青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「村~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

朱~ ~机 机~ ~杉 杉~ 李~ ~材料 材料~ 材木~ ~村
村~
村人~ ~杖 杖~ 杜~ 束~ 条~ ~条件 条件~ ~来 来~

「村~」 25718, 278ppm, 346位

▼ 村~ (9335, 36.3%)

110 人達は 103 方へ 102 人々は 97 人たちは 96 人は 82 人が 78 者は 62 者が 55 人に 45 人の 40 人達が 39 方に 37 人々が 36 ために, 者の 31 人々の 30 方を 29 人たちが 27 中を 24 中に 23 人たちの, 者に, 若い者 22 者で, 者も 21 顔を 20 人も 19 人達の, 若者が 18 ものは, 方から 17 人たちも, 人達に, 衆に 16 ほうへ, 娘が, 小学校の, 百姓の 15 おじさん, 人々に, 人から, 人たちに, 人を 14 子供たちが

13 [11件] ことを, はづれ, ものが, 中の, 人々を, 入口の, 名を, 家に, 者と, 衆が, 連中は

12 上に, 中へ, 人で, 入口に, 子供を, 者を, 道を, 鎮守の

11 女の, 子供が, 子供たちは, 子供の, 子供達は, 男が, 男は, 衆の, 青年が

10 ものの, 人々も, 娘の, 子供は, 家の, 話を

9 [16件] はずれに, 上を, 中で, 人達も, 住民の, 娘を, 家へ, 小学校に, 小學校, 役場に, 或る, 手を, 次郎, 生活に, 若者の, 衆は

8 [12件] ひとたちの, 人たちを, 人と, 子供たちを, 山の, 方で, 様子を, 猪之, 腕を, 藤原家の, 近くに, 青年の

7 [17件] ところへ, はずれまで, ひとたちは, ものを, 人たちと, 何某という, 入口で, 前に, 名も, 子供に, 方へと, 生活を, 私の, 端れ, 藤原の, 駐在所に, 駐在所の

6 [34件] お寺の, ことは, 万福寺の, 人々から, 人には, 住民は, 名が, 声は, 娘たちは, 子供達が, 小学校では, 小学校を, 少年が, 巡査が, 往還を, 御隠, 有志が, 村長が, 次郎は, 生れで, 生活の, 男, 男の, 目に, 端に, 背後の, 若いもの, 若い衆が, 街道を, 言葉に, 近くの, 青年たちが, 頭の, 顔は

5 [49件] あるところ, いうこと, お祭り, ことで, なかを, 中にも, 中は, 中央の, 人びとの, 人や, 人達を, 入り口に, 別々に, 医者が, 南の, 名で, 名の, 名は, 噂に, 声が, 女が, 姿を, 娘で, 娘に, 子供と, 子供らが, 学校に, 家々の, 家が, 家を, 居酒屋の, 居酒屋へ, 方角へ, 旧家で, 月夜, 木立の, 村長の, 発展は, 百姓が, 百姓は, 百姓達は, 祭りに, 肩を, 背後に, 衆も, 農家の, 連中に, 青年に, 風に

4 [75件] いうとおり, うちで, ことが, ことです, すべての, はずれの, ひとたちを, ものに, デパートで, 上の, 下に, 中には, 人々には, 人たちから, 人だ, 人では, 人びとは, 伊太夫の, 入り口の, 入口から, 入口へ, 入口まで, 南に, 名と, 名に, 君主の, 善良な, 地主の, 境の, 外に, 外へ, 外れに, 奥の, 姿が, 娘たちの, 子が, 子どもが, 子供らの, 子供らは, 学校の, 家々を, 宿屋の, 小学校へ, 往来を, 教会の, 方は, 昔の, 村長は, 村長を, 東の, 次郎が, 水車小屋の, 漁師の, 燈火が, 男女の, 百姓を, 相当の, 神の, 祭の, 者から, 者だ, 若者に, 街道に, 西の, 言葉は, 言葉を, 話に, 誰かが, 身体を, 郵便局へ, 長の, 間を, 附近に, 青年たちは, 青年達が

3 [173件] あちこちに, うしろに, うしろの, おしの, おじさんの, ことばが, そばへ, そばを, ためには, とっつきの, なかでは, ぬきや, ものには, ように, バルブレンの, 上空を, 中から, 中でも, 中央に, 中程まで, 中萩原とて, 主だ, 二三の, 二人の, 人々や, 人たちである, 人たちには, 人であった, 人との, 人家が, 人家の, 人達と, 人間を, 佐々木助, 体は, 先生が, 先生は, 入口には, 入口らしい, 内では, 出身で, 力を, 北に, 叔母さんが, 口から, 古墳の, 司祭, 名主の, 名前を, 命は, 噂を, 地で, 境に, 墓地の, 外には, 外の, 女たちが, 女たちの, 娘, 娘たちが, 娘や, 子を, 子供, 子供たちと, 子供たちの, 学校へ, 學校に, 學校の, 家, 家々では, 家々に, 家で, 富農の, 小学校で, 小旦那, 居酒屋で, 山へ, 山中に, 年より, 広場に, 庄屋の, 庄屋は, 役場の, 心を, 手から, 手に, 手には, 方が, 方の, 方まで, 方角を, 旧家の, 旧族, 昔からの, 普通の, 景色を, 書上には, 有力者の, 村長たる, 東に, 林の, 梅を, 横顔を, 次郎という, 歴史, 歴史が, 歴史を, 母の, 沖に, 浜へ, 海岸に, 火は, 灯火が, 為に, 物笑ひ, 生活は, 男と, 男に, 男や, 百姓たちは, 百姓と, 百姓家で, 目には, 目は, 真中に, 社の, 老人の, 者あ, 者か, 者たちは, 者である, 者へ, 者らしい, 胸に, 若い人たち, 若い者たち, 若い衆の, 若い衆は, 若い衆や, 若い衆を, 若い連中, 若者たちが, 若衆が, 茶屋で, 草分けの, 藤原家から, 衆にも, 衆へ, 行事の, 裏道が, 西方を, 説に, 豪家の, 農家から, 農家に, 農民の, 近くで, 通りの, 連中が, 郷士の, 酋長の, 金持の, 長者の, 隅から, 青年たちに, 青年を, 青年団が, 頭に, 頸の, 頸を, 馬大尽の, 駐在巡査が, 鼻を

2 [501件 抜粋] あたりまで, あちこちで, あの家, ある家, ある百姓, いったとおり, うえに, うちには, うちの, おかみさんたち, お医者, お寺に, お生家, かぢ, こと, ことである, ことに, ことばを, こどもらが, ごときは, せまい道, ためだ, どこかで, どこかに, どの家, どの隅々, なかに, は第, ひとたちも, ほうで, ほうに, まわりを, ものか, ものたちが, ものたちは, ものだ, ものども, ものにも, ものらの, ものらは, もんは, ジヨーンズ, バンガローで, 一つに, 一人の, 一軒の, 一部の, 上へ, 上方に, 下の, 下り松で, 下を, 下屋敷へ, 不文律を, 与吉南室村の, 世話人が, 丘の, 両眼, 中へは, 中ほどに, 中央には, 中山家へ, 中心で, 中程に, 乙女の, 予言した, 事務所, 人, 人々と, 人々にも, 人か, 人たちや, 人とは, 人なら, 人へ, 人人は, 人口は, 人民が, 人達から, 人達だって, 人達にも, 人間に, 人間の, 人間は, 仕事を, 以前非常い, 伊太夫から, 伝説に, 伯父の, 住民が, 体を, 何の, 何某と, 何某の, 信仰は, 信者が, 俳人, 倉八と, 倉沢義髄を, 停車場から, 健康状態が, 傾斜を, 僕の, 先生の, 先生を, 入り口まで, 全体が, 共同湯に, 内で, 内には, 内外に, 処女の, 出な, 出は, 出身だった, 助手の, 労働者であろう, 北の, 北端を, 北見伊右衛門が, 医師の, 医者の, 医者は, 南北に, 南端の, 単調な, 原中で, 友達に, 収容所に, 叔父の, 古い家並み, 古塚, 古老と, 句の, 句は, 名, 名である, 名にも, 名主役を, 名前は, 名物に, 向岸, 君の, 君主に, 君主は, 呉服屋の, 唇が, 唇を, 噂が, 噂では, 噂は, 地へ, 地先の, 地先へ, 地内に, 地名を, 堤に, 場所へ, 壮い, 夏の, 外まで, 夜は, 大きなもの, 大ボス, 大家の, 大尽に, 大尽の, 大工を, 大抵の, 大部分, 太右衛門さんと, 奥に, 女たちは, 女としての, 女に, 女の子に, 女は, 女房や, 女房達が, 女達の, 奴などは, 奴の, 奴らに, 奴等が, 奴等の, 如きは, 姻戚へ, 姿も, 娘さんの, 娘と, 娘という, 娘といふ, 娘は, 娘も, 娘達が, 娘達の, 嫌疑が, 子たちに, 子どもは, 子どもらから, 子どもらは, 子の, 子供たちに, 子供等は, 子供達の, 子供達も, 存在は, 学校で, 学校教師, 安吉という, 宗家である, 家々から, 家々が, 家々は, 家々へ, 家は, 家も, 宿屋で, 寄合の, 寒戸という, 寮に, 寺に, 寺の, 小さな教會, 小作人が, 小供, 小児が, 小六どの, 小前の, 小地主, 小学校長が, 小屋に, 小川の, 小泉の, 少女の, 少年少女は, 居酒屋から, 島田平四郎が, 崖頭から, 川の, 巡査は, 巫女の, 師走の, 平和, 平和を, 年中行事の, 広場で, 広庭, 庄屋が, 庄屋で, 庄屋を, 店へ, 形を, 役場へ, 役場を, 彼の, 往来で, 往来の, 後へ, 後ろは, 御本家, 心に, 心は, 心配し, 悲さに, 愕き, 愛人が, 戸数が, 房吉箱田村の, 所へ, 手が, 手によって, 手は, 推測は, 文吉は, 方々を, 方と, 方角から, 旦那の, 旦那衆が, 旦那衆は, 旧事, 暮しの, 書上を, 最後の, 有力者が, 有力者たちは, 有志, 期待は, 木立を, 本陣の, 村民が, 村長で, 村長と, 村長に, 東北に, 東端に, 林が, 某が, 梅干に, 森へ, 樣子を, 橋本方へ, 櫟林に, 次郎ッて, 歌之, 武蔵と, 民を, 気風が, 気風や, 池で, 沖合に, 注意が, 注意を, 活動が, 浄見, 海や, 消防隊の, 湊に, 湯の, 湯屋に, 漁師が, 為には, 父親の, 片ほとり, 物持の, 犬大, 生れの, 生活, 生活も, 産土の, 田の, 田間の, 男たちには, 男も, 男女が, 男女は, 男子が, 町に, 留が, 畠と, 疲弊を, 白壁の, 百姓で, 百姓どもの, 百姓も, 百姓共をば, 百姓幸七の, 百姓達の, 盡処に, 目にも, 真ん中から, 真中の, 真中へ, 眺望は, 眼の, 眼は, 知って, 知人の, 知合の, 知名の, 破壊, 碁打を, 神事には, 神人から, 神人である, 神女, 神女の, 神様ならびに, 祭が, 祭には, 祭りの, 祭礼の, 禅長寺に, 称する国名, 税金は, 稲葉の, 空気は, 空気を, 端の, 端を, 第一, 管理を, 組頭だ, 群衆は, 習慣に, 老いた者, 老人たちは, 老女達の, 老婆に, 老幼は, 老幼や, 老若男女が, 者じゃ, 者どもです, 者には, 者にも, 者ばかり, 者へも, 者らも, 者町の, 者等が, 者達は, 耳に, 腰に, 自分の, 若い娘, 若い娘たち, 若い男, 若い者ども, 若い衆たちが, 若い衆も, 若者たちは, 若者であった, 若者どもが, 若者は, 若者も, 若者や, 若者を, 若者達は, 茅屋に, 茅屋へ, 菩提山の, 薬王寺では, 藤原家と, 衆, 衆と, 西には, 観音寺の, 言葉が, 言葉も, 計略だった, 評判に, 試合などは, 話が, 誇りであり, 誰にも, 誰彼が, 誰彼は, 豪農の, 財政は, 費目の, 足許に, 農場は, 農夫が, 農民が, 辺は, 辻に, 近くは, 近くへ, 近所の, 返事は, 途中に, 連中と, 連中も, 道が, 道に, 遠縁の, 部屋は, 郵便局に, 郵便局の, 酋長に, 酋長を, 酒屋に, 釈迦堂に, 重い恐怖, 重立たる, 重立った者, 野武士の, 金庫を, 鉄作と, 鎮守さまに, 鎮守さまの, 鎮守として, 長老が, 長老たちが, 附近で, 難儀に, 青年たちと, 青年たちの, 青年たちを, 青年だ, 青年で, 青年と, 青年会と, 青年団の, 青年団は, 青年會の, 青年達の, 静寂の, 頭が, 頭は, 頼みを, 顔と, 顔役が, 顔色を, 風景の, 風景を, 馬大尽という, 駐在所へ

1 [4717件 抜粋] あいだ, あちらこちらを, あの窓, あらゆる階級, ある一部, ある寺, ある軒先, いじけた希望, いる方, うちでも, おけ屋, お千代後家, お客たる, お生れ, お若い衆, かじや, が真, こととて, ことゆゑ道のりは, この質問, さる旅籠屋, すぐ端, たくさんの, だれかと, つかみかた, どこから, どん百姓でも, なすこと, はしっこい爺さん, ばか者どもが, ひとびと, ふと冒された, ぼくの, むすめ, ものたちの, ものもちで, もの四五人ばらばらと, やうで, やつらも, わが屋敷, アノ白沢屋とか, エタの, カガシアゲは, コトワザだ, スリ半が, デパートへ, ハチ, パノラマを, フアウスタスの, ラジューム温泉へ, ロメオと, 一丘, 一員に, 一屋に, 一方へ, 一番強い, 一軒一軒を, 一閑張りの, 七宝寺へ, 三の宮の, 三珠院を, 上より, 上野から, 下流中双里附近から, 不思議と, 丑之助, 丘に, 中が, 中まで, 中央へ, 中心とも, 中農で, 主要道路を, 九分通りだ, 予言を, 事情は, 二君が, 二軒の, 井田兵吉たち数人が, 人々からも, 人々各, 人たちからも, 人たちみんなそう, 人でない, 人ばかり, 人人の, 人夫まで, 人川手文次郎であります, 人民の, 人誰からも, 人達へは, 人間だろう, 仕事は, 代参を, 仲間の, 伊川良伯という, 住人が, 住居の, 住民とは, 佐吉という, 何兵衛さんが, 作戦は, 供米成績は, 信号所の, 倉沢義髄だ, 停車場彼等は, 傍で, 儀助という, 兄弟に, 光明であり, 兒童は, 入口が, 全ての, 八並から, 八百屋の, 公約と, 共同風呂も, 内であっ, 内石井村, 処女会の, 出来事かと, 出身という, 分教場です, 初め歓迎の, 利害と, 前後二三町の, 力に, 助役である, 労働者として, 勝楽寺, 北で, 北手に, 区切りも, 医師志村力之助大井安田等に, 十余町奥なる, 南のは, 博識口利で, 厄介者に, 友だちと共に, 収穫に, 取附きに, 古い教会, 古文書には, 句を, 司祭などが, 吉田八右衞門でございます, 名かも, 名まで, 名主どんが, 名主様である, 名医が, 名誉だ, 君たる, 味酒神社の, 唱えごと, 問題を, 器用な, 四辻の, 園遊会である, 土屋某日来好ん, 土豪で, 地も, 地主陸軍中将フォン, 地続きの, 埠頭場あたりとは, 場合では, 境内じゃ, 墓地問題の, 変死を, 外れの, 夜の, 大きな御所柿の木, 大人である, 大字は, 大山神社は, 大晦日の, 大火の, 大谷八幡宮に, 天理教信者の, 太鼓の, 奥で, 女たちも, 女出で, 女教師, 奴ら姫路の, 如き明治四十年, 姥堂で, 娘さんたちを, 娘だの, 娘のだろう, 娘年頃に, 婆さん達は, 子と, 子供がぞ, 子供である, 子供等から, 子供達に, 字の, 学校には, 學校でも, 守り主の, 安里に, 実例は, 家々と, 家では, 家数は, 宿命的な, 宿役人仲間は, 寄合などに, 富農から, 寮へ, 寺私等の, 寿吉である, 尊宅へ, 小さな耶蘇教会, 小作人達は, 小六たち, 小学校から, 小学校時代に, 小庄屋, 小泉家, 小部落, 少女が, 尽頭に, 居酒屋などから, 屠殺者の, 山中にて, 山峡に, 山椒魚は, 岡を, 峰, 巡査で, 巡査駐在所へ, 差上げて, 希望其から, 平和といふ, 年よりや, 年寄役を, 幹部が, 広告屋が, 庄屋さん, 庄屋武左衛門の, 店屋, 廣藏親分の, 弥十郎という, 形相が, 役場で, 往道に, 後ろの, 御先祖たち, 御霊神社には, 志文と, 怪しげな, 恵比寿講白米五合銭十五銭の, 悪童連は, 惣吉親子の, 意志な, 慈眼寺に, 成立と, 戸口数の, 所伝に, 手を通して, 手習師匠にも, 持つて, 挨拶に, 推理した, 放火事件等枚挙に, 教会は, 敬義学校の, 新しく出来た, 新谷という, 方より, 旅人宿と, 日尾八幡の, 旦那と, 旧家として, 明星院山, 時計, 暮しが, 最も大きな, 月江の, 有士の, 有志を, 有識仲藤さんの, 木村の, 本部に, 杉橋長者の, 村役場に, 村長さんも, 条である, 東境に, 松倉藩の, 松蔭寺で, 林蔵殿じゃ, 某媼, 柿の, 校長など, 桑畑や, 梅みたいに, 森に, 椎蕈山は, 様子も, 横手には, 機織工場の, 次郎でしょう, 此耕さるべき, 歴史としては, 死骸も, 氏神に, 民主化を, 気を, 水を, 水際へ, 沖あいで, 油屋九平の, 注意力の, 流れの, 海岩洞窟から, 消長に関し, 淵へ, 湧泉寺で, 滅びる事, 漁舟が, 激甚地馬門に, 火災の, 点燈夫は, 無教養, 煙草工場の, 父の, 牛方まで, 牧師に, 物持は, 特有な, 狩人が, 猟師である, 猪狩山に, 王様といふ, 甚右衛門の, 生命の, 生活が, 生活者の, 産と, 産業組合に, 田崎という, 由緒と, 男だった, 男女疾病者と, 町である, 留と, 異常成長現象の, 疾風の, 発展として, 白山神社の, 百姓たちの, 百姓三吉と共に, 百姓太郎左衛門が, 百姓屋の, 百姓甚五兵衛と, 百姓達に, 皮田村の, 直ぐ上に, 相談役で, 眺めは, 矢切に, 石山氏は, 破れた服, 社寺等の, 神が, 神事役の, 神楽神社辺の, 祠の, 祭りだ, 祭礼に, 秋を, 稲村与市が, 空も, 窯で, 端々まで, 第二尋常小学校, 範囲から, 精米所の, 細工小屋へ, 組織を, 経済を, 經濟で, 総代役は, 縫物を, 義理首尾とを, 老人が, 老人等は, 老幼芽出度と, 老若男女童男童女が, 者からも, 者でございます, 者にまで, 者らを, 者心得べき, 者達に, 耻に, 職人つぎには, 背後には, 脳裏に, 腹に, 自然と, 興奮する, 船井三郎君の, 芝居小屋の, 若い人達, 若い衆たちは, 若者たちに, 若者らと, 若草の, 若衆等が, 茶店に, 草競馬で, 荒物屋や, 落雷が, 藤原家という, 蚕婆の, 衆かも, 衆との, 衆達を, 街路を, 被庸とり, 裸體は, 西島清太氏も, 見えないの, 親戚に, 親類の, 角枯し, 言伝を, 記録に, 評判やらから, 話柄として, 誤である, 誰という, 談議所と, 謝罪と共に, 護謨園へ, 豪家, 財政である, 貧しき少年ラウラ・セラ, 貸借には, 賭博宿が, 跫音に, 路普請, 身体もろとも, 農作物に, 農某の, 農民二人川, 辺では, 近くまで, 迷惑じゃ, 逡ぐ前に, 遊船は, 道は, 遠くまで, 部より, 部落外れに, 郷党一色刑部の, 郷社の, 酒屋から, 醫者を, 野外劇団の, 金持ちの, 銭を, 鎮守さ, 鎮守祭礼の, 長として, 長沢では, 長老鹿五郎爺の, 門輩が, 開闢と, 闇に, 陥穽は, 隣村だ, 集会は, 雑貨店でも, 雲龍寺を, 青年たちも, 青年二人が, 青年団に, 青年諸君によ, 靜寂の, 音も, 頭も, 顏よりは, 顔役として, 風土調査に, 風韻から, 飲代に, 館松縫助の, 馬鹿な, 駐在の, 駒改めという, 高地茂山あたりにかけて, 髪結いが, 鯨ヶ丘と, 鷹ヶ峰の, 黄昏時の

▼ 村~ (2169, 8.4%)

24 それを 15 首を 13 づれの 10 ハッと 9 急に 8 自分の 7 そこで, づれまで, 彼の 6 そういっ, ピストルを, 私の 5 いつに, それに, それには, 咄嗟に, 私を

4 [11件] さっきから, そんなこと, づれに, ポケットから, 唇を, 検事の, 目を, 眼を, 肯いて, 蠅男の, 黙って

3 [31件] いった, この二つ, これを, そのこと, ぶっきら棒, ソッと, マスクを, 一彦の, 一本の, 云った, 例の, 元の, 受話器を, 叫んだ, 土居の, 彼が, 心の, 手を, 早くも, 春部を, 横の, 正太の, 気が, 煙草を, 腰を, 若い男, 言った, 言葉を, 青い顔, 首領の, 黙々として

2 [129件] あとの, あわてて, いつもの, いろいろと, うしろを, うなずいた, かねて, がっかりした, こけえら, ここで, このとき, しきりと, すっかり雪, そう言っ, そこに, そのとき, その中, その部屋, それこそ, それと, づれを, どうした, どこに, どの家, どよめいた, にやりと笑っ, はっと吾, ひっくりかえるよう, ますます貧乏, むかしの, もと, オーバーの, ジリジリし, トランクの, ドキン, ニヤリと, ホッと, ポケットの, 一つの, 一同を, 一大事ぢや, 一日も, 丁度養蚕, 丁重に, 三つの, 三根夫の, 下から, 主任の, 亀之, 二人の, 云つた, 今でも, 何と, 何を, 俄かに, 僕の, 先に, 光枝の, 児玉の, 利根川の, 前へ, 勇敢に, 博士を, 口の, 右手を, 吉田や, 同国西北隅の, 城を, 壁の, 夢の, 大胆な, 宛然幾十年前に, 室内を, 家並の, 山の, 山岸中尉の, 山間の, 岩の, 平和に, 年毎に, 彼を, 彼女の, 怪塔王の, 愕い, 懸命に, 手さぐりで, 手に, 挨拶を, 机の, 村とは, 梅の, 椅子から, 檻に, 次の, 正直に, 歯を, 死骸の, 気の毒そうに, 気軽に, 洋杖を, 無念そうに, 爬虫館の, 犬どもによって, 眉を, 真面目な, 私も, 立上る, 竜造寺兵曹長の, 笑いも, 糸子に, 続いて, 脱兎の, 船長の, 苦笑いを, 見た, 課長の, 誹りて, 謎の, 躍りあがって, 途中で, 電信局から, 静かに, 非常に, 頤を, 頭が, 頭を, 顔を, 養蚕の, 馴

1 [1631件 抜粋] ああいう, あくまでそれ, あのフィルム, あの盆地, ありますまい, ある瞬間, いきなり僕, いくたび, いそいで, いつしか時計, いつのまにか暗号器, いつも身嗜み, いまや風前の灯, いま言った, いよいよ困っ, いわゆるボーダ, うちうなずい, うなずき房枝, えいや, おどろきの, おもわずここ, おろか海東郡の, お化け鞄については, お竜, かつて壯丁, からっぽに, かんかんした, くらくらする, こういう時, こうも, ここに, このこと, このやさしい, この奇妙, この山上, この新聞紙, この発見, この雑然たる部屋, この驛, これから言おう, これも, さきに, さっきも, さらに全身, しきりに岩, しのび足, すいかけ, すかさず返事, すぐさま村松検事, すぐはずす, すこしもその, すっかりいい, するどく人造人間, せっせと鏝, そういう事態, そうさせ, そう称, そこで例, そこで目, そのうち, そのままどこ, そのトランク, その一番取付, その仲間, その前, その壊れた, その天窓, その岩, その弘前, その後も, その方, その機会, その真面目, その細い, その訳, その青竜刀, それが, そんなおどかし, たしかに昨日, ただ手, たのみこんだ, だまって, だんだんと, ちょっとガッカリした, ちょっと肯い, ついそこ, つい訊い, づれ, づれで, づれにあるといふ乘合馬車の, づれには, づれに建て, づれの寂しい, づれの田圃の, では直ぐ, とかくおるす, ともかく理解, どうであろう, どこでした, どこまでも, どの村, なおも落つい, なかなか帰っ, なぜ大助, なつかしさ, なにも, なんという, にこにこ笑い, にんまりと, はき出すよう, はじめて笑顔, はっきり自分, はやくも, ひくいが, ひっそりと, ひとり離れ, ひるまなかった, びんぼうに, ふしぎそうな, ふたたび深い, ふと妙, ふりはらうよう, ぶるっと, べつに, ほっと小さい, ぽんと, ますます上機嫌, まず表, またベッド, また冷汗, まだそれ以上, まだ焼け, まっさきに館内, まるで迷路, みんな濁り酒ばかり, むずかしい顔, もうこの, もうすっかり雪, もうラジウム事件, もう一軒, もう暗く, もう辛抱, もちろんロバート大佐, もとの, もとエタ村として, やがて気がついた, やっとすべて, やはり同期, ゆかしくも, ようやく友人, よほどにがにがしい, わざとしかつめらしい, わたくしの, アシベ劇場の, ウフウフ笑いだした, キッパリ答えた, クレップの, ケースから, サッと蒼ざめた, スコール艇長を, ソンナような, チベットの, トラックの, ニッコリ笑った, ノートを, バーナード・ショウの, パリの, ベッドの, ホープの, マッチの, メモを, 一人の, 一切の, 一向動じない, 一寸弁解, 一応どうしても自分, 一昨年の, 一望無限の, 一種の, 一階の, 三根夫が, 下方の, 不景気だ, 世界一, 世間の, 両手で, 中央電車鉄道に, 中蒲原郡白根町の, 予定どおり夜の, 事実たいへん, 二三歩あるい, 二十五の, 二千六百有余年前神武天皇大和国御, 二階の, 云ふ, 五本の, 交番の, 人間界を, 今の, 今や驚くべき, 今度は, 今日瀟洒たる, 今晝寢, 今草刈り, 他の, 以前は, 低くうなる, 何か, 何とは, 何も, 何気なく聞きかえした, 侠骨と, 借りて, 偶, 元来芝居の, 元祇園, 入り江の, 全体に, 全滅, 全部堤防で, 兵隊に, 其儘再び, 内ポケット, 再び手, 冬が, 出て, 出来るだけ, 切り立つた櫟林, 別な, 別に怒り, 前に, 力を, 加賀の, 勉強でも, 勿論江戸, 十分の仕度を, 千六十四石最も, 卓上を, 博士が, 危険と, 厳然たる自信, 又鴨田, 古い店, 古く沼村, 只波, 吉野であります, 名探偵, 向うから, 吸いつけたばかりの, 呆れる外, 味噌問屋の, 呻る, 命令し, 唸ったが, 喘ぎ喘ぎ, 四十七八伊之助には, 四階で, 土居を, 城の, 増産奨励の, 変な, 夏めいて, 外海側の, 多量の, 大きくまた, 大きく頭, 大きな獲物, 大事に, 大体知っ, 大助の, 大地に, 大層幸福, 大胆にも, 天井を, 太つた, 奥から, 女史の, 始めてで, 存在し, 宇宙戦争について, 実はさっき, 客に, 室戸博士を, 寂しい森, 富むこと, 寺泊で, 小さくて, 小声の, 小犬の, 少年の, 尤も周圍, 屋根裏へ, 山ふところに, 山岸中尉とともに, 山岸少年を, 山谷の, 岡田村とは, 崖から, 帰らなかった, 帳場へ, 平然たる顔, 年々人出を, 幸ひ, 広い主要街, 店員先生を, 廻転椅子を, 引返そうと, 彫刻の, 往つて見よう, 後の, 後日信長の, 微笑した, 心配しなく, 必死の, 怒号し, 思わず目と目, 思わず驚愕, 怪塔王が, 恐ろしい予感, 悔恨の, 意地わるく, 愕いた, 感動の, 慄然として, 憂鬱な, 成程, 戸数二三百の, 手まねを, 手帖を, 手近の, 把手から, 抽出の, 拳銃を, 振り返つて, 撃たさすまいと, 敢然引き金, 数年前全戸殆ど火の, 文字どおり切歯扼腕した, 新しい煙草, 既に自治制, 日高川の, 早速各所, 明治に, 昔し, 星の, 昨夜から, 時代の, 景気が, 暫く寺, 曲物で, 月六斎の, 服でも, 朝とも, 未だいくら, 村で, 村民すべてが, 東京から, 栃木県の, 梯子を, 森と, 検事に, 横合から, 檻の, 次長の, 歓喜極まっ, 正月には, 此処から, 歯ぎしり噛ん, 死者の, 殿様が, 氏神としては, 気色ばんで, 水槽から, 決して今, 決然として, 油単の, 注意ぶ, 洋杖の, 浪に, 海岸から, 深い雪, 湖に, 滅入ろうと, 漁村な, 激しい息切れ, 火焔と, 無医村な, 無論酒, 焼き払われるだろう宿内, 煙草に, 牛村である, 犬の, 独言を, 猥褻な, 生須村學校の, 田中の, 申し合せた休日, 町の, 疲労を, 痛む手足, 白い夏雲, 白望の, 皆に, 目で, 相手の, 真実心からの, 眠つてゐる, 短くなった, 硬直した, 確信に, 祖母の, 私にとって, 稲田一反歩から, 突然おどり上った, 突然揺り起された, 立ちどまって, 竜造寺兵曹長に, 笑いかけた顔, 答えた, 篠笛を, 紅茶を, 素早く室内, 続けた, 署長の, 考えごとを, 聞いて, 肩が, 背後を, 胸を, 脛も, 腕を, 腹立たしそう, 自分でも, 自動車を, 興味あり, 舌うちを, 芝山の, 苦い顔, 苦痛を, 荒涼と, 莨を, 落胆し, 薄笑いさえ, 螢の, 蠅男に対する, 街道筋における, 見えないかい, 見違, 解けない謎, 言わば請願巡査, 訊ねようとは, 語を, 調餌室の, 謎を, 警官隊へ, 負けるであろうか, 質問の, 越前兵に, 躍りだしたいほどの, 身ぶるいし, 車夫を, 軽く笑っ, 近いし, 近所の, 逆手を, 逡った, 遂に意, 遊戯室の, 遠いところ, 遥か下がっ, 郡の, 重大な, 金持の, 銃を, 長くも, 長老の, 開墾され, 間違われて, 降っても, 陸中国上閉伊郡に, 隊長テッド博士の, 隣室の, 雁金検事の, 雪の, 電撃を, 電話器を, 青白い額, 静かな, 頁の, 頭から, 頷いて, 風間三千子の, 餅搗くで, 馬村である, 騒ぎに, 高らかに, 高手小手に, 魔術にでもか, 鶏と, 默つて眼ばかり

