青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「条~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~材料 材料~ 材木~ ~村 村~ 村人~ ~杖 杖~ 杜~ 束~
条~
~条件 条件~ ~来 来~ ~来い 来い~ ~来た 来た~ 来たら~ ~来ない

「条~」 3466, 37ppm, 3090位

▼ 条~ (1147, 33.1%)

69 院の 66 院へ 21 院に 9 煙が 8 院で 7 光が, 宮へ 6 伯母の, 方へ, 院は 5 御息所の, 路が, 路を, 院を 4 お館, ほうへ, 光を, 光線が, 宮を, 小径が, 水が, 活路を, 脈が, 袈裟を

3 [19件] あたりまで, レールの, 光明を, 城に, 大瀑布, 大路の, 如きは, 家に, 御息所と, 御息所は, 橋の, 滝が, 火の, 縄を, 蛇の, 足跡が, 辺で, 鉄道線路が, 銀蛇と

2 [63件] ことを, ほとりに, ように, レールを, 並行した, 例外が, 光と, 光に, 光りが, 光りの, 光明が, 城と, 大橋を, 大衣, 大路に, 太い煤煙, 奇談が, 女院へ, 御城, 意は, 憲法にも, 憲法の, 戦慄が, 捕り縄, 改正を, 方は, 日の, 杖を, 東の, 松原で, 池亭に, 河原へ, 河原を, 流れを, 溝には, 溝渠が, 潮が, 煙を, 物語が, 物語りを, 物語を, 登路が, 第に, 糸の, 紅の, 線の, 縞を, 血路を, 貴女も, 足跡を, 通って, 連脈から, 遊廓も, 道長き, 邸に, 邸へ, 鍵屋へ, 院では, 靴跡が, 頭殿の, 頸に, 館に, 館を

1 [699件 抜粋] あたりには, あったこと, ある滑かな一座, いったこと, うす青い影, うちの, うち信濃小路猪熊の, お噺, お城, お廊下, お構え, お祭に, きしむ音, ここかしこからも, ことです, ことならずし, ことについて, すれ合う音, その小僧, つよい照明灯, なかに, はじめに, はらわたが, ひもを, ほっそりした, ほとりで, まっ白い, もの語あり, もの語りあり, やつは, ゆるんだらしい柱時計, よごれた線, わが屋敷, エタ, コンクリート道が, ゴム管を, トロの, プラットフォームの, メスの, 一つで, 一列横隊は, 一点に, 一軒の, 丁字街が, 上の, 下に, 下半分, 不滅の, 両院が, 並行線を, 中に, 中には, 中脈が, 事であります, 二家が, 井戸縄の, 京極の, 人たちは, 人込の, 仙台平の, 仮御所, 件を, 但書として, 但書は, 佐藤食料研究所へ, 修正, 停車場から, 停車場へ, 停車場も, 停車場前に, 先に, 光さへ, 光の, 光りを, 光明だった, 光線の, 光線を, 入った軍服, 入った頭, 入口に, 六道牢だ, 内へ, 内侍ヶ原であった, 円筒形に, 冷い, 刃が, 刃に, 刃を, 分れ道の, 切創だった, 判官が, 制定には, 十三丁目だ, 千種どのまで, 千種殿の, 原に, 叔母に, 右か, 右大臣家に, 吉岡道場の, 后の, 命脈が, 問答が, 営へ, 噴水が, 噺が, 国旗を, 地のみは, 地信濃小路猪熊の, 城においては, 城及び, 堀を, 場合と, 場合に, 塵埃を, 壺が, 夜燈の, 大地下道, 大橋から, 大橋で, 大橋の, 大橋へ, 大法典, 大滝が, 大瀑が, 大臣の, 大臣は, 大路が, 大路は, 大通りは, 大道に, 天神裏の, 夫人などは, 夫人に, 女御の, 女院に, 女院は, 妓家に, 妖怪学研究の, 妻も, 姫も, 姿に, 字句, 存在を, 定理あり, 宮の前で, 宮へも, 家から, 家ごとの, 家で, 家康の, 宿に, 宿への, 尊氏の, 導火線と, 小便と, 小山脚が, 小川に, 小川は, 小川小川の, 小母が, 小流が, 小街路, 少将千種忠顕だ, 尾が, 山家料理鳴瀬といふ, 山径あり, 山道, 嶄岩の, 川にな, 己が, 希望の, 帯の, 常磐で, 平行線も, 幽径, 式部卿の, 引き水が, 弱点の, 張出間が, 弾性という, 弾条の, 彎曲した, 往来に, 往来中を, 径に, 径路とを, 径路を, 御制定, 御子, 御息所との, 御息所に, 御所において, 御所八幡か, 御門前, 微陽, 心や, 応急規約が, 悲劇的径路が, 憲法は, 憲法を, 戻り橋にて, 戻橋, 扇岩と, 捕縄, 掘割が, 探照灯が, 探照灯を, 撤廃と, 撤廃を, 故館, 数珠屋の, 文に, 文句の, 文字を, 新道が, 新開道路が, 新館に, 方などでは, 方法を, 日光が, 日本政府は, 旧湊川, 明文によって, 春の, 最大公算を, 月の, 月光が, 木村屋で, 本山に, 本願寺前に, 条文にも, 東門で, 枝の, 枯草を, 柳町で, 柳町を, 根にも, 模様まで, 権中納言師輔の, 横穴, 橋と, 橋に, 橋普請が, 橋梁これに, 歎き, 歎声が, 残雪が, 毒蛇は, 民主的合理的精神の, 水の, 水亭に, 水夜とも, 水脈の, 水路は, 水路を, 水量の, 氷柱を, 河が, 河に, 河下である, 河原では, 河原に, 河原院に, 泉の, 法師君を, 法親王に, 泡を, 波線が, 活路が, 流れが, 流線束は, 浅い溝, 浮橋を, 涙だけ, 淡く柔らか, 深く刻める, 清流これを, 渡舟で, 渡舟場から, 渡船の, 潜在する, 澪の, 瀑から, 瀑布を, 瀧を, 火災の, 灯の, 灰白の, 炊煙を, 炎の, 烟いぶき, 烽火が, 焔を, 煙, 煙に, 煙は, 煙も, 照空灯が, 片ほとり, 犯人を, 獄へ, 理由に, 用意を, 男員いっさい女座員の, 町か, 町を, 留守の, 白い暖簾, 白い河原, 白く光つて, 白布と, 白線の, 白蛇を, 白髪を, 皇居は, 目が, 真剣の, 真面目な, 砂嘴を, 砂煙真白に, 租の, 穴を, 空中線を, 立ツ筈も, 立派な, 竹の, 竹管が, 第は, 第を, 第一項, 筋を, 筋肉でも, 簾を, 糸が, 糸で, 糸ゆら, 糸ゆらゆら, 糸屑が, 糸条を, 紐を, 素練を, 細い町, 細引を, 細径が, 細径たるに, 終に, 絃が, 絹糸程に, 絹薄青く, 綱, 綱に, 綱を, 綾も, 緑いろ, 緑の, 線へ, 線も, 線を, 線路は, 縄が, 縞と, 縦窓が, 縦脊ある, 縷すなわち, 繩の, 義朝に, 脈の, 腕の, 若夫人, 茶, 草も, 荒地の, 荒縄では, 葉脈が, 蔓に, 蔦とが, 蔦屋の, 蔵人前の, 虹は, 蛇あり, 蛇も, 血管を, 血線ながく, 袈裟とも, 袈裟ならびに, 襞を, 西○丁目かに, 見えざるのみ, 規定が, 規定により, 規約の, 規約通りほかの, 解釈と, 註に, 註を, 話ある, 話である, 誤解である, 調帯の, 談は, 諸家も, 谷川が, 谿流が, 貴女との, 貴女に, 赤い光, 赤い光線, 赤い明るみ, 赤線直上し, 走跡, 路あり, 路と, 路ほ, 身体を, 車に, 軼事が, 輝かしい光線, 辺へ, 辻まで, 近くまで, 通りに, 通りを, 通路二三丁の, 遊び町を, 遊女宿で, 運河を, 道ある, 道おのずから, 道が, 道に, 道は, 道を, 道理を, 道路の, 違反の, 適用が, 適用を, 邸の, 里が, 里内裏に, 金蛇波上に, 金鉄線なり, 針金を, 鉄斎翁の, 鉄杖が, 鉄管機械は, 鉄索に, 鉄路の, 鉄軌は, 鉄鎖が, 銀箭が, 銀線のみは, 銀蛇躍る, 鍵屋の, 鎖が, 鎰屋という, 長い紙, 長い緑葉, 長く細い綱, 長さ, 長さ八尺, 長講堂或いは, 門から, 間へ, 関白良基らも, 防火線が, 院が, 院であった, 院での, 院でも, 院と, 院などへも, 院なり, 院へさえ, 院へと, 院への, 院へも, 院までは, 院東の, 陣へ, 陣所は, 隘巷を, 離婚についての, 雪が, 雪の, 雪渓とは, 響を, 類, 館の, 饅頭屋道徹と, 馬ノ背道の, 馬場殿, 駅へ, 髑髏の, 鮮かな, 鮮血, 黄色い線, 黄色縦線が, 黒雲が

