青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「束~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

李~ ~材料 材料~ 材木~ ~村 村~ 村人~ ~杖 杖~ 杜~
束~
条~ ~条件 条件~ ~来 来~ ~来い 来い~ ~来た 来た~ 来たら~

「束~」 2492, 27ppm, 4338位

▼ 束~ (448, 18.0%)

15 持って 13 出して 7 もって 4 取り上げて, 解いて 3 して, もつて, 入れて, 取って, 取出して, 抱えて, 持つて, 握って, 発見した

2 [17件] なして, のけんとして, はずしそれ, ぶらさげて, ほどいて, テーブルの, 両手で, 作って, 出すと, 取り戻した人, 固く握り締め, 小わきに, 床へ, 手に, 掴んで, 片手に, 贈られたこと

1 [344件] ありありと, いかにし, いくつと, うかがった, おきました, おし込むと, おれに, おろす, お持ち出し, かかえおろした, かかえて, かけ膝, かこんだ鎌, かついで, がさつかせて, ぐるぐると, こき終り二束目, こしらえるのに, こぼし家, ごらんに, さげた労働者, さげて, さしたの, さし付けて, さし出した, させ杖, さつと, しごき絨毯, した武士, しつかり抱きしめて, しまいつけて, しまうついで, しょった二匹, しょっちゅう引っ張っ, じゃらつかせながら, すつかり讀んで, そのテーブル, その上, その前, そろえて, つくって, つくつた, つくり急げり日, つけたまま, つけて, つけては, つんで, とつて, とりかえそう, とりだした, とりゆっくり, とり出した, とり出すと, とり返そうとして, どこまでも, ながめて, にぎるには, ぬいて, ぬかるみの, ぬき大きな, ぬけて, はこび行く馬, ば手に, ひきぬきまして, ひきよせて, ひっくるかえすの, ひっつかんだり, ひつ, ひつくり返して, ほぐしては, ほぐしました, ほどいた, まきあげて, みつけ出した, みつけ出したの, みやげに, もういちど, もう一度叮寧, もぎ取って, もつた少女, わなわなする, ウンと, エイッ, カサコソいはせ, ピンセットで, ヨネが, レスパネエ夫人の, 一つづつめくりながらその, 一つ取っ, 一つ貰った, 一把と, 一束取っ, 三人の, 三寸ばかり, 下げたムイロフ, 与えた, 両わきに, 並べたよう, 中年男から, 丸くつみ重ねる, 丸く開い, 乞食扱いに, 乾かして, 二つ拵え, 二つ買う, 仕舞った, 作り初めたが, 作ること, 健三の, 僕に, 兄に, 免か, 免かれ, 免るる, 全部さし上げます, 兩手で, 内容づける, 再びかつぎ上げ, 出した, 出したが, 函から, 切って, 切つて一つづつ丁寧に, 切るのに, 刈り始めた, 前方に, 勘定し, 勘定し終っ, 包んで, 十も, 半ば背負ふ, 反射し, 取つて, 取つて供御, 取つて碁盤, 取つて細君, 取りあげた春重, 取りたり, 取りだした, 取りだしました, 取りのけ二三, 取り上げ, 取り上げそれ, 取り入れる, 取り出しその, 取り出した, 取り出して, 取り出し一つ, 取り出し素早く, 取り出すと, 取り卸し其の, 取り換えた, 取るが, 取出しそれ, 取出し失礼, 受けとつ, 受け取ると, 受取って, 受取つて奧藏を, 受取りました, 古井戸, 右の, 呑んで, 唱の, 喜三郎の, 四つも, 四個に, 地面へ, 執って, 壮平に, 多くする, 大きな足, 天井から, 天井に, 奪い取ると, 奪い取ろうと, 女に, 家の, 対岸の, 小牛と, 屋根の, 帆村に, 平たくし, 幾十百捩じ集めた, 幾十百綟ぢ集めた, 庭へ, 廻わし, 引きずり出して, 引き出した, 引き出して, 引き出そうとして, 引き抜いて, 引っぱり出しながら, 引っ張り出して, 引摺り出し, 怒りに, 愛らしく結びたる, 憎さ, 懐中し, 懐中に, 懷中に, 手代に, 手早く一つ一つ, 手頸にかけて, 扱うサヤサヤ, 投げだして, 投げ出したまま裏木戸, 投げ棄て, 投じたまえ, 投入れて, 抜いて, 抱えそう, 抱きかかえるよう, 抱き合せて, 抱へて, 抱へながら, 押しつけて, 押し分けて, 押し込んだが, 拾いあげると, 拾い上げるほか, 持たせ買入れの, 持ち, 持ち出して, 持ち左手, 指し, 振りかざして, 掌の, 掛ける, 掴み出し厚, 掴み出し鞄, 掴出し, 握ったまま, 握った刃, 握つて桟橋, 握らせるため, 握りしめたまま膝頭, 握りて, 握り締めたまま, 摘んだ夜, 擁えた, 攫つて更に, 放り出して, 日と, 暖めましたが, 曳いたよう, 曳くところ, 木藤の, 未だ彼, 束ねろ, 枕下に, 樽とか, 死人の, 気に, 求めたが, 河合の, 流しもと, 渡されたコン吉, 渡して, 火中に, 無雑作, 焼いたよう, 片づけて, 献上せよ, 痩せた肩, 盗んだの, 盜んで, 眺めた, 着かえて, 着替へること, 知らねえかと, 私は, 秋には, 穂を, 積みはじめました, 積み上げて, 積み上げるの, 立てかけ窓, 立て土俵, 算え, 箱から, 紙屑の, 紙屑籠に, 紛失した, 結びつけること, 結び付けて, 給ふ, 緊く, 置く, 肩から, 背に, 背負う姿, 背負った女, 背負つ, 背負つてゐた, 脊負う, 脱して, 茫然と, 荷って, 落として, 蒼空へ, 薪小屋に, 見せ, 見せて, 見たけれど, 見たこと, 見た記憶, 見つけ出した, 見る健三, 見上げるよう, 見出しました, 覗かして, 解いては, 解きほぐせ, 解くたんび, 解くと, 解ぐし, 調べ金, 買い亀屋, 買い込みあした, 貸し与えた, 贈る, 身に, 身体で, 軽々と担ぎ上げ, 軽々と担ぎ上げた, 送るところ, 逆手に, 運びこんで, 運ぶまで, 部屋から, 金吾は, 金庫に, 釦孔に, 錠前付きの, 隣りの, 集めて, 非難に, 額の, 風に, 風呂敷に, 馬力に, 黄蝋で, 鼻で

