青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「朱~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

本来~ 本気~ ~本能 本能~ ~本質 本質~ 本郷~ 本陣~ ~札 札~
朱~
~机 机~ ~杉 杉~ 李~ ~材料 材料~ 材木~ ~村 村~

「朱~」 2819, 30ppm, 3841位

▼ 朱~ (422, 15.0%)

10 色の, 色を 8 色が 5 ように, 欄干の, 鞍置いた 4 唇匂ひや, 銀を 3 いろの, ごとく赤く, やうに, 斑, 紐を, 色と, 赤さ

2 [32件] おぼろ西の, ごとし, しづけさ, なかに, やうな, 三角帆の, 二色で, 五重の塔の, 唇に, 学問とやらの, 家の, 家へ, 寂びや, 房の, 斑点の, 日の丸の, 曾保船走る, 月ひむ, 柱に, 柱を, 桁や, 欄を, 溜塗の, 盆に, 総の, 緒の, 縞の, 色に, 雲の, 風空, 鳥居の, 鶏冠ふりたて

1 [286件] いいこと, いろが, いろに, いろ褪せた荒廃, うすき, うるし榛, おびえの戦, お茶代, お金を, くすんだ色, くるの, ことである, こもった上の空, こもつた上の空, ごとき夕焼け, ごとき怨念, ごとく, ごとくなるを, ごとく両, ごとく味美, ごとく赤かっ, ごとく雪, ごとく頭, さかずきの, した, しっぽく, つもりな, なかへ, はげた鏡, まだら, ような, ようなる, よろいに, バンドウエーブした, レッテルの, 一峰門が, 一滴々, 一点と, 一点とな, 一端に, 一行の, 両方の, 中から, 中に, 丸柱の, 主義に, 二色が, 五分の一或は, 五重塔を, 交った黄色い, 伴奏, 光, 光を, 入った歌, 入った歌反古, 入墨だつた, 六幅の, 凧が, 利で, 利子附きで, 刺青を, 前立を, 剥げ落ちた箱枕, 割を以て, 勾欄芝の, 卑しき五渡亭, 南鐐では, 南鐐を, 印を, 収入五人あれ, 古りし鶏, 台を, 台傘を, 同窓は, 唇, 唇が, 唇とが, 唇の, 唇ものいいた, 唇匂いや, 唇打, 唐様の, 塗膳銀の, 夕焼けと, 大傘, 大四半大幅掛, 大盃, 大鳥居ゆり動し, 太陽は, 太陽円く, 如くまた, 如く呼吸, 如く赤く, 妻や, 姿で, 学を, 学を以て, 学一世の, 学徒詩人果して, 学日本の, 學問に, 家には, 家ヘ, 家賃を, 寂びがち, 寂びし童女像, 富を, 小見世, 屍が, 山門に, 建物が, 息引き切るる, 扉の, 手を, 持って, 捺印を, 排仏の, 掛金を, 揺椅子, 文章が, 斑なまめく, 斑の, 断面に, 新説とか, 方が, 方だって, 方に, 旗, 旗を, 日輪空に, 早や, 明も, 映ったの, 映つたの, 映るの, 書き入れが, 書名を, 木瓜は, 机中ほどには, 杯は, 杯も, 枠の, 柱が, 柱の, 椅子から, 椅子に, 椅子によって, 楼も, 様に, 橋が, 橋に, 橋や, 櫨子を, 欄干から, 欄干は, 欄干も, 欄干を, 毛氈が, 氈など, 気によりて, 波の, 渦まきたる尾, 満月の, 満月過ぎに, 満月過ぎる, 漆で, 漆を, 漆榛の, 激流を, 火星が, 灰ばんだ, 点線が, 煩悩が, 爪折傘そいつを, 獅子に, 玉垣に, 玉垣の, 玉垣金銀の, 畏怖くわと, 盆へ, 盤あり, 盤かの, 盤という, 盤とて, 盤五人を, 盤坊, 盤坊大山伏の, 盤杯を, 盤等の, 眦を, 瞳を, 矢が, 矢で, 矢と, 短册, 示す化学変化, 礼を, 祝儀を, 稼ぎに, 窓の, 立ち枯れた, 笑まひ, 笑まひを, 筆もて, 筋が, 筋の, 筥枕置き, 簷を, 紅筆で, 紅葉, 紋縮緬と, 紋縮緬の, 細君に, 細君の, 細君は, 細字で, 総を, 総結んだ, 線の, 縞が, 縞目に, 羽二重に, 肉嘴ひ, 腰羽目に, 腹から, 船腹は, 色こそは, 色した, 色だ, 色だけが, 色で, 色とが, 色とは, 色などと, 色は, 色も, 花の, 若葉碓氷峠の, 藥を, 蝋涙は, 血を, 袍を, 袖を, 袖口, 袱紗の, 袴さばきも, 袴の, 裏を, 裏店へ, 褪せた鳥居, 褪せて, 言葉を, 説に, 赤色の, 輝り霧ら, 輪廓の, 郷試に, 都の, 配色が, 金を, 鈍み, 鈎を, 鉄橋は, 鉢に, 銀で, 銀に, 銀判が, 鐵橋は, 長煙管, 長襦袢を, 附着せる, 面した大, 鞍から, 頬を, 頬楯を, 頭だ, 馬車に, 馬鞭草と, 魚として, 鯉が, 鳥居が, 鳥居といふ, 鳥居や, 鳥居を, 鷄冠ふりたて, 鷲なり

▼ 朱~ (196, 7.0%)

