青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「木の葉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

朝夕~ 朝廷~ 朝日~ 朝鮮~ 期~ ~期待 期待~ 期間~ ~木 木~
木の葉~
木下~ 木戸~ 木曾~ 木村~ ~木立 木立~ 木綿~ ~未だ 未だ~ 未亡人~

「木の葉~」 1555, 17ppm, 6769位

▼ 木の葉~ (500, 32.2%)

80 ように 29 やうに 13 上に 11 ような 8 間から 5 相軋めく, 露が 4 すきま, 中で 3 ごとく, やうな, 上を, 如く, 摺れ合う音, 様に, 落ちる音

2 [37件] お使, お船, しずくする, そよぎしめやか, そよぎに, なかへ, ようだ, 下を, 中に, 中の, 傍に, 凋落する, 如く戸外, 如く遅疑, 形を, 感傷, 散る音, 様な, 灰色な, 着物を, 繁みから, 繁みを, 色も, 蔭と, 閃き落, 間に, 陰に, 隙間から, 雨ばかり, 雫の, 音に, 音の, 音は, 音を, 風に, 駈けくら, 鳴る音

1 [246件] あたる音, いろも, うちにて, おさつぢや, かげにでも, かげや, かげを, かさ, かさかさした, かすれ雛, きら, きらびやかな, くずした模様, ことごとく落ちつくし, ごとき兵馬, ごとき舟, ごとくあたり, ごとくすうっ, ごとくちりぢ, ごとくはしりゆく小船, ごとくひるがえって, ごとく声, ごとく巨濤, ごとく波浪, ごとく社会, ごとし, ごとし風, ささやき, ささやきぐらいな, ささやきや, さやぐ音や, さやさやと, さらさらさら, さらさらと, さわがしいさ, ざわつくよう, しげったやみ, しげみの, しげみや, したに, しばらくた, すが, すれあうよう, すれる音, そよ, そよぎから, そよぎであろうか, そよぎとともに, そよぎとに, そよぎとを, そよぎと同じ, そよぎにも, そよぎも, そよぎ浪, そよぎ路傍, そよぎ露, そよぐにも, そよぐよう, そよぐ音, それでは, ちる, ちるやう, ちれば, ついた樺色, ついた餅, とぶこと, どす青い, ない梢天, なかで, なかに, においを, にほひ, はらはらと, ひとしきり散る, ひとひ, ふりしきる, ふれる音, ほかは, まわりに, みどりの, むこうに, ゆらぎにでも, アーチの, パンは, 一つ, 一枚を, 一片も, 一葉散り, 上の, 上へ, 上方をば, 下地面の, 中へ, 中より, 乾いた響, 二枚三枚は, 今にも, 余影で, 凋みて, 出揃った新緑, 前にも, 動くの, 匂いが, 匂いの, 匂が, 匂鳥の, 反射を, 合方山嵐や, 呟きも, 囁きまで, 囁き声を, 塊りたるなり, 声は, 夕榮である, 如くおののいた, 如くたわいなく, 如く散つて, 如く西風, 如く蹴ちらされ怒濤, 如く追い廻されて, 如く飜弄, 如く首府京城, 宇宙で, 宙に, 尖で骨, 嵐, 幻に, 形も, 影が, 影も, 影を, 影法師だ, 影浮い, 微かな戦ぎ, 心地し, 戦きぽ, 戦ぎが, 戦ぎを, 戦ぐ音, 散って, 散つて, 散るころ, 散るに, 散るやう, 散る如く, 散る庭, 散る昔, 数は, 数よりも, 新芽の, 方は, 暗の, 暴風を, 朽ちて, 桜や, 森の, 様子が, 浮ぶかと, 深々と, 滴りが, 漂ふごとく, 灰を, 片寄る忍び音, 生で食べられる, 疾風が, 痕を, 皿, 破れる様, 精か, 紅葉した, 紅葉する, 細工を, 細部にわたり, 網目を, 緑の, 繁みの, 群を, 翳に, 翻える, 自然と, 舞い落ちて, 舞う如く散乱, 色づく秋, 色でも, 色に, 色は, 色や, 色雨の, 若葉すゞしく, 茂みその, 茂みに, 茂みの, 茂りから, 茂り合った蔭, 落ちつくした裸樹, 落ちる時, 落ちる時分, 落ちる秋, 落ち散る, 落つるをも, 落溜つた, 葉脈に, 蒼み, 蔭で, 蔭に, 薄さ, 薫が, 虹である, 衣か, 衣つてどんな, 表に, 裏とか, 裏まで, 褌を, 跡と, 重さ, 重なりを, 間々庭草の, 間で, 間には, 間の, 間を, 隙から, 隙間へ, 雨だ, 雨の, 雨も, 雫が, 露で, 露よりも, 青さ, 面に, 音おりおり思いだした, 音が, 音や, 音信も, 音宇治川の, 風, 風なき, 飛ぶよう, 飜へる, 騒ぐの, 麺麭と, 黄ばんだの, 黄ばんだ雑木林, 黒い塊

