青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「村人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~机 机~ ~杉 杉~ 李~ ~材料 材料~ 材木~ ~村 村~
村人~
~杖 杖~ 杜~ 束~ 条~ ~条件 条件~ ~来 来~ ~来い

「村人~」 1023, 11ppm, 9806位

▼ 村人~ (254, 24.8%)

9 中には 5 中に 4 ために, 心を, 目に, 間に 3 一人が, 上に, 為に, 話では

2 [18件] うちには, 一行と, 仇敵に, 信用を, 健康, 反感を, 喜悦は, 多くが, 多くは, 家に, 心に, 戸數が, 手に, 涙を, 生活を, 眼に, 表現, 近よらぬ

1 [176件] あいだに, あいだには, いくたりかが, いやがる職務, おにの, こころから, すべてに, すべての, ところへは, とどむるも, なかで, なかには, ひとりである, ふところへ, ほふかいな嫉妬表示, ほめもの, ような, トラホームを, 一人あわただしく, 一人は, 一人も, 一揆と, 一致した, 中では, 中でも, 中女及び, 亡霊の, 仕業では, 代も, 会するある, 会話の, 会話を, 伝えは, 伝統的な, 信仰が, 信仰は, 信心あつい, 俤が, 六矢来の, 出こぞつた前, 列の, 前へ, 協力を, 厚意には, 厚意によ, 厚意により, 口々に, 口に, 口の, 同情を, 呟きと, 哀れさを, 喰ひ, 噂いや, 噂から, 噂に, 噂の, 噂は, 噂も, 噂話や, 圍ふ, 声も, 多数は, 好評を, 如く全体, 妻に, 姿を, 家でも, 家を, 寺に, 居合わす, 布施で, 帰った後, 平穏無事で, 後生の, 心が, 心底から, 心持ちは, 心持は, 心痛は, 心配には, 思いは, 恨みを, 悉くに, 意見が, 憤りを, 成年戒を, 手で, 手を, 拝を, 擧ぐる叫びが, 数の, 數だけの, 方から, 方へ, 方を, 最も忙しい, 最も敬虔, 最後の, 末でも, 植ゑ残した, 楽しみは, 気に, 気受に, 氣に, 永住の, 混み合って, 温情も, 生活が, 生活の, 生活は, 生活よりも, 用を, 疑いを, 目にさえ, 真剣な, 眼には, 眼は, 眼を, 知つた, 知識範囲に, 笑い話の, 答うる, 答弁が, 節義は, 素気ない, 群れに, 群集し, 群集する, 老幼男女が, 考へて, 耳に, 耳には, 育う, 胸に, 自慢話にも, 血を, 行列を, 行動に, 表現を, 被る狸, 要求ど, 要求通りの, 親切さに対して, 言い伝えには, 言に, 言葉, 証言によって, 評判であった, 評判は, 話だ, 話であった, 話題にな, 語り草に, 誰かれ, 誰にも, 誰れ, 誰彼が, 誰彼を, 諒解と, 謂ふ, 買い物は, 迫害は, 這入つて, 通は, 遊び場所と, 遊び心を, 間から, 集つて居る, 頭脳に, 顔色を, 風評に, 餞別を, 骸が, 魂の, 魂へ

▼ 村人~ (174, 17.0%)

