青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「意~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

惡~ 惣~ ~想 想~ ~想像 想像~ 愈々~ ~愉快 愉快~ ~意
意~
~意味 意味~ ~意地 意地~ ~意外 意外~ ~意志 意志~ 意気~ 意気地~

「意~」 7140, 66ppm, 1714位

▼ 意~ (2258, 31.6%)

63 表して 35 表した 18 安ん, 強うする, 強くする 17 体し 16 含んで, 得て, 示した 15 受けて, 得たりと 14 強うし, 表する 13 もって, 用いて, 迎えるよう 12 決した 11 決したよう 10 得たという, 得たりとばかり, 示して 9 得たりという, 表したいと, 表は 8 うけて, 強うした, 得たもの, 用ゐ, 迎へ 7 伝えて, 強くした, 注いで, 表すること, 表するため, 表わして, 迎えて, 迎へる 6 こめて, 寓し, 寓した, 強くし, 決して, 表するの, 誤解被, 諒と, 酌んで

5 [14件] あらは, あらわして, もつて, 伝えた, 帯し, 得たりといった, 得たるもの, 承けて, 明らかに, 用いた, 用ゐた, 迎えること, 迎えるため, 迎へて

4 [27件] さとって, 决し, 含めて, 告げて, 寓す, 察して, 尽して, 得たよう, 得たり, 得たりとばかりに, 得ない, 悟って, 汲んで, 決したの, 決してこの, 用ひ, 示すの, 表したの, 表したもの, 表したり, 表しながら, 表しました, 表す, 表するもの, 表する次第, 諒し, 述べて

3 [39件] おびて, ふくめて, ふくんで, 主と, 了解する, 十分に, 取りて, 含ませて, 告げし普魯西, 寄する, 寄せて, 寓する, 尽くすこと, 尽すべくも, 得たやう, 抱いて, 枉げて, 決したもの, 決してこれ, 決してその, 決すると, 注いだ, 注ぎて, 洩らして, 用いたの, 用いる必要, 用ゐる, 表したい, 表したと, 表した時, 表しに, 表します, 表すると, 表するに, 表明する, 覚って, 迎うる, 述べた, 達するに

2 [98件] あらわすこと, えたりという, お注, きめて, さとったらしく又もや頻りに, つくさないの, つくしては, つたえた, ほのめかす, むかえた, 伝えたの, 伝えに, 体した, 傾くること人, 働かす人, 凝らして, 同じくし, 含む, 含むが, 含めたもの, 呈する能, 四方に, 固めて, 存し, 察したもの, 察する, 尽くさない点, 尽くして, 帶びてゐる, 引くまでに, 得た, 得たと, 得たものの, 得たりとして, 得たるに, 得ないこと, 得ないで, 得ない様子, 悉し, 悟った, 慰むるに, 抑へ, 持つて, 明に, 明瞭に, 暗示し, 書いて, 有して, 永くしたるなるべし, 決したので, 決したものの, 決した紀昌, 決して断て, 決して硝子扉, 決して立ち上った, 決するところ, 注ぐこと, 注ぐもの, 注ぐを, 注ぐをもって, 湛へて, 獲たり, 現わし, 用いたところ, 用いること, 用ひなけれ, 用ひる, 用ゐざる, 用ゐたる, 盡し, 知るべし, 示すこと, 示すため, 示すに, 示すもの, 致さ, 行ふ, 表したが, 表したこと, 表してから, 表してを, 表しなければ, 表するよう, 表せざるを, 表わしたもの, 表示し, 見抜いて, 解いて, 解き得たら工藝, 解して, 詠じたもの, 諒した, 諒として, 迎えんと, 迎ふる, 通じて, 鋭くし, 離れて

1 [1223件 抜粋] あからさまに, あて恋, あらはせるなり, あらわした, あらわすの, あらわす文字, あらわに, あわせると, いたしたという, いだくかも, うかがうと, うけた同類, うごかさなかった, うごかされたらしく, うごかした, うごかす者, うしなふまじき, えたり, おいだきある, おもいだして, お告げし, かなえて, くばった, くばる皮肉, くんだもの, こういう態度, この点, こめた書, こめ礼拝, ささげたい, さし挟もうや, さとり, しめした, じゃね, すぐ酌ん, そそぎ始め先頃, そそぐこと, そそるでは, その面, それとなく洩らされた, たずねて, つかって, つくして, つくしません, つくすに, つたへられ, とめなかったよう, とらえるには, ないがしろに, のべたい, のみこませた, はかりかねて, ひるがえさすこと, ひるがえす色, ふくませて, ふくむ者, ふくめられたジャック, ふるい促した, ほのめかした, ほのめかしたところ, ほのめかす者, みせながら, みたすもの, めぐらして, もたらした, もち得るだけ, もらされました, もらしたよう, やすめて, ホノメカシて, 一転させる, 上段に, 世の, 了し, 了するに, 了解した, 五百に, 仄めかした, 今日は, 仕果して, 休めた, 伝えさせた, 伝えたらしい, 伝えた後, 伝えること, 伝え早く, 伝ふる, 体し自己, 何人でも, 保存し, 備えながら, 傳へ, 傾く, 傾けんと, 働かすと, 働かせる, 充たすやう, 全体に, 内に, 写し文, 出したもの, 出し過ぎるもの, 判じた, 加えざるなき, 加へて, 動かしも, 去る益, 取り之, 取る位, 受けての, 只一の, 向けて, 含ませるの, 含みて, 含むよう, 含む言葉, 含めての, 含める, 吾らの, 告げると, 和げて, 嘱し, 嚮える, 固くし, 固めるため, 壊り, 失う時, 失ひ行くもの, 失わしむることになる, 奉じて, 奮ひ, 存せざるべからず, 安んずるところ, 安んずる勿, 安んぜよ吾ら, 定めたよう, 容れずして, 容子に, 寄せたい, 寓したるなり, 寓せり, 察したらしかった, 審かに, 尽くさず千万, 尽くせませんが, 尽さぬため, 尽したる上, 尽し得なかつた禿筆, 尽すため, 尽せなく, 屈げても, 川上に, 張りわが, 強ういたします, 強うし合っ, 強うせしめぬ, 強くし得た, 強くも, 強めた, 彼らに, 得させようと, 得ざりき, 得ざれども, 得ずとも, 得ず陽狂, 得たく一書, 得たとばかり, 得たらしくおもしろおかしく, 得たるが, 得たる所, 得たる顔, 得た次第, 得た言葉, 得つと, 得ないと, 得ないに, 得ぬ, 得ぬ事, 得ませぬ, 得ること, 得るに, 得んこと, 徳川政府に, 忘れたと, 怪しんで, 悟ったよう, 悟らずに, 悟り静か, 悲み, 感じたの, 慰めるといふ, 憐み, 懐之まで, 打明, 払わずに, 把握しうる, 抱くこと, 押通さんと, 拒むこと, 持し, 持つか, 持つた語, 持つ書翰, 挟むべからず, 捉へて, 捧げたいの, 捨てて, 探らば, 掬み, 摂し禅那, 政界に, 文治に, 明かし帰, 昭らかに, 暁りしに, 曲げて, 曲げられて, 有すること, 服膺し, 枉げたを, 枉げ生, 果したと, 果たすこと, 栄達に, 次げよ, 止む可, 民人に, 汲みあって, 汲み取り得なかつたから, 決しかねた態, 決しそして, 決したが, 決したといった, 決したらしいの, 決したり, 決した事, 決した如く, 決してあと, 決してかねがねたまにその, 決してはいっ, 決してゐた, 決してクラヤミ, 決して一軍, 決して七月二十八日, 決して上船, 決して乞うた, 決して仕事, 決して体重全体, 決して先, 決して其婦人, 決して冑, 決して剃髪, 決して南球周遊, 決して友人, 決して大学講師, 決して宇治, 決して小菅, 決して彼女, 決して恋人, 決して数万里, 決して文科方面, 決して斷, 決して最後, 決して江戸, 決して燕邸, 決して真暗, 決して窯場, 決して自ら断食せん, 決して自身十数騎, 決して裏梯子, 決して話しかけました, 決して起ち, 決して身, 決して雲南, 決して駐在所, 決し三軍, 決し十五日間寺, 決し叡山, 決し呉, 決し志, 決し東大寺はじめ, 決し田中, 決し自分, 決し計略, 決する, 決するに, 決する点, 決せざるべからざる, 決せる, 決めて, 注いだこと, 注いだ麻田剛立, 注がぬこと, 注ぎいささか, 注ぎ既に, 注ぎ造次顛沛, 注ぐべきものではなからうか, 注て, 洩した下, 洩し始めた, 洩らしたの, 洩らしましたね, 測り兼ねて, 測り兼ねるもの, 満たさない箇所, 滿たしめき, 漏すの, 漏らすその, 無視し, 熱烈に, 狂わして, 猜すれ, 現したと, 現すか, 現すも, 現は, 生じたの, 用いざりし事実, 用いずに, 用いたらしく思われるが, 用いないで, 用いねば, 用いるよう, 用い候, 用ひずし, 用ひたなら, 用ひなかつた, 用ふるなく, 用ゐざるなり, 用ゐずし, 用ゐなかつた, 申して, 申すわけ, 留めさせきたない, 留めざるべ, 留めたこと, 留めなかった証拠, 留める處, 発表する, 發揮したる, 盡す, 盡す人が, 着けても, 知らした, 知らずただ, 知りて, 知ること, 知れりや, 破り家康, 示されて, 示したと, 示した威嚇的法文, 示した語, 示し無言, 示す例, 示す船乘, 示せり, 示そうと, 秘めた贈り物, 突き進めて, 立てようと, 筆札に, 籠めたりと, 経て, 絵障子に, 継いで, 繰り返し諸君, 署長に, 翻えしめる, 翻したとは, 考へて, 聴かされしもの, 胸に, 自分の, 致したという, 致し力, 蔽はず極めて, 衆人に, 表さないのみ, 表さなかった貴女, 表さねば, 表される, 表しあれ, 表したいが, 表したくなる, 表したため, 表したので, 表したる一箇, 表した上, 表した処, 表した後, 表してね, 表しないもの, 表しひそか, 表し一つ, 表し事件, 表し併せて, 表し及ばずながら, 表し張蘊, 表し徳川幕府二百数十年, 表し来りけるが, 表し耶蘇教, 表し銘々夫, 表すべく候, 表するから, 表するつもり, 表するとともに, 表するのみ, 表するほか, 表する一つ, 表する方法, 表する状, 表する訳, 表すれば, 表せざるべからざる, 表せしめたもの, 表せむか爲め, 表せんとも, 表わしたの, 表わし以後神, 表わすという, 表わす入墨, 表わす者, 表明す, 表現すべき, 補うという, 見せて, 見る, 覚えるの, 覚りかねたよう, 解いたもの, 解くため, 解しかねるといった, 解し兼ねて, 解する, 解せず, 解せず鉄拳, 解説する, 言は, 言ふこ, 計りかねて, 訳し形, 詠んだの, 認めた手紙, 認められる接尾語, 誤解した, 説明する, 読むと, 論ず云々, 諭すべきなり, 護り身, 護る賢人, 讀んだもの, 讚せよ, 起さしめしは, 起したるなり, 起すの, 辿って, 迎えたが, 迎えむとにはあらねど, 迎えるか, 迎える様, 迎えんが, 迎え心, 迎合する, 述ぶ, 述べたく思います, 述べたと, 述べたる七律, 述べようと, 述べること, 述べ置いたところ, 通したの, 通じながら, 通じ合って, 通ずるとか, 通ずるほどの, 通ずる神秘, 通ぜんと, 通達せし, 逸して, 遂げなかった後, 遂げるの, 運ぶこと, 達した表現, 達せられたが, 遽に, 酌みますると, 配って, 配るやう, 鎭め我等を, 附添の, 陳けれ, 陳べて, 雙の, 静むるに, 響かせても, 顕せる, 飜し, 高煦