▼ 村~ (2161, 8.4%)

50 住んで 27 来て 16 帰って 13 入ると 12 着いた 11 居て, 着いて 10 いて, 一人の, 入って 8 ある 7 出た 6 於て, 於ては, 残って, 話しかけた

5 [11件] ありながら, いた頃, はいった, 来た, 残して, 生れた, 生れて, 着きました, 着く, 行って, 足を

4 [13件] あって, あること, いたころ, おいでに, お出かけに, なる, やつて, 何か, 到着する, 生まれた, 着くと, 移って, 移つた

3 [32件] いた, いたとき, いること, いるとき, いるの, して, ただ一つ, たどりついて, ゐて, 一軒の, 住む者, 住居し, 來て, 來る, 入った, 入つた, 入つて, 出る, 取って, 向かって, 向って, 唯一つ, 居を, 流れて, 滞在し, 滞在する, 生まれて, 生れたの, 着いたの, 私は, 行くと, 電報を

2 [140件] あった, あっては, あつた, あつて, あります, あるの, いたの, いって, いても, いら, いると, いるん, いる時, いる時分, いれば, お作, かぎらず早々, かわって, きいた, くるので, さしか, さしかかると, さびしさ, しては, しても, しばらく滞在, だつて, ちがいない, とどまって, なかった, なって, なると, ひろがって, ふえて, まご, やって, 一つある, 一軒しか, 下りて, 不似合, 代官を, 仲の, 住する, 住み慣れて, 傾いて, 入つたの, 入れば, 出かけた, 出没し, 到着した, 同じ疫, 向つて, 呱々の, 唯一軒の, 墜落した, 姿を, 寄留したい, 對する, 居ながら, 居るうち, 居るから, 居る中, 居る奴, 居る間, 展開した, 属して, 帰った, 帰つて来る, 帰りました, 帰ろうと, 平和の, 念を, 悪い病気, 憧憬れ行く, 戻って, 接するところ, 於ける私, 来てから, 来ますと, 桃の, 棲んで, 歸つ, 殺人事件が, 泊って, 泊りました, 火を, 火事が, 現存する, 生きて, 生れた者, 生れました, 白くかぶさる, 着くまでは, 着したの, 知って, 祀って, 福富の, 私の, 移つたが, 移住した, 置いて, 置くには, 至る, 著いた, 蔓延した, 行きたがって, 行きて, 行き着いた, 行くの, 行く路, 行く途中, 行つた事が, 行つてゐた, 行われて, 語って, 質問を, 起った事件, 越して, 近いところ, 近き二ツ石山, 近づいた時, 近づいて, 近づくにつれて, 迫って, 這入って, 連れて, 遊んだ, 過しに, 達した, 遠い先祖, 遣って, 避暑し, 鉄道が, 鉄道を, 開業し, 限つて富み, 隠れて, 雪降りに, 電燈が, 響いて

1 [1469件 抜粋] あかすこと, あったので, あとを, あまり気, あらわれて, ありとあらゆる好意, あり同, あるしわぶき婆, あるとの, あるほどの, あるアウギユスト・ロダン先生, ある六阿弥陀, ある大きな, ある市河君設計, ある教会, ある柾木坂文庫, ある狂人病院, ある種, ある茂林寺, ある間, いくらも, いたければ, いたにも, いたんでは, いた安田先生, いった, いないはず, いなかったの, いなければ, いやな, いられなくなりでも, いる以上, いる巫女術者, いる花魁, いろいろと, うちあけたところ, おぎん, おた, おった時, おらず石塔, お妙, お杉, お達しに, かうして, かかったとき, きて, きれいな, くるなと, こういう噂, この口碑, この比丘尼, こんな私, さが, ささやきました, さし懸った頃, しがみつきました, したご, しの, すぐつゞく横川村, すんで, そういっ, そっと告げよう, その首, た, たずねました, たった一つ, たつた一つ, たてこもり一堂, たどり着いた, ちかい山, ついた最初, つくこと, つくと, つたわって, とうとう居残っ, とどまりおるなりと, とまること, なくては, なったらどの, なつて, なる彼, ぬかあて, はいられそう, はいりました, はじめて来た, ひきとめて, ひろがりました, ふしぎな, まだ運, まはつ, むかしの, もいたたまれまい, もぐりこんで, もと大字産所, もらわれて, や, やがていくつ, やってくるとき, やって来て, やりこめられたの, ゆくもう, よみがえり筋金, わずかばかし, われ生れ, ゐたといふ, ゐた事, ゐた頃, ゐることさ, イカキ山と, ウロウロし, ギンという, スプレエ川の, モールス符号の, 一つの, 一と, 一人は, 一佛堂を, 一台新しい, 一大怪事の, 一度は, 一本づつ渡しました, 一泊し, 一泊です, 一通の, 三人の, 三度も, 上り著く, 下らうと, 下りよう, 下り松などという, 下宿する, 不便を, 不思議な, 世帯を, 主役の, 之を, 事な, 二三日を, 二人切りの, 二段八畝ほどの, 云いたがって, 五人組とともに, 五峰山慈眼寺と, 人を, 人殺しが, 人造人間の, 今では, 他の, 付属した, 伊作多助太郎右衛門という, 休暇を, 伝えたが, 伝わった時, 伝承され, 似合わぬ町場, 住だ, 住みつきたいが, 住み同じ, 住むよう, 住む人間たち, 住む関久米, 住宅を, 何ぞ事, 何事の, 來た, 侵入し, 俗に, 信誠寺という, 停められた, 充ち家畜鶏犬, 入ったあたり, 入った佐賀藩士, 入りて, 入りましたが, 入り突き抜けて, 入り込む時代, 入るか, 入るの, 入る光景, 入る頃, 全家移住, 六人罷, 兵右衛門と, 出かけます, 出たと, 出た時, 出て, 出られると, 出るまで, 出張し, 出没した, 分ったが, 別れを, 到る, 到達しよう, 剣突を, 力を, 助八, 勝算あり, 医者は, 十何代も, 千曳神社あり, 卜せられし時, 参りました, 參る, 反して, 古墳が, 吉田一右衛門と, 同行した, 向いました, 君臨し, 呼びかけて, 唐末の, 善根の, 営す, 困ったこと, 土着し, 在ります, 地主は, 墓の, 売りに, 大きいうわ, 大事件, 大工さんで, 大野の, 天然に, 奉仕する, 女の子で, 妻と, 娘を, 嫁し, 子どもひとりし, 孫七さん方を, 安福寺という, 定住し, 家も, 宿る, 寇という, 對し, 小さな家, 小屋で, 小野時兼なる, 就ての, 居た時分, 居つて, 居ます, 居られないよう, 居りました名高い, 居り東斎正喜, 居るとき, 居るの, 居る方, 居付き, 屈せざるを, 属します, 属するもの, 山ほど, 巡囘, 差し掛かった時, 帰ったらお, 帰っちゃ, 帰つ, 帰つても, 帰つて三月も, 帰つて間も, 帰りしは, 帰ること, 帰るの, 帰れば, 平助という, 幻燈を以て, 広い地面, 建築最中の, 引きあげた, 引き移って, 引移った, 引越して, 強請んだ, 形づくられるの, 往って, 得ただけにも, 御廟山という, 徳兵衛という, 必要な, 応待した, 怪力の, 悪戯にて, 惨澹たる, 慣らされた入浴前後, 應へる, 我うまれ, 手渡した, 扶持を, 指定神社の, 掘りあてて, 撒いた不健全, 攻めこんだ歩兵, 政府の, 教えた, 教鞭を, 数十年前一輪車の, 新しく小学校, 於いて, 於ける私達, 於る, 早く平和, 晒しつ, 暮して, 有名なる, 木の, 本籍を, 村民が, 来たらきっと, 来た当時, 来るまでにも, 来るよう, 枕を, 根を, 森下の, 構へて, 次し, 止まって, 武太さんと, 歸つてから, 歸つて自家の, 残した子供二人, 殘し, 母子暮しの, 比べて, 水の, 永住されん, 永野善太夫赤岡村に, 沢山あった, 沿うた最上川, 泊り吉田町, 泊ると, 洞爺湖の, 浪人し, 渡した, 渡つて来, 温泉が, 溢るる, 滞在中に, 火が, 災難が, 無償で, 牡丹屋という, 狎れて, 猟夫が, 獅噛みついた, 現われたもの, 現われ出て, 生える草, 生まれた者, 生み残した, 生れた古い, 生れると, 生命が, 生活した, 用事が, 申し入れたもの, 画室を, 留まって, 畫室を, 痩せた猫, 白軍が, 盗人がへ, 目交せ, 相応な, 相撲が, 眺めいった, 着いたので, 着いた当座, 着いた最初, 着きその, 着きましたが, 着くはず, 着く前, 着して, 着て, 着陸した, 知らせて, 知れると, 礼などを, 祈祷の, 神様が, 祭って, 禪寺が, 秋きぬと, 移した, 移つた時には, 移り住んで, 移轉し, 稲子沢長者という, 突然姿, 立寄つて, 競馬が, 紫雲山満月寺の, 組みついて, 結集し, 置かないこと, 置き田, 老いたる狩人, 老狸, 聖天を, 育った色, 腰を, 自動車で, 自転車に, 至り天智天皇, 至ると, 至る僕等, 至る地域, 至れば, 色々名目, 草鞋を, 落ちた, 落付く, 葬ったが, 蓮光寺という, 薬売り, 蛇除け, 蠢き右往左往, 行かれ其処, 行きついた, 行きわたるよう, 行くならば, 行ってから, 行つて見, 行わる, 襲ひか, 見られたの, 見出される, 訊いた, 記念碑が, 訪うて, 設計を, 話の, 読まれたこと, 讀ませて, 責められるやう, 資本の, 走りつき, 赴きやがて, 起こったこと, 起った物語, 越ゆる, 跨れると, 躍込んだもの, 転住す, 較べて, 迎へ, 近い山, 近い水神, 近き谷川, 近く住ん, 返して, 送った, 送るに, 這入りこんだ博徒ら, 這入ると, 通う国道, 通じる道, 通ずる路, 遊びしこと, 遊ぶ, 運んだの, 過して, 達しここ, 達しは, 違えねえ左様, 還住, 都に, 酬いた, 重吉と, 金作といふ, 金鑽神社が, 銀座が, 長なく, 長良の, 関所の, 阿佐ヶ谷神楽の, 降りるの, 限られて, 限るとまで, 陣地を, 隠れ一, 隠棲し, 集って, 雲と, 電燈を, 静養の, 響きわたつて, 頼りない, 願書を, 食わす貯穀, 饑饉が, 騒ぎの, 鳴くやよ, 鶴は

▼ 村~ (1216, 4.7%)

59 帰って 21 行って 17 入って 16 出て 12 戻って 11 来て 9 はいって, 出かけて 8 帰ると, 行くと 7 村から, 行った, 連れて 6 下りて, 向って, 向ふ 5 入ると, 帰りました, 持って, 越して

4 [12件] いって, 一人の, 來た, 出た, 出ると, 帰ること, 帰るの, 帰ろうと, 往った, 着いた, 行けば, 行っても

3 [19件] きて, つづいて, はいると, やってきたの, 使いに, 入った, 出かけた, 出まして, 出るには, 出掛けて, 売りに, 往って, 来た時, 渡って, 着いたの, 行く途中, 行く道, 逃げて, 降りて

2 [71件] あそびに, いったとき, おりて, かえって, きたの, きたよう, つきました, つれて, もう一方, やって, やってくる, やつて, ゆくこと, ゆく道, ゆけば, 下って, 乗りこんで, 仕入れに, 伝わると, 入ったの, 入つて行, 入ろうと, 出向いて, 出揃って, 向つて, 尋ねて, 帰った, 帰ったという, 帰つて来た, 帰つて行つた, 帰り度, 帰る道, 帰れば, 戻つて, 戻る, 戻るの, 来た, 来たの, 来ようとは, 来る, 歸つ, 歸る, 流れて, 流れ渡る, 疎開し, 着いて, 着くと, 着くの, 着物売り, 移る, 移住し, 自分の, 落ちのびて, 行かなければ, 行きそこ, 行き着くと, 行くには, 行くの, 行くみち, 行けるよう, 行つた, 言葉を, 足を, 送って, 這入って, 通ふ, 遊びに, 還ると, 里子に, 錦を, 降りた時

1 [740件 抜粋] あいさつし, あずけまた, いくの, いくもの, いく途中, いく道, いったわけ, いった佐渡, いらして, おいでと, おとも, おまいりする, おりると, お下り, お住み, お使い, お出, お帰り, お米, お菓子を, お連れいたしましょう, かういふ旅, かえってテンカンテンカン, かえって来た, かえらなければ, かえりついた, かえるの, かかって, かかると, かけつける, かけて, かついで, きた, きたとき, きたほとんど, きたんだ, きてからの, きました, くる, くるほどの, くる気, こつぜんと, ささやいた, さしかかる, さしつかわす, さまよ, さみしく漕い, すっかりきこえた, そそがれた, その日, たびたびやってきた, ちっとばかり, ついた, ついたとき, ついて, つきましたが, つくの, つづく庭, とまること, なんの, ぬけるうら道, のこること, はいった, はいったが, はいったら訊いて, はいった各, はいり込むという, はきませんでしたが, ひきかえすほか, ひょっくり姿, まいりまする, まいり慈悲, まわったの, まわって, むかう草原, むかった, むかって, もっと入る, もどった, やってきた, やってきたこと, やってくるという, やって来た, やって来るなり, やって来るに, ゆきたいと, ゆきました, ゆくと, ゆくには, ゆく路也, ゆく近道, よこされたトラクター, わたって, パルチザンが, フォードで, ロードスターで, ワアッて, 一気にすべる, 一直線に, 三人の, 三里も, 上陸した, 下つて來, 下りずに, 下りたの, 下りた饂飩五函, 下りでございます, 下りました, 下りるという, 下りるの, 下る予定, 下る尾根, 下向の, 下山し, 乗りこんだばかりの, 乗り入れた, 乗り込まうと, 乗り込んだの, 乙丙等が, 二三度きた, 二人の, 二里ばかり, 交易に, 人が, 伝わって, 伴れ, 住居を, 使いを, 使に, 來て, 來る, 俺達を, 先のりした, 入ったらいつ頃乗合馬車, 入った時, 入つたら, 入つた時, 入らうと, 入りこみました, 入ります, 入り其の, 入り込んだと, 入り込んだとか, 入る峠, 入る画工, 入れば, 入れました, 入れれば, 八時一寸過ぎに, 出かけました, 出かける, 出かける時間, 出しどうか, 出たり, 出ては, 出で, 出ます, 出ますが, 出る, 出るの, 出る谷間道, 出る途, 出る間道, 出入りし, 出発する, 到着した, 到着忽, 割当てして, 危険を, 参り候節, 參り, 反動攻勢の, 向いて, 向う, 向かった, 向かって, 向った, 吹く軟風, 呼ばれた, 国から, 土産に, 報告すべき, 売って, 夏休みを, 夕方の, 大風の, 奉公に, 威嚇に, 娵に, 宛てた訳, 家族に, 寄ったら東京, 寄りたいつて, 寄るなよ, 寄贈し, 寄附すれ, 密使が, 對し, 小麦の, 届けた人, 山へ, 巡業を, 差しか, 差しかかると, 帰ったとき, 帰ったの, 帰ったよう, 帰ったらお, 帰ってから, 帰ってからの, 帰っても, 帰つ, 帰つてお, 帰つてから, 帰つて少時其家に, 帰つて来なかつた, 帰つて行きました, 帰つて行く, 帰らう, 帰らうかなどと, 帰らに, 帰らぬつもり, 帰らねば, 帰り, 帰りたいの, 帰りたくないとさえ, 帰りたくなりました, 帰りましたが, 帰りましたとて, 帰ります, 帰り千蛾老人, 帰り損つて, 帰り斯く斯く, 帰り村, 帰り着くところ, 帰り鐘, 帰るだ, 帰るところ, 帰るには, 帰るのに, 帰るべき想ひで, 帰る意思, 帰る時, 帰る気, 帰る若い衆, 帰れ, 帰れるか, 建てようじゃ, 廻り横瀬夜雨氏, 引かれて, 引きあげねば, 引き揚げてから, 引っ込んだ, 引っ込んでから, 引っ返し夕食, 引揚げ, 引移りました, 引越したさうだ, 引越す時, 引返して, 往き来し, 往くの, 従いて, 御成りあり, 御礼に, 忍び込んだな, 応援隊を, 急いだが, 急を, 急行し, 戻ったとき, 戻つて行, 戻つて開業, 戻らずに, 戻りついたが, 戻りまた, 戻るかい, 戻る夜路, 戻る気, 手紙が, 手紙を, 抜けたいと, 押しかけて, 招ばれ, 招待されたら, 持つて, 持て行って, 掛りますと, 掛ると, 放流する, 放火し, 斯う, 早く帰れる, 昼夜を, 時々ひとり, 最初に, 来いと, 来たが, 来たその, 来たところが, 来た二人連れ, 来た当時, 来た日, 来た時百人余り, 来た者, 来た話, 来ても, 来ましたが, 来りゃまるで, 来ること, 来る兵法者, 来る筈, 来給えあそこ, 根が, 梅を, 梅見, 橋を, 歩いて, 歸つてくる, 歸つて來る, 毎年二三百疋の, 水く, 永住する, 泊った, 泊る山友達, 泊る考え, 泣いて, 流れ渡る者, 流れ込んだと, 浪人し, 渡つた人々の, 渡る渡場, 渡る長い, 満期の, 溯る, 漂着した, 潜入し, 照会し, 燃料として, 物を, 物乞いに, 甘さ一滴, 用事が, 田甫を, 疎開した, 着いたので, 着いたばかりの, 着いた停車場, 着いた時, 着いてから, 着かないうち, 着き土手伝い, 着くまで, 着く前, 着致しましたが, 知らした訳, 知らせて, 知らせるもの, 移った当初, 移って, 移つた当初, 移つて四五日目に, 移らなければ, 移りそして, 移る時広島, 移動し, 穢い貧僧, 立ち帰れば, 立ち戻った正, 立ち退いて, 立つが, 立帰っ, 米を, 紛れこんで, 縁付くこと, 置かねえぞと, 罷越, 舞い戻って, 船で, 茶見世を, 落して, 落ちつき籠屋渡世, 落着く, 葬り骨, 葬るより, 薬屋が, 虚無僧が, 行かずには, 行かなくては, 行きましたから, 行き渡つた, 行き着くの, 行き着けるであろうと, 行くこと, 行くつもり, 行くのに, 行くまた, 行くもの, 行く一直線, 行く時, 行く汽車, 行く田越し, 行く話, 行く近道, 行けと, 行けるであろう, 行こうとして, 行ったとき, 行ったとて, 行ったよ, 行つてからの, 行つてゐる, 行つて夫婦暮しを, 行つて奪, 行つて見よう, 襲って, 訪ねて, 訴え出たの, 話を, 誘うて, 貰われて, 買い出しに, 賣り付けられて, 走った, 走つて帰つて, 走りながら, 赴いた後, 赴く時, 赴く森かげ, 赴任する, 越えたふたり, 越す峠, 越す桑ヶ峠, 踰える, 身を, 転げ込んで, 転任した, 輿入れの, 轉任した, 辿り著, 辿る日, 近づいた, 近づいて, 返そう, 返却する, 送ったが, 送りつけて, 逃げからく, 逃げこんだ十一人, 逃げ伸びそして, 逃げ宮川, 逃げ帰ったの, 逃げ込んだ時, 逃れて, 透明人間な, 逐いやられて, 逐電しよう, 這入りました此処, 這入り閉まつてる吾家, 這入ると, 通う渡船, 通う畠, 通じて, 通じる寂しい, 通じる木橋, 通じる棧道, 通ずる道, 通信する, 連れもどされた, 連れ帰る途上, 遁走した, 運びこまれて, 遣は, 遷そうと, 郊行した, 都会から, 配置廿四日の, 酒や, 金箔磨きの, 闇左衛門の, 降つて, 降り一軒, 降る櫟林, 険しい一瞥, 隠密には, 集まるこの, 集まれ, 雑貨の, 雪の, 電報が, 電話し, 響き渡る, 頼まれて, 飛んで, 飛脚に, 養子に, 養蚕を, 駆けつけて, 駈けこんで, 駈け込んで

▼ 村~ (1151, 4.5%)

38 出て 15 離れて 10 指して, 通って 9 歩いて, 経て 7 あるいて, どりの, 過ぎて, 離れると 6 あとに, 出ると, 見て, 過ぎると 5 でて, 廻って, 訪れたの, 買上げる, 買收する 4 出は, 構へ, 訪れて, 通ると

3 [22件] うながして, すぎて, どりは, はずれて, 一巡し, 出た, 出てから, 出るとき, 出る時, 出発し, 南から, 挙げて, 案内し, 祝福し, 訪ねて, 訪問した, 越えて, 追われて, 通り抜けて, 通り過ぎると, 通過し, 通過する

2 [69件] あげて, あちこちと, いくつか, いくつも, お出, こえて, さして歩き出した, すてて, そっちのけに, それからその, たって, どり, どりが, はなれて, まわって, 一周し, 一歩も, 三たび訪れた, 中心と, 二つ過ぎた, 出た時, 出まして, 出る, 出るに, 出外れた道下, 包囲する, 去って, 去りて, 去る時, 埋めて, 形づくって, 後に, 想像し, 托鉢し, 抜けて, 拵へる, 捨て, 散歩し, 東へ, 流れて, 焼いて, 眺めて, 瞰下し, 瞰下した, 知ること, 立ち去った, 立ち去つた, 立去ること, 統べて, 背景に, 行商した, 襲うて, 見おろし尿, 見出しサテ, 見渡した時, 訪ねた, 訪ね回って, 訪れた, 訪問し, 貫いて, 辞して, 迎えた, 追はれ, 逃出す, 通りぬけ, 通り過ぎた, 通り過ぎて, 通るかを, 造ると

