るだろう

▼ 来る痛み~ (3, 0.0%)

1 が一層, を吐き気, を憤怒

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 があつ, がある, に

▼ 来る白衣~ (3, 0.0%)

1 の武士, を着, を著

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 にも見えず, の前, ぼしい敵

▼ 来る真紀子~ (3, 0.0%)

1 に久慈, に何, の美し

▼ 来る眩暈~ (3, 0.0%)

2 を頭 1 と閉ざされたる

▼ 来る社会~ (3, 0.0%)

1 と個人, の戸口, の様々

▼ 来る社会的~ (3, 0.0%)

1 な原因, な必要, な理由

▼ 来る秋風~ (3, 0.0%)

1 が冷, に袴, を指点

▼ 来る空気~ (3, 0.0%)

1 には薬, に久慈, をすっかり

▼ 来る空腹~ (3, 0.0%)

1 な二人, には旅館, の度合

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 と今, ひを, をやつ

▼ 来る笹村~ (3, 0.0%)

1 の感情, の頭, の顔

▼ 来る粉雪~ (3, 0.0%)

1 がさ, のなか, は松

▼ 来る精霊~ (3, 0.0%)

1 にも尊者, は大角豆畠, を防い

▼ 来る細君~ (3, 0.0%)

1 のため, の方, は自分

▼ 来る老婆~ (3, 0.0%)

1 に出逢った, の群れ, の顔

▼ 来る者たち~ (3, 0.0%)

1 が踏み固めた, で賑やか, は彼女ら

▼ 来る者共~ (3, 0.0%)

1 でも, に一々, を払

▼ 来る~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 来る職工~ (3, 0.0%)

1 などにお, の群, もありました

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 とか野菜, もちぎれる, を食べてる

▼ 来る自由~ (3, 0.0%)

1 な本能, な真摯, はこの

▼ 来る興味~ (3, 0.0%)

1 でもありましょう, もあった, を感じた

▼ 来る興奮~ (3, 0.0%)

1 に震, も手伝っ, をうかべ

▼ 来る船中~ (3, 0.0%)

1 での千鶴子, で私, の模様

▼ 来る芸者~ (3, 0.0%)

1 だから, ではある, を想い出した

▼ 来る若旦那たち~ (3, 0.0%)

1 にランデヴー, に至る, はめい

▼ 来る茶碗~ (3, 0.0%)

2 の中 1 が実に

▼ 来る落着~ (3, 0.0%)

2 が彼 1 かない

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 に大, に親しみ, の肉体

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 の群, の群れ, を追

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 のゆくえ, の翼, や還

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 に忠告, の群れ, の黒い

▼ 来る蟻達~ (3, 0.0%)

1 の胃袋, はゆつくり, は丁度

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 あやしま, の自然死, をやりきれない

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 のにおい, の滴, の潮

▼ 来る~ (3, 0.0%)

2 は拒まず 1 も多い

▼ 来る行列~ (3, 0.0%)

1 などが眺められた, の出発, の壮麗

▼ 来る表現~ (3, 0.0%)

1 が新しい, であり刺戟的, に味

▼ 来る西洋人~ (3, 0.0%)

1 から日本, に見られた, のたけ

▼ 来る角袖~ (3, 0.0%)

2 の刑事 1 が七人

▼ 来る話声~ (3, 0.0%)

1 はたいへん, は怪人丸木, を聞きとろう

▼ 来る諸国~ (3, 0.0%)

1 の旅人七八人, の武士, の講中

▼ 来る警官~ (3, 0.0%)

1 はみんな彼等, らしい, を振り返っ

▼ 来る貧乏人~ (3, 0.0%)

1 に分配, に遣る, も来れ

▼ 来る資格~ (3, 0.0%)

1 かのよう, はない, は持っ

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 であったろうか, にはこの, に沁む

▼ 来る軍隊~ (3, 0.0%)

1 ですか, で一杯, に戸

▼ 来る迷信~ (3, 0.0%)

1 であるし, に陥いつた, に陥った

▼ 来る追手~ (3, 0.0%)

1 の一隊, の大軍, へ独り言

▼ 来る道すがら~ (3, 0.0%)

1 もまさかこう, 大川村の, 見た

▼ 来る道理~ (3, 0.0%)

1 がない, であった, です

▼ 来る都会~ (3, 0.0%)

1 の人々, の声, の客たち

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 の洪水, はその, や食料

▼ 来る重圧~ (3, 0.0%)

1 によってしばしば, のなか, のもと

▼ 来る鈍い~ (3, 0.0%)

1 光だけ, 列車の, 水銀さまざまの

▼ 来る間二人~ (3, 0.0%)

2 に訓戒 1 はなお

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 である, に随, の羽

▼ 来る面白~ (3, 0.0%)

21 さが

▼ 来る靴音~ (3, 0.0%)

1 がした, はその, を聞いた

▼ 来る音響~ (3, 0.0%)

1 に耳, の中, の裡

▼ 来る響き~ (3, 0.0%)

1 であつ, である, に耳

▼ 来る順序~ (3, 0.0%)

1 に知っ, はあった, を当てる

▼ 来る風の音~ (3, 0.0%)

1 にでも目, に交つて, までがなんとなく

▼ 来る風情~ (3, 0.0%)

1 がある, が添う, は亡師父三遊亭円馬

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 は薫り, ひは, やはかくるる

▼ 来る馬上~ (3, 0.0%)

1 の人物, の石川康通, の蘭丸

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 である, となつ, は一晩中踊り

▼ 来る~ (3, 0.0%)

1 のよう, の動き, の趣

▼ 来る黄金色~ (3, 0.0%)

1 の光, の日光, の昆虫

▼ 来るあいつ~ (2, 0.0%)

1 の車, をひとつ

▼ 来るあす~ (2, 0.0%)

1 は使い, は来る

▼ 来るあなた~ (2, 0.0%)

1 とは何と, もそれ

▼ 来るいつ~ (2, 0.0%)

1 しよに, までもこの

▼ 来るいや~ (2, 0.0%)

1 なこわらしい事, はってな

▼ 来るうす~ (2, 0.0%)

1 やみの, 冷い

▼ 来るおお~ (2, 0.0%)

2 ぜい

▼ 来るおかし~ (2, 0.0%)

2 さを

▼ 来るお客達~ (2, 0.0%)

1 だって皆私, にとつて

▼ 来るお方~ (2, 0.0%)

1 だから, もございません

▼ 来るかといふ~ (2, 0.0%)

1 ことが, 新しい心配

▼ 来るかな~ (2, 0.0%)

1 が多, それとも観音さま

▼ 来るかなんて~ (2, 0.0%)

1 言って, 訊いて

▼ 来るかに~ (2, 0.0%)

1 思われる, 見えた

▼ 来るかね~ (2, 0.0%)

1 どこへでも, 馬鹿な

▼ 来るからといふ~ (2, 0.0%)

1 いひ伝, 約束で

▼ 来るからにゃ~ (2, 0.0%)

1 あ先方, どんなこと

▼ 来るくだり~ (2, 0.0%)

1 であった, は原作者

▼ 来るけど~ (2, 0.0%)

1 あのだんまり屋, それじゃ

▼ 来るけに~ (2, 0.0%)

1 それまで, 法律を

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 がある, は奈良春日神社石燈籠

▼ 来るこう~ (2, 0.0%)

1 せよと, 内儀が

▼ 来るここち~ (2, 0.0%)

1 がした, でそれ

▼ 来るこそ~ (2, 0.0%)

1 お味方, 却って幸い

▼ 来ることそれ~ (2, 0.0%)

1 に違, を守る

▼ 来ること前~ (2, 0.0%)

1 の如し, の通り

▼ 来るさえ~ (2, 0.0%)

1 あるに, 鳥の

▼ 来るさかい~ (2, 0.0%)

1 心配せいで, 貴方も

▼ 来るさわやか~ (2, 0.0%)

1 な明る, な涼風

▼ 来るしか~ (2, 0.0%)

1 ないでしょう, なかった

▼ 来るせめて~ (2, 0.0%)

2 腕の

▼ 来るぜと~ (2, 0.0%)

1 思って, 思つてじ

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 が黎明, よ

▼ 来るそうそう~ (2, 0.0%)

1 からすでにもう, から少し

▼ 来るそこ~ (2, 0.0%)

1 には宗義, は憚りながら

▼ 来るそこで~ (2, 0.0%)

1 その黄金, 学校外の

▼ 来るぞという~ (2, 0.0%)

1 こと常の, 声々に

▼ 来るたくさん~ (2, 0.0%)

1 な書類, のもの

▼ 来るただ~ (2, 0.0%)

1 ならない空気, 香ひ

▼ 来るたび毎~ (2, 0.0%)

1 にこれ, に見

▼ 来るたま~ (2, 0.0%)

1 は単に, をうける

▼ 来るたより~ (2, 0.0%)

1 はどれ, は折角

▼ 来るだけで~ (2, 0.0%)

1 なしに, 絵は

▼ 来るちょっと~ (2, 0.0%)

2 前に

▼ 来るってさ~ (2, 0.0%)

1 あの雪女郎, 四時に

▼ 来るってな~ (2, 0.0%)

1 し母どん, アンバイで

▼ 来るでの~ (2, 0.0%)

1 あんたは, 留守を

▼ 来るというのも~ (2, 0.0%)

2 本当だ

▼ 来るというは~ (2, 0.0%)

1 よくよくの, 余り思

▼ 来るといつて~ (2, 0.0%)

1 たが, もこの

▼ 来るとおり~ (2, 0.0%)

1 こういうところ, 黙って

▼ 来るとから~ (2, 0.0%)

1 だは, 私の

▼ 来るとき出迎え~ (2, 0.0%)

1 の中, もしなかった

▼ 来るどう~ (2, 0.0%)

2 だね

▼ 来るどうしても~ (2, 0.0%)

1 その顔色, 眼を

▼ 来るなあ~ (2, 0.0%)

1 ほんとうだ, 厭だって

▼ 来るなどといふ~ (2, 0.0%)

1 無分別さへ, 面倒は

▼ 来るなどの~ (2, 0.0%)

1 結果から, 離れ業に

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 うちが, 私が

▼ 来るばかりの~ (2, 0.0%)

1 このごろの, そのいや

▼ 来るひま~ (2, 0.0%)

1 がない, に彼女

▼ 来るひらめ~ (2, 0.0%)

1 の学校, を食

▼ 来るふたり~ (2, 0.0%)

1 にとってどんなに, の船頭

▼ 来るほのか~ (2, 0.0%)

1 な囁き, な姿

▼ 来るまだ~ (2, 0.0%)

1 若い男, 食物が

▼ 来るまるで~ (2, 0.0%)

1 一つの, 乞食みたいに

▼ 来る~ (2, 0.0%)

2 づは

▼ 来るもし~ (2, 0.0%)

1 病気だ, 詫に

▼ 来るもっと~ (2, 0.0%)

1 小さい年下, 彼等を

▼ 来るものぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 来るもの溝川~ (2, 0.0%)

2 に鰌

▼ 来るやい~ (2, 0.0%)

1 な各, な馬上

▼ 来るやがて~ (2, 0.0%)

1 叔父より, 自然の

▼ 来るゆえ~ (2, 0.0%)

1 ぜひぜひ出立, 両三日

▼ 来るゆえん~ (2, 0.0%)

1 があり, である

▼ 来るよな~ (2, 0.0%)

1 思ひにて, 誰それ雀よかろ

▼ 来るよりか~ (2, 0.0%)

1 もっともっと大, ラマに

▼ 来るわけぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 来るわざ~ (2, 0.0%)

1 なり, を全く

▼ 来るを以て~ (2, 0.0%)

1 場合に, 詩人の

▼ 来るんでね~ (2, 0.0%)

1 あんまり来, その勘定

▼ 来るガラッ~ (2, 0.0%)

2 八を

▼ 来るサア~ (2, 0.0%)

1 もうしめた, 面白くなる

▼ 来るチャブ台~ (2, 0.0%)

2 に突き当る

▼ 来るトラック~ (2, 0.0%)

1 の横, もあった

▼ 来るトロツコ~ (2, 0.0%)

1 の音, を押し

▼ 来るパリ~ (2, 0.0%)

1 のたそがれ, の実物

▼ 来るピアノ~ (2, 0.0%)

2 の曲

▼ 来るボーイ~ (2, 0.0%)

1 が違っ, などがパタパタ

▼ 来るメロディ~ (2, 0.0%)

1 でも聞い, を聞こう

▼ 来るメーデー~ (2, 0.0%)

1 について誰, の行列

▼ 来るリヤカー~ (2, 0.0%)

1 がある, の群

▼ 来るンぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 来る一切~ (2, 0.0%)

1 の主要問題, の光明

▼ 来る一定~ (2, 0.0%)

1 の結果, の質的規定

▼ 来る一組~ (2, 0.0%)

1 がある, の客

▼ 来る一結果~ (2, 0.0%)

1 としてその, に過ぎない

▼ 来る一行~ (2, 0.0%)

1 がある, を尋ねさせ

▼ 来る一輛~ (2, 0.0%)

1 の牛車, の車

▼ 来る一週間前~ (2, 0.0%)

1 ある友達, から其処

▼ 来る一頭~ (2, 0.0%)

1 の馬, の駄賃馬

▼ 来る丁度~ (2, 0.0%)

1 その宵宮, その騒ぎ

▼ 来る七八人~ (2, 0.0%)

2 の気配

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 であった, 高き人

▼ 来る三人~ (2, 0.0%)

1 がうなずき, には気がつかない

▼ 来る三四人~ (2, 0.0%)

1 があった, の新しい

▼ 来る三月~ (2, 0.0%)

1 に中学部一年級, の二十二日

▼ 来る上気~ (2, 0.0%)

1 したよう, せた頬

▼ 来る上田~ (2, 0.0%)

2 は彼

▼ 来る不平~ (2, 0.0%)

1 や物資不足, 面した名

▼ 来る不愉快さ~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 来る不自由~ (2, 0.0%)

1 が一ばん, をし

▼ 来る世界~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の胚子

▼ 来る中年~ (2, 0.0%)

2 の男二人

▼ 来る中津川~ (2, 0.0%)

1 の商人, の香蔵

▼ 来る丸善~ (2, 0.0%)

2 よりの新刊

▼ 来る乗合自動車~ (2, 0.0%)

1 で二十分, の音

▼ 来る乳母~ (2, 0.0%)

1 のお, の乳

▼ 来る事情~ (2, 0.0%)

2 をば全く

▼ 来る事柄~ (2, 0.0%)

1 であるから, に比

▼ 来る事物~ (2, 0.0%)

2 はよく

▼ 来る二三~ (2, 0.0%)

1 の女の子, の旗本たち

▼ 来る二個~ (2, 0.0%)

1 の人影, の黒影

▼ 来る二日前~ (2, 0.0%)

1 に本類そちら, までは名前

▼ 来る二階~ (2, 0.0%)

1 で, へ上がれ

▼ 来る亭主~ (2, 0.0%)

1 がある, までが半蔵

▼ 来る人人~ (2, 0.0%)

1 に挨拶, はよく

▼ 来る人夫~ (2, 0.0%)

1 の姿, も追いつい

▼ 来る人毎~ (2, 0.0%)

1 に告げられ, に簡単

▼ 来る人波~ (2, 0.0%)

1 に押出, の渦

▼ 来る人生~ (2, 0.0%)

1 の諸, の酸味

▼ 来る人足たち~ (2, 0.0%)

1 の宿, の後ろ

▼ 来る人馬~ (2, 0.0%)

1 の縦隊, の足音

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 だと, の思想

▼ 来る仙太~ (2, 0.0%)

2 の気持

▼ 来る~ (2, 0.0%)

2 助を

▼ 来る代議士~ (2, 0.0%)

1 が議会, 大商人

▼ 来る以上それ~ (2, 0.0%)

1 がし, だけを一個

▼ 来る以上一泊~ (2, 0.0%)

2 や二泊

▼ 来る伝令~ (2, 0.0%)

1 に接し, の騎馬

▼ 来る位何~ (2, 0.0%)

2 でもない

▼ 来る何事~ (2, 0.0%)

1 かだ, かの前兆

▼ 来る何人~ (2, 0.0%)

1 かに行き, かのコムソモール

▼ 来る何物~ (2, 0.0%)

1 か, なの

▼ 来る余震~ (2, 0.0%)

1 が相当, で煉瓦壁

▼ 来る作用~ (2, 0.0%)

1 とわずか, の効果

▼ 来る使い~ (2, 0.0%)

1 もこの同じ, も来る

▼ 来る侏儒共~ (2, 0.0%)

2 が多勢

▼ 来る価値~ (2, 0.0%)

2 は十分

▼ 来る信州~ (2, 0.0%)

1 からの伝騎, から来る

▼ 来る俳優~ (2, 0.0%)

1 の技術, は珍しい

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 も火, や婆さん

▼ 来る偶然~ (2, 0.0%)

1 に非, の省略法

▼ 来る~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 来る傾き~ (2, 0.0%)

1 があった, のある

▼ 来る先鋒~ (2, 0.0%)

1 に於, の毛利兵

▼ 来る全身硝子~ (2, 0.0%)

2 の破片

▼ 来る八月~ (2, 0.0%)

1 の十五日箱根, の打合せ

▼ 来る八百屋~ (2, 0.0%)

1 からの買物, だって

▼ 来る兵馬~ (2, 0.0%)

1 がここ, の奔流

▼ 来る内地~ (2, 0.0%)

1 の客, の役人

▼ 来る内部~ (2, 0.0%)

1 の人間, の生命

▼ 来る円タク~ (2, 0.0%)

1 は客, も朦朧

▼ 来る円周~ (2, 0.0%)

1 が先行, は

▼ 来る冷風~ (2, 0.0%)

1 に吹かれおり, のみが灯り

▼ 来る出来事~ (2, 0.0%)

1 が何一つ, はそれ

▼ 来る分量~ (2, 0.0%)

1 よりも奥地, を測定

▼ 来る切ない~ (2, 0.0%)

1 ほどの思い, ものを

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 は演壇, もある

▼ 来る初春~ (2, 0.0%)

1 の気, の神事

▼ 来る制約~ (2, 0.0%)

1 なの, の受け方

▼ 来る前触れ~ (2, 0.0%)

1 ではない, をする

▼ 来る割合~ (2, 0.0%)

1 はだいたい, を表わす

▼ 来る努力~ (2, 0.0%)

1 が月々幾枚, その努力

▼ 来る効果~ (2, 0.0%)

1 だけで, でしょう

▼ 来る勇士~ (2, 0.0%)

1 あらば, も驟雨

▼ 来る動物~ (2, 0.0%)

1 に対するやう, に対するよう

▼ 来る勝平が~ (2, 0.0%)

2 何となく頼もしく力強い

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 に河, 最も盛

▼ 来る勢力~ (2, 0.0%)

1 ある魂, からすり脱

▼ 来る匂い~ (2, 0.0%)

1 であるから, で判ります

▼ 来る匆々~ (2, 0.0%)

1 から何やら, まづ一ヶ月

▼ 来る北風~ (2, 0.0%)

1 がかぶと, とが頂上

▼ 来る十四日~ (2, 0.0%)

1 いよいよ上野介, に国王

▼ 来る十手~ (2, 0.0%)

1 の下, の浪

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の方, の烈風

▼ 来る博徒等~ (2, 0.0%)

2 が七人

▼ 来る危険感~ (2, 0.0%)

2 を意識

▼ 来る原稿~ (2, 0.0%)

1 が皆, ということ

▼ 来る又八~ (2, 0.0%)

1 の姿, をながめ

▼ 来る~ (2, 0.0%)

2 もなき

▼ 来る反射~ (2, 0.0%)

1 がまとも, のない

▼ 来る収入~ (2, 0.0%)

1 はという, を学費

▼ 来る口実~ (2, 0.0%)

2 があっ

▼ 来る古代~ (2, 0.0%)

1 でもなく, の酋長

▼ 来る可愛らしい~ (2, 0.0%)

2 少女だった

▼ 来る可笑し~ (2, 0.0%)

1 さに, さの

▼ 来る可能性~ (2, 0.0%)

1 がある, は多分

▼ 来る各国~ (2, 0.0%)