▼ 意~ (990, 13.9%)

34 介しない 31 反して 23 介せず 17 して 12 任せて, 用ゐ 11 なる, 介して 8 介しなかった, 解する人 6 まかせて, 介する, 従は, 用ゐる 4 あらず, 介さない, 介せない, 反すること, 從ひ, 於て, 満たぬ事, 用ゐられ, 解して, 解するの

3 [13件] すぎない, や, よりて, 介せざりき, 介せずし, 介せぬ, 任じて, 外ならない, 従うこと, 用いて, 背いて, 違ふ, 適って

2 [68件] あらざるを, あらずして, かけて, かけるふう, かなって, ことよせて, しなかった, そむくよう, とれば, なるの, ほかならず, まかせ大, みたないから, みたないもの, みたぬもの, みちる贅沢豪奢, 介さぬという, 介しないらしく, 介しません, 介すること, 介するところ, 介せざる, 介せなかった, 介せる, 他ならない, 任すなり, 使うて, 係る所也, 充たないの, 出たと, 反い, 反く, 反した結婚, 収め得る身分, 取ったが, 叶って, 叶わずとて, 基いて, 外なら, 外ならざる, 外ならぬ, 従いて, 従うの, 従えと, 従った, 従へる, 心の, 成りたるもの, 投ぜんと, 添ふ, 満たざるもの, 満たないで, 満たないと, 満たないもの, 満たぬ点, 用いられて, 用いる, 用う, 用ゐし, 見て, 解すべきである, 解せり, 身を, 逆らうよう, 逆らったこと, 逆らって, 隨は, 非ざる

1 [584件 抜粋] あらじ, あらじ人, あらずと, ありと, いう, お任せなさい, かかるの, かけず婦人部隊, かけないかの, かけない方, かけぬらしくぽっと, かけません, かけませんでした, かけるもの, かける容子, かける様子, かける風, かないて, かないましたならば, かなう, かなうこと, かなうほどの, かなうもの, かなう家来, かなった人, かなふさま, かなわぬもの, こたえいよいよ, こたえては, これ従う, ございましょうな, ござります, ござりまする, さからうこと, さからう者, さからったという, さからったので, さからって, さからは, したがい即ち, したがって, したがわせるぐらいの, したがわない, したくないつもり, したご, すぎないもの, せざること, そうこと, そぐは, そぐわないこと甚, そまない返辞, そむいたもの, そむいて, そむいてまで, そむき弥生どの, そむくもん, そむく直義, ちかいよう, ちが, ちがいない, つかはれて, つける, つぶやいたところ, とくけれど, とつた, とつたら, とつて, とめざるごとく一足, とめて, とめぬ風, とめようとも, とめるところ, とられて, とり, とりその, とれるが, なって, なつて, なるだろう, なると, ふり易, ほかならぬ, まかして, まかす, まかせませんから, みたずひねりつぶし, みたない, みたない所, みちた彼, むかつて, もとづくふしぎ, もとめなかつた, もとり, よりても, イデオロギーと, カルの, コヤルと, 上つて居る, 上陸出来る, 介くまじき如き, 介さずに, 介さないと, 介さないならば, 介さない様子, 介さない顔, 介さぬ心地, 介した風, 介してないらしいので, 介しても, 介しないであろう, 介しなかったが, 介しなかったばかり, 介しなかつた異例, 介しなくなったの, 介しなくなった結果, 介しなくなるの, 介しなさること, 介しませんの, 介し給わぬ御, 介すべからず, 介すると, 介するなく久我畷, 介するほど, 介する事, 介する余裕, 介する価値, 介する処, 介する必要, 介する様, 介する理由, 介する者, 介する風, 介せないでは, 介せなかつた, 介せぬらしく見えた, 介せられもすまいとは, 介る, 以為へ, 任かさず, 任さう, 任せさせぬ忙, 任せずここ, 任せず矢張り不明, 任せた一条, 任せないかも, 任せなかった, 任せぬ病者, 任せました, 任せること, 任せるそれ, 任せるより, 任せんわが, 使うこと, 使つたと, 使つた類例が, 使つて居る, 使はれた, 使はれる, 使われて, 使われるから, 依って, 依つて, 依りて, 候, 充たず又, 充たない處, 充ちた残忍, 充ちて, 充ちませんが, 充つるやう, 入るもの, 冠する, 冠する語, 出たか, 出たもの, 出づ, 出で, 出でしと, 出でたやう, 出でたるもの, 副いたい, 副ひ, 勝つによりて, 即ち, 原づく, 反かず, 反してさえも, 反しては, 反し行, 反するなんて, 反するの, 反する方向, 反する法律, 取ったから, 取って, 取るの, 取るべからざる, 取るべきだと, 取るらしく熊野, 取れば, 取れ可, 受け意これ, 召した計, 叶うた者, 叶うまで, 叶う様, 叶ひたる, 叶ふ, 叶ふかどう, 叶わざるもの, 叶わざれば, 合うやを, 合する, 合はず隨分氣に, 合はんと, 同じ, 同じである, 同じカリブ人, 周旋に, 喜び其上, 固定し, 在つて情理, 基いたの, 基く, 基づくこと, 基づくであろう, 変じたるなり, 変ったの, 変わって, 変更は, 外ならず, 外ならなかつた, 大きに恐れ, 富んだすばらしい, 屏風の, 帰著する, 当るもの, 後者を, 従います, 従う, 従うため, 従うて, 従うならば, 従うなら死んだ方, 従うよう, 従うより, 従う貝十郎, 従え, 従おうと, 従が, 従ったばかり, 従った事, 従って, 従つて居る, 従つて当時歩兵中尉で, 従て, 従はせよう, 従ふ, 従へ, 従わざるを, 従わざる無く, 従わしめて, 従わず幾多, 従わせようと, 従わせるばかり, 従わないという, 従わないとき, 従わないのみか, 従わない者, 従わなかったの, 従わぬの, 従わねば, 從つた, 從つて當時歩兵中尉で, 從は, 從ふ, 從ふなら, 心能らず思う, 応じ下, 忤った, 忤らは, 忤らわ, 快からざる, 思ひ附く事, 思ふやう自分, 恥ぢ言出惡, 悖って, 悖る事, 悪いこと, 慊たらざる, 懸くるに, 成り本人, 成ると, 戻って, 戻れば, 打ち消した, 抂げつ, 投じたならば, 投じたので, 投じて, 投ずるもの, 抗つて, 挟むに, 挾むに, 掛けて, 描写した, 攻めかかる機, 敷延すれ, 於ける罪過, 書を, 有之, 服しぬ, 期すらく, 止めて, 歸する, 比すると, 決し遂げし後, 洩らしたことば, 添うてこそ, 添うよう, 添う用意, 添えつつ, 添は, 添ふべき, 添ふも, 添わずとうとう, 添わない家庭生活, 満ずし, 満たざりしもの, 満たざる日, 満たないこと, 満たないところ, 満たないの, 満たないので, 満たないツマラヌ作, 満たない個所, 満たない処, 満たない点, 満たない箇所, 満たなさ, 満たぬこと, 満たぬと, 満たぬとき, 満たぬ個処, 満たぬ所, 満たぬ時, 満ちたもの, 満ちたもの凡一百首, 満ちたよう, 満ちた結婚, 満ちる丈, 満つもの, 満つやう, 溢れて, 滿た, 滿たなけれ, 滿ちた, 照らせば, 燃えて, 猜し, 理想といふ, 用いたもの, 用いた語, 用いられたの, 用いられちょうど, 用いられる, 用いられるが, 用いるもの, 用い寿祝, 用うる, 用ひ, 用ひられだしたで, 用ゐしなるべし, 用ゐられし, 用ゐられた, 用ゐられる, 留めず清洌肌, 留めて, 留めなくなりは, 相違ない, 眺めた, 祈る汝, 称う, 称うて, 称ふ, 称わしめよと, 移ったと, 稱は, 空しくそむく, 立脚した, 管伴を, 統一さるべき, 考へられて, 背いては, 背いてまで, 背きその, 背く, 背くと, 背くなき, 背くゆえに, 背くよう, 背く事, 胚胎せられた, 至っては, 落めり, 落付く, 落着く, 落着くだろう, 見られる傾き, 解いて, 解かれて, 解されては, 解されねば, 解される例, 解したい, 解したが, 解したら面白い, 解しまた, 解し古, 解すべきか, 解するを, 解する方, 解すれど, 解すれば, 解す可, 解せぬこと, 解せられて, 解せられては, 解せられん, 誇らしい安ら, 誠を, 読まさうと, 謂えらく, 負いたと, 賛同し, 赤ら孃子を, 趣味を, 転じて, 近きやう, 近きやう覺, 近きよう, 近し, 近づく前, 逆いた, 逆うは, 逆おうと, 逆つて洗礼, 逆つて洗禮, 逆ふところ, 逆らいは, 逆らうと, 逆らうの, 逆らうわけ, 逆らったり, 逆らった事, 逆らっては, 逆らわぬよう, 逆らッた, 逆わ, 通うもの, 通じなかつたとのみ, 過した五箇年, 達すること, 違って, 違ひなから, 適う所以, 適した, 適したるや, 適すべからず, 適するもの, 適する程度, 適する者, 適せざる, 適せす或は, 適せずし, 適った容子, 適った思わしい, 適った自分, 適つた, 適つた場所を, 適ひ, 適ふ, 適ふも, 適へ, 適へるなりき, 適らない, 適切ならん, 酒に, 酬いたと, 野遊を, 金を, 関せざるが, 關せざる, 阿つた結果, 随い, 随って, 随は, 隨ひけれ, 非ずして, 面目なく

