青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「本陣~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~本当に 本当に~ 本所~ 本来~ 本気~ ~本能 本能~ ~本質 本質~ 本郷~
本陣~
~札 札~ 朱~ ~机 机~ ~杉 杉~ 李~ ~材料 材料~

「本陣~」 1157, 12ppm, 8784位

▼ 本陣~ (312, 27.0%)

6 方に 5 囲炉裏ばた 4 うしろへ, 主人が, 玄関の 3 前で, 前に, 奥の, 家の, 寿平次と, 方で, 方へ, 母屋を, 裏二階を, 門を

2 [16件] うちで, おようさん, 主人は, 前の, 囲炉裏ば, 子息が, 屋根の, 店座敷から, 店座敷の, 旦那, 母屋から, 母屋の, 表庭, 裏に, 裏の, 門の

1 [227件] あたりが, あたりで, あととりだ, あるところ, うちに, おまん, お師匠さま, お移りも, かたちと, ことだ, ことで, すぐ下, その登り降り, つとめも, つまり伊太夫, ところへ, とばり, まへに, まわりに, むら青の, ような, 一室で, 一室であった, 一室に, 一部に, 一間に, 上に, 上段の, 下男佐吉は, 両側は, 中では, 主人へも, 主精神的には, 事務を, 二つの, 人々には, 仮住居, 会所まで, 位置から, 位置に, 佐々成政は, 先には, 先祖に, 光秀と, 入り口には, 内で, 内を, 前, 前にも, 前は, 前へ, 前まで, 前を, 勝手口では, 勝手口の, 北に, 半蔵が, 半蔵でございます, 半蔵も, 半蔵を, 古い書類, 古ぼけた屋敷, 吉左衛門でございます, 吉左衛門と, 吉左衛門なぞが, 名に, 向こうの, 周囲に, 周瑜に, 四ツ辻あたりで, 四方を, 土屋清左衛門の, 土蔵二階で, 地所を, 執事から, 大御所は, 奥から, 奥に, 奥ふかく, 奥座敷では, 奥弟子たちも, 奥燭台の, 女中頭剽軽者の, 女衆, 姉さまだ, 姫路から, 娘さんは, 娘とても, 娘の, 娘らしく思われた, 娘宿役人の, 子供, 子息に, 子息も, 定紋を, 家から, 家では, 家柄であった, 宿では, 宿まで, 寺を, 寿平次が, 寿平次であった, 寿平次は, 寿平次も, 寿平次を, 寿平次脇本陣の, 将士は, 将士へ, 将士を, 小屋が, 小忰, 帳中に, 帳場格子の, 幕へ, 幕屋が, 幕舎へ, 床几の, 店座敷で, 店座敷では, 店座敷に, 店座敷には, 庭や, 廃止問屋の, 廊下を, 当主を, 当主吉左衛門と, 後ろに, 得右衛門方は, 御主人, 御大将, 御婚礼, 御年貢, 慣例という, 慶事を, 数ご, 新宅皆焼け落ちた, 方には, 方は, 旅籠茶碗屋の, 旗, 旗もとで, 日記なぞを, 日記を, 旦那が, 旦那だ, 旦那にも, 旦那は, 旦那も, 旦那よい, 景蔵は, 景蔵や, 景観だった, 最高峰を, 本統の, 東福寺へ, 核心へ, 格に, 格は, 格式は, 森へ, 槍と, 槍に, 母屋まで, 母屋土蔵を, 浅見景蔵が, 焼け跡の, 焼け跡まで, 燈下に, 玄関だ, 玄関に, 玄関へ, 玄関先に, 界隈に, 相続者で, 相続者として, 稲荷が, 稲荷の, 竹藪からは, 竹藪に, 義元の, 義元へ, 習慣として, 背面を, 若い, 若主人, 表まで, 表口に, 表玄関には, 表玄関の, 表玄関へ, 表通りから, 表通りに, 表門の, 表門を, 裏二階から, 裏二階に, 裏側に, 裏庭づたいに母屋への, 裏庭へ, 裏木戸から, 西側の, 詰所を, 貝を, 跡継ぎとも, 跡継ぎを, 近くにも, 近くへ, 退却を, 部屋部屋が, 長い廊下, 門には, 門内へ, 門前に, 門前には, 門前まで, 門前を, 門口から, 門口に, 門口まで, 間には, 間近まで, 階下へ, 青木方に, 騒然たる狂躁, 高所に, 鶴岡ことに

