青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「抱き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

抜い~ 抜き~ ~抜け 抜け~ 抱~ ~抱い 抱い~ ~抱いた ~抱え 抱え~
抱き~
抱く~ ~抵抗 抵抗~ ~押 押~ ~押え 押え~ ~押し 押し~ 抽象~

「抱き~」 1019, 10ppm, 10880位

▼ 抱きながら~ (201, 19.7%)

4 片手に 2 しかもその, それを, 云った, 云つた, 毛繻子の, 私は, 首を

1 [183件] あたかも純, あちらこちら歩き廻った, あまり執拗, いたずらに, いつのまにかたった一つ, うっかり当人, おどろきを, おれや, お礼を, この人, これからいく年, これを, さつ, しおしおと, しかし鶴雄, しかも岸本, しかも彼女, しかも物狂, しばらく羅門, しみじみと, じッ, そこ, そこの, そこへ, そのシーズン, その傍ら, その全曲, その晩方京都, その目, その芸術的展開, その額, そ知らぬ, たずねた, たちまち行方不明, どっと後, なにやらかんばしい, はっきりと, ぼんやり天井, まだいつ, まち子と, まづ彼, もう一度深い, もそもそと, ものに, やがて宝蔵院, よぎなく侵略国, エミリイの, オロオロ声, ザムザ氏は, ダンスでも, ホイツスラアについて, 一人で, 一人残らず, 一層の, 一歩ごとに, 七兵衛は, 七尺の, 上京の, 下界を, 久し振りにて, 五年を, 人目に, 今さらに, 今は, 会釈する, 何とかいわず, 例の, 先を, 入日を, 其処から, 凡ての, 出て, 切ない痴呆的, 前へ, 勝手の, 取寄せたもの, 取次し, 古賀は, 叫んだ, 吾輩は, 嘉吉は, 国家の, 坐つて, 堂の, 夕迫る, 大きく目, 大海原, 大路の, 太郎さんに, 夫から, 夫の, 夫を, 夫婦し, 女中に, 妻と, 官途に, 家に, 家の, 小さな乳首, 少しまどろん, 少しも, 屡々その, 岸本は, 己は, 己れ, 巴里の, 引立てながら, 彼らと, 彼女の, 後ろに, 念仏を, 恐怖と, 手を, 投げ出したよう, 拝殿を, 拳銃の, 日暦の, 早瀬が, 早瀬は, 時の, 最後に, 月光さわる, 朝鮮行きだの, 木影に, 歩いた, 歩いて, 死人の, 死灰の, 段々はげしく, 毎日顔を, 毛布の, 気楽そうに, 泣きなき, 洞然, 浴衣がけで, 消息の, 涙が, 湯だ, 炬燵の, 無言で, 狂ほし, 生涯を, 畳へ, 相府, 眠った, 眠れる獅子, 眼の, 空しく引き返し, 空しく雌伏, 竦んだ, 縁側の, 縁側を, 美しいもの, 美しき意圖, 考えた, 自分は, 艶めかしい, 苦しむの, 荏苒として, 葉子の, 藁しべにでも, 表面には, 袂を, 裏庭の, 西洋を, 見送って, 言った, 走りながら, 車から, 車上の, 車掌が, 軽く身, 軽佻な, 追われたよう, 連れ立って, 遂に自決, 銀座では, 雨蛙は, 電車で, 静かに, 顔に, 馬蹄形に, 黙然として

▼ 抱き~ (105, 10.3%)