3 口々に 2 夜の, 朝, 言った, 非常に

1 [163件] あやういところ, あれは, あんな悲慘事, いいましたが, いずれも, いち早く駆けつけた, いって, おこるでしょう, おたがいにいいたい, お花, かつては, がっかりし, きっと化物, きまったよう, くもの, ぐっすり寝込ん, こうらと, こぞって追風, こぞつて丘, こぞつて神楽用, この一家, この一言, この古城, この屋敷, この老爺, この青空, こやつ, これを, こわがって, ごくり, すぐに, そういっ, そのくらいの, その時, その様子, その秘伝, それを, た, ただ己がじし, ただ町, ついにこれ, つまらない買物, どうした, どうせあい, どちらかと, なおぐずつい, ぼんやり突立, みさき, みんな見送った, むこう向, もちろん旅, ようやくこの, よくここ, よく親父, わざわざまわり道, わざわざ衣服, わずかな, われ先にと, ナガレ目が, ホールや, 一つの, 一体どんな, 一年以来この, 一斉に, 一日に, 一生懸命に, 一種異様の, 久さんで無い, 二人の, 今始め, 他国に, 何人だろう, 余り気, 信じて, 傍らで, 先ず沢山, 冬の, 初めて海, 判断した, 博士の, 博士を, 却て, 唇辺を, 噂し, 噂し出した, 多勢寄り集まっ, 大抵廻避, 奴の, 寄り合って, 尾類, 山へは, 山麓と, 彼に, 彼の, 彼女が, 彼等の, 心得て, 悲しみました, 憐んで, 或は彼, 手を, 押えて, 拍子ぬけ, 敬礼し, 昔から, 是を, 昼寝を, 時々, 時どき夜, 村始まっ, 栄え夜, 根気よく, 森の, 橋が, 次第に数, 此まれびとの, 死罪という, 残らず土小舎, 水を, 無事に, 父を, 父親の, 猟師の, 甲斐ない, 畏が, 畑から, 皆ヒュー, 皆午睡の, 皆彼が, 皆恐れ, 皺の, 盆を, 目を, 相変らず寄りつきません, 知った, 神である, 私の, 突きつけられた香箱, 笑い出すの, 総出に, 翌日枯草の, 老も, 老人を, 老幼男女のこらず, 自分たちは, 自分に, 自分の, 薄ら寒い夕べ, 血走つた眼, 見つけた, 誰でも, 誰も, 赤星重右を, 趙七爺が, 遠ざかって, 野を, 集まって, 雨天体操場に, 饒舌り立つ, 馬鹿七の, 馴れきつて, 騒ぎたてた, 黙っては

▼ 村人たち~ (124, 12.1%)

3 のため, の生活 2 からあらぬ, と同じ, の心, は, はそれ, は彼

1 [106件] から尊敬, から親しみ, から難なく, があつまっ, がいつ, がいつも, がさ, がそんな, がほん, がよく, が名残, が呟くで, が嗤, が大学, が巡礼, が念仏講, が感謝, が来, が現場, が負担, だって彼等, とともに飲み明かされた, にこの, にしてやる, にとっては腹, にはいろいろ, には今, には怪しい, には聞えた, にむかっ, にも会釈, にも忘れられ, に対しては自分, に対して言っ, に混, に説い, に違, のかまびすしい, のさわぎ, のなか, の信じ, の公認, の出, の前, の方, の注目, の生まれながら, の生活條件, の耳, の話題, の迫害, の陰部, はいくらか, はうっかり, はかう思ひました, はかれ, はこの, はこわ, はこわがっ, はさ, はしばしば, はその, はそれら, はたいてい, はだんだん, はなが, はまさに, はみ, はみな晴着, はみな起, はみんなランプ, はもう, はよる, はゲリラ, は何, は博士, は声, は夕ぐれ時, は大方, は市日, は強盗, は彼女, は教会, は朝, は林平, は沢山, は眼, は笠, は赤ん坊, は配達人, は野, は雪, は顔, は高, は鳥右ヱ門, への礼心, もこの, もその, もだれ, もまた, もみな眼, も地主, も眠り, よ, よお前達, をごまかし

▼ 村人~ (105, 10.3%)

3 呼ぶ 2 すべてさ, 一家の, 来ても, 見て, 集まって

1 [92件] あつた, あまり値段, いぶかしそう, うつかり, お前さんは, かつて聞かざる, かわりがわりに, ききつけて, こう云っ, この屋敷, この石, この近, これを, こんなこと, さがしに, さっぱり交際, しんぱいし, すべてさう, すべてそう, そう信じ, そのこと, それと, たくさん集っ, なかばは, ばたばたと, ひき続き旧物, びっくりした, まだ騒がしい, やって来るの, よんで, 一人で, 一致し, 三三五五それらの, 三人五人と, 五郎八茶碗に, 今二宮, 代り番に, 何回足を, 作ったもの, 侮辱乃至, 光遠, 其生活法を, 再び驚異, 同情し, 土を, 大勢で, 寄り集, 庭いっぱいに, 彼女の, 後から, 怪しんで, 悄然として, 感じた火葬場, 挨拶した, 探しに, 数人呼び集められました, 旅先で, 村の, 来るので, 歳神迎へに, 気味を, 永追い, 涌き立つ海上, 淵の, 源平に, 炭焼きに, 無作法だ, 獣を, 相談し, 神の, 私達を, 称へて, 総出で, 総出の, 縄で, 蔭で, 行過ぎしな, 言葉を, 訪問し, 誰ひとり, 追, 逃げるとき, 逃げるよう, 通り合わせ, 通る, 集って, 餅を, 駆けつけた時, 騒ぎ出したの, 騒ぎ出してっきり, 驚いたが, 鬼やらいに

