青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「本~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

木綿~ ~未だ 未だ~ 未亡人~ ~未来 未来~ 未練~ ~末 末~ ~本
本~
本人~ 本堂~ ~本当 本当~ ~本当に 本当に~ 本所~ 本来~ 本気~ ~本能

「本~」 31376, 339ppm, 287位

▼ 本~ (7634, 24.3%)

92 指を 89 中に 48 指で 43 足を 41 足が 40 足で 38 木の 37 指が 34 指の 29 手紙を, 腕が 28 脚を 27 手が 26 指に, 矢が, 矢を 25 上に, 中の, 木が 22 刀を, 杉の 21 中から, 中で, 中には, 煙草を 20 棒を, 蝋燭が, 蝋燭を, 頁を 19 ことを, 刀が, 花, 足の 18 徳利を, 腕を 17 名を, 目録を, 脚が, 脚の, 蝋燭の, 間に 16 線を, 脚は 15 こと, 指は, 松の 14 手を, 柱を, 綱を, 線が, 針を 13 ように, 木を, 棒の, 樹の, 針が 12 ために, 柱の, 棒に, 樫の, 綱が 11 木に, 柱が, 竹を, 線の, 角を 10 指先で, 松が, 柳の, 栗の, 梅の, 脚で, 酒を, 釘を

9 [12件] ことは, ことも, なかに, ビールを, 手は, 方は, 木も, 枝が, 桜の, 樹木も, 糸を, 綱で

8 [18件] なかで, マッチを, 中へ, 丸太を, 包みを, 名が, 徳利に, 手で, 手紙が, 方を, 木立が, 枝を, 槍を, 角が, 角の, 道が, 鉄の, 銀の

7 [19件] 一つである, 傘を, 内容を, 刀の, 名は, 名前を, 大根を, 木は, 樹を, 竹の, 竿を, 紐を, 葉巻を, 蝋燭に, 表紙の, 足と, 足は, 道は, 間へ

6 [37件] おかげで, でんしん, 一冊を, 前足を, 剣が, 剣を, 名も, 手の, 指と, 方が, 杭を, 松は, 柏の, 柱に, 棒が, 楡の, 槍が, 歯が, 毛を, 燐寸の, 牙が, 物干, 白樺の, 百合の, 矢は, 糸が, 脚と, 腕の, 花を, 草の, 草一塊の, 藁を, 足に, 道の, 鉛筆を, 長い棒, 頁の

5 [40件] ページを, 丈夫な, 中では, 前に, 前足で, 剣は, 巨大な, 巻煙草に, 征矢が, 徳利が, 徳利の, 徳利は, 手と, 手紙は, 方に, 杖に, 梭を, 樅の, 歯の, 火柱が, 無花果の, 爪を, 白刃が, 神の, 竹と, 筋を, 箸を, 紐が, 絃を, 綱に, 綱の, 線に, 線も, 草が, 表紙に, 表紙を, 話を, 路が, 銚子を, 鎖が

4 [84件] あるとこ, ことや, せなか, ほかに, んだ, オールを, マッチの, ローソクが, ロープを, 一つだ, 上へ, 下に, 丸太の, 傘の, 光の, 内容に, 前脚, 大きい蝋燭, 大きな栗, 大きな桜, 大木が, 大煙突, 太刀が, 太刀を, 奇麗な, 如くに, 小柄を, 山桜が, 幹と, 徳利をからに, 掻き傷, 日本刀を, 木だつた, 木の下に, 木へ, 松の木が, 松の木に, 松を, 松明が, 枝に, 枝の, 柱は, 梭は, 棒と, 椰子の, 樹に, 樹木の, 樹木を, 歯を, 毛が, 水松は, 洋傘の, 深い皺, 煙が, 牛乳瓶を, 矢の, 短剣が, 短剣を, 箸で, 簪を, 縄の, 脛を, 腕で, 腕と, 腕は, 草も, 著者に, 薔薇の, 蝋燭は, 表紙は, 表題を, 触角を, 赤い紐, 足にて, 軸が, 酒が, 野生の, 金の, 針の, 銀笛が, 雑木が, 電信ば, 題は, 髪の毛を

3 [154件] あるの, うちで, くるみの, ことで, ごときは, それを, ほうが, ような, ろうそくが, わらが, んで, タケノコが, 中にも, 傘に, 刀, 刀に, 動く道路, 勝ちを, 十手が, 原稿を, 名の, 団扇を, 壜を, 多くは, 大きな木, 大きな松, 大小を, 大根が, 好きな, 小柄, 小柄が, 巨き, 巻煙草を, 帯を, 幹を, 広告が, 形に, 形は, 形を, 復習を, 徳利と, 扉に, 手に, 手紙も, 手裏剣が, 指, 指先を, 整理の, 方から, 最後の, 木, 木で, 木という, 木立も, 杉が, 材木が, 材木の, 杖を, 杭が, 松の木を, 松明を, 枝は, 枯木の, 柱と, 柱も, 柳が, 桃の, 桐の, 桜が, 桜も, 梨の木が, 棒, 棒で, 棕梠の, 樹は, 樹も, 檳榔の, 毛髪を, 灌木が, 為に, 煙突から, 煙突の, 煙筒から, 牙を, 由來を, 白刃を, 白髪が, 皺が, 直線を, 矢で, 矢に, 短かい, 短刀が, 石の, 穴本部の, 竹が, 竹である, 筆を, 筋が, 管が, 箸は, 糸で, 糸に, 糸の, 糸は, 紐は, 紙巻煙草を, 細引が, 終りの, 線香を, 縄が, 繩の, 肢で, 肢を, 背の, 背を, 脇差を, 花の, 花柱が, 茎が, 茎を, 草に, 草を, 莨を, 著者が, 著者の, 著者は, 薔薇を, 薪が, 表紙には, 足だけが, 足も, 通し矢を, 道を, 針金を, 鉄扇が, 鉛筆とを, 鉤を, 銚子に, 鎖で, 長い線, 間から, 電報が, 電線が, 電線は, 青竹が, 面白さ, 頁に, 馬の, 骨が, 高い蝋燭, 髪の毛が, 髪の毛に, 黒い筒

2 [502件 抜粋] あちこちに, うしろに, うずの, うちに, うちの, うち一本には, お酒, かげに, かげろうの, ことこの, ことだ, ことどうも, ことなど, ことについて, ことには, ことわかりました, こと承知いたしました, この頁, ごつごつした, ごとき, すきな, すきばらの, たでから, ための, ところに, どこにも, ないこと, ないの, なかには, なかにも, なかみ, ならんだ枝, はうが, はしらが, はんの, ひもを, ひょろひょろ松, ほそびき, ほば, ままに, もって, やうに, よみかたについては, アヲギリが, ウイスキーを, カードを, ゴールデン・バツトは, サイダアを, ステッキが, ナイフを, ビールと, ビールに, ブルブル震えた, プラタナスの, プラタヌスの, ペエジを, ペンを, マストの, マストは, マストも, マッチが, マツチを, マニラに, ミクジ竹を, リストの, リストを, レールが, レールの, レールは, レールを, ロープが, 一針造作は, 丈高い, 下積みに, 不尽木花咲耶姫の, 中でも, 串を, 丸太ン棒と, 丸木橋が, 事だつた, 人間の, 代りに, 位牌を, 作者は, 傘で, 傘は, 儘に, 光が, 全体の, 全體, 六尺棒が, 内に, 内容の, 写真が, 出來た, 出版を, 刃を, 初めに, 初めの, 初校, 前へ, 剣で, 割で, 劍一匹の, 包を, 印, 収入は, 古い木, 古い松, 古い柏, 名に, 名前が, 名前は, 名前も, 吹矢咳き込む, 味が, 味は, 善く読める, 喬木の, 噴水が, 墨の, 外に, 多いの, 多羅樹, 大きい八重桜, 大きい柳, 大きな杉, 大きな松の木, 大きな柿の木, 大きな梨, 大きな楡, 大きな蝋燭, 大きな角, 大円柱, 大刀, 大木の, 大杵, 大松と, 大松のみを, 大榎, 大樹が, 大蕨, 大部分, 大闇, 大體, 太い綱, 太い脚, 太刀の, 姿という, 姿を, 封書を, 小包を, 小口からは, 小口を, 小徑, 小松の, 小枝, 少しも, 尾が, 山車が, 巻末に, 常磐木に, 平行線が, 幹から, 幹が, 幹に, 幹の, 広告です, 広告を, 序に, 序文で, 序文の, 形で, 径を, 後に, 後方に, 得失を, 御注文, 徳利で, 思想を, 息杖を, 意に, 感情によ, 所へ, 所有の, 手紙, 手足を, 指から, 指さきで, 指には, 指も, 挿画には, 挿絵に, 撥が, 数は, 敷島を, 新らしい, 方で, 方の, 方へ, 方も, 書状を, 最後に, 木から, 木では, 木と, 木といふ, 木にも, 木の根に, 木の間に, 木刀を, 木剣を, 木材が, 木柱を, 木綿針を, 木製の, 杉, 杉箸を, 李の, 村の, 杖の, 杭の, 松の木により, 松の木の, 松の木は, 松火が, 松火を, 林檎の, 枝ぶりの, 枝より, 枯れた松の木, 枯れ木に, 枯柳が, 架空線が, 柄の, 柱あり, 柱から, 柱で, 柳と, 根もとの, 格子を, 梅と, 梅に, 梢には, 棒これが, 棒は, 棕梠, 棚に, 棟木の, 楊枝で, 楠の, 榛の, 槍の, 槲の, 横木が, 横木を, 樹から, 樹が, 樹木が, 樹立あり, 樹立も, 樺の, 樺の木が, 檜が, 檜に, 檜の, 檣だけが, 檣は, 櫂が, 櫛を, 櫨が, 櫻が, 欅が, 此の, 歯も, 毒が, 毛の, 毛も, 毛筆を, 注文を, 流れを, 溝の, 灰いろ, 無電も, 煙突, 煙突が, 煙突を, 煙管が, 煙管を, 煙草に, 燃えさしの, 燃えさし蝋燭の, 燐寸を, 爪が, 爲に, 爲めに, 状態が, 珊瑚の, 珠を, 瓶を, 男の, 留り木を, 番号を, 白い幣束, 白い棒, 白い立札, 白丁の, 白旗を, 白樺が, 百日紅が, 皺で, 皺の, 目出たき, 目的であります, 目録が, 目録と, 目録は, 直線の, 眉を, 矢と, 矢も, 矢文が, 短刀を, 石柱の, 研究を, 破傘, 磔柱を, 神教丸, 種類は, 稲の, 空気の, 立ち木の, 立木の, 立木は, 立木まで, 立木も, 竹, 竹きれ, 竹のつつ, 竹切れを, 竹箸を, 笛の, 第一頁, 筆者の, 筍を, 篠竹の, 簪の, 系統, 紙巻を, 細い足, 紹介が, 絃の, 絵に, 絹の, 絹ひもに, 続きを, 緑色の, 緑色を, 線である, 線は, 緯棒を, 縄で, 縄を, 縦縞の, 繩が, 繩に, 繩を, 群を, 群立が, 老木が, 肋骨を, 背後に, 背革の, 胡瓜を, 脇差の, 脊の, 脛真白な, 腕とを, 腕木で, 色彩を, 色文を, 花も, 芸者に, 苗を, 若い柏, 若子の, 若竹が, 茎から, 茎に, 草にも, 草よりも, 草稿が, 落葉樹が, 葉の, 葉巻しか, 葡萄酒の, 蓮の, 薪を, 藁に, 蘆を, 蛇の目を, 蜜柑の, 表紙へ, 表題, 表題に, 装幀は, 装釘は, 見事な, 親方が, 観点が, 角みたい, 触手の, 訳者が, 試合だ, 話が, 話に, 話や, 誤では, 誤りを, 赤い蝋燭, 足です, 足には, 足彼方の, 跋に, 踏つけ道が, 躑躅が, 身に, 軌条を, 軍用道路が, 返事すら, 返送を, 透明な, 通りを, 道と, 部数では, 酒で, 酒壜を, 重い男, 野稗の, 釘から, 釘の, 針, 針で, 針金が, 釣竿を, 鉄棒に, 鉄棒は, 鉄道を, 鉛筆が, 銅線に, 銚子から, 銚子と, 銛を, 錫杖を, 鍬を, 鎖と, 鐵の, 長い杖, 長い牙, 長い綱, 長い足, 長さ, 長脇差が, 長脇差を, 間で, 間を, 雄蕋, 雑草も, 雪けむりを, 電信柱が, 電線と, 電線に, 電線も, 電線を, 電話が, 青い日光, 青い棒, 鞭の, 鞭を, 頁から, 頁が, 頑丈な, 類, 高い木, 髪の毛です, 髪の毛でも, 髪の毛と, 髪の毛の, 鬚が, 鬮を, 鯨油蝋燭を, 鰹節を, 鶴嘴を, 麦藁から, 麦酒を, 麻綱に, 黒い手, 黒い棒, 黒い毛, 齒が

1 [3468件 抜粋] あいだに, あつた, あるところ, ある頁, いちじ, うえにも, うち一本ぐらい, うち二本取り, うち私は, おほき, お客様に対し, お終, かしわの, かみの, がいい, くぎが, ぐにゃぐにゃした, ことが, ことである, こと云っ, こと思いおこされ, こと身の, これも, ごとく四季, さつま薯, しまつ, すぐ前, すゞかけの, それが, たくましい綱, たよりも, つくりもの, つなを, つるに, ところどころに, とりよせの, なかでは, なさけと, にも角, はしごが, はじを, は青楓, ひろげられる場所, ほかには, ほつれ毛が, まとまった意義, みずみずしい青葉, むちのなかのいちばんながい, ものには, やや大きな, よみ方, ろうそくを, わらを, アカダモの, イリスと, エンピツと, オビで, ガラス管や, クロオスを, ゴムひもの, シナリオを, ステッキについて, スポークスが, ダァリヤは, ツメが, ドリス式, ネクタイピンと, バチから, パイプから, ヒマラヤ松が, ビール瓶と, フイルムを, ヘロヘロ矢が, ボイラーを, マングローブの, ヤマブドウが, リストは, リンネが, ローソクとで, 一つな, 一卷本しか, 一番始め, 七輪の, 万葉集は, 三分の二まで, 上でなけれ, 上席に, 不完全さを, 並べ方と, 中を, 丸太だ, 主旋律, 乾いた木, 事に, 二三十ペエジ目あたりを, 交流において, 人差指に, 仔苗が, 代が, 代赭薄, 位牌だけは, 体裁に, 何処かの, 作者である, 例言に, 保管には, 借覧を, 傳來等を, 光を, 八重桜の, 内には, 内容よりも, 円柱は, 冒険小説を, 処へ, 出たとこ勝負の, 出所に, 出版と, 出版の, 出現によって, 刀尖, 刀身は, 刄を, 切れを, 初から, 前まで, 剣, 割に, 力と, 効能を, 包の, 十二代五郎兵衞養母清久は, 半分とは, 卒塔婆が, 印刷された, 印税貯金合わせ, 原形を, 取締りの, 古いすず, 古手拭い, 句は, 同じページ, 名と, 名佐韋, 名目を, 吹き針, 命とも, 問題が, 四合罎と, 団扇の, 国上等の, 地方には, 堺線を以て, 壜の, 売上げが, 多いこと, 大きい松, 大きなくるみ, 大きなマツ, 大きな木の根もと, 大きな椋, 大きな牡丹, 大きな鉄, 大事に, 大木などは, 大栂, 大綱の, 天の, 太い木, 太い水脈, 太い迫持, 太棒を, 奥歯を, 好きなど, 如く成り尽, 字に, 存在も, 実に美しい, 寄生木として, 対角線を, 小さい柱, 小さい針, 小さな樅, 小刀を, 小径が, 小枝と, 小骨の, 尖頭, 山だ, 山桜は, 山茶花の, 工事で, 巻紙皆に, 帆桁が, 帳場に, 幡も, 年間予算が, 広告に, 序記が, 廊下だ, 弓矢が, 強い麻縄, 形ね, 彼岸桜だけが, 後書きを, 御姫さま, 忘れ物でも, 恋文を, 意を, 懐剣を, 所持者である, 扇だ, 扉の, 手ざわりここの, 手や, 手杵で, 手紙なんかで, 手足は, 折矢を, 抜けた後, 指だけで, 指にこそ, 指先に, 指痕が, 挿画を, 捕縄が, 掻き痕, 撥, 支える木, 支流を, 散乱し, 数を, 文句は, 新しい扇子, 方へは, 日光の, 日章旗を, 映画も, 暗誦も, 曳綱に, 書体が, 書風に, 木だった, 木の芽は, 木剣から, 木箱二つが, 木蔭には, 朱柄の, 杉まる, 村道が, 杜松が, 杭は, 松明, 板に, 果樹類も, 枝で, 枝道が, 枯れ枝を, 枯柳の, 柱, 柱へ, 柳を, 栗羊羮の, 根本テーマは, 桑を, 桜花園桜田ぬたの, 梢すらも, 梯子が, 棒である, 棕梠が, 棹を, 椎の木しか, 楊枝を, 楽士達の, 榛の木から, 槇一本の, 槍先でした, 槭の, 標題に, 横形から, 横筋が, 樹と, 樹木だ, 樺の木の, 檣を, 櫛で, 歌に, 歯という, 残酒と, 毛までが, 毛髪の, 水平な, 氷柱, 沿革を, 注文の, 活字を, 海岸の, 清川氏孫で, 源流を, 漆の, 火ば, 炬火が, 烈女伝の, 焼夷ダン, 煙突とが, 煙筒を, 煙草も, 熱い世界, 燈芯の, 燭台を, 片腕を, 牛蒡と, 特異な, 狂言中二本休演, 玉卷芭蕉は, 王冠ピンだった, 瓶と, 生命は, 用紙を, 留り木の間を, 畫伯も, 異状に, 発行に, 白いダァリヤ, 白い蝋燭, 白刃へ, 白梅が, 白樺と, 白羽の, 白髪も, 百目柿には, 目次は, 直接関係する, 眞田紐で, 真黒な, 矢を以て, 短い小さい足, 短かい角, 石榴の, 砧に, 磔刑柱が, 禮状さへ, 稽古槍を, 空の, 立った下, 立派さに, 競争劇甚は, 竹一本の, 竹棒の, 竹荒縄を, 笛に, 第二篇, 筆とが, 筆頭で, 筒の, 箱は, 簡単な, 糸と, 糸杉にも, 紅い旗, 紐と, 紙数に, 索引の, 細い柳, 細い蒼白い棒, 細く光る, 紹介又は, 終点が, 結び賃を, 絵図を, 綱だ, 綸に, 線, 線にも, 編み棒を, 縄へ, 縮れ毛だの, 繪に, 美しい小, 羽を, 羽軸を, 老樹の, 股の, 背中の, 背骨が, 脇差でありました, 脚に, 脛で, 腕について, 臂が, 至る処, 色文, 花ざかりの, 花道が, 苛められた大杉, 英訳書が, 茱萸の, 草一朶の, 荷箱と, 菜っ葉を, 華著な, 葉巻とに, 著者波多野完治氏が, 葦では, 蒐集家に, 蔓草の, 薔薇に, 藁しべの, 藁屑を, 蛇の目傘に, 蝉の, 蝋燭インク壺ペンおよび, 蝦夷菊は, 街路樹が, 表紙だけ, 表題から, 裏や, 裸腕で, 見学の, 親指を, 角で, 角長い, 触角の, 記事でも, 訳も, 話, 話の, 読み方が, 読めない時, 調べについてだけの, 講演旅行から, 象牙が, 買いかた, 費用くらいは, 赤い道, 赤旗を, 趣意の, 足だけの, 足とを, 足場を, 踏みつけ道, 軒柱を, 輻と, 送り出しを, 遅れ髪が, 道には, 選択などと, 遺書が, 部類に, 酒徳利が, 重い鉄, 野差刀を, 量を, 金属の, 釘が, 釘跡が, 針状葉の, 鈎縄右舷の, 鉄杖の, 鉄管が, 鉛筆で, 銀色に, 銅の, 鋭いきっ尖, 鋼鉄が, 錐が, 鍬で, 鎗だけは, 鏨で, 長い刀, 長い爪, 長い藁, 長柄刀の, 開けた處, 附合ひだ, 障子が, 集積に, 雜つてゐる, 雨露次と, 電柱は, 青い茎, 青桐と, 青菜が, 革綱を, 頁には, 頭を, 類ばかりを, 飜譯も, 馬酔木を, 高いすぎ, 高い樹, 高座も, 髪の毛について, 髭を, 魚蝋が, 鵞ペンだの, 麻縄か, 黄櫨の, 黒い劃線, 黒松

▼ 本~ (4857, 15.5%)

346 読んで 68 読んだり 58 持って 56 手に, 読むこと 53 見て 52 よんで 39 出して 37 讀んで 35 買って 31 読むの 25 書いて, 貸して, 開いて 24 読みながら 23 もって 21 読む, 読んでも 20 伏せて, 読んだ 17 持つて 16 よんだり, 借りて, 送って 15 取って 14 読むという 13 よむこと, 置いて, 読むよう, 読んだこと 12 前に 11 ひらいて, 抱えて, 読めば, 買いに 10 取り上げて, 読む事, 読んだの, 閉ぢて, 集めて 9 入れて, 書いた, 見ても, 読むと 8 よみながら, 出版する, 取り出して, 取出して, 書くこと, 見せて, 読みに, 開けて 7 とって, ひろげて, よむの, 出版した, 売って, 探して, 机の, 見ると, 読む人

6 [14件] あけて, かいて, ふせて, 出した, 出版し, 取りに, 手にとって, 片手に, 私の, 読みつづけて, 買うこと, 買ったり, 買つ, 買ふ

5 [25件] お読み, かかえて, さがして, もつて, 一緒に, 並べて, 忘れて, 拡げて, 持ち出して, 私に, 私は, 膝に, 落して, 見た, 読ませて, 読み始めた, 読むため, 読もうと, 読んでは, 讀むこと, 讀んだり, 送つて, 選んで, 閉じた, 閉じて

4 [38件] およみ, かして, しまって, だして, ひっくり返して, よんだ, 伏せた, 使って, 借りた, 借り出して, 備へて, 包んで, 取り上げた, 大切に, 小脇に, 携えて, 用意し, 眺めて, 繰り返して, 膝の, 製造する, 見つけた, 見ながら, 見に, 読まなければ, 読みつづけた, 読みました, 読み出した, 読み耽って, 読む暇, 読め, 読んだ人, 讀んでも, 買うため, 買うの, 買った, 重ねたり, 開いた

3 [65件] おいて, お買い, かいたり, かりて, くれた, くれと, ただせば, つくること, とおして, とつて, とりあげて, よむという, よんだこと, 一冊, 下に, 作りたいと, 借りに, 写して, 出すと, 卓の, 取つて, 取りあげて, 口に, 売っては, 売りに, 尋ぬれ, 少しずつ, 差入れて, 抱いて, 持ちだしたこと, 持ったまま, 掴んで, 書いたと, 書きましたが, 校正した, 求めて, 物色し, 知らずして, 著して, 見たり, 見る, 見ること, 覗いて, 読みな, 読みます, 読むか, 読むから, 読むとか, 読むなり, 読むひま, 読む方, 読む気, 読んだが, 読んだだけ, 読んだと, 読んだとき, 讀みながら, 讀むと, 讀むの, 讀む事, 買う, 買うに, 買おうと, 買ふと, 非常に

2 [239件] あげた, あさって, あなたに, あれこれと, いろ, お出し, お持ち, お書き, かかへて, かきました, くわえて, こしら, ごらん, さがしに, さがし黄河以外, さがす, さらって, じぶん, すぐ人, そっと両, ちゃんと机, つかんで, つめて, とりあげた, とりに, とり出した, とり出して, どうする, どしどし借り, ならべて, のせて, ひろげた, ひろげる, まる覚えした, みて, もたせて, もちよって, よみ, よみます, よみ始めた, よむと, よむよう, よめば, よんでも, わきに, わざと忘れ, アーサに, パタリと, パラパラと, ブック・レヴューする, 一冊ずつ, 一冊出版した, 一冊引きずり出した, 一冊持っ, 上から, 上へ, 並べて居ります, 二三冊持っ, 二三冊買っ, 二人で, 仔細に, 伏せる, 伏せると, 使うこと, 借して, 借りても, 元の, 内山に, 内篇と, 出さないか, 出したおかげ, 出したこと, 出した時, 出すという, 出すやう, 切るという, 初めから, 取り出し, 取り出した, 取り出だし, 取る, 古本屋の, 右手に, 唱えて, 売つて, 学校で, 少しばかり, 届けて, 展げて, 広げた桐, 広げて, 引き出して, 弟の, 忘れ末, 愛した, 愛読し, 扱って, 投げ出した, 投げ出して, 投げ出すの, 折った, 抛りつけた, 抜いて, 披いた, 抱えたまま, 抱へ, 抽き, 拔い, 拝見いたします, 指して, 挙ぐる毎に, 捜して, 探が, 探しに, 搜し, 擦って, 擧げて, 教えて, 日本の, 書いたから, 書いたが, 書いたん, 書かれた, 書く, 書くに, 書く前, 書く必要, 本棚から, 束に, 棚から, 棚に, 横に, 沢山私, 沢山読ん, 注文し, 注文した, 注文したい, 渉猟し, 渡した, 渡す, 無暗, 無理に, 熱心に, 燒いた, 父に, 片端から, 獲たり, 獲て, 用いあるいは, 相手に, 眺めながら, 積み重ねて, 積んで, 精読する, 紹介し, 總括し, 繙いて, 置いたまま, 習うこと, 耽読し, 耽読した, 背負って, 胸の, 能く, 脩めずして, 自由に, 著は, 著わ, 蔵し, 見たこと, 見つけて, 見つけること, 見ました, 見る機会, 見付けても, 見本に, 註文し, 詰めて, 読ますと, 読まずに, 読まなくては, 読まぬの, 読み, 読みかけて, 読みたいもの, 読みたくても, 読みつ, 読みふけり時々, 読み出したの, 読み出すと, 読み耽つて, 読むかな, 読むし, 読むでも, 読むといふ, 読むなどという, 読むに, 読むにも, 読むほう, 読むより, 読む人間, 読む時間, 読めと, 読んだか, 読んだからと, 読んだけれども, 読んだ事, 読んだ時, 調べて, 讀むでも, 讀んだ時, 買いました, 買うて, 買うん, 買ったこと, 買つた, 買は, 買ひ, 買ひたし, 貸すの, 購読し, 身辺に, 返しに, 造るのに, 運んで, 選び出して, 郷土の, 鍵のか, 閉じると, 閉ぢた, 閉ぢる, 開いたまま, 開いたり, 開かぬ時, 集めたので, 集めること, 鞄の, 頼りに, 顔の

1 [2373件 抜粋] あがなって, あげれば, あつちこつち読ん, あの友達, あらわした記念, いきなり赤見沢博士, いくら読ん, いじりながら, いつお買いだった, いろいろざっと見流す, いろいろ買い集め, おくったの, おッ, お拵えなさる, お探し, お読みです, お送りしましょう, かえして, かきますね, かくしたり, かくの, かける女性, かなり偉い, かりるため, きいた, くしん, くりひろげて, ぐるぐる廻し, こちらへ, これだけ, ご覧に, さがす心, さっそくいただい, しきりに調べ, しっかりと, しらべその, すこしまとめ, すっかり包みました, すべての, そこへ, そのまま読ん, その興味, それを, たくさんよみ, たつぷりおけて, たよりに, だしたよりも, ちびり, つかいました, つくるの, つけたり, つまみ出した, つみ上げて, つめた箱, できるだけゆっくり時間, とどけるため, とりちがえたの, とり出すと, とん, どうして手, どんなの, なげた時, なし異郷, なめられて, ならべ店, ぬく, のせる小さい, のみほしてから, ばたり, ひきだし床, ひっくりかえして, ひねくり出した, ひらく, ひろげ夏, ふくむ, ふせ顔, ふり廻しながら, ほぐし一枚一枚板張り, また胸もと, まもる司書, みな寄せ, みんな読む, めくって, もう一度よん, もっては, やったり, やるから, よく抱, よますもん, よませ四十箇所, よまない覚悟, よみその, よみはじめましたが, よみました, よみ一冊, よみ初めた, よみ払い, よみ物, よみ食堂, よむといった, よむばかりが, よむ人々, よむ気, よめなかった間, よろこぶ十二歳, よんだろうと, わきへ, わざわざ私, わたしの, アアミンガアドの, コッソリ読ん, チロオヌの, ト円心に, パチパチと, ラヂオ用に, 一に, 一ページも, 一二冊買っ, 一冊くれました, 一冊も, 一冊手に, 一冊携へて, 一册, 一寸見たら, 一年ぶりに, 一日ユックリ邪魔されず, 一箇所以上に, 一通り読ん, 三十年も, 三股に, 下さいという, 与えられたかも, 世の, 並べたり, 並行に, 丹念に, 九冊持っ, 二三冊かかえ, 二三冊取りに, 二三册買つて來た, 二冊持っ, 二箇所以上に, 五六冊書棚から, 人見に, 今後も, 今迄とは, 仙洞へ, 伏せたと, 伏せ煙管, 伸子に, 何は, 何度も, 何箇所にも, 作った主旨, 作つた位であり, 作りました, 作るという, 併せてこ, 使わずに, 借りたいと, 借りた人間, 借りるには, 借り御馳走, 偶然に, 傾けた寂し, 入れた本箱, 全部片っ端から, 内典と, 写しこれ, 冷笑的な, 出したあと, 出したの, 出しては, 出すから, 出すひと, 出来たと, 出版後の, 切りおとしても, 列べて, 刷って, 動かしさえ, 勧めること, 千金に, 印刷させ, 原書で, 參考した, 取つて矢張り最初, 取りあげるより, 取り上げ, 取り上げようと, 取り上げると, 取り出しでたらめ, 取り揃える筈, 取上げて, 取寄せて, 受けとった, 受取って, 叩き付けるよう, 合校し, 吐いて, 吸い終るまでは, 呉れて, 喫い終った, 四五冊下げ, 四谷へ, 土産に, 墨守せる, 売った, 売っ払って, 売らうと, 売りますよ, 売り飛ばす時, 売る事, 壺の, 多く扱っ, 大事さうに畳み, 大師は, 天皇の, 失った, 奪いあうよう, 好奇心から, 安く作る, 宛がった, 実用的に, 寄附し, 専ら漁っ, 小わきに, 小腋, 屆けて, 山ほど, 左の, 差して, 差出す, 平らげた, 幾度も, 店頭で, 引き出しては, 引っぱり出して, 影写した, 待つてる間, 御存じです, 復活し, 心の, 忘れ兎角, 思い更に, 恃に, 愛する, 慌てて, 所持し, 手にと, 手放さずに, 手離した, 批評しまし, 投げ出し大きい, 投出すか, 折ろうと, 抜かし後, 抜き出しそれ, 抜き出しページ, 択んで, 抱いてに, 抱へながら, 押し立てて, 担ぎあげたが, 拭うとしては, 拾い読みし, 拾ひとる, 持ちあげて, 持ち伝えた先祖代々, 持ち運びながら, 持ってた人, 指したの, 挙げたる者, 捜しに, 探しその, 探すため, 措いた, 描きリアル, 搜し出し, 摘んだ露, 改めて, 教えに, 教壇の, 数冊読んだ, 整理カードに, 明らかに, 普通に, 書いたつて, 書いたクーボー, 書いた大村あたり, 書いてからに, 書かぬの, 書きなさいよと, 書き最近, 書くのに, 書く習慣, 書店が, 最上の, 有して, 本当に読んだ, 東横浜路景雲里二十三号の, 枕元に, 校訂に, 植へた九千六百圓で, 検べ, 樹てた, 欲しがってる, 残した, 毒蛇また, 気に, 求める篤志家, 汚すと, 沢山知っ, 洗えば, 活版に, 渉猟する, 源吉の, 漁つて來て, 漁ること, 火に, 焚くほのか, 焼かれたこと, 爪垢の, 片よせ, 獲たこと, 玄関に, 用ひた, 留めて, 疎開先より, 発行し, 百五十頁許り讀ん, 皆目録に, 盗めと, 省いても, 睨みつけた, 知らざる者, 知る, 知るの, 示したが, 社長と, 秘して, 積み重ね, 突き留めるには, 立て直さなければ, 笑うべき本, 算し, 粗末に, 納めて, 紹介させ, 組み合せ小柴, 編んで, 縛りつけ曳網綱, 繰つて, 繰る生憎, 置きそれ, 習って, 胯間に, 腕一ぱいかかへて借り, 自分で, 荷車に, 著わし, 虎の, 裂かれるので, 見い見い語って, 見せたが, 見せんか, 見たとき, 見たら自分, 見つくろって, 見つけましたからって, 見ては, 見ますから, 見らく愛, 見るが, 見る毎, 見事運ん, 見出すこと, 見廻した, 覗いた事, 角の, 訪問記念として, 註文した, 誂らへ, 読まう位, 読まされなくても, 読ませたり, 読ませるべきかという, 読まないでね, 読まないもの, 読まなかったの, 読まぬ人, 読まれた読者諸君, 読みいま易筮, 読みすぎた眼, 読みたいこの, 読みだして, 読みながらの, 読みはじめた, 読みべつ, 読みまして, 読みまた, 読み全部, 読み合った, 読み始める, 読み宮地翁, 読み狭斜, 読み私, 読み編物, 読み耽るから, 読み過ぎたり, 読むこった, 読むだり, 読むなんて, 読むは, 読むふり, 読むまあ, 読む世界, 読む勇気, 読む学, 読む機能, 読む癖, 読む興味, 読めという, 読めるよう, 読んだから, 読んだよ, 読んだ後, 読んでからという, 読んでるかまで, 読んでるな, 読んどるやう, 調べた時, 調べるに, 譲りうけたもの, 讀みたが, 讀み一人, 讀み出して, 讀むか, 讀むひま, 讀む振を, 讀めば, 讀んだ折, 貫く, 貰つたお礼の, 買いたい人, 買い本, 買い集めたり, 買うだけの, 買うばかり, 買う時, 買ったとしても, 買っては, 買つてもらはう, 買つて風船玉も, 買ひ来, 買わなかった, 買取ったゾッキ屋主人, 貸し与えた, 貸せと, 賞与と, 購って, 贈つたの, 赤い線, 踏まぬやう, 転写した, 輸入も, 近所の, 返すくらい, 退屈が, 送ったなんて, 送り出して, 送るとき, 逆さまに, 造り緒, 遙かに, 選びとる, 選択し, 配った青年, 金に, 鎖で, 閉じそれから, 閉じながら, 閉ぢ又, 開いても, 開くの, 開ける, 間もなく自分, 降ろして, 集めた, 集めると, 集め得て, 離れて, 面白くよんだ, 頂いた禮状, 額の, 飜譯する, 食はせ, 飲み干すこと, 餞別にと, 高田氏に

▼ 本~ (1355, 4.3%)

39 ある 20 出て 11 あって, あつた, あります, 出來 9 手に 8 あった, ありますが, 置いて 7 あるが, あると 6 あるの, あるので, 並んで 5 あつて, つまって, 出ると, 出版された, 載つて 4 ありました, 世に, 好きだ, 最後に, 目に, 落ちて, 読めるの, 載って

3 [18件] ありまして, あれば, ぎっしりつまっ, なかった, なくて, のせて, 出来て, 売れるの, 彼を, 来て, 殖えて, 積んで, 自由に, 読みたい, 読める, 読めること, 開いたまま, 頁を

2 [71件] あったと, あったね, あったの, あっても, あり共に, あるかも, あるから, あるそれで, あるん, あろうと, こ, ことごとく腹, ございますが, そこに, その中, つまつてゐる, でてから, どうなった, どっさりある, ないから, ないそれ, ないと, ないの, なくなると, なくなれば, のって, よく売れる, よみたい, ギッシリつまっ, ビッシリつまっ, 一つに, 一二冊買える, 一冊ある, 一冊と, 一間あまり切られた, 世間に, 二本に, 五フランに, 今私の, 他の, 伸子の, 何冊も, 出ます, 出るの, 出る時機, 出版される, 切断される, 善い本, 売れるから, 多い, 多いん, 好きな, 如何に, 小夜子サンを, 幾冊か, 散らばって, 散亂, 日本に, 来ると, 沢山出, 渡って, 満開に, 着いて, 置かれて, 読みたいと, 読みたくなりましたから, 読めると, 読めるよう, 鍼の, 陳列され, 面白くて

