青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「未だ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

木~ 木の葉~ 木下~ 木戸~ 木曾~ 木村~ ~木立 木立~ 木綿~ ~未だ
未だ~
未亡人~ ~未来 未来~ 未練~ ~末 末~ ~本 本~ 本人~ 本堂~

「未だ~」 5507, 59ppm, 1930位

▼ 未だ~ (127, 2.3%)

5 てなかっ 3 てこの, て何人, て彼, て経験, て見た 2 て, てこれ, てなき, て一度, て世, て例, て此, て父, て発見, て聞いた

1 [87件] てあの, てお雪ちゃん, てか, てかく, てこんな, てその, てそんな, てない, てないの, てなかつた説, てアラン, てドン, て一人, て一囘, て一寸, て一月, て一点, て三百万人, て中止, て予, て人, て企ん, て先子, て公, て具體的徹底的, て出逢, て出逢わなかった, て到らず, て動かなかった, て原始, て原理, て反する, て同じ, て吾, て夢, て夢想, て女子, て如此, て弟, て往い, て微, て戸, て折助風俗, て政権争奪, て政權爭奪, て文書, て月, て梅子, て止んだ, て決心, て法律上, て洋学, て無い, て無かっ, て特色, て狙った, て現実, て甲州陣, て発表, て知らぬ, て科学小説, て称揚, て積まざりしなれ, て繼子, て耳, て聞かない, て臨書, て自ら, て自ら死, て自分, て自制, て舞台, て花, て行かず, て行った, て見かけた, て見ざりし, て見ない, て見ぬ, て解釈, て談理, て識ら, て豁然, て道場, て道庵先生, て類, て食

▼ 未だ嘗て~ (115, 2.1%)

4 見たこと 3 一度も 2 此時計が, 私は, 経験した, 遭遇した

1 [100件] いつの, これあらず, これほど, その正体, その目標, ない, ないだらう, にんじんのは, はいたこと, ほろびず, まともに, 一と, 一回も, 一言の, 之が, 之と, 亡びざるの, 人に対して, 人の, 人生の, 他人の, 他称せられた, 何人も, 俳優が, 僕等が, 公に, 兵に, 其不幸を, 其国民が, 出して, 出処なき, 千里の, 善からず, 喰われた事, 境内の, 夫の, 女形の, 如何なる画, 実地を, 家庭という, 尊敬という, 市内で, 帰附せざる, 彼の, 彼女は, 心の, 愛郷心なる, 憲法国の, 成都に, 戯曲そのもの, 接したこと, 放学, 敢て, 文人対社会の, 斯んな, 明るみの, 梅雨あらず, 此の, 此れで, 沽らず, 滝田君と, 演劇美の, 無かった, 無かっただろう, 爲さざる, 牙牌報班斉と, 犬を, 現はれ, 現れないやう, 疼痛の, 目を, 知らざる大, 知らない, 知らない新鮮, 神の, 結婚の, 罪悪の, 職業としての, 背後より, 自ら, 自ら之を, 自分の, 良心の, 芽を, 落款の, 見ざる, 見ざるところ, 見ざる統一, 見しこと, 見ず, 見ない盛況, 見ない盛観, 見ゆること, 見当を, 覺えた, 試みなかった血液流通法, 謀反も, 足を, 透谷の, 長崎に

▼ 未だかつて~ (101, 1.8%)

8 なかった 4 見たこと 3 経験した 2 ないです, 一度も, 無いの, 知らなかつた新

1 [78件] あらざるの, かかる表情, このやう, この世に, これあらざる, これあらざるなり, これほど, こんなこと, こんな思ひ, そのため, そのよう, その全, ためしが, どの学生, ないぞ, ないという, ないの, 一刻たりとも, 一言も, 予に, 人は, 人類などという, 停電などを, 六法全書に, 内地の, 出会わなかつた, 出現した, 到達した, 取扱った事, 吹いたこと, 味わった事, 和歌子の, 地球人が, 大国が, 大規模, 妓楼に, 将棋史上現, 彼を, 感化を, 感得した, 搴げられた, 敗北を, 斯様な, 日本中の, 死体が, 氣附かれた, 浪路を, 浮いた沙汰, 海底超人に, 無かった, 猟夫を, 生産技術や, 疑われたこと, 疲労にも, 真面目に, 知らなかった沈痛, 私は, 科学を, 絶えたこと, 經驗された, 考えたこと, 考え及んだこと, 聞いたこと, 聞かざるところ, 聞きも, 聴いたこと, 腥物, 自分で, 苦悶し, 被告席に, 見ないと, 言及された, 誰も, 資本主義社会には, 辱を, 隻眼の, 露西亜の, 食べたこと

▼ 未だその~ (74, 1.3%)

2 人を, 例を, 機を, 真の

1 [66件] あかしなし, いづれの, ころの, ときやつと, ようの, 一歩を, 三分の一も, 上に, 上を, 二を, 以外に, 何れの, 儘で, 儘にな, 光を, 全貌を, 出現の, 半に, 半ばをも, 向うに, 君を, 地の, 報道が, 声を, 大多数, 大阪陣の, 女の子を, 存在が, 存在を, 室に, 實在が, 御沙汰なけれ, 感化は, 成功を, 才を, 断髪令嬢の, 星を, 時僅か, 時機では, 曙光を, 書を, 期を, 榊の, 機能を, 止むを, 比を, 渾沌たる, 点その, 発見せられた, 發行を, 眞の, 研究に, 破壊慾を, 積極を, 空虚は, 第一, 藝を, 誰々たる, 誰で, 起原沿革を, 辺に, 鋒鋩を, 門墻をも, 陶醉的歡喜の, 隠れたる山里, 魅力を

▼ 未だこの~ (45, 0.8%)

2 種の

1 [43件] ような, 下宿へ, 事を, 事實を, 他に, 先大学を, 全眷屬, 出来栄を, 利用が, 問題に, 国の, 地に, 女から, 婚筵に, 家の, 家を, 家業を, 屋敷へ, 山に, 山の, 市の, 庭へ, 惨状を, 拍子木も, 救ひ, 方を, 日本の, 時期を, 東京の, 業に, 海の, 点において, 物語の, 真打は, 絵を, 者を, 自覚に, 若侍, 説に, 譽ある, 足を, 通りに, 鼻の

▼ 未だ~ (44, 0.8%)

2 俊の, 房は, 若いの

1 [38件] ぢいさん, 四才か, 四才で, 土産が, 宜しくない, 寝みに, 寝み中, 帰りが, 帰りなさらないはて, 戻りに, 房が, 昼前だ, 暇の, 月夜の, 照は, 父様廻し, 由羅の, 疑いです, 百合さんの, 目には, 目通りは, 目通りを, 眼覚め, 眼醒め, 種は, 答の, 紺とかを, 終ひ, 耳に, 臥み, 若うございます, 若く黒雲, 荷物も, 部屋住では, 部屋住ゆえ大した, 酔ひに, 長くゐ, 風呂かネ

▼ 未だ~ (41, 0.7%)

4 も知らない 2 か言

1 [35件] かある, かが続い, か声高, か學者, か毒づかう, か気持, か記し, か隠し, でもない, でもなかっ, とも云わず, と云つて, にも分らなかった, にも盜ん, にも読ん, の仕度, の位, の形, の様, の消息, の異状, の経験, の考, の船, の見込み, の返電, もない, もなかっ, も云, も云わない, も判っ, も君, も聞い, も蓮太郎, も語らない

▼ 未だ~ (40, 0.7%)

2 がここ, に十分, の悟性, を叱つた

1 [32件] がこういう, が彼, が手, にそんな, にはその, には分っ, には分らぬ, には分りません, には掴めない, の使用, の判断, の判斷, の心, の振り返っ, の振り返つ, の故郷, の時, の母, の気持, の画, の頭脳, の顔色, はその, は一年あまり, は元気, は単独, は掃つて, は起き上りませんでした, を知らない, を追跡, を阪本, 済みません事

▼ 未だ一度~ (37, 0.7%)

3 も見た 2 も行っ

1 [32件] しか使っ, だって縷, もあらず, もあらね, もお, もこう, もない, も五時, も人, も入浴, も其光, も内部, も出, も出た, も国王, も尻尾, も帰らない, も慈雨, も戀愛, も手詰, も斯, も旅, も締, も良い, も行, も行つた事, も見, も話した, も逢, も逢った, も階下, も面

▼ 未だこれ~ (32, 0.6%)

2 有らず

1 [30件] が花, では面影, でも, という目的, といふやう, と云つて何, には名前, に入らざる, に當, に答, に達する, ほどの美し, を以て我が国号, を善し, を実際, を得なかつた, を得知らず, を意識, を明らか, を會, を歴史的, を發見, を知らず, を知らぬ, を知る, を窮むるよすがを, を聞かず, を聞く, を見ず, を識認

▼ 未だ十分~ (30, 0.5%)

2 では, に理解, に知らない, に研究, に達し

1 [20件] でないのに, でなくしたがって, ならず, ならず商業機関, なる新聞雜誌閲讀法, に, にその, に信用, に其の, に日本, に明証的, に明證的, に規定, に解决, に解放, に認識, の理由, の羽搏, 熟して, 開かれざりしもの

▼ 未だ未だ~ (30, 0.5%)

1 [30件] さかのぼって, はつきりとは, やつぱり浮気な, 世並は, 也, 休んでは, 余日も, 利益に, 宵の, 容し, 将来を, 帰らうとも, 幼稚な, 庄公は, 彼の, 彼は, 憂目, 手が, 手紙は, 有為な, 東京市井の, 東京市街と, 無難である, 申して, 画にかけては, 続きさ, 若い身空, 途中だ, 遠い現実, 醜怪

▼ 未だ~ (29, 0.5%)

1 [29件] が夢中, が病体, との間, にいささか, に及ばず, に教, に臨まず, に許さざる, に貸す, の, のため, の大, の心, の期, の本名, の消息, の眼, の神田, の血, はこれ, はもしや, は今, は判決, は塔, は外国, は曾根, は眼, は耳, は話さず

▼ 未だ全く~ (27, 0.5%)

2 達するところ

1 [25件] これを, の別天地, は成り, は解けぬ, 人の, 去らずしばらく, 唯物的懐疑的冷笑的の, 國を, 御理解, 心を, 成らざるに, 捨て去る事, 撤去せざる, 智識的なる, 暗くな, 松陰手録の, 湮滅せず, 知らない人, 知り給, 罪の, 行わるべき運命, 見ること, 解けず行く行く, 貧ならず, 跡を

▼ 未だ~ (24, 0.4%)

2 目に, 答弁が

1 [20件] 仕度の, 勘定は, 午餐前な, 在でした, 在です, 存生か, 安心に, 寢ならざるや, 尋ねするやう, 幼年に, 挨拶を, 目にか, 目覚が, 聞きに, 腹痛かも, 若い, 若くって, 記憶の, 記臆だらう, 話も

▼ 未だ少し~ (22, 0.4%)

1 [22件] あとが, お酒の, の暴風, は殘つて, ばかり熱, も分明, も相談, も自分, も衰, も見, も起られません, も雨, 下手だ, 信仰が, 北に, 手間取れる, 早さ, 時候が, 残って, 水ツぽい, 渋が, 間が

▼ 未だ~ (20, 0.4%)

2 てモーラリチー, て伯, て真正

1 [14件] って彼等, て中原, て之, て他, て偉大, て全く, て其人, て天地, て平安朝当時, て我国, て真に, て真誠, て諷刺家, て醜

▼ 未だ若い~ (20, 0.4%)

3 んです 2 青年である

1 [15件] からそんな, からね, から其程世間, のです, のに世の中, ようだ, んだ, 家持に, 山登りの, 時分お里の, 様であった, 盛で御座います, 聖アンナとが, 身空です, 非常に

▼ 未だそれ~ (19, 0.3%)

1 [19件] が得られない, が果して, が果してどう, が注ぎ終らない, が続い, でも残っ, と判明, には一言, に依, に対する御, は二人, より一時間, らしい地名, を半ば, を定め, を実行, を捨て, を直接見聞, を送っ

▼ 未だ~ (19, 0.3%)

4 れを以て 3 れに 2 を見ず 1 あらず, から色々, が分りません, に関する唯一個, より完全, れあり, れ有らざるなり, を為す, を言, を食うた

▼ 未だ~ (19, 0.3%)

2 にも殺されない, にも言わず

1 [15件] だか, にも故郷, にも気づかれず, にも言はず, もその, も乗った, も來, も入らう, も来, も發掘, も見え, も起きない, も起きぬ, も這入ません, れも

▼ 未だそんな~ (18, 0.3%)

3 ことを 2 事を

1 [13件] ことは, こと云ってる, ものを, レストランを, 不心得ものは, 年では, 様子は, 模様は, 気で, 気楽な, 白々しい事, 話か, 風です

▼ 未だ充分~ (17, 0.3%)

1 [17件] その効果, でない結果, でなかった砲兵, なる個人, な富, には呑み込めぬ, には明け切らぬ, に感じられず, に明らか, に民衆化, に消え去らぬ, に發揮, に論議, に議論, の趣味, 完全の, 自ら死の

▼ 未だ自分~ (17, 0.3%)

1 [17件] でも考え, で苦しむ, とは似, にさういふ, にとっては未知, にはそんな, に力, に残っ, の生れた, の知らない, の親愛, の顔, は仏蘭西, は実, は愛する, を悪く, を見

▼ 未だ~ (15, 0.3%)

1 [15件] にありし, にある, に公, に出でざる, に濁されぬ, に現, に発行, に発表, に知られざる, に立ち, に老いず, に行, の人, を去らぬ, を去り

▼ 未だ其の~ (14, 0.3%)

2 時機を

1 [12件] 依て, 堂に, 弦を, 影響を, 時では, 火が, 礎石さへも, 網から, 船の, 辺の, 遠慮中の, 頃は

▼ 未だ子供~ (14, 0.3%)

2 のこと

1 [12件] だから, だが, でありしかも, である, ですからね, でもあった, のよう, の時, の私, はありませぬ, らしい美し, を諦める

▼ 未だ~ (14, 0.3%)

1 [14件] い行かないから, がいかねえ, がゆかない, が若く, にすれ, に二度, に於, は若い, も若い, も若く, も行かん, 若い女, 若し齡, 若じゃ

▼ 未だ見た~ (14, 0.3%)

4 ことも 3 ことが 2 ことの, ことは, 事が 1 事も

▼ 未だ見ぬ~ (14, 0.3%)

1 [14件] 人にも, 北方の, 土地という, 外国の, 外國の, 太宰よ, 客の, 日本の, 本の, 東邦諸国の, 死の, 物を, 花やかな, 遠い彼方

▼ 未だ~ (14, 0.3%)

5 ならず 2 ならざれど, ならざれども 1 ならざれば, ならずと, なるを, にしない, にする

▼ 未だない~ (12, 0.2%)

2 がルナパアク式, のである 1 といっ, と思う, のです, はずである, ものであっ, 所に, 時で, 此の

▼ 未だ~ (12, 0.2%)

5 ならずして 4 ならぬに 1 ほどもあらざりき, 干ならざるに, 干ならず予

▼ 未だ残っ~ (12, 0.2%)

5 ていた, ている 1 ております, て居る

▼ 未だ生き~ (12, 0.2%)

3 ている 2 ていた, ていたい 1 ていたら, てます, てゐた, て居た, て跳ね

▼ 未だ一つ~ (11, 0.2%)

2 の歴史的世界 1 だにありし, の図書館, の學説, の小説, の短篇, も無, も無かっ, も自身, 残って

▼ 未だ一人~ (11, 0.2%)

1 [11件] して, でいる, として忍術, の国家条理問題, の男性, の神話学, の肉眼, もその, も私, も見受けない, や二人

▼ 未だ~ (11, 0.2%)

1 [11件] と書, に事, に完全, に追, の住, の入った, の恵み, の町, の眼, の知らざる, の象

▼ 未だ彼女~ (11, 0.2%)

1 [11件] がいくら, が引金, に知られざる, の姿, の額, は, は十五, は小学読本三, は知らぬ, は通っ, をけがそう

▼ 未だ早い~ (11, 0.2%)

1 [11件] からゆっくり, が折柄, ことは, じゃない, では, と思った, と言ふん, ね, よ, んだ, 半端な

▼ 未だ~ (11, 0.2%)

3 の如き 1 の上, の事, の事件, の地, の後, の美人, の肱, 新しい經驗

▼ 未だ知らざる~ (11, 0.2%)

2 所を 1 ところなれ, 人として, 情緒海の, 所で, 所である, 所なり, 新しき世界, 時の, 生の

▼ 未だあの~ (10, 0.2%)

1 ヤドリ木は, 始末な, 小説を, 山の, 幸福の, 方が, 森林の, 男が, 辺も, 醜い女房

▼ 未だそこ~ (10, 0.2%)

1 からは燈火, だけは白, にゐた, に移らない, までの秀吉, までは行つて, までは開けません, までも手, まで発育, まで行っ

▼ 未だ~ (10, 0.2%)

1 がその, が中学, が其筋, が同人雑誌, にも少し, は家見舞, は小さい, は快方, は自分自身, は行先

▼ 未だ~ (10, 0.2%)

