青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「来~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

村~ 村人~ ~杖 杖~ 杜~ 束~ 条~ ~条件 条件~ ~来
来~
~来い 来い~ ~来た 来た~ 来たら~ ~来ない 来ない~ ~来なかった ~来ました 来ました~

「来~」 56803, 614ppm, 152位

▼ 来~ (45977, 80.9%)

1092 いる 887 いた 883 いるの 428 見ると 367 いて 326 くれた 322 みると 316 くれ 278 いたの 240 下さい 239 いること 223 くれと 204 ゐる 174 それを 171 いると, いるん 161 しまった 155 くれたの, ゐた 135 私の 130 ゐるの 126 いるよう, ください 122 いるという 119 います 104 自分の 102 見れば 101 彼の, 見て 99 くれて 98 おくれ 97 いるから, いるので 93 何か 90 居る 84 しまったの 83 いました 78 いるもの 76 くれました 75 私は 71 いたが, 下すった 65 いない, いるが, くれる 62 それが, 待って 59 くれると 58 私に 57 くれるよう, 呉れた 56 みれば 55 くれという 54 くれないか, しまいました 53 しまつ, よかった 52 もらって, 居た 49 一緒に, 急に 48 いたん, くれるの, くれれば 47 いなかった, おります 46 いるか, 貰って 45 しまって, 居るの, 手を 44 ゐたの, 二人の 43 そこに, 言った 42 いたので, くれたん, みて, 彼は, 私を 41 いるのに, それに 40 居ります, 立って 39 おくん, これを, ゐて 38 くれたまえ 37 いるし, 呉れ 36 くれたこと, 腰を 34 いるところ 33 いる人, 下さいと, 下さいました, 坐った 32 ごらん, 今度は, 声を, 居て 31 おいでに, 僕の 30 呉れと 29 くれたと, くれたので, すぐに, ゐるので 28 ゐるん, 云った, 例の, 坐って 27 いたこと, くれること, これは, ゐると, 彼を 26 いながら, くれたもの, ごらんなさい, 御覧なさい, 自分を, 見ても 25 くれませんか, ゐること, 始めて, 見ますと, 間も 24 いても, くれないの, それから, 見せて, 頂戴 23 いないの, いるはず, くれたが, そこへ, どこへ, ゐるが, 居ると, 私が, 顔を 22 いたから, いるとは, いるに, おりました, くれた時, くれん, ゐるやう, 下さいな, 見た, 遊んで 21 いるかという, いるらしい, いる者, くだすった, わたしの, 彼女の, 置いて, 自分は 20 いたもの, いるそう, いる事, ここで, そこから, ちょうだい, みたの, 下さいよ, 黙って 19 いるよ, もらいたい, もらうこと, ゐるから, 下さったの, 人の, 何を, 御覧, 泊って, 自分で 18 いますよ, くれろと, 仕方が, 彼に, 見せた, 話を

17 [13件] いないと, いるかも, くれたか, くれない, みますと, ゐます, 下されば, 女の, 戸を, 水を, 父の, 見るが, 貰うこと

16 [16件] いるお, おる, お呉れ, くれい, くれたね, その中, ぴたりと, もらいたいと, もらったの, やって, ゐました, 丁寧に, 伸子は, 居ること, 立った, 貸して

15 [22件] いますが, いるだろう, いる筈, いろいろの, くれたな, くれた人, くれるん, ここに, これも, しまいには, ほしいと, やるから, ゐたが, ゐるもの, 下さる, 下さるの, 家の, 待つて, 手に, 母の, 酒を, 頭を

14 [20件] いたし, いただいて, いっしょに, いるじゃ, いるわけ, おくれよ, くれたり, ここの, その上, わたくしの, ゐない, 何も, 呉れて, 寝て, 居たの, 床の, 火を, 自分が, 身を, 静かに

13 [31件] いつもの, いないこと, いらっしゃるの, いるかと, くれって, くれないと, くれなければ, くれよ, くれる者, くんな, くんねえ, ここへ, こんどは, しまったこと, しまったん, その話, やる, やると, テーブルの, 下すって, 今の, 今は, 住んで, 前の, 助けて, 手伝って, 此の, 眼の, 茶を, 話して, 連れて

12 [30件] いった, いましたが, いるだろうか, いる時, くれても, くれとの, くれましたね, くれるもの, そこの, それと, それは, どうする, もらいたいという, 下さいって, 世話を, 主人の, 今まで, 働いて, 僕を, 居るから, 居るので, 彼が, 彼女は, 急いで, 火鉢の, 町の, 眼を, 貰は, 足を, 飯を

11 [34件] あげよう, あなたの, いたと, いたという, いないか, いますから, いるぞ, いるでは, いる人々, くれたから, くれたという, みても, もらいたいの, ゐたので, ゐる事, 下さいませんか, 下さった, 不意に, 二人で, 二人は, 人を, 口を, 夜の, 居るが, 机の, 様子を, 私と, 肩を, 見たが, 見た時, 貰いたいと, 部屋の, 非常に, 頂いて

10 [41件] いたか, いたよう, いなければ, いようとは, いるうち, いる点, いる間, いろ, くれそう, くれぬか, くれねえか, こんなこと, しまつて, そこで, みたまえ, やった, やつた, やるよ, やろう, 一所に, 下さいね, 二階の, 今夜は, 以来の, 何の, 俺の, 先生の, 勝手に, 呉れたの, 呉れる, 居るん, 庭に, 扉を, 泣いて, 無理に, 見たの, 言って, 貰った, 貰ふ, 障子を, 頭の

9 [47件] あげましょう, いません, いるこの, いるため, いるとき, いるな, いる人たち, いる以上, いれば, おれに, お目, くれないかと, くれなかった, くれまいか, くれます, くれるか, くれるから, くれる人, この家, これが, これに, しまうの, しまったが, みたが, ゐなかつた, 下さって, 二人を, 今日は, 僕に, 奥の, 妙な, 客の, 室の, 庭の, 彼と, 或る, 挨拶した, 挨拶を, 欲しいと, 涙が, 熱心に, 私たちの, 窓の, 笑いながら, 見ろ, 門の, 頂戴よ

8 [64件] いたり, いましたよ, いませんか, いらつし, いるけれども, いるんで, いる女, いる自分, おくれと, おるの, お辞儀を, かれの, かれは, くださいまし, くれたのに, くれた事, くれないん, くれは, くれますか, くれる筈, くれ給え, しまったという, しまったよう, その人, その前, そんなこと, とまった, とまって, とまりました, ならなかった, ひとりで, ますよ, みたん, みろ, わたしに, 一つの, 三人の, 下さらない, 下さると, 人に, 何かの, 前に, 告げた, 妙に, 妻の, 妾の, 子供を, 小声で, 手紙を, 持って, 次の, 滞在し, 煙草を, 目の, 石を, 立つて, 貰うの, 貰うよう, 貰おう, 貰おうと, 遂には, 道を, 金を, 鳴いて

7 [91件] ある, あるの, いうには, いただきたいの, いたとき, いたのに, いた時, いないん, いなかったの, いるだけ, いるであろうか, いるのよ, いる事実, いる客, いる若い, いろいろな, おられるの, おりますから, おれの, お前に, お前の, くださいよ, くれさうな, くれたって, くれたよ, くれないかね, くれなかつた, くれるとは, くれるので, くれるはず, くれ給, こちらの, しまう, しまえば, その辺, それで, たずねた, とまる, ともかくも, なんでも, ひろ子は, ほしい, もらった, やったん, やろうか, 一しょに, 三人で, 下さいまし, 下さいよう, 下さらないの, 下さるよう, 並んで, 之を, 了った, 今では, 仕様が, 元の, 兄の, 右の, 君の, 吾輩の, 啼いた, 夫人の, 子供の, 家に, 居ました, 居りました, 席に, 帰って, 店の, 座に, 座敷の, 復た, 挨拶する, 教えて, 暮して, 森の, 気が, 湯に, 男の, 畳の, 着物を, 言いました, 話した, 調べて, 貰う, 貰おうか, 酒の, 門を, 首を, 馬の

6 [109件] あげますから, あげる, あげるわ, あたりを, あった, あなたは, あれは, いたに, いつまでも, いないかと, いないので, いるかの, いるとの, いる頃, おいで, おるか, お呉れだ, お島, お礼を, くださいね, くれたねえ, くれないこと, くれましたが, くれる日, くれろ, くれッ, くんろ, こ, ここを, この頃, しまうと, そのこと, その女, その年, その日, それらの, ひそかに, みた, みよ, みるが, もらうよう, もらおうと, やったの, やったのに, やっと, 一人で, 一人の, 七兵衛の, 上げるから, 上げるわ, 下さいます, 下さいッ, 下さるん, 下さる方, 仕事を, 他の, 何処へ, 停った, 叮嚀に, 同じよう, 呉れませんか, 呉れるよう, 呉れ給え, 坐ると, 報告した, 夜は, 大声で, 夫の, 娘の, 家で, 居たので, 居るかも, 居るよう, 山の, 後から, 息を, 我々の, 日が, 日の, 日本の, 最初に, 村の, 桜の, 横に, 水に, 池の, 泊まって, 渡した, 無言で, 物を, 犬の, 留まった, 目に, 目を, 礼を, 私たちを, 私も, 立ちました, 聞いて, 花を, 草を, 講演を, 貰ひ, 身体を, 酌を, 隠れて, 雨戸を, 雪の, 頂戴な

5 [184件] あなたが, あなたに, いきなり, いずれも, いたお, いただきたいと, いただくこと, いただけ, いた客, いた若い, いないから, いないで, いないという, いらっしゃると, いらっしゃるん, いるくらい, いるせい, いるその, いるわ, いる中, いる現在, いる男, いる私, うしろから, うちの, おいて, おしまいには, おったの, おりますが, お通, お酌, くださいと, くださいませんか, くだすって, くれたその, くれたとは, くれたのね, くれたま, くれてから, くれないかな, くれないから, くれるかと, くれるかも, くれるなと, くれるやう, ここは, ささやいた, さすがに, しずかに, しまったもの, じぶん, すわった, そうし, そのうち, その時, それも, だまって, ならない, はじめて, ふいに, ほかの, ほしいという, ほんとうに, ますから, みい, みた時, みんなの, もとの, もらいたいん, もらう, もらおうか, もらっても, やったり, わたくしを, わたしが, わたしたちの, わたしを, ゐたこと, ゐても, ゐるかも, ゐるよ, ハタと, ハッと, ピタリと, 一同を, 一夜の, 一通の, 下さつた, 下さらんか, 下の, 不思議な, 中を, 主人に, 二人とも, 二階へ, 云いました, 云つた, 云ひました, 今までの, 今日で, 今日の, 休んだ, 休んで, 何う, 僕は, 入口の, 卓子の, 同じこと, 君は, 呉れたり, 呉れるの, 呉れ給, 困った, 坐つて, 坐る, 夜中に, 大きな声, 女房と, 妻と, 家を, 居る事, 岸本の, 左の, 幾度も, 庭を, 弟の, 彼女を, 斯う, 旅の, 時計を, 最初の, 東京の, 格子を, 案内を, 椅子に, 橋の, 母に, 気の, 涙を, 玄関の, 男は, 畑の, 留守番を, 皆が, 盛んに, 直して, 相当の, 眺めた, 眼が, 知って, 稽古を, 突っ立った, 縁側に, 背後から, 自分も, 自然と, 自然に, 舟を, 色々な, 花の, 見せると, 見なければ, 見よ, 見るの, 見ろと, 言うの, 診て, 読んで, 誰も, 貰いたいん, 貰ひたい, 買って, 足の, 近所の, 邪魔を, 障子の, 面白そう, 顔が, 顔の, 風の, 食べて, 飲んで, 馬を, 黙つて

4 [352件] あげようか, あげるよ, あたしの, あれを, あわてて, いいこと, いたかという, いたその, いたところ, いたよ, いたわけ, いた人, いた女, いた時分, いた者, いた間, いつまで, いてね, いないよう, いなかったから, いますか, いますね, いませんよ, いやがる, いらっしゃいます, いられると, いるあの, いるころ, いるぜ, いるだけに, いるとも, いるなんて, いるのね, いるひと, いるらしかった, いる伸子, いる女中, いる奴等, いる所, いる手紙, いる様子, いる訳, いる証拠, いる連中, いろいろと, え, えっ, おくりゃれ, おくれでないか, おくれな, おったか, おられます, おりましたが, おりまして, おりますこと, おるが, おれを, お君, お坐り, お母さんに, お茶を, お菊, お見せ, お銀様, かう云, からだを, きょうは, くださいな, くださった, くださること, くだされた, くれさ, くれさえ, くれたそう, くれたとき, くれたよう, くれたわね, くれつて, くれといふ, くれとか, くれとは, くれない方, くれまいかと, くれるお, くれるが, くれるって, くれるに, くれるよ, くれる間, くれ手, くれ来て, ここから, こっちへ, このまま, この辺, こんな事, しまいましたから, しまいましたの, しまいます, しまつたのよ, そいつを, そこを, そのなか, そのま, その下, その子, その手, その間に, それの, たたく, だしぬけに, ちよつと, とまりや, どうした, ふうと, ふたりの, ほしいん, ぼくの, ました, ますからね, また雪, まだ間, みたところ, みたわけ, みるまでは, みろと, みんなで, みんなを, むかしの, ものを, もらえば, もらつて, やったと, やらう, やりました, やるが, やるぞ, れいの, わしを, わたくしは, ゐたもの, ゐないの, ゐましたが, ゐますが, ゐるし, ゐるといふ, ゐるのに, ゐるン, ゐる筈, ゐる自分, 一と, 一同に, 一度は, 一方の, 一時は, 一生懸命に, 万事の, 上げましょうか, 下さいっ, 下さいましたね, 下さること, 下さるもの, 下すつたの, 中へ, 主人を, 久しぶりに, 事情を, 二つの, 云うには, 亭主の, 人間の, 今も, 今年の, 仕事の, 代助, 佇んで, 体を, 何が, 何とかし, 何処に, 俺に, 其を, 其処に, 写真を, 出て, 初めての, 前へ, 半七, 半蔵の, 卓を, 去年の, 口々に, 口の, 台所の, 同じ事, 君に, 君を, 呉れたん, 呉れた時, 呉れないか, 呉れると, 呉んな, 呑む泉, 命を, 啼く, 四人の, 困って, 困りました, 地に, 坐つた, 壁に, 夕飯を, 外から, 外へ, 夜に, 夜具の, 大声に, 大学の, 女は, 始末を, 娘を, 客に, 家へ, 宿を, 富岡は, 寝やしやんせ三本木, 小屋の, 少年を, 居ます, 居ますよ, 居りまして, 居りますので, 居るのに, 居る中, 居る人, 居る者, 巣を, 己の, 帳場で, 床を, 廊下の, 彼女に, 彼等の, 後の, 御飯を, 徳さんは, 心が, 心を, 扉の, 手で, 折角の, 指を, 控えて, 敷いた, 新たに, 早や, 昔の, 暮すよう, 最後の, 月の, 有無を, 木は, 本を, 東京で, 東京へ, 枕元に, 柳の, 柵の, 格子の, 植えて, 欄干に, 止まった, 此処で, 此処に, 此処へ, 死んで, 母が, 母を, 母親の, 気を, 水の, 江戸の, 海の, 海へ, 海を, 煌々と, 父と, 片っ端から, 犬に, 独りで, 瓶に, 留った, 皆で, 直ぐに, 瞬く間, 石の, 神の, 私たちは, 私達の, 種々な, 空の, 突っ立っ, 立停り, 立派な, 竜之, 第一, 終いには, 終には, 胡坐を, 胸に, 胸を, 膝を, 自分に, 舞台の, 船は, 船を, 草の, 見せたの, 見せる, 見せるの, 見ました, 見ろよ, 親分の, 親切に, 言うには, 言つた, 言葉を, 訊ねた, 誰が, 貰いました, 貰うと, 貰えば, 貰ったの, 貰ったん, 貰っては, 貰つた, 貰へ, 踊れ, 部屋に, 部屋へ, 長い間, 長火鉢の, 門に, 隠して, 頂きたい, 頭が, 食って, 食卓の, 飲ませて, 馬籠の, 驚いて, 鳥の

3 [651件 抜粋] あああの, あいさつを, あげて, あげるから, あげるからね, あり, あります, あるん, あんたを, いいん, いう, いきなり彼, いたこの, いただいたの, いただいたん, いただきましょう, いただくよう, いたって, いたのよ, いたらしい, いた一人, いた人たち, いた筈, いた青年, いた頃, いてよ, いないもの, いないらしい, いましたから, いまして, いますって, いませんでした, いられました, いられるの, いるかが, いるだろうかと, いるだろうと, いるであろう, いるとしても, いるならば, いるには, いるばかり, いるまだ, いるわよ, いるマロニエ, いる一人, いる上, いる二人, いる人間, いる今日, いる作家, いる問題, いる奴, いる娘, いる婦人, いる日本, いる日本人, いる気, いる素子, いる青年, いろいろ世話, うるさくて, おくれなね, おくれやしたん, おしまいに, おまえの, おりますか, おるから, おるん, おれば, お互に, お前は, お父さんに, お爺さんの, お玉の, お雪, かれを, きゅうに, くださいッ, くださって, くださる, くださるよう, くだされば, くれいと, くれえ, くれたこの, くれたし, くれたところ, くれた人達, くれた時分, くれた父, くれては, くれないので, くれなかったの, くれなくても, くれなんて, くれぬと, くれましたけれど, くれまして, くれますので, くれませんでした, くれりゃいい, くれるかね, くれるし, くれるな, くれるひと, くれる事, くれエ, こう告げた, こっちの, この, この上, この国, この室, この椅子, この船, この花, この部屋, これ, これこれの, これでは, ごらんと, さへ, しかたが, しばらくは, しまったね, しまったので, しまった事, しまへば, しようがない, すわって, そこには, そっと私, そのため, その一つ, その周囲, その晩, その皮, その腕, その金, その顔, そんな事, た, たうとう, たまらない, ちやうだい, ちょいと, ちょうだいと, ついでに, ついには, つぎの, とうとうその, どうかする, どうしてもそれ, どうです, どかどかする, どこか, どこかの, どんな事, なにかの, なにを, なりません, なんだかすこう, のぞきました, ひしひしと, ひらっと, びっくりした, ほしいとの, ほしかった, ぼんやりし, ましょう, また蒲団, また走り出した, みる, みんなは, もうお, もうそっち, もうその, もらいたいって, もらいました, もらうつもり, もらう事, もらえれば, もらおう, もらつても, もらわなければ, もろて, やったが, やつと, やまなかった, やらうか, やるの, やるん, やろうと, らしつて, わしに, わしの, わずかに, われわれの, われわれを, ゐたから, ゐるうち, ゐるか, ゐるぜ, ゐるな, ゐるわけ, ゐる時, ゐる私, ゐる訣, んか, ジョバンニに, ハルロオと, ビールを, ホッと, ミコちゃんの, ランプの, 一ぺんに, 一泊した, 一泊を, 一種の, 一軒の, 上げな, 上げましょう, 上げます, 上げる, 上げると, 上の, 下さいとは, 下さいますか, 下さいますね, 下さいませ, 下さらないん, 下さるか, 下さるから, 下さるでしょうね, 下さるに, 下さるわね, 下すつたわね, 下に, 不幸な, 不思議そうに, 両手を, 並ぶ, 並ぶと, 中に, 中の, 乳を, 二階に, 交る, 京都の, 今に, 今夜の, 今日も, 今迄, 仏壇に, 仕舞った, 以来ずっと, 会って, 伴れ, 伸子も, 何から, 何でも, 余に, 作って, 係りの, 俺が, 俺は, 傍で, 傍に, 傷を, 僕たちの, 兄を, 先に, 入れて, 切りに, 初めから, 初めて見た, 別に, 力を, 勉強し, 医師に, 医者の, 友人の, 取って, 右へ, 右手の, 呉れたね, 呉れたもの, 呉れといふ, 呉れないので, 呉れるので, 呉れるよ, 呉れれば, 呉れろと, 和尚の, 唇が, 器用に, 困ります, 困る, 土地の, 坐るの, 垣根の, 墨を, 夜も, 夜遅く, 大きい声, 大勢の, 天井を, 夫から, 奥へ, 女中が, 女房に, 女房の, 好きな, 姿を, 学校の, 宅の, 容易に, 寝台の, 寝床の, 少しは, 少しばかり, 少しも, 居たから, 居たと, 居た男, 居った, 居られて, 居りましたが, 居りますから, 居るかと, 居るです, 居るよ, 居れば, 岩の, 左右を, 差上げます, 帽子を, 平伏した, 庄吉の, 庭へ, 廊下へ, 廊下伝いに, 弟に, 彼女が, 彼女と, 後には, 御馳走し, 徳市の, 心配そうに, 息が, 悠々と, 惜し気, 愚痴を, 慇懃に, 慌て, 憚りなく, 我々は, 戴いて, 戴くこと, 手当り次第に, 投げて, 押入の, 挨拶し, 掃除を, 提灯を, 改札口で, 教室の, 料理を, 新らしい, 新聞を, 日本語で, 明日は, 時の, 暫くの, 暫くは, 朝に, 朝の, 木の, 末座に, 机に, 来て, 東の, 果ては, 棚の, 樹の, 欲しい, 武蔵の, 毎日の, 気分が, 汽車を, 沓ぬぎ, 沢山の, 泊る, 波の, 浮んで, 海が, 炉の, 炬燵に, 為方が, 無言の, 無造作に, 熱い涙, 玄関を, 王の, 珍らし, 申しました, 留つた, 疾くに, 皆の, 盛に, 真正面に, 真直に, 知らせて, 碁を, 祠の, 空を, 立ちどまった, 立ったまま, 笑顔を, 笠を, 粥を, 紋太郎は, 紙を, 細君の, 終ひ, 縁の, 縁側の, 縁側へ, 翼を, 考えて, 耳を, 聞くと, 肩に, 脈を, 腕を, 膳の, 自分でも, 船の, 茶の間の, 茶碗の, 荷を, 菓子を, 蒲団の, 蚊帳の, 表の, 袂の, 袋の, 裏の, 要介, 見せました, 見たくて, 見たころ, 見たま, 見たん, 見ては, 見ましたが, 見ますると, 見よや, 見るもの, 見る度, 見物し, 診察し, 試みに, 話しかけた, 話しこんで, 読む, 谷の, 豹一の, 貰うん, 貰ったが, 貰ったこと, 貰つたら, 貰はう, 貰ひたいと, 赤ん坊の, 身に, 車を, 追, 遅くまで, 道が, 道庵の, 金の, 鍋の, 鏡の, 附近の, 隣の, 離れない, 雨の, 露の, 面を, 頂いたり, 頂いても, 頂けませんか, 食事の, 餅を, 驚かして, 髪を, 鳴いた, 鼻の

