青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「机~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~本能 本能~ ~本質 本質~ 本郷~ 本陣~ ~札 札~ 朱~ ~机
机~
~杉 杉~ 李~ ~材料 材料~ 材木~ ~村 村~ 村人~ ~杖

「机~」 8380, 91ppm, 1227位

▼ 机~ (4287, 51.2%)

1059 上に 484 前に 310 上の 208 上には 106 上を 99 上へ 95 上で 72 上から 60 前へ 54 前で 52 下に 40 前の 35 そばに 34 抽斗から 31 抽斗を 30 うえに, 傍に 29 まえに 28 方へ 26 前を 24 端に 23 下から 20 抽斗に, 横に 19 上は 18 下へ, 前から 17 上にも, 引き出しを, 抽出し 16 抽斗の 15 ところに, 傍へ, 引出しから 14 ところへ, 中に, 側に 13 上や, 引出しを 11 わきに, 上において, 下を, 向うに 10 下の, 側へ, 抽出に, 方に 9 まはり, 上が, 前には, 蓋を 8 ところで, 引出しに, 方を, 横の 7 ような, 中から, 抽出の, 抽出を, 置いて 6 うえには, そばへ, ひきだしの, ひき出しに, まへに, まわりを, 上では, 下で, 家の

5 [14件] そばで, ひきだしから, ひきだしを, 上も, 代りに, 前まで, 周囲に, 塵を, 引き出しに, 抽斗し, 横へ, 端を, 角に, 足の

4 [23件] うえを, すぐ前, そばには, そばの, そばまで, ところから, なかに, ひきだしに, まわりに, 傍で, 傍の, 右の, 向うへ, 塵, 引出から, 引出の, 所に, 抽出から, 抽斗には, 曳出しに, 真中に, 足に, 高さ

3 [38件] あたりに, うえで, うえの, うしろに, ひき出しの, ふちに, ふちへ, ほうへ, むこうに, わきの, 上, 上なる, 下が, 下には, 下や, 中には, 中の, 位置を, 側には, 前では, 前にも, 埃を, 引き出しから, 引出しの, 引出を, 形を, 所へ, 抽出へ, 横には, 端の, 縁を, 脚が, 脚の, 表象は, 角を, 辺に, 間を, 隅に

2 [78件] あいだを, あたりを, ある方, おもて, こちら側に, したで, ところまで, ないこと, ひき出しを, まん中に, わきへ, ヒキダシへ, ヒキダシを, 一点を, 一番下の, 一端に, 上などを, 上なりし, 上にでも, 上にの, 上のは, 上ばかり, 中は, 中へ, 位置が, 側から, 傍まで, 傍らに, 傍を, 処へ, 前だ, 向うで, 向うには, 向うの, 向う側から, 周囲で, 周囲は, 周囲を, 大先生, 奥から, 奥に, 家は, 左右に, 引き出しの, 引き出しや, 引出しへ, 引出しや, 引出へ, 後二枚重ねた, 抽出でも, 抽斗だの, 抽斗より, 数が, 方は, 曳出しから, 曳出を, 木肌に, 横において, 片隅には, 真ん中に, 端には, 端へ, 紙を, 脇に, 脇の, 脚に, 脚も, 脚を, 蓋の, 蔭で, 表象とを, 角で, 道場と, 道場に, 道場には, 隅から, 隅へ, 面に

1 [410件] あいだに, あたりが, あたりには, あたりは, あたりへ, あたりや, あったところ, あとさきを, あとへ, ありぶり, ある窓近く, ある部屋, いったこと, うえいっぱいに, うえから, うえでは, うえも, おくに, お家の, お家も, かげに, かたわらに, かどで, かどにどつか, きれいな, ぐるりに, ぐるりを, こっちに, ごたごたを, ごとしとか, しただの, しめりに, すぐ上, すぐ近く, すみに, すみへ, そばから, そばでは, そばにおいて, そばへも, そばを, たぐいを, ために, ちり, つまった室内, ところには, ところは, ところを, どこかしらに, ないの, なかから, なかには, なかの, なかへ, はしに, はじに, はじへ, はたに, ひきだしが, ひき出しから, ひき出しや, ひとつは, ふち飾りが, へんは, ほうに, ほうは, ほうを, ほかには, ほとりへ, ほとりまで, まえから, まえで, まえの, まえまで, まへで, まへへ, ままを, まわり, まわりだけは, まわりだった, まわりで, まわりでだけ, まわりなども, まわりには, まわりも, まわり壁の, まわり床の間違いだ, まんなかへ, むこうから, むこうが, むこうがわ, めぐりにやつて來て, もとに, やうで, やうな, やりば, ように, わきから, わきでも, わきを, わくの, ウイスキィグラスを, チリも, ヒキダシの, ヒキダシも, ロゴスすなわち, 一つには, 一方で, 一点に, 一番奥に, 一輪ざし, 一隅で, 三本足を, 上か, 上かな, 上さ, 上だ, 上だけ, 上だけが, 上だけで, 上だけの, 上だつた, 上です, 上でも, 上と, 上とか, 上とかに, 上と下に, 上など, 上などに, 上にかけて, 上にだけ, 上につけ, 上につつ, 上になど, 上になんて, 上のを, 上の台附電灯の, 上の空論から, 上の空論と, 上の電燈の, 上はと, 上一面に, 上低く, 上原田の, 上床の間押し入れの, 上掃除, 上方の, 上眞青の, 上自分の, 上鍵のか, 下か, 下だ, 下にも, 下も, 下行燈の, 両側に, 両端には, 両端を, 両脚の, 中で, 中です, 中にも, 中ほどに, 中も, 中を, 中中に, 主の, 主を, 事を, 二番目の, 二階の, 仕事には, 他の, 代用を, 佐太郎が, 側まで, 側らに, 側を, 傍, 傍から, 傍では, 傍なる, 傍には, 傍は, 傍よ, 傍らには, 傍らの, 傍らへ, 僅かな, 先の, 兩端には, 冬の, 処にかけて, 列を, 前え, 前と, 前などに, 前なる, 前にかけて, 前にだけ, 前にばかり, 前は, 前や, 前三時半ばかり, 前後左右は, 前昼餐の, 前縁の, 厚みが, 原稿と, 原稿を, 右に, 右にも, 右側に, 右側の, 右手, 右手には, 右手の, 向うから, 向うを, 向う側に, 向が, 向きを, 向こうが, 向こうで, 向こうに, 向こう側で, 向に, 向側で, 向側に, 向側の, 周囲には, 四つ角は, 四方が, 四方に, 四方を, 場所を, 壺に, 外へ, 大きな引出, 奥を, 如く竹, 子さへ, 家が, 家に, 家にも, 家へ, 家屋敷が, 寸法は, 小端, 居まわりには, 居心地よさ, 屋敷へ, 左に, 左の, 左上隅の, 左方に, 左端に, 市川義平太は, 常に, 広い面, 座に, 引き出しそっと, 引き出しには, 引っ越しが, 引出しなんかへ, 引出しなんかを, 引出しなんて, 引出ほどの, 引出も, 引抽を, 後に, 後の, 後ろに, 後方へ, 後方を, 必要が, 思索が, 性格と, 性格は, 所有主も, 手前に, 手紙を, 披露も, 披露を, 抽出には, 抽出まで, 抽出やら, 抽匣から, 抽匣の, 抽斗その他を, 抽斗それから, 抽斗まで, 抽斗も, 抽斗や, 抽斗をが, 抽斗額の, 持つ存在性, 据えて, 方で, 方と, 方によって, 方の, 方ばかり, 曳出から, 曳出に, 書架の, 有家か, 木の, 木端を, 本家今は, 本立から, 板が, 板で, 板の, 板は, 根っこの, 様子を, 横から, 横を, 横側に, 横手の, 横田生が, 正面に, 此の, 此処へ, 此方へ, 毀れたの, 水を, 汚斑, 滑らかな, 灯を, 灰と, 灰皿の, 片すみへ, 片側に, 片隅で, 片隅へ, 眞向うに, 真ん中で, 真中の, 硯屏に, 端や, 端棚の, 筋向に, 縁に, 縁へ, 置いた邊, 置き場などを, 置き場所が, 置き場所も, 置場所が, 置場所を, 脇へ, 脚かぶと虫の, 脚と, 脚は, 自分の, 自鳴, 色と, 若先生, 苦業百尺の, 草もう, 蓋をば, 蔭から, 蔭よりは, 表象との, 表面に, 表面は, 表面まで, 被いなどの, 被いは, 裏側が, 裏側に, 裏側を, 裏側床の, 角へ, 角まで, 講壇で, 足もとにも, 足を, 辺りに, 辺りの, 辺りを, 近くに, 近辺に, 道場, 道場を, 邊を, 邪魔に, 鏡に, 鏡板に, 長引き出し, 間から, 間に, 間へ, 陰から, 隅で, 隅にく, 隅の, 際に, 際へ, 際も, 電気容量と, 面が, 面より, 面を, 類まで, 香ひ, 高い方

