青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「来ました~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

来~ ~来い 来い~ ~来た 来た~ 来たら~ ~来ない 来ない~ ~来なかった ~来ました
来ました~
~来ます ~来よう 来り~ ~来る 来る~ ~来れ 来れ~ 来年~ 杯~ ~東

「来ました~」 1207, 13ppm, 8448位

▼ 来ました~ (446, 37.0%)

8 私は 6 見ると 5 その時, それを 4 それは, 今度は, 私の 3 どうした, なあにこっちが

2 [13件] いきなり小さな, これは, さすがに, そのお, その中, それが, まだ仲, もうその, もう何, 彼は, 彼等は, 明日は, 此の

1 [378件] ああいう, あいにくと, あくる日, あくる日また, あとから, あとで, あのとき, あののろい, あの大滝, あの瓢箪池, あまり混雑, あんなにも, あんまり御飯, いくら行っ, いぢ, いまとは, いまは, いや今度, おおかた生れる, おかみさん, おどろいたこと, お世辞, お角, お雪ちゃんは, かの人相書, かの明治, くたびれたの, こういう場合, ここで, ここはじゅくじゅくの湿地です, ここまで, こっちも, このお客さん, このごろに, この三四カ月, この事, この人, この位, この体, この夏, この現象, この証明, これからは, これから先, これから貴方, これが, これやちよつと, これらの, こわいこと, こんないい, さて或, ざしきに, しかしこの, しかしその, しかし協会, しかし自分, せっせと漕いだ, そいつは, そうです, そこで岸, そこに, そこの, そのあっし, そのうち, そのとき, そのなか, そのまま逃げ出す, その乞食, その人等, その医者, その向き, その声, その大, その大国主神, その家, その後二度と, その折, その朝以来, その次, その精神, その親鹿, その途中, その醜い, それだけが, それでは決して, それでもまだ, それでも殺す, それと, それと共に, それも, それらの, そんなに棺桶, そんな事, たいてい一時前, たしかにメグ, たちまちそら, だれも, だれ一人, だんだん近づい, ちょうど同室, つい先刻, でも大分, とうとうある, とうとう泣き出し, とうとう開戦, とっくに売り切れ, とても大, とりわけて, どうしてこの, どうせ先生, どうでしょう, どうも変, どうも女, どうも婆どの, どうやら釘勘, どう考え, どこへ, どこも, どこを, どれも, どんな思い, なかなか才気, なんに, なんにも, ねり歩いて, はあ御免, ひどく明るい, ふっと思いかえした, ふと画, ふらふらに, へばり附いて, まあ友達, まさか私一人, まず大, また亭主, また喧嘩, また急, また振られ, まだその, まだふらふらし, まだ二人, まだ奥, まだ知れない, みんな無茶先生から, みんな贋ものでございました, もうおそい, もうすっかりびっくり, もうそんな, もう一度取り, もう四日, もう白鳥, もう間に合わない, もし体, もし周都督, もし福岡, もちろん当主, もともと鈍感, もとより先, やがてその, やがて思わず, やがて行燈, やっぱり野原, やはりお供, やはり営養, やはり恐ろしい, わたくしどもの, わたくしは, わたしは, んだろ, アトから, クねずみの, コゼツの, シカシこれとても, セエラは, チット遅う, ナニ直に, リヴィングストーンは, ローリイが, 一ヶ月居った, 一万石の, 一分遣れ, 一方私, 上りも, 上野と, 中, 中から, 中でも可笑しかっ, 中は, 主人治兵衛が, 久し振り人間の, 二人の, 二十五六の, 亡つて後は, 今から, 今と, 今は, 今も, 今中川さんへ, 今夜も, 今年は, 今日は, 今更泣い, 他に, 代地手前の, 伊平さんの, 体温器を, 何か, 何でも, 何となく勝れない, 何とも, 何は, 何分にも, 何卒早く, 何様何千年も, 例の, 侯爵の, 借りた金, 停車場の, 側へ, 偶然に, 僕は, 僕も, 元来十二歳から, 兄猾を, 先生はじめ一同は, 光子さんの, 兵曹長を, 其の靴, 初めから, 到底日本, 前の, 医者が, 又考えました, 又金, 及ばないと, 取急ぎ, 古くは, 同じ怒り, 同一人, 向うは, 君の, 和尚さんが, 四条の, 四足で, 土を, 垂井の, 夕方から, 大した降り, 大仏の, 女は, 妖鬼の, 妻は, 姉の, 始めて此処, 娘の, 娼妓などは, 子供を, 孝助は, 宅へ, 実はな, 実収入, 家に, 家へ, 容体を, 小作りの, 尚敬王, 尚語り, 居りません, 屏風の, 左衛門の, 帰ると, 帰る時, 幇間なぞと, 平太の, 張達の, 当人は, 当今とは, 当時シンガポールの, 彼も, 忽ちぱッ, 思いがけなくこの, 思い余って, 急に, 悪いこと, 悪くなり, 我々は, 戸口に, 所詮美濃, 手には, 手を, 手燭に, 手風琴の, 折角買つた紅提灯を, 支倉の, 故郷の, 既に家, 日が, 日頃良い, 是から, 昼間は, 時間は, 最後に, 最近, 服を, 木暮八郎の, 本国の, 本当にどうもいたす, 柳橋を, 株式会社に, 梯子段が, 橋に, 次第に一人, 正月の, 此処に, 此所へ, 此方では, 死んだ人, 死んで, 死骸が, 殿さまは, 民器ばかりは, 気の毒な, 気味が悪くて, 江戸は, 池の, 洋行に, 然し此時, 父の, 特に今日, 献上隊の, 獅子は, 皆ここまで, 監獄で, 真暗の, 知人は, 神奈川県には, 神様の, 私たちが, 私たちの, 私に, 私を, 私共の, 私共は, 私自身も, 突っ返して, 突然カッと, 立ちどまって, 紫緞子の, 細りと, 結局言われた, 綸は, 緋の, 義足で, 羽根は, 老人に, 肝腎の, 自分では, 舵の, 花川戸の, 花房一郎は, 若後家, 裁判官は, 見れば, 誰も, 誰一人として, 豚吉と, 負けるの, 貴女ほどの, 赤堀先生は, 軽く銚子, 運んで, 金椎を, 雪祭りの, 静寂な, 飛島で, 驚いたの, 高松のばかりは, 鷲の

