青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「杉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~本質 本質~ 本郷~ 本陣~ ~札 札~ 朱~ ~机 机~ ~杉
杉~
李~ ~材料 材料~ 材木~ ~村 村~ 村人~ ~杖 杖~ 杜~

「杉~」 4022, 43ppm, 2676位

▼ 杉~ (1524, 37.9%)

46 木の 40 木が 31 葉を 30 木立の, 葉の 24 森の 19 梢に 18 木を, 樹の 15 木に 11 下に, 大木の 10 幹を, 森が 9 木立が, 林が, 森に 8 ことを, 大木が, 木の下に, 木は, 杜の, 梢を, 森を, 樹立の, 生垣の 7 幹に, 林の, 林を, 根に, 根の 6 大木に, 大樹の, 木立に, 木立を, 根がたに, 梢が, 梢の 5 古木が, 小枝, 木と, 木の間を, 梢から, 樹が, 樹に, 生垣を

4 [19件] 大木は, 大木を, 市は, 手を, 手箱を, 木へ, 枝が, 枯れ木を, 根から, 梢は, 森と, 樹を, 皮で, 老木が, 色の, 落葉の, 落葉を, 葉は, 間から

3 [33件] ように, 下を, 下枝を, 中に, 列には, 列は, 大樹が, 市が, 幹の, 影が, 方を, 木の下の, 木の間に, 木や, 木立と, 杜, 板を, 枝に, 枝を, 枯葉を, 根もとに, 根方を, 梢で, 梢へ, 森で, 森新道に, 樹脂の, 皮を, 落葉が, 葉が, 葉も, 間の, 顔を

2 [102件] あいだから, あとを, いる街, うえに, うちには, こっちに, ために, ついて, ところまで, よくついた, 三鉾五鉾常, 下の, 下へ, 傍に, 傍へ, 列の, 割箸, 割箸が, 古木は, 古木を, 古樹, 喬木が, 声を, 大樹を, 子, 家の, 家は, 密林が, 巨木が, 市という, 市の, 市を, 幹へ, 床にも, 後に, 手に, 方が, 方に, 方へ, 方様が, 暗く茂つた, 木, 木かげに, 木の下を, 木の根もとに, 木の間から, 木の間で, 木も, 木松の木朱欒の, 木火事で, 木立ちの間を通して, 木立ちも, 木立は, 木蔭に, 板が, 板戸が, 林に, 枝へ, 枯つ, 枯れ葉の, 枯葉が, 根がたへ, 根元に, 根方には, 根方は, 根本に, 森は, 森や, 樹は, 樹立に, 樹蔭に, 沼の, 渦成す, 生垣が, 生垣で, 生垣に, 秀も, 立木が, 立木は, 箸を, 緑は, 老幹, 肩に, 若木が, 若木の, 葉, 葉で, 葉と, 葉に, 袷を, 角材である, 身体を, 鉾を, 間を, 青葉が, 頭に, 顔が, 類が, 首を, 香松の, 香檜の, 黒い立派

