青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「易~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~明るく 明るく~ ~明日 明日~ 明智~ 明治~ ~明白 明白~ ~明瞭 明瞭~
易~
~易い 易い~ ~昔 昔~ ~星 星~ ~映る ~映画 映画~ ~春

「易~」 1474, 15ppm, 7352位

▼ 易~ (155, 10.5%)

2 山に, 文句は, 方で, 看板を, 眞似, 筮法である, 詩に, 説卦傳と

1 [139件] おもて, お稽古, お言葉, ことは, この記事, さし置かれ, となりに, ほうで, ほかに, まだ子供, むかしより, やうに, オモテに, 一句を, 一条と, 上下には, 上下兩經を, 中で, 事と, 亡くなった宣宗, 京房, 何とか云いました, 全體, 八卦の, 八卦は, 八卦ばかり, 八卦より, 八卦を, 六十四卦の, 内容にも, 刈り立て, 判断は, 十翼中の, 博覧会が, 占いし, 占いを, 卦から, 卦では, 卦に, 卦は, 卦を, 同人卦から, 名人が, 名家加藤左伝次, 告げは, 坤卦から, 場合は, 太陽の, 如く一定し, 如く古, 子である, 字の, 字は, 字を, 孟喜, 安さんは, 尊い所以, 山ゆ佐保の, 市立病院の, 帆船は, 心が, 心に, 心臟を, 思想に, 思想をも, 性慈仁の, 意義に, 成立ちに, 所には, 手を, 支那料理屋に, 數に, 文言の, 方が, 方へ, 施讎, 易象易數の, 書は, 書を, 書物, 未濟卦, 本から, 本といふ, 本は, 本を, 本來, 本来だ, 根本を, 梁丘賀, 毛髮と, 渙卦の, 爻辞の, 爻辭の, 理論は, 理論的説明が, 町つづきで, 町中の, 盛行や, 看板が, 眼力で, 研究を, 研究者を, 示すところ, 筮法については, 算木に, 算木を, 終りと, 經に, 經文を, 總論が, 繋辭に, 繋辭傳にては, 義あり, 義を, 蝉の, 行跡については, 詩を, 詩書だの, 話を, 語には, 説卦と, 講釈を, 變り, 象と, 貞凶の, 費直, 走りま, 道は, 適中を, 釈義を, 門内に, 門内へ, 限界威力を, 陰爻陽爻を, 陽爻横長の, 面に, 革卦から, 驚きやうと, 高相

▼ 易~ (123, 8.3%)

4 或る, 自分の 2 いつまでも, その少年, それには, 自分が

1 [107件] あたって, あたらなくっても, ありませぬ易, いきなりぱあ, いつか自分の, いつもの, いつも父, おづおづと, おもはず目, きっと中る, さう, さも可笑しく, さも困つた, すぐ顏, すれちが, そのそば, そのまま打, その娘, その小説, その男の子, その血色, そは, それに, そんな顏, ただ一度きり, ためら, だんだん興味, ぢいつ, つぶやいた, ときどきキニイネ, ともかく燒跡, ないか, なんだかそれ, ねえだろう, ひとりごちた, びつくりした, ふいに, ふと昨夜頬ずり, ぶらさがるやう, また自分自身, まださつき, まるで遁げ, もう娘, もう皆, やつとの, やはりその, わかりません易, オレンヂエエドを, ダメだ, 二十一に, 享和三年生で, 以前の, 伏羲神農黄帝堯舜の, 何だかそ, 何でも, 何ともかとも, 何とも云, 何ものにでも, 俄かに, 傳は, 六家に, 其處の, 再び實業家, 勿論それ, 十九に, 即ち周禮, 去年の, 又いつも, 向うの, 地下室に, 夢中に, 大學, 天地万物の, 如何に, 妙に, 小説を, 崖の, 嵬に, 巫昜の, 当るも, 彼女に, 彼等の, 後世の, 微笑した, 必ずしも各, 數人の, 數年前, 日に, 早速ルウベンス, 昔の, 母と, 生涯の, 田何の, 眠れなかつた, 眼鏡店で, 私は, 精神の, 自分だけ, 自分で, 自分に, 見て, 言ひつけられた, 詩の, 途方に, 運轉手の, 鄭玄の, 默つて自分の

▼ 易~ (102, 6.9%)

