青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「明瞭~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

明るい~ ~明るく 明るく~ ~明日 明日~ 明智~ 明治~ ~明白 明白~ ~明瞭
明瞭~
易~ ~易い 易い~ ~昔 昔~ ~星 星~ ~映る ~映画 映画~

「明瞭~」 1982, 21ppm, 5589位

▼ 明瞭~ (1029, 51.9%)

27 なって 25 なった 22 して 12 なつた 11 なる 10 なつて 6 なったの, なりました, 現われて, 示されて, 記憶し 5 した, なるの, わかって, 意識され, 意識し, 理解する, 語って 4 すること, なるであろう, なると, 知って, 確実に, 示して, 答えた, 自覚し, 説明し

3 [17件] されて, しようと, するため, なりさえ, わかる, 出て, 分るの, 書いて, 現れて, 理解し, 知ること, 自覚され, 見える, 覚えて, 言ひ, 語つてゐる, 述べて

2 [63件] あらわれて, うつって, されなければ, しなかった, しなければ, する, するの, するもの, そのこと, それは, なったから, なったこと, なったので, なったもの, なったらしい, なったわけ, なった訳, なりその, なりましたが, なるだろう, なると共に, なるまで, なれば, 分って, 分りました, 判って, 判るの, 彼の, 心に, 意識されない, 感じて, 感じられる, 描いて, 描かれて, 教えて, 次の, 残って, 流暢に, 現はれ, 發展し, 益の, 瞑想と, 知る事, 知る者, 知れる, 示すであろう, 答えて, 結論する, 聞えて, 自分の, 自覚させる, 見えて, 見て, 見ること, 解ける, 解明し, 言ふ, 記して, 話したくないん, 認められた, 認識すべき, 認識する, 道破る