12 染まって, 青に 9 なって 7 まみれて 5 染めて 4 そまって, 染みて, 染んで 3 して, まみれた姿, 染って

2 [11件] した, なりながらも, 丹に, 交れ, 交われば, 染み, 染めた, 榲, 燃えて, 矜り飾る, 顫ふ

1 [108件] させ苦戦, しきゃァ, しきゃア, してまでも, しても, し本営内, その理由, そまった, そまった死体, そまった老婆, そまりながら, そまり傲然斧, そまり莫大, そめて, そめると, そめ悪霊, そんだ姿, そんだ身, つける事, なった, なったかれの, なったの, なったふたり, なった人間, なった連れ, なった高札, なっても, なりそれ, なると, にじんで, ふくれた, ふちを, ぼかされて, まじはれ, まみれそこ, まみれたす, まみれた万太郎, まみれた体, まみれた死骸, まみれた馬, まみれては, むかって, やがて七彩, 交は, 交わる感化, 交わればとか, 伏した, 円き, 刻みつけた怪しい, 反りかえって, 同から, 吹き立つ春眞晝ゑぐき埃, 吹き立つ春真昼ゑぐき埃, 喘ぐ, 変りゆく, 射しこむ光線, 廻して, 従ふべき, 怒った, 悶え苦しんだ, 持たして, 指に, 映え地, 染まった三人, 染まった手, 染まった虚空, 染まつた蜩, 染まり次第に, 染まり生死, 染まる, 染まること, 染まる今朝, 染みたるわが, 染みたる白刃, 染みたる身, 染みたる重太郎, 染みた二人, 染み血, 染み血の気, 染め, 染めかけた頃, 染めし女乞食, 染めその, 染めた頭, 染めつつ, 染められて, 染めるであろう, 染め焔, 浸され, 溶けたその, 漬けたという, 澱み蒙古, 燃えつつ, 笑ひ痺れ, 紫に, 紹介し, 見えたところ, 見え芝居, 言いつけて, 詰問した, 輝く夕雲, 輝く活けるが, 追付ける, 通用する, 金で, 金色を, 黄を, 黒く釘貫

▼ 朱~ (187, 6.6%)

17 そそいで 9 注いで 6 入れて 4 そ, 流したよう 3 さして, 塗ったよう, 塗つた, 注いだ 2 入れた何枚, 加えて, 塗って, 持つて, 摺る事, 注いだよう, 流して, 流す, 濺げる, 灌ぐ

1 [115件] あびて, あびる域, さしてゐる, さし身, すりました, そこに, そそいだ, そそいだごとくその, そそいだまま, そそいだ鬼, そそぎ両, そそぎ五輪, そそぎ今にも, そそぎ眉間, そそぎ腕, たどれば, だん, ちらして, ながす夕日, なすつた板, なすり付けたよう, にじませて, のこしながら, ふくめた夢, ふくんだかの, もって, 入れた, 入れたすごみ, 入れたの, 入れたり, 入れたん, 刷いた, 加えたり, 加えた赤い, 加えられました, 加へながら, 名畫, 吹いたよう, 噴いて, 困らせに, 埋めて, 塗りつけるよう, 奪うて, 奪ふ, 差したの, 帯びた, 帯びて, 帶びた, 引いたよう, 引いて, 引きその, 引き上欄, 懷の, 投ぐる嶋かな, 抹った, 招いて, 持って, 指した字, 捺したよう, 掘るなども, 掛棄に, 摺つたさうである, 撥いた, 擦る時, 桁を, 注いだる如く, 注いだ怖, 注いでの, 注ぎつ, 注ぎながら, 注ぎ口角泡, 注ぎ無念, 注ぐのに, 注した, 注すと, 注すの, 流いた空, 流したやう, 流すしん, 浮べると, 浴びたほどの, 浴びた春, 浴びた襤褸切, 湛へたり, 満面に, 溶いて, 濺ぎたる侯爵は, 濺ぎ口角に, 灌いで, 灌ぎ掴み殺さんず, 点じたよう, 点す, 熬煉, 片手に, 現金で, 甚だ尊重, 留めて, 盛つた皮嚢の, 盛れる枝雨, 看て, 研ぐ藥研, 細い縞, 織りまぜた漆, 胃袋へ, 自分の, 裹んで, 見せて, 見た, 誰が, 負擔, 貰うたよう, 買いに, 輝かした柿, 飛ばして, 點ずる

▼ 朱~ (155, 5.5%)

7 の大きな 6 の大 5 の樽, の欄干, の盆, の門 4 の盃, の膳 3 の玉垣, の行燈

2 [11件] のやう, の台, の御, の手筐, の把, の机, の柱, の棒, の椀, の橋, の船

1 [86件] だし, だという, だ新, であった, であつ, であります, である, であろう, でも作ります, で大, で太, で屋号, で橋, で立派, にし, に二見ヶ浦, に成つ, に成つて, に按配, に螺鈿, に金箔, のうつ, のお, のちょっと, のもの, のらんかん, の一閑張, の不動堂, の中門, の丸籠, の丸行燈, の二, の仁王, の剥げた, の同じ, の吸物膳, の唐門, の団扇, の土器, の堂, の大杯, の女枕, の寺院, の広蓋, の曲禄, の木枕, の杯, の梅, の椅子, の楼門, の楼門見事, の櫓, の欄, の殿堂, の気取つた, の浅草観音堂, の燭台, の狛笛, の獅子, の琴, の祠, の籠, の経机, の美しい, の脇息, の舞楽台, の船底枕, の荒き, の蒔絵, の見世格子, の観音堂, の豪奢, の賽銭箱, の軸, の逞しい, の酒樽, の重, の金蒔絵模様, の釘貫, の鏡台, の雪洞, の駕, の高, の高枕, の鳥居, は評判

▼ 朱塗り~ (98, 3.5%)

