青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「描い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

控え~ 掩~ ~掴ん 掴ん~ 揃~ ~揃え 揃え~ ~揃っ 揃っ~ ~描い
描い~
~描いた 描いた~ 描き~ ~描く 描く~ ~描写 描写~ ~提げ 提げ~ ~提出

「描い~」 3535, 35ppm, 3335位

▼ 描い~ (3293, 93.2%)

156 いる 110 いた 82 いるの 79 ある 46 ゐる 39 あるの 36 あった 33 ゐた 28 見た 22 ゐるの 21 あるが 20 みた 19 いました, いるよう, 居る 18 いると 17 あつた, いて 16 あって, いたの 14 いるが, それを 13 ありました, います 11 いること, みたいと, ゐると, 見ると 10 あります, いたもの 9 みせた, みると, ゆく, ゐたの, ゐるといふ, 見せた 8 いるところ, くれと, ゐるが, ゐるやう, 見せて 7 あるよう, いない, みようと, ゐて, 居た, 居ります 6 いたが, いるもの, くれた, それが, みる, やる

5 [20件] あること, あるので, いるうち, いるだけ, いるに, おいて, その中, みて, みること, もらって, ゐること, 居るの, 来たの, 置いて, 行くの, 見たり, 見て, 見ても, 見ようと, 飛んで

4 [20件] あるもの, いるし, いるという, いるので, いる事, いる絵, きて, くれ, また水, みせる, みたの, みたり, やつた, ゆくこと, ゐたが, ゐました, 自分の, 行った, 見たいと, 飛んだ

3 [48件] あったの, あつて, あとは, あるか, あるだけ, あるん, いただいて, いたよう, いても, いましたが, いるから, いるのに, いるん, いる人, いる時, おくれ, おりました, おります, きた, これを, ごらんなさい, その上, それによって, みたい, みても, やらう, ゐるかといふ, ゐるだけ, ゐるに, ゐるので, ゐるもの, ゐるん, 之に, 呉れた, 廻って, 心を, 来たよう, 目に, 私の, 而も, 舞って, 蛇の, 見せる, 見ること, 説明し, 貰いたいと, 貰って, 貰は

2 [166件] あったり, あとから, ありお, ありその, ありまして, あるうちわ, あるかと, あるから, あるし, あると, あるものの, あるやう, ある横物, ある硝子戸, ある通り, ある道, いかれる, いたから, いたこと, いたん, いた人, いた夢, いた彼女, いた空想, いた美しい, いた訳, いないこと, いなかった, いなかったの, いますが, いますよ, いらっしゃるよう, いられました, いるか, いるかという, いるかの, いるけれども, いるごとき, いるだろう, いるであろう, いるとき, いる作者, いる娘, いる裁判官, おられる, おりますが, きたで, くる, くれたもの, くれた人形町, くれました, しかもその, しばらく句作, その下, それで, たのしんで, とんで, ひそかに, ほしいといふ, みせて, みせるの, みたいという, みたが, みたくなるの, みたもの, みては, みました, みますと, みようという, みるの, もらいたいと, やったの, やまないの, やや上背, やりましたよ, やると, やるん, やろう, ゆくといふ, ゆくの, ゐたところ, ゐたもの, ゐた藁, ゐら, ゐるか, ゐるかの, ゐるつもり, ゐるところ, ゐる人, ゐる所, ゐる敏子, ゐる絵, 一年ばかり, 下さいと, 交錯する, 人に, 人の, 倶梨伽羅太郎を, 全体を, 円を, 出しました, 出品した, 北側へ, 大川へ, 室中を, 居たが, 居たの, 居りました, 居りますが, 居ります中, 居るので, 左右に, 廻転し, 成功した, 持って, 明らかに, 来た作者, 来て, 欲しいの, 残して, 深くなりつ, 番頭の, 目の, 眼を, 眼鼻を, 空間に, 線を, 置かなくては, 置くの, 置くべきもの, 置く必要, 而し, 舞つてゐました, 舞つてゐる, 舞台左手奥を, 行く, 行こうと, 行ったが, 行つた, 表へ, 見せたり, 見せること, 見せると, 見たい, 見たいという, 見たが, 見たくなって, 見よう, 見るに, 見るの, 見玉, 覚えず慄然, 説明を, 貰うだけ, 貰つた, 貰ひます, 貰ふ, 走った, 踊って, 近所の, 遊んで, 運行する, 遺憾が, 都を, 頂きたいの, 高い鴟尾

