青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「本来~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

末~ ~本 本~ 本人~ 本堂~ ~本当 本当~ ~本当に 本当に~ 本所~
本来~
本気~ ~本能 本能~ ~本質 本質~ 本郷~ 本陣~ ~札 札~ 朱~

「本来~」 3056, 33ppm, 3552位

▼ 本来~ (1248, 40.8%)

29 面目を 14 意味に, 面目に 13 目的は 12 意味は 11 意味での 10 姿を 9 性質として, 性質に 7 姿は, 性質から, 性質を 6 姿で, 目的に 5 使命を, 姿に, 性に, 性質である, 意味が, 意味の, 目的が, 面目である, 面目と, 面目は 4 ものは, 地位に, 性質が, 意味では, 意味における, 意義は, 意義を, 目的であった, 目的を, 自分に

3 [19件] ねらいどころ, 使命に, 働きを, 名では, 名は, 地盤を, 姿である, 姿の, 弱さ, 性格は, 意味と, 意味を, 意義に, 日本の, 無一物から, 精神を, 美しさ, 面白さ, 面目として

2 [83件] お姿, ものだ, ものでない, ものを, アカデミーと, クグツは, 不合理, 主意に, 人生の, 人間の, 位置に, 作品に, 使命が, 使命である, 全人間的, 味を, 哀調の, 問題として, 好心, 姿が, 姿でも, 姿とは, 姿な, 工藝の, 役割から, 役割を, 彼の, 心の, 心臓の, 志望が, 性格で, 性格を, 性質たる, 性質では, 性質と, 性質の, 性質は, 性質上目的の, 怪談を, 意味から, 意味において, 意義の, 意義観念を, 愚を, 感じである, 技術である, 文学の, 昂奮でなく, 本格的な, 条件としては, 極めて純粋, 機能を, 欲求などは, 活動を, 無頓着で, 特性を, 理想は, 用途に, 目的から, 目的では, 目的でも, 目的と, 目的の, 相と, 真如に, 真面目は, 社会的機能を, 私と, 私という, 科学の, 素質に, 自分を, 自己を, 自然の, 芸術は, 言葉で, 輪郭を, 道である, 野性は, 関係が, 霊的な, 面目だ, 面目であった

1 [781件 抜粋] あの雄大, ある切実, いきさつは, おのれの, お前の, かたちに, かの概念規定, きれい好きと, こころを, そういう自然さ, ねがいが, ひらめきこの世, ままであれ, ままです, もって, もので, ものである, ものとして, ものより, もの芸本来の, もの静かな, わがままが, アリストテレスへと, インテリジェンスでなけれ, インテリ楽観説とも, エルサレム, カメラの, ガラッ八, コースとは, ジャーナリズムそのものの, ジャーナリズムの, スポーツ登山を, ファシズム機能に, ホウコグサを, ロマンチストである, 一団の, 一根本要素であった, 一行五人だけに, 一貫性に, 三昧境に, 三木に, 下等警察, 不自由さに, 不良ならず, 主張は, 主張を, 主旨に, 事務の, 二つの, 人数が, 人数は, 人間とは, 人間に, 人間性に, 人間的実質を, 仏弟子に, 仏教としては, 仕事な, 仕事よりも, 仕事或は, 任務たる, 任務に, 伝承を, 伝統に, 位置から, 位置である, 位置と, 位置などは, 住居だ, 住所なれ, 体裁を, 使い方を, 使命から, 使命であった, 使途以外に, 侍に, 価値は, 価値を, 俤を, 修正には, 俺の, 個別の, 個性, 個有な, 健康な, 傾向から, 傾向に従って, 僧侶の, 優雅を, 光彩を, 公卿生活に, 具体的な, 内心に, 円筒形を, 制作に, 剛愎が, 創作の, 力を以て, 労作の, 動作を, 動機が, 区別と, 区劃に, 原則に, 反俗的, 合唱的特色を, 名で, 名を, 名前で, 名探偵, 名詞が, 味が, 味の, 呼び名に, 和名は, 哲学で, 哲学の, 商法たる置き売り, 問い方に, 問題と, 問題に, 啓蒙期は, 善心が, 善良性を, 器能を, 因果モノ性に, 国語では, 在りよう, 地位たる, 地我が, 地金を, 基礎より, 場所に, 境地, 境遇からは, 声とは, 声聞は, 夙は, 大勢力活動, 大和心から, 大地に, 大政といふ, 天地に, 天地開闢説は, 女性に, 姿, 姿であり, 姿では, 姿と, 姿などという, 姿なら, 嬉々たる, 子供よりも, 存在であり, 存在意義に, 学者の, 宗教及び, 実体についての, 実相では, 実践も, 客体的現実性にまで, 客観を, 客観的な, 家畜としての, 容貌や, 寂しい姿, 対象であった, 専門は, 居処は, 山伏では, 希望な, 常態であっ, 幸福を, 幽かな, 弱点だらけの, 形である, 形に, 形は, 形態と, 形態を, 役も, 御威光, 御趣旨, 心である, 心に, 心臓に, 必殺第, 快活なる, 思考法によ, 怠惰性を, 性情より, 性情を, 性格から, 性格が, 性格と, 性格に, 性格による, 性癖は, 性能に, 性質からは, 性質ぢや, 性質であっ, 性質でなく, 性質とは, 性質のせゐ, 性質上その, 性質上役人の, 性質上断じて, 悪に, 悪意より, 情愛だけ, 想世界に, 意の, 意味だった, 意味で, 意味においては, 意味においても, 意志に, 意慾は, 意義が, 意義である, 意義とを, 愚にか, 愛らしさ, 感情と, 感情に, 成り立ちを, 我なる, 我利我利心理を, 戸籍名である, 所在を, 所有主に, 所業であった, 才では, 批評と, 技巧であっ, 技術であり, 技術では, 技術としては, 技術は, 持ち前である, 持ち前の, 持つところ, 持主と, 持主に, 持味が, 持論である, 推論では, 操縦的な, 支那語と, 政治専門家が, 政治的党派の, 故郷に, 故障が, 教義に, 敬語では, 数寄を, 文字では, 文学な, 文献学的地盤である, 方法と, 旅心は, 日よりも, 日本国民性を, 日本語と, 明るいのびのび, 昔へ, 晶子調から, 有利な, 服従心が, 未婚者の, 未知数, 本然の, 本質たる, 本質概念に対して, 染と, 根性に, 極意書が, 模写説と, 権利を, 横着さだった, 機能であった, 機能と, 欠点を, 欲求は, 歓喜である, 正常な, 正気に, 武士の, 武士一色右馬介と, 歴史学的言語学的な, 民衆たらしめ, 民謡なる, 気分を, 気質から, 気風と, 水とは, 氷晶を, 求めに, 法則では, 法律家へ, 津田を, 浮浪民の, 深い意義, 温かさ, 源家の, 激しさ, 無の, 無精から, 物盗り, 物語性を, 特徴を, 特性は, 特色が, 特色である, 特色を, 特質に対して, 特長を, 状態を, 狂態を, 玉の, 理由は, 理論と, 生き方であり, 生き生きと, 生命が, 生命を, 生態に, 生活からの, 生活との, 生活は, 生活を, 生活我が, 生活様式を, 用に, 用法は, 田舎漢何ぞ, 病状は, 白きに, 目的で, 目的である, 目的として, 目的なる, 目的よりも, 目的地である, 盲目の, 相である, 相を, 眉よりは, 真心一睡一露無念無相太極の, 真相だ, 真面目な, 眼は, 着附け, 研究が, 社会的使命である, 神であった, 秀子で, 私そっくり, 私の, 科学である, 科学として, 科学的な, 科学研究を, 称呼を, 稚拙な, 立場から, 立場に, 立場を, 第一精神, 節度を, 精神から, 精神が, 精神に, 精神の, 精神的産物たる, 約束から, 紅さ, 純熱, 純粋性から, 素材が, 素質のみ, 素面素小手で, 統一に, 綜合的面目は, 罪悪的な, 美からは, 美しい性質, 美しき姿, 美人を, 美味が, 美点と, 美質に, 考えとは, 考へ方, 職務で, 職域に, 職業と, 能率状態に, 能率状態を, 自分が, 自分である, 自分は, 自己に, 自己愛惜の, 自然弁証法の, 自然科学である, 自然科学や, 自生だ, 自由の, 自由を, 自由度を, 自覚を, 興味と, 色が, 色を, 芸術的純粋さを, 英吉利語文学は, 落語様式, 虚弱や, 蛮王蛮民相, 表情で, 裸の, 要旨を, 要求に, 要素は, 規則であった, 言葉では, 言葉は, 言葉を, 詩という, 詩人で, 認識である, 認識関係が, 語でなく, 語義で, 調和であっ, 論理で, 論理では, 警察, 警察機能で, 豊穣も, 象を, 質朴の, 起相を, 趨向によって, 軍需工場では, 輝きは, 農民の, 透明さよろこび, 進歩性への, 運命的な, 道では, 道心此処に, 道程としては, 道義とでも, 道義は, 郷愁を, 都と, 重力の, 野性, 野性と, 野望を, 野生では, 鋭敏な, 長所美点の, 陰欝天然の, 険悪な, 隠語にのみ, 霊境に, 霊感の, 非常に, 非限定性, 面目, 面目から, 面目たり, 面目で, 面目であります, 面目なる, 面目の, 面目体裁を, 面目使命は, 革命的な, 音と, 領域であった, 領域でも, 領域を, 題名な, 顔は, 願いであるべきである, 願いと, 願望は, 風味を, 風神神話の, 食物, 飲慾を, 骨法は, 魂が, 魅力を, 魔性が