4 の激しく 3 の大, の鳥籠 2 である, の不動堂, の杯, の楼門, の独特, の美しい, の膳, の行燈, の鏡台

1 [70件] だった, であったな, で矢羽, にあそばされ, のお, のたばこ盆, のまくら, のもの, のよう, のカラス面, のスタンド, の三ツ重ね, の上, の丸柱, の丸盆, の仁王門, の仏壇, の出前, の台, の器, の大きい, の大きな, の太鼓橋, の小, の小さい, の小さな, の屠蘇, の広蓋, の床几, の御堂, の手桶, の手筐, の手鏡, の文鎮, の木履, の机, の枕, の柄, の椀, の橋桁, の櫛, の欄干, の漆戸, の燭, の燭台, の盃, の矢, の神橋, の筐, の箸, の縁, の聯板, の荷箱, の蓋, の蓋つき, の蘭燈仄, の行灯, の衣桁, の袋戸棚, の装具, の角行燈, の長卓, の門, の階段, の雪洞, の餉台, の高, の魚桶, の鳥居, 御紋所

▼ 朱~ (81, 2.9%)

5 彩みあげられた 3 書いて 2 かなだ, マルを, 塗って, 塗られて, 売って, 書いた葛籠, 染めた橋, 点を

1 [57件] いろいろ書入れ, いろどられて, おした二寸角ぐらゐの紙片, たっぷりと, だん, ふちどらなくては, まるを, もって, 両襟, 丹念に, 二百五十匁替, 二重丸が, 仮名を, 何と, 作者の, 借りた見るかげ, 傍線を, 処々ぼかしの, 刷いた, 刻られ, 名家の, 圏点が, 圏点を, 塗りそしてまた, 塗り潰して, 大きく書い, 大書し, 好いと, 年代の, 彩られて, 彩色した, 手放そうという, 打ったよう, 押して, 描いた鬼神そのもの, 日の出を, 書いた, 書いたもの, 書いた大きな, 書いた小, 書いた所, 書き入れた, 書名を, 極々細く, 極めて丁寧, 求めたという, 濃く一面, 甲下と, 直しかけたの, 直しが, 直して, 綺麗に, 見な, 買った物, 赤く塗っ, 鈎を, 電燈の

▼ 朱~ (77, 2.7%)

4 のが 3 唇で, 唇を 2 のに, 実が, 実を, 尾が, 髪を

1 [57件] のを, ケシの, ランタンの, 人, 冠に, 匣が, 唇が, 唇であった, 唇は, 唇へ, 唇も, 大きな口, 寺の, 屋根屋根には, 履洞庭の, 幟旗を, 影が, 御門が, 房は, 房を, 手に, 手筐の, 数珠も, 日の丸の, 月が, 椀に, 椀の, 楼門が, 槍が, 槍一本六角型の, 横笛, 横笛を, 櫛が, 毛布を, 毛氈が, 漆の, 点々と, 煙突を, 玉を, 球に, 眉が, 真一文字の, 符を, 簪が, 糸で, 糸を, 絃の, 総の, 罌粟, 羅宇の, 舌を, 色が, 葉を, 蛇に, 衣服を, 袴を, 頭の

▼ 朱~ (70, 2.5%)

3 藍と 2 なり褪紅, 六十八文の, 墨とで, 蒼白の, 黄の

1 [57件] いって, いつたやう, いつて, お納戸, くすんだ樺, なったし, なって, なりまた, 一致せない, 三百五十四文づつ被, 二匁二分五厘の, 二百で, 二百の, 二百上げる, 二百五十六文女は, 二百文これを, 云う金, 五百六十文に, 六十八文は, 六百あった, 十六文, 名づけ, 四十八文ばかり, 四百六十七文であった, 四百文駕籠賃, 墨とが, 墨とを, 少量の, 幾らかを, 成るん, 暗緑, 水色で, 照応し, 白とで, 碧は, 紅と, 紅とが, 紫, 紫と, 紫とで, 緑とに, 緑との, 縞の, 萌黄と, 金で, 金と, 金との, 金の, 金箔と, 金色に, 銭五百三十三匁受取, 銭五貫二百文で, 雄黄と, 黄色との, 黄色とを, 黄金を, 黒との

▼ 朱~ (57, 2.0%)

4 言った 2 そこで

1 [51件] あの薬屋さん, あんまり安, おろか財布の, そこでまた酒, その時夢心地, なるほどと, ひどく悦ん, ぼくの, また文章, また格別, ケチだ, ドコで, 依, 僅かに, 判官に, 判官の, 剣を, 叱り付けた, 吼えるプルシアンブルー, 問うた, 喜んで, 困って, 困らなかった, 声を, 大勉強, 太陽であり, 太陽の, 布を, 廉いと, 当家の, 後に, 急いで, 怪しんで, 惜しくねえ, 愕い, 擦るたび, 日暮れまで, 現今の, 相当の, 穴を, 総二階一面軒ごと, 聴かないで, 褪せたり, 財布に, 起って, 車を, 輿を, 郡守の, 陸に, 陸の, 高え

▼ 朱~ (57, 2.0%)

5 の兵 2 の二将軍, の命令, の本営

1 [46件] か, からつけ, でなくとも, と共にそっと, と共に討伐大将軍, につづい, に会っ, に内通, のいう, の二人, の官邸, の機嫌, の無礼, の軍, の軍六万, の軍隊, の部下三千, の陣地, の面, はかえって, はさらに, はしごく, はそれ, はたまらじ, はななめ, はまずい, はもはや, はわざと, は一時昏絶, は大いに, は寛度, は怒っ, は思い, は本営, は玄徳, は玄徳ら, は直ちに, は聞く, は都, は陣頭, は騎, へいった, も孫堅, も皇甫嵩, も驚いたろう, を追って

▼ 朱~ (52, 1.8%)