▼ 意~ (565, 7.9%)

121 ままに 29 あるところ 229 儘に 7 ある所 6 ごとく 5 ままである 4 ないこと, 如くならざるもの, 重複する 3 ごとくならざること, ごとくならざるもの, ままだ, ままには, ままの, 助詞, 料簡より, 表に, 趣く, 間に

2 [20件] あること, ある処, ごとくならざるなき, ままと, ままな, 下に, 中に, 動くが, 名, 向うところ, 在る処, 如くなら, 如くならず, 如くならずして, 如くに, 存するところ, 書法である, 済むよう, 語, 通りに

1 [284件] あったある, あると, あるべき女子, あるもの, ある様子, ある樣子, ある男, ある眼, ある者, いつくの終止法, うえに, うごいた容子, うちに, お, おしといふ, かほどまで, こもった語, こもつた接吻, ごときいわゆる, ごとくさ, ごとくせん, ごとくならざるとの, ごとくならざる一事, ごとくならず不愉快, ごとくならず心細く, ごとくならず目前, ごとくならない時代, ごとくならぬを, ごとくならんので, ごとくなるもの, ごとくなる学徒, ごとくふるまうに, ごとくゆかない志野, ごとく万事用, ごとく回転, ごとく左右, ごとく成さしめたまえ, ごとく拳, ごとく捗れない恨み, ごとく立たしたり, ごとく運ばず乾雲, さるは, しるしとも, そなわったこの, たしの, たつに, ために, ためには, ためにも, つろくといふ, ないあの, ない者, ない調子, なかでし, のどけさ, はくで, ほうが, ほかに, ほのめくよう, ままだった, ままだろう, ままであります, ままなりし, ままにも, ままに従って, ままを, まま操縦し, むかうまま, もので, ものと, ものとに, ものとは, ものに対して, ゆできは, コキダクと, プーシキン一流の, ラテン語語原は, 一つに, 一大轉回を, 一端を, 三つの, 三と, 三に, 三作用が, 三分説の, 三種を, 三者相待ち, 上に, 上には, 下手な, 世界に, 中お, 中にと, 中には, 中の, 中を, 久左衛門九日の, 乗った車, 事, 人でなく, 人に, 任に, 何たるを, 作用なるべき, 作用の, 働きで, 働きの, 儘, 儘で, 儘亡滅せしむべし, 兆しすでに, 光の, 再活用ほか, 分立に, 別あり, 刺戟を, 助動詞, 動きで, 動詞, 動詞が, 動詞コユが, 勝つた人, 勝つて, 區別ある取り, 単調も, 右肩を, 名を以て, 向うまま, 向ふま, 吟味に, 含まれて, 在るところ, 在る所, 境に, 外に, 外ヨーロッパと, 外彼女は, 外立上る, 奧に, 奧を, 如くすべし, 如くする, 如くせまじ, 如くでない, 如くと, 如くならざりし一, 如くならざりし一快楽事, 如くならざるがため, 如くならざるは, 如くならざるはなし, 如くならざる事相, 如くならざる者, 如くならずだ, 如くならずついに, 如くならず伊勢, 如くならず思ひしこと, 如くならず日々, 如くならず時々, 如くならず最初, 如くならないと, 如くならないの, 如くならないので, 如くならないもの, 如くならなかった, 如くならぬをば, 如くなること能, 如くなるべからざるなり, 如くなるべきもの, 如くなるを, 如くなる能はず, 如く動いた, 如く動いて, 如く動かすやり方, 如く動かぬ息, 如く動かぬ息さ, 如く取り計らうべし, 如く成さしめ給, 如く技の, 如く活動する, 如く稿, 如く翼, 如く行かない, 如く言葉, 如く進めない, 如しさ, 如しだ, 如何とも, 存する所, 安心を, 容易に, 尽されぬ歌, 差こそは, 常用句, 形を, 形容詞, 形容語, 影を, 彼女から, 得ざる処置, 徳は, 徴候なり, 忘却せられ, 怒を, 恐れに, 悪しき, 批判は, 料簡, 斥す所を, 方向の, 書法は, 書風を, 有とも, 有無と, 有無を, 未だ唱歌, 柏軒が, 欲するところ, 欲するまま, 歌ある, 歸する, 気を, 法と, 法力も, 深さ, 潜んで, 為に, 無いこと, 無いところ, 無いのに, 燃ゆる, 物に, 由であります, 由である, 発表された, 発達論理に, 相撲とりの, 相混じ, 相通ずる, 神話とも, 秘奥に, 筆法を, 籠ったよう, 聊か似, 自然に, 蓮華生ずる如く, 處が, 行事で, 表示, 補足と, 親であった, 解きがたき, 解せられぬこと, 言語の, 訣らぬ, 証拠も, 語で, 語根だ, 語根で, 誠なる, 説を, 説明を, 読経の, 諸作用, 諸業, 諺が, 諺なるべし, 赴くま, 赴くまま, 跟を, 近いもの, 通じるもの, 通ぜぬ事, 通ぜぬ語, 通り動いた, 通り動かない, 達したるところ, 違って, 違へる, 適するところ, 際に, 韻事である, 額を, 點に, 點を

▼ 意~ (396, 5.5%)

3 そこに, ない, 則ち, 私の

2 [16件] あなたが, こうであります, ないまでも, なかった, 一體何んで, 三千代に, 信濃の, 全国を, 夜の, 大丈夫たる, 妻の, 少しも, 晝も, 有難いが, 案外の, 長し

1 [352件] あなたの, あなたよ, あなたを, あの下品, あの児, あの晩, ありて, ありのままの, あるいは日, あるとしても, あるの, あるべからず打見たるまま, ある日, いきおいよく激っ, いま巨椋の, いよいよ驕り, うごかし得るも, うごきますまい, おまえたちに, おまえの, おれも, おん歎き, お三輪, お慕わしい, かねて, きちんときまっ, きわめて明白, けだしこの, けだし世, こうして妻, こうであった, こう吾, このごろは, この恋, この日, この河, この道, この風, この鳥, これで, これに, これまで, こんなに胸, さあ皆, ざらんと, ざりき此事, すでに歴々, すなは, すなわち一つ, すべて海の, その名称, その淋しい, その秋, その詞, その辺, それで, それと, そんな景色, た, ただおおまか, たちまち消え失せ, たやすく貴, ちがう, つくせない, つひに, どうだ, ないか, ないで, ないの, なきや, なくとも, なほ皇女の, まず上十二字, まず下, みたされましたか, もたなかったものの, もちろん将軍家, もっと早く, やはりは, やはり終止言, やはり魂, やむなく出, やや動いた, よく汲み取る, わからなかったが, わが命, わが霊魂, わたくしの, わたしと, われに, われらの, キリスト教の, ギルバート海戰において, クマデをもって, ダンテに, 一つ, 一なりだ, 一に, 一人の, 一体逢おう, 一向悟り申さな, 万事満足な, 三位以上及び, 三日月を, 三輪山をば, 下部なり, 世の中が, 丙は, 久能の, 九〇行に, 二人の, 亡くなった妻, 京で, 京都で, 人々の, 人の, 人里離れた, 今ごろは, 今は, 今参河の, 今夜は, 今大, 今日の, 今日は, 他の, 伊豫の, 伊香保の, 何うも, 何か, 何と, 何に, 俗に, 僕に, 元日に, 兄の, 充分に, 全然ない, 兵士等の, 其處に, 内に, 决し, 刀を, 分りたり, 初午すなわち, 判った, 別に解する, 前章に, 前置, 勧善懲悪に, 勾の, 十分に, 南方であり, 南淵山を, 厳なり, 古人も, 古聖人, 吉野に, 同じで, 同情を, 含まぬ事, 含まれてを, 吾が若い, 呪詞の, 唯だ, 問わでもの, 善なる, 善の, 善を, 嘗て知らなかった, 国の, 土佐を, 堅し謹愼, 夕がたに, 夕方に, 外に, 多武, 夜が, 夜に, 大に, 大丈夫だ, 大海の, 天から, 天を, 天下の, 天皇, 天皇の, 天皇は, 太宰府に, 夫は, 奈何, 奈辺に, 如何と, 如何にも美, 子の, 学位を, 実相界の, 家屋は, 察したらし, 寺, 小生双手を, 少しずつ, 少し筆, 尠なく, 屈み入る, 山の, 山の神, 山の端を, 山を, 山吹の, 山梨の, 山水を, 山科の, 岩手山の, 島かげを, 巌の, 己の, 巻向山の, 年の, 広々と, 引馬野に, 弟の, 強制立退きで, 形に, 彼である, 彼に, 彼等を, 御馳走に, 心に, 恋愛三昧に, 恋死を, 惡行を, 意志で, 我脳中の, 所謂勧懲主義教訓主義の, 折角女, 持たぬ, 改めて説く, 放逸なる, 新しく家, 新鮮で, 日本こそ, 明かに, 明白じゃ, 春が, 春に, 春の, 春日山一帯を, 時候が, 智と, 暖国に, 朕が, 朝は, 木之本に, 柿の, 格別説明する, 梅の, 次の, 次第に強固, 歌の, 正に福徳, 正信に, 此の, 武庫の, 武神に, 歳の, 死んで, 母に, 毛頭ありません, 毛頭ない, 毛頭なかつた, 毫もあら, 汲み取つて, 決した, 決してそういう, 沖の島の, 法王ハドリアヌス五世と, 海に, 海上潟の, 淡海の, 深く咎むる, 深く最も, 深く謝, 渋って, 満山の, 潮煙の, 無い, 燃ゆるが如くで, 物ごころが, 現在に, 甲斐ない, 異なれど, 異なれり讀者, 疾くに, 痛足河, 白く見える, 百姓が, 真麻むらの, 着いて, 知と, 石を, 磐余の, 神なんじ, 神を, 神奈備の, 私は, 秋に, 稲を, 紫の, 結局彼には, 縦い, 美アイスクリイムなる, 肉靈合致の, 胸騒ぎを, 膠も, 自ら明らかである, 自ら言外に, 自分の, 自分は, 自然の, 芳野の, 若しもこの, 若し妻, 若の, 菅という, 藝術家の, 衣を, 表面一方においては, 解を, 言外に, 訣つても, 誰しもの, 赤鰯珍と, 軽の, 近くの, 近江の, 通じなかつた, 進化論に, 道理を, 遠い西, 鈴の, 長州の, 長谷, 阿婆, 阿騎野, 陛下は, 陸奥の, 隠れたところ, 難風, 青野原にて, 非と, 頭巾の, 馬の

