青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「未亡人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

木の葉~ 木下~ 木戸~ 木曾~ 木村~ ~木立 木立~ 木綿~ ~未だ 未だ~
未亡人~
~未来 未来~ 未練~ ~末 末~ ~本 本~ 本人~ 本堂~ ~本当

「未亡人~」 1246, 13ppm, 8227位

▼ 未亡人~ (315, 25.3%)

6 姿を 4 枕元に 3 お富, 家を, 方へ, 顔を

2 [18件] ことを, その名, 二階で, 問題が, 問題は, 姪に, 室の, 家の, 居間で, 手に, 手中に, 方が, 死を, 濤子は, 生活の, 眼が, 言に, 頸を

1 [257件] あなたの, いうには, いったとおり, おかみさん, おとどが, お目覚め, お蔭で, お高, こと, ことだ, その後を, そばに, たしま, ためには, つれづれ死に, ところで, ひとりだ, まさ子に, またいとこ, やうな, りりしい態度, ガス自殺と, チョコレートに, ハンドバッグボーイにまで, 一人に, 一人息子などは, 一徹な, 一条の, 三回めすなわち, 三回めの, 三度めの, 下に, 下宿屋, 不幸せな, 不思議な, 世話を, 久子は, 乱行, 乱行と, 事を, 二人の, 云う通り, 亡くなる前後, 亡夫商務大臣を, 亡夫浅虫権六は, 侍従を, 借家に, 傍に, 入れ智恵, 八十の, 再婚を, 処で, 処に, 処置とが, 前に, 前の, 前三回, 前途は, 協力に, 古い着物, 名で, 名前です, 名声が, 向う側の, 命に, 唇に, 問題を, 喪服の, 噂が, 執念, 境遇は, 声が, 声は, 変態性欲で, 変死事件という, 外りよを, 大年増, 奥さんの, 好意を, 如きも, 如き長, 妖艶な, 姪が, 官製全国組織に, 宝石入りの, 実弟桜井須磨右衛門は, 室に, 宮との, 宮に, 宮は, 宮を, 家が, 家だ, 家である, 家とかに, 家に, 家には, 家へ, 家作に, 容体が, 容態が, 容態を, 寂しい人, 寝姿, 寝室であった, 寝床の, 寝顔を, 寵遇だ, 少しも, 尨大なる, 尼君が, 居間, 居間寝室当主夫妻それぞれの, 屈辱的な, 左の, 希望で, 常は, 彼女と, 彼女も, 御注意, 御見舞い, 御返事を, 心は, 心を, 心事を, 心情を, 志も, 恋愛に, 恋愛は, 恋愛を, 悲しみを, 情夫で, 意志を, 意気込みで, 態度が, 態度応対の, 手から, 手によって, 手は, 手紙は, 手芸研究所通いの, 扶助料は, 持物で, 操行に, 方から, 方で, 方は, 方を, 最後の, 末の, 楓は, 様子を, 歴史的な, 死と, 死とは, 死に目に, 死んだとき, 死体は, 死体を, 母堂である, 母親と, 気に入るくらい, 気品には, 水, 注文品かと, 浪子は, 濤子を, 火遊びに, 燃え立つよう, 父サア・トマス・セシルだけが, 特徴を, 独り子で, 理解ある, 生きかた, 生前の, 生活に, 生活を, 生活確立に関して, 病室に, 病気が, 病気の, 病気は, 白い唇, 白い指, 白塗りの, 目に, 真顔の, 眼に, 眼の, 眼を, 着物や, 瞼が, 秋子は, 秘蔵の, 立場で, 立場は, 立場を, 笑顔が, 第三回, 答えが, 素行調査に, 紹介状を, 絶対の, 縁故者だった, 繃帯と, 署名の, 美しい鈴子, 美しさ, 美貌に, 職業補導としての, 肩を, 胸に, 腹部に, 膝元に, 自殺が, 薫陶を, 藁布団に, 行先を, 要求を, 覚えめでたから, 言ったグルネ・ビョルゲ氏邸, 言の, 言は, 言葉つきが, 言葉どおりと, 言葉の, 言葉は, 訊問が, 訪れに, 詞を, 話では, 話に, 話を, 誕生日と, 説に, 貞操観という, 身の上だ, 身体から, 身体が, 返事, 道徳です, 邸へ, 部屋だった, 部屋に, 部屋へ, 里方の, 面を, 頬に, 頸飾りを, 額を, 顔が, 顔に, 願いを, 顳, 風采や, 飲食物に, 魔力に

