青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「木戸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

朝日~ 朝鮮~ 期~ ~期待 期待~ 期間~ ~木 木~ 木の葉~ 木下~
木戸~
木曾~ 木村~ ~木立 木立~ 木綿~ ~未だ 未だ~ 未亡人~ ~未来 未来~

「木戸~」 2000, 22ppm, 5326位

▼ 木戸~ (481, 24.1%)

43 開けて 34 あけて 16 押して 11 閉めて 9 出て, 出ると 7 押しあけて, 押し開けて 6 押すと, 開けると 5 破って, 越して 4 入って, 入ると, 閉めに 3 あけた, あけると, く, 入つて, 内から, 明けて, 締めて, 見て

2 [20件] こじあけて, そっとあけ, はいって, ひらいて, ハネ飛ばす, 作って, 入った, 出た, 叩いて, 抜けて, 指しました, 潜って, 締めてから, 締めに, 通されて, 閉めツちやツ, 開いて, 開けに, 開けました, 開けるつもり

1 [247件] あけさせたの, あけさせた時代, あけたところ, あけた途端, あけに, あけま, あける瞬間, あければ, あけろあけろと, あけろという, あけ外, あけ村, いつでも, うながしたが, おいて, おして, おして中, おして細君, お入, お通り, お開けなすった, くぐった, くぐったの, くぐった事, くぐった時, くぐった者, くぐって, くぐらすは, くぐりました, くぐりやがて, くぐると, くぐるの, こじあける音, こじ明けて, こじ開けて, こぢ開けよう, こつこつと, この夜中, こわして, しっかり締め, しめたまま, しめること, そっと叩いた, そつと, そなえれば, その日はじめ, そッと, たたく, ついて, つくたあ, つけたり, つけ剣の, でた路上, とおったとき, とざしそれ以後, とった代償, とっての, どうして拔, ぬけて, はいったの, はいった若い, はいると, ぱたんと言わせる, ぶち破って, まるで樽, みつめた, ゆすぶって, ソッと, トンと, ポイと, 一しょに, 一つ丁字形に, 一文も, 一歩外へ, 丈夫に, 下させて, 乘り越す, 乘越した, 二カ所に, 作つてある, 入ったの, 入つたら一杯, 入つて左側, 入つて庭, 入りざま, 入りて, 入りぬ, 内へ, 出たこと, 出たとき, 出た左膳, 出ぬなら木戸うち, 出ました, 出る時, 動きません, 半分跨いだ, 半開きに, 取って, 取つて, 取り返そうと, 取る, 取るの, 叩いた男, 叩きつづけた, 叩きなど, 叩く音, 吊つた蝶番, 固めて, 境として, 境に, 境ひ, 外から, 守って, 守る者, 封鎖し, 引きあけて, 忍びやかに, 手を, 打ち毀すなどは, 打ち破りとき, 打ち路次, 打ってから, 払いつと, 払って, 払っても, 押しあけ, 押しあける間, 押したまえ, 押しました, 押しますと, 押しやぶって, 押し倒しさうに外, 押し倒すやう, 押し破って, 押し開いて, 押し開ける, 押し開けると, 押せば, 押開け, 拂つてこれだけ, 拂ひました, 拵えて, 指すの, 攀じ縁側, 改めて見る, 斬り破って, 明けたばかり, 明けた時, 有し堺全体, 植木屋に, 潛る, 潜った, 潜ったの, 潜らなかったよ, 潜らなかつたの, 潜りました, 潜ること, 石, 破り築, 突いて, 突かれたじゃァ, 突かれた日, 突かれて, 突かれました, 突かれ通し, 突きますよ, 突くなんて, 突破し, 窃と, 細めに, 経て, 締っちまう, 締めきりいづれ二日, 締めたま, 締めるらしい鈴, 締める仕事, 膝で, 自分で, 見る, 見る見る中, 見付けて, 覗いたさ, 覗いた樣子, 訪うけ, 設けて, 設け往来人, 許されたお, 調べましたが, 調査しました, 警戒した, 越えて, 越え出て, 越すと, 跳ね飛ばすやう, 踏みやぶりいちどに, 蹴破って, 蹴飛ばすよう, 這入る, 通そうと, 通ったはず, 通った家中, 通った者, 通って, 通つた, 通つて道は, 通りこえた, 通りました, 通り越すが, 通り邸, 通るとき, 通るの, 通る外, 通る度, 通過ぎた, 造くっ, 避け辻番, 門に, 閉さなかったの, 閉したの, 閉じ太郎, 閉じ路地, 閉めさせ一座, 閉めずに, 閉めたの, 閉めました, 閉めようと, 閉めると, 閉める前, 閉める隙, 開くと, 開けさして, 開けさせて, 開けた, 開けたその, 開けたり, 開けた音, 開けはらって, 開けようと, 開ける野郎, 開ける鍵, 開け木戸, 開こうとして, 開放し, 間違えたの, 降したらしい, 音せぬ, 飛び越えるくら