32 のこと, の胸, はその

1 [43件] がこの, がまた, が人一倍, が外, が帰っ, が帰った, が平素, が張家, が独断, である, という男, という者, と賊, に逢った, の小房, の意見, の所有也, の眼, の腕, の行方, の言葉, の頬, はいつも, はじっと, はそれ, はふい, は一日, は何処, は別, は前日, は大抵, は少し, は張家, は彼, は急, は胸, は落着き払っ, は言葉, は静か, もう何, を片隅, を遙, 待って

▼ 朱~ (52, 1.8%)

17 のよう 2 ございましょうか

1 [33件] ありましょうか, ありますか, がマア, が値, が落ち, が錦絵, くらいな, さて古道具屋, にそいつ, にひょっと人, のごと, のやう, の口, の如き, の有無, の有無し, の様, の樣, の真紅, ははじめ, は極めて, ばかりそんなに, ばかりをそう, をかっ浚おう, をちゃんと, をな, をなこいつ, をぶん, を前, を手, を持っ, を眺めやった, を集めた

▼ 朱~ (49, 1.7%)

38 の槍 2 の大, の槍先, の麈尾 1 の先, の持ち主, の槍さき, の槍組, の長

▼ 朱~ (45, 1.6%)

10 のついた 8 の源吉 7 の十手 3 の親分, の鞭 2 の兄哥

1 [12件] が顏, でなく紺房, のさがった, の匕首, の吹螺, の文筥, の申分, の紐, の附, の馬連, を脚, を長く

▼ 朱~ (45, 1.6%)

12 の大小 3 の大刀 2 を横たえた

1 [28件] が目, ごしら, で不可, で白絣, とかれ, とじ, と何流, に暮れゆく, に覆面, のもの, の一刀, の人, の人物, の刀, の大脇指, の武士, の浪人者, の短刀, の禿, の落し差し, の長刀, の長物, をぼっ込み, を一腰差し, を差し, を差した, を腰, を落し

▼ 朱~ (36, 1.3%)

3 入って, 入れて

1 [30件] きがし, その期間, その温厚, それを, ちりばめて, つらぬいて, ほの, ほのかに, ぽつん, 五つで, 付いてるだらうあれ, 付いてるだろうあれ, 冉, 刎ね, 塗って, 底へ, 怪しい術, 文章の, 施して, 木像を, 核の, 欲しいもの, 止めて, 水銀に, 注し額, 花弁に, 訊いた, 赤すぎました, 酔うて, 黒ずんだ緑

▼ 朱~ (36, 1.3%)

2 を出し, を発見

1 [32件] が三つ四つ, が数える, だ, だけは早々, であった, でも一文銭, としだいに, なぞは始終, のうち, の一つ, の五両包, の効き目, の数, はどう, は五個, は全部, は夜叉神堂, は知れた, も戻した, をぬすんだ, を一つ, を一個, を一枚, を取りまぜ, を受け取っ, を幾つ, を手金, を用い, を発行, を袂, を見つけ出した, を返し

▼ 朱~ (31, 1.1%)

3 ヲ引キ胡粉 2 を引い, を消し

1 [24件] がし, がひい, が引かれ, が彩っ, が横, にある, にまぎれ, にまで達した, にも注意, に反射, のある, のはい, のはいった, のひい, のフラフ, の印度航路, の殖える, も引かれ, をひい, を入れ, を入れた, を引いた, を引かれ, を引き

▼ 朱~ (26, 0.9%)

3 一分で 2 一分は, 青に

1 [19件] 一分なら, 一貫の, 二朱ぐれえ, 二朱は, 墨を, 昼芝居の, 橙色が, 水色の, 碧や, 紅との, 紫の, 緑で, 緑に, 緑の, 赤や, 金で, 雌黄や, 青や, 黄の

▼ 朱~ (26, 0.9%)

4 の鉢 3 のよう 2 の急須, をなすり付けた

1 [15件] がどう, で煎茶器, に似た, に塗りつぶされ, のいろ, のうえ, の徳利, の水差, の色, の茶, は呈上可, も揃った, を以て赤く, を少々, を練りかためた

▼ 朱羅宇~ (24, 0.9%)

7 の長 4 の煙管 3 のきせる 2 のやう, の長い 1 が一本, です, でも金張, のきせるで, の辻占, を置い

▼ 朱~ (20, 0.7%)

3 の十手, を預る

1 [14件] がちらちら, が嫌え, が泣か, が飾られ, つき錦, と紫総, のついた, の紐, をあずかり, をしごき, をぶら下げる, を器用, を晦, を預っ

▼ 朱~ (20, 0.7%)

1 [20件] が最も, では有りません, で並べ, で二個, と換えれ, と来た, の, のよう, の剰, の焔, の粒, の裾模様, は一朱金, や風がち, をくす, をとり出し, をひと粒, を一枚, を金盥, 小粒銀

▼ 朱~ (19, 0.7%)

1 [19件] ない少年, なって, 冴えて, 反りかえった, 塗った太い円い, 才気煥発な, 敷ける満地, 染めだされた, 泥んこに, 溢出た, 滲んで, 烟れる, 熟れた実, 畳を, 秋の, 色づいた酸漿, 裂けた, 輝く瑠璃色, 騒立つ

▼ 朱~ (18, 0.6%)

1 [18件] から通じ, がひかえ, が横あい, が聞い, が見える, は右都督, は周章, は大軍, は茅柴, は追い慕っ, は面, もげに, をつけ, を呼ん, を追って, 潘璋の, 潘璋周泰徐盛丁奉, 韓当

▼ 朱~ (17, 0.6%)

2 と緑青色, の墓, の墳墓

1 [11件] が予言, が生き, というそう, にし, の遺産, の鎧, の霊魂, はその, はラッフルス, を交, を塗った

▼ 朱~ (16, 0.6%)