▼ 意~ (339, 4.7%)

18 な男 8 な袷 7 ごん, なこと 54 なの 3 である, と勇, な事, な奴, に大人, に感じ, 込むの

2 [22件] が無く, ではある, でも, で困る, とか通, と爪, なところ, なやう, なホテル, な女, な形, な男前, な風, になりました, のありたけ, の壯, は七つ八つ, は吐く, らしう吸, を言, 込んだ氣持, 過ぎて

1 [225件] ありしにも, いふな, があらね, がつて, がなくなり, がりて, がわかる, がツ, が一時投合, が上りませんでした, が呼び戻さる, が唄つて, が強く, が昂つて, が爽, が甚だ, が顯, さうなこと, さうな小僧, さうな若い藝者, しや, だしつかり搜, だつて, だと, だといふ, だどうして, だなどと, だよ, でい, でした, ですもの, でちよい, ではありません, でもなかっ, でも無, でやすて, で何, で四ツ五ツ, で困ります, で如才, で小唄, で強か, で惡るい方, で慾, で美しい, で美しく, で肌, で贅澤, で青白く, で高慢, といふ言葉, とか言つて, との見, とは縁, とを呼び起す, と人格そツくりぢ, と併稱, と兩, と威力, と熱情, と熱情如何, と見られれ, と言, と言つて, な, ないや, なおふくろ, ながら左, なつもり, なま, なもの言ひで, なもん, なやつ, なり, なるに, なん, なヅエルビイヌ, な三十男, な代物, な伊達者, な兄イ, な化物ぢ, な口, な名前, な向, な單衣, な圓, な女たち, な女郎衆, な妹, な姿, な娘, な學問, な容子, な小股, な年増, な年増女, な影法師, な御, な恰好ぢ, な感じ, な所, な敬吉どん, な柔和, な歌聲, な洒落もの, な浴衣, な瀟洒, な百姓, な稽古所, な縹色, な肌合, な自, な華奢, な藥局生, な調子, な議論, な運動, な道化, な部屋, な野郎, な野郎額, な銘仙, な顏付, な馬, な鬘下, にお, にこちら, にさ, になつ, になる, にはかぶれない, にもあたし, にも實物, により, に下女, に云, に團十郎, に思ひ, に感ず, に日毎酒, に杖, に激, に獨, に相違, に見える, に驅, ぬかすな, ね, の世界, の傾向, の充て居, の合, の向, の強い, の心, の盛, の盛ん, の軒昂たる, の銷沈, の鋭き, の顯, はいよいよ, は先, は壯, は大, は實, は愛す, は昂, は正に, は深川, は銷沈, また奮, も不意氣, も昂つて, や感情, らしい, らしい十七八, らしく思はれるお, らしく恥, らしけれど, をいふ, をお, をこい, を云つたつて駄目, を云はず, を以てし, を以て一昨年, を以て人, を以て懊惱焦燥, を以て立たれ, を力, を受けとめ, を壯, を尚, を想, を感じた, を揚げ, を擴大, を有した, を照らす, を示し, を示す, を追想, を通じて來, を重んず, を飽く迄, 依然在, 即ち軍陣, 忘れしと, 忘れしめん, 思ふべしである, 漸く沮喪, 漸く衰, 盛りどちら, 込みました, 込みましたもう, 込みます, 込み龜, 込むと, 込んだ, 込んだ樣子, 過ぎた, 過ぎますぜ, 頗る正大

▼ 意~ (222, 3.1%)

17 あらう 8 それは 7 あつた 4 あつて 3 あらうか 2 いたの, ござります, そしてその, それに, 一升の

1 [173件] あつたらう, あらうから, あらうし, あんな事, いたから, いたが, いまはる, いるが, お目, かえって出来, かぐは, くにおそい, こちらから, このマクワウリ, この句, この名, この属, この草, これ, これが, これは, これも, ござりまする, さらに羽織, すなわちいわゆる, すなわちその, そのとおり夏蜜柑, その事, その実, その樹, その物, その発見直後, その花形, その花色, その苗葉, その葉形, その豆, その転訛, その首め, それが, それでボントクタデ, そんな小屋者, たつは, ちよくち, つけたもの, とっくり考え, どうぞお, ねこう, はきを, ひびき山の端, まつるは, もし強い, もと婆羅門教, やって, やはりまた, やはり力づ, やはり又, ゆっくり気長, よく兵, ゐる, ウマフという, オカズという, オカズといふ, オキナグサを, グイミとは, サは, ショボシの, ツクハ, ツルに, ミヅチと, ラガド市上では, ラテンの, 一家, 一盃と, 万葉では, 九州でも, 予言者と, 云う, 五十に, 今なら, 佛教で, 倉を, 元へ, 兎も, 共に向い合う, 其の氣, 其の語, 其処に, 初瀬の, 前と, 勝家の, 勢頭役は, 千家の, 半閑社, 南洋系の, 又魂, 反対する, 口が, 合致せる, 唯の, 商売する, 國, 大宮の, 女人の, 宜う, 実は, 実感は, 客より, 宮殿を, 将門の, 小さいクリ, 小田原在に, 小蒜, 少し無理, 屋號を, 崖の, 己惚れて, 彼の, 従つて上の, 御同慶, 心得たもの, 手紙を, 提出し, 政令の, 政党と, 教を, 散るの, 散文なら, 斬りつけた源十郎, 日の, 日神の, 昔の, 昔誰かが, 是れ, 有つた, 本当の, 来たん, 東国を, 枕詞, 正午頃に, 此処は, 此句と, 母親に, 毒喝した, 泊瀬風佐保風伊香保風等の, 浄土変相と, 玄猪の, 目を, 目立つ所, 神と, 神を, 空の, 篩, 篩の, 聞いて, 胸が, 自ら豊芥子と, 臼を, 色々考えた, 茅を, 葛に, 薔薇には, 行け街道, 親に, 親は, 諦めねえ, 近松や, 鍾馗は, 集中, 雛人形を, 頭を, 風僧と, 高くさしあげた

▼ 意~ (217, 3.0%)

8 するに 7 しなかった 6 しない 5 すれば 4 しないの, するところ, するには, なる 3 いう, して, しないが, 智と

2 [16件] しないで, しないところ, しない肉体質, し万事, する人, する所, せざるがため, せざるなり而, せざるに, せざるの, せずに, せぬの, なさんか, 自由なる, 見て, 解せられる

1 [131件] ある, いうが, いただき行く末, いつた, いひ写実, おもう, かや, し, しその, しないその, しないだけの, しないであろう, しないという, しないといふ, しないやう, しないよう, しないらしい, しない自覚, しなかったであろう, しなかったアツポクタス, しなかった天罰, しなかった手口, しなかつた, しなかつたらしい, し給, すべきでない, すべし剋殺, する, するもの, するよう, する処, する無くして, する説, すれど, す委しく, せざりし, せざるを, せざる功利, せざる可, せずして, せずわれ, せずフトン, せず一心に, せず些々, せず剋殺, せず勝手気まま, せず却, せず小杉さん, せず幾多, せず彼, せず指先, せず斎戒沐浴, せず材料, せず毎日, せず生死, せず私, せず言, せなかった, せぬこと, せぬだけの, せぬわれわれ, せぬ代り, せぬ方向, せぬ郷愁, せり, とったもの, なさ, なさず二十七名, なさず決して, なす人, なって, なり, なりそれ, なり解, なるの, またその, 三つの, 並朴に, 云ふべき, 云ふも, 会ふ, 但し異説, 出て, 分れて, 口と, 合する, 味とを, 存じ申候, 差い, 形或いは, 得ぞ, 思います, 思はれる, 思われるが, 悲壮な, 情と, 戰ふも, 技に, 抽象的表現この, 拝せられるの, 改めた, 敵愾心を, 混淆しあり, 為さざれば, 為したる小説, 理解の, 畏友泰軒への, 相繋がる, 称する, 称する春風馬堤曲十八首, 聞いたごとくサンタル人, 肉とを, 背馳し, 見える, 見ゆ, 見るの, 覚悟を, 解したく思へど, 解しひとり合点, 解すの, 解すべからざる場合, 解すべきであろう, 解するは, 解する人, 解する方, 解せずして, 言ひ, 討手を, 誠実の, 説明し, 適合する