1 [616件 抜粋] あたりからも, あの初心, あまっこ, あまっ子が, あまっ子ほどには, あること, いただきは, うえから, うえで, うしろに, うちこの, うれ行く冬, おもひも, お話を, かげで, かげに, こずえに, こずえの, こずゑに, こととを, しん, すきま, そばへ, ただ事でない, てっぺんで, ところで, ところどころに, ところや, なかの, ひく影, ひとむら木立, ひとむら木立鉾杉, ほうを, まるたで, まわりに, まわりを, むら立見えぬ, もその, やうな, ようだ, ような, スッポンコラは, ミイラと, 一もと, 一もととある, 一本一本の, 一枚戸を, 一枚板な, 上で, 上に, 上へ, 下かげには, 下から, 下で, 両親は, 並木で, 並木と, 並木に, 並木や, 並木一望の, 並木羊腸の, 中の, 中へ, 丸太で, 丸太の, 丸太は, 丸太を, 乱れた髪, 二人の, 二本柱の, 五分板を, 亡骸は, 交つた人氣の, 亭主は, 他に, 伝説だけは, 住居も, 佳い香, 倒れた背中, 偉大なる, 傷の, 優しさ, 兇器は, 八九十本欝然, 処置を, 出て, 前で, 前に, 匂ひ, 化粧は, 半面を, 厚い一枚板, 原木を, 叢立つ, 叢葉が, 叢葉に, 口から, 古木その, 古木と, 古木に, 古木の, 古葉, 右横の, 名刺紹介で, 名前を, 吸筒の, 周囲に, 咽喉に, 啜り上げる声, 四分板やったら, 垣根に, 執念は, 培養林の, 境を, 壮厳な, 声に, 声の, 声は, 夜露が, 大きさ, 大戸手を, 大木と, 大木へ, 大枝が, 大森林, 大樹薄なども, 大筏, 太い丸箸, 太い柱, 太刀が, 失職の, 女ッ児, 好奇心の, 如き植物, 妻戸を, 姐御, 姿を, 娘の, 嫉妬が, 嫉妬を, 子起きなさい, 安否を, 実で, 実の, 客の, 家でも, 家も, 家を, 家出で, 家法に, 容貌を, 密林の, 密集し, 小じんまり, 小暗い林, 小杜, 小道かな, 尖った顔, 局であった, 局と, 局は, 屋とは, 層竹藪人家思いきり濃く, 層竹藪人家思ひ, 山の, 山前山は, 巨木の, 巨木のみで, 巨木もう, 巻, 巻五竜神の, 市なら, 市も, 幹から, 幹が, 幹には, 幹立の, 幾本と, 幾本に, 床柱と, 底部に, 影だ, 影を, 後まで, 後ろに, 後を, 御坊とも, 心の, 性格は, 成長としては, 戸が, 戸板に, 所へも, 手から, 手が, 手の, 手水だら, 手箱何が, 折枝桜の, 撥を, 支柱は, 新芽立ち, 方から, 方である, 方と, 方陣である, 旅着の, 春の, 昼も, 昼闌け, 暗きを, 暗みを, 有するよ, 木かげの, 木だらけの, 木で, 木です, 木などの, 木によりか, 木のて, 木の下で, 木の下にて, 木の下へ, 木の根あ, 木の根に, 木の根の, 木の根キでした, 木の根許に, 木の根許の, 木の葉が, 木の間かな, 木ばかり, 木までが, 木より, 木らしい, 木低みと, 木倒れた, 木地に, 木材で, 木松の木桂の, 木目の, 木立いと, 木立から, 木立ちが, 木立ちに, 木立ちの, 木立ちのあいだに, 木立ちのあいだは, 木立ちの光景が, 木立ちの多い, 木立ちの間である, 木立ちの間に, 木立ちを, 木立で, 木立など, 木立のみ, 木立やがて, 木群に, 木蔭から, 木蔭で, 木蔭の, 木陰の, 本態であった, 本立知らね, 札で, 朽葉が, 材に, 杖は, 杖を, 杜付近までが, 板壁に, 板戸十二枚に, 板片が, 板葺の, 林で, 林であります, 林である, 林と, 林は, 林まで, 林も, 林山懐の, 枝, 枝葉と, 枯れた心, 枯れつ葉, 枯木の, 枯葉だの, 枯葉と, 枯葉に, 柔かな, 柱を, 柱廊が, 柾目が, 柾目で, 柾目を, 根で, 根は, 根へ, 根もとで, 根を, 根方から, 根方などに, 根方に, 根株に, 根許に, 梢では, 梢にも, 梢ゆう, 棒が, 森, 森から, 森でし, 森などが, 森まで, 森新道という, 森新道の, 森神代から, 森神社の, 森稲荷から, 森稲荷の, 森稲荷社所在地は, 植木は, 植林が, 植林を, 植林地で, 植込みに, 槍, 様に, 樣に, 樹か, 樹でも, 樹と, 樹とが, 樹へ, 樹梢などは, 樹神だらう, 樹立が, 樹脂とり塗らばかよ, 樹蔭へ, 樹蔭を, 樹間に, 樹間の, 樹陰に, 死は, 死顔を, 死骸が, 母へ, 母親は, 沼だ, 沼で, 沼です, 沼なんかで, 沼に, 沼は, 沼を, 洗い出しであった, 深みの, 滑らかに, 災いが, 熱く盛り, 燒板で, 爲に, 片腕を, 狼狽振りは, 環の, 生け垣に, 生け垣の, 生垣などは, 生死も, 産地といふだけしか, 由来, 痩せた身体, 皮が, 皮なり, 皮も, 皮や, 相談に対して, 眼つきは, 眼は, 瞋れる, 知人で, 秀に, 秀にわ, 秀の, 秀ゆゑいよよ, 秘密を, 稍が, 稜線の, 穂並が, 立つところ, 立木の, 立木ばかり, 立木を, 立木一本にも, 立樹の, 箱じゃあねえか, 箱に, 紅勝ちの, 繁みの, 繁茂, 纖手から, 美しさ, 美に, 群木に, 群立, 翠の, 老木, 考証と, 聲に, 肩の, 肩や, 育ちの, 背中は, 胸の, 腕を, 膝の, 膝を, 色が, 色十四五の, 花とで, 花また, 花今朝見れ, 花粉に, 花落つ, 芽に, 苗木が, 苗木の, 苗木を, 若木蔦葛などが, 若芽に, 茂った枝, 茂つた上の, 茂りが, 茂山しげけれど, 茂枝が, 茶いろ, 荷物, 落葉など, 落葉は, 葉でない, 葉など, 葉へ, 葉や, 葉影に, 葉束の, 葉裏見上げつ, 蔭から, 蔭の, 行く後ろ影, 行先が, 襟首を, 見世物位でございました, 見事な, 親たちは, 角材と, 角材などを, 角材の, 角材や, 角材を, 角柱に, 記憶の, 詮議を, 認識を, 赤みが, 赤茶けた幹, 赤身の, 路を, 身の上には, 身を, 身体に, 身体は, 返辞であった, 返辞は, 遠く真白, 遺した白無垢, 酒ほて, 鉢植えの, 鉾の, 門を, 開戸を, 防風林も, 陰から, 霊魂は, 青みと, 青葉に, 静けさも, 頂から, 頂辺へ, 頭からは, 頭を, 顔は, 顔色を, 類のみは, 首もとから, 香, 香が, 馬場の, 鮮やかな, 黒の

▼ 杉~ (445, 11.1%)

8 黙って 7 参木の 4 眼を 3 相手の, 笑いながら, 自分の

2 [17件] あわてて, うなずいた, とにかく南, また, 三もと五もと青き, 五年までは, 何うし, 何か, 参木が, 女の, 嫩芽ふきたつ, 山, 憎にくしそう, 此の, 矗然, 言った, 黙々として

