青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「木下~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

朝廷~ 朝日~ 朝鮮~ 期~ ~期待 期待~ 期間~ ~木 木~ 木の葉~
木下~
木戸~ 木曾~ 木村~ ~木立 木立~ 木綿~ ~未だ 未だ~ 未亡人~ ~未来

「木下~」 1071, 12ppm, 9427位

▼ 木下~ (185, 17.3%)

22 云った 6 答えた 4 それを, 自分の 3 言葉を

2 [19件] いいどこ, 二の句が, 信子の, 傍から, 僕は, 其処に, 四十には, 夜に, 彼の, 彼を, 戻って, 東京で, 毎夜緻密に, 立ち上った, 耳に, 遉に, 道で, 順平が, 頭を

1 [108件] いつのまにか眼, きっぱり答えた, これに, これらの, じっとし, すぐに, すぐ隣り, そういわれた, その夜鉱毒被害地, その時々, その様子, その羽織, つけ加えた, なお南洋, なんとも, はいって, ひどく愉快そう, また腰, やがて云った, フト暗い, 一人で, 一寸顔を, 一歩退った, 一歩進んだ, 中途で, 事情を, 二人を, 云い知れぬ恐怖, 云って, 仙人掌の, 以前岡部に, 何かの, 口を, 叫んだ, 可なり, 啓介の, 妙に, 始めて, 婆やと, 子供が, 室には, 寧ろ國粹主義, 尋ねた, 床に, 店から, 当主も, 彼女の, 徐かな足取りで, 心からさう信じ, 心からそう信じ, 心の, 思い込んだよう, 思った, 思って, 思わず椅子, 思想の, 急き込んで, 急に, 意識を, 我に, 扉を, 手荒く新聞, 新聞の, 新聞を, 暫く其処, 書物を, 最期の, 朝から, 朝遅く, 柔軟さと, 歯を, 沿岸の, 涙ぐんで, 無論なにごと, 然し何, 煙草だけは, 煙草を, 生みの, 画室に, 画室の, 病人の, 病室を, 皮肉な, 石の, 確乎と, 突然顔, 窓際にも, 答えなかった, 組んで, 続けた, 肩を, 腹立たしい心持ち, 自分自身が, 苦笑し, 落ち凹んだ眼, 誇らしく発音, 踵で, 迷って, 遂に社會主義者, 長い髪の毛, 長くねそべっ, 陰惨な, 障子の, 青年の, 風呂に, 黙って, 鼠色の, 龍吉の

▼ 木下~ (97, 9.1%)

5 顔を 3 母親は

2 [12件] 住いを, 奴, 姿を, 屋台店で, 方を, 生みの, 肚の, 腕に, 言葉も, 話は, 話を, 足音が

1 [65件] ぐんぜいがとうまちくいと取りかこみ, ことを, そばを, ために, 一挙一動その, 両博士, 乗る三千噸, 二人に, 二少年が, 二群は, 享楽の, 人柄とでも, 全身に対して, 叔父さま, 場合は, 姓を, 姿が, 家に, 家初めの, 小さい体, 居室兼皆の, 弟である, 後を, 後姿を, 心が, 心に, 心の, 心は, 心持は, 性格が, 性格は, 意は, 意氣込は, 手指を, 新嘉坡, 方が, 方に, 方へ, 机の, 母は, 母親には, 母親の, 母親も, 気分に, 氣持を, 特性を, 申す言葉, 画室に, 眼の, 眼付に, 着物を, 第三信, 第二信, 精神生活に, 胸に, 胸を, 蒼いまるいよう, 襯衣などが, 言葉には, 言葉の, 言葉や, 記事について, 顔も, 顔色が, 風は

▼ 木下藤吉郎~ (79, 7.4%)

