青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「杖~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~杉 杉~ 李~ ~材料 材料~ 材木~ ~村 村~ 村人~ ~杖
杖~
杜~ 束~ 条~ ~条件 条件~ ~来 来~ ~来い 来い~ ~来た

「杖~」 3539, 38ppm, 3036位

▼ 杖~ (1487, 42.0%)

142 ついて 64 持って 40 突いて 30 もって 18 立てて 16 手に 14 小脇に 12 持つて, 曳いて 11 力に 10 取って 9 頼りに 8 ひいて, 地に 7 あげて, つきながら, 突きながら, 突張って 6 とめて, 支いて, 止めて, 片手に 5 つき腰, 上げて, 振り上げて, 携えて, 携へて, 棄てた白衣

4 [14件] こわきに, たよりに, ついたまま, ふるって, 両手に, 地べたに, 持ちながら, 持ち直して, 振って, 振りかぶって, 振りながら, 振り振り, 横へ, 突き出した

3 [23件] かかえて, くらって, つかんで, つき立てて, ふりかぶって, 下に, 出した, 取り直して, 忘れて, 折って, 拾って, 持ち出して, 挙げて, 振ると, 捨てて, 提げて, 揮って, 携へ, 曳きながら, 止めた, 肩に, 衝いて, 鳴らして

2 [78件] あてた, かいこみながら, かい込み小笠, さがして, さして, そこに, そのままに, たずさえて, たてて, ちょいと, ついた, ついたなり, ついたの, ついたり, つきつき, つきつつ, つき立てながら, つき面桶, つくの, とどめて, ひッ, ふって, ふりあげて, ふりかざして, ふりまわしながら, ふり上げて, もつて, わきに, ドクトルの, 休める香取屋, 倒して, 取った, 取り上げて, 取直して, 地から, 地面に, 大きく振り, 大地について, 大輪に, 宙に, 径に, 必要と, 投げて, 抱いて, 持ったまま, 持った手, 持つと, 持てる老, 振つて, 振りまわして, 振り上げた, 振り振り街, 捨て, 握ると, 揮つて路傍の, 揮り, 斜めに, 新羅, 曳いた, 棄て, 棄てて, 此城頭に, 池の, 用ふる, 畏る, 留むるに, 留むるを, 石畳の, 突いたまま, 突っ込んで, 立て, 置いて, 聯想した, 脇挟んで, 膝に, 自分の, 荷う, 鳴らしながら