1 のスパイ連, の武力

▼ 来る同じ~ (2, 0.0%)

1 ような, 部屋の

▼ 来る向う~ (2, 0.0%)

2 の横町

▼ 来る向き~ (2, 0.0%)

1 がふえ, も一

▼ 来る~ (2, 0.0%)

2 り声

▼ 来る和やか~ (2, 0.0%)

1 なもの, な陽

▼ 来る哀愁~ (2, 0.0%)

1 とが凡て, に矢代

▼ 来る嗚咽~ (2, 0.0%)

1 である, を押え

▼ 来る器量~ (2, 0.0%)

1 の悪, の悪い

▼ 来る四五人~ (2, 0.0%)

1 のもの, の男

▼ 来る四月~ (2, 0.0%)

1 だ, の初

▼ 来る四月十日~ (2, 0.0%)

1 が二十周年記念, と公表

▼ 来る団体~ (2, 0.0%)

1 の出る, の幟

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の下, の香

▼ 来る土曜日~ (2, 0.0%)

1 の夜, の放課後

▼ 来る土煙~ (2, 0.0%)

1 に刃疵, をハンカチ

▼ 来る圧迫~ (2, 0.0%)

1 をも十分, を避ける

▼ 来る圧迫感~ (2, 0.0%)

1 だつた, である

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 が震へる, の人皆

▼ 来る地震~ (2, 0.0%)

1 の秒, をへん

▼ 来る執念深い~ (2, 0.0%)

1 主人公の, 物音と

▼ 来る執拗~ (2, 0.0%)

1 い悪臭, な女

▼ 来る堂上華族~ (2, 0.0%)

2 も見えた

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 と二王子, 況や出

▼ 来る場面~ (2, 0.0%)

1 の如き, を準備

▼ 来る塵埃~ (2, 0.0%)

1 を吸い, を防い

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の匂い, の破れ

▼ 来る夕暮~ (2, 0.0%)

1 どき, の小路

▼ 来る夕汐~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 来る夕立雲~ (2, 0.0%)

1 のまっ, の内部

▼ 来る外人~ (2, 0.0%)

1 が主, の荷物

▼ 来る外光~ (2, 0.0%)

1 に映し出され, を一旦

▼ 来る夜ふけ~ (2, 0.0%)

1 あり, の空

▼ 来る夢想~ (2, 0.0%)

1 に耽っ, に耽る

▼ 来る大抵~ (2, 0.0%)

1 の人物, の御用きき

▼ 来る天才~ (2, 0.0%)

1 に譲つて, の

▼ 来る夫婦~ (2, 0.0%)

1 が見えた, と子供

▼ 来る奇怪~ (2, 0.0%)

1 な市場, な快感

▼ 来る女の子~ (2, 0.0%)

1 とぶっつかり, に相当

▼ 来る女客~ (2, 0.0%)

1 に頭, のなか

▼ 来る奴ら~ (2, 0.0%)

1 に気, の居どころ

▼ 来る好い~ (2, 0.0%)

1 便りを, 女は

▼ 来る好意~ (2, 0.0%)

1 を以て迎えられる, を持つ

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 な居心地, な男

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の息, の息促

▼ 来る姿勢~ (2, 0.0%)

1 で雪, にあった

▼ 来る娘達~ (2, 0.0%)

1 がもし, もなかっ

▼ 来る婆さん~ (2, 0.0%)

1 に千枝子, の新造なんざア足

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の姿, を見た

▼ 来る子たち~ (2, 0.0%)

1 も始業, を卯木

▼ 来る孤独~ (2, 0.0%)

1 とその, の女

▼ 来る学徒~ (2, 0.0%)

2 のいと

▼ 来る学校~ (2, 0.0%)

1 の試験, は授業中

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 連だ, 連の

▼ 来る実際~ (2, 0.0%)

1 の光景, 人物の

▼ 来る客間~ (2, 0.0%)

2 には決して

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の真中, を一度

▼ 来る家中~ (2, 0.0%)

1 のもの, の事

▼ 来る家臣たち~ (2, 0.0%)

1 へ家康, も置去り

▼ 来る家鴨~ (2, 0.0%)

2 の一

▼ 来る寒気~ (2, 0.0%)

1 つよく稲刈, のせい

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 があった, もある

▼ 来る小坊主高慢~ (2, 0.0%)

1 にちょこんと, にちよこん

▼ 来る小姓~ (2, 0.0%)

1 の森坊丸, や挨拶

▼ 来る小柄~ (2, 0.0%)

1 な男, な軍医

▼ 来る小野田~ (2, 0.0%)

1 にお, の手

▼ 来る居酒屋~ (2, 0.0%)

1 の小僧, の少年

▼ 来る山人~ (2, 0.0%)

1 といふの, は下級神人

▼ 来る山田~ (2, 0.0%)

1 の方, は出

▼ 来る岩太郎~ (2, 0.0%)

1 の胸, を待った

▼ 来る川べり~ (2, 0.0%)

2 にはほ

▼ 来る川風~ (2, 0.0%)

1 のため, のよう

▼ 来る巡査~ (2, 0.0%)

1 が来る, に気づいたらしい

▼ 来る工合~ (2, 0.0%)

1 が何とも, 暖まった金属

▼ 来る工夫~ (2, 0.0%)

1 がある, なんぞは妙

▼ 来る左翼~ (2, 0.0%)

1 の群れ, を待ち構え

▼ 来る巨人~ (2, 0.0%)

1 で暴帝ネロ, を考へる

▼ 来る希望~ (2, 0.0%)

1 と祈願, と絶望

▼ 来る常世浪~ (2, 0.0%)

2 に浴する

▼ 来る常連~ (2, 0.0%)

1 とは分け, に特高

▼ 来る帽子~ (2, 0.0%)

2 をゆりあげ

▼ 来る平次~ (2, 0.0%)

1 のこと, を目

▼ 来る年々~ (2, 0.0%)

1 の夏, の羨み

▼ 来る年毎~ (2, 0.0%)

1 に口, に必ず

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の都会, を考量

▼ 来る幻影~ (2, 0.0%)

1 と本来, を追い

▼ 来る幻想~ (2, 0.0%)

1 に執着, をどう

▼ 来る幽霊~ (2, 0.0%)

1 に対して生ける, や狐狗狸

▼ 来る幾つ~ (2, 0.0%)

1 かの作品, かの支谷

▼ 来る広い~ (2, 0.0%)

1 囲炉裏ばた, 樹の

▼ 来る広小路~ (2, 0.0%)

2 を乗りすごさない

▼ 来る度ごと~ (2, 0.0%)

1 に, に鞭撻

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の芝, をじっと

▼ 来る弛緩~ (2, 0.0%)

1 の長閑さ, は許し

▼ 来る弱々し~ (2, 0.0%)

1 さである, さでは

▼ 来る弱い~ (2, 0.0%)

1 光りが, 月の

▼ 来る弾力~ (2, 0.0%)

1 と捻れる, のある

▼ 来る当時~ (2, 0.0%)

1 ではハイカラ, の戦争万能

▼ 来る当麻曼陀羅~ (2, 0.0%)

2 の説明

▼ 来る影響~ (2, 0.0%)

1 は当然, を受け

▼ 来る彼ら~ (2, 0.0%)

1 は何, を見る

▼ 来る征矢~ (2, 0.0%)

1 も次第に, をまた

▼ 来る後続部隊~ (2, 0.0%)

1 と合し, までには容易

▼ 来る従って~ (2, 0.0%)

2 内部が

▼ 来る微笑~ (2, 0.0%)

1 を交換, を矢代

▼ 来る心臓~ (2, 0.0%)

1 の扉, を鎮め

▼ 来る必然性~ (2, 0.0%)

1 を他, を消しちまっ

▼ 来る急激~ (2, 0.0%)

1 な変化, な神経性

▼ 来る恐し~ (2, 0.0%)

1 いばけもの, ささへ

▼ 来る恐るべき~ (2, 0.0%)

1 ことに, 神という

▼ 来る息づかい~ (2, 0.0%)

1 を堪え, を秘め

▼ 来る息吹き~ (2, 0.0%)

1 のこもった, の幻

▼ 来る息苦し~ (2, 0.0%)

1 さは, さを

▼ 来る恰好~ (2, 0.0%)

1 はまるで, は馬鹿

▼ 来る悦び~ (2, 0.0%)

1 なの, をおさえ切れない

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 るくき, 医者の

▼ 来る悪夢~ (2, 0.0%)

1 のよう, は京子

▼ 来る悲し~ (2, 0.0%)

1 さと, さに

▼ 来る悲しい~ (2, 0.0%)

1 間隙とでも, 霧を

▼ 来る情景~ (2, 0.0%)

1 は今, や生

▼ 来る情欲~ (2, 0.0%)

1 と恋情, の匂い

▼ 来る情熱~ (2, 0.0%)

1 がこない, が妙

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 だ, にとり

▼ 来る意味~ (2, 0.0%)

1 でぬ, の上

▼ 来る意志~ (2, 0.0%)

1 の弱, は私

▼ 来る意識~ (2, 0.0%)

1 です, の患い

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 にもつかない, を醒ませ

▼ 来る感慨~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, を筆

▼ 来る憂鬱~ (2, 0.0%)

1 にさも, を解せぬ

▼ 来る憤怒~ (2, 0.0%)

1 にぶるぶる, をぐっと

▼ 来る懸念~ (2, 0.0%)

1 がある, も大分

▼ 来る或いは~ (2, 0.0%)

2 彫像によって

▼ 来る戦況~ (2, 0.0%)

1 は一, を聞い

▼ 来る手間~ (2, 0.0%)

1 は此空気, もはぶける

▼ 来る才兵衛~ (2, 0.0%)

1 の巨躯, の足

▼ 来る才蔵~ (2, 0.0%)

1 は多分, は約束

▼ 来る折助~ (2, 0.0%)

1 の強襲, の面

▼ 来る探偵~ (2, 0.0%)

1 とちがう, を指

▼ 来る支那~ (2, 0.0%)

1 の出方, の群衆

▼ 来る支那人~ (2, 0.0%)

1 に逢, は大抵

▼ 来る攻撃~ (2, 0.0%)

1 との間にあっ, と未来

▼ 来る数人~ (2, 0.0%)

1 の足音, の跫音

▼ 来る敵艇~ (2, 0.0%)

1 のスパート, を見守った

▼ 来る文句~ (2, 0.0%)

1 があった, がある

▼ 来る料理~ (2, 0.0%)

1 につれてしばらく, を片

▼ 来る新鮮~ (2, 0.0%)

1 なる彼女達, な風

▼ 来る方針~ (2, 0.0%)

1 とだった, と定まる

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の道中, の錯乱

▼ 来る旅行者~ (2, 0.0%)

1 が見る, もある

▼ 来る旅装~ (2, 0.0%)

2 の三人

▼ 来る旅費~ (2, 0.0%)

1 が一人百円以上, も掛っ

▼ 来る旅館~ (2, 0.0%)

2 の女中たち

▼ 来る旋風~ (2, 0.0%)

1 の音, や秩父颪

▼ 来る日々~ (2, 0.0%)

1 の声, の平穏

▼ 来る日ごと~ (2, 0.0%)

1 にため息, に用事

▼ 来る日曜~ (2, 0.0%)

1 も来る, も誰

▼ 来る日本軍~ (2, 0.0%)

1 といっ, の勇猛さ

▼ 来る早い~ (2, 0.0%)

1 ねえもう, 春も

▼ 来る明り~ (2, 0.0%)

1 が強い, は二坪

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 のよう, の破片

▼ 来る映画~ (2, 0.0%)

1 などにもなつて, は万事これ

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 から酒, れ交際家

▼ 来る時母~ (2, 0.0%)

1 が餞別, にもその

▼ 来る時腕~ (2, 0.0%)

2 を下げない

▼ 来る時車~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 来る普通~ (2, 0.0%)

1 なもの, の結果

▼ 来る景気~ (2, 0.0%)

1 でこれ, の好い

▼ 来る暮れ~ (2, 0.0%)

1 どき倒れた樹, 合いの

▼ 来る暮春~ (2, 0.0%)

2 の薫風

▼ 来る暮色~ (2, 0.0%)

1 の影響, を弾き返す

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の色, は常に

▼ 来る書類~ (2, 0.0%)

1 がある, は机

▼ 来る最初~ (2, 0.0%)

1 の満員電車, の砂塵

▼ 来る最早~ (2, 0.0%)

1 塔の, 此の

▼ 来る有名~ (2, 0.0%)

1 なせりふ, な旋律

▼ 来る望み~ (2, 0.0%)

1 がある, もない

▼ 来る朝子~ (2, 0.0%)

1 に挨拶, を描いた

▼ 来る木の葉~ (2, 0.0%)

1 が游泳, よりも静か

▼ 来る木材の~ (2, 0.0%)

2 にほひ

▼ 来る材料~ (2, 0.0%)

1 が一つ, は来る

▼ 来る村上海軍大尉~ (2, 0.0%)

1 と云, と云う

▼ 来る村雨~ (2, 0.0%)

1 に鮎, の音

▼ 来る条件~ (2, 0.0%)

1 がある, の中

▼ 来る東山道軍~ (2, 0.0%)

1 はこれ, を待ち受けた

▼ 来る栗鼠~ (2, 0.0%)

1 だけが氷河, の敏捷

▼ 来る桜山~ (2, 0.0%)

2 も桃谷

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の余韻, の響き

▼ 来る楽し~ (2, 0.0%)

1 げな, さを

▼ 来る楽しい~ (2, 0.0%)

1 浜辺だった, 溜息を

▼ 来る楽しみ~ (2, 0.0%)

1 に奏楽, はたった

▼ 来る様ぢ~ (2, 0.0%)

1 や余り, や大した

▼ 来る権威~ (2, 0.0%)

1 ある神, の抑圧

▼ 来る機体~ (2, 0.0%)

1 の中, を眺め

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 のもの, の機会

▼ 来る正客~ (2, 0.0%)

1 は水, は稀

▼ 来る正木博士~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ 来る武士~ (2, 0.0%)

1 がぞくぞく, は目代

▼ 来る武蔵~ (2, 0.0%)

1 の軽, を待ち

▼ 来る武蔵野~ (2, 0.0%)

1 の冬, の寒

▼ 来る歴史的~ (2, 0.0%)

1 な独特, 諸事実

▼ 来る毒蛇~ (2, 0.0%)

1 でさえも狼, の舌

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の束, の白い

▼ 来る民衆~ (2, 0.0%)

1 に間違い, の列

▼ 来る気の毒~ (2, 0.0%)

1 な女房, な憐れ

▼ 来る水兵~ (2, 0.0%)

1 があった, だとか

▼ 来る永遠~ (2, 0.0%)

1 の成長, の調和

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 を視, 臭い秋風

▼ 来る汚い~ (2, 0.0%)

1 その姿, もの

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 のさざなみかぎり, 売ろうは

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 とを分ち, らしかった

▼ 来る沢山~ (2, 0.0%)

1 な足, の子供

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 が田中, の水

▼ 来る泥土~ (2, 0.0%)

1 は大陸棚, をいつも

▼ 来る活動写真~ (2, 0.0%)

1 の楽隊, の連続もの

▼ 来る流れ~ (2, 0.0%)

1 の筋, は小さな

▼ 来る浅井~ (2, 0.0%)

1 の顔, を待ち受けた

▼ 来る浅草~ (2, 0.0%)

1 の質屋, も今月

▼ 来る海士~ (2, 0.0%)

1 の呼吸, の女

▼ 来る海浜~ (2, 0.0%)

2 として禊ぎ

▼ 来る海風~ (2, 0.0%)

1 にゆらい, は無数

▼ 来る涼気~ (2, 0.0%)

2 は浴衣

▼ 来る淋し~ (2, 0.0%)

2 さ迄が

▼ 来る清水~ (2, 0.0%)

1 のよう, をたたえ

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の残暑, を渡っ

▼ 来る渡り鳥~ (2, 0.0%)

1 です, に一種

▼ 来る満悦~ (2, 0.0%)

2 を深く

▼ 来る源太~ (2, 0.0%)

1 はたして清吉, 果して清吉

▼ 来る滑稽~ (2, 0.0%)

1 な人影, の人

▼ 来る漠然と~ (2, 0.0%)

1 した不安, した苦し

▼ 来る澄江~ (2, 0.0%)

1 の姿, の淵

▼ 来る激しい~ (2, 0.0%)

1 動揺を, 胸の

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の後濤, の音

▼ 来る~ (2, 0.0%)

2 をはらった

▼ 来る点滴~ (2, 0.0%)

2 の飛沫

▼ 来る烈風~ (2, 0.0%)

1 と骨, に面し

▼ 来る無念さ~ (2, 0.0%)

1 である, をごま化そう

▼ 来る無邪気~ (2, 0.0%)

1 な子供, になる

▼ 来る無量~ (2, 0.0%)

1 の感慨, の淋し

▼ 来る照子~ (2, 0.0%)

1 がクスクス, の姿

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の皮屋, や鹿

▼ 来る熱い~ (2, 0.0%)

1 ものを, コーヒーを

▼ 来る父親~ (2, 0.0%)

1 の血, の顔

▼ 来る~ (2, 0.0%)

2 眼の

▼ 来る牛乳~ (2, 0.0%)

2 の壜

▼ 来る牡牛~ (2, 0.0%)

1 にも出会った, のよう

▼ 来る物売り~ (2, 0.0%)

1 の声, の角帽

▼ 来る物語~ (2, 0.0%)

1 ではないだろう, を呼び起こすべき

▼ 来る物貰い~ (2, 0.0%)

1 ではあった, や盆

▼ 来る犯人~ (2, 0.0%)

1 の顔, は死体

▼ 来る狭い~ (2, 0.0%)

2 道を

▼ 来る猛獣~ (2, 0.0%)

1 の姿, を待つ

▼ 来る猿ヶ石川~ (2, 0.0%)

2 とこちら

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 は一発, を枕

▼ 来る理窟~ (2, 0.0%)

1 がある, だろう

▼ 来る生命~ (2, 0.0%)

1 の芽, を感じる

▼ 来る用事~ (2, 0.0%)

1 があっ, がない

▼ 来る~ (2, 0.0%)

2 の片

▼ 来る田舎~ (2, 0.0%)

1 の人達, の司祭たち

▼ 来る田舎もの~ (2, 0.0%)

1 ばかりの群衆, もあらざりき

▼ 来る甲冑~ (2, 0.0%)

1 の敵, の者

▼ 来る男衆~ (2, 0.0%)

2 は良平

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の本体, を見る

▼ 来る画面~ (2, 0.0%)

1 もみんな一様, も出

▼ 来る畏し~ (2, 0.0%)

2 い夜更け

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 人種の, 装人又は

▼ 来る異人~ (2, 0.0%)

1 に馴染, の反

▼ 来る異常~ (2, 0.0%)

1 なフラッシュバック, な興奮

▼ 来る異類~ (2, 0.0%)

1 の意味, をさした

▼ 来る疫病~ (2, 0.0%)

1 は逐, は逐わるべき

▼ 来る疲労~ (2, 0.0%)

1 と悲哀, を他

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 に交互, の前

▼ 来る直ぐ~ (2, 0.0%)

1 治るの, 間近かく

▼ 来る直前~ (2, 0.0%)

1 に信長, に軌道

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の明る, 蒼に

▼ 来る真壁~ (2, 0.0%)

2 の仙太郎

▼ 来る真実~ (2, 0.0%)

1 なるもの, の事

▼ 来る眠気~ (2, 0.0%)

1 と闘う, と闘つて

▼ 来る着物~ (2, 0.0%)

1 の柄模様, はどういう

▼ 来る睡魔~ (2, 0.0%)

1 に襲われ, はどう

▼ 来る矛盾~ (2, 0.0%)

1 とか云う, に対し徒ら

▼ 来る石炭~ (2, 0.0%)

1 の雪崩, をすみ

▼ 来る砂糖袋~ (2, 0.0%)

2 や鰹節

▼ 来る砲弾~ (2, 0.0%)

1 が眼, の穴

▼ 来る破滅~ (2, 0.0%)

1 から免れるだろう, の日

▼ 来る社会的理由~ (2, 0.0%)

