青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「来た~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

杜~ 束~ 条~ ~条件 条件~ ~来 来~ ~来い 来い~ ~来た
来た~
来たら~ ~来ない 来ない~ ~来なかった ~来ました 来ました~ ~来ます ~来よう 来り~ ~来る

「来た~」 57709, 623ppm, 148位

▼ 来た~ (12354, 21.4%)

1401 である 926716 です 535 であった 386 では 324238 だが 235 だと 218 だった 183 だから 146 であるが 136 ですが 135 だろう 107 でした 97 であろう 8884 を見る 80 であるから 74 ですから 72 でしょう 71 かい 70 であったが 69 であります 67 はその 63 を見 61 ですよ, は 60 だそう 47 ですか 46 じゃ, だよ 40 かも知れない, でも 39 だろうと 37 であろうか 36 だという, はそれ 35 かね, はお 34 でございます 32 じゃない 31 だな 30 もその 29 だか 27 だつた 24 だろうか, であろうと 22 かしら, はこの, は誰, を見た 21 だね 19 かそれ, だけれど, だったが, ぢや 18 かえ, かと思う, であると, はもう, は何 17 でありました 16 かもしれない, だらう, でしょうか, はこれ, を感じた 15 かな, であって, もこの 14 が, だけれども, であったから 13 か知らない 12 かそれとも, かと思った, かも知れぬ, でしたが, ですね, は事実, を, を知っ, を知る 11 がこの, でありますが, はそれから, はまだ, は例, は彼, は私, は自分 10 と同じ, は去年 9 だらうと, はつい, はどう

8 [14件] かその, かどう, か私, がその, だい, だし, だつたが, はあの, はいい, はちょうど, はやはり, は当然, も知らず, を幸い

7 [12件] かと思っ, がある, が今, だなと, だろうが, だろうという, ならば, はどういう, は丁度, は今, は意外, を知った

6 [22件] が不思議, じゃア, だえ, だからと, だわ, でござる, ですがね, ですって, はここ, は一つ, は一人, は何者, は女, は実に, は年, は彼女, も一つ, を幸, を感じる, を機会, を私, を見れ

5 [28件] かも知れません, かよく, かわからない, か分らない, が悪い, じゃありません, だこの, だとは, だらうか, であること, でないこと, はあれ, はいま, はそんな, はただ, は他, は何より, は僕, は勿論, は君, は夏, は決して, は翌, もあの, もそれ, らしい, をみる, を覚え

4 [49件] かあるいは, かねえ, かも知れん, か一人, か彼, か自分, がここ, が彼, だがね, ださ, ださうである, だといふ, だもの, でございましょう, ですけれども, ですな, ですもの, でない, で御座います, には何, はある, はたしか, はほか, はまことに, はまさしく, はガラッ, は三人, は三月, は丑松, は二人, は全く, は八五郎, は八月, は同じ, は実は, は少し, は次, は赤い, は駒井能登守, もまた, もやはり, を今度, を喜ん, を思い出した, を機, を目撃, を見ます, を認めた, 何か

3 [100件] かと, かとお, かと云う, かと思いました, かと思ったら, かと思はれる, かひとり, かまるで, かもうどうしても, かもしれぬ, かもしれません, か不思議, か来た, か知ら, か知らん, があった, があの, がお, がこれ, がすなわち, が一人, が亭主, が今度, が今日, が例, が目, じゃから, じゃが, じゃな, じゃなく, じゃろう, だからな, だとの, だろうかと, だろうなどと, でありますから, であるし, であるという, でございますが, でございますよ, でしょうね, ですからね, ですと, ですわ, でない事, にかかわらず, に驚い, はお前, はお前さん, はさっき, はたしかに, はどうも, はどこ, はなん, ははじめて, はほんの, はやがて, はやっぱり, はわたし, は七月, は不思議, は主人, は人間, は今度, は今日, は初めて, は十一月, は十時すぎ, は十月, は外, は夜, は大, は学校, は小, は斯, は昨日, は未だ, は此, は白い, は省吾, は竜, は美しい, は若い, は誰だい, も何, も実は, も当然, やら, をお, をさいわい, をそのまま, をみ, をみんな, を喜んだ, を心, を珍し, を聞い, を誰, んです, サ

2 [318件] かお, かお前, かこんな, かさっぱり, かしらん, かそれにしても, かという, かという意味, かとその, かとにかく, かとも思われる, かとわたくし, かと不思議, かと云, かと彼, かと思, かと思ふ, かと思われる, かと考え, かと詰問, かどういう, かどうも, かなあ, かまた, かもしれなかった, かも知れねえ, かわたし, かを率直, かを知った, か一匹, か一向に, か但し, か何, か判らない, か又は, か大きな, か夫, か少し, か帰る, か店員たち, か或いは, か或は, か昨日, か最後, か武蔵, か物珍, か玄関, か珍, か知りません, か知れない, か解らない, か解らなくなった, か訣ら, か赤ん坊, か鼠, がいま, がおかしい, がそもそも, がちょうど, がひ, がふと, がまた, がもう, がもの, がわかった, がわたし, がわるい, がガラッ, が事実, が去年, が又, が多い, が如何にも, が始まりで, が孤家, が彼女, が急, が昨日, が残念, が段々, が自分, が見えた, が運, が間違い, が顎十郎, さえ不思議, じゃあねえ, じゃないでしょう, じゃねえ, だからね, だけれ, だこいつ, ださうだ, ださうです, だったかも, だったから, だとも, だとやら, だどうか, だねえ, だよく, だらうかと, だろうから, だろうなぜ, だろうね, だろうよ, だッ, だ不思議, だ飛石, であったと, であったろう, であったろうか, でありまして, であるか, であろうが, であろうという, でございますから, でござるよ, でしたから, ですけれど, ですそれ, ですだから, です文章, です私, でないかと, でないという, で御座いました, とで近所, と震動, なども妾, ならそれ, ならまだ, にはうんざり, には理由, には面, には驚いた, に心付く, に気づいた, はあなた, はい, はいう, はいずれ, はいつも, はお客, はかの, はかれこれ, はきっと, はきのう, はこういう, はことし, はさ, はすぐ, はすべて, はせめて, はぜひ, はそう, はそういう, はそうした, はそもそも, はたれ, はつまり, はどんな, はなあんた, はなにか, はまあ, はまさに, はまちがい, はむしろ, はよかっ, はオド, は一年, は一本, は一種, は七兵衛, は三十前後, は久振り, は九つ, は九時頃, は二十四五, は二度目, は云う, は五つ, は五時, は今年, は伸子, は元, は先刻, は先月, は其日, は初夏, は別, は前, は劇場, は十二時, は十六七, は千浪, は千鶴子, は午, は半蔵, は単に, は印度, は即ち, は叡山, は右, は名, は問題, は四十五六, は四月, は大きな, は夫人, は女軽業, は如何にも, は妻, は婆さん, は宮廷, は少年, は幽霊, は必ずしも, は思い, は性分, は慥, は旅拵え, は明治以後, は昨夜, は昨年, は昼間, は時, は時間, は晩春, は最も, は朝, は杉野子爵, は東京ポスト, は正しく, は此家, は母親, は没怪, は熊, は父, は珍, は町内, は町火消, は相当, は相手, は眼, は確か, は紅い, は紛れ, は結構, は翌日, は背, は自然, は近頃, は運命, は金助, は鉄幹, は間もなく, は院長, は雄, は青年, は面白い, は驚いた, は鳶, は黒い, も, もあります, もある, もお, もこれ, もそんな, もたった, もちょうど, も不思議, も偶然, も実, も彼女, も無理, も知らなかった, も要するに, や, やが, よかった, をこちら, をしお, をむしろ, をよく, をよろこん, をわざと, を不思議, を今更, を倖, を召し出し, を合図, を変, を女王, を少し, を己, を彼, を後悔, を御覧, を思い出し, を思わせる, を悔むような気, を感, を感づい, を捕え, を眺め, を知らない, を聞く, を自分, を見たら, を見つけ, を見ました, を覚ったらしく, を認める, を迎え, んや, 見ると

1 [2668件 抜粋] あ, お前, かいそんなに, かいなに近江屋, かい私が, かお金, かこ, かこんど, かしらとひょいと, かしれません, かそうそう, かそれともまた, かちゃんと, かというよう, かとうすきみわるく, かとこう, かとたずねました, かとも思った, かと一どきに, かと声, かと弱く, かと思うた, かと怪しみ, かと松本, かと自分, かと襟首, かど, かなお, かなどという疑問, かのぞいた, かへえ, かもう, かもはつきり, かも知れんです, かよろい下着, かわかりませんでした, かを敏感, かサテぼけかた, か三年目, か不意, か乳, か今度, か伸子たち, か例, か分らなくなりました, か判りやしない, か又, か土耳古人, か女, か寝間着, か尻尾, か忘れ, か我々, か昨夜, か板縁伝い, か正木, か涼しい, か犬, か甲板椅子, か眇目, か知らず, か知れません, か素子, か自動車, か若衆, か蝦夷, か解らな, か迂, か鉦, か青木, か駆逐艦, があつ, がい, がいけなかつた, がおいおい, がかの, がさうです, がそう, がとどのつまり, がぱっと, がまちがい, がよろしく, がゴーガン, がボイル, が一巻, が三十一日, が不人情, が中坂下, が九時比, が二十日, が今朝, が伸銅, が何と, が先, が其奴, が分った, が北町奉行所, が十八日, が口, が同時, が四年前, が夢, が女中, が家, が山辺郡大倭, が廊下, が御手洗辰雄君, が忌々しかっ, が悪く, が打, が昨夜, が月半, が案外, が此, が沈嘉則, が白銀時代, が知れる, が私, が紐育, が老後, が藻西, が誤り, が迷惑, が長助, が頼朝以後, が鳥越町, これ私と, さわざわざ, しらべに, じゃあねえかな, じゃなくっ, じゃ助力, じや, だお, だがねと, だこんな, だその, だちょっと, だったと, だったら無, だって謂わ, だつたさ, だでも, だとばかり, だなん, だらうから, だらう何度, だらう頭, だろうまさか, だろう幼少, だろう頭, だ中耳炎, だ余, だ太平洋, だ改良竈, だ正真正銘, だ神, だ飲みな, であったか, であったら一夜, でありしたがって, でありましょう鳥籠, であるいざ, であるといふ, である我輩, であろ, であろうひとり, であろう何れ, であろう脚絆, であろう鶴, でございましょうよ, でございますし, でござんすから, でしょうかね, でしょうまだ, ですからなあ, ですすると, ですという, です偉い, です実に, でないであろうか, でなくそこら, といっしょ, とこっち, とでションボリ, とは大分, とほか, と伊織, と取替, と姪, と暗, と老, と風聞, などは見た, ならなぜ, なら帰りたまえ, なら明日, なら襷がけ, にし, にはむしろいつも, には大きに, には死ぬ, には頗る, にもよる, にゃ赫, に出会った, に対して, に対して新た, に応じた, に気づい, に驚いた, はありゃ, はいつぞや, はおまえ, はお前たち, はお雪ちゃん, はこうした, はこれア, はすこし, はずっと, はその同じ, はそれ以後, はだから, はぢ, はどなた, ははたして, はひどい, はほんとう, はまず, はむしろ当然, はものすごい, はよう, はよろこばしい, はわるく, はイヴォンヌさん, はコルシカ人, はタシカ, はツムジ, はハバトフ, はベーリング海峡, はモーニング, はヴァローダ商会, は一ぴき, は一名, は一時半, は一通, は丁度三日目, は七月上旬, は万福, は三十一, は三右衛門, は三時頃, は下女, は世界大戦, は中村, は久しく, は九月上旬, は事柄其物, は二十七八, は二十八年, は二時前, は五匹, は五年前, は井戸ば, は人々, は今夜, は仕方, は伸びた, は何と, は何日, は作曲家, は偏頗, は元々, は八橋周馬, は六蔵, は兼, は別に, は割れた, は勇敢, は匂う, は十一時すぎ, は十九, は十五名, は十六日, は十月下旬, は午後, は南海寺, は反, は可笑しい, は同様, は命, は四, は四十前後, は四時二十五分前, は園さん, は地理的事情その他, は声, は夕暮時, は多摩新田金井村, は大体, は大村郷左衛門, は天文十二年, は失敗, は女優, は妻籠, は嫁ぎ, は学生, は安政五年, は宗春, は実際, は宿, は将軍家用, は小児, は小女, は小銃, は尾崎翠さん, は山田申楽, は川上糸子, は巾着ひだ, は平和, は平次, は幾歳, は弟, は役割, は待ち, は御, は念仏者, は恰度私, は感心, は戸, は打見, は指, は支那人, は数日後, は文化, は新九郎様, は既に, は旧い, は明治十八年, は昨日さ, は昼, は晴れた, は最前, は有野, は本人, は本草図譜, は村口多鶴子, は東北, は松田重明, は柳生城, は横山町, は正確, は武蔵様, は比較的, は水色, は江戸前, は泥烏須, は洲崎, は浮世, は清澄, は漁場, は燕, は牛丸, は猟師, は玻璃窓, は生まれ, は田部君, は男雛, は白地, は白羽, は皺くちゃ, は県庁, は矢張り玩具, は石舟斎, は神尾主膳, は秘密, は竹生島, は筋骨逞, は紙, は絶, は罪, は羽, は耕介, は能, は自身, は艶陽三月, は荒くれ, は蓮華寺, は蜘蛛, は裏, は親たち, は認識, は謂, は豈, は買われた, は轡川, は迷子, は逸見多四郎, は道灌山, は金五郎, は金銀宝玉, は鉋太郎, は長, は間違, は随分, は雪子, は革商人, は顔見知り, は飛鳥末, は馬肉, は驚くべき, は鰡八, は黒羽二重, へ平気, もあっ, もあるいは, もお節, もそういう, もた, もまあ, もゆるされぬ, もわる, も乱後七, も分る, も半蔵, も因縁, も大, も少時, も思いがけない, も教会, も最近, も気づかず, も永井, も無駄, も生かされ, も科学, も蒲団, も豊竹屋, やそれや, やらまるで, やら皆目, よく来た, をあやうく, をおお, をきい, をこらえ, をじろじろ, をそこ, をつかまえ, をはかる, をよい, をアッサリ渡辺, を一冊, を一見, を中段, を仁三郎, を伝え聞き, を俊亮, を分け, を十五銭, を危うく, を告げ, を喜ぷように盛ん, を堪らず, を大師様, を女中達, を客, を察し, を島田虎之助, を役者, を忘れた, を思い出す, を怪しん, を感じ, を投げ出し, を拾おう, を探っ, を断る, を根本, を歓迎, を浪人, を白軍, を看, を知らなけれ, を組んずほぐれつ, を自ら, を葉子, を見とめた, を見附け, を言いふらす, を読み終った, を路地, を避け, を開け, を顧みだ, んも, 何とかし, 図々しいぢ, 狐に, 見た人

▼ 来たもの~ (2478, 4.3%)

106 である 10277 ですから 75 だった 70 だと 67 です 62 だから 56 であった, らしい 55 では 43 のよう 37 であろう 36 がある 28 があった 24 だが 23 に相違 22 であるが, であること 21 なの 20 と見え 19 だろう 15 だという, でも 14 か, と見える 13 と思われる, と見えます, にちがい, を 12 であります 11 であらう, であるから, であると, と思はれる, に違い 10 だそう, であって, とすれ 9 があります, であつ, でした, でしょう, とみえ, と言 8 で, ですが, もある 7 があつ, だったが, だつた, だろうと, と見 6 かその, かも知れない, じゃ, だな, であったが, であろうと, でないこと, なん 5 がありました, でありました, であるという, であるらしい, であろうか, とみえる, と思う, は, はない

4 [11件] さ, であるか, でございます, ですよ, でその, といっ, と思った, に過ぎない, に違, は誰, もあった

3 [23件] がこの, だか, だったの, だろうか, であろうが, でこの, でしょうか, でなければ, で彼, で私, と思い込ん, と思っ, と考へる, と見えた, と見る, ならば, なること, の中, の様, はこの, は一人, らしいと, らしかった

2 [81件] かあるいは, かこの, かそれとも, か分らない, か或いは, があり, があるらしい, があるらしく, がこんな, がない, が多い, が或, が沢山, だけれど, だけれども, だとか, だとの, だよ, だらう, だろうが, であ, であったろうと, でありそうして, でありその, でありますから, であるとも, であるの, であろうかと, でおよそ, でご, でございましょう, でございますから, でしょうそれ, ですし, でそれ, でなくて, で今, で自ら内蔵, というしかない, といわれ, として見る, とも思われません, と信じ, と察せられた, と思いこん, と思え, と思ふ, と思われた, と推定, と推測, と知れた, と考え, と考へ, と考へられる, と見れ, と覚しい, なのよ, にご, に外, はその, はまず, は代, は何人, は勝, は恐らく, は数多い, は紺, ばかりで, もあります, も多く, らしいから, らしいの, らしかったが, らしくあります, らしくその, らしく声, らしく思われた, をここ, を今, を出し, を見る

1 [769件 抜粋] あきらめ切れない, かお, かがわからぬ, かこれ, かさもなければ, かす, かそう, かそこ, かそこら, かた, かちっとも, かという不思議, かという事, かとにかく, かとも思われない, かとわたし, かと少し, かと思え, かと言, かどう, かな, かなあ, かもう, かもしや, からいくら, から世間普通, から次第に, かわかりません, かを疑わない, かを知りません, かナオミ, か上下チグハグ, か五六人, か他, か以前, か分らん, か判然, か受取つた男, か向う岸, か問おう, か四方雨戸, か土中, か妻女山, か影, か或は, か持っ, か母指, か気付かなかつた, か白法師, か眼, か知れなかった, か私, か綴じ, か聞い, か自分, か轡虫, か途中, か野垂死, か銭湯行, か青筋, か高い, があっ, があったら, があれぁ, がいつも, がこのごろ, がすっかり, がその, がそんな, がたった, がどれ, がなかつた, がにわかに, がねえとすりゃ, がわれわれ, がハア, が一人, が一朝, が丸, が何, が例, が先住, が其, が出る, が四段活用, が外, が多かっ, が大勢, が天津神系統, が宴歌, が忿懣, が来る, が段々, が混じるでありましょう, が百年, が皆それ, が短く, が肺, が超越, が釣台, さね, さねえ, じゃありますまい, じゃな, じゃないでしょう, じゃないです, すら覚え, その中, その事情, だくわえ煙草, だけだ, だけにはこちら, だけに出来る, だけを入れる, だここ, ださうです, だったという, だったらしい, だった今, だつたの, だで, だとしても, だともかく, だなと, だみんな, だやっぱり, だらうと, だろうという, だわ, だわい, であったの, であったらしい, であったろう, であった様子, でありそこ, でありそれ, でありまして, でありまた, でありギリシア, であり同時に, であり彼女, であり殊に, であり随, であるそれ, であるとして, であるとは, であるには, であるに対し, である事, である以上素直, である天鵞絨, であれ, であろうし, であろうという, であろう微か, でおそろしい, でこの世, でこれ, でござる, でござんすよ, でさえ, でさも, でしたから, でしょう押し返して, ですからな, ですずっと, ですでに, でせう, でそちら, でそり, でそれだけにまた, でそんな, でとても, でないから, でないと, でないという, でなく中央亜細亜, でなく立ち木, でまた, でやすから, でわか, でわし, でイギリス, でコイツ, でサイコロ, で七つ道具, で二十年あまり, で人間, で今日之, で余, で例, で元来, で兎, で初代, で前, で同国, で基督, で大体, で実父, で巻紙, で彼地, で往々, で御座る, で所謂, で明らか, で春日流, で本棚, で標題, で決して, で温浴, で煙草, で秋, で種々, で維新後名, で翻つて, で葫, で要領, で道徳性そのもの, で都, で風呂, で馬来語, とある, とあれ, という, というほか, という意味, といふべきである, といわね, とか申しまする, とが混じっ, とさ, とし, としか思われない, としか思われません, としてむしろ, としても, として取, として観, として軽蔑, としよう, とすぐ, とせられ, とそれ, とでもお, となる, とは大分別, とは必, とは言, とは違い, とばかり思っ, とばかり思った, とみえやす, とも思える, とも思われなかった, とも考えられる, とも見られぬ, とわかった, とを見なけれ, と云っ, と仮定, と分った, と別れる, と反省, と取換えた, と定め, と察しられる, と彼, と思い違い, と思い違えた, と思ったらしい, と思ったらしかった, と思はれた, と思はれます, と思ひました, と思ひます, と思わるる, と思われ, と手早く, と推量, と本, と欺, と正直, と知った, と知られる, と考, と考えられ, と考へられ, と考へられぬ, と自分, と見えました, と見ゆる, と見るべきである, と視られ, と解する, と解釈, と認めよう, と説明, と速断, なこと, なぞありません, などで二人, なので, ならあるいは, ならまたそれでも, なら何, なら取って, なる事, なン, におどかされる, にこの, にした, にしばしば, にせよ, にたとえわずか, にちげ, にはどの, には五十両, には半, には厚い, には珍, には男, には相違, には資本主義, によってもとどめられる, に偽物, に取っ, に可, に対して不賛成, に尋ねる, に強い, に殊に, に河豚料理, に負ける, に過ぎまい, に頼ん, に馬鹿, のため, の他, はありません, はある, はいつも, はおそらく, はかねて, はすっかり, はすなわち, はそういう, はそれでも, はただ, はと言, はなく, はなし, はふたたび, はまさしく, はもうどう, はもっと, はパリ, はポカン, はロシア, は一刻千金, は不名誉, は九人, は事実, は人造人間エフ氏, は今, は何だか, は何とも, は兵, は其等, は出版企業, は前, は卓子, は城塞, は夜中, は妹菊路, は安, は当時, は当時そう, は所謂落付き, は提灯, は文字通りケイテイメイ, は新鮮, は日本人, は最後, は未だ, は札, は果して, は殺陣, は母, は決して, は滅茶滅茶, は無かっ, は特に, は現在, は生き, は痩躯鶴, は白眼, は皆, は相当, は籤, は絵はがき, は絶望, は落合, は薄暗い, は補助, は西洋, は轟然, は過去, は長い, は首, ばかりだ, ばかりな, ほど落ちぶれ, もあつ, もあり, もあれ, もあろう, もことごとく, もなく, も中, も今, も大杉栄, やらと梶, よりは遥か, より遥か, らしいこと, らしいのに, らしい事, らしい目, らしい破れた紙衣蚊帳, らしくおしろい, らしくさっき, らしくそれで, らしくなまなか, らしくほんの, らしくまた, らしく上皇, らしく五説経其他, らしく彼女, らしく梓山, らしく汽車, らしく百燭, らしく直接, らしく途中, らしく野鍛冶, らしく頭部, をあたり近所, をくみとる, をこちら, をさっさと, をそう, をそこ, をだまし討ち, をつかまえ, をと思う, をと角兵衛, をぱく, をほうり, をみる, をむげにも, をろくに, をわれわれ, を一つ, を一面, を丁寧, を会わない, を何で, を兎, を出したい, を出せ, を初, を勝, を取り出す, を威嚇, を帰れ, を忘れた, を思い出し, を手筋, を来ない, を止める, を無限的, を然, を畳, を白鷹氏, を破損, を示し, を素直, を練習, を置きました, を脚色問題, を自分, を見せ, を見なおし, を追出す, を途中, を避ける, を門口, を食っ, を食べない, 哀しさ, 聞きなさい

▼ 来た~ (2425, 4.2%)

478275 です 125 だから 111 ですよ 110 だよ 99 だが 82 ですが 78 じゃない 60 ですか 58 だろう 54 だね 35 でしょう 32 ですもの 28 だそう, ですから 22 だがね, だぜ 20 じゃねえ, だな 19 じゃありません 18 だけれど, だと 17 じゃ, だけど, ですね 16 だわ, ですがね 14 だからね, だもの 13 では 11 だらう 10 だか 9 か, だからな, だって 8 じゃア, ですけど, ですけれど, ですって, や 7 だぞ, ですわ 6 だえ, でございます, ですからね 5 かい, だという, だろうと, だろうね, やない 4 じゃあるまい, だけれども, だつて, だなと, だよう, だろ, でござんす, ですつて, ですの

3 [17件] じゃあねえ, じゃ無い, だお前, だからと, だからなあ, ださうです, だそれ, だとか, だとさ, だねえ, だろうか, だッ, だナ, でございますよ, でしょうか, ですぜ, ですな

2 [32件] さ, じゃが, じゃと, じゃな, じゃなかった, じゃねえや, じゃよ, だあ, だからネ, だけれどね, だここ, ださあ, だし, だない, だねえか, だろうから, だろうが, だろうな, だろうなんて, だろうに, だ言わないか, である, でしょうと, でしょうね, ですがと, ですけどね, ですけれども, です何, やが, やと, やもん, やわ

1 [213件] かな, かね, かのう, か何, か分らない, さ子供騙し, じゃああんまり, じゃあない, じゃあねえか, じゃあねえもっと, じゃあるめえかな, じゃあるめえし, じゃあ事, じゃから, じゃけど, じゃござん, じゃござんすまい, じゃござんせん, じゃごわせん, じゃちっと, じゃちょっと, じゃないでしょう, じゃないです, じゃなかろう, じゃね, じゃねい, じゃもの, じゃアあんめ, じゃ会わねえ, じゃ問題, じゃ有りません, じゃ解りません, じゃ誰, じや, ずら, ぜ, たけれど, だいま, だおい, だおいら, だおまえ, だお袋, だからこそ, だからさ, だからねえ, だからの, だがな, だがなあ, だがねえ, だがの, だけどね, だこれ, だこんな, ださうだ, ださうだがね, ださうである, ださうで札幌小樽, だしねえ, だそうして, だその, だそんな, だっ, だったか, だったらすぐ, だったらどんなに, だったらもう, だっていう, だってとみな, だってどうして, だって威張る, だって怪物, だつけ, だつた, だつたね, だでなあ, だといふ, だとな, だとは, だとよ, だのに, だの悪い, だばか, だべ, だべよ, だもう, だもん, だらうから, だらうが, だらうなどと, だらうね, だらう信平, だらう持つて, だろうあんな, だろうここ, だろうじゃあねえか, だろうって, だろうという, だろうどうせ, だろうなにか, だろうねえ, だろうよ, だろうザマ, だろう気, だろう親分, だん, だネ, だ一目顔, だ今夜, だ今頃, だ先方, だ其様, だ十八文, だ去年, だ年, だ年寄り, だ心中, だ思え出しても, だ昨夜, だ昼間, だ時分もちょうどよかりそうだし, だ東京, だ活動, だ用件, だ真っ直ぐ, だ礼, だ私, だ聴いて, だ覚悟, だ路地, だ途中, だ酔興, だ魂, であるという, でございましょうか, でございますが, でございますの, でござんしょう, でしょ, でしょうあの, でしょうかね, でしょうが, でしょうそれ, でしょうなあ, でしょうなと, でしょうふだん, でしょうよ, でしょうキット, でしょう一月位, でしょう火事, でしょう誰, でしょおちぶれた恰好, でしょ取調べ, でしよ, ですえ, ですお嬢さん, ですかね, ですからな, ですからねえ, ですがねえ, ですけども, ですけれどもね, ですこりの, ですざまあみ, ですじゃ, ですそして, ですたいなあ, ですってさ, ですってね, ですて, ですとね, ですどうか, ですなあ, ですのさ, ですのよ, ですもう, ですツ, です失礼ぢ, です念, です息, です我夫, です構いませんここ, です然, です芸者衆, です貴方, です阿父, でない, でないか, でやす, で御座います, と違いますやろ, ならあからさま, ならあんなに, ならいい, ならおら, ならこっち, ならこれから, ならそう, ならどう, ならもう, ならもう少し, なら出て, なら己, の, はあんた, は丸文字屋, も同然, やあれ, やけど, やこんな, やなし, やよ, やら分らない, やろ

▼ 来た~ (2131, 3.7%)

23 それは 18 彼は 15 私は 12 それを 10 これは, 私の 9 これも, それが, それも, 今は 7 その中, その時, それと, 彼の 6 そのうち, 今日は 5 そこに, 誰も 4 この時, これから先, そこまで, それに, どれも, ふと見る, もうその, 女は, 急に, 昔の

3 [33件] いい, いずれも, え其果て, ここへ, この辺, しかしそれ, そこには, そこへ, そのあいだ, その一人, その間に, それからは, それさえ, ほかの, よかろう, 中には, 主人の, 今夜は, 今度は, 今日の, 俄に, 信長は, 夜は, 帰って, 彼女の, 心は, 次の, 此は, 武蔵は, 物の, 目が, 私が, 自分は

2 [103件] あがる拍子, あとで, あんまり庄吉, いっしょに, いつに, お通, きょうは, くたびれたので, こ, ここでは, ここの, ここまで, ここも, この日, この様子, これさえ, すぐその後, すぐに, そのとき, その二人, その女, その晩, その男, その顔, その馬, それから, それでもかの, それでもまだ, それでも彼, それには, それらは, ために, つてゐる, ともかくも, どうした, どうしても不思議, なにぶんにも, またすぐ, まだ早い, もう海水浴, もとより帰る, やがてそれ, わしは, わたしの, 一度も, 一旦激増, 中に, 二人の, 二人は, 代助, 何か, 何も, 僕が, 僕は, 兄の, 其他一切の, 出て, 前に, 卓の, 唯の, 坂田は, 多くは, 天幕の, 妙な, 妹の, 子供に, 客が, 家は, 平岡の, 彼が, 彼には, 彼女は, 彼等は, 恋は, 明日の, 最後大いに, 格子戸を, 次郎の, 正賓と, 此う, 此も, 母の, 汝も, 法然は, 湯の, 父の, 特殊な, 玄関に, 留守の, 私を, 自分の, 花は, 若い芸者, 茲まで, 葉之, 要次郎, 見ると, 見れば, 途中で, 長吉は, 雨は, 顔の, 鶴さんは

1 [1612件 抜粋] あいつらは, あいにくと, あとでは, あの女中婆, あの歌, あの規矩男, あまりながく, あれだけ, あれを, あんたの, あんまり奇妙, いえいえただ, いくら管を, いつの間にか気, いつもの, いつ雪, いもしない, いよいよ本論, いられると, うんと, おずおずし, おづ, おや花房君, おれもは, お前が, お前の, お前若草の, お杉, お産を, お米, お菊, かくの, からだは, かれ自身, くやしくて, けれど十年前, こうなる, ここで, ここ尼ヶ崎の, こっちも, このあたり, このとき, このミラノ城, この人, この城, この戦争, この最後, この水, この過去, これからいよいよ船, これから故郷, これぞ恐らく水車, これとて, これを, こんなに涙, さあ隧道, さっきから, さてそれ, さて人生, しかし, しかしまだ, しかしよく, しかし北山, しかし彼女, しかし貨物, しみじみと, すぐまた, すぐ傍, すぐ帰った, すぐ驚いた, するとスタールツェフ, せんだっては, そこから, そこで一旦, そこより, そしてそこ, そのあと私たち, そのしきりに, そのなか, そのまま当分, そのペペ, その下駄, その人たち, その善, その場, その多く, その大きな愛, その実物, その当時, その後ばったり, その意味, その懐剣, その折, その拍子, その文面, その時広間, その暴慢無礼, その権力, その状態, その目的, その節日光, その茶屋, その術, その話, その輪, その途, その銭, その間慶長五年から, その顔つき, それからけろりと, それから又暫く, それだけは, それでもなほ, それでも二杯, それでも埓, それでも子供, それでも日, それでも自分, それで風邪, それにすら, そればかり, それ以外には, そろそろ純, たくさんは, ただ一声, たどたどしい仮名文字, ためであった, だれだ, ちょうど下, つづいて, でもそんな, とある山路, とうとう我慢, とても不機嫌, とにかく一朝主家興亡, どうしてもこの, どうしても関所, どうもお, どうも心, どうやら震え, どこにも, どの犬, なお竹中家, なかなか込める, なにかお, なるほど花, なんでも, にぎやかな, のろまな, ひと口水を, ふと佇む, ふと思いつい, ふと華, べつだんば, ほら村, まあ晴, また, またも, また二言三言云, また泊れない, また飛び上っ, まだやはり体, まだ全く吹き止んだ, まだ月光酣, まだ皆, まだ誰, まもなく消え, みんなグンニャリし, むゝ左様か, もういい, もうそれっきり彼女, もう何, もう用, もう遅かっ, もっともっと白く, やがて吉田磯吉, やがて少し左, やがて棕櫚, やがて無言, やしろは, やっぱり不在, やっぱり本性, やはり, やはりだまった, やはり妻, やはり斯, やはり躊躇, ゆき子にと, よい散歩, わからぬから, わたくしは, ウトウトする, サトウの, チラリ大学, ドーンと, マダム三浦の, モリエエルが, レザールと, 一こう, 一切魚類も, 一斉に, 一番うしろの, 一目書斎を, 一般に, 丁度五度目だ, 三万円位が, 三四年前までは, 三谷橋の, 上役は, 不思議な, 与平は, 丘田氏は, 中途まで, 九州豊後の, 二七八に, 二十二人ともに, 二階に, 五刻過ぎたら寝ろ, 京へ, 人も, 人間の, 今ここで, 今では, 今や自分, 今年は, 今日だけは, 今晩は, 今朝の, 仔犬の, 代官松を, 以前来た, 仲, 会わされないから, 会議中ただの, 佇む余等, 何かに, 何だか斯, 何となく顔, 何ん, 何分にも, 何時かも, 余程の, 例によって, 依然として月給, 信州へ, 倦怠の, 僕には, 僕達に, 元より, 先に, 先生の, 兎に, 八十翁の, 六地蔵の, 其の時長吉, 其までは, 其処にも, 具体的な, 再度生, 冷しコーヒー, 出入りの, 刀の, 別に派手, 別れぎわに, 利三の, 力つきて, 化け損なった, 十一月の, 十兵衛過日の, 千野兵庫が, 半兵衛の, 南無三, 危険の, 参ったこと, 又往かなく, 取り戻しに, 古代は, 同じこと, 名を, 君まだ, 呉八段は, 周瑜の, 哀れなる, 問屋も, 噂が, 四国には, 団々たる, 土坡の, 圭介自身は, 地面へ, 塞切ッて, 夏場は, 夕飯を, 多代子は, 大きいの, 大人も, 大沢も, 天井の, 夫人は, 女には, 女将は, 如何し, 姫が, 婢の, 子供等も, 安二郎は, 実はあの, 実は之, 実家では, 室の, 家康は, 富岡は, 寺田は, 小次郎に, 少女の, 屋敷に, 山嵐の, 崩れたよう, 左内は, 己に, 師父ブラオンの, 常に備えある, 年が, 幸いに, 広間で, 庭の, 延べ終え, 当時の, 彼ら百姓の, 後は, 御蔭で, 徳二郎に, 心無し奴, 忽ち人影, 忽ち組み敷かれ, 思ひなしか, 恐ろしくて, 惓怠の, 意外にも, 慾の, 成上りてえ, 或手筋, 所謂河童と, 手紙だけは, 才蔵は, 折柄南禪寺の, 拓務省案は, 振って, 改ため, 数日隔て, 新たに, 方玄綽などは, 日曜日の, 日頃疎遠の, 昇って, 昔は, 昨夜は, 是まで, 昼間は, 時政は, 暗黒の, 書くが, 最う眠い, 最後の, 最近の, 朋輩が, 木山は, 未だ五十, 本当か, 杉右衛門に, 村民らは, 来るより, 東京へ, 果して, 桃太郎は, 梯子を, 森夫も, 様子が, 次になにかぞっと不気味, 歌の, 此家の, 武蔵の, 死なせて, 死後既に, 段々綺麗, 母は, 民俗としての, 気の, 水戸屋で, 汗を, 池上は, 河向うを, 法水は, 流石に, 浜野病院長は, 淫乱後家の, 清岡は, 渡頭へ, 潜門を, 火鉢の, 煮炊が間に合うよう, 父とは, 父親は, 特別大きなこの, 狭い家, 玉鬘の, 現実の, 生命だけは, 生花の, 田部は, 町の, 留置場は, 病気は, 白い大入道, 白髯の, 皆出鱈目だ, 皇帝の, 盗棒, 直ぐに, 直助, 相変らず, 真平御免, 知ってるか, 研究すべき, 社会人の, 秀吉を, 私ひとりだけは, 空々しいよう, 空腹も, 突然前, 第一, 筑紫の, 米や, 純吾, 結局それは, 綺麗な, 美留女姫は, 義観は, 翌日寝床の, 老母は, 聞けば, 能く思う, 腰でも, 自分では, 船から, 若い時分, 若者の, 茂木氏の, 草川巡査は, 落城と, 葉子を, 蒲団を, 蔵六だけは, 蟹の, 行く手の, 行末どう, 裏口から, 見物側からも, 言いしぶった, 話を, 謙蔵が, 警察で, 谷某の, 起きようと, 趙太爺が, 身を, 躰に, 近年に, 近時三河宝飯郡御津町附近だろう, 近松に, 迦羅奢, 途中に, 道に, 遠くの, 部屋を, 酒に, 醤油樽や, 野崎が, 金銀そのものの, 鏡は, 間に合わず, 間もなく世, 間もなく歇ん, 阿Qは, 隠居の, 雪の, 雲州の, 露路が, 靴音は, 頼るもの, 顔色が, 風は, 飛び込んで, 養家の, 馬の, 験べ, 高時に, 髪などは, 魚も, 麻生の

▼ 来たので~ (2112, 3.7%)

103 あつた 58 私は 32 彼は 23 あらう 13 せう, それを, 半七 12 二人は 10 あわてて 9 ござります 8 僕は 7 あらうか, わたしは 6 それに, 急に 5 一緒に, 三人は, 今度は, 家の, 急いで, 私の, 自分は 4 これは, そこに, 私たちは, 私も

3 [16件] お蝶, かれは, それが, それで, びっくりし, ほつと, わたくしは, ホッと, 三人で, 何となく其, 彼女は, 慌てて, 眼を, 私には, 見ると, 驚いて

2 [109件] あっと思っ, あつたらう, あつて, あらうと, いくらか手蔓, いつもの, うれしさ, おれは, お光, お筆, お銀, こ, こどもが, このごろは, これに, これも, こわくなっ, こんな返事, さすがの, しまいには, すぐに, せうか, そこでしばらく, そこへ, そのま, その返事, それによって, それは, たいへん暮し, ちよつと, ついでに, ふたりは, もう仕方, ハッと, 一同は, 両親も, 中, 主人の, 主人は, 二人とも, 二人も, 今まで, 今までは, 仕方が, 他の, 代助, 伊織は, 伯父たちの, 何か, 余は, 作家は, 健三は, 傘を, 僕も, 先生は, 公孫, 六三郎は, 前の, 千鶴子は, 又も, 叔母は, 喜平も, 士は, 声を, 変だ, 外へ, 夢の, 大次郎も, 大臣は, 季因是は, 宗助は, 少し安心, 己れ, 庸三は, 彼らは, 彼等は, 忠一は, 忽ち当り前, 手を, 救われた, 文字春は, 昨夜は, 此処で, 気が, 王子は, 生れて, 甥に, 男は, 痴川は, 目を, 眼の, 私が, 私たちの, 翁は, 自分の, 草川巡査は, 親子は, 話は, 起きるとも, 足を, 逆に, 連れ立って, 遅くなった, 道を, 遠泉君, 長吉は, 非常に, 顔を, 駕籠屋は

1 [1475件 抜粋] ああそう, あたりが, あとさきを, あのひと, あぶなく顔色, あらうから, あらうバクニン, あらう粗末, ある日, あんな苦しい, いきなりその, いくらか胃, いざ出よう, いっしょに, いつか其処に, いまさら図々しく, いよいよいい出しかね, いよいよ故郷, うまかった, うろたえた, おかしいとは, おざる, おそるおそる丹後守, おふくろの, お元, お吉, お常, お母さんは, お節は, お荷物, お酌, お鶴, かけ合った安い, からだの, かれら, きまり悪, ぎょっとしました, げすがな, ここらが, このよう, この動詞, この大正六年, この深刻派, この異様, この間から, これからちょっと行っ, これだけでも, こんな妙, ござりました, ごたごた騒ぎ, さうもする, さっそく行っ, さなき, しきりにどこ, しょせん助からない, すぐと, すぐ泊る, すっかり安心, すわ福知山, せう私, そういう習慣, そうそうに, そこでこそ, そこらの, そっちの, そのうち少し大きく, そのつもり, そのままそこ, そのまま身動き, そのハンバク文, その中間, その伴, その前, その場, その始末, その当時, その方, その晩, その汽船, その発露, その背, その蛇, その貝, その道程, その際当面, その騒ぎ, それでやっとどうやら, それと, それと入, それ迄は, そんなこと, ただちにこれ, だれかかった一座, ちと狼狽, ちんばの, つい泣き, つかまえた手, とうとう十手, とうとう英男, どうしても, どうであった, どこかに, どなりつける, なるせへ, にわかに気, ねそべって, はござりませぬが, ばばは, ひそかに, ひどく吃驚, びっくりしました, ふうふう息, ほかにも, ほんの一二枚, まさか議論, ますます煩悶, またギョッ, また天神さま, また朝, まだ天下, まだ藪, まづまづ僕ぐらゐのところが, みんなびっくりし, もうこれ, もう他, もう名高い, もう食事, やっと人心地, やっと葬式, やりにくかっ, よく人, りよは, わが国威, わっと, アマは, オペラ館を, クインス・ホールで, ケノフスキーは, サト子は, シューベルトの, スと, チョッと, ニューヨークに, バックを, ビールを, ベッキイは, ポテトパイを, リスさんは, 一つためし, 一ばんはじめの, 一人で, 一向に知りません, 一家の, 一寸言葉, 一座は, 一時的の, 一朝一夕に, 一言いつ, 丁度いい, 七兵衛は, 三人に, 三社様が, 上山と共に, 下役人は, 不安を, 与之助を, 丑松や, 世間は, 中七字, 中根慶子さんは, 主税は, 主翁, 久慈は, 乗り込むと, 予は, 二三度大きく, 二人の, 二号として, 五六日の, 五色の, 些とも, 人を, 仁丹からの, 今は, 今主人, 今夜は, 今後は, 今日は, 今朝姪の, 付き添って, 仰天した, 休日には, 会長室に, 住持が, 何ごころなく, 何とか話, 何となく落着, 何の, 何事か, 何気なく診断書, 例の, 信長は, 倉地も, 健ちゃんたちは, 傭女は, 僧は, 兄弟は, 先生の, 全く安心, 八重家の, 六軒歩いたら, 其と, 其語原を, 内所まで, 再び話題, 冠り, 出そう, 出る事, 出来るならいい, 刑部は, 初めて分った, 到る所, 前身は, 力を, 勃然と, 勘定を, 勧められるまま, 北方の, 千歳の, 半七はず, 卒直に, 卓子その他を, 博士は, 却て, 厭という, 又ねる, 又八も, 叔父は, 受話機を, 可哀そうだった, 台所で, 吃驚し, 吉田は, 同時に肩, 名代の, 君子の, 吹き出して, 吾れ知らず, 周章てなければ, 呼びとめて, 問題は, 善昌も, 喬介は, 囃し手, 四角くなった, 土間の, 城下の, 城門を, 変って, 夕方中村さんの, 多くを, 夜中ひそかに, 大へん, 大分盛に, 大勢送出す, 大地が, 大変驚ろいた, 大笑, 大騒ぎと, 太守は, 夫人は, 奈良原典獄は, 女中は, 女房が, 女達は, 妻と, 姑は, 嬉しいよ, 孫策も, 宇野久美子は, 安心した, 定子は, 実に意外, 実際自分, 宿の, 寄手の, 寒中は, 対手に, 尋ねると, 小坂部は, 小次郎の, 小礼服, 少々ヤケ気味, 少し考え, 少なからず, 尤もお, 山浦環は, 岩穴から, 左に, 市十郎も, 帝は, 帰る日, 平太郎は, 年甲斐も, 幸次郎は, 幾日も, 座敷の, 座談会は, 廻りの, 引っ返すこと, 張りつめて, 当然こちら, 彼の, 彼女が, 彼等の, 待たして, 後から, 御馳走の, 心配そうに, 快い気持ち, 思い出したという, 思はず身, 思わず私, 怪訝しい, 恰度十三回目が, 慌て, 我々の, 我藩では, 戦争の, 戸を, 扉を, 手代共は, 打開の, 指定された, 振り向いて, 探りながら, 握られた手, 敏子が, 敵艦隊は, 断りの, 新吉も, 旅館へ, 日本でも, 旦那さまから, 早くそれ, 早速お, 早速不思議, 早速昨夜みんな, 早速豊後守, 昔に, 昨年にな, 是からが, 時々昌平寮, 時計を, 曲者が, 曹丕も, 最早学生, 有った, 有ろう, 未亡人は, 本当の, 村中は, 東京に, 松島見物は, 柏木氏が, 案外に, 権叔父と, 機体は, 止しましたが, 止めて, 此れ, 此機会に, 歩くの, 死んだの, 殿は, 母親は, 気ちがいの, 水を, 決して雄弁, 沢庵は, 法然は, 活気づいた座, 流石の, 浴衣を, 涼しい内, 清を, 渡りに, 湯屋の, 源三郎は, 滝川一益は, 漸く安心, 濡れ鼠であった, 炬燵は, 無代で, 無頓着の, 父に, 父子は, 片方だけに, 物に, 独特な, 猟師は, 王さまは, 珍らしい, 生きて, 田舎娘の, 男女の, 番号を, 畳へ, 痛そう, 百合子は, 皆が, 皆思わず, 盛んに, 直訴の, 県から, 眩暈いがしまし, 知らず知らず身, 知人や, 研究室へ, 社会の, 神代の, 禹は, 私共が, 秘密の, 稼業に, 笑う方, 筆屋の, 約卅人, 細かい話, 絶対的な, 織田信忠は, 義王少し, 翌一八三九年, 老婆は, 背中まで, 自然に, 自身視察し, 至急に, 舞踊家の, 船中かそけき, 色々話した, 芸妓の, 茶わん屋の, 蒲団ひい, 薄暗いうち, 行き狂言四つ, 街頭は, 見せましたら, 見物は, 見送らなかつた我々, 親子三人が, 解雇された, 話の, 誰が, 警固の, 豊太郎の, 財布を, 貴女には, 買い手は, 起き上ろうかと, 起される, 路傍で, 躾けと, 農夫たちは, 近くに, 返そうと, 退屈男も, 途上に, 連れて, 遂に人間, 遂に我々, 遊女の, 遠慮し, 部屋へ, 里子が, 野の, 金を, 銀子は, 銀座裏の, 鏡子は, 間に, 阿Qは, 降りて, 階下へ, 集まって, 難なく要塞, 露八の, 静枝は, 韋は, 頷いて, 頼母は, 飛んでも, 食通ふたりは, 館の, 馴れませぬから, 驚いたもの, 高さ一尺, 魂飛び, 鯖山の, 麻雀ひたすら

▼ 来たこと~ (1854, 3.2%)

120 がある 51 があった 36 のある 29 である 18 のない 17 もある 16 がない 15 か, だ 14 だろう 13 があります, はない, もあった, を知っ 12 があつ, がありました, であった, です 10 を告げ 9 は事実, もない 8 だった, になる, を思い出した 7 に気がついた, を知った, を覚え, を話し 6 であろう, でしょう, はこの, は来た, を告げた, を思った, を意味, を感じた

5 [12件] であるが, でも, になっ, は, は前, は明らか, は確か, もありました, を知らせる, を示す, を考える, を話した

4 [21件] があり, がその, が軽率, でした, では, はありません, はある, はこれ, は云う, は何, は誰, もあり, を, をお, を喜ん, を後悔, を感じ, を知らせ, を知らせた, を知る, を話す

3 [40件] あるの, がお, がなかっ, がわかる, が一層, が今, だから, だが, だし, だと, で, であらう, などを話した, なので, に, のよう, はそれ, はたしか, はなかっ, はまことに, は彼, は決して, は無い, も忘れ, も知らず, も知らない, を人, を告げる, を妻, を心から, を悦ん, を感ずる, を欣ん, を知, を知ってる, を示し, を私, を見, を言, を語っ

2 [95件] かと聊か, から考え, が, があっ, がありませんでした, がどうして, がわかった, がわかります, が不思議, が何とも, が信一郎, が彼女, が意外, が知られた, が知れる, さえある, だけは事実, だろうと, であって, であつ, であります, であるから, でございました, ですが, で彼, なぞを話した, などそれ, などもみんな妾, なの, なん, になります, に対してな, に気, に気がつかない, に気がつき, に気がつく, に重大, のなかっ, はいう, はすぐ, はその, はねえ, はモスク, は一つ, は一度, は今日, は全く, は周知, は恐らくは, は日本, は知つて, は確, は誠に, まで隠す, もあつ, もお, もこれ, もどう, もなかっ, も一度, も事実, も判った, も有った, も知らなかった, やら蔭, よ, をきまり, をこの, をどう, をまだ, をめずらし, をもう, を一応, を今, を今更, を大いに, を彼, を彼女, を御, を忘れ, を思う, を思え, を思わせる, を感じました, を感じる, を注意, を知らした, を知り, を考えた, を聞い, を聞く, を自分, を言っ, を詳しく, を金助

1 [841件 抜粋] あり, ありますねんと, かしれない, かとも思います, かと思います, かと皷打, からこの, から始まる, から婦人一般, から察しる, から推し, から翌日朝夙く, かわからない, か私, がありまし, がありましたろう, があるだらう, があるらしい, があろう, がいわれるだろう, がおして, がおもしろく, がこれ, がございません, がしみじみ, がそぞろ, がただ, がち, がちゃんと, がつくづく, がなくっ, がはっと, がふと, がめったに, が一寸, が一眼, が事実, が二三度, が今更, が何より, が俄, が分っ, が分る, が分明, が原因, が唯一, が因, が察しられる, が察せられる, が少々, が広く, が後悔, が心, が快く, が恐ろし, が悔いられた, が悔まれ, が所謂, が振り, が斉彬, が有り, が根底, が正気, が残念, が気, が浅井, が無意味, が疑, が知らされた, が磯野, が窺われる, が素子, が考へられる, が自覚, が見える, が解つたの, が解り, が辿られる, が鈍い, これから為すべき, さえすこしももう, さえ人々, さえ気, じゃこれから, すら僥倖, すら気, すら聞かされ, そうし, その丸木, その眼, その頃, それから巴里, だからと, だがね, だけで, だけでも世間, だけで充分, だけに答え, だけはどういう, だけは明らか, だけは確実, だってありました, だのこれから, だのまた, だろうが, だ幹事, ってなかっ, づけや, であ, であったろう, であろうか, であろうさあ, でお, でございます, でしょうどんな, ですから, ですだんな, ではじめて, でまた, でもあった, で嘗て, で感激, で斧, で気持, で番, で結論, で越後口, で雪子, とお, とその, と共に日本民族史, と厩衆, と平行, と思う, と思った, と立ち上がり, と関係, と青酸加里, ないわ, ながらどんな, なぞは知らん顔, なぞを皆, なぞを聞いた, などすっかり, などであります, などにあります, などはない, などは忘れた, などもあっ, などもあります, などもまさに, などを, などを思ふ, などを気, など年々, など瞬間, など語っ, なんかあまり, なんかなかっ, にあった, におびえ, にこの, にこの上ない, についてきょう, についてだんだん, については全く, については実に, について伸子, について報告, について好い加減, について涙, になつ, にのみ妻, には来た, にまでもはきはき, にもたって, にもひそか, にもよるであろう, にも気がつかない, によってお, によって一同, によって一義的, によって小説形式, によって昔, によりお, に一般, に反対, に嬉しく, に対しても当然, に対する批評, に庄三郎, に思い及ぶ, に於, に気がつい, に気がつかなかった, に気が付いた, に気づい, に気づかれる, に由来, に胸, に自分, に較べれ, ね, ねえ愛吉, のほか, の中, の事実, の大, の径路, の文学的結果, の有様, の独自さ, の真実, の社会認識, の結論, の証拠, の重大さ, はあった, はあながち, はあなた, はあらそえない, はあれ, はいくぶん, はいつのまにか, はお, はおそらく, はおまえ, はこうして, はございません, はごらん, はすべて皆, はたいした, はだれ, はついぞ, はどう, はどうか, はどうやら, はなかつた, はなく, はほぼ, はまるで, はむろん, はよい, はよほど, はわかる, はわれ, はソヴェト, はロシア歴史, は一般的, は不思議, は並大抵, は争, は事実上, は今度, は仏様, は伸子たち, は何ん, は何卒, は併, は内容, は内緒, は冒頭, は出, は出来る, は別に, は前述, は勝家, は半蔵, は古老, は否めない, は吾, は夙に, は多少なりとも, は夜, は大抵, は太鼓判, は女房, は始, は安心, は実に, は室, は家紋, は寧ろ当然, は平次, は幼年時代, は度々, は徳川世襲, は忘れ, は恐縮, は戦い, は支那, は既に, は暫く, は梟, は此歌, は気の毒, は無かっ, は町人, は疑, は疑う, は皆, は相当, は知らる, は私たち, は種々, は紺絣, は考へられる, は耳, は自給自足, は見易い, は親類, は誤り, は道元, は道理, は遠征魏軍, は長屋, は非常, は驚く, ばかりといっ, まで見届け, まで言い当てられた, もあります, もいつか人, もございます, もそうして, もその, もそれ, もちゃんと, もつひ, もどこ, もない遠く, もなけれ, もはなはだしい, もほんの, もまちがい, もまんざら, もみんな神, もレコード, も亦当然, も人間, も伸子, も名目, も呑みこめた, も実は, も幾度, も庚申, も御座いましたでしょう, も思った, も戦後, も気づかない, も眺めた, も知つて, も確か, も結局互, も考え出された, も行き過ぎた, も見, も計らぬ, も話した, も軽い, やさかい, やそれから, や一家, や夕方, や子, や日頃, や自然, や藤吉, ゆえこの, ゆえ彼, より一層, をあやまる, をいう, をいかに, をうまい, をおぼえ, をおれ, をお母さん, をお話, をお話し, をさえ隠す, をさとる, をしらす, をしらせます, をすぐさま, をそこで, をそち, をそんなに, をたしかめ, をちょっと, をつい, をどうして, をどれ, をはっきり, をぼく, をまた, をまるで, をめずらしく, をもう一度, をも報じ, をも忘れ, をも思った, をよろこびました, をエディ, をニコリスク, をモルガン, を一代, を中国, を九兵衛, を云い聞かせる, を云わん, を今日, を他, を何とも, を何気なく, を偶然, を全部, を共に, を取りついだ, を叫ん, を可, を吾, を命婦, を啓司, を喜悦, を報じ, を報ら, を報告, を天, を妙, を嬉し, を宮, を師匠, を復習, を思います, を思い出し思い出し申しあげる, を思ひ出し, を思わせました, を怨ん, を恐れた, を悔いる, を悔ん, を悔恨, を悦び, を想っ, を想像, を感じない, を感謝, を憶, を我, を手柄顔, を救い, を明らか, を書いた, を書き添え, を根底, を機会, を歯噛み, を母様, を気づかれた, を物語った, を特に, を理解, を申しました, を疑, を知つたの, を知りました, を知ろう, を祝さなけれ, を素朴, を繰り返し, を繰返した, を考えだした, を考へだした, を考へね, を考へれ, を聞きつけ, を胸, を薫, を見考える, を見逃し, を訴え, を話しましょう, を話し出した, を語, を語る, を誰, を軽はずみ, を辺鄙, を通じる, を野崎, を隠したかつた, を非常, を順序, を馬籠, 何一つ云えない, 即ち戦闘隊形, 感ずる所, 沈みゆく太陽, 知れたって

▼ 来た~ (1656, 2.9%)

51 思うと 46 いうので 37 いって 35 いう 34 云って, 言って 31 すれば, 云ふ, 見えて 25 思って 18 云うの, 思った 17 聞いて 16 みえて, 言ふ 13 云うこと 12 いえば, 聞くと 11 云う 10 云った, 思う, 見える 9 いっても, すると, なると, 思ったの, 思ふと, 書いて 8 する, 云っても, 思えば, 言った 7 いうから, いうが, 云うので 6 ある, いうて, 思います 5 いうと, いふので, 云う事, 思うの, 思う頃, 思ったん, 申して, 知ると, 見ると

4 [20件] いうだけでも, いうだけの, いうに, いうよりも, いった, いつて, 云うと, 云うよう, 云うん, 云て, 云われて, 同じよう, 告げた, 思いながら, 思うて, 思ったらそれ, 思つた, 考えて, 見て, 見れば

3 [29件] あっては, あれば, いうだけ, いうのに, いうばかり, いうものの, いうより, いふこと, おっしゃって, したらどう, です, ほくそ笑みを, みえる, 世間では, 云うわけ, 云う訳, 云えば, 云つてゐた, 思ったので, 思ったらもう, 思ふ, 思われて, 思われては, 思われる, 思われる頃, 考へて, 見るの, 言うの, 言えば

2 [62件] あって, いうか, いうじゃ, いうよりは, いうんで, いっては, いふ, いふと, おもうと, お思い, したの, したらその, わたくしどもも, 云うから, 云うが, 云うのに, 云うばかり, 云うものの, 云う証拠, 云う話, 云う餅, 云っては, 云つた, 云ふお, 仮定し, 信号したら, 同じい, 同様に, 彼は, 思いますと, 思う時分, 思ったとき, 思ったのに, 思ったら, 思つたら, 思はれる, 思ひます, 思ふの, 思ふん, 書いた, 申します, 申しますが, 私は, 答えると, 考えること, 考えるの, 聞いただけ, 聞いた時, 聞いては, 聞かされると, 聞く, 聴くと, 見えまして, 見え勝平, 見ること, 言いながら, 言う, 言うので, 言ったが, 言っても, 話した, 順平にも

1 [677件 抜粋] あります, あるか, いいましたのでな, いいますと, いいローリイ, いい伝えて, いい彼, いうからには, いうけれど, いうこと, いうぞ, いうだけで, いうだけに, いうで, いうでねえか, いうでは, いうべきであろう, いうまで, いう者, いえます, いえよう, いえような, いつちや, いひつたへられて, いひます, いふが, いふのに, いわないで, いわぬばかりの, いわれたと, いわれては, いわれても, いわれる, いわんばかりに, おっしゃいました, おっしゃったは, おどろかれます, おぼしめす, おもう, おもうの, おもったって, お八代さん, お前は, お叱り, お言いな, かかれて, かならずあなた, きいて, ききます, きはじめて, こい, こい折よう, こう言った, この辺, こんなこと, さっきから, したから, したところが, したら, したらこの, したら何, したら再び, したら恐らく, したら果して, したら随分, しなければ, しましたならば, するさ, するならば, するなら今, せえ, せめてそれ, そうお, そう私, そう言いなすった, その綱, それからそれ, たい, どのつまり, ないところ, なったらいつも, なりますと, なれば, ひがまれても, ほりに, ほり彼女, みえ, みえます, みえるな, みえ素知らぬ, みえ酒, みなへ, もっともらしい, ゆめ見, よく面, わかれば, わたしに, わたしは, われ自身告げよった, ッて, ヘトヘトに, ラヂオは, 一つの, 一同が, 主人に, 主人は, 事務所に, 二人の, 二人は, 云いながら, 云いました, 云うこれ, 云うじゃあねえか, 云うその, 云うた, 云うだけでも, 云うは, 云う一種, 云う主人, 云う久木男爵, 云う事実, 云う僧, 云う其の, 云う噂, 云う声, 云う大工, 云う感, 云う感じ, 云う懐しい, 云う推測, 云う様, 云う次第, 云う滑稽, 云う男, 云う知らせ, 云う自覚, 云う触込み, 云う記事, 云う顔, 云う風, 云えましょう, 云っただけで, 云ったって, 云った人, 云った時, 云つたから, 云つても, 云つてやる, 云つて位階さへ, 云つて帰つて来た, 云つて斎藤氏が, 云つて泣いた, 云つて私に, 云つて竹の, 云つて赤ん坊の, 云つて近江屋の, 云はれる, 云ひます, 云ふ思ひ, 云へば, 云われたの, 云われても, 云われましたので, 云われる青年, 互え, 人にも, 今年一ぱいを, 仮に見る, 仰しゃるのは, 仰った時, 仰有ったので, 伝えくれいという, 伝えて, 伝えられる至って, 俊雄は, 信ずる, 全く心底, 内心ほくほく, 分ったから, 初めて私, 勘違いし, 半狂乱, 半蔵に, 反対に, 取り次がれたので, 取ると, 取次で, 叫びたり, 叫ぶ者, 叫んだ, 叱られたので, 吉弥が, 同じこと, 同じその歴史, 同じである, 同じ事, 同じ心持, 同じ方向, 同じ方法, 同じ時, 同じ種類, 同じ道, 同時に, 同時に一つ, 同時に一つづしりと, 同時に例, 同時に出版事業, 同時に林田英三, 告げるの, 呶鳴りつけた, 呼ばれるので, 咲が, 唱えて, 問いましたら無言, 喜び叫び, 喜んで, 喜兵衛は, 嘘を, 回想し, 執事に, 報じて, 夢から, 大そう, 大勢し, 大声で, 夫から, 奥さんは, 女が, 妹は, 嬉しさ, 宇津が, 宣言し, 家へ, 家内の, 対う, 尋くから, 小耳へ, 少し怪しい, 屡々私, 幾分あわてる, 彦兵衛が, 彼には, 後へ, 得意さうな, 御番衆, 御話しなさいました, 心に, 心を, 怖がって, 思いでも, 思いのほかに, 思いました, 思いましたが, 思いますか, 思いやがったン, 思いやす, 思い出した, 思い暖かく, 思い知るため, 思い脱獄, 思い込んで, 思うあたり, 思うから, 思うけれど, 思うこと, 思うとき, 思うなじみ, 思うより, 思うん, 思う実相, 思う間もなく, 思う雰囲気, 思えばよ, 思ったお玉, 思ったか, 思ったけれども, 思ったらしくそういう, 思ったらじき, 思ったらすぐ, 思ったら向う, 思ったら家, 思ったら浅瀬, 思った二度目, 思った右近, 思った母, 思った瞬間, 思った自分, 思っちゃ, 思ってでも, 思っては, 思つたから, 思つたのさ, 思つた叔母は, 思つてゐるらし, 思つて下だ, 思つて出, 思はせるい, 思はれる出石人, 思ひました, 思ふうち, 思ふから, 思ふ人, 思ふ所, 思ふ時分, 思へば, 思へる生涯, 思わしめられない訳, 思われた, 思われたの, 思われは, 思われます, 思われるぜ, 思われるの, 思われる処, 思われる御苦労さ, 思われる窓, 思われる落葉, 思ッて, 恨んで, 悲しみながらも, 想像される, 感じた, 感じたもの, 感じて, 成ると, 或人, 手品師が, 拙者の, 断じる, 新吉が, 明言する, 景気の, 書かれて, 書きましたが, 書き残して, 最初言わせた, 東京の, 東京市内の, 次第を, 欣ぶ, 欣んで, 此の, 母は, 気がつくと, 為吉は, 照井は, 狂喜し, 申したほう, 申しました, 申しまして, 申しますから, 申しまする, 申すか, 申すが, 申すの, 申す事, 町の, 白状する, 皆は, 皆言った, 目で, 矢代は, 矢代も, 知って, 知つた竜角峯とか, 知らせた声, 知る, 知るならば, 知れてる菓子, 私に, 私には, 私共, 称して, 称する半, 称する女たち, 称められる, 竹の, 答えた, 答え洛内, 義妹たちは, 考えても, 考えねば, 考えられないこと, 考えられる, 考えられるが, 考えるほか, 考えれば, 考へ, 考へるの, 聞いた, 聞いただけで, 聞いたので, 聞いたら円山, 聞いたら実は, 聞いたら泰造, 聞いた栄, 聞えると, 聞かされた時, 聞かされて, 聞かれた時, 聞くよう, 聞くよりも, 聴いた時, 自信を, 自慢さへ, 自慢する, 舟橋氏は, 良寛さんは, 莞爾として, 蝶子にも, 被告が, 見えある, 見えこんな, 見えすこし, 見えるが, 見えるなあ, 見えるのね, 見える場合, 見える民族, 見える青年, 見え今日, 見え夕方, 見え子, 見え悠然と, 見え板の間に, 見え枕頭, 見え言, 見え間もなく, 見たらしばらく, 見た一同, 見なければ, 見ゆるわ, 見られます, 見られる手甲脚絆, 見るべきで私, 見るべきところ, 見るより, 見立てるが, 視れば, 覚しい一台, 覚しき頃, 覚しくせいせい息, 解すべきもの, 言い出すの, 言い実は, 言い掌, 言い日本人, 言い訳を, 言うからには, 言うが, 言うたでないか, 言うだろうなあ, 言うよ, 言うよりも, 言えたであろう, 言えやしない, 言えッ, 言ったろう目黒, 言ったん, 言ってるが, 言つてる, 言はれ, 言ふんだ, 言へば, 言わして, 言わないん, 言わぬばかりに, 言われよう, 訊かれない先, 記録し, 詐って, 話したこと, 話したら主人, 話した人, 話しますと, 話し合いました, 認めあいそのまま, 認められるよう, 語ったこと, 語りさて, 語り聞かせるの, 語るので, 謂ふから松本君に, 警報頻々であった, 貴公は, 起上る小器用, 踊りながら, 躍起に, 述べ日本高官, 通じて, 通知が, 違った海, 部屋じゅうを, 頼まれて, 馬琴の, 馬鹿な, 騒ぎ立って, 騒ぎ立てる, 驚くばかり, 魔に

▼ 来た~ (1517, 2.6%)

29 と同じ 22 である 21 のこと 20 にはもう 18 のよう 17 であった 1514 であったが 13 にその, はもう 8 にはその, には私, の事 6 にお, に彼, のやう, の話 5 だった, には夜, に私, の道, はお, は私, 始めて 4 お延, にこの, にそこ, には, には彼, には彼女, の方, の通り, は, はその

3 [23件] から何, ですら, とおなじ, になっ, にはお, にはじめて, にはそれ, には二人, には何, には既に, には暫らく, には葉子, に自分, のまま, の彼女, の様, の気持, の言葉, は丁度, は何, は手, ぼんやり幾つ, もそう

2 [73件] あの傍, お国, お庄, からし, からもう, から睨ん, その話, です, とはまるで, とは全く, とは別, とは別人, とは見違える, とは違っ, と同様, と少し, なにげなく世間話, にこれ, にこんな, にすぐ, にそう, にはあの, にはお玉さん, にはこれ, にはしかし, にはすでに, には君, には日本人, には矢張, には陽, にふと, にも帰る, によく, に五月, に何, に俺, に夜, に忽ち, に此, に比べる, に突然, に見た, のお話, の光景, の勝平, の姿, の容子, の彼, の心, の心持, の態度, の所持金, の様子, の気分, の用心, の路, の長持, はいつ, はいつも, はとても, はどう, は夕方, は夜, は彼, は精神, は運動, まで彼, も同じ, よりは幾分, 代助, 持って, 突然向, 突然私

1 [997件 抜粋] あいにくと, あの獅子, ある通信社, あんな物, うんと嘗めさせ, おそろしく急ぎ, おやあれ, お妙, お柳, お逢い, からお, からくさかっ, からすでに, からそう, からそれ, からちらちら, からどこ, からの出来事, からの異状, から一人, から作者, から器量, から小太郎, から店じゅう, から急, から感心, から気, から特別, から目, から私, から菊, から見る, から身体, から鎮台, が大晦日, きっと逢おう, こうためらい, この国, この寂しい, この廃れもの, この病身, この露路, さすがに, しとしと土, すでに, そこで泊り, その人通り, その光, その女たち, その戸口, その時, その水, その独楽, その精霊, その鸚鵡, ただ三好さん, たまたま, だけでもその, だけはしばらく, だけ初めて, だったので, だつて, ちょうど鶏, ちろちろと, であったから, であった夕陽, であつ, であるふと, である内, である彼, である木戸, でいい, でございます, でさえ甚五衛門, ではなかったろう, でもあった, でも何, で丁度, で長火鉢, とおんなじ, とにあたります, との間, とはまた, とは違った, とほとんど, と何ん, と反対側, と変らない, と帰る, と態度, と辻褄, どうしても自分, どんな事情, なぞは, などいつも, などには勇敢, などはこんど, などは浅井, などは非常, など祝儀, なん, なんとも微妙, にああ, にあなた, にあまりに, にあんまり, にいささか, にいつ, におばさま, にお前, にお嬢様, にお雪ちゃん, にくらべる, にこ, にこっち, にしたたか, にだ, にちょうど, につい, にどういう, にどきまぎ, にどんと, にはああ, にはあたたかい, にはいくら, にはおのずから, にはおれ, にはお嬢さん, にはからだ, にはくろ, にはこの, にはすっかり, にはそこ, にはそんな, にはたしか, にはとっぷり, にはなるべく, にはね, にはひどく, にはぶ, にはほか, にはまだすっかり, にはまるで, にはもうすこぶる, にはもう何一つ, にはもと, にはセエラ, にはバス, にはプラトン, には一束, には七月, には世界地図, には中, には二十万両, には体当り, には僅か, には全く, には出, には刑事, には医師, には卯吉, には口先許, には各, には壁, には夕陽, には大坂陣, には大隅君, には妹, には姿, には孫軍曹, には尊氏, には小さな, には店, には彼等, には急, には手, には手術, には日, には時折, には曲者, には朝倉夫人, には東京, には氏, には沈んだ, には波響蠣崎将監, には火, には父, には田舎, には疲れ, には白髪, には監物たち, には真実, には知らなかった, には秀才, には紋十郎, には綾錦, には署長, には胡弓, には船, には草, には蔵王山, には薩摩, には被告, には選手一同, には長屋, には非常, には頗る, には食事, には驚いた, にばかり真に, にまたもや, にみぐるしく, にもし, にもまさか, にもやはり, にも再び, にも必ず, にも気づいた, にも随分, にも鯔, にゃア私, にわかに森, にわたし, にエエよう, にサ, にドア, にムンク, にユンケル製, にリンリン, に一つ, に一同, に一度, に一晩泊, に一緒, に一通, に上流, に下女, に不意, に与八, に両親, に了哲, に二週間, に今, に他, に会った, に何ら, に供養, に僕, に先ず, に兵馬, に其一部, に冷, に出た, に切符口, に前後, に危, に友木, に取りつかない, に君, に呉れました, に嘗て, に大きい, に妹, に子供ら, に宇津木兵馬, に実状, に嵐山, に師父ブラウン, に年, に引き換え, に後方, に心, に思い, に恰度私, に愈々, に愚か, に投げました, に持物, に提灯, に断りましたら, に斯, に既に, に晴, に書い, に月, に未亡人, に札場, に根, に此処, に民族, に水蒸気, に池田, に渡し, に火事, に玄関, に用, に目下, に矢田堀景蔵, に知り, に秋月様, に米友, に紅玉, に縁, に聞い, に船, に茶屋, に虎井夫人, に見れ, に話し, に読ん, に諸君, に辛い, に道, に遙, に都鳥, に門口, に限っ, に隣, に霧, に風邪, に駒井, の, のおかしい, のしかつめらしい, のなつかしい, のボロツ着物, の住居, の元気, の勇気, の半分, の口, の姿位, の屋敷, の山崎, の影, の怖, の暮田正香, の桃割れ, の気込み, の濁り, の無愛想, の痛かっ, の空腹, の経験, の葉子, の覚悟, の記憶, の談話, の顔色, はあれ, はいつのまにか, はおもし, はここ, はさき, はじめて咽喉, はぜひ, はそれほど, はちょうど, はっきり世間, はなんとなく, はまだ, はもうかなり, はわたし, はデスボロ, はモウ吉野, は一度, は一遍, は上, は並樹, は二代目, は五十八歳, は京都人, は他, は何処, は僕, は先生, は前, は十一才, は同時に, は困憊, は売れ, は大分落着, は大変機嫌, は定価, は寄っ, は少し, は座敷, は弟, は彼ら, は心細かっ, は放蕩息子, は新, は春, は曇つた頭, は未だ, は東寮, は柳丹永, は此様なに瘠, は沓掛, は点い, は父, は田舎, は痩せ, は皆屋外, は石山, は節子, は紫紅色, は背中, は自由, は薄暗く, は見張り, は迷亭君, は逸雲, は酔ってた, は陸地, は顫, ばかり水, ぴたりと, ふとせんだってここ, ふと急, ほど将棋, ほど軟かい, また元, までにとにかく, も, もう一度美しい, もかけ, もさうどしたかしら, もしヘルマア, もすぐ, もそれ, もちょっと, もやっぱり, もわかっ, もオド, も今度, も其前, も初め, も去る, も岩村県令, も日の丸, も油井, も深く, も用心, も面, やっと長椅子, や万さん, よっぽどあの, よりは一層, よりもずつと子供子供, よりももっと, よりも一層, よりも余程, よりも師匠, よりも明確, より打解けまし, わざわざ医者, を見, グッと, 一応ここ, 丁度半纏, 云った, 何だかギルテー, 何とか自分, 何故私, 先ず気づいた, 初めて身, 叩きつけたが, 大へん, 嬉しいはと, 実はそんなに, 尋ねて, 少し改まった, 引っ捉え, 待って, 態と出ない, 折りには, 捨てられた犬, 摺れ違い, 既に蒼い, 早くも, 最も彼, 果して如何なる, 歩き廻った墓地, 渡したら火, 漸く自分, 烈しい風, 無目的, 着て, 突如と, 突然お, 突然ボッーン, 突然新, 立ち停って, 第一番, 細い急, 美しい衣服, 若い先生, 逃げ出すの, 通った部屋

▼ 来たよう~ (1384, 2.4%)

120 な気 91 なもの 6844 です 33 である 20 であった 16 な感じ, に思われる 15 だが 13 だった 12 な心持, な気持, に思われた, に見える 11 ですから, なこと, に思う 10 だね, な人, に 9 でした, な顔, に思った, に感じた, に見えた 8 にその 7 だから, だぜ, だよ, であるが, ですが, ですね, なの, なわけ 6 だな, な, な次第, に思っ, に思われ 5 で, なので, なものの, な事, な女, な気持ち, な訳, にし, に思えた

4 [11件] だと, であったが, でしたが, なこの, なふう, なもん, な形, な思い, な様子, に思われます, に覚え

3 [16件] だったが, ですよ, でも, なお, な場合, な始末, な心地, な男, な道, にいう, にこの, に彼, に思いました, に思われました, に感じられた, ね

2 [45件] じゃ, じゃない, でありますから, であるから, でしたよ, では, なその, なところ, なトラブルス, な人物, な体, な具合, な口吻, な古, な姿, な子供, な引用抹殺, な形跡, な心細, な新芽, な物, な異変, な節子, な結果, な連中, な顔色, な風, な騒ぎ, にさえ思われた, にそれ, になった, にも思う, にも思えた, に喜んだ, に声, に思います, に思え, に感じ, に感じます, に空, に考える, に見え, に見えます, に誰, 来た

1 [471件] かな, しきりに畳め畳め, じゃが, じゃったが, じゃな, じゃねえ, すです, すなので, だおれ, だお前, だがね, だし, だでは, だとの, だひょっと, だわい, だネ, だ少し, だ明けて, であったから, であります, でありまた, であるそれ, であるぞ, でぎょっと, でけれども, でことに, でこのごろ, でございました, でございますが, でございますよ, でござる, でしたね, ですけれど, ですこれ, ですぜ, ですな, です子供二人, でどうにも, でないから, でモスリン, で今度, で伸子, で住持, で体, で体じゅう, で何, で厭, で口, で壁, で寝台, で御座いました, で戸, で押, で昨日, で歯痒い, で沽券, で秋, で穿いて, で羽織, で胸, で自然, で道路, なあいまい, なあんな, ないうに, ないや, なうっとり, なおよつの, なお話, なかたち, なきざ, なけ, なし, なせりふ, なそういう, なそこ, なたのし, なつもり, なとても, ななんとも, なにぎやかさ, なひどく, なぼんやり, なまことに, なまろ, なやり方, なよろこびでした, なわい小, なんで, なアンバイ, なエジス夫人, なクリティシズム, なゴーリキイ, なショーウインドウ, なホゾ, な一種, な一脈, な不利, な不幸, な世にも, な中, な事実, な人たち, な作り話, な作為的, な傍聴人席, な像, な兄弟, な光, な兵法家, な内書, な冷静, な処, な割れるが, な動揺, な勢い, な印象, な去年, な叫び声, な哲学, な唯一人, な喜色, な嘘, な噂, な囚われ, な声, な変則, な変哲, な多彩, な夢幻的, な大きな, な大人, な大小, な天真爛漫, な失望, な女二人づれ, な女性, な奴, な妙, な姿勢, な婆さん, な嬉しい, な安堵, な客, な容貌自慢, な寂しい, な寒, な寒い, な少女, な山, な巡り合せ, な工合, な幻覚, な当て推量, な形容, な彼女自身, な後ろ姿, な得, な御, な心, な心もち, な性質, な怪しい, な恰好, な悪徳, な愉快さ, な態度, な憶えが, な戦慄, な手, な指, な按配, な挨拶, な方, な日本美人, な明け暮れ, な時, な時期, な景蔵, な暗, な暗い, な有様, な朝, な木, な本, な本質, な植木, な権田, な歓喜, な歩き方, な残暑, な段階, な気もち, な気勢, な水, な水色, な法学士, な消費, な混雑, な温い, な無頼漢, な焦り, な焦燥, な狼狽, な理屈, な理論, な生々しい, な生白い, な百姓家, な目つき, な眼顔, な禅僧, な種々, な端正, な美し, な美男, な翁, な老, な老いぼれ清水, な老人, な者, な胸騒ぎ, な自分, な自覚, な自負, な色, な色んな, な落付きよう, な落葉, な虚言, な衝動, な衝撃, な表情, な要素以外, な親爺, な記事, な話しが, な調子, な豪傑肌, な豫感, な足どり, な足音, な返事, な過去, な醒めた顔, な錯覚, な陽気, な雄渾さ, な雅致, な青年, な音, な音変化, な順序, な頼みぶり, な頼もし, な顔つき, な風情, な風采, な黒馬, にいきいき, にいつの間にか, にうっかり, にお, におばあさん, におもわれました, にかんじられ, にがたがた, にき, にこれから, にさえ見える, にさむい, にすこしぐったり, にすすけ, にそう, にそこ, にそこそこ, にぞんずる, にちっとも, にど, にどんな, になっ, になめくじ, になん, には思いません, にひどく, にまくし立てられ, にまっ黒, にみやびやかになったのも, にむくん, にもあるです, にもし, にもなり, にも思え, にも思える, にも思わない, にも思われた, にも感じられ, にも考え, にも考えられた, にも見られた, にも見られる, にやっ, にゆらりゆらりと, によろこび, にわたし, にイギリス, にカメラ, にキョト, にキラリ, にジェリー, にパッ, にブルブル, にホッ, にワザ, に一しょ, に一人, に一時, に一目散, に一般的, に一隊, に七名, に不得要領, に不意, に世の中, に主, に主観的, に二人, に二階, に云い触らす, に亭主, に人, に他, に仰がれた, に伝え, に伝えられた, に伝える, に伸子, に作品形式自身, に例, に信ぜられ, に俺ら, に公武対立, に凄い恐ろしい, に出たら, に切なくいとしく, に勝手, に厚ぼったい, に取っ, に受取, に同じく, に向う, に君, に吹聴, に呉一郎, に呟いた, に呶, に呶鳴ッ, に咳払い, に啼きぬい, に城下, に変え, に女の子, に妻, に嬉しく, に子供ら, に完全, に客, に客間, に寒く, に寝, に寺, に山肌, に市中, に常識, に得々, に御, に心, に思い, に思い出され, に思わせる, に思われないで, に急, に性格, に恐れ, に悲しん, に愉快, に感じられる, に感心, に慶応四年開国以来, に憚り, に戸棚, に折, に敵意, に文芸, に新吉, に日本, に旨く, に木の葉, に柱, に格子, に歩調, に決してそれほど, に沢庵, に涙, に混濁, に湿れ, に滋幹, に濡れ, に火鉢, に無, に瑠璃子, に生れつき, に申します, に白鉢巻, に盛ん, に目, に目元, に眉, に真直, に私, に種々, に突然, に笛, に精神病理学的, に素直, に綺麗, に縁, に縦隊, に聞える, に能, に舟, に茶色, に落ちついた, に落着き, に衣桁, に見えました, に見え出しました, に見せかける, に見られた, に見受けられる, に覚えた, に言いふらし, に言い伝える, に言い触らし, に言う, に言っ, に記憶, に訳, に話, に話した, に話す, に論理, に講釈, に賑わった, に足, に身の毛, に途中, に通俗化, に過去, に遠く, に邪推, に露八, に静か, に鞍, に音楽, に顔, に顔色, に風呂敷包み, に驚い, よ