1 [730件 抜粋] あげた二挺, あげた時, あてがって, あてて, あてますと, あてること, あなたに, ある犬, うけかねて, うけて, うつそうと, おさめて, おつきに, お伴に, お光, お持たせに, お貸し, かえて, かかえたり, かざして, かたわらに, かなぐり捨て取り乱し取り乱しいま, からんから, くつて, くれる, くわないとも, ここに, こしら, こつこつ突い, こつこつ音立て, さしいれそれ, さしおいて, さしたと, さして出る, しごいた, しごきなおして, して, すて頭巾, せっせとつき立て, その家, そばに, たて, たてたま, ついたもの, ついた処, ついた娘, ついた婆様, ついた旅, ついた母, ついた者, ついた辻斬, ついた道者笠, ついてと, ついては埒, つかい馴れて, つかせるという, つかないで, つかなければ, つきそうして, つきつきいつし, つきつき万屋, つきつき衰えた歩み, つきひと, つきまいた紙, つき一月余り, つき何だか, つき古い, つき左手, つき徐ろ, つき提灯, つき歩くたび, つき背中, つき茶色, つき見るからに, つき返して, つき長い, つくこと例, つくった, つく形, つく武家す, つけば, つっ立てて, てうと, とって, とどめたの, とどめた一方, とどめた美濃近江路, とどめた道庵先生, とめ, とりあげたが, とりその, とりなおして, とり直したが, どう抱え出し, なくしたので, にぎりしめたとき, にぎりしめて, ぬきかけて, のべて, はさみ持てり, はなさず馬方, はなれて, ぱッと, ひきすすんで, ひきながら, ひく, ひく人士, ひく人影, ひけ, ひしと握っ, ひっさげた容貌立派, ひっさげ龍太郎, ひっぱりだすと, ひっ抱え小, ひゅうと, ひろつて, ひッぱたきながら浪花節, ふたたびくぐりぬけた, ふつて, ふりあげたと, ふりあげエイッ, ふりかぶるが, ふりかまえた加賀見忍剣, ふりながら, ふりふり, ふりま, ふりまわしつつ, ふりまわして, ぽんと, まっこう, まッ, もたせて, もち不動明王, もち日当たり, もち貴族街サン・ジェルマン, もつ, もてこれ, もて二匹, ゆるやかに, わきばさみ兜, わざとらしくふり, ガンと, グイと, コツコツと, コツコツ運ばせ, ゴツンと, ズシーンと, ハタと, バタリと, 一つくるり, 一つとんと, 一振り振った, 一揮りする, 一旦引い, 一本作る, 一本提げ, 一道として, 丁と小脇, 上から, 上げた, 上げると, 下さい, 下した, 両手で, 両脇, 二つ合わし, 二本合わし, 今開いた, 休ませました, 伸したこと, 使いまた, 倒したならば, 倒すこと, 借し給, 借りて, 停むること, 停めた, 停めて, 傍に, 傘入から, 兩手に, 出して, 切るの, 前に, 剣に, 力一ぱいに, 加えられ皮肉, 医院の, 半島の, 取りなおして, 取りなおすと, 取りに, 取り上げましたけれど, 取り出して, 取り心, 取り直します, 取り窓縁, 取ると, 取るや, 取易, 受けようかと, 受る, 口に, 右の, 向けて, 向けられた者, 地上に, 垂らせば, 執って, 塀の, 大事そうに, 大事に, 失ったよう, 失ひし時, 失われては, 奪うよう, 奪おうと, 奪われためくら同様, 学んだもの, 小脇へ, 小腋, 山陽の, 岩と, 左に, 左手に, 差し出して, 差し向けながら, 差入れて, 床へ, 廻はしなど, 引いて, 引かせも, 引きずって, 引きずりながら, 引き出した, 引き片, 引っ張って, 引っ張り廻すよう, 引上げながら, 引摺る, 引込めた, 当てがっ, 彼に, 後については, 忘れては, 急に, 悉く, 扉の, 手について, 手放せなかった, 打ち振つて, 打ち込んで, 打払い踏込みさまズーン, 打棄, 把り直し, 把直し, 投げた, 投げたが, 投げる, 投げるや, 投げ捨てざま, 投げ捨てて, 投げ棄て折, 投じて, 投り出し, 抜きだし表, 抜けば, 抱きて, 抱へ, 押取って, 拾いあげる, 拾い上げた, 拾い上げようと, 拾い取ると, 拾い荷物, 拾つて闇の, 持たせ玄関, 持たせ草鞋, 持たないの, 持たなかつたから, 持たぬ室内, 持ち, 持ちかえるところ, 持ちこんで, 持ちたるが, 持ちたるまま, 持ちなおしここ, 持ちなおした, 持ちなおして, 持ち來, 持ち宝冠, 持ち左手, 持ち片足, 持ち直した, 持ち素足, 持ち足, 持ったお爺さん, 持ったま, 持ったままガタガタ, 持ったまま自分, 持ったり, 持ったドクトル, 持った僧侶, 持った彼, 持った獄卒, 持った等身大, 持っての, 持ってるもの, 持つ, 持つたきり, 持つ手, 持て来い, 持とうという, 持ばかり, 持ツことを, 指して, 指の, 振った, 振りあげた, 振りかざし押ッとり囲み, 振りまわす, 振り上げたらその, 振り上げまでも, 振り上げるとは, 振り先頭, 振り回さなければ, 振り回しでも, 振り回すその, 振り担いで, 振り挙げて, 振り歌, 振り込んで, 振る度, 振廻し, 捨てた黒い, 授けて, 掉上げ, 探すため, 探りまわし初め, 握って, 握つて, 握りて, 握り片手, 握る拳, 握れば, 揮つて赤門校裡の, 揮ひ, 揮りあげた, 揮り廻し, 携えながら, 撓めて, 擔いで, 擧ぐるに, 擲ちその, 支いた妙, 支いた影, 支く, 支へる, 教えて, 敷石の, 斜について, 斬るとか, 早めながら, 曳いたの, 曳いた時, 曳き, 曳きしこと, 曳きポク, 曳き入れた, 曳き美女達, 曳くに, 曳く処, 曳く心, 曳けば, 木に, 松の, 枉げて, 棄てよと, 棒と, 楯に, 構えなおした, 槍の, 横が, 横たえながら, 横一文字に, 横手の, 橋の, 次の, 止めた上人, 求むる羊, 沙上に, 渡して, 湖面に, 玩物に, 用いて, 用ひず, 用ゐ, 町の, 留めた凾館, 留めました, 留めようと, 留め疲れたる歩み, 盗る隙, 盗んだの, 直す, 真っ向に, 眺めて, 眼にも, 砂の, 確かに, 突いたま, 突いたヨアンネス少年, 突いた祖父, 突いた老人, 突いた跡, 突いても, 突き, 突きましたところ, 突き一振り, 突き付けた, 突き入れると, 突き出したの, 突き出しました, 突き旅, 突き片手, 突き白い, 突き立てて, 突き胴中, 突き衣紋, 突き足もと, 突くこと, 突くすなわち, 突っかい, 突っ張ったまま, 突っ張り垢だらけ, 突出した, 突張つた小倉の, 突込んだ, 立つべき地さ, 立てたの, 立てたのに, 立てた弁信, 立てると, 立て間者牢, 立て頭陀袋, 素早く釜, 細君に, 縦横むじんにふりまわしてやっと, 置き砂, 羽目に, 翁が, 習び出し, 背なかへ, 胸に, 脚許へ, 腋の下から, 荒々しく振っ, 荒く支い, 落しました, 行ふと, 裂いた杖, 要しないこと, 見るたび, 見直した, 見立てて, 調練の, 貰った, 貸して, 走って, 越えてまでは, 路傍の, 踏みつけて, 蹴飛ばして, 軽く突, 返した, 送り越して, 逆さに, 逆に, 通じ老年, 造ったそして, 遣う米友, 遺したの, 部屋の, 醫院の, 鍛ひし, 闇へ, 隠した上, 離さなかった, 離れて, 青眼にとって, 非常に, 預つて, 頤に, 頭上に, 頸の, 風に, 風へ, 飛び越さなければ, 高らかに, 鼻さきへ