▼ 条~ (326, 9.4%)

7 なって 5 曰く 3 ある, 似て, 住んで

2 [18件] して, つかまって, よれば, 下の, 出でて, 出るの, 分かれて, 居た頃, 左の, 於て, 栄えて, 次の, 至っても, 至つた, 見えて, 見える, 転げて, 魚の

1 [269件] あったもの, あって, あつた, ありました, あるので, ある出版者側, ある包丁鍛冶, ある同じ, ある如く, いた, いた本間さん, いった, いま曲れ, いるよりは, いる姉, いわくこの, いわく一八〇九年三月三十日大地震う, かう云, かくまってから, こういう記事, こう書い, こう畝, この事, この国体, この晩肖柏, これについて, ころが, ころがって, さして喰い違う, すぎないけれども, すぎなかったの, そのこと, その例, その同類, その都, たがい法, たどりしのみ, ちゃんと明記, ちょっと言った, つきつけた, つきて, つきては, つき三月七日, つづいて, ともに穴穂部間人皇女, なったり, なった糸織, なると, ひかれた自ら, ほかならず, また曰く, みえて, よると, インドで, 一名三稜草と, 一番興味を, 三種の, 上って, 中山家の, 丹津日子神が, 云う, 云つた如くに, 云つた所と, 云ふ, 五ヶ所の, 人供の, 仕えて, 付き投獄, 付大黒屋直右衛門方へ, 伏見鶏足寺見ゆれ, 住む歌人金勝千秋, 住めこの, 使用され, 供し, 依り鉱業停止, 信徒を, 僧十七人玉作人画師彫, 先駆者還り, 兎の, 入って, 八つの, 公益に, 六十日の, 六月二十一日平戸王女優数輩を, 其独化隠, 内侍所刀自が, 内裏の, 出づ, 出て, 出る岡見弾正, 出越す位, 分かるる処, 分った, 分れよう, 列挙した, 削り去られて, 前庭植信乃桜十本と, 加えて, 助けられたかったの, 南昌庵という, 厳禁した, 同地岩木神社の, 同寺所属, 向って, 四斗を, 国体の, 国外犯で, 基き始めから, 墓を, 大津皇子に従って, 大神の, 大高島から, 天王寺商人から, 天皇御新, 夫が, 夫婦の, 婬乱なれ, 定まった重量, 宝泉寺え, 実隆が, 家を, 宿屋といふ, 富士見町の, 少御前, 就ては, 居ります渡邊祖五郎, 山本太郎左衛門という, 山陵の, 岐れた, 差支えないかと, 巻いた紙, 常世の, 平, 引き返す, 引裂いて, 当時の, 役おわりたる, 待って, 従わぬ以上, 得堂宇, 御座候, 御蔭と, 忠孝文武ヲ, 恋人を, 悩んだ, 或源泉, 所謂被害者でなく, 手を, 拠らざるを, 持つて, 挿入し, 接吻に, 搦んで, 擦り切れでも, 散見せりと, 新九郎は, 新羅国, 日下部宿禰同, 明らかに, 昔常盤御前が, 昔知っ, 昔話として, 是認も, 曰く大宰府言す, 書いたこと, 書いた私共, 書かうと, 朝夕日の, 来て, 東隣すなわち, 桜の, 榛軒が, 権僧正覚宗の, 此心を, 武家の, 歩んで, 歯を, 沖縄の, 波及する, 注意を, 流火焼諸人見物と, 混入せり, 清原元, 濃くわかれ, 照し, 片岡流射術の, 王者馬を, 生命の, 甲斐国十二種黄菊花十両と, 申し上げます, 疑いあって, 疲れを, 白檜渓が, 白熱した, 百済国人素弥志夜麻美乃君之後也と, 皇女間人穴太部王という, 相国寺領北畠, 相当する, 着き楠木正儀, 祇園の, 立ったという, 米の, 糟部郡と, 素盞嗚尊の, 細く分れ, 続いた街灯, 美智の, 聞いて, 胆沢郡六日入の, 至って, 至っては, 至り生きて, 至るまで, 至るや, 至る妻, 至る親権, 至る財産, 著者寒川辰清は, 蔦屋と, 薑汁を, 藤原道長が, 蘭軒は, 裂いて, 西行の, 見えた, 見えたり, 見える山村知行芝屋, 見える高倉下, 見え後, 見え若し, 見え西園寺家, 見ゆるかの, 見ゆる湯津香木, 見ゆる説話, 見られる社会, 規定せられ, 規定せる, 言ふ, 記, 記した, 記する, 記者ある, 該当する, 語ったが, 諸宗教, 諸阿修羅等, 諾冊二神此漂える, 貫いた二三間前, 賀茂祭の, 載せて, 近い宿, 近時の, 述べた, 述べた鮫ヶ橋, 述べて, 送った夜, 送った時, 連関し, 違い法を, 遣唐使判官中臣間人連老という, 鄭子産が, 附句の, 限って, 限らずすべて, 雄略朝に, 顕れて, 駆使奴と, 駈けぬけて, 鮭と