3 苦悶する 2 千行の, 愛撫一方, 我は, 背をも, 行きたること

1 [92件] ありし時代, うつ向きたまいし目, この世の, その室, その柱, その郷里土佐, とても一度, われ覘ふ, アキリュウスの, 一心に駈け出す, 一齊に, 人々に, 人知れず, 入りぬ, 其の白き, 冬の, 合掌し, 吾狂せん, 命に, 哀を, 哀願を, 問ひ, 四辺を, 国事を, 地下に, 城の, 壮佼は, 声励ましつ, 外見ばかりの, 大息つきあはれなる, 室の, 宮は, 寝に, 屹と, 峯靜に, 幽暗なる, 幾夜わびし, 引けば, 引留むる, 彳む, 彼の, 御歸宅, 悄然と, 悲しめば, 悶ゆるも, 慟哭する, 慰むべくも, 戲れ, 易々と, 晝寢す, 暁に, 曉に, 来れり, 来れる, 松の, 榮枯を, 樂しまん, 歎く, 死ぬ期, 泣かんが, 泣きぬ, 海に, 涙すれど, 涙ながらに, 渠さへ, 煙たどり, 父樣父樣と, 畫を, 疲る, 疲れたり, 眠ると, 眼を, 石像の, 磯辺に, 秘かに, 空しく土, 立てる栞, 絵馬の, 胸に, 蔽いながら, 親里, 訴へん, 走りしが, 身は, 遁出でたれ, 遠く去る, 遣る方, 間の, 陣中に, 雄々しくも, 雪に, 首玉の

▼ 抱き~ (31, 3.0%)

4 つた 3 つたま 2 つたり, ひながら, ふこと, ふやう

1 [16件] つたさ, つたまま, ては互に, はう, はない, ひ, ひその, ひ悲痛, ひ詞, ふ, ふで, ふとこ, ふとそこ, ふの, ふ二人, ふ瞬間

▼ 抱き緊め~ (31, 3.0%)

8

1 [23件] そして厠, その頬, たいという, たいどうか, たり耳, たる宮, た激しい, て, ていっしょ, ていなかった, ていやがる, ては頬ずり, てやりたい, て云った, て川岸, ながらやわらかい, られた, られたとき, るか, ること, るの, るまえに, るやう

▼ 抱き~ (26, 2.6%)

3 して, なって 2 来たと

1 [18件] きた, した銀次, なった, なったり, なりは, なりませんでしたか, なれば, ぬっと立ち, 抱いて, 来た, 来たん, 来はじめたの, 胸へ, 脇差を, 行こら, 行って, 行つてひどい, 飛んで

▼ 抱きつつ~ (22, 2.2%)

1 [22件] あったに, ある, あるの, またこれ, やはり微笑, をのの, クロニーオーンかく, 一方では, 入口を, 孤笈飄然として, 寿に, 心細くも, 我方へ, 是れ, 書を, 歩いて, 真直に, 社の, 草に, 草むらの, 行動しなけれ, 雪の

▼ 抱きあつ~ (15, 1.5%)

4 てゐる 2 たまま 1 た, たり縺れあつ, た二人, てみたい, てゐたがり, てゐれ, て慰めあひ, て死ん, て離れない

▼ 抱きその~ (15, 1.5%)

1 [15件] やすら, 厚みに, 反影, 唇に, 学年の, 彼方は, 意向が, 手を, 故にこそ, 考えが, 背中に, 頃朝寝坊むらく, 頬は, 額を, 髪を

▼ 抱き合つて~ (12, 1.2%)

2 ふるへながら 1 は泣く, ゐた, ゐる, ゐるの, ゐる女二人成功, 丸い圓, 嬉しなきに, 寝込む小僧等, 立つた姿, 立つて

▼ 抱きながらも~ (11, 1.1%)

1 [11件] さて何, そのすすめ, 内心ひそかに, 始終私, 寝台や, 強ひ, 悲壮な, 時折ふと, 暗い運命, 矢張り一種の, 秀吉は

▼ 抱き茗荷~ (10, 1.0%)

2 のやう, のよう, の紋所 1 が附い, だが, の定紋, の紋

▼ 抱き~ (9, 0.9%)

1 伝説の, 妾の, 松, 松と, 松という, 要領で, 話, 話が, 話の

▼ 抱きたま~ (7, 0.7%)