1 があります, までしらべなけれ

▼ 来る社会的罪悪~ (2, 0.0%)

2 の諸相観

▼ 来る祖父~ (2, 0.0%)

1 の名, も祖母

▼ 来る神人~ (2, 0.0%)

1 は呪, 及び家

▼ 来る私たち~ (2, 0.0%)

1 の一人, は彼ら

▼ 来る科学~ (2, 0.0%)

1 にまで祭り, への尊敬

▼ 来る種類~ (2, 0.0%)

1 の人物, の職業

▼ 来る穀粒~ (2, 0.0%)

2 をしゃくっ

▼ 来る空中~ (2, 0.0%)

1 に浮ん, に留まっ

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 へ寄りました, を見上げ

▼ 来る窮迫~ (2, 0.0%)

2 に召使

▼ 来る立派~ (2, 0.0%)

1 な武士, な道

▼ 来る~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 来る童顔~ (2, 0.0%)

2 の頬髯

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の, の葉

▼ 来る笑靨~ (2, 0.0%)

1 が現, が現われた

▼ 来る笹葉~ (2, 0.0%)

2 揺り揺りて

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 じゃあねえ, のもの

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 は恰も, も面白い

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 だけでも家, の代価

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の様, を

▼ 来る素子~ (2, 0.0%)

1 の来, や伸子

▼ 来る紳士~ (2, 0.0%)

1 があっ, がある

▼ 来る終電車~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 来る結婚~ (2, 0.0%)

1 の形, の抑制

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 も, を眺め

▼ 来る絶望~ (2, 0.0%)

1 に似た, の念

▼ 来る線路~ (2, 0.0%)

1 の枕木の間ごと, の縁

▼ 来る線香~ (2, 0.0%)

1 の匂い, の香

▼ 来る緩慢~ (2, 0.0%)

1 な波動, な潮

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 がこの, を曳い

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の群, の群れ

▼ 来る老爺~ (2, 0.0%)

1 の人, を待とう

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 は総て断片的, を見つめ

▼ 来る者全部~ (2, 0.0%)

1 に注意, の行動

▼ 来る者引き~ (2, 0.0%)

1 も切らざりし, も切らず

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 がグヮン, のうしろ

▼ 来る聯想~ (2, 0.0%)

1 がいけない, にまだ

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 のあがった, の柔

▼ 来る能力~ (2, 0.0%)

1 があった, には劣つて

▼ 来る脳細胞~ (2, 0.0%)

2 の疾患

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 が立つ, の立つ

▼ 来る自分達~ (2, 0.0%)

1 の子供, は兎角

▼ 来る自由党~ (2, 0.0%)

2 の壮士三人

▼ 来る船頭~ (2, 0.0%)

1 の女房, 大いに驚き

▼ 来る船首~ (2, 0.0%)

1 の金具, の風貌

▼ 来る良人~ (2, 0.0%)

1 であっても, を待受け

▼ 来る良心~ (2, 0.0%)

1 にぴったり, の苛責

▼ 来る色彩~ (2, 0.0%)

1 の動き, の黒

▼ 来る芝居~ (2, 0.0%)

1 などにも舞台, はその

▼ 来る~ (2, 0.0%)

2 を集め

▼ 来る花びら~ (2, 0.0%)

1 をせき留める, を彼女

▼ 来る花粉~ (2, 0.0%)

1 がよくも, を具合

▼ 来る芳香~ (2, 0.0%)

1 に心, も薄らがなかった

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の匂, の水

▼ 来る若き~ (2, 0.0%)

1 力の, 革命家たち

▼ 来る若者達~ (2, 0.0%)

1 が何かた, もそれぞれお祭

▼ 来る苦しみ~ (2, 0.0%)

1 も強く, を逃れる

▼ 来る荒い~ (2, 0.0%)

1 冷い, 呼吸の

▼ 来る~ (2, 0.0%)

2 かつぎ

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の主, や菊

▼ 来る菓子~ (2, 0.0%)

1 の中, を持て来る

▼ 来る落葉~ (2, 0.0%)

1 かな, がばらばら

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 之助, 甚だ大

▼ 来る葉子~ (2, 0.0%)

1 の姿, を見いだすだろう

▼ 来る蒸気~ (2, 0.0%)

1 で暖められる, なん

▼ 来る蓄音機~ (2, 0.0%)

1 だけがあった, の浪花節

▼ 来る藤本~ (2, 0.0%)

1 といふスパイ, にどんな

▼ 来る藤田~ (2, 0.0%)

1 が軍慰問, であつ

▼ 来る虚偽意識~ (2, 0.0%)

1 などではない, に外

▼ 来る~ (2, 0.0%)

2 れが

▼ 来る蜜蜂~ (2, 0.0%)

1 が恐ろしい, の羽音

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の胸先, の鳴

▼ 来る血潮~ (2, 0.0%)

1 が深く, を受け止め

▼ 来る行事~ (2, 0.0%)

1 が夏, でした

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 とでもいう, はございませぬ

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 をぼんやり, を駆け抜け

▼ 来る裏口~ (2, 0.0%)

1 の階段, へ番頭

▼ 来る~ (2, 0.0%)

2 はそれ

▼ 来る西北~ (2, 0.0%)

1 の方向, の風

▼ 来る西洋~ (2, 0.0%)

1 に奴隷制, の名

▼ 来る見込~ (2, 0.0%)

1 はない, は殆

▼ 来る規定~ (2, 0.0%)

1 は原理的, は形式的

▼ 来る覚悟~ (2, 0.0%)

1 と思われる, を極めた

▼ 来る親しみ~ (2, 0.0%)

1 はある, はしみじみ

▼ 来る言いよう~ (2, 0.0%)

1 のない淋し, の無い美しい

▼ 来る訪問客~ (2, 0.0%)

1 に気, のなか

▼ 来る誘惑~ (2, 0.0%)

1 は美, を感じさせない

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 に, に今一つ

▼ 来る語感~ (2, 0.0%)

1 の強弱, は相当

▼ 来る誤差~ (2, 0.0%)

1 はどうも, を制限

▼ 来る誤解~ (2, 0.0%)

1 だろう, も手伝ってる

▼ 来る誰彼~ (2, 0.0%)

1 と無し, は頭

▼ 来る論理~ (2, 0.0%)

1 が何となく, を辿る

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 から幾筋, のあたり

▼ 来る豆腐屋~ (2, 0.0%)

1 が遅い, の声

▼ 来る豹一~ (2, 0.0%)

1 に将棋, に教え

▼ 来る赤い~ (2, 0.0%)

1 光線の, 顏の

▼ 来る赤旗~ (2, 0.0%)

1 が見えた, の下

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 国境の, 現実の

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 である, などもこの

▼ 来る趣き~ (2, 0.0%)

1 はこれ, を整理

▼ 来る趣味~ (2, 0.0%)

1 の差別, は捨て

▼ 来る足許~ (2, 0.0%)

1 には白花石楠花, は一歩

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 からピタ, から下女

▼ 来る輻射熱~ (2, 0.0%)

1 を吸収, を掴まえ

▼ 来る辛き~ (2, 0.0%)

2 冬をば

▼ 来る途中太平洋上~ (2, 0.0%)

2 で死なれた

▼ 来る途中横町~ (2, 0.0%)

2 の暗い

▼ 来る通り~ (2, 0.0%)

1 で突き当り, に彼女

▼ 来る逞しい~ (2, 0.0%)

1 牛の, 迫力が

▼ 来る速度~ (2, 0.0%)

1 は依然として, は驚く

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の人, の男

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 も来る, も金曜日

▼ 来る遊山~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 来る遠い~ (2, 0.0%)

1 世界の, 人声を

▼ 来る避難民~ (2, 0.0%)

2 の光景

▼ 来る部下~ (2, 0.0%)

1 の顔, を待ち

▼ 来る部屋~ (2, 0.0%)

1 にそういう, の窓

▼ 来る都人士~ (2, 0.0%)

1 には彼, もない

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 さは, ということ

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 に馬鈴薯, ツ苦しい

▼ 来る重病人~ (2, 0.0%)

1 の群, の陰鬱

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の道, の風

▼ 来る金持~ (2, 0.0%)

1 の外国人, の息子共

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の孤独, や冷奴

▼ 来る錯覚~ (2, 0.0%)

1 がまた, でないならば

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 に引っかけ, の一片一片

▼ 来る長靴~ (2, 0.0%)

1 の中, を穿い

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 はない, を楽むといつたやうな

▼ 来る間際~ (2, 0.0%)

1 に違い, まで世紀末

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 がとうとう, の中

▼ 来る陣太鼓~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 来る陰欝~ (2, 0.0%)

1 なる影, な影

▼ 来る陰気~ (2, 0.0%)

1 な暗, な風

▼ 来る陽気~ (2, 0.0%)

1 な若い衆, な酔

▼ 来る隅田川~ (2, 0.0%)

1 の水, は小松島

▼ 来る隊伍~ (2, 0.0%)

1 がある, は所属団体

▼ 来る階段~ (2, 0.0%)

1 の上, の昇り口

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 がなかっ, はない

▼ 来る雑多~ (2, 0.0%)

1 な印象, な車

▼ 来る雑音~ (2, 0.0%)

1 が彼女ら, が聞え

▼ 来る雑魚~ (2, 0.0%)

1 を捕, を捕えよう

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 に杖, は鳴っ

▼ 来る電力~ (2, 0.0%)

1 はどこ, を要求

▼ 来る電気~ (2, 0.0%)

1 と同様, は四ツ角

▼ 来る電燈~ (2, 0.0%)

1 の下, の光

▼ 来る青い~ (2, 0.0%)

1 蛇に, 蜥蜴を

▼ 来る青春時代~ (2, 0.0%)

2 の修辞

▼ 来る青江~ (2, 0.0%)

1 に僕, に生理的

▼ 来る青葉~ (2, 0.0%)

1 の下, の中

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 現実な, 肯定の

▼ 来る非難~ (2, 0.0%)

1 に過ぎない, のなか

▼ 来る面影~ (2, 0.0%)

1 または闇, をただいま

▼ 来る革命軍~ (2, 0.0%)

1 に対して殆ど, に当ら

▼ 来る音声~ (2, 0.0%)

1 のゆがみ, を此処

▼ 来る頃彼~ (2, 0.0%)

1 はあきらめ, は又

▼ 来る頭髪~ (2, 0.0%)

1 をかき上げ, を隻手

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の汗, の生

▼ 来る類型~ (2, 0.0%)

2 と択ぶ

▼ 来る風当り~ (2, 0.0%)

1 がバッタリ, を少し

▼ 来る風景~ (2, 0.0%)

1 は淡々, や旅人

▼ 来る風流人~ (2, 0.0%)

1 が幾許, はありませんでした

▼ 来る颱風~ (2, 0.0%)

1 がいったん, の体験知識

▼ 来る飛脚~ (2, 0.0%)

1 のうわさ, の状箱

▼ 来る~ (2, 0.0%)

2 のふくらみ

▼ 来る馬蠅~ (2, 0.0%)

1 のよう, を払っ

▼ 来る馬鹿~ (2, 0.0%)

1 がある, が多い

▼ 来る駕籠~ (2, 0.0%)

1 というの, はあった

▼ 来る騎馬~ (2, 0.0%)

1 の女, の武将

▼ 来る騒々しい~ (2, 0.0%)

1 足音が, 足音を

▼ 来る骨董好き~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 さ二間幅一間ぐらいの, 次元に

▼ 来る高い~ (2, 0.0%)

1 カラアの, 欅の

▼ 来る高城~ (2, 0.0%)

1 の息づかい, の重い

▼ 来る高木~ (2, 0.0%)

1 がこれ, を待ち合せる

▼ 来る髪の毛~ (2, 0.0%)

1 をしきりと, をどんな

▼ 来る髪結~ (2, 0.0%)

1 が人, にも聞きました

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の手, 睡に対して

▼ 来る魔法使~ (2, 0.0%)

1 ひの, を眺め

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 は伊豆, を待て

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 はおどろき, は近所

▼ 来る~ (2, 0.0%)

1 の扱, や鴨

▼ 来る黄金~ (2, 0.0%)

1 が見える, と黄金

▼ 来る鼠色~ (2, 0.0%)

2 の洋服

▼1* [3945件]