3 の死, の死因, は挾まれ 2 がその, が具足, が殺され, が神意審問会, なん, の咽喉, の失踪, の死体, を見た

1 [75件] がいつの間にか, がここ, がこの, がこれ, がしだいに, がすでに, がそもそも, がなぜ, がレモナーデ, が伝えた, が傴僂病患者, が共犯者, が姿, が室, が広間, が徹宵附, が拱廊, が発見, が目撃, が裏玄関, が見た, だなと, という話, とは思われぬ, と伸子さん, と同年輩, と続いた, と親しかっ, においても絶命後具足, になる, にはとうてい, にはなし得ない, には徐々, には甲冑, に命じ, に続く, のほか, の事件, の体, の凄惨, の口以外, の呼吸, の図, の姿勢, の屍様, の常, の所有品, の殺害, の発見, の目撃談, の言, の高熱, はあの, はその, はわずか, はダンネベルグ事件, は共犯者, は凄惨, は成年, は知っ, は自, は自分, は自殺, は鎧, は隣室, までの六人, もダンネベルグ夫人, や伸子さん, よりも難解, を共犯者, を加え, を当て, を模本, を殺した, を附

▼ 易~ (91, 6.2%)

3 なければ 2 て, てあった, てやった, よといいし, よと言った, 様と

1 [76件] あるいは豺狼, これを, ごとを, させよう, させようと, ざるは, つるかもと, ていわば, てくれた, てこの間大磯, てしまった, てすぐ, てなるべく, ては着古し, てもと, てもよろしゅう, てもらっ, てやっ, てやらなけれ, てやろう, てシェーン, て世間話, て今, て今度, て今朝宿, て余, て作家, て使つて, て兄, て先生, て先生大, て児供, て呉れ, て囲炉裏, て床, て彼女, て御, て文学者, て新道, て曾, て来る, て火鉢, て牒, て生活, て用いん, て画家, て私, て立っ, て自己, て説き出した, て赤シャツ, て足, て迷亭, て鉤, て頭, て額, て飲んだ, て高い, て髯, ながらそれ, ながら乾いた, ながら右, になすった, まする此, よと言いし, よと言われしなら, をし, んと, 候段不悪御, 品を, 帝都の, 机を, 油気少き, 牛を, 牝馬と, 立てであった

▼ 易~ (75, 5.1%)

13 立てて 2 たてて, 占て, 学ぶなどという, 学んだこと, 観て, 読み韋編三たび

1 [50件] おびやかして, かりて, こころみたところが, ごらんに, たいていみ, たてた, どうこう云う, まごまごさせた, みて, もって, よくする, カツフエに, トる, 一朝に, 仮りて, 仰ぎ視る因って, 信じて, 信ずる者, 切離して, 問うこと, 善くす, 喜み, 垂れよ, 女王様風情で, 学ばしめば, 学びはじめたの, 学ぶこと, 学ぶと, 学ぶには, 学ぶの, 学べば, 学んで, 引いて, 案じて, 測りこれ, 究め十五, 究明し, 立てい, 立てるやう, 立てるやら, 立てる稽古, 立て斯, 立て軈て, 纏めたもの, 見たもの, 読みながら, 読んで, 講じあるいは, 負うて, 遣つて

▼ 易~ (66, 4.5%)

3 を感じ, を覚えた 2 を与える

1 [58件] うな, からのこと, からの無, からわざと, から二階, から花柳界, がいる, がつい, が増し, だ, だが, だけが有難い, だけに満足, であつ, である, でお互い, でそんな, で出入り, で子供, で庭, で明るい, で暫く, で草鞋, とか其他, と一緒, と闘い, にこんな, に莞爾, に行く, に馴れ, の姐娘, の点, の響き, はなかなか, は何人, は怪し, は洋服屋, ばかりがすべて, もなかつた, より孫娘, よ硝子杯, をもっ, をも見る, をよろこぶ, を以つて, を偸, を思ひ, を感じさせた, を感じる, を求めた, を知らなかった, を見, を見せ, を覚え, を追求, を頂く, 又曙覧, 暗く煤けた

▼ 易かつ~ (37, 2.5%)

186 たの 4 たけれども 3 たから 2 たのに 1 たし彼, たよ, た桐生悠々君, た頃

▼ 易~ (36, 2.4%)