1 [763件 抜粋] あげての, いずれも, おそった嵐, おびき出し縛って, お廻り, お負, お通り, お連, かえしたくは, かけて, かけぬけて, かついで, がんりきと, こえ里, こぎだした一隻, こしらえて, こぞっての, ごらんに, さがしまわって, さして, さして帰っ, さして帰った, さして急ぎました, さして発っ, さし置いての, さっと立ち去っ, じっと見, じろりと見た, すぎやがて, すぎる部落, すぎ大津, すぎ宇根川, すこし離れた, すっかり友達扱い, ぜったい信用, そばへ, たすけだすこと, たずねて, たったが, たんにおの, ちょうさんし, つきぬけよう, つくって, つよく作者, でかけた, でる時, とおって, とおるん, とざして, とび出したっきり, とび出しやはり, とりまく濠やう, どうしよう, どりについての, どりには, どりを以て, どり以外, ながめた, なした例, なし土地, にらみかえしました, にらんだ, ぬけると, のそのそし, はじめたの, はじめとして, はじめ渡良瀬川沿岸一帯に, はずれると, はなれた, はなれた山道, はなれつ, はなれてから, ひとま, ひらいたの, ひらき耕作, ふりか, ぶらつきま, ぼつぼつと, また追い越し, みちびき入れた, みつめて, めぐらうと, もつとい, やること, よくいわない, よんだ, わが来れ, サービスする, トーキー撮影所に, ブラブラ歩い, ブルジョアの, 一つ建設した, 一まわりしてやった, 一周りした, 一手に, 一目に, 一行中闕くべからざる, 上下二村に, 下手人として, 与へる外, 中心として, 丹比壬生部と, 二つ三つ歩い, 二つ隅なく, 二等分し, 京の, 今では, 介して, 代表する, 伐ち其領, 何十ヵ村も, 何十萬圓と, 作りまた, 作り一時, 作るの, 作るより, 作る様, 促して, 元気づけた, 再建する, 再興する, 出たお, 出たこと, 出たとき, 出たところ, 出たん, 出た日, 出ても, 出なければ, 出はずれて, 出はずれました, 出ましたの, 出るまでは, 出る際, 出奔し, 出尽くすと, 出拔, 出歩かせるの, 出発する, 出立いたす, 出立した, 出立致しまし, 出離れて, 出離れようと, 割っちまいや, 創るに, 助けると, 助ける爲, 助手の, 動かなかった先生, 包むうす黒い, 北に, 南へ, 南北に, 単に土出村, 占領いたしました, 占領した, 去った, 去ったか, 去ったの, 去つたの, 去つて他, 去つて行つた, 去りカスピ海, 去り加治家, 去るとき, 去るの, 取つて仕舞, 取り巻いて, 取るの, 取る運動費, 叱りつけた, 合せて, 同じくし, 名ざし, 名指した, 告げに, 呼んで, 四十か所に, 回って, 囲む山, 囲む庶物, 圧するが, 埋め千二百人, 売るかと, 外れて, 大急ぎで, 失ふの, 奪取すれ, 奪取られる, 好み蕪村, 好んで, 始め時ならぬ, 完全に, 富ましたり, 尊ぶゆえん, 尊ぶ所以, 屈服させる, 屠りし如きは, 巡った時, 巡って, 巡回し, 巡検し, 帰そうとは, 干乾に, 庄屋その他の, 廃し, 建てれば, 建て直したいの, 引きあげる前後, 引き払って, 引つくり返し, 形つて居る, 形づくつたもの, 彷徨すれ, 彼方に, 待って, 待受けて, 徘徊し, 御覧に, 微行の, 心から喜ばせた, 忘れて, 忘れないであろうと, 思ひやる心から, 思ふと, 急ごうと, 想像したであらう, 愕か, 愛しないと, 愛す心, 憂うる村長, 憂うる者, 成せりとか, 所領として, 承知した, 抜けると, 抱き起して, 押して, 拓いたの, 拓いた旧, 拔けて, 拔ける, 拯ふ, 拵らへ, 挙って, 掠めて, 探して, 探って, 撤回した, 攫む方, 攻取る, 政府が, 救うて, 教えた, 教えたの, 教化し尽した, 散歩する, 斬らんと, 新しく拵えた, 旅行した, 早く見たく, 最近調査しました, 望み炊煙, 望むまで, 望む眺め, 染めて, 栃木縣廳が, 案内しよう, 棄てて, 構へて, 構成し, 横に, 横断し, 横断しきっ, 欺した, 此上も, 歩いた山, 歩きましたが, 歩きまわって, 歩き廻る氣, 歩くの, 殺そうと, 殺害せん, 毛虫の, 決してその, 治めて, 洋服を, 流る, 流れ出して, 浚つた, 深い霧, 渡りあるき土地, 渡り観音坂, 源頼朝が, 滅ぼすこと, 潰しますの, 潰すこと, 潰すに, 潰すの, 為して, 無事に, 焦土と, 焼いた, 焼かれてから, 焼き尽したその, 焼き払いそれ, 焼き払い破壊, 焼き討ちされた, 照らして, 燒い, 犇めかして, 狙いうち, 留守に, 痛罵せし, 発つ時, 発火点として, 益し, 盗人の, 目ざして, 目にかけて, 目指して, 目的に, 眺めかえした, 眺めた, 睨みつけて, 知って, 知ってる人, 祝福する, 私は, 移して, 移すと, 立ち出でて, 立ち去つて, 立ち去るなんぞという, 立ち去ろうと, 立った, 立った時, 立つて, 立てな, 立て開墾, 立去らうと, 立退けと, 等眼, 素通りした, 組織し, 経国安, 縛つた繩を, 縛る気, 縫うて, 繁昌させる, 繞る, 罩めて, 聴いてから, 肯じ, 背負った怪漢, 胸の, 脱出しなけれ, 脱出する, 自由に, 興そうと, 荒して, 荒し地, 行きすぎ其處, 行きみればも, 表に, 襲い妻女, 襲う, 西へ, 見おろし, 見た, 見たが, 見たり, 見ては, 見に, 見ますと, 見るため, 見ると, 見下した, 見下して, 見下す風景, 見下ろした, 見出して, 見廻りの, 見渡すと, 見較べて, 見馴れた眼, 視察した, 視察しました, 覗って, 覚えて, 解釈する, 言ほ, 訪ねさえ, 訪ねた翌日, 訪ねること, 訪ふと, 訪れたその, 訪れた時私, 訪れる事, 訪れる時, 訪問しよう, 訪問する, 許された若者ら, 誇るやう, 誘つてボアツシエエル街二十四番地に, 語り郡, 調べさせた一方, 讒ししお, 貫ぬい, 貯水地に, 買うには, 買取るの, 買取る買取るの, 賑やかに, 賑わして, 賞められた, 赤軍が, 起して, 越え森, 越本村と, 跨いで, 軽蔑し, 辞した, 辭した, 迦蘭陀すなわち, 追ひ出された, 逃げだした, 逃げだした由平, 逃げ出しさえ, 逃げ出しそれ, 逃げ出して, 逃散し, 這うの, 通ったこと, 通つたのは, 通りか, 通りかかりました, 通りかかりますと, 通りこせ, 通りそして, 通りぬけ人, 通りました, 通り二つ, 通り名塚, 通り家々, 通り抜けた後, 通り抜けようとは, 通り更に, 通り終れ, 通り過ぎそれから, 通り過ぎます, 通る人々, 通る時, 通れば, 通抜けよう, 造るだけの, 連想せしめる, 遂は, 遊んで, 過ぎた, 過ぎてからも, 過ぎる福井, 過ぎ夜更け, 過ぎ小さな, 過ぎ湯檜曾橋, 過ぎ田圃みち, 過ぎ鉄橋, 過ぐ, 過ぐる頃, 過ぐれ, 遠ざかると, 選んで, 金で, 開いたの, 開墾する, 開拓し, 除いては, 陽氣な, 離すと, 離れず八十年, 離れてからは, 離れましては, 離れようと, 震撼させる, 静かに, 領した, 顧みて, 風靡する, 飛びだして, 飛び出し同じ, 食いつくしたら次, 飯富村と, 駆けまわって, 駈け抜けて, 駈け抜け池, 騒がした後, 騒がして, 騒がせた放火, 騒がせて

▼ 村から~ (735, 2.9%)

35 村へ 17 出て, 村へと 12 村を 6 来て 5 町へ, 連れて 4 半里 3 奉公に, 姿を, 来た妻, 町の, 追い出されて

2 [44件] おみやげに, お前の, こつちの村, この町, これへ, だれか, どう起った, 一つの, 一里ばかり, 一里半ばかり, 一里許り, 二里も, 人が, 供を, 出た人, 出た男, 出る, 十里とも, 十里許り, 参りました, 小諸まで, 山の, 岸和田の, 工場から, 帰って, 広島の, 戦争に, 持って, 持つて, 指して, 村に, 来たという, 東京へ, 消えて, 牧場の, 町に, 荷を, 見られる山, 遠いの, 遠くない, 里へ, 隔離せられ, 離れて, 馬を

1 [531件 抜粋] あの峠, あぶないところ, あまり遠く, いいつけられて, いって, いなくなったので, いはれて, いわれたとおりまちがい, うけた印象, おいでに, おくられた土地, おじいさんの, おん出しち, お前さんの, お土産, かなり離れた, きた, きたもの, けが人は, けが人も, こう叱りつけられる, ここの, ここへ, ここまで, この山, この東京, さげて, さほど遠く, ざっと一里程, しつっこく, すこしぐらい, すこし北, ずっとはなれた, ずっと遠い, ずんずん引っ返し, そこまでは, その背後, そればかりか, たくさんの, たっぷり一里, ちよつと, つい二, つい二三日前手紙, で, でた女, でまして, とうげ, とび出して, とり込んだかは, どこかへ, どことも, なお東, なくなって, なんの, なんキロも, はこばれた薪, はじめて東京, へんな, ほかに, ほかの, ほど遠からぬ, ほぼ中心, またも馬, また野原, みな遠く, みよと, みれば, みんなこの, やって来るの, やっと来, やつて, やや遠い, よっぽど離れた, わたしの, われわれと, オーカミイナリへ, ズッと, チョット離れた, マドリッドへまで, リルケは, リヴジー先生の, 一しょに, 一乗寺藪之, 一人でも, 一名の, 一寸行つた處の, 一条の, 一番奥の, 一緒に, 一通の, 一里あまり距つた小, 一里あまり離れた, 一里の, 一里ほど, 一里余離れた, 一里手前の, 一里程離れた, 七石山を, 七里西に, 七里西の, 三十分の距離である, 三十里ばかり, 三哩馬の背で, 三四里も, 三本と, 三里ばかり, 三里も, 三里四里先, 三里程奥の, 上流で, 上流へは, 上流五里渋川町地先から, 下の, 下ノ庄の, 下流は, 世田ヶ谷かけ, 丘へ, 丘陵を, 丸山までは, 二キロほど, 二三の, 二三町で, 二条城まで, 二町ほど, 二里ほど, 二里ほどは, 五六町離れた, 五哩あまり馬の背で, 五本こっちの, 五里は, 五里ばかり, 五里ほど, 五里上流利根川と, 五里隔つた市の, 人々が, 人を, 人穴村までは, 人足を, 他処, 仰ぐ赤城, 伊吹へ, 住む丈, 何人こっちの, 余り遠く, 來る, 來んだ, 俺の, 倶知安に, 停車場へと, 僕は, 先生に, 入りこんだ小川, 入婿に, 八丁川岸それより, 八方へ, 八軒祝を, 八里の, 八里ほど, 六十一人もの, 冷沢西俣を, 出かけたの, 出されるよう, 出したが, 出して, 出します, 出すこと, 出たこと, 出たという, 出たの, 出た一隊, 出た伊勢參, 出た会社員, 出た友だち, 出た名馬, 出た女達, 出た子供, 出た富田入道勢源, 出た富田勢源, 出た忍術者, 出た時, 出た時間, 出ると, 出役, 出征し, 出征した, 出掛けて, 別れて, 利根の, 労働力を, 勿来の, 北海道へ, 北西へ, 十丁ばかり, 十七人出征し, 十二里ほどの, 十町ほど, 十里へだてた, 十里ほど, 十里余り離れた, 半田の, 半道は, 半道ばかり, 半里余り, 南の, 去ったの, 去って, 又二里, 取って, 取られた兵隊, 受け持たせられて, 古橋村へ, 叩きだすため, 各自の, 同志が, 呼びよせた腹心, 呼び金, 四五町ほど, 四五露里距って, 四里ほどは, 地圖の, 城下へと, 報せて, 塙保己一が, 夏の, 外の, 外へ, 多摩川の, 大和路の, 大石先生への, 大石田へ, 大石田町に, 大菩薩岳, 大量の, 天狗を, 妻の, 娘の, 婿に, 婿を, 嫁に, 学校へ, 室田忠七稲村忠蔵同, 家に, 富山県へ, 対岸の, 専売局の, 對岸へ, 小一里, 小作料として, 小幡城へ, 少しは, 少し北, 尾根伝いに, 山を, 山道は, 山道を, 崖を, 川上の, 巡査と, 左に, 布引山の, 帰ると, 帰るの, 帰国の, 平原へ, 平家の, 平戸の, 年五千円上がる, 庭田恒吉同, 廿日市まで, 引いて, 引つ張り凧, 強い抗議, 後を, 得て, 御領主大久保加賀守樣上小川町, 恵まれた簡易防弾衣, 悪漢あるいは, 戀人の, 或る, 抜いて, 招かれて, 拝みに, 拵えて, 指導員を, 挟撃的に, 提起した, 操座を, 救済費として, 数理を, 敵持の, 日が, 日下部へ, 日差しが, 日帰りで, 日本海は, 春米村へ, 更らに, 最も近い, 最年少は, 木曾福島の, 村で, 村への, 村村から, 来た人, 来た男, 来た貴様, 来るの, 来る者, 東に, 東へ, 東京方面へ, 東京迄, 東今出川迄, 松並木一つ越した, 桃の, 梓川に, 槻の, 権現岳を, 横浜新田を, 正午を, 武蔵の, 歸つ, 歸つて, 歸り, 死ぬ死ぬという, 母が, 毎日早朝沼津へ, 毎日町へ, 水戸家の, 水沢に, 水瓜を, 汽車で, 汽車に, 沖に, 津田村の, 浜松へ, 海底電線が, 海辺までは, 消え失せた, 消え失せて, 消した, 清洲へ, 港へとか, 湯治に, 無理に, 煙の, 牛馬の, 特殊な, 玉川村本郷村から, 用事が, 田圃を, 田崎の, 田野入, 甲府まで, 町と, 町へと, 町までは, 町町から, 病人を, 登った南日, 登って, 登るか, 百五十票取っ, 直に山, 直径六里の, 相当離れた, 真北, 真西, 眠り, 眺むれ, 眺める光線, 石見の, 神田三河町まで, 私が, 租借し, 移られて, 移住し, 移住した, 程近い, 稼ぎに, 立ちのぼる細い, 立去らうと, 筑後の, 粘土を, 糸井藤次郎同, 約二里, 約十五分, 約半マイル, 紹介された, 結納の, 続いて, 縮を, 罪人は, 罰使が, 美濃の, 群れを, 義雄の, 老婆の, 聞いた, 聞こえるの, 聟に, 能登嵐という, 自分の, 自分を, 舟橋を, 若い女探偵, 苦情の, 茶臼山へ, 葛飾野の, 蛭ヶ岳の, 行って, 行程十四里である, 街を, 西に, 西にかけて, 西の, 西へ, 見えなくなつ, 見る一本松, 詳しいこと, 豆腐を, 貰うの, 賊を, 贈った直後, 赤軍が, 走つて, 起こるクラム宛, 起った一族同様, 足の, 足利町を, 車で, 軍畑御嶽古里鳩, 迎えに, 近道しよう, 近郷に, 追い出されさえ, 追い出して, 追い出すよう, 追い払うこと, 追っぱらえ, 追っ払いまた, 追っ払え, 追つ, 追ひ出され, 追放された, 送って, 逃げだしたあんばい, 逃げだすやつ, 逃げ出す約束, 逐ひ出される, 通うて, 通って, 連れられて, 運動を, 道士川を, 遙かに, 遠い所, 遠い處, 遠く離れた, 遠ざかつた, 遠去, 遠退かう, 選抜され, 部田野関戸と, 都へ, 酒を, 酒樽の, 野から, 野に, 野へ, 野原へ, 野菜を, 金重の, 釜師と, 鉄道の, 関口幸八小野政吉岡田孝吾谷元八栗原宰次郎その, 阪戸宿高, 阿弥陀ヶ嶽もうこの, 除外された, 隣郡安藝国豊田郡竹原に, 集って, 離れたくないよう, 離れた旧, 離れること, 離れ住んで, 離縁にな, 離縁状を, 雪明りの, 電話がか, 青梅の, 頼まれた大, 飛び出して, 館山へ, 馬が, 馬車道へ, 駅へ, 駈け出して, 高田へは, 高等小学校の, 麦畑寺の

▼ 村~ (735, 2.9%)

34 ある 17 あります 15 あって 10 ありました 7 あった, いった 6 あるの, 見えて 5 多い, 見える 4 云った, 他村 3 あるが, それを, 一目に, 叫んだ, 彼女の, 横合から, 水に, 私の, 立って

2 [40件] あちこちに, あったが, あつた, ありますか, ありまた, あり斯ん, あり普通, あるから, あると, いえば, いくらも, いまは, そういう, その中心, ふりかえって, 云つた, 今も, 何か, 何を, 出て, 出来て, 口を, 向うの, 多いの, 多かった, 山野に, 感心し, 手に, 手を, 来て, 現出せられた, 異種族の, 目の, 聞くと, 見えました, 見ると, 越後の, 集団農場に, 静かに, 頭を

1 [508件 抜粋] あったから, あったこと, あったという, あったので, あったり, あったん, あつて, ありここ, ありその, ありましたが, ありましょうあの, ありましょうか, あります三角, ありませう, あり一村ごと, あり人, あり仁淀川, あり何十代, あり名所圖會, あり大和, あり森, あり海岸, あるされば, あるそう, あるそこ, あるという, あるよ, あるらしい, ある位, ある森, ある筈, いうと, いかにものんびりと, いがい, いきなり突拍子, いくつも, いたずらはんぶんに, いちばんいい, いっそうなつかしく, いったが, いったので, いって, いま踏ん, いよいよ出来た, いよいよ集団農場, いれば, うち樹てられる, えいと, かういふ現象, かくれて, かじられるか, かるく笑った, きいた, きょうの, ここで, こたえた, この上危険, この伊豆, この何処, この島, この時, この発見, この緑色, これらの, ございます, さしだした三枚, さっき異常なる, しばしば冒険心, しや, しんけ, じっとみ, じれるの, すぐ手, すぐ近, すすめたこと, すっかりりっぱ, すっかり池, すでにな, すでに一万六, すべてを, そういいかけた, そう云った, そこに, そこへ, そして剣法, そのま, その前, その在所, その埋めたてられた, その底, その方, その用地, それで, それと, それらの, そんな目, たくさんあった, だんだんなくなっ, だんだんに, ついそこ, ついに昨夜, つきると, つと近づい, できると, でき荒地, どういうところ, どうなる, どうも思わしくなく, どこに, どんどん工場地帯, どんなに珍しく, ないと, なにを, なんにも, にんまりと, ぬっと顔, はいって, はじまりだそうだ, はじめてだつた, はるばる海外, ひそんで, ひとりごとを, ひどく驚い, ひょっくりと, びしょ濡れの, ぴょんと椅子, ほとんと, また伝説, また助け, また近隣, まだ原, まだ手, まだ淋しく弱かっ, もう一度同じ, もどって, やったと, やってた, やって来た, やっとその, やっとそれ, やまとの, やるならオレ, よくなる, よほど違つた相貌, わたくしの, わりあい後世, ゐる, ウイスキーに, サッと足, ダンダン底へ, テッド博士から, テッド隊長に, ハッと, ヒヘイしちまつ, ピストルの, フランス全土に, ホープに, 一人の, 一体に, 一体何, 一年おきに, 一度喧嘩, 一所懸命に, 一晩の, 一歩足を, 一段と声, 一番ひどく, 一筋寂しく, 一里おき二里おきに, 三根夫を, 上を, 下の, 下を, 下駄を, 不審を, 与つて, 並んで, 丸で, 主体と, 乱れて, 事実上の, 二つあった, 二男也その, 云い含めて, 云ふ, 人工肺臓も, 今とっ, 今やっ, 今日から, 今日の, 低声, 何だか自分, 何だろう, 何処に, 何台目かの, 何百尺の, 傍から, 僵れ込み, 儼存し, 入って, 全体で, 公けに, 其金で, 再び姿, 再び正気, 写真帳を, 出来たよう, 出来てからは, 分るもん, 前に, 創ち, 勇敢にも, 包含される, 半分泣き声で, 反問した, 反転現像した, 口の, 古い為, 叫びました, 叫べば, 叫んだとき, 叫んだの, 可愛想, 呀っと, 周南町と, 呼ばれて, 唇をへの, 問題に, 墨の, 壁ぎわに, 変つて了つた今から, 外が, 外へ, 多いかと, 多いけれども, 多かつ, 多くただ, 多くなつた, 大きな声, 大きな決意, 大和では, 大和一国にも, 大川へ, 大怪我, 大花瓶, 大阪の, 大阪への, 天龍川の, 奥へ, 奴隷だ, 好きだ, 始めて, 婚礼の, 実在したら, 尋ねても, 小さいので, 小さくって, 小さければ, 小首を, 居て, 居るそう, 展開し, 山に, 屹度蓄音機を, 岩根を, 岩礁の, 峯谷隔てた, 差出すの, 帳簿の, 平和な, 引出した結論, 引受けるの, 引続い, 当時を, 彼方に, 後から, 後に, 後日人間の, 御座います, 応える代り, 怒鳴った, 急に, 怪塔王に, 恋しくなりました, 息を, 悲喚の, 悲観した, 意外な, 意外の, 愕然と, 我がもの, 戻つて來, 房枝の, 所も, 手帳を, 手許に, 拾ったマスク, 持って, 指したところ, 指先に, 指呼の, 捕縛した, 捜査官の, 探りだした事実, 描いたらしく獏, 撃とうと, 支払うべき租税, 数間先に, 新たに, 方々に, 方へ, 旅館の, 旗田邸に, 旗田邸内に, 既に山間, 日本の, 早口に, 明治二十年頃開墾され, 春の, 時計の, 替ると, 最後の, 最新文化都市に, 本場だった, 村として, 来ると, 東京市の, 林田の, 栓を, 格段開ける, 極めて古くあつ, 極めて慇懃, 極めて閑静, 横から, 横つて居る, 機関室に, 次第次第に, 此処で, 殆ど全焼した, 殘された, 気に, 気に入りました, 気の毒そうに, 気軽に, 水槽に, 汗を, 沈黙を, 沢山ある, 沸いて, 治まらないなんて, 洋杖を, 浅井朝倉ででも, 浮ぶ, 海に, 淋しくなるこんだらう, 深緑の, 淺い, 湖に, 源之, 火事の, 灰に, 点々と, 無くなった為, 無断で, 焼き払われる, 父へ, 特に重大視, 猛烈な, 猿股を, 率直に, 玉屋邸に, 現れて, 現われた, 現代小説社へ, 生活の, 異種の, 疲れ切った身体, 痩せて, 発祥地である, 発見した, 皆其, 相当な, 眼に, 知り得た事柄, 短時間の, 神の, 秀吉の, 私を, 私宅に, 穢れらア, 空気孔から, 突然口, 突然声, 突然大きな, 立つて, 立てられた, 立上りましたら, 竜造寺隊長に, 竹の, 笑った, 第一, 第三機械筒, 米国に, 納屋の, 素朴で, 絶叫した, 続いて, 織田徳川で, 考えついたこと, 聞きかけた, 胆を, 脊中を, 腰を, 自分たちと, 舌打ちを, 船室にも, 花を, 若し栃木縣, 若松町に, 苦心し, 苦痛は, 荒されるまして, 落ちついた声, 落付いた, 蔬菜村に, 虐殺に, 街道筋にあたって, 表から, 袖を, 見えた, 見えたの, 見えだしたので, 見えないやう, 見えない角度, 見えなくなつ, 見えます, 見えるどころか, 見える所, 見える筈, 見え其, 見え海岸, 見せた洋杖, 見つかつ, 見つけだしたその, 覗かれる, 解放された, 言ったの, 言下に, 訊きかえした, 訊きます, 訊くと, 訊ねると, 語りだした脱出方法, 読書室へ, 調べたところ, 警部の, 貧乏だ, 賑やかに, 足を, 蹣跚めく, 躍りあがって, 近いから, 近いだけに, 近い仕方, 近づいたの, 近づいて, 近江甲賀と, 迷惑かも, 追って, 透明人間の, 遊びに, 遙か, 遠くて, 遠くの, 遠く薄, 遠慮したい, 遠退い, 采配を, 重ねて, 野篠で, 長谷戸検事に, 門前に, 開けて, 附近の, 隊長に, 隠れると, 隣の, 隱岐の, 零落しきっ, 電話口に, 面白く見物, 頻りに勧める, 頻りに嘆美, 顔を, 顔色を, 飛んだ, 飢饉で, 首を, 駒飼で, 鳥籠の

▼ 村~ (642, 2.5%)

14 あつた 6 一番の 5 唯一人の 4 一人の 3 たった一軒, 一人きりで, 三藏と, 二番目の, 有名な, 私の, 自分の

2 [32件] いう, たつた一人, ふとしたこと, わたしは, 一ヶ村を, 一番大きな, 一番老人達の, 一軒の, 健が, 右に, 唯一軒の, 宿を, 屈指な, 感ずる時, 暗示を, 暮らして, 東海道線に, 森さんに, 爺や, 疊の, 目ぼしい, 知人に, 私は, 結婚式を, 聞くとは, 評判の, 読み書きの, 誰か, 誰が, 農家の, 遊んで, 馬車が

1 [528件 抜粋] あそこの, あつたの, あつて, あてに, あの医者, あの森, あばれてから, あらう, あらうと, いかい, いちばんものしりの, いちばん器量よし, いちばん綺麗な, いちばん金持ちの, いちばん高い, えらばって, おくらしに, おなじ柿の木, おまえに, お休みなされる, お暮らし, お目にかかった山浦清麿, お祖母さん一人の, お逢い申し, かういふわけ, かった白ショール, かて十姉妹, こういう景色, こうこうと, こう信者達, ことわれば, この会, これで, これも, こんな悲惨, ござって, ござります, さ, さつま芋を, すてきな, すばらしい立派, すること, そういうこと, そこが, そこに, そのお家, その人, その多く, その夜, その花, それきりその, それは, そろそろ祭り, ただひとつ, ただ一人高等まで, たった一人, つき合って, つれて, できる炭, でも, とまりはじめて, とんだ命びろいをしたッきり, どういう働き, どの雪小屋, なければ, なされます, なにを, ならこの, ならば, なら堂々たる, なんかくす, ねその, のんびりと, はかの, はかれを, はじめては, はじめて萵苣, ひと夏, ふなあ, へえなんと, ほかの, また一つ, まだ若い, まつたく私, もうけが, やって, やはり薬, よ, よくもてなされた, よく動物, よく聞く, わるい伝染病, カモシカ猟に, コールジュといふ, スッポン佐渡の, セザンヌは, タッタ一人の, ナースチャは, ニューグランド, ハア小畠, メリンスの, モームスという, ランプの, 一つ一つに, 一と, 一二と, 一匹きりの, 一夜を, 一年の, 一戸前も, 一揆が, 一晩泊まった, 一泊し, 一生を, 一番ごちそうの, 一番という, 一番不潔な, 一番由緒あるらしい, 一番立派な, 一番賑かな, 一番食物に, 一軒きりの, 一軒しか, 一頭くらい, 丁度この, 三人ばかりの, 三名の, 三日の, 上陸し, 丘は, 主として猴王, 乱暴を, 二三軒小火を, 二番の, 二階建が, 五つ六つばかりの, 五位の, 五十銭ダマなどは, 五千貫から, 五衛門風呂と, 亡くなった, 人が, 人の, 人を, 人民は, 人気の, 人気者の, 人氣の, 今から, 今でも, 今は, 代用教員を, 仲人に, 伊藤君といふ, 休んだ時, 会うた所, 体操の, 体験した, 何時頃かう, 佗しい, 作られます, 作り出す麦藁細工, 作業場の, 使い手が, 使うたいてい, 使用し, 例年の, 侘しい起居, 信濃川に, 俺の, 働きが, 働らいた, 僕の, 兄の, 公用の, 其所有權を, 出来る蚕, 切腹し, 初めての, 別れた藤夜叉, 別れまして, 別家さす, 割前で, 助けられた恩義, 勝ったり, 勢ぞ, 勾引かしでも, 十月の, 半日くらい, 又旅, 受けたの, 受けた印象, 受取ること, 口の, 古池の, 可愛い童子, 各部隊, 同姓の, 同様の, 名代の, 名望ある, 名題の, 吏党派と, 向うから, 呉服物などを, 呼びたい劇団, 唯一の, 唯五軒の, 商売を, 善良という, 営まれて, 四十フラン, 国境近くの, 土器師を, 土地の, 多少の, 夜ごと疎開者たちの, 夜を, 大きな柿, 大事な, 大和から, 大小作争議, 大山の, 大演説会, 失ったもの, 失った金入, 失敗し, 女が, 好かれて, 始めて, 姓名は, 婚礼が, 子供が, 子供に, 子供の, 孝女お, 孤独に, 安泰であった, 完全に, 実見した, 宮守という, 宿に, 寄り寄り相談, 尊敬され, 小休み, 小作争議が, 小作料の, 小学教師を, 小学校の, 小泉と, 小金でも, 山の神様の, 山伐り, 平橋村から, 年重な, 広さ数百メートル, 建てたもの, 建てた両神神社, 建てた祠, 建てる様, 弁当を, 弁護士の, 引受けて, 張訓も, 彼は, 彼風流な, 待遇する, 後者は, 御所柿を, 心を, 必要に, 急な, 恐れられるも, 恥を, 息子を, 惨めな, 感じた不思議, 懇親会を, 成敗する, 或る, 戦争を, 戸を, 戸数も, 折紙つきの, 押しが, 持つこと, 持つて, 持つ義務, 持余された, 指折の, 捉まった, 提げて, 撮影した, 操人形が, 放浪飲酒暴行の, 教えて, 数多物を, 斃れ死んだ, 斬り捨てたごときは, 新しい教養, 新人でした, 新作さんという, 新聞とっ, 新聞を, 日が, 旧家染みた, 明も, 昔から, 昔話の, 春祭の, 昼間でも, 昼食を, 昼飯を, 普通見, 暮したこと, 暮して, 暮らしたある, 暮らしたこと, 書いた, 最も上菓子, 最も荒くれたま, 有り得たこと, 朝御飯を, 材木商を, 村民達は, 村道を, 村長を, 松明七千把の, 松江に, 染物を, 柳島と, 栽培しよう, 桜が, 櫻を, 次兄の, 止って, 正人馬, 正直そうな, 死にたい, 殺された, 殺そうと, 母の, 毎晩鼓の, 氏神の, 気の, 気候温暖産物に, 水莽の, 水莽草の, 永く校長, 沿道から, 漁った鮎, 灌漑用の, 炭焼を, 煙火が, 父さんは, 物識の, 狂言, 狸が, 狼を, 猴を, 玉櫻珞と, 現金は, 生まれた校長, 生れたの, 生れたので, 生れた親爺, 生活を, 生立っ, 産出する, 産土とも, 産声を, 男女の, 町へ, 疫病が, 病養の, 発会以来今日まで, 白昼幽霊が, 白馬に, 百姓の, 百姓を, 盛んに, 直接身ぢかな, 直接農村ソヴェトに関する, 眉の, 知合いに, 石垣に, 私が, 私どもが, 私を, 秋に, 積極的な, 立派な, 竹製の, 米穀肥料商を, 約束した, 純樸, 終るかと, 結婚さっし, 結核の, 絹物や, 縊死し, 織られる, 置かれて, 習えるだけの, 考えて, 耳に, 聞いた, 聞いたは, 聞いて, 聞える子供達, 聴いて, 育ちました, 育ったから, 自分は, 興行し, 舟を, 若い者, 苦行する, 英則との, 茂之助が, 落して, 葡萄を, 薪出しを, 螢の, 行うて, 行はれた, 裁縫の, 西の, 見かけたもの, 見たこと, 見たもの, 見つけたあんな, 見て, 見ると, 見聞した, 角蔵三吉といふ, 許しても, 話したん, 読めるだけの, 誰々が, 誰からも, 誰も, 調査した, 貧乏した, 貰った人形, 買は, 赤犬を, 起つたこと, 身分も, 農を, 農業という, 農民の, 農産物は, 近江, 追い付かれたの, 送ったの, 造作アございません, 遊んだこと, 遊蕩を, 過した, 道の, 道傍の, 道場破りは, 道連れにな, 遠回りを, 適当な, 避雷針を, 都会の, 酒の, 酒を, 酒渡世を, 酒醤油などを, 野田山に, 金の, 鍋釜を, 開かれたが, 開業する, 間もなく麦, 降りて, 降りるの, 離反を, 露見した, 非業な, 面白いこと, 面白い漆器, 食うだけは, 食えないもの, 食えなくなったもの, 飲むべき日, 飼ふて, 養つて行けぬ, 首を, 馬に, 馬車の, 馬車は, 魚屋兼料理屋を, 鮎を, 鶏の, 鹽原に, 黒い扉