2 しらけたり

1 [14件] あるし, お金を, する勘定, それに, ひなびては, よそから, チョビ髭も, 下すつたこと, 借り出せば, 古りに, 墨の, 帳面が, 頂けば, 驚いた

▼ 朱~ (16, 0.6%)

1 [16件] でわからぬ, で塗った, で書い, で書いた, で細い, とは御覧, に短檠, の一管, の井桁, の具足, の残り, の葛籠, の面, をかけ, をといだ, を塗った

▼ 朱~ (16, 0.6%)

2 からだ, から千古, がか, が最後, の手紙, の紹介状, は嘗て 1 や李紳, を

▼ 朱~ (15, 0.5%)

2 葉は, 葉を, 鳥瓜毛は 1 に化, 中門, 垂鬚, 山門の, 日は, 汝が, 粉の, 葉, 蛇は

▼ 朱~ (15, 0.5%)

5 が許 3 の翁 1 が薬, が言葉, ぬしが, ぬしに, は聞い, も喜び, も点頭き

▼ 朱~ (13, 0.5%)

1 [13件] に馬のり, の体, の眠っ, の靴, はかわるがわる, は前, は劉備, は笑っ, は膝, へすぐ, も共に, をつまみ上げ, をはじめ

▼ 朱~ (12, 0.4%)

1 [12件] 一分ありや, 一分の褒美を, 一分も, 一歩出し, 三朱しか, 三朱の, 二分二朱であった, 二朱か, 二朱以て, 君あかしや, 堆朱の, 爺さんそれぢや

▼ 朱文字~ (12, 0.4%)

5 の提灯 1 で, で入れた, の小, の提燈, の細長い, を少し, を認め

▼ 朱~ (11, 0.4%)

1 [11件] が思う, だ, であった, という将軍, の指揮, の軍, は一剣, は主, は単騎, は石亭, は若い

▼ 朱~ (11, 0.4%)

4 の首 1 が降伏, です, と一環, に欺, の手蹟, の書中, の片言

▼ 朱いろ~ (9, 0.3%)

1 の中, の仮面みたい, の日, の矢, の絨緞, の縞, の表紙, の襟, 総塗り

▼ 朱紫国~ (9, 0.3%)

1 からは毎年三人, から離れ, に止つて, の人々, の南千里, はこれ, へは帰らない, へ怖, をかう

▼ 朱引内~ (8, 0.3%)

2 か朱引外 1 から足, で十手, の境, へ近づい, を出, を離れ

▼ 朱~ (8, 0.3%)

2 の丸行燈, の行燈 1 のぼんぼり, の中啓, の銀扇, の雪洞

▼ 朱黄色~ (8, 0.3%)

2 の花 1 に染まっ, に紅葉, の一線, の光線, の顏料, の顔料

▼ 朱~ (7, 0.2%)

1 一遍キレイニ洗イ落シ足, 含マセタ, 弄ス, 施シ粉ヲ, 滲マセテ石, 薄クシタ, 解テ

▼ 朱彫り~ (7, 0.2%)

1 がし, だけは見当, でありました, にいたしおった, のいれ, の伊三郎, の彫り手

▼ 朱~ (7, 0.2%)

3 を打っ 1 が打たれたらしく見えた, や暗号, をうった, を施し

▼ 朱~ (7, 0.2%)

1 ながらさびし, なるが, にし, の楼隆恩門, の門春, をよろし, を以てすれ

▼ 朱~ (7, 0.2%)

1 が當初人肉, に, のこと, の軍, や五代, や黄巣, を擧げね

▼ 朱ぬり~ (6, 0.2%)

2 の槍 1 の器, の差櫛, の箱まくら, 竹針糸は

▼ 朱唐紙~ (6, 0.2%)

1 があっ, だと, などを紙, の切片, の小片, は色

▼ 朱砂ハナ~ (6, 0.2%)

1 が並ん, が立っ, が酒, っての, というの, のほう

▼ 朱~ (6, 0.2%)

2 に袂, の水 1 を伴, を叩き割った

▼ 朱~ (6, 0.2%)

2 を二枚, を門 1 をくれ, を貼っ

▼ 朱~ (6, 0.2%)

2 を左軍 1 あり能, と戦っ, もまた, 進んで

▼ 朱舜水~ (6, 0.2%)

2 の建碑式以来 1 が小, が日本金価廉也, と云, と云う

▼ 朱~ (6, 0.2%)

1 が一枚, の紅, の色, の長, は緑, も翻らず

▼ 朱~ (6, 0.2%)

1 がいまだに, である, の人, の童女像, を着た, を著

▼ 朱~ (6, 0.2%)

4 を開く 1 へおりた, へさして

▼ 朱との~ (5, 0.2%)

1 与うる燃, 古びた調和, 淡く取合された, 漆に, 豪華な

▼ 朱なる~ (5, 0.2%)

1 てぶくろに, やうれ, 接吻痛き, 脛に, 金州の

▼ 朱ぶさ~ (5, 0.2%)

4 の十手 1 の文筥

▼ 朱~ (5, 0.2%)

1 が立ち上がった, では, ではなかっ, に反対, は戦い

▼ 朱二朱~ (5, 0.2%)

2 まで取る 1 ずつの細かい, の銀判, もある

▼ 朱器台盤~ (5, 0.2%)

1 というの, とやらがない, とやらでもてなす, とやらをめぐって争奪, とやら云う

▼ 朱~ (5, 0.2%)

4 は海 1

▼ 朱~ (5, 0.2%)

1 が走っ, と捕, の林, を横, 約四百

▼ 朱~ (5, 0.2%)

1 に染め, のやう, の円, の色, を散らした

▼ 朱絃舎~ (5, 0.2%)

2 の門標 1 の一員, の門弟, の間

▼ 朱~ (5, 0.2%)