2 であった, というもの, という男, という者, と二人, と申します, なる者, のよう, の昔, を通して信長

1 [59件] からの手書, がいる, がたいそう, が一番陣, が代っ, が清洲, たった一人, だ, でござる, です, ですが, では, でむしろ, で彼, で金閣寺, という, という出色, という足軽時代, といふ足軽時代, とかいうそう, とかいう敵将校, とか足軽, となんいう, ともうす, とやら山路弾正, と名乗った, と申しました, などいた, などが追いつい, などもまた, なんぞもまだ, に, にてござる, に会い, の人相, の兵, の出世談, の制定, の姿, の家中, の家来, の手勢, の母, の洲股城, の陣, の陣地, の顔, は大津, は後, は柴田, は自信, へ宛て, も上, を家来, を将, を案内, を鉄砲, 実はひそか, 承って

▼ 木下~ (70, 6.5%)

3 はいって

2 [12件] あの木下, あの軸物, いる筈, 何うし, 問うと, 女と, 室から, 室には, 小さい巾着, 忠告し, 新調の, 眼前にでも

1 [43件] いかん, いけないの, この師, さっぱりした, なにかの, まだ田舎まわり, やさしい性情, やって来た, やって来ると, 上目がちに, 不在である, 九つの, 交渉云々の, 伊香保から, 低くさ, 側について, 偶然彼自身の, 其処に, 出て, 十三歳娘が, 去ったあと, 去年の, 口を, 名乗ると, 室を, 居なくなると, 居るよう, 屡々外出, 帰って, 引止める手, 椅子の, 煙草が, 玄関に, 病室には, 立ち去ると, 立って, 編集室と, 繼續に, 自分の, 自身で, 興奮し, 遅くなっ, 階段の

▼ 木下~ (54, 5.0%)

2 と宮島君, は, を呼ん

1 [48件] が, がいたずら半分, がささやく, がまっさお, が側, が外, が居ない, が居る, が戻っ, とおかあさん, とおなじ, と余, と共に腰, と同行, と自分, にあう, にあっ, に描い, に自信, の両方, の二つ, の前, の心, の船, の部屋, はいり給え, はどう, はどうしてそう, はまだ, はグッ, は今や, は僕, は充分, は大, は学校, は左, は思わず, は東京, は洋服地, は特に, は知っ, も, もこの, もへん, も来た, をあんなに, を取次いだ, 大光頭

▼ 木下大佐~ (43, 4.0%)

3 と小川中佐 2 も小川中佐

1 [38件] から形見, がどなった, がまっ青, がよろよろ, が不審, が汗, が虎, が青く, に声, の命令, の心, の昭和遊撃隊, の考え, の顔, の鬼, はえらい, はおどろいた, はすぐ, はすごい, はどうやら, はまたも, はまだ, はよろめく, は三宅参謀, は勇将, は怖い, は思わず, は戸棚, は敵, は決死, は清君, は照準望遠鏡, は盃, は荒波, は遊撃隊, もため息, も怪物フーラー博士, も無線電信

▼ 木下~ (33, 3.1%)

2 に, に仄めいた

1 [29件] から照射, から真夏, から離れ, が出来, が迫りかけ, その横径, で彼女, になつて, には照り, に仄, に枯葉, のうす暗く, の一本路, の人目, の感じ, の枯れ枝, は緑, へかかっ, へ誘い入れる, もかなり, をすたすた, を作っ, を作つて, を分け, を照, を登りきる, を行く, を覗きます, 其の横径

▼ 木下殿~ (32, 3.0%)

2 では, のお

1 [28件] か, がおられましょう, が今朝, が切に, が参る, が見えた, だ, とは, とまさか, と娘, にお, には今, に会いたい, に随身, のこと, の御内室, の組, の言, の隊, はおいで, はッ, へ嫁げ, へ譲った, まで誓紙, よいらざる, より懇, をそこ, をどこぞ

▼ 木下~ (26, 2.4%)

4 信子とは 3 信子とが 2 信子と, 信子との, 杉野子爵とは

1 [13件] 三人の, 二人きりに, 云う父, 云ふ, 名乗って, 向い合って, 啓介とが, 娶わ, 河村とは, 私と, 許婚の, 雅子と, 離し難い

▼ 木下さん~ (24, 2.2%)

