青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「感じ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

愛する~ ~愛嬌 愛嬌~ ~愛情 愛情~ ~愛想 愛想~ ~感 感~ ~感じ
感じ~
~感じた 感じた~ ~感じない ~感じられた ~感じられる 感じられる~ ~感じる 感じる~ ~感ずる 感ずる~

「感じ~」 22729, 211ppm, 482位

▼ 感じ~ (6627, 29.2%)

604 いた 256 いる 225 ゐた 201 いるの 160 ゐる 148 いたの 126 来た 59 いること 57 きた 54 ゐるの 40 居た 39 ゐたの 37 いたので, 來た 35 いたが 33 いると 32 います, いるよう, 来て 30 いないの, いなかった 26 来るの 24 いたから, ゐること, 居る 23 いました 22 いるもの 21 いたこと, 居るの 20 いて, それを 19 いるところ, いるらしかった, 居ります 18 いない, くる 17 いるか, いる様子, ゐるので 16 いるから 15 いたもの, いるに, おります, ゐたが, ゐるもの 14 いたに, 来たの 13 いるん, ゐたので, 居たの, 眼を, 私は 12 いるので 11 いるだけ, いるという, しまった, ゐない, ゐると 10 いたと, いたのに, いる人, ゐるやう, 来る 9 いたところ, いなかったの, いるらしい, おりました, しまつ, 生きて, 身を 8 いたよう, いるわけ, きたの, くるの, ゐたから, ゐたこと, ゐたと, ゐる人, 来たので, 自分の 7 いたその, いたん, いても, いるうち, いる者, そこに, ゐて, 彼は, 顔を

6 [20件] いないこと, いないよう, いるとき, いる時, おいでに, きて, しまいました, しまふの, それが, ならなかった, ゐました, ゐるか, ゐるに, 來る, 居たので, 居りました, 居るので, 来ました, 来ると, 黙って

5 [20件] いた彼, いた私, いながら, いなければ, いるが, いるだろうか, いるのに, いるらしいの, いる次第, それに, ならなかつた, ゐたで, ゐたところ, 口を, 居る事, 彼女の, 彼女は, 急いで, 急に, 目を

4 [42件] あわてて, いたし, いたらしい, いたわけ, いた時代, いった, いないらしい, いるかの, いるこの, いるであろう, いるであろうと, いるばかり, いるふう, いる事, いる人々, しまうの, その感じ, ぢつと, ゐたに, ゐなかつた, ゐます, ゐるから, ゐるが, ゐるらしかつ, ゐるん, ハッと, 云った, 仕方が, 何か, 來て, 居ました, 居ます, 居るが, 居ると, 彼も, 心が, 心を, 来たこと, 来たらしい, 見て, 非常に, 頭を

3 [70件] いたか, いたかと, いたため, いたらしかった, いた時, いた長屋, いないという, いないらしかった, いない様子, いなかったから, いましたが, いません, いませんでした, いるかを, いるけれども, いるし, いるため, いるだけに, いるだろう, いるだろうと, いるであろうか, いるまま, いる人間, いる今, いる位, いる心, いる相手, いる証拠, いる風, くれないで, こ, ここに, すぐに, みると, よろめいた, ゐたかも, ゐたもの, ゐたやう, ゐた私, ゐるかの, ゐるだけ, ゐるところ, ゐるらしい, ゐるわけ, ゐる位, ゐる樣子, ゐる者, ゐる自分, 之を, 了ふ, 八五郎は, 厭な, 太田は, 居て, 居るお, 居ること, 居るらしいの, 或る, 手も, 涙が, 無限の, 私の, 窓の, 聴いて, 胸が, 胸を, 言葉を, 貰へれ, 足を, 部屋の

2 [198件] ある時, いいの, いたかも, いたけれど, いたけれども, いただけ, いたであろう, いたでしょう, いたところが, いたとしても, いたらしいの, いた彼女, いた旨く, いた様子, いた気持, いた気持ち, いた程, いた窮屈さ, いた訳, いつも愉快, いないでは, いないと, いないとは, いないふう, いないん, いは, いまい, いましたから, いやな, いようとも, いら, いるその, いるでしょう, いるとは, いるとも, いるには, いるのよ, いるひと, いるほど, いるらしいが, いるらしいこと, いるらしく, いるらしく思われた, いるらしく見えた, いる不満, いる僕, いる処, いる暇, いる男, いる矢先, いる私, いる自分, いる訳, いる間, いれば, おられたこと, おりましたが, おりましたので, かれの, きました, ぎょっとした, くるし, くる場合, くれたの, くれない, こういった, これに, これは, さうし, さすがに, しまう, しまうので, しまふ, じっとし, そつと, その方, その翌日近所, その都度, それとなく母, それは, ほしい, ます, みたい, みたり, みる時, もらえないこと, やって, ゐたのに, ゐたらしい, ゐないの, ゐないやう, ゐない時代, ゐながら, ゐなければ, ゐましたから, ゐるかも, ゐるかを, ゐるけれども, ゐるだらうと, ゐるであらうか, ゐるといふ, ゐるのに, ゐる事, ゐる兵士達, ゐる次第, ゐる私, ゐる筈, ゐれば, カリフォルニヤ大学に, ノドの, ホロリと, 一種の, 一般の, 下さい, 二人は, 云って, 云つた, 些細ながら, 人には, 今でも, 今にも倒れ, 今は, 今日まで, 体を, 全身の, 其処から, 出雲屋へ, 動くこと, 叫んだ, 君は, 喜んで, 嘆息した, 大きな黒い, 宇治は, 寝床の, 少しも, 居た由, 居りましたが, 居るか, 居るもの, 居るらしい, 居る人間, 居る樣子, 屠腹した, 帰って, 彼が, 心の, 思わず顔, 息を, 愉快に, 慄然と, 扉を, 手を, 拳を, 持って, 振り返って, 政府の, 月に, 来たお, 来たから, 来たもの, 来た頃, 栄三郎は, 欲しい, 止まざるなり, 死にたいもの, 死んだ, 気が, 気を, 気分が, 涙の, 満足する, 無言の, 爽やかな, 狼狽し, 狼狽する, 猶太人, 生活し, 目が, 直ぐに, 相手の, 眺めた, 眺めて, 笑った, 筆を, 而し, 聽い, 自分が, 苦しかった, 袖に, 見上げると, 言った, 貰ふ, 足をと, 部屋に, 陽子は, 首を, 骨の

1 [2490件 抜粋] ああおれ, あの弟, あるいは厳粛命令, い, いい気持, いく, いじけて, いそいで, いたいろ, いたかという, いたけど, いただけに, いたならば, いたぼんやり, いたらしかったが, いたらしく思われる, いたわ, いたボウイ, いた事柄, いた今, いた何もの, いた土, いた庸三, いた提琴, いた明瞭さ, いた津田, いた為, いた禅宗, いた薫, いた遊撃記者, いた際, いぢ, いつか聴いた, いつのまにか恥, いないかの, いないそう, いないので, いないもう, いないらしい兄, いない事実, いない彼女, いない者, いなかったところ, いなかった陽子, いなくとも, いましたっけ, いますから, いますよ, いま苦笑を, いよいよ興奮, いらっしゃるあまり, いらっしゃるであろうが, いらっしゃればこそ, いられたの, いられるならば, いられる方々, いるお, いるからか, いるごとく決して, いるそれ, いるでしょうか, いるとして, いるのみ, いるまた, いるよりも, いるらしい姿, いるらしい風情, いるらしくその, いるらしく席, いるらしく私, いるガラス工, いる一人, いる不安, いる亭主, いる以上, いる俗人, いる半面, いる善戦, いる大人, いる好意, いる実感, いる岡安, いる当人, いる志, いる感じかた, いる教訓, いる日本文学, いる昨今妙, いる本能, いる民衆生活, いる深見進介, いる父母, いる甘えた心, いる矢代, いる肺病, いる著者, いる通り, いる限り, いる鞄, いればこそ, い思って, うと, うれしく存じました, うッ, おこるの, おつた, おもわずいす, おられたに, おられるその, おりしたがって, おりまして, おりコゼット, おり同時に, おる, おるので, かうした説, かえるも, かつは, きたから, きたので, きた足, きましたよ, ぎよつとしましたがその, くるもの, くる時, くれて, くれない自分, くれるもの, ぐつと別な, こころの, この先彼が, この決心, この集り, こんな恐ろしい, さう, さてはと, しかし何, しきりに抵抗, しばらくその, しまうこと, しまったの, しまひ忽ち, しょげて, すぎること, すこしギヨツ, ずいぶんヘン, そうしてむしゃくしゃ, そう言う, そこらを, そっと離室, そのまま右手, その上, その傾向, その勇気, その女, その感情, その機会, その花, その飢え, それきり妙子とは, それと, それ以来は, ぞっとした, たじろいだので, だまった, だん, ちょっと身, ついに黄忠, つかみかかって, つらかつ, とうとう敵打, とび逃げたもの, どうしてもその, どこか, どんな物, なぜとも, ならぬ, なんとなく白け渡った, はっとした, はなれがたな, ひたすら面, ひどく意外, びっくりし, ふと眼, ぶる, ほっと目, ぼりぼりブラシ, またはげしく, また倒れた, まるで活字, みます, むすめ, もうすこしで, もっともよき, やがてしんしんと, やっと眼, やまないの, やらなかった自分, ゆくかという, ゆっくり読みなおし, よみました, よん, わざと逃がし, われに, ゐたか, ゐたたつた一人, ゐたところが, ゐたらしい先生, ゐた一人, ゐた位, ゐた妙, ゐた様子, ゐた自己嫌惡, ゐないといふ, ゐないらしい, ゐなかつたならば, ゐましたよ, ゐるかと, ゐるため, ゐるであらう, ゐるとしても, ゐるのみ, ゐるらしい人間, ゐる一人, ゐる二階, ゐる人間ども, ゐる好い, ゐる或, ゐる文章, ゐる為, ゐる自分以外, ゐる試驗官, アルバムを, カッ, ガヴローシュの, クラクラと, チエンロッカーから, ナポリに, ノツソリ入, フイと, ホツと, ムズ, 一たまり, 一切が, 一味の, 一層身, 一生よりも, 一肌ぬごう, 一際毛穴, 三次は, 不図横手, 不安の, 不愉快に, 中学時代の, 主人を, 事業の, 云つたのだ, 五感の, 人に, 人生を, 今日にまで, 仕様の, 仙術の, 伯爵が, 何かと問はず語り, 何だか胸, 何となく不愉快, 何事が, 何気なく振り向く, 作つて居る, 來られた, 俯伏し, 健は, 僕は, 先ず法学通論, 全身が, 其人の, 具さに, 冴え冴えと, 凍えたり, 出来るだけ, 切腹し, 剥製の, 助三郎は, 動かされます, 匆々竜華寺の, 千鶴子の, 博士が, 参りました二年目, 反抗する, 口に, 右手を, 同行の, 君足は, 呉れたならただ, 呼吸を, 問題と, 喫いはじめ, 困って, 基督を, 塩と, 夕方に, 多少の, 夜の目も, 大きな目, 天上に, 夫人は, 奉公に, 如何なる美, 始めて, 嫌悪の, 子に, 孕んだこと, 安心し, 実は, 家路を, 寐台の, 将来犬馬の, 導かる, 小柄を, 少し息苦しかっ, 少年審判所に, 尻高, 居たが, 居たらしかつ, 居た喉, 居つたから, 居なければ, 居られる間, 居りましたもの, 居りますと, 居りませんでした, 居るけれ共, 居るよ, 居る傾が多い, 居る樣, 居る苦痛, 居心地悪く, 岸本は, 帆村探偵の, 帰る, 帰宅した, 平凡なる, 幹を, 広いがらん, 庭へ, 強い語調, 彼女が, 後ろを, 復讐の, 心から頭, 心細くも, 忘れられぬは, 快く二刀, 忽ちクリスト, 怖気立つの, 思わず, 思わず座敷, 思わず赤面, 急かに, 恐れる気持ち, 恐縮し, 恰も七面鳥, 悶絶し, 想像も, 慌てて, 憤りが, 懸念の, 我ながら, 或地方, 投げ出すよう, 振りかえっ, 振り返った, 控へ, 敏感な, 数年に, 斯う, 日が, 日本全国に, 早速その, 昔の, 時々, 暖かい心, 暫く樣子, 更に物々しく, 書いて, 最初に, 望遠鏡を, 本を, 来たが, 来たといふ, 来たらしく急がしそう, 来た彼, 来だした, 来るのに, 来る医師, 林町へ, 案外与し, 楽みを, 横を, 次から, 歎いた, 止ざりし, 此所に, 死ぬる前, 死んだ而, 母の, 気持ち良かった, 汗を, 沁, 泣いて, 泣くこと, 浅猿, 涙を, 深く瞳, 湧, 満足した, 火を, 焼けるよう, 熱心に, 爽か, 物優く, 独り慰める, 玄関へ, 生き, 生れた国, 田舎の, 画中の, 病気も, 登山し, 皆から, 直ぐ大阪, 眉を, 眼ざとい鶴子が, 瞼が, 知らぬま, 磯草の, 神経衰弱に, 私たちが, 種々の, 窓に, 立ちあがつて, 立ち上つた, 笑い出した, 第一室, 粛然たる, 紙の, 終日怏々として, 絵筆を, 縁に, 美人であった, 考へた, 聞く, 肩身の, 胸に, 脚が, 自ずと自分, 自分を, 自然不, 色々の, 若やいで, 苦笑した, 落ちついて, 葛木は, 衆人が, 行つたなら, 複雑な, 見た, 見ること, 言葉の, 訊ねて, 話が, 誠一の, 読みやめなければ, 読んで, 警戒する, 貰うより, 赤裸にて, 起き直った, 躍起に, 身ぶるひ, 軽々しく外界, 近づき得なかった, 退くの, 途中を, 進んで, 遂に移庁, 部屋へ, 金吾は, 門まで, 陳子, 隼人が, 露八は, 頭の, 顎の, 風雲を, 首と, 駈けつけて, 驚きを, 鷲尾は

▼ 感じ~ (3301, 14.5%)

368 した 289 する 173 して 76 するの 75 ある 48 しました 43 あった 38 します 26 したの 25 ない, 出て 21 深い 19 すると 17 あつた, しないでも, するもの 16 するが 15 するので, よかった, 胸に 14 したので 13 あるの, したが 12 しない 11 したから 10 あって, 出ない, 彼の, 私の 9 起った 8 いい, いたします, するん, 違う 7 しなかった, すること, するという, ないでも, よい, 彼女の, 漂って, 違って 6 あつて, したと, ちがって, なくなって, 残って, 起る, 身に, 非常に, 頭の

5 [13件] あります, したもの, しないの, するに, するね, 先に, 出ないの, 強かった, 胸の, 致しました, 致します, 起って, 起らない

4 [27件] ありました, あるが, あるので, いいの, いたしました, しく, したかと, したし, するだろう, するほど, するよう, ついて, はっきりと, まるで違う, よくなかった, 伸子の, 充ち中, 少しも, 強い, 強過ぎ, 悪いと, 消えて, 湧いて, 溢れて, 私に, 私を, 頭に

3 [40件] あらわれて, あるかも, あるだけ, あると, しないか, しないでは, しないん, しますが, しますわ, するかも, するから, するであろう, するでは, するばかり, する上, ちがう, どこかに, ないで, ないの, ないん, みなぎって, よくなかつた, 一度に, 主に, 似て, 俺の, 全身を, 出るの, 強かつ, 強く胸, 彼を, 心の, 来た, 殆ん, 残らずには, 生じた, 読者の, 起こって, 起るの, 違うの

2 [133件] あざやかに, あり何, あるだろうと, あるばかり, あるよう, いいと, いつまでも, いやに, うすれて, こみあげて, された, しきりにする, しそれ, したか, したけれど, したけれども, したという, しないこと, しないと, しなかったから, しなくも, しまして, しますね, しますの, しません, しよう, し出した, するくらい, するけれど, するけれども, するし, するだけ, するで, するとか, するな, するのに, するのみ, するものの, するやう, するよ, する位, せぬでも, そこに, その時私, だん, だんだんつよく, ちがいます, で, ないし, ないよう, ないわけ, なかった, なくなった, なくは, なく自分, まるでない, まるで違, むらむらと, よいと, よくない, よく出, わかるよう, 一番強かっ, 人の, 他の, 伴って, 体の, 來た, 信吾の, 先き, 全然なく, 全然違っ, 全身に, 出た, 加わった, 変に, 失われて, 好い, 好きな, 実によく出, 実に堂々と, 実際の, 幾分か, 強くなった, 当時の, 彼れ, 後に, 心に, 心を, 悪い, 悪いから, 最も具體的, 来ない, 梨の, 殊に日暮, 残った, 殘らず, 気候や, 沁, 深いよう, 深かつ, 渠を, 満ちて, 漂ふ, 潜んで, 濃くなっ, 無くも, 特にひどい, 現れて, 現われて, 矢の, 第一, 肩から, 胸を, 胸一杯に, 見られる, 言葉に, 起こる, 起こるが, 起ったから, 起ったです, 起ったの, 起つた, 起りました, 起ると, 起るよう, 輕く, 迫って, 迫つて来る, 違うん, 鈍いの, 露骨に, 顕著に

1 [1150件 抜粋] あたたかいの, あったかね, あったわけ, あつてよ, あふれるの, あまり現われ, あやまって, ありありと, ありますね, ありません, あり凡兆, あり得るでしょうか, あり胸元, あるから, あるでしょう, あるね, ある事, ある時, あろうが, いいだの, いいので, いかにも鼠色, いたしますので, いちはやく私, いっそう強く, いつしかゴーリキイ, いつのまにか闇, いつもされた, いつもの, いやであった, うすらぐかも, うとましい, おそらく係り, おのずと顔, おぼろげに, かえって切実, かなりまで, かわったので, きた, くつ下を通して, ここにも, こちらに, この何, この男, この部屋, こもって, こもらぬ, こんなにも生々, さぞ鮮, さらにどれ, されるけれど, し, しこりの, しそう, したかも, したそう, しただけで, したに, したばかり, したん, した尤も, した決して, した途端, してから, しないかね, しないね, しないもの, しなかったの, しなくて, しなくなりそれ, しばしば伸子, しほろり, しましたけれども, しますから, しますネ, しませんでしたのに, しょっちゅうあっ, し地面, し始める, し月, し歩くの, し結局, し骨, すきだ, すぐれて, すこぶる滑らか, すごくこわいが, すっくり違うて, すべて同じ, するぜ, するそこ, するそんな, するであらうか, するでしょう, するでしょだから, するところ, すると共に, するどく人間, するどころ, する不思議, する人間, する位好き, する初めて, する室, する居心地, する或, する朝, する樣, する点, する眺, する第, する花, する道, ずっと出る, せずに, せまって, そこにも, そのとき, そのままつい, その娘, その後しだいしだいに, その時, その記事, それだ, それまでとは, た, ただよって, たまらなくいや, たまらなくよいから, たまらなく怖くなり, だんだんいまわしく, だんだん失われ, ちがうの, ちがわなかった, ちょうどその, つきま, つき纏つて為方, つづいた, つながって, つよくあります, つよく反射, つよく重吉, でないからね, でる, とらえて, とれなかった, どうしてもちがう, どうにも頭, どこか, どこからとも, どことなく見え, どこやら, どんなに退, ないかと, ないと, ないので, ない譯, なかば痛い, なくて, なくなったの, なくなりまるで, なくなり私, なくベラベラ, なく瀟洒, なさいますか, なにか無, にぶいのでねえ, にぶるので, ぬけて, のこって, はっきりする, はっきりつたわっ, はっきり来た, ひき起こされたの, ひしひし私, ひろ子に, ぴったり来ない, ふくまれて, ふと宇治, ほしいもの, ほんとになつかしみ, まざまざ感じられ, まずし, また丸, また奇妙, まだ伸子, まだ残つて, まだ消えやらぬ, まったくそれ, まとまって, まるで一變, まるで水, みぢん, みるみる胸いっぱい, むき出されて, もてなかつた, ややもすればこの, やや少い, よいので, よくあった, よくいきいき, よくさえ, よくで, よく似, よく似てる, よく出た, よく書かれ, よく音色, よろしいの, わかる位, わしら俗人どもの, わるいです, シーツから, タコとは, ハッキリ出, フイと, ラスチツクで, 一しきり清三, 一列一列動い, 一口で, 一同の, 一層はっきりと, 一層禰宜様宮田, 一番公平な, 一番尊い, 一行の, 上代人の, 不似合い, 不完全だ, 不意に, 与えたもの, 主と, 久しい後, 乗って, 乾燥し, 云ひ, 人足の, 今に, 今も, 伝わって, 伴つてゐた, 体中に, 何かを, 何となくハイカラ, 何となく妖怪, 何となし, 何處かに, 作品の, 例えば定食, 健三の, 先で, 先生の, 先駆の, 入り混つて, 全く他, 全然相違, 再び彼, 冷たくしゃちこばってる, 出えへんねん, 出せないとか, 出た時, 出ないであろう, 出ないや, 出なかった斎藤寅次郎, 出まいと, 出ませんでした, 出るであらうと, 出ると共に, 出る恐れ, 出来た, 分ります, 分ると, 判るので, 前々日来の, 力強く蘇生, 勁く逞しい, 動きは, 募った事実, 去った後, 反射した, 収まりかねる, 取去れないの, 同じくない, 味は, 哀しかった, 善く現, 固定した, 増しますね, 変った, 変つてゐません, 変るけれども, 外界に, 多分に, 大いにあります, 大分違っ, 大変に, 失せて, 失はれること, 奇形児に, 好いじゃ, 好いね, 好かった, 好きであった, 好くなかつた, 好く無い, 妻に, 宇津の, 実によく楽曲, 実感の, 家中の, 容易には, 小さい子, 小池助手の, 少いだけ, 少しずつ, 少し曇り, 尠から, 己の, 幸福と, 幾らか残っ, 底に, 引立つ, 強いの, 強くきた, 強くなる, 強く働いた, 強く匂つて, 強く感ぜられ, 強く私, 強く迫っ, 強く頭, 彼女に, 得られないと, 心細い気分, 必ず附き纏う, 忘れられなくて, 忽ち矢, 恰も楽焼, 悪いの, 悪かった, 悪くなく, 悪く文面, 想像出來た, 我にも, 或る, 抑えられなくなった, 抜けなかつた, 抱かれたの, 持たれて, 敏く又, 新しいね, 新しくここ, 新らしく加わった, 既に夏, 日本人に, 日本絵の具でなけれ, 昌作の, 明るく南向き, 明瞭に, 智恵子の, 暗がりで, 曖昧である, 最も強い, 有りは, 未だに残っ, 本当に出る, 来ます, 来るといふ, 柔かい, 極めて荒涼, 横たわって, 欠けて, 次第に弱く, 次第に痛切, 歯科医の, 死ぬ時, 残つてゐる, 残るの, 段々つよく, 気に入らないの, 水中に, 氷の, 活きて, 浄瑠璃寺へ, 浮かばない, 浮ぶよう, 涼しくない, 深いこと, 深いの, 深い芸術, 深くあった, 深くなっ, 深く伸子, 深まるにつれ, 清らかな, 湧き上がって, 滑稽に, 滲み出さず辛く, 漂いがち, 漲って, 漲つて來, 激しくこみ上げ, 濃くなる, 濃厚に, 烈しく私, 無いで, 無くな, 無限である, 熱して, 爪先から, 特に好感, 狭い庭, 現れた, 現代的でない, 甚だ気に入る, 生々として, 生じたの, 生ぬるく真, 甦って, 異ふ, 疎く印象, 疼くの, 目くるめくやう, 直接の, 相俟, 相違し, 真の, 眼にも, 瞬間であった, 私には, 稀薄に, 突然おれ, 笑いを, 節子を, 米友の, 紙上に, 細君には, 綺麗に, 総べてを, 肉体の, 胃袋の, 背中を, 胎児という, 脈管の, 腕を, 自分自身の, 致しましょう, 致すの, 苦しい, 荒っぽく一見, 薄いと, 薄いので, 薄らぐの, 蘇って, 衝き上げて, 襲いかかった, 見えるの, 覚えられること, 触れて, 豪放である, 起きなかつた, 起こったならば, 起こると, 起ったが, 起ったもし, 起らずに, 起らぬ, 起りましょうか, 起るです, 起るもの, 起る位, 身体から, 車室の, 退屈を, 途方も, 道子を, 違うよ, 違うわな, 違ったの, 違つ, 違つてゐる, 違ひ, 遠慮なく侵入, 遺った, 都の, 重である, 金属的リズムを, 鈍いです, 鈍いという, 鈍くまた, 鋭く胸, 鋭敏だ, 鏡子に, 間違って, 随分ちがっ, 離れぬ, 順序を, 頭中に, 頻りに首すじ, 黒ずんだ青葉