▼ 来たという~ (837, 1.5%)

39 のは 36 ことは 32 ような 26 ことを 23 ことが 19 のである 12 のが, のだ, のも 11 ことだ, のか, 事を 10 ことで, ことである, ことに, ことも, わけで, 話を 7 ことです, のです, 感じが 6 ことであった, ように, わけです 5 のを, わけな, 噂が, 気が 4 ことの, ので, わけだ, 事実は, 方が, 訳で, 話も

3 [14件] ことだった, ことであります, ところも, のであった, のであります, ものです, 事が, 事実が, 人が, 噂は, 女の, 話だ, 風で, 風に

2 [33件] ことさえ, ことでした, ことについては, のだった, のだろう, のでしょう, のには, もの, ものさ, もので, ものは, わけさ, わけに, わけの, んじゃ, んだ, 事に, 人も, 感じだった, 次第な, 歴史を, 気持です, 現象は, 理由は, 男の, 知らせが, 者が, 者の, 証拠に, 話が, 話で, 話は, 話や

1 [338件] あの珍, ありのままな, あッし, うちに, うわさが, お前自身を, お力が, お千鶴, お房, お武士, かたちだった, こった, こと, ことから, ことそして, ことだけ, ことだけから, ことだけさ, ことだけでも, ことと, ことには, ことまで, ことや, ことをも, こと従って, こと日本の, この二人, この男, この老人, さわ子の, そのいい, その下絵, その小石, その心持, その意味, その水門口, その青年, その驚くべき, そんなら, ためでも, だいそれた色師, ではやっぱり, ときには, ときの, ところが, ところだった, ところであった, ところに, とるじゃ, どよめきが, のかい, のでございます, のでした, のでなく, のとは, のに対して, のよ, のよく, はなしを, ふうである, ふうに, ふうにも, まだ若い, ものかも, ものが, ものだ, ものだろう, ものも, もんで, もんです, わけ, わけじゃあ, わけだった, わけでございました, わけね, んじゃァ, んだろ, んだろう, んです, フィリッポフは, 一事だけでも, 一事を, 一人の, 一層特殊, 一般現象の, 三名は, 三浦大介義明の, 丑松の, 主観的な, 事から, 事それも, 事も, 事より, 事実だ, 事実であった, 事実です, 事実と, 事実とも, 事実に, 事実を, 事実をも, 事情が, 事情を, 二人の, 二人連れの, 二枚の, 云い方, 亢奮で, 人それが, 人たちばかり, 人などに, 人事的現象としての, 人間は, 仙台の, 以外に, 件こいつは, 伝説が, 位の, 佐渡島他吉が, 体なれ, 信仰が, 偶然が, 元園町, 全国の, 六波羅飛牒などに, 其の頃, 具合に, 前例が, 前後の, 剛の, 力持ちの, 勝重が, 印象を, 取沙汰も, 古びた天鵞絨, 叫びが, 吾妻村の, 品種を, 唯一の, 喜ばしい報告, 嘘の, 噂だ, 噂であった, 噂である, 噂を, 四十がらみの, 図星まで, 報告が, 報告の, 報知が, 場合は, 変則が, 外は, 外的原因の, 大平峠の, 大理石の, 奇蹟も, 奴や, 姉の, 姿であった, 嫁御寮ただでさえ, 安心が, 安心の, 実に不思議, 実感の, 密使は, 寸法か, 小鳥たちは, 履歴を, 山科の, 山魚の, 工合です, 帷幕の, 形, 形な, 徐福は, 徴であった, 心地である, 心持ちに, 心持に, 心持を, 忍び足は, 悽愴な, 情報も, 意である, 意味が, 意味で, 意味です, 意味では, 意味に, 意味の, 意表外な, 感じだ, 感じでありました, 感じである, 感じを, 感を, 感慨も, 感触, 態度で, 手つきで, 投げ節, 敵は, 新来の, 新鮮な, 旅の, 旅情が, 昔ゆかしい, 有名な, 有様であった, 木で, 札つきの, 東京生まれの, 案内が, 案内で, 棚晴船頭, 様子で, 様子であった, 様子も, 次第, 次第です, 次第でも, 正香は, 武勇伝が, 気持, 気持ちです, 気持でも, 気持に, 沢田の, 注進だ, 注進を, 滑稽な, 漠たる感じ, 点だ, 点で, 点を, 父が, 父の, 物語りが, 特別な, 犬を, 猛々しい言葉, 玩具の, 現実の, 現象に, 理な, 生の, 男が, 男と, 男は, 真珠入りの, 矢田さんは, 知らせだ, 知らせで, 知らせは, 知らせを, 石の, 祖母さんは, 祖母さん叔父の, 祖父の, 神保光太郎君と, 私に対しては, 程な, 稽古を, 穴は, 空気が, 素振りを, 経験には, 緊迫感で, 美しい処女シャーロット・コルデー, 美しい女, 美点の, 義理も, 肖像画の, 自他の, 自信が, 自嘲自責で, 自慢, 自慢話を, 自覚は, 自負や, 若い外交官, 草の根を, 菓子折を, 著しい事実, 裏街の, 裏門の, 見得で塗り, 見習士官なんぞに, 覚え帳, 言葉を, 記事が, 記事も, 記念の, 記憶が, 訳か, 訳じゃ, 訳じゃあ, 訳だ, 訳です, 訳箱だって, 証拠が, 証拠には, 証拠を, 評判なども, 評判の, 話, 話であった, 話と, 話まで, 説は, 説も, 警報を, 谷の, 豪勢さだ, 足なみでも, 路すじを, 鄭重さの, 金色の, 関係も, 陳述だった, 電報を, 青年が, 非常ぶりを, 面ぶれ, 頓馬な, 顔を, 類の, 風だった, 風な, 風にも, 風の, 風情の, 風潮に, 養女名儀の, 駕籠屋まで, 鬼の, 黄金の

▼ 来たから~ (762, 1.3%)

87 である 35 であった 18 です 1611 だった 7 であります, 私は 6 では, 今日は 4 でした, でも, 一緒に, 何か, 僕は

3 [11件] すぐに, それを, だと, で, であつ, であろう, でございます, ですよ, 大丈夫だ, 見に, 誰も

2 [19件] こいつは, これからは, これを, それに, だが, であろうと, どうした, また雪, 何でも, 兵馬も, 出て, 多分この, 故障も, 斯う, 様子が, 直ぐに, 私も, 見ると, 雪が

1 [478件] あなたに, あの後, あの懐剣, あの時, あの男, いいじゃ, いいでしょう, いいよう, いけねえの, いつでも, いつでもへ, いふが, いよいよ夏, うまい工合, おいらたちも, おいらも, おたがいに幸い, おとなしく待つ, おまえとは, おれが, お出でよ, お前に, お前も, お前達も, お君, お客は, お寺様で借, お暇, お松は, お燕坊, お絹, お詣り, お食, きっと永い, きょうの, こいつを, ここでは, ここらで, こっちから, この時, この案内, この画, この目, この話, この頃, こりゃあ詮議物, こりやあ, これから往, これに, これは, これも, これをも, こんなに, こんな事, こんな眼, さあ大変, さう, さてこそ, さても, しめたもの, じゃ, するて, そうして貰いたい, そう思いたまえ, そっとここ, そのまま枕, その二名, その人, その接待, その方, その日, その次第, その淋し, その甲斐, その積り, その話, その話したら, その返し, その都度向う, それから, それが, それで, それでお茶, それでこの, それでムク, それで一層, それで宜, それ位の, そんなこと, そんなに力, そんなら, そんな事, そんな小包, だとも, だは, だよ, だろう, だわ, ちっとは, ちつぽ, ちょうど伊藤松坂屋, ちょっと外, ちょっと行っ, ちよつと, ったっても, であらう, であらうと, でありました, でありましょう, であると, であろうが, でこれ, でございますよ, でございませうか, でござる, でしょう, でせうが, でそれ, で上代, で御座いました, で源氏, で麦畑, どうか, どうか其様, どこを, どっさりごちそう, なお疲労, なの, に過ぎないので, ぴったりく, ぶん殴って, ほかの, ぼつぼつ戯曲, まあ怪我, まあ此処, また医者, めしは, もうそろそろ出かける, もうだいじょうぶ, もうとっくに出発, もう一台, もう何, もう俸給, もう取返す, もう塁壁, もう大丈夫, もう安心, もう少し池, もう帽子, もう死ん, もう産む, もう直ぐ肌, もう舟, もう詳しく, もう負けない, もの, ものの, もはやそれ以外, やかましい小言, やっちまったん, よいよう, ようアヽ好い, よく知っ, よほどい, よろしく日本, よろしく頼む, わざとその, インテリ, オレは, グツと, サ, サ老, チットばかりの, トン子ちやんでも, ホテルで, ボロン, マアいい, メソジスト犬と, ラサ府を, 一しょに, 一つ注ごう, 一刀の, 一同は, 一寸二十銭借し, 一寸二十銭貸し, 一寸寄った, 一度に, 一度見たい, 一所懸命に, 一日ゆっくり, 一旦これ, 一行十二人の, 万一先着, 上げるわ, 不如か, 不審に, 不思議であった, 不思議な, 不思議に, 世間の, 中, 二三日中に, 二日目からは, 今おれが, 今この, 今夜は, 今度の, 仕方なし, 仕様が, 仰天した, 伜には, 何かと思う, 何かと思ったら, 何も, 何よりです, 何を, 何んな, 何分よろしく頼む, 何枚かの, 例の, 侍奉公する, 俺は, 傘ア貸せよ, 傘借り, 僕が, 元気に, 先住民族は, 先廻りを, 兎に, 入りはい, 全家, 全部, 兵馬の, 其の一人, 内々密, 冗談に, 分ったのよ, 分るだろうが, 前貸だ, 加代姫が, 助かつ, 勢観房は, 医者を, 十分贅沢を, 十年ばかりは, 参考の, 叔父さんは, 取っつかまえて, 取って, 受け取って, 口の, 可い, 可いでせう, 可愛がっ, 台所へ, 名残惜しげに, 君に, 君は, 君ら四人が, 唯島を, 四方山の, 地方の, 堪らない, 堪るべきわけ, 変えるという, 多くの, 多分お, 多助か, 夫が, 女が, 好い, 好い天気, 如何し, 如何に, 如何にも王号, 妖怪が, 妙じゃあ, 姉ちゃんは, 委しい様子, 姫は, 嬢様も, 宅助は, 安心し, 安心だ, 安心を, 宗教の, 実に魂消た, 家を, 寄ったん, 寄って, 寄つて見た, 富五郎が, 寝かして, 寝覚めが, 専ら野猪, 尊も, 小此木先生へ, 少し忙しく, 尻端折を, 山をも, 山嵐と, 山平殿と, 差支えの, 己が, 帳場に, 幸内は, 序に, 当分お, 彼の, 往って, 待って, 後までと, 御用を, 御馳走を, 徳田屋の, 必ずしも探偵小説, 忘れないうち, 応援した, 忽ち大, 急いで, 息子を, 悪かっただ, 悪漢に, 戸を, 手に, 手を, 折角では, 拾って, 持って, 指先に, 捉まえ, 擬いの, 文三が, 断はる, 新吉は, 日なたぼつこに, 日暮までに, 日本流の, 旦那様へ, 早い話, 早くし, 早く供え, 早く早く赦す, 早く来, 早く気球, 早速その, 早速やらせる, 明けて, 明日は, 是で, 是非やるっ, 時田に, 晩に, 暫く家, 暫時も, 最う我慢, 最後の, 有楽町から, 机の, 来うや, 案じずに, 歓迎会を, 止むを, 此処ぞと, 此処の, 此方は, 殆ど一ヵ月ね, 母さんに, 民衆の, 気を, 法然も, 泡を, 浅薄な, 海石榴市である, 淫仙先生も, 渡して, 為替が, 無躾, 無駄は, 然うし, 燃料補給の, 特別に, 狂乱の, 狸寝入, 玄堂さん案内し, 珈琲を, 理を, 生徒も, 男子の, 疑うこと, 疲労れた, 病気に, 痛みが, 皆変だ, 直して, 直に来た, 直に逃げなくっ, 相棒と, 眼の, 着換えよう, 知らせようと, 石段を, 私から, 私が, 私に, 穴守へでも, 窃かに, 箭を, 紅茶と, 結局俺一人に, 縁から, 繁殖という, 聞くと, 腿を, 自分から, 自分でも, 自分も, 良いよう, 芸術院に, 若しや, 華族さんや, 血気盛んな, 行かなくっちゃ, 行って, 見て, 訊いて, 訊ねて, 訝しいと, 話す, 話を, 説明し, 読で, 誰でも, 調べて, 談じこん, 谷中の, 貧乏と, 買いましょうが, 贈りたいもの, 起きた事, 起きて, 起きろよ, 足を, 農村に, 近いうちここ, 迷亭に, 追っ攘, 送つて, 送り帳に, 逃げたもの, 逃げべ, 連れ立って, 週刊新聞も, 遂にここ, 遅くなった, 遅くなりました, 釣りましょう恐ろしく, 長いまま, 長屋の, 間違いも, 障子を, 難有, 電話の, 露八も, 颯々と, 颯と靡き, 食べて, 飲ましたの, 飲まない, 飲むが, 馬に, 驚いた, 驚いたろうじゃあ, 驚くじゃあ, 鬼子母神様へ, 魂消て, 鳥渡往って, 黙って

▼ 来たとき~ (573, 1.0%)

9 である, のよう 8 のこと 7 お島 5 だった, と同じ, にはもう 4 にその, はその, はもう 3 です, にこの, にわたし, のあの, の話, は, 多計代

2 [29件] お光, お庄, からこの, からの私, から見る, その男, であった, と同様, と違っ, に, にここ, にそこ, にどうして, にはそれ, には私, に彼, に彼女, に感じた, に持ち出せ, に水面, に美奈子, に青年, はお, はこの, はまだ, はわたし, は夕方, は太陽, は夫人

1 [434件] あちょうど, あらゆる凹み, ある商務官, あんまりおば, いきなり伸子, いきなり足, いざ沖, いよいよわかれ, おや洗面器, お増, お清, お通, お駒ちゃん, かぶってた赤い, からそう, からのこと, からもうすでに, からもひとり自分以外, からジャージャー, からマルクス家, からマン, から保, から彼, から極めて, から気がつい, から気持, から玄鶯院, から生き, から病人, から自然椅子, から鳴っ, ぎっしり詰った, こっぴどい目, この室, この忌まわしい, この慶次郎, この素人職工たち, この道, さ, さう, さ僕ら, ざっと掃く, して, しばらく待たせ, すぐに, すぐ寿江子, すぐ朝日新聞, すっかりあて, するやう, そう精勤, そのうしろ, そのとき, そのままの, その女, その肝煎り, その闇, たてて, だ, だけであった, だの, ちょうど木橋, であったか, でありました, でした, ですら, でなくては, でもそんな, でも彼等夫婦, とうとう三匹, とうとう自転車, ときょう, とこんなに, とちつともか, とにかく卒業, とは反対, と元気, と心持, と殆, と花, どうした, どうだ, どんなにつよく, どんなに私, などどうやら, などは永代経, などよりももっと, などよりももつ, なんか恐ろしく, にあっち, にある, にいた, にお, におきぬ, におれ, にお節介, にかれ, にきいた, にきっと, にこういう, にずいぶん, にちょっと, につけ, にどう, にどうも, には, にはいつ, にはお, にはかなり, にはこの, にはこんど, にはこんな, にはそうして, にはたしかに, にはちゃんと, にはへん, にはまさに, にはまだ, にはもうだいぶ, にはもう幾分, にはイワン, にはフィリッピン材, には一人七, には二人, には五百余り, には人, には今度, には何ん, には僕, には可愛い, には吉田, には大, には大きい, には娘たち, には年, には彼ら, には必ず, には快活, には恐ろしく, には敵, には日, には暴漢たち, には泥, には烏, には空家同様, には立ち寄っ, には衣, には表, には見違える, には道, には部屋, には鏡, には顔, には髪, には鯨, にふと, にもこの, にもどうも, にも妙覚院, にも手帖, にも枯れ, にも狭い, にゃあの, にゃ食糧難, にリーズ, に一足, に一間, に三人, に三年坂, に三艦, に上, に下磯部, に主人, に二人, に云われた, に伸子, に俥, に僕, に内部, に再び, に出した, に初めて, に半ば, に印袢纏, に原田どの, に四人, に士官, に夏目先生, に奥, に奥の手, に女, に婦人, に学者, に小さい, に山田さん, に急, に或, に持っ, に探偵等, に搗き, に政治上, に既に, に日本人, に早く, に柚木, に桐山, に梯子, に死刑, に母, に比べる, に男, に私, に私一人, に突倒, に突然, に筆, に素早く, に置い, に老女, に自制, に花川戸, に萌し, に表, に見た, に覚えた, に親, に訊い, に貰っ, に越後, に道, に遣戸, に間平戸, に鞍, に龍馬, ね日本側, の, のあわてかたったら, のその, のとおり, のまま, のみに手, のみやげ物, のやう, のステーション, のルミ, の事, の光景, の写真, の好, の姫, の小説, の座席, の座談会, の彼, の彼女, の復一, の心持, の感想, の拠地, の最初, の服装, の正直, の気取りいっぱい, の疎, の着, の社会主義的リアリズム, の素振り, の落ちついた, の行列, の道, の雛妓, の驚異, の龍, はお礼, はかなりいろいろ, はかよう, はさも, はじめて和一郎たち, はじめて咽喉, はじめて新吉, はじめて本もの, はすでに, はどんどろ, はなかなか, はほんの, はまあ, はみんなまっ白, はもっと, はも少し, はやはり, はモスク, はラジオ, はロンドン, は一人, は三階, は乞食, は二, は二十本, は二百人, は人車鉄道, は今夜, は何, は先ず, は別, は半分夢中, は夜, は始めて, は後, は復一, は心痛一杯, は心配, は思わずハッ, は折れた, は新八, は橋, は母, は水, は波, は泣きたくなった, は洗濯桶, は温泉, は無かっ, は無論, は田舎生れ, は男世帯, は石炭, は秋, は米国空軍, は胸, は薄, は虹, は裾野, は見出される, ひらかれた歓迎会, ふっとこの, ふと何処, ふと気づい, ふと言い出した, ふるよう, またくれた, またその, また千鶴子, また幹, また親戚, また言い合した, また近く戦争, まだすまず, まだ火, まちがえて, まではたしか, むく犬, もう昭夫, もきっとボリボリ, もこう, もここ, もこんな, もしばしば, もすっかり, もそう, もその, もちょっと, もひき揚げ, もまだ, ももう, もツケヒゲ, も伸子, も出, も同, も日満, も渡舟, も眉毛一本, も菜穂子, も退院, も関節炎, も静, も顔見知り, やはり先生, やはり雪, ようやく彼, ようやく慶助, よかった, よりは日, よりは浪, よりももっと, よりも二尺, よりも容易, よりも寒い, よりも芝生, より余計, より建増し, ハッと, 万一あれ, 上げる, 云って, 何とも云え, 優しくは, 入れちがいに, 出かけて, 出迎えた女, 割にその, 匂う, 同じ飛行場, 同藩, 呉れました, 困るぞ, 大きな五升入, 大きな電気ショベル, 大きな麦藁帽, 大瀞, 始めて, 少しずつ, 常にその, 思いがけずに, 払えば, 新しい躾, 植えさせた合歓木, 殺したと, 特に下賜, 生きて, 真白い月, 着かえた観世水, 老紳士, 蒔いたの, 見せて, 見て, 見馴れききなれて, 買って, 買わせた菓子, 起き上って, 軽い口調, 追ひつ, 隣りの, 雄々しく闘っ, 青い橙, 青白い仮装団

▼ 来たところ~ (517, 0.9%)

42 であった 24 だった 2218 です 11 だと 10 である 9 なん, を見る 8 なの 7 で, であつ 5 だが, でした, でそれ, のもの 4 さ, だから, であるが, で彼 3 じゃ, だつた, だという, ですが, よ, をみる, を見た 2 からこれ, でこの, で三人, で彼女, による, の世代, の通行券, もある, をつかまえ

1 [275件] あの船, からし, からつい, からついに, からつづい, からはしなくも, から一旦, から不意, から始まり, から完全, から左寄, から私, から身軽, から近い, から逃げ去っ, から頻り, がこれ, がほとんど, が土人, が寂しけれ, が少し, が気に入った, が老女, この節, すぐ感づい, その悪者ども, その源女, その由, たちまち眼, だったからさ, だったが, だったの, だったん, だつたのさ, だとも, だな, ついその, であ, であったらしい, であの, であります, であろう, でいずれ, でいわば, でお, でがす, でこれ, でございました, でごぜ, でさ, でさあ, でしたから, でしたよ, ですあなた, ですと, ですの, ですよ, ですわい, でその, でそんな, でとうてい, でどう, でどうにか, でどこ, でなに, でなん, でにわか, でね, ではある, ではせむし, ではつ, では稲, でまた, でみれ, でむこう, でもう, でもう一度, でもアラカタ想像, でわかろう, でピタリ, でホイ, で一人, で三年前, で不自然, で主客一緒, で人, で人間わざ, で何, で俺, で偶然, で全然, で別に, で千早, で博士, で同じ, で名前, で呉服橋, で唐紙, で外国, で大きな, で夫人, で奥さん, で女房, で婆さん, で容れられる, で小野田, で己, で帽子, で広言, で急, で惜しくも, で或, で手, で握っ, で最後, で来宮様, で東西, で格子, で正義, で武者修行, で溜り水, で漸, で真正面, で祝い物, で粟田口, で終っ, で結局葉子, で腕, で自分, で荒木村重, で行手, で言いのがれ, で診察, で途, で長途, で門番, で間に合わなかった, で防ぐ, で隣り, で駐在所, といい, というわけ, とうつり合っ, とまた, なので, なのよ, なれど, にあなた, にきたない, によって既に, によれ, に不思議, に人類, に依っ, に宮崎, に岸本, に百姓味, に相違, に私, に艶め, に英国, に趣, に通じ, に飛んだ, に鴎外漁史, の, のいわゆる, のこの, のそう, のそれ, のダージリン, の一通, の事, の人々, の人間, の仏頂寺はじめ三人, の以上, の先生, の出入口, の原理, の四人, の大いなる, の安宅先生, の差, の平湯, の悪魔, の文明, の文書, の杖, の根源, の漂流者, の目的, の美し, の薪, の西洋, の要領, の身, の過去, の道, の階子, の障子, の駈, はのくまい, はもうたった, は二三日, は今度, は何らかの, は先, は地方人, は本当に, は矢野名曲堂, は米友, は訥子, は釜, へ, へさらに, へちょうど, へばったり, へ一方, へ五ツ, へ今日, へ再び, へ権右衛門, へ足利兄弟, へ配達夫, へ雲, までしか証明, も満, やねん, らしいので, らしく窓, を, をあっし, をいきなり, をいった, をお, をおまえ, をしばらく, をその, をもっ, をわれわれ二人, をグッ, を一同, を万太郎様, を三輪, を力, を吟味, を吹き飛ばされた, を土民, を大きな, を射たれた, を小間使, を左, を庄太, を引っかけ, を折重なっ, を指, を捉え, を掴まえ, を搦め捕られた, を横, を片端, を留め召した, を自制, を見かけ, を見れ, を覘いす, を討手, を読みかえ, を雄弁, を順, 及び最後, 小六正勝, 忽ち, 見れば

▼ 来た~ (514, 0.9%)

17 がある 15 の話 14 である 10 のよう 7 だと, なん 6 があった 5 だ, だから, なの 4 がありました, であった, の顔 3 があります, です, に違い, のため, は, はない

2 [31件] があっ, があつ, がいよいよ, がその, が外, だった, だよ, だ何, でなければ, ではない, ではなかっ, といえ, とは思われない, とは見えなかった, とも疑, にたべさせる, に向き合う, に特有, のある, のこと, の中, の方, の気配, はいない, はどうも, は誰, もあった, もあろう, らしいこと, を西洋料理, を見る

1 [331件] あり, かと思っ, かひょっと, かまたは, からその, から何, から聞いた, から聞き伝えた, から貰いうける, か勝野君, が, がああ, があっけなく, があったろう, があなた, があの, があるです, があるなら教え, があるらしい, がいます, がお, がかえって, がきょう民主主義, がこうして, がこの, がしば, がずらりと, がそこ, がそれ, がだれだ, がちらほら, がどうもそう, がにわかに, がふとした, がアマミキュ, が二十五疋, が云っ, が人払, が今度, が仲裁, が何, が原, が土, が坐った, が大山大将, が対山館, が居た, が彼ら, が恋しく, が手拭, が有ったろう, が有る, が村, が玄関, が皆, が破風山, が網, が自分, が見た, が言った, が訪ね, が註文通りそこ, が誰, が買い, が道, が銭, が門, が驚くべき, さえもある, しかなく, じゃない, だが, だけあっ, だけにお, だけに相応, だけ其説, ださうでその, だし, だしかし, だという, だとばかり, だな, だまア, だろうとの, っていうの, であったから, であったら, であって, でありそれ, であるかの, であるかも, であるから, であるが, であること, であると, であるという, であるならば, であろうと, であろう余, でお, でおのれ, でからだ, でこの, ですがね, ですけれども, ですし, でそれだけ, でで, でないといふ, でなくては, では庸三, でも等しく, で前年養子, で同じ, で多吉, で容貌, で忘れられない, で無いと, で現在, で真黒, で神経質, で維新間ぎわまでは同郷, で薩州, で言葉遣い, で随分, と, というの, というよう, とが向い合っ, としての謹慎, として片倉君, とでは科学的, とはその後, とはちがいます, とは別人, とは見えない, とも今, とも疑わなかった, とも見えない, とも言える, と人, と会議中, と同じ, と昨夜, と見, と親しい, と話し, と長い, なぞにはよく, なぞもあった, などにここ, ならどんな, なんぞもどうやら, に, にあり, にききました, にし, にたのん, にだって持つ, にちがい, について美濃, にとってはこの, にどうして, にはまず, には前田夕暮君, には召使い, には抱い, にまた, にまで感じられる, にまで辛く, にむかっ, にバルザック, に一文, に冷やか, に取っ, に吩咐, に席, に御馳走, に拝ませました, に教えられた, に村正, に渡すです, に相応しい, に聞いた, に薪, に較べ, に逢, に違, に随, に頼ん, のあと, のい, のお菜, のこえ, のほか, の仲間, の会話, の信仰, の俳句, の口, の名, の土産噺, の場合辛棒, の声, の好意, の姿, の専ら, の帰来談, の影, の意向, の態度, の手, の招待会, の提灯, の案内, の正直さ, の眼, の立, の経営, の群, の脚音, の腹, の自動車, の説明, の足音, の身の上, の身軽, の院長, はああ, はあと, はあの, はありません, はいつも, はこの, はこれ, はご, はじき, はそれ, はそんな, はたいてい, はだれ, はどんなに, はなかっ, ははじめて, はゐない, はコンナどんぶり, はスクルージ, はデパート三越, はトオカル, はベル, はホテル, はラターク, は一人, は三島, は事毎, は五月, は伊東, は何, は何人, は元, は入っ, は別, は勿論, は大木, は女, は妻, は宇津木兵馬, は少い, は屈んだ, は峠, は帰り支度, は店, は彼, は待つ, は思わず, は急, は新劇, は昔馴染, は机, は死んだ, は気が付かず, は江戸時代, は無い, は田鶴子姫, は男, は私, は米原雲海氏, は誓っ, は身, は銀杏形, へ, もあっ, もあつ, もありました, もある, もあるでしょう, もいた, もすべてそれ, もそこ, もなかっ, もまれ, も一人, も住ん, も少なく, も居る, も教養, も用, も知らない, も迷惑, も集まっ, や独身者, らしい, らしいな, らしいの, らしい亢奮, らしく学生, らしく思ひますよと, をそしてまた, をつかまえ, をもてなす, をよく, をバア, を保護, を呼ん, を心服, を扱う, を見, を見ました, 何と青白き, 及び我, 知れぬ労苦

▼ 来た~ (441, 0.8%)

116 知って 5 それは, 来ないか 4 それを, どうか, ッ, 知らないが, 知らぬが 3 そこに, どうだ, わからない, 来なかったか, 来ねえか, 知らずに, 知れない

2 [14件] ご存じ, して, それが, そんなこと, である, どうかは, どうかを, もうそろそろ処女崇拝, わからないあいまい, 分りませんが, 此方へ, 爛々と, 荷物は, 藁屑や

1 [345件] あなたの, あの碧, あるいは生き, あれは, いい話, いつ私が, えさ, えりな, えりに, えりには, えり道な, え僕, おまえにも, お分り, お前には, お前の, お染, かえりみて, こいつに, こっちでは, このとき, この死体, この辺一帯, こやつ, これも, これ以上棟梁の, ごぞんじ, さうし, さもなければ一足, したもの, したん, しばらくは, しれない, しれない問題, しれなかった, しれますまいに, すぐ越前, そういうこと, そういう点, そうして全, そこまで, そのうち, そのこと, その人, その偏見, その再生, その同じ機械ぎらいが, その問, その夜, その小仏峠, その意図, その目的, その自分, その詮索, その辺, それだけは, それとも前, それとも最初, それとも知らず, それに, それまでは, それも, そんな事, そんな用事, ただいま不明, たれも, ちっともわからねえ, ちょうど好い, ついに来た, つまり他, であるに, とうてい想像, どういう用事, どうかが, どうかという, どう歩い, どこに, どこを, どんな力, どんな態度, なかなか思いつかれない, なぜ時には, なにしろ二人, なんでも, はてうっかり明ける, ぱくぱく遣ってる, ひの, ふたりの, ふと目, ぶらりと裏庭, へりがけ, またどうして, また婦人, また西郷薬局, まるで知らなかった, もうあの, もう調べたろう, やがて下谷, やがて五条橋, ゆだ, よくなっ, よく知らない, よく覚えてない, よしよし, わかったもの, わからず従って, わからないが, わからないくらい, わからないし, わからないの, わからないまま, わからない老樹たち, わからねえの, わかりやしない, わかるかね, わしには, わしは, わたしたちは, わたしに, イクラ考え, ゲッソリと, シヤムから, ダメか, チョコチョコと, ッて, ドエライ話が, バツグと, マルグヴェンが, 一丈も, 一挺の, 一握りの, 一箇の, 一隊の, 一頭の, 三四郎にも, 下女部屋の, 与次郎が, 且つ又, 両の, 両人に, 中間姿の, 丸で, 二葉亭四迷の, 井戸の, 今お累, 今どうして, 今は, 今まで, 今宵は, 今日と, 今日私どもは, 伊達夫婦の, 会って, 位な, 何か, 何ぞの, 何でも, 何処へ, 余りにも, 例えば, 例えば戦旗, 俺は, 充分に, 全身白毛の, 八五郎の, 八人の, 其処へ, 内から, 内に, 分らないが, 分らないの, 分らない茶色, 分らなかった, 分らぬ, 判らなかったが, 判らぬ, 前のと, 前途に, 包一つを, 北夷の, 千住から, 午後に, 又之, 又国民性, 又御, 又現在如何, 古風で, 古風な, 可成, 吉野が, 否かで, 否かを, 哀れに, 垣を, 多分に, 夜っぴて捜し, 大きなお世話, 大きなひ, 大きな文字, 大きな硝子箱, 大分に, 大抵一人で, 大蛇が, 大辻珍探偵が, 天, 子供が, 寝て, 小伝馬船, 小野家の, 少しも, 平生ひつそりし, 平生用心深い, 広間に, 庄五郎が, 彼は, 彼女は, 彼奴, 彼自身は, 待ち兼ねて, 後れたか, 忘れたらしくここ, 急に, 恐い姿, 悲劇の, 意味の, 憫然にと, 或はどの, 或は御, 扉から, 持って, 持参金は, 探し初め, 教えて, 数えても, 数が, 数しれない, 数も, 数知れなかった, 早く知りたく, 昨夜お前が, 昨夜の, 昼寝が, 時折は, 更に日本, 未来も, 本位田家の, 机竜之, 来たか, 来ないかが, 来栖勘兵衛, 杵の, 枕元に, 機織虫が, 欠落者の, 武田君から, 海の, 無数の, 無礼千万な, 父親は, 犬の, 生々しい実際, 生兵法は, 畠に, 疑った, 白粉を, 白髪小僧が, 皆の, 目的は, 直ぐ出ます, 相手に, 知つてゐ, 知ら, 知らず一足, 知らず例, 知らず塩煎餅屋, 知らぬ, 知らねえが, 知らんが, 知らんて, 知らん途中, 知れないが, 知れないくらい, 知れないもの, 知れない将棋, 知れなかった, 知れません, 知れませんもの, 知れやしない, 知れんけれども, 短檠に, 私の, 私は, 突然彼, 等の, 給仕の, 羽織の, 聞いて, 脇差を, 自分の, 自分は, 自分も, 興味が, 船で, 色々の, 花火から, 荷車が, 落武者捜索の, 葉子は, 藤づるを, 藤吉郎の, 蟋蟀が, 行灯の, 西の, 覆面の, 見て, 見に, 見定めな, 見当が, 覚えて, 解らないよう, 言葉を, 試合の, 話し合って, 警官は, 貴様剣術が, 買出に, 賭場に, 近う近うなんて, 野獣を, 金貸しを, 鉄も, 鉄砲の, 鐵も, 長さ, 門口で, 関う, 関ふこ, 険しい顔, 随って, 雪の, 雲雀の, 青簾は, 面白い考察, 馬鹿だ, 魏延

▼ 来た~ (427, 0.7%)

41 がある 40 があった 9 である 7 であった 6 があつ, では, を見る 5 だ, でも 4 だから, だった, でご, ですが, に相違 3 があります, であるから, でございます, です, のよう, はその

2 [23件] があっ, がその, が声, じゃ, だが, だと, だという, だとは, とのこと, ならば, の中, の話, はありません, はおそらく, はここ, はそういう, はねえ, は上方, は何, は無い, は誰, もあった, を見れ

1 [218件] あり, おひやかし, か, から順にずらりと, か分らない, か解らない, があったら, があったら渡し, がありまし, がありました, があるでしょう, があるらしい, がいきなり, がいた, がございます, がそれ, がない, がみだりに, がもっとも, がわが家, が一人, が七観音, が二十名, が其空船, が多い, が多勢まわり, が多数, が大, が大勢一緒, が奴さん, が弱んなさらう, が弱んなさろう, が数千人, が検事局, が狂っ, が知らず知らず, が知らない, が黒い, じゃあねえ, じゃない, じゃによって打ち明ける, じゃべん, じゃア, だそれ, だぞ, だの甲州生れ, だろうと, だろうという, だ君, だ此, であって, であります, であるが, であるそして, であると, である早く, であろう, であろうか, であろうと, でござる, ですがね, ですけんど, でない事, でぬけ, で仕上げ, で何所, で反対, で壮, で女房, で決して, で非常, とあれ, として義憤, との対立, とはそち, とみえ, とわかった, と初め, と心得, と生, と知り, と話し, なぞあります, なぞ色々, などがゴタゴタ, などの実例, なの, なので, なのに, なら互方, なれば, にご, にする, にちがいありません, になつて, には, には一匹一円, には宝蔵院漬け, には必ず, には沢山, には非常, にまさか, に伝票, に何, に俺, に取, に売っ, に対する礼儀, に引渡す, に知らず, に言わない, に違, のうち, ので長, のはなし, の一人, の人格, の人相その他, の如く, の帰った, の心, の恐らく, の手, の末, の様, の眼, の笑, の観察, の顔, の風, は, はある, はあるまい, はい, はいない, はお, はきっと, はこの, はさかな屋, はすなわち, はそれとなく, はどちら, はどんな, はなかっ, はほんの, はまた, はみな, はみなこれ, はみなそれぞれ, はみな旅宿, はみんな, はもう, はガリラヤ, は一人, は二人, は二十二三軒, は云わ, は他, は先夜, は入営, は公, は別に, は勇者, は却って, は地獄, は型, は大きく, は妙, は少い, は往来, は御苦労, は必ず, は松山, は殆, は無かっ, は皆, は皆失望, は相良金吾, は稻垣小三郎, は経家, ばかりとはいわれない, へはそういう, へ眼, へ順に, もあつ, もありました, もありません, もある, もかなり, もすくなく, もない, もなかっ, ももう, もやがて, も妙, も有る, も野, やで, や或, や或いは, をただ, をたちまち, をなぜ, を今指, を再び, を同情, を探し, を掴まえ, を整わない, を済度, を牛小屋, を目前, を突き伏せた, を見つけたら, を見なかった, を迎える, を還す, 甚だ多く

▼ 来た~ (314, 0.5%)

23 がある 11 があつ 9 があった 7 のある, もある 6 のない 5 である 3 がありました, がない, だから, だった, であらう, はない, は事実, もあった, を知り

2 [15件] さえも淋しく, ですから, になる, に気がついた, に違い, の無い, はあつ, もあつ, もあります, も忘れ, を告げた, を感じ, を示し, を苦, を見せ

1 [189件] あるの, か, かと日, か狆, か過去ッ, があるなら, がいま, がうれしかっ, がねえだ, が一層, が何となく, が判明, が夢, が急, が明らか, が正史, が知れた, が知れます, が知れる, が稀, が考へられます, が胸, が見える, が運転手, が間違っ, さえあります, さえ気, さえ精一ぱい, じゃない, じゃなかった, その長女, それから女, だけがわかりました, だけは後悔, だけは考へ, だけは馬鹿らしい, だつて言, だと, だの, だろうと, であつ, でございます, でした, です, でも, とて年, とであった, とはこの, とりあえず寝台, と思ふ, と民衆芸術, と海馬, なし得た事, なぞには気, なぞは口止め, など, などに気付く, なども聞いた, などを例, などを手短, なので, についてはお母様, については我が, になった, になるだろう, にはっきり, に及んだ, に引き較べ, に気, に気がつい, に気が付いた, に満足, のよう, の予想, の外, の影響, はありませぬ, はある, はたつた, はまるで, はみんな夢, はトテモ偶然, は一, は之, は云う, は云わなかった, は何, は前記, は夢, は更め, は最う, は有った, は来た, は極めて古く, は正に, は歴史, は決して, は知っ, は確実, は自然美崇拝, は覚え, は陰気, ばかりであった, までは探偵, もきん, もすぐ, もそれ, もたしか, もない, もなかっ, もなけれ, もまた, ももう, も一, も一つ, も何, も思い出した, も明らか, も暫く, も有った, も注目, も無い, も考へ, を, をある, をいいたてた, をお伝え, をかねてから, をし, をしみじみ, をそのまま, をそんな, をたしかめる, をふ, をまざまざ, をもう, をわかった, をわたくし, をキレイ, を一度, を云う, を互によく, を切実, を努め, を叱られ, を夫, を好い, を後悔, を御, を思い出し, を思い出した, を思ひ出し, を思ひ出した, を思出, を恋しく, を意味, を未だに, を深く, を生蕃小僧, を発見, を知っ, を知った, を知つて小母さん, を知らし, を知らせ, を知らないらしかった, を知りました, を示す, を考え, を考へた, を考へる, を聞い, を自白, を菜穂子, を見る, を覚え, を覚った, を記憶, を話し, を話した, を話したら, を話しました, を話せ, を誰, を謝, を非常, を黙っ, を龍子, 又この

▼ 来たかと~ (312, 0.5%)

99 思うと 15 思ふと 6 いうと, 思われるよう 4 いうに, いふと, 思う頃, 思って 3 いって, 云ふ, 思いますと, 思うよう, 思えば, 思った, 思はれるやう, 見ると

2 [15件] いえば, 云いました, 云うこと, 云うと, 思うころ, 思うほど, 思はれる頃, 思われた, 思われる, 思われるほど, 申しますと, 矢代は, 考えて, 見る間, 訊いた

1 [116件] いうのに, いたわるよう, いふこと, いふ点, いへば, おどろくばかりの, おもうと, おもったとき, お源, かんがえると, きくので, たずねられると, わざと怪しみいぶかっ, イヤが, ゾーッと, 云うの, 云う者, 何やら自分, 側臣に, 叱りました, 問うと, 問うに, 問えば, 問わせるであろう, 問われて, 喜ばせるやう, 困った風情, 困つた風情, 堀部君は, 女中に, 安兵衛が, 庸三も, 後悔された, 思いながら, 思いわるく, 思いト, 思い何物, 思うたら四斗樽, 思うとき, 思うの, 思うのに, 思うま, 思う時, 思う時分, 思う駄馬, 思える海上, 思ったくらい, 思ったとき, 思ったよ, 思ったら, 思ったらそれ, 思った玄蕃, 思っても, 思つた, 思つてを, 思はせるやう, 思ふうち, 思ふ頃, 思わせた, 思わる, 思われたほど, 思われました, 思われるこの, 思われるころ, 思われるばかり, 思われるや, 思われる一群, 思われる程, 思われる蜥蜴, 思われる頃, 急いで, 恐くなった, 恐ろしく感ぜられた, 恐ろしく考えた, 悦んでは, 早朝に, 次郎左衛門も, 生絹は, 申せば, 疑わせた, 疑われて, 眉を, 粘り強く研究, 考えるからさ, 考えると, 考えるとき, 聞いて, 聞かれると, 聞きます, 自分の, 見えた, 見えたが, 見えると, 見えるや, 見るうち, 見る間もなく, 観念した, 言いたそう, 言うと, 言う事, 言ったそう, 言わない代り, 言われると, 言わんばっかりの, 訊いたが, 訊いても, 訊かれると, 訊くの, 詮議する, 質問した, 逆に, 雀が, 集まって, 驚いて, 驚き慌て, 驚ろい

▼ 来た~ (289, 0.5%)

9 島は 5 島の, 雪は 4 延の, 銀の 3 今の, 君の, 増は

2 [23件] 久美さんの, 今は, 俊は, 君さんの, 君ちゃんや, 土産の, 増の, 庄の, 延は, 時は, 杉の, 染の, 民と, 熊は, 種は, 粂を, 絹に, 絹は, 蝶は, 通の, 銀は, 高は, 高を

1 [207件] いもを, かく婆で, かみさんと, かみさんは, くまは, くみが, げんの, このは, さよだった, すしを, せいの, ちかづきに, つぎさんよ, つさん, つねが, つやさんの, ときが, なおさんを, ひろさんが, まきの, まわりに, みやには, みやは, もての, ゆうが, ゆうの顔には, ゆうは, ツネさんは, 主婦に, 久美さんが, 久美さんは, 京が, 京さんの, 京の, 人じゃ, 人や, 会い申したい, 作が, 作事奉行柳生対馬守様つづく, 使いです, 使者は, 侍さんに, 信乃である, 光であった, 光を, 八重は, 内儀が, 内儀さんが, 内儀に, 内儀様と, 冬は, 勢は, 医者に, 千世が, 千代と, 千代は, 千鶴の, 友達に, 吉が, 吉は, 吉婆さんまでも, 君, 君からの, 君という, 君は, 君殿, 君殿ただいま, 呼び出し状なら, 品と, 喜代という, 土産として, 地蔵様は, 坊さんの, 坊主は, 堂の, 増などには, 夏と, 天気の, 妹さま, 嬢さまあんた何うし, 子じゃとやら, 孝が, 宅では, 家柄でも, 小遣の, 屋敷の, 島からの, 島が, 島たちを, 島に, 島には, 巡査さんが, 幸に, 幸の, 幾の, 庄に, 延自身であった, 弟子では, 弟子の, 役人は, 徳さんあの, 徳は, 徳も, 愛を, 手紙じゃ, 手紙に, 政には, 敏の, 文は, 時に, 時を, 末は, 杉隠居は, 染は, 柳を, 梅は, 梅を, 椀に, 民, 汁と, 波さんは, 浜が, 浦を, 浪が, 浪に, 浪を, 涌を, 源坊が, 滝は, 瀧が, 照の, 獅子の, 甲は, 申婆も, 留が, 百姓は, 皿に, 神さんに, 秀が, 秀は, 種である, 稲には, 米が, 米素足の, 粂が, 粂と, 粂の, 粒を, 糸さんは, 糸付きの, 絃いきなり, 絹, 綱は, 縫は, 縫も, 美代は, 船で, 艶, 艶であった, 艶でっぷり, 艶へは, 艶泰軒に, 艶泰軒の, 花の, 花は, 若の, 菊の, 菰の, 葉な, 葉の, 藤が, 藤坤竜に, 蘭さんが, 虎婆さんが, 蝶を, 角が, 角でありました, 角の, 角は, 諏訪様が, 賤は, 賽銭を, 辻が, 通は, 道だけに, 部屋に, 酌の, 鈴の, 鉄が, 鉄も, 銀が, 銀も, 銀様, 銀様が, 銀様でありました, 銀様は, 関に, 関は, 雪を, 露は, 頭だ, 首級の, 駒が, 高祖頭巾の, 高祖頭巾を, 鳥の, 鳥目は

▼ 来たわけ~ (287, 0.5%)

34 では 2923 である 21 です, でも 12 だが 8 じゃない, ですが 7 だった 6 であるが 5 なの 4 でした 3 じゃ, じゃあるまい, じゃねえ, であった, でご, なのよ

2 [17件] か, さ, じゃあねえ, じゃが, だったが, だと, だな, だね, でこれ, でございます, でございまする, ですか, ですね, でないから, なのね, なん, はただ

1 [57件] が判, じゃありません, じゃある, じゃから, じゃござんすまい, じゃないでしょう, じゃなかろう, じゃなく, じゃア, じゃ無い, じゃ無いです, だから, だの, だよ, だろう, だろうが, で, であったが, であの, でありしたがって, であります, でありますが, でありまする, であるから, でお, でございました, でござるが, ですから, ですどんな, ですよ, でそれで, でただ, でないはず, でなく同役, でジャーナリズム, で併, で在米邦人, で敵, で画法, で試楽, になる, はこれ, は母, もある, も一, やらゆうべ, よ, よあなた, をいわない, を三人, を主婦, を告げた, を話し, を話しました, を話し出す, を説明, を調べさせた

▼ 来たのに~ (278, 0.5%)

15 気が 12 違いない 7 相違ない 4 ちがいない 3 それを, 何の, 少しも, 違ひない

2 [14件] おそいので, そんなこと, ちがいなかった, よくまあ早く, 一種の, 不思議は, 何も, 来て, 残念だ, 気の毒だった, 相違ありません, 相違なく, 踊らぬ奴, 違ひなかつた

1 [200件] あとは, あなたは, あれから, あんなに喜ん, いかに分らず, いざ着い, いま見渡せ, いろ, いろいろな, うっかり私, えらい目, おびやかされたか, お前が, お前達は, お祖母さんも, お訣れする, がっかりしちまった, ぎょっとした, ここじゃ, ここで, ここに, この二人, この先, この始末, この期, この落葉, この調子, これから他人, これくらい, これは, これを, これんばかりの, こんなこと, さうし, すぎないので, すぎなかったの, すげない御, そうして今夜一晩, そこから, そして再び, そのなか, その機会, その男, その目算, それでは少し, それに, それらを, たいしアメリカ, ついまた, つい止め, どうして知った, どうして私, なぜおれ, なぜもじもじしてん, なまじ心配, びっくりした, ほっとする, またいついい, またこんな, またその, また戻る, また斯ん, また物好き, まだ山鳩一羽, まだ現れない, まだ結構見, まだ駒沢, まるで東京, まるで様子, みすみす大村, むざむざチベット, もうすっかり返済, もう幾月, やはり何, ろくにお話, ゐないので, イギリスが, カラリとも, ケイは, サマリランドを, テープは, ハッと, 一枚も, 上れと, 上陸も, 丑松は, 世間の, 二人で, 些か安堵, 今夫の, 今度あたしの, 他ならない, 会つた, 何を, 何んにも, 何人も, 何故よい, 余りに軽く, 俺たちの, 先手を, 出る時, 力を, 加奈子は, 努力の, 動揺を, 又いつの間にか, 又驚き, 吃驚し, 向うから, 四十にな, 坑夫の, 声が, 夕立雲に, 失望し, 失望も, 奥印可も, 妙な, 対つて呶鳴つた, 居ず, 幸衛門から, 弁士は, 引き返したの, 当の桑山隊, 当人が, 当人の, 彼は, 彼女は, 待望の, 御気の毒, 応待し, 或る, 手土産一つ持っ, 打って, 散文のみ, 既にし, 案外にも, 榊原健吉の, 横に, 此処は, 比べると, 気がついた, 気がついたろう, 気の毒で, 気を, 気附い, 水臭いこと, 汗を, 泥棒が, 泰造は, 洋子の, 淋しさ, 清水越の, 渡辺君は, 焼けず無論, 煙草代ほども, 猿だ, 用向きも, 男の, 目を, 目礼を, 眉を, 知らずに, 知らん顔し, 社から, 私が, 私には, 私の, 突発した, 糸を, 紹介され, 自分が, 自然の, 船は, 色の, 茶も, 落しちゃって, 落着い, 藤本は, 見ないで, 警察の, 踊らぬ人, 轟氏は, 迎えに, 迷惑し, 追いかけられて, 追い返すの, 逃げること, 逆に, 過ぎないが, 過ぎないと, 過ぎません, 違いございません, 違い無い, 邪魔に, 間違ひ, 頭痛が, 驚かされた, 驚かされて, 驚きも, 高林家の

▼ 来た~ (274, 0.5%)

13 がある 8 があった 65 だと, である 4 が, であること, の顔, を見る 3 があります, であった, のよう, の児, を見

2 [16件] があつ, があるだろう, がいる, です, ではない, というの, なの, なん, のバリゾウゴン, の二本, の話, の面魂, は, はそこ, はまた, を見た

1 [174件] からいきなり, からでもとった, がありまし, がありました, があるだらう, がいた, がかう, がこう, がそのまま, がつめた, がひとり, がふと, がピストル, が一円, が人, が何, が入口, が吃驚, が囁いた, が地袋, が来, が来たなら, が殺した, が片足, が犇, が皆, が真先, が紅茶, が置き忘れ, が茶山, が襟首, が見つけ, が言った, が部屋部屋, が長生き, が門, が駈け寄っ, さてこそ, じゃない, すなわち長蔵さん, だから, だが, だけにする, だけにエネルギッシュ, だけに世間, だけに剛胆, だそう, だった, だったそう, だつた, だね, だよ, だ又, だ大騒ぎ, だ妻, であるだけに, であるわし, ですから, ですが, でそして, でて, ではある, でまだ, でもあった, で今年, で何, で山荘, で弟, で弟様, で当時, で結局七万円, で退屈, といふもの, と同じ, と女, と娘, と宗理, と眉毛一つ, どころか泥沼, など充分, に, にうかつ, にちがい, にはっきり, にぶつかった, にまで声, にゃ勘定, に云, に呼びかけ, に声, に売った, に売られた, に家, に突きあたった, に訊いた, のため, のところ, の人, の人気, の厚意, の口, の姿, の子供, の影, の心持ち, の怒声, の手, の推進, の様子, の群, の腕, の蛇, の言葉, の誘惑, はあれ, はいきなり, はいひました, はうろ, はかう, はこれ, はすぐ, はそう, はそれっきり影, はたしかに, はなおさら, はもちろん, はよほど, は三十, は下谷大門町, は人間以前, は仲間, は体, は何, は何者, は例, は僕, は六尺ぢ, は半, は又, は吉野, は呼びかけた, は土間, は奥, は小, は小柄, は年頃三十二三, は捨て, は水夫, は牛, は胴金造り, は走らない, は車屋, は近づく, は逃げる, は鋏鍛冶金重, は長生, は黒い長い, もいってるでねえ, も何, も北, や女, や美粧院, ゆるし給え, をたいへん, をも自分, をやっつける, を二三人, を何者, を指し, を海, を迷惑がり, を追い払った, を随, 近頃非常

▼ 来たやう~ (231, 0.4%)

20 な気 139 である 6 だが, なもの 5 だった 4 な心持, な気持, に思はれた 3 ですね, に思, に思はれる, に思へた, に見えた, よ

2 [13件] であつ, であります, でした, なこと, な感じ, な男, な虚誕, な訳, な顔, に, にさ, に思ひます, に思ふ

1 [116件] すです, だいつぞや, だから, だし, だその, だぞ, だな, だね, だわ, だ少し, だ明けて, だ鏡, であるが, であるし, でさて, です, ですから, ですが, ですこ, で楽しく, な, なうら懐かしい, なけは, なこと言, なこの, なしな, なせりふ, なので, なまるで, なみじめさ, なノタ言, な人, な人達, な凄い, な勃凸, な取済ました面魂, な古風, な噂, な変つた風, な女, な女性, な子供達, な安易さ, な寂しい, な寒, な寒い, な尤も, な工合, な微風, な心地, な恰好, な患者, な暢びり, な有様, な木ぎれ, な木葉木兎, な様子, な気さ, な気合, な気持ち, な生活, な絹帽, な耳, な芭蕉, な落付きやう, な表情, な見識, な解釈, な身軽さ, な軽, な長い, な闇, な鶏, にあたり, にいつも, にお, にかれ, にしか見えない, にそんな, になか子, にも見えます, に主上, に久助君, に二階, に嬉し, に嬉しい, に存在, に小説家, に彼女, に思つて, に思はれ, に思はれました, に思はれ出した, に思ひ, に思ひました, に思へます, に思へる, に感じ, に感じられた, に振舞, に振舞ひだ, に東洋, に泳ぐ, に爺, に犬, に瑠璃子, に相, に粒, に紅梅亭, に肉, に草臥れ, に見えました, に通俗化, に銀砂子, に鎖国, ね

▼ 来たその~ (206, 0.4%)

5 日から 4 人は 3 男は 2 ために, 人の, 巨きい顔の, 意味, 日の, 時に, 結果必然的に, 自分の, 過程を

1 [176件] あいだは, いち人こそは, うたがいの, おりんが, お辞儀も, ことに, ことは, つづきの, ときの, とき私が, とき突然, はじめわずか, テーブルで, ドラが, ハガキを, 一人である, 一群は, 上は, 中で, 中の, 主の, 二人は, 人, 人がね, 人に, 人を, 人物とは, 余勢です, 俗謡の, 修業の, 偶然が, 先生が, 光景を, 光線が, 六人の, 刑罰と, 刹那彼女は, 労力とが, 動物を, 勝気さの, 化けの皮が, 品物が, 唇を, 国民の, 土台について, 土地の, 土地は, 地所の, 地点に, 声に, 変化に, 夜からの, 夜は, 夜事件の, 夜城中の, 大時化, 大群, 女と, 女房の, 姿が, 嬉しさ, 子の, 子供の, 子分からの, 実践的経験の, 家柄である, 家臣は, 小路を, 少年に, 山崎譲という, 帰りがけである, 帰り道での, 幅の, 年の, 当夜一瞥し, 当座にも, 当座一二年の, 形相が, 役目も, 後朝の, 心づかいは, 心意気を, 心理学的根拠を, 忍苦困窮の, 思いあがり, 意気の, 態度を通じて, 懐っ, 戻り道である, 指が, 挨拶であった, 捕吏の, 掌で, 教員は, 数も, 方たちは, 旅人は, 日, 日お, 日に, 日にも, 日まで, 日までは, 日本へ, 日本館での, 時では, 時にも, 時は, 時までの, 時源兵衛が, 晩に, 晩には, 晩の, 晩以来お, 書翰の, 月晦日の, 木の葉である, 本は, 桜の, 権威や, 機縁に, 殺気が, 水の, 物音で, 獲物だ, 男, 男が, 男に, 町は, 真実心の, 知人の, 石の, 秋に, 笑いは, 筋道について, 筋骨は, 素振, 経験について, 結実な, 結果が, 縁談が, 翌年公高を, 翌年即ち, 者たちが, 職人は, 背後には, 腕が, 舟な, 船で, 船は, 裾分けという, 言葉の, 記念として, 記者から, 訳は, 詩人は, 赤いもの, 足どりで, 足跡は, 身の, 躯は, 返事を, 追われる独楽, 途中の, 通知を, 連中は, 過程で, 道その, 道以外には, 部屋を, 鋭い眼, 隣りの, 露払が, 頃の, 顔が, 鶉席に

▼ 来たばかりの~ (205, 0.4%)

4 ような 3 頃は 2 おみきさんが, ところだった, ところだつた, ところな, ところへ, 人で, 果物籠が, 知合の, 継子さんが, 赤シャツの

1 [178件] あの少年たち, うろ覚えの, おせんが, おたけ, おめ, お今, お体, お増, お雪, ごたごたした, じぶん, せいか, その将校, それも, ときだった, ときは, とき見た, ところで, ところである, ところと, ほんの新米, まだ娘, まだ白い, ものが, ものに, ものを, やうだつた, やうな, ウイスキーの, ギニイ貨は, クライデウォルフ号という, セリファンの, ソファが, ドゥチコフは, ボーイで, ポシエホンスキイ・ヘロルド新聞も, マジョリカの, マジョリカを, マッチは, ロールツヒは, 一人が, 一斗分を, 三人の, 三十人もの, 主人が, 久保の, 乞食に, 乾版を, 乾雲丸丹下左膳を, 二三人の, 五六冊の, 五分心の, 人は, 人間な, 今夜である, 佐々と, 僕たちに, 僕の, 元官吏, 光景の, 刀である, 初見参, 力持ち大石武右衛門の, 十五六歳の, 卓膺という, 印象を, 原稿な, 叔母さんと, 夜会の, 大きな桐, 夫に, 女中が, 妹が, 娘への, 婦人客の, 婦人旋盤工だ, 子供の, 家が, 家の, 封書の, 小僧が, 小僧ッ子です, 小料理屋での, 小暗き路, 小為替を, 山巓を, 山本左右太, 嵐の, 左近を, 幸田ゆき子には, 廻国修業武芸者矢倉伝内と, 弥生座へ, 彼であれ, 彼の, 彼は, 彼女にとって, 彼女は, 思想係りの, 怪物だ, 房一を, 房子には, 手紙の, 新しい冠拡張剤, 新ギニイ貨, 新フォード, 新任の, 新聞記者であった, 旅行者の, 日給から, 昂奮が, 時その, 時だ, 時で, 時でも, 時は, 時分は, 時次郎に, 時青年会を, 晩僕の, 暖簾の, 最初の, 東の, 松五郎の, 松屋鶴子だった, 松谷鶴子だった, 板が, 椅子を, 次郎には, 水車場の, 活, 煙草を, 珍らしい, 現在の, 田吾作が, 男の, 皇帝の, 看護婦たちの, 眼には, 眼を, 福田君が, 私にとっては, 私の, 節子も, 縁結びという, 老父の, 者は, 背後の, 自分の, 良人であろう, 色の, 花嫁の, 花嫁を, 若い人達, 若い先生, 茶屋へと, 蕾の, 街道を, 触れ書を, 講義を, 賀相の, 赤毛布は, 部屋を, 野菜が, 金を, 金ピカ洋装の, 銀子たちも, 銀貨で, 銀貨の, 銀貨みたいに, 鋒さきを, 青い葉, 青年で, 青草が, 頃には, 頃の, 頃母は, 馬は, 高瀬には

▼ 来た~ (200, 0.3%)

9 の方 6 を逆 3 である, とは反対, を帰る, を引つ返した

2 [16件] がその, です, と行く, はもう, へ帰る, をふり, をまっすぐ, をもどっ, を夢中, を引っ, を引返し, を引返す, を戻つ, を振り返っ, を考え, を顧みる

1 [141件] から再び, から又, から脱する, から葉巻, から見出し, がそこ, がつくづく, がどれ, がまつ, がまるで, がもう, が一目, が二筋, が妙法寺川, が知りたくなっ, が終始, が自分, すぢ, だが, でない道, というもの, とは全く, と三つ, と云う, と仕事, と思う, と油田, と空地, なの, なんで, に, にかなり, にはなかっ, には毛頭, に取って返した, に引き返し, に引き返す, に引返し, に逃げ出した, のあらまし, のうしろ, のつ, の中央, の片側, の都合, はあまりに, はどうしても, はなん, は万人, は五, は何, は何処, は多く, は川, は悉く, は現在, は石屋, は自分勝手, は荷車, は誤りません, は随分, へかけこみました, へしづか, へひっかえす, へ取って返そう, へ向っ, へ帰っ, へ引き返した, へ引き返しました, へ引き返す, へ引返し, へ引返した, へ逃げる, へ逃げ出した, へ馳せ下っ, も堤, を, をあと, をあべこべ, をかえりみれ, をさっさと, をすたすた, をそう, をその, をどうして, をね, をひき, をひきかえし, をひたすら, をふらふら, をふりかえっ, をぶらぶら, をまた, をオートバイ, をトゥウェルスカヤ通り, を一寸, を一目散, を下っ, を二つ股, を今度, を何処, を八丁堀合点長屋, を又, を右, を室, を帰っ, を帰つて行, を帰り始めました, を帰ろう, を引か, を引き返しました, を引き返す, を引っ返し, を引っ返した, を引返した, を引返し始めた, を指さした, を振り向いた, を探し, を根津村, を歩きはじめた, を汽車, を渇した, を登った, を真面目, を絶えず, を脱させる, を茫然, を蔵, を見, を見付け出さないで, を走り出した, を辿っ, を追, を通観, を道草, を遠く富士, を順に, を顧み, を駆け戻っ, を駈け戻り

▼ 来たばかり~ (194, 0.3%)

129 である, です 8 なの 7 でまだ 6 だった, なんだ 5 なん 4 だと 3 だから, だのに, であった, ですよ, では, で何, なので 2 だという, であるが, ですもの, なのに, らしかった

1 [97件] じゃ, せめてキトウス山見, だあ, だあと, だからなあ, だからね, だからの, だけれども, だこれから, だご, だし, だそんな, だったが, だった伸子, だつた, だつたが, だつて, だでな, だといった, だとかいう, だまだ, だよ, ぢや, ぢやけん, で, であの, である二年兵, でいま一台, でここ, でご, でございました, でございます, でした, ですから, ですが, ですと, でそう, でその, でそんな, でどうも, でない, でなくその, でなくその後, でなくそれ, でなく互に, でなく今後, でなく今日, でなく君公, でなく天皇, でなく娘, でなく帰国, でなく当時, でなく彼, でなく従来会津, でなく漸く, でなく興味, でなく谷中, でなく関所, でなん, でも, でもう, でゆき子, でマダ, で主婦代り, で人, で伝道, で何事, で全く, で八坂, で其様, で初めて, で判官, で単, で大きな, で帰っちゃ, で懐, で手許, で極り, で気持ち, で百万長者, で種々, で荷物, で解らないの, で誰, で途方, で道, なこと, なのよ, なもの, なんで, またすぐ, らしい妓生, らしい水, らしくならべて, らしく家族, らしく羽織, 闇太郎という

▼ 来た~ (182, 0.3%)

5 がいい, を見た 4 とは反対 3 がい, の山, へ向いた, へ引き返し, へ引返し, を窓

2 [13件] がどれ, ですよ, の, は手, へ向い, へ帰っ, へ引っ返した, へ引っ返す, へ戻る, へ眼, へ遁げ, を見ました, を見る

1 [124件] からだんだん, から射し込む, から跫音, がええ, がずっと, がどっち, がまだしも, がまるで, がよい, がよかろ, が同じ, が吾, が好い, が安全, が安心, が張合い, が得, が結句, が貴方, が返り討ち, だったけれど, だとも, であるが, です, ですもの, でも, なのに, なのよ, なん, におじさん, にも勤め, に味方, に引張った, に戻りました, に還り始める, ね, の狆, の看守, の者, の荒地, の蟻, の道, はあなた, はいつかぼんやり灰色, はございません, はしか, は五百石, は到底, は夕方, は密生, は指, は眠られない, へかけだしました, へかけだす, へさえ引返せ, へたたん, へと引き返した, へと急いだ, へと言っ, へどんどん, へにげだしました, へまたも, へもどりかけた, へスタスタ, へポイ, へ一人, へ一散, へ下りかけた, へ動き出した, へ向き直っ, へ向っ, へ四五間下つて行, へ女神, へ小走り, へ少, へ引きかえす, へ引き返そう, へ引返す, へ急足, へ指, へ歩い, へ歩き出した, へ歩き出しました, へ歩き出す, へ消え, へ蜘蛛, へ行く, へ走せ出しました, へ走り出した, へ走り出す, へ走り去っ, へ追い返し, へ逃げよう, へ還れ, へ駆け出し, へ駈け去, へ鷺太郎, もあの, も不機嫌, も知らない, も行く, をきっと, をふり, をふり返る, をめざした, を地べた, を夜鷹, を屹, を戻っ, を指さし, を指し, を指す, を振りかえる, を振り仰いだ, を振り返っ, を振り返つ, を振返っ, を眺めやった, を眺める, を見れ, を見渡した, を見返っ, を除け, を顧みた

▼ 来た~ (178, 0.3%)

36 違いない 32 相違ない 17 ちがいない 7 過ぎない 6 しては, 違ひない 5 すぎない, 過ぎないの 4 しても 2 したところ, ちが, 今日休ん, 相違ありません, 相違ねえ, 過ぎないと, 過ぎなかった, 過ぎまい, 違い無い

1 [42件] あの男, かかわらず国体, かかわらず支那, かかわらず目, しろそこ, しろその, しろたか, すぎないと, すぎません, せよそれ, せよ作者, ちがいありません, ちがいありませんそこ, ちがいあるまい, ちがいなかった, ちがいは, ちげえ, ちげえねえです, ついちや, なに不足, ひとしい, 何うし, 依って, 依り権田, 就いては, 梅喜さんの, 気の毒ながら, 相違いない, 相違は, 組の, 諸鳥, 過ぎないよう, 過ぎない予等, 違いありませんでした, 違いあるまい, 違いが, 違いございません, 違いなく, 違えねえって, 違えねえと, 違ない, 違は

▼ 来た~ (175, 0.3%)

6 があった 5 がある 4 のひと, の人 3 だと, である, というの, なの, のこと 2 が, だ, だった, だったの, であった, ね時計屋さん, の体, の安, の顔, は

1 [121件] かさえ知らないらしかった, かと思え, かな, がありました, がおれ, がお前, がきま, がきょう, がこの, が一人, が一時彼, が丸山, が宮本百合子, が小さい, が彼, が淋し, が私, が老婆, が自分, が通りがかり, が降り, この二日間小田島, じゃあねえらしい, だから, だぐらいは, だけに自分, だらうと, だ都, であります, でお, でございました, でございますが, です, ですからね, ですもの, でなくては, ではない, でまだ, で壮, とは一体, とは露, と持ち合せた, なども混つて, なら差支えなかろう, なら校長先生, には好, にも華紅, に堀田原, に対して終に, に彼, に発見, に身, のひとつ, のよう, のアク, のスリッパー, の人たち, の兄弟達, の先生, の労働者, の動作, の友達, の呉れた, の声, の夢, の客, の屍骸, の帯, の影, の徳, の心, の心事, の手前, の手紙, の数, の方, の朋輩, の汽船, の素, の被告人, の身分素姓, の非, の面影, の高慢ちき, はいった, はいよいよ, はさっき, はそこ, はそれだけ, はと中段, はまア, はわたし, はアン, は三十五六, は二十一二歳, は何様, は六人共, は又, は叫んだ, は壺, は秋刀魚船, は笹村, は贋物, は都合六人, ばかりの生活, もある, もいた, や子供たち, や酔どれ, をあれ, を前, を前進, を娘さん娘さん, を平兵衛, を弄ぶ, を得, を清水屋, を見る, を買っ, を逃がす, を露

▼ 来た~ (169, 0.3%)

10 にゃあ 5 にやあ 4 にゃ, のこと 3 には大 2 から, だった, と同じ, には, にはどんな, にゃア, の翌日, を思

1 [127件] いらいほうぼう, かず, からあんた, からでも身上, から二日目, から折, から数, から数え, から牧野, から病, から肌身, から良かっ, から起算, から雨降り, その境内, だ, つまり彼女, であった, です彼, ではない, で一週間, で客, となっ, など小遣, にお, にお母さん, にはお, にはことに, にはこの, にはご存じ, にはご存知, にはその, にはたまりません, にはどこ, にはまことに, にはまるで, には一軒一軒, には三人, には事勿れ主義, には五流, には人攫い, には何, には全く, には力, には唐天竺, には尚, には弁信, には御存じ, には煮, には物, には現在, には生活, には盛大, には相手, には記者, には退屈, には顔, にゃあとてもお話, にゃある, にゃお話, にゃからきし, にゃこの, にゃすっかり, にゃそりゃ, にゃたまらない, にゃとても, にゃどう, にゃどっか修道院, にゃみんな, にゃルパン, にゃ下等, にゃ人七化三, にゃ人間, にゃ夜, にゃ夢, にゃ悪食, にゃ戸, にゃ手, にゃ海, にゃ演劇, にゃ犬ころ, にゃ町内, にゃ船, にゃ誰, にゃ顔, にや名, にや怎, にや決して, にや煮, にや親子, に僕, に帰り, に私, に親類, に連れ戻した, に重い, のころ, のよう, の下, の両国, の光, の光り, の午後, の午過ぎ, の夕方, の夜, の幼かっ, の思出, の挿話, の朝, の来る, の港港, の観衆, の言葉, は, はなかっ, はわたし, は得意, は恐らく, は暢暢, は途中, までのこと, むこうの, もあつ, や夜, を迎え, 故之

▼ 来た~ (164, 0.3%)

6 であった, である 4 の事, はまだ 3 から見る, のこと

2 [11件] から舟, にはお玉さん, にはまだ, には彼, には日, には私, はすでに, はその, は僕, は日, は最早

1 [116件] いた爺さん, おきぬは, からあなた, からこぢ, からそういう, からその, からわれわれ仲間, からツイ, からモスク, から危な, から彼, から直ぐ, さらにまた, だが, だった, で, であって, でありました, でしょうか, です, ですら, と今, と修治さん, と計っ, どんな服装, にさかのぼらなけれ, にそこ, には, にはあたり, にはお, にはその, にはちょうど, にはへたばつた様子, にはまたもや, にはもう, にはもうすっかり, にはノビ, には上さん, には中津川村, には吉良一族, には姿, には小雨, には彼女, には戦争劇, には文字通り真, には文字通り紋太郎, には春, には月, には梅花, には梯子谷, には河岸, には父, には甲府発向, には町, には笹, には羽織袴, には自ら, には鉦, には隠居, には高瀬, にぱかぱかと背後, に出来た, に半, に姉, に家, に比べる, に訴えた, に隣り, のあの, のさわ子, の啄木, の彼あばら家, の心持, の方, の本土, の武蔵野, の無, の節子, はさすが, はほんの, はショパン, はトッド, はモウ点火, は三吉, は人影ひとつ, は何と, は何時の間にか, は勿論, は北天, は半鐘, は手荷物, は書生, は未だ, は森彦, は正太, は気, は汽車, は爽やか, は留学中, は眼, は碌々口, は秋, は空, は自分, は躑躅, は近い, は部屋, までは一面, やっとの, やっと落成, ようやくその, よりずっと, よりずつと以前, を見計っ, 先ず達雄, 真闇

▼ 来た手紙~ (156, 0.3%)

8 の中 6 のこと, を読ん 2 でした, による, の一節, を見, を見る

1 [126件] かちゃんと, か知りたかった, がそんな, がはひつ, が二つ, が余り, が文机, が現われ出た, が私, じゃない, だけをひき抜き, だとは, であった, である, でしょうか, ではあるまい, でもすべて, で子供, で彼, で明かです, で返事, というの, とが何時, と一緒, と云う, と金, なども見ない, などをお, なの, なんか中, なんぞの様子, に, には, にはこんな, にはそんな, には今, には始, には始め, には斯, には浦和, にも御, に書あて, に謝絶, に返事, のちぎれ, のはし, の一, の主, の事, の今, の内容, の反古裏, の封, の文句, の方, の束, の様子, の模様, の端, の至急, の裏, の調子, は, はありゃ, はいつも, はこう, はこれ, はごらん, はどこ, はやはり, はペン, は之, は何時, は情, は旅, は焼, は饅頭屋, もう一つ, もこっそり, も両国十一屋, も共に, も濡れ, も素気, も覚束, やはがき, や大阪, や貰った, や雑多, や雑誌, をお, をくりかえし, をことわり, をすっかり, をそこ, をよく, をシッカリ, をハクシヨン, を一々, を二階, を伸子, を出す, を叔父, を取った, を取出し, を受け取っ, を姉さん, を店, を忘れず, を思い出し, を手, を抜き取っ, を拡げ, を探し, を書い, を片っぱし, を疑っ, を疑つ, を示し, を繰返し読ん, を見せ, を見た, を読み, を読み合う, を読返, を貰ったら, を開い

▼ 来たこの~ (154, 0.3%)

3 家の, 道 2 国の, 女の, 県の

1 [142件] いかもの部屋でも, おやじを, お金を, たびの, としよりを, ひとときが, ひとりぼっ, ような, わしは, テーマは, パッションの, ペンで, ルッソオは, 一升壜は, 一老臣の, 七兵衛だ, 三四年来物理学の, 上品な, 中村菊之丞の, 二つの, 二ヵ月ばかり, 二人に, 二人は, 二通の, 五十男は, 亡命の, 人には, 人間の, 佐藤正助という, 作家の, 作家は, 作者が, 作者の, 俳諧青年は, 備前長船は, 僕に, 兄には, 先年の, 先生が, 写生帳が, 前後数年間が, 勢いの, 勢いを, 包みは, 十幾年の, 半年の, 危機を, 右馬介, 吉左衛門を, 四人は, 地下道は, 地方で, 変化が, 太刀風に, 夫婦の, 奇怪な, 女は, 女人魚のは, 女何を, 女詩人は, 娘が, 婆が, 子は, 家が, 家に, 寛斎が, 小さい一冊, 小坊主が, 小屋の, 少年が, 山には, 山は, 山男も, 島が, 布衣の, 平治二年であった, 年少なる, 幸運は, 感じより, 手の, 手紙を, 技術なる, 抑圧は, 拙者だ, 数ヶ月の, 新鋭な, 方角と, 旅路であった, 日は, 明治三十五年前後から, 朝の, 機会を, 毛の, 気さくで働く, 水を, 河上に, 災難教育であった, 物語も, 特別な, 現実の, 男を, 男達は, 異国の, 異彩は, 真名古も, 真紀子の, 矢代家の, 祖国の, 私, 私の, 種の, 窮鳥, 節の, 粘り強い小説家, 組に, 結果には, 縦筋を, 縫助は, 美くしい, 老武士, 考え方に, 肝腎な, 自然主義は, 若造どのみち, 街道は, 街道を, 親に, 謎を, 農村にも, 辺しばらく, 道に, 道を, 野性の, 金銭, 靄は, 頭の, 風呂敷は, 馬が, 鬼畜生, 鰹節は, 鳥の, 黒船の

▼ 来たって~ (153, 0.3%)