1 ふ, ふ衣, へといはん, へるが, へるも, へる姉上, へる道士

▼ 抱きこの~ (6, 0.6%)

1 事に関して, 女に, 機を, 肌は, 観念を以て, 長い歳月

▼ 抱きそれ~ (6, 0.6%)

2 な固有, を慈しん 1 を打破, を表明

▼ 抱き~ (6, 0.6%)

1 した, しないが, しなかったが, しなかったであろう, ぢめたらしい, 十露盤板と

▼ 抱き~ (5, 0.5%)

3 むる女房ざまを 1 つてつくづく, つてやる

▼ 抱き~ (5, 0.5%)

1 して, しなかつたから, せずに, せず肌, 仕度親心立派な

▼ 抱き~ (5, 0.5%)

1 え, えた, えて, えようと, え少し

▼ 抱き守り~ (5, 0.5%)

1 する役, する職分, だつた俤, の巫女, を務め

▼ 抱き~ (5, 0.5%)

1 が名僧, でどこ, の愛, を執っ, を握り

▼ 抱き~ (5, 0.5%)

3 えて 1 えながら, え撫で

▼ 抱き片手~ (5, 0.5%)

2 を高く 1 では盲人, で簀戸, で襖

▼ 抱き~ (5, 0.5%)

3 をし 1 なりに背, をした

▼ 抱き起し~ (5, 0.5%)

1 たせゐだと, にかかつ, にき, になる, に来

▼ 抱きまた~ (4, 0.4%)

1 その妹, 撫したいの, 私の, 絶対者が

▼ 抱き乍ら~ (4, 0.4%)

1 も何気なく, 円い柱, 掻き口説くの, 猶その

▼ 抱き~ (4, 0.4%)

3 やに承り 1 ものこれなく

▼ 抱き~ (4, 0.4%)

2 震ふ神 1 生活態度を, 震ふポセードーン

▼ 抱き合せ~ (4, 0.4%)

2 の鑄型 1 にある, の奇怪さ

▼ 抱き~ (4, 0.4%)

2 を待春 1 を全く, を待つ

▼ 抱き~ (4, 0.4%)

1 ひしこと, ひしは, ふ, へ

▼ 抱き~ (4, 0.4%)

1 と称する, のよう, は牛肉, を胴

▼ 抱き自分~ (4, 0.4%)

1 とかうし, の男性, の胸, はもはや何もかも

▼ 抱き~ (3, 0.3%)

1 ぐるは, はや海中, ひました

▼ 抱きおこし~ (3, 0.3%)

1 そして右手, ながら一所けんめい操縦席, ながら雄太郎君

▼ 抱きおこし背中~ (3, 0.3%)

3 をなで

▼ 抱きそして~ (3, 0.3%)

1 それを, 囁いた, 真の

▼ 抱きたり~ (3, 0.3%)

1 しが, しを, 與四郎胸さわぎ

▼ 抱き~ (3, 0.3%)

2 へんよ 1 づ慟哭の

▼ 抱きもう~ (3, 0.3%)

1 一つの, 一方の, 片方の

▼ 抱き~ (3, 0.3%)

1 のう我が, 彌五郎, 彌五郎その他

▼ 抱き~ (3, 0.3%)

1 に裹, の手, の逆手

▼ 抱き~ (3, 0.3%)

1 にお, の手, の袖

▼ 抱き~ (3, 0.3%)

2 の頭 1 のため

▼ 抱き或は~ (3, 0.3%)

1 仮に某国, 捧げて, 泣寝入りを

▼ 抱き~ (3, 0.3%)

1 がまずい, で人形, も知らない

▼ 抱き海老責~ (3, 0.3%)

1 になる, の三種, は正式

▼ 抱き~ (3, 0.3%)

1 に引きよせ, に當, の下

▼ 抱き~ (3, 0.3%)

1 に布, は須永, へ見入った

▼ 抱きあるいは~ (2, 0.2%)

