青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「揃え~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~接吻 接吻~ 接近~ ~控え 控え~ 掩~ ~掴ん 掴ん~ 揃~ ~揃え
揃え~
~揃っ 揃っ~ ~描い 描い~ ~描いた 描いた~ 描き~ ~描く 描く~ ~描写

「揃え~」 1120, 11ppm, 9751位

▼ 揃え~ (968, 86.4%)

20 いた 12 あった 11 ある 9 笑った 6 あるの, いる 5 あって 4 あります, 云った, 呼んで, 答えた, 脱いで

3 [14件] いった, おいて, おけ, それを, やって, 働いて, 唄って, 坐った, 坐って, 彼の, 待って, 持って, 歩いて, 私の

2 [51件] あった庭下駄, あるので, いたが, いたの, いて, いながら, いるが, いること, いると, いるの, おりました, お送りします, かしこまって, くれた, ぞろぞろと, ぬぎ捨てて, まいりました, トンと, 一斉に, 丁寧に, 下さったの, 並んで, 停って, 写真か, 出して, 切って, 告げた, 山の, 平伏した, 平次を, 庭の, 掛けて, 支那の, 月遅れの, 来て, 歌いながら, 波を, 熱心に, 真直に, 眼の, 立って, 笑いました, 笑ったが, 置いて, 証明し, 踊って, 進むこと, 進んで, 頼んだ, 高笑い, 鳴いて