2 [2065件 抜粋] ああと, あげたん, あしかけ, あたれ, あとの, あの男, あると, あんたの, いい心持, いきなりその, いずれへ, いたため, いただきましょうか, いたっけ, いたらしいの, いた下女, いた伸子, いた城太郎, いた新, いた雑誌, いつの間にかそれ, いないのに, いなかったが, いなかったもの, いなさるそう, いましたし, いますし, いませんかね, いやしない, いよ, いらっしゃいますよ, いられること, いるからと, いるくせ, いるだろうね, いるとか, いるね, いるらしいから, いるパリ, いる三人, いる二, いる処, いる外人たち, いる姿, いる家族, いる思い, いる様, いる気配, いる老人, いる風, うろうろする, おきながら, おくれよ旦那, おげん, おっ母さん, おまえを, おやりなさい, おられる, おりますの, おるな, お乳, お前さんを, お呉れよ, お庄, お母さんが, お節の, お蘭, お豊, お風呂, かえりに, かの女, くださったこと, くださらなかったの, くだすつたん, くれお, くれたかも, くれたなあ, くれたら, くれた一人, くれた娘, くれた礼, くれた金, くれないかとの, くれなきや, くれぬ, くれましたか, くれますが, くれませんでしたね, くれるそう, くれるなという, くれるまでは, くれる私, くれ私, くんねえか, こう云った, ここが, こちらが, このよう, この儘, この岩, この机, この民族, この関ヶ原, これだけの, こんな所, ごらんに, さかんに, ささやくよう, さらって, しきりに囀っ, しばらく光り, しまいましたので, しまおうかと, しまつた, しゃがんで, じつと, するすると, そういった, そう言っ, そしてその, そのころ, その冬, その土地, その家, その扉, その気持, その男, その花, その足, その頃, それからすっかり, それぞれに, それにも, そんなの, たまらなくなった, つくづく夕方, ていねいに, どうか, どこかで, どこに, どんな顔, ならない位, にこにこ笑い, はじめてとまった, ひいさま, ひらひらと, ふたりは, ぶつかった, ぺろ, ほんとによかっ, ましたよ, またしばらく, まだほか, まもなくザアッ, みただけ, みなければ, みや, みんなに, もうこの, もう二年, もみの, もらいたくないわ, もらえるよう, もらつたの, もらふの, もろたらええ, やがては, やったぞ, やっとの, やるという, やろか, ようよう一人前, よウ, わたくしに, ゐたといふ, ゐたん, ゐた時, ゐなかつたので, ゐるぞ, ゐるのね, ゐる先輩, ゐる昨日, ゐる者, イワンの, キチンと, ソと, ナースチャは, パリで, フッと, ホテルの, 一しよ, 一切の, 一斉に, 一時間ほど, 一気に引きつづい, 一週間あまりする, 七人の, 三つ指を, 三吉の, 三度の, 上げたのよ, 上流の, 下さいといふ, 下さいまして, 下さったこと, 下さらないので, 下さるかと, 下さるのよ, 下さる必要, 下すつた, 下女に, 与八の, 両側の, 並んだ, 中国の, 主な, 久し振りで, 乞食に, 事々しく吹聴, 二人が, 二月の, 互いに物, 亭主が, 人が, 今にも涙, 今晩は, 仕舞ったの, 以来風雲を, 伯母と, 低声, 何うし, 何に, 何事かを, 何度と, 何時もの, 使って, 俯向いた, 値安興行を, 停ると, 傍聴し, 僅かの, 優しい言葉, 兄に, 先生奥さんです, 六人の, 其処には, 再びそこ, 冬に, 刀を, 初めて, 別れを, 前後を, 力まかせに, 勉強しろ, 北へ, 千の, 千鶴子の, 博士を, 又すう, 叔父さんは, 口に, 叮寧に, 同居する, 向うの, 呉た, 呉れたと, 呉れないかと, 呉れます, 呉れるやう, 呉れる気, 告げること, 呶鳴った, 商売の, 啼くやう, 喋々する, 喰は, 嘴と, 四方を, 四辺を, 困りましたよ, 国の, 地獄土産の, 坐ったり, 城太郎の, 変に, 夏は, 外を, 夜具を, 大の字なりに, 大川を, 大蔵に, 大騒ぎに, 夫を, 失礼な, 奥で, 女中に, 妹の, 婦人の, 子を, 学ぶ者, 宙に, 室内に, 宮廷の, 家では, 家財道具に, 寝ころんで, 寝床に, 将門の, 小さくなっ, 小屋を, 小言を, 居ず, 居ったの, 居ないと, 居り, 居るといふ, 居る人達, 屋敷に, 山に, 岩井の, 岸本に, 崩壊した, 左右に, 市役所へ, 幕の, 平馬, 幾階も, 床の間の, 店先に, 座敷へ, 庵室の, 弟を, 形の, 往来の, 得るところ, 御検視, 御米, 御覧なさいません, 微笑を, 思いも, 息子の, 悦びを, 意味あり, 懐から, 我慢する, 戸惑いを, 手の, 手助けを, 手近の, 拝んで, 振り返って, 掠奪する, 敵に, 断われと, 新子に, 日に, 旦那様が, 早く早く, 昨夜の, 昨日まで, 時と, 暫くする, 書斎の, 木戸を, 本郷から, 東北大学で, 果は, 根を, 梢に, 棚に, 楊の, 権太の, 欅の, 欲しいな, 止まらない, 此を, 母と, 毎日遊ん, 気味の, 気絶し, 氷の, 汽車は, 泊まった, 泥水の, 活けた何, 浮葉に, 渡すと, 溝口も, 火鉢に, 無茶先生の, 煩さい, 父を, 爾し, 牢抜け, 狭っ, 珈琲の, 生命を, 田を, 男に, 留めて, 畳んで, 白髪小僧の, 皆に, 盃の, 相談する, 眼に, 着座した, 矢代の, 短冊を, 磬を, 祝福を, 私には, 私達に, 種々の, 空に, 突立った, 竈の, 立ち止まった, 立つた, 竹の, 箱の, 米も, 紫の, 終日読書し, 網を, 縁側から, 縫物を, 義雄の, 考えても, 耳の, 股の, 脚本の, 腰掛けた, 自分では, 自分達の, 興を, 色々面白い, 花が, 苦労する, 草も, 落ちついて, 葉子に, 薬の, 蛇の, 行燈の, 裾の, 見せたが, 見たと, 見たらそう, 見なさい, 見ようと, 見るて, 見る甲斐, 見舞って, 言ひました, 診察する, 詮議する, 話し込んで, 読むと, 誰でも, 諸君に, 謝罪いたせ, 貰いたい, 貰い度いと, 貰ったと, 貰ひたいから, 貴様の, 賑か, 足もとに, 身の, 載せて, 迷わなかった創造的, 逢わせるという, 達二と, 遭難した, 都の, 酒肴を, 金五郎は, 釣人が, 銀座へ, 鐘に, 門から, 間もなくの, 階段を, 雨に, 雪を, 電車は, 青山の, 鞘を, 頂戴と, 頼る所, 風が, 食を, 食物を, 餌を, 駐る, 骨を, 高砂を, 鬼瓦を, 鹿の

1 [19024件 抜粋] обедなし, あげるが, あちこちの, あのお, あの船, あらわに, ある民家, いある, いきなりよし, いきなり熱い, いざ始める, いただいたわけ, いただけるよう, いたわたくし宛, いた佐竹哲夫, いた大人, いた庄屋, いた沢山, いた絵, いた鉈, いつしか文公, いつ歇ん, いなかったこと, いましても, いやあしません, いよいよ自分, いらっしゃるで何, いるいま, いるそりゃ, いるなら一夜, いるらしい派手, いるロシア人, いる何, いる十九, いる大勢, いる将軍, いる愛, いる木, いる波, いる皎皎, いる縁辺上杉家, いる角, いる雇人, いろいろ細かい, うちに, うれしゅうございます, おあいの, おかしくなった, おくれ浜町, おっても, おまえは, おられた多田, おりましょう, おり芸術, おれ置い, お前たちの, お嬢さま, お恥, お滝, お習い, お関, かかりの, かの児島亀江, がやがや弁舌, くさらされた, くださらないでも, くり返して, くれたかい, くれたらしいこんな, くれた人びと, くれた後, くれた祭典記念, くれた金子君, くれないならじぶん, くれなかつた誰, くれましたゆっくり, くれるさ, くれる唯一, くれろツ, くれ給い, ぐわんと大きな, こう呼んだ, こっそり盗んだ, このドイツ, この勝負, この庭, この空気, この際何, これから隧道, こんな大きな声, ごらんなさいまし, さしひかえて, さとった, ざぶりと大きな, しきりに洗っ, しばらくかくれ, しまう年, しまつたのに, じっと坐っ, すぐ又出, すすめる妻, するには, ずんぐりと, そうしてこんど, そう竈, そこばくの, そして浅川監督, そっと片すみ, そのはなし, その一本, その価, その夫, その庫裡, その暴漢, その白い, その背中, その車, その駄賃, それから知合い, それどころか, そんな素早い, ただでさえ, たとへ, だれか, ちょうだいあたしあの, ちょっとまばたきした, ついにしかた, つけること, でございますが, とたんに息ぎれ, ともすると冴えた, どうしても残す, どうも大変, どっと辷り込み, なお衰えぬ, なつめを, なるべく艶, ぬかずくと, はおりませんか, はじめて悠々と, はやく, ひざまずいても, ひと目見る, びつくりし, ふと瞬け, べそを, ほとんど終わり, まえよりも, まず四周, またはら, また幻影, また金, まだ寝てる, まやの, みたかったわ, みなそう, みろ俺, めったに癇癪, もう二進, もう脇坂様, もはや本陣, もらうから, もらったらええ, もろたらいかん, やがて第, やっと戸扉, やむをえず尖ってるの, やれあ, ゆるんだ土台, よく透る, りんどうの, わずかな, ゐたなら定めし, ゐた母方, ゐなかつたが, ゐるだらうが, ゐる伊良湖, ゐる所, ゐる釈迦牟尼仏, イギリスで, オツベルは, キモノを, コップを, シュプレヒ・コールを, スルスルと, チツチツチて, トテモ眠れ, ニヤニヤし, パッカアは, フト何か, ベットの, ポストへ, メルジイ夫人に, レザアヴし, 一ばい悲し, 一体誰, 一室に, 一度消えた, 一晩泊る, 一番驚いた, 一週間ぶりに, 丁重な, 三助から, 三日めには, 上げましたわよ, 上沓を, 下さいませんでした, 下さった貴方, 下さらなきゃ私ゃ, 下さるほど, 下さア, 下男に, 不覚にも, 世間話も, 中学校へ, 主人公外へ, 乗客の, 予が, 二三時間休んだ, 二年が, 二重に, 五十両出し, 交叉し, 人知れずハンケチ, 今にまで, 今宇津木, 今朝と, 仏間の, 代表的な, 以来何も, 仮に纏めた, 休むよう, 似寄った武器, 住もうと, 何かと聞かされた, 何とかかん, 何処から, 何気なく次ぎ, 使いたまえ, 信助が, 値ぶ, 働くやう, 兄弟に, 先着の, 入学祝いに, 公演する, 兵馬が, 其序に, 再びこの, 冠物の, 出口に, 切符などを, 初めて完成, 別な, 前と, 加うる, 勘作に, 北上川の, 十五六町も, 千草姫の, 半月後アンナ・リヴォーヴナが, 危い, 去年と, 又馬, 取ろうと, 古井戸, 叱られても, 吉さが, 名乗りを, 否応なしに担い, 呉れたのでな, 呉れた難, 呉れるさ, 呉れ袖, 和かに面を, 唸られると, 啼く狐, 喰へよ, 四つ辻を, 困ったこと, 土俵に, 坂を, 埃だらけに, 場外を, 声が, 夕立す, 夜八時半まで, 大きい蠅, 大へん立派, 大変荒れ, 大法事, 大騒ぎを, 太郎も, 奥さんにでも, 好いかって, 姉さんの, 娘に, 子供部屋に, 守る事, 実に不用, 宥めすかしながら, 容態ぶりも, 富士見町の, 寝るの, 寿永じゃ, 小さく折っ, 小屋掛けを, 小説うまく, 少し高, 居た友, 居なさりやすよ, 居りますの, 居るのよ, 居る老人, 屠蘇から, 岩陰に, 左千夫の, 市中所, 帰る途中, 平和に, 幾度と, 店を, 廊下で, 引取られた, 弾く琴, 彼へ, 待ってるよ, 得を, 御経, 心は, 応接間に, 怖い顔, 思わず涙, 恐らくは貴公, 悔みを, 愁思まさに, 慎ましやかに, 我々と, 或特定, 戸籍謄本です, 手伝うはず, 手負いの, 折から, 押問答の, 指導を, 掘出せば, 提灯の, 支那人の, 救うかも, 数日逗留し, 文芸を, 新入坑, 施薬院, 日曜の, 旧知己, 明るかつ, 昨夜耽溺を, 時おりは, 暑いのに, 暫し坐れ, 書くこと, 最高級, 朝晩は, 未だ日, 机上の, 来抜き紋日, 松葉を, 枝に, 栄吉も, 桜鳥は, 棲り, 楽ま, 横町へ, 次第に白く, 歓迎せられる, 此停車場に, 武蔵温泉の, 殆どその, 母さまがか, 毒虫に, 水も, 江戸が, 沖島を, 泊つて行つた, 泡立ったいい, 洋服の, 浜に, 消え失せて, 清やを, 湖と, 滝を, 濃い霧, 炊事場の, 無聊な, 熄ま, 父にも, 物の, 狗の, 玄関側の, 現実の, 生き馬の, 用人野々村次平に, 甲谷の, 留守といふ, 病態は, 白い姿, 皆良い, 目撃した, 相手を, 真水英夫の, 眼窪までも, 知らしたという, 研究し, 祖父の, 禊ぎの, 私達を, 空いてるの, 突然太田, 立ち並んだマロニエ, 立て, 笑いを, 節々に, 紅葉が, 終に十, 統一を, 線路を, 織ったという, 羊歯や, 翌日食卓に, 聞いてて, 肩で, 脇坂山城守の, 膚に, 自分達を, 舎つた山陽の, 良人の, 花田君と, 若しや, 英雄だ, 草花を, 菓子売る, 蒲生源左衛門を, 薬全部を, 蚊帳を, 行く行く馬籠, 表戸, 複合する, 見せたらきっと, 見たか, 見っとも, 見りやおれ, 見上げれば, 覗くとも, 言いますには, 診察させる, 話し乍ら観音劇場, 読むよう, 諍闘の, 警察へ, 負傷後宮本と, 貰い桂子, 貰った川村医師, 貰わなくちゃ, 賞められた, 起訴猶予, 跳ぬる, 身動きも, 軽く咳払い, 近々とそば, 追ひ抜き, 通り道を, 遂に欠伸, 道夫の, 選手を, 酒あ, 重そう, 金助さんお, 鉄砲で, 鋭い光, 長い馴染, 開口一番いきなり, 間もなく空, 院長室で, 障子に, 雛妓を, 電気の, 青森を, 革命を, 頂くの, 頻に, 顔は, 食い散らした皿小鉢, 食事も, 飲み直しじゃ, 香でも, 駕籠へ, 高時の, 鮒や, 鴉片を, 黒の

▼ 来たり~ (1521, 2.7%)

357 して 144 した 48 する 41 するの 20 すると 15 しながら 13 すること, するので 10 したが, しました 7 するよう, 往っ 6 しが, しなり, します, しもの, するうち 5 したの, したので, し時, するから 4 しは

3 [13件] したもの, しては, しや, し始めた, するもん, するん, する事, する人, すれば, たるもの, 一人で, 来たり, 見舞いぬ

2 [39件] したあと, したところ, した後, した時, した時代, しても, しと, しとき, しに, しはじめた, しより, しアメリカ人, し初め, し源太, するそう, するところ, する時, する苦悶, その夏, それが, それまた, たちまち晴れ, なば, やって, 何か, 出て, 大王の, 山鳥が, 左が, 或ひ, 押えたり, 時に両方, 松を, 此方から, 行ったり, 請う者, 門の, 風の, 馬に

1 [665件 抜粋] あき鑵に, あらゆる思索, ある料理店, あわしこの, あんまりいろんな, いかにし, いずれの, いちいち怪事, いつの間に書き, いなくなったり, いは, いよいよ教室, いらつし, いろいろ, いろいろの, うるさくつて, おいおいに, おかしいの, おりける者, おりた連中, お前たちが, お友達, お惣菜物, お詫びに, かえって暑, かつ徳川吉宗公以降幕府, きびしい祖国, ぐらぐらと, ぐるぐる輪, けるに, ける折, ける足音, けん二三の, ここに, こっそりと, この話, こびりついては, こまごました, これを, させるこたァ, さも珍し, し, しいろいろ, しかして改進論派, しからは, しきりなし, しこそ, しころ, しせわしく, しぞ, したから, したけれど, したけれ共, したため, したら承知, したり, したわけ, した主人, した時分, した末, した私, した過程, した随分よく, しつつ, しつづけた, してるの, しとの, しないで, しないよう, しなかったの, しなるべしと, しなれど, しはじめる, しばかり, しましたが, します処, しみどり児, しみんな, しやを, しを, し一人, し上周囲, し二人, し人, し仲働き, し出した, し出して, し句法, し夕方私, し始めると, し室, し小間使い, し故, し楼, し様子, し無数, し男年ごろ二十四五, し白帆一つ, し着物, し窓, し者, し育児, し門前, し頃, すぐその, するある, するお, するが, するくらいに, するこの, するし, するたくさん, するたび, するため, するだろう, するつもり, するという, するとき, するな, するなんて, するもの, する不都合者, する人人, する他, する位, する便宜, する分, する外, する大, する奴等, する度, する庭, する微妙, する様子, する炭車, する程度, する絹ずれ, する習慣, する自分, する芸妓, する蟻, する途中, する電車, する靴, する黒い, すわったり, せつな糞, そこに, そこへ, そして腫れ上がった, そのたび, その他いろいろ, その体, その旧友, その棺桶, その派生, その滞在, その足音山, そりゃまだ, それから, たまいぬ早く, たまい鬼, たまえ, たるに, たるは, たるを, たる三人連れ, たる近世, たれば, つづいて, てこの, であったといったまで, どういう形, どうしてもその, どこかの, ながれ去るの, なさって, なさる, なぞした, なんか, なんかしたら, なんとなくしおしおいたしおり, にわかに初夏, にわかに大水, はずれたり, はばかりから, ひとりごとを, ぽかつと, まごまごと, まさに出, まず左, またおば, またその, または激しい, または街灯, または遠国, また人, また今, また個人, また同時に, また学問, また持ちさっ, また知り, また間断, また面白味, みすみす子供, むなしく帰らん, やや跫音, やれ何, ようやくに, よく沈まない, わがため, わが国の, わが胸膈, わらじを, われには, アルコールと, カーン, コップに, コレ, サミイと, サンボアで, ザクセン軍を, ナオミが, ネエ, バクテリヤという, ファッシズムの, ポンカンが, ポーロの, ミルクキャラメルを, ヤキを, ユスリに, ロンドン, 一七日の, 一刻も, 一通の, 七兵衛には, 三四月の, 上坂の, 下ったり, 下って, 九月三十日ゾール附近に, 乱れ去りて, 予に, 互いに打ち合っ, 人の, 人情に, 今の, 今は, 今夜から, 今日これこれの, 仕て, 他人の, 以前よりは, 仮小屋, 会すなどは, 会するあり, 住むからは, 住んだの, 住職に, 何かと妙子, 何とぞ半分, 何となく物情, 佶屈なる, 侵さぬと, 倏忽として, 候ところ元来, 兄の, 先年北海道利尻島に, 六尺棒を, 其を, 内気な, 凄まじき勢い, 出されたり, 出入りする, 勘定の, 勝手口から, 南風強く, 去ったり, 又は人, 又は内弟子, 又母, 又途中, 取り巻いたり, 口笛を, 可愛い, 台所の, 合掌し, 同じ病, 向こうごとく, 告げた, 命の, 品物を, 喜之助とか, 四季の, 四月中旬には, 囲炉裏の, 地金の, 垣根の, 夏衣を, 夜どおし大声, 夜に, 大した賑かさ, 大分入り乱れ, 大岡持ちを, 大海の, 大部屋が, 大騒ぎし, 奏楽の, 女中の, 娘の, 嫁ぎて, 子供らの, 孝子が, 家の, 家相の, 宿して, 寒い時, 寒暖は, 寒暖計八十度に, 小さな虫けら, 小屋の, 小生に, 就ける者, 尼に, 居るや, 屈んだり, 屋根の, 峠は, 巧みに, 巧言もっ, 巨大な, 帰りがけも, 幕吏が, 年の, 弔って, 張板を, 当国人, 後では, 得るし, 御百度, 御馳走を, 忙しく両方, 忙しく歩きはじめました, 恭の, 想定され, 感泣の, 成功した, 我に, 或はまた迷信, 或は博士, 戸部署へ, 手あたり次第に, 手水鉢に, 投じる武族, 押へたり, 持って, 据えたるに, 撒水車が, 支度の, 散歩に, 数知れぬ, 旋風が, 日影が, 早川さんの, 時々辛, 時には師匠, 時に雷雨, 時の, 暑気しのぎやすし, 暖気ようやく, 暴虐の, 最近は, 服地やら, 服装や, 朝気颯々として, 朝茶や, 木の葉とか, 本やとの, 村人も, 東より, 果しも, 柄杓の, 格る, 楯をも, 極くありふれた, 歩き廻った, 残飯を, 母を, 毎度売婬女に, 泊ったり, 法錫を, 波が, 流れ去るの, 浪が, 浪華や, 海上わずか, 温室仕立ての, 満身ために, 炉の, 炎暑を, 熱に, 爾来わが国人, 物静かに, 牽いて, 用を, 甲板上に, 申候, 疾風の, 白が, 皮を, 真山青果の, 眼が, 眼を, 祈りによってのみ, 神棚に, 私は, 突然水道, 立たすと, 立談し, 筆自ら動く, 簡単な, 籠の, 米国の, 籾山君なども, 約一年半, 組みついて, 絶えず傘, 緋縮緬に, 繊い, 群れを, 聴くに, 肥桶なぞを, 背広を, 胸は, 腕を, 自分の, 自分達の, 船室清涼寒暖計カ氏七十度以下なり, 船首を, 花が, 苔香園から, 若い弟子, 若殿の, 菊人形が, 菓子を, 葛湯を, 蛇が, 蟻の塔が, 蠣殻町あたりで, 西から, 西洋人と, 西洋人の, 見えなくなったり, 見るに, 見る見る家いっぱい, 覗きに, 訪わん思い, 診して, 診する医師, 話したり, 話緒亡父の, 誘惑の, 謝罪し, 警部や, 豆腐と, 貞女が, 買ひ, 赤土の, 身体を, 転子が, 途中で, 運動場の, 遠い所, 還ったりの, 酒間を, 野原を, 野菜菓子針や, 釘勘の, 鎧櫃が, 長者に, 隣室の, 集まる, 集まるもの, 雑役を, 雛の, 雲が, 霧が, 霽れ, 鞍を, 風起こり, 風雲堂という, 飛び去っては, 食堂の, 馬, 馬子が, 馬鹿の, 駐まり, 魚を, 鼠に