来るあいだゆうべは一睡, 来るあいだ世囈い言, 来るあいだ二人はぼんやり, 来るあいだ敵から一ト矢, 来るあいだ札を撒い, 来るあいだ虎のよう, 来るあかりはみな追手, 来るあかるいほがら, 来るあさり売りまで, 来るあたたか味に, 来るあたら男を, 来るあちらの地, 来るあまい香りを, 来るあれを青々, 来るあれこれの利得, 来るあれこれ子供や全く, 来るあれらの花が, 来るあわただしい靴音が, 来るあんがまあ群行, 来るあんまり休むから, 来るあゝ来る, 来るいいともと返辞, 来るいきさつっていうもの, 来るいきなり一人が, 来るいくたりかの, 来るいたずら心のまま, 来るいっぽうだった, 来るいつもの緊急令, 来るいとまも, 来るいとしと言, 来るいまだ名無しの, 来るいまひと方もいつも, 来るいやらしさが, 来るいよいよ此奴らは, 来るうえに銭, 来るうぐいすはやはり, 来るうちいつか身についた, 来るうちお前は年, 来るうち余り食う為, 来るうち工合がかわっ, 来るうち矢代はふと, 来るうつくしき女の, 来るうれしさは, 来るうわさだぐらいに, 来るうんと油を, 来るおいしそうな, 来るおかみが云った, 来るおじいさんに出あいました, 来るおそろしい運命の, 来るおだやかな微笑, 来るおつもりに違, 来るおでん屋が荷, 来るおとらの為め, 来るおばさんも苅田, 来るおまんを, 来るおまえもその, 来るおももちで, 来るおもいだった, 来るおもおもしいまた幾分, 来るおもちゃの人形, 来るおれの列車, 来るお人好しの率八, 来るお前はこの, 来るお前さんの姿, 来るお姫様を待つ, 来るお婆さんみたいだった, 来るお嬢様とお, 来るお客さま中国のひと, 来るお客さんたちがよく, 来るお客たちから極めて, 来るお客様は実に, 来るお客様たちがあなた, 来るお客毎に吹聴, 来るお寺から坊さん, 来るお手伝いのお, 来るお櫃が待ち切れない, 来るお母さまについて尋ねる, 来るお父さんの傍, 来るお玉の方, 来るお礼とで月三百円, 来るお祖父さんを西荻窪, 来るお腰の物, 来るお菓子でへえ, 来るお菓子職人と遊ん, 来るお触れ状を読んだ, 来るお話は癪, 来るお里が, 来るお針医と江戸, 来るかいと聞きぼく達, 来るかかる事どもも, 来るかさえ見当が, 来るかしらんと, 来るかしらと思つて居ました, 来るかじ取りの音, 来るかたまりをおし, 来るかた仁にて衣服, 来るかとぞ思ふ, 来るかとの心待ちも, 来るかとばかり見えること, 来るかなあと彼は, 来るかなどとは聞かなかった, 来るかなりの沢, 来るかなり危険な脳症, 来るかについて明かな, 来るかねと聞いた, 来るかよほかの, 来るからこそよい社会, 来るからという知らせの, 来るからねえいくら面白い, 来るからねとその女, 来るからは失礼も, 来るからネお前に, 来るかるい足音が, 来るかわりに有名, 来るがな一人で, 来るがね父さんは, 来るがねと云う一首, 来るがのあれは, 来るがら丈夫でいろな, 来るがんりきの行先, 来るきっと来ると, 来るきつかけが, 来るきまぐれものよ, 来るぎごちなさ, 来るぎりぎりのところ, 来るぎりで一向変化, 来るくらゐならどう, 来るくらいじゃあ大きなもの, 来るくらいは承知し, 来るくるといっ, 来るぐらいに運動てえ, 来るこうした物音は, 来るこだわりのない, 来るこちらを圧倒, 来るこっちが高く, 来ることぢや, 来ることに徳大寺様といった, 来ること上述のごとくであります, 来ること位ひは, 来ること八日に, 来ること其に期待, 来ること前日の如し, 来ること天野の勢力, 来ること夫に黙っ, 来ること客観物との一致, 来ること射的に七円五十銭, 来ること必定である, 来ること明白去ること, 来ること昨日の如し, 来ること是の如く, 来ること朝夕二回に及ぶ, 来ること爆竹の祝いみた, 来ること珍なるが, 来ること而も其, 来ること葱の切り, 来ること請合いです, 来ること途端に何, 来ること閑をつぶし, 来ること鞠より早い, 来るこどももまるで, 来るこの大きな川に, 来るこれ奇なり怪, 来るころ不安定平衡の位置, 来るころ信玄の死, 来るこんどは忠三郎, 来るこんなものに, 来るごと一週間も前, 来るごまのはいのよう, 来るご飯を喰, 来るさかなとはそんな, 来るさざ波を怖, 来るさっと瀬の, 来るさと余裕を, 来るさびしいとも悲しい, 来るさるが資本家, 来るしきたりである, 来るしたがって新たに, 来るしね仕舞いには, 来るしの磯二なんか伝染, 来るしめっぽい東風, 来るしめっぽい胸を, 来るしゅんかんかれは, 来るしょがない, 来るしんみりしたところ, 来るじんたのクラリオネットみたい, 来るがたを, 来るすきまが, 来るすぐ前まで, 来るすしを届け, 来るすっかりファンに, 来るすなわち戒を, 来るすゝり泣き, 来るずんぐりした山上元, 来るせむし男にそっくり, 来るぜという例外の, 来るそういったような, 来るその他さまざまの汚い, 来るその他三日のマチネー, 来るその聖なる技術を, 来るそばを駅員, 来るそれだけの作業, 来るそれで腋の下からは, 来るそれら人生の断片, 来るそれ丈けでも十分, 来るそれ以前の時期, 来るぞよと母の, 来るぞヨー帆を, 来るたいていの犬, 来るたけですか, 来るたそがれの色, 来るたった一つの, 来るたつは変動, 来るたどたどしい二人が, 来るたびたびその行く, 来るたびゆらめき動きて, 来るたびわたくしもあの, 来るたび人を変え, 来るたび佐渡の着, 来るたび私は叉可衛さん, 来るたび頂戴して, 来るたまゆらはまだほのぼの, 来るたまらないほど辛辣, 来るため中央路に降りよう, 来るため乗船した前夜, 来るため大事の荷主様, 来るため大勢という力, 来るため家来と共に五百マイル以上, 来るたんびにおひろを女房扱いにし, 来るたんびにちょくちょくあっしをたずねてお屋敷へも来た, 来るたんび足袋だの手拭, 来るだから何も, 来るだけはいいけれども, 来るだってその先, 来るだれかの跫音, 来るだろうかとは考えた, 来るだんだん二階から, 来るちからの漂, 来るちんちくりんな男, 来るぢやあないか, 来るってのにこれじゃ, 来るっとでしょう, 来るつい前日長い, 来るつうけんどないかに, 来るつぎつぎの手紙, 来るつて云つてた, 来るつて法はありません, 来るつめたい光を, 来るつもりあとのところ, 来るつもりのをつい, 来るつよみがある, 来るつれを待っ, 来るつんと尖んがった動物耳, 来るづどいっつも引っ張らが, 来るといの, 来るといふも敢て, 来るとうとう眼を, 来るとお邪魔だろう, 来るとがむしやらに, 来るときあいさつした, 来るときいっしょにきみ, 来るときおばさんを連れ, 来るときそれはひとつ, 来るときどき思い出すこと, 来るときみたいにあんな, 来るときみんながすべつて, 来るときタイピストはどう, 来るときロンドンから飛行機, 来るとき一つの心, 来るとき一二度遊びに来た, 来るとき一行のうち, 来るとき三度ばかり火繩, 来るとき人生を又, 来るとき伸子はテーブル, 来るとき伸子たちがいあわす, 来るとき何でも土手, 来るとき何んだかしら, 来るとき作品の美, 来るとき信助に挨拶, 来るとき儂が一緒, 来るとき光秀に饗応, 来るとき公言したとおり, 来るとき口から思わず, 来るとき四頭引きの馬車, 来るとき土地の農民, 来るとき城の天主閣, 来るとき夜中の寝台, 来るとき子供の一切, 来るとき実印を忘れん, 来るとき平民の矢代, 来るとき急にきまった, 来るとき日本の民法, 来るとき明月の光, 来るとき東京で流行らない, 来るとき東光寺の壁, 来るとき柴田修理勝家はまったく, 来るとき次の講義, 来るとき殿中のお, 来るとき汽車のなか, 来るとき甲州の姉, 来るとき矢代君妙なこと, 来るとき知人がもたせ, 来るとき私には常に, 来るとき秋田のどこ, 来るとき稲茎は見ゆ, 来るとき紹介状をくれた, 来るとき自分の中, 来るとき自然にへその緒, 来るとき舟があんまり, 来るとき西瓜を落し, 来るとき親戚の婦人雑誌, 来るとき谷中のお寺, 来るとき重役のひとり, 来るとき顔をあからめ, 来るとき黒光りのする, 来るところあそこがこの, 来るところここには貧しく, 来るところぢやありません, 来るところレビゾールに皆, 来るところ並作品の現実, 来るところ何と云っ, 来るところ農村の問題, 来るとしもは廊下へ, 来るとたんにさん, 来るとつつと入りこんで, 来るとどつと客席, 来るとなと言ふ, 来るとなんかしらん気, 来るとにはかに, 来るとにかく家を, 来るとね莚の, 来るとのみ認め別段, 来るともの珍らし, 来るとよ汽車という, 来ると金をくれろ, 来るどうかすると, 来るどさくさ紛れお先真闇三宝荒神さま, 来るどっかの銃声, 来るどの人物に, 来るどれが真, 来るなお熱い事, 来るなかなか寝られるよう, 来るなごやかな風に面, 来るなぞといううわさでしょう, 来るなぞとは夢にも考へられなかつた, 来るなといった意味の, 来るなとは言わないが, 来るなとばかりに滅茶苦茶に, 来るなとも言わない, 来るなどで病室には, 来るなにものかに, 来るなのお詞, 来るなまぬるい風さえ, 来るなみだを, 来るなやましい姿態の, 来るなよこんな場所, 来るなり帰りの船, 来るなんかいって, 来るなんざ当時彫師, 来るなんざ素人にゃ鯱鉾立, 来るなんぞ申し竹子笠, 来るなんぞという浮説が, 来るなんだか気の, 来るなんらの必要, 来るなんらかの改変を, 来るにおいがした, 来るにぎやかな三河万歳, 来るにさえ三ヶ所も, 来るについてだってそれだけの, 来るについての費用を, 来るによりついには, 来るのいやなん, 来るのみか刻を, 来るのみにて塾生は, 来るのら猫の数, 来るのんびりして, 来るの修さんと私, 来るの其れに, 来るの山本のところ, 来るの書の事ニ及ビ候, 来るの火をつけ, 来るはじめからなごり, 来るはずお松はこのごろ, 来るはずみで踏み留まる事, 来るはずれの場所, 来るはず書肆の方, 来るはなし声を構成派的, 来るはやく癒つて御, 来るあい勝負, 来るばかしだつたので, 来るばかりを能事と, 来るばっかりでそれに対する, 来るばらばらとひっきりなしに, 来るひけどきの, 来るひと月ほど以前, 来るひどい苦痛の, 来るひろ子を見る, 来るぃさ, 来るほかのは悪戯, 来るほか何の取柄, 来るほか数名の華族, 来るほんとうの大きな, 来るほんの少数の, 来るぼくの反感, 来るぽん引きと呼ぶ, 来るまじなひである, 来るまっ白な寒気, 来るまででも大変な, 来るまでというもの正式の, 来るまでなんてゐること, 来るまでにて目科は, 来るまでにと思ひ彼, 来るまでにもかれは, 来るまでにゃガラ相当の, 来るまではとしらずしらず身動き, 来るまれびとは神と考へられ, 来るみじめな瞬く間, 来るみそさざいがちょん, 来るみちみちもどう, 来るみんな来る, 来るむきはいっこうに, 来るむぎわら帽子をゆびさした, 来るむささびの顔, 来るむずかしさが, 来るめいめいの勝手, 来るめ組だが, 来るもうすこし起きて, 来るものうわさし合うもの, 来るものさへありました, 来るものそれらの人たち, 来るものたちだと, 来るものみたいに思われ, 来るもの先代の好き, 来るもの凄じきアンニュイを, 来るもの失望して, 来るもの害最も甚だし, 来るもの富も位地, 来るもの幾度となく, 来るもの必らず又, 来るもの扉の前, 来るもの日をおう, 来るもの是れ一種, 来るもの等は実に, 来るもの蜀の張嶷, 来るもの達への遠慮, 来るもの音がはっきり, 来るもろもろの地位, 来るやう手紙書く, 来るやさしいマイケルよ, 来るやじ馬のいたずら, 来るやっと店を, 来るやっぱりその無礼, 来るやつあれを食う, 来るやむをえない消極的事情に, 来るやや不潔な, 来るやや当然な結果, 来るやるせなさであろう, 来るやるせない淋しさを, 来るふべには, 来るゆき子の表情, 来るゆふぐれは, 来るゆゑそれもいや, 来るようセルロイド板より二本, 来るよう万事がそれ, 来るよう命令し自分, 来るよう女中に言いつけ, 来るよう手配されて, 来るよう砂地に立って, 来るよしをほのめかされた, 来るよなぞと出し抜けに, 来るよなどと言われた時, 来るよろしいです, 来るよろしく頼むぞ, 来るわが脳裡の, 来るわけあいのもの, 来るわざとらしい声を, 来るわしもああ, 来るわたしは海, 来るわと云ふ, 来るわという懐しい声, 来るわねえと云いお, 来るわよと嚇した, 来るわるいお友達, 来るわれわれの祖先, 来るをも打ち殺しかく, 来るをもって方針と, 来るんざいますものをそんなお客を相手, 来るアカシアの裸, 来るアッサリ事実を話し, 来るアラジンに行きあいました, 来るアラビア人と驢馬, 来るアリョーシャを無愛想, 来るアレであるが, 来るアンチーブの灯台, 来るアンナ・シーモヴァに会った, 来るア是だ猟犬, 来るイタリー風の美しい, 来るインテリ久内の本質, 来るイ音と合体, 来るウィリアムを待ち, 来るウードレーに発矢, 来るエキゾスの音, 来るエジャナイカの叩き, 来るエネルギーの損失, 来るエレーナに行き会った, 来るエ何所だ直に, 来るオオケストラの風の音, 来るオドロオドロしい足音, 来るオペラ団を歓迎, 来るオホマチニコメミソロウソクアリヤという電報, 来るオルガンの音, 来るカキ色の兵, 来るカヤノ, 来るカルパセア号の無電技師コタム, 来るカーテン幕はない, 来るカ氏やジャヴェリら, 来るガラガラのよう, 来るガラドウが, 来るガンジスの大流, 来るキモノの感じ, 来るキリストを待っ, 来るキーチュ川と西北, 来るクツシヨンの椅子, 来るクラウデに出あった, 来るクラヴサンやヴィオラ・ダ・ガンバ, 来るクリームそれを集め, 来るクルクルリと, 来るクレエンの響き, 来るケニ貴様あ今にも, 来るケルソン市の薄暮, 来るコロムビアとの調印, 来るコンクリート壁の一部分, 来るコンマ以下のお, 来るコーヒーを待った, 来るゴコはただ, 来るゴスイズダートが, 来るゴーリキイを迎える, 来るサア一大事じゃ, 来るサア大変だよ, 来るサファイア色の透明, 来るサフランの花, 来るサヨを友子, 来るシタが此, 来るシナ人はすべてチベット, 来るショーと呼ぶ, 来るシルヴァン・コーンの姿, 来るジェルテルスキー家の入口, 来るジャッズにはかなり, 来るジャヴェルという冷, 来るジャーナリズムのも一つ, 来るジヤンクの暗い, 来るジョルジュ・ポンメルシーという名前, 来るジヨルヂユ・サンドのやう, 来るジンジャ・ビアの空瓶, 来るスカラ座のオペラ, 来るスキイ競走だ, 来るスキャンダルであったと, 来るスゴ味はない, 来るステッキを見ろ, 来るスパセニアの姿, 来るスピリチズムに都合, 来るスピードには我, 来るスラリとした, 来るズルイ所は時々, 来るセット式ハイカラーさが漲っ, 来るゼウスの神, 来るゼーロンなの, 来るソコデソレ支度も調い, 来るソフィステライに過ぎない, 来るソモソモが薩張り, 来るタクシを待った, 来るタクシーの窓, 来るタンカを覗き, 来るチャルメラの響き, 来るチョコレートのよう, 来るヂェリオンだったり, 来るツクツク法師の声, 来るテナーでした, 来るテラ銭のよう, 来るテンピも文化生活, 来るテーブルの周囲, 来るデータが過剰, 来るトタン屋は風呂場, 来るトム公なのに, 来るトリックを思い出した, 来るトロッコの響き, 来るドイツ風の大, 来るドツかと反り返へりたる, 来るナと自分の, 来るナショナル読本の一, 来るハイカラな杣, 来るハガキ投書を整理, 来るハタハタは古く, 来るハテな何, 来るハネ後南へのり出し, 来るハ村の異, 来るバケツは買, 来るバスを待つた, 来るバーグレーヴ夫人の二, 来るパリーではない, 来るパンはこの, 来るヒケメからでもあった, 来るヒステリーはいよいよ, 来るビクターをやめ, 来るファッショ的傾向と絶縁, 来るフィルムを出せ, 来るフウイヌムのお客たち, 来るフォルマリンの匂い, 来るフーフーフーといふ, 来るブザアの音, 来るブラマプトラ川との三角州, 来るブラ提灯が見えました, 来るブルンブルンブルンブルンという重苦しい, 来るブロンズの中, 来るプラターンの花, 来るプランです, 来るプリプリプッというよう, 来るプロ階級の悲喜劇, 来るヘッドライトに出, 来るヘンな物, 来るベケーと云う, 来るベルの音, 来るベルトが樋板, 来るベルネのお婆さん, 来るベルモンテはその, 来るペピイとクリストフ, 来るホールの観客, 来るボオドレエルの詩, 来るボックスを待っ, 来るボロ買い男の, 来るボンヤリした光線, 来るボートの群, 来るポチの足音, 来るポリュックスのぶん, 来るポンポンポンポンと云, 来るマダム・ラゴンデールのため, 来るマドロスの姿, 来るマヌキュアー・ガールがやって来る, 来るマロニエの花, 来るミサ子の体, 来るミスルトウにあたし, 来るミルン氏に逢った, 来るムクがこの, 来るムク犬を無理, 来るメカニズムの要素, 来るモウパッサンの愛, 来るモウ嫌だぜ, 来るモゴル即ち未婚女, 来るモダンなシャンデリヤ, 来るモデルもそれ, 来るモンテ・クリスト伯なら知らず実在, 来るヤンキーを保護, 来るユーモラスな味, 来るヨーロッパの人間, 来るヨーロッパ人でもこの, 来るラジオは流行唄, 来るラジオ体操の単調, 来るラヂオは九時三十分のニュース, 来るラッパの声, 来るラディエターから真空, 来るラムプの光り, 来るリュックサックを時々, 来るリーゾニングに依拠, 来るルイザの桃色, 来るルイ金貨は自殺者, 来るルウスの手紙, 来るレースがこ, 来るロクなの, 来るロシアの若い, 来るロシア人の通訳みたい, 来るロシア語でつよく, 来るロシヤ人にしよつちゆう, 来るロジックで専門的, 来るロッキードが来る, 来るローリイとあい, 来る高崎から, 来るヴァイオリンの静か, 来るヴェルダン要塞の震動, 来るヴォラプチュアスな顔, 来ると口, 来る一たび口を出, 来る一両日前にはよく, 来る一人一人を目, 来る一人物である, 来る一例を挙げれ, 来る一個の影, 来る一刹那を飛び違っ, 来る一刻の間, 来る一台の自動車, 来る一名の侍, 来る一名ポカン釣りといつ, 来る一大氷山を認め, 来る一大行列は乞食, 来る一家の不幸, 来る一寸前まで宿屋, 来る一将があった, 来る一巡査は藻西太郎, 来る一座を後, 来る一息まえわが, 来る一情景のやう, 来る一日一回の郵便配達, 来る一時間ほど話し, 来る一時間近くゆーもあ, 来る一月十七日なる日, 来る一月十八日月曜夕刻より官宅, 来る一杯に定められたる, 来る一枚の大きな, 来る一水と会し, 来る一潮山を噬, 