1 だと, である, です, ながら月, ながら松, なる景気, のうち, のくち, の九時, の男

▼ 未だ~ (10, 0.2%)

2 てゐる 1 ていなかった, ている, ておりません, てへん, てます, て居たい, は致しません, 呆けて

▼ 未だ~ (10, 0.2%)

2 も高い 1 が浅い, の出ぬ, の暮れ, の浅い, はくれない, も暮れぬ, よりも上, 浅き田里

▼ 未だ~ (10, 0.2%)

2 はれざる所以, はれず, はれずし 1 つたこと, はれなかつた, はれぬ前, は出

▼ 未だよく~ (9, 0.2%)

1 この悪事, わからない, わからないうち, わからない何しろ, 分らない, 拝見しない, 腑に, 見知るべき時, 解って

▼ 未だ~ (9, 0.2%)

1 が明るい, が明るく, にある, におかしな, にこの, に幾多, の景色, は暗い, へ廻るで急ぎます

▼ 未だ完全~ (9, 0.2%)

1 なの, なる状態, なる研究, な一致, な準備, な立体性, に世界化, に示され, の理解

▼ 未だ帰っ~ (9, 0.2%)

4 て来ない 1 ていない, ていらっしゃらない, て居りませぬ, て来ず, て来なかった

▼ 未だ~ (9, 0.2%)

1 があまる, が凍結, が廻らなく, まはり, もつけてない, をつけ, を付け, を出, を離さなかった

▼ 未だ~ (9, 0.2%)

2 のもの 1 がさかん, のやう, の中, の帆, の彼方, へも山, より歸らずし

▼ 未だ発達~ (9, 0.2%)

1 したる知識, しなかったある, し終えたわけ, せざるもの, せざる前, せざる時, せざる最初, せず全く, の最初

▼ 未だ知らない~ (9, 0.2%)

2 んです 1 が吉雄圭齋, ね君, のであらう, のね純, のよ, 真実が, 術語を

▼ 未だ知られざる~ (9, 0.2%)

1 ものを, 一種の, 名物を, 温泉へ, 者を, 者竊に, 道である, 道の, 高みから

▼ 未だあたり~ (8, 0.1%)

2 は冬, は明る 1 がなかつた, には嚶, には朝靄, は明るい

▼ 未だ世の中~ (8, 0.1%)

2 といふもの 1 が開けぬ, に何, に出でない, に出ない, を其程, を知らなかつた

▼ 未だ世間~ (8, 0.1%)

2 に誇る 1 に現れない, に知られ, に知られずし, の視, は十一月, を知らぬ

▼ 未だ多く~ (8, 0.1%)

1 の人, の夢, の年, の機械, わが脚, 世人に, 其比を, 徳川時代の

▼ 未だ~ (8, 0.1%)

1 な口, に名, に見る, に赫著, 地震の, 學に, 學所藏の, 理想を

▼ 未だ必ずしも~ (8, 0.1%)

1 むかし詩人の, 世間偉, 反せざるに, 尺牘を, 毒烟猛, 無きを, 確定は, 羮を

▼ 未だ~ (8, 0.1%)

2 勢力を 1 らしいもの, らしい却, らしい土, 利根の, 声の, 聲の

▼ 未だ時間~ (8, 0.1%)

3 が早い 2 はある 1 がある, が早, だつて

▼ 未だ~ (8, 0.1%)

1 が起き得ない, せずして, せず従臣, せず感慕涕泗, という事, の眠り, の網, 切ずに

▼ 未だ~ (8, 0.1%)

4 を知らず 1 の世界, を知らざる, を貪らず, 若い兵

▼ 未だ~ (8, 0.1%)

2 の了解 1 のいのち, の個人的自覚, の児童教化運動, の国民皆兵, の恋, 醇ならず

▼ 未だ~ (8, 0.1%)

2 を閉じた 1 が低い, の先, の前, の鋭く, を覚さなかった, を開かぬ

▼ 未だ知る~ (8, 0.1%)

5 可から 1 ことが, こと能は, ものは

▼ 未だ至らざる~ (8, 0.1%)

1 うち恩惠彼を, に, に察し, に汝, もので, 個想の, 所が, 所に

▼ 未だもっ~ (7, 0.1%)

1 て, てすべて, て充, て合点, て正統, て議論, て開封

▼ 未だ~ (7, 0.1%)

1 ていない, てゐない, て来ないで, て来ぬ, て来られる, で, 來ない

▼ 未だ同じ~ (7, 0.1%)

2 やうな 1 ところに, ように, 場処に, 港に, 調子で

▼ 未だ~ (7, 0.1%)

2 の明け 1 と明方, の明けきらない, は明けきらなかった, は明けず, は明けぬ

▼ 未だ学校~ (7, 0.1%)

2 から退け, に上らない 1 の中, の綴り, の退ける

▼ 未だ~ (7, 0.1%)

1 あらず, と家, にもある, に歸ら, に還らなかつた, も何, をなさぬ

▼ 未だ独身~ (7, 0.1%)

1 で居る, で熱心, なの, の二十八歳, の変り者, の彼, ものなり

▼ 未だ経験~ (7, 0.1%)

3 したこと 1 して, ないが, に乏しかっ, に乏しき

▼ 未だ起き~ (7, 0.1%)

1 てい, ていた, ていらした, ている, てゐた, てゐる, て坐

▼ 未だ~ (7, 0.1%)

2 かに軒輊, に政治的死亡 1 かに断言, に同意, に虚高

▼ 未だ~ (7, 0.1%)

2 がある 1 ありと, があった, があつ, が有る, もない

▼ 未だ~ (7, 0.1%)

1 あるに, があるだらう, が一杯, が多く, が残つたの, が深かっ, 避けの

▼ 未だある~ (6, 0.1%)

2 んです 1 からやらう, ぞ九郎判官義経, の, 筈です

▼ 未だいくら~ (6, 0.1%)

1 か余裕, か望み, か金, だって嫁, も子, も脱しない

▼ 未だそう~ (6, 0.1%)

1 とは考えられない, は思わなかった, 信じて, 傾いては, 取る年, 黒くならない

▼ 未だはっきり~ (6, 0.1%)

1 お調べ, しないが, とは示され, と彼, と決った, 具現せられ

▼ 未だ一たび~ (6, 0.1%)

2 も海外 1 も女, も斯く, も此島, も言はず歌

▼ 未だ人間~ (6, 0.1%)

2 の心 1 には相違, の死, をし, を造らざる

▼ 未だ~ (6, 0.1%)

2 の何物 1 に二三百両, に在る, に学ばなけれ, の手段

▼ 未だ余程~ (6, 0.1%)

2 の間 1 ありますか, 呑気である, 後の, 間が

▼ 未だ~ (6, 0.1%)

1 が利, にしなかった, まで出, もきけない, をあい, をきく

▼ 未だ~ (6, 0.1%)

1 いが時に, いけれど, いので, いよ, う御座いますね, 成り賑つて

▼ 未だ~ (6, 0.1%)

1 がほん, につき, には霊魂, にもそんな, に愛される, に金銭

▼ 未だ容易~ (6, 0.1%)

1 に之, に信ず, に口, に済まぬ, に許されざる, に首肯

▼ 未だ~ (6, 0.1%)

1 という山, には雪, に入りし, の奴等, の巓, の者

▼ 未だ成らざる~ (6, 0.1%)

2 にこの 1 さきに, に破れ, の象, 時にあたり

▼ 未だ~ (6, 0.1%)

4 あらず 1 あらずと, なく祇

▼ 未だ~ (6, 0.1%)

2 ていない 1 ていなかった, ておらぬらしい, て居ない, やア

▼ 未だ~ (6, 0.1%)

2 かつた 1 かつたのみならず, 政府黨と, 経験な, 鑑査に

▼ 未だ~ (6, 0.1%)

3 せざる間 2 せざるに 1 せず経験

▼ 未だ~ (6, 0.1%)

2 を見なかつた 1 が生き, と母, の国香, の墓

▼ 未だ~ (6, 0.1%)

1 といふこと, に開化, の闇, 正に, 正に新しき, 正に眼

▼ 未だ真実~ (6, 0.1%)

1 に具体的, に勉, に癒, に解けなかった, の家族, ヲ顕ハサズ

▼ 未だ知らず~ (6, 0.1%)

2 政治家たるの 1 と我, にいた, 何れの, 摘み来り

▼ 未だ知らぬ~ (6, 0.1%)

1 が僕, 人には, 春先き, 者を, 身なりしかなと, 酔の

▼ 未だいい~ (5, 0.1%)

1 が中, だろうと, だろう未だ, よ, 美代子は

▼ 未だうら若い~ (5, 0.1%)

1 寡婦さんで, 生娘に, 男女恐らく, 身を, 青年である

▼ 未だまったく~ (5, 0.1%)

1 みずから明かに, 地球上未知の, 天然の, 法律の, 私を

▼ 未だ一定~ (5, 0.1%)

2 して 1 しては, せざるが, せる国民的

▼ 未だ三吉~ (5, 0.1%)

2 の眼 1 は寝床, は書い, は行く

▼ 未だ何等~ (5, 0.1%)

1 そのよう, の意味, の手掛かり, の手掛り, の記載

▼ 未だ~ (5, 0.1%)

1 が醒めない, とばかりは信じられぬ, にも心づかず, の儘, の醒めきらぬ

▼ 未だ~ (5, 0.1%)

2 の文 1 うほど, かる發見物無し, の寺

▼ 未だ新しく~ (5, 0.1%)

3 して 1 て木, て漆

▼ 未だ~ (5, 0.1%)

1 かにしてない, かに成熟, かに説明, ならざるを, に思想

▼ 未だ来らざる~ (5, 0.1%)

2 ものであり 1 に当, に拒ぐ, ものである

▼ 未だ極めて~ (5, 0.1%)

1 乏しいの, 初歩の, 尠い, 狭く鶴嘴, 遼遠である

▼ 未だ死せざる~ (5, 0.1%)

2 を知らずや 1 が如く, さきに, を氣存

▼ 未だ漸く~ (5, 0.1%)

1 六歳だ, 十七の, 十時を, 東の, 色づき初めた程

▼ 未だ~ (5, 0.1%)

1 がつかん, はつかん, 附いて, 附かぬの, 附かぬらしい物音

▼ 未だ~ (5, 0.1%)

1 てそんな, て如何なる, て良心, て落款, て見ざりつる

▼ 未だ発見~ (5, 0.1%)

1 されざりしこと, されずしかも, して, しない, せられざる法則

▼ 未だ終らざる~ (5, 0.1%)

1 に, に恩惠, に愁殺す楼蘭征戍, に早く, に無辜

▼ 未だ良人~ (5, 0.1%)

3 をば持 2 の許し

▼ 未だ見ざる~ (5, 0.1%)

3 所を 1 ものを, 名山大川に

▼ 未だ解決~ (5, 0.1%)

1 されたと, されて, し得なかつた疑問, せざる問題, せられて

▼ 未だ達者~ (5, 0.1%)

1 でいた, でいたら, でゐたら, で居た, な時分

▼ 未だ醒覚~ (5, 0.1%)

3 せざる社会主義 1 して, せざる証拠

▼ 未だ非常~ (5, 0.1%)

1 な紛糾, にナマ, に多数, に粗末, に若く

▼ 未だ~ (5, 0.1%)

1 の中, の格構, を上げなかった, を刈らない, を挙げずゐ

▼ 未だあまり~ (4, 0.1%)

1 便宜を, 外界に, 完全な, 特色も

▼ 未だかく~ (4, 0.1%)

1 しゃくと, の如き, も美, 奇しき笛

▼ 未だそのまま~ (4, 0.1%)

2 にし 1 になっ, 無気味な

▼ 未だそれでも~ (4, 0.1%)

1 俺の, 後の, 忠寛の, 森彦は

▼ 未だはつきり~ (4, 0.1%)

1 とは埒, と専門, と意味, は知らない

▼ 未だほとんど~ (4, 0.1%)

2 無名に 1 無名でございます, 用ゐられ

▼ 未だほんの~ (4, 0.1%)

1 ねんねえ, 小供, 昨日の, 短い期間

▼ 未だ~ (4, 0.1%)

2 暑けど 1 途中まで, 馴れず時

▼ 未だ~ (4, 0.1%)

1 として満足, ならず之, の座, もない

▼ 未だ一年~ (4, 0.1%)

1 になつ, にもおなり, の忌, をも経ない

▼ 未だ久しから~ (4, 0.1%)

3 ざるに 1 ねば

▼ 未だ~ (4, 0.1%)

1 とは張, とは貯え, とも眠く, と時候

▼ 未だ人生~ (4, 0.1%)

1 に対して経験, に於ける, の半, を悟らない

▼ 未だ今日~ (4, 0.1%)

1 ではこれら, の御, まで一つ, まで何等

▼ 未だ何事~ (4, 0.1%)

1 もおれ, も為す, も起らぬ, をも知らず

▼ 未だ何人~ (4, 0.1%)

1 によっても記録, もそれ, も知り得ざる, も行わなかった

▼ 未だ何処~ (4, 0.1%)

1 かに色香, にも縁づかず, まで疑る, を何

▼ 未だ~ (4, 0.1%)

1 てないと, て居ない, なかつた, ぬか

▼ 未だ來ら~ (4, 0.1%)

1 ざる將來, ず, ぬと, ぬの

▼ 未だ判然~ (4, 0.1%)

1 しないが, せず且つ, せぬ, たらざりしこと

▼ 未だ到らずし~ (4, 0.1%)

2 て往々 1 て権力分配, て權力分配

▼ 未だ~ (4, 0.1%)

1 が足りない, のない, を込めん, 弱き半

▼ 未だ~ (4, 0.1%)

2 を成さない 1 をつけぬ, を更め

▼ 未だ~ (4, 0.1%)

1 からは地震, だつて, の作品, を実は

▼ 未だ~ (4, 0.1%)

1 にある, に墜ちず, に墜ちず候え, に墜ち申さず

▼ 未だ多から~ (4, 0.1%)

2 ざるに 1 ざりき, ず要するに

▼ 未だ大隈伯~ (4, 0.1%)

2 に一面識, を中心

▼ 未だ~ (4, 0.1%)

1 かない, せず, には行かない, に行かない

▼ 未だ~ (4, 0.1%)

1 なき気楽, の孝心, を持たぬ, を有

▼ 未だ存在~ (4, 0.1%)

1 しないこと, しないもの, しなかったと, しなかつたと

▼ 未だ定まらざる~ (4, 0.1%)

1 に就い, に早く, ほどの次第, 時代で

▼ 未だ宵の口~ (4, 0.1%)

1 だったかも, だのに, と思ふ, と言っ

▼ 未だ~ (4, 0.1%)

1 さうだ, さの, みか, 霞渓を

▼ 未だ~ (4, 0.1%)

1 現せざる理想, 現せられず未だ, 現せられぬ處, 見は

▼ 未だ實行~ (4, 0.1%)

2 せざるもの 1 し得ないところ, に及ばず

▼ 未だ~ (4, 0.1%)

2 ならずであるが 1 でない, にする

▼ 未だ対象化~ (4, 0.1%)

2 されない形式的直観 1 されざる形式的直観, されない処

▼ 未だ~ (4, 0.1%)

1 せえ旦那様, 供の, 學校へ, 部分である

▼ 未だ小さく~ (4, 0.1%)

1 て繭, 家屋と, 柔軟な, 裸の

▼ 未だ帰つて~ (4, 0.1%)

1 来ないと, 来なかつた, 来なかつたので, 見ねえん

▼ 未だ帰りません~ (4, 0.1%)

1 か, かと云われる, か文七, が倫敦

▼ 未だ幼稚~ (4, 0.1%)

1 である, で初々しい, で善良, なもの

▼ 未だ幾年~ (4, 0.1%)

1 ならぬさき我, もた, も經ざる間, も過ぎ

▼ 未だ彼等~ (4, 0.1%)

1 の仕事, の心, の椽大, は

▼ 未だ御存じ~ (4, 0.1%)

1 でないやう, ないん, の無き, の通り自分

▼ 未だ必らずし~ (4, 0.1%)

2 も晩 1 も然, も狂妄放漫

▼ 未だ悉く~ (4, 0.1%)

1 一致せざる, 信ず可, 東京市中から, 黄ならざる

▼ 未だ~ (4, 0.1%)

2 を殺す 1 に知られざり, に見えね

▼ 未だ政界~ (4, 0.1%)

2 の死人, の現状

▼ 未だ新しい~ (4, 0.1%)

1 のだ, 匂の, 悲愁に, 道徳は

▼ 未だ昨日~ (4, 0.1%)

1 といふ去年一昨年, のやう, の事, の様

▼ 未だ東京~ (4, 0.1%)

1 で三年前, に家, に置かれ, を見ません

▼ 未だ決して~ (4, 0.1%)

1 懺悔の, 無かった, 絶対的確実な, 豊富でない

▼ 未だ沢山~ (4, 0.1%)

1 あったよ, の葉, 出来ると, 書きたいこと

▼ 未だ深く~ (4, 0.1%)

1 心を, 惜しむに, 根を, 究めて

▼ 未だ甚だ~ (4, 0.1%)