▼ 条~ (195, 5.6%)

7 見ると 2 お調べなさい, つけて, なして, ひいて, 出して, 押して, 撤廃させよう, 検べ, 続抄, 読んだ時

1 [168件] うまくつなぎ, うまく加工, えがいて, お恨み遊ばされし, お読み, かけて, かこんだ, きらめかす, くどいほど, けずりかの, たよりに, ちょっとまげる, つけただけ, つけたもの, つけた様, つなぐこと, なさぬ紅, なるべく込み入っ, にぎって, ひく氷雨, もじって, もって, やぶるもの, わかって, 一種の, 七所結び頸に, 上ったの, 不思議に, 乱し死者狂い, 今一度読み直し, 今日の, 会得し, 作る料, 入れた握拳, 入れて, 出した東洋人, 出発した, 出立し, 別の, 制定せられ, 加え夕, 去って, 参照しなかった, 呈して, 呼ばせたが, 圧するの, 垂らした下, 垂れたる袴, 墨汁で, 奉承したから, 奉承すべき勅命, 定めた, 定め朝礼, 射切つたら胸, 山と, 巻かれなくなった振り子, 巻きつけた洋服, 巻きひさし, 巻く突起, 廻って, 引いた様, 引いて, 引いといて, 引くはて, 引用する, 後妻として, 復職後述ぶる, 思い出されるが, 思い出して, 想像し, 成しすこぶる, 成して, 打てと, 承知致しませず, 抄出する, 抄約し, 折れて, 抜いて, 抜きとっては, 持ち出されて, 指す, 挙げた, 挙げて, 挙げる, 捜した, 捲いて, 探ると, 揃えたばかり, 描いたり, 描く, 握り締める力, 携えて, 撰し, 撰した, 改定しけれ, 放線状に, 教わったこと, 早くつなげ, 書きさして, 有すれば, 朗々と, 東へ, 深く莞つて, 渡り松原通り, 渡河し, 点検する, 犯した以上, 用いないもの, 申しませんと, 目し, 目的に, 眺めて, 破ったよう, 立ち一日中気持, 立てて, 立てれば, 素直に, 終った続き, 結んで, 絞め殺そうと, 絶えず巻き, 考えて, 聞いて, 肩へ, 自分の, 補記し, 襲うの, 西へ, 見せて, 見て, 見ても, 見ながら, 見られた後, 見るに, 見れば, 見んか, 言い給え, 記した, 詮索する, 詮議する, 話したが, 話すべき機会, 語りだした, 説明せん, 読まれるならば, 読みます時, 読み了, 読むと, 読むとしても, 読むに, 読んだの, 読んで, 読下した, 論じたる書, 論ずる一節, 辛うじて読んだ, 辿って, 述べて, 追って其実証実例, 送った内, 逐い理, 逐うて, 通って, 適用し, 降りまする左方, 除いて, 隔てたる鉢形村, 養って

▼ 条~ (105, 3.0%)

8 ある 2 あります, あり実際, あるので, たずねた, 光って

1 [87件] あった, あったと, ありましょう, ありますが, あり虹, あるが, あること, あるでしょう, あると, あるとでも, あるなら自分, あるの, あるもの, いった最初, いまだに気持ち, うね, おかれて, この年十六歳, ございましたが, さんせいした, そういった, その上, それである, たおやかに, ついて, ときどき前方, ないと, ひっぱられて, まったく事実, もっともなら, 一しょでなく, 一角の, 三棟ほど, 交って, 人心を, 傍の, 全部弛み切れ, 出来したの, 切れたよう, 切れる心配, 利いて, 制定され, 前に, 参議に, 右辺に, 同意した, 器械の, 四本の, 在る拙者, 外れたよう, 多いだけ, 大きな曲線, 宣下式に, 小さな槍, 平田篤胤没後の, 弛み同時に, 弱くよく, 手に, 摺込ん, 撤廃され, 数々ある, 書いて, 月明りに, 案外に, 毎朝一分も, 気に, 法外でございまし, 物懶, 現われて, 生ける長虫, 生れた, 相槌を, 福澤にまで, 立って, 絶えず梢, 脳髄衛生学の, 芽出つ, 蜘蛛の, 見付かつ, 解った, 輝やい, 道芝の, 闇の, 隠されて, 隠れて, 額に, 食糧の

▼ 条~ (78, 2.3%)

2 之を, 兵隊に

1 [74件] この五人, そなた, そのままに, それを, とうとう無電器械, とまれか, ともかく自分, まださかん, まったく空文化, もっとも容易, よくわかる, よっぽど深う, キンチャコフにも, 一切おぼえ, 一日も, 云々とて, 云う, 人界と, 仮構であった, 会津鷹司は, 保さんも, 全然虚構, 其ままにては, 其文字に, 別して兼而存込, 到底天然神話説, 勇気百倍の, 友愛を, 取消して, 各自が, 向こうへ, 塵添埃嚢鈔七巻二章に, 多少作者, 天子を, 始より, 実に不正, 実に済まなかっ, 実地の, 小父上さま, 岩崎邸の, 左手を, 平田派の, 当時の, 後に, 後人の, 思には, 恐らく支那思想, 恐らく脱落, 戯場の, 携帯口糧を, 支那神仙説の, 支那説話の, 日本説話に, 昨夜より, 果たして左大臣頼長, 此説話の, 気息奄々として, 江戸の, 深く我が, 皇族及び, 眠りさ, 福島の, 私にとって, 突然右胸部, 第二式, 素より他, 聖徳太子が, 自分が, 著作者側の, 薩州の, 言下に, 過ちなし, 金物で, 陽の

▼ 条~ (75, 2.2%)

344 には 2 でいう, にこの, に出

1 [31件] でも明かである, で地, で李時珍, で説明, で述べる, にある, には指導霊, にも既に, に千手雁皮, に図, に天地開闢神話, に山茱萸, に於, に朝妻読合, に李時珍, に板塀, に果して, に某, に次, に現われ, に確か, に記し, に諸国, の, はまた, はよく, や彼, を繰る, を見られたい, を語れ, 引くところ

▼ 条~ (65, 1.9%)