▼ 束ない~ (407, 16.3%)

7 のである 6 ように, 足どりで 5 ものと, 手つきで 4 ことです, 光を, 日本語で 3 であろう, と思う, のです, もので, 事だ, 気が, 私の, 英語で

2 [30件] が, ことに, という, といっ, とは思った, と宣告, ながらも宗教, のだ, ものであった, ものでした, ような, 乍らも, 事を, 假名文字で, 命を, 彼の, 手つきし, 手付で, 手探りの, 指を, 明りに, 有樣, 気も, 炎を, 薄明り, 蝋燭の, 足を, 足許で, 路を, 顏を

1 [282件] あかりに, いずれ名古屋, うちに, うろおぼえ, かいっこう, かと存ぜられます, かと思ふ, かもしれない, かもしれぬ, かも知れない, かも知れません, からその, からである, からまず, からナ裁判, から厭, がお, がしかし, がただ, がほほ, がやる, がよしや, が一部分, が女, が岡本経一氏, が恐ろしく, が決心, が見る, ぐずぐずし, ことが, ことそれぞれの, ことだ, ことで, ことであります, ことにも, ことよ, ことを, この勝負, この国, この点, それを, ぞ, ぞもし, ちらつく蝋燭, で, です, ですねえ, とあっ, というの, というわけ, という情報, という時, という理由, ところを, とは思, とは思いません, とは思ひ, と仰, と仰しゃ, と噂, と存じ, と存じます, と将来, と忠利, と思いこん, と思い出した, と思った, と思はれる, と思ふ, と思わなけりゃ成りません, と思わなけれ, と思われた, と早く, と書い, と病院入り, と相場, と私, と考え, と聞い, と聞いたなら, と見え, と覚悟, と認められ, と諦らめ, どうやら常談, な, ながらも岸本, ながらも拾い読み, ながらも私, ながらも静か, ながら一寸, ながら一寸心當, ながら一策, ながら余, ながら私, なりの英語, なれば, なんぞということ, なア, のだろう, のでここ, のでこつち, ので心細い, ので男, のと, のにどうして, のみでなく, のみならず, のを, ほど寝込ん, ま, もちろん事, ものじゃ, ものだ, ものです, ものに, ものを, やうで, やうな, やうに, よう, ようじゃ, ようすに, ようで, ようである, らしい, ステップを, ナニ余の, フランス語, フランス語で, ペンの, 一躍し, 不言の, 乍ら江戸まで, 事が, 事である, 事情が, 二人の, 人形の, 光が, 光で, 光に, 光りの, 初太刀の, 助けると, 努力を, 動作である, 又聞きの, 反問の, 口で, 口吻であった, 口振りを, 口碑の, 口調で, 口調です, 和製アメリカの, 困たこと, 国家と, 声が, 声を, 外国語で, 始末で, 娘の, 存在を, 寝覚めの, 平生名利の, 廻れ右, 形勢であった, 影に, 影を, 御返事です, 心持, 心持が, 心持で, 心持を, 恰好で, 意識の, 所が, 手つきに, 手つきを, 手で, 手付きで, 手伝いを, 手振りで, 手真似で, 手真似を, 抗抵, 指さきで, 挨拶を, 提灯の, 支那語で, 故に, 敵状資料を, 文字で, 旅の, 日本語, 明りの, 星明りに, 智的にも, 智識を, 月の, 有様であった, 有様である, 極めて不調法, 様にも, 様子で, 様子です, 樣子です, 檢死です, 次第である, 歌詞を, 歩みを, 母が, 氣が, 火が, 灯を, 照明を, 物で, 状況の, 独乙語教師として, 生活の, 生活を, 眉を, 眼つきを, 眼で, 知識で, 程感動, 空模様で, 筆の, 筆蹟を, 答へ, 箸どりで, 節を, 素足を, 結局に, 羅馬文字で, 老母の, 者が, 舌で, 芸だ, 薄手の, 薬で, 處が, 行燈の, 見ようを, 視線を, 言葉です, 計画などは, 記憶の, 記憶を, 詞で, 話だ, 話であり, 話です, 議論みたいな, 足さぐりで, 足で, 足もとへ, 足取で, 足取りで, 足取りである, 足捜り, 足駄の, 路な, 身の, 車夫の, 辺に, 近眼の, 返事に, 返事を, 遺言を, 酔っぱらいの, 重傷に, 限りである, 限りでござる, 音楽の, 音締に, 頸を, 風に, 首を, 馬の, 騒めき

