青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「材木~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~札 札~ 朱~ ~机 机~ ~杉 杉~ 李~ ~材料 材料~
材木~
~村 村~ 村人~ ~杖 杖~ 杜~ 束~ 条~ ~条件 条件~

「材木~」 1309, 14ppm, 7893位

▼ 材木~ (296, 22.6%)

11 積んで

2 [24件] かついで, つんだトラック, つんで, 並べそれで, 仕入れに, 仰いだ時, 使って, 倒したの, 噛る, 得ようと, 持って, 挽いて, 損するばかり, 曳く壮健, 枕に, 水の, 流して, 漬けた堀, 積み上げその, 積むこと, 組んだ足場, 見ると, 運ぶには, 選ぶと

1 [237件] あの儘, いただいて, おし流して, おろして, お伐りなさる, かじって, かじるあの, かっさらい川岸, かついだから, かついだ人夫, かつがねば, きるにも, こづいた, この木曾川, ころがしては, ころがすこと, しこたま予約, しばれ, すっかり腐らせた, すっかり食われ, そのま, たてよこ, つかい念, つけた二輪馬車, つみあげその, つみつつ, つんだ牛車, どうして引き揚げる, どこか, ならべて, ぬかして, のせて, はこんで, はねのけて, ばらばらに, ひいて, ひく時, ぶたれないおまじない, やった, ドシドシ氷結した, ポンと, 一と, 一ぱい積んだ, 一本持っ, 一本持つ, 丈夫な, 三本ぐらい, 三本三脚式に, 三本組合せ, 下して, 下しに, 不体裁に, 不意に, 不體裁, 与えよ, 並べるばかり, 並べ筏, 乗っけて, 五里ばかり, 伐って, 伐つて, 伐り出すので, 伐り出す作業, 伐り出す小舎, 伐り出す尾州藩時代, 伐り大石, 伐り船筏, 伐出し尺角二尺, 伐採した, 伝い焼, 使いたいが, 使つた此の, 使つた納屋を, 使つた酒造家らしい, 使つて殺した, 使ふ, 供給し, 倒した, 借りること, 倹約し, 光らし聳え立つ高い, 凭せかけて, 出し給え, 出すトロッコ, 切り裂くぎー, 切り込んで, 切る斧, 削るよりも, 動かす手伝い, 取ったあと, 取り除けさせた, 取るの, 取扱いますから, 取拂, 取除けると, 叩きつけて, 叩く, 叩く音, 吊りあげて, 商って, 商売に, 問屋の, 噛じり始めた, 地に, 売って, 売りつけようッ, 売りつける方法, 夜目で, 大きく組み立, 大切に, 大工らしい, 奉つた, 小屋の, 山の, 山程, 岸の上に, 川の, 席に, 引いた車, 引き上げなければ, 引き割るあの, 引つぱつたんだ, 引上げる, 引張り出しました, 引当てに, 弱くする, 後ろに, 念入りに, 思わせるもの, 扱つた人だけに, 投たり, 折るやう, 抵当に, 押し込んで, 押込むような事が, 担ぎ出した, 持出して, 挽いたり, 挽き切つた天満北木幡町, 挽く鋸, 探して, 掻きわけて, 掻き寄せて, 搬出する, 曳いた, 曳き上げて, 業として, 槙んだ, 横ざまに, 横へ, 沢山伐り出し, 河中に, 添えある, 渓へ, 渓谷へ, 渡り始めた, 満載した, 溜めて, 無事に, 焼き捨てた村, 焼き捨てるもの, 照らした, 片づけて, 片づけるやう, 用いねば, 用ひ, 盗伐する, 眼で, 知り正しい, 積みて, 積み柵, 積むため, 積む船, 積んだの, 積んだ一台, 積んだ筏, 積んだ納屋, 積んだ船, 積んだ荷車, 積んでも, 積上げた周囲, 積上げた周圍, 積済まし, 競売する, 筋交え, 筏に, 節約する, 組みわたした暗い, 組み合わせたよう, 組み手斧, 組んで, 結んで, 繩の, 置き小屋掛け, 肩に, 背負わされた小僧, 草の, 荒らし人民, 荷馬車に, 落したん, 葉付の, 藩地から, 蝕ふが, 見るという, 見木, 豊富に, 負うて, 買いに, 買い入れて, 買うにつき, 買うの, 買って, 買つたらう, 買ふ, 買出しながら, 賞美する, 起して, 足下から, 転がして, 軽々と肩, 載せた橇, 轉が, 運ばせて, 運びましたので, 運び大工, 運ぶこと, 運ぶ道路, 運んで, 運搬させ, 運搬する, 重く視, 鉈の, 鋸で, 集めて, 離したよう, 高さ六尺, 鳶口で