▼ 来ても~ (1334, 2.3%)

1210 私は 7 いい 6 いいと, 彼は 5 いいん, それは, 容易に 4 それが, それに, びくとも, よろしい, 来なくても, 私には, 顔を

3 [20件] いいでしょう, いいよ, かまわない, すぐに, そこに, だめだ, ようございます, よさそう, 仕方が, 何の, 却て, 大丈夫だ, 家庭の, 少しも, 彼には, 私の, 結界を, 見て, 誰も, 駄目だ

2 [65件] あなたは, いいこと, いいころ, いいです, いいはず, いいよう, いる, かまは, きっと妻, くるたび, ここの, これは, これまでの, すぐまた, そのとき, その通り, それを, た, ほかの, もう恐く, もう直し, よい, よいと, よいという, よいところ, よかろう, ビクとも, 一致し, 二人は, 亡びない芸術的分子, 何だか寂し, 何も, 何を, 例の, 僕が, 僕の, 僕は, 別段不徳義, 右の, 同じよう, 同じ事, 同じ心持ち, 女は, 好いん, 子供は, 己の, 平気で, 彼等は, 我々の, 或る, 手紙は, 旦那は, 昔から, 植物の, 構は, 止むこと, 父は, 瑠璃子の, 甲張り声に, 矢代は, 知らん顔を, 負けないわ, 貴方が, 青々として, 駄目です

1 [1060件 抜粋] あえて驚異, あたしの, あの人, あの日, あまり立派, あわないよう, いいかって, いいがね, いいじゃ, いいぢ, いいつて, いいつて母さん, いいの, いいわ, いい時分, いい用意, いくら既成作家, いさちゃんは, いちど其処で, いっこう気, いつの, いないでしょうもの, いよう, いるが, いるだろうし, いわないよう, うろたえないだけの, ええその, え坂口はん, おそすぎる, おたがいに他人, おばさんは, おれが, おれほど, お前の, お勝手の, お延, お茶も, お雪, かいの, かならず動く, かなり神経, かまひません, かまわないよう, かまわん, かれら, きょうの, くれた, くれないため, くれなかったとか, くれまするそれ程, けっして戸, こういう困難, ここには, ことしは, この七字以上, この二人, この執念深い, この少年, この浅黄, この苦しみ, この隣室, これからたのみ, これで, これ以上は, こんなもの, こん夜は, さして欣, しかしそれ, したしい香春岳, しゃっくりが, すぐ出せる, すぐ熱い, すべては, そこが, そこへ, そのこと, その儘茶の間, その士, その変遷, その小, その後又, その数, その種類, その結果, その跡, その金, それらしい, たいした不思議, たくさん来なかった, ただ抽象的, たちまち背後, たまたま役場, だめな, ちっとも私, ちょっと挨拶, つぶれない, とどのつまりは, どうしてもそれ, どうしよう, どうもならず, どこの, どんなもの, なお不審, なお大声, なかなかその, なかなか怖がっ, なるべく他, のこ, ふぐを, ふと小唄, ほとんどそこ, ほんのりとは, まさかの時, またやられ, また同様, また秋子, まだここ, まだそんな, まだ吾, まだ御, まだ気, まだ火, まだ私, まだ考え, まだ討たぬ, まだ鼾, まるで御, まるで酔いどれみたい, むだだ, むやみな, もしお上, もし客, もっと西, もはや何, やっぱりよく出来, やっぱり名, やっぱり気, やはりそう云う, やはりどうしても歌舞妓芝居, やはり彼, やはり此, やると, ゆうべの, よいが, よいでは, よい様, よい訳, よからず, よけれど, よほどの, よろしいとの, らへ, わからないと, わかるよう, わざわざ心, わたしを, われに, ゐないから, ゐない積り, ゐるので, ウンそう, キット猫か, コーコーと, スキーを, タイから, ニコリとも, ハイドラ一疋よりも, ヒヤリと, ピシアスは, ブランコへ, ユーゴスラビアへ, ロシアに, 一たん家の, 一円三十銭やら, 一向どこ, 一向利口, 一向幕, 一向机竜, 一夜として, 一度見, 一日火鉢にばかり, 一目し, 一言の, 一頭いくらと, 万歳, 上がる事, 上り込んで, 不審を, 不幸は, 不愉快そうに, 世間は, 久慈は, 乗り越え乗り越え進んで, 事態は, 二人ともに, 二十年後の, 二百回来, 五十両だ, 五時間かかれ, 京極辺の, 人から, 人に, 人間は, 仔細ない, 他人に, 以前の, 仲間には, 伊勢路に, 会いますまいと, 会わない, 会計簿は, 伸子の, 体裁を, 何にも, 何一つ不自由, 何処へ, 何月の, 余り嬲らん, 作でない, 使いが, 例年の, 依然として動かしつづけ, 依然として重い, 便利が, 信長の, 借主は, 僅かに, 償うこと, 兄さんに, 先生の, 入れること, 全く当りさわり, 全然目星, 共にたのしむ, 其の色, 其権威を, 冬が, 分らぬ場所, 判ります, 別にあの, 別に不思議, 別に不自然, 別に怪しみ, 別に渠, 別の, 前もって居る, 剛情に, 助かる筈, 動かないの, 動じなくなった, 勝つもの, 十分大丈夫だった, 半日ぐらい, 半白の, 却って腹立てる, 参禅を, 又八, 及ばない程, 取りかえたくないと, 受けた十, 受容れる, 古いこの, 可い, 可と, 同じこと, 同じやう, 同じ運命, 同様仮初にも, 名目は, 吠えるほう, 咎めないの, 啼声は, 喘息が, 四五日前に, 四方の, 回数券を, 図書館へ, 城内の, 壊せず揺ぎ, 変らぬ美し, 外出する, 夜中の, 大して不思議, 大事お, 大学の, 天鵞絨み, 女中が, 女中伝えで, 好い, 好いから, 好いと, 好いの, 好いよ, 好い時, 好けど, 妹以上に, 始は, 姫は, 娘は, 子供や, 安らかに, 宜しい, 実現しなかった, 客を, 家を, 寄りつかない, 寒くない, 小屋にゃ, 尚一種, 尚跳, 屍とも, 巧く逃げます, 差支へ, 帰らずずっと, 帰らないつもり, 帰りは, 平気の, 庭の, 廃兵とか, 引っくり, 当分子供の, 影も, 彼が, 彼女には, 彼家なら, 彼等の, 往きません, 御飯を, 心からの, 必ずあの, 必ず独特, 怖くは, 恐れること, 息子の, 悠に, 惜しげも, 我輩が, 戸を, 手おくれや, 手も, 手伝いましょう, 手紙を, 押し黙って, 挨拶が, 捕えようとも, 掘り出す事, 描かれたす, 政治とは, 文句を, 断って, 断わった, 斯う, 新吉さん手伝っ, 日常の, 旦那衆が, 旧本陣, 早速読む, 明子に, 昨夜の, 昼寝を, 時男さんは, 暗君だった, 更に敵影, 最う聞くまい, 未来の, 李は, 村人は, 来ないでも, 来る度, 根っから詰まらねえ, 格別うれし, 格別矛盾の, 梅は, 植木に, 極めてノン, 構う事, 構わないよ, 様子が, 正成はじめ弟の, 歳暮が, 母は, 毎晩ちょいちょい, 気がつかない, 気分が, 水を, 決して他, 決して元康, 決して家, 決して支那兵, 決して生々しい, 決して開け, 没に, 法が, 浜松市は, 淋しい男気, 渠等は, 渡すな, 渡れそう, 火は, 父上の, 物に, 犬は, 現世の, 理解の, 用事を, 留つた魂と, 畢竟どうする, 疑う筋合い, 痛くて, 白法師, 皆壮年期に, 直に盗み, 相手が, 眼が, 眼鏡の, 矢代には, 矢張り君は, 矢張り私の, 矢玉が, 知らないと, 知れないので, 確かに, 祭の, 福々しいね, 私が, 私と, 移さずじまい, 稽古が, 窓から, 立派に, 笑って, 第二線, 箱根まで, 籠城し, 素気ない, 結て, 絶対に, 繰返すもの, 老妓の, 聞けるか, 脇目も, 自分だけは, 自分は, 自動車にばかり, 興味の, 芝居や, 芳太郎の, 若い者, 苦くない, 茶の間に, 葉や, 藤吉は, 衆も, 街道の, 衾に, 裏切られる場合, 見たきり, 見よかし千早, 見れば, 見当らない, 言わないのに, 詞章の, 話を, 誰が, 誰一人上京し, 議員たる, 負けません, 買うの, 起きて, 身の, 迚も, 逃げ出さないよう, 這入らせないそう, 遁路の, 遅う来, 遊戯で, 避けようと, 郵便局からは, 酒一滴飲まず, 野蛮人が, 金五郎と, 鏡に, 門鑑は, 開けない, 間に合うの, 電子その, 面白かろう, 頭は, 頭ゴナシに, 顧みないで, 飛びついて, 飛行機は, 飯が, 首を, 駄目である, 驚かないつもり, 高山の, 鰍沢の, 黙って

▼ 来ては~ (954, 1.7%)

8 いけないと, いけません 7 いけない 6 それを 5 いなかった, どうかと 4 いない, いないか, いるが, どうか, ならないこと, 泣く, 私の 3 いけないの, いけなかったの, かいまみして, くれない, くれなかった, その金山, ならぬ, ならん, ゐるが, 食事を

2 [43件] いかん, いけないって, いけないよ, いたが, いても, いないの, いやはや, お話にも, くれません, くれませんでした, これは, その水, それこそ, だめだ, どう, どうだ, ならないと, ならぬと, なりません, みたものの, めんどうだ, わざわざ行った, ゐるけれども, 一人で, 三宝鳥も, 下さるまいと, 不可い, 何か, 啼く, 困ると, 夜の, 大変だ, 居なかつたの, 彼を, 極端に, 相手を, 私に, 自分の, 藕糸を, 覗き饑ゑて鳴き, 迷惑な, 雪の, 食って

1 [771件 抜粋] ああし, あたりを, あとに, あはは, あぶない, ある時, あれが, いかにも疲れきった, いかにも素晴らしい, いかんよ, いかん閾, いきなり私, いけないこと, いけないぞと, いけないという, いけないとお, いけないもし, いけない一人, いけない見, いけなかった, いけませんあなた方, いけませんか, いずれの, いた, いたものの, いないかしらと, いないかと, いないでしょう, いましたが, いませんよ, いよいよ悪名, いらっしゃらないよう, いる, いるの, いるのにと, いるん, いろいろ自分, いろんな事, うかすや, うるさくて, お照, お蝶さん, お話の, かきよせ一所, きっと最後, きょうも, くださらないもの, くれずこの間, くれないかと, くれないはず, くれないほほ, くれなかったん, くれなかつた, くれまいか, くれまいかと, くれますがね, くれませんの, こう歎息, ここの, こちらを, この法律, この通り庭いっぱい, この高座, これ, これぞ女, これまで, ころげ羽ばたく阿呆鳥, さっぱり分っ, さようならを, すでに微風, せっかくの, せめて独り言, そこから, そこで青葉, そのたのしみ, そのまましんと静まり返り, そのまま好個, その中, その囲炉裏, その帰った, その方, その火, その焼け銀杏, それとなく若, それにかけて, それは, そんなに思われ, そんな広告, そんな贅沢, ぞくぞくする, たとい相手, たとえ目刺, ちょっと傍道, ちょっと困る, てんでお話, とても他, とり返しに, どうかね, どうせ首, どうであろう, どうです, なおさらの, なかなかどうして勘, ならない, ならないなどと, ならない処, ならない守殿, ならぬぞ, ならぬ様, ならんぞ, なりませぬ, なれない, にげようとしても, ねばっこくて, ひっそりした, ひつそりした, ひとりで, ひやりとする, ひるこの, ふっと滅, ほんとに腰, まさしく天魔, まずいね, またもと, また何処, また加わった, また特別, また長浜, また霽, また飛び上っ, まだ一度, まだ昨今, まるで不倶戴天, まるで世間, まるで紙幣, みんなに, むしろ非人情, もうすこしもうすこしと, もう二人, もう前, もう夢にも退く, もう逃がしっ, もとの, もはや六波羅密偵, もらいたいが, やはり艶, やらぬぞ, よう耳新しい, よくいたずら, よくごろりと横, よくねえ, よけい反, よけい旅垢, わるかった, ゐたが, ゐない, ゐないと, ゐないわ, ゐましたが, ゐら, カスの, カユなぞ, ジョリクールと, タネなし, ッと, ツルゲーネフの, パリパリ噛ん, モスク, モンゴリヤ人は, 一冊持ち行き, 一大事である, 一応かない, 一水も, 一間に, 七輪を, 三人口の, 三十分なり, 三宝四宝の, 三沢や, 下さらないわね, 世の, 世話を, 両親の, 乃公の, 事すべて自分の, 事だ, 事務的に, 事面倒です, 二人の, 二人を, 二十行ある, 五分の入りだらう, 交る, 亭主以上の, 人の, 人間あっ, 今どきの, 仏蘭西語で, 他目には, 仮の, 仰向けに, 仲間らの, 休み二里, 体裁能くやっ, 何かと博士, 何だかんだと, 何も, 何一つ解らなかつた, 余り烈し, 信の, 信用が, 側へも, 入り替り立ち, 入れ替り立ち替り酒に, 全くひどい, 共にごろん, 几帳面に, 切り刻んだり, 到底古風, 前の, 助からんねえ, 動作の, 勝手が, 十二時近くまで, 十里二十里韋駄天の, 卒然と, 危険だ, 厄介に, 厭味を, 去って, 去り来ては, 去る, 又かえって, 又ブー, 又吹き消し, 友だちと, 口から, 口に, 口外せぬ, 台所へ, 台石の, 叱られましょうッ, 同じやう, 同姓名, 名刺を, 吹聴しちらした, 呉れないの, 呉れませんでした, 咽喉を, 唯一棒に, 啼く日, 困りますねえ, 困るが, 困るじゃ, 困るとでも, 困るよ, 坐り一人, 坐り込んで, 堪えがたいほどの, 堪へがたい, 堪らないし, 堪らないな, 堪らん, 墜ちて, 大きな声, 大仕事, 大変な, 大通りの, 天台大師の, 太い息, 奥の, 女中の, 女中ほか出来ない, 好色で, 妻を, 姫の, 娘ながら, 婆やの, 子供だって, 子供達に, 学校の, 官軍の, 実に我輩, 実に珍無類, 客を, 家の, 家中一等の, 宿の, 寄り添, 対手の, 小三郎の, 小烏, 少々礼, 尚更重い, 尾張殿も, 居ぬ扨, 居ぬ福富儀一郎, 居りましたの, 山の, 山を, 岩に, 差し向いに, 己は, 己までが, 帆を, 平気な, 庇の, 引きかえす引きかえしては, 彼に, 彼にも, 後に, 徐々に後, 得難い機会, 徳川時代の, 心の, 忽ち去つ, 思い当るよう, 思う存分荒らし廻っ, 思ふだに, 急ピッチで, 恁う, 息の, 悔みを, 悪いかと, 悪いの, 悪びれる様子, 慰めたり, 憩い彦右衛門, 成程, 成立しない, 我忠勇なる, 戦も, 手伝いますから, 手入れし, 持っても, 挨拶する, 捕方の, 掻き消えて, 攘夷の, 改宗者よりも, 故郷そのものの, 新古今風の, 方々の, 旦に, 早い許嫁, 早速其, 昼間の, 時々ずぶ濡れ, 晩方寂し, 普通の, 暫くその, 暫く立ち話, 更にむずかしい, 書いて, 最も始末, 最も苦しめられた, 未練がましく出し, 本に, 村中の, 栄蔵の, 桃太郎の, 此の, 歩いて, 死が, 死に, 死ぬる, 毎日野球選手の, 毎晩帰る, 毎朝取り換へて, 気の毒だ, 水口の, 水瓜を, 没落し, 泊らせて, 泣いて, 洵に, 流れ去って, 流石に, 消えする, 消え白い, 清浄で, 湯を, 湯桶に, 滅法素敵, 漁師を, 火にあたり, 炊事の, 無愛想だ, 焦れた舌, 父の, 父春水をさえ, 物の怪の, 物を, 物資の, 猛獣毒蛇魑魅魍魎剽盗殺人鬼の, 甘藷を, 用捨は, 田中の, 申訳ない, 町奉行には, 病人に, 病床の, 百ぺん失業した, 盗めるもの, 相模川に, 真似し, 真面目に, 石山さんの, 砂を, 祝福を, 福村さんに, 空怖, 突っ放すので, 箸にも, 粂之介の, 細い手, 結構利潤, 絶望の, 継立てに, 練習に, 置いて, 老人の, 考えが, 腕を, 自分を, 自家までの, 興味津々たる, 興奮し, 舞台へ, 船員の, 色々に, 茶を, 茶屋めが, 荷車に, 蔵い込ん, 虫嫌を, 蛇三味線を, 蜂の巣の, 蝿とる, 蠅とる, 行かずには, 行けないと, 見て, 見ても, 言語道断な, 記憶の, 話しこみ盛子, 説き説いては, 諸侯なみに, 諸将, 貪り読んで, 貴方なども, 赤だの, 足手まとい, 路次の, 身の, 転び, 返事を, 迭に, 退引, 逃げると, 逢引を, 連合の, 遊泳の, 過ぎ過ぎては, 邪魔に, 部屋の, 都合の, 配給の, 酷使し, 金が, 金に, 金剛千早の, 鋭い眼, 鏡を, 長浜の, 際限が, 雨と, 霊智そのものの, 面倒に, 面倒を, 靴に, 音曲としての, 類が, 風の, 飛んで, 食わした, 飯より, 飯焚の, 飲んだにも, 餌を, 首斬り役も, 馬上の, 駄目だ, 騒いだ, 髪の毛が, 鰻の, 鳴かすといふ, 鴉片中毒患者ばかり, 鶴子にも

▼ 来てから~ (916, 1.6%)

11 私は 9 急に 5 であった, まだ一度, 以来の, 初めての, 始めて 4 一度も, 三日目の, 自分の 3 まだ半年, もう三年, 二度目の, 伸子は

2 [42件] いろいろな, さちよに, そのこと, であつ, でも, はじめての, また半年, まだ二年, もう一週間, もう二年, もう二月, もう何年, もう四年, もう幾日, やつと, わたしは, モスク, 一年ばかり, 七年に, 三人の, 三日目に, 二三日の, 五日ばかり, 以来自分と, 伸子が, 何年に, 僕の, 初めて, 十日ばかり, 十日ほど, 半月ばかりも, 半月も, 家の, 家を, 岸本が, 帰るまで, 後兄と, 最初の, 最後の, 朝晩に, 足かけ五年だ, 間も