2 言ふ 1 不十分である, 明瞭を

▼ 未だ生れ~ (4, 0.1%)

1 ていなかった, てから見た, てみん, てゐなかつた

▼ 未だ生れない~ (4, 0.1%)

1 のを, 人も, 以前の, 者に

▼ 未だ~ (4, 0.1%)

1 に居りました, の形, の方, をうろつき廻っ

▼ 未だ發表~ (4, 0.1%)

2 されて 1 されぬから, にならぬ

▼ 未だ眠つて~ (4, 0.1%)

3 ゐる 1 ゐた

▼ 未だ研究~ (4, 0.1%)

1 されずして, し得ぬ此, せられざる日本神話, に没頭

▼ 未だ終らぬ~ (4, 0.1%)

1 うち近藤は, さきに, に大隅守, に戸

▼ 未だ聞かざる~ (4, 0.1%)

2 所である, 所なり

▼ 未だ自己~ (4, 0.1%)

2 の有する 1 を顕現, を顯

▼ 未だ~ (4, 0.1%)

2 は咲きけり 1 をつけ, を見ざる

▼ 未だ~ (4, 0.1%)

1 えなア, かつた, かりし時, 相な

▼ 未だ若く~ (4, 0.1%)

1 て現実, 御良人, 歓に, 男の

▼ 未だ~ (4, 0.1%)

3 當らぬ 1 ていない

▼ 未だ見ない~ (4, 0.1%)

1 かも知れん, に聖作, んで御, 西洋の

▼ 未だ読ん~ (4, 0.1%)

2 で見ません 1 でいない, でゐなかつた

▼ 未だ足りない~ (4, 0.1%)

1 で千代田橋, ということ, と見, 美しい女

▼ 未だ遠く~ (4, 0.1%)

1 へ走っ, も行かず, 進まざるま, 隔って

▼ 未だいちど~ (3, 0.1%)

1 の不覚, も此, も無い

▼ 未だここ~ (3, 0.1%)

1 で働きたい, に居る, に至らざれ

▼ 未だこれから~ (3, 0.1%)

1 両肌, 出来ますよ, 生末の

▼ 未だこんな~ (3, 0.1%)

1 ことは, ことも, 大きい間ちがい

▼ 未だしも~ (3, 0.1%)

1 だけれど, であつ, で何

▼ 未だどの~ (3, 0.1%)

1 国も, 山にも, 部屋も

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

21 のか

▼ 未だなかっ~ (3, 0.1%)

1 た, たの, た筈

▼ 未だやっと~ (3, 0.1%)

1 二十八歳の, 十三に, 十六に

▼ 未だわからない~ (3, 0.1%)

1 ところが, のです, やうである

▼ 未だハッキリ~ (3, 0.1%)

1 したこと, とつかめない, とは言えない

▼ 未だ一回~ (3, 0.1%)

1 しかなかっ, たりとも, もその

▼ 未だ一歩~ (3, 0.1%)

1 も出ず, も本題, も進まざる

▼ 未だ一般~ (3, 0.1%)

1 にあまり, に採用, に楽耳

▼ 未だ一言~ (3, 0.1%)

1 も日本語, も申しませぬ, も発しない

▼ 未だ三十~ (3, 0.1%)

1 になる, に及ばずし, を余り

▼ 未だ三十歳~ (3, 0.1%)

1 に相成らざる, に足らぬ, を少し

▼ 未だ世界~ (3, 0.1%)

1 に全く, に多く, に火

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

3 しからずして

▼ 未だ乾かず~ (3, 0.1%)

1 にあつ, 人々山に, 直に其意

▼ 未だ乾かない~ (3, 0.1%)

1 じゃ有, でいた, のを

▼ 未だ二年~ (3, 0.1%)

1 にもなっ, に満たず, ばかりも勤めなく

▼ 未だ五十親~ (3, 0.1%)

3 なれば

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 のごとく, のやう, 尚私

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 つたこと, はざりし, ふ機会

▼ 未だ何ん~ (3, 0.1%)

1 ともなっ, な人, な恋愛沙汰

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

2 の中 1 は丈夫

▼ 未だ借りざる~ (3, 0.1%)

3 先の

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 が見えない, にもあります, の女

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 からざる, からず各, 機透脱し

▼ 未だ其人~ (3, 0.1%)

1 をさ, を考へない, を雖不知

▼ 未だ其書~ (3, 0.1%)

2 を見る 1 を見ない

▼ 未だ其様~ (3, 0.1%)

2 なこと 1 な気

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 か, に至らぬ, の粧

▼ 未だ分別~ (3, 0.1%)

2 せざるが 1 の閭

▼ 未だ到らざる~ (3, 0.1%)

1 に婚姻, の間, 前榛軒は

▼ 未だ到達~ (3, 0.1%)

2 し得ざる境地 1 する能

▼ 未だ半ば~ (3, 0.1%)

2 にも達し 1 までも達し

▼ 未だ半信半疑~ (3, 0.1%)

1 だった, だつたが, で居る

▼ 未だ卒業~ (3, 0.1%)

2 しない二十五歳 1 せざるのみ

▼ 未だ問題~ (3, 0.1%)

1 が沢山, とする, を其焦點

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 って要領, なかつた感覚, 書いたこと

▼ 未だ嘗つて~ (3, 0.1%)

1 知らなかつたところ, 示したこと, 試みなかつた画家的手法

▼ 未だ四十~ (3, 0.1%)

1 という年, ならざるに, に満たざりし

▼ 未だ地上~ (3, 0.1%)

2 の何物 1 に屆

▼ 未だ大阪~ (3, 0.1%)

2 を風靡 1 が嫌い

▼ 未だ天下~ (3, 0.1%)

1 に彼, を動かす, を統一

▼ 未だ如何~ (3, 0.1%)

2 にし 1 ともわからぬ

▼ 未だ完成~ (3, 0.1%)

1 されて, しない家, するに

▼ 未だ定まらぬ~ (3, 0.1%)

1 不便を, 中に, 過渡時代である

▼ 未だ定ら~ (3, 0.1%)

2 ざる前 1 ない志操

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

2 許間が 1 さし

▼ 未だ少年~ (3, 0.1%)

1 が安らか, の博士, の域

▼ 未だ帰らず~ (3, 0.1%)

1 三十そこ, 各地に, 我は

▼ 未だ帰らない~ (3, 0.1%)

1 と云った, の, 筈だ

▼ 未だ幼い~ (3, 0.1%)

1 マルスリーヌを, 時から, 童子で

▼ 未だ幾日~ (3, 0.1%)

1 も経たぬ, も過ぎざる, も過ぎない

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 ちを, に現, をととのえない

▼ 未だ御飯~ (3, 0.1%)

1 が残っ, を食べさせません, を食べない

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 に慣れぬ, の甘き, をな

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 がある, が通っ, を殺し

▼ 未だ成らず~ (3, 0.1%)

1 旬日むなしく, 美田未だ, 身を

▼ 未だ成らずし~ (3, 0.1%)

2 て早く 1 て中道

▼ 未だ成熟~ (3, 0.1%)

1 せざるを, せず多分, の域

▼ 未だ明かならざる~ (3, 0.1%)

2 に由る 1 今日に

▼ 未だ明白~ (3, 0.1%)

2 ならざる 1 でない

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

2 からず而 1 くは

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 けず, の暗い, の露

▼ 未だ暗い~ (3, 0.1%)

2 中に 1 屋のうへに

▼ 未だ暮れ~ (3, 0.1%)

1 きれぬ中, 切れなかつた街, 無い光

▼ 未だ最後~ (3, 0.1%)

1 とならざる, の夕, の語

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 があ, が出, の数

▼ 未だ有る~ (3, 0.1%)

1 か無い, のかい, やうな

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 のうち, の内, の物さ

▼ 未だ本当~ (3, 0.1%)

1 の田園文学, の肉体, の解答

▼ 未だ正太~ (3, 0.1%)

1 は思わしい, は言いたい, は遊ん

▼ 未だ死なざる~ (3, 0.1%)

2 さきに 1 に魂

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

3 んど

▼ 未だ残つて~ (3, 0.1%)

1 ゐる, ゐるん, 居る斯

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 の柔らか, の與, も己

▼ 未だ江戸~ (3, 0.1%)

1 に帰つて, は離れまい, へはお

▼ 未だ決定~ (3, 0.1%)

1 し難い, せざる間, に至らざる

▼ 未だ決心~ (3, 0.1%)

1 がつかなかった, が出来なかった, した次第

▼ 未だ治らない~ (3, 0.1%)

1 のか, のかしら, 先夜PCLの

▼ 未だ消えない~ (3, 0.1%)

1 で残っ, で殘つて, 中荘重に

▼ 未だ混沌~ (3, 0.1%)

2 の境 1 たる状態

▼ 未だ無い~ (3, 0.1%)

2 やうだ 1 と云つて

▼ 未だ独り~ (3, 0.1%)

1 でやらせる, でゐる, で飲め

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 パトロクロスの, 十分に, 太思想の

▼ 未だ獨身~ (3, 0.1%)

1 である, で居る, で熱心

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 はれぬと, わし得ざる, 實的には

▼ 未だ現実~ (3, 0.1%)

1 に接し, の真, の諸

▼ 未だ理解~ (3, 0.1%)

1 が出来ません, し得なかった, せられざる一般

▼ 未だ生まれざる~ (3, 0.1%)

2 大詩人 1 今から

▼ 未だ生れず~ (3, 0.1%)

2 古いもの 1 未だ叫ばず

▼ 未だ畢ら~ (3, 0.1%)

1 ず, ず龍卷, ぬに

▼ 未だ発せざる~ (3, 0.1%)

1 に当り, 重陽なり, 頃当時猶

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 せず是, 見せす, 見せられずして

▼ 未だ發達~ (3, 0.1%)

1 せざる中, せず從つて唐, の極度

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 が利, が覚め, が覺め

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 去り申さずだつたが, 見るに, 逢ふ

▼ 未だ真理~ (3, 0.1%)

1 の両端, の限界内, を会釈

▼ 未だ知らん~ (3, 0.1%)

1 けれども余程, ことゆえ, のか

▼ 未だ確か~ (3, 0.1%)

1 でなく近江輿地志略二十二, な解説, な説

▼ 未だ確立~ (3, 0.1%)

1 させて, されないところ, して

▼ 未だ秀子~ (3, 0.1%)

1 に可愛, の其の, の身の上

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 でないこと, の名残, の末

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 しからず, 全體, 鳴という

▼ 未だ節子~ (3, 0.1%)

1 の縁談, の話, は谷中

▼ 未だ結婚~ (3, 0.1%)

1 してから, せざるや, もしない

▼ 未だ結納~ (3, 0.1%)

1 の取替せ, は取替せますまい, を取交した

▼ 未だ続い~ (3, 0.1%)

1 てゐた, てゐる, て挙げられる

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 にならぬ, も定まらで, を犯さずし

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

2 に落ちない 1 に落ちぬらしく

▼ 未だ自白~ (3, 0.1%)

1 いたしません, しませんけれども, はしません

▼ 未だ若かっ~ (3, 0.1%)

21 たから

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 が治まりません, の声々残り, を聞かず

▼ 未だ見ず~ (3, 0.1%)

1 と静緒, にいました, 加る

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 の脛, 覩の, 迎しない

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 の無い, みじかかり, も失せざりき

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

2 を作り 1 について真に

▼ 未だ読まぬ~ (3, 0.1%)

1 か, が渋江氏, 書を

▼ 未だ調べ~ (3, 0.1%)

1 がつかぬ, が届い, て見ない

▼ 未だ貴方~ (3, 0.1%)

1 に話さない, のお, の姓名

▼ 未だ足らず~ (3, 0.1%)

1 とし, 侍読の, 惰性に

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

2 すく明言 1 ちこれ

▼ 未だ退化~ (3, 0.1%)

2 しなかった頃 1 して

▼ 未だ造化~ (3, 0.1%)

2 を掩 1 の秘蔵

▼ 未だ遊び~ (3, 0.1%)

1 ですか, もしない, 足り無い僕

▼ 未だ遠い~ (3, 0.1%)

1 けれど矢張り此, のである, 現実である

▼ 未だ遠から~ (3, 0.1%)

1 ざりしに, ざるもの, ず

▼ 未だ還らず~ (3, 0.1%)

1 といったよう, 忽に, 貫一は

▼ 未だ郷里~ (3, 0.1%)

1 にいた, に留まっ, の方

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 に歸らざる, を巡らす, を離れざる

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 でないのに, ならざる頃, ならぬうち

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

1 がへし, が落ち, も降らない

▼ 未だ~ (3, 0.1%)

3 の間

▼ 未だ黙っ~ (3, 0.1%)

3 ていた

▼ 未だあなた~ (2, 0.0%)

1 のお, はわたくし

▼ 未だあらざる~ (2, 0.0%)

2 さきより

▼ 未だあんな~ (2, 0.0%)

1 ことを, 悲しい歌

▼ 未だいかなる~ (2, 0.0%)

1 自由国家においても, 船舶と

▼ 未だいけない~ (2, 0.0%)

1 の, んだ

▼ 未だいろいろ~ (2, 0.0%)

1 ありまするが, 書いて

▼ 未だお前~ (2, 0.0%)

1 には早, の眼つき

▼ 未だお腹~ (2, 0.0%)

2 が空かない

▼ 未だこの世~ (2, 0.0%)

1 に人間, に生

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 帰宅ご, 若年に

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 ふらはず, まで強から

▼ 未ださめず~ (2, 0.0%)

1 に残っ, 栗の

▼ 未だしき~ (2, 0.0%)

1 かと大きい, やと存じ候え

▼ 未だしもの~ (2, 0.0%)

2 事私の

▼ 未だそういう~ (2, 0.0%)

1 ものは, 雪を

▼ 未だそこここ~ (2, 0.0%)

1 に徳川時代, に残骸

▼ 未だそれきり~ (2, 0.0%)

1 になつて, 出来ません

▼ 未だそれほど~ (2, 0.0%)

1 でない処, 老耄は

▼ 未だそんなに~ (2, 0.0%)

1 遅くない, 酔つては

▼ 未だつかない~ (2, 0.0%)

1 しどこ, ので薄暗く

▼ 未だどう~ (2, 0.0%)

1 して, だか

▼ 未だどこ~ (2, 0.0%)

1 かに陽, でも会った

▼ 未だなかなか~ (2, 0.0%)

1 その意見, 散じそう

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 ちす, 射たず敵

▼ 未だひっそり~ (2, 0.0%)

2 とし

▼ 未だほんとう~ (2, 0.0%)

1 じゃない, の子供

▼ 未だもつ~ (2, 0.0%)

1 て絶対, とどうしても

▼ 未だやつ~ (2, 0.0%)

1 と二歳, と駆け出し

▼ 未だよかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たん

▼ 未だアヌンチヤタ~ (2, 0.0%)

1 が如き, の心

▼ 未だエタ~ (2, 0.0%)

1 が仏教, を甚だしく

▼ 未だキリスト~ (2, 0.0%)

1 の教, を見る

▼ 未だコルセ~ (2, 0.0%)

2 に慣れない

▼ 未だピンピン~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 未だフィクション~ (2, 0.0%)

1 とはいはれない, とはいわれない

▼ 未だレーテ~ (2, 0.0%)

1 の事, の水

▼ 未だ一丈許~ (2, 0.0%)

2 りも

▼ 未だ一冊~ (2, 0.0%)

1 といへ, も書かれた

▼ 未だ一向に~ (2, 0.0%)

1 注意を, 退化しない

▼ 未だ一本~ (2, 0.0%)

1 この砂, も明けぬ

▼ 未だ一種~ (2, 0.0%)

1 の心細き, も出

▼ 未だ一致~ (2, 0.0%)

1 したる形式, すること

▼ 未だ一読~ (2, 0.0%)

1 して, の機会

▼ 未だ一銭~ (2, 0.0%)

1 の貯, をも儲けざる

▼ 未だ丁年~ (2, 0.0%)

1 ならざるに, に満たない

▼ 未だ三分~ (2, 0.0%)

2 ほど間

▼ 未だ三十代~ (2, 0.0%)

1 じゃない, の若い鋭い

▼ 未だ三町~ (2, 0.0%)

2 ばかりある

▼ 未だ上らず~ (2, 0.0%)

2 霊ある

▼ 未だ上達~ (2, 0.0%)

1 せざるもの, せず商

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 射之射, 明確な

▼ 未だ不足~ (2, 0.0%)

1 して, だという

▼ 未だ与えられない~ (2, 0.0%)

2 諸現象

▼ 未だ中學~ (2, 0.0%)

1 に通, の初年級

▼ 未だ主義政綱~ (2, 0.0%)

1 を以て争, を以て爭

▼ 未だ乾かざる~ (2, 0.0%)

1 に家族, ものあり

▼ 未だ二人~ (2, 0.0%)

1 が寝込ん, の前

▼ 未だ二日分許~ (2, 0.0%)

2 り秣

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 はなかつた, へない

▼ 未だ互に~ (2, 0.0%)

1 小学校へ, 若かつ

▼ 未だ五十~ (2, 0.0%)