1 [934件 抜粋] あがって, あそこに, あたりを, あったから, あったし, あったよう, あったらひとつ, あったら読んで, あったら送って, あつたさうです, あまり多い, あらわされた, あり, ありますそれから, あります此人, ありません人, あり典型的, あり大, あり灯火, あり私, あり馬氏の, あるかねえ, あること, あるだけ, あるだろう, あるならば, あるに, あるのに, あるやう, ある意味, いいという, いい出し, いくらにでも, いちばん売れる, いつでも, いつの間にやら, いつもより, いまわたしたちの, うんとあり, おいて, おもで, お手もと, お気に, お読み, かなりアチャラカ, きいて, きたが, きた冬ごもり, きまって, ぎっしり, ぎっしりな, ぎっしりはいっ, ぎつしりつまつてゐてヴアレリイ全集や, ぐにゃぐにゃと, こう訓, このコペンハアゲン, この山岸, この時代, ございますな, しまつて, すきなら, すっかり揃っ, すべてを, ずらりと並ん, そういう考え, そういった, その国内, その時代生活, そばへ, それである, たくさんあった, たくさんある, たくさんなら, たくさん並べ, たくさん出, だんだんに, ちっとも見られなくなる, ついたらハガキ, つきそって, つけ落ちに, つねに善い, つまらなくて, つまれたとき, できあがるという, できましたら無代, できるまで, でて, ところ買い求め, とこ噛って, とても与惣次, どうかした, どうして書店, どうして順, どこに, どれくらい, どれだけ, どんどん出, どんな偉い, ない, ないからと, ないので, ないん, なくちゃ, なくては, なくなったよう, なくならないため, なく増田惟茂, ならび出窓, ならんで, はかどらないで, はじめて刷られ, はっきりと, ぱったりと, ひらいたまま, ひろげたまま, ひろげられて, びっくりする, ふと気づく, ぼろぼろに, まだモスクワ, まとまったこと, まるまると, みつかったので, みなの, みんな大形の, むしばみ腐蝕, もっと早く, もつ哲学史叙述, もとに, ゆさっと, よいらしく, よく売れ, よまれようと, よみたいけど, よめなかったり, よめるよう, カバンごと焼けちゃっ, ギイギイ鳴りだした, ゴロッと, ソヴェートの, ダラの, チョボ, デンマークにおいては, ニセの, バサリと, ピカピカと, ピッタリあてはまった, フランスに, プツンと, ページを, ポツポツ出版される, ルイ十四世の, 一つでも, 一つ現われました, 一パイ詰つて居る, 一冊あります, 一冊おい, 一冊ころがり出, 一冊どう, 一冊出, 一冊届けられた, 一冊紛失した, 一册ひろげられ, 一向に売れ, 一山積み畳ね, 一本欠け, 一歩だって, 一緒に, 一部あり, 丁度フラム・フリスタ・スパシーチェリヤ, 七瀬の, 七録で, 三冊これが, 三冊のっ, 三十銭も, 三四冊も, 三月頃出たら, 下の, 不自由でなかった, 並べて, 主であった, 二つとも, 二三冊ひろげられ, 二三冊積まれ, 二冊位の, 二十冊ばかり, 二十冊近くある, 二足三文で, 五六冊並べ, 五六册それつ, 五厘にも, 五百部世間に, 人々の, 今では, 今は, 今少しく, 今日の, 今晩の, 他人じゃ, 何か, 何に, 何も, 何んだ, 何時か, 余計売れる, 來る, 借りられなくなると, 備え付けられて, 僕の, 僕を, 入った, 入らないで, 全く不, 全部横倒しにな, 八方から, 六冊その後一九一三年までには, 六種にも, 其中に, 出されつづけたか, 出して, 出せるからさ, 出たか, 出たと, 出たので, 出たら, 出たらそれ, 出たん, 出た折, 出ましたら私達, 出るについては, 出るべきであるのに, 出るらしい話, 出るわけ, 出る殆, 出来たからと, 出来たらと, 出来たら太宰, 出来た時, 出来る, 出来るかと, 出来ると, 出来るにつけ, 出来る話, 出来上ったこと, 刀を, 分るかい, 刊行に, 刑死する, 別れる時, 前に, 加わって, 十五銭で, 十冊近くも, 十册位揃つたら, 十本まで, 十本皆同じ, 半ば内側に, 卓子の, 印刷され, 原形の, 厳島へ, 又一しょ, 又散, 取り出される刹那, 古すぎた, 只じかに並べ, 右左で, 命なり, 和辻思想にとって, 咲いて, 善い, 四六時中十四頁目の, 固くて, 地上に, 地面から, 声を, 売れさ, 売れず古本, 売れますから, 売れるにつれて, 外国から, 多かった, 多く手習ひ, 多數, 大きくて, 大きさ, 大きな魅力, 大変売れる, 大概三斤半位です, 天上に, 失くなつて, 女の, 好いなら, 好きだった, 好きに, 妙な取り合せ, 嫌いと, 存した, 安いといふ, 定まつ, 容易に, 寥々である, 小形に, 少くとも, 少しばかり, 少し短い, 少し長く, 少ないから, 尽きて, 山の, 市に, 市中に, 平行し, 幸運にも, 幾円のと, 幾分と, 幾圓のと, 幾種類も, 当って, 当初より, 役に立たなくなるから, 彼の, 彼女の, 後に, 御座ましたら, 思い出されるばかり, 或は自分, 房に, 手元に, 投げこまれて, 投出して, 抜けて, 抜け落ちるよう, 指の, 收採され, 放送まかりならぬ, 数十版を, 文芸の, 断れて, 既に堆, 日本語にも, 日野を, 是れ, 普通の, 暑気に, 曲つてゐ, 書かれたほど, 書きたいこと, 書けた喜び, 曾子, 最も多かっ, 有りまして, 有るから, 有る今度, 木乃伊親爺の, 机の, 来たわい, 来なくなった, 来なくなって, 来なくなると, 来ましたので, 来るの, 枕許に, 枯れて, 柿丘の, 棚へ, 椎茸の, 楢雄の, 極めて乏しい, 横たわる, 欠けても, 次第に完成, 次第に著述, 欲しい, 正保四年と, 正確に, 正誤表を, 此方に, 残って, 殘つてゐたらしい, 段々出, 沓脱の, 沢山に, 沢山刷れない, 沢山来, 流行する, 浮き上って, 海底に, 消化される, 添えられて, 澤山出來た, 濫造され, 焔に, 無いかね, 無いといふ, 無くって, 無くなるので, 焼かれる時, 燒け, 狭い空地, 現はれ, 現存し, 用いられた, 田舎に, 疎開に, 百より, 皆古銅器, 皆無く, 盤屈し, 目の, 眞志屋と, 真白い霜, 着いた時, 瞬時に, 確で, 神経そのものである, 私の, 種切れな, 積まさつて, 積みかさねて, 立ったり, 立てて, 竝んで, 第三, 紙魚に, 綺麗に, 縁の, 縮めて, 羨しい, 翻訳を, 背の, 脚に, 自分だ, 色々出, 英独両国語で, 落ちたかしら, 葉脈だけの, 行かないこと, 行われたの, 袖に, 複雑な, 見たいと, 見つかったか, 見つかったので, 見当たったので, 訳されて, 評価されたら, 詰まつて, 読まれて, 読みたいの, 読みたかったの, 読みたかったら女学校, 読みたくなって, 読みたければ, 読めたら気楽, 読めないから, 読めないので, 読めなくなった, 読めるか, 読めるからって, 読めるなら乃公, 読んで, 誰かの, 讀めないの, 貴重かが, 買えても, 買えない, 買えないそこで, 買えないという, 買へる, 赤い実, 軋んで, 載せなかつたので, 送りこまれた, 送れないなどと, 逆立ちした, 這入っては, 道藏, 遠くの, 選ばれ大, 遺って, 郵便でばかり, 重らしく, 重大な, 銀灰色に, 開けて, 関東に, 附いて, 陳列し, 階段の, 集まつたが, 雑然とおい, 面白かった, 顛倒に, 飛んで, 食堂で, 高いろくな, 高すぎる, 魏伯陽の, 黒い紐

▼ 本~ (1345, 4.3%)

8 私が 6 私の 5 ない, 自分の, 読んで 4 いつでも, ないかと, ないと, 一つの, 彼の, 非常に 3 どれも, 一冊も, 人間の, 枯れて, 沢山ある

2 [66件] あげて, ありませんか, ある, いって, いろいろな, およみ, こちらへ, この本, たいがい読んだ, どうにか買える, ないかね, ないから, ないという, なかった, なくある程度, ひつた, ひりの, よほど前, ガリバア旅行記で, 三之助の, 之を, 云わば, 仏蘭西に, 他の, 何と人間, 何時でも, 俺の, 借りて, 僕の, 出羽国米沢上杉公, 前に, 右の, 多田満仲公です, 奥州仙台伊達政宗公, 子供の, 少くとも, 尺八中は, 恥かしくて, 惜しくない, 持って, 日本の, 朝鮮の, 未だ出, 本の, 杉箸で, 梁の, 殆ん, 泉州岸和田岡部美濃守, 漢文に, 煙の, 皆さんに, 皆借り, 益, 目次の, 私に, 私には, 私も, 精神に, 聖書かと, 背中から, 読まんでも, 読めれば, 転がって, 道具と, 面白い本, 鞘が

1 [1145件 抜粋] あきらめて, あたらないわけ, あつて, あのよう, あの時, あの杏齋先生, あらむ, ありましたけれど, ありませう, あるだらう, あるという, あんまり読まない, いいもん, いくら, いずれも, いたる処, いってる敷島, いつか見, いつもその, いつ読ん, いまだに, いらない訳, いるだけと, いろいろの, うちに, うれしうらめしよ, おかないもの, おそらく私, おのづか, おめでたすぎる, おもに研究, お売り, お父さんに, かういふ因縁, かつて聞いた, かなり順序, きつと, くだらない, こ, こう日野, この他, この想像畫, この頃, これで, これまで, これまでも, こんなもの, ご承知, さしてめでたい, さらにおくれ, すえ子の, すこしお待ち, すこし後, すっかり読み終る, ずっと小さく, そういう機会, そうざら, そう沢山ある, そちらで, そっち除け, そつくり君の, そのまま向き直っ, その三分の一, その人, その全, その序文, その悩み, その相違, その草, その通り, それくらいに, それぞれ近頃ひろく, それゆゑ狸が, それ一冊だけ, たいてい立派, たくさんあっ, たしか全部, ただブラン, たとえ玄関, だ賃, ちょっと見つからない, ちらかったまま, つまらないと, できるだけ原書, とうとう見つからなかつた, とても良い, とりあげられ残り, どういう目的, どうだつたい, どうなりました, どうも有難う, どう云, どこで, どこに, どちらも, どの位, どれが, どんなその間, どんな姿, ないので, なかつた, なかなかない, なかほどより, なくなった, なく暑い, なつかしい本, なんでも, ばかに, ひって, ぶすっとかの, ほかには, ほしい, ほとんど廉価, まことに整然と整理, まじめな, まだかな, まだ出版, まだ日本, まだ真新しく, まだ買いません, まつたく私, みな巴を, みんなお前の, みんな伏せ, みんな暗記し, みんな焼けた, むずかしくて, むつかしいと, もうこっち, もうつかっ, もう一筋, もう二百頁, もう何度, もう殆ど僕, もう見られなく, もう長崎, もとの, やはりそうした, やはり面白く, やや権威, ようやく軟ぎぬ, よき水, よく売れる, よく読んだ, よむに, よめません, ろくなの, わたしたちに, われわれが, アメリカの, カラ, スミスの, チェホフ全集第, チャント脇の下に, ドクトルの, ドシドシ出, バイブルで, パリーでは, フアン・デル・ドムヘエト氏の, ブハーリンが, ポオと, マラルメ通の, ユニオン読本の, ルネッサンス時代の, 一つなり, 一つも, 一まとめに, 一人の, 一册も, 一切片附け, 一卷で, 一方に, 一組と, 一言の, 七志以外として, 三十巻三十一冊で, 三月二十四日予約申込ズミです, 上は, 下へ, 不満足な, 与へて, 世界中搜した, 両方の, 中, 中に, 中途から, 九寸五分に, 二つあります, 二冊ぐらいしか, 二冊とも, 二十五日です, 二十銭だった, 二百七十五首と, 互に必要, 五号の, 人間同等の, 今では, 今に, 今まで, 今日では, 今日は, 今謂う, 仮綴でも, 仲, 伏生以來相傳の, 伝記物語でした, 何うし, 何かしら赤青を, 何かと云, 何だい, 何でした, 何と, 何とかいふ, 何も, 何処にでも, 何年か, 余りかきあつめ, 例によって, 信濃川を, 倍ほどに, 僅に, 僕も, 兄の, 入れなければなどと, 入用である, 全く別, 全部その, 全部緑色の, 八つの, 八郎太が, 兵力に, 其二篇を, 其意味に, 内容装釘共に, 写真の, 冷血な, 出ないよう, 初めの, 判らぬが, 別として, 到来の, 前二冊の, 前漢の, 勝手に, 十九世紀の, 十年前に, 半紙の, 南北合一の, 南洋で, 単に読む, 厖大な, 友人に, 双曲線を, 取った, 受取った, 古い本, 古本屋で, 右に, 同じ時代, 同教授, 名の, 和英対訳で, 唄で, 唐宋以後手を, 四角い楠, 国分君と, 在りやがらねえ, 地方書店には, 堅木の, 売って, 売れて, 外でも, 多いの, 多くは, 多分アシェット, 夜読める, 大いに感服, 大井先生に, 大体に, 大体図書館にでも, 大切に, 大抵, 大正十二年の, 大部分, 失われても, 奥書きに, 妙な, 始めから, 子貢, 学問上の, 安永天明から, 完全に, 実にわれわれ, 実は一種, 家から, 家へ, 富岡が, 専らこれ, 専門家用で, 小さく萎び, 小田卷直次郎の, 少いとか, 少し根気, 少し白髮, 左の, 巻き奉書, 師範学校編纂の, 常識を, 年少の, 序も, 庭の, 当初の, 彙文堂の, 彼が, 彼女の, 御注文の, 必ずしも読み, 必ず机, 必ず福島屋, 悪念より, 愚かの, 成功だ, 我国に, 戦争中は, 手ちがいの, 手もとに, 手回りの, 手近かには, 投げ飛, 抱いて, 持ち歸, 揃えて, 揺れながら, 放つ遑, 教会には, 教化映画を, 文化十三年六月二十九日に, 文部省の, 新しい分, 新書を, 既に版, 日本でこそ, 日本へ, 日本語に, 明の, 明治より, 昔から, 是を, 時々買つて, 時時に, 普通に, 書棚に, 最早たいらげ, 月が, 有難く頂戴, 未完であっ, 本で, 本屋にも, 本当に面白く, 本箱に, 杉之, 東京の, 東京より, 東京帝国大学図書館に, 柿本の, 根もとに, 植ゑぬ宗佐かな, 極新しい, 樋口富小路と, 樺氏, 欲しいわ, 此人を以て, 武蔵在世中の, 歴史書の, 殆ど全く新刊, 殆ど皆宇佐美, 残って, 母に, 民に, 水明館の, 池の, 決して決して再び現れる, 沙羅書店から, 沢山集った, 消えて, 溢れて, 漢文で, 澤山ありませぬ, 灰色の, 無いか, 無事に, 無抵抗に, 焼き捨てて, 燃えきつて, 物より, 猶更出版, 現に安田横, 現在むやみに, 現在神奈川県茅ヶ崎の, 生の, 用心ぶ, 異人臭い, 疎な, 登州黄県の, 皆この, 皆その, 皆悪い, 目録そのものが, 相当ある, 相慶之, 相連合, 省内の, 眞鍮臺に, 真鍮台に, 矢崎嵯峨の, 短い, 確実だ, 祖母の, 神様の, 禁止すべき, 私たしかに, 私どもが, 科学の, 種々の, 空気圧搾器の, 第九天, 精神活動論を, 素早く退い, 終ってるが, 結局その, 絵で, 絶えてないこと, 絶版に, 繰り返して, 美しい言葉, 脣を, 自らあり, 自分にとっては, 至陽なり, 良きにも, 芝の, 芥川さんから, 若い青少年, 英国の, 華頂山文庫の, 著しく西田哲学, 著者の, 蘭軒は, 行先へ, 袂の, 見つからないもの, 見事に, 解つとる, 記載素樸に, 詰り相, 読まないの, 読まなかったかね, 読まれる本, 読みつけて, 読むため, 読むべきもの, 読んだこと, 読者に, 誰が, 誰とかの, 誰にも, 誰某の, 讀むべきもの, 買い切れない, 買えないもの, 買った事, 貸して, 赤鉛筆で, 辛うじてそれ, 送るよう, 速く深くよめる, 遂に其日, 遊んで, 邦文の, 酋長である, 重大だ, 針で, 鋭く切先, 長く一本, 長崎で, 閉じられたまま, 院の, 随分読んだ, 隨分少ない, 集めないよ, 雪に, 雪の, 順序も, 顎の, 食べなければ, 飾って, 馬形で, 高いから, 鮑の, 鼓の

▼ 本~ (1116, 3.6%)

14 何本も, 幾本も 12 生えて 11 ある 9 ない, なかった, 出て 8 六本も 7 あるが, あるの, 四本も, 立って 6 あった, あって, 持つて 5 ありました, ないので, 上げて, 並んで, 持って, 立つて 4 あつた, あると, 入れて, 四方へ, 読んで, 買ふ, 高く星

3 [13件] ないが, ないの, なかつた, なくして, 三本も, 五本も, 供えて, 出して, 手に, 残って, 用意し, 読めば, 買って

2 [55件] あったが, あつて, あります, あること, あれば, さして, そこらに, つけて, ないし, ないん, ない土, ない物, なければ, なし, ふかした, もって, 一夜で, 七本も, 並んだ, 乱さずに, 二十本も, 今では, 今は, 何も, 何冊か, 入って, 出なかった, 出来るので, 哲学者の, 差しかねたもの, 必ず文章, 我が託宣, 手紙を, 振舞って, 挿し画, 斜めに, 杉が, 植えて, 欲しいほど, 注射を, 灰に, 無かった, 無くて, 無く見渡す, 當り, 空に, 立ちあがって, 立てて, 筆塚へ, 筍を, 結び合せたもの, 薪を, 見えて, 読むこと, 運んで

1 [777件 抜粋] あがった, あげて, あちらにも, あったり, あった大きな, ありそう, ありそしてまた, ありながら, ありぬべし, ありましたし, ありますけれども, ありません, ありませんし, ありませんでした, あり得ないという, あるお前たち, あるしモーニング, あるそう, あるぢ, あるなか, あるね, あるや, あるよう, ある何と, ある印度, ある相当, ある訣, い, いくらかあつ, いくらかずつ, いつもの, いままで, いるのに, いろいろの, うだって, うらも, うれしいと, うんとある, おっ立てること, おなじ運命, おねがいいたします, お父さま, お目, お読み, お銚子, かなり厚い, きらめくの, くっきり刻まれ, ごらん, さがしましょう, ささせずに, さし木を, じゅずの, すぐ眼, ずっとあの, ずぼずぼ這入つたど, せんかう, そうして読もう, そうで, そう沢山, そこから, そっくり史実, そのあたり, その例, そよいで, それを, たいへん売れ, たしか芥川さん, たてられて, だった, つづいて, つないで, つまらず田之助, でけて, ときどき取り出し, ともして, とらずに, とりつけて, とるの, どっさりあろう, どのよう, ないあわせ, ないか, ないこと, ないだろう大抵もう, ないって, ないわよ, ない不思議, ない代赭色, ない始末, ない平原, ない広漠たる, ない敷地, ない男, ない疎開先, ない純白もの, ない老婆, ない赤みがかった, ない野天, なおせるもの, なかなか面白い, なくかすん, なくつて, なくて, なくな, なくなったと, なくもし, なく千島, なく数, なく正月, なく皆野ら, なく読みつ, なく谷間, なく赭土, なしと, ならんで, のこさずかみそり, のんだかなと, のんで, はえた怪物, はえて, ばらの, ふれますまい, ぶつこと, へし折って, ほしい時節, また, またアリストテレス, また高, まだ人間, まるで無くなつ, みえなかつたが, みないで, みんなこちらへ, みんなその, もち主が, もとから, やり取りしなかった, やると, ゆっくり読めない, ゆるがせないで, ゆれて, よくよみ, よくよむ, よこさない, よこして, よまずに, よみそういう, よみつくした私, よむ有様, よめず人民, よめず樂, よめず理屈, よめなかったし, ろくによめない, わからないほどの, わかり面白かっ, ウルマイステルの, キヨトンとして, クシャクシャと, ステツキも, スーッと, モンテクリストとか, 一, 一つの, 一二冊しか, 一枚の, 三分経つ, 三十七万冊が, 三日ぐらいで, 上げた, 上げませう, 上げるだそれ, 下が, 下さらずお, 下つて, 両側から, 並び四囲, 並べて, 並んでること, 中指には, 串を, 二三冊あった, 二人と, 五本も造つて外出用部屋用式場用等々みな別に, 亦よい, 亦砲弾, 今度出, 今日は, 他の, 伐らないで, 何に, 何時ポケットに, 作らなくな, 併せ御, 使わないうち, 來たさうだ, 來たんだ, 供げて, 倒さなかったの, 借りられるし, 借金と, 光って, 入つて, 入り乱れて, 入る靱, 入れるから, 全部とりおさえられた, 其だけの, 几帳面に, 出さずに, 出したという, 出せなかったこと, 出た, 出ないの, 出ると, 出来て, 出来ますが, 切り落しました, 切除した, 刻み込まれて, 動かさずに, 動かしたこと, 印刷し, 參りました, 右の, 同じ花, 吸つた匂ひた, 吸わない訳, 吹かしながら, 呉れはつ, 呷つて, 喫つてゐる, 喰えば, 団扇を, 土を, 堂塔の, 塗りたくって, 売れゆき, 売れる以上, 外れて, 大きな栗, 大方売っ, 太郎や, 奪い取った, 子部の, 存する以上, 容易に, 寄り集まって, 寝ころんで, 實際の, 射込む手筈, 少しは, 少し賣れ始めた, 山肌に, 山門の, 差させませんから, 差して, 幾冊か, 店へ, 引いて, 当たらない, 当りを, 後に, 御書き, 忘れずに, 恋文を, 或は搜, 所持し, 手を, 打たせなかったね, 打折っ, 折っちまったじゃ, 折つてやらう, 折れて, 抜いて, 抜には, 抱えさせられて, 拵えたん, 持ちませんが, 持っては, 持つては, 振り廻して, 捕れたあとぢ, 掘れなかった, 探し出そう, 掬い出したこと, 支那の, 数十点あった, 敷いて, 文学史の, 新たに, 新聞も, 旗を, 明けぬ中, 時代には, 時代は, 書いたかと, 書いた色文, 書いて, 書かなかったそう, 書くの, 書けずその, 書け十露盤, 木が, 未だに読まず, 机の, 机も, 材料も, 来て, 来ること, 林さんは, 植えた庭, 植えられて, 植つてゐず, 楔を, 横に, 欠けねえ, 欲しいという, 正も, 歯が, 殆ど蝕まれ, 残さず金, 残されて, 残つては, 残らずある機会, 残らず抜けて, 残らず枯れて, 残りませんでした, 殖えたであろう, 殘つてゐない, 殘つて居ない, 毛の, 水に, 沢山よ, 注ぎ込んで, 注意深く鉛筆, 流行し, 浅い州, 深くみぞ, 減るもの, 温めて, 漕ぐと, 点って, 無いじゃ, 無いという, 無いのね, 無いはず, 無い不, 無き程, 無くなっては, 無く烈しい気象, 無理が, 煙の, 煙草が, 猿が, 玩具も, 現代に, 甚だ多, 用も, 用意しなかつた, 留めぬやう, 発表し, 白髪の, 皆な縛られました, 皆一様に, 直き, 相づちを, 真っ白に, 真直に, 睫毛が, 矢が, 矢を, 硯も, 私の, 突ッ立て, 突立つてゐた, 立ちならんで, 立ったので, 立てかけた石置場, 立てたいと, 立てたやう, 立てようという, 立てられた, 立派なれ, 竝んだ, 竿を, 筆を, 筋が, 紙類も, 細い茎, 結びつけた毛針, 続けて, 縄が, 縄の, 縫ひ込んでる, 置いて, 聚まっ, 育たぬ, 育たねえんで, 胸に, 能う可, 舟へ, 船から, 色鉛筆の, 芸術を, 茂って, 茂つてゐる, 茂り覆ひたる如くなる所, 落雷で, 著して, 葭という, 蒼白な, 蝋燭を, 行の, 見あたらない, 見あたらないの, 見えない, 見せるな, 見た, 見つからなかつた, 見ぬ見事, 見られない, 見られません, 見出しました, 見当らないの, 見当らなかった, 見物の, 見落さじと, 触れさ, 触れさせなかったという, 詰め込んだ発破, 読まずに, 読まず手習, 読まず映画見物, 読ませぬ, 読まないで, 読みあきて, 読み事務, 読み人, 読み尽して, 読み文学夫人, 読むまた, 読む力, 読めずに, 読めないこと, 読めないし, 読めなくて, 読めぬ病弱, 読めれば, 読めんけん, 読んだ, 読んだこと, 読んでは, 讀みたい名, 讀みつくした時, 讀む氣, 貰って, 買い時には, 買い込んだり, 買えぬ, 買える, 買える安物, 買は, 買へる, 貸して, 購入書類が, 赤, 赤い線, 走って, 足が, 軒近く, 転が, 追, 這って, 通って, 道具も, 遣しなされば, 釘や, 釣竿を, 鍋釜も, 鑑定が, 開かれた, 随分贅沢, 隨分屆けて, 集めて, 集め出して, 電話が, 震災で, 面倒くさかった, 頬張って, 食つ, 食ひたくなる, 食べましたかな, 飲ませて, 飲まなかったり, 飲んだり, 飲んでから, 駄目だ, 鵞ペンを

▼ 本~ (1096, 3.5%)

45 書いて 44 して 37 なって 19 出て 14 よると 8 すること 7 なります 6 なれば, 書かれて 5 あること, なった, なつて, 入って, 見えて

4 [11件] なったの, なつた, なるの, まとめて, 向って, 夢中に, 對する, 就いて, 気を, 眼を, 身を

3 [16件] あるよう, かじりついて, きまって, したもの, するとき, なりたて, なり三本, なる, なること, なると, まとまって, 入れて, 基づいて, 手を, 火を, 読み耽って

2 [69件] あたるん, あるところ, あるの, ある話, かいて, かぶれて, くわしく書い, さへ, した, したいと, したの, しても, する, するため, するつもり, するには, するの, ちがいない, なったが, なったとき, なったもの, なりました, なりましょう, なるとき, なるところ, なるまで, なるもの, はさんで, ふれて, まとめた, むかって, よりて, よれば, ライターの, 三代将軍家光は, 何かしら細かく, 分れた幹, 利殖し, 反へらざる, 反らざる, 合流する, 変りはじめた, 大吉吉半, 学んだ以外, 小林彌, 就て, 序文を, 復れ, 挟んで, 描かれて, 比べると, 無い文句, 物語られて, 目を, 綴暦の, 纏めて, 至るまで, 興味を, 親しむこと, 解題を, 載って, 返りて, 通じて, 違いない, 釣られて, 銀流しを, 間違いない, 關し, 關する

1 [655件 抜粋] あきらかに, あたりちらすなんて, あったの, あったん, あった訓, あつた, あつて自然的實, あつまってる, あつめられた五ツ, あらゆる本, あります, ありますけれども, あるさ, あるという, あるやう, ある通り, いたるまで, いつもの, うつかり, うつる前, おき人倫, おさめられて, おさめられ電気磁気以外, おでんが, お前どう, かかった, かきました, かき込むかも, かける自信, きまつた, きりこむ心得, ことよせる心持, このバッジ, この竜女, こんな事, ごく稀, ござったまた, さうでございますね, さえ名, さかのぼって, さほど目新, しがみついて, しがみつき帳面, しその, したこと, したって, したつて, したとき, したらもう, したり, してから, しては, しなければ, しようか, しるされて, しろこれ, しろそこ, しろ多く, しろ思いがけない, し西洋諸国, すがりつこうと, すぎない, すべきでは, すると, するとか, するところ, するとつ, するやう, するわけ, するん, する時, する気, する為, そのよう, その一本, その時代, だした, だつて不自由, ちがいありませんね, ちゃんと書い, ついて, つき内容, つけるよう, でて, とりいれられたについては, とりかかる, とりついたの, とりついて, とりつけないの, どうある, どういふ, どんな本, ない記録, なじみが, なじみの, なったこの, なったと, なったという, なったね, なったらどうぞ, なった地代, なった小説, なった阿部次郎氏, なった頃, なってるよう, なつたら読む, ならつて, ならん, なりいつか二人, なりしきりに, なりそう, なりたいの, なりますから, なりますが, なりますし, なりますと, なり二本, なり四本, なり築地, なり距, なり関屋, なるから, なるくらい, なるそう, なるだらう, なるであろう, なるであろうが, なるでしょうすらり, なるといふ, なるについての, なるはず, なるまでに, なるよう, なるわけ, なる好奇心, なる日, なる時, なる権利, なろうと, のせて, はりつけたよう, ひきずり廻されたこと, ひきのばしたの, ひょいと顔, ふえると, ふくまれる必要以上, まけないほど, まとまるに, まとまるよう, まとめたらといふ, まとめたら読者, まとめようと, まとめられた, まとめる範囲, みえて, みちて, みんな抜けちゃった, めぐりめぐって, もうちゃんと新しい, やはり同じ, ゆつと露, よくいう, よった, よみふけって, よる, わかれて, ゐて, アンドレ・モーロアの, カットを, ザワザワと, ナマ卵を, ニコニコし, ハセツカベと, バターが, バラで, ペテン師として, メーヴェリンを, ヤマアイと, ラッコ島の, レンラクが, 一つ一つ口調の, 一一何冊目と, 一人が, 一個二本に, 一卷と, 一本は, 一箇百円も, 与えた, 両為で御座ん, 九尺柄タンポ槍の, 亀戸神社の, 二個, 二寸角ばかりの, 二本は, 二貫たし, 五郎作母六十四歳と, 交じって, 人足が, 似たり, 何らかの読む, 余るマロニエ, 使い分けて, 供えたるもの, 依って, 依つた, 依つて相違, 依りますと, 依るの, 依ればね, 倦きた, 入れたく私, 全く見えず, 典據が, 出した人, 出して, 出てを, 出るか, 出る人, 出来るでしょう, 分かれその, 分かれて, 分れた松の木, 分れて, 切つて焚きつけ, 刑務所の, 刷って, 剣を, 剪って, 化ける話, 化け物の, 匹敵する, 十二代五郎兵衞實弟と, 十四世紀の, 半ば気を, 南国の, 印を, 及ぶ, 及ぶ芽立, 収めた各, 取ること, 取纏めたの, 各の, 向うか, 含まれて, 吸いつくという, 吸ひつく, 吾, 噛りつい, 囘すを, 四月十七日の, 四羽ずつ, 堅く結ん, 塗るん, 増す忍び道具, 売った金, 変える奇蹟, 変わると, 大きくなっ, 大月原と, 大賊が, 妙な, 始つて一本に, 始まつたの, 孔子さまが, 孔雀は, 字を, 字句の, 学んだので, 宋槧と, 客人の, 寄り二本, 寄り金澤, 富永の, 對し, 小さい托葉, 小さく鉛筆, 就いては, 就きましては, 就ては, 尺取虫が, 差挟んだ, 巴山夜雨の, 巻きつけて, 干し竿, 幾組かの, 序し, 度々出逢っ, 庭の, 延ばして, 引用する, 強くからみ付い, 当って, 従うて, 復したと, 復したる後, 復して, 徴する, 心を, 応仁の, 意識し, 感じられた, 感服しなけれ, 憑かれだした頃, 成た, 成つて見れ, 成りたて, 成豊の, 截って, 戻って, 扱われて, 抜いて, 抱かせて, 押して, 拇指を, 拠ったもの, 拠るもの, 拠れば, 指を, 掛けて, 掴って, 描いて, 提灯を, 揖保郡新宮村の, 握り飯一つしか, 撮めるよう, 教えて, 教育の, 数えるの, 文明史上の, 斉天大聖到, 方に, 於けるジード自身, 於ては, 於てよりも, 日本訳され, 明らかに, 映った, 映って, 更に足し, 書いたある, 書いたこと, 書いた緒言, 書いてないところ, 書いても, 書き入れを, 書くの, 書くは, 未央生という, 本を, 朱を, 机一つ椅子一つ社長一人の, 李太白の, 東京から, 校讐を, 植えて, 次ぎの, 止まるを, 此前に, 残し留めたらしい槭, 殖えて, 比すべきでは, 比ぶる, 比定した, 気がついて, 水の, 水を, 求めるべきでは, 沢山出, 沿って, 沿着し, 注意が, 泰了縁家の, 活かされて, 淵源せし, 添へて, 渡したに, 源氏物語伊勢物語が, 炬燵に, 点火し, 為政より, 焔を, 無かつ, 熱中し, 熱中できる, 燈火占といふ, 燕子花の, 特別大きな, 狂氣街道と, 現れる, 環または, 用が, 番号を, 発売禁止を, 白髪に, 目が, 相当する, 相談を, 眼色顔いろ, 着して, 硝子盃を, 硬い点床, 確か二十四代まで, 禹貢との, 移した, 移つたので, 突つかれ, 箔を, 箸人と, 納めた三種, 組めませんね, 結ばりつい, 結びつけて, 絵が, 綴つたのを, 綺麗に, 縋りつくと, 繋ぎ余等三人, 纏めたという, 纒まる, 老婆物語と, 而御座候, 致しまして, 致しましてな, 花筏巌流島という, 苦い叱責, 菊屋傳右衞門の, 著ける, 蔓延する, 製本した, 見える, 見えると, 見える作筮, 見入って, 親しめたこと, 親しんで, 解題批評を, 触れること, 言語の, 記されたよりも, 詳し, 詳しく書い, 説明し, 読みふけって, 読み厭きて, 読み耽り楢雄, 読入つた, 誰ひとり怪我を, 讀むべからざる記註, 負う所, 負ふ, 負ふところ, 貼られて, 貼る, 貼るペイパア, 賭けられて, 赤く色, 走り書きした, 蹤い, 身体を, 載せて, 近い子守, 近づけさせる, 近畿の, 返つて, 返らざるを, 追ひ至り, 逆立って, 逢ひ, 逢ふ, 進歩した, 過ぎないだらう, 過ぎないと, 過ぎないの, 還るて, 還るを, 重い荷物, 開かる, 関係を, 関心を, 附けたの, 限られて, 限るよう, 隨ひ, 集めて, 集められた, 集められた小さい, 集注しなかつた, 集録された, 電話し, 静電気を, 非ず, 非常の, 面を, 響いて, 顔を, 飢えて, 餘る, 魔性めく, 鮪の, 黒繻子を

▼ 本~ (640, 2.0%)

9 一緒に 8 云ふ 7 なって 6 なく並ん, なす 5 云えば 4 いへば, なつた 3 いって, したるは, せずして, なつて, 信じて, 本と

2 [34件] あった, いえば, いっしょに, いっても, きまって, きめて, したる者, す, すること, するところ, する事, ちがって, である, なくろうそく, なく並んだ, なく放射, なく煙草, なく立て, なりこの, なる, ものさしや, ゴーリキイの, 一しょに, 並んで, 云うもの, 写生帖とさえ, 化粧道具を, 数知れぬ, 為す, 無いが, 相違し, 私の, 薄い板, 言ふ

1 [505件 抜粋] ああこれ, あるが, ある青い, いいますの, いうて, いうと, いうべきもの, いえども, いえるが, いつた方, いはれたが, いふと, いふよりも, いふ者が, いわずに, いわるる吉野山, いわれるもの, いわれる腕利き, おでんが, お弁当, お書き, お清, お話中でございます, くぎって, くらべて, くらべると, これから読む, これを以てに, し, しことば, したの, したものの, したるもの, した我が国, した教育法, して, してた我が, してない, しなくては, しなければ, しぼんだゴムふうせん, しようとしても, し之, し仁義, し他者, し古今, し心, し苛烈, し諸, すと, すべし, するため, すると, するも, するやう, する想詩, する社会, する經濟, せる, そいから, そして酒, そのほか, その外, その必要, その時々, その歌, それから, それきりで, それぞれに, それとを, それより, それを, それ以外の, ちゃぼ檜葉が, ちょっとした小皿物, つけて, つづけられた, つてチョと, つて口に, つまみ物を, でて, とって, とりかえて, なくある, なくとも, なくともっ, なくマチ, なく万本, なく並ぶ, なく位牌, なく作らせ, なく光る, なく勢い, なく咲い, なく坊主, なく壁, なく射込まれた, なく尖端, なく差した, なく席上, なく干し, なく平げ, なく忍ばし, なく手, なく手紙, なく抛り出され, なく拾, なく持つ, なく提灯, なく暗闇, なく枯死, なく植, なく横, なく此, なく残った, なく水, なく立っ, なく立つ, なく立てる, なく箪笥, なく細雨, なく続け, なく綺麗, なく縦, なく繁り合い, なく纏わり抱きあい, なく置い, なく若い芽, なく蔭, なく藁束, なく起重機, なく門松, なく隅田, なく頭, なく風, なく高い柱, なく點, なしこれ, なし最初思い邪, なし真空, なすかも, なすべきにこそ, なった, なったので, なったら心, ならざるを, ならざれば, なりぬべし, なりました, なります再版可能, なり世間, なり優秀, なり其他, なり四本目, なり體驗, なるとき, なるまでの, なるも, なるわけ, なる前, なれば, なれるもの, なれる多く, のし餅二枚を, ひっか, またその, まだたけ, もう一冊二冊, もって, もらっては, もれて, やつぎばやに劉の, やらいうもの, よんだ, よんで, わけの, イナウルが, カツライスを, カードの, サンクチュペリの, サンヤレ織, シャルトの, タオルね, チーズの, ツて, テラ・ロオザを, ドブ溜だつた, ノートとで, ビーフステーキ, ピイナツを, ペンとは, ヤケ酒を, 一丈夫豈, 一本の, 一生懸命に, 一緒でなく, 一緒な, 一緒にも, 一致し, 万年筆と, 万治本と, 三日一つトラックに, 三本とに, 下に, 並べておかれ, 並木道の, 中祕, 事細かに, 二人の, 二本の, 二葉亭は, 二通り出す, 云, 云う話, 云う身軽, 云う髪の毛, 云ったって, 云って, 云っても, 云ふと, 云ふも, 云る, 互に照らし, 五本を, 些かの, 亡靈が, 仕掛けを, 以前の, 仰しゃる人, 作家は, 使って, 倒します, 倒れて, 僅かの, 兎の, 入つて, 兩方書い, 八分通りの, 内容を, 出すこと, 出て, 分って, 分らない本, 切りぬけ六, 初九, 別に短冊十枚, 別に送る, 加藤清正の, 千字文という, 南江堂で, 南瓜を, 原稿用紙と, 原稿紙の, 參考し, 友達に, 反点, 取り替えに, 古新聞紙, 合匙と, 同じかきあつめ, 同じ効果, 同じ形, 同じ本, 同じ町, 同じ種類, 同一である, 同種であり, 名づける, 名づけること, 名の, 名目だけ, 吸って, 呼ぶこと, 呼ぶ代わり, 命じた相手, 和装本と, 咲き始めたころ, 哲学の, 唱えて, 商法講習所と, 善本とが, 四本の, 図書室という, 地方の, 埃で, 増して, 売りつけて, 外の, 大きな白い, 大きな鋸, 大きに厚く, 天井に, 女子に, 娯楽雑誌が, 孫星衍本との, 定められそれ, 実物とを, 宸翰本とは, 対照する, 小さい軸物, 少しばかりの, 少量の, 居間や, 工芸資料を, 左の, 左眼を, 巧みに, 序と, 弁当とを, 弓の, 引き合わせ本, 引換への, 彼の, 徳利の, 思いそれなら, 思います, 思うと共に, 思えと, 思えば, 思った本, 手帳とが, 手榴弾が, 指を, 掛軸を, 接触した, 接觸した, 推奨された, 換気筒が, 政府の, 教職に, 數知れぬ, 文なき, 文学の, 新聞紙と, 春曙抄とを, 是れ, 普通の, 景色も, 曲った柄, 書き溜めた色文, 書棚に, 末, 末とに, 本との, 本の, 机の, 村楽隊と, 来たら昔, 林檎の, 枯死し, 栄蔵の, 桃を, 森杏奴が, 植えて, 極めてある, 概称する, 榛柏手沢本との, 標本と, 樫の, 機械や, 次ぎ次ぎに相, 殊なる, 殖えて, 殖やして, 殘らぬ, 毎日数え直し, 比べる機会, 比丘尼寺の, 江南本との, 河間七篇本とが, 油糟とを, 流行織物の, 海苔一袋とが, 溝挾本との, 灯心を, 為し, 為す立場, 焼物だけ, 煖炉の, 爲す, 爲す者は, 爲るなり, 父に, 片腕を, 片隅に, 版式に, 猥らな, 現像液を, 瓶を, 甚しく, 申しまして, 申す事, 申せば, 男子を以て, 異る, 異処, 白い木綿糸, 盃を, 直した, 直接関係の, 眼鏡に, 矢つぎばやに, 石器發見の, 研究録わずか, 社会主義の, 神官が, 私は, 称するが, 稱す, 立てる棒, 章魚の, 筋立ての, 算えられる, 系統を, 紙と, 細君の, 経巻が, 続々届け出る, 考えて, 考えられて, 考へる様, 聞かれて, 胎児と, 自分とは, 自分のと, 自然薯を, 茶店が, 菓子でも, 落葉松が, 葉書数枚書いた, 蒲團に, 薬とを, 蟹の, 褌一筋の, 見えて, 見ても, 見なしこれ, 見比べても, 見誤まる, 覚えて, 解して, 言い出したから, 言うを, 言えば, 言ったら, 言つた, 言はれ, 言ふこ, 言われて, 記した所, 認めて, 認められた小島, 認められるが, 誤解された, 読む本, 読本とを, 調べだしました, 謂ったり, 謂って, 買い得て, 買うこと, 赤玉チーズを, 越えない中, 足袋明日お送りします, 軽いよみ物, 載す, 遊びに, 違って, 都合五本外しましたら, 酒, 酒を, 里芋五合との, 野菜の, 金歯を, 針床といった, 銅緑の, 間違えたとか, 関さんの, 降矢木に, 限定した, 集めて, 雑記帳とで, 雑誌を, 雖も, 露國のみ, 青年時代からの, 青野原土手の, 靴下と, 鞘から, 食ひかけ, 飮めない, 飲むうち, 首っぴきを, 首引きだ, 首引きで, 香嚢とを, 高田天野坪内の, 鶏小屋, 黒みが, 鼻の

▼ 本~ (586, 1.9%)

15 あつた 12 読んだこと 10 読んで 6 あつて 4 はなく, よんで 3 はない, 見たこと, 見ると, 読んだの, 讀んで

2 [22件] あらうが, いつまでも, お前には, この翻訳, その長, それに, たくさんだ, も触らない, 一国一城の, 五六行しか, 多寡を, 寺を, 拍子を, 来ると, 沢山だ, 生産は, 突く程, 立派な, 読まされては, 読んだり, 読んだ事, 雄本