1 [383件] いった, いったいどうした, いったい今, いつか筆を, いよ, いよいよ不安, うつつながら, うなずきながら, おどおどと, お柳, お玉の, お通, お高, きっと白い, きっぱり答えた, ぐるぐると, けちで, こう言っ, ここに, こちらも, この地上, この恐ろしい, この群, この頃十七, これを, さけんだ, さっきから, さも癪, さらぬだに信心, しかたなし, しばらく事件, しばらく二人, しばらく朝日, すくなくなり, すくみながら, すぐ流し元, すぐ火, すこし顔, すっかり憂鬱, すっかり色男, そういう市, そういっ, そうし, そこから, そこへ, その, そのため, そのとき, そのとき十四, そのまま一方, その一言, その人影, その前, その夜, その小舟, その島, その手, それからの, それに, それらの, だまって, だんだん不幸, ちょっと答案調べ, つくばって, とっさに, どうした, どうして来ない, どこで, どこへ, どんどん歩い, どんなにすぐれ, どんなに興奮, どんなふう, どんな表情, なまなまと, ひとりで, ふいと, ふたたび駕籠, ふと自分, べったり坐った, まず問い, また勇気, また地方, また暗い, また膝, まだ深く, まるで狂気, もう三, もう大きく, もう忘れ, もう見込み, もう買物どころ, もともと静岡市, やがてそうして, やけくそであった, やっとそれだけいった, やはり無言, やはり黙っ, ゆうべここの, ようよう振り放し, わが子の, わざとの, アッと, コロイドよりも, ゴクリと, スタスタと, ニヤニヤした, 一人の, 一喝し, 一寸お辞儀, 一寸参木, 一挺の, 一日泣い, 一目見る, 一瞬眼前に, 一種の, 三畳の, 上を, 上気し, 下って, 下駄箱に, 不安らしく言った, 不愍を, 不縹緻, 中山越え, 主として移植, 二三本ばらばらと, 二人から, 二人を, 二十年前から, 二階へ, 云った, 亡くなる宗蔵, 今では, 今は, 以前未醒画伯の, 会釈も, 低い体, 低くいう, 低声, 何も, 何度も, 依然笑っ, 俯向いた, 倒れたまま顔, 偶然宿下りを, 元気が, 入れられたの, 内心恐れ, 円座へ, 円髷の, 再びもう参木, 再び無言, 冷笑う, 出て, 分家の, 初めて立, 力余っ, 勢込み, 十七の, 千代田城へ, 千年杉の, 南向の, 去った, 又もや凱歌, 又もや徐に問うた, 又八, 又八が, 友人の, 口が, 口を, 右の, 名高いもの, 呟いて, 呼びとめた, 命じるよう, 唯首肯い, 喜びに, 嘆いた, 嘲り笑い, 嘲るよう, 四郎兵衛に, 土気いろ, 地上五尺の, 地方の, 壁に, 夜中に, 大きな眼, 大の, 大地に, 奉仕した, 奥から, 奥へ, 嫣然笑っ, 子供な, 宙を, 家へ, 家を, 家斉へ, 容易に, 寂しく笑った, 寂しそう, 小さくなっ, 小さな声, 少しく躊躇, 少年に, 己の, 己まで, 平次の, 平気な, 年数を, 幼少の, 庄次へ, 引取って, 影も, 彼との, 彼の, 待ちかねたよう, 徐に問うた, 徐に焚火, 心も, 念の, 思った, 思わず手, 思わず顔, 思わず鸚鵡返し, 急に, 悲しい顔, 意志とは, 愛すべき樹, 慄え, 慄えた, 憫れ, 懐胎し, 或る, 手に, 手を, 手招ぎした, 持った刀, 文盲であった, 早く江戸, 明るい色彩, 明るくした, 明暮に, 昔自分の, 昨夜の, 昨日に, 時々耳もと, 暁方の, 暖簾から, 暫くそこ, 月を, 朝起きる, 木の, 未だ枝, 李と, 杯を, 柱の, 柳屋の, 栗の, 案外に, 案外ね, 極めつけて, 極めて無, 権叔父の, 橋の, 橋を, 欄干にも, 次の, 正直で, 正直に, 武蔵の, 母に, 母の, 母屋から, 汗を, 決して初心, 泣いてばかり, 泥溝の, 注いだ酒, 消えかかる焚火, 渋々承知, 湯の, 満足気に, 漆喰の, 火に, 灰緑の, 無言で, 牛の, 痛がらず, 痩せた手, 白い息, 盃を, 益々即答, 目立つよう, 真率で, 眠って, 砂を, 神代杉という, 窪んだ眼, 立ち停る, 端然坐った, 笑って, 答えなかった, 納屋の, 細君の, 結婚なんか, 網を, 縁の, 縁を, 罪ほろぼしの, 義助に, 聞き咎めて, 肩を, 背を, 脇息にも, 膝を, 自分だけ, 自動車を, 自害という, 自然に, 自然を, 苦しさ, 茶筒から, 草履義助は, 落付い, 葉の, 蒲団の, 蝋燭を, 行儀よく, 行灯の, 街から, 袂から, 袖口で, 裏手の, 訊いた, 訊ねた, 誰かと, 誰にも, 貰われて, 貴郎, 赤くなった, 赤くなり, 躍起と, 軒下まで, 返事を, 途方に, 通い馴れた路, 通りかかった黄包車, 部屋を, 郷土の, 酒を, 重ねて, 重太郎を, 重蔵に, 針葉樹の, 鉾立て, 銚子の, 鋭い声, 長吉の, 随分多, 雑踏した, 雑鬧した, 雲に, 電車に, 青々と, 青くなつ, 顏も, 顔を, 顧って, 顧り, 風邪を, 飲みさし, 首を, 首肯いた, 騒ぐ気色, 驚いた顔, 驚いて, 驟雨の, 鬼の, 鱈や, 鳶色に, 黙りこんで

▼ 杉~ (156, 3.9%)

2 唸るという, 手を, 昼飯の, 火を, 眼を, 透いて, 門に, 首に, 高く見えた

1 [138件] あって, あの山中, ありました, あり梅, ある, あるちらっと, いかに太く高かろ, いったよう, いつも仮面, いないと, いなくとも, いぶかって, いようと, うたを, うれを, おい茂っ, お柳, お槍, お豊さん, きっとお, ぎつちりと生ひ茂り, ぎッくり, こうして幾, これまで, これ程の, こんもりと, さした本, すきだ, すらすらと, そこに, たった今即席, どうしてあの, ない, なければ, まだたしかにそこ, もくもくなら, やや三河島, わが子の, わりによ, ケチであった, ピアノを, 一周忌の, 一度一しょに, 一本だけ, 一本二本と, 一枚看板と, 上の, 並んで, 並木善兵衛の, 中, 二本あっ, 云った, 五六本ある, 何を, 倒れたの, 出た後, 出稼ぎし, 十七の, 去りお, 周囲をめぐって, 呶号し, 唸って, 唸ると, 四五本なら, 堂の, 塀の, 声を, 夜の, 大きな岩, 大垣の, 太く雪, 太り屋敷, 好きな, 密生し, 小さくなっ, 幼い日, 店の, 引受けて, 待ち伏せて, 心得ますから, 思わずさもいたわる, 戸口に, 抱き上げた時, 振向いて, 断り切れるか, 日光を, 春婦に, 有る, 有名である, 木間, 柳の, 棲んで, 植えて, 気の毒がって, 気遣いな, 水中深く, 沢山ありまし, 浅ましい死体, 浴室の, 清水堂に, 満山の, 焦げたよう, 照す, 犬上郡の, 生えて, 目鼻だ, 知ってると, 知ってるの, 碌ろく, 神社仏閣ばかり, 突き飛ばされて, 立って, 立つて, 立並んで, 竝んで, 笑いながら, 繼ぐだらう, 習い覚えた春婦, 腰を, 自分で, 自分に, 自分の, 自分を, 自身の, 茂って, 處, 蝋燭を, 見えて, 見えると, 評判の, 話したこと, 身内の, 選ぶ行動, 長吉の, 門の, 養われて, 駕籠に, 黒を

▼ 杉~ (102, 2.5%)