▼ 本陣~ (140, 12.1%)

6 帰って 5 行って 3 出入りの, 戻って, 着いて 2 向って, 呼びつけた, 帰った, 通って

1 [112件] あつまれという, あんないする, いくらも, いそいだ, おざれ, おたずねせん, お伺い, お供いたしました, お寄り, お戻り, お父様, お行列, かえってくるま, かかったか, かかり火, かかれ, かけつけて, きりこまれて, さしあげたいという, せまる決心, その日, たずねて, ついて行け, つれて, まいって, まいらせたいこの, まいるの, むかって, もどった, 上って, 不意に, 京都からの, 伝えると, 伝令を, 伴れ, 使いだ, 出かけて, 参って, 召しつれて, 各所から, 同じよう, 告げて, 呼び付けられた忠直卿, 宗治殿の, 寄せたの, 帰ってからでも, 帰り帝, 帰り着いたころ, 帰ると, 帰るやいな, 引いて, 引かれて, 引き返して, 引っかえした, 引っ立てた, 引揚げ, 忍び込んで, 急いで, 急ぎ帰った, 急報した, 急迫した, 戦捷報告に, 掛合いに, 攻めこむん, 日々交代し, 曳かれた黄昏, 来た, 来て, 来ると, 来るべし, 案内する, 江戸の, 泊ると, 無事帰村の, 申し出よ, 直進する, 着いた処, 着いた時, 着きました, 督軍の, 知らせようと, 神尾の, 突いて, 突き入っ, 突き入り義元は, 突入し, 突入しよう, 突進し, 立ち帰り, 聞えて, 荷駄同様に, 行くという, 行ったの, 見える木下藤吉郎, 見舞いを, 走りこんで, 転陣, 近づくしか, 送った, 送れ, 逃げくずれて, 通学する, 連れて, 道で, 達した, 飛ばして, 馬を, 馳せて, 馳せ集って, 駒を, 駒井能登守と共に, 駕籠を

▼ 本陣~ (118, 10.2%)

4 おいて 3 出て 2 たずねて, 中心に, 捨て問屋, 据えた

1 [103件] あと回しに, うかがわせた, おいた佐久間玄蕃允, おき満山満寺, きずいて, ここへ, こんな状態, さだめた, さらにすすめ, すえすすんでは, すえられた, すすめすぐ, すすめた後, すすめて, すすめ一路, すすめ犬山, ずっと前方, そっくり十数隻, たよって, つくという, どこに, はじめと, ひき払われたか, ややうごかし, 三条北の, 中心として, 乗っ取らんという, 二つに, 仮粧坂, 八幡の, 出この, 出た, 出ようと, 出発したろう, 出発なさいました, 出立しました, 出馬, 加古川から, 去ると, 和田山へ, 固めて, 多々羅の, 大へん, 奪取すべし, 始め敵, 守って, 守り滅多に, 定めると, 彼方へ, 待つ, 後より, 心棒に, 急突, 急襲した, 押据え, 据えられたの, 据え相, 攻撃する, 攻落された, 望客, 東寺へ, 構えたの, 江台島に, 神祇官, 移した, 移し浅木, 移し義元殿, 移せと, 空虚に, 突くという, 突け, 窺ったか, 立ち出, 約十町, 組織的に, 継ぐべき半蔵, 継ぐべき彼, 繰出した, 置いたところ, 置くと, 義経が, 脅かして, 至急ほか, 葫芦谷の, 衝けば, 見た目で, 見ながら, 見るもの, 見分した, 見分する, 訪ねたおりおばあさん, 訪ねて, 訪ねに, 訪ねるため, 訪ね来たその, 訪れた, 訪問する, 辞した, 辞して, 辞去した, 退って, 進めて, 離れたが

▼ 本陣~ (91, 7.9%)

3 して, 届けいでよと 2 いた, 帰って, 当る中村, 泊って, 集まって

1 [75件] あって, あっても, あてられた柳堂, あてられた片桐, あてられた駒場, あて沿道, ある光秀, ある幕僚, いて, おかれては, そのこと, ふた組の, 一晩泊まった, 三年の, 二人は, 付属する, 伝え日向どの, 伝わったもの, 働いた清助, 働くもの, 入り首, 出入りする, 出入りの, 切り込んだつもり, 向かうこと, 呼び出されて, 宿を, 寄り合うこと, 寛居, 寿平次が, 届けいでよ, 帰り着いた, 待ちわび顔, 御輦, 持ち来るべしと, 指を, 斬込まねば, 昼食の, 時を, 来て, 止宿する, 残った, 泊っては, 泊まり合わせたこと, 泊めた時, 泊らないで, 泊りを, 泊るの, 着いて, 突懸った, 立って, 置いて, 船頭を, 西から, 見参し, 詰めきり自宅, 辛うじて着いた, 迎えた, 迎えて, 近い処, 迫りて, 送ったこと, 送った日, 逃げ戻ろうと, 連れて, 違いない, 還るの, 集まった, 集まる幹部, 雲集し, 頑張って, 顔を, 飼われて, 馬を, 駆り入れつつ