2 して, 關する

1 [32件] お問いなされ, つくの, つねに病み, でたか, なるには, ぶっつかって, よると, 上り込んだ, 亘っては, 動いて, 勧めて, 堕しては, 就いて, 感じて, 擬して, 於て, 於ては, 早く來, 曰, 最も屡々用, 朱を, 求めて, 王弼尚書に, 現れたよう, 腰を, 言つた, 訊いたと, 話しかけるそれ, 通ず, 過ぎたる罪, 関して, 願おう

▼ 易~ (35, 2.4%)

4 ざるは 2 た, なければ

1 [27件] うべからざる, うべき物, ごとを, さしては, させる事, たと云, たの, たまひき, たるやう, た宝鼎, つ, つるかも, なかつた, まいと, まくほし, まつらむ, やうの, ようと, られた, られた山づと, 乗込んで, 大臣災に, 常は, 更に熱き, 申して, 着くと, 而かも用ひ来つ

▼ 易~ (32, 2.2%)

2 に非常, の弱点

1 [28件] か大本教, が相当, して, する必要, であった, です, ではない, で間に合う, には不案内, に何, に凝った, に重き, の前座的, の合理主義者, の合理性, の方, の自慢話, はその, はよく, は万事かく, は下世話, は性格判断, もちょっと, や邪教的, をする, を立てる, を行う, 総本家

▼ 易から~ (30, 2.0%)

5 しむ 4 ざるの 2 ざるを, むや

1 [17件] ざる業なれ, しむることとする, しむること左, しむるの, しむる為, しむる者, しめ, しめしたがって, しめたやう, しめまた, しめむ, しめむがためにわたくしが, しめるには, しめる便宜, しめん, むとおもへどそれの, 切離して

▼ 易へて~ (24, 1.6%)

2 而し

1 [22件] その楽, その鉤, もう一度自由, やらうと, やる例, 仕舞つた, 其頃私は, 内の, 居ります, 成るべく陽氣, 望みに, 火鉢の, 獻ぐる物前に, 用ゐ, 甲は, 纔かに, 行つたに, 行つたのである, 見たら分り, 説き出した, 里の, 食に

▼ 易~ (23, 1.6%)

1 [23件] あたって, あるだけ, あわてて, ここに, すつかり, そんな風, 出たので, 出て, 單に, 夢に, 孔子以前に, 氣づか, 求められる一面, 済んだとき, 濟んだ, 經書として, 經書に, 自分の, 見破る必要, 貧堅志士節, 踵いで, 軍旅の, 雅懐も

▼ 易~ (23, 1.6%)

1 [23件] から易断, とを見くらべ, と取組ん, と申しまする, には牛, にもいう, に徳, のお, のお話, の一辞句, の一部, の中, の五行説, の暗示, の暗誦, の端, の語, は老子, をひき, を二三枚, を唸り, を尊敬, を講ずれ

▼ 易~ (22, 1.5%)

2 などの力, にて吉凶, により, のごとき, のごとく, の力, の用, は陰陽二元, を挙げ 1 だが, と九星, にせよ, を終っ

▼ 易~ (20, 1.4%)

4 の詩 2 に根深, に根深流, をわたる 1 である, という文字, に臨まん, の壮士, の故事, の風色, 寒し, 寒しです, 寒しと, 寒し壮士一たび

▼ 易える~ (18, 1.2%)

2 拍子に, 音が

1 [14件] ことに, ことを, とぞこれ, とは平生, と長い, のは, のも, は社会, ばかりに烈しく, もので, 度に, 者が, 訳に, 頃に

▼ 易~ (17, 1.2%)

15 同契 1 同契分章通義, 同契釈

▼ 易~ (16, 1.1%)

2 の広告

1 [14件] とかを信じなかった, なぞをやる, なら勘弁, により, に見, の中, の名人, の名人ゆえ, の屋台, の算木, へ這入っ, をし, をやり出し, を善く

▼ 易~ (13, 0.9%)

1 [13件] ないひ, な人てい, な印象, な語韻, にそこ, に呼, に四方八方, に島台, に御, に感ぜられた, に此, に物, に見え

▼ 易~ (12, 0.8%)

2 して 1 した, したが, したので, した杉浦天台道士, した洋画界, するに, せられたの, の処, の日, は希望

▼ 易ふる~ (11, 0.7%)