1 [763件 抜粋] あっといった, あのお, あの日記, あの花屋, あまり時間, あわてて, あんた見たい, いいかい, いつか四年と, いつも帰えり, いつも帰り, いろいろと, いろいろ感心, おいよさん, おかげで, お互に, お国, お庄, お株を, お茶を, お酒, お金の, かくまで, かて来た当座, かなり長い, かれは, きょうはじめて, こうして一緒, こう言いました, ここまでの, こっちの, こっちほんとうに, この問題, この四年間, この春, この時, この歳, この準, これで, こんな事, こんな鮮明, さがして, さらに振返っ, しまったと, すっかり容子, すでに二度病, すでに数時間, ずっと寺男, ずっと引, そうでも, そこに, その事, その姿, その小さい, その所存, それから, それぞれ自然な, それまで, そわそわし, たしかにそれほどの, ただの, ただ一度きりです, たびたび耳, だ, だそう, だったが, だを, ちと体, ちょうど一週間め, ちょうど二年, である, でい, できたのに, でございました, です, ですから, では, とりわけ去年, どうかする, どうなる, どうも工合, どう云う, どのくら, どんな容子, なすべき丈, なら多少, なんだか少し気, のとは, はじまつたと, はじめてその, はじめて父, ふりかへ, ほかの, ほんとうに, ほんの僅か, ぽつぽつ勢い, ますます強く, また取次, また舟, まだまだ前途, まだろくろく寄席一つ, まだ一つぺん, まだ一年, まだ一晩, まだ一言, まだ一遍, まだ二時間, まだ五月, まだ十年, まだ夜歩き, まだ門, まだ間, みな半歳の, みんなで, みんなのけものは, みんな自分で, もうかなり, もうだいぶに, もうまる, もう一ト月, もう一ヶ月以上, もう一月半以上, もう一遍, もう七度, もう三カ月, もう三年以上, もう三日, もう二十日あまり, もう二度, もう二週間, もう五年, もう何日, もう八ヵ月, もう半時近く, もう殆, もう足掛三年目, もはや三年以上, ももうかれこれ, やがて一月, やがて半日, やっとお, やっとその, やっと眠り, ややあっ, ゆっくりと, ゆっくり君, ようやく新聞, よく子守, よこす手紙, ろくろくもの, エピミーシウスが, カルタを, ハッと, プンプン憤っ, ペレールの, ユックリいただく, レーニンが, 一つ気に, 一カ月ばかり, 一ヶ年ほど, 一ヶ月に, 一九三一年に, 一人の, 一回あった, 一家が, 一年と, 一年に, 一年余りの, 一度でも, 一度父には, 一日一日と, 一時間半ばかり, 一時間半ほど, 一月に, 一月立つ, 一枚の, 一種の, 一緒に, 一週間に, 一週間ばかり, 一週間目だった, 丁度一週間目に, 丁度五日目ほんまに, 七日にも, 七日目の, 三か月目に, 三十分とも, 三十分は, 三四日し, 三年くらい, 三年も, 三年目である, 三年近くに, 三日に, 三日目登校し, 三月目である, 三月目に, 上物の, 不安がっ, 不義理は, 与えられた物, 中風で, 主人の, 二ヶ月ほど, 二三日あとの, 二三日届かなかった, 二人一しょに, 二十日にも, 二寺へも, 二時間そこそこ, 二時間も, 二月ばかり, 二週間の, 二週間ばかりの, 二週間後には, 五六日も, 人と, 人に, 今日に, 今日にまでの, 今日までの, 今朝まで, 仕方が, 代つたもの, 以来ほんとうに, 以来ろくろく, 以来心に, 以来日本人の, 休み日には, 伸子と, 伸子の, 体量が, 何か, 何だかそこ, 何となく勝手, 何も, 何ものかの, 何年にも, 何年振, 何年経つ, 余り久しい, 余慶に, 余程大きく, 作った彼女, 保は, 信子が, 俺の, 偶然に, 偶然の, 僕も, 先生が, 全く始め, 六日ほど, 六月目, 兵馬の, 兵馬は, 再び不, 再度五ヵ年計画, 出かけ竹葉, 出版屋は, 初めてアッタスン氏, 初めて兄さん, 初めて月給, 初めて真, 労働者階級の, 十七八年たっ, 十何年にも, 十余日肌着や, 十日と, 十日の, 十日以上も, 十日経ち, 千世子は, 半年とも, 半年経った, 又下らん, 叔父は, 受けたいろいろ, 受取る二度目, 台所や, 右に, 吉弥に, 君らの, 告げ口する, 喰う, 四ヶ月くらいしか, 四年に, 四方を, 四日の, 四日目お茶の, 四日目の, 四月二十五日我が, 地犬, 執り行う儀式, 塀の, 墨田川へ, 変ったの, 変つた, 夕餉の, 多計代, 夢見が, 大事な, 大分経った, 大変丈夫に, 大学へ, 大森の, 夫婦の, 好いん, 始めて気心, 娘時代に, 婦人の, 客の, 家に, 寝る, 寝台を, 小さな庭, 小田切さんの, 少しそんな, 少しづつ意識, 少し気分, 少し痩せやしない, 少し遅れ, 屋根屋を, 岡倉氏へ, 岡野さんに, 巴里の, 幸子との, 幸福か, 幾年とも, 幾度も, 幾程も, 床に, 度を, 座敷は, 引っ返すという, 引取る, 彼女の, 彼女は, 彼等に, 後に, 後の, 後上京し, 後昇汞に, 後藤君が, 復た, 心持が, 愛宕下の, 戴く様, 手の, 折々の, 振りかえっ, 改めて控え, 敏子の, 数分たった, 数日後急に, 整へる, 文学に, 新らしく縫っ, 新吉の, 既に二十日余り, 日が, 日一日と, 日本の, 早く一戸, 早稲田大学へ, 映画における, 昼間あまり, 時を, 時計屋を, 時間としては, 暗黙の, 暫く影, 暫く立つ, 最う十一年, 最初一両日は, 最早何程, 最早足掛三年, 月々二三十円ずつ, 朝早く, 朝草刈に, 木村さんに, 本に, 本気に, 朴の, 東京へ, 林さんが, 柳沢の, 此処は, 此年癸未に, 段々肥え, 殺人が, 毎度人の, 毎日の, 毎日住田の, 毎日庭の, 毎晩の, 気がついたこと, 決して快く, 決めりやい, 没収され, 沢山に, 洋服屋は, 浅井も, 深川の, 清三は, 滋養分でも, 無慙な, 無精を, 特に僕, 玄徳に, 現金の, 生れた子, 病気で, 痛みが, 白粉の, 百文の, 直き, 直ぐに, 相談する, 真向きに, 着いて, 着のみ着のまま一間を, 知って, 知己に, 研究会の, 私が, 私たちの, 私も, 私達は, 突然, 突然友江, 立ち停った, 第二年目, 節ちゃんも, 糸子を, 素子は, 絶やさなかつた, 老妻, 考えた, 考えたもの, 考えましただ, 自分が, 自分で, 自分も, 自身の, 舞台効果を, 色んな話, 芳村は, 葉子は, 藍子も, 表面従順で, 被害者が, 見たこと, 見て, 覚えたの, 親切に, 言つた, 訪ねて, 話しさえ, 話しでも, 説明した, 誰一人として, 足かけ三年目が, 足掛け三十年の, 車を, 追手を, 送って, 道ばたの, 道場も, 遠い処, 郷里へ, 酒を, 酒乱に, 長いの, 長い歳月, 長屋の, 間が, 間もなくひそか, 間もなくやっと取り出す, 間もなく倉屋, 間もなく向う, 間もなく来ました, 間もなく脚気, 間もなく誰, 附添夫にな, 陸橋の, 雑誌ひとつ見る, 電命で, 青木の, 静かに, 鞘に, 預り証を, 風俗だの, 風邪一つ引かない, 食事に関する, 食卓に, 馬の, 馬は, 魏延の, 鯨が

▼ 来そう~ (503, 0.9%)

49 なもの 38 な気 30 もない 17 な気配 16 だった 15 になった 1210 であった, なの 9 なので, なもん 7 だと, である, です, に思われた 6 な空模様, になる 5 だから, なこと 4 な勢い, な模様, にない, になっ, にもない, に思えた, に思われる 3 なところ, な時刻, な気持ち, にした, にする, になかっ, に思われ, もなかっ, も無かっ

2 [26件] だぞ, だな, であるが, ですか, でも, な予感, な工合, な日, な時, な様子, な気勢, な気持, な空, な空合い, な者, にありません, になりました, にも思われる, に思え, に思える, に見え, に見えた, に見える, もなく, もねえ, も無い

1 [131件] しないと, だからね, だが, だし, だぞと, だったから, だで, だという, だなあ, だなんて, だね, だわ, であったが, であって, であつ, でおそろしい, でございます, でございます姫様, ですから, ですが, ですよ, でそう, でたまりません, でどうも, でどうやら, でない, でない時, でならなかった, でもあった, でもう間もなく, で不気味, で僕, で光子, で出向く気, で危なく, で声, で従って, で怖い, で来ぬから, で飛び出して, で驚いて, なのに, なも, なよう, なん, なベンチ, な世, な人物, な仇, な個所, な傾向, な先, な光, な勢, な千鶴子, な古城, な壁, な夕立, な奇, な姿勢, な家, な小路, な幻覚, な弟たち, な形相, な感じ, な所, な方, な旅館, な日射し, な時分, な晩ひとり二階, な暑, な暗い, な未来, な森, な楽しみ, な機会, な死方, な気色, な浅瀬, な源七, な煙草, な生温い, な男, な眼, な臭い, な色, な薄暗い, な表情, な西日, な話しぶり, な調子, な距離, な身寄り, な身構え, な輝き, な迅, な道ばた, な雨戸, な雰囲気, な雲, な静か, な頃, な風体, な鬼気, にさえ感じられる, にそこ, にだらけ, になり, にはありません, にもなく, にもなる, にもみえた, にも思えなかった, にも思われた, にも思われなかった, にも見えなかった, にシン, にゾロゾロ, に女給部屋, に底冷え, に思う, に思えます, に思われなくなった, に思われました, に感じられた, に明るく, に物恐ろしく, に空, に雲

▼ 来~ (366, 0.6%)

6 ことを 5 大主 3 ことである, 雨で

2 [15件] 中国人の, 了戒が, 了戒の, 了戒を, 人を, 出来事を, 句を, 合戦に, 客を, 憂さを, 田畑を, 疲れと, 脳の, 自分の, 驟雨模様の

1 [319件] いましめは, いろいろな, お手紙, お種, お遍路さん, ことが, ことで, ことでありました, ことば通りに, この出来事, ご心労, しけで, だらしの, つかれも, つづけざま, なまけ者で, はげしい人出入り, はたらきまことに, は同じ, ほうが, むっつりや, めんどうな, もっとも激しい, ものと, やり口引い, ように, よろこびを, わがままが, わだかまりを, オッチョコチョイで, セイゴと, テレヴィジョンで, 一伍一什を, 一刀を, 一旅医士が, 不平を, 不平不満は, 不快をも, 不思議な, 不愉快を, 不眠の, 不眠を, 不眠症で, 与八として, 中国人も, 乗って, 了戒さえ, 了戒とは, 了戒にも, 予告である, 事には, 事件と, 二舟子を, 人々に, 人相など, 件について, 件六百円近くの, 余情でも, 余沢と, 例の, 侠気が, 俗説ただ, 健忘症と, 偽らない実景, 兇暴性が, 兵庫からの, 典韋であった, 典韋は, 典韋を, 内閣に, 凶作を, 出来事が, 出来事と, 出来事は, 利発もの, 労働者の, 労苦が, 勇猛心で, 動静を, 勝気が, 厚遇は, 叛骨と, 句は, 同盟会議が, 君の, 商売疲れを, 問答が, 問題を, 四人と, 因縁を, 図々しさ, 報告よりも, 壮士ひとりである, 壮子の, 声に, 多感と, 大坂守備で, 大蛇バイソン蝨斯科の, 大酒家, 大雨で, 大風は, 天文家が, 失礼は, 失踪である, 子に, 子供, 子煩悩と, 安否をも, 客に, 宮から, 宮に, 宮は, 宮へ, 宮廷では, 宮神社の, 宮神社へ, 宿欝を, 寂しい目, 富五郎捜し, 寒波の, 対支外交は, 封建論争も, 小心で, 小胆者その, 島を, 川の, 庸愚怯惰, 弥次馬な, 弱点である, 張りつめた心, 彼の, 御経験, 御評議, 御願と, 心の, 心労に, 心労も, 思い出も, 怠け者だ, 怠け者であった, 怠惰心を, 怯懦と, 恐怖心が, 恨みは, 悪夢の, 悪性の, 悪魔性, 意は, 意を, 愚か者に対して, 感じや, 憂鬱な, 懊悩煩悶は, 懦夫も, 戦労から, 手痛き経験, 折, 挨拶の, 振舞いです, 振舞を, 敗戦を, 敵の, 文化は, 文書を, 新聞で, 新聞に, 旅人を, 旅客には, 日である, 日記を, 晴ればれしない, 晴天で, 暑気とは, 暑気の, 暖気で, 暗雲が, 書いた物, 欝屈が, 武人百官は, 毒婦型の, 気圧は, 気狂い気候で, 気質にも, 水車の, 水量と, 氾濫の, 沈默を, 浮気性で, 海底に, 海賊では, 淡白の, 淫奔大, 溜飲を, 潔癖も, 激しい疲労, 点の, 烈しい疲労, 無口それに, 無礼を, 煩悶やや, 牝犬も, 特色で, 犬儒派に, 狂狼症を, 独楽縄を, 狷介と, 猛暑が, 猛火さだめし, 猛烈に, 猛風, 猫であれ, 王政と, 甘藷を, 田畑が, 田舎者でなけれ, 町人と, 異常な, 疑問を, 疲れは, 疲労から, 疲労の, 病も, 痛飲で, 痩っぽ, 癇癖に, 白洲に, 睡眠不足にて, 睡眠不足を, 穏し, 筈, 米国空軍の, 糠雨が, 細かいお, 経歴より, 経験から, 経験とを, 絹布や, 義侠止められず, 翌日より, 老旅人, 考を, 者は, 職工が, 胸の, 脅迫状の, 自分を, 自分達は, 自重心が, 興奮が, 船負けであった, 色々の, 色ご, 苦しい心持, 苦悩は, 苦悶を, 苦痛を, 茶壺こけ, 荷物を, 菊も, 血走つた目付, 裏切り者が, 見えるま, 親切を, 計画せられた, 記憶に, 訪問者と, 註文だった, 諸片, 警報も, 議論は, 豊かな, 豚の, 豪雨で, 跡空しき, 身に, 身を, 身体に, 身心不調で, 迅さであった, 逞しい旅絵師, 遅筆は, 過程に, 道を, 道筋をば, 部屋へ, 酔態狂態を, 醜態は, 重荷も, 釣好きで, 銅鑼と, 鋭い北風, 鏡を, 長雨で, 長雨も, 間から, 阿呆駄羅経を, 降り続きでいま, 降雨の, 陰天名残りなく, 隠謀, 雨が, 雨は, 雨蚊が, 霜に, 音楽嫌いを, 頭に, 顔で, 風やまず, 風潮は, 風邪心地も, 風雨が, 香箱な, 馬鹿みた, 馬鹿陽気は, 驟雨で, 鬢髪を, 魔境から, 魔法使奴が, 鼻カゼが

▼ 来~ (348, 0.6%)

25 がった 20 がって, がれ 14 がったん 12 アがって 11 がる, アしない 10 アがった 7 がつた 6 がったな, はつた, アがる 5 がったの, がらあ, はって, はりました 4 がると, がるの, はったん 3 がら, がるん, はりましてん, アがれ, アがれーッ

2 [21件] あがる, あがれ, がったか, がったもの, がったんで, がらねえん, がるよ, がれば, がれッ, しゃれ, と待つ, はった, はった時, はった話, はります, はるさかい, はれしまへん, アが, アしねえ, アしません, 暹羅や

1 [111件] あがって, あがらねえ, あがるし, あがると, あがるなんて, いせ, うかと思つて, がったいけ図々しい, がったから, がったが, がったくせ, がったそう, がったぞ, がったと, がったね, がったもん, がったよ, がったら叩き, がったろう, がったろう一人, がったわい, がった今度, がった何, がった町内, がった癖, がった闇太郎, がつたの, がつたら, がらない, がらねえ, がるか, がるからな, がるが, がるこの, がるしめ, がるじゃ, がるぜ, がるその後, がるそれ, がるだろうかかって, がるだろうやつら, がるな, がるなど, がるへ, がるもん, がる一昨日半次, がる嫉, がれこの, がれさあ, がれだ, がれと, がれクツフと, がれミッシリくらわせ, がれ今までは, がれ切り込ん, がれ叩っ切っ, がれ悪人一人も, がれ来や, がれ此奴等一足でも, がれ泥棒め, がれ淫婦ども, がれ畜生何が, がれ野郎共, がんだ, がんのさ, はったかて, はったけど, はったけどな, はったらどう, はった女, はってん, はってんわ, はつたら, はつて, はらんかいな, はらんの, はりましたか, はりましたで, はりまして, はりますやろ, はりまへん, はる, はるはずあれ, はるや, はるやう, はるやらう, はるやろ思, はるわ, はれしません, はれへんかったか, はれへんねん, へんヤ何でも, ァしなかった, アがっ, アがれエーッ, アがれ皆な, アしなかった, アしますまい, アしめえと, アせんから, アな, シャムや, ビルマ方面に, 並びかねたるいさゞ船, 冷飯草履を, 印度のに, 印度支那では, 印度支那や, 待ってるだ, 旦那是は, 暹羅の

▼ 来~ (255, 0.4%)

25 しないかと 23 しまいかと 15 せぬかと 13 しまいか 12 しないか 9 しないかという 8 来たが 7 したものの, せぬか 6 しない, すまいかと 5 したが, しなかった, 来たものの 4 しないだろうか, しません, 来ても 3 しませんでしたか, せぬ, せんか 2 しないの, しないよ, しなかったが, しまいと, せじと, せぬかといふ, せんかと, せんよ, 来たの, 来ましたが

1 [68件] あわてふためくと, したけれども, したもの, して, しないかとくらい, しないかとさえ, しないかとも, しないかな, しないが, しないぞ, しないだろう, しないだろうと, しないで, しないでしょう, しないと, しない僕, しなかったか, しなかったかね, しなかったかの, しなかったけれども, しなかったの, しなかったろうという, しなかつたで, しねえか, しまい, しまいかしらと, しまいかという, しまいかとな, しまいかなどと, しましたものの, しませぬ, しませんか, しませんかい, しませんでしたろうか, しめえし, すまい, すまいが, せぬわいな, せぬ併, せまいと, せん, せんぞ, せんの, どういう了見, どういふ, なに土の, なに大粒の, ふたたび曹操, まだかつて自分, ギライカナイすなわち, 三十合も, 双手に, 善く戦い, 喰味無く, 多くに, 尾張名古屋の, 戟を, 未だ考へない, 来たがの, 気を, 流謫地という, 火よりも, 直ちに西南, 羽柴軍にも, 酸水素吹管で, 銅鑼を, 長靴を, 魏伯陽より

▼ 来~ (167, 0.3%)

72 けり 13 ける 4 けむ, けん 3 けりと, ければ 2 いる中国人, けらし白妙, けんやう

1 [62件] おびえて, けらし, けらし口, けらし筍, けりきさらぎ, けりこの, けりさて, けりとお, けりはざま, けりひた堪へむとす, けりまさしく, けり一つ身, けり一年, けり倉下, けり吊荵, けり如月, けり山, けり月出づる方, けり牛乳, けり独り言, けり石田三成, けるなり, けるよ, けるを, ける吾身, ける子, ける御, ける懐郷, ける折, ける時, ける気勢, ける満, ける砂利, ける貫一, ける途端, けんと, けん俵, けん梅花, けん白雲月, しが, しその, したひらに, しを, し雅会, なくよく, ゃあかんに, ゃならんけ, ゃなるまいて, やあ筈無あ, や筈, 優る南米, 出会った, 在り, 学び親しく, 庇護され, 承けて, 海の, 無い心安い熟睡, 護謨栽培を, 走らしむ, 面目を, 飛び込んで

▼ 来ながら~ (146, 0.3%)

5 云った 4 伸子は 2 ふいと, 扉を, 私の, 言った

1 [129件] あの枯木, ありったけの, いたわった, いつのまにか自分, いつもの, いままでの, いよいよ闇屋, おとよの, おりおり批判的, おれが, お洗濯物, きょうまでの, ここが, ここで, この劇全体, こんな製作所, さけんだ, さて彼, すぐに, すべてを, そういう扁理, その目的地, その秘密, その這い上がる, その鼻, それに, それを, ちょうどこちら, とう, どうして一緒, なかなか応じ, なにか嗄れた, ひょい, まだ一度, まだ碌々, まだ起き, むなしく還る, ものも, やつて, よく開封, わしばかりを, わずか一基, わたしは, われにも, オリヴィエの, スラリと, チベット人では, フォン・コーレンが, ミサ子たちの, ル・ボンと, 一ノ谷へ, 一槍も, 一生ここで, 下らない見栄, 乙女が, 云つた, 今さら喧嘩腰, 今に, 今の, 今まで, 以前とは, 伊藤を, 伸子が, 何物にか, 僕には, 全体としては, 刺も, 劒へ, 勝手な, 千二が, 又村の, 受取らずして, 呼んで, 呼吸が, 喉元過ぎ, 声を, 声一つかけない, 女中が, 妻の, 婆は, 子雀, 孫堅に, 家へ, 小声で, 彼が, 彼は, 彼を, 彼女は, 心残りであったろう, 急に, 急病で, 愉快そうに, 或る, 手を, 手紙が, 日本左衛門とも, 星だ, 普通の, 朦朧として, 村長が, 此の, 涙声で, 無駄だった, 父の, 父を, 物思いばかりが, 甘い香り, 申訳が, 直造, 素子が, 自分から, 自分では, 自分の, 自動車を, 若先生, 草津節, 落伍し, 葛岡は, 衰えたしかし, 裏木戸の, 言うの, 誠の, 道の, 酒で, 重吉が, 際限も, 障子の, 頭から, 馬田と

▼ 来たりて~ (113, 0.2%)

3 余に, 余を 2 これを, どこに, 人民の, 余の

1 [99件] いまや堀端, おのれも, おもむろに別れ, おもむろに告別, すでに中将, その墓, その室, その母, その石, はじめて見る, やんごとなき御, ようやく西, より一月, わが僧侶, わが門, われと, われ進み, 一のみに, 一診せられた, 上陸を, 事物を, 人々に, 人の, 会釈し, 何事の, 何方へか, 余が, 促したるでは, 俳句に, 倒る, 先生の, 内に, 内を, 再び瓶, 助八, 包容し尽し, 十一月中旬佐世保の, 千鶴子に, 召上ります, 同島を, 善人を, 四方八方の, 士官次室の, 夏の, 天下の, 娘を, 客ある, 宿を, 小生に, 山木の, 座に, 座中の, 弁天を, 応ずれば, 我が言葉, 我を, 打ち合いこれ, 拳骨で, 支那的空想に, 数倍の, 敵の, 新聞の, 日本の, 曰く, 曰くかの, 本船を, 武男に, 泊宿を, 海蕈を, 清涼を, 源叔父の, 燈台の, 爽快極まりなし, 牛乳または, 物を, 相報ぜよ, 破損したる, 祈願を, 罪を, 耳目を, 臼井君の, 船の, 衣ために, 衣食日用品を, 言句を, 読経す, 談話したる, 請いらく, 警察側の, 身近に, 迎えら, 金を, 間もなく過ぎ去りし, 陳腐の, 青年の, 非干渉, 飛んで, 食堂に, 香

▼ 来ちゃ~ (113, 0.2%)