3 の家司 2 に出入, の人々

1 [58件] から十一歳, がつい, が大覚寺統, が血統, だの御子左, ではあやまる, では嫡子為世, では当然, で月の輪関白兼実, と不即不離, と並ぶべき, と殿下渡領, に, には再縁, に仕える, に仕へる, に入り, に入り込ん, に出頭, に同情, に対して三百両, に対する遠慮, に対立, に献じた, に生れた, に赴い, のごとき, の人, の令嬢, の力, の執事, の姫ぎみ, の威勢, の季経, の宝物, の島田左近, の島田左近様, の庇護, の御, の御門, の忠臣, の態度, の撰んだ, の政敵, の美姫栄子, の者たち, の血統, の骨肉, は手, は歌壇, へお, へはおべっか, へ嫁, よりの懇ろ, を尋ね得る, を擁護, 旧蔵本, 若公

▼ 条~ (62, 1.8%)

4 幾条も 2 あるの

1 [56件] ある, あるのに, うごかさなかったこと, かけられて, そうした筆者, つくった, つけて, ない, ないわけ, ない黒髪, なく今日, また浅ましく, また義理, まつたくかえりみずに, みだりに切り取る, キンチャコフも, 一つところへ, 並べるけれども, 候ものかな, 光の, 刻まれて, 前売切符を, 同じであらう, 噴き上げて, 在位わずか, 垂らしては, 家中の, 懸らぬか, 手頸も, 持って, 揃えて, 数々あっ, 本件に, 柳橋も, 流れて, 湿っぽい空気, 照らした, 現れ汽車, 生えません焼山, 相立ち候, 省略し, 真直に, 空へ, 糸蚯蚓の, 終り何, 繩が, 聯ねたようです, 襞が, 読んで, 走って, 車軸が, 通りその, 運搬され, 道理であれ, 鉄筋の, 顔に

▼ 条~ (46, 1.3%)

2 なく地

1 [44件] いいまた, この院, した冬枯, しれずシクラメン号, なくある, なくこびりつい, なくスーッスーッ, なく前後左右, なく前額, なく山肌, なく敷き分けられた, なく涙, なく白, なく砂上, なく細い瀑, なく背中, なく走り出し, なく首飾り, なった, なり千条, なる, なると, ペンチを, 云って, 参照し, 同時に塾, 名づけこれ, 名馬一頭を, 大通りとの, 天皇の, 成つてやがて, 描くうち, 書きかえた淡路, 此二つの, 歯車だけで, 混じやすく, 火の, 申ます, 第三条, 第四十八条, 罵倒せんず, 色蒼ざめて襤褸外套の, 言へ, 走って

▼ 条には~ (40, 1.2%)

2 こうある

1 [38件] こう明記, こう書い, こう記され, これを, すぐさまその, その日, その系図, ちゃんと書い, つぎの, ヒンズー教で, 千二百疋と, 又貞世, 国中の, 夜一条観音に, 大困窮, 太宰府に, 方今高堂連閣貴賎共に, 日本臣民は, 更に, 有馬温泉場の, 末に, 次に冢子平安, 歌が, 正六位上丹比間人宿禰, 源, 爰倭迹, 猶犬塚印南, 甚だしく信じ, 由利八郎の, 男高里の, 皇儲石本陸相の, 祖先の, 義経の, 翠嶺万重と, 聴くも, 蘭軒が, 証言を, 頼朝が

▼ 条~ (38, 1.1%)

3 へ来 2 の雑仕女, へお, へ参った

1 [29件] で踏歌, にいた, にこもる, の, のお姫様, のほう, の御, の御子, の本殿, の皇子邦良親王, の雑色, へあらまし, へお移り, へこの, へつかわされた, へにわかに, へはいっ, へ伺う, へ入, へ参っ, へ好意, へ寄る, へ帰った, へ持っ, へ移っ, へ舞い, へ訪ね, を尊ん, を愛し

▼ 条~ (37, 1.1%)

3 はない

1 [34件] いずれも, うたわれた大家, これは, つながれた二本, つながれまわり, ね, はついに, は胸, は著作者, 三味線とか, 両臂, 云や, 作用する, 使用する, 切れたところ, 半蔵が, 又随神, 吊り下げられた籠, 国家の, 天つのり, 女子の, 好いから, 役所から, 御料局の, 書いた通り, 最も大切, 東に, 水牢で, 然かも, 秘密結社の, 精神の, 説いた, 買えば, 述べた北方

▼ 条にも~ (33, 1.0%)

2 触れて

1 [31件] あり春日霊験記, ある, そう書い, なって, なり水, 上がりまして, 下照比売, 亦幽斎, 余親, 出て, 分れて, 分れる, 割れ裂けるそれでも, 勲功の, 同様の, 天災地変に際して, 居られませんので, 巨人が, 幾条にも, 御別荘, 挙げて, 生野にも, 細くなり, 縞に, 自身面罵する, 虫の, 裂けて, 解釈した, 詳しく述べる, 通ずること, 陸奥

▼ 条河原~ (32, 0.9%)

2 の落書

1 [30件] から向う岸, でみな首, で斬られる, で首, と云った, などに夜陰, にいた, にひきだし, に各々, に居まし, に移った, に立てられ, に行き着く, に集合, のあたり, の二, の今, の合戦, の喧嘩, の地, の堤, の小屋仲間, の掛小屋, の柳, の河原者, の田楽舞, の秋風, の落首歌, へまぎれた, 大雲院

▼ 条から~ (29, 0.8%)

1 [29件] どうして自分, はじまる最初, 一条まで, 一条二条に, 二里でございます, 五十条も, 五条までは, 今の, 以上問題とな, 余は, 先の, 其の女房, 半時ごとに, 堀川の, 堀川へ, 大津行きの, 引廻され, 感銘を, 戻って, 打積ん, 抄出した, 条へと, 洞院の, 父は, 第八百八十七条, 第八百四条, 第十九条, 築山の, 西八条一帯の

▼ 条かの~ (23, 0.7%)

1 [23件] ひらひらした, 万国旗に, 交通路に, 側尾根の, 冷汗を, 刃が, 割目を, 夕栄えが, 孔が, 思案げな, 打ち創, 旗幟が, 泥濘の, 涙の, 獅子頭の, 皺が, 箇条書に, 線が, 蛇で, 路に, 軌道の, 運河が, 銀色の

▼ 条~ (22, 0.6%)

1 [22件] お入り, かけここら, たてこもり城内, もどると, 一つ傘で, 使が, 入館以後も, 出かけた, 参っての, 建てたあの, 弓を, 忍んで, 折れた, 掛ると, 敵が, 来て, 移り, 突入した, 行って, 行つて今一度奥様の, 誘いこみかえって, 遠く退いた

▼ 条~ (19, 0.5%)

2 の当流

1 [17件] からは金科玉条, だったので, では, との間, にとってはどうしても, の傍流, の定家, の末輩, の歌学, の現実的, の立場, の草庵体, の通説, の道統, を代表, を出ない, 及び其末流

▼ 条~ (18, 0.5%)

3 の黒住団七 2 の格式, の歌学

1 [11件] であった, では経賢, では頓阿, の元祖, の手綱さばき, の末輩, の歌風, の道統, の黒住, の黒住団七様, みるみるうち

▼ 条~ (16, 0.5%)