1 [476件] あけられること, あしらわなければ, あとの, あんなかっこう, い, いい, いいの, いいわ, いくら万葉集, いちばんおもしろい, いっぱいに, いつの間にか挨拶, おかあさんの, おきかえられた, おしまいだ, おしまいに, おのおの方も, おほき, おまんま, お出向き, お座敷に, お曾與, お試し, お読み, かくしても, ぎっしりつまった, げしょう, こうして考え考えし, ここに, この名称, この家じゅう, この梯子, これで, こんな事, ござります, さうし, さがして, さへ, さまざまの, しまるほど, すぐ応援, すっかり酔っ, すむ, すむところ, すむの, すむ物, そこで踊つて, そのこと, その人, その後全く, その持物, その百五十六頁, それが, それには, それ見たら, そんなこと, そんなに, たうとう, たくさんに, ただ物語, ちっとももの, ちゃんとやっ, ちゃんと役に立つ, ちやうど, つい髪結床, つきだすつもり, でも, でもさ, とうとう余, とうとう髪の毛, どういふ, どうやら体裁, どうやら嫁入り, どこへでも, どんなところ, どんな厳重, なげとばすという, なされたもの, なしに, はありません, はある, はいけません, はしかた, はじまって, は指, は映画, は望む, は沖, は流した, は無く, は結局正方形, は討ち取れない, は足りない, は足るまい, は間, ひっくりかえったり, ふところを, ぶらさがってるの, ほとんど二百ページ, まさか二十五両, また菓子類, みかんの, みた言葉, みましたが, みると, もう一つ, もう充分, もちあげられるでしょうね, もっとも興味, もっと掌, もつと, もよい, や, やったので, やったもの, やって, やっぱり中川, やつた, ややもすれば兜背形, やられるの, やれるという, ゆかうと, よく知っ, よまないでも, よむこと, よむべきの, よろしいの, よんだこと, わかる, わかる範囲, アイヌ語の, アナトール, オナジミで, カンテラを, クグツ袋の, ゴーリキイの, ザイレという, ソヴェトに, ダヌンチオの, トラックに, ピエール・ド・メディヌの, ポールに, マノン・レスコオだの, ヴァライエティ台本を, 一から, 一ペエジ余に, 一ペエジ餘に, 一寸した, 一層はっきりと, 一杯に, 一番長く, 一通り, 一銭, 三年も, 三百円も, 三萬六千册七萬九千餘卷ある, 世の中へ, 世界中の, 世間に, 中には, 中の, 中村敬宇の, 之に, 九十万リートルざっと, 乾隆中に, 事が, 事を, 事業に, 二つの, 二千人を, 二千円も, 二寸に, 二時間に, 五人の, 五十頁か, 五度に, 五燈会元という, 人の, 人間を, 仁そのものでない, 今も, 今尚, 仕事が, 他日細君の, 何やら妙, 何を, 何万円でも, 何十円何百円にも, 何千円の, 何時でも, 何程万葉集を, 値段は, 僅か二十銭, 元の, 元気に, 八円の, 八十銭, 六円九十銭いただきます, 六藝略に, 兼良の, 写真が, 出来た両者, 出版される, 刑は, 刻みの, 削って, 創口を, 勉強した, 動かす最後, 勝つ術, 十の, 十分に, 十銭, 千代田の, 千本だ, 千本に, 半紙百零三頁の, 南竜の, 単にドイツ語, 厚表紙は, 又その, 又間違, 叩きあげた浜, 叩き上げた彼, 各十二, 吊りさ, 同一の, 君の, 呼出されて, 唐の, 喧しく主戦論, 嘉慶中に, 噺の, 四国九州を, 四庫全書の, 土に, 坂を, 埋まって, 塀を, 売りませう, 売れたり, 変つた形を, 外から, 夢遊病の, 大の, 大和の, 大坂を, 大変視力を, 大師の, 大正十一年の, 大身代, 大金を, 天井へ, 天才的な, 太平洋戦争を, 夫程, 奉公先から, 女の, 如何に, 完結までには, 宗教の, 実価, 実質に, 宮本武蔵が, 容赦なく, 寛政中伊良子光通の, 専門の, 小さい人達, 小売屋に, 少年向という, 山から, 山田吉彦氏訳の, 岩波書店から, 左右された, 巨万の, 巻頭に, 幾千の, 幾頭かの, 広く狭く縫目, 庇へ, 序を, 引いて, 引おろせる, 当時得がたい, 形式は, 得たお金, 得たとも, 思はず引き入れられて, 懐中には, 或る, 戦いあえる対等, 戦争中には, 所謂卑彌呼時代を, 投げ倒されて, 押し通したため, 掻込む, 搗くこと, 支えて, 支那には, 放火さえ, 散歩する, 文机の, 文章が, 斎柱と, 料理を, 斬り返されて, 断ったり, 斯んな, 新らしく, 新本で, 日本人の, 旧幕時代で, 昔の, 昔見, 昭和十六年小田原で, 暗んじきって, 最も不自由, 最も印象, 最も古い, 有名な, 朝廷の, 机を, 村に, 栂尾の, 梅原龍三郎のが, 棚から, 森の, 森谷の, 欠けて, 次の, 此れ, 歴史を, 殊に甚だしい, 残りの, 池田氏の, 法律が, 流行色の, 涙を, 深田久彌の, 済むよう, 済んだの, 渠自身の, 渡したん, 渡りある, 溺れ死んだ, 滿壘とか, 澤山だ, 火が, 火薬の, 灰に, 無造作に, 焼きたくないもの, 熔融炉の, 爆発へ, 片頬, 特に私, 特攻隊に, 独立商を, 王を, 珍しいもの, 生きて, 用が, 用を, 申し込まれると, 當時行はれた, 相手を, 眼は, 知った他, 研究したら, 確保する, 私の, 私は, 秋冬の, 種子を, 稼ぎため, 稽古し, 立ったり, 立つ事, 箒熊手叉把の, 箱の, 細く高くあがる, 細長いからだ, 結構腹持, 絶版に, 緑色の, 總目に, 而も, 背文字に, 自然に, 自由自在に, 舞台すこしく, 芸の, 若い彼, 苦も, 苦労を, 苦心しない, 落せないこと, 表紙に, 見たその, 見たよう, 見たり, 見た事, 見た作者, 見た明治時代, 見た覚え, 見た記憶, 見ても, 見ましたが, 見ました仙境, 見るやう, 見るユリウス, 見る人, 見馴れた仮名, 覚えた所, 覺えた, 試験の, 話を, 語り通して, 語学を, 読まない本, 読み北斎, 読むと, 読むよう, 読む者, 読んだ, 読んだばかり, 読んだん, 読んだ伝説, 読んだ幣帛, 読んだ時, 読んだ死後, 読んだ覚え, 読んだ記憶, 読んだ話, 読んだ通り, 諭吉は, 講演で, 讀む時, 讀んだ, 讀んだだけでも, 讀んだ記憶, 貧と, 貫かれて, 買わされるなんて, 貸した, 足りさせること, 足りなきゃア, 軽く鼓, 載せて, 輪を, 近来ずっと, 述べようと, 追払ったん, 逃げ出し始めたそう, 通ってないでしょう初め一寸, 遂に私, 遠くから, 釈迦の, 重くて, 金的を, 長く超, 間接射撃を, 隱さう, 雨樋に, 雨風を, 韋駄保と, 頁を, 頁数は, 額は, 顔を, 食べて, 養わねば, 首に, 馬琴の, 魔法の, 魚野川が

▼ 本~ (300, 1.0%)

7 の事 4 にお, の罪人 3 だよ, ですか, では, にそう, に自分, の素性, の美人

2 [33件] かも知れない, だ, である丹道, ですよ, なん, にうまい, にお前, にそんな, に人間, に何, に可愛い, に呆れた, に學校, に御, に心配, に悪い, に理解, に私, に酔わされ, に馬鹿, のお, のお父さん, の心持, の悪魔, の意味, の日本, の死人, の母さ, の素顔, の縮毛, の裁判, の邪視, らしい

1 [198件] か本統, だから, だね, だろう夫, であったん, である, であるかも, でしょうか, でしょうね, ですとも, ですね, でない樣, とも, なの, ならば, なら僕, にあった, にいい, におちつい, にお嬢様, にかう, にくさくさ, にごつごつ岩, にそういう, にその, にそれ, につらい, にと繰返し, にどう, にならない, になろう, にはあまりよく, にひどい, にびつくり, にふれない, にふわ, にまだ, にもうそ, にやる気, によかっ, にわかる, にスリッパ, に一命, に上つ方, に久しぶり, に人間つてもの, に仕, に仮面, に仰る, に何物, に何病, に來, に先, に其の, に凄い, に出, に分からない, に半分, に同情, に君, に呆れ, に啓発, に善さん, に困, に困つち, に天, に天帝, に失禮, に奥さん, に妙, に嬉しい, に実行, に察し, に帰る, に幽霊塔, に床, に強く, に彼女, に心, に必死, に怖, に恋, に恐い, に愛されよう, に愛し, に愛想, に憎い, に放し, に斯ん, に新しい, に明き盲目, に有り, に有難い, に来なく, に権田さん何, に止める, に死ぬ, に死ん, に死身, に気, に済まない, に火焔, に無かっ, に無理, に熟練, に独り身, に獨, に生き, に生きる, に痛々しい, に眠っ, に知らん, に知り, に研究, に私達, に美しい, に老人, に職業, に誤解, に誰, に貴女, に身の毛, に辛い, に遅, に運, に過ち, に遠慮なく, に遺憾骨髄, に酷い, に降参, に頼む, に頼り, に飲ん, に高原, に鶏冠石, の, のあらん, のお話, のお話し, のこと, のインデペンデント, のコスモポリニズム, のパリ, の事実, の事情, の亭主, の人, の取り調べ, の味, の唖, の問題ぢ, の喧嘩, の城, の失敬, の子供, の実景, の嵌, の役, の快い, の急所, の恋, の所, の所ろアレ, の所夫, の改造, の新, の果実, の桔梗, の渡り, の父, の父親, の牧師, の犯罪人, の状況, の發句, の目先, の目的, の祖先崇拝, の秋, の科学, の紳士, の美, の荒川, の話し, の身元, の身分姓名, の道, はその, はそんなに, はクララ, は何一つ, は嫌, は安定, は少し, よそんなに, らしくて, らしく見えると, を見きはめた

▼ 本でも~ (269, 0.9%)

20 読んで 4 よんで 3 三本でも, 出して, 持って, 買って

2 [15件] あるが, いい, さわって, それが, ないかと, 二本でも, 戸に, 残して, 盗んだ覚え, 自分の, 見て, 読みに, 読むか, 読むの, 読む以外

1 [203件] ああいう, あの根切り虫, ありません, あるかの, あるだけ, あると, いいから, いいし, いいの, いいよ, うつしでも, おまえを, かまいません, きれいに, くれれば, くわしくくわしくいく, けっこうです, これくらいの, これだけを, ささせるもの, さして見ろ, すくない, ずっと後, そなへ, その人, その内容, その家, そばにおいて, それを, た, たいした力, ために, とどける, どうかする, ないぜ, ないだらうか, なかった, なかったらしい, なかなか金銭, なくまた, なんでも, ばかに, ひろげようもの, ふれたという, ふれること, まちがっては, みんな製薬用に, もはや見る, よいのに, よかったら, よけいに, よみたいかしら, 一冊借し, 上げて, 上野公園内に, 二十本でも, 二百本でも, 人に, 人の, 伐れば, 休養と, 何だか苦笑, 何でも, 元來, 入るよう, 内しよで, 出した節, 出しに, 出版屋が, 分けて, 削花, 勿論ジャーナリズム現象, 取り捨てては, 唐書の, 固めて, 壊されて, 売つて, 売れたら胡蘿蔔, 売払って, 外へ, 多くの, 多く飲ませ, 大切な, 好いん, 差さないと, 差そうとは, 平チャラ, 幾多の, 庭に, 建仁三年以後に, 御動かし, 御覧, 御覧なさり, 御覧に, 御覧にな, 急拵えの, 悦んで, 惜しいらしく, 慰めに, 我慢し, 打ち所次第では, 折れるそれでも, 抜けたら, 拵らえ, 持たさない殆ど, 指され度, 指したら最後, 指して, 掘出したの, 搗きつぶしたこと, 教えて, 散ば, 時々観世物, 時代の, 曲がって, 書いたら一冊, 書きたいくらい, 書くと, 木の, 本でさえ, 植えて, 欠落し, 残って, 気に, 決して見逃がし, 海中に, 減少する, 漁ること, 無いで, 無断に, 無雑作, 物は, 珍らしい, 生えて, 白くなつ, 白髪の, 皆そういう, 盜りません, 眼に, 神経障碍の, 私に, 私の, 突き刺されば, 粗末に, 索し出し, 結構読む, 統制出来る, 繙く, 翻訳が, 聞かして, 芝居でも, 見たらば, 見たら一目, 見免さ, 見現在, 触って, 触れさせは, 触れさせません, 触れさせるな, 触れさせるもの, 触れて, 触れること, 許されないの, 読まうかといふ, 読まう読みたいもの, 読まなければ, 読まんこと, 読みこなせて, 読みだしたらそれ, 読みました, 読みませうか, 読みまた, 読み出したらしい, 読む, 読むこと, 読むで, 読むよう, 読む時, 読む気, 読めそう, 読めたのに, 読める樹蔭, 読める自分, 読んだこと, 読んだの, 読んでるの, 誰それは, 讀まうと, 讀まなければ, 讀みながら, 讀んで, 貪り食う, 買い価, 買う方, 買つて帰りたい, 買ひ, 買ふ, 資料という, 質の, 足の, 重い方, 開ければ, 附着き合っ

▼ 本~ (239, 0.8%)

22 の兵たい 8 の烏, の青い 7 のある, の學者 5 のがま, の動物 4 の兵隊, の大 3 が二本, であった, で歩い, で立つ, の唐傘, の女

2 [13件] だ, だと, だろうが, で立ち, に草鞋, の傘, の怪物, の案山子, の犬, の虫, の蜘蛛, の蝦蟆将軍, の黒い

1 [125件] か跛足, があります, がすわった, がとびあがり, がやってき, が一本, が云う, が八五郎, が最も, ことごとく舞い上がり, さらって, じゃ働き, だけで歩く, だけ強, でありながら, である, であるか, でおまけ, でがらごろ, でした, ですらり, でつ, でとっ, でとん, でにょろにょろ, でね, でのそのそ, ではなかっ, ではなく, では無く, では走れない, でぴょんぴょこ, でまっすぐ, でヌ, で匍いま, で小刻み, で山, で支え, で支那, で歩く, で浪, で甲板, で確, で立ち上りかけた, で立っ, で立ってる, で踊つて, で逃げた, で道行き, で飛びまわる, で飛ん, という, というの, と六本足, にし, にも見えるでしょう, にヤカン, のかん, のくせ, のすず, のすべて, のはず, のばけ, のま, のまま, のもの, のやぐら, のコマ, のテーブル, のフラフラ, の上, の不具者, の乞食, の亡者, の人間, の倉市, の先生, の入道, の兵, の兵隊同様, の少女, の床几, の怪人, の怪人ヂェリオン, の猫, の男ヂェリオン, の竹, の竹馬, の素跣足, の組み立て, の美しい, の蛙, の蝦蟆, の装置, の踊る, の酒袋奴, の金華将軍, の銚子, の鍋かけ, の驢馬, はいたって, は人間, は牛, は犬, は腰かけ, めがけて, もある, も四本, よりも不合理, をしゃぶった, をたて, をつけ, をとり, をひっつかみ, をみせたら, を使う, を切られた, を原形, を折り, を持った, を持つ, を採用, を焼, を爪立て, 次に二本足

▼ 本~ (220, 0.7%)

4 の行動 3 の中, の針路, はその 2 に乗っ, の修理, の故障, の電波通信, はいま, は今, は宇宙墓地, は沈下, は空中分解, を陸地

1 [187件] からあの, からいろいろ, からどの, からはなす, から下ろし, から出来る, から地球, がいま, がこの, がこんど, がただよっ, がはいり込む, がガス, が予定, が出し, が噴進, が平衡点, が抜ける, が持っ, が故障, が無事, が着陸, が積ん, が貯え, だけでなく, ではその, では高価, でもじゅうぶん, といいました, とともについに, とどんな, と同じ, と街, と連絡, なんかひと, においては妻帯者, においては非常, にくわわっ, についてもこんど, にのりこむ, にはあます, にはお産日, にはその, には現在二十五組, には隕石, には面倒, にぶつかっ, にぶつかる, に乗組ん, に予期以上, に向け, に持ち込ん, に搭乗以来, に於ける, に残っ, に衝突, に重力, のそば, のため, のどこ, のほう, のロケット推進力, の一番, の一部, の中部倉庫, の主, の乗員三百九十名, の付近, の任務, の位置, の使命遂行上, の全, の冒険旅行, の出火, の出発, の出航, の周囲, の噴気孔, の噴進, の場合, の外, の外廓, の安危, の尾部, の幹部, の後方, の微粒子解剖整形装置, の成功, の持っ, の損害, の操縦, の方, の正面, の無電通信機, の目, の科学, の窓, の総員, の胴, の航続力, の航路, の落下傘, の要所, の速力, の運命, の間にあっ, の電波通信力, の頂部, は, はあと二, はいつ, はうごき, はうす赤い, はおそろしい, はこの, はこれ, はこれから, はさきほど, はさっそく, はじつに, はすこし, はそいつら, はただいま, はだいぶ, はできる, はどの, はどんな, はなにか, はふたたび, はもう, はものすごい, はゆさゆさ, はわれわれ, はガン星, はルナビゥム, は一メートル, は何事, は全, は十数名, は即時, は噴進, は地球, は大, は好まざる, は或, は戦艦レオナルド・ダ・ヴィンチ, は故障, は暴風雨圏, は有力, は果して, は海上, は爆発, は白みゆく, は目下火星, は破壊, は自由, は艇長, は貴, は運, は陸上, へかえる, へかけもどっ, へたどりつい, へとどく, へとどけられない, へもどっ, へ引, やその, や僚艇, よりはすこし, よりもずっと, よりも先, よりも怪星ガン, よりも街, をすっかり, をはなれ, をもう, を下りたい, を叩きつけ, を宇宙, を強襲, を押しもどし, を捕虜, を月, を繋留塔, を覗, を追っかけ

▼ 本ずつ~ (206, 0.7%)

8 持って 3 並んで, 折って, 植えて, 立って 2 丹念に, 切って, 差して, 消して, 蝋燭を, 見て

1 [174件] あげよう, あった, ありましたよ, うけもって, おまじないを, お買い, かけて, かなり大きな, きつく握りしめました, きりおとすん, くれた二本, ご用命, さしたよう, しばられて, すきとおる大きな, たずさえて, たたみましょうそう, だった, だるまさんの, ついて, つまり二本取り出し, でも, で五月五日, とりました, のせて, のぞかせて, のぼって, ひき落して, ぴたりぴたりと, ぶらさげて, ぽきぽき折り鳴らした, まだ見えた, みんな飲んだ, もたされ壕, もらった最後, やっとの, わらを, シャベルを, ナイフの, ハッキリと, ビールを, ブラ下げ, プツンプツンと, ポキリポキリと, ヨンドリ棒を, 一年も, 三尺足らずの, 三組に, 与えて, 両手に, 並べて, 並んでと, 九度折っ, 二度合せ, 互い違いに, 入れた, 六本の, 其の力, 出してよ, 出たので, 出て, 出る, 切ったの, 切ったもの, 切り取って, 刈りすけて, 刺さって, 升屋から, 南側と, 取って, 取り上げその, 取り出した, 取り親子丼, 叮嚀に, 吟味し, 吸って, 呑んで, 四本の, 土産に, 坊主たちに, 垂らされた綱, 墨黒ぐろ, 売って, 売るん, 大きいの, 妻楊枝日に, 少しばかり, 届けるよう, 屠場の, 山から, 川中に, 平行に, 建てそれ, 引きたおそう, 微かな, 怠らずやって, 所々に, 手に, 手渡した, 打ち込む, 打ッ, 打込んで, 抜いては, 抜きはじめた, 抜けるの, 持たせて, 持たせ高い, 持った, 持つた我々, 振ると, 握らせて, 携えた五十万本, 数えて, 数えられるほどまばら, 斬りつぎ, 断ち切って, 新しいの, 曲った美しい, 有りまして, 束に, 正木博士の, 正面奥に, 歯を, 残って, 注がれて, 浮き出て, 渡されて, 渡される, 燃やしても, 生牡蠣, 用意し, 眼を, 短かい, 秋の, 突出し, 立てかけ次に, 糸を, 細い釘, 結び合わせる, 続々に, 線香を, 縛り上げそれ, 織りこんで, 背負って, 脇差しを, 花を, 花瓶に, 苗を, 葉を, 見える, 見た, 計算する, 買ったと, 買って, 軽く打った, 逆さに, 逆立つよう, 運んで, 配分する, 重い冷たい鉄, 針に, 銀いろ, 銘々色変りの, 長い羽, 開いて, 集めて, 離れ離れに, 青紫蘇, 響くといった, 順々に, 飲みましょうか, 飲むつもり, 髯を, 龍吐水を

▼ 本~ (204, 0.7%)

12 の徳利 10 の煙草, の銚子 7 の腕 6 の酒 5 の矢 4 の手紙 3 のお, のビール, のマッチ, の注射, の竹

2 [11件] かの煙草, かの銚子, が空, にうまく, にテエブル, の, の敷島, の柳, の箭, の花, の若い

1 [113件] かの割り箸, かの指, かの莨, かの薪, から漸く, かを撫で廻す, がようやく, が右, が欲し, だぞ, でくい止め, です未だ, でそれ湯, でやっと, といふ皮肉, とつづい, と五本目, などは噛みつく, にあたり, についた, になった, になつ, にはすでに, には下り松, には斃, にも酔えなかった, にようやく, に妻, に抜いた, に至っ, のかげ, のところ, のに火, のシガレット, のチェリイ, のローソク, の一刀, の今度, の古い, の同じ, の壜, の大きな, の巻煙草, の恋, の最後, の木, の杉, の枝, の格子, の桟, の棗, の楊, の槍, の灯心, の燐燧, の白紙, の筋, の綱, の縄, の繩, の羽根, の芋, の莨, の薬酒, の藥酒, の蝋燭, の触手, の輻, の道, の釘, の針, の雫, の電柱, の電柱毎, のMCC, は, はまだ, はまだ一杯, は与一, は公園, は多分, は封, は左, は弓勢, は役に立たない, は折らなかった, は決戰, は無理, は笠, は誰, は默つて私, までつけさせた, までのこと, も尽きかけ, をそして, を吸, を思いっきり, を打つ, を投げる, を折り重ね, を抜かせまい, を抜かせる, を擦っ, を書い, を求める, を牽く, を越し, を頼もう, を飲み, を飲みきらない, を飲みだす, を飲ん, 之炎耀種

▼ 本~ (193, 0.6%)

8 雑誌を 7 二本は 4 ノートを 3 書類や, 雑誌は

2 [15件] ろう, インクを, 三本は, 二本, 二本なら, 二百本の, 他の, 十本の, 原稿を, 新聞を, 標品を, 玩具を, 石盤の, 雑誌が, 雑誌や

1 [138件] から出, から私, から見つけた, かんづめはまだいいがエンジンの, さんこの, さんにも, そこらの, そこらは, その他能楽関係の, その腹心, でかねがね, では, で世界文庫, という男, といふ本, なのだし, によりましてやっと, によりエッケルマン, のです, または新しい, また購読, みんないっしょに, やすみ, をもって出かける, カタログや, カフェと, キヤラメルを, シモン氏の, スターバックの, ストリップの, タバコの, ドーム・ゲルツェナ, ノートが, ノートに, パストゥールの, メキシカンの, レコードも, 一つも, 三十本ぢや, 三本, 三本切つた, 二十本で, 二本で, 二本でなく, 二本なくなす, 二本何んで, 二本使つてゐる, 二本呑んだ, 二本惜しく, 二本折れた, 二本日本の, 二本歓ん, 五本じゃねえ, 五本ぢや, 五本來たつ, 五百本持ち帰つた, 伝宸翰本が, 何か, 何かで, 何かを, 六本を, 切り抜きの, 十本あった, 十本は, 原稿紙と, 原稿紙なんかを, 古戯曲, 可愛いらしい, 名簿や, 図書館の, 国木田独歩の, 大阪板の, 妙な, 字引を, 孤独な, 学校の, 小さい本, 帳面に, 帳面を, 弁当箱までが, 慶安版本が, 手帳に, 探偵小説に, 支考だ, 文学の, 文房具や, 新聞でも, 新聞も, 日本の, 映画通俗婦人雑誌を, 景淨の, 有益な, 机が, 村井玄斎の, 玩具などを, 由緒の, 眼鏡や, 着換えを, 硯や, 神様の, 童話の, 筆入れを, 箱の, 紙を, 紙屑雑誌ばかり, 紙片を, 紙類や, 絵を, 絵入りのや, 絵葉書など, 練習帖を, 芝居には, 荷物を, 薬品の, 衣類の, 見た写真, 詩集などは, 論文で, 論文について, 論文の, 論文を, 講座によって, 貸した本, 資料が, 遊び道具や, 金石文等の, 錦絵が, 隠遁生活で, 雑記帳や, 雑誌の, 雑誌やらが, 雑誌新聞を, 雜誌が, 雜誌の, 霜やけの, 飲んで, 飾りものを, 黄表紙を

▼ 本一本~ (193, 0.6%)

7 の指 4 の木 2 かぞへりや, がことごとく, が鍼, のオール, の枝, の立木, の麦藁, 浮いて, 逆立つの

1 [164件] あおじろい月光, あらためて, お手紙, かたくな, からはぱちぱち, があたかも, がいつも, がすてかね, がはっきり, がまるまる, がもう, がピカピカ, が幾分, が彼, が真白い, が神経そのもの, が神經そのもの, が逆立ち, が黒い, が黒く, こじ起こしに, こまっか, しゃぶったり, すぎごけのやうに, すぎごけのように, たどって, つかんだが, つかんで, つぎたしました, ととっ, と倒れ, と枯死, と調べだしました, と鞘, にいたる, にざわめき立った, にその, にひろがり, にまで厭, にまで忘れ得ぬ, にみんな, にめぐりめぐっ, にやはり, にザワザワ, にザワザワザワザワ, にメーヴェリン, に例, に叙述, に感じられた, に抜い, に撮める, に植え, に気, に水, に癇癪, に白髪, に磨き, に綺麗, に苦悩, に逆立っ, に静電気, に靡く傾があった, に黒繻子, ぬいて, のその, のとぼし, のスポークス, のマツチ, のリベット, の円柱, の円筒, の小, の尖り, の末, の板, の枝ぶり, の梢, の榛の木, の癖, の糸, の草, の足踏, の道, の間, の関節, の髪の毛, はからで, はそれぞれ五六尺, は揺れ, ひっぱりながら, ぴくぴくし, ぴんと直立, ほどかね, ぽきぽきと, までが絵彩, までピンク, みて, むしり取って, もごうとして, よく洗っ, わかるくらい, をも数, を中心, を丹念, を凝視, を唇, を拝む, を描き, を見る, ハッキリと, バラバラに, ピンと, 出して, 出来て, 分けても, 切っても, 切れるに従って, 列べる位, 刺し込んで, 吸い口, 吹くこと, 嗅ぎながら, 売るつもり, 外して, 引き切って, 引き裂くこと, 引つこ抜いて, 打ち振ったところが, 折るから, 折るよう, 抜かして, 抜け去ったかの, 押えた, 押し出して, 書いて, 植えつけて, 植えつけ歯, 残らず引つこ抜いて, 殖えて, 浮き出て, 涼しく靡い, 照らしだして, 画くやう, 積んだ樹, 薄い夕陽, 見えすく胴, 見て, 見わけられるほどに, 見分けられる, 解いて, 解くが, 解けば, 逆だちそれ, 逆だち背中, 逆立ちかれの, 逆立って, 逆立つて, 逆立つほどの, 逆立つよう, 逆立てんばかり, 逆立てんばかりに, 透いて, 違った個性, 鳴らされやがて

▼ 本ばかり~ (170, 0.5%)

30 読んで 6 讀んで 3 だから, だった, では 2 よんで, 並んで, 読む, 載せて, 集った下

1 [115件] ある胡桃, ある部屋, うしろに, おいらに, おつ, こしら, すまして, ずらっと, そっとくれない, それから蕃茄, だ, だと, ついて, であるから, ですから, でなくすぐれたもの, でも, で御免, とり寄せ火, のぞいて, はさんだの, ひょうひょうとなお, ふところに, ほしいん, ぼろぼろに, みて, やっつけると, やって, ゆずって, グッと, 一冊売ったら, 一寸位ずつに, 一寸位に, 一時に, 一緒に, 並んだ, 並んだ柱列, 乱雑に, 二分三分咲きかけ, 人から, 伐らして, 伐り取られて, 入れて, 出来あがりました, 切れて, 十册以上もう, 半ば紅葉し, 参つたと, 受取った友吉親子, 咲満ちたる, 団扇を, 大小様々の, 大急ぎに, 好きな, 射かけて, 常夏の, 成長を, 手紙を, 手紙持っ, 抜いた, 抜きましょう, 抜けました, 抽かれた, 持って, 掘り取り, 掛けて, 提げて, 摘んで, 早くから並ん, 映画化され, 曲ったり, 枝も, 植ゑた, 植ゑ添へたり, 楷の, 次第に狭く浅く, 残って, 点けて, 無心し, 熱いところ, 熱くし, 生えて, 耽読し, 菩提樹が, 落ちて, 薪が, 見えたので, 見て, 覗いてるよう, 試みたきり, 詰つてゐた, 詰まって, 読まされて, 読み耽って, 読み耽つて, 読むの, 読む人, 読もうと, 読んでも, 読んでるうち, 貰った, 買いこんでさ, 買いましてね, 買つ, 買はせ, 買ひ込んだ, 郵便物を, 酒を, 鉄棒が, 集めた男, 頂戴し, 頼みますと, 験べて, 高値に, 鮮かに

▼ 本には~ (169, 0.5%)

5 書いて 2 どれにも, 出て, 唐土から, 唯今申上げた, 栄蔵の, 毒が, 毒一本には, 著者の

1 [148件] あらざるなり, いろいろな, いろいろ詳しい, いろいろ黒幕浪人, お産の, かう書いて, かならずそう書い, くわしく結い, こう書い, ここが, このとき, この縁太郎王子, これからわたしたち, これに関する, これを, そう書い, その一等, その坊さん, その註, その間に, それが, それぞれ一定の, そんな事務上, たくさんの, たしか芥川, ちゃんと書かれ, ちやんと, ついてない, つけさち子さん, とうてい收め, どういう題, どうしてもパリジアン, ない, ないけれども, なかなか行き渡らぬ, なほ編次の, なりません, なるだろう, なんでも, ねずみや, はっきり出, まず冷泉院, また書い, まだなにか其処, まだ指紋, もっと組織的, もどって, アルファベットを, エタも, ボンヌールの, 一羽の, 三十二葉ある, 三方沙弥の, 三片の, 他の, 何とか書い, 依れないもの, 偉人は, 僕の, 入れないとしても, 入れられません, 八所和歌集の, 処々鉛筆で, 出来ず, 切支丹バテレン妖術使いウルガン伴天連, 初音町と, 十七年秋執筆の, 口紅が, 古代ペルシアの, 古筆家の, 各種類, 名を, 固有名詞が, 壱岐の, 壽阿, 多少の, 大判の, 女性ナランと, 姉川の, 小なる, 少数の, 序に, 引き受けられても, 当世の, 彼の, 往々欄外書, 後人の, 必ず拂子, 忍壁皇子に, 指が, 挿絵として, 支那人は, 文学運動の, 文華または, 明かに, 明に, 明瞭に, 時々浦島さん, 書いてない, 書いてないよう, 書名によ, 最も一般的, 最近は, 有合せでも, 本篇の, 極く, 機械の, 次の, 正誤表の, 正誤表を, 此に, 此の, 此下に, 殆どない, 永祿八年とかに, 河原者を, 淵野辺とも, 満足せず, 特別の, 猶次に記すべき, 現れないが, 略字や, 皆, 皆韻文が, 石版刷の, 立派に, 綺麗に, 膜質褐色の, 花よりは, 薄い包紙, 行動と, 表紙に, 西南戦争頃の, 見えるが, 解釋すべき, 計に, 誠範の, 説明図が, 賛否の, 述べられて, 適当らしく考へられた, 遺子の, 野生の, 鏡を, 間違い御座んせん, 霊薬が, 靈藥が, 馬一族の

▼ 本~ (162, 0.5%)

5 と思う 4 と云, と思った, よ 3 からである, ということ, と云っ, と思っ, ね 2 から私, がそれ, がね, こと, そうだ, とかそこ, と思います, なになっ, のを, 頭が

1 [110件] かはすこし, から, からあえて, からいつ, からお, からこっち, からそう, からといっ, からと新井白石, からと言つて, からな, から仲, から信じない, から全訳, から其様, から初め, から合計六本, から少し, から心細い, から梅鉢草, から楽, から紳士, から読まない, から贈る, か三本, か忘れた, か生え, か薔薇色, か解, が, がこの, がその, がやっと, がやはり, が何しろこう, が内容, が著者, が転じ, けども欲しけれ, し渡辺, し絵, そうでございます, そうです, それを, ぞ, っけその, つたかも, つた井月の, つた今までに, つてあり, つて云ふんだ, つて天まで, つて満足には, つて触れさせない, と, とあっ, という古典調, といっ, といふ事, とかめづらし, とか等々, とは, とは思う, とも, ともしか, とよく, と云う, と五寸四方, と今, と分かる, と問うた, と存じます, と宜, と寺, と島, と思いました, と思え, と思ふ, と答えた, と言う, と言っ, と訊いとる, と誤認, な, なから手当り次第, ながあっ, などとは思っ, なに金文字の, なのいちばん下, なのうしろ, なのうち, なのかげ, なのそ, なのレコード, なの本, なへ自分, なをたてかけ, ね少し, の, のと, よちやん, よと云われ, わわたし, ヨ, 一つドウゾ今晩私に, 一寸で, 先生が, 宝は, 念仏でも, 相合傘という

▼ 本もの~ (162, 0.5%)

3 では

2 [12件] だと, です, のリーロフ大佐, の仕事, の秋晴れ, の芸術, の金, 手を, 渓流が, 蓼や, 虫の, 飛ぶ矢

1 [135件] かい, かどう, かナと旅行中, がそこ, が出, が安かっ, そういう感じ, だ, だったのね, だという, だよ, であった場合, であるか, であること, である故, であれば, ですよ, でない, でないが, というもの, という意味, とかを今, として続い, とそっくり, となっ, となったら, との区別, と間違える, なの, なら本源的, なら負けず劣らず美しい, になっ, になった, になっちゃった, にならない, になりました, になれる, になろう, に似, に見える, のとき, のない, のはっぴ, のほう, のもの, のよう, のカンバス, のソヴェト, のテムペラメント, のブルジョア, のプロレタリアート詩人, のマジョリカ, のヨーロッパ, の剥製, の地味, の実力, の小林くん, の小説以前, の岡田磯吉, の幼稚園, の戦争, の戦闘, の探偵, の文学, の暑, の暴風, の書ける, の朝飯, の民衆, の気ちがい, の漫談, の私, の科学派, の紙幣, の絵, の良寛様, の芸術家, の謡, の近視, の道中師, の階級, の雪見, の鞣皮, の颱風, の馬, の馬鈴薯畑, の黄金メダル, はわざと, は入れ, は見た, をよん, を味わう, を味わわなく, を理解, を知らず, を見, を見た, を見わける, んだ, 刀剣類が, 力づよい勇ましい, 大木が, 大木の, 導火線が, 幹が, 弓形の, 徳利が, 手が, 斬尖が, 旗が, 旗は, 木竹を, 材木を, 条溝が, 条溝は, 杵が, 桑の, 椿また, 水の, 消息子で, 深い皺, 深い轍, 百目蝋燭を, 祝出征の, 突支棒が, 紐で, 航路が, 蛇の, 見て, 赤布が, 足を, 金の, 鈎を, 黄金の, 黒い線

▼ 本だけ~ (116, 0.4%)

4 持って 3 立って, 立つて 2 きれいに, だ, でした, です, 差して, 残して

1 [94件] お上りなさい, お久さん, お鉄砲, かなりに, きって, くれろと, すずが, そつと, その実, その淺黄, たてて, だという, ぢや, ついて, つけて, であった, であって, でございました, ですか, でその, でなくついで, では, で一つ, で良寛さん, ともす, どうした, ないもの, なの, なら下, なるが, のこって, ひらいて, ぽっつりと, もって, もつて, ゆずりうけます, よく咲いた, シガレットケースに, ソッと, 不足し, 不足だ, 並べた場所, 並べて, 付き合って, 使いあと, 出て, 切つてその, 助かつて, 十本じゃ, 取て, 名を, 威勢の, 寝酒を, 差加え, 巻いて, 帯び切れ緒, 庭木を, 成功させた, 手に, 折れば, 抜いて, 新しい釘, 日本へ, 横たわって, 欲しい, 残した助広, 殘り, 求めた, 渡して, 特に長い, 発見した, 私が, 立派だ, 素顔で, 組み堅め方を, 続いて, 續い, 置いて, 聳えて, 自分のへ, 自分は, 見せられたって, 見つかつ, 読んだの, 読んで, 読んでも, 負けたの, 返すの, 運んで, 間違って, 食う, 飲もうと, 飲んだ, 飲んで

▼ 本~ (115, 0.4%)

5 二本の 2 ある, うちこんで, して, そよいで, 三本しか, 何か, 何かを, 立って, 細いブリキ, 鍬一挺で

1 [90件] あけた, あった, あって, あつた, あつめて, あるしかも, あるつる, あるん, かかった, かかって, かけられて, すかに, ついで出かけた, ついで来た, ならず忍びこませて, なんかだらう, ぶとを, ようの, ブラ下った, マッチを, 三十本でも, 三本あれ, 三本かが, 三本つまみ物としては, 三本と, 三本合したる, 三本太い, 並べて, 並んで, 二本か, 二本くれる, 二本しか, 二本だけ, 二本でも, 二本ぬけ, 二本差し, 二本引く, 五本足し, 伐ったため, 何かで, 倒れた下物, 切って, 切断した, 別の, 十本ぐらいの, 四本位出し, 四本立てよ, 大きい抽斗, 密生し, 小説か, 岩の, 差し出されて, 干して, 建築のか, 心配の, 必要であった, 手紙を, 整列し, 施すの, 旗が, 束ねたるを, 棒が, 植えたり, 植物の, 櫛の, 歴史の, 注射を, 焼けて, 用意され, 知れぬほど, 空の, 立った工場, 立てて, 竝んで, 童話くらいしか, 紙燭が, 縄で, 置かれて, 脇目も, 艶, 見るため, 足の, 送って, 運びこまれたりしたのを見た, 集めたけれども, 雑誌しかは, 雑誌の, 雪に, 飲み酔ったつもり, 鮮かに

▼ 本から~ (112, 0.4%)

7 目を 4 眼を 3 現實 2 幸福論が, 現実, 顔を

1 [92件] うらまで, お前達の, かかって, きわめて細長い, して, そんな大きな悪, ちょっと眼, である, でなく物, とって, とらなかった, どんなに多く, ぬけて, はなした, はなして, ひき出された新しい, ひっぱりぬいちゃあ, ひとは, ませた事実, よくも覚えこんだ, わきにおいて, ノッソリと, ヒントを, ホンの, ヤコブレフゲラシモフの, 三十本ばかりの, 三四厘の, 上の, 下は, 丹精し, 二本に, 二百二十本の, 五本と, 五本位まで, 仕込んで, 伸子が, 何か, 充分な, 写し取った一冊, 出た事, 切り抜いた青, 北斎の, 十本ばかりの, 印税が, 厭です, 取つた, 受けた刺激, 受ける感じ, 受ける灼きつくよう, 始めて, 学ぶため, 学んだもの, 実際に, 小学地理歴史修身全く何でもかでも, 少しも, 尖までに, 平らげたん, 引用し, 引離して, 得た知識, 得て, 必要な, 恐らくは一生受用, 成って, 抜いた次, 抜萃された, 教へて, 末に, 来て, 東京の, 活字の, 発見した, 目も, 眼も, 知らぬ間, 立ちのぼる, 第一, 経済闘争から, 続いて, 線の, 腐って, 芝居へ, 複写した, 見えるところ, 解けかかって, 訳した, 読んだもの, 選んで, 離させようと, 離した眼, 響いて, 顏を

▼ 本~ (111, 0.4%)