▼ 木戸~ (386, 19.3%)

22 外へ 15 方へ 10 外に 9 前に 8 ところで, 外から 7 方から 5 ところに, ところまで, 中へ, 外には, 方に, 鍵を 4 上に, 外の 3 あたりを, ところへ, 中に, 中の, 側に, 外まで, 外を, 方を, 柱に

2 [29件] あき地, あくの, あたりに, すぐ外, そばに, そばの, ために, ほうに, ほうへ, ほうを, ような, 上の, 中には, 内へ, 前で, 前へ, 前まで, 前茶屋の, 小門, 峠の, 後ろ縁側の, 所に, 方へと, 蔭から, 言葉に, 辺で, 近く板塀の, 錠は, 錠を

1 [184件] あいだから, あがりを, あく音が, あたりから, あたりで, あたりと, あたり此處から, あったところ, あつた, あなたで, あなたに, いましめを, うちへ, おじさんも, お蔭で御座います, かたへの, かんぬきの, がたんと, がね, くいの, ことで, この柱, すぐ側, すぐ内側, そとに, そばには, そばを, だと, ところまでは, ところまでや, ほうへと, カンが, 一件を, 丁度眞上, 上から, 上がりも, 上へ, 上を, 両側の, 事は, 云った例, 側で, 傍の, 傍竹垣の, 入口が, 入口に, 兵も, 具合を, 内に, 内には, 内の, 内を, 内側から, 内側の, 内建物と, 処を, 出丸を, 出口へ, 勝つはず, 厳重を, 口々の, 口と, 口に, 口は, 口まで, 口を, 合鍵を, 向うに, 向うは, 塀下ノ堂の, 士野村勝次郎が, 声が, 外からまで, 外この, 外で, 外は, 外より, 夜分の, 大門を, 奉行, 守将が, 安來節, 家へ, 宿場の, 対局を, 対局中の, 将士は, 小家に, 小屋に, 小屋へは, 小役人たちも, 山越えに, 建物の, 役人に, 徒を, 思考も, 戸を, 所まで, 扉から, 扉が, 扉も, 扉を, 掛金を, 支度だろう, 方が, 方に当たって, 方は, 最期の, 材木を, 柱の, 桟に, 棧を, 植えこみを, 検めが, 模型が, 権威を, 横手に, 機は, 滑らかさが, 潜りは, 潜りを, 瀬川さんと, 瀬川に, 無いところ, 燈火は, 爺さんが, 爺さんは, 用心も, 番小屋の, 番小屋まで, 番屋が, 番所の, 直ぐ下に, 砦など, 端から, 締まらないうち, 繕いを, 者っ, 者に, 者も, 者木戸の, 肩に, 脇に, 萩の, 蝶番に, 行方不明を, 裏の, 要害兵糧の, 親類まで, 訊問で, 調べも, 警備を, 賑いさえ, 軍藏が, 軍造も, 輪掛金に, 輪鍵の, 輪鍵を, 辺から, 辺と, 辺に, 辺りまで, 近所まで, 通行は, 運命が, 釘は, 錠の, 錠前を, 長屋に, 閉される合図, 閉まる前, 開かないこと, 闇の, 際なる, 際に, 際にて, 音が, 音にも, 音は, 頸に, 額に, 顔も, 風鈴が, 黒い門