▼ 意~ (158, 2.2%)

8 含まれて 6 ある, あるの 5 あつた, あると 3 あるって 2 あるから, あること, あるよう, 反して, 寓し, 那辺に

1 [113件] あったか, あったとも, あったの, あったん, あってか, あつたなら, あらうむに, あらは, ありサンスクリト, あり更に, あるか, あるからの, あるでも, あるとの, あるなど, あるならそれ, あるならもう, あるなら勿論, あるので, あるらしく, あるん, あれば, あろうとも, いる, かかる, げせぬもの, この世に, この中, こもって, さしずめそこ, しるされたよう, それらを, ない, ないと, ないばかりに, ないん, なかつたので, なかつたやう, なくは, なければ, はっきり判った, はっきり表, ふくまれる, ほのかに, まだ発生, わからない, スペインとの, 主と, 伝えられた, 全く打ち消され, 出来たの, 分つて, 分らう, 分らずに, 分らなかった, 判らなかった, 加持祈祷し, 動いて, 動くと, 口を, 合わなかった, 向いたや, 含まって, 含まつて, 含められて, 和蘭本, 咽喉が, 嘲笑の, 四明が, 姿, 寓され, 寓せられ, 弱くて, 強く不安感, 強ければ, 当てはまる, 忘却せられ, 明らかに, 暗示され, 本だ, 某學士, 楮表に, 殆ど, 母に, 汲みかねた, 注か, 洩らして, 済んだの, 灑水の, 現われて, 甚だ高遠, 生じたので, 用いられて, 異る, 私の, 窓へ, 胚胎せられ, 見えるもの, 解けた, 解けたふう, 解しかねて, 言外に, 読めなくて, 述べられる, 通じなかった, 通じれば, 通ずる位, 酌めなかった, 酔醒の, 醉ひ醒め, 隠れて, 飲み込めたの, 高まる

▼ 意久地~ (144, 2.0%)

14 がない, のない 8 なしと, の無い 7 なしの 6 なさ, なし, なしだ 5 がなく, が無い, もなく 4 なしで, のねえ 3 なき事, なしに 2 なしは

1 [44件] があり, がな, がなかっ, がなかつた, がねえ, がねえや, がねエな, が有りません, が無くっ, が無くなる, ないなぁと, ない樣, ない男, なく, なくおとなしいの, なくその, なくも, なく其場, なく台所, なく呟いだ, なく所帯染み, なく振舞った, なく点頭い, なく無意味, なく落, なく落ちかかる, なく赤くな, なしが, なしだらう, なしでも, なしという, なしとか, なしなので, なしなんて, なしには, なしばかり, なしめ, なしもう, なし奴, のな, の無くなる, もない, 無くた, 無さ

▼ 意氣地~ (106, 1.5%)

17 のない 8 が無い 7 なしの 6 がない 5 の無い, もなく 4 なさ 3 がなく, が無 2 なくも, なしを, のねえ, もない

1 [40件] がな, がなかつた, がなさ過ぎます, がねえ, がね程まあ, が無く, だ, で死ぬ, と云, ない樣, なかりし哉, なき性質, なき老いぼれ, なくくだらなき奴, なくさ, なくする, なくつまらなく過失, なく寂れ, なく泣く, なく生れつき, なく終焉, なく送り居候, なさま, なしだ, なしだらう, なしで, なしと, なしにて, なしのめた, なし男, なるが, に身, のな, のなき, はない, もねえ, も働き, も心得た, を立, を立て

▼ 意~ (75, 1.1%)

2 があつ, して, と特長, のもと, はどう, を抱き, を持つ

1 [61件] ありしも, あるが, からこの, がある, がより, が今日殘, が何處, が判る, が幾度, が感じられます, が模寫説, が露骨, したと, したもの, しない後世, するところ, するもの, する上, する童謠, せられた用途, でこれ, では插話的, でもつ, といかに, としては是非, とに出る, とは無, と藝術的野心, にも拘らず, に制限, に合した, のなかつた, のみの美し, の善惡等, の美, の見られる, はいわゆる, はここ, はその, ははつきり, は個人, は彼, は想像, は持つ, は男色主義, ももたない, より下した, をもたぬ, をもつ, を今日, を以て編ん, を以て英國ケムブリッヂ, を存, を忖度, を抱い, を持つた, を描き, を搜ら, を次, を深め, を語る

▼ 意~ (73, 1.0%)

3 あって 2 ある, ある可, 之が, 含まれて, 情も

1 [60件] あったの, あります, あるだろう, あるらしい今, こもって, こもれり, これに, これによつ, ござらぬ者, するので, とうとう否みかねた, ないが, なかった, なかつた, なかりしこと, なきあり, なくいった, なく自然, なく色, なく色声香味触法, ふくまる, まだ表し, 一致し, 亦自然, 介か, 伺わず一存, 何もかも投げ出し, 信頼の, 克明な, 加はつて, 含まって, 含まつて, 含んで, 実に測りかねる, 宣旨が, 度外視され, 愛惜の, 手伝って, 持ち合わせずめぐり合ったとき, 敬意も, 是と, 有つたらう, 汲まず後, 沸こうという, 無いから, 無いの, 無い書かず, 無く色馨香味触法, 無しに, 牽かれぬが, 留めず, 秩序も, 籠って, 籠らむとてなり, 自ら含まれ, 良雄が, 行も, 表さず責任, 見えない, 解け顔色

▼ 意にも~ (62, 0.9%)

3 留めずに 2 介して, 介しない, 介せず, 介めず, 用ゐ

1 [49件] かけず, かけずに, かけず顔, かけず馳せ通り, かけず驀, かけないで, かけないよう, かけない様子, かないことに, しなくなって, ない, ない穴洞, なかった, なく手近, ならうかと, ぴったりした, もとづくもの, 介さず逸見家, 介さない様子, 介さぬふう, 介せず歩み慣れた, 介せん, 何にも, 使われて, 委せると, 止めませんでした, 猶太人, 用いられまた, 留めず授業, 留めず敏子, 留めないで, 留めないよう, 留めない様子, 留めない樣, 留めない風, 留めなかったが, 留めなかつた, 留めなかつたやう, 目の, 相応し, 考へられる様, 解す可, 解せられないこと, 解せられるが, 訳せないこと, 説けるから, 転用し, 適うかと, 適うもの

▼ 意では~ (48, 0.7%)

10 ない 4 ないが 2 ないかい, ないかと, ないの, なかった, なかつた

1 [24件] あるが, あるまい, ないといふ, ないまして, ないよう, ないらしい, ない事, ない様, なからう, なく, なくかく, なくさ, なくに, なくもと, なく其腐敗, なく後宮, なく自由, なく西瓜, 必ずしもない, 毛頭ないの, 無いた, 無いらしい, 無くもと, 老子の

▼ 意~ (39, 0.5%)

3 して 2 をもつ

1 [34件] から芸術的均衡, がうかがわれる, がこういう, が作品, が書こう, が輝い, されて, され一種, したの, しなかったキッカケ, せられた効果, でなん, で書かれた, として存在, とともにひとめ, とはそれら, なしに, に従ってそう, に拘らず, のもと, の正し, はどういう, は思想, は明瞭, は関, は魚住, や技術, や願望, をもっ, をもった, を蔵, を表現, を誰, を諒解

▼ 意~ (38, 0.5%)

3 そうである 2 とある, ともいわれ, と言, な

1 [27件] かどう, からついては, からといっ, からね, から無論, から讖語, がこれ, がやはり, が転じ, し, そうだ, そうな, つたが, つたので, と, という, という人, とされ, ととい, とのこと, と云われ, と土地, と感じ, と戯謔面, と解し, と説明, ねえ

▼ 意である~ (34, 0.5%)

2 から一つ

1 [32件] か, からわが, から古代, から我が, から石椅, から蓑, がかうした, がそう, がその, が挙手礼, が握る, が昔, が私, が表現, ことを, こと言ふまで, すなわち親, そうです, という, としてゐられる, となし, と伊波君, と信ずる, と思う, と推考, と説く, ウチ又は, オモロには, ツクパと, 例へば火, 其の通り, 蓋し葛城山

▼ 意氣込~ (33, 0.5%)

3 んでゐる 2 であつ, んで來

1 [26件] があらせられた, がほ, が思ひ, だから, だけは猛烈, で, である, でしたが, でなければ, で下り, で何, で多, で書いた, で猛烈, で頻り, といふもの, と謂ツ, は前, は熱烈, も挫けた, も無, も熱意, も違, を以て書きまし, んで歸つたガラツ八, んで話

▼ 意氣込み~ (29, 0.4%)

1 [29件] がひど, が不知, が揚らない, が無けれ, が穩, だね, であつ, でしたが, です, ですが, で出, で私, で自分, で金次郎, で鐵扇右手, で飛び出しました, とはうつ, とも見, に訴へた, の一部面, の激し, はわれ, は大, は實際, ばかり高, もあつ, を以て紀, を發表, を裏切つ

▼ 意ある~ (26, 0.4%)

2 が如き, と聞き

1 [22件] が如く聞え, ことを, ことを以て, ところを, に非ら, もの, もので, ものと, ものには, ものを, もの乞ふ, もの現, もの踵を, わけでなく, を察し, を認めき, コを, 事を, 時, 由十風より, 者あり, 者は

▼ 意~ (25, 0.4%)