2 と連絡, の前, の大, の鬨の声

1 [103件] からもただ, から後退, が全滅, が到着, が大手隊, が安楽寺村, が富田大塚附近, が小谷, が岐阜, が岬廻り, が後ろ, が来る, が河, が済北, が着いた, が荒木村重, が鬨の声, たる新田義貞, たる李, だ, であった, であるが, ではありますまい, として正面, とそれ, と三部隊, と会合, と別れ, と別れた, と合, と合し, と合した, と合流, と対峙, と意気, と新田方, と西涼, に加え, に合せしめた, に後ろ, の, のあと, のいる, のほう, の先鋒青木大尉, の名越勢, の奮戦, の将, の時政以下, の混乱, の精鋭, の総, の輝元, の鄒靖, の陣門, の雄たけび, の高氏軍, はあとかた, はここ福良, はすでに, はその, はまだ, はもちろん, はようやく, はズタズタ, は一翼, は何, は別れ, は同所, は姜維, は山城方面, は後, は徐州, は手越, は旗下, は疾く, は福山, は総, は行動, は見る, は遮二無二, もこれ, もそこ, も孔明, も水, も西国街道, も遠く, より先, をすすめた, をたすけ, をひきい, をふくむ, をもっ, をもって今川軍, を下鳥羽, を前進, を大きな, を大手, を見る, を見送っ, を追い, を追っかけた, を飯坂

▼ 本~ (110, 0.4%)

6 の主人公 2 では, には孔子, に幾, に於, の上梓, の主題, の冒頭, の著者小川正子女史, は, もまた

1 [84件] から魔境記, が, とから成り, とそれ, とを一貫, とを比較, と次篇, などは多用, にあっ, においてはなお, においては江戸時代, における孔子, における彼, における最も, には主として, には二三政治, には古, には聖人, に出でた, に必要, に描かれた, に水勢, に熟兎, に現, のはじめ, のよう, の主, の主人公雉本静也, の主眼, の事件, の初め, の初回, の十二篇, の原書, の奉行荒尾但馬守, の完結, の小, の巧拙価値, の手法, の收むる所, の最も, の此物語, の為め, の発端, の筋, の続篇, の續篇, の表題, の諸, の連載中, はすべて門人たち, はその, はただ, はまず, はわずか, はわれら, はキンダマ, は主, は主として, は他, は寧ろ, は数年, は昭和八年十一月ごろ, は氏, は発端, は目下, は診療, は足利時代, は銭形平次, は門人その他, は頼朝, への進歩, もその, を, を発表, を草する, を解する, を読む, を集成, 第六章, 第十一章, 第十一章末尾, 第四章, 題して

▼ 本しか~ (107, 0.3%)

7 ない 6 なかった 4 残って 3 ないと 2 ないの, ないので, ない大男, ない左手, 出て, 呑めぬ, 持って, 無いの

1 [71件] ありあしない, ありませんでした, きかぬし, つけて, ないから, ないからなあ, ないさ, ないじゃ, ないその, ないそれで, ないぞ, ないなら, ないん, ないビール, ない一本, ない一輪車, ない兵たい, ない刃物, ない前歯, ない小舎, ない幽か, ない指, ない腕, ない足, ない長い前歯, なかつたので, なくそれ, ねえ人, やらなかったから, カユでなく, 使わないと, 入つて, 出さないぢ, 出来ないよう, 同時に曲げる, 売れにくく, 存在しない, 差して, 市場に, 持たずその, 持たないとして, 携帯しない, 有りませんよ, 来なかったと, 止めること, 残つて居なかつた, 残らない歯, 殘つて居なかつた, 無い, 無いのに, 無いよう, 無いん, 無い予備シャフト, 無い矢立, 無い細い小路, 無い者, 用意してない, 立てませんが, 脚の, 見えないご, 見えないと, 見つかりません, 見つかりませんでした, 見られなかつた大阪, 読んで, 讀んで, 負傷し, 足が, 造らない, 飲まないお, 飲まないなら百円

▼ 本にも~ (100, 0.3%)

4 書いて 3 あるでは 2 ある屋, そう書い, ちゃんと書い, 出て, 書いてないよう, 雪の

1 [81件] あっても, あとで, あるよう, あれば, いくらか未練, いろいろと, かくれて, かわったこと, この程度, この紙面, この蔵書印, これくらいの, これくらゐ, さやう, すがりたい氣持, そっくり同じ, そんな風, とどまるはず, なって, なるじゃ, わかれたり, わりあひに, ジョルジョが, 上陸したる, 並々ならぬ, 之が, 亀裂した, 五本にも, 人の, 何か, 余る白刄, 余計な, 例が, 値しない垢, 公輸という, 及びません, 収録され, 史料にも, 各所で, 同じやう, 名前が, 善い本, 多く出, 実際にも, 少しある, 岐れ, 年紀今年二十に, 当たらないよう, 当らんわい, 彼の, 思い当らないでは, 探偵ものにも, 撚ったもの, 斯う, 書いてないけれども, 書いてない手当, 書いてなかったよう, 残って, 気を, 求めに, 浄瑠璃にも, 浦島は, 澤山ある, 瑞西の, 疾くに, 絵にも, 芝の, 虱本なんて, 見える, 見え次, 誤が, 誤は, 論理学や, 豊臣秀吉の, 載せて, 載って, 載つて, 随伴し, 集録されない, 頁の, 食器の

▼ 本として~ (98, 0.3%)

4 出版された 3 これに, 出版され, 出版した 2 万民を, 出すこと, 經濟を

1 [79件] あれほど, お役に立とう, かの, かれこれ論議, この本, さうし, その教, その木, とりあげられて, まとめられたという, まとめられました, ゐる, ローマ字ひろめ, 一二乾隆殿板本を, 一人前な, 世に, 中古文, 二軍の, 余りあれ, 作つた漢書藝文志それから, 來ました, 公に, 再び世間, 出した最後, 出すの, 出たもの, 出版される, 出版する, 出版せらるる, 印刷される, 厳禁され, 取り上げられたもの, 取るべき處殆ど, 和歌所開闔源家長が, 善凡夫を, 大原ぬ, 始めての, 学ぶべきぞや, 完成された, 実を, 實踐道徳を, 差別を, 成り立った某, 或る, 扱はれ, 扱わねば, 推すべきもの, 更に役立つ, 書いたもの, 最も近き, 最大の, 東漢二百年間に, 枯れたの, 樹木らしい, 残つてゐる, 深い感銘, 片付ける人, 珍重すべき, 現在の, 生れ出る, 用ひた, 田宮流の, 発表した, 目録に, 私たちの, 私の, 空矢は, 立って, 粋を, 纏ったもの, 纏められるつもり, 行はれ, 記念したい, 説明し得べく, 読まれても, 議論を, 貰ふ, 重版された, 釣鉤の

▼ 本かの~ (91, 0.3%)

2 手が, 松が, 松の, 竹が, 竹管が, 筋が

1 [79件] かもじ, つるの, ところてんが, ひろい道, まくら木を, タコの, トランペットも, ナイフも, ピンセット, マツチを, 一升ビンの, 丁髷である, 並木道を, 丸太が, 信濃桜を, 十字架を, 図が, 国の, 土管が, 塔が, 大津絵を, 大理石の, 大蝋燭, 大通りが, 小さな木片, 小川を, 山百合を, 幟が, 弁当を, 扇子が, 手さぐりの, 手紙と, 指を, 指先が, 日向葵の, 朝顔の, 木が, 木釘が, 杭に, 林檎の, 柱が, 櫻の, 注射を, 注射器を, 燭台が, 画筆であり, 真赤な, 石柱が, 空瓶が, 簪と, 糸杉が, 紅葉は, 紐とを, 紙撚, 紫苑は, 罅が, 美しい装飾, 腕を, 艸の, 芯を, 蓮根が, 蝋燭が, 蝋燭を, 貴重な, 軍刀が, 逞しい腕, 配り手拭, 酒, 針金の, 釣竿が, 鋭い錐, 錦木が, 鎖が, 鎗は, 鑰打ちを, 青桐の, 青竹が, 鞭を, 麻縄を

▼ 本とも~ (85, 0.3%)

5 知れぬその 2 一つに, 外から

1 [76件] お前に, からだに, きれいさっぱり, けっこうな, すっかりひろいました, ずいぶん毛色, そいつの, その根元, つきこんだので, とられたしごきてえいうの, ない太い嚴丈, ない小路, なく突き, なれば, ほとんど人間, ぼこぼことを, またいくらか, やっぱりだまっ, やっぱり音, わざ, ストップし, ダラリと, ニユーと, ファゼーロに, ペッタリ潰れた, マチ袴の, 一しよ, 一人の, 一時に, 並べて, 云へ, 何とも言, 何んの, 切ったので, 切れたな, 判らぬ幹, 前肢を, 南蠻物の, 卵に, 同じ人, 同じ長, 同型の, 君のだ, 大きい切り株, 太刀には, 安土の, 引ったくる, 悉く鈍刀, 折られる, 揃って, 数知れない, 新たに, 枯れた莱竹桃, 残って, 毒で, 毒の, 皆出し, 皆新しく, 盗まれたま, 相並び, 知れないです, 知れない大根, 知れない実に, 知れない鳥居, 知れぬだろう, 知れぬ最上級, 節を, 縁台の, 義手義足を, 茂り栄えよと, 葉の, 親指より, 足が, 足首から, 飲むの, 飲んで

▼ 本づく~ (80, 0.3%)

7 のである 3 ことと, ので, ものと, 所は 2 ところを, のが, のであつ, もので, ものである, 事は

1 [49件] かと思ふ, が而, ことが, ことは, こと勿論, こと申す, だけに猶, といふ禮記, ところあり, ところの, ところは, とせ, となしし, とも言触らす, と傳, と思ふ, と想像, と蒲生家, と認める, と雖, にあらざる, のであろう, のでなく, ので中新田, ので有らう, ので有る, のみで確據, ものかと, ものが, ものだ, 一種の, 区分である, 同様の, 名残りであった, 場合の, 戯曲家の, 所が, 所で, 所である, 所の, 所謂身邊小説に, 方嚮の, 最後の, 根拠も, 歟と, 當然の, 美の, 衣食住及び, 説である

▼ 本~ (79, 0.3%)

3 の手, の男 2 で一寸, の兄貴, の先, の右手, の子, の足あと

1 [61件] があらわれた, がいかなる, がいった, がお, がそそのかした, がニヤリ, が宗久, しかなかっ, だか, だったの, であつ, である, でぐるぐる, でしごき, でつかまえ, でつまみ, でも何, で中り, で小鬢, で捻り潰せる, で計っ, で馬鈴薯, なぞと気, なぞと氣, なんで, には三, に対して互いに, に描かれた, に撮ん, のいわゆる, のアリョーシャ, のジャック, の人間, の声, の変死人, の嬰児, の手首, の指先, の方, の方程式, の死人, の由, の藤田画伯, の触手みたい, の赤ん坊, の馬, の鳥娘, の黒, はあやまる, や少し, をつき, をなくし, をもい, を上げた, を出し, を打ち合せる, を持った, を握らし, を数, を見せ, を見せまい

▼ 本ある~ (78, 0.2%)

3 のを 2 のに

1 [73件] か, かかぞえ, かな, かも知らねえ, から栓, かを問う, か勘定, か四本, か数へた人, か數へた人, か知りたい, がその, がため, が此本, が釣, が随分, きりで, ことを, じゃない, ぞ, だけ, だけだ, だけで, だけでおまけ, だけです, だけで沢山, だけのステッキ, って, つてことよ, というよう, といふ事等, とでもいう, ともどの, と牛, に相違, の, のかしら, のだ, のであります, のです, ので目あて, ばかり, ばかりだ, ばかりで, ひは, ものです, ものまた, もの長い, もよく, や, よ, わ, わよ, んだ, んだろう, んです, ネー, 三十坪以上の, 処から, 垣まで, 大きな古い, 妖怪の, 怪物の, 枳殻の, 柿の木を, 桜の, 樅の, 為に, 犬にも, 状況を, 筈です, 西洋葵の, 鬼で

▼ 本という~ (71, 0.2%)

8 のは 6 ものは 5 ものが 4 ものを 3 ように 2 ものの, ような, 奴が

1 [39件] あたりです, えぞ, ぐあいでなかなか, ことで, ことを, しろもの, たくらい, ところかな, ところがかえって, ところで, ところまで, ところを, のが, ので, ものに対し, カギの, 一種の, 万年筆を, 人は, 人間の, 側から, 偽物が, 傘を, 句が, 可きである, 商品の, 商品は, 問いの, 寄席へ, 新鮮な, 本演説という, 杉の, 案は, 監官が, 矢を, 者が, 設計に, 護謨の, 風に

▼ 本より~ (68, 0.2%)

2 少く無い

1 [66件] ありませんが, いはず近き, かくある, かの国, すくない, その人, だいぶ高かっ, どうせの, ないの, ない漁夫, ほかに, ほか無し, 久三さんの, 互に知己, 五十ギニイの, 京に, 人に, 人の, 以上に, 何ともする, 何処にでも, 何等の, 余計の, 全成効を, 其の當, 合せて, 唐宋以下の, 大極殿の, 少くは, 復活された, 微物凡物, 恙無きのみ, 惡し, 愛山君の, 戯作もの, 数十年も, 文学の, 斬殺す, 暴ぶ, 更に初歩向き, 望む処, 末に, 楽しく獲ずし, 楽しく負け, 正名に, 正當, 此の, 此れ, 死なぬ赤子, 油画までも, 然るに非, 生ぜずイ, 生れぬ言語, 異なるところ, 真情の, 禅の, 私の, 紅葉も, 罪は, 美妙の, 羣を, 著録し, 薄つ, 誅戮に, 論壇の, 非難すべく

▼ 本である~ (65, 0.2%)

4 と云 3 が, がその, ことを 2 ことは, と思う

1 [48件] か, かあるいは, かが誰, かそれ, からといっ, から一寸, から上皇, から全訳, から御, から難解, かを見分ける, か一生懸命, がこれ, が一つ, が何, が併, が僕, が出征中戦火, が分銅, が故に, が最初, が爪, が竜, が精密, けばそれだけ, けれども弁証法的, ことが, し真面目, というの, というのみでなく, というよう, という考え, という風, とする, とすれ, と思います, には相違, に対して新刊書, に相違, ので, のに所々, のは, のを, 古写本, 宗教的語録として, 或はさ, 由, 通鑑綱目といふ

▼ 本~ (65, 0.2%)

3 の歌, の編纂 2 には四つ, に於, に輯め, の, の歌品秋冬, の発行, は, は先例

1 [43件] では割愛, でも抒情歌, と参照, にとり込まれ, には, には択び棄てられた, には既刊, には本, には私, には草木塔続篇及酒, には西, にをさめた, に入, に出した, に採録, に数多く, に歌, のい, の中, の作品中, の内容, の北原氏, の大序, の抒情歌, の新, の末四巻, の東歌, の歌数, の装幀, はいわば, は大正二年五月, は昭和二年八月, は歌集, は殆同時代, は自撰集, は靈界, むれは, も亦, も随分, を発送, を編む, を読まれる, を読ん

▼ 本では~ (63, 0.2%)

6 ない 3 なくて 2 あるが, ございますが, 読んで

1 [48件] ありません, あるし, いかにも自然, お馴染, しょッち, それを, ないか, ないから, ないであろう, ないと, ないといふ, なからうかと, なくぜひとも, なくペン, なく問題, なく活字, ひとりフォマ・グリゴーリエ, インファンタの, キイゼルヴェターの, バドミントンが, レオンの, 以前に, 僕が, 八日と, 具体的に, 取り扱えなかったけれども, 大変な, 大清一統志, 少し古典, 文禄頃の, 日本の, 明瞭な, 更に, 枚数と, 橘守部の, 江戸の, 皆金偏に, 益軒の, 直接書かれ, 真田氏の, 自分の, 自然という, 角海老に, 読み話, 読んだ覚え, 買うの, 鳴鹿者, 鷹見忠常という

▼ 本~ (63, 0.2%)

2 から揚つた, は, は大川, へ散歩, や永代, を覚え

1 [51件] から吾妻橋, から揚つたこと, から揚つたの, から揚つた死骸, から淺, で, で上, で揚がつた, で見付, といつ, といひ, とかこんな, とはいふ, と代地, にあ, には鯉, に女, に引つ, に引掛つて, に殘つた八五郎, に浮い, に浮いた, に鯉, のところ, の下浅草側, の側, の向う, の方, の柵, の死骸, の河岸, の浅い, の角, の辺, の近く, の釘, はつまらない, は人, は抜き去られ, は河水, は渡船場, へ投, へ死骸, へ行, へ行き着いた, へ飛ん, まで手, もあつ, より石原, を望む, を立てた

▼ 本~ (62, 0.2%)

3 の位置 2 の胴中, は即刻帰隊, は殿艦, を去る

1 [51件] から至急帰還, がひそか, が二十インチ, でもまったく, との間, と全く, と共に全速力, にうまく, にはもう, に乗込んだ, に乘, に便乘, に向, に接近, に近く, に達し, のあと, のあり, のすぐ, の任務, の士官水兵, の左舷二十度, の後方, の方向, の横腹, の水兵, の現在, の艦長, の蒸, の間際, はかれ, はさっそく, はどの, は一令, は今や, は今日, は存在, は日本潜水艦, は明後晩コロンボ, は昨, は本日, は本隊, は現在, は米, より端艇, をこんな, をはなれ, をもっと, を退去, 目掛けて, 鳴を

▼ 本~ (61, 0.2%)

5 とする

2 [11件] である, となす, と相, にあらず, にし, に非, に非ら, は何, は白, を現, を知る

1 [34件] がありました, があるらしく, だ, であったと, ではなかっ, でもと, で軟派たる, ということ, とすなる, とその, となし, なり, において社会, に反対, に背く, の効力, はこう, はこんな, は動かない, は少し, を保つ, を失っ, を失わざる, を得せしめ, を忘れ, を忘却, を有す, を脱する, を表わし, を見, を見るべき, を露呈, を顕わし, を顯

▼ 本立っ~ (57, 0.2%)

30 ている 11 ていた 9 てい 2 ていました 1 たり倒れ, ちゃあい, ている見あげる, ておりました, て居る

▼ 本つけ~ (53, 0.2%)

3 ておくれ, てくれ, てくれない, て待つ 2 て, てくれた, てもらっ, て來, て貰っ

1 [31件] たり, てあり, ています, ている, てくれました, てくんなせ, てこい, てさて, てちょうだい, ては如何, てみた, てナ帰途, て下, て下さい, て下さる, て参ります, て參, て持っ, て来, て洋食, て置い, て貰, て貰う, て貰おう, て貰った, て貰つて, な, 三本に, 別にか, 前よりも, 換えて

▼ 本持っ~ (52, 0.2%)

7 て来 4 て来い 3 ていた, ている 2 てき, てくる, て来た, て来ました

1 [27件] ちゃあいらっしゃらない, てい, ていったら, ていよう, ておった, てきた, てきました, てこ, てこい, てっちゃわないだろう, てばたばた, てん, て入っ, て出, て出発, て外さ出, て帰っ, て歩い, て蚊屋, て行き, て行く, て行け, て行っ, て行ったら, て迎い, て返し, て逢い

▼ 本~ (52, 0.2%)

8 の館 6 の侍従 5 の大臣 2 から運ん, の北の方, の左大臣, の方, を一周

1 [23件] で伺いました, と云う, にいる, にすぐ, について曲がる, には大黄鼬, に向, に向い, の光厳上皇, の公判, の執行, の女房, の座主, の番僧はじめほか, の薬局, の藥局, の西, の記章帯有, へは寄宿, へ移っ, をサラマンカ, を出, を逃がした

▼ 本づい~ (51, 0.2%)

5 ている 3 てゐる 2 て, ていた, ておる, てゐるらしい, て出来た, て専門家, て立てられ

1 [29件] てあの, ていない, てその, ても居る, て一四九二年, て何らかの, て其再, て出, て出来る, て好き, て嫁, て官制, て居る, て文案, て検討, て歌曲, て此年三月三日, て為され, て發, て第, て考へれ, て解決, て記した, て辛巳, て錦橋, て雍, て霞亭, て順, て魚玄機

▼ 本~ (51, 0.2%)

2 の不自由さ, の怪物

1 [47件] がうずうず, が口, が殖えれ, が語り続けた, だけは油断, で名代, といくらでも, と一本足, にかなわねえで, になっ, に対してこっち, のがんりき, のさむ, のつづく, の下, の兵, の化物, の左膳, の活用, の煙, の男, の癪, の発明, の胡麻, の臂, の製図, の要旨, はあっけ, はいつも, はこう, はさらに, はぼろぼろ, はもう, はもちろん, はナイフ, は今一本, は何一つ, は橋, は無意識, は爺, は目, は肩, は追い掛け, は頭, をどこ, をやる, を殖やす

▼ 本など~ (49, 0.2%)

5 読んで 3 買って 2 一冊も, 出して, 拡げる場合

1 [35件] ある筈, いうこと, いきなりバタリ, いふ遊女, かまわず腕組み, こなす腕, たいして売れ, だと, である, ひもとく快, よめないから, 一册も, 二三さつ, 余り読まなかった, 倉の, 借り来り紙, 勉強した, 千年も, 取りいでて, 好みて, 少し読ん, 形式が, 拡げて, 持って, 置いて, 聞きますと, 読まず歌, 読みて, 読みも, 読みやがるから, 読み友だち, 読む, 読めないくらい, 讀みも, 買ったの

▼ 本差し~ (49, 0.2%)

8 ている 2 ていた, なん

1 [37件] がくっ付い, がこわかっ, がやけど, が四人, たつきり, だうつ, だぞ, だったね, だな, てこれから, てゐる, て南部家中, て印籠, て右手, て夜盜, て居り, て居りました, て恐々藤屋七兵衞, て悪い, て無, て窮屈, て立っ, て見る, て貧, て貧乏徳利, でした, と思われる, なら売られた喧嘩, なら大園寺, にちげ, にも強い, に違, のしわざとにらんでおったが, の光る, の武家, の身分, 怪しいと

▼ 本です~ (48, 0.2%)

1065

1 [27件] かい, かむずかしい, から, からドウゾ, から大事, から表紙, から道徳主義, かわたくし, があれ, がこの, がこれ, がごく, が日本, が是, けれども, けれどもただ, けれども非常, し又, ぞ, と云う, な, ねえ, ね本, の, もの, ッてね, 爾

▼ 本~ (48, 0.2%)

6 の船乗 5 の松ツァン 3 で立っ, になり 2 の鳥

1 [29件] あるいは四本脚, がありゃ, が少い, しかなく, でする, でもよく, でも二本脚, でビッコ引き引き, で立ち, で立った, で跳ね, で逃げ出さう, で飛ばなけれ, になった, のついた, のれき, の上, の丸い, の主, の二面大黒, の寝台, の巨大, の水夫, の男, の竹, の野良犬, の間隔, の黒塗, は浮い

▼ 本ほど~ (47, 0.1%)

2 カーテンに, 植って

1 [43件] あった, あったカアネーション, ありました, おくれ, お納めいたしまし, かねば, ころが, すっくり, つまって, つめこんで, できるだけ緩く, でも, で同じ, ひっこ抜いて, やらなければ, 一緒に, 丸めこまれて, 入って, 内側に, 呉れて, 太い組紐, 引っかかって, 弦の, 打ちこんで, 摘んだ, 数えると, 昨年から, 楽堂を, 横に, 浮いて, 湯煮, 漕いで, 熟し切らない胡瓜, 生えた大きな, 結えて, 藁で, 試漕を, 貰うて, 買うこと, 購ふ, 飮んだ, 飲みほして, 黄色い枯れ葉

▼ 本~ (43, 0.1%)

4 目を

1 [39件] し折れた, やたらに, よっかかって, ウイを, バタを, 一杯の, 上森の, 上森を, 今年初めて, 僕と, 出入りし, 刃が, 刃を, 収めたの, 坂本から, 夫婦が, 手を, 本へと, 朱で, 歯磨を, 渾身の, 眼を, 移るの, 纒わりつい, 署名を, 背を, 落して, 行き柳, 行く, 行く何とも, 行って, 載せなかつた, 辷り込む約束, 近付いて, 陶製の, 隠れようと, 集まって, 高槻の, 黄金餅と

▼ 本出し~ (43, 0.1%)

3 てみせた 2 てマッチ, て口, て惜し, て来た, て見せた

1 [30件] て, ている, てうなずいた, ておこう, てすぱすぱ, てずっと, てそっと, てそれ, てみせる, てみんな, てモレロ, てライター, てランプ, て下さい, て信一, て刀, て唇, て子供, て擦つた, て火, て笑つて, て答, て荷箱, て行った, て見せ, て見せかけ, て見せる, て飛ん, て齋藤, 太郎の

▼ 本などを~ (40, 0.1%)

3 読んで 2 見ると, 貰つた

1 [33件] おぼつかない語学, お祖母さんに, すすめて, ひどく熱心, もって, よく置き違える, わざわざ外国, フロラに, 一抱えほども, 入れて, 出して, 印刷した, 売りつける香具師達, 弄り回すこと, 引出して, 書いて, 根據として, 耽読せられた, 見せて, 見て, 見ては, 見ても, 見ること, 親に, 読み耽って, 読むもの, 読んだ, 読んだもの, 讀んだと, 讀んで, 貰いうけ, 賣つて來, 賣りに

▼ 本まで~ (39, 0.1%)

1 [39件] がりがりやっ, そろえて, なおいっそう, なくな, なみなみと酒, ねだった河内山, みてないという, もといふ, パリから, ピンクの, 一度に, 何という, 來ました, 出て, 動く炊事, 命中した, 売り尽した男, 奥の院御, 奧の, 射た, 射立て後, 少しおくれました, 尚一層, 引いて, 手に, 手を, 打ち込んで, 打ち通し, 投げて, 泥舟が, 燗銅壺に, 珠算なんて, 現われ出た, 生けるが, 田舎とは, 社会という, 腹へ, 買って, 買込んで

▼ 本~ (37, 0.1%)

5 んです 4 のだ 3 のである 2 の, のか, のじき, のであります, のです, んであります

1 [13件] のかい, のかしら, のかしらと, ので, のであった, のでひやひや, ので助かった, ので昂奮, のね, わで, んだ, んでゲス, ァり

▼ 本なら~ (37, 0.1%)

2 んで航行

1 [35件] あつた, あなたの, どんなつまらない, ば一頁ごと, ば折れる, ば最も, べの女, べの軽い, もうありません, やはり独自, よかろう, んでい, んでいる, んでみえる, んで土塀, んで立つ, んで釵状, オランダ人が, スポリとは, 一つの, 一本二本なら, 二本定め, 何時でも, 僕に, 僕は, 去年あたり二三部来ました, 彼処に, 感激し, 此処に, 沢山あります, 熟読, 牛や, 著書が, 風雅人の, 食卓の

▼ 本とは~ (36, 0.1%)

2 他なし, 反対に, 手に

1 [30件] あんまりお, いかなる本, お医者さん, これいかに, 上総の, 云はれない, 云ひ, 何と, 全く別, 共に多少鮮, 別々です, 反対な, 同系統, 最後に, 榊博士の, 申しながら, 皆川町時代に, 直接関係の, 知らなん, 脚本の, 自ら区別が, 藤本という, 親密に, 言わん, 認められない由, 豪儀と, 違いますで, 違って, 違つた, 非常に

▼ 本買っ~ (36, 0.1%)

5 て来 4 て来た 2 てお, て呉ろ

1 [23件] てあげよう, ておい, てお出で, てき, てくれ, てくれない, てこい, てそれ, てともに, てねそれから, てもらわれねえ, てやった, てやれなく, てペロリ, て下宿, て井戸, て帰った, て持っ, て植えた, て母, て置いた, て腸, て送れ

▼ 本あっ~ (34, 0.1%)

5 てその 3 てそれ

1 [26件] たって逃げられる, たりの人, てちょうど, てどれ, ても忙しく, ても足りねえ, ても足りやしない, てよく, て一本, て丈夫, て上下, て下, て互に, て伸子たち, て土塀, て大抵, て庭, て春, て正面, て濡れ葉, て肋骨, て腥, て自分ら子供, て足, て長い, て隠士

▼ 本その~ (33, 0.1%)

2 上に, 前に, 場で

1 [27件] うちの, ことだけが, さやさやと, ときの, ほか一さい合切入れ, 一つに, 一本は, 下に, 両側に, 人の, 代金三歩也しめて, 伝説の, 低い枝, 傍には, 先端へ, 収穫予想は, 四五本が, 好むところ, 幹と, 扇めいた, 根方には, 毛が, 真中に, 蝙蝠傘の, 蝶々のを, 金口を, 長毛が

▼ 本抜い~ (33, 0.1%)

3 て口, て火 2 て来た

1 [25件] てあと, ていらっしゃい, ている, てそれ, てそれで, てちり毛, ての, てもらった, てフッ, てフーッ, てマッチ, て与えた, て之, て小さな, て尾花, て持っ, て捨て, て来, て渡します, て燃え, て燐寸, て爪紅, て白い, て見せ, て見せた

▼ 本だって~ (32, 0.1%)

1 [32件] ありますのよ, お喫, くれて, そうだ, そんなに遠慮, てめえが, ないだろうと, やぶ柑子, ゆるめやしない, よめやしないと, ムキになって, 事を, 何だって, 動かさない, 外さないと, 大きな家, 大事な, 少くとも, 差させは, 差させるもの, 持ちあげる力, 指しやしないよ, 指せやしないだろう, 木を, 木石では, 沢山よみたい, 炭一片だって, 焼けたと, 生えて, 触れたん, 調を, 買わなければ

▼ 本ばかりの~ (32, 0.1%)

3 竹を 2 木を, 青いはん

1 [25件] それまで, そんな木, たけに, ひくい磯馴松, ろうそくが, 壜が, 店であった, 徳利が, 書面でありました, 木が, 桜の, 棒が, 樫の, 注射が, 矢が, 矢を, 石が, 細い金魚, 胡瓜を, 藪柑子を, 蝋燭を, 針の, 鉄片を, 長い指, 髪を

▼ 本立て~ (31, 0.1%)

2 てその, て原, て置い, ながら

1 [23件] その他三角形の, それから私, て, てあった, てその間, てそれ, てぞい, てぞゐ, てちょっと, てはならぬ, てカンガルー, てタクシー, て三人, て怪し気, て脅かす, て見せた, て象戯, て貰う, て門, でこの, 口に, 表門が, 間口二十間奥行十七間それを

▼ 本二本~ (30, 0.1%)

1 [30件] おつ, くっきりと, しか飲まないなら, ずつの卒塔婆, ずつ売る, では, と咲き始めた, と売りつけ, と徳利, と殖やし, と瓶, と算, と買う, と金歯, と集め, と飲む, なら二本, ねぢ, のころ, のそれ, の徳利, の歯, の花, はさして, は厄介, は折られる, を切りお, を見附け, 咲きおくれた嫁菜, 或は五本六本

▼ 本~ (29, 0.1%)

2 抜なさい

1 [27件] きまりだ, さしに, つぺしよられると, つ立てるやう, もちや, 三輪の, 与え下さい, 借り申したい, 切りよ, 動かしに, 太刀を, 寄越しなさらない訳, 尻が, 差し紙を, 手合せを, 手紙を, 持ちなさい, 書きなんて, 極だ, 求め下さいました, 燗でも, 燗を, 祭りの, 見せなされば, 銀様の, 銚子が, 面と

▼ 本なんか~ (28, 0.1%)

2 ありますか, あるもん, 讀んで

1 [22件] ありますので, いるもの, そのままで, そろそろ選ん, ちっとも貰いたくない, どうだ, テンデ, 一冊も, 一冊もねえ, 一行も, 今でも, 出して, 売っちゃ, 好こうと, 持って, 残らず行李, 盗んだの, 良書です, 読まないで, 読むの, 読んで, 貰っても

▼ 本マスト~ (28, 0.1%)

5 の帆船 4 の帆前船 3 の大船

1 [16件] のスクーナー型帆船, のヨット, の堂々たる, の外輪蒸汽船, の大きな, の小さい, の巨船, の快速船, の扇, の旗艦ミスシッピイ号, の檣頭燈, の汽船, の船, の黒船, もしくは一本マスト, 或は四本マスト

▼ 本生え~ (27, 0.1%)

9 ている 3 てい, ていた, てゐる 1 ていない, ていなかった, てましょう, てませう, てゐ, てゐた, て居りまし, て田舍細工, 月を

▼ 本ずつの~ (26, 0.1%)

2 指とも

1 [24件] んだ, ドリス式円柱, 卒塔婆が, 原稿を, 大殿堂, 太い円柱, 小さな束, 山刀と, 指を, 柱を, 柵木を, 牙が, 男が, 短刀を, 神の, 竹ぎれや棒ぎれを, 細い腕, 緑色花穂は, 線路が, 鉱石槌を, 銀の, 銀毛は, 長い帆桁, 黒い足

▼ 本並ん~ (26, 0.1%)

5 でゐる 3 でい, でいた, でいる

1 [12件] でいるでしょう, でもあと, でゐた, でゐない, で下, で二分, で出, で午後, で差, で立つ, で船, で藍色

▼ 本~ (26, 0.1%)

2 のところ, の寺前

1 [22件] あり, え何処, でございます, で瀧川左京, という平地, なる高野山, に住ん, に待ち伏せ, に若い, に通ず, の, のそば, の下, の妙見堂境内, の崖, の平地, の房吉, の武家通り, の洞, より此, を植ゆ, を歩み

▼ 本ぐらい~ (25, 0.1%)

2 蜿くっ

1 [23件] あるん, いるとか, くれそう, たたきつぶされても, だから, どうでも, ならばね, なんでも, まとめて, よこしても, 一度に, 一束ねに, 上げるの, 切られても, 叩き落した, 折って, 残って, 注射した, 点いて, 燈る, 筋の, 転がって, 隠して

▼ 本~ (25, 0.1%)

1 [25件] がかれこれ, がこの, が始めた, が検閲官, といたしまし, にも明瞭, の個人的印象, の失言, の言葉, の除名, はこの, はその, はただ, は全然, は平素, は既に, は検閲, は総, は諸君, は議事, は飽くまでも, もここ, もさ, をし, を除く

▼ 本きり~ (24, 0.1%)

32 ですから, 立って

1 [17件] かと思ッ, しかない, じゃない, だったの, であなた, でこれから, です, ですからね, でやめた, で何, なかった, なん, になっ, になった, のやう, の左, 引っ張ると

▼ 本だけは~ (24, 0.1%)

1 [24件] ずいぶんたくさん, ずゐぶんたくさん, とつて, どうしても欲しかっ, ぽつぽつ読ん, やめろ, よく買っ, 一かたまり, 売ったり, 奇体に, 妙に, 少なくも話者清悦, 持って, 持つて, 検屍の, 焼き払って, 疎開しよう, 皆読ん, 眞物の, 真物の, 私も, 花崗岩, 読めるよう, 財産な

▼ 本づつ~ (24, 0.1%)

2 折るやう, 持つて

1 [20件] の椿, を平げ, ハッキリと, 乱して, 倒されて, 入れて, 取り出しては, 呉れても, 多くな, 多くなる, 引きて, 打込んで, 持って, 振つて, 探し拾つた, 植わつて, 浮き出て, 渡しました, 渡します, 附きました

▼ 本について~ (24, 0.1%)

2 云って, 言っても

1 [20件] あなたの, お話を, どれだけの, みても, 一セントずつ, 一万円ずつ, 一点ずつ, 云えば, 云われて, 会得した, 何か, 何時何が, 多くの, 大論判, 幾値と, 感じること, 書き之, 植物学を, 研究を, 私は

▼ 本あれ~ (23, 0.1%)

2 ばいい, ば不自由

1 [19件] ど田辺, はなかなか, ばつく, ばつくつくぼうし, ばどんな, ばよい, ば二十人前, ば人, ば住居, ば何処, ば何處, ば小さい, ば山, ば滅びた, ば良い, ば遠慮, ば重宝, ば錠, ば隨分女子供

▼ 本それ~ (23, 0.1%)

2 が出た

1 [21件] から二三軒, から小さい, だけでまことに, で買う, と怨, にすがっ, にひきかえ, に中村屋, に古代時計, に寄せかけ, に自動車, はさておき, は布団針, は布團針, は近所, もごく, も宜, を拾い, を立て副え, を読んだ, を透し

▼ 本~ (23, 0.1%)

2 のひとり

1 [21件] である, で有名, で責め, とうたわれた, に加えられ, に劣らなかった, の, の一本, の一番手前, の三角点, の勇士, の名, の場所, の御, の時, の若者以下, の連中, の間, を片, を縦走, 之事

▼ 本~ (23, 0.1%)

2 を歩い, を終始

1 [19件] がある, が一二丁先, が観音浄正, だから, だし, だわ, で二人, に女, のこと, の両側, の大通り, をすたすた, をすれ違っ, をとほつ, をとる, をならん, を続け, を見張っ, を部落

▼ 本とか~ (22, 0.1%)

1 [22件] つまり偶数, れいを, エノグとか, 三本とか, 並べて, 二本とか, 五本とか, 人の, 倒して, 倒れたため, 六本とか, 半襟一掛とか, 受取ったと, 唐詩選安倍能成と, 四本とか, 外にも, 奇数では, 手合せの, 持って, 楽譜とか, 自分が, 酒一本ぐらいを

▼ 本~ (22, 0.1%)

1 [22件] さ, だって, でお, でどれ, で五万三千石, として側用達, として認め, とて座, となる, なれど, になる, には岡部美濃守, には釣狐, のおれ, の岡部殿, の当家, の沙汰, の美濃, は蝶々, よりも評判, をお, をお引受け

▼ 本づいた~ (20, 0.1%)

3 ものと 2 のである

1 [15件] に相違, ので, のであらう, ものか, もので, ものであったろう, ものである, ものであろう, 名で, 哲学的生活は, 愛は, 支那の, 施爲である, 立論で, 見解が

▼ 本~ (20, 0.1%)

1 [20件] たる, にこの, に対して君ヶ代ラン, の図, の産地, はかつて, はその, はシュウカイドウ科, は一組三円四十銭, は固, は土産植物, は強壮, は欧州, は特殊, は純, は蓋し, もまた, をハタケアサ, ノ高温ニ於テ, 第二

▼ 本~ (20, 0.1%)

1 [20件] が門, だろう, であった机竜, というところ, と呼ばるる, と呼ん, には, にも同じく, のお話, のところ, のよう, の中, の傍, の後ろ, の方, の馬場, は名高い, は地上五尺, は縁, ばかりを拝みたい

▼ 本~ (20, 0.1%)

7 の足駄 2 の下駄, の高下駄 1 で緒, の九里丸, の塗り, の大, の抜けた, の鉄下駄, の高, をはい, を脱ぐ

▼ 本落ち~ (20, 0.1%)

5 ていた 3 ている, ております 2 てゐる 1 てあっ, てい, てはゐませんでした, ては居なかつた, ても聞え, て居た, て来なかった

▼ 本さえ~ (19, 0.1%)

2 あれば, 触れること

1 [15件] あったらば, その薄闇, どこに, なくて, 売り出されて, 手に, 数えられるかと, 書いて, 満足に, 烟を, 盗んだら宝, 見れば, 見当らないの, 読まないじじい, 読んで

▼ 本とを~ (19, 0.1%)

1 [19件] しっかりと, つなぎその, 並べて, 同じくテーブル, 待つ, 待つ日, 持って, 持つて, 挙げて, 採り出して, 書いて, 渡し箪笥, 照した, 蒲團の, 親から, 貰つて戻る, 買って, 贈つて寄さ, 選りわけて

▼ 本~ (19, 0.1%)

2 ている, て一寸, て居る, 初めてゐた

1 [11件] てい, ていた, ています, てきた, てくれる, てゐた, て來, て口, て思わず, て来た, て行く

▼ 本~ (19, 0.1%)

4 を打っ 2 の足りない, をさし, を刺し 1 がぬけてる, の上, をさした, をさして, を刺され, を差し, を打, を打ちました, を打つ

▼ 本あり~ (18, 0.1%)

1 [18件] いずれも, さえすれ, さへ, そのかげ, その葉巻, て五輪塔, て岸, とす, と鷦鷯春行, やこの, や五間, や樂, 下に, 両性を, 変化至つて規矩を, 家の, 少し間, 百尺以上の

▼ 本~ (18, 0.1%)

2 の枝, の道

1 [14件] があやうく, との間, と二本め, と思えた, には池, に取, に失敗, の桜, の歯, の燗徳利, の矢の根, の短い, の足, の銚子

▼ 本もっ~ (18, 0.1%)

2 ている

1 [16件] ていた, てかえって, てき, てきなさい, てね, てひょいと, て参りました, て宛然兇状持, て小本, て帖面, て来, て来させ, て来た, て来ました, て気軽, て行きます