▼ 村では~ (455, 1.8%)

4 昔から

2 [15件] おあい, こんなこと, つい見かけた, 以前は, 儔べ, 好からぬ, 左程の, 新しい海水着, 昔この, 本税, 村長を, 評判の, 誰彼が, 農奴は, 野原の

1 [421件] あつた, あの娘, あるが, ある家, いちばん自然な, いっこう見た, いつも一人, いよいよ切支丹, いろいろな, いわぬよう, おまえ様が, お主婦さん, お産の, お金持, かっこうと, かつて本位田又八, けっこう気にいられ, けっして寝, こういうこと, こういう物, このあたり, この二軒, この凶作, この大火後, この女, この日早天, この牛蒡, この男, この盆竈, この辺, この雨乞い, これと, これに対して, これも, こんどの, こんなうわさ, こんな程度, ごく難渋, さしたる邸宅, さほど心配, して, すぐ人, すべての, そこからも, そのため米, その城主, その年, その成長, その評判, その都度幾度, それから, それが, それと, それを, そんな事, たいていほんとう, ただサヨ, だれも, だれもが, ちょうど秋, とてもやつ, どういう知人, どうしても其儘, どこの, どこを, どじょう汁が, ないが, ないと, なかった, なくては, なく名, なく帆村, なく野, なびんづう, なんの, またミズヨロ, まだ女, まだ時々駐在所, みなたいてい, みなテントに, みんなが, みんな知らぬ, もうあの, もう大石先生批判, もう懲, もう散り, もう散り終えた, もう輿丁, もう鶏, もっともっと波, よい犬, よくよく困った, よく知っ, よく知られ, よく踊る, よろこんで, わりを, エメラルドの, エレンナカという, オヤツだの, コキンチョウと, コキンチョ直, ゴロシチとも, スレドニャク, ハイカラな, バカに, ホボロダケという, 一つの, 一も, 一人として, 一大事が, 一対六四ベルリンでは, 一旗挙げる, 一日じゅうほうぼうの, 一日中お, 一生風呂へ, 一番ええ, 一番手広く, 一番豪い, 一番貧乏で, 一致し, 三度で, 三百戸全戸に, 上流に, 両親初め甚, 中, 久振りに, 之を, 九割, 二三分ごとに, 二三軒の, 云うが, 互の, 五十歳の, 五竜岳を, 井戸世古の, 亭主は, 人々は, 今から, 今でも, 今に, 今まで, 今日五穀豊熟を, 仕事が, 仕事を, 会葬者は, 何事も, 何処の, 何故あの, 何處で, 依然として囲炉裏, 保健衛生の, 信じられて, 信州に, 俺を, 僧侶臭の, 充分に, 先生です, 克明に, 全耕作反別, 兩親初め甚, 其型で, 其水を, 冬だけに, 冬至を, 処々に, 出生は, 出稼ぎの, 切支丹の, 別にまた, 別に誰, 勤勉な, 勿論必, 十一時半の, 十二月に, 十八日の, 十分に, 十年ばかり, 十能で, 千人という, 半ば野に, 占とか, 却て, 卵屋と, 去年に, 又日中所々, 収税者も, 収穫終りの, 叔父さんの, 口ききだった, 吉田長右衛門様の, 同じもの, 味方の, 噂の, 噂を, 四つ又, 四人も, 団子祭を, 困って, 地方出の, 塩鮭の, 壬戌の, 夕方の, 外国人を, 外科の, 多久家は, 夜は, 夜廻りが, 大きな家, 大きな建物, 大さわぎ, 大事な, 大人の, 大人も, 大出喜平山本栄四郎青木金次郎ここらあたりが, 大半が, 大変な, 大尽子の, 大迷惑, 天狗が, 太左衞門どん, 太鼓を, 女が, 女の, 好いお, 妙な, 娘の, 婚約の, 媒人が, 子供でも, 子供は, 学校の, 宇沢家の, 完全に, 家の, 家財を, 小女郎狐, 小学校の, 小浜村より, 少しの, 少なくとも二十年, 尻の, 屈竟の, 山の, 左程, 年々一〇九人につき, 幽霊に, 庭渡神社の, 彼は, 彼自身に, 後には, 必ず彼等, 悪い者, 悲劇の, 惡戯を, 或る, 戸ごとに, 持ちきれめ, 捜索隊を, 採算が, 搜索隊を, 政治に, 数少い, 新しいもの, 方々で, 方角上大抵, 日が, 日ぐれどき, 日中に, 日曜だ, 旧暦の, 昔弘法大師が, 昭和六年十一月七百戸全戸に, 時ならぬ, 暮しの, 最も奥, 月江様が, 有名な, 朝は, 村債を, 村内少年音楽隊を, 村君は, 村民なにがしが, 村民全部が, 村税付加が, 村長さんが, 村長と, 根本の, 梟の, 正一郎は, 正月が, 正札附の, 此方へは, 武蔵と, 死亡率は, 死者に, 死者を, 殆ん, 毎年命日に, 毎年春秋の, 毎日の, 毎朝みんなが, 毎朝未明から, 毎朝目が, 水が, 水の, 水兵さんが, 氷滑りの, 法度まで, 活動が, 浩平が, 海からの, 海へ, 海馬の, 深井氏を, 清潔です, 炭を, 煙草の, 熔岩の, 燈火を, 爺や, 牡馬は, 物憶え, 狐に, 狩野久太郎様の, 珍らしく, 現にそう唱え, 現に神幸, 現在食べ, 甚しく, 生え抜きの, 生活の, 産土神の, 田に, 田植は, 由緒めかし, 男が, 男女の, 畠の, 畠地の, 百姓が, 百姓太右衛門という, 皆不思議がっ, 相当の, 眼ぼしい, 知られて, 砲撃が, 破れたところ, 神に, 神を, 禰宜の, 秋の, 稗を, 竜頭山と, 童子だけを, 竪穴小屋が, 第一, 筋目正しい, 総オコナイ, 羊飼の, 老人が, 耳の, 聞くこと, 自分で, 自分一人だけが, 良くいわない, 苗字なんて, 若い婦人, 若い衆たちの, 草川巡査の, 華美の, 薄荷水を, 虎杖を, 見かけられなかった, 見せたくないという, 見たこと, 見られないよう, 見ること, 評議し, 誰それと, 誰も, 誰一人にも, 諾冉二尊を, 謹厳さうな, 貉の, 貧乏人の, 赤蜻蛉が, 農奴が, 近く柳沼の, 通わそうという, 通常以上の, 遊び仲間の, 遊び地蔵と, 道路の, 道路を, 遠く江戸, 都会から, 重陽を, 金兵衛の, 鈴発知と, 鎮守の, 長芋を, 陽暦陰暦を, 集団農場化に, 雌鶏めとき吹く, 雪が, 霧の, 青年会の, 青髪山の, 頼んで, 飯を, 飼蚕の, 餅つきも, 馬, 馬鈴薯が, 騎手は, 高さ, 高倉を, 鳥も, 鶏群中の, 黍を

▼ 村~ (434, 1.7%)

10 云ふ 8 いっても 5 村との, 正太とは 4 いうと, いうに, いって, さうでない, 私とは, 頂を 3 いふが, いふ所に, なつた, 正太の, 申す処, 繁代の, 言うて, 言ふ

2 [38件] ある, いう, いうが, いうても, いうので, いうのに, いうほど, いふに, いふので, そこの, 一彦の, 一緒に, 三根夫は, 云うが, 云う所, 云ふも, 余とは, 僕とは, 合併し, 小浜の, 峰を, 怪塔王との, 改称した, 書いて, 村とが, 村とは, 村井の, 村井は, 正太は, 町との, 称されたもの, 繁代は, 聞いて, 言うの, 記して, 課長を, 都会との, 長吉とは

1 [282件] あべこべの, あまり切実, あるの, あるのみ, あるは, ある広, いい親代々, いうには, いうほどの, いえども, いえば, いえるは, いっしょに, いつたもの, いつも曇色, いはれて, いひて, いひ大した, いふを, いふ所を, いわれて, いわれるところ, うっかりした, うねり登っ, うまく連絡, お光, お妙, かなりに, きいたならば, くると, ここは, さき村の, した左手, して, すっかり同じ, そうでない, そして番頭, その二人, その傾いた, その家族たち, その山崎, その赭ちゃけた耕作地, その近村, それからあなた, てない程, なった云々, なって, なり累々, なる, はいっても, ひとくるめ, ふたりの, もうしましたけれど, もう一人, わかれ怪塔ロケット, カズ子を, コマ神社の, トラ十だった, トラ十の, ポオ助教授も, ヴァランジュヴィル村との, 一彦とが, 一彦とは, 一彦とを, 一彦は, 一彦少年とで, 一族の, 一番高い, 三人で, 三根夫とは, 三根夫少年とで, 上下の, 争おうとは, 二人きりな, 云いましたが, 云い今, 云うの, 云う処, 云う名, 云う小村, 云う程, 云う青年, 云えば, 云ったの, 云った工合, 云っても, 云ってる所, 云つた, 云つた所で, 云つていい, 云へば, 云わず人間, 云われたエタ部落, 云われた処, 五平から, 交通する, 人々の, 付けたと, 以前は, 仲が, 仲よしに, 伝七が, 何と云う, 余とを, 僕は, 僕を, 共と, 兵曹長とは, 其処で, 別れた探偵作家, 別れて, 利害興廃を, 化した今日, 南淵村の, 友なり, 同じく地震, 同じである, 同じ戦場, 同じ考え, 同一堤内に, 同名の, 同様で, 同様普通人と, 同様漸次, 同級だつた, 名づくる, 名乗るからには, 名乗る私立探偵, 名刺で, 呼ばれた千二百石, 呼ぶ所, 城とで, 外で, 夜の, 大川主任とは, 大槌町の, 大野は, 妾が, 学校が, 宇宙線問題や, 宮城村との, 家政婦といふ, 寺の, 対抗し, 小樽これを, 小浜は, 小浜村との, 小烏瀬川を, 尾久村との, 山の, 山岸少年の, 山県郡北山という, 川上村に, 州庁からの, 市場都市との, 庇を, 弁政も, 弟の, 張合つて原庭の, 忍びこんで, 思ひ違, 愛けうの, 抗争し, 押して行っ, 日比谷村の, 昔は, 春部が, 春部の, 晶子と, 書いた立札, 書く, 有野は, 村の, 村もしくは, 村井が, 村井とが, 村井とは, 村井彼等は, 村人とを, 来たらリェーリク, 栗橋村との, 森と, 検事とが, 極めて興味, 横川村とを, 正太ぐらいの, 正太と, 正太とが, 正太とを, 正太少年とは, 比べると, 汽車に, 浜べとから, 深田村との, 混同せられる, 田鍋課長の, 申しましたか, 申しましても, 申しまする, 申します処, 申し父, 申すなり, 申す其の, 申す恐ろしい, 申す者, 申す部落, 町に, 町の, 登米郡赤生津村とに, 登米郡赤生津村との, 相逢, 相隔絶, 石合戦を, 祝福に, 神通射水の, 私と, 私の, 私も, 称されて, 称し下土出村, 称する迷信, 称せられて, 称び代へて, 糸子の, 続いて, 緑の, 繁代と, 美都子が, 群馬県上野国利根郡水上村の, 考へられて, 耕地と, 聞いた刹那, 聞いた計り, 聞くと, 自分との, 若月次長の, 葛飾村の, 蛭川真弓は, 行けば, 街とが, 表彰された, 裁判医の, 西保村との, 親しい村松検事, 言いたいこれ等, 言った, 言って, 言っても, 言つた形を, 言つても, 言ひました, 言ふところが, 言われた天部部落, 話す維駒団扇, 語りあかして, 課長は, 謂つても, 谷沢村との, 足柄村に, 轟が, 近所から, 通りへ, 違つた風習を, 遠く武蔵野に, 都会とは, 都会とを, 鈴木に, 鈴木にも, 鈴木は, 長吉との, 長吉とを, 開田村とに, 関ヶ原の, 関係の, 陸地との, 隣の, 隣りの, 隣村栗橋村との, 集まりに, 青森市とを, 面識の, 飯能とは

▼ 村には~ (390, 1.5%)

13 いって 5 そんなこと 3 いると

2 [11件] いつて, いなかった, そのころ, なかった, リンゴの, 一軒も, 何の, 女の, 山と, 私達の, 避暑客らしい

1 [347件] ○○、○、○○、○○などの, あきないやとては, あったこと, あったの, あの怪物, あまり富んだ, あまり養蚕, ありませんでした, あるお寺, あるね, あるの, あるめえな, いったり, いつた, いつても, いない筈, いらっしゃらなかったね, いられないん, いる, いるから, いるの, いろんな委員, おふくろも, お医者, お祭り, お金や, かねて, こうした話, ここと, この二人, この庚申待, この糸子, こもる風, こんな話, さらに第, ざらに, すぐに, すぐ分った, ずゐぶん迷惑, せず飽くまで, そういう結構, その村全体, それが, ぞろぞろと, ただ一筋, ちゃんと人間改造機, ちやんと, ちょうど桜, とても頭, ともかくこんな, どうでしょう, どうも片目, どこにも, どの点, ない, ないと, ないのうと, ない生活, なびんづうと言, なんらの, ばい岩という, ひんぴんと, ほかに, ほぼおなじ, ほんとうに, またそれぞれ小市, まだおまえたち, まだポンプ, まだ一つ, まだ何処, まだ全然それら, まだ沢山, まだ犬, まだ私, まだ自信, まだ鉄道, まったく人影, みんなの, もうそここ, もうその, もうなん十年, もう一軒電話, もう大江山課長, もう灯, もっともっと貧乏, もとは, やがて一切, やれ魚釣り, よほど遠い, ろくな寺小屋, ゐたため, ゐまいな, エタ年寄が, ハンスの, バリケードが, メグスリ花という, モームスは, ラムネ氏が, 一けん, 一つの, 一人か, 一人だって, 一人も, 一刻も, 一向見当, 一場所中心地が, 一年二十円内外を, 一年百円を, 一眼私の, 一種の, 一顧の, 七つ八つから, 万福寺も, 丈夫な, 三十台ぐらいの, 三十軒ばかり, 三女が, 三月十一日まで, 三河島菜が, 下駄屋が, 世に, 乗合自動車の, 乞食が, 二つと, 二人か, 二人と, 二軒しか, 二軒の, 五十歳を, 人が, 人魂が, 今は, 今までに, 今わづか, 今ムク, 今年正月が, 今後も, 仕事が, 以前には, 伝播しなかつた, 伝説の, 伝説を, 似たる唱え言, 何でしょう, 何んな, 何軒かの, 余分の, 修繕する, 傳つて居る, 傳播しなかつた, 働く男衆, 僕の, 僕も, 兄が, 光明寺といふ, 八掬脛社という, 八日ある, 共同の, 共有の, 冬の, 出世村の, 到る処, 前々からの, 前記の, 割合に, 助六を, 労働者約, 勝らないので, 医者が, 十二萬圓しか, 十日という, 又神, 友達が, 古風な, 史書に, 名だかい古墳群, 名刹恵林寺が, 君と, 垣内が, 夏に, 外見上に, 大同という, 大工が, 大樹の, 大樹を, 天明年間に, 太子堂が, 太鼓が, 女子供や, 姿を, 娘の, 娘達が, 安倍氏という, 実在し, 家は, 家屋敷が, 富士講と, 専門の, 小さな動揺, 小学校が, 小川芋銭先生が, 尾谷川といふ, 居づらく, 居られない, 居られなくなる, 居られぬと, 居られねえから, 居られませんよ, 山上の, 山田留吉という, 己の, 帰つて来ん, 床屋といふ, 度胸の, 引いてなかったが, 弘法大師の, 彼女達を, 従来無, 忽ち消, 怖ろ, 思って, 急に, 怨まれて, 怪かしが, 戸数三十戸あまり富士登山の, 手車や, 持ち家が, 数日まえ, 數ヶ所の, 新の, 新田の, 既に何, 昔の, 昔弘法大師から, 春が, 曽我の, 木ぐつ屋が, 木樵か, 未だ無し, 未練は, 村始まっ, 村長で, 来ぬ, 柳の, 桑畑の, 桜は, 森戸の, 正月二日に, 正月十五日の, 武装兵が, 歴史が, 殆ど身を, 毎年秋の, 氷も, 決してそういう, 汽車が, 沢山の, 海岸にな, 深い淵, 清水野といふ, 滑石という, 濁密, 火葬場が, 無いので, 燃えさしの, 燕は, 父の, 特別の, 犬という, 犬の, 狸将の, 珍しき学者, 珍しく酒, 珍らしく, 現在でも, 理由は, 理髮店といふ, 甘え柿と, 甥の, 用の, 田圃中から, 田畠と, 疲弊の, 百八十二軒の, 盆の, 目証も, 相当立派, 眺望絶佳の, 知られて, 知力を, 石油を, 祖先の, 神が, 私の, 秋が, 稍おんも, 筧が, 節瘤だらけの, 約三十年来三人, 綺麗な, 羽柴秀次秀勝の, 老母も, 耕すべき土地, 聞えなかつた, 自分の, 興味ふかい, 良い水, 若者の, 蓑笠を, 薪ばかり, 薪山を, 藤村という, 藤田という, 蚕養い, 螢が, 製糸工場が, 見あたらないやう, 見えなくなつ, 観音様が, 許さないと, 読み書きする, 誰も, 變な, 谷川と, 越野といふ, 足かけ九年住んだ, 足を, 足長神社という, 過ぎた妹, 過ぎた学士様, 遠い昔, 郵便局あり, 野に, 釣の, 長雨の, 開闢以來の, 関係ない, 隠坊は, 隨分惡戲の, 電報など, 静けさの, 非常な, 類の, 風呂屋が, 飲み水, 鬼或, 鶴が

▼ 村探偵~ (346, 1.3%)

8 と小浜兵曹長 6 はこの 5 と一彦少年, の姿 4 はどう, はどこ 3 です, と一彦, はそれ, もこの

2 [14件] が声, だった, と正太少年, のこと, の方, はその, はたのもし, はちょっと, はまた, はハタ, は彼, は手, は部屋, は階段

1 [274件] か, からうばいかえした, から教わった, から頼まれ, がいつ, がいなくなった, がいれ, がいろいろ, がおどろいた, がきいたら, がこの, がこれ, がさい, がそこ, がその, がつきそい, がとめる, がやりかえしました, がわざわざ, がピストル, が住吉区岸姫町, が出し, が出した, が到着, が勝ち, が叫んだ, が問題, が地上, が大利根博士, が姿, が席, が愕, が来られました, が此, が死にものぐるい, が深山理学士, が漢于仁, が突然, が船長室, が見, が言った, が頬, それから本庁, だけのこと, だったの, でありました, とあの, というの, という人, という名, とがイワノフ博士, とが肩, ときたら仕事, とだけが残った, とても顔色, との出会, とは首尾, ともあろう, とを睨んだ, とトラ十, と大江山捜査課長, と白丘ダリア, どうした, なんか間抜け, にあいさつ, にいわれ, におとらず, にこの, にすくわれ, について現場, にどんなにたいへん, になりきっ, にはあらた, に助け出され, に向っ, に巡りあった, に抱かれ, に襲いかかる, に通じるであろう, のあ, のいった, のお, のこえ, のことば, のこれ, のところ, のやった, の一命, の事務所, の仮称, の任務, の出した, の力, の卓子, の命令, の声, の専門, の幸運, の心, の心づかい, の必死, の意見, の手, の敵愾心, の案出, の様子, の熱心, の生命, の生死, の甥, の知らない, の素状, の結論, の考え方, の胸, の腕, の自信, の言伝, の説, の電文, の顔色, の鼻, は, はあくまで, はいいつけられた, はいかに, はおどろき, はお茶の水, はかえす, はくやしい, はこうした, はこえ, はここ, はこれ, はさっき, はしばらく, はすぐ, はそう, はそこ, はそこで, はそれから, はたちまち, はたばこ, はついに, はつかつか, はとうとう, はとびあがっ, はどんなに, はなぜ, はなに, はなにげない, はなにげなし, はなんと, はにやりと, はのちのち, はのど, ははじめて, はふだん, はやっと, はようやく, はりっぱ, はイワノフ博士, はソッ, はソロソロ自ら, はペーブメント, は一人, は一体どう, は一向, は一彦, は一時, は一生懸命, は不愉快, は並び, は今なに, は体, は何, は何事, は傍, は全身ずぶ, は兵曹長, は内部, は写真, は別, は口, は叫ん, は呀ッ, は呆気, は咄嗟, は夢, は大, は大きく, は大木老人, は大胆, は大阪, は奇蹟的, は少々, は少年, は岩かげ, は巧み, は後, は心, は心配そう, は怪塔王, は息, は操縦席, は改めて, は暗号, は服, は松ヶ谷団長, は松山たち, は椅子, は構わず, は正太, は残念そう, は気絶, は漫画, は烈々, は無言, は牌, は理屈, は直ぐ, は直接, は空っぽ, は興奮, は花活, は若い, は苦し, は言葉, は誰, は警戒線, は豊乃, は車, は進退, は遂に, は鉄, は雁金検事, は雷洋丸, は頭, は頸筋, は首, は麗しい, は黙々と, ばんざーい, もこっち, もさすが, もさらに, もその, もそば, もそれ, もまだ, もみな無事, も一彦, も一彦少年, も云っ, も兵曹長, も小浜兵曹長, も手, も早く, も昼夜, も横, も気がつかなかった, も火葬炉, やえらい, やそれからまた, や一彦, や一彦少年はぶ, や正木署長たち, よ, をふりかえり, をみつけました, を交ぜた, を呼出した, を激励, を自動車

▼ 村~ (237, 0.9%)

18 ある 4 一彦も 3 一緒に, 多いが 2 あって, ありました, あるが, そこに, それを, ない自分, 山も, 田鍋課長も, 里も

1 [191件] あそこの, あった, あったが, あったと, あつた, あつて, あの村, ありなか, あります, ありますが, ありますし, ありまたは, あり伏木, あり柏木村, あり福島県, あること, あるし, あるそう, あるの, あるやう, あるよう, あれば, あろうが, いくつか, いよいよ駄目, お茶を, お隣の, かくし川, かねて, きっとその, ぐらぐらする, こえて, ここの, ここへ, このふるい, この枕, この覆面, この隣, これに, これを, ころころと, こんなもの, すぐその, すこしく元気, すこし焦れ, そうなる, そこの, そのこと, そのまま一行, その地震, その大力, その時おつき合, それと, そんな村, ただチラチラ, ただ人気, だんだん人間, ちかごろゼイタク, ちと腐り, ちょっと突然の, ちらちらと, ついにその, つい滾せ, つづきました, とうとうこの, とびこんだとたん, なく住家, なんとなくにぎやか, のどかでもの, また大阪人, また無言, また立, まだ出, まんざら馬鹿, みな谷川と, みんな今日までに, もう青葉, もつと, やっぱり鷲峰山, ようやく膝, よその, われは, ニーナの, ハンカチの, メモを, レーダー手が, 一番殿り, 丁度コスモス, 七宝寺も, 三里も, 丹前の, 二時間目には, 亦ゲエテ, 人も, 人無し村である, 人間の, 人間改造機も, 今度ダムの, 例に, 俄に, 元とから, 同じよう, 同じ技, 同様であっ, 同様に, 呆然として, 唖然と, 城東区砂町と, 変つた, 変に, 多くは, 多く石, 大分変りました, 奇遇に, 始末に, 嫌疑を, 家も, 寒さ, 寒むからし, 小家も, 小浜も, 少しくなる, 少なくない, 少なくは, 山の, 川も, 平家の, 引っぷるって誰, 強くその, 彼が, 御多分に, 敵の, 斗合田も, 斬罪に, 既に盡, 日本の, 桐の, 梅の, 橋も, 正太も, 此奴変な, 殆ど三方は, 気がつかなかったの, 水には, 泪を, 浮世も, 淋しくなる, 由緒ある, 町も, 画の, 畑も, 異にした, 病人に, 皆な, 皆埋められた, 皆竹杖, 相当の, 相当廻っ, 破壊されつくし, 私も, 端れ, 端近く, 答弁する, 繁代も, 美都子も, 苦笑した, 荒川の, 衰えたが, 西東も, 見えた, 見えなくなり教会, 見かけられた, 見た, 見覚えの, 輕い, 近いし, 過ぎ小金井, 金臭くなっ, 開けて, 開けば, 集団農場に, 青い青い海, 静かに, 静つた, 領土の, 顔色を, 風俗も, 駭い, 驛の, 鳴るぞ, 鳴るぞや

▼ 村まで~ (175, 0.7%)

6 行って 4 来て, 来ると 3 出かけて, 行けば, 連れて 2 つれて, 出て, 帰るの, 来たとき, 行くと, 行つたら, 送って, 避難なさった, 響きました