▼ 本来~ (297, 9.7%)

2 ここに, よい人, 主神に, 健全な, 合理精神の, 意外に, 日本の, 甚だ実際的, 神の, 講堂と

1 [277件] あいつを, あなたに対して, あの仙郷, あの荒々しい, あれより, いうまでも, いずれも, おそらく犠牲, おとなしいきまじめ, おとなしい手堅い人間, かかる観念, かくあるべき, こういうもの, ここの, こちらから, このうえ, この一年, この仮想的, この壺皿, この季節, この方, この概念, この歴史科学, この物語, この特別, この獣, この町, この雑木林, この食事, しめのやまで, すべての, すべて浦人の, そういうもの, そういう巫者, そういう質問, そうで, そうな, そう陰鬱, そして哲学, そのよう, その場所, その文化程度, その旅, その時, それどころか実に, それほど知識, それよりも, それを, そんな軽率, ただの, ただ金に, どこまでも, なにも, なんの, ひとなんか, まず懐疑, また野外, もっと計画性, やはり, やはりそういう, やはりまた, やはり一時代一地方, やはり客観的, やはり捕獲物, やはり田の神, やはり神, わたしが, アイヌの, カセギドリの, コケおどし, スカナ, セヂと, ソホトすなわち, タリー・タウン, チョイスの, ナザレである, ミカワリ・ミカーリ・ミカリ・ミケエリなどの, モデルという, 一つの, 一六の, 一刀両断に, 一定の, 三善清行の, 不浄不潔な, 主として諸侯, 争闘の, 事件全体が, 二叉に, 二番目に, 二組の, 五月花でなけれ, 人民の, 今の, 仏法を, 他の, 他人の, 代官の, 何も, 何等物質的, 傀儡すなわち, 傀儡子必ずしも, 優柔な, 全官軍, 全然何, 公ごとであるべき, 六時すぎの, 共有の, 写実に, 凡て美しく, 凡ゆる執, 切棒に, 刈稲を, 判断についてのみ, 判然として, 前にも, 前進的な, 剣術と, 動詞であっ, 単にグアラニイ族, 単に遠い, 古くお祭, 同じ盃, 同じ習慣, 同じ者, 同物, 和歌山藩の, 和歌所の, 哲学史自身だ, 善良な, 坊主に, 報酬の, 墓の, 声聞師も, 外交員です, 天文暦象の, 天神地祇或いは, 太陽系に, 女の, 好ましいまたは, 婦人席だった, 宮廷の, 家の, 対木村である, 対象を, 小心で, 小林区の, 小胆である, 小鳥の, 少しも, 山の神が, 山の神への, 山上に, 巫女の, 差別は, 巻き奉書, 師とも, 常に主人, 平川である, 弁信法師の, 彼は, 彼らは, 心理的の, 必ずしもそう筋, 必ず囲炉裏, 怠け者です, 恐ろしい心, 悪い人, 情熱的な, 感興を, 感覚によって, 我々の, 手紡の, 持つ, 支那の, 支那または, 支配しない, 新親, 早くその, 昔話の, 時間よりも, 晴れの, 晴着に, 暑苦しそう, 暗い夜, 月の, 有るもの, 朝け, 本街道, 植ゑて居る, 極めて複雑高度, 歌と, 正月の, 正義を, 此湯へ, 気持の, 水源が, 汝に, 江戸前風に, 沖縄諸島の, 法学的概念であっ, 法師であっ, 洋杖さえ, 浮気な, 烏勧請即ち, 無一物なり, 無目的, 無邪気で, 物の, 物詣り, 生殖に, 甲斐の, 男の, 町の, 痛快を, 皮革業必ずしも, 盆を, 直義に, 相馬姓では, 神でなけれ, 神に, 神祇官の, 神経質な, 祭とか, 禁欲生活, 穂打藁または, 空間的でない, 突然こういう, 窺い知ること, 竜之, 竹の, 箸にも, 築地辺一番便利と, 粛然たる, 素朴で, 統一の, 絵の, 美質な, 背後へ, 自ら自らを, 自然に, 至つてツキアヒの, 至極内気, 舌を, 舟の, 花咲き水の, 草紙四枚に, 薪の, 衣服の, 許す限り, 話題の, 貞盛が, 負の, 貴族的な, 賢い御仁, 軽い病気, 農家である, 農村の, 近年見る, 逃げて, 連続した, 邪心も, 酒の, 酒は, 野性自然の, 長ったらしい連歌, 陽物だ, 階級至上主義を, 隠れ切支丹を, 雀などから, 雉子の, 青年の, 非公民, 食料の, 馬鹿でない, 驚かすつもり, 髑髏が, 魔を