▼ 本取っ~ (18, 0.1%)

1 [18件] てあと, ている, てさき, てしまった, てそれ, てまた, てマッチ, て一寸, て嘗め, て山, て悠々, て揃え, て来さし, て来た, て火, て燐寸, て胸, て警部

▼ 本~ (18, 0.1%)

3 の航路

1 [15件] である, であるだけに, で何, のしかも, のもの, の場末町みたい, の宿場町, の帽子, の幅, の往還, の後, の正しい, の紋, の街, の通り

▼ 本~ (17, 0.1%)

2 国に関する, 国の, 國に, 枝に 1 国べに, 国土に関する, 国清い, 國の, 土に, 教, 教に, 身に, 香の

▼ 本ない~ (17, 0.1%)

1 [17件] あの蒼白い, からにはこいつ, という自覚, の, のさえ, やくざ者が, やつじゃ, ようである, んだ, ハゲ山だ, 不毛の, 古風な, 方が, 有様わずか, 本を, 禿山で, 野原とて

▼ 本~ (17, 0.1%)

3 にくわえ 2 の縁

1 [12件] からのぞき出, にくは, にくわえた, に咥, に啣, に喰わえ, に銜, に銜え, に銜えた, の中, の諸, へ抛りこんだ

▼ 本立つ~ (17, 0.1%)

4 てゐ, てゐる 3 てゐた 2 て居る 1 て居た, て居ります, エルムの, 花の

▼ 本~ (17, 0.1%)

2 つた, ふ

1 [13件] た, つたら好から, つたん, つて, て両方, て来, はなけれ, ひましたが, ひ取りしが, ひ電車, ふ位, へるさうに, へるなと

▼ 本あった~ (16, 0.1%)

1 [16件] から借り集める, から四百万円, きりで, そうである, そうです, という, のか, のが, のじゃ, のである, のです, のでそう, カルピスが, 事を, 庭には, 楢の

▼ 本つい~ (16, 0.1%)

4 ている 2 てい, ていた, てゐる 1 ており, てそうして, てゐ, てゐた, てタイム, て居る

▼ 本であります~ (16, 0.1%)

2 がそれ, が其の

1 [12件] からその, から其の, から唯, から文法上, がとにかく, が今日殘つて, が併, が其内容, が古い, が支那人, が果して, が非常

▼ 本といふ~ (16, 0.1%)

5 ものは 2 のは 1 うちで, こと, ことに, ところを, より俗, 人かと, 夥しい手紙, 所です, 清朝の

▼ 本持つ~ (16, 0.1%)

8 て來 1 てゐた, てゐます, てゐる, て危險, て參, て戻つ, て村落, て来た

▼ 本飲ん~ (16, 0.1%)

2 でそれ, で見せました

1 [12件] じゃってね, でいる, でくる, でしまう, でそこ, でちょっと, でゐる, でゴロ, で七時, で寝, で戻つた, で行こう

▼ 本だけが~ (15, 0.0%)

1 [15件] のこされて, ひとり大きく, ひとり離れ, 二回目の, 他の, 光って, 成長し, 歯並びから, 残された, 残った, 残ったの, 残ってるから, 自由に, 行はれ, 黒いの

▼ 本だった~ (15, 0.0%)

2 のだ, 皿の

1 [11件] かで読んだ, という発見, と思います, と思う, と思った, のである, のでつい, ので奮慨, のと, ように, 新劇かぶれした

▼ 本との~ (15, 0.0%)

2 間の

1 [13件] ことで, 一致を, 別であるらしい, 区別が, 區別法家と, 對校から, 所へ, 撚り目, 芸術座の, 連続で, 間に, 間へ, 關係に

▼ 本などは~ (15, 0.0%)

2 手に

1 [13件] いよいよおかしい, イライラし, ジャーナリズムとしては, ミイラか, 一冊も, 一册も, 双方とも, 大切な, 愛読した, 持たない, 読めない, 読めないし, 読めません

▼ 本よりも~ (15, 0.0%)

2 はるかに, 熱意に

1 [11件] おろそかに, もっとたくさん, もっと上手, 何よりも, 先に, 先生の, 大切な, 当時の, 成人の, 誤植が, 部厚で

▼ 本三本~ (15, 0.0%)

2 とは手

1 [13件] あの度胸, たしかに太夫, といっしょ, とつづけられた, とやつぎばやに劉, と倒します, と細君, の蝦夷菊, まで命中, を切つて立像, を植, を算, 嬉しそう

▼ 本~ (15, 0.0%)

2 をあらわし, を顕わし

1 [11件] であり半面, とし, として居る, なり, なりともいはせじ, にかへり, に深く, はかれ, をあらわす, を現し, を見極めん

▼ 本ながら~ (14, 0.0%)

1 [14件] まことに盛りだくさん, 中っては, 同じ間隔, 夜具から, 抜いて, 指を, 水筆で, 立て, 立杵が, 立派な, 紛失し, 膨れ上がり鼈, 違って, 高い樹

▼ 本なる~ (14, 0.0%)

2 桃の

1 [12件] が故に, ものは, プリーモ・モービレの, 世の, 力いづるなる, 彼等の, 性情傾向, 泉の, 禍ひ, 至上の, 血統の, 邪念を

▼ 本勝負~ (14, 0.0%)

1 [14件] だよ, であつ, であるぞと, でうち二本無二斎, でひどい, となる, のうち, の上, はきまっ, もありまする, をしたい, をしよう, をやり, を致される

▼ 本書い~ (14, 0.0%)

1 [14件] てある, ていただい, てくれ, てそれ, てもらい, てもらいました, て下さいません, て出す, て封, て映画会社, て粥河様, て縦, て路銀, て頂きたい

▼ 本さし~ (13, 0.0%)

1 [13件] てあげよう, ていた, ている, ているなら, ておりました, てもあつ, ても不可, て青山吉左衛門, オランダへ, 小さな形, 年は, 込んで, 首に

▼ 本であった~ (13, 0.0%)

2 ように

1 [11件] かは今, がおみやげ, が今, が原図, しまた, という発見, という話, のだ, のだけ, のである, ヒアシンスは

▼ 本によって~ (13, 0.0%)

1 [13件] お経, この長, 人間の, 位置の, 勉強され, 十二三歳の, 支持され, 校訂した, 研究したらしく, 社会の, 色々に, 調子が, 馬琴の

▼ 本以上~ (13, 0.0%)

1 [13件] とか齧っ, にも見えた, の橙, の當, の矢, は定まっ, もあったろう, も吸い尽くし, も立ちならび, ノ多数, 並び其, 吸うの, 引かれ得るという

▼ 本~ (13, 0.0%)

1 [13件] がある, つてゐる, つてゐるで, つて居た, つて居つた, と二十本入, の, のシガレット, の卷煙草, の小, の巻煙草, を一函頂戴, 二十六哥

▼ 本~ (13, 0.0%)

1 [13件] あの田村君, がこの, がそう, がとくい, が抱きかかえ, が自分, に會, のいう, のいった, の手, の為, の話, はとっぴ

▼ 本~ (13, 0.0%)

1 [13件] あります, お取りなさい, さして, しか買わない, それからその後, のまとい, は単純, もとれる, 差して, 抜いて, 持って, 見るも, 長い毛

▼ 本差した~ (13, 0.0%)

2 人です

1 [11件] きりだ, ことが, ことの, ことも, まま入っ, まま目明の, 海鼠襟の, 甲掛草鞋の, 腰も, 若い若い青侍, 覺え

▼ 本~ (13, 0.0%)

1 [13件] のゴエレット船, の不思議, の商船, の大きな, の大船, の巨船, の帆船, の水夫, の海蛇丸, の船, の阿蘭陀船, の頗る, も

▼ 本~ (13, 0.0%)

1 [13件] がこれ, が五十歳, が即ち, が養子, である, には庶子, の五十八歳, の女, の妻登勢, の実子, の庶子, の養子, は令図

▼ 本~ (12, 0.0%)

3 つてその 2 つても 1 つた所から, つては, つて大切に, つて平原の, つて足掛りに, つて長い, はせて

▼ 本~ (12, 0.0%)

12 で木

▼ 本これ~ (12, 0.0%)

1 [12件] でつまり五つ, で酔う, によって両面四手, に劉, は其処, は去年信州, は早稲田出版部, は現在, は竹, は若木, は頭, を早

▼ 本ごと~ (12, 0.0%)

2 に丁度 1 にあるいは, にそれ, にひょろひょろ, に其さ, に千年来, に押し分け, に暗号, に殊, に異ならね, に緑

▼ 本とっ~ (12, 0.0%)

1 [12件] て, てそこ, てそれ, てそれで, て中, て保, て刀身, て口, て居ります, て弓弦, て火, て調べる

▼ 本ぬい~ (12, 0.0%)

2 てき 1 てあたり, ていった, てくれ, てくわえさした, てしまっ, てふかし, てもらいたい, てゆっくり, て手ばやく, て火

▼ 本ほどの~ (12, 0.0%)

2 刀の 1 やつが, チュリップも, 利目も, 大小の, 大木が, 房を, 扇子の, 桜を, 筍すなわち, 距離で

▼ 本やられた~ (12, 0.0%)

21 か, ことを, といふ, ときの, とくやしく, なと気が付く, のや, よ全然, 形だった, 形です

▼ 本~ (12, 0.0%)

1 [12件] に, による, に出, に据, に據, に論ぜし, に載せる, の上疏, の投馬, の文, の正義, は楊雄

▼ 本取り出し~ (12, 0.0%)

1 [12件] しきりにそれ, て, てすい, て上り框, て口, て咥, て喫しはじめ, て火, て燐寸, て玄関, て若者, 栓を

▼ 本残っ~ (12, 0.0%)

6 ている 3 ていた 1 ていなかった, ても気, て居りました

▼ 本~ (12, 0.0%)

1 [12件] がいつか, で狷之介, で血統, なところ, には驚いた, の, の人, の信心, の猩々齋, の男, を顧み, 過ぎた

▼ 本独鈷~ (12, 0.0%)

4 の帯 3 の博多 1 に越後上布, の小児帯, の落とし差し, をしごき, をしごき直し

▼ 本置い~ (12, 0.0%)

4 てある 2 てきなせ 1 て, てあ, てい, ていっ, てき, て行

▼ 本頂戴~ (12, 0.0%)

1 [12件] したい, したこと, したしばらく, した酔心地, して, しましょうと, しようと, する, する机上らんまん, な, なと云っ, よ

▼ 本あまり~ (11, 0.0%)

1 [11件] どの枝, の剣, の大根, の抜きつれた, の毒刃, の見事, も召し上った, も立ちならん, も途中, も高々, 長くは

▼ 本さん~ (11, 0.0%)

1 [11件] からの手紙, から手紙, から来た, が結婚, が開けた, という内, と森田氏, には心から, のところ, はフランス, は私

▼ 本じゃ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あるめ, すくない, つかまらないよ, ない, ないかい, ないでしょう, ないの, ないよ, ねえか, のう聖書, 伊勢木も

▼ 本だけを~ (11, 0.0%)

1 [11件] たぐりよせれば, ではすぐ, ソーッと, 仕上げて, 伸ばして, 客に, 折るの, 書き亡くなつた本, 注文した, 集めた立派, 集め圖譜

▼ 本参った~ (11, 0.0%)

2 と思った 1 か, とみえ, と申しましょう, と綺麗, な, ので口惜し, もんです, よ, ナ

▼ 本書く~ (11, 0.0%)

2 すら容易 1 だけだ, のが, のは, 事も, 気に, 気も, 氣も, 約束する, 間を

▼ 本~ (11, 0.0%)

4 にし 2 の天の川 1 つぽ, にしました, にむかい, の徳利, を隠す

▼ 本~ (11, 0.0%)

2 りも, り一緒, り格子 1 も植える, りの, り出まして, を蔵, 提げて

▼ 本足りない~ (11, 0.0%)

1 [11件] こと頭が, だの大きな, で其為め身体全体, ということ, と言つて, ばかりにまとも, ような, 手に, 男, 白痴らしい, 野呂間に

▼ 本かが~ (10, 0.0%)

3 投げ棄てられて 1 さながら城, ないよう, 出来るの, 同時に落ち下る, 田舎めいた, 蓋に, 薪屋に

▼ 本かを~ (10, 0.0%)

1 とって, とにかくたくさん, 一緒に, 入れたの, 切つて松林の, 取出して, 書いたこと, 無造作に, 融通した, 試したので

▼ 本だの~ (10, 0.0%)

2 望遠鏡だ, 雜誌だ 1 すっかり干, つれづれ草, レコードだの, 元興寺伽藍縁起併ニ流疏記資財帳などを, 教科書の, 書類だ

▼ 本でした~ (10, 0.0%)

1 かあと, が, がこの, が仮, そういう紙, な, ね, の, 五人目が, 太郎が

▼ 本なり~ (10, 0.0%)

2 勢力統一を 1 ければ, しかして謙讓, カンヴァスなりを, 二本なりの, 二本に, 五本なりを, 故にまた時, 道徳は

▼ 本にて~ (10, 0.0%)

1 いづくに, またその, 代金二分同じく, 作りしは, 侍るべき, 拾圓なり, 晩餐を, 校したる, 第一, 自在の

▼ 本スギ~ (10, 0.0%)

3 のてっぺん 1 っていうの, ってなんだか, という高い, のある, のかげ, のところ, の原っぱ

▼ 本入れ~ (10, 0.0%)

3 てあった 1 ておいた, てその, て提げ, のつばくろぐち, の粗末, ばそれ, 煌々と

▼ 本吸う~ (10, 0.0%)

1 うちに, だけだ, とその, のにも, んだ, 段に, 間かかった, 間に, 間も, 間待っ

▼ 本残らず~ (10, 0.0%)

1 この通り真っ直ぐ, 他の, 小刀で, 小石川の, 抜きと, 搬び出せます, 洗濯屋の, 脱け, 記憶え, 赤枯れ

▼ 本~ (10, 0.0%)

2 をつける 1 が点い, に焼け, の點, をつけ, を澄まし, を点け, を燭, を附け

▼ 本~ (10, 0.0%)

1 である, なかなか集め, におけるそれ, に非常, の上奏文, の博覧会, はどの, は床の間, をもっ, を整理

▼ 本~ (10, 0.0%)

2 も唐鍬, や唐鍬, を動かす 1 で日なか, と一緒, の刃, をかついだ

▼ 本~ (10, 0.0%)

2 の弥陀, の戒壇 1 の中心問題, の前, の方, の本尊, の簷口, の題目

▼ 本ぐらいは~ (9, 0.0%)

1 どこかに, どこへ, 何でも, 律義に, 打たして, 折られそう, 持って, 挫き折っ, 読めそう

▼ 本だけでも~ (9, 0.0%)

1 この馬鹿, どうか召し上っ, 切って, 十六巻と, 大伯母さんに, 相当だった, 読んだり, 買つて行つて呉れ, 買つて行つて呉れれ

▼ 本にな~ (9, 0.0%)

2 つて出 1 つたのは, つてし, つて叢刊せられる, つて四本五本六本そして, つて居ります, つて現はれる, つて立ち昇つてゐる

▼ 本ひょろひょろ~ (9, 0.0%)

1 と伸び, と崖, と植, と生, と生え, と生えた, と立っ, と風, 高く伸び

▼ 本やに~ (9, 0.0%)

1 あるまじき根性, やるの, よりましたら十二月, よる, 何とか云っ, 支那語で, 日記という, 行く, 話したり

▼ 本やは~ (9, 0.0%)

1 それを, どこかに, もう出入り, もって, 一軒キモノ, 本気に, 現物を, 絶版と, 身ぶるひし

▼ 本をも~ (9, 0.0%)

1 動かすこと, 擧げて, 数へ, 書いた, 渉猟した, 見て, 見のがさずに, 見る必要, 貴重愛惜した

▼ 本~ (9, 0.0%)

1 に五, に揃う, べろりと皮, 全く同じ, 塞がって, 消えて, 無かつ, 縛られた, 高さ三四尺位

▼ 本~ (9, 0.0%)

1 か二本, しか残っ, と御飯, の熔岩, の真, の酒, ものまない, 時に二本, 黒い飴ン棒

▼ 本用意~ (9, 0.0%)

6 して 2 し一本 1 さした

▼ 本~ (9, 0.0%)

2 の延竿 1 ありて, で立つた, に板, のごとき, の継棹, を叉字形, を踏

▼ 本~ (9, 0.0%)

3 の百合 1 でも赤芽, のね, のねちん, の赤芽, を出しいた, を表わす

▼ 本~ (9, 0.0%)

1 だぞ, で傷つけられた, に見舞われ, の傷, の兇器, の尖で傷つけたらしく, をかつがせ, をもっ, を自由自在

▼ 本~ (9, 0.0%)

3 彌の, 彌光悦 1 彌が, 彌といふ, 彌は

▼ 本飲む~ (9, 0.0%)

1 くらいなら, ことに, さらに一本, ともう忽ちに, と眠る, と立ち上つた, 位なら, 必要が, 間の

▼ 本~ (9, 0.0%)

2 の扇 1 がある, が折れた, が見える, で真中, などがあっ, の方, は普通

▼ 本あつ~ (8, 0.0%)

2 たの 1 さり, たかしら, たきり, たし, たやう, てそれ

▼ 本かと~ (8, 0.0%)

1 いえば, きいたり, その外, 云うよう, 交換し, 思いましたらそう, 思って, 思つたら

▼ 本ぐらいの~ (8, 0.0%)

2 ことで 1 ことなら, ことは, ものです, ウィスキーは, 割に, 足で

▼ 本さす~ (8, 0.0%)

4 のも 1 ことならぬ, ことも, にもその, 身だ

▼ 本ずつを~ (8, 0.0%)

1 くれた, のこして, ふところへ, 作り同時に, 出しそれ, 割りあて山林, 挾んで, 擁して

▼ 本たち~ (8, 0.0%)

2 て芒 1 はそこ, は少く, は年, もその, を焼かれた, を相手

▼ 本たり~ (8, 0.0%)

1 し理由, とも抜い, とも汝, とも自分, とも触れな, とも触れる, ない, ないよう

▼ 本つける~ (8, 0.0%)

1 かの, からさ, が早い, が鈎, ことの, のが, んだ, 私は

▼ 本などが~ (8, 0.0%)

1 入って, 出て, 生まれ, 生まれたと, 積んで, 置いて, 蒐集され, 馬鹿に

▼ 本なんて~ (8, 0.0%)

1 いうの, ものは, 言って, 言つたら, 讀んで, 赤い手, 農科の, 飲みゃしないよ

▼ 本によ~ (8, 0.0%)

2 つては 1 こりと, つてすつかり忘れ, つてで, つて加へ, つて色んな, つて若い

▼ 本に対する~ (8, 0.0%)

2 信輔の 1 この感覚, やみがたい, 公正な, 或る, 要求が, 重量を

▼ 本ばかりを~ (8, 0.0%)

2 読んで 1 きったまるで, ひとまとめに, 勝ち得たので, 対手に, 読み続け夢中, 読むの

▼ 本また~ (8, 0.0%)

3 一本 1 なでては, 一本ありがたし, 一本三本目の, 七本淡い, 浪振る

▼ 本みち~ (8, 0.0%)

2 を走りました 1 がどこ, がなだらか, の左右, の廊下, を行く, を行つて

▼ 本やへ~ (8, 0.0%)

1 きいて, まわって, よったら買わずに, よるつもり, 手紙かき, 行く, 行った, 行って

▼ 本やら~ (8, 0.0%)

2 不相分 1 且つ古, 其の外, 理窟ツぽい, 画集の, 謡曲の, 雑誌やら

▼ 本五厘~ (8, 0.0%)

5 の焼鳥 1 で五十銭, の品, の焼鳥屋

▼ 本~ (8, 0.0%)

1 かひっぱっ, から何, か周旋, がその, でもない, の誰, も肥料, んでえ

▼ 本取出し~ (8, 0.0%)

1 それを, てそれ, て何ん, て徐, て投げやり, て注意深く, て火, て腰

▼ 本~ (8, 0.0%)

1 うと, かし, つちまつたん, ひノート, ひ新聞, ふ, ふの, へと差し出した

▼ 本好き~ (8, 0.0%)

1 であるという, でいつも, でしたからな, でして, のひとり, の姉, の彼, の方

▼ 本~ (8, 0.0%)

1 から金澤氏, が斬った, と, となり得る, に使っ, に復し, の伝承, の族人

▼ 本燈心~ (8, 0.0%)

5 の行燈 1 が枕許, の明り, の薄

▼ 本細い~ (8, 0.0%)

1 のが, わくに, 幹を, 桐が, 綱を, 線が, 赤が, 路が

▼ 本~ (8, 0.0%)

1 に対してはその, に対して功名心, の下屋敷, の名, の私, の邸, ヲ脱, 御藩薩州土佐

▼ 本貰っ~ (8, 0.0%)

3 て行く 1 て, てき, て嬉し, て来, て行こう

▼ 本買う~ (8, 0.0%)

1 がいい, くらいの贅沢, ことも, て頂きたい, と云っ, なり, 残金四拾七銭也, 銭も

▼ 本~ (8, 0.0%)

2 の下 1 から出切る, から吐いた, のあな, の先, の回り, の尖

▼ 本あけ~ (7, 0.0%)

2 てもらった 1 てしまった, てホロツ, て彼, て御, 色々食べる

▼ 本さげ~ (7, 0.0%)

1 てゐた, て出, て帰っ, て来, て来た, て行く, て飄然

▼ 本~ (7, 0.0%)

1 うかい, うにおいしい, うになさらない, うにわたしは, うに好こ, うに恐ろしい, ばに

▼ 本つまん~ (7, 0.0%)

1 でつつまし, で口, で右手, で老人, で苦笑, で見せた, で銜えた

▼ 本であり~ (7, 0.0%)

1 この本, これは, 両手は, 又思想, 同時におもしろい, 従って仁, 源である

▼ 本でない~ (7, 0.0%)

1 ことは, とか云う, とすれ, と売らない, までも少し, 物を, 現今の

▼ 本とが~ (7, 0.0%)

1 あってね, ある, つり合わない様, 前漢中期以前に, 同じである, 這入って, 韻文家であっ

▼ 本どう~ (7, 0.0%)

1 したわけ, するの, だ, だとばかり, だね, です, です熱い

▼ 本にでも~ (7, 0.0%)

2 出て 1 ありつけようと, したい, その図, なるだけの, 淡々として

▼ 本にまで~ (7, 0.0%)

2 愛着する 1 厭な, 忘れ得ぬ愛情, 書いて, 行きとどいて, 読売りされ

▼ 本はえ~ (7, 0.0%)

3 ています 1 ていた, ている, てその, てゐる

▼ 本~ (7, 0.0%)

1 にその, に仕事, の恋仲, はし, や, ゐつたと, ゐつた花

▼ 本までも~ (7, 0.0%)

1 はつきり見分けが, 仕込んだの, 出版される, 拾って, 欠けて, 苦も, 買った

▼ 本やで~ (7, 0.0%)

1 こんな人間, やります, エホンも, 働いて, 四冊です, 見たよう, 計らずオーエン

▼ 本一冊~ (7, 0.0%)

1 しか今, だけ品切, のため, もなかつた, を出版, を創る, 持って

▼ 本並べ~ (7, 0.0%)

1 てあっ, ている, て体操, て縛つたのさ, ながら鎹釘, にし, ばもう

▼ 本入っ~ (7, 0.0%)

3 ていた 1 てい, ている, てゐる, て居た

▼ 本出る~ (7, 0.0%)

1 から大急ぎ, こと, のかしら, のだった, のを, 下関行下り, 大喜び

▼ 本切っ~ (7, 0.0%)

1 てき, てしまおう, てそれ, てもいい, て来, て行った, て負け

▼ 本~ (7, 0.0%)

2 太いと 1 ざしでなくわざと, の二つ, の家, の方, へ飾りつけ

▼ 本~ (7, 0.0%)

1 に投じ, の価格七十五銭, の売価, の用途, は故障, は賭博マニア, 非器二即一

▼ 本大きな~ (7, 0.0%)

1 クリスマス, 冬枯れの, 唇を, 本が, 楠が, 樹が, 赤椿が

▼ 本折っ~ (7, 0.0%)

1 てき, てしまった, ては笠, ては蓑, て又, て戸板, て持ち去る

▼ 本~ (7, 0.0%)

3 いて 1 かなけれ, くと, けて黒瑪瑙, け毛

▼ 本~ (7, 0.0%)

1 がそびえ, が一本, という俚称, と名づけ, のうしろ, の岡, の黒

▼ 本~ (7, 0.0%)

1 にひっぱった, にひどい, に並べ, に張っ, に貫, に貫い, わって

▼ 本~ (7, 0.0%)

1 にザワザワ, に分岐溝, に東妙和尚, に沁み込ん, に眞赤, に真赤, に羂

▼ 本煙草~ (7, 0.0%)

1 はいかが, をつけ, を出し, を吸った, を吸つて仕舞, を投げつけた, を抜い

▼ 本~ (7, 0.0%)

2 けて来 1 けておく, けてくれ, けなよ, けませう, たから

▼ 本~ (7, 0.0%)

1 てる人, なこと, にする, になる, にひどい, に百, に魚

▼ 本~ (7, 0.0%)

2 が呑む 1 が麦酒, に渡し, の口, の方, は古

▼ 本~ (7, 0.0%)

2 立って 1 つこむと, つ立つて, 込まれて, 込んだ, 込んで

▼ 本舌三寸~ (7, 0.0%)

2 で芝居 1 が絶対金科玉条, でこの, で夜, で老若, という自分

▼ 本からは~ (6, 0.0%)

1 ぱちぱちと, ぶくぶくと, 新古今集選者個人, 時々ラッパ, 目を, 私は

▼ 本~ (6, 0.0%)

2 はへ 1 ぎをさしていっておくんなせえまし, の字形, はへマッチ, 彼等の

▼ 本くらい~ (6, 0.0%)

1 お飲み, くれそう, ですっかり, 出したのに, 持参し, 溜まって

▼ 本さして~ (6, 0.0%)

2 ある 1 あるの, 侍だ, 悪けれや, 歩けるかという

▼ 本ざし~ (6, 0.0%)

1 ある時, お約束, がのど笛, が少なかっ, のりっぱ, も蒲団

▼ 本そこ~ (6, 0.0%)

1 からとびだし, にあった, にへばりつい, にも一本, に一本, へ植わった

▼ 本たる~ (6, 0.0%)

1 ことを, はたと言, アレクサンドロス彼の, 上宮聖徳法王帝説の, 神の, 責は

▼ 本だけの~ (6, 0.0%)

1 ことで, ような, 巨大な, 目録であります, 目録を, 金五郎の

▼ 本~ (6, 0.0%)

1 やありません, やぞ, やない, やねえ, や不足, や詰め過ぎやしない

▼ 本つけさし~ (6, 0.0%)

1 て互に, て居る, て平次, て輕, て酌, て長火鉢

▼ 本づゝ~ (6, 0.0%)

2 持つて 1 の火箸, の足, の酒, をちら

▼ 本でありまし~ (6, 0.0%)

1 てもこれ, てもそれ, て実に, て此, て群書類從, て足利時代殊

▼ 本などの~ (6, 0.0%)

1 ごとくちょうど, 入用は, 多數, 宣伝力, 弊に, 片づけに

▼ 本ぬけ~ (6, 0.0%)

1 さう, ている, てゐました, てガタクリ, て笑, て落ちた

▼ 本~ (6, 0.0%)

1 あれは, きょうで, ぢくれ, なあにそれ, 全くありすぎてない, 調査の

▼ 本やが~ (6, 0.0%)

1 あってね, ありません, あるの, 変ったの, 買いおくれたの, 閉口と

▼ 本やの~ (6, 0.0%)

1 内容大体まとまり, 名から, 名今一寸, 工夫で, 店員が, 気分という

▼ 本一緒~ (6, 0.0%)

1 にき, にくわえたら, にし, にした, にもっ, の毛

▼ 本並んだ~ (6, 0.0%)

1 大煙突, 太い生木, 木の, 木蔭へ, 波形の, 砂浜の

▼ 本借り~ (6, 0.0%)

1 てこい, て信心気, て出た, て雨, て鳶口, 非常に

▼ 本即ち~ (6, 0.0%)

1 中祕, 今日無い, 存目本と, 昔の, 朕が, 著録本と

▼ 本及び~ (6, 0.0%)

1 その本, 作家については, 印本, 安貞二年奥書き本などが, 日本に, 草紙類の

▼ 本~ (6, 0.0%)

1 つた, はせて, ひ終つて殻, ひ終つて殼, ふ, ふ間もなく

▼ 本吸っ~ (6, 0.0%)

2 ている 1 てからはいった, てから話, てしまう, てもらう

▼ 本太い~ (6, 0.0%)

1 アカダモの, 棒を, 盛り上りが, 竹煮, 筆を, 老木が

▼ 本引き~ (6, 0.0%)

1 その丁髷, に平行, の丹後縞, の凧, はなし, 奇麗な

▼ 本打ち込ん~ (6, 0.0%)

1 であつ, であり, でしまった, でやりたくなった, で一人, で確か

▼ 本折れ~ (6, 0.0%)

1 ていた, ていました, ている, て崖, 拳を, 轂が

▼ 本抜け~ (6, 0.0%)

2 ている 1 ていた, ています, ても自分, てゐた

▼ 本掛ける~ (6, 0.0%)

2 方が 1 が宜, が宜いか, ことも, と云

▼ 本~ (6, 0.0%)

3 のほか 1 つたり, について見よう, ばかり

▼ 本~ (6, 0.0%)

2 で歩く 1 で滑り下りる, として添える, の細い, 両杖半分

▼ 本~ (6, 0.0%)

1 によりか, に王家, の亭, の天頂, の家, の船

▼ 本~ (6, 0.0%)

2 を痛められた 1 が生え, の出た, の囲, もとからす

▼ 本殖やす~ (6, 0.0%)

1 ことである, ということ, といっ, なんてあまり, についてはどういう, のである

▼ 本~ (6, 0.0%)

1 で立ち, で立廻り, に垂れ, の中, は亜硝酸, を同時に

▼ 本注射~ (6, 0.0%)

1 したり, しつつ, をうつ, をし, をします, を打っ

▼ 本~ (6, 0.0%)

1 から出た, の学名, はわが, は中国, は絶え, 亡び変種

▼ 本立てた~ (6, 0.0%)

2 ような 1 に等しい, まま, 形は, 棒から

▼ 本~ (6, 0.0%)

1 とも, に枕団子旧弊, のよう, の茎, をぬきとっ, を持参

▼ 本~ (6, 0.0%)

3 は, はひとり

▼ 本落し~ (6, 0.0%)

1 てしまった, て命, て蘭塔場, なすったばかり, の鐺, 身軽に

▼ 本~ (6, 0.0%)

31 て丁度, て行く, ィつけた

▼ 本見つけ~ (6, 0.0%)

2 て旅 1 て, て來, て帰っ, て来た

▼ 本調子~ (6, 0.0%)

1 で少し, で酬いられない, な喜多流擬い, に口, の正直者, の英語

▼ 本転がっ~ (6, 0.0%)

4 ている 1 ていた, ていなかった

▼ 本載せ~ (6, 0.0%)

1 それを, てある, てお, て凝, て引き, て持つ

▼ 本~ (6, 0.0%)

4 の婆さん 1 の針葉樹, を刺され

▼ 本~ (6, 0.0%)

2 の漁師 1 で釣った, にする, につけた, の鯛釣り漁師

▼ 本長い~ (6, 0.0%)

1 のを, 女帯が, 棕梠繩で, 毛が, 毛を, 鬚の

▼ 本~ (6, 0.0%)

4 に吹かれ 1 にゆらるる, を切っ

▼ 本あの~ (5, 0.0%)

2 屋根まで 1 事件に, 剣ヶ岳の, 度胸ならへし折ろう

▼ 本いや~ (5, 0.0%)

1 に揺れ, めんだう, 三十何本かを, 二本まあ, 幾十万本の

▼ 本おなじ~ (5, 0.0%)

5 花の

▼ 本くらいを~ (5, 0.0%)

1 一束として, 一株に, 片手に, 納めた, 黒猩々特有の

▼ 本くれた~ (5, 0.0%)

1 か気の毒, けれど, と答えた, んです, 貧者の

▼ 本~ (5, 0.0%)

1 っきゃ見えない, てもらいたい, て貰う, ゆつと, 下忘れたる

▼ 本たて~ (5, 0.0%)

1 ていただきたい, てスーッ, て空手, の飾, 捻香

▼ 本だけに~ (5, 0.0%)

1 された報い, して, たよって, なっても, 帆が

▼ 本つけさせ~ (5, 0.0%)

1 ぐつすり寢込ん, て三人, て頂きます, 宜い, 面白くも

▼ 本つづけ~ (5, 0.0%)

3 ざまに 1 さまに, て勝ったら

▼ 本づける~ (5, 0.0%)

2 こと疑 1 もので, 西の, 記事で

▼ 本とう~ (5, 0.0%)

1 だと, の名前, の子, の暴風, は海岸

▼ 本としては~ (5, 0.0%)

1 これだけでも, 却って親しめる, 文心雕龍などが, 最も不適當, 極めて珍しい

▼ 本とり出し~ (5, 0.0%)

1 それを, てそれ, てとても, て先ず, て可愛い

▼ 本なく~ (5, 0.0%)

1 ちゃなあ, ちゃ駄目, 三本指の, 澄んで, 飢えて

▼ 本などで~ (5, 0.0%)

2 見る時 1 見て, 読めば, 讀んだこと

▼ 本などと~ (5, 0.0%)

1 いうものの, 一緒に, 書いた白い, 珍奇な, 首引きを

▼ 本なども~ (5, 0.0%)

1 ぼろぼろの, 丁寧に, 交って, 出て, 載って

▼ 本なれ~ (5, 0.0%)

1 ばこの, ばとて世, ばなり, ば折り, へと漁り

▼ 本については~ (5, 0.0%)

1 その著述, なお知らなかった, 何事も, 単にそれ, 東京圖書館に

▼ 本のみ~ (5, 0.0%)

1 でなく渋柿園, ますよ, 女の子は, 行はれ, 酔って

▼ 本~ (5, 0.0%)

1 げを, げ一本までも, ょいっと環の, ょろ柳が, よいつと

▼ 本ほども~ (5, 0.0%)

1 あらんかとの, ならうかと, 並べられしを, 叩き落したそう, 折れて

▼ 本やっ~ (5, 0.0%)

1 てい, ていた, ておい, て御覧, て貰おう

▼ 本よん~ (5, 0.0%)

2 でいる 1 で, でいます, でねる

▼ 本を以て~ (5, 0.0%)

2 その情景 1 毛拔き, 補足した, 誤植を

▼ 本~ (5, 0.0%)

1 少シ, 床ニ落シテスタンドヲ, 廣ゲタ, 忘レズ, 開イテ頻

▼ 本一銭~ (5, 0.0%)

1 で今日, で売り, のバット, の食べきれない, 食べきれない大根

▼ 本二銭~ (5, 0.0%)

2 の焼鳥 1 おろしたり, で, の水仙

▼ 本入り~ (5, 0.0%)

1 そうも, のキャメル, の煙草, の鑵, の靱

▼ 本其の~ (5, 0.0%)

2 他に対しても 1 中には, 低い枝, 蝙蝠傘の

▼ 本切り~ (5, 0.0%)

1 だ風, で止しました, の針, 又椰子一顆打, 放ったり

▼ 本刺し~ (5, 0.0%)

1 ていいました, ておいた, ておく, てもらはう, 側に

▼ 本咲い~ (5, 0.0%)

1 たり蓼, ていた, ています, ている, てゐる

▼ 本圭方~ (5, 0.0%)

1 の指導原理, の顔, の高飛車, はもう, は黙つ

▼ 本~ (5, 0.0%)

1 が探られ得る, として佛, として右, として末代, など

▼ 本多く~ (5, 0.0%)

1 した時, てまず, て一箱, て五千本, 之に

▼ 本~ (5, 0.0%)

1 いさ, えだ, づつみなんでも, 樹四五本踏石を, 鯵の

▼ 本~ (5, 0.0%)

1 しこんで, で立派, になる, にもあんな, 加えまして

▼ 本差す~ (5, 0.0%)

1 ことは, ように, 者とても, 身で, 身であり

▼ 本師釈迦牟尼仏~ (5, 0.0%)

1 がこれ, の加護, の広大, は我, 我が本来

▼ 本引い~ (5, 0.0%)

3 てある 1 たり四つ, て見たら

▼ 本引く~ (5, 0.0%)

1 か引かぬ, ところを, んだらう, 十本二十本と, 足一足ことごとく

▼ 本~ (5, 0.0%)

1 には暖, に出てる, に届いた, へ一本, 二本

▼ 本或は~ (5, 0.0%)

1 五本六本である, 何でも, 作者の, 十三本の, 決定本は

▼ 本手紙~ (5, 0.0%)

1 が残っ, で葛岡, の中, をつけ, を書く

▼ 本抜き~ (5, 0.0%)

1 つれあって, とうとう十二本, ながら, ながら聞いた, 二本抜き

▼ 本斜め~ (5, 0.0%)

2 に切る 1 に影, に枝, に突出

▼ 本植え~ (5, 0.0%)

1 てあった, てあれ, ていた, て何年, バラを

▼ 本欲しい~ (5, 0.0%)

1 といわず, と思う, と思っ, ものと, わ

▼ 本注文~ (5, 0.0%)

3 した 1 したら三本位, すると

▼ 本渡し~ (5, 0.0%)

1 てあげ, てあった, てくれ, てその, て行った

▼ 本生經~ (5, 0.0%)

1 とは印度, に見ゆる, は佛經的, は印度佛教, は隨分澤山

▼ 本程の~ (5, 0.0%)

1 やつが, ゴミも, 危さで, 水仙の, 銀色の

▼ 本~ (5, 0.0%)

1 になる, の折, はまず, をしなけれ, をする

▼ 本買つて~ (5, 0.0%)

2 来て 1 そこで茶, やると, 来た

▼ 本逆立つ~ (5, 0.0%)

1 てゐた, のさえ, のを, ほどの寒気, ような

▼ 本飲んだ~ (5, 0.0%)

2 か覚え 1 うまかつ, がまだ, だけで

▼ 本あけた~ (4, 0.0%)

1 だけだ, ところへ, 事だって, 頃には

▼ 本あと~ (4, 0.0%)

1 から一本締, にてないしょ, の一本, は桐

▼ 本ありまし~ (4, 0.0%)

1 てね僕, て井戸, て前, よがな

▼ 本あります~ (4, 0.0%)

1 よ四本二対, よ四本二對, わ, 一本へ

▼ 本ありゃ~ (4, 0.0%)

1 けっこう使いで, ア不意っと, 楽な, 食いっぱぐれは

▼ 本あるいは~ (4, 0.0%)

1 数千本用意し, 数本の, 立ちあるいは, 簡便に

▼ 本いくら~ (4, 0.0%)

1 かは精, ですか, で売ります, に売れる

▼ 本いずれ~ (4, 0.0%)

1 も少し, も巨木, も老木, も露西亜

▼ 本いっしょ~ (4, 0.0%)

1 にしっかり, にマッチ, に持っ, に握った

▼ 本かい~ (4, 0.0%)

1 てある, ている, てくれない, 本当に仕様

▼ 本かも~ (4, 0.0%)

1 明かならず新, 知れない, 知れないが, 知れないぞ

▼ 本がは~ (4, 0.0%)

3 ひつて 1 いつた時

▼ 本くぎ~ (4, 0.0%)

2 をさしました 1 をさし, を打ちました

▼ 本くれ~ (4, 0.0%)

1 てこれ, といった, と手, 給へ

▼ 本ぐらいずつ~ (4, 0.0%)

2 栽え 1 残して, 紮げまして

▼ 本この~ (4, 0.0%)

1 庭の, 日野鼠を, 砂の, 藍地の

▼ 本ささせる~ (4, 0.0%)

2 ものか 1 ことぢや, もんじゃ

▼ 本すら~ (4, 0.0%)

1 なかった, もうばつ, 分量の, 落ちては

▼ 本ずつは~ (4, 0.0%)

1 受取りましたが, 売るが, 行き渡って, 送って

▼ 本そして~ (4, 0.0%)

1 あの方, たうとう, 只今, 昼寝ぐつすり何だか

▼ 本その他~ (4, 0.0%)

1 いろ, が第, 少々たすかり, 食ったが

▼ 本だし~ (4, 0.0%)