▼ 机~ (1450, 17.3%)

213 向って 62 向つて 37 向かって 35 むかって 34 頬杖を 21 よりかかって 20 凭れて 18 向ひ 16 むかつて 15 向った, 坐って 14 対って, 肱を 13 向つた 11 倚って 10 凭る, 向ったまま, 向ふ 9 倚り, 頬杖つい 8 かじりついて 7 すわって, 向うと, 噛りつい 6 両肱, 凭って, 向う, 向ったが, 坐つて, 肘を, 頭を 5 倚りかかっ, 凭り, 向は, 就いて 4 しがみついて, のって, 向いて, 向っても, 向つて勉強, 対った, 置いて, 腰を, 載せて

3 [20件] して, ついて, のせて, 両肘, 伏して, 倚った, 倚りか, 倚る, 兩肱を, 凭つてゐる, 向うて, 向おうと, 向かいながら, 対す, 片肱, 突いて, 腰かけて, 身を, 靠れて, 顔を

2 [46件] うつむいて, かけて, かじりつきながら, しばりつけて, すわり, たてて, とりついて, ひじを, むいて, むかう, むかえば, むかった, むかひながら, よっかかって, よって, 並べて, 俯向い, 凭った, 向い, 向い仕事, 向かった, 向かわなければ, 向き直って, 向ったの, 向ったり, 向っての, 向つて何, 向つて本, 向つて筆, 向ふと, 向ふもい, 向へ, 坐ったまま, 寄りかかって, 対われしこと, 對ひ, 座って, 手を, 書物を, 歩み寄って, 獅噛みつい, 突き編物, 突ツ伏し, 置きて, 臂を, 魔法の