1 [16件] がつい, が上下左右斜, が交, で各, で押えられる, に切っ, に切った, に切る, に結びつけ, の上部, の厚, の強弱, は蜜柑, をかがった, を使用, を縦

▼ 条~ (16, 0.5%)

2 一項に

1 [14件] をお, 一項には, 七坊に, 七条も, 二条の, 二項により, 二項や, 二項をもって, 五章第, 八百十三条最も, 十一条第, 十五条および, 四条第, 四項で

▼ 条~ (15, 0.4%)

1 [15件] ここは, この家, 三条かに, 三条白い, 九条あたりか, 五条に, 其上に, 崢, 流したもの, 聯って, 見える細君, 集めて, 雪の, 静かに, 麓から

▼ 条~ (15, 0.4%)

2 を成し

1 [13件] が一つ, が消え, が滑り出し, が鮮明, ですって, の左側, の影, の終点, はささやか, はなにか, やそして, を手がかり, を探してる

▼ 条その~ (14, 0.4%)

1 [14件] ために, ほう吟味中なら, 人の, 他相続, 口から, 実は一個, 実小さな, 役者一日稽古を, 御国端へも, 根気には, 桃の, 知己に, 辺は, 道は

▼ 条もの~ (14, 0.4%)

1 [14件] ひびが, ひもに, ベルトが, 加茂の, 太い皺, 奔流の, 幕の, 涙の, 瀑が, 線路に, 線路越しの, 美しい縞, 赤旗が, 赤旗で

▼ 条通り~ (12, 0.3%)

2 を越え 1 かのカフエエ, から五条, で我君, で時世, などを歩む, にまで達する, の南, までに及び, までは追いかけた, 迄の間

▼ 条三条~ (10, 0.3%)

1 ある横, と描く, のここかしこ, の小さい, の瀑, の辺, の雪, をつくし, 交っては, 鋭い金

▼ 条山神社~ (10, 0.3%)

1 での祭典当日, とすべき, のお神酒, の創設, の実際, の方, の本殿, へ寄進, を伊那, を建てる

▼ 条でも~ (9, 0.3%)

1 あるが, この己, それを, ちょっと述べた, つけて, ほんとは, 一方は, 同様である, 明るい光

▼ 条~ (9, 0.3%)

1 がある, が出, が御座います, などがある, なども映画的, に説明, は原本, は必要以上, をそう

▼ 条という~ (8, 0.2%)

1 たくさんの, のが, のは, ものが, 床しい字名, 所に, 画家の, 豊富さである

▼ 条まで~ (8, 0.2%)

1 お下役, 出て, 売りに, 横に, 真実を, 矢を, 精しく書い, 見送って

▼ 条ある~ (7, 0.2%)

1 こと花驢に, を発見, を見ぬき, ソマリ産の, ヌビア産と, 横の, 線路の

▼ 条とも~ (7, 0.2%)

1 しれない大, なき青い炎, なく綱, なく釜, 全く変った, 白糸を, 知れないおなじ

▼ 条など~ (7, 0.2%)

1 ひどく味わい, まちまちであり, 何度も, 大方は, 平凡な有りふれ, 平家一門が, 現代の

▼ 条より~ (7, 0.2%)

2 上は 1 なり, 始まりつまり, 村上村に, 第二十三条, 説起し平安朝の

▼ 条天皇~ (7, 0.2%)

1 が崩御, の御代, は国, は帝国議会, は戒厳, は戦, は陸海軍

▼ 条~ (7, 0.2%)

1 であった, の人々, の南面, へ行き, へ院, を出, を見舞った

▼ 条では~ (6, 0.2%)

1 みすみす間道門, 声の, 弟, 米国の, 絶縁の, 藩家の

▼ 条もっ~ (6, 0.2%)

2 てあしざま, てたまるべき 1 てたまりましょう, て耐

▼ 条兼実~ (6, 0.2%)

1 さえその, その子, とか仁和寺, とその, の日記, をちょっと

▼ 条ずつ~ (5, 0.1%)

1 入ったちょうど, 取って, 引較べ, 消え去るに従って, 通って

▼ 条なり~ (5, 0.1%)

1 という, とも光明, 万里なり, 御不満, 然れ

▼ 条において~ (5, 0.1%)

1 いっそうそうであったろう, 併せ述べたい, 信仰の, 寒暑の, 説くところ

▼ 条ばかり~ (5, 0.1%)

1 でなく記録, ゆるやかに, 水の, 筒先を, 通さうとして

▼ 条~ (5, 0.1%)

1 たくさんお偉方の, 斑と, 月輪あたりまで, 第十五条, 脇田道場での

▼ 条二条~ (5, 0.1%)

1 と名づけ, などの河原, に出越す, の大路, 続いて

▼ 条~ (5, 0.1%)

3 がいった 1 がいう, や下村君

▼ 条~ (5, 0.1%)

1 が出来, の区劃, の外れ, の総, を彷徨

▼ 条御所~ (5, 0.1%)

1 との間, と称え, の内裏, の親王様, へ放火

▼ 条~ (5, 0.1%)

1 がつい, にて鉄道線路, の伸び, は何, は裏口

▼ 条烏丸~ (5, 0.1%)

1 のあいだ, のわが, の一館, の古館, の改築

▼ 条~ (5, 0.1%)

1 ありその, なかった, に触れ, を成した, を擬し

▼ 条あり~ (4, 0.1%)

1 いわく商客馬多く, て美し, ともいうべき, 最初の

▼ 条~ (4, 0.1%)

1 があなた方, ぞ, てて行く, よ

▼ 条だけ~ (4, 0.1%)

1 だ, である, でした, 他の

▼ 条である~ (4, 0.1%)

1 からジョウ, がその, が湯檜曾村, ということ

▼ 条です~ (4, 0.1%)

1 か, かね黒焼屋, が, 貴方を

▼ 条とは~ (4, 0.1%)

1 これまで, 大分違っ, 広略大, 驚くべくこれ

▼ 条について~ (4, 0.1%)

1 こんな話, 師匠に, 彼は, 御話

▼ 条~ (4, 0.1%)

1 から発し, でよく, へかかるだろう, を突破

▼ 条坊門~ (4, 0.1%)

1 で松原通り, にも南蛮寺, の地子, の白拍子

▼ 条妙覚寺~ (4, 0.1%)

1 の内, の大, は近い, へさして

▼ 条実は~ (4, 0.1%)

1 マダ還暦で, 個人商店みたいな, 実隆の, 鴎外が

▼ 条師輔~ (4, 0.1%)

1 にも会っ, の輦, は弟, や大納言

▼ 条御息所~ (4, 0.1%)

2 との関係 1 の取り扱い, も又

▼ 条憲法~ (4, 0.1%)

1 の精神, は撰定, は治世, や義疏

▼ 条方面~ (4, 0.1%)

1 から五条, に急げ, の敵, の空

▼ 条柳町~ (4, 0.1%)