1 堕落の, 小さき行李

▼ 抱き~ (2, 0.2%)

1 ばつて, へれば

▼ 抱きかた~ (2, 0.2%)

1 へに殘, を見

▼ 抱きそうして~ (2, 0.2%)

1 実現に, 猫撫で声に

▼ 抱きつつも~ (2, 0.2%)

1 なお離婚, 恭一に

▼ 抱きとの~ (2, 0.2%)

1 二種で, 拷問を

▼ 抱き~ (2, 0.2%)

1 させられて, 行うの

▼ 抱きボンボン時計~ (2, 0.2%)

2 を修繕

▼ 抱き一方~ (2, 0.2%)

1 には種々, に同じ

▼ 抱き~ (2, 0.2%)

1 ぐれば, て二三歩

▼ 抱き二人~ (2, 0.2%)

1 とも平凡, の無傷

▼ 抱き~ (2, 0.2%)

2 に板形

▼ 抱き右手~ (2, 0.2%)

1 だけをやや, に握った

▼ 抱き合つた~ (2, 0.2%)

1 かも知れなかつた, 可愛らしい実

▼ 抱き~ (2, 0.2%)

1 に伏, に伏せる

▼ 抱き~ (2, 0.2%)

1 のさす, の児

▼ 抱き~ (2, 0.2%)

2

▼ 抱き~ (2, 0.2%)

1 に帰る, を出る

▼ 抱き~ (2, 0.2%)

1 い位, くなる

▼ 抱き心地~ (2, 0.2%)

1 がこの, と云う

▼ 抱き手控え~ (2, 0.2%)

1 をこしらえはじめた, をはじめた

▼ 抱き擁め~ (2, 0.2%)

1 てゐた, る手

▼ 抱き枕あて~ (2, 0.2%)

2 がひ

▼ 抱き止むる~ (2, 0.2%)

2 に抱かれ

▼ 抱き~ (2, 0.2%)

1 と接吻, と縋りつく

▼ 抱き~ (2, 0.2%)

2 を仰い

▼ 抱き籠め~ (2, 0.2%)

1 るやう, るよう

▼ 抱き~ (2, 0.2%)

1 て喜ばれました, はしない

▼ 抱き~ (2, 0.2%)

2 にいだき

▼ 抱き~ (2, 0.2%)

1 などより美味い, を飜

▼ 抱き~ (2, 0.2%)

1 の身, は毎朝一回

▼1* [315件]