1 [644件 抜粋] あそばしたくないお, あやしく鋭い夜鳥, あらはれて, あらわれたこの, ある人, いう事, いった, いって, うけとられて, うつらないが, おれの, かえったよう, かかなけれれば, かくまでに, かつ大, かつ実際, ききとること, きき取れたが, くっつけられるわけ, ことわるだろう, この思想, この理論構成, こんな莫迦気, させた, させて, さながら冥府, され, されたであろうと, されたとき, された表現, されない, されました, される必要, しそして, しそれ, したいと, したいもの, したまえ, したもの, したわけ, した批評, した村松正俊, してを, しながら, しました, しましょうね, し出来るだけ, し得るだろう, すぐ答えた, するいとなみに, するであらう, するに, するには, する一条, すれば, せず同時に, せんと, そういっ, その中, その事實, その声, その意志, その日, その演奏, その観点, その運行, それが, ぞくぞくと, つかいわけること, つかまれて, つかまれること, つかむ事, つけられると, つづく鈍い, つぶやいた, でき上がって, なったが, なったと, なった事, なった後, なった暁, なっては, ならず判然, なりいずれ, なりいろいろ, なりすぎて, なりましたね, なりまして, なりますから, なります次代, なり伸子, なり切った途端, なり家族, なり平時, なるかも, なるが, なるだろうと, なるであらう, なるであらうと, なるにつれ, なるにつれて, なるはず, なるやう, なるわけ, なるん, なる唐代, なる時節, なる筈, なる船, なろう, のべた, はっきりと, はなした, ますます確実, また容易, まるですべて, みんなに, わかった, わかったよう, わかつて, わかること, わかると, わかるまい, わかる気, わかる筈, インテンスの, カサノリは, チブスとも, ナイと, ブルジョアに, 一家の, 一層鋭く, 一筋の, 一線を, 与えられ得ること, 且つ極めて正当, 且つ現実的, 且つ詳細, 之を, 了解される, 了解し, 了解する, 了解せらる, 予示され, 事務的に, 云うと, 云える, 云おう, 云つてあつ, 云われた, 人々に, 今まで, 今日国際間の, 仏陀である, 他の, 仰ぎ得, 会得する, 伝える, 余分の, 例証され, 例証する, 保たれて, 俳句精神が, 偽りなく, 公衆の, 其人が, 典型的な, 典型的に, 写って, 処理される, 出されて, 出して, 出る, 分ってるつもり, 分つた, 分つて, 分らないので, 分らない見える筈, 分らなかった, 分るだけ, 分るもの, 分るよう, 分明した, 切り出して, 切り離し得るの, 判じ難き, 判断しつくし得, 判明する, 刻まれて, 刻み付けられて, 勘次の, 勝ち始めてからは, 区ぎっている法隆寺の, 区別され, 区別されなけれ, 区別し, 区別す, 区別できる, 区劃され, 區別する, 印して, 印刷され, 印刻され, 印象に, 原因を, 反対の, 反映し, 叛旗を, 古來, 台風の, 右の, 告げた, 呼びかけられて, 呼吸し, 噸序が, 国号の, 墨の, 多々羅三平, 大正初期に, 大聲, 女の, 実際に, 実際的, 察する事, 対立し, 左右される, 強く英語, 当局の, 彼女の, 後退と, 御意の, 徹底的に, 応とか, 思い出され悉く, 思い出して, 思い出す, 思ひ出させるので, 思ひ出すこと, 思ひ浮べたこと, 思想上の, 性格づけられ, 性質を, 恢復なさらなけれ, 悟ったと, 悟ること, 想像され得る, 想像せられる, 意識した, 意識しない, 意識する, 意識せぬ, 意識において, 感じた, 感じたの, 感じなければ, 感じは, 感じます自分, 感じられ思念, 感じるという, 感知される, 我々の, 我が心頭, 我等の, 批評しえない, 批評家や, 把握されず, 把握し, 把握しなほす, 把握する, 押し出して, 指摘される, 指摘し, 指摘した, 指示し得ない, 捺された犯人, 探しだして, 探偵小説の, 推断される, 描いては, 描かれその, 描きだすこの, 描き出されるよう, 描き出した, 描き出すこと, 描くこと, 摘載し, 撮ること, 整理しなけれ, 断って, 断末魔の, 日本の, 明瞭に, 映って, 映るの, 暗示し, 書いたもの, 書かれた方, 書き分けて, 最も純, 望見し得なかった, 朝子の, 来意の, 東京中央と, 楽しむこと, 横わっ, 正反対な, 正当に, 正確に, 殲滅戦略の, 毎年流行の, 民衆の, 浄瑠璃外題, 浄瑠璃外題梅柳中宵月勤めまする, 浮かんで, 浮き上って, 浮き出しそれら, 浮き立たさせるバック, 浮びあ, 浮び上ると, 浮び出させる太陽, 浮ぶ, 浮ぶの, 然も, 照された, 照り返して, 片附くで, 独断的な, 現は, 現わし, 現われても, 現われはじめた, 現われ出た, 理解され, 理解されよう, 理解され得る, 理解しなけれ, 理解せられない, 申したてる, 申しますれば, 申上げたい, 男の, 男性的な, 病死と, 発表しましょう, 発音する, 発音の, 目に, 直観した, 直觀, 知った, 知ったわけ, 知らねば, 知られた, 確証され得る, 示されたの, 示されること, 示され感じられるという, 示した, 示した記録, 示すこと, 私たちの, 私に, 私は, 穩や, 窮極的に, 窺は, 立証された, 筆の, 筆端に, 答えたが, 答えられて, 答えられる, 答えられるの, 答えること, 答え難い, 答へ, 答へて, 答へる, 精神の, 納得されるであろう, 紛々と, 美津子が, 考え正しく, 耳朶に, 聞えつづいて, 聞える程, 聞かれその, 聞きとられた, 聞き分けられるであろう, 聞き取れは, 聞き取れるという, 聞くこと, 聴き分けるだろうと, 脱党を, 脳中に, 自分で, 自分に, 自分を, 自覚されなけれ, 自覚する, 自覚出来ない, 自身批判され得ます, 芸術的であった, 芽の, 行為の, 表わすであろう, 表現され, 表現された, 裏づけられた, 要らぬこと, 見えた, 見えたの, 見えないから, 見えるだけ, 見えるの, 見ながらも, 見られそして, 見られた, 見られたそう, 見られるところ, 見られるならば, 見られるばかり, 見るよう, 見る事, 見わけられ斜面, 見分けられる狭, 見渡す事, 規定する, 視て, 覺えて, 觀察出來る, 解し得ること, 解らなかった, 解決し得る, 言いえないはず, 言いましたから, 言ひきる, 言へば, 記入され, 記憶され, 記憶せざれ, 記憶せず, 記載された, 記述した, 記述せざれ, 証拠だ, 証拠立てた事実, 証拠立てる事, 証明され, 証明されました, 話して, 話すと, 認めえた筈, 認めた, 認められし事, 認められて, 認められるであろう, 認める事, 認識され得るであろう, 認識した, 認識は, 語られて, 語りたい意, 誤って, 説いて, 説かれたお, 説明しうる, 説明した, 読み取れます, 読み得られること, 読めて, 謂うもの, 識別され, 識別される, 讀まれた, 讀者に, 讀者の, 資本主義社会と, 輝やい, 辛辣に, 辨知し得る, 返り当地, 返事を, 返答の, 述べたもの, 過去と, 適用され得ない, 遺憾なく, 関連せしめ, 限つてゐる, 難解な, 露呈され, 響いて, 順序が, 頭に, 頭を, 顕れる現象, 顕われ, 飛込んで, 鳴き出す