3 ので 2 のかと, のが, のだ, のであらう, のである

1 [12件] のか, のさ, のじゃ, のぢゃぞ, のでございました, のでございます, のです, んだらう, 不自然な, 姿であれ, 氣樂さも, 無目的

▼ 意あり~ (23, 0.3%)

2 と雖, ゆゑに初編二編と

1 [19件] しかして君, そうに, てこそできる, て万物, て卒, て毒物, て而, て薬物, とも見えず, と云つて, と伝, と傳, や否, や否や, 云々時に, 即ち六根, 気な, 疾くよろしくそれ, 黄蓋を

▼ 意にて~ (23, 0.3%)

1 [23件] なからに, われその, チャムポロが, 俗に, 利根川と, 即ち神, 好本督氏, 妙行を, 子ど, 左右する, 差支なし, 帳内, 当日餅団子を, 惡を, 是に, 本書は, 比較その, 現在も, 癩病を, 発せしや, 説かれたという, 諷刺家の, 長き時間

▼ 意~ (22, 0.3%)

1 [22件] あつて, あり, いと深, か, で, でしたでは, で人, で仕たで, とは怎麼, なきに, にし, に思ひけん, の牙先, はかの, はなけれ, をはらす, を受, を含ん, を呑, を報, を晴らすべき, を返す

▼ 意より~ (21, 0.3%)

3 出で 2 出でずむんばあらじ, 成る人

1 [14件] なせし, なほ遙に, ほかない, 一層深い, 其一党悉く, 出づと, 出できたり, 出でざるはなし, 如斯筆は, 弾力なき, 成ること, 成るされど, 来たる, 轉じ

▼ 意なき~ (19, 0.3%)

2 が如し, にあらね, に拘らず, や無論

1 [11件] ことを, にあらずである, の事物, ものが, ものは, も知らず, やを, を見, 政権のみを, 様子天下すなわち, 者には

▼ 意なら~ (19, 0.3%)

2 ばその, ば至当, ん, んと

1 [11件] ば人間, ば単一, ば品格, ば換言, ば某, ば此主張, ば至當, んや, 文句はねえ, 私は, 頭を

▼ 意を以て~ (18, 0.3%)

2 先と, 語り又は

1 [14件] これから働いたなら, した, し彼, その自筆, 依怙, 其肉を, 嬢を, 握手せし, 書いたもの, 此事早速, 決するもの, 測る可, 致すべきでは, 説けば

▼ 意から~ (17, 0.2%)

1 [17件] うつ, 作られた画, 出たこと, 出たの, 出たもの, 出たクラ, 出て, 利根川と, 利根川の, 同音の, 投げ出すの義, 見れば, 貴人を, 賀茂の, 起こった名, 転じて, 軽々と

▼ 意なる~ (17, 0.2%)

2 をおし, 語に

1 [13件] かを疑, か將, か然, が如く説き, ことまた, は勿論, や, やを解せず, われと, 可く, 哉, 我々の, 者この

▼ 意~ (17, 0.2%)

1 [17件] 以テ考フレバ旧来, 体シ普ク之ヲ, 告グ, 察シ声ヲ, 得ズ, 得ラルベク候, 得ルモ, 得候, 本邦, 決シテ木村ニ云ッタ, 注グ所, 生ゼシム, 直チニ, 著メテ啼キ, 行フベシ, 表スルモノデアル, 表スルモノナリ

▼ 意~ (14, 0.2%)

2 将た

1 [12件] いや, この時代, そこに, その点, どうかを, コウと, 人の, 共犯か, 天皇の, 嬌艶牡丹の, 怖れ, 知らぬが

▼ 意であろう~ (13, 0.2%)

4 と思う 31 かと矢代, がそれ, が当時筑紫, と心づいた, と私, 彼は

▼ 意~ (13, 0.2%)

2 とがある, に反し, の力 1 だけが大きく, であるが, を含, を含まぬ, を含ん, を察, 之あり

▼ 意には~ (12, 0.2%)

1 [12件] あらで, あらで単に, かなうまい, もはや彼, 介しなかった, 介せず, 出ざりき憲政党内閣, 出ざりき憲政黨内閣, 感じ入る, 決して逆らわない, 満足しなかった, 非ず

▼ 意であっ~ (11, 0.2%)

2 てこれ 1 てそれ, て何処, て僕, て割烹, て名誉, て大乗, て幾つ, て村, て瀑布

▼ 意であった~ (11, 0.2%)

21 かそこ, かそれとも, からである, が意, が財政上, ところがこの, と思われる, のが, のであろう

▼ 意~ (10, 0.1%)

1 かな, があったら, で, でいる, でとこう, で働い, で掛かっ, とてございません, にございます, の画稿

▼ 意という~ (9, 0.1%)

1 ことも, ところだ, ものは, ものも, ような, 一仙士は, 三人の, 事だ, 浪人の

▼ 意なく~ (9, 0.1%)

2 して 1 いたずらに戦慄, ただ一向に, ひたすら哀, 唯欺い, 山野に, 投げ疊, 隠遁せん

▼ 意をも~ (9, 0.1%)

2 表すること 1 含めしならむ, 含めて, 含めり, 定めしが, 持つて, 解し得たり, 遊戯し

▼ 意~ (9, 0.1%)

2 をつれ 1 があり, とて博學, と夫婦, と文五郎, と申す, はお, はすでに

▼ 意~ (9, 0.1%)

1 か, が眠り, て云う, でありました, と葦塚忠右衛門, と銘, は斯, は浩然, は讃美

▼ 意かと~ (8, 0.1%)

1 いう, 今は, 存じ奉り候, 思うたが, 思はれて, 想像する, 書いて, 疑わしむる

▼ 意とも~ (8, 0.1%)

1 しないの, せずなん, にきわめて, にたちまち, 云べし, 思はれるが, 知らずもし, 考えられあるいはなお

▼ 意なり~ (8, 0.1%)

2 しならん 1 しならんか, しならんかと, 之に, 人をも, 彼の, 潔くなれ

▼ 意なりと~ (8, 0.1%)

2 いう 1 あり, す, 公言し, 申して, 称し主人役, 謂うと

▼ 意なれ~ (8, 0.1%)

2 どももともと 1 ども具體的, ども父上, ばこの, ばさらに, ば孰, ば淤富斯

▼ 意~ (8, 0.1%)

2 の表現 1 が生じ, で, であること, ですから, とは少し, は副文的

▼ 意との~ (7, 0.1%)

2 区別は 1 不具を, 二者の, 合一を, 間に, 関係を

▼ 意~ (7, 0.1%)

1 ことと, なかれだ, にこの, に其の, に地球, や, やうはや

▼ 意富多~ (7, 0.1%)

7 多泥古

▼ 意富美~ (7, 0.1%)

2 が女 1 という者, と申します, の邸, は, は力

▼ 意氣云~ (7, 0.1%)

5 ふな 1 つてる, ふない

▼ 意無心~ (7, 0.1%)

2 に任ずる, の境 1 なる幼童, に両手, の春夏秋冬落花流水

▼ 意~ (7, 0.1%)

4 の命 2 の天皇 1 の王

▼ 意あら~ (6, 0.1%)

1 ば, ば戰, ば波, ば総理, ば總理, ば臣

▼ 意~ (6, 0.1%)

2 がけなく 1 のほか心配, のほか金, 付き次第に, 脱走し

▼ 意~ (6, 0.1%)

2 夏花の 1 や, 悠々独り詩, 深き洲崎村五里, 然も

▼ 意でなく~ (6, 0.1%)

2 宮廷神と 1 ちゃあ意味, てなん, 僕が, 心そのものを

▼ 意として~ (6, 0.1%)

1 おらぬ, きわめて素直, ゐないよ, 拡がつて, 用いたもの, 解釈する

▼ 意なるべし~ (6, 0.1%)

1 といへ, とまた, とわれ, と取, と思はる, 最後といへる

▼ 意に従って~ (6, 0.1%)

1 まだ籍, われわれは, 家の, 帰る代わり, 解きかけた草鞋, 高等学校に

▼ 意~ (6, 0.1%)

1 が髯, と揚巻, などの類名の, に扮, をつとめる, を一

▼ 意~ (6, 0.1%)

1 からし, が年, なの, による, の書法, の筆法

▼ 意あれ~ (5, 0.1%)

1 ど船, ばなり, ば水, ば王者, ッ

▼ 意富祁王~ (5, 0.1%)

1 が, がまず, が仁賢天皇, とご, は急い

▼ 意明らか~ (5, 0.1%)

1 ならざる, ならずダンテ, ならねども, なり西の, にし

▼ 意氣ざかり~ (5, 0.1%)

2 の十七八, の十六 1 の文學青年

▼ 意~ (5, 0.1%)

1 だ天来的, なり斯く, に, に発達, に非

▼ 意~ (5, 0.1%)

1 に鞭打ち励ましつ, の奔, の絆, の頭, は常に

▼ 意あっ~ (4, 0.1%)

2 てのこと 1 ての形形, ても力

▼ 意あまっ~ (4, 0.1%)

2 て言葉足らず 1 て筆足らず, て絃

▼ 意かも~ (4, 0.1%)

2 知れぬ 1 知れない, 知れないと

▼ 意くじ~ (4, 0.1%)

1 ない自分, なくブルブル, なしじゃあ, のない

▼ 意~ (4, 0.1%)

1 つつきた, てその, て置く, て道

▼ 意だった~ (4, 0.1%)

1 にちがい, のか, ものでしょう, 梓も

▼ 意でも~ (4, 0.1%)

1 かうして, 二葉亭には, 何でも, 裏切りでも

▼ 意などは~ (4, 0.1%)

1 ない, ないかも, 少しも, 毛頭なかった

▼ 意によ~ (4, 0.1%)

2 つて作られた, つて解釋せらるべきである

▼ 意により~ (4, 0.1%)

1 われと, 夜九時小, 太祖の, 彼は

▼ 意を通じて~ (4, 0.1%)