1 [134件] あと道のりは, いらっしゃいました, おいでに, お医者, お歸, かけもどった, きて, くると, これから行っ, ご用を, その女, その巻添え, だ, ちょっと行っ, ついて, つづいて, ひとは, まいります, まいりますの, まつすぐ, わざわざ踏み出し, スキーを, バスに, ボートを, 一寸, 一緒に, 一里あまりの, 一里ばかりも, 三十分で, 三町ばかり, 三里ばかり, 三里ばかりの, 三里も, 下りて, 二人を, 二貫は, 二里ばかりの, 二里此処に, 人車に, 伝えられたので, 伸さなければ, 使いに, 來た, 入って, 八マイルを, 八里の, 八里八町人里も, 出ると, 動いたこと, 匂って, 十里程ある, 千蔭流の, 半分余りも, 参りそこ, 合力し, 同道し, 大きな箱自動車, 大臣の, 女の, 孝子という, 山川に, 帰って, 帰らなければ, 帰るん, 帰ろうという, 引き返し其処, 引っぱって, 弾きに, 彼の, 往くと, 往って, 御足労を, 御陣, 急報いたし, 持ち運んで, 新道なら, 有名な, 末広がりに, 来かかると, 来た, 来たという, 来る途, 此の, 歩いたが, 歩きましたが, 歸つ, 歸つて居つたら, 毎日托鉢に, 水を, 流れて, 獣皮の, 用が, 用達に, 着きました, 米を, 約二キロ, 続いて, 至りて, 落ち延びていらしったろうか, 行かうか, 行かなければ, 行かぬか, 行きつかうと, 行き着き損, 行くにさえ, 行くには, 行けなかつたこと, 行った, 行ったそれから, 行ったら夜, 行つて, 行つて來ました, 見学に, 見渡されるの, 買いに, 赴くの, 足を, 軍を, 近いから, 追いかけて, 追いつめて, 送つて, 送つて來, 送り届けて, 通ること, 進み下の原村, 進んだ, 運んで, 達しないうち, 遠く迷っ, 酒買いに, 降りて, 食物を, 駈けて

▼ 村でも~ (163, 0.6%)

4 笑ひ 3 一人や, 指折りの 2 一番の, 五本の, 兎に, 有数の

1 [145件] ああいった, いちばんかわいい, いまごろは, いろいろの, うわさし, おとなしく兵糧, おなじ種類, おもだった家々, およそ見られない, きたないので, ここの, この一夜, この三本立て, この村, この背骨, こんな美しい, すでに見いだす, ずいぶんふるい, ずいぶん古く, ずっと奥, そこに, その村道, それを, たいしたもの, とおり者, とかくの, ないから, なかった, ほかに, また小さな, もとは, やっぱり馬鹿, やはりタンポポ, やはり騒ぎました, よくいわぬ, わしの, ドンガラである, ネンガラここでも, 一本松は, 一流の, 一番に, 一番大きい, 一番広い, 不義ものの, 世話役が, 中, 中所の, 乙の, 伝説を, 何う, 例外なく, 先月掛けた, 八百比丘尼この, 八釜しい, 初代の, 初物じゃという, 別趣, 到頭人殺し, 剽軽で知られ, 医師と, 十七年来この, 十疋の, 又た, 各戸供奉の, 噂し, 城でも, 多分は, 大さわぎだった, 大多数, 天神を, 定評が, 家毎に, 富さん, 専売局の, 小学校の, 屈指の, 幽霊に, 彦七の, 従僕たちの, 御館の, 心ある, 心得て, 心配し, 志野八寸の, 思い思いに, 戸毎に, 拾われたの, 持って, 持つて, 持余した, 日和の, 旦那の, 旧家で, 最も古い, 最早毎日, 有名であった, 有名な, 村には, 村中は, 梅の, 梅祭りなど, 欠かせない人, 此の, 此月ばかりは, 歩いて, 殆ど一人ぽっちでした, 段々人気, 比丘尼は, 水を, 煙火みたいな, 珍らしくない, 理想的の, 田の, 町でも, 盛んに, 目下一戸当り千円の, 目立って, 相當, 真偽定かで, 祭を, 笑い咄の, 自殺や, 舊い, 若い女, 街道でも, 見たが, 見ました, 見付け次第に, 評判が, 評判の, 評判もので, 誇り京, 谷川の, 負ん, 赤瀬という, 農家が, 都会でも, 重んぜられて, 野でも, 金持ちの, 閉口し, 降灰一尺を, 電燈を, 風儀は, 食うに

▼ 村~ (147, 0.6%)

4 か, のいう, の仕事場 3 はその 2 かネ, のやり口, の方, はやく来い, は紅子, もやつ, を訪ね

1 [118件] あのピストル, ありがとう, えらいこと, からの言づてはほかになかったかい, からの言伝, からの重大, から借り, から壺, から聞い, がその, がつっつく, が亡びた, が代っ, が大, が手伝, が梅干とらつきよう, が現われなけれ, が白帆会, が研究, が約束通り, こんなところ, しっかりし, しっかり頼む, そうだろう, そんなばか, ちょっとここ, ちょっと来, である, ですか, ですね, とがいよ, として持たね, ともいつ, とポオ君, と同道, と柳江, と空闥, と虚山君, と血統上, どうして台辞, どうです, ならきっと, に, にはすまなかつた, にも調べさせた, に一句, に一言, に云わせる, に児玉君, に出くわす, に剣舞, に向けよう, に委せ, に対しては特に, に持つ, に訊い, に逢, に逢いました, に酒, に預けた, のも一つ以前, の例, の保證, の信仰, の創作, の反射鏡信号, の呑込み, の問, の大家, の好意, の家, の工場, の影, の想像, の感違い, の手腕, の提げ, の文章, の最近, の気, の消息, の淋し, の演出, の生活, の見せ, の連絡, は, はさっき四時前, はしばらく, はそれで, はどう, はどういう, はなかなか, はもう, はもどっ, は不滅, は大町桂月, は後, は思う, は検察委員, は私, は草鞋, は郡領, もう来, もそれ, もよかつ, も博士, も手, をわれわれ, を久しぶり, を訪ねる, を陥れよう, を願います, 一体どうすれ, 助けて, 待て, 相変らず, 確りする

▼ 村はずれ~ (144, 0.6%)

4 の森 3 にある, に立っ, の小さな, まで来た

2 [12件] での去年, で御, の丘, の地蔵さま, の宿屋, の小屋, の岐, の方, の池, の石地蔵, の路傍, を流れ

1 [104件] からは生駒山, から十里あちら, から学校, から馬籠, でその, での愉しい, で冷たい, で別れた, で十文字峠, で茶店, で馬, にかかった, にさしかかります, にはお, には尾花川, には河, には落葉, に一軒, に住まし, に住ん, に土手, に大きな, に宮様, に家, に小袋ヶ岡, に忍ん, に来た, に肥えた, に茅ぶき, に荒物屋, に駈け付けた, のうすら寒い, のお寺, のほう, の一つ家, の一軒家, の井戸, の休み茶屋, の休茶屋, の児, の八幡宮, の分かれ道, の分れ道, の刑場, の原っぱ, の団栗林, の土橋, の坂, の坂道, の城門, の堤下, の大きな, の小さい, の小川, の小店, の小道, の居酒屋, の居酒屋みたい, の岩田, の川, の川端, の常念寺, の新, の曲がりくねった, の松並木の下, の権現さん, の牧場, の田圃道, の田畝, の石屋, の空地, の粗末, の紅葉, の草原, の薬師堂, の谷川, の谷戸口, の跨ぎ, の軒, の辻堂, の郵便局, の間数, の高い, へ出, までいった, までお前たち, までくる, までやってくる, まで出し, まで出迎え, まで散歩, まで来かかる, まで来る, まで歩い, まで行っ, まで見送った, まで見送られ, まで買い物, まで迎え, まで送っ, やそして, をさして, を人, を国道

▼ 村という~ (134, 0.5%)

16 のは 8 のが 4 ところへ, ものが, 処へ 3 ところで, ところに, 処に, 探偵だ

2 [11件] ところから, ところは, ところまで, のへ, ものは, 処で, 所に, 所の, 所を, 方へ, 村は

1 [64件] おいら達の, お坊主, ことなら, ことを, ごくさびしい, ところかね, ところが, ところそこで, ところその, ところであった, ところには, ところの, のであった, のと, のに, のには, のはな, ふうに, ほうが, ものとは, 一つの, 一廓が, 人の, 人物な, 僻地から, 僻村は, 共同の, 処だ, 刑事である, 古い小間物屋, 名からは, 名が, 名は, 名を, 地主の, 地名, 地名は, 地名も, 大村の, 寒村に, 小さな村, 意味に, 所から, 所で, 所は, 所へ, 所まで, 探偵に, 方から, 日本人を, 村が, 村町という, 村谷という, 海近い, 特殊部落の, 男に, 男は, 程の, 空想的で, 者が, 行く先き, 辺鄙な, 部落で, 部落へ

▼ 村にも~ (133, 0.5%)

3 あった, ありました 2 きこえたので, 町にも, 過去の

1 [121件] あって, あり, あり市内, あり揖斐郡谷汲村, あるが, あるという, ある動物祖先, ある穢多, いられなくなり上京, いる駄農, おらぬであろう, かつてなかっ, このごろは, この返事, この里, これと, これに, こんなおそろし, こんな噂, こんな娘, さみしいカヤ, その商売, それは, そろそろ春, そんな永久, たくさんに, ちかい新川村, はた町, ひかれるよう, ほかの, ぽつぽつと, もとは, やはり同じ, ボスが, 一つ吊, 丸刈りが, 二つも, 人は, 今に, 以前は, 伯父さんが, 住めなくなり東京, 偶人劇や, 入って, 八十八ヵ所の, 出来るやう, 北支への, 匹敵する, 半つぶれ, 厳な, 召集令は, 右の, 同郡大和村, 名水が, 多少の, 多少は, 大師が, 実際ぐうだらはいたし, 家にも, 小浜兵曹長にも, 少なからず, 居られなくなるの, 居られねえ其の, 居られませぬ, 工場が, 廻って, 役人も, 彼女より, 後に, 復員青年の, 忍んで, 手長明神が, 押し寄せたから, 故障なき, 新道が, 旭川の, 昔は, 春が, 春は, 村ソヴェトが, 柿の, 段々と, 毎日おびただしい, 水恋鳥は, 沢山ね, 浜にも, 浴場が, 消防隊という, 珍しくない, 男の, 町制が, 知れまた, 社林中に, 立派な, 組合が, 続く者, 自殺が, 落着い, 薬を, 蚤は, 見えたが, 解った, 訪れて, 許されて, 話さなかった, 調べが, 起こったこと, 起こりまた, 路頭に, 辛い悲しいライフ, 遠いし, 部落にも, 都會の, 隣村にも, 電燈を, 電燈會社の, 非常に, 響いて, 頼んで, 馬籠へ, 高僧の

▼ 村~ (114, 0.4%)

8 を歩い 2 から一台, に出た, に沿っ, は本, へ出ない, を下り, を帰っ, を見

1 [90件] からながめられた, から埃, から境, から寺, から市街地, から森, があっ, がある, が山, が流れ, だ, である, でこっち, です, で一緒, で故郷, といふやつ, との岐, なれば, にあふれ, にぞろぞろ, になっ, には二三人, に両足, に出, に変っ, に接した, に日本製, に水, に沿つて, に縄, に限られ, に面し, に駈つけました, のはずれ, の一, の中, の凍てついた, の奇現象, の方, の橋, の赭土, の辻, の開通式, の集り, はいちばん人通り, は埃, は清潔, は畠, へでる, へ出, へ出る, へ外れる, へ遁, へ降りた, までさし, もまぶしく, も夜, や山道, らしく西, をはさん, をバス, を一散, を一時間, を二頭立, を出抜ける, を幾里, を懐かしい, を早苗, を曲折, を村, を柴, を歩き, を歩く, を歩み, を注意, を玉川村, を砂塵, を突切り, を肩, を行く, を見あげ, を走っ, を走りすぎた, を辿り始めました, を通っ, を進ん, を選べ, を隔てた, 入精舎

▼ 村~ (105, 0.4%)

13 のおじさん 11 の刀 10 どんは 4 どんも 3 どんの 2 どんが

1 [62件] か, かなんぞの鋭利, がいい, がそれ, がついに, が切る, が役立つ, が角屋, が逃げる, そのものの, だ, だけは持つ, だったと, てありゃしない, てやつ, であります, でござろうな, でしたが, ですから, ではない, で諸国浪人, で退治, という至って, といえ, と同じ, と名, どん, どんその, どん命ぜられる, どん島原の, どん無論, によって清康, のあまりによく, のごとき, のなまくらめ, のひと, の一件, の一刀, の世, の作刀, の刀一本, の切れ味, の剣, の奴, の如く, の妖刀説, の嫌忌, の斬れ, は不祥, は徳川家, ほどの業, もその, や長船, をもっ, を不祥, を切っ, を右手, を差し, を盗みとった, を蔵する, 事件と, 騒動が

▼ 村~ (97, 0.4%)

13 町の 7 家の 4 町を 2 町で, 町に, 町は, 鈴木と

1 [65件] ご領内百姓衆みんな, そこに, また都会, コマ家で, ザディライロヴォ村の, 京都で, 例の, 修道院で, 停車場の, 其他近在を, 南魚沼郡の, 国府台に, 国或は, 城の, 大きい呉服店, 大字において, 学校や, 家と, 家に, 家によ, 家作や, 寺などを, 小さな滝津瀬, 山々に, 山川が, 山村に, 工業都市と, 差木地に, 店先から, 手助け村の, 桃の, 森の, 森新田地先の, 橋や, 湯舟沢村の, 片谿, 田立村の, 町, 町から, 町では, 町との, 町へ, 町や, 畑, 白く霧, 祭礼へは, 立場の, 耶麻郡熱塩村の, 職場に, 肋骨を, 自分の, 街, 袖川村にも, 西八代郡市川大門などに, 貴人の, 軍人町の, 部落くらいの, 部落の, 部落は, 部落を, 都を, 野が, 野辺に, 附近の, 高瀬を

▼ 村~ (84, 0.3%)

3 の若い 2 に住ん, に受持, に変事, の交際, の古, の者

1 [69件] いたるところ, から追放, じゃどう, での評判, では先づ一二位, では斯, でもそこ, で反, で大きい, で大次郎, にある, にいくつ, にいる, にこれ, にそうよけい, にたった, にても右伴天連, にて切支丹宗門, には持っ, には松, に不幸, に乞食, に天災, に己, に引受手, に悪い, に持ちこんだ, に木賃風, に災難, に生じた, に病人, に知られた, に腕力, に葬る, に配付, に雑居, のいわゆる, のもの, の一地, の世話焼, の人々, の出来事, の出費, の出願, の大, の家, の寡婦, の小作人, の小林善吉, の平和, の惡少, の愛弟愛妹幾人, の森, の百姓, の窮状, の者ども, の貧者, の貴人, の騒ぎ, はもちろん, をあるく, を一巡, を巡行, を横行, を歩行, を軒並, を通過, 打ち寄って, 立入りお断り

▼ 村さん~ (78, 0.3%)

3 じゃありません, のお, の女帯, の説 2 の帯地, は

1 [62件] あの蟒, あの青い, あまりです, いつのまにここ, かしら, から電話, が帰っ, が弟, が折角, しっかりし, だ, だけで, だすか, ですか, といい, といわれました, とうとう掴, と四人連れ, どうしました, にあたし, にくわしく, にまかせ, に何, に晩餐, に渡しとい, の事業, の前, の小屋, の為, の眼, の芸術, の評論, はあの, はいらっしゃいます, はうまい, はどう, はまだ, はもう, はやくマスク, はやっぱり, は優しい, は先刻百松さん, は厭, は小説, は御存じ, は政府側, は私, は頸, まだ爆撃中, もあっち, もいい, も御存じ, わちき, を元, を呼ん, を手真似, を指差し, を推称, 大諸侯, 殺して, 聞かない振で居て, 貴郎

▼ 村じゅう~ (73, 0.3%)

9 のもの 4 の者 2 にひろがった, の人, の百姓

1 [54件] から好意, から羨まし, があつまっ, がねしずまった, がひっそり, が午休み, が大騒ぎ, が知っ, が行列, こうなっ, ざわめいて, でいちばん人, でかなう, でのいちばん金持ち, での惣寄り合い, ではその, で時計, で確か, で第, で誰, で雨乞い, どの木, にひろまっ, に六兵衞, に広まる, のもん, の人々, の人たち, の噂, の大, の子ども, の子供, の家々, の年, の建物, の若い, の騒ぎ, の麻痺, は大騒ぎ, は物音一つ, は皆同姓, への霑い, へひろがっ, へもれなく, へ戸, へ拡がった, へ触れ出された, へ配当, を勧化, を廻った, を托鉢, を練り歩く, を見, を説きまわっ

▼ 村~ (73, 0.3%)

82 から月, と云う, と思ひ, ね, のという

1 [55件] から, からそここ, からな, からカムイコタン, から一軒, から京, から仕方, から取, から取りたい, から名主どん, から将来, から誕生寺, から関はず内, がそこ, が何しろ, が大方, が歩い, けれど夏, そうです, ぞと云っ, だがいま, っけな婆, つたのである, つて, つて昨夜アフリカの, でなあ, といい, という, という話, といふ, とかいう話, とか家, とか錚, とこれ, とのこと, とオ, と大束, と思, と思っ, と思った, と打ち消す, と朝, と知る, と聞い, と解し, と誰, な, な村, のを, やがて嗅ぎつけ, ア, シテ村の, ッた, 土手に, 村だ

▼ 村~ (73, 0.3%)

15 ひの 3 の峠 2 の土橋, の山, の峰, の橋, へ捨てさせ, を出る

1 [43件] から一里あまり, から追, が山, であり郡境, できれ, で発見, とみえ, にで, に一, に住ん, に出た, に建てる, に於, に着いた, に立たせた, のあたり, のところ, のパーラー, の丘, の処, の小高い, の居酒屋, の岡, の川縁, の方, の渡場, の笹良橋, の精霊, の茶屋, ひに, までおぶっ, までひたひた, までもと, まで出る, まで召使, まで来る, まで案内, まで走っ, まで送っ, まで送り出す, や峠, を流れ, を湖

▼ 村一番~ (69, 0.3%)

6 の金持 3 の乱暴者, の大, の物持 2 のお, の働き者, の大尽, の学者, の美しい, の美人, の醜婦, の金持ち, の長者

1 [36件] だ, といふ美人, と評判, になっ, の, のあんちゃん, のオシャベリ, の丈, の名, の吝, の地主, の大金持ち, の孝行者, の宿屋, の強者, の忌森, の惰, の旅籠屋, の旧家, の正直者, の民主主義者, の水潜り, の無頼漢, の男, の立派, の義太夫, の良い, の若衆, の蔵書家, の見事, の貧乏, の資産家, の賢人, の逞, の長者小池大炊, の鼻つまみ

▼ 村全体~ (59, 0.2%)

3 の生活

1 [56件] から牛車六十台, がおさまり, が一つ, が一家, が何となく, が動く, が奥ゆき, が平穏, が念仏聖, が焼けた, が競馬, が美しい, が翳っ, が谷間谷間, が金, が集まっ, たって, でない家, でなくとも, でやらなけれ, でボロ小屋, で九百五十九人, で老い, としてのさ, としての神事, として其移住以前, にお返し, にない, にはりつめ, に一台, に及ぶ, に及ぼした, のもの, の上, の人達, の冷やか, の将来, の平和, の意見, の日常, の生産額, の留守, の番人, の総意, の輿論, は深い, は貧窮, へ十円寄付, をつつむ, を征服, を湖水, を無, を端, を錯綜, 傾かせながら, 根こそぎ持っ

▼ 村での~ (58, 0.2%)

2 いま一人の, 景色を, 葬式を

1 [52件] ある闇夜, さまざまな, さわぎが, そういう貧農たち, まあ芝居通, もとの, ような, わんぱく, 一事件で, 一日は, 一旧家的場徹氏の, 十手預かりだった, 口利き一度は, 大地主, 実際の, 小学教師として, 山巡りの, 年若い, 式を, 彼女たちとの, 従僕たちに, 或る, 散歩の, 数年前の, 日日を, 旦那暮しを, 旧家の, 春, 源吉の, 源吉は, 物嗤いの, 物知りでありました, 珍しい見聞談, 生活について, 発見後それが, 相当の, 知能ある, 私達の, 竈の, 経験を, 結婚式の, 綺麗な思ひ, 聴取を, 自分の, 話とは, 話政府の, 誘惑, 豪家と, 農民組合組織者である, 通人仁左衛門さんが, 酋長としての, 静かな

▼ 村より~ (56, 0.2%)

2 出でしもの, 君出で

1 [52件] あこは, いくらか都会, この木戸, この橋, これまで, またまた野辺地, 上市に, 中瀬に, 他に, 使で, 先に, 六十余歳の, 六角牛の, 出で, 出でて, 北は, 又五十円無心, 右折し, 外に, 外の, 多数の, 夜半帰寓, 大沢茂樹君遠く松本市より, 妻を, 富山に, 山路に, 来たらざる, 来たるもの, 来たるや, 東京へ, 栃内村の, 歩行, 注進有之, 渡来した, 温湯村温泉行, 熔岩縁に, 猿飛の, 由良港に, 相勤め候, 真っ先かけの, 真先に, 箱根早雲寺に, 箱根町の, 続きけり, 船にて, 見れば, 買い入れ取り用い, 這い出して, 道程およそ, 遥に, 重田行歌荻原太郎君の, 隱岐の

▼ 村外れ~ (55, 0.2%)

3 の空地 2 の工事場, の平地, へその, へ出る

1 [44件] から少し, から郡山街道, であると, で寺小屋, で彼女, で掴み合いかけ, で荒物店, といふやう, としまし, にあっ, にひと月, に八幡様, に在った, に小さい, に秩父香具師, に道ブシン, の一軒屋, の丘, の叔父, の国道, の地, の小屋, の松原, の櫟林, の河口, の爺さん, の畑, の石山, の細い, の網干場, の茶屋, の茶店, の蜜柑丘, の路傍, の高, はさえ, は師, へか, へ行, へ行った, まで徒歩, まで見送る, まで送った, や宿はずれ

▼ 村~ (55, 0.2%)

21 れの 4 れまで 2 から東, で散歩, の樋の口, の氷河, の泥田, れから, れに, れ近い

1 [14件] から三四町, から眞, から真直, で寺, にてこれ, に一軒, の土手, の堀立小屋, の峯, の掘, の溝, れには, れは, れへ

▼ 村との~ (47, 0.2%)

4 境の 3 境を 2 間には, 間を

1 [36件] あいだで, あいだでです, あいだの, ほうへ, ほぼ中間, 一万人の, 中間で, 交渉が, 交渉は, 交通を, 例で, 再会を, 力較べ, 堺を, 境いに, 境に, 境にて, 境には, 境高山の, 懸合いでも, 文化の, 村界を, 生活様式から, 睨みあふ心持ち, 約束で, 続きあ, 間から, 間が, 間なる, 間に, 間ばかりか, 間も, 間より, 関係とを, 関係を, 防空飛行隊に

▼ 村といふ~ (44, 0.2%)

4 のが 3 のは, 字郎といふ 2 ところに, 村が

1 [30件] ことは, さほど珍しく, ところである, ところの, なり, のである, のに, のには, もの, ものは, んだ, 九つの, 事なら, 二人の, 亡友と, 人は, 名に, 名称は, 土地に, 富村を, 少教正, 所あり, 所で, 文字通りの, 新らしい, 村へ, 男の, 男は, 處が, 言葉では

▼ 村とは~ (44, 0.2%)

2 いうものの, 長橋の

1 [40件] いえ人間, いふものの, いへ船着きが, いわない, おどろいたネ, およそ違, きょうはじめて, その警察長, そばへ, たいへん急ぎ足, ちがいます, なかなかい, まさに対蹠的, また違つた, まるで別, もちろんさして深い, カベーが, ドキッとして, 云い難い, 云え古めかしい, 云へ, 何も, 何処か, 別人の, 前々から, 半里近く, 土塀の, 大分前から, 少し違ってる, 御嶽山の, 恐る恐るその, 朋輩なり, 果たしてこんな, 清水堤臺中野臺吉春谷津五木岩名築比地是れ, 異り, 船の, 言ふ, 違つた共同的な, 違つて樹立も, 黒船上陸の

▼ 村へは~ (43, 0.2%)

2 ひつた, 向かず道, 歸つて來ない

1 [37件] いつたらおろすから, いつて, いるとき, くれぐれも厚く, ざつと五里といふ, すぐ聞え, どうしていった, ひつて, ひること, ひる少し, まだ余程ある, もうやりとうありません, ろくに名士ひとり, 一年に, 一里に, 五町に, 出さなかつた, 姿を, 布令が, 帰らずに, 帰らず寝床, 帰らなかったが, 平時に, 平時においても, 庚申講の, 手紙を, 拙者が, 来なかった, 来なくなった, 来ませんでした, 此道を, 汽車が, 瘤が, 行かねえで途中, 逃げて, 達しなかったでありましょう, 電燈が

▼ 村へと~ (41, 0.2%)

2 歩いて, 渡り歩いて

1 [37件] いった, いろ, お松の, さまよ, つづくやや, のびて, エッサッサ, 伝わる丈, 入って, 呼び合い答え合って, 大きな手, 帰って, 帰途に, 幾日も, 志した, 恐らく彼, 施物や, 旅を, 流れ込んだ流れ込んで, 渡る, 焦心っては, 続いたという, 行きずりの, 行くの, 行つた, 行商に, 走らせたの, 越える杉杜, 辿り着いた私, 近づいて, 追い立てられたり, 進んで, 遠征に, 飛びま, 飛ぶが, 飛んだ, 飛んで

▼ 村からは~ (35, 0.1%)

5 遠く山 2 遠近の

1 [28件] このつぎ, その時用, その朝, なれたとき, なれて, ほんの五露里, チャルメラが, 一臺の, 何里も, 出ないの, 分らなかった, 勤めに, 叔父と, 小山孝八郎佐山文随大出喜平青木金次郎西谷田村からは, 朝霧の, 柳生へ, 毎日商人が, 汽車でも, 牡丹屋の, 白い夕, 真北, 神父に, 紡績へ, 花々しい女流騎手, 諏訪大社へ, 陰陽博士の, 陸海軍大佐が, 高等小学を

▼ 村へも~ (35, 0.1%)

2 飛んで

1 [33件] お立寄り, くろい大きな, そういうぶき, たまには, どつて, 中の, 久し振りで, 久振りで, 人を, 來ました, 出掛けて, 参りまして, 回って, 帰れない, 帰れやしない, 引かれること, 御来駕, 御足労を, 時々はいっ, 歸られねえ, 殺到し, 浸染した, 盗人に, 私は, 行つてあの, 西の, 覚束ない, 訪ねて, 講演に, 走らせるの, 通じた旦那, 里へも, 響いた

▼ 村~ (34, 0.1%)

1 [34件] かという, が, がこの, が仕込ん, が名古屋表, が尾州表, が御, だった, によれ, に命じ, に納め, の, の勤め, の姿, の家中衆数名, の屋敷, の庸三, の心持, の支配, の理解, の筆, の草, の言葉, の質問, の鼓吹, はいなかった, はその, はやがて, はルコント・ド・リイル, は五十, は各, も幕府, を本郷西片町, を電話口

▼ 村宮内~ (33, 0.1%)

2 からもらっ

1 [31件] がれい, が水, が竹童, その腕, である, という人物, とうとう琵琶湖, と坂東巡礼, と目, にきょう, に仲裁, のいる, のやさし, の住居, の家, の手, の顔, はお, はおなじ, はきのう, はさ, はさびしく, はもと柴田勝家, はわれ, は天狗, は消え, は竹生島神伝, もこの, もむかし, をたよっ, を引っぱっ

▼ 村あたり~ (32, 0.1%)

1 [32件] からはいる, からも人足, から北多摩, が都, だと, であること, であろう, ではまだ, では勿論, では昔木樵, で之, で長, で頻りに, で騒い, とするなら, にか, にかかる, には絣, にも海辺, に宿, に詫び住居, の原野, の場末, の民家, の畑, の蓑, の農家, は二尺, は面白い, まで聞え, をあるい, を犯す

▼ 村~ (32, 0.1%)