1 [24件] が, が其, が居, が骨, という旗本上り, とひくく, の, のところ, の御, の方, の柏木, の言はる, の電話, は, はあれ, はどう, は妙, は東京, は気, へゆけっ, へ一人, へ往けつ, また, 本当にそれ

▼ 木下~ (23, 2.1%)

2 いった時, 一瞥も, 無責任な, 知らせて

1 [15件] さへ, そのやう, ウェストミンスタアを, 云った, 代って, 信子の, 向かって, 向って, 嫌厭を, 我知らず微笑みかけた, 托するの, 牽れ, 相図, 頼んだ, 鮮かな

▼ 木下~ (18, 1.7%)

5 のお

1 [13件] からはよく, がお越し, が妻, が来る, が洲股, でございますか, でしたか, にかかっ, にはそれ, には初めて, へお, へなら, へ嫁ぎとうございます

▼ 木下~ (16, 1.5%)

2 呼びに

1 [14件] うながした, すぐ側, 信用しない, 川辺添い, 引止めた, 影に, 特派する, 疑わず頼り, 病室に, 自分たちの, 見返し, 通した, 通る者頭, 靠ぎ去った

▼ 木下杢太郎~ (16, 1.5%)

2

1 [14件] が, が実際, が見舞, その全集, と東京停車場, にあて, の姉さん, の岳父さん, の硝子問屋, はその, は傷つき, へあて, も吉井勇, や私

▼ 木下~ (15, 1.4%)

2 やがて四十, 子爵も, 杉野も, 此の 1 その日静か, 世間が, 信子も, 倖せ, 助かつて, 後から, 黙って

▼ 木下~ (12, 1.1%)

2 の系図 1 とは当然, に随身後, の一粒種, の奥, の家臣, の小姓ども, の紋, の総, の足軽, の郷里

▼ 木下尚江~ (12, 1.1%)

21 が發行, が赤羽巖穴, の兩先輩, の思想, の机, はこの, はその, は突然, や早, を別室

▼ 木下杢太郎氏~ (11, 1.0%)

2 などとさかん 1 が名, が青春詩集, など内田魯庵氏, の, の播いた, の散文, の詩, は, をし

▼ 木下~ (10, 0.9%)

1 か, だが, であった, でござる, と交代, と前後, と池田隊, にはそんな, には先頃, へ這いこん

▼ 木下~ (9, 0.8%)

21 がこの, とは交遊, の名, の真赤, は兎, は大きな, も丁度あまり

▼ 木下~ (9, 0.8%)

3 の槍 2 とも言え 1 というの, に似, の修正, の磨き

▼ 木下~ (7, 0.7%)

2 右衛門の, 右衛門等を 1 右衛門が, 右衛門などの, 右衛門大金藤八郎徳永石見守の

▼ 木下弥右衛門~ (7, 0.7%)

2 の子 1 と申す, の伜, は炉, へ嫁ごう, も足軽

▼ 木下~ (7, 0.7%)

21 こそそもじ, で幽霊, の暗がり, を過, 小暗きあたり

▼ 木下くん~ (6, 0.6%)

1 です, はすぐ, はでんわ, をのこし, をよびました, をよん

▼ 木下~ (6, 0.6%)

1 が忽ち, に先鋒, に取り詰められ, は一兵, は信長, を追いかけた

▼ 木下少年~ (6, 0.6%)

1 に発見, のそば, のため, はおかあさんといっしょ, はその, は洋服

▼ 木下杢太郎さん~ (6, 0.6%)

1 が, がこの, がどの, が此地, の顔, 程日本

▼ 木下杢太郎君~ (5, 0.5%)

1 が自ら雲岡, では, にさそわれ, の発明, はもっと

▼ 木下池田~ (5, 0.5%)

3 の二隊 1 の先鋒, を見殺し

▼ 木下~ (5, 0.5%)

1 ときのふ, と海岸, や, を想う, を行く

▼ 木下~ (5, 0.5%)