▼ 束~ (351, 14.1%)

9 上に 8 ような 6 ように, 中に, 手紙を 5 中から 4 ま, やうに, 書類を, 稲吉が, 紙幣を, 花を 3 なかに, まの, 中の, 中へ, 稲が, 稲吉も, 稲吉を, 線香が, 薪を, 藁を

2 [23件] うございます, うちを, じんき, なかを, ままの, まを, やうな, ダリヤの, 中には, 包みを, 場合は, 手紙の, 柴を, 稲吉でしょう, 稲吉と, 稲吉は, 草花を, 菫花を, 薪木を, 証書を, 郵便物を, 重さ, 黒髪は

1 [211件] うえに, うございましょう, うては, かさばったの, かんぴょうを携げて, がちゃ, ぎらぎらに, ことなどは, その小がら, そばに, なかから, なかには, なかへ, はいってる鞄, はがきと, ひまを, まさっき, ままず, ままつくね, ままで, ままである, ままらしい, まま法眼の, まま裾を, まま見えず, まま駕籠を, ま席, ま殿様, ま見返す, ものと, やう眼も, よう眼も, わらを, グラフィックを, リラの, 一人でありました, 三分の一も, 上から, 上で, 下で, 下に, 下には, 中からは, 中で, 丸く大きく造った, 亂れ, 事を, 交差した, 人たちの, 人で, 人です, 人参, 人参を, 値で, 内向き, 冷徹な, 処に, 刀を, 切口の, 前へ, 劍置きた, 千代紙と, 卒塔婆の, 卯の花が, 印刷物を, 厚みは, 原稿を, 原稿紙と, 古ぼけた写真, 古手紙を, 周圍を, 外に, 外にまで, 大きい矢車草, 大きな木札, 大池, 大沼喜三郎が, 女の, 好良, 嫂へ, 寮に, 寮の, 封書が, 小さな紙札, 小切手を, 小菊を, 尖に, 山を, 帳面を, 干うどん, 弓矢をも, 所へ, 手紙が, 手紙だけは, 手紙と, 手紙に, 散らばつたあたり, 文である, 文に, 文殼である, 新聞を, 新聞紙とを, 方は, 方へ, 日本刀が, 書ものを, 書牘の, 書物に, 書類と, 木乃伊の, 札を, 条件は, 柳の, 根に, 棕梠の, 横から, 武士が, 毛が, 毛とは, 氣で, 海藻の, 海藻みたいな, 深山鈴蘭の, 獲物有る, 現象とも, 用水堀まで, 田租を, 画札を, 白糸が, 白髪が, 百合を, 真っ黒な, 矢一張の, 矢篠を, 秣を, 稲たちも, 稲に, 稲吉です, 稲吉など, 稲吉の, 稲吉四ツ目屋の, 稲吉達も, 稲吉雲霧の, 穂を, 端を, 竹の, 箒屋さんで, 簾と, 粗朶を, 糸を, 納税告知書の, 紙が, 紙幣だった, 紙幣調へ, 紙片から, 細引と, 綾巻きじゃ, 線香を, 縄を, 繩を, 置き方, 置場に, 美しい花, 美しさ, 胸先へ, 花, 花が, 花束を, 芻を, 若侍, 茨を, 草稿を, 菊の, 菊を, 落ちつきの, 葉の, 董花を, 葱の, 葱を, 蓬髪が, 薔薇には, 薪です, 薪とを, 行先を, 裏に, 転ってる, 酒屋の, 針に, 針金を, 鍵だけ, 鍵と, 長さ, 長人参, 隣りに, 集合場において, 集団に, 電報を, 青写真を, 韮を, 音に, 額縁の, 高粱が, 髪の毛を, 髮の, 髮は, 髮を, 鳴る音, 麥色の, 麦藁を, 麻を, 黄色や