2 の意見, の神林先生, の門

1 [26件] からの紹介状, がゐれ, で郡医師会, としての責任, としては比較的, と腰, などを勤め, なの, になり, のゐない, の受持ちである, の妻, の娘, の指先, の聴診器, の言葉, の診察室, の診療室, はそこ, は何, は口, は巡査, は巧み, は笑った, までも兼ねた, をつとめ

▼ 村ソヴェト~ (27, 0.1%)

3 の前, の建物 2 の横

1 [19件] が出来た, が組織, での集会, にかえた, のまわり, の下, の中, の大会, の役員, の成立, の書記, の活動, の議長, の赤い, の車寄せ, の軒, の連中, は持ってる, をもち

▼ 村~ (26, 0.1%)

4 のであらう 3 のである, んだ 2 のだ, のです, んで, んです 1 あすこにも, のかねえ, のであつ, のであろう, ので句切り句切り, ので姉達, のよ, ンです

▼ 村竹田~ (26, 0.1%)

2 の, の山中人饒舌

1 [22件] がその, が杏坪, が此秋江戸, が水西荘, が若年, が茶山, とは思想, などは三十, などは四十幾歳, に老母, に見せた, のごとき, の屠, の文政九年, の竹田荘師友画録及竹田荘詩話, の記, は, は秋水, は長崎, も武蔵, やなぞ, をいかに

▼ 村までは~ (25, 0.1%)

1 [25件] いかがでしょう, およそ三里十町, お宅, たしか四里, ちょっと一時間, なかなか遠い, また暫く, まだ一里半, 三哩以上あった, 丘づたいに入江を, 二里あまりも, 二里の, 五六町しか, 十町ばかりの, 大変だろう, 大變, 小川に, 平坦な, 彼是れ, 往復八里の, 海に, 行かない, 近かつ, 道も, 電車から

▼ 村~ (25, 0.1%)

1 [25件] から街, と, と僕, に散っ, に設計, の, のひそや, の上, の丘陵, の大きい, の天然, の娘, の子供ら, の家, の山, の春, の谿, の靜, は, へくる, へつづく, よりも米, をかへり見, をつきぬけよう, を探し

▼ 村おじさん~ (24, 0.1%)

1 [24件] からの言づて, が怒る, が檻, が鉄, この土, この鉄, だ, だわ, と僕, なぜこの, なぜ大利根博士, のお, の心配, の活動, はお, はお前, はくすくす, はこう, はそれほど, はポケット, は僕, も一しょ, を救う, を残し

▼ 村~ (24, 0.1%)

1 [24件] に取すがります, に問いかけました, に言い伏せられ, に飛付きました, のコップ, の側, の友達, の唇, の美人, の苦悶, の話, の身体, の金持, はそれ, はフト躊躇, は力尽きた, は少し, は懺悔台, は死ん, は襟飾, は観念, は赤酒, は辛くも, 同昏迷

▼ 村です~ (21, 0.1%)

2 か, って

1 [17件] かここ, からな, からまるで, から人家, から人家さ, から私, から言葉, から野菜, がここ, がこれ, がやはり, が昔, が貴方, とさほんとに, よ, わ, 夫故に

▼ 村~ (21, 0.1%)

1 [21件] が少く, が鏤, そのま, ですけれども, でなく今, となった, とを記し, なども今, に過ぎない, はここ, は兵団長, は察, は現在, も分らず, をつけ改むる, を今ちよい, を取っ, を書いた, を附ける, 尽しに, 尽しの

▼ 村たち~ (20, 0.1%)

1 [20件] が乗りこむ, が警察, が非合法活動, と共に再び, にこえ, にこの, にはその, によく, のいる, の傍, の入っ, の姿, の待っ, の推測, の注意, は地上指揮所, は箱型トラック, もそれでも, も博士, を防弾天井越し

▼ 村である~ (20, 0.1%)

2 ことを

1 [18件] かそんな, から佐喜, から牛, から秩父, から馬, か土田村, がちょぼちょぼ, が何となく, が通称, ことが, ことに, こと幾十の, とか三野村, とか言われる, とすれ, 上槻ノ木で, 事も, 以上は

▼ 村にて~ (20, 0.1%)

2 發見せし

1 [18件] ありしを, しばし憩いぬ, 一人生捕都合十四人御地の, 一人突留仁連村にて, 世持役と, 井戸を, 今も, 前線部隊に, 地蔵尊について, 外に, 日暮れたれ, 昼食を, 村長より, 社内の, 神社の, 稲荷社の, 聞くところ, 遊女を

▼ 村村一~ (20, 0.1%)

1 [20件] に取すがります, に問いかけました, に言い伏せられ, に飛付きました, のコップ, の側, の友達, の唇, の苦悶, の話, の身体, はフト躊躇, は力尽きた, は少し, は懺悔台, は死ん, は襟飾, は観念, は赤酒, は辛くも

▼ 村次郎~ (20, 0.1%)

2 の名

1 [18件] か逢痴, が云った, が直助, が知っ, だった, ではなく, とある, と久米八, なん, に口, に対する疑惑, のこっ, のこと, の口, の幟, は同意, は咽喉, は相

▼ 村からも~ (19, 0.1%)

2 飯田方面からも

1 [17件] じょうぶな, ずッ, そういう不幸, たくさんの, だんだん絶え, エタの, 三四人急に, 來て, 大勢の, 幾人かの, 府中に, 本校分校合せ, 渋皮の, 遠くない, 遠く離れ, 隔離され, 馬籠の

▼ 村~ (19, 0.1%)

3 ゆうが 2 うで, ゆうで, ゆうに一人, ゆうを 1 うの, やあ, やあない, やお, やモモンガア, ゆうに大, ゆうに渋皮, ゆうに誰ひとり憚

▼ 村とも~ (18, 0.1%)

1 [18件] いえないところ, その割り付け, そんな捫着, つかないその, つかない鄙びた家並, つきあいを, なるかも, に古代, よぶ部落, 三千把から, 囲い米の, 変りは, 当歳の, 書かれあの, 榑木御, 町とも, 藩命によって, 難渋する

▼ 村なる~ (18, 0.1%)

1 [18件] かな, がいかなる, が此地, ものは, 万福寺へ, 中江藤樹の, 勝俣某の, 土井大, 壺子と, 天寧山真如寺の, 尾州侯の, 平作河岸より, 或る, 新幡随院, 淵瀬の, 総領事の, 美保津姫に, 諏訪神社の

▼ 村~ (17, 0.1%)

1 [17件] がその, がやっと, が壁, と並ん, にさえぎられ, の声, の如き, の権現山, の片, の間, はコート, はボストン, は互いに, は押しふせられた, は無表情, は相手, をとらえ

▼ 村技手~ (17, 0.1%)

3 が言った

1 [14件] がいくつ, がこの, が押しかぶせる, が目, が聞きとがめた, が針金, のてのひらに, の三人, はひどく, は思わず, は手もと, へあらたまった, へ急, を塔上

▼ 村などでは~ (16, 0.1%)

2 この日

1 [14件] この一年一度, この鳥, これが, また別様, オッカブロウノチンゴンバという, テクサリまたは, 十二日の, 大野中, 昔は, 根神は, 殆ど全く無, 稲積を, 赤ショウビンを, 近年ずいぶん

▼ 村への~ (16, 0.1%)

1 [16件] うせんか, おりからの, したしみが, 交渉飯山藩の, 入口に, 土産を, 大道を, 最後の, 櫟林で, 用事を, 礼儀からでも, 礼金を, 縁談を, 草むらの, 菜穂子や, 訪問先から

▼ 村からの~ (15, 0.1%)

2 娘, 帰りに

1 [11件] 二十人の, 信号は, 信号を, 優等生が, 同行者, 帰り径千両坂の, 生産で, 登路は, 第一班, 老客, 雨中の

▼ 村刑事~ (15, 0.1%)

2 がこう

1 [13件] がたずね, が言った, であった, の尽力, の推理, はうなずいた, はどうして, は動かされたらしい, は失望, は殆, は留守, は興奮, は言葉

▼ 村~ (15, 0.1%)

2 のある, の物

1 [11件] かむっつり, が存外, といふ宿, に就き, に求めた, の姿, の庭, の戸毎, の近く, を去る, 逝く曩

▼ 村じゃ~ (14, 0.1%)

1 [14件] あぶくれの, そのうわさ, ないかね, ないん, のう, まだ今, アお, アない, ア蝮と, 一ぺんだって, 何という, 医者の, 古店で, 海でも

▼ 村などで~ (14, 0.1%)

1 [14件] いうこと, いうネンガラウチ, うつら, まつたく想像, よい手織物, カラゴトという, 以前出した, 十九世紀イギリスの, 同じ名, 子供芝居流行の, 深山に, 相次いで, 紙鳶の, 見ると

▼ 村なら~ (14, 0.1%)

1 [14件] おれの, この村, こんな事, しやや, どこにでも, ばこの, ば全国, ば帰ったろう, ば当然そう, 半人前でも, 四十分も, 安心し, 平気だ, 直ぐ分かるだろう

▼ 村一帯~ (14, 0.1%)

2 がすっかり

1 [12件] が雪, が静か, で焼かれる, におよん, に大, に雪, の標準, の農村, の飢餓地, は父, を侵した, を擂鉢

▼ 村~ (14, 0.1%)

2 を訪うた

1 [12件] に宿し, に帰つたの, に留ま, に留め, に立ち, に著き, の主人, の横額, の襖, の門, も大分, を見た

▼ 村によっては~ (13, 0.1%)

1 [13件] この日村, この花, これを, そのムングン, もう松, オンバッコもしくは, ティンジョーヌシュグヮすなわち, 今なお, 小を, 昔鎮守さまが, 毎月の, 流し火, 食物を

▼ 村~ (13, 0.1%)

1 [13件] が来た, など拉し, にとっての唯一最大, のあこがれ, のヘテイ, の結婚, の茜裏, は兵, は定めし, を欺い, を発見, を眺め, を誘拐

▼ 村~ (12, 0.0%)

1 [12件] せいぜいその, どこを, なぞの, なんかが, へる, ッ, 中之御所に, 小河内村から, 桑枯るる, 町かで, 町の, 道みち通っ

▼ 村さま~ (12, 0.0%)

1 [12件] がこの, がまたも, にお, にすまない, の御, はお, はなんと, は平伏, は御, ほどの名門, をお呼び, を藤

▼ 村などは~ (12, 0.0%)

1 [12件] このため, ネムリ流し, 一層烈し, 一村皆な, 作らなければ, 小高い所, 山の, 明治初年この, 昔川下の, 氏神様が, 病気で, 関東の

▼ 村医者~ (12, 0.0%)

2 の子供 1 が死んだ, だけは何, の声, の娘, の婬乱, の薬餌, は嗚呼, は孕ました, らしい七十, らしい老人

▼ 村右衛門~ (12, 0.0%)

1 [12件] が不動堂, が成敗, が河原物, が立, でした, という役者, など三人, の仏敵呼ばわり, は初め歌舞伎役者, は疑い, や浅井玄蕃, を先頭

▼ 村~ (12, 0.0%)

2 六年の 1 から青紫蘇, とに比べ, にぶらりと, に在りし, の時, の青年会, へめでたし, を訪うた, 七年目に, 六年はじめて

▼ 村~ (12, 0.0%)

2 の仕事 1 という男, には町, に求めた, に炊煙, に臨み, は干渉, は決して, は誰, は食える, へ来る

▼ 村~ (12, 0.0%)

2 で雇 1 が出ね, で建て, にて御, のなにがし, は使っ, をいか, をごらん, をさい, をもって記念像, をもつ

▼ 村附近~ (12, 0.0%)

1 [12件] では右岸, で一修験者, に於, に陸軍, の丘陵, の原野, の山地, の田圃, はこの, はどっち, へ来る, を散歩

▼ 村だった~ (11, 0.0%)

1 [11件] がついに, が今, けれど蠅男, ということ, のが, のだろう, のである, のでびっくり, ので高文, のに彼, よ

▼ 村とが~ (11, 0.0%)

4 あつた 1 あった, ある, それほど接近, 一體どちらが, 対立し, 最後の, 来るそう

▼ 村なか~ (11, 0.0%)

5 の男 2 の路 1 の街道, の青桐, をぶらぶら, を歩く

▼ 村よりも~ (11, 0.0%)

1 [11件] ずっと低く, なお森閑, もしかしたら, もつと, 一つ手前の, 他國, 古風な, 好きである, 真正直に, 米が, 貧しさ

▼ 村先生~ (11, 0.0%)

2 でいらっしゃいます 1 がもう, がヒツトラー, が帰っ, と二人きり, にお, にも気, にフランス, の事務所, の次男

▼ 村八幡~ (11, 0.0%)

2 の森 1 では尊氏直筆, で旗上げ, に勢揃い, の境内, は彼, へこめた, へはかつて, を出, を立つ

▼ 村右衞門~ (11, 0.0%)

1 [11件] が不動堂, が成敗, が極刑, が發見, に脅かされた, に見附けられ, の佛敵, の口, は四十過ぎ, は疑ひ, を先頭

▼ 村~ (11, 0.0%)

1 [11件] から入っ, だ汝, にされつ, に出ずる, に火葬場, に産室, に積ましめ, に遊びける, の大道, の散策, へ流浪

▼ 村~ (11, 0.0%)

1 [11件] が考え, には解せなかった, の大きな, の好き, の独特, は一, は割合, は大きな, は庭, は自分, も満足げ

▼ 村近く~ (11, 0.0%)

1 [11件] で虫, なつて, に到着, に投錨, の地面, へ下っ, へ出, まで一里, まで来る, 帰って, 歩いて

▼ 村とか~ (10, 0.0%)

1 あると, その他の, 云つて南京鼠の, 女王とか, 宇賀美とか, 幡豆, 或ひ, 書いた建札, 言ふ, 風下村とかで

▼ 村にては~ (10, 0.0%)

1 三つか, 二三等の, 人別帳後に, 松の木は, 毎年正月に, 深更に, 田圃の, 神を, 近年養蚕の, 通用ならぬ

▼ 村はん~ (10, 0.0%)

1 が云, が来, こそうち, だすな, だっか, と休戦条約, にそんな, のあつかましい, を苦しめる, 豪い妙

▼ 村恭平~ (10, 0.0%)

1 が同, が黄金, と始めて, の如く, の妻, の行状, をも記憶, を屠りし, を殺せし, を殺害

▼ 村正氏~ (10, 0.0%)

1 がなにげない, はそれ, はついに, はつかぬ, はようやく, は兵, は慌しく, は立去り, もその, を先

▼ 村~ (9, 0.0%)

6 妙の 1 ふたりが, 寿様, 役田地並に

▼ 村した~ (9, 0.0%)

1 ことが, ことを, という評判, のかも, ばかりで, ものの話, 一組が, 三日目の, 者が

▼ 村だけ~ (9, 0.0%)

2 では 1 それも, だった, である, でなく他, でなく最寄り, 来る由, 無税に

▼ 村だけは~ (9, 0.0%)

1 あの怪物, いつまでも, そんな事, 好きで, 始めから, 家ごとに, 浄土だ, 真珠の, 降らずに

▼ 村住居~ (9, 0.0%)

1 ときまった, の年標, の数年間, の私共, はし, はしたい, も満, をする, を引き

▼ 村~ (9, 0.0%)

1 國千歳郡漁村同, 國室蘭郡室蘭, 國網走郡能登呂山道同, 國靜内郡有良村マブタ山同, 國高島郡手宮石狩國札幌郡札幌同, 弟九郎右衛門尉胤義等始めは, 恩地村の, 郡トンケシ同, 郡河村同

▼ 村小学校~ (9, 0.0%)

1 と改められた, のこと, のわかい, の報告, の校長さん, の生徒, の訓導小倉啓助, へ教え, まで案内

▼ 村~ (9, 0.0%)

2 の太鼓, の宵宮 1 にそれ, に山車, の日, の賑, の陽気

▼ 村~ (9, 0.0%)

2 の負担 1 から年貢米一切合財, の半, の滞納, はそれ, は小作, を免ぜられた, を取立てる

▼ 村~ (9, 0.0%)

2 ヤコブ 1 に燻ん, の落ち, はまた, をよべ, 一人来り告ぐ, 村婦の, 野人に

▼ 村自身~ (9, 0.0%)

1 がある程度, が率先, で一つ, にある, の外, の顏, はなんとか再び, は大, も群衆

▼ 村~ (9, 0.0%)

2 の闘牛 1 に伝わっ, のうち, の中, の竹沢村, の闘牛見物, へき, まで僅か

▼ 村その~ (8, 0.0%)

1 ほか千日前鳶田梅田等に, ま, 向うの, 国の, 村によ, 森その, 死を, 附近の

▼ 村として~ (8, 0.0%)

1 ありこの, 一つの, 有名な, 知られ新た, 神を, 組織され, 自分の, 認められて

▼ 村などに~ (8, 0.0%)

1 よく見掛ける, ゴゴジョウという, サジッポの, 古い形, 居ちゃ, 於て, 窯を, 行なわれて

▼ 村について~ (8, 0.0%)

1 その起原沿革, 実情を, 家を, 悩んで, 曰く, 知ってること, 説明した, 諸君の

▼ 村までの~ (8, 0.0%)

2 長い単調 1 こと, 半分道より, 田圃道は, 途中の, 道は, 道を

▼ 村むら~ (8, 0.0%)

1 で出会う, で食べ物, にとって大昔, は大半家, をすぎ, をねっしん, を粟毛, を興行

▼ 村らしい~ (8, 0.0%)

3 ものは 1 がこれ, ものが, 家々の, 村だつた, 独得な

▼ 村巡査~ (8, 0.0%)

2 の顔 1 が電話, にたのまれ, に頼まれた, はそうした, は毛ムクジャラ, は高笑い

▼ 村役場~ (8, 0.0%)

1 ですよ, という札, に滞留, の応接室, の明治頃, へ与八, までは足寄, を出る

▼ 村~ (8, 0.0%)

1 が国道, に沿う, に至る, に開闢以来, の午静, もよく, を出ぬけ, を行く

▼ 村だけに~ (7, 0.0%)

2 少しの 1 その行事, 与えるという, 居るばかり, 極めて強く, 限らず広く

▼ 村って~ (7, 0.0%)

1 これです, どんなとこ, のは, ふれて, 何処な, 村で, 駅を

▼ 村であった~ (7, 0.0%)

1 かそこ, からであります, からなんにも, が家, が深い, ことが, しもう

▼ 村であり~ (7, 0.0%)

1 ながら其の, ながら割合, また今, オーアンも, 四つ目には, 城廓都市である, 御隠

▼ 村とを~ (7, 0.0%)

1 中心に, 伴って, 洞穴に, 訪れること, 起した, 通ずる縣道筋, 連れあわただしく

▼ 村など~ (7, 0.0%)

1 いふ人々, その座, よく歩きまわっ, 各地を, 所々に, 誰ひとり知つてゐる, 諸先生

▼ 村に対して~ (7, 0.0%)

1 かなりの, であろう, どういうふう, 意地わるい, 感謝しきっ, 技師の, 無理な

▼ 村~ (7, 0.0%)

2 體の 1 たいが, 帯の, 帶を, 村あげ, 體を

▼ 村~ (7, 0.0%)

1 か, が持っ, と呼ばれた, の野郎, はようやく, は庭土, を案内

▼ 村境い~ (7, 0.0%)

2 の峠 1 の, の峰, の川, の川堤, の橋

▼ 村踊り~ (7, 0.0%)

1 から出, から発生, が組踊り, と言, の組踊り, を所望, を統一

▼ 村~ (7, 0.0%)

1 が工夫, の公民, の家, の幸福, の豪家, の間, も見える

▼ 村ごと~ (6, 0.0%)

1 にある, に健康診断, に少し, に音楽, のまた, の差異

▼ 村~ (6, 0.0%)

1 すなわち隣家, ていえる, ている, てから間もなく, 貧しい兄, 驚き模様を

▼ 村そのもの~ (6, 0.0%)

1 から生まれ出よう, が一つ, に組織, も打, も昔, をとにかく

▼ 村だの~ (6, 0.0%)

1 山ふところに, 巌流島で, 巖流島で, 幾多の, 扇町屋だの, 財産だ

▼ 村としては~ (6, 0.0%)

1 そんなつもり, どの家, まず中位, めずらしい狼狽ぶり, 三津子の, 余分に

▼ 村などを~ (6, 0.0%)

1 ながめて, 何んという, 啼いて, 形づくつたので, 見下して, 通つて西条町に

▼ 村なり~ (6, 0.0%)

1 団体なりに, 家なり, 師を, 町なりにおいて, 谷迫り, 部落なりの

▼ 村において~ (6, 0.0%)

1 お豊, でなければ, 不思議な, 毎日ひそかに, 白山を, 集合する

▼ 村における~ (6, 0.0%)

1 それらの, 二人の, 凡ての, 彼らの, 根底は, 異常成長現象について

▼ 村にとって~ (6, 0.0%)

1 たいへん幸い, たしかに気持, どんなに力強い, もっとも必要, 幸いな, 必要な

▼ 村にとっては~ (6, 0.0%)

1 お浜, その方, 恐怖の, 甚だ迷惑, 糸子の, 非常な

▼ 村に対する~ (6, 0.0%)

1 公然たる, 反感が, 奉公は, 奴隷の, 山の神の, 紳士の

▼ 村へでも~ (6, 0.0%)

1 お隠し, 手を, 行つて村の, 迷い込んだの, 追い返して, 追ひ

▼ 村佐次郎~ (6, 0.0%)

1 でした, と平次, のニヤリニヤリ, はお茶, は獨, は町人風

▼ 村~ (6, 0.0%)

2 して 1 があっ, しては, 当時二十七戸の, 当時私は

▼ 村及び~ (6, 0.0%)

1 十字街頭に, 各学校, 家を, 村人の, 氏族に, 鳥居派の

▼ 村始まっ~ (6, 0.0%)

3 て以来 1 てからない, て初めて, て見た

▼ 村~ (6, 0.0%)

1 平次, 平次出づ, 平次本庄新吾いづれ, 平次本庄新吾犬塚段八三上郡藏が, 平次本庄新吾犬塚段八三上郡藏出づ, 平次犬塚段八三上郡藏の

▼ 村~ (6, 0.0%)

1 出発供奉, 勅使川十里四方万世無税家康湯の島へ, 当家の, 産所これは, 逗留之, 隠家様

▼ 村教育~ (6, 0.0%)

2 が奈何, の前途, も漸

▼ 村~ (6, 0.0%)

1 が召集, には例, に提出, の傍聽人, はある, も開かれる

▼ 村~ (6, 0.0%)

2 や二州楼 1 で新曲開き, で発会, に催される, の女将

▼ 村~ (6, 0.0%)

1 にまた, にやや, に別, に牽き出す, に由来談, に総代

▼ 村班員~ (6, 0.0%)

1 と山岸少年電信兵, なぜ, の説, はほんとう, はよくそんなに, は瓦斯溶接

▼ 村~ (6, 0.0%)

1 が蒙った, では見事, という町, に来た, を一時間, を行乞

▼ 村祭り~ (6, 0.0%)

1 と同じ, に帰る, の宴, の日, の踊り, の風景

▼ 村~ (6, 0.0%)

5 一の 1 十二組楢橋廉吉

▼ 村~ (6, 0.0%)

1 では, で虹, に居よう, に都, へ行っ, を描い

▼ 村あり~ (5, 0.0%)

2 て名 1 彼村出生の, 戸数共に, 村

▼ 村~ (5, 0.0%)

1 へも見ない, まア, やるの, 引つぱりこんで, 行つた

▼ 村たる~ (5, 0.0%)

1 南は, 完全なる, 所以に, 旧六条, 資格を

▼ 村だって~ (5, 0.0%)

1 そうだ, どうせ貧乏人, もう半夜, 三里ぐらいは, 言ったな

▼ 村といつて~ (5, 0.0%)

2 も狭い 1 ももう, も小さな, も狹いも

▼ 村とに~ (5, 0.0%)

1 同じ話, 地境の, 絞めつけられた脂肪, 跨がって, 集って

▼ 村と共に~ (5, 0.0%)

1 合併し, 夫婦養子で, 栄えて, 水に, 選手の

▼ 村などの~ (5, 0.0%)

1 ように, 一族は, 手を, 梅を, 第一国立銀行

▼ 村にでも~ (5, 0.0%)

1 よく出かけました, 住んで, 居さ, 組合制度が, 胡弓の

▼ 村をも~ (5, 0.0%)

1 その名前, 地図で, 地圖で, 垣根や, 辞し山上

▼ 村~ (5, 0.0%)

1 が誘いあっ, の田, へ響く, を見, 最も梅花

▼ 村地先~ (5, 0.0%)

2 で烏川 1 の魚野川, まで達した, を流れる

▼ 村~ (5, 0.0%)

1 が桑摘唄, の一団, の売り子, の美いところ, や酌婦

▼ 村~ (5, 0.0%)

1 で開かれ, とも称すべき, の本尊五智如来, の酒飮和尚, の酒飲和尚

▼ 村方面~ (5, 0.0%)

1 では実行, には佐々, へ卵, へ向け, をさし

▼ 村無宿~ (5, 0.0%)

2 の兼吉, の勝五郎 1 の松之助

▼ 村片相覧~ (5, 0.0%)

1 に亀, の作つた蘭軒, の作る, は古島, は福山藩

▼ 村限り~ (5, 0.0%)

1 の会食, の内, の火事, の生活, の自治

▼ 村~ (4, 0.0%)

1 來る, 在宅仕度奉, 手ぶらで, 行く時

▼ 村じゅう総がかり~ (4, 0.0%)

2 でやる, で事

▼ 村それ~ (4, 0.0%)

1 から目差す, に錢形, までは六里余り無人, をあたりまえ

▼ 村とでも~ (4, 0.0%)

1 いうの, いひさ, して, するかな

▼ 村なぞは~ (4, 0.0%)

1 全村平田, 無い, 見えないまでも, 雨の

▼ 村などが~ (4, 0.0%)

1 あった, あり歳晩, 画の, 畫の

▼ 村にまで~ (4, 0.0%)

1 伝はり, 來て, 溢れて, 配給せられ

▼ 村によ~ (4, 0.0%)

1 つては, つて多少, つて皆別々の, つて違う

▼ 村によって~ (4, 0.0%)

1 一様で, 事情も, 是を, 発音は

▼ 村ほど~ (4, 0.0%)

1 この問題, 惹きつけられた所, 智才秀れし, 深切な

▼ 村一人~ (4, 0.0%)

2 あり 1 が平然と, ずつの山守

▼ 村一体~ (4, 0.0%)

2 の思想 1 が必要, に満ち

▼ 村一面~ (4, 0.0%)

1 にすく, に流布, に焔, に降りそそい

▼ 村事件~ (4, 0.0%)

1 こそは恐るべき, とが同じ, について話し, を持ちだし

▼ 村~ (4, 0.0%)

2 を起す 1 を負, を起し

▼ 村出身~ (4, 0.0%)

1 の予備後備, の佐々木太郎右衛門, の松尾, の父兄

▼ 村~ (4, 0.0%)

1 が現れ, にて案内, や二, や神職

▼ 村~ (4, 0.0%)

2 古歌葉 1 何とかいう, 早川田

▼ 村年寄~ (4, 0.0%)

2 の留書 1 から近年手下, の絶叫

▼ 村~ (4, 0.0%)

1 が驚く, は百六十か村, を増す, 計十箇所

▼ 村文學士~ (4, 0.0%)

1 が代選, だつた, に私淑, をたづねた

▼ 村~ (4, 0.0%)

1 である土地, となった, のミシン機械, の山林原野

▼ 村~ (4, 0.0%)

1 は信階信恬二世, は傷寒論, は古, は日ごと

▼ 村理学士~ (4, 0.0%)

1 という名, といえ, は奇妙, は濠端

▼ 村~ (4, 0.0%)

1 で兄, の小橋, まで迎い, をなし

▼ 村相撲~ (4, 0.0%)

1 がある, が大層, の場景, の関

▼ 村~ (4, 0.0%)

1 の動き, の感情, は, はことな

▼ 村~ (4, 0.0%)

1 では山, には居られない, に産, の侵略戦争協力

▼ 村総出~ (4, 0.0%)