2 者を 1 に當, の已む, ものは, より赧, をうる, をえたれ, 傍ら或は, 者なり, 者も

▼ 易~ (11, 0.7%)

2 ず, ず徳 1 ざる他, ずに, ず独夜枕上これ, ず芝, ないと, ぬ挨拶, る

▼ 易娘子~ (11, 0.7%)

3 を同 1 が同, とを別人, とを加え, と第, と軽, を二人, を嫡妻, 第三依羅娘子

▼ 易~ (11, 0.7%)

1 [11件] なら私, にかえり着い, に残し, に陣取った, の便り, の者, の西水寨, の軍人, の軍旅, の馬, まで来る

▼ 易~ (11, 0.7%)

2 の子, の調理, は己 1 が彼, の時代, は吾が, は形, 之ヲ烹ルト雖モ無味也

▼ 易~ (10, 0.7%)

1 いおう, いっても, 亦とは, 入れ代つて机, 同じよう, 天主教の, 春秋が, 申す書, 相距, 道教とが

▼ 易という~ (10, 0.7%)

3 ものは 1 のは, やつで, ような, 人が, 個人の, 婦人は, 文字は

▼ 易~ (10, 0.7%)

1 が時には, ことが, だけであつ, という法則, と価値, なといっ, ものでない, を悟り, 故に曰く虎豹, 途端道傍の

▼ 易えた~ (9, 0.6%)

2 ような 1 からね, ためでは, と申しました, 了簡と, 仏見笑が, 宝鼎が, 書物を

▼ 易~ (9, 0.6%)

1 て出世, て政順, て海, て空, なき現象, などを教, 之を, 取次も, 易って

▼ 易~ (9, 0.6%)

2 助は 1 助でした, 助といふ, 助に, 助を, 助君, 助君の, 序也所樂而玩者爻之辭也と

▼ 易立て~ (9, 0.6%)

1 から襤褸, です, でも行かなかった, にそんな, に入, に小間使, に注文, や, をも敢

▼ 易~ (9, 0.6%)

2 の頂上 1 を好み, 付近に, 山川不老, 沢の, 渡, 渡から, 渡へ

▼ 易~ (8, 0.5%)

2 なん 1 から浸, にお, に全く, に無遠慮, に話し, に話し合う

▼ 易へる~ (7, 0.5%)

1 に従う, のだ, もので, 事に, 事にな, 者として, 頃に

▼ 易~ (7, 0.5%)

2 に精進 1 が創始, でもひとつ勉強, といへ, と真赤, は不幸

▼ 易する~ (6, 0.4%)

1 がごとし, ことが, ときは, のだ, のも, ものだ

▼ 易そう~ (5, 0.3%)

1 でそれ, な人, な態度, な青年, にそんな

▼ 易には~ (5, 0.3%)

1 その頃, それよりか, ひどく突然, 何となく氣, 鬼を

▼ 易~ (5, 0.3%)

1 あらず悠々, たまには, 一層何, 嵬の, 春秋も

▼ 易~ (5, 0.3%)

1 人相学や, 手相の, 手相人相などの, 陰陽の, 雲が

▼ 易やす~ (5, 0.3%)

1 と彼, と空, と覚った, と詠み出した, と踏みのぼった

▼ 易京楼~ (5, 0.3%)

1 と名づける, の城門, の守り, の規模, を落す

▼ 易介さん~ (5, 0.3%)

1 がこの, が殺された, と声, の妙, はとんだ

▼ 易断所~ (5, 0.3%)

2 へまいりました 1 などで二, は写真, は太平洋戦争

▼ 易~ (5, 0.3%)

1 が腹, に通じ, の核心, の説, はそれ

▼ 易行門~ (5, 0.3%)

1 とに二分, と普通, のみである, の諸新, は信仰的

▼ 易~ (5, 0.3%)

1 によらね, による, の判断, をみなひと息, を見る

▼ 易うる~ (4, 0.3%)

1 こと能わざる, に日本流, に活動, に至らしめた

▼ 易~ (4, 0.3%)

2 つたのは 1 りき, ッただろう

▼ 易かるべき~ (4, 0.3%)

1 に可, ものであり, 由あり, 繁華な

▼ 易~ (4, 0.3%)

1 であおぎ, をくっ, を五六冊, を繰っ

▼ 易~ (4, 0.3%)