2 いいじゃ, わけか, 仕様が, 大水が, 私は, 言うん, 言って, 駄目だ

1 [137件] あたくし, あんなに興奮, あゝいう, いい, いいけど, いいけれど, いいよ, いいわ, いうこと, いうと, いうの, いうん, いうんで, いう訳, いえば, いやしない, えの, お伝えする, お客さんが, お寺だけは, かまや, かまわないこと, かまわんけど, かれと, きいたらば, ここへか, こともね, ことわるん, このとおり, この人, こんな口惜しい, しようが, その切り口, その影, その柱, その死体, その蓆, それは, そんなに大騒ぎ, ちょっと呼ん, どいつが, どんなこと, はいれやしめ, びくともしません, もう, もう大丈夫, ものさ, やつよ, よさそう, わたしどこの, わめきたち, われに, 一種の, 云うのよ, 云う事, 云って, 云ってたから, 交易の, 仕方が, 会わないよ, 何が, 何にも, 何も, 僕が, 八州の, 冬子は, 初めて心からな, 別に, 勝てるはず, 厮殺せ, 合点を, 同じね, 咬み殺したの, 坊を, 外に, 大勢入込みな, 大笑いした, 太七の, 女の, 奴は, 学ぶが, 小使い, 師資久しかるべし, 席は, 平気さ, 平気だ, 当人を, 彼を, 御心配, 必ず全, 怖いこと, 怖くは, 恐いこと, 悪いという, 感じだろう, 成算の, 指一本触れさせ, 文字どおり酒池肉林の, 断るに, 日蓮聖人の, 明後日来た, 曰く, 木だったら逃げられない, 木乃伊取りの, 来たかと, 来たという, 来なくたって, 来なくったって, 果しが, 果てしが, 構い付けなければ, 正成の, 歯を, 死んじゃ, 死体に, 残しゆくもの, 源氏と, 無駄な, 男の子は, 社会主義者と, 祈祷を, 私が, 私の, 移植した, 自国の, 芸術的小説です, 蔭では, 言うの, 言うのよ, 譫言を, 負けや, 負けやしねえん, 買えやしないわ, 逃げられないから, 遁げたや, 駄目です, 驚きは

▼ 来た~ (137, 0.2%)

3 はその

2 [11件] がお茶, が遽, にこの, にとつて, の妻, の姿, の車, の頭, はその後, はもう, は再び

1 [112件] がいま耳, がそういう, がその, が一日夫人, が何故, が傷だらけ, さ, である私, でさえも正視, ではなかつた, とは大変, などには反対, なんぞはこの世, にお, にとつ, にはほぼ, にはまるで, には御, には折, には河, には特に, には駿河台, にふさわしく, にもこれ, にも力強く, にゃ名, によく, に取っ, に微笑み掛けた, に較べる, のせめて, のその, の今, の作中人物, の内面, の友人, の古着, の大きく, の夫, の家内, の庭, の思想, の日本一, の昨日, の杞憂, の正体, の母親, の港, の眼, の研究, の紹介, の衷, の裏, の足跡, の転校, の部下, の頭脳, の顔, はいま, はここ, はすぐ, はすれ, はそうした, はそこ, はそんなに, はため, はちょっと, はつい, はにこにこ, はまさに, はまだ, はわれ知らず額, はキリギリス籠, はコロール, は一人, は事物, は五六間, は仕方, は体温表, は偶然, は偶然一室, は処女作, は又, は啄木, は図々しく, は明日都, は昼間, は歩い, は気, は無意識, は生れ, は突然, は絵巻物, は耐, は自分, は蒲田谷, は血, は雨中, は鞄, への最初, もその, もとう, もまた, も以前, も逢いたい, をいかにも, をわらつた, を何, を少し, を愛し, を指示, 共夫妻

▼ 来たもん~ (134, 0.2%)

33 だから 2623 ですから 5 だからね 4 だな, です 3 だね, で 2 だが, だねえ, では

1 [27件] かそいつ, さ, じゃけ, じゃさかい, じゃな, じゃ按摩, だからなあ, だっけ, だで, だと, だという, だのし, だよ, だ俺ら, だ悪い, でご, でございます殿様, でござんすと, ですからね, ですけに, ですね, でせう, でちょっと, で俺, とばっかり思うとった, な, なの

▼ 来た~ (134, 0.2%)

3 の眼, の頭, の顔, を見る 2 が突然, である, の妻, の姿, はその, はまた, はもう

1 [108件] が, があの, がその後, がそれ, が一転, が僕, が善かれ悪しかれ, が異, が隣家, だ, だけに人, だけは敵, であった, であったの, であること, ではない, とし, としてはこれ, とはわずか, と向い合っ, なの, なりの職業上, にとってすぐ, にとっては土, にとつて, にはこの, にはまだ, にはまるで, には病気, にロ人雑居, に私, のがっかり, のこうした, のこと, のす, のその, のつよい, のひどい, のトム, の上, の二人, の会社, の作物, の友人, の周囲, の器量, の地位, の天下三分策, の奇妙, の妄想, の妖酒, の家, の平安, の心, の心持, の心理, の手, の教育, の新しい, の様子, の目的, の眷族, の空想, の美人以外, の船, の運命, の鈍い, の顔色, は, はお, はこの, はこんな, はさらに, はすぐ, はだから, はちょうど, はにわかに, はほんとにさ, はカズ子, はチョット, は一番奥, は人力車, は今, は今日, は割合, は半蔵, は卑し, は唖, は屈托, は座蒲団, は手, は明治維新, は時には, は焼, は現世, は生まれ変わった, は畳, は石子刑事, は突然, は縁側, は脚気, は門人たち, も今や, をもう一度, を自分, を見, を見た, 少くとも

▼ 来たため~ (122, 0.2%)

3 に, にこの 2 であろう, であろうか, です, にそんなに, に時々, に生じた, に自分

1 [102件] あっという間に二人, かこれ, かその, かそれ, かと思った, かなり疲れ, かもしれない, か何となく, か何ん, か天涯孤独, この奈良, さしもの, じゃほか, すでに彼, そっと北, その機先, だ, だった, だと, だろう, だろう二人, ちょっと小, であったか, であったかも, であったが, であらう, であるらしい, でもある, で農家, ともいえる, と暗号員, にあの, にあわて, にいつの間にか, にいろいろ, にお, にかえって, にこれ, にこんなにも, にさしも, にその, にちと, にますます, にもと, にやや, にわが, にアブク銭, にスッカリ, にトラホーム, に一体, に一家, に一層, に三十年後, に不愉快, に不景気, に云い出す, に人心, に住民, に出る, に出入り, に刻限, に単に, に同じく, に周都督, に外, に専門家, に小太郎, に市当局, に往復切符, に応答, に攘夷封港論, に文壇, に様式, に正殿, に歴史, に民衆自身, に治郎吉, に泣声, に物, に特に, に猶, に生れ, に疲れ, に細胞, に美緒, に職, に自己暗示, に自然, に若君, に退けられた, に逃げ出した, に違い, に酒, に鉱毒問題, の不, の作者, の息切れ, ばかりで, らしかった, 妨げられて, 急いで, 目下この

▼ 来たものの~ (122, 0.2%)

4 顔を 3 彼は 2 さてその, 一つは, 姿として, 宅は, 結局私たちは, 美奈子は, 考えて

1 [101件] あったためし, あまり凄, あるの, うつしに, お袖, かえって二人, ここは, ごとく見せかけて, さて今日, さて何処, さて相手, さて誰, さんざんな, しかしそれほど, すぐ立つ, すべては, そのまま途方, その上り高, その前後, その女, その用むき, その百物語, その頃, それは, たいした話, ともかくも, どういうわけ, どうして良い, なお不安, なお汝, ふと炎, もうその, もとの, ようやく岸, よく読めない, よもやプラスビイユ, ムリが, 一つの, 一度は, 三年経った, 不安であった, 主君の, 事実弾正に, 二人は, 人手の, 今マルセエユ, 他に, 何日我が, 俺は, 先方は, 内地の, 内容と, 冠位は, 叔父の, 右門も, 品種は, 土州に, 多くが, 夜明まで, 奈何せん, 妙に, 姓名と, 姿と, 孔明に, 実は未だに, 実行不可能です, 実際米友, 屠殺の, 形跡を, 彼の, 彼奴いよいよ, 心ひそかに, 心配で, 必ず上る, 思えば, 急に, 感動を, 所産に, 批評ばかり, 昨夜家を, 本来あの, 来て, 正体を, 残って, 毎日で, 百に, 目には, 相違を, 積分的効果が, 自分の, 艇長は, 苦しくよろこばしい回顧, 草履は, 行きたいと, 親しみを, 話し相手も, 起原に, 身寄りの, 音やや, 駒井にとっては, 騒ぐわけ

▼ 来たといふ~ (117, 0.2%)

4 ことである, やうな 3 ことだ, ことを, のだ

2 [12件] ことで, ことに, ことは, のである, のに, のは, 事を, 人も, 噂の, 場合に, 話が, 話を

1 [76件] いかにも樹明, おそくまで, お話を, ことであり, ことであります, こと母としては, こと生れ, さう, そこで私独特, そして夜中, その日, のが, ので, のです, のも, のを, ひとである, ものだ, やうに, わけぢや, わけで, ガウンを, 事も, 事実は, 人とも, 以上お前は, 以外に, 以外には, 伝説的な, 何といふ, 原義が, 噂が, 噂に, 噂も, 図かね, 報知が, 声を, 太一郎が, 孝一郎の, 形跡も, 心持が, 感じが, 感じは, 感じを, 手紙を, 提灯を, 敬治坊からの, 方が, 日を, 日下部編輯長とが, 栗毛の, 格好で, 極めてエキゾチツク, 次第だ, 民蔵やら, 気が, 気込みが, 満足が, 煩悶の, 男が, 矢田さんは, 積りだ, 者なら, 若狭の, 落噺も, 訣では, 訳な, 証拠には, 話, 話も, 閑談二時間あまり後日を, 電話が, 風で, 風な, 風にも, 騒ぎだ

▼ 来た自分~ (113, 0.2%)

4 の姿, の心, の身 3 の気持 2 が何だか, と比較, の心持, の生涯, の軽率, は今

1 [86件] か小野田, がこんど, がつまらぬ, が不思議, が卑怯未練, が恐ろしかっ, が最後, が顧みられた, である, とその, ともう一度, にさ, にさえ尚, にはそれ, には老師, に今, に呆れた, のあさまし, のこう, のこと, の一生, の今, の任務, の位置, の先輩たち, の冒険慾, の別れ, の努力, の商才, の境遇, の変り, の変化, の大胆さ, の女房, の妻, の子, の子供, の家, の将来, の小心さ, の屋敷, の帰国, の弱点, の息切れ, の情熱, の愚, の所作, の挙動, の旅, の本, の横面, の母, の母親, の決心, の着類, の精神, の精進, の義務, の職, の胸, の船, の荷物, の誤り, の身体, の道, の部屋, の頭, はこれから, はその, はなるたけ, は先ず, は妙, は自分, は興, よりも子供, らしい楼閣, をとっさ, を内心軽蔑気味, を妻, を少なから, を殺した, を邪慳, を都会, を鈍い, を顧み, を驚いた

▼ 来たなと~ (97, 0.2%)

13 思った, 思って 7 思うと 5 思いました 3 思う間もなく, 思つた 2 思ったが

1 [51件] いうこと, がばと跳ね起き, すぐ通し, すでに合点, そっと窺っ, そーっと, つぶやきました, びくっと, わかると, オンドリたちは, 一人で, 一生懸命に, 云つた, 今まで, 何とも云えず, 健は, 判事は, 可哀そうに, 呟くと, 天蔵は, 子路は, 左近は, 市郎は, 彼は, 忠作は, 思いどう, 思いながら, 思いましたから, 思ううち, 思うころ, 思う途端, 思っただけ, 思ったの, 思ひました, 思ツても, 悟つて良兼方の, 感づいて, 推測した, 栄之, 構えを, 気がついただけ, 気がついて, 浮かれ出したの, 知って, 私は, 見えた時, 覚えたので, 身を, 道阿弥は, 首肯かせる, 高尚な

▼ 来た時分~ (96, 0.2%)

4 にお, にはもう 3 のこと 2 に, にこの, には薬師様, に前後

1 [77件] お雪, からまた, からみる, から素顔君, きっと取る, この老婆, この辺, その部屋, であつ, とは浜, と今日, と申す, なん, にがんりき, にその, にそれ, にはあまり, にはお, にはお辞儀, にはこれ, にはこんな, にはその, にはそれ, にはどう, にはなかなか, にはまだ, にはイヤ, にはネーチュン, には不幸, には家, には小菊, には差止め, には後家さん, には日, には月, には母屋, には男女, には私, には笛, には肝腎, には貞世, には黄昏, にふい, にふと, にまだ, にもう, にムク犬, に下, に佐野川方面, に前, に土間, に振返っ, に来れ, に河原, に盛ん, に短, に石田三成, に突然, に立ち止まっ, に素顔君, に芳町, に表, に選, に駒井, のお話, のよう, の三百, は, はもうごく, は五軒, は前, は職工, は藪, ほどの物, また蘇った, を待つ, を考える

▼ 来た一人~ (93, 0.2%)

12 の男 6 の女 4 の青年 3 の少女, の少年, の武士 2 の人物, の侍, の年配, は彼

1 [54件] が, がそう, がカアル, が肩, が言, である, であろう, であろうと, では, でゆ, なの, にはちがいありません, に何, のおば, のアダム, のサイクリスト, の下女, の乾分, の人影, の人間, の仲間, の信者, の刀, の土民, の士官, の大きな, の女性, の娘, の婦, の宿禰, の将校, の小娘, の小男, の旅, の旅装い, の日本, の歌よみ, の殺伐, の生徒, の紅毛人, の紳士, の老婆, の肩, の芸者, の若い, の警官, の貴婦人, の飯田, は幾らか, は橋, は黒絖龍文, もみな土方, をかわす, をサーッ

▼ 来た二人~ (92, 0.2%)

6 の男 4 の婦人 3 の女 2 の人物, の仲間, の娘, の子供, の学生, の客, の男女, は彼

1 [63件] がね, が自分たち, だった, であった, とも起, と無断, にも, のお方, のす, の不幸, の中, の人夫, の人影, の仁, の僧, の刀鍛冶, の友人, の名, の墓場, の姿, の宦官, の宮田, の少年, の年長, の悪食家, の敵, の村人, の此処, の武士, の沙魚釣男, の浪人者, の百姓たち, の目, の看病夫, の秘密, の者, の職工, の芸者, の若い, の話, の迅, の遣取, の青年, の風流人, は, はすぐ, はその, はどんな, は云う, は今, は偶然其跡, は別々, は半, は口論, は尊敬, は床, は自分, は街, は言うまでもなく, は黙っ, を案内, を見, を黙りがち

▼ 来た若い~ (90, 0.2%)

6 女が 5 男が 3 女の 2 二個連れの, 人たちの, 女, 将校の, 男は

1 [66件] おかみさんの, のなんぞを, ものが, ものに, エンマ・ゴルドマンが, ソプラノ歌手の, ルセアニアの, 一人の, 一医師に, 一団に, 世代の, 二名の, 人たちをも, 人であります, 人達は, 作家たちの, 売笑婦も, 夫婦であった, 女その, 女に, 女は, 女中に, 女性たちの, 女性の, 女性を, 女連と, 妻も, 娘が, 娘の, 娘は, 婦人が, 婦人には, 学者が, 巡査の, 店員に, 店員には, 後家という, 心の, 文学少女が, 日本の, 機関士で, 武士が, 武家息子たちの, 漁師が, 燕尾服の, 男, 男女が, 男女の, 男女も, 画家の, 番頭も, 者に, 者は, 職人は, 職人や, 職工さんの, 艇員との, 芸妓である, 英文学者の, 記者は, 謡謳い, 身延詣での, 郎党が, 郭嘉に, 電気学生が, 魚屋が

▼ 来た人間~ (89, 0.2%)

4 がある 3 だ, である, なの 2 だと, である事, のよう

1 [70件] かも知れない, か知合, があった, がこの, がその道, がどこ, が一人, が乾分, が同じ, が土人, が大将, が居った, が果して, が立派, さ, じゃあるまい, じゃがこの間久し振り, だア, であった, でありますけれども, であると, ですからな, では, ではなく, でもあり, で別に, で埋まった, で島田, とは人, とは異なつた, と知る, と自分, なら何, なん, にその, にはしばらく, には何, に概して, に過ぎなかった, に顔, のうち, のやう, の作, の前, の名, の声, の妄想, の宝, の弱, の心がけ, の心持, の標本, の淋し, の現在中流的偏見, の立派, の観念化, の面目, の面相, は, はな, は世間, は二十名以上, は彼ひとり, は泥沼, は牛小屋, らしい, を三四人, を使っ, を筆一本, を見なかった

▼ 来たあの~ (85, 0.1%)

2 人が, 女は, 時の

1 [79件] いやらしい金助, おやじどもを, お六, お露, がんりきという, ころも, ごまの, たっぷりした, へんです, ナポレオン型の, 上等のを, 二人が, 人だろう, 人影に, 仲間ほんとに, 例の, 先生先生, 力では, 印象的な, 商人は, 声, 大将か, 女, 女ときたら, 女の, 女性であった, 女房が, 女文字の, 娘の, 娘は, 少女と, 御信念, 恐ろしい, 悠々閑々たる, 悲惨な, 意地の, 意気地ない, 手紙をも, 手紙以来一寸も, 旅の, 旦那様にも, 時に, 時期の, 暗い不思議, 暗い部屋, 暴状, 木戸から, 東洋画独味の, 楽しい日以来, 歌風の, 母親も, 気ちがい, 炭焼の, 燕を, 爺の, 田舎武士が, 男が, 男も, 疎開生活の, 盲目の, 眼の, 箪笥と, 素浪人の, 絵馬です, 羅馬旧教風な, 老いた痩馬, 若い婦人, 血染の, 血綿の, 覆面だ, 販ぎ女な, 辺で, 都の, 開拓魂, 風車だった, 香気だった, 香水だった, 鳥打帽を, 黒い手

▼ 来たとは~ (85, 0.1%)

5 いうものの 3 思われない 2 何という, 反対の

1 [73件] いい得られよう, いうが, いうし, いうもん, いえこの, いえこれ, いえロンドン, いえ前, いえ千両箱, いえ彼女, いえ御, いえ汝, いえ結局, いっても, おれは, それや, ちといぶかしい, とれぬ, どうして知ろう, ふしぎであった, まだ言い出せなかった, もとより, ブラボー, 云うものの, 云えない, 云え既に, 云ふ, 佐々木小次郎がか, 何たる不覚, 何だ, 何んの, 何人も, 何者, 全然別, 其所が, 反対側の, 変な, 大に, 奇怪な, 如何だ, 必しも, 思いましたが, 思いません, 思いませんから, 思いませんが, 思うが, 思ったが, 思つた, 思はなかつたが, 思わなかった, 思わねえから, 思われないが, 思われません, 憎いおれ, 振って, 断言出来ない, 決して言, 決して誰, 申せもはや, 申せ実は, 知ったが, 知って, 知らない, 知らぬから, 知りよう, 見えても, 見えない, 言い条無事な, 言えなかった, 言えません, 言えませんでした, 逆の, 関羽と

▼ 来たかの~ (83, 0.1%)

24 ように 14 ような 5 やうに 2 やうな, ようだった, 過程を

1 [34件] ごとく想像, どちらかに, ようであった, ようでありました, ようである, ようです, ようにさえ, 乗客に対して, 二つである, 二系列の, 人足廻しの, 人間は, 任侠の, 兜を, 原因をすらも, 女で, 女の, 女は, 如き大軍, 如く人々, 如く消毒液の, 如く疲れきった, 如く直覚的, 如く私, 如く見うけられた, 婦強い, 情勢とを, 感が, 様相が, 点に, 説明が, 趣が, 銅色の, 頃

▼ 来たかという~ (81, 0.1%)

17 ことを 8 ような 6 ことは 4 ように 3 ことも, 事を 2 ことが, ことである, ことです, ことに

1 [32件] お尋ね, ことその, ことで, ことであります, ことな, ことについて, ことには, ことまでは, そのこと自体, その変遷, その怪人, その生き, その突き, その自然発火, のか, のが, ふうで, 一つの, 事実である, 使命の, 哲学史的見解が, 噂について, 歴史上の, 理由を, 眼付を, 諸関係, 謎を, 質問が, 過去の, 過程は, 題目について, 顔付を

▼ 来た~ (81, 0.1%)

12 である 4 に思われる 3 だ, なもの, な気 2 だね, です, な心地, な気持, に感じた, に見える

1 [44件] じゃありません, だから, だな, ですが, ですよ, で何となく, で其前, なあんばい, なお, なおもい, なそれでいて, なにくにくしい, な事, な区劃, な声, な小さな, な形, な心持, な悪党, な日, な男, な見ては, な逆, な道庁, な雑木山, な顔, な風, に, にあつかっ, にさ, にさえ思え, に学窓, に実に, に思ひます, に思ふ, に感じました, に感ぜられた, に書い, に極めて, に歌舞妓芝居, に此, に神, に記し, は驚くべき

▼ 来た~ (80, 0.1%)

2 があった, であると, ではない, というの, のため, は木下

1 [68件] か, かと女中, がある, が五千九百円毛皮類, が亡くなつた, が多い, が気分, が百十三人, が自分ら, が通りかかっ, だ, だけにモーターボート, だったよう, だと, だという, で洋服, ということ, ときめられ, とジョルジュ・サンド, なので, にこれ, になろう, にはいっこう, に何, に出す, に反感, に声, に妻, に対しても彼, に挨拶, に椅子, に混, に見られ, に隠れ, に面会, のそれ, のそれぞれ, のひとり, の一人, の中, の侍, の前, の座, の応待, の所, の眼, の話し声, の頭, の顔, は, はあたかも, はいつた, は他, は印度婦人服独特, は帰っ, は悪者, は此, は湯島六丁目藤屋七兵衞, は皆, へ, もある, もこの, も頭巾, や煙管, らしい, を待っ, を忘れる, を鼻

▼ 来たころ~ (77, 0.1%)

43 になっ, のこと, はその 2 から見る, には甥, はまだ, は旅

1 [56件] から, からとかく, からままごと, から修繕, であった, である, です, で若い, どうにでも, どうやら自動車, にはお, にはまだ, にはもう, には久しぶり, には二人, には夜, には家, には彼女, には怪しい, には花, には芳太郎, には葉子, には走ろう, には近, には遼陽, にやっと再び, にわかに美粧院, に右, に歿, に浅井, に私, に空, に苦労, のある, の交情, の希望時代, の洋服姿, の物語, の町, の矢代, の若松, はいつも, はおとうさん, はこの, はもう, は丁度, は六十, は司馬遷, は夜, は山里, は店座敷, は渦まく, は私, までも水, ようやく霧, 突然一隅

▼ 来た~ (77, 0.1%)

11 がある 32 が, があった, だけに大, なるべし, に相違

1 [53件] ある, か, かも知れん, から誰彼, か知らん, があっ, がこの, がどうして, が二升, が十時過ぎ, が弓, が生き, が矢, が若衆, さ, でも温柔, と五月一日云々, と助け出され, ないかい, なら今に, なん, なんぞを見, に伴, に対して何ら, に連れ, のやう, の中, の居所, の手先, の正面半身, の立場, の胸ぐら, の身もと, の間違え, の鼻面, はナマナマ, は仕合せ, は松吉, は無神経, は片っぱし, は片っ端, は生意気, もある, もいら, もやっぱり, もエライ, も相手, をおそい, をチャリン, をモウ一度, を大手, を親方, を詰める

▼ 来た~ (76, 0.1%)

3 である, とは違っ 2 だ, で, です, で平岡, の, へ二週間前

1 [58件] からつづい, がそれ, がなか, が品川, が多い, が存外, が尾上河岸, が山出し, が正しく, が見られ, が頗る, じゃない, だと, だよ, であった, ですから, でもう, でアリスチド, でクルリ, で三四郎, で上衣, で先ず, で只, で描きまくる, で止められた, で私, で突然, としては貧弱, などもやはり, なの, なり, にある, による, に一条, に大きな, に女中部屋, に突き当り, のアメリカ土人, のフランチェスカ, の機械, の短歌, の空想的仮象, の軍人, はまるで, は宵, は河, は紀三井寺, へ戻る, も分らない, も灰色, をしらべ, を想像, を振り, を確かめ, を考へ, を見れ, を遠く, 丁度谷間田

▼ 来たけれども~ (72, 0.1%)

3 これからは 2 そこに, それは, 私は

1 [63件] あんまり突飛, いずれも, いつか上った, いつも口癖, きんは, この佐久間町, この儘, この提灯, この辺, この連中, これから先, これは, しいて心, しかし昨今, その矢柄, その研究, その結論, それとは, それの, それより, ついにそこ, どれも, まだまだなかなかそれ, もう耕す, やっぱり以前, ムク犬は, ヨーロッパでは, 一九四五年五月は, 万葉の, 不安心だ, 今から, 他の, 何となく自分, 何とも, 何の, 余り後の, 全くこれ, 土堤の, 大体から, 奥さんは, 奮発し, 妙子の, 婦人の, 寧ろほか, 帰らなかった, 成績はなはだ, 接吻の, 斯う, 日本人の, 最初に, 朋友の, 来る途中, 板谷は, 横に, 欠損した, 無人で, 犯人の, 甲比丹ブルックは, 目的の, 研究所の, 素質が, 親しむ間もなく, 駒井の

▼ 来た~ (72, 0.1%)

13 来たぞ 642 おっ, 血吸鬼どもが

1 [45件] あいつに, あまりに神気, あやしいぞ, いよいよ来た, え, え万場町, おまえの, きあ, こうして下, さわるな, そうら, それからッ, っ道, ついに来た, やいの, ゥ, ォ, オ, ガソリンが, ーっ, 万年玉が, 何だか堅い, 何だろう, 十八文の, 厭な, 合図だ, 喰はれる, 喰われるぞ, 太兵衛, 奴等も, 奸党諸, 島へ, 御覧じろ今に, 戦は勝, 早速たべちまおう, 浮み上った, 源的, 緊り, 落としたぞ, 調べて, 追手が, 遂に, 酷い目, 門の, 降りろ

▼ 来た人々~ (72, 0.1%)

2 の中

1 [70件] があふれ, がおのずから, がこんなに, がほっと, が並んだ, が今, が料理, が日本, が真っ黒, が行儀, が高麗, こそがまこと, だが, だった, で, である, であると, で埋まっ, で菩提寺, と力, なの, にはそこ, によってあげられた, による社会労働民主党, に伸子, に廻し, に水飯, に簡単, のその, の人生, の功績, の動静, の喜ばしく珍しい, の寿詞, の心持, の愛, の末, の歩調, の生活, の生活再建, の群, の膝, の集り, の音, の頭, はいらなくなった, はこんど, はみな気, はみんな小具足, はもう, はよ, はロボット, は主観的, は何百人, は全部マニラ, は又, は囲炉裏, は日本, は焼かれな, は白痴, へ, も, もいつか呼び出し, もその, も前, も大晦日, も既, をみれ, を見る, 更にそっち

▼ 来た女中~ (71, 0.1%)

32 が土色, のお, を顧み

1 [62件] から思い, が, がいる, がこの, がそれ, がまた, が外, が廊下, が彼等, が捧げ, が発見, が言う, ではなにか, で奥様, と喋っ, と土地, と姉, なぞはハルピン, にあてつけた, にいろいろ, にこう, には早く, にひっぱられ, にむかっ, に三枝, に事件, に五百, に大声, に奥さん, に富岡, に時間, に聞い, に自分たち, に草履, に菊千代, に藤枝, に鶴見, のよう, のキミ, のニウ, の一人二人, の傍, の右, の後, の後ろ, の美津, の里, の隙, は, はそれ, はデカ, は半月, は始め, は小菊, は直ぐ, は真っ青, へ蔦子, もいなかった, も心得た, や細君, を相手, を自分

▼ 来た様子~ (71, 0.1%)

9 です 5 である 4 だが 3 もない 2 がない, が見える, で, であつ, はありません, バタバタと

1 [38件] がした, が奇怪, が誠に, じゃない, だ, だし, だったが, だつた, だつたので, だね, だ沢山, であった, であったから, であります, であるが, でした, でなく意地, ではまた, でひとり, でグッタリ, で家, で訊ねた, で語調, で蹄鉄形, ながらまだ, ながらまだひょうひょうと, なので, なり煙草盆, の者, はすこしも, はなく, はなし, はねえ, もなく, もなし, を見た, を見ます, を話した

▼ 来たけれど~ (69, 0.1%)

4 その時 3 家の

1 [62件] あんなアイス, おお寒い, お前に, お茶代, お鈴, ここから, ここは, これからさき, これからは, こんなの, さして眠い, しかし店, そこには, そのまま尾行, それは, そんな夢みたい, どうにも, まずこの, また暫らく, まだ見つかりません, まだ金魚, もう書い, もう歩けない, やっぱり駄目, 二三日非常に, 今は, 伊太夫は, 伯父様は, 何うし, 何だか思ふ, 侍奉公は, 到底自分, 前日に, 向うが, 大使さんで, 娘たちは, 宿の, 帰る時, 彼には, 彼は, 彼女は, 待つて, 手を, 断つて, 昔は, 期待する, 本客, 正確な, 気が, 皆の, 私だ, 私は, 笛坊の, 肝臓は, 脈を, 若し旦那様, 行くところ, 行けなかつた, 読む気, 随分辛い, 雨は, 髪なんぞ

▼ 来たんで~ (69, 0.1%)

3 がす, せう 2 げす, さあ

1 [59件] あわてて, い, いつのまにか自分自身, おかあさんが, お金が, がしょう, がすぞ, こりゃ迂, こんな時間, ござりましょう, ざわついた, すい, せうね, せうよ, せっかくの, そのその葉ちゃんとこ, その鑑定, そんな精しい, ちょっと寄っ, っせ, とうとう又, とにかく持っ, どうなすっ, なア, びっくりし, ヤカンダニを, ーす, 一杯飲まし, 三百両ぐらいの, 今じゃ, 住民は, 何かと思ったら, 僕は, 其の時己, 却つて迷惑が, 呆れる, 夢中な, 好いた仲, 岩村組に, 御機嫌が, 心機一転の, 必要の, 思い出したん, 持って, 旨そう, 時分が, 気にか, 決して何うしよう, 決して悪気, 渡辺に, 甚だ風流, 生徒も, 生憎煙草, 疑と, 立上ろう, 連中とても, 電車に, 面喰った, 鹿の

▼ 来た人たち~ (66, 0.1%)

3 の中 2 である事, でした, はいずれ, は一人

1 [55件] かな, かもしれない, からその, が二人, が五六人, が住ん, が内, が後ろ, が来, が次ぎ, だ, だと, だろう, であったので, であったろう, で少く, で心身, といっしょ, と同じ, と広間, と見え, と軒, にどの, にはへん, には女王, には意匠, には開放, に物, に贈物, の人払い, の前, の心, の目つき, の話, の驚いた, はまた, は半蔵, は大抵, は女の子, は教育技術, は殊に, は皆, は西, は違う, ばかりだ, ばかりです, もいろいろ, もまた, も勢い, も皆, らしく思われた, を中心, を平静, を毛ぎらいする民族, を相手

▼ 来ただけ~ (65, 0.1%)

5 である 4 では 3 あって, なの 2 だ, だよ, であった, です, ですから, ですよ, なん

1 [36件] じあ, その閉された, それだけ或, だから, だった, だったが, だと, だ俺, であったが, であっては, であるが, であるよう, ですもの, ですわ, でそれ, でね, でもうこ, でもうそんなに, で今年, で余程, で別に, で年内, で私, で紹介者, で繋ぎ, で詳しい, で警官, なので, や, 一層彼女, 人間の, 今日正午電報為替で, 作家らしい, 始末し, 馬鹿で, 馬鹿であった

▼ 来た~ (64, 0.1%)

542 とうとう, 父様も

1 [51件] いいところ, う, おっ母ア, こいつは, こうなっ, これで, こんどは, ご苦労さんご苦労さんと, どうしただ, どこぞ, どの面, どんな味方, また何, まだ薄暗い, まんざら筋, よいところ, わかったから, アえ, アと, ア何だ, ア堅い, ウム, ッと, ッ金吾, 丁度用も, 七兵衞構わず, 上がりたまえ, 今は, 今帰った, 何と心得, 余り日並, 俺は, 初めて逢っ, 坊主, 岩切勘左衛門とかいう, 彼も, 提灯も, 此の, 氷が, 汝, 泣くな, 白骨へ, 自分たちで, 薄気味の, 見つかっては, 誰かを, 鍋焼が, 隣家の, 雨の, 頼母め, 駄洒落は

▼ 来た~ (63, 0.1%)

8 でも 5 なん 4 だ, だが, である 3 じゃない, ですが, では 2 じゃねえ, だがね, だな, であります, ですね

1 [19件] じゃある, じゃござんせん, じゃァさらさら, だす, だつた, だね, でありませんが, であるかも, でございませんから, でした, でしたが, です, ですか, ですから, ですな, でもし, なの, なれど, を聞い

▼ 来たとも~ (62, 0.1%)

2 いう, なく二三年

1 [58件] あって, ありひとり虫, あり鵝或, いい得られる, いい得る, いえよう, いえる, いえるよう, いえる大軍, いって, いはぬが, いわなかったが, がらは, つたえて, なくここ, なくちゃんと, なく空, わからぬこれからどう, わるか, 云い得られる, 云うこと, 云えまい, 云はれるであらう, 云ひ得, 云へる, 受け取られかねない装い, 彼女には, 思い絵, 思える, 思はれるし, 思わないでしょうが, 思われない, 書いて, 知らぬ中, 知れず台所, 知れず裏庭, 知れないいや, 知れないぐつと身体, 知れないこの, 知れないこの小さな, 知れないその, 知れない若い, 知れない蟋蟀, 知れぬ卓子, 知れぬ天狗, 考えて, 考えられませぬ, 考えるし, 考へられる, 考へられるが, 見られる, 言った, 言って, 言はれ, 言はれぬ仕, 言われなくは, 語った, 誰も

▼ 来た以上~ (60, 0.1%)

2 すぐに, は, はその, はどうしても, は仕方

1 [50件] おめ, この条件, その命令, その生活, その目的, そんなに簡単, ただ手ぶら, つまらないこと, でもある, どうしても京都, どうで, どうでも, なにかの, なにか内輪, の出来事, の難航, はあけ, はここ, はこっち, はこの, はそれ, はどうも今更, はもう, はもはや, はゆ, は一味, は一度, は世界, は今後どこ, は何処, は作っ, は南部領, は団十郎, は奇蹟, は少し, は引張っ, は当人, は生きね, は真面目, は肉体, は誰, は貴夫, は雌沼, まさかはいらぬ, もう吉良, もちろん引っ返す, もはや陽子, 今さらおめおめと, 今さら素手, 止むを

▼ 来た連中~ (59, 0.1%)

42 の中

1 [53件] からだ, がかう, がしでかした, がバタバタ, が一銭銅貨, が加はつ, が時間, が来, が皆, が眺めました, が素頭, じゃあるまい, だから, だけだってすさまじい, である, で甲板, で赤い, で鋪道, とこつぴどく鉢合せ, と同じ, などで満たされ, にそう, のこと, の一人, の口説き, の暮し, の話, は, はいずれ, はざっと, はそれ, はみんないずれ, は上, は伊東署, は列車, は坂上, は民衆, は田舎者, は身体中, へと百円, もあつ, もそう, も争っ, やぞ, らしい, らしいが, を北, を南風, を真, を睨みつけ, を見る, を見失っ, を赤山

▼ 来たせい~ (56, 0.1%)

5 でも 4 であろう 3 では 2 か年, である, もあった, もあろう

1 [36件] かいや, かいろいろ, かし, かしばらく, かすこし, かずいぶん, かとても, かどうしても, かなおも, かまたは, かむっちり, かもしれない, かも知れない, かも知れぬ, かや, か今, か品夫, か女, か妙, か寒く, か平, か星人たち, か近年, か頗る, である事, であろうと, でしょう, でしょうか, で保身, で六十, で彼, で日, で色, で蔵経, なん, もあらう

▼ 来たついで~ (56, 0.1%)

32 にあんまり, にここ, に立ち寄った

1 [47件] じゃ, だからと, だという, とあっ, と云っ, に, にあなた, にお, にこういう, にすこし, にちょっと, にでも言っ, によった, にわざ, にわざわざ, にオルガンチノ, にサークル, にトビ, にバス, にヘイチン楼, にベツピン, に八年振り, に同門, に四, に四条, に墓, に夜食, に夫婦共, に寄った, に帰省中, に延津弥, に張氏, に彼, に従妹, に斯様, に新開, に楽しい, に歯科, に焼跡, に父, に用, に神明前, に私, に経歴書, のやう, やいう, を利用

▼ 来た~ (56, 0.1%)

2 だと, なん, のもの, の諸

1 [48件] からこの, からつい, から出た, から明らか, が, がまア, が先, が全く, が宅, が正直, が此, が稲葉家, が要するに, が遁げ, これから行こう, だ, だもの, で, であった, でした, でどうせ, で偶然, で叔父さん, で第, なの, によって今日有力, によって最も, によれ, に大, に意味, に関する限り, の前期, の日本資本主義, の概念, の神経, の自然科学者, の蘆, の鎮魂, はいつも, は音, へ仏家, へ其の, へ這入っ, も行く, より他, をふり, を取, を次

▼ 来たじゃ~ (54, 0.1%)

25 ないか 15 ありませんか 5 ないの 4 ねえか 1 ございませんか, ないですか, アない, ア金を, 無えかい

▼ 来たつもり~ (54, 0.1%)

6 なの 4 だ, である 3 だが, ですが

1 [34件] じゃが, だけど, だしかも, だった, だったが, だと, であったが, であった松永久秀, であつ, であります, でありますが, であるが, でいた, でいる, でうかうか, でお, でおりました, でございましたが, です, でせいぜい, でその, でもう, でゆ, でゐました, で乗ったつもり, で例, で却って, で居りました, で気, なん, の処, の彼, の米友自身, の食味

▼ 来た~ (54, 0.1%)

7 来たよ 2 僕は

1 [45件] あれが, いるん, おじさん, おふくろと, おれは, お前隠れ場が, お爺さんの, お離し, かつた, こっちへ, この上, これ, これを, たとんと, た者, だ, だまって, な枇杷, ほめて, ほんとうに, みんなに, よりちやん, わけが, ウ, ハンズさん, マスミちゃん, 久々にて, 二人次の間に, 今晩は, 何にも, 何処かへ, 先生, 又市, 可愛らしい米友さん, 君と, 姉さまが, 是や, 槍の, 煩さい, 花嫁, 見て, 親指が, 起きて, 駕籠は, 鬼が

▼ 来た~ (53, 0.1%)

3 をする 2 なの, なので, をし, をした, を聞いた

1 [40件] が, がある, がみえ, が全部ほんとう, が出る, だけだ, だけでも十分, であろうか, ではない, では駒鳥, というの, というは供, として聞いた, とは違う, などをし, などをした, なん, によって私, に多少, のよう, の中, はあまりに, はどうやら, はまだ, は播磨風土記, は聞かない, もし, や, をお, をしはじめた, をしました, を下手, を姉, を思ふ, を書い, を止め, を汽車, を聞い, を聞かなかった, 一寸いたしましたろう

▼ 来たそう~ (51, 0.1%)

12 である 5 だ, です 3 だから, だが 2 であります, では

1 [19件] して, し敵, だね, だねえ, であったが, であるが, でございます, でございますとても, ですから, ですが, ですぐ, ですよ, でみんなぐしょぐしょ, でわが国, で老人, となれ, とよりしか考えません, なりゃアお互い相棒, らあれを

▼ 来た~ (51, 0.1%)

32 だつた, のこと

1 [44件] お粂, がある, がしげしげと, がちかごろ, が何かと, が傘, が帰る, が白い, が胸, が虫, つ子, でありこの, ではない, で深山, とその, と別れ, と知れ, なの, にも軽々, にニッコリ, に云った, のお, の中, の今日, の同胞, の家, の年頃, の精神, の縁談, の顔, はあれ, はいきなり, はかいがいしく, はその間, はなるほど, は一生懸命, は日本, も癪持, らしかった, をおまえ, を私, を締めだし, を自分, を見

▼ 来た~ (51, 0.1%)

2 は暫らく

1 [49件] お栄, からすぐ, から間もなく, しばらく後ろ, だから, だった, だったので, でなければ, でまた, でもやはり, でも彼, でも彼女, で帰った, で裁判, と同じ, なので, にここ, に万事, に上陸, に手習, に現われた, に至っ, に連句, に随, のある, のこと, のやう, の兵庫奉行, の問題, の嬉し, の日吉, の深更, の甲冑, の走り書き, の車, の風雲, はもしか, までも最, もその, もなか, もなかなか, もまだ, も人手, も医官北岡太淳, も香以, らしく皆, を振り返り, を振返つ, 暫くは

▼ 来た~ (50, 0.1%)

5 である 3 だと 2 だらう, だろう, に, に知遇

1 [34件] かそんな, かどう, か富岡, そのよう, であらう, であろう, でもある, といふこと, なの, なので, にいくらか, にいや, にのりとごと, にコーカサス山の上, に一度, に何時の間にか, に余, に内容側, に劇舞踊, に叙述語, に固有名詞, に官軍, に急い, に柿本人麻呂, に此, に毎日, に神, に私, に種々話, に米, に諺, の空似, ばかりで, ほく事

▼ 来たかも~ (48, 0.1%)

5 知れない 3 しれない 2 知れないから, 知れないと, 知れないの, 知れないよ, 知れぬ, 知れねえ, 知れませんが

1 [26件] しれないのに, しれぬと, しれねえから, しれんちょっと, わからずどう, わかりませんが, 分らない, 判らないこの, 判らないと, 判らないよ, 忘れて, 知らないで, 知れないが, 知れないですよ, 知れない小唄組, 知れない田舎大工, 知れなかつた, 知れなかつたが, 知れぬが, 知れぬところ, 知れませぬ, 知れません, 知れませんおじいさん, 知れん, 知れんけんど, 知れんぜ

▼ 来たとか~ (47, 0.1%)

3 云って, 言って 2 いって, 来ないとか

1 [37件] あすこに, あるいはまた国内, あるいは私, あるいは重い, いうて, いう時, いつて, いろ, おっしゃるん, で僕, で間もなく, とにかく夜, または帰っ, また何, ッて, 三里の, 不治と, 世界的な, 云々で, 云う, 云う人たち, 云う様, 云う話, 人が, 今小児, 仰しゃいましたな, 何とか言つて, 子供だましの, 幼な, 曲芸に, 書いて, 来るとかいう, 歯が, 母親が, 深川から, 窪川鶴次郎が, 聞いて

▼ 来たはず~ (47, 0.1%)

6 だ, だが 3 です 2 だから, だのに, であるが, では, なん, はない

1 [20件] じゃ, じゃありません, じゃない, だがと, だった, だつたね, である, でございましょう, なの, なのに, ね, の五十川女史, の仁科五郎信盛, の先生, の庄田, の弱い, の正行, の武蔵, の虚飾態度, はありません

▼ 来た甲斐~ (47, 0.1%)

12 がない 10 があった 5 がある 3 はある

1 [17件] ありと, があっ, があつ, がご, がなく, が有る, が無い, だってない, に, にえらい, に一日, のあった, のねえ, はあ, は有りました, は玄関, もなく

▼ 来た時彼~ (46, 0.1%)

2 は始め

1 [44件] が盗んだ, の労, の家, の心, の想像, の手頸三四寸, の気合, の眼, の表情, はあ, はこう, はすぐ, はそこ, はその, はそれ, はぞっと, はたちまち, はつぶやいた, はとりあえず, ははっと, はふと, はほっと, はまた, はまるで, はやっと, はフォン・リンリンゲン夫人, はフランシスコ派, は何, は倒れまい, は先, は大衆的, は彼, は急, は恟ッ, は最初, は殆, は無事, は片手, は眼, は立ち止った, は結婚, は贔屓客, は軽い, は酔眼朦朧

▼ 来た~ (46, 0.1%)

2 の事

1 [44件] かと問い, が半分, が絶対, だ, だから, である, でないか, で一人, で二人, で買った, と泰造, と銀, なら何, に似, に己, のうち二十円, のこと, の全額, の目, の調べ, の運転, はまったく, は九女八, は大抵, は巡査中, は沢山, は皆ここ, は裏, も会社, も借り, も残らず, を全部, を出し, を土蔵, を夜な夜な, を妻, を小林, を小野田, を彼, を持っ, を旅費, を逆, を非常, 売りの

▼ 来たかを~ (45, 0.1%)

2 説明し

1 [43件] いろいろと, きいたかい, ことばの, たずねた, つくづく考え, つけ加へる, まざまざと, また繰り返し, われわれが, 一分一厘間違いなく知っ, 主張し, 人々は, 先生に, 善吉に, 怪しんだ, 感じさせます, 承知し, 探ねること, 探るべくアタマ航空会社専用, 書きしたため, 注目しよう, 物語ったその, 疑がった, 看抜いたさ, 知つてゐる, 知ること, 示しこの, 示して, 考えて, 考えるの, 考へ, 考へるの, 聯想し, 自ら惑った, 見ずに, 見ねば, 見ること, 見るため, 解しかねて, 訊いた, 論じたくない, 質ねた所が, 述べよう

▼ 来た彼女~ (45, 0.1%)

3 の心 2 の顔, は全く

1 [38件] からまた, が早, が羽織, が身, であるが, なので, にも淡い, に取, に対する淡い, に無駄足, のちんまり, のよう, の両, の低, の厭味, の口中, の容子, の強味, の心境, の手紙, の濃, の生命, の目, の薬, の話, はたぐり寄せ, はつまり, はどこ, はどんな, は一寸, は生れかわった, は自分, は誰, は連続, を見, を見る, を見附けた, を顧みた

▼ 来たからには~ (44, 0.1%)

2 もう何

1 [42件] いよいよ丸木, お城, きっと後悔, ここで, これからは, すぐ産みます, せっかくの, それが, それに, ただでは, どうして目, どうせ世, もう大丈夫, もう彼, もう指一本, もう絶対, もう観念, チャンピーの, チロルらしい, マリ子さん安心を, 一番に, 一足も, 万事呉侯に, 仕方がねえ, 何かの, 俺の, 出る訳, 又八も, 大丈夫だ, 当然おれ, 徒に, 是が, 是非共坑夫に, 海で, 百人力, 私は, 街亭の, 諸事安心し給え, 逃亡を, 違ひない, 関東へ, 馬に

▼ 来た~ (44, 0.1%)

32 とはまた, をそのまま, を引返し

1 [35件] が是, が暗い, が行き, ではない, で向う, とは直角, と一つ, に二人伴, に比べる, の方, の方角, の田舎家, の霜柱, は幾重, は恰度手, は此処, は菖蒲, は青麦, へ姿, へ引っ返し, より更に, を, をおり, をその, をまた, をまっすぐ, を家路, を引っ返し, を後戻り, を自暴, を逆戻り, を遠く, を闇, を飛ぶ, を駆け出した

▼ 来た~ (43, 0.1%)

73 だが, なん 2 じゃ, だのに, であったのに, であるが, なのに, の広間

1 [18件] じゃない, だったのに, だつたが, だね, でありますが, でありわたし, であるから, であるのに, です, ですよ, でその, なの, のその, の子供, の私達, の自尊心, はない, は決して

▼ 来た当座~ (39, 0.1%)

3 はまだ 2 は誰

1 [34件] こそ切実, こそ家, とは少し, にはまだ大分, には何処, に較べる, のある, の石川啄木, はあばれ, はうち, はさう, はすり, はだいぶ, はやっぱり, は下性, は五, は今, は十分, は実に, は寂しい, は恐ろしく, は時々, は曹操, は毎日篶竹, は私, は耳, は自分, は起きれ, は闇, は雪子ちゃん, も僕, も自動車, よりもずっと, わざと新聞

▼ 来たとの~ (38, 0.1%)

3 噂が 2 こと, ことです, 事で, 報知も

1 [27件] お話でした, ことそこへ, ことだった, ことで, ことであった, ことであります, ことである, ことでした, ことよろし, ことを, 事, 事だ, 事で御座いました, 伝説が, 合図が, 報らせ, 慨き, 注進が, 由です, 知らせ, 知らせに, 知らせを, 話, 話である, 話振りに, 説も, 風聞が

▼ 来た三人~ (37, 0.1%)

2 の, のうち, のぼうぼう, の男

1 [29件] が, が思いがけぬ, でしたが, で一杯, で皆長髪, のさくら, のよごれ, の人影, の使者, の侍, の凄い, の刑事, の大学生, の客, の将校達, の日本人, の武士, の洋服姿, の若者, の表情, の部下, の青年, の青年たち, の顔, は一種奇怪, も隅っこ, をまず, を見る, 楽しく飲み

▼ 来た子供~ (37, 0.1%)

2 のこと, のよう, はうるさい

1 [31件] があつ, がいつか文字, がいる, が毎日朝, が花, なの, なん, にさまたげられ, に言った, のできなかった, の一大隊, の便, の去った, の太股, の方, の群, の顔, はそれ, はどう, はやつぱりうるさい, はよかれあしかれ, は中途半端, は夜, は晩方, や犬, や花屋, を宮, を思ひ出す, を機関銃, を見た, を連れ出し

▼ 来ただけの~ (36, 0.1%)

2 ことです, ことを, ものです

1 [30件] こと, ことから, ことだ, ことで, ことである, ことな, ことに, ことは, ものが, ものさ, もので, ものである, ものであろう, ものでした, 事だ, 分では, 効は, 声の, 女だ, 姿な, 年喰い, 感想しか, 激励と, 理由は, 美和子が, 話さ, 足跡を, 道を, 金は, 金を

▼ 来たには~ (36, 0.1%)

8 来たが 6 相違ない 2 違いない, 驚いた

1 [18件] こっちに, ちが, はいって, べつな, よほどの, 何ぞ仔細, 出て, 嫌気が, 恐れ入る, 押寄せて, 来たけれど, 歴史が, 理由が, 相違無いわびしい, 違ない, 閉口である, 驚かされる, 驚かないわけ

▼ 来たほう~ (36, 0.1%)

2 へかけだしました, へ引っ返し

1 [32件] からまた, がいい, がよろしい, が悪い, が早い, が自然, の喬, の手紙, は夏帽, へかけだした, へと逃げかえる, へひきかえ, へひっかえしました, へひとり, へぶらりぶらりと, へまっしぐら, へもどろう, へゆっくり, へ帰りかける, へ歩き出した, へ眼, へ立ちさっ, へ紋也, へ耳, へ走らせた, へ逃げ去ろう, へ駈け戻った, を振り返っ, を振り返った, を眺めれ, を見た, を見る

▼ 来た時私~ (36, 0.1%)

2 の疲れ, はその, は彼

1 [30件] がその, が構わなかった, が縁付いた, にかう, に土産, の呼吸, は, はあっと, はおや, はそんな, はただ, はちょっと, はついに, はほっと, はわざと, は人力車夫, は何ん, は何様, は偶然国, は前, は右, は干し, は日本人, は正体, は母, は縁側, は胸, は自分, は身体, は頭

▼ 来た~ (36, 0.1%)

2 が言った, などの話, のお, の顔

1 [28件] がかう, が息, が斯, が見つけ, と姉, と擦れ違い, と義父, に彼, に生れた, に皆, のてがみ, のひとり娘, の多, の心, の手前, の歯骨, の磯, の視線, はなんと, はほとんど, は其処, は弟, は敏子, は枕許, は歎願, は気嫌, をも逢わず, を見る

▼ 来た~ (35, 0.1%)

2 出て

1 [33件] ああいい, え, えと, えと内心ニタリ, えと思う, おそくまで, お祖父さん一ぱいの, きっと離れ, この頃, これ内金でございます, こんなにね, ざわいのすべてをもと通りに, せいぜいあと半年, そのお, そのつい, それ蕎麦だ, だけれど, ひょっとする, ほんとに兄さん, また棄てられる, ようお, ガタガタよ, 何百人という, 兄さんは, 千浪殿支度は, 南無まいだ, 姉さん, 小さな蜘蛛, 来たわ, 気が, 水は, 稚子, 講演が

▼ 来た人達~ (34, 0.1%)

2

1 [32件] かと思った, がこの, がそこ, がその, が互に, が何, が泊まる, だ, だった, というもの, ともよく, と一緒, と彼自身, なん, の, のその, の内, はお, はここ, は冬, は大島司法主任, は女, は色々, は苦笑, は鄙びた, は階段, もそろそろ, もやっと, も最早, も皆, より踊り手, らしいので

▼ 来た~ (34, 0.1%)

4 がある 2 の中, を拡げ

1 [26件] があった, だ, であるが, でかつて, です, でなくて, と自分, なら何でも, に巻い, に違い, のほう, のよう, は何, は善くっ, は屹度, は案, もあつ, もあれ, や空虚, を上げ, を渡さず, を皆六条院, を蒸鍋, を部屋, 干竿, 恋うこころ

▼ 来たそれ~ (33, 0.1%)

2 は何

1 [31件] がこの, が侮蔑, じゃあおれ, じゃァ解い, だのに, です, に対してさ, に跨がった, はこわし, はちょうど, はまことに, は人々, は勇者, は四十あまり, は権, は樫, は私, までの志望, もいけない, も年, よいしょ, よりもずつと貧弱, をお前さん, を使わせ, を手負い, を持つ, を泉鏡花氏, を穿い, を芝居, を草原, を言わぬ

▼ 来たまま~ (33, 0.1%)

2 のもの

1 [31件] いくぶんか, かけぬけて, こりかたまって, しばらく手, じゃ, ずっとそれ, だった紙片, で遠, になっ, になる, には出ず, に僕, に堀木, に小, に思い浮べ, に溜つて, の何時, の山内, の帽子, の調子, の鉱泉, まだ一度, まだ封, もう二十四, もう五十年, をここ, をただ, 仰向きに, 同じ処, 泊り翌日夜, 真っ直

▼ 来た~ (33, 0.1%)

2 だと

1 [31件] から一町, がこの, じゃない, だがな, であった, ですね, ではある, で二人, で裕福, としての性質, と申す, にどうしても, に待っ, に火事, に長居, のある, のなか, の中, の事, の前, の変った, の方, の窓, の者たち, の話, はすでに, はだいぶ, は二階, は四条六角堂, も共に, を移す

▼ 来た~ (33, 0.1%)

3 供が 2 六の, 動物が

1 [26件] みちが, 万は, 亜細亜と, 伝馬は, 供は, 兼は, 厮に, 商人下級勤人などの, 商人達小, 山田庄左衛門と, 市民の, 市民的な, 式部という, 悪魔では, 桶を, 泥棒一匹この, 流れの, 物見の, 猫, 短い脇差, 芳の, 蛸が, 蝶とかいう, 魔人は, 鮎の, 鰺は

▼ 来た時代~ (33, 0.1%)

4 である

1 [29件] がわかり, が丁度, が面白く, だ, であった, です, とがある, とでも云, におとづれ, には高天原, に大儒息軒先生, に尚古態, に成長, に生き, に目, に長寿, のほか, の事, の人々, の大宝令, の推移, の波, の灰色, の純化, の考へ, はソヴェト文壇, もあった, を乗, 分らず昔粟津

▼ 来た~ (32, 0.1%)

2 いいが, 何ぞ急, 例の

1 [26件] あたかも江戸, こつちの未練, ア喰え, 一枚の, 丁度幸い, 何か, 何ゆゑか, 余計だ, 公然その, 十六の, 十四年あとの, 土居大炊頭利秀公で, 大きな男, 大塚から, 大学一味の, 好いが, 好かった, 少年の, 屠された後, 幸いじゃ, 惠梅に, 来たものの, 清助という, 白髪白髯の, 空車で, 與助風呂敷包に

▼ 来たんぢ~ (32, 0.1%)

21 やない 4 やありません 2 やね, や無い 1 や, やあるまい, やア

▼ 来た~ (32, 0.1%)

84 です 2 だが, だけど

1 [16件] じゃない, だがね, だつて, だもの, だよ, だらうけど, でさ, でしたが, でしょう, ですけど, ですけどね, ですの, でせう, なら兎, は浜勇時代, やンら

▼ 来た~ (32, 0.1%)

3 の顔 2 が私

1 [27件] から見る, がいや, がその, がまだ, が主人, が脚, と下男, と食事, には生甲斐, に何, の使い, の厳粛そのもの, の姿, の心, の手紙, の碁友達, の骨箱, はそれ, は元, は座り, は母, は男泣き, は茂吉匍, は部屋, は顔, を少年, を珍

▼ 来たからと~ (31, 0.1%)

16 いって 4 言って 3 いつて, 云って 1 いふの, 云う訳, 断って, 蓮太郎に, 言ッて

▼ 来た今日~ (31, 0.1%)

2 の若い

1 [29件] いくら世話, こんな山の上, その存在, そんな馬鹿らしい, だった, ですから, ではこういう, ではその, ではない, ではオーヴァー・シュー, では暖簾分け, では誰, でもやはり, のお祝い, のこと, のドーヴィル, の五穀蔬菜, の会合, の意味, の日, は朝, は自動車, までの彼女自身, までの経歴, までの複雑混沌, 丁度ドイツ, 再びそれ, 生けるしるし, 迄を不思議

▼ 来た最初~ (31, 0.1%)

6 の日

1 [25件] からどこ, からスティヴンスン, から僕, から赤シャツ, であると, には同じ, に川丘みどり, のもの, の一ト矢, の仏教, の冬, の印象, の外国人, の年, の手紙, の日本, の時, の晩, の目的, の瞬間, の絵葉書, の職人, の蓄音機, の鉄道技術者, の間

▼ 来たのよ~ (30, 0.1%)

1 [30件] あの人, あんた, あんたが, おじさまもう, おつれ, おまはりさん, お土産, お蔭で, お金は, こんな功徳, すぐにね, そしたらね, それが, それはずうつ, ただ遊び, だいいちコン吉, だけどどうして, つまりこの, もっともこの, オ, カバン見たい, ムクの, 一人で, 入れるもの, 困つちや, 奉公に, 手廻しが, 早くあがっ, 最早お, 霧が

▼ 来た~ (30, 0.1%)

2 となっ, までの心細

1 [26件] から掛, この土地, この神聖, だった, だってもやはり, ではただ, では小暗い, では思い出す, でも同じ, でも決して, になっ, のソヴェト生活, の仏者, の姿, の嬉し, の時代, の法律, の瞬間, の親父, の話, は迷う, までの出来事, までの生活, までの自分, 寄った清月, 泣いた鴉

▼ 来たあと~ (29, 0.1%)

1 [29件] で, であった, である, ですぐ, でまた, で今度, で再び, で安眠, で宿, で寺, で私, で顔, にはまた, にやっと, に生れた, のこと, の様子, の白い細い, の道路, はたちまち, はまるで, は平ら, へこの, へもほんのり, までも初めどおり, をちょうど, を振りかえる, を見, 珍しくも

▼ 来たくらい~ (29, 0.1%)

43 である 2 であった, でした, です, ですから

1 [14件] だから, だった, であるから, でかなり, でびく, で村, なの, なのよ, なもの, なら今, なんだ, ゆえいったん, 大きな声, 縄から

▼ 来た~ (29, 0.1%)

2 に少し

1 [27件] でなければ, でのこと, での現象, でまた, で今, で何とか, で作家, なら叔父, に, にこんな, にしよう, に握飯, に更に, に相手, に金箱, の彼, の従兄弟, の赤松, はこの, はこんな, はなに, はまた, はもう, は地上, は男, 又大岩, 新校舎

▼ 来た~ (29, 0.1%)

2 のお, のこと

1 [25件] であつ, である, と言, なの, に, にたずねた, に云っ, のアタマ, の事, の兄妹達, の言葉, の話, の顔, は, はどうか, はぼんやり, はエヽ, は大島, は石見, は私, は自分, や子, をかえり見た, を失った, を見る

▼ 来た当時~ (29, 0.1%)

3 のこと 2 の記憶, の髪, は細い

1 [20件] からひと方, からゆっくり, のお, のもの, のスケッチブック, のプロット, の事, の事情, の写真, の品物, の日本, の民衆文学, の緊張, はそりゃあ変, はびっくり, はまだ, は何度, は必, は紹興, を忘れた

▼ 来た~ (29, 0.1%)

3 の者 2 の人

1 [24件] がこんなにも, すがた, であろうのに, のお方, のもの, の侍, の出来事, の単, の印象, の大工, の女, の心持, の心細かっ, の母子, の法衣, の浪人者, の男, の目的, の織物師, の話, の道すがら, を思はせる, を思わせる, を知り

▼ 来た~ (28, 0.0%)

3 の一人 2 の首級

1 [23件] がいた, がわ, である, ではある, に足, に跳び, のまわし者, の一部隊, の一騎, の勢, の大庭景親, の太刀, の槍, の部隊, の首, の黄祖軍, は一万足らず, は孫堅, は敵, は馬超, も城中, を見, を見る

▼ 来た~ (28, 0.0%)

8 がする 4 がした 2 がし, はいが

1 [12件] がしました, がします, がせん, がゆるんだ, が一ぺん, でこれから, で馬春堂, になりましょう, のやさしい, の利かない, の強い, はい

▼ 来た~ (28, 0.0%)

3 の響き 2 だった, のよう

1 [21件] がおし, が流れ, だぞ, で, でうなだれた, でげす, にその, にたたき起され, に向っ, に微か, に植え込み, のあたり工合, はさすが, はさみしい, はほん, は急, は軽便, ほどにも感じない, も無い, や雪, を聴け

▼ 来たとて~ (27, 0.0%)

1 [27件] おめおめ還られ, お父様, これ以上の, その一節, その妻小言, それらの, びくとも, わが邦, 一向構わなく, 不思議は, 何か, 何が, 何ほどの, 呼び出しといふ, 妹の, 恥かしがる, 拙者は, 桟橋を, 決して決して心細い, 決して泊め, 石屋の, 秀, 私を, 背後を, 誰に, 誰れ, 鹿さえ

▼ 来た~ (27, 0.0%)

2 のこと, も折火事, よりも更に

1 [21件] からだ, が生憎, しも思いがけない, なぞは, なので, にいいましょう, にはもういっぱし, には客, には熊谷, に二人, に意外, に文楽, に紙, の母親, は一つ, は他, は恰, は西寮, も, を見, 第一

▼ 来た日本~ (27, 0.0%)

2 の社会

1 [25件] からの手紙, からの郵便物, がようやく, ではなく, においては存在, にもいつか一度, に於, の, のもの, のプロレタリア, の仏法, の商人, の家, の抒情詩, の文学, の文学的, の新聞, の某, の私小説, の精神, の詩, の警察官, の階級闘争, はまだ, もいつの間にか

▼ 来た~ (27, 0.0%)

2 から急

1 [25件] がいかにも, がこちら, がひい, が何れ注意, だけで, で運転手, に塀際, に芸妓, の上, の中, の前, の座席, の運転手, の音, はその, は四人乗, は少し, は皆, まで返し, もなし, よりも統計的, をそのまま, をつかまへる, をホツ, を降り

▼ 来たところが~ (26, 0.0%)

1 [26件] あいにく留守, あの人, ある支那人, このごろようやく, そういう道, その竜, やはり書けない, パルポ商人の, 丸菊主人はい, 二人揃っ, 二階の, 人家は, 例の, 其の娘子, 右の, 実際に, 庸三は, 意外にも, 来て, 果たしてラサ府, 江夏の, 沖縄にも, 突然お, 約束通りの, 部屋の, 雨が

▼ 来た~ (26, 0.0%)

2 看守は, 魚の

1 [22件] 僧から, 先輩への, 医師の, 友金兵衛と共に, 執事は, 夫婦を, 婦人は, 将だけに, 小使の, 役者の, 案内者は, 梅君などに, 梵志が, 武士と, 水夫, 甲賀武士が, 番頭が, 番頭の, 祖母の, 藤村が, 警部が, 院長の

▼ 来たほど~ (25, 0.0%)

5 である

1 [20件] これまで, それほど急い, だ, で, であるから, でござる, です, で抑, なクロ星, な人物, な情熱, な男, 予約の, 事を, 多くの, 彼は, 日本の, 殊勝な, 気が, 賑わった

▼ 来た一つ~ (25, 0.0%)

1 [25件] として社会哲学, の世界, の事実, の仮想, の到達点, の力, の動機, の季節, の形式, の悲劇, の文芸, の星みたい, の椅子, の様式, の演劇形式, の点線, の現れ, の系統, の経歴, の道具, の首桶, の高級自動車, は彼, は彼方此方, 見届けて

▼ 来た伸子~ (25, 0.0%)

3 と素子 2 が素子

1 [20件] にとってこういう, にはその, には保, に思いやられる, に背, のベレー, の体, の心, の旅券, の眼, の顔, はそこで, はそれだけに, は何, は汗, をあい, をいれ, をじろじろ, をびっくり, を見る

▼ 来た~ (25, 0.0%)

2 群集は

1 [23件] ぜい, へんな, 危難から, 吹雪だった, 図面を, 屋根を, 指導者と, 椰子林を, 歌と, 歌を, 火鉢に, 猪を, 番頭を, 破壊の, 群衆と共に, 群集の, 羽子板が, 花環を, 蘇芳年の, 階段の, 青と, 青を, 静脈の

▼ 来た~ (25, 0.0%)

1 [25件] いろである, がしばらくすっかり, で, でそいつ等, でソッ, で小太郎, で小屋, で彼, で急, で節子, で自分, なん, には今日, には何となく, には急, には町, に微か, のせい, の前, の細い, の違, の鋭い, をマン, を人, を高

▼ 来た青年~ (25, 0.0%)

1 [25件] があった, が二人, が水, こそ隆夫, ださうですが, だった, だつた, で科学, と二人, と圜冠句履, と昨日粕谷, と頭, の中, の多く, の姿, の手紙, の顔半分, の鼈四郎, はむす, は汽車, は私, は素早く, は菓子, は馬方, もおります

▼ 来たある~ (24, 0.0%)

1 [24件] ものが, ものの, ものは, 人物の, 公爵だ, 化学的の, 友達の, 団体客の, 埋立工事の, 夜, 夜どう, 患者を, 探訪記者に, 新聞の, 日本人が, 昔馴染の, 武官の, 浮世絵商に, 海軍将校などは, 画家の, 西洋人が, 謹厳な, 身内の, 雑誌の

▼ 来たそして~ (24, 0.0%)

1 [24件] おとなしく読書, ぐつすり寝た, これを, こんなよう, どういうわけ, もう夕方, 一日寝, 代る代る岩, 低い空, 僕が, 句作を, 地に, 奇妙な, 容貌から, 寝台の, 巳之吉は, 彼の, 戦後追いつめ, 暫く渦紋, 楯井さんは, 湯気の, 私の, 終り迄, 見れば

▼ 来たにも~ (24, 0.0%)

3 関はらず

1 [21件] かかわらずプロレタリア作品, かかわらず今日, かかわらず大, かかわらず本能的, かかわらず皇室, かかわらず舞台, かかわらず苦し, かかわらず近眼, かかわらず髪の毛, しろ, しろそのまま, せよ繁文縟礼, 拘はらず将棋, 拘らずファシスト政治支配, 拘らず今日, 拘らず少し, 拘らず未だ, 拘らず酔い, 拘らず鼎造, 気がつかずわたし, 等しかった

▼ 来たやつ~ (24, 0.0%)

1 [24件] があっ, があった, があったら, がピストル, が寒, が砂糖, さ, さ異国, ですこしも, でも書き付け, とは知らなかつた, と竿, に手, に相違, の上, の猿真似, は, はだれ, は下手, は椅子, を人, を盲, を誰, を隠しゃしないだろう

▼ 来た~ (24, 0.0%)

2 をコップ

1 [22件] がこういう, が一旦, が千里, が或, と同じ, のしばらく, のやう, の中, の勢い, の尾, の惜, の種類, の調子, は河, ほんの少し, ももうすっかり, をひび, を急転, を急転直下, を水, を虫の息, を飲ん

▼ 来た~ (24, 0.0%)

2 を更に, 狭乳母

1 [20件] がここ, がこの, がまた, が呪, じゃ酩酊, だ, だった, だったので, だなどと, であって, でありながら, であろう, なの, なので, には吹きすさむ, の顫, は闇, も心, をこうした, 狭

▼ 来たかは~ (23, 0.0%)

1 [23件] あずかり知らぬ, あらしの, まるで見当, 不明である, 全く覚え, 判るだらう, 別問題, 前に, 却って判断, 君には, 小函, 彼にも, 我らの, 無論誰, 省かう, 知って, 知らないの, 知らねえが, 神様でも, 覚えて, 言うこと, 訣らない, 誰も

▼ 来たひと~ (23, 0.0%)

3 のよう 2 でその, の姿

1 [16件] かも知れない, そんな場合, である, で三ヶ月, という心持, なので, ならひとめ, なら帰りました, に私, のこと, はどんな, ひら, も気の毒, らしくも, をこんな, を見

▼ 来た友達~ (23, 0.0%)

2 に語った, の死顔

1 [19件] が無鉄砲, が読ん, だけに憎, とはだいぶ, と酒, にさう, に東京, に血書, のこと, のこの, の一人, の家, の話, もあつ, をつれ, をも頼み, を二人, を失う, を案内

▼ 来た場合~ (23, 0.0%)

1 [23件] が非常, さぞみんな, ですよ, でも必ず, でも議員たる者, とて彼, と子供, にうっかり, にそうした, にはそれ, にはどう, には今, に今, のため, はその, はそれ, はない, は一つ, は我が, は混乱, は私, もある, もしくは非常

▼ 来た理由~ (23, 0.0%)

1 [23件] が分らない, が意外, が訣, だ, である, はこう, はそういう, はどう, は考, は茲, は誠に, もある, もその, も何もかも, も容易, をはかり兼ね, を尋ね, を尋ねる, を打明け, を正直, を知っ, を訊いた, を語る

▼ 来た事実~ (22, 0.0%)

1 [22件] から生み出された, があります, が信ぜられない, が平安末, が皇室, だが, だけが特異, だけは流石, に就, の話, はこれ, はまことに, も戯曲家, をしっかり, をよく, を吾, を多少, を思い出した, を打明けた, を注目, を物語つたの, を知っ

▼ 来た~ (22, 0.0%)

1 [22件] がやはり, によつて例, の, のずんぐり, の一度, の丘, の二人, の女, の客室, の柩, の様々, の水夫, の瓢, の船, の若者, の虎, の袋, の間者, の頬髭, は皆それ, も多い, や或いは

▼ 来た感じ~ (22, 0.0%)

3 である, です, もない 2 だった

1 [11件] がする, が満足, だつたところ, でそれ, で直線的, に受けとっ, に打たれず, はそう, はなく, よし, 実によく笑

▼ 来た方角~ (22, 0.0%)

2 を見た

1 [20件] から砂, から聞こえ, から韋駄天, から黒い, だろうと, とは反対, とは直角, と距離, などが分る, には違, は鎮守, へ曲がる, へ逃げだした, へ顔, もさらに, をさし, を反省, を彼, を指さした, を狐

▼ 来た目的~ (22, 0.0%)

1 [22件] から身の上, がはじめて, がはっきり, が単純, が龍山公, ではなく, というもの, に返っ, のムビウム, の半ば, の孤城大高, の物, の用事, はこの, は何とか, は母, もまったく, も打ち忘れ, も達せず, を存分, を決して, を語る

▼ 来た~ (22, 0.0%)

1 [22件] が多い, が着き, が茲, が鳩, だけでもよほどの数, で彼地, と見ない, なの, に木村, のほか, のエハガキ, の中, の周囲, の方, の舳先, の註文ゆえ, の話, はもとどおり, へ検疫, もある, もこの, を保護

▼ 来た電車~ (22, 0.0%)

2 が交叉点, の軒

1 [18件] がやって来, がゆっくり, が一輛, が泥, が突然, が順作, と壱岐坂下, に乗っ, に乗った, に遮られた, に飛び乗, に飛乗った, の停留場, は一度, は五六人, は満員, へ飛び乗っ, も留まっ

▼ 来たこれ~ (21, 0.0%)

1 [21件] が今年, が初め, が初めて, が彼奴, が最初, で一, で其中庵, は今, は受けるであらう, は意外, は私, は菊, までとちがっ, までのいっさい, までのしきたり, までの抑圧, もうれしい, もお, も又あまり, も小柄, を抑え

▼ 来たとき彼~ (21, 0.0%)

1 [21件] が気付いた, のうっ, の姿, の心臓, の話, はそこ, はそれ, はふと, はもはや, はメイエルホリド, は一人, は何げ, は愚弄的, は昨日, は橋詰, は窓, は踵, は近, は電話, は馬上, もにこにこ

▼ 来た~ (21, 0.0%)

2 の歌, は僕

1 [17件] が君, が臨終, が贅沢三昧わがまま三昧, と晶子, にとってははじめ, にとつて, には決して, には泳ぎ, のはしけ, の不安, の大好き, の苦衷, の解釈, の身体, はある, は今, もよく

▼ 来た大きな~ (21, 0.0%)

2 石の

1 [19件] 体温器を, 包を, 名刺を, 張りを, 柳行李が, 榾に, 犬の, 独楽を, 男が, 筏が, 紙鳶を, 船が, 虎が, 螳螂が, 蟇蛙へ, 進歩と, 青い星, 鞄を, 黒犬を

▼ 来た~ (21, 0.0%)

1 [21件] ぐらいのこと, ですから, については何事, にない, のこと, の中, の目次, の黄色い, は, は前二冊, もある, もよみつくした, をよみ始めた, を悉く, を見, を読まなすぎる, を読み始めた, を読ん, を読んだ, を赤い, 街道を

▼ 来た結果~ (21, 0.0%)

3 である

1 [18件] いよいよ古, が嘘, このよう, すこし便宜, すこぶる鮮やか, その時, それだけの, だが, であると, である場合, と云わなけれ, にちがい, にほかならない, にほかならぬ, に他, に外, はかえって, ひきおこされたわけ

▼ 来たとしても~ (20, 0.0%)

1 [20件] そしてタクシー, その費用, それは, そんな心掛け, わが視界, ドアを, 一度ならず, 一旦心, 仕方が, 何も, 八幡彦根安土の, 印象が, 平, 必ずしも犯人, 日が, 相当息切れ, 看板を, 眼の, 私の, 自分の

▼ 来た~ (20, 0.0%)

5 である 2 であるが

1 [13件] ある娘形, が多かろ, さえ素姓, だが, であるから, であるの, であろう, ではなから, でアルメニア, まえか, もある, もない, もろくに

▼ 来た生活~ (20, 0.0%)

1 [20件] がくずれ, がそっくり, がまるで, が孤立, とその, とを日本精神, と思想, のいろいろ, のなつかし, の中, の出発, の原理, の圧迫, の形, の形式, の現実, の道, はその, はふざけ, を一たび過去

▼ 来た美しい~ (20, 0.0%)

2 白百合の

1 [18件] お姫さまを, お姫様の, 事物それによって, 人達の, 女が, 女たちを, 女に対して, 女の, 少年等は, 恋人を, 情の, 文字の, 狂女を, 男や, 石楠の, 空が, 若者に, 霊が

▼ 来た~ (19, 0.0%)

1 [19件] あした雨かしら, おばさん裸じゃ, お腹が, さあもっと, さあ遠慮なく, しかし蝶, その点, ぼくたる, ハンス, 今日は, 今時は, 何です, 何ね, 俺は, 南京米じゃ, 小父さん, 有馬屋の, 蝉も, 袂が

▼ 来た~ (19, 0.0%)

3 があった

1 [16件] か, が前, だと, に対しても入道, に言わせる, のことば, の中, の何者, の平伏, の持っ, の風采, はこう, はない, は何様, は真赤, を見る

▼ 来た少年~ (19, 0.0%)

1 [19件] があった, がある, がピヨコン, にとつ, に向っ, に妨げられ, に寝小便, のやう, のよう, の方, の身の上, の身内, は流れ, は清澄, は立ち, もあります, もある, もどっち, を見

▼ 来た~ (19, 0.0%)

2 にせめて

1 [17件] だと, ですから, にお前たち夫婦, にこんな, にさり気, にそうした, にといふ条件, にまた, にめつた, にボルドオ, に俺, に妻, に故郷, に私, に置い, に自分, に茶の間

▼ 来た~ (19, 0.0%)

3 る日 2 るもの

1 [14件] るおそろしい, るささやか, るやんごとなき, る一人, る事情, る劇団, る外国人, る小説, る男, る種, る農家, る運命, 日の, 知合の

▼ 来た~ (19, 0.0%)

2 の人, の家々

1 [15件] である, と同じ, にない, にまったく, に景気, に比べ, のさま, のなか, の人車, の寺本医師, の旦那衆, の綽名, の道路, の青年, へまた

▼ 来た~ (19, 0.0%)

1 [19件] かと思はれる, が其道筋, が名高い, だが, であり而, であるから, である事, と神, なる事, に侏儒, に対する信頼, のあつ, の事, の住居, の力, の帰る, の形代, を指す, を迎

▼ 来たまでの~ (18, 0.0%)

3 ことだ, ことです, ことな 2 ことである 1 こと, ことで, こと喜八郎の, こんじゃ, 戯れ男, 経過を, 話さ

▼ 来たもう~ (18, 0.0%)

4 一つの 2 一人の

1 [12件] な, ねる, 一匹の, 一杯の, 中古の, 何時彼の, 四五日にも, 大丈夫じゃ, 彼の, 来た, 桑畠の, 直ぐにも

▼ 来た~ (18, 0.0%)

2 うも

1 [16件] かであろう, かの横文字, かをチョロリ, か古, か来た, か用, か異常, がい, が来た, でも金, にをみんな, のこと, の拠る, はともあれ, も知らない, よりも大切

▼ 来た旅人~ (18, 0.0%)

1 [18件] から次, がわざわざ, がクレバス, が宿泊, が植物園, が汗塵, でその, としての彼, にとり興味, に出, のよう, の心, の心弱, は周章て, は小田原, や参詣者, や方々, をもてなす

▼ 来た次第~ (18, 0.0%)

5 です 2 である, でございまする 1 だが, だがね, であります, でありまする, であるとこ, ですが, でない事, は以, をまで述べ終り

▼ 来た母親~ (18, 0.0%)

1 [18件] からそんな, が二階, と伯父, にきいた, に取っ, のそういう, の実家, の家職, は, はあまり, はその, は二人, は二階, は十二, は娘, は着替え, も宿屋生活, や伴