▼ 本来なら~ (210, 6.9%)

8 ばこの 54 ば主人 2 これは, その風景, ばあの, ばこれ, ばその, ば何, ば充分, ば手前, 自分の

1 [175件] あの女, おのづと象が, お前の, お前は, こういうこと, この散策子, この方面, こりゃお前さん, そうした抗戦運動, ばあなた, ばあれ, ばいかなる, ばお, ばおととい, ばお互い, ばお松, ばこ, ばこの間, ばさ, ばそういう, ばその後, ばそれ, ばそんな, ばたとえ, ばだれ, ばとう, ばとうに, ばとても, ばなんと, ばなんとなく, ばますます, ばめでたい, ばもう, ばもう少し, ばもっと, ばバス, ばマドロス, ば一七日, ば一度, ば一週間, ば丁度, ば上野介, ば与八, ば他, ば休日, ば伝蔵, ば佐渡送り, ば修業最中, ば修道院, ば共に, ば兵馬, ば利害, ば前, ば匹夫下郎, ば十分, ば唯, ば唯そのまま, ば喜ぶ, ば噂, ば国語教育, ば外務省, ば大した, ば姉妹とも, ば子, ば安否, ば実に, ば小穂口山, ば尠, ば川崎あたり, ば左太松, ば年頃, ば幸之助, ば庭口, ば強飯, ば役場, ば彼時山木, ば憤激, ば戒壇院, ば批判, ば損害, ば放火, ば故郷, ば新, ば昨日来, ば最も, ば月, ば月賦, ば朝, ば未だ, ば此処, ば死人, ば沈黙, ば泣い, ば父, ば狩野某, ば王道, ば町人, ば番屋, ば白雲, ば皆さん, ば相当, ば眼, ば磔刑, ば礼儀, ば社長, ば私, ば篠田, ば結局, ば総領, ば芝居, ば英文, ば蜀軍自身, ば行燈そのもの, ば話す, ば誰か, ば身, ば通夜, ば選挙人, ば重い, ば鈴, ば高輪, ば齎ら, ひとなんか, へーえ, ほうとでも, もっと重い, 一が, 一応おれ, 三月二十日の, 乗鞍の, 五年全部の, 今日で, 今朝の, 仕事が, 兄さんが, 剛健党が, 吉左衛門の, 向が, 土井鉄之助は, 夜の, 大事件, 学校だけで, 小山さんの, 彼は, 撃退しなきゃ, 敵味方おれに, 文句なし, 春公とか, 時々伺う, 更に一部, 次の, 歌は, 母親の, 氏郷政宗は, 水泳監督という, 法月一学という, 流行などに, 深夜の, 父と, 皇室の, 相当に, 祭など, 私事を, 空地を, 腹いせに, 血族結婚の, 角樽の, 貴様が, 赤面し, 足利方と, 返事なんか, 長女の, 頬の, 魚としても, 龕に

▼ 本来この~ (41, 1.3%)

3 ような 2 悲しみが, 男の, 筆記は, 辺の

1 [30件] ウスノロの, マドロスは, 不可思議の, 二人は, 人は, 作家の, 偉大なる, 勇士組という, 夫婦は, 女が, 女の, 子を, 家を, 小仏, 小屋の, 少年は, 巻は, 市野某という, 席へ, 旅の, 時分に, 灯台の, 生活的現実性を, 町の, 種の, 自叙伝には, 藤原家の, 連中が, 関ヶ原の, 鼻の

▼ 本来~ (40, 1.3%)

2 四辺の

1 [38件] このお, そういうちょっと, そんな風, ただありのまま, ウスノロであっ, 五百石取りの, 人間の, 仮小屋, 何か, 何の, 出家脱俗の, 勝れた腕前, 喜劇を, 四畳半の, 大地主, 娘形であった, 子供の, 学究的の, 守られ得ない, 忠義骨髄の, 性質の, 有つべき, 本当の, 本来だけに, 机竜之, 毛唐という, 決してさ, 無である, 生粉, 美人です, 自己本位である, 見舞で, 資本主義的ジャーナリズムによって, 軽く意気, 野士と, 鋭い眼, 雄弁家だ, 青春と

▼ 本来~ (35, 1.1%)

5 な運命 4 なかつ 2 な意味

1 [24件] なもの, なよい, な区別, な問題, な技術, な文化要素, な本質的, な条件, な無理, な芸術精神, な関係, にいっ, にそして, にヒューマニスト, に会得, に持っ, に支払う, に欠け, に自分, に自発的, に課せられた, に進む, に非常, の購買貨幣

▼ 本来から~ (27, 0.9%)

4 いえば, 云えば, 言えば 2 いうと, 云うと, 云って 1 いう時, いへば, こんな男, して, だだけは, 其種に, 太陽系に, 性が, 気の

▼ 本来~ (22, 0.7%)