▼ 杖~ (414, 11.7%)

69 して 21 すがって 12 突いて, 縋って, 身を 8 すが 6 すがりながら, 縋つて 4 なって, 力を 3 しながら, すがりて, よりかかって, 扶けられ, 振返りて, 縋りながら

2 [13件] つきながら, 両手を, 倚って, 倚り, 凭れて, 凭れながら, 北の, 寄って, 手を, 打たれて, 支いて, 立てて, 縋り他

1 [216件] あごを, あたるが, あやうく支え, あるよう, いたむ身, おのずと祟られた, かかって, かかると, からんで, ここへ, ころがされなど, しあるいは, しかとすがり, しこんで, しずかに, した, したそう, したまま, したり, したり顔し, したる海老色, した儘, した扮装, した青竹, しつつ, しばりなど, し前, すがったまま, すがった不自由, すがった壮, すがった爺さん, すがってと, すがらなければ, すがらねば, すがりなどと, すがりへつぴり腰, すがり乍ら, すがり脣, すがるほどに, すがれば, すぐ迫られ, すこし歩いた, する山の神女, せるもの, たじろいだの, たのみて, たのみながら, たよ, たよって, たよりながら, だいて, ついたま, ついたまま, ついた一方, ついた高麗村, ついて, ついてる二つ, つかまって, つかまりちんば, つきそれ, つき喘ぎ喘ぎその, つき扇立, つき足駄, つくさ, つくの, つっ立った松木, どッ, なつて, なにかは, なるので, なる触角, ひょろひょろと, ひよろ, ふれるが, ぶら下がるの, また立ち上がる, まだ十六, もって, やっと足, よりながら, よろめいた, よろめいて, よろめきつつ, よろめきながら, わたりあった, サッと水, ストーブの, 一度逢い, 乗って, 今年の, 仕込んだ夜目, 仕込んだ無反, 仕込んで, 伊那丸の, 佇みながら, 佇みました, 全力を, 其の百合, 冠落ちたる, 凭りか, 凭れるやう, 切って, 初夏の, 勢いを, 古糸, 問いかけた, 変容させられる, 威信を, 寸の, 寸余も, 屈んだ腰, 差した荷物, 差して, 巻きついたよう, 巻きついて, 弱々しくデッキ, 弾き返された一本, 怖るべき, 懸つて, 払われて, 持たせて, 持って, 挿して, 掴まれ, 擬した二人, 支えて, 支かせたい, 支く, 支へ, 攻められて, 日和下駄を, 曳かれて, 本来空の, 根が, 棟を, 構へて, 横は, 次郎が, 歌を, 武器携帯者, 殺風, 比べると, 気が, 油壺を, 沿うて, 火の, 災され, 無理が, 片手づきし, 牽かれて, 目を, 眼を, 磁気が, 突いた乱髪, 突いては, 突きながら, 突き伏せられ噂, 突き着物を, 突き窓枠, 突くよう, 立ち上がった, 立ち上った, 立ち上ろうと, 立って, 立上りかけ, 笠, 笠の, 結いつけて, 結ぶ, 綻びかけた梅, 縋った手, 縋っても, 縋つて伸び上つて, 縋つて行, 縋らないと, 縋らねば, 縋りて, 縋りながらでも, 縋るまでには, 縋れ, 縋れこれ, 縛りつけようとして, 肩を, 腰を, 苦痛と, 草籠を, 蓮華の, 薄荷水を, 處し, 血と, 袋を, 見せながら, 触らうと, 触れて, 言訳ほどに, 起たんとして, 起ちあがろうと, 起んとしては, 跨って, 跨つて, 蹲んだ, 追はれ, 追立, 過ぎない, 重き頭, 鉄条でも, 降りました, 離れしよう, 離れ涙, 頤を, 頼りながら, 額を, 風を, 飛びつき息, 麻の, 默つて聽い

▼ 杖~ (376, 10.6%)

23 先に 21 先で 14 ように, 先が 8 音が 7 さきで, 上に 6 先の, 先を, 柄を 4 ような, 下に, 先には, 先は, 尖が 3 やうに, 両端を, 代りに, 先と, 先へ, 尖で, 銀の, 音, 音を, 頭に

2 [22件] あたま, おと杖の, さきが, さきに, ために, ほうが, スキーの, 信仰である, 先から, 力を, 動くが, 外に, 尖で下駄, 影を, 役も, 方へ, 柄に, 淵, 長さ, 音に, 音は, 頭を