1 があり, でものんき, ほの暗うなりぬ, を急い, を歩く

▼ 木下には~ (4, 0.4%)

1 なにかうそ寒く, 依然膠, 娘が, 茸の

▼ 木下八百子~ (4, 0.4%)

1 などを覚えた, に三河家荒二郎合同, の噂, は私

▼ 木下~ (4, 0.4%)

21 から堀切, の梅

▼ 木下助右衛門~ (3, 0.3%)

1 と同姓, と木下勘解由, も秀次

▼ 木下勘解由~ (3, 0.3%)

1 の両, はたしなめた, も秀次

▼ 木下医院~ (3, 0.3%)

1 へ下ろし, へ清, へ送り

▼ 木下司令官~ (3, 0.3%)

1 と小川中佐, の命令, は仁王

▼ 木下~ (3, 0.3%)

1 五郎, 五郎から, 五郎の

▼ 木下川藥師~ (3, 0.3%)

1 の富, の留魂祠, の石標

▼ 木下~ (3, 0.3%)

1 が伸子たち, は案外, は自動車

▼ 木下~ (3, 0.3%)

2 をベエトーフェン 1 なんだかそういう

▼ 木下秀吉~ (3, 0.3%)

1 が奮戦, が明智, の下

▼ 木下藤吉郎どの~ (3, 0.3%)

1 が御, だ, という

▼ 木下順二~ (3, 0.3%)

1 そのほか相当, の, のやう

▼ 木下から~ (2, 0.2%)

1 預った軸物, 預つた軸物

▼ 木下といふ~ (2, 0.2%)

1 のが, 巡査の

▼ 木下どの~ (2, 0.2%)

1 の人間, は話せぬ

▼ 木下などが~ (2, 0.2%)

2 こんな物

▼ 木下はんあんた~ (2, 0.2%)

2 口説きな

▼ 木下~ (2, 0.2%)

1 いわせて, 伝えて

▼ 木下までが~ (2, 0.2%)

2 俺を

▼ 木下をまで~ (2, 0.2%)

2 買収し

▼ 木下主筆~ (2, 0.2%)

2 を其自宅

▼ 木下~ (2, 0.2%)

1 の頼み, は君

▼ 木下利玄~ (2, 0.2%)

1 の, の歌

▼ 木下~ (2, 0.2%)

1 右と, 右山田平市郎谷平助芳野宮内などの

▼ 木下富士子~ (2, 0.2%)

1 が旧家, のこと

▼ 木下川梅園~ (2, 0.2%)

1 も廢, も無くなり

▼ 木下廣次~ (2, 0.2%)

1 が一高, が校長

▼ 木下弥助~ (2, 0.2%)

1 も見え, をお

▼ 木下杢太郎北原白秋諸家~ (2, 0.2%)

2 の或

▼ 木下検事~ (2, 0.2%)

1 から電話, にたのまれ

▼ 木下~ (2, 0.2%)

2 の罪悪

▼ 木下~ (2, 0.2%)

1 にし, ももはや

▼ 木下艦長~ (2, 0.2%)

1 が遊撃隊, と小川航海長

▼ 木下藤吉郎秀吉~ (2, 0.2%)

1 が信長, に命ぜられる

▼ 木下逸雲~ (2, 0.2%)

1 である, は支那人

▼ 木下道夕日さし入り~ (2, 0.2%)

2 流れたり

▼1* [119件]

