青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「木立~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

期待~ 期間~ ~木 木~ 木の葉~ 木下~ 木戸~ 木曾~ 木村~ ~木立
木立~
木綿~ ~未だ 未だ~ 未亡人~ ~未来 未来~ 未練~ ~末 末~ ~本

「木立~」 1907, 21ppm, 5591位

▼ 木立~ (823, 43.2%)

59 中に 31 間に 30 間から 23 中へ, 中を 21 中の 18 間を 16 上に 15 なかに 13 蔭に 11 中で 10 下に, 下を 9 奥に 8 影が 7 中から, 奥へ, 蔭から, 陰に 6 下の, 中には, 向うに, 隙間から 5 かげから, なかで, 幹や, 蔭へ 4 あいだから, あいだに, 前に, 奧に, 梢を, 空に, 繁みに, 蔭を, 間には, 隙から

3 [16件] あいだを, かげに, 中では, 奥の, 奥を, 姿が, 影も, 影を, 方へ, 枝が, 深い中, 茂みの, 蔭で, 間の, 陰へ, 隙間に

2 [33件] あなたに, あひだ, ある所, かげの, ところで, なかから, なかの, なかへ, 上には, 上を, 下で, 中, 中でも, 中や, 中深く, 向ふ, 多い洋風擬, 奥が, 奧で, 小道を, 年中日の目, 幹も, 影から, 影に, 深い山, 深みへ, 湯という, 濃い緑, 繁みの, 色鮮かな, 間で, 間花の, 闇を

1 [300件] あいだ, あいだの, あいだは, あたりから, あたりで, あたりに, あたりへ, あなたを, あなた遙かの, あるの, ある広い, ある庭, ある斜面, ある断崖, いやしげき, うしろの, うす暗いなか, うちに, おくへ, おひかぶさ, かげで, かなたに, かなたへ, ことも, こんもりした, ざわめきや, ざわめく音, しげしげとして, しげったところ, そぞろ歩きが, そばに, そばには, そよぐもと, たちこんだ間, ために, ところどころで, ところへ, ない山, なかからか, なかからは, なかまで, なかや, はるかな, はるか彼方に, ひまに, ひまも, ふかい中, ふかい城内, ふかみで, ほうへす, ほろろ寒い, まばらな, まわりに, むこうに, むこうの, むれ, やうに, ゆるげるのみ, 一本へ, 上から, 上からは, 上で, 上へ, 上二段ほどの, 下, 下から, 下には, 下は, 下へ, 下まで, 下をば, 下影, 下草に, 中であった, 中でした, 中なんかへ, 中は, 中へと, 中より, 中腹に, 中荷抜屋仲間の, 倒影を, 側を, 入口まで, 内の, 冬の, 冬枯やがて, 前から, 前を, 前景と, 匂い苔, 参道は, 句に, 向うには, 向うは, 向う屋敷の, 境に, 外から, 外に, 外には, 外は, 外へ, 外れの, 多いその, 多いアスフアルト, 多い小さな, 多い小ぢんまり, 多い広い屋敷, 多い東京郊外, 多い裏庭, 多い裏通り, 多い道, 多い邸宅, 多かった, 多くは, 奥から, 奥でした, 奥は, 奥まった辺り, 奥や, 奥所夜は, 奥深く奥庭, 奥深く巍然, 奧が, 奧の, 奧所夜は, 姿は, 孰れ, 家を, 寂しげに, 寂の, 尽きるところ, 山ごえ, 山野も, 崇高な, 崖の, 幹, 幹に, 幹まで, 延長の, 影さへ, 影では, 影でも, 影などが, 影の, 影まで, 影田の, 彼方で, 彼方に, 彼方には, 彼方へ, 彼方を, 彼方少し, 後は, 後ろに, 怒鳴りの, 息ご, 戦ぐ音, 斜向うの, 方に, 方は, 明るい緑, 暗いの, 暗い中, 暗い梢, 暗い細道, 暗い緑色, 暗がりで, 暗がりへ, 暗を, 暗闇へと, 有無とか, 木膚かがやき, 枝から, 枝の, 枝を, 根本の, 梢から, 梢が, 梢と, 梢などの, 梢なども, 梢に, 梢にかけて, 梢には, 極めて黒き, 様子も, 横に, 殆ど真暗, 浮模樣, 深いあたり, 深いが, 深いの, 深い一廓, 深い処, 深い夕靄, 深い山々, 深い此, 深い熊笹, 深い痩尾根, 深い谷, 深い風景め中, 深げ, 湯の, 濡れた姿, 無い点, 片隅の, 疎くな, 石だ, 神さびた奥, 稍や, 空洞の, 窪みから, 立ち續い, 紅葉や, 細いすき, 細道を, 緑をか, 繁った急峻, 繁った暗, 繁つた陵が, 繁みには, 繁り方, 繁り深き, 繁茂した, 續き, 群が, 群れが, 背ほのかに, 色が, 色と, 色の, 芽も, 茂った中, 茂った山, 茂った林, 茂った森, 茂って, 茂りから, 茂りに, 茶褐色が, 落葉林, 葉が, 葉に, 葉の, 葉は, 葉土ほこりに, 葉影に, 蔭でも, 蔭なぞに, 蔭にわ, 蔭の, 蔭研究室と, 薄い処, 薫りや, 街道を, 裾を, 裾模様は, 輪郭が, 辺で, 迷宮の, 逆様に, 連った, 都を, 間, 間が, 間とか, 間などから, 間なる, 間にも, 間は, 間へ, 間や, 間より, 間をも, 闇へ, 陰から, 陰の, 陰翳が, 隙を, 隙間や, 隙間より, 隙間百姓家の, 雑木落葉を, 青々した, 青々と, 青い仄暗さ, 青い日影, 青葉に, 静寂は, 頂きに, 頂きまでが, 頂き越し, 風趣までも, 騷ぐ音が, 鬱々と, 鬱蒼と, 黒い影画, 黒い棒, 黒ずんだ蔭