▼ 木戸から~ (177, 8.9%)

6 出て 5 外へ 4 はいって, 外に, 庭へ, 路地へ 2 中へ, 入って, 入つて, 出た, 庭の, 行って, 逃げる外, 顏を, 飛び込んで

1 [132件] あの虚無僧, あの道, かえって行った, こっそり庭, この一帶, ずいずい主水之, その報, だらう, つまみ出して, はいったの, ふいと, ふたりが, ほこりを, みなの, もう一度庭, コソコソと, ズラかりゃ, ドツと, バアと, ヒョッコリ児供を, ビールの, 一五〇メートルほどは, 一人の, 三ツ葉や, 上總屋へ, 中庭へ, 乗出し加減, 井戸辺に, 人が, 何處へ, 作り庭の, 例の, 俥を, 入つて聲, 入りました, 入るにゃ, 共同水道栓の, 兵どもが, 再生の, 出すよりは, 出たと, 出たの, 出るけ, 出入りし, 出入を, 劇場の, 勝手へ, 勝手を, 勝手口の, 勝手口へ, 南へ, 取り乱した服装, 取次が, 台所へ, 呼び入れた時, 地境に, 外の, 外へでも, 大通りへ, 奥に, 姿を, 客席の, 寺の, 寺男の, 小藤次, 屋外へ, 崖下の, 左へ, 帰り掛けて, 幌がけの, 幽霊の, 度々入, 庭を, 廻って, 廻つてくる, 彼を, 往来へ, 忍びでた, 戸外の, 抜けて, 抜け出すと, 拔け, 断崖の, 新手の, 時々内, 時々加納屋, 東山の, 桑畠の, 植込の, 樂屋へは, 正門までの, 武士達が, 段々にて, 水汲み, 洩れる燈火, 町屋へ, 畑の, 竹籔について, 細君は, 縁側の, 聞いたが, 薬師堂の, 薬師堂へ, 表に, 裏通りへ, 裏階段を, 見物に, 見立たぬやう, 覗いたと, 覗いて, 誰かが, 軽井沢の, 迂回し, 逃げたに, 逃げたん, 逃げ出した, 逃げ出す音, 逃出す, 這入って, 這入つて, 通りへ, 連れこむが, 連込んで, 邸内へ, 門まで, 隣り屋敷, 隣家の, 雲に, 飛出すの, 駆けこんで, 駈け出した, 駿太郎の

▼ 木戸~ (137, 6.9%)

7 あって 6 開いて 3 あった, あつて, ある, 開くと 2 あいて, あつた, あり自身番, あるの, 内から, 開くの

1 [100件] あいた, あいたり, あかなくッ, あくと, あったこッ, あったり, ありました, ありまして, あり一夫関, あり木戸, あるいは真剣勝負, あるが, あるだけ, あるので, あるはず, あるわ, ある内, ある訳, ある証拠, うらみつら, うるさいから, かたく閉じられ, ぎいと開い, ぎしいと, この時音, しまりちょうど, すうっと, そつと, その瀞, その顔, でて, どーん, ないという, ないの, なければ, ひらくと, ふやされ暮六ツ, ぽっかりと, もう閉まっ, もどって, よろこんで, ギイと, 一つあります, 一つこいつは, 一つ切つてあります, 一つ附い, 中から, 中座し, 二銭から, 今日のみは, 何うかしました, 再びここ, 再び茶店, 再び閉, 出來, 出来たと, 出来てから, 出来るもの, 前に, 半ば開かれた, 厳しいから, 厳重で, 向うへ, 外から, 娘に, 娘の, 少しばかし, 少し開い, 引込んでから, 手薄です, 投げつけた謎語, 新聞社から, 明いた, 残って, 江戸との, 狹いの, 目に, 破壊された, 立つの, 腹心を, 荒ナワで, 裂めだらけに, 語って, 重くギイ, 錆び付いて, 閉まって, 閉まりゃあ, 開いた, 開いたの, 開いてから, 開かうと, 開かれて, 開きません, 開き人影, 開けッ, 開け放されて, 開こうという, 開放し, 雑木林へ, 風の