1 [170件] あじを, あつかいも, あとに, あやしい点, おちつき, かしらに, かわりに, かわりの, ことを, さきから, さきでせ, さきを, さきを以て, さき一寸の, して, そばには, つきぶり, ところへ, とどろとど, なり行脚を, はこびを, はしを, むちを, ゆくへこそ, ようで, ようである, 一刀を, 一振, 一振りに, 一撃では, 一端に, 一端を, 上で, 上には, 上へ, 下の, 下を, 下痛める, 両端および, 両端と, 両端に, 中から, 中じゃ, 中でも, 中に, 中の, 事なども, 二つ三つを, 二つ胴に, 二本が, 代りと, 住まる, 使い方を, 倒れるやう, 偉力によって, 傍に, 先からは, 先き, 先きで出来, 先でも, 先にかけて, 先について, 先にて, 先にも, 先に従って, 先ッ, 先頭は, 冴え過, 分解を, 刑を, 刑打を, 前に, 力による, 効果が, 千変万化な, 半分を, 半分折れた, 厄を, 名で, 喜び, 型を, 如く引き摺って, 如く引き摺つて, 威力が, 威力を, 字は, 尖で壓, 尖で窓, 尖に, 尖にて, 尖には, 尖又は, 尖端から, 差配さえ, 引込んだこと, 形だ, 後から, 後首枷手枷を, 御蔭を, 心ぞ, 心まで, 必要を, 手に, 手は, 手法と, 技倆も, 折れるまでは, 持ち主が, 持ち主に, 持ち主は, 持ち合せない時, 握りに, 握りの, 携方を, 数が, 数を, 方を, 時の, 柄で, 極意を, 横行した, 気軽さ, 泥は, 清水の, 灯は, 為軽つむり, 烈しい動き, 獅子頭を, 玉を, 痛みである, 目方で, 相拍子, 瞬間だけに, 石附が, 石附の, 突端が, 突端で, 端が, 端の, 端を, 節は, 細いのに, 罰は, 罰や, 肌に, 自信を, 自由を, 芯には, 藪, 行人相良金吾, 行者が, 西側の, 話を, 赴くま, 足で, 足を, 跡の, 跡は, 部, 鉛の, 閃く如く先生, 間へ, 革ひもに, 音だけが, 音ほとほと, 音も, 音無き, 響く處妖氛人, 頭の, 魔力に

▼ 杖~ (195, 5.5%)

4 地面を 3 大地を, 床を, 打って 2 さわりました, もって, 人を, 自分の, 草を

1 [172件] あつた, かッ, きょうの, ぐんぐん湖面, ことことこと, これには, さ, さぐりながら, ささ, さわると, そいつを, そうして右手, そこい, その地点, その底, その肩, その背中, その頭, それに, それ立つ, たたき伏せて, たたくこと, たたく柳, ちょいと, ちょうど愛妻, ちょっと身, とんと地, どやしつけたもの, なぐりつけたつぎ, なぐりつけるぞ, のろわれたらどんな, はらったが, ぶたれるため, ぽんと, もつて, やったこと, アカザの, クルリと, コンコンと, サンドリヨンの, ジャックを, トントンと, ピシピシしこんだ, プラットホームの, メチャクチャに, 一人ならず, 一同を, 一撃を, 上手に, 二三度右の, 今人を, 他を, 何だか九字, 写真機の, 分けて, 利三郎を, 前の, 前後に, 叔父と, 叩いた, 叩いて, 叩き付けたり, 叩き倒そうと, 叩けば, 右に, 右手の, 土を, 地べたを, 地を, 地面に, 壁隙より, 大いに助か, 太郎堂々, 子供たちを, 字を, 実行できる, 宿屋の, 山の, 岩を, 左右の, 床板を, 店を, 引きそばめると, 彼の, 徐かに地を, 打たそう, 打たれたと, 打たれた痕, 打ち懲らす, 打ち殺されて, 打ち殺しました, 打ち殺し門, 打ち落とし老人, 打ったなどという, 打ったり, 打つので, 打てと, 打とうと, 打擲って, 押して, 指した男, 掘り出したという, 探り, 探り探り丸山家の, 探る必要, 掻き分けた, 撲たれたり, 撲ったらしかった, 撲ろうと, 支えて, 支えるに, 散策した, 敲いた, 敲いて, 敲いても, 敲き払った, 斜めに, 時々合図, 書物の, 最上等の, 杉の, 梢を, 横から, 止った, 此不恰好な, 此不格好な, 武蔵の, 歩く悪く, 歩く時ゆえ, 殴打した, 浪江を, 滑り下りる, 犬の, 犬を, 猪独活を, 珊珊を, 甲野さんの, 留めて, 砂の, 程よい処, 穿ったという, 穿り返された, 突いて, 突いてから, 窓を, 立って, 立つて, 粗末な, 繋ぎ向かい合って, 背伸びを, 胴震いの, 腰を, 腰骨を, 腹を, 茂った草, 荊棘の, 藁を, 行手を, 街道を, 見せた太刀息, 触はれば, 触れられて, 豚の, 踏み堪えた訳, 運んで, 道の, 道を, 靴の, 飛んで, 飛石を, 首根っ子を, 駕籠を

▼ 杖~ (135, 3.8%)