1 [585件 抜粋] あいてる節穴, あて, ありなし, ある辞書, いた, いた大柄, いた登誉子, いた神山, いて, いむか, いむかい, いる大川時次郎, いる日, うしろ向きで, うしろ向きに, うつぶしに, うつぶしぬ, うつ伏して, うつ伏せたり, うつ伏せに, おき深更, おちつくま, お向ひ, お絹, お蝶, かえった, かえって津山, かがみこんで, かがみ込んで, かけたり, かけた自分, かける布切り子, かけ勤勉, かじりついたまま, かじりついたら別人, かじりついてれば, かじりついてを, かじりつきあ, かじりつく, きしむので, きちんと向わなけれ, きまって, ぎゅうぎゅう押しつけられ, くっついた大きな, くっついて, ぐッたりと, こごみかかった幸子, こしかけて, こんな手紙, さしおいたこと, されその, しがみついたまま, しがみついては, しがみつきすがりつきに, しがみつきて, しっかりよっかかった, しつらえて, しばりつけられたの, しまい音, しまって, しろホヤ, じっくり向う, すえたり, すえて, すがって, すがり寄って, すりつけて, すれて, すわりこみ, すわりました, すわり書類, すゑた, せっせと書類, せばめられた通路, そろふ書, たたきつけて, だつて, ちゃんとすわっ, ちゃんと座っ, ちょこんと腰, つかして, つかまえ相手, つかまった, つきあれ, つき午後, つき最近書き, つくと, つっぷして, つっ伏して, つまずいたり, てらす電灯, とびついて, とりつく元気, とりとめも, どつかり, なすりつけその, なったが, なった時, にげて, ねばって, のしかかり話, のせしばらく, のせそれ, のせ家, のせ酒, はりつきます湿度九十九パーセント, ひたと顔, ふれさせながら, へばりついて, ほうり出したノオト, ぼんやりすわっ, ぼんやり頬づえをついた儘, ぽかんと頬杖, むかいだした, むかい彼, むかったなり目, むかったもの, むかったらいくらか, むかった感じ, むかつたらひよつこり母, むかつては, むかつて書きもの, むかひ, むかひつ, むかひ病中, むかひ讀書, むかふ, むかへません, もたせて, もどした, もどった, やっぱり雪の下, よせかけて, よりかかったまま, よりかかったまま前後不覚, よりかかり顔, よりては, よれば, わたしを, オンス秤と, ギッシリと, セセッション型の, ツバキが, ブリキの, ベツドに, 一冊の, 一団に, 一團に, 一椀の, 両ひじ, 両手を, 並べた葡萄酒, 並べられた子供, 並んで, 並んでるの, 丸善の, 乗っけて, 乗って, 二人ばかり, 仕て, 伏さった, 伏さったま, 似て, 体を, 使って, 例の, 供えるの, 依る事, 倚つてさつきの, 倚つては, 倚つて好きな, 倚つて居る, 倚つて自分も, 倚らぬ, 倚り懸っ, 倚り懸り, 倚り掛り, 倚れり, 倚れる, 倚凭って, 倚凭つて洋燈の, 倚凭つて頬杖を, 倚凭り, 倚掛つてぼんやり, 克服し, 写真が, 凭か, 凭せた, 凭たせかけ, 凭つた, 凭つてこれを, 凭つてせつせ, 凭つてを, 凭つて何か, 凭つて熱心に, 凭つて筆記の, 凭つて耳も, 凭つて遠く, 凭らなけれ, 凭りか, 凭りかかっ, 凭れ, 凭れか, 凭れたまま, 凭れたままぼんやり, 凭れながら, 凭掛り, 出て, 出納簿を, 初めて差し, 十人内外の, 十八型程の, 十冊ばかり, 千文八百ふみう, 千文八百文堆く, 半身を, 原稿の, 叩き着けて, 右の, 各々彼ら, 向いきのう, 向いそれ等, 向いそろそろ, 向いたまま, 向いたり, 向いても, 向いながら, 向いふと, 向いました, 向いまたもや, 向いアテナ, 向いダーヴィッシ, 向いペン, 向い夕飯, 向い夢中, 向い巻もの, 向い抽斗, 向い最も, 向い机, 向い気, 向い直して, 向い続けなければ, 向い腰かけると, 向い自然, 向い西洋風, 向い読書, 向い足, 向い顔を, 向うか, 向うが, 向うこと少時, 向うしか, 向うとき, 向うに, 向うの, 向うや, 向う事, 向う仕事, 向う部屋, 向えない, 向えば, 向かいつづけて, 向かい午前, 向かい合って, 向かい心持, 向かい新, 向かい書簡箋, 向かい鳩, 向かうこと, 向かうという, 向かったぎりで家人, 向かったの, 向かったまま, 向かってること, 向かは, 向かひ新, 向かひ鳩, 向き直る, 向ったけれども, 向ったところ, 向ったらこの, 向ったら犬, 向ったら硯屏, 向ったわけ, 向った感じ, 向った横坐り, 向った私, 向ってること, 向つたが, 向つたことが, 向つたなり, 向つたのちの, 向つたま, 向つたままいつかうんこを, 向つたまま惡びれず, 向つたらいつも, 向つたら好い, 向つた後姿を, 向つて仕事, 向つて俺, 向つて六七枚, 向つて切り, 向つて十時, 向つて書き殘, 向つて書見, 向つて架空的, 向つて歌, 向つて正座, 向つて痴想, 向つて習字, 向つて脚本, 向つて進退伺, 向つて靜, 向つて頭, 向はんと, 向ひぬ, 向ひ通した, 向ふけれ, 向ふこ, 向ふべし, 向ふも, 向わなければ, 向わねば, 向直る, 唐刻の, 唐紙の, 噛りついた, 四角張つて, 坐った, 坐ったままスペイン, 坐っても, 坐つた, 坐つたの, 坐つてブルウル氏, 坐つて封筒張り, 坐つて読書, 坐つて身, 坐らせ授業, 坐らなければ, 坐りこんで, 坐りながら, 坐りますので, 坐り返して, 坐る, 坐ること, 坐わる用意, 塵が, 夜じゅう沈思の, 大部の, 字を, 寄って, 寄つか, 対う, 対おうとする, 対つて復た, 対ひ, 對つても, 對はれし, 對ふこ, 小さい動物, 小さな仏壇, 就けば, 屈みこんで, 屈めこんで, 山積された, 山積し, 帰った, 帰って, 座り先生, 座席を, 座蒲団一つ寝る, 当てた, 当るところ, 後手を, 恁っかかっ, 憑り, 憑りかかり, 憑り居し, 憑る, 戦絵図を, 戻り素子, 打ちも, 打っ伏して, 打つけ, 打伏, 投げ上衣, 折りその, 押しつくるごとくに, 押しつけて, 持たした体, 持って, 据ゑて人なき, 掛けた布, 控えて, 支うるとき, 支へて, 斜に, 暗い顔, 木綿の, 本おちつい, 来た時, 椅子を, 樒が, 横顔を, 正しく坐っ, 毎日親しん, 没頭させる, 洋食弁当の, 涙がか, 添えて, 添ふて, 清讀を, 溜めて, 濁った燈火, 片ひ, 物書きゐる, 用いるもの, 男の子と, 登り床, 百取, 相対し, 着いた, 着くと, 破れ椅子, 移った, 積み重ねて, 突き立てた様子, 突つ伏し, 突伏し, 突伏した, 突俯そう, 立てつ目, 筆をな, 縛りつけられて, 置いた, 置いたまま, 置きました, 置くか, 置くから, 耳の, 肱ついてる, 肱で, 肱片手を, 背を, 背広の, 腰かけること, 臨めども, 艶めかしい, 花なし, 花立や, 茶色の, 落ちたかた, 落付く, 行儀よく, 衣紋正しく, 見慣れた黒木綿, 謝礼の, 貼りつめて, 赤い布, 身をば, 軽くよりかかり, 載せた墨汁, 近い程よきところ, 近くいる, 近く引きずっ, 近く茶器を, 近づいて, 近づきまた, 近よった, 近より, 返しました, 返って, 返ると, 送り状が, 遠い縁, 重ね暫く, 鏡を, 附かんばかりに, 附属し, 降込んだ霞, 陣取って, 隣り合つて, 離れて, 電燈の, 靠りかかる, 靠れたが, 音が, 頑張って, 頤杖を, 頬づえをついたまま半日を, 頬づえをつきぼんやり, 頬杖し, 頬杖つき, 頬杖つきわが, 頬杖つき目を, 頬杖の, 頼杖を, 飾られて, 馴じ, 齧り付いて

▼ 机~ (703, 8.4%)

51 並べて 24 前に, 置いて 16 ならべて 12 据えて 11 出して 10 離れて 9 おいて, 叩いて, 控えて 8 すえて 7 持って 6 持ち出して 5 借りて, 横に 4 くれ, 囲んで, 寄せて, 控へて, 立て, 買って