▼ 感じ~ (2270, 10.0%)

66 与えた 59 与える 40 受けた, 持って 39 もって 30 与えて, 与えるの 27 與へる 26 与えるもの 22 與へ 20 持つて 19 人に 16 うけた, 起させた 15 私に 14 与へ, 抱いて 13 与えたの, 受ける 12 起させる 10 与えました, 深くした 8 与えます, 与へるもの, 伴って, 味は, 抱かせる, 起した 7 与えない, 与えられる, 与えること, 与へる, 出して, 抱かせた, 持つた, 見る人

6 [11件] 与える人, 与へた, 与へて, 受けます, 受けるの, 彼に, 抱いた, 持つこと, 私は, 與へて, 起させました

5 もつて, 与えるから, 与えるが, 与えるよう, 受けたの, 受けて, 受けました, 得た, 抱きながら, 持った

4 [18件] あたえた, あたへる, いだきながら, もつこと, 与えなかった, 出すの, 受けたこと, 含んで, 味う, 味わった, 抱いたこと, 持つ, 深くする, 経験した, 自分に, 表は, 起して, 避けること

3 [31件] あたえるもの, あらわして, うけて, うけました, さへ, したこと, して, もった, 与えるところ, 与えるほど, 云えば, 出すこと, 出そうと, 受けなかった, 少しも, 彼の, 彼は, 得たと, 得て, 抱いたもの, 抱くの, 新たに, 深めて, 湛へて, 現わし, 相手に, 經驗した, 胸に, 自分の, 言うの, 起させるの

2 [116件] あたえる, あたえるの, あらわしビール一本, いえば, うけたの, うけながら, お受け, かの女, かれに, ここで, させる, させるの, したが, しながら, しみじみと, するばかり, る, わたしに, 一つの, 与えずには, 与えたか, 与えたが, 与えは, 与えも, 与えられた, 与えるだけ, 与えるだろう, 与えるという, 与える事, 与へるといふ, 与へるやう, 主と, 他人に, 伴います, 伴つてゐる, 伴ふ, 先生に対して, 免れない, 出す, 助長した, 受けないでは, 受けるが, 味った, 味って, 味わいまた, 味わうまえと, 大に, 失っては, 宗助に, 巧みに, 帯びて, 強くした, 強く受ける, 彼女に, 心の, 忘れること, 意識しなかった, 愛惜する, 打ち込まなければ, 抱いたの, 抱かざるを, 抱かせずに, 抱かせるに, 抱かないでは, 持たせた, 持たれないの, 持たれない男, 持ちました, 持ったかは, 持ったの, 持つたこと, 持つの, 持つもの, 持つ様, 指すの, 書いて, 欠いて, 消して, 深くし, 湛えて, 犬の, 率直に, 現し得て, 現わす, 直写しよう, 知って, 私たちに, 秘かに, 表現する, 裏切られて, 見せて, 見る者, 覚えた, 覚える, 覺え, 誘つた, 誘われた, 起こさせる, 起こした, 起さしめるの, 起させたの, 起させないよう, 起させます, 起させるが, 起させるほど, 起させるもの, 起したの, 起したので, 起したり, 起しました, 起すと, 起すの, 超越し, 述べるに, 露骨に, 駆逐する

1 [1102件 抜粋] あそこまで, あたえたらしい, あたえました, あたえるか, あたえるよう, あたえ詩, あたへて, あたへるもの, あとで, あらは, あらわし始めた, あらわす聯想, いいあらわすならば, いたましく漂わした, いだかせなければ, いだかせるの, いだきすべきこと, いったもの, いふので, うけいや, うけたよう, うけない, うける, うけ同時に, うまく表現, おこさせずに, おこさせないでも, おこさせる天候, おぼえましたが, お前は, お持ち, お目, きっと起こさせる, くっきりさせる, この三山, この年, さえも, さけるため, さす不思議, させられた, させること, させるやう, さらに増し, しないもの, しばしの, しました, じっとこらえ, すること, せめて眼, そそられるの, そそるに, そそる様, そのまま, そのまま書い, その人, その時, それと, それらの, たうて, ただ芸, たよりに, つけて, とって, ともなう, とらえるの, どうあらわしたら, どうしても相手, どうまとめる, どこかに, なかなかリアリスティック, なるだけ, のこす所以, はっきり指先, ひき起こさせなかった, ふかめるばかり, ますだけ, まともに, まぬがれなん, みてとり思はず笑顔, もう少し強める, もたせすみません, もちどんな, もちやすい, もったこと, もったもの, もつたの, もつ場合, もとめそして, よくうがっ, よく出し, よく現, よそへる, より多く, わたしは, アトモスフェアーを, シナ風である, ハッキリ伝へる, ミネたちにも, 一口で, 一定不変の, 一層よく, 一層濃厚, 一方では, 一般に懷, 一言に, 三十年後の, 与うるもの, 与えずその, 与えその, 与えたから, 与えたし, 与えたに, 与えたのに, 与えたもう, 与えたらしい, 与えたり, 与えても, 与えないでも, 与えないのみか, 与えなかったが, 与えにくい, 与えませんね, 与えられたの, 与えられた事, 与えられて, 与えられること, 与えられる画家, 与えるかを, 与えるその, 与えるでしょう, 与えるとともに, 与えるので, 与えるらしい, 与える例, 与える場所, 与える彼, 与える暖流, 与える森, 与える此奴, 与える男, 与える程度, 与える美, 与える頭, 与える鳥, 与え全体, 与え易い, 与へずに, 与へず却つて, 与へながら, 与へられるの, 与へるため, 与へると, 与へるの, 与へるものすごい, 与へる唯一, 世に与えた, 世間が, 主に, 二人に, 云えませんか, 交えて, 享ける, 人の, 人生に, 今夜また, 他に, 以って, 仲, 伝えること, 伴うこと, 伴うわけ, 伸子に, 体得する, 何一つ人に, 作り出すため, 作者が, 保って, 催すこと, 傷つけたやう, 僕は, 允子の, 先方の, 免れないもの, 免れぬ, 全く別箇, 全然もたなかった, 共にし, 具えて, 写して, 出さうとして, 出したといふ, 出し得た, 出し過ぎて, 出すよう, 出せと, 分析し, 初めてこの, 初対面の, 削って, 加へて, 助けたよう, 助けては, 動かされます, 募らせた, 取って, 取り去る事, 受けさせてね, 受けたが, 受けたといふ, 受けたん, 受けた人, 受けた樣子, 受けながら, 受けますが, 受けると, 受けるん, 受ける前, 受ける東京, 受ける筈, 受け意外, 受取った, 受取つた, 受取り得れば, 受容れる, 君に, 吹きつけて, 周囲に, 味い, 味つた, 味ふこ, 味わいつつ, 呼び起こすところ, 呼び起して, 唆つた, 喚び起こしました, 喜んで, 嘗めるであろう, 壊すべきはず, 声の, 変えるため, 多分に, 大層ほめ, 失うこと, 失はない水, 奪って, 如実に, 妾に, 子供の, 完全に, 宏子の, 宮も, 察して, 小さくし, 少しつきつめ, 尽して, 局外者に, 常に存する, 度々うける, 引き起さなかった, 引き起す, 弥之助は, 強くさせた, 強く与える, 強く抱きました, 強く読者, 強めた, 強めるにしか, 強めるもの, 当てはめること, 彼らに, 彼等に, 後から, 得たに, 得た事, 得ること, 忍ばねば, 忘れる事, 思い出した, 思い出して, 思い起して, 恐らく彼ら, 悉し, 悪くする, 意識し, 感じた, 感じる作者, 感覚的には, 懐いたこと, 懐かずには, 懐くと, 懷かせます, 手探りし, 打消すに, 払いのけようとして, 払い退ける事, 払拭する, 抑えかねて, 抱いたが, 抱いたという, 抱いてを, 抱かされた氣, 抱かしめるよう, 抱かせたやう, 抱かせて, 抱かせられた, 抱かせられること, 抱かせると共に, 抱かせるよう, 抱かない人, 抱きませんでした, 抱き同時に, 抱くこと, 抱くにも, 抱くよう, 押える事, 押し隠すよう, 抽象せしめる, 持たされること, 持たすこと, 持たせたもの, 持たせねば, 持たせようと, 持たせる, 持たせるけれど, 持たせるため, 持たせるやう, 持たないで, 持たないな, 持たなかったお, 持たなくなる, 持たれたあづま, 持たれて, 持たれるに, 持ち佐渡, 持ち得ない, 持ち過ぎたよう, 持った家庭, 持った画, 持った語, 持った黒い, 持つが, 持つた地方, 持つた青葉, 持つだろうと, 持つなんて, 持つ事, 持つ言葉, 捉えたところ, 捉えたので, 捉えた点, 捉えること, 捨てて, 掴みとること, 損わ, 救うため, 文章の, 新らた, 早く人, 明暸に, 時には持った, 更にひろげた, 更に深く, 最も強く, 最も綜合的, 有するに, 杉田に, 欠くか, 歌に, 此方から, 残した, 残すもの, 民心の, 永く残さしめる, 津田に, 消す役, 深くさせた, 深くも, 深く裏書き, 深める, 混ぜて, 添えもうこ, 添へれ, 湧かしました, 漂はせ, 漲らした, 父が, 特にもっと意識, 特別な, 玄竹に, 現したもの, 現すの, 生かすとかいう, 生じますが, 生ずる, 生ずる樣, 生み出すため, 申すと, 異にし, 異にする, 痛切に, 皆に, 直ぐ其儘歌, 直感させ得る, 砕くと, 示した, 禁じる事, 禁じ得ないの, 私どもが, 私達の, 空想として, 竹村に, 精密に, 紙面に, 細部にわたって, 統一し, 繰返して, 翌る, 聴いて, 胡魔化す, 自分が, 與えて, 與へた所は, 與へらる, 芸術の, 薄くし, 表すこと, 表現し, 表示しよう, 裏切られたの, 見せる表現, 見る度, 見出すこと, 見抜いて, 覚えさせられた, 覚えたこと, 覚えだして, 覚えながら, 覚える作家, 覚ゆるし, 解剖した, 言明し, 記憶してる, 話して, 誘いついに, 誘う年, 誘われると, 説明できない, 読者に, 誰にも, 諷おう, 象徴した, 賞した, 贈りたいと, 起こさせた, 起こさせて, 起こさせました, 起こさせるという, 起こさせるほどに, 起こさせるよう, 起こさないわけ, 起こしましたが, 起さしめた, 起させたもの, 起させて, 起させない処, 起させなかったの, 起させやすい, 起させられるの, 起させること, 起させるに, 起させるもん, 起させる人, 起させる宗教, 起させる様, 起させ道, 起さないと, 起されて, 起したけれども, 起したもの, 起しましたの, 起すか, 起すでしょう, 起すに, 起す青羅紗, 跡で, 身体の, 身体中から, 述べると, 造り出して, 過重ならしめぬ, 適切に, 部分的ながら, 重んじた, 除いては, 隠すこと, 静かに, 頭一ぱいに, 顰めた顔, 駒井甚三郎は, 魅惑的の

▼ 感じ~ (1743, 7.7%)

61 するもの 37 する男 23 する女 21 するの, する人, もので 18 する娘 16 するところ 14 男です 1311 ものであった 10 いいもの, すること 9 する顔, 方が 8 ものが, 顔を 7 するお, するその, ものに 6 する建物, ものでした, よいもの 5 する人間, する町, する若い, ものだった, ものである, よくない, 上で, 上に, 中に, 鈍い女

4 [13件] あるの, うちに, する, する所, する美しい, する美人, する部屋, なかで, なかに, ひとだった, 人が, 人だ, 男でした

3 [39件] いい人, するこの, するせい, するほど, する中年男, する人物, する壁, する大きな, する好い, する浪人者, する点, する色, する花, する街, ために, ひとで, ものでありました, ものです, ものは, ものばかり, よい色, ような, よさ, わるくない, 上において, 中で, 中には, 人だった, 人で, 人な, 句である, 女が, 女で, 女でした, 好い人, 娘です, 深いもの, 男, 男で

2 [105件] ある顔, いいひと, いい人たち, いい女, いい顔, お夏, お磯, ことだ, して, するあの, するお方, するよう, する下女, する事, する二本差, する人たち, する作, する作品, する北京, する句, する品, する商人, する場所, する奴, する婦人, する容貌, する小さな, する小娘, する少女, する少年, する山, する彼女, する心, する時, する死体, する物, する物柔, する目, する眼, する美し, する美女, する良い若い, する親爺, する電車通り, する青年, する音, する顏, する鳶頭, ところと, ところは, ひとが, ほうが, まるでない, ものかも, ものを, よいこと, よいほどに, よいほどの, よい女性, ように, よかった, 三十男で, 上では, 世界で, 世界に, 中から, 人, 人であった, 人でございます, 人間です, 代りに, 光りを, 几帳面に, 出て, 前に, 呟きだと, 問題である, 喜三郎老人は, 女だった, 女です, 強いもの, 強い人, 悪いもの, 悪い女, 悪くない, 方でした, 日が, 正確な, 滑らかな, 点で, 物腰が, 特徴を, 男が, 男であった, 町で, 眼で, 美しさ, 良い男, 起る所, 違いが, 違うもの, 部屋だ, 青年だった, 音が, 黒い箱枕

1 [965件 抜粋] あった右, あつた, あるこの, あるひどく, あるよう, ある作家, ある出来, ある存在, ある年老いた人, いいお, いいお家, いいたくましい若者, いいところ, いいよう, いいスタンド, いい人達, いい僧院, いい場所, いい姿, いい家, いい家庭, いい山間, いい店, いい文学好き, いい楽, いい泊り場所, いい玉屋, いい眼, いい者, いい調, いい部屋, いかめしい部屋, いやに, うすら寒い宵, うまくも, おこらないの, おじいさんでした, おんなだった, お粗末, きらきらする, こすこと, ことにて, この机, この鞍乗峠, こまやかな, ごくさびしい, される狭い, したの, した大きな, した後, しっかりした, しつかりした人, しないもの, しない女, しない程, し出して, するあたり, するいい, するうち, するがらん, するそこ, するため, するなか, するのに, するほどに, するほどの, するやう, するコックリ, するサロン, するタイラント, する一人, する一軒, する上, する不安, する世界, する中年増, する主人公, する二十二, する五十四五歳, する人形, する仁體, する仏蘭西人, する体, する保護色, する倉庫, する働き者, する其の, する凄, する劇的, する区域, する古木, する名前, する唇, する四角, する回転音, する土地, する地方, する垢抜け, する埃, する塔, する売色, する外殻, する大部, する夫人, する奏鳴曲, する好, する子, する室内, する家, する宿, する寺院, する少し, する山湖, する帯, する平坦, する幸子, する庭, する式場, する役, する後ろ姿, する微笑, する態度, する憂愁, する料理, する方, する日本出來, する景色, する暗, する書斎造, する朝, する村, する束髪, する梅, する模様, する橋, する武家, する歯並, する水, する滝, する煉瓦建, する牢屋, する猫, する琴, する町人, する番人, する異人, する痩せた小柄, する百日紅, する眼つき, する砂地, する硝子, する秋子, する空, する紙屑, する聡明, する肉体, する背, する舞, する芸目, する若々しい, する茶の間, する行き, する装飾的, する規律, する調和, する調子, する赤人一流, する足袋, する重い, する闊葉樹林, する雪, する面長, する頗る, する頬, する頭, する顔つき, する顔立ち, する風貌, する食卓, する食堂, する香気, する高僧, する黒目, せぬ花, そして質朴, その峯, その高塔, ちがう, ちゃんとした, つよいもの, でて, ところが, ところで, ところな, ないこと, ない声, ない暗い不透明, ない男, ない風, なかにも, なさそう, なになにさん江と, ひとつは, ひとである, ひとときであった, ふっくらと, ほかお, ほっそりした, ほんの隅っこ, ま, まだ若い, まなざしであった, ままを, みすぼらしさ, もとに, ものか, ものだ, ものであっ, ものであれ, ものでなかった, ものの, やうな, やせた男, やや旧式, よいこの, よいわるいを, よい仕事, よい召使い, よい品, よい女, よい家, よい店, よい方, よい早春, よい段落, よい町, よい百貨店, よい若, よい蔭, よい貴人, よい野中, よい静か, よく似た, よく肥った, わるいもう, わるい犬, を受取つて, シュラーと, レビュウガールが, 一廓でした, 一流の, 一部分であります, 三階までが, 上には, 上品で, 不快を, 不愉快な, 与えられる岸, 世界が, 世道人心を, 中へ, 中婆さん, 亂暴な, 二重顎にも, 云々, 人々が, 人であっ, 人でした, 人より, 人をと, 人物, 人物であった, 人間で, 人間ばかり, 伴いやすい, 伴ひ, 似通った言葉, 住居だった, 何の, 何ものかが, 余り宜しから, 作品を, 個性の, 側に, 像の, 先生さえ, 共同湯であった, 内に, 出し方, 出るよう, 別にこれ, 区別が, 厚みも, 厚壁に, 反対で, 受け取られるの, 受け取れる源氏, 古めかしい建物, 右に, 名前を, 唄である, 善い処, 四角な, 基礎に, 場所に, 壁が, 声だった, 声は, 外は, 多いの, 大男で, 夫人で, 奥に, 女だ, 女を, 好いの, 好い愉快, 好い方, 好い都会, 好い顔, 如きもの, 妙な, 妙子が, 娘だ, 娘で, 嫁を, 字も, 安いメシ屋, 宜い, 家, 家であった, 家具なども, 寂しい水, 寝像, 小住宅, 小汚い狐, 小説を, 少女で, 少年ばかり, 山に, 巧みな, 年とった, 幾度繰返し, 広間の, 店で, 座棺に, 建物で, 弱められる虞, 強い病人, 強く働い, 当って, 形容であろう, 後には, 恐ろしい位, 悪いあまり, 悪いよう, 悪い事, 悪い女中, 悪い村, 悪い筆, 慇懃さを, 所は, 手である, 手紙は, 打である, 抒情味を, 指圧師が, 文様を, 方だった, 方は, 方角に, 日でした, 旦那を, 早い方, 明るみでした, 暗い場所, 最も鋭い, 最直接, 有る人間, 有無に, 本である, 本源を, 柔軟な, 樂しい, 機械音を, 次第に強まる, 正しさ, 残ったそして, 残って, 気の, 求めにくい, 洲であった, 浅深厚薄, 浪花節で, 消えないあく, 深い眼付き, 深い芸術家, 深かった, 湖である, 源泉である, 溢れた肩, 無い冷淡, 無い様, 然しまだ, 現れる気短, 田舎では, 男だった, 男の, 男は, 画品だ, 畳から, 白い蓮, 皮膚が, 皮膚の, 相違が, 眺望で, 眼を, 祝町を, 種と, 稲を, 空虚さは, 笑い方, 籠ったナオミ, 素朴な, 細っそり, 縦の, 美しい人, 美しい小, 美人だって, 老人だ, 老人です, 老人と, 老媼の, 者で, 聲で, 肉體的に, 胴を, 至極いんぎんな, 良い人, 良い声, 良い青年, 色が, 色艶の, 若い技士, 若者であった, 荒々しい用心棒, 薄い笑, 薄暗い田舎風, 表われない, 表現であり, 装飾だった, 裏町で, 複雑な, 親爺であった, 言葉が, 言葉を, 論文に, 貘さんとは, 走り方, 起ったゆえん, 起るもの, 身なりが, 造作であった, 遊女らしい, 違いかた, 違いは, 違うところ, 違ったインテリ, 違ひ, 部屋であった, 醜い五十男, 野村口では, 野郎だ, 釣り場であった, 鈍いまるで, 鈍い人, 鈍い処, 鈍い政府, 鈍くなった, 鋭い小説家, 鋭くはでやか, 鋭敏な, 長身の, 陰気な, 雪が, 電車に, 音で, 音響であった, 頷き方, 題名に, 顏です, 顔で, 顔でも, 顔とを, 顔容に, 風態の, 館員が, 騒音が, 黄色い顔, 黒光りを