来る一片の白雲, 来る一番近い馬, 来る一盞の, 来る一瞬前に平常, 来る一秒という時間, 来る一種形容し難い, 来る一種忠告慾に駆られ, 来る一種特有な沁, 来る一種類の少い, 来る一筋の灯り, 来る一節や荒芽山, 来る一群れの人馬, 来る一脈の感傷, 来る一般観光客へも一島, 来る一船団のうち, 来る一色と対, 来る一行四人はびしょ濡れ, 来る一軍が見えます, 来る一道人がある, 来る一里あまりの田, 来る一銭蒸汽を待つ, 来る一駄の馬, 来る七・七という調子, 来る七日迄に復職, 来る七日あたりから出さう, 来る七月にはゴリキイ, 来る七月一日から四日間銀座西日動画廊, 来る七月三・四日に行われる, 来る七面鳥の強面, 来る万太郎も勢い込ん, 来る万屋というの, 来る万燈は此処, 来る三つの物語, 来る三丁目の喧囂, 来る三人連れがあった, 来る三個の案山子, 来る三円六拾三銭などという為替, 来る三十一日の投票日, 来る三十四五歳の芸人, 来る三十日迄に利子, 来る三十滝は通行, 来る三十番雉子町の花車, 来る三十間堀もそこ, 来る三右衛門を闇打ち, 来る三吉も居る, 来る三味と鼓, 来る三平の, 来る三度三度のお, 来る三成の娘, 来る三日木曜日につき大, 来る三月二十日は近代劇, 来る三本マストの帆船, 来る三田村君に逢いました, 来る三益がヒステリー, 来る三組夫婦で俄然, 来る三郎を見る, 来る三面事故のこと, 来る三頭のうち, 来る上り列車がやがて, 来る上吉弥の勘定通り, 来る上森は此, 来る上機嫌の酔漢, 来る上汐に勇気づい, 来る上潮の音, 来る上野行にやっと, 来る下り列車の, 来る下女に聞い, 来る下婢達の姿, 来る下宿代を払わない, 来る下手な笛, 来る下男の佐吉, 来る下町娘の通り, 来る下界の声, 来る下等品を用いない, 来る下腹をかかえ, 来る下車客を一人一人注意, 来る理解な, 来る不健康な青白い, 来る不利益を一たび, 来る不動瀑布は殷々, 来る不可思議な戦慄, 来る不可避な結果, 来る不如意や困難, 来る不安定と棄てる, 来る不安感をつぶ, 来る不安調度の不備, 来る不感が人々, 来る不満は解消, 来る不眠症破壊された胃腸, 来る不精と不, 来る不羈奔放さとともに専制的, 来る不良生徒は早くから, 来る不規則な氷, 来る不足感を十分補, 来る与兵衛親方ではない, 来る与吉に注がれ, 来る与四郎は彼, 来る丑松宗俊初対面の一席, 来る世にも恐しい, 来る世代に対し余地, 来る世界中の河, 来る世界演劇の大, 来る世紀の洪水, 来るのかなかんぶつ, 来る丙丁の事実, 来る丙電車はどう, 来る両人にて検使, 来る中元や歳暮, 来る中山安兵衛のよう, 来る中年男俎板の傍, 来る中津の客, 来る中途である村落, 来る中野の隊, 来る中間や女中ら, 来る丸ビルの丸菱, 来る丸太の鋭鋒, 来る丸太小舎式の恰好, 来る丸木の言葉, 来る丸木舟も見えた, 来る丹念に桑, 来る丹念さ自己主張のつよ, 来る主上の崩御, 来る主役がある, 来る主我性や動物性, 来る久しい以前からの, 来る久光の一行, 来る久慈の気持ち, 来る久木会社へひたる, 来る久根銅山から銅, 来る久遠の楽, 来る乏しい残陽に, 来る乗合馬車のラツパ, 来る乗物であった, 来る乗込客今度は五六台, 来るとの間, 来る乙句の内容, 来る乙見滝之進のやう, 来る九つの頭, 来る九太の声, 来る九年母を買っ, 来る九月のオペレッタ, 来る九月十日限り売渡す約束, 来る九月四日には必ず, 来る乱暴者をつけのけ, 来る乱闘の場面, 来る乳房を見せた, 来る乳牛の大き, 来る乾分の男, 来る乾燥した風, 来る予備手段に違い, 来る予想に緊張, 来る予感に襲われ, 来る予言に他, 来る争いを廻っ, 来る事々も皆, 来る事変との助け, 来る事家の富み, 来る事故却ってあなた方, 来る事業仲間の総称, 来る事請合いだ, 来るの太刀, 来る二三時間前にぶらりと, 来る二三騎があった, 来る二人づれの旦那衆, 来る二人づれのお墓参りのあった, 来る二人蹤いて, 来る二人連れの女の子, 来る二十の娘, 来る二十一日から四日間, 来る二十一日午前十時と定められました, 来る二十九日を以て出発, 来る二十二日より東京控訴院, 来る二十五日を期し, 来る二十五日一杯に必ず, 来る二十八日迄ここ, 来る二十六日の能, 来る二千五百円で古い, 来る二尾のうち, 来る二日分をきちんと, 来る二日程の間, 来る二時過ぎの汽車, 来る二月かな, 来る二次散乱線を防ぐ, 来る二百人ばかりの尾州兵, 来る二箇年間一荷につき十磅, 来る二羽の鸛, 来る二週間ほど前, 来る二騎の騎馬武者, 来る互いの日々, 来る五つ位の女の子, 来る五人扶持の中三人扶持, 来る五六人と肩, 来る五六分の間にあの, 来る五兵衛という腰, 来る五十嵐駒雄という門弟, 来る五十歳くらゐの, 来る五月の日, 来る五月十四日に第, 来る五百余の手兵, 来る五節に心, 来る亜細亜の山岳, 来る亡者の群, 来る亡霊と云う, 来る享和元年の秋ごろ, 来る京子が笑い, 来る京橋のスタンド・バア, 来る京都で又, 来る人かげ見れば, 来る人それらの人, 来る人だかりに押され, 来る人ひとり東陵はげに冬, 来る人びとの手, 来る人みんなにお, 来る人みんな家のお客様, 来る人一人の終焉, 来る人前を取りつく, 来る人口が増し, 来る人口増加の制限, 来る人員は忽ち, 来る人夫たちの指揮, 来る人映画を見, 来る人柄の相違, 来る人格主義や先生意識, 来る人横から来る, 来る人無数にあり, 来る人物すべてを作者, 来る人物たちの関係者, 来る人畜を睨み, 来る人皆がそう, 来る人群の中, 来る人込みの中, 来る人間そのものを注視, 来る人間たちは決して, 来る人間一匹ずつ一つ, 来る人間悪の衝動, 来る青い光線, 来る今回はみんな断, 来る今川の大軍, 来る今年の米, 来る今度は会津, 来る今日も又, 来る今晩も来, 来る仏像の名前, 来る仏国の宗教教育法, 来る仏蘭西の家婢, 来る仕事は大抵, 来る仕出し屋の女, 来る仕組になっ, 来る仕組みになっ, 来る仕送りを当て, 来る他郷の人, 来る付添看護婦の静か, 来る仙人の映画, 来る仙台領の追手, 来る仙女や木魂, 来る代りに人形, 来る代表者改選の時, 来る以上こちらが怪我, 来る以上もうこの仕事, 来る以上催促されなければ, 来る以上彼は勿論, 来る以上後退は殆, 来る以上日本語に通じなけれ, 来る以上理窟は別, 来る以上生だけは楽しく, 来る以上組の中, 来る以上自分が挨拶, 来る以上至難と危険, 来る以外に法返し, 来るの好い, 来る仲買人に対してもいよいよ, 来る仲間姿の男, 来る伊之助を寛ぎ, 来る伊勢守と一行, 来る伊庭に会つた時, 来る伏線でありました, 来る伏見屋の伊之助, 来る休暇をたのしみ, 来る会津兵や桑名, 来る会社員たちにサアビス, 来る伝介を導い, 来る伝馬所のため, 来る伴天連がある, 来るのため, 来る位置に機関車, 来る住吉の社, 来る佐々泰造はいい, 来る佐久間勢の喚き, 来る佐太郎を待つ, 来る佐柄木の言葉, 来る佐貫の半, 来るのすべて, 来る体内の敵, 来る体臭のモンタージュ, 来る体験そンなもの, 来る何ぞ虎という, 来る何とも云えぬ嬉し, 来る何処かの陽, 来る何日午後三時より鳴, 来る何日某事件の証人, 来る何時頃五千尺に着く, 来る何気ない顔へ, 来るの叔父朝夫, 来る余沢の潤い, 来る余裕の無かっ, 来る余韻悲しき村少女, 来る作品集とあり, 来る作家本能の触角, 来る作物の憑, 来る作米と漢学, 来る佳人があります, 来るしその, 来る使はいつも必ず, 来る使命を亨けた, 来る例えば手伝いの, 来る便利もまた, 来る便所の中, 来る俗人たちの鼻, 来る保彦が役者, 来る信仰と希望, 来る信吾の跫音, 来る信州人という中, 来る信州東筑摩辺の風習, 来る信徒の女, 来る信徒たちに向っ, 来る信徒らは皆入り口, 来るが通る, 来る俥夫などは一人, 来る俥引を捕まえた, 来る修一とぱつたり出会, 来る修羅のさわぎ, 来る修行者の手のうち, 来る俳友の他, 来る俳句である, 来る個人主義は車, 来る個人的傾向のマイナス, 来るの響き, 来る倒かさの像, 来る借金取りの云い, 来る倦怠荒涼やりきれない思い, 来る倫理的反発に由来, 来る倭島の条下, 来る健康者らしい非, 来るでは, 来る偶然性は認識主観, 来るの叢, 来る傍聴人の群, 来るれた作家, 来る傲慢なその, 来る傲慢さをもっ, 来る債務者にたいして債権者, 来る傷口の痛み, 来る傾斜作られた微笑, 来る僕たちの結婚, 来る僧侶も沢山, 来る僧俗の徒, 来る儒艮を屠つ, 来るに書い, 来る優等生は大抵, 来る兄貴なんかと一緒, 来る兇暴な喜び, 来る兇行の因, 来るに云った, 来る先刻の壮夫, 来る先方の使い, 来る先生たちの態度, 来る先祖代々の進化, 来る先触れのやう, 来る先頭に立つ, 来る光り物即外来魂, 来る光井に, 来る光栄の日, 来る光歓びの波, 来る光波が当れ, 来る光秀たちのひと, 来るも珍しい, 来るは愛する, 来る児供があった, 来る児童の数, 来る全面的な肯定, 来る八つか九つ, 来る八つ当りは横暴, 来る八九歳の少女たち, 来る八年または十年間英蘭, 来る八月八日を第, 来る八月初旬に再び, 来る八月十五日の日没頃, 来る八百蔵の加藤, 来る公儀衆をこの, 来る公園もここ, 来る公文には必ず, 来る六七月の頃, 来る六七隻の兵船, 来る六十余りのお爺さん, 来る六十年ないし七十年間, 来る六十恰好の夏外套, 来る六名の記者, 来る六平太笠太郎クミ六郎の四人, 来る六日には将軍家, 来る六時から三島亭, 来る六月の暑, 来る六月二日その横浜開港一周年, 来る六月十三日の会合, 来る六月十三日午前九時と定めた, 来る六月十九日の文化連盟, 来る六波羅捕吏の一群, 来る六角時信の加勢, 来る六郎兵衛の体, 来る六部などへ厚く, 来る共に丸の内邦楽座へ, 来る共同動作の要求, 来る兵卒とにぱったり, 来る兵士に対してはどうしても, 来る兵法者について誰彼, 来る兵船は何者, 来る其中を縫っ, 来る其人の涙, 来る其度毎に烟, 来る其時代の出来事, 来る其時買冠りを, 来る其晩はお通夜, 来る其歩武の気力, 来る其畔に休ん, 来る其等の人, 来る其言葉に順序, 来る具体的な論点, 来る具足のひびき, 来るの利いた, 来る内何か有物, 来る内外の体験, 来る内律の緩やか, 来る内殿の驚異, 来る内面的な苦痛, 来る再び引返せり三たびせり, 来る写真屋を誘い出し, 来る写真班にうつし, 来る写象は鮮明, 来る冥罰を表面的, 来る冬仕度についての考, 来る冴子を待てない, 来る冷たさを, 来る冷凍肉馬鈴薯鶏卵等を野戦炊事場, 来る冷気を素足, 来る凄味掛かった別品, 来る凛烈な風, 来るゆる混乱, 来る凡ての人, 来る凡庸な先生たち, 来るをうけよう, 来るを遣過し, 来る出入りの百姓, 来る出入商人始めはいかにも, 来る出版社の人々, 来る刀鋩を柄, 来る切っ先に至っ, 来る切支丹族の者, 来る刎橋を溝, 来る刑事諸君の口吻, 来る初めの, 来る初冬が近付い, 来る初枝清子両先生, 来る初秋の風, 来る判断だけれど, 来るの一隊, 来る別天地なの, 来る別手組のもの, 来る別種の勘, 来る利七に走り, 来る利助を又, 来る利口な犬, 来る利害だ, 来る利家をふり向い, 来る利家以下の一隊, 来る制服のひと, 来る制服制帽の彼, 来る刹那刹那に烟, 来る刺戟佃から来る, 来る刺戟各々に全, 来る剃刀の光, 来る前々から考へ続け, 来る前あなた方が経験, 来る前ぶれとみえる, 来る前わたしは家族, 来る前オルロフという山羊髯, 来る前ソヴェト経済年度のかわりめ, 来る前ハゲ天で食った, 来る前一日監房内で縊れ, 来る前上州の機屋, 来る前二階の大広間, 来る前先の時, 来る前午前中ちょっと変, 来る前去年の冬, 来る前夜中にはたしかにはっきり, 来る前川だった, 来る前彼女はラエーフスキイ, 来る前提である, 来る前日久能にだけ行先, 来る前日君は家財道具, 来る前日鳥羽は幾, 来る前星野社長はわざわざ, 来る前曲者はもう一度, 来る前東京と打ち合わせた, 来る前柳生兵庫や家臣, 来る前此家の主人, 来る前田舎に行ってた, 来る前社の重役室, 来る前路にその, 来る前頃胃拡張になっ, 来る創作というもの, 来る劇場へは入る, 来る力動的な騒音, 来る力生命の消され, 来る力関係なんて資本主義, 来る加茂川の水, 来る加藤と顔, 来る加野の足音, 来る郷の, 来る助け船を待っ, 来る助平爺もある, 来るのはじめ, 来る労働力と科学, 来る労働者交代に行く, 来る勇兵もある, 来る動作との間, 来る動因になる, 来る動詞を考へ, 来る勘右衛門の姿, 来る勘定だ, 来る勝利の気魄, 来る勝敗に心, 来る勤労者のため, 来る勤王の志士, 来る勤行の声, 来るひを, 来る化粧品だって相当, 来る北上川が観音下, 来る北方の街頭, 来る北東の隅, 来る北雲です, 来る区域が広, 来る区長の六平太, 来る医学士さんじゃない, 来る医師は罨法剤, 来る医者杏庵老も多く, 来る十一日のパンアメリカ号, 来る十一日石清水八幡宮に行幸有, 来る十一月七日革命第十五周年記念日, 来る十一月十一日を期し, 来る十七八の, 来る十七日の夜, 来る十万円がなん, 来る十三夜の月, 来る十三日には刑訴, 来る十三日辰之上刻豊前長門之海門, 来る十二三の娘, 来る十二日控訴の公判, 来る十二月の何日, 来る十二月一杯は休む, 来る十二月中に出産, 来る十二月廿九日貴族会館に於, 来る十五日御登城, 来る十五日午の刻, 来る十個の飛礫, 来る十八日正二時弘前市の菩提寺, 来る十六七ばかりの娘, 来る十四日明くれば, 来る十数種の社会主義, 来る十日に増税案, 来る十時半にはもう, 来る十月の頃, 来る十月十五日拙宅においていささか, 来る十月大阪の脚本一つ宛, 来る十歳ばかりになる, 来る十騎ほどの武士, 来る千万の考慮, 来る千世子のかお, 来る千人針を二針三針, 来る千代子である, 来る千古一色の暮風, 来る千川を加え, 来る千日前の喜久, 来る千曳の岩, 来る千鳥足とこちら, 来る午前十一時半頃に自宅, 来る午後の日, 来る半円形の波, 来る半日の道, 来る南風と日本海, 来る単なる条件反射の, 来る単語のうち, 来る博士の祝会, 来る博徒を遮りました, 来る博物学者が来る, 来るとして彼, 来る印度の志士, 来る印税の一番小額, 来る危期と云う, 来る危機に応じ, 来る危篤の電報, 来る危険期だろうという, 来るあれいづである, 来る即興といふもの, 来る卵焼の香気, 来る厚い泡の, 来る厚かましい女達上流社会の, 来る原っぱの端, 来る原文の意義, 来る原理的な制約, 来る原田夫婦や未亡人, 来る原稿料を当て, 来る厳丈な年寄り, 来る厳粛の感, 来る参拝人に本堂, 来る参観者は誰, 来る参詣人とで山, 来る参詣者が絶えない, 来る又四郎のす, 来る又野の足, 来る友人はすべて才, 来る友人たちをその, 来る友人らがなん, 来る友人四五名と落ち合った, 来る友人達の御機嫌, 来る友子の気配, 来る双方チラと, 来る革命軍を, 来る反作用がここ, 来る反射光線である, 来る反感へ導い, 来る反撥する房一, 来る反映に照り輝かされ, 来る反論なの, 来る反響を利用, 来る収利については相当, 来る叔母の身内, 来る叔父が国, 来る叔父さんの不満, 来る叙述語を省い, 来るを彼, 来る口約束になっ, 来る口附を招き, 来る古代人の解釈, 来る古物の, 来る古藤の足音, 来る古賀との経緯, 来るで一言云, 来る叫声を耳, 来る可也強い刺戟, 来る可愛い声々は, 来る可憐な百姓ども, 来る可能があります, 来る各自のいと, 来る合唱でないとは, 来る合奏はいつか節, 来る合理性だ, 来る吉原組の駕, 来る吉報に転手児舞, 来る吉岡の声, 来る同じその事情の, 来る同僚は可, 来る同勢を待ち受ける, 来る同年輩のアメリカ人, 来る同心や手先, 来る同志と政治上, 来る同情の念, 来る同情心がこの, 来る同族の人, 来る同船者と何, 来る名主の顔, 来る名代の空ッ風, 来る名古屋に二人, 来る名状し難い, 来る名越尾張守の軍, 来るも尠, 来る向いの谷, 来る向う側の店, 来る向う見ずな切先, 来る向側の乗車場, 来る向島の隠居金子翁, 来る向高の姿, 来る吹上の報告, 来る吹矢の矢, 来るも人, 来る吾人の経験, 来るの船, 来る呉一郎を呼び止め, 来る周囲の法則, 来る周密なやりかた, 来る味噌汁の香, 来る味気なさ, 来る売りの, 来るの力, 来る命日を考えた, 来る咄嗟に顔, 来る和助は父, 来る和尚もある, 来る和尚さんの姿, 来る和服に袴, 来る和船帆前船の品川前, 来る和蘭屋敷の二階, 来るを思え, 来る哀れな声, 来る哀悠が湖水, 来る哀憐の感情, 来る品物もあるらしい, 来る哄笑が喉, 来る哲学もある, 来るの利き, 来る唇さへ何となく, 来る唯物論の大潮, 来る唱歌は狸, 来る唾棄すべき倦怠, 来る啄木鳥や鶺鴒, 来る商人今ここへ来る, 来る商人相手に一日, 来る商業市街として知られ, 来る商船学校の先生, 来る問題ぢやなから, 来る啓吉に尋ねた, 来る啓蒙の二つ, 来るとはいわれない, 来る善神であるの, 来る善良な天使, 来る喜びに落ちつく, 来る喜悦とを一緒, 来る喜悦情熱を内心, 来る喧嘩の対手, 来る喧騒に耳, 来る営養不良や神経発作, 来る嗚呼余は, 来る嘉代吉の足音, 来る嘉助親子も東京, 来る嘉門のうた声, 来るき気, 来るの云, 来る嘲笑を予期, 来る噴水の水煙, 来る囚人の関係者, 来る囚徒らは身体検査中, 来る四五日前一晩東海道国府津の駅前, 来る四五騎があった, 来る四人は何者, 来る四十人の患者, 来る四国の細川定禅, 来る四日市の宿場, 来る四月二十日に如何なる, 来る四月二日出廷の節, 来る四月四日かぎりで地球, 来る四百億円を待っ, 来る因州も芸州広島, 来る因果の纏綿, 来る因果応報の物語, 来る困憊の種, 来る困難厄介の問題, 来るや密航船, 来る国々の民, 来る国境の森, 来る国民学校の物々しい, 来る土ほこりトラックとどろき兵, 来る土人の魔術師, 来る土人女の廃頽的, 来る土人達の叫び声, 来る土佐が来る, 来る土地ゆえ街路には至る, 来る土埃りの, 来る土壇場に立ちあった, 来る土屋総蔵という人, 来る土手で能, 来る土星のは少し, 来る土砂の為, 来るの百姓, 来る在所さへある, 来る地下室に特有, 来る地下水の考, 来る地方武族もすくなく, 来る地方郷党の小, 来る地獄の悪魔, 来る地球人類の危機, 来る地盤を築きあげ, 来る地租改正を眼前, 来る地震波の経路, 来る地響に叫び, 来るを下る, 来る坂下の処, 来る坊主を何ん, 来る坑夫か土方, 来る坑夫納屋の薄暗がり, 