3 立てかけて 2 ブーンと, 一本落ち, 落ちた

1 [126件] あったな, あったもの, あつた, ありさえ, ある, あるそう, あるのみ, あるばかり, いかにも大きい, いった, いりますぢ, うまく鳩尾, おどる, かれに, かれの, こうしてかれ, ここでも, こつこつこつと, この時, ころがったのに, ころがってた, すばらしく彼, ずうんと, そなへ, それと共に, それに, だんだん自分, ちゃんと例, つきものに, どうすれ, どこに, ないの, なければ, なにか囁いた, ひとりでに地面, ひと度髯, ほしいほど, よい私の, らくに沈み込ん, クイックシルヴァにとって, スッと, タンゴを, パシリーッと, ブンと, ベッドの, ムンズと, 一方通せん坊, 一本これは, 一本風を, 万一奥様, 与えて, 二人を, 二本ある, 今にも筆者, 何かに, 何者の, 使えるよう, 依然として傘入, 傘入の, 元の, 先き, 光った, 光っては, 出来ると, 力い, 化生した, 十二本である, 右なる, 唸りを, 土間の, 夕顔の, 奇抜な, 完全に, 小さい時, 差さっ, 怪しくも, 手から, 投げだされた, 折れそう, 折れるかとばかり, 抜けギラツク刀身, 振り下ろされた, 握られて, 新らしく, 新九郎の, 早くなった, 暖かき日, 棄てて, 横へ, 汚れる野郎褌, 浮いて, 浮いてるの, 無くつちや, 生き物の, 発矢と, 發矢と, 發見された, 盗れるか, 盛られて, 石を, 石突の, 空気を, 立たないから, 立たんです, 立ちました, 立って, 立てられた, 粗朶と, 線を, 置いて, 肩を, 舞って, 芽を, 落ちつかない, 藪という, 要るの, 触れたよう, 言葉より, 輝いて, 輪を, 近年まで, 邪魔な, 震えその, 鼠を, 鼻の, 鼻へ

▼ 杖~ (132, 3.7%)

3 彼の 2 依然として傘入, 忽ち竜

1 [125件] あるけど, いまだに傘入, いまだに室, うなりを, うれしい白船老, こういうことば, こう云う, これでございましょう, しっかと握り, しらとも, せっかくの, そこから, そこに, その全部, その折, だいぶ使用, ついたが, つづけざま, つめたく彼女一人, つれなくつめたかつた, とまりました, どうしても盗れなかった, どうする, どこまでも, ないの, にぶりは, ふたたび持ちなおされ, むしろ首級, めずらしい, もうすっかり焼け, よいとして, よいもの, わが国の, フロックの, ポロリと, 一本しか, 一枚上がっ, 三本木の, 下駄同様に, 九尺の, 今では, 今年の, 佐吉が, 何かと調べ, 使って, 使用した, 倒れなかったが, 全部が, 其群飛びこし, 刀に, 動かなくなる, 勢よく, 厭だ, 咄嗟風を, 唸って, 四尺二寸の, 土地を, 地に, 夏帽の, 外に, 多少念入り, 大変益に, 太くて, 太すぎる, 失ふべからずなどと, 女と共に, 実際フィリーモン, 客間にも, 小さな男の子, 小鬢を, 居ながら, 左に, 左手に, 当てられない, 当然両断, 徒に空, 忘れられた過去, 恋に, 惜しいかな, 折れて, 持たず同じ, 持たないが, 支いたけれども, 敵の, 日本人も, 時と, 時によって, 杖と, 板敷へ, 柳の, 根に, 横なぎ, 武蔵の, 殆ん, 池の, 溢出します, 盗れッこ, 相手の, 空を, 空間を, 竹の, 竹切れ二本を, 笈に, 答える, 細かった, 絶頂に, 続けて, 自分の, 芽を, 若者の, 荷に, 菓子に, 見当らなかった, 護仏の, 軽すぎ, 道術にも, 遣られぬ, 邪魔だ, 野墓に, 銀いろ, 間に合わぬよう, 雪に, 雪の, 鞘の, 鳴った

▼ 杖~ (76, 2.1%)

2 佇む, 刀の, 包みとを, 笠, 言ふ

1 [66件] いうので, いおうか, この靴, し, した, したるいま一人, して, しながら, しまるで, し蟹, すがった事, すること, その手元, たのんで, ちがって, なる, なるもの, ぼとぼと焼痕, 一個の, 一応勝負, 一流の, 一蓋の, 並んで, 云うて, 云えば, 云ふ, 云ふと愈, 人とに, 仰有ると, 刀が, 刀とが, 同じく無くっ, 同じもの, 呼んで, 唯一つバスケツト, 小野さんの, 手ランプを, 改称した, 時計を, 杖を, 桐油とは, 構へて, 毛皮と, 涙から, 病を, 称して, 笏とを, 笠と, 結ばれぬかくして, 結ひつけた, 縄を, 縋って, 肩を, 背嚢とを, 脚絆と, 草履とを, 蝙蝠傘を, 見えても, 違って, 鉄腕の, 鉢を, 間違はれない, 関係が, 靴とを, 頼んだあの, 飛びちりさうな激し

▼ 杖~ (62, 1.8%)

4 を取っ 2 の一端, を構えた, を肩

1 [52件] から荷物, でありました, ではなく, と提灯, と荷物, にかけて眼, にしかと, に届く, に手, の手, の方, の連絡, はいつ, はてばなす, はもう, は取り, は腰, は附物, もちゃんと, よりもその, をつい, をとる, をりゅう, を七三, を中空, を二三度, を八相, を再び, を半径, を取り上げた, を取り直した, を取る, を右, を壁, を変化自在, を如法, を引, を後ろ, を手, を投げ, を投げ出し, を押, を担い, を拾い上げた, を拾い取っ, を拾い取る, を拾った, を持つ, を握る, を正式, を縦横, を荷

▼ 杖~ (46, 1.3%)

