青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「抱く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

抜き~ ~抜け 抜け~ 抱~ ~抱い 抱い~ ~抱いた ~抱え 抱え~ 抱き~
抱く~
~抵抗 抵抗~ ~押 押~ ~押え 押え~ ~押し 押し~ 抽象~ 拂~

「抱く~」 1002, 10ppm, 11027位

▼ 抱くよう~ (209, 20.9%)

66 にし 26 になった 13 になっ 10 にした 8 になる 6 になり 4 なこと 3 になりました 2 である, な恰好, に, に両, に両手, に成った, に手, に胸

1 [57件] です, では, なしぐさ, なと, なもの, な事, な口吻, な姿勢, な格好, な楽しい, な機会, な気持, な激しい, な無, な男, な破目, な者, にいつも, におさえつけ, にかいこみ, にかがみ込んだ, にかばっ, にする, にその, にそれ, にと見る, になつ, になつたこ, にはならなかった, にもなり, にもなる, に七十歳, に出来, に受け取っ, に右, に大きい, に大きく, に寄り, に引きよせ, に彼, に抱い, に抱きしめた, に掻きむしっ, に握っ, に新蔵, に着せかける, に美, に考えつめ, に背後, に腕, に茶壺, に蒲団, に行者, に貞操, に起し, に金之助さん, に附

▼ 抱く~ (71, 7.1%)

12 です 9 である 7 であった 43 であります 2

1 [34件] かと思う, かを小さい鋭い, があっ, がせめて, が恐ろしかっ, が青年, が面倒, じゃ, だった, だと, だとは, だね, であるが, であろう, であろうか, でした, でしたが, にも無理, に身, はまことに, は人間, は八年ぶり, は厭, は当り前, は当然, は戦国, は無理, は私, は自分, も顧みず, らしい, を利用, を禁ずる, を見届け

▼ 抱くやう~ (65, 6.5%)

27 にし 11 になつ 3 になる

1 [24件] なこと, な事, な手つき, な氣持, に, にさ, にしかも, にした, にする, にその, にそれ, にたぐる, になり, に取囲ん, に右, に座っ, に懸けた, に暗がり, に枕, に腕, に行者, に西側, に起し, に身

▼ 抱くこと~ (62, 6.2%)

4 ができた 2 があった, ができぬ, が出来る, にもなる

1 [50件] あり, がある, ができ, がない, がより, が出来ない, が出来よう, が好き, が既に, が果して, が私, しかできない, すらあった, だ, だらう何人, となった, なれども, になった, になる, のかなわぬ, のできなくなった, のできる, のない, はあ, はその, は出来なかった, は判り切っ, は古代, は抱いた, は決して, は現実, は自分, も, もあった, もいらなくなる, もできる, もひかえ, も有り, も決して, も苦し, よりそんな, より起る, をし, を余儀なく, を妨げる, を屡々, を止め, を禁ずる, を禁壓, 大方ならず

▼ 抱く~ (48, 4.8%)

5 いふこと

1 [43件] あの娘, いうより, いふの, いふほどの, いふ事それ自身, きっと泣き, さし寄せた, したならば, すぐに, すれば, たちまち心変り, ついこの間, どちらからとも, どんな手, なかなか下, はけしからぬ, まじまじと, もう彼, キッキッと, 二階を, 今度は, 同じよう, 同時にかう, 同時にこう気, 同時にまた, 同時に急, 喘ぐやう, 女は, 寛之助は, 思え, 思ふ間, 怪我を, 撞木杖を, 泣きやむ, 片膝砂, 獅子頭はば, 直に天鵝絨, 私の, 答えが, 視るや, 言うわけ, 言つて惡き, 険呑だ

▼ 抱くもの~ (43, 4.3%)

3 でも

1 [40件] あらば, あるべき筈, いくたび, かも知れず, があ, が何人, が夫, が殖えた, この老母以外, だと, であります, である, であること, でございますから, でしょうか, とすれ, とてもありません, とみえます, と共に帰, と其の, と同一, なり, なる事, なれば, の心, はあなた, はそれ, はなく, はもとより, は彼, は生活, は過去, もあつ, もありました, も少なく, も抱かれた, も決して, よりも彼, を生ずる, 新方面

▼ 抱く~ (43, 4.3%)