5 云うと 4 言えば 3 云えば 1 いうと, いへば, むき出しました, 云うならここ, 少しも, 打ち明けずに, 申せば, 知った者, 知る者, 誤った説

▼ 本来~ (15, 0.5%)

3 東西 2 東西何処有, 表現を 1 報酬に, 東西という, 東西の, 東西奈所有南北, 東西的な, 著関, 表現, 規則的である

▼ 本来なれ~ (13, 0.4%)

1 [13件] ど上使, ばかかる, ばこう, ばこういう, ばここ, ばそんな, ば何, ば出かけ, ば千日前, ば性来, ば投票, ば紅玉, ば胸

▼ 本来その~ (10, 0.3%)

1 事件には, 器量に, 在るべき仏殿, 報酬として, 強味が, 数の, 民族を, 語源の, 起原を, 部分の

▼ 本来~ (9, 0.3%)

2 を意味 1 であったかは, であったかを, であるか, の意味, もわからない, も特別, を尊重

▼ 本来~ (9, 0.3%)

1 という人間, において感覚, には歌会, の妻, の性質, はこの, は余り, は北条家, は瀬越君

▼ 本来あの~ (8, 0.3%)

1 お喋りが, マドロスという, 兵部の, 品は, 屋敷という, 男は, 連中の, 際に

▼ 本来~ (8, 0.3%)

2 と信じ 1 という感じ, とばかり心得, と承りました, と朋友, ね, よ

▼ 本来自分~ (8, 0.3%)

1 がこういう, がこの, が京都, が字学, にその, の寝る, の足, はあの

▼ 本来いかなる~ (7, 0.2%)

2 ものなる, 性質の 1 不平等が, 意味の, 者であるべき

▼ 本来こういう~ (7, 0.2%)

1 ことが, ことを, つまらない技巧, 仕事は, 場合の, 盛り場へ, 船の

▼ 本来ここ~ (7, 0.2%)

1 にこういう, に作りつけ, の住居, の関守, は変則, へ罷り出る, まで来ない

▼ 本来そういう~ (7, 0.2%)

1 ものかも, もので, ものであった, ものであります, もの以外には, 低劣な, 歌人の

▼ 本来人間~ (7, 0.2%)

1 が住むべき, が快楽, が発明, というもの, のもの, の脳髄, は悉く

▼ 本来無一物~ (7, 0.2%)

1 が偶然中, その本心, でなくて, という声, にてその, の一書生, の洒々落々

▼ 本来そう~ (6, 0.2%)

1 あり余るという, ある筈, きまってるじゃ, であるべきだと, まで下手, 好きで

▼ 本来それ~ (6, 0.2%)

1 が, が子供, が雇傭, であったろう, により適当, を持っ

▼ 本来~ (6, 0.2%)

1 あつたらしい, あるならば, せうか, 心理学者の, 生きれば, 責めらるる

▼ 本来米友~ (6, 0.2%)

1 という男, としてはこんな, としてはそんな, の気性, は道庵, ほどの腹

▼ 本来これ~ (5, 0.2%)

1 が第, はどの, は同国, は悪食, は親子

▼ 本来こんな~ (5, 0.2%)

1 ものと, 無礼を, 顔付だけしか, 風な, 高い所

▼ 本来~ (5, 0.2%)

2 のだ 1 つよい生, のだろう, のである

▼ 本来なる~ (5, 0.2%)

1 もの, 力の, 文芸の, 爽やかな, 職分は

▼ 本来わたし~ (5, 0.2%)

1 がこんな, にはよく, はあなた, はもう, は出家

▼ 本来~ (5, 0.2%)

1 が男, であると, には家そのもの, の生活力, の酔っぱらい

▼ 本来東西~ (5, 0.2%)

2 なし 1 なしいかなる, なしいずれ, なし何処

▼ 本来ある~ (4, 0.1%)

2 がまま 1 ものじゃ, 制約が

▼ 本来あるべき~ (4, 0.1%)

1 ものに, 健康な, 場所に, 所に

▼ 本来である~ (4, 0.1%)

1 が併, ということ, と幼心, のは

▼ 本来どこ~ (4, 0.1%)

1 にも存在, の何者, までも歴史的, までも自己

▼ 本来~ (4, 0.1%)

1 もどるなれば, 於て, 於ては, 返って

▼ 本来のす~ (4, 0.1%)

2 がたに 1 がたであり, がたは

▼ 本来~ (4, 0.1%)

1 に豢, の勧め, の生活, を酔わす

▼ 本来~ (4, 0.1%)

1 にとって何等, にとつ, の役目, は住吉

▼ 本来同じ~ (4, 0.1%)

1 であった一つ, フアミリイに, 人間です, 種族でない

▼ 本来平等~ (4, 0.1%)

1 である, なり貧富智愚, に生みつけられた, のもの

▼ 本来~ (4, 0.1%)

1 の手, の真面目, の顔, はここ

▼ 本来意味~ (4, 0.1%)

1 するかを, する筈, のある, のない

▼ 本来持っ~ (4, 0.1%)

2 ていた 1 ている, ております

▼ 本来~ (4, 0.1%)

1 の不可思議, の手持無沙汰, の無一物, 畢竟空

▼ 本来~ (4, 0.1%)

2 の違う 1 のよから, の違った

▼ 本来あれ~ (3, 0.1%)

1 があれ, で一流, ほどの大物

▼ 本来~ (3, 0.1%)

1 公卿さんなぞに, 医者さんだの, 角さんは

▼ 本来かく~ (3, 0.1%)

1 のご, の如き, 軽便であるべき

▼ 本来~ (3, 0.1%)

1 うした, ほどの悪者, ほど敵意

▼ 本来ただ~ (3, 0.1%)

1 まぐれあたりにしか, 精神に, 言葉において

▼ 本来どういう~ (3, 0.1%)

1 ものであった, 立て前で, 関係に

▼ 本来ない~ (3, 0.1%)

1 ことを, そうだ, と思う

▼ 本来において~ (3, 0.1%)

2 国民全体に 1 社会に対する

▼ 本来もつ~ (3, 0.1%)

1 と高尚, 歴史及び, 論理的機能が

▼ 本来~ (3, 0.1%)

1 という子, も二, 大勢力

▼ 本来一つ~ (3, 0.1%)

1 であるべきアジア, の根源, の歴史的過程

▼ 本来一種~ (3, 0.1%)