▼ 未亡人~ (196, 15.7%)

5 私の 2 キッと, 両手の, 伝えて, 恋愛し, 数人の, 立ち上って, 詩人と, 頭を

1 [175件] いかにも大, いつの間にか呼鈴, いつの間にか手, いよいよもっ, いよいよ大きな, うなずきつ, おだやかに, お文, お里と, かえってそれ, かなりに, きつと, ことごとく否, このお, この宗教, これから習慣, すでに新た, すゐ, そうした私, そこの, そこへ, そのあと, そのまま殿下, その儘, その塩湯, その尤, その異常, それを, そんな人達, つつましや, ではそう, とかく金, どうつむじ, どっさり出来ました, ほつれかかる鬢, また未亡人, また東雲師宅, まだ小牧, もう九十歳, もう其処, やおら障子, やっと私, やっと笑い止んだ, やはり十一時ごろ, ゆすられて, よほど嬉しい, わき出す涙, カトリックの, ガックリと, シンは, ジロリと, ハッと, ミゾオチの, 一人の, 一人女を, 一句一句奥歯で, 一層声, 一層高い, 一番大きな, 三人の, 三百万フランも, 両手に, 両手を, 二三日前東洋銀行から, 二分か, 二口三口ゴクゴクと, 亜砒酸中毒で, 人好きの, 今の, 今一度維倉青年を, 今滝の, 今貰った, 仙台の, 低い声, 何か, 何となく気味, 何んと, 余り忙しく, 保一くんが, 元より, 先に, 出て, 切れるよう, 利溌な, 前の, 前三回の, 前後四回同じ, 勝ち気な, 勿論の, 卓子の, 取り外す時, 叫んだ, 各方面, 咲子を, 嘆息した, 大沢家から, 夫と, 女房に, 娘ワルワラを, 嬉しそう, 宗教に, 居なかったので, 居間へ, 山路に, 帰られました, 常にあなた, 当然感謝, 後難を, 必ず私, 忌日に, 忙しそう, 思うので, 懇意な, 我の, 或はわたくし, 旧邸宅, 昔から, 智力胆力兼備の, 暗い顔, 最初の, 未亡人で, 札を, 束髪光子は, 梅の, 正しい人, 死を, 殺された夫, 泣く泣くお, 涙で, 涙に, 深いグラス, 無言の, 独りで, 病が, 病院を, 眉を, 眼を, 突然はらはらと, 筆算が, 紅茶を, 結局その, 給仕し, 絶命した, 緑川順という, 考えるの, 自慢の, 舌打ち鳴らしつ, 良人の, 花の, 苦り切って, 菊千代が, 落着い, 落胆し, 被害者すなわち, 言って, 話を, 語る, 誰からか, 貴方が, 赤面し, 連日の, 進み出て, 遊びに, 遺骸と, 里方桜井須磨右衛門の, 静かに, 非常に, 頭痛が, 頭痛持で, 額の, 願済の, 驚歎し, 魘えた, 麹町平川町辺に, 麻酔が

▼ 未亡人~ (138, 11.1%)