1 [1534件 抜粋] ああこれ, あげますから, あったが, あったんで, あった藍絵, あらあ, ありかなり, ありましょう, ありますなるほど, あり一種, あり濃, あるあの, あるかが, あるこれ, あるだろう, あるという, あるとお, あるなんと, あるねずみ, あるはず, あるよりも, ある一つ一つ, ある九谷, ある何, ある六ツ, ある古風, ある場所, ある天使, ある奇妙, ある成, ある新, ある灰色, ある箪笥台, ある羊皮紙, ある舞台持ち, ある衝立, ある見事, ある長い, ある頭, あろうという, い, いかにも調った, いたおれ, いただきたいの, いたと, いたところ, いたとは, いたもん, いたらたぶん, いたればこその, いたクルミさん, いた中原淳一氏, いた力, いた地面, いた夫人, いた希望, いた幻想, いた我軍, いた日本人, いた河童, いた私, いた色男, いた面影, いちゃ, いった黒塊, いつたい何, いないと, いましたので, いよいよ北宋画, いらっしゃる, いられた時, いられる, いるあいだ, いるきり, いるせい, いるだけが, いるつもり, いるとか, いるとも, いるばかり, いるらしいこと, いるらしく見えないところ, いるタイプ, いる一句, いる七草, いる二つ, いる仏革命, いる典型的, いる古家, いる場所, いる姿, いる家庭教師, いる恭介, いる数字, いる日本画, いる有名, いる波紋, いる理想境, いる由, いる画題そのもの, いる瞬間, いる程, いる結婚, いる若, いる連中, いる鉛筆, いる関係, いわゆる, うす赤く染つて, おいたが, おいたの, おいた絵, おかなければ, おくよう, おしまいなさる, おらぬという, おられるの, おり馬, お上げ, お母さんの, お見せよ, お關, かれは, きた彼女, きましたが, くるそんな, くれたらと, くれた地図, くれた旅, くれた童子, くれない, くれなかった, くれる, くれ当時, ぐるりと, ここまでには, この定理, こられたよう, これに, これらの, さっと天井, さへ, しかも心理描寫, しまうであろう, しまったが, しまって, しまふの, すごすだらう, ずぶりと墜ちた, そこにのみ, そして近世史, そのあと, その人物, その内部, その審判, その情趣, その時分, その横, その犯人, その眼, その裏側, その部分, それで気高い, それに対して, それらの, たれ落ちるの, ちよつと, つかわすと, とびつづけて, どうにも始末, どの顏, ながれる, なんの, のせる風潮, はじめて魅力, はるかに, ひろがる日輪, ほしい, ほぼ次, まごまごした, まず初春, また何, まはり, みせたろうか, みせようかね, みせるよう, みたいって, みたいの, みたい希望, みたか, みたくなつ, みただけ, みなければ, みませう, みよう桃, みるその, みるといふ, みるより, みる作家, みれば, もう遅い, もらいその, もらうたん, もらう依頼者, もらおうと, もらったの, もらひたい私, やった, やったその, やったやつ, やった菅公, やつて, やらなかった, やりたい眼, やるじゃ, やる気に, ゆきたいという, ゆくだろう, ゆくとき, よいと, わずかに, ゐさ, ゐたかといふ, ゐたこと, ゐたその, ゐたのに, ゐたらいい, ゐたら読者, ゐた主人, ゐた代, ゐた廊下, ゐた時代, ゐた理想, ゐた頃, ゐない, ゐなければ, ゐますか, ゐられた, ゐるお, ゐるこの, ゐるため, ゐるのよ, ゐるんぢ, ゐる不思議, ゐる人間, ゐる光景, ゐる北川, ゐる女性像, ゐる悲痛, ゐる景色, ゐる水, ゐる画家そのもの, ゐる瞬間, ゐる運命, ゐる風景画家, カーヴし, シェークスピア的な, ネツトを, ヒタ走りに, フェアファックス夫人が, ワルシャワの, 