6 いけない 5 いけないって 4 いけないよ, いけねえ, いけませんよ 3 いかん 2 いけないぞ, いけないと, どうだ, ァ, アいけない

1 [77件] いけないこと, いけないという, いけないなんてね, いけないの, いけないん, いけない彼方, いけない拙者, いけなくって, いけなくってよ, お母さんや, お話に, きっとこ, きっとここ, くだすった, くれめ, これも, さだめし妙, さんざんだ, そんな事, どうかね, どうです, なにし, ならねえよ, ぼんやり立っ, もう獣, やりきれないじゃ, んよ, ァならねえ, ァ仔細, アいかんな, アいけ, アいけねえ, アくれまい, アこっちの, アどう, アやれ, ア居ない, ア無茶だ, ア生き, ア食えない, ダメだ, 一つ頭を, 人間そのものの, 仕方が, 全く二まわり, 全く助からない, 凄腕だ, 初歩も, 取りつかして, 同じ口説くん, 呆れ返って, 命も, 喧嘩を, 困るじゃ, 大変威張っ, 大金な, 威したり, 居りません, 帰る時, 当分は, 御都合, 怖れ入ります, 悪いっか, 悪いの, 敵わ, 景気の, 気が, 泊り込みで, 法は, 浮, 相談した, 腹の, 船を, 貰えめ, 面倒だ, 首を, 駄目よ

▼ 来てからは~ (110, 0.2%)

2 私は

1 [108件] あの葛藤, いちばい声も, いや上海, いわゆる, かなり冷静, すっかり安心, すっかり縁, そうで, そこらの, その作品, その孤島, その石, その色白, そんなこと, そんな事, そんな者, とくに字, とみに領土欲, とんとそれら, どの室, ひまさえ, ぶっ通し, また考えよう, まだ四年, まだ身動きひとつ, まるで人, もう昔, もちろん, よく小さい, チベット政府の, 一切たべなくなりました, 一切止め, 一層両者, 一層家, 一層新鮮, 一層私, 一層自分, 一度汚した, 下婢まで, 事務員の, 二・三年みっちり, 二人は, 他の, 体も, 何もかもすっかり変っ, 余り煩悶も, 全く影, 全く生活, 内部の, 十一月に, 参木は, 友造という, 只, 同国の, 吠えるの, 声の, 夕方に, 大胆に, 妹の, 学校の, 実社会には, 家に, 寺の, 少しずつ, 庭にも, 廉い, 建築家として, 彼とは, 彼の, 彼女は, 忘れさ, 打ち沈んだお, 料理場の, 新しい社会, 普請にも, 暫く碁, 本道と, 果物をさえ, 次第に幻滅, 正彦は, 死を, 母国で, 泣いてばかり, 清子に, 然う, 燈火を, 父の, 物事が, 特別な, 皆の, 矢張り変り出しました, 磯野も, 神女達ばかり, 結局家族たちの, 自ら思立つてか, 舅御, 若い三人, 見違えたよう, 親子も, 賑やかに, 跡かたも, 道化を, 酒乱の, 長い間, 附近の, 霜やけで, 高熱が, Oが

▼ 来つつ~ (98, 0.2%)

15 ある 13 あるの 9 あること 7 あった 5 あるという 3 あったの, あるか, あると, あるよう 2 あるかの, あるから, ある如く思える

1 [31件] あったから, あったとき, あります, ありますから, あります特に, あるが, あること慥か, あるし, あるそう, あるそういう, あるだろう, あるとか, あるもの全体, あるん, ある処, ある刀身, ある様, ある現実的, ある由, ある自ら, ある途中, ある間, しづけさ, 云った, 女童や, 学生は, 居りこの, 恋ふる, 汁つくらむ, 被物, 諸声あげ

▼ 来てからの~ (93, 0.2%)

2 ことさ, ことだ, ことだった, ことである, 方が, 米の, 自分の, 話です, 話に

1 [75件] お島, お民, こと, ことが, ことだつた, ことで, ことなら, ことに, ことも, こと新居の, こと藤夜叉の, はなしと, わたくしに対してだけは, 一件, 七ヶ月まだ, 三年の, 三度目の, 上で, 事で, 事である, 二ヶ月間の, 伸子に, 伸子の, 信長は, 写真です, 初めての, 初舞台, 十五日間に, 十四五年の, 十日, 口吻の, 名な, 四五日が, 土産話を, 報告だった, 報告文を, 変名で, 奉公人で, 奥御殿は, 娘の, 子爵の, 実の, 小林の, 岸本には, 彼女には, 彼奴の, 御馳走は, 心覚えの, 思案と, 急な, 恩を, 慣わしだった, 日を, 日本人は, 智恵子は, 様子を, 泡盛の, 浪之, 漣は, 無二の, 狼藉が, 生活である, 知合いである, 知合で, 私達は, 第二年, 第四年, 笹村は, 経験では, 苦労の, 葉子には, 行動や, 行状やらから, 話さ, 話で

▼ 来ての~ (92, 0.2%)

19 話に 6 話では 3 話である 2 ことだ, 報告は

1 [60件] あの野郎, お徳, じゃ酒, そりと, ひとつの, ん気な, 一本立ちは, 三年間に, 上に, 今日ムクが, 仕事が, 以上一口酒と, 全く素人出, 十七年は, 口上は, 問題だ, 報に, 報告である, 報告に, 報告を, 失望が, 寺沢の, 尋ねに, 帰りか, 当座は, 後の, 応対などにも, 感想である, 挨拶にも, 挨拶貞之進は, 曰くに, 書状に, 最初の, 朝夕馴染の, 東京は, 楽しみの, 正宗にゃ, 此乞食の, 演奏でした, 物語に, 物語りではじめて, 痛みだ, 直接の, 知らせに, 短い話, 義貞の, 脅迫じゃ, 言葉に, 話しである, 話しにも, 話だ, 話だった, 話で, 話でした, 話です, 話な, 話にな, 話には, 話の, 高氏の

▼ 来よう~ (92, 0.2%)

8 が遅い 3 が余り, が来まい, では, としてゐる 2 がおそい, がおそかっ, が盂蘭盆, が誰一人, などとは思い, などとは思わない, に, の遅い, も知れない

1 [54件] がそれ, がない, がビク, が商人, が大変, が正月, が遅かっ, じゃありません, じゃない, じゃねえ, ではない, とかしてる, としてもがい, としてもちょっと, としてゐます, としてゐるで, として失敗, として獣, として途中, なぞとはどこ, なぞとは思はなかつた, なぞとは閻魔様, なって, などとはこれ, などとは些, などとは勿論夢にも, などとは夢にも, などとは娘, などとは思はない, などとは思はなかつたらう, などとは想像, などとは愚, などとは最も, などとは考えません, などとは要, などとは誰, なら直さま, なん, なんぞと思っ, なんてまるで, にと疑わし, に長髪白衣, のない, の早かっ, の遅かっ, はない, は思いの外, もおそかっ, もしれず, もない, も知れぬ, も知れません, やしようがりゃしない, や又

▼ 来~ (90, 0.2%)

4 ぃがべが 3 はい, 来な 2 ぃに, けりや, はつた, はつたえ, はります, はれ, んだ

1 [66件] あい, あんまり大食い, あん中には, あゝ申し, ぃがべ, いまへに, えで, えの, おいらは, おその, お前が, くつちやならない, けやならぬ, こちらの, これは, ごあん, さつた和尚さんと, それお, っすたえ, つてば, はつたら, はつたんえ, はつたんか, はつて, はらへんなら私泊り, はれあかん, はれあんじょ, はんか, ましたから, ましたよ, ましよ, ますええ, よ, アノ其処に, ツたら来, 一人飲みあしめえ, 事あり, 人と, 仙骨を, 何か, 分ったな, 却って鯣, 奥方頼みます, 孝助様が, 宜いか話, 帰りは, 幌の, 御馳走する, 悪いよう, 手を, 日が, 月やく, 本当にマア, 構わずに, 浜は, 烏, 男ねえ, 目口から, 直に療らア, 矢でも, 聖天山の, 葡萄酒でもの, 連れて, 青梅在の, 領主を, 顔付を

▼ 来たって~ (80, 0.1%)

4 仕方が

1 [76件] あたしゃ承知しません, あたしァ, あの人, あれじゃ, いいました, え為体さ, おれは, お前さんが, お前の, お負け, かまや, こっちで, ことだけでも, この作家, この喜平, これで, しかたが, そんなら, だれも, どうなる, どこさも, どこにも, どんな奴, なんとも思っ, びくとも, ほんとかよ, みんな云っ, ものさ, やつさ, わけさ, 一人の, 一円さつ, 不憫がる, 云って, 云ってたぜ, 今も, 今身請, 仕様が, 仕様がねえ, 仰ゃいました, 会った例, 何が, 何ともありゃしません, 何に, 何にも, 何事を, 俺に, 出て, 割返しだ, 君ちゃんに, 妾の, 家が, 居ないと, 山の芋が, 徳川の, 愛情の, 感謝と, 昨今の, 本当かしら, 母と, 滅多に, 知らないよ, 私知らない, 私逃げも, 聖体の, 言ったわ, 話したもん, 誰が, 辻番が, 追っつかない, 金輪際承知, 阿園, 駄目さ, 駄目な, 駄目よ, 驚かないん

▼ 来~ (77, 0.1%)

9 お土産 52 しばらく話した

1 [61件] いつもの, いろ, うれしい酒盛, うれしかつ, おいしい漬物, おとなしく飲ん, お節句, さしつさ, さつ, されたさうだ, したけれど, したの, した巡査, して, しばらく寝, しばらく話す, すぐ帰つ, すぐ帰宅, すぐ酒屋, すまなかつた梯子酒, すみませんでした, する筈, そこはかとなく話す, それからおもしろおかしく, それから私, た, たづねてきたのは私, といふうれしい, とりとめも, なが, の, の予約, の日, の筈, の約束, の通知, ふとん綿, ほがらかな顔, ほとんど一年ぶり, ほんに久しぶり, またお, まづ一杯, むろん酒, めづらしい, よい酒, よく写つて, を促した, 一杯やらう, 一見旧知, 何だか形勢おだやか, 御持参, 快飲, 投げ出された五十銭銀貨二枚, 明けてからの, 観そこ, 誘はれて, 間もなく樹明君, 間もなく樹明君来訪, 間もなく酒, 飲みつ, 飲んで

▼ 来てからも~ (72, 0.1%)

3 私は 2 勝平は

1 [67件] いろいろの, いろいろ聞いた, おいよさん, おゆう, お宮は, お銀, この家, しばらくは, しばらくホテル, すみだ川, その人, その以前, その男, まあなん, またいろいろ, まだろくろく顔, まるで女工, まるで目, もう三度, やはり夜, やはり春廼舎, ようすが, イザベル, 二三度は, 二度ばかり, 五十円出し, 五十年近くの, 京子に, 仙道を, 何を, 修治に対して, 別に気, 十二三年に, 台所で, 同窓生の, 君を, 夏の, 始終跡, 小野田に, 年取つて未だ, 幻影を, 彼の, 戸塚の, 房子は, 新婦の, 明るい顔, 昔通り自分の, 時々彼女, 暑中休暇には, 母は, 毎日の, 毎日判で, 比較的しげしげ彼, 物資難で, 用いて, 相当の, 石炭の, 私どもには, 素子は, 至って大平無事, 色々な, 茶屋酒の, 誤解され, 諸方の, 豊島家へは, 里の, 風呂の

▼ 来たった~ (41, 0.1%)

2 ところで

1 [39件] か, かが段々, かである, かという事, ことに, ことによって, その霊妙, とかあるいは, ところである, ところも, ところを, に逢う, のであろう, もので, ものと, ものらしい, 主人公である, 事を, 五十年の, 例を, 分家の, 場所である, 場所は, 士卒については, 女が, 始祖男女の, 子, 小刀一本今度は, 山嶽的な, 差別待遇が, 最終戦争が, 海戦に, 由来を, 者で, 言葉ばかり, 詞なら, 請願の, 道であった, 鶏や

▼ 来~ (40, 0.1%)

4 しなければ 3 した 2 したの, しないのに, しなかった, しなかつた, せで, せや

1 [21件] いたしますまいが, しないって, しない人, しない彼女, しない者, しなかったし, しなかったのに, しねえよ, するの, せずさうかと, せず用, せで用, せで相馬, たの, ビルマも, 中国を, 仏の, 後を, 暗頭打, 本気に, 馬を

▼ 来ちゃあ~ (39, 0.1%)

2 どうです

1 [37件] いくら稼い, いけないという, いけねえ, いけねえよ, いたくも, いねえよう, いろんなこと, うるさいから, くださいませんか, くれめ, すごいね, どうだ, まずいが, また格別, 二日や, 余程の, 堪らねえから, 大変だ, 大変な, 客が, 弟の, 悪いッ, 政府でも, 政府へでも, 昔の, 果して入り, 決して返した, 畳でも, 白金の, 私が, 約束を, 肩越に, 誰も, 都合が, 重罪だ, 金魚の, 食べて

▼ 来~ (38, 0.1%)

193 へよ

1 [16件] えとお言伝, ひしかな, ひて, ふこと, ふとも, ふもの, ふや, へだ, へと云, へと平岡, へね, へよなんて云, へり, へ一盃, へ抔, へ菊池君

▼ 来さえ~ (37, 0.1%)

27 すれば 3 しなければ 2 した 1 しなけりゃ世話, すりゃア, すりゃ今日, すりゃ幅, すれあ

▼ 来~ (37, 0.1%)

2 であると, ではありません, と聞い, を自来

1 [29件] か, がねえちっと, が日本, が現われたら, でその, でないと, という支那, という発音, といき, とな, とは他, と名乗った, と大きく, に逢いたい, の三字, の名, の奸計, の専売, の疑い, の腕, はそれ, はほか, は先ず, は外, よな, を大書, を捉える, を捕えろ, を有名

▼ 来~ (35, 0.1%)

2 だ, というの, や支那人

1 [29件] から見る, がやって来, がやって来ました, が七万, が最初, が突然, が舵, が門外, が驚い, じゃない, と支那人, にも渡される, に相成, のこと, のする, のボーイ, の一群, の如き, の家族, の小舟, の材木運び, の正月, の着物, の自然, の身元調査, は檳榔子, は猿, やヒンヅ人, を使っ

▼ 来てね~ (31, 0.1%)

2 二人で

1 [29件] ああ気分, あなたも, あまり留める, いきなり後ろ, いつそ愁, うれしそう, えが, おととい東京へ, この家, これは, すっかり世話, そしてパラパラ, そのひと, そッと, たった一人, ちょっと工夫, 上落合へ, 今日いっしょに, 体が, 何しろ大, 先刻まで, 処が, 噂たら, 姉ちゃん, 小遣を, 此の, 歯は, 田村ゆり子が, 鰻を

▼ 来~ (30, 0.1%)

6 へすれ 2 うだつた, っしゃい, ッし

1 [18件] うして, うもなかつた, うも無い, かる頃, した, したん, しつ, せまいする, っしゃったろう, っしゃらぬ, っしゃらねえもんだで, っしゃる山路, つそく, の白衣, へした, へしなかつたら, へすり, らしたら殴打

▼ 来てや~ (30, 0.1%)

6 がる 2 がらア, がるん

1 [20件] あがる, がら, がるからね, がるぜ, がるの, がるので, がる癖, がんのか, しないか, しないかしら, しないかって, しないかと, しないが, しないの, しないよ, しなかったの, しねえか, しめえし, アや, 君も

▼ 来~ (30, 0.1%)

3 くれよ 2 書いて

1 [25件] いう, いふ所に, いやしたらど, おくれやすか, おくれやっしゃ, おぼし, おぼしき金具造り, くれ, くれたまあ, くれはったなあ, くれやっしゃ, くれやはった, こうや, せきとめがたき, なって, 云はば, 亡き友, 夏侯淵に, 寸分ちがわない, 後引く, 拳大の, 楽しよと, 此間いつ, 見ゆるに, 見ゆるは

▼ 来やう~ (29, 0.1%)

2 と思つて

1 [27件] かしら, かしらそれとも, かな, が到底, ぞと顔, だ, とした, としてゐる, とする, とそれで, とどう, とはしない, とは思はれなかつた, とは思へなかつた, とも, とも思はれない, と余計, と思, と思ひまし, と思ひました, と此様, と聞, と試みた, や, やく一升捻出, よ, 是非見たい

▼ 来てよ~ (26, 0.0%)

9 かつた 2 ひょっとする

1 [15件] あの婆さん, いいでしょ, きっと来, そして緑色, どんなに晩, ねえ愛, へんだ, 内地へ, 女衒へ, 帰りたいばかしに, 来ないで, 無精ね, 見せたげて, 貴郎, 鯨狼が

▼ 来てを~ (25, 0.0%)

6 ります

1 [19件] ぢさん切手持つ, つたので, つて下さるで, られたさうです, りいろいろ, りお待ち, りそれ, りました, りますが, りません, りまた, りわれ, り二年間一緒, り吾, り呉八段, り此時家督相続, ること, るだらうね, るの

▼ 来やあ~ (25, 0.0%)

6 がって 3 がった 2 しますめ

1 [14件] がったか, がったかな, がったの, がった人畜生, がつた, がつて, しない, しないか, しないかと, しないさ, しないぜ, しないよ, しねえかね, しまいか

▼ 来~ (25, 0.0%)

1 [25件] して, せず久留米, つたこと, つたぞ, つたなお, つたのだ, つたのだらう, つたのに, つてまるで, もう一つ, らう, るの, 保ちたり, 叫ばしむるにいたった, 問はずわれぞ, 懐うて, 持たない者, 描き出したの, 有って, 眺めん哉, 空しゅうし, 絶叫し, 語り殊に, 謳って, 陣頭へ

▼ 来たらしく~ (23, 0.0%)

1 [23件] ある, いかにも用, ぜい, ときどきちら, ときどきちらちら光っ, も思われない, 一ぺんに, 初江は, 名刺あり, 外套を, 思われて, 思われるの, 思われるので, 息を, 泡が, 無造作に, 真っ紅, 私の, 胸が, 見えた, 見える, 見えるです, 話は

▼ 来たて~ (22, 0.0%)

4 の若い

1 [18件] からの客, だったので, にはいくらか, にはこの, には一向, には前, には手荷物, に僕, に台所, に磯野, のころ, の一ト月, の人, の人たち, の外国人, の時分, の訛, の身の上

▼ 来てまで~ (22, 0.0%)

1 [22件] こんなに気取らなけれ, こんな思い, こんな目, して, その慣例, そんな何だか, だな, わが子を, われわれの, シャバに, ヤミ扱いされる, 云うの, 例の, 勧めたが, 実験を, 家庭の, 小癪を, 政党騒ぎを, 清の, 種々な, 筆稼ぎを, 飛び出すの

▼ 来それ~ (21, 0.0%)

1 [21件] からちょっと, から三十分, から脊中, から青い, があがる, がこの, がちっとも, が何時の間にか, が子供たち, が次第にはっきり, とともに新しく, に対する判断, に湯, に附加, はどうしても, をお, を再三, を噛ん, を国分寺, を糧, を音

▼ 来たま~ (21, 0.0%)

111 ひて, ふなど, ふや, へる, へ丁度, へ久しぶり, へ五来君, へ君, へ邸, ぼろしは

▼ 来ちや~ (21, 0.0%)

3 いけないん 2 あ, いけないのよ

1 [14件] あいかに, あ婆さん, あ皺だらけ, いけない, いけないぞ, いけなくてよ, いや, つたけれど, どうだ, なだめたり, まるきり墨, 全然箸, 呆れ返つて腹, 啼き

▼ 来~ (20, 0.0%)

72 い, えから 1 えお前さん, えぞ, えて, えで, えと思った, え万一, かし, かりしに, かりし狂女

▼ 来てさ~ (19, 0.0%)

1 [19件] いつまで, ういふ, う云, う慰め, う言, う間, おまけに, お前さん, さあ事, つとあがる, てっきりこの間, クモの巣だらけに, 二人で, 己が, 手首に, 朝っぱらから, 此処に, 無理矢理に, 通りかかった脱走武士たち

▼ 来また~ (18, 0.0%)

1 [18件] それに, どうもよくねむれない, なおこんな, 三時間でも, 下級の, 公然と, 孟優に, 室の, 接待役に, 最近手に, 次の, 死亡の, 王宮から, 現に努めつ, 生きようとして, 郵船の, 類しようと, 驟雨あり

▼ 来庵酒~ (17, 0.0%)

3 と下物

1 [14件] がなく, とサイダー, と新, と汽車弁当, と汽車辨当, と肉, と豆腐, と魚, はあるし, もうまい, も罐詰, を持つ, を貰, を買う

▼ 来たりの~ (16, 0.0%)

2 関係に

1 [14件] 世帯道具は, 仕方で, 呉服屋では, 女では, 役者の, 慈善の, 掛ごえ, 書置に, 独楽凧太鼓そんな, 色恋を, 話で, 譬喩です, 都会の, 間に

▼ 来~ (16, 0.0%)

2 人々の

1 [14件] これまでの, さうし, 十二月には, 去った事, 去つたこと, 去つた事, 向うへ, 文語と, 暑くて, 此処にも, 美しいもの, 自ら生じる, 追っかけて, 飲

▼ 来~ (15, 0.0%)

5 ッた 2 土産の 1 ともが, ふみさんの, 世辞が, 嚊も, 土産は, 柏持病脳痛不出来之, 疲れの, 見舞旁

▼ 来そして~ (15, 0.0%)

1 [15件] その両, ひきさがった, サンタマリヤの, 二人は, 其処ら中が, 彼の, 敬坊来酒は, 敬治来三人いつ, 現在の, 白船来の, 私も, 説明し, 読書階級の, 道を, 飽くまでカラモ

▼ 来~ (15, 0.0%)

61 かえ, かってなん, かてよろしい, かと彦太郎, かなァ, が蝋色, でも, と夕暮, と火

▼ 来~ (15, 0.0%)

52 はれる筈 1 ふの, ふ夏, ふ春, ふ春の光さし, ふ者, ふ若干, ふ迅雲, へば

▼ 来~ (15, 0.0%)

2 のにくむ

1 [13件] が使者, が空寝入り, にご飯, のため, の叔父, の相手, の胸, は何, は微熱, は本当に本当に, は足部神経痛, もしたい, を街

▼ 来~ (15, 0.0%)

1 [15件] が少し, が直接日本語, では今, では陸稲, でもアピ, で現に, で荒れる, で説明, のみに限らず, のアサッ, のプト, の浅間, の烟, の神, もわからなかった

▼ 来がけ~ (14, 0.0%)

1 [14件] だったのでね, にそこで, にちょっと, には同じ, には肱, にふた, に丸太町, に地獄, に御覧, に歯, に社, に菓子箱, に警視庁, に酷く

▼ 来てと~ (14, 0.0%)