3 妻に 2 ちこ, ほめてや, 伐りに, 用うる, 見た, 見て

1 [87件] あんなにした, うらら日を, さらって, とおして, どうして首, どう思う, はじめ近所の, ひと目と, まだこれ以上, みあげて, みれば, もしや春婦, もつて, もはや泥, 一周せし, 三本植付けた, 丸く作つて, 伐ったため, 伐ったので, 伐りはじめたの, 伴れ, 使ったなどは, 倒すが, 傷つけたもの, 切って, 別座敷, 右の, 呼び出したのに, 呼んで, 喜ばすこと, 垣の, 売り込みに, 売女に, 奪って, 始めと, 小楯に, 川口は, 幾日か, 引き寄せると, 引き摺り出して, 忌み且恐, 思い出す宗彭沢庵, 思はせる人柄, 愛して, 感じ始めて, 慰めたの, 我家へ, 抛り出すに, 抛り出すの, 抱きかかえて, 抱くよう, 抱く嵐, 拝みに, 指さす, 指差した, 描いたなど, 攻撃した, 救うため, 救う手段, 植えたの, 植えたり, 植えた男, 植えて, 植えること, 植ゑることを嘲笑った, 植ゑ島より, 檜の, 残したまま甲谷, 殺したの, 汚したと, 洩れて, 生やす事, 睨みつけた, 磨いた丸柱, 締めて, 置去りに, 羞しがらせる, 街で, 見なおすよう, 見に, 見上げました, 豊後の, 貸してるので, 追い立てるよう, 追わねば, 連れて, 釘で

▼ 杉~ (91, 2.3%)

2 いった, 代って, 手を, 釘を, 飽いた

1 [81件] あられも, いったこと, かぎったもの, かけたその, かこまれし天主, からまるも, からんだ蔓, しあれば, した自分, たかって, ちがいない, つれて, なったと, なって, なりたや, なり相, ひとつと, めぐる水, ゃひとつもなしだ, よろしく見, 三之丞が, 与うるの, 与うる書中, 交って, 会いたいの, 侮辱される, 包まへる梅, 取らせて, 叱られた, 向い, 吹く風の音, 囲まれた村社, 囲まれた瀟洒, 囲まれ古びて, 圍まれて, 奪われようと, 就て, 恵まれて, 惚れて, 打込んだので, 抱きついて, 斧, 暗がりの, 書を, 有らぬ疑惑, 来て, 比べては, 気がねし, 爪を, 矢を, 笑いながら, 籠って, 縛りあげて, 肖て, 自分も, 視線を, 触ると, 触れたら彼, 言ひ付け, 訊いても, 訊きました, 誓ったの, 誤解を, 謝った方, 較べて, 近き樹林, 逢うこと, 逢うと, 逢つて見ました, 逼って, 附いて, 降りしを, 陽が, 離れけり, 離れたり, 願いを, 類する樹, 風が, 飛んで, 香奠で, 黙って

▼ 杉木立~ (87, 2.2%)

17 の中 4 の下, の深い 2 に囲まれ, の奥, の小道, の年中, 青きは

1 [52件] があった, がある, がぎっしり, が途斷, が風穴, が魔, その向う, では秋, で白衣, と青蘆, なども繁り, にかこまれた, にさしかかった, にたかく, に圍まれ, に沈みかけた, に谷間, に谺, に近い, に這入った, に雨, のあいだ, のうす暗い, のふかい, の前, の参道, の奥まった, の家, の彼方, の暗, の暗い, の暗闇, の梢, の横, の殆ど, の石, の間, の隙, の青々, の青い, の風趣, の鬱々, は轟々と, ばかりであった, や凝った, や暗い, や楢, や檜皮, をうしろ, をも深々, を背, 明るい錆金色

▼ 杉~ (76, 1.9%)

10 檜の 5 松の 4 欅の 3 松や 2 ひのきは, 楓など, 檜や, 竹の, 竹も

1 [44件] お倉, お勇, お寺の, のを, ひのきが, 丈よりも, 三百年の, 小松の, 山毛欅の, 川楊などの, 松の木が, 松を, 枯野の, 柾木やからたちを, 栂などの, 桑や, 桧に, 桧や, 梅の, 棕櫚や, 椿の, 楓は, 楢には, 榎が, 榎の, 榎や, 榎らしい, 槙などの, 樅が, 樅などと, 樅などの, 樅の, 樅や, 樫の, 樫や, 樺類の, 橡の, 檜が, 檜に, 燈籠で, 花の, 赤松などが, 重太郎等の, 長火鉢の

▼ 杉~ (75, 1.9%)

5 義助は 2 お紺, 杉との, 柚と, 檜と, 檜の

1 [60件] あなたは, いう, いえば, いって, お勇以外, お玉とは, ここの, この宮子, したの, それを, やらいう肯かぬ, ヒノキは, ブツ, 一室に, 三之丞か, 三之丞との, 三之丞とは, 並んで, 主人とが, 二人で, 云う七尋, 云う婆さん, 云えば, 会って, 吉見との, 同じ運命, 同じ部屋, 呼ばるる大木, 呼んで, 娘の, 宏子は, 山, 彼方に, 敵の, 杉の, 松とに対して, 榊を, 榧の, 槿とを, 法師とが, 申します, 目を, 石楠を, 称する程, 立ち話し, 義助から, 聞くと, 自分, 自分が, 茶の, 言つて二十五これは, 踊れて, 踏み蹂, 逢った喜び, 遊ぶ楽しみ, 重太郎との, 重蔵との, 長々話しだした, 関係なし, 雑木の

▼ 杉さん~ (66, 1.6%)

2 か, が僕, が番所, だって, ですよ, という人, はどう

1 [52件] から皆んな聽, がいなかった, がね高萩村, が呆れた, が引かれる, が教, が物かげ, が腰, が首, だね, でありました, でございましたの, というん, という渡り職人, とで, と何, と街, にあッ, にそう, にもつきあっ, に張らせ, に聞く, に詫びる, に逢つたの, ね, のここ, の俳号, の御, の忌, の懇意, の許, の顔, はあいそ笑い, はそんな, はまさか, は予備騎兵曹長, は何, は寝る, は昨夜, は渡邊氏, は田舍, もう僕, も佐渡, も白, をな, を其門, を手荒く, を探し, を誘惑, 古い昔, 歌えよ, 逃げようたって

▼ 杉~ (65, 1.6%)

2 に就, の声

1 [61件] あさん, が, があの, がこう, が種々, が衝, であった, でも息子, という母親, と共に婆, と山, にいわせれ, には分らぬらしい, には目, にも流石, に吠え付いた, に対, に対しては何となく, に殺される, に誘われ, に関係, のため, の信仰心, の威嚇的命令, の宿, の来る, の死顔, の策, の身体, の魔力, の魔法遣い, は, はあんな, はいいつづけ, はいよいよ, はだいぶ, はつい, はひとり, は呼び止めた, は大地, は尖った, は彼方, は後, は意地, は手, は無言, は煽動, は皺, は突然, は窟, は胸, は茫然, は諷然, は身動き, は顔, もその後, もただ, も彼, を哀れ, を抱い, を突倒

▼ 杉~ (60, 1.5%)

19 助の 16 助は 9 助が 5 助を 3 助といふ, 助に 1 助, 助それに, 助と, 助も, 助自分

▼ 杉隠居~ (53, 1.3%)