▼ 明瞭~ (365, 18.4%)

6 ものは 4 ことで, 事実である, 意識に 3 ことな, のである, 一つの, 形を

2 [29件] ことが, ことは, ことを, のだ, のは, もので, ものでなく, ものに, んだ, 一事に, 事柄であり, 口調で, 声で, 姿を, 形で, 意見を, 日本語で, 知識を, 考えを, 考も, 表出を, 観念を, 言葉で, 言葉を, 計画を, 証拠を, 調子で, 返答を, 返辞を

1 [277件] あらわれかたを, いいおやじ, お答えが, お経, ことか, ことじ, ことだ, ことだった, ことである, ことでございます, ことと, ことも, この共通, この景色, ご返事, しるしです, だけ一層, ときと, のが, のでそれだけ, のでよく, ので検事, ので私, ので警察, のに, もっと熱情的, もの, ものが, ものである, ものでした, ものも, ややともすると烈しい, ように, わけだ, わけであります, わけである, わけな, んです, アリバイが, ウソを, ヒントが, プラスの, リンカクを, 一事だけを, 一定の, 一本の, 一線が, 不安は, 世界に, 主体が, 事の, 事を, 事件です, 事件な, 事実さえも, 事実すら, 事実と, 事実の, 事実は, 事実を, 事態に, 事柄である, 交通事故であった, 人を, 人物ほど, 他人を, 例という, 侮蔑を, 偶発的な, 像は, 像までが, 兆候と, 共通の, 処が, 分別も, 分析的の, 分類という, 判断さへ, 判断を, 勢至像の, 区分で, 区別が, 区別は, 印象が, 原則を, 原因の, 反応が, 収拾策だ, 収穫が, 句であります, 名だ, 名は, 否認を, 味方も, 問題である, 地殻の, 基準の, 場合でさえ, 場合は, 場合を, 境界を, 境界線を, 声や, 夏径が, 夢の, 失敗を, 女が, 奴が, 妨げは, 姿の, 字を, 字紋様の, 完全な, 定義附け, 実例が, 実例だ, 実際的, 宣告であろう, 富士額で, 小さな愛らしい, 小枝, 層理の, 市街である, 幻が, 式で, 強力な, 形に, 形式を, 形態ある, 往生じゃ, 思想と, 恐怖な, 恐怖なんぢや, 悪を, 悪意が, 意力の, 意志とを, 意志に, 意欲と, 意識の, 意識を, 感じの, 感情では, 感覚が, 感覚です, 成果が, 或物, 所置も, 手懸りが, 手紙の, 手紙を, 手跡で, 把握において, 折に, 指導性を, 指針を, 採集記憶を, 推理で, 文句を, 方法である, 方法は, 方法よりも, 方言で, 日常生活である, 時を, 晴れやかな, 最も有効, 有益な, 本の, 松本の, 概念を, 標準が, 欠点と, 欲望が, 歴史的判断に, 点が, 然諾の, 特徴であり, 狭い一定, 現れとして, 現実の, 現象に, 理由が, 理由である, 理由なし, 理解が, 生態別を, 生活な, 田中君の, 画面を, 発音で, 目的によって, 真実が, 真実は, 矛盾と, 矛盾は, 知覚を以て, 社会の, 程度と, 立場を, 第三条, 第二線決戦主義, 答えが, 答えだ, 答えに, 答えを, 答は, 答を, 答弁が, 答弁は, 精神を, 細径と, 結果に, 線と, 羅馬字体で, 美味さ, 義務と, 考えは, 考証が, 聲が, 自覚の, 自覺, 苦痛の, 苦痛より, 英語で, 表現であっ, 表現に, 表現形式を, 表面が, 見地から, 視覚で, 観念は, 解決とは, 解答を, 言葉とを, 言葉は, 計画は, 計画はまるでなかった, 記憶が, 記憶は, 記載を, 証拠では, 証拠物の, 詩的魅力を, 話し声に, 話じゃ, 話であった, 話も, 語原意識が, 語調の, 誤謬を, 説明が, 説明を, 講義中に, 變り, 責任観念からも, 足跡などは, 足跡を, 輪廓と, 返事が, 返事を, 返辞は, 通貨原理を, 運命の, 道理によって, 重みに, 錯覚作用の, 鏡の, 限界に対して, 陳弁だった, 階級性を, 需要供給の, 靴跡と, 音の, 音吐で, 音声の, 順序で