▼ 来ましたので~ (129, 10.7%)

7 私は 4 わたくしは 3 緑の 2 わたくしも, 嘉ッコが, 嘉ッコは, 松の, 林中の

1 [105件] あのお, あの湯, いよいよ温泉, いろ, うめばちそう, おじいさんも, おばあさんは, お察し, お待ちし, お昼のを, お目, お船, これには, これは, さあ今度, さう, さっきから, すぐ小包, その去年, その意外, その月, その筋, そんな訳, ちょいと, ちょっとあそこ, とうとうそれ, どうかと, どうした, どうもこの, ねずみさんと, ひなげしども, まだお, みんなも, もう怒らう, やうやく, わたくしの, わたしは, わたし達は, コンドルは, ヒョロ子は, ビックリしました, フロツクコートを, ブツ, 一向はやらなくなっ, 三匹の, 三太郎君は, 乗らうか, 乗ろうか, 仕方なし, 仕立屋なぞは, 仮名違いの, 何処へ, 何気なく取り上げ, 余りの, 僕は, 元の, 先生は, 児島殿とは, 其処の, 出前持の, 勘太郎は, 卒塔婆小町は, 只今池上が, 土地の, 大へん, 夫婦は, 存外道, 実松氏は, 寒いと, 小悪魔たち, 山に, 差支えない限り, 庭の, 当時の, 御機嫌が, 忠義の, 既に予告, 旦那が, 早く結末, 早速其筏, 早速手紙, 朝出かけた, 本当に嬉し, 本線シグナルつきの, 此の, 気の, 法師は, 涙が, 牟田先生も, 獅子が, 異性に, 皆さまが, 私たちは, 私も, 繁青年が, 腹が, 腹は, 衣服も, 要作から, 親達は, 逆に, 遠慮ないところ, 長唄の, 食べる事, 駈けつけて

▼ 来ましたから~ (117, 9.7%)