▼ 木の葉~ (272, 17.5%)

7 落ちて 6 さらさらと, 音も 5 くれに 4 風に 3 散つて, 落ちる

2 [18件] ささやいた, ささやく, とんで, ばらばらと, ガサリと, 光り又, 動くため, 悉く濡れ, 戦ぐ気色, 散って, 時々ひらひらと, 沈む, 落ちても, 附いて, 雨の, 頭上で, 馬の, 騷いでゐる

1 [202件] あとから, ありますよ, あるの, あんなに染まる, いい気持, いくつも, いっぱい茂っ, いつしか霜, いつの間にか落ち, いつぺんに, うつくしいやう, おちて, おのずから枝, お金であったら, きらきら光っ, くっついて, くるくる舞い, くるりくるりと, ことごとく虫, こんもりと, さわがしいゆ, ざざざと鳴りはじめた, ざわざわと, しきりに落ちる, しげり, じめじめと, すっかり灰色, すつかり, すつかり枯れ落ちた, すつかり落ち, すばらしい, そつちこつ, そのさき, その水面, そよぐ, そよ風の, そんなに紅く, たくさんくっついた, たくさんそれも, たった一つ, たまり放しであった, だん, ちらちらと, ちりちり焼け出し, ちる, ちる小鳥, つや, どこからとも, ねばり着いて, はげしくざわめき, はやこんなに色づきました, はらはらと, ばさばさし, ぱさり, ぱちぱち鳴っ, ぱらぱらと, ぱらりと落ちた, ひつか, ひらひらと, ひらり, ふるひ出す, ふれあって, ふれあつ, へやの, ほろほろと, ほんとうに, また流れ始めた, もうみんな, ゆるくさら, りんどうの, ガサガサと, サラサラと, ハラハラと, パリパリと, 一つ落ち, 一時に, 一枚一枚輝い, 一枚二枚と, 一枚窓硝子の, 一面に, 乱れた畑, 乱れ飛ぶと共に, 乾いて, 乾反, 交って, 交つて飛び散る, 人懐かしく, 何処やら, 佗しく掃き, 偶に, 偶然此所に, 光って, 凋落する如く, 出て, 動きつづけて, 厚く茂っ, 吹きつけられて, 吹き上げる焔, 吹き落され毎日, 吹き飛ばされたが, 囁くやう, 固くなっ, 地上の, 多すぎ, 大殿の, 妙に, 娘の, 宙を, 小鳥に, 幽かに, 座敷の, 庭上へ, 強い日光, 御簾の, 戦いで, 揺れたので, 揺れるかと, 揺れると, 散つたり, 散らかって, 散らずに, 散りかかる, 散りかけ虫, 散りその, 散りました, 散り散った木の葉, 散り私, 散る, 散るとき, 散る魚, 日に, 映つたり, 晝は, 月の, 月光に, 枝端れ, 枯れ落ち, 染まって, 梢に, 水底の, 沈むと, 沈む一件, 沈む今太閣, 波の, 流れに, 流れの, 浮いて, 渦巻の, 游泳する, 澄んだ日, 無理に, 煙るので, 理由も, 瓦斯の, 白くあえい, 石の, 空に, 紅葉しかけ, 紅葉しかけた, 繁り出したこと, 翻るよう, 翼を, 舞いかかる, 舞い霧, 舞って, 舞ひか, 色づくころ, 芽を, 茂り, 茂り合つて, 落ちかかって, 落ちつくして, 落ちまして, 落ちると, 落ちるよう, 落ち始める頃, 落葉しよう, 蝉の, 褐色黄褐色又は, 見えて, 赤くな, 赤や, 輿を, 重々しく揺れ, 重り合って, 降ったり, 陰翳を, 雨かの, 雨に, 雪を, 震えるよう, 露に, 青々として, 静に, 頭上を, 風も, 飛び廻り色づき始めた柿, 鳴った, 黄色くなっ, 黄色くまたは, 黄色く又は, 黄色に