▼ 明瞭~ (96, 4.8%)

6 なった 3 して, なる, なるであろう, 答えた, 聞えた 2 なったの, なって, なつた, なるであらう, 垂帛に, 知ること, 自分の, 見えた

1 [59件] いはなければ, いわなければ, お云い, お前は, こうし, ここで, ことわ, ことわって, しかも微細, したもの, した声, した調子, しない, せぬ故, なったこと, なった訳, なつて, なりました, なりまた, なり平ヶ岳, なり未踏, なると, なると共に, なるばかり, なるべくしたがって, なる場合, よく今, わかりすぎますから, わかるの, ディグスビイの, 仰しゃって, 光り輝いて, 勘次の, 宣られると, 幻の, 彼の, 思うが, 憶えて, 成るべきなり, 現れて, 生体特有の, 申上げま, 目に, 目先に, 眼の, 知った, 知ったの, 知れても, 耳元で, 聞きただす勇気, 聴かせて, 聴き取れたもの, 見える, 見せた, 見極めた事実, 見極め難い, 覚えて, 言い給え, 返事も

▼ 明瞭~ (71, 3.6%)

17 はない 4 あつた 3 はなかつた 2 はありません, はある, はないだろう

1 [41件] あつて, あの短評, いいじゃ, いいでしょう, おまけに, かつ十分, かつ器械的, かつ朦朧, こころを, この二種, これに, さう, そのテーマ, その明瞭さ, その間の, はありませぬ, はお, は無い, もし行なわれ, もし適当, 一目刺殺である, 今朝午前三時に, 他から, 信子の, 先生自身も, 八五郎も, 力強いもの, 宝蔵の, 彼女は, 御子息, 所詮は, 新しくって, 樂屋裏の, 機械的の, 殆ど唐宋の, 直截で, 相手を, 確固として, 菱形の, 落ちついて, 駒込局の

▼ 明瞭である~ (45, 2.3%)

8 から 3 ことが 2 がその, が個性, ために, にかかわらず

1 [26件] からその, からで, から今後幾年, から正行, が, がそう, が抽象的, が私たち, ことを, しかし自分, し優秀作, し日本政府, ためか, という, とおり何某から, とはよく, と信ずる, と思う, と書い, と考えます, なと心づいた, にし, にも拘らず, 以上は, 創作の, 基督教会が