▼ 束~ (307, 12.3%)

77 して 59 なって 9 したの 6 なっても, 手を 4 したもの 3 つかねて, なつて, 腰を

2 [14件] くくった奴, されて, せし書類, たばねて, なったよう, なってかか, なつた, なつてく, 噛りつい, 左手だけを, 火を, 立って, 身を, 過ぎないばかりか

1 [109件] あまっても, あまるほど, うつったくらい, かえて, かっさらって, くくられた新聞雑誌, こしら, こしらえて, こまり候, される, した, したこの, したたか打れた, したよう, したよりも, した奴, した恐し, した瓦, した真, した草鞋, した鍵, した高い, した髮, してかかへて, しても, しながら, しようと, し大釜, じやれつく, する, すると, するには, すれば, そこへ, つかねた黒っぽい, つかんでは, つけたの, つつんで, とうにあまっ, とびしきりに, なった, なったって, なったまま, なった葱, なった雨つぶ, なった電線, なりました, なり掌大, なり赤い, なろうが, まだ白紙, まとめられた竹, むすんだもの, ヒモで, 世間では, 両手で, 丸めて, 五銭ずつ, 五銭呉れるん, 代わって, 仮寓し, 何斗の, 使用される, 倚りかかっ, 凝固しかけた, 切ると, 刺したの, 同音で, 向って, 嚴制した, 変って, 夜明までに, 審議され, 巻く鮫, 打つか, 拵へて, 指組み, 掴み大薮, 掴むと, 撚りを, 朝日が, 止まり細君, 比すべくも, 気がついて, 没籠に, 琥珀を, 用いる風習, 目を, 着け替えるの, 突きさすだけの, 突き刺すから, 竹の, 糸を, 結わえて, 縛りつける, 罵倒する, 背後へ, 茨が, 行, 記録し, 貼りあわせ且つ, 辷って, 近づき, 返す方法, 過ぎなかった, 過ぎぬ, 重昌を, 鉛筆で, 飛び返って

▼ 束なく~ (134, 5.4%)

3 も一日二日

2 [12件] て流し元, て眼, なって, もこの, 存じ奉り, 書いて, 氣が, 瑠璃子の, 笑った, 考へて, 考へると, 膝を

1 [107件] ぐらついて, ここに, さえある, しるされたる, その綴り, て尋ねける, て數少, とも今日, なった, なった今, なった船頭, なつたんだ, なつた船頭, なる, なると, なるにつれて, なるもの, はない, は思うけれ, また間, もお, もせい, も二人, も仕り, も入塾, も又, も口真似, も奏でける, も女郎花, も平仄, も彼, も微風, も思われた, も思われる, も明かし暮らせし, も暮らせし, も歩み来ぬ, も油, も浪, も焚火, も照らされ, も爪, も登り行け, も瞬きます, も第一義, も舅姑, も見える, も言, も讀ん, も越えね, も辿る, も鉄砲, も首, トルストイの, 三ツばかり, 云う, 作文の, 候, 候えども, 候へども, 働いて, 光って, 出て, 四方を, 塞外の, 存ぜられます, 存候, 存候ところ程経, 宇宙の, 幾度か, 心の, 思い一人, 思える新吉, 思ひ駒, 思ふと, 思へばこそ, 思わる, 思われた, 思われるよ, 思召され, 感じたが, 應へる, 手慰みの, 拾いに, 攪き廻した, 文章も, 林の, 棹さす一個, 毬を, 気が, 炊事と, 目印とも, 相槌を, 矢張り錢形平次の, 私に, 終には, 考えて, 草鞋の, 落ち始めた頃私たち, 被存候, 見えたの, 見える私, 見やりました, 話しました, 認めて, 響いて, 顏を