▼ 木の葉~ (192, 12.3%)

4 敷いて 3 浮べて, 焚いて, 頭から

2 [16件] かぶせた杭あと, かぶって, さへ, さわさわ, ざわめかせて, とって, はらふとき, 切って, 取て, 捲いて, 散らしたよう, 散らして, 散りしか, 漏れて, 着て, 綴りて

1 [147件] いつぱい, うけひ枯, うごかしたり, うつ軟, かけて, かぶせその, からだに, かれは, きらきらと, くわえて, こぼれる雫, ご覧に, さっと散らす, さらさらと, しっかりと, すべるよう, たたく音, ちぎりとったり, ちらす, つけたすゞかけ, つたい歩く蟻, とおして, のせて, はく, ばらばらと, ひらひらと, ふきちらす, ふむ音, ふるわせて, ぼんやり眺め, まいて, まとわねば, みんなさわっ, むしり取って, めくるよう, もって, やたらに, ゆすった, ゆすつて, ゆする風, わけて, わたる微風, カサコソと, サラサラ音, ハタき, ワラワラと, 一と, 一ぱい浴びた, 一枚一枚むしっ, 不思議そうに, 乾かした奴, 二枚むしり取った, 仰いだ, 何か, 切っては, 刻んだもの, 剥ぐやう, 動かすほどの, 包んで, 千々に, 取って, 取りその, 口に, 吊して, 吹いて, 吹きあげたやう, 吹きまいて, 唇に, 唾と, 喜ばせ夜, 噛んで, 四足で, 夜露が, 屋根に, 座敷に, 打ち落して, 打つ音, 扱いて, 折り重ね綴合せても, 拭いて, 拾ふ, 挿して, 捲いた疾風, 捲きながら, 捲くごとく殺到, 掃いたよう, 掃いて, 採って, 掻き出して, 掻搜し, 揺すった, 揺りうごかす風, 揺るがし木々, 撒いたので, 撒いたほど, 播き散らす日, 散したよう, 散らす風, 数枚持っ, 敷いた浅い, 敷きそれ, 枕で, 染めるとは, 染めるの, 洩れて, 浮かべたよう, 渡る風, 渡れり, 渦巻いたり, 滑り落ちるひそめきであつ, 煎じて, 照すばかり, 照らして, 照らす, 用いたの, 画くに, 盛り上げた深い, 綴った着物, 緑に, 縫ひつけた, 腹一杯食べあさる, 舞わせながら, 船として, 衣として, 衾の, 見ては, 誘つて滿山の, 踏んで, 蹴って, 蹴落す冬, 身に, 輝かしいあか, 透しチラチラ, 銜えて, 長く垂れ, 降りこぼして, 陣風の, 集めること, 頭髮に, 食うには, 食う虫, 食ふ, 鳴かせる暗い, 鳴らして, 鳴らすよう, 鹿が, 黄ばませるより

▼ 木の葉~ (96, 6.2%)