来る坑夫達だけが殺気だっ, 来るを変, 来るとなつ, 来る堀口であつ, 来る堀田の気配, 来る堪えがたい仕事に, 来る堪え難い悪臭に, 来るはことごとく, 来る場処だったという, 来る場合これは一語, 来る場合それを牢舎, 来る塩尻の形, 来る塩辛い青串魚なぞは, 来る塩野たちの賑やかさ, 来る境域でありました, 来る境界のごたごた, 来る墓場の中, 来るの中, 来る士官はんを見る, 来る売淫罷工から来る, 来るにも漸くはっきり, 来る変化無限の姿, 来る変態律で国文脈, 来る夏休暇をどの, 来る夏子の後, 来る夏山は, 来る夏草が茂る, 来ると, 来る夕べのラツパ, 来る夕刊の相場面, 来る夕日を眩し, 来る夕時雨薄は寒し, 来る夕焼の光, 来る夕陽が滝つぼ, 来る夕風夕空の中, 来る夕食を共に, 来る外交記者で賑, 来る外人たちがこの, 来る外人客をみんな, 来る外国の大, 来る外国官庁出版物は時には, 来る外敵に対していさましく, 来る外洋のうねり, 来る外界の波, 来る外部からの力, 来る与里も, 来る多助は今年廿歳, 来る多大の寛容, 来る多少の困難, 来る多那川の流勢, 来る多鶴子の手, 来る夜回りのじいさん, 来る夜汽車の中, 来る夥しい未知の, 来る大井と一しょ, 来る大人が母, 来る大兵な女傑, 来る大分軟くなった, 来る大原の声, 来る大名旗本の多かっ, 来る大名衆と来た, 来る大将たちもやっぱり, 来る大工があっ, 来る大工土方左官など, 来る大根にやる, 来る大概は汚れ, 来る大気の中, 来る大江山突撃隊であった, 来る大洋の波, 来る大浪を乗り切れない, 来る大目付も大目付, 来る大砲調練の音, 来る大福を買つて, 来る大粒な雨, 来る大輪の黄薔薇, 来る大辻は渡米, 来る大量生産だ, 来る大鐘の音, 来る大阪の新聞, 来る大阪下りの芸者, 来る大阪弁はやはり, 来る大陸の寒風, 来る天使と云う, 来る天候余りよくなし, 来る天地の単調さ, 来る天真独露の生娘, 来る天空の鬼ヶ城, 来る天蓋の影二ツ, 来る太い雨に, 来る太吉郎の姿, 来る太股の筋肉, 来る夫婦連の何事, 来る失業群はどう, 来る奇妙な婦人客, 来る奥州船は帰り, 来る奥様じゃねえ, 来る女ごとに手, 来る女どもに今晩, 来る女丈夫もさすが, 来る女中さんたちはみんな泊, 来る女中方もある, 来る女中達の足音, 来る女優かしらと思, 来る女優たちは皆, 来る女共に今晩, 来る女子供へ枡, 来る女学生のよう, 来る女工は必, 来る女工さんを見れ, 来る女工たちのエプロン姿, 来る女性さんが話しかける, 来る女房さんの風俗ッ, 来る女私の前, 来る女童篁子そだたきやら, 来る女給さんがある, 来る女角力の中, 来る女達は由, 来る奴次第だ, 来る奴輩を悩まし, 来る好きなオレンジ, 来る好く姉さんの, 来る好奇も手伝った, 来る好奇心とを同時に, 来る好感が人, 来る好色心がそれから, 来る如何にし, 来る妄念のせい, 来る妖怪の為事, 来る妖悪凄艶, 来る妙齢洋装の芸妓たち, 来る妻女の姿, 来るの着く, 来る姉娘の白足袋, 来るりなのよ, 来る始めの内, 来る威力があった, 来る威勢の好い, 来る威霊がお, 来る娘さんの姿, 来る婀娜っぽい花の, 来る婚約を悉く, 来る婢女も藁人形, 来る婦人たちは男性, 来る婦人等のため, 来る婦人関係の仕事, 来る媼負へる赤子, 来るというの, 来る嫁御寮だと, 来る嫉妬を感じ, 来る嬉しい声が, 来る嬌態を持っ, 来る嬰児とに向っ, 来る嬶共は有, 来る子どもは昔, 来る子らが衣手, 来る子ら早や日あたり, 来る子守娘に声, 来る子爵夫人に敬意, 来る子猫を追い回し, 来る子船を眺め, 来る子音すなわち, 来る存在が清川, 来る孤児はごみ箱, 来る孤児院の子, 来る孤独感で危く, 来る孤独者でどんな, 来る学問と神, 来る学士を待受けた, 来る学生共の事, 来る学生四五人を引きつれ, 来る学童のため, 来る学者もある, 来る学資金が後れた, 来る宇津木兵馬の面, 来る守宮も随, 来る安らかさを感じ, 来る安井の姿, 来る安宅先生の生れ付き, 来る安定の意識, 来る安政大変災, 来る宗助が御, 来る宗寿軒を一つ, 来る宗教上の神, 来る宗教情緒はもはや, 来る宗教的経験をそんな, 来る官能の悩み, 来る官軍を黄巾, 来る定型であるが, 来るのない, 来る宝塚洋行って店, 来る宝物を安全, 来るが有るなら, 来る実君にまで声, 来る実業家が何人, 来る実演よりよく, 来る実状ではある, 来る実生活との摩擦, 来る客ごとにお, 来る客以外に誰, 来る客出入りに都合, 来る客大分殺到す, 来る客毎に幾十回, 来る客気の頼り, 来る客湯になっ, 来る客観性ではなく, 来る客車の窓, 来る宣伝で始め, 来る宮崎の蝙蝠, 来る宮様の行啓中, 来る宴会へ出掛けた, 来るのくち, 来る宵闇の微光, 来る家事女と毎朝注文, 来る家司や侍たち, 来る家庭というよう, 来る家筋は大抵きまって, 来る家老たちもある, 来る家臣などの出入り, 来る家臣老幼下の召使, 来る容赦なく且乱暴, 来る宿内の馬方, 来る宿屋の隠居, 来る寂しみの雲, 来る寄生植物までも引き受け, 来る寅年元朝よりは急, 来る密雲が低く, 来る富子に出逢った, 来る富岡は殆ど, 来る富裕な軽薄才士ら, 来る寒き影はたや, 来る寛けさがあつ, 来る寝小便をすらもらした, 来る寡言とも違っ, 来る審美的倫理的な疑うべからざる直覚, 来るの鐘, 来る対岸の山, 来る対応策は暴力以外, 来る対日外交の軟化, 来る対話の調子, 来る対話上の候, 来る対象を描く, 来る寿命の長い, 来る寿平次を待った, 来る専斎の声, 来る専門の文芸評論家, 来る将兵が多い, 来る将卒をピストル, 来る将士を迎える, 来る将来の運命, 来る尊い水の, 来る尊氏の本軍, 来る尋常な進化, 来る小さき爺に, 来る小作人たちのささやき, 来る小僧に危く, 来る小僧等への応対, 来る小児を突き除ける, 来る小坊主の腰, 来る小太郎の抵抗, 来る小女めがけて, 来る小娘たちが帰っ, 来る小娘達が帰つて後午, 来る小島であった, 来る小平太の膝首, 来る小径がつい, 来る小春の姿, 来る小歌の笑い声, 来る小母さんが掛け, 来る小流に身, 来る小父さんたちに話す, 来る小片でもどうか, 来る小童などにそぞろ, 来る小舟の数, 来る小言を一時, 来る小銃の音, 来る小銃弾や矢, 来る小隊があつ, 来る小雪が彼, 来る小麦があります, 来る少女団や少年団, 来る少年たちもやはり, 来る少年少女の不平, 来る一つの, 来る尺八は宗さん, 来る尻尾の赤い, 来るの長き, 来る尾州藩の役人たち, 来る尾張藩主が木曾路, 来る尾瀬も其中, 来る尿意の苦痛, 来る居周の人達, 来る屋敷方はむしろ, 来る屋根瓦に頭, 来る属官などはまず, 来る山々である, 来る山々山骨黄色く現われ, 来る山づとなる木を門前, 来る山の神です, 来る山伏なので, 来る山体の欠片, 来る山国の娘, 来る山彦ばかりあたり, 来る山村って男, 来る山桜の花びら, 来る山気をかき乱す, 来る山水号にのせる, 来る山爺の一人, 来る山芋はこの, 来る山苞には色々, 来る山野は結局笑, 来る山雲を退散, 来る山高帽子の村長, 来る山鳩の鳴, 来るの上, 来る岩代国麻耶郡猪苗代の城, 来る岩手県の慣行, 来る岩燕でもない, 来る岩石に打ち砕かるる, 来るの辺り, 来る岸の上を見る, 来る峡間の水, 来るの脊, 来るとして老いず死なぬ, 来る崇拝者渇仰者の手紙, 来る崇高なる感じ, 来る崑崙茶の霊効, 来るの上, 来るに奪われ, 来る嶺太郎の姿, 来る巌窟王の幽閉, 来る川上に当っ, 来る川口は盛, 来る川舟に犢鼻褌一つ, 来る川船があった, 来る川西の兇暴, 来る川辺みさ子の姿, 来る巡査七三で停っ, 来る巡礼遍路も亦, 来る工匠たちが陸続, 来る左側の崖, 来る左党の傑作, 来る巨体を身, 来る巨大な足音, 来る巨漢がある, 来る巫女たちをぶし, 来る差込に苦悶, 来る差配人は葬式, 来る差額剰余の拡大, 来るの頭, 来る巴里の春さき, 来るの声, 来るに見る, 来る市松へ向っ, 来る市電ストライキが又, 来る帝王となるべき, 来る師直の憤怒, 来る師走の風, 来る常世神の信仰, 来る常世神以外に偶然, 来る常客の人々, 来る常磐津の師匠, 来る常識の幻影, 来る常陸カイドウをあれ, 来る平吉に出逢った, 来る平地人と多少, 来る平川及び東, 来る平時なら自分, 来る平田の門人仲間, 来る年少技術家にて白襟, 来る年頃にあった, 来る年齢でもある, 来る幸子のしっ, 来る幻滅の半鐘, 来る幻灯の絵, 来る幻覚であったろう, 来る幻覚的な惘然さ, 来る幼い子供達の, 来る幼児の幻, 来る幼児たちを跟, 来る雅な, 来る幽かな鶏, 来るの腹の中, 来る幾ら突放しても, 来る幾人のひと, 来る幾個かの籠, 来る幾台もの自動車, 来る幾多の情実, 来る幾島の熱い, 来る幾度かそれ, 来る幾百万の同志, 来る幾百幾千という青年, 来る幾組かの娘達, 来る幾艘かの櫓声, 来る広告気球と喬介, 来る広大無辺な自他不二, 来る広島のなん, 来る庄吉は直に, 来る庄太とわたくし, 来るに自分, 来る庖厨部の皿, 来るの土間, 来る店座敷の軒, 来る庚申講の夜, 来る度びに顔を背け, 来る度ゆらめき動きて, 来る度他出中なりけれど, 来る度数は時, 来るを去る, 来る座敷の一隅, 来る庭前の涼し, 来る庭鳥のこゑ, 来るも平和, 来る庸三の末, 来る庸太郎と葉子, 来る廻し者の片割れ, 来る廿八日廿九両日邦楽座に於, 来る弁舌のみの宣伝係り, 来る弁髪のながい, 来るの足音, 来る弛緩状態が目立っ, 来る弟子が二三人, 来る弟子たちに対する教師, 来る弥次と喜多, 来る弥次馬が来る, 来るさと, 来る強健な唯物主義, 来る強圧を除く, 来る強大な自尊心, 来る強盗の親分みたい, 来る当の先代なる, 来る当時有名な詩人達, 来る当歳の牝牛, 来るです, 来る形跡はなかっ, 来る影法師を大きく, 来るをしなさい, 来る役人ごとにたちまち, 来る役人衆の影, 来る役者ぢやない, 来る彼女等のはなし声, 来る彼女自身に対する苛立たし, 来る彼女達の妹, 来る彼奴らが, 来る彼方から弥次馬, 来る彼等親子を見, 来る彼自身だけの特別, 来る往来に面した, 来る征夷大将軍徳川家康は所謂歴史上, 来る律動の予感, 来る後妻のでっぷり, 来る後続隊の将, 来る後輩の一人, 来る徒歩の人影, 来る得意さと満足, 来る得物の下, 来る御慶かな, 来る御方の喧嘩仕掛け, 来る御用提灯もなく, 来る御霊は歳神, 来る復員服にジャンパー, 来る微妙な美し, 来る心構への相違, 来る心理の必然, 来る心理的な週期性, 来る心理的過程が少なくも, 来る心算でおりました, 来る心細さを, 来る心象は橘屋, 来る忌々しさを, 来る忌避の感情, 来る忍耐力に驚いた, 来る忠実な人, 来る男子赤格子九郎右衛門なる, 来る快い匂いまず, 来る快くもない, 来る快感驚異懐疑と云った, 来る忿怒をじっと, 来る怒気を鎮め, 来るあり, 来る思いがけない逆説に, 来る思想感情の動揺, 来る急速なアルペジオ, 来る性分なん, 来る性急な青野, 来る性的不能患者の後裔, 来る怪敵を待ち受けた, 来る怪現象に見惚れ, 来る怪雲のごとき, 来る恋人のよう, 来る恋慕流しの唄, 来る恍惚状態の中, 来る恐らく鋏の, 来る恐ろしさと, 来る恒例の散歩, 来る恩恵なの, 来るの隙, 来る息杖の下, 来る悉皆屋も来る, 来る悔しさが, 来る悔恨といらだたし, 来るなければ, 来る患者達の姿, 来る悦ばしさの, 来る悩ましさが, 来る悪い行為を, 来る悪口である, 来る悪意からの見解, 来る悪戯にすっかり, 来る悪戯感を享楽, 来る悪漢その他はいかに, 来る悪病の主, 来る悪者が物, 来る悪魔の笑い, 来る悪魔ソックリに見えた, 来る悲劇はこれ, 来る悲哀はそれ, 来る悲喜劇であった, 来る悲惨絞首台剣戦争および事変, 来る悲痛の涙, 来る悲絶の韻, 来る悲鳴は果して, 来る情婦のこと, 来る情愛と不憫さ, 来る情感に抵抗, 来る情緒がいかに, 来る惨めな二, 来る想像の力, 来るとのうち, 来る愈々中蓋, 来る愉しさが, 来る愉しからずや, 来る意地の悪い, 来る意外に遠い, 来る意気のない, 来る愚かな病的, 来る愛しい人の, 来る愛憎をゑがいたものとしか, 来る愛物の頭, 来るがある, 来る感じ強烈な盲目的, 来る感じ線から来る, 来る感化と思われた, 来る感想である, 来る感興にふけらざる, 来るはいかにも, 来る慧幢博士はただ, 来る慾望というもの, 来る憂えのない, 来る憂愁の感覚, 来る憎い女の, 来る憔悴し切った少年, 来る憤激にガッ, 来る憧憬これは実は, 来る懺悔の表情, 来る程地球, 来る成金に刺戟, 来るもまた, 来る我々には気がつかぬらしく, 来る我がミハエルの, 来る我慢のならぬ, 来る我結婚の日限, 来る或は中国の, 来る戦争に於, 来る戦国時代を非常, 来る戦地の軍隊, 来る戦時の空気, 来る戦法の変革, 来る戦車かぎろひ砲つづく見ゆ, 来る戦闘員と非, 来る戯曲が一つ二つ, 来る房一の姿, 来る所ぢやない, 来る所産であった, 来る所謂新学説, 来る手つきの相違, 来る手前たちの馬鹿さ加減, 来る手当が母, 来る手当り次第の理屈, 来る手摺の下, 来る手柄に止っ, 来る手段と見える, 来る手相見の, 来る手答えが予期, 来る手紙こまかに隆ちゃん, 来る手紙遽かに増えた, 来る手術も人, 来る手負獅子であった, 来る手配がつい, 来る手際が閃めいていそう, 来る才子佳人が割, 来る打算があった, 来るは秀子, 来る批評がわかり, 来る承認の形, 来る技術は果して, 来る技術様式であるから, 来る投影の二つ, 来る投書は十中八九, 来る投票の予想, 来る折助輩の鼻向, 来る折空濠に落ちた, 来る折衷態度が古今集, 来る折角考えて, 来る抜群の魅力, 来る抽象性というもの, 来る担架に繰りかえされた, 来る拘束は空気, 来る拮屈傲峨と新し, 来るに, 来るの腹, 来る挙動がかなり, 来る挟撃の敵二人, 来る捕虜はたいへん, 来る掘割の水, 来る掛稲の外, 来る探検家夫妻を狙っ, 来る接唇を感じます, 来る接待に悩まされ続け, 来る接骨木の茂つた下, 来る推進力の新しい, 来る推進器の泡, 来る搾取階級の無法, 来る播種時が来た, 来る支那民族の憎悪, 来る放射線が恐ろしい, 来る放浪者のあわれ, 来る政子の息, 来る故一ばんに忠次郎, 来る故一定の度, 来る故妾は横浜, 来る故郷の僻村, 来る敏感さで間もなく, 来る救助船の位置, 来る敗兵たちから上国, 来る教師には難問, 来る教訓は一体, 来る散文に近い, 来る敬君が来る, 来る敬遠であつ, 来る数万の店員たち, 来る数个条の潜在, 来る数十万の人々, 来る数十人の捕吏, 来る数多の人々, 来る数学のこと, 来る数式の運動, 来る数条の引き水, 来る数限りない波, 来る数隻のカヌー, 来る敵役にその, 来る敵意ほど彼, 来る敵愾攘夷の念, 来るの繁き, 来る文久年度の改革, 来る文化の模範, 来る文化混和の結果, 来る文化理論を論理学, 来る文化的自由主義の制限, 来る文字春に突き当った, 来る文学的萌芽の肥料, 来る文学者や画家, 来る文学青年たちの面倒, 来る文明の圧迫, 来る文書報告なども夥しい, 来る文法と言, 来る斉興を覚束, 来る斎藤下野とその, 来る斑らの黒い, 来る料理人と同じ, 来る料簡のしゅん, 来る斜坑を這い上った, 来る斜陽蜩の声, 来る断定だけで, 来る断崖の上, 来る断崖絶壁の姿, 来る断末魔の身もだえ, 来る断髪洋装の女, 来る新たな人間, 来る新人の誰, 来る新任の長崎奉行, 来る新兵こそは自分, 来る新兵たちの動作, 来る新吉の怒り声, 来る新婚の夫婦, 来る新子の姉, 来る新宿の町, 来る新居芋を山地, 来る新聞雑誌の記者, 来る新進劇作家阪中正夫君は粉河, 来る新開の町, 来る方言の相違, 来る旅びとは栗橋, 来る旅びとはここから渡し船に乗っ, 来る旅びとはその周囲の大, 来る旅人たちは哨兵, 来る旅商人などにきかれ, 来る旅姿の若, 来る旅客を見, 来る旅店の内儀, 来る旋回円鋸機の悲鳴, 来る旋律豊かな抒情傾向, 来る日うつらと送りました, 来る日ぢやない, 来る日伸子は待ちかね, 来る日傭人たちの明, 来る日和なら, 来る日斜き易し, 来る日本人たちが休ん, 来る日本海の水蒸気, 来る日美濃路よりする, 来る旦突を蔵, 来る旦那様は会社, 来る十一月の, 来る旧例のみはあっ, 来る旧師を心待ち, 来るをいひいひ出よう, 来る旨電報あり, 来る早々ああいう目, 来る早々こんなにして, 来る早々日光の中禅寺湖, 来る早々雨と風, 来る早く庭へ, 来る早技も高時, 来る早起きの家, 来る早馬の使い, 来るに視られ, 来るに向っ, 来る明るみは向こう, 来る明後日は四十人, 来る明敏さを彼, 来る明智家の運命, 来る明軍に鳥銃, 来るの美しい, 来る春代という女, 来る春寒の脅威, 来る春昏の愁しみ, 来る昨日樹明君が買う, 来るの風, 来る時々の発作, 来る時々刻々の変化, 来る時あれかし, 来る時さへあつ, 来る時さまざまの新, 来る時すつかり解決, 来る時そこに見出される, 来る時それを伴, 来る時どれ程こみ上げる, 来る時には私の, 来る時はる子が今日夕方, 来る時わたしは道, 来る時われわれは沈黙, 来る時マニョンはマドロンネット拘禁所, 来る時一緒に東, 来る時一般の憤怒, 来る時一通の手紙, 来る時下駄を穿い, 来る時不器用に割った, 来る時事はそちら, 来る時五百はまた, 来る時人々の身体, 来る時代一つのアスピレーション, 来る時何かいい, 来る時何千両もの金, 来る時何心なく見たら, 来る時傍を通りました, 来る時処々に見える, 来る時分何をする, 来る時分蝶々髷に結っ, 来る時刻ぢやない, 来る時古代の稚拙, 来る時天の川の流れ, 来る時奇代な人間, 来る時学問の分類, 来る時家に誰, 来る時小母さん坊っちゃんにまた, 来る時小生の眼中, 来る時局の影響, 来る時山駕籠の中, 来る時岡島家から持っ, 来る時岩の壁, 来る時川止となる, 来る時巡査ア彼家へ行, 来る時差して, 来る時彼は幾たび, 来る時彼等は唱応的, 来る時後足で立ちあがる, 来る時文運は必ら, 来る時本書は啓蒙的, 来る時桂庵の言った, 来る時桐油を見当, 来る時次郎の膝, 来る時殿堂の姫君達, 来る時母親から何等, 来る時海中に墜落, 来る時演劇の前途, 来る時皮下の肉体, 来る時知識は自ら, 来る時私たちは誇る, 来る時窓によって眺, 来る時立迎えると, 来る時自分は嬉しい, 来る時船中で知己, 来る時艸木は急, 来る時詩を微吟, 来る時財布は空っぽ, 来る時買物に寄る, 来る時路が一緒, 来る時都合が悪, 