2 これを, それを, 私は

1 [111件] あの連中, あんたは, いよいよ翌, おかみさん, おじいさんと, お気持, お父様, お角, お読み, お預り, こいつで, ここに, この塀そ, この妹, これから当分, これも, ご安心, ご異存, そいつを, その光りで, その受取, その御用, その用い, その馬方, どうかこの, どうか御, どうか我々人間, どうぞよろしく, ふたりとも, またレコード, まだ何, もうお, もうご, もう往かなかった, やはり雪, やめます, わたくしは, キクッタは, ラサ府に, 一同は, 一度に, 七兵衛は, 丈助は, 不意の, 二人は, 互に己, 互に鉄砲同士, 今ごろは, 今度は, 今晩は, 会って, 伯父さんには, 何う, 全くロシア政府, 勘太郎は, 化かされないうち, 半年一年うつ, 即座に, 原中え, 又その, 口惜しくつて, 嗚呼嬉しい, 女の, 女は, 妾は, 小判の, 小母さんも, 少し片付いたらはばかり, 廻送します, 往来は, 御存知の, 御診察, 御遠慮なく, 或はそれ, 戦争も, 打連れ立って, 捨て, 文学を, 是へ, 暗くならない, 最後に, 有助, 本来なら, 柿を, 構うこと, 次第に工合, 此の, 此事を, 沢山に, 湯煎に, 無理な, 番傘を, 盗賊だ, 着物を, 米友の, 縛られるも, 羽根を, 肌の, 舞台装置家も, 若い同士, 行って, 見ると, 覚られまいと, 誰れ, 買って, 途中で, 量目の, 開けて, 青眼先生は, 馬方が, 駒井が

▼ 来ました~ (94, 7.8%)

5 さ, は, んで 4 です 3 じゃ, んは 2 はお

1 [67件] あたしに, かい, か存じません, が二子, が半紙綴八十枚, が天命, が葛岡, じゃが, じゃろかな, それから何, それが, だが, でございますよ, でしょう, ですからもう, ですが, ですもの, ですわ, でつひには, でも矢張り近, どす, なんちゆう, に気付く, はお山, はお昼, はちょうど, はつまり, はストランド, は例, は其の, は前, は午前零時ちょッ, は土屋様, は妙, は山口屋, は岡村由兵衞, は川向, は年頃三十八九, は年頃四十五六, は形, は手前共, は昭和十九年, は村方, は橋本幸三郎, は水司又市, は深川, は白髭, は百貨店, は眞達, は秋月喜一郎, は茶屋町, は藤川庄三郎, は高橋, もそう, も上山さん, や, やがな, を兄, を冷淡, を恥, を態と, を押, んです, ん読みさし, 今お茶, 江戸へ, 皆さんの

▼ 来ました~ (44, 3.6%)

4 来ましたよ 2 ッ, 阿母さん

1 [36件] あなたは, あの鳥, お富士さん, お待ちかね, お母さん, この火鉢, こんな永い, さつき太棹の, そら馬車, どうした, もっとも合間, ウ, ベスカナリヤが, ホラそこ真上で, 一夜明けれ, 一緒に, 三回目の, 二人が, 他の, 仰言, 何んに, 出て, 奴神妙に, 小僧の, 小銀, 帆村さん, 当りは, 怖い親方さん, 早くお, 桔梗様を, 湯の, 築地両国で, 船長, 血の, 退いた退いた, 遠い田舎

▼ 来ました~ (26, 2.2%)

2 いえば, いって, 云う

1 [20件] いう, いうから, いうので, いわんばかりに, おっしゃって, お嬢さんを, 一人の, 云た, 云って, 云ふ, 各部隊長, 告げるの, 報告した, 所属部隊長に, 無事な, 申しました, 私の, 答えると, 言うの, 言うん

▼ 来ました~ (24, 2.0%)

2 にはもう, に私

1 [20件] から洋服, から返事, が既に, この任土貢, と違つて, に, にはさすが, には前, には桑原治平, には紅矢, には自然, には解職, にも官服, に寄っ, に後ろ, に忽然と, に道庵先生, はまだ, は恐ろしゅう, 後で大笑い

▼ 来ましたけれども~ (15, 1.2%)

1 [15件] あれに, このお, これまた, すべってずうっと, それを, そんなもの, ともかくも, もつと, 始終断る, 滑ってずうっと, 滑ってずうっと向, 現世紀, 私の, 竜之, 通商上の

▼ 来ましたけれど~ (13, 1.1%)

1 [13件] これからは, もう意地, もう追っつきません, 久しぶりの, 別に乱暴, 取り立てて, 外へ, 大尽の, 稽古所の, 誰も, 貴方自身が, 面は, 鰡八大尽は

▼ 来ました~ (13, 1.1%)