▼ 感じ~ (995, 4.4%)

15 少しも 13 するが, なかった 12 しない, しなかった 11 したが 9 ない 7 どこにも 5 なかつた, よくない 4 あったが, しないの, しなかつた, しませんでした, なくなって, 非常に

3 [11件] ありません, あるが, しても, どこから, 一層強く, 今の, 出て, 当って, 與へ, 起らない, 逆で

2 [55件] あなたに, ありますが, ある, いつまでも, この人, して, しますが, すこしも, する, するけれども, せず瞳, そこから, それほど醜く, どこかへ, どんなだろう, ないの, まったくなかっ, わかる, 一種異様な驚くべき, 与えない, 与えなかったであろう, 今も, 何かに, 充分に, 全然なかっ, 冷たさ, 十分に, 半分よりも, 受けずに, 実に独特, 容易に, 彼の, 彼を, 後から, 急に, 悪くなかった, 持たなかった, 新鮮で, 来ない, 東京や, 正しかった, 気品の, 深くなる, 滅多に, 犇, 皆の, 確かに, 私たちの, 私の, 私を, 絶対に, 起さなん, 起らないで, 起るが, 違う

1 [726件 抜粋] あざむかれない, あた, あたしの, あったに, あつた, あつて, あの笠翁, あまりに雄大, あまり無く, あらかた説明, あるかも, あるでしょうね, あるに, いいが, いい気持ち, いきいきと, いきなり暗闇, いくら書い, いささかこれ, いずれかと, いつでも, いつと, いつの間にか消滅, いつの間にか綺麗, いやな, いやね, うけなかった, うち寛いだ, おそらくはラジオ, おそらく激しく, お岩, お祖母さんの, お角, かえって伸子, かえって秋, かなり屡々経験, かなり強く, きわめてよい, きわめて新奇, こうでも, ことごとくわが, このよう, このよく, この事実, この人たち, この作, この否定性, この辺り, これほど, こんなもの, ごく微か, ございません, しきりにモスク, したこと, しないが, しないそれ, しないだらう, しないで, しないであろうか, しない程, しなかったが, しなかったろうか, しなかつたから, しなかつたのに, しながらも, しなくて, しまいと, しませんが, しまへんかな, しみじみと, すこしつら, すこぶる曖昧, すつかり, すでに萌し, すべっこくて, するかも, するだろうなあ, ずっと若わかしく, せずして, せず美しく, せんよ, そう強い, そがれやすい, そのため, そのままの, そのガタ馬車, その後さまざまの, その旅中, その根本, その要素, そもそも私達, それから後, それとは, それとも異, それに, そんなに悪く, た, たしかに似, ただおそろしい, ただ両方, たと, だれよりも, だんだん薄らい, ちっともいたしませんで, ちっともなく, ちっとも覚えない, ちょうどおめでたい, ちょうどこの, ちょうど交響楽, ちょっと他所, ぢめた, ぢめて, てんで起らない, で, とうてい言葉, とくにきのう千葉先生, とてもいいあらわす, どうした, どうしてもプロフェッサー, どうしても相違, どうする, どうである, どうです, どうもやむをえない, どう変わっ, どこか, どことなく膃肭獣, どことも, どの材料, どんなもの, ないか, ないから, ないだろうか, ないに, なおさらであった, なお多分, なお強く, なくかへ, なくこの, なくても, なくなった, なくなるであろう, なくみだら, なく全体, なにか決定的, なるほど, なんとなく気持ち, なんとも言, はたして真実, はつきりとは, ひどく露骨, ほとんどない, ほとんどなくなっ, ほとんど肉感的, まことに立派, まざまざと, まずバナナ, また一, まだ決して消え, まったく同一, まったく周囲, まとめて, まぬかれない, まるでちがっ, まるでちがった, まるで異, まるで起らない, まるで違う, むしろ中宮寺, むしろ単純, むしろ祖先, もうない, もうなくなっ, もう少しも, もう通り越し, もって, もてないで, もてなかったの, やがてドコ, やがて彼, やっぱりほか, やはり感覚, やはり自然, よい, よき人, よくわかっ, よく現れ, よく解, よそほかと, よほど妙, よろしい柿, よろしくない, わからないわ, わかりますから, わたくしの, わたしには, わるくない, われわれとても, イデエの, スポンジの, テッド隊長以下すべての, バックが, 一つは, 一体何, 一口に, 一向に減らなかった, 一坐, 一寸頭, 一層する, 一層彼, 一漁夫が, 一点の, 一秒にも, 一種不思議な, 一般の, 一週間ほど, 丁度近頃, 七月と, 三四郎にとって, 三越よりも, 上宮道には, 不思議に, 与えないもの, 与えなかった, 与えなかったに, 与へ, 主としてここ, 久喜と, 九年前の, 享け, 京女である, 京都から, 人間が, 人間の, 人間生活の, 今でも, 今はじめて, 今までの, 仕事の, 他が, 他人の, 伝統的に, 伴いながら, 伸子の, 佐文が, 何だか自分, 何と, 何となく絹, 何となく芝居, 何と痛快, 何も, 何れも, 何年ぶりの, 何處と, 作家中野重治の, 作者は, 僕を, 先づこんな, 免れなかった, 全くありませんでした, 全く独特, 全く私, 全然なかつた, 全然無かっ, 全然違っ, 全訳を, 其れ, 出ないよ, 出ない顔, 初めてだ, 初めての, 別である, 到底出ない, 刻々と, 前に, 割合に, 動かしがたい, 動かぬその, 十分ある, 十分だ, 千代と, 午前中を通して, 単なるハイカラ的見地, 却つてその, 却て, 厳粛さと, 去らなかった, 又おどろくべき, 友ちゃんの, 取も, 受けたが, 受けと, 受けなかった, 受け切れないわ, 古今を通じて, 右の, 品位の, 喜びと, 四辺を, 在りながら, 増して, 変に, 変らなかった, 変らなかつた, 変るまじ, 夏の, 夕方父親の, 大体感覚の, 大変いい, 大変に, 天平時代にも, 失せぬ, 失望でございました, 奇妙な, 好い気味, 好かつた, 好感でも, 如何ともし, 妹とは, 姫草ユリ子を, 嬉しいと, 子供心にも, 季節の, 学士の, 完成の, 実に偉大, 実に微妙, 実以, 寧ろ天鵞絨, 少いだけ, 少年に, 岩だ, 左の, 年を, 年老いた今日, 廊下にまで, 強かった, 強く自分, 形而上に, 彼が, 彼女にとって, 彼女の, 後者と, 得られない, 微妙で, 必ずあるだらう, 忘られない, 忘れられて, 忘れられませんでした, 念頭に, 急死した, 恐らくこういう, 恐らく凡て, 恐ろしく執念深く力強い, 悪いもの, 悪くなかつた, 情緒的であり, 愉悦の, 感じです, 感覚的な, 憐れの, 應接間と, 或程度, 所詮起らなかった, 抱かなかった, 抱かなかつたらう, 持たされた, 持たないで, 持たなかつた, 持って, 持つて, 新しく日本, 日本人だけの, 日蔭に, 明るい, 昔の, 昨今に, 時とともに, 暗く苦しかった, 更に起らない, 最も懐しい, 月夜の, 有る二本, 朝から, 未だに頭, 本尊と, 本当にそう感じる, 机の, 栄子に, 概して病的, 概して簡素, 次第に爪先, 次第次第に, 殆ど同じ, 殆ん, 残らぬ, 母の, 毛頭なかった, 水の, 永遠に, 決していい, 決してナマ, 決して去らず, 決して悪い, 汽車が, 沖縄で, 洋風の, 洪水後の, 浅黒い皮膚, 消えたの, 消え去って, 消すこと, 淋しいでも, 深かった, 深かつ, 激しい不安, 為ません, 無いが, 無くても, 無く利口者, 無く當, 無論ない, 爆裂弾を, 物凄いと, 玉子焼きや, 現実の, 甚だ果物, 甚だ鈍重, 生きて, 生まれて, 生涯いだい, 甲斐には, 申し分なく若々しい, 界の, 畢竟新年, 異常な, 異常に, 登るに従って, 白がちの, 皆よく, 盲目に, 眞に, 真白い雪, 瞬間に, 知らないで, 私に, 私には, 私ばかり, 私共の, 秋冬に, 秘密な, 立派だ, 筆にも, 糠味噌の, 終に填められなかつた, 結局人さまざまで, 緑青色の, 纖細軟弱と, 美しかった, 美醜の, 育くまれて, 能動性である, 自分と, 自分には, 芸術でなく, 苦しくて, 蓋しあの, 蕪村にも, 蛹の, 表側から, 複雑な, 見物に, 解るという, 記述する, 評論の, 誰にも, 譬へ, 豊かである, 起こって, 起こらなかった, 起らないが, 起らないもの, 近代の, 近代思想に, 追い払えなかった, 退いて, 通例仏像や, 過ぎ去つて了つて, 違うだろうが, 遙かで, 重なって, 金属の, 鈍くなる, 錯乱に, 鎌倉時代そのまま, 隠せなかつた, 雨が, 頗るよく, 飛行機には, 高田

▼ 感じながら~ (952, 4.2%)

31 私は 14 彼は 12 それを 6 自分の 5 栄介は, 生きて, 眼を, 言った 4 それが, それらの, 云った, 伸子は, 彼女は, 書いて, 歩いて, 黙って 3 ひそかに, わたしは, 二人の, 二人は, 後の, 母の, 聞いて, 踵を, 静かに

2 [49件] おずおずと, かわいそうな, この見知らない, しみじみかう思はず, そのヨサ, ぢつと, とうとうこの, どうか誰, ひとりし, ひとり往来を, ふと我, ファインダーを, 一息に, 人気の, 何分にも, 厩舎の, 口を, 太田は, 妙に, 妻からの, 孔子の, 宇治は, 宏子は, 彼の, 彼も, 心の, 急な, 折々吹, 暮して, 最後の, 最後まで, 板の間に, 次郎は, 歩いた, 歩くとも, 母に対する, 私罪悪感に, 窓の, 立ち上った, 答へ, 考えた, 胸を, 襖を, 訊いた, 踊りには, 透明な, 野原の, 長い呼吸, 黙つて

1 [712件 抜粋] ああえらかっ, あたりの, あと一丈許り, あらわに, いそいそと, いちはやく読み, いつか品定めに, いつか死に, いつか火箸を, いま夜の, うっとりし, うとうとしかける, おずおずした, お延, お米, お銀様, かかえられたまま, かれは, きっと闇, きょうが, ぎし, ぐっすり睡眠, ぐつすり眠, こうどなりつけた, こう思った, ここを, こちらからは, こちらで, この一見, この上, この場合, この妖艶類, これが, これで, これには, これを, これ等の, さう, さっそく長い, さり気なくきいた, しかしその, しかしそれ, しかしほんとう, しかし感謝, しかし無言, しかし默つて, しかもサアカス, しかもヴェリチャーニノフ, しかも同時に, しかも相手, しずかに, しばらくは, しばらく待っ, しまひ, じっと涙, じっと見, すっかり力, すゝめられる, せつせ, そうお答え, そうで, そう呟いた, そう思った, そう言った, そこで永い, そこまで, そこを, そしていつも, そっと眼, そのから, そのころころ, そのまま口, そのよう, その一方, その一本, その仔鳥, その儘, その動静, その場合伯父, その夜一夜, その小さな太鼓, その川音, その憤怒, その戦ぎ, その時, その機会, その溪, その白紙, その眼, その話, そりぁそうした方が, それでももう, それでも二, それでも兵さん, それでも外, それでも完全, それでも緊張, それでも自分達, それに, それも, それ等と, ただ制作, たった一円, だまつて目立たぬ, ちょっと身震い, つい僕, つい数日, つかつかと, つっ立って, つるした, でもなかなか, でも次第に, でも隣町, とにかく居住い, とにかく持場, とんとんと, どうかこの間, どうしても自分, どうしても退屈, どうしても面, どう答, なおもその, なおジリジリ, ながく煙管, なんとし, のべつに, はにかんで, ひとりごちた, ひとりで, ひと口あおった, ふいに, ふとさ, ふとその, ふと嫉妬, ふと自分, ほとんどおのれ, ほとんど盲蛇, ぼそぼそと, ぼんやり考え, ぽつねんと坐っ, また一面, まだ幸福, まだ自分, まるで僕自身, みのるが, むっつりし, もう殆, もう阪神国道, やがて三階, やっとの, やっと眠り, やっぱり自分, やつとの, ゆがんだ笑い, ゆきすぎる男女, ゆっくり話しはじめた, りつ子と, わざとむっつりし, わずかに, わたくしは, オックスフォードから, カアルソンは, コッソリと, サヨは, ジッと, ストーブの, スパルタ的に, デレンコフの, ドアを, ヒョロヒョロと, ピョコンと, ホテルの, ミネは, ミンチン女史の, ラツキヨ漬を, ヴァレイ夫人を, 一分も, 一別以来の, 一刻も, 一層つよく, 一散に, 一方には, 一方自分, 一種の, 一緒に, 一言ずつ, 丁寧に, 万三郎は, 下を, 不安と, 両手で, 二つに, 二つの, 二冊目の, 二歩三歩中へ, 云つた, 五六歩あるいた, 人々は, 人は, 人通りの, 今度は, 今朝に, 仕方なし, 仮りの, 伝右衛門は, 佇んで, 低くつぶやいた, 何といふ, 何となく僕, 何の, 何を, 何処へ, 余儀ない理由, 余儀なくその, 例えばきょう, 信乃は, 俯向い, 停車場など, 傍によって, 優しく見あげた, 兄妹は, 光代は, 入口に, 八重洲口へ, 其処を, 其派手な, 再び気, 冷かに, 凝っとその, 凝と, 刀を, 初めてその, 初めて口, 別れを, 前にも, 割合医者, 力一杯のび, 加奈江は, 動きは, 匆々三階に, 千世子は, 千登世を, 半泣き, 博士に, 又之丞が, 友人の, 取りに, 口に, 口早に, 古い詩稿, 同時に癩, 同時に胴全体, 向うの, 吹雪の, 呟きました, 味気なく, 嘆息した, 嘔吐をも, 嘲笑する, 国民兵たる, 圓朝は, 坂を, 坂道へ, 城を, 場の, 外見は, 夜具を, 大作は, 奥に, 女々しさ, 女性の, 嫌悪に, 子路から, 宗吉が, 実はやはり, 家への, 寺田は, 尋ねた, 小聲, 少し道, 少年を, 居ずまひ, 屈辱の, 岸本は, 峠を, 左右に, 左孝の, 已むを, 希望と, 帰宅した, 常に孤独, 幅廣い, 平伏して, 平次は, 平生の, 平身低頭し, 幾多の, 幾時間でも, 床に, 店さきを, 庭の, 廊下へ, 廻り止んだ, 弦之, 強ち, 強ひ, 彼が, 彼を, 待合室の, 従姉の, 従弟を, 微笑した, 心づくしの, 心には, 心を, 心持ちだけ, 心楽しく, 必然という, 思う, 思った, 思はずお, 思ふ存分, 急に, 恥か, 悲しいよう, 愈天下, 愉快な, 慌てて, 憐れに, 懐しく言葉, 或時, 房一は, 手さぐりで, 手さぐりに, 折れ曲り折り曲りして, 抽籤には, 拝見し, 振り向いて, 掌を, 支那ホテルの, 攻撃を, 新吉は, 旅から, 旅行者の, 日本の, 早速これ, 明るい廊下, 昔の, 時間が, 暖炉が, 暗い二階, 暗い獨房, 暗い絶望, 暫くボンヤリ, 暫く立, 暮がたの, 暮らして, 書斎に, 最後に, 最後には, 本堂脇の, 本郷三丁目の, 机と, 杉村は, 村の, 柏の, 栗本は, 槇の, 横町へ, 次の, 此頃懊悩し続け, 武蔵の, 歩きました, 歩き出そう, 死身に, 死身にな, 殆ど有頂天, 気持よく, 気軽そう, 汗の, 汽車の, 注射を, 派手な, 深々と, 深雪が, 火鉢の, 無言で, 然し私, 物ほし, 物倦く, 狂言の, 猫板の, 猶一方, 玄関に, 玄関へ, 玄関前に, 玉鬘は, 生きが, 用人の, 甲斐は, 白い布, 皮肉に, 益, 目の, 目を, 目前に, 直ぐに, 看護婦を, 真弓の, 真直ぐ切符売場, 眠ったまま, 眠るという, 矢張先刻と, 矢張昔の, 石段を, 砂利を, 研究し, 私の, 穴を, 空壜を, 立ち去ること, 立った, 立って, 立上って, 竜太郎が, 笑はせ, 答えた, 箸を, 簪を, 素枯れた, 細く眼, 終に解く, 組織内の, 緊張を, 美的装束を, 美的裝束を, 耳に, 耳を, 膝を, 自ら, 自分が, 自分だけの, 自分では, 自分は, 自分も, 草を, 荒々しく自家, 荷やっかいな, 落ち着き払って, 落葉の, 蓬莱和子の, 蕗子の, 藤の, 虎之助は, 街上を, 袖を, 裂き残した歌稿, 見ないよう, 見守った, 親達は, 言葉すく, 言葉を, 訊き返した, 試験場へ, 読んで, 誰に, 起き上ったの, 足も, 足もとに, 身体を, 身辺の, 辛棒した, 辞書を, 進み立ち問答, 遂に其本体, 遠く近く, 重い足, 重ねて, 金五郎は, 鍵裂き, 長き沙巌, 長くゐ, 長閑に, 障子を, 隣室に, 電話函を, 霊岸島の, 靜かに, 靴の, 靴先で, 順吉は, 頷いて, 顔だけは, 顔を, 飛んで, 首を, 馬車の, 駿介とじゆん, 高価な, 龍子は

▼ 感じ~ (912, 4.0%)

95 あつた 6 私は 5 胸が 4 あつて, それが 3 いうと, その時, ハッと, 今の, 彼の, 彼は

2 [34件] あたりを, あの松, せう, それに, それは, たかだか水通し, ね, 一杯だつた, 並んで, 伸子は, 俺は, 彼に, 彼を, 彼女は, 心が, 態度の, 手を, 日本の, 松林の, 歩調の, 決して高須, 然しあんまり, 眺められた, 眼が, 眼を, 矢代は, 立って, 胸を, 貝の, 足を, 身を, 逃げるに, 非常に, 顎の