2 まつて, 書きそれ 1 いうに, いってたっけ, いひかけて, ぐろをまいたようにうずくまり込み, なり座敷, まつた, まつた小鳥, まつても, まへ, 考えると

▼ 来~ (14, 0.0%)

1 [14件] があまりに, があんまり, が余り, が早, が遅く, が違, が間, には衰え, のお, の城, は事件依頼主, は何もの, は我, は気紛れ

▼ 来その~ (13, 0.0%)

1 [13件] うちに, どうにかならず, 一番はずれには, 上何とかし, 内容が, 同情で, 声に, 妻女ミツ及養子格市と共に, 度毎に, 手帳を, 時代, 矛盾が, 翌日ポナパル党出身代議士アルビュフェクス侯爵が

▼ 来でも~ (13, 0.0%)

4 すると 3 したやう 1 したかと, したよう, したら本当にどうして, した様, して, するよう

▼ 来河内~ (13, 0.0%)

1 [13件] からやつ, じらいか, すなわちニライカナイ, である, なので, に入る, に往来, に行く, に遊べり, はまた, は善い, へ還, も其例

▼ 来~ (12, 0.0%)

1 [12件] いった, ごとし, もどって, 勝気だ, 原産地である, 安置され, 帰って, 捜して, 疲れだしたなと, 確に, 驚きまして, 驚くべき不器用

▼ 来てな~ (12, 0.0%)

1 [12件] あしたにも, お前の, すっかりどうもカーッ, どこへ, はる体裁, わを, ア気の毒じゃ, 一緒に, 今日お, 俺を, 多分そうだ, 安次を

▼ 来~ (12, 0.0%)

2 さ, さむといふ 1 さば, さむには, さむ御, はりの, へんだっし, へんという, サア, ッしょう

▼ 来たれ~ (10, 0.0%)

1 ども此記, などと武者, ばかならず, ばたちまち, ばナポレオン, ば会わせ, ば窓間, ば迎え, ば道誉がきッ, ば頭

▼ 来たれる~ (10, 0.0%)

1 ときやにわに, と行き違い, に心づきし, の青, 一怪物, 一碗の, 三行書きの, 八田巡査を, 夫人は, 神が

▼ 来てからでも~ (10, 0.0%)

1 いい, これだけの, こんなくだらん, もう倍, もう幾つ, 人形の, 南無阿弥陀仏では, 暇さへ, 真の, 私は

▼ 来なん~ (10, 0.0%)

21 したか, したからは, したげなの, だ, だいう訳, だん, だ一事, だ何

▼ 来まっ~ (10, 0.0%)

42 ささいなら 1 ささよなら, しゃろ, せそんな, せ急ぎ

▼ 来国俊~ (10, 0.0%)

2 の一刀 1 と称する, に乗りうつ, の大刀, の脇差し, の血糊, の鯉口, を侮辱, を握りしめた

▼ 来~ (10, 0.0%)

1 がいない, のうち, の全部, の前, の腕, の袴, の言葉, は大岩, をさそい出そう, を奥

▼ 来~ (9, 0.0%)

7 かつた 1 かつて, 知らん二ツ井戸

▼ 来かかる~ (9, 0.0%)

3 のを 1 ことは, と大王, のとが, ものが, 清葉に, 途中から

▼ 来この~ (9, 0.0%)

1 ようすを, 大薮で, 時が, 桜の, 民衆の, 童は, 糸は, 純情の, 草の

▼ 来さうな~ (9, 0.0%)

3 ものだ 2 ことである 1 のだ, のを, ものが, 日の

▼ 来てさえ~ (9, 0.0%)

1 いたら警察, くだされば, くれりゃあ, くれれば, この足, しまえば, 一ヶ月立たない, 優しく会釈, 呉れ

▼ 来~ (9, 0.0%)

1 あの事実, はかなわざる, は弟, よ, 一席やる, 光りさ, 時の, 結束し, 遊んでるの

▼ 来なよ~ (9, 0.0%)

1 あの娘, たいこう, 其の内私, 宜いかえ, 御馳走も, 来せエ, 来な, 来なよ, 鳥が

▼ 来ぬれ~ (9, 0.0%)

41 ば二人, ば命, ば心づかざりき, ば童らおの, ば縁

▼ 来~ (9, 0.0%)

31 えか, えで, えと思う, えのう, や, やも

▼ 来~ (9, 0.0%)

2 か発見 1 か一口喫, か私, か童話, か頭, のお, の目的, もいわず

▼ 来~ (9, 0.0%)

1 があるまい, がない, がなかっ, でもあれ, に持つた, のつけやう, はあるまい, も足, をふさい

▼ 来自分~ (9, 0.0%)

1 が彼女, が思い込ん, で飲みたい, の体, の屋敷, の意見, の生活, は心, も話相手

▼ 来ただ~ (8, 0.0%)

21 かえ, から以前, で近い, ア, アが, アね

▼ 来たつ~ (8, 0.0%)

2 ていふ, て少し 1 きり此処へは, て俺, て彼是, て見せた

▼ 来~ (8, 0.0%)

1 いのう, えとなり, えとぶっぱたくぞ, えと了簡, えと仰, えと承知, えッてこ, 下なほなほ

▼ 来半島~ (8, 0.0%)

1 で仲良く, に住ん, に残存, のジヨホオル, の中国人, の南端シンガポール, の島角, へ出張料理

▼ 来~ (8, 0.0%)

3 はせた, はせて 1 はせし, はせました

▼ 来~ (7, 0.0%)

2 しません 1 しませなん, しまへ, へんと, へんねん, へんの

▼ 来そこ~ (7, 0.0%)

1 からつぎ, には前, には約, に腰, に集まっ, の小さな, へ坐る

▼ 来てからに~ (7, 0.0%)

3 して 1 しましょうね, しようと, まず口御門, 違いない

▼ 来~ (7, 0.0%)

1 ではもう, では上女中, は, はやはり, は一種, まで動こう, 言ったよう

▼ 来~ (7, 0.0%)

1 がす, と肴, と魚, のため, はのみたし, は豊富, まッ

▼ 来いろいろ~ (6, 0.0%)

1 おそくまで, 学校の, 自分の, 話した, 調べて, 野村氏とも

▼ 来かた~ (6, 0.0%)

1 がむしろ, が少し, が遅い, が頻繁, の微妙さ, もおのずから

▼ 来から~ (6, 0.0%)

1 マルセーユといふ, 僕は, 問題に, 彼の, 隣の, 露地口を

▼ 来ここ~ (6, 0.0%)

1 に, に住居, に在り, の岩組, の待合室, へ馳せつけ

▼ 来それから~ (6, 0.0%)

1 ビールを, 一しょに, 分泌した, 樹明来私が, 角筈, 近くの

▼ 来たまえ~ (6, 0.0%)

1 さよなら, といったよう, と云っ, よ疑わない, 遠慮なく, 食うだけの

▼ 来たりと~ (6, 0.0%)

1 思ふ頃, 急に, 物語りぬ, 言えば, 身構えして, 驚き騒ぎ雨戸

▼ 来たりも~ (6, 0.0%)

2 するの 1 した, した理由, して, よかった

▼ 来たる~ (6, 0.0%)

1 にまかせ, に遇, は小山, を見る, を覚え, 方を

▼ 来ていう~ (6, 0.0%)

2 のには 1 ことには, のです, われ呂湖の, んだ

▼ 来てしも~ (6, 0.0%)

1 うた, うたおろかな, うたが, うたと, うたな, たのんで

▼ 来ぬる~ (6, 0.0%)

1 にあたり, は神, もの, や黒星, 人と, 男の

▼ 来~ (6, 0.0%)

1 今ハソノ株ガホカニモ出来テ, 又モ失敗ト云ウヨウナコトガアッテハ, 困ルトイウカラ, 寝直, 御支配ヨリオンミツヲ以テ, 突然予ニ跳リカヽッタ

▼ 来~ (6, 0.0%)

6 食う寝る所

▼ 来~ (6, 0.0%)

2 して 1 した, したが, したという, の案内状

▼ 来する~ (5, 0.0%)

2 ことを 1 ところなり, に際し, 時の

▼ 来たりなんか~ (5, 0.0%)

2 して 1 しちゃ, する, するもの

▼ 来~ (5, 0.0%)

1 おか, お関所, から受け, といふ, よ

▼ 来ちょ~ (5, 0.0%)

21 ります, るが, るな

▼ 来つる~ (5, 0.0%)

1 と問, にや, にやあらん, も, や

▼ 来てからという~ (5, 0.0%)

2 ものは 1 ものただの, もの体身中が, もの父は

▼ 来てが~ (5, 0.0%)

2 くりと 1 ちゃん, ないから, なければ

▼ 来てまでも~ (5, 0.0%)

1 私は, 稽古に, 見たくないね, 軽く抗弁, 野侍を

▼ 来ながらも~ (5, 0.0%)

1 お前に, なお旧, 不安そうに, 依然眼, 途

▼ 来にくい~ (5, 0.0%)

1 でしょう, ところを, と同じ, ので, ような

▼ 来にくく~ (5, 0.0%)

2 なって 1 てね, なったもん, なるだろう

▼ 来ねえ~ (5, 0.0%)

1 え, お料理, 殺されるよう, 焼いて, 軽業師を

▼ 来~ (5, 0.0%)

2 待たして 1 つげも, ひもときさけて, 手馴れの

▼ 来もの~ (5, 0.0%)

1 が来, でだらし, のよう, のド, の大気

▼ 来やがっ~ (5, 0.0%)

2 てよくも 1 て何, て村, て足

▼ 来勝ち~ (5, 0.0%)

2 だった, なので 1 なの

▼ 来~ (5, 0.0%)

2 たが 1 た, と書物, と父

▼ 来~ (5, 0.0%)

1 が自分, は巴里, は眼, を訪ねた, を高

▼ 来~ (5, 0.0%)

1 のつよい, の小さい, の短い, の遠く, もそぞろ

▼ 来さうだつ~ (4, 0.0%)

31 たが

▼ 来たりなど~ (4, 0.0%)

2 して 1 したらそれだけ, した愛すべき人物

▼ 来てか~ (4, 0.0%)

1 あっと眼, うして, へり見る我家, 英国の

▼ 来てからと~ (4, 0.0%)

2 云うもの 1 云ふも, 思って

▼ 来てでも~ (4, 0.0%)

1 いたら黙って, いるよう, くれたん, やったかの

▼ 来てに~ (4, 0.0%)

1 こ, ゃごうに, やあんと, 組の

▼ 来なました~ (4, 0.0%)

2 ネエ 1 ね, ネ上んなまし

▼ 来にゃ~ (4, 0.0%)

2 あいかん 1 ならんか, 来んでも

▼ 来もし~ (4, 0.0%)

1 そんな状態, たまはず, 又現在, 行きも

▼ 来やはり~ (4, 0.0%)

1 しまへんの, しめえんかおそろし, ますえ, 肺に

▼ 来合わせ~ (4, 0.0%)

1 てこの, て冬, て居ました, て貴殿

▼ 来夕飯~ (4, 0.0%)

2 を一緒 1 でもたべ, を共に

▼ 来~ (4, 0.0%)

1 いと, いと思う, がって, を合せ

▼ 来庵いつ~ (4, 0.0%)

4 しよに

▼ 来庵私~ (4, 0.0%)

1 が落ちつい, だけ大いに, のこと, の不

▼ 来庵餅~ (4, 0.0%)

1 と輪飾, を持つ, を焼き, を貰

▼ 来易い~ (4, 0.0%)

1 からである, でしょうよ, のだ, のである

▼ 来~ (4, 0.0%)

1 の名工, の思想, の絵, の詩

▼ 来~ (4, 0.0%)

1 で以, として従え, に外, を感受

▼ 来~ (4, 0.0%)

1 え, えと先立ち, ひし, へり

▼ 来~ (4, 0.0%)

1 に倍する, を俯せ, を堤, を見かえる

▼ 来述べ来った~ (4, 0.0%)

1 ところは, ように, 他の, 諸妨げ

▼ 来かかった~ (3, 0.0%)

1 お店者らしい, が相生町, 此の

▼ 来さし~ (3, 0.0%)

1 たり自分, ってねその, て呉一郎

▼ 来さして~ (3, 0.0%)

1 ゐる, 寝かせたが, 比べて

▼ 来すぐ~ (3, 0.0%)

1 かえり又, にボッ, 廻して

▼ 来すっかり~ (3, 0.0%)

1 お話を, この話, 疲れはてては

▼ 来そこで~ (3, 0.0%)

1 もじもじと, 坪井君は, 源吉は

▼ 来たち~ (3, 0.0%)

1 ふぢ, ふもの, ふ訳

▼ 来たとい~ (3, 0.0%)

1 つても, ふせゐか, やったの

▼ 来たりしか~ (3, 0.0%)

1 ば余らは, 出来ないくせ, 雲天に

▼ 来つたの~ (3, 0.0%)

2 である 1 は洋服

▼ 来つら~ (3, 0.0%)

2 む初 1 むとて乃矢を

▼ 来てあつ~ (3, 0.0%)

1 た, たので, た黒い

▼ 来てはと~ (3, 0.0%)

1 こうして張番, まつた, 云ふと

▼ 来とは~ (3, 0.0%)

1 いいながら, 全く別, 違って

▼ 来どこ~ (3, 0.0%)

1 かで子供, かにおかし, へ行っ

▼ 来なす~ (3, 0.0%)

1 つたのを, つた時目白の, ッたら

▼ 来なと~ (3, 0.0%)

1 云って, 言いつけられて, 賭を

▼ 来など~ (3, 0.0%)

1 した, しようも, 眷族の

▼ 来やがった~ (3, 0.0%)

1 な, なあ, のだ

▼ 来やがて~ (3, 0.0%)

1 一人の, 速達郵便が, 陸軍案が

▼ 来やすい~ (3, 0.0%)

1 のでした, ようです, 危険が

▼ 来やは~ (3, 0.0%)

1 ったらしいわ, つた, ンのか

▼ 来~ (3, 0.0%)

2 老僧 1 小親

▼ 来ようぢ~ (3, 0.0%)

3 やない

▼ 来わが~ (3, 0.0%)

1 ための, 見て, 陣地を

▼ 来~ (3, 0.0%)

1 御伝授, 御対面, 時々得意

▼ 来ルト~ (3, 0.0%)

1 入レ違イニ出テ行ッテ, 困リマスカラ本日, 直グニ高弟ガ出向イテ刀

▼ 来一緒~ (3, 0.0%)

2 に食事 1 にグランドホテル

▼ 来~ (3, 0.0%)

1 亦楽乎, 在中に, 輙付園奴

▼ 来~ (3, 0.0%)

1 には自宅, に巖本さん, の住者

▼ 来久しぶり~ (3, 0.0%)

1 で伴奏, に一杯, に飲む

▼ 来~ (3, 0.0%)

2 に反し 1 由被

▼ 来二人~ (3, 0.0%)

1 で一ぜん, で一杯, はそれで

▼ 来~ (3, 0.0%)

1 から敬語法, が次第に, によつて

▼ 来~ (3, 0.0%)

1 も上づつて眼, をひそめ, を出した

▼ 来~ (3, 0.0%)

1 に飲み, 天才が, 飲

▼ 来~ (3, 0.0%)

1 に伝わった, へ帰れ, もあろう

▼ 来寝る~ (3, 0.0%)

3 ところに

▼ 来庵久しぶり~ (3, 0.0%)

1 だつた, である, に

▼ 来庵先夜~ (3, 0.0%)

1 の脱線ぶり, の連中, の酔中散歩

▼ 来庵同道~ (3, 0.0%)

2 して 1 で布佐女さん

▼ 来彼女~ (3, 0.0%)

1 の様子, を引き起こし, を悦ばせます

▼ 来~ (3, 0.0%)

1 家老にも, 尋ね有り広元朝臣相, 約束の

▼ 来~ (3, 0.0%)

1 に世界的, に容体, に気温

▼ 来文字~ (3, 0.0%)

1 の或, をそれぞれ, を当て

▼ 来最後~ (3, 0.0%)

1 には奇想天外的, に運命, の炎暑

▼ 来末食来~ (3, 0.0%)

3 寝るところ

▼ 来次に~ (3, 0.0%)

1 お上さんらしい, また第, コニャックの

▼ 来~ (3, 0.0%)

1 が住ん, が死んだ, も来る

▼ 来~ (3, 0.0%)

1 した若年, して, す

▼ 来特に~ (3, 0.0%)

2 暑気甚しく 1 現在甚だ

▼ 来石兵助~ (3, 0.0%)

2 の家 1 のいま

▼ 来素川氏~ (3, 0.0%)

1 だつた, の大観, は或

▼ 来~ (3, 0.0%)

1 では今, において福沢諭吉, は義塾

▼ 来間もなく~ (3, 0.0%)

2 二つの 1 樹明来かしわで

▼ 来~ (3, 0.0%)

1 花の, 閣の, 閣集を

▼ 来~ (3, 0.0%)

1 に新著, 又頻, 苦雨不

▼ 来~ (3, 0.0%)

1 がいつも, が強く, ますます強く

▼ 来風邪~ (3, 0.0%)

2 をひい 1 を召され

▼ 来鳴き~ (3, 0.0%)

1 とよも, わたるは, 翔らふ

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 はせたの, はせて

▼ 来あの~ (2, 0.0%)

1 落ちついた轟博士, 長官は

▼ 来あまり~ (2, 0.0%)

1 ぐあいがよくなかったがジャップめは, 健康でなかった

▼ 来あん~ (2, 0.0%)

2 すで

▼ 来いってん~ (2, 0.0%)

1 でこう, でしょう

▼ 来いや~ (2, 0.0%)

1 がな, が見せよう

▼ 来かつて~ (2, 0.0%)

1 の避難所, 絶え間も

▼ 来けむ~ (2, 0.0%)

1 君も, 馬疲るる

▼ 来こっち~ (2, 0.0%)

1 へ向っ, へ来

▼ 来これ~ (2, 0.0%)

1 で四度辻斬, を一つ

▼ 来こんど~ (2, 0.0%)

1 は働い, は小林勘蔵

▼ 来こんな~ (2, 0.0%)

1 気まぐれも, 質問を

▼ 来しもの~ (2, 0.0%)

1 なり雨, 正眼かなしく

▼ 来すでに~ (2, 0.0%)

1 寝て, 苦しい経験ずみ

▼ 来ずっと~ (2, 0.0%)

1 下総東風が, 快い

▼ 来たあい~ (2, 0.0%)

1 だどんなに, ての槍

▼ 来たけ~ (2, 0.0%)

1 にこっち, はいが

▼ 来たりなんぞ~ (2, 0.0%)

1 して, するもの

▼ 来たりに従って~ (2, 0.0%)

2 機械的に

▼ 来たりぬ~ (2, 0.0%)

1 ただわれら, 楽しかるべき

▼ 来たりは~ (2, 0.0%)

1 しないこと, できないだろうから

▼ 来ちやつたの~ (2, 0.0%)

2

▼ 来ちやつたん~ (2, 0.0%)

1 だが, だつて

▼ 来ちや駄~ (2, 0.0%)

2 目だつて

▼ 来ついに~ (2, 0.0%)

1 はそこ, 彼れ

▼ 来つた~ (2, 0.0%)

1 と云, 美しい語感

▼ 来てかの~ (2, 0.0%)

2 女に

▼ 来てからじゃ~ (2, 0.0%)

1 ひと目が, 間に合わねえよ

▼ 来てからね~ (2, 0.0%)

1 あゝよ, 買って

▼ 来てけ~ (2, 0.0%)

1 ふは, ふもお

▼ 来てさえも~ (2, 0.0%)

1 そうは, 手巾を以て

▼ 来てぞ~ (2, 0.0%)

1 く, つとする

▼ 来てとの~ (2, 0.0%)

1 こと, ことです

▼ 来てながら~ (2, 0.0%)

1 二人に, 知って

▼ 来てねえ~ (2, 0.0%)

1 それでは私, 然うし

▼ 来てもよ~ (2, 0.0%)

1 かねいかい, かりそう

▼ 来てわ~ (2, 0.0%)

1 づかばかりの, ッと

▼ 来てをを~ (2, 0.0%)

2 りける

▼ 来てネ~ (2, 0.0%)

1 おめ, 思付いた

▼ 来という~ (2, 0.0%)

1 のは, はじめから

▼ 来とく~ (2, 0.0%)

2 なはれ

▼ 来との~ (2, 0.0%)

1 デンポー, 事に

▼ 来ない~ (2, 0.0%)

1 としても, としてもそれ程

▼ 来なお~ (2, 0.0%)

1 この城, しばらくじゃれ

▼ 来なかッ~ (2, 0.0%)

1 たかいおいらたち, たん

▼ 来なすった~ (2, 0.0%)

1 けエ, 時明治神宮の

▼ 来なまけもの~ (2, 0.0%)

1 でその, の私

▼ 来なむ~ (2, 0.0%)

1 を何, 恋ふる里人

▼ 来なむと~ (2, 0.0%)

2 朝影に

▼ 来なんと~ (2, 0.0%)

2

▼ 来なんにも~ (2, 0.0%)

1 喰べ, 食わないの

▼ 来にて~ (2, 0.0%)

1 二課以上を, 今ぞ

▼ 来にな~ (2, 0.0%)

1 つたで御座んせう, つては

▼ 来にも~ (2, 0.0%)

1 劣らない男, 劣らぬ者

▼ 来にや~ (2, 0.0%)

1 ならん何処, ならん処

▼ 来ねえとも~ (2, 0.0%)

1 限らねえ, 限らねえから

▼ 来ねば~ (2, 0.0%)

2 たづきも

▼ 来ほとんど~ (2, 0.0%)

1 一睡も, 何も

▼ 来まことに~ (2, 0.0%)

1 お心, かるはずみ

▼ 来ませる~ (2, 0.0%)

2 を猶

▼ 来まもなく~ (2, 0.0%)

1 一万石の, 二つの

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 しないかという, せた

▼ 来んで~ (2, 0.0%)

1 事を, 居ったが

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 イロイロ云イオッタガ, 故三九郎

▼ 来タノ~ (2, 0.0%)

1 デ一向, ヲ早速

▼ 来テ四海~ (2, 0.0%)

2 ヲ呑ム

▼ 来テ東魚~ (2, 0.0%)

2 ヲ食ウ

▼ 来ナイ~ (2, 0.0%)