▼ 木戸~ (125, 6.3%)

7 の種吉 5 の男 4 の久兵衞 3 か何, の三太郎, の傳六, の與三郎, は声 2 と口上, の三太, の前, の声, の爺, の百松, の若者, の高く, はお, をし

1 [74件] あの兩國中, がすわっ, がそこ, ができる, がにっこり, がもう, が塩, が声, が木戸札, が札, が自若, が遊女屋, が頭取, だが, だつた男, だな, です, で二十五六, で滿, とはいえ, と宿, と役割, と男衆, にも雇, にわたし, に自身番, に身, に迄なり下がりました, に顔, に食っ, の, のお, のよ, の一人, の云った, の兎口, の半, の又蔵, の口だらけ, の呼び声, の奴ら, の方, の横面, の源七, の燈大通, の爺さん, の爺われ, の竹松, の老爺, の調子, は叫びつづける, は叫ぶ, は小屋, は居ない, は怪訝, は濁声, は番太郎, は米友, は責任上, は足, は飛び下り, への鼻薬, へ十手, へ預け, もする, もびっくり, も宿, も役割, も承知, やら道具方, や彌次馬, を亭主, を勤め, を睨みつけました

▼ 木戸~ (111, 5.6%)

8 内から 5 開いて 3 外から, 外からでも, 締って 2 それを, バタバタに, 今朝確かに, 嚴重に, 押せば, 持重し, 私の

1 [75件] あけっぱなし, いつも閉め切っ, いわゆる抑え口, さいそくする, すんなりと, そこへ, その謎語, それなれ, そんなこと, たしかに何物, たつた十銭, ちゃんとあい, ちょっと押す, ちょッと, どこも, また考えこん, やっと二十, よく閉め, よほど骨, 一同を, 中から, 久しぶりに, 五十銭だ, 別段策した, 半ば開け放し, 取らない野天, 喘ぐよう, 堅く閉ざされた, 大抵明け放し, 安心し, 小児心にも, 座に, 彼を, 往来人の, 念入りに, 思いあまったよう, 思いの, 木戸だ, 本當, 次々に, 殖えるし, 温泉旅館へ, 用便を, 目を, 真顔で, 私が, 立ったまま一時間, 締つてゐた, 締つてゐました, 締つてゐる, 締めずに, 締め切りの, 肯くと, 脱れ, 自信満々の, 苦も, 苦笑し, 要らねえ, 言葉尻に, 輪鍵を, 返して, 遠慮なく笑い, 野村を, 錆付いたま, 長藩, 閉つて居た, 閉められた, 開いたまま, 開きませんよ, 開けて, 陛下の, 顔を, 飛行中, 高潮が, 黙って

▼ 木戸~ (81, 4.1%)

5 行って 2 かかるたび, 内外から, 出て, 若い女, 顔を, 飛出すもの

1 [64件] おいて, おいで, お心, お父さんを, かかったらおれ, かかった時分, かかりちょっと, かかり燃え草, くると, さしかかったところ, さしかかりましたところ, つけて, なだれ込み所, ばりばり迫っ, ぶつかって, また一ト, まわって, 來た, 入れ代って, 出た, 出る平次, 出る途中, 去んで銭, 向って, 呼んで, 坐り伊兵衛, 変事を, 大きな鳥, 大胡坐, 寄せられたら一, 差しかかると, 引き返そうと, 引っ返したん, 引返すと, 彼らの, 手探りで, 抜けられます, 来たら出会頭, 来て, 止まった, 火を, 眼を, 着くと, 積込むと, 突つかけました, 立って, 續い, 肩を, 行く, 行つた時なんか, 行つて見ました, 触る音, 言い入れそれ, 走りだして, 路傍の, 踞んで秋田口, 近づいて, 追い出させたこと, 這ひ上る, 通ずる, 通ずる庭, 達しが, 頭を, 駈けこんで