1 であった, にみたぬ

▼ 未だ亡びざる~ (2, 0.0%)

2 人々

▼ 未だ人々~ (2, 0.0%)

1 が, が長い

▼ 未だ人通り~ (2, 0.0%)

1 が沢山, は余り

▼ 未だ仏蘭西~ (2, 0.0%)

2 の中流以上

▼ 未だ仕事~ (2, 0.0%)

1 が残っ, が片

▼ 未だ以上~ (2, 0.0%)

1 の二雑誌, の比較

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 の相, の相続者

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

2 に即

▼ 未だ何處~ (2, 0.0%)

1 にも縁づかず, までも若い

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 が彼, ほど遠い

▼ 未だ作り~ (2, 0.0%)

1 竟えずあれ, 竟らず

▼ 未だ作文~ (2, 0.0%)

2 に於ける

▼ 未だ健康~ (2, 0.0%)

1 なの, も回復

▼ 未だ僅か~ (2, 0.0%)

1 に七年, に深い

▼ 未だ元気~ (2, 0.0%)

1 であるから, の好い

▼ 未だ元老~ (2, 0.0%)

2 に代る

▼ 未だ先方~ (2, 0.0%)

2 には何とも

▼ 未だ児童~ (2, 0.0%)

1 で仕方, のやう

▼ 未だ全快~ (2, 0.0%)

1 しないやう, とまでは行かない

▼ 未だ全的~ (2, 0.0%)

2 に満足

▼ 未だ八時~ (2, 0.0%)

1 になる, を少し

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 にせざり, にせざる

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 れを, れ程

▼ 未だ其処~ (2, 0.0%)

1 でこく, までは行っ

▼ 未だ其女~ (2, 0.0%)

1 が居る, に與

▼ 未だ内輪~ (2, 0.0%)

2 だけの事

▼ 未だ凍らず~ (2, 0.0%)

1 に好い, 浅い林

▼ 未だ出ない~ (2, 0.0%)

1 の, 様だ

▼ 未だ出ぬ~ (2, 0.0%)

1 ぢや, 前恐い

▼ 未だ出版~ (2, 0.0%)

1 されぬ時, にならぬ

▼ 未だ出発~ (2, 0.0%)

1 でありますから, の合図

▼ 未だ分らぬ~ (2, 0.0%)

1 から素徒, これからの

▼ 未だ分りません~ (2, 0.0%)

1 か, が此

▼ 未だ分れない~ (2, 0.0%)

1 境地から, 已前の

▼ 未だ初め~ (2, 0.0%)

1 で御座いまして, の方

▼ 未だ初心~ (2, 0.0%)

1 で複雑つた社会, にて強

▼ 未だ判らぬ~ (2, 0.0%)

1 か此奴, がとにかく

▼ 未だ判断~ (2, 0.0%)

1 し難い, 致しかねまするが

▼ 未だ判明~ (2, 0.0%)

1 しない, せず

▼ 未だ利害~ (2, 0.0%)

2 を同

▼ 未だ到らず~ (2, 0.0%)

1 ば, 人には

▼ 未だ到らなかつた~ (2, 0.0%)

1 点が, 點が

▼ 未だ動かざる~ (2, 0.0%)

1 まに, 姿と

▼ 未だ動かない~ (2, 0.0%)

2 で居る

▼ 未だ勝れ~ (2, 0.0%)

2 て高い

▼ 未だ十一二~ (2, 0.0%)

1 の少年, の美しき

▼ 未だ十三~ (2, 0.0%)

1 なの, や十四

▼ 未だ十二時~ (2, 0.0%)

1 にはなるまい, より一時間前

▼ 未だ十五~ (2, 0.0%)

1 か十六, だが

▼ 未だ十分の発達~ (2, 0.0%)

1 を示し, を遂げ得ざりし

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 さがりの, に至らず

▼ 未だ午前~ (2, 0.0%)

1 であったが, である硫黄岳

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 ならざるに, 封建な

▼ 未だ及ばざる~ (2, 0.0%)

1 我が国の, 範圍に

▼ 未だ友達~ (2, 0.0%)

1 と話し, は同じ

▼ 未だ収まらざる~ (2, 0.0%)

1 に第, に風

▼ 未だ収まらず~ (2, 0.0%)

1 時未だ, 況んや

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 びをらず, 玩たらず

▼ 未だ名古屋~ (2, 0.0%)

1 でしたからね, に居

▼ 未だ君自身~ (2, 0.0%)

2 の印象

▼ 未だ周子~ (2, 0.0%)

2 と結婚

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 はざる, ひ質して

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 を発しない, を発せられざる

▼ 未だ四十歳~ (2, 0.0%)

2 にもならぬ

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 つたもの, 有名なる

▼ 未だ國家~ (2, 0.0%)

1 の世界史的使命, の形

▼ 未だ堅確~ (2, 0.0%)

2 ならず其主義

▼ 未だ壮年~ (2, 0.0%)

1 の勇気, の身

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 ですでは, になつ

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 かつた, 過ぎること

▼ 未だ多く人~ (2, 0.0%)

2 に知られず

▼ 未だ多少~ (2, 0.0%)

1 の發動藥液, 病後の

▼ 未だ大分~ (2, 0.0%)

1 実つて, 残る

▼ 未だ太陽~ (2, 0.0%)

1 へ衝突, よりも強き光

▼ 未だ女学校~ (2, 0.0%)

2 にいる

▼ 未だ女学生~ (2, 0.0%)

1 であったが, である

▼ 未だ女性~ (2, 0.0%)

1 あらざりき, を罵つ

▼ 未だ好い~ (2, 0.0%)

1 が欧羅巴, ていられる

▼ 未だ如月~ (2, 0.0%)

2 の夢

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 に話し, も迎えず

▼ 未だ始まっ~ (2, 0.0%)

1 ていない, ていなかったろう

▼ 未だ姿~ (2, 0.0%)

1 は見ない, を現しません

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 せずして, へて居

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 を辞さぬ, を辞せぬ

▼ 未だ定まらず~ (2, 0.0%)

1 これを, 戒し

▼ 未だ実行~ (2, 0.0%)

2 せざるもの

▼ 未だ実際~ (2, 0.0%)

1 に敗れざる, は子供

▼ 未だ客観化~ (2, 0.0%)

1 されない主観, されない側

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 に入らざるなり, に入らず

▼ 未だ宿題~ (2, 0.0%)

1 が半分, をやつ

▼ 未だ寒い~ (2, 0.0%)

1 ある雨上り, 時分で

▼ 未だ寒かっ~ (2, 0.0%)

1 た, たが

▼ 未だ寓目~ (2, 0.0%)

1 しない, の機

▼ 未だ寝ない~ (2, 0.0%)

1 で独り流し元, で自分

▼ 未だ寝床~ (2, 0.0%)

1 の中, を離れなかつた

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 ないん, られません

▼ 未だ将来~ (2, 0.0%)

1 のこと, を考えてる

▼ 未だ小説~ (2, 0.0%)

1 の材料, の筆

▼ 未だ少女~ (2, 0.0%)

1 ではない, のよう

▼ 未だ尽きぬ~ (2, 0.0%)

1 がわたくし, ので今一つ

▼ 未だ尽く~ (2, 0.0%)

1 化生せず, 読む能はず

▼ 未だ岸本~ (2, 0.0%)

1 は一切, は節子

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 まず匠作, まない

▼ 未だ巴里~ (2, 0.0%)

1 に十人, のノオトル・ダム

▼ 未だ帰らぬ~ (2, 0.0%)

1 という事, 余と

▼ 未だ年若~ (2, 0.0%)

1 ではある, な頃

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 なくて, 稚く人

▼ 未だ幾分~ (2, 0.0%)

1 か温み, の疑い

▼ 未だ廃せられず~ (2, 0.0%)

1 にゐた, にゐる

▼ 未だ強から~ (2, 0.0%)

1 ざるも, ずとて

▼ 未だ得ざる~ (2, 0.0%)

1 こそ遺恨, ところ現

▼ 未だ御飯前~ (2, 0.0%)

2 なん

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 が鎭ら, に慊ら

▼ 未だ快く~ (2, 0.0%)

1 ないん, 頭の

▼ 未だ怒っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て御

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 には立ち, の策

▼ 未だ恢復~ (2, 0.0%)

2 せざるの

▼ 未だ悟入~ (2, 0.0%)

2 せざるの

▼ 未だ意思~ (2, 0.0%)

1 ではない, に迄進化

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 なきこと, の何もの

▼ 未だ成人~ (2, 0.0%)

1 して, せず文化学院

▼ 未だ成立~ (2, 0.0%)

1 しないが, に満たず

▼ 未だ手紙~ (2, 0.0%)

1 は来, を石

▼ 未だ政治家~ (2, 0.0%)

2 の任務

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 れざるに, れざる間

▼ 未だ整頓~ (2, 0.0%)

2 せざるに際して

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 に向, を塵

▼ 未だ文字~ (2, 0.0%)

1 の発明, を以てこれ

▼ 未だ文学~ (2, 0.0%)

1 がない, を解せざる

▼ 未だ新しき~ (2, 0.0%)

1 物を, 頃には

▼ 未だ新た~ (2, 0.0%)

1 な内容, な確信

▼ 未だ方法~ (2, 0.0%)

2 の何物

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 すぎた, 過ぎます

▼ 未だ明けない~ (2, 0.0%)

1 のです, 宇宙に

▼ 未だ明瞭~ (2, 0.0%)

1 では, と自分

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 ならざるに, ならず

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 ならずとは, に據ら

▼ 未だ時刻~ (2, 0.0%)

1 が早, には大分間

▼ 未だ晴れず~ (2, 0.0%)

1 そんな物, 函山は

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 けむ, さも

▼ 未だ暑い~ (2, 0.0%)

2 から股引

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 かつた, かつたら

▼ 未だ暫く~ (2, 0.0%)

1 は息, 外に

▼ 未だ暮れぬ~ (2, 0.0%)

1 うち余の, そうな

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 も見ず, をすてず

▼ 未だ書かない~ (2, 0.0%)

1 ところが, 作品中の

▼ 未だ書かぬ~ (2, 0.0%)

2 自分の

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 て一人, て一唱三嘆

▼ 未だ有らざる~ (2, 0.0%)

1 也, 郡より

▼ 未だ望み~ (2, 0.0%)

1 はある, を持ち

▼ 未だ朝廷~ (2, 0.0%)

1 の尊き, 不覇

▼ 未だ朝霧~ (2, 0.0%)

1 が立ちこめ, を衝い

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 の方, の香

▼ 未だ未だこれから~ (2, 0.0%)

1 両肌, 出来ますよ

▼ 未だ未練~ (2, 0.0%)

1 が有, のある

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 當に, 當には

▼ 未だ本当に~ (2, 0.0%)

1 成人でなく, 目が

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 に向, の前

▼ 未だ来らず~ (2, 0.0%)

1 東日の, 老侠客

▼ 未だ来り~ (2, 0.0%)

1 て業, 嫁せざる

▼ 未だ板垣伯~ (2, 0.0%)

2 が能

▼ 未だ校歌~ (2, 0.0%)

2 とは申されない

▼ 未だ根本~ (2, 0.0%)

1 の方針, の生命

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 く小さい工場, く年

▼ 未だ正確~ (2, 0.0%)

1 にこれ, に分らない

▼ 未だ此の世~ (2, 0.0%)

1 です, の人

▼ 未だ此名~ (2, 0.0%)

1 が如何, にはお

▼ 未だ此方~ (2, 0.0%)

1 に移らない, に蘭丸

▼ 未だ此般~ (2, 0.0%)

2 の喜劇

▼ 未だ死に~ (2, 0.0%)

2 はせん

▼ 未だ死ん~ (2, 0.0%)

1 ではいなかった, では居ぬ

▼ 未だ毫も~ (2, 0.0%)

1 意識的目的を, 衰へ

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 はつかなかつた, を出でざる

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 に足らざる, を信

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 せずば, せず疑う所

▼ 未だ決めてない~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ 未だ決らない~ (2, 0.0%)

1 が出場者, んだ

▼ 未だ汽車~ (2, 0.0%)

1 で動, の通じない

▼ 未だ活き~ (2, 0.0%)

2 て居る

▼ 未だ浅い~ (2, 0.0%)

1 だけでも純粋, 故に島

▼ 未だ浅く~ (2, 0.0%)

1 あった, 古くは

▼ 未だ浮世~ (2, 0.0%)

1 に未練, 慣れぬ御身

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 未だ消えやらぬ~ (2, 0.0%)

1 内に, 荒涼たる一角

▼ 未だ深い~ (2, 0.0%)

1 印象を, 眠りの

▼ 未だ清まらざる~ (2, 0.0%)

1 がゆゑ, 時に

▼ 未だ済まない~ (2, 0.0%)

1 ぢや, と云

▼ 未だ済ん~ (2, 0.0%)

2 でいない

▼ 未だ満足~ (2, 0.0%)

1 しない, な成功

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 えざる記念, せず

▼ 未だ演技直後~ (2, 0.0%)

2 の興奮

▼ 未だ激烈~ (2, 0.0%)

2 ならざる時代

▼ 未だ濡れ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 もつけない, を入れる

▼ 未だ照子~ (2, 0.0%)

1 と, は来

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 く力, しく中

▼ 未だ生れざる~ (2, 0.0%)

1 ほどの時, 後代の

▼ 未だ生れぬ~ (2, 0.0%)

1 先と, 前に

▼ 未だ田舎~ (2, 0.0%)

1 にいた, の家

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 上げたい事, 上げること

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 とも云い, の味

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 にかけては青二才, を写し出さない

▼ 未だ畢らざる~ (2, 0.0%)

1 に婦人, に洞

▼ 未だ病気~ (2, 0.0%)

1 にならない, をしなかった

▼ 未だ病院~ (2, 0.0%)

1 に居りまし, の分娩室

▼ 未だ発展~ (2, 0.0%)

1 するに, せざる状態

▼ 未だ発明~ (2, 0.0%)

1 されたと, されない所

▼ 未だ発表~ (2, 0.0%)

1 したこと, せられぬに

▼ 未だ発言~ (2, 0.0%)

2 しないとは

▼ 未だ白状~ (2, 0.0%)

1 しないか, しないの

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 の起きない, 閉まって

▼ 未だ皆氷つて~ (2, 0.0%)

2 居る

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 きざれど, きない

▼ 未だ直接~ (2, 0.0%)

2 に水

▼ 未だ眞正~ (2, 0.0%)

1 に碎かれ, の意味

▼ 未だ眞理~ (2, 0.0%)

1 の論理, の限界内

▼ 未だ真に~ (2, 0.0%)

1 徹底した, 踏み切っては

▼ 未だ眠っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て居る

▼ 未だ眠らない~ (2, 0.0%)

1 で南京蟲, 大勢の

▼ 未だ眠り~ (2, 0.0%)

1 の奈落, 乍ら其処に

▼ 未だ着かざる~ (2, 0.0%)

1 うち, 可き

▼ 未だ知らせず~ (2, 0.0%)

1 にいる, にゐる

▼ 未だ知らなかつた~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ 未だ知るべからざる~ (2, 0.0%)

2 なりと

▼ 未だ知れぬ~ (2, 0.0%)

1 密旨も, 小鳥よ

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 とは極, と認め

▼ 未だ確乎~ (2, 0.0%)

1 たる存在, たる断案

▼ 未だ確定~ (2, 0.0%)

1 はし, はしない

▼ 未だ確実~ (2, 0.0%)

1 と云い, な試験

▼ 未だ確証~ (2, 0.0%)

1 されては, を得ぬ

▼ 未だ確證~ (2, 0.0%)

1 あらざれば, がない

▼ 未だ社会~ (2, 0.0%)

1 に一勢力, の表裏

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 なきに, もあらせず

▼ 未だ種々~ (2, 0.0%)

1 の點, 畳って

▼ 未だ究竟~ (2, 0.0%)

1 の意味, の救ひと云

▼ 未だ空しく~ (2, 0.0%)

1 帰りかねて, 消散せざる

▼ 未だ立憲政治~ (2, 0.0%)

2 の創設

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 一の, 九期なる

▼ 未だ精確~ (2, 0.0%)

1 な考証, に行

▼ 未だ終列車~ (2, 0.0%)

1 は着い, までは二つ

▼ 未だ経国~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ 未だ結果~ (2, 0.0%)

2 に到達

▼ 未だ統一~ (2, 0.0%)

1 されたる完全, されない処

▼ 未だ經國~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 についた, につかず

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 なくし, は切らん

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 なりと云う, を判ずる

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 に入らない, の衰

▼ 未だ老い~ (2, 0.0%)

1 たりという年, たりとせず

▼ 未だ老朽~ (2, 0.0%)

2 る年

▼ 未だ考え~ (2, 0.0%)

1 がつかん, としても発育未完

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 にした, の底

▼ 未だ聞いた~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ 未だ胎内~ (2, 0.0%)

1 にありし, にある

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 く人, く鑛毒

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 が一向, は

▼ 未だ腹案~ (2, 0.0%)

1 がまとまらず, としてのみ殘つて

▼ 未だ自ら~ (2, 0.0%)