3 [16件] ひかえて, へだてて, もって, よせて, 中に, 作ると, 占領した, 叩いた, 抱えて, 持出した, 持出して, 挟んで, 据ゑたるは折ふし硯, 据ゑてその, 見て, 貸して

2 [38件] あけて, かついで, たたいた, たたいて, ならべたの, ならべるの, にらんで, まさに最初, 一つ置い, 二つ並べ, 作らせました, 列べて, 取り出しそして, 取り出して, 古道具屋の, 囲みながら, 多年使用し, 意味し, 据えた, 据えること, 控へ, 敲き乍ら, 新調し, 片附けた, 真中に, 移した, 窓の, 竹垣ご, 置く, 西の, 見つけないでも, 見出した, 覚えて, 部屋の, 隔てて, 離れ冬, 離れ門, 飾って

1 [349件] あちこちへ, いじッ, いれて, うつして, うつて, うつよう, おいたの, おいた工合, おいた裁縫室, おき, おきそれ, おき下, おき大衆, おき本, おくところ, おく私, おさえ辛うじて, おびやかした, かかえこみ二畳, かかえて, かかへて, かきまわして, かきまわすひくい, かこんで, かして, かたづけとなり, かぶせて, かまえて, かりる, きゅっきゅっと, きよめ, ぐらぐら動かし, こしらえさせた下手, こしらえて, さえ出して, さして, しらべて, すえさして, すえた居所, すえれば, すえ左右, すえ手製, すえ皮膚, すゑて, ずって, そのそば, その中, たたいたり, たたき眼, たたんで, ちが, つかったの, つかって, とりかこんで, とりのけて, とんと叩きました, どっちに, どんと叩き, なつかしむ心, ならべた同級生, ならべること, ならべ各, のせ卓子, はげしくたたいた, はこんだり, はさんで, はなれて, はなれると, はなれる丈, はらふ, ひっくりかえし書類箱, ひっぱたく, ひとつあてが, ふいて, へだて, へだてそれ, へだてた向, ほんのそっと, また身近, また閉ざし, まわって, みつめながら, もちこみ足先, もちだすやう, もち出し, もち本棚, ゆすぶって, カチカチたたき, キチンと, クラわせた, コツコツと, トンと, ドンと, ハタと, ベッドの, ランプの, 一々走っ, 一つたたい, 一つトンと, 一つドカン, 一つ叩く, 一つ持っ, 一つ距てて, 一個貰っ, 一列に, 一脚, 下りにか, 下ろして, 並び合ったと, 並ぶる日, 並べその, 並べた, 並べたばかり, 並べた人, 並べた八疊, 並べた同僚, 並べた少年時代, 並べた時分, 並べた間柄, 並べて習う, 並べながら, 並べましたもの, 並べる同僚, 並べ一番二番, 並べ同じ, 並べ夜, 並べ花, 並べ行李, 乱打し, 二つあわせ, 二つばかり, 二人で, 二寸ちぢめ, 五円出し, 今ここへ, 使ってるん, 傍へ, 先の, 入れ暫時居候, 八ツ程, 八畳の, 出させて, 出し白く, 列べさせること, 列べたり, 削ッ, 割り込んで, 動いて, 動さんと, 北窓に, 南から, 南の, 南椽に, 南縁から, 占領し, 卸しにか, 取って, 取りおろしに, 取りかこんで, 叩いた或, 叩き, 叩く, 叩くや, 叩く音, 台に, 向かい合わせた同僚, 向けて, 向けないと, 向けました, 向ひあはせ, 向ひ合し, 埋めて, 売り火鉢, 売り私, 定義出来る, 家と, 小松の, 履み, 幾つも, 床の間と, 床屋の, 引きつけて, 引き寄せて, 思いよむ本, 恐れ自分一人, 悉皆取, 成るたけ, 打ったが, 打って, 打つて, 扣え, 把捉する, 抱えた儘, 押さへて, 押しやって, 拭き込むばかり, 持ちあげ滝の上, 持ちこんで, 持ち出した, 持ち出し平素めった, 持ち出し書類, 持ち出し本棚, 持ち寄つた, 持つて, 持込んで, 指した, 指差して, 按き, 挾んで, 据えすわって, 据えその, 据えたならば, 据えたの, 据えたまんま, 据えた場所, 据える, 据える事, 据え御幣, 据え米, 据え頻に, 据ゑそが, 据ゑその, 据ゑたり, 据ゑた感じだ, 据ゑた私と, 据ゑても, 据ゑて學業の, 据ゑて粗, 据ゑて頬杖を, 据ゑて頭痛が, 据ゑ頻, 掃除する, 探し出した, 控えその, 控えた前, 推して, 撃ッて, 放り出して, 有効に, 松さんが, 柳やが, 棄てたお, 検べ, 椽側へ, 構えて, 構へ, 構へて, 河合の, 浄めて, 渡す, 滑って, 照らして, 片づけて, 片づけ台所, 片づけ硯, 用いテーブル, 発見し, 相対に, 眺めた, 眺めたり, 睨みつけた, 睨めつけたよう, 私から, 移して, 移し両手, 積み重ねた上, 積んだ荷車, 積んで, 積上げたの, 突ついた, 立ち, 立った老人, 立てて, 竝べて, 竪て, 縁側に, 置いた, 置いた方, 置いた辺, 置きその, 置きたい, 置きぬ, 置きました, 置き北, 置き土器, 置き大津絵, 置き新, 置き皿, 置き経文, 置き長持, 置き頻に, 背負て, 脊に, 膝の, 茶餉臺代りに, 荷車に, 蒲團の, 見たこと, 見つめて, 見ても, 見ながら, 見まわって, 見廻しつつ, 見降して, 許されて, 調べ彼, 買いに, 買いました, 買うこと, 買おうと, 買は, 買ひ, 買ふこ, 買わないかって, 貸しな, 賣り私, 起って, 越え手, 越して, 足先で, 踏台として, 踏台に, 踏臺に, 蹴飛ばして, 退け筆, 連ねて, 運んだり, 運んで, 道端の, 選択し, 選擇し, 重ねて, 鏡台の, 開けると, 間に, 除いて, 階下に, 隔て, 隔てた殺風景, 離れずといふ, 離れた, 離れては, 離れなかつたが, 離れなくなって, 離れまるで, 離れ数馬, 音の, 顔丸の, 飛ばす夢

▼ 机~ (396, 4.7%)

392 之助 3 之助様 1 之助氏

▼ 机~ (255, 3.0%)

15 あって, 置いて 9 ある 6 おいて 5 あった, あつて, 据えて 4 出て, 据えられて, 置かれて 3 あります, ないの, 一つ, 一つと, 一脚置い