▼ 束~ (114, 4.6%)

2 そこに, 一列に, 二つ三つ入れられ, 小桶, 山の, 洩れて, 積んで, 風に

1 [98件] あつた, あの交通, ある, ある所, いくつも, いよいよ身近, うず高く, おいて, ころがり出た, ございました, しっかりと, すこし下り, すでに暮色, するすると, ずっと小さく, その場, たくさんいる, たくさん並べ, にちゃにちゃする, のぞいて, はみ出して, ひどく重い, ぴんと空中, ふえたと, ふっさ, ほおりこまれました, まき散らされその, また見え, まるで風鈴, カチンと, ザクリと, テーブルの, バラバラに, ブラ下がっ, プラツトフオームの, 一個, 一度に, 一把は, 三ツ他に, 乱れて, 五つ六つ柱に, 五六百円, 他の, 低い雲, 余り大き, 供えられて, 入って, 兩端を, 出た, 出来た, 刈り干されて, 別荘の, 周信の, 商はれ, 堆く積み重ねられ, 天井一杯に, 宿の, 差し込んで, 差出された, 幾万円とも, 彼の, 後から, 所々に, 手で, 投げ返された, 捧げつつを, 捧げて, 捧げられて, 掛けて, 描いて, 日当りへ, 次ぎ次ぎに集金人たち, 残り少なに, 沈んで, 渡されると, 煙りを, 燻って, 白糸で, 目の, 真赤に, 眼を, 眼球に, 積みかさねられ畔道, 積み上げられトランク, 空を, 立ってる牧場, 竜之, 縁に, 縛りつけて, 色々の, 見る間, 転がって, 透いて, 野営を, 釘に, 風情を, 飛んで, 黄金の

▼ 束なき~ (56, 2.2%)

3 ものなるべし 2 なり, は我身, を頼み, 歩調を, 筆の, 行末を

1 [41件] ことを, そらあひなれ, の旅行, ままに, ものなる, やうにも, をやがて, 事に, 事にて, 人工呼吸を, 余に, 信徒の, 光に, 勘当せんと, 因縁男らしゅう, 平手まえ, 形を, 心地せられ, 恋の, 承諾の, 旅に, 時代と, 有様, 有様なる, 朝夕を, 機會を, 民族的特質の, 火の, 礼教の, 紅葉の, 裝飾品數個を, 記憶の, 語句を, 賃仕事に, 足もとなり, 足取, 農民の, 運命に, 針の, 間より, 限りと

▼ 束~ (47, 1.9%)

2 刈り立て, 紫うすき

1 [43件] あなたが, あるが, いくら速力, お民, そうたいしては, たしか金庫, だん, はたと落つ, ぽつと, まだこれから使う, みなことごとく, やつと, バラバラに, ポンポン叩かれた, 一たん田の, 他家の, 其の火, 単に紛失, 危なげで, 大小六つの, 少し白く, 山の, 彼の, 彼等が, 心が, 怒気面に, 手に, 文化三年生で, 是まで, 松五郎の, 枕の, 果して菜種書付等, 楽に, 此の間の, 流れよりましたで, 真青に, 石の, 組み敷かれ苦し, 腐りはじめました, 自分という, 買へ, 釘屋に, 風呂敷に

▼ 束~ (37, 1.5%)

2 あつた

1 [35件] お撲きなさい, お願い申したい, か, かかっても, かざられテッド博士以下, さへ, その鍋, それを, とりかこんだ標, ふくれてた, アアなっ, コジリ廻し, ポンポン自分, ヤット開かれた, 刺されるよう, 受けたが, 叩いて, 囲んだ標, 土蔵相模へ, 年は, 払って, 数えること, 數へる, 明日からでも, 来ても, 構内の, 洗われるたび, 片手に, 立て掛けその, 結んだ重, 被われて, 足の, 足るか, 通って, 飾られて

▼ 束~ (33, 1.3%)

5 さに 3 そうに 2 さ, さそうな, さは, さを, そうである, 音にこそ

1 [13件] いくらゐ, かる可, がつて氣, げにそれ, さうな声, さそうに, さゆるし, さ途中, さ醜, 明日入る, 此処の, 此處の, 鳥羽の

▼ 束~ (30, 1.2%)