1 のフォーム, を解放

▼ 未だ自我~ (2, 0.0%)

1 の自覚, はない

▼ 未だ自殺~ (2, 0.0%)

1 したいなんて, と決定

▼ 未だ至らぬ~ (2, 0.0%)

1 のを, 点が

▼ 未だ色々~ (2, 0.0%)

1 と手数, の秘薬

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 を萌, 組んだばかりと

▼ 未だ若う~ (2, 0.0%)

1 ございました, して

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 を脱し, を脱し得ぬ

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

2 が明かなかつた

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 が固い, の堅い

▼ 未だ行く~ (2, 0.0%)

1 とも行かない, 機会が

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 へず, へずし

▼ 未だ見えざる~ (2, 0.0%)

1 にやとにもかく, ものを

▼ 未だ見えぬ~ (2, 0.0%)

1 ので人々, 海の

▼ 未だ見なかった~ (2, 0.0%)

1 のだ, のである

▼ 未だ見当~ (2, 0.0%)

1 のつかない, もつかぬ

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 はずして, を交

▼ 未だ言葉~ (2, 0.0%)

1 も云, を続けよう

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 があります, は発端

▼ 未だ詳細~ (2, 0.0%)

1 な記録的例証, の談判

▼ 未だ議会~ (2, 0.0%)

1 が開かれざる, の過半数

▼ 未だ責任~ (2, 0.0%)

1 が軽う, を分つ

▼ 未だ起っ~ (2, 0.0%)

1 ていない, ておらぬ

▼ 未だ足らざる~ (2, 0.0%)

1 ところ多き, 所あり

▼ 未だ跋渉~ (2, 0.0%)

1 されて, されぬかして

▼ 未だ返事~ (2, 0.0%)

1 も出しません, を出さず

▼ 未だ返納~ (2, 0.0%)

2 も不

▼ 未だ追加~ (2, 0.0%)

2 を後

▼ 未だ遂げざる~ (2, 0.0%)

1 をば自ら悲, 大望の

▼ 未だ過ぎ去らざる~ (2, 0.0%)

1 か抑, ものであり

▼ 未だ長く~ (2, 0.0%)

1 いらっしゃる御, 太陽を

▼ 未だ開けざる~ (2, 0.0%)

1 故なり, 約束事か

▼ 未だ開けない~ (2, 0.0%)

1 世の中では, 時分は

▼ 未だ開通~ (2, 0.0%)

1 して, せざる以前

▼ 未だ閣下~ (2, 0.0%)

2 が主義政見

▼ 未だ隱居~ (2, 0.0%)

1 するには, するの

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 として纒め, にならない

▼ 未だ雋俗~ (2, 0.0%)

2 ならず

▼ 未だ電話~ (2, 0.0%)

1 が珍, をかけ続け

▼ 未だ電車~ (2, 0.0%)

1 が無かっ, はある

▼ 未だ青々~ (2, 0.0%)

1 としてゐる, として根

▼ 未だ青年~ (2, 0.0%)

1 に伍, らしい自惚れを

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

2 とす可

▼ 未だ面識~ (2, 0.0%)

1 が無かっ, 無い人

▼ 未だ頑是~ (2, 0.0%)

1 ない三歳, ない男の子

▼ 未だ食事~ (2, 0.0%)

1 も致しません, をとり得ない

▼ 未だ~ (2, 0.0%)

1 も食, を食べない

▼ 未だ高い~ (2, 0.0%)

1 が虫, のである

▼ 未だ高から~ (2, 0.0%)

2 ざる日本

▼ 未だ鳥巣庵~ (2, 0.0%)

1 へも帰っ, を引き払い

▼1* [2264件]