1 の報道, の異, の自己主義者

▼ 本来他人~ (3, 0.1%)

1 の学説, の醜聞, の食事

▼ 本来何者~ (3, 0.1%)

1 ぞ, だろうと, なるかを

▼ 本来作家~ (3, 0.1%)

1 でない他, ないし, のモチーヴ

▼ 本来存在~ (3, 0.1%)

1 しなかったかも, にしかあり得ない, は尽く

▼ 本来弁証法~ (3, 0.1%)

1 が固有, なの, は単に

▼ 本来決して~ (3, 0.1%)

1 べつべつの, 両立す, 便宜的な

▼ 本来清浄~ (3, 0.1%)

1 なもの, なる人間, な性

▼ 本来自己~ (3, 0.1%)

2 におけるもの 1 の内

▼ 本来自然~ (3, 0.1%)

1 に出, の富岡氏, の自己愛着心

▼ 本来非常~ (3, 0.1%)

2 に清潔 1 に軽微

▼ 本来ああ~ (2, 0.1%)

1 いうこと, いうキップ

▼ 本来いくら~ (2, 0.1%)

1 もない, 書いても

▼ 本来いつ~ (2, 0.1%)

1 でも哀れ, の頃

▼ 本来かうした~ (2, 0.1%)

1 ものだらう, 余技的作品は

▼ 本来こうした~ (2, 0.1%)

1 あわてぶり, 理論的な

▼ 本来こうして~ (2, 0.1%)

1 この年, 我々当事者間が

▼ 本来そこ~ (2, 0.1%)

1 にある, に結びつい

▼ 本来それほど~ (2, 0.1%)

1 性情の, 段の

▼ 本来つまらぬ~ (2, 0.1%)

2 ものであり

▼ 本来であった~ (2, 0.1%)

1 にちがい, のである

▼ 本来どれ~ (2, 0.1%)

1 ほどの収入, ほどまでの深み

▼ 本来ふくん~ (2, 0.1%)

1 でいた, でいる

▼ 本来また~ (2, 0.1%)

1 宗教的なりし, 貴族的の

▼ 本来よい~ (2, 0.1%)

1 子供で, 育ちでも

▼ 本来より~ (2, 0.1%)

1 して, 言わば肉

▼ 本来われわれ~ (2, 0.1%)

1 の年, はもっと

▼ 本来イデオロギー~ (2, 0.1%)

1 としての資格, の論理学

▼ 本来エゴイズム~ (2, 0.1%)

1 のもの, の道義

▼ 本来オモチャ~ (2, 0.1%)

2 に過ぎない

▼ 本来ヒネクレ~ (2, 0.1%)

2 た上

▼ 本来ブンナグル練磨~ (2, 0.1%)

2 であり相手

▼ 本来万人~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ 本来主観的~ (2, 0.1%)

1 であるべき, なる詩

▼ 本来交渉~ (2, 0.1%)

2 のない

▼ 本来人生~ (2, 0.1%)

1 には退路, を甘く

▼ 本来~ (2, 0.1%)

1 の神尾, までのマドロス芸術

▼ 本来備わっ~ (2, 0.1%)

1 ていない, ている

▼ 本来全く~ (2, 0.1%)

1 政治的な, 相異

▼ 本来各人~ (2, 0.1%)

2 の力量

▼ 本来固有~ (2, 0.1%)

1 する先天的良心, せる種々

▼ 本来~ (2, 0.1%)

1 つたかを, つたものの

▼ 本来~ (2, 0.1%)

1 の住民, の者

▼ 本来~ (2, 0.1%)

1 多数の, 革新は

▼ 本来小さい~ (2, 0.1%)

1 寺である, 身体な

▼ 本来彼女~ (2, 0.1%)

1 に特有, は革命

▼ 本来彼等~ (2, 0.1%)

1 が余り, が無

▼ 本来~ (2, 0.1%)

1 の所詮, の独立

▼ 本来~ (2, 0.1%)

1 だと, を愛する

▼ 本来意志的~ (2, 0.1%)

1 なその, なもの

▼ 本来~ (2, 0.1%)

1 る制約, る意味

▼ 本来技術的~ (2, 0.1%)

1 であるの, なもの

▼ 本来拙者~ (2, 0.1%)

1 が保護, は女嫌い

▼ 本来文学~ (2, 0.1%)

1 たるべきもの, に属し

▼ 本来新撰組~ (2, 0.1%)

1 というの, は会津

▼ 本来日本~ (2, 0.1%)

1 になかつた, の一部

▼ 本来日本人~ (2, 0.1%)

1 であったなどと, はみな狩猟

▼ 本来正直~ (2, 0.1%)

1 な米友, に生れついた

▼ 本来民族~ (2, 0.1%)

1 の違った, の階級

▼ 本来江戸~ (2, 0.1%)

1 には苦手, へは帰れぬ

▼ 本来法師~ (2, 0.1%)

1 であったこと, なるもの

▼ 本来浮浪~ (2, 0.1%)

1 を性, 散処

▼ 本来温良~ (2, 0.1%)

1 で穏和, なる家畜動物

▼ 本来潔癖~ (2, 0.1%)

2 で豚小屋

▼ 本来無意味~ (2, 0.1%)

2 なの

▼ 本来~ (2, 0.1%)

1 に対してもっ, の方

▼ 本来琵琶湖~ (2, 0.1%)

1 の湖岸, の湖辺

▼ 本来田山白雲~ (2, 0.1%)

1 はその, は絵師

▼ 本来男女~ (2, 0.1%)

1 の性, の関係

▼ 本来男子~ (2, 0.1%)

1 のもの, の世界

▼ 本来百姓~ (2, 0.1%)

1 が好き, すなわち名主

▼ 本来的源泉~ (2, 0.1%)

1 の土地, の自然的増加

▼ 本来的生活~ (2, 0.1%)

1 が必要, は極めて

▼ 本来~ (2, 0.1%)

1 が見えません, に見る

▼ 本来真面目~ (2, 0.1%)

1 な人, に立ち返った

▼ 本来知識~ (2, 0.1%)

2 の真理

▼ 本来社会的~ (2, 0.1%)

1 なもの, のもの

▼ 本来~ (2, 0.1%)

1 に関係, の子

▼ 本来種族~ (2, 0.1%)

1 が違う, を異に

▼ 本来美醜~ (2, 0.1%)