2 持って, 柱も, 棄てました, 荷物も

1 [38件] あきらかに, あまりにも, あるのに, いつしよに, いまは, おあづけ, きょうは, すべて漆黒な, その洋杖, つかずに, つかずエッチラ, ないので, なくとも, 下さず團子持つた, 下駄も, 信玄袋も, 右馬の, 實は, 常に梅, 手袋も, 打ちゃってしまえばいいのにと, 折れよと, 持たずに, 持たず腕, 持たないで, 持たない腕, 持つな, 棄てて, 私が, 突かずに, 立たないので, 竹で, 細いので, 臀を, 蛇も, 要らねえから, 見えだした, 風を

▼ 杖とも~ (37, 1.0%)

25 柱とも 2 槍とも 1 いう正月, たよって, つかず無垢, 力とも, 力ともし, 思うは, 鞭とも, 頼むよう, 頼む春日, 頼む男兄弟

▼ 杖について~ (17, 0.5%)

1 [17件] いました, それに, ひょろひょろひょろひょろと, よたよたと, よろよろよろよろと, 吉村に, 喘ぎ喘ぎそろそろ, 居るので, 左膳やにわに, 暗い戸外, 来た金剛杖, 毎晩五条の, 水中の, 水音の, 海松色の, 立って, 行列の

▼ 杖つき~ (15, 0.4%)

2 て, て渡る

1 [11件] たり, つつ前, て下山, て出, て半, て沈める, て萩, て行く, ながらなお, ながら松林, のの字

▼ 杖つい~ (14, 0.4%)

1 [14件] ていた, ている, てなんでも, てゆく, て八方, て出, て右手, て富士, て左, て弥次さん喜多さん, て湯の花澤, て片足かわり, て胎内竇, て重

▼ 杖~ (13, 0.4%)

4 て歩かれた 2 て立つ 1 て一着, て岩角, て来た, て歩いた, て立っ, て草昧, て頼め

▼ 杖にも~ (13, 0.4%)

2 たれて

1 [11件] しっかりと, たれながら, たれもたれつ, たれ百姓男, のべ鉄, 劣る, 及ぶまいな, 恥かしい, 柱にも, 立って, 紙が

▼ 杖から~ (12, 0.3%)

1 [12件] まといに, モチの, 出たかも, 彼の, 技へ, 汗ばんだ白い, 湧いて, 焔が, 私が, 逃れるやう, 音なく, 風を

▼ 杖とを~ (12, 0.3%)

1 [12件] もつて, 取った, 取って, 取りに, 受取り我が, 投げつけるが, 持たない代り, 持ちて, 持った三十四, 持って, 置いて, 置き一つ

▼ 杖~ (11, 0.3%)

1 [11件] エルナニの, 変りはてた甚七, 棒や, 棹を, 椿の, 窪地や, 聖書の, 草鞋お, 被衣を, 足蹴の, 銃や

▼ 杖という~ (10, 0.3%)

1 のと, のは, のも, ものが, ものは, 体で, 字に, 微塵も, 杖の, 物騒な

▼ 杖一百~ (9, 0.3%)

4 に處 1 であります, で凡人, としてやや, と定めた, の處分

▼ 杖~ (9, 0.3%)

1 とたのん, ともゆかない, とも思う, とも頼み, と取りすがる, と頼ん, のやう, やがては, を失っ

▼ 杖でも~ (8, 0.2%)

2 ついて 1 ちょいと, つくか, 持ちゃあがって, 持って, 曳いて, 残して

▼ 杖として~ (8, 0.2%)

2 その内 1 よろめく足, 手頸から, 歩行する, 添えるの, 立ち刻々, 飛石伝いに

▼ 杖なし~ (8, 0.2%)

1 でさっさと, でやっと, で崖, で廊下, で歩くよう, で自由, で飛ぶ, 大丈夫かねえ

▼ 杖にて~ (8, 0.2%)

1 とぐろを, わかきもの, 其の乗り, 多くの, 撃ちて, 牛を, 足を, 追いて

▼ 杖~ (8, 0.2%)

1 だ, ならびに拳法, にはとても, の先生, の型, の始祖, の存在, を自ら夢想流

▼ 杖には~ (7, 0.2%)

1 おそろしく老女, 一応の, 似合わないだけ, 根が, 鍔が, 長く天秤棒, 魔法が

▼ 杖もて~ (7, 0.2%)

1 その首, 庭石打ち叩きつ, 敷石を, 横の, 無罪無害の, 片手突に, 絵解する

▼ 杖~ (7, 0.2%)

2 がない 1 がつい, に銭, の錢, もない, を執っ

▼ 杖~ (6, 0.2%)

1 して, ずして, 一管の, 何か, 何かで, 棒か

▼ 杖がわり~ (6, 0.2%)

1 にし, につい, に持っ, の洋傘, の粗末, の繻子張

▼ 杖を以て~ (6, 0.2%)

1 お蝶, 上座した, 前へ, 徒に, 手向い立を, 長順を

▼ 杖~ (5, 0.1%)

1 からいくら, か鞭, そうだ, とかいうよう, よ

▼ 杖では~ (5, 0.1%)

1 ないかも, ない杖槍, なくて, 軽すぎる, 間に合わない

▼ 杖とは~ (5, 0.1%)