▼ 木立~ (194, 10.2%)

7 あって 6 ある 5 茂って 4 繁って 3 矗として, 透いて 2 ありそれ, あれば, ないから, 影を, 月の, 深いので, 深くて, 燃えだしたが, 茂つてゐる, 走る

1 [146件] あたま, あちこちに, あったが, あったり, あつた, あつて, ありました, ありますね, ありカモテ, あり広い, あり灌木, あり遠近, あるが, あるきり, あるには, あんまり暗く, いつか並樹にな, おりからの, か黒く繁っ, きれいに, ぎっしりと, くれに, こんもり茂っ, しと, じき近くに, すくすくと突っ, すぐ右手, そこだけ, そこのみが, その辺, そびえて, それ程珍, たくさんあっ, だんだんと, ぢき, どの木, ないので, なくなったの, また隠れる, まばらな, みえて, みえ部屋, ボーッと, 一列に, 一斉に, 一杯に, 一様に, 並んだ画面, 並木の, 並木状を, 低いので, 何か, 余りに多い, 其側に, 其処には, 冷たい, 口笛を, 吼えたよう, 四方を, 四辺を, 四邊を, 四阿の, 墨絵の, 多い, 多い豌豆, 多くて, 多くは, 太陽の, 如何にも静まり返っ, 密生し, 密蔽し, 小さく然, 少し多い, 少ないので, 待ち構えて, 撮り易い, 新たに, 明るい反射, 有るばかり, 枯蘆の, 梢の, 植えられるの, 残って, 残ってる奥, 沼の, 深々と, 深い, 深いと, 深くなっ, 湿った空気, 濃くな, 燃えだしたという, 燃えだしたといふ, 爽やかに, 現れて, 瓦に, 畦道の, 疎らに, 白く煙っ, 白み渡った星空, 盡る, 目に, 目のあたりに, 眼立っ, 私の, 稍, 空に, 立って, 続き高く, 続く, 緑の, 繁り合って, 繁り増さり気味, 置いて, 自然の, 芽を, 蒼黒く, 蔽いかかりこの, 薄くなっ, 薄らぐと, 行く馬の脚, 行けども, 西あかりを, 見えその, 見えた, 見えはじめこの, 見えるだろう, 見え大きい, 見え大きい白い, 見下され茂み, 見出された, 透間もなく, 途切れて, 途斷えて, 道の, 長い葉, 開けて, 青い芝, 頭上を, 風穴を, 高くひろい谿間, 高麗垣の, 鬱蒼と, 魔の, 黒味を, 黙って

▼ 木立~ (179, 9.4%)