1 の総門, の遊女屋, へ通っ, を全部

▼ 条~ (4, 0.1%)

1 があっ, に署名, のこと, を応用

▼ 条油小路~ (4, 0.1%)

2 の現場 1 の四辻, の町役人

▼ 条~ (4, 0.1%)

1 ができ, のあの, の突き当り, は女

▼ 条~ (4, 0.1%)

1 かあっち, から一輛, に住居, も夕月

▼ 条あっ~ (3, 0.1%)

1 て三稜形, て北, て四稜形

▼ 条かに~ (3, 0.1%)

1 かういふ文句, 依って, 寒水石の

▼ 条これ~ (3, 0.1%)

1 にたいする刑統, は私, を欄干

▼ 条さん~ (3, 0.1%)

1 が真っ黒, の聞き覚え, は一人

▼ 条じゃ~ (3, 0.1%)

1 でその, ないがね, オースチン老師

▼ 条との~ (3, 0.1%)

1 二人の, 間には, 類似は

▼ 条などの~ (3, 0.1%)

1 河原では, 遊君や, 遺文の

▼ 条などは~ (3, 0.1%)

2 明らかに 1 探偵の

▼ 条によって~ (3, 0.1%)

1 女の, 女子の, 本員を

▼ 条により~ (3, 0.1%)

1 あらかじめ証人, 五十法以上五百法以下の, 詩人的才能歴史家的乃至

▼ 条のみ~ (3, 0.1%)

1 だった, で出村, ならずまた

▼ 条へと~ (3, 0.1%)

2 青侍の 1 小石を

▼ 条よりも~ (3, 0.1%)

1 なほかつ, 三歳長じ, 死生を

▼ 条をもって~ (3, 0.1%)

1 世の, 明らかに, 最要点

▼ 条一条~ (3, 0.1%)

1 にまでちゃんと, に白熱, のすれ合う

▼ 条三坊~ (3, 0.1%)

3 に北

▼ 条下る~ (3, 0.1%)

1 にある, 処に, 処曹洞派禅院宗仙寺へ

▼ 条並んだ~ (3, 0.1%)

2 路の 1 上を

▼ 条乃至~ (3, 0.1%)

1 三条の, 第九十九条, 第六十条

▼ 条京極~ (3, 0.1%)

1 の中川, の警固五十余騎, の辺

▼ 条今出川~ (3, 0.1%)

1 に住みついた, の高, を離れ

▼ 条~ (3, 0.1%)

1 実は俊成, 実は清盛嫌い, 実卿

▼ 条内裏~ (3, 0.1%)

1 の御門, の諸, へも忍び入っ

▼ 条勿論~ (3, 0.1%)

1 なり, 不可い, 歟

▼ 条壮介~ (3, 0.1%)

1 がからかえ, と戸川中尉, のうえ

▼ 条大路~ (3, 0.1%)

2 を北 1 を北の方

▼ 条富小路~ (3, 0.1%)

1 の内裏, の禁裡, の里内裏

▼ 条~ (3, 0.1%)

1 息女の, 無事でおられよう, 遺念

▼ 条~ (3, 0.1%)

2 橋に 1 橋の

▼ 条戻り~ (3, 0.1%)

1 橋の, 橋へ, 橋を

▼ 条新地~ (3, 0.1%)

1 で娼妓, に女郎屋, の通り

▼ 条殿~ (3, 0.1%)

1 に論じ, の牛飼宿, へ参殿

▼ 条縦横~ (3, 0.1%)

2 に辻 1 して

▼ 条行幸~ (3, 0.1%)

1 の前, の時, までに三十年余

▼ 条~ (3, 0.1%)

2 の棚 1 の絹袈裟

▼ 条離宮~ (3, 0.1%)

1 で群臣, の近所, を拝観

▼ 条あたり~ (2, 0.1%)

1 かとにかく, から白拍子

▼ 条いう~ (2, 0.1%)

1 て他人, て俺ら

▼ 条~ (2, 0.1%)

1 土居以南の, 土居外高瀬川と

▼ 条および~ (2, 0.1%)

1 浦島子伝を, 第六十六条

▼ 条たる~ (2, 0.1%)

1 エングレル及び, 四海兄弟の

▼ 条だけが~ (2, 0.1%)

1 円朝の, 聊か合点

▼ 条だけは~ (2, 0.1%)

1 勘弁し, 説明困難である

▼ 条であった~ (2, 0.1%)

1 ことを, という

▼ 条とか~ (2, 0.1%)

1 三所とか, 三条あたりとかの

▼ 条~ (2, 0.1%)

1 と可愛い可愛い, 聯落幅の

▼ 条なども~ (2, 0.1%)

1 ひとえに私, 後世から

▼ 条なりさり~ (2, 0.1%)

2 ながら某

▼ 条にまで~ (2, 0.1%)

1 ちゃんと見覚え, 及んで

▼ 条また~ (2, 0.1%)

1 允恭天皇の, 十条

▼ 条わたし~ (2, 0.1%)

1 の十八年間, の描いた

▼ 条わたり~ (2, 0.1%)

1 にも解け, の犬

▼ 条~ (2, 0.1%)

1 二を, 末相国寺裏の

▼ 条一々~ (2, 0.1%)

2 もっとも至極

▼ 条~ (2, 0.1%)

1 でもとくに, にこの

▼ 条二人~ (2, 0.1%)

1 は先程, は次第

▼ 条二条縦横~ (2, 0.1%)

2 に辻

▼ 条仕掛け~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ 条以下~ (2, 0.1%)

1 とに別条, と第

▼ 条伝統~ (2, 0.1%)

1 の欽定, は勿論

▼ 条入り~ (2, 0.1%)

1 のはめきりガラス, の自動車

▼ 条公爵~ (2, 0.1%)

1 など, の御

▼ 条兵庫~ (2, 0.1%)

1 である, や古内主膳

▼ 条判官為義~ (2, 0.1%)

1 といいました, の罪

▼ 条千本屋敷~ (2, 0.1%)

1 の所司代, の松平様

▼ 条及び~ (2, 0.1%)

1 推古天皇元年の, 第百三十七条前段

▼ 条~ (2, 0.1%)

1 の東宮, の社参

▼ 条大宮~ (2, 0.1%)

2 の百鬼夜行

▼ 条子爵~ (2, 0.1%)

1 がさ, のこと

▼ 条室町~ (2, 0.1%)

1 にさだめられた, の館

▼ 条~ (2, 0.1%)

1 に坊官, の坊官円済どの

▼ 条家風~ (2, 0.1%)

1 のもの, の調子

▼ 条少尉~ (2, 0.1%)

1 に分れ, は不運

▼ 条~ (2, 0.1%)

2 経に

▼ 条引いた~ (2, 0.1%)

1 涙を, 白い縄

▼ 条朝成~ (2, 0.1%)

1 にし, のやしき

▼ 条~ (2, 0.1%)

1 という処, にいる

▼ 条柳橋~ (2, 0.1%)