1 には及ばない, によるにせよ, の道, をもっ

▼ 易だの~ (3, 0.2%)

2 朱子だ 1 卜などという

▼ 易って~ (3, 0.2%)

1 ゆく地上, ゆく生き物, 行くの

▼ 易とは~ (3, 0.2%)

1 これ八卦屋の, なにか, 過去の

▼ 易~ (3, 0.2%)

1 態度で, 気持ちは, 浪人の

▼ 易など~ (3, 0.2%)

1 十二騎の, 支那の, 見て

▼ 易~ (3, 0.2%)

1 でいつ, などがある, までには行つて

▼ 易~ (3, 0.2%)

1 によってすぐ, を物, を証拠立てる

▼ 易~ (3, 0.2%)

1 が多く用, といふもの, の考へ

▼ 易風社~ (3, 0.2%)

1 から寫眞師, の主人, はその

▼ 易えられぬ~ (2, 0.1%)

1 といっ, 愛子なれ

▼ 易かりし~ (2, 0.1%)

1 が故に, 吾が心

▼ 易かるべく~ (2, 0.1%)

1 候云々, 候以上

▼ 易かるべし~ (2, 0.1%)

1 とも思いぬ, と此やう

▼ 易っぽい~ (2, 0.1%)

1 かも知れない, 容子と

▼ 易つて~ (2, 0.1%)

1 来ると, 止まざるが

▼ 易~ (2, 0.1%)

1 ちょッと, 神道を

▼ 易では~ (2, 0.1%)

1 吉凶悔吝, 既に洪範

▼ 易といふ~ (2, 0.1%)

1 ものを, 観念を

▼ 易については~ (2, 0.1%)

1 古易, 知らなかったこと

▼ 易によって~ (2, 0.1%)

1 また大利, 判断などは

▼ 易ふと~ (2, 0.1%)

1 も徒, も必ず

▼ 易ふべき~ (2, 0.1%)

1 ものは, 物は

▼ 易へながら~ (2, 0.1%)

1 それを, 右の

▼ 易ゆる~ (2, 0.1%)

1 なりと, にあらず

▼ 易~ (2, 0.1%)

1 とある, と述べ

▼ 易介みたい~ (2, 0.1%)

1 な侏儒, な化物

▼ 易介事件~ (2, 0.1%)

1 の一部, の際

▼ 易介自身~ (2, 0.1%)

1 ではどう, の力

▼ 易~ (2, 0.1%)

1 にも古文, の中

▼ 易判断~ (2, 0.1%)

1 のうす, をした

▼ 易十五世~ (2, 0.1%)

1 の勅諚, の嬖幸マダーム・ポンパドール

▼ 易大王~ (2, 0.1%)

1 が覇業, はなほ

▼ 易~ (2, 0.1%)

1 に, を以てした

▼ 易~ (2, 0.1%)

2 十四世の

▼ 易筋経~ (2, 0.1%)

1 なるもの, の中

▼ 易筮そのもの~ (2, 0.1%)

2 につき

▼ 易~ (2, 0.1%)

1 伏犧之易伊川易傳又, 文王之

▼ 易~ (2, 0.1%)

1 から見, がかれ

▼1* [186件]