2 [12件] ありその, すえて, はりに, まるで一生, 一ツ薄色の, 一時は, 丁度相当かとも, 並んで, 据ゑてある南の, 眼に, 置かれその, 部屋の

1 [144件] あったが, あったり, あつて五六冊, ありその他, ありふかふか, ありました, ありまして, ありますね, あり他, あり座ぶとん, あり書道, あり茶菓用, あるかぎり, あるだけ, あるという, あるの, ある洋燈, いいました, いまさら感じたらしくいいました, いるの, うちに, うれしくなつかしくなっ, おけて, がたがた鳴った, きっとある, それぞれの, それと, どうした, ないのよ, ないわねえ, なくベッド, ならんで, はめこまれて, ひとつその, ひとりで, ほしいと, まげて, みんな古ぼけた, もし中和的, もちだされること, チャンとおい, ベッドの, ロゴスすなわち, 一つあった, 一つある, 一つしか, 一つその, 一つそれから, 一つそれに, 一つだけ, 一つ埃の, 一つ帳面が, 一つ据え, 一つ時と, 一つ横倒しに, 一つ窓近く据ゑられてあつた, 一つ縁先に, 一つ置い, 一つ置かれ, 一つ衣服箱が, 一で, 一なれ, 一ツに, 一個硯箱インキ壺雑然と, 一脚あった, 一脚そこに, 一脚その, 一脚と, 一脚どうにか, 一脚寂然として, 一脚据え付け, 一脚無造作に, 三つあっ, 三つ四つ置い, 上に, 並びその, 並び刑事, 二つある, 二つほど, 二つ九十度の, 二つ部屋の, 二寸長すぎ, 二尺五寸に, 二脚並ん, 五脚ほど, 今こしらえたら, 代わりに, 以前の, 仰向けに, 位置まで, 何だか船, 何処にか, 何重にも, 借物の, 傾いて, 具えられ壁際, 出来たぞ, 出来て, 出来二畳, 動きだすかも, 又は椅子, 四か, 四通りに, 在る代り, 壁に, 壺井さんの, 大変よごれた, 宙に, 差し向いに, 平である, 座敷の, 庭に, 庭へ, 彼の, 忽ち出, 恋しい, 拵へ, 据えられ金銀, 欲しいと, 欲しいもの, 段々賑やか, 清らかに, 無くなった, 無くなつた, 現はれ, 皆塞がっ, 移して, 空いて, 窓の, 立って, 自ら動き出す, 若し中和的, 表象された, 見えて, 見える, 言葉に, 言葉において, 邪魔で, 邪魔ならどける, 邪魔に, 配置し, 隅に, 階下に, 飛びだして

▼ 机博士~ (139, 1.7%)

43 の頭, の顔, の顔色, 面白い話 2 だった, であった, の手, の身体, はいっぺんに, はうしろ, はその, は最後, は首領, も木戸

1 [103件] がいれかわっ, がきいた, がさわっ, がその, がつかつか, が不安, が六天山塞, が処置, が手, が朝, が横, が猫女, が買いとっ, が針鼠, が頭目, が風, が首領, この脚, そのわけ, その人, その日, だせ, とそれから, なの, にちかづいた, にちがい, にレントゲン, に叩きつけた, に致命傷, のおどろき, のほっそり, のよう, のレントゲン, の不安, の声, の小さく, の方, の暗室, の最期, の生命, の瞳, の考え, の肩, の行方, の言葉, の身の上, の身体検査, はあっと, はあまり, はうそぶいた, はおびえた, はくやし, はけいべつ, はしおしお, はしずか, はそう, はふたたび, はまるで, はみるみる, はオーバー, はゲッソリ, はチャンフー号, は俳優, は十分自信, は反っ, は四馬剣尺, は天井, は思った, は急, は恐怖, は戦慄, は戸倉老人, は手, は椅子, は気, は決心, は猫女, は矛盾, は禿鷹, は聞きかえしたかった, は背中, は自分, は自席, は興奮, は表情, は金切声, は顔, は鼻, もみんなみんな影, もよっぽど, をおれ, をここ, をしばりあげ, をつれ, をとりおさえた, をとりかこんだ, をにがす, をひったて, をまたたく, を四馬剣尺, を脅かし, を荒くれ男, 物凄い形相

▼ 机~ (129, 1.5%)

6 机の 4 机との, 椅子と 3 椅子が, 椅子を 2 いったらまったく, 並んで, 何にもは, 本箱と, 腰掛を

1 [99件] あとは, あの人, いと貧しい, おそらくは判事, かぎの, きめませうと, し床, し獣油, すること, その上, その前, その横, それから私, ちょうど反対, なって, なつて, なりました, ふとんと, ぼくの, りっぱな, テーブルに, ベッドとの, ベッドとを, ランプと, 一向調和, 一穂の, 一順二階の, 乱れない机, 二三脚の, 云うの, 云ふ, 人間の, 受付けの, 同じやう, 同じ同属, 同様である, 呼んで, 夜具それだけ, 夜具を, 夜具包みを, 室の, 寝台との, 寝台を, 小さな本立, 幕とだけ, 床几の, 座蒲団の, 廻つて歩く, 廻転椅子, 手との, 掘ゴタツ, 描かれた机, 文房具と, 書棚新子の, 書笈と, 書箱の, 書籍との, 書籍の, 本とに, 本に, 本棚と, 本棚とが, 本箱それも, 本箱とが, 本箱は, 本箱を, 材木とは, 枕との, 椅子だけ, 椅子とは, 椅子とを, 椅子の, 椅子丁度家のと, 椅子二つ来る, 洋燈とを, 火鉢と, 煖炉と, 煙草盆その, 睨めっくら, 硯箱が, 筆と, 置戸棚の, 腰かけを, 腰掛が, 腰掛けが, 腰掛けとを, 膝とは, 般若心経とは, 茶棚が, 茶色の, 薬研の, 裁縫台と, 言海を, 講堂に, 鉄の, 電気の, 電気スタンドと, 電話磨かれた, 首っ

▼ 机~ (107, 1.3%)