▼ 本陣~ (52, 4.5%)

1 [52件] あだ, くるたんび, このごろ私が, この上, この二寺, すでにほか, そとから, その夜, それほどに, つい今し方, どこへ, なおも退却, ひいたの, まだだ, まったく当時, もともと同姓, 一所懸命艪を, 下鳥羽の, 中入り軍の, 中腹の, 二棟に, 五十余町も, 亡くなった, 信州柏原の, 八幡の, 八幡神社の, 内中尾山, 前年と, 動きだしました, 坪井山と, 堀川に, 大動揺, 姫路へ, 嫡子の, 少しばかりの, 帰った, 幾柵にも, 手もちぶさたな, 敵の, 明九日の, 昨宵, 村じゅうで, 次第に前面, 毛利軍に, 焚きつけを, 玉菜を, 目立って, 真如堂であった, 秀吉の, 薩州兵と, 薪を, 見えぬと

▼ 本陣~ (36, 3.1%)

2 した, して, 言えば

1 [30件] あの砦, いい問屋, さだめて, したが, した西羽黒, しまた, しよう, し一族, し元就, するわずか, する所, なって, なり赤い, にらみ合せてたかを, むかい合った梅屋, 云ふ, 側堂の, 同じ意匠, 向ひ, 呼ぶの, 呼んで, 妻籠の, 御本陣, 思われまする, 称したが, 自然大きく, 言つた頃に, 言ひまし, 足守川の, 附近の

▼ 本陣から~ (26, 2.2%)

1 [26件] おいで, お嫁さま, その同じ街道, やや離れた, 万感を, 上隣り, 下男の, 別れて, 別れ去った分隊, 前線の, 吹きならす貝, 命を, 太鼓の, 娘を, 引攫うて持つ, 後見に, 急いだ, 来た娘, 様子を, 申そうなれば, 盗み出したと, 程遠からぬ, 見て, 進軍令の, 離さなかった, 駕籠に

▼ 本陣問屋~ (22, 1.9%)

2 としては諸, の三役

1 [18件] かでなければ, で庄屋, とが東美濃, としての半蔵, としてもあの, として諸国, とを兼ねた, と庄屋, に伍, の一人, は何, は兼ねず, は別に, へはなんとも, をはじめ, を兼ねた, を兼ねる, を名誉職

▼ 本陣~ (19, 1.6%)

1 [19件] あります, あるかの, いったが, いったけれど, さだめられたと, さも一大事, 使用されず, 十字架形に, 据えて, 有つたの, 玉子を, 玉菜と, 胡瓜の, 荷造りに, 菜と, 蛇の, 迎いに, 通過する, 鉈と

▼ 本陣では~ (19, 1.6%)

1 [19件] この惨, この調子, すでに夜立ち, すべてに, その日, それらの, なかった, ほっと一息, めったになかっ, 別だ, 前の, 半蔵が, 家内限りで, 山上の, 彼の, 清助が, 皆門の, 造らないもの, 隠居が

▼ 本陣まで~ (16, 1.4%)

1 [16件] お供申しあげ, お歩き下さらぬ, お歩行, 今, 同道せい, 引っ立てて, 御足労下さるまい, 接迫し, 曳かれて, 来い, 着いたこと, 突入し, 豆を, 迫って, 連れて, 運ばせます

▼ 本陣問屋庄屋~ (15, 1.3%)

7 の三役 1 としての仕事, との関係, なぞの位置, の仕事, の側, の父, の雑務, を勤めあげた

▼ 本陣~ (14, 1.2%)

1 [14件] この事, そこの, どれが, もっぱら人馬郵伝, 一休み, 一泊九十六文昼飯四十八文という, 協議された, 召されます, 彼の, 捕まった女, 気に, 貸して, 雨の, 魯粛に

▼ 本陣~ (13, 1.1%)