抱きあるひは, 抱きいかに神の, 抱きいろいろと研究, 抱き互にお, 抱きおこしさっきの通り, 抱きかつ天下万民の, 抱きかへて何か, 抱きがっくりと倒れ, 抱きぐいと引寄せた, 抱きぐっすり眠って, 抱きことあらば, 抱きこれを虐待, 抱きこんな上願書を, 抱きごたえがあった, 抱きさえ或いは, 抱きさえするの, 抱きさきの女の子, 抱きさてこそ男子, 抱きさる波波哀しき, 抱きしばしば警告を, 抱きじりじりとしだいに, 抱きそうにした, 抱きそのままうしろへ, 抱きたちはなれ, 抱きついに理性上の, 抱きづめにしてなんども出ては, 抱きてかの十字架に, 抱きての驛路なれ, 抱きてをかしき畫, 抱きという一つの, 抱きとつたやう, 抱きとにとどめて, 抱きながらの米友が, 抱きなどせしなり, 抱きなにかいいかけるよう, 抱きなほも我, 抱きにくい状態であった, 抱きになつて城の, 抱きには行つ, 抱きによって稀代な, 抱きぬるかも, 抱きはなはだしきは楠公, 抱きひとたび現実に, 抱きぴったりと胸, 抱きまでして, 抱きめづらしきかな, 抱きもし頬も, 抱きもしかかへもし, 抱きやがて帰り道に, 抱きやさしく菊女は, 抱きやすい思想です, 抱きゆすり乍ら阿修羅のよう, 抱きわれ泣きほれて, 抱きウーリュンポスに來, 抱きケルト的な憂鬱, 抱きサッと抜き打ちに, 抱きソレは何時, 抱きドンドン町の方, 抱きルイ金貨をこの, 抱きしよに, 抱き一つに融けよう, 抱き一人をおんぶ, 抱き一人一人が眼, 抱き一個の浮標, 抱き一文字の菅笠, 抱き一段一段縄梯子を上, 抱き万計の妙, 抱き三日食を求むれ, 抱き三面丘山をめぐらし, 抱き上ぐるも泣き出ぬ, 抱き下し奉らんと, 抱き不浄を感じ, 抱き与八は郁太郎, 抱き両手に捧げ, 抱きには, 抱き主権単一の原則, 抱きに反抗, 抱き乍らもと来た道, 抱き乍らシヨパンのアンプロンプチユ, 抱き乍ら丑松も生徒, 抱き乍ら此時始めて, 抱き乍ら野原をかけまわる, 抱き九段富士見町の, 抱き乞食の実感, 抱き乱世の患, 抱き乳母はどう, 抱き互に顔をも, 抱き亭主や縁者, 抱きした, 抱き仏蘭西首脳者に危害, 抱き付きスルスルと, 抱き付き震ひ居り両, 抱きふて, 抱きかを見物, 抱き何事かしきりに, 抱き何度も顔, 抱き何気ない様子に, 抱きに枕, 抱き候義誠に以, 抱きれる掾側, 抱きが泣き出した, 抱き公武一和の到底, 抱き共に本校の, 抱き分岐線の各, 抱き到底倹約の, 抱き到頭このボロ, 抱き制められながらも, 抱きや後ろ, 抱き三は, 抱き動物もそれぞれ相棒, 抱き匍匐して, 抱き医薬化学の研究, 抱き去るような, 抱き參らせたる老爺さ, 抱き反感を持つ, 抱き口早に囁いた, 抱き叫び見つめる, 抱き合つた儘生人形のやう, 抱き合つた手を放した, 抱き合つて出來上つてゐた, 抱き合つて和睦した, 抱き合つて寢ている, 抱き合つて暖を取る, 抱き合つて此焔の風, 抱き合つて笑ひながら, 抱き合つて舊い歌, 抱き合つて薄やみの中, 抱き合つて跳ね合つたり, 抱き合ふところなどてんで, 抱き同じ高さ, 抱き同日は狼狽, 抱き同時に自分の, 抱き向き合つて跼んでゐた, 抱きをわが, 抱き和歌をも能くした, 抱き哺乳するもの, 抱き四脚踏み延ばし, 抱き国事に尽したい, 抱き埼子の額, 抱き壁穴を中, 抱き声高に何やら, 抱きの雪, 抱きに平家, 抱き夙に風流の, 抱き大日本国に援兵, 抱き大胆不敵のアリバイ, 抱き天下人心恟々然として, 抱き天子に對, 抱き天晴れ実業家に成りすました, 