1 [13件] これからも, もうこれからは, エミルと, 信州の, 勲章を, 字だって, 捨さんに, 映画にも, 私が, 美しい外国映画, 背が, 角兵ヱは, 騎手も

▼ 来ました~ (10, 0.8%)

1 こっちへ, そこどこは, それともお, どうしてまた, またはいつ, ズドンと, 変人という, 或いは偶然, 有難い, 足音が

▼ 来ました~ (10, 0.8%)

1 あの時, この娘, ちっとは, どうかする, もう提灯, 一寸表戸を, 君, 小倉へ, 蝶と, 隣の

▼ 来ました~ (7, 0.6%)

1 が考えます, の力, はそれ, はどう, はもしも, は吾, は若しも

▼ 来ましたという~ (6, 0.5%)

1 しるしに, そんなに沢山手, のは, ようであった, 紋, 言葉とともに

▼ 来ましたよう~ (6, 0.5%)

3 なわけ 1 なしだい, なものの, な私

▼ 来ました~ (5, 0.4%)

21 え何, ッ, 駿河

▼ 来ました~ (5, 0.4%)

1 おつゆ, 仙台平の, 原丹治でございます, 小脇差で, 音助という

▼ 来ました~ (5, 0.4%)

2 ですよ 1 です, や, やろ

▼ 来ましたこと~ (4, 0.3%)

31 に対しても何

▼ 来ましたって~ (4, 0.3%)

1 ほほほほ, 云うこと, 言えば, 顔を

▼ 来ましたところが~ (4, 0.3%)

1 その荷物, それが, 果たして川端, 私が

▼ 来ましたのに~ (4, 0.3%)

1 お気が, なぜ逢っ, チュンセは, 分らずやの

▼ 来ましたよって~ (4, 0.3%)

1 これ見, すぐ電話, 早う去, 私が

▼ 来ましたよと~ (4, 0.3%)

1 いうので, いつて, 言って, 言へば

▼ 来ました~ (4, 0.3%)

21 をなんと, を米国

▼ 来ました~ (4, 0.3%)

1 で皆是, は少し, は年頃二十七八, は穢

▼ 来ましたこの~ (3, 0.2%)

1 フランスに, 頃, 頃では

▼ 来ましたそう~ (3, 0.2%)

1 で, ですよ, で明治

▼ 来ましたその~ (3, 0.2%)

1 かわり友達のを, ときは, 霧の

▼ 来ましたそれ~ (3, 0.2%)

1 がどういう, と同じ, はもう

▼ 来ましたとき~ (3, 0.2%)

1 にばったり, は, 見るとも

▼ 来ましたなあ~ (3, 0.2%)

1 久しくお, 額の, 鳴りさ

▼ 来ましたもう~ (3, 0.2%)

1 意地も, 行きましょうはめ, 行きませうはめ

▼ 来ましたんで~ (3, 0.2%)

1 はい, ハイハイ貴女を, 早くさし

▼ 来ました~ (3, 0.2%)

1 お筆, がどうしても, は二十才

▼ 来ましたあの~ (2, 0.2%)

1 諏訪の, 辺の

▼ 来ましたいや~ (2, 0.2%)

1 これは, 風光は

▼ 来ました~ (2, 0.2%)

1 文と, 米は

▼ 来ましたかと~ (2, 0.2%)

1 訊きますと, 途中の

▼ 来ましたからと~ (2, 0.2%)

1 むしろ得意そう, 云って

▼ 来ましたがね~ (2, 0.2%)

1 じつは今度いっさい家, 品が

▼ 来ましたがネ~ (2, 0.2%)

2 相撲の

▼ 来ましたせい~ (2, 0.2%)

1 かたいへん, か肌

▼ 来ました~ (2, 0.2%)

1 あの娘, いよいよ絶体絶命

▼ 来ましたそして~ (2, 0.2%)

2 例の

▼ 来ましたそれで~ (2, 0.2%)

1 おやめ, 事が

▼ 来ました~ (2, 0.2%)

2

▼ 来ましたでも~ (2, 0.2%)

1 いざと, とうとうある

▼ 来ましたといふ~ (2, 0.2%)

1 しるしに, 私は

▼ 来ましたとか~ (2, 0.2%)

1 往って, 蛍石まで

▼ 来ましたところ~ (2, 0.2%)

1 では次郎, の風聞

▼ 来ました~ (2, 0.2%)