▼ 来た笹村~ (18, 0.0%)

2 の顔, はお

1 [14件] が薄暗い, にはそれ, の傍, の耳, の頭, はあの, はこの, はそう, はまた, はまだ, は憑, は時々, は長い, は骨張った

▼ 来た自動車~ (18, 0.0%)

1 [18件] がピタリ, が誤っ, が走り去る, が還っ, にひかれ, にゆき子, に鍵, の中, の中央, の前面, の方, はどこ, は石川氏, へ私, を呼び留め, を呼び留めた, を市, を避けおくれ

▼ 来た通り~ (18, 0.0%)

4 の道

1 [14件] だ, だった, である, ですが, にしなけれ, にまた, に両手, のいや, のもの, の恰好, の道筋, の順序, やめられるなら早速, 軽く答えた

▼ 来たとでも~ (17, 0.0%)

4 いうの 3 思ったもの 1 いうよう, いう仰せ, 云うの, 云うよう, 云って, 思うかも, 思つ, 思ひ違, 思へる感じ, 言うの

▼ 来た姿~ (17, 0.0%)

4 を見る

1 [13件] が見えないらしく, だったが, であり更に, である, のいい, は女, は幽霊, をその, を留め, を見た, を認め, を運動場, を頭

▼ 来た小さな~ (17, 0.0%)

2 話を

1 [15件] けもの, ぼろ馬車に, 三毛猫が, 冒険雪に, 名刺を, 手の, 映画で, 歴史を, 渓が, 溝渠が, 獣の, 芽ばえが, 荷包を, 袋を, 鈴を

▼ 来た~ (17, 0.0%)

5 の方

1 [12件] だから, だという, でも野, と山, に来た, の人たち, の斜面, の色, の連中, の高嶺, や川, や海

▼ 来た~ (17, 0.0%)

2 に皆

1 [15件] からよく, からマユミ, から呻い, から気, から洗い浚い身の上ばなし, だし, などには時々, には二人, のこと, の事, の街頭, の静かさ, はたいへん, はつくづく, はどんな

▼ 来た気配~ (17, 0.0%)

2 がする

1 [15件] がし, がした, でした, です, に亡き, に外側, に手, に気, に気がつかなかった, はない, は手, やがていけません, をお, を知る, を聞い

▼ 来た荷物~ (17, 0.0%)

2 はまったく

1 [15件] あけたらス, が未だ, です, の中, の始末, の監督, は玄関脇, をたのむ, をとり, を入れ, を取り, を売りはらった, を抛り出しました, を見た, を開い

▼ 来た~ (17, 0.0%)

2 を見る

1 [15件] から追及, がその, だった, だもの, である, で右手, と灌木, に目, に血の気, のうすく, の小鴨, の色沢, の蒼白い, を見, を見せ

▼ 来たとき私~ (16, 0.0%)

3 ははじめて

1 [13件] がどんな, がハッキリ, に呼びかける, のおどろき, の立っ, の調べ, はやっと, は実に, は彼, は文学, は発つまい, は紙型, は離れた

▼ 来たほどの~ (16, 0.0%)

1 [16件] ことも, ものは, よい知恵, 人には, 切ない心, 勢を, 大きな声, 弁信さんが, 当人と, 彼前世の, 戸川志摩だ, 旧い家柄, 男だった, 者が, 薩摩人の, 貧しい身

▼ 来たまで~ (16, 0.0%)

53 である 2 です, なん 1 だよ, であった, でございます, でその

▼ 来た主人~ (16, 0.0%)

3 の顔

1 [13件] である文人, でもある, の侍, の声, の好奇, の文珠屋佐吉, の讃, は御飯, は病弱, へ女, らしい人, らしい男, を見失った

▼ 来た人影~ (16, 0.0%)

3 がある 2 とぶっつかり, は黒い 1 があった, がちら, が皆, が茶屋町, なの, はありませんでした, は直ぐ, をじっと, を見る

▼ 来た使者~ (16, 0.0%)

2 に, は先づ官兵衛

1 [12件] から彼, が門, だが, である, でございます, にたいし, に対しても, の人, の伝右衛門, の者, は決して, は深い

▼ 来た友人~ (16, 0.0%)

2 にね此

1 [14件] から聞いた, がびっくり, が変, と市中, などと話し, に対する礼義, の日記, の田中咄哉州, の話, の骨折り, はそんな, は上京, もあつ, らしい三四人

▼ 来た婦人~ (16, 0.0%)

1 [16件] があった, が怒り, が藤蔓, が長い, でないこと, にブツカリそう, に叮嚀, のよう, の一人, の事故是非, の名前, の層, の患者, の身の上, の連れ子, はいくら

▼ 来た~ (16, 0.0%)

2 を歓迎

1 [14件] がどうして, が報告, が私, とよく, にし, に母, のことば, の信二郎, の態度, の手紙, の素振り, は郷国, へ清十郎, をひどく可愛

▼ 来た役人~ (16, 0.0%)

1 [16件] であったろうけれど, ではある, というの, などは最初, には一時, に答えた, に自分, に調べられた, の吟味, の年寄, の重なる, は云, は庭, もフランス人, もモスクワ, をつかまえ

▼ 来た時彼女~ (16, 0.0%)

2 の顔

1 [14件] が立っ, の心, の痛み, の足, の頬, はこの間, はそう, はその, はモウ眠気, は一応, は名状, は恰度三四間向う, は病院, は自家

▼ 来た武士~ (16, 0.0%)

2 がある

1 [14件] あがりの, があります, たるもの, だけが何, とを結びつけ, によって気絶, のこと, のため, の一団, の子孫, の無力, の鳩尾, は近藤, を反し

▼ 来た~ (16, 0.0%)

2 の鉢, を活け

1 [12件] があまり, が暑, であった, ではありません, などを並べ, なの, にもし, に唇, の香, をそれに, を扇, を挿した

▼ 来た~ (16, 0.0%)

3 を飲み 2 を喫し

1 [11件] の包, の斑犬, をうま, をがぶがぶ, をすすり, をのみ, をのん, をひと息, を一口, を一杯, を受け取る

▼ 来た~ (16, 0.0%)

5 である 2 であつ, です, なの 1 だ, だね, ですね, について, は此点

▼ 来た過去~ (16, 0.0%)

2 の生活

1 [14件] のインディヴィジュアリズム, の世界, の事, の事歴, の塾堂生活, の幾人, の文学, の時代, の罪業, の背景, の読書, の重い, の非, を振

▼ 来たからって~ (15, 0.0%)

1 [15件] いって, お餅一つ, きっとあの, それが, アバズレ女に, 何も, 俄に, 傷口に, 坑内へ, 時間は, 泣くこと, 誰も, 逃げなくても, 逃げなくとも, 驚くが

▼ 来ただけに~ (15, 0.0%)

1 [15件] いよいよ塞い, この場合, する事なす事, その問題, その良, 一層その, 博士は, 君臣とは, 彼女は, 日本の, 構造製作が, 武蔵は, 癒る, 舞台の, 金持の

▼ 来たなどと~ (15, 0.0%)

2 云うこと

1 [13件] あっては, いうと, いって, 云うかと, 云う風評, 仰言, 嘘ばかり, 眼の, 秀吉は, 笑ひ, 言った, 話した, 騒ぎ立てること

▼ 来た世界~ (15, 0.0%)

2 の姿

1 [13件] がちがっ, が煉瓦, が私の, とはああ, とは全, に稀, のお客様, のさま, の実際, の有名, の記憶, へ帰る, 第一

▼ 来た~ (15, 0.0%)

4 である 3 だから 1 だ, だったが, であったが, であったと, で強気一方, のもん, の智慧, 美しいの

▼ 来た使い~ (15, 0.0%)

2 の人

1 [13件] が, がじきじき, がね手品, である, などから薫, にもその, に手紙, に病気, の形, の手紙, はその, も何だか, を捜させ

▼ 来た~ (15, 0.0%)

3 の方

1 [12件] があるでしょう, だ, だから, だという, である, ではその, に特殊, のため, の宰相, の民族, の社会, は日本以外

▼ 来た~ (15, 0.0%)

1 [15件] が凡俗, でご, です, ですの, なのよ, なん, にきいた, の事, の声, の年頃, はさっき, を両手, 狐には, 狐は, 鷲な

▼ 来た~ (15, 0.0%)

1 [15件] が一時, ではない, には誇張, に帰っ, の動機, の変化, の底, の態度, の状態, の目, の矢さき, の習慣, の苦しみ, をこめた, を燃えさせる

▼ 来た日本人~ (15, 0.0%)

1 [15件] がある, がそんなに, がはなしてた, が有名, である, にのみ言われる, にはそれ, に独自, の多く, の学生, の案内役, の矢代, の芸術, はおのずから, を探し

▼ 来た父親~ (15, 0.0%)

1 [15件] だけはさすが, であった, といつ, と局, に対する何より, の乙束区長, の姿, の心, の食事, は草原, は酒気, や弟たち, よりも逢い, を何と, を見る

▼ 来た素子~ (15, 0.0%)

1 [15件] がいま, がそう, がどこ, が瀬川, が男もの, と伸子, にその, に向っ, の手, の生活態度, はいきなり, はもう, はヴェランダ, は列車, を見

▼ 来た細君~ (15, 0.0%)

1 [15件] が, がじ, が彼, が抱きついた, が石段, というの, といふの, の父, は仕方, は彼, は村, は浅井, は甲乙二人, を岸本, を顧み

▼ 来た言葉~ (15, 0.0%)

1 [15件] から衝動, か知らぬ, が今更, が枕, だった, で, でありましょう, であります, ではある, にしたがい, にすこし, も容易, をさえ避け, をどこ, を拾い出した

▼ 来た証拠~ (15, 0.0%)

32 であるが 1 だけがあっ, だね, だまあ, であった, である, と云い得られる, なの, なり, のよう, は

▼ 来た~ (15, 0.0%)

3 の中 2 の音 1 で私たち, と風, にみなどこ, に平太郎, に臍, に逢っ, の光, の夜泊, も気がつかないらしく, を見る

▼ 来たきり~ (14, 0.0%)

1 [14件] しばらく顔出し, だったが, であった, であったこと, でした, でその後, でぱったり, でもう, で又, で毛皮商, どうにも, ふっつり消息, もうやって来なかった, 絶えてかの

▼ 来た~ (14, 0.0%)

1 [14件] いつも頼ん, え, おい, お午ごろ, お春, 三助さん, 今日も, 大漁だ, 妙な, 市営住宅で, 按摩の, 早く仕, 春が, 権三

▼ 来た~ (14, 0.0%)

9 やない 3 やありません 1 や, や無え

▼ 来た~ (14, 0.0%)

2 に伝染

1 [12件] と妹, と握手, と談判, に出合, のセザレヴィッチ, の少年, の憤, の話頭, の阿闍梨, の顔, を客, を見守り

▼ 来た~ (14, 0.0%)

2 に向, れじゃ, を妻 1 が歴史的事実, におそかれ早かれ, の何者, の出で立ち, の手, の老いた, の顔, を土蔵

▼ 来た~ (14, 0.0%)

2 面師が

1 [12件] 乗馬に, 伝馬役や, 側の, 奇特な, 姫様を, 客様を, 常の, 持参の, 文な, 米に対して, 経験なども, 陣屋の

▼ 来た歴史~ (14, 0.0%)

2 が知られる

1 [12件] があるであろう, がきょう, が長く, である, のひと, の不抜, の伝統, の前途, の奥行, の性格, の推進力, を言っ

▼ 来た~ (14, 0.0%)

2 の頭

1 [12件] が莫迦, その犬, であろう, と少女, などが肉屋, の一つ, の展覧会, の眉間, の遠吠え, は別れ, もあった, を捕ったら

▼ 来た~ (14, 0.0%)

2 です, を告げた 1 ああいう, で結構, などをつけ加, の母親, をきく, を告げる, を申し上げた, を答, を話す, を語った

▼ 来た秀吉~ (14, 0.0%)

1 [14件] であった, である, にとって日本国中, の大軍, の底意, の添状, の諸, はいきなり, はさあ, は敵, は枕元, は途中, は高山, も茂山

▼ 来た~ (14, 0.0%)

4 りの 2 りに 1 の病身, りだという, りだのに, りである千歳, りでなく東京, りでまだ, りと, りの余

▼ 来た途中~ (14, 0.0%)

2 だった

1 [12件] であったな, であるが, であるという, ですよ, でちょっと, なの, なので, なんで, に腰かけ茶屋, の俄盲目, は, も帰宅後

▼ 来た~ (14, 0.0%)

1 [14件] が逸走, が門辺, だ, でで, ではありません, のうち, のこと, の首, は倉田屋, は右, は浴びる, は駄馬, へ甚助, を四郎左衛門

▼ 来た駕籠~ (14, 0.0%)

3 の中 2 に乗り, の衆 1 と駕籠舁, にぶち込ん, に乗せられ, の一つ, の一団, はいきなり, を押

▼ 来たお客~ (13, 0.0%)

1 [13件] があった, が思わず, が恐縮, が落した, であって, でもうずいぶん, にむりやり, に押し付け, の大きな, の方, の種類, はありません, を乗せ

▼ 来た~ (13, 0.0%)

2 あらう, せう 1 がす, がんす, さあ, なにかしら, タラップから, 三梃トットと, 十時過ぎには, 左右に, 飲んで

▼ 来た一台~ (13, 0.0%)

5 の自動車 2 のタクシー, の空車, の電車 1 がぐるり, の箱自動車

▼ 来た~ (13, 0.0%)

1 [13件] でも, で兄, で海, に, には本田さん, にばっかりいたん, に北海道足寄郵便局, に年七十余り, に板垣伯, に毒, に若し多少, へ混じっ, 気病みの

▼ 来た人物~ (13, 0.0%)

3 を見る 2 だった, です 1 が亀, だ, だが, だな, とより他, の顔

▼ 来た仕事~ (13, 0.0%)

1 [13件] が忙, が自分, でしたから, でないこと, に働きはじめた, に多少, に引きずられ, のこと, の事, の片, もとかく, を果す, を纏めた

▼ 来た列車~ (13, 0.0%)

1 [13件] がほこり, が停る, が待っ, が近く, と川口駅, のずっと, の屋根, は五百人余, は今, は惰力, は豊野停車場, は車室, を捕え

▼ 来た医者~ (13, 0.0%)

1 [13件] がその, が気の毒そう, が黙々と, と一緒, にはその, に抱き取られ, に見せる, の, のドア, は診終る, は長い, も御用聞, を

▼ 来た~ (13, 0.0%)

2 七の

1 [11件] ズボンの, 七と, 七に, 七に対して, 七は, 婢半娼の, 成の, 欠けの, 瓦の, 白髪の, 黒の

▼ 来た古い~ (13, 0.0%)

1 [13件] フォウドの, ブリキ罐そんな, 大礼服, 夫婦であった, 奴を, 実業雑誌を, 形式である, 御堂の, 悪仲間, 本を, 柱時計の, 綿入, 習性を

▼ 来た女房~ (13, 0.0%)

1 [13件] から罵られ, だなどとは, で気心, と大声, の顔, はさき, はその, も怖し, や伜, をここ, を内, を売り, を思い出し

▼ 来た~ (13, 0.0%)

2 は電車

1 [11件] から極, がいきなり, が自分, と語る, に云, に花, に言うらしく, のお, のガブリエル, の家, の病気

▼ 来た~ (13, 0.0%)

2 の家

1 [11件] か妹, がいきなり, がその, が二階, の顔, はまだ, は前後, は彼, も貰い泣き, を上目, を迎え

▼ 来た小さい~ (13, 0.0%)

1 [13件] お重, ボートに, 中学生が, 名刺入の, 喜怒哀楽に, 座布団を, 弟よ, 犬に, 箱を, 草の, 荷造りを, 蝙蝠をも, 袋を

▼ 来た~ (13, 0.0%)

1 [13件] だと, には鐘つき堂, に品川沖, のころ四十, の初秋ごろ, の寛永十七年, は往かぬ, よった婆, よりほんの, より人類, 老つた母, 若い先生, 若い洋琴家

▼ 来た新しい~ (13, 0.0%)

1 [13件] ので隣, のも, 事実に, 人だらう, 労働者農民作家群の, 吸入器である, 慾望は, 文学の, 社会的結果に, 野菜や, 鉄の, 隣人を, 馬糞で

▼ 来た汽車~ (13, 0.0%)

2 に乗る, をやり過し 1 から新しい, それに私, と違, に乗り遅れた, に出会い, の時間表, はどの, はまた, はチタ

▼ 来た矢代~ (13, 0.0%)

1 [13件] には明治時代, に云った, に訊ねた, の手紙, の書物, の母, の足, は久慈, は今さら, は当座, は街, は見た, を見かける

▼ 来た葉子~ (13, 0.0%)

2 の目

1 [11件] にはそれ, に取っ, の疲れた, はさすが, はその, は剣, は彼, は雨, も思い, をぎっ, を見る

▼ 来た~ (13, 0.0%)

1 [13件] が, が沢山, と下物, など取り出し, のごちそう, の盃, の酔, は主, や天麩羅, をコツプ, を大抵, を真似, を讃め

▼ 来た長い~ (13, 0.0%)

2 年月の, 手紙の 1 あいだの, あいだ満足に, 小説が, 手紙を, 歴史の, 歴史は, 歴史を, 箱が, 過去の

▼ 来たかい~ (12, 0.0%)

2 があった, がない 1 うむ, がありゃしない, が見出せない, さア此方, なんて, もなく, 医者は, 政吉なら

▼ 来たくせ~ (12, 0.0%)

31 して, にあまり, にその, にまだ, によく, に房一, に湯, に自分, に近所

▼ 来たぞと~ (12, 0.0%)

1 [12件] 云って, 励まし立てる, 嫌味を, 彼は, 後悔さえ, 思いますね, 思ったらもう, 燻製屋に, 玄竜は, 盲者が, 筆屋幸兵衛は, 高重は

▼ 来たなどという~ (12, 0.0%)

4 のは 1 ことは, ことも, ところまで, 事な, 洒落れた話, 者も, 話を, 風でも

▼ 来たなんて~ (12, 0.0%)

1 [12件] あとで, いうこと, いうの, いえやしないじゃ, ことは, そんな話, のも, 事が, 云うと, 云うん, 吾夫に, 意気地が

▼ 来たよと~ (12, 0.0%)

3 いって 2 叫ぶ女 1 いってる中, ゴム製の, 同僚が, 答へ, 言いその, 鐘が, 門口から

▼ 来た一団~ (12, 0.0%)

1 [12件] がありました, であった, と衝突, の人影, の人数, の先頭, の労働者, の爆火船隊, の男女, の空気, の黄包車, は橋場

▼ 来た写真~ (12, 0.0%)

1 [12件] がこう, に自分, の一部, の中, の入った, の和服姿, の女, は複写, を見, を見ました, を見ます, を見る

▼ 来た品物~ (12, 0.0%)

1 [12件] でございます, とを鼻高々, なの, の中, の名前, は今度, をほか, を売っ, を択, を見ます, を質入れ, を預

▼ 来た少女~ (12, 0.0%)

1 [12件] がある, がこれ, が手すり, に暴行, のむれ, の女中, の着物, の給仕, は言っ, は軽く, らしくあれ, を捉

▼ 来た巡査~ (12, 0.0%)

2 との応答 1 がにせ, が三人, が群集, に怪, に散策子, に追越された, の一人, はここ, もあの, や医者

▼ 来た廊下~ (12, 0.0%)

1 [12件] からの風, が分らなく, が判らなくなっ, だ, にも今, のところ, の向う側, の方, の暗闇, の足音, を全速力, を引き返し

▼ 来た意味~ (12, 0.0%)

1 [12件] かまたは, がありません, がある, がほぼ, が察しられる, における連体法, に於, の大き, もあつ, を直ぐ, を読んだ, を通わせた

▼ 来た~ (12, 0.0%)

2 を仰ぎ 1 からとつぜん, から太陽, が映る, に高く, の下, の模様, の穴, へ波状, や山, を見る

▼ 来た翌日~ (12, 0.0%)

2 又電話 1 から伸子, から悪阻, から雨, になっ, にはもう, にもう, の晩, は又五郎, ひどい吹雪, 少し買いもの

▼ 来た老人~ (12, 0.0%)

1 [12件] が赤子, と若い, にきく, に往き違った, の勝手, はしばらく, はやはり, は今, もあった, も二人, やまた, や子供

▼ 来た若者~ (12, 0.0%)

2 があった 1 が市, と肌脱ぎ, に会, のこと, の一群, の顔, は, はさ, を末輩, を歎称

▼ 来た~ (12, 0.0%)

1 [12件] ごしら, さ, ではたまらない, でまた, でホール, につぎ, の高い, は雨, を, をすくめ, をものう, を小さく

▼ 来た~ (12, 0.0%)

1 [12件] が水, の名, はまたたく, は奇怪, をすぐ, をそのまま, をみんな, を押し戴い, を持っ, を自分, を自分たち, を関井さん

▼ 来たここ~ (11, 0.0%)

1 [11件] からまた, でお, にこわい, には鬼神, に在る, に居る, の家, はもう, は松岡君, へ香料, までの経過

▼ 来たすべて~ (11, 0.0%)

3 の人々 1 の人, の力, の富士山, の悲哀, の点, の矛盾苦痛, の米国船, の鍛錬

▼ 来たとしか~ (11, 0.0%)

2 思われない 1 思えないこの, 思えない言葉じり, 思われないでしょう, 思われないの, 思われない男, 思われなかった, 思われません, 考えられません, 見られない

▼ 来たのみ~ (11, 0.0%)

3 であった 2 である 1 だから, であること, である謀反, でなく洞院, ならずまかり間違えば, ならず日当り

▼ 来たみたい~ (11, 0.0%)

2 だ, だわ 1 なところ, なひと, な具合い, な四十五六, にひやりと, に僕, の気持

▼ 来た八五郎~ (11, 0.0%)

21 だったの, と鉢合せ, はかなり, は馬, もこの, を眺め, を睨める, を顧みました, 苦い顔

▼ 来た兵隊~ (11, 0.0%)

1 [11件] が往来一パイ, だ, です, なの, に母, のひとり, のやう, の姿, の靴, は皆一時, を見物

▼ 来た千鶴子~ (11, 0.0%)

2 の手紙 1 が矢代, と自分, にエレベーター, に与えた, に云っ, の強, の持ち込ん, は, や真紀子たち

▼ 来た商人~ (11, 0.0%)

1 [11件] から書信, があっ, があつ, が取っ, が言いおる, であった, というの, のよう, の妻ボロオデル, もその, も混つて

▼ 来た土地~ (11, 0.0%)

1 [11件] が何人, だなど, であります, では相当, で同様, の中, の人, の匂い, の名, の子弟たち, の生活

▼ 来た外国人~ (11, 0.0%)

2 が先ず, で先生位弁舌 1 が聞い, であるし, である私, というもの, に身代金, の先生, はわりに

▼ 来た~ (11, 0.0%)

21 から実は, です, にあの, になる, のこと, の光景, の十時ごろ, の街, の食堂

▼ 来た形跡~ (11, 0.0%)

1 [11件] があっ, があり, がある, のない, はあっ, はありません, はありませんでした, はなかっ, は少し, は無かっ, も見られる

▼ 来た最後~ (11, 0.0%)

2 の手紙 1 となっ, になった, のことば, の小さい, の方法, の日, の時, の村, の願望

▼ 来た相手~ (11, 0.0%)

2 のお, を軽く 1 が壁, に呼びかけられ, の腕, はそのまま, は四十年前, は小, をくわしく

▼ 来た看護婦~ (11, 0.0%)

1 [11件] が, がその, がガーゼ, が二人, が彼, が部屋, と小声, に, の主任さん, は嫌味, は巳之助

▼ 来た私たち~ (11, 0.0%)

1 [11件] が先刻, が好奇心, にRIVIERA, のスウツケイス, の前途, の眼, の頭, の驚き, はただ, は第, は繁華熱鬧

▼ 来た紅茶~ (11, 0.0%)

1 [11件] に彼女, に自分, のコップ, の下, の中, をすすり, を一口, を入れ, を受けとる, を喫, を飲んだ

▼ 来た老婆~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, が云った, だのに, のよう, の手, の様, の顔, はよく, は二人, は仏壇, は鍵

▼ 来た~ (11, 0.0%)

1 [11件] がなけれ, が思ひ出される, が見える, だけが少し, で薩摩, には一すじ何, に符合, は文学, もない, をかえりみれ, を保留

▼ 来た返事~ (11, 0.0%)

1 [11件] についてであった, にはお, による, によれ, に違い, は不思議, をした, を次郎, を紫, を読み, を読む

▼ 来た~ (11, 0.0%)

1 [11件] かうした事, こうした事, つねにかの, どのくらい, にその, にたとい, には住ん, に上, に伸子, に何ぞ, のこと

▼ 来たお前~ (10, 0.0%)

2 とお 1 にはすべて, の心, の意志, の知っ, はこれ, はそんな, も一匹, も寂しい

▼ 来たお蔭~ (10, 0.0%)

1 で, であります, である, でその, でコンナみじめ, で一時, で今, で性根, で陸上生活, で飛んだ

▼ 来たからとて~ (10, 0.0%)

1 そう驚く, それが, それは, そんなに狼狽, なにも, 大して物珍, 市には, 当人に, 怖い敵, 急に

▼ 来ただけでも~ (10, 0.0%)

1 おれは, こんなうれしい, こんな思いがけない, その兵, その愚, その途中, 一同に, 可憐しい, 大成功, 御先祖

▼ 来たつて~ (10, 0.0%)

1 あの通り, おつ, た, ね, ゐたにも, 入れて, 口説くと, 同じ研究, 知らないと, 聞かれやしねえかな

▼ 来たとき伸子~ (10, 0.0%)

3 はその 1 がきいた, はそれ, はどこ, は失神, は彼女, は待ちかね, は気

▼ 来たひとり~ (10, 0.0%)

2 の女 1 であったが, に過ぎない, の侍, の武士, の男, の若い, の茶坊主, の身軽

▼ 来た三吉~ (10, 0.0%)

1 が結婚, と一郎, には薬, の仕事, の眼, はこの, は大きな, は妻, は翌日一日宿, を驚かした

▼ 来た人数~ (10, 0.0%)

1 があります, なので, の中, の枠, は少ない, は後, は折, を浅草広小路, を示す, を見る

▼ 来た~ (10, 0.0%)

2 の二人 1 に洋室, の剽悍, の少年達, の男, の知識社会学, の者, の若い, 県の

▼ 来た仲間~ (10, 0.0%)

1 がかうし, がどんな, が取り纏め, じゃな, の一人, の世界, の殿輩, の龍平, は皆入浴, を歓迎

▼ 来た先生~ (10, 0.0%)

1 からの手紙, が賞め, が鬼ごっこ, ですもの, に何心, に頭, の内部, の姿, の顔, も齢

▼ 来た~ (10, 0.0%)

1 がある, が其, が好い, が御, が綱宗, じゃ袋, である, に過ぎない, のよい, らしく一巻

▼ 来た土産~ (10, 0.0%)

1 がある, だった, などをやっと, には寄生木, のしるし, の包み, の品々, はそれだけ, らしい物, を分け

▼ 来た夫人~ (10, 0.0%)

1 がとなり, が植ゑられた許, が物, に私, の周囲, の怒り, の馬, はいきなり, はさっき, はたとい

▼ 来た~ (10, 0.0%)

3 にまで何かと 1 あさんらしく今に, の話, やがそれ, やと, やは会計, やは来, やらしい

▼ 来た文学~ (10, 0.0%)

1 であり後者, というもの, におけるプロレタリアート, のジャンル, の勉強, の姿, の定義, の道, は大した, への責任

▼ 来た~ (10, 0.0%)

1 らしい野菜, 九谷の, 介の, 仙が, 助と, 古典主義に, 平太は, 感覚派文学の, 時代の, 飛行機は

▼ 来た~ (10, 0.0%)

6 が来た 1 のよう, の情熱, は宮腹, を私語

▼ 来た時何~ (10, 0.0%)

1 うした, かの煮物, かふと, か変, か怒っ, か柔かい, か罪, でも入, にも知らない, よりも先づ妹

▼ 来た武蔵~ (10, 0.0%)

1 だった, であったが, とかいう者, とは根本, の体, の姿, はそこ, は細川家, ももう, を三方

▼ 来た白い~ (10, 0.0%)

1 あっさりした, ものに, ライラックの, 悪魔, 毛布に, 牝鶏が, 碁石を, 蝶が, 西洋館の, 頸を

▼ 来た百姓~ (10, 0.0%)

1 が宣教師, が考へた, にそんな, にも似合わない, に旦那, のほう, の娘たち, はこんな, をなかなか, を皆

▼ 来た~ (10, 0.0%)

1 があの, がいきなり, が家, が竜, だからとも, といふ事, にこしかけ, の花形, をすかさずパッ, をパッ

▼ 来た社会~ (10, 0.0%)

2 の構造 1 がどんなに, ではどこ, では自分, で言, で言い出した, のあらゆる, の歴史, の歴史的階級的環境

▼ 来た~ (10, 0.0%)

2 松屋惣七を 1 侍が, 侍たちは, 侍たちも, 侍の, 侍は, 松屋惣七の, 鷹の, 鷺も

▼ 来た過程~ (10, 0.0%)

2 を具体的 1 から推察, が, でかれ, で必然, における環境, は惨憺, をふり, をふりかえっ

▼ 来た部屋~ (10, 0.0%)

2 の中 1 がある, である, でこれ, にお, に近い, の火鉢, の隅, は机竜

▼ 来た馬車~ (10, 0.0%)

2 の中 1 が雨, で太鼓, にひかれ, に向っ, の馬, の馬丁, の馭者, は遠く

▼ 来た~ (10, 0.0%)

1 か, かをはっきり, の声, の毛, の群, の肉, の足, はせまい, やの爺さん, を眺め

▼ 来たいろいろ~ (9, 0.0%)

1 な物, な知識, な社会上, のこと, のモメント, の出来事, の摺り物, の草, の議論

▼ 来たかが~ (9, 0.0%)

2 わかる 1 はっきりわかった, よく分らぬ, わかった, わかって, わかります, 判る, 思ひ出せませんでした

▼ 来たかに~ (9, 0.0%)

1 感じられた, 気づいて, 興がった, 落ちて, 見うけられますが, 見えた, 見えた攻城, 見えること, 驚かされます

▼ 来たがんりき~ (9, 0.0%)

1 がハタ, が一言, そこで兜, のため, の片腕, の百, の百蔵, も喜ん, をこの

▼ 来たよく~ (9, 0.0%)

3 来た 1 お礼を, ふとった家鴨, 意見し, 来たと, 来て, 食べて

▼ 来たわたし~ (9, 0.0%)

1 のおまえ, のする, の心, の息子, の父親, の物, の趣味, は小さい, を見上げた

▼ 来た一種~ (9, 0.0%)

2 の対照 1 のヒステリー, の恐怖, の疲労, の神経衰弱, の芸術, の錯誤感, の鑑賞力

▼ 来た一行~ (9, 0.0%)

1 があります, が鉄砲, である, と合流, の中, の言語挙動, の頭, もこの, も何

▼ 来た~ (9, 0.0%)

2 である 1 からこの, が, がある, がい, がゐ, も大男, や子供侍

▼ 来た刑事~ (9, 0.0%)

2 の話 1 が引っ捕えた, が怒鳴った, に助けられ, の態度, は直ぐ, までもが, を振り向い

▼ 来た同じ~ (9, 0.0%)

4 ような 1 名の, 砂丘で, 路を, 通りを, 道から

▼ 来た味方~ (9, 0.0%)

1 が, がある, のその, の一部, の将士, の者たち, はある, はまた, へ

▼ 来た四人~ (9, 0.0%)

2 の者 1 で飲ん, のかごかき, のもの, のコルシカ人, の人数, の同勢, の子供ら

▼ 来た報告~ (9, 0.0%)

2 によれ 1 が出, でその, の証拠, はそんな, をし, をしない, を披

▼ 来た多く~ (9, 0.0%)

1 の不幸, の人々, の人人, の女, の精神的, の苦しみ, の難問題, の青年, は虎井夫人

▼ 来た~ (9, 0.0%)

2 を見た 1 のこと, のやう, のよう, をみた, を見, を見る, を辿った

▼ 来た心持~ (9, 0.0%)

2 から言っ 1 がした, が岸本, とを思い比べた, なん, の経路, は全く, もその

▼ 来た感情~ (9, 0.0%)

1 ではある, のため, のぴったり, の最大限, ばかりの女, や感覚, を彼女, を押え付けよう, を自分

▼ 来た~ (9, 0.0%)

1 でその, には三枚, には宴会, のため, の主, を拭き, を指環, を振り払っ, を重た

▼ 来た~ (9, 0.0%)

1 かゾッと, か三吉, か同じ, であろうか, を知った, を知らし, を訊いた, 南瓜を, 若侍

▼ 来た新聞~ (9, 0.0%)

1 に, にこんな, に全部眼, の山, は, を敷い, を準之助氏, を読む, を読ん

▼ 来た方向~ (9, 0.0%)

1 つまり千住大橋, とは反対, に基い, は, へかけだしました, へ眼, も忘れる, を指し, を見廻し

▼ 来た書物~ (9, 0.0%)

2 が今日 1 が多い, が消毒室, のなか, の箱, を二三頁, を日本, を読ん

▼ 来た~ (9, 0.0%)

1 あくび一つ, と死, をたしなみ, 不動一まきの, 命がけの, 大根の, 村では, 牡蠣や, 腕とから

▼ 来た用事~ (9, 0.0%)

1 が何日, だが, というの, と云う, のもう, をきめたく, を悟る, を細君, を話しだした

▼ 来た~ (9, 0.0%)

1 でこの, ではあの, でまったく, で自分, で評, にまぶしい, に映った, は徐々に, をつぶっ

▼ 来た着物~ (9, 0.0%)

1 とお, と着換え, の不足, の中, の包み, はよく, までなくし, をかけられ, を一枚

▼ 来た私達~ (9, 0.0%)

1 の前, の姿, の村, の眼前, は一休み, は其処, は自ずと, は薄日, は部屋

▼ 来た~ (9, 0.0%)

3 一の, 二の 1 三日の, 二小樽丸は, 八中隊を

▼ 来た節子~ (9, 0.0%)

2 の方 1 との関係, と一緒, と彼, に言った, のこと, のよう, の手術

▼ 来た経験~ (9, 0.0%)

2 から自分, をもっ 1 からそれら, だろう, とは日本, もあった, をふりかえり

▼ 来た色々~ (9, 0.0%)

2 の事 1 いかんから, な事, な動物心理, な化合物, な品物, の出来事, の場所

▼ 来た途端~ (9, 0.0%)

1 にどうか, にピカッ, に妙, に帰る, に彼女, に激しく, ガラリと, 思いがけなくぱったり, 思い掛けなくぱったり

▼ 来た道筋~ (9, 0.0%)

1 から起った, が知れる, だの明日, であります, にひた走り, はしかし, を考へる, を自分, を辿っ

▼ 来たいくつ~ (8, 0.0%)

1 かのちっぽけ, かの小, かの峠, かの条, かの流星, かの葛籠, もの架空, もの言葉

▼ 来たうち~ (8, 0.0%)

2 の一人 1 から例, で兄さん, で君, のものみんな, の縁者, の者たち

▼ 来たお金~ (8, 0.0%)

1 だすい, でおかみさん, でしょう, なん, なんか厭, もありました, をくれ, を一つ

▼ 来たからは~ (8, 0.0%)

1 あのおばさん, たしかにこの, どうして俺たち, もう何, 及ばずながら, 必ずや姫路, 詮方が, 離れて

▼ 来たけど~ (8, 0.0%)

1 あんないい加減, そんなもの, とにかく持っ, まあ久我さん, みな返し, 何うせ, 宿の, 本気で

▼ 来たじゃあ~ (8, 0.0%)

4 ないか 1 ございませんか, 吉原へ, 聞くがな, 荷物を

▼ 来たとかいう~ (8, 0.0%)

1 お話で御座いました, ことで, ことです, ならまだ, ような, 時に手錠, 童じゃよ, 道順が

▼ 来たどこ~ (8, 0.0%)

1 かの貨物, かの間者, から, からともなし, に来た, の公園, の海路, の誰

▼ 来たばかりか~ (8, 0.0%)

1 あなたの, はては, 同業者, 家すじも, 御丁寧, 折々店員四, 逆寄せの, 静岡地方と

▼ 来たばっかり~ (8, 0.0%)

1 だ, だよ, で, です私, なのに, なのよ, なんだ, のを

▼ 来た~ (8, 0.0%)

1 うたって, ばさんが, り, りには, 値切って, 気が, 知らせの, 知り驚いて

▼ 来た~ (8, 0.0%)

1 けそう, てどう, てもの, てん, てマザア, て口, といわん, と云っ

▼ 来た一本~ (8, 0.0%)

1 の吹矢, の小, の征矢, の徳利, の新しい, の月見草, の矢, の縄

▼ 来た一通~ (8, 0.0%)

3 の手紙 1 であった, の書, の書状, の書面, を差し出した

▼ 来た~ (8, 0.0%)

1 あって, けじゃない, けで, たかい金髪, でしたから, でも分っ, に中, の衣類

▼ 来た下女~ (8, 0.0%)

1 が不在, とやらに習った, に聞く, のお, の名, の蒲団, も言葉, 又は知っ

▼ 来た事情~ (8, 0.0%)

2 を話し 1 である, と民主主義, は, は旅, を社長, を話した

▼ 来た二つ~ (8, 0.0%)

2 の溪 1 の大きな, の手紙, の白銅貨, の相似, の草鞋, の顔

▼ 来た~ (8, 0.0%)

1 だから, だし, である, の中, は初め, は口々, は皆, は自責

▼ 来た~ (8, 0.0%)

1 こんなかから, にはこんなに, に治兵衛, の次, の金子, の食物, は諸木何品, を隠される

▼ 来た~ (8, 0.0%)

1 で移動, にもよる, はそこ, はどこ, は明日, は疑い, は驚くべきだ, を発見

▼ 来た唯一~ (8, 0.0%)

2 のもの, の目的 1 の事, の源泉力, の親友, の護りでありました

▼ 来た場所~ (8, 0.0%)

21 からは関係, がかつて, であること, としてヨーロッパ人, は若, を報告

▼ 来た大勢~ (8, 0.0%)

2 の人 1 が, の少女, の少年, の影, の武者, の者

▼ 来た大将~ (8, 0.0%)

1 がいった, が何心, の手紙, は, はそのまま, は刀, は派手, を御覧

▼ 来た女の子~ (8, 0.0%)

1 があった, がい, がお, にきい, に乳房, はある, は柳吉, もお伽噺

▼ 来た小僧~ (8, 0.0%)

1 がいる, が待っ, だとは, と落ち合っ, に子守, の一人, の角太郎, はこの

▼ 来た小石~ (8, 0.0%)

1 がこんな大きな, が袷, であったと, でありました, で始め, で子供一人成人二人, は彼, を勘次

▼ 来た~ (8, 0.0%)

21 であった, でありました, で小さい小さい, と見るべきで, は艶, をし

▼ 来た径路~ (8, 0.0%)

1 などを聞かう, に符節, は明らか, は此, も察せられる, を多少, を知る, を自分

▼ 来た旧い~ (8, 0.0%)

1 主人公の, 家へ, 家業を, 権力者たちは, 社会での, 舞台の, 道徳とは, 顔の

▼ 来た~ (8, 0.0%)

2 の人たち 1 がある, の人, の人達, の連中, の達磨屋, を今

▼ 来た果物~ (8, 0.0%)

1 だの菓子, などを食べる, には手, の罐詰, をありったけ籃, をたくさん, を勧め, を食べさせました

▼ 来た~ (8, 0.0%)

1 がその, がはいつ, でパンパン, に追われ, の光, も赫, をその, を差出した

▼ 来た~ (8, 0.0%)

1 がゲンシ, が脚気, の顔, は二三日, は思つた, をつかまえ, を叔父, を愛想

▼ 来た画家~ (8, 0.0%)

1 があった, が岡, です, というの, の卵, の友人, の深沢さん, の牧野

▼ 来た~ (8, 0.0%)

2 だった 1 だから, ぢや, の人, の役, の青年達, 其様に

▼ 来た米友~ (8, 0.0%)

1 が聞く, に何だ, に向っ, の冒険, の頭, はここ, を見る, を道庵

▼ 来た覚え~ (8, 0.0%)

2 のある 1 がある, のない, はございません, はない, はなし, もない

▼ 来た~ (8, 0.0%)

3 がある 2 があった 1 があっ, があります, を呈する

▼ 来た~ (8, 0.0%)

1 がし, がする, だによ, で目, とは違う, も夢, をきい, を言語

▼ 来た風呂敷包~ (8, 0.0%)

1 は腰ぎりにちょうど, を取出した, を畳, を背負つて, を解く, を開い, を開きました, を開け

▼ 来た黒い~ (8, 0.0%)

1 人影, 剛い, 夜を, 帽子は, 影へ, 森の, 羽織と, 角壜の

▼ 来たあれ~ (7, 0.0%)

1 だけは余計, だッ, は川水, やこれ, 以来の, 見ろ, 見ろ跛足

▼ 来たお松~ (7, 0.0%)

1 が, という小娘, のこと, の様子, の面, はせっかく, は勇士豪傑

▼ 来たからにゃ~ (7, 0.0%)

1 あこの, あちっと, お蘭, アかよう, 三日や, 心配する, 焼かれて

▼ 来たとおり~ (7, 0.0%)

1 である, でその, なん, な濁流, にこの, に真実なさぬ仲, の人間

▼ 来たとき彼女~ (7, 0.0%)

2 の顔色 1 の両親, は, はどっち, はパルチザン, は思いきっ

▼ 来たとき矢代~ (7, 0.0%)

1 にはそれ, はその, はもう, はカソリック, は暫く, は美しい, は鋤

▼ 来たとこ~ (7, 0.0%)

21 でね, でやっと, で丁度, で発表, どす

▼ 来たばかし~ (7, 0.0%)

2 なんだ 1 だが, で, では, で昼寝, なの

▼ 来たばかりに~ (7, 0.0%)

1 いろいろの, こうして栄三郎, 何かは, 女どもが, 日本をめぐって, 西村道男と, 近い悲しみ

▼ 来た~ (7, 0.0%)

2 ひつ 1 えったら, はずや, ひぬ, ふは, ほう使です

▼ 来たまひ~ (7, 0.0%)

1 しかな, しこと, し君, たる, て他事, て老媼しん入用, ぬる国王

▼ 来たわけぢ~ (7, 0.0%)

4 やない 1 やありません, やなし, や無い

▼ 来たわよ~ (7, 0.0%)

1 あたい塩からい, あら美しい, いよいよ決行, ご迷惑, レディーが, 怖いお隣, 私は

▼ 来たわれわれ~ (7, 0.0%)

1 のこと, の交遊, の年老いた, の祖先, はこの, はさ, はもはや

▼ 来た~ (7, 0.0%)

2 だから 1 から代り, から貴方皿ア, す, だ, なア

▼ 来たガラッ~ (7, 0.0%)

32 八の 1 八が, 八は

▼ 来た一個~ (7, 0.0%)

2 の人物, の黒影 1 のルンペン屍体, の人間, の巨船

▼ 来た一枚~ (7, 0.0%)

1 のもみじ, のゴザ, のレコード, の名刺, の画, の石版画, の絵端書

▼ 来た一群~ (7, 0.0%)

1 があった, の人, の人々, の方, の軍勢, の金翅鳥, の鳥

▼ 来た久慈~ (7, 0.0%)

1 が真紀子, である, の剽悍, の手紙, の顔, は椅子, は肩幅

▼ 来た兵馬~ (7, 0.0%)

1 でありこの, で揺れあい, というもの, なの, の刀, の肩, を見

▼ 来た冷たい~ (7, 0.0%)

3 風に 1 ものが, 物を, 結飯などを, 風が

▼ 来た~ (7, 0.0%)

1 はみんな駄物, は本身, を出し, を前, を取ろう, を巻き落とした, を手

▼ 来た初め~ (7, 0.0%)

1 でしょう, に, には多少, に一番, の落ち着かぬ, の頃, は弥次兵衛

▼ 来た~ (7, 0.0%)

2 にも申す 1 からこの, に既に, の上さん, の日, 久を

▼ 来た動物~ (7, 0.0%)

1 からだ, が檻, のクズ, の番人, の絵本, を見, を見せ

▼ 来た半蔵~ (7, 0.0%)

1 では, の方, はまた, はもはや, は下四宿, を見, を見る

▼ 来た叔父~ (7, 0.0%)

1 から見る, の方, の顔, はその, はひどい, は父, は甚

▼ 来た~ (7, 0.0%)

1 から出, から出よう, じゃない, だろうと, なん, も飛び出し, をしばらく

▼ 来た四五人~ (7, 0.0%)

1 のほか, の主, の刑事, の壮漢, の生徒, の男, の男ども

▼ 来た大男~ (7, 0.0%)

1 があった, があつ, が一喝, が辰馬, の団長, の玄関番, は観念

▼ 来た始末~ (7, 0.0%)

1 さ, で, である, でそれぢ, で兎, なの, を語った

▼ 来た子供等~ (7, 0.0%)

1 に逢った, のこと, の上, までも引取, をひどく, を思ひ, を苦め

▼ 来た家族~ (7, 0.0%)

2 の一人 1 が住ん, であり街, の者, へ電話, やら召使

▼ 来た宿~ (7, 0.0%)

1 でアスパラガス, にいる, に着いた, のおかみさん, の主婦, の少女, へ葉書

▼ 来た富岡~ (7, 0.0%)

1 と妻, にはゆき子, の仏印, の柔かい, の躯, の顔色, やゆき子

▼ 来た小舟~ (7, 0.0%)

2 の中 1 が伊織, に探し出され, のある, のそば, の船夫

▼ 来た帰り~ (7, 0.0%)

1 だと, であったの, なの, に源さん, に犬, の途, の間際

▼ 来た平次~ (7, 0.0%)

1 ですが, に噛みつき, に報告, はしばらく, はゲッソリ, は四人, を見る

▼ 来た弁当~ (7, 0.0%)

1 に我々, の函, の折, も喰, をそこ, を自動車中, を買った

▼ 来た彼等~ (7, 0.0%)

1 が愈, に糢糊, の肉体, は今, は去年, は帰っ, は船頭

▼ 来た態度~ (7, 0.0%)

1 から移っ, と思い合わせます, について見る, に注目, のすべて, もわかっ, を一変

▼ 来た新九郎~ (7, 0.0%)

1 とこんがら, と志摩, の体, の切, の姿, の木剣, はまさか

▼ 来た材料~ (7, 0.0%)

1 にアニリン塗料, はそれ, はむしろ, は私, をそれから, を婆, を話し

▼ 来た~ (7, 0.0%)

1 ういふ, の休み中, の書面, の煙草, の聖書, の鉄色, までの考

▼ 来た汽船~ (7, 0.0%)

1 がやがて, だ, には東京, のこと, の影, の方, は

▼ 来た浅井~ (7, 0.0%)

1 の曲, はお, はそこ, はどこ, は昨, は爛れた, や自分

▼ 来た牧野~ (7, 0.0%)

1 と一緒, と近所, と顔, の体, はそう, はそれ, や少年

▼ 来た~ (7, 0.0%)

1 が来た, が死んだ, が肉, なん, のよう, の子, を拾い上げる

▼ 来た田舎~ (7, 0.0%)

2 の人 1 ではどう, の事, の海, の選挙人, の食べ物

▼ 来た男女~ (7, 0.0%)

1 だとか, で一杯, として父母, に対してかの女, はその, は一歩, は大抵一円

▼ 来た病人~ (7, 0.0%)

1 がお, が目下絶望状態, その頃, であった, でどの, なの, の母親

▼ 来た~ (7, 0.0%)

1 じゃない, だ, だけれど, だよ, でしたね, ですが, 矛盾する

▼ 来た~ (7, 0.0%)

1 がふかむ, が来た, であった, のころ, の心, の花, の頃

▼ 来た~ (7, 0.0%)

1 から逃げ出す, の三つ, の下, の外, の方, の方向, を見廻す

▼ 来た群衆~ (7, 0.0%)

1 が蛾, のなか, の一団, の中, は再び, は街路, も大いに

▼ 来た~ (7, 0.0%)

4 の高い 2 の低い 1 のばか

▼ 来た良人~ (7, 0.0%)

1 としばらく, と夫婦子供, の手, の手紙, の早坂, は其博覧会, を棄て

▼ 来た~ (7, 0.0%)

1 は誰, も外, をのむ, を与えた, を何, を節子, を調べたろう

▼ 来た~ (7, 0.0%)

1 だ, と待ちくたびれた, の心, は善知鳥, をまで捕えず, 鯨は, 鷲は

▼ 来た記憶~ (7, 0.0%)

1 がある, がない, に一種, のある, の絵, やその, をもつ

▼ 来た~ (7, 0.0%)

1 だという, だらうか, だろうか, であるかも, であろうと, と思ふ, のよう

▼ 来た警官~ (7, 0.0%)

2 の一人 1 が番, だと, に向っ, は咄嗟, もまた

▼ 来た階段~ (7, 0.0%)

1 がいつの間にか, の外, の数, の高, をまた, を下りられる, を忘れちゃった

▼ 来た~ (7, 0.0%)

1 にこれ, にすでに, には, にも私, にも銀側, に本隊, に韮

▼ 来た青年たち~ (7, 0.0%)

1 と自分, にたいして塾堂, のいる, の顔, は一度, は彼, は気の毒

▼ 来たあなた~ (6, 0.0%)

1 と擦れちがった, には私たち, に今, のよう, の夜具その他, も行つて御覧

▼ 来たあらゆる~ (6, 0.0%)

1 ところに, 乞食の, 光景である, 宝石や, 理智概念社会的風潮に対して, 道具を

▼ 来たおかげ~ (6, 0.0%)

1 でたいそう, でとうとう, でわたし, で悪漢たち, で残念, なん

▼ 来たおり~ (6, 0.0%)

1 には十銭, には心労, に今, に張魯, に自分, の遊び場処

▼ 来たお客さん~ (6, 0.0%)

1 とは言われません, と間違え, なの, なん, にあちら, も無事

▼ 来たお方~ (6, 0.0%)

1 があの, がありまし, ではない, と思います, に靡きましょう, はいない

▼ 来たかといふ~ (6, 0.0%)

1 ぐらゐのことは母親に, こと, ことになつ, ことを, 好奇心とが, 点は

▼ 来たかとも~ (6, 0.0%)

1 おもふと, 信長は, 思える人影, 思おうが, 思われたから, 思われます

▼ 来たがね~ (6, 0.0%)

1 お互いに, とどのつまりは, まだ金, もう不可, 獣は, 身に

▼ 来たくらいの~ (6, 0.0%)

1 ものであった, ものでありました, ものです, ものな, 人だ, 気が

▼ 来たしかし~ (6, 0.0%)

1 かくまでに, その間に, 半ばは, 幸に, 火星の, 重要な

▼ 来たそこで~ (6, 0.0%)

1 わしが, 互に感じ, 余輩も, 十両と, 弥之助も, 腕白小僧の

▼ 来たそもそも~ (6, 0.0%)

1 からどの, から室, の初め, の原因, の時代, はあれ

▼ 来たためし~ (6, 0.0%)

1 がありません, がある, のない, はない, はなかっ, もなく

▼ 来た~ (6, 0.0%)

1 えこ, え此, この喜平, であります, まえ空しく, 故日本語下手

▼ 来たとき素子~ (6, 0.0%)

1 がいくら, と伸子, は大体, は家族もち, は最近, も伸子

▼ 来たについては~ (6, 0.0%)

1 そこに, 何か, 十分自分にも, 来ただけの, 深い理由, 色々面白い

▼ 来たふたり~ (6, 0.0%)

1 がある, のおやじ, の客, の武士, はかえって, を認める

▼ 来たほか~ (6, 0.0%)

1 には何一つ, にまた, にも花, に天井裏, の一挺, の下らない

▼ 来たまあ~ (6, 0.0%)

2 考へて 1 こんなところ, そこらの, 其辺の, 坐れ

▼ 来たフランス~ (6, 0.0%)

1 では舞台監督, の個性, の国, の女性たち, の学者, の軍隊

▼ 来た七兵衛~ (6, 0.0%)

1 がそのまま, がとある, の頭, は並べた, は小脇, を見返り

▼ 来た不幸~ (6, 0.0%)

1 と災難, な一人, な女性, な母, な銃士, はどれ

▼ 来た~ (6, 0.0%)

1 の, を迎え, 厨の, 水を, 翁が, 翁は

▼ 来た事柄~ (6, 0.0%)

1 なの, について彼女, は其固定, もこういう, もみんな私, を逆

▼ 来た二三~ (6, 0.0%)

2 の生徒 1 の品物, の若い, の農夫, の顔

▼ 来た二匹~ (6, 0.0%)

1 のモルモット, の牝牡, の牝馬, の犬, の獣, の馬

▼ 来た今度~ (6, 0.0%)

1 の旅, の旅行, は先の, は方針, は牛蒡, 来たらお前

▼ 来た~ (6, 0.0%)

1 であります, である, でございます, ですからな, を前, を見る

▼ 来た~ (6, 0.0%)

1 あの時, あ上州無宿, が悪い, に, の役目, の苦しみ

▼ 来た傾向~ (6, 0.0%)

3 がある 1 があり, とともに用いられ出した, はもう

▼ 来た~ (6, 0.0%)

2 の天国, の形 1 の方, は遊者

▼ 来た其の~ (6, 0.0%)

1 上へ, 巾の, 後で, 時は, 表情の, 親切を

▼ 来た初夏~ (6, 0.0%)

41 である, の陽

▼ 来た~ (6, 0.0%)

1 な世界, な鳩, の一人, の坑夫, の将校, の鞄

▼ 来た勢い~ (6, 0.0%)

1 でいきなり, でまた, でもう, で通り過ぎよう, で鼻息, に違

▼ 来た医師~ (6, 0.0%)

1 から入院, が五郎, によって五人, の奥野俊良, の診断書, の頭

▼ 来た午後~ (6, 0.0%)

1 おげん, の四時前後, の日, の潮騒, の陽, はドシヤ降り

▼ 来た名刺~ (6, 0.0%)

1 とその, には東北大学教授橋本左五郎, を見, を見た, を見ます, を見る

▼ 来た問題~ (6, 0.0%)

1 が溶かされ, である, なので, の, は時局外, を付加

▼ 来た地方~ (6, 0.0%)

2 の人 1 の人々, の人民, の印象, の空気

▼ 来た~ (6, 0.0%)

1 がかわいかっ, ではなかっ, は健坊, は思いがけず, よりズット, をふるわせ

▼ 来た大きい~ (6, 0.0%)

2 灯取 1 蜘蛛を, 西洋綴りの, 風呂敷包みを, 風呂敷包を

▼ 来た夫婦~ (6, 0.0%)

1 が夫婦, だったの, である, に子供三人家族, の心, の旅人

▼ 来た家持~ (6, 0.0%)

3 の心 1 もじっと, もぢ, も静か

▼ 来た家臣~ (6, 0.0%)

1 が, が二三人, のうち, の口, やその, をそこで

▼ 来た将士~ (6, 0.0%)

1 である, のため, は信長, へも直義, もある, も約

▼ 来た小鳥~ (6, 0.0%)

1 の巣, の眼, はさまざま, は腐った, も栗鼠, を見失った

▼ 来た年月~ (6, 0.0%)

1 が背景, のある, をば探し当てかねた, を何と, を勘定, を数え

▼ 来た当初~ (6, 0.0%)

1 から変らず, から年, から見えきっ, とは全然, はお, よりも多く

▼ 来た彼自身~ (6, 0.0%)

1 ではなかっ, に対する客観, の内部, の恵まれた, の過去, は既に

▼ 来た我々~ (6, 0.0%)

1 が娘たち, の友人, の時代, の知識, は一軒, は殊に

▼ 来た提灯~ (6, 0.0%)

1 に道庵, のため, は初め, は灯, をたより, をつけた

▼ 来た時刻~ (6, 0.0%)

1 が護謨製, とが丁度, と帰った, も帰った, も早い, を見計らっ

▼ 来た時急~ (6, 0.0%)

1 に今, に国, に激しい, に立ち上, に立ち上がっ, に足

▼ 来た時自分~ (6, 0.0%)

1 に責任, の部下, はぎょっと, は思わず, は比較的, をひどく

▼ 来た時計~ (6, 0.0%)

2 の持主 1 から算出, が五時半, をそっと, を見

▼ 来た書状~ (6, 0.0%)

2 も一通り目 1 のなか, の中, や告訴状, を彼

▼ 来た書生~ (6, 0.0%)

1 があっ, が三名, が卓, が席, には気, はそのまま

▼ 来た書類~ (6, 0.0%)

1 に署名, の中, は二つ折, や写真, をわたし, を展げ

▼ 来た民族~ (6, 0.0%)

1 が今, が字, だ, です, の歴史, の相貌

▼ 来た江戸~ (6, 0.0%)

3 の方 1 には俺, の二人連れ, の文化

▼ 来た~ (6, 0.0%)

1 から見る, では, でも認められる, など, に於, はここ

▼ 来た~ (6, 0.0%)

1 が袴, のよう, の事, はい, はまだ, は長い

▼ 来た現象~ (6, 0.0%)

1 だ, であった, である, であろうと, の一つ, は

▼ 来た環境~ (6, 0.0%)

1 から自然ケーテ, が産まれ, のプラス, の貧弱さ, も環境, を自覚

▼ 来た生徒~ (6, 0.0%)

1 かも知れぬ, がピッチャー, が東北, に指導, は張合, は雪達磨

▼ 来た生涯~ (6, 0.0%)

1 がどんな, のうち, の体験, の泣き明かし, を味, を顧みさせた

▼ 来た真紀子~ (6, 0.0%)

1 であった, には未練, の部屋, は部屋, もやはり, をまた

▼ 来た瞬間~ (6, 0.0%)

1 から何かしら不吉, から老人, にはもう, に消えかかっ, はいかにも, は人

▼ 来た紳士~ (6, 0.0%)

1 がいるでしょう, がこの, が中条, は口, は恐縮, もあり

▼ 来た習慣~ (6, 0.0%)

2 がある 1 ではあるまい, で磯村, への痛烈, を無闇

▼ 来た自然~ (6, 0.0%)

1 であ, とは異なり, の勢い, の変形, の暴威, の行為

▼ 来た自由~ (6, 0.0%)

1 な世界的, な生活, な表現, の呼吸, の天地, の諸

▼ 来た~ (6, 0.0%)

1 の人, の方, はボート, もある, を呼ぶ, を海

▼ 来た芸者~ (6, 0.0%)

2 の一人 1 が坐っ, が男衆, なぞだ, も同じ

▼ 来た~ (6, 0.0%)

1 かと思われる, という草, もとらね, や灌木, や花, や苗木

▼ 来た菓子~ (6, 0.0%)

1 だ, だったが, など与え, のなか, をしまっ, を喰い

▼ 来た葡萄酒~ (6, 0.0%)

2 を汲ん 1 が入れ, の名, を買う, を飲ん

▼ 来た跫音~ (6, 0.0%)

1 がした, が止まった, で襖, と共に, にふと, もそれ

▼ 来た車夫~ (6, 0.0%)

1 が戸口, で, のもの言い, の一人, は拾われ, は門

▼ 来た近所~ (6, 0.0%)

1 のお, の下女, の人々, の小娘, の百姓, の連中

▼ 来た運命~ (6, 0.0%)

1 ともいえる, のふしぎさ, のま, をね, を歎くに, を発見

▼ 来た道程~ (6, 0.0%)

1 があまりに, であるが, で察, の記録, も明か, を忠実

▼ 来た部下~ (6, 0.0%)

1 であった, に命じ, の一人, の報告, もどっと, らしい十九人

▼ 来た~ (6, 0.0%)

1 さう, さである, さとは, なる山岳, もの目的, 三が

▼ 来た金五郎~ (6, 0.0%)

1 が突然, が軸木, としては女房, の眼, を人相, を見る

▼ 来た電報~ (6, 0.0%)

1 である, に一々, の, は大風大雨, を取り上げた, を受取った

▼ 来た~ (6, 0.0%)

1 から処方箋, から印刷, だった, の中, を取り上げ, を持っ

▼ 来た順序~ (6, 0.0%)

1 だからという, で自然, として何, ははつきり, も全く, を考え

▼ 来た~ (6, 0.0%)

2 の禿げた 1 から毛皮, の髪, は, を撫でた

▼ 来た風呂敷包み~ (6, 0.0%)

1 の中, の割籠, をひろげる, を不器用, を片隅, を解き出した

▼ 来た~ (6, 0.0%)

1 である, にとび乗っ, も榊原平七, をいま山門, を繋い, を路傍

▼ 来た黄金~ (6, 0.0%)

1 という黄金, と宝石, の片, の糞尿, の鐶, を与え

▼ 来たお前さん~ (5, 0.0%)

1 だ征矢野, の乳母, の帯, は何と, は怖い

▼ 来た~ (5, 0.0%)

2 んだ 1 んご, 新造は, 近所の

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 ういふ, うして, うすると, つそく学校, ア一つ

▼ 来たさっき~ (5, 0.0%)

1 の女中さん, の客, の番頭, の紫頭巾, の若い

▼ 来たそれら~ (5, 0.0%)

1 のいい, の印象, の家族, の葉, の負傷兵

▼ 来たっきり~ (5, 0.0%)

1 から行方, さ, だ, になっ, 久しく会わない

▼ 来たといった~ (5, 0.0%)

1 ところも, のは, ようすで, ような, 体

▼ 来たときそれ~ (5, 0.0%)

1 につれ, はちょうど, をすっかり, を嘆願, を話しました

▼ 来たときひろ子~ (5, 0.0%)

1 はその, はどんなに, は広島, は用向き, は窓

▼ 来たとばかり~ (5, 0.0%)

1 おぼえて, その上, で, ゴロゴロしてる, 手に

▼ 来たどうも~ (5, 0.0%)

1 あの女, これは, 此う, 綺麗だ, 近頃神経衰弱らしい

▼ 来たなどは~ (5, 0.0%)

1 まったく正行, 小宰相, 気の, 確かに, 近世の

▼ 来たのう~ (5, 0.0%)

1 すっかりよい, そう云う, なん人じゃ, 正行, 相手欲し

▼ 来たのにと~ (5, 0.0%)

1 云い出しキゲン, 思うと, 思ふと, 残念が, 涙を

▼ 来たはる~ (5, 0.0%)

2 ねんが 1 て誰, ねん, ねんわ

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 あやの, あやを次の間に, てれんでは, てれんの, ッかり

▼ 来たばかしの~ (5, 0.0%)

1 ものでござんし, 家な, 正月の, 源之, 酒手が

▼ 来たばかりじゃ~ (5, 0.0%)

4 ないか 1 ないの

▼ 来たばっかりの~ (5, 0.0%)

1 おいらには, くせに, ところへ, はずの, 新米に

▼ 来たまだ~ (5, 0.0%)

1 うら若い美貌, 何でも, 十代らしい, 形の, 馴れない一人

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 ようで, 同じだ, 同様であり, 同様である, 知らずに

▼ 来たよい~ (5, 0.0%)

1 やさ, バタあります, 口上で, 囮が, 雨だ

▼ 来たトラック~ (5, 0.0%)

1 がヘッド, がライト, でついで, の車輪, をよけそこない

▼ 来たドア~ (5, 0.0%)

2 と反対 1 からはいる, の方角, もうち

▼ 来たハガキ~ (5, 0.0%)

1 がそば, がどうしても, には裏面, の上, をおばさん

▼ 来た一番~ (5, 0.0%)

1 しまいの, つけて, の端, 小さい北川君, 美しいもの

▼ 来た一隊~ (5, 0.0%)

1 が急, が鐘, である, の兵士, の半数

▼ 来た不思議~ (5, 0.0%)

1 な乞食, な凶兆, な心, な機械, な色彩

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 のうえ, のきらきら, は, は髪, を彼

▼ 来た主婦~ (5, 0.0%)

2 の妹 1 が, はそれ, や主婦

▼ 来た乞食~ (5, 0.0%)

2 の老爺 1 でありました, の一種, をうるさ

▼ 来た事件~ (5, 0.0%)

1 があつ, が固定, だった, のため, の行き

▼ 来た二三人~ (5, 0.0%)

1 の中, の人影, の人相, の外国人, の麻川氏訪問者

▼ 来た二人連れ~ (5, 0.0%)

1 がある, が提灯, の人達, の侍, の虚無僧

▼ 来た亭主~ (5, 0.0%)

1 が妙, に, は編笠, は調子, 言い悪

▼ 来た人夫~ (5, 0.0%)

1 にあれ, に聞く, は平ヶ岳, は立木, をごらん

▼ 来た人足~ (5, 0.0%)

1 だけでも二千人, だけでも百五十人, の一人, の肩, もある

▼ 来た~ (5, 0.0%)

2 である 1 じゃありません, でした, なのに

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 はアノ左, は右手, は殺され, は茲, を見る

▼ 来た作品~ (5, 0.0%)

1 に目, の世界, の中, はいづれ, を主軸

▼ 来た傾き~ (5, 0.0%)

3 がある 1 がつよい, が見える

▼ 来た兵士~ (5, 0.0%)

1 だった, に傷, の一人, の精神, は私

▼ 来た円タク~ (5, 0.0%)

1 と油絵, に乗った, をよびとめ, を掴, を掴まえる

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 が来た, の方, の旅, の蠅さ, はわびしい

▼ 来た努力~ (5, 0.0%)

1 がようやく, の完成, は一歩々々, は一歩一歩, は全く

▼ 来た労働者~ (5, 0.0%)

1 がすでに, が浮浪者, の団体, の隊伍, らしい若者

▼ 来た動機~ (5, 0.0%)

1 から云っ, がだいぶ, であったら化けるも, などをたずねる, を知ったなら

▼ 来た包み~ (5, 0.0%)

1 の中, をそこ, を取りおろし, を解い, を解き

▼ 来た原稿~ (5, 0.0%)

1 だ, の文字, は全部, をもっ, を例

▼ 来た友だち~ (5, 0.0%)

2 も今日 1 がふと, ぐらいにしか思われなくなっ, と別れ

▼ 来た叔母~ (5, 0.0%)

1 と行きあった, の弟, の弟嫁, の髪, は行った

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 人種の, 地方の, 時代時代の, 産別の, 部隊は

▼ 来た同僚~ (5, 0.0%)

1 に宗易, の刑事, の小林勘蔵, の橋本訓導, を薦める

▼ 来た名称~ (5, 0.0%)

2 らしくなぜ 1 だった, である, とも考へられる

▼ 来た土産物~ (5, 0.0%)

1 なども唸り, の山繭, をそこ, を出し, を見た

▼ 来た外国~ (5, 0.0%)

1 という, の作品, の文化, の旅人, の理論

▼ 来た大事~ (5, 0.0%)

1 なもの, な品, な水, の捕り, の金

▼ 来た大工~ (5, 0.0%)

1 だと, にこの, に何, の息子, はみな泊り込み

▼ 来た天使~ (5, 0.0%)

2 のやう 1 のこと, のよう, を見

▼ 来た奥さん~ (5, 0.0%)

1 が依田氏, にいきなり, に責任, の声, は白い

▼ 来た婆さん~ (5, 0.0%)

1 が頓狂, の顔, は, は始め, は笑

▼ 来た婦人たち~ (5, 0.0%)

1 がその後, が腹癒せ, にとってどんな, の作品, もさわざ

▼ 来た客人~ (5, 0.0%)

1 がそれ, が藤原家, の方, の顔, をすべて食べもの

▼ 来た家庭~ (5, 0.0%)

1 とその, に何, の有様, や書斎, を失った

▼ 来た家来~ (5, 0.0%)

1 かい, である, のひとり, の衆, は二十八騎

▼ 来た密書~ (5, 0.0%)

1 のうち, をそっと, を呂布, を大いに, を見る

▼ 来た小切手~ (5, 0.0%)

1 だという, の中, の仕, の支払, を帯

▼ 来た小間使~ (5, 0.0%)

1 である, と恋, は閾, へ, へ用

▼ 来た岸本~ (5, 0.0%)

1 には別に, の心, の胸, はあべこべ, は漸く

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 のほとり, の上, の右岸, の水, も佐太

▼ 来た巨大~ (5, 0.0%)

1 なる材木, なボタ餅, な仇敵, な浪, な花びら

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 なんぞの目ぢ, に何, の顔, は災難, れの

▼ 来た序で~ (5, 0.0%)

1 だから, だし, だと, なもの, に日光

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 というもの, の者, の話, の順序, を勇吉

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 が大, のよう, の中, の人, を抜き打ち

▼ 来た影響~ (5, 0.0%)

1 であらう, です, とも思える, は彼, は深い

▼ 来た彼ら~ (5, 0.0%)

1 に向っ, の功績, はそこ, は他人, は体

▼ 来た心地~ (5, 0.0%)

2 がした 1 がする, になった, はなかっ

▼ 来た思想~ (5, 0.0%)

1 であつ, であると, の切断面, の連鎖, は殆ど完成

▼ 来た患者~ (5, 0.0%)

1 が手術台, が狭い, の一人, の側, の危篤

▼ 来た悪魔~ (5, 0.0%)

1 が来た, である, のうち, の血すじ, みて

▼ 来た数人~ (5, 0.0%)

1 のもの, のわき, の人間, の俳優, の家来達

▼ 来た旅行者~ (5, 0.0%)

1 がアンコ, に見立て, に追, の誰, の足

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 からの出入, 噴火口の, 幕府では, 手下どもと, 日本文学の

▼ 来た時二人~ (5, 0.0%)

1 で首, のマダム達, の同行者, はこんな, は一寸たち

▼ 来た時僕~ (5, 0.0%)

1 はそう, はトレヴォ氏, は卒然, は君, は軽い

▼ 来た暗い~ (5, 0.0%)

1 ものや, もやもやした, 影が, 影という, 雲は

▼ 来た曲者~ (5, 0.0%)

1 が塀, が灯, にやられたらしい, の写真, を見る

▼ 来た書籍~ (5, 0.0%)

2 の中 1 のうち, の類, は机

▼ 来た有様~ (5, 0.0%)

1 でした, です, なんて見ない, についてくどい, は全く

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 から冷, だ, の光, の風, はみんな運搬

▼ 来た机竜~ (5, 0.0%)

5 之助

▼ 来た東京~ (5, 0.0%)

1 のある, のお, の友, の烈しい, もあまり

▼ 来た~ (5, 0.0%)

2 実業家の 1 という名, 文学博士を, 警察署の

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 のひ, の花, の落葉, の話, をとっ

▼ 来た~ (5, 0.0%)

2 の籠 1 のこと, は日本家庭的, を見

▼ 来た~ (5, 0.0%)

5 之助

▼ 来た気持~ (5, 0.0%)

1 が今, が折れる, の通り, はそれで, を考えた

▼ 来た源氏~ (5, 0.0%)

1 がこの, が四十, であるから, の志, は外

▼ 来た~ (5, 0.0%)

2 の子 1 か野馬, が山, だ

▼ 来た熱い~ (5, 0.0%)

2 茶を 1 お湯で, のが, 緑茶を

▼ 来た爺さん~ (5, 0.0%)

1 がその, だがね, である, と酒, 其の衝立

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 が, の化生, の女中, の尻尾, 見た様

▼ 来た~ (5, 0.0%)

2 之松 1 が年, は宿はずれ, 之助

▼ 来た用件~ (5, 0.0%)

1 の片, はそれぞれ, もほぼ, をいう, を話し

▼ 来た田舎者~ (5, 0.0%)

1 だな, で見る, の土左衛門, の帽子, は外国人

▼ 来た疑問~ (5, 0.0%)

2 の女 1 がこんな, だった, と思う

▼ 来た病気~ (5, 0.0%)

1 といふもの, はそう, も, をぶりかえさなけれ, 持ちらしい醜い

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 ださうだが, で可能性, に, にもう, をまた

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 で寄つて, のもの, 三とは, 三は, 夜会服の

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 の動機, の意義, ひるとき彼等, もの, 三郎さんと

▼ 来た種々~ (5, 0.0%)

1 な変化, の団体, の婦人団体, の楽曲, の毒

▼ 来た種子~ (5, 0.0%)

1 から生えた, とか小鳥, の方, は何ひとつ, もどう

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 から川, に元通り板, に入っ, に口, のほか

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 が頓狂, だと, の杖, の竿, 取物語

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 がちがう, の手前, を人夫達, を入れた, を煮ました

▼ 来た~ (5, 0.0%)

2 だろうか 1 の中, を子どもたち, を描いた

▼ 来た職人~ (5, 0.0%)

1 と二人, と店頭, の屋敷, は当然, は葛西寺島村

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 に向い, の上, を一つ一つ私達, を前, を自分

▼ 来た花嫁~ (5, 0.0%)

1 に先立っ, に撒きかける, のよう, の行列, の顔

▼ 来た花粉~ (5, 0.0%)

2 を今度 1 がそれ, を粘着, を高花柱

▼ 来た藤吉郎~ (5, 0.0%)

1 の一隊, の列, の姿, は身, も末座

▼ 来た虚無僧~ (5, 0.0%)

1 が, であるな, と侍, の二人, の力

▼ 来た親戚~ (5, 0.0%)

3 の者 1 の老, や父

▼ 来た観客~ (5, 0.0%)

2 はようやく 1 の感情, の足音, は劇場内

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 制度を, 妓が, 実践創作方法を, 藩の, 道具は

▼ 来た赤い~ (5, 0.0%)

1 すきとおる短い, 罫紙には, 色の, 藷の, 鼻緒の

▼ 来た足音~ (5, 0.0%)

1 があった, がその, が止まる, で自ずと, へ呟いた

▼ 来た野呂~ (5, 0.0%)

1 が庭, が真面目くさった, に僕, に速達, は僕

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 に向おう, に向っ, は可, は正当, を壁

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 槍が, 紐と, 藩も, 鍬の, 鳴きに

▼ 来た長持~ (5, 0.0%)

1 なぞの中央, のところ, の若衆たち, は大道中, は馬籠

▼ 来た電話~ (5, 0.0%)

1 がいつこうわからない, なの, に違いあらしまへん, を俺, を聴い

▼ 来た面々~ (5, 0.0%)

1 がわらわら, でした, の顔, はそう, もそこら

▼ 来た風習~ (5, 0.0%)

2 とその 1 であった, である, とふり替へる

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 だの魚, は支那, も尽き, を二つ, を焼い

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 が出, が来た, の伯母, は貞信公, も婆様

▼ 来た~ (5, 0.0%)

2 に比較, は直ぐ 1 を窓

▼ 来た~ (5, 0.0%)

1 には血, の先, の表現, の隆, は初めて

▼ 来たあたり~ (4, 0.0%)

1 からいろいろ, に暗い, の闇, を見下ろし

▼ 来たいま~ (4, 0.0%)

1 の伸子, は只, までが私, までのなごやかな気持ち

▼ 来たいや~ (4, 0.0%)

1 なもの, はや, もうが, 土の

▼ 来たお茶~ (4, 0.0%)

1 をすゝめ, をその, を取っ, を注ぎ

▼ 来たからの~ (4, 0.0%)

1 ことである, バケツを, 事に, 名である

▼ 来たこんな~ (4, 0.0%)

1 処に, 山の, 強い嵐, 暗いところ

▼ 来たさあ~ (4, 0.0%)

1 こうなる, これへ, 大した人だかり, 隠さずそれ

▼ 来たしるし~ (4, 0.0%)

2 だけつけ 1 です, に

▼ 来たそうして~ (4, 0.0%)

1 三組の, 思わず声, 日本の, 面白そう

▼ 来ただけで~ (4, 0.0%)

1 あつた, ござりまする, もうパリ, ステーションへは

▼ 来たっと~ (4, 0.0%)

3 みなから 1 玄関に

▼ 来たというは~ (4, 0.0%)

1 なんの, 尋常で, 次郎に, 滅多にない

▼ 来たときそこ~ (4, 0.0%)

1 から路, でもこの, には随分, の卓子

▼ 来たときわたし~ (4, 0.0%)

1 は両う, は判事, は秋雄, は言った

▼ 来たとき僕~ (4, 0.0%)

1 は, は急, は酩酊, は驚い

▼ 来たとき自分~ (4, 0.0%)

1 がどんな, でも打ち明けかかっ, はサーッ, も二十余年前

▼ 来たなど~ (4, 0.0%)

1 不審に, 思ひも, 愚の, 言ふ

▼ 来たひろ子~ (4, 0.0%)

1 が二階, に云った, に夏, を見た

▼ 来たふう~ (4, 0.0%)

1 がない, がみえる, のある, の新

▼ 来たまた~ (4, 0.0%)

1 厄介に, 心掛けつ, 暑くなる, 来た煩い

▼ 来たもと~ (4, 0.0%)

1 かの児, の家臣, の政友, の領主

▼ 来たものその他子細~ (4, 0.0%)

4 あるもの

▼ 来た~ (4, 0.0%)

2 うだつた 1 ありませんか, まは

▼ 来たゆえ~ (4, 0.0%)

1 くくられたの, しばし一息, やにわに起き出, 参ったの

▼ 来たわが~ (4, 0.0%)

1 児の, 兵に, 将士には, 殿です

▼ 来たわたくし~ (4, 0.0%)

2 の袂 1 から印物, の前

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 与の, 吾妻橋を, 噛附き, 苦労したろう

▼ 来たボーイ~ (4, 0.0%)

1 に追求, はまだ, は妙, を顎

▼ 来たヨーロッパ~ (4, 0.0%)

1 であった, のこと, の文化, の智的文化

▼ 来たンぢ~ (4, 0.0%)

2 やない 1 やありません, やなかつた

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 かさねの, かたまりの, っそ又, と寝入りし

▼ 来た一切~ (4, 0.0%)

1 のこと, の支払い, の生活習慣, の規定

▼ 来た一組~ (4, 0.0%)