1 [712件 抜粋] ああ今日, あぐらを, あつたの, あつて頬骨, あの人, あの口, あらう, あらわれると, ある部分, あれ程, いくつか, いけない, いた, いたらそれ, いちどきに目, いちばん好い, いっぱいに, いつぱい, いふと, いふのよ, いやな, いるよう, いるらしく頭, うけとられて, うけ入れたの, うちが, うって, うつむいて, うれしかった, うんと, おちつけない, おもわず返事, およそ四五間, お直, かそけくも, かつての, がんと, きちんと広い, きよめる何もの, くつつい, くつろげる, くらくらと, ぐんぐん読ん, こうやっ, ここは, こちらの, この一月, この人, この土蔵, この女づれ, この家, この新しい, この母胎, これだけの, これに, これまでと, これを, こんな所, さういふ場合, さうおも, さうし, さつ, さへ, しかし声, しどろもどろに, じわじわと, すぐに, すぐには, すっきり高い, すべてを, ずるずるはいりこん, そういきなり, そうしてそれ, そうしてやたら, そうして無心, そこに, そそり立って, そっと雪洞, そのため, そのまま女中, そのまま眸子, その一日, その世の常, その傍, その奥底, その後この, その新鮮, その無気味さ, その癖不快, その芳香, その身, その頃, そびれて, そりゃ幾分, それでいて妙, それでもなおざり, それと, それに対する, たいそう行き届い, ただ後にな, ただ軽侮, だから変物, だめな, ちがって, ちょっと不安, つきまとう, つっ立って, ときどきぷつぷつと豆, とても朗読, とても気疲れ, とにかく自分, どうかする, どうしても本当, どうにかやれ, どうにも気, どうも気力, どこまでも, どんなに所謂, ながいこと眼, ながめて, なにか頼ん, なまめかしさ, なるほど好人物, にべも, はっきりと, はっとさせられた, はっとさせる, ひとりが, ひどい時, ひどく穿つた, ひらき直ったかたち, ぴょんぴょん附い, ふと思いだされ, ふと気がつい, まことに落ちついた, また上の, まつわるよう, まるで夢見る, みたされて, むしろまた会う, むし暑い梅雨, もうそうなる, もし一度, もって, もつて, もつと, ゆっくりと, よくありません, わかるでは, わかるという, わかるよう, わかるわ, わざと乱暴, われわれを, われ知らず胸が, アメリカ流に, グングンと, コック場なども, サーッと, ズケズケ言った, タップ, テルノフスカヤの, ブルブル震え, ベランダに, ボンヤリ眺め, ママの, ロクが, ワッと, 一つの, 一ぱいに, 一二度ふられた, 一手さし, 一時ほっとした, 一歩々々と, 一言話せ, 丁度あの, 三十分や, 下るに, 下宿の, 不安という, 不安な, 久しぶりで, 之丈けの, 二人とも, 二十五にも, 二十八の, 五千メートルぐらい, 五本に, 亢奮し, 交際の, 人々に, 人に, 人の, 今まで, 今更の, 以前も, 伸子を, 何が, 何だかひどく, 何だかヴェトーヴェン式, 何となく淋しく, 何となく虫, 何とも云え, 何やら意識, 何処やらに, 佳一の, 使って, 使われて, 使用出来る, 侘びしい, 偏三角形の, 傍の, 僕は, 先方の, 全き, 全く春, 全心, 公平に, 六人の, 再び黴臭い, 出て, 出入口の, 判って, 別れた, 別れるの, 刻一刻暗く, 剛子は, 励まされるよりは, 動いて, 十尺以上も, 午後三時近くな, 印象され, 却つて白痴的な, 厚い唇, 厭だった, 口が, 同じ冷た, 同意せられる, 呆れ返り且つ, 周囲の, 和紙の, 唱へる, 困つたが, 圧え, 地べたを, 壁はくづれ羽目板は, 声の, 夜の, 夜を, 夢中に, 大いに男性的行動, 大変大変うれしい, 女同士の, 好きな, 妙な, 威風堂々, 孝之助は, 宇治に, 安心しました, 実感される, 実際堪へられない, 寒笑, 寛ぐ気持, 射るよう, 小夜子の, 小説には, 居たの, 居る所, 幸子が, 幽雅, 幾日も, 座に, 庭の, 強くは, 当分は, 彼ををの, 彼女の, 得体の, 心にも, 心を, 心配した, 忌々しがられる, 思い出すまいとしても, 思わずこちら, 思わず凍った, 恐くて, 恒夫の, 息子は, 恰も汽車, 悲しみも, 悲哀に, 想像の, 感じられるという, 感心と, 感覚し, 慈悲善根を, 成親は, 戸惑いし, 戸惑ひし, 房一の, 房二郎は, 手先に, 手紙を, 手足を, 打鳴らされ, 扱われて, 抵抗する, 押し黙って, 摘まんでから, 支配された, 数日まえ, 断言出来た, 新吉には, 日記帳を, 早く帰っ, 昏倒した, 昔と, 春が, 春風の, 昨夜の, 普段なら, 晴やかには, 暫く黙っ, 書いたもの, 書いて, 本当の, 来るとき, 林立する, 栄介は, 梶は, 正代という, 正直の, 歩いても, 歯ブラシの, 殊にお, 母が, 母の, 毛細管が, 気が, 気まりが, 気分が, 気持が, 気持を, 気羞しく, 永遠に, 沢山の, 法王山の, 洵に, 浮腫みが, 海に, 消えいそぐと, 渡されたびしょ濡れ, 渡船を, 溢れる笑い声, 漂って, 火が, 灰としては, 為す術, 無慚, 無理なく, 燃えるやう, 父の, 物が, 物陰に, 特別な, 猪之の, 甘え切って, 生々しい, 生きて, 生きてを, 田舎ほど, 申すと, 皮膚は, 目が, 目立つ, 直線的に, 眺めたこと, 眺めました若く, 眼の, 瞬く間, 神楽坂のみ, 秀ちゃんの, 秀次は, 私が, 私には, 私の, 私を, 空が, 突きあげられたよう, 突然ヌッ, 立ち並び怪しい, 笑ふと, 笠井さんは, 答へ, 精気ハツラツたる, 精気溌溂, 級は, 細かい詮議, 置かれて, 美しい, 美佐子は, 美濃は, 義平太が, 而も, 耳に, 聞いた, 聴え, 肥って, 肩が, 脱がれた, 腰の, 腹が, 自分つよく, 自分に, 自動車に, 自由, 自由と, 舞台装置の, 舟も, 若い娘, 若い生徒たち, 落付いた, 葵色がかった, 薄暗い電燈, 血の, 行けば, 行手を, 衣巻が, 表現され, 裏づけられても, 補われるの, 見えて, 見たいの, 見と, 見ながら, 見ようによっては, 見るところ, 見る人, 見返ったこと, 視線の, 言って, 言ふと, 試みられて, 話題の, 誠に滑稽, 読む方, 誰の, 講談本さながら, 谷底に, 豹吉は, 贅沢な, 赤いちりめん, 足許を, 足音が, 踊つてゐた, 身動きも, 躯が, 輕, 返辞も, 迫つた, 迫つて來る, 迫るの, 退屈し, 逃げようと, 逆に, 道が, 遠慮深く, 部分的な, 酒を, 鉄縁の, 鎌の, 長い睫毛, 長い間, 間誤つい, 間違えたの, 附近には, 陽子は, 階下から, 隣の, 電燈の, 静かに, 面白いこと, 面白い経験, 頂きました, 頬笑ましかった, 額が, 額と, 顔なんかも, 顔色などは, 顔色も, 食って, 飲んで, 骨と, 髪毛も, 鮎子君と, 鹽原多助の, 黒く静まった, 黒の, 黙って, Rが

▼ 感じ~ (675, 3.0%)

41 なって 19 なった 15 なるの 14 打たれた 10 似て 9 襲われた 8 なる, 襲われて 7 うたれた, なつて, 於て 6 なったこと, 打たれる 5 おそわれた, なったの, 打たれて 4 うたれたこと, なつた, みえる, 変って, 打たれたこと, 身を, 適して

3 [12件] かわって, して, なったでしょう, なりませんか, みえた, 全身を, 圧倒される, 打たれながら, 打たれました, 支配され, 満ちて, 襲はれた

2 [41件] あふれて, うたれました, おそわれたり, おそわれて, とらえられた, なずまないところ, なったが, なったに, なっても, ならないこと, なりました, なりましたか, なります, なること, なるでしょう, なるもの, なるよう, よく似, 乏しい, 伴つてゐ, 包まれて, 包まれながら, 変化する, 彼は, 打たれたから, 打たれたの, 打たれること, 捉へ, 撲たれた, 支配せられ, 染, 沈んで, 溢れて, 私は, 耐えられなくなって, 胸を, 襲はれ, 見える, 責められて, 近い, 通じて

1 [357件] あの美しい, あふれ寺院, ありました, ある, いつでも, いつも手管, いま曲者が, うけとられて, うたれたに, うたれたろう, うたれて, うたれないでは, うたれましたの, うたれますのね, うちのめされて, おあつかっ, おそわれたの, おそわれはじめた, おそわれました, おそわれる, おそわれるの, おどろくほど, おびえねば, おぼれて, おや, かけて, かわる, くらべれば, こなされて, このあたりどこ, この展覧会, こめられて, させます, させるの, さらに油, しっかりすがり付こう, しっかり根, しっとりし, しても, しまつて, しろそれ, しろ現実, じっと必死, すぎないと, すっかりその, すっかりそのままという, せまられる人間, そぐわない所, そっくりだった, ついでひどい, つかまって, つき動かされその, つつまれて, つつまれながら, つよく来る, とぼし, とらえられる, とらえられるもの, とらえられ自分, とらわれその, とらわれた, とらわれたが, とらわれたもの, とらわれて, とらわれ振向き, どこか, なじんで, なったから, なったであろうに, なったと, なったらしい, なった傾向, なった口びるはわれにもなくわなわなと, なった日, なった理由, なっちゃう, ならない, ならないかも, ならないであろうか, ならないでも, ならないの, ならない場合, ならなかっただろうと, ならなかったならば, ならなかったの, ならなくなること, ならぬの, ならんかの, なりあらためて, なりすべて, なりは, なりましたでしょう, なりましたでしょうか, なりますか, なりませぬか, なりもはや, なりやはり, なり切って, なり改めて, なり異様, なり真面目, なり縁談, なり闇, なり頬, なり頼もし, なるかも, なるが, なるくらい, なるここ, なるだけ, なるという, なるならば, なるに, なるには, なるふう, なるまでは, なるわけ, なるん, なる始末, なる実に, なる心持, なる感情, なる方, なる日, なれたの, なれぬかも, なれば, なれるでしょう, なれるでしょうその, ひかれた, ひきかへて, ふくれた水, ふさは, ふさはしか, ふさわしい, ふさわしかった, ふれること, ぺつたり船底に, ぼんやり浮い, みえたが, みえるし, もうとっくに慣れ, よろめき家, わずかに, わななける, ゐたたまらなく, カムフラージし, クリストフも, ヒドク打たれた, ピタリと, ロシア的な, 一眼で, 不快を, 乗って, 乗らない, 亡父の, 人々は, 今日ほど, 任せる, 似たもの, 何か, 作歌の, 依って, 依るもの, 依れば, 傾きがち, 優るもの, 入れて, 再び私, 写った印象, 到達する, 動いて, 動かされて, 包まれこの, 反感を, 受けとって, 受け取れた, 受け取れたであろうが, 合うてるとしましたら, 合うよう, 喩えたら中らずと, 喫驚した, 囚えられ, 囚はれた, 囚われたので, 囚われて, 圧倒され, 圧倒された, 圧迫された, 堕ちること, 堪えず何処, 堪えて, 堪えながら, 堪えられなくなって, 堪えられなくなるという, 堪え難くなった, 堪へられなかつたらうと, 壓せられた, 変った, 変ったまま, 変らしめられて, 変りは, 変わって, 変化し, 変化を, 多少支配, 多少鋭, 大変な, 妨げられて, 子供つ, 存するの, 学校を, 容易に, 富んだ山, 富んだ手, 富んで, 導かれる比類, 就いて, 尽きた有様, 崇高悲壯乃至, 庭の, 引摺り込まれ, 従ったもの, 応じて, 応は, 思へるの, 惹き入られた, 慣れなかつた, 戦慄した, 戻らせた, 打たれずには, 打たれたが, 打たれたよう, 打たれたり, 打たれつつ, 打たれてるか, 打たれないもの, 打たれなければ, 打たれます, 打たれると, 打たれるとき, 打たれるの, 打たれるので, 打たれハッ, 打ち克つには, 打って, 打れ, 扱はれた, 抵抗し, 押出され, 捉は, 捉われず, 捉われる, 捕えられ黙って, 捕われた, 捕われながら, 描こうと, 撃たれ, 撃たれは, 撃たれる, 撮れて, 擽られようという, 新内流しを, 於ても, 日本趣味が, 映ったあの, 曇つた午後だつた, 来ないその, 来るもの, 根拠を, 欠けて, 止まつて, 水の上を, 泣けた, 流れこんだり, 浸って, 浸りました, 浸るの, 浸れるだけに, 深く浸り, 混って, 混つてお節の, 満ちた, 滿ち, 澄んで, 照らしあわせて, 照応する, 煽りかけられました, 牽き入れられた, 生かしたやう, 由るほか, 相違が, 相違の, 相違は, 着こなして, 石谷さんは, 統一されてる, 絶えず悩まされた, 置かずして, 耐えられなくなり柚子, 聞惚れ, 胸が, 胸の, 胸躍らせ, 脅かされて, 苦しい酷く騒々しい手水, 蔽われたこと, 薄汚い大衆喫茶店兼飯屋, 行き当りさ, 衝たれ, 襲は, 襲われながら, 襲われはじめた, 襲われみないちよう, 見えた, 見えた母親, 見えて, 見せる, 覚えが, 触れて, 訴えるから, 誘われるので, 誘惑された, 調和する, 變つた處が, 負けて, 負け会田さん, 赤黒く輝い, 足の, 転用する, 辛くも残存, 近いと, 近いところ, 近いもの, 近い心, 近い様, 近くなっ, 近く見える, 近づけられて, 迫られて, 追いたてられこんな, 追はれ始める, 通った, 過ぎないの, 過ぎないので, 過ぎなかった, 過ぎなかつた, 違いありません, 遠い記憶, 酔うて, 降ったの, 陥り易い, 非常に, 面喰らわせる, 頼りその, 馴れたもの, 魅せられたの

▼ 感じ~ (399, 1.8%)

18 する 14 した 11 するが 8 ないの 7 したが, しなかった 5 ある, しなかつた, するの, ない, なかった 4 しない, しないの, 出て, 起らなかった 3 あるが, して, しないで, しました, 起らない

2 [20件] あったが, あって, あつた, あるの, しないよう, しなかったが, しましたし, しまた, し知つて, するから, なくなった, よい, 何も, 受けずに, 手伝って, 浮かばない, 深い, 無い, 致しましたが, 非常に

1 [238件] あった, あったわ, あまり受けません, あまり露骨, あり, ありいつのまにか, ありました, ありますが, ありません, あり都, あるであろうが, あるね, あるまいと, ある筈, あれば, いいの, いくらかずつ, いたします, いやだろう, おこらないの, おこらなかった庸三, おこらんの, お抱き, きつく受けるであろう, これは, された, されたの, ししみじみ, したけれども, した事實, しないこと, しないだろう, しないでは, しない明るい, しない時間, しない程, しない風, しなかったこと, しなかったし, しなかったのに, しなかつたこと, しなかつたの, しなかつた私, しなかつた胸, しなくなって, しなければ, します, しますが, しようが, し主張, し心, し悟り, し知っても, し解釈, し遣ひも, すつかりなくなるが, すばやいの, すまいと, すること, するし, するその, するであろう, すると, するので, するよう, する人間, すれば, せずただ, せず些か, せず道路, そうである, そそられないよう, そのため, そのつきつめ, その中, それでプルウスト, それに, それにたいする, それほど深刻, ちがうこれ, とれた, ないから, ないし, ないふう, ないらしかった, ない吾, ない所, なかつた, なかつたの, なく, なくただ, なくなって, なくなる, なくなるの, なくまた, なく従って, なく悲哀, なく摺れ, なく有, なく私, なく羨望, なく自然, なければ, なさそう, なしに, なんとなく野蠻, ばらばらで, ひき起こし得なかった, ひき起さなかった, またしない, またはっきり, まつたく植物性, よかった, よくなかった, よくまた, よく今一人, よく最初会つた時, よし雀, 一層強く, 与えた, 与えは, 与えられず恰, 与へ, 与へられます, 乙女らしくすがすがしい, 二つながら無, 二十日前の, 亦變つて, 今から, 伝は, 伝習的に, 伴ふ, 伴ふけれ, 何処か, 偶然に, 働いた, 全然一緒, 出ず自分不満, 出ない, 出来ないこと, 動かさないで, 動かない冷淡, 受けないが, 受けないらしい, 受けない詩, 口元の, 同様である, 含み特に, 堅く歯並, 夏よりも, 外からの, 多い又, 夜ながら, 大変面白う, 失つて行く, 失われた生, 奥歯に, 好い, 好かつた, 学問の, 寂しい懷, 少しは, 少なく, 幾分か, 幾分変っ, 張りの, 強く出た, 得て, 必ずしも小さい, 忘れること, 思い出される, 悪くい, 悪くなかつた, 想像も, 惹きおこし得ないよう, 憎悪の, 懐かずに, 或いはすでに, 手伝いました, 手傳つて彼は, 手触りも, 抱かなかったの, 抱かれないの, 持たずに, 持って, 明るい方, 暗さ, 殆どなくなったら, 残って, 残つてゐない, 気がついて, 気に入らないし, 決して楽しい, 決して間違う, 深く堀, 深く目, 深く表現, 湧かないのみか, 湧く筈, 源氏に, 瀟洒だった, 無かつ, 無くただ, 無く挿入, 無く插入, 田舎宿の, 相当に, 私達に, 自らあらはれ, 致します, 薄かった, 記憶の, 調子も, 起きない, 起きなかった, 起きませんでした, 起こさせなかった, 起こさないうち, 起こさない地中海, 起こらなかった, 起こらなかったが, 起こるの, 起さずに, 起させるの, 起さなかったくらい, 起らずかういふ虫, 起らないけれども, 起らなかったの, 起るの, 起ッた, 連想される, 過去を, 違う, 違って, 長く跡, 随分圭角, 震災とともに, 面白くて

▼ 感じたり~ (189, 0.8%)

21 して 14 した 12 するの 10 すること 9 したこと 6 するよう 5 考えたり 4 する 3 したの, 訳も 2 したもの, するから, するやう, する事, 恐怖を, 激し, 考へたり, 谷底へ

1 [86件] お気の毒, しかのみ, したいろいろ, したが, したのね, したらそれ, した上, した事, した場合, した時, した自分, しないの, しながら, しは, しました, しもう, しようと, しわが, し得るほどに, し詩趣, するあらゆる, するいま, すると, するん, する僕, する実体, する必要, する習慣, する脳, する自分, せずに, せずには, せぬもの, そのため, その上体, その観, つめたく感じ, とんでもない, また今後御息所, また健全, 不意に, 云ったりは, 人知れず冷汗, 余は, 侮蔑を, 兵道家の, 即ちそ, 又は病的, 反対に, 反感を, 反抗し, 吹きすさぶ嵐, 味わったり, 噎せっぽく, 墓の, 外国の, 妙だ, 宝か, 寂寞は, 幸福を, 弁えたり, 心と, 心の, 心弱さ, 恥じたり, 想ったり, 意欲し, 意識し, 愛想を, 我々の, 或は痛ん, 禅機などから, 細かい, 考えたりは, 聞いたり, 肯定し, 腹の虫の, 腹を, 自責の, 自身の, 言つ, 送られて, 遠い過去, 長い沈黙, 音楽を, 頭が

▼ 感じ~ (154, 0.7%)

4 なって 3 一種の 2 いいまた, いうよりも, ピッタリしない, 一緒に, 似て

1 [137件] あいまって, いいそれ, いうか, いうと, いくら年を, いっしょに, いったの, いって, いっても, お延, お逢いした, かなりよく共通, こうおのずから区分, こんど火星へ, した点, しーん, その両手, それからしみ出る, それに対する, ちょうどいい, つたから, つたからで, つたのか, つた人なら, つてなんとか, つてゐる, どこか, どこかに, なった, なりその, なりデカダンス, なる, なるもの, ひとつである, ぴったり合しつ, ふしぎに, まじって, まるでちがいます, まるで見知らない, まるで違う, よく似, よく似た, よく調和, ガルモシュカ, ソックリだ, 一寸似, 一所に, 一緒でなけれ, 不安の, 両立すれ, 主観の, 事々に, 云いいずれ, 云うもの, 云うものの, 云つても, 云ひ, 云ふも, 伸子が, 似寄った感じ, 何だつまらない, 先ず儲けもの, 全く逆, 共通する, 刺すよう, 前後し, 動きと, 反対に, 叔父に対する, 同じく中庸的, 同じだ, 同じであろう, 同じ快い, 同様に, 名状し, 困惑した, 声に, 多少の, 女という, 好奇心に, 妙に, 子供が, 実物とが, 実質的に, 実際の, 寂しさ, 少しも, 少し盛り, 希望の, 強いて思いこんだ, 影が, 彼が, 思いを, 思われぬまでに, 思われる, 性格の, 悲しみを, 悲痛の, 感じとの, 感嘆の, 戦い伸子, 手先の, 時折照す, 曙の, 比べると, 気分から, 氣分とに, 氷の, 異って, 異なる事, 疲れ鈍りたる, 相俟つて音響, 相応じ, 眼の, 祖母も, 神経性の, 神聖の, 稲妻の, 穏かな, 結びつく, 美しく調和, 考えとは, 膝関節の, 菜の花に, 西域式の, 言つた, 認められて, 諸君の, 踊らせよう騒ぎたたせようと, 軽い新た, 違って, 鋭い怒声, 関聯し, 闘いながら, 陣貝の, 離し難く, 非常に

▼ 感じ~ (124, 0.5%)

25 のです 24 のだ 19 のである 11 んだ 8 んです 5 のであった, のは 3 ので, のでした 2 のに俺, ば

1 [17件] いちが, のかも, のが, のであろう, のでいかん, のでございます, のでしょう, のでちょっと, ので久しく, ので巴里的, ので彼, ので気もち, ので軍手, ので静か, のにその, のも, んでせう

▼ 感じ~ (123, 0.5%)

5 も其 3 をし, をする 2 がその, が非常, の違う, は一見, や考え方

1 [102件] うたいかた, かも知れない, からこの, から人々, から見られた, がすでに, ができる, が以前, が先, が出, が問題, が大人, が甚だ, が異なる, が異常さ, が窺, が解決, が起つ, が通俗的, が違っ, さえも時代, そしてあの, だったの, であった, であり欲し, であり知識, であるか, でいふ, でこの, でした, ですけれどね, では思はれるだらう, でも大分違い, で君たち, で強く, で推し, で描く, といふもの, と概念, と考へ, なの, なんかがはっきり, にある, にいろいろ, にそれだけ, についても或, には些さ, にまで差, にも意味, に同情, に早し遅し, に注意, に間接, に馴れなかった, のあらあらしい, の一つ, の上, の喰, の変った, の差一寸, の幾分型, の新しい, の最後的, の相違, の紹介, の間, はまるで, は人々, は作家, は彼, は必ずしも, は現今, までが因襲的, もある, もいっそう, もよほど, も使, も前人, も新しい, も特別, も相違, や好み, や感覚, や言い方, や赤橋守時, らしい, をした, をも失つて, をよく, を他人, を伝へ, を伝統的, を別, を否定, を排し, を整, を殺さない, を知的探究, を著しく, を説明, 考へ方, 見かた