6 透して 4 くぐって 3 抜けて, 抜けると, 楯に, 縫って, 見て, 越えて, 透かして

2 [12件] うしろに, くぐり藪, 倒に, 分けて, 前に, 後に, 押し分けて, 眺めて, 聳か, 背に, 見る, 見れば

1 [124件] お縁側, かき分けて, くぐり建物, くぐり母屋, くぐり険路, さまよ, したって, すかして, すけて, そのままに, たもとほり, ちかぢかと見つ, ちらりと上目がち, つき抜けて, とおして, なして, はなれて, ひかえた農家, ひかえて, ひかへ, ふるひ草, へだてた秋山川, もれる斑ら, もれる日, スラスラと, 並べる, 仰ぎます, 仰ぎ溝, 伐り開いて, 作って, 写生し, 分け岩角, 利用し, 叩いて, 周囲に, 囲む鉄柵, 圧して, 巡った, 帶ぶる, 廻って, 形つて居る, 心に, 愛するもの, 愛する者, 手当り次第叩き, 抜き颯と, 抜けた私, 抜け出ると, 抜け切ると, 抜け笹原, 拔け, 拔けて, 指して, 捜り, 掃いた靄, 揺がすもの, 揺すって, 揺るがせ灌木, 揺るがせ黒, 映して, 東沢の, 横ぎったあとから, 横に, 歩み尽きて, 歩み盡, 洩るゆ, 洩るゆう日朱, 洩れて, 洩れる音, 浮べ文字, 深くつ, 漏れて, 潜って, 潜り抜け一散, 為す木立, 照し, 珍しいと, 現わし, 目あてに, 目がけて, 相手に, 眺めた丈, 立ちこめつ, 縫いながら, 縫い藪, 縫うて, 縫ひ, 背景として, 背景に, 背負って, 背負つた様に, 背負つた樣に, 行けば, 衝き抜け可, 覆って, 見おろして, 見おろすホテル, 見たてて, 見ました, 見ればか, 見廻して, 見廻わ, 見透したり, 越した家, 距て, 距てた, 辷って, 逃げて, 通りすぎると, 通り抜け見ると, 通る長, 過ぎる風の音, 遠く離した, 避けて, 隔て, 隔てて, 離れて, 離れると, 離れるに, 離れるに従い, 顋で, 風の, 騒々しく鳴らす, 騒がせて

▼ 木立~ (165, 8.7%)

7 囲まれて 6 遮られて 4 きて, なって 2 なる, 囲われて, 圍まれて, 暑き蝉, 蝉の, 隠れて, 響いたり, 鳴いて

1 [128件] あちらこちら遮られてる, かかってから, かくれつつ, かけた蜘蛛, かこまれた一段歩, かこまれた一軒, かこまれた小さな, かこまれた最も, かこまれた稲荷堂, かこまれた茅屋, かこまれて, きのうも, きょうきょうと, さえぎられて, さしかかった時, さへぎられて, しがみついた蝉, そ, たかく谺, とりかこまれた陰気, とり囲まれて, なつて, まだあの, カラカラと, チラチラと, 一本の, 中って, 交つて多く, 交つて最う, 交つて柿の, 充満し, 入らうと, 入ると, 包まれたとある, 包まれた百戸足らず, 包まれた轟邸, 化して, 南を, 取り囲まれて, 取り囲まれ幅四間, 取り圍まれ, 取り巻かれて, 向って, 吹きつけるの, 吾旗を, 和鳴する, 囲まれた十坪, 囲まれた小, 囲まれた少し, 囲まれた昼, 囲まれた立像, 囲まれた裏手, 囲まれた離れ座敷, 囲まれ前, 囲まれ古, 囲まれ宏大, 囲まれ立って, 圍まれた, 圍まれたる, 塞がれて, 夕明りが, 夜の, 射し渡り鳥, 小鳥籠が, 山蚕ゐる, 忍ばせて, 思いを, 感じられた, 慴え, 接した青い, 接しては, 日の, 時々冷たい, 暗い坂道, 止まりました, 気味悪くこだま, 沈みかけた所, 沿うたり, 法師蝉が, 消え入る余韻, 潜り込む人ひとり, 潜んで, 濺ぐ雨を, 熬りつき出した, 燃え移った, 生々した, 白く水気, 白樺が, 目印を, 程よく囲まれた, 突き当った, 立てかけた, 終日ひびく, 縁どられだす川沿い, 群るる, 若葉の, 落ちて, 落葉しげし, 蔽われて, 蔽われ所々, 蝉しぐれが, 覆われた部落, 見えかくれす, 見え隠れし, 見とれるこの, 見出すこと, 谷間に, 谺した, 距てられた, 身を, 近い人気, 迷って, 透かして, 這入った, 這入ると, 過ぎないよう, 遮ぎられて, 野葡萄の, 隠れたが, 隠れた方, 隠れると, 隠れるの, 隠れ灌木, 雨の, 風が, 鳥は, 鳴り騷, 鶫むれとぶ