1 しきりにこれ, その女, 来た, 置いた出版屋

▼ 意~ (4, 0.1%)

2 稍, 超然内閣の

▼ 意~ (4, 0.1%)

2 の臣, 阿麻比

▼ 意富祁~ (4, 0.1%)

2 の命, の天皇

▼ 意~ (4, 0.1%)

1 の火, の火の手, はこの, も餘

▼ 意~ (4, 0.1%)

1 でお伴, ではこういう, においての矛盾的自己同一, のない

▼ 意氣相~ (4, 0.1%)

1 投じたさ, 投じたる結果, 投じて, 許すもの

▼ 意氣銷沈~ (4, 0.1%)

1 した, したるか, し或は, するかと

▼ 意的記憶~ (4, 0.1%)

1 に關, の主要, もやはり, を説明

▼ 意~ (4, 0.1%)

1 が正, は己巳六十二歳, より通用, 重貞重貞の

▼ 意蓋し~ (4, 0.1%)

1 今の, 惡むべ, 進歩党不振の, 進歩黨不振の

▼ 意~ (4, 0.1%)

1 から出た, せんか, である, をしました

▼ 意~ (3, 0.0%)

1 ってかどうか, ってかコゼット, つて見送つた

▼ 意これ~ (3, 0.0%)

1 が人間生活, にまさる, を精

▼ 意~ (3, 0.0%)

1 でそれら, に打たれ, はれ至上

▼ 意たる~ (3, 0.0%)

1 かを知る, や解, を了解

▼ 意だけ~ (3, 0.0%)

1 発表し, 認め過ぎて, 高に

▼ 意だろう~ (3, 0.0%)

1 といい, というよう, という説

▼ 意であり~ (3, 0.0%)

1 ここは, 他日の, 草屋八九間東坡数間屋結廬十余間は

▼ 意でない~ (3, 0.0%)

1 かもしれない, 心持ちを, 殊に道徳

▼ 意とを~ (3, 0.0%)

1 思召され, 認められて, 超越し

▼ 意なし~ (3, 0.0%)

1 こんな事, といえ, などとは子どもだまし

▼ 意ならざる~ (3, 0.0%)

3 はなし

▼ 意なりや~ (3, 0.0%)

1 を念はず, 収穫の, 弁じ難し

▼ 意によって~ (3, 0.0%)

1 割裂され, 来たという, 表わされるよう

▼ 意に従い~ (3, 0.0%)

1 すぐに, 君は, 沢柳総長を

▼ 意ばかり~ (3, 0.0%)

1 でなくその, でなく生長, でなく逍遥軒

▼ 意~ (3, 0.0%)

1 に委せなくなり, は意, 意はんと

▼ 意~ (3, 0.0%)

1 ばなり, まかせた, 出した

▼ 意をば~ (3, 0.0%)

1 得ぬより, 得られてぞ, 誰れ

▼ 意~ (3, 0.0%)

1 企也已同義盛可, 為め申上候好文木は, 至非

▼ 意分りかね~ (3, 0.0%)

3 候に

▼ 意古調~ (3, 0.0%)

2 なる者 1 なるもの

▼ 意富斗能地~ (3, 0.0%)

2 の神 1 大斗乃弁

▼ 意張つて~ (3, 0.0%)

1 は見た, も見, ゐる小

▼ 意氣事~ (3, 0.0%)

2 と雜俳 1 に夜

▼ 意氣地無し~ (3, 0.0%)

1 だつたの, で勞働者, の陰辨慶

▼ 意氣投合~ (3, 0.0%)

1 した, したの, したり

▼ 意氣昂然~ (3, 0.0%)

1 たり, たる其の, として

▼ 意氣組~ (3, 0.0%)

1 である, で引, を持つ

▼ 意氣軒昂~ (3, 0.0%)

1 たるあり加, たる上京, であり大村益次郎

▼ 意甚だ~ (3, 0.0%)

2 解す可 1 切なり

▼ 意~ (3, 0.0%)

21 のうち

▼ 意~ (3, 0.0%)

1 に色, に返りました, のたび

▼ 意融合~ (3, 0.0%)

2 の状態 1 といふ塩梅

▼ 意~ (3, 0.0%)

1 なるを, は一橋家, より出ず

▼ 意賀美~ (3, 0.0%)

3 ノ神社

▼ 意あらん~ (2, 0.0%)

1 にはこの, 者は

▼ 意ありし~ (2, 0.0%)

1 や否や, 事を

▼ 意あるべき~ (2, 0.0%)

1 だしもし, 事一つ

▼ 意いまだ~ (2, 0.0%)

1 その人, 已まず

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 ほし, 含みある

▼ 意きじ~ (2, 0.0%)

2 の深川

▼ 意けん~ (2, 0.0%)

1 はしない, もし

▼ 意さえ~ (2, 0.0%)

1 御表し, 通ずれば

▼ 意しきりに~ (2, 0.0%)

1 催せば, 動く丹下左膳

▼ 意した~ (2, 0.0%)

1 もので, 方は

▼ 意せずし~ (2, 0.0%)

2 て末松男

▼ 意~ (2, 0.0%)

2 とひ

▼ 意たり~ (2, 0.0%)

2 しならむのみ

▼ 意であれ~ (2, 0.0%)

1 ど手古奈, ばテルモピレー

▼ 意とは~ (2, 0.0%)

1 合致し, 聞えたり

▼ 意とを以て~ (2, 0.0%)

1 如何なるところ, 誠意誠心に

▼ 意なけれ~ (2, 0.0%)

2 ばなり

▼ 意なりとの~ (2, 0.0%)

1 ことじゃ, 説が

▼ 意にたいして~ (2, 0.0%)

1 不平を, 徹底的なこたえ

▼ 意のみ~ (2, 0.0%)

1 ならず, 高く燃え

▼ 意ますます~ (2, 0.0%)

1 募り牛ガ淵, 尽きざらむ

▼ 意りだ~ (2, 0.0%)

1 がどうも, な

▼ 意りで~ (2, 0.0%)

1 おいでよ, はあった

▼ 意コツペエ~ (2, 0.0%)

1 が為, が言

▼ 意ヤソ教~ (2, 0.0%)

1 のほか学問上, はその

▼ 意不覚~ (2, 0.0%)

1 に任, の反射作用

▼ 意不足~ (2, 0.0%)

2 の信

▼ 意久地無し~ (2, 0.0%)

1 だ, になつ

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 にあり, の悟る

▼ 意人力~ (2, 0.0%)

1 による時勢, のほか

▼ 意分明~ (2, 0.0%)

1 ならず異説, に聞ゆ

▼ 意到り~ (2, 0.0%)

1 情盡し, 筆自ら随う

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 よくこう命じた, よく呶

▼ 意叡山~ (2, 0.0%)

2 に在し

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 被下候就, 被成下候

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 が何事, は北地

▼ 意問答~ (2, 0.0%)

1 はこれ, を習読

▼ 意善く~ (2, 0.0%)

2 響けば

▼ 意外事~ (2, 0.0%)

2 を素

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 とは心, の三種

▼ 意富夜麻登玖邇阿禮比~ (2, 0.0%)

2 賣の

▼ 意富富杼~ (2, 0.0%)

2 の王

▼ 意富本杼~ (2, 0.0%)

2 の王

▼ 意富祁袁祁~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 意富美和~ (2, 0.0%)

2 の大神

▼ 意富藝~ (2, 0.0%)

2 多志比

▼ 意張っ~ (2, 0.0%)

1 ては見た, て出来る

▼ 意張つて貴方~ (2, 0.0%)

2 の折角

▼ 意張る~ (2, 0.0%)

1 のです, わね

▼ 意強く~ (2, 0.0%)

2 なりて

▼ 意~ (2, 0.0%)

2 を全備

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 なんかを云っ, 重善

▼ 意怙地~ (2, 0.0%)

1 であること, に坐

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 なるもの, の輩

▼ 意~ (2, 0.0%)

2 すべし

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 さる, の外

▼ 意曰卒土~ (2, 0.0%)

2 は皆王民

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 に在らず, を第

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 というもの, の一人

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 の光明却, の対象

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 で住, により又

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 は両手, へ意識

▼ 意殆ど~ (2, 0.0%)

2 同じい

▼ 意気合い~ (2, 0.0%)

1 でみごと, の物

▼ 意氣ごみ~ (2, 0.0%)

1 いはうと, にて聟さま拂底

▼ 意氣さ~ (2, 0.0%)

1 が無く, では中等程度

▼ 意氣好み~ (2, 0.0%)

1 のお, の女

▼ 意氣張り~ (2, 0.0%)

1 から戀, でわざと

▼ 意氣感情~ (2, 0.0%)

1 が多少, を抱い

▼ 意氣言~ (2, 0.0%)

2 ふな

▼ 意氣込ん~ (2, 0.0%)

1 で居た, で書い

▼ 意氷室~ (2, 0.0%)

2 は雪

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 の解き, を考えれ

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 ケレバ一語人ニ勝ルコト千百ナリト, 美

▼ 意~ (2, 0.0%)

2

▼ 意漸く~ (2, 0.0%)

1 にし, 疎なり

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 意の, 所論辯

▼ 意看取~ (2, 0.0%)

2 すべし

▼ 意祁都~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 意祁都比~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣の

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 休まんこと, 動いたと

▼ 意篤と~ (2, 0.0%)

1 の往来, 云ふも

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 から分明, 寛

▼ 意~ (2, 0.0%)

2 下度候

▼ 意解し~ (2, 0.0%)

1 がたし, やすきが

▼ 意~ (2, 0.0%)

2 に可

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 が潜ん, を觀

▼ 意~ (2, 0.0%)

1 の主, の王

▼1* [388件]