2 はいって, 住んで, 入院した, 次の

1 [130件] ある, あるという, あるの, あるもの, いつかお前さんが, いないという, いる, いるか, いるから, おり多数, お経, かつて稽古, この世を, この娘, この役割, この病院, こんな女優, さきに, そこに, そのよう, その学校, その日, それとなく咲子, ほんとに同情, ほんの一部分, やってきて, ゆっくりロヴィーサ, よいよう, トルーマンを, マラリアに, ムキになって, 一人, 一人で, 一人できあがった, 一人と, 一人の, 一千万円の, 一日置き, 一番よろしい, 万引せず, 不快の, 二人共同で, 二割あとは, 二年後に, 亡くなると, 何か, 何人に対しても, 使徒たる, 其間に, 出て, 出迎えた, 切り廻して, 十歳に, 去る七月二十三日, 口を, 咲子の, 喇叭を, 多いよう, 大切に, 大袈裟な, 妙な, 娘ナミと, 子女と, 客を, 室の, 小量しか, 居る, 差し出て, 師匠宅へ, 幾たびか, 店を, 強ひ, 当惑した, 彼に, 彼等の, 或日家, 手を, 教師その他の, 春団治の, 是非必要だ, 時々出, 暮して, 来て, 案外に, 棠軒を, 椅子に, 止められるの, 死んだと, 死んだの, 歿し, 母を, 洗顔し, 満ちあふれた, 火を, 物質的に, 生きて, 生まれの, 発病する, 百姓を, 真っ先に, 着けて, 睨む真似, 祈祷の, 秘密の, 突然ジャリン, 突然来訪, 立ち上った気, 笑い出したと, 経営し, 自分で, 自殺する, 良人の, 若い娘さん, 落寞たる, 言い添える, 言って, 読みながら, 這入って, 連れられて, 遺物を, 金庫へ, 長く病つて入院, 青白い顔, 静, 非常に, 飢餓線に, 駒形の, 高梨の, 鶴見の, 黒繻子の

▼ 未亡人~ (81, 6.5%)

3 なって, なつた 2 して, なつてる, 会って, 向かって, 接近し

1 [65件] あてがわれる官舎, うっかり喋った, おさせしたり, お鉢がまは, きいて, その画才, たしかに渡る, なったみどり, なったメァリイ, なった博士, なった夫人, なった女, なった婦人, なった婦人たち, なってから, なっても, なりました, なりもう, なり養女, なり髪, なるとか, なる可能性, はせつかく, ぶっつかったの, ソックリの, 一男一女あつ, 万引という, 下げ与えられた, 世話され, 丸うつ, 亜砒酸を, 会う, 会った由, 伸子にも, 似た女, 何の, 十時ごろ飲ませる, 取っては, 同情を, 向い, 壽阿, 多々ある, 奇怪な, 女という, 宮の, 感謝したい, 慈愛を, 打ち明けました, 抱かせて, 接するたび, 救われて, 時間を, 毒を, 無断で, 父の, 特に多く, 甘たれ, 甘やかされて, 由つて眞志屋文書を, 礼を, 私は, 言葉を, 買取られて, 限りない, 面識が

▼ 未亡人~ (76, 6.1%)

4 なって 3 一緒に 2 その娘, その子, 同棲し

1 [63件] いいその他, いうよりは, いえば, いわれる境遇, おぼしいあたり, お豊, そこの, その娘さん, その息子, なったお, なったの, なったり, なった亡人, なった勝入, なり主人, ひそひそ話を, りよとの, ガロー・ブラン街の, キク子さんは, キク子の, キク子は, ヨアンネス少年のみ, 一二万人の, 一人娘と, 一人娘の, 丑松とは, 並んで, 云つた暗, 合意の, 呼ばずに, 夫婦に, 奔放に, 娘は, 子供が, 子供たちでは, 子供らが, 年ごろの, 幼児とを, 廊下を, 弁護士とを, 御一緒, 御子息, 慇懃を, 政吉と, 林とは, 森川森之, 正式に, 浮浪児が, 生さぬ仲である, 生花の, 知りあつ, 私の, 結婚し, 緑川とを, 美保子の, 老孃, 被害者との, 話したり, 話してるヨアンネス, 話を, 運転手が, 遺児たちを, 関係し