4 かさかさ木 2 いちじるしく光沢, この出来事, 皆落ち

1 [86件] ある程度までしか, いつとて, いつのまにか変わっ, いまみんなで, おのずから翻りぬ, かう水, かさな, からからに, きらめく麓, じっと静まっ, すべて動かなかった, そのまま土, そよいだ, たえ, たちまち木陰, ちる, ぢつと, どうなるだろう, どこへ, どれも, なしそれ, はじめから, ふり落されて, ふんわりと, またそよいだ, また一, まだ枝, まるで鼠, みんな白く, もうそろそろ散りかかっ, もはや幾ら, やがて深山幽谷全体, わずかしか, オレンジ色や, ハラハラと, 一枚も, 全く見つからぬ, 初毛, 危かった, 夜の, 大概落ち尽した, 小さな手, 小径に, 少しも, 少女の, 山風に, 帽子に, 彼女の, 思い存分, 手綱の, 散って, 散りぬ, 散り尽し山, 散る, 散るとき, 最も地上, 朴に, 松の, 枝を, 歳々の, 浅黄色に, 淡き吐息, 淡く松, 清浄な, 疎, 白く陰, 皆あぶら, 眠りより, 空高く, 紅くなる, 紅く色づい, 紅葉し, 緑にか, 翼を, 脆く飛び, 色黯み, 落ちはじめ幾多, 薄く色づく, 街道筋に, 部屋の, 雪の, 霜の, 鞍上の, 頭上に, 黄色を, 黄葉し

▼ 木の葉~ (89, 5.7%)

3 なって, 似て 2 かくれ陽, 注意し

1 [79件] おるは, かかる時雨, かくれて, かけし時雨, からまりながら, からんで, きらめきて, こぼれて, さえぎられて, ささやけば, さわる風の音, しぐれの, したしむこと, しても, すがるたは, すがるたわ, そそぎました, そよとの, たまるよう, ちらつく日, つ, とざされて, とまって, なります, ふりかかる音, ふりそそいで, ふりむきも, まじって, まじつて, よごれて, 交って, 包めと, 化けると, 化して, 埋もれて, 埋もれ歩き, 変って, 小さな蛙, 掛かって, 掩われ, 文字を, 斜陽が, 映つた, 時雨が, 止まって, 止まる雨蛙, 毒素が, 水の, 溜まった水滴, 火が, 燃え移つて, 狂う虻, 病む身, 盛って, 盛りし事, 笠に, 等しかろう, 紅い實點, 綾なす虹, 習との, 腰を, 蔽われて, 蔽われては, 血のりを, 親しんだ, 触つて, 触れて, 詩を, 身を, 載せて, 辷り落ちる粗い, 遮ぎられているが, 録し, 降る夏, 雨を, 霧の, 露の, 音を, 鹽握飯を

▼ 木の葉~ (57, 3.7%)

5 枝も 2 なかった, ぱらぱらと, 動かない月, 動かなかった

1 [44件] ぐつたりとうなじを垂れた, ざわ, ざわざわと, じっとし, じめじめと, そのかわり, はげしい霜, まじって, もはや何, もみぢに, やがては, ゆれず一羽, 一度は, 一様に, 凋落する, 動かさなかった, 動かずといふ, 土も, 実も, 家も, 寒くて, 少し色づいた, 峰の, 幹の, 引っちぎれ, 月日も, 枝の, 波も, 流れの, 皆散り, 穀物も, 紙屑も, 紫籠めた, 草も, 萎んでしまつたが, 落す富士颪, 落ちつくすと, 見えれば, 遮らず赫, 降り, 青し日, 青葉の, 騒ぐよう, 黄金色に

▼ 木の葉~ (41, 2.6%)

9 草の 5 木の 2 草が

1 [25件] たかい草, なわの切れはし, 下草の, 五十歳を, 何か, 小枝, 小石や, 手拭包みから, 新らしい, 木っ, 枝さては, 枝を, 柴を, 清冽な, 田圃の, 紙屑が, 美しい花, 腐った木, 芥虫の, 草いきれに, 草を, 草花が, 貝や, 道を, 金色の

▼ 木の葉~ (23, 1.5%)

2 なって, 見ん

1 [19件] いわず小屋, そんなに変らなく, なり石, なり風, ザワめく, 云うの, 匂う風, 同じやう, 土と, 寸分も, 小枝とを, 散り浮きたるさま, 散り鳶, 敵を, 木実が, 枯枝とに, 梢とを, 真青な, 秋草の

▼ 木の葉~ (19, 1.2%)

1 [19件] ぐるりを, こしら, こしらえたお, つくった蓑, ふいた小舎, まるまッ, 作った奇妙, 包んで, 埋まって, 寝床を, 拵えたもの, 拵へ, 深々と, 編んだ新しい, 装うた作り山, 買いに, 路が, 隱し, 食べられるの

▼ 木の葉にも~ (11, 0.7%)