▼ 明瞭なる~ (43, 2.2%)

2 が如く, 一札で

1 [39件] が扨, が故に, ことである, ことを, その配色, に似たれ, に拘わらず, に越した, のみならず, ものに, ものは, も他, 一つの, 一個の, 事を, 事実であった, 事実なり, 事實である, 事然, 健全な, 処かへ, 可し, 外界の, 徹底的なる, 思想的表現を, 所と, 所論であります, 日本語を, 時である, 爲めに, 理念を, 理由から, 答弁を, 脳髄局の, 自覺, 観念が, 觀念を, 解釋と, 証明を

▼ 明瞭でない~ (29, 1.5%)

2 が, のが, のは, ものは

1 [21件] うちに, か, から他, がともかく, が今日, が多分あまり, けれども小, とか遠く, ところから, ところへと, としてもお, ながらもそれ, のだ, のである, んだ, 不安が, 中途半端な, 事である, 個所が, 逃亡は, 音楽だった

▼ 明瞭~ (28, 1.4%)

3 をもっ

1 [25件] がかえって, が私, であった, でまざまざ, で書かれなかった, で稍, で紙上, で素子, で聞こえ, で自身, で露, とは全然, に到達, の殆ど古典的, は誠に, を以, を以て彼, を保たせ, を欠い, を欠く, を純, を純粋, を薄く, を要求, を高く

▼ 明瞭には~ (21, 1.1%)

1 [21件] いるよう, うけとれませんが, わからなかったが, わかりかねるの, 云わないの, 分らなかったが, 判って, 判らなかつたが, 書いてないが, 済まない, 知らぬ, 答えられません, 考えないでも, 考えなかったに, 聽け, 行かないわね, 見えないし, 見えませんが, 覚えて, 記すところ, 響かなかった

▼ 明瞭~ (20, 1.0%)

5 欠いて 2 欠くけれども, 欠くの

1 [11件] かいて, 期待し, 極めたる誤謬, 欠いてて, 欠きわれ, 欠くところ, 欠く所, 特性として, 缺い, 缺いた, 缺き

▼ 明瞭~ (19, 1.0%)

1 [19件] すると思ひます, そう感ずる, その底意, それとは, とした, と云う, と人々, と先生, と判らない, と残っ, と聴いた, と見えた, と身辺, 二派に, 彼は, 現象として, 覚悟を, 解かりませんでした, 記憶した

▼ 明瞭~ (17, 0.9%)

2 と思います, と思う

1 [13件] からした, からである, から書く, がどんな, が私, しまた, し熊本, そうである, といってる, といふ, とは云い, と思われる, よ

▼ 明瞭~ (15, 0.8%)

3 度を

1 [12件] ようであっ, ように, 一点で, 啓示晴天をよ, 如きが, 度と, 智識が, 極である, 目じる, 答が, 記載ある, 返答を

▼ 明瞭なら~ (11, 0.6%)

2 ざるが, しむるにあり 1 ざるも, しむる, しむるにはこれを用, しめじことは, しめじ事は, ば明瞭, ん顧れ

▼ 明瞭とは~ (10, 0.5%)

2 思出し 1 いきませんけれど, 分らない, 分らないただ, 分らないので, 分らぬ, 區別も, 聞き取れないが, 見られぬやう

▼ 明瞭した~ (9, 0.5%)

1 やうで, 事は, 圖に, 定義を, 愛蘭訛で, 正確い, 眼を, 考を, 証言を

▼ 明瞭であり~ (9, 0.5%)

2 またそれ自身, また極めて, 人工説などの 1 使用される, 前に, 従つてたと

▼ 明瞭すぎる~ (8, 0.4%)

4 ほど明瞭 1 くらいであった, くらい明らか, ために, 事実だ

▼ 明瞭~ (8, 0.4%)

2 に達せしめられました, に達せしめられ得る 1 からの離脱, とも関係, に達する, は百済観音

▼ 明瞭~ (7, 0.4%)