3 がある 2 はその, を責める, 多き事

1 [34件] あって, あらば, あるに, があった, があつ, があり, があるなら, がおった, がこの, がどうして, がなかろ, が多かっ, が絶無, が自然主義, が見出され, すらある, では, と抱かれる, なら類, なれど, に対するよう, の仕業, の生ずる, の表現, の集り, は僞善者, は獨, は自分, もあっ, もたくさん, やまた, 多きこと, 少なからざれ, 少なからず

▼ 抱く~ (33, 3.3%)

4 至ったの 2 至った, 至るの

1 [25件] あらねど, いたった, いたったもの, いたつた, いたりぬ, いたりました, いたれり, いたれるなり, せよ特に, ちが, ちがいない, ふさわしい腕, 似たる一, 先立って, 到つたと, 到つて, 異らざる, 相違ない, 至った径路, 至りしため, 至るもの, 至るやう, 至れり, 足りおしめ, 違ひない

▼ 抱く~ (17, 1.7%)

2 がある

1 [15件] があったなら, があつ, があり, に対してはこれら, に進上, のあら, のやう, の資質, はよもや, は主, は必ず, は抱き, もあっ, もある, もあろう

▼ 抱く~ (14, 1.4%)

5 にし 2 になり 1 になっ, になった, にべったり, にもなる, に或, に教育, に秀子

▼ 抱く~ (12, 1.2%)

1 [12件] いい, ごとくそ, ごとく上, ごとく見えたが, そうなると仔猫, 上に, 如きは, 如き者, 如く冷たい, 如く武蔵, 早いか, 積極性の

▼ 抱くところ~ (12, 1.2%)

1 [12件] だった, だったが, であると共に, で幕, なり, にいる, のかの, の思想, の極めて, の観念, もなく, をいだき

▼ 抱く~ (8, 0.8%)

1 いつも自分, しれたもの, 山, 引っ担ぐかし, 抱へる, 斬るか, 知らんため, 負われかして

▼ 抱く~ (6, 0.6%)

1 が出来た, など夢にも, の出来ない, はない, は殆ど, も出来ない

▼ 抱く人々~ (6, 0.6%)

1 であります, には, のため, の参考, の大, はみんな自分

▼ 抱く~ (6, 0.6%)

1 であらう, なくん, なり, のもの, は初期, 長河

▼ 抱く~ (6, 0.6%)

21 にふと, にゃあ, は悲劇, は意外

▼ 抱くだけ~ (5, 0.5%)

1 だった, でしょう, では, なの, 抱いて

▼ 抱く~ (5, 0.5%)

3 のやわ肌 1 が再び, は一厘

▼ 抱く~ (5, 0.5%)

1 いざいのち, であるから, となりぬ, と思ひ, に悲しい

▼ 抱くかと~ (4, 0.4%)

2 いうに 1 いえば, 思えば

▼ 抱くという~ (4, 0.4%)

1 こと, ことは, ような, 何でも

▼ 抱くばかりに~ (4, 0.4%)

2 したの 1 して, 思うと

▼ 抱く~ (4, 0.4%)

1 否や, 後風土記, 此の, 疑いない

▼ 抱く公卿たち~ (4, 0.4%)

1 および尊攘派, とその, と結びつき, の策動

▼ 抱く気持~ (4, 0.4%)

1 だった, でその, になれた, にもなった

▼ 抱くとは~ (3, 0.3%)

1 抱き手, 現在の, 留置場に

▼ 抱くと共に~ (3, 0.3%)

1 力を, 子に対して, 理想の

▼ 抱くので~ (3, 0.3%)

1 あらうか, かの女, もう私

▼ 抱く~ (3, 0.3%)

1 もちろんの, われに, 寺院の

▼ 抱くほど~ (3, 0.3%)

1 不幸の, 痩せた身体, 確固と

▼ 抱くほどの~ (3, 0.3%)

1 暇が, 痛切な, 道徳家でも

▼ 抱く~ (3, 0.3%)

1 亦此時, 同じこと, 決して上等

▼ 抱く人間~ (3, 0.3%)

1 かも知れない, が火事, ではなかっ

▼ 抱く感情~ (3, 0.3%)

2 は我々 1 の中

▼ 抱く~ (3, 0.3%)

1 にし, になり, に突き出た

▼ 抱く興味~ (3, 0.3%)

1 という点, と情熱, は殆

▼ 抱くあの~ (2, 0.2%)