▼ 木立~ (81, 4.2%)

2 づれに, 此方の

1 [77件] いつのまにかきられ, うぐいすに, お前が, この世とも, こぼれ日の, ごく短い, さっさと通り抜け, さも頼り, しょんぼりと, すっかり枯れ, すつかり, すべて静かな, その煙, なんとした, ひかり, ふたたび林, ます, ますます黒く, まだみんな, まだ他, まばらに, みんなうす紅く, みんな身震いを, もちろんの, ものうげ, 一きわ人の, 今より, 今日他所の, 全く尽き, 八幡の, 其枝を, 冬の, 冬枯れした, 到る処, 午後の, 去年の, 垣の, 外苑です, 大きくまばたく, 大抵椿, 奥深かった, 寒い凩, 寒い木枯, 少し疎, 巧に, 彼女たち二つの, 後方は, 思いの外浅く, 星晴れの, 未だひっそりと, 東邦風に, 松の木で, 枝が, 枝を, 根こそぎ払われ, 次から, 次第に濃く, 毎日風の音を, 波が, 流石に, 涼むに, 深いため息, 深く道, 疎らで, 皆一様に, 紫の, 繁って, 色づいて, 薄くなる, 見えたり, 見えて, 見違, 赤裸に, 轟々と空, 鉄の, 青黒い夜, 音を

▼ 木立~ (52, 2.7%)

4 家も 3 茂けれ 2 あるが, 藪も, 見えず降りみだる, 見えず降り乱

1 [37件] この數日急, さびしく野, すべてあと形も, そのなか, それから, たくさんしげっ, ところどころ, なく草原, なく道, なしに, もうほとんど無い, やぶも, 一つの, 一切見えなかった, 一杯埃, 先生の, 地上に, 塀の, 奥暗き, 少く農夫, 幽邃である, 我れなり, 日の, 木立を, 淡い紅葉, 盡き, 目に, 眠って, 硝子に, 稍や, 芽ぐんで, 草叢も, 草地も, 遠方に, 雲も, 黒く何となく, 黒ずんで

▼ 木立~ (40, 2.1%)

2 家屋が, 岩などで, 草むらの

1 [34件] いつも雨戸, そして厳しい, オペラの, ナノミ樫椿桜なぞの, 丘や, 人家や, 其処に, 凝ったお, 叢や, 垣根の, 大気が, 子供達の, 家影を, 小径が, 屋根の, 建物の, 暗い森林, 木立の, 村落の, 林が, 林に, 林を, 楢櫟楓栗等の, 檜皮葺き, 浄水池の, 淨水池の, 灌木の, 空を, 築山が, 築山や, 茂や, 草叢が, 草叢を, 赤さびた

▼ 木立~ (29, 1.5%)

1 [29件] なって, 一緒に, 云い朝, 冷たい空気, 同じよう, 城門の, 壁を, 山の, 山門が, 川とが, 庭園と, 建物の, 月光此等の, 木立との, 森, 槿の, 水たまりの, 沼が, 碑とが, 芝生との, 花園に, 花壇で, 落葉の, 鏡の, 雑草との, 雑草ばかり, 青い水, 青蘆の, 題する一冊

▼ 木立ちの中~ (27, 1.4%)

2 へはいっ

1 [25件] からウシッ, から塔, から小林君, から見知った, では, で刀, で白兵戦, で魔人, にすばやく, にはいっ, にはいった, にはバイオリン, には互いに, にチラチラ, に交つて, に入っ, に土手, に姿, に物, の一本, へどうして, へ駈け込みました, を三人, を縫つて, を進み始めた

▼ 木立から~ (23, 1.2%)