▼ 未亡人~ (46, 3.7%)

2 ふくむ日本

1 [44件] こしらえたその, そこの, そのとき, その自宅, たらして, つれて, ふくむすべて, よろこばせた, 一人捜し出し, 中央に, 二人まで, 付け狙って, 凌辱した, 出し孤児, 加えて, 去らせ, 取囲んでは, 呼び出して, 呼んで, 小田原に, 尻目に, 後妻に, 思うにつけ, 思わせるその, 手玉に, 挑発堕落させ, 残そうと, 烈しく恋した, 爆発させた, 狙って, 甥の, 監視する, 知り未亡人, 籠絡し, 脅迫し, 見舞いに, 訪れて, 訪問されました, 訪問した, 訪問する, 迎えて, 迎へて, 連れて, 驚かしたも

▼ 未亡人~ (39, 3.1%)

2 あつた

1 [37件] いた美人, いつも葉子, いらつし, お通しに, かつて女義太夫, くすぶつて, この家, すなわちお, せうね, どこかの, もう更年期, ジュスチーヌは, マノアールより, 五十二三の, 亡命太子, 亡夫の, 十八歳以下の, 呉氏という, 夫の, 女の, 彼女にとっては, 心の, 恩給と, 新しい生活, 新聞でも, 是から, 普通の, 気質も, 海軍大尉の, 独身だつた, 男の子が, 結構な, 軍属として, 金が, 金と, 頭を, 麗子に

▼ 未亡人~ (30, 2.4%)

3 キク子も

1 [27件] あづかり知らぬところ, うれしそう, こういわれ, さすがに, それと, やはり世, りよも, オヤジの, 三十年の, 三年目の, 丑松も, 今は, 何かの, 別室に, 友禅模様の, 反省し, 女中達も, 彼の, 志村が, 怒るどころか, 手づまりである, 承諾は, 没し政吉氏, 爺やも, 病死しまし, 美保子を, 部屋の

▼ 未亡人から~ (17, 1.4%)

1 [17件] すつかり, で買ひたい, とどいた神秘主義実験報告, ゆすり取ろう, 人に, 夫に, 手紙が, 殿下の, 盆を, 聞いた若者, 聞き得た顛末, 臆病者とか, 自分の, 遺伝し, 金は, 金を, 頸飾りを

▼ 未亡人という~ (17, 1.4%)

3 ものは

1 [14件] ことで, のは, ひとに, ものが, ものには, よび名を, 三つの, 名で, 形式に, 才媛が, 文字は, 殊さらの, 表現が, 顔が

▼ 未亡人~ (11, 0.9%)

1 [11件] か娘, がお, が子供, けれどもその, そうです, つて, という女主, といったら, といふ子連れ, とする, と云う

▼ 未亡人~ (10, 0.8%)

2 珠数を 1 りよは, 丑松に, 元首相, 千利休の, 孤児が, 故近衛公, 楠本の, 遺孤

▼ 未亡人たち~ (9, 0.7%)

1 が新しい, が遺族扶助料, であろうか, のこん, の心, の或, の身, の身の上, をもう

▼ 未亡人として~ (8, 0.6%)

1 またアゼンス, 思うまま, 暮して, 立つべきどんな, 送った, 遺された, 静かな, 髮を

▼ 未亡人里恵~ (8, 0.6%)

2 が広江秋水夫妻, の書牘 1 が歿, であつ, と幼い, は醇

▼ 未亡人である~ (6, 0.5%)

1 がその, ことしかも, この叔母, ということ, と言つて, にすぎない

▼ 未亡人としての~ (6, 0.5%)

2 妖味とを 1 いやらしさ, 最初の, 梅, 生理が

▼ 未亡人には~ (6, 0.5%)

1 そういうよう, なお小泉さん, 告げないだろうね, 自殺すべき, 返事が, 重大な

▼ 未亡人さん~ (5, 0.4%)