いけんばいの, 易いや霊易と, 易えがたき遺物と, 易えさしては, 易えずに書斎, 易えたい唯漠然たる, 易えたら善かった, 易えて馳せて, 易えないのだ, 易えましたね, 易えようと思っ, 易えられていずれ, 易えられず焼て, 易えられたガーゼは, 易えられないと思っ, 易えれば皆, 易かる航行は, 易さうに考へられた医学, 易さしいもので, 易させてしまう, 易さ二たまわりの, 易さ其処まで行け, 易さ午ちかくまで, 易と愛惜, 易そうに, 易すかったから, 易すからず年, 易すべからざる, 易せざるものを, 易せんや, 易その人で, 易たちのまだ, 易たるや見料, 易だてを彼, 易ったのを, 易て行く, 易つたといふの, 易つた様に自在, 易つて了ふ, 易つて了うたがでも, 易つて楓山文庫は内閣文庫, 易え処, 易でありましょうか, 易であるが頼易, 易でも立てて, 易とか詩人たちの, 易として天上に, 易との分る, 易とを特に指摘, 易などが老嫗, 易などに凝り初めて, 易などよりは信じられる, 易ならず更に改訂, 易ならぬことであり, 易なる者善く, 易なんぞというものは, 易についての書物一冊が, 易につき劇を, 易にとつては, 易にも狐は, 易のみに限られて, 易はずつと年上の, 易はることなし, 易に, 易ふべからず爾来十余年日本文学史, 易ふれば敵, 易へたといつた様に聞えた, 易まって良心, 易ともつかぬ, 易とも妨げ, 易より難に, 易よりも手相を, 易らざる者は以, 易らしいから, 易り革まつたが中頃信州龍虎山, 易るべきのみと泰然, 易るべしといえる, 易わが荷は, 易わらず長く住みたい, 易わりて神, 易じて, 易イカラ通リガカリニ寄ッタラアナタハ大変ダ上レトイウ故上, 易イニ出シテ取出立テ秀世又ハ細川主税正義, 易イヨウニ毛筆デ大, 易イ者ヘ高利ヲカシタガヨカッタ, 易カッタガイロイロウチヲカブッタ時ニ世話ヲ, 易カラシメンガ爲懸圖及塗板ヲ用ヒ, 易キハ豫メ深ク戒ムベシ, 易キ乳歯時代ニ於テヨク留意シ口腔歯牙ノ清掃, 易キ舟ヲ有, 易又能ク鼠, 易クナッタラ兵庫ガイウニハ勝様ハ世間ヲ広, 易故ニ飛蓬子ト号ス, 易シトスル所ナリ之ヲ自, 易シトスル所ニ非ザルナリ既ニ, 易疇昔, 易一家言曰く読書五十年この五部, 易一寸も引け, 易乾鑿度に本, 易人相手相などを研究, 易介以下のリリパット人, 易介以外にも, 易介伸子以外の四人, 易伊川易傳又自, 易の中, 易作敢諫鼓の賦, 易俗移風の効, 易又自, 易其実は爻象, 易涼, 易せむ, 易切ってのギャング, 易判断金亀堂という金文字, 易十五世及十六世の治世, 易十五世式の装, 易十五世時代の花籠, 易十六世におけるが如き, 易十六世朝の財政, 易占五行干支天源淘宮八門遁甲九星方位人相骨相家相墨色御鬮, 易印度のバラモン教, 易及び陰陽思想の, 易受合いをした, 易の事, 易の邸内, 易であった, 易増煙花猶記昔遊曾, 易大過なかるべし, 易娘子等を同, 易は象形, 易の一理, 易安閑たる景色, 易という, 易尚書毛詩春秋左傳春秋三傳周禮儀禮禮記論語孟子理學の十一門, 易尚書詩三禮三傳論語それから諸子, 易尚書論語に於, 易の中, 易巫比巫祠巫參巫環字皆作巫と言, 易年代考を發, 易徳氏だという, 易を以て之, 易散人易老君亦須及, 易を学びた, 易の理, 易文王之易, 易や観相料, 易断トランプに優る, 易断売が来た, 易於夫子其後五傳而至田何施孟梁邱皆田何之弟子也, 易春秋礼記で五等, 易に入る, 易朝ふうの彫刻, 易朝末期の格檣襞服, 易朝風の桃花木作り, 易水剣を按ずる, 易無価宝, 易活断績善堂加藤左伝次と記され, 易王朝好みロダン, 易王朝好みのお, 易王朝式というの, 易疇著嘉慶八年自刊本, 易知録史記五経唐宋八家本などと書いた, 易童子問の著, 易筮術天源術交神術中座術占夢術そうして五遁隠形術, 易簀前後に水西荘, 易簀当時多くの新聞, 易簀当時暹羅公使をし, 易簡而天下之理得, 易を取っ, 易経十三冊は天下稀有, 易経集註十三冊に伊藤東涯先生, 易や易緯, 易老君亦須及, 易老子の如し慈恩, 易自身は彼, 易著於藝文者皆悉本於田何以上口耳之學也, 易行宗に似た, 易行往生と申し, 易註以後のもの, 易詩書春秋礼楽孝経の緯書, 易を知らなけれ, 易の文, 易象易數の理, 易可即帰, 易陰陽五行十二宮二十八宿等の思想智識, 易陰陽方術医学呪禁等が唐, 易風社店を閉ぢ