2 の髪 1 いろの, で染めあげた, の意

▼ 朱~ (5, 0.2%)

1 くわつと, のやう, の持主, の白い, の関羽

▼ 朱~ (4, 0.1%)

1 は俳壇, は全然, は寛濶, を考へる

▼ 朱~ (4, 0.1%)

1 と同, にある, の記事, 同

▼ 朱書き~ (4, 0.1%)

1 がある, した大きな, で劉, をし

▼ 朱絃舎浜子~ (4, 0.1%)

1 がこれ, にと随分, の爪音, を嚆矢

▼ 朱雋軍~ (4, 0.1%)

1 の一部, の兵, の愚か, も張飛

▼ 朱雲天野大助~ (4, 0.1%)

2 であ, と云

▼ 朱~ (4, 0.1%)

1 などの別働隊, のふたり, の軍, を大将

▼ 朱霊露昭~ (4, 0.1%)

1 の両人, の二大将, の二将, を左右

▼ 朱じゃ~ (3, 0.1%)

2 なくて 1 やすい

▼ 朱では~ (3, 0.1%)

1 ありませんか, ナンボその, 諸君に

▼ 朱という~ (3, 0.1%)

1 のが, のは, 定めで

▼ 朱なり~ (3, 0.1%)

1 一分なり, 明るき, 男体の

▼ 朱まで~ (3, 0.1%)

1 加えて, 取るさ, 取るそう

▼ 朱~ (3, 0.1%)

1 には負, までもあり, を払った

▼ 朱~ (3, 0.1%)

1 が揺れ, に柩, をさ

▼ 朱~ (3, 0.1%)

1 晦の, 璋も, 璋字は

▼ 朱入り~ (3, 0.1%)

2 の刺青 1 の櫛

▼ 朱~ (3, 0.1%)

2 たらんと 1 が術

▼ 朱~ (3, 0.1%)

1 とは五百年以前, の堂宇, の宏壮

▼ 朱孝廉~ (3, 0.1%)

1 の妻, の知った, を仇

▼ 朱実っ~ (3, 0.1%)

1 いつまで, お入りっ, て誰

▼ 朱引外~ (3, 0.1%)

1 か分らない, か少々, ですし

▼ 朱~ (3, 0.1%)

1 が一個, に俯向, に寄っ

▼ 朱~ (3, 0.1%)

1 の世, の翁化, 永く昌

▼ 朱~ (3, 0.1%)

1 の彩色, の色, まじらひ匂

▼ 朱~ (3, 0.1%)

2 は風 1

▼ 朱葉会~ (3, 0.1%)

1 ともち, を見, を見る

▼ 朱~ (3, 0.1%)

1 であった, などの二万余騎, の勢

▼ 朱買臣~ (3, 0.1%)

1 といふの, の妻, はその

▼ 朱銀一個~ (3, 0.1%)

1 が手引き, でもそれ, を面箱

▼ 朱~ (3, 0.1%)

1 の瓶かけ, の胴, の葢

▼ 朱~ (3, 0.1%)

1 と謂, のつがい, を小さい

▼ 朱~ (3, 0.1%)

1 がい, などは問題, を凌ぐ

▼ 朱~ (3, 0.1%)

3 の伴卜

▼ 朱~ (2, 0.1%)

2 艶の

▼ 朱くれた~ (2, 0.1%)

1 きのうの, ことが

▼ 朱ずつで~ (2, 0.1%)

1 京大坂から, 何両とやら

▼ 朱ずつの~ (2, 0.1%)

1 細かい金, 金を

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 から損, と云う

▼ 朱だの~ (2, 0.1%)

1 墨だ, 水色だの

▼ 朱~ (2, 0.1%)

2 やなく

▼ 朱として~ (2, 0.1%)

2 何程の

▼ 朱とは~ (2, 0.1%)

1 どうだ, 丹渓朱震亨である

▼ 朱など~ (2, 0.1%)

1 さまざま, 加へ

▼ 朱には~ (2, 0.1%)

1 ならない, ゆる

▼ 朱にも~ (2, 0.1%)

1 なるから, 似て

▼ 朱ばかり~ (2, 0.1%)

1 貸して, 頂戴し

▼ 朱ほど~ (2, 0.1%)

1 お渡し, 払わねば

▼ 朱まみれ~ (2, 0.1%)

1 な姿, の死骸

▼ 朱よりも~ (2, 0.1%)

1 赤く手, 赤く染め

▼ 朱をば~ (2, 0.1%)

1 引けども, 擦る

▼ 朱を以て~ (2, 0.1%)

1 消して, 真赤に

▼ 朱~ (2, 0.1%)

2

▼ 朱世傑~ (2, 0.1%)

1 の, の作

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 が晋鄙, を虎圏

▼ 朱六十八文~ (2, 0.1%)

1 じゃ少し, の金

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 がベタベタ, を押した

▼ 朱医学~ (2, 0.1%)

1 の補血益気, は此

▼ 朱即ち~ (2, 0.1%)

1 硫化水銀の, 硫化水銀を

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 に黒く, のもの

▼ 朱太刀~ (2, 0.1%)

1 にかけてきかない, を佩き

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 に彫りつけた, の方

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 と並ん, の淀屋甚太夫

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 の内, の扉

▼ 朱引き外~ (2, 0.1%)

1 の本所松阪町, も外

▼ 朱~ (2, 0.1%)

2 の折鶴

▼ 朱~ (2, 0.1%)

2 爵の

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 の句, の朧月

▼ 朱春登~ (2, 0.1%)

1 の母, は叔父

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 が傾く, の如く

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 たまたま傾き, のかげ

▼ 朱~ (2, 0.1%)

2 に埋もれ

▼ 朱椅子~ (2, 0.1%)