2 であった, のうしろ, の声, は, は眼

1 [43件] が, がなじみ, が呼ん, が舟桁, が苫, が門, であった手, と群集, に出会っ, に従って別れ, に計られ, のことば, のすすめる, のそういう, のそば, のほう, のゆるし, のよう, の諄々, の邪推, の針, はうなずい, はこの, はさすが, はさっき, はすぐ, はそう, はその, はふい, はまだ, はわざと, は半町, は又, は夜, は横, は皺首, は若い, は親類一同, は足, もうしろ, ももし, も五十, も城太郎

▼ 杉ばば~ (52, 1.3%)

2 の影

1 [50件] がいないで, が半, が訪れ, であった, という者, とは浜砂, と一名, と淵川権六, には目, に代っ, のこと, のため, の一族, の信仰, の前, の厳格, の口, の声, の手, の武蔵観, の行方, の観念, の身, の部屋, は, はお, はそれ, はなお, はにやりと, はまた, は一番後, は一間, は両方, は今, は年, は座敷, は振り向い, は数珠, は昨年, は癇, は眼, は自分, は舟底, は返り討ち, も, も加え, も家族, や菰, を何処, を措い

▼ 杉~ (51, 1.3%)

3 の間 2 の外, の奥, の破れ

1 [42件] からこっち, があっ, が挟ん, だの茶の間, で囲った, と平吾, にてかこ, にはさまれた, に囲まれた, に枝さし掩, に眩い, に羽織, のうち, のくろ, のそば, のつ, のまだ, の上, の並んだ, の中, の傍, の内, の家, の小杉若木, の或, の杉, の焦げ, の破, の芽, の遥か向, の門口, の隙, の青々, ばかり並んだ, ばかり続い, へ片寄った, をめぐらした, を廻らした, を引き抜い, を曲る, を肩, を越え

▼ 杉~ (50, 1.2%)

2 みんなその, 後から

1 [46件] あった, あとかたは, ある, この頃, しまいにこの, その塊, それを, つづいて, なかった, なきもの, やっと一丈, やっと一丈ぐらゐ, ホッと, 上面焦げ, 今は, 初めて眼, 半ば焦げ, 執念深く追って, 売女に, 多い, 太くお, 家を, 巌を, 心配そうに, 快げ, 想像した, 手伝いながら, 来ないわよ, 枯れて, 槲も, 死んだ, 残る組, 気づいて, 溜息まじり, 漸次に, 為ん術, 盆栽師の, 眉を, 笑って, 義助も, 覗きに, 覚束な, 言った, 調べましたうえ, 辰蔵の, 青みて

▼ 杉~ (48, 1.2%)

4 と敏ちゃん 2 という子, はゆき子

1 [40件] がこんな, がこんなに, がもしそう, が仏印がい, が何, が台所, が戻っ, が木戸家, じゃなく, でそして, という甥, との情事, とゆき子, と金太郎, にそんな, には妻, に委せ, に急, に私達, のさ, のやう, の夢, の妻, の家, の息づかひ, の意, の方, の来る, の為, はをりません, は保険会社, は別に, は姉, は早くから, は来る, は淋し, も保険会社, も御苦労さま, も泣いてる, を盗み見

▼ 杉並木~ (46, 1.1%)

2 の坂, の奥, の風情

1 [40件] があっ, があります, がある, がどこ, が富士, が暫く, が道一杯, である, ですな, では木登り, では非常太鼓, で捕まえ, で本道, なども目前, につつまれた, に旅人, に沿う, のこと, の参道, の名残, の奥深く, の好い, の嶮, の方, の様, の陰, はすばらし, は下枝, は慶安元年, は沈んだ, は美しい, もなくなった, を一眸, を人力車, を撮る, を横, を洩れる, を通り拔, を通り越し, を金比羅大明神

▼ 杉右衛門~ (45, 1.1%)

5 の娘 2 と桐五郎, は窩人

1 [36件] が云った, が呻く, が嗄声, が声, が岩太郎, が突っ込ん, が立っ, で杉右衛門, とは他人, と岩太郎, と称した, に向かい合っ, のな, の一人娘, の周囲, の姿, の心持ち, の背後, はさらに, はじっと, はそれでも, はにわかに, はグルリ, は一族, は云った, は屹, は岩, は憂欝, は手, は楽屋, は炉側, は眼, は語りつづけた, も岩太郎, を目掛け, を真ん中

▼ 杉なりに~ (32, 0.8%)

13 積んで 4 積んだ千兩箱 2 並んで, 積んだ三つ

1 [11件] 積み上げては, 積み上げると, 積めるん, 積んだの, 積んだ一番下, 積んだ二十五両包, 積んだ千両箱, 積んだ圖, 積んだ檜, 積んだ用水桶, 積んだ米俵

▼ 杉~ (31, 0.8%)

3 を植えた 2 の穴, を植える

1 [24件] がもう, が大した, が疎ら, そだつ小山かな, だって大きく, でございますか, ですね, でもとられる, とか桐苗, の傍, の植付, の畑, の頂, をあの, をいったい, をもらっ, を三千本買, を余分, を奉納, を植ゑたのが今, を植ゑる穴, を買, を買う, 育つ小山哉

▼ 杉~ (30, 0.7%)

2 は姉

1 [28件] が二年目, が亡くなつた, が大きい, が安並, が青い, だの女中, との話, ならば, のおかげ, のやう, の家, の家族, の方, の眼, の膝, の良人, の落ち, の衣裳, の赤ん坊, の遺骨, はくすくす, はよそ, は一, は亡くな, は今日, は好き, は泣い, は立つた

▼ 杉~ (23, 0.6%)

1 [23件] がぎょ, が殿, が駆けだし, と名, と申す, なきあと, に向かっ, に命じました, のお, のその, の居間, の屋敷, の牢前, の驚愕, はただ, は刀, は少しく, は水色絖, は詰め腹, へいいました, を上がり, を伴っ, を表

▼ 杉~ (21, 0.5%)

2 が死ぬ, の兄, の死後

1 [15件] がひそか, が二度, が死んだ, が遺言, だけが知っ, だけで, とお, にもしみつい, のはからいで, の助力, の命日, の次女京子, の目, の遺言, の音信

▼ 杉大門~ (18, 0.4%)

1 [18件] おい俺, が, がやがて, が一升徳利, の主, の主人, の大将, の寄席, の御, の方, はへべのれ, は上目, は永い, は鼻, もなかなか, も土竜, も手許, をかかえ込む

▼ 杉~ (18, 0.4%)