1 を尻目, を従え

▼ 条~ (2, 0.1%)

1 と傾斜面, に向った

▼ 条~ (2, 0.1%)

1 に就い, に見

▼ 条~ (2, 0.1%)

1 に絡み, の目

▼ 条~ (2, 0.1%)

1 であり上海, と節

▼ 条西家~ (2, 0.1%)

1 の所領, の荘園

▼ 条貴女~ (2, 0.1%)

1 の邸, はそれ

▼ 条~ (2, 0.1%)

1 の拡大写真, を与える

▼ 条~ (2, 0.1%)

1 が立っ, を話し

▼ 条道場~ (2, 0.1%)

1 との通路, の上人

▼ 条~ (2, 0.1%)

1 から打, へ廻っ

▼ 条部落~ (2, 0.1%)

1 の如き, の膨脹

▼ 条里内裏~ (2, 0.1%)

1 は殿上殿下, までの行列

▼ 条関白~ (2, 0.1%)

1 とがひとり, や参議教長

▼ 条関白家~ (2, 0.1%)

1 に自筆, の妹君

▼ 条隆謌~ (2, 0.1%)

1 に上り, の下

▼ 条高倉~ (2, 0.1%)

1 に, の新地

▼1* [496件]

あとわずかな, 条あまりの名筆, 条あらばこれ, 条あり長ずるに随, 条あるいは数十条の, 条あるべけれどそれ, 条あれから先, 条いささか以て, 条うねうねと伝っ, 条おいそれと貴様に, 条かかると濛, 条かすかによろこび, 条かなと怪しんで, 条かれはにやにや, 条きっと父として, 条ことかはあらむ, 条ことここに立ちいたっ, 条この大勢の, 条ような, 条さえ残って, 条さては四角なる, 条て光っ, 条しかありません, 条しなやかに肩, 条目を, 条すでに信仰の, 条ずつの後光を, 条ずみです, 条そうそうにお, 条そそぎこまれる水は, 条それは引き出され, 条それから二宮しんがりが, 条それぞれ代物の金銀, 条それ等の事実, 条ただちょっと通りかかった, 条だけの賃は, 条だのけばけばしいつたら有りやしない, 条だらけになっ, 条って何が, 条ついている, 条づつ各講ず, 条の, 条でありアウッスーリエーの, 条でいいかねたものであろう, 条でございますが実は, 条でつき当りに, 条というもあり十九条, 条とかにさえそれは, 条としてこうも, 条とに富田某という, 条とによって証明せられる, 条ともかくもれっきとした, 条とやらに原稿に, 条どのから聞きました, 条ない二三日安静に, 条ないし三条許の, 条ながら悠々と, 条なきことは, 条なく後に, 条なす我堪へ, 条などという土豪も, 条などに竜馬同気と, 条などにも見えて, 条などを話して, 条ならびに深緑色な, 条においては二つである, 条にたいして新憲法, 条については下士の, 条にて半さんの, 条になつて一条は, 条にもなつて此処からも, 条にゃ言うこと, 条によるのだ, 条によるは蛙かな, 条にわたって義昭の, 条に対する詮索詮議は, 条に関する賛否の, 条のけさを, 条のみにても打ち捨てて, 条ばかりが傘を, 条ばかりの目録を, 条ばかりは何分にも, 条ばかりも重って, 条ぶつと噴きあがり, 条への道を, 条へは帰って, 条へまで充満し, 条へも行きたくないから, 条ほそく隙漏る, 条ほど験の, 条ほどのジグザグを, 条ほのぼのと白く, 条まさか屍骸を, 条まず積っても, 条または私の, 条まだ千二千の, 条まっすぐに通っ, 条までがわが一生, 条までの大路や, 条まるきり手を, 条もういくらか, 条もし浪子より, 条もっとものこと, 条やや広い畝, 条よしなにお差配, 条り見た時マアどんなに, 条をぞ画きし, 条を以てのお憤りなら, 条を以ても知れる, 条を通して逆に, 条イタリア国憲法第八十八条, 条コンナに早く, 条ソヴェトの選挙権, 条ハ小西両氏及老兄龍等も御, 条フレーフレーと応援, 条ヘチヤモクレ御一身, 条ボーイ長らしいもの, 条マダ出来立ての成上り, 条ラ・マンチアの工夫, 条ロシアは労働者, 条出シテ頒ケ, 条ヶ谷朝倉左衛門尉義景十八人の侍大将, 条が切棄, 条一寸一息つきまして, 条一旦そのいはれある, 条一昨年迄はと詞杜絶, 条一条丁寧に尺竹, 条一条二条の諸家, 条一条書物の上, 条一条熟読しようと, 条丁寧に尺竹, 条七条洛の内外, 条七百八十九条八百一条第八百十三条, 条万々道理には候, 条三条血のよう, 条三条鬢のほつれ, 条上ったところへ, 条上るに児医師, 条下った東側に, 条下ル堀川の小さな, 条下宿住ひもして, 条は一門, 条世にも知らさずに, 条中一条を奉承すべき, 条中将為冬卿が武士, 条中将雅経朝臣に付し, 条中将雅経朝臣写し進ず将軍家, 条中山両卿, 条中段に該当, 条中間にまた, 条丹波口だった, 条主人と思は, 条乗客は貴, 条乗客手廻り荷物は紛失等これ, 条乗組切手は船中会計役, 条九条へ遠く, 条亀千代乳母がところ, 条二十一個条をあげ, 条二朱包んで, 条二条交叉した市民, 条二者相同じき, 条二項に, 条五井四本二宮の四人, 条五分で行ける, 条五月が来, 条五郎どのの手の者, 条五郎左も至極, 条交ってはおれ, 条交叉した市民, 条京都の西郊, 条がね踏ん, 条人形が動き出す, 条仕掛のよう, 条以下外国に関係, 条以来土屋の家, 条仮初にも老中, 条仰向けに水, 条伯爵家に招かれ, 条で, 条か冷, 条何とぞ御憐憫, 条何とも心得難く, 条何千条というたくさん, 条信隆の室, 条偽りはあるまい, 条僧正にとりもっ, 条入れなければならない, 条全然商売気を, 条全集うんぬんの件, 条八条池殿小松殿泉殿東は二条三条, 条八条法性寺柳原の天, 条八百一条第八百十三条, 条までの使ニ, 条公任はいっ, 条公然同様である, 条公爵家の御, 条六条から引廻, 条六条天皇のころ, 条をも討死, 条兵庫茂庭周防片倉小十郎, 条兵舎の門, 条出版権の譲渡, 条を切っ, 条初めから関係, 条判官源為義の孫, 条したもの, 条前段に該当, 条前関白の妹君, 条動いて飛行機, 