1 も火, をかつぎだし

▼ 朱欄干~ (2, 0.1%)

2 に指

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 の二隊, 諸葛瑾

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 というもの, のほう

▼ 朱磯草研出し~ (2, 0.1%)

1 の蝋色鞘, の鞘

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 の巫女, の巫子

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 とが永楽中, も内侍たる

▼ 朱紅色~ (2, 0.1%)

2 の土

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 といふ世にも, の王

▼ 朱紫国王~ (2, 0.1%)

1 の皇后, はその

▼ 朱紫城~ (2, 0.1%)

1 へ帰らう, を出

▼ 朱緞子~ (2, 0.1%)

1 に銀, の大

▼ 朱老人~ (2, 0.1%)

1 というの, は今夜そこ

▼ 朱胡粉墨等~ (2, 0.1%)

2 の顔料

▼ 朱能丘福~ (2, 0.1%)

1 ありて, を都指揮僉事

▼ 朱能等~ (2, 0.1%)

1 の猛, をし

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 ともなる, とも云

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 の四書, をば顧みない

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 が梁山泊畔, が酒亭

▼ 朱赤色~ (2, 0.1%)

1 は実に, や濃

▼ 朱足らず~ (2, 0.1%)

1 は, は水

▼ 朱金色~ (2, 0.1%)

1 にかがやき, の環

▼ 朱銀一つ~ (2, 0.1%)

1 だってちょろまかせ, を裸

▼ 朱銀五個~ (2, 0.1%)

1 の始末, を袂

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 という人, を仰い

▼ 朱~ (2, 0.1%)

2 の孫氏

▼ 朱雋将軍~ (2, 0.1%)

1 の官宅, へよろしく

▼ 朱雲氏~ (2, 0.1%)

2 との交際

▼ 朱~ (2, 0.1%)

1 がピカッピカッ, の槍

▼ 朱鱗洞居士~ (2, 0.1%)

1 それでもよい, は無縁仏

▼1* [323件]