1 [13件] いかに玄蕃允, ここ最前線の, さっと左右, さながら暴風, 少なからぬ, 昼の, 直ちに山崎あたり, 置かれますが, 脇本陣も, 見えて, 見かけたであろう, 蹂躙されん, 重要な

▼ 本陣~ (10, 0.9%)

4 問屋の 1 伏見屋にまで, 問屋が, 問屋と, 問屋などの, 庄屋の, 庄屋は

▼ 本陣油屋~ (9, 0.8%)

2 の下 1 から人波, でお, でございます, の奥, の逗留客, へとまった, へ泊まっ

▼ 本陣には~ (8, 0.7%)

1 いなかったの, お客が, なくて, 依然孔明, 名代を, 寿平次が, 慶事が, 本陣の

▼ 本陣として~ (6, 0.5%)

1 ひとまず寄手, 内裏の, 北見界かけ, 立ち並んで, 羽柴秀長一万五千を, 誰か一人は

▼ 本陣としての~ (6, 0.5%)

3 半蔵の 1 この友人, 特色の, 青山の

▼ 本陣とは~ (6, 0.5%)

1 一緒には, 何を, 呼べば, 相当な, 親類づきあいの, 言っても

▼ 本陣とも~ (5, 0.4%)

1 いふべき宿屋, 主隊の, 思える旗本, 打ち合わせの, 言うべきは

▼ 本陣らしい~ (5, 0.4%)

1 古めかしさ, 家の, 幕を, 幡旗が, 門構えから

▼ 本陣~ (5, 0.4%)

2 のうち 1 のよう, の方, へでも逃げず

▼ 本陣からも~ (4, 0.3%)

1 友軍からも, 早あきらか, 経ヶ島附近に, 見えた

▼ 本陣という~ (4, 0.3%)

1 ことは, 形で, 格で, 言葉が

▼ 本陣へは~ (4, 0.3%)

1 先触が, 将監一名だけを, 山村家の, 部屋代を

▼ 本陣へも~ (4, 0.3%)

1 何か, 寄って, 急達し, 脇本陣へも

▼ 本陣庄屋問屋~ (4, 0.3%)

3 の三役 1 の仕事

▼ 本陣親子~ (4, 0.3%)

1 が尾州家, が尾張藩主, のもの, をもありあり

▼ 本陣近く~ (4, 0.3%)

1 でも競り合い, まで猛襲, まで磯野丹波, まで肉迫

▼ 本陣鶴岡市郎右衛門方~ (4, 0.3%)

1 に引っかかっ, のお, の泊り, へ帰っ

▼ 本陣である~ (3, 0.3%)

1 ことを, 大文字屋へ, 根本中堂で

▼ 本陣でも~ (3, 0.3%)

1 あるんで, この敗報, 始めて

▼ 本陣への~ (3, 0.3%)

1 手土産も, 病気見舞いに, 里帰りを

▼ 本陣より~ (3, 0.3%)

1 国府尉右衛門殿御, 錦之手のぼりにて, 馬上の

▼ 本陣付属~ (3, 0.3%)

3 の問屋場

▼ 本陣時代~ (3, 0.3%)

1 からの番頭格清助, からの習慣, には青山

▼ 本陣からの~ (2, 0.2%)

1 再度の, 命でござる

▼ 本陣からは~ (2, 0.2%)

1 いっこうに, 下男の

▼ 本陣じゃ~ (2, 0.2%)

1 水を, 無銘の

▼ 本陣そのまま~ (2, 0.2%)

1 の姿, 前衛であり

▼ 本陣での~ (2, 0.2%)

1 家庭を, 昼じたく

▼ 本陣との~ (2, 0.2%)

1 連絡も, 間を

▼ 本陣にも~ (2, 0.2%)

1 一と, 達したし

▼ 本陣へと~ (2, 0.2%)

1 ひかれて, 登って

▼ 本陣今井屋~ (2, 0.2%)

2 の四ツ辻

▼ 本陣~ (2, 0.2%)

1 の侍, の部将松井宗信

▼ 本陣付近~ (2, 0.2%)

1 から彼, に埋伏

▼ 本陣具足屋~ (2, 0.2%)

1 に金, は町

▼ 本陣~ (2, 0.2%)

1 に忍び込み, の青畳

▼ 本陣庄屋~ (2, 0.2%)

1 なぞをつとめる, の仕事

▼ 本陣柳堂~ (2, 0.2%)

1 の外, までには一里余

▼ 本陣法養寺~ (2, 0.2%)