来る時間時間を待ちくらした, 来る時静かな鹿児島湾, 来る時頭を見せなかった, 来る晃平を殿, 来る晩飯を待つ, 来る普通列車を待避, 来る普遍質を持つた, 来る合したので, 来る景蔵らを待った, 来る晴代に疳癪, 来るが彼ら, 来るさに, 来る暖かさが, 来る暖かい風が, 来るらき, 来る暗合の率, 来る暗殺犯人が大抵, 来る暗澹たる夜, 来る暗示を見せ, 来る暗鬱な恐怖, 来る暗黒の一点, 来る暗黒世界だと, 来る暫らく待って, 来る暴漢どもを相手, 来る暴風に吹飛ばされ, 来る曲中の人物, 来る曲者を発矢, 来る曲馬師の組, 来る書付にもその, 来る書斎で私, 来る書柬の裏紙長短, 来る書物であると, 来る書状もいちいち, 来る書翰の原文, 来る書肆から頼み, 来る最上のお客様, 来る最中よりもむしろ, 来る月あかりに暈され, 来る月丸の顔, 来る月影に四辺, 来る月日と云う, 来る月明りに透かし, 来る月曜日は公売処分, 来る月桂冠を待つ, 来る月江とおりん, 来る月給にはありつく, 来る有利な接触面, 来る有望らし, 来る朋輩は落籍の, 来る服装にしろ, 来るはまず, 来る朝かげは, 来る朝日に照り, 来る朝晩の風, 来る朝湯の客, 来る朝風の涼し, 来る朝飯を他, 来る朝鮮人がよく, 来るはなかろう, 来る木々のま, 来る木いちごであった, 来る木下藤吉郎という男, 来る木履の音, 来る木彫家の伊上凡骨, 来る木曾福島の役人衆, 来る木材の切り口, 来る木椋鳥の大群, 来る木槿垣ふと見れ, 来る木犀の匂, 来る木馬館の古風, 来る未知の人, 来る未練なの, 来る本格的な科学的文芸評論, 来る本質的な理論, 来る机竜之助, 来るという元気, 来る材木がくるり, 来る村中の, 来る村人たちは大方, 来る村民との日常交渉, 来る村長だからね, 来るを抱, 来る束縛を脱し, 来る来かたの微妙さ, 来る来ないは別, 来るの雨, 来るの方, 来る東京のよんどころない, 来る東京人も多かっ, 来る東北の春, 来る東軍を要撃, 来る東野の癖, 来る東門の方, 来る東風が吹い, 来る松太郎を見る, 来る松子を振回, 来る松尾といふ彼, 来る松王を見, 来る松田さんだった, 来る松田政近の軍勢, 来る松虫草でもいわば, 来る松風の音, 来る板裏草履の音, 来るのそば, 来るしない矛盾, 来る枯葉を仰ぎ見, 来る架空の風狂人, 来るではなかっ, 来る博士の, 来る柔らかな風, 来る柔軟性が伴っ, 来るを愛す, 来る柳博士に隣室, 来る柳吉の顔, 来る柳永二郎も, 来る栄三郎に心いっぱい, 来る校長先生の笑い声, 来るの上下, 来る根元は何, 来る根岸の伯母さん, 来る根本的なもの, 来る根本観念だけは何, 来る根津川の支流, 来る根源の社会悪, 来る桃子は小さい, 来る案内の人夫連, 来る梅雨季の雨, 来る梓川の河原, 来るの音, 来る梯子が来る, 来るの唸り, 来るを見, 来るのふた, 来る椅子しつら, 来る植ゑ附けたばかりの, 来る植女がひとりまろ, 来るの根, 来る検事とばったり, 来る検分の刑吏, 来る椿の林, 来るの影, 来る楢雄の足音, 来るく僅か, 来る楽隊の音, 来る概念と同じ, 来る榛名妙義赤城なぞの山々, 来る構図の美し, 来る構造を明らか, 来る槍ヶ岳洞窟をじっと, 来る様子薬を取寄せ, 来る様式などは馴れない, 来る様眼配せして, 来る模範的家庭の良人, 来る権利がある, 来る権力者に特有, 来る権柄ずくな夫, 来る権限はもう, 来る樵夫二人三人のそり, 来るの枝, 来る樹明君が来る, 来るの一隊, 来る橋本にばったり, 来る橋板を受け留める, 来る機会四度来る機会, 来る機先を観, 来る機微の際, 来る機敏さというもの, 来る機械論的自然観に立つ, 来る機略をまた, 来る機関の顫動, 来る檜垣の主人, 来るの音, 来る欠点である, 来る欠陥の認められる, 来る欲望だ, 来る欲求を抑える, 来る欷歔をご, 来る歌妓を恐れ, 来る歓喜を自分, 来る止めどのない, 来る正成である, 来る正木大尉の奥さん, 来る正義観念を理解, 来る正餐までに, 来る此器は形, 来る此類の, 来る武士どもを見, 来る武将だと, 来る武庫川の早瀬, 来る武族もある, 来る武男のあと, 来る武者たちを収容, 来る武者どもに接待, 来る歩いて来た, 来る歩兵との連絡, 来る歩調はかなり, 来る歯科医は妻, 来るではなけれ, 来る歳徳神との間, 来る歳神にも一人, 来る歴史の載する, 来る死人の相好, 来る死体を切り離した, 来る死生一如とか人生一泡滓, 来る死骸を早く, 来る残り風二百二十日の夕空, 来る段取りになった, 来る殺到して, 来る殿下に逢った, 来る母屋表離室亭すべてが旧家, 来る母音の違い, 来る毎年の習慣, 来る毎度に肇, 来る毒どくしい感情に, 来る毒気が息, 来る毛利勢に当り, 来る毛唐の廻し者, 来る毛布にくるまっ, 来る毛糸の値段, 来る毛色の美しい, 来るのよう, 来るの理論的混乱, 来る気ぶりはなく, 来る気まぐれ男を招い, 来る気候の激変, 来る気動のよう, 来る気合がありあり, 来る気味悪さとに, 来る気弱の原因, 来る気持医者がよい, 来る気燥くところ, 来る気象電話のよう, 来る水上の灯火, 来る水分がからだ, 来る水原の姿, 来る水江との醜悪, 来る水牛であった, 来る水脈に触れ, 来る水蒸気は叢生, 来るのやう, 来る氷袋を直し, 来る永き地響, 来るを箆, 来る汁粉を規則, 来る汐風が冷や, 来る江府一番壁辰の十手, 来る江戸の方, 来る江戸ッ子の若造, 来るの蓮, 来る池上のその, 来る決死隊の一人, 来る汽車中思いがけない人, 来る汽車賃に皆, 来る沈思の色, 来る没薬と乳香, 来る河内介の顔, 来る河原には蓬, 来る河原鶸かと耳, 来る河川の如く, 来る河水はおしよせる, 来る河童が門外, 来る河魚ぐらいに限られ, 来る売り半田, 来る沼気のよう, 来る泉刑部はじめ自分の弟子たち, 来る泊客があった, 来る法律とたたかう, 来る法悦のさ, 来る波濤よ, 来る波状光線のつかい, 来る波音までが彼, 来る泣き声をおさえつけた, 来るのよう, 来る注視はやや, 来る泰造を発見, 来る洋々とした, 来る洋服扮装の七分, 来る洒落者もあった, 来る洞察力をもっ, 来る津波と変じ, 来る活動館の安価, 来る活気に堪えない, 来る活版刷りの番附, 来るは二十丈, 来る流行歌に耳, 来る流言は飛ぶ, 来る浅慮な者, 来る浅瀬石川と弘前市, 来る浜風に身, 来る浪人どもを制御, 来る浪士らを迎え撃つ, 来る浪客などで甚だ, 来る浪曼主義の運動, 来る浪頭を一, 来る浮橋に出逢った, 来る浮葉の波, 来る浴客である, 来る浴衣や女帽, 来る海人にはかなうまい, 来る海人等の声, 来る海嘯と震災, 来る海女の群れ, 来る海水の力, 来る海港やロザンヌ, 来る海老殻色の茎, 来る海賊そっくりだった, 来る海鳥のさけび, 来る消息による, 来る涙ぐましい感じを, 来る淀君の面影, 来る淋しい姿を, 来る淋しい淋しい涙で, 来る淑子と美保子, 来る淡い哀愁が, 来る淫売婦である母, 来るさと, 来る深夜の足音, 来る深川芸者のお蔦, 来る混乱が全体, 来る混乱人間としての矜, 来る混雑従って, 来る清々しい光を, 来る清らかな水, 来る清二郎が拵, 来る清元の, 来る清少納言の方, 来る清流に架けられた, 来る清葉の前, 来る渋皮親爺の顔, 来る渓谷の水音, 来る渡し船にも白い, 来る渡良瀬川の水音, 来るの恰好, 来る温かみを味わい合っ, 来る温暖な冬, 来る温気や遠く, 来る温泉の音, 来るの活気, 来る港町をつっきっ, 来る湖南の府城, 来る湯治客はやや, 来る湿性になり, 来る谷氏の, 来る満員電車の前後, 来る満州行の途, 来る満月花魁の道中姿, 来る満足を押え切れない, 来るはお前, 来る源さんといふ人, 来る源中将が無理, 来る源八郎を扱い, 来る源氏に感謝, 来るの面雨, 来る溪流を合せた, 来る滅亡の前, 来る滴々が生活, 来る漁夫なぞは, 来る漁師が漁獲高, 来る演劇雑誌が十種, 来る演奏済みの楽譜, 来る漢文学的影響位は出した, 来る漫歩者の肩, 来る潮先の徴候, 来るを見る, 来るより近く寄, 来る激しさは, 来る激烈な一種, 来る濁流であった, 来る濃霧のため, 来るが一筋, 来る火の玉の様, 来る火口を踏みつけた, 来る火星兵をなぎたおした, 来る火柱の主, 来る火気とに私, 来る火花の光り, 来る火酒が舌, 来る炭売薪売の馬, 来る炭焼山の小僧, 来る為一日以来の東京, 来る為廃続の, 来る為替や小切手, 来る烏銭も持たず, 来る無垢の潮風, 来る無帽の女, 来る無恥と無, 来る無惨なる悲哀, 来る無意識感といふもの, 来る無慈悲な横, 来る無我無心の小児, 来る無気力無感覚とが伴い, 来る無気味な闇, 来る無用の争い, 来る無花果の実, 来る無限の大, 来る焦燥感を絶えず, 来る焦躁にたまりかね, 来るういう, 来る然し俺は, 来る焼岳の左, 来る煖炉かな, 来る煙草盆の中, 来るで真黒, 来る煤煙に汚れた, 来る照明が淡蒼い, 来る照明弾の音響, 来る煩わしさから, 来る煩悩ならば, 来る熊公八公芝居の仕出し, 来る熊谷次郎の髪, 来る熔岩からいわゆる, 来る熟練した職業軍人, 来る熟語は熟語, 来る熟魚を川, 来るが籠っ, 来る熱心さは店, 来る熱情が足らなかつた, 来る熱瓦斯の分析検査, 来る熱誠と忍耐, 来る熾烈な積極的, 来る燃えさしが人, 来るの加減, 来る燈火を頼り, 来る燈籠とすこし, 来るの中, 来る父吉左衛門とも一緒, 来る爺さんの顔, 来る爽やかな冷気, 来る牛乳屋はんが遊び, 来る牝獅これをも殺そう, 来る牡丹雪を眩い, 来る物体がある, 来る物価騰貴を防ぐ, 来る物恐ろしき野分かな, 来る物欲しげな人波, 来る物語りの一節一節, 来る物貰い同然全国新聞雑誌の新年号, 来る物質性であった, 来る特に礼物進上という, 来る特志看護婦やいろいろ, 来る特急のなか, 来る特種な国民, 来る特色を忘れ, 来る犬どもを引つ, 来る狂人の咆哮, 来る狂暴な音楽, 来る狂気じみた歓喜, 来る狐疑であった, 来る狒々隠居を力まかせ, 来る狩支度の二人づれ, 来る独断で自分, 来る独自性のない, 来る狭霧むらさきの, 来る狸みたいに, 来るなどの物凄い, 来る狼毒に関する迷信, 来る狼藉な跫音, 来る猜さと何処, 来る猜疑深い心, 来る猟師の嘉蔵殿, 来る猟師さんたちにそっと, 来る猪武者もある, 来るをも収容, 来るの数, 来る獅子の笛, 来る玄白斎の声, 来る玄竜に一層, 来る玉手箱の話, 来る玉突のキュウ, 来る玉虫の甲, 来る王女のよう, 来る王滝川の夜, 来る珊瑚珠はみな虫, 来る珍しいこと, 来る現下の日本, 来る球待ち構ふる張りきらむずる立ち, 来る理合だという, 来る理想の暖かい, 来る理智的な湿り気, 来る理論の再, 来る理論的な結論, 来るや三味線, 来る琵琶房主があつ, 来る瑞々しさも, 来る瑞兆で孝子, 来る瑠美子にきい, 来る環境の変化, 来る瓦斯の光り, 来る瓦解をよく, 来る甘糟近江守の麾下, 来る甘酒屋を群衆, 来る生々しい建造物の, 来る生きの身, 来る生き物の真っ赤, 来る生徒たちを階段, 来る生徒達に応待, 来る生活感情へのもだえ, 来る生活感情そのものが工場労働者, 来る生活的経済的条件がそろっ, 来る生活費に添えられた, 来る生活難を済, 来る生理的なもの, 来る生理的不満があっ, 来る生産力のそれ, 来る用意に召使, 来る田圃の底, 来る田畑の線, 来る由女房より手紙十五日, 来る由良の伝吉, 来る甲斐に会釈, 来る甲武線の電車, 来る甲田が昼, 来る甲虫その他の昆虫, 来る男どももあります, 来る男の子がどの, 来る男二人の足音, 来る男共を相手, 来る男同志のエロティシズム, 来る男子らの黄, 来る男性の神様, 来る男猫が数匹, 来る男連は穢れた, 来る町人や職人, 来る画像の誘惑, 来る画室を参観, 来る画家の人, 来る畑打ちだった, 来る留吉が急, 来る留守居の手紙, 来る番頭の顔, 来る番頭達を眺めました, 来るの飛散つた, 来る疑いの重圧, 来る疑心の結晶, 来る疼痛とともに四十度以上, 来る病根がはなはだ, 来るさで, 来る痛切なる自覚, 来る癇癪を抑える, 来る発想法の印象, 来る発熱で見捨てられた, 来る発電機の音, 来る登場人物のうち, 来るの姿, 来る白ズボンの人, 来る白娘子のしとやか, 来る白梅の, 来る白羽の矢, 来る白雲のおの, 来る白馬の騎兵, 来る白魚位を買った, 来る白鷺の群れ, 来る百人足らずの一小隊, 来る百円をとっくに, 来る百円近くの利子, 来る百姓体の男, 来る百姓共を制し, 来る百姓娘が西瓜, 来る百姓木曾駒をひき連れた, 来る百姓達を睨めまわし, 来る百戦苦闘のうち, 来る百舌鳥の声, 来る百駄の輸送隊, 来るが何ん, 来る皆それぞれの地方色, 来る皆田を残し, 来る皮相な印象, 来る皮膚の艶, 来るが寄つて, 来るを受け, 来る盗賊を防ぐ, 来る盛子の上, 来る監視船に乗り込む, 来る目上の人, 来る目前まで舞踏歓楽, 来る目新しいアメリカ品からは, 来る目的地への期待, 来る目薬をさし, 来る目鼻は玉江, 来る盲人にばったり, 来る盲者がその, 来るき前, 来る直ちに傍近の, 来る直吉を待つた, 来る直次の連合, 来る直覚作用です, 来る相場に限っ, 来る相場師だって鍵惣, 来る相手方の男たち, 来る相棒を一, 来る相談にも預り, 来る看守に向い, 来る看護婦たちに貞世, 来る県道野麦街道は道幅, 来る真中を黒い, 来る真名古明警部, 来る真名古の姿, 来る真夜中の大潮, 来る真実さは失われる, 来る真心でつくらなけれ, 来る真昼の日, 来る真理でありました, 来る真白の砂地, 来る真綿がまるめ, 来る真面目な青年, 来る真顔は淋しく, 来る真黒げに夢, 来る真黒牛の片, 来るに快く, 来る眠りには打ち勝ち, 来る眼つきの人, 来る眼付がない, 来る眼付きだと, 来る眼差だった, 来る着々とし, 来るりの, 来る矢代の腕, 来る矢倉に立っ, 来ると憂えた, 来る知らせでしたわい, 来る知りあいの機械船, 来る知人の応接, 来る知力の震え, 来る知識を綜合, 来る知識以上に豊富, 来る知識的な空気, 来る衣や, 来る短夜をまだ, 来る短篇小説を三つ, 来る石屋が来る, 来る石工の若い, 来る石油に対する厭わし, 来る石瓦をかわし, 来る石首魚という魚, 来るやはまなす, 来る砂埃りである, 来る研究家も少く, 来る破廉恥な行為, 来る硝煙の匂い, 来る碁打ち連中に訊い, 来る確率とも同じ, 来る磁力線の方, 来る磯波の上, 来るや丸太, 来る社交場の光景, 来る社会変革の問題, 来る社会民主主義の煽動者, 来る社会生活そのもののよう, 来る社会的闘争は正しき, 来る社長と個人的, 来る祇園祭の楽し, 来る祖母であろうと, 来る祝いの盃, 来る神わざを段々, 来る神官にまた, 来る神尾の槍先, 来る神尾主膳それを逃れ, 来る神戸信孝の態度, 来る神来臨の形式, 来る神楽は恐らく, 来る神空から来る, 来る神経の昂ぶり, 来る祭祀の最, 来る福富の足音, 来る福音である, 来る秀吉をそこ, 来る秀吉勢を突落, 来る秀政のす, 来る私憤ではなかっ, 来る秋三の視線, 来る秋祭りのハヤシ, 来る秋鳥のきそ, 来る科学的な綜合的, 来る科学的精神の区別, 来る秘法を行う, 来る租税などによって生活, 来る稀代の怪事件, 来る程キチガイじみて, 来る穀物の神, 来る積雲の間, 来るがない, 来る空しかった一ヶ月, 来る空ッ風に千, 来る空想を鼻紙, 来る窓ぶたに語尾, 来る窮屈を脱した, 来る窮屈さを強調, 来る立ち木のやう, 来る立体的な効果, 来る立場というもの, 来る童心を中心, 来る童達の手, 来る竪坑を中心, 来るから叩, 来る端初的な概念規定, 来る端的で速力的, 来る競売の通知, 来る竹原八郎の一族, 来る笑い方というもの, 来る笛吹きの爺さんがああ, 来るを認めた, 来るの葉, 来る笹屋の庄助, 来る筈花も散り, 来る筋合のもの, 来る筏師の話, 来る箇所を通り, 来る管笛の音, 来る箱丁を顧み, 来るは忘れず, 来る節々に少, 来る範囲でしか把握, 来る簡単な手紙, 来る米友が来る, 来る米味噌の値段, 来る米国の軍人, 来る粂吉に逢う, 来る粛々として殺気, 来る粥釣りを内側, 来る精力の蓄積, 来る精女を見, 来る精神分析術とは抑圧, 来る糞尿の中, 来るの友人, 来る約束ぢやない, 来る紅木大臣と紅矢, 来る紅毛人も皆, 来る紅矢に出会いました, 来る紅色の葉, 来る紋也に狙い, 来る紋附羽織を着た, 来る納豆売りの, 来る純真なもの, 来る純粋な笑い, 来るの一端, 来る紙型屋も手, 来る敏っ, 来る素人のお, 来る素晴らしい観念だけが, 来る素見客がまた, 来るの獅子, 来る紫色のメリンス, 来る細き葉や, 来る細流は竹藪, 来る細面の上, 来る紳士たちは皆, 来る終発の渡船, 来る絃歌の音, 来るも他, 来る組合の人々, 来る組織のもの, 来る経済の問題, 来る経済生活については考えなかった, 来る経済的基礎の昂揚, 来る経済的政治的危機を, 来る経済的窮乏はショパン, 来る経理の鼻, 来る経路が生れた, 来る経験は果して, 来る結び方の輪, 来る結婚不能者もしくは結婚, 来る結果意識の自然分解作用, 来る結氷期を前, 来るやら画箋紙, 来る絢子のもの, 来る給仕の女, 来る給仕娘にも挨拶, 来る統一がシュティル, 来る絵勉強の女の子, 来る絶対いかん僕に一任, 来る絶対的欠陥ではなく, 来る絶望感があった, 来る絹糸のよう, 来る継嗣論その楔子, 来る継母も堀口達, 来る継母御を玄関先, 来るを幽霊, 来る綱次に, 来る緊張の弛み, 来る編みかけのこ, 来る練習やが, 来るがある, 来る縁先へ煙草盆, 来る縁者もある, 来る縁談を斥け, 来る縁談中には随分, 来る縞馬姿の刑事, 来る縫子の腕, 来る縷々として絶間, 来るを後ろ向き, 来る織田軍を幾刻, 来る繻子足袋をはい, 来るが自分, 来る罐詰に, 来る署長の方, 来る羅馬軍と波斯軍, 来る羊歯と一つ, 来る美しき人の, 来る美事な旧式, 来る美味いという感覚, 来る美和子の身体, 来る美感と全く, 来る美濃の兵, 来る美登利が姿, 来る群雄割拠の萌芽, 来る群集エンジンのうなり, 来る義太夫がくる, 来る義心がエライ上, 来る義憤と愛児, 来る義理堅い奴だ, 来る義雄兄の嫌味, 来る羽将軍来る, 来る羽柴勢に一, 来る羽織衆がそんな, 来る羽音を炉辺, 来る習わしがある, 来る習慣的な反射作用, 来る翻訳を抑える, 来るある栄光, 来る老人株の一人, 来る老婆物を贈り, 来る老年はもはや, 来る老幼男女を随, 来る老母を頭, 来る老若の七郎丸, 来る老若男女の群れ, 来る者いずれも昂奮, 来る者ごとに訊い, 来る者どもの眼, 来る者らの頭, 来る者二三人はあり, 