2 それから能, なつて, 一緒に, 思ううち

1 [22件] からす麦, こき進んで, せり, なく固く封じられ, なしさらに, なし担ぎて, なって, セルロイド製の, 一処に, 云う欄, 單物が, 折角刈り集めた, 毬とを, 注して, 申すもの, 百姓に, 相違し, 穢いボロボロ, 苅りあつめて, 藁とが, 道具袋を, 針金切りの

▼ 束~ (22, 0.9%)

1 [22件] あたま, でなくずつと, で手, で薄化粧, にし, にしい, にした, にしなく, に取り上げ, に白い, に結つた人, に結つて, に變つた日, の櫛, の結, の薔薇, は僕, も年中, や色氣, よりやア, を結つた一尺, を餘

▼ 束~ (17, 0.7%)

1 [17件] あげるから, あった, あつた, ある鬚髯蓬, いつかは, したもん, なければ, わけなかった, キュヴィエの, 上げて, 何の, 同じく百円束, 幾束も, 根こじ, 積んで, 要るや, 誘いあわせれば

▼ 束から~ (16, 0.6%)

1 [16件] そっと幾枚, ほどき始めた, 一つの, 一個の, 一本取り上げた, 一枚の, 一枚引き抜く, 二三本引き抜いた, 二三枚を, 二本とっ, 人の, 仕払おうと, 剥いで, 千円算えて, 来た方, 次の

▼ 束なげ~ (16, 0.6%)

1 [16件] な声, な足, な足取り, に唱い出す, に問ん, に天, に書い, に気味, に立っ, に見やりた, に診断, に返答, に運ばせ, に鋏, に頷く, に顔

▼ 束なし~ (14, 0.6%)

1 [14件] と, とつぶやきぬ, とて商, と云う, と悶え苦しみ, と旅店, と見, など人々, など人々立, や才子佳人, 余, 本堂さへも, 確な, 誰に

▼ 束なかっ~ (13, 0.5%)

72 たの 1 たが, たこと, たと, たらその

▼ 束~ (11, 0.4%)

1 [11件] かたまりで殆ど, 二束あえて, 二束は, 古い埃, 新聞紙などを, 材木の, 正夫さんからの, 蓆が, 野鴨や, 金貨の, 鋤や

▼ 束ずつ~ (10, 0.4%)

2 持って 1 でも, もどかしく解きはなし, 奇麗に, 抱え出して, 持ちあげたまま, 無尽の, 縛りつけて, 買って

▼ 束~ (10, 0.4%)

2 手を 1 乗せどこ, 徳利から, 戻った, 殺到する, 火を, 繩を, 通ずる通り, 香煎を

▼ 束という~ (8, 0.3%)

1 ので, ように, 人が, 浪人が, 浪人の, 浪人もので, 浪人者で, 記録が

▼ 束区長~ (7, 0.3%)

1 がよろぼいよ, がオロオロ, が保管, が引取, が自分自身, が長い, の方

▼ 束~ (6, 0.2%)

1 といふ処, にゐる, のゴロツキ連中, の淺草, は全く, へ出る

▼ 束~ (6, 0.2%)

1 の, のいかめしい, の勅使, の大官, の軸物, の銅像

▼ 束~ (5, 0.2%)

1 ない, ないぞ, 二束で, 蜘蛛の, 配給所である

▼ 束なかろ~ (5, 0.2%)

3 うと 2

▼ 束にも~ (5, 0.2%)

1 なった書簡, なる反古, 何んの, 余れ手, 分けて

▼ 束ぬる~ (5, 0.2%)

1 のである, のみ, ばかりのさま, ものは, 網も

▼ 束~ (5, 0.2%)

1 が要る, の制度, はいくら, やら二三ヶ月分, を持つ

▼ 束かが~ (4, 0.2%)

2 転がり出して 1 本尊の, 絵馬と共に

▼ 束~ (4, 0.2%)

1 つたなどといふ, とかを掻, のう, アッと

▼ 束などを~ (4, 0.2%)

1 つけたしたもの, もって, 携えて, 置くだけの

▼ 束にな~ (4, 0.2%)

1 つて來ても, つて倒れた, つて死んだ, つて頭の

▼ 束~ (4, 0.2%)

1 でくるんだ, とは添寝, のゴシゴシ, は取り除けられ

▼ 束かの~ (3, 0.1%)

2 切抜きが 1 紙幣を

▼ 束~ (3, 0.1%)

1 ておく, て掲げられ, て来たれる

▼ 束する~ (3, 0.1%)

1 の禍, ものである, 為に

▼ 束でも~ (3, 0.1%)