1 から市中, だけで

▼ 本陣表門~ (2, 0.2%)

1 のならびに, の繰り戸

▼ 本陣見川安右ヱ門~ (2, 0.2%)

1 に家光, は将軍家光

▼ 本陣鍵屋~ (2, 0.2%)

1 に宿泊, の前

▼ 本陣~ (2, 0.2%)

1 から耳, の上

▼1* [114件]

本陣あてに結納, 本陣あるいは問屋の, 本陣いわし屋の高楼いま, 本陣おん大将の寝所幕, 本陣脇本陣で, 本陣すら重囲の, 本陣その他皆この先, 本陣ただいま蜀の, 本陣たる法養寺では, 本陣たるべき地相である, 本陣とか脇本陣, 本陣だけは道庵先生も, 本陣だったそうです, 本陣であり代々年寄役でも, 本陣としては実に絶好, 本陣としても問屋としても, 本陣とやらでたいそう, 本陣とやらへ行かねば, 本陣とを新たに, 本陣なぞが錦の, 本陣なぞに伝わらなかった祖先, 本陣など残つてゐる, 本陣なり問屋なりとして, 本陣なりし由, 本陣なるものの, 本陣にあたる景蔵の, 本陣においてすら今は, 本陣にて吉左衛門どの一周忌御, 本陣にのみあるもの, 本陣にゃ打って, 本陣のみへそそいで, 本陣はじめ問屋庄屋年寄の諸, 本陣へまでも長駆迫り得る, 本陣または脇本陣に, 本陣までの軍用路は, 本陣めいた大きな旅籠, 本陣らしくもあり, 本陣わき本陣の, 本陣をめぐって尾州の, 本陣をも兼ねた青山, 本陣を通じてあんまりあるまい, 本陣引キ参リ或, 本陣衝ケ, 本陣一万五千はなお, 本陣一方は中津川, 本陣世古六太夫の離れ, 本陣二百人彦根勢七百五十人余高須勢百人とある, 本陣五百余の兵馬, 本陣伊沢方に泊まり, 本陣佐原屋は今日, 本陣何某へ強請, 本陣兼本院新院の御所, 本陣古間内の表, 本陣吉左衛門の病状, 本陣同志また庄屋同志, 本陣同様取り崩して, 本陣問屋仲間で徳川慶喜征討令, 本陣問屋医者もしくは百姓, 本陣問屋医者なぞと同じ, 本陣問屋年寄伝馬役定歩行役, 本陣問屋庄屋三役青山吉左衛門忰一方は年寄兼問屋後見役小竹金兵衛忰, 本陣問屋庄屋時代から長い, 本陣問屋庄屋組頭の末, 本陣問屋庄屋組頭それから五人組, 本陣問屋時代に宿場, 本陣の近く, 本陣の岡, 本陣大事と勤め顔, 本陣大菊屋へ病院転寓, 本陣の間, 本陣官渡の留守, 本陣小牧にたいして秀吉, 本陣屋敷に来, 本陣屋敷裏の地続き, 本陣広島屋太兵衛へ落著, 本陣庄屋それに組頭, 本陣庄屋問屋三役の事務, 本陣廃止以来新政府, 本陣最上等, 本陣の一人, 本陣役廃止庄屋役廃止とあの, 本陣かなる, 本陣着にても, 本陣所有の土地, 本陣擬百年経って, 本陣新宅の祝次郎, 本陣旅籠にお, 本陣日記馬籠宿役人蜂谷源十郎のつけた, 本陣栄吉には問屋, 本陣桝田屋方こそ二代目惣右衛門, 本陣より博労, 本陣殺人事件の批判, 本陣氏政公からの御, 本陣清水氏にも一枚, 本陣狐塚の方面, 本陣直属の人数, 本陣相応に父, 本陣石井山はもっと近々と, 本陣石内旅館の離室, 本陣神祇官の大, 本陣脇本陣を通じてあんまり, 本陣脇本陣今は共に, 本陣脇本陣問屋庄屋組頭の廃止, 本陣茶碗屋の店頭, 本陣附近の村落, 本陣雨ヶ岳をでた, 本陣青山半蔵殿へ蓬莱, 本陣青山寿平次の妹, 本陣青山寿平次殿へ短刀一本, 本陣青山方と指定, 本陣高崎弥五平方に陣取った, 本陣鰯屋の広, 本陣鼻生前よりも安らか, 本陣龍ヶ鼻まで道程五十町