▼ 木戸~ (72, 3.6%)

3 立って 2 入ったそう, 坐って

1 [65件] ある者, いたお爺さん, いた七, いる時, いる者, かしほんの, ささえられて, さはる, しても, つかまって, つかまつて, なった, ひっかかりましたとやら, また高く, むかしお, 並べたもの, 人が, 仙場甲二郎それに, 住んで, 何の, 入るが, 向って, 吸い込まれたという, 吸い込まれたとの, 坐つて, 小屋を, 居る大, 廻つて見ました, 待受けて, 後々まで, 懸る時, 手を, 拍子木と, 早や, 梟けさせた, 注意を, 溢れた人波, 焚き火を, 照って, 番人は, 突つ立つ, 立ちながら, 立ち止りました, 立った多勢, 立ってる札, 立掛けた戸, 置いて, 良いところ, 落つる梧葉, 行きぬ, 見えて, 訊いて, 譲る, 責め寄せたが, 貸屋札, 輪掛金を, 迎えよと, 近いお, 近いところ, 近く八分出来という, 近く塀に, 近づいて, 隱れ, 面した反対側, 頑張つて

▼ 木戸~ (41, 2.1%)

3 内から 2 塀も, 鉄の

1 [34件] あり番所, その, その他の, ない裏, ない間, ボロボロだ, 仙場甲二郎も, 作れません, 出ちゃ, 出て, 嚴重に, 外から, 山寨方の, 幾つか, 庭口も, 抜け裏の, 抜け道も, 残らず開けっ放し, 波立二も, 潜戸も, 相變ら, 看板も, 締め切るという, 至つて簡單で, 見えた, 講談に, 輪鍵が, 輪鍵と, 通用口の, 閉めないで, 閑な, 関所も, 隙間も, 頑丈で

▼ 木戸まで~ (26, 1.3%)

3 来て 2 三四間ほどの, 来ると

1 [19件] スルスルと, 二里の, 俥屋に, 出て, 又は沈丁花, 廻らせて, 急用, 来た時, 来まして, 紺野四郎兵衛が, 續い居ります, 行くと, 行ける様, 行つた平次を, 行つて歸つたのだ, 踏石が, 通り抜けたもの, 通り抜けること, 駈け出した時

▼ 木戸~ (25, 1.3%)

4 波立二が 2 仙場甲二郎, 仙場甲二郎は, 波立二に

1 [15件] あるからには, ちがって, よばれた中年, 一団は, 仙場甲二郎が, 便所に, 樂屋口から, 波立二それから, 畳み上げて, 竹垣で, 自身番が, 言っても, 言われてるもの, 遠見の, 金吾と

▼ 木戸~ (24, 1.2%)

1 [24件] あつた, おろされると, かこまれた袋, それでも思った, 二人に, 何だか話し, 入ると, 入れちがいに, 君は, 呼ばわって, 唄を, 喧嘩が, 声を, 大坂表から, 宰領を, 寄手の, 往来調べを, 御座いましょう, 怪しの, 早馬を, 生垣の, 真っ黒に, 誰何され, 鹽辛聲を

▼ 木戸博士~ (23, 1.2%)

1 [23件] から再三, が失踪, と仰ぐ, のこと, のその, のところ, のキド現象, の出馬, の名声, の御, の測定, の行方不明, の身体, は, はお, はご, は乾枯らびた色艶, は何者, は研究当時, は鉛筆, は首, をやっつけた, を無事

▼ 木戸~ (16, 0.8%)

1 [16件] お勝手口, せいぜいが, 仮屋からも, 土藏の, 多門の, 屋敷には, 所々と, 柵に, 橋番や, 波や, 浜べ, 舞台の, 西郷に, 西郷や, 関門を, 防寨を