1 でいわゆる, で防水工事, のピクニツク, の草

▼ 村~ (4, 0.0%)

2 の, の心

▼ 村舎詩~ (4, 0.0%)

1 が附録恥庵詩文草, にも見え, に蘭軒, の刻本

▼ 村~ (4, 0.0%)

1 と同じ, の汽車賃, の軽便鉄道, を続け

▼ 村~ (4, 0.0%)

1 円タク, 夫より, 帰程, 知んねえ訳ア

▼ 村郷士~ (4, 0.0%)

1 きっての, のひとり, の男, の者たち

▼ 村~ (4, 0.0%)

1 となっ, と共に, はあらた, または里雀

▼ 村ある~ (3, 0.0%)

1 は往古神道盛, は皆此宿村, 処彼此観望する

▼ 村こそ~ (3, 0.0%)

1 こっちの, しょうばい, 違え同じ

▼ 村こぞって~ (3, 0.0%)

1 厳重な, 牡蠣を, 自由党員であり

▼ 村さえ~ (3, 0.0%)

1 ある, できたという, 用心し

▼ 村すなわち~ (3, 0.0%)

3 今の

▼ 村する~ (3, 0.0%)

1 とき仙人峠で, のである, 心組みである

▼ 村その他~ (3, 0.0%)

1 の尾州藩管下, の山村, の諸

▼ 村だけが~ (3, 0.0%)

1 昔の, 殊に異常状態, 知って

▼ 村であっ~ (3, 0.0%)

1 てしかも, て倶知安, て夏

▼ 村であろう~ (3, 0.0%)

1 が彼, と何, と自由村

▼ 村でなく~ (3, 0.0%)

1 つても, てはない, ても誰

▼ 村どうし~ (3, 0.0%)

2 の結婚 1 の競技

▼ 村なんて~ (3, 0.0%)

1 名称も, 旦那からっきし, 肥臭え

▼ 村においては~ (3, 0.0%)

1 さらにかかる, 同時に文化建設, 次から

▼ 村においても~ (3, 0.0%)

1 いろいろの, おてん, やはり以前

▼ 村にゃ~ (3, 0.0%)

1 七が, 似合わない素晴らしい, 厭らしい

▼ 村のみ~ (3, 0.0%)

1 であったの, ならず渡良瀬川沿岸, 王勢籠に

▼ 村はと~ (3, 0.0%)

1 こしへに, 問へば, 訊くと

▼ 村へか~ (3, 0.0%)

2 へるの 1 へりました

▼ 村または~ (3, 0.0%)

1 南部の, 離れの, 高麗郡

▼ 村~ (3, 0.0%)

1 ろづや雑貨店の, 光つた村よ, 私の

▼ 村よりは~ (3, 0.0%)

1 ここで, 二つ三つ年上らしく, 小い組織

▼ 村をば~ (3, 0.0%)

1 夢に, 私は, 西尾仁左衛門討ち取り

▼ 村カントク~ (3, 0.0%)

1 に義理, に育て, の子飼い

▼ 村一同~ (3, 0.0%)

1 の村民, への恩賞, へ言

▼ 村一君~ (3, 0.0%)

1 が隣, のお話, を選びました

▼ 村一座~ (3, 0.0%)

1 と呼ばれる, のな, の仕打

▼ 村一村~ (3, 0.0%)

1 と押して, を押し, を縫う

▼ 村一杯~ (3, 0.0%)

1 に拡, に擴, の噂

▼ 村一統~ (3, 0.0%)

1 になり代っ, のため, も焼払われた

▼ 村一郷~ (3, 0.0%)

1 の工藝, の物, を擧げ

▼ 村上帝~ (3, 0.0%)

21 が賞讃

▼ 村下羽田~ (3, 0.0%)

2 の庭田源八 1 では庭田恒吉方

▼ 村二君~ (3, 0.0%)

1 と共に温泉嶽, に過ぎつた, も来

▼ 村以外~ (3, 0.0%)

1 その門流, では幽霊, の津々浦々

▼ 村入口~ (3, 0.0%)

2 に鐙摺 1 にて初

▼ 村共同~ (3, 0.0%)

1 に鎮守, の婚舎, の行事

▼ 村務記録~ (3, 0.0%)

1 に入れられる, のため, の意味

▼ 村~ (3, 0.0%)

1 が悪い, し農村, するの

▼ 村医さん~ (3, 0.0%)

1 のご, の薬, もそう

▼ 村医療所~ (3, 0.0%)

1 で治療, というの, の人たち

▼ 村又は~ (3, 0.0%)

1 家では, 峰山の, 部民の

▼ 村名主~ (3, 0.0%)

1 が頑張, に届け出る, の妻

▼ 村君君~ (3, 0.0%)

1 が変, は例, は本官

▼ 村唯一~ (3, 0.0%)

1 の古, の慰場, の銭湯

▼ 村~ (3, 0.0%)

1 にあれ, に異ならず, や郊外

▼ 村垣さん~ (3, 0.0%)

1 そう言った, てば, ですね

▼ 村~ (3, 0.0%)

1 病院へ, 造立帰りに, 集会所

▼ 村大字宮本~ (3, 0.0%)

1 という所, という村, と改められ

▼ 村字粕谷~ (3, 0.0%)

1 に移した, の南耕地, の忠良

▼ 村尋常高等小学校~ (3, 0.0%)

1 の代用教員, の校歌, の職員室

▼ 村尋常高等小學校~ (3, 0.0%)

1 の代用教員, の校歌, の職員室

▼ 村~ (3, 0.0%)

1 右衞門が, 法師八人え被, 法師勤方

▼ 村~ (3, 0.0%)

1 から知らせ, とか浅倉屋, は書林組合

▼ 村廻り~ (3, 0.0%)

1 の, の神楽狂言芝居等, の繭買人

▼ 村村一君~ (3, 0.0%)

1 が隣, のお話, を選びました

▼ 村来り~ (3, 0.0%)

1 二百円持参, 藤山で, 配役の

▼ 村~ (3, 0.0%)

1 なるもの, の如き, より二十三円八十銭

▼ 村~ (3, 0.0%)

1 か目, と楽, の村

▼ 村~ (3, 0.0%)

1 の打, の直垂, の糸

▼ 村~ (3, 0.0%)

3 島内鈴木三重吉へ

▼ 村總代~ (3, 0.0%)

1 と連れ立つ, の家, も提灯

▼ 村舟津川~ (3, 0.0%)

1 では去年中, という道順, に移り

▼ 村茂太郎~ (3, 0.0%)

1 としては通過, なる者, の署名

▼ 村薬局~ (3, 0.0%)

1 に使, へ寄られました, へ行っ

▼ 村行き~ (3, 0.0%)

1 の途中, の電車内, を休む

▼ 村近傍~ (3, 0.0%)

1 に, に蜘蛛火, の小

▼ 村逸見様庭~ (3, 0.0%)

3 の桧

▼ 村鍛冶~ (3, 0.0%)

3 の音

▼ 村~ (3, 0.0%)

2 の間 1 の政治家

▼ 村随一~ (3, 0.0%)

1 の力持ち, の物識り, の美人

▼ 村雪枝~ (3, 0.0%)

1 とか, と言つて, を守らせ

▼ 村あげ~ (2, 0.0%)

1 て余, て悲しむ

▼ 村いちばん~ (2, 0.0%)

1 の漁, の長者

▼ 村うち~ (2, 0.0%)

1 だから, でその

▼ 村および~ (2, 0.0%)

1 御伝馬その他, 村人の

▼ 村かと~ (2, 0.0%)

1 思われた, 思われる沼地

▼ 村かの~ (2, 0.0%)

1 中之御所かの, 大きな黒影

▼ 村こそは~ (2, 0.0%)

1 この大, 当代の

▼ 村ことごとく~ (2, 0.0%)

1 死に絶えるという, 犬神持だ

▼ 村これ~ (2, 0.0%)

1 はそれ, はまだ

▼ 村さんあなた~ (2, 0.0%)

1 が身分, にはこの

▼ 村さん貴方~ (2, 0.0%)

1 がいらっしゃる, も是非

▼ 村しげき~ (2, 0.0%)

2 龍華寺の

▼ 村せん~ (2, 0.0%)

1 とする, とて右

▼ 村ぜんたい~ (2, 0.0%)

1 が押しあいへし合い, すっかり荒らされきっ

▼ 村そこ~ (2, 0.0%)

1 に大宮八幡, の子供

▼ 村ぢうに~ (2, 0.0%)

1 拡がります, 聞えるやう

▼ 村ぢゆう~ (2, 0.0%)

1 の子供, の評判

▼ 村てえ~ (2, 0.0%)

1 のは, 処に

▼ 村でが~ (2, 0.0%)

2 した十三年前

▼ 村でこそ~ (2, 0.0%)

1 あれただいま少々, 太政官や

▼ 村でございまし~ (2, 0.0%)

1 て一體渡良瀬川, て征矢野

▼ 村でさえ~ (2, 0.0%)

1 出歩けない者, 山宅の

▼ 村ででも~ (2, 0.0%)

2 一しょに

▼ 村でな~ (2, 0.0%)

1 今の, 旅籠屋の

▼ 村でない~ (2, 0.0%)

1 が廢, ので立派

▼ 村とかいう~ (2, 0.0%)

1 処で, 探偵立合いの

▼ 村とかいふ~ (2, 0.0%)

1 ものから, 少教正

▼ 村とかの~ (2, 0.0%)

1 寄場の, 者だ

▼ 村としても~ (2, 0.0%)

1 大変に, 深い打撃

▼ 村とて~ (2, 0.0%)

1 国々の, 東武の

▼ 村どの~ (2, 0.0%)

1 じゃない, 里

▼ 村なぞの~ (2, 0.0%)

2 宿場の

▼ 村などでも~ (2, 0.0%)

1 何れも, 役場とか

▼ 村などという~ (2, 0.0%)

1 ところで, 人が

▼ 村なりを~ (2, 0.0%)

1 見て, 離れると

▼ 村なれ~ (2, 0.0%)

1 ど家数, ばこそこうした

▼ 村なんか~ (2, 0.0%)

1 一ぺんで, 何か

▼ 村なんぞに~ (2, 0.0%)

1 ひねられて, 流れ込んで

▼ 村にかへ~ (2, 0.0%)

1 つてくる, らむとする也

▼ 村にさえ~ (2, 0.0%)

1 古い物, 大きな変化

▼ 村にたいする~ (2, 0.0%)

1 態度は, 授賞だった

▼ 村にだって~ (2, 0.0%)

1 他村, 同じよう

▼ 村にと~ (2, 0.0%)

1 つては, まつた

▼ 村にや~ (2, 0.0%)

1 一軒も, 置けねえ

▼ 村により~ (2, 0.0%)

1 また家, 人に

▼ 村に対し~ (2, 0.0%)

1 今から, 信頼し

▼ 村に対しては~ (2, 0.0%)

1 不足物資の, 最大級の

▼ 村に対しても~ (2, 0.0%)

1 あるきまった, 県から

▼ 村のずつと~ (2, 0.0%)

1 西北方に, 西方に

▼ 村はから~ (2, 0.0%)

2 一面に

▼ 村ばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく隣村, では

▼ 村へなど~ (2, 0.0%)

1 出かけて, 行けるもの

▼ 村をと~ (2, 0.0%)

2 ふと

▼ 村エタ年寄~ (2, 0.0%)

1 の留書, の組下

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 両村ニ, 二階ニテ

▼ 村~ (2, 0.0%)

2 今や奸悪

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 入リ, 移ルコトトナル

▼ 村一つ~ (2, 0.0%)

1 が数百年, 越しては

▼ 村一社~ (2, 0.0%)

2 の制

▼ 村~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 の内藤紀伊守様, をうながし

▼ 村上野村~ (2, 0.0%)

1 と行け, へ入れ

▼ 村下新田~ (2, 0.0%)

1 まで帰っ, まで歸

▼ 村下連雀~ (2, 0.0%)

2 にあり

▼ 村中條~ (2, 0.0%)

1 の蛭子社, の蛭子神社

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 を申す, ヲ七石山ト称ス

▼ 村五十四歳~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 に胡麻, は赤痢

▼ 村今年~ (2, 0.0%)

2 は作

▼ 村付近~ (2, 0.0%)

1 から上流, にその

▼ 村会議員~ (2, 0.0%)

1 になりました, の一人

▼ 村~ (2, 0.0%)

2 ひの

▼ 村入り~ (2, 0.0%)

1 の二月目, の雁股

▼ 村全部~ (2, 0.0%)

1 が燃えた, で南

▼ 村出生~ (2, 0.0%)

1 の女, の清水一学

▼ 村双六谷~ (2, 0.0%)

1 がもともと, の地方

▼ 村史料~ (2, 0.0%)

1 でもわかる, は週刊朝日誌上

▼ 村右衛門大夫~ (2, 0.0%)

1 などの徒, の兵

▼ 村同士~ (2, 0.0%)

1 で漁場, の関係

▼ 村君きみ~ (2, 0.0%)

1 がいく, もつい

▼ 村君来庵~ (2, 0.0%)

1 お土産, お節句

▼ 村四百一番地~ (2, 0.0%)

1 から出, とある

▼ 村四谷~ (2, 0.0%)

2 より

▼ 村固有~ (2, 0.0%)

1 のもの, の形

▼ 村土佐守~ (2, 0.0%)

1 がお, 遠乘

▼ 村地方~ (2, 0.0%)

1 ではそこ, を旅行

▼ 村垣淡路守~ (2, 0.0%)

1 が薩摩, を副使

▼ 村堤内~ (2, 0.0%)

1 は一千町弱, を買収

▼ 村大字~ (2, 0.0%)

1 今坊字トオリノ山, 去童村

▼ 村大字下早川田~ (2, 0.0%)

1 の小林善吉, の雲龍寺

▼ 村大字下羽田~ (2, 0.0%)

1 の庭田恒吉, へ来た

▼ 村大字日向~ (2, 0.0%)

1 の奥, 及び大字木戸

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 が書いた, は日光

▼ 村夫人~ (2, 0.0%)

1 の姿, はえらい

▼ 村始ま~ (2, 0.0%)

1 つて以來まだ, つて無い

▼ 村委員~ (2, 0.0%)

1 ですがね, の名

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 の且泣き且, の話す

▼ 村字下羽田~ (2, 0.0%)

1 なる庭田清四郎, なる遠藤次郎

▼ 村字黒谷~ (2, 0.0%)

2 は黒谷川

▼ 村宿~ (2, 0.0%)

1 へかけ, を通り抜け

▼ 村寶泉寺~ (2, 0.0%)

1 え相越し, においての川路對プーチヤチン

▼ 村山口~ (2, 0.0%)

1 に新田乙蔵, の人達

▼ 村平蔵さん~ (2, 0.0%)

1 の如く一本二千円, を数

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 に村酒, の酒

▼ 村当局~ (2, 0.0%)

1 とセミーリア州当局, は周章狼狽

▼ 村~ (2, 0.0%)

2 という男

▼ 村或は~ (2, 0.0%)

1 一村の, 団体が

▼ 村戸倉村~ (2, 0.0%)

2 と頂

▼ 村所長~ (2, 0.0%)

1 なんとか処置, の指揮

▼ 村探偵事務所~ (2, 0.0%)

1 へ芝浦沖, を訪問

▼ 村撰十~ (2, 0.0%)

1 という人物, の変り果てた

▼ 村支部~ (2, 0.0%)

1 が主, へ指導

▼ 村散り~ (2, 0.0%)

2 にける

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 兵衛が, 同行ニて

▼ 村曾根~ (2, 0.0%)

2 と谿谷

▼ 村會議員~ (2, 0.0%)

1 に學務委員, 半數改選

▼ 村有志~ (2, 0.0%)

1 がたびたび, と会見

▼ 村条下~ (2, 0.0%)

1 に, にこの

▼ 村松瀬兵衛~ (2, 0.0%)

1 と申す, の言い草

▼ 村林檎~ (2, 0.0%)

2 の紅い

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 をお, を糺されたい

▼ 村柳生~ (2, 0.0%)

1 で作る, に紙漉場

▼ 村~ (2, 0.0%)

2 の尋常科

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 の花, は月瀬

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 の頼み, へ渡さなかつた

▼ 村正作~ (2, 0.0%)

1 でもおよそ, の刀

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 は過ぎ, も皆

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 之上, 之上の産

▼ 村泊まり~ (2, 0.0%)

1 で立っ, で追っ

▼ 村燈火管制~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 村特有~ (2, 0.0%)

1 の訛り, の語尾

▼ 村生活~ (2, 0.0%)

1 に大きな, の調和

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 付けられ候, 合せて

▼ 村界隈~ (2, 0.0%)

1 に身, に限っ

▼ 村番頭~ (2, 0.0%)

1 の忠兵衞, の清次

▼ 村百姓源兵衛~ (2, 0.0%)

1 と申す, のせがれ源蔵

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 な合せても, な然

▼ 村直入~ (2, 0.0%)

1 だとか, は晩年年齢

▼ 村破壊~ (2, 0.0%)

1 の三周年紀念会, の最後

▼ 村稲葉~ (2, 0.0%)

1 という家, の家

▼ 村続き~ (2, 0.0%)

1 でせまい, の林

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 の, のやう

▼ 村脇崎~ (2, 0.0%)

1 の塩焼, の塩焼き

▼ 村自体~ (2, 0.0%)

1 に就, の積極的活動

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 に皆伝, の高弟

▼ 村茶臼山~ (2, 0.0%)

1 には佐久間右衛門尉信盛, に陣

▼ 村草之進~ (2, 0.0%)

1 といふヤツトウ, を夜逃げさし

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 には町, をつ

▼ 村藤原~ (2, 0.0%)

1 の御, の徳願寺墓

▼ 村~ (2, 0.0%)

2 はまだ

▼ 村警部長~ (2, 0.0%)

1 が窮余, なども一方

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 という谷, を埋め

▼ 村買収~ (2, 0.0%)

1 の事, の意味

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 だけに足, 落の

▼ 村部落~ (2, 0.0%)

1 など両側, など市

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 を酌ん, を飲む

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 に來, までも兼ねた

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 の水神, の白髭

▼ 村隣り~ (2, 0.0%)

1 に尋, 国な

▼ 村風子~ (2, 0.0%)

1 の, の身の上

▼ 村~ (2, 0.0%)

1 で乗り込んだ, の感じ

▼ 村高殿~ (2, 0.0%)

1 の伝説地, の土壇

▼1* [1269件]