一人ずつ, 一場の, 一層低く, 一旦落葉松, 一面に, 七面鳥桟橋へ, 三年四年は, 上げても, 上下する, 下さいな, 下さらんか, 下すった, 与えた一枚, 与え老婆, 世の中の, 中尉ルドヴィッチの, 了う, 二尺余りを, 五枚の, 人魂の, 以て, 休戦する, 伸びて, 何百円とか, 來た, 傍の, 先の, 光線を, 八千円もの, 六日目に, 其余つた所に, 凍で, 出て, 出発点に, 切なく寂し気, 刎ね, 判断し, 動いて, 勢いよく泳い, 十は, 半身で, 厭な, 又上空, 叱られたり, 名誉恢復を, 君ここに, 呉いんか, 呉れてた時分, 呉れないの, 周囲に, 善良なる, 喰み出る, 地上に, 坐って, 声の, 売り出して, 夜の, 大正昭和と, 大迂回, 太陽の, 女中に, 妙な, 学資を, 宝塚を, 小宮さんに, 尾を, 居たので, 居た時分, 居た芭蕉, 居ても, 居よ, 居られた時分, 居りまして, 居り作者, 居るすぐ, 居るん, 居る事, 居る内, 居れば, 山を, 巌角を, 左側の, 巻後に, 幽玄とか, 幾度も, 庭木や, 廻った, 弁の, 彼の, 御者を, 心臓を, 思はず腕, 怪獣の, 恋を, 悠々と, 愛の, 成長する, 戴きたいん, 戴けま, 技術の, 拡がると, 振子と, 描いて, 揺れ動きあ, 散ったそうして, 新聞社の, 日本随一と, 晩春の, 暮すこと, 暮らそうかとさえ, 最後に, 有つ, 未知の, 来たもの, 来た私, 来るだらうが, 東の, 柔軟な, 極めて矮躯, 楽しみ淋し, 楽屋を, 檣の, 欲しい, 欲しいなあ, 正眼の, 歩きながら, 歩くやう, 残した書画, 水谷先生一派には, 決してその, 法水は, 注目された, 流れて, 浮いて, 消防隊長に, 清貧を, 游弋し, 満足し, 滿足し, 焼いたもの, 物を, 独りで, 猫に, 生活を, 申し合せたよう, 畠の, 発表した, 皆部屋の, 真に, 真白な, 眩ゆき光り, 硬直し, 社会の, 空を, 立って, 立止っ, 笑い興じた, 紀久子は, 納めると, 絶望に, 置いた好, 置きたいと, 美しいが, 耳柔の, 自ら元気を, 自分は, 自身が, 舞い降りチヽ, 色彩も, 花火の, 苦も, 蜻蛉が, 行かれます, 行くすなわち, 行くん, 行く必要, 行けたらどんなに, 行ったかを, 表紙と, 見せあげく, 見せたの, 見せながら, 見せましょう, 見せるだけ, 見せ片里どの, 見たくなるの, 見たまで, 見た頃, 見ましょうか, 見るかと, 見るま, 見る事, 見ろ, 観るもの, 詠は, 説明す, 豊年万作の, 貰いたいん, 貰うこと, 貰えるとしても, 貰ったそれ, 貰つた絵が, 貰つてから, 貰ひました, 貰へ, 走って, 走るその, 足もとに, 踊り廻っ, 躍如たる, 轟々と哮, 追究し, 送ったが, 通行人が, 進ぜるから, 遊ぶ子, 過ごそうと, 遠方に, 酒にでも, 鋏で, 降つて, 集つて居た, 雪子への, 雷横朱同の, 静かな, 音無瀬の, 頂きましょう, 頂戴, 頭の, 飛び, 飛びまはつて居る, 飛び交い水辺, 飛び散ろうと, 飛ぶ鷲, 飽きないの, 馬鹿気た, 骨組みだけは, 高峭, 默