▼ 村人~ (73, 7.1%)

2 来る疫病, 聞くと, 臨んだの

1 [67件] あいさつも, いちぶし, いわせると, えっさ, かかっては, たずねると, つたわって, とつて, なんとなく安, まかせて, もらしたところ, 人気が, 会って, 伝へないで, 伝授を, 何の, 信心された, 出会った, 出遇っても, 分ったこと, 判ろう筈, 前日くれた, 十円ずつ, 可愛がられない代わり, 向かっては, 向っては, 堪え忍び難き, 害を, 尊敬を, 山の, 峠の, 心配を, 怖れられ, 思わせたと, 愛されて, 担がれ湖水, 捕えられて, 案内され, 此象徴を, 浸潤し, 狙は, 狙われるの, 知らすサイレン, 知らせたと, 知らせようと, 知らせるの, 禮を, 立てられた夫, 立てられて, 考えられて, 聞いたは, 聞いて, 衆望の, 見つけられて, 見て, 親しみが, 親み, 訊けば, 訊ねられても, 話すと, 説教を, 謝礼しつ, 質すと, 送られる出征兵, 遇ふ, 運ばれて, 金が

▼ 村人~ (62, 6.1%)

4 の前 2 でしたから, はそれ, はまた, は何

1 [50件] から怨まれたら, から最も, から遐, が, がかつい, がその, が七福神, が大井子, が悩み始める, が武助さん, が起き, であつ, との世話, にとり囲, にはたとえ, に卑しめられる, に宣言, に看とられ, に追われ, のクラブ, の五六尾, の困った, の生活, の目, は, はいつも, はかわりがわり庄造, はこの, はせめて, はそれら, はもう, は一人, は光, は吾, は大, は家, は帰つて, は弾三郎, は心配, は思はず, は悲しみました, は昨晩, は時, は私達, は言いました, は語り伝え, は軽, へ余り親しみ, をし, を驚かし

▼ 村人~ (37, 3.6%)

2 一列に, 相手に

1 [33件] あわや轢き, して, なぐりたおしてあばれまわったというのか, アッと, 乗せて, 伴って, 催して, 加えて, 呼びあつめて, 呼んだ, 寛大な, 引見し, 悲しませて, 捕えたの, 斬った, 暴流が, 狐の, 狩り集め夜, 狩集め, 神慮の, 童子と, 脅す家, 説得し, 警戒し, 趣味を, 集めて, 雇って, 驚かしたが, 驚かしたこと, 驚かし一八九七年, 驚かすこと, 驚かすに, 黒山の

▼ 村人~ (26, 2.5%)

1 [26件] これを, そういっ, それとなく気がつい, またこれ, また瓢箪, もうあかん, もちろん今, 一種の, 事情を, 八九軒, 加わり怪しい, 各々の, 墓地を, 多かつ, 大概その, 寝ては, 底を, 往来も, 此秘密の, 熊の, 皆訪い来たれり, 神主の, 訪い来ざれば, 金廻りが, 集まって, 非常に

▼ 村人~ (14, 1.4%)

1 [14件] いかなること, かつためらい, にその, に気付かれぬ, の反感, はその, は全く, は折々, は海, は自分, また退る, もはじめて, も引入れられ, も異口同音

▼ 村人から~ (13, 1.3%)

1 [13件] はこはがられる, もう三つ, 事情を, 兄弟の, 取扱はれ, 受けたり, 受けた仕打ち, 歓迎せられ, 相当の, 神様の, 聞かされたの, 見られて, 貴ばせようと