▼ 材木~ (237, 18.1%)

21 上に 6 やうに, ように 5 間を 4 上へ, 上を, 下に, 間に 3 ような, 中に, 端に, 間から

2 [21件] かげから, ことは, 上から, 下なる, 下敷に, 中を, 前に, 商品価値が, 商品価値の, 山を, 方を, 目方とから, 積んで, 穴の, 筋が, 蔭から, 蔭に, 蔭へ, 運搬を, 雪上運搬の, 頭と

1 [129件] あたりを, かげに, かげへ, かげや, かたおもい, ぎっしり詰った, ごたくさ転, そそくれに, その本末, ただよいおれるを, ために, つんで, てっぺんなどには, ところへ, どの一つ, はしを, はなが, はなを, ハケ口は, フリを, 一処から, 一端へ, 一處から, 上には, 上にも, 上のちひさき, 下から, 下には, 下へ, 下を, 中から, 中へ, 仕入れに, 使用を, 倒れて, 処分に, 出所と, 切り出し作業や, 切り組から, 切れだ, 切れッ端に, 切れ端が, 切れ端し, 列ですつかり隠された, 割安な, 匂ひ, 匂を, 受渡方計算法を, 商品としての, 売ったり, 大切な, 太さ, 奥へ, 委細い, 委細しい, 小蔭に, 山々の, 山だった, 山で, 山と, 山など, 山に, 山の, 山も, 山杉丸太の, 崩れた音, 御用所だけ, 意味であり, 払底を, 新しく伐り倒された, 方の, 曳き上げ, 木の, 枕木の, 柱が, 柱や, 檜の, 流出を, 濃い灰色, 爆ぜる音, 片が, 王だ, 産出の, 積まれて, 積み重なった間, 積み重ねて, 空洞に, 立てかけて, 端っこまで, 端片ビールの, 筏は, 節では, 組み合せに, 組合せによ, 置場が, 置場である, 置場な, 置場に, 置場らしい, 胴を, 胸に, 舟の, 舟筏肥料桶の, 色も, 荷車を, 蔭より, 見張番, 話で, 話の, 話を, 買いつけに, 買い出しに, 送り出しに, 醜い堆積, 金が, 間には, 間や, 陰に, 陰を, 陸揚を, 隙間から, 隙間の, 隙間を, 障碍などを, 面が, 面より, 頭に, 香の, 骨を

▼ 材木~ (105, 8.0%)

5 積んで 2 ある, 並べて, 倒れて, 化けたん, 建重ね, 林の, 案外容易, 横に, 積めるの, 立掛けて

1 [80件] あつて, あるか, あるもの, いくつも, いるかという, おびただしく積まれ, くすぶり家, くるりと, この寝, ごちゃごちゃと, すべり落ちるかも, そのままむきだし, たくさんあります, たくさんいります, たくさん積ん, たくさん立て, たくさん立てならべ, つんで, どうした, どこで, ない, ないか, ないせい, ほうり出して, やがて彼等, ウンと, 一位を, 一杯要る, 一隅に, 三本皆んな四五尺のです, 不意に, 乾溜され, 五六本残っ, 余った, 停止し, 偶然かも, 共に倒れ, 処狭き, 出た時分, 加えられたところ, 勝手に, 化けて, 原の, 古い板塀, 存在し, 安くまた, 安値の, 家に, 崩れて, 年々二割がたも, 彼の, 揃いも, 枕木に, 段々減っ, 沢山来た, 流れたり, 流れついた, 浮いてるから, 浸して, 港に, 漂ひ, 用いて, 用ひられた, 皆動く, 着くん, 矢の, 石垣に, 積まれて, 積み木を, 積重なって, 荷鞍と共に, 處狹き, 詰め込まれて, 転がって, 転がり出しでも, 運び始められる頃, 重なって, 重み積ね, 首を, 高々と