▼ 感じ~ (116, 0.5%)

1973 つた, よ 2 いやどうしても, から仕方, がその, が今, なあ, なア, ねえ

1 [70件] かつて武蔵, から, からそう, からそんなに, からなア, からね, から今朝, から滑稽, から現代, から生活, から誇張, が, がいま, がこの, がしかも, がそれ, がそんな, がともかく, がどう, がまあ, がもちろん, がやむを得ない, がナイル, が今私たち, が仙太, が同時に, が寺町, が影男速水荘吉, が彼, が支那人, が書かれた, が猪悟能八戒, が画家, が目, が美味い, が落ちついた, けれども話し, これまでの, しこの, しアルキペンコ, そうだ, ぞ, つたしよう, つた蛙声水声虫声鳥声そして, ということ, という同情的, という理知, といくらか, といった, といふ, といふ批評, とさ, とする, とほめ, ともいえる, と思っ, と思った, と思へた, と言っ, と言った, と鼈四郎, なあの, なと思った, なと私, なんて言っ, な僕, のという, ネ, 云々, 又かの

▼ 感じては~ (113, 0.5%)

9 いない 8 いなかった 7 いたが 3 いないよう, ゐたが

2 [13件] いた, いたけれど, いないという, いないの, いない日本人, いなかったが, いなかったの, ならないと, ゐたけれど, ゐても, ゐない, ゐなかつた, ゐません

1 [57件] いけないの, いけなかったの, いずこれ, いたけれども, いたらしい, いないが, いないだろう, いないだろうか, いないだろう伸びて, いないで, いないのに, いない明らか, いなかったかという, いなかったであろう, いなかったという, いなかったとの, いなかったろうか, いなかった少なくともそう, いまいか, いません, いられなかったの, いるが, いるであろうが, いるの, いるのよ, こちらも, こなかったの, とかく心, ひとり苛, われおもしろし, ゐたので, ゐないので, ゐないやう, ゐなかつたといふ, ゐなかつたに, ゐる, ゐるしかし, ッと, ツと, 困るよ, 塩野も, 居られなかつたの, 帰って, 心さびしく, 悪いやう, 打消し打消しては, 歸つて來た, 決してよい, 知人も, 祈りと, 私は, 花に, 貰へ, 身も, 輙ち, 逸早くメイン, 遠い山地

▼ 感じでは~ (107, 0.5%)

10 ない 6 なかった 3 ありませんか, ないか, ないが, なかつた, なくて 2 ありません, あるが, なかろうか, 今仮り, 少々巧

1 [66件] あった, ありませんでしたが, あるに, あるまい, いかにもお, かなりな, この事件, ごく弱々しい, さらにない, すくなくとも三十分, そう思った, そしてこの, その小破片, その間近, それが, それこそ, たしかに地べた, ただ平凡, ちつとも, どうも此訓, ないだろうか, ないまだ, ない寧ろ, なかったろうか, なかつたし, なからう, なくいい, なくただ, なくむしろ, なくやや, なく人形たち, なく働く家, なく勇気, なく木口, なく綺麗, なく身体, なんとなくあの, もっと御, わたしは, 一カ月に, 一匹の, 三時間も, 例えば, 全くはるばると, 全然想像, 内海に, 出かけるの, 出色の, 同じよう, 大丈夫そう, 平生でも, 幾冊かの, 当せん率は, 形式的にも, 思って, 思はれる, 更にない, 棚が, 決してない, 海浦さんと, 深さ, 相当な, 秀吉が, 秀哉名人は, 規模が, 運の

▼ 感じつつ~ (104, 0.5%)

4 あるの 2 それに, それを, 何やら知らぬ, 生きて

1 [92件] ああいう, あたりの, あったという, あったところ, あったの, あります理想, あり夕暮, ある, あるかを, あるという, あるなり, あるもの, ある感情, ある日曜, ある程度まで, ある観客層, これを, しかもその, じっと瞳, そしてけ, その瞬き, それでも最も, それも, ついにその, ひつそりと, ひとり書物を, やはりかたい, やれるという, よみました, ガックリと, シラネニンジンの, ヘシ折れた, 一つに, 一首の, 二度と行くまい, 内心で, 冷たい寝床, 切ない心持, 勉強し, 合掌と, 同時に酔, 喘ぎに, 坂路を, 坐って, 変な, 外国語は, 大衝立, 大通りに, 寝床, 寝床に, 尚悲しき, 平生あまり親しく, 幾度も, 待つの, 急ぎ足に, 悠っ, 愛の, 改めて伊奈子, 教師の, 数年経た, 春から, 時々に, 松林の, 歩いて, 歩きました, 死そのものに対しては, 濡れた髪毛, 灯かげの, 現然, 生活し, 皆食べ, 眼の, 眼は, 矢代は, 私たちは, 自ら努力し, 自分の, 自然位置の, 苦笑した, 行った, 見えと, 見ると, 見守って, 読めるよう, 身を, 辛うじて唇, 逞しく生き, 遂に椅子, 闇の, 青い空, 頭を, 飢え渇いた

▼ 感じながらも~ (101, 0.4%)

3 それを 2 しかも今, ひとりで, 冷たく引き, 少しも, 暫くは, 然し何となく

1 [86件] いかにも思いあがった, いささか恐れ, うまくその, ここへは, この三円, この事件, この境地, この戦国, この降っ, しかも父, じっと渦, そこに, その一つ一つ, その不安, その二人, その単に飽くまでも, それが, それとなくおたがいに顔, それよりも, つい嘘, つい答え, つとめて, である, とらえんと, どんなに評判, なおわずか, またブルンスウィック的, ま仕方, よし思う存分に, カシワの, 一方では, 一方には, 一面で, 不思議に, 今に何ごと, 仕方なし, 俺から, 俺の, 倉地の, 僕は, 内心の, 内心大いに, 厚葬した, 古いケルト, 叫びを, 喬之, 四日間書い, 国守としての, 大きい力, 女の, 好んで, 學問を, 少しもじもじし, 強いて, 彼は, 彼らの, 心の, 思ひ切つた療治, 思わずこの, 思わず笑っ, 憂鬱な, 懐かしいよう, 或る, 手持ち無沙汰な, 押黙って, 持ち前の, 春を, 朗らかに, 村長としての, 東京の, 果して余, 次郎吉は, 気づかないふう, 流石に, 深い感謝, 猶わが, 男は, 着実に, 表面痛烈な, 言われるまま, 認めたくなかった, 認めて, 踊ったり, 院は, 驚いて, 高氏は

▼ 感じその~ (89, 0.4%)

6 ために 3 感じに 2 怒は, 感じが, 感じを, 本屋の, 複合した

1 [70件] ことが, ことにも, ことによ, たびごとに, たびに, へだ, ま, やさしい存在, よろこびに, よろこびは, 人が, 伝統を, 偏った愛情, 光の, 全作品, 制度を, 前に, 前の, 加害者である, 匂いと, 器械の, 場で, 変った軽, 奔騰を, 崩れかかった顔面, 徒らな, 心に, 心を, 思いの, 性質は, 悲壮な, 愚かさに, 愚を, 感じから, 感動が, 挑戦する, 方が, 方に, 時から, 暖いたす, 松の, 楽しみの, 死をも, 点を, 為に, 獅子が, 生ひ, 痛みは, 目的を, 眩惑の, 瞬間私には, 結果が, 罪の, 美を, 翌々日の, 自分が, 興味を, 行動の, 裏に, 訳も, 詩句の, 豊かな, 責任を, 近傍の, 通りに, 部分から, 鉄板を, 防壁として, 面との, 黒い一点

▼ 感じだった~ (82, 0.4%)

4 のである 3 が今 2 からこんな, けどこんど, わほんとう

1 [69件] からおとずれ, からさ, からでした, からね, からもう一度, から以後, か的確, が, がいつか, がうとうと, がこの, がこんなに, がしかし, がしん, がそう, がそこで, がその, がちょうど, がでも, がひょいと, がやがて, がやはり, がわれ, がファッション, が一人, が人間, が何, が占い, が大きな, が宇治, が小さな, が山川花世, が彼女, が打ち壊し, が最近, が杉田屋, が気分, が沈默, が直後, が話, が近頃, が遂に, ことも, ことを, じゃない, ぜ, とも言えましょう, と云ってる, と思う, と言った, な, に違い, ね, のが, のだ, ので, のであろう, のです, のでそれに, のと, のに今そこ, よ, んです, 朱の, 次第です, 由紀は, 直二郎, 逗子の, 部屋の

▼ 感じから~ (78, 0.3%)

7 いうと 3 すれば, 云えば 2 いえば, いって, 云うと, 想像に, 言えば

1 [55件] あからさまに, あわてた, いろんなこと, すると, ずれて, そんな印象, でなく溢れようと, では, ともすれば薄れ, はつが, まぬかれること, まぬがれること, わざわざ小路, 一歩退い, 一種の, 云っても, 云ひます, 云へば, 付けた名, 來る言葉だ, 出て, 出発する, 出立し, 切り離して, 動いた心, 動き出して, 医せられること, 受けた心, 始めて免れ得られるであらう, 必ずしも免, 成立つもの, 我知らず窮屈に, 我知らず郷土的な, 暗澹たる, 来たもの, 来るのよ, 来る一種, 理由なし, 突然襲, 窓により, 絵画的な, 脱け, 脱すること, 脱れ, 脱れる, 自分の, 観て, 言ってさえも, 言へば, 誰一人せぬ, 逃れること, 進んで, 遠く距, 鶫の, 黒茄子に

▼ 感じても~ (76, 0.3%)

3 それを 2 いるの, ですね, ゐた, 不吉な, 脳の

1 [63件] いず一人, いたし, いたの, いない, いないよう, いないらしいの, いない風, いなかった, いなかったでしょうが, いませんし, おりました, くる, これを, さうさ, すぐまぎれ, そうそうは, そうふしぎ, そのため落着き, その受け入れ方, それが, それ等を, だまって, なお青春, もはや魅力, やはり身, よさそう, わしの, ゐません, ゐる, ゐるの, 丙は, 今は, 他の, 体を, 使ひ, 來た, 吾, 如何せんどうも私, 婿に, 居眞, 差支えないと, 平気だった, 後また, 忙しいひま, 恐い気, 悠然とかまえ, 感じないでも, 押切れば, 月が, 次の, 犀利な, 理解する, 相対上の, 相手は, 秀吉は, 立とうとも, 細君の, 結局こう, 絶対に, 苦い顏, 足を, 顔色に, 食事を

▼ 感じそれ~ (74, 0.3%)

2 に打たれた

1 [72件] から得る, がこの, がその, が又, が著作家, が血潮, ですよ, とともに自分, と一緒, と同時に, と闘う, と闘っ, において彼, にひき, にひどく, によって強い, に付い, に反抗, に反撥, に向っ, に喜び, に執着, に対して反対, に対して責任, に平行, に應, に於, に気づい, に身, に関する既知, の伸びる, はもはや, は今, は先生, は成長, は父, は生面, までうつむい, より増し, を, をあからさま, をおしすすめ, をぐっと, をその, をたね, をつかまえ, をどこ, をまざまざ, をも厭わず, をキャッチ, をポケット, を互に, を以て彼自身, を働かす, を味わった, を問いただし, を実行, を少し, を彼女, を恩, を愛し, を掌握, を撥ね返す, を改革, を無くしたい, を種, を組立てる, を肯定, を花生, を被う, を達成, を頼む

▼ 感じ易い~ (72, 0.3%)

43 心を 2 人の, 信輔の, 心は, 心持を, 神経を

1 [55件] あなたの, か, からあんまり, からな, ところも, と見え, のだ, ものである, ものの, んで, 一言で, 一青年が, 乙女心が, 人だ, 人と, 人物に, 人間だ, 千世子の, 夜の, 少年でした, 左官は, 年頃に, 年齢でも, 張飛は, 彼の, 心が, 心に, 性分は, 性情とが, 性質と, 方ぢや, 日と, 時だった, 時代でも, 時代を, 時分です, 木の葉は, 気性と, 気持ち, 涙もろい, 深井少年の, 物事に, 異性の, 癖が, 私の, 私は, 節子の, 繊弱な, 老人の, 道具だ, 道徳的魂の, 霊の, 青年時代に, 頭脳に, 魂

▼ 感じやすい~ (68, 0.3%)

3 年ごろに 2 のだ, のである, のです, 少年の, 年ごろの, 彼は

1 [53件] からあの, きわめて傷つき, という, という柄, ところが, のは, ものだ, ものです, ものな, もののみが, ものは, ように, わたしは, ゴーリキイを, パリ人の, 人だ, 人は, 人間は, 今の, 十五歳の, 半蔵なぞに, 半蔵らが, 四番の, 女の, 娘ざかりの, 娘心から, 子でし, 少女たちの, 少女の, 庭の, 弥生の, 心が, 心と共に, 心は, 心を, 感覚を, 本能を, 桜の, 極く, 次郎が, 浮標, 涙を, 清らかな, 煩悶し, 生まれつき発育の, 皮膚や, 竹が, 純な, 者のみに, 臆病な, 若者へは, 詩人であった, 馴れやすい

▼ 感じかた~ (66, 0.3%)

2 の相, は出来ない

1 [62件] かもしれない, がたいへん, がちがう, がちがった, がどうこう, が云いあらわした, が何だか, が加わっ, が違う, しか出来ない, だった, であったろう, でこの, です, で事柄, で俺, で全く, で忽ち, で生活, という卑近, とぴったり, についてどこ, には肌, にも列, にも混雑, に執し, に導かれる, のくいちがい, のまま, のポイント, の内, の吟味, の大, の如く, はその, はまだ, はわたし, は一般女性, は伸子, は或は, は自然, は違っ, は酒, への想像, も亦, も彼自身, も自他とも, をあんまり, をいらざる, をきい, をこそ倨傲, をし, をした, をそのまま, をゆき子, を導い, を肯定, を非常, を面白く, 描き出しかた, 正しく野上さん, 生かしかた

▼ 感じです~ (60, 0.3%)

18432 か, がこの, がこんな, がそれ, な, よ

1 [23件] あの水, から, からね, がその, がそれでも, がわけても, が中, が今朝, が何となく, が何ん, が初対面, が寝具, が打ち見た, が素晴, が素晴らしい, が色, が薄暗い, が顏, とかく人間, まさに溢れん, わもちろん, 好人物な, 正直の

▼ 感じさえ~ (55, 0.2%)

10 した 8 するの 5 して 4 する

1 [28件] あった, あらわれだした, あります, あるの, ある凡, したほど, したもの, しないでは, しなければ, しましたしかし, します, するもの, する片方, すれば, そく, ない魚類, 伴ったであろう, 出れば, 引き抜くと, 抱いた, 持ち出した, 持った名曲, 添えて, 現われて, 稀には, 致しました, 覚えます, 起こるの

▼ 感じでも~ (44, 0.2%)

7 あった 6 ある 5 あつた 2 あったが, ない, なさそう

1 [20件] ありました, ありまた, あるし, あろうか, したか, したかの, したの, したやう, したよう, どちらに, ないなんだか, なかった, なくもちろん, なく少し, なさったでしょうか, においでも, やはり面白い, 与えられれば, 出すやう, 引き出すこと

▼ 感じ~ (43, 0.2%)

8 へする 6 へした 3 へすれ 2 ういふ, した, へし

1 [20件] うあるべき, ういふ意味, うして, う云つた風, う信じ, された, されて, されます, します, つさ, へあつ, へされ, へしはじめた, へします, へ与へ, へ与へる, へ持ち出した, へ與, へ起させなかつた, まだ若い

▼ 感じまた~ (40, 0.2%)

1 [40件] あなたの, あの一族, これからの, これは, そのすさまじい, その嘲る, それゆゑ安心し, 一方に, 不都合であった, 世には, 主張する, 乗り出した, 二人の, 他の, 他人が, 何も, 危なさ, 反応しなく, 叔父御, 只管に, 女は, 存在する, 当惑した, 当然と, 彼の, 新しく眼, 未だそれ, 東洋人の, 生きて, 皆さんも, 知って, 考えたはず, 自分に, 自分の, 色彩をも, 葉の, 裂けるの, 語るもの, 足の, 足を

▼ 感じである~ (35, 0.2%)

2 がこれ

1 [33件] おばあさんが, かその, かも知れない, からこれ, からそれ, から間違っ, が, がすべて, がそれでも, が全て, が却って, が如く, が客観的, が慣れ, が更に, が目前, が突きあたり, が耳, が蘇民, が見廻した, が鶯, こ, ことを, とも云えた, と思う, と考える, のを, ように, ステッキで, ステツキで, 本来は, 約言すれ, 荒涼落漠の

▼ 感じとは~ (35, 0.2%)

2 違う, 違って

1 [31件] いつでも, これを, すっかり変っ, ちがうもの, ちがうよ, どういうもの, どことなく違っ, まるでちがう, まるで別, まるで違う, まるで違った, よほど距, 倦怠に, 全く相違, 全然ち, 具えて, 別に月, 創作の, 即き, 反對, 少しちがった, 少し違, 幾分違う, 是非区別される, 縁遠いもの, 芸術本来が, 若干の, 逆の, 遠いもの, 遠くどこ, 隔りが

▼ 感じよく~ (35, 0.2%)

6 思われた 3 書かれて 2 ない, 思って

1 [22件] お美しい, さっぱりと, したって, て助かった, ないから, なった気, やって, 取りなされて, 少女らしく, 居間に, 席を, 思えたこと, 思われたが, 源氏に, 聞こえた, 自分の, 調べも, 調理された, 配置した, 院は, 食ひ, 高級らしい

▼ 感じしか~ (34, 0.1%)

2 与えない, 持って

1 [30件] あたへ, しないよ, しない場合, しなかった, しなかつた, そこから, ない, ないが, ないの, ない少女, ない男, なかった, 与えないよう, 与えません, 与えられない, 人々は, 傍観し, 出せない, 受けないの, 持つて, 指どもは, 浮かばんよ, 湧いて, 湧かない語, 湧かなかった, 致さないの, 見当てること, 起こさせないよう, 起させない, 起らない

▼ 感じ自分~ (34, 0.1%)

1 [34件] がこの, がすっかり, が清められる, が社, が英男, でも之, に戻っ, のうち, の不正さ, の不甲斐な, の勝手, の嗣子, の子供たち, の専門, の師傅, の正面, の気, の理解, の疲れ, の痛い, の立場, の興奮, の良心, の藝術上, の責任, の頬, は一人, もやっ, も出来得る, も法螺, を何, を愛する, を打った, を軽蔑

▼ 感じには~ (31, 0.1%)

2 物でも

1 [29件] この些細, その音, それとは, ちっともなれなかった, ちょっとした俳諧, どこか, ならないだらうと, ならぬ, なり切れなかったの, なるわ, はっきりと, まるでならなかった, 両者に, 乏しいけれど, 何処にか, 及ばなかったに, 及びも, 変りが, 大変な, 少しの, 手柄を, 打たれなかつた, 暖かみが, 父や, 確かに, 見えず滑稽さ, 間違いは, 関係が, 非常な

▼ 感じ~ (28, 0.1%)

2 すさの, むしあつくて

1 [24件] あてずっぽうでは, さう, すさから, なんの, 不健康な, 不安感が, 事件の, 何かしらとても, 何にても, 傲然たる, 印象の, 咲き揃うという, 実質が, 常識の, 微笑みかけて, 快よい, 所謂武蔵野が, 掠れた響き, 新時代的, 気分が, 気分と, 気持まで, 色あ, 農夫に対する

▼ 感じこれ~ (26, 0.1%)

2 を怖

1 [24件] あるが, がある, がこの, がやがて, こそ本当, でいい, でなければ, ではならぬ, では天道様, で千鶴子, のみに真, はいかん, はいくら, はこれ, はちよ, は知っ, は言葉, まで祖母, もにわかに, を実験, を愛する, を愛玩, を祭り, を読んだ

▼ 感じという~ (25, 0.1%)

6 ものは 4 のは, ものが 2 ことを, ような 1 ことに, ことも, その感じかた, のが, のを, ものを, ヤツです

▼ 感じこの~ (24, 0.1%)

2 如何にも, 疎外を

1 [20件] ままあの, 上なき, 不意打ちに, 世の中には, 二つの, 人生の, 休光を, 先もう少し, 光を, 前の, 夫人の, 存在は, 島へ, 巨大な, 床屋の, 感想を, 朝焼けを, 自天王, 若い清い魂, 近所の

▼ 感じそして~ (23, 0.1%)

1 [23件] いくらか愁, かうも, この度, その如き, その自負, それが, それについて, それも, 二人ひつくるめ, 人一倍深く, 大きな拾い物, 将曹, 少し遅れ, 彼女は, 時には自分, 殆ん, 水, 知らず知らずに, 神に, 笑ひなのか, 自ら劇作の, 自分の, 電気スタンド越しに

▼ 感じてか~ (23, 0.1%)

2 凝然として

1 [21件] こういっ, その彫, それからも, それきり劇作の, ひょいと振向い, ふいに, ような, 一寸ぴくりと, 五分がり, 夢を, 左の, 彼女の, 微笑を, 急に, 断崕の, 父は, 船室で, 茫然と, 赤い襟, 静かに, 頬から

▼ 感じであった~ (23, 0.1%)

2 がその

1 [21件] がここベルリン, がしかし, がじっと, がそういう, がそれでも, がそんな, がでも, がともかく, がチャチ, が夏子, が実さん自身, が気, が然し, が考え, が表門, けれど青年, しその, とさえ言った, としたら, のだ, 事が

▼ 感じやすく~ (22, 0.1%)