▼ 木戸~ (14, 0.7%)

1 [14件] だけにとどまっ, で水野, で組んずほぐれつし, にかざられ, に一時間あまり, に小, に行列, に近い, の光景, の全景, の打水, の混雑, は夜, を過る

▼ 木戸には~ (12, 0.6%)

1 [12件] せいぜい一部将, べつな, もはやお, やはり錠, 娘の, 木戸番が, 末娘の, 桜の, 無用の, 錠を, 鎌槍と, 陸尺たちの

▼ 木戸~ (11, 0.6%)

1 [11件] が取れません, だつてまとも, になりません, は出ない, は要らねえ, を取, を取らない, を取りました, を取る, を拂つて, を拂つて時鳥

▼ 木戸木戸~ (8, 0.4%)

1 にはせいぜい, の権威, は堅く, へも明智軍, へ達し, を有し, を許された, を踏みやぶり

▼ 木戸でも~ (6, 0.3%)

2 衝かれると 1 あったらと, あるゆえ, おなじ偽称, 黙って

▼ 木戸にも~ (6, 0.3%)

1 ぬかりなく, 人が, 店さきにも, 往來にも, 往来にも, 松が

▼ 木戸~ (6, 0.3%)

2 のみならず, や今 1 で地方官会議, で地方官會議

▼ 木戸大久保~ (6, 0.3%)

2 の死後, の諸賢, は各々

▼ 木戸孝允~ (6, 0.3%)

2 に説く 1 で御座候, のごとき, の命, は榛名也

▼ 木戸さん~ (5, 0.3%)

1 にまで御, に聞いた, の邸内, もどうぞ, もみなさん

▼ 木戸という~ (5, 0.3%)

1 のが, 子供は, 彼の, 男が, 編集員が

▼ 木戸~ (5, 0.3%)

1 が確め, が語られた, この人, の犠牲, を酷使

▼ 木戸~ (5, 0.3%)

1 がにこにこ, は函, は急, は怪訝, は映写函

▼ 木戸うち~ (4, 0.2%)

2 にいる 1 からは出, にいない

▼ 木戸からは~ (4, 0.2%)

2 入れないわけ 1 列んだ便所, 此の

▼ 木戸より~ (4, 0.2%)

1 傘も, 入り来る, 外に, 片側には

▼ 木戸一つ~ (4, 0.2%)

1 だ, で通ずる, ない因業, に支えられ

▼ 木戸~ (4, 0.2%)

3 の木戸 1 の木戸三

▼ 木戸からも~ (3, 0.2%)

1 二人ずつ, 最近人の, 細田氏の

▼ 木戸~ (3, 0.2%)

1 しに, しにお, しに中

▼ 木戸~ (3, 0.2%)

1 がしかし, と村, ハハハハハ

▼ 木戸では~ (3, 0.2%)

1 いちいち当然な, ないか, 山寨方が

▼ 木戸まえ~ (3, 0.2%)

2 には座主 1 の横町

▼ 木戸~ (3, 0.2%)

2 の木戸 1 ノ木戸

▼ 木戸~ (3, 0.2%)

1 で待った, に咲き残っ, の小屋

▼ 木戸六段~ (3, 0.2%)

1 が中座, と関係, の件

▼ 木戸~ (3, 0.2%)

1 の空地, の近く, へ一台

▼ 木戸~ (3, 0.2%)

1 を叩, を叩い, を鳴らし

▼ 木戸止め~ (3, 0.2%)

2 という大入り 1

▼ 木戸~ (3, 0.2%)

1 がすぐ, へ行った, やモングチ沢

▼ 木戸近く~ (3, 0.2%)

1 の風呂場, までその, 引き入れさんざん

▼ 木戸ごと~ (2, 0.1%)

2 に引上げ

▼ 木戸さえ~ (2, 0.1%)

1 通れば, 開けば

▼ 木戸などを~ (2, 0.1%)