1 くわえて, 叩きつけて, 持つて

▼ 束なす~ (3, 0.1%)

1 我が文, 文は, 紅葉重の

▼ 束には~ (3, 0.1%)

2 この扉 1 幾つ位の

▼ 束ばかり~ (3, 0.1%)

1 あった, だったと, 根元から

▼ 束ほど~ (3, 0.1%)

2 燻して 1 車に

▼ 束また~ (3, 0.1%)

1 一束と, 一束一日刈っ, 束を

▼ 束~ (3, 0.1%)

1 からげ, からげに, とからげ

▼ 束四銭~ (3, 0.1%)

2 の札 1 と云う

▼ 束~ (3, 0.1%)

2 別に手 1 積みあげる娘さん

▼ 束応助~ (3, 0.1%)

1 とは誰, と云, は己巳六十四歳

▼ 束あつ~ (2, 0.1%)

1 た, たつて

▼ 束いくら~ (2, 0.1%)

1 といふ約束, といふ貸

▼ 束えた~ (2, 0.1%)

1 言葉は, 言葉を

▼ 束こし~ (2, 0.1%)

2 らへ

▼ 束すなわち~ (2, 0.1%)

1 二石五斗であっ, 度量衡の

▼ 束だけ~ (2, 0.1%)

2 低い

▼ 束だけを~ (2, 0.1%)

1 持つて, 風呂敷包みに

▼ 束です~ (2, 0.1%)

1 がヴェートーベン, よ

▼ 束といふ~ (2, 0.1%)

1 のが, 大人の

▼ 束とか~ (2, 0.1%)

1 ぜひともしっかりと, 銭何貫文とか

▼ 束として~ (2, 0.1%)

1 火を, 送り微

▼ 束とを~ (2, 0.1%)

1 もってる警官, 入れた別

▼ 束なかるべき~ (2, 0.1%)

1 を告げし, 前兆ならぬ

▼ 束ながっ~ (2, 0.1%)

1 ている, て幾たび諫め

▼ 束などが~ (2, 0.1%)

1 ありまして, 捨てて

▼ 束なりに~ (2, 0.1%)

1 川の, 燃えさかり来る音

▼ 束もう~ (2, 0.1%)

2 一束と

▼ 束もっ~ (2, 0.1%)

1 てかえり, て口

▼ 束~ (2, 0.1%)

2 麦束よ

▼ 束一つ~ (2, 0.1%)

1 持ち來, 持ち来て

▼ 束一度~ (2, 0.1%)

2 に併せ燃した

▼ 束中山寺~ (2, 0.1%)

2 の星下り

▼ 束仙六~ (2, 0.1%)

1 という五十男, は養蚕

▼ 束~ (2, 0.1%)

2 て来た

▼ 束~ (2, 0.1%)

2 か二十

▼ 束~ (2, 0.1%)

1 存候, 存候間何卒

▼ 束~ (2, 0.1%)

1 の場合, の手紙

▼ 束引つ叩い~ (2, 0.1%)

1 て見, て見ませう

▼ 束~ (2, 0.1%)

1 によって稲, をくずし

▼ 束抱え~ (2, 0.1%)

1 てとって返した, て帰る

▼ 束挿し~ (2, 0.1%)

2 てあった

▼ 束敷い~ (2, 0.1%)

2 てその

▼ 束無き~ (2, 0.1%)

1 扇の, 裏繪の

▼ 束~ (2, 0.1%)

1 をこき, を上げよう

▼ 束神社~ (2, 0.1%)

2 のまつり

▼ 束稲荷~ (2, 0.1%)

2 の方

▼ 束~ (2, 0.1%)

2

▼ 束~ (2, 0.1%)

1 などは説明, を背負う

▼ 束買っ~ (2, 0.1%)

1 て客, て来た

▼1* [210件]