1 いうが, いえ打つ力, みえない, 異る, 違って

▼ 杖などを~ (5, 0.1%)

2 持って, 突いて 1 貰って

▼ 杖によ~ (5, 0.1%)

1 つてあらわれた, つて市の, つて成つたと, つて歩き, つて道を

▼ 杖びと~ (5, 0.1%)

5 は心から

▼ 杖~ (5, 0.1%)

1 拾ッテ縋, 曳イタコトハアルガコレデモ大, 曳イテ主, 森岩ニ与, 銀座街ニ曳ク

▼ 杖つく~ (4, 0.1%)

2 村老 1 ことに, じいさんまでも

▼ 杖とか~ (4, 0.1%)

1 あるいは鉄, 刀とか, 少しの, 笛を

▼ 杖などが~ (4, 0.1%)

1 あつた, その陰, 茂りに, 要るもの

▼ 杖~ (4, 0.1%)

1 シッカリと, 縄が, 載せる程, 飛び移つた

▼ 杖まで~ (4, 0.1%)

1 忘れずに, 戸惑いして, 突いて, 門口に

▼ 杖一本~ (4, 0.1%)

1 が命, で沢山, で箱, は携え

▼ 杖八十~ (4, 0.1%)

1 といふ風, に相, に處, を加え

▼ 杖~ (4, 0.1%)

1 だけを執行, でお, に處, は叩く

▼ 杖~ (4, 0.1%)

1 というの, に服し, に服しまする, に服する

▼ 杖~ (4, 0.1%)

2 を棄て 1 など両手, を置く

▼ 杖~ (4, 0.1%)

1 とも, と書く, の姿, の民

▼ 杖~ (3, 0.1%)

1 て弁士, 下手の, 腹立し

▼ 杖さえ~ (3, 0.1%)

1 できて, 手持無沙汰な, 見えなかった

▼ 杖その~ (3, 0.1%)

1 上へ, 戒刀は, 身ご

▼ 杖ついた~ (3, 0.1%)

1 不動の, 洋傘と, 身の

▼ 杖である~ (3, 0.1%)

1 ことなど, という, ような

▼ 杖とが~ (3, 0.1%)

1 手に, 盾と, 置いて

▼ 杖など~ (3, 0.1%)

1 すくなからぬ, もちて, 伐って

▼ 杖みたい~ (3, 0.1%)

2 なもの 1 な棒

▼ 杖より~ (3, 0.1%)

1 柱より, 逞しく四尺あまり, 龍太郎の

▼ 杖をも~ (3, 0.1%)

1 こめて, 二つの, 取りおとしつ

▼ 杖~ (3, 0.1%)

1 の古い, の研究会, の稽古場

▼ 杖突い~ (3, 0.1%)

1 ている, てこちら, て百年

▼ 杖立て清水~ (3, 0.1%)

1 とよく, に似, をもって百姓

▼ 杖あげ~ (2, 0.1%)

2

▼ 杖こそ~ (2, 0.1%)

1 孫悟空の, 突かぬが

▼ 杖さえも~ (2, 0.1%)

1 切落せぬ, 持って

▼ 杖だけが~ (2, 0.1%)

1 立てかけて, 頼春水の

▼ 杖だけを~ (2, 0.1%)

1 うんと捕まえた, 求め床几

▼ 杖づい~ (2, 0.1%)

1 て志士, て歩き出した

▼ 杖づいた~ (2, 0.1%)

1 銃の, 長刀の

▼ 杖といふ~ (2, 0.1%)

1 ところ, のは

▼ 杖とり犇~ (2, 0.1%)

2 とうつ

▼ 杖~ (2, 0.1%)

1 ざ無く, の

▼ 杖なぞを~ (2, 0.1%)

1 削りながら, 手に

▼ 杖などは~ (2, 0.1%)

1 最もみじめ, 杖としての

▼ 杖なり~ (2, 0.1%)

1 笞なりを, 蝙蝠傘なりを

▼ 杖なんか~ (2, 0.1%)

1 もって, 持って

▼ 杖にとり~ (2, 0.1%)

2 縋り跛

▼ 杖によって~ (2, 0.1%)

1 支えられた足, 隠されたる原因

▼ 杖よりも~ (2, 0.1%)

1 上手に, 重き思い

▼ 杖をば~ (2, 0.1%)

1 汝先づ跳り, 船頭が

▼ 杖~ (2, 0.1%)

1 として一夜, となる

▼ 杖六十~ (2, 0.1%)

2 に處

▼ 杖大夫~ (2, 0.1%)

1 の伝, の奉った

▼ 杖~ (2, 0.1%)

2 の洋傘

▼ 杖~ (2, 0.1%)

1 流すべし更に, 流死

▼ 杖持ち~ (2, 0.1%)

2 恐怖ながら

▼ 杖曳いた~ (2, 0.1%)

1 ことが, 砌り

▼ 杖洋傘~ (2, 0.1%)

1 などいろ, も一束

▼ 杖洋杖~ (2, 0.1%)

1 です, と云え

▼ 杖珠院~ (2, 0.1%)

1 にも里見氏, に里見氏

▼ 杖~ (2, 0.1%)

1 で放逐, ということ

▼ 杖蝙蝠傘~ (2, 0.1%)

1 などを買っ, をとおし

▼ 杖重く~ (2, 0.1%)