1 の二, もない

▼ 本来芸術~ (2, 0.1%)

1 ではなかっ, ではなかつた

▼ 本来~ (2, 0.1%)

2 だから

▼ 本来~ (2, 0.1%)

1 へばすべて, へば詩

▼ 本来言え~ (2, 0.1%)

1 ば, ば単なる

▼ 本来責任~ (2, 0.1%)

1 は天, を与へられ

▼ 本来辰夫~ (2, 0.1%)

2 に遺伝

▼ 本来過去~ (2, 0.1%)

1 も未来, を継承

▼ 本来道庵先生~ (2, 0.1%)

1 とは熟知, も決して

▼ 本来違う~ (2, 0.1%)

1 もの, ものである

▼ 本来鈴慕~ (2, 0.1%)

2 の曲

▼ 本来非人法師~ (2, 0.1%)

1 であるが, でいわゆる

▼ 本来面白~ (2, 0.1%)

1 さという, さといふ

▼ 本来~ (2, 0.1%)

1 で来れ, を取抑える

▼ 本来鹿~ (2, 0.1%)

1 であること, を表象

▼1* [663件]

本来あいつは越後, 本来あえて賤しまるべき, 本来あちらの方, 本来あった通り, 本来あつたから, 本来あまり口をきかない, 本来あるべきであるという気持, 本来あんまり有無を, 本来いつも国家計画に, 本来いやしくも茶趣味を, 本来いやらしいもので, 本来おっちょこちょいの鐚, 本来おのおのの労働, 本来おれは江戸, 本来お前の持物, 本来お手前たちの腕, 本来お雪ちゃんにちっとも, 本来かえって他の, 本来かつ直接に, 本来かつては主人, 本来からの人間らしい落つき, 本来きわめて奇異な, 本来しからぬは, 本来けっして特別な, 本来こいつはあんまり, 本来こうなること, 本来こういう大きな邸では, 本来こしらえもの大人君子の, 本来これらの連中, 本来こんなに言葉が, 本来さして区別なき, 本来さまで暗いところ, 本来しっかりした観念, 本来すべて性質的なもの, 本来そういった艶冶の, 本来そう肉食を忌まぬ, 本来そなえている, 本来そのままの足, 本来そんなことは, 本来そんなにこの先生, 本来たまらなく美味いが近来, 本来たむけの音便, 本来だけに浅く脆いさく, 本来だったけれど冷, 本来だったら右手に, 本来だって気が, 本来ちょっとの間, 本来つねに職能的な, 本来てんぷらの茶漬け, 本来であるされば著書, 本来であろうがまず, 本来できないはずである, 本来ではなかろうか, 本来するところ, 本来とか本具とか, 本来としてはこのよう, 本来どう名分を, 本来どうか自分は, 本来どんな愛情の, 本来どんなに浮薄な, 本来なぐるつもりは, 本来ならなるだけ類型, 本来ならぬ音色を, 本来なら寝てから後悔, 本来なら掘り出した一品に, 本来なんの仇, 本来なんら批評でなく, 本来においては我々は, 本来のさういふ性質が, 本来のみことを, 本来はかなくたよりない, 本来はからず招かれて参った, 本来はこよいそこ, 本来はっきりした時間, 本来はなはだしく無理な, 本来ひどく感覚的な, 本来ひどく忙しい所だ, 本来びた公の言う, 本来ふやけた奴等では, 本来まだ公然と白昼笠, 本来まちがっている, 本来みずから働いて, 本来もたねばならぬ, 本来もっている, 本来もっと高尚な, 本来やくざじゃある, 本来わが才に, 本来わたくしのこちら, 本来わっしども, 本来アカデミカルな文学, 本来アマチュア愛好家という素人, 本来アラレもない, 本来イハツチでツチ, 本来ウケすなわち食物, 本来エトリでその, 本来オシャレであるべきが, 本来ギリシヤに生れ, 本来クマ人の同類, 本来グローチゥスはアルメニアン派, 本来ケイという字音, 本来ケレンがなく, 本来ケンカを好ん, 本来サルなる邦名, 本来シテが舞台, 本来ジャン・マティユーであったであろう, 本来ジャーナリスティックな文学, 本来ジルノルマン氏はマリユス, 本来ススキとは何, 本来セヴィーヤが本場, 本来ソンナニ悪イ性質デハナイ, 本来タダですよ, 本来ツナガリがない, 本来デモと言い, 本来ドイツのもの, 本来ハゼノキは別種, 本来バクチ的公衆娯楽として競犬, 本来ビタの地, 本来ブルジョアジーによって支配, 本来ヘーゲルの流れ, 本来マルクシズムに含まれる, 本来モウロウたるオメカケ型, 本来リズミカルのもの, 本来一個とか二個, 本来一八〇クヲタアを生産, 本来一卓子に八人, 本来一種不可侵の道徳的優越性, 本来一種親愛の情, 本来一茶のよう, 本来一面では, 本来三国志の真, 本来上方を目的, 本来賤の, 本来確実な, 本来不動無表現, 本来不可能なこと, 本来不合理的な人間生活, 本来不浄とみなされた, 本来不滅なる精神, 本来不精なの, 本来与へられたもの以上を, 本来与八の有する, 本来世の中には不思議, 本来両性のいきさつ, 本来中性ではあります, 本来中間階級の身分, 本来主義政見の一致, 本来主観の逆説, 本来主観性のない, 本来久闊の情, 本来が持っ, 本来二分チョッキリで導火, 本来二流三流に甘んじ, 本来互に相表裏, 本来井戸なるもの, 本来人形舞わしであるとして, 本来人心発育の理, 本来人里をめざし, 本来人間そのものに区別, 本来人間固有のもの, 本来人間的なもの, 本来人類の認識, 本来今度の生麦事件, 本来今日は私心, 本来なり, 本来仏弟子であること, 本来仏法そのものが釈迦, 本来仏法者は衣盂, 本来仏頂寺の門前, 本来の要素, 本来仮初にも弱い, 本来伏在せる睿智, 本来会話の技術, 本来ても似つかぬ, 本来但馬の医師, 本来何とかの名称, 本来何物ぞや何, 本来は現在, 本来余りにも複雑, 本来使そのものは附け, 本来価値の発揮傾向, 