1 備え畳, 守って

▼ 木戸なんか~ (2, 0.1%)

1 何にも, 有るも

▼ 木戸へも~ (2, 0.1%)

1 明智軍は, 集まらなかったので

▼ 木戸よりも~ (2, 0.1%)

1 半左衛門座, 福沢諭吉が

▼ 木戸~ (2, 0.1%)

1 のごとき, の柱石

▼ 木戸仙場甲二郎~ (2, 0.1%)

1 その壇, もみるみる

▼ 木戸~ (2, 0.1%)

1 などの人物, は先生

▼ 木戸大久保諸氏~ (2, 0.1%)

2 と大阪

▼ 木戸役人~ (2, 0.1%)

1 に武蔵, の質問

▼ 木戸松菊~ (2, 0.1%)

1 がいたら, や清浦奎堂

▼ 木戸準一郎~ (2, 0.1%)

1 が出, だ

▼ 木戸触れ~ (2, 0.1%)

1 だぞ, 中の

▼ 木戸~ (2, 0.1%)

1 にはさだめし, に古

▼1* [91件]

木戸あけたかい, 木戸あけねえかお, 木戸あけ願いまする, 木戸かぎりとなっ, 木戸かしら入口の, 木戸かも知れない, 木戸からでも庭へ, 木戸からと言われる通り, 木戸からとよが首を, 木戸からの研究所への, 木戸さまへ返し, 木戸さん三原さんの間違えた, 木戸さん心配なしだ, 木戸さん敏子さんがこれ, 木戸その外は, 木戸たちはた, 木戸だけであった, 木戸だったのであろう, 木戸だろうか掛金, 木戸であるから母屋, 木戸でございましょうかと, 木戸でしょうだってあれ, 木戸として特に規定, 木戸とも思うの, 木戸など一切締めず, 木戸によって判然と, 木戸のうへから身を, 木戸のみの残ったところ, 木戸はの錠鍵も, 木戸へと歩を, 木戸への哀惜の, 木戸までも打ち破り勇気百倍, 木戸をも閉めよ貫木, 木戸の木戸, 木戸一ヵ所しかなかっ, 木戸七十銭で入る, 木戸三之木戸などを守っ, 木戸上りに代, 木戸上り五十円で天切, 木戸乃至本丸さへ, 木戸仙場甲二郎おれの腕前, 木戸仙場甲二郎相手はこんな, 木戸以来泰軒の消息, 木戸信之氏は真面目, 木戸を退い, 木戸ひに, 木戸八銭十銭の芝居, 木戸博士のとは違っ, 木戸へ見えた, 木戸古くなつた隙間だらけ, 木戸に忍返し, 木戸の木戸, 木戸四条三条筋の木戸木戸, 木戸の方, 木戸大久保伊藤の諸, 木戸大久保西郷でもドウ, 木戸大隈伊藤等の頭上, 木戸太郎館次郎が本当, 木戸の養子, 木戸寄りの凉, 木戸らしい男, 木戸後藤三岡八郎横井平四郎長岡良之助等ヲ以テ, 木戸後藤諸氏草創の難, 木戸打止めの盛況, 木戸本丸も何時, 木戸から八丁川岸, 木戸板塀の強弱, 木戸氏夫人となった, 木戸波立二そいつの身体検査, 木戸波立二なにをぐずぐず, 木戸準一郎後藤象次郎伊藤俊介それに京都旅館, 木戸現象を導出, 木戸生垣の幾, 木戸番二名を負傷, 木戸番小屋で鰯, 木戸番所に詰め, 木戸番道具方をのぞきます, 木戸番長兵衛であった, 木戸の苦衷, 木戸簡略に裏木戸, 木戸組頭大崎宇右衛門殿に柵, 木戸締めのふれ, 木戸茶屋の娘, 木戸西郷の会見, 木戸観心寺の柵, 木戸触れですッて, 木戸調べでもそう, 木戸過ぎて打越橋, 木戸開きかと合点, 木戸関門などを加えれ, 木戸防寨などを撃砕