1 が覚えず, といふ未亡人さん, の處, は亭主, を訪ねる

▼ 未亡人では~ (5, 0.4%)

1 ありませんでしたよ, これで, ない, なかった, なかなか困難

▼ 未亡人~ (5, 0.4%)

2 のよ 1 の, のだ, んだ

▼ 未亡人~ (5, 0.4%)

1 が遺つた, の帰り, の帰郷, は僅, 第三其幼女とら

▼ 未亡人~ (5, 0.4%)

1 が悃誠, と東條琴臺, に問, に問うた, は毎

▼ 未亡人だった~ (4, 0.3%)

1 ことが, し無, んです, 彼の

▼ 未亡人です~ (4, 0.3%)

21 からな, よ

▼ 未亡人でも~ (4, 0.3%)

1 ない癖, 人間の, 捜したらどう, 構わん

▼ 未亡人との~ (4, 0.3%)

1 恋愛遊戯の, 約束を, 関係だった, 雑談は

▼ 未亡人とは~ (4, 0.3%)

1 どちらも, なったが, ズット前から, 一体誰

▼ 未亡人生活~ (4, 0.3%)

1 には幾人, の苦闘, を強いられる, を立て通し

▼ 未亡人~ (3, 0.2%)

2 何かの 1 どういう身分

▼ 未亡人その~ (3, 0.2%)

1 姉だ, 家族の, 撥の

▼ 未亡人だの~ (3, 0.2%)

1 その姪, 女工上りだの, 断髪洋装だ

▼ 未亡人であった~ (3, 0.2%)

1 ことは, ようだ, 頃何かの

▼ 未亡人にも~ (3, 0.2%)

1 武男にも, 私から, 話し弁護士

▼ 未亡人~ (3, 0.2%)

1 あてた方, 勧めて, 小言が

▼ 未亡人らしい~ (3, 0.2%)

1 女である, 殊勝さが, 淋しい婦人

▼ 未亡人倶楽部~ (3, 0.2%)

1 という新, と大きく, に出入

▼ 未亡人房江~ (3, 0.2%)

1 が彼女, は脳貧血, らしい足音

▼ 未亡人~ (3, 0.2%)

1 がやがて, が博士, である

▼ 未亡人~ (2, 0.2%)

1 ミチの, 妙の

▼ 未亡人たる~ (2, 0.2%)

1 彼女に, 自分の

▼ 未亡人だけ~ (2, 0.2%)

1 あって, だからね

▼ 未亡人~ (2, 0.2%)

2 やない

▼ 未亡人であり~ (2, 0.2%)

1 サア・フランシス・ウォルシンガムの, 乍らいくらか

▼ 未亡人であろう~ (2, 0.2%)

1 か, と独身者

▼ 未亡人とし子さん~ (2, 0.2%)

1 に送つた, は斯

▼ 未亡人なんて~ (2, 0.2%)

1 ごめんだ, 色々噂

▼ 未亡人にとって~ (2, 0.2%)

1 悲しいこと, 義理の

▼ 未亡人への~ (2, 0.2%)

1 忘れては, 酬いは

▼ 未亡人より~ (2, 0.2%)

1 書信あり, 通信あり

▼ 未亡人五百~ (2, 0.2%)

1 は当時柏軒, を始

▼ 未亡人同士~ (2, 0.2%)

1 なもの, のこと

▼ 未亡人小石氏里恵~ (2, 0.2%)

1 の広江秋水, の書牘

▼ 未亡人志保~ (2, 0.2%)

1 は五十五, は五十六

▼ 未亡人朝子~ (2, 0.2%)

1 が死に, に難題

▼ 未亡人~ (2, 0.2%)

1 婦人の, 父母には

▼1* [114件]