▼ 材木~ (95, 7.3%)

3 の主人, の二階, の前 2 のおじさん, のご, の店, の材木, をし

1 [76件] から搾る, から様々, があっ, があった, があの, があり, がある, が下請け, が木元, だが, だと, だの鉱山師, でここ, でございます, で働き, で平次, で日頃世話, で江戸, で若松屋敬三郎, で銘木, といっ, として木場, などいふたち, になり, に売り渡す, に掛け合う, に賣らせた, に走った, に走つた, のあの, のある, のこと, のむすこ, のペトロン, の二男, の二男常吉, の五十男貝原, の倉庫, の先代, の処, の大きい, の奉公人, の娘, の小さい, の小僧, の店先, の座敷, の木柵, の次女, の泥棒, の番頭, の番頭さん, の若い, の若旦那, の藤三郎さん, の裏長屋, の貝原, の路地, の鍵屋, の隠居, の雇い人, の青々, はいろいろ, はさすが, は一軒, へ行, へ行っ, へ賣つ, もしくは鑵箱鱒箱製造, も石材問屋, らしくない破損, をやっ, を呼ん, を尋ね, を片, を致し

▼ 材木置場~ (71, 5.4%)

5 の方 2 から薄板, のすぐ, の中, の丸太, の隅

1 [56件] からも職人, から元, から堀割, から板切, から橋, から見えた, から鋸屑, から隅田川, から飯田橋, があった, があります, だの石置場, でその, で四五人, で女, で殺られた, で絶好, との間, になっ, には女, には焚火, には男達, にも木挽, に出, に積ん, に立っ, に血, に通う, に陣どっ, に駆け付けた, のあった, のところ, のまわり, の入口, の古, の塀, の混乱, の番人, の管理, の附近, はもう, へお前, へは人目, へ伴, へ廻りました, へ押し寄せ, へ行きました, へ通う, まで四半刻, も念入り, や町家, を一, を一巡, を通り, を釣場, を離れ

▼ 材木~ (47, 3.6%)

2 石に

1 [45件] から木, それを, ものの, トタンが, トタンなどで, バナナを, 丸太が, 乱脈の, 伊豆石や, 何かを, 南国的な, 古ブリキ, 古瓦, 地所を, 壁は, 家財道具までも, 小道具が, 屋根がわらなどが, 庭石の, 御蔭石を, 掘り出された石炭, 枯枝の, 根太石も, 水を, 灰の, 炭の, 煉瓦や, 煉瓦を, 甃や, 石ぢや, 石の, 石は, 石や, 石を, 石材などを, 硝子を, 穀類などの, 紙の, 薪として, 藁や, 農産物に, 野菜を, 針金並びに, 鉄材の, 銅塊などを

▼ 材木~ (42, 3.2%)

2 恰も手, 斜めに

1 [38件] あらかたツン流され, いくらでも出し, いつの間にか奇怪, おびただしい数, おろか無数の, すこぶる立派, すっかりきざみおえた, そうは, どこかへ, ほぞが, まだブスブス, もう船, アムグーン川の, 一体何, 上物だろう, 世を, 使用する, 又もや同じ, 唯単に三尺角, 唯單, 大統領の, 安いぞ, 少年の, 後でなかなか皆さん, 揃つた見, 材木の, 毎日山を, 氣に, 海岸から, 皆暗い, 着いても, 縦にも, 美事な, 花梨木も, 負け出したか, 運ばれて, 遠くから, 飛ぶやう

▼ 材木~ (35, 2.7%)

4 葉が 3 腰かけて 2 枝葉が, 腰を, 葉の

1 [22件] ある四角い, かんなくずが, しその, すれば, なりゃあ, なるには, ぶつけちまひ, 使われた言葉, 凝りかたまった, 圧しつぶされて, 大きく伊勢木, 巣喰っ, 從つて土竈が, 手附を, 打ち込んで, 拍子を, 燃え移って, 燃え移つて行, 腰かけ職人達, 腰掛ける, 血が, 骨も

▼ 材木~ (34, 2.6%)