1 [18件] が倒れ, が又, が客, が幕前, が月給値上げ, が来り, が言, とのとこ, なども来り, に託し, の, のゲラ, の肝入り, の腰かけてる, の見方, を賞め, 又休み, 又例

▼ 杉~ (18, 0.4%)

2 に金, の本箱

1 [14件] が薄い, だ, でつくった, で出来, で塞いだ, で造つた四斗樽, と竹, に背, ののっ, の幅六インチ, の焼, の表面, をそのまま, を三枚

▼ 杉~ (16, 0.4%)

16 之助

▼ 杉お玉~ (15, 0.4%)

1 [15件] が三味線, が化粧, が旅人, というの, となっ, と申す, のうち, の売り物, の容貌, の親類, はその, は三味線, も昔, を知らね, 両女

▼ 杉という~ (15, 0.4%)

2 のは

1 [13件] ところだ, のが, もの二本の, 三十足らずの, 古女房, 大木が, 女中は, 子供を, 後家が, 木が, 老婢が, 者, 親子連の

▼ 杉には~ (15, 0.4%)

2 それが, 鳶色の

1 [11件] ふくろ, スカッと, 別に願い, 天上の, 届いて, 杉菜継菜という, 気付かなかった, 氣が, 水の, 神霊が, 雨が

▼ 杉~ (15, 0.4%)

1 [15件] がたった, で打水, などが交つて, に火, のきれた, の下, の散った, の暗い, の浅緑, の瓦鉢, の緑, の緑蔭, の落ち, を奇麗, を掻い

▼ 杉丸太~ (13, 0.3%)

1 [13件] が二三段, が扉, が掛け渡し, で継ぎ足し, のあつ, の先, の山々, の根元, の門柱, の間, をつんだ, を下敷, を通した

▼ 杉~ (12, 0.3%)

1 [12件] が不覚, が跳ね起きよう, でもなかっ, と源助, なども吾, に与うる, に促され, に向っ, の顔, は空, へ密蔵, もいつのまに

▼ 杉~ (11, 0.3%)

2 か樟, か知らぬ 1 か何だか, か松, か聳え, そうだ, と彼, と申します, のばかり

▼ 杉むら~ (11, 0.3%)

2 がある, の空, の間 1 がくれ, ならば, にかがなく, に杉, を松風

▼ 杉~ (11, 0.3%)

2 それから栗 1 などの樹木, の多い, の巨木, の指物膳箱, の木, の森, の森々, の葉, の類

▼ 杉次郎~ (11, 0.3%)

2 や弁太 1 が大嫌い, という武士, という若, とが駕籠, なの, に助けられ, は情婦, も弁太, や弁

▼ 杉十郎~ (10, 0.2%)

2 がこんこん, が再度, と松, と松二郎, は自分

▼ 杉夫さん~ (9, 0.2%)

2 と結婚 1 が出征, が無事, と俺, に対して申訳, は明日, もなん, も敦子おばさん

▼ 杉~ (9, 0.2%)

1 だが, でこしらえた, で造った, としては持ち重り, の仕入れ, の天井, はさっき, は河川, や西洋帆船

▼ 杉狂児~ (9, 0.2%)

1 がとても, が買っ, と大庭, と岸井, と段々, のこと, は九州博多, やリキー, を誘っ

▼ 杉~ (9, 0.2%)

2 葺きの 1 がいっぱい, が僅, が張りつめられ, で屋根, と戸板, の屋根, ばかりの天井裏

▼ 杉~ (8, 0.2%)

1 この二本杉, ぶら下ろうなどという, 一本杉と, 仕上げて, 作ったがらくた道具, 加之も, 有名な, 造られて

▼ 杉茂登~ (8, 0.2%)

1 で檜山さん一人, で消費, には二箱, にも二人名義, に泊りこむ, のいつも, へと急ぎました, へ行きました

▼ 杉~ (7, 0.2%)

2 檜の 1 なんかに, 但しは, 何かの, 檜か, 檜苗を

▼ 杉~ (7, 0.2%)

1 こりゃあ夫婦, で飲ん, のお上さん, の主人, の二階, の店, 次に一杯

▼ 杉~ (7, 0.2%)

2 と呼ぶ 1 が今, でお, と, と云った, と呼ばれる

▼ 杉~ (7, 0.2%)

1 か何, その通り, どうじゃ, にその, の子, は統計局, 何と思われる

▼ 杉~ (6, 0.1%)

1 よじ登って, 云った, 往った, 沢庵坊主の, 火を, 申しましょう

▼ 杉~ (5, 0.1%)

1 と向君, に云っ, に返事, の訳, はわざわざ

▼ 杉弥どの~ (5, 0.1%)

1 とはお, のお, のご, の朋輩, めしとられたと

▼ 杉~ (5, 0.1%)

1 などが, ならば, は長く, は青く, をやる

▼ 杉百合~ (5, 0.1%)

5 之助

▼ 杉から~ (4, 0.1%)

1 再び女, 出て, 右の, 聞かされて

▼ 杉だの~ (4, 0.1%)

1 分家の, 松だ, 桧だの, 檜だ

▼ 杉とも~ (4, 0.1%)

2 ならば 1 いって, いわず栃

▼ 杉など~ (4, 0.1%)

2 育つもの 1 いひ漢名玉柏一名玉遂, 欝

▼ 杉などが~ (4, 0.1%)

1 いて, まばらに, みづみづしい若芽, 岸に

▼ 杉~ (4, 0.1%)

1 がそ, がそぞろ, をこそいで, 軽い水彩画風

▼ 杉~ (4, 0.1%)

1 では承知, は武功, は酒, を覘

▼ 杉戸口~ (4, 0.1%)

1 からつかつか, に踞まっ, まで来る, を明け

▼ 杉~ (4, 0.1%)

3 の中 1 がぬい

▼ 杉~ (4, 0.1%)

1 の天井, の天井板, の緑, の萱門

▼ 杉~ (4, 0.1%)

1 に添つた曲り角, に絡ん, の剪みすて, を結いました

▼ 杉~ (3, 0.1%)

1 いそがしいでしょう, 倉なども, 杉は

▼ 杉って~ (3, 0.1%)

1 どなたです, 云うの, 人は

▼ 杉です~ (3, 0.1%)

2 から虔十 1

▼ 杉とか~ (3, 0.1%)

1 云う乞食, 椎とか, 檜とかいう

▼ 杉とは~ (3, 0.1%)

1 どんな女, 仲宜し, 打って

▼ 杉などの~ (3, 0.1%)

1 丸太を, 暗い木立ちの間, 深い木立

▼ 杉にも~ (3, 0.1%)