2 て口 1 てぼく, て見せた

▼ 本だつ~ (4, 0.0%)

2 て俺 1 たり枝, て誰一人一郎

▼ 本だつた~ (4, 0.0%)

1 かしら, か十本, ことは, のでランシング氏

▼ 本ついた~ (4, 0.0%)

1 を三銭, を三錢, 柄の, 竹籠に

▼ 本つけさせる~ (4, 0.0%)

2 のでした 1 ことに, 張合も

▼ 本であろう~ (4, 0.0%)

1 か, とどの, と思う, と数百本

▼ 本でございます~ (4, 0.0%)

21 か, 今まで

▼ 本でなく~ (4, 0.0%)

1 て, ても三本, 方々から, 音譜の

▼ 本とうに~ (4, 0.0%)

1 あったこと, とこに, 動物が, 阿古屋貝か

▼ 本とおっ~ (4, 0.0%)

3 ている 1 てい

▼ 本どこ~ (4, 0.0%)

1 かの国, からか工面, にあった, にある

▼ 本どり~ (4, 0.0%)

1 の名誉, 五拾両, 百両などという, 金弐拾両

▼ 本なし~ (4, 0.0%)

1 でもとの形, で立ち, にばか, に抜け

▼ 本なぞ~ (4, 0.0%)

1 でも, 皆ちゃんと, 私は, 読むの

▼ 本などに~ (4, 0.0%)

1 あるよう, 吉原遊廓を, 因って, 興味を

▼ 本などには~ (4, 0.0%)

1 余り多く, 全然見られぬ, 物の, 触つて

▼ 本などにも~ (4, 0.0%)

1 さう, そんな風, 其影響が, 頻りに現れる

▼ 本なりと~ (4, 0.0%)

1 いう, 喝破した, 折々御, 言いもって

▼ 本にのみ~ (4, 0.0%)

1 よらず他, 出て, 残りて, 見えて

▼ 本にゅっと~ (4, 0.0%)

2 出て, 突き出て

▼ 本ぬきだし~ (4, 0.0%)

2 て口 1 て火, 口に

▼ 本ぶっ~ (4, 0.0%)

1 ちがえた印, 差した二十七八, 差して, 込んだまま

▼ 本ぶらさげ~ (4, 0.0%)

1 ている, てお, て外濠線, て私

▼ 本ぶら下げ~ (4, 0.0%)

1 ていました, て今日, て戻っ, て行く

▼ 本へと~ (4, 0.0%)

1 吸いさし, 噛むこと, 改善せられ, 眼を

▼ 本または~ (4, 0.0%)

1 一枚刷りに, 二本なら, 犁の, 針歳暮とさえ

▼ 本もらっ~ (4, 0.0%)

1 ていい, ていく, てくる, て戯れ

▼ 本らしい~ (4, 0.0%)

1 けれど近頃, ことは, ものを, 本を

▼ 本一度~ (4, 0.0%)

1 にこちら, に唇, に担げる, に持っ

▼ 本三十銭~ (4, 0.0%)

1 から五十銭, と三銭, の原料代, は明治中世

▼ 本上げる~ (4, 0.0%)

1 から, と片手拜, 事も, 者も

▼ 本下さい~ (4, 0.0%)

31 と無心

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 とする, の例, の寺, の心持

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 が常に, を向島, 助が, 助君に

▼ 本五本~ (4, 0.0%)

1 とああ, とヤケ酒, と立てる, また七本

▼ 本傳次~ (4, 0.0%)

1 に寄り, の二人, の同居人, の妻

▼ 本傾け~ (4, 0.0%)

1 てそして, て参ろう, て饂飩, ながら

▼ 本全部~ (4, 0.0%)

1 ないので, を投げ打っ, 空けて, 見逃せない作品

▼ 本出た~ (4, 0.0%)

1 その二本芽, のでしょう, のでせう, 花の

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 たり, の金, は責任, 損するの

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 つた, つたからと, つたところ, 落して

▼ 本切る~ (4, 0.0%)

2 だけはとうに 1 という, 毎に

▼ 本動かす~ (4, 0.0%)

2 のも 1 ほどのこと, ような

▼ 本十銭~ (4, 0.0%)

1 か十五銭, とかく, の葉巻, よな

▼ 本又は~ (4, 0.0%)

1 七本の, 其の他, 自己の, 雜誌に

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 つてたべ, つてマツチを, つて來ませう, リ出シテ吸ウ

▼ 本取り~ (4, 0.0%)

1 さっぱりした, さらに老後, ナイフで, 鉄造に

▼ 本吹かし~ (4, 0.0%)

1 ている, てから蒲団, ながら五寸, ながら五寸許

▼ 本四本~ (4, 0.0%)

1 いっせいに抜い, ともらっ, と指, に至り

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 にかかりましたら, には誤っ, は加納一郎氏所蔵原本, を好む

▼ 本左手~ (4, 0.0%)

2 にブラブラ 1 が玄関, は人差指

▼ 本~ (4, 0.0%)

3 して 1 の前

▼ 本引いた~ (4, 0.0%)

1 ことの, 後が, 膠剤の, 鼻や

▼ 本彼女~ (4, 0.0%)

4 に触れる

▼ 本打っ~ (4, 0.0%)

1 ておい, ておく, てもピンピン, て置きましょう

▼ 本抜き出し~ (4, 0.0%)

1 ていま火, て学生連, て火, フトチョッキの

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 ひ上げると, ふとそれ, ふも面倒, ふ山

▼ 本撚り~ (4, 0.0%)

1 か二十本, くらいにし, にて玲瓏, 錘から

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 がここ, にも雲, は三旗, は長竿

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 に, に集合, の中, の葉

▼ 本欠け~ (4, 0.0%)

2 ている 1 ております, ても駄目

▼ 本浮い~ (4, 0.0%)

2 ている 1 ていた, てゐる

▼ 本添え~ (4, 0.0%)

1 ておく, てくれた, て団子, て貰う

▼ 本無駄~ (4, 0.0%)

1 な花, にし, にはしない, にはせぬ

▼ 本煙突~ (4, 0.0%)

1 ではなかっ, の真中, の西洋館, を見た

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 となる, においてはこの, においては私, において第

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 い出て, の鬼殺し, を全う, 残って

▼ 本生えた~ (4, 0.0%)

1 が三本, ことを, 厭らしい, 落葉松である

▼ 本生やした~ (4, 0.0%)

1 こんな怖い, のが, 恐ろしい海竜, 海竜が

▼ 本白い~ (4, 0.0%)

1 のを, テーブルかけが, 筋が, 腹に

▼ 本盗ん~ (4, 0.0%)

1 でやった, でやろう, で来た, で来る

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 が残っ, が立った, が飛ん, のよう

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 である, で皆んな, で皆んな張り, の夜

▼ 本突き~ (4, 0.0%)

1 が職業, さえ外せ, を入れた, を構えかけた

▼ 本立ち~ (4, 0.0%)

2 小さなその葉 1 の本箱, シヤツに

▼ 本立ってる~ (4, 0.0%)

1 きりだった, くらいのもの, ところまで, 曲り角まで

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 がはりわたされ, で三人, へよじのぼりだした, をおろし

▼ 本置き~ (4, 0.0%)

1 て未生, に向き合っ, に拔, の三本

▼ 本自分~ (4, 0.0%)

1 にくれ, の合羽, の枕, の鼻

▼ 本葉巻~ (4, 0.0%)

1 を吸っ, を吸わなく, を持っ, を持つ

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 うなか, のよう, の例, の名

▼ 本見える~ (4, 0.0%)

1 だけの簡単, のは, マロニエの, 下の

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 で鶴, にあっ, は能楽, 以上には

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 というもの, に, に割愛, に據

▼ 本読む~ (4, 0.0%)

1 なんてそんな, のお, ばかりいけません, 気出ず

▼ 本赤い~ (4, 0.0%)

2 焔を 1 実の, 眉の

▼ 本送っ~ (4, 0.0%)

2 て来た 1 てくれた, て呉れた

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 しものつき, に出, へ折れ曲る, を行かず

▼ 本通っ~ (4, 0.0%)

2 ている 1 てい, て居る

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 は味, を五六合, を取り寄せた, を奢らず

▼ 本長々~ (4, 0.0%)

2 と枝 1 とそれ, と眼

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 のコース, はされました, はせた, ひ他

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 まば, みて, んで少し, んで飯

▼ 本飲み~ (4, 0.0%)

1 そこの, その次, それから彼女たち, 二本飲みし

▼ 本高く~ (4, 0.0%)

1 アーク燈が, 楢の, 茂って, 見える楢

▼ 本~ (4, 0.0%)

1 のまま, の穴, の鯰, を蓄え

▼ 本あげ~ (3, 0.0%)

1 てしずか, てしづか, て豹一

▼ 本あげましょう~ (3, 0.0%)

3

▼ 本ありました~ (3, 0.0%)

1 が性, が紅蓮, よ親分

▼ 本おき~ (3, 0.0%)

2 に殆ど 1 の六花

▼ 本お前さん~ (3, 0.0%)

2 が世話 1 に進ぜる

▼ 本お稽古~ (3, 0.0%)

21 を願う

▼ 本かけ~ (3, 0.0%)

1 ていました, ている, なんと云う

▼ 本かは~ (3, 0.0%)

1 はっきりと, 地面から, 幾度かの

▼ 本からの~ (3, 0.0%)

1 感想日々の, 理窟でなく, 竹藪が

▼ 本くら~ (3, 0.0%)

1 ゐありますが, ゐある松の木, ゐやると

▼ 本くわえ~ (3, 0.0%)

1 ながら, カチリと, マッチを

▼ 本ここ~ (3, 0.0%)

1 で試します, の夜天, へ針

▼ 本さえも~ (3, 0.0%)

1 ありありと, 引張出して, 聖像の

▼ 本さした~ (3, 0.0%)

1 ところで, 浪人ふう, 者は

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 ぎごけのやうに見わけられる, ぎごけのように見わけられる, つかり枯れたまま

▼ 本すぐ~ (3, 0.0%)

1 にとどけさせます, に持つ, 横手に

▼ 本すっ~ (3, 0.0%)

2 てその 1 くり立った

▼ 本すらも~ (3, 0.0%)

2 私は 1 旧世界

▼ 本ずき~ (3, 0.0%)

1 があと, の女, 手近に

▼ 本ずつに~ (3, 0.0%)

1 しても, なって, 老人が

▼ 本それから~ (3, 0.0%)

1 寛永通寶が, 座談会の, 練習用の

▼ 本たう~ (3, 0.0%)

1 の名前, は海岸, は訣ら

▼ 本たつ~ (3, 0.0%)

2 てゐる 1 や春青柳

▼ 本だけしか~ (3, 0.0%)

1 立つて, 茎が, 見えない

▼ 本だけと~ (3, 0.0%)

2 酒を 1 云っても

▼ 本だろう~ (3, 0.0%)

1 か, と云っ, と思う

▼ 本つかん~ (3, 0.0%)

1 だりまたは, で上衣, で気

▼ 本であっ~ (3, 0.0%)

1 てもすぐ, て一, て新しい

▼ 本であれ~ (3, 0.0%)

1 ばそれ, ば売れる, までに仕上げた

▼ 本でさえ~ (3, 0.0%)

1 あれば, 増刷を, 近ごろでは

▼ 本とで~ (3, 0.0%)

1 すっかり落着, 勝手に, 調べた

▼ 本とに~ (3, 0.0%)

1 つながれ朝子, よりて, 途方も

▼ 本ないし~ (3, 0.0%)

1 お弁当, 一本握っ, 九本で

▼ 本ならべ~ (3, 0.0%)

1 てあり, て嘗めた, て立てられた

▼ 本なんぞを~ (3, 0.0%)

1 入れて, 読み耽って, 買込みに

▼ 本にだって~ (3, 0.0%)

1 そんな事, 書かれては, 革命の

▼ 本につき~ (3, 0.0%)

1 三センチだけ, 五挺ずつ, 何個といふ

▼ 本によっては~ (3, 0.0%)

1 その孫, 下五が, 人名の

▼ 本による~ (3, 0.0%)

1 ものが, もので, 個人主観の

▼ 本ぬっと~ (3, 0.0%)

1 出て, 立って, 立てた

▼ 本のう~ (3, 0.0%)

1 つぎには, つぎを, 寺の

▼ 本のぶ~ (3, 0.0%)

3 なの

▼ 本はと~ (3, 0.0%)

1 いえば, 云えば, 言えば

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 こで, この中, しを

▼ 本ばかりが~ (3, 0.0%)

1 どうした, 並んで, 詰って

▼ 本ばかりは~ (3, 0.0%)

1 ほかの, スックと, 其中から

▼ 本ふかし~ (3, 0.0%)

1 てそうして, て愉快, ながらソファ

▼ 本への~ (3, 0.0%)

1 そういう薄情, やさしい心持, 愛という

▼ 本ほか~ (3, 0.0%)

1 なくそれ, 持たない, 無え

▼ 本まじっ~ (3, 0.0%)

1 ていました, ている, てながめられる

▼ 本まだ~ (3, 0.0%)

1 来て, 生々しいの, 青き実

▼ 本もしくは~ (3, 0.0%)

1 二本の, 和田氏の, 数十本数百本の

▼ 本もたぬ~ (3, 0.0%)

3 やうに

▼ 本もらった~ (3, 0.0%)

1 の, わけで, わよ

▼ 本やられ~ (3, 0.0%)

1 ている, てうむ, て指

▼ 本よりは~ (3, 0.0%)

1 下らない悪い本, 大きな家, 幾分か

▼ 本を通して~ (3, 0.0%)

1 博士の, 多くの, 見た縁起沿革

▼ 本ブラ~ (3, 0.0%)

1 下がって, 下がり早く, 下げた風鈴一個

▼ 本一本丁寧~ (3, 0.0%)

1 に, にいろんな, に原稿紙

▼ 本一本指~ (3, 0.0%)

1 でしごき, をもい, を数

▼ 本一本空~ (3, 0.0%)

2 の天の川 1 の徳利

▼ 本一杯~ (3, 0.0%)

3 に花

▼ 本丁寧~ (3, 0.0%)

1 に, にいろんな, に原稿紙

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 けコンクリート, け放れた, 伐らせられた

▼ 本三本四本~ (3, 0.0%)

1 いっせいに抜い, ともらっ, に至り

▼ 本上げ~ (3, 0.0%)

1 て, てくれ, 当惑げな

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 から生え, すったそう, の落し

▼ 本不足~ (3, 0.0%)

1 して, しても, の二十四本

▼ 本並べた~ (3, 0.0%)

1 ものだ, ものに, ような

▼ 本乗っ~ (3, 0.0%)

2 てい 1 込みを

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 こそ, を見せん, を見受けたる

▼ 本二人~ (3, 0.0%)

1 の下女, の前, を蔽う

▼ 本五銭~ (3, 0.0%)

1 ぐらいなん, なり, 落ちついて

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 はかなり, 明日うちに, 龍之

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 のすみ, の連中, は書体

▼ 本付け~ (3, 0.0%)

1 てくれた, て待つ, 相場違いの

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 傾ける事, 出るそう, 書ける様

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 の松, の締金, はことごとく

▼ 本余り~ (3, 0.0%)

1 が一度, の牛乳, も出る

▼ 本作る~ (3, 0.0%)

1 かと云う, ために, と城門

▼ 本例へば~ (3, 0.0%)

1 尚書の, 禮記の, 陰符經

▼ 本入れた~ (3, 0.0%)

1 一同は, 剣凧だった, 時に

▼ 本六本~ (3, 0.0%)

1 そしてた, である, 列んで

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 とか本有, の明徳, の約束

▼ 本出した~ (3, 0.0%)

2 徳利一本には 1 ので煙草

▼ 本化上行~ (3, 0.0%)

1 が二度出現, が再び, だという

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 おやべより, ハ三本以上ノ, 一本と

▼ 本取つ~ (3, 0.0%)

1 てやつ, て平次, て来さし

▼ 本古い~ (3, 0.0%)

1 スペインの, 桜の, 衣類等に

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 一巻, 十巻, 部屋の

▼ 本同じ~ (3, 0.0%)

1 ような, 位の, 型で

▼ 本吸い~ (3, 0.0%)

1 さしの, たまえ, 口を

▼ 本吸った~ (3, 0.0%)

1 ことも, だけで, のです

▼ 本~ (3, 0.0%)

2 えながら 1 えようと

▼ 本地面~ (3, 0.0%)

1 から跳, にさし, にのたくっ

▼ 本売っ~ (3, 0.0%)

1 てくれません, てこの, ても十二三両

▼ 本外し~ (3, 0.0%)

1 ていった, てしまっ, て人

▼ 本子供~ (3, 0.0%)

1 のまま, の絵本, の腕

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 に呼ばれる, の物, へやつ

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 候, 歌なども, 歌の

▼ 本寄っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てひょろひょろ, て始めて

▼ 本引つこ抜い~ (3, 0.0%)

1 て爪先, て置いた, て面

▼ 本御馳走~ (3, 0.0%)

1 して, になつて, になろう

▼ 本徳利~ (3, 0.0%)

1 が空, の目量, を倒した

▼ 本手前~ (3, 0.0%)

1 の線, までしか行けない, までしか行っ

▼ 本打った~ (3, 0.0%)

21 杭の

▼ 本打つ~ (3, 0.0%)

1 てあつて, とこう, と先生

▼ 本折り~ (3, 0.0%)

2 青い皮 1 又チューチュータコカイナ

▼ 本折り取っ~ (3, 0.0%)

1 てき, てそれ, て担い

▼ 本折れた~ (3, 0.0%)

1 かわからない, って何だ, のを

▼ 本抜いた~ (3, 0.0%)

1 が指, のであります, んだ

▼ 本拾う~ (3, 0.0%)

1 ことで, でなし, 方じゃあ

▼ 本持ち出し~ (3, 0.0%)

2 て来た 1 て来

▼ 本持つた~ (3, 0.0%)

1 きりで, だけの私, 者が

▼ 本挿し~ (3, 0.0%)

1 てあつた, てある, ていました

▼ 本掛け~ (3, 0.0%)

1 てその, て持つ, 品や

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 つてあつ, へてあつ, へて立て

▼ 本提げ~ (3, 0.0%)

1 てゐました, て出, て挨拶

▼ 本握っ~ (3, 0.0%)

2 て居た 1 てかけつける

▼ 本握る~ (3, 0.0%)

2 ことも 1 事も

▼ 本携え~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, て行った

▼ 本書け~ (3, 0.0%)

1 という, ばその, ば一年

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 が用いられた, を増し, を落す

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 をあけ, を抜いた, を抜きましょう

▼ 本梯子~ (3, 0.0%)

1 といふべき, のよう, を考へ

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 が少ない, で暮す, のよう

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 っていた, っている, って離れ

▼ 本植わっ~ (3, 0.0%)

3 ていた

▼ 本横たえ~ (3, 0.0%)

1 てある, てその, 木の根に

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 の最大速力, は特に, を尾行

▼ 本欠けた~ (3, 0.0%)

1 ちょっと見, 世にも美しい, 所から

▼ 本欠けてる~ (3, 0.0%)

1 口を, 所も, 歯並を

▼ 本残し~ (3, 0.0%)

1 ていった, て置, て行っ

▼ 本求め~ (3, 0.0%)

1 ていません, ても少し, 阪急会館へ

▼ 本深々~ (3, 0.0%)

1 と刺さっ, と懐, と突っ

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 へてあつ, へてニヤニヤ, へて下さい

▼ 本満足~ (3, 0.0%)

2 には見えぬ 1 に揃った

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 で京都附近, の方, の松原

▼ 本烟筒~ (3, 0.0%)

2 に二本檣 1 の極めて

▼ 本無くなった~ (3, 0.0%)

1 とかいう場合, とか二本, 顔の

▼ 本焼き~ (3, 0.0%)

1 となる, にし, はやっ

▼ 本煙筒~ (3, 0.0%)

2 に二本檣 1 の汽船

▼ 本燈芯~ (3, 0.0%)

1 で薄, にしました, の灯

▼ 本~ (3, 0.0%)

2 が一本 1 はそのまま

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 にはとりつけない, には直接, より余病

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 でなければ, でヘドニッシュ, と云い得るなら

▼ 本目の~ (3, 0.0%)

1 を, をそして, をそれ

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 につくでしょう, に止まつた, も二つ

▼ 本神経~ (3, 0.0%)

1 が入っ, をぬいた, を掘り出し

▼ 本立った~ (3, 0.0%)

1 まま微かに, よもぎ, 白茶に

▼ 本立てられ~ (3, 0.0%)

1 これに, ていなかった, てゐた

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 一九九七八号, 一巻の, 三と

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 いたり, けて居た, けて目

▼ 本美しく~ (3, 0.0%)

1 光りながら, 咲いて, 日に

▼ 本聳え~ (3, 0.0%)

1 ていた, てその, て居る

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 にかけ安土, にかつい, のあたり

▼ 本腕方式~ (3, 0.0%)

1 ですか, と, はいかが

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 にさした, にブラ, のあたり

▼ 本蚊帳~ (3, 0.0%)

2 の外 1 の中

▼ 本行列~ (3, 0.0%)

1 して, はし, をし

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 から出し, から探っ, で隱

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 で点っ, のまま, のまま畳

▼ 本見せ~ (3, 0.0%)

1 さもなければ今度, たり五本, たり又

▼ 本見た~ (3, 0.0%)

1 きりである, とてもよろしい, のでそれ

▼ 本見事~ (3, 0.0%)

1 なの, に枝, に見舞っ

▼ 本触れる~ (3, 0.0%)

2 ことが 1 ことを

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 だと, は人, は知れず

▼ 本買い~ (3, 0.0%)

1 にゆき, の客, も大した

▼ 本買った~ (3, 0.0%)

1 という, のであった, わ

▼ 本~ (3, 0.0%)

2 がつて 1 がし落した

▼ 本通し~ (3, 0.0%)

1 てあっ, てくれ, 前棒

▼ 本通つて~ (3, 0.0%)

1 その中程, ゐるの, 居ると

▼ 本~ (3, 0.0%)

2 けておくれ 1 けて二分の祝儀

▼ 本~ (3, 0.0%)

2 の道具 1 に出た

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 のかん, のギラ, の触角

▼ 本銀町~ (3, 0.0%)

1 の兩替屋阿波屋藤兵衞, の白旗金神, の阿波屋藤兵衞

▼ 本長く~ (3, 0.0%)

2 垂れて 1 てそうして

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 となりました, に変りました, 本降

▼ 本~ (3, 0.0%)

2 曇りの 1 の上

▼ 本~ (3, 0.0%)

1 の上, の方, を覗け

▼ 本黒い~ (3, 0.0%)

1 てぬ, 小さな膳, 齲歯が

▼ 本黒く~ (3, 0.0%)

1 枝を, 見える松の木, 踏つけ道が

▼ 本あけました~ (2, 0.0%)

1 が寒, ので急

▼ 本あける~ (2, 0.0%)

2 間に

▼ 本あげる~ (2, 0.0%)

1 わよなどいっ, 外国風の

▼ 本あし~ (2, 0.0%)

2 の竹竿

▼ 本あて~ (2, 0.0%)

1 ている, のあやめ

▼ 本あなた~ (2, 0.0%)

1 にあげましょう, の手

▼ 本あるで~ (2, 0.0%)

2 なし額

▼ 本いつ~ (2, 0.0%)

1 から町奉行, しよに

▼ 本いつも~ (2, 0.0%)

1 ニッケル, 三度低い

▼ 本うごかせず~ (2, 0.0%)

1 咳ばらい一つできない, 咳ばらひ

▼ 本うち~ (2, 0.0%)

1 湿って, 込まれて

▼ 本おい~ (2, 0.0%)

1 てあるだろう, てけ

▼ 本おくれ~ (2, 0.0%)

2

▼ 本おち~ (2, 0.0%)

1 ています, ている

▼ 本おつけ~ (2, 0.0%)

1 よ, 致しましょうか

▼ 本お見舞~ (2, 0.0%)

1 として貰, 申して

▼ 本お貰い~ (2, 0.0%)

1 申したがね, 申して

▼ 本かすか~ (2, 0.0%)

1 に青い, に風

▼ 本かぞへ~ (2, 0.0%)

2 りや

▼ 本かたまっ~ (2, 0.0%)

2 て生え

▼ 本かため~ (2, 0.0%)

1 てお, て撚った

▼ 本からに~ (2, 0.0%)

1 すると, なって

▼ 本きめつけられ~ (2, 0.0%)

1 グウの, 油学士は

▼ 本くっきり~ (2, 0.0%)

1 と目, と鮮

▼ 本くつ~ (2, 0.0%)

1 ついて, つけたり

▼ 本くらいに~ (2, 0.0%)

1 あとは, 驚く私

▼ 本くらいは~ (2, 0.0%)

1 あげますよ, 伐り倒すつもり

▼ 本くらわせ~ (2, 0.0%)

1 てそいつ, てやる

▼ 本くれよ~ (2, 0.0%)

1 という, と所望

▼ 本ぐっと~ (2, 0.0%)

1 廊下の, 進呈などと

▼ 本ぐらいに~ (2, 0.0%)

1 あとリンゴその他つめ合わせ, 切ったもの

▼ 本こしらえ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, 第二

▼ 本こそ~ (2, 0.0%)

2 手に

▼ 本こまっ~ (2, 0.0%)

1 かい花, かい草

▼ 本ころ~ (2, 0.0%)

1 がつた, がつて

▼ 本こんな~ (2, 0.0%)

1 こって, 処に

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 ざりましたゆえ, 教授に

▼ 本ごころ~ (2, 0.0%)

2 さびしき時

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 へ触れる, 尤も河

▼ 本ささせない~ (2, 0.0%)

1 ぞ, ように

▼ 本さされない~ (2, 0.0%)

1 態の, 暮しという

▼ 本ざっと~ (2, 0.0%)

1 三十万本である, 湯掻いて

▼ 本しっかり~ (2, 0.0%)

1 つかまえて, と掛け

▼ 本しない~ (2, 0.0%)

1 とかで, の馬印

▼ 本しょんぼり~ (2, 0.0%)

2 と立っ

▼ 本すうっ~ (2, 0.0%)

2 とさげ

▼ 本する~ (2, 0.0%)

1 ので, まねし

▼ 本ずっと~ (2, 0.0%)

1 出して, 渡して

▼ 本ずつが~ (2, 0.0%)

1 きらきらと, みんな違った

▼ 本ずつと~ (2, 0.0%)

1 きめて, 定められて

▼ 本ずらりと~ (2, 0.0%)

1 並んで, 欠けて

▼ 本そびえ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 本それからまた~ (2, 0.0%)

1 こちらの, 一本

▼ 本それで~ (2, 0.0%)

1 お買い取り, 沢山

▼ 本そろえ~ (2, 0.0%)

1 てその, てもっ

▼ 本たらず~ (2, 0.0%)

1 の庭木の間, の数

▼ 本だけで~ (2, 0.0%)

1 楽める, 満足する

▼ 本だす~ (2, 0.0%)

1 が沢山, の

▼ 本ちょうど~ (2, 0.0%)

1 出入口では, 戸を

▼ 本ちょっと~ (2, 0.0%)

1 切り落したくらい, 吸って

▼ 本つき出~ (2, 0.0%)

1 ておりました, てゆらゆら

▼ 本つぎ~ (2, 0.0%)

1 なお飲みつづけた, の朱

▼ 本つくっ~ (2, 0.0%)

1 て, てみた

▼ 本つけない~ (2, 0.0%)

1 か, ことには

▼ 本つなぎ~ (2, 0.0%)

1 合して, 合せる

▼ 本つまみだし~ (2, 0.0%)

1 て口, ながらききました

▼ 本づつ指~ (2, 0.0%)

1 でも突, の数

▼ 本づつ眼~ (2, 0.0%)

2 をくぎつて

▼ 本でしょう~ (2, 0.0%)

1 か, ね

▼ 本での~ (2, 0.0%)

1 そりと, 柱は

▼ 本でもって~ (2, 0.0%)

1 その姉, 市中は

▼ 本とかいう~ (2, 0.0%)

1 お礼の, 一列の

▼ 本とかいふ~ (2, 0.0%)

1 のに, 嚴しい

▼ 本とかを~ (2, 0.0%)

1 忘れて, 見て

▼ 本としての~ (2, 0.0%)

1 価値しか, 損得勘定だ

▼ 本とともに~ (2, 0.0%)

1 いろいろな, 不滅なり

▼ 本とられた~ (2, 0.0%)

1 因縁物だ, 顔で

▼ 本とる~ (2, 0.0%)

1 だけ, ように

▼ 本どういう~ (2, 0.0%)

1 種類の, 風に

▼ 本なかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たはず

▼ 本なき~ (2, 0.0%)

1 事も, 枝に

▼ 本なくなる~ (2, 0.0%)

1 とこれ, のは

▼ 本などという~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 本ならべた~ (2, 0.0%)

1 あいだから, 模様の

▼ 本なんかは~ (2, 0.0%)

1 どうかい, ハタハタと

▼ 本なんかも~ (2, 0.0%)

1 あまり読ん, いいの

▼ 本なんぞ~ (2, 0.0%)

1 読みだしちゃ, 読むから

▼ 本についての~ (2, 0.0%)

1 家憲は, 物語と

▼ 本にても~ (2, 0.0%)

1 あらば, 板の

▼ 本にとっては~ (2, 0.0%)

1 それだけでも, 大きな問題

▼ 本にばかり~ (2, 0.0%)

1 噛り付い, 齧りついて

▼ 本に対して~ (2, 0.0%)

1 全く懐疑的, 特殊な

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 しの演説, ゥすんだ

▼ 本ぬき出し~ (2, 0.0%)

1 て口, て火

▼ 本ぬき棄てられ~ (2, 0.0%)

2 てある

▼ 本のうで~ (2, 0.0%)

1 がわたし, は電気

▼ 本のこらず~ (2, 0.0%)

1 くれちゃったん, 伐り倒したの

▼ 本のっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 本のむ~ (2, 0.0%)

1 それでほろ, 私も

▼ 本のん~ (2, 0.0%)

1 でおりました, でよ

▼ 本はね~ (2, 0.0%)

1 大変善く, 昔は

▼ 本ばかし~ (2, 0.0%)

1 戴かれますれば, 飲んだところ

▼ 本ばかりで~ (2, 0.0%)

1 い, 判断すれ

▼ 本ばかりと~ (2, 0.0%)

1 清酒を, 言つたはう

▼ 本ばっかり~ (2, 0.0%)

1 並べて, 読んで

▼ 本ひつ~ (2, 0.0%)

1 かけて, たくつて

▼ 本ひどい~ (2, 0.0%)

1 だろ, 時は

▼ 本ひろい~ (2, 0.0%)

1 そして籤, 砂利道が

▼ 本ふかす~ (2, 0.0%)

1 うちには, ぐらいの時間

▼ 本ふれる~ (2, 0.0%)

1 ことは, ことも

▼ 本ぶらぶら~ (2, 0.0%)

1 と垂れ, になっ

▼ 本ぶらりと~ (2, 0.0%)

1 垂れて, 垂れ下ると

▼ 本ぶら下げた~ (2, 0.0%)

1 なりすうっ, ものと

▼ 本ぶり~ (2, 0.0%)

1 かもしれないです, になる

▼ 本ほしい~ (2, 0.0%)

1 と言, ものである

▼ 本ほどに~ (2, 0.0%)

1 なつた, ま近く

▼ 本ぽきぽき~ (2, 0.0%)

1 と折っ, と鳴らし

▼ 本ぽつんと~ (2, 0.0%)

1 立った例, 立って

▼ 本までが~ (2, 0.0%)

1 絵彩た, 肩を

▼ 本むしり取っ~ (2, 0.0%)

1 てやろう, て飲みました

▼ 本むり~ (2, 0.0%)

2 に私

▼ 本もう~ (2, 0.0%)

1 ないこと, 並んで

▼ 本もつ~ (2, 0.0%)

1 てくる, て来ました

▼ 本ものの~ (2, 0.0%)

1 えを, ピカピカする

▼ 本やった~ (2, 0.0%)

1 のだ, のである

▼ 本やっと~ (2, 0.0%)

1 くらいのところ, 目鼻つきます

▼ 本やでも~ (2, 0.0%)

1 ゴルキー一点張りだ, 同じこと

▼ 本やとの~ (2, 0.0%)

1 打合わせが, 話が

▼ 本やにも~ (2, 0.0%)

1 たのんで, 胸が

▼ 本やによって~ (2, 0.0%)

1 その間を, 第一書房の

▼ 本やや~ (2, 0.0%)

1 不規則な, 広い角地面

▼ 本ゆっくり~ (2, 0.0%)

1 と飲み, 平らげて

▼ 本ゆるがせない~ (2, 0.0%)

1 で云った, で見る

▼ 本ゆるまず~ (2, 0.0%)

2 板一枚剥がれざりし

▼ 本よろよろ~ (2, 0.0%)

1 として一面, と足許

▼ 本をと~ (2, 0.0%)

1 あれこれ買っ, ぢて

▼ 本をめぐって~ (2, 0.0%)

1 今日の, 私の

▼ 本をもって~ (2, 0.0%)

1 他の, 社を

▼ 本イクラ~ (2, 0.0%)

1 に売らね, 位するもん

▼ 本テエブル~ (2, 0.0%)

2 のわき

▼ 本テーブル~ (2, 0.0%)

1 のうえ, の上

▼ 本ニューッ~ (2, 0.0%)

1 とつき出し, と現われた

▼ 本マッチ~ (2, 0.0%)

1 がマッチ箱, とチュウインガム

▼ 本レール~ (2, 0.0%)

1 に足, もみんな

▼ 本ロープ~ (2, 0.0%)

1 の曲芸, をはり

▼ 本一円三四十銭位~ (2, 0.0%)

2 で買う

▼ 本一本それ~ (2, 0.0%)

1 を拾い, を立て副え

▼ 本一本手~ (2, 0.0%)

1 で草, にとって説明

▼ 本一本根~ (2, 0.0%)

1 が生え, の囲

▼ 本一本毎~ (2, 0.0%)

1 に分岐溝, に沁み込ん

▼ 本一本神経~ (2, 0.0%)

1 が入っ, を掘り出し

▼ 本一本静か~ (2, 0.0%)

1 な姿, にこれ

▼ 本一銭五厘~ (2, 0.0%)

1 から二銭位, の鉛筆

▼ 本三ツ切~ (2, 0.0%)

1 にしたらう, にしたろう

▼ 本三冊~ (2, 0.0%)

1 はあっ, 借り受けそれ

▼ 本三十本~ (2, 0.0%)

1 と一生懸命, の針

▼ 本三宝~ (2, 0.0%)

1 にのせ, の上

▼ 本三銭~ (2, 0.0%)

1 の梅, の水筆

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 身之, 類本考

▼ 本両手~ (2, 0.0%)

1 にさげ, にさげた

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 の稀書, 最も書写年代

▼ 本中程~ (2, 0.0%)

2 がひどく

▼ 本中途~ (2, 0.0%)

1 から引っ, でむしり取った

▼ 本乃至~ (2, 0.0%)

1 一本半の, 三本つける

▼ 本二冊~ (2, 0.0%)

1 のどこ, を受取る

▼ 本二十本~ (2, 0.0%)

1 ずつ刈りすけ, と灯心

▼ 本二十銭~ (2, 0.0%)

1 といふ, のヨーカン五本

▼ 本二千円~ (2, 0.0%)

1 で買, も三千円

▼ 本二本三本~ (2, 0.0%)

1 とつづけられた, を算

▼ 本二百円~ (2, 0.0%)

1 から二百八十円, くらいの相場

▼ 本二百本~ (2, 0.0%)

1 というよう, の長脇差

▼ 本互に~ (2, 0.0%)

1 交錯し, 謙遜し

▼ 本五円~ (2, 0.0%)

1 だから, もした

▼ 本井戸~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 本~ (2, 0.0%)

2 つてる

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 にさされた, の歩く

▼ 本付い~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て居ります

▼ 本伐る~ (2, 0.0%)

2 と首一つ

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 といわれ, 憤恐並非

▼ 本作っ~ (2, 0.0%)

1 て現場, て置い

▼ 本使う~ (2, 0.0%)

1 ところが, として二十四銭

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 たつて, の虚靈

▼ 本倒した~ (2, 0.0%)

2 事が

▼ 本倒れました~ (2, 0.0%)

1 よく手入れ, 被害は

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 であると, は八臂

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 にかし, の眼

▼ 本八十円~ (2, 0.0%)

1 でわけ, のウイスキー

▼ 本八銭~ (2, 0.0%)

1 だ, の葉巻

▼ 本共に~ (2, 0.0%)

1 平げる, 斜めに

▼ 本出す~ (2, 0.0%)

1 と老人, ような

▼ 本出來~ (2, 0.0%)

1 たのに, ること

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 の数, をはずし

▼ 本切った~ (2, 0.0%)

1 ぜそれから, んだ

▼ 本切られた~ (2, 0.0%)

1 って命, とか背中

▼ 本切れ~ (2, 0.0%)

1 たりし, ばなんとか

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 にとっ, の錆

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 はよほど, を持参

▼ 本~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ 本動かし~ (2, 0.0%)

1 てどちら, てはいけない

▼ 本動かそう~ (2, 0.0%)

2 とはしなかった

▼ 本十二銭~ (2, 0.0%)

1 であった, で私

▼ 本十円~ (2, 0.0%)

1 の闇屋, ばかりのこの

▼ 本十本それ~ (2, 0.0%)

1 は布団針, は布團針

▼ 本千本~ (2, 0.0%)

1 というたいそう, の十手

▼ 本半分~ (2, 0.0%)

2 差して

▼ 本占治茸~ (2, 0.0%)

1 が生, が生えた

▼ 本参っ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, てやった

▼ 本参る~ (2, 0.0%)

1 かもしれない, とさすが

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 って, つたな

▼ 本取った~ (2, 0.0%)

1 が, というわけ

▼ 本取られた~ (2, 0.0%)

1 だけですむ, のが

▼ 本取り上げ~ (2, 0.0%)

1 てし, て鼻

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 に, に過

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 へ一本, 撚りなら右

▼ 本右手~ (2, 0.0%)

2 に持っ

▼ 本合せ~ (2, 0.0%)

1 てお, て二本

▼ 本合せる~ (2, 0.0%)

1 と誠に, 必要は

▼ 本合わせ~ (2, 0.0%)

1 その上, てお

▼ 本吸わし~ (2, 0.0%)

1 てそれ, てもらっ

▼ 本吹かした~ (2, 0.0%)

2 ところだ

▼ 本呉れぬ~ (2, 0.0%)

2 かと言

▼ 本咲いた~ (2, 0.0%)

1 のは, 花を

▼ 本員等~ (2, 0.0%)

1 の質問, は議院法

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 とか組, はさら

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 に咥, に当て

▼ 本善治~ (2, 0.0%)

1 の二人, は明治初期

▼ 本四銭~ (2, 0.0%)

1 は高い, よりやすい

▼ 本売る~ (2, 0.0%)

1 つもりなら, 店が

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 に出, に味噌一重

▼ 本多い~ (2, 0.0%)

1 のです, のは

▼ 本~ (2, 0.0%)

2 の海風

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 の男, へんに

▼ 本太ぶと~ (2, 0.0%)

2 と枝

▼ 本太平洋~ (2, 0.0%)

2 の風

▼ 本失った~ (2, 0.0%)

1 みたいな, 時と

▼ 本女房~ (2, 0.0%)

1 のおとめ, の酌

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 に光る, の身体

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 にとぶ, にぶら下げ

▼ 本定め~ (2, 0.0%)

1 てちゃんと, 他に

▼ 本寄せ~ (2, 0.0%)

1 て持っ, て植えた

▼ 本寄贈~ (2, 0.0%)

1 されたく御, するから

▼ 本小刀~ (2, 0.0%)

1 で切り倒しました, で拵えた

▼ 本少々~ (2, 0.0%)

1 と扇子, のこり候品

▼ 本少し~ (2, 0.0%)

1 ばかり蘆, 離れて

▼ 本届い~ (2, 0.0%)

1 ていた, て居ました

▼ 本屋敷~ (2, 0.0%)

1 の所司代, の松平様

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 から連続, まで行き

▼ 本川面~ (2, 0.0%)

2 へ差

▼ 本左側~ (2, 0.0%)

2 にも十本

▼ 本~ (2, 0.0%)