1 ワ, 常ニ必ズ一匹

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 宮発で, 意趣ニテ家督願ノ

▼ 来ハム~ (2, 0.0%)

2 を持つ

▼ 来レバ~ (2, 0.0%)

1 之ヲ食ヒ茶来レバ, 之ヲ飲ミ

▼ 来一人~ (2, 0.0%)

1 に通訳, の乾児

▼ 来一方~ (2, 0.0%)

1 の大きい, はいくらでも

▼ 来三人~ (2, 0.0%)

1 いつし, でやがて

▼ 来下司~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 来久しく~ (2, 0.0%)

1 世間を, 筆硯に

▼ 来今や~ (2, 0.0%)

2 はり仏法僧鳥を

▼ 来何だか~ (2, 0.0%)

1 元気なし, 調子が

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 へども此便急, もの四十金

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 の三平翁, の居る

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 したま, 致しおった

▼ 来初め~ (2, 0.0%)

1 たころ, にて候得共

▼ 来初めて~ (2, 0.0%)

1 からちょうど, から俄

▼ 来刹那刹那~ (2, 0.0%)

2 に果

▼ 来勝手~ (2, 0.0%)

1 にし, 知った出入口

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 忙シク電信往復忙シ, 汽声破

▼ 来~ (2, 0.0%)

2 燕子

▼ 来合わせた~ (2, 0.0%)

1 一組の, 町奉行の

▼ 来~ (2, 0.0%)

2 が思ふ

▼ 来咽喉~ (2, 0.0%)

1 が詰まる, を痛め

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 ありて, せらる

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 がすうっ, のスイッチ

▼ 来壮健~ (2, 0.0%)

1 なりとは, の肉体

▼ 来多少~ (2, 0.0%)

1 場数を, 怏々と

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 になる, 深雲

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 を喜ばす, 迄消え

▼ 来始め~ (2, 0.0%)

1 ますます軽部, 思わず私

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 と称す, の儀来

▼ 来寄る~ (2, 0.0%)

1 浜辺の, 荒巌を

▼ 来寝台~ (2, 0.0%)

1 の下, の縁

▼ 来小さな~ (2, 0.0%)

2 錐の

▼ 来少し~ (2, 0.0%)

1 の間うじうじ, も抑揚

▼ 来庵まじめ~ (2, 0.0%)

1 な酔, に俳談

▼ 来庵テル坊~ (2, 0.0%)

1 も, も来

▼ 来庵庵~ (2, 0.0%)

1 にも珍風景, の御飯

▼ 来庵樹明君~ (2, 0.0%)

1 は来, も暮羊君

▼ 来庵渋茶~ (2, 0.0%)

2 をすゝ

▼ 来庵焼酎~ (2, 0.0%)

1 を奢, を舐め

▼ 来庵野菜~ (2, 0.0%)

1 をいろ, をたくさん

▼ 来憂鬱~ (2, 0.0%)

2 を好み

▼ 来或は~ (2, 0.0%)

1 又万葉びと, 拾い集められ始めたの

▼ 来方々~ (2, 0.0%)

1 から寄せ書, で斬った

▼ 来日本~ (2, 0.0%)

1 と, の中学校

▼ 来更に~ (2, 0.0%)

1 主上の, 口を

▼ 来最も~ (2, 0.0%)

2 頼りに

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 としてあり, の有志

▼ 来極度~ (2, 0.0%)

1 の多忙, の貧困

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 そのうち又, ちもと

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 がとん, を諸州

▼ 来~ (2, 0.0%)

2 の外海

▼ 来江戸~ (2, 0.0%)

1 に男女二人づれ, の金持

▼ 来注射~ (2, 0.0%)

1 をうち, をやめ

▼ 来無口~ (2, 0.0%)

1 でそんなに, の私

▼ 来熟議~ (2, 0.0%)

1 されたこと, して

▼ 来物見~ (2, 0.0%)

1 して, の者ども

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 であった, を追い立てました

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 が居なくなった, を常食

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 らしいこと, らし物好き

▼ 来甚だ~ (2, 0.0%)

1 好まないの, 機嫌が

▼ 来畳屋~ (2, 0.0%)

2 も来た

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 であるといふ, な素質

▼ 来相当~ (2, 0.0%)

2 ロマンチックな

▼ 来~ (2, 0.0%)

2 や仏

▼ 来突然~ (2, 0.0%)

1 知己に, 霧を

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 だったん, だつたん

▼ 来紅茶~ (2, 0.0%)

1 などをのむ, をのん

▼ 来臆病~ (2, 0.0%)

1 なので, なるゆえ

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 した, の青二才

▼ 来説い~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 また火災, 靖遠

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 の事, を促し

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 には無頓着, のこと

▼ 来閣ホテル~ (2, 0.0%)

1 といふ恐ろしき, の三階

▼ 来~ (2, 0.0%)

1 されて, した師

▼ 来非常~ (2, 0.0%)

1 に病状, に蒸す

▼ 来風邪気~ (2, 0.0%)

1 だと, で悩ん

▼ 来鳴く~ (2, 0.0%)

1 つばくらめかな, 武蔵野の

▼1* [1325件]