2 を加えた 1 がひじょうに, は著しく, を加え, を加えるだろう, を高める

▼ 明瞭~ (6, 0.3%)

1 ていなかった, ている, ておりまし, はしない, 某工人, 次に進むべき

▼ 明瞭確実~ (5, 0.3%)

1 かつ強力, と相成, になった, になりました, に把握

▼ 明瞭であっ~ (4, 0.2%)

1 てそれ, ても動因, て何ら, て遠い

▼ 明瞭でなく~ (4, 0.2%)

1 そこには, ために, てそこ, 疑わしいけれども

▼ 明瞭りした~ (4, 0.2%)

1 かたちを, ことが, 声で, 輪郭を

▼ 明瞭として~ (3, 0.2%)

2 來た 1 荒廃れ

▼ 明瞭なり~ (3, 0.2%)

1 と信ずる, 寛文九年, 然してこの

▼ 明瞭過ぎる~ (3, 0.2%)

2 ほど明瞭 1 くらいに明瞭

▼ 明瞭しない~ (2, 0.1%)

1 がたしかに, ことを

▼ 明瞭する~ (2, 0.1%)

1 旧知の, 点も

▼ 明瞭であった~ (2, 0.1%)

1 が孫, こと物すべてが

▼ 明瞭ならぬ~ (2, 0.1%)

1 だけの理由, 厄介な

▼ 明瞭りさせなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならぬ, ばなりません

▼ 明瞭りし~ (2, 0.1%)

1 ていなかった, てきました

▼ 明瞭描い~ (2, 0.1%)

2 て見たい

▼ 明瞭響く~ (2, 0.1%)

2 程透徹である

▼1* [74件]

明瞭うたがいも, 明瞭うたがいなき害毒, 明瞭きわまることそれは, 明瞭させて, 明瞭させようと床, 明瞭させることな, 明瞭さ心の落付き, 明瞭しかけてきた, 明瞭じゃないか, 明瞭じゃろうが, 明瞭すぎて露骨, 明瞭だったのだ, 明瞭だつたので私, 明瞭だろうがしかし, 明瞭でありませぬがお尋ねゆえ, 明瞭であり得たということ, 明瞭ですよ, 明瞭でなかったがついに, 明瞭でもありまた, 明瞭で動かしがたいだけに, 明瞭という物で, 明瞭とではなかった, 明瞭となつて來た, 明瞭との気分に, 明瞭ならざるふしも, 明瞭ならざれば詳しく, 明瞭ならしむべく会意の, 明瞭ならしめている, 明瞭ならしめるからはなはだ, 明瞭ならしめんことを, 明瞭ならずと雖, 明瞭なれば出納局, 明瞭な自惚れやいい, 明瞭な返詞を, 明瞭よく顕幽, 明瞭らしい外囲との, 明瞭りするだろうと歩き, 明瞭りよみがえっていた, 明瞭り云えばシュテッヘ, 明瞭り分りませんので, 明瞭り明かしてくだされた, 明瞭り知らないんで, 明瞭り知ることが, 明瞭り聞こえて来る, 明瞭見エルヨウニ, 明瞭ニソレガ彼女ノ芝居, 明瞭且つ適切な, 明瞭云いねえ, 明瞭分らねえだがね, 明瞭判っていた, 明瞭単純ということ, 明瞭幽界で育った, 明瞭強固な表現, 明瞭は輪廓, 明瞭明しを立て, 明瞭明白な法則, 明瞭時ニハ只結論ノミヲ綴リシ者アリ, 明瞭的確に話さう, 明瞭的確復た疑を, 明瞭空白は好感, 明瞭簡単な通称, 明瞭精確な記録, 明瞭精緻冷厳透徹あたかも機械, 明瞭に入る, 明瞭至極であつ, 明瞭見たとでも言いました, 明瞭覚えていない, 明瞭がない, 明瞭記憶して, 明瞭透徹知らざること, 明瞭過ぎてわかり, 明瞭過ぎたよ, 明瞭適切であるかも, 明瞭部屋の中