抱き如何なる弱点をも, 抱き如何に見事な, 抱きに姉, 抱き威儀作ろった人, 抱き嫩葉の重, 抱きとして此, 抱き家内は姉, 抱きすれば, 抱き寄せになった, 抱き寄せやうとする, 抱き寄り寄り密謀中の, 抱き富士筑波を右左, 抱き富岡は激しく, 抱き小松谷の山ふところ, 抱き小間使のお, 抱き山容の雄偉, 抱き川口は男の子, 抱きれは, 抱き帰り自らこれを鞠, 抱き平次はその間, 抱き平氏政府を寸断, 抱き幾度も接吻, 抱き茫たる, 抱き廿文字にからげし, 抱き弓之助は江戸, 抱き弱きはこれ, 抱き彼らの愛, 抱き彼女を守り, 抱き彼等の怨恨, 抱き数年間彼は, 抱き後部をふりかえり, 抱き従って随分屡々其の, 抱き得難き親密を, 抱きを同じく, 抱き意志の牢固, 抱き愛熱で孵す, 抱き慟哭の涙, 抱きけない, 抱きさめ励まし祈り悲しみ, 抱き懊悩焦慮の揚句, 抱き成人に対するがごとく, 抱き我額に接吻せり, 抱き日その, 抱き戰場よりし運び出し, 抱き戸口へ送りだし, 抱きへ長き, 抱きへし, 抱き支えはした, 抱き支那民族を誘導, 抱き政府に対してこれ, 抱きに頬, 抱き斯様いう決着, 抱き日進の文明教化, 抱き姜であった, 抱き春子も亦, 抱き暗殺ではなかろう, 抱き書斎へはいっ, 抱き本人よりはその, 抱き本当に肌と, 抱きに凭, 抱きを持った, 抱き柔かな胸, 抱き椅子を引い, 抱きの定紋, 抱き榾火はとっぷり, 抱きが悪い, 抱きに接吻, 抱きを肩, 抱き次第に手を, 抱きひしは, 抱き止めにかかる, 抱きり病める者, 抱き毛皮のハーフ, 抱き法然作りの門構え, 抱き浅間を下る, 抱き海老責釣し責, 抱き海軍兵学校の入学試験, 抱きをこらへ, 抱き深き淵に, 抱き深夜に男, 抱きの如き, 抱き慚の, 抱き片腕と片方, 抱き特殊なる強, 抱き猪右衛門と右近丸, 抱き玉手靜かに艶麗, 抱き現在の好意的, 抱き甲斐がある, 抱きの唇, 抱き男女の下の, 抱き異状な昂奮, 抱きの上, 抱き百方これを避けん, 抱き相手の顔, 抱きを含めりで, 抱き真向に坐す, 抱きをやろう, 抱き祖母さんは団扇, 抱きはあなた, 抱き空しく格式門閥の, 抱き絞殺犯行をくらます, 抱き続々新作を, 抱き緊め声を忍ばせ, 抱き緊め素肌をぴったり, 抱き緊め自分の頬, 抱き緊め頬へ頬, 抱き緊張のため, 抱きあげて, 抱き股引を裾, 抱き脇間の扉口, 抱きを縮め, 抱き膝頭の上, 抱き自棄にしみら, 抱き自身を嘗て, 抱き至尊に向, 抱き致死の快感, 抱き芳雄をお, 抱き葉面の中央, 抱き葬つた百千の霊魂, 抱き蔦代の足, 抱きながらその, 抱きのやう, 抱きに捧げ, 抱きを引き, 抱き装塩をし, 抱きみまするやう, 抱き襄陽の郊外, 抱きを開け, 抱き見果てぬ夢を追い, 抱き覗きこむよう, 抱き親切らしく擁, 抱き解決の道, 抱き誰一人暖炉のある, 抱き貴女の左, 抱き赤児はくろぐろ, 抱き起し乍ら素早く胸, 抱き起し呼生るに, 抱き起し顔に手, 抱きでもっ, 抱き足並を揃え, 抱き足弱を曳きつれ, 抱き踊り踊りのあ, 抱き身さかななら肉, 抱き身別世界にある, 抱き軟手に彼, 抱きの真中, 抱き部分の中, 抱き部屋を出, 抱き部落や村, 抱き重ね重ねの驚き, 抱き野菜馬車の手綱, 抱き金髪の若々しい, 抱き鎮守府将軍の印, 抱きの上, 抱きを其手, 抱き静かに悲しみ, 抱き静室に移し, 抱きかくしぬ, 抱きを相, 抱きを伏せた, 抱きを内側, 抱きに憤怒, 抱き風色に富みたる, 抱きを垂れ, 抱き駕籠で抱え, 抱き鹿をかつぐ