5 なって

1 [17件] ことに林相, させるの, して, じきに親しく, て, てこまります, て悲哀, て気分, て風, なった, はありません, 信じやすき, 情に, 涙もろく, 激し, 無碍なる, 神秘の

▼ 感じ易く~ (20, 0.1%)

2 なって

1 [18件] いはば, いわば今日, させたといふ, したの, その澄んだ, て三枝子, て堅固, なった此, なつて, なり知らず知らずに, わななき易い, 何かという, 光を, 情熱的なる, 或は功名, 手袋には, 最も心, 気短く

▼ 感じ~ (18, 0.1%)

2 か頬, を描い

1 [14件] かにつけ, かを考, かを考え, か一言, か囁く, か生活, か真実, か立ちどころに, か阿諛, に譬えたら, を理解, を考えた, を考へた, を身

▼ 感じだけが~ (17, 0.1%)

2 して, 残って

1 [13件] ある, はっきりし, まだ残っ, わかれば, 一層はっきり残った, 先に, 強く頭, 残された, 残った, 然も, 私の, 青木に, 頻りに宙

▼ 感じにも~ (16, 0.1%)

2 衝たれた

1 [14件] いくらかの, いろいろあるでしょう, それは, どつて, なったし, なるし, もう一歩, 似て, 取扱いにも, 味にも, 堪へられず夜更, 繊細な, 見えた, 間色が

▼ 感じをも~ (15, 0.1%)

1 [15件] お吉, たらせて, 与えないこと, 与えなかった, 体得する, 取入れて, 失った, 強く印象, 急速に, 抱かせられたの, 持って, 現はさ, 現わ, 現わし, 覺えた

▼ 感じ~ (15, 0.1%)

2 のテツさん, の目

1 [11件] がそれ, にそれ, によって与えられた, に親愛, の全, の力, の哲学追従者, の言葉, はそれ, はテレ, もその間

▼ 感じそこ~ (14, 0.1%)

1 [14件] から出, から流れ落ちる, から身, によい, に人間らしい, に彼自身, に流るる, に至っ, に誇り, に身, の様子, の無数, は微妙, を突破

▼ 感じだけ~ (14, 0.1%)

4 では 2 だった 1 であるが, でした, でしたが, でなく耳, でなく自分, で同情, で斯, 扱って

▼ 感じいった~ (13, 0.1%)

9 ように 2 という顔つき 1 ことは, ようすです

▼ 感じだけは~ (13, 0.1%)

1 [13件] あります, ありませんですね, いつかしらうすれ, いまだに僕, しないこと, たしかにした, どうしても打ち消す, どうする, 今なお, 出て, 分る, 取戻しました, 慥かだった

▼ 感じつつも~ (13, 0.1%)

1 [13件] これに, その愉快, たどたどしく百二十七町, つい狂態, まだ心, 力なく, 彼の, 彼は, 明確に, 松喜亭の, 爽かな, 過去の, 龍之介を

▼ 感じての~ (13, 0.1%)

2 ことで, ことであろう 1 ことじゃ, ことに, 不満からか, 事である, 例多かっ, 慎ましい返答, 振舞である, 語だ, 説だ

▼ 感じよりも~ (13, 0.1%)

1 [13件] いっそう魂, ずーっと若々しく, はるかに, もつと, 一層その, 三四倍の, 家という, 寧ろ未開そのもの, 強くする, 煤けた往来, 私に, 自分の, 部分

▼ 感じそう~ (12, 0.1%)

2 な気 1 いって, なもの, な不快, な物事, にない, に思われる, もない, 思って, 批判し, 考えざるを

▼ 感じでした~ (12, 0.1%)

1 [12件] か, からそれ, から田舎, が, がこの, がじつにどうも, がたとえ, が夏, けれどその, しその, よ, 學問好きで

▼ 感じより~ (12, 0.1%)

2 外には 1 かつおに, はるかに, もっと顔, よい世の中, 一層ヒドイ感じ, 一層幽, 外ありませんでした, 外は, 浮ばないの, 読まなくちゃあ

▼ 感じを以て~ (12, 0.1%)

1 [12件] それを, 人を, 再び舊, 心と, 接する時, 烈しく躍る, 目を, 竜之, 聞いて, 見ると, 言はれる, 電車の

▼ 感じ乍ら~ (12, 0.1%)

1 [12件] その云, その天幕, に見, もそれ, も不思議, も多少, も妙, も彼, も裕佐, ゆっくり台所, 荒々しく自家, 重たい夜具

▼ 感じ~ (12, 0.1%)

2 もなほ心 1 はこの, は何, またこの, までになかっ, までの煩悶, も感じ, も時々, 又此室, 言ひ, 迄は縁遠

▼ 感じ~ (12, 0.1%)

1 [12件] いとしいと, こんなこと, それが, よろこぶべきです, 主人の, 何等の, 使を, 女は, 或地方, 暫く戸口, 生きて, 穴搜しだ

▼ 感じ~ (12, 0.1%)

2 はその 1 の敗北, は一日椅子, は危くイエ, は大きく, は掌, は暫く, は生命, は絶えず, は視線, も一緒

▼ 感じかつ~ (11, 0.0%)

1 [11件] はどれ, 信じるやう, 岸内閣に, 悦んだという, 敬服致した, 楽しんだこと, 次第にこの, 歓びけり云云, 知りました, 驚きかつ, 驚きしもの

▼ 感じなどは~ (11, 0.0%)

2 少しも 1 ここしばらく, しない, ただの, どうしても持てない, なかった, なく空間的関係, 失って, 実に何とも言えない, 深窓の

▼ 感じ~ (11, 0.0%)

4 るる 21 た, るべく第一義感的, るるの, るるばかり, 打て来ると

▼ 感じ且つ~ (11, 0.0%)

1 [11件] それを, またそれ, 参考に, 学名としては, 息苦しくなり, 悦んだと, 敬服致した, 深い感動, 甚しき渇を, 私が, 自ら己を

▼ 感じ~ (11, 0.0%)

2 ふこと 1 つた, に過ぎなかった, ひしが, ひ通じ合つて, ふさう云, ふといふ, ふので, ふ特殊, り此

▼ 感じこそ~ (10, 0.0%)

2 しないが 1 すれ今更, すれ欺かれたという, すれ決して, 一生涯自分の, 常に胸, 我の, 自分を, 致せ殺すとか

▼ 感じとが~ (10, 0.0%)

1 きわめて巧妙, ぴたりと, 全然正反対, 含まれて, 恐らく, 接続し, 沁み出て, 焼きつく, 起つて, 配合の

▼ 感じ初めて~ (10, 0.0%)

5 居たの 2 来たの 1 いた, 来た, 比重を

▼ 感じじゃ~ (9, 0.0%)

5 ないか 1 ありませんか, ない, ないわね, ねえか

▼ 感じすら~ (9, 0.0%)

2 あつた 1 うけないこと, なくな, 人々は, 今は, 受けて, 感じさせる, 持って

▼ 感じてを~ (9, 0.0%)

2 りました, ります 1 らる, りしたが, りはじめ, り海, るの

▼ 感じ~ (9, 0.0%)

1 つてそれに, つてゐた, つてゐる, つてボロ, つて居つた, つて私は, つて自ら小坊主に, つて説く, 背負葛籠を

▼ 感じ彼女~ (9, 0.0%)

1 から翻弄, が胸, に似, の自己嫌厭, はこの, はつや子, は紐, をすっかり, を4

▼ 感じあの~ (8, 0.0%)

1 七月十四日に, 右側の, 感じと, 男の, 空へ, 色あいの, 頭の, 鼠なき

▼ 感じかも~ (8, 0.0%)

2 しれないが, 判りませんが 1 しれない, 知れない, 知れないが, 知れぬ

▼ 感じであり~ (8, 0.0%)

1 そしてこれ, そしてまた悔恨, その匂い, その反動, それが, 可憐でも, 草吉の, 趣味に

▼ 感じとして~ (8, 0.0%)

2 直接に 1 三津子を, 人々の, 彼を, 納得お, 胸に, 記憶には

▼ 感じとつ~ (8, 0.0%)

71 たこと

▼ 感じまで~ (8, 0.0%)

1 こもって, ぶるぶる書き, ほしくなった, よく似, 味わ, 思い出した, 来て, 見受けられた

▼ 感じ同時に~ (8, 0.0%)

1 かくの, ピオニェール小僧の, 天使の, 彼女の, 相すま, 自分も, 身の, 驚嘆する

▼ 感じ悪い~ (8, 0.0%)

21 だろう, のと, や, 奴だ, 感官は, 方だったら

▼ 感じ~ (8, 0.0%)

1 が獨探, に行っ, のか弱, の危うき, も心, を処し, を切, を励ます

▼ 感じ~ (7, 0.0%)

1 するの, そうでなけれ, ただと, ような, 何も, 御胸, 知らぬが

▼ 感じしかも~ (7, 0.0%)

2 それは 1 その不満, その規準, それに対して, そんなおそろしい, 歎く

▼ 感じそのもの~ (7, 0.0%)

1 がそれ, が彼, は学者, もその, をおの, を否定, を完成

▼ 感じとしては~ (7, 0.0%)

1 ただ何となく, まだまだ深海, 分らないこと, 文章が, 淡いけれども, 簡単に, 非常に

▼ 感じとを~ (7, 0.0%)

1 与えるの, 何処からか, 傍観的に, 受けて, 同時に味わった, 思ったワイルド, 抱かないでは

▼ 感じなど~ (7, 0.0%)

1 ちっとも起こりません, とうてい沸き得なかった, よく似, 今日本物, 如何にも喧嘩好き, 実に精妙, 鋭利に

▼ 感じもう~ (7, 0.0%)

1 これ以上何も, 一つ手酌で, 台湾に, 家が, 眠つて居, 落ちついて, 顔を

▼ 感じよう~ (7, 0.0%)

2 がない 1 があるまい, ではない, というもの, のない, 又は世間

▼ 感じ~ (7, 0.0%)

1 が落ち着く, に味, に暗示, のうち, の中, の傷, の惹かれ

▼ 感じ悪く~ (7, 0.0%)

1 は思われない, クサる, 一同クサる, 一回が, 何となく逆, 取次がず通じず怒る, 坂本の

▼ 感じ易き~ (7, 0.0%)

2 我が心 1 もの特に, 久女, 人なり, 心に, 神経は

▼ 感じそういう~ (6, 0.0%)

2 ものが 1 ことには, 医師から, 感じまでが, 本能めいた

▼ 感じでなく~ (6, 0.0%)

1 て何, て餘裕, 俺の, 却つて非常に, 吻っと, 顔を

▼ 感じといふ~ (6, 0.0%)

3 ものが 1 ものだらう, ものは, 方は

▼ 感じばかり~ (6, 0.0%)

1 だから, だった, では, で畳, はっきり迫っ, 鋭くて

▼ 感じをさえ~ (6, 0.0%)

1 与えないよう, 与えるの, 伴って, 懐いて, 抱くよう, 私の

▼ 感じ伸子~ (6, 0.0%)

1 にいま, は今, は出窓, は単純, は愛, は本能的

▼ 感じ合つて~ (6, 0.0%)

2 ゐるの 1 さて未来, ゐた, ゐたといふ, ゐるやう

▼ 感じ太田~ (6, 0.0%)

2 ははげしく, は蒼白 1 はさり, はさり気

▼ 感じ理解~ (6, 0.0%)

2 して 1 しその, しそれ, の困難, 出来るだけの

▼ 感じ~ (6, 0.0%)

1 をその, を伏せる, を凝らし, を屡, を瞠, を閉じ

▼ 感じ矢代~ (6, 0.0%)

1 はその, はひとり, は一つ, は急, は眠る, は黙った

▼ 感じあつ~ (5, 0.0%)

21 たやう, てゐる, て人通り

▼ 感じ~ (5, 0.0%)

1 わかりに, 六は, 杉を, 皿を, 鳥の

▼ 感じだけで~ (5, 0.0%)

2 参って 1 努力した, 是非する, 疲れて

▼ 感じだけを~ (5, 0.0%)

1 もって, 崇拝し, 申上げます, 言つてゐる, 述べて

▼ 感じだつた~ (5, 0.0%)

1 があの, が八重子, けれども西陽, ところだつた, よ

▼ 感じてさえ~ (5, 0.0%)

1 いなければ, いる, くれれば, 居た, 随分切迫

▼ 感じであっ~ (5, 0.0%)

1 てすぐ, てただ, てみれ, ても一晩, て伊兵衛

▼ 感じとか~ (5, 0.0%)

1 何とかといふ, 存在とか, 心持とかいう, 気分とかいふ, 表現を

▼ 感じにな~ (5, 0.0%)

1 つてし, つてしまつ, つてゐた, つて來た, つて来た

▼ 感じふと~ (5, 0.0%)

1 それが, 塩野と, 山を, 忘れて, 自分は

▼ 感じやすかっ~ (5, 0.0%)

5

▼ 感じ一つ~ (5, 0.0%)

1 になっ, にはその, のタイプ, の明瞭, の林檎

▼ 感じ不快~ (5, 0.0%)

2 を覚える 1 になる, をこらへ, を生ずる

▼ 感じ以外~ (5, 0.0%)

1 にない, には何, に何, は何, もうお

▼ 感じ何度~ (5, 0.0%)

2 もベル, も道ばた 1 も事務員

▼ 感じ~ (5, 0.0%)

2 い考え給え 1 い得る人, うこと, うだけの

▼ 感じ多く~ (5, 0.0%)

1 の好い, の学者, の忿懣, 支配する, 耐へ

▼ 感じ~ (5, 0.0%)

2 いそぎで 1 なる贈物, 服従の, 玄関の

▼ 感じ少し~ (5, 0.0%)

1 ばかりそわそわ, 声を, 赧く, 近い, 迷惑にも

▼ 感じ~ (5, 0.0%)

1 かつた, さと, さは, さよ, さ暗く

▼ 感じああ~ (4, 0.0%)

1 この人国, でもない, まだ辛棒, まで思い切っ

▼ 感じいっそ~ (4, 0.0%)

1 の事辞職, 暗殺し, 書物式の, 満洲

▼ 感じからは~ (4, 0.0%)

1 およそかけはなれた, まるでかけ離れた, 東京の, 非常に

▼ 感じそうして~ (4, 0.0%)

1 そのさみし, その類似, 人の, 慰め合ったもの

▼ 感じそれら~ (4, 0.0%)

1 のすべて, のもの, の傾向, の重み

▼ 感じだろう~ (4, 0.0%)

1 か, から, からね, という幽霊

▼ 感じてや~ (4, 0.0%)

1 いとも忠実, がる, 先考館舎を, 鳥の

▼ 感じでしょう~ (4, 0.0%)

31 と思います

▼ 感じとでも~ (4, 0.0%)

1 いうか, いったよう, 云うより, 言おうか

▼ 感じとの~ (4, 0.0%)

1 合間合間に, 快く調和的, 間に, 間には

▼ 感じどんなに~ (4, 0.0%)

2 かお前 1 寂寥を, 彼を

▼ 感じなどが~ (4, 0.0%)

2 ひどく平次 1 おそらく懲役, 秋よりも

▼ 感じにさえ~ (4, 0.0%)

1 なるの, 彼女は, 打たれるくらい, 深められる

▼ 感じもし~ (4, 0.0%)

1 このまま, 云いも, 余に, 悟っても

▼ 感じやう~ (4, 0.0%)

2 としてゐる 1 が組合, としたけれ

▼ 感じ一寸~ (4, 0.0%)

1 にし, 息苦しい思い, 立ち停った姿, 黙りこむ

▼ 感じ~ (4, 0.0%)

2 の力 1 に嗤われ, の前

▼ 感じ~ (4, 0.0%)

2 の部屋 1 が彼女, の年

▼ 感じ全く~ (4, 0.0%)

1 なしに, 捨てきれないもの, 機嫌を, 発狂の

▼ 感じ全身~ (4, 0.0%)

2 に痙攣 1 がにわかに, が内

▼ 感じ幸福~ (4, 0.0%)

2 を感じ 1 にも思った, を祈った

▼ 感じ得ら~ (4, 0.0%)

1 るべき事, るるもの, るる処, るる筈

▼ 感じ早く~ (4, 0.0%)

1 この家, 帰りたくなって, 座を, 知る

▼ 感じ早速~ (4, 0.0%)

1 ロザリオ青年を, 權三助十を, 産地埼玉県庁に, 用箪笥の

▼ 感じ深い~ (4, 0.0%)

1 のも, 子供は, 霧に, 面持で

▼ 感じ深く~ (4, 0.0%)

1 いひ表すの, 思われること, 拝見しました, 現われて

▼ 感じ~ (4, 0.0%)

1 の仕事, の復讐, の門人村田与三, を諌めよう

▼ 感じいかに~ (3, 0.0%)

1 して, 反応し, 浩瀚冗長な

▼ 感じいっ~ (3, 0.0%)

1 たり羨望, ていた, てしまった

▼ 感じいつも~ (3, 0.0%)

1 の夜, 冴え冴えと, 驚異な

▼ 感じいや~ (3, 0.0%)

1 ちがうあの, に迫った, 感じないでは

▼ 感じがち~ (3, 0.0%)

21 の彼ら

▼ 感じがよ~ (3, 0.0%)

2 かつた 1 かつたら

▼ 感じこれから~ (3, 0.0%)

2 先き 1 先どんな

▼ 感じしたがって~ (3, 0.0%)

1 ますます不愉快, ますます衆人, 氣が

▼ 感じじっと~ (3, 0.0%)

1 して, 堪える心, 夜の

▼ 感じすべて~ (3, 0.0%)

1 の功績, の行動, を受け

▼ 感じそれから~ (3, 0.0%)

1 愁ひ, 斉彬の, 様々の

▼ 感じただ~ (3, 0.0%)

1 それだけの, まさに終生累々, もやもやと

▼ 感じたりという~ (3, 0.0%)

1 事実は, 呉一郎の, 頭痛嘔気疲労等は

▼ 感じたる~ (3, 0.0%)

1 事なし, 句を, 感情を

▼ 感じ~ (3, 0.0%)

1 つとなに, つと夜, やない

▼ 感じついに~ (3, 0.0%)

1 はへん, は竜, 文王を

▼ 感じてから~ (3, 0.0%)

1 今まで, 庭の, 漸く這っ

▼ 感じときどき~ (3, 0.0%)

1 くらくらと, 矢代は, 足を

▼ 感じとともに~ (3, 0.0%)

1 それが, 中に, 訝かしい魅惑

▼ 感じとも~ (3, 0.0%)

1 いうべきもの, ちがう不思議, 違う

▼ 感じと共に~ (3, 0.0%)

1 どこか, まだ, 窓や

▼ 感じどんな~ (3, 0.0%)

1 ことを, 事を, 奴の

▼ 感じなお~ (3, 0.0%)

1 夢想し, 硝子戸の, 老いても

▼ 感じなさいます~ (3, 0.0%)

3

▼ 感じなし~ (3, 0.0%)

1 で訊けはい, に生きよう, に言動

▼ 感じなどに~ (3, 0.0%)

1 對し, 或はプルウスト, 溺れて

▼ 感じなども~ (3, 0.0%)

1 変ってるでしょうね, 帽子の, 違って

▼ 感じなり~ (3, 0.0%)

1 体得なりが, 心情さら, 新体制

▼ 感じなんか~ (3, 0.0%)

1 しなくて, どう考へ, 少しも

▼ 感じについて~ (3, 0.0%)

1 一言するなら, 同意見, 自分に

▼ 感じにまで~ (3, 0.0%)

1 おちこんで, おちて, 進むの

▼ 感じによ~ (3, 0.0%)

1 つて物腰によ, つて語りだした, つて逆に

▼ 感じによって~ (3, 0.0%)

1 兵卒が, 彼女の, 雨や

▼ 感じほとんど~ (3, 0.0%)

1 この何年来, キリストに, 同年輩くらいに

▼ 感じますます~ (3, 0.0%)

1 フランス語の, 商売に, 青くなっ

▼ 感じまでが~ (3, 0.0%)

1 かなりはっきりと, 壊されそう, 憂鬱で

▼ 感じむしろ~ (3, 0.0%)

1 今日の, 今日は, 素人を以て

▼ 感じもう一度~ (3, 0.0%)

1 ヘンリー・ジーキルの, 欄干に, 隣りの

▼ 感じやがて~ (3, 0.0%)

1 そのほう, 帰府する, 本心に

▼ 感じやす~ (3, 0.0%)

1 かりしわれ, さが, さは

▼ 感じよき~ (3, 0.0%)

1 ホテルコーヒーを, 写真, 対談会

▼ 感じよりは~ (3, 0.0%)

1 ずっと大袈裟, どう思ひめぐらし, 少し詳しい

▼ 感じ一時~ (3, 0.0%)

1 こんな気持, にもせよ, も早く

▼ 感じ人生~ (3, 0.0%)

1 において大切, の單調, の悲観

▼ 感じ人間~ (3, 0.0%)

1 の生命, の皮膚, 臭いもの

▼ 感じ~ (3, 0.0%)

1 がひきしまる, が硬直, は華やか

▼ 感じ~ (3, 0.0%)

1 と云, なり然, 故序

▼ 感じ其の~ (3, 0.0%)

1 ために, 夜は, 所へ

▼ 感じ再び~ (3, 0.0%)

1 その音信, 床に, 正しい民藝時代

▼ 感じ勝ち~ (3, 0.0%)

1 だった, だろう, であった

▼ 感じ同じ~ (3, 0.0%)

2 ような 1 であるとは

▼ 感じ~ (3, 0.0%)

1 のはかり知れざる, の奥, の方

▼ 感じ~ (3, 0.0%)

1 の悲鳴, は男, も男

▼ 感じ常に~ (3, 0.0%)

1 不幸な, 自分の, 至極の

▼ 感じ忽ち~ (3, 0.0%)