ああいうこと, 来あたかもある密会, 来あとから黒い, 来ある夕方日の, 来あれを繰り返し, 来あれこれと計画, 来あわただしく憲兵の, 来あわてていた, 来あんな行いを, 来あんまり歩いたので, 来いかに死力を, 来いささか白痴に, 来いつまでもいつ, 来いつもの隠匿所, 来稼いで, 来ういッ, 来うしろから私, 来うちつづいたいそがしさ, 来うまいか, 来うるさく就職を, 来えんかと尋ねた, 来おいダービー, 来おかげで三八九, 来おそくまで喋る, 来おとなしき上に, 来おとなしくすぐ帰宅, 来おのおの景気よく, 来お下げどめ, 来お前がよい, 来お昼の辨当, 来お膝下を騒がせおった, 来お茶とビスケツト, 来お雪ちゃんが丹精, 来かえりにくっつい, 来かかって辛うじて, 来かしわで飲む, 来かた生死相続すること, 来かなり軽い歩調, 来かの誓書に, 来からだ具合がおかしい, 来がけとは勢が, 来がちであつ, 来きまって一番か, 来きわめて有益な, 来けんかも来る, 来こうなって, 来こそこそと表, 来こつねんと吉野山の, 来ことのほか, 来こと淡島虎造でござんす, 来これから自分が, 来ご苦労だったな, 来さうにもない, 来さしった時手足も顔, 来さびしい顔で, 来さようならと, 来さ先づ目にかかる, 来さ君こそ見, 来ざらんやう, 来しか眉曳の, 来しかどもまた荻原, 来しかば浅水に, 来しかも思い切って, 来しきりとお待ち, 来しきりに犬を, 来しずかなところ, 来しだいおれがすぐ, 来しつこく手伝いを, 来しまいには女, 来しわけを述, 来しんしんと立ち並び, 来しんみりと話す, 来じゃない, 来すこしのこと, 来すべて予定の行動也, 来ずいぶん足利殿有縁の, 来そうして諸国の, 来そうなると彼女が, 来そっと自分の, 来そのあることが, 来そのままさっさと根戸川の, 来それだけに推理に, 来それで新教派, 来それに痛味が, 来そろそろ将門の, 来たかや, 来たかういふ時代に, 来たこぶ位, 来たたたかいは, 来たちゅうものはこの一つ, 来たちゅう訳やったそう, 来たってこれ, 来たってね私が, 来たっても餒い, 来たてがみを見せ, 来たびんぼふ, 来たまえ僕はさ, 来たまえ自動車に気, 来たまっていた, 来たまはんしるしなり, 来ためぐりあわせにはなかなか意味ふかいもの, 来たより以上の嬉し, 来たらしい飛ぶ虫, 来たらしい早さに, 来たらしく深い傷が, 来たりしも相会, 来たりしもの浄めの, 来たりたりとてこれに, 来たりては六畳の, 来たりということに, 来たりとて肥え太りたる鶏頭四本, 来たりな蔭の, 来たりなどもしました, 来たりにくたびれて, 来たりぬ起つともなく, 来たりまでがかつては, 来たりを聞きました両人とも, 来たるぼたもちなり, 来たる所を説明, 来たろうって云ったら, 来だいぶだらしが, 来だのハワイアンだの, 来だんだん透明に, 来まひ一たん落した, 来ちやアいけません, 来ちやア昔の代官, 来ちや今度の邸, 来ちや可けません, 来ちや物欲しさうに, 来っけえがの, 来つた婪尾の獲である, 来つた者が卒業後社会, 来つつも犬の, 来つては風我, 来つて主人公としても差支, 来つて会する一渠, 来つて演奏す, 来つて長持を破る, 来つまり今の, 来ていうのんでした, 来てからかよく分らない, 来てからがこいつは, 来てからずつとガラス戸の, 来てからといふものたとへさういふ, 来てからとでもまただいぶ, 来てからばかりでも, 来てからばかりじゃないもう, 来てこそ新しい時代, 来てこちの稲を刈る, 来てこほろぎに家明け渡す, 来てじゃに就いて, 来てぜいあいしいの, 来てつかはせ, 来てとはなんてえ, 来てどつと満山, 来てなんぞ掃くほど, 来てねとよちゃんに, 来てはからッぺた, 来てはという事に, 来てはどいつもこいつ, 来てはばッたり, 来てへさきから, 来てほどよいところ, 来てもこそをれ秋, 来てもちゃあんと, 来てもよけようと, 来てやらにやあ, 来てよとそういう気持, 来てよりは症やや, 来てらたもな, 来てんお前らも, 来てナ畑の, 来であろう櫛簪何なりと, 来できるだけ彼らに, 来ですよって覚悟, 来といふうちへ, 来といふは凡て月日の, 来とうとうムシュウ・プランシェと, 来とかなけりゃ駄目, 来とかく安易に, 来とが火華を, 来とても寒い風, 来とも呼ばれたり, 来とやかくして, 来とらしたたい, 来とんだ気の毒な, 来どういうことが, 来どうか此世に, 来どんどん去つて, 来ながらの話, 来なきゃなんねから, 来なくてすん, 来なくなりその上, 来なされても会津退治, 来なすつたね, 来なぜかこの, 来なぞすると, 来なぞも戯作に, 来なつかしい父母の, 来などはしなかったのに, 来なにかお菓子を, 来なますえと申しました, 来なよといふやうな, 来なよーう, 来なるほどこれなら, 来なんせ土平の, 来にけむ朝なぎ, 来にけれどなかなか心安から, 来にでも出会つたら, 来はしめえ, 来はやあらかたは自滅, 来ひそかに彼女, 来ひどい慌て者, 来ひどく風が, 来びっくりして, 来ふたたび以前の, 来ふたりで飲ん, 来ふたりいつしよに, 来ふと見ると, 来云った, 来べと思って, 来ぺちゃぺちゃと喋りうるさくつまらない, 来がらか, 来ほか一族などみな, 来ほとんど同時に下り線にも, 来ほんの大体だけを, 来ぽつぽつ親しい友達, 来まあす, 来ますます衰弱した, 来またもそれを, 来まだ開成山からの, 来まったく狼狽ある, 来まつさ, 来までした, 来まひたが, 来まれて暇, 来までの祝福, 来むかうに鳴, 来むかふ春に, 来むぞ庭つきぬけて, 来むぞ此処の沼, 来むぞ真赤な曼珠沙華松, 来むと待たすら, 来むと言ふ, 来めづらしくまじめで, 来もう夜が, 来もちろんその弟, 来もんでな, 来やいと幾度もきつう, 来やうイヤだつたら直ぐ, 来やけ跡も見ない, 来やつぱり昨夜は酔中彷徨, 来やや速力が, 来ゆがめられてい, 来よい酒を, 来ようしね, 来ようッて寸法, 来よう直ぐに帰つて, 来よと三造に, 来より数百年も, 来よると讃岐屋, 来よーる, 来らし韓の, 来らした下駄と, 来をとなしきを, 来を通じて同一である, 来アパートなんて燃え, 来アフリカのエグロ, 来アマリ蒸シ暑ク, 来な, 来イタリー古代のあの, 来イトイウカラ行ッタコノ年勤メノ外ニハ諸道具ノ売買ヲシテ内職ニシタガ, 来インネンつけて, 来い, 来ウカツ者ですから, 来へん, 来エゴイストである私, 来オッタカラソレカラ仕方無シニ逢ッタラ, 来オリヴィエのため, 来カンの悪い, 来カンチョー今日は大分, 来ガチャガチャ器具のこわれる, 来ガチヤンガチヤンと改札口, 来ガリアの各地, 来キチンと整頓, 来ギャングとしてでなく, 来クリストフのため, 来クロロフォルムの罎, 来ゴーリキイの研究, 来サケとトウフ, 来サセコンナ時ノ用意ニポケットニ忍バセテ来タセデスヲ二錠, 来セエラをその, 来タカラ段々酒酔, 来タカラオレガ駕籠カラ顔ヲ出, 来タカラヨク云イ聞カシテ置キナサルガイイトテイジョウヲコメテ帰シタ間モナク兵庫ガ宅ヘ行ッタラ, 来タカラ一散ニカケテ親父ノトコロヘ行ッタガ最早コトガ切レタ, 来タカラ尋ネテクレロトイッテ金ヲ二分ヨコシタカラ, 来タカラ息子ガ九ツノ年御殿カラ下ゲタガ本ノケイコニ三ツ目所, 来タカラ是非共江戸ヘ帰ルニシタ, 来タカラ行ッタラ親父ガ云ウニハオノレハ度々不埒ガアルカラ, 来タカラ試合ヲシテ家馬ガ諸所歩イタトコロヲ書キ記シテイルウチ, 来タカラ飛ンデ八五郎ガ所, 来タガ走リ方ガ速イノデ, 来タガソレカラ何モ知ラナカッタウチヘ帰ッテモ三日ホドハ咽喉ガ腫レテ飯ガ食エナカッタ翌日皆ンナガ尋ネテ来テ兵庫ガウチノ様子ヲイロイロ, 来タガ木村ガ手伝ッテイルノヲ見ルト, 来タコトヲ知ラセニ来タノデ颯子ハ一層面, 来タセデスヲ二錠颯子ニモ佐々木ニモ見ラレヌヨウニ, 来タソノヨウナ小量デハ江戸ノ修行ハ出来ヌトイッタラ, 来タトイイオル故ニ, 来タトイッテモマダ江戸ナレハシマイカラ一ツタマシイヲ抜カシテヤロウト心附イタカラ緋縮緬ノジュバンニ洒落タ衣類ヲ着, 来タトコロデアッタガ僕ノ五六間前, 来タト云ッタラ親子ガ悦ンデマズマズ, 来タドルシンヲ三錠ズツ日ニ三回服用オ蔭デ痛, 来タノデアルカソレトモ僕ノ見, 来タノデ颯子ハ一層面, 来タノヨオ爺チャンモ気ヲオ付ケニナラナイト風邪ヲ引クワヨ, 来タモノハ期限ノ切レタ, 来タライイ, 来タリ捻リ, 来タル男ハ必ズソノ秘部ヲノゾキ, 来タ商店ノ前, 来タ明クル日ノ晩, 来タ本ヲ廣ゲタ, 来タ母ハ予ノ記憶ニアル, 来タ硯ヲ取, 来タ銚子ニテ足ガ痛ンダカラ勘次ヲ上総房州, 来チくんねえ, 来でええ, 来ツイ雪見酒が過ぎ, 来ツテ吹キ懸余多, 来ツテ四海ヲ呑ミ, 来ツテ東魚ヲ食ラフ, 来ツテ語ル所ヲ聞クニ, 来テイタ大小ヤラ道具ヤライロイロコンタンヲシテ取返シテヤッタガ, 来テイルカラ命ハ助カルカト尋ネタラ, 来テイロイロニ云ウカラ許シテヤッタラ大竹ト和ボクシテクレト云イオルカラ大竹ガ不礼ノコトヲトガメタシ, 来テイロイロ兄ノ咄ヲシタカラ, 来テオレニ云ウニハ今度友達ガ寄ッテ遊山無尽ヲ拵エルガ, 来テカラ既ニ十年近クナルノニ, 来テクレタ人ニ云ウヨウスデシテ決シテ一郎トイウ名ヲタダヨンダノデハナカッタト思イマス, 来テコノシーツノ上ニ仰向, 来テハツマラヌ男デアッタ八月末ニ九州ヘ帰ルカラ, 来テモ一パイズツニテモ是非クワセルヨウニシテ帰シタカラ町人ハ壱文弐文ヲアラソウ故皆ンナガ悦ン, 来テヨセ加持ヲ始メヨウトスル時, 来テヰテケイ馬ヲ見, 来テントを張っ, 来テ一先ズウチヘ帰レトイウカラソレカラ家ヘ戻, 来テ予ノ高飛車, 来テ云ウニハオマエガオ入リニハ, 来テ云ウニハ孫一郎ガフシダラ故ニ, 来テ佐野槌屋ヲ取, 来テ何ヲ書イテモ, 来テ俄ニ急デアル, 来テ僕ノ顔色, 来テ僕ラ家族ト夕食ヲトモニシ九時少シ, 来テ兵庫ガウチノ様子ヲイロイロ, 来テ其家近ク成タルガ如シトヨメル歟, 来テ四人デ食卓, 来テ居タカラ近附ニナッタガ, 来テ帳面ヲ出, 来テ常盤橋ニテ明後日狐バクチガ有ルカラオレニ一ショニ行ッテクレロ是ハ千両バクチ故ニ, 来テ教エルノデソノ人ニ就イテ去風流, 来テ是デ牧野様ガ, 来テ熊ヲ連レテ帰ッタガ, 来テ相談シテオレニ当分林町ニ居テクレロト云ウカラ毎晩毎晩泊ッテ居タ昼ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, 来テ稽古ヲシテソノ後デ方々, 来テ道ヲ悪, 来テ適当ナ位置ニ置イタ, 来ナイトテナゼダロウト云ウトオレノ家来分, 来ノボミルスキーさんからもらった, 来ハシナイカトイウ恐怖ガチラト脳裡ヲカスメタ, 来ハ此故にてハ, 来バッタリお妻, 来マシタコレカラ銀行ヘ行ッテ, 来マシタト云ッテソノアト一時間ホド三人デ話シテ帰リカケル様子ダッタノデ, 来マシタマタ来月モ持ツテ来ルデセウだつで, 来マシタンデオ爺チャンニモオ耳ニ入レテ置キタイト思イマシテネ, 来マシタ思召次第ニナリマショウ精一郎サン大小ヲ渡シマスト云ッテ渡シタラ, 来ミスチツクの好き, 来メイエルホリドの切符四枚, 来モーローとして無口, 来ヨオロッパの北部諸国, 来ヨーカナ, 来ラバ先ヅ其事件云々ヲ委曲, 来ランソノ人東ヨリ来テ, 来リシ犬ハ最モ愛スベキ忠犬ナレバ, 来リテ之ニ序セムコト, 来リ候ニ付小弟宜しく引合, 来リ学フモノ亦尠ナカラス就中東方諸国例ヘハ暹羅, 来リ岸蘆ニ倚ル鳥ハ眉上ノ翆, 来リ盗賊ヲ業トシテ年月ヲ経過セシニ, 来リ附ス志姓ヲ給ハランコトヲ願ハバ, 来リ飛ビ去リテ誰ガ家ニカ落ツ, 来故ニ, 来ルカト待ッテ居タガ一向沙汰ガナイカラ, 来ルカラ檻ノソバヘ呼ンデ世間, 来ルカラ素人ヨリ買ウカライツモ損ヲシタコトハナカッタ, 来ルコトアリシト云伝ヘタルハ此辺ヲ越テ加賀川ニ沿ヒ, 来ルコトヲ覚悟シテイタノダッタガ大婆サンモ小婆サンモツイ, 来ルッテ云ッテマシタカラ固ク止メテアルンデス, 来ルデセウだつで, 来ルトウルサクナリマスカラ早イ方ガヨゴザンスヨ, 来ルトキットコンナ話ニナルノネチット散歩シマショウヨ足ノ運動バカリデナク, 来ルトキハ光芒大ニシテ, 来ルトコロノ男女ソノ数ヲ知ラズ, 来ルト云ッテ帰ッタ故全ク妙見, 来ルト前金ニ内通シテクレル故イチモ損, 来ルナラ別ノ箱ニ乗レト云ッテヤル, 来ルニ従イソノピイピイト云ウ声ガ現ニ佐々木看護婦トベッドヲ並ベテイルコノ部屋, 来ルノデアル自分ハ刻々ニ命, 来ルノデハアルマイカト云フ想像説ヲサヘ吐カレツヽアル, 来ルノニ便利デアル, 来ルノハ午後カラ夕刻マデノ間多分颯子ガ浴ビルノト, 来ルモノト予定スルコトヲセザルナリ到リ着クトコロヲ以テ, 来ルーランは毎日花, 来ル云々に就い, 来ル所の書, 来ル明治二十七年十二月三十一日マテ之ヲ延期ス, 来ル様子をきき, 来ル約束来ナイ, 来ル表向キノ口実ガナクナッタワケダケレドモ, 来ル鉄甲錚トシテ鳴リ金戈戞トシテ, 来レルモノ多シ, 来レル仏の, 来レル所以ハ要スルニ予, 来レーニングラッドの口, 来ロザリーをあずかっ, 来ワーナー調査団に発生, 来だっぺ, 来ヴァイオリンが聞える, 来一とおりすみ今度, 来一使はまた, 来一八六五年から六六年, 来一冊の医者, 来一句くれて, 来一寸酒の勢, 来一徹な父, 来一時までの二時間, 来一時間留って, 来一晩も眠らなかった, 来一歩も外, 来一瞬にし, 来一種情熱の足りない, 来七時に二人, 来の高い, 来三宅やす子さんの処, 来三日のまず食わずで, 来三時頃まで話す, 来三輪へ急, 来へは上らず, 来上半身むき出しになり, 来上唇の突端, 来上屋敷に置く, 来上総国伊北庄に在り, 来下足の手伝, 来不和も来, 来不死身だから, 来不眠と疲労, 来不眠不休の活動, 来不良性を帯び, 来不逞鮮人の噂, 来且つ若い頃, 来中央郵便局から出す, 来中江先生栗原亮一氏ら頻りにわれ, 来丹波越えに, 来久能を上眼, 来也ばりの伊賀流妖魔, 来也殿もご, 来乱視めいた眼付, 来乳母が来, 来予定にはいっ, 来事実だと, 来二つながら失ひしに, 来二・二六事件の結果, 来二三の人, 来二三度勝手をする, 来二三指に僅か, 来二升ほど飲ん, 来二度来それがあがる, 来二時近くまでペン, 来二番木戸の士, 来二百余名の被害民, 来二百枚も小説, 来二週間ばかりする, 来二隻のカッター, 来云うてやった, 来云賢侯之賜, 来五器そろへお, 来五時出帆珍しく静か, 来亢奮し気, 来亢奮逆上して, 来人々は秀吉, 来人なみ外れて, 来人なればこそ, 来人め詭弁をやめ, 来人メラメデインが鈴木鼓村, 来人印度人に対して辣腕, 来人墓地めぐりて, 来人蛇魅師の一行, 来人衰微した安, 来人間で仕方, 来今後の経営状態, 来今日はどうしても, 来今日レーニングラードへかえる, 来今週の金土日, 来仏教の話, 来仕かけて居る, 来仕立やはゴスダルストボォ, 来他方では学校, 来以前と同様, 来仰せを蒙っ, 来会わなかった人たちの, 来伯爵はおどろき, 来住んでいた, 来住持の吉田敬道氏夫妻, 来佐田の前, 来何かと世話する, 来何となく落ち着かずに, 来何とも云えぬ悲し, 来何れはお, 来何回となく, 来余り動物好きでは, 来余り口の製造, 来作業中疑わしき人物, 来佩刀をひきつけ, 来使星川余一なるもの, 来によって早口, 来に水母, 来俗衆の間, 来信吉へぴったり, 来信長の死, 来は君, 来個人意識の強い, 来候ゆへ捕, 来候捨場所比木村勿論朝比奈村上十五日, 来したる市村羽左衛門氏夫妻, 来偏屈にて物, 来催されていた, 来働いてきた, 来働く事が, 来の言葉, 来優しい性分だ, 来元気な男, 来と二人, 来先日あんなに熱心, 来入り居り人さ, 来交饗庭さんなぞが, 来全くの収入, 来全島が非常, 来全身に汗, 来又以暇日, 来兵道の真価, 来其意一何厚也既帰欲遺一物以表謝意, 来て入口, 来再びそれが, 来写真をとっ, 来が来た, 来出入りして, 来出発の当夜駅頭, 来出頭すると, 来を鍛, 来別して懇意の, 来別所の不在, 来到底青江から, 来加速度が加わっ, 来事適井達夫在, 来動物好きの少年, 来北方不空成就如来西方無量寿仏十万世界一切の諸仏, 来北海道石炭鉱業会社の茂木, 来十一時過ギテモ, 来十二時まで種々実業家, 来十六日に京都, 来十分間ばかり私, 来十日迄に昨今頻出, 来十月二十日と定めた, 来千歳会がおそく, 来の日, 来午後から夕刻食事, 来半島宗教俚俗および風習, 来卒業し送別会, 来南無アルコール大明神来, 来南登言家礼婆妹之宮答久, 来印度南洋諸島等の動植物, 来去したかを詳, 来去年も来, 来友人の許, 来友田喜造から一度, 来叔母季夫が圧死, 来古川さんと殆ど, 来叱看之即, 来を除ける, 来にはこんな, 来号令やら直立不動, 来合すのを, 来吉川訓導の代わり, 来吉氏の歿後, 来同じ姿勢を, 来同じく哀訴嘆願の, 来同宿の坊主二人, 来同時に書留便を以て, 来同時にまるで人目を, 来同様海なる義, 来同道して, 来名一座の春日恵美子, 来名打合せ終って, 来向つたものと信仰的, 来っとした, 来周平から少し, 来呪言の神, 来味噌までは買, 来味方の本軍, 来呼び求めてはいた, 来品川まで迎, 来商売で歩い, 来問題の月給七十五円, 来啼きどよもす橘の, 来啼く我は, 来は心, 来嘔気を催し, 来四人で銀座, 来四十時間のとりしらべ, 来四百年以上奉崇, 来図書室へ入り, 来国光と鑒識致候, 来国男が午無事, 来国香良正たちはそれ, 来土混りの, 来藩主阿部氏本所横網邸, 来在方の農家, 来地方特殊の迷信, 来坂本の城, 来坐骨神経痛に悩まされ, 来坪井君の胸, 来執拗な銀, 来堕弱の彼, 来増賃請求の同盟沙汰伝, 来なこと, 来ともなれ, 来夕刻までいる, 来夕方ちかくなっ, 来多く山水の, 来多感の血, 来夜々市中をさまよう, 来夜すがらそこを陣座, 来夜レコードで日本音楽, 来夜更くるまで, 来大挙して, 来大正十三年から阪神間, 来大江山に立ち往生, 来大西洋の海底, 来大阪朝日の天声人語子, 来大隈未亡人綾子刀自が御, 来ようやくはれ, 来天候不順なり, 来太い方の, 来夫人の膝, 来奈良へ遷つて, 来した, 来女舎の時, 来境巡須速句対名家成転遅, 来好まないのである, 来好む道であった, 来好んで鶏卵, 来に浮きたっ, 来の露骨, 来始めてあいさつを, 来婆さんは同じ, 来婦人といふもの, 来な余, 来を育てる, 来子供らの手, 来子房の増大, 来子路を伴っ, 来孤立して, 来せしめん, 来学せんとする, 来宇乃は虎之助, 来宇部へ出張, 来官渡のあたり, 来宝暦十一年から明和二年, 来実直で勤勉, 来室一時迄ムダ, 来宮方臭い者が続々, 来家庭の空気, 来家郷恋しく思いつづけ, 来す浜辺, 来寄り澄む七面鳥, 来寄食して, 来密かに用いた, 来富子夫人も出, 来富者万燈の御, 来寒暑相推而歳成焉, 来し種々筆, 来対山梅年と云う, 来尋常の餅, 来親われを, 来小使の一人, 来小屋がけをし, 来尽して職員室, 来居士であるから, 来来りて, 来山の端があかるみ, 来山人平賀源内といえ, 来山川菊栄女史によって発表, 来山王にゆき, 来山西の前, 来山野が策動, 来は孤立, 来に当たり, 来嵐山電車の大宮終点, 来川口の態度, 来川口署か旅舎, 来川棚温泉の, 来工手が駈けつけ, 来工藤左門を以て内, 来左手でグラス, 来巨魁来か, 来巨魁来巨魁来か, 来巴里に来, 来のお, 来帰したということ, 来幸福な病気, 来幾多の人間, 来広い海の, 来床几にあがっ, 来度々同署へ, 来の中, 来庵かしわでうんと, 来庵これはこれ, 来庵さいはひ, 来庵ざつくばらんに話す私, 来庵ちよんびり, 来庵ちりでほどよく, 来庵ひさしぶりに飲んだ, 来庵ほろ酔機嫌でニコ, 来庵ほんたうに, 来庵ぼうばくとしてゐる, 来庵アイスキヤンデーをかぢ, 来庵ハムと餅, 来庵ブラジルコーヒーを味, 来庵一升樽さげて, 来庵万事許して, 来庵三人でつ, 来庵三人同道して, 来庵三月三日の吟行, 来庵上機嫌だ塩昆布茶, 来庵二人は酔う, 来庵何か胸, 来庵例の揮毫料, 来庵例年の如く, 来庵俳句研究九月号を貸し, 来庵午睡これから湯田, 来庵君は私, 来庵周二君も来, 来庵四人でおもしろく, 来庵四方山話をする, 来庵四方山話一時間あまりついで神保夫妻来庵, 来庵夕方まで話し, 来庵大村君を伴つて, 来庵大根と密柑, 来庵子供を連れ, 来庵学校宿直を庵宿直, 来庵宿酔の様子, 来庵幸に鮒, 来庵彼女は餅, 来庵恋愛談を聞かされる, 来庵愚痴と泣言, 来庵折よく御飯, 来庵招待されて, 来庵掛取也, 来庵散歩しようといふ, 来庵敬治君不来, 来庵数日寝たきりの私, 来庵文字通りの清談, 来庵文藝春秋と婦人公論, 来庵旦へ行かう, 来庵星城子鏡子井上杉山さんの四人, 来庵春らしくのんびり, 来庵春風微笑風景を展開, 来庵昨夜の会合, 来庵暫らく話した, 来庵本をいろ, 来庵杉の青葉, 来庵気持よく飲ん, 来庵水など汲ん, 来庵漫談もまた, 来庵澄君井君高君藤君そして辻君, 来庵熟柿をもい, 来庵牛肉の鋤焼, 来庵留守にし, 来庵病気全快は何より, 来庵白米を持つ, 来庵真言坊主としては豁達明朗, 来庵種子を貰, 来庵空箱釘密柑を持つ, 来庵章魚を持つ, 来庵職を持たない, 来庵脱線談を聞く, 来庵自宅からわざ, 来庵花をいろ, 来庵茶をのん, 来庵蕎麦掻きを御馳走, 来庵藁灰をこし, 来庵西蔵の線香, 来庵詩稿持参水を汲ん, 来庵話題は例, 来庵豆腐と野菜, 来庵酒魚豆腐など持参, 来庵酒魚鮨すべて持参だから, 来庵長期断食をしたい, 来庵閑談半日のよろこび, 来庵閑談暫時ほいなくその, 来庵間もまく, 来庵飯が食べたい, 来庵香奠返しとして砂糖, 来庵香煎をすゝ, 来庵魚と焼酎, 来庵鮒野菜など頂戴, 来庵鶏肉と芹, 来庵鼎座して, 来屋敷に, 来当熊本人常松迂巷, 来の中, 来彼方此方でガヤ, 来には馬, 来後藤さんが帰省, 来徒党をくむ, 来従って又その, 来御馳走責で腹工合, 来復員者たちが帰っ, 来微雨あり, 来徳川時代の書物, 来徹夜で籠城, 来心臓が弱っ, 来必要上精力を消費, 来志村の酒, 来忠右衛門は手燭, 来怜悧の生れ付ゆえ, 来急病にかかり, 来怪奇の出来事, 来ひの, 来恙無きや, 来悪人ではあろう, 来悪寒を覚え, 来のこもった, 来愈々大観覧車, 来愚昧でございまして, 来愚鈍な彼, 来感傷的だから, 来感冒のため, 来慈悲深い男, 来慈悲心の強い, 来慢性的嘔吐を催す, 来憎くなつたんぢや, 来憤怒の色, 来懸ったのは, 来常独在, 来我々が濡れた, 来された当時東京座, 来戦争に使おう, 来戦前ならば, 来戸籍調べらしい飛行機来, 来所経諸劫数, 来を開こう, 来手前が観察, 来手裏剣に妙, 来折々動物が, 来折竹に絡わり, 来拙者は心して, 来持病の心臓, 来掘り開かれていた, 来かつてゐる, 来掛つたモリエエルが瞥見, 来ども致し候わ, 来放浪癖といったよう, 来放縦で人, 来との羽檄交, 来教壇に立たれる, 来散策する事稀, 来敬坊不来, 来数名の編輯員, 来数回地震があった, 来数回経験して, 来数日間身を動かす, 来数百年奉祀し来った官知社, 来敷居鴨居のこと, 来斎部の祝詞, 来斑らな髪, 来新しい酒を, 来新樹辺緑陰深処此留連, 来方城下に負, 来方城頭に跪い, 来行ずきであった, 来旅行に行かない, 来既によごれ初めた雪道, 来日曜の朝教会, 来日月相推而明生焉寒往則暑来, 来日本国内を巡視, 来早稲田の試験, 来明日午後四時着の由, 来明朝応召されるので, 来明治神宮へ行き, 来星霜を閲する, 来も近づこう, 来昨夜の酔態, 来昨日から鶴富組, 来昨日一日買いものその他に歩き廻っ, 来昼一緒に食事, 来昼夜交代で網, 来昼食を一緒, 来の道, 来時々襲われたかの, 来晨子のこと, 来往則寒来寒暑, 来暑気大いに加わる, 来暫く間を, 来暫らく話してから, 来暮羊来お土産, 来曲亭馬琴のあの, 来書き来った所, 来書生や下男, 来書簡を以て再三, 来曹操の計, 来有馬さんたちのかえった, 来服栗陰長嘯絶妙前聯及之, 来の光, 来朝廷の親衛軍, 来朝日紙上で矢代幸雄氏, 来有一篇詩, 来未だうたぐってるの, 来に離れ, 来来春二三月頃出版のこと, 来東京諸新聞雑誌社等その他奔走, 来東京市内の各所, 来東北地方に参りまし, 来東奔西走したが, 来東都に帰った, 来松谷秀子も今朝, 来枕頭に壺, 来林佐渡も後, 来林町に忘れ, 来果物や紅茶, 来某校の教師, 来柴田佐久間などの営中, 来栄えがしない, 来栄三郎と左膳, 来校正の手伝い, 来梶原らの首実検, 来へ行, 来し鶯, 来之, 来楽セリフが一体, 来楽ナヤマシ会同人忘年会で富士見町, 来楽ハネ後銀座へのし, 来楽佐藤邦夫も来た, 来楽鈴木桂介の所置, 来構わない性分だ, 来とします, 来権威具備せられて, 来横浜に興行中, 来樹明来南無アルコール大明神来, 来樺太択捉を擾, 来した妻君達, 来樽以来苦闘に苦闘, 来が行き過ぎる, 来で子供, 来次第に罰せられると, 来次第アメリカへ渡る, 来次第警部はおっ, 来欧心刻骨其術を事実ニ試, 来欧羅巴じゅうの客車, 来歌右衛門を見た, 来歌舞伎役者や新派, 来此故に耆婆眼, 来此方は初婚, 来此類型が頭, 来武者修行という称呼, 来歩きまわった激甚地の, 来が達者, 来死滅してる恒星, 来を重ね, 来母上が私, 来母屋の方, 来母親も来, 来在日未, 来毎日毎日の食込, 来毎朝鬚を剃る, 来氏等がある, 来気分の勝れなかった, 来に浸る, 来水蒸気が仄, 来求め苦み尋ね喘ぎ, 来池田勝入も後, 来決戦戦争への示唆, 来汽車が動き出した, 来沈黙勝ちに茶, 来沖海戦の報, 来泊朱柳橋はよほど, 来洛一と通り, 来洛一読して, 来洛木屋町の中村家, 来活動の話, 来浴する所に, 来消えてしまいました, 来消しがたき幻覚, 来淋しいから帰れ, 来渡海船が通り, 来温厚という見込み, 来温度はよほど, 来せらる, 来湖面滔漫を遠望, 来湯殿のす, 来湯浅さん風呂で見つけ, 来準備おさおさ怠り, 来漁夫はせわしく, 来潜んでいる, 来は正確, 来潮時の前後, 来澄みつづいていた, 来火曜に福岡さん, 来灰燼になり果てた, 来炙っては持て来る, 来烈しい嫉妬に, 来無双の大胆者, 来無慾恬淡であったが, 来無頼の質, 来熱い茶を, 来に及ばない, 来父上おなかこわしで, 来牢固たる特性, 来特殊的には我国, 来犯人の贖罪, 来独居甚不便なれば, 来すと, 来太拉甸アイヌスラブ等の, 来玄徳同情者の裏切り, 来玄関に立ち止まっ, 来玉はずば我命, 来玉川を散歩, 来王御前をめとっ, 来王様の方, 来王蛇に狙われ, 来珍しく晴ればれした太陽, 来珍品を持つ, 来理財のみち, 来瓜哇あたりの売春婦, 来瓶子かかへ来, 来生つばをぐっと, 来生れて始め, 来生活態度の上, 来田村さん福岡さんミスウェルス吉田さんなどとにぎやか, 来田舎の一地方, 来田野山林から三昧, 来甲斐がそれ, 来申したがこれ, 来はうす緑, 来畑尾と夏子, 来竹風過, 来疎開者たちが帰っ, 来病気のため外出, 来癩患者が十人二十人, 来のよう, 来発起人となっ, 来白い牛斑牛黒牛なども, 来白く浪立っ, 来白痴の葉, 来監房へ入る, 来目主と負, 来おそうという, 来直義の本軍, 来に思はれ出した, 来しきょう午後講堂, 来県庁行を見送る, 来蒼な, 来真夏が去った, 来真夜中有馬の湯, 来真面目な郷士, 来眷属となつ, 来睡眠に不足, 来知幾年壮心一片老逾堅, 来知能分子をそこ, 来石流の煙火, 来硝子障子を立てられる, 来に原稿紙一冊, 来祖母に挨拶, 来祖母上の衣類, 来神田の工場, 来神経が安, 来神話とも比較, 来の新, 来福島県下にある, 来福神漬でお茶, 来禽堂から思いついた戯れであろう, 来私のと一緒, 来は他, 来秋田さんのところ, 来程なく大岩山, 来の猪, 来空地にそれ, 来へ近寄り, 来立てに飼いつけ, 来の流言, 来箭筒士長速不台, 来簡叙したところ, 来の大型籠椅子, 来をくれ, 来米持参この米, 来がって, 来の如く, 来紅子を通じて鬼川, 来素川氏来訪せらる, 来素直な顔, 来や紅梅, 来終に持ちこたえられなくなったの, 来終夜喧噪す, 来経歴した事, 来給えさあずっと, 来給はるにて私, 来給ふさま苦し, 来給エ五分カ十分デ直, 来絶え間なしに, 来緊張した神経, 来繩梯子を拵え, 来罹災民への衣類寄附, 来義気深き牛, 来義理固い男, 来羽根撓りつつ, 来羽目のところ, 来翌年の夏, 来翌朝には郷里, 来あり日本人, 来老松館に三津木氏, 来考えている, 来考へてゐた, 来而心始現事, 来聖職に与る, 来肉体は健全, 来肋膜の工合, 来背中の女, 来胡瓜で一杯, 来が悪く, 来ヲ取, 来が達者, 来脚気症の気味, 来腹中にたまつて, 来腹工合が妙, 来ている, 来自ら妖怪学を研究, 来自分たちの姿, 来自分達と母, 来自動車を一台, 来自然に戻った, 来自然主義をある, 来至って鈍根だ, 来至上の神, 来舞台の上, 来して, 来船内にチブス患者発生, 来船牀横臥人皆病海鵝揚然去, 来されたご, 来思, 来色々の旧記, 来芝居と支那映画, 来若い学生たちに, 来若狭からこの, 来苦慮して, 来英対照の字引, 来をすゝつて漫談, 来草履ヲ取, 来草木をなびかせ, 来荷物を御者台, 来落ちついた樹明を, 来無程, 来葡萄糖を注射, 来蒐ッて両人, 来蒲鉾一枚酒一本でとろ, 来蕗屋もいなけれ, 来蘆屋へも東京, 来虎七の家, 来虚弱であったそう, 来蚯蚓が大嫌い, 来蝮蛇に咬まれた, 来に飽い, 来血壓ヲ測, 来の数, 来行商の話, 来行方不明のこと, 来行楽倦則睡, 来でほどよく, 来衣桁にかけて置いた, 来がコトリ, 来被害民のため, 来被服廠跡の三千, 来西の地平線上, 来西涼の馬超, 来見つけない怪船が, 来親子の情, 来詰めかけている, 来する翁, 来話及其事意似譴魯皐, 来該升宗または組合宗, 来語手写本猶太, 来説明して, 来読了多手火, 来読書が嫌い, 来論述するところ, 来諸州に流行, 来警笛を鳴らし, 来警視庁から寺沢, 来議会に建議, 来護りくれた族霊を, 来谷町九丁目の家, 来豆呉ら風どうと, 来あの若, 来賑やかに食事, 来赤彦君の枕頭, 来起った実に微妙, 来に任せ, 来足痛で頗行歩, 来に帯び, 来身体からは平衝, 来車掌が街角, 来轎前に在, 来辰三月三十日限り元金百両に付銀六十皿, 来述べてきた, 来追い歩いて疲れる, 来の戸口, 来通りと別に, 来通称は金之助, 来不台, 来造営奉行の下役, 来連れ立つてどし, 来逸見三家の実際, 来遂にははっきり, 来過去の事実, 来遠くからキッコ, 来適当の機会, 来邸厳封の金蔵, 来部屋に元, 来配達中止だつた新聞, 来酒宴の席, 来酔漢や嫖客, 来にも霜, 来野枝さんのこと, 来金十円を貰っ, 来釣竿突網釣道具餌そして辨当, 来鎌倉へ行こう, 来長崎訪余居, 来長崎訪余客居喜賦, 来長浜に退, 来長男の男, 来開かれている, 来開化のこゑがかういふ山, 来関東御巡錫中, 来阪中の伯山, 来阪北の佐藤, 来附き奉りたりつる梵士后, 来降りつんだ雪を, 来陳べ来りしが如き, 来陸影全く眼中, 来階段の途中, 来雅有は, 来雖説定散両, 来難いもんです, 来が降らなかった, 来雲脚低客窓独坐昼, 来雷公にこ, 来雷雨あり, 来電車の中, 来霜月の初旬, 来長空一碧是伊山, 来青山人往年滬上より携, 来青江を厳粛そう, 来青閣内外の景, 来青閣集五百部ほど残りたる, 来音楽好きでありながら, 来を重ね, 来頑健は彼, 来頑強にもちこたえ, 来と埒, 来頗る器用人で, 来はだんだん, 来頭痛の気味, 来頭脳がむしゃくしゃ, 来頼んどいた件結局岡崎に, 来頼子は外出中, 来顔馴染の三造, 来風光自与, 来風浪少しく起こり, 来風邪気味なので, 来飛電の驚くべき, 来も取らず眠っ, 来食事もほとんど, 来を食い, 来飲みすぎ話しすぎたので多少, 来飲み歩いたいけなかつたおなじワヤ, 来飽くまで戦闘的な, 来が好き, 来馬来からマルセーユ, 来るる鵯, 来馴れた家では, 来との談合, 来騒々しい所が, 来驟雨たちまち来, 来高原地方の天候, 来高層ビルデングが建ち並ん, 来高槻の北方, 来高等法院長が来, 来髪の毛がどういう, 来で一杯, 来のお歌, 来鳰鳥であると, 来鳴かず君見えず, 来鳴き響もす, 来丸めは, 来鶏肉を持参, 来鶴子の妹達, 来の里, 来追等言八方, 来麻生久の, 来黒川のところ, 来壺君は, 来黙っている, 来の袋, 来の勁