1 ア私を, 宜しい

▼ 来ましたなどと~ (2, 0.2%)

1 澄まして, 生嘘

▼ 来ましたばかり~ (2, 0.2%)

1 です, で西

▼ 来ましたもの~ (2, 0.2%)

1 か親譲り, で調合台

▼ 来ました其の~ (2, 0.2%)

1 方に, 時に

▼ 来ました安心~ (2, 0.2%)

1 したこと, しました

▼ 来ました時分~ (2, 0.2%)

1 には随分, に大変

▼1* [127件]

来ましたあすの夕方, 来ましたあとも三月, 来ましたありがたうありがたうさつ, 来ましたいい工合に, 来ましたおなかの工合いかが, 来ましたお前さんが知らない, 来ましたかってお母さまが, 来ましたかな二度目だ, 来ましたからなんぞ買つ, 来ましたがから下手の, 来ましたきっとお礼は, 来ましたけど隣組九軒で, 来ましたこう言うじゃ, 来ましたこれがまた, 来ましたこんどはここ, 来ましたさかいにと逃げて, 来ましたずらりと大勢ならべ, 来ましたぜひわたしに, 来ましたつけと何日, 来ましたとき兄きは, 来ましたとき彼が挨拶, 来ましたところ後から追っかけ, 来ましたところ河の中, 来ましたとは言えなか, 来ましたどうか他の, 来ましたどうぞお大切, 来ましたども弟の, 来ましたについてお許しを, 来ましたねと云うハンドル, 来ましたぼくはすまし, 来ましたまだ読んで, 来ましたまでに遠くから, 来ましたまアおよんなさいよ, 来ました万一したら, 来ましたやっぱりヤクザらしい, 来ましたやつと私, 来ましたやらそれは, 来ましたよというその声, 来ましたよなどと話しだした, 来ましたよなんて言って, 来ましたわいなさあ放し, 来ましたわけさ, 来ましたわたくしどもによい, 来ましたわるいブランカでしょう, 来ましたギヤルソンに, 来ましたコンドルは一身, 来ましたベビーさん来ました, 来ました一刻も早く, 来ました一番初めの手紙, 来ました丈太郎というん, 来ました三十三番の札, 来ました世にも不思議な, 来ました乗りかえ場所のヒナゲシ区, 来ました事実を初めて, 来ました二度とも, 来ましたこ, 来ました今日は滅法界, 来ましたでもない, 来ました何と彼女たちは, 来ました先生今晩お宅でしょうか, 来ました六七寸の芽, 来ました冷たいカビ臭い, 来ましたから外国, 来ました勇気はこれ, 来ました十六日に出し, 来ました来月の, 来ました四十の歳, 来ました因果と道理, 来ました夕飯私一人でした, 来ましたにそれ, 来ましたはお, 来ました女給の久美子, 来ました好うがすな, 来ました妻子に突然, 来ました婦人は年, 来ましたへかえった, 来ました小綺麗な服, 来ましたに瑞西, 来ましたに捨て, 来ました当時柳秋雲はその, 来ました彼女は遂に, 来ました後で医者の, 来ました油断は, 来ました忽忘草の種, 来ました其の手帳, 来ました所私の心掛け, 来ました手套つきましたろうか, 来ました手提の中, 来ましたにみんな魂, 来ましたうなると, 来ましたへ出たら, 来ました日覆になった, 来ました早く灯火を, 来ました時それを読み下した, 来ました時五右衛門は泣き顔, 来ました時先方の虚, 来ました時外套がなくっ, 来ました時敏子は初めて, 来ました時私たち二人はあんまり, 来ました時貯金と通帳, 来ました時野武士の群, 来ました時青眼先生は唇, 来ました末彼は私, 来ましたの入口, 来ました東京から今日, 来ましたも私, 来ましたして, 来ました直に村の, 来ました納戸口から入っ, 来ました翌日は前沢, 来ましたはあなた以上, 来ました自動車に乗せ, 来ました衣服も道具, 来ました裏面には満, 来ました誠に少しばいで, 来ました貴方御自身, 来ましたを考へます, 来ましたにそういう, 来ました間もなく技術者が, 来ましたはどう, 来ましたが追, 来ました非常に悲しい, 来ました面目もない, 来ましたは血, 来ました順々に御覧下, 来ました飛行船飛行機の数, 来ました黒い背広に