本来俗法師であり口, 本来信仰に固い, 本来修行の身の上, 本来俺たち人間は煙草, 本来個人の意識, 本来個人的なもの, 本来偉大な人々, 本来健康で正しい, 本来であり得ない, 本来傀儡子というの, 本来はこの, 本来僕ハ必ズシモアノ方ノ精力ガ常人ニ劣ッテイタワケデハナイ, 本来優越を誇る, 本来充分にその, 本来先づもののあはれを求める傾向, 本来光明の子, 本来ヨーロッパに, 本来八岐大蛇の転生, 本来八幡丸は貨物船, 本来公式で割, 本来公武一和攘夷決行の御召, 本来共通なただ, 本来其の乳母と, 本来具有する仏性, 本来円満の相, 本来冷血な鬼, 本来凡てがそう, 本来出家の道, 本来を打つ, 本来ある武器, 本来初めから玄徳, 本来別世界の産物, 本来別個な系統, 本来別国なりとする, 本来別物だ, 本来利口に出来, 本来剃刀で剃るべき, 本来剣術を知らない, 本来努めて隠すべき, 本来労働をしない, 本来労働者勤労階級農民などはまったく, 本来によって撰んだ, 本来動くものである, 本来北原賢次はあまり, 本来区別そのものがまことによろしく, 本来卑しいところの, 本来単なる主人と, 本来博士号は一つこと, 本来危機などはなかっ, 本来厚化粧の似合う, 本来原始民の口碑, 本来厳格なる意味, 本来厳粛なるべき道徳, 本来叙事詩的の精神, 本来古風ナ身ナリガ, 本来吉原へは医者, 本来物な, 本来同一の仲間, 本来同一本質のもの, 本来同一状態の下, 本来同一系統の信仰, 本来はない, 本来名文家じゃあ無い, 本来には何, 本来和気アイアイなどといふもの, 本来和蘭から買入れた, 本来を異に, 本来哲学的の思想, 本来なの, 本来唯物弁証法でしかなかっ, 本来商業地としての当地, 本来啖呵を切る, 本来善人なん, 本来善悪の混血児, 本来四民が平等, 本来因果的であらざるを, 本来固有名詞ではない, 本来土地に関係, 本来在るがまま, 本来地水火じゃ, 本来地理的の称呼, 本来坊主くさい男, 本来城内に行く, 本来塗らるべきところであろう, 本来声聞とのみ呼ばれ, 本来変化して, 本来多情多恨だから, 本来多義を含ん, 本来大作に余儀なく, 本来大八車は代八車, 本来大地の下, 本来大抵皆聖賢と, 本来大通寺の台所門, 本来のな, 本来天皇のもの, 本来奇怪だった竜, 本来奥州切っての, 本来女人というもの, 本来女子供の読む, 本来女性的であると, 本来奴隷です, 本来好きには好き, 本来好奇心に訴える, 本来威張るお方では, 本来するかを, 本来存在自身がそう, 本来孤独の文学, 本来安井曾太郎と中川一政, 本来完全な善人, 本来宗教的な生活, 本来官僚の寵児, 本来定家をすて, 本来実在的であ, 本来実験だったの, 本来客観を主観, 本来宣教師にし, 本来宮廷貴紳の文学伝統, 本来家者将有, 本来を喜ぶ, 本来密貿易商として刑, 本来尊厳なるべき道徳, 本来小説を面白く, 本来少し変な, 本来少年のこと, 本来居るべき所を, 本来居眠りをする, 本来属すべき或る, 本来属する処の, 本来者すなわち, 本来川幅の知れた, 本来差して来なかった, 本来差異のある, 本来市民の娯楽, 本来帆船でありあくまで, 本来希望であるため, 本来帯刀様は私, 本来常にこうある外, 本来も行き, 本来平中の女, 本来平和を好む, 本来平和的なもの, 本来延なき, 本来座興的にそんな, 本来弱気のこの, 本来当人酔興の至り, 本来彫刻的である事, 本来彼らが何者, 本来彼此の間, 本来後暗いにも明るい, 本来従順でもある, 本来得意のところ, 本来一同の, 本来徳川家には縁, 本来心霊なしと, 本来志士なるもの, 本来忠義骨髄の鐚, 本来快楽を目的, 本来怖いもの以上, 本来急激な思想, 本来というもの, 本来情的な主観芸術, 本来意識性の勢力, 本来意識的のもの, 本来ではない, 本来感動の助詞, 本来感情の文学, 本来感覚であって, 本来感覚的具象的である言葉, 本来感謝を主, 本来憎くてせっかん, 本来懲らしめのつもり, 本来成る絶対的な, 本来我々の意欲, 本来我々窩人なるもの, 本来我が国にはラ行音, 本来は彼, 本来の仕事, 本来手頸に何, 本来批評などというもの, 本来批評家の仕事, 本来折れるように, 本来持つことの, 本来持つた所の, 本来捌けた気風を, 本来捜索ではなくし, 本来掃除夫の称, 本来支那より朝鮮, 本来支配し後者, 本来救われざる作は, 本来敢えて区別の, 本来所法師の, 本来として対立, 本来文化を擁護, 本来文化哲学が歴史哲学, 本来文化運動文化部門のいろ, 本来文学青年でヒューマニスト, 本来文学青年風な, 本来既に疑わしい文明, 本来日常的な空間概念, 本来日本古代史をおもに, 本来日本国民らしい, 本来日本犬ほどケンカ, 本来というもの, 本来時代とはかかわり, 本来時間的のもの, 本来普通民と民族上区別, 本来暴風雨のよう, 本来最も乾燥した, 本来というもの, 本来有るんだ, 本来望ましいものである, 本来望むところの, 本来望んでいる, 本来期待して, 本来木炭の用途, 本来未開の地, 本来朱羅宇そのものが男, 本来東国の土豪, 本来東照宮はこの, 本来柴田勝家という人, 本来根岸党の名, 本来根本においては清浄, 本来極めて注意すべき, 本来楽天主義者でもなけれ, 本来概ね生れながら, 本来模写ということ, 本来橄欖寺そのものの内側, 本来機根の卑しい, 本来櫛歯形に木片, 本来欠けてゐる, 本来正しい人だ, 本来武力をもつ, 本来武士だが, 本来武士道的な質樸, 本来歴史的でなく寧ろ, 本来歴史的社会の運動, 本来殺伐あくまで必殺, 本来毒殺は女々しい, 本来比較になる, 本来民族的に区別, 