来る者伺候する者, 来る者帳面を持つ, 来る者毎に少し, 来る者皆その絵, 来る者自動車で馳せ参じる, 来る者跛行をひい, 来る耕作の鍬, 来る耳新しい文学論は, 来る聖降誕祭の精霊殿, 来る聖霊の一群, 来るを何処, 来る聟どのとして不足, 来る聴衆ぐらいたまらない, 来る肉体的変化を予期, 来るの柔らか, 来る肥料車もあと押し, 来る肴屋八百屋などに較べる, 来る胃の腑をじっと, 来る背たけの低い, 来る背広の人, 来る背後をもの, 来る胡麻の蠅, 来るぶるえ, 来る胴切りの木材, 来る胴震いを我慢, 来る能役者の屋敷内, 来るを大, 来る脅威や光子, 来るが白く, 来る脚本はどれ, 来る脱衣場の景色, 来る腎臓炎だったらどんなに, 来るを感じた, 来る腕車の音, 来るの曲った, 来る腰弁連中を糾合, 来る腹痛みにバアテンダア, 来る腹部の鈍痛, 来るや毎日毎日家, 来る鬻の, 来る自らなるそれ等, 来る自信がある, 来る自分ひとりで切符, 来る自分自身の心騒ぎ, 来る自動車屋の矢田さん, 来る自家障害という奴, 来る自尊心は法律的権利, 来る自己否定の要求, 来る自己陶酔を楽しむ, 来る自戒の言葉, 来る自然科学の一つ, 来る自然鑑賞では作者, 来る自由主義が充分, 来る自由暢達と両者, 来る自覚的な憂鬱, 来る自負心とであっ, 来る臭いが入りまじっ, 来る至って温和な, 来る至極当然な, 来る致命的な掣肘, 来るは何時も, 来る舎監の靴, 来る舞文の為, 来る航行の途中, 来る船中ダンスの会, 来る船乗りの遺族たち, 来る船客たちも十二歳, 来る船昼来る船, 来る船歌の声, 来る船艙に下り, 来る良い材木を, 来る色テープの浪, 来る色白な下膨れ, 来る色紙や絹地, 来るの中, 来るのよう, 来る花々しさに, 来る花々しい独逸管絃楽の, 来る花やかな黒雲, 来る花売爺の笠, 来る花嫁の行列, 来る花屋しまって, 来る花弁が私, 来る花房一郎の態度, 来る花火の晩, 来る花環は前, 来る花筒の花, 来る芳太郎と一緒, 来る芳枝に会い, 来る芸人が可愛い, 来る芸者たちがおじさんおじさん, 来る芸術に対する執着, 来る芸道上の質問その他, 来る苛ら立ちで繋り, 来る若い衆や沖仲仕, 来る若し大部な, 来る若僧だ, 来る若宮の全身, 来る若旦那そのままに, 来る若林博士の説明, 来る若殿のご, 来る若者すべて派手な大浪模様, 来る若者たちの唄, 来る若葉の世界, 来る若衆だよ, 来る苦しさの, 来る苦悩が時, 来る苦笑をかみ殺し, 来る苫舟の上, 来る英則の帰館, 来る英字新聞がすこう, 来る英雄の役, 来る茅野雄の必死, 来るから足, 来るを入れる, 来る茶人もいた, 来る茶屋女が仇者, 来るが野菜, 来る草双紙を読み, 来る草履の音, 来る草書の続け, 来る草木禽獣の精, 来る草野原におびただしく, 来る荒々しい感情とで, 来る荒き野鴨の, 来る荒物屋の店, 来る荷物の莫大, 来る荷車の音, 来る荷駄馬の蹄鉄, 来る菅富士男がいけない, 来る菊子が来る, 来る菊水の一旒, 来る菊王という者, 来る菜穂子の眼, 来る菩薩念ずらく魔軍鳥形, 来る萌黄色の光, 来る付いた評価, 来る落ちつきであった, 来る落ち着きは陸上競技聯盟, 来る落付幽寂の感, 来る落花を仰い, 来る葡萄酒のせい, 来る承と, 来るを拾, 来る葬列に近づいた, 来る蒲生泰軒きょうも垣, 来るの波うねり, 来る蓑笠の神さま, 来る蓮光寺の住職, 来る蓼斎に逢った, 来る蔦蔓から皮肉, 来る蔭小路という少年, 来る蔵人少将感じのよい, 来る蕩子のわれら, 来る薄気味の悪い, 来る薄紫の燈火, 来る薄闇の中, 来るを一把一把, 来る薪松葉の類, 来る薫はなんでしょう, 来るの注文, 来る薬品どもの中, 来る薬屋の主人みたい, 来る薬罐の先生さ, 来るの小, 来る藍丸王だという, 来る藤原宮時代のもの, 来る藤吉郎へ咎める, 来るの根, 来る蘆間の泥水, 来る虚偽であるから, 来る虚偽形態であるから, 来る虚心の状態, 来る虚無僧があった, 来る蚊一つのため, 来るの真っ, 来る蛇籠が持ち出される, 来る蜂谷良作に出逢った, 来るのよう, 来る蜩笛の寂しい, 来るから生じた, 来る蝶々がこの, 来る蝶子さんに私, 来るのよう, 来る蟋蟀の次第, 来る蟻共は蟻塚, 来る蟻吸と日本, 来る蟾蜍に庭先, 来る蠅一つをうるさ, 来る血行やそれ, 来る行商人もどうやら, 来る行手には二人, 来る行為動作言説の是非, 来る行違ひにな, 来る行違いになっ, 来る街灯の光り, 来る街道一町か二町目毎, 来る衛生の害, 来る衛生舎の肥料, 来る衣ずれの音, 来るへ行け, 来る表座敷へ行った, 来る表情が好き, 来る表象情緒の重なり, 来るをまくり上げ, 来る被衣の麗人, 来る袴野を見返った, 来る裁判所や警察, 来る裁縫や袱紗, 来るの何とか, 来る補助費が減額, 来る複雑な問題, 来る褐紫色の桜, 来る襟巻古き四十男, 来る西洋文学の波頭, 来る西洋酒と母, 来る西涼兵が, 来る西瓜船とすれちがった, 来る要求をこれ, 来る要求圧迫強制等で風俗習慣, 来る見ず知らずの男, 来る見物客もある, 来る見舞い客は決まった, 来る見解に就い, 来る規律的な計画的, 来る視覚上の刺戟暗示, 来る覚えがする, 来るい友人達, 来る親しさが, 来る親しい客に, 来る親しみ心は島人, 来る親たちでそのまま, 来る親分に吸わせた, 来る親切な男, 来る親和力といふもの, 来る親子の莫迦気, 来る親子丼がうまい, 来る親子丼食ひながら, 来る親戚旧知の人々, 来る親方じゃねえ, 来る親父を見つけた, 来る親近感はうるさい, 来る親鸞は諸所, 来る観念は, 来る観照の相違, 来る観衆に交つて, 来る覿面な戦闘力, 来る角兵衛獅子だ, 来る角度を制限, 来る触感がモティフ, 来るは, 来る言動が刺客, 来る言語情調が之, 来る計画に心酔, 来る討手へ, 来る訓戒の手紙, 来る記事を比べ, 来る記号となり得るなら, 来る記憶が懐旧, 来るにする, 来るり, 来る註文の仕事, 来る証人なんてもの, 来る詞章が度々, 来る試験地獄がつらい, 来るのできた, 来る詩趣でなくし, 来る詰襟の少年たち, 来る話し声に耳, 来る話題に於, 来る詳しい手紙や, 来る語根体言はあ, 来る語部はふり, 来る誠に難渋いたす, 来る読売りの, 来る読書は勉強家, 来るはゼリー, 来る課長を横あい, 来る調和も出来, 来る調和的な美し, 来る調子で岸本, 来る請求書の締め高, 来る論理学的条件を無視, 来る諧調を誤たず, 来る諸種の投稿, 来る諸面に対してこの, 来る謙抑と愛, 来る謙遜めいたもの, 来る講中の者, 来る講師には著名, 来る警報を伝え, 来る警察が来るいう, 来る警鐘の音響, 来るの顔, 来るの顔, 来る谷川の流れ, 来る谷間の空気, 来るの荷主, 来る豆太郎を待ち, 来る豆腐売りが, 来る豊かな幸福, 来るを追いかえし, 来る象牙の面, 来る豪華の衒い, 来る貞世の頭, 来る負傷兵のため, 来る負傷者を治療, 来る負傷者たちをどう, 来る貨幣は流通貨幣, 来る貨物車の群れ, 来る貫太の肩, 来る責任とを持つべきである, 来る責苦とに身, 来る賤の, 来る貴女の旦那様, 来る貴婦人がゐる, 来る貴族が二人, 来る貴重な断片, 来る賄屋の小僧, 来る資本集中の過程, 来る賑やかな人声, 来る之丞, 来る賛美歌で夜, 来る賭牌にした, 来る購買者がゐる, 来る贈物は自分, 来るんぼ, 来る赤さんは前, 来る赤土道に一尺置, 来る赤坊の生存権, 来る赤子のこと, 来る赤島哲也という青年, 来る赤茶色の泥, 来る赭ちゃけた髪の毛の長く, 来る起りに相成りまする, 来る越兵をきりすて, 来る足取りあの石, 来る足袋はだしに泥々, 来る足音しとやかなるは, 来る足音ぢやない, 来る足駄の音, 来る跡部の纏, 来る跣跋片眼のあの, 来る跫音それが部屋, 来るの歌, 来るの音, 来る身の上話に話, 来る身体がそれら, 来る身分じゃあねえ, 来る身振りがトテモ, 来る車上の人, 来る車中の憶い, 来る車台を見つめ, 来る車夫や案内人, 来る車夫喜助の声, 来る車輌の響, 来る軌道上に犬, 来るの上, 来る軍楽隊の調べ, 来る軍治達を迎, 来る軟弱外交が次第に, 来るが少く, 来る輸入品は皆ここ, 来るがし, 来る轟音の層, 来る農兵もある, 来る農夫たちを眼, 来る農家の男女, 来る農民の土, 来るの姿, 来る迄と水の, 来る近々と顔を, 来る近きに在り, 来る近くの木蔭, 来る近代文化に対する自虐的, 来る近代社会の経済関係, 来る近在の百姓, 来る近村の男女, 来る近衛騎兵の一隊, 来る近郷近在の衆, 来る近頃の幽霊, 来る返事が来れ, 来る退屈さから防い, 来る逆光線を受け, 来る途上この島, 来る途上嘉右衛門とも話, 来る途上好き草を見, 来る途上宅から二, 来る途中いろいろな物品, 来る途中おいらの先生, 来る途中すつかり言葉, 来る途中どこで飲んだ, 来る途中クラン・マッキンタイア号は二十七, 来る途中ソッと取りだし, 来る途中ロクに飯, 来る途中一つの古い, 来る途中一処道端の低い, 来る途中七八騎の甲州武者, 来る途中三光坂を上った, 来る途中下駄の緒, 来る途中九段下のまないた橋, 来る途中事故ありて, 来る途中五六人の新撰組, 来る途中人のよう, 来る途中今度は妙, 来る途中仏蘭西へ廻つて, 来る途中伊東祐親入道の兵, 来る途中何か間違い, 来る途中偶然そこを通り, 来る途中其処は山, 来る途中其土地々々の兇悪, 来る途中前を通った, 来る途中十八マイルの間, 来る途中反乱した満州国軍, 来る途中吾妻橋の上, 来る途中女影の手前, 来る途中宝蔵院の裏, 来る途中寝台車の南京虫, 来る途中小田原の駅, 来る途中小間物屋で買っ, 来る途中屋敷の近く, 来る途中山谷戸の路傍, 来る途中川の砂利, 来る途中彦兵衛から受け取った, 来る途中彼女はこれ, 来る途中我々はある, 来る途中所持品を食物, 来る途中撃破して, 来る途中朋友なる給水工場, 来る途中東海道の三島, 来る途中林の中, 来る途中田村町で非常警戒, 来る途中田畝畷の道端, 来る途中由良川の激流, 来る途中画架を立て, 来る途中眼の前, 来る途中私は汽車, 来る途中米沢町一丁目の暗い, 来る途中糸崎という海岸, 来る途中約束に背い, 来る途中被害地で折れ, 来る途中運つたなく尾張, 来る途中郷里の川島, 来る途中雪の中, 来る途中電車の中, 来る途中馬道の庄太, 来る途中高輪の海辺, 来る途彼等は平気, 来る途次お爺さんの配達, 来る途次私の惹き起した, 来る通りがかりにお蔦, 来る通俗小説を愛読, 来る通信に黒枠, 来る通信員の報告, 来る通勤人でこみあっ, 来る通勤客は皆無, 来る通行人は益々, 来る通行人たちがあと, 来る通路は黄金色, 来る連中のを皆, 来る連絡船が大きい, 来る進歩した人間, 来る進物台の列, 来る遅れ馳せの軍馬, 来る遊び客は近頃, 来る遊女の群, 来る遊女たちに興味, 来る遊戯的興味に基いた, 来る遊覧船には人, 来る運河があり, 来る過度の音調, 来る道中の間で駒井能登守, 来る道中馬の上, 来る道具をいちいち, 来る道化た卑猥, 来る道子を振り, 来る道徳的文化統制力がやがて, 来る道徳的法則からの自由, 来る道徳的統制の支配, 来る道程にはきつ, 来る道綱一人を頼み, 来る道翹に言った, 来る道路があっ, 来る遠くの砕け, 来る遠巻きのすべて, 来る遠方の物音, 来る遠来の修行者, 来る遠来神である, 来る選手の話振り, 来る遺族に判り, 来る避難者の中, 来る邪魔をしよう, 来る邪魔者でも避ける, 来る邪魔者たちととりのこされ, 来る郊外電車は時間, 来る郎党を呼びぬい, 来る部下達は皆, 来る部分の修飾語, 来る郵便も新聞, 来る郷士らも多かっ, 来る郷民まがいの武士, 来るの知人, 来る都合に相成居り, 来る都度に先ず, 来る配達が私, 来る酒屋の御用聞, 来る酔っぱらいの二人連れ, 来る酔狂な人, 来る酷風が街, 来る醤買石はその, 来る釈明のかなり面倒, 来る釈迦牟尼仏よりも此, 来る里人は八千草, 来る重々しさを, 来る重い音を, 来る重い重い枷が, 来る重く苦しいものが, 来る重力とをおのれ自身, 来る重大な要素, 来る重大時刻について警告, 来る重盛へそっと, 来る重荷こういうよう, 来る重要なる人物, 来る野坡の二句, 来る野気を失, 来る野田という人, 来る野良猫が足, 来る野鳥の類, 来るは一回, 来る金五郎もこれ, 来る金吾の姿, 来る金木犀にうらな, 来る金魚やがくる, 来るのたぎる, 来るのよう, 来る釣竿を手, 来るの錆, 来る鉄炮の音, 来る鉄管はつぎ足された, 来る鉱脈が塵埃, 来る銀子の芸者姿, 来る銀盆に五六種, 来る銃声もなく, 来る銅貨或は白銅, 来るを斬り払った, 来るを危く, 来る鋪道の堅, 来る次を, 来る錯覚患者のため, 来る鎌倉も其通り, 来る鎮守の神, 来る鎮魂の場, 来る鏑木清一が中元, 来ると鑓持ち, 来る長い長い昼さがり, 来る長三郎に帯ぎわをつかんで, 来る長崎屋とうとういつか築山, 来る長州が来る, 来る長州勢を迎え撃ち, 来る長次郎などはとうに, 来る長沢を見上げ, 来る長浜や葦毛, 来る長男弘雄のその, 来る門人はあまり, 来る門口京都より東, 来る門弟の槍先, 来る門番の男, 来る門辺に竜二疋, 来る開港場のよう, 来る間お雪ちゃんについて廻り, 来る間もなく蜘蛛も, 来る間ズボンのゴミ, 来る間ラジオ店の前, 来る間二三日置いて, 来る間伸子は客間, 来る間何処に待ってる, 来る間各層においてそれぞれ, 来る間山中の杣, 来る間川の渡船, 来る間彼は今更, 来る間朝日の注文一枚, 来る間窓の下, 来る間腰をおとし, 来る間若干の日数, 来る間西陽の窓, 来る間諜を警戒, 来る間高柳君は蒼い, 来る間髪の争い, 来る関係でよく, 来る関係上気圧や気流, 来る関川の上流, 来る関東方の先触れ, 来る関節不随の指, 来る関羽の姿, 来る阿呆な男, 来る附属の看護婦, 来る降雪を孕んだ, 来る限りマリアはその, 来るになっ, 来る陰森とした, 来る陰火は新しい, 来る険しい色とが, 来る陽やけした女, 来る陽射しに銀髪, 来る陽差が, 来る隊商の, 来る階級性乃至イデオロギー性, 来る階級闘争ならそれ, 来る隔離を殆ど, 来る障害もあった, 来る隠語を早速, 来る隣字のお, 来る隣家の子供, 来る隣村の猟師, 来る雁戸峠の西, 来る雄魚お, 来る集合団体の努力, 来る雉子の羽根, 来る雌花を受けよう, 来る雌鴨を目, 来る雑人たちの跫音, 来る雑武者から全, 来る雑然とした, 来る雑誌記者と人相態度, 来る雑貨類を互に, 来る雑音人間の引潮時の間, 来る雑駁な刺戟, 来るも鉛, 来る雛鳥の跫音, 来る難所中の難所, 来る雨あとはまだ, 来る雨水で容赦, 来る雨間うれしみ, 来る雨霧に慌て, 来る雪入道が透, 来る雪子を喜ばす, 来る雪路に魚, 来るのよう, 来る雲助と見物, 来る雲州も来る, 来る雲行の甚だ, 来る雲行きを与八, 来る電報がかかる, 来る電波はこちら, 来る電磁波を十年, 来る電話葉子の方, 来る霊感である, 来る霊的欽仰を仏像, 来るでおぼろ, 来る青年たちはむろん, 来る青年諸君だけにでもす, 来る青木の名, 来る青眼陣の剣林, 来る青野の主人, 来る青黒い職工達の, 来るな跫音, 来る静けさといったよう, 来る静子と敷物, 来る静寂と孤独, 来る静脈血の炭酸量, 来る非常に細かい, 来るぶれを, 来る面白くなつて, 来る革命を少し, 来る革命力ぶっ潰し, 来る鞍乗り心地でむかし, 来る鞍馬寺の法師, 来る音信を待ち侘びる, 来る音律に興味, 来る音感じをる, 来る音数律的な律動感, 来る音楽隊があつ, 来る音波が廊下, 来る音調はこう, 来る音響学的欠点を修正, 来る響き松に咽び, 来る響暗然として湧く, 来る頃佐伯は床, 来る頃合いをみ, 来る頃夜は白みかけ, 来る頃彼等のあいだ, 来る頃日比谷で他人, 来る頃殿下を御中, 来る頃石の前, 来るになっ, 来る順序有様等については或は, 来る須田町を頭脳, 来る頑固では, 来る頑童もあれ, 来るて甚蔵, 来る領事の子供, 来る頬かぶりの男, 来る頭山翁の訪客, 来る頭痛や悲し, 来る頼りない淋しい, 来る頽廃がある, 来るである, 来るを突き, 来る顔ぶれは何時, 来るえて, 来る風の音喧からず, 来る風の音潮のさわぎ, 来る風客というもの, 来る風流の一つ, 来る風潮を論ずる, 来る風習は到る, 来る風鈴売りの, 来る颯と瀬の, 来る飛去来器の性能, 来る飛沫を全身, 来る飛白のよう, 来る飛衛に出遇った, 来る飛騨の参詣者, 来るって来る, 来る食器を取り上げ, 来る食堂車でまずい, 来る食料品から壁, 来る食物の匂い, 来る食糧営団に勤め, 来る飢ゑた獣に食, 来る飢ゑのくるめきは次第にもうどうにも, 来るの時刻, 来る売りが, 来る餌屋から鯊釣り, 来る餓えと空ッ風, 来るえた鼠, 来る首級を視, 来る香ばしい美女の, 来る香代の顔, 来る馬たちは私, 来る馬だらけに成ります, 来る馬力が轣轆, 来る馬子が荷馬, 来る馬子らも行き逢う, 来る馬橇が走, 来る馬車ランプや向い合っ, 来る馬車人力車は, 来る馬鹿ものでは, 来る馬鹿者もチョイチョイ, 来る駄菓子屋で可愛い, 来る駕屋はない, 来る駕提灯は溝口伊予, 来る駱駝後先の影, 来る騎馬与力の蹄, 来る騒がしい叫び声に, 来る騒音の中, 来る験しはなかつた, 来る驚きであった, 来る骨牌仲間も, 来る骨董屋の顔, 来る高らかな会話, 来る高城鉄也の清躯, 来る高子と廊下, 来る高帽に紙, 来る高慢な洋人輩, 来る高田と会った, 来る高輪田さん千円の懸賞, 来る高重にかまわず, 来る髪結い直次までがその, 来る鬱々な忿懣, 来る鬼どもは物, 来る鬼六の声, 来る鬼婆の手, 来る鬼気のよう, 来る魅力はありません, 来る魅惑の方, 来る魔女のかぶる, 来る魔法使いをそのまま, 来る魚群を温柔, 来るや雑魚, 来る鮮やかさに僕, 来るなど一笑, 来るの群, 来る鳥つてあるかしら, 来る鳥稲田を荒らす, 来る鳥群に眼, 来る鳥追の三味線, 来る鳴き声に過ぎ, 来るのむれ, 来る鴨川の水, 来るがこの, 来るこそは日和続き, 来るは足, 来る鶴吉の姿, 来る鶴寿堂の若い, 来る鶴雄と若い, 来るの疎, 来る鹿の子の写真, 来る麝香は少し, 来るの穂, 来る麻痺性痴呆だろうという, 来る黄いろな光, 来る黄包車の車輪, 来る黄沙の凄, 来る黄色な苹果酒, 来る黄色い花粉な, 来る黒人はまた, 来る黒切符組もない, 来る黒毛の猫, 来る黒漆塗りの枠, 来る黒焼売りの, 来る黒煙と砂煙, 来る黒田謙同道入座, 来る黒船縁がつくれ, 来る黒部川の水声, 来る黒雲をとどめる, 来るは大抵, 来る垂らしに, 来る鼻っぱしを掴む, 来る鼻息は狐, 来る鼻持のならない