2 翼を 1 ならず両国, なんにもなり, ひとしかった, またどの, 何にでも, 小虫, 慴える, 柔かい陽光, 美しい生命

▼ 木の葉一枚~ (10, 0.6%)

2 もありません 1 だになき, でもそれ, にも触れない, をとっ, 動かず平素, 動かず気味, 動かない沈鬱, 揺るがなかった

▼ 木の葉でも~ (9, 0.6%)

2 かぶせて 1 一枚一枚は, 一枚一枚はっきり, 手あたりしだいに, 水玉でも, 浮かすよう, 綴つて體を, 降る音

▼ 木の葉~ (8, 0.5%)

1 ですこし, で元気, で調子, には複雑, の音, をくちびる, を吹い, を吹き

▼ 木の葉ちる~ (6, 0.4%)

2 のみ 1 かなだ, かなである, ばかり, や犬

▼ 木の葉山女魚~ (6, 0.4%)

2 という 1 と言い, の姿, の淡白, を釣る

▼ 木の葉から~ (5, 0.3%)

1 あるいは鳥, した, 滴って, 滴る音, 葉へと

▼ 木の葉では~ (5, 0.3%)

2 ない地べた 1 ない茶色, なかった, なく板

▼ 木の葉などを~ (5, 0.3%)

1 使いますの, 敷いて, 添えて, 綴って, 綴り合わせた珍しい

▼ 木の葉みたい~ (5, 0.3%)

1 なの, なもの, な若布舟, におそい, におそいかかる

▼ 木の葉~ (4, 0.3%)

3 やぎぬ 1 へ朝風

▼ 木の葉である~ (4, 0.3%)

2 ことを 1 が掌, やしからず

▼ 木の葉一つ~ (4, 0.3%)

1 動かない森林, 揺がない静まり返った夜, 落ちし音, 見えない地下牢みたい

▼ 木の葉天狗~ (4, 0.3%)

1 のこと, の意味, はまさしく, 実は天明太郎

▼ 木の葉~ (4, 0.3%)

2 の葉 1 の花, の葉一枚

▼ 木の葉~ (3, 0.2%)

1 なぞの, なにかを, 沈むは

▼ 木の葉さやげ~ (3, 0.2%)

3

▼ 木の葉といふ~ (3, 0.2%)

2 葉が 1 ものは

▼ 木の葉まじり~ (3, 0.2%)

1 の時雨, の風, 大屋根

▼ 木の葉みち~ (3, 0.2%)

3 たり

▼ 木の葉をも~ (3, 0.2%)

1 るる日影鮮やか, 泥の, 見ないと

▼ 木の葉おとし~ (2, 0.1%)

1 に舞いおりた, に降り

▼ 木の葉だって~ (2, 0.1%)

1 いいわけ, まっすぐに

▼ 木の葉とか~ (2, 0.1%)

1 人物とかは, 何とかを

▼ 木の葉と共に~ (2, 0.1%)

1 また北の方, 泣かしめる

▼ 木の葉どころか~ (2, 0.1%)

1 木そのものさえ, 身の丈七尺も

▼ 木の葉なんぞ~ (2, 0.1%)

1 でございますもの, のよりも

▼ 木の葉には~ (2, 0.1%)

1 鑿の, 霧は

▼ 木の葉のさ~ (2, 0.1%)

1 ざなみのような不思議な, やぎも

▼ 木の葉ばかり~ (2, 0.1%)

1 でなく足もと, で孫策

▼ 木の葉ばかりを~ (2, 0.1%)

1 ザワザワと, 吹きつける雨戸

▼ 木の葉より~ (2, 0.1%)

1 早く散る, 羽団扇の

▼ 木の葉をかぞ~ (2, 0.1%)

2 へて

▼ 木の葉ヤマメ~ (2, 0.1%)

1 が代表的, という

▼ 木の葉落ち~ (2, 0.1%)

1 つくせば, 落ちて

▼ 木の葉落つる~ (2, 0.1%)

2 中に

▼ 木の葉落花~ (2, 0.1%)

2 の風

▼ 木の葉~ (2, 0.1%)

1 と顔, のよう

▼ 木の葉虫みたい~ (2, 0.1%)