2 目を 1 一個の

▼ 感じ思わず~ (3, 0.0%)

1 これを, 矢代も, 胸の

▼ 感じ~ (3, 0.0%)

1 は神, れ生きて, を忘れ

▼ 感じ~ (3, 0.0%)

1 で捧げ, の中, をポケット

▼ 感じ~ (3, 0.0%)

1 の愁い, をおも, を思ふ

▼ 感じ~ (3, 0.0%)

2 を味 1 のおとずれ

▼ 感じ時に~ (3, 0.0%)

1 こつそり, よれば, 彼によ

▼ 感じ更に~ (3, 0.0%)

1 そのよう, 二三時間休みを, 又胃嚢

▼ 感じ次に~ (3, 0.0%)

1 は反撥, も一つ, 馬車で

▼ 感じ~ (3, 0.0%)

1 が気, が遠く, の抜けた

▼ 感じ特に~ (3, 0.0%)

2 そのこと 1 夜雪が

▼ 感じ~ (3, 0.0%)

1 の充溢, の菩提, 友の

▼ 感じ~ (3, 0.0%)

1 が急, のそば, を疑いたくなる

▼ 感じ~ (3, 0.0%)

1 のところ, の力, を海月

▼ 感じ自ら~ (3, 0.0%)

1 その行ない, の生活, 知る所

▼ 感じ自由~ (3, 0.0%)

1 な遊び友達, に述べる, を約束

▼ 感じ~ (3, 0.0%)

1 がすくん, の向, もゆっくり

▼ 感じ難い~ (3, 0.0%)

1 ほどである, 興味をば, 見え難い

▼ 感じ~ (3, 0.0%)

1 のない, をあげる, を背けず

▼ 感じ~ (3, 0.0%)

1 でも肯定, の上, をもっとよく

▼ 感じあなた~ (2, 0.0%)

2 を愛する

▼ 感じあまり~ (2, 0.0%)

2 諸事を

▼ 感じある~ (2, 0.0%)

1 反ぱつをさえ, 脅威力に対する

▼ 感じあるいは~ (2, 0.0%)

1 その自然, ノスタルジアを

▼ 感じあれ~ (2, 0.0%)

1 がさういふ, が和

▼ 感じいつか~ (2, 0.0%)

1 しみじみと, 書きたいと

▼ 感じいつか涙~ (2, 0.0%)

2 を流し

▼ 感じいろいろ~ (2, 0.0%)

1 な実験, の受けかた

▼ 感じかた一ばん~ (2, 0.0%)

2 正しい

▼ 感じけれど~ (2, 0.0%)

1 やつぱり好意の, 六兵衛は

▼ 感じこいつ~ (2, 0.0%)

1 あ氣, を非難

▼ 感じここ~ (2, 0.0%)

1 に一場, の住人

▼ 感じことに~ (2, 0.0%)

1 同月同日に, 色ガラスの

▼ 感じこんな~ (2, 0.0%)

1 紋切型に, 芝居でも

▼ 感じさらに~ (2, 0.0%)

1 右脚が, 彼女の

▼ 感じしかし~ (2, 0.0%)

1 くっささったぎりそれからさきの自分, なにもかも取返し

▼ 感じしばし~ (2, 0.0%)

1 はその, は顔

▼ 感じすぐ~ (2, 0.0%)

1 傍の, 疑心を

▼ 感じする~ (2, 0.0%)

1 ような, 人や

▼ 感じせめて~ (2, 0.0%)

1 息子を, 黒色ガラスの

▼ 感じそこで~ (2, 0.0%)

2 改めて

▼ 感じそのままふらふら~ (2, 0.0%)

2 歩いて

▼ 感じそれで~ (2, 0.0%)

1 とにかくあすこ, 嬉しかった

▼ 感じそんな~ (2, 0.0%)

1 ものまでが, 心持が

▼ 感じたちまち~ (2, 0.0%)

1 わかれて, 眼界が

▼ 感じたりは~ (2, 0.0%)

1 しないが, しなかった

▼ 感じだけでも~ (2, 0.0%)

1 私達の, 草鞋はい

▼ 感じだけの~ (2, 0.0%)

1 問題に, 話だ

▼ 感じだらう~ (2, 0.0%)

1 からね, と思

▼ 感じつまり~ (2, 0.0%)

1 人間味が, 恩義を

▼ 感じてかへ~ (2, 0.0%)

1 つて不安で, つて初々しく

▼ 感じてからは~ (2, 0.0%)

1 その日, 別に心

▼ 感じてと~ (2, 0.0%)

1 ぼとぼと街, 同時に何だか薄ら

▼ 感じでしか~ (2, 0.0%)

1 なかった, なくそれ

▼ 感じとても~ (2, 0.0%)

1 やりきれないと, 悪しくさる

▼ 感じとによって~ (2, 0.0%)

1 その行く末, である

▼ 感じどう~ (2, 0.0%)

1 かと思い, 意識し

▼ 感じどこ~ (2, 0.0%)

1 か別, でもよい

▼ 感じなぞを~ (2, 0.0%)

1 すこしも與, 考へること

▼ 感じなどで~ (2, 0.0%)

1 わけも, 文学地理の

▼ 感じなどの~ (2, 0.0%)

1 介在する, 見いだせなかった最初

▼ 感じなどを~ (2, 0.0%)

1 容れる余地, 思うとき

▼ 感じなに~ (2, 0.0%)

1 に為ろう, はさておい

▼ 感じなるほど~ (2, 0.0%)

1 ここは, これは

▼ 感じにくい~ (2, 0.0%)

1 であろうし, 日とが

▼ 感じにしか~ (2, 0.0%)

1 し何, みえない

▼ 感じにつき~ (2, 0.0%)

1 当らせられた, 纒われわけも

▼ 感じにばかり~ (2, 0.0%)

1 気を, 漬って

▼ 感じのち~ (2, 0.0%)

1 がつて, がひで

▼ 感じはっきり~ (2, 0.0%)

1 とした, 言葉に

▼ 感じほど~ (2, 0.0%)

1 深く私, 速いもの

▼ 感じもしくは~ (2, 0.0%)

2 そのあらわれ

▼ 感じやすき~ (2, 0.0%)

1 その利己的, 性あり

▼ 感じやっと~ (2, 0.0%)

1 おちついて, きょうの

▼ 感じやむを得ず~ (2, 0.0%)

2 そこを

▼ 感じよい~ (2, 0.0%)

1 ものである, 建築とは

▼ 感じよから~ (2, 0.0%)

1 ず部屋, ぬは

▼ 感じよし~ (2, 0.0%)

1 この髪の毛, 先づ我慢出来さうなり

▼ 感じわし~ (2, 0.0%)

1 の腕, の誇り

▼ 感じタクシイ~ (2, 0.0%)

2 の窓

▼ 感じ一層~ (2, 0.0%)

1 嬉しかった, 強く我うち

▼ 感じ一方~ (2, 0.0%)

1 をもっ, 女王蜂の

▼ 感じ一時間~ (2, 0.0%)

2 もたたない

▼ 感じ一歩~ (2, 0.0%)

2 も譲らぬ

▼ 感じ一番奥~ (2, 0.0%)

2 のテエブル

▼ 感じ一種~ (2, 0.0%)

1 の反抗的, の寂し

▼ 感じ不安~ (2, 0.0%)

1 にみちびかれ, に感じはじめ

▼ 感じ不幸~ (2, 0.0%)

2 なるハイネ

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 は家来, 殺の

▼ 感じ五郎さん~ (2, 0.0%)

2 とのつきあい

▼ 感じ京水~ (2, 0.0%)

2 たは

▼ 感じ今度~ (2, 0.0%)

1 はその, は自分

▼ 感じ今更~ (2, 0.0%)

1 ながら現実肯定, に盛り返し

▼ 感じ以上~ (2, 0.0%)

1 に強烈, の如く

▼ 感じ何だか~ (2, 0.0%)

1 悲しかった, 自分が

▼ 感じ何時~ (2, 0.0%)

1 も憫然, 迄も名

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 は懐手, よりも小さな

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

2

▼ 感じ健康~ (2, 0.0%)

1 の上, を案じない

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 のこの, は学校

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

2 よわりゃ死んだ

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 に思慮, に苦しみ解決

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

2 温かき信用

▼ 感じ出す~ (2, 0.0%)

1 と飛行機, のに

▼ 感じ切支丹~ (2, 0.0%)

2 と指

▼ 感じ勝手~ (2, 0.0%)

1 にしろ, に自分

▼ 感じ危惧~ (2, 0.0%)

1 をおぼえ, をおぼえた

▼ 感じ即ち~ (2, 0.0%)

1 任務を, 愉悦の

▼ 感じ又は~ (2, 0.0%)

1 その行為, 嚥下物の

▼ 感じ反撥~ (2, 0.0%)

1 して, を覚えず

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 せんか, の眼

▼ 感じ周囲~ (2, 0.0%)

1 というもの, の空気

▼ 感じ堯舜~ (2, 0.0%)

2 を架空

▼ 感じ多少~ (2, 0.0%)

1 は早く, は知っ

▼ 感じ女性~ (2, 0.0%)

1 のいのち, の開花

▼ 感じ嫉妬~ (2, 0.0%)

1 さえおこしました, に似た

▼ 感じ子供~ (2, 0.0%)

1 と心, は久しく

▼ 感じ孤独~ (2, 0.0%)

1 の悲哀, を感じ

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 が揃つて, の名誉

▼ 感じ宿~ (2, 0.0%)

2 を施行

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 と余りに, に最も

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 いと思, い念願

▼ 感じ強烈~ (2, 0.0%)

1 で新鮮, な盲目的

▼ 感じ彼ら~ (2, 0.0%)

1 に同感, の訴えよう

▼ 感じ彼等~ (2, 0.0%)

1 の生活, はじき

▼ 感じ後者~ (2, 0.0%)

1 においてはただ, は思ひ

▼ 感じ心臓~ (2, 0.0%)

2 の鼓動

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 にとりとめなくなった, に独り

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 もし, を感じ

▼ 感じ恋愛~ (2, 0.0%)

1 の対象, を感じ

▼ 感じ悪き~ (2, 0.0%)

1 こと後から, 手紙来り居り

▼ 感じ愉快~ (2, 0.0%)

1 だ, も愉快

▼ 感じ感極り~ (2, 0.0%)

2 て泣かざる

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ 感じ或は~ (2, 0.0%)

1 どう考え, 衣更て

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 感じ新た~ (2, 0.0%)

2 に見直す

▼ 感じ新鮮~ (2, 0.0%)

1 であった, な果実

▼ 感じ方考え方~ (2, 0.0%)

1 が健康, の経路

▼ 感じ日本~ (2, 0.0%)

1 に来, の官憲

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 そく承知なし, まつた自分等

▼ 感じ易い若い~ (2, 0.0%)

1 女性の, 娘の

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 の如く, より三味線

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

2 起きること

▼ 感じ東京~ (2, 0.0%)

1 から軽く, の三分の二位

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 の愉快, を無為

▼ 感じ歴史~ (2, 0.0%)

1 の必然的, の発展

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ 感じ殊に~ (2, 0.0%)

1 戯曲と, 火山については

▼ 感じ残忍~ (2, 0.0%)

2 な征服慾

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 の無, を持ち

▼ 感じ気持~ (2, 0.0%)

1 よい活気, 良かった

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

2 と空

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 となった, をこぼした

▼ 感じ深う~ (2, 0.0%)

1 ございました, ございます

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 えて, の実験

▼ 感じ無い~ (2, 0.0%)

1 ならまだ, やうな

▼ 感じ無く~ (2, 0.0%)

2 アアそうかという

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 の核心, を造り

▼ 感じ生来~ (2, 0.0%)

2 の冒険好き

▼ 感じ疑い~ (2, 0.0%)

1 を懐く, 悩んで

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 がよく, 親しい感じ

▼ 感じ相手~ (2, 0.0%)

1 の認識, を慰め得る

▼ 感じ真に~ (2, 0.0%)

1 動かされた事実, 考え真に

▼ 感じ神経~ (2, 0.0%)

1 のデリカシイ, を過分

▼ 感じ空想~ (2, 0.0%)

1 の有り得べき, を惹起

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 一顔や, 十回の

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 ひぬ, ふ心地好

▼ 感じ絶えず~ (2, 0.0%)

1 そのレベル, 新子からの

▼ 感じ絶望~ (2, 0.0%)

1 したよう, を感じ

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 から来る, のあらゆる

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 が痺れ, を支え

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 から笑う, をたて

▼ 感じ自信~ (2, 0.0%)

1 つく, を失つて

▼ 感じ自分自身~ (2, 0.0%)

1 に納得, の位置

▼ 感じ興味~ (2, 0.0%)

2 を覚え

▼ 感じ舞台~ (2, 0.0%)

2 の男

▼ 感じ表現~ (2, 0.0%)

1 し行動, を感じ

▼ 感じ観察~ (2, 0.0%)

1 して, しながら

▼ 感じ質朴~ (2, 0.0%)

2 なその

▼ 感じ赤い~ (2, 0.0%)

1 と感ずる, イルミネーションで

▼ 感じ身うち~ (2, 0.0%)

2 をう

▼ 感じ通し~ (2, 0.0%)

1 であったが, で不安

▼ 感じ遂に~ (2, 0.0%)

1 はその, 生産の

▼ 感じ隠遁~ (2, 0.0%)

1 の思い, を好み

▼ 感じ電車線路~ (2, 0.0%)

2 の向う

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 が急, 笑んだ我々

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 を下, を合さず黙っ

▼ 感じ~ (2, 0.0%)

1 をくくった, 垂れるもの

▼1* [1076件]