▼ 村人~ (8, 0.8%)

1 がまことに, の反感, の話頭, は声高, は女, は已に, は春, は最後

▼ 村人~ (7, 0.7%)

1 交渉深い, 合同し, 変りない, 見て, 話を, 追いつ追われつして, 酒宴を

▼ 村人~ (7, 0.7%)

1 いけない子供達, 人足たちの, 教え子が, 教え子に, 警官等で, 造船所の, 遊人の

▼ 村人ども~ (6, 0.6%)

1 が春, が高, の挨拶, の素朴, はまた, は皆名義

▼ 村人には~ (4, 0.4%)

1 その大地, 殆ど恩人の, 珍しいよう, 知らせない方

▼ 村人にも~ (4, 0.4%)

1 そんな噂, 会わなくなった, 反映し, 正造にも

▼ 村人からも~ (3, 0.3%)

1 あれは, 忘れられたよう, 羨まるるほど

▼ 村人としての~ (3, 0.3%)

1 性格との, 権利や, 生活百姓女としての

▼ 村人との~ (3, 0.3%)

1 相嘗, 間に, 間の

▼ 村人とは~ (3, 0.3%)

1 大分親しく, 絶えて, 言葉を

▼ 村人全体~ (3, 0.3%)

1 に割れ, の相談, の顔馴染

▼ 村人自身~ (3, 0.3%)

1 がする, にならなけれ, の記した

▼ 村人だけが~ (2, 0.2%)

1 真価を, 知って

▼ 村人だった~ (2, 0.2%)

1 のである, のであろう

▼ 村人~ (2, 0.2%)

2 あつた

▼ 村人では~ (2, 0.2%)

1 あったが, たまたま山仕事

▼ 村人として~ (2, 0.2%)

1 存在し, 私共より

▼ 村人と共に~ (2, 0.2%)

1 ひどい取調べ, 代官所に

▼ 村人にと~ (2, 0.2%)

2 つては

▼ 村人にとって~ (2, 0.2%)

1 これは, ものを

▼ 村人にとっては~ (2, 0.2%)

1 あくまでもよそ者, その方

▼ 村人によって~ (2, 0.2%)

1 念流が, 生活の

▼ 村人~ (2, 0.2%)

1 を仰ぐ, を敬する

▼ 村人二人~ (2, 0.2%)

1 から話しかけられ, と話し

▼ 村人勘五郎~ (2, 0.2%)

1 が案内, 慌しく入っ

▼ 村人村童~ (2, 0.2%)

1 から忠臣蔵, の注視

▼ 村人~ (2, 0.2%)

1 かねて無頼, が扮

▼1* [57件]

村人からまでスツカリうたが, 村人ことに女房, 村人この日兎を, 村人へまだ, 村人さえ既に忘れ, 村人すべての前, 村人たち口々に打ち消す, 村人たち水を打った, 村人たち縁側にも庭, 村人から尾ヒレ, 村人でなくてもこんな, 村人とともに木の, 村人とに挨拶を, 村人ともあまりそういう, 村人とを護って, 村人なぞも現れそういう, 村人などは博士と, 村人なみに旧, 村人にてしかも阿, 村人ばかりでは, 村人彼女は, 村人まだ覚めぬ水, 村人までが正季の, 村人までにひどく愛敬, 村人里人よ, 村人よりの役料も, 村人らしいのを, 村人ら皆憑らる, 村人ら立騒ぐ, 村人一同は小学校, 村人一帯に流れ, 村人七八止める, 村人上人を相, 村人に, 村人二三人を呼び止め, 村人以外の者, 村人何某という者, 村人の教え, 村人が淨瑠璃, 村人包囲して, 村人古銭など持ち来り, 村人同士がお, 村人同志が境内, 村人多く疑う, 村人多数のとも, 村人大勢とともに馬, 村人市民がこれ, 村人數多來れども, 村人方便して, 村人時代の顔容, 村人村童たちは村芝居, 村人んど, 村人海上の難, 村人甲斐に馬鈴薯百貫, 村人総出の騒ぎ, 村人来す, 村人自身行ふ処