1 にごろごろ, に眠っ

▼ 木の葉隠れ~ (2, 0.1%)

1 に見え隠れ, の翼

▼1* [120件]

木の葉あらあらしく鳴りつ梢, 木の葉あるのみ, 木の葉おろしするとともに火, 木の葉かげから出, 木の葉かずきと言う, 木の葉かと思えば, 木の葉がねあれ性の, 木の葉この炎天の, 木の葉ごろもの山姫, 木の葉さえ一々に, 木の葉さびしく散る, 木の葉しも散れるやう, 木の葉じゃないほん, 木の葉すこしで周囲, 木の葉その葉の, 木の葉そよぐなり, 木の葉それがビュービュー, 木の葉たちまち来たり, 木の葉つて, 木の葉だけになりゼスチュア, 木の葉だけは動くとも, 木の葉だにそよがないかの, 木の葉ちぎれ飛ぶこと百千の, 木の葉ちつてくる, 木の葉ちらし吹き荒みたる風も, 木の葉ちり秋もくれ, 木の葉ちるちるからだ, 木の葉らしの, 木の葉ぱ, 木の葉づくといつ, 木の葉であった青楓の, 木の葉でございますかな, 木の葉でしかない, 木の葉という葉が, 木の葉とがゆるやかに, 木の葉としか見えませんでした, 木の葉とで不細工に, 木の葉とばかり浮き沈む, 木の葉ともいえない華やかさ, 木の葉なすいぶきはなちて, 木の葉なぞも綺麗に, 木の葉など炙べたこと, 木の葉などがついて, 木の葉などは黒ずむばかりの, 木の葉ならんとは, 木の葉にて捲き引き出せば, 木の葉にやあらん敷きなして, 木の葉のみである, 木の葉ばかりが遺って, 木の葉ひかる雲が, 木の葉ふきおとした, 木の葉ふりつつ, 木の葉ふりしぐるる, 木の葉ふるところ眼をと, 木の葉ふるふる鉢の子へも, 木の葉火くつ, 木の葉または半ば霜枯れた, 木の葉だりがはし, 木の葉もらひし返しにぞ, 木の葉やく寺の, 木の葉やれの落つる, 木の葉よりも静かに, 木の葉をとほして, 木の葉を以て頭から, 木の葉パンを半分頬ばり, 木の葉一つソヨがぬ, 木の葉一枚づゝ君來よと染むるにや, 木の葉三枚を加え, 木の葉中でも金春舞台を, 木の葉交じりにばらばら, 木の葉半ば落ちて, 木の葉半ば落ち失せし林, 木の葉吹き払い掻っ払い食え, 木の葉吹くあらしに, 木の葉囁き苔薫じわれ, 木の葉をうつ, 木の葉をば庭, 木の葉山女魚餌は蚯蚓, 木の葉崩れからカサコソ, 木の葉形柳の葉, 木の葉を通してちび, 木の葉拾いのせしふるまいのみやびて見えつる, 木の葉掻きが始まる, 木の葉掻く木の葉返しの, 木の葉散りて居, 木の葉散り飛ぶ坂を, 木の葉散る山偏付きの, 木の葉敷き重ねてその, 木の葉の皮よう, 木の葉枝ごとち切れ飛ぶ青柿, 木の葉の炎天, 木の葉洩れ陽が, 木の葉浮かびて流るる, 木の葉溜りぬ海の, 木の葉猿肥前神埼郡尾崎の子供笛, 木の葉田圃にある, 木の葉なんていふ, 木の葉石畑下須卷小太郎ヶ淵玉簾の瀧, 木の葉石野火の煙, 木の葉竹竹草松花その他は力強く, 木の葉笛竹童嘲歌, 木の葉に俄雨, 木の葉の瀬, 木の葉ふ足柄山, 木の葉色づく十月の, 木の葉芒果の肉, 木の葉落しということ, 木の葉落ち尽くして庭, 木の葉落ち流れはこれ, 木の葉落葉につ, 木の葉蒲団に終夜, 木の葉の背中, 木の葉が明るく, 木の葉詩人や木の葉詩論, 木の葉詩論が一掃, 木の葉贈るのは, 木の葉越しにところどころ, 木の葉返しの來, 木の葉がわらわら, 木の葉高く大空に