2 きな

▼ 本差し出し~ (2, 0.0%)

1 その手, クリストフの

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 は最新, より言いつけられ

▼ 本帽子~ (2, 0.0%)

2 それだけな

▼ 本平げた時~ (2, 0.0%)

2 で新潟

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 の建設, の金穀課

▼ 本廊下~ (2, 0.0%)

1 ですから, でその

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 の数値, の數値

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 懸って, 提げて

▼ 本張っ~ (2, 0.0%)

2 てある

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 の体, の前

▼ 本後ろ~ (2, 0.0%)

1 に一本, は栗林

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 の臓, ばかり淋しく

▼ 本所望~ (2, 0.0%)

1 した, じゃ

▼ 本手入れ~ (2, 0.0%)

1 せぬ, の届い

▼ 本手水鉢~ (2, 0.0%)

1 に臨ん, の水落ち

▼ 本打たれた~ (2, 0.0%)

2 のだ

▼ 本打ち込み~ (2, 0.0%)

2 さえすれ

▼ 本打て~ (2, 0.0%)

1 ばアムステルダム, ば三点

▼ 本投げ込みました~ (2, 0.0%)

2 が頑固

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 つたこと, つて

▼ 本折つて~ (2, 0.0%)

1 しまつ, 見せました

▼ 本折らない~ (2, 0.0%)

1 でやつ, ともかぎらない

▼ 本折る~ (2, 0.0%)

1 からそう, ように

▼ 本抜きだし~ (2, 0.0%)

2 て口

▼ 本抜きとっ~ (2, 0.0%)

1 て, て一両

▼ 本抜き取っ~ (2, 0.0%)

1 てその, てゆっくり

▼ 本抜けた~ (2, 0.0%)

1 ような, 程にも

▼ 本抜取っ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て口

▼ 本抱え~ (2, 0.0%)

1 てけさ, て行かれる

▼ 本拾っ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て町

▼ 本持たせ~ (2, 0.0%)

1 てやつ, て夜子

▼ 本持った~ (2, 0.0%)

1 丈で, 手が

▼ 本持出し~ (2, 0.0%)

1 て來, て来る

▼ 本指す~ (2, 0.0%)

1 ことは, 事も

▼ 本指先~ (2, 0.0%)

1 でもみ, で撮みあげ

▼ 本指手~ (2, 0.0%)

2 の小指

▼ 本挙げ~ (2, 0.0%)

1 たりし, てさ

▼ 本~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 本掃除~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 本~ (2, 0.0%)

2 の処

▼ 本探っ~ (2, 0.0%)

1 てすぐ, てそっと

▼ 本描いた~ (2, 0.0%)

1 のは, のを

▼ 本收藏~ (2, 0.0%)

1 の傾向, の最初

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 がふえた, 知れず生い茂って

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 につき出した, になつて

▼ 本新聞紙~ (2, 0.0%)

1 に包ん, に包んだ

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 にかわかし, に燃え

▼ 本明けた~ (2, 0.0%)

1 が終日陶然, のに

▼ 本時雨榎~ (2, 0.0%)

1 とかいうの, とかいふのであつ

▼ 本暴風雨~ (2, 0.0%)

2 で根

▼ 本書いた~ (2, 0.0%)

1 ことが, 行乞から

▼ 本服し~ (2, 0.0%)

2 今では

▼ 本杉丸太~ (2, 0.0%)

1 が扉, のあつ

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 にし, になった

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 の上, の燭台

▼ 本染め~ (2, 0.0%)

1 の振袖, みだれひと筋

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 えそれ, えるの

▼ 本棄て~ (2, 0.0%)

1 二本棄て, 梓山まで

▼ 本植えつけ~ (2, 0.0%)

1 て人間, 歯は

▼ 本植ゑたそれ~ (2, 0.0%)

2 が校門

▼ 本植ゑた校門~ (2, 0.0%)

1 の辺, の邊

▼ 本槍状~ (2, 0.0%)

1 に聳えた, の穂高

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 から横, の処

▼ 本此処~ (2, 0.0%)

1 に一株, へ六本

▼ 本死んだ~ (2, 0.0%)

1 娘の, 蛇の

▼ 本残さず~ (2, 0.0%)

1 に泥だらけ, 草を

▼ 本殖え~ (2, 0.0%)

1 てゐた, て行く

▼ 本殖える~ (2, 0.0%)

1 ごとに, 毎に

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 のない, の中

▼ 本河原~ (2, 0.0%)

1 に落ちた, を斜

▼ 本泉ひとつ~ (2, 0.0%)

2 ないのに

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 はう, ふ田打

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 にある, まで見える

▼ 本淡い~ (2, 0.0%)

1 影を, 紫の

▼ 本渓湖~ (2, 0.0%)

1 の市街, の戦

▼ 本減る~ (2, 0.0%)

2 のだ

▼ 本潮風~ (2, 0.0%)

1 にさらされ, に吹かれ

▼ 本点い~ (2, 0.0%)

1 てその, てゐる

▼ 本点け~ (2, 0.0%)

1 てその, て出た

▼ 本無く~ (2, 0.0%)

1 てはならない, なつたからと

▼ 本無くした~ (2, 0.0%)

1 ときにも, 掌であった

▼ 本無造作~ (2, 0.0%)

1 にただ, に金五郎

▼ 本犯者~ (2, 0.0%)

1 の処刑, を厳罰

▼ 本現われた~ (2, 0.0%)

1 のは, のみで

▼ 本~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 本生えてる~ (2, 0.0%)

1 根っ子で, 樹蔭に

▼ 本発見~ (2, 0.0%)

1 された位, 出して

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 で何とか, や囗

▼ 本白く~ (2, 0.0%)

1 光るの, 残つてゐる

▼ 本百両~ (2, 0.0%)

1 の竿, 取っても

▼ 本百本~ (2, 0.0%)

1 でもすく, と次ぎ次ぎに

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 同じの人, 見せたり

▼ 本皮肉~ (2, 0.0%)

1 つたわけ, を云つて圧

▼ 本目三本目~ (2, 0.0%)

2 にうまく

▼ 本相互~ (2, 0.0%)

1 に支, に支うる

▼ 本眺め~ (2, 0.0%)

1 ても感服, 渡した

▼ 本着い~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 本矛四本~ (2, 0.0%)

1 を分け, を天皇

▼ 本短い~ (2, 0.0%)

1 のは, 刀を

▼ 本秋ごと~ (2, 0.0%)

2 に花

▼ 本稀覯書豪華版~ (2, 0.0%)

1 と来る, に対しては頗る

▼ 本突き出し~ (2, 0.0%)

1 て動かない, て見せ

▼ 本突ッ~ (2, 0.0%)

1 たって, 込んで

▼ 本突出~ (2, 0.0%)

1 しました, てバタバタ

▼ 本立ちはだかっ~ (2, 0.0%)

1 てい, ていた

▼ 本立てかけ~ (2, 0.0%)

1 てあり, てある

▼ 本立てる~ (2, 0.0%)

1 かな, 大楠の

▼ 本立掛け~ (2, 0.0%)

1 てあります, てある

▼ 本~ (2, 0.0%)

2 でぐいと

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 の手, の胡弓

▼ 本糸目~ (2, 0.0%)

1 というの, 本糸目

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 なり, は全く

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 の普通, の竿

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 のすがった, の草履

▼ 本線路~ (2, 0.0%)

1 があっ, のやう

▼ 本線香~ (2, 0.0%)

1 と水, を手向けた

▼ 本縁側~ (2, 0.0%)

2 の隅

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 に綯い合せ, の革鞭

▼ 本縒り~ (2, 0.0%)

2 合せた丈夫

▼ 本縛られた~ (2, 0.0%)

1 ま, ままの

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 にしっかり, にしつかり抱きしめ

▼ 本船頭~ (2, 0.0%)

2 は苦

▼ 本艇内~ (2, 0.0%)

1 にい, には死者

▼ 本艇出発~ (2, 0.0%)

1 に際して十数機, のニュース

▼ 本艦頭上~ (2, 0.0%)

1 か, にあり

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 に取り掛からせまする, の間

▼ 本若い~ (2, 0.0%)

1 りんごの, 者に

▼ 本落した~ (2, 0.0%)

1 けれど足, 浪人者少し

▼ 本落ちた~ (2, 0.0%)

1 かッ, その角

▼ 本~ (2, 0.0%)

2 も一つ

▼ 本葉子~ (2, 0.0%)

1 にも取った, の手許

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 して, ってあります

▼ 本蝋燭~ (2, 0.0%)

1 にありつく, の灯

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 でどこ, のコンクリート路

▼ 本衝立つて~ (2, 0.0%)

1 ゐる, ゐるが

▼ 本見え~ (2, 0.0%)

1 たりし, ていた

▼ 本見つけた~ (2, 0.0%)

1 のでハンズ, ので食卓

▼ 本覚本来~ (2, 0.0%)

1 の真心, 之真心

▼ 本触った~ (2, 0.0%)

1 ことは, 事が

▼ 本触れ~ (2, 0.0%)

1 ていません, てもらいとうない

▼ 本触れさせぬ~ (2, 0.0%)

1 ぞ, 将軍家御

▼ 本触れない~ (2, 0.0%)

1 というくらいの所, などというの

▼ 本註文~ (2, 0.0%)

1 したり, する

▼ 本詠み込ん~ (2, 0.0%)

2 でみせ

▼ 本試合~ (2, 0.0%)

1 に於い, のだいじな

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 が忘れられる, の後

▼ 本読まね~ (2, 0.0%)

1 ばならず, ばならぬ

▼ 本読ん~ (2, 0.0%)

1 だり画, でみた

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 では目下数多, は全力

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 に入るまえ, のなか

▼ 本貰う~ (2, 0.0%)

1 て来, て来た

▼ 本貰つて~ (2, 0.0%)

1 つけた, 行かう

▼ 本貸す~ (2, 0.0%)

1 よって悪い, 筈ない

▼ 本赤き~ (2, 0.0%)

1 夕ぐれ, 鳥居と

▼ 本走っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 本足らず~ (2, 0.0%)

2 の赤旗

▼ 本足らない~ (2, 0.0%)

1 やうにも, んだ

▼ 本足りねえ~ (2, 0.0%)

1 そうかと, んだ

▼ 本足六本~ (2, 0.0%)

1 ある妖怪, の怪物

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 で普通, を二つ

▼ 本近く~ (2, 0.0%)

1 あり段々, だ

▼ 本逆だち~ (2, 0.0%)

1 それも, 背中に

▼ 本逆立てん~ (2, 0.0%)

1 ばかりに地団太, ばかりはたと

▼ 本道路~ (2, 0.0%)

1 に面した, を田舎

▼ 本郷里~ (2, 0.0%)

2 へ出さぬ

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 の中, を守る

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 のふき, の切先

▼ 本釣針~ (2, 0.0%)

1 まで付けた, まで附けた

▼ 本銅壺~ (2, 0.0%)

1 に落し, へ投

▼ 本銚子~ (2, 0.0%)

1 なぞをつけ, の並んだ

▼ 本鍬一本~ (2, 0.0%)

2 とものさし

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 で解決, の穂

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 さ六尺ほど, 過ぎること

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 いて, けていた

▼ 本附け~ (2, 0.0%)

1 てくれ, てくんない

▼ 本限り~ (2, 0.0%)

1 で茶碗酒, の者

▼ 本院新院~ (2, 0.0%)

1 のお, の御所

▼ 本~ (2, 0.0%)

2 れば

▼ 本雑木~ (2, 0.0%)

2 が光る

▼ 本静か~ (2, 0.0%)

1 な姿, にこれ

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 の出来る, の額

▼ 本頂い~ (2, 0.0%)

1 ている, て麦わら

▼ 本頭上~ (2, 0.0%)

1 を蔽, を蔽い

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 の真ン中, を見せない

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 もみんな焚, を引っくり返し

▼ 本食っ~ (2, 0.0%)

1 てしまう, てみ

▼ 本飮ん~ (2, 0.0%)

1 だかて, でゐた

▼ 本飾っ~ (2, 0.0%)

2 てある

▼ 本骨七本骨~ (2, 0.0%)

1 などがあっ, は普通

▼ 本髪一筋~ (2, 0.0%)

2 も犠牲

▼ 本~ (2, 0.0%)

2 居一ツ

▼ 本~ (2, 0.0%)

1 にてのそ, に七八寸

▼1* [2637件]