あったのか, 朱あれば足る, 朱あんどんのそば, 朱いお符を, 朱いくちびるが, 朱いさかなの彩, 朱いものが影, 朱うるし緒締め, 朱うるしで絵を, 朱うるみベニガラうるみ, 朱おどしの小具足, 朱かる豆柿も, 朱がきのし, 朱きいろいで, 朱くして勅使, 朱くらゐは, 朱ぐらいには商いの, 朱ぐらいの金は, 朱ぐれえの事, 朱これを善く, 朱といったら, 朱さえ交った麦藁細工, 朱しかない, 朱じゃあやり切れません, 朱じゃァ髪の毛一本抜く, 朱すなわち五体で, 朱ずつ百六十軒の, 朱ずつと話を, 朱むとするに当年の, 朱だけを基調に, 朱だしたり, 朱だったのだろう, 朱だるまをかい, 朱面の, 朱であったという, 朱でござったろうぶちまけた甕充満の, 朱でなくて聖, 朱といふ小判を, 朱とか紅とかいうだけ, 朱とが藤原時代の, 朱とに飾られて, 朱とも血とも, 朱とを主体と, 朱と共に彼は, 朱どんすのおし, 朱などが沢山あり, 朱にくづるる, 朱のや黒と, 朱はずんで糠袋, 朱ばかりの祝儀を, 朱ひといろで大まか, 朱墨を, 朱ほのかに残るべき, 朱までの五種として, 朱まひる野その他雑誌にも投稿, 朱まみれた顔は, 朱みぞわきいづる, 朱もってゆく, 朱もて直しあるを, 朱もらったことまで, 朱やって下さい, 朱やったほかに, 朱より先の, 朱ひく膚, 朱わんのふた, 朱ザビと線, 朱ズツ小遣ニシテ遊ンダ友達ヘモ時ノ会, 朱勿論藤樹, 朱きれの, 朱一分でも草加屋, 朱一株の鬼百合, 朱主義は詩文, 朱には早朝, 朱乙川でヤマメ釣り, 朱乙温泉であった, 朱乙温泉一泊と腹, 朱也鉄色メリヤス上下共十五通桃色メリヤス十通その代金十二両二歩也, 朱二色の中, 朱て一寸, 朱余り三朱出ない, 朱借りるように, 朱先生の語録, 朱の徒, 朱忠は, 朱具足の武者, 朱内外を添え, 朱出して以前, 朱切付本五十丁の潤筆料, 朱判吉兵衛が現われた, 朱判金等のあらゆる, 朱判銀を鋳造, 朱の名手, 朱刺ぼかしぼり, 朱包んであった, 朱及び黄金の, 朱の根元, 朱と与, 朱は朱, 朱器椀など言, 朱や白緑, 朱地金襴の戦袍, 朱地錦の百花戦袍, 朱執ってかえって, 朱塗のも見かけます, 朱塗り堆朱彫桐柾, 朱塗り紫の高, 朱塗り蒔絵の枕, 朱塗り行灯のほのか, 朱塗り造りの曲, 朱塗り青塗りの唐朝風, 朱塗外が黒塗, 朱塗火鉢を撫で, 朱塗蒔絵大椀, 朱塗金箔の革, 朱塗金蒔絵の女, 朱塗金金具で美々しい, 朱塗門を入る, 朱塗黒塗などで頗る, 朱夜一分ひと切り二朱などさまざま, 朱夜半に至る, 朱の月, 朱太鼓判竹流しなんと, 朱奮んだぢ, 朱ででもこしらえた変わり, 朱學派にあ, 朱実はまっ蒼, 朱實垂りに, 朱履方裙した者, 朱を立て, 朱傍花砌とうたひ, 朱廷禹という人, 朱の中, 朱引きそとの, 朱弦舍濱子も私, 朱弦舍荻原濱子が乘, 朱弦舎の入口, 朱弦舎浜子の住居, 朱彝尊の經義考, 朱従本にまかせ, 朱微塵海老鞘の刀脇差, 朱恩寵極まりなし, 朱と言う, 朱戎頭巾同一分, 朱握らせたり, 朱の古, 朱を重ね, 朱文さんをあまり, 朱文公に会つた帰り途, 朱文篆字である, 朱文自身がなかなか, 朱の目高魚一疋, 朱などを持った, 朱明澆薄之世, 朱更に渋之に, 朱李枝撓に, 朱村方の損, 朱柄九尺の槍, 朱染紙も同君, 朱柱朱壁とは五百年以前, 朱柳橋はよほど, 朱栄劉江の為, 朱栄劉江等を遣り, 朱桓銭塘の全, 朱楼殿舎碧閣ことごとく火, 朱楼紫殿玉の欄干金, 朱槍五百本弓と鉄炮五百挺, 朱槍黒槍樫みがきの槍, 朱はお, 朱の疎ら, 朱樺紫青緑の五種, 朱を躍っ, 朱の小, 朱檀黒檀共に有る, 朱しましたよ, 朱毛氈の縁臺, 朱毛虎山水豹とともに朱沙鼠, 朱氏数百年の治世, 朱氏翁が鶏, 朱沙鼠を挙げ, 朱治字は君理, 朱泥まがいの鉢, 朱泥金銀などもある, 朱泰貧乏で百里薪, 朱海胆しみらに見れ, 朱海胆海胆の上, 朱の鞘卷逆手, 朱漆井桁の紋, 朱漬けになっ, 朱点黒星そのほかさまざま, 朱焼酎入りの徳利二本, 朱は, 朱熹章句で行く, 朱熹等己が学, 朱燈心火尖は, 朱燦爛と彩色, 朱爾旦は字, 朱をちりばめし, 朱の沈雅, 朱白鉛光りて, 朱砂錫水銀の氣, 朱碧二色で彩られ, 朱七沈の, 朱の絵の具彩色, 朱等いろいろであった, 朱筋一つの旗, 朱粉薬種牛馬雑紙等も一手, 朱粉薬種香料唐織欲しい物だらけ, 朱紅白といちめん, 朱で編んだ, 朱紫国全土を捧げ, 朱紫相近似して, 朱絃舎門下で浜子, 朱絢爛たるも有り, 朱の衣, 朱継芳の方, 朱の采配, 朱総かざりをした, 朱総仲間の日の下開山, 朱総紫総を季, 朱総金銀蒔絵の駕籠, 朱の縄索, 朱緑縄索而脅之, 朱緑間錯釣燈籠凡三百にあまり, 朱緑黄などでパピラス, 朱線引き夫の名, 朱縮緬の帯止, 朱を劃した, 朱置いて行きました, 朱羅宇そのものが男, 朱義章などのやう, 朱肉入驕った印章入, 朱が活人書, 朱はまだ, 朱胴朱おどしの, 朱能丘福等の勇烈, 朱能周長等王の急, 朱能後に龍州, 朱能等いずれも塞北, 朱能譚淵馬雲等の為, 朱やすらふ, 朱臙脂濃紫黄藍を翻シ, 朱自分のは別に, 朱舜水先生の客死, 朱に対して既に, 朱荷曲池のあと, 朱もある, 朱藍群青白群で光琳模様, 朱をつけ, 朱驚き萬斛, 朱蛇の目の陣羽織一枚, 朱蝋燭の明, 朱螺鈿いろいろな鞘, 朱を浴び, 朱衣大冠剣を執っ, 朱計りの金, 朱がある, 朱讃曹遵の輩, 朱あり, 朱負けたというの, 朱ふの, 朱の代, 朱と原色, 朱となった, 朱の区別, 朱が一升百六十四文, 朱金一すぢ, 朱金一つしかない, 朱金二朱金の裾模様, 朱金保字小判なぞの当時, 朱金保字金なぞの当時, 朱金八百十二万両安政二分判二百三十七万両正字金九万両合計一四二一万両と推定, 朱金巾筒じゆばん, 朱金襴の, 朱金銀泥藍などの色調, 朱銀ひとつ見つけ出しました, 朱銀一分二朱を持つ, 朱銀五つと小銭, 朱銀五六個を剥ぎ取った, 朱銀五枚が紛失, 朱銀天保銭から文久銭, 朱銅入りに改めた, 朱で出, 朱とか李, 朱鎧緑帯し手, 朱及び朱光, 朱陸之学洵東方之博雅也将別矣率成一律以贈其帰時五月十八日舟過安南海書此, 朱雋皇甫嵩のふたり, 朱雋老人の額, 朱雋賊徒の将, 朱雋軍六万は宛城, 朱震亨である, 朱青漆朱うるみベニガラ, 朱面怒髪して, 朱面虎髯光は百錬, 朱面金鎧まばゆきばかり, 朱面長髯の豪傑, 朱面黒眉唇大きく鼻, 朱鞘派の俳人, 朱鞘長刀になった, 朱鞘麻裏を突っ, 朱頂戴いたしましたが, 朱の富, 朱題目を書いた, 朱に金, 朱顔蓬なる赤, 朱飲山の所謂倒装法, 朱香玉砂金の類, 朱騙られたとはさすが, 朱骨丸行燈の影, 朱骨絹ぼんぼりの灯, 朱骨造りのいとも, 朱で, 朱鱗洞の句碑建設, 朱鱗洞句碑の相談, 朱鱗洞句碑建立の具体案, 朱鱗洞君の墓, 朱鱗洞葉平の名, 朱麟堂と号, 朱黄燃ゆるは, 朱黄萌黄茶緑などあしらった, 朱をうたれ, 朱鼻どのは邦綱, 朱鼻殿にした