未だつたの, 未だあつたの, 未だあといくらでも眠れる, 未だあまねからずして, 未だあまねく獄を, 未だあらはに黒黨, 未だあらたなり, 未だあらわれたことの, 未だありありと私, 未だありしこの夜, 未だありますよ, 未だあれはたしかに, 未だいくほども別れざりけり, 未だいけません貴女は, 未だいずこにか, 未だいたっておらんらしい, 未だいろいろ用もある, 未だか, 未だうたぐってるの, 未だうらわかく日は, 未だうら若い青さに, 未だうろついてお, 未だおいら泣き死にはしねえ, 未だお初つに, 未だお年がいかない, 未だお早うございますよ, 未だお目にかかった事は, 未だお知らせは, 未だお話がある, 未だかういふ種類の, 未だかしこに見ざる, 未だかたちの出来, 未だかたづいていない, 未だかっさいして, 未だかつてこうまで無作法, 未だかつてこれ程社会的現実性と, 未だかつてこんなにだしぬけに, 未だかなたに着かざる, 未だかなりの程度, 未だがっしりして, 未だきかねば漢土, 未だきめられてゐない, 未だくっついている, 未だくりかえされている, 未だこういう風な, 未だこうしてブラブラし, 未だこじれてゐる, 未だこちらへ着い, 未だこまかい法規が, 未だころあいを知らず, 未ださかのぼってその, 未ださつきの歌, 未ださとらず藤木川行く, 未ださながらにてなん, 未ださばかり時の, 未ださる者を, 未だしおらしいネ, 未だしきりに続けられて, 未だしっかりとおさ, 未だしどけない形を, 未だしなかったようにも, 未だぶん時には, 未だすっかり元にゃ, 未だすまないの, 未だすんでいない, 未だずつと何処までも, 未だせざるハ大, 未だそこら辺を, 未だそなわらないので発達, 未だその他に同, 未だその後から押し, 未だそれらの運動状態, 未だただの一度, 未だたつた今の, 未だよあゝ, 未だだっ未だだっ, 未だだらうかつて気, 未だだろうかって気, 未だちやんと剣術道具, 未だちょいちょい流行って, 未だちょん髷が有りまし, 未だついてきた, 未だついに奏効しなかった, 未だつきませんでしたし殊に, 未だつけ髭なんかでごまかし, 未だつつまし山の端の, 未だつよく響かざれば, 未だできていない, 未だできないの, 未だでしたら御目, 未だでしょうか, 未だでっぷり肥ったみず, 未だとても書けないと, 未だとまらぬ人たちである, 未だとらないで下さい, 未だどうせモデルには, 未だどちらを向い, 未だどんずり奴でございます, 未だなかつた英吉利の, 未だなき驚異的なる, 未だなっていない, 未だなほ君に到らず, 未だならば私, 未だなる戀に, 未だなんとも音信これ無く, 未だなんびともこの, 未ださういふもの, 未だにくつること, 未だぬかしてけつかる, 未だのこされている, 未だのこっており, 未だはかどらざることポムペイの, 未だはなはだ不十分であっ, 未だはみねどかなひたるべし, 未だはり競はざる, 未だひつそりとして居る, 未だひとたびも自分, 未だひと度も敵軍, 未だぴいぴいの新進, 未だふき合えぬに御, 未だふくれツ面を, 未だふざけてゐる, 未だぶらちゃらし, 未だへなくに葉, 未だへろへろ浪人の, 未だほかに待たされとる, 未だほの暗いのである, 未だほほゑんで, 未だほんとに子供でした, 未だほんにいたいけな, 未だぼんやりした推測, 未だまことに小さい感じ, 未だまざまざとかめよ, 未だませた中学生に, 未だまつたく私を, 未だまるで夢見心地だ, 未だたりし, 未だみしことも, 未だめったにお帰り, 未だものいわむとする心も, 未だものいわざるにソト頬摺, 未だやすまぬか, 未だやつぱり浮気なので, 未だやまず五味坂なる, 未だやまぬ中二將は, 未だよいものが, 未だよき児童文学作家なし, 未だよわきはげしきさだめ分かず酔, 未だわが胸の, 未だわが国は現代, 未だわずか二十七歳, 未だわたくしに音信, 未だて映画, 未だアイデアリズムを奉ずる, 未だアメリカでも試み, 未だアルゼリヤを犯さない, 未だア壮な時, 未だイエスの真, 未だイデオロギー的階級鬪爭意識が普及, 未だインスピレーシヨンと云, 未だカッテージ風の小さな, 未だカラ子供なん, 未だカンカンに凍っ, 未だカンパン・プルミエにある, 未だカーテンの向方, 未だガリワルを見ざる, 未だコスモスが咲き残っ, 未だシツカリして, 未だジャッキーにさ, 未だジユリエツトに逢, 未だジヨーンズが, 未だスッカリ読んで, 未だストーヴと申す, 未だズット小さい者, 未だソツクリ残つてゐますし, 未だチト尚早であるが, 未だナカナカですよ, 未だハンドバッグが簡単, 未だバリストルであった頃, 未だパンフィリオ僧正と呼ばれ, 未だヒーローの名前, 未だピクピクして, 未だピナモンテの欺く, 未だフィレンツェに入らざるなり, 未だフランスの故, 未だブロンズにならない, 未だベースボールもなく, 未だホンの宵の口, 未だポタポタ水が垂れ, 未だマリイは起き, 未だヤグラ岳の真上, 未だヨーロッパの學界, 未だリヨン市設のオペラ座, 未だルキアノツフ氏の該階段, 未だロクな物, 未だヲダハラの母, 未だ一しょにいる, 未だ一つ重要な見物場處, 未だ一ぺんも, 未だ一ツ其鱗の早く, 未だ一万に近い, 未だ一人前な気, 未だ一人故人に成つた中村花痩, 未だ一個の著書, 未だ一個自由党員の入閣, 未だ一個自由黨員の入閣, 未だ一僧侶なりし時アヴェルラーナ, 未だ一円残って, 未だ一切發表しがたき, 未だ一刻をも経ざる, 未だ一同の者, 未だ一周せざるま, 未だ一品も出でたる, 未だ一城一国のあるじ, 未だ一子だになき, 未だ一字の伝, 未だ一家を支, 未だ一寸小説の空想, 未だ一幅の画図, 未だ一年生の同級生, 未だ一念の痕, 未だ一掃せられず此形式的譯法, 未だ一揉しようと, 未だ一日も活動, 未だ一時この家, 未だ一時半頃でした, 未だ一時間あった, 未だ一本あしの竹竿, 未だ一杯に温気, 未だ一枚の画, 未だ一海里以上は確, 未だ一点の望み, 未だ一町余の下, 未だ一瞥も与へぬ, 未だ一種模糊退嬰の姿, 未だ一筆も落してなかった, 未だ一篇を終らずし, 未だ一聯の歌, 未だ一膜を隔てたる, 未だ一見もせぬ, 未だ一訪するに, 未だ一語を交, 未だ一貫した責任, 未だ一辺も避暑, 未だ一通の手紙, 未だ一週間位しか持たない, 未だ一里もあった, 未だ一面識無きのみ, 未だ一頁も読まれず, 未だ七つか八つ位, 未だ七十に及ばず, 未だ七夜も過さなけれ, 未だ七時半であつ, 未だ万地の血, 未だ万葉調になり得なかった, 未だ三〇分しか経っ, 未だ三人の人, 未だ三分の一にも達しない, 未だ三十一歳である, 未だ三十七という年, 未だ三十二で御座る, 未だ三十二歳には少し, 未だ三十五六だが, 未だ三十六だったが, 未だ三十前の青年, 未だ三十日とは過ぎざりし, 未だ三口ほど残っ, 未だ三四ヶ月も足りない, 未だ三四日の日数, 未だ三尺余も雪, 未だ三度や四度行, 未だ三日ならぬに, 未だ三日許りしか, 未だ三時にもならぬ, 未だ三歳だから, 未だ三洞の教, 未だ三百円残ってる, 未だ三益がセリフ, 未だ上らざれば星影さ, 未だ上りしことなし, 未だ上るに及ばず, 未だ上代に於ける, 未だ上求菩提の一句, 未だ下層者の間, 未だ下町の一角, 未だ不可いからといふ, 未だ不安なので, 未だ不完全なりとして, 未だ不幸にもラツク, 未だ不思議なの, 未だ不朽の焔, 未だ不義とは申されますまい, 未だ不良だった時代, 未だ与えられていない, 未だ丑松は二階, 未だ世上煩悩を棄てきれぬ, 未だ世並は割合, 未だ世事を思はず, 未だ世帯の持ち, 未だ世界輿地圖の表面, 未だ世継が無い, 未だ世繼が無い, 未だ世間一般に十分, 未だ世馴れざる里の, 未だの袖, 未だ両君が型, 未だ両方繋がつて, 未だ両者の融和, 未だから呑介連, 未だ中世に彷徨つて, 未だ中之島だけであろう, 未だ中学生であったけれども, 未だ中有に徘徊ッ, 未だのある, 未だ主人と奴隷, 未だ主将が武器, 未だ久しきを経なかつた, 未だ乗せて行った, 未だ九九がすらすら, 未だ九州地方に及ばざりし, 未だ九時だった, 未だ九月下旬という, 未だ九歳と十一歳, 未だはれざるには, 未だ乞食にはなん, 未だ乞食僧を知らざる, 未だの滴, 未だぬ袂, 未だ乾かざれども, 未だ乾かずして北平, 未だ乾かぬうちに, 未だ乾ききつて, 未だ乾ききれずに自分, 未だ乾き果てぬ目許で, 未だせずとやら, 未だ了らざる宿縁, 未だ了らざるにはしなくも, 未だ了簡が若い, 未だ予猶がある, 未だ事実でない, 未だ事実上の放浪, 未だ二つ三つしか手, 未だ二つ三つ変だな, 未だ二三人の商人風, 未だ二三十人の人, 未だ二三尺も離れ, 未だ二三年人心尚安から, 未だ二三年前で当時, 未だ二三度より見物, 未だ二十ばかりにぞ見え給, 未だ二十七か, 未だ二十七円と少し, 未だ二十三であるが, 未だ二十三四と思われる, 未だ二十世紀の人文学界, 未だ二十二や三, 未だ二十二三の男, 未だ二十二歳の筈, 未だ二十五や六, 未だ二十五歳前にも申, 未だ二十代山の奥, 未だ二十六七両は残っ, 未だ二十分も間, 未だ二十台の若, 未だ二十四と云う, 未だ二十歳のころ, 未だ二年許りであるから, 未だ二度しか行つて, 未だ二日日の出来事, 未だ二時間は懸る, 未だ二月の余寒, 未だ二百米は登らなけれ, 未だ二箇月にしか成らない, 未だ二葉ならざるに, 未だ二週間も経たぬ, 未だ云わずにいました, 未だひに, 未だ互いに分れて, 未だ五六寸の餘裕, 未だ五六年にしかなりません, 未だ五十四五歳だから, 未だ五十年ならざるに, 未だ五十日を経ざる, 未だ五年か, 未だ五町もある, 未だ五百の姿, 未だ五等にならぬ, 未だ五里霧中にあっ, 未だ井戸なきを以て, 未だ亡くならない人, 未だ亡びないやうに, 未だ亢奮が持続, 未だるに, 未だへお, 未だ京都を離れなかつた, 未だ人々耶蘇教に對, 未だ人っ子一人影を見せない, 未だ人全体すなわちテムペラメント, 未だ人口も少かっ, 未だ人影を見ずし, 未だ人心安定を保たない, 未だ人物は人物, 未だ人知を以て闡明, 未だ人種の世, 未だ人車鐵道を知らず, 未だ人間経験というところ, 未だ人類の想像, 未だたるお, 未だ今夜も御札, 未だ今度のやう, 未だ今晩も萩原様, 未だへざる間, 未だ仕てなかったので大塚, 未だ仕上らないんでせう, 未だ他人のあまり, 未だ他殺で無いと, 未だ企て及ばなかつた心理表現の, 未だ伏魔殿式施設を見ない, 未だ休んではいけない, 未だ会わす顔は, 未だ会わぬ中は, 未だ会葬の礼, 未だ伸びず其備後に, 未だ佃島に住ん, 未だ低く世界の, 未だ低地にくだらざる, 未だ体温を保っ, 未だ何だか胸が, 未だ何となく脚が, 未だ何とも名け, 未だ何ものにも染められ, 未だ何らの期待, 未だ何時と確定, 未だ何物にも經驗, 未だ何百人愛して, 未だ何者か倒れ, 未だ何里ありましょうか, 未だ余り早すぎる, 未だ余分の賭金, 未だ余地が残っ, 未だ余憤が消え, 未だ余日もある, 未だ余等が毎日海, 未だ作者の正体, 未だし入るには, 未だ使える金が, 未だ例外であ, 未だの角, 未だ依るべき新たなる, 未だ侠夫の名, 未だ侮り易からず, 未だに支那思想, 未だの病, 未だを脱せず, 未だ保存して, 未だ信じ切れぬようすだつたじ, 未だ信ずる能わずと, 未だ信仰に名づけた, 未だ信頼するに, 未だ修業中の身躰, 未だ修練を積まない, 未だ向いたまま, 未だ俺達に気づかぬ, 未だ個々に就い, 未だ個人の自我, 未だ個人的歌らしくつつましい, 未だ個人的生き方でまごまご, 未だ個的なところ, 未だに竿, 未だ倒れんとする, 未だ借りて来た, 未だ倭國の範圍, 未だ偃松の痛い, 未だ健全なん, 未だ健在だなあ, 未だ偶然にしか決定, 未だはらず考証, 未だ備わらずして諸王, 未だ催促に来る, 未だ傷痕をいやし, 未だに三年, 未だ僊去せざる時, 未だ僕等の仲間, 未だせずと, 未だ優劣を決すべからず, 未だ優長な文句, 未だの家, 未だ元子は帰宅, 未だ充たされてゐない, 未だ充たされざる預言であっ, 未だ充分発達したとは, 未だ先生が亡くなられた, 未だ先祖代々からの遺伝, 未だ先輩と二人ぎり, 未だ光堂の前, 未だ光子さんの睫毛, 未だ光芒を放たない, 未だ克服し切れぬ契機, 未だ児供だ, 未だ児啼女哭を免れず, 未だ入って来, 未だ入らッし, 未だ入らざる者あり, 未だ入らざれど退出, 未だ入学しないうち, 未だ全文を通読, 未だ全部が純, 未だ全開せず月, 未だ兩方繋がつて, 未だ八つにしかならぬ, 未だ八十石だ, 未だ八月の半ば頃, 未だ公判というもの, 未だ公衆に発表, 未だ公表せられざれども, 未だ六七の頃, 未だ六十歳には達せぬ, 未だ共同を成立たしめる, 未だを交えず, 未だ兵力を借る, 未だ兵馬闘争の法, 未だ其一をも有したまわず, 未だ其上に可, 未だ其上見ず知らずの男, 未だ其事實に合, 未だ其劫掠受けしこと, 未だ其厨子の縁起, 未だ其器に非, 未だ其奥にも本式, 未だ其実蹟を睹, 未だ其實を糺さず, 未だ其工事を終らず, 未だ其年月を知らない, 未だ其式有らずと, 未だ其形式的変化を啓発, 未だ其徴候を呈せなかつた, 未だ其手を觸, 未だ其数に入らない, 未だ其死を必, 未だ其気なん, 未だ其氣なん, 未だ其瑕瑾を発きたる, 未だ其生を必, 未だ其生年を詳, 未だ其生理と性理, 未だ其発言を聞かざる, 未だ其發言を聞かざる, 未だ其答に接せない, 未だ其自然を自認, 未だ其覊旅の状況, 未だ其鍼路を尋, 未だ其頃は人, 未だはらざる也, 未だ内心いやがって, 未だ内攻せずほのぼの, 未だ内証なん, 未だ円かならず花, 未だ写真でしか知らない, 未だ冬枯そのままであった, 未だすること, 未だ冴えずして青春, 未だ冷えぬうちに, 未だ冷めずにいる, 未だ冷めずして微, 未だ凍り易い天空, 未だ出し物が始まっ, 未だ出すべからずですから五十, 未だ出でざる間で, 未だ出でず香氣獨り, 未だ出でぬ前, 未だ出世せずた, 未だ出会わないだけじ, 未だ出先からお, 未だ出合わない薄幸者は, 未だ出掛けもしない, 未だ出来ておらん, 未だ出来たばかりで, 未だ出来んか, 未だ出来上って居ない, 未だ出来上らないで鉄道反対, 未だ出発点にをられる, 未だ出頭の天無し, 未だ刀槍刺撃の技, 未だ分っていない, 未だ分らないなにお, 未だ分らないだろうけれど世の中, 未だ分りにくい難渋, 未だ分れざるところを, 未だ分れぬ已前の, 未だ分化しない状態, 未だ分析的統一であると, 未だ分離せざりし以前, 未だ切られない中から, 未だ切りに何, 未だ切抜けられた訳で, 未だ刈取らない田だ, 未だ初々しい内気な, 未だ初歩の段階, 未だ判らないがともかく, 未だ判定する事, 未だ別れず油なすあり, 未だ別段に左, 未だ利尻山の頂上, 未だ利根川に数多, 未だ利益になる, 未だなかッた, 未だ到らねば之, 未だ制限多く自然, 未だ刻せられざるものは, 未だの気持, 未だ前人の確証, 未だ前科の極印, 未だ前者に從, 未だ剖判せざる上古, 未だ剛勇を以て許すべからざるなり, 未だも鎧, 未だ剥してお, 未だはぬ, 未だ割れず猶鶏卵子, 未だ創作家としての先生自身, 未だ劃然たる定, 未だ力強き徹底的なる, 未だ加留多に勝つた, 未だ労働力が足りない, 未だ勃々たる秀吉, 未だ勇敢なジヨンニー, 未だ勉めて拡張, 未だ動かす可らざる, 未だ動かすべからざるほど, 未だ動かせぬ足を, 未だ動物は手がけた, 未だ勝敗が決, 未だ勞働組合に手, 未だ勢力の至らざる, 未だ勤苦せざるに, 未だ匍いもしなかったが, 未だ化學的純粹, 未だ化粧の香, 未だ北の方の登り, 未だ北条氏の系譜, 未だ北裏に可, 未だが届かぬ, 未だ区分されて, 未だ医学士と婆, 未だ医科の学生, 未だの三四, 未だ十一歳におわし, 未だ十七の若, 未だ十七八の盛装, 未だ十七歳だった, 未だ十三四くらゐに, 未だ十三歳と雖, 未だ十九歳の頃, 未だ十二歳でありながら, 未だ十人を過ぎずし, 未だ十八の少女, 未だ十八さよか, 未だ十分の見と, 未だ十分の信用を置かず, 未だ十分の説明つかず, 未だ十分の調査はせぬ, 未だ十分吾人の意, 未だ十分明かではない, 未だ十分正確精密には説明, 未だ十分追究されつくして, 未だ十年前の方, 未だ十幾つと云, 未だ十日前の事, 未だ十時が打たないでしょう, 未だ十時一時間ばかり登っ, 未だ十箇月ならざるに, 未だ十頁も読ん, 未だ千年經ざるま, 未だ千点に達しない, 未だ午後五時に成らぬ, 未だ半人前にもならない, 未だ半分以上も壜, 未だ半年も経たない, 未だ半打の上, 未だ半時ならぬに, 未だ半時間ほどの猶予, 未だ半月しか経たない, 未だ半箇年という, 未だ卑しい猿は, 未だはざる, 未だの港, 未だ南京米を口, 未だ南島の日, 未だ単一の組織体, 未だ単独では一度, 未だ博物館を持っ, 未だ占有されて, 未だ印度の國, 未だ即位し給わない等, 未だ厚手のもの, 未だ原始的である, 未だ原書を読みこなす, 未だ原本ありの, 未だ厳しい寒さだった, 未だ去らざる砌に, 未だ去らず泣いて遠国, 未だ去らぬため銘を, 未だ去りやらぬ余寒の, 未だ去年の夏, 未だ参ずる大衆一人も, 未だ参らざるさきに, 未だ及ばなかった時代の, 未だ反せぬとき楊貴妃が, 未だ叔父は来なかつた, 未だつて代つて國を, 未だ取りかからざる内に, 未だ取り定めたと申す, 未だ取止めのない, 未だ受験生のころ, 未だを図つた, 未だ口さへ開かぬ, 未だ古くそんな語, 未だ古くさい情緒みたいな, 未だ古人の文, 未だ只今着きましたばかり, 未だ可愛いがよくよく, 未だ台湾から何とも, 未だ各種の官能, 未だ合せずして而, 未だ合点が行かぬ, 未だ合衾の式, 未だ同志にも語りませぬ, 未だ同意せずして, 