2 すぐに, そこに, 一閑張の, 之に, 古いの, 持ち運ぶに, 明るいところ, 桐材が

1 [91件] あってなかった, いかになれる, おらぬわ, がたがたと, がら空きで, この島, そのこと, そのとき, その上, その時夏目先生, その最も, たびたび誰, どれでございます, ない, また人間, みんなが, もうあたりまえ, もう一脚, もう無, もっと小さかっ, やっぱり昔ながらの, よく乳母車, アントアネットの, 並んで, 主として日本机, 主の, 今まで, 伸子が, 低い腰かけ, 何と嵩, 俺の, 元来机では, 兄から, 六畳へ, 刑務所の, 動いて, 動かなくなった, 北向きに, 北向きの, 北向の, 又わたし一人, 右でも, 右の, 同じくらいの, 塵一つない, 夜店で, 如何に, 存在する, 寂し君, 尚或, 庶民の, 張り板に, 彼と, 必ずや之, 感慨深そう, 据えて, 携帯電灯を, 昔から, 木として, 机鏡台は, 東側の, 概念的存在として, 横さまに, 横に, 次手に, 正面むきに, 毎年夏から, 決して寝台, 涙で, 漸くに, 白い木, 白木なる, 白木の, 百円以上も, 相当大きい, 祖父の, 私の, 空間的存在である, 窓から, 窓ぎわに, 窓の, 答えました, 置かれたの, 腰かけ得る性質, 茶餉台がわりに, 衛生に, 覆えされて, 訪問者に, 読み又は, 隅の, 雑物置として

▼ 机~ (90, 1.1%)

4 椅子が 3 書棚や, 本箱の, 本箱を, 椅子の, 椅子や, 椅子を, 腰掛の 2 イスや, チャブ台用としては, 卓上電話が, 椅子に

1 [57件] うちじゅうの, やぶれ蒲団, ストオヴも, ベッドや, 五六人並べる, 何か, 何かで, 卓子の, 卓子や, 安楽椅子の, 小箱, 床の, 或は銃器臺, 戸棚を, 手提げカバンの, 手文庫を, 敷物や, 日月星晨の, 書架や, 書棚の, 書棚を, 書物なども, 書箱などを, 本箱が, 本箱なら, 本箱へ, 本箱また, 本箱も, 枝の, 棚の, 椅子では, 漆塗の, 火鉢と, 火鉢などに, 火鉢や, 灰皿や, 無邪気な, 用箪笥の, 皮張りの, 石版画の, 碁盤を, 空き箱などを, 空に, 窓硝子に, 筑波根売り, 箪笥なぞを, 米に, 経巻などが, 腰かけなど, 腰掛に, 薬研と, 遠距離制御器などが, 金庫を, 鏡台その他身の, 障子唐紙に, 雛の, 香炉や

▼ 机から~ (82, 1.0%)

4 顔を 2 引きは, 机と, 離れて, 頭を

1 [70件] お立ちに, して, その上, ぬっくと, ふりかえって, パステルを, 一冊の, 一綴じの, 三包みの, 上げた氏, 世間を, 今戸橋を, 出して, 取って, 取上げそれ, 向きを, 向き返っ, 向こうへは, 呼びかけられて, 壁へと, 外国煙草を, 封蝋の, 山が, 布を, 床の, 引き取った手, 急に, 戻って, 手本へ, 斜めに, 時計を, 書類を, 最近の, 本を, 本箱から, 本箱の, 机へ, 机へと, 机を, 椅子を, 滴る酒, 照常様が, 目を, 眼を, 硯を, 窓框の, 立ちあがって, 立ち上がり食堂, 立ち上がると, 立ち上った, 立って, 第二, 紙入れを, 膝から, 菓子屑を, 落ちたとまでは, 落ちたインキ壺, 落ちました, 落っこちて, 薬瓶を, 貰って, 重い胸, 錆びた安っぽい, 鍵を, 離す, 離れたところ, 離れなかつた, 飛び下りる, 飛び出して, 首を

▼ 机~ (61, 0.7%)

3 ない, なにも 2 ある, あれば, 何も, 本箱も, 魔法の

1 [45件] あり経机, あるの, お持, かなりりっぱ, きれいに, こんなとき, たわ, どこかへ, ないので, なかったで, なく椅子, なく部屋, ふるくなった, イスも, バラバラに, ピラミッドの, 一節切の, 三次元の, 器械も, 四つばかり, 在る椅子, 埃だらけ炉とは, 売り払, 暗かった, 書物も, 椅子も, 火鉢の, 火鉢も, 灰に, 灰にな, 焼け焼け跡, 煙草盆も, 物すべてが, 畳までも, 着て, 箪笥とけん, 縁側の, 置いて, 置電灯も, 荷作りし, 衣桁も, 被告も, 貰って, 違い棚の, 黒板も

▼ 机~ (58, 0.7%)

3 これを 2 何か, 宿題の, 抽斗の, 私は

1 [47件] あつて, お千代ちゃん, くたびれると, この時, この書簡, この葉書, すらふと, せめてハガキ, その上, その机, ひとりびとり順々に, もすゑるやうになる, 両側に, 事務を, 兎に, 冨美子が, 原稿を, 古い帳簿, 呆ん, 図書館の, 墨を, 支え顔を, 旅の, 書いたの, 書いたり, 書いた部分, 書く, 書くの, 書くので, 書類を, 煎茶を, 珍しくこれ, 由子は, 石垣に, 素読を, 老人は, 聞いて, 蜂谷が, 行え, 説明する, 読書する, 読書に, 読書を, 謄写版を, 起しつ, 達ちゃんへの, 邦字新聞から

▼ 机~ (57, 0.7%)

4 向った 2 向いて, 行くと

1 [49件] おしりを, ごたごたと, しがみついて, すがったきり, とびうつりくるったよう, はしり寄って, ぴったり胸, へばりつきです, むき出しの, もどして, 両手を, 乗っけた社長, 倚り, 凭れか, 向かったが, 向かって, 向きなおろう, 向ったが, 向って, 向つた, 向つて, 呼びだされた, 囁きを, 寄りかかって, 帰って, 帰つて行つた, 帰る, 引かえ, 戻ってから, 戻り朝子, 投附け, 擦り寄るなり, 突進した, 筆を, 縞銘仙の, 置いて, 肘を, 背を, 腰かけさせた, 腰を, 自分の, 行って, 身を, 載せて, 近づいて, 進んだ, 頬杖つい, 頬杖を, 顎が

▼ 机にも~ (54, 0.6%)

30 たれて 3 たれながら 2 たれか, 活けられたし

1 [17件] たれたなり, たれたまま, たれたままピストル, たれたまま夕がた, たれも, たれ工場主, どつて, なかった, なりまた, なるし食卓, のって, 一切の, 床の間にも, 弓なりに, 硯や, 脚が, 腰掛にも

▼ 机には~ (29, 0.3%)

2 美しき氈

1 [27件] お燈明, けんび鏡スライド培養え, ナイフで, ワグナアの, 九谷焼の, 二三冊の, 何も, 半紙を, 向ふ, 向わずみんな, 塵まみれに, 大判の, 市川義平太が, 広げたまま, 歩けないか, 水と, 無地の, 生徒の, 白い大掛児, 背中を, 苦心に, 英語の, 豆腐と, 赤く古ぼけた, 造花の, 青い机掛け, 食物の