2 他分旧暦七月の

1 [21件] ザワッと, ボカリと, 中門の, 叫んだ日本左衛門, 少しばかり, 思い出した様, 抜けて, 時どき彼女, 木立の, 林林から, 漏れて, 立ち出でた, 竹藪へ, 素早く離れ, 落葉まで, 藪へ, 身を, 軋みめぐッ, 雨の, 音が, 飛び出して

▼ 木立ちの~ (19, 1.0%)

1 [19件] かすんだ中, ごとく群がりたり, しげり栄えて, ない小さい空地, なお見える, むこうに, 作って, 向こう二歩, 多い街道, 深いこの, 燃えの, 物淋しい感じ, 終わり軒並み, 美しい築山, 薄い所, 薄暗いところ, 見える方, 震える頃, 騒ぐ音

▼ 木立ちの間~ (18, 0.9%)

3 をくぐっ 2 を私

1 [13件] から暮れ, から漏れ, である, にひらけ, に一つ, に出, に暖かく, に行なわれ, を向こう, を吹い, を見つめた, を通して傾斜, を通して恵那山麓

▼ 木立~ (18, 0.9%)

1 [18件] あぶらぜ, その後が, その木立, やって, やつて, やや芽ぐみ始めた, 二人の, 啼いて, 囲まれて, 埋まって, 小鳥が, 怒鳴りや, 暗かった, 深更と, 白衣の, 蝉が, 足下では, 鳥が

▼ 木立~ (10, 0.5%)

2 かけて 1 かくれやがて, 宵の, 木立から, 来た, 登りそこ, 群れる鵙, 背を, 遊びに

▼ 木立ちと~ (7, 0.4%)

1 にとりまかれた, の間, 二階の, 反対の, 木立ちと, 靄との, 高い厚い土塀

▼ 木立ちのあいだ~ (7, 0.4%)

1 にものものしい, に黒い, はうす暗く, をくぐりぬけ, をさびしい, を急ぎ足, を探る

▼ 木立ちの陰~ (7, 0.4%)

4 でも或は 1 にかくれた, にたたずみ, にぴたり

▼ 木立には~ (7, 0.4%)

1 いつもの, うぐひすや目白, ひると, 水煙が, 百舌鳥が, 遮られては, 雀が

▼ 木立ちのかげ~ (5, 0.3%)

1 にわら, に同じ, に立ちどまっ, に隠れた, へでもほうり出し

▼ 木立ちの下~ (5, 0.3%)

1 には落葉, にフォーシュルヴァン, も暗く, を吹き払う, を散歩

▼ 木立さえ~ (3, 0.2%)

1 ない吹き, 常の, 物々しくなる

▼ 木立その~ (3, 0.2%)

1 なかで, 下が, 向うには

▼ 木立ちのなか~ (3, 0.2%)

1 で休み, には夕暮れ, に古い

▼ 木立ちの影~ (3, 0.2%)

1 とも思われる, に身, 深い客人

▼ 木立ちの所~ (3, 0.2%)

1 でわたし, に達する, まで降り

▼ 木立ちや~ (3, 0.2%)

1 晴れわたった空, 薄く炊煙, 黒い小さな

▼ 木立など~ (3, 0.2%)

1 いっさいの, パノラマの, 相接し

▼ 木立より~ (3, 0.2%)

2 虹の 1 かこまれて

▼ 木立深い~ (3, 0.2%)

1 丘の, 五月闇を, 公園を

▼ 木立越し~ (3, 0.2%)

1 に見える, に雪子姉さん, に麦

▼ 木立~ (3, 0.2%)

1 に這い拡がっ, の農家, へ入っ

▼ 木立~ (2, 0.1%)

2 もての

▼ 木立~ (2, 0.1%)

2 てけれ

▼ 木立ただ~ (2, 0.1%)

2 にしたしき

▼ 木立~ (2, 0.1%)

1 とか空, とか農家

▼ 木立ちのすき間~ (2, 0.1%)

1 からひと筋, に張られ

▼ 木立ちの奥~ (2, 0.1%)

1 にある, まで隈

▼ 木立ちの繁み~ (2, 0.1%)

1 から矢, の間

▼ 木立ちの背後~ (2, 0.1%)

2 で声

▼ 木立とが~ (2, 0.1%)

2 美しい田園

▼ 木立との~ (2, 0.1%)

2 間に

▼ 木立とを~ (2, 0.1%)