集団農場ん, 村あそこぢや組合, 村あってより, 村あったとそれ八月八日, 村あの様な, 村あるいは一地方に, 村がいの, 村いいじゃない, 村いうたら岸和田の, 村いたし候, 村いたしたことこの, 村いたすよう申し遣わしたれ, 村いっぱいに植わっ, 村いつぱいに, 村うち彼らといえ, 村お前はお松, 村かぎりの小さい, 村かしこひに, 村かたつくと, 村かなんぞのような, 村かねはあある, 村かも知れないわ, 村かや村赤坂村神村をすぐ, 村からずつと遠くまで, 村からという客も, 村かれ等二人が, 村がかりの郵便配達, 村がけしからず荒々しい, 村がよかつた, 村がんち糞がん, 村きっての大家, 村ぐらしのなか, 村ぐらゐ思想的に遅れとる, 村ここの村, 村こぞッて, 村こぞり來て, 村この町を, 村さいは神何村殿内神, 村さしてゆく, 村さして下る, 村させることが, 村さま大夫尉景廉さま以下の御家人, 村さま結城の三郎朝光さま, 村さんうちどないし, 村さんここは危いところ, 村さんだつて行きます, 村さん今夜は飲み明かしましょう, 村さん夏でもお, 村さん莫迦に嗅ぎつけよう, 村さん身体の方, 村さ來た, 村さ行つたて, 村ざかいの新し橋, 村ざかいの山の方, 村ざかいの川しもに見いだされた, 村ざかひに鹿の跳ね, 村ざとにいれば白い菜, 村ざとには桃やこぶし, 村しかも誰も, 村しぐれをさそう, 村しとってこれから, 村じゃああいう, 村じゃというけんどの, 村じゅうどこと選りごのみ, 村じゅう一けん一, 村じゅう一軒に一人, 村じゅう大騒ぎになっ, 村じゅう家探しの評判, 村じゅう気がぬけた, 村じゅう総出で提灯, 村じゅう老婆のほか, 村じゅう軒別に配らせ, 村す可く汽車, 村せよと言, 村そしてその隣り, 村その他共産党指導者たちが従来, 村その他激甚地の村, 村それ自身がおよび, 村そんなところは, 村秋なる, 村たち十名が本艇, 村たち地球人類を殺す, 村たまたま知って, 村だがだれも, 村だけじゃなくて, 村だけで一万八千円の, 村だけでもほかに, 村だけの力では, 村だら片端から, 村ちょっと来て, 村つづき舟混める見, 村つづきであったがそれから, 村づくりした祖先, 村ふ処, 村であったら実際後ろ, 村でありましたけれど二人, 村であればこそこの, 村であろまだか, 村でございましたらどの位, 村でございましょうな, 村でございますけれども江戸, 村でござんすからもう, 村でしかすえないお, 村でしたがその, 村でしょうか, 村でなあまっ昼間, 村でなければ隣り, 村でもというように, 村でりこうもん, 村といへるが, 村というまで軽い傾斜, 村といふは一村格別の, 村といふまで行つて泊つた, 村といッた村, 村とかで生まれたという, 村とかといふ風に, 村ときやがら, 村としての自慢の, 村とだけで詳しく, 村とては禁裡, 村とやらにまいって, 村とやらには参って, 村とんびという江戸ッ子, 村と迄行かずとも, 村どちらの手, 村なされたか, 村なしておりまする, 村なぞに無いめづらしい, 村などでの噂は, 村などといふ人が, 村などにはひげ, 村などにもしばり松, 村などへ参り何と, 村なども遊べないので, 村などより漁猟に, 村なにがしと通人, 村ならためらわず送金し, 村ならでは用いざる, 村なりがやつぱりさうした毛嫌ひ, 村なりの附近に, 村なんかに比し本村, 村なんかへもよく漆かき, 村なんぞには日が, 村なんぞは汽車で, 村なんぞへ来たん, 村なんどどんなこと, 村におきましては幹事長は, 村にかかつた, 村にかけてこうした俗眼, 村にからかはれて, 村にだけでなく殆ど, 村についてはたしかに青シャツ隊, 村にても蔑視され, 村にというご沙汰, 村にとってのことだ, 村になつてを, 村になんて来たくは, 村にのみ育った女, 村にはずつと古くから, 村にはにはかに, 村にばかり落る, 村にをちついて, 村に対しての有情を, 村ねずとは大黒天神, 村のうぶすな, 村のこたあ知らん, 村のしもてに他の, 村のちゅうざい所から警察署, 村のでお終ひだ, 村のなどに比べると, 村のなわ手の, 村のみなりという, 村のみに限った訳, 村はじまつて以来, 村はずれ九本松という俚称, 村はずれ川端森や古, 村ははツと, 村はまるつきり人氣が, 村はよつん這, 村はるすがちの, 村はんなにごとが起りました, 村はん手を放し, 村出れば, 村ばかりが多かつ, 村ばかりというので, 村ばかりの優秀を, 村ばっかりじゃア, 村びとまださめぬ水をわたりし, 村へえ其の羽生村, 村へかへつて, 村へさ故郷へ, 村へぞ着きに, 村へという当ては, 村ほか七郷の原士, 村ほか三村の者, 村ほか十二箇村のエタ, 村ほか数ヵ村は下野国, 村ほめの形, 村ぼいこくって, 村またその先, 村までには幾つかの, 村までを後方に, 村みちのまがり角, 村みな桃なる一大美觀, 村めいたガス燈しか, 村もしくは家と, 村もじっとしてはいられない, 村もっと正しく言え, 村もとは万歳, 村やや一刻は, 村ゆきて木, 村ゆ下つ毛, 村よりかむしろ一歩先に, 村よりもの意と, 村よろずや雑貨店, 村らしくってあまり, 村をかへり見て, 村を以てゆきづまりと, 村を通して巡回せし, 村を通じて北側の, 村中だけの, 村あの時分, 村アリ古検地帳ニ伏地埼, 村キソオマップの附近, 村クエーカー宗の信徒, 村コガヨとかコガト, 村コンニャクとネギ以外, 村サヴェートで大会, 村ソヴェト員の一隊, 村ソヴェト婦人代議員の質問, 村ソヴェト役員がいる, 村ソヴェト集会について話し, 村ゾレとなっ, 村トノ地勢ヲ両断シ, 村ト八海山嶺ヨリ笠ヶ岳迄, 村ト薄村ノ両, 村跨リ, 村ニテハ両神山ト唱フ皆文字異ニシテ唱ヘハ, 村ニテハ八日見山ト唱ヘ又, 村ニテモ山上ニ両神権現両神明神ノ二社ヲ祭レリ, 村ニ杏ガ実ル, 村ニ界ス三州ニ跨ルヲ以テ此名アリ字猿市ヨリ上八十八町以上同村中津川ニ属ス, 村ニ馬車入ル, 村ノアルコトヲ報ズルヤ山行中人ヲシテ喜意, 村ハ一面に平地, 村ハ吾谷中村と同一堤内, 村ビジテリアン大祭の新鮮, 村ピオニェールは村境, 村マブタ山同國沙流郡上ピラトリ, 村ミス・アーノルド・フォスター氏とオックスフォード大学, 村ヨリ入会故ニ山, 村ヨリ山路ニ到リ僅ニ, 村ラロンに葬らる, 村中牧ト云, 村一さんということ, 村一さん一緒に, 村一二の物持ち, 村一円であるが, 村一切の滋養, 村一名大浜青森に次ぐ, 村一向宗穢多寺永宝寺と申, 村一国にこういう, 村一市一国の文化, 村一市街の幅員, 村一帯だれも仕事, 村一揆の場, 村一時間もおくれ, 村一歩転ずれば, 村一生の不覚, 村一町にも比, 村一社制でこの, 村一等の別嬪, 村一統鐘の信心, 村一般の招辞, 村一色刑部の許, 村一覧表をもらひ, 村一邑に独立, 村七部集が艶麗豪華, 村万場方面へ行く, 村万年寺の祐堂, 村三五郎はハイカラ, 村三五郎マスクが無かっ, 村三五郎君どうぞ宜しく, 村三井の土地名, 村三十六人の代表, 村三十軒挙って, 村三千五百把湯舟沢村三千五百把とあっ, 村三千把山口村三千五百把湯舟沢村三千五百把とあっ, 村三千貫の地, 村三國屋鈴木三重吉へ, 村三大字各一社, 村三宝寺の池, 村三宝池を水源, 村三度目はお松, 村三村或は一村, 村三百二十八番地だな, 村三郎資時等俄以出家時村行念資時眞照云々楚忽之儀人怪之, 村上久具にその, 村上但馬の旧家浅田源衛門, 村上平杜子美居の祭, 村上方の高地, 村上流の水軍, 村上田からは, 村上野村万場方面へ行く, 村下保という, 村下宮でここ, 村下宮山口等に又, 村下御領村平野村を経, 村下羽田植野村舟津川という道順, 村不入斗村へかけ, 村不動堂の縁起, 村且つ難波村など, 村両君にお, 村中島の江畑新之助君, 村中心に行う, 村中押し歩くの, 村中目黒境公園駒込などにあり, 村中老となく少, 村中里村中目黒境公園駒込などにあり, 村という若殿, 村丸贔屓の城主荒木, 村主事はそこ, 村久保泊にも行き, 村久保田の稲村与市, 村久坂なんどへもこの, 村久坂ら一書もなし, 村久野谷なる岩殿寺, 村九つの大字, 村九丁目百姓延平方え為立, 村九十十一月の釜山, 村亀戸村深川出村本所出村等の間, 村二つほどある, 村二つ三つ向うの村, 村二つ松並木を一帳場, 村二三男の二君来訪, 村二三里に一村, 村二三雄その他村の青年, 村二代昌叱三代昌琢, 村二十五六の年増, 村二十余戸八十歳以上の老齢者五人, 村二本榎大鳥井紋兵衛, 村二百戸の知行, 村五十戸位の小さい, 村五百五十戸の中, 村五稜廓である, 村五郎丸字夜見何処へ出る, 村五門に徙つて, 村亡滅案を歓迎, 村京都府知事が疏水工事, 村人民より正当, 村人足寄場の者, 村今泊阿應理惠按司勾玉, 村大字の, 村代表及び競技観覧者各位, 村以上はすべて, 村以上千住宿あたりを流る, 村以来自分には重い, 村伊予田に赴いた, 村伊知根神何村さいは神何村殿内神, 村伊達藩士が拓いた, 村伏見村あたりで長, 村伝右衛門と云, 村伯父だけであった, 村住いを棄て, 村住ひまでおしよせ, 村住ひも正に其, 村佐次郎これは二十六七, 村佐次郎さんの書いた, 村佐次郎それを押, 村佐藤某という家, 村何度も何度, 村何某妻うし何村何某母親などある, 村何某妻何村何某妻うし何村何某母親などある, 村何某母親などある, 村何番地とか大正何年何月何日, 村何神社といふ文字, 村何谷の穢, 村何野何兵衛の娘, 村使節として上洛, 村に花火村, 村の言, 村倹約の申し渡し, 村に問う, 村元祖昌休紹巴里村二代昌叱三代昌琢, 村の活動, 村にお, 村光景は身, 村全体渡良瀬川沿岸全体でございます, 村全滅になつ, 村兩家の承, 村八九三マルテロ社より森方, 村八十三戸中八十二戸潰れ六十五名, 村八字寄合うて大きく, 村八幡宮へ佐伯, 村八幡宮祠前に於, 村八所の鎮め, 村六助とである, 村六道原漬大根の産地, 村共三軒四軒二十三十無之, 村共力して, 村共同宿泊所などと書かれた, 村共同宿泊所エボン村共同宿泊所などと書かれた, 村共同宿泊所エボン村共同宿泊所等と書かれた, 村共同宿泊所等と書かれた, 村共有の巫女, 村其ものには何処, 村内の人に示せり, 村内一二の舊家, 村内全部が雨戸, 村内切っての吾儘者剛慾者, 村内四五の会堂, 村内有力者某々等をし, 村内田久右衛門の家, 村内膳と云っ, 村内膳柔術は, 村円満の実, 村冬枯れはてて, 村処女会があっ, 村て行く, 村出立馬上に而昼九半時頃油川帰宿, 村出行仕候, 村分布地方から約, 村にすれ, 村利島神津島とともに日忌, 村利根川の条下, 村剣術大名司馬さまの御寮, 村割当量が個人割当, 村まって, 村助役牧田耕三郎氏が門司, 村勅養寺附近の天神山, 村という爺さん, 村勝間田そして富川, 村勿論朝比奈村上十五日此両場所金子十五両二分永代売渡申候, 村は吹上村, 村北今西の不動さん, 村北見國枝幸郡枝幸村紋別郡雄武川筋同郡サルマ湖南岸, 村北軽井沢の一匡村, 村医嘱託もかねたらしい, 村医師志村力之助との二人, 村医師村岡善左衛門常信倅善次郎が養子, 村医王寺境内にある, 村医高橋金六を呼ん, 村十二代世襲の庄屋, 村十二戸温泉は五箇所, 村十勝河河口同國當勝郡勇洞村, 村十右衛門裏庭での大きい, 村十時頃帰る, 村十条南郷をまたたく間, 村千栗八幡社にては正月初め, 村千石の地, 村半分以上引っ括らなければ, 村南米人文何処遍田家猶未, 村博士の陰謀, 村博徒の縄張, 村卜総の次に, 村檀那村を, 村即ち今の, 村原文平の二男辰之助, 村た埼玉縣下, 村及ビ同郡藤原村ト八海山嶺ヨリ笠ヶ岳, 村及湯桧曾村の書上, 村及犬伏町下都賀郡では藤岡町, 村双方へ行ける, 村の眠, 村古屋佐太郎の所蔵, 村古巻村である, 村へ行け, 村右衛門こいつは五十, 村右衛門大夫大野木土佐の三臣, 村右衞門こいつは五十, 村右衞門一座の二枚目, 村右衞門始め一座の役者囃子方, 村司嘉慶泊リ御前足ニ国, 村荘各, 村合同の請願書, 村合戦と云う, 村吉本氏より報知, 村同志の人々, 村同様な田舎, 村名づくし程度以上に出でない, 村名ガタパラはインデアン語, 村名主小沢某より自分父, 村名主金藏方へ金策, 村名州名等普通名称の人, 村名探偵の海外出張中, 村名探偵かぶれなん, 村名産のタチガイ, 村名町名橋名等一つもかかる, 村吏ら強制して, 村吏ら神林を伐り, 村吏員や村議, 村吏尋灘浅, 村吏川向ふ, 村吏県官として農政, 村向都から云っ, 村君それは違うだろう, 村君なにがわかった, 村君今の飛行機, 村君以外は傍流, 村君何を考え, 村君冬村君御馳走でした酔うて, 村君呂竹さんへお, 村君御馳走でした酔うて, 村君敵か味方, 村君新婚の祝句, 村君正木署長の電話, 村君燐寸が見えない, 村君空気抜けの, 村君等のつぎ, 村吾妻村の有志, 村告げて死助峠, 村和野の佐々木嘉兵衛, 村喜如加の小学教員, 村も郡, 村国氏の家, 村国連悪人という人, 村園寺観すべて一図画なり, 村園花満玉瑩, 村土井敬一これをもらい受け, 村土佐守家來吉住求馬と申す, 村土佐守家來柴田文内と吉住求馬, 村土着の郷士たち, 村在住の保證人二名, 村地主ムルゴチの四女, 村地元まで川蝦, 村地元農村の感情的抗争, 村地区のソヴェト役員, 村坪山などで産します, 村垣らの幕府, 村堤防復旧工事ハ絶対に之, 村に定めた, 村塔寺の産, 村境ひまで貴い, 村境橋まで一里半, 村墓地敷地買収問題の時, 村増沢のもの, 村墟涼似秋, 村壮六とが事件, 村壺坂それから紙治, 村夏身の立場, 村外四カ村の総代, 村多磨墓地に集合, 村多胡の釣り道具屋, 村大きに呆れ日頃将軍家, 村大前の下手あたり, 村大北山のすそ, 村大半の百姓, 村大字万富小字梅という処, 村大字三反田字道理山等も皆これ, 村大字上新田に生まれ育った, 村大字上早川田へ行った, 村大字上相の間山薬師, 村大字下保田字通坂常陸那珂郡勝田村大字三反田字道理山等も皆これ, 村大字下島の長田氏, 村大字丹生に鎮座, 村大字久保田及び大字野田, 村大字五助谷字通り山美濃恵那郡静波村大字野志字通り沢越後南蒲原郡大崎村大字下保田字通坂常陸那珂郡勝田村大字三反田字道理山等も皆これ, 村大字八島は本郷, 村大字六十谷及び同, 村大字原では昔, 村大字土淵の常, 村大字大前と呼ぶ, 村大字大垪和東の如き, 村大字太田和はその, 村大字宇留野の山奥, 村大字宗光寺の百姓惣兵衛, 村大字宗甫分から利根川, 村大字定宗龍川村大字下二箇大垪和村大字大垪和東の如き, 村大字宮下にある, 村大字宮地の川合平, 村大字宿にある, 村大字富岡に在る, 村大字小江の青年, 村大字小羽田は関東, 村大字岩殿の岩殿観音, 村大字岸岡に式内, 村大字川俣等の事件関係地, 村大字徳丸本の獅子舞, 村大字拳ノ川の山路, 村大字朝妻にある, 村大字杉谷の勝木袖五郎, 村大字東小川村の地内, 村大字柏崎の長者阿部氏, 村大字梁田の澱土, 村大字梅地あたりでは藤布, 村大字梶原の支村, 村大字横町の何右衛門, 村大字水抜の高倉山, 村大字池内のあたり, 村大字湯ヶ原に到り, 村大字田村の特殊部落, 村大字百舌鳥では色々, 村大字糠前の長者, 村大字羽田及び梁田村大字梁田, 村大字船津川の小野熊次郎, 村大字西四つ屋曹洞宗泉蔵寺大門先なる関谷安次宅地内, 村大字豊邦字笠井島の某, 村大字越名で案内人, 村大字軽井沢茨木善次右衛門はその, 村大字里川辺の里伝, 村大字野島があり, 村大字野志字通り沢越後南蒲原郡大崎村大字下保田字通坂常陸那珂郡勝田村大字三反田字道理山等も皆これ, 村大字間田の惨状, 村大字青梨に親戚, 村大字飯豊の今, 村大字駒岡村瓢簟山の東面部, 村大字高殿小学校隣接の伝説地土壇, 村大工村の靴屋, 村大手村桂尾山勝福寺といふ寺, 村大森に飛ん, 村大河原にもある, 村大竜寺の長老, 村大蔵の野, 村大蔵等に亘る, 村大藏の野, 村大行寺之魯人使節布恬廷呼寄候, 村大貫新介門井村神職大越伊豫小瀬村庄屋井樋政之亟那珂村長山伊介野口平, 村大里の村, 村大門の産, 村大阪に入城, 村天ぷら屋へ堀井, 村天山の二カ村, 村天徳院に葬られた, 村太郎さんをロボット, 村夫自身は彼自身, 村失業状態となり, 村夷浜同夷浜新田, 村奉行たり行親, 村奥戸では六十戸, 村の捧げたる, 村女史と築地, 村妹尾与一郎氏方にて一, 村姓不詳梅吉より二十三円八十銭, 村娘たちと盛ん, 村娘サントッツァをサルコリィ, 村娘野嬢のやう, 村婚礼は朝, 村媼囂々として漁獲, 村嬢たちの姿, 村嬢田婦を追いまわす, 村字ウールズソープをたずねん, 村字ノボトに茂助, 村字下野田のごとき, 村字中山オホナイあたりには殆ど道, 村字中條には同社, 村字中沢田の佐藤長右衛門方, 村字中沢集落には喜六, 村字中野に藩, 村字中館という所, 村字亀瀬というところ, 村字五日市の神楽組, 村字今井吉田兼吉氏所蔵のもの, 村字仮屋の虎斑竹, 村字何の何, 村字何とかとわかっ, 村字冬野から稲淵, 村字刀根の気比神社, 村字古里という所, 村字坂本の山ノ上, 村字大佐貫と言, 村字天摩なる神社, 村字太田のこと, 村字奥戸などの有志たち, 村字小澤の永田家, 村字尾瀬沼に在る, 村字左比内の奥, 村字東禅寺という, 村字梓山でもらいうけ, 村字森下訪ふ人, 村字浜町という漁村, 村字瀬戸二十一番戸伊藤万太の宅, 村字片山津小字砂走である, 村字生出という山里, 村字田中小字大澤にて發, 村字砂子浜という所, 村字米子の住人, 村字羽田の横塚吉五郎, 村字荷菜の平目カレピア婆さん, 村字萩川へ辿りつく, 村字谷内本城某は幼少, 村字長谷という所, 村字馬籠である, 村字高山だけで二人, 村字高柴の千眼城山, 村字鬼塚タバン・アウエルバツハ気付御常連殿, 村字鬼涙と称, 村字魚ノ川, 村字鷲山の荒木源次郎, 村字黄金迫の黄金神社附近, 村にし, 村学校のある, 村學校のある, 村學究らしい窮屈, 村に開く, 村は上方, 村安伝九郎である, 村安国寺の住職梅垣謙道和尚, 村宗家は恐く, 村定八が見かね, 村宝泉寺に葬られ, 村実になずかしく, 村宮内どのへちょっと, 村宮内なんの気, 村宮本に現存, 村家旅館の第, 村宿屋大谷屋の二階, 村寂然たり, 村寄りからで, 村富士と白根, 村寺島牛島の辺, 村寺本氏の報知, 村寺欹枕猶聴夜半鐘, 村寿はその, 村専用の馬車, 村尋常高等小学校内の一教場, 村尋常高等小學校内の一教場, 村小原の地, 村小原駒木根あたりの灯, 村小右衛門が検死, 村小名木村亀戸村深川出村本所出村等の間, 村小字界隈の風教改革運動, 村小学校生徒一同でお, 村小學校の生徒, 村小學校内某といふ人, 村小屋場まで定期, 村小川三四郎二十三年学生と正直, 村小川水衞所より小金井村境橋, 村小松川松戸辺から買い, 村小目名という村, 村小鳥地方にては例, 村少女の恋, 村尽く破滅した, 村尾村一向宗穢多寺永宝寺と申, 村居して病, 村居つきの農夫, 村居住の確実, 村居士といふもの, 村居松葉戸川残花須藤南翠村井弦斎遅塚麗水福地桜痴等がその, 村屋敷野黒沢王滝などから北, 村屋新兵衞方にて買わん, 村屏風を立てた, 村山中の峠口, 村山口間田の両, 村山崎氏の名主古帳, 村山本氏より寄せられたる, 村山王より一両度常の, 村山田村伊達藩士が拓いた, 村山田氏より昨年, 村岡田浅原吉田下村などと一廉, 村岡田淺原吉田下村などと一廉, 村岩本地先に関東水力電気会社, 村岫雲院で遺骸, 村岸野農場小作人代表十五名がはるばる, 村正寺, 村川連來る彼二人, 村の内, 村差出明細帳, 村を辿れ, 村巷町屋に続かずし, 村が立った, 村市毛雪氏より報知, 村師のはまた, 村平塚から尾島町前小屋地先, 村平民菊島市松の妹, 村平田の信奉者, 村平賀源内というもの, 村平野寿徳寺に永眠, 村平野村を経, 村平野長田源長氏の離れ家, 村年中人多く啖わるとある, 村年寄たち庄屋を庇う, 村年寄一統を下手人, 村年寄僧侶などさえお, 村年寄治右衛門と千本野口, 村幸七の両人, 村幸店に蕪村句集, 村居の, 村広しといえ, 村庄屋の寄合, 村庄屋井樋政之亟那珂村長山伊介野口平諸澤健之介野口村長役關澤源兵衛夫, 村庄屋周吾宅へも仕掛, 村庄屋家記による, 村庄屋治右衛門の弟, 村庄屋茂兵衛の家, 村庄川に牛屋谷, 村庠市学の間, 村となり, 村の住宅, 村引払当所本陣へ転陣, 村弘祥寺に春, 村張りにこれ, 村強清水村とうねり, 村弾正山に三郎信康, 村当局一般の意向, 村当局村民諸君に対して深く, 村当時は村人, 村当時無宿降蔵, 村彦こと軽部八寿はその, 村彦こと軽部村寿はその, 村彦さんはもう, 村が当時, 村へ着きました, 村後者は同市, 村御蔵穢多棟付, 村ともいふべき, 村恵林寺へ着いた, 村情隣を捨てず, 村愛宕山法輪院址の山腹, 村愛町愛市愛国心等が薄い, 村慈眼寺に同, 村慶長年暦御検地, 村懐かしくわれは, 村る町, 村戦争有之兵隊十人許, 村を鎖し, 村戸長の意見, 村ひに, 村の者, 村挙りて我, 村探偵ただ一人となりました, 村探偵一しょについて来た, 村探偵三根夫君です, 村探偵君なにか遺言, 村探偵局の須永助手, 村探偵現る, 村探梅の事, 村探訪をあきらめなけれ, 村摂津守と云う, 村摂津守指揮官勝麟太郎をはじめ, 村操山の少林寺, 村政所の前, 村数人という有名, 村数六〇のうち前回, 村数千軒の津, 村数四十九箇村家数二千二百六十二軒の内, 村文化住宅文化机文化竈文化タワシ文化丼文化饅頭文化煎餅文化まめとなっ, 村文化祭音楽と歌謡, 村という荒法師, 村斎藤伊衛門の蛇除, 村斎藤十右衛門方に移居, 村新井の薬師, 村新井伝吉その他に当局, 村新免無二斎, 村新婚宴はいよ, 村新渡はもう, 村新田の稲荷前, 村新豊寺の碑, 村既に在り, 村日高國幌泉郡油駒村同國靜内郡有良村マブタ山, 村旭升亭に催された, 村から高, 村星川宇四郎氏の実験談, 村是非にと云うた, 村晩食しに, 村暮しで寺, 村暴風雨の渡った, 村曇りでやっと一カット, 村曲金の素封家海野寿作, 村最も天産力に, 村最大の地主物持, 村最終の一軒家, 村會議員二三名總代二名私と警察官, 村會議員十人の中, 村月田の親戚, 村有地であった尾瀬ヶ原, 村有種馬が飼, 村有藝戸数十毎戸栽菊培養頗精有高丈許枝亦数尺者, 村有財産の造成, 村有近頃迄土俗稲荷大明神, 村木幡で桃山御陵, 村末村をへ, 村本来の三山信仰, 村本郷というところ, 村本郷村から阿弥陀ヶ嶽, 村杉本永山氏の宅, 村杉森大明神の御, 村村一さんということ, 村村上彼の辺, 村村山真雄氏が, 村村町町土地により, 村来蝮蛇に咬まれた, 村来訪明日大劇, 村はみ, 村東北に在る, 村東川へつき, 村松尾大明神鎮座の山, 村松平靱負様御領分, 村松本英一氏へ向け, 村板橋風祭入生田と次第に, 村林小六所蔵文書弾右衛門支配下の四十八座, 村架空氏も, 村柳めぐみて小桃, 村柿其与川その他の木曾谷, 村柿屋喜左衛門祖父物語一名朝日物語に云う, 村栃本といふ, 村また四ヶ上郷, 村校友達となぐり, 村根陣岡田総督手文礼出張被仰, 村桂尾山勝福寺といふ寺, 村桃太郎が病気, 村の馬場新大工町馬町勝山町八百屋町, 村桜井与惣治としてある, 村があり, 村梅園村などの梅, 村梅戸の姫廻伊織, 村梨本政次郎翁より更科源蔵氏採集, 村棟附の中, 村森上より, 村森上新田の矢口森栄君父子, 村森囲いで紅がら塗, 村森宮の原, 村森屋などの方, 村棲雲庵に住ん, 村植緑園に催された, 村椿の村, 村を守つて, 村極楽寺山に本陣, 村楽隊と一字総出, 村構えにする, 村構成にこれ, 村構築の費用, 村様村様と楽, 村樂塾の主人, 村樋口村その附近, 村標津西別間花咲郡半田牛釧路國釧路郡釧路同郡釧路白糠間, 村権現社は小森村, 村横付御改, 村横段の堤防, 村の手前, 村橋入口妙法院領三畝三歩の地, 村橋本の家, 村の外, 村橡尾又温泉に着する, 村次郎はじめ一座の者, 村次郎村次郎が直助, 村起るところ, 村正さんもきわどい, 村正にござります, 村正はだしというすごい, 村正刀の切れ味, 村正水も溜まらず斬つ, 村正銭を好む, 村此方の村, 村武井の作方奉公人, 村殊に結構すと, 村殘らずと, 村殿には御, 村殿内神など言つた書き方, 村氏あたりを煩わし, 村氣工氣匠氣乳氣の如く, 村水利の爲め池沼, 村の国, 村江戸川寄りの水沢地, 村江此間の海岸, 村池内村をすぎ, 村池袋丸山千六百五番地に徙, 村沖合に達し, 村河内屋敷の寮, 村を左右, 村治水上の関係斯, 村洞村同郡トンケシ, 村浄音寺で作られます, 村浅尾兼五郎の家, 村浅立の産, 村海岸で船, 村海岸埋立のこと以外, 村海岸埋立遊園地建設事業を同じ, 村海抜約三千百十米突, 村海浜の人家, 村海福寺所蔵の池田氏過去帖, 村海老ガ獺南浦原郡中の島村海老島中頸城郡八千浦村夷浜, 村海老島中頸城郡八千浦村夷浜, 村海老江などいう, 村涙池土俗伝えて, 村里の, 村深大寺桜井駒返し結構お茶, 村深山理学士白丘ダリアとを調べ, 村深川出村本所出村等の間, 村清水湧くところ, 村湯山の北御門氏, 村滞在中これらの町村, 村漆原亮太郎氏の門, 村漫遊の逃れた, 村濡垂拭兵衛と申します, 村火事を見る, 村灰燼に歸, 村烏一群の男女, 村烏有に歸, 村無宿深尾才次郎の募, 村無神のあり, 村無電技手と小使, 村焼失するに, 村父子は実際, 村父忠左衛門の時代, 村犬伏町等の有志, 村狂蔵の四名, 村狂言であったそう, 村狩猟区監督ウルリッヒの三女, 村独特の略記号, 村独自の文化, 村玉泉寺に船, 村珠偵は何, 村現在の実数, 村瓢簟山の東面部, 村瓦浜に在る, 村甚兵衛氏をわずらわし, 村の曾我岩蔵, 村生まれですよ, 村産所村とて国々, 村田圃を過, 村田家の長女, 村田翁に授, 村男先生の東道, 村町のかど, 村町城下の地点, 村町町土地により, 村町都市のいたる, 村界村犬伏町等の有志, 村疎開生活者のあれこれ, 村疫病で人, 村病院へ行, 村に乗った, 村白島山之助, 村白銀尋常小学校というの, 村白鳥坂に出る, 村百姓与作後家篠と申す, 村百姓共千人許手分入口入口を固め, 村百姓市兵衛の伜, 村百姓文吉の処, 村皆其麓也然黒沢独奉祀, 村をもって交渉, 村盛之もあり, 村盛時之を奉行, 村直入さんが自分, 村相手の争議, 村相田酒造店にツイ, 村相馬総代八幡の地方一帯, 村梅作歌, 村や清凉里, 村真日山林泉寺に馬頭観音, 村真言宗不動院に住, 村石場寅次郎の母, 村石川県六町村三重県十二町村となつ, 村石橋の杭打場, 村石狩國空知監獄署用地日高國捫別舊會所の裏等, 村砧村の二村, 村砲撃の音, 村破壊三年の記念会, 村破壊費用総計四十八万円と云, 村破壊追加予算案を県会最後, 村破滅の時, 村と書い, 村神宮を打破二手, 村神村をすぐ, 村神職大越伊豫小瀬村庄屋井樋政之亟那珂村長山伊介野口平諸澤健之介野口村長役關澤源兵衛夫, 村神野毛馬埋有, 村か山小屋, 村祭同様に村中, 村祭鵙取る人, 村禎子氏のピアノ, 村移転当時の話, 村善い村, 村税付加がじりじり, 村稲垣村西津軽郡の相内, 村稲葉氏へ縁談, 村穢多に被, 村窮まりてただ, 村立ち合いの上, 村立つ雲が, 村立沢部落迄専ら, 村立野の龍田神社, 村竜田村に火, 村竹居の疎開地, 村竹清氏の, 村竹田等は悉, 村笹川邸にて大, 村等々を横眼, 村等自治体の運営, 村粟根の人, 村紅いココア殻の, 村紋別郡雄武川筋同郡サルマ湖南岸, 村紹巴から使い, 村組下九条方というの, 村組頭の平兵衛, 村反別二百町の, 村總體を一つ, 村繁栄の余力, 村織物業栗本福太郎方にて起こった, 村群行や家, 村義英氏は京都医専出, 村羽入からき, 村羽津の光明寺, 村老屋の中, 村老若こぞって参集, 村老野娘も畑, 村をすら入れぬ, 村肥えて嬉々, 村肥後の五箇山中, 村育ちの女, 村脇屋に別所, 村脚下にあり, 村けに参加, 村自ら殿軍となり, 村自分にはまるで, 村自宅に於, 村自慢にしみとおっ, 村をおとづれる樣, 村舍詩一帙を贈らる, 村舎柴門茅屋茂園清流入其室則窓明軒爽, 村舎牀頭の小, 村舎管茶山の塾, 村舎詩後編である, 村舎集が始, 村舎離落の間, 村船枝の船枝神社, 村良行保安課長楢崎次郎八等がやって来, 村若くは町, 村若林時次郎の妾某, 村若衆の堂, 村茅原に茅原寺, 村草分の長者, 村荷坂瘠尾帯那道ヲ限リテ奥仙丈ト云, 村萩墨野花合わせをし, 村著菊屋重助宅へ落著, 村で送られた, 村蒲生津は日本海沿岸, 村蓮華寺の末広松, 村と云う, 村蔵寺深, 村蕎麦屋の場, 村蘇門は世, 村虎一頭あり村, 村蛭川真弓という二軒, 村行念資時眞照云々楚忽之儀人怪之, 村術士あり虎, 村街道を進む, 村西大道の法華宗妙泰寺, 村西山沢ヲ以テ分界ス, 村西松本の前川増吉君所蔵, 村西津軽郡の相内, 村西部に移つて大勢, 村見え己が快楽, 村見懸人, 村言葉の連中, 村記者がえらばれた, 村訪問に際して不意, 村設立趣意書に発表, 村が來, 村謙助に違い, 村警察の調べ, 村議連がやって来た, 村護国山の南麓, 村谷中の跡, 村買収事件の歴史ハ, 村買収問題は四十八万円, 村買收問題は四十八萬圓, 村買收費と云, 村費道路だん, 村赤坂村神村をすぐ, 村赤岩といふところ, 村越えて, 村足田七五三太夫所蔵文書には, 村距離はさっき, 村路吟行暖似, 村路数マイルを歩, 村の夜, 村軽部の民, 村輪次而舞或全, 村農会のこと, 村農会費の追徴, 村農会長様は会費, 村農会長消防組頭いや村会, 村農家の主人, 村農村通信員としてその, 村辺りでもあろう, 村近くのぶなの, 村近藤登之助陣屋, 村近道で其の, 村近郊をあかく, 村近郊小丘樹林を隈, 村近郷御領地村, 村追分の御仮屋, 村途中作時服部負約, 村逗留の第, 村道づたいに二十五里も馬車, 村道場はどの, 村道士川と越え, 村道岩の群, 村がさかん, 村遠き森が, 村遠く北に, 村部落山里などの縄張縄張, 村郵便局留置といつも, 村郵便局長三松氏の観測, 村郷士梁瀬金十郎殿より迎, 村都跡村伏見村あたりで長, 村酒勾川中流の川村向原, 村醫者であるが, 村醸新熟静宜亭席上, 村里どこを聞い, 村里松並木畷も家, 村里立地に銀世界, 村更に遠く, 村野州に在り, 村金剛寺の下, 村鉱山の麓石垣, 村が嶽, 村鐵太郎とその, 村亭軒の, 村長光寺という寺, 村長山伊介野口平諸澤健之介野口村長役關澤源兵衛夫, 村長湯村赤岩といふところ, 村長谷富三郎多々良村の亀井明次, 村門谷といふ, 村開闢以来の珍事, 村間田の窮民, 村閭相慶往来頻, 村關地の池, 村を過ぎり, 村に崩れた, 村陽山寺山門の仁王尊, 村隠亡堀であった, 村雀稻の穗ふみ, 村雀羽掻きも, 村へ舞, 村といふ憐れ, 村雪枝つて言ふんです, 村を払, 村霞栖大賀小次郎吉本董三白木半次郎大野仁平同徳太郎, 村青山村に出まし, 村青年会のため, 村青年會の規則, 村青木氏の報知, 村青路の家, 村音頭を作つ, 村は寛延元年八月, 村に入っ, 村顕国神社も此神, 村の処, 村飲用泉のところ, 村などのスグリ, 村香奠の礼, 村香港在留の英国商人リチャアドソン, 村の提供無用, 村馬村と称する, 村駐在所の国道, 村騷ぎ沖に立つ, 村や屋敷, 村高四百三石一斗五升とある, 村高山の対岸, 村高平の産, 村高札場或者村役人宅, 村鬼越山へ屯集山上, 村鰕島南旭村鰕島新田岩船郡金屋村海老江などいう, 村鰕島新田岩船郡金屋村海老江などいう, 村鰭ヶ崎へ出, 村のよう, 村鳥越が最も沢山, 村已に晨, 村鶏前川鯉各々先生, 村鶴野といふところ, 村鹿濱より千住掃部宿, 村麦畑の間, 村麻呂に田村将軍, 村黄ばんだ田明るい, 村黒崎に近い, 村黒沢の産, 村蛙堂の, 村龍徳寺で四五日間説教