2 材木を, 粘土と

1 [30件] いい鋸壁, むる鳶口が, セメントの, 一所にの, 其中三千町以上の, 削りぱなしの材木, 地面とを, 壁の, 売春婦と, 小麦の, 巨大な, 布で, 布切れで, 思ったの, 挽いた材木, 材木との, 材木の, 獣皮の, 石に, 石ばかりが, 石を, 砂を, 穀物千百石を, 米だ, 葺草とに, 言つた, 軽装の, 針金とで, 鉄屑と, 鉄管ばかり

▼ 材木~ (28, 2.1%)

5 の通り 4 の家, の宿屋 2 の河岸

1 [13件] かとおぼえし, といっ, の出はずれ, の南蒲園, の名主石田郷左衛門, の大, の煎餅屋渡世瓦屋伊助, の石田郷左衛門, の船, の裏, の陶器屋, へ差しかかる, を見

▼ 材木~ (21, 1.6%)

4 のご, の勝手口

1 [13件] からは見透かされない, があります, でおれ, で働かざる, なりで, に対するおれ, に徒弟, に見習い, の先妻, の店先, へ行っ, を出, を退い

▼ 材木~ (16, 1.2%)

1 [16件] つきこわしたり, つくったらしく思われる, 九尺に, 井楼を, 仕上げられた, 倉を, 出来て, 助つた, 塞いだん, 家作を, 幾本と, 挟まれて, 物干, 疊んだ, 腰っ骨でも, 造った箱

▼ 材木~ (16, 1.2%)

3 の家

1 [13件] が木そのもの, であったの, と云, の堀川, の如き, の某, の田所, の知人, はひどく, は強い, をし, をやつ, を営み

▼ 材木問屋~ (16, 1.2%)

2 といふこと

1 [14件] があつ, だと, でも一二, で当時江戸長者番付, で當時江戸長者番附, といふ商売柄, の息子, の番頭, の蔭, の通い番頭さん, はこの, ばかり並ん, へ帰った, 多ければ

▼ 材木~ (15, 1.1%)

2 材木の, 石も

1 [11件] ありましたが, うんとあり, ない, やはりどこ, ろくに運ばない, 乗って, 何も, 切り出す養蠶, 大工も, 矢張り何處かの, 石材も

▼ 材木~ (13, 1.0%)

1 [13件] ではないだろう, などの名, には時間, にも雪崩, のブナ林, の下り, の大, の急斜面, の材, はスキー, は森林帯, より上, を登っ

▼ 材木から~ (9, 0.7%)

1 まだ立ちのぼっ, 何から, 又ぱら, 又ぱらぱらと, 取った本絹, 校舎の, 熱の, 降りて, 顏を

▼ 材木~ (9, 0.7%)

2 の間 1 が家, に無償, のよう, の向う, も界隈, を一つ, を満たした

▼ 材木小屋~ (7, 0.5%)

2 に入 1 でも物置, にい, につれ込まれた, の下, の見張り

▼ 材木でも~ (6, 0.5%)

1 打碎い, 町へ, 見つけて, 見る様, 運び出すの, 運ぶよう

▼ 材木~ (6, 0.5%)

1 の大きな, の奥, の方, の薄暗い, へ遊び, を取捲いた

▼ 材木納屋~ (6, 0.5%)

2 の中, の前 1 から火, へ忍びこん

▼ 材木などが~ (5, 0.4%)

1 差支えて, 散らかって, 積まれて, 積んで, 置いて

▼ 材木~ (5, 0.4%)

1 チョウナを, 二人し, 墨を, 手を, 泳ぎ付い

▼ 材木~ (5, 0.4%)

2 も出張 1 の通行, を湯舟沢, を迎える

▼ 材木河岸~ (5, 0.4%)

2 の美倉屋 1 でお, にいるじ, へ置く

▼ 材木~ (4, 0.3%)

1 ぼろ土で, 何かの, 何ぞの, 猪でも

▼ 材木会社~ (4, 0.3%)

1 と契約, の外交部, を初める, を駈け廻り

▼ 材木しか~ (3, 0.2%)

2 運べなかったという 1 こなせない

▼ 材木その他~ (3, 0.2%)

2 の材料 1 の原料

▼ 材木だけ~ (3, 0.2%)

1 焼ない, 見ても, 買つてあげ

▼ 材木という~ (3, 0.2%)

1 ものは, 材木小屋でも, 点から

▼ 材木などを~ (3, 0.2%)