1 古い寺, 明石の

▼ 抱くかも~ (2, 0.2%)

1 しれないもの, しれない子供

▼ 抱くから~ (2, 0.2%)

1 であった, 嫌だ

▼ 抱くくらい~ (2, 0.2%)

1 でした, な少年

▼ 抱くけしき~ (2, 0.2%)

2 もなく

▼ 抱くその~ (2, 0.2%)

1 感懐が, 野望からの

▼ 抱くため~ (2, 0.2%)

1 には以上, に来た

▼ 抱くだけの~ (2, 0.2%)

1 微妙な, 心持は

▼ 抱くといふ~ (2, 0.2%)

2 風である

▼ 抱くとき~ (2, 0.2%)

1 は實, 尊き感激

▼ 抱くとともに~ (2, 0.2%)

1 その社会的共同態, そんな男

▼ 抱くとも~ (2, 0.2%)

1 抱かぬとも, 死は

▼ 抱くどころか~ (2, 0.2%)

1 それを, 傍にだって

▼ 抱くなどという~ (2, 0.2%)

1 のは, 例は

▼ 抱くなり~ (2, 0.2%)

1 して, 亀鶴眠る

▼ 抱くには~ (2, 0.2%)

1 あまりに絶対的, 抱く丈

▼ 抱くにも~ (2, 0.2%)

1 抱かれぬッ, 道理が

▼ 抱くもの汝鬢毛~ (2, 0.2%)

2 黒き神

▼ 抱くよりは~ (2, 0.2%)

1 その権力, むしろかかる

▼ 抱く~ (2, 0.2%)

1 得んや, 眺めつつ

▼ 抱く~ (2, 0.2%)

1 でまた, ならちゃんと

▼ 抱く一つ~ (2, 0.2%)

1 の感情, の物語

▼ 抱く不満~ (2, 0.2%)

1 のよう, も尽きない

▼ 抱く~ (2, 0.2%)

1 この上, に茶碗

▼ 抱く余裕~ (2, 0.2%)

1 もなかっ, もなく

▼ 抱く~ (2, 0.2%)

1 三宝や, 灘で

▼ 抱く~ (2, 0.2%)

1 が朝子, を空想

▼ 抱く思い~ (2, 0.2%)

1 の問いかけだった, をさせた

▼ 抱く思想~ (2, 0.2%)

1 はすべて, はすべて金

▼ 抱く恰好~ (2, 0.2%)

1 でクネクネ, をします

▼ 抱く~ (2, 0.2%)

1 の濡れる, はきびしく

▼ 抱く曠野~ (2, 0.2%)

2 の廣さ

▼ 抱く~ (2, 0.2%)

2 と子

▼ 抱く~ (2, 0.2%)

1 の問い, の月

▼ 抱く真似~ (2, 0.2%)

1 をいたしました, をし

▼ 抱く程度~ (2, 0.2%)

1 で呆れた, の美くし

▼ 抱く者共~ (2, 0.2%)

2 は彼

▼ 抱く臆病者~ (2, 0.2%)

2 は左

▼ 抱く~ (2, 0.2%)

1 がない, でないに

▼ 抱く青年~ (2, 0.2%)

1 の情熱, の群

▼1* [189件]