1 [735件 抜粋] あげまするやう, あげるから, あったので, あった下駄, あった編上靴, あった草履, あつた, あとに, あの写真, あらわれた, ありますが, あり食堂, あると, あるところ, あるよう, ある一組, ある吾妻下駄, ある家, ある自分, あれど, いいだした, いうの, いうもん, いきなり鶏小屋, いそいそ俵町, いたずらを, いたもの, いちどに弾丸, いつもの, いるお, いるから, いるので, いるのに, いる場合, いる嫋, いる幾組, いる折, いる町家, うたい囃して, うち殺し, うない始めた, うるさく強請むので, おいた, おいた筈, おうい, おき揃えたら炭, おくつもり, おくという, おく事, おけば, おじぎを, おりながら, おります, おれを, お上がりなさい, お宮の, お寿司, お辞儀を, かかるの, く, くべて, くれたらいい, くれた上靴, くれと, くれなくたって, くれると, くれ泣くの, くんねえ, こう告げた, こっちの, この群, この際, これも, これを, ござりますれ, さげて, さて一々, さて立ち上った, さも面白, さらに何, しばらく鏡, しまうと, しまって, じっとう, じっと聞きいった, すぐ届け, すすめたが, すなわち連獅子, すわって, そうすれ, そう云った, そのままとん, その上, その火元, その目, それぞれテーブルの, それで幸福, それは, そんなこと, ぞろぞろ降り, たたくの, たった今貰おう, ちゃんと畏まっ, ついた, できるだけの, とめるだけ, なおその, ぬぎ外套, のぞき合った, のばして, はねまわって, ひしと詰込んだ, ひた押しに, ひとつその, ふたたび秀吉方, ふたりは, まず石砲, またもや絶景, また匂い, みないった, もうつい播磨沖, もらいたい, もらいたいと, もらい飯, もらって, やったり, やっと舸, やりリュウマチ, やり立たせて, やること, やる二階, やろうが, ゆく, ゆすぶれば, よく働い, わたしの, わめき立てるが, ゐるの, イエス・サアと, ウォーオ, ガリガリ氷, ゲラゲラ笑いこけ, ジリジリと, チーズと, ドヤドヤと, ドンドンガンガン囃し立て, ハルロオと, バスの, パンフョーロフが, ヒョイと, 一せいに, 一ふり振っ, 一二と, 一人一人は, 一人憤然と, 一団に, 一家が, 一様に, 一歩ずつ, 一種の, 一重ねも, 三万両を, 三味線を, 上げたいと, 上げましや, 上月城へ, 下されば, 下駄を, 中国征伐, 乗り込んで, 二人は, 二匹の, 人を, 今夜も, 代金を, 仰せの, 件の, 何か, 何し, 何処の, 俯向い, 偉大なる, 僕の, 元禄の, 兄に, 入って, 入れた, 公儀へ, 六百十三名の, 其の顛末, 其綱を, 出した, 出したすべて, 出した俺, 出した日和下駄, 出す足駄, 出せ, 出発した, 出立した, 出迎えた, 出迎えた人数, 出馬した, 前に, 前の, 劒沢の, 力み返えるとは, 動かして, 動かしやすやす, 半ばのぞき込む, 卓子を, 南無妙法蓮華経を, 厳粛に, 又太郎, 反対した, 反返るよう, 反駁した, 叫び出した, 叫び返した, 叫ぶ, 右へ, 各, 同じ長, 同日神戸方で, 名のりつらねた, 向かうものの, 周提督は, 呼びかける声, 呼ぶ声, 呼んだ, 唄い出した時, 唄うの, 唄う祈り, 唱える処, 問いかけた, 問う, 喚きました, 嘖々称讃した, 嘲弄した, 固く縛られ, 地に, 地均しを, 坐ったま, 坐った宗七, 坐った粋, 坐らせる仕方, 坐りなおすと, 坐り二人の, 坐ると, 坐席, 城下に, 報道した, 塗板を, 声を, 変化し, 夜通しの, 大元気, 大牟田公平の, 天下に, 天下の, 女学生の, 妨げましょう, 子鯨, 守備に, 室の, 寝かした上, 尋ねました, 小い, 小机の, 居る, 居る処, 届けるだけでも, 山門から, 嵯峨や, 巣に, 左の, 左右から, 巻き上げに, 市郎の, 帰したお, 帰って, 幕切の, 平伏して, 幾台も, 座を, 庵の, 建てたなりに, 式台から, 彼らは, 彼を, 待ってろよ, 後の, 怒鳴った, 怒鳴り付けるうち, 恐縮する, 悠然として, 悪口を, 意義ある, 憎まれること, 憚る, 手拍子で, 手拭で, 手拭に, 打ったという, 打って出でたところ, 批判し, 抗弁しだした, 押すと, 拈込で, 拷問という, 持たせた, 持ちだした, 持ち歩いたが, 持合わせ, 捧持し, 推参に, 推賞した, 支いたまま, 改札口を, 教えたん, 整えて, 敵前へ, 敷き物, 文学の, 新聞記事を, 日本の, 晁蓋呉用宋江らの, 智深の, 曲げた上, 曲げて, 書立てて, 朋輩の, 木の, 李逵の, 来いと, 来る, 来るの, 来る者, 板壁を, 根気よく, 案内する, 極く, 横から, 横の, 橋板へ, 歌い神, 歌う歌, 歌に, 歔欷を, 武蔵は, 歩いた, 死体が, 殺到し, 毎年一枚ずつ, 江戸歌舞伎式の, 沖の, 海へ, 消えて, 渡すよう, 渡す二本, 潘爺さんの, 瀬戸物屋の, 無言の, 無雑作, 犯人の, 猛然と備えた, 玄関まで, 生温く宵, 田村家の, 申しました, 畏っ, 番頭を, 白い額, 直段, 真犯人扱いに, 眺めること, 眺め直した, 睨めつけた, 短艇を, 私が, 私は, 窮屈そうに, 立ちどころに用, 立ち現われた, 立った, 立ってたが, 立派な, 竜之, 端坐し, 端坐した, 笑いこけて, 笑いながら, 笑い出すと, 笑うと, 笑ったの, 笑って, 箱火鉢に, 粛々とこっち, 素直に, 細長い身体, 絶えず京洛, 続いて, 綴じて, 線路際を, 緞子夜具類は, 繰りこむか, 繰出すように, 置いたと, 置いたのに, 置かないと, 置かれた, 置く, 置くと, 置けば, 罵った, 考え職業, 耳を, 背中を, 胴と, 脱いだ上草履, 腰を, 膝の, 自然の, 舞台の, 若人輩は, 茶碗を, 行くこと, 行くよう, 行ったのに, 街道を, 衝と, 袂から, 裾を, 褒めた, 襖の, 襲来した, 西洋小間物雑貨商などの, 見せた, 見たり, 見る見る裡, 見れば, 見送りの, 親の, 言い出した, 言う, 言った, 言って, 訊ねた, 討って, 詫び入られまた, 誠に結構この, 読もうと, 談笑し, 諫める, 貰って, 買いに, 贈った, 跳びかかる, 身方が, 軍師の, 載せて, 迎いに, 近いうち, 近づいただけ, 返せと, 迫って, 退化すれ, 逃げだした, 逃げ行く悪魔, 遊弋し, 運んだ, 道節に, 遠くへ, 遮った, 酌を, 酒を, 酒宴の, 鉄砲洲の, 銀瓶を, 長襦袢で, 降伏に, 隙間へ, 隠して, 集まっては, 集まると, 雛の, 雪風の, 青銅の, 非を, 鞘に, 順々に, 頭の, 頼宣に, 額の, 飛びだした, 飛び出す芝居, 馳け, 駒下駄が, 骸骨を, 高笑いを, 黒い顔