1 がありました, であった, の中, の荷馬

▼ 来た一部~ (4, 0.0%)

1 の人, の作家たち, の学者輩, の知識人

▼ 来た三名~ (4, 0.0%)

1 のうち, の旅人, の武将, は馬

▼ 来た世間~ (4, 0.0%)

1 が冷たい, というもの, なの, のうわさ話

▼ 来た中年~ (4, 0.0%)

2 の女 1 のもしゃもしゃ, の男

▼ 来た乗客~ (4, 0.0%)

1 が二三人, が品川, のうち, のロリー氏

▼ 来た乳母~ (4, 0.0%)

1 の顔色, はお, はしっかり, はそこ

▼ 来た京都~ (4, 0.0%)

1 かという顔つき, のからすでした, の天皇一家, は決して

▼ 来た人びと~ (4, 0.0%)

1 だという, にむかっ, の顔, は藤枝

▼ 来た人形~ (4, 0.0%)

1 である, に封じ込め, は一番, や世帯道具

▼ 来た人民~ (4, 0.0%)

1 である男, の中, の祖国, の辛棒づよい婦人たち

▼ 来た伯父~ (4, 0.0%)

1 に取, の葉書, はすっかり, は六十

▼ 来た作家~ (4, 0.0%)

1 としての個性, にわれわれ, は男, は自身

▼ 来た作者~ (4, 0.0%)

1 が, があの, が妻, は日夜

▼ 来た侍女~ (4, 0.0%)

1 に姿色, の一人, の声, は言った

▼ 来た~ (4, 0.0%)

2 の男 1 のもの, の者

▼ 来た便り~ (4, 0.0%)

1 があります, には遠く, のおかげ, はそう生

▼ 来た僅か~ (4, 0.0%)

1 な小遣銭, の荷物, の資本, ばかりの人群れ

▼ 来た先刻~ (4, 0.0%)

1 の一件, の若い, の馬子, までは雪模様

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 が動いた, の筋, は僕ら, は自分

▼ 来た入口~ (4, 0.0%)

1 と相対, に下駄屋, に膝, の小さな

▼ 来た前後~ (4, 0.0%)

2 の関係 1 からはじまっ, のこと

▼ 来た十人~ (4, 0.0%)

1 が十人, はここ, ばかりの少女, ばかりの面々

▼ 来た千浪~ (4, 0.0%)

2 と重蔵 1 ではあった, の天蓋

▼ 来た半生~ (4, 0.0%)

1 そしてそれ, の善意, の経歴, の都会生活

▼ 来た印象~ (4, 0.0%)

2 である 1 が忘, はこれ

▼ 来た~ (4, 0.0%)

2 来た 1 十郎宗冬は, 太郎が

▼ 来た~ (4, 0.0%)

2 よ君ら 1 でした, の気もち

▼ 来た名前~ (4, 0.0%)

1 である上, で世間, なので, を紹介

▼ 来た品々~ (4, 0.0%)

1 の土産物, を一同, を検分, を部下一同

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 というの, はこれ, をすりゃ, を節子

▼ 来た国民~ (4, 0.0%)

1 が昔, であるが, とそう, にいかなる

▼ 来た坊さん~ (4, 0.0%)

1 だよ, の名, は僕, は巡査

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 じゃア, の中味, は縄, を突きつけん

▼ 来た~ (4, 0.0%)

2 が来た 1 の日, らしい雨

▼ 来た夕立~ (4, 0.0%)

1 のこと, の烈しい, の走り, の雨

▼ 来た外人たち~ (4, 0.0%)

1 の群れ, はうろうろ, は睡眠, を見廻し

▼ 来た多数~ (4, 0.0%)

1 の人々, の変種植物, の見舞い客, の随従者

▼ 来た太陽~ (4, 0.0%)

1 が黄金, の如く, はこの, も老廃

▼ 来た女性~ (4, 0.0%)

1 がある, だったかも, というの, に向っ

▼ 来た女達~ (4, 0.0%)

2 の実 1 が同じ, だ

▼ 来た妻子~ (4, 0.0%)

1 が気, のこと, の為, をよろこび迎えた

▼ 来た~ (4, 0.0%)

2 の魂 1 と老女, の成長

▼ 来た娘たち~ (4, 0.0%)

1 が嫁菜, である, とその, の集り場所

▼ 来た~ (4, 0.0%)

2 に彼 1 の前, はすでに

▼ 来た子供たち~ (4, 0.0%)

1 が知己, に配る, は杉野, は遠巻き

▼ 来た子供ら~ (4, 0.0%)

1 の浅ましい, はそれ, は少なから, は目高

▼ 来た子供達~ (4, 0.0%)

2 が丁度 1 は不安そう, は時々

▼ 来た学生~ (4, 0.0%)

1 があつ, が手伝った, が言った, の一人

▼ 来た宇治山田~ (4, 0.0%)

4 の米友

▼ 来た家中~ (4, 0.0%)

1 のさむ, の将士, の群れ, の誰か

▼ 来た家人~ (4, 0.0%)

3 の一人 1 を例

▼ 来た容子~ (4, 0.0%)

1 だった, に由る, に驚い, を一目

▼ 来た寄手~ (4, 0.0%)

1 が城, に充分, の勢, は張飛

▼ 来た寿平次~ (4, 0.0%)

1 が笑い, とも別れ, にたんと, にはすこしも

▼ 来た小径~ (4, 0.0%)

1 が尽き, の方, は赤土, へ力

▼ 来た小枝~ (4, 0.0%)

1 が健吉, と二人, に声, や枯葉

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 っ引, っ引から, などは全く, の顔

▼ 来た希望~ (4, 0.0%)

1 が全く, です, に満ちた, よ

▼ 来た幼い~ (4, 0.0%)

2 者を 1 人たちと, 人達の

▼ 来た幽霊~ (4, 0.0%)

2 の姿 1 が, にもこの

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 だ, で大地, の方, の眺め

▼ 来た~ (4, 0.0%)

3 と矢 1 に矢

▼ 来た恐ろしい~ (4, 0.0%)

1 どうにかし, 事実な, 声を, 悪事の

▼ 来た息子~ (4, 0.0%)

1 の医学士, の手, の母, は人前

▼ 来た情熱~ (4, 0.0%)

1 が一切, を, を判つて貰, を考える

▼ 来た愛子~ (4, 0.0%)

1 にわざとつんけん, の態度, はさすが, を高輪

▼ 来た~ (4, 0.0%)

2 を締め切り 1 がぎい, を検めた

▼ 来た戸口~ (4, 0.0%)

1 にいる, の外, の方, を閉めた

▼ 来た所以~ (4, 0.0%)

3 である 1 であろう

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 が彼, に突き飛ばされかけた, の前, をたたい

▼ 来た手下~ (4, 0.0%)

1 のやつ, の一人, の禿鷹, を頭

▼ 来た手前~ (4, 0.0%)

1 でもそんな, どうやら彼, は何, 大いに劉表

▼ 来た手土産~ (4, 0.0%)

1 がそのまま, などをおい, のかわり, を差し出した

▼ 来た支那人~ (4, 0.0%)

1 が帰りがけ, が春夫さん, の案内者, の泥棒

▼ 来た新吉~ (4, 0.0%)

1 にとってはもう, の青ざめた, はもの, は匕首

▼ 来た方面~ (4, 0.0%)

1 に面, の道, はむしろ, を考へなけれ

▼ 来た旅客~ (4, 0.0%)

1 がいぎたなく, にあてがわれ, に取, の群

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 が恋しい, の姿, の淋しい, の記憶

▼ 来た時不意~ (4, 0.0%)

1 に棚, に背後, に豪商シュテフェンス, に駈け寄っ

▼ 来た時千世子~ (4, 0.0%)

2 はいかにも 1 はこの, は待ちくたびれた

▼ 来た時君~ (4, 0.0%)

2 は僕 1 の部屋, は浜路

▼ 来た時父~ (4, 0.0%)

1 の名代, は, は寝, は黙

▼ 来た時間~ (4, 0.0%)

1 が遅かっ, に私, の或, もまた

▼ 来た時馬~ (4, 0.0%)

3 をぴたと 1 の胴

▼ 来た最も~ (4, 0.0%)

1 偽善的な, 有力なる, 清潔な, 高い勇気

▼ 来た最前~ (4, 0.0%)

1 の小, の武家, の釘勘, の鬚武者

▼ 来た~ (4, 0.0%)

2 の光 1 に向っ, の下

▼ 来た月江~ (4, 0.0%)

2 とおりん 1 にはひどく, や次郎

▼ 来た朝鮮人~ (4, 0.0%)

1 が下関駅, が頻りに, とお前, の金

▼ 来た本人~ (4, 0.0%)

1 がいや, に会っ, の片方, を見る

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 がころがった, によつて, の先, を立て

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 であった, の上, の先, を大輔

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 の千段, の同勢, を危ない, を片手

▼ 来た様々~ (4, 0.0%)

1 な生活, のこと, の人間, の困難

▼ 来た模様~ (4, 0.0%)

1 であったしかし, である, はありません, はない

▼ 来た~ (4, 0.0%)

2 の日 1 の折, の日あたり

▼ 来た次手~ (4, 0.0%)

1 と云っ, にやつぱり, によった, に伊良湖

▼ 来た次郎~ (4, 0.0%)

1 と末子, はそこ, や三郎, を見る

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 の作者, の大方, の紙, 並びに古

▼ 来た正成~ (4, 0.0%)

1 の伝令, の前, の師, の弟正季

▼ 来た気勢~ (4, 0.0%)

1 がした, にふと, はない, を感じる

▼ 来た津田~ (4, 0.0%)

1 の店, の影像, の眼, は急

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 ちかく上がっ, と云う, の方, の様子

▼ 来た浪人~ (4, 0.0%)

1 から, であったが, の溜り, を待ち設け

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 が干かない, が皆んな, なしで, をこすり取る

▼ 来た為替~ (4, 0.0%)

1 だけだっ, を取り, を引き出し, を送る

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 じゃろ, に脚, の正体, の肉

▼ 来た現代~ (4, 0.0%)

1 の一つ, の世界, の文学, の登山

▼ 来た現在~ (4, 0.0%)

1 ではない, では僅か, の市民, の日本

▼ 来た用向き~ (4, 0.0%)

1 からその, も会わない, を別々, を話し出す

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 がいたましい, が著しく, が見える, を見るべきである

▼ 来た百合~ (4, 0.0%)

2 の花 1 だの撫子, に云

▼ 来た知らせ~ (4, 0.0%)

1 かと思い, である, をよこしました, を受ける

▼ 来た科学~ (4, 0.0%)

1 が自然, であったのに, と哲学, の歴史

▼ 来た積り~ (4, 0.0%)

1 で, である, ではない, で緩

▼ 来た~ (4, 0.0%)

4 之助

▼ 来た~ (4, 0.0%)

2 のなか 1 であります, を開け

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 がなくなり, の中, へ包めない, をもっ

▼ 来た経路~ (4, 0.0%)

1 だけは久しき, についてどんな, は兎, を調べ

▼ 来た経過~ (4, 0.0%)

1 とを明らか, とを自分自身, と何だか, に似た

▼ 来た給仕~ (4, 0.0%)

1 が恭, に珈琲, を何気なく, を相手

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 の垂直的終点, の群落, の風呂敷, 青いろ

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 が右, が正しかっ, を逆行, 悩ましいまでに

▼ 来た線香~ (4, 0.0%)

1 にマッチ, にマツチ, の箱, の香

▼ 来た縁故~ (4, 0.0%)

1 から北林, がある, がただ, もある

▼ 来た美し~ (4, 0.0%)

1 さだ, さであった, さな, さは

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 へがある, へが壊れ, へは実に, へは漠然と

▼ 来た考え~ (4, 0.0%)

1 だった, であった, でありまして, は彼

▼ 来た者たち~ (4, 0.0%)

1 が向き, ではある, にどうか, は皆これ

▼ 来た者ども~ (4, 0.0%)

1 であった, である, なの, はその

▼ 来た脇差~ (4, 0.0%)

2 を引っ 1 は鞘, を抜い

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 働車が, 働電話の, 斎に, 斎の

▼ 来た自身~ (4, 0.0%)

1 が厭わしく, の低俗さ, の文学, の重

▼ 来た芝居~ (4, 0.0%)

1 だから, の批評, の真似, 例えばモスクワ芸術座

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 がぴったり, と, と北, を演

▼ 来た茂太郎~ (4, 0.0%)

1 は兵馬, は早く, は月見草, は甲板

▼ 来た茶屋~ (4, 0.0%)

1 のお, の女, の掛戸, の者たち

▼ 来た~ (4, 0.0%)

2 之助 1 の幾つ, は茎

▼ 来た葉書~ (4, 0.0%)

1 で九大, に, の字, を示し

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 が, の幻影, をちょっと, を尼

▼ 来た行李~ (4, 0.0%)

1 が押し込ん, に腰かけ, の中, や蒲団

▼ 来た行燈~ (4, 0.0%)

1 に灯, をぶち斬っ, を使う, を片隅

▼ 来た衣類~ (4, 0.0%)

1 はほとんど, は皆, を着, を見る

▼ 来た西洋人~ (4, 0.0%)

1 がその, がもし, はその後, も交っ

▼ 来た親類~ (4, 0.0%)

1 には随分, のもの, の女, の者

▼ 来た調子~ (4, 0.0%)

1 で伸子, のまま, はかう, はすでに

▼ 来た赤ん坊~ (4, 0.0%)

3 になりたい 1 の玩具

▼ 来た軍隊~ (4, 0.0%)

1 が銃剣, のこと, の傍, はその

▼ 来た軽部~ (4, 0.0%)

3 の父 1 にも拘らず

▼ 来た運転手~ (4, 0.0%)

1 が一撃, が智子, とバッタリ, を捉え

▼ 来た郵便~ (4, 0.0%)

1 が来た, は夫人, を一まとめ, を高い

▼ 来た金助~ (4, 0.0%)

2 が急 1 は殺された, を頭

▼ 来た鉄砲~ (4, 0.0%)

1 の稽古, をどっさり, を地, を賭けろ

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 ののべ, の仏様, の器, の留金

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 とナイフ, や鋤, をさげた, を提げ

▼ 来た関係~ (4, 0.0%)

1 から佐藤紅緑石井露月, によること, は何となく, もある

▼ 来た阿賀妻~ (4, 0.0%)

1 の心, の手紙, は古びた, を見

▼ 来た陽子~ (4, 0.0%)

1 の玄関, の顔, は三条, は手

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 に過ぎなかった, のちぎれ, はふつ, は一丈

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 が見る見る, の一片, の一片眼, の脚

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 がその, であ, には必, 或はやつ

▼ 来た~ (4, 0.0%)

3 の所為 1 が立て

▼ 来た頼母~ (4, 0.0%)

1 であった, の家来たち, は顔, を見下ろし

▼ 来た風呂敷~ (4, 0.0%)

1 きを, に, には犬ども, を持ち

▼ 来た食べ物~ (4, 0.0%)

1 などを齎し, なり遊び道具, は怪魚たち, をたべ

▼ 来た養子~ (4, 0.0%)

1 だつた, の秀勝, の身, の重次郎

▼ 来た馬子~ (4, 0.0%)

1 がある, が見張り, でありました, は容貌

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 なんで, の首, は半熟, みたやう

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 は人, を料理, を見, を見せます

▼ 来た~ (4, 0.0%)

1 でで, のやう, の群れ, の舌

▼ 来たあげく~ (3, 0.0%)

1 だった, のこの, 突然云っ

▼ 来たいい~ (3, 0.0%)

1 なさいますねん, 気味だ, 色の

▼ 来たいろんな~ (3, 0.0%)

1 人種も, 恐ろしい話, 珍らしい

▼ 来たうしろ~ (3, 0.0%)

1 から証人, の三日月, の座敷

▼ 来たうわさ~ (3, 0.0%)

1 であって, の打ち消せない, はその

▼ 来たおかみさん~ (3, 0.0%)

2 に舟 1 がありました

▼ 来たおじいさん~ (3, 0.0%)

1 だったが, の馬車, は本当に

▼ 来たおじさん~ (3, 0.0%)

1 がおもしろい, というもの, はもう

▼ 来たおせん~ (3, 0.0%)

1 の声, の姿, の見世先

▼ 来たおれ~ (3, 0.0%)

1 に, の大事, は例

▼ 来たお婆さん~ (3, 0.0%)

1 がいう, はその, もそれ

▼ 来たお雪ちゃん~ (3, 0.0%)

1 が目籠, に相違, はここ

▼ 来たかとか~ (3, 0.0%)

1 日本は, 畳と, 誰が

▼ 来たからこそ~ (3, 0.0%)

1 この大富源, こんなに花, 五ヵ年計画は

▼ 来たがと~ (3, 0.0%)

1 云われたという, 言って, 述べた

▼ 来た~ (3, 0.0%)

2 はいを 1 ぁぢゃ

▼ 来たこうした~ (3, 0.0%)

1 種類の, 義侠心に, 舶来の

▼ 来たさまざま~ (3, 0.0%)

1 な花, の孔子, の相剋

▼ 来たすぐ~ (3, 0.0%)

1 かなたの, その後から, に踵

▼ 来たその同じ~ (3, 0.0%)

1 天幕から, 年の, 道を

▼ 来たその間~ (3, 0.0%)

1 が二ヶ月足らず, に連れ, の年月

▼ 来たそれで~ (3, 0.0%)

1 これを, 疲れが, 銀座を

▼ 来たたくさん~ (3, 0.0%)

1 の原稿, の敵, の標本

▼ 来たたった~ (3, 0.0%)

1 ひとつの, 一つの, 三人の

▼ 来ただけじゃ~ (3, 0.0%)

2 ありません 1 ねえん

▼ 来たっていう~ (3, 0.0%)

1 ふうな, わけさ, 感じだった

▼ 来たては~ (3, 0.0%)

1 中国人の, 毎晩の, 随分蒼い

▼ 来たときこれ~ (3, 0.0%)

1 では堪らない, をひいた, を見

▼ 来たとき二人~ (3, 0.0%)

1 の体, の懐ろ, は辛うじて

▼ 来たとき俺~ (3, 0.0%)

1 は, は初日, は荒淫逸楽

▼ 来たとき少年~ (3, 0.0%)

1 であった彼, は立ち止まっ, は立ち止まつ

▼ 来たとく子~ (3, 0.0%)

1 が部屋, にそう, の卵子

▼ 来たとさえ~ (3, 0.0%)

1 思う, 思った, 葉子の

▼ 来たとても~ (3, 0.0%)

1 あなたの, さびしい盆, デカイ

▼ 来たと共に~ (3, 0.0%)

1 その接著料, 日本民族の, 自然科学専門家をも

▼ 来たどの~ (3, 0.0%)

1 一つを, 女の, 山み

▼ 来たなあ~ (3, 0.0%)

1 お前の, 何処の, 去年の

▼ 来たなという~ (3, 0.0%)

1 寒い様, 感じが, 顔を

▼ 来たなるほど~ (3, 0.0%)

1 二人だ, 岩魚も, 渡を

▼ 来たについて~ (3, 0.0%)

1 一服遣る, 之を, 人々も

▼ 来たにつれて~ (3, 0.0%)

1 お島たち, 一座の, 西洋という

▼ 来たによって~ (3, 0.0%)

1 このよう, これを, 思わずここ

▼ 来たねえ~ (3, 0.0%)

1 お母さんがね, たいへんだったろう, 此方へ

▼ 来たのね~ (3, 0.0%)

1 どれどれ, 御婆さん, 諸君

▼ 来たばっかりに~ (3, 0.0%)

1 師匠の, 数奇な, 畜生谷という

▼ 来たべつ~ (3, 0.0%)

1 な一軍, な者, の王家

▼ 来たほんとう~ (3, 0.0%)

1 の急書, の盗人, の目的

▼ 来たまえ~ (3, 0.0%)

1 かし, などと廻り, よ

▼ 来たまえと~ (3, 0.0%)

1 しきりに云っ, しきりに勧める, 帰って

▼ 来たまでは~ (3, 0.0%)

1 いいが, よかった, 好かった

▼ 来たやつら~ (3, 0.0%)

1 が神尾, だナ, の腑甲斐

▼ 来たわね~ (3, 0.0%)

1 あたい水の, えと女, それどう

▼ 来たんだい~ (3, 0.0%)

1 おかしいな, という調子, 早く帰っ

▼ 来たアメリカ~ (3, 0.0%)

1 の代表者, の将校, の流行雑誌

▼ 来たカソリック~ (3, 0.0%)

1 の大友, の波路, の激し

▼ 来たコップ~ (3, 0.0%)

1 の水, の酒, をその

▼ 来たコーヒー~ (3, 0.0%)

1 のカップ, を一杯, を飲み下した

▼ 来たゴーリキイ~ (3, 0.0%)

1 が実際, に云った, はオリガ

▼ 来たシナ~ (3, 0.0%)

1 の文物, の芸人, やインド

▼ 来たチョコレート~ (3, 0.0%)

1 と紅茶, の折, をすっかり

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 てか, て誰, と私

▼ 来たナと~ (3, 0.0%)

1 心づきましたらゆっくり, 思つたから, 思わず笑

▼ 来たノート~ (3, 0.0%)

1 が三四冊, の中, を懐中

▼ 来たマリア~ (3, 0.0%)

1 が人間, が赤ん坊, であったの

▼ 来たロシア人~ (3, 0.0%)

1 の子孫, の表情, の賢い

▼ 来た一刀~ (3, 0.0%)

1 を受け取っ, を左手, 縛られ乍ら

▼ 来た一匹~ (3, 0.0%)

1 の仔犬, の栗鼠, の足長蜂

▼ 来た一同~ (3, 0.0%)

1 の緊張, をずらりと, 大笑

▼ 来た一家~ (3, 0.0%)

1 のさまざま, の平和, の経済

▼ 来た一家臣~ (3, 0.0%)

1 が, がこの, はなぜ

▼ 来た一艘~ (3, 0.0%)

2 の屋形船 1 の猪牙船

▼ 来た一騎~ (3, 0.0%)

1 が, の悍馬, の郷民

▼ 来た三つ~ (3, 0.0%)

1 が思いうかべられた, のぼうぼう, のコップ

▼ 来た三男~ (3, 0.0%)

1 と激論, の森夫, の正儀

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 すった香奠, には地下, の方

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 伝への, 信用は, 死人は

▼ 来た不安~ (3, 0.0%)

1 であった, な心持ち, をしいて

▼ 来た与八~ (3, 0.0%)

1 という水車番, は, は郁太郎

▼ 来た主意~ (3, 0.0%)

1 が立たなくなる, さえ忘れ, なん

▼ 来た乗物~ (3, 0.0%)

1 にお伴, の中, を天竜寺

▼ 来た二十人~ (3, 0.0%)

1 から上, の人々, の異様

▼ 来た二頭~ (3, 0.0%)

2 の馬 1 の荷駄

▼ 来た人力車~ (3, 0.0%)

1 と真向かい, にのっ, は今度

▼ 来た以前~ (3, 0.0%)

1 から住ん, のこと, の引船

▼ 来た伸子たち~ (3, 0.0%)

1 に向っ, に鈍重, は帳場

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 に向けた, のこと, また伸子

▼ 来た何とか~ (3, 0.0%)

1 と云, 云う感じ, 思案を

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 なり作, は昔, を見る

▼ 来た作家たち~ (3, 0.0%)

1 が背後, の, も本質的展開

▼ 来た使~ (3, 0.0%)

1 があった, には何, ひの

▼ 来た使番~ (3, 0.0%)

1 か寺中, に何, の加賀見兵庫

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 が敷居ぎわ, のため, は何

▼ 来た信長~ (3, 0.0%)

1 と駿, はまったく, をも

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 であった, を廻し, を貸し

▼ 来た僧たち~ (3, 0.0%)

1 が加つて, も加, も加つて

▼ 来た元康~ (3, 0.0%)

1 のす, の苦労, の言行

▼ 来た先方~ (3, 0.0%)

2 への送金 1 とも此方

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 兵力の, 生涯に, 軍を

▼ 来た六七人~ (3, 0.0%)

2 の者 1 の工場労働者

▼ 来た兵たち~ (3, 0.0%)

1 が忽ち, が黒い, も大将元康

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 より其政宗, 世は, 顔の

▼ 来た利助~ (3, 0.0%)

2 はガラッ 1 から真

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 あって, でもある, を見

▼ 来た勇気~ (3, 0.0%)

1 のほどには裸松, のほど感じ入った, の点

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 の中, へあてがっ, を解く

▼ 来た十名~ (3, 0.0%)

1 の先, の者, ばかりの反乱軍

▼ 来た南風~ (3, 0.0%)

2 にざわざわ葉 1 は窓

▼ 来た博士~ (3, 0.0%)

1 の言葉, はいきなり, は渋茶

▼ 来た原因~ (3, 0.0%)

1 なども凄まじい, は, をはっきり

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 床几箱砕けた, 我判事は, 歌謡祝詞あたりまで

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 が一日, だつた, の頭

▼ 来た和尚~ (3, 0.0%)

1 がいた, がこつち, に問うた

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 の途中, を五, を黒い

▼ 来た坊主~ (3, 0.0%)

1 が来た, の姿, の手並

▼ 来た城太郎~ (3, 0.0%)

2 であった 1 の影

▼ 来た外人客~ (3, 0.0%)

1 であらう, であろうと, の食事

▼ 来た~ (3, 0.0%)

2 計代が 1 計代を

▼ 来た夜道~ (3, 0.0%)

3 の記憶

▼ 来た大小~ (3, 0.0%)

1 と汗, は金貝張り, を取出し

▼ 来た大月~ (3, 0.0%)

1 はまるで, は秋田, を見る

▼ 来た大江山課長~ (3, 0.0%)

1 の顔色, はたいへん, は驚い

▼ 来た大阪~ (3, 0.0%)

1 から来た, の寺本支配人, や江戸

▼ 来た女たち~ (3, 0.0%)

1 が, がそれぞれ, に何

▼ 来た女子~ (3, 0.0%)

1 があった, である, と童

▼ 来た女学生~ (3, 0.0%)

1 あがりの, の日本見学団, の群

▼ 来た奴等~ (3, 0.0%)

1 だと, の様子, を目

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 が同様, と, の声

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 な物, な訪問者, に乾燥

▼ 来た始め~ (3, 0.0%)

2 の頃 1 から上方

▼ 来た娘さん~ (3, 0.0%)

1 が出征, に洗いざらし, の一人

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 とともにああ, のお, のよう

▼ 来た子ども~ (3, 0.0%)

1 があった, なの, を指さした

▼ 来た学者~ (3, 0.0%)

1 といふもの, の想像以上, 同じく日本

▼ 来た宇宙艇~ (3, 0.0%)

1 があった, が今一大事, にはこの

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 じゃア, の一, を荏原屋敷

▼ 来た宣教師~ (3, 0.0%)

1 のジョリーさん, の作った, や外人

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 のこと, の親類, は無論

▼ 来た家士~ (3, 0.0%)

1 に茄子, の一名, の渡した

▼ 来た家職~ (3, 0.0%)

3 を末代

▼ 来た宿屋~ (3, 0.0%)

1 で余, の名, の番頭

▼ 来た宿帳~ (3, 0.0%)

1 にある, へ葛岡, を見る

▼ 来た寒子~ (3, 0.0%)

1 にはそんな, の体内, の蝶花形

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 の世話人, の小僧, の疑問

▼ 来た尊い~ (3, 0.0%)

1 体験と, 経験が, 肉体である

▼ 来た小刀~ (3, 0.0%)

1 でそれ, と茶壺, を血潮

▼ 来た小坊主~ (3, 0.0%)

1 が早く, に訊く, の面

▼ 来た小女~ (3, 0.0%)

1 がじ, にお, のやま

▼ 来た小屋~ (3, 0.0%)

1 には宗忠, の連中, を沢庵

▼ 来た小林~ (3, 0.0%)

1 が, が少し, が茶の間

▼ 来た小柄~ (3, 0.0%)

2 の老人 1 の老爺

▼ 来た小箱~ (3, 0.0%)

3 の包み

▼ 来た小者~ (3, 0.0%)

1 が去っ, だという, の方

▼ 来た屋敷~ (3, 0.0%)

1 の姿, は不意, を思う

▼ 来た屍体~ (3, 0.0%)

1 の白い, は井戸, を浄め

▼ 来た山内~ (3, 0.0%)

1 が牧, と出会した, はぐでぐでに

▼ 来た山口~ (3, 0.0%)

1 が怨めし, の心底, の質問

▼ 来た山陽~ (3, 0.0%)

1 が聖堂, は却って, を説い

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 で膝, と氷, の間

▼ 来た岩山~ (3, 0.0%)

1 の上, はスタイン, をまた

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 どんは, 恵という, 覚が

▼ 来た幕府~ (3, 0.0%)

1 というもの, の主宰者, の内部

▼ 来た平兵衛~ (3, 0.0%)

1 はどこ, は台所, もそこ

▼ 来た幸い~ (3, 0.0%)

2 にも彼 1 に彼

▼ 来た幸運~ (3, 0.0%)

1 に感謝, のため, を取逃し

▼ 来た幻覚~ (3, 0.0%)

1 ではないだらう, ではないだろう, に過ぎなかった

▼ 来た幾つ~ (3, 0.0%)

1 かの客観的, かの彼女, かの珍味

▼ 来た座敷~ (3, 0.0%)

1 の床の間, の数々, を断わっ

▼ 来た弟子~ (3, 0.0%)

1 である, なの, は日本橋馬喰町

▼ 来た弥次馬~ (3, 0.0%)

1 が, とは戸, を見廻し

▼ 来た強い~ (3, 0.0%)

1 一筋の, 嵐は, 磁石で

▼ 来た弾丸~ (3, 0.0%)

1 が暴漢たち, のため, を手

▼ 来た当人~ (3, 0.0%)

1 ですナニ, はもうすでに, は黙っ

▼ 来た彦兵衛~ (3, 0.0%)

1 にぶつかれ, は小気味よ, へ向けた

▼ 来た役人たち~ (3, 0.0%)

1 の取調べ, の姓名, はそこら

▼ 来た御幸山麓御幸寺境内~ (3, 0.0%)

3 の隠宅

▼ 来た復讐~ (3, 0.0%)

1 の執着, の大望, の牙

▼ 来た徳川万太郎~ (3, 0.0%)

1 です, でそれ, と釘勘

▼ 来た思いがけない~ (3, 0.0%)

1 光景である, 変化を, 好物の

▼ 来た怪しい~ (3, 0.0%)

1 奴かぐらい, 奴だ, 覆面の

▼ 来た怪物~ (3, 0.0%)

1 にソレ, に見せよう, の方

▼ 来た恋愛~ (3, 0.0%)

1 にし, に何, や結婚

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 因縁が, 時期に, 鳥の

▼ 来た悪者~ (3, 0.0%)

1 が突然, で私, に

▼ 来た意識~ (3, 0.0%)

1 が鮮やか, は数ヶ月, を持っ

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 が強い, です, を起させる

▼ 来た感覚~ (3, 0.0%)

1 からし, に似た, の幾分

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 の云, の云い草, れが

▼ 来た我が~ (3, 0.0%)

1 子の, 日本は, 胸にも

▼ 来た手拭~ (3, 0.0%)

1 でバタ, をかけ, を頭

▼ 来た手袋~ (3, 0.0%)

1 がちょうど, の先, をもっ

▼ 来た技師~ (3, 0.0%)

1 が江東ホテル, の眼, は暫く

▼ 来た政子~ (3, 0.0%)

1 が自分, に語っ, も至って

▼ 来た教師~ (3, 0.0%)

1 だと, であるに, のみを死刑

▼ 来た教育~ (3, 0.0%)

1 に関する器具, のある, をばか

▼ 来た数々~ (3, 0.0%)

1 の事柄, の恋愛, の話

▼ 来た数名~ (3, 0.0%)

1 がバラバラツ, の人々, の覆面

▼ 来た文化~ (3, 0.0%)

1 の上, の蓄積, をおおまか

▼ 来た旅装~ (3, 0.0%)

2 の士一人 1 のまま

▼ 来た日光~ (3, 0.0%)

1 は単に, は白い, は黄

▼ 来た日本左衛門~ (3, 0.0%)

2 と先生金右衛門 1 をし

▼ 来た旦那~ (3, 0.0%)

1 でもだんだん, の方, は真面目

▼ 来た~ (3, 0.0%)

2 を告げた 1 の簡単

▼ 来た昨日~ (3, 0.0%)

1 の敵, までのヨーロッパ文化, も上野勝教

▼ 来た時それ~ (3, 0.0%)

1 が幾日, が陳長財, を思う

▼ 来た時伸子~ (3, 0.0%)

1 はほっと, は嬉しく, も初めて

▼ 来た時例~ (3, 0.0%)

1 の森, の汚い, よりは忙

▼ 来た時健三~ (3, 0.0%)

1 はふと, は久しぶり, は頬杖

▼ 来た時女~ (3, 0.0%)

1 はわけなく, は人, は何

▼ 来た時後~ (3, 0.0%)

1 からやっと, から一台, へのこっ

▼ 来た時我々~ (3, 0.0%)

1 はいわゆる, はサンフランシスコ, は若干

▼ 来た時母~ (3, 0.0%)

1 はいよいよ, はもう, は迎え

▼ 来た時誰~ (3, 0.0%)

1 かの梯子, がそれ, れが

▼ 来た時車~ (3, 0.0%)

1 の上, はがらがら, をよける

▼ 来た時遠く~ (3, 0.0%)

2 の小石川 1 から眺め

▼ 来た普通~ (3, 0.0%)

1 の手紙, の範疇, の菱

▼ 来た晴代~ (3, 0.0%)

1 では, は決して, も見

▼ 来た書生さん~ (3, 0.0%)

1 かと思ったら, つれて, と思った

▼ 来た書簡~ (3, 0.0%)

1 に対し一見, をひらい, を見る

▼ 来た曾遊~ (3, 0.0%)

2 のスコットランド 1 の地

▼ 来た最大~ (3, 0.0%)

1 の独逸製金庫, の目的, の目的物

▼ 来た有名~ (3, 0.0%)

1 なペルシア, な狂人, な過去

▼ 来た木の葉~ (3, 0.0%)

21 のやう

▼ 来た材木~ (3, 0.0%)

1 です, で腰っ骨, を並べ

▼ 来た村長~ (3, 0.0%)

1 が足, は皆, らしい見物人

▼ 来た条件~ (3, 0.0%)

1 というの, とひとつ, ならば

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 が乗せられ, は手, を取っ

▼ 来た~ (3, 0.0%)

3 は更に

▼ 来た松雲~ (3, 0.0%)

1 が半蔵, が笠, の道中姿

▼ 来た~ (3, 0.0%)

2 の中 1 だの畑

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 の実, の枝, の花

▼ 来た桜湯~ (3, 0.0%)

1 に涸, をうま, をのみ

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 のよう, や板, や鍬

▼ 来た植物~ (3, 0.0%)

1 が大事そう, の種子, を今

▼ 来た樽野~ (3, 0.0%)

1 であつ, に床の間, の見知らぬ

▼ 来た歌舞伎~ (3, 0.0%)

1 の賑わい, の鑑賞癖, はその

▼ 来た武者~ (3, 0.0%)

1 がある, がいった, の動作

▼ 来た毛糸~ (3, 0.0%)

1 だ, の上着, の襟巻

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 でヴェダ, で厭, の外

▼ 来た水野~ (3, 0.0%)

1 を見, 助三, 新六

▼ 来た永い~ (3, 0.0%)

1 年月の, 敬愛の, 歳月を

▼ 来た沢山~ (3, 0.0%)

1 の化粧品類, の糸, の花

▼ 来た沿線~ (3, 0.0%)

2 の曠田 1 の景色

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 が来た, の上, は坂の下

▼ 来た海岸~ (3, 0.0%)

1 へ続く, をもう一度, を離れ

▼ 来た深い~ (3, 0.0%)

1 内生の, 根柢を, 窓の

▼ 来た清澄~ (3, 0.0%)

3 の茂太郎

▼ 来た激しい~ (3, 0.0%)

1 物音から, 疲労を, 西洋の

▼ 来た火星人~ (3, 0.0%)

1 のひ, を生けどり, を第

▼ 来た為吉~ (3, 0.0%)

1 と藤助, にとって海, は縁側

▼ 来た無数~ (3, 0.0%)

1 の刀鍛冶たち, の手, の樹木

▼ 来た然るに~ (3, 0.0%)

1 スクルージには, 彼等は, 朝に

▼ 来た照子~ (3, 0.0%)

2 は彼 1 はドシン

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 がこの, である, を当日

▼ 来た牛飼~ (3, 0.0%)

1 の若もの, はまた, やら舎人たち

▼ 来た物見~ (3, 0.0%)

1 なれば, の報告, の騎馬たち

▼ 来た犯人~ (3, 0.0%)

1 がどうして, の顔, は手袋

▼ 来た狭い~ (3, 0.0%)

1 山径を, 橋の, 経験から

▼ 来た獅子舞~ (3, 0.0%)

1 が寺院, とはその, ひの

▼ 来た玄関~ (3, 0.0%)

1 に立ち, の方, の書生

▼ 来た珍客~ (3, 0.0%)

1 ですもの, のエライ先生, を階段

▼ 来た現実~ (3, 0.0%)

1 の動き方, の胴震い, や生れ

▼ 来た生徒たち~ (3, 0.0%)

1 の噂, はむかし此, らしい散兵

▼ 来た用向~ (3, 0.0%)

2 をどう 1 を話しませう

▼ 来た由来~ (3, 0.0%)

1 は, を極, を極ざっと

▼ 来た由良~ (3, 0.0%)

3 の伝吉

▼ 来た男たち~ (3, 0.0%)

1 とどう, の妻, の游泳術

▼ 来た男ども~ (3, 0.0%)

1 の果て, は村, も持ち逃げ騒ぎ

▼ 来た番頭~ (3, 0.0%)

1 に向い, に彼, はまず

▼ 来た異国~ (3, 0.0%)

1 のもの, の港, の男

▼ 来た異国人~ (3, 0.0%)

1 であるそう, です, と見れ

▼ 来た異様~ (3, 0.0%)

1 な姿, な男, の人物

▼ 来た疲労~ (3, 0.0%)

1 がよそ目, が現に, のせい

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 とその, の床, の源

▼ 来た矢先~ (3, 0.0%)

1 き大阪, でもあった, でもあつ

▼ 来た知識~ (3, 0.0%)

1 のどれ, をすべて鼠, を叔父さん

▼ 来た祖母~ (3, 0.0%)

1 の口, の顔, は

▼ 来た神様~ (3, 0.0%)

21 はたれ

▼ 来た神経衰弱~ (3, 0.0%)

1 で自分, と診断, に苦しん

▼ 来た秀才~ (3, 0.0%)

1 だ, というよう, なの

▼ 来た秘密~ (3, 0.0%)

1 の入口, の奥, の生活法

▼ 来た程度~ (3, 0.0%)

1 のもの, の研究, を説明

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 じゃない, なること, をナイフ

▼ 来た種族~ (3, 0.0%)

1 が沖縄, であって, も沢山

▼ 来た空間~ (3, 0.0%)

2 は鏡 1 の的

▼ 来た童女~ (3, 0.0%)

1 なども取り残され, のかわいい, もそこ

▼ 来た端書~ (3, 0.0%)

1 が入, を見た, を見られた

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 なぞを取り出した, の音, を吹い

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 の穂, も置い, を出し

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 が芽, をバンカ, を三升風呂敷

▼ 来た精神~ (3, 0.0%)

1 と肉体, の幾山河, もまた

▼ 来た糟糠~ (3, 0.0%)

1 の妻, の御, の忠臣

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 の収入印紙, の海草, の煙

▼ 来た細長い~ (3, 0.0%)

1 ブドーあり, 人影, 花束の

▼ 来た経歴~ (3, 0.0%)

1 がわかる, が表情, に判定

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 をくるくる, を下, を大急ぎ

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 があります, に繍, のない

▼ 来た縫助~ (3, 0.0%)

1 である, とも同道, の話

▼ 来た美和子~ (3, 0.0%)

1 もいきなり, をたしなめる, を見

▼ 来た群集~ (3, 0.0%)

1 がショール, も多かっ, を眺めた

▼ 来た翌年~ (3, 0.0%)

1 の夏, の春, 即ち安政六年冬

▼ 来た老若男女~ (3, 0.0%)

1 でだんまり, の救われず, の群れ

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 づきの, のきれ, を皆

▼ 来た肉体~ (3, 0.0%)

1 の苦痛, や建物, を一層

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 は彼, をすら忘れ, 上った拳

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 をまくっ, を取っ, を松岡

▼ 来た自分たち~ (3, 0.0%)

1 と軽井沢, の恋仲, 若い女性

▼ 来た自転車~ (3, 0.0%)

1 をとめ, を其の, を除ける

▼ 来た船頭~ (3, 0.0%)

2 の松吉さん 1 の姿

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 で目, の白い, の褪めた

▼ 来た花木~ (3, 0.0%)

1 が, がかう, だと

▼ 来た芳太郎~ (3, 0.0%)

1 に刃物, に隅, の目

▼ 来た芸術~ (3, 0.0%)

2 の仕事 1 の不動

▼ 来た苦悩~ (3, 0.0%)

2 をまざまざ 1 と努力

▼ 来た茶碗~ (3, 0.0%)

1 の中, の水, を突きつけた

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 もおろされ, を卸し, を突

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 がつい, の根, を植

▼ 来た蒲団~ (3, 0.0%)

2 をおく 1 を干し

▼ 来た薔薇~ (3, 0.0%)

1 の花, の薄い, を看護婦

▼ 来た藤村~ (3, 0.0%)

1 にとってはそれ, の最中, は自分達

▼ 来た藩士~ (3, 0.0%)

1 だった, であった, も加え

▼ 来た~ (3, 0.0%)

2 を夏 1 が薄暗い

▼ 来た蜂谷良作~ (3, 0.0%)

1 とクラマール, と出かけ, を中心

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 が欄間, の名, はその

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 か, が何十円, のつけた

▼ 来た衣服~ (3, 0.0%)

1 の袖, や髪飾り, を着け

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 に入れ, に真珠貝, を子供

▼ 来た覆面~ (3, 0.0%)

1 の男, の遊客, をした

▼ 来た記念~ (3, 0.0%)

1 なの, にもう一度, を見せる

▼ 来た記者~ (3, 0.0%)

1 は写真師, は妙, を矢庭

▼ 来た読者~ (3, 0.0%)

1 にはもう, の習慣, はここ

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 か清水屋, につれられ, にもわかる

▼ 来た警官隊~ (3, 0.0%)

1 なん, は二手, や青年団

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 とはまた, の中, の百合

▼ 来た豹一~ (3, 0.0%)

1 には紀代子, はしかし, を見る

▼ 来た貢さん~ (3, 0.0%)

1 は其処, は美, は裏口

▼ 来た責任~ (3, 0.0%)

1 がある, はだんだん, を果す

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 が反対, が来た, の手

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 と白, の他人, 原巡査部長

▼ 来た赤シャツ~ (3, 0.0%)

1 にたずねました, にたづ, の弟

▼ 来た足跡~ (3, 0.0%)

1 といふ以外, をそこ, を消し

▼ 来た身の上~ (3, 0.0%)

1 だったの, であって, ということ

▼ 来た身毒~ (3, 0.0%)

1 の変つた姿, は板間, は長者

▼ 来た輝子~ (3, 0.0%)

1 とわら, をねぎらう, を迎えた

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 で別, なの, 影も

▼ 来た近代~ (3, 0.0%)

1 とは替つた, に稀, の愛国心

▼ 来た返辞~ (3, 0.0%)

1 である, には, の代り

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 と今日, にあった, やらこの

▼ 来た連れ~ (3, 0.0%)

1 のもの, の大病人, の肩

▼ 来た道庵先生~ (3, 0.0%)

1 が東, が被害者, ではなく

▼ 来た遠い~ (3, 0.0%)

1 国の, 波の, 道の

▼ 来た郵便物~ (3, 0.0%)

1 の中, の束, は読んだ

▼ 来た郵便脚夫~ (3, 0.0%)

1 が一人, と行合っ, を見

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 の嫁入車, の老幼男女, の賑やか

▼ 来た都会~ (3, 0.0%)

1 では舗道, の騒音, はパリ

▼ 来た重い~ (3, 0.0%)

1 いっぱいの, なグロテスク, 役目な

▼ 来た重吉~ (3, 0.0%)

1 にひろ子, の心, は今

▼ 来た重苦しい~ (3, 0.0%)

3 家の

▼ 来た~ (3, 0.0%)

2 にも来た 1 の草花

▼ 来た野良犬~ (3, 0.0%)

1 へ卵, をズルズルベッタリ, を何と

▼ 来た金剛杖~ (3, 0.0%)

1 でもない, の陰, を力

▼ 来た金子~ (3, 0.0%)

1 なら払うて, ばかりでなく, も払底

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 のよう, の城, の鎖

▼ 来た銚子~ (3, 0.0%)

1 をうけとる, をもつ, を向け

▼ 来た鍛冶屋~ (3, 0.0%)

1 が口, が威猛, だす

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 のたば, をとつ, を差し込む

▼ 来た長吉~ (3, 0.0%)

2 と茶漬 1 を捉え

▼ 来た門人~ (3, 0.0%)

1 がその, へ向い, も驚い

▼ 来た闖入者~ (3, 0.0%)

1 でもある, の来意, を咎めず

▼ 来た限り~ (3, 0.0%)

1 ではそれ, にはいずれ, の方法

▼ 来た隣家~ (3, 0.0%)

1 の奥さん, の女, の老婆

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 が二羽三羽, の第一声, の群れ

▼ 来た青い~ (3, 0.0%)

1 柿の, 着物の, 紐の

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 の泥, の跡, をはい

▼ 来た靴音~ (3, 0.0%)

1 がぴたり, が突然, で何心

▼ 来た音絵~ (3, 0.0%)

1 に秘曲, の晴れ着, はあやまっ

▼ 来た頃彼~ (3, 0.0%)

1 はこの, は机, もほんとに

▼ 来た食糧~ (3, 0.0%)

1 はここ四五日間, をその, を一ヵ所

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 がねえと吼え, の赤蝦, を土

▼ 来た馬鹿~ (3, 0.0%)

1 な女中, にからかつて, ほどこわい

▼ 来た高瀬~ (3, 0.0%)

1 には塾, には山そのもの, に尋ねた

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 が河中, の地獄壺, や鮒

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 とは骨相顔貌, の肉, は房州鯛

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 がいました, の胃袋, の風

▼ 来た鶴さん~ (3, 0.0%)

1 は店, は爪痕, は落着

▼ 来た~ (3, 0.0%)

2 の嘴 1 が来た

▼ 来た~ (3, 0.0%)

3 をきちんと

▼ 来た鹿~ (3, 0.0%)

1 が奥山, を救う, を追って

▼ 来た~ (3, 0.0%)

1 と灰色, のソフト, のリボン

▼ 来たあちら~ (2, 0.0%)

1 の土地, の芸人

▼ 来たあの世~ (2, 0.0%)

1 のさま, の秘密

▼ 来たあはれ~ (2, 0.0%)

1 といふもおろか, な小さな

▼ 来たあらまし~ (2, 0.0%)

1 を権, を父

▼ 来たいよいよ~ (2, 0.0%)

1 これだ, 自分も

▼ 来たいわゆる~ (2, 0.0%)

1 乳父の, 精密科学は

▼ 来たうえ~ (2, 0.0%)

1 に言文一致, はたとえ

▼ 来たおいら~ (2, 0.0%)

1 が車, の口

▼ 来たおかあさん~ (2, 0.0%)

1 でした, は髪の毛

▼ 来たおそらく~ (2, 0.0%)

1 参謀本部陸地測量部員が, 最後の

▼ 来たおばあさん~ (2, 0.0%)

1 だが, は寒竹

▼ 来たおびただしい~ (2, 0.0%)

1 数の, 諸家の

▼ 来たおま~ (2, 0.0%)

1 はんは, んの

▼ 来たおまえ~ (2, 0.0%)

1 がどうして, に可哀そう

▼ 来たおみやげ~ (2, 0.0%)

1 だ, の女

▼ 来たお客様~ (2, 0.0%)

1 だ, である

▼ 来たお母さん~ (2, 0.0%)

1 としては自然, はお

▼ 来たお父さん~ (2, 0.0%)

2 の手紙

▼ 来たかたち~ (2, 0.0%)

1 で, に置かれた

▼ 来たかで~ (2, 0.0%)

1 はござりませぬ, 部屋の

▼ 来たかな~ (2, 0.0%)

1 ア, 野西が

▼ 来たかなと~ (2, 0.0%)

1 呟きながら, 思ひました

▼ 来たからでも~ (2, 0.0%)

1 あった, あつた

▼ 来たからに~ (2, 0.0%)

1 ちがいなかった, 他ならない

▼ 来たきょう~ (2, 0.0%)

1 の日, までの日々

▼ 来たきり何~ (2, 0.0%)

1 の便り, の音沙汰

▼ 来たきれい~ (2, 0.0%)

1 だし, な淡

▼ 来たぐらい~ (2, 0.0%)

1 でそんなにがっかり, なところ

▼ 来たぐらいな~ (2, 0.0%)

1 公卿の, 感情しか

▼ 来たこそ~ (2, 0.0%)

1 幸いなれ, 正に絶好

▼ 来たこちら~ (2, 0.0%)

1 の醜い, は六尺棒

▼ 来たことそれ~ (2, 0.0%)

1 から大隅学士, に心

▼ 来たことば~ (2, 0.0%)

1 といえ, を胸

▼ 来たこと宿~ (2, 0.0%)

1 は上町, へ着く

▼ 来たこども~ (2, 0.0%)

1 が訣れ, は着物一枚

▼ 来たこのごろ~ (2, 0.0%)

1 からのこと, になっ

▼ 来たこれから~ (2, 0.0%)

1 おれたちで, 生き貫こうと

▼ 来たこれら~ (2, 0.0%)

1 の徒, の青年

▼ 来たさかい~ (2, 0.0%)

1 お引合せ, 今晩ははよ

▼ 来たそういう~ (2, 0.0%)

1 屋敷だ, 話が

▼ 来たそこら~ (2, 0.0%)

1 の塵, を歩かう

▼ 来たそのまま~ (2, 0.0%)

1 であるの, の歩きつき

▼ 来たそれから~ (2, 0.0%)

1 ま何, 一つの

▼ 来たそんな~ (2, 0.0%)

1 気持だ, 詩句を

▼ 来たぞう~ (2, 0.0%)

1 う, と叫び合っ

▼ 来たぞよ~ (2, 0.0%)

1 三崎諸, 用心おし栞よ

▼ 来たたい子さん~ (2, 0.0%)

2 を見る

▼ 来たたくましい~ (2, 0.0%)

1 船員が, 菜っ葉服を

▼ 来たただ~ (2, 0.0%)

1 あまり食事, 一つの

▼ 来ただが~ (2, 0.0%)

1 丁度その, 彼女は

▼ 来たちょっと~ (2, 0.0%)

1 得体の, 油断を

▼ 来たっけ~ (2, 0.0%)

1 がもうそう, が別に

▼ 来たっても~ (2, 0.0%)

1 一つの, 何の

▼ 来たときあと~ (2, 0.0%)

1 から渡った, から追いつい

▼ 来たときここ~ (2, 0.0%)

1 にい, へ案内

▼ 来たときぼく~ (2, 0.0%)

1 は自分, をいっしょ

▼ 来たときわし~ (2, 0.0%)

1 があれ, にも胸

▼ 来たときわたくし~ (2, 0.0%)

1 は何気なし, も東京会館

▼ 来たときカーキ色~ (2, 0.0%)

1 のユニフォーム, の連中

▼ 来たとき一人~ (2, 0.0%)

1 で尾沢, の子

▼ 来たとき久左衛門~ (2, 0.0%)

1 に下, はぴたり

▼ 来たとき二階~ (2, 0.0%)

1 へそっと, までそれ

▼ 来たとき五人~ (2, 0.0%)

1 の先頭, の酔った

▼ 来たとき勝平~ (2, 0.0%)

2 は同伴

▼ 来たとき千鶴子~ (2, 0.0%)

1 は宿, は肩

▼ 来たとき天上~ (2, 0.0%)

2 の泉

▼ 来たとき女~ (2, 0.0%)

1 は, も余

▼ 来たとき子供~ (2, 0.0%)

1 の頃, もいれ

▼ 来たとき家~ (2, 0.0%)

1 のなか, の者

▼ 来たとき手~ (2, 0.0%)

1 に台紙, に短刀

▼ 来たとき日本人~ (2, 0.0%)

1 がどうして, はおどろきました

▼ 来たとき泰造~ (2, 0.0%)

1 がもし, はちょい

▼ 来たとき清作~ (2, 0.0%)

2 はふい

▼ 来たとき父~ (2, 0.0%)

1 は, はいつ

▼ 来たとき玄関~ (2, 0.0%)

1 の石段, へ出

▼ 来たとき瑠璃子~ (2, 0.0%)

2 は夢

▼ 来たとき男~ (2, 0.0%)

1 がある, はいった

▼ 来たとき留守~ (2, 0.0%)

1 の間, を預かっ

▼ 来たとき真先~ (2, 0.0%)

1 にお, に送りました

▼ 来たとき私たち~ (2, 0.0%)

1 はむこう, は別

▼ 来たとき笹村~ (2, 0.0%)

1 の顔色, は四畳半

▼ 来たとき通り~ (2, 0.0%)

1 すがった一人, にどんな

▼ 来たとき重吉~ (2, 0.0%)

1 は, は決して

▼ 来たとき金五郎~ (2, 0.0%)

1 は, は背後

▼ 来たとき駕籠夫~ (2, 0.0%)

2 は慌て

▼ 来たとして~ (2, 0.0%)

1 そういうの, それは

▼ 来たとやら~ (2, 0.0%)

1 で島ちゃん, 申して

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 ころす, ろぼうを

▼ 来たどう~ (2, 0.0%)

1 したらいい, なるであろう力

▼ 来たどころか~ (2, 0.0%)

1 いままで, 婦人の

▼ 来たなあと~ (2, 0.0%)

1 しみじみ言っ, 言ふ

▼ 来たなぞ~ (2, 0.0%)

1 とお, と囈語

▼ 来たなぞと~ (2, 0.0%)

1 云われちゃ, 疑われでも

▼ 来たなどの~ (2, 0.0%)

1 こと, 報告を

▼ 来たなんぞと~ (2, 0.0%)

1 申し上げますれば, 野暮を

▼ 来たなんと~ (2, 0.0%)

2 いふ素晴らしい

▼ 来たのち妻~ (2, 0.0%)

2 は私

▼ 来たのでね~ (2, 0.0%)

1 それが, わざと古風

▼ 来たのなんて~ (2, 0.0%)

2 いつもの

▼ 来たはがき~ (2, 0.0%)

1 があった, が文面

▼ 来たはしたな~ (2, 0.0%)

2 さを

▼ 来たはなし~ (2, 0.0%)

1 がある, には

▼ 来たばかりと~ (2, 0.0%)

1 云いたげな, 見えて

▼ 来たばかりという~ (2, 0.0%)

1 下女の, 形を

▼ 来たばっかりで~ (2, 0.0%)

1 何にも, 何も

▼ 来たひとたち~ (2, 0.0%)

1 のこと, のなか

▼ 来たひよ~ (2, 0.0%)

2 どりの

▼ 来たほん~ (2, 0.0%)

1 たうの, との理由

▼ 来ためずらしい~ (2, 0.0%)

1 勇士を, 品物を

▼ 来たものぢ~ (2, 0.0%)

1 やが, やない

▼ 来たもの以外~ (2, 0.0%)

1 に民間交通事業, は壮健

▼ 来たもんぢ~ (2, 0.0%)

1 や, やね

▼ 来たゆき子~ (2, 0.0%)

1 には人肌, の肩

▼ 来たよって~ (2, 0.0%)

1 光ちゃんと, 用心せん

▼ 来たより~ (2, 0.0%)

1 最っと, 遙に

▼ 来たよりも~ (2, 0.0%)

1 実は牛肉, 手広くな

▼ 来たわい~ (2, 0.0%)

1 さあ早く, 友子さん読ん

▼ 来たわいと~ (2, 0.0%)

2 思った

▼ 来たわずか~ (2, 0.0%)

1 な弾丸, の建築物

▼ 来たわと~ (2, 0.0%)

1 薄い肉, 言葉を

▼ 来たわよと~ (2, 0.0%)

2 きいて

▼ 来たわるい~ (2, 0.0%)

1 ことを, やつだ

▼ 来たんでさ~ (2, 0.0%)

1 ァ, ア

▼ 来たアグニ~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 来たアンリエット~ (2, 0.0%)

1 であった, のなだらか

▼ 来たイタリー人~ (2, 0.0%)

1 である細君, の物売り

▼ 来たイデオロギー~ (2, 0.0%)

1 の諸, は人間

▼ 来たイデオロギー論~ (2, 0.0%)

1 のメカニズム, を同じ

▼ 来たイベット~ (2, 0.0%)

1 は咄嗟, は落

▼ 来たウイスキー~ (2, 0.0%)

1 をぐっと, を一本

▼ 来たエーアシップ~ (2, 0.0%)

1 はお, を袂

▼ 来たガマン~ (2, 0.0%)

2 の針助

▼ 来たコロコロ~ (2, 0.0%)

2 した姿

▼ 来たサイダー~ (2, 0.0%)

1 のビン, や折詰

▼ 来たスパイ~ (2, 0.0%)

1 だな, は

▼ 来たスリ~ (2, 0.0%)

1 の女, も誰

▼ 来たチョビ安~ (2, 0.0%)

1 は必死, をここ

▼ 来たテーマ~ (2, 0.0%)

1 であったから, を発展

▼ 来たバラ~ (2, 0.0%)

1 がまだ, の花

▼ 来たパン~ (2, 0.0%)

1 は大方, や胡瓜漬

▼ 来たビスケット~ (2, 0.0%)

1 などを出し, の缶

▼ 来たビール~ (2, 0.0%)

1 の空瓶, を一人

▼ 来たピヤノ~ (2, 0.0%)

1 弾き, 弾きよ

▼ 来たホテル~ (2, 0.0%)

1 の中, の主婦

▼ 来たボオイ~ (2, 0.0%)

1 はそこ, は小火

▼ 来たマドロス~ (2, 0.0%)

1 が庭, に相違

▼ 来たマン~ (2, 0.0%)

1 に鹿爪, は怪訝

▼ 来たムク犬~ (2, 0.0%)

1 が再び, であります

▼ 来たメモ~ (2, 0.0%)

1 をデスク, を拡げる

▼ 来たモリエエル~ (2, 0.0%)

1 の顔, は愕然

▼ 来たヤク~ (2, 0.0%)

1 の乾皮, を止め

▼ 来たヨーロッパ人~ (2, 0.0%)

1 の中, はこの

▼ 来たランプ~ (2, 0.0%)

1 の一つ, を釣るし

▼ 来たリュック~ (2, 0.0%)

1 ですからね, を開い

▼ 来たリンゴ~ (2, 0.0%)

1 のさ, を風呂敷

▼ 来たロシア~ (2, 0.0%)

1 の共産党政府, の文芸批評

▼ 来たワケ~ (2, 0.0%)

1 である, ではなかろう

▼ 来た一人物~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 来た一伍一什~ (2, 0.0%)

1 を丑松, を話し

▼ 来た一名~ (2, 0.0%)

1 の勇士, の門人

▼ 来た一味~ (2, 0.0%)

1 の中, の者

▼ 来た一学生~ (2, 0.0%)

1 は切る, をちと

▼ 来た一念~ (2, 0.0%)

1 があった, があつ

▼ 来た一時的~ (2, 0.0%)

1 な花火, のお

▼ 来た一条~ (2, 0.0%)

1 の民主的, の道路

▼ 来た一段~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつて

▼ 来た一生~ (2, 0.0%)

1 の宝, をこうして

▼ 来た一筋~ (2, 0.0%)

1 の投げ, の私

▼ 来た一筋道~ (2, 0.0%)

1 とはちがっ, のほか

▼ 来た一緒~ (2, 0.0%)

1 に座, に行こう

▼ 来た一葉~ (2, 0.0%)

1 が初期, の涙

▼ 来た一郎~ (2, 0.0%)

1 は次郎, を抱き上げた

▼ 来た一部始終~ (2, 0.0%)

1 を告げ, を話した

▼ 来た一重外套~ (2, 0.0%)

2 で丁度

▼ 来た一銭~ (2, 0.0%)

1 あげるこの, と農家

▼ 来た一隻~ (2, 0.0%)

1 の伝馬, の汽船

▼ 来た一騎当千~ (2, 0.0%)

1 の豪傑ぞろい, の豪傑連

▼ 来た万葉集~ (2, 0.0%)

1 の初め, を見

▼ 来た三位卿~ (2, 0.0%)

1 と一角, の一行

▼ 来た三右衛門~ (2, 0.0%)

1 の配, も感心

▼ 来た三四年以来~ (2, 0.0%)

2 の法度

▼ 来た三月目~ (2, 0.0%)

2 に偶然

▼ 来た三造~ (2, 0.0%)

1 の伯母, は絶えず

▼ 来た三郎~ (2, 0.0%)

1 にも分けた, やお

▼ 来た上り列車~ (2, 0.0%)

1 が此, の前

▼ 来た上衣~ (2, 0.0%)

1 がつくづく, をば

▼ 来た下士官~ (2, 0.0%)

1 の軍服, や古兵

▼ 来た下駄~ (2, 0.0%)

1 であった, をおろし

▼ 来た不具神~ (2, 0.0%)

1 の旅路, を育てた

▼ 来た不可解~ (2, 0.0%)

1 なむち, な文字

▼ 来た不快~ (2, 0.0%)

1 な感情, を辛くも

▼ 来た不意~ (2, 0.0%)

1 に北, の思いつき

▼ 来た与吉~ (2, 0.0%)

1 のことば, の道中姿

▼ 来た丘助手~ (2, 0.0%)

1 にとって博士, は室

▼ 来た両親~ (2, 0.0%)

1 の家, は長男

▼ 来た中学生~ (2, 0.0%)

1 に三宅, は大抵

▼ 来た中津川~ (2, 0.0%)

1 の問屋角十, の老

▼ 来た丸太~ (2, 0.0%)

1 を打ちこん, を組み立て

▼ 来た主任~ (2, 0.0%)

1 の先生, の顔

▼ 来た主従~ (2, 0.0%)

1 である, は歩む

▼ 来た久作~ (2, 0.0%)

1 の足もと, は営中

▼ 来た久助~ (2, 0.0%)

1 がどこ, は宿

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 は大辻, は確か

▼ 来た九十九円七十五銭~ (2, 0.0%)

1 の為替, をべこ

▼ 来た九州~ (2, 0.0%)

1 は福岡, へ着いた

▼ 来た乱暴~ (2, 0.0%)

1 な勤め人, な市民

▼ 来た乾児~ (2, 0.0%)

1 に命じる, の猪吉

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 が来た, をはなしました

▼ 来た事業~ (2, 0.0%)

1 の発案者達, をおびやかす

▼ 来た二三枚~ (2, 0.0%)

1 の名刺, の朝刊

▼ 来た二名~ (2, 0.0%)

1 の刑事, の姿

▼ 来た二年目~ (2, 0.0%)

1 の冬, の末

▼ 来た二度目~ (2, 0.0%)

1 のてがみ, の手紙

▼ 来た二本~ (2, 0.0%)

1 の日本刀, の銚子

▼ 来た二条~ (2, 0.0%)

1 の線路, の足跡

▼ 来た二疋~ (2, 0.0%)

2 の馬

▼ 来た二百円~ (2, 0.0%)

1 の価格表記郵便物, の金

▼ 来た云々~ (2, 0.0%)

1 と, のいきさつ

▼ 来た五万~ (2, 0.0%)

1 の軍中, の軍勢

▼ 来た五人~ (2, 0.0%)

1 の亡者, の強力

▼ 来た五六人~ (2, 0.0%)

1 の人影, の石工

▼ 来た五十がらみ~ (2, 0.0%)

1 の同じ, の請負師

▼ 来た五十七名~ (2, 0.0%)

2 とが出会った

▼ 来た五月~ (2, 0.0%)

1 が来た, に九州

▼ 来た五郎蔵~ (2, 0.0%)

1 であった, の乾児六

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 と美しい, の荷物

▼ 来た亡者~ (2, 0.0%)

1 がわが, はもとより

▼ 来た人出~ (2, 0.0%)

1 である, で春

▼ 来た人相~ (2, 0.0%)

1 とよく, の良い

▼ 来た人種~ (2, 0.0%)

1 だ, もまた

▼ 来た人足ども~ (2, 0.0%)

1 に青砥, の噪ぐ声

▼ 来た人馬~ (2, 0.0%)

1 なので, の笠印

▼ 来た今夜~ (2, 0.0%)

1 は瀬音, もあぶなく

▼ 来た今年~ (2, 0.0%)

1 はこ, はだいぶ

▼ 来た今日祖先~ (2, 0.0%)

1 が作った, が作つた雑器

▼ 来た今日私~ (2, 0.0%)

1 が云うべき, は博士

▼ 来た仏蘭西船~ (2, 0.0%)

1 の切符, へ行き

▼ 来た仔猫~ (2, 0.0%)

1 に家, の耳

▼ 来た他国者~ (2, 0.0%)

1 をい, をいじめ

▼ 来た仙太郎~ (2, 0.0%)

1 という二十二, は細く長く

▼ 来た代官松~ (2, 0.0%)

1 の一味, や美作

▼ 来た以来~ (2, 0.0%)

1 だ, 始めての

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の女, の少年

▼ 来た伊織~ (2, 0.0%)

1 は何気なく, を見る

▼ 来た会員証~ (2, 0.0%)

2 を示された

▼ 来た会社~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の奥役

▼ 来た伝統~ (2, 0.0%)

1 にぞくする, の心理

▼ 来た伝説~ (2, 0.0%)

1 であろう, と何等

▼ 来た伯母~ (2, 0.0%)

1 からの手紙, は蔭

▼ 来た伯爵~ (2, 0.0%)

1 は此場, は苦笑い

▼ 来た位い~ (2, 0.0%)

1 だから, であります

▼ 来た佐々木道誉~ (2, 0.0%)

1 がちら, が高氏

▼ 来た佐柄木~ (2, 0.0%)

1 とも思われない, は男

▼ 来た何しろ~ (2, 0.0%)

2 夜の

▼ 来た何もの~ (2, 0.0%)

2 かを感じない

▼ 来た何者~ (2, 0.0%)

1 かが縁, かの影

▼ 来た使命~ (2, 0.0%)

1 じゃない, は尽きた

▼ 来た侍たち~ (2, 0.0%)

1 である, と共に

▼ 来た俊ちゃん~ (2, 0.0%)

1 に話, に話しかけ

▼ 来た信一郎~ (2, 0.0%)

2 は此

▼ 来た信仰~ (2, 0.0%)

1 の変化, の対象

▼ 来た信吉~ (2, 0.0%)

1 は不意, は最後

▼ 来た信吾~ (2, 0.0%)

1 の背後, は気

▼ 来た俳優~ (2, 0.0%)

1 が芝居, であった

▼ 来た倉地~ (2, 0.0%)

1 が廊下, が張り出し

▼ 来た個性~ (2, 0.0%)

1 の傾向, の要求

▼ 来た借金~ (2, 0.0%)

2 が三口

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の林, の者

▼ 来た傾斜~ (2, 0.0%)

1 の端, は二十五度位

▼ 来た僕等~ (2, 0.0%)

1 はさらに, は鈍い

▼ 来た僧侶~ (2, 0.0%)

1 に眼, の誦経

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 で少し, になつ

▼ 来た優者~ (2, 0.0%)

2 の風

▼ 来た元吉~ (2, 0.0%)

2 の女房

▼ 来た元気~ (2, 0.0%)

1 のい, のいい

▼ 来た兄さん達~ (2, 0.0%)

2 でした

▼ 来た先祖~ (2, 0.0%)

1 の中, の城

▼ 来た先輩~ (2, 0.0%)

1 は神, を救っ

▼ 来た先頭~ (2, 0.0%)

1 の一船, の者

▼ 来た光景~ (2, 0.0%)

1 は夢魔, を口癖

▼ 来た光秀~ (2, 0.0%)

1 にはいったい, の首級

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 は七日後, は動作

▼ 来た全身的~ (2, 0.0%)

2 な信頼

▼ 来た全部~ (2, 0.0%)

1 であり私, のお

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 と権十, は御用

▼ 来た八助~ (2, 0.0%)

1 という寺男, の酔

▼ 来た公達~ (2, 0.0%)

1 などはたまさか, は並ん

▼ 来た兵隊さん~ (2, 0.0%)

1 が汗, が誤っ

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 もの即, 優れたたまし

▼ 来た其処~ (2, 0.0%)

1 で梅子嬢, は重々

▼ 来た其反感~ (2, 0.0%)

1 から結果, から結果逆

▼ 来た内容~ (2, 0.0%)

1 でのマルクシズム, に対して代表者

▼ 来た冬子~ (2, 0.0%)

1 は樽野, も私

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 い時期, の酒

▼ 来た出羽~ (2, 0.0%)

1 だったの, の手

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 にも魔力, へ自身

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 で帰りませぬから, で浅草

▼ 来た切棒~ (2, 0.0%)

1 に乗り, の駕籠

▼ 来た切花~ (2, 0.0%)

1 に最近ふらん, を硝子

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 と苧, の気稟

▼ 来た~ (2, 0.0%)

2 多源次郎

▼ 来た加山耀蔵~ (2, 0.0%)

1 の縄, は憤然

▼ 来た加野~ (2, 0.0%)

1 に急, は何

▼ 来た助手たち~ (2, 0.0%)

1 はほとんど, も追いついた

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 又さん, 次にそれ

▼ 来た勘定~ (2, 0.0%)

1 か, にもなる

▼ 来た勝家~ (2, 0.0%)

1 である, の意

▼ 来た勢力~ (2, 0.0%)

1 はいよいよ, を迎え

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の庄, 副佶摩

▼ 来た北山~ (2, 0.0%)

1 はむさくるしい, は考え込まざる

▼ 来た北風~ (2, 0.0%)

1 がいきなり, に煽られた

▼ 来た十七八~ (2, 0.0%)

1 の一寸顔立, の鼻

▼ 来た十余人~ (2, 0.0%)

1 の百姓たち, ばかりの百姓

▼ 来た十数名~ (2, 0.0%)

1 の男たち, の顔

▼ 来た千二~ (2, 0.0%)

1 を後, を日比谷公園

▼ 来た千駄木町~ (2, 0.0%)

2

▼ 来た千鳥~ (2, 0.0%)

1 だろう, の銀

▼ 来た南日君~ (2, 0.0%)

1 と私, に聞く

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 衣と, 衣の

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 がない, が有る

▼ 来た印度人~ (2, 0.0%)

1 の黒ん坊, 光る眼

▼ 来た印籠~ (2, 0.0%)

2 を取り出し

▼ 来た原稿料~ (2, 0.0%)

1 の一部, の内金

▼ 来た又八~ (2, 0.0%)

1 がいう, の言葉

▼ 来た反動~ (2, 0.0%)

1 である, でか

▼ 来た取次~ (2, 0.0%)

1 の用人, の者

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の一人, の腕

▼ 来た右側~ (2, 0.0%)

1 に, の樹立

▼ 来た各種~ (2, 0.0%)

1 の技能, の文化

▼ 来た合図~ (2, 0.0%)

1 にきっと, の音

▼ 来た吉弥~ (2, 0.0%)

1 の来る, をつき払い

▼ 来た吉田~ (2, 0.0%)

1 って男, の顔色

▼ 来た同類~ (2, 0.0%)

1 というの, の一群

▼ 来た名状~ (2, 0.0%)

2 しがたい

▼ 来た向き~ (2, 0.0%)

1 もあった, もあつ

▼ 来た吾輩~ (2, 0.0%)

1 のアホラシサ, はつくづく

▼ 来た呉羽嬢~ (2, 0.0%)

1 が今朝, の姿

▼ 来た呉茱萸~ (2, 0.0%)

1 が今, の生薬

▼ 来た周防~ (2, 0.0%)

1 が帰ろう, を見る

▼ 来た呼吸~ (2, 0.0%)

1 づかいと, づかい番頭

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の綱, を貴方

▼ 来た咲子~ (2, 0.0%)

1 が部屋, は彼

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の姥, の発作

▼ 来た哀れ~ (2, 0.0%)

1 なか弱い, なみじめさ

▼ 来た品川~ (2, 0.0%)

2 の海

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 がこの, を歌っ

▼ 来た唐草模様~ (2, 0.0%)

1 の染付, の銀メダル

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 だ一人, のタイピスト

▼ 来た商売~ (2, 0.0%)

1 の掛引その他, をとうとう

▼ 来た善良~ (2, 0.0%)

1 な小男, な男

▼ 来た喜び~ (2, 0.0%)

1 とでその, と一方

▼ 来た四つ~ (2, 0.0%)

1 の墓, の大

▼ 来た四五名~ (2, 0.0%)

1 の兵, の旅人たち

▼ 来た国家~ (2, 0.0%)

1 である, は皆

▼ 来た土方~ (2, 0.0%)

1 の一隊, 殺すにや

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 であったが, であるから

▼ 来た地獄~ (2, 0.0%)

1 というの, は旧

▼ 来た地蔵さん~ (2, 0.0%)

1 であるが, にいろいろ

▼ 来た坂田~ (2, 0.0%)

1 の青春, らしい言葉

▼ 来た坑夫~ (2, 0.0%)

1 がたちまち, の頭

▼ 来た坑木~ (2, 0.0%)

1 に脚, に腰

▼ 来た城兵~ (2, 0.0%)

1 の戦闘力, の方

▼ 来た堀秀政~ (2, 0.0%)

1 とその, の隊

▼ 来た報い~ (2, 0.0%)

1 があんな, が来た

▼ 来た場合それ~ (2, 0.0%)

1 はそれ, を防ぐ

▼ 来た塩野~ (2, 0.0%)

1 のパリ, や中田たち

▼ 来た士官~ (2, 0.0%)

1 などは調子, や水兵さん達

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 い新聞記者, い近侍

▼ 来た壮太郎~ (2, 0.0%)

1 が何時頃, はまた

▼ 来た売屋~ (2, 0.0%)

2 の元

▼ 来た変化~ (2, 0.0%)

1 はいくら, はすでに

▼ 来た変話機~ (2, 0.0%)

1 は大変重宝, を用い

▼ 来た夏帽子~ (2, 0.0%)

1 だった, を壁

▼ 来た夕方~ (2, 0.0%)

1 思ひがけ, 薄暗くなっ

▼ 来た夕飯~ (2, 0.0%)

1 の皿, の膳

▼ 来た外国船~ (2, 0.0%)

1 からはやり出した, というの

▼ 来た多様~ (2, 0.0%)

1 な姿, の興味

▼ 来た夜半~ (2, 0.0%)

1 に計らず聴いた, の巒気

▼ 来た夜風~ (2, 0.0%)

1 にギョッ, に吹き

▼ 来た大名~ (2, 0.0%)

1 ですら, の一列

▼ 来た大根~ (2, 0.0%)

1 はごぼう, を生

▼ 来た大石~ (2, 0.0%)

1 が来た, につぎ

▼ 来た大臣~ (2, 0.0%)

1 だってさうだ, だってそう

▼ 来た大衆~ (2, 0.0%)

1 の日常, を信頼

▼ 来た天地~ (2, 0.0%)

1 の微か, を見直した

▼ 来た天狗党~ (2, 0.0%)

2 の残党

▼ 来た天魔~ (2, 0.0%)

1 と白衣, の兵

▼ 来た太田~ (2, 0.0%)

1 が云, は以前

▼ 来た夫婦者~ (2, 0.0%)

1 で, などは山

▼ 来た奇妙~ (2, 0.0%)

1 な慰藉品, な申込み

▼ 来た奈落~ (2, 0.0%)

2 の深み

▼ 来た奉公人~ (2, 0.0%)

1 が盆踊, の眼中

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の丸, の使い

▼ 来た女中たち~ (2, 0.0%)

1 までが不意, もまた

▼ 来た女主人~ (2, 0.0%)

1 が伸子, はすぐ

▼ 来た女優~ (2, 0.0%)

1 といふの, としては見込

▼ 来た女房たち~ (2, 0.0%)

1 に, はまして

▼ 来た女気違~ (2, 0.0%)

2 だろうと

▼ 来た女連~ (2, 0.0%)

1 といりかわり, に気の毒

▼ 来た奴ら~ (2, 0.0%)

1 がいる, なの

▼ 来た好奇心~ (2, 0.0%)

1 も何, を急速

▼ 来た妙子~ (2, 0.0%)

1 の近頃, を見る

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 のお, はそれ

▼ 来た~ (2, 0.0%)

2 は知る

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 のお玉, のせん子

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 が云った, に向っ

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 ども互いに, の一重々

▼ 来た婿~ (2, 0.0%)

1 にも愛相, の機屋

▼ 来た媒妁人~ (2, 0.0%)

1 とその, と代理人

▼ 来た嫁さん~ (2, 0.0%)

1 ですよ, は何しろ

▼ 来た嫖客~ (2, 0.0%)

1 の一人, の群れ

▼ 来た子分~ (2, 0.0%)

1 のガラッ, は玉井一家

▼ 来た子息~ (2, 0.0%)

1 の房吉, の松千代長政

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 を使っ, を書い

▼ 来た守り刀~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ 来た安井~ (2, 0.0%)

1 がいかなる, の消息

▼ 来た安心~ (2, 0.0%)

1 とが溢れた, と連日

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 もまだ, 近君

▼ 来た宗七~ (2, 0.0%)

1 は, へ

▼ 来た官兵衛孝高~ (2, 0.0%)

1 がその, なの

▼ 来た宝石~ (2, 0.0%)

1 をどしどし, を売っ

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の便り, も知らない

▼ 来た実験~ (2, 0.0%)

1 の効果, の種類

▼ 来た室内~ (2, 0.0%)

1 のざわめき, をもの珍し

▼ 来た室生~ (2, 0.0%)