未だ同衾を致しません, 未だ名主様へ染, 未だ名乗りを聞かぬ, 未だ君明かに悟り得ず, 未だ吾人の遂に, 未だ呑んだ者で, 未だはつた, 未だ命令も何, 未だ咲いていた, 未だ咲かねど梅, 未だ咲きませぬが之, 未だ咲き残りの梅, 未だ哲学を学ばず, 未だ唇頭に上らざる, 未だ唱歌に見われぬ, 未だ善悪といふ言葉, 未だ善本の刻, 未だ單調で生硬, 未だ嘗つて目撃しなかつた急激, 未だ嘗てどういふ意味, 未だ嘗懐疑主義者たる能, 未だ嘗猛獣毒蛇を愛護, 未だ嘗縄尺に乖, 未だ嘗見ないところ, 未だをついた, 未だ囈言をいっ, 未だ四十五歳の壮者, 未だ四十六歳で, 未だ四十四五だのに, 未だ四時には至らず, 未だ四時間にすぎない, 未だ四角張つて何, 未だ四辺を飾る, 未だ固くツても, 未だを成さざる, 未だ国会議員とならない, 未だ国号と云うべき, 未だ国土来襲は殆ど, 未だ国家の世界史的使命, 未だ国訛が取れない, 未だ国際的には幾分, 未だ國會議員とならない, 未だ國民の間, 未だの上, 未だ土地慣れないの, 未だ在らざるさきに, 未だ在世の頃, 未だ在世中に分家, 未だ在勤で挨拶, 未だ地味なリード, 未だ地獄に降り, 未だ坊やなん, 未だ坊主に報捨, 未だ坐りもしない, 未だ執念深くしがみついて, 未だ執拗にも例, 未だ基本的練習のコース, 未だ堀留の叔母, 未だ堅固ならざる者, 未だ堕落以前の人, 未だ報復を得ざる, 未だ報恩の志, 未だ報裁を蒙らず, 未だ増しだ, 未だは塗つて, 未だのやう, 未だ士気の失せない, 未だなり身心とも, 未だ壮んな宗達和尚, 未だ売出さない所の, 未だ変らずて衰, 未だ夏期の暖みの, 未だ夏草の原, 未だ夕飯前だったので, 未だ外交の開けざる, 未だ外交権を之, 未だ外交權を之, 未だ外崎恵美子君が新宿, 未だ多分に粗雑, 未だ多大の不満, 未だ夢みざる時との, 未だ夢中で居ります, 未だ夢心地で, 未だ夥しくヴルヴァールを, 未だ大きうなりますん, 未だ大丈夫らしいが, 未だ大人になつ, 未だ大佐だが, 未だ大分君の方, 未だ大分金がある, 未だ大分間がある, 未だ大勢の学生, 未だ大変なこと, 未だ大学へ入らない, 未だ大戦の起らぬ, 未だ大殿籠りいますらん鶯来, 未だ大阪訛の抜け切らぬ, 未だを逐, 未だ天壽を全う, 未だ天寿を全う, 未だ天皇をその, 未だ太宰府に行かなかった, 未だ太郎が三才, 未だの嘘, 未だ夫人ではなく, 未だ失はぬ人々の, 未だ失望の箇条, 未だがある, 未だ奥住女史のステージ, 未だ奥様は御, 未だ女達の笑声, 未だ奴隷になる, 未だ好う御座んす, 未だ好きだか, 未だ如何なることか, 未だ如此くにして, 未だ妄執が霽, 未だ妖艶わが魂, 未だ妖魅を受けざる, 未だは引込ん, 未だ始つてゐなかつた, 未だのよう, 未だ婚礼の時, 未だ婦人作家という, 未だ嫁がざる処女をば, 未だはピンピン, 未だ嫉妬という言葉, 未だ嫌疑者に止まっ, 未だ子供朴訥な父親, 未だ孔子より盛ん, 未だ孔明の遺風, 未だ字音の考へられ, 未だ存す腰間父祖の, 未だ存命して, 未だ存命中であつ, 未だの道, 未だ学ばずと, 未だ学制の中学科, 未だ学問的の価値, 未だ学文ということ, 未だ学生の頃, 未だ学界に紹介, 未だ学者の説, 未だ学術上の調査, 未だ孫娘の行く, 未だ學校の中, 未だ學界に發表, 未だ宇之さんは帰らない, 未だまら, 未だ安心して, 未だ宋本を見る, 未だ宋板本を見ざる, 未だ完結せざるうち, 未だ宗教に情熱, 未だ官吏生活をし, 未だ官国奉幣の例, 未だ官報は見ない, 未だ官服のま, 未だ定まらないとのこと, 未だ定まらねば先生, 未だ定まり兼ねる足を, 未だ定まれる形を, 未だ定着したる理想, 未だ定説が無い, 未だ定論はない, 未だ宜しいが曲者, 未だ宝座の上, 未だが入らなく, 未だ実家へ帰る, 未だ実物を見た, 未だ実質的で写生, 未だ実験を経, 未だ実験中の新, 未だの前, 未だ宮さんの意見, 未だ家のちつとも, 未だし難く, 未だ宿屋の番頭, 未だ寂寥な眠から, 未だ寂心が手, 未だ密接だとは, 未だ密通いたとも, 未だ富まず兵未だ, 未だ寒きこの寥々, 未だ寒くつて海へは, 未だ寒気も強く, 未だ寝ずかいのう, 未だ寝たれど, 未だ寝ねずあるなり, 未だ寝足りないやう美しい, 未だ寡聞にし, 未だ實らざるに先立つ, 未だ實物に就い, 未だ寸志の御, 未だ封建を脱皮, 未だを授ける, 未だ射倒すことを, 未だ射手座の星, 未だ尋常に越, 未だ對象に對, 未だ小さな青い花, 未だ小僧っ子じゃない, 未だ小太郎のところ, 未だ小字を命ずる, 未だ小学校へも通つて, 未だ小学校二三年だつた, 未だ小川は唄, 未だ小林貞の居場所, 未だ小生の所有, 未だ小舎はなく, 未だ小規模の美術館, 未だ小身であった時, 未だ少いが分つ, 未だ少くとも二三ヶ月, 未だ少しく離れて, 未だ少なからず渾沌, 未だ少壮い時, 未だ少女歌劇の女優, 未だ少時惡體を吻, 未だからぬ, 未だ就かざる政友会は, 未だ就職運動どころじゃない, 未だず, 未だ尽きざるゆゑ此に, 未だ尽きず六十二万石の, 未だ尽さざる処あらん, 未だを曳い, 未だ尾根に出られない, 未だを卜, 未だ居らっしゃいましたか, 未だ居りましたらよくお, 未だ居る医者と, 未だ居るであらう譬ひ殺される, 未だ居屋敷も定まらず, 未だいて, 未だ届いていん, 未だ屋外は明るかっ, 未だ屋根に掴まっ, 未だ屋舎あらず人民ただ山, 未だ山上では春, 未だ山北に在, 未だ山口県にはいなかつた, 未だ山奥から雪代水, 未だ山陽に重き, 未だ崩ぜざるの時, 未だ嵯峨天皇の御製等, 未だ川べりの桃林, 未だ川風が薄ら寒い, 未だならざること, 未だ工場で試験中, 未だしたる困厄, 未だ左右のいづれ, 未だ左様だとも, 未だならず力, 未だ巨人島にわたらぬ, 未だ差し入れがない, 未だの知らない, 未だに上らなかつた, 未だ市場に出さない, 未だ市長の女, 未だもあげ, 未だと稱, 未だ帰らうともしない, 未だ帰らざるの人, 未だ帰らざるべし若しここ, 未だ帰らざれば今日, 未だ帰らなかつたのか, 未だ帰られず何か, 未だ帰りやせんが寄り道, 未だ帰る気配が, 未だ帰るべき時期でも, 未だ帰宅せず下女, 未だ帰納法で云う, 未だ帶方郡に太守, 未だを取りつけ, 未だ幕府に絶望, 未だの例, 未だ平常よりは人, 未だ平民社の二階, 未だ平生よりは多い, 未だ平野に立たざりき, 未だ年少有為なる僕自身, 未だ年齢も若い, 未だ幸いでしたよ, 未だ幽かであろうとも, 未だ幾何も経っ, 未だ幾日ごろごろして, 未だ広く容れられなかった学説, 未だ庄公は深雪, 未だの中, 未だ府下の新聞, 未だには着く, 未だ廃せられざるものが, 未だ廃止されて, 未だ廊下の片隅, 未だ見の, 未だく知られて, 未だ診から, 未だ廻禮のある, 未だ廿五歳の青年, 未だ廿六七なる怜悧, 未だ廿歳前らしき金鈕, 未だ弁護士の登録, 未だく行, 未だ弘通せず正師, 未だの細君, 未だ弱冠の史学家, 未だ強かった, 未だ強力な或, 未だ当の定らない, 未だ当分広くなるまい, 未だ当分お金は貰, 未だ当地の様子, 未だ当時の日本, 未だ彖象文言を見ざる, 未だ彫刻が解っ, 未だ影響を与える, 未だ彷徨して, 未だ彼処には一度, 未だ彼方を知らない, 未だ彼自らの手, 未だ彼處にてかの, 未だ往かざるかと貫一, 未だ往生出来ずと, 未だの人たち, 未だ後七哩ちかくまでも, 未だ後家の積り, 未だ得ざれど得る, 未だ得ぬにもあらで, 未だ得られもせず, 未だ得心行って, 未だ御存知ないの, 未だ御岳へ初, 未だ御座いますかと云っ, 未だ御意を得ず候え, 未だ御覧なさらないん, 未だ微々たるものである, 未だ微かな芽, 未だ微小でこの, 未だ心中の穢, 未だ心付かねどせつ, 未だ心配する者, 未だしも傑, 未だられずに, 未だ忘れかねてやはり, 未だ忘れられずにある, 未だ然しない, 未だ快からぬにや, 未だ念頭を去らず, 未だは解けず, 未だ怒つて御, 未だ怒号を止めない, 未だ思い付かないこの夏休, 未だ思うように, 未だ思はしくないね, 未だ思ひによりて, 未だ思わざるの論, 未だ思わなんだ, 未だ思想上文藝上何の問題, 未だ思慮も分別, 未だ思案が定まらぬ, 未だ思考中だ, 未だ怠りて参り見ず, 未だ急ぐ事で, 未だ恋したとは, 未だ恐れている, 未だ恢弘せず, 未だ恨み癒えず復讐の, 未だ息づいている, 未だ息まず琉球に, 未だ息女に與, 未だ悟らず悟りな, 未だ悟らぬか, 未だ悪魔を退治, 未だ悲しそうな, 未だ情熱がうちかえし, 未だ惡變せざるに, 未だ惨劇は起らなかった, 未だゆるに, 未だを悉, 未だ意外に低, 未だ意気を以て人, 未だ意氣を以て人, 未だ意識に入, 未だ愚かしい著作を, 未だ愚図愚図思ひ悩み誇張, 未だ愛宕下の方, 未だ感じた事の, 未だたらず御, 未だ慊堂の此会, 未だ慊堂日暦の丙申, 未だ慣れざる畑仕事を, 未だ慣れない様子誰か, 未だ慰められてはをらん, 未だ目を, 未だ憤つたことは, 未だ懐中には煙管筒, 未だ懲りないの, 未だ成らざりし先高天原に, 未だ成らずたとひ, 未だ成らぬ新造酒の, 未だ成り終らざるものに, 未だ成れるを聞かざる, 未だ成就致切不申, 未だ成立たずにゐる, 未だ成長せぬ間, 未だ我が物と, 未だ我が国に於, 未だ我兩人に如く, 未だ我国に翻訳, 未だ我国民により, 未だ我慢出来るとして, 未だ我瞳よりも小さく, 未だ戦おうという意気, 未だ戦地に出でたる, 未だ戦場の実地, 未だ戦慄の身, 未だ戦死しないぞ, 未だ戦災が及ん, 未だ戰場の, 未だ戻っていなかった, 未だ所々に雪, 未だ所天などを定められる, 未だ所謂官服で神楽坂署内, 未だ手当を出ししぶる, 未だ手術のない, 未だ手馴れぬためあの, 未だ挫くだけ, 未だ打たざる太鼓の, 未だ打ちたいのだろう, 未だ批判力もなく, 未だの疇昔, 未だ抜かすかこいつ奴, 未だ抜け歯の, 未だ抜け切らず咽喉も, 未だ押寄せて来ない, 未だであったか, 未だ招かれた事は, 未だ拝見しないもの, 未だ拵えてやらない, 未だ持たないのは, 未だ持久戦争から決戦戦争, 未だ指揮単位は大隊, 未だ挙げざるもの一が, 未だ挨拶もしない, 未だ振子の音, 未だ探知し得なかった古人, 未だ探究の端緒, 未だ推付けやうが悪い, 未だ描きはじめも, 未だ揺籃の時代, 未だ搖籃期にある, 未だ搾り切れずに幾分, 未だりて, 未だ支那の政治家, 未だ支那人と云う, 未だ支配的な階級, 未だ放ちも遣らず, 未だ政党内閣に可, 未だ政化を弘めず, 未だ政友会の進行, 未だ政友會の進行, 未だ政黨内閣に可, 未だ故郷の父母, 未だはれないと, 未だの何たる, 未だ敢えて一たびも, 未だ散らず空には, 未だ散りそうにも, 未だしれぬ試練, 未だ数十が挙げられる, 未だ数十年を出でずし, 未だ数学の発達, 未だ数年にすぎぬ, 未だ数年間を要する, 未だ数月ならずして, 未だ数箇月を経た, 未だ整わざるものは, 未だ整わなかったためであっ, 未だ整わぬうちに, 未だ整理せられざる切抜, 未だに關, 未だ數分ならざるに, 未だ數彈ならざるに, 未だを発表, 未だ文化の開けない, 未だ文句が有る, 未だ文学的なもの, 未だ文明の域, 未だ文殊と結び付けられ, 未だ文科の学生, 未だ文科大学生であ, 未だ文章に就い, 未だ文章家として立とう, 未だ文筆の人, 未だ斜面の下, 未だ斧鉞の入らざる, 未だ断つに及ばずし, 未だ断定し難し, 未だ斯様な悪い, 未だ新人諸君の詳説, 未だ新教を唱, 未だ新築に遑, 未だ方々の凧, 未だ方向の明らか, 未だ旅券を得ず, 未だ日の出を見ずし, 未だ日本に対する敵性, 未だ日本橋にあつ, 未だ日本民族は國家, 未だ日本語を忘れ, 未だ日清戦役前の半農半漁, 未だ日清戰爭中海城邊の戰爭, 未だ日限被仰出, 未だ旦那様は朝御飯, 未だ旧家の余勢, 未だ旧藩の出張所員, 未だ早稲田の書生, 未だ早計であるかも, 未だ早鐘のやう, 未だ昂奮の余勢, 未だ昇らず部屋の, 未だ明々白々の差引, 未だ明かならざりしためその, 未だ明かならざれど或, 未だ明かならず其智未だ, 未だ明け切らない中に, 未だ明け方には近づかう, 未だ明方までは十分の時間, 未だ明治時代のアセチレン, 未だ明確に反映, 未だ昔日の上士, 未だの光, 未だ春寒なので, 未だ春秋は製作, 未だ昨夜からの薄ぎたない, 未だには間, 未だ時々見懸けます, 未だ時折これを見る, 未だ時期が早い, 未だ時機熟せずとして, 未だ時鳥の啼く, 未だ晉書を見ざりし, 未だ晩秋で街, 未だ晴れてゐない, 未だ暖かかつた, 未だ暗かった, 未だ暗くならない中, 未だ暗に活躍しつ, 未だ暗黒で幾分, 未だ暮れきらぬ空の, 未だ暮れるには間, 未だ暮れ切らないで通行人, 未だ書くべき材料を, 未だ書斎は整理, 未だ書生上りの無, 未だ曾つてあるまい, 未だ曾つて人工呼吸法といふもの, 未だ曾つて嘘をついた, 未だ曾つて夜の寺, 未だ曾根は知る, 未だ最盛期に到来, 未だ月夜の梅, 未だ有つたね無い, 未だ有らずとの故, 未だ有らずして一箇, 未だ有名になりかけられた, 未だ有為な者, 未だ服さざりし毒の, 未だ朝日島を出, 未だ朝露に濡れ, 未だ朝飯を食つて, 未だ朝鮮を我屬國, 未だ木曾街道に汽車, 未だ発達の, 未だ未成品であつ, 未だ未成年であるとの, 未だ未来の所天, 未だ未熟だし, 未だ未熟者で個性, 未だ未知数なの, 未だ未踏の地, 未だ本件の眞意義, 未だ本元の巴里, 未だ本土空襲もなかつた, 未だ本懐は遂げません, 未だ本望をとげ, 未だ本統の急所, 未だ本質を衝い, 未だ本邦に例, 未だ本題に入らなかつた, 未だ朱房の十手, 未だは見, 未だ村内では斯, 未だ村里には灯, 未だ来ずもうホテル生活, 未だ来ないの, 未だ来ぬ前暁の, 未だ来ませんか, 未だ来らざればなり, 未だ来らぬを待ち, 未だをめぐらし, 未だ東京市井の住民, 未だ東京市街と住民, 未だ東西の學者, 未だ松陰を識ら, 未だにも就かざるなり, 未だ林田も木沢医師, 未だ果さずとあるを, 未だ果してゐない, 未だ果たさぬうちに, 未だ果てなかつたに島, 未だを交す, 未だ枯れもやらず, 未だ枯れぬ秋の, 未だ柏門に入らざる, 未だ染めずも, 未だ校長先生には御, 未だ根岸の姪, 未だ根本的解釈を得る, 未だ根雪を見る, 未だ桃花の觀, 未だで飲食, 未だ梅雨には入りません, 未だに残っ, 未だ森彦には一度, 未だ椅子にも掛けなかつた, 未だ植民地的な気風, 未だ植物の自然生北限, 未だならざる者, 未だ極らないが, 未だ極道な青年, 未だ榛軒に嫁, 未だ構成されたもの, 未だ様々な思念, 未だ横浜埋立事件の如く驚く, 未だ横濱埋立事件の如く驚く, 未だ櫛らず欄, 未だを談ずべからず, 未だ欧洲人に知人, 未だ欧羅巴では, 未だ歌留多に勝つた, 未だ歐學を知らざる, 未だ歐米の學界, 未だ歐羅巴的の社會生活, 未だ止まずして現今, 未だ止まない事が, 未だ止まるか止まらない, 未だ止めそうも, 未だならざるは, 未だ正しからずと, 未だ正体を誰, 未だ正午にもならない, 未だ正式に辯護屆, 未だ正直なる時代, 未だ此人の身上, 未だ此力に觸, 未だ此大佐とは甞, 未だ此府下に隠れ, 未だ此形式の神婚神話, 未だ此目的の半, 未だ此種のもの, 未だ此等のもの, 未だ此範囲に於, 未だ此職に馴れざる, 未だ此説話を十分, 未だ此點にまで達した, 未だ行くか, 未だ歩いてゐた, 未だ歩けますよ, 未だの根, 未だ歯痛みで死んだ, 未だ歸つて來ないと, 未だ歸らないの, 未だ歸着するところ, 未だ死せざりしものを, 未だ死なず彼食ひ, 未だ死なぬ其れ, 未だ死ぬといふ, 未だ死ねさうも無い, 未だの雪, 未だ残されていた, 未だ残された問題な, 未だ残して持っ, 未だ残暑も失せず, 未だ殘つて居ること, 未だ殺していませぬ, 未だ殿様株で立派, 未だ毎日のやう, 未だ毎日采配を振り, 未だ毎晩のやう, 未だ比較的食物は, 未だ比較神話学唯一の方法, 未だ毛糸のこと, 未だ民族の区別, 未だが着かず, 未だ気に入らないで, 未だ水田を作る, 未だ水色の霧, 未だ永いのだ, 未だ汚されず小児にと, 未だ汚されぬしかも愈々, 未だ汝等の國, 未だ江州に到らず, 未だ決するに至らざる, 未だ決然たる對立, 未だ決議には至らぬ, 未だ沒却理想を信じ, 未だ沢田と別れ兼ね, 未だ河内介と申され, 未だ河東の地, 未だ油断はなかっ, 未だ治癒せず歩行, 未だを会得, 未だ法力の薄, 未だ法恩を浴びず, 未だの間, 未だ泣かすかこの, 未だ泣かないと聞えた, 未だ泣く癖が, 未だ泥棒には慣れない, 未だ泯びず燈前月下五百年歓喜の寃家, 未だ洋服の儘, 未だ洗わずにある, 未だ洪水と云, 未だ活版と云, 未だねからざる, 未だ浅田方の警戒, 未だなどに降りる, 未だ浦賀街道から三崎, 未だ浪人して, 未だ浪曲師が椅子, 未だ海峡を渡つて, 未だ海底戰鬪艇の生命, 未だ残った雪, 未だ消えきらなかったのに月, 未だ消えざるが故に, 未だ消えずにゐる, 未だ消えぬかし, 未だ消え切らないで木々, 未だ消しては可, 未だ消費されない部分, 未だの顔面, 未だ涸れざる榎本は, 未だ涼み居るを瞥視, 未だ淋疾に罹っ, 未だ淨火の山, 未だ秘の, 未だ深々たる夜半, 未だ深からず歳末, 未だ深き執着に, 未だ深夜と云う, 未だ深雪の顔, 未だいけれど, 未だ清国より帰朝, 未だ清國より歸朝, 未だ清明にならぬ, 未だ清閑さへ得ない, 未だ減らないし小便, 未だ渡来して, 未だ温い手首を, 未だ温情を, 未だ渾沌たる創造前, 未だ渾然とした, 未だ湖水は睡っ, 未だ湯アガリの斡旋, 未だ満面に笑, 未だ溶けそうも, 未だ滅せざるが微か, 未だ滅びず中国に, 未だ滑稽を脱せぬ, 未だ滝野は身動ぎ, 未だ滞在して, 未だ滞留いたし居候得共, 未だ滿足な結果, 