2 番の

▼1* [185件]

いた商人体の, 杖いてる雪江さんの, 杖いよいよ必需品と, 杖いらず眼自慢の, 杖かろく番の, 杖きたまえる矛, 杖ぐらいなら進ぜようとも, 杖ぐらいのもので, 杖ける矛を, 杖しに, 杖さす宿の, 杖てとをり侍る, 杖しずかに乗り, 杖した盤珪禅師は, 杖じゃねえん, 杖すなわち鹿の, 杖すらもない, 杖その他一月前にアンブロン, 杖たちまち跳り出, 杖だけ隱居に, 杖だったねえ, 杖だの試験紙だの, 杖ってどんな洋杖, 杖かな座敷, 杖つきえなば旅, 杖つきもろともに, 杖つき峠の山中, 杖つき片手に緋, 杖つき負傷者をかばっ, 杖づくように, 杖づくりの洋傘, 杖しに, 杖ててまさかもう撞木杖, 杖であり又同時に, 杖でさえ不可ねえ, 杖でしょうからそうなると, 杖ですのね, 杖でなくてはならない, 杖としての珍しい用途, 杖とて正月に, 杖とに乗せて, 杖とによって統一された, 杖とのこんな場合, 杖ともしてそれ, 杖とりどりに, 杖と共に真直に, 杖なげ捨てていそがしく, 杖なぞ持つてたら窄, 杖などであばいて, 杖なども離して, 杖なむなむの媼, 杖なら出来ますか, 杖なる年老いたる親御も, 杖なれより木, 杖なんぞ突いて, 杖にあたって二三人は, 杖におけるが如し, 杖にかけて手拭で, 杖にだけは手ひどい目, 杖についても防ぎに, 杖になつてもらふ, 杖により壁にも, 杖に対する観念が, 杖に迄進化した, 杖ばかり残るであろう, 杖ばかりのようでした, 杖ひき出づる力なし, 杖ひくうち葉柊に, 杖ふりて燃, 杖ふりあげながら笑止, 杖ふり上げて丁と, 杖ほど歩いて, 杖ほどの棒を, 杖ほどもある藁すべ, 杖またどうぞという, 杖までがザラつく, 杖までも自分で, 杖もって十日, 杖やらかいがいしい出立ち, 杖どちらへ, 杖らしいものを, 杖をとつて先に, 杖をな唇へ, 杖を通して上へ, 杖カラリッと虚空, 杖ヒュッと虚空, 杖ヤエルがシセラ, 杖ヲモッテ一死野狐ヲ挑出シ, 杖一つもたず柔順, 杖一つ鞋に岩角, 杖一本手に持っ, 杖一歩かえって向う, 杖一百徒三年と改めて, 杖一笠のす, 杖一笠しずかに自然, 杖一鉢に法捨, 杖一鉢常の如く都, 杖杖半分ぐらいの, 杖実際所見, 杖の酒, 杖九十に處, 杖九十從弟妹ならば, 杖五十の刑, 杖五銭位のハンカチ, 杖仕込みの刀, 杖代りの娘, 杖てがたりびしりと, 杖以上の罪, 杖何十かに處せられます, 杖の先, 杖に第, 杖先生から出来る, 杖全国の名所寺社, 杖づきでここ, 杖短い形, 杖刑徒刑流刑死刑の五刑, 杖半分ぐらいの時代, 杖の手首, 杖同時に七八名の, 杖奥様持ちて, 杖も乗, 杖履日用諸雑品, 杖幸ニ諸君の無異, 杖戟相撞くの勢い, 杖手袋懐中鏡等あり, 杖払いの声, 杖折れしがに, 杖折戸を立出づる, 杖持ちたる男冷笑ひ, 杖持つ手に, 杖持てる我が手首, 杖指南役の優婆塞聖護院印可覚明, 杖振って駈け出しました, 杖振り上げ鉄の, 杖掛声が, 杖を加へた, 杖き船頭, 杖数百騎弔華放鳥贄の羊, 杖敲かれて両, 杖數百を加, 杖ならモリエール, 杖曳くことが, 杖東京まで持っ, 杖をいふ, 杖殺され狗熊の, 杖殺された又は斬殺, 杖殺した一件である, 杖殺するのが, 杖訊究獄訟不, 杖を点じ, 杖無くてもありぬべき, 杖無しには一二町, 杖片手に鈴, 杖瓦石の難, 杖百七を加, 杖百打を加える, 杖相用之願, 杖矛威を擧げ, 杖石楠花の木, 杖破笠の孤高, 杖突きながらよろめきよろめき, 杖突く身とな, 杖を吹い, 杖のなか, 杖を用意, 杖等いろいろの施工, 杖いての, 杖素足に古い, 杖美しく柄が, 杖菅笠を片手, 杖蝙蝠傘藤いろ革, 杖蝙蝠傘麦藁帽などがかなり, 杖術師範鈴木先生に型, 杖衝坂といいます, 杖評判でさあ, 杖護謨靴という才子肌, 杖には赤靴, 杖軽げに右手, 杖運びて果す, 杖部一家丈部三家を録, 杖部造等によって統率, 杖部郷または丈部郷, 杖響時疑君出来, 杖になつ, 杖鼓磬チャルメラ鉄鼓と無闇