2 は僕

▼ 来た家主~ (2, 0.0%)

1 があります, の治郎兵衛

▼ 来た家庭教師~ (2, 0.0%)

1 の星占, よ

▼ 来た家政婦~ (2, 0.0%)

1 に医者, に自分

▼ 来た家来たち~ (2, 0.0%)

1 と渡り合っ, も口

▼ 来た家臣たち~ (2, 0.0%)

1 が敷物, を顧み

▼ 来た家長老等~ (2, 0.0%)

2 にも寺方

▼ 来た寄生木~ (2, 0.0%)

1 であった, のお新お

▼ 来た密使~ (2, 0.0%)

1 と見える, によって馬超

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 さで, さに

▼ 来た寒気~ (2, 0.0%)

1 がまた, と共に現実的

▼ 来た対岸~ (2, 0.0%)

1 の山, の菜摘

▼ 来た対象~ (2, 0.0%)

1 に就, は今や

▼ 来た封書~ (2, 0.0%)

1 や葉書, を出した

▼ 来た小さい低い~ (2, 0.0%)

2 四角な

▼ 来た小使~ (2, 0.0%)

1 がのそり, の白髪爺さん

▼ 来た小判~ (2, 0.0%)

1 のつつみ, や茶碗

▼ 来た小包~ (2, 0.0%)

1 をあけ, を開け

▼ 来た小歌~ (2, 0.0%)

1 が帽子, に一番

▼ 来た小母さん~ (2, 0.0%)

1 がお母さん, が聞かし

▼ 来た小荷物~ (2, 0.0%)

1 には毛糸, を押しつけ

▼ 来た小野田~ (2, 0.0%)

1 はこく, は見すぼら

▼ 来た小間使い~ (2, 0.0%)

1 が余り, にはお前

▼ 来た少し~ (2, 0.0%)

1 はしんみり, は休んだ

▼ 来た少年たち~ (2, 0.0%)

1 の一人, は絣

▼ 来た少数~ (2, 0.0%)

1 の一人, の大人

▼ 来た屈強~ (2, 0.0%)

1 な手代, の若者

▼ 来た屋根~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 来た山々~ (2, 0.0%)

1 の話, は一面

▼ 来た山鹿~ (2, 0.0%)

1 はまるで, も一瞬

▼ 来た峡谷~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 来た川島先生~ (2, 0.0%)

1 に膝, は肺腑

▼ 来た川蒸汽~ (2, 0.0%)

1 はやっと, はやつ

▼ 来た左手~ (2, 0.0%)

1 にある, の岡

▼ 来た左翼~ (2, 0.0%)

1 の打ち合う, の若者たち

▼ 来た左膳~ (2, 0.0%)

1 である, のこと

▼ 来た巨材~ (2, 0.0%)

2 の衝突

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 のうごき, の工合

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 ではなく, の近く

▼ 来た市子~ (2, 0.0%)

1 を恐れ, を捉

▼ 来た帆村~ (2, 0.0%)

1 の第六感, は花瓶

▼ 来た干菓子~ (2, 0.0%)

1 などを壊し, を出し

▼ 来た平和~ (2, 0.0%)

1 な道, の生活

▼ 来た平岡~ (2, 0.0%)

1 もその, も其戸口

▼ 来た平手~ (2, 0.0%)

2 で扱

▼ 来た平馬~ (2, 0.0%)

1 である, にバッタリ

▼ 来た年増女~ (2, 0.0%)

1 お照, があった

▼ 来た年寄~ (2, 0.0%)

1 が居たでしょう, だが

▼ 来た年賀状~ (2, 0.0%)

1 のこと, を雑嚢

▼ 来た年齢~ (2, 0.0%)

1 の醜, は殆ど

▼ 来た幸福~ (2, 0.0%)

1 をしみじみ, を自分一人占め

▼ 来た幼児~ (2, 0.0%)

1 でござる, や少年

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 巳に, 海屋の

▼ 来た庄三郎~ (2, 0.0%)

1 は人達, は静か

▼ 来た店員~ (2, 0.0%)

1 のよう, の成長

▼ 来た座布団~ (2, 0.0%)

1 まるでかたく, を机

▼ 来た庸三~ (2, 0.0%)

1 の視界, も毎年

▼ 来た建物~ (2, 0.0%)

1 が山, をふりかえり

▼ 来た弟たち~ (2, 0.0%)

2 の労

▼ 来た弥生~ (2, 0.0%)

1 と豆太郎, は思わず

▼ 来た~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼ 来た当分~ (2, 0.0%)

1 は何かと, は悲しく

▼ 来た当時売出し~ (2, 0.0%)

2 のダンサー川俣踏絵

▼ 来た当時電燈~ (2, 0.0%)

2 の取り付け

▼ 来た彦右衛門~ (2, 0.0%)

1 の子, の手下

▼ 来た彦太郎~ (2, 0.0%)

1 のかん, は杉山氏

▼ 来た役目~ (2, 0.0%)

1 も無事, を果し

▼ 来た役者~ (2, 0.0%)

1 がある, の三津平

▼ 来た彼女等~ (2, 0.0%)

1 には快い, に対して毎日顔

▼ 来た往還~ (2, 0.0%)

1 でかの, には時々

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 があり, と思われる

▼ 来た後家さん~ (2, 0.0%)

1 が皿茶碗, は浴衣

▼ 来た後方~ (2, 0.0%)

1 を遙, を顧

▼ 来た後雌~ (2, 0.0%)

2 の河童

▼ 来た従兄~ (2, 0.0%)

1 の亀次郎, は一週間

▼ 来た従姉~ (2, 0.0%)

1 が小声, の照子

▼ 来た従来~ (2, 0.0%)

1 の日本文学, の習慣

▼ 来た微妙~ (2, 0.0%)

1 な感じ, な軋轢

▼ 来た徳川家~ (2, 0.0%)

1 である, の荒武者

▼ 来た心安~ (2, 0.0%)

1 さと, さも

▼ 来た心持ち~ (2, 0.0%)

1 とは比べもの, を確かめた

▼ 来た心臓~ (2, 0.0%)

1 の筋肉, は僕

▼ 来た必勝~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 来た必然~ (2, 0.0%)

1 で頭, の結果

▼ 来た志士~ (2, 0.0%)

1 の生涯, もまじり

▼ 来た思い~ (2, 0.0%)

1 がした, を吹き消す

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 仕立ての, 劇脳震盪という

▼ 来た急性肺炎~ (2, 0.0%)

1 で冬期休業, で臥

▼ 来た急激~ (2, 0.0%)

1 な変化, な調子

▼ 来た性慾~ (2, 0.0%)

1 とこれ, の刺戟

▼ 来た性格~ (2, 0.0%)

1 がようやく, が鼻

▼ 来た性質~ (2, 0.0%)

1 だつた, で子供

▼ 来た怪しげ~ (2, 0.0%)

1 な法師, な浮浪人

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 だつた, をあわれ

▼ 来た恋人~ (2, 0.0%)

1 の目, を眺め

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の弾み, も吐かれぬ

▼ 来た悲しい~ (2, 0.0%)

1 歴史を, 錯誤である

▼ 来た悲しみ~ (2, 0.0%)

1 に心, を受けとめかねた

▼ 来た悲劇~ (2, 0.0%)

1 であった, の主人公

▼ 来た悲惨~ (2, 0.0%)

1 な蝕斑, は事実

▼ 来た惟光~ (2, 0.0%)

1 の手, は

▼ 来た意地ずく~ (2, 0.0%)

1 かいずれ, からも伝馬所

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の対人的可能, の鬼子

▼ 来た感動~ (2, 0.0%)

1 すら彼, を思い出し

▼ 来た憂鬱~ (2, 0.0%)

1 な部屋, の何

▼ 来た憐れ~ (2, 0.0%)

1 な一人, な密猟者スユルヴァンサン

▼ 来た憲兵~ (2, 0.0%)

1 が云っとった, で室

▼ 来た我等~ (2, 0.0%)

1 は二三町, は其処

▼ 来た戦争~ (2, 0.0%)

1 ですもの, は侵略戦争

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 を渡した, を見た

▼ 来た手代~ (2, 0.0%)

1 の文三郎, の禿鳶

▼ 来た手巾~ (2, 0.0%)

1 で手, や腕輪

▼ 来た手形~ (2, 0.0%)

1 がもの, を役人たち

▼ 来た手際~ (2, 0.0%)

1 と云, はなかなか

▼ 来た投降状~ (2, 0.0%)

2 でも出す

▼ 来た抜刀~ (2, 0.0%)

2 の博徒乙

▼ 来た拓本~ (2, 0.0%)

1 が二通, を開い

▼ 来た拳銃~ (2, 0.0%)

1 にかかっ, にかかつて

▼ 来た指導理論~ (2, 0.0%)

2 の一部

▼ 来た按摩~ (2, 0.0%)

1 をつれ, を蚊帳

▼ 来た捕縄~ (2, 0.0%)

1 の分銅, の端

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の中, へ撒き移し

▼ 来た支倉~ (2, 0.0%)

1 の呪, は独特

▼ 来た支那~ (2, 0.0%)

1 の一同志, の官憲

▼ 来た支那服~ (2, 0.0%)

1 がその, の北原白秋

▼ 来た故に~ (2, 0.0%)

1 その名, 春の

▼ 来た故郷~ (2, 0.0%)

1 の山河, の拝田村

▼ 来た散薬~ (2, 0.0%)

1 はもう, を用い

▼ 来た数学~ (2, 0.0%)

1 の伝統, の定理

▼ 来た数騎~ (2, 0.0%)

1 があった, の使番たち

▼ 来た敵味方~ (2, 0.0%)

1 がいま閾一すじ, の帰結

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 でも見る, なの

▼ 来た文吉~ (2, 0.0%)

2 は順平

▼ 来た文章~ (2, 0.0%)

1 と思つて, と見る

▼ 来た文芸復興~ (2, 0.0%)

1 の時代, を内容

▼ 来た料理人~ (2, 0.0%)

1 に製ら, は江戸ッ子

▼ 来た新お~ (2, 0.0%)

2 代官の

▼ 来た新子~ (2, 0.0%)

1 と折, は和服

▼ 来た新聞紙~ (2, 0.0%)

1 の包, の袋

▼ 来た新造~ (2, 0.0%)

1 のお, の病気

▼ 来た新道~ (2, 0.0%)

1 とこちら側, は一里余

▼ 来た方々~ (2, 0.0%)

1 の螢, も必

▼ 来た旅合羽~ (2, 0.0%)

1 の男, は彼

▼ 来た旅籠屋~ (2, 0.0%)

2 の手代

▼ 来た旅行券~ (2, 0.0%)

1 である, を渡し

▼ 来た旅館~ (2, 0.0%)

1 の給仕, は虎列刺

▼ 来た旗岡巡査~ (2, 0.0%)

1 の頬, は突然

▼ 来た旗本~ (2, 0.0%)

1 の次男恩地主馬, の落合左平治

▼ 来た日一緒~ (2, 0.0%)

2 に風呂

▼ 来た日吉~ (2, 0.0%)

1 の清司, は蜂須賀家

▼ 来た日本女~ (2, 0.0%)

1 の印象, はロンドン人

▼ 来た旧知~ (2, 0.0%)

2 の熱心

▼ 来た旧道~ (2, 0.0%)

1 と相, に合

▼ 来た早田それ~ (2, 0.0%)

2 に突当り

▼ 来た早速~ (2, 0.0%)

1 ここへ, 初江の

▼ 来た昂奮~ (2, 0.0%)

1 がこころよい, にもう

▼ 来た明方~ (2, 0.0%)

1 と日の出ごろ, など一人

▼ 来た明日~ (2, 0.0%)

1 の仕度, はまた

▼ 来た春以来~ (2, 0.0%)

2 からで

▼ 来た春子~ (2, 0.0%)

1 の一寸見, はいかにも

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 から将来, で誰

▼ 来た時お前~ (2, 0.0%)

1 に未練, は己

▼ 来た時ちようど鶏~ (2, 0.0%)

2 が鳴いた

▼ 来た時わたし~ (2, 0.0%)

1 の馬, は遠く

▼ 来た時サイレン~ (2, 0.0%)

2 は空襲

▼ 来た時スクルージ~ (2, 0.0%)

1 は一々, は地

▼ 来た時セルギウス~ (2, 0.0%)

1 はもう, は戸

▼ 来た時ムルタ~ (2, 0.0%)

1 は樫, は立っ

▼ 来た時下~ (2, 0.0%)

1 から不意打, すったの

▼ 来た時京吉~ (2, 0.0%)

1 に北, は石段下

▼ 来た時人々~ (2, 0.0%)

1 は紀昌, は美貌

▼ 来た時今~ (2, 0.0%)

1 の主人, までどこ

▼ 来た時以来~ (2, 0.0%)

1 あった事, の記念

▼ 来た時伯母~ (2, 0.0%)

1 の口, はちょうど

▼ 来た時余~ (2, 0.0%)

1 は小さい, は覚えず

▼ 来た時其処~ (2, 0.0%)

1 で落合, まで一緒

▼ 来た時夫~ (2, 0.0%)

1 は一寸たち, は外出中

▼ 来た時夫人~ (2, 0.0%)

1 が文学道, は食堂

▼ 来た時家~ (2, 0.0%)

1 のなか, のもの

▼ 来た時幸伯父~ (2, 0.0%)

1 はかなり金, は玄関

▼ 来た時庭~ (2, 0.0%)

1 は唯, を掃い

▼ 来た時彼ら~ (2, 0.0%)

1 は平凡, もまた

▼ 来た時日蓮~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は返書

▼ 来た時昌作~ (2, 0.0%)

1 は突棒, は窓側

▼ 来た時村~ (2, 0.0%)

1 の人達, の四辻

▼ 来た時玄関~ (2, 0.0%)

1 まで出迎える, まで行っ

▼ 来た時立~ (2, 0.0%)

1 止って, 続く倉

▼ 来た時笹村~ (2, 0.0%)

1 は産婦, は襖

▼ 来た時米~ (2, 0.0%)

2 元章流

▼ 来た時細君~ (2, 0.0%)

1 は半分, は思い

▼ 来た時蚊帳~ (2, 0.0%)

1 を釣っ, を釣つて

▼ 来た時長吉~ (2, 0.0%)

2 はもう

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 にはまたぞろ, の光

▼ 来た暗示~ (2, 0.0%)

1 であったろうという, を受けた

▼ 来た暮田正香~ (2, 0.0%)

1 のよう, もある

▼ 来た書翰~ (2, 0.0%)

1 で一通, を開け

▼ 来た月給~ (2, 0.0%)

1 と年末賞与, は九円

▼ 来た服装~ (2, 0.0%)

1 と手ぬぐい, のいい

▼ 来た望み~ (2, 0.0%)

2 が遂げられた

▼ 来た朝日~ (2, 0.0%)

1 の脚, は

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 はその, も今

▼ 来た木曾谷~ (2, 0.0%)

1 での最も, の新しい

▼ 来た木材~ (2, 0.0%)

1 をぎっしり, を金

▼ 来た本家~ (2, 0.0%)

1 と分, の主人

▼ 来た本当~ (2, 0.0%)

1 の文学, の話

▼ 来た本質的~ (2, 0.0%)

1 なもの, の要素

▼ 来た朱実~ (2, 0.0%)

1 はそこ, をふり

▼ 来た東洋~ (2, 0.0%)

1 の人々, の神秘

▼ 来た東野~ (2, 0.0%)

1 が入港, は二人

▼ 来た松女~ (2, 0.0%)

1 であります, は叫んだ

▼ 来た松山~ (2, 0.0%)

1 といふ巡査, の霜解け

▼ 来た柔和~ (2, 0.0%)

1 な細君, な綺麗

▼ 来た柴忠さん~ (2, 0.0%)

1 から無理, が云っ

▼ 来た栄三郎~ (2, 0.0%)

1 は背, もまた

▼ 来た栄蔵~ (2, 0.0%)

1 はいつも, はその

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の木, の粒

▼ 来た栗毛~ (2, 0.0%)

1 の牝, の逸物

▼ 来た校長~ (2, 0.0%)

1 は, は変

▼ 来た根岸~ (2, 0.0%)

1 の侘住居, の方向

▼ 来た案内者~ (2, 0.0%)

1 につれられ, を還す

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 に打ちひしがれ, に腰

▼ 来た~ (2, 0.0%)

2 の妻

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の中, 主水

▼ 来た森さん~ (2, 0.0%)

1 からの贈物, とも一緒

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 かもしれない, も果たせた

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 な気持, みが

▼ 来た楽隊~ (2, 0.0%)

1 が賑やか, の一群

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の川, へ逸れ

▼ 来た横穴~ (2, 0.0%)

1 の下, の前

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の分, をその

▼ 来た機会~ (2, 0.0%)

1 とも見えた, を攫む

▼ 来た機関車~ (2, 0.0%)

1 はそこ, は轟然

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 に目, や簪

▼ 来た正一~ (2, 0.0%)

1 がジャズ, を笹村

▼ 来た正三~ (2, 0.0%)

1 はかう, はこういう

▼ 来た正体~ (2, 0.0%)

1 なの, の解らない

▼ 来た正季~ (2, 0.0%)

1 が昨夜来, にはあやしく

▼ 来た正木作左衛門~ (2, 0.0%)

1 が大手, にそう

▼ 来た正真正銘~ (2, 0.0%)

1 のフォン・ゾン, の兎

▼ 来た武家~ (2, 0.0%)

1 の下, は避ける

▼ 来た武家衆~ (2, 0.0%)

1 の兄弟, の泊まり客

▼ 来た武将~ (2, 0.0%)

1 があった, がある

▼ 来た武族~ (2, 0.0%)

1 があっ, がある

▼ 来た歳月~ (2, 0.0%)

1 は長く, をもう

▼ 来た歴史的記録~ (2, 0.0%)

2 が歴史

▼ 来た死骸~ (2, 0.0%)

1 は是, をその

▼ 来た残飯~ (2, 0.0%)

1 を分け合っ, を肴

▼ 来た母子~ (2, 0.0%)

1 の他国者, は女中

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 消の, 消売り

▼ 来た毛利先生~ (2, 0.0%)

1 は, は何より

▼ 来た毛布~ (2, 0.0%)

1 は晴天, までかさね

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の長者, は昨夜温泉

▼ 来た民俗~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 来た民子~ (2, 0.0%)

1 が良人, に僕

▼ 来た水の上~ (2, 0.0%)

1 に月光, を右

▼ 来た水兵~ (2, 0.0%)

1 に言, の手

▼ 来た汚い~ (2, 0.0%)

1 ものが, 感覚の

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の上流, の中

▼ 来た沢庵~ (2, 0.0%)

1 が武蔵, であるから

▼ 来た注文~ (2, 0.0%)

1 はどんな, はピタピタ

▼ 来た洋服~ (2, 0.0%)

1 で小さい, をすぐ

▼ 来た浅井方~ (2, 0.0%)

1 の一人安養寺三郎右衛門, の将

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の音, 之助

▼ 来た浪人者~ (2, 0.0%)

1 があった, なんか食い

▼ 来た海上~ (2, 0.0%)

1 からの風, はどこ

▼ 来た海苔~ (2, 0.0%)

1 の缶, や塩煎餅

▼ 来た淑貞~ (2, 0.0%)

1 の咲き, はいつも

▼ 来た深刻~ (2, 0.0%)

1 な決意, な疲労

▼ 来た深山~ (2, 0.0%)

1 と一緒, の良材

▼ 来た混乱~ (2, 0.0%)

1 なの, のしるし

▼ 来た清一~ (2, 0.0%)

1 は息, は振り返つ

▼ 来た渡り者~ (2, 0.0%)

1 の折助, を意味

▼ 来た源助~ (2, 0.0%)

1 と山伏, の姿

▼ 来た源太郎~ (2, 0.0%)

1 の大きな, の言葉

▼ 来た滅法~ (2, 0.0%)

2 背の

▼ 来た漁夫~ (2, 0.0%)

1 が口, もいた

▼ 来た漁夫たち~ (2, 0.0%)

1 が綾, は言葉少な

▼ 来た漁師~ (2, 0.0%)

1 が思い思い, の話

▼ 来た漁船~ (2, 0.0%)

1 からは魚, があった

▼ 来た演出家~ (2, 0.0%)

1 が演出, でさえ日本

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 がある, よ

▼ 来た漢学び風~ (2, 0.0%)

2 の因習

▼ 来た瀬川~ (2, 0.0%)

1 といふ認印, はただ

▼ 来た火山岩~ (2, 0.0%)

2 です

▼ 来た火星~ (2, 0.0%)

1 の宇宙艇, の景色

▼ 来た火薬~ (2, 0.0%)

1 に対しては自然, を一つ

▼ 来た火鉢~ (2, 0.0%)

1 の火, をおい

▼ 来た災難~ (2, 0.0%)

1 に当惑, を除い

▼ 来た無名~ (2, 0.0%)

1 の一青年, の投書

▼ 来た無論~ (2, 0.0%)

1 よいたより, 行乞なんか

▼ 来た無邪気~ (2, 0.0%)

1 な坊さん, な娘

▼ 来た無頼漢~ (2, 0.0%)

1 だといふ, の情夫

▼ 来た焼酎~ (2, 0.0%)

1 を取出した, を水

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の中, も誰

▼ 来た煙草入~ (2, 0.0%)

1 に煙管, を借り

▼ 来た熊笹~ (2, 0.0%)

1 だか, の中

▼ 来た燈火~ (2, 0.0%)

1 である, は夜

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 である, の羽

▼ 来た爆薬~ (2, 0.0%)

1 がチッポケ, はあの

▼ 来た牛乳屋~ (2, 0.0%)

1 が辰代, の責任問題

▼ 来た牝牛~ (2, 0.0%)

1 がある, が今日

▼ 来た牡丹燈籠~ (2, 0.0%)

1 なども亦, もこれ

▼ 来た牢人者~ (2, 0.0%)

1 の三名連れ, はその

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 が妾, は二年前

▼ 来た物好き~ (2, 0.0%)

1 がした, なヤジウマ

▼ 来た物尺~ (2, 0.0%)

1 だよ, を引手

▼ 来た物音~ (2, 0.0%)

1 に振り返りたい, に葉子

▼ 来た特権~ (2, 0.0%)

1 の下, を失う

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 がこの, がそのまま

▼ 来た独楽~ (2, 0.0%)

1 のこと, の何者

▼ 来た独自~ (2, 0.0%)

1 の文化, の精神

▼ 来た~ (2, 0.0%)

2 の面皮

▼ 来た猟人~ (2, 0.0%)

1 の案内, は忽ち

▼ 来た猫みたい~ (2, 0.0%)

1 だ, ないやしい

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 太人の, 此の

▼ 来た玄徳~ (2, 0.0%)

1 の軍, の顔

▼ 来た率八~ (2, 0.0%)

1 がお迎え, がそこ

▼ 来た玉子~ (2, 0.0%)

1 の茹でた, をむい

▼ 来た珈琲~ (2, 0.0%)

1 を一口, を俊助

▼ 来た現実生活~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 来た理想~ (2, 0.0%)

1 の自分, や要求

▼ 来た理路~ (2, 0.0%)

1 を看取, を討尋

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の爪, を浜の家

▼ 来た瓢箪~ (2, 0.0%)

1 のよう, の栓

▼ 来た甚助~ (2, 0.0%)

1 には快く, はそこ

▼ 来た産婆~ (2, 0.0%)

1 にむかっ, に信頼

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 がある, を忘れ

▼ 来た由子~ (2, 0.0%)

1 の姿, は今

▼ 来た由緒~ (2, 0.0%)

1 ある身分, のある

▼ 来た甲谷~ (2, 0.0%)

1 であった, を見つける

▼ 来た甲軍~ (2, 0.0%)

1 に当り, の出兵

▼ 来た男らしく~ (2, 0.0%)

1 年に, 見える

▼ 来た男爵~ (2, 0.0%)

1 お待受け, の傍

▼ 来た男衆~ (2, 0.0%)

1 だと, の一人

▼ 来た男頬被り素袷道中差~ (2, 0.0%)

2 しすそ取り

▼ 来た画因~ (2, 0.0%)

2 が為恭

▼ 来た畦道~ (2, 0.0%)

1 の下駄, を見やった

▼ 来た番人~ (2, 0.0%)

1 のうち, の急所

▼ 来た番茶~ (2, 0.0%)

1 を一杯, を飲み

▼ 来た病院~ (2, 0.0%)

1 というところ, の往き

▼ 来た痕跡~ (2, 0.0%)

1 というもの, を少し

▼ 来た白雲~ (2, 0.0%)

1 の心持, を無下

▼ 来た白馬~ (2, 0.0%)

1 が驚いた, の処分

▼ 来た百万~ (2, 0.0%)

2 の同胞

▼ 来た百合子~ (2, 0.0%)

1 というの, に突き当つた

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の上, を見る

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 をとり出し, を手酌

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 からは餓ゑたお幸, をテーブル

▼ 来た監督~ (2, 0.0%)

1 は顫, らしいの

▼ 来た目明し~ (2, 0.0%)

1 の万吉, の眼八

▼ 来た直ぐ~ (2, 0.0%)

1 取って, 話声で

▼ 来た直也~ (2, 0.0%)

1 だった, だつた

▼ 来た直後~ (2, 0.0%)

1 に文一郎, のこと

▼ 来た直接~ (2, 0.0%)

1 の原因, の目的

▼ 来た相客~ (2, 0.0%)

1 がつくづく, の者

▼ 来た相良金吾~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, は夏

▼ 来た看守~ (2, 0.0%)

1 に一体従兄, は一言

▼ 来た県庁~ (2, 0.0%)

1 のお, へ出張

▼ 来た真実~ (2, 0.0%)

1 の動因, の友

▼ 来た真暗~ (2, 0.0%)

2 な塊

▼ 来た真直ぐ~ (2, 0.0%)

1 な萱, に言え

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 のため, も残り少ない

▼ 来た矢田津世子~ (2, 0.0%)

2 は私

▼ 来た知合~ (2, 0.0%)

1 の下女, の野菜売

▼ 来た砲弾~ (2, 0.0%)

1 が二人, の記念碑

▼ 来た硝子~ (2, 0.0%)

1 の塵, の窓

▼ 来た確か~ (2, 0.0%)

2 な京

▼ 来た磯五~ (2, 0.0%)

1 が部屋, を見る

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 が池, が鏡

▼ 来た社員~ (2, 0.0%)

1 に一言, に対して簡単

▼ 来た社長~ (2, 0.0%)

1 が小使, は帰り際

▼ 来た神尾主膳~ (2, 0.0%)

1 が地上, の面

▼ 来た神秘感~ (2, 0.0%)

2 の源頭

▼ 来た福田~ (2, 0.0%)

1 という男, も今

▼ 来た秀麗~ (2, 0.0%)

2 な夕暮富士

▼ 来た私服~ (2, 0.0%)

1 がほか, が彼

▼ 来た種々様々~ (2, 0.0%)

1 なこと, の矛盾

▼ 来た空想~ (2, 0.0%)

1 かさっぱり, かさつぱり見当

▼ 来た立場~ (2, 0.0%)

1 の奇怪, を考えた

▼ 来た竹筒~ (2, 0.0%)

1 から返書, の水

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の一隊, の上

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 がチョイチョイ, が諸

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 が一枚, を何十枚

▼ 来た箇所~ (2, 0.0%)

1 からの正直, に

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 などはさすが, はすぐ

▼ 来た範囲~ (2, 0.0%)

1 での文学, ではまだ

▼ 来た範疇~ (2, 0.0%)

1 だという, という概念

▼ 来た簑笠~ (2, 0.0%)

1 が心得, が迎えられた

▼ 来た米国~ (2, 0.0%)

1 の兵士五, の兵士五六人

▼ 来た粉雪~ (2, 0.0%)

1 の中, を間断

▼ 来た粗末~ (2, 0.0%)

1 な笊, な胡弓

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 といふ聯関, と言

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 と若い, の端

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 売りその, 売りという

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 之進は, 力学的研究に

▼ 来た純文学~ (2, 0.0%)

1 が社会, と通俗小説

▼ 来た紙切れ~ (2, 0.0%)

2 があります

▼ 来た紙包~ (2, 0.0%)

1 をとり出した, を解い

▼ 来た紙鳶~ (2, 0.0%)

1 といふ言葉, を蔵

▼ 来た素人~ (2, 0.0%)

1 の女, 臭い女中

▼ 来た紹介状~ (2, 0.0%)

1 に皆, は出さない

▼ 来た結晶~ (2, 0.0%)

1 を写真, を見れ

▼ 来た給仕人~ (2, 0.0%)

1 の只, の笑い顔

▼ 来た絵巻物~ (2, 0.0%)

1 の事, の絵詞

▼ 来た絵葉書~ (2, 0.0%)

1 をお, を取出し

▼ 来た継母~ (2, 0.0%)

1 との折れ合い, は云

▼ 来た綿入~ (2, 0.0%)

1 をぬがう, を重ね

▼ 来た総て~ (2, 0.0%)

1 の力, の機会

▼ 来た縁側~ (2, 0.0%)

1 に出, の障子

▼ 来た織田方~ (2, 0.0%)

1 の武士, の滝川左近

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 が皆, を懲らしめ

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 だと, で今

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 と牛, をそ知らぬ顔

▼ 来た美奈子~ (2, 0.0%)

1 も立ち止, も立ち止っ

▼ 来た義母~ (2, 0.0%)

1 と並ん, は

▼ 来た羽織~ (2, 0.0%)

1 なしで, をぬぐ

▼ 来た老僕~ (2, 0.0%)

1 の治郎兵衛, や下僕たち

▼ 来た老爺~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 来た老練~ (2, 0.0%)

1 な君等, の士

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 でもっ, の遠い

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の雑誌, はふっくり

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 のポケット, の中

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の表現, はつまるところ

▼ 来た能楽~ (2, 0.0%)

1 に又, は現在

▼ 来た脅迫状~ (2, 0.0%)

1 とあの, の内容

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 がふさげれ, の底

▼ 来た自分自身~ (2, 0.0%)

1 がなさけなく怨めしかっ, は言わば

▼ 来た自分達~ (2, 0.0%)

1 の考, はよそ者

▼ 来た自慢~ (2, 0.0%)

1 の支那服, の髯

▼ 来た自然科学~ (2, 0.0%)

1 と国家組織, はどう

▼ 来た芝生~ (2, 0.0%)

1 に新, の上

▼ 来た芸人~ (2, 0.0%)

1 の一行, ましてあの

▼ 来た芸妓~ (2, 0.0%)

1 との間, は矢張叔父さん

▼ 来た芸術家~ (2, 0.0%)

1 であるから, と云

▼ 来た若き~ (2, 0.0%)

1 日の, 生の

▼ 来た若者たち~ (2, 0.0%)

1 がトラック, の此島国

▼ 来た若衆~ (2, 0.0%)

1 が実は, の面

▼ 来た苦い~ (2, 0.0%)

1 経験である, 羊羹などを

▼ 来た苦労~ (2, 0.0%)

1 が始め, の多い

▼ 来た苦痛~ (2, 0.0%)

1 に報, や失望

▼ 来た英人~ (2, 0.0%)

1 の, の水先案内

▼ 来た荒木村重~ (2, 0.0%)

1 に, の隊

▼ 来た荷駄~ (2, 0.0%)

1 の男, の背

▼ 来た菓子折~ (2, 0.0%)

1 が積ん, を持っ

▼ 来た蒲生泰軒~ (2, 0.0%)

1 に出会, はこの

▼ 来た蒸気~ (2, 0.0%)

1 がつまつて, は出口

▼ 来た~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 明りの, 赤い彼女

▼ 来た薄い~ (2, 0.0%)

1 着物を, 雑誌を

▼ 来た薬びん~ (2, 0.0%)

1 から薬, が乗せ

▼ 来た薬湯~ (2, 0.0%)

1 をすすめる, を仁十郎

▼ 来た藤原邦通~ (2, 0.0%)

1 という旅絵師, も牧

▼ 来た藤吉~ (2, 0.0%)

1 は検視, より一足先

▼ 来た藤夜叉~ (2, 0.0%)

1 なの, へも腹

▼ 来た藤山~ (2, 0.0%)

1 とホテル, の車

▼ 来た藤山一郎~ (2, 0.0%)

1 と二人, と共にアラスカ

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 や鮒, を掴ん

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の子, は表

▼ 来た蝋燭~ (2, 0.0%)

1 を取出し, を裸

▼ 来た~ (2, 0.0%)

2 と大差

▼ 来た蟻田博士~ (2, 0.0%)

1 があまり, と新田先生

▼ 来た血色~ (2, 0.0%)

1 のいい, の好い

▼ 来た行事~ (2, 0.0%)

1 が形式化, の日

▼ 来た行商人~ (2, 0.0%)

1 があった, はうやうやし

▼ 来た街道~ (2, 0.0%)

1 の光景, の混雑

▼ 来た衣物~ (2, 0.0%)

1 は二枚, を宿

▼ 来た衣裳~ (2, 0.0%)

1 と着, を一枚

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 でも皆, の土間

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の上, を敷い

▼ 来た西洋~ (2, 0.0%)

1 の新式, を想い浮べ

▼ 来た西班牙人葡萄牙人和蘭人英吉利人等~ (2, 0.0%)

1 に劣らなかった, に劣らなかつた

▼ 来た見知らぬ~ (2, 0.0%)

1 一人の, 男の

▼ 来た親切~ (2, 0.0%)

1 は徒労, をここ

▼ 来た親愛~ (2, 0.0%)

2 なる手紙

▼ 来た観念~ (2, 0.0%)

1 であるが, でもある

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 で車, に

▼ 来た角ちやん~ (2, 0.0%)

1 がみんな, に佐渡ヶ島

▼ 来た計り~ (2, 0.0%)

1 じゃない, でそんな

▼ 来た計画~ (2, 0.0%)

1 を慎重審議, を遂行

▼ 来た記録~ (2, 0.0%)

1 には豊か, もあれ

▼ 来た訪問~ (2, 0.0%)

2 でもない

▼ 来た訪客~ (2, 0.0%)

2 が乗り捨てた

▼ 来た証人~ (2, 0.0%)

1 である, でして

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 のこころ, の凡て

▼ 来た詩集~ (2, 0.0%)

1 をつぶし, をみる

▼ 来た話なぞ~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 来た話題~ (2, 0.0%)

1 にかまわず, を叔父叔母

▼ 来た誇り~ (2, 0.0%)

1 と喜び, を根底

▼ 来た誠に~ (2, 0.0%)

1 久しく逢わなかった, 思えがけ

▼ 来た課長~ (2, 0.0%)

1 の姿, は客

▼ 来た諜者~ (2, 0.0%)

1 がいた, の服部平六

▼ 来た講談本~ (2, 0.0%)

1 か何, も読み尽し

▼ 来た警察官~ (2, 0.0%)

1 の一人, を愕

▼ 来た警察署~ (2, 0.0%)

1 の熊岡警官, の犬橇

▼ 来た警部~ (2, 0.0%)

1 とかの娘, の脳髄

▼ 来た豆太郎~ (2, 0.0%)

1 がうしろ手, も弥生

▼ 来た貞世~ (2, 0.0%)

1 は前, は泣いた

▼ 来た貞之助~ (2, 0.0%)

1 の手紙, はモスキトン

▼ 来た貫一~ (2, 0.0%)

1 の行手, をやはり

▼ 来た貯金~ (2, 0.0%)

1 がそうした, を提げ

▼ 来た貴重~ (2, 0.0%)

1 な時間上, な証拠物

▼ 来た質問~ (2, 0.0%)

1 の一つ, を躱し

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 になっ, を縷々咄

▼ 来た足もと~ (2, 0.0%)

1 が暗く, の細い

▼ 来た路地口~ (2, 0.0%)

2 をばこれ

▼ 来た路筋~ (2, 0.0%)

1 である, を示す

▼ 来た身体~ (2, 0.0%)

1 なので, を大きく

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 と身, の一部

▼ 来た軸物~ (2, 0.0%)

2 を何

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 さに, さも

▼ 来た農家~ (2, 0.0%)

1 なぞにとっては朔日, へ戻っ

▼ 来た近く~ (2, 0.0%)

1 に別荘, の奥さん

▼ 来た迫害~ (2, 0.0%)

1 だと, や苦しみ

▼ 来た通知~ (2, 0.0%)

1 を受け取っ, を同時に

▼ 来た速達~ (2, 0.0%)

1 のよう, の手紙

▼ 来た逸作~ (2, 0.0%)

1 がかの, の傍

▼ 来た運動~ (2, 0.0%)

1 がてら, の段階

▼ 来た道すじ~ (2, 0.0%)

1 もまた, を明

▼ 来た道也~ (2, 0.0%)

1 はちょっと, はもう

▼ 来た道具~ (2, 0.0%)

1 で小さな, なども置かれた

▼ 来た道助~ (2, 0.0%)

1 が口, の肖像画

▼ 来た道庵~ (2, 0.0%)

1 にこの, 外して

▼ 来た道路~ (2, 0.0%)

1 は斜め, へあるき出し

▼ 来た郊外~ (2, 0.0%)

1 の人, の従姉

▼ 来た部落~ (2, 0.0%)

1 から香椎附近, と見

▼ 来た配達夫~ (2, 0.0%)

1 が蠅男, に

▼ 来た里子~ (2, 0.0%)

1 にとつて, の果

▼ 来た重大~ (2, 0.0%)

1 な犯人, な錯覚

▼ 来た重蔵~ (2, 0.0%)

1 の方, は説明

▼ 来た野槍~ (2, 0.0%)

1 と共にす, の光

▼ 来た野蛮人~ (2, 0.0%)

1 ですね, の群

▼ 来た野郎~ (2, 0.0%)

1 が取り, というの

▼ 来た金包み~ (2, 0.0%)

1 のうち, を小布施

▼ 来た金吾~ (2, 0.0%)

1 でありました, はそこ

▼ 来た金玉~ (2, 0.0%)

1 をこれ, を押返し

▼ 来た銀之丞~ (2, 0.0%)

1 は一足足, は空想

▼ 来た銘仙~ (2, 0.0%)

1 の包, の反物

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 が一枚, だけは蓄

▼ 来た鋭い~ (2, 0.0%)

1 抜き身の, 敵の

▼ 来た錯覚~ (2, 0.0%)

1 なの, に由来

▼ 来た鏑木~ (2, 0.0%)

1 が母病歿, に任せとく

▼ 来た鏡台~ (2, 0.0%)

1 や三つ抽斗, や着替え

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 が白拍子, というの

▼ 来た長屋~ (2, 0.0%)

1 の者, の衆

▼ 来た長州侯~ (2, 0.0%)

1 がいわゆる, の一行

▼ 来た長身~ (2, 0.0%)

1 の人物, をもてあまし

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 がしまっ, にようやく

▼ 来た門野~ (2, 0.0%)

2

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の孫六, は遂に

▼ 来た関久米~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼ 来た関東~ (2, 0.0%)

1 のからす, や京都

▼ 来た隠居~ (2, 0.0%)

1 の機嫌, の武士

▼ 来た雑木~ (2, 0.0%)

1 が盆栽的, の一つ

▼ 来た雑誌~ (2, 0.0%)

1 の中, の発送

▼ 来た雪子~ (2, 0.0%)

1 に, のあと

▼ 来た雪駄~ (2, 0.0%)

1 ですよ, 履きの

▼ 来た~ (2, 0.0%)

2 がここ

▼ 来た電波~ (2, 0.0%)

1 が来た, で方向

▼ 来た霜柱~ (2, 0.0%)

2 の為

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の中, 原警部

▼ 来た青春~ (2, 0.0%)

1 がいつのまにか, の日

▼ 来た青柳~ (2, 0.0%)

1 は放浪者, への貸

▼ 来た静か~ (2, 0.0%)

1 な心, な空気

▼ 来た静子~ (2, 0.0%)

1 が出, を濁声

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 人間的な, 有機的生物

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の長い, を破綻的

▼ 来た面白い~ (2, 0.0%)

1 ように, 話や

▼ 来た韃靼人~ (2, 0.0%)

1 である, の住

▼ 来た頃春どん~ (2, 0.0%)

1 からあべこべ, は腹膜炎

▼ 来た順子さん~ (2, 0.0%)

2 の華やか

▼ 来た頑丈~ (2, 0.0%)

1 な兄, な手

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の赤い, を手

▼ 来た顔色~ (2, 0.0%)

1 の悪い, は残暑

▼ 来た風来坊~ (2, 0.0%)

1 か知らない, の泥棒蜂

▼ 来た飛行機~ (2, 0.0%)

1 の爆音, を仰いだ

▼ 来た食事~ (2, 0.0%)

1 に手, の膳

▼ 来た食料~ (2, 0.0%)

1 や水, をくれる

▼ 来た飯櫃~ (2, 0.0%)

2 の飯

▼ 来た養女~ (2, 0.0%)

1 だ, のお

▼ 来た養母~ (2, 0.0%)

1 のお, や青柳

▼ 来た香水~ (2, 0.0%)

1 の匂い, を撒いた

▼ 来た香炉~ (2, 0.0%)

1 の灰, は女以外

▼ 来た馬上~ (2, 0.0%)

1 に押し上げ, の二将軍

▼ 来た馭者~ (2, 0.0%)

1 はがさつ, はどうしても

▼ 来た駅員~ (2, 0.0%)

1 に突, のよう

▼ 来た駅夫~ (2, 0.0%)

1 に襟首, の奴

▼ 来た駐在所~ (2, 0.0%)

1 の加藤巡査, や鉄道線路

▼ 来た騎馬~ (2, 0.0%)

1 の面々, また騎馬

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 にちがい, 麗人が

▼ 来た高氏~ (2, 0.0%)

1 の影, をそこ

▼ 来た高麗村~ (2, 0.0%)

1 の怪童次郎, の次郎

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 に櫛, のモヂヤ

▼ 来た髪結~ (2, 0.0%)

1 に二人一緒, に話した

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の生えた, を剃り落とし

▼ 来た魅力~ (2, 0.0%)

1 に富んだ, に負

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 もすぐ, を摺り

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 の歌, も長らく

▼ 来た~ (2, 0.0%)

1 だ, の天弓

▼ 来た黄いろ~ (2, 0.0%)

1 な二ひき, な蝶

▼ 来た黒人~ (2, 0.0%)

1 の奴隷, の槍

▼ 来た黒岩万五~ (2, 0.0%)

1 が口, は砲兵上等兵

▼ 来た黒服~ (2, 0.0%)

1 に云, に云いました

▼ 来た黒田官兵衛~ (2, 0.0%)

1 が龍王山, というもの

▼ 来た黒眼鏡~ (2, 0.0%)

1 に鬚だらけ, の男

▼ 来た黒船~ (2, 0.0%)

1 の力, の図

▼ 来た黒雲~ (2, 0.0%)

1 が彼, は烈しい

▼1* [6782件]