未だ漫遊の機, 未だ潜り入る事が, 未だ澄むことなく, 未だまない, 未だ瀬川君は学校, 未だに懸けず, 未だ火星天にて見ざりし, 未だ火焔に觸, 未だ火葬の無, 未だ灯火を見ない, 未だ為むやうあり, 未だ無事だな, 未だ無名の文士, 未だ無地で何, 未だ無垢なりし故郷, 未だ無理な腕力, 未だ無邪気な妹, 未だ無難であるが, 未だ然るべき配偶者を, 未だに蔽, 未だ煙草をのんだ, 未だ煤びずに白く鑿, 未だ照ちやんに悉く, 未だ熟さないのを, 未だ熟して居らぬ, 未だ熱病の際, 未だ燃えて居なかった, 未だ燃えさかり空一面に, 未だ燃えてる火を, 未だ燃えるだけ燃えた, 未だ点さぬ微, 未だき盡, 未だけず, 未だに残っ, 未だす無き能, 未だ父上の道中着物, 未だの行く, 未だ片言交りに, 未だ牛乳屋の車さ, 未だ牛車を止め, 未だ牡丹の花弁, 未だに馴れない, 未だ物言はざりし, 未だ特別会員にはなっ, 未だ特攻機の出現, 未だ牽牛では無かっ, 未だ狂女の音容, 未だ独り前の母, 未だ独り者らしいな, 未だ独自な性格, 未だ猖獗して, 未だ獲得せなん, 未だが何事, 未だ王化に染まず, 未だ王沢に霑はず, 未だ珍しかつた, 未だ珍しい時代であった, 未だ珍しかった火葬, 未だ現れておらぬ, 未だ現れないのであります, 未だ現われずしてまず, 未だ現世との連絡, 未だ現在必要になっ, 未だ現実的にはない, 未だ理性の問題, 未だ理想的とは申兼, 未だ理智の悟性, 未だ理由があります, 未だ甚だしく體力の, 未だ甞つて見ぬ騷方, 未だ生々しいところが往々, 未だ生々しく久保田君の, 未だ生まれて万年筆, 未だ生まれぬおぼろげな, 未だ生命の神秘, 未だ生延びておる, 未だ生意気なこと, 未だ生物のいか, 未だ生物進化論と自然淘汰説, 未だ生産物に具体化, 未だれ立, 未だ産後十七日位の身体, 未だ産毛のある, 未だ田畑を売り, 未だに從, 未だ申してくれました, 未だ申しませんが伯父さん, 未だ申し上げませんもの, 未だ男女別の時代, 未だ男子の奔逸, 未だ画作にも取掛らない, 未だ畚渡しの全廃, 未だ異聞怪談であつ, 未だも敷かぬ, 未だ當分來さうにない, 未だを決せざる, 未だ疲れてゐた, 未だ疲れざるさきに, 未だ疲れやしませんから暫く, 未だを知らず, 未だ病まざる人に, 未だ病人あつかいに, 未だ病体で到底, 未だ病原のつきとめられ, 未だ病院内の一切, 未だ症状が充分消失, 未だえずされど, 未だ痛む身体を, 未だ痴情の恋, 未だ癒えざるは必定, 未だ癒えず媾和條約, 未だ癒らなくて, 未だ発せられない前の, 未だ発現しないで, 未だ発育しない小さい, 未だ発車までは二十分, 未だ発音法に慣れない, 未だ登った人が, 未だ登場して, 未だ登山した人, 未だ發見されない, 未だ白人の雄心死, 未だ白無垢は脱がなかった, 未だ百合子が云, 未だ盛ならず國未だ, 未だ盛りあげられないためであります, 未だ盛んに民謡, 未だ盲戸は仲, 未だ直接言葉もかけた, 未だ相当に書ける, 未だ相応にこれ, 未だ相識の間, 未だ相識らざりしなり, 未だ県立師範学校がない, 未だ眞想がわからなかつた, 未だ眞赤になつて, 未だ真似られなかつたのである, 未だ真夏と云っ, 未だ真暗だ, 未だ真正なる民意, 未だ真珠の腕輪, 未だ真面目であった, 未だみやらぬか, 未だ眠いの, 未だ眠から醒めて, 未だ眠らでぞある, 未だ眠らぬか, 未だ眠りきってしまわず, 未だ眠るのは, 未だ眼耳抔の具, 未だ着けぬもの, 未だ着ないうちから, 未だ着られないことは, 未だ着手に及ばなかった, 未だ着物は木綿縞, 未だ睡っちゃいなかった, 未だ瞑せずして死骸, 未だりと, 未だ矢ツ張り心当りが無い, 未だ矢張人間だよ, 未だ知っていない, 未だ知ってるンだ, 未だ知つてゐないもの, 未だ知らず死して死せざる, 未だ知られざりし社會主義者又は, 未だ知られず今人なお, 未だ知られない奈落の, 未だ知られなかった新生面が, 未だ知りませんから誰, 未だ知り得ざるものを, 未だ知るべからず而し, 未だ知る舞いが用心, 未だ知れないと番頭ら, 未だ知れませんが全く, 未だの戸, 未だ石地蔵ほどの人間味, 未だ石油ランプを使っ, 未だ石鏃はなく, 未だ破壊に至らず, 未だ硬直がなく, 未だに御府内, 未だ碌々として居る, 未だ確りして, 未だ確保されて, 未だ確固たる飼犬と, 未だ確言するを, 未だ磯吉は怠惰者, 未だ示されてゐない, 未だ社会党を婿, 未だ社会的に無力, 未だの, 未だ神戸に居る, 未だ神秘に属する, 未だ神話に就, 未だ祭司長の云わざる, 未だ福岡市でこの, 未だ禽獣と区別, 未だ私以上のもの, 未だ私等の方, 未だ秋口の日中, 未だ科学的に確実, 未だ移して以, 未だ移らざるを, 未だ稚気を免, 未だ稿を完, 未だ稿半ばにも至つて, 未だるまい, 未だ積極に及ばずし, 未だの口, 未だ究め得ぬ所をまで, 未だ究理の不行届, 未だ空いた場所が, 未だ空家が残っ, 未だ空席あるところ, 未だ空惚けおるか, 未だ穿いていなかった, 未だ穿き慣れない踵の, 未だ立たざる以前の, 未だ立ちあがることも, 未だ立って居り, 未だ立言の功, 未だ竣功の期, 未だ競争時代にある, 未だ竹簡に載せられ, 未だ笑ってやがる, 未だ笑つてゐるのに, 未だ筐底に蔵め, 未だ筑紫でも栽培, 未だ答案は全部, 未だを累, 未だ篠田さんをお, 未だ篠谷に譲り渡した, 未だ米国人オスボーンの妻, 未だ米国国会図書館の組織, 未だ米国婦人の獲得, 未だ粘りが有ります, 未だ精神の愉快, 未だが生々しい, 未だ紀州の調べ, 未だを放たず, 未だ紋服を脱ぐ, 未だ納得しないとは, 未だ粹の, 未だ紛争が絶えぬ, 未だ紛爭が絶えぬ, 未だ素人としか見られない, 未だ素直には表, 未だ検せぬ, 未だ紹介されて, 未だ終っていない, 未だ終らない中に, 未だ終わらぬ中に, 未だ組んだり離れ, 未だ組織づけられて, 未だ経済の立たん, 未だ結婚以前だつたいま, 未だ結婚前の写真, 未だ結構一夏位着れる, 未だ給金を極めなかった, 未だ絶えてゐなかつた, 未だ絶えざるに厄, 未だ絶えず前年たまたま, 未だ絶え果てぬを見, 未だ絶望とも思われぬ, 未だ絶海の離嶋小笠原, 未だざる大, 未だ經驗せざる處, 未だ続きさう, 未だ続くであらう彼女等, 未だ続けて居つたでせう, 未だ締らぬ仔獅子首, 未だ締切り日までには二三日間, 未だにつかない, 未だ繁盛して, 未だ繩目もゆるされいで, 未だ纏った考えと, 未だりの, 未だ罵倒すべき巨幹, 未だ羅馬國教たらざる時, 未だ美しい盛りだ, 未だ美人を得ざる, 未だ義人の裔, 未だの近年, 未だひたて, 未だ老いず焉んぞ駑馬視, 未だ老中にならなかつた, 未だふるに, 未だ考えられない間が, 未だ考える可き, 未だ考へずと雖, 未だ考へてないもの例之ば, 未だ考へぬ所である, 未だ考へる餘裕も, 未だ考定の材料, 未だ耐える力を, 未だ耕さざる水田一面水草を, 未だ耕作されて, 未だ聖徒と伍, 未だ聞えぬに斥候, 未だ聞かずという最初, 未だ聞かぬ時々言葉, 未だ聞かれずや大臣殿, 未だ聞き給はずや, 未だ聞きしことなかりき, 未だ聞きたいのか, 未だ聞き得ず知るを得ず, 未だ聞せて遣る, 未だ聞知せざる牧, 未だかざりし時, 未だせず, 未だに荷, 未だ肩揚のとれない, 未だて散ぜず, 未だ肺炎と定まった, 未だのぬく, 未だ背けたる面を, 未だ胸中の工夫, 未だ脇目には壜型, 未だ脇腹を押え, 未だ脈搏は少し, 未だを踏む, 未だ脱しきれない事態であろう, 未だ脳裏の猛々しい, 未だを揚げ得ない, 未だ臆病さうな顔つき, 未だ臥せらぬのか, 未だ自ら十分に體得, 未だ自分どもの力, 未だ自動車に最も, 未だ自害はせぬ, 未だ自然主義の懐疑時代, 未だ自然的素質を征服, 未だ自由詩などというもの, 未だ自覚せず, 未だ至らず彦根の, 未だ至らないと云, 未だ至らなかったところへ, 未だ致死の病, 未だ臼挽も濟, 未だ之助, 未だ興行界を引退, 未だ舊波斯民族の信頼, 未だ舗装してない道路, 未だ舞台の広大, 未だ舞踏の芸術, 未だ船影なきまでには, 未だ船渠を出ぬ, 未だに乘, 未だに踏張つて, 未だ良い記事を, 未だ良師を得ません, 未だ色彩を有, 未だ色気が有る, 未だ芥川氏にも尋ね, 未だ花々しく戯曲, 未だ花天月地を見なかつた, 未だ花束をと, 未だ芽ぶいていない, 未だ芽吹かないと謂っ, 未だ若しとする, 未だ若干の遺物, 未だ若殿は立上りそう, 未だ若葉青葉の新緑, 未だ若輩の積り, 未だ苦い語気が, 未だ苦しまなくてはならない, 未だ苦労の多, 未だ苦吟の傷痕, 未だ英国に日本人, 未だ茶屋酒の味, 未だ茶碗や箸, 未だ草分け時代の空気, 未だ草創のま, 未だ草土社ではありません, 未だ草鞋ばき, 未だ荒壁が塗りかけ, 未だ荷車を引く, 未だ荷造りのま, 未だ莨入を忘れ, 未だ菓子を味, 未だ華盛頓府に達する, 未だ萌えず路傍の, 未だ萌え出るに及ばずし, 未だ萎れて居ぬ, 未だ萬卷に達せず, 未だ落ちざりければギリシア軍オデュセウス, 未だ落ちた許り, 未だ落ちつくところに, 未だ落胆するには, 未だ落魄れて町, 未だの結ぼれた, 未だ葬われないという次第, 未だ葬列のなが, 未だ蒼空が見えた, 未だ薄うござります, 未だ薄暗い内に, 未だの花, 未だ藤龍軒を師, 未だ藪蕎麦の灯火, 未だに食われ, 未だ虎嘯せざりしとき, 未だ處女らしいところ, 未だ蚯蚓酒を飲んだ, 未だも乾かぬ, 未だ血の気の生々, 未だ血肉とならざりし, 未だ衆軍の擧ぐる鯨波, 未だ行き違いの, 未だ行き渡り居らさるとに, 未だ行ってみた, 未だ行なわれようとはしなかった, 未だ行われる証拠に, 未だ行在の陷落, 未だ行方が判然, 未だ衣笠山の花, 未だ表現を知らぬ, 未だ衰殘減少に傾かざる, 未だ西来せざる時如何, 未だ西下するを, 未だ西欧の評壇, 未だ西歐の評壇, 未だ西洋文明の精神, 未だ見えずとして謙り, 未だ見ざりしその, 未だ見たること無き, 未だ見つからないんだって, 未だ見られないが左手, 未だ見るを得ざる, 未だ見るべき著作が, 未だ見出すことが, 未だ見及ばず聞及ばぬが孔子, 未だ見及ばず聞及ばぬでござるがと談話, 未だ見知らざる地への, 未だ見識らぬ人, 未だ見込みがある, 未だ的證據では, 未だ視るを許されぬ, 未だ覚えている, 未だ覚え知らず五月雨の, 未だ覚めていたらしい, 未だ覚めざるものを, 未だ覚めやらぬ夢の, 未だ覚めんのだ, 未だ覚醒せず体温三十五度五分, 未だ親子で乞食, 未だ親父が生き, 未だ観察しないもの, 未だ観音経は読み申さず候え, 未だ覺めない, 未だからねえ, 未だ解けぬ蘆の, 未だ解らないのエ, 未だ解放されなかった, 未だ解釈の道, 未だ解釋せられざりし者, 未だ触れたことも, 未だ言い了らぬ, 未だ言い渡さぬけれど秀子, 未だ言ってないが私, 未だ言出でざる時, 未だ言語を善く, 未だ計量する能, 未だ訊問に耐えられ, 未だ討てぬか, 未だ討てんか, 未だ記憶せらるる処, 未だ記録の上, 未だ許さず生きんが為め, 未だ許さぬ彼人に, 未だ許可とってないから, 未だ訳語の極まらぬ, 未だ証拠が立, 未だ証據だて, 未だ試みざるものなる, 未だ試験慣れのせぬ中, 未だ詩人の帰つて, 未だ話さなかったかと思う, 未だ話し込んでいた, 未だ該犯人の捕縛, 未だ詳明するを, 未だ認めずや, 未だ認識せず商売, 未だ誘惑されて, 未だて詳, 未だ語らざるにはやくも我心, 未だ語らない幾多の, 未だ語り厭かぬ間に, 未だ語り得ない事実を, 未だ語気が求心的, 未だ誠に至らずなど, 未だ説かざりしが明治以前, 未だ説き及ぼさざる言語道断の, 未だ説破しない所, 未だ読まざるものは, 未だ読みもせぬ, 未だ読書を制め, 未だ誰一人として見た, 未だ誰人もこの, 未だ調べた訳で, 未だ調子が本当, 未だ調査せざるも, 未だ調理されざる肉, 未だ談ずるに足らず, 未だ論理学には熟, 未だふ所, 未だ謙遜のこ, 未だ講ぜしことあらず, 未だ警察に知れ, 未だ議會の過半數, 未だ議論は結了, 未だ讀まざるものなり, 未だ讀まない方の, 未だすること能はず, 未だ豫備行爲に入, 未だ負うている, 未だ負けを承服, 未だ負けんぞナニ感心, 未だ貧乏もせざることならん, 未だ貫通せざる死刑銃弾, 未だへない, 未だ嬢の, 未だ貴きアルリーゴを, 未だ貴君には一面識, 未だ買い得ないで其行末, 未だ賃銀の低落, 未だ資本主義興隆期に向っ, 未だかで三味線, 未だ賤業に陥らぬ, 未だ質入れは致しません, 未だを執らざる, 未だ贅沢をいう, 未だ赤い手柄を, 未だ赤ん坊臭い泣き聲, 未だ起きざる前に, 未だ起きないねこの, 未だ起き出て来ない, 未だ起たざるに出, 未だ起たずと思つて英本土, 未だ起つてゐない, 未だ起らざりし時代に, 未だ起らざる以前既に, 未だ超然たり得ない, 未だ越中の領分, 未だ足らじや, 未だ足らずして私徳, 未だ足らず進んでさらに, 未だ足らぬから次に, 未だ足りません約束は, 未だ足留めをし, 未だ踏まない深山幽谷の, 未だ踏んでみた, 未だにならぬ, 未だの落ち着き, 未だ軍人に匹敵, 未だ軽々に之, 未だ軽々しく感慨する, 未だ軽いながらも到底, 未だ轉び出でぬ間, 未だ辛うじてほんの些か, 未だ辛棒も出来る, 未だへ戰, 未だ近代啓蒙時代にあった, 未だ返さぬか一体, 未だぶるあたは, 未だ迷宮に入らざる, 未だ退かぬ由にて, 未だ退院の出来ない, 未だ逃げもせず, 未だ逃げ歩く積りです, 未だ途中だ, 未だ逗留して, 未だ這入れないけれど散歩, 未だ通知も届かぬ, 未だ通読しきれぬの, 未だはない, 未だ逢著したこと, 未だ逮捕されません, 未だ進まず科学未だ, 未だ進達して, 未だひ歩き, 未だ遂げずと云, 未だ遂げぬうちに, 未だ遅しとなさざる, 未だは向かなかったらしい, 未だ遍からざる野, 未だ過ぎ去らないものであり, 未だ過去のこと, 未だまねど, 未だ道幅狭くなだれ登り, 未だ道楽も止まぬ, 未だ道路が開けない, 未だ達せざりし所の, 未だ達せなかつたと見える, 未だ達らずと, 未だ達人の藝, 未だ達摩をかき, 未だ遠きこと政府の, 未だ遠ざからずしてまず, 未だとして依る, 未だ適当な邦語, 未だ適當なる史料, 未だくは, 未だ選手が繰込まぬ, 未だ避難し得ない牛, 未だ邂逅せず, 未だ郡吏だとか, 未だ部分的欠陥はある, 未だ部屋住にて平太郎, 未だ部屋住同様の上, 未だ部落を成す, 未だにかへりたる, 未だ都大路には正月気分, 未だ鄙陋を免れざる, 未だ酒盛りにとりかかつた, 未だ酔つてゐた, 未だ酔ひを醒し, 未だ酔漢の運動状態, 未だならざるを, 未だ醒めざるの証拠, 未だ醒めざれども更に, 未だ醒めず書読む, 未だ醒めずして陰, 未だ醒めず動くものと, 未だ醒めぬのかも, 未だ怪に, 未だ醫者も來, 未だ釈然たらざる織田信雄, 未だ里人に同化, 未だ武に対して, 未だ重要なること, 未だ野らから歸ら, 未だ野蛮の境遇, 未だ金属の刃物, 未だ釣るされた儘で, 未だ釧路に出でざる, 未だ鈴手綱の端, 未だ鉄道馬車が走, 未だ鉱毒は停止, 未だに成る, 未だを生ぜざる, 未だ鍬鋤を棄て得ない, 未だをかけない, 未だ鎮火りも, 未だに向, 未だ鐘つき堂の石垣, 未だ鑛業を停止, 未だ長い旅を, 未だ長吉と面, 未だ長女のお, 未だ閉ぢざる間にひとり, 未だ閉鎖に及ばず, 未だ開いたなりに月, 未だ開かざれど岸, 未だ開かぬころであった, 未だ開かれざる天との, 未だ開けず山に, 未だ開けなかった時代には, 未だ開幕をしらす, 未だ間に合わぬので高利貸し, 未だ間接で其望, 未だ間暇に御, 未だを越え, 未だ父さんの, 未だ阿部侯の原, 未だ降らずと, 未だ降りて行った, 未だを布かざる, 未だれないから, 未だ除かざる驚怖, 未だ除かれざるものが, 未だ除かれずこの事, 未だ陳べ終らざるに我, 未だ陸奥の姿, 未だ陽日の赫燿たる, 未だの席, 未だ階下ばかりしか入った, 未だ階段の中途, 未だ階級本能のあまり退化, 未だ随筆が書けない, 未だ隔靴の憾, 未だ隠すか, 未だ隠れたままで, 未だ隠居をなさる, 未だ隻音をも發, 未だならざる, 未だ雅量にも堪へられず, 未だ集りませんか, 未だ雑誌の題, 未だ離れしことあらじ, 未だ難しとなさざるべき, 未だ雨雲が掛かっ, 未だも留まらない, 未だ電灯や瓦斯, 未だ震える程の, 未だが結んだ, 未だ霞亭東徙後の書, 未だ青いというもの, 未だ青き稲田を, 未だ青く殘つて居, 未だ青春の名残り, 未だ静かなの, 未だ静まらない形で, 未だ非難攻撃という程, 未だ面白い事が, 未だ面相接して, 未だが固まらぬ, 未だ音律的なる活動, 未だ頑張って, 未だ頑張るんだ, 未だ頼み難し, 未だを見ず, 未だを見知っ, 未だわれずに, 未だを納受, 未だ類例を見ない, 未だるに, 未だも荒まず, 未だ風巻の季節, 未だ風韻の神, 未だ飛び得ざる雛に, 未だ飛べない羽を, 未だ慣れぬか, 未だ食べられたが困った, 未だ食わざるものを, 未だ飲む算段を, 未だ飲んでゐた, 未だ飲干さなかった先生は, 未だ飽かず風雪人を, 未だ飽き足らぬ節あり, 未だ飽和点に達しなかった, 未だ飽足ず私, 未だのない, 未だと成らざる, 未だ馬上にいる, 未だ馬場の籍, 未だ馬車は来ない, 未だ馴れぬ旅ご, 未だ馴染も薄い, 未だ駄目だね, 未だ骸骨の言, 未だ體内に殘つて, 未だ高くて篩, 未だ高度に達し, 未だ高等商船を出た, 未だ高等学校内の少年, 未だ高輪田長三の悪事, 未だ髪の毛などを垂げ, 未だが有りました, 未だ鬨の声ばかりで, 未だ鬱憤を向けるべき, 未だを持たなかった, 未だ魏軍の起たない, 未だ鳥目の勘定, 未だ麟太郎といっ, 未だ麟閣に上らず, 未だ麦藁の方, 未だ黒かったが, 未だ黒死館のどこ, 未だ黙つて居る, 未だを垂, 未だ騰せざるに