▼ 机~ (17, 0.2%)

17 之助

▼ 机~ (16, 0.2%)

4 の上

1 [12件] が急, で掩, と畳, ね之, の主人, の前, の白く, の羅紗, は色, も新, をかけた, を掛け

▼ 机という~ (12, 0.1%)

2 ものに対して, ものは, ものを 1 のも, ような, 存在者を, 概念において, 概念の, 言葉は

▼ 机によって~ (11, 0.1%)

1 [11件] お眼, 二分され, 何か, 坐って, 庭に, 彼が, 忙しく昨晩, 日記を, 独り読書に, 読書三昧閑居まだ, 間近な

▼ 机でも~ (8, 0.1%)

1 倒れたよう, 壁でも, 寝室でも, 床でも, 据えたよう, 据えて, 新平家物語, 蒲団でも

▼ 机とが~ (8, 0.1%)

2 あった 1 あり入口, いちばんたがい, すぐ眼, 幾筋にも, 指定され, 置いて

▼ 机との~ (8, 0.1%)

4 間を 1 底の, 狭い間, 間に, 関係は

▼ 机について~ (8, 0.1%)

1 可なり, 学課の, 居ります, 日記か, 知らぬ振など, 禅宗の, 紙と, 翻訳の

▼ 机掛け~ (8, 0.1%)

1 がかかった, が掛っ, の上, の花模様, をまくっ, を一枚一枚, を用いる, を見る

▼ 机だの~ (7, 0.1%)

1 ガラス戸の, 何だの, 卓子だの, 小屏風, 水瓶だ, 特別に, 買いに

▼ 机~ (6, 0.1%)

1 けがか, なにかの, なんかに, 何か, 卓子かの, 頭か

▼ 机~ (6, 0.1%)

1 とかイス, と休むときああしたくなりますね, のという, のを, よどい, ワードローブだ

▼ 机では~ (6, 0.1%)

1 ない, ないと, わかるまい, 不便な, 疲れた眼, 私は

▼ 机とを~ (6, 0.1%)

1 すえそこ, 占領し, 取り払おうと, 持ち込んで, 持って, 片づけるだけ

▼ 机などが~ (6, 0.1%)

1 あり棚, 有りますね, 見えた, 見える, 運送屋の, 雑居し

▼ 机~ (6, 0.1%)

4 の物 1 のもの, を載せた

▼ 机かけ~ (5, 0.1%)

1 でもかけた, のよう, はたま, をとっ, 敷物に

▼ 机一つ~ (5, 0.1%)

1 と幾つ, と幾册, と椅子二つ, なくな, に椅子二つ三つ

▼ 机博士おまえ~ (5, 0.1%)

1 だおまえ, だったの, のこと, の眼, はわざと

▼ 机~ (5, 0.1%)

1 にあつ, においていま座右の銘, に戲, の篋底, は無秩序

▼ 机~ (4, 0.0%)

4 しに

▼ 机として~ (4, 0.0%)

1 製造せしめたる, 語られかく, 赤銅の, 限定され

▼ 机など~ (4, 0.0%)

1 いふ新造語, ござって, どうなった, 父の

▼ 机などを~ (4, 0.0%)

1 ならべた居間, 持って, 熱心に, 直して

▼ 机にか~ (4, 0.0%)

2 ぢりつい 1 へた意外な, へり頭

▼ 机よりも~ (4, 0.0%)

2 彼の 1 十センチぐらいは, 彼を

▼ 机腰掛~ (4, 0.0%)

1 がおとなしく, で蝋燭, などの器具, に陣取っ

▼ 机この~ (3, 0.0%)

1 書物或, 書物或いは, 椅子の

▼ 机その~ (3, 0.0%)

2 上に 1 奥に

▼ 机だけが~ (3, 0.0%)

1 ならんで, ひっそり閑, 残るの

▼ 机だけに~ (3, 0.0%)

2 胸が 1 倚っても

▼ 机といふ~ (3, 0.0%)

1 意味の, 概念の, 言葉は

▼ 机とも~ (3, 0.0%)

2 灰と 1 つかぬもの

▼ 机なら~ (3, 0.0%)

1 其の机, 机の, 机を

▼ 机に対して~ (3, 0.0%)

1 嚏を, 相並ん, 蕭然と

▼ 机のうへに~ (3, 0.0%)

1 ひろげて, イブセンの, 古備前

▼ 机のよ~ (3, 0.0%)

1 こからは, この障子, こを

▼ 机らしい~ (3, 0.0%)

2 ものも 1 ものは

▼ 机代り~ (3, 0.0%)

1 の品, の小さな, の箱

▼ 机越し~ (3, 0.0%)

1 に延ばし, に手, に雪子

▼ 机がわり~ (2, 0.0%)

1 に使われ, のだい

▼ 机~ (2, 0.0%)

1 なは, ゑおくちひさき伏屋の

▼ 机その他~ (2, 0.0%)

1 の家具, はすぐ

▼ 机それだけ~ (2, 0.0%)

1 だった, の荷物

▼ 机だけ~ (2, 0.0%)

1 かりて, 引越すの

▼ 机だけは~ (2, 0.0%)

1 初めから, 天然自然の

▼ 机だった~ (2, 0.0%)

2 のです

▼ 机であった~ (2, 0.0%)

1 ところに, のであります

▼ 机であり~ (2, 0.0%)

1 三度三度の, 新聞の

▼ 机です~ (2, 0.0%)

2 から少し

▼ 机とかいう~ (2, 0.0%)

1 ものに, ものは

▼ 机にて~ (2, 0.0%)

2 余は

▼ 机にばかり~ (2, 0.0%)

1 向って, 囓りつい

▼ 机にまで~ (2, 0.0%)

1 つき飛ばした, 示されて

▼ 机により~ (2, 0.0%)

1 その日, 新紙を

▼ 机に対する~ (2, 0.0%)

1 時に於, 経験は

▼ 机のうへで~ (2, 0.0%)

1 おほか, なにやら書き

▼ 机ばかり~ (2, 0.0%)

1 円光の, 圓光の

▼ 机まで~ (2, 0.0%)

1 出し選挙事務所, 行って

▼ 机もろ~ (2, 0.0%)

1 ともかかえ出された, とも宝鏡先生

▼ 机ドクトル~ (2, 0.0%)

1 からは, が何

▼ 机一つ本~ (2, 0.0%)

2 は漢文

▼ 机一台~ (2, 0.0%)