感じあえて青白いよう, 感じあたかも己れ, 感じあたりを広く, 感じあっちの灯, 感じあとはだまっ, 感じあまりに美しく不思議, 感じありとせ, 感じありがたく思います, 感じあれこれのいきさつ, 感じいい心持に, 感じいかでかこの, 感じいかりを蔵, 感じいくら夫に, 感じいっそう仕事を, 感じいっそうがっかりして, 感じいつになく, 感じいつしかそれを, 感じいつのまにか自分も, 感じいはば錯覚, 感じいまさら外が, 感じいまわたしが閉め出され, 感じいま降参を誓っ, 感じいわば生き埋めの, 感じうちに着い, 感じうらやましいと感じる, 感じおかしくなって, 感じおしのは, 感じおそろしく思いました, 感じおのずからモスク, 感じおまへの素足, 感じお勝手へいっ, 感じお歯黒をつけた, 感じかえって虚勢を, 感じかかる低級な, 感じかたがた若い西洋人, 感じかたく観念の, 感じかたそのもので書く, 感じかたほんとうに溌溂, 感じかた善と見る, 感じかた態度があり, 感じかた物の考えかた, 感じかた精神のポーズ, 感じかた考えかたで満足, 感じかた裸体の歴史性, 感じかた観かたの中, 感じからだを硬, 感じからの選定かと, 感じからもまるきり黄色紙, 感じかれこれと品定め, 感じか弱く平板に, 感じがたい運命の, 感じがをり, 感じきっと分ると, 感じきょうにまわしました, 感じびじろが頭を, 感じくどく訊かざるを, 感じこうして檻から, 感じこそを窮極の, 感じこっそり二人を, 感じこっちに落, 感じことも二三, 感じこの世をばこの, 感じこめかみに血, 感じこれ見てくれとみんな, 感じさえも出て, 感じさせる庭を, 感じさっき彼女自身祖母について云った, 感じさっさともとの, 感じさっと輝いて, 感じさて芸術という, 感じさまざまな歴史, 感じて来, 感じしきりに雨足を, 感じしずかに身体, 感じしづかに優しく, 感じしばらくその, 感じしましたしそれ, 感じじゃあない, 感じすがすがしいような, 感じすぎはしまい, 感じすべてそれは私, 感じすらも起らない, 感じせかせかと馳, 感じせきは誰憚, 感じせせこましい氣さへ, 感じせっかくの申し出, 感じせまって来, 感じそうした生活に, 感じそのある作からは, 感じそのままである, 感じその他すべてい, 感じその後は科学研究, 感じそばの電柱, 感じそれからまたスーッと, 感じそれぞれ自分達の身うち, 感じそれにたへない, 感じそれ以来感じ続けて, 感じたらしく見える, 感じたりと見て, 感じたりといふ歌, 感じだが時々彼, 感じだけしかなくなつた, 感じだけにでも妾の, 感じだったらしいんだ, 感じだのッて, 感じちゃいないという, 感じちやつたね, 感じちやつたんだね, 感じちょうど運転手が, 感じちょっと往来に, 感じちよつと往来, 感じってよいもの, 感じっぱなしにしろ, 感じつい母の, 感じつねに苫屋の, 感じつめている, 感じつよくもや, 感じつるつるしたむき出し, 感じてがツかり延ばした, 感じてぞつと身, 感じてだけいて, 感じてでもいるよう, 感じてにやふらふらと, 感じてはをらぬ, 感じてやらそれは, 感じであったろうと思います, 感じでありましたがけれども, 感じでありましょうか, 感じでありますからどちら, 感じであろうか, 感じでからだが, 感じできるだけ毎日を, 感じできれぎれに, 感じでございますが, 感じでさえすでに一つ, 感じでぞろ, 感じでない感じを以て, 感じでなければならぬ, 感じでもずつと痛いよ, 感じといふだけはこれは, 感じとうとう踊りの, 感じとかいうような, 感じとから出発する, 感じところどころ散漫な, 感じとしての韻律, 感じとではたいへんちがう, 感じともかくもこれ, 感じともすると表情も, 感じとりとめなく歩きまわっていた, 感じとを以て描かれて, 感じどうかして, 感じどうしてもそれから, 感じどころか現に蒟蒻, 感じどれ程うれしかっ, 感じなかツた, 感じながらぜいぜ, 感じながらと言って, 感じながらに一生を, 感じなさいましたので, 感じなされて恋仲, 感じなされたことでしょう, 感じなすったことは, 感じなぞまるでどこ, 感じなぞとは異つた, 感じなぞはしなかつた, 感じなどから余程の, 感じなどと違って, 感じなにか思い沈んで, 感じなまぐさいような, 感じならぬいてしまう, 感じなりから取って, 感じなりと誤魔化そうと, 感じなりふりにあんまり, 感じなりを述べること, 感じなれど山路, 感じなんでもない, 感じなんぞありゃしないぜ, 感じなんて僕に, 感じなんとなく胸騒ぎが, 感じにおいて気分において, 感じにかの女は, 感じにくくまた少々突然, 感じにのみ打たれた, 感じにわづかに, 感じに対しては恐怖とか, 感じに対する強き同感と, 感じすっかり面変り, 感じねこをなぐらなかった, 感じのみであるが, 感じのみが残って, 感じのみは今も, 感じはずかしかった, 感じはっとして, 感じはと問えば, 感じはなはだ豊かである, 感じばあやさんにあと, 感じばかりがのこされて, 感じばかりを活かすべく苦心, 感じぱっと跳ね上りました, 感じひそかに未来, 感じひとしお道阿弥を, 感じひどく興奮しました, 感じひやひやと肌, 感じひょっとかすると, 感じふかそうに, 感じふかい一ときです, 感じふかく眺めお辞儀, 感じふるさとを感じる, 感じぷうんと濃厚な, 感じほんたうに, 感じほんとうはそう, 感じぼくはこの, 感じぼんやりとその, 感じりぽ, 感じやの神自身, 感じまことに人生という, 感じまさに落ち込まんと, 感じまさに大いに道を, 感じますることとを, 感じまたはまぼろし, 感じまだ見たこと, 感じまだしも玉川関の, 感じまるで出ず, 感じぢめな, 感じみじめなわびし, 感じむっつり答えた, 感じむりにも忍耐して, 感じめでたく往生を, 感じやう筈もなかつた, 感じやすく図々しい部分を, 感じやのんです, 感じやはりこのよう, 感じやら滅茶, 感じやらが変って, 感じやらに深く捉えられ, 感じやり切れない切なさを, 感じやるせない郷愁を, 感じさが, 感じよう次第で, 感じよかった, 感じよくうまくいくこと, 感じよく美しいとばかりお, 感じよく美しく見えた, 感じよく若々しく書かれたの, 感じよりかもむしろ乾燥びた蟯蟲, 感じるこつちの心が二重, 感じわかるようです, 感じわがこいこがれる胸, 感じわけて居た, 感じわざとフランス語で, 感じわたし自身に腹, 感じわれ知らず立ちあがって, 感じわれとわが身を, 感じわれわれの心, 感じわれわれ大人が人間, 感じわれ知らず膝が前, 感じゐれば老婢, 感じをとものうて, 感じをともなふて来た, 感じをば本能的な, 感じを通してでは良習慣, 感じアナトール・フランスという作家, 感じエッチングのエフェクト, 感じオルゴールの鳴る, 感じキョトキョトするの, 感じギョッと動悸, 感じギヨツとして伸ばしかけた, 感じクリストフの心中, 感じゴッホのコラボレーション, 感じサエは包, 感じシツトをほし, 感じジョアンに対してその, 感じジリジリと棺, 感じスープの皿, 感じタオルの偶然, 感じタッタッと三足, 感じて事, 感じツぱなしで終るの, 感じデスデモーナは愛, 感じトルレスに頼ん, 感じハッとした, 感じハテ面妖な, 感じバスの来る, 感じヒョロヒョロしながらも, 感じビルマのジャングル, 感じフェミニストたるもの, 感じフランス百科全書学派或は明治初期, 感じブドウ酒一杯を傾けたる, 感じベンチを立った, 感じマダム・ブランシュの神巫, 感じミサ子は, 感じミネはひそか, 感じモスクワの中央委員会, 感じリアリズムというもの, 感じルーベンスを感じる, 感じロシア女にたいしては憐憫, 感じロンドンの街, 感じワッといふ笑, 感じにも金銭, 感じ一休みすると, 感じ一刀流の剣法, 感じ一夕五合余りの牛乳, 感じ一家のゆく, 感じ一段高いところ, 感じ一気にその, 感じ一片の沢庵切, 感じ一片報国の微衷, 感じ一生のはり合い, 感じ一種間抜けて滑稽, 感じ一統へ相談, 感じ一緒になっ, 感じ一言を加, 感じ一部の自然物, 感じ一門の親類, 感じ一面残る蚊, 感じ丁度抱きあって, 感じで胸苦しく, 感じ三とせの余, 感じ三人の若い, 感じ三太郎が燃焼, 感じ三度四度と見, 感じ三百金を可立, 感じ三益の芝居, 感じ三間ほどの長, 感じ上気した眼, 感じには人間, 感じ下等だと, 感じ機嫌, 感じ不安げに同じ, 感じ不機嫌な表情, 感じ不潔さとして嫌悪, 感じ与えますけど私, 感じ与市兵衛を殺し, 感じに類, 感じ世事の非, 感じ世帯じみて, 感じ腕で, 感じには短く, 感じ久しい間それを, 感じ久しく独身で, 感じと共鳴, 感じ乍らそれを, 感じ乍ら下宿をさして, 感じ乍ら会心の微笑, 感じ乍ら先生の教誨, 感じ乍ら左孝の枕元, 感じ乍ら私は次, 感じ乍ら訪問を諾, 感じ乍ら變化を喜ん, 感じ乍ら隆治は母親, 感じ乏しい物を, 感じ九助より錢一貫文, 感じ予算も少なかっ, 感じ争い起こりて, 感じを設け, 感じ事実とはこの, 感じ二三の場合, 感じ二三歩土間に入っ, 感じ二人きりで夜道, 感じ二束買った, 感じ二重にいや, 感じ二階に居られる, 感じ云っても云っ, 感じ互いに喜びを, 感じ五十を人, 感じ交合を好む, 感じ人格への先輩的愛慕, 感じ人間ぎらひになりかけた傾向が終戰後, 感じ人間以上の何, 感じ今や日本の, 感じ今夜人目を避け, 感じ今年の九星表, 感じ今日見ても, 感じ仏心の貴, 感じ仕事を考へ始める, 感じの人々, 感じ他日必ず先生, 感じてその, 感じ以前はいざ, 感じ以後他人の悪い, 感じ以来同様の発作, 感じ仮りにも茶聖, 感じのいい, 感じ体温その素晴らしい, 感じ何ぞ先生の, 感じ何とかして, 感じ何とも云えず, 感じ何もかも面白くなかった, 感じ何んな類, 感じ何分宜しく頼むなり, 感じ余りに疑惑の, 感じ作家も今, 感じ作家的努力でこういう, 感じ作者は熱, 感じ使人に封邑, 感じ保田氏の文章, 感じ向いた, 感じ候事も有, 感じ候趣に候, 感じ倦怠を感じた, 感じ偽善だと, 感じはり, 感じ傷んだりしない, 感じ僅二分か三分の金, 感じ元来が自然科学, 感じ充實感と云, 感じっきから, 感じ先ずそこに, 感じ先づ生活の空氣, 感じ先生が自分, 感じ先非を悔悟, 感じ光榮を感じました, 感じ入り申し候, 感じ篇を, 感じ全然女の, 感じ八重子を殺す, 感じ共に笑い共に, 感じ其意味する所, 感じ其暗示を以て神文, 感じ其處から發, 感じ其身も深草, 感じ再度勸むる言葉も, 感じ冷やかに答えた, 感じ凡人よりも鋭く, 感じ出される卒先な, 感じ出ずロレル・ハーディーの, 感じ出せたらええ訳, 感じ分けられたのだ, 感じ初め常により, 感じ刺激と鞭撻, 感じよりもいっそう, 感じ前後にゆすぶられる, 感じ創作の筆, 感じ創作力の衰弱, 感じ劇作の興味, 感じなく課長室, 感じ力こぶをさえいれ, 感じ力一ぱい彼の頬, 感じしく疾び, 感じ動搖しはじめた, 感じ勘定をすませ, 感じひ込んで, 感じ医師と鍵屋, 感じ医者の金鎖, 感じ十五日ぶりでさっぱり, 感じ十年前の新聞, 感じ千鶴子が中, 感じ単純な構図, 感じ危く悲憤の涙, 感じ危険にも感じはじめ, 感じ却つてはなし, 感じ厚く禮物を, 感じ原子の月, 感じ反射的に振り返る, 感じ反感やねたみ, 感じ反省の過剰, 感じ受用する力, 感じ古典の権威, 感じ古典研究に余力, 感じ可哀そうで又, 感じ編集員の, 感じ合つた全く遇, 感じ合つて割合に長く, 感じ合ふところまでいけ, 感じ合掌したくな, 感じ同じく学生大衆用普及版を, 感じ吐気をもよおし, 感じの考え, 感じ吸収される丈, 感じの三軍, 感じ周圍の状態, 感じ味おうと願って, 感じ味わってゆく, 感じ味わんがため, 感じにも替, 感じ哀れに思った, 感じ善意の焦点, 感じの奥, 感じ喜びお節を己, 感じ喜悦と信頼, 感じ喜悦斜ならず殊, 感じ嘆息し憤ったか, 感じ四月一日の便船, 感じ地獄極楽を感じ, 感じ地震の直接, 感じ報謝の志, 感じ境界も水平線, 感じもなく, 感じらしい清新, 感じ夕方散歩したいした, 感じを歩いてる, 感じ外国に留学, 感じ外界に対抗, 感じ多大の研究, 感じ多数の改良, 感じの温泉町, 感じ夜具の下, 感じに見た, 感じ大いにいって, 感じ大変によい, 感じ大変注意をひかれた, 感じ大正よりはよし, 感じ大衆と共にそれ, 感じ天上の香具山, 感じ天語と解した, 感じ太陽は自分, 感じより長家, 感じ失望したり, 感じの書斎, 感じ奥ゆかしい感じを, 感じ女々しい感情に, 感じ好奇心をそそられた, 感じを可愛がりました, 感じもいろいろ, 感じ妻直の掴み得ない, 感じ始むるまでそれ, 感じ始めて神の, 感じ威儀がある, 感じ嫌悪の情, 感じ嬉しくまた頼もしく, 感じが栄えれ, 感じへも入りたく思った, 感じ存在そのものに敗北, 感じ学校では緊張, 感じ宇宙の大, 感じ安楽な落, 感じを感じ, 感じ世界の, 感じ実によく笑ふ, 感じ家族おのおのこれ, 感じ寂しい切ない思いを, 感じ寂しく孤独の, 感じ寂寞を感じ, 感じ密かに身, 感じ寐転んで畳, 感じ寒い日には, 感じ寵愛自分の子, 感じの庫裏, 感じ対抗的にで, 感じ将来助太刀をしよう, 感じ将軍薨去の後, 感じ尊むとすれば現代の多く, 感じ尊敬を持たなくなった, 感じ小さい不安そうな, 感じ小山の妻君, 感じは眼, 感じ居り申候, 感じ居心地よくなかった, 感じ居間から女中部屋, 感じ屈強の若い, 感じ履行し責任, 感じを噛む, 感じ崇高なる犠牲, 感じ市ノ瀬牧人を紹介, 感じ市中無事でいて, 感じ布施五十日の後, 感じ希望らしいもの, 感じをさく, 感じ平和な生活, 感じ幾枚かの現像, 感じ茫たる, 感じのほう, 感じの掃除, 感じ建築家は家, 感じ引きしまり卓, 感じ引揚げの船, 感じ強いて其の裏面, 感じ強く味う, 感じね返っ, 感じ当てこの陰謀, 感じ当惑して, 感じ当然拡張され, 感じ彦太郎は蹣跚, 感じ彼女等の兄弟, 感じ彼女自身がまた, 感じ學校で, 感じ後姿を睨む, 感じ従つて夫婦喧嘩の絶え間, 感じ従姉に後ろ, 感じ従順にうけとり, 感じ得ざる新鮮なる, 感じ得るからで, 感じ從來康梁の議論, 感じ微力ながら同志, 感じになつき, 感じ徳川の世, 感じ心中に成, 感じ心安からず思うの, 感じ心細さに, 感じ必ずねいろが, 感じ忍び足でテラス, 感じを共に, 感じ忘れがたく, 感じ忘却を与え, 感じ忙しそうな, 感じ忠兵衞は只, 感じろし, 感じ思いがけない灯火を, 感じ思い出したのねでも, 感じ思へばわが身, 感じ思わずぞっとしたの, 感じ怪しい影の, 感じ怪奇な伝説, 感じ恋人の足音, 感じ恐れをなした, 感じ恐ろしくなって, 感じ恐怖も恐怖, 感じ恐縮もいたし, 感じ悦びは感じ, 感じ悦び夜と共に物語りし, 感じに出逢え, 感じ悪し女子と, 感じ悪寒がし, 感じ悪感を覚えた, 感じ悲しみを感じる, 感じ悲愴に別離, 感じ悲痛な咏嘆, 感じ情熱の不足, 感じ惣右衞門は病氣故萬事心, 感じ惰気にみち, 感じ愈々計画の, 感じ愉快適悦不平煩悶にも相, 感じ意味を深く, 感じ意識したの, 感じのため, 感じ愛らしくも思い, 感じ愛着を感じ, 感じ感激に胸, 感じ慰めの暖か, 感じ慾徳を離れ, 感じ憎いので私, 感じ憎悪する様, 感じ憐れを持ち, 感じ憤然とせず, 感じ憮然として佇んだ, 感じ懇切に供養, 感じ時わかる, 感じ手さぐりの感じ, 感じ手紙をいただく, 感じれた, 感じ抗議を抱い, 感じにふれ, 感じ抵抗しながらも, 感じ拷問されて, 感じ持たしたのん, 感じ持ってて, 感じ持前の放浪癖, 感じ挑戦したくも, 感じ振りかえってその, 感じ捉えた死など, 感じ捜査課長の職, 感じ採集者がこれ, 感じ推理し語り考え, 感じなぐり捨てるよう, 感じ揶揄をもつ, 感じひが, 感じ攻め襲って, 感じ私が, 感じ敗者を意識, 感じひ申し候事, 感じ敬意を以てそれ, 感じ敬愛と感謝, 感じ数人の女性, 感じ敵意を持たない, 感じ敷居に額, 感じを持つ, 感じ文章の言語, 感じ新しい暮しかた勉強を, 感じ方それを云, 感じ方一寸鋭いところ, 感じ方判断利害がどんなに, 感じ方従つてその発表, 感じ方心の向, 感じ方材料も古, 感じ方理解のし, 感じ方考え方見方そして読書, 感じ方表現のし, 感じ方見方腹の据え, 感じ方解決のつけ方等, 感じ方言語動作身だしなみといふやう, 感じ旅籠の者, 感じ旅館では最中, 感じ既に人生の, 感じのあたる, 感じ日本人の探検家, 感じ旧恩を感じ, 感じ早い氏の, 感じ早かった, 感じ明らかになっ, 感じ明日家に戻つたら, 感じ明月なるが, 感じ昏倒しさうだつ, 感じ易い少女らしさに, 感じ易い美しい情緒は, 感じ易かったシドニー, 感じ易く激し易く成つて居る, 感じ易しといふ, 感じ昔ながらのくぜ, 感じ昭和十四年であったが, 感じや夜, 感じの流れ, 感じ時々彼女を, 感じ時には秘かに, 感じ時勢につれ, 感じが養父, 感じ晩年雪を見る, 感じ默の, 感じ暗い死の, 感じ暗然として涙, 感じ暝目して, 感じ暢びのびと気が開け, 感じ暫く胸中の, 感じ暫時言葉もいでざりし, 感じ更に又それを, 感じ書類と帳面, 感じ最も勇敢な, 感じ最後にそれ, 感じ最早や身動き, 感じ服従を誓, 感じ朝廷に仕え, 感じ期待にみち, 感じ未来の希望, 感じ未知の事物, 感じ本年一月以来単独に, 感じ本来の性質, 感じ本来男女の関係, 感じに向った, 感じ村中の者地頭, 感じもなく, 感じ果して支那料理なる, 感じになく, 感じ栄二は持っ, 感じにも花, 感じの妖婆, 感じの縁, 感じの反面, 感じ楽しかった, 感じ楽しみを楽しみ, 感じ楽天地横の自由軒, 感じがある, 感じ権力をもちいる, 感じわったが, 感じを見, 感じ檜垣の主人, 感じ次第にこの影, 感じ正しい道義の, 感じ正しき真理に, 感じ正直に述べられた, 感じ正義に味方, 感じ此の分なら大丈夫, 感じ武士たちに警戒, 感じ歩みもせかせか, 感じを感じ, 感じ死刑を減じ, 感じ死灰の空漠, 感じ殊更に冷淡, 感じ残念なるかな, 感じ段々を登る, 感じ母親は口やかましく, 感じ毛色がはなはだしく, 感じ毫も道徳的には, 感じ民族という感じ, 感じ気の毒にも感じ, 感じ気分を更, 感じ気味わるく思う, 感じ気味悪い涙や, 感じの拔けた人間, 感じ氣持が惡, 感じに溺れん, 感じ水呑みの先, 感じ水透かしをる, 感じ永遠の呼吸身, 感じ汚くさえ思われる, 感じ汚穢の中, 感じ江戸にもいられず, 感じ治療法に苦心, 感じ法体となっ, 感じ法情の慈悲, 感じが立つ, 感じ洋々と前途, 感じ流石の増賀, 感じ浮藻には可憐さ, 感じ涅槃を感ずる, 感じ淋しいような, 感じ淋漓たる, 感じ淡い匂いが, 感じそうに, 感じ深みへ深み, 感じ深めてゆく, 感じ深田は男, 感じ深雪の乱れた, 感じ混乱を感じ, 感じ渇きを覚え, 感じ湯浅さんのところ, 感じ激しい吐きけに, 感じ艶な, 感じ灌木の形, 感じ炎天に腐つた, 感じ炭酸水を喫する, 感じ烈しく詩情を, 感じ無条件に笑顔, 感じ焦躁にかられ, 感じ熔岩塊に手, 感じと感ずる, 感じ熱中して, 感じ爪先で歩き出した, 感じ父上に気の毒, 感じ爺ヶ岳の種蒔, 感じ爾来日々歌を, 感じ片一方ずつ上, 感じ片方の亡, 感じ物質と精神, 感じ特別に又, 感じ独りで燃える, 感じ独りこれを食う, 感じ狼狽した, 感じお彼, 感じり氣分, 感じ玄関をおり, 感じ玉藻集には, 感じらしく独り, 感じを還し, 感じ現世とも天国, 感じ現在においてはそれ, 感じ現在日本の芝居, 感じ生前男爵に抱いた, 感じ生命の力, 感じ生存の歓喜, 感じ生死かまわず斬り込もうと, 感じ田舎漢の愚直, 感じ甲板を歩く, 感じ男子に適量, 感じ病人が少し, 感じ病的にさえなっ, 感じ痛いときには, 感じ発病以前の若々しい, 感じ白刃のしごき, 感じ白紙となつ, 感じの慷慨悲憤, 感じのない, 感じ皆んな自分が悪かっ, 感じ皮肉にも感じ, 感じを取っ, 感じが見えなくなった, 感じ目下着々その準備, 感じ目撃すること, 感じ直しかたにしろ, 感じ直ちに自分の, 感じ直覚的に自分, 感じ相対的世界にあり, 感じ省略して, 感じをしかめ, 感じ眞箇に知る, 感じ真っ先に来まし, 感じ真先に切り込ん, 感じ真理を鼻, 感じ真理探求の仲間, 感じ眩暈がし, 感じ睡眠慾も出, 感じ瞬間的なある感じ, 感じりを, 感じ知られない何かが, 感じ石壁に閃, 感じ研究して, 感じの愛, 感じ神聖な白い, 感じ私共は一つ, 感じ秋風にからびた, 感じ種々な流行, 感じ積年の溜飲, 感じ空き腹をかかえ, 感じ空気まで妙, 感じ空漠を感じ, 感じ空虚なとは, 感じ突然その方, 感じ竹山道雄氏のそれ, 感じ笑いに紛らし, 感じをさがす, 感じ管理部の雑務手, 感じ範覚はまた, 感じ簡潔な言葉, 感じ粗野な智慧, 感じのこぶと話, 感じ紅庵の知らない, 感じ素早く人家の, 感じ素晴しいわ, 感じ素朴な甘み, 感じ細い目が, 感じ経験して, 感じ絶壁の上, 感じ經驗談を一時間, 感じ維新の必要, 感じ綿々としてあの, 感じを悔いる, 感じ罹災して, 感じを愛し, 感じ美しいものの, 感じ美しき夜氣を, 感じ美しく描けないの, 感じかしさ, 感じ羨望とも哀感, 感じには勇めり, 感じ義理も感じ, 感じは近づく, 感じ廿八日白濱より, 感じ翌朝父に向っ, 感じ老いたる者は墳墓, 感じ老人の如く, 感じ考えたとしてもそれ, 感じ考えるような, 感じもその, 感じ聖フランシスがすべて, 感じもなく, 感じ職業のない, 感じにも感じられ, 感じ背中がベッド, 感じ背筋を走る, 感じが痛む, 感じのよろめく, 感じ自らこれに屈する, 感じ自らそれをごまかす, 感じ自ら理想の楽, 感じ自分たちの結びつき, 感じ自分もろとも日本, 感じ自分悲しみを感じた, 感じ自分達の生活, 感じ自動的に舵, 感じ自殺したもの, 感じ自然とどちら, 感じ自然目頭が熱く, 感じ自身の生命, 感じ自重を怠らない, 感じ興味津々です, 感じは熱病, 感じを与え, 感じ良い時は, 感じ良くは思いません, 感じ色々手伝ふ, 感じ芥川はなにか, 感じ花井の赤樫, 感じ芸術を感じ, 感じ苛責を覚え, 感じ苛酷を誹り, 感じ若しこのよう, 感じ若葉のかげ, 感じ苦しいことも, 感じ苦味生さんの温情, 感じ苦悶甚しく遂に, 感じ苦笑ものです, 感じ茶器の出, 感じ荒々しい息遣いに, 感じ荷笈下向して, 感じ菊田など僕, 感じ萎縮し切つて, 感じ落着きを失, 感じ葉っぱの縮緬皺, 感じ著しく現す習慣, 感じ薄暗い廊下の, 感じ薄暗くなつた生籬, 感じ虎ノ門病院に連絡, 感じ虎月毛を賜う, 感じ虚偽だと, 感じから下, 感じが信じ, 感じ行い愛し考え, 感じ衛兵に一礼, 感じ表象する, 感じ袴野はすて, 感じ西日を顔, 感じ西洋の人物, 感じ見え疑惑された, 感じ見知られて観察, 感じ覚めたあとまでも, 感じを呼ん, 感じ親族かとたずねる, 感じふ者, 感じ言葉を交わす, 感じ許容し観察, 感じ評価もする, 感じ詳しく書きたい気, 感じ誇りとよろこび, 感じ誘惑の蜜, 感じ語り合つてゐるの, 感じ誠実に満ちた, 感じ論説や記録, 感じ謂う所の, 感じ證人となり, 感じったこと, 感じ識らるる一種独特, 感じ讃美をおくり, 感じ貧しいながらもちゃんと, 感じ貧民は自分, 感じ責任も感じ, 感じ貴台の所在, 感じ貴紳の礼風, 感じ賛成した, 感じ賞讃を惜, 感じ趣味標準は常に, 感じ足下から這, 感じの岐, 感じ路傍に寄り, 感じ蹶然として臥床, 感じ身辺すべての物, 感じ身震いが出た, 感じ車内に入る, 感じ軍閥の持つ, 感じ軽蔑を抑える, 感じ迄も数学的に, 感じ返事をしない, 感じ迫らない感じを, 感じ迷いを覚え, 感じ迷蒙を覺, 感じ追憶の快, 感じ逃ぐるが如く, 感じに云え, 感じ途方もない, 感じ造化の色彩, 感じ遊離を感ぜず, 感じぎるくらゐだ, 感じ過去の印象, 感じ道化役者の品位, 感じ道江の言葉, 感じ遠く離れたまま, 感じ選択し何ごと, 感じ遺憾に思ふ, 感じなるもの, 感じ釈尊を念じた, 感じ重苦しいその場, 感じ野山を愛し, 感じ野村の方, 感じ金井のにやにや, 感じ銀貨を瞥見, 感じ錯覚さえも生じ, 感じ長い棒の, 感じ長文の手紙, 感じ長生の霊果, 感じ長謙さんと珠子さん, 感じ長閑になる, 感じ闇中にある, 感じ陰気になった, 感じ雪白高潔の詩人, 感じ雲雀の舞いあがる, 感じ雷鳴の響き, 感じ露骨にそれ, 感じ青江が遠く, 感じ静かなほとんど, 感じ靜寂と叫喚, 感じ非常口の場所, 感じ面白そうに, 感じ面白く思います, 感じ音響の停った, 感じ響きのよう, 感じ頗るよく気, 感じ頭尾を両, 感じ頻りに瞬きし, 感じ風流洒落のほか, 感じ風神ナラダして, 感じが如く, 感じ食事の味, 感じ食堂の大, 感じ食指を動かす, 感じに似, 感じは馬, 感じ馬子に叱られ, 感じくという, 感じ驚きと喜び, 感じ驚異し得る非常, 感じ高官に任じ, 感じ高野山に入っ, 感じに知り, 感じ魚鳥も屏息, 感じ麦藁帽子が転落, 感じ黒人の生活, 感じ鼓動する心臓, 感じのあたり, 感じM子さんの隣