本来水上氏のもの, 本来も湯, 本来永遠にし, 本来汚臭を厭わず, 本来江戸児とは比較, 本来沈毅にし, 本来法律では認められ, 本来法規はすべて, 本来洗われてしまっ, 本来洲崎海岸を出る, 本来流して歩く, 本来浮気そのもののお, 本来浮浪民である, 本来浮浪漂泊の俗, 本来深山の奥, 本来清く明るく朗か, 本来清洲会議での決議, 本来清貧というもの, 本来温泉場は鬼門, 本来測定は不, 本来演奏者自身がわかっ, 本来漢中王の太子たる, 本来漢字の雀, 本来無き家産を, 本来無一物何レノ処ニカ塵埃, 本来無力である人, 本来無名の民衆, 本来無情は曹操, 本来無理であるのに, 本来無産の間人百姓, 本来無表情と見られ, 本来無辜の学問, 本来無邪気では, 本来無限性のもの, 本来無頓着であるから, 本来の顔, 本来にかけた, 本来の高低, 本来物質的生産の技術, 本来物質的生産技術だという, 本来を喚ぶ, 本来独立のもの, 本来狷介不覊, 本来に行儀, 本来現在の歴史, 本来甘く出来て, 本来生ずべき下落の, 本来生活それ自身と合体, 本来生活環境に順応, 本来生活者を例, 本来生物天与の最大至高, 本来異国語の詩, 本来異常なもの, 本来病中生活の吟詠, 本来発見と呼ばれる, 本来的存在を解明, 本来的宝でありそして, 本来的富であること, 本来的感情であると, 本来的生活者としての人間的存在, 本来的生産物の一部分, 本来的能率状態に置く, 本来的規則すなわちそれ, 本来的解決の方法, 本来その精神, 本来目指していた, 本来目的として欲, 本来相即したもの, 本来相当な財産, 本来相当甘えん坊でもある, 本来の抒情詩人, 本来知能を意味, 本来知行を貰っ, 本来研究というもの, 本来破落戸であったの, 本来社会生々の本, 本来社会的実践的であるという, 本来神学的自由だったと, 本来神秘昆虫館へは下界, 本来から出た, 本来福井のもの, 本来秀吉も清正, 本来私度の僧, 本来私徳公徳の区別, 本来秋葉の奥の院, 本来科学的であるべき器具, 本来科学的精神を欠い, 本来稟質が薄く, 本来空しいデクノボーが, 本来空間に拡, 本来立国の要は, 本来立派だから, 本来之助さん, 本来ひの, 本来笑いの合理性, 本来の精, 本来精神的意識性のもの, 本来約束に堅い, 本来なもの, 本来純良なる真性, 本来素人で鉄砲, 本来結合して, 本来絵描きだよ, 本来絵画である限り, 本来縛らねばならぬ, 本来美人なの, 本来群居するもの, 本来という字, 本来聖賢の言葉, 本来職業上から区別, 本来肉体を申し上げる, 本来肉感的な男, 本来胆吹のよう, 本来臆病の者, 本来自らを持する, 本来自分自身を何より, 本来自動的には極めて, 本来自然哲学にとっては何等, 本来自然的な発展, 本来自由なり人, 本来で向う岸, 本来船宿の二階, 本来良質の場合, 本来芝居気たっぷりの催し, 本来芸術的な一片, 本来を摘む, 本来華手な商売, 本来落ち付くべきであった場所, 本来蒼白そのものの面, 本来蔦王のし, 本来蔭間を呼ん, 本来薄情に出来, 本来薩摩の陪臣, 本来薬草というもの, 本来はカズラ, 本来虚弱な藤江老人, 本来蛾次郎は泣い, 本来衆生済度の宗旨, 本来行われ来った既知の, 本来行為の立場, 本来街路樹ですから, 本来衣裳物の目きき, 本来動的の, 本来覆面というもの, 本来覚知性を具有, 本来親子の間, 本来観念という名称, 本来観照なしに, 本来観音像であるの, 本来があっ, 本来言うならば近来流行, 本来言って現実主義, 本来言葉のもつ, 本来訓練によつて十分日本的, 本来宜といふ, 本来誤った考えであります, 本来読みさしの本, 本来読めるはずの, 本来読本は各, 本来よりも貞盛自身, 本来論理乃至思惟法則, 本来謹慎にし, 本来譲り渡す気は, 本来護法であるべき筈, 本来豪傑で北辰無双流, 本来貞之助は孰方, 本来貧弱であること, 本来貧窮の家計, 本来貴族社会のする, 本来貴様らの持つべき, 本来質素な男, 本来赤十字にはない, 本来起原を同じ, 本来超越的なもの, 本来趣味という, 本来足りない人間です, 本来跡方もない, 本来身持ちのよい, 本来転んでも只, 本来辰の口より今日, 本来を本業, 本来農業に適, 本来迷いの道, 本来迷信的であること, 本来退治せられるが, 本来逃げる筈の, 本来透明なる清水, 本来通俗雑誌の読み物, 本来造作された美, 本来進歩というもの, 本来遅くも十三日, 本来遊びというやつ, 本来運命であるため, 本来過渡的な折衷的, 本来道庵先生道庵先生で通っ, 本来違っている, 本来に入るべきである, 本来を飲むで, 本来美は, 本来野心そのものを楽しむ, 本来野獣野禽魚類は生活, 本来野良猫でとても, 本来野蛮人なの, 本来のなる, 本来金銀というもの, 本来銅色をした, 本来鎧櫃の中, 本来長かった語, 本来長く続くべきもの, 本来闇屋で久須美, 本来陰険そのものだとか, 本来階級の危機, 本来随筆的であるべきで文学, 本来離れてはあり得ない, 本来青いマントを, 本来静止するもの, 本来芸術的な, 本来非人であります, 本来面目というの, 本来を立て, 本来ぬけて, 本来頭巾の代用, 本来願人坊主はチョボクレ, 本来風刺的であるもの, 本来風流に番附, 本来食料の価格騰貴, 本来食物お意味, 本来食用の鳥類, 本来取で天竺, 本来餓鬼のよう, 本来を刎, 本来馬鹿者ではござらぬ, 本来駄目に出来, 本来駆使に任ずる賤者, 本来駒井甚三郎は科学工芸, 本来からの浪人, 本来高かったもの, 本来高くもあらぬ, 本来高句麗で高, 本来高級魚である甘, 本来のこと, 本来も縄, 本来57の句