2 積み込んで 1 積んで

▼ 材木まで~ (3, 0.2%)

2 用意し 1 焼けッ

▼ 材木~ (3, 0.2%)

1 の端, や工賃, や建築費

▼ 材木工場~ (3, 0.2%)

1 でフロラ, の仕事, へ行かう

▼ 材木だけで~ (2, 0.2%)

1 出来て, 組み立ったガランドウ

▼ 材木だの~ (2, 0.2%)

1 建前だ, 石だの

▼ 材木との~ (2, 0.2%)

1 累々たる間を, 継ぎ目である

▼ 材木などの~ (2, 0.2%)

1 問屋が, 外に

▼ 材木にも~ (2, 0.2%)

1 乘る, 動かした樣子

▼ 材木みたい~ (2, 0.2%)

1 なもの, に固く

▼ 材木一本~ (2, 0.2%)

1 に一個二本, 伐り出す費用

▼ 材木倉庫~ (2, 0.2%)

1 から米松, のやう

▼ 材木商人~ (2, 0.2%)

1 が寄つて政府, であり父

▼ 材木問屋春木屋~ (2, 0.2%)

1 の主人治兵衞, の裏口

▼ 材木小舎~ (2, 0.2%)

1 があっ, に出

▼ 材木粘土~ (2, 0.2%)

2 はながされる

▼ 材木~ (2, 0.2%)

1 がもやつ, 及び筏

▼1* [101件]

材木あれは床柱, 材木いくらで買う, 材木この上なく, 材木さえ処々に, 材木だけはともかく僕, 材木であり縛ったなわもろ, 材木ででもあるらしい物影, 材木ではございません, 材木で無いと狂, 材木とか椎茸とか, 材木として立派な, 材木としては結構だ, 材木とで組上げた華麗荘重, 材木とは無論同列, 材木とへ一同ほど, 材木とも見られるでしょうそれ, 材木とらんとて勧進, 材木と共にまた汚水, 材木んだ, 材木など積んで, 材木などと同じよう, 材木などは木曾の, 材木なども多分に, 材木なんか元々ボク, 材木なんぞ扱いませんので, 材木には彫刻は, 材木のみ徒らに, 材木ばかりのように, 材木やは家内中で, 材木やら何やらを, 材木よりおりしが, 材木よりも邪魔で, 材木らしい木も, 材木トラックの運転手戸, 材木渡シテ屋根トシ, 材木一本手入れせぬ, 材木一本横わって, 材木にも新しい, 材木事業で失敗, 材木代金にまで手, 材木仲仕の二人, 材木仲仕某の言, 材木出しの, 材木俵繩などを自分, 材木充満す, 材木切れをそこ, 材木加工用の繊維, 材木勧進をした, 材木即ち明かに, 材木問屋勝山重助の一粒種, 材木売渡しの受取証文, 材木奉行作事奉行なぞは毎年街道, 材木小麦椰子の実, 材木屋その他寺の建築關係, 材木屋といつても銘木, 材木屋上方流れの安, 材木屋来たって, 材木屋風の髷, 材木山元との取引, 材木の奇, 材木巌帚川のほとり, 材木市場へ行っ, 材木店前の土橋, 材木店専属のトラック, 材木役所とも呼び, 材木方寺社奉行をはじめ, 材木曳きがしたいなら, 材木に対しては熱心, 材木業者以上に意識, 材木も倉庫, 材木流しといったよう, 材木町それを小, 材木町一〇です, 材木町俗に杉, 材木町寄りの往來, 材木町東福田町地先にてこの, 材木町河岸の家, 材木町生薬商人近江屋源八に一俵二十五文, 材木町総代より御, 材木町通りのなか, 材木盗人が横行, 材木石五色石船岩なんどと眺, 材木石炭スレエトなんぞを使う, 材木の蔭, 材木積みし花野かな, 材木積める空地のみ, 材木をながす, 材木細工の多く, 材木繋留の太い, 材木置場二三軒拾つて安全な場所, 材木船泥船などをひしひし, 材木から西, 材木を引かせ, 材木通用の跡, 材木通用帳御年貢皆済目録, 材木運びが何, 材木運びだしの日, 材木運び使ひ走り帳簿つけ, 材木運搬を命ぜられ, 材木を計算, 材木を口実