未亡人からの電話であった, 未亡人からは流し場, 未亡人からも養子に, 未亡人がね先生の, 未亡人きよが席, 未亡人ぎんが残った, 未亡人これは特別, 未亡人さまといふばかり平常, 未亡人さん達の世話, 未亡人すなわちミーチャの, 未亡人せん刀自から先生, 未亡人それに房代夫人五人で, 未亡人たちすべてがただ, 未亡人たち孤独にされ, 未亡人だけは安全な, 未亡人っていうのは, 未亡人であるらしく又かなり, 未亡人でいらっしゃるのでしょう, 未亡人でといっても, 未亡人といふ触れ込みで, 未亡人としてはそうでありました, 未亡人とも対等に, 未亡人とを保護しない, 未亡人どうしてああレディーライク, 未亡人なぞがいくらも, 未亡人なぞはそのうわさ, 未亡人などから聽き得た, 未亡人などではありますまい, 未亡人などの夫に, 未亡人などは日本の, 未亡人なら母の, 未亡人なりといへ, 未亡人なる荻江の, 未亡人なんといういや, 未亡人になつてゐた, 未亡人に対して子供の, 未亡人に対する同情で, 未亡人ばかりであった, 未亡人ぶりが似合う, 未亡人まだ帰って, 未亡人までが乳呑児を, 未亡人に恐慌, 未亡人らしいですお妹さん, 未亡人イリデの嘆き, 未亡人コジマ・ワグナーの手, 未亡人ホームへ養育院, 未亡人メリイさんから送り, 未亡人一人の居間, 未亡人の一人一人, 未亡人中敏はこれから, 未亡人久子は水西荘, 未亡人五百陸水木専六翠暫嗣子成善と矢島氏, 未亡人亜黎子さんの爆発昇天後, 未亡人何でもかでも自分で, 未亡人俊継尼は亡き, 未亡人働きてを失った老いた, 未亡人先妻の母, 未亡人其他一同と送, 未亡人劉氏はまだ, 未亡人即ち今日の, 未亡人同志はいよいよ, 未亡人問題も叫べよう, 未亡人が七十二歳, 未亡人に押しはめ, 未亡人計子, 未亡人天竜院もまた, 未亡人孤児戦傷者たちはかつて, 未亡人安四十四歳長女敬二十一歳次女銓十九歳の三人, 未亡人でっぷりした, 未亡人常子にいずれ, 未亡人幸子が十一月二十四日, 未亡人来店と, 未亡人志保五十七であつ, 未亡人志保五十三棠軒良安十九妻柏十八柏軒並妻俊四十三妾春二十八鉄三郎四つ女洲十二国九つ安一つ, 未亡人志保五十九であつ, 未亡人志保五十八であつ, 未亡人志保六十であつ, 未亡人志保六十一であつ, 未亡人志保六十三であつ, 未亡人志保六十二であつ, 未亡人志保六十四であつ, 未亡人恒子さんの旧怨, 未亡人惨殺事件の要, 未亡人が寡居, 未亡人政子とその, 未亡人しれない戦災者たち, 未亡人文子が現存, 未亡人にも何, 未亡人杉田氏八百の許, 未亡人松葉杖をついた, 未亡人は徳, 未亡人梅代である, 未亡人梶恒子さんの噂, 未亡人椿正枝の感傷, 未亡人よ, 未亡人は五十二歳, 未亡人津軽氏比佐子が六十一歳, 未亡人海間の刀自, 未亡人の透かしレース, 未亡人刀自が, 未亡人矢代初瀬の面影, 未亡人種子の行動, 未亡人簡易食堂百姓宿屋軍港小作争議病院の研究材料, 未亡人綾子刀自が御, 未亡人自らが語るであろう, 未亡人自ら牝牛のよう, 未亡人自身の声, 未亡人花巻篠子なる女, 未亡人蕗の薹を齎す, 未亡人衣子を見つめつ, 未亡人を書いた, 未亡人謀殺未遂として起訴, 未亡人飯田氏志保が歿, 未亡人黒田氏が尼