あつて今回, 意あまつて言葉足らずといふ式, 意あらざるなきを, 意あるなればいま, 意いかでこれ無くし, 意いちだんと興深い, 意いと著く見え, 意いもかけない二百円, 意おのずから整って, 意かという水カケ論に, 意かまめは鴎, 意からの事だ, 意からはお浪親子, 意けだし此を以て, 意こそ大切なれ, 意この麻, 意さぐらずば, 意ざしに感心, 意しきする, 意や, 意じゃありますがね, 意じゃったがさて, 意すること久しく, 意せしむべしと, 意ぞといふに, 意ぞとは心得たりと, 意ただ先年の, 意だけは通じて, 意だけを空っぽで, 意だの蘆田忠左衛門だの, 意ぢやつたが, 意ってもみられるが, 意づきしか歌を, 意であったならこのキク科, 意であったろう事も, 意でかく言ったの, 意でございましょうな, 意でなければならぬ, 意といふのは, 意とが争い理想と, 意としか解かれて, 意としてはその書中, 意としてもかまわぬだろう, 意となさば如何, 意とやらを表したとても, 意どころかあなた様が, 意なおすがたでは, 意なかりし一証として, 意なく早く東都に, 意などと解して, 意などというそのよう, 意などのごとき高等, 意ならずして故郷, 意ならんけれども婦人, 意なりける船の, 意なりしぞ滑稽, 意なりしかなど船員を, 意なりといふかれら, 意なんぞあるもん, 意なんてものは, 意にかけてはいられぬという, 意にだけむくいる好意, 意にては神恩の, 意にのみとるの, 意にまで立ち至つて論辯, 意によるものである, 意に対する責任を, 意に従うほかは, 意のほどにも実は舌, 意はずして進行, 意はんと思ふ, 意ばかりに一同へ, 意ふかく餘韻あれ, 意ふと一そう変な, 意かく次に來, 意ほかあるなし, 意ほのめきて見え候, 意まことにうれしゅう存ずる, 意またシュウサイという, 意もし生なら, 意もしくは殺意を, 意得たり, 意よりも濃に, 意りでかかるがいい, 意りでございますが偖故郷, 意りでござったかな, 意りでゐたのだ, 意わざりき少主予, 意わざりき大王と朝廷, 意われは奉ずる, 意を通して見せる, 意ガテナクニガテヌカモのガテ, 意ゴンザロ扶斎いづれも, 意当ラザレバ則チ狂呼, 意ニハ非ズ, 意ニ忤ルコトアレバ輙チ面折シテ人ヲ辱シム, 意ニ適スルヲ貴, 意ハ略スガ音律ニ依ツテ聞カバ己ズト通ズルモノアラン, 意フランス人云々については或, 意は実, 意ヲ用ヰズシテ足ヲ動カスガ如シ, 意となる, 意一つで幸福, 意一切處に於, 意一文惜しみの百損, 意万民に在り, 意万葉の題, 意三カ日のうち吉日, 意服従の, 意不明にし, 意不覚作用を総称, 意の雑染, 意中須つところ, 意将又, 意乎探検一行無事の吉兆, 意乎此日の午後尾瀬, 意って表現, 意事アねエは, 意云々は僞, 意人工ではない, 意今や抱くか, 意仕出来したの, 意仙士か, 意以外の或, 意任せの我が家, 意企作品の主題, 意企的に異常性格, 意休ト揚巻ノ三枚, 意休即えたと, 意伯おいとま, 意譴魯皐因先賦此詩, 意の知れぬ, 意何共別りかね, 意って筆, 意余つて言葉足らずといふ, 意余りあって, 意と云, 意作用に変じたる, 意に動き, 意保合の中, 意に相, 意されて, 意偶然に判断, 意充分に発達, 意全く見われ, 意其人既亡臨之後事即俾予此行, 意慮にもかな, 意初めより是, 意力業の四様, 意加美神社が, 意加美神社甲奴郡の意加美神社, 意励精はさる, 意即答症のよう, 意去ればその, 意又は其の反対, 意及諸教法知其人有如此之藝能, 意口惜しく思わば, 意古井川に沿った, 意合致の悲痛, 意合致心の一角, 意吉麻呂が詔, 意同案とあれ, 意同胞とともに一点, 意同調ともいふべきなり, 意哲井田五庵井田玄丹橋本玄録らがおり, 意因って嘉儀, 意固しといえ, 意圖内容にあつ, 意堂上方が初春, 意大原を以て藩主, 意大善姉と書い, 意天下に孚, 意太利亜の哥而西加, 意太棹は三絃芸術, 意の口, 意を千鶴子, 意安心に当たるべき, 意とし, 意実に此の, 意寂靜語も業, 意富乃古連甲冑五重進んで, 意富加牟豆美の命, 意富加羅国王の子都, 意富多牟和氣が女, 意富夜麻登久邇阿禮比賣の, 意富祁王袁祁王というお, 意富美らは怖, 意富那毘が妹, 意なるもの, 意察す可きあるなり, 意に此, 意専ら猟官収賄の, 意專ら獵官收賄の行動, 意をもて, 意少からず存じ, 意尽く張三に, 意居心地は何, 意屋中に在り, 意山善左衛門と云う, 意多, 意年六十二相津玄察年三十二布津の太右衛門年六十五, 意つたり, 意張つたつて何にもなりません, 意張つた姿勢をし, 意張つた格好で大股, 意張つた話を聽, 意張つてりやアここで意地め, 意張つて上り込まうと, 意張つて女を持つ, 意張つて顰ツ面をし, 意張られたり, 意張りたがるお客が, 意張り合ってさあ, 意張り過ぎて自分, 意張屋だつた大吉郎, 意強き嘲りの, 意強き人は女々し, 意妙, 意徳本庄喜助重正伊藤太左衛門方高右田因幡統安野田喜兵衛重綱, 意忍びざるがごとし先帝の葬式, 意恨もなきに, 意恨憂目を見せ, 意情不足の信, 意惡行を捨て, 意でなくちゃあ, 意慎重でなかなか, 意憐香惜玉の念, 意戸塚静海石井宗謙江戸仕立のほう, 意所謂落草の談, 意持つ者には, 意推し量らんやうなし, 意地に, 意て理学, 意形散, 意を用いん, 意料外なるべきは, 意料思議の外, 意料無限の一語, 意たるること, 意旁通する者, 意日本の男子, 意昂り砂漠の, 意昂る時事の, 意ならず第, 意明かならず古來或, 意書風の最も, 意有つてか無心, 意有りて銜, 意有りしが劉三吾之, 意有る也, 意有ラバ琴ヲ抱イテ来タレ, 意有坂博士で次, 意未だ考へ得ず, 意未分以前の統一, 意の京羅木, 意東横堀川より以東, 意や太平, 意果して其処に, 意柔軟一心欲見仏, 意楽院貞芳と云, 意を残し, 意欧州は生活社会, 意欧米政教実際の, 意に非, 意正しき意より, 意殊に哀れ, 意殿より去りし, 意氣さうに見えるあんなに, 意氣ぢやありません, 意氣何でも, 意氣促して, 意氣先生甚だ得意, 意氣千萬な事, 意氣卻つて旺なる如きも, 意氣合てでな, 意氣地無しぢやない, 意氣壯烈なるので, 意氣大に上つて, 意氣張で若い, 意氣忘る, 意氣悠揚として壇, 意氣抛ちて, 意氣揚つて七條の停車場, 意氣揚揚として甚だ, 意氣未だ毫も, 意氣湯煙を立て, 意氣甚だ軒昂, 意氣百倍心のたけり, 意氣盛の小僧ども, 意氣筋あり頼朝め, 意氣精爽平日に異ならず, 意氣組みと云, 意氣考察を以て書, 意氣者よ, 意氣衝天の勢, 意氣謂ツてゐ, 意氣軒昂我れ能, 意氣込みぢやない, 意氣過ぎ前身に唯, 意氣鎖沈だ, 意氣阻喪を自己, 意活動的自我も自分, 意の大, 意浅間はアソーオマイ, 意に故山, 意淮南子の要略, 意深し矣, 意つると共に, 意漂ういきな, 意ぞ鬼神, 意無数の惰性, 意熱して麦, 意に見, 意り文辞, 意去らず, 意画幅懸来, 意に放ちやり, 意登比比売能古袁佐比登由母弥為弖牟志太夜伊幣爾久太佐牟也, 意的情的と呼ん, 意的方面にばかりのびていつたのだ, 意的有意的を以て之, 意的行為の如き, 意的認識一は外延的, 意相似て聊か, 意相合傘のこと, 意相津宗印以下十数名の浪士, 意知りがたし, 意もできない, 意に蕭条, 意が十二紀, 意篤内田養三等が来り診し, 意にし, 意結合を好まない, 意繋縛せらる乳, 意この詔命, 意美志留弟の名, 意義理趣を談ずる, 意聊か御咄, 意を撒布, 意能碁呂島は生み, 意自ら以て足れり, 意自ら襟懐を滌ぐばかり, 意自然に回転, 意至れり馬肥せ, 意ぶる者, 意色聲香味觸法の十二, 意苦地なし, 意苦心の存, 意英語に訳し, 意蒼涼たる歴史, 意蜷川左京其他弓奉行鉄砲奉行使番等数十名の浪士之, 意はる, 意で前々, 意解けて釣具, 意解する事が, 意解識想をふり舞わし, 意も及ばざるなる, 意設筆綴して, 意許せぬ曲者なりと, 意詩人の名, 意誠に偶然に, 意誠実にし, 意にもとづい, 意譯ニシテ石ヲ以テ利器原料, 意譯法は單, 意にかく, 意趣意恨など有べき, 意足らず意足りて, 意足りて手足らず, 意軒松右衛門善右衛門源右衛門源左衛門でいづれも, 意軒葦塚忠右衛門同じく忠太夫, 意転じて社会, 意輟むに應, 意遂に決す, 意道意道昌常善, 意遠く荒煙落日の, 意正に近し, 意のあと, 意長く神遠く, 意で醫師, 意非礼を忘れじ, 意頻りに止ざる所なり, 意くは, 意颯爽の風格, 意馬馳するを, 意鬱勃として一條, 意黄子澄斉泰を非, 意黒髪赤顔眼光人を射る