1 ある, 同じく頼朝公, 異存は

▼ 杉並み木~ (3, 0.1%)

1 などと呼ばれる, などは世界, の街路樹

▼ 杉~ (3, 0.1%)

1 を組んだ, を迎, を顧み

▼ 杉~ (3, 0.1%)

1 といふ所, の方, まで

▼ 杉~ (3, 0.1%)

1 へ向っ, へ追, 越えまでは

▼ 杉太郎~ (3, 0.1%)

1 かそれとも, と呼ぶ, の二人

▼ 杉夫つう人~ (3, 0.1%)

1 が今度出征, に対する自分, やそい

▼ 杉小屋~ (3, 0.1%)

1 か, には大勢, はさほど

▼ 杉折り~ (3, 0.1%)

1 をグッ, を取り上げる, を奉書

▼ 杉皮葺~ (3, 0.1%)

1 の仮, の豚舎, はとにかく

▼ 杉立てる~ (3, 0.1%)

2 かど 1

▼ 杉~ (3, 0.1%)

1 なの, の間, を開け

▼ 杉部隊~ (3, 0.1%)

1 の本部, の浜島茂, はこの

▼ 杉ぁ枝打ぢさ~ (2, 0.0%)

2 なぃのか

▼ 杉いくつ屯~ (2, 0.0%)

2 せりけりせうせうと

▼ 杉~ (2, 0.0%)

1 けの丘, けや

▼ 杉その~ (2, 0.0%)

1 お杉, 結果が

▼ 杉ちゃん~ (2, 0.0%)

1 はグレゴリー夫人みたい, もう寝ん

▼ 杉~ (2, 0.0%)

1 葉や, 葉を

▼ 杉であった~ (2, 0.0%)

1 ことを, 机竜之

▼ 杉では~ (2, 0.0%)

1 ない, ないが

▼ 杉とが~ (2, 0.0%)

1 いつしよ, 同一に

▼ 杉との~ (2, 0.0%)

1 縞目の, 間を

▼ 杉どこ~ (2, 0.0%)

1 へいく, へ行く

▼ 杉なり~ (2, 0.0%)

1 真木なり, 真木なりの

▼ 杉なんか~ (2, 0.0%)

2 育たないの

▼ 杉ばやし~ (2, 0.0%)

1 の上, を彼方

▼ 杉までが~ (2, 0.0%)

1 そのため, 其爲に

▼ 杉やの~ (2, 0.0%)

1 お妻さん, ごけさん

▼ 杉~ (2, 0.0%)

2

▼ 杉より~ (2, 0.0%)

1 流れし雫, 適当な

▼ 杉らしい~ (2, 0.0%)

1 のです, わね

▼ 杉ッ葉~ (2, 0.0%)

1 に火, の燃残り

▼ 杉下駄~ (2, 0.0%)

1 をはい, をひっかけ

▼ 杉先生~ (2, 0.0%)

1 の答申書, を壇上

▼ 杉~ (2, 0.0%)

1 というの, の弟子

▼ 杉和泉屋さん~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 杉土堤~ (2, 0.0%)

2 の夕暮紅

▼ 杉~ (2, 0.0%)

1 かさあ, といふ者

▼ 杉多く~ (2, 0.0%)

2 あわれ幾百年

▼ 杉~ (2, 0.0%)

1 御の, 御も

▼ 杉婆さん~ (2, 0.0%)

1 といえ, とは吉川氏

▼ 杉孫七郎~ (2, 0.0%)

1 が常真, は忽ち

▼ 杉弥さま~ (2, 0.0%)

1 よりか二つ上, をお

▼ 杉~ (2, 0.0%)

1 にガッチリ, の鍵

▼ 杉杉和泉屋さん~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 杉~ (2, 0.0%)

1 の密林, の巨木

▼ 杉松その他~ (2, 0.0%)

1 の喬木, の木

▼ 杉松榎~ (2, 0.0%)

2 と処々見分け

▼ 杉~ (2, 0.0%)

1 などの高山, の梢

▼ 杉~ (2, 0.0%)

2 ちかき岡

▼ 杉~ (2, 0.0%)

2 の清五郎

▼ 杉~ (2, 0.0%)

1 がモテ, は声

▼ 杉甚作~ (2, 0.0%)

1 が逃げ, を案内

▼ 杉登誉子~ (2, 0.0%)

1 が, の声

▼ 杉~ (2, 0.0%)

1 の喬木, の常緑喬木

▼ 杉苗七百~ (2, 0.0%)

2 どどご

▼ 杉苗七百本~ (2, 0.0%)

2 買って

▼ 杉苗寄進~ (2, 0.0%)

1 の札, の立札

▼ 杉落葉~ (2, 0.0%)

1 して, の上

▼ 杉~ (2, 0.0%)

2 てあれ

▼ 杉見る~ (2, 0.0%)

2 からに寒し

▼ 杉贋阿弥~ (2, 0.0%)

1 がこれ, の劇評

▼ 杉鉾杉~ (2, 0.0%)

2 の渦

▼ 杉~ (2, 0.0%)

1 かな, すずしくかをる

▼1* [273件]