木下ぬしと, 木下信子かが, 木下ごときを世人, 木下さん大丈夫ですか, 木下さん木下さんとひくく, 木下さん私は, 木下それから利根川, 木下としては明白に, 木下とに相談した, 木下との間に, 木下にさえ荘田の, 木下に対する友情は, 木下はつと立ち上った, 木下みち石も啼くべき, 木下もう寝ろもう, 木下みわが, 木下サーカスがやってる, 木下ハルミという美しい, 木下七郎兵衛が祖先, 木下七郎兵衛家利が娘, 木下両氏と共に多少, 木下二少年の写真, 木下八百子市川荒次郎合同の歌舞伎劇, 木下利玄さんが連立つ, 木下利玄柳宗悦園池公致児島喜久雄郡虎彦等上流の青年たち, 木下前田佐々の手のものども, 木下助左衛門弟の勘解由, 木下勘解由小西弥九郎山内猪右衛門一豊など多士済々, 木下勘解由木下助右, 木下友三郎君も同行, 木下取手関宿境権現堂栗橋古河と足跡, 木下吉之助らが壮士芝居, 木下吉定も, 木下名乗リ懸名乗リ, 木下君たちがデパート, 木下大佐小川中佐三宅参謀らがあつまっ, 木下大尉通敏さんの母, 木下大膳亮等であったが, 木下孫兵衛家定でござる, 木下宮島の二少年, 木下家具店でエキステンドィング・テーブル, 木下将監の内命, 木下小玉博士それに若い, 木下尚江さんという先生, 木下尚江君がある, 木下尚江島田三郎がつぎつぎ, 木下尚江氏も有名, 木下尚江氏大場又二郎氏, 木下尚江田川大吉郎坪谷善四郎森弁次郎の諸氏, 木下尚江石川半山を通じて正造, 木下川堤で与右衛門, 木下川梅園向島の百花園, 木下川辺へかけ, 木下広次さんなどは大分肩, 木下広次土方寧の諸君, 木下廣次さんなどは大分肩, 木下恵介監督の手, 木下操子三輪田真佐子島田信子という顔ぶれ, 木下はさんざん, 木下旅館へいつたら, 木下日向守を顧, 木下昭造氏刑事佐藤捷平刑事山田金次氏たちのほか巡査二人, 木下杢太郎きしのあかし, 木下杢太郎吉井勇北原白秋高村光太郎木村荘八長田秀雄谷崎潤一郎たちパンの会, 木下杢太郎平野万里等と九州, 木下杢太郎氏あたりが主唱, 木下杢太郎長田秀雄両君と都会趣味, 木下杢太郎長田秀雄吉井勇それから私, 木下杢太郎長田秀雄吉井勇等の諸君, 木下東作博士とが或, 木下正治は絵具箱, 木下氏芝居スケッチの道楽, 木下河岸で朝, 木下法学士と余, 木下淡路守利常という人, 木下熊男君は巴里, 木下登三郎先生なり, 木下皮膚科へ寄り, 木下秀吉博士によって開拓, 木下秀吉柴田勝家森可成, 木下秀吉美濃三人衆等に囲まれ, 木下の小隊そのもの, 木下総ッ木といへ, 木下総長は強硬, 木下自身もまったく, 木下良三まず一杯, 木下若狭守の居城, 木下という可愛い, 木下華声が年少拙劣, 木下華声君も小, 木下華声奈美野一郎吉井俊郎丸山章治福地悟郎東喜代駒山野一郎に私, 木下蔭挟合戦の, 木下薬師で売る, 木下藤きちろうどのがむかえ, 木下藤吉かと互に, 木下藤吉一番槍一番乘一番首の功名, 木下藤吉郎その他の手勢, 木下藤吉郎それは太閤秀吉, 木下藤吉郎といやるか, 木下藤吉郎君命によってここ, 木下藤吉郎様じゃ, 木下藤吉郎殿かと思います, 木下藤吉郎殿横山城の御, 木下藤吉郎秀吉明智十兵衛光秀等が陣, 木下虎吉っていうもん, 木下見れば一側並木, 木下謙次郎はまず, 木下謙次郎氏の書いた, 木下はお, 木下逸雲僧鉄翁と同じく, 木下部長は警部補, 木下重堅の二将, 木下録三郎沢村四郎五郎井上正夫木下八百子などを覚えた, 木下闇苔蒸したる岡, 木下闇蚊の呻, 木下隊七百人も唐崎, 木下扇とだけ, 木下にて下車, 木下は忘れ