来たひの, 来たああ考えああ, 来たあかつきには若い, 来たあくの抜けた, 来たあげく外濠あたりへ捨てられた, 来たあそこへ来た, 来たあたい怖くなっ, 来たあたらしい一団の, 来たあたり四面の凸所, 来たあつた呉越軍談, 来たあと呼吸を計っ, 来たあばたの少年少女, 来たあぶれ者は胆, 来たあほらしさ, 来たあまたの報告, 来たあまり歓迎の, 来たあまりに急激な, 来たあまり不幸過ぎる事件, 来たあまり不自然なほど, 来たありがたいことで, 来たありがたうこれで, 来たありがとうとその, 来たありのままを寿平次, 来たあるいは過去によって, 来たあれらの馬の, 来たあれ来は来た, 来たあわただしい跫音が, 来たあんたにこな, 来たあんた方も口惜しかろ, 来たあゝ怖っ, 来たはゆる, 来たいい加減フラフラした頭, 来たいきさつを話し, 来たいくらもあります, 来たいく巻かの詩, 来たいささが, 来たいざ学校へ, 来たいたどりばかりで, 来たいちぶしじゅう, 来たいちはやく虫が, 来たいつも二言目には, 来たいまわしい考えが, 来たいやがらせの安, 来たいやらしい男だ, 来たいろは屋文次が息, 来たいわくつきのおせん, 来たいわば不始末, 来たうす明かるい月光が, 来たうす暗いほうへ, 来たうたが自由, 来たうち御陵管守の小屋, 来たうなぎ屋の数本, 来たうまいものであれ, 来たうまく化けてや, 来たうれしかつた, 来たうれしいなさ, 来たうんとやって, 来たものを, 来たえらい男の, 来たおいしい果物を, 来たおい此方へお, 来たおお健よ, 来たおかえしみたいな意味, 来たおかげ久しぶりで夕飯, 来たおかしな泥棒の, 来たおことづてもござりますれば, 来たおしのむす, 来たおしげはああ, 来たおしら様といふ人形式, 来たおせっかいである, 来たおっさんが帽子, 来たおともで, 来たおなじ方向の, 来たおばこのかみさん, 来たおばさん鳥渡と良之助, 来たおぼろげな運命観, 来たおもひだつた, 来たおもいだった, 来たおや屋が, 来たおれたちの莫大, 来たおんなじゃよ, 来たお上さんは目, 来たお人好しの率八, 来たお供であるよう, 来たお先供はこの, 来たお初はどこ, 来たお初穂だあがんなさい, 来たお前らを心から, 来たお化けだよ, 来たお多福の人形, 来たお嬢さんのよう, 来たお子さまをつれ, 来たお客さまの癖, 来たお客さんたちと話, 来たお客たちに一々, 来たお宮を待っ, 来たお家の事, 来たお松さんという可愛らしい, 来たお次は星明り, 来たお母さん連がし, 来たお気にいらぬ, 来たお玉であります, 来たお祖父さんお諏訪様, 来たお節は何となく, 来たお腹をあっという間に, 来たお菓子の台, 来たお袋の自分, 来たお里のおとなしやか, 来たお金さんという女, 来たお針頭のおしん, 来たお鍋にこッそり, 来たかお色も青く, 来たかかる媚薬は, 来たかくべつよい事, 来たかさえ考えては, 来たかさえも兄さんは, 来たかしらないけど, 来たかしらとボンヤリ考えてた, 来たかすかな音, 来たかって先刻から, 来たかて寝るとこ, 来たかとのおたずねです, 来たかとは敬之進の, 来たかなどいろんな質問, 来たかなどと親しくクリストフ, 来たかなどとも訊きは, 来たかなはははなに大丈夫, 来たかについて講じたいと, 来たかについてはわたくしは, 来たかにも似て, 来たかね去年も, 来たかも痕づけねば, 来たかやと, 来たからじゃなくって, 来たからといふ下谷の, 来たからなあまあ鬼河原さん, 来たからにや只ぢ, 来たからねきょうは, 来たからばかりでは, 来たかわいそうな孤児, 来たかわりにきたない, 来たかをさえ訊かなければ, 来たかをも考証し, 来たがいの, 来たがからだが, 来たがさもさも, 来たがなあ与助世の中あ, 来たがねえもう私, 来たがの今でも, 来たがのの承知か, 来たがもうその, 来たがんこア来た, 来たききめだろうと, 来たきたない乞食を, 来たきのふの, 来たきまりの悪い, 来たきりこちらの御, 来たきりそれから十二年ただ一度, 来たきり今もって, 来たきり庄が厭, 来たきり手紙も出さず, 来たきり此二三年は頓斗姿, 来たきんの顔, 来たくず餅を出し, 来たくらゐだから, 来たぐあいはさながらこの, 来たぐつすり寝たよい, 来たけたたましい与吉の, 来たけつきよくまた, 来たけりや出, 来たけれどねそうなりゃ, 来たけれどのそっとはいっ, 来たここちがする, 来たここ二ヵ月間のあと, 来たこっちへおいで, 来たことおれに出来ぬ, 来たことこれには誰, 来たことさへある, 来たことそれ等はわたくし, 来たことブルック氏がよく, 来たこと一度もなく, 来たこと万屋安兵衛らの帰国, 来たこと不条理に苛ら, 来たこと二つの手型, 来たこと以外そこには何ら, 来たこと位は己, 来たこと大坂行幸の新帝, 来たこと婚姻証書などは決して, 来たこと文章に新鮮味, 来たこと社会の物質的生産力, 来たこと私は嘗て, 来たこと等であると, 来たこと自分の考え等, 来たこと自然科学が急激, 来たこと衝突と爆発, 来たこのごろ残暑がきびしかっ, 来たこの世の旅, 来たこまかさが, 来たこりゃ君女学校で, 来たころいまのあの, 来たころがらがらがらとあの, 来たころ三人は家, 来たころ僕は青扇, 来たころ半蔵はまだ, 来たころ急に思い出したらしく, 来たころ恭一が言った, 来たころ新田は笑, 来たころ日課にし, 来たころ東野はセーヌ河, 来たころ枝振よき, 来たころ梢に縛りつけられた, 来たころ父は茶屋, 来たころ特色のある, 来たころ知らせに行った, 来たころ私はやっと, 来たころ荷降ろしも, 来たころ食事は終った, 来たころ馬場はまじめ, 来たこんがらの重, 来たこんなに大騒ぎを, 来たごちそうのすばらしさ, 来たご用聞きだという, 来たさきほどの女, 来たさき程からの叙述, 来たさすが時代の, 来たさだ子の様子, 来たさてそれから, 来たさの次郎左衛門今の, 来たさびを凡人生活, 来たさびしい秋は, 来たざるを得ず, 来たしかもその夜, 来たしかるに当道場, 来たしきりに生の, 来たしなやかな美人, 来たしばらくして, 来たしょうがない, 来たしらせをお, 来たしるこをすすった, 来たしるし季節の足跡, 来たすげなく断つた, 来たすっぽんを二匹料理, 来たするとあろう事, 来たするどい白刃の, 来たずっと以前からの, 来たせい許りでは, 来たせかせかした眉つき, 来たせめて二三年は, 来たせんぶりの千太, 来たせん子は赤子, 来たそいつが, 来たそこから一切, 来たそしたらユリの, 来たそちこそ頼朝, 来たそのうちあの親父, 来たそのさるまわしの, 来たその他当ってるので, 来たそらはとうとう, 来たそれぞれの地方, 来たそれどこじゃない, 来たそれ裏へ出た, 来たそんなら何, 来たぞという烽火知らせと, 来たぞな更けて, 来たぞに早うなされ, 来たぞや来たぞや, 来たたしかにあれです, 来たただし最前の, 来たただ一人の婦人部員, 来たたっぷり三杯食ひ, 来たたばこ行商人と分っ, 来たたまものだと, 来たためそれなりの寿司屋, 来たためどれ程以前, 来たため一ノ谷が義経, 来たため予備軍とし, 来たため人口が十層倍, 来たため他の村村, 来たため伊織の襟, 来たため参考になる, 来たため又四郎以下三百人はことごとく, 来たため土佐房昌俊たちの襲撃隊, 来たため地主の彼等, 来たため彼はその, 来たため急に予定, 来たため母親が赤ン坊, 来たため漢水の流れ, 来たため知能分子の生産量, 来たため空陣の袋, 来たため自然養われて, 来たたわごとを一つ, 来ただからね, 来ただけが見っけ, 来ただけは産む, 来ただに口惜しい限り, 来ただらだらな傾斜, 来たちさの籠, 来たちょっとした形式である, 来たっけね今日の, 来たっちゅうけえ, 来たってじゃないか, 来たってはこの傾向, 来たつた家のかご, 来たつてお前さんが咎める, 来たつてことを言, 来たつてこれに代るべき, 来たつてぢき帰らないでも, 来たつて云ふの, 来たつて仲間には入れない, 来たつて俺の方, 来たつて噂聞いたが, 来たつて平気だ, 来たつて芸術的小説ですよ, 来たつて言やい, 来たつて駄目よもう, 来たつまらない雑品に, 来たつまりそういう意味, 来たていで話しかけた, 来たてにはひどく感じ, 来たても話すなヨ, 来たてる子が目, 来たてんだ, 来たてんぐさも四角, 来たでたらめの雹, 来たでないと船が, 来たでは御飯おそい, 来たでもないもの, 来たとある鳥居強右衛門とやらに, 来たというくらい故煙突, 来たというさえおかしいのに, 来たといつては莞爾, 来たといふのぢや, 来たとうわごとを, 来たとうとうやって来た, 来たとおつし, 来たとおり例のおたずね者, 来たとおり台所の横, 来たとおり固体ことにガラス, 来たとおり妻となり, 来たとおり来年も一生懸命, 来たとおり道具を女, 来たとかいうのんは, 来たとかく世の中は, 来たとかというごとき詠嘆, 来たとからかはれながらも, 来たときあたりを見まわし, 来たときあちらこちらに咲い, 来たときいつかかれは, 来たときうつろな気持, 来たときおとっつぁんはいいました, 来たときおらは見ない, 来たときお仕着せは絶対, 来たときお前さんは一週間あと, 来たときかなり先きの通りに四つ五つ, 来たときがた人力車の音, 来たとききゅうに庵主さん, 来たときこれらの人々, 来たときこんども松次郎, 来たときさきの俊秀, 来たときふしぎにも少し, 来たときふところの窮乏, 来たときみんなでとった, 来たときもみの木, 来たときやつとその, 来たときわたしたちはおや, 来たときソロドフニコフが云, 来たときトラックの運転手, 来たときニキータにくっつい, 来たときハルビンにいた, 来たときパリの久慈, 来たときパンの切れ, 来たときフト足をとめた, 来たときブラドンも部屋, 来たときプレゼントはもう, 来たときペムペルも俄, 来たときペンクの私邸, 来たときマグダレナの殉教, 来たときマンから, 来たときミサ子を入れ, 来たときリュックを背負っ, 来たときリラは戸, 来たときローリイが来, 来たとき一とほり, 来たとき一つの夢, 来たとき一時に二人, 来たとき一番若い一番, 来たとき一番びりだった伸子たち, 来たとき一番日本へ帰りたい, 来たとき一瞬間立ち止まって, 来たとき一葉はこう, 来たとき万人が何より, 来たとき三つも中学校, 来たとき三十二人の全, 来たとき下からのぼっ, 来たとき下関から上陸, 来たとき不意に横合, 来たとき両方の人たち, 来たとき中館もモスク, 来たとき主人にいいつけられ, 来たとき久慈は真紀子, 来たとき乙女も赤, 来たとき二十八の軽部, 来たとき二台のトラクター, 来たとき五ヵ年計画の第, 来たとき五郎はあんまり, 来たとき井上のお, 来たとき京都の大きい, 来たとき亭主をかばっ, 来たとき人によった, 来たとき人々は列, 来たとき今までうつむき, 来たとき今どき山中の怪しげ, 来たとき今夜村上義清が折, 来たとき今度は私たち, 来たとき位ならいい, 来たとき佐倉屋がちょっと, 来たとき何であったか, 来たとき何んだか, 来たとき何処から来た, 来たとき使者をよこし, 来たとき保さん珍しくおそかった, 来たとき偶然ガンディの示威運動, 来たとき先刻からお, 来たとき先夜のあの, 来たとき先生の部屋, 来たとき入口のボックス, 来たとき出先でその, 来たとき別に取り立て, 来たとき加助が言い出しました, 来たとき北方の空, 来たとき十円出して, 来たとき厄介になった, 来たとき厨子王はこらえかね, 来たとき台所のところ, 来たとき吉田親分のところ, 来たとき吉良はわざと, 来たとき同様旅客の中, 来たとき呂布が, 来たとき四つの頭, 来たとき四人は附近, 来たとき四分の一世紀も前, 来たとき四時になる, 来たとき土人の手, 来たとき土地の人, 来たとき塩野は, 来たとき外はしきりに, 来たとき大軍の手配, 来たとき夫人はまたもや, 来たとき女中には暇, 来たとき妾は彼, 来たとき姉とともにいろいろ, 来たとき姫は蒼白い, 来たとき婦人がそこ, 来たとき安斎が車, 来たとき家人は彼, 来たとき寿は心配, 来たとき小作を集め, 来たとき小西行長が駈けつけ, 来たとき小野田の計画, 来たとき少女たちが彼ら, 来たとき尾崎士郎が妙, 来たとき川上の方, 来たとき巴里はこの, 来たとき年少組はおどりあがっ, 来たとき幽霊があの世, 来たとき幾千里となく, 来たとき座敷には足跡, 来たとき庸三はちょうど, 来たとき廊下の端, 来たとき弥生はハッ, 来たとき彼等は舟, 来たとき後から来た見た, 来たとき従管長コエリョは山口, 来たとき徳次の仲間, 来たとき念を押し, 来たとき急に矢代, 来たとき恰度その時, 来たとき悦子は携帯品, 来たとき我慢しきれなくなって, 来たとき所得は決定額, 来たとき扉をたたく, 来たとき放射線の強, 来たとき文学者の座談会, 来たとき文次は実に, 来たとき新子のため, 来たとき新聞の山, 来たとき日本じゅうに灰色, 来たとき昭夫は生れ, 来たとき是公が余, 来たとき時勢は如何, 来たとき暁を告げる, 来たとき木霊はドキッと, 来たとき本郷真砂町の伊沢, 来たとき本間家へは船中, 来たとき村の女房達, 来たとき栄子は苦し, 来たとき桃ちゃんもそろそろ, 来たとき案内者が, 来たとき梶は栖方, 来たとき横町から小川, 来たとき正代はぷいと, 来たとき母親と子供, 来たとき民衆の歓迎ぶり, 来たとき江戸の家々, 来たとき河田が内, 来たとき法印坊主しつッ, 来たとき浩は一飛び, 来たとき海老屋の番頭, 来たとき深刻な矛盾, 来たとき満潮に呑まれる, 来たとき溌剌とし, 来たとき火の気のない寒い, 来たとき無慙にも解体, 来たとき父親も丁度家, 来たとき珍らしく嬉し, 来たとき生絹は笛, 来たとき由良はそこ, 来たとき町の明るい, 来たとき界隈の様子, 来たとき発田のお, 来たとき真弓は微か, 来たとき真黒な服装, 来たとき知り合いとなった, 来たとき砂糖はまだ, 来たとき研究を継続, 来たとき祖父は思い出した, 来たとき私達は一つ, 来たとき絵にかいた, 来たとき縁さきにかけた, 来たとき舞台の中央, 来たとき良寛さんは自分, 来たとき花房が明日, 来たとき蜂谷が伸子, 来たとき蜂谷良作はいつも, 来たとき街の方, 来たとき裏の崖, 来たとき襟足を剃れ, 来たとき西谷はまだ, 来たとき視界に誰一人, 来たとき言出した, 来たとき話を一変, 来たとき誰からともなく, 来たとき諒安はからだ, 来たとき貞盛の策, 来たとき赤とんぼはおじょうちゃんの, 来たとき足音がし, 来たとき踏石から玄関, 来たとき身体権侵害の抗告, 来たとき軽井沢駅のあの, 来たとき農村ソヴェトの組織, 来たとき鉛筆をもっ, 来たとき鍛冶屋をし, 来たとき門のうち, 来たとき開会はもう, 来たとき階上階下とも寂, 来たとき青年はこの, 来たとき風の荒れ狂った, 来たとき食堂のよう, 来たとき駄馬人夫を率い, 来たとき駭かされた, 来たとき高樹町の実家, 来たとき鳥はがっくり, 来たとき鶏鳴をきいた, 来たとき黒と白, 来たとき黒田如水は秀吉, 来たとこう申すの, 来たところあなたは実に, 来たところその後に起った, 来たところてんに箸, 来たところどころの変化, 来たところアランベエル商会はその, 来たところ主人の大蔵, 来たところ十数名のよから, 来たところ十間のあなた, 来たところ向こう側の離座敷, 来たところ城中の不平分子, 来たところ思いのほかな辰巳, 来たところ手足の負傷, 来たところ昨夜来の猛, 来たところ晩飯を食, 来たところ此の騒ぎ, 来たところ竹中半兵衛の長子久作之, 来たところ等に注意, 来たところ風邪ひきで白髪, 来たとさアはい, 来たとじゃないですか, 来たとたんでした, 来たとたんはつとして立, 来たとたん火事は諸君, 来たとだけ言っても, 来たとっさの闘意, 来たとですけんどなあ, 来たとなその夏彦, 来たとのみ心得て, 来たとめという通い婆, 来たともかくも黙っ, 来たとりに来た, 来たとんぼ頭の丁稚, 来たどういう猿だ, 来たどうしても来ずには, 来たどさくさまぎれに, 来たどての切れた所, 来たなお気丈夫じゃあ, 来たなかに庸三, 来たなかなかに烈しい, 来たなじみのこの, 来たなぜ叔父さんを, 来たなつかしい紫の, 来たなとまで覚悟を, 来たなとも察しが, 来たなどが悪因と, 来たなどとは気づきも, 来たなにか獲物も, 来たならず者どもがあまり, 来たなんか云つて居る, 来たなんぞは近来に, 来たなんてんで懐いたん, 来たなァおめ, 来たにつれ若い婦人, 来たにとうろたへて, 来たにや来たもの, 来たねと目を, 来たのさへ解し, 来たのち幾多の修羅場, 来たのでか次第に初め, 来たのででもありましよう, 来たのでのうそこに, 来たのではアは, 来たのにからてでかえっ, 来たのにという悔いも, 来たのになあと私の, 来たのねという気持を, 来たのよとおっしゃるの, 来たのらがオレ, 来たのり子の豊田淳, 来たのんきな観光客, 来たはいいやで, 来たはげしい雷鳴も, 来たはじめての人, 来たはずみに, 来たはつ子がすべて勘違い, 来たはと言葉を, 来たはようもどったよ, 来たばかりで呼吸を, 来たばかりでも構いませんわ, 来たばかりとかですぐ, 来たばかりとのらしつつ, 来たばかりには家を, 来たばかりにも拘らずパリー, 来たばかりへ来て, 来たばくろうの類, 来たばっかしや, 来たばつにきっとく, 来たばばと権六, 来たひたぶるな身, 来たひと品はおどろく, 来たひと癖ありそう, 来たひと金子さんのお母さん, 来たひょろ長い男の, 来たびつこの年寄が二人, 来たびわをひきよせる, 来たふみが来た, 来たふんどしは, 来たぶち殺せと, 来たべか舟の, 来たべたりと縁の, 来たほとんど一刻前ここで, 来たほどなく敬君も, 来たほどに驚きました, 来たほどにも近づいて, 来たほやほや中学生の書生さん, 来たほんのすぐから, 来たほんのりと, 来たぼくが歳暮大売出し, 来たぼろを出す, 来たぼんやりとした, 来たまあどうぞこれを, 来たまずめでたい祝うべし, 来たまだ少しつめたい風, 来たまでにすぎない, 来たまでも語り続けた, 来たままどこを歩いた, 来たままヒョイと机, 来たまま先刻からこの, 来たまま船岡に留っ, 来たまま蓋を開けず, 来たまれびとが家あるじの生命, 来たまれびと神であり高天原, 来たみことのり, 来たみちを戻った, 来たみちのくの兵馬, 来たみやげの食糧, 来たみや古で一杯, 来たみんなの注意, 来たむし暑さの, 来たむちでその背中をつづけ, 来たむっちりした柔い, 来たむなしさが, 来たむねを告げる, 来たむりに探させた, 来ためづらしく法衣姿, 来たもう一度あの好人物そう, 来たもしあれに, 来たもともと我輩の, 来たものそれはで, 来たものそれらの雑多, 来たものたちは忠実, 来たものどもに復讐, 来たものらも事, 来たもの両方共始から別, 来たもの二十人あまりこの周囲, 来たもの人につかわれ, 来たもの他の二つ, 来たもの以上に非常, 来たもの南洋の小島, 来たもの吉川さん前の交番, 来たもの同志こんなこと, 来たもの同様であると, 来たもの四川の山奥, 来たもの売で, 来たもの徳でこんな, 来たもの日本の近海, 来たもの東洋の植民地, 来たもの法律上の不法行為等, 来たもの目の見えぬ, 来たもの都会を発見, 来たやうぢや, 来たやたら辛いダシ, 来たやっぱりい, 来たやつぱりさみしいさみしい, 来たやや険しい道, 来たやらそれが, 来たやり方から見, 来たやわらか物を, 来たゆえんではなかろう, 来たゆえ明朝父の居, 来たゆえ眉間傷の供養, 来たゆえ藪医でも相応, 来たゆえ貴様は今夜, 来たよいよいよいさて, 来たようそれが眼, 来たよという返答を, 来たよなんぞと折助言葉を, 来たよもないもん, 来たよりは遠い, 来たよれよれのレインコート, 来たらん心地すなり, 来たりっぱな自動車, 来たれいの頭, 来たろうではない, 来たろうそく問屋の娘, 来たわがままを後悔, 来たわが子の権, 来たわしが図案, 来たわしらこそ好え, 来たわたし達ではある, 来たわねと云って, 来たわれらでございました故, 来たわれわれ子供たちのため, 来たんざますが花魁, 来たんだい今日は, 来たんでねそれで, 来た乞食坊主が, 来たアイヌらは生れ, 来たアイノコが組, 来たアカシヤは卻つて此地, 来たアキアン民族であったとしても, 来たアシ君が槇子, 来たアジアにとってヨーロッパ大戦以来, 来たアスファルトの上, 来たアツシリアの竪琴, 来たアパートを趣味, 来たアマさんが不平, 来たアマチュアの有職故実家, 来たアメリカ人が, 来たアメリカ使節ペリイはこの, 来たアメリカ土人の鳥, 来たアメリカ女が並ん, 来たアラビアの沙漠, 来たアラユル戦慄的なもの, 来たアルコールを脱脂綿, 来たアルコールランプに火, 来たアルコール製の雨, 来たアルペンの族, 来たアルマンが初めて, 来たアンガス・タイト老人を連れ, 来たアンラッフに教え, 来たアーケードとは反対, 来たア今夜はおれ, 来たイギリス船は佐藤, 来たイスラエルの文化, 来たイタリア人らはいそいそ, 来たイメージだったが, 来たイヤな絵馬, 来たイルシューの手綱, 来たインクももう少し, 来たインテリ幇間の名, 来たインテリ連の複雑, 来たインド各聯邦, 来たインドのであり近ごろ, 来たインド楽であるから, 来たインバネスの男, 来たインフレ出版の現象, 来たイーサーの霊動, 来たウイスキイでちょい, 来たウファの, 来たウムベルト王はにやにや, 来たウルスター・ゴンクール氏も両手, 来たエエ彼の来る, 来たエゴール・サヴィチは食器棚, 来たエハガキをマジリマジリ, 来たエビルは此, 来たエライ先生珍しい先生, 来たエレベータアの箱, 来たエレーナ・ニコライエヴナはレーニングラード, 来たエロの殿堂, 来たエーテルとクロロフォルム, 来たオットセイの標本みたい, 来たオヤオヤと思い, 来たオランダ人が長崎, 来たオランダ土産の刺繍, 来たオレンジ色の太陽, 来たオワイの桶, 来たオーヂンと云う, 来たオートバイは今度, 来たカイゼルの藁人形, 来たカオカオもねえ, 来たカソリック自身の歎, 来たカテリーナ・イワーノヴナを一目, 来たカバンの中, 来たカフスボタンを紫, 来たカラクリの見世物, 来たカラシュークが真先, 来たカラ子の心配そう, 来たカルチェルラタンのイタリア, 来たカルマである, 来たカルロ・ナイン嬢の姿, 来たカレーライスを食べ, 来たカワラの話, 来たカンでぶった, 来たカンガルウ駱駝だの驢馬, 来たカンキナの瓶, 来たカンジキを金作, 来たカンテラを頼り, 来たカーネイシヨンであつ, 来たガチャ蠅の一人, 来たガラスのペン皿, 来たガンダーラの美術, 来たガーツルードがはじめて, 来たキジ猫を, 来たキナエンの薬袋, 来たキャンディーを二人, 来たキリストの額, 来たキンちゃんに話し, 来たキング九月号を連れ, 来たギブソンの, 来たギャルポという人たち, 来たギリシアの滅んだ, 来たギンはたじたじ, 来たクイックシルヴァは低い, 来たクマさんは一日, 来たクラシックを熱心, 来たクランクのよう, 来たクラークであろうか, 来たクリスチアーナにむかっ, 来たクレオパトラは味方, 来たクワとレーキ, 来たグリーゼルの借, 来たグルイツィコが声, 来たグレゴリ警部後者は運動家, 来たケンがダビット, 来たケンメリヒ中尉が恐ろしく, 来たゲール人の時代, 来たコクトオといふフランス, 来たココアをかきまわし, 来たコツプの水, 来たコムソモール達だ, 来たコロップも持て居る, 来たコーヒ沸しの, 来たゴオガンの手紙, 来たゴチャゴチャした家具, 来たゴロツキの一団, 来たゴンドラの舟, 来たゴーリキイ展からあんまり, 来たサイネリヤが雑誌, 来たサイレンの音, 来たサクレクール寺院の尖塔, 来たサッポロの地形, 来たサモイレンコを見, 来たサラムの一人息子, 来たサロンの下, 来たサンプルを持っ, 来たサーシャという子, 来たザラである, 来たシインとした, 来たシェイクスピアの彫像, 来たシェンク弁護士のほか, 来たシシリイの古都, 来たシップと云う, 来たシナ文字の通行券, 来たシビルの絵, 来たシベリアの去勢宗教, 来たシベリヤの一年, 来たシムソンはこの, 来たシモンやマシユウ, 来たシャアは相, 来たシュパウンはシューベルト, 来たシューラとの比較, 来たショウボートの唄, 来たシヨウチユウ一杯よばれて, 来たシヨウペンハウエルの著書, 来たシロモノを売りつける, 来たシーズン鹿を逐っ, 来たシーツはここ, 来たジェルテルスキーとエーゴル, 来たジャーナリストとドイツ人夫妻, 来たジャーナリズムの哲学的, 来たジョウは大, 来たスウィッチをひっかけ, 来たスカールの上, 来たスガメの下女, 来たスコッチの財政家, 来たスタイルをこわすまい, 来たストキと水夫二人, 来たストレーカからは擦傷一つ, 来たスマトラの島影, 来たスミであって, 来たスミス中尉も一しょ, 来たスミルノーヴァは確か, 来たスメルジャコフに向かっ, 来たセキストンが今ここ, 来たセリフが入った, 来たセルゲイを少年, 来たセルロイドの小さい, 来たセルヴォの谷, 来たソオンの谿流, 来たソシアリズムの精神, 来たソップを温め, 来たソフィヤ夫人とトルストイ, 来たソプラノ歌手で技巧, 来たソメを立て, 来たソレに対して幕府, 来たソレ中背の男, 来たソレ住が来た, 来たソヴェトの社会的現実, 来たソヴェト同盟のお, 来たタイプライターで, 来たタキシイドやソアレ, 来たタキシーで木島, 来たタクシーの一番前, 来たタバコの箱, 来たダイヤモンドを中央, 来たダイヤ入の指環, 来たダケのお話, 来たダニーロが妻, 来たダリアの花, 来たダリヤなど余り, 来たダンサー達を, 来たダンスをし, 来たダンテのよう, 来たダーリヤは東京, 来たチエ子を見る, 来たチチという小犬, 来たチベット人で真実, 来たチャブ屋の赤い, 来たチャンスを掴ん, 来たチャンタンといういわゆる, 来たチャーミングさんをひと, 来たチューブが声, 来たチーズを私, 来たチーフメートとの事, 来たヂューヂャにはその道, 来たツきりよそれから, 来たツアラトストラの大業, 来たツーカーンと金床, 来たテムポは明治, 来たテュロに赤い, 来たテラスでビール, 来たテンプラらしい大学生, 来たディーケ博士が私たち, 来たデカ者はあれ, 来たデクの棒, 来たデモが広場, 来たデュー夫人はそれ, 来たデリケイトな心づかい, 来たトマトの苗, 来たトムの姿, 来たトム公はこの, 来たトランクがのこつ, 来たトルコ人が群がっ, 来たトンボ口の方, 来たドアーの方, 来たドア口から須永, 来たドイツがシュリーフェン, 来たドイツ観念論はここ, 来たドクタア・ヴェーダーにも移る, 来たドッジの箱自動車, 来たドミトリイ・フョードロヴィッチが言った, 来たドミトリーを見る, 来たドレゴからあと十分間, 来たドーデが巴里, 来たナという直感は, 来たナチとの闘争, 来たナツメを下さい, 来たナポレオンはという, 来たニヒルも表現主義, 来たニャートンの大, 来たニュウスをみんなお伝え, 来たニュースの中, 来たネタには何かしら人, 来たネネの面影, 来たノオトをすっかり, 来たノートル・ダムの尖塔, 来たハイドリオタフヒアを出し, 来たハイヤを停め, 来たハガキ三枚貰ふ, 来たハタを織る, 来たハチとクモ, 来たハナかるたを遊ぶ, 来たハンカチ包みから外套, 来たハンガリイの同志, 来たハンケチを私, 来たハート型に頭文字, 来たバイオリンを弾き出す, 来たバイブルをあまりに, 来たバケツをおろした, 来たバスのかえり, 来たバスケットとやがて, 来たバッハの小さい, 来たバツクの, 来たパアテーは明日, 来たパッカードのオープン, 来たパナマ丸が舳, 来たパラオ語まで忘れる, 来たパラソルを手, 来たパラフィン紙に包ん, 来たパリで伸子, 来たパンジーの花束, 来たパンフレットで少しよく, 来たパートナーと踊っ, 来たヒュースの拳骨, 来たビクトワールは, 来たビショット氏を見る, 来たビッシェールの画, 来たビフテキトンカツエビフライなどを馴れぬ, 来たビュラクラティスト地獄等或感じ, 来たビラの付かない, 来たビルを見る, 来たビール壜を二本, 来たビール瓶をさげ, 来たピエルと云, 来たピエル・ロチの, 来たピグミーがありました, 来たピグミー先生で得意, 来たフィオーナという兵隊, 来たフィルムはこれ, 来たフイリツプが僕等, 来たフェンシング・スォウルドだつた, 来たフエンシング・スオルドだと, 来たフォアグラの味, 来たフオード自動車を駆, 来たフジコのこと, 来たフトンヤクワンキモノホン, 来たフュージスとかナトゥーラ, 来たフランクに家人, 来たフランスパンをかくし, 来たフランス語に対しまた, 来たフランボーだ, 来たフリジアである, 来たフロシキ包みを解き, 来たフロックコートの伯父さん, 来たフロレンスの生活, 来たブランデイのビン, 来たブランデーの量, 来たブラ提灯をつり下げ, 来たブルウの疲れた, 来たブルウル氏はやがて, 来たブルース夫人は日本及朝日新聞社, 来たブレシントン氏にこの, 来たプラタアヌの葉, 来たプラーゲらしい面倒, 来たプログラムにしたがっ, 来たプロレタリア作家団が大衆, 来たプロレタリア文学の新しい, 来たプロレタリア文学運動の萌芽, 来たプロレタリア文芸が実に, 来たヘボ絵描きの家, 来たヘリコプターは強い, 来たヘンリイ・ウイリアムズによって愕, 来たヘンリイ卿の顔, 来たベイツ医師が細かく, 来たベエベエあまのくせ, 来たベッキィはこんな, 来たベナアル氏の印度土産, 来たベニがドア, 来たベニスは定めし, 来たベルギー婦人があっ, 来たベルネのおばあさん, 来たベートーヴェンの第, 来たペルリは軍艦四艘, 来たペンギン鳥かあざらし, 来たホツパアの姿, 来たホワイトローズの甘い, 来たホンケが来た, 来たホンダハラやテングサ, 来たボリソグレーブスクの坊さんたち, 来たボルドオ附近の平野, 来たボロ自動車, 来たボーイ頭が支配人, 来たボートでオール, 来たボールを取ろう, 来たボール箱にはなるほど, 来たポインター雑種の赤犬, 来たポタージュをすすり, 来たポチを見る, 来たポプラーの若葉, 来たポラーノの広場, 来たポリニャークが突, 来たポルトガル公使一行六十余名すら容赦, 来たポーレットが別れ, 来たマクシム・ゴーリキイは歓迎, 来たマクラ魚が直ぐ, 来たマストリリですら, 来たマダム貞奴を細か, 来たマチスの画, 来たマッチの絵, 来たマニラの葉巻, 来たママはこう, 来たマメイドの娘, 来たマユ袋を頭, 来たマラリヤを発病, 来たマルセル・プルウストのやさしい, 来たマルセーユの夜街, 来たマーレースコットブロシウスのよう, 来たミカンを自分, 来たミチミが帰っ, 来たミミコがそう, 来たミルを採集, 来たミルク・フッドを茶碗, 来たムイロフが開いた, 来たムクのこと, 来たムッシュウ・ドュフランは彼等, 来たメエヴは喜び, 来たメグがジョウ, 来たメフイストフエレスが云, 来たメリンスの布, 来たメルチセデクと話し, 来たメロスよ, 来たメーデーまでに, 来たモデルとの密接, 来たモノスゴイ手品の種シカケ, 来たモノスゴイ説明がやっと, 来たモメントが今日, 来たモルガンは沢文旅館, 来たモングリや, 来たモンタージュの力量, 来たヤツをやはり, 来たヤナギの木群れ, 来たユダヤでも第, 来たヨソイキの着物, 来たヨハンネスがやさしい, 来たヨーロッパ人仲間で彼ら, 来たヨーロッパ諸国の民衆, 来たラウペパ軍のため, 来たラエーフスキイはアチミアーノフ, 来たラキーチンが一人, 来たラジオのスイッチ, 来たラマを導き終る, 来たラムネをおいし, 来たラムプを取り捲き, 来たラメセス二世の方, 来たリアリズムから脱, 来たリズムそのままふっ, 来たリセプトに拠っ, 来たリモオジュまでの汽車旅, 来たリラの前, 来たリンドバークのよう, 来たリーズがわたし, 来たルイザに尋ねた, 来たルウスは特徴, 来たルケアーノフは物, 来たルナビゥムは大切, 来たルピック夫人の姿, 来たルポルタージュ方式のこと, 来たルンペンのやう, 来たルーサンの方, 来たレコードもどちら, 来たレデー達に十円, 来たレニエ夫人であると, 来たレモンの露, 来たロシアオペラだって人々, 来たロシアパン甘いこんな, 来たロシヤの勢力, 来たロビンフード物語りと, 来たロビン・フツドの党員, 来たロマンチスト僕があなた, 来たロマンティシズムが, 来たロロ公爵をそんな, 来たローゼマリーもその, 来たローソクを新しく, 来たロードスターを歩道, 来たロード・スタアがその, 来たロープの上, 来たローマ旧教の僧, 来たローリイに頼む, 来たワラタ号に追い抜かれ, 来たワルデルゼイ軍医大佐は私, 来たヲロヂカは矢張流浪人, 来たヴィエンヌ河の水声, 来たヴィクトーリア女皇の時代, 来たヴィユウ・コロンビエ座の陣容, 来たヴェロナールを風呂場, 来たヴォドピヤーノフの報告, 来た一つぶの雨, 来た一カ月余の後, 来た一ツ橋家の勢, 来た一ト束ねの物, 来た一万四千フランの借財, 来た一九三六年型のパリ女, 来た一事だ, 来た一二の秋草, 来た一人息子とが既に, 来た一人旅の子供, 来た一介の藤吉郎, 来た一代にとっては地道, 来た一件物お夏, 来た一体の人骨, 来た一個年紀の少い, 来た一僕を召しつれ, 来た一円二十銭のうち, 来た一冊の書物, 来た一凡人である, 来た一函の書状筥, 来た一切蔵経が仏堂, 来た一列の騎馬, 来た一刻の夫婦, 来た一勝負やらかさう, 来た一升ばかり分け, 来た一升壜の開かれた, 来た一半の理由, 来た一口にいう, 来た一周年を迎えた, 来た一回目の手紙, 来た一城のあるじ, 来た一夜ちょうどそれ, 来た一夜悪漢があっ, 来た一大反抗の精神, 来た一女性は亡き, 来た一寸便りを, 来た一寸法師が一, 来た一将がこう, 来た一年の先生, 来た一年余りの歳月, 来た一度は来る, 来た一座一行の間, 来た一心が崩れ, 来た一括の古文書類, 来た一挺こそ先, 来た一支流が湯檜曾, 来た一文字の笠, 来た一方の小舟, 来た一方口が俄, 来た一族のうち, 来た一旒の錦旗, 来た一日はちょうど, 来た一日一石としたら, 来た一日本人があつ, 来た一昨夜のたたり, 来た一昨年も来た, 来た一昨日から逢いたくっ, 来た一本足の烏, 来た一本道へと踵, 来た一束の手紙, 来た一柄五葉の矢車草, 来た一梃の小剣, 来た一機が照空燈, 来た一歩一歩にそれ, 来た一片の鳥肉, 来た一生涯の光景, 来た一町人は京極方, 来た一番水を毎時, 来た一疋の黄牛, 来た一着の銀鼠色, 来た一瞬の感情, 来た一種滑らかな静止, 来た一種異様な鬼胎観念, 来た一空さまはしばらく, 来た一線を堤, 来た一縷の光線, 来た一美童に役人たち, 来た一脈の薫風, 来た一腰があるじゃろう, 来た一般人民はこの, 来た一般民には生れ, 来た一草一木を机上, 来た一荘やるかいな, 来た一行九人づれの武士, 来た一行八人の奉幣使, 来た一要素なること, 来た一言であった, 来た一貫した指導方針, 来た一軍団であった, 来た一軒の家, 来た一転機からの総くずれ, 来た一農夫があった, 来た一部将の口, 来た一閃刃梢をしなわせ, 来た一陣の烈風, 来た一頭の大, 来た一類と混同, 来た一駄の酒商人, 来た丁度その日, 来た七つ八っつの, 来た七人の男, 来た七八十名の子飼い郎党, 来た七兵衛がんりきの両, 来た七十の齢, 来た七十余両はそのまま, 来た七面鳥がだしぬけ, 来た万太郎の刀, 来た万屋の主人, 来た万延安政年代以来からの宿方, 来た万石浦から女川湾, 来た万福の父, 来た丈夫な木綿, 来た三万人の将士, 来た三世相解が手, 来た三之助は塀, 来た三人づれが蘆の横川, 来た三人組があった, 来た三人連の客, 来た三人連れの職人ふう, 来た三代の王朝, 来た三分の二あたりの所, 来た三匹の猫, 来た三十の櫓船, 来た三十がらみの若者, 来た三十二三の職人体, 来た三十二人の住所, 来た三十五六の精悍, 来た三十余名の郎党, 来た三十円を枕元, 来た三十前後の町人風, 来た三十年間には何遍, 来た三十日の朝, 来た三十歳あまりの背広, 来た三千四千という共鳴者, 来た三千子さんの最近, 来た三右衛門矩之に嫁, 来た三味線や業業, 来た三味線音楽家杵屋一家の人々, 来た三四人の放免たち, 来た三四円の金, 来た三四枚の絵端書, 来た三太夫の慌て, 来た三島の一家, 来た三崎街道よりず, 来た三州と信州, 来た三年の下宿生活, 来た三年前のこと, 来た三挺の梯子, 来た三晩ばかりは一睡, 来た三枚目な奴, 来た三枝機関士に訊ねた, 来た三歳の女児, 来た三段歩近くの立派, 来た三毛がぶるぶる, 来た三河の古老たち, 来た三津子は事件当時, 来た三津子さんがこんな, 来た三浜の漁村, 来た三浦観樹老人が一代, 来た三田村君に出会いました, 来た三田村技手がこの, 来た三番目の男の子, 来た三疋の綿羊, 来た三百の関門兵, 来た三益まだ帰らず, 来た三谷と二人切り, 来た三輪事がその, 来た三重吉豊隆草平臼川その他の人々, 来た上りの貨物列車, 来た上り電車で乗客, 来た上り鰻を山の手奴, 来た上下の実状, 来た上下二冊の, 来た上亭主の造酒助, 来た上品な旅, 来た上屋敷の侍, 来た上方風な家屋, 来た上杉家の若い, 来た上浴衣がけになっ, 来た上空にもう, 来た上等のたい, 来た上総介広常からも言葉, 来た上郷村人足寄場の者, 来た下っ端である, 来た下り松は今, 来た下人どもはもう, 来た下僕に案内, 来た下僕達も小, 来た下宿の女将, 来た下宿人に対して急, 来た下島と祖母, 来た下男を帰し, 来た下相談は言わば, 来た下着の旅行販売人, 来た下等のクリーム, 来た下級参事官はもう, 来た下級宗教家の業蹟, 来た下部が僕達, 来た不利な局面, 来た不動の木像, 来た不可入性などについては疑問, 来た不可思議な気持ち, 来た不可抗力を表, 来た不吉な人間, 来た不埒な奴, 来た不寝番の仲どん, 来た不平だとも, 来た不愉快な話, 来た不愉快さ憂鬱さ又は年老い, 来た不浄のもの, 来た不自然なもの, 来た不良青年の二人組, 来た不覚のほど, 来た不随意筋ばかりで出来てる, 来た与之助の外, 来た与兵衛は助蔵, 来た与力お手先, 来た与力同心は大抵, 来た与四郎兵衛が切腹部屋, 来た与平はまるで, 来た与那国島の出稼人, 来た丑之助君が羽織袴, 来たであり又, 来た世の中を正直, 来た世代のチャンピオン, 来た世界文学全集が十万以下, 来た世界観はだから, 来た世間並の駒下駄, 来た世間知らずがはっと, 来た世高を見つけた, 来た岸の, 来た両人に別れ, 来た両家確執の火, 来た両紙へ書き出した, 来た中位の箱鞄, 来た中佐の御, 来た中傷という事, 来た中国とともに自身, 来た中国村民がそれ, 来た中央線の列車, 来た中学の教師, 来た中学五年の生徒たち, 来た中学時代の同窓, 来た中川一政の, 来た中川瀬兵衛へも高山右近, 来た中川隊は当然, 来た中折帽の男, 来た中村屋が今後百貨店, 来た中村柊花君が宿屋, 来た中村警部に地下, 来た中條も貧乏, 来た中沢氏と一晩山上, 来た中里道朔という医者, 来た中野の方, 来た中間の与市, 来た中頃で自分, 来た中鯛を五六匹土間, 来た丸い腐蝕された, 来た丸木の顔, 来た丸髷に赤い, 来た丸麺麭の固く, 来た丹下左膳無法の法, 来た丹羽長秀に会った, 来た丹造は妙, 来た主らはこの, 来た主任看護婦が馴れた, 来た主君を正面, 来た主演者の兵火, 来た主税にちょい, 来た主膳の面影, 来た主要な目的, 来た主要颱風との相互作用, 来たもそのまま, 来た乃公が広告, 来た久しい伝承が, 来た久しぶりに三人, 来た久七酒好きだが, 来た久光の心, 来た久子のまぶた, 来た久左衛門の長男, 来た久米桂一郎氏がまだ, 来た久衛と秀, 来た乗合にのる, 来た乗合自動車に荷物ごと, 来た乗馬者を呼び止め, 来た乙女のこの, 来た乙女椿や紅梅, 来た乙若の妻, 来た乙電車が, 来た乙骨医師は五十, 来た九十六号の自動車, 来た九太の田舎, 来た乞食俺よりいい, 来た乞食共の中, 来た乱婚の風儀, 来た乳房のよう, 来た乾兒の一人, 来た乾分七八人の中, 来た亀たちと一, 来た亀蔵という伜, 来た予想外な戦力, 来た予感を眼, 来た争議団員たちを他, 来た事々にはさすが, 来た事これは都新聞, 来た事すべてを引きうけ, 来た事ゆえハッと, 来た事ゆえ老神まで参りましょう, 来た事丈でさえ異, 来た事件そこに流れ, 来た事努力を傾け, 来た事務員が乗り出した, 来た事実稀代の才物, 来た事実談を私, 来た事業家であった, 来た事業項目を表, 来たはいの, 来た二つ目の噺家, 来た二ツの姿, 来た二メートルほどの棒, 来た二万の軍勢, 来た二三五号室涼しい, 来た二三人連の客, 来た二三冊の書籍, 来た二三十名の新田方, 来た二三名の目明したち, 来た二三日中に送り込むだろう, 来た二三日後そのドラム缶, 来た二三本の酒, 来た二人づれの老人, 来た二人三人四人手に手, 来た二人喬之助, 来た二冊の, 来た二十一二位のおとなし, 来た二十七の町方, 来た二十三歳のケーテ, 来た二十世紀の混乱, 来た二十九年の歩み, 来た二十余輛の車, 来た二十名ばかりの一族郎党, 来た二十四五の婦人, 来た二十日ぶりに快, 来た二千ドルの小切手, 来た二千台の大, 来た二台の自動車, 来た二台目も駄目, 来た二尺あまりもある, 来た二尺足らずの箱, 来た二年兵が云った, 来た二度の旅びと, 来た二挺の駕籠, 来た二時半に此処, 来た二本煙筒の汽船, 来た二枚の白い, 来た二梃の人力, 来た二番息子の逞しい, 来た二番手千四百余人が陣, 来た二畳敷ほどな, 来た二百両の小判, 来た二艘の早船, 来た二葉亭は柵, 来た二輛の人力, 来た二輪馬車がおい, 来た二階の教室, 来た二隻の偵察艇, 来た二頭立ての馬車, 来たは, 来た五つ六つの娘, 来た五トンの爆弾, 来た五ヶ国の大小, 来た五両一分二朱と六十八文, 来た五人目の女, 来た五人組は何者, 来た五人連れのお, 来た五六匹の犬, 来た五六十疋というそれ, 来た五六十箇の腐つた, 来た五六名の人間, 来た五六行の文章, 来た五六間の距離, 来た五十近い田舎者, 来た五十年輩の三味線, 来た五升の米, 来た五右衛門の太刀風, 来た五合一升一升五合入の三組, 来た五名がありました, 来た五年生の時, 来た五月麦藁で, 来た五梃駕籠がエイハア, 来た五百両はみんな, 来た五郎といふ犬, 来た五郎蔵達で二人, 来た井上唖々氏は昔, 来た井伏鱒二と言う, 来た井出夫人はこの, 来た井刈安蔵といふ人, 来た井戸水であった, 来た亜硫酸瓦斯の悪, 来た亜米利加の新聞, 来た亡者役の彦兵衛, 来た亡魂とかが弱り目, 来た亢金竜がその, 来た交番まであと, 来た交通巡査が同時に, 来た京伝のお, 来た京吉の言葉, 来た京子の死, 来た京山を思う, 来た京弥を見迎え, 来た京極を誘っ, 来た京極方もなかなか, 来た京趣味茶室風のしるこ屋, 来た京都大学の浜田青陵氏, 来た京都祇園の歌舞, 来た京都行きの省線, 来た京野というもの, 来た人がんりきと七兵衛, 来た人ぢや有, 来た人世観をすら組織, 来た人丹野山原山岡妻木実三沢宍戸小野安成岡崎読売の女, 来た人事で必然, 来た人人のほか, 来た人体を見る, 来た人勢はそこ, 来た人参を飲ん, 来た人名等であつ, 来た人声やら馬蹄, 来た人夫達が朝, 来た人家でどうやら, 来た人形箱を渡し, 来た人格尊重の念, 来た人気だから, 来た人物同様いつ帰って, 来た人生の季節, 来た人相手の感情, 来た人私は時代, 来た人秋田鳴海レーニングラットのВОКС, 来た人絹の古い, 来た人語に潜む, 来た人買の一人, 来た人造人間であるが, 来た人達識者は幾多, 来た人間たちだよ, 来た人間性においてとらえ, 来た人間生活の秩序, 来た人間相互の間, 来た人間道が不, 来た人類があっさり, 来た人馬立辻帳なぞを差し出す, 来た人黒の紋付, 来たっぽいところ, 来た今一つの理由, 来た今与右衛門は逃げ, 来た今井の方, 来た今川には奇勝, 来た今川方の大, 来た今旅客はこの, 来た今日これを書く, 来た今日個人的美術の概念, 来た今日婦人作家たちの間, 来た今春預けて, 来た今時風な若, 来た今源兵衛が湯, 来たは貧しい, 来た仏兵助はさっぱり, 来た仏天を祭っ, 来た仏弟子を修業半ば, 来た仏教はシナ化, 来た仏教美術はもう, 来た仏牙も大方此類, 来た仏蘭西出来の茶碗, 来た仏頂寺はじめ三人のもの, 来た仔細は直に, 来た仕事師だつてさ, 来た仕方も亦, 来た仕業である, 来た仕立屋の役, 来た仕立飛脚氏はここ, 来た他人に求むる, 来た他国には見られぬ, 来た付木にいそがしく, 来た仙人が来た, 来た仙台の家中, 来た仙太が道服, 来た仙妃は笑っ, 来た仙岳和尚や四, 来た代々の学者, 来た代々木の事務所, 来た代価は幾, 来た代言とでも云いたい, 来た以上ここは何, 来た以上そち一人では, 来た以上それを描き, 来た以上カンジンカナメの点, 来た以上主従四人一体となっ, 来た以上仕方がない, 来た以上女子の職能, 来た以上彼の一生, 来た以上後の二人, 来た以上相手の眠り, 来た以上私は更に, 来た以上素通りもと私は二度目, 来た以上自分の胸, 来た以上襲撃事件などがなかっ, 来た以上詮議に詮議, 来た以上話のたね, 来た以上鬼仏洞の秘密, 来た以後この意識, 来た以来買収して, 来た仮装者の多く, 来た仲仕がある, 来た仲仕たちの中, 来た仲働小間使私の乳母, 来た仲間二人が通りすがり, 来た仲間同志ではない, 来た仲間奴だが, 来た件皇帝の非凡, 来た件石井漠の件その他, 来た伊之助と同じ, 来た伊保木金太郎が通りかかり, 来た伊兵衛には日本左衛門, 来た伊勢新九郎は金貸, 来た伊勢海老をほほ, 来た伊吹の西谷, 来た伊太利フローレンス製の大理石, 来た伊奈半十郎配下, 来た伊木半七郎, 来た伊藤六の胸板, 来た伊藤松雄とその, 来た伊藤熹朔君を装置家, 来た伊達家の臣下, 来た伏見鳥羽の戦い, 来た休火山の噴煙みたい, 来たとか誰, 来た会合と自分, 来た会員の一人, 来た会得されて, 来た会見の場所, 来た会話はいつの間にか, 来たへがある, 来た伝七は茶の間, 来た伝令のアイヌ, 来た伝六は別口, 来た伝染病科長は廊下, 来た伝統そのものは昔ながら, 来た伝馬船を渚, 来た伯父たちは夢中, 来た伴天連の中, 来た伴造は昨夜, 来た位山はあの, 来た位憂鬱だ, 来た位牌や薄く, 来た位置とその, 来た佐々勢の怒, 来た佐々家の血統, 来た佐々木高氏がもひとつ, 来た佐久間勢のうち, 来た佐久間大学の郎党, 来た佐五郎老体の眼鏡, 来た佐伯氏は椅子, 来た佐倉の人びと, 来た佐吉とみゆる, 来た佐藤が知れ切った, 来た佐藤夫妻と栄さん, 来た体制を今, 来た体操教師に何, 来た体生れ更り同士, 来た体験の賜物, 来た何だか嫌な, 来た何となく誰もが, 来た何やらさびしい気もち, 来た何んだ, 来た何事だらう, 来た何人か来, 来た何冊かの本, 来た何割引かのもの, 来た何割引きかのもの, 来た何卒降雪ねば, 来た何如璋と云う, 来た何所からともなし, 来た何故そんなつまらない, 来た何時の手紙, 来た何枚かのセザンヌ, 来た何気なく両方で, 来た何源が高, 来た何百という野次馬, 来た何百人という顔ぶれ, 来た何百円かの原稿料, 来た何藩かの軍隊, 来た余波で私, 来た作兵衛は, 来た作家それが成長, 来た作家評論家の行為, 来た作用であった, 来た作者藤木氏の文学修業, 来た作風の型, 来たし何, 来た使節が慶祝, 来た使臣の所有, 来た侍どもはその, 来た侍女たちはすぐ, 来た侍者は一回, 来た供人らも当然, 来た供侍の空列, 来た依頼人は彼, 来た価格騰貴の原因, 来た侵略戦争を必要, 来た便化の伝統, 来た便器で大用, 来た係長は人, 来たに明るく, 来た俊助は制服, 来た信二郎は小さな, 来た信号の文句, 来た信子は, 来た信徒がいる, 来た信心家であつ, 来た信念でもあります, 来た信濃名所集と云, 来た信玄もまだ, 来た信用と言, 来た信雄と直属, 来たに積み, 来た修史の事業, 来た修業のあと, 来た修禅寺紙有馬筆伊勢荒布の名産, 来た修羅場のこと, 来た修蔵めと何歳, 来た修験者が寝室, 来た俳人諸君の為す, 来た俳優志望者からでき, 来た俳句というもの, 来た俳行脚をつ, 来た俳諧者流の添水説, 来た俺ぢやない, 来た俺達の親愛, 来たを見, 来た倉卒の書状, 来た倉地小谷のふたり, 来た倉持の絵葉書, 来た個々人の偉, 来た個人主義的なリアリズム, 来た個人個人の気質, 来た個人生活を停止, 来た個所を見る, 来た候補生だが, 来た借家のほう, 来た借家人たちがその, 来たの神, 来た倭文子はと見る, 来た偃松も岩, 来た偉い人は, 来た偉丈夫が見えた, 来た健一はよく, 来た健三はこの, 来た健坊がいきなり, 来た健康はじきに, 来た側臣の重なる, 来た偶然のこと, 来た傀儡子や土師部, 来た傀儡師の肩, 来た傅役たちもいま, 来た催眠薬を出した, 来た傷兵やインタアル付近, 来た傷負から聞い, 来た傾城どもだ, 来た僕宛のカワセ, 来た僕達を見る, 来た僕達夫妻はそれ, 来た僚兵に僕, 来た儘静子は再び, 来た優しい態度と, 来た允男は允子, 来た元始人類から現在, 来た兄妹をこんな, 来た兄様とあたし, 来た兆候なの, 来た兇状持ちだ, 来た兇猛な青筋, 来た先入主である, 来た先入観が根本, 来た先日懇請したの, 来た先生方は声, 来た先生賢愚不肖とも名状, 来た先祖たちがいた, 来た先祖代々の姿, 来た先般の歎願書問題以来, 来た先駆の人々, 来た光代の気, 来た光厳でございます, 来た光子が, 来た光明によって得られた, 来た光栄を思おう, 来た光次郎にもっとよく, 来た光線に似, 来た光輝ある石, 来た兎欠脣の定吉, 来た児玉誉士夫安倍源基らの人々, 来た児童らが両手, 来た兜町らしい男, 来た入り口のほか, 来た入墨者もいる, 来た全くちがった二つ, 来た全線の体形, 来た全身的疲労の一部, 来た八つ山下の景色, 来た八ヶ嶽の今日, 来た八九郎を診察, 来た八人めの少女, 来た八十六箇のそれ, 来た八州の役人, 来た八幡村へ行く, 来た八弥は苦悶, 来た八木と八木, 来た八木音松少年だった, 来た八本の架空線, 来た八歳の政吉, 来た八王子だ, 来た八百万石の将軍家, 来た八百円の金, 来た八百屋や指物師, 来た八荒坊だったの, 来た八重と郷里, 来た八重子を提灯, 来た公儀政体組織の下, 来た公卿および六波羅, 来た公卿たちとは同じ, 来た公卿車の一つ, 来た公卿風な人, 来た公子余四麿の従者, 来た公爵ルイ十五世ふうの卓, 来た公用の記録, 来た公私さかさま, 来た公綱であった, 来た六さんといっ, 来た六人の地蔵, 来た六十七の老人, 来た六十万円をひそか, 来た六十五年の歳月, 来た六十六部が彦次郎, 来た六名は糊目, 来た六地蔵の一体, 来た六平太が突き当る, 来た六部がそれ, 来た六頭立の軽, 来た共感の気持ち, 来た共産党の性質, 来た共通の始祖, 来た兵卒が岩, 来た兵士今度は何, 来た兵士等を待っ, 来た兵士達にこの, 来た兵庫が, 来た兵庫介を体当り, 来た兵糧米の炊きたて, 来た兵部の娘, 来た兵隊たちを引きとめ, 来た其中の一人, 来た其印南の国, 来た其娘は二十前後, 来た其折の頃, 来た其横手に石燈籠, 来た其物をポチ, 来た其翌日である, 来た其葉書はやめ, 来た其言葉を唱, 来た具足を見せられ, 来た具足櫃をそこ, 来た具足職人のはず, 来た典獄が言った, 来たの顔, 来た兼松がずっと, 来たの一つ, 来た内儀までが廊下, 来た内儀さんに酒, 来た内地の旅, 来た内海厚という外語, 来た内田氏の几帳面, 来た内省的になっ, 来た内聞による, 来た内臓をやはり, 来た内飾りがその, 来た円い大きな自然石, 来た再び不注意, 来た冒険について思い耽った, 来た冒険家や旅行者, 来た写真屋がマグネシューム, 来た写真師が抜け駆け, 来た写経はそれ, 来た冬ごもりの季節, 来た冬至の椿, 来た冷淡な気持, 来た冷茶を客, 来た冷血残忍な, 来た冷酒を硝子盃, 来た凄い引き眉毛の, 来た准后阿野廉子と第, 来た凋落と同じ, 来た凛々しい若公卿, 来た処謀叛僧文覚が荒行, 来た凱旋門の下, 来たではなかっ, 来た出がらしの茶, 来た出会い頭にそこ, 来た出会頭不意を喰っ, 来た出入りの商人, 来た出入口の方, 来た出刃で毛皮, 来た出口さえ分らなくなりました, 来た出合いがしら, 来た出屋敷の危急, 来た出方の藤吉, 来た出来事の一つ, 来た出水が多く, 来た出版業者は二三年以前, 来た出目洞白の般若, 来た出鱈目として笑っ, 来た刀光をかわし, 来た刃先を左, 来た分析は今, 来た分銅から五尺, 来た切り鯨にたいしては二十, 来た切実な気持, 来た切支丹の張本人ザビエル, 来た切支丹族の者, 来た切符売場のよう, 来た刑事さんが, 来た列車長はがらん, 来た初めての西洋, 来た初代の磯屋平兵衛, 来た初冬の夜空, 来た初日からこれ, 来た初期のオランダ人, 来た初茸を汁, 来た初蔵の姿, 来た初陣の息子, 来た初頃には私, 来た初鹿野伝右衛門は, 来た判官は如才, 来た別に二三人の, 来た別嬪の摂待, 来た別家の久左衛門, 来た別当の虎吉, 来た別所信濃守です, 来た別荘地へと分かれる, 来た利権屋や商人, 来た制度を続け, 来た制服の大学生, 来た刷り物を窓ぎわ, 来た刺客の一人, 来た刺戟によってピリピリ, 来た刻下の目的, 来た刻限に一種, 来た前代の文明, 来た前代未聞の道場, 来た前代良持からの半, 来た前年殺した讐, 来た前後左右の乱刀, 来た前後彼は二時間, 来た前方の敵, 来た前日彼は東京中, 来た前田又左衛門利家, 来た前田玄以のす, 来た前線の一将, 来た前途は石垣, 来た前面の敵, 来た剣士ではなかつた, 来た剣客こそ年来, 来た副島はいくら, 来た劇作家兼演出家の横沢太郎氏, 来たの豆太郎, 来た力強い男に, 来たを空しく, 来た加助を見た, 来た加勢である, 来た加奈太政府の労働大臣, 来た加奈子の視力, 来た加奈江は必死, 来た加藤肥後守清正と小西, 来た助五郎は正に, 来た助太刀を断る, 来た助手の村尾健治, 来た労働新聞を傍列, 来た労働階級とよく, 来た効果に何, 来た勇ましい軍歌の, 来た勇吉が庭口, 来た勇士と思っ, 来た勇士たちも領民, 来た勇士達がこの, 来た勇太郎が表, 来た勇少年は気の毒そう, 来た勇敢な騎士ぢ, 来た動向から見, 来た動物性の暴露, 来た動物資料はその, 来た勘次が彦兵衛, 来た務め人のやう, 来た勝利者の乱暴さ, 来た勝安房は斉彬, 来た勝義邦と識合, 来た勝見そして丈太郎氏, 来た勝豊が涙, 来た勝重は美濃落合, 来たは金づまりと共, 来た勤労大衆婦人青少年の生活, 来た勤労男女が基本的, 来た勤勉などとはまるっきり, 来た勤王家の新しい, 来た勲章を持つ, 来た勿論それは, 来た包み物を解き出した, 来た包装部主任の, 来た化学工業会社がどう, 来た化粧としか思われません, 来た化粧道具が入っ, 来た北原と品右衛門, 来た北原ミユキは顔, 来た北方の山地, 来た北条新蔵, 来た北条方の兵, 来た北条美作と桃, 来た北海帰りの汽船, 来た北海道への開拓方, 来た北海道産の梅千代, 来た区別に従え, 来た医学士は別室, 来た医者たちにもその, 来たの指, 来た十一月一日から二十何日間, 来た十万の味方, 来た十三の体, 来た十三人の美濃衆, 来た十三歳になる, 来た十九の時, 来た十九歳の娘, 来た十二三歳の娘さん, 来た十五六才の元気, 来た十五郎が嘘, 来た十代の頃, 来た十何円の金, 来た十何足の草鞋, 来た十個の味噌樽, 来た十八世紀の啓蒙時代, 来た十八九歳の時分, 来た十八娘ですが, 来た十六冊の書物, 来た十六日の月, 来た十兵衛に祖父, 来た十内からの手紙, 来た十四許になる, 来た十幾人かは夕飯, 来た十数人の仲間, 来た十数年の月日, 来た十数年間を思え, 来た十時過ぎて, 来た十月の青空, 来た十袋の麦, 来た十郎左衛門へ喰っ, 来た十騎ばかりの将士, 来た千万無量の心理的習慣性, 来た千世子の家庭, 来た千代という娘, 来た千代紙で着物, 来た千寿がはいっ, 来た千斎は静か, 来た千曲川上流の渓谷はさ, 来た千松役の芝芸雀, 来た千枝子にそそがれ, 来た千種忠顕と一条行房, 来た千草の股引, 来た千駄木の植木屋, 来た卅二三の男, 来た午前の光線, 来た半兵衛重治は側, 来た卑屈だ, 来た卓二は明るい, 来た協同者である相沢さん, 来た協調の精神, 来たのお, 来た南側と幾分, 来た南夷陵の道, 来た南条村の館松縫助, 来た南波の甥, 来た南洋群島の島々, 来た南玉の後方, 来た南町奉行所の白洲, 来た南軍の密偵, 来た南部の生娘, 来た南部僑一郎と出かける, 来た南部表革鼻緒の雪駄, 来た単にそれだけの, 来た単純なメロディ, 来た博徒の群, 来た博識耆域は渉船, 来た卜部関係の語部, 来た卯女子からは特別, 来た卯木が小走り, 来た印つきの送り状, 来た印度人楽屋にはお玉, 来た印度総督攻撃の名文, 来た危険に満ちた, 来た危難を切りぬける, 来た或時期以後, 来た厄難というの, 来た厖大な軍事的政府, 来た厚い毛皮の, 来た厚い重い本を, 来たの様子, 来た原作ならびに演出料, 来た原典批判の仕事, 来た原理をくり返しくり返し, 来た原稿用紙を破っ, 来た原稿紙をひろげ, 来た原首相は内閣組織, 来たな出来事, 来た厳封の一書, 来た厳白虎もひそん, 来た厳罰主義をやめたくなかった, 来た去年とは違った, 来た参右衛門は袴, 来た参詣の男女, 来た参詣みちへころび出た, 来た参詣人などは初めて, 来た参詣者かと見え, 来た又五郎は新八, 来た又右衛門の事, 来た友吉の一団, 来た友情ではある, 来た友軍の来援, 来た友達たちが先生, 来た友達つて申しますの, 来たの目, 来た双眼鏡を覗き, 来た民主的な, 来た反古紙に心, 来た反物が有った, 来た取引に御, 来た受難こそ私, 来た叙事詩と解し得られる, 来た叛逆との十字砲火, 来た叡山を唐崎, 来た叡山苔を殖やす, 来た口語式発想に近い, 来た口調でぼそぼそ, 来た口頭の文章, 来た古いふるい職業的ポウズであった, 来た古今の大, 来た古代の日, 来た古代人はそれ, 来た古書類を幾通, 来た古来の定説, 来た古物を見せ, 来た古狸も仔狸, 来た古老らしい人, 来た古道具買に, 来た可愛いが手, 来た台所の角, 来た史的唯物論に連続, 来た右方へ逆戻り, 来た右近を見る, 来た右近丸の足音, 来た号外を声高, 来た司令官を迎える, 来た司馬懿仲達の兵, 来た各国選手にのぼせ, 来た各種各様の客, 来た各項に照, 来た合成酒のせい, 来た吉原の屋根, 来た吉原帰りらしい二人, 来た吉岡勢の一団, 来た吉岡家も清十郎, 来た吉川家の臣, 来た吉左衛門常用の杖, 来た吉次のことば, 来た吉田さんと云う, 来た吉田弥惣はまた, 来た吉見九郎右衛門同英太郎, 来た吉野の住民, 来た民族の, 来た同人雑誌を見, 来た同僚たちのこと, 来た同国の医師ケムペル, 来た同年兵は百人あまり, 来た同心などは素槍, 来た同志のあいだ, 来た同様の結晶, 来た同門の人, 来た名ナガサキソウはその, 来た名刀を貪り見る, 来た名勝の銅版画, 来た名古屋の紅, 来た名和悪四郎泰長, 来た名士たちの帰朝談, 来た名宝という名宝, 来た名家の令嬢こと, 来た名曲堂の主人, 来た名画が揃い, 来たが検案, 来た吏員の中, 来たの相対空間, 来た向う疵の兼, 来た向こう側の家, 来た向こう岸に耳, 来た向後の運命, 来た君らの歌, 来た君勇にとっては先斗町, 来た君自身の過去, 来た君達はどう, 来た君香の手紙, 来た暮させられて, 来た含嗽茶碗を受け取っ, 来た吸筒の酒, 来たれわれ, 来た呂伯奢であったの, 来た呂布はそれ, 来た呂木が急, 来た呉子が見, 来た呉服屋の手代, 来た呉服屋大売出しの広告紙, 来た呉絽服連の帯地, 来た告発問題に抗議, 来た告発思想と言論, 来た周助が帰っ, 来た周囲をはなれる, 来た周防山のこっち, 来た周馬の訪れ, 来た呪いは遂に, 来た呪咀を撥ね返す, 来た味いが美貌のうち, 来た味噌だから, 来た味噌久が土間, 来た味噌松とに叩き起され, 来た命名とやら, 来た命知らずよ, 来た和一郎と小枝, 来た和助は誕生後二か月, 来た和文脈の文章, 来た和服の中, 来た和歌の浦, 来た和歌子と隣り合わせ, 来た和蘭新版の築城書, 来た和蘭船の絵, 来た咲枝が目玉クリクリ, 来た哀しみが抉りだされる, 来た哀艶の気分, 来た品夫が白い, 来た品種のアイデンチフィケーション, 来た哥薩克の話, 来た哲学は世界, 来た哲学史家が与えた, 来たであるとか, 来た唐人船も行く, 来た唐仏師の影響下, 来た唐菜は今, 来た唐辛を入れる, 来たの女, 来た唖娘に手真似, 来た唯物論史あるいは階級性, 来た唱歌や本, 来た商人たちとで市場, 来た商人らが持ち来ました, 来た商人輩に物窮, 来た商人風の男, 来た商売用の客, 来た商隊よりは余程, 来た問罪所の捕吏, 来た啓蒙時代唯物論時代を経, 来たがすべて偽物, 来た善友でもある, 来た善吉は水盤, 来た喧嘩相手の若, 来た喫茶店である, 来た之助, 来た喬生を留め, 来たべ物, 来た喰はんか船, 来たふべき迷, 来た嘆息だった, 来た嘉永年代からは諸, 来たはとうとう, 来た嘘つきの野良息子, 来た嘱託の法医学者ベルチョン博士, 来たの中, 来た器械とかいっ, 来たの夢, 来た囃子の音, 来た囚われの人間, 来た四ツ目屋の新, 来た四五の作家, 来た四五人づれの郷武者たち, 来た四五台の自動車, 来た四五枚のレントゲン写真, 来た四五羽の鶏, 来た四五騎の郷士, 来た四人目がまた, 来た四人連れの男女, 来た四党代表に向っ, 来た四十がらみの和服, 来た四十侍に代り合っ, 来た四十年輩の侍, 来た四十男の前額, 来た四台の炭車, 来た四合壜を取り出し, 来た四国の田舎人たち, 来た四国猿の江戸ッ子, 来た四方田政孝をその, 来た四男の五郎右衛門, 来た回状のこと, 来た因果律のよう, 来た因縁を措く, 来た団体はこれ, 来た団体訓練とはかなり, 来た困難の故に, 来た図書館長の永山氏, 来た図案の筆法, 来た図面と参照, 来た固い下顎, 来た固有の風俗, 来た国々の, 来た国内の生活崩壊, 来た国分の萩原束, 来た国司が地方, 来た国境の小, 来た国太郎がうつろ, 来た国学諸先輩, 来た国府尉右衛門といえ, 来た国民性の癖, 来た国王へ宛てたる, 来た国男の手紙, 来た国農業の状態, 来た国際的な作家マクシム・ゴーリキイ, 来た園丁に其名, 来た園山君だったか, 来た園絵いままた駕籠, 来た園芸倉庫からの靴跡, 来た園部もこの, 来たは荒川岸, 来た土ほこりには閉口, 来た土匪は彼, 来た土器がここ, 来た土塀門の前, 来た土屋総蔵の力, 来た土工のうち, 来た土民生活の思想, 来た土煙に長い, 来た土瓶の茶, 来た土産物売りは黙認, 来た土着人ばかりでなく, 来た土足の将士, 来た圧迫を徹底的, 来たの者, 来た在京委員の数名, 来た地下房の異様, 来た地下水の溜つて, 来た地中海へ行き, 来た地位はあの, 来た地図でいちばん, 来た地方的なもの, 来た地方長官なの, 来た地球がいま, 来た地球人間がすて, 来た地蔵岳鳳凰山を隔て, 来た地表のすべて, 来た地車のきしむ, 来た地震の力, 来た地面と家, 来た坂の下から年, 来た坂口はガラン, 来た坂道を一人, 来た坑夫体の男, 来た坤竜を引っつかん, 来た坤竜丸をひっつかん, 来たによって作られた, 来た垣根の繕いだ, 来た埃及人の医学生, 来た城外数百の踊り子達, 来た執拗なと, 来た執着で, 来た執達吏家財道具や家, 来たちゃんと三人, 来た大主典, 来た堀井夫妻とで銀座, 来た堀口弥三郎は自分, 来た堀君だと, 来た堀尾茂助のことば, 来た堀木に対する憎しみ, 来た堀麾下小川麾下の武者輩, 来た堂々たる君子の, 来た堂内の燈火, 来た肥りの, 来た堅固な城壁, 来たをつたっ, 来た堪忍は軽薄, 来た慣れ者, 来た場合いつでもちゃんと, 来た場合剃刀は平日, 来た場合夕飯を食べさせない, 来た場所老父の道平, 来た堺屋の男衆新七, 来たをのりこえ, 来た塗笠に面, 来たの下, 来たが二升, 来た塩化鉄の腐蝕薬, 来た塩原太助の生れた, 来た塩水で恐る恐る, 来た塩野たちの自動車, 来た塾生があった, 来た塾生たちは最初, 来た境域にまで比較的, 来た境界はどう, 来た境遇からいっ, 来た境遇的な不幸, 来た墓地の一区域, 来た墓所の奥, 来た増田屋惣兵衛の元, 来た増蔵はほろ, 来たを自分, 来た墳墓でない物, 来た墺軍の急襲, 来たは何日, 来たもかえって, 来た士族出の大, 来た壬生の源左老人, 来た壮士がある, 来た壮年の一部, 来た壮志とはついに, 来た声楽の場合, 来た売子の魚屋, 来た売子娘があつ, 来た売色あがりの, 来た壺みたいな物, 来た壺振りの喜代三, 来たに浮き上がった, 来た変わり者の板さん, 来た変則語法と省略, 来た変態性慾とこれ, 来た変転期にすっかり, 来た変電所の事, 来た夏侯惇のす, 来た夏子はくるくる, 来た夏目の俳句, 来た夕三景楼の二階, 来た夕刊を受け取り, 来た夕暮時に恰度私, 来た夕立風がその, 来た夕闇の中, 来た夕餉の膳, 来た外これまで米殻輸出, 来た外れ石か知れない, 来た外人の話, 来た外人らの多く, 来た外今一人京都で抱えた, 来た外側面の緩, 来た外光に照らした, 来た外八文字にゆうべ, 来た外国語の本, 来た外国郵便を特便, 来た外国雑誌の糊, 来た外套の頭巾目深, 来た外客のため, 来た外崎覚という人, 来た外来のもの, 来た外来植物なの, 来た外科は一, 来た外科医があたふた, 来た外科医者もそれ, 来た多助の芝居, 来た多勢の影法師, 来た多可子は二階, 来た多吉と幸次郎, 来た多四郎であった, 来た多鶴子はそんな, 来た夜ひと吹きの, 来た夜嵐に桜, 来た夜彼女がいった, 来た夜明けの月, 来た夜気は焚火, 来た夜霧の中, 来た夜靄のうち, 来た夢中遊行病の発作, 来た夢想権之助, 来た夢酔だから, 来た夥しいばてれん, 来た大きい深い犠牲に対して, 来た大ぶりな竹籠, 来た大串の脂ッ, 来た大人だそう, 来た大人達をもどん, 来た大体野村さんの, 来た大八車の上, 来た大兵の武士, 来た大内不伝, 来た大刀を浪人, 来た大切なおん犬, 来た大名たちとが利害, 来た大坂表からの使い, 来た大型の木, 来た大塚さんの髪, 来た大学生の, 来た大学者のむれ, 来た大宅壮一氏は, 来た大官を利用, 来た大小上下の相撲連三十余名, 来た大小二つの人間, 来た大層積った, 来た大島山岳部長の自動車, 来た大工作兵衛がゐた, 来た大成武鑑の三, 来た大手門の番士, 来た大日向といふ大尽, 来た大月玄蕃の高弟深沢大八, 来た大次郎は, 来た大正十四年になる, 来た大正年代のこと, 来た大正道路へ出た, 来た大江戸の灯, 来た大泉さんはまるで, 来た大浪の後, 来た大海へ引きかえしました, 来た大皿も, 来た大石内蔵助は独り縁側, 来た大砲という暴力, 来た大福餅を竹, 来た大納言の君, 来た大胆な男, 来た大膳正がこれ, 来た大臣以下宮人など六十余人, 来た大船は夥しい, 来た大船三隻を泛, 来た大蛇があった, 来た大袋四ツが持出され, 来た大西金右衛門はかれ, 来た大賀の召使たち, 来た大通りを帰りましょう, 来た大道良太先生にどうして, 来た大金です思わず, 来た大隅との二名, 来た大難打開の一着手, 来た大願も千浪, 来た大高源吾が息, 来た大鷲が浦賀海峡, 来た大麦小麦ばかりである, 来た大黒屋の下女, 来たの美禄, 来た天ぷら蕎麦を食っ, 来た天一坊が公方様, 来た天台の僧, 来た天国の夢見る, 来た天才であるなら, 来た天日矛命というもの, 来た天狗なん, 来た天界が一時, 来た天皇というもの, 来た天空海濶の大きな, 来た天竜寺でありました, 来た天竺三蔵法師康僧会が訳した, 来た天罰というもの, 来た太い皺くちゃな, 来た太刀の下, 来た太刀風が鋭く, 来た太史慈は槍, 来た太子すなわち鹿皮衣, 来た太田さんて太田淳三, 来た太田平八と馬, 来た太田黒兵助の頭, 来た太郎です, 来た太郎八という若者, 来た太閤様のエライ品物, 来た夫妻を地階, 来た夫婦づれを見, 来た夫婦ものらしい人達, 来た夫婦乞食は漁師, 来た夫婦神の土地, 来た失恋の所以, 来た失意の人間, 来た失業前の遺物, 来た奇怪な悪漢, 来た奇麗な砂, 来た奈良晒布を一反, 来た奉公人達もしばらく, 来た奉書摺のもの, 来た奉行の苦心, 来た契りある男, 来た奔牛の鼻, 来た奢侈またはぜいたく, 来た奥女中と表方, 来た奥州勢もむなしく, 来た奥平貞昌と酒井忠次, 来た奥平貞能からも火, 来た奥方の賢夫人ぶり, 来た奥村主殿, 来た奥様は用, 来た奥野さんに習った, 来た女すみ子と偶然電車, 来た女たち土地の芸者, 来た女づれを窓, 来た女の子達のひとり, 来た女ものの浴衣, 来た女らは部屋, 来た女らしいのが, 来た女らしく如何にも意志, 来た女マスミだった, 来た女三の宮, 来た女中どもがあなた, 来た女井上半十郎, 来た女原が痩せた, 来た女友だちの一人, 来た女奇術師の一座, 来た女子参政権運動を例, 来た女子大学の婆さん教授, 来た女子衆に, 来た女学校の先生たち, 来た女客が足早, 来た女将は立った, 来た女小袖は萩井家, 来た女工をもうま, 来た女工達の親権, 来た女師匠とが手分け, 来た女弟子のカミイユ・クロオデル嬢, 来た女御はおとなしいおお, 来た女房子供のこと, 来た女房歌其影響を受けた, 来た女房歌流の抒情詩, 来た女文字の手紙, 来た女案内人か, 来た女給に, 来た女給仕人を見, 来た女衆でも下駄履き, 来た女親がわり, 来た女詩人であり統一, 来た女身の美しい, 来た女軽業の親方, 来た女郎衆の親方, 来た奴それ急げ, 来た奴どもが相当, 来た奴のだなと, 来た奴僕と思っ, 来た奴国の兵士たち, 来た奴姿はそれ, 来た奴盗賊に相違, 来た好奇者でいっぱい, 来た好意に添うる, 来た好色なおやじ, 来た如くに御, 来た如何に絶望, 来た妓女らしく春装, 来た妖婦であった, 来た妖気靉靆たる耽美主義, 来た妙齢の女, 来た妻どちらとも考へられよう, 来た妻女のこと, 来た姉さん夫婦がとても, 来た姉弟を見, 来た始まりであると, 来た委員連の希望, 来た姪たちの事, 来た姫君たちはどれほど, 来た姫路あたりにだけ特別, 来た娘達は分れ, 来た婆あやであった, 来た婆アは年頃, 来た婢衆に取次ぎ, 来た婦人代表が五十人, 来た婦人客だった, 来た婦人旋盤工だ, 来た婦人画家というもの, 来た婦人記者なん, 来た婦人部だし, 来た婦人闘士とモンゴリア, 来ためかしい姿, 来た媼さんは己, 来た嫁女が怨めし, 来たな男, 来た嫌疑を手, 来たは知る, 来た嬉しさを, 来たも一しょ, 来た嬰児を夫婦, 来たが訊いた, 来た子ども達は軍馬, 来た子供みたいな気持, 来た子女に対する結婚観念, 来た子守の乱暴, 来た子守女とその, 来た子安君達とは違, 来た子細はたいてい, 来た子規の例, 来た子達はみんな, 来た孔雀の見世物, 来た孝ちゃんがどう, 来た孤独の境涯, 来た孤立本願寺にたいしても, 来た学問の改めら, 来た学問性であるであろう, 来た学校の生徒, 来た学生たちが場所, 来た学窓生活から彼, 来た学者たちに生きた, 来た学者連中が細胞, 来た学風が物, 来た学齢簿の写し, 来た孩児はこれこれ, 来た孫娘が部屋, 来た孫弟子がある, 来た孫永才だった, 来た孫軍曹は中庭, 来た宇佐美敬太郎はそんな, 来た宇和島鉄之進という若, 来た宇多熊太郎はいちばん, 来た宇宙をまだ, 来た宇治川は今山, 来た宇津木のお, 来た宇津木兵馬を見, 来た宇津木矩之允と云, 来た宇部紋七が二十年がかり, 来た宇野喜代之介, 来た守備隊長などに勝手, 来た守衛の口, 来た南人の, 来た安い猪口に, 来た安倍さんが, 来た安倍川餅を二つ三つ, 来た安兵衛という男, 来た安吉は以前, 来た安国寺さんは前, 来た安堵もあったろう, 来た安子に近所歩き一つ, 来た安宅先生の銃声, 来た安宿はない, 来た安房のすゑ, 来た安政大獄あたりから遠く, 来た安里の胸, 来た宗七持前の頓狂, 来た宗助の方, 来た宗広なので, 来た宗教にはない, 来た宗教道徳芸術法律科学なぞいう, 来た宗教関係の下宿, 来た官人の帰還, 来た官僚主義との闘争, 来た官兵衛である, 来た官吏は目, 来た官憲に対する復讐, 来た官能と神経, 来た官軍と対峙, 来た連には, 来た定吉は左, 来た定家の物, 来た定府の人たち, 来た実に珍奇な, 来た実は母が, 来た実松源次郎という男, 来た実物の木乃伊, 来た実践ではもう, 来た実際的な, 来た客さ酒井侯だよ, 来た客たちの関係, 来た客分のよう, 来た客席を見る, 来た室子の店, 来たの御, 来た宮人らもあらかた, 来た宮廷では天子, 来た宮本武蔵は前, 来た宮良の村, 来た宮部の実父, 来た家の子は一車, 来た家主喜左衛門と鍛冶富, 来た家事の教師, 来た家人たちは付け人みたい, 来た家内のこと, 来た家庭医学の古本, 来た家庭結婚についての形式的, 来た家族生活がちょうど, 来た家族連れの群集, 来た家業を止め, 来た家畜であるが, 来た家老の曾根権太夫, 来た家臣らに向い, 来た家臣三名へも黄金, 来た家長を出迎える, 来た容貌がすでに, 来た宿下りか, 来た宿命の象徴, 来た宿場人足たちの声, 来た宿将中の宿将, 来た宿年の仇敵国, 来た宿怨のあいだ, 来た宿方の借財, 来た宿題を解決, 来た寂しさが, 来た寂しい何人かの, 来た寄場の者達十一人, 来た寄留人かと思われる, 来た寅吉の弟子二人, 来た密偵の者, 来た密命もあえない, 来た富五郎だが, 来た富五郎女房のおしん, 来た富山七之助小刀を腰, 来た富豪が心, 来た富農に対して, 来た寒紅なの, 来た寛子は目立っ, 来た寛永から明暦, 来た寝台をその, 来た寝巻があった, 来た寧子を想い, 来た寮生でその後世間, 来た寺男は前, 来た対馬守の一行, 来た寿がここ, 来た封筒を二つ, 来た専門学校の学生, 来た射影幾何の部門, 来た将兵たちは止れ, 来た将来への意義, 来た将校時代のトルストイ, 来た将校達の宿舎, 来た将軍の手, 来た将頼や将文, 来た小さい黒い机が, 来た小さき氷塊が, 来た小一郎は意外, 来た小作人を相手, 来た小倉の服, 来た小倉猛夫はむッつり, 来た小僧さんの声色, 来た小児医はただただ, 来た小判十枚伝公の前, 来た小剣に対して梅軒, 来た小勢である, 来た小原さんも近ごろ, 来た小君は自殺, 来た小型本を読む, 来た小太郎の手, 来た小女中が寝惚け, 来た小姓の一人, 来た小娘が, 来た小学時代の同級生, 来た小学校の教師, 来た小学校教員の方, 来た小山の真向, 来た小山いと子が最近, 来た小山内氏は犬養木堂, 来た小山田信茂は勝頼主従, 来た小峯等は会社側, 来た小川はこの, 来た小幡が丁度, 来た小形の半切, 来た小机なぞが片隅, 来た小村という男, 来た小林九兵衛はおや, 来た小林萬吾さんと石井柏亭さん, 来た小柳はそこ, 来た小泉の言葉, 来た小泉三申は, 来た小流を粗末, 来た小父さんですよ, 来た小牧の敵塁, 来た小生の部屋, 来た小田秀人などその, 来た小町踊りと七夕, 来た小竹その他二三の新顔, 来た小脇の古, 来た小舎のわき, 来た小袖をひろげ, 来た小説を懐, 来た小説家にもそれでは, 来た小諸停車場の前, 来た小豆はずいぶん, 来た小路とコムバーメア橋, 来た小遣銭で買つたの, 来た小郡から自転車, 来た小郷は得意, 来た小野とばったり, 来た小野医師は直ぐ, 来た小金を持っ, 来た小銭まで巻き上げ, 来た小雨だから, 来た小鳥さへもがそつ, 来た婢に, 来た少佐に出会った, 来た少壮な官吏, 来た少女たちは葉子, 来た少女風の矜持, 来た少将長谷川猪三郎氏とその, 来た少尉である, 来た少年力持の吾輩, 来た少年城太郎までがいつのまにか, 来た少年少女は永らく, 来た少年時代からの心, 来た少年水野の如き, 来た少数民族の嘆き, 来た少時話し山野, 来た尨犬の首, 来た尺八を取り出しました, 来た尼君の悲しみ, 来た尼院へまた, 来た尾州藩出身の田中不二麿, 来た尾根のはずれ, 来た尿閉に死した, 来た居士は何, 来た屋敷方の人々, 来た屍鬼の形相, 来たと混合, 来た属国の臣みたい, 来た属官という資格, 来た屠蘇の上, 来た履歴書を書き直す, 来た山あいに流るる, 来た山づとの一種であ, 来た山の上には多年雪, 来た山の手電車は蒼白い, 来た山の芋である, 来た山並を眺め, 来た山中の水, 来た山伏の何某, 来た山体を破壊, 来た山側を見上る, 来た山内監物の一行, 来た山口村の医者杏庵老人, 来た山合ひに, 来た山坂を越え, 来た山城の都, 来た山塊はこっち, 来た山奥まで上がっ, 来た山山の中, 来た山岳切支丹族の仲間, 来た山崎を手招き, 来た山崎夫人は寝床, 来た山川のごとき, 来た山師だ, 来た山本有三が当時, 来た山村の饗宴, 来た山林区署の役人, 来た山林田畠はもとより, 来た山河の広い, 来た山田と云, 来た山田伸吉とで雀, 来た山県紋也が敵, 来た山稜で他, 来た山絵図をひらい, 来た山脈は其儘幾, 来た山茶花は小, 来た山道や崖, 来た山野も誘ひ, 来た山野一郎も来る, 来た山間の部落, 来た山雀も張子, 来た山頭火未老, 来た山麓の方, 来た岡持の中, 来た岡本の後姿, 来た岡本軍曹の影, 来た岡村に一, 来た岡村家の女, 来た岡田道彦は二人, 来た岡部同直, 来た岡部内膳正長和, 来た岩代の, 来た岩壁はこの, 来た岩松とやらの使い, 来た岩松吉致はすぐ, 来た岩石がたくさんごろごろ, 来た岩蔵をみ, 来た岳川岳には殆, 来たの雪景色, 来た峠村の組頭, 来た峯子は正二, 来たの上, 来た島人の見覚え, 来た島影を指し, 来た島村氏は以前, 来た島津氏の供衆, 来た島破りのお, 来たは深かっ, 来た崖下の仕舞屋, 来た崩れにきまって, 来たのため, 来た嵐三右衛門の愛妾高尾, 来たの急, 来た嶮崖が散り残り, 来た川上は洋行戻り, 来た川島の口, 来た川瀬勇たちの話, 来た川田氏への心理批判, 来た川風に蝋燭, 来た巡査たちに抱き止められた, 来た巡査部長が白い, 来た巡礼でございますよ, 来た工兵である, 来た工匠たちが糸, 来た工合が百姓, 来た工場の雑音, 来た工場長をやめさせ, 来た工藤孫市皆吉七郎兵衛の二使, 来たの瞼, 来た左膳日々近く手もとにおい, 来た左衛門尉忠次どのや大須賀康高どの, 来た左角にある, 来た巨い恐いあの, 来た巨犬は神妙, 来た巫女の話, 来た差込みの苦痛, 来た巳之助はその, 来た巴里に知人, 来た巴里祭の準備, 来た巻物をムズ, 来た巻紙と封筒, 来た巻紙状袋を取出し, 来た市川某尾上某, 来た市川房枝女史が当日, 来た市当局者のあ, 来た市松は闇, 来た市民はそこ, 来た市立劇場の座主, 来た市蔵は半, 来た市街が一望, 来た市郎は再び, 来た市長は明瞭, 来た布団とお, 来た布子を着, 来た布施をやる, 来た布類衣類の干, 来た帆船の船頭, 来た帛紗づつみを膝に乗せ, 来た師範校の生徒, 来た席亭主人に感謝, 来たは神社, 来た帰り路であるから, 来た帰り途であった, 来た帰り際に早い, 来た帰り駕の提灯, 来た帰化人なりがことごとく, 来た帰道である, 来た帳場はうろうろ, 来た帳面に書い, 来た常世神も邑落生活上, 来た常磐津や長唄, 来た常習が個性, 来た常連が大, 来た帽子が制帽, 来たの広い, 来たを抛り出す, 来た幕僚の諸, 来た幕府当局でも海岸, 来た平一郎であった, 来た平三に言, 来た平仄の規則, 来た平安初期からそろ, 来た平家の将士, 来た平明でまとまり, 来た平湯峠が目, 来た平生の室, 来た平田さんは好男子, 来た平行して, 来た平静な生活, 来た年々は彼女たち, 来た年増の女, 来た年少時に京橋, 来た年嵩の人, 来た年紀の少い十六七, 来た年麻布へ越した, 来た幸せを感じる, 来た幸之助という若い, 来た幸子は大平, 来た幸寿司で何, 来た幸徳は最早, 来た幸治夫婦が計らず, 来た幸田女史の為, 来た幹事に猫吊し, 来たない姪, 来た幼友達と浅草, 来た幼年時代と少し, 来たなる心, 来た幽かな金槌, 来た幽霊現象とかメスメリズム, 来た幽香子の事, 来たは青く, 来た幾代へ彼, 来た幾冊かの和本, 来た幾分かは昔, 来た幾列もの行進, 来た幾棹かの箪笥, 来た幾許かの金, 来た幾週間もしない, 来た幾部隊かのなか, 来た広い野を, 来た広義を支えた, 来た庄さんという若い, 来た庄五郎を何, 来た庄公です, 来た庄助らは何, 来た庄吉は利, 来た庄屋問屋のうかがい知る, 来たに敷かれ, 来たの上, 来た序詞は鑑賞, 来た店頭装飾の研究, 来た度胸には島田虎之助, 来た座員の一人, 来た座蒲団を敷い, 来た庭師風の人達, 来た庭隅へ喚声, 来たの同棲者, 来た庶民だが, 来た康有為一派の改善主義, 来た廉介の使, 来たの座敷, 来た廊下づたいの構えまでがあの, 来た延太夫は早速, 来た建礼門院の雑仕, 来た建築場のあたり, 来た建築工に依つ, 来た廻し者ではない, 来た廻廊の方, 来た弁信だ, 来た弁信法師に嗅ぎつけられ, 来た弁士の声色, 来た弁証法はどれ, 来た弁護士が二人, 来た弁護士権田時介氏に充分, 来た式部小路の麗人, 来た弓之助はしばらく, 来た弔慰金をどうして, 来た引伸写真の包, 来た引越の蒸籠, 来た引込み思案なの, 来た弘養館なの, 来た弟子たちの笛, 来た弟子三名を従え, 来た弟子僧が, 来た弥兵衛は村口, 来た弱い子供の, 来た弱味がある, 来た張合がす, 来た張将軍の援軍, 来た張詩人であった, 来たそうな, 来た強くたくましい草の, 来た強力殿の足, 来た強盗でで, 来た強者がある, 来た強迫状で今夜, 来た強靭無類なもの, 来た強飯を竹, 来た彌生子さんと一緒, 来た当の相手は, 来た当季はあ, 来た当座みたいじゃなくなったらしい, 来た当座丸髷に結っ, 来た当座亀井家のお, 来た当座僕は空腹, 来た当座外まわりからしらべた, 来た当座気が変, 来た当座針を動かし, 来た当日から亭主, 来た当時古本屋をあさって, 来た当時橋場の渡, 来た当時無性な欣びにその半月, 来た当時軽部から間者, 