あえて左膳を, 束あまりの牡丹桜, 束あればいい, 束うすいスープの, 束つかけて, 束おいてありました, 束かかへて先生の, 束かと思われる扁平, 束かを求めないわけ, 束がばさっと下, 束くくるにも一糸, 束くださるとか粉石鹸, 束になっ, 束こき終った時に, 束ざっと一万円位は, 束しかもそれを, 束したる四五人の, 束ずつにして, 束せし廐肥の, 束せらるる程の, 束そこそこである, 束そっくりまきあげられて, 束その時分の, 束たかだかと積む, 束だけが出るよう, 束だけでも心ゆく許, 束だったのです, 束だらけの床, 束った日露時報の, 束ついている, 束づつ載せた細りと, 束づつ抱へてき, 束づゝ持つて, 束樊籬屋店を, 束でありその各線, 束であるからそれ, 束では到底安全, 束とかいう浪人ものが, 束とがたまらなくラエーフスキイ, 束としか見えなかった, 束とはせずしや, 束とも知れぬ麻紙, 束と共に彼女の, 束ないあげてからそれ, 束ない弱い光りを, 束ない薄ら寒い心持ちが, 束なかつたでせう, 束ながりますが八五郎, 束ながるとつかひ, 束なくなり茅の, 束なくなりかけた心と, 束なくなりますがその, 束なくなり砕けた源太が, 束なく可愛らしい眼を, 束なく心許なき事にこそ, 束なげなる伊太利語もて, 束なぞ上積にした, 束など持って, 束などに引ツかけない, 束なれども時節, 束にかけて血痕が, 束にぎって売り声, 束にて五十銭も, 束によつて最初の, 束によってそう考えられた, 束に対して十五束の, 束ねえやこうして吉原, 束のうは思えども, 束のまで霧は, 束のまなりきこれさへ, 束のみは笠の, 束はとケシかけたつ, 束ほうり出すと別, 束ほどに折り集め材木店, 束ほどの庭の, 束ほども焚いたと, 束みたいに思へた, 束もて火を, 束もの書類を, 束やらカギ縄や, 束よろしくの体, 束金太郎は, 束をどさりと, 束をもなさる方, 束をもってその穴, 束クビをく, 束ナク又, 束バスケツトから出し, 束バター一斤持たせて, 束なってるじゃ, 束一日刈って, 束一束を切っ, 束一束米五升という場合, 束七十束と苅りあつめ, 束けを持, 束三伏の矢, 束三伏弓はつよし, 束三伏忘る, 束三伏柳葉の箭先, 束三文にも当たらざれ, 束三束の紙幣調, 束下さいな, 束の螺旋紋導管, 束二伏に拵, 束二十束風呂敷かけた遠路籠, 束二日分の糧食, 束二束の獲物, 束五厘に対し萱, 束五年の先生, 束五束附木を並べた, 束候所不, 束代々の女中, 束代銀五厘二毛などというの, 束以上は作れぬ, 束と共に寄宿舎, 束から何, 束何把をもって計算, 束の獲物, 束価十有幾銭と書き, 束も見分, 束全部紛失して, 束八銭の葱, 束六束バスケツトから出し, 束出したら五銭やる, 束分けて隠れんぼ, 束刈ったように, 束割いてその, 束は時, 束区長夫婦は一議, 束十三銭八ツ頭が一箇十銭, 束千円という大金, 束即ち一握り, 束取って地べた, 束叩いて見る, 束叩きのめし, 束の上, 束唐衣唐裳菩薩装束などの言葉, 束四束とこき進ん, 束大小を質, 束へ渡した, 束季節によっては菖蒲, 束へ返し, 束寒中の事ゆえ花屋, 束巻き師源五兵衛と所名, 束巻き師源五兵衛といや源五巻き, 束を賜わり, 束帶式にわざと, 束の, 束引っ叩いて, 束手向る易, 束打たれたら他愛も, 束投げ込んで見た, 束折って来た, 束折りとってそれ, 束押しこんだがその, 束いたが, 束持たぬうちは, 束持って来, 束持てるポマアドの, 束捨て兼ねる風情に, 束提げて井谷, 束の湯, 束擔ぐんだつてわし等口へ出し, 束棒切の尖, 束へねり込ん, 束へねり込ん, 束へほど近い, 束のもの, 束無いと思ふ, 束燃えさしの蝋燭, 束片手に油差, 束田租十五束の場合, 束の, 束稻馬に積み, 束積みたる車, 束置かれてあった, 束翁助は不眠, 束顔や, 束などが山人, 束若白髪を生やした, 束菅笠までを用意, 束藁懐炉灰蚊遣香などの荒物, 束蝋燭二十梃わき本陣様, 束のさま, 束てゆき, 束諸道は十五束, 束の材, 束つて, 束買ったらしく手に, 束という氏族, 束遠く散り映う, 束と書く, 束都合三百円の金高, 束を運ん, 束釣れば先づ日当, 束鉄筆に紫, 束鐵筆に紫, 束間神社に参詣, 束附木を並べた, 束鞍置物十疋明石干し鯛千籠, 束預けなさったことに, 束であること, 束風呂敷かけた遠路籠, 束飛びに飛ん, 束髮がきは立つ, 束髮さしの花一輪, 束髮姿には何, 束髮於後亦衣裙襦裳, 束の切身二つ三つ, 束を漁ろう