▼ 描いたり~ (100, 2.8%)

13 して 7 した 5 しながら 4 するの 3 字を 2 したもの, すること, する事, 線を, 西洋の, 鬼ご

1 [56件] したの, したほど, した変った性癖, した繪, しては, しましたが, しようとは, すでに詩, する, するので, その知られてない, それからひろげ, それに小生, そんな方, または歯, また鳥, エッチングを, ピラミツトを, ボードレエルの, ヴァイオリンを, 三角形の, 三越や, 下座の, 人形二つ描い, 人生を, 作ったり, 先史時代の, 光子さんの, 又は読んだ, 又授業, 喜怒の, 基督教の, 女たちに, 庵筆, 彫刻し, 愛したり, 手紙を, 日本陶器を, 朝顔日記の, 歌を, 消したり, 深夜の, 甚だしきは, 田園を, 白土を, 色々と, 花などを, 茘枝を, 蛇の, 見て, 賛を, 踊りを, 配り物, 随分いろんな, 音楽を, 頬を

▼ 描いても~ (68, 1.9%)

3 描いても 2 それは, 字を, 要するに全貌

1 [59件] ありのまま自分, いない, この描写, さしつかえないの, そうであります, そこに, その植物, その神, それに, つまらないね, どんなインシグニフィカント, なんにも解決, まだ足りない, まとまらず未, やはり絵, よいの, よいわけ, ゐるし, アッハハハハと, ワイセツの, 一向差支, 丑松のは, 世界に, 乾山に, 何かしら性慾の, 何らプロレタリア文学, 俗に, 勿論良き, 反古を, 器用で, 堂島で, 天狗を, 始まらないとの, 富士山を, 實感の, 差支ない, 描ききれないもん, 描き切れない豊富, 斯んな, 會社員の, 本当の, 松は, 気高い, 気高いもの, 生存苦の, 生氣, 百人が, 相当面白い, 知らず北欧, 私だけが, 結局心境の, 繪は, 自分の, 自然を, 虎を, 見た, 誰も, 飛ぶ樣, 馬や

▼ 描いては~ (49, 1.4%)

3 いない 2 私に, 風の

1 [42件] いけないの, いけないわけ, いないの, いなかった, いる, うなりながら, この世における, すぐに, それを, ならぬもの, ゐた, ゐないの, 一方の, 下さらないでしょう, 仲間に, 何うだ, 力足らず, 又その, 壁に, 寝た, 悪からう, 打壊わし, 握の, 歩いた, 歩く旅行, 浮き流れて, 消えするの, 消える, 消え去る落葉, 消え描いては, 消しかつ, 消したり, 消して, 消し描い, 消し描いては, 消し消しては, 漂流する, 猿沢池から, 皆売つちまつた, 自分を, 走り拔けて, 鉄扇も

▼ 描いてから~ (4, 0.1%)

1 すでに三十一年, でさえ, 急に, 薄く涙

▼ 描いちゃ~ (3, 0.1%)

1 いかん, だれが, 第一気色

▼ 描いてのみ~ (3, 0.1%)

2 自分の 1 おられいっこう

▼ 描いてを~ (3, 0.1%)

1 らなく, りました姿, りますが

▼1* [12件]

描いたりもしたが, 描いちやゐない, 描いちやつたんだ, 描いちや駄目だよ, 描いてさそれより, 描いてさえおれば, 描いてぞつと身慄, 描いてでもゐるらしく凝つと, 描いてね此の, 描いての言葉だろう, 描いてばかり居る人, 描いてよほどの作品では