来た当時飯田藩で間道通過, 来た形態の観念, 来た形見を残し, 来た彦根から来た, 来た彰義隊式の兵隊, 来た役人旅人等の作, 来た役人柱から引離そう, 来た役向の者, 来た役場や農会, 来た役所へ預け, 来た彼テキパキして, 来た彼女自身の便り, 来た彼女達の一人, 来た彼奴の実験, 来た彼方の同人雑誌, 来た彼輩においてをや, 来た彼郷里の友達, 来た往きの航海, 来た征呉大艦隊, 来た征夷大将軍をあしらったであろう, 来た征服の意欲, 来た待ち遠しさで, 来た待遇をお, 来た律気な叔父, 来た後めたさ, 来た後ろの者, 来た後丁度一年ほどたつた, 来た後三年文化八年に官蔵, 来た後丸の下駄, 来た後大分の年数, 来た後妻である, 来た後彼女一人を後, 来た後期王朝にも誇張, 来た後濃い茶を二三杯, 来た後過去の生活, 来た後陣の者, 来た徒弟が三年, 来た徒弟僧を奥, 来た徒歩の兵ども, 来た従ってその場所, 来た従僕たちもそして, 来た従妹達が笑い, 来た従属的の要素, 来た従弟達がどっと, 来た従者が夕食, 来た得体の知れない, 来た得意な顔, 来た御上金のこと, 来た御免安兵衛雲母橋際の裏店, 来た御厨三郎将頼, 来た御子の尊良, 来た御所柿も多分, 来た御殿女中が殺されやした, 来た御池十郎左衛門の横, 来た御用提灯の灯, 来た御身の誠意, 来た御車はいち, 来た御難つづきの, 来た御馳走も開きます, 来た復員姿の若者, 来た微笑は僅か, 来た微苦笑する外, 来た微醺を帯び, 来た微風のひき, 来た徳三郎はたしかに, 来た徳利にも酒, 来た徳太郎は髷, 来た徳川勢もそこ, 来た徴税使の一行, 来た心もち我儘といえ, 来た心中のやまし, 来た心友蒲生泰軒そのかげ, 来た心境の変化, 来た心意気は買っとく, 来た心懐を秀吉自身, 来た心根を思ふ, 来た心理は一つ, 来た心理作用の集積, 来た心理過程にも十分, 来た心理遺伝をあらわした, 来た心算でこ, 来た心細い夕べであった, 来た心覚えの書きつけ, 来た心身の弾み, 来た必然さに長旅, 来た忌まわしい出来事について, 来たが檐, 来た忍びの者達, 来た忍び下向の公卿, 来たばかりの巴里土産, 来た志丈からお, 来た志免刑事の一行, 来た志摩伊勢紀州のどこ, 来た忙しい夕暮の, 来た応挙あれは少し, 来た応接間の方, 来た忠信が縁, 来た忠君愛国の信念, 来た忠実者だったが, 来た忠義な手代, 来た濶の, 来たの手紙, 来た怒りが急, 来た怖いよゥ, 来た怖い怖いと泣い, 来た思想性とそれ, 来た思考上の道程, 来た思郷の念, 来た急使だ, 来た急性の心悸亢進, 来た急須の茶, 来た性情である, 来た性格上の変化, 来た怨みはあります, 来た怪塔王は言いました, 来た怪女性がいったい, 来た怪我をしない, 来た怪漢がある, 来た恋し恋された, 来た恋人たちにもそれぞれ安定, 来た恋人同志酒場へ行かう, 来た恋文が出た, 来た恋風を告白, 来た恐しく大きな石, 来た恐るべき害を, 来た恐ろしくふとった女, 来た恐怖の力, 来た恐怖刺戟の種, 来たかしさ, 来た恥辱が抑, 来た恩給に精通, 来た恭子という娘, 来た息切れと怒り, 来た息子さんがいいました, 来た恰好であった, 来た恵慈という坊さん, 来た恵鎮の報告, 来た悟りと云うべき, 来た悦びが深まる, 来た悦子はスリッパア, 来た悪事というの, 来た悪党めいた奴, 来た悪口いつては, 来た悪感情の発現, 来た悪戯に過ぎない, 来た悪戯小僧のデイリー, 来た悪来典韋は, 来た悪縁かのよう, 来た悪魔どもは大抵, 来た悲しさと, 来た悲哀は凄惨, 来た悲母の常磐, 来た情報を次, 来た惜しいことを, 来た惣兵衛ちやんの家, 来た惨憺たる胸中, 来た惰力が承知, 来た惰性からその, 来た想いで随, 来た愉快な小, 来たを告げる, 来た意中には初め, 来た意図がさぐりだせた, 来た意地と張り, 来た意欲して, 来た意気込みでおと, 来た意義である, 来た意見かね, 来た愚かな魅惑, 来た愚子に対面, 来た愛し方が, 来た愛人を想う, 来た愛人達と一緒, 来た愛吉ッての, 来た愛妻家のロスコー氏, 来た愛慕が拒める, 来た愛正義自由平等を精神, 来たでいま, 来た慎一は濡れ手拭, 来た慕わしい恋しい兄が, 来た慰問袋を開け, 来た正卿, 来た慶応の留学生, 来た慾望の縛, 来た憂鬱気な洋画青年, 来た憤怒と嫉妬, 来た憲兵上等兵の事もなげ, 来た懐しい空だった, 来た懐中電灯を取出そう, 来た懐中電燈で部屋, 来た懐刀を帯, 来た懐郷心とする, 来た懲罰だ, 来た懶惰な生活, 来た程教科書, 来た成合平左衛門に却, 来た成政を見殺し, 来た成果を収め, 来た成長の道, 来た我利我利亡者ばかりじゃない, 来た我執とみなけれ, 来た我家の中, 来たが何, 来た戦争ジャーナリストの様々, 来た戦争避難民だったので, 来た戦図を拡げた, 来た戦地のスナップショット, 来た戦場の表情, 来た戦場ヶ原の写生, 来た戦士が, 来た戦慄が起こっ, 来た戦時の通行券, 来た戦況報告がひびい, 来た戦線は漸く, 来た戦車にぶつかっ, 来た戯曲の前, 来た戸川残花氏は奈良公園, 来た戸棚の本箱, 来た戸波博士は待ち構え, 来た戸籍公証の権利, 来た戸籍調書と前科調書, 来た戸籍謄本を見る, 来た戸部線の電車, 来た戻りの辻かご, 来た戻り路だよ, 来た房一は道平, 来た房吉の目, 来た房子も殆, 来た房総の兵, 来た所そこの禅寺, 来た所何か後妻, 来た所司代の村井春長軒父子, 来た所帯袋から米友, 来た所得とは見, 来た所有権が僕, 来た所為では有るまい, 来た所詮脱け, 来た所謂男らしさ, 来た所謂好戦的な原始人, 来た所謂新劇の大同団結運動, 来た所謂物部氏の専有, 来た所謂知識階級の持つ, 来た所謂米英文化に影響, 来た所謂自然生の放浪者, 来た所謂資本主義第三期, 来た所轄署の警部, 来た扇子や化粧品, 来た扇屋の雇人, 来た扈従の武者群, 来た扉口を素早く, 来た手がかりを怖, 来た手伝いの人たち, 来た手入らずの嬢さん, 来た手前柳吉には面, 来た手力男の命, 来た手勢四千人と共に行軍, 来た手品師くらいには踏めます, 来た手拭いで猿轡, 来た手掛りをあわて, 来た手提の蓄音機, 来た手提げ籠を膝, 来た手札型の写真, 来た手柄にめんじ, 来た手毬だつた, 来た手燭は便所, 来た手箪笥や鼠入らず, 来た手紙ぢやない, 来た手紙はがきの中, 来た手荷物を体ごと検査所, 来た手許の軍用金, 来た手車を思ひ出した, 来た打ち合わせの用事, 来た托鉢僧のよう, 来た扶方の伏兵共, 来た批判の三つ, 来た批評眼でまるで, 来た技巧であって, 来た技術をむざむざ, 来た折与右衛門は何者, 来た折助の権六, 来た折助どもは闇, 来た折片岡君は唸っ, 来た折箱の中, 来た折角お兄様, 来た抱壺君からの来信, 来た押入の天井裏, 来た抽斎の二人目, 来た抽象名詞というやつ, 来た拍子に小さい, 来た拍子木は二時, 来た拙者どもに心, 来た招待しなくてはと, 来た招牌の蔭, 来たと一緒, 来た拳大の石, 来た持久戦争の最大名手, 来た指揮単位はこの, 来た指環なの, 来た挑戦として当然, 来た挙句に肺病やみ, 来た挙句足利時代の半分貴族半分武人式, 来た挨拶のきつ, 来た振り袖姿の町娘, 来た捕吏たちだ, 来た捕虜の手, 来た捜索の手順, 来た捜索係もただ, 来た授業料を掻き集め, 来た掌面を拡げ, 来た取かと, 来た探検の結果, 来た探題北条英時はさっそく, 来た提燈も庄三郎, 来た揚句です, 来た握り寿司がある, 来た握り飯をひとつ, 来た握飯がそこ, 来た撮影機を据えつけた, 来た擬古的な折れ曲り, 来た支倉喜平に関する調書, 来た支那焼酎の残り, 来た支那蝋燭を入念, 来た支配権力との揉み合い, 来た改めてお茶が, 来た攻撃戦法よりは却つて防禦策, 来た放れ馬の奴, 来た放水路の水面, 来た放蕩息子にたいして小言, 来た政党は日本共産党, 来た政江の威厳, 来た政治哲学めいた翻訳書, 来た故人の実兄, 来た故国の春, 来た故差向で居た, 来た故母達互にそまつ, 来た故親父にはみんな, 来た故郷元に対してもここ, 来た故障だから, 来た敏腕の与力, 来た敗軍の将, 来た教えではなかっ, 来た教学の過程, 来た教師どもが調査, 来た教授をつかまえた, 来た教育家たちが教会, 来た教養ある中堅どころ, 来た敢えて泳ぐという, 来た散歩客とでも云う, 来た敬四郎の手下, 来た敬太郎には馬鈴薯, 来たを読め, 来た数十篇の小説, 来た数年間伸子は素子, 来た数日の後, 来た数通の手紙, 来た敵国の女, 来た敵地である, 来た敵機がおびただしい, 来た敵機隊との最初, 来た敵門の虎, 来た敷島の先, 来た敷物を敷い, 来た文人や俳優, 来た文化三年の九月十三日, 来た文化政策といふもの, 来た文化現象なので, 来た文化自身による文化統制, 来た文化記念週間です, 来た文壇的な文学, 来た文子と慎吉, 来た文字は, 来た文学少女としては少し, 来た文学的所産の単なる, 来た文学的現実内における偶然, 来た文学研究会指導方針に大, 来た文学評価における科学性, 来た文学青年だ, 来た文次まだ四十, 来た文殻が紛込ん, 来た文献学を想定, 来た文珠屋佐吉主従をこの, 来た文芸であります, 来た文芸家協会の計理士某氏, 来た文藝春秋を読む, 来た斉彬はいつも, 来た斉興にお, 来た斎木山内貴島合して, 来た斎藤利三が唾, 来た斎藤家の侍頭, 来た料理人従僕らも一足先, 来た料理女は信用, 来たをば薪, 来た断片で作られる, 来たかる詩, 来た斯波隊の二, 来た新しさだ, 来た新しき女が, 来た新たなる衣服, 来た新入りのなり, 来た新入生も大方来, 来た新内が久し振り, 来た新刊書などを自分, 来た新参の女中, 来た新太郎ちやんをじろりと, 来た新婚らしい夫婦者, 来た新宅のお, 来た新年は, 来た新式手段が, 来た新撰組が優待, 来た新次が父, 来た新派劇は現在, 来た新田と足利, 来た新米の癖, 来た新聞包みのパンフレット, 来た新聞小説である, 来た新聞社の玄関, 来た新聞記者の一団, 来た新聞記者一名を乗せた, 来た新聞雑誌記者もなし, 来た新規な部屋, 来た新調の洋服, 来た方針であった, 来た於松が故郷深川, 来た於通も幼少, 来た旅中の旅路, 来た旅人たちが景色, 来た旅僧は家, 来た旅先で面白く, 来た旅客たちはいつも, 来た旅役者の嵐雛丸, 来た旅籠の手代, 来た旅芸者で郡内, 来た旅芸者それを鮎川, 来た旅行の間, 来た旅行家の筆, 来た旅行記の一部, 来た旅装いの若い, 来た旅費の半分, 来た旅路の果て, 来た旅雁のよう, 来た旋回砲真鍮の九ポンド砲, 来た旋律に相違, 来たじるしである, 来た既往の権力, 来た日々生きて, 来た日寺へもどっ, 来た日尾崎さんの前, 来た日常生活の停滞感, 来た日当りの悪い, 来た日影は茂った, 来た日数と天, 来た日暮れ方の町, 来た日暮方の海, 来た日月がちがっ, 来た日本ファシズムの各, 来た日本人クラブの奥, 来た日本人男女の云ふところ, 来た日本共産党が人間味, 来た日本共産党員の何千人, 来た日本兵がい, 来た日本刀を二本, 来た日本固有の自然観, 来た日本国内の印刷能力, 来た日本声楽家の, 来た日本女性との間, 来た日本婦人に対して生き, 来た日本婦人作家の作品, 来た日本料理はもうそろそろ, 来た日本最古の詞章, 来た日本橋のご, 来た日本的なもの, 来た日比野の家, 来た日独防共協定おめでたうと, 来た日置正次はあッ, 来た日自分はあまりに, 来た日記があんな, 来た日輪は南面, 来た日野俊基だ, 来た旧作である, 来た旧友の, 来た旧式な相乗り, 来た旨蝶子が言う, 来たさに, 来た早々に邦子, 来た早く開けて, 来た早川辰吉はどう, 来た早田でも事業, 来た早稲田天狗倶楽部の人々, 来た早立ちの男女, 来た早耳の連中, 来た早馬の者, 来た旬報が不安, 来た昇降口から明るい, 来た明る年彼女が, 来た明星は自分, 来た明智の先手, 来た明治四十三年の撮影, 来たかのよう, 来た星亨氏に内, 来た星条旗が飾られ, 来た星空を仰いだ, 来た春子さんがとにかく, 来た春日新九郎はやがて, 来た春松なの, 来た春桃が見つけた, 来た春重の様子, 来た春駒の玩具, 来た昨今の文壇面, 来た昨夕の白粉, 来た昨日京都の今井さん, 来た是非納骨堂に案内, 来たの弁当, 来た昼食の弁当, 来た昼飯をひろげ, 来た時あとでいや, 来た時おやじが大きな, 来た時お姫さまは粉, 来た時お婆さんは雨戸, 来た時お母さまは何, 来た時お母さんは何とか, 来た時ここのお, 来た時これはまたもや, 来た時そこには大勢, 来た時その後について裏, 来た時それら信徒を大船, 来た時ついでだから, 来た時てつきり予言が的中, 来た時どこへ行つたの, 来た時にこにこして, 来た時はたきをつかい, 来た時はる子は家, 来た時ひろ子は勝手, 来た時ぼくらの容子, 来た時みたいに大事, 来た時ろばをそば, 来た時わたし人が恐う, 来た時アレクサンドラ・ステパーノヴナは子供, 来た時ア其処です其処, 来た時ガラハートは勇ん, 来た時コロンタイズムは十年昔, 来た時シャツの背中, 来た時ジユリエツトとブラウン夫婦, 来た時スミ子さんが額, 来た時セリファンが訊いた, 来た時センチメンタルになり, 来た時ドアの隙間, 来た時ドッコイと智慧, 来た時ナポレオンは追い付かれた, 来た時ハーキュリーズは叫びました, 来た時パシエンカは二つ, 来た時ビレラフォンは怪物, 来た時ブリュウテンツワイク氏はちょうど, 来た時ペーチャはペチカ, 来た時ポツチリとした, 来た時ユリアは平屋, 来た時ユースタスは子供達, 来た時ラエーフスキイが口, 来た時ラスコーリニコフはポケット, 来た時一つの事件, 来た時一ばん小さい進ちやん, 来た時一人の紳士, 来た時一台の自動車, 来た時一同は車座, 来た時一寸帽子を取, 来た時一寸車の中, 来た時一度は, 来た時一種の慷慨, 来た時一緒に来た, 来た時一行の後, 来た時一郎はその, 来た時一部でも二部, 来た時一頭の馬, 来た時七日の間結跏, 来た時三四郎は, 来た時三次は一眼, 来た時三町彼方から深, 来た時三賊出でて, 来た時上から飛び下り, 来た時下宿屋住居の人, 来た時下岡蓮杖が来合わした, 来た時不思議そうに訊いた, 来た時不都合だから, 来た時世間話して, 来た時中から背広, 来た時主人は白, 来た時久米は何, 来た時乳母のお, 来た時予は人違, 来た時二十七八の女, 来た時二十七八歳であった, 来た時二客ともその, 来た時二葉亭が一枚会合, 来た時二虎石橋を守り吼え, 来た時五六歩遅れて, 来た時五十年輩の侍, 来た時井戸がない, 来た時今度の運命, 来た時他の家具類, 来た時他所から借りた, 来た時仙太は時計, 来た時代わたくしの考, 来た時会場になった, 来た時何ゆえに一行, 来た時何んとなく, 来た時何処からか敏捷, 来た時何度もかう, 来た時余り体裁が悪い, 来た時侯爵閣下は一瞬剣, 来た時俊助は何気なく, 来た時保子は床柱, 来た時俺らといういわば, 来た時側面から見る, 来た時偶然時計を見た, 来た時元の場所, 来た時兄の持つ, 来た時先きの日の湯帰り, 来た時先生は高い, 来た時公明正大にあそこ, 来た時兵曹長がそっと, 来た時其二階で赤児, 来た時其前日夫妻で唖, 来た時其赭い枯葉, 来た時兼は真青, 来た時分あんたが水田, 来た時分ここは貧窮組, 来た時分そこに一つ, 来た時分アメリカの水兵ども, 来た時分スエ子は是非, 来た時分タイルばかりが白く, 来た時分佃の父親, 来た時分十三ばかりであった, 来た時分和女はまだ, 来た時分女中が耳打, 来た時分戦争が始まった, 来た時刻午後七時五十一分三十秒からあの, 来た時前を行く, 来た時前夜からすこし, 来た時加世子はもう一度, 来た時医者は予定通り彼, 来た時十ばかりの男の子, 来た時千賀春さんはもう, 来た時午前のうち, 来た時半蔵はそれ, 来た時博士はぽん, 来た時友とも別れ, 来た時反対側を歩い, 来た時叔父が見, 来た時右手の岩の上, 来た時右近丸と民弥, 来た時向うから陽, 来た時向方から慌しく, 来た時君江は急, 来た時団十郎の方, 来た時地蔵さんの表情, 来た時坂の下の方, 来た時坂本はやう, 来た時城介は肩, 来た時壁といふ壁, 来た時壮助は一寸, 来た時声をかけた, 来た時変な事, 来た時外に居た, 来た時多吉は路傍, 来た時夜は明け, 来た時大に自分, 来た時大勢の人々, 来た時大抵の少年, 来た時大理石と青い, 来た時大阪町民は一人, 来た時太鼓をたたき, 来た時奥さんが不安, 来た時如何に振舞, 来た時子と二人, 来た時子供は頬, 来た時宇治はほとんど, 来た時宇部東吉は奥, 来た時守の実, 来た時宗近君, 来た時官憲はその, 来た時宝石を山, 来た時客が立て込ん, 来た時室内の冷気, 来た時家族を同伴, 来た時宿の前, 来た時小平太ははっと, 来た時小柄の美しい, 来た時小母さんに買っ, 来た時小沢はどきんと, 来た時小鼓まで持参, 来た時少女は笑っ, 来た時山根さんはひどく, 来た時嶮しい岩むら, 来た時己は丁度, 来た時市治郎は権右衛門, 来た時帝は舞台, 来た時平七は鰹, 来た時平潟の篝, 来た時幸太郎の姿, 来た時当直の人, 来た時彼方こっちにある, 来た時彼等はどんな, 来た時後ろから誰, 来た時御息所は自分自身, 来た時徴兵から戻っ, 来た時心に一杯, 来た時念を押し, 来た時恒雄は孝太郎, 来た時恟りしましたよ, 来た時恭三の父, 来た時恰度彼もそこ, 来た時愚人は女牛, 来た時成程とこの, 来た時戸倉は血刀, 来た時手を左右, 来た時持ち物をすべて, 来た時新にカッフェ, 来た時新吉は, 来た時旗出せば, 来た時日本のすべて, 来た時日本館へ見, 来た時早手まわし, 来た時明石の君, 来た時春琴は既に, 来た時時男さんは, 来た時時雨に降られ, 来た時晴代は今更らさ, 来た時智恵子の電報, 来た時暗夜に港, 来た時暮六つの鐘, 来た時最初に入った, 来た時最後の演奏会, 来た時朝の蜆汁, 来た時朝飯が食べたくなり, 来た時期であったらしく今日記紀, 来た時木山は仕事, 来た時本堂の前庭, 来た時机の上, 来た時村人は尾類, 来た時村瀬の隣室, 来た時村端れの, 来た時東公園と呼ばれる, 来た時東寺に駐屯, 来た時柘榴の実, 来た時栄蔵は額, 来た時校長ももう, 来た時梁川君の事, 来た時植木屋が石, 来た時機を記念, 来た時此の軍艦形, 来た時此蒲団どア表出, 来た時歯入屋は既に, 来た時母親の手, 来た時気合術診療所の娘, 来た時水の中, 来た時水中の人魚, 来た時江ノ島へ着いた, 来た時江戸中は避難, 来た時池田はフト後, 来た時法然の念仏, 来た時洗ふといい, 来た時浅井夫婦は晩飯, 来た時浅葱木綿の服, 来た時渋川の達磨茶屋, 来た時源八栗のしるし, 来た時滞留させるに, 来た時潜戸の中, 来た時灯が点い, 来た時無産派の芸術家, 来た時特別慇懃に挨拶, 来た時猫のやう, 来た時王子は彼, 来た時理髪屋の前, 来た時瑛子は泰造, 来た時生徒が門, 来た時田の稲, 来た時甲野氏は自分, 来た時町子は一ぱい, 来た時留守にし, 来た時番台にお, 来た時畳替を, 来た時発矢と激しい, 来た時白のまま三反, 来た時百人余りの小学校, 来た時益満は静か, 来た時監督をはじめ板張, 来た時眉の濃い, 来た時石原へ連れ, 来た時神尾主膳の目頭, 来た時神戸の旅館, 来た時神田川へ飄亭, 来た時禅宗坊主の寝言, 来た時私たち二人は裏, 来た時秋子さんの片一方, 来た時秦はふい, 来た時秦啓源は一人, 来た時稍詳しく家中, 来た時稲の田, 来た時空には厚雲, 来た時突き当たりの写真屋, 来た時竹亭は公, 来た時米庵は長崎, 来た時紀代子は傍, 来た時約束通りまた津, 来た時細君同士は男子, 来た時結局お浜, 来た時絶望の後, 来た時綾の野郎, 来た時美津子さんはまだ, 来た時翁の如き, 来た時老人はちょうど, 来た時老婆はぴたり, 来た時腰ぬけの, 来た時船の旗, 来た時良人にはやく, 来た時茂作の凍えた, 来た時茫然自失のひと, 来た時茶の間で恒雄, 来た時菜穂子は余っ, 来た時萩野は香具師, 来た時藤次郎は右側, 来た時行手に一つ, 来た時袴野は媼, 来た時裏の家主, 来た時襟元にポタリ, 来た時話の中, 来た時警察本部の外事課, 来た時谷を見下ろし, 来た時路が非常, 来た時路上の人, 来た時軽部はまちがい, 来た時迎年の支度, 来た時迷惑な色, 来た時途切らした話, 来た時途端にお, 来た時通りの肩車, 来た時通り藤色の包み, 来た時道也は別に, 来た時部屋に丁度, 来た時野村はまた, 来た時銀座四丁目の方, 来た時間内に圧縮, 来た時陳慧君は急, 来た時陽が暮れ, 来た時階下から上ッ, 来た時隣の障子, 来た時雨がぱらぱら, 来た時雨露に曝された, 来た時雪間がくれ, 来た時静かに起き, 来た時頃合はよし, 来た時須世理姫に貰つた領巾, 来た時顔をぐるり, 来た時顔中ぼんやり見えた, 来た時駒ヶ岳のゴツゴツ, 来た時駕籠が止まり, 来た時鬼娘は更に, 来た時鴻と云う, 来た時鶴子はだいぶ, 来た時麦はまだ, 来た晩二人は口実, 来た晩伸子は父, 来た晩大型の輸送機, 来た晩春のある, 来た晩美枝子は彼, 来た景子は私, 来た景気です, 来た晴次と光雄, 来た智利人のプラザ, 来たであるものの, 来た緑色と, 来た暗がりのフィルン, 来た暗黒はあなた, 来た暗黙の苦痛, 来たとの矛盾, 来た暴漢の中, 来た暴風雨の早, 来た曰く鮹の道, 来たをひい, 来た曲り角の大きな, 来た曲目は一つ一つ, 来た曲者一行の暴行, 来たにたいして秀吉, 来た書中にある死んだ, 来た書物中には算書, 来た書生さんたちはと見る, 来た書簡二通とまた, 来た書籍包みを開い, 来た書面に対してすら慎重, 来た曹操も道, 来た曹豹であった, 来た曽我廼家の生活, 来た曾根原耕造氏と百瀬君, 来た一人の, 来た最中にはっと, 来た最初自動車というもの, 来た最新式の遠眼鏡, 来た月々について伸子, 来た月光を含む, 来た月日であったと, 来た月日時間は如何, 来た月毛を撫で, 来た月輪組の連中, 来た月輪軍之助, 来た有力な意見, 来た有喜の湊屋, 来た有形無形の損害, 来た有明荘の住人, 来た有江老人も, 来た有縁無縁の人, 来た有馬喜兵衛という武者修行, 来た朋友の手紙, 来た朋輩らしい女中, 来た朋輩たちは今度, 来た服部小平太がこの, 来た朔風に吹き捲られ, 来た朝ぼらけの五時, 来た朝伸子は二階, 来た朝子を見る, 来た朝顔や茄子, 来た朝鮮三島の瓢形, 来た期間の或, 来た木こりや炭, 来た木の実を少し, 来た木下勢が忽ち, 来た木像ならば, 来た木刀の巡査, 来た木山は年, 来た木崎の名刺, 来た木戸口を出, 来た木曾の藤爺さん, 来た木曾山脈を西, 来た木曾福島の関所, 来た木村の手紙, 来た木村隼人佑の旌旗, 来た木枯に面, 来た木箱を適当, 来た未亡人の母親, 来た未決囚の一団, 来た未知の紳士, 来た未醒画伯馬から真逆様, 来たの妹, 来た末子を, 来た末造の家, 来た本たちは少く, 来た本山盛徳は深く, 来た本島人の青年たち, 来た本庁の真田, 来た本手の秘曲, 来た本物の松王丸そのもの, 来た本社の社員, 来た本等は床の間, 来た本職の角力取り, 来た本能の流れ, 来た本郷辺の職人徒さ, 来た本間という少年, 来た本願寺としてはいま, 来たすなわち仏様, 来た朱文字の提灯, 来たの置い, 来た朽木三四郎を抜き打ち, 来た杉右衛門は岩, 来た杉浦は盛ん, 来た杉田は斯, 来た李儒が過っ, 来た李朝の皿, 来た李粛だった, 来た李鴻章の故, 来たの樹, 来た材木切れをそこ, 来た村一番の学者, 来た村中の男達, 来た村人に前日, 来た村人達の前, 来た村医の娘, 来た村役人の老巧, 来た村役人どもが叫んだ, 来た村民だそう, 来た村田の横, 来た束髪の女, 来たやあがった, 来た来意のほどを申し出る, 来た来月の暗号, 来た来歴のある, 来た東亜が僅か, 来た東京タイムスの朝刊, 来た東京新聞の地方版, 来た東京朝日新聞を見る, 来た東京浅草の以前, 来た東儀与力以下の人々, 来た東北弁の志願者, 来た東山道中の特別, 来た東洋人の心理, 来た東洋向けのフランス船, 来た東洋城が枕辺, 来た東洋真珠商会は先年, 来た東流二絃琴のお, 来た東艦が官軍, 来たの枝, 来た松が枝の杖, 来た松の木が門, 来た松下千里だ, 来た松並樹の続いた, 来た松五郎はいきなりぽん, 来た松代藩の武士, 来た松夫が音, 来た松寿丸の身, 来た松山君が, 来た松山小川枯野或は草, 来た松岡に背中, 来た松岡長吉はつまり, 来た松島の方, 来た松平修理太夫領内の健児ら, 来た松平晃とを連れ, 来た松平碩寿翁は一軒, 来た松平遠江守忠栄の一番手三百三十余人, 来た松明を定められた, 来た松本に御前, 来た松本市へ出, 来た松本甲子蔵は優善, 来た松林は暗い, 来た松枝町の三斎屋敷, 来た松栄とひょっこり, 来た松沢という人, 来た松浦からな, 来た松花江は少し, 来た松葉や枯芝, 来た松谷秀子を捕縛, 来た板女が来た, 来た枕許の紙入, 来た枕詞であるが, 来た林之助を捉え, 来た林檎を手, 来た林田に一人勝手, 来た林町一族がやって来る, 来た果し状でその, 来た果物籠から梨, 来た枯木林の向う, 来たの方, 来た柄杓の水, 来た某君の話, 来た某国のスパイ, 来た染奴を誰, 来た柳下機が起重機, 来た柳原小兵衛, 来た柳条がたおやか, 来た柳澤や金井たち, 来た柳生宗矩と武蔵, 来た柳生源三郎その御, 来た柳田平治に相違, 来た柳盛座の舞台, 来た柳行李には碌, 来たがこんなに, 来た柴田外記と古内志摩, 来た査公の前, 来た柿崎和泉の隊, 来た柿羊羹のヘトヘト, 来た栖方の新, 来た栗山善助や母里太兵衛たち, 来た栗栖にもたま, 来た校合の上, 来た根本概念のこと, 来た根西夫妻が余, 来た根賀地と運転手, 来た格子のなか, 来た桂子には人並以上性的鑑識感覚, 来た桂子女菩薩女人に反感, 来たの枝, 来た桃太郎よりも大手柄大手柄, 来た桃子のひそか, 来た桃色の箱, 来た案内の強力, 来た案山子野郎だい蓑なんぞ着や, 来た桐油には杏葉牡丹, 来たを土間, 来たはまだ, 来たが膳, 来た梓さんのようす, 来た梓川の流, 来たの実, 来た梨丸という小冠者, 来た梨琴の身, 来た梯子の下, 来た梯子段や廊下, 来た梵妻や寺男, 来た梵字の肌着, 来た梶四郎兵衛の娘, 来た棕梠の木, 来た森かげの物置小屋, 来た森勘八の一軍, 来た森啓之助のかこい, 来た森彦の総領, 来た森徹馬道場の真中, 来た森源が私, 来た森田は御寮さん, 来た森田二出川両氏とともに凍傷, 来た椅子に腰, 来た植木屋の職人, 来た植松の家, 来た植田良平が, 来たの柴, 来た検地の役人, 来た検校出ということ, 来た椰子蜜採りの口, 来た椿の花, 来た椿姫を拾い読み, 来た楠木勢と橋, 来たの葉, 来た業因であらう, 来た業病人達でございます, 来た業縁は我々, 来た極彩色の密画, 来た極端な社交性, 来た極道者もおととい牢屋, 来た楽しげな, 来た楽しみを思い, 来た楽士の中, 来た楽屋でヘタ, 来た楽翁の隣, 来た概念であるばかり, 来た概念的な犯罪常識, 来たという客, 来た榊原健吉が彼, 来た構内の家, 来た構成派の作家たち, 来た槍使いと書い, 来た槍持を左, 来た槍組に接触, 来たのよう, 来た様子安心する, 来た様式と漢代, 来た槙さんが記念, 来た槙三は窓, 来たの木, 来た標準から見, 来た標語に, 来た樟脳を小さな, 来た権力は文化, 来た権助は, 来た権四郎爺の用件, 来た権太夫と用人, 来た権威というもの, 来た権威者である, 来た横丁づたいにおもての往来へ出た, 来た横井小楠という奴, 来た横光利一川端康成佐藤春夫その他市井談議一般に倦怠, 来た横光利一氏が今後, 来た横川と連れ, 来た横浜ものの小, 来た横町に戻り, 来た横顔は意外, 来たの木剣, 来た樹明君宿直といふさ, 来た樺製のカバン, 来た橄欖の枝, 来た橋あれをよく, 来た橋本の番頭, 来たに思い出したらしく, 来た機械が明朝, 来た機械人間の声, 来た機関銃隊が突然, 来た櫓船に奪い去られ, 来た櫛引某が俳優中村鴈治郎, 来た次兄の手, 来た次第にござりまする, 来た次郎さんの目下, 来た次郎君は君ら, 来た欧化主義の直, 来た欲しかったらお宮さん, 来た欺瞞に盲従, 来た欽一の兵児帯, 来た歌劇の話, 来た歌子は疲れきっ, 来た歌曲の噂, 来た歌書なども取り散らし, 来た歌稿を見, 来たの狼, 来た正しい事柄は, 来た正三角形の皮製蟇口, 来た正二はまだ, 来た正太を迎えた, 来た正宗得三郎氏あの人, 来た正己はじっと, 来た正行と弟正時, 来た正香の顔, 来た此の度の事件, 来た此処の校長, 来た此奴はかなり, 来た此犬をデカ, 来た此素朴純粋なる作家, 来た此辺暫くの, 来た武功者は聞えたる, 来た武器は合戦, 来た武士共は主人, 来た武士達である, 来た武家統治の自己, 来た武州の田舎, 来た武田家である, 来た武田衆は身分, 来た武者たちが一人一人, 来た武者振りはさすが, 来た武蔵権守の興世王, 来た歩哨の兵, 来た歩調が充実, 来た歩速と変り, 来た歯医者なん, 来た歯磨と楊子, 来た歯磨楊子財布石鹸ペン軸ナイフその他我国の店先, 来たには殊に, 来た歴史的な習慣, 来た歴史的感情によってその, 来た歴史的時間の諸, 来たも特別, 来た死体は明日元, 来た死者の肉親, 来た殆ど老人といっ, 来た残兵留守居衆非戦闘員, 来た残忍卑怯な獣畜心理, 来た残忍性争闘性野獣性又は変態心理なんど, 来た殖民の始めた, 来た段通織の, 来た段鼻の武士, 来た殷賑心斎橋高麗橋と相, 来た殺人の依頼, 来た殺人淫楽者で色々, 来た殺戮を冒涜, 来た殿中の活字引, 来た母たちがミシリ, 来た母夫人と女中頭, 来た母娘の人, 来た母性が如何, 来た母衣の中, 来た母親これは実母, 来た母親さんを欺, 来た母親子供たちの様子, 来た母里や栗山, 来たにお送り, 来た毒消し売りの, 来た毒物の附着, 来た毒薬に違い, 来た毒蛇は帯刀様, 来たから毎, 来た比丘まで殺し, 来た比嘉は鞄, 来た比島兵がこの, 来た比較的少数の, 来た毛だらけの椅子, 来た毛ムクジャラの男, 来た毛利もいま, 来た毛色の違った, 来た民助を迎え, 来た民弥と右近丸, 来た民心にたいして, 来た民族意識が存在, 来た民族的自覚の絶決算, 来た民間常識なの, 来た民間生活からおしてさ, 来た気がかりな宿題, 来た気の毒な人々, 来た気候はだいたい, 来た気力にはむしろ, 来た気圧で息苦しく, 来た気持ちがする, 来た気温を和げる, 来た気色はない, 来た気苦労や病身, 来た気象の剽軽, 来た気魄があっ, 来た水上三尺の辺, 来た水先案内を相手, 来た水彩画の額, 来た水彩画家三宅克巳君が袋町, 来た水死人のよう, 来た水気のない, 来た水無瀬川のきし, 来た水瓜頭の五六, 来た水産技師だろう, 来た水禽も水蒸気, 来た水筒の酒, 来た水脈の上, 来た水色封筒の手紙, 来た水見舞と間違えられるでしょう, 来た水車小屋のあたり, 来た水音の行ける, 来たを蹴砕き蹴砕き, 来た氷山じゃない, 来た氷河の星, 来た永い深いそうし, 来た永年の忍苦, 来た永徳の大作, 来たもあれ, 来た汗だくの姿, 来た江州坂本の知行分, 来た江戸ッ子は二度と再び, 来た江戸屋半治, 来た江戸幕府に同情, 来た江波から作者, 来た江馬兆策が妹, 来た池田山といふところ, 来た池田方の一武者, 来た池田輝政であった, 来た決定論と自由意思論, 来た決死の郎党たち, 来た決死隊なので, 来たの船, 来た沖田総司の一刀, 来た沖縄語とま, 来た沙金の事, 来たや雪渓, 来た沢子が彼, 来た沢田としては最初, 来た河岸を通っ, 来た河村はさっき, 来た河村さんたちもかえって, 来た河田軍医と二人, 来た河霧のため, 来た油紙包みの紐, 来た油絵をタハシ, 来た治安維持法は撤廃, 来た治安維持法そのものの人格化, 来た治安維持法一つが消滅, 来た治安警察法の運命, 来た治郎右衛門忠明の姿, 来たのよう, 来た法制経済の先生, 来た法官連ハルスカインイグノラン両家の親類縁者, 来た法師で昼, 来た法律や慣習, 来た法政と商大, 来た法水を瞶め, 来た法衣や貨幣, 来た法道という人, 来た波瀾の結果, 来た泥坊だから, 来た泥棒を捕まえる, 来た洋人さんは五両, 来た洋子たちにもう一度, 来た洋学の洪水, 来た洋服姿の女中, 来た洋楽についての文献, 来た洋燈の火, 来た洋行みやげの舞踊談, 来た洋酒で洗っ, 来た洗吉さんのお, 来た洗髪にピン, 来た洞門の権右衛門, 来た洟タレ御料の陣, 来た津山甚内は終る, 来た津本先生の気持, 来た津村はパッタリ, 来た洪水か何, 来た活動でなければ, 来た活動写真で汽車, 来た活版刷の局票, 来た派遣軍なるもの, 来たで末, 来た流れ矢にちがい, 来た流人達は一度, 来た流木が子, 来た流浪の満, 来た流浪人としても陸上, 来た流浪者を前, 来た浄瑠璃語りの家, 来た浅井勢は浅井方, 来た浅吉という男, 来た浅草の舞台, 来た浅草趣味又は亜米利加風, 来た浅野弥兵衛までがもらい泣き, 来た浅黒さだ, 来た浅黒い男です, 来た浜のや迄行き, 来た浜子の手紙, 来た浜屋の主人, 来た浜田は, 来た浜田某はその, 来た浜町行に乗込んだら, 来た浜路を伏姫神霊, 来た浦里がこれ, 来たに対しても疲れ, 来た浩平の答, 来た浪人等があばれる, 来た浪士のうち, 来た浪士仲間の後殿, 来た浪士体の精悍, 来た浮浪民の徒, 来た浴客の女達, 来た浴衣に着換え, 来た浴衣がけの人間, 来た浴衣姿の青年, 来たに千年山, 来た海兵用の白, 来た海北友松に素懐, 来た海嘯のため, 来た海図の巻物, 来た海外知識もまた, 来た海女のひとたち, 来た海峡を南, 来た海底からの通路, 来た海蔵さんはいつも, 来た海賊どもは橈, 来た海路の風, 来た海軍部隊が駐屯, 来た海道戦の比, 来た消息に見える, 来た消毒器やメス, 来た消防が引き上げ, 来たは樋, 来た液汁と咬み, 来た涼しそうな, 来た淋巴腺の腫れ, 来た傷の, 来た深井氏は吃驚, 来た深甚な沈退時代, 来た深窓の家, 来た混雑の瞬間, 来た添田夫人と一しょ, 来た清三であった, 来た清之介君の兄, 来た清内路も近い, 来た清十郎は, 来た清姫様はもうこ, 来た清教徒でした, 来た清新な洋画家たち, 来た清朝人の画, 来た清楚な小夜子, 来た清水はここ, 来た清盛とはおよそ, 来た清純な気持, 来た清葉に逢った, 来た渋染の手拭, 来た渋茶を飲ん, 来た渓川の音, 来た渓谷に比べる, 来たの従弟, 来た渡り鳥が, 来た渡殿の入口, 来た渡辺天蔵の耳, 来た渦巻はみるみる, 来た温い水で, 来た温泉地行すらまだ, 来た温泉場へ著い, 来た渾名である, 来た湖水の石棺, 来た湖魚を炙り, 来た湯女が総, 来た湯島天神の石段, 来た湯気の立つ, 来た湯沢医者の妻女, 来た湯浅さんに会い, 来た湯茶を侍臣, 来た洲事変は, 来た満天星の葉, 来た満子が手編, 来た源三郎もただ, 来た源十郎と, 来た源太はむやみ, 来た源平二氏を中心, 来た源次郎が一緒, 来た源造の財布, 来た滅菌器へ入れ, 来た滋幹はいつ, 来た滑稽談を一席, 来た滑車を絞首台, 来た滕県城の煤色, 来た滝村に紹介, 来た滞在フランス人に捕まっ, 来た漁師たちは砂, 来た漁村の利枝, 来た漂流船には食料, 来た掻きの, 来た演出係が小屋掛, 来た演劇といふ言葉, 来た演芸の方, 来た演芸上の約束, 来た演芸係長の佐川, 来た漢民族の悩み, 来た漫画の仕事, 来た漱石は私, 来た漱石研究を膝, 来た潜水飛行艦の胴, 来た潤沢多彩なヨーロッパ文化, 来たが最早, 来た潮田春樹を千種十次郎, 来た潮風と一しょ, 来た澄太君から逓友稿料受取, 来た澄江を得, 来た澄江一挺の駕籠, 来た澹山は知っ, 来た激しい暑ささむ, 来た激情が一時, 来た濁流のよう, 来た濃い緑色の, 来た濛々とした, 来た瀧子が駅, 来た火の手はその, 来た火事の遠, 来た火夫達も黙っ, 来た火焔に脂肪気, 来た火縄を取る, 来た火花だ, 来た火鉢黄縞の座蒲団, 来たのひかり, 来た灯りです, 来た灯籠に違い, 来ただろうという, 来た灰皿は窓枠, 来た灰色のお, 来た災害をじっと, 来た炊事道具やら商売道具, 来た炊出しの握飯, 来た炭俵を軒下, 来た炭団は大変, 来た炭坑の大動脈, 来た炭坑医も福太郎, 来た炭火を十能, 来た炭焼だが, 来た炭焼小屋まで立, 来た炭焼男です, 来た炭車を取る, 来た為他の語, 来た為放肆な雑談, 来た烈しい夜風に, 来た烈風はこの, 来た烏凧の竹, 来た烏瓜にはかうした, 来た烏龍茶の包み, 来たの壁, 来た焚火へ沢庵, 来た無学の貴, 来た無形の大, 来た無慙な人間, 来た無気力で和解, 来た無礼をむげ, 来た無線電話飛行船ラジウム防腐消毒光線分析エッキス光線, 来た無蓋自動車から罷業, 来た無言の観察者, 来た無言生活が彼, 来た無量無辺の罪業, 来た無頼の一隊, 来た無駄な生涯, 来た然し後に, 来たかまぼこと, 来た焼きたての老, 来た焼き肉を拾おう, 来た焼肉用の鋭い, 来た焼跡の方, 来た焼餅一枚を取り出し, 来た煎茶器を出し, 来た煎茶茶碗の蓋, 来た煎餅をかじり, 来た煙火の人形, 来た煙草入れ頭, 来た煙草盆と駄菓子, 来た照之助と小, 来た煩い煩いッてば, 来た煩悶丈けでも尊敬, 来た熊さんは矢, 来た熊の胆や熊, 来た熊ン蜂に顔, 来た熊七の見, 来た熊内中尉にあの, 来た熊手などが景気, 来た熔岩の大蛇, 来た熱力学第二法則, 来た熱帯魚の群れ, 来た熱意が想い出, 来た熱狂的な不快, 来た燈明の火, 来た燐寸は何時の間にか, 来た燻肉を投げ, 来た爆発するもの, 来た爛漫とした, 来た父さんではなくなっ, 来た父ちやんは誰, 来た父様のお, 来たやが, 来た爽かさでこの, 来たが我, 来た片原の町はずれ, 来た片品川峡谷の眺め, 来た片柳伴次郎が小首, 来た片桐さんが警官, 来た片足の吉次, 来た版元の誰彼, 来た牛久保の富作, 来た牛乳会社の大, 来た牛乳配達車がこの, 来た牛太郎という女郎屋, 来た牛肉屋の丁稚, 来た牛蒡と人参, 来た牛車が立往生, 来た牛追いたちにはなかなか, 来た牡蠣船に拾われ, 来た牡鶏が村, 来た牢獄の窓, 来た牧場の妻, 来た牧野先生もカンカン, 来た物ごしがたまらない, 来た物乞いだろう, 来た物体をむずと, 来た物影があります, 来た物理化学の研究, 来た物語かは知れぬ, 来た物象の威厳, 来た物質がその, 来た特にひどいの, 来た特別な道行き, 来た特徴のうち, 来た特急ツバメに乗りかえた, 来た犠牲的熱意によって完成, 来た犬奉行はすでに, 来た犬殺しの馬車, 来た犯罪事件ではあった, 来た状勢の中, 来た状態でどうして, 来た狂いを幾らか, 来た狂人の刀, 来た狂人女が病院, 来た狂女の仮面, 来た狂犬病の浮浪犬, 来た狂言である, 来た狂言詞章である, 来たは大分年老, 来た狐爺とか河童, 来たのやう, 来た狙い捨ての, 来た狩衣姿の自分, 来た独り子である, 来た独味の兵制軍法, 来た独房のうち, 来た独特の簡明さ, 来た独逸国民に敬意, 来たが馴れ, 来た狼同士二人とも泥, 来た猛犬を襲い, 来た猟師がそう, 来た猪口を浅井夫婦, 来た猪右衛門の足音, 来た猫婆の一件, 来た猫草相撲取草などを急, 来た猫間川の方, 来た献立書を見, 来た獅子の如く, 来た獲物を下物, 来た玄奘はたつた, 来た玄女の胴, 来た玄徳以下何の怖, 来た玄白には良沢, 来た玄竜こそ彼, 来た玄蕃允は手綱, 来た玄蕃自身の口, 来たの簪, 来た玉井組は国家総動員法, 来た玉章ほどに欲し, 来た玉蜀黍の赤い, 来た王女が聞得大君, 来た王家世襲の宝刀, 来た王平張嶷呉班呉懿の輩, 来た珊瑚珠の入った, 来た珍しさを, 来た珍奇な唱歌隊, 来た珍談を聞き, 来た珪次の顔, 来た世紀の, 来た現代的な理智, 来た現実回避の傾向, 来た現実風の小説, 来た現状である, 来たを植えた, 来たを話した, 来た理想画を僕, 来た理論に詰った, 来た琢堂の庵, 来た琵琶をそっと, 来た琺瑯引きの洗面器, 来た瑠美子とその, 来たを出し, 来た瓢箪池のわき, 来たが中っ, 来た瓦斯のため, 来た甘酒を早瀬, 来た生々しい肉の, 来た生きかたの相違, 来た生き方は勿論, 来た生みの親, 来た生前の岡田道彦, 来た生前遺愛の蔓薔薇, 来た生命の芽, 来た生存者六名中江口氏は凍傷, 来た生徒只の三人, 来た生活そのものの力, 来た生活ぶりと何たる, 来た生活習慣から早く, 来た生物だと, 来た生物仲間は物騒, 来た生菓子やその, 来た生長過程は一つ, 来た産衣だそう, 来た用むきをポツリ, 来た用意の品物, 来た田中君を入れ, 来た田原の宿, 来た田原さんに次, 来た田圃にも白く, 来た田圃道を再び, 来た田園都市と文化人, 来た田村西男の古い, 来た田氏であった, 来た田甫の上, 来た田能平の主人, 来た田舎僧侶だった, 来た田舎漢だ, 来た田舎町の店, 来た田部には新鮮, 来た由これもチャッカリ, 来た由ナーンだ, 来た由今回はだまっ, 来た由八重案内しろと, 来た由公が中庭, 来た由夜そのプラン, 来た由布嶽の影, 来た由暮のこと, 来た由来不明のしきたり, 来た由来書を序文, 来た由来記の内容, 来た由策略かも知れない, 来た由良弥惣次菱浦五郎などはみな能登, 来た甲州の山県勢, 来た甲府の躑躅ヶ崎, 来た甲賀三郎氏が是, 来た甲野さんの顔, 来た男ぢや有, 来た男はかの根岸, 来た男一人だけが無, 来た男三人と宿, 来た男君は集っ, 来た男外套と帽子, 来た男女ふたりの人影, 来た男女二組の白服, 来た男女同権論を湘煙, 来た男妾だと, 来た男性でましてや, 来た男患者を真向い, 来た男根が苦労人, 来た男質問を片, 来た男達と子供達, 来た男達二人は玄竜, 来た町っ子を近々と, 来た町人で街道, 来た町人吾妻屋永左衛門は腕, 来た町人達はそれぞれ屋号のれん, 来た町人階級の男, 来た町役人共の目, 来た町方と捕手, 来た町村の地勢, 来た町田と久助, 来た町長に質問, 来たをお, 来た画集出して, 来た畑佐が落ち, 来た留学生の誰彼, 来た留学生たちの多く, 来た畜生また来た, 来た畠中道でした, 来た畠山の子孫, 来た畢生の事業, 来た畢竟するに標準と, 来た略語である, 来た番付を押, 来た番傘を拝借, 来た番町の友人, 来た人種の, 来た異人がまた, 来た異人氏の草庵, 来た異性に全, 来た疎漏の一つ, 来た疑わしい人物の, 来た疑念と戦慄, 来た疲れのまま, 来た病人其頃は未だ, 来た痛手をおしかさん, 来た痩せぎすの美しい, 来た痴態の限り, 来たぐらいに考え, 来た発展の歴史, 来た発明家がさぞ, 来たの晒布, 来た白バイの巡査, 来た白井屋の女房, 来た白亭氏から妙, 来た白光には青紫色, 来た白地に香, 来た白川も共に, 来た白徒で殊に, 来た白手留吉漢字で立派, 来た白樺細工の掛花瓶, 来た白河の方, 来た白河戸郷の郷民達, 来た白湯を木陰, 来た白羽二重を首, 来た白衣の人, 来た白釉の瓶, 来た白銅貨を二つ帽子屋さん, 来た白骨が小林貞, 来た白髪小僧の袖, 来た百二十余人の同勢, 来た百人程の者, 来た百余名の降, 来た百助というよう, 来た百合さんが私, 来た百姓どもをその, 来た百姓上がりの炭薪商人, 来た百姓男はよく, 来た百姓達の群, 来た的矢貫一に違い, 来た皇室が衰微, 来た盆踊りはこの, 来た盗みや横暴, 来た盗品とそっくり, 来た盛岡の叔母, 来た盛相飯は後, 来た盛装の連中, 来た監獄医であった, 来た目あてはそち, 来た目つきであった, 来た目印がもう, 来た目標だった, 来た目録は木の葉, 来た目附を饗応, 来た目鼻だちを, 来た盲人たちを自分, 来た盲法師は金剛杖, 来た盲目な崇拝, 来た盲目駕に抛り込ん, 来た盲者のやう, 来た直ぐ後だつた, 来た直吉に対して何, 来た直樹は縁側, 来た直治の顔, 来た直義も果然, 来た直観である, 来た直観空間と解釈, 来た相伝の土地, 来た相川良之介が, 来た相棒が割込ん, 来た相良さんは笑っ, 来たがみな, 来た看護卒は老人, 来た真剣な人たち, 来た真夏になつて砂地, 来た真情も認められ, 来た真昼の寂寞, 来た真槍の光り, 来た真紅のアネモネ, 来た真間川の果, 来たにはうそ寒く, 来た眼光だ, 来た眼玉の芯, 来た眼鏡をまた, 来た着もののままベッド, 来た着流しの肥った, 来た矛盾の前, 来た矢かぜであった, 来た矢先周馬とお, 来た矢先私は手ひどく, 来た矢口も交っ, 来た矢場の中, 来た矢川文一郎は二十八歳, 来た矢数も忽ち, 来た矢車草の碧, 来た知名の文学者, 来た知識階級は一九四九年, 来た短い夜は, 来た短刀と髪毛, 来た短歌も若し, 来た短歌改新の二番手, 来た矮梅の如き, 来た石原の利助, 来た石子は署長, 来た石尊詣りの, 来た石山の姿, 来た石川達三が文学, 来た石楠花や土地名物, 来た石油缶の水, 来た石炭船から幾百, 来た石田の目, 来た石鹸は見馴れない, 来た石黒ぢやの, 来た砂子塗の立派, 来た砂糖黍の茎, 来た砂金の大半, 来た研究を完成, 来た研究法が形式倫理以上, 来た研究生は僕たち, 来た砲台の裏, 来た破片なの, 来た破竹な敵, 来た破落戸の右, 来た硝燈の光, 来た硫酸に眼, 来たで紙, 来た硯料紙を見, 来た硼酸水でその, 来た碓氷の隧道, 来た確信であつ, 来たのよう, 来たの関係者, 来た社交になじまない, 来た社交界雑誌ブウルヴァルジエを展げた, 来た社会意識の点, 来た社会改革の意見, 来た社会機構全般の後進性, 来た社会活動の面, 来た社会的な道すじ, 来た社会的幻想であらう, 来た社会評論の内, 来た社家の雑掌, 来た祇園神社の拝殿, 来た祐慶は髪, 来た祖先たちのあと, 来た祖師の遺訓, 来た祖母さんをこの, 来た祖父たちの方, 来たであった, 来た神さんが前垂, 来た神主が, 来た神仏に圧倒, 来た神学校を出た, 来た神学生の今村, 来た神尾喬之助, 来た神明の人形舞, 来た神棚や仏壇, 来た神殿は東, 来た神田三河町の伊豆屋伍兵衛, 来た神田君が梯子段, 来た神経細胞の極度, 来た神経衰弱症にちがい, 来た神聖な箱, 来た神職の方々, 来た神道哲学者流には其点, 来た神酒の小, 来た祥子は父, 来た禁門の守り, 来た禍根のよう, 来たを惜しん, 来た福の神六十両の大金, 来た福井が話, 来た福岡市内各社の祭事能, 来た福慈岳の火山弾, 来た福来博士は吃驚, 来た福松がにじり寄っ, 来た福運を初春早々, 来た禰宜の子息, 来た禰宜様宮田はとある, 来た秀吉軍がちょうど, 来た秀子の顔, 来た秀政の家臣, 来た秀治は顔, 来た秀男の頬, 来た秀麿が途中, 来た私一人が飲ん, 来た私信であった, 来た私共が困ります, 来た私小説の性質, 来た私等でありながら, 来た私自身の愚かさ, 来た秋子を招き寄せ, 来た秋山男爵は東, 来た秋川家の門, 来た秋穂左馬之介, 来た秋草を明いた, 来た秋風に綴じ目, 来た秋鳥も瀬, 来た科学使節団の一員, 来た科学的な同時に, 来た科学観のある, 来た秘伝なので, 来た租税半減というの, 来た秦野屋九兵衛が屈み, 来た秩父山脈はどの道, 来たへである, 来た移住の諸, 来た移動演劇の世話一切, 来た稀有な心, 来た種々相が横, 来た種夫の方, 来た種類のヒューマニズム, 来たなんぞは手, 来た稲子きつく私, 来た稲田から地主, 来た稲田大炊助なの, 来た稲葉山の兵, 来た稼人であったの, 来た稽古通いの娘, 来た穀屋の若い, 来た穂高山の前, 来た空想的仮象の上, 来た空明りへ顔, 来た空模様をぢ, 来た空気から話, 来た空洞な武具, 来た空箱がいくつ, 来た空虚な空, 来た突発性の精神病, 来た突風を覚え, 来た突飛な行為, 来た窪田の肚, 来た窮鳥にたいして山田八蔵, 来た立ち回りというもの, 来た立場人足とおぼしく, 来た立川師団長は中佐, 来た立派な洋装, 来た竜二郎竜八の二子孫, 来た章介の足許, 来た童名じゃそう, 来た童話は即ち, 来た竹山と云, 来た竹籔が頭, 来た竹紙という紙, 来たの中, 来た笊組の臂, 来た笑いが甲野氏, 来た笛吹川画伯の頓死事件, 来た第一歩でそこ, 来た第三者に目, 来た笹野新三郎はその, 来た筆蹟くらいで, 来たは大抵, 来た筋道がわからない, 来た筏師は驚き呆れ, 来た筑前守こそは必ずや, 来た筑摩家の使者, 来た筒袖の男, 来た答礼の葉書, 来た算盤よこせ, 来たははつ, 来た箱入りの品物, 来た箱棺を叩い, 来た箱自動車に飛び込ん, 来た節ちゃんの手紙, 来た節供はその, 来たである, 来たの赤い, 来た篠井といふ女, 来た篠原新吉と云, 来た篠枝や破, 来た篤志家があつ, 来た簡単な事実, 来た簡素さが古い, 来たが据え, 来た米俵を内庭, 来た粂吉は持て余し, 来たでそば, 来た粉薬を温ま, 来た粗朶のタバ, 来た精励の程, 来た精神力でほんとう, 来た精鋭なプロレタリアート前衛等, 来たを塀, 来た糸巻がコロコロ, 来た紀昌を迎え, 来た紅子が云った, 来た紅木大臣もこれ, 来た紅葉にも, 来た紋三郎には口惜, 来た紋付袴の立派, 来た紋太郎はニヤニヤ, 来た納豆です, 来た純文学対大衆文学の問題, 来た純粋に我々, 来た紙巻烟草の煙, 来た紙幟は青竹, 来た紙幣に貼る, 来た紙片を見る, 来た紙筆を取り上げ, 来た紙風船をとっ, 来た素朴的観念であって, 来た累積層の中, 来た細い辮髪には, 来た細川すらも, 来た細川定禅の一手, 来た細川家の家老堀内伝右衛門, 来た細川氏は読売, 来た細川藩の臣, 来た細工のよい, 来た細目の全面, 来た細道を引き返し, 来たの合外套, 来た終点でひい, 来た組打ちならば, 来た組織は根本的, 来た経巻へ書きつけた, 来た経広には悪びれた, 来た経緯に少し, 来た結婚に対する彼, 来た結婚前の既に, 来た結婚指環とともに, 来た結婚談が笹村, 来た結局辞職すること, 来た結果会衆は会堂, 来た結果前途に疑い, 来た結果戯曲の批評, 来た結果森永さんはどう, 来た結果権利として彼, 来た結果河床は周囲, 来た結果自覚される疲れ, 来た結論に他, 来た給仕人ポウルの只, 来た給仕女に, 来た絵はがきをとり出し, 来た絵入りの書, 来た絵手紙となんとか, 来た絵描きさんのため, 来た絵本を拡げ, 来た絵画の本, 来た絵端書はまだ, 来た絵葉書なぞなつかしく書い, 来た絵馬を肩, 来た絶対主義体制への抗議, 来た絶頂は大別, 来た絹糸でネクタイ, 来た絹紐に石鹸, 来た継子に言葉, 来た維新のはじめ, 来たを舟, 来た網嚢入のを二嚢, 来た綺麗な鼻緒, 来た綽名だと, 来たや薄物, 来た綾織の布地, 来た綾麿は厭, 来た綿屋の娘, 来た緋桃の枝, 来た監督の, 来た総数は昨夏以来今秋, 来た総領息子に向う, 来た緑平澄太の両君, 来た緑茶のうまかっ, 来た緑青のつつみ, 来た線路の光景, 来た編隊の飛行機, 来た編集局長は人々, 来た縁日の神楽坂, 来た縁談が押石, 来たで手足, 来た縫子は水, 来た見の, 来たが訊いた, 来た繁子は老婆, 来た繁昌が国郡, 来た織女や縫工女, 来た織田勢はつい, 来たをぷっつり, 来た繩梯子がカラカラ, 来たをお, 来た缶詰類や漬物, 来た罌粟の種子, 来た罷業委員らの無蓋自動車, 来た羅門塔十郎の声, 来た羅馬の人, 来た羈旅の臣, 来た羊羹の残り, 来たに眼, 来た美くしい女, 来た美事な珍品, 来た美佐のこと, 来た美佐子とは私, 来た美作を恐れげ, 来た美味い玉子酒を, 来た美学上の諸, 来た美少年姿の輪田夏子, 来た美形連の手前, 来た美徳の数々, 来た美緒の妹, 来た美術学校のある, 来た美術家の一人, 来た美術部の荒島鶴吉, 来た美魚がその, 来た群落もやはり, 来た群雄割拠はそれ, 来た義助を無造作, 来た義勇軍の面々, 来た義太夫や常磐津, 来た義妹の家財, 来た義弟の小, 来た義昭のす, 来た義父と一緒, 来た義犬伝説の一形式, 来た義理がたい親類づきあい, 来た義詮のみじめ, 来た義貞の声, 来た義雄兄を悦ばし, 来た羽子がヒョイ, 来た羽柴秀吉に目礼, 来た羽根ぶとんで動く, 来た羽虫の音, 来た翌々年和尚さんは西京, 来た翌々日女学雑誌で三宅龍子, 来た翌々日青木さんにさう, 来た翌年吉田の父, 来た翌年天明三年に妻, 来た翌年安政二年の三月, 来た翌日圭子の母親, 来た翌日海岸の方, 来た翌朝の蜆汁, 来た習わしからともすれ, 来た習性にもよる, 来た習癖であります, 来た翫具を曾根, 来た翻訳物を取出し, 来た老いの一徹, 来た老人たちの眼, 来た老人どもへ云った, 来た老人夫妻の漫遊客, 来た老人達のみで三十年以前, 来た老兵たちがあります, 来た老妓の若い, 来た老婢がなにか, 来た老実な顧問弁護士, 来た老年の叔母, 来た老成の看護婦, 来た老父に去年, 来た老翁はいま, 来た老臣たちもすわ, 来た老舗が入口, 来た考察のメカニズム, 来た者ぢや, 来た者らと巡り合っ, 来た者六七名まで斬り伏せられた, 来た者共がどんな, 来た者品物を持出し, 来た者手剛い敵, 来た者檀家の主, 来た者見送りと持出し, 来た者買いに来た, 来た者達だけだ, 来た者陰気な屋根裏, 来たして, 来た耐らなくな, 来た耕原の中, 来た耕雲斎の手兵, 来た耶馬台の国, 来た聖書だと, 来た聞書を取り出し, 来た聞込みとを照らし合せ, 来た聟殿のよう, 来た職人たちも, 来た職人どもの啖呵, 来た職人体の素晴, 来た職人達も別に, 来た職工のやう, 来た職業から離れ, 来た職業心理というもの, 来た職業組合ボート繋留場の赤紙, 来た職長の顔, 来た肥つた紳士はローラ, 来たを操, 来た肱掛椅子に腰, 来た胃病かも知れん, 来た背後の野, 来た胡瓜苗も送つ, 来た脂燭の灯, 来た脇坂山城守は妙, 来た脇差しを迎え, 来た脇役の人物, 来た脚下を見おろす, 来た脚本を従来通り, 来た脚本二つ読む, 来たを踏張, 来た脱獄者だと, 来た脳膜炎だろうと, 来た脳貧血も割合, 来た脳髄の偉大, 来た腑甲斐なさ, 来た腕前がなかなか, 来た腕力の思う, 来た腕環を嵌め, 来たの渋団扇, 来た腰元の中, 来た腰兵糧も道, 来た膃肭獣なの, 来た膝かけを敷く, 来た膝行袴ばき, 来た膳部を見る, 来た膿汁の臭, 来た臘虎の頭巾帽子, 来たで織田家, 来た自作の陳情祈祷, 来た自分たち作家一人一人の文学業績, 来た自分たち女の過去, 来た自分のぶざまな恰好, 来た自分らに対する叱責, 来た自動車王シトロエンがもう, 来た自宅の傍, 来た自家の女房, 来た自尊心と現に, 来た自己忘却の無間地獄, 来た自戒であること, 来た自然主義の主張, 来た自然史的過程をその, 来た自由離婚だけが来る, 来た自給自足の生活, 来た自覚をもっ, 来た至上神の祭り, 来た興世王と不, 来た興行師もおどろい, 来た興録という船医, 来た舎人の小黒, 来た舞台の記録, 来た舞妓が月, 来た舞謡囃子がどんな, 来た舟唄の一節, 来た舟木がステッキ, 来た舟芸人の妻, 来た舟辰が, 来た航海の日, 来た航海者と談話, 来た般若三蔵の下, 来た般若湯代が入れ, 来た舶来の民俗, 来た舶来品を並べ, 来た船中のとき, 来た船員のこども, 来た船員たちの中, 来た船員たち迷信好きの彼ら, 来た船大工の清吉, 来た船大工これは相当, 来た船客一同と共に岸本, 来た船室の中, 来た船手もかく, 来た船長がそうした, 来た船頭文次の船, 来た船頭重吉の太平洋漂流記, 来たの板, 来た良い煙草を, 来た良さんと云う, 来た良兼を取囲んだ, 来た良助に云った, 来た良子の義理, 来た良家の子女, 来た良将がひとり, 来た良藤は真青, 来た色んな物品を, 来た色彩と云う, 来た色白の若い, 来たの葉, 来た芝警察署詰の某氏, 来た芭蕉の心像, 来た花世の声, 来た花卉を与八, 来た花山うどんの包, 来た花崗岩の大, 来た花房一郎の顔, 来た花環が青, 来た花瓶にそれ, 来た花畑添いの, 来た花籠の一つ, 来た花蜜と花粉, 来た花見の衣裳, 来た花魁のお嬢さん, 来た芳子には自分, 来た芳村は上野, 来た芳秋蘭を見詰め, 来た芳香は何, 来た芸人諸家の社会上流, 来た芸能と東, 来た芸術上の先ぶれ役, 来た芸術性に譲り, 来た芸術的良心の純真純美さ, 来た芸館の一流品展観所, 来た苅谷氏の声, 来た若い衆たちに固く, 来た若僧は一同, 来た若党をすぐ, 来た若党達はいきり立ちました, 来た若君は大学生, 来た若妻千浪の眉, 来た若宮だ, 来た若年からの彼自身, 来た若旦那を眼がけ, 来た若旦那金之助は如才, 来た若林博士はフト奇妙, 来た若鮎の噎, 来た苦しさや, 来た苦しみと君, 来た苦労人だとの, 来た苦味生さんの気持, 来た苦心の宝, 来た苦渋な疲労感, 来た苦盃も小杉さん, 来た英三はこの, 来た英吉利の探偵作家, 来た英吉利人との間, 来た英国人などは全く, 来た英訳の露西亜小説, 来た茉莉の肉親, 来た茜木綿や麻の葉, 来たの実, 来た茶とんびも, 来た茶屋女に髭, 来た茶店の老婆, 来た茶番の準備, 来た茶盆大の舞茸, 来た茶碗小皿などを茶棚, 来た茶箱を削り直し, 来た茶道衆の者, 来た草中からぽ, 来た草双紙などを読ん, 来た草履の音, 来た草履取の類, 来た草心尼はびッくり, 来た草鞋が無造作, 来た草鞋がけの老人, 来た荏田の栄子, 来た荒らくれ武士, 来た荒仏その時代, 来た荒薦を敷い, 来た荒行は何, 来た荒雄川が南方, 来た荷持男はぜひ, 来た荷物みたいな地上, 来た荷車が地震, 来た莫蓮女のお年, 来た菅笠を台座, 来た菊亭右大臣家の御用, 来た菊松の下っ, 来た菊池技師は抜け上った, 来た菊池方の大軍, 来た菊王ははや, 来た菓子包みを子供たち, 来た菓子屋なんか四里, 来た菓子箱には立派, 来た菓子茶などを整え, 来たという, 来た菜種の花, 来た華工の寄宿舎, 来た華族学校の先生数名, 来たの十郎, 来た菰田の竹刀, 来た萩井十太夫殿のお, 来た萩原の忠さん, 来た萬事己が呑み込んだ, 来た落し人か, 来た落人たち三人はようやく, 来た落葉灌木で美花, 来た葉巻でも吹かし, 来た著作の著者, 来た葛城の姉, 来た葛岡との交際, 来た葛籠は見せたくなかった, 来た葡萄ジャムの土産, 来たの葉, 来た葦毛だった, 来た葬儀社の十七八, 来た葬式は生れ, 来た葮簀張の中, 来た葱畠を眺め, 来たの鉢, 来た蒐集品に札, 来た蒲原はソヴェト画家, 来た蒲生源左衛門蒲生忠左衛門蒲生四郎兵衛町野左近将監新参ではある, 来た蒲田温泉は昨年, 来た蒸気船が芽, 来た蒼白い力の, 来た蓑笠に二人, 来た蓬莱和子を南原杉子, 来たの葉, 来た蔓草が徐々に, 来た蔡瑁を見る, 来た蔦王はひとり, 来た蕃夷がその, 来たは丁寧, 来た薄曇りの西日, 来た薄闇の中, 来たと山岡屋, 来た薩南の健児たち, 来た薩摩が公武一和, 来た薩摩芋と婆さん, 来たも大抵, 来た薫陶はすべて, 来た薬包を開い, 来た薬品を下, 来た薬籠の風呂敷包, 来たと黄色, 来た藍貝柄の長刀, 来た藤六の戸籍謄本, 来た藤内左衛門は阿倍野, 来た藤十郎は自分, 来た藤原はその, 来た藤吉年久しく使い, 来た藤吉彦兵衛の二人, 来た藤塚さんに出くわす, 来た藤太の煙草入, 来た藤岡さんという方, 来た藤波金三郎の胸, 来た藤紫の一揃, 来た藤蔵の報告, 来た藪原長者は武士, 来たのよう, 来た蘆毛の馬, 来た小小, 来たもある, 来た蘭丸が, 来た蘭学に趣味, 来た蘭川の谷, 来たを復び深山, 来た虚無主義のブルジョア, 来た虚無僧二人が自分, 来た虚無思想と法律至上主義, 来た虫蝕本の方, 来たは寿子, 来た蚊帳を苫, 来たが纏い, 来た蛇の目の傘, 来たが団扇, 来た蛮僧である, 来たの呉蘭, 来た蜂須賀彦右衛門を見る, 来た蜘蛛をその, 来たばかり吸, 来た蜜柑には種子, 来た蜜酒さへ飲まない, 来た蝙蝠のよう, 来た蝶々を一羽, 来た蝶子は折檻, 来た蝸牛が籠, 来た蝿共の数, 来たを売り, 来た蟹口はこの, 来たが二三匹, 来た蠎蛇です青魚, 来たの処置, 来た衆徒やら細川兵, 来たひについて, 来た行いなどもちらちら, 来た行列は門, 来た行状のどこ, 来た行糧ももはやほとんど, 来た行者の中, 来た行脚僧があっ, 来た行跡を見, 来た行進のあった, 来た行雄を私, 来たであって, 来た街衢を逆, 来た衛生隊司令官のワルデルゼイ軍医大佐, 来た衝撃が深く強く, 来た衣服道具などはいつしか, 来た衣裳鞄を開け, 来た衣類直次の着, 来た表口の人だかり, 来た表徳さん下がろう, 来た表現の進化, 来た表現力寧却て信頼, 来た表面の僕, 来た袖猿に栗, 来た抑圧的屈従の, 来た被告を思ふ, 来た袱紗だとか, 来た袱紗包を釈い, 来たなどがある, 来たを投げ, 来た裁判官を見る, 来た裁判所からの召喚状, 来た裁縫師のところ, 来た裏口の方, 来た裏町の一庵, 来た裏通へ曲り, 来た裕佐に莞爾, 来た補佐役の侍, 来た補祭は今度, 来たの役人, 来た裸虫もがんりき, 来た製図の切れ端, 来た褐色の葉, 来た襖姿の侍たち, 来た襯衣箱を風呂敷, 来た西域楽でなくては, 来た西欧文明は先ず, 来た西洋思想をもその, 来た西洋文化の洪水, 来た西洋料理は黒い堅い, 来た西洋石鹸の香気, 来た西洋館の方, 来た西蔵紅茶の箱, 来た西軍の一支隊, 来た西郷吉之助は群集, 来たむきに, 来た要作は女房, 来た要点だけをお, 来た覆面姿の侍, 来た見事なアネモネ, 来た見物だから, 来た見物人らは門, 来た見覚えの封筒, 来た規模の小さな, 来た規約である, 来た視覚は容易, 来た視野にはなお, 来た覚悟を苦, 来た覚明の足もと, 来た親しみさえすこしも, 来た親たちに顔, 来た親分の同伴, 来た親友水戸記者を大西洋, 来た親子と主従, 来た親子心中母がこの世, 来た親族の人達, 来た親父とすれちがい, 来た親鳥が子, 来た観光客向の縮緬紙, 来た観念文学には更に, 来た観覧者の目, 来た角パンを出しました, 来た角兵ヱ獅子で昨日, 来た角石のしかれた, 来た解説を自慢, 来た解釈です, 来た触れ書を前, 来た言わば親友の, 来た言文一致の試み, 来た言葉づかいと郷里, 来た言語道断の白々し, 来た言論圧迫の影響, 来た託児所を中心, 来た記者たちに自分, 来た訪問客がだれだ, 来た設楽五郎左衛門の子, 来た許可願に印, 来た訳ぢやねえ, 来た訴え語られるべき物語, 来た訴人というの, 来た註文なの, 来た証拠品に面, 来た評論家李明植の鋭い, 来たがない, 来た試合が今日, 来た試練の総, 来た試験管の生きた, 来たを云う, 来た詳しく話して, 来た認識の歴史, 来た認識者とは汚れた, 来た語り手を灯, 来たに優れた, 来た誠意に対しても官兵衛, 来た誤解であらう, 来たに這入つ, 来た説明の順序, 来た読売新聞を見た, 来た読者層を満足, 来た談林派にあき足りなくなっ, 来た請地では店, 来た請求書つづけて, 来た請負人足その他の諸, 来た諏訪の百姓, 来た諏訪栄三郎のようす, 来た諏訪頼岳寺の和尚なぞ, 来た論争の焦点, 来た論点なの, 来た諜報の者, 来た諜報部長の宋秀陳, 来た諸君に問おう, 来た諸国武士どもの希望, 来た諸行無常の苦しみ, 来た謂れ因縁はその, 来たであった, 来た謙信に対ししかも, 来た謙助の妻淑子, 来た講演をサボっ, 来た謝源は今夜, 来た證拠であった, 来た警備艦宇治の碇泊, 来た警告はなかつた, 来た警固の者, 来た警官達はすぐ, 来た警察が来る, 来た警察医と警官, 来た議論は貴金属類, 来た譲歩をみんな, 来たの子息, 来た護謨風船の達磨, 来た谷間の岩窟, 来た谷陰はそこ, 来たと小豆, 来た豆魔人は弟, 来た豊世には見る, 来た豊寿さんという倉知, 来た豊島屋の子, 来た豊次のお, 来た豊満な大, 来た豚肉を持つ, 来たが今度花屋敷, 来た象さんが来た, 来た象牙がしら, 来たや体, 来た貝原にむしろ, 来た貞一にしろ, 来た貞時はいかにも, 来た貞盛である, 来た負目もあり, 来た財務当局の口実, 来た財宝をその, 来た財布をおかえし, 来た財物や穀類, 来た財産ならば, 来た貢進生などのいる, 来た貧乏書生の私, 来た貨物船であった, 来た貪婪な雲, 来た責任上万一の, 来た責任上当惑そうに, 来たひ水, 来た妃の, 来た貴人の輿, 来た貴公子にする, 来た貴女たちに別れ, 来た貴子の友達, 来た貴族の方, 来た貴様の花嫁, 来た貴美子さんが妾, 来た貴賓の動静, 来た買手どもはもう, 来た船を, 来た貸元衆といえ, 来た費用の足し, 来た貿易商人で兼エンジニア, 来た賀川市長は黙っ, 来た賀川春子氏の女中, 来た資力はそんなに, 来た資本主義の独占的, 来た資本主義社会の矛盾, 来た賓客に対して, 来た賓客たちも予想, 来た賜物でございました, 来た賢い東方の, 来たしい目的, 来た賦税として時々, 来た質子と少数, 来た質屋の親仁, 来た質素な柄, 来た質量が補助的役割, 来た購求の書下し長篇小説, 来た贋金買いの連中, 来た贋雲水は誰, 来た赤く塗った呉服店, 来た赤ちゃんの姿, 来た赤とんぼうを, 来た赤ン坊を今産, 来た赤井とぶつつ, 来た赤坂の女, 来た赤坊たちはまず, 来た赤城の山かげ, 来た赤座の服装, 来た赤星の顔, 来た赤星六郎兵衛で, 来た赤熊の額, 来た赤皮の靴, 来た人的な, 来た越中の人夫, 来た越中者で毎日店頭, 来た越後らしいごつい, 来た越後上杉の武者輩, 来た趙雲の二人, 来た趣味の応用, 来た足ついでに以前厄介, 来た足どりをまざまざ, 来た足利家の侍, 来た足利方の兵馬, 来た足前をはたい, 来た足掛四年の月日, 来た足柄をパパ, 来た足袋の鞐, 来た足許の岩, 来た足蹟が読みとられる, 来た足軽が重病, 来た足駄を下げた, 来たの上, 来た路ぢやない, 来た踊り子は何人, 来た踊子はふと, 来た踏絵の手, 来たを返そう, 来たの音, 来た躑躅は如石, 来た躑躅山のもっとずっと, 来た身内の人, 来た身軽なもの, 来た車中の様子, 来た車夫達も頭, 来た車室の明るい, 来た車屋のばあさん, 来た車掌迄がさんざん, 来た軍人であった, 来た軍勢は敵, 来た軍医大佐のあたたかい, 来た軍歌に私, 来た軍治は幾, 来た軍状を取り次ぎ, 来た軍糧は剣閣, 来た軟かい道の, 来た転換の早, 来た転機の小, 来た機銃だ, 来た軽い包み物一箇を, 来た軽い深い粉末の, 来た軽はずみな口笛, 来た軽業の一座, 来た輔佐の老, 来たではある, 来た輸送車の患者, 来たがこんな, 来た農兵隊は蜘蛛, 来た農商務省技師の山川理学士, 来た農夫体の五十, 来た農夫町から戻っ, 来た農婦が何やら, 来た農民はどういう, 来た農民革命家だ, 来たなどの見当, 来たに留つて背, 来た迄の話である, 来たへの俥屋, 来た迎いに来た, 来た近々支那へ, 来た近代人としての自覚, 来た近代文学は新た, 来た近代科学の収穫, 来た近侍の者, 来た近在のあぶれ者, 来た近来になく, 来た近県の衰えた, 来た近習に, 来た近習たちがこう, 来た近親者が引き返す, 来た近頃稀れに, 来た返しを見, 来た迷い猫であって, 来たは十分, 来た退嬰的な妥協的, 来た送り狼のその, 来たな例, 来た途中お茶の水から外神田, 来た途中雨は漸く, 来た途端伸子は川瀬, 来た途端秋川家からと云つて電話, 来た通り丁半開帳の最中, 来た通り三郎の精神状態, 来た通り何も主観, 来た通り有名で又, 来た通り活動の世界, 来た通り男はやっぱり, 来た通り社会に関するマルクス主義的理論, 来た通り筑前は精進潔斎, 来た通り茂助は礼, 来た通事たちを招き寄せ, 来た通信の中, 来た通念からいえ, 来た通船楼の男, 来た通行の場合, 来た通行人が歴史博物館, 来た通行人たちはわめい, 来た通行券を納め, 来た通訳が朝鮮語, 来た通路も明らか, 来た逞しい一頭の, 来た造船所連の告げる, 来た逢坂の関, 来た連中たちの顔, 来た連中クラークの息子, 来た連句の旋律的進行, 来た連絡の手紙, 来た連絡係りはこれ, 来た連絡船のボーイ連, 来た連関から云っ, 来た進化の歴史, 来た進士作左衛門や比, 来た進物とはいや, 来た逸品の絵, 来た遊び人態の男, 来た遊山と舞踏会, 来た遊牧民があったです, 来た過去二年間の闘争, 来た過失で君, 来た過度の刺激, 来た過渡期の空気, 来た道づれの男女, 来た道のりの八倍, 来た道三秀龍だけに後, 来た道中の費え, 来た道中師の伊兵衛, 来た道中稼ぎの掏児, 来た道士と何, 来た道安が一応人々, 来た道帰りながら, 来た道徳律に対する伝統的, 来た道徳的習慣なぞが残っ, 来た道教諸神, 来た道普請のこと, 来た道楽者が思わず, 来た道水道橋から来た, 来た道眼の届かぬ, 来た道空丹後の二家老, 来た道自動車の止った, 来た道誉と茂時, 来た道連の小平, 来た道高崎屋の方, 来た達しのこと, 来た達子の言葉, 来た達沢から校長, 来た遠い近い親戚とか, 来た遠く浅間の麓, 来た遠国廻りのお, 来た遠慮心から済まない, 来た遠方の檀家, 来た遠藤ッてそら, 来た遠賀川風景はよかつ, 来た遥か前方の森, 来た遺家族の人, 来た避暑客は既に, 来た避難民を合せ, 来た避難民たちだった, 来た那須の雲巌寺, 来た邦夷らは事情, 来たの屋根, 来た邸内の武者, 来た郊村では夏祭り, 来た郎党も何, 来た郡山の新聞記者, 来た郡視学と二時間許, 来た部分もある, 来た部員の毛利, 来た部将の案内, 来た部屋付きの召使い, 来た部隊はどこ, 来た郵便小包を受取つた主人, 来た郵便局の配達夫, 来た郵便配達手君を何気なく, 来た郵書を読ん, 来たのりりしい, 来た郷民の二人, 来た都大路の場, 来た都市です, 来た配所の家人たち, 来た酒井君という同級生, 来た酒井本多石川の三将, 来た酒井隊の多く, 来た酒壺洞君からだ, 来た酒屋の御用, 来た酒巻ドクトルは暫らく無駄話, 来た酒瓶と樽, 来たに座, 来た酔いの廻った, 来た酔払ひなどが, 来た酔払いなどが突然, 来た酢川が北, 来た醜いノッポの, 来た采女で現職, 来たに来た, 来た里宮参籠記念のお札, 来た里見新兵衛, 来た重大犯人川上の数, 来た重明に対してどう, 来た重苦しく恐ろしい凄い憤怒の, 来た重荷を一時なり, 来た野上さんや何, 来た野上彌生子は一九二八年, 来た野中の路, 来た野人でも学習院, 来た野兎などとても, 来た野幇間とまではいかない, 来た野房儀平という男, 来た野村は万遍, 来た野次馬の中, 来た野次馬連はその, 来た野武士で今, 来た野武士たちである, 来た野猪のごとき, 来た野盗が持ち扱っ, 来た野菜類を洗っ, 来た野蛮人たちに土地, 来た野蛮人時代の本能的, 来た野袴の武士, 来た野鴨雁その他の鳥, 来たと等しい, 来た量子説が古典的, 来た金三百円と蝶子, 来た金井をつかまへ, 来た金作は, 来た金兵衛の姿, 来た金剛颪しこの, 来た金十郎はこれから, 来た金博士の若い, 来た金原省吾白水吉次郎鹿児島寿蔵の諸君, 来た金右衛門が見つけ, 来た金子さんや真鍋さん, 来た金属で出来た, 来た金山寺屋の音松, 来た金山男もいる, 来た金庫室までお, 来た金持ちの子息, 来た金持男達まで殆どイベット, 来た金波鎮漢起武という二人, 来た金色の陽炎, 来た金蔵は糸楯, 来た金袋を減らし, 来た金銭がも早, 来た金額全部を帰り, 来た金魚屋から鯡鯉, 来た釘抜きの勘次郎, 来た釘抜藤吉だった, 来た釜形の尖った, 来たの先, 来た針助はブルブル, 来た針道具をちよ, 来た釣竿の浪人, 来たを抱き上げ, 来た鈴子の舞妓姿, 来た鈴木からは七月, 来た鉄柵沿いの紙くず, 来た鉄橋の遥, 来た鉄瓶作りに傾け, 来た鉄管の出口, 来た鉄路のある, 来た鉄道が此処, 来た鉛筆でした, 来たを聚め, 来た鉱山師かと思っ, 来た鉱毒事情を説明, 来た銀丸をはの間, 来た銀公を見る, 来た銀子にとって三度, 来た銀河が一すじ白, 来た銀色のメス, 来た銀行券と引換え, 来た銀行員である, 来た銀製のおしゃもじのようなものや, 来た銀造が昔, 来たは舶来, 来た銃手五百人を分け, 来た銘酒か何とも, 来た鋭さがどこ, 来た鋭さ新九郎はここ, 来たの行商人, 来た鋼鈑を取り下ろした, 来たの袋, 来た録音が気がかり, 来たで砂糖, 来た鍋島家の奥用人, 来た鍛冶の母, 来た鍛冶富だったが, 来た鍛冶部の連中, 来た鍾馗の馬, 来たは腰, 来た鎖国政策を案外, 来た鎮花祭から起つ, 来た鏘然とした, 来た鏡子はこの, 来た鑑真が唐招提寺, 来た鑵詰など開ける, 来た長い深い社会的な, 来た長い苦しさかも, 来た長崎屋だ, 来た長州藩がこの, 来た長年のこと, 来た長文の電報, 来た長柄の鋤簾, 来た長次郎は其処, 来た長次郎達に送られ, 来た長男と差し向い, 来た長脇差を征矢, 来た長谷川進一という人, 来た長距離電話は完全, 来た長途の兵, 来た門下の人人, 来た門人らの説明, 来た門徒の本拠, 来た門番の侍, 来た閃光を逃がさず, 来た開塞の信号, 来た閑山の飯, 来た間もなく夜だ, 来た間柄であったから, 来た間道を駈けぬけ, 来た間違いからお, 来た間違つた思想に支配, 来た間違つた考へと云, 来た関係上何かダンセニイ, 来た関係上関係して, 来た関原弥之助自身なの, 来た関守氏は貫一君, 来た関興は舌, 来た関門であった, 来た闇汁会を開く, 来た闇黒へ消え, 来た防寒のもの, 来た阿佐ヶ谷神楽の仲間, 来た阿南忍さんもいた, 来た阿呆らしさ, 来た阿良里と田子, 来た阿蘭陀書房も終に, 来た阿賀妻らの心, 来た附文はみんな, 来た限り一僧も来らず, 来た陣十郎の刀, 来た陣場夫人は一昨日無理, 来た陣屋跡の古家, 来た陣旗を祠, 来た陰陽師の徒, 来た元贇, 来た陳登のす, 来た陶工が瀬戸あたり, 来たが夫矢川文一郎, 来た陸上の, 来た陸尺に中間, 来た陸軍中佐の方, 来た陸軍兵に取りかこまれ, 来た陸郎は通りすがり, 来た隅田の水, 来た隅田川の河, 来た隆夫はその, 来た隊伍なき捨身, 来た隋唐の統一時代, 来た階子段を斜, 来た階級と全く, 来た階級人であり将来, 来た階級意識とともにすっかり, 来た際私の家, 来た際豚を柵, 来た障子のほう, 来た隠密の原因, 来たの, 来た隣室の物音, 来た隣近所の者, 来たが来た, 来た雄吉は, 来た雅楽頭は笠, 来た集団農場書記が入っ, 来たの女, 来た雌牛を入れた, 来た雌犬の所有者, 来た雌雄の様, 来た雌雄相生の樹, 来た雌鴨はまあ, 来た雑木林の絵, 来た雑然たる不安疑惑の, 来た雑煮の処方, 来た雑物を自分, 来た雑草にすわる, 来た雑誌記者に向っ, 来た雑誌類をよんだ, 来たが卵, 来た離縁状と是, 来た雨外套を小松, 来た雨脚は半, 来た雨返しがあり, 来た雪みぞれに, 来た雪道をゆっくり, 来た雲仙からの道中, 来た雲州辺の百姓, 来た雲水に向っ, 来た零余子の数, 来たがいきなり, 来た雷神の子みたい, 来た雹雨の音, 来た電報為替をとり, 来た電文を見せた, 来た電気工学の, 来た電流のよう, 来た霊枢を己, 来た霊的の物, 来た霊薬で一粒, 来た霊魂たちです, 来たのなか, 来たの冷た, 来た露八が, 来た露国の虚無党亡命客, 来た露店商人が急, 来た露月一度はまとも, 来た露次の工合, 来た露西亜に勝った, 来た露路を金兵衛, 来たの中, 来たの姿, 来た青バスに群衆, 来た青二才じゃねえ, 来た青山の家, 来た青山監物の第, 来た青年ボーイが身体, 来た青年作家の一人, 来た青年共産主義同盟員女子のイリンカ, 来た青年団員がおしまい, 来た青年記者は現在同紙, 来た青木城太郎だった, 来た青梅の博労連, 来た青毛のすらり, 来た青毛布のじいさん, 来た青江が平生, 来た青江機もいよいよ, 来た青灰色のブルーズ着, 来た青物車を避ける, 来た青眉の女房, 来た青空が街, 来た青竹で作った, 来た青糸毛のうしろ, 来た青葉のかげ, 来た青野が彼, 来た青鬼か何, 来た静脈血の炭酸瓦斯, 来た非人たちが四方, 来た非常に不気味, 来た非行と苦難, 来た面会人が十人近く, 来た面影は神尾主膳, 来た面白さに, 来た面窶れに眸, 来た革命的ジャーナリストである, 来た革新的な若, 来た革袋から抜き出した, 来た革製の口環, 来た革鼻緒南部表の雪駄, 来た靴磨きの兄弟, 来た鞍馬の役僧, 来た鞘手紙危険迫ると, 来た鞠子に言った, 来た音信の礼, 来た音楽に腰, 来た音楽家の演奏会, 来た音楽絵画彫刻などの観照, 来た音楽者だちの集り, 来た音無の山高帽子, 来た音無家のお, 来た音物を縁, 来た音羽の護国寺, 来たの声援, 来た頃あたりから町, 来た頃いやにならない, 来た頃いろいろな栄養学者, 来た頃ぱたぱたと草履の音, 来た頃びっくりしたわ, 来た頃ぼくはよく, 来た頃ピアノの稽古, 来た頃三吉は甥, 来た頃丹羽五郎左衛門長秀の使者, 来た頃主人の原田, 来た頃二人は並ん, 来た頃出刃包丁か何, 来た頃出刃庖丁か何, 来た頃十分位ほか無かった, 来た頃千世子は髪, 来た頃千代子は思い出した, 来た頃叔父さんは汗ばんだ, 来た頃召使の給料, 来た頃同君の特徴, 来た頃崖崩れのため, 来た頃彼方の錠口, 来た頃後から追いつい, 来た頃心あてに昵, 来た頃暗がり横町を走っ, 来た頃本郷のとある, 来た頃東洋城は余, 来た頃森本の後, 来た頃沖田総司は臨終, 来た頃父はたまらなく, 来た頃犬は見違える, 来た頃産婆が助手, 来た頃石の巻, 来た頃私の家, 来た頃私たちは魚売, 来た頃私達はこの, 来た頃空が美しく, 来た頃粘土の小さい, 来た頃自分の両方, 来た頃良人は誰, 来た頃谷本梨庵博士は文科, 来た頃路傍の辻堂, 来た頃軍服みたいなもの, 来た頃野の真ん中, 来た頃銭湯の秤, 来た頃陽は西, 来た頃駐在にいい, 来た頃鼻の上, 来たに並ばせ, 来た順一の姿, 来た順作は家, 来た順助に, 来た順吉を励, 来た順序通りに間違い, 来た須永もまた, 来た須田町の午後, 来た須磨子は自分, 来た須美子のノート, 来た頑固な一筋気, 来た頗る興味ある, 来た頤髯を生やし, 来た頬紅も電気, 来た頬髯の濃い, 来た頭取の岩永, 来た頭山満先生が父, 来た頭山翁は翁, 来た頭髪の赤い, 来たに綱, 来た頼朝はまだ, 来たを頭, 来た顔つきだった, 来た顔回が夭くし, 来た顔良文醜の, 来た顕門のお, 来た顛末を簡潔, 来た風の音がした, 来た風呂敷づつみを持って, 来た風変りな商人, 来た風来の子, 来た風来人だ, 来た風来坊主で高尾, 来た風流好きもあった, 来た風流寝物語の里, 来た風邪ですよ, 来た風采ですが, 来た風間夫妻が便利, 来た風間老人へ, 来た風雨をそのまま, 来た風雪の薫香, 来た颱風の余波, 来た飛び地にある, 来た飛状にも, 来た飛脚に駄賃, 来た飛脚屋もその, 来た飛脚文じゃない, 来た飛行機のりだな, 来た飛騨から牛, 来た飛騨女は皆色, 来た飛騨川から爽やか, 来た飛魚の如き, 来た食べものをある, 来た食慾はぜひとも, 来た食料品店の御用, 来た食物を与え, 来た食蜃人がさっき, 来たや菜, 来た飯倉の大神宮さま, 来た飯屋で霜消し一杯, 来た飯店の小僧, 来た飯炊男のよう, 来た飲み物というの, 来た飲酒の戒, 来たをしゃぶり, 来た餅桶の中, 来た餉台のうえ, 来た養子娘の気まま, 来た養子房之助と二人, 来た養策は奥, 来た養老の美酒, 来た饂飩なんか吐かれ, 来た饅頭笠を改めて, 来たをひそか, 来た首級をその, 来た首謀者が吉岡, 来たと花, 来た香ばしい風が, 来た香りと思われる, 来た香具師夫婦を平次, 来た香奠の包み, 来た香屋子の印象, 来た香料をみんな, 来た香風墨と云う, 来た馬どもの脚, 来た馬の背に乗り, 来た馬丁の力, 来た馬二駄の入費, 来た馬五百疋がいか, 来た馬券合資会社の出ば, 来た馬印から, 来た馬商人の曳い, 来た馬橇がちらほら, 来た馬籠の宿場, 来た馬翁がしばらく, 来た馬肉に中毒, 来た馬追が啼き出した, 来た馬追虫もいる, 来た馬鈴薯の種, 来た駄菓子の紙包み, 来た駄賃金が馬籠, 来た駄金魚を何, 来た駄馬の轍, 来たの人達, 来た駅夫どのが一人, 来た駒井甚三郎世間の苦労, 来た駒井船長が船, 来たらしいが, 来た駕屋の声, 来た駕籠かきはいつの間にか, 来た駻馬は高氏, 来た駿馬の鬣, 来た騎馬与力と同心三名, 来た騒音にびっくり, 来た驕慢な女, 来た驚きを披瀝, 来た驚き竦え考え, 来た驚心駭目すべき天変地妖, 来た驟雨に傘, 来た骨がらでないもの, 来た骨壺の骨, 来た高倉祐吉を前, 来た高原の中腹, 来た高大之進の一団, 来た高官たちはここ, 来た高山植物を植えかけ, 来た高島十太夫は最前, 来た高村光雲先生とその, 来た高橋の家, 来た高橋警部野原医師らに軽く, 来た高砂の尉, 来た高等学校の学生, 来た高級の女房, 来た高野へ納める, 来た高野弥兵衛という, 来た高麗民族の家族, 来たを惜気, 来た鬆土をこの, 来た鬚武者は馬上, 来たの汗, 来た鬱蒼とした, 来た鬼村博士がこの, 来た魁偉な老, 来た魔よけの鈴, 来た魔物のよう, 来た魚売の神さん, 来た魚市の方, 来た魚族は更に, 来た魯迅さんが死んだ, 来たを今日, 来た鮫ヶ橋の方, 来たかな山葵, 来た鮮かさは見上げた, 来たの大群, 来た鰐口という本職, 来たの大群, 来た鰹節を掻く, 来たの子, 来たはこの, 来た鳥打を被, 来た鳥目をぜにさし, 来たの白い, 来た鳳凰の頸, 来たが頭, 来た鳶口が一梃, 来た鳶色の老婆, 来た鳶色一揆の騎馬隊, 来たが二三羽, 来たの数, 来た鴫澤主水は心身, 来た鵞鳥共が叔父様, 来たをみな, 来た鶏卵素麺に, 来たは持前, 来た鶴たちはよろこん, 来た鶴吉の刀, 来た鶴見にはまだ, 来たが澄んだ, 来た麗人がある, 来た麝香獣でも見る, 来た麦田一八郎の紙魚亭主人, 来た麦菓子をこれ, 来たの袋, 来た麺麭を長火鉢, 来たの, 来た麻嚢にも私, 来た麾下の士, 来た黄水仙の鉢, 来た黄牛の綱, 来た黄色と白, 来た黄金一両を取り次ぎ, 来た黄金文字の経文, 来た黄金色の陽, 来た黄門どのの北の方, 来た黒い大きいものは, 来た黒ん坊なん, 来た黒吉は座員達, 来た黒塗の箸箱, 来た黒奴を信長, 来た黒山のよう, 来た黒木の密林, 来た黒檀まが, 来た黒漆の塗駕, 来た黒犬が何, 来た黒田の別荘跡, 来た黒田官兵衛孝高だったの, 来た黒竜江生れのセパード, 来た黒色人を安土, 来た黒蛇を放した, 来た黒衣の女, 来た黒覆面の連中, 来た黒門町の壁辰親分, 来た黒頭巾の男, 来た黒駒へ乗りかけ, 来た鼈四郎に取り, 来た鼈甲の櫛, 来た鼓楼とは反対, 来た鼠色の馬, 来た鼻息の荒, 来た龍造寺主計も眼, 来た龍野氏に偶然, 来たP社の記者, 来たX線の装置