植える時, 杉ぁ植る時, 杉あたりに棲む, 杉あの氣の, 杉ある近野村, 杉いつぞやの居候, 杉うまくなった, 杉お玉らは間, 杉がぞつくりと, 杉だちの御山, 杉こそは名木根, 杉さては別れの, 杉さんこいつらア猪之松, 杉さんこちらへ来なさい, 杉さんそいつは不可, 杉さんマッチはない, 杉さん今夜は一寸, 杉さん俺は明日, 杉さん僕は今夜, 杉さん参木はまだ, 杉さん夫婦が快, 杉さん藤作じゃア, 杉さん賭場をどう, 杉ゃぼてんの鉢, 杉しげりて古色, 杉しんしんとし, 杉そんなそんなこと, 杉そうして, 杉その他の老木, 杉そんな植え込みを通して, 杉たちを顧み, 杉たてるかど, 杉たれの子, 杉だけが話の, 杉だけは川尻の, 杉だってそれに, 杉だれの子, 杉ったらどうしてピアノ, 杉であったよっちゃん, 杉であるという, 杉であるべき筈の, 杉であろうと柳, 杉でないと仰, 杉といふ娘は, 杉とて大老杉目通り周囲一丈三尺以上の, 杉とねよかったでしょう, 杉と共に諸国を, 杉どのといわれた, 杉なぞの板を, 杉などという人よりは, 杉などを植えたの, 杉なりの鞘を, 杉なる火の車は, 杉にとっては夢の, 杉にや一つも, 杉に対して殆ど絶対的の, 杉に対する憤りが, 杉に対すると何となく総て, 杉に関してはどちらも, 杉のうへと宝蔵倉の, 杉のうへに茅渟の, 杉のねうちと, 杉ははッとして, 杉ばかりな木ノ下蔭の, 杉ばかりを拝みたい, 杉ばば様といい, 杉ひのきなどの苗, 杉へでも吊るし斬りに, 杉へも鉄砲の, 杉また苔杉など, 杉または松に, 杉まで送って, 杉まなばしとは御, 杉まるたが, 杉みな昏く, 杉ものびてゆるゝを, 杉やら唐松やらが, 杉をめぐって水いろな, 杉をもずっと離れ, 杉を以て点綴せる, 杉を通して城山の, 杉カヤの萱, 杉カンガルー春きたれりと, 杉ダンスできるの, 杉ッ子じゃア, 杉ハ翠ヲ交, 杉ヒノキに変わった, 杉ヒノキ五六寸の小, 杉ピアノひけるの, 杉一つは鬼小僧, 杉三本あり, 杉並木一直線の長い, 杉並木山門の草葺, 杉並木竹藪大きな池, 杉は一面, 杉丸歸つたか, 杉二郎左衛門の所望, 杉亨二と云う, 杉亨二先生の案出, 杉享二先生の選定, 杉亭々として昼, 杉代さんの死ぬ, 杉代姉さん存命中は姉さん, 杉伜清五郎の外, 杉かひきなさい, 杉倉右近島左近の二人, 杉兄弟は支配人, 杉などの大族, 杉八つ手などの植込み, 杉六本都合十二本の大木, 杉内藤等に越えた, 杉切り株の上, 杉参差として神さびた, 杉古松の枯れ行く, 杉右衛門一座の頭, 杉右衛門来森へ行, 杉右衛門自ら引卒れて, 杉一本は, 杉君訳の, 杉和泉徳の家, 杉といふ, 杉四郎という学究, 杉坂内匠様をよう, 杉垣ひとへをへだててる, 杉垣根の写生, 杉多喜子のベール, 杉大明神様と震え, 杉大木のあり, 杉天井真竹瓦の四方縁, 杉太枝の五百枝ひろ, 杉夫お参りしなさい, 杉夫さんつうのが, 杉夫さん私は, 杉女史は本当に, 杉婆そのものもまた, 杉孫七郎青木梅三郎中岡黙徳富猪一郎, 杉宮子と泡立ち, 杉富光などの小武族, 杉寛一分以上の穴, 杉寛休みで, 杉寛来訪病気もよく, 杉山毛欅楢桂橡カラ松などの木材, 杉山荘滞在中の作, 杉山見に行く, 杉巴丹杏などが其邊, 杉帶戸で間, 杉延太郎さんが迎, 杉弥どのたちの美しい, 杉弥以下四人の者, 杉に附, 杉一同, 杉成形に内容, 杉捷夫そのほか, 杉捷夫君の近, 杉政次郎右ヱ門高道治助高柳利治藤田小三郎野尻善右ヱ門, 杉墾の, 杉にし, 杉の家, 杉なお暗い, 杉暗き山中なれ, 杉本城で自刃, 杉本当にありがとう, 杉村三五郎はハイカラ, 杉村三五郎マスクが無かっ, 杉村三五郎君どうぞ宜しく, 杉村内膳と云っ, 杉村内膳柔術は, 杉来る筈よ, 杉松栗柏などの見事, 杉松樟などの大樹, 杉松樫などの常緑木, 杉松檜樟などが繁茂, 杉松等の優良, 杉板四枚に漆, 杉枝のとむら, 杉枝達の父親, 杉柑橘類大島椿の白い, 杉柾木槙などを植えつらねた, 杉および松, 杉栗楢の雑木林, 杉校長がこの, 杉の大樹, 杉桜楓など, 杉桜稲麦馬鈴薯甘藍などと面倒臭く, 杉梅三郎君である, 杉かえ, 杉森々として神さび立てる, 杉るな, 杉植ぇでも成長らなぃ処, 杉植えるな, 杉椿のよう, 杉椿なぞの大木, 杉楓雑木の類, 杉などの疎, 杉の大木道, 杉樅椎等の常緑樹, 杉の木立, 杉樹立を隔てた, 杉から移した, 杉檜松柏を八方, 杉檜楠などの幾百年, 杉檜楢などの類, 杉檜樅の老木, 杉檜等の針葉樹, 杉檜許も十餘萬株, 杉櫟桜そのほか様々, 杉の樹, 杉然たり, 杉次郎殿や弁太さん, 杉次郎達は今さら, 杉殿がそんな, 杉氏家庭の児, 杉氏方に他, 杉氏貴殿もおいでなされ, 杉淋しい墓地虫怪談浦島蓬莱など, 杉深き溪を, 杉深くたちこめたる谷, 杉やかい, 杉狂児その他大ぜいで, 杉狂児丹念に振, 杉狂児十月出ると, 杉狒々退治の段, 杉田子衣水子木川子など付添, 杉田子髯将軍の三人, 杉田芹すつと, 杉白い倉ヒラヒラ, 杉白雪つもり見の, 杉皮ばりだったり, 杉皮檜皮などでそれ, 杉皮葺前面は石, 杉目通り周囲一丈三尺以上のもの八本, 杉神さびて恋, 杉をかくし, 杉を菅笠, 杉立木百本余はことごとく, 杉競子お柳, 杉などは大半, 杉の密林, 杉等ダンスチーム五人残って, 杉の長, 杉繞水一渓青絶無人跡渾蕭颯唯有, 杉自分を愛し, 杉至る所に, 杉苗何百本何千本何の誰, 杉苗四百本青野へ杉苗百本, 杉苗植え付けの相談なぞ, 杉苗畑から若々しい, 杉苗百本の植え付け, 杉若葉藤の花, 杉葉垣のしずか, 杉葉玉と, 杉蓊鬱たる尾峰, 杉暗く花, 杉蔵らが獄, 杉蔵憤然として起つ, 杉蔵源助と称する, 杉など一面, 杉蝦夷松柏などの大木, 杉西外山河津加藤江木菊池沼間福沢佐藤藤田中村の諸氏, 杉角材が四本, 杉谿の迫り, 杉贋阿弥土肥春曙らの劇評家, 杉贋阿弥氏の斎藤実盛, 杉赤松など山, 杉越え千早峠久留野越え, 杉踊ってくださる, 杉酒屋といつ, 杉酒屋安達原三段目, 杉銀杏の大樹, 杉という所, 杉を呼び, 杉青葉をくすべ, 杉の鯉