▼ 揃え~ (22, 2.0%)

1 [22件] あとは, いいの, それに, ひと晩に, まずわし, まず大概, もう彼, もはや充分, よいとの, 三人の, 両親も, 五百万両の, 五百両も, 他に, 吉, 夜の, 奮発する, 工藝の, 当座は, 文句は, 植物は, 電光石火的の

▼ 揃えながら~ (12, 1.1%)

1 [12件] うねりくねって, ふと呟いた, コソコソ顔, ジッと, 一緒に, 伊織を, 何たる事, 彼は, 手を, 町, 疑しそう, 鳥毛挟み

▼ 揃えたり~ (7, 0.6%)

1 すると, 数えたり, 水を, 爪で, 袴腰を, 負けた金, 馬肉の

▼ 揃え~ (5, 0.4%)

1 かかったって, なりましたね, 姿を, 花吹雪, 行ったの

▼ 揃え~ (5, 0.4%)

1 天覧に, 衣裳に, 衣裳によって, 釣り道具を, 顔と

▼ 揃え~ (5, 0.4%)

1 こしらえたん, して, し右手, なして, 描いたもの

▼ 揃えてから~ (3, 0.3%)

1 かかること, きょうの, 盧の

▼ 揃えては~ (3, 0.3%)

1 岸に, 立ち停る, 綴じ板に

▼ 揃えその~ (2, 0.2%)

1 数およそ, 次に金香炉

▼ 揃えての~ (2, 0.2%)

1 嘆願な, 謝罪に

▼ 揃えても~ (2, 0.2%)

1 ともすると夏, 持たせて

▼ 揃え~ (2, 0.2%)

1 のいかん, を考え

▼ 揃え~ (2, 0.2%)

1 が膝, を擡げ

▼1* [80件]

揃えいろいろ差図手配する海人, 揃えうまく起き上った, 揃えうんうんと気張って, 揃え村名づくし程度以上に, 揃えござりまする, 揃えくしゃみをすれ, 揃えこの大藪地の, 揃え介抱ご, 揃えごく僅か上眼使いに, 揃えその後で長屋門, 揃えその間へまた, 揃えそれ相当の金, 揃えたりなんかして, 揃えてかかッて, 揃えてかの舟唄を, 揃えてというわけで, 揃えてやがって, 揃えてわーっと, 揃えとんとん下りて, 揃えどっと水門を, 揃えなにがなし負けまいと, 揃えまぶしく波うった, 揃え揃えたり, 揃えやがて剃刀を, 揃えわけても紙入れの, 揃えジリジリと前, 揃えピシッと不動, 揃えポロポロと涙, 揃え一団となり, 揃え三位卿にどう, 揃えへ軽く, 揃え与平に持たせ, 揃え両手をつかえ, 揃え乍ら縄のよう, 揃え人間を一律, 揃え伏目になっ, 揃え円い形の, 揃えを作っ, 揃え同じくこっちへ, 揃え多喜子に向っ, 揃え将軍家の前, 揃え山越えに行く, 揃え岩石人を呼ぶ, 揃え左方贔負の人々, 揃えに起っ, 揃え恐縮し腰, 揃えを後, 揃え母上から隆治さん, 揃えを逆立て, 揃え氷河の下, 揃え深夜の町, 揃えの様, 揃え玄米を買った, 揃え瓦斯ストーヴの上, 揃え産婆の心得, 揃え痙攣的の哄笑, 揃え目先を遮っ, 揃え真夏の問屋, 揃え碇泊した荷舟, 揃え端然と五味左門が, 揃えくれ立った両手, 揃え昭和九年の, 揃えをいからせ, 揃えのたかい, 揃え背骨を高く, 揃えの上, 揃え自慢で緊め, 揃え舞台を廻させ, 揃え行列の人数, 揃えに乗っ, 揃え赤児のよう, 揃えを挙げ, 揃え軽くとんと下, 揃えをかまわず, 揃えをつかみ, 揃えを引い, 揃えを並べ, 揃えをひきだし, 揃え高らかに誦する, 揃え鳴りをしずめ