1 見て, 見廻して

▼ 木立などが~ (2, 0.1%)

1 幻燈の, 美しく映っ

▼ 木立なども~ (2, 0.1%)

1 惜し気, 繁り裾野

▼ 木立にも~ (2, 0.1%)

1 森にも, 聞えるよう

▼ 木立へは~ (2, 0.1%)

1 ひる, ひると

▼ 木立までが~ (2, 0.1%)

1 奥深く続い, 深くなっ

▼ 木立もる~ (2, 0.1%)

1 灯かげに, 灯や

▼ 木立をも~ (2, 0.1%)

1 深々と, 見て

▼ 木立最寄り~ (2, 0.1%)

2 の丘

▼ 木立~ (2, 0.1%)

2 かな草原

▼ 木立深き~ (2, 0.1%)

1 前山が, 處山幽

▼ 木立~ (2, 0.1%)

2 ひ繁る阜

▼ 木立田舎家~ (2, 0.1%)

1 などをたくみ, などを巧

▼ 木立~ (2, 0.1%)

2 たくしろき

▼ 木立鉾杉~ (2, 0.1%)

2 の鉾

▼ 木立青き~ (2, 0.1%)

2 はあれ

▼1* [106件]

木立あり井戸さへ, 木立いと深かりし, 木立おぼろおぼろと暗く, 木立かくれに河原, 木立きよらかな水音, 木立くろくして, 木立しに或, 木立ごとだん, 木立しかはいって, 木立を透き, 木立そこにか母, 木立ぞと疾く聞えよ, 木立だけが空と, 木立だの寺の, 木立ちのかおりを胸, 木立ちのかなたうち震う丘, 木立ちのこっち側には集団牧場, 木立ちのこと太陽の見えない, 木立ちのほうばかりが見えた, 木立ちのほとりに来た, 木立ちのようであったが, 木立ちの下蔭にぽ, 木立ちの中身を隠した, 木立ちの代わりに安価, 木立ちの低みにひびい, 木立ちの光景が勝重, 木立ちの向うに寺, 木立ちの向こうに二台, 木立ちの垣に映し, 木立ちの夕闇は頭, 木立ちの姿を嘆賞, 木立ちの後ろに自ら身, 木立ちの方へそれ, 木立ちの枝の間, 木立ちの枝葉を揺すっ, 木立ちの根元から梢, 木立ちの模様耕地の分布, 木立ちの茂みへはいっ, 木立ちの路を帰れ, 木立ちの陰影へはいった, 木立ちの隙からながめ, 木立ちの青葉が悩ましく, 木立ちや人家黒ずんだ遠田, 木立ちや土手の無い, 木立ちや垣根の隙, 木立ちや建物に淡い, 木立ちや草むらのあ, 木立つて八角金盤が広い, 木立てるパガアニイが酒店, 木立であり反対の, 木立でして, 木立でしたよ, 木立では秋の, 木立でもぼくたちの, 木立という木立で, 木立とてもなくやや, 木立とに遮られて, 木立ともどもひっそり死に果てた, 木立どもが憂鬱, 木立などの匂いが, 木立にあたる深夜の, 木立によって一切外界と, 木立に対して輝くほどに, 木立のみならず前, 木立のむこうに, 木立縫い人, 木立ばかりであった, 木立ふたりで死ん, 木立まですきとおる静寂, 木立までを貫いて, 木立まばらな所, 木立みぎはを暗く, 木立みな十字にとがり, 木立やがて暖帯常緑濶葉樹の, 木立らしい影, 木立づかに, 木立わけ入れば, 木立ヒツソリとして, 木立高い宮, 木立三つ四つ鴉飛んで, 木立五代の御霊, 木立何ものをも肯定, 木立八重桜の花, 木立も左, 木立孟宗竹の藪, 木立山地を彩る, 木立山陰から盗み見, 木立岩角へパラパラ, 木立巨人の姿, 木立怪物の様, 木立日記にも, 木立明るい錆金色の, 木立晝暗うして, 木立果てもなく, 木立深く鬱蒼と, 木立畠村落などがある, 木立白い竹藪その他には, 木立神さび黒く隠らふ, 木立禮大人の詩経, 木立なれば, 木立築山の, 木立絶えたる処に, 木立繁く遠望なし, 木立草むらを左右, 木立薄く梅紅葉せず, 木立軽くさや