ああたった一本, 本あおじろい月光が, 本あくとすぐ, 本あげたら私の, 本あげればよかっ, 本あしらってある, 本あしらつてあるの, 本あたかも日かげを, 本あたらずとも六分利付, 本あたりの濶葉樹, 本あちらで一本, 本あつめられている, 本あてがって立ち, 本あなた様の御, 本あまさず一杯パンパン, 本あまつただけだつた, 本あまりますが, 本あまり立ち籠つてゐた, 本あまり金五郎を中心, 本あまり銃剣が地上, 本あやつるのは, 本あらためて鏃, 本あらわれて何, 本あら小髯, 本ありける柳妻なし, 本ありとならば其の, 本ありませんよ, 本ありやよかつ, 本あり思ふて懐かしい, 本あるだろうあの蘚苔, 本あるはちらぼふ日, 本あるふるいぼだいじ, 本あれやあ資本いらず, 本あんだものを, 本てふ, 本いかがです, 本いくぞッ, 本いただいて来, 本いただきまつさ, 本いちどきに回転する, 本いちはやく芽吹いて, 本いちょうの木, 本いってい, 本いっしょにやろうじゃねえか, 本いっせいに抜いて, 本いづれも巨木, 本いにしへより在, 本いろいろ深い感想, 本うしろには人影, 本うたぬ息子も, 本うちきり末うち断ち, 本うねうねと糸杉, 本うねっていた, 本うりざね顔の全体, 本うれしいと思います, 本うわつて, 本うわってい, 本冗談言っ, 本えらみ取ったかと, 本おかしい本だ, 本おかれている, 本おくられ二本は, 本おくれでないか, 本おしゃべり太鼓の伝六, 本おだちんにもらい, 本おちついてしづか, 本おったって, 本おどしたらあの女, 本おのずからなる離合, 本おろすごとに, 本お上げしたわけ, 本お寺様で借り, 本お座敷へ落した, 本お父さんに内証, 本お祭の竿幟, 本お腹の中, 本お送りしますスフ交, 本お通し六十三人前イセエビ五皿タコ二十八人前マグロサシミ二十五人前果物五皿シャンペン一本スシ十人前それにサービス料二割, 本お雛様の前, 本かいたほかは, 本かおかはり, 本かかえさせてもらっ, 本かかっている, 本かきましたが今年, 本かく事で, 本かけましょうか, 本かけることも, 本かけ並べた白刄の, 本かすめておいた, 本かずつ植えかえた, 本かぞえて五本目, 本かたまつて, 本かたくなつた灰, 本かたむけていた, 本かっと秋日に, 本かついだきりで, 本かつがせて関ヶ原, 本かつぎ出して宮本村, 本かで調節する, 本かでへべったあと, 本かという問題が, 本かないや六本, 本かなり長くつい, 本かに分れる處, 本かねえ四本は, 本かま首をもたげ, 本かみ切ってしまいました, 本からかも知れない, 本からからゆすり, 本からげ他の, 本からげた傘を通して, 本からみついているらしい, 本からも知ること, 本からんで抜けて, 本かりに五万円平均の, 本かるそうに, 本かわりに出しました, 本かんじょうしながら, 本きいたことを, 本きこしめしてから瞑想, 本きっと忘れなかったでしょう, 本きめて讀め, 本きめ込んだ年始廻り, 本きらきらする銀, 本きりたおして枝, 本きり余りができ, 本きり帶して, 本きり黒ずみ疲れはてたやう, 本きれいにあけ, 本くださらず無断で, 本くっついてたり耳, 本くっついてるぜ, 本くつきりとしてゐた, 本くゆらしてからやっと, 本くらいが精, 本くらいずつの割合で, 本くるんですからねえ, 本くれすまなさそうに, 本くれないか, 本くれぬ不届者, 本くれまいか, 本くれる者も, 本くれ給えな, 本くわえてる自分の, 本ぐいとこちらへ, 本ぐさりと突刺, 本ぐらいがまず大鹿, 本ぐらいさおを, 本ぐらいっていうわけで, 本ぐらいもある大きな, 本ぐらいを奢ったり, 本ぐらぐらになっ, 本ぐらゐ咲いて, 本ぐらゐあつた方がよかつ, 本ぐらゐづつ残して, 本ぐれえも, 本ぐんなりなって手の中, 本ける道徳などに, 本こいで持っ, 本こけの色, 本こじ起こしにかかった, 本こちゃ買ってな, 本こちらに三四本, 本こっきりでは, 本こっちの村, 本こつそりふかし, 本ことによると, 本このごろはやる, 本これらはすべて, 本これ等はすべて, 本ころがっていた, 本ころころと往来, 本こんもりと立つ, 本ごく立派な, 本ございます六尺の, 本さえが私の, 本さがしの用事, 本ささしはしない, 本さされず爽快に, 本さされなかった昔気質の, 本さしこんでおい, 本さながらの楽し, 本さびしく赤く燃える栗, 本さも不遇を, 本さんぐらゐ自由の天地, 本さん安藤さん野上さんあの辺, 本さん頬ぺたに墨, 本さ可恐い, 本しいてその, 本しきしまを吸うた, 本しきりに結びつけて, 本しつぽく二杯, 本してやろうか, 本しばってみ, 本しばらく前の, 本しばり合わせたもので, 本しゃぶったりする, 本しよんぼり立つてゐた, 本じゃあ家の, 本じゃがこれからの, 本じゃったよ, 本すいおわったところで, 本すいきるあいだ, 本すい終ってからようやく, 本すい終るのを, 本すすったんです, 本すすめ梢の, 本すすめると老人, 本すっかり出来て, 本すっくと立ち竝, 本すなわち十三本の, 本すね一本それに, 本すばらしく長い金色の, 本すりそこなって, 本するどく軍曹を, 本すんだな, 本すんなり立つて, 本ずいと突っ込んだ, 本ずうっと曲げ, 本ずきであったために, 本ずきでじぶんよりも, 本ずつか何かに, 本ずつくらいの割合で, 本ずつしかない人, 本ずつでつまんだなりよく, 本ずつという畸形児で, 本ずつも飲んだ, 本ずばりと切り落とし, 本ずり下がって, 本せしを見る, 本せめて案山子にでも, 本つくり取除くため, 本そう言った, 本そういう本を, 本そえてあった, 本そこらへ落ちた, 本そっくりだ, 本そっと持って, 本そなえて天, 本その後には寺, 本そばに落ち, 本それだけしか残ってなかった, 本それ位であらう, 本それ切で外, 本たうだと言, 本たうですとも, 本たおして枝, 本たしかに太夫の, 本たたきあげた人物は, 本たたっ込んで釘付け, 本たたんで黒白半ば, 本ただの三円, 本ただ今二円三十銭です, 本たっている, 本たっぷりはみ出たまま, 本たつた今地ひびきを, 本たてこんどは梨花, 本たどって比べ, 本たのむよっていいます, 本たのんでおく, 本たばこはみるみる, 本たばねの線香, 本たばねられて差, 本たまれば近く, 本たらあらつせたげなに, 本たらぬ智恵の, 本だから大阪全体で, 本だけからでも異国に, 本だけがはだかの, 本だけはと考える, 本だしたら也有の, 本だちになっ, 本だちで歴史の, 本だての西洋, 本だに渡って, 本だふざけてこ, 本だめになっ, 本だらうと推する, 本だらけの部屋, 本だらりと寝台, 本だんだんと火, 本ふんだから, 本ちかくにもなる, 本ちぎって籤, 本ちゃんともう蹄を, 本ちやんとあります, 本ちらと唇, 本ちらばっている, 本って何です, 本ついてるような, 本つかえという, 本つかみ出し弄んでゐる, 本つかんだがどれ, 本つきでている, 本つきましたか, 本つきましたろうか, 本つぎ二本つぎなお飲みつづけた, 本つぎ燗をした, 本つくるだけに五百枚以上, 本つけさせた平次は, 本つけさせますよ, 本つけさせようぜ, 本つけたという話, 本つけたまへ, 本つけなくちや, 本つけましよか, 本つけませうか, 本つっ立っています, 本つつたてて, 本つづいて圓朝, 本つないで長く, 本つまみだしおちついて吸いはじめた, 本つまみ上げダンヒルライターを, 本つまみ出してそれ, 本つまみ取ると炭, 本つまみ物としてはただ, 本つよい線を, 本つよくひいた, 本つるをつかんだら, 本つるされてあ, 本つんと前に, 本づいたらしい和田さんの, 本づかざる者なし, 本づくであらうことは, 本づくらしい一種の, 本づつお駒に燗, 本づつしかへえんねえから面倒臭かんべと思つて, 本づつちらばってゐるだけじつにしぃんとして何ともいへ, 本づつなら四本ぢやありません, 本づつの樹でひとつづつ, 本づつはそれを持つて, 本づつはみ出して, 本づつみんなに配つた, 本づつをとらへてその脚, 本づつブラ下げて, 本づつ一年も續, 本づつ三尺足らずの竹, 本づつ両側に番兵, 本づつ五本まで來, 本づつ傘を受けとりました, 本づつ十一本も參, 本づつ同宿者におせつたいした, 本づつ吸つてぼんやりくらし, 本づつ墓の横, 本づつ我々に配, 本づつ手に取る, 本づつ植つてゐる, 本づつ歯を抜く, 本づつ決つた日に舞, 本づつ牛乳を註文, 本づつ男の膳, 本づつ舞ひ込んで, 本づつ苗を植ゑて, 本づつ藤蔓の裂いた, 本づつ銀いろに, 本づつ鯖を投げ出す, 本づつ龍吐水を備, 本づゝくれた二本の酒, 本づゝ傘を手, 本づゝ古風な徳利, 本づゝ彼女達に供養, 本づゝ拔きはじめた, 本づゝ植て下され, 本づゝ紙捻が, 本づゝ續けて五日, 本づゝ腰に差し, 本づゝ門柱形に立つてる, 本あるやつ, 本ていうのも, 本でありませんがマンテガッツァ, 本であるらしいので太史, 本でかくしなさったよう, 本でがなあらう, 本できている, 本できなくなったらどうする, 本でしてね, 本でしかなく一揆側, 本でしたら非常な, 本ですまして残る, 本ですよんでいる, 本でなけりゃこの頃, 本でなければならない, 本で切りぬきの葉書, 本で問わず語らずのうち, 本で迷うことなく, 本とある木を, 本というは粗末至極な, 本といつた程度の玩具, 本とかの神の, 本としか見えなかつたが, 本としてよりも紙として, 本とぞいふべし, 本とったつもりであった, 本とつてき, 本とてキリスト教の, 本とてもなかった, 本とどけてくれた, 本とまっている, 本とむらい顔に, 本とめていない, 本ともされ香が, 本ともしてあった, 本とられたりし, 本とりながらかけつけ, 本とりあげて眺めた, 本とりだして彼, 本とりわけ高いすぎ, 本とり出したタバコを, 本とれていた, 本とろとろ燃えて, 本どいや, 本どうぞお見せくだされ, 本どころでは, 本どちらも好意そのもの, 本どっこを, 本どもがかえって, 本どれほど枝道が, 本ないしは能や, 本なかるべからざる次第である, 本なくして生れ, 本なくなすことは, 本なくなってしまった, 本なくなってる口から, 本なければ手, 本などをも調べて, 本なにかの印, 本なほ雷村へ行く, 本ならでは普通, 本ならですが船, 本ならびの杉, 本ならんでいた, 本なら見たいなあと仔牛, 本なりの烟草が, 本なりやと言え, 本なりを切った何だか, 本なんでも無い, 本なんかが読めるので, 本なんかに目も, 本なんかには出とりゃせんだろうが, 本なんかを読むの, 本なんぞが一體あるでせう, 本なんぞに追随する, 本なんぞはわたくしは, 本なんぞも父や, 本なんという楽しい, 本において個々の, 本においては四季の, 本においても最も多く, 本におけるごとく, 本にがすものか, 本にぎり残して手, 本にさえあるところ, 本にさえも触れは, 本にせものの虚無, 本にたいする要求は, 本についても大変な, 本にとり集められて, 本にねぢれ, 本にばっかりかじりついて, 本によってかどうかは, 本によってのみならずこれ等, 本に対してはロンブローゾの, 本に対するよりもさらに厳粛, 本ぬいたの, 本ぬかれたのには, 本ぬきとつて, 本ぬきとると火, 本ぬき取って石井翁, 本ぬけたぐらいの重量, 本ぬけ上って生え, 本ぬすんだという事件, 本のうへに落ちてたうとう, 本のくわの木, 本のけすじたてに, 本のけものの脚, 本のけんが目, 本のこっている, 本のさはり角の, 本のすつきりした, 本のせておい, 本のせた小鳥の, 本のぞいている, 本のなわを, 本のなわとぼくを, 本のねうちは, 本のみ之ありその, 本のらふそく一枚, 本のんじまって殆, 本はからで一本, 本はさまれたとしてもそういう, 本はさんでぐいと, 本はじけ飛んだのです, 本はぜもろこしも, 本はだけている, 本はどつさりある, 本はみだしている, 本ばかしの御酒なら, 本ばかりしか見えないよ, 本ばかりにやたらに, 本ばっか呉れて, 本ばらばらと折れ, 本ひかせたのが, 本ひきつけて飲み, 本ひき抜いてそれ, 本ひっくりかえして, 本ひっくり返してしまった, 本ひっこ抜くと間髪, 本ひっぱりながらよくそう, 本ひっぱり出して私, 本ひつぱり出して, 本ひと組で二十両, 本ひどくしみる歯, 本ひふはまるで, 本ひょいと出して, 本ひょろりと枝を, 本ひよろりと, 本ひよろひよろと立つ, 本ひらひら靡いて, 本ぴくぴくして, 本ぴょんとはなして, 本ぴんと直立した, 本ふえて少し, 本ふかしたころに, 本ふかしましたね, 本ふきあげるのが, 本ふやした新式の, 本ふらふらゆれて, 本ふるい鵞ペンが, 本ふれもしません, 本ふれさせることは, 本ふれたら私が, 本ふんぱつしたもの, 本ぶきような, 本ぶちこまれている, 本ぶちこんでいる, 本ぶち抜いて頭, 本ぶっこんで, 本ぶつ壞れ, 本ぶつりと刺し入れた, 本ぶら下つて, 本ぶらさがってその, 本ぶら下げると大股, 本ぶら下ってその, 本ぶら下り書棚が, 本ぶら提げ朝の, 本ぶりおれの腕, 本ぷつんと短く切れ, 本へし折られた足は, 本へだてて意外, 本へでも生きた気込み, 本へはだいぶ払い, 本へばりついた横顔は, 本へらして薄ぐらく, 本べつな樫, 本べは君を, 本べをば箏に, 本の蒼い, 本ほうりこんで御, 本ほか見附りま, 本ほつれたのを, 本ほどずつ一っかたまり, 本ほどはなれた樫, 本ほどを肌身は, 本ほらこれよ, 本ほろ酔きげん, 本ぼんやり白く横わる道, 本ぽっつりと寂しく, 本ぽんと叩い, 本まあそれくらゐ, 本まいったが黒板, 本まいらせたりまいっ, 本まいらせなくともいい, 本まいらせようなんて事, 本まいりましたね, 本まきあげられるのです, 本まことにありがたそう, 本まじってたんです, 本まず見舞いました, 本まっ黄に, 本まっすぐにその, 本まっ黒にならん, 本まつのところ, 本までの日本映画買つけを, 本まではづさせいざ, 本までを渉りつくし, 本まとめてしばっ, 本まぶしく集まって, 本てごらん, 本みかげで蒼, 本みどりして, 本みな生爪をはがし, 本みんな読んで, 本みんな俺の頭, 本みんな国府津へ送っ, 本むき出しになつて見え, 本むしってぷいっと, 本むなしき床に, 本むらがって生え, 本めでたい気分にな, 本めのと掛け替えて, 本もからになったが, 本もごうとして悶え, 本もし道路に, 本もだしてやる, 本もちかへる, 本もちだして来, 本もと思って, 本もにょき, 本もの艶の出た舁き, 本もはいつて, 本もよりの居酒屋, 本もらい受けそのとき栽培法, 本もらおうと思っ, 本もりあがらせて微笑み, 本も造つて外出用部屋用式場用等々みな別になつ, 本やから駒込郵便局へ, 本やけに頭, 本やけにたいらげたが, 本やっぱりクレムリンを, 本やというよりも, 本やにはなきもの也, 本やねあすこの, 本やはり集めなくては, 本やぶけた新聞紙から, 本やへの問合わせ, 本やも特別な, 本やらないけれども同じ, 本やらを得意そうに, 本やるからそれ, 本ゆずって下さる, 本ゆれていた, 本ゆゑに我, 本よう書かへんけど, 本よく洗って, 本よけいになります, 本よこさねえような, 本よこさねえで吉原の, 本よこすではなし, 本よこせと云われ, 本よこたえそれからピンポン, 本よごして, 本よせて伏目, 本よせたやうでした, 本よそから取っ, 本よみかえすのが, 本よみかけ一冊つづき, 本よむこといたせ, 本よめこの次これ, 本よりかまだ立派, 本よりてしだる, 本よりとか百本よりとかと, 本よりとかと称して, 本よりを用いたれば, 本より子なかりしを, 本よろけている, 本よんでる心持も, 本らしくて中味, 本わかるくらいだ, 本わしも感心, 本わたされてあった, 本わたしてあっ, 本わたせばその, 本わびしそうに, 本をしか読まなかったの, 本をね画を, 本をのみ読むよう, 本をば机の, 本をべこに, 本をやつたうへに, 本ををそはる, 本アシノカヽシ朝カラ晩マデターダ立チドオシだつてさ, 本アスファルト通がとおっ, 本アトがある, 本アーク燈の柱, 本イギリスのストレチー, 本ウイスキーを購った, 本エンゼルの前, 本エーアシップを出し, 本オペレッタを書い, 本カアライルの, 本カラになる, 本ガランスをつくせよ, 本ガンジーの伝, 本キューッとひ, 本キラキラと光る, 本ギューと寄った, 本クギを打たれた, 本クレーンがある, 本グツと, 本グルグルと捲きつけ, 本ケツネの屁, 本ケースへ入れ, 本コクメイにより合わせた, 本コッソリと突, 本コップ酒四本のかわ, 本コブシが咲い, 本コムパスと針, 本ゴルフの本, 本サシテ逢イタイト云ッタラバ内弟子ガ出テドコカラ来タトイイオル故ニ, 本サッと出て, 本サック怖しげ, 本ザラツシトラ教の経本, 本ザワザワザワとして身体中, 本スクと刎ねた, 本スシ十人前それにサービス料二割, 本スッと生えた, 本ストリンドベリイの, 本ストンと投出した, 本ストーブの煙道, 本ストーヴにくべる, 本スーと立つ, 本ズラリと並ん, 本ズルズルと引出しました, 本ソロソロと上, 本タオル二三枚出入りの人たち, 本タバコをつけ, 本タバコ盆が一個, 本ダケソレカラ特製華麗ノ原稿用紙, 本ダタラまたは雪入道, 本チョコンと並ん, 本チラチラと光っ, 本十分ニ痛メツケラレタ記憶ヲ, 本テラ一枚渡し, 本ドッカと入れ, 本入リ乱レテ, 本ニュッと出た, 本ニューと出し, 本ニュース幾本とそれぞれ, 本ニョキッとはえ, 本ニョキリと立っ, 本ニョッキリ出て, 本ヌッと掛け渡し, 本ノロシのよう, 本ハガキをとばし, 本ハッキリとした, 本ハンケチ一枚買うよう, 本バケツの水, 本バケツ一箇に至る, 本バットに火, 本バラバラに解い, 本バラバラッと打ちこわす, 本バラライカなどが見えた, 本パステルを手, 本パチンと擦った, 本ヒョロヒョロと立っ, 本ビイル一滴のめぬからだ, 本ビクビク生きて, 本ビールを立てつづけ, 本ビール七十八本お通し六十三人前イセエビ五皿タコ二十八人前マグロサシミ二十五人前果物五皿シャンペン一本スシ十人前それにサービス料二割, 本ビール壜が四十幾本, 本ピンと立った, 本ピンセットでつまみだし, 本フォークが一本, 本ブッこんで, 本ブランデーの瓶, 本ブリキの銀笛, 本ブリッジになります, 本ブルブル震えて, 本プスリとモルヒネ, 本プラリブラリとぶら下っ, 本ヘナヘナして, 本ベスはひしゃく, 本ポカリと, 本ポケットへ入れ, 本ポロリと欠け落ち, 本マスト二本マストの帆前船, 本マスト和船洋風取りまぜたそれ, 本マッチ浄水薬便所の紙, 本マークを着けた, 本ムシャムシャ猫が食べ, 本モリモリと這い出した, 本ヨリ大ナリ, 本ローソクが灯され, 本ヴェートウヴェンのソナタ, 本揃えくれるよし, 本一しょにならべる, 本一せいに若芽, 本一ツ所より出たる, 本一フラン五十サンチーム二本二フラン三本三フラン五十サンチーム好機を利用, 本一万三千円という木, 本一万円ぐらいに売れます, 本一丈五尺にし, 本一両と思った, 本一二冊を御, 本一人を対手, 本一円きり負からないの, 本一円三十銭だと, 本一円五十銭もする, 本一円以上は取る, 本一列に植, 本一升といふ事, 本一厘だったの, 本一寸極め振分, 本一寸気軽にビロード, 本一対にしたい, 本一山の黒ずんだ, 本一巻がある, 本一心不乱無性精進の生活, 本一挺の角砂糖, 本一文に商っ, 本一日がかりでためつすかしつ, 本一本かんじょうしながら, 本一本コクメイにより合わせた, 本一本ザワザワザワとして身体中, 本一本一円三十銭だと, 本一本下向に垂れた, 本一本不要な線, 本一本丹念に見調べ, 本一本分散して, 本一本切り放ったり, 本一本叮嚀に並行, 本一本地面から跳, 本一本墓の盛土, 本一本巨細に見まわし, 本一本床の間の釘, 本一本床下の穴, 本一本引きはなし, 本一本引ッこ抜いて, 本一本愛をこめ, 本一本手入れの届い, 本一本押頂いて, 本一本日附けと, 本一本枝の上, 本一本毛彫にかけた, 本一本火が点い, 本一本点の一つ一つ, 本一本点在する人家, 本一本熱心に調べました, 本一本眺め渡した, 本一本笑くぼが, 本一本算えること, 本一本節を折っ, 本一本粗らになっ, 本一本糸の手, 本一本絃の音, 本一本羽毛を抜い, 本一本肋骨が数えられる, 本一本自由自在に威勢, 本一本逆に竪, 本一本逆立ちをしました, 本一本運命の籤, 本一本金色に染めあげ, 本一本針を刺され, 本一本針山のよう, 本一本電柱が村, 本一本音を立てぬ, 本一本頑丈な枠形, 本一本馳け出した, 本一本骨が見える, 本一本髭の穴, 本一本麻の糸, 本一気に注射し, 本一石松の枝ぶり, 本一箱づめにしたものを東京へ注文, 本一般動物についてです, 本一輪の微, 本一輪途中へ棄てた, 本一銭キヤベツ一玉四銭だつた, 本一錢だつた, 本一鐵の下, 本一頭に括り合わされた, 本七十五銭と懸, 本七十五銭平均ぐらいにしか当りますまい, 本七十五錢と懸, 本七十円ぐらいの安物, 本七十銭から八十銭, 本七本と矢つぎば, 本七本目とつづい, 本七銭とは高い, 本万助が少し, 本万年筆を二月, 本万本数知れず生い茂って, 本三フラン五十サンチーム好機を利用, 本三両しようと, 本三円でも高い, 本三分三厘ずつ取っ, 本三分三厘強ずつという見当, 本三十五円ぐらいだった, 本三十銭づつで町の者, 本三千円ヘロが一本三千円, 本三四銭位の花かんざし, 本三尺くらい離れ, 本三本たばこはみるみる, 本三本づつ藤蔓の裂いた, 本三本三本まで命中, 本三本刀の数, 本三本此薫の得ならぬ, 本三本目の槍, 本三百円私のは五百円, 本三脚式に立て, 本三越へ注文, 本三銭五厘のペン先, 本三銭宛で六本, 本の方, 本上げたいほど高い, 本上げようか, 本上り下りの屋形船, 本上下から互いに, 本上機嫌になつて, 本下げて気温, 本下さいませんでしたわ, 本下さつたうまいうまい筍, 本下された上, 本下して麻繩, 本下すにも始め, 本下ったばかりのもの, 本下向に垂れた, 本下界に落ち, 本下部に十二本, 本不吉な輪, 本不思議に取り残された, 本不行儀に反りたる, 本不要な線, 本に出る, 本世話をし, 本両方同じ数, 本並びに方外の, 本並べて薄いガラス, 本並木の立っ, 本並行に束, 本中身を一杯, 本が一人前, 本丸太が浸っ, 本丹念に見調べ, 本や皿小鉢, 本せられること, 本九円を買, 本也箸は二本也, 本乱れて, 本乱れ生じている, 本の字, 本二フラン三本三フラン五十サンチーム好機を利用, 本二円として一日二百円, 本二円ときに二円五十銭, 本二分ずつにした, 本二十五銭女中祝儀三拾銭を以て最低, 本二十五銭小松菜が束十三銭, 本二十卷五十五篇と相, 本二十本三十本と一生懸命, 本二十本百本と次ぎ次ぎに, 本二千三百円と頭, 本二宮の四人, 本二対になっ, 本二對になつて, 本二尺に足りない, 本二本かすかに風, 本二本三本たばこはみるみる, 本二本三本三本まで命中, 本二本三本刀の数, 本二本三本四本に至り, 本二本半ものまない, 本二本寒むざむとも光らないで, 本二本小郡へ帰着, 本二本惜むにゃ当るまいこんなに沢山, 本二本木が伐っ, 本二本目の矢, 本二本突ッたって, 本二本蘆の中, 本二本雨の後, 本二本飮んだかて, 本二篇を書い, 本云々と御座候, 本の思い出, 本の字, 本五ルーブリは取られます, 本五六円するだろう, 本五冊わざわざ御, 本五十丁の潤筆料, 本五十仙也の赤ネクタイ, 本五十円ずつと見積っ, 本五十銭ずつにし, 本五十銭これが小, 本五合のが, 本五本六本そしてた, 本五色のつまみ, 本五貫ずつにしまし, 本五銭位で買える, 本五銭大根は高く, 本交って小さい, 本交叉して, 本交際いねえな, 本以男子爲王住七八十年倭國亂相, 本京都ではまた, 本人差指と中指, 本人情本の三種, 本人生のテーマ, 本人衆二三万許り国府越, 本人足が十人あまり, 本今度は避ける, 本今戸名物船佐の佃煮, 本今日でも読む, 本今朝二人で一本, 本仏教の本, 本仕とげた仕事の, 本仕上がってまいりました, 本仕上がりましたゆえその, 本仕上げた人を, 本仕事のあと, 本仕入れて帰り, 本仕込んで意気揚々, 本他人の物, 本他人のを切つて御覧, 本他人所有の本, 本付けさせお常, 本付けるから之, 本代金引かえ, 本以上櫻の名所十五箇所, 本以上百九十四五本當てる人, 本以下の数, 本以外に芸術, 本仰向けになっ, 本伐られたといっ, 本伐り出す費用に, 本伝六にかつがせ, 本伸びて上, 本伸びないやうな, 本伸子たちが出入り, 本似寄った枝ぶりを, 本住んだ厩に, 本何れが末, 本何万本てある, 本何人かで空けちまった, 本何千円ということ, 本何千本何の誰, 本何堂は十幾万, 本何方へ御用立て候, 本何時も硝子戸越しに, 本何本と毎日, 本何錢程度の安, 本余分につける, 本余計な道路, 本作りそれを交叉, 本作り上げ当時の, 本んでいる, 本使いというよう, 本使ったらどうだ, 本使つてゐると, 本來たんだ, 本供げず寺, 本供養して, 本修道院でできる, 本俳句二章を拾ふた, 本だけは断じて, 本個人の藏書, 本倒せばそのまま, 本倒れて白く, 本倒れたのも, 本倒樣になつ, 本借ってこう, 本に浴衣, 本傷ついてゐなかつた, 本傷つけるのを, 本傷めてゐる, 本傾いてしまっ, 本優れて高い, 本元締の前, 本先ず大井様に, 本先づ大井樣に選ん, 本光っている, 本光る竹, 本光沢の好い, 本の足, 本入ってたナ, 本入り乱れて載っ, 本入り二十三円でしょう, 本入り六銭の, 本入るくらいな, 本入れようと思ふ, 本入れると向う, 本全く尽き久しく, 本全体と比較, 本全身に群青, 本全部東野の書いた, 本八五郎の眼, 本八十本と並ん, 本八千本の賑しき, 本六本七本目とつづい, 本六角型の窓, 本六銭から七銭, 本六錢から七錢, 本共南蛮物の毒薬, 本共楊柳の枝, 本共毒であったの, 本其小川の両側, 本其處に投げ, 本具足二百領其他とある, 本内外は必ず, 本やり風, 本冷やして呉れ, 本凍えきッて, 本処々に立つ, 本凹ましておい, 本出さず訪問も, 本出づっぱりと助平, 本出でて直立, 本出ますね, 本出保太郎氏は代議士, 本出来て数, 本出来してまいった, 本出来た事に, 本出来なくなつたら, 本出来ることに, 本分けても探さ, 本分れております, 本分れ出て細長い, 本分散して, 本切つたいかにも釣れ, 本切つたのと同じ, 本切つたの腕を片方外科場, 本切つて捨てた, 本切つて罪となつ, 本切らなければならぬ, 本切られている, 本切りとられちまったというん, 本切り倒されて居る, 本切り取ッて, 本切り取られてある, 本切り放してそれ, 本切り落されていた, 本切り落としてそれ, 本切れるに従ってまた, 本切断したり, 本切込むと武村兵曹, 本刈り断ち末, 本列べる位の, 本列んでゐ, 本判こで捺した, 本判持という者, 本刺された形で, 本刺した上いろ, 本刺し込んでやつ, 本つて差しあげた, 本削るだけでも流儀, 本前後二回に受取った, 本前橋の西側群馬郡, 本前歯が六百枚, 本前歯一枚ぐらい無くした, 本剥いて見たく, 本って置いた, 本割れ目がつい, 本劇映画何本ニュース幾本とそれぞれ, 本加えてみせた, 本加えることが, 本加えればすぐ, 本加わっている, 本動かさうとしなかつた, 本動かさず瞬き一つしなかつた, 本動かさせただけで, 本動かさないで眠り, 本動かしたってわかる, 本動かしてないのです, 本動かすでもなく, 本勝つて取つ, 本勝負一本どり金弐拾, 本勧めてそれから, 本に入れ, 本包んでくれ, 本包んだ紙包みを, 本っていた, 本匕首をのん, 本の上行菩薩, 本化上行菩薩であるという, 本化聖教日蓮聖人御遺文, 本北京で手, 本十三銭のお, 本十三銭五厘だって, 本十二銭位ですから, 本十五留して, 本十五銭の羊羹, 本十仙で別に, 本十円五十銭の葉巻き, 本十手の当て身, 本断れた疼痛, 本千四郎の名, 本千本鑓瓢箪の御, 本千金方にも跋, 本卅円もする, 本半クリームの上, 本半位呑んだかな, 本半紙にくるん, 本半襟もつけ, 本卑怯者っ, 本卓子の端, 本博多町の寺沢志摩守, 本占地榎茸針茸舞茸毒ありとても, 本占地茸とも言います, 本印半纏が四枚, 本旧架物也, 本原始的に生え, 本厳島にも一本, 本つたらう, 本参ったら参ったと正直, 本参つた後なので, 本参つた感であつ, 本参らしたと見え, 本参らすとか止め, 本参らせられたりしました, 本参らせられたかたちで, 本参られたには僕, 本参りしを蒲田, 本参りましてな, 本参りましたね, 本参百円なんて札, 本參つた體で頸, 本取らせて火, 本取られましてご, 本取りまとめて十五日, 本取り上げたかと思う, 本取り入れてあり, 本取り出し指先でしゃりしゃり一端, 本取り出すとマッチ, 本取り去ったときその, 本取り残されてあった, 本取り除くようにと, 本取寄せ盃を, 本歌の, 本古賀政男とコムビ, 本叩き折つたと云, 本叩き折つて肥だめへ投, 本叩き斬つて飛出し, 本叮嚀に並行, 本なり大きい, 本はし, 本合したるものなる, 本合わしてそうして, 本合わせると手早く, 本吉原細見一册無いから, 本吉祥房は金剛杖, 本吊って時々, 本ジク生ズ秋時ニ掘取, 本同勢六人で押し出した, 本名古屋ならば, 本向い合せに土, 本向うに見える, 本向かい合わせてぴたり, 本君六条君あれは何, 本含んで圓太郎, 本吸いたいと思う, 本吸い終って殻, 本吸うたか覚え, 本吸うたら目が, 本吸おうとした, 本吸つてゐるうち, 本吸ふたら目が廻つて, 本吸わない先に, 本吸わなかったのだ, 本吸付けて一文字, 本吸口の長い, 本吹いてやったら, 本吹きおろす煙の, 本吹くことなどは, 本吹矢を射込んだ, 本吾家の林, 本呉れたが夫, 本呑むと酔っ, 本呑んでさっさと, 本呑んだところで, 本を忘却, 本命じて空腹, 本えて, 本咲いてたんです, 本咲きも残らず散り, 本咲きおくれた嫁菜の, 本咲き乱れている, 本咲き初めた桔梗の, 本咲き残ったコスモスも, 本咽喉もとにうちこまれた, 本唐墨を貰った, 本唐辛子を添え, 本唯物論的弁証法の本, 本善治副島八十八安部磯雄花井卓蔵原田赴城松田順平山崎弘道留岡幸助布川孫平大村和吉郎蔵原惟郭三宅雄二郎丹羽清次郎江原素六富田鉄之助西原清東飯田宏作山田吉郎兵衛松村介石の二十名, 本善治安部磯雄木下尚江島田三郎がつぎつぎ, 本善治氏の, 本善治氏方へお, 本善治等によって, 本喫かす事に極めて, 本切られただけ, 本喰い込むように, 本喰わされるとその, 本喰わして遣りました, 本喰われちまったぞ, 本嗅ぎながら西側, 本嗜んで見, 本噛み切ってやった, 本器一個の値段, 本四五本も茂り覆ひたる如くなる, 本四十五銭に御座候, 本四十文であったと, 本四斗樽と買い込ん, 本四方へ枝, 本四本づつちらばってゐるだけじつにしぃんとして何ともいへ, 本四本徳利が空, 本四銭根はおろし, 本図抜けて長い, 本図表は世界の, 本図間放養天和, 本固ければ国, 本固まつた樅の, 本国分寺跡といふ芋畑, 本圖拔けて背, 本土産に頂戴, 本在ったということ, 本在中という紙包, 本垂らそうという抜群さ, 本垂れ下っている, 本垂直に立っ, 本の友禅, 本を浴び, 本執念く絡ん, 本および投者, 本堅くつき立てて, 本場所を持っ, 本堺本などが生まれた, 本の上, 本の盛土, 本増えたって猿, 本売らなくてもいい, 本売り江戸町の, 本売下代金を以て費用, 本壹圓の飴, 本変ったタンポ槍を, 本夏みかんの木, 本外しましたがまだ, 本外しましたらやっと豚吉, 本外側へ曲っ, 本外国の問題, 本外套のポケット, 本過ぎたり, 本多きを以て得, 本のよう, 本大いに結構と, 本大上段に振り, 本大事さうに抱へて板屋家, 本大事氣に取り出し, 本大人のよう, 本大小塩梅して, 本大島椿の真赤, 本大根が一本二十五銭, 本大正十三年には六百本ぐらゐはあつたらうとのこと, 本大洋の一銭, 本大空に向かっ, 本大鮪放り出されて, 本天矢が落ち, 本天蓋のよう, 本太古の石柱, 本失くしちまった, 本失つた時と違つて, 本失敬して, 本失礼いたしました, 本奢って三人, 本奮発しようか, 本は腰巻一枚, 本如何大藏大臣之を許す, 本が一本, 本妻楊子がさして, 本嬉しそうに, 本学園は始業, 本安本其の他, 本完全に吸つて, 本宛ぢや面倒, 本宛晩酌にとる, 本宛貰ふのよ, 本宛身体に結び付けます, 本宛配給した, 本宛頂戴して, 本実に面白くて, 本宮川何とかいう人の, 本宸翰本等におけるそれ, 本容れた鉄製の, 本容易なこと, 本寄せ植の小さな, 本寄付して, 本寄越さないのに正勝, 本寄越して来ない, 本寄附する, 本そうに, 本寒むざむとも光らないで, 本寝かしてあった, 本対酌三本酒は味, 本てみました, 本射当てて見する, 本射放すことも, 本射通すがもの, 本小さな蜜柑梅枇杷団栗の, 本小僧の鼻, 本小刀インキ等を買, 本小唄淨瑠璃本までを渉りつ, 本小型の茶碗, 本小杉が並んでる, 本小松菜の一二把礼, 本小楊子一本でも許されない, 本小粒の辛い, 本小脇にかかえた, 本小菊に書いた, 本小郡へ帰着, 本少きなり, 本少くなって, 本少しオドオドしながら, 本少なかったと, 本尾根へ出る, 本屈めて輕, 本届けてよこした, 本届けられ夜に, 本届けられただけである, 本屍体の前, 本ではかなり, 本山吹野木瓜落葉松若葉櫟の芽, 本山王公園の櫻, 本山登りの本, 本屹度忍んで, 本屹立した樅, 本岳のは倉稲魂命, 本川辺へ枝, 本が四本, 本左右の手, 本左眼へぶち込んだ, 本巨細に見まわし, 本差おりから降り出した, 本差さしはせん, 本差させやしませんよ, 本差させようともせず, 本差させるもんか, 本差さっちゃことのねえとっさん捕め, 本差さねえんでねえ, 本差しましてさっさと, 本差しみな敏捷な者, 本差し伸べて正夫, 本差し入れてようやく, 本差し奉公大事に勤め, 本差し小刀は付け, 本差し尻端折り雪駄, 本差し羽織を着, 本差せさえすれ, 本差せることぢや, 本差そうもんなら, 本差出す余地が, 本差象牙の根附, 本差髪の所為, 本巻いてやりました, 本巻子なり, 本帆柱の大船, 本師キレイメンス十二世からヤアパンニア, 本師釈尊の厳規, 本師釈迦牟尼世尊の守護, 本して, 本常に腹の, 本平げてしまつて, 本平たい壇を, 本平らげたこと, 本平均つお, 本平次の前, 本平気な顔, 本平骨の扇子, 本年春一時軽快に赴かれました, 本べて櫛, 本幽かに燈, 本んど, 本幾何ぐらいだ, 本幾値で買つて來, 本幾千本とも数, 本広いドライヴ・ウェイが, 本床の間の釘, 本床下の穴, 本府屬主を殺し, 本の一流, 本庫次郎先生である, 本の松の木, 本庭一ぱいに枝, 本の門人, 本康宗円に識, 本の会, 本廣川さんは飲んだ, 本延ばしに切り返す, 本延べて金花, 本建っている, 本建てそのうえに三尺, 本廻してさっさと, 本弐銭そして酒一升一円也, 本と鉄炮五百挺, 本引いてない方眼紙の, 本引かけて鼻, 本引かせる方法だつた, 本引かれてある, 本引きさげて来りしなりけり, 本引きのけん凧も, 本引き三本引き奇麗, 本引き出して吸口, 本引き切ってゆく, 本引き抜いて差しだした, 本引き拔かうと, 本引き裂くことまで, 本引き釣っている, 本引けば網, 本引っ懸って, 本引っつかんで信号, 本引つこ拔い, 本引ッこ抜いて, 本引出しの中, 本引抜きそうに, 本弱いのに, 本張られてい, 本張飛にやられた, 本彌太郎の玩具, 本当てておく, 本を示せ, 本役亀井様にお尋ね, 本彼女達に触れた, 本彼方此方に淋しく, 本彼等の卓子, 本往来へ枝, 本後ろ楯に取っ, 本て歸, 本講釈之, 本御座いますと帯, 本徳蔵にも取っ, 本必ず書くと, 本必要な本, 本忘れずに用意, 本快く微酔した, 本急所に吹き込んだら, 本恐らく自棄に, 本恭しげに, 本患者達の慰問用, 本悪い本指定し, 本かしてやらう, 本惜しくはない, 本惜むにゃ当るまいこんなに沢山, 本をこめ, 本に入れ, 本懐中へかくし, 本にブチ, 本と申し, 本成善は医者, 本を得, 本我庭園中の最も, 本我物顔に占め, 本戦争について日本, 本戴いて行きたい, 本戴きませんでは何分, 本手ぬぐいも二十五本, 本手ぶくろが片, 本手向けて貰っ, 本手四つ顔二つのさらしもの, 本手拭いを貸し, 本手挟んだって素姓, 本手槍の方, 本手焙の中, 本手首にも結びつけ, 本みしゃい, 本打ちこみましたがね昼, 本打ちつけて三枚, 本打ちました鍼が, 本打ち出すとこの, 本打ち折りておなじ, 本打ち振ったところがみな, 本打ち込まねば胆, 本打ち込むので, 本打ち返しておいた, 本打とうと扇, 本打出の小槌みて, 本打込まれたと是認, 本打込んでその間, 本抓んでいる, 本込んで, 本投げさせて命, 本投げ出されているで, 本投げ出して夜, 本投げ出した前足に, 本抗議を申込みました, 本折った事も, 本折つたといふやう, 本折つた上何處で見付け, 本折つて眞物のゐざり, 本折られたんです, 本折りたればしばし, 本折りとって息子, 本折りましたわ, 本折るでもなく, 本折れてるのを, 本折れ重なって倒れた, 本抛りつけるとそれ, 本抛り込まれた儘に, 本抛り込んで佐野屋, 本抛り込んだ者が, 本て見せ, 本抜かしてそれ, 本抜かれておりました, 本抜きとられて外, 本抜きとりながら, 本抜きとり吸ったがそれで, 本抜き取った後で, 本抜き差し出した貴島の, 本抜き火をつける, 本抜くほどの痛, 本抜けるかという, 本抜け出て, 本抜け去ったかのよう, 本抜け落ちた時いくら口を, 本抜ケルヨウニシテ置イタガヨクヨク考エタトコロガ皆ンナオレガ悪イカラ起ッタコトダト気ガツイタカラ, 本抱いてついに, 本抱き合わしたように, 本抱き寄せようとでもする, 本押し出してひどい, 本押入れの中, 本押売りして, 本押立てていらっしゃる, 本押頂いて, 本抽斎の優善, 本担ぎ出す奴が, 本担って往, 本拔けた口から微笑, 本拾いあげて皆, 本拾い上げると口, 本拾つたのが最初, 本拾わずにしまうだろう, 本拾両にし, 本拾銭の白い, 本持たいでも北海道釧路, 本持ちて出, 本持ち出したことさへ, 本持ち帰つたからと云つて, 本持ってるぞ, 本持て来てくれた, 本持参して, 本持参九段へ行く, 本持参余興に斉藤, 本指さしゃしねえかんな, 本指させはしません, 本指させないのが, 本指させぬ天険に, 本指させる事は, 本指させるこっちゃあねえ, 本指さるる主水, 本指されんと, 本指されないでいま, 本指されぬばかりか, 本指したる体何とも, 本指ニ挟ンデ戻, 本指定して, 本指駢指だよ, 本挙げしが又, 本挙げやがッ, 本挟すばかりで, 本挟んだきりの, 本振りならチース, 本振り上げたと思った, 本挿し込んで在る, 本捜してゐる, 本据ゑてあつて赤ちやんをねんねこ, 本排水孔の中, 本掛けないと力, 本掛けろと云う, 本掛五本掛の処, 本探り出しそれに, 本控えている, 本ひ取り, 本掴むとそれ, 本揃えたもの, 本揃ってはいない, 本揃ってるってこた, 本描いてある, 本描かれてゐる, 本描き狭い隙間, 本提出された, 本提灯を一つ, 本した, 本ッて, 本握だが其中, 本握り固めて麻糸, 本揺れないし銃身, 本しちゃいましたよ, 本し出すこと, 本摘みとって目, 本摘んで訊い, 本撚りで充分である, 本撮らしてやる, 本撮んで指, 本擦っても潮湿り, 本放しちまえばあと, 本放ちこんでみた, 本故に武蔵野の, 本教えて下, 本教室の窓, 本教材になり, 本教育映画何本劇映画何本ニュース幾本とそれぞれ, 本誕, 本散らかっておりません, 本散らばって居る, 本散らばつて居る, 本数えられたが一見, 本数百本の夥しき, 本の大, 本ほんのあつ, 本に依っ, 本斬られた敵同志の, 本斬り落したからとてそれ, 本斬るから一本, 本斬れるか, 本断り落そうというの, 本新聞がちらばっ, 本を誤る, 本既に西國順禮を, 本日傘坊主小姓馬廻り挟函医者胡牀馬土産の長持, 本日本の土地, 本日比谷公園の櫻, 本日章旗だ, 本日記一冊見付からないって, 本日附の順に, 本の姿, 本明南監本乾隆殿板本汲古閣本等を對照, 本明日ぐらいに揃います, 本はトゥウェリ, 本映画といふこと, 本春日殿と手合せ, 本晩酌をつけさせる, 本普く賞翫す, 本普通になっ, 本景気に描いた, 本暖炉の上, 本暖炉棚の上, 本曲げるにはどう, 本曲って生え, 本書かせたところが酒, 本書かないことは, 本書き卸しを, 本書き上げた時の, 本書き捨ての反古, 本書き添へた, 本書くではなし, 本書くべしというのっぴき, 本書けぬと言う, 本書けねえんでがす, 本書けへんいうわけに, 本書こうかとの話, 本最も正しきを, 本之抄, 本月光を縫い, 本有りますからはてな, 本有りまする処まで, 本有るから甚藏, 本有益な本, 本有難く拝受則ち, 本服すべし待人來るべし, 本期議会は甚だ, 本が伐っ, 本木の葉に載せ, 本木の間の小鳥峠, 本木犀の木, 本未だ咲きませぬが, 本末枝幹の關係, 本固ければ, 本本家の方, 本本当ですか, 本本本植木カレンダー時計人形煙草入すぐ右, 本本植木カレンダー時計人形煙草入すぐ右, 本本艇の胴, 本杉六本都合十二本の大木, 本の樹, 本材木が横, 本の側, 本束ねて太い, 本束代銀五厘二毛などというの, 本来たきり何の, 本来ますからね, 本来る珍しいこと, 本杭あたりで降ろし, 本杭代地の料理屋, 本の空, 本東京を出る, 本松の木の蔭, 本松原といふ, 本松城に引いた, 本松明は大広間, 本松橋とかそういう, 本林檎の木, 本果物の砂糖漬, 本枝ぶり美しく生え, 本枝鈎を出す, 本に入っ, 本たりし, 本枯れていたら, 本染め上がってき, 本柔かいよく草花, 本柳派をかける, 本が通っ, 本栃の木を買っ, 本栄えない草の, 本校内に植え, 本根から断って, 本根元からポッキリ, 本根太の下, 本根太板も親たち, 本根繼ぎするにも, 本の枝, 本桔梗のよう, 本桜並木があっ, 本から下, 本があっ, 本梅一本あり, 本にははや, 本梳きこまれている, 本棕櫚で横筋, 本より引攫, 本をなし, 本のもの, 本の樹, 本植えたところが, 本植えたる桜の, 本植えましたところが小松, 本植えようと思う, 本植えられてしまいました, 本植えればせんぼ, 本植え付けてね, 本植わつてゐました, 本植ゑたのも一齊に今年, 本植ゑられてその下, 本植付けたの, 本植木カレンダー時計人形煙草入すぐ右, 本植木鉢一つないガラン, 本植物園の櫻, 本椰子の下, 本椿椿飛び越え風, 本椿風吹け風, 本と言われた, 本極め付けて置い, 本極め手を入れました, 本榎上御領村下御領村平野村を経, 本榎五人殺しを材, 本榎細川侯の下邸, 本がありました, 本槍三百本具足二百領其他とある, 本がおっしゃりました, 本横光君のところ, 本横槍を入れます, 本横筋が寄りました, 本横頬に乱れかかっ, 本のお, 本樹あたりの妓楼, 本樹加茂川千鳥恋はなき, 本樹立のある, 本が二つ, 本橋一ツも心, 本機ニ三〇三地点ニ達セルモ敵機ヲ発見スルニ至ラズ, 本機ニ二三〇三地点ニ達セルモ敵機ヲ発見スルニ至ラズ, 本機械的な腕, 本機関室へ落し込ん, 本檣其下甲板には大砲小銃等, 本檣軍艦でない事, 本を流したら, 本然として, 本欠かさず備えておきたい, 本欠き井上九郎は, 本欠き取ってそれ, 本欠けずに生れた, 本次第もなく, 本次郎君に一冊, 本歓んでさしあげます, 本止めの釘, 本正宗の罎, 本のコムビ, 本此薫の得ならぬ, 本此處へ六本, 本歴史の本, 本残った母の, 本残ってるよ, 本残つてゐたの, 本残らずムシ歯である, 本残らず取去ってそこ, 本残らず吹き倒されてのっぺらぼう, 本残らず引つこ抜いてしまふだらう, 本残らず抜け落ちている, 本残らず消えてなくなれ, 本残らず溶かしてしまわね, 本残らず燃えてしまっ, 本残らず生きてるんだ, 本残りの八本, 本残る燐燧の, 本殖えたとかいう話, 本殖やして三本, 本つたさうです, 本殘つた徳利を見る, 本殘つた母の形見, 本比古の王, 本比較すれば, 本毛彫にかけた, 本毛筆が挿し, 本毛糸の靴下, 本氏手前すぐつづきます, 本水一つ供へず, 本水仙ほのかなる香, 本水平に綱, 本水木がある, 本水浸しにし, 本求めたのだ, 本求めたいが新しい, 本の支配, 本江戸川の櫻, 本へ投げ入れ, 本の方, 本河原巻物と称する, 本の表面, 本泳いでいる, 本洋盃を二つ, 本洋酒の瓶, 本洒落た門構えの, 本洒落本と云, 本洗い出されて蟻, 本洗面器の水, 本派本願寺の利井明朗氏, 本流すが好い, 本流れよった流れ木では, 本流れ寄ったとか申し, 本流れ灌頂と云, 本流寄った形が, 本流寄つた形が判, 本浮かべた手桶を, 本浮き上つた宮殿, 本浮き出てゐ, 本海藻のよう, 本涼しく靡いて, 本淋し気に, 本深刻気な皮肉, 本混ざっただけで, 本混ぜて蒸し, 本混つてゐたので, 本淺草公園の櫻, 本添えることに, 本清らかな流れ, 本清水谷公園の櫻, 本渓湖影清らなり春雪, 本渡した硝子戸の, 本渡すと霊魂, 本渡せないはずは, 本湯鑵の胴, 本溜まると喪, 本溪流の石一つすべて生活, 本演説という演説, 本漢高誘註清嘉慶中黄丕烈依宋木重刊, 本漬けて出し, 本濃く且つ艶, 本濃く黒き影あざやかに, 本濛濛と煙, 本濡れたの乾いた, 本火鉢にかざした, 本火鉢何個燭台何本というよう, 本をつけた, 本灯してその, 本灯心のほのぐらい, 本灼痕のよう, 本にくべ, 本の一つ一つ, 本点してあつた, 本点在する人家, 本焚いてゐる, 本焚火に投げ込んだ, 本無い男であります, 本無くなると次の, 本無二斎勝つと, 本無心された, 本無気味な刃, 本無雑作に投げ出され, 本焼いて麦飯三杯, 本焼酎の二リットル壜, 本煙つてゐる, 本煙突二本マストの巨船, 本煙突二本マスト和船洋風取りまぜたそれ, 本煙筒二本檣の不思議, 本煙草一罐そして小郡, 本照らしだしている, 本照り寂しそこ, 本熱いのを, 本熱心に調べました, 本熱心一途で仕上げ, 本燃えつきてしまったら引きあげよう, 本燃え残った蝋燭の, 本燃やしてある, 本燃立つような, 本燐燧が有れ, 本燗けたから飲ん, 本爪一片もやる, 本片手に持っ, 本片方が六本, 本版間ぎわ迄やっ, 本牛肉拾錢とちら, 本牛蒡一本里芋二三合蕪半束魚の切身二つ三つ, 本ほし竿, 本特殊な酒罎, 本特等賞は首, 本独銛の博多, 本猪口が一つ, 本猪口一箇を置いた, 本るこの, 本献上して, 本とかいふ水晶製, 本玉立して, 本玉葱を百個, 本王宇泰本等である, 本らしさ, 本を狙っ, 本はれその, 本現われその一筋, 本が並ん, 本瓢形, 本生えかかったぐらいの程度, 本生えてない禿頭を, 本生えない頭も, 本生えまいと考え, 本生えるという意, 本生え並んでいた, 本生じ枝八方に, 本生やそうかな, 本生傳に從, 本生図には統一, 本生物学のわかり易い, 本生絹よりは涸らした, 本生譚は今昔物語等, 本に火急, 本用い酒精の, 本申しわけのよう, 本と浮世画, 本画いてある, 本画くやうな, 本いても, 本異本二天記などという別, 本疎らに立つ, 本病院もやめ, 本に對, 本痛みもしない, 本痛んでいる, 本痛烈な釘, 本痛飲する, 本痩せたのを, 本白体の和幣三本, 本白帷子ひとつ挾箱に入れ, 本白百合がはらりと, 本白粉の瓶, 本白菊の真盛り, 本白髪の交った, 本百匁以上もある, 本百卷は容易, 本百合のここ, 本百年あまりの杉, 本的制度が発生, 本的社会である日本, 本的自治を行, 本皆んな四五尺のですよ, 本がきざまれ, 本盗みとったら二分ずつ, 本盗み出し左右の, 本盜んだり, 本となった, 本目あたりからはもう, 本目十本目は弓勢, 本目次の二日目, 本目毎の六本, 本指の, 本直立して, 本相そのものをあらわし, 本省略して, 本眞鍮の矢立, 本眞黄に染まつた, 本真にうまいもん, 本真木柱太しく生した, 本真白なの, 本真青の光, 本眠り薬を注射, 本更え, 本着換え一枚ありません, 本睡眠時間や食事其他, 本督氏をたずねたれ, 本の形, 本短く生い, 本石ころ一つないよう, 本石ひとつの位置, 本石垣に立て掛けた, 本石榴の木, 本破れた手甲脚絆それから, 本破裂して, 本に出来ない, 本碎けてゐる, 本確実に前, 本にし, 本と行っ, 本祖母から叱られた, 本祝うのは, 本福徳和合人の中, 本私たちから記念, 本は木犀, 本秋胡瓜三本を植ゑる, 本移植といふ時, 本程もあります, 本稲荷堂の横, 本稽古をつけ, 本をだし, 本積みましたがそれ, 本積んだ樹を, 本を抜け, 本空いておる, 本空けていた, 本突いて頤, 本突いたものだ, 本突かれ死物狂いに, 本突き出されていた, 本突き刺されてあった, 本突こうとしました, 本突っこんでさあ, 本突っ込まれた形で, 本突っ込んだ助五郎には, 本突ン出し笠, 本突込んだつもり, 本の下, 本窘められるなどは, 本立ちあがつてさい, 本立ち並び木の, 本立ち並んでると私, 本立ち列んでいる, 本立ち枯れて残っ, 本立てじわが見えます, 本立てられたのが, 本立てられるように, 本立どころに雨, 本立並んでる物凄い堰, 本立木が寂しい, 本立直らないでそれだけ, 本竜寺であった, 本竜寺の前を過ぎ, 本に寝, 本竹垣の近く, 本竹風も無けれ, 本竿で先がかり, 本竿横ざまに携え, 本くぼが, 本を一つ, 本えること, 本算盤は確か, 本の稲扱器, 本篇一○頁上段に, 本篇一四頁上段に曰く, 本篇三を出し, 本篇三箇を一貫, 本篇刊行の久しき, 本篇引用の書, 本篇時代に移る, 本の中, 本を給, 本粗らになっ, 本糠袋に入れ, 本糸目二本糸目本糸目, 本系帳式の物, 本ふとそれで, 本紋章や唐草, 本納めたしごきが花見, 本納められていた, 本が三枚, 本紙一枚に到る, 本紙一枚僕は持っ, 本紡いだといふ勘定, 本紫いろの火花, 本累々と円い, 本細々要記, 本細かく突いたが, 本細く文身してる, 本細くって小さい, 本終らないうちに, 本終りますが二十本, 本の音, 本組み合せそれへ, 本組み合せた青竹の, 本組み合わしてその, 本組み合わせてそれ, 本組合せて立て, 本結び目に絡まつ, 本結んでいる, 本絞りの鹿の子, 本統ぢやない, 本統大系のよう, 本統格を成し, 本絶對にふれさせません, 本継ぎの電信柱, 本継子扱いをされた, 本続いて不評, 本続けて打ち込んだ, 本続けざまに彼方, 本綺麗にお, 本の秋, 本の電車, 本線香二束を買い, 本て五本, 本締めるなど大変, 本縛ってもがりがり, 本縛り付けて野良, 本縛り寄せたのを, 本に渡した, 本縦縞のある, 本縫いこんであるのです, 本縫い目のあるらしい, 本縺れたように, 本縺れ合っている, 本繁っている, 本繁った桐の, 本に結ん, 本繰り返へす, 本繼いでも屆くもんぢ, 本けて來, 本纒めて漸, 本ではなく, 本置かれてあった, 本のよう, 本も大方蟲喰, 本羽毛を抜い, 本る日, 本考えて居りました, 本考えさせる点の, 本が来た, 本者一冊といへ共, 本聖書辞書雑誌原稿紙夏みかんの皮, 本聞いた事の, 本聳えてる榎の, 本の厚い, 本肋骨が数えられる, 本を冷やし, 本という一種, 本肥えた株では, 本の鉢, 本背後へ逃げる, 本背負に欄干, 本背負いに背中, 本背負いなげで怪塔王, 本背負ひでモンドリ打たせられます, 本背負わせてかえします, 本背骨が足りなかった, 本胸高に結ん, 本脇差を反り返し, 本脇腹へ突込, 本脚二面独眼の怪物, 本脚傘の化物, 本脚竹を早め, 本脛一本のもの, 本けて, 本脱けた間からチョコチョコ舌, 本脳天の絶頂, 本腐ちゆくわが盛かな, 本腕一本とかいふ嚴, 本腕五本腕六本腕といくらでも, 本腕六本腕といくらでも, 本自然眞營道に就き, 本自由自在に威勢, 本自社の倉庫, 本臼井君が自分, 本舞台へ, 本舞妓のやう, 本舞臺とからなる, 本が一艘, 本艇右舷の第, 本艇員がいる, 本艇外の様子, 本艦之に應, 本艦全速力方向は矢張コロンボ港, 本艦前方の海上, 本艦在役の軍人, 本艦引渡しの儀式, 本艦搭載の偵察機, 本に悩ましい, 本靡けば, 本の何, 本芝公園の櫻, 本芥川はこの, 本の洋燈, 本花下にある, 本花弁散って, 本花柱のハコベ, 本英國大使館前の櫻, 本茂っている, 本茂ってるところに, 本茂るといふ, 本のついた, 本の小, 本茶碗一杯の胡麻醤油, 本草原に影, 本荷車に積, 本と云ふさ, 本菖浦の指物, 本萌黄羅紗の道具金紋先筥, 本落させることに, 本落ちかけた陽に, 本落ちてる中に, 本落ち矢なく射通した, 本落としてもその, 本落付きのわるい, 本落着かない, 本落語全集等の高級品, 本葉書なりと差上げる, 本葉書一枚行く先から出さない, 本の主たる, 本著発表の由縁, 本蒲団の外, 本蒲鉾と厚燒, 本蓮花が三本, 本薄い夕陽の, 本薄暗く咲いて, 本薙刀高い一本歯, 本薩摩芋を百斤, 本薬味箪笥の抽斗数, 本藁包にした, 本が一株, 本藩まま小いたち, 本藩已ニコレヲ模製ス他ノ諸, 本の中, 本に食われ, 本虫くいになっ, 本のよう, 本蝋塗のありふれた, 本蟠つてゐる, 本のやう, 本行きちがひ, 本行きちがいそれからもっと, 本行き止まりになった, 本行ったぞ, 本はいかなる, 本街道に立, 本衛生の本, 本衝立の縁, 本衣嚢から出し, 本は一時米国, 本にいれ, 本装華装だ, 本裏漉にし, 本裏漉しにし, 本製作という数字, 本褐色の竪筋, 本褒美にやった, 本に物々しく, 本の裏, 本要るかの, 本見えすく胴五尺に, 本見えたのです, 本見えなくなった事は, 本見えますがそれ, 本見つからないほどだ, 本見のがさず坐っている, 本見るとても面白し, 本見わけられるほどにかかっ, 本見上げるような, 本見付からなかつたのです, 本見付けたのです, 本見出しては, 本見当らないのです, 本見舞おうかね, 本の如来, 本覚如来煩悩業苦の三道, 本覚始覚の義, 本親方の禿頭, 本覺大悟の智慧, 本解いて行った, 本解くがいい, 本解けばよい, 本触らずに置い, 本触る勇気も, 本触れさすものか, 本触れさせはしません, 本触れさせず先ほどから, 本触れさせたが最後, 本触れさせませなんだ, 本触れずそっとし, 本触れた者はござりませぬ, 本触れなかったのに, 本触れようとは思い申さぬ, 本触れられんように, 本れない態度, 本もまた, 本試みる労力に, 本試合徳川家加賀爪伝内どのが的, 本詰めないように, 本認めそれが, 本読まず縫直しさわぎ, 本読まなければならない, 本読みかけるがつまらない, 本読んだあとは, 本読本と算術, 本読本絵草紙の類, 本読者に媚びる, 本のもの, 本讀まして下さい, 本豆せんべい松風いずれも少々, 本豆腐はうまい, 本の柱, 本負けたつもりだろう, 本貰いましたから一寸, 本貰たんを絲瓜はん, 本貰つたさつ, 本貰つて炉の火, 本貴重な報告, 本買いたいのだ, 本買いましたわ, 本買い求めて来ました, 本買えずただ鍋, 本買えない家庭の, 本買ったぎりで其一本を, 本買つて來て呉れ, 本買受けて小刀, 本貸してもらいたい, 本貸したのん, 本貸したげただけでも悪い, 本にかかる, 本費して辛うじて, 本つた, 本ルナドトイウテ居タガモーソンナ者ハ食ウテシマッテアルマイ, 本贈られたのが, 本贈られる芝居は, 本つちや, 本赤く黄いろくもみずつて, 本赤一本と, 本赤鉛筆が一本, 本走り書きして, 本越えて向う, 本越しにブランコ乗り, 本足して箏, 本足した四本足を, 本足のも, 本足らん四ツ足あ, 本足りないではありません, 本足りないらしく何處と, 本足りなくつても, 本足三本足にし, 本足同士が相, 本足最後に三本足, 本路傍に生え, 本踏みにじってくちゃくちゃ, 本踏石を分けた, 本踏鞴などと伝え, 本の脂, 本身軽のせい, 本につけ, 本軍一万二千もまた, 本軍七千余騎のうえ, 本軍以下の大, 本軍側には将士二十四万人, 本軍全部は前進, 本軍後続部隊まで新田勢, 本軍総くずれとなり, 本軍遊軍などの布置, 本軍鳶ヶ巣以下の落城, 本がつて, 本軽いのには, 本較べてみ, 本載っかっている, 本載つてゐない, 本にし, 本輸入物だが, 本轟然と聳え, 本響くよう, 本迄は尋常の, 本始之, 本返しで三回, 本送ったからそれで, 本送つてくれる, 本送らんで無沙汰に, 本送り出しの証書, 本に竪, 本逆毛が有る, 本逆立ちをしました, 本逆立ちかれの目, 本逆立ってゆく, 本透いて見える, 本透かして見, 本を斯, 本途中で買った, 本這っていました, 本通りの中程, 本通り越して彼, 本通るだけだ, 本造られております, 本運命の籤, 本を覗き, 本道中ざし陣太刀, 本道中差が置い, 本道具引戸腰黒の輿物, 本道具曳馬無しに従え, 本違った個性が, 本違わずに恐ろしい, 本遠見の傍示ぐひ, 本遣さずにその, 本遣らないが此, 本遣ることに, 本く紅葉, 本選り出して涙, 本選り取って見たら, 本選るとその, 本都合二十八本通つてゐるの, 本都合二本に分かれ, 本都合十二本の大木, 本配給になった, 本酒壜の並ん, 本里芋二三合蕪半束魚の切身二つ三つ, 本重なり合って立っ, 本重町の本宅, 本重複はさせますまい, 本野茨の紅い, 本量一尺に達する, 本量屹然として山嶽, 本金一セントなりとも, 本金八十円前後で酒屋, 本金沢文庫の印, 本金色に染めあげ, 本に入れ, 本針位は使, 本針山のよう, 本釣ったのである, 本釣竿の用意, 本釣鐘を打込ん, 本鉄棒を押し立て, 本鉄砲三十挺弓二十張そのほか徒士武者一団, 本が二つ, 本に引っ掛った, 本銀杏が見える, 本銀町阿波屋の寄進, 本銭百文の小, 本鋭く光って, 本に入れられる, 本鍔際まで呑まれ, 本鎌一丁持って, 本が二領, 本鏃ひとつにも気, 本鐘巻自斎, 本の衆, 本長一寸余り慶長九年閏八月十九日羽州秋田常栄院尊竜, 本長押の上, 本門前にあった, 本門柱でもある, 本開けろよ, 本の中, 本阿倍の右大臣, 本附きましたる事にて, 本附けようか, 本附け加えた者を, 本院一棟とその, 本院中納言とも枇杷中納言, 本院再築の時植付, 本院附属の授産場, 本陣十郎の咽喉, 本の方, 本というよう, 本隔てを入れた, 本障らぬ今までの, 本障子の黒い, 本の建物, 本して, 本集まらなかったらすぐ警察, 本集後半の歌, 本集所載の連作, 本集編纂の事, 本集蒐録に際してはこの, 本っている, 本雑誌新聞をどうして, 本の後, 本雪道のよう, 本電柱が村, 本電燈やモール, 本電線を用, 本にた, 本青々と延び, 本青草一筋なくただ, 本青野へ杉苗百本, 本に過ぎる, 本靡くべき風も, 本面白いと思う, 本から落ちた, 本靴下絹二足木綿三足飲料に適, 本の中, 本に立っ, 本頂きたいですなというの, 本頂きましょうか, 本頑丈な枠形, 本頼み喜代香の, 本頼むよ, 本頼んでやつ, 本頼んでるところへ, 本頼母に降りかかった, 本願いたいとぬかす, 本願えますって宜いか, 本類そちらからつきました, 本風呂屋理髪店での世間話, 本風呂敷ヲ解イテナイトテーブルノ上ニ置ク, 本飛ばせると二人, 本飛び出してい, 本飛んで来た, 本飛出してるのが, 本食いつつ一本, 本食うか食わず, 本食べても平気, 本食べるところを, 本食み出している, 本食卓に出る, 本食品などつめた, 本飯一碗を詰めこんだ, 本れわし, 本飲ましてくれる, 本飲みしている, 本飲みたいばかりに紙, 本飲みつくしてこりゃ, 本飲み終えたのちは, 本飲み終つた頃また, 本飲めばいい, 本飲もうとか浦粕亭, 本てある, 本飾りこみ悠然, 本飾りものとなっ, 本餅菓子よりははるか, 本餘計つけさせます, 本饂飩はかけ, 本を傾げ, 本け出した, 本駄本変本安本其の他, 本駄目にし, 本駈けて行った, 本さは, 本高三万五千石へさらに, 本高知校友會に送つた, 本鬼魅悪く立っ, 本魚一尾も道理, 本鮨一皿蕎麦一椀朝日一袋一切合財で一円四十銭, 本かな紅葉, 本鳥毛の槍先, 本鳴らされやがて一つ, 本鳴海司郎が問い返します, 本鶉豆を一銭五厘, 本鶴子に呉れた, 本づかみに, 本麥酒壜が三本, 本の糸, 本黄色い暖い, 本黄表紙の類, 本黒い太い毛が, 本黒ビロウドのシャツ, 本黒子から生え, 本けて出た, 本鼓草の花