条十二束三伏弓はつよし, 条千手堂の吉良邸, 条千春の四人, 条半分は写しもの, 条南北六条の小, 条南郷をまたたく間, 条即ち詔勅に対する, 条の疑問, 条卿梅渓卿交野卿みないい色, 条参照のこと, 条及ビ第二条ニ規定シタル義務ヨリ解除セラルルコトナシ, 条取り残した茶箪笥や, 条有其心得候, 条可哀そうなこと, 条之断然と, 条右手の襖, 条右衛門大輔どの清野美作どの朝日奈摂津どの山県三郎兵衛どの, 条司法官の癖, 条合せて三条, 条ある大将, 条君あれは何, 条君下村君その他今は僕, 条否やを申しましょう, 条喰い酔ってい, 条四ツ塚の辺り, 条四条の塵埃, 条四条三条の各, 条四郎が名, 条四隣之諸人, 条に限る, 条土塀と川, 条土間に居たまいたる, 条地味な銘仙, 条坊門附近は娼家, 条の通った, 条の工事場, 条堀川なので, 条堤人通りも絶え, 条堪るべき雫は, 条壮介ひとりとなっ, 条多しといえ, 条が鳴っ, 条大きな野郎が, 条大将保忠は承, 条大日本帝国は万世一系, 条大橋に行っ, 条大身の槍, 条女性の口入, 条女院の女房, 条の一言, 条婆さんが黙っ, 条宜しく是の, 条実枝とつたえ, 条家六条の人たち, 条家始祖の関白, 条家御子左家組が加えられ, 条家父子が殺害, 条家組の人, 条容れられそうか, 条密聚せる森林帯, 条尊氏の意, 条少し気味の, 条少尉以外の何人, 条局外者には違い, 条屡々わたしに, 条で行なわれる, 条山神社創立の企て, 条山路愛山の, 条山霊社とすべき, 条川原で安楽, 条左京の作, 条左馬頭改まって, 条左馬頭梅渓右少将交野左京太夫の三卿, 条巻きつけてあった, 条の御陵, 条師輔さまのお, 条師輔様などになんとか, 条帰りの崖道, 条年也という名前, 条幼い頃から, 条に植えられ, 条伸ばしたよう, 条引いては出雲人, 条張られたイルミネーションは, 条も見えない, 条彼岸過だった, 条後宮歌合せや中興, 条にかかり, 条心得てい, 条心得違ヒ之レ, 条必ずその要, 条恩義のある, 条悟空が一番, 条悪いだ, 条憲法冒頭の言葉, 条瀑水, 条或は十四条など, 条打明けて再び, 条には眼, 条筆候, 条拝賀之至, 条摂政兼良は正徹, 条政基の子, 条教場に入, 条は年ごと, 条数三倍以上であるから, 条文芸学術若くは, 条斜めに走る, 条新館に大軍, 条というの, 条旅館には数組, 条易々として信雄卿, 条是非なく一戦, 条がなかろ, 条書くところの, 条書屋の書斎南窓下, 条書物の上, 条最も注意すべき, 条の客, 条朝廷においてご, 条末段に該当, 条舞台には, 条本質的には全然, 条朱子語録の中, 条村民は船入, 条東小路中納言様に招かれ, 条東雲のあけ, 条松並木のほう, 条松原の闇, 条柏木家でもまことに, 条染物をしんし張, 条かに結ばれ, 条柳馬場の角, 条のまえ, 条を辞し堕ちぬ, 条桑育にした, 条参り一所, 条模様のもの, 条之兵衛, 条樵夫か猟師, 条正成一個のとぼしい, 条此旨支配中不洩, 条残さず高い空, 条殿下へ, 条の弱, 条水火夫小使等無礼あるか, 条汚く生き延びること, 条江尻の宿女, 条江戸の藩邸, 条池殿小松殿泉殿東は二条三条, 条河原今の大, 条河原示威の事件, 条河原細工と呼ばれ, 条河原附近には諸種, 条油小路四辻に無惨, 条油小路時は慶応三年十一月十八日, 条法性寺柳原の天, 条泥部を集解, 条の内外, 条派和歌の調子, 条派歌壇の元老, 条派歌学の正統, 条派正統の武家歌人, 条派系の者, 条流れた時小, 条流其から更に, 条流歌学を承けた, 条清輔が卒, 条清輔顕昭法橋はことに, 条溝事件上海事変満州建国とつぎつぎに, 条濡れた路が, 条火薬その外火, 条遠に, 条為世の手, 条為冬など声, 条為子の腹, 条為定に下され, 条為定らとはつねに, 条為明に下った, 条為義父子や右馬, 条為藤に下った, 条烏丸屋敷の周辺, 条烏丸飛鳥井の諸, 条のよう, 条煮染めたような, 条熟読しようと, 条片倉どのおのれとも七人, 条片倉周防おのれとも七人, 条猪熊の女衒, 条猶予すべき直ぐ, 条玄蕃に預けられた, 条現在むすめ, 条甚以て不審, 条甚因循のよし, 条用いて患者, 条申し開きが, 条と女, 条にて昼食, 条異なりまた一疋, 条異存など, 条の上, 条疎意なきにおいては, 条発見けた以上は役目柄, 条を立て, 条白い波の, 条白浪の鱗, 条百条網の目, 条的キリスト教ではチベット人, 条赤い蛇, 条皆丘と丘, 条皆川へ御, 条祖母はさ, 条禅閤兼良は曠世, 条穴太散所法師, 条竿が幾日, 条のよう, 条米国より帰来, 条粗略なる事, 条を引い, 条系統の無, 条素通りをばすべき, 条累代の武功, 条細道のある, 条経通や二条, 条続いて五, 条美しくその白足袋, 条肩書に嚇, 条胡粉で泥塗, 条能保と肩, 条自分を虐めつける, 条色んな民族の, 条花夕淡きこの, 条蔵人には子, 条の鼠, 条西家自分用のため, 条免すべき, 条観音に参詣, 条解禁の運動, 条記して煩, 条設けられていた, 条の葉脈, 条の口, 条方法と, 条貫いて光る, 条走つてゐる冷めたい, 条路背後へ声, 条身躾を忘れない, 条輪袈裟白衣黒衣等大いにわが, 条辺りは今, 条書き記して, 条近衛諸公の邸, 条に接し, 条通り御幸町西へ行った, 条通り筋にあらわ, 条道子は平然, 条道孝がそれぞれ軍, 条道理なりとあ, 条醒ヶ井の近藤, 条の方, 条里制の研究, 条野良猫に躊躇, 条で紫金, 条を刺された, 条がへえつ, 条鉄道も余, 条銀河を流す, 条鋭い金の, 条間もなく電球には, 条関白兼実が, 条を登りゆく, 条院崩御の後, 条院此間予可儲肴等持参令取居, 条隆平が任命, 条隆資が正成, 条隆資軍に牽制, 条雪掻きでつけた, 条のよう, 条頗る困難の, 条をしきりに, 条顕輔その子清輔, 条の知れた, 条のほつれ, 条ノ棚, 条鮮やかなるに, 条鳥脇などを経, 条黯褐で頭, 条鼠入らずの中