抱くあらゆる有象無象たちが, 抱く互の, 抱くかぎりの一切, 抱くかし壊れた橋桁, 抱くかたちをした, 抱くかの如くに, 抱くかを押して訊こう, 抱くことさへすでに, 抱くころではない, 抱くしおらしさよ, 抱くしかして改進論派は, 抱くそこで古い意味, 抱くそれで子供は, 抱くそれゆえ古い意味, 抱くだけでも無神論者で, 抱くところ慾張りそう, 抱くとしてはお俊なぞ, 抱くとしても彼女の, 抱くなどおそろしくて, 抱くなどはおろかつい, 抱くなんて私の, 抱くについて大いに効力, 抱くのみだ, 抱くのみにて活ける人生, 抱くの苦慘を快, 抱くの語は彼, 抱くの輩あらば, 抱くばかりかとも思った, 抱くひまもなかっ, 抱くふうでも, 抱くぼろしの, 抱くまでに尊信し, 抱くまでもないあたし, 抱くまねをし, 抱くもさもあら, 抱くものアメリカの映画俳優, 抱くもの一人もなし, 抱くやからは一日, 抱くより他は, 抱く幸ちゃんさあ, 抱くわけもない, 抱くアメリカ人ロシア人を抱く, 抱くイタにつかぬ, 抱くストア派の学生, 抱くスペイン人混血児と突き衝, 抱くレダのなまめかしい, 抱くロシアをしりぞけよう, 抱く一樹だになし, 抱くの理由, 抱く不審は, 抱く両手に力, 抱く人生への哲理, 抱く人生観に準じられなけれ, 抱く代りに藤吉郎, 抱く以前とその, 抱く余地はなかっ, 抱く作家なり興行者, 抱く侍従の君, 抱く信念を缺, 抱く倉地の腕, 抱くに寧ろ, 抱く勇者たる者はもっと, 抱く卓越個人とかいふもの, 抱く友情は彼, 抱く友達のよしみ, 抱くき疑問, 抱く哀歓とそれ, 抱くこびよりは, 抱く国々の動静, 抱く土人の仕業, 抱く執着のつよ, 抱く場面である, 抱くは少なく, 抱くは抱くまじき, 抱く大きな悩みでなけれ, 抱く大入道夜中に山霧, 抱く大望は頼朝公時代, 抱く大聖が辻説法, 抱く女たちの歌, 抱くの像, 抱く婦人が世に, 抱く婦人大衆の目, 抱く學者中に二派, 抱く宗教者や靈魂, 抱く尊氏だった, 抱くの落ちん, 抱く左手の山, 抱くきな, 抱く幸福感と女, 抱く広い砂州の, 抱く強い驚異の, 抱くの感慨, 抱く介抱が, 抱くになっ, 抱く心それが大切, 抱く心持自分がもや, 抱く心残りであらね, 抱く心配も亦, 抱く必然な感情, 抱く志士らと相, 抱く怒りはその, 抱く思想自己の信ずる, 抱く恩愛の父ヘクトール, 抱く悲観説との対照, 抱くと母, 抱く愛人があつ, 抱く感情美に対して抱く, 抱く感激というよう, 抱く懐しさ休安と, 抱く手あいもある, 抱く手つきで訊いた, 抱く批判と家, 抱く拍子に裾, 抱く政治が一番立派, 抱く文学者及び芸術家, 抱く方法を考, 抱くかな, 抱く時分にゃあ, 抱く暖かさ, 抱く暖かい好感が, 抱く朗らかに, 抱く朝臣はもとより, 抱く木々の間, 抱く枯葉二片や落ち, 抱く様子も見えなかった, 抱く機会を与え, 抱くの夜, 抱く歌扇の月, 抱く民族であること, 抱く気味にぶつかっ, 抱く沖氣以て和, 抱く伏す場面, 抱くの被衣, 抱く爲めに部屋, 抱く牝鶏のよう, 抱く牝鷄の樣, 抱く物理的觀念の本質, 抱く物騒な人間, 抱くがあれ, 抱く王覇の大業, 抱くの光り, 抱く現代青年の心的事実, 抱く理想によって作り上げられ, 抱く生徒ではなかっ, 抱く由縁は専ら, 抱く疑いある者, 抱く疑問を明, 抱く疑惑下劣で殘忍, 抱く神観を以てし, 抱くの敬意, 抱く私たちの心持, 抱く程妻の気持, 抱く絶壁の端, 抱く絶望的な哀傷, 抱く編者を以てし, 抱く羽織の下, 抱く考えも気持, 抱く者腕にかけてもと, 抱く膝頭に険しき, 抱く自分を彼, 抱く自分自身を浅ましい, 抱く色情狂もある, 抱く若い村人の, 抱く苦しさの, 抱く苦しい心持が, 抱く苦しみの一つ, 抱く荒ら行は果てた, 抱くの白紙, 抱くは多数これ, 抱くを開こう, 抱くが上, 抱く視線に見られる, 抱く観測者は宮廷, 抱く角出で鱗, 抱く友人の, 抱く警戒嫉妬をもった, 抱く豪傑連の中, 抱く責苦に逢う, 抱く赤子の誕生, 抱くは手づる, 抱く意にたいして, 抱く連中を除い, 抱く郡丞の戴員, 抱く野犬のよう, 抱く關心は可能, 抱く雌芯雄芯の色, 抱く首里の丘, 抱く高氏にすれ, 抱く鯉ひとつこれの童