1 と衣裳戸棚二台, のタイプライター

▼ 机一脚~ (2, 0.0%)

1 と椅子, を隣家

▼ 机並べ~ (2, 0.0%)

1 てやっ, て男女合宿

▼ 机二つ~ (2, 0.0%)

1 や冬, や冬ごもり

▼ 机代物~ (2, 0.0%)

1 を持たしめ, を置き

▼ 机代用~ (2, 0.0%)

2 のリンゴ箱

▼ 机兼食卓~ (2, 0.0%)

1 の上, の大きな

▼ 机~ (2, 0.0%)

1 に坐し, に坐り通し

▼ 机博士それ~ (2, 0.0%)

1 がおまえ, が誰

▼ 机弾正~ (2, 0.0%)

1 から島田虎之助, という先生

▼ 机~ (2, 0.0%)

1 とても不可能, は溜る

▼ 机懸け~ (2, 0.0%)

1 をくれる, を返し

▼ 机本箱~ (2, 0.0%)

1 が並べられる, を整理

▼ 机~ (2, 0.0%)

1 に肱, の上

▼ 机~ (2, 0.0%)

1 ちと思いついた, 控えさ

▼ 机氏机氏~ (2, 0.0%)

1 ちと思いついた, 控えさ

▼ 机硯書翰箋封筒電報用紙~ (2, 0.0%)

2 のたぐい

▼1* [179件]

あらば其の, 机ありと假定, 机ありこなたには姿見鏡, 机いちいち鞘を, 机いっぱいに拡げた, 机おいて居りました, 机おしやりぬこの夜一夜, 机からさえ公然と, 机からはなれられないで, 机や持つ, 机くんなどはこんど働き, 机くん君にもなにか, 机ぐらいの大きさ, 机ここで書見, 机こそこうなっ, 机こちらの椅子, 机投げてたじゃ, 机さえあったらと, 机さ石かけはいってる, 机すゑ置くちひさき伏せ屋, 机すゑ灯かかげ御酒そ, 机そして左手に, 机そのうえの本, 机その他本棚も, 机それを取りまい, 机よろしけれ陽, 机だけで一パイで, 机だけを置いて, 机だっても読んだり, 机だろうと云っ, 机ちょいとした, 机であるから少し, 机でさえも原稿用紙が, 机でない方に, 机とか細々した, 机とかのような, 机とで菰包が, 机とに兼用してる, 机とはぼくの, 机と共に落ちたと, 机んだ, 机なき室に, 机などの抽出に, 机などは更にない, 机などもそれから, 机ならべてあり, 机なんかを調べた時, 机において算盤へ, 机にだけは殆ん, 机にだに向はず, 机につつぷしてしまつた, 机にでもぶつけたもの, 机にのみ倚りかかる, 机に対し半円形, 机のみは我が独占也, 机のむこう側, 机はかべにとりつけて, 机ひきよせて旅硯, 机ふとん紙エン筆さえ, 机へとわたりながら, 机へもどつてぼんやり顔, 机また目安方吟味与力などの, 机または畳の, 机もろ共次郎をうしろ, 机やら寝台やらが, 机カーテンよ, 机わきの柱, 机をのみ日常的に, 机をば汚して, 机中ゴシャゴシャ, 机カツラ木理の天井, 机ギヤマンの鏡, 机向ッテダケハイル, 机ペン鉛筆酒煙草すべて新らしいと, 机ランプスタンド其等は今彼女, 机一つ勉強出来るよう, 机一つ椅子一つ社長一人の社長, 机一パイに散らかし, 机一杯に白粉箱, 机三円十銭で買った, 机上の句案では容易, 机上山をなす, 机ほどには華やか, 机仕事の私, 机代わってるぞ, 机何一つとして叔父さん, 机使うのは, 机から盗み出し, 机先生の乾分, 机全体がすぐれた, 机八脚と共に天地, 机兼チャブ台も作った, 机前年から持ち越し, 机卓子台の上エ, 机卓子椅子その他が置い, 机卓牀几というよう, 机南向にてすり, 机博士おれはやっぱり, 机博士事件でごったがえし, 机博士最後が覆面, 机博士自身であったから, 机博士貴様の先祖, 机火鉢それにも, 机古い硯箱二三冊の, 机同じ形の, 机地下八尺に置かね, 机の学問, 机におさまっ, 机に掛け並べた, 机夜具これを二階, 机婦人雑誌鳥の羽, 机子花模様の茶壺, 机山窓二人の少年, 机に似ぬ, 机帛紗は青地, 机床の間ふとん枕, 机庖丁は小柄, 机座布団に至る, 机座蒲團ドテラ, 机廻りの用, 机弾正様の若, 机の石, 机失せず, 机或は台で, 机戸棚台秤など, 机掛等が始終目, 机文化竈文化タワシ文化丼文化饅頭文化煎餅文化まめとなっ, 机新型木製卓上電話海岸傘型電気スタンド木枠正方型巻上大時計未来派裸体巨人像の額縁, 机旦那の置い, 机書棚の書物, 机書棚火鉢壁際に小さい, 机書物と順々, 机書物手拭座蒲団から順々, 机本本本植木カレンダー時計人形煙草入すぐ右, 机本箱一つ雨の夜, 机本箱煙草盆其他のもの, 机本箱罎紅皿依然として元, 机本箱鏡台姿見針箱くけ台, 机柳行李それに蒲団, 机のよう, 机椅子のほか, 机椅子右手の襖際, 机椅子壁等を装飾, 机椅子座蒲団水屋雨傘洗面器の類, 机椅子等を備, 机氏どこへ行っ, 机水晶の文鎮青銅, 机源八郎の闇夜, 机火鉢をよく, 机火鉢座蒲団茶器などを貸し, 机火鉢鍋七輪バケツ茶椀箸そして米, 机煙管巾櫛の類, 机白木の座右, 机石版画セーブル焼の置時計, 机碁盤の類, 机の身体, 机三第, 机筮竹算木で暮す, 机箪笥火鉢などはその, 机箱膳の類, 机籐椅子電球など買った, 机粗末な床几, 机紫檀の台, 机絵の具箱カンヴァス灰皿大きな口, 机絵地図模型地球儀石盤黒板インク入れその他, 机肘掛椅子堅い椅子, 机茶箪笥など粗末, 机覗きで読ん, 机買ううちを, 机赤い粗末な, 机を高く, 机重陽すぎの父, 机針箱訳のわからぬ, 机乃至茶碗, 机銀めっきの化粧箱, 机鏡台は鏡台, 机間巡視の歩, 机電燈の燭光, 机龍之介や月形半平太