青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「日本人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~日々 日々~ ~日光 日光~ 日向~ 日常~ 日曜~ ~日本 日本~ ~日本人
日本人~
日本橋~ ~日本語 日本語~ ~日記 日記~ 日間~ 日頃~ ~旦那 旦那~ ~旨

「日本人~」 8638, 89ppm, 1244位

▼ 日本人~ (2586, 29.9%)

25 生活の 19 手に 15 生活を 13 ように 12 ために, 生活に, 生活は, 間に 11 大部分 10 口に, 手で 9 中に, 大多数, 方が, 頭に 7 一つの, 中には, 生活には 6 ような, 心の, 顔を

5 [14件] 名誉に, 場合は, 娘が, 心を, 手によって, 持って, 日常生活の, 生活が, 生活と, 立場から, 耳は, 自然観の, 趣味が, 食物は

4 [18件] うちで, くせに, すべてが, 人間としての, 取締を, 多くの, 多くは, 心に, 思想が, 教授の, 文化の, 書いたもの, 物の, 理想に, 真の, 精神生活の, 芸術は, 誰かが

3 [50件] あなたが, うちでは, うちの, すがた, それに, ほとんどすべて, やうに, やること, 一人が, 一人だ, 一人として, 一人も, 中で, 中でも, 作る漢詩, 力の, 力を, 友人の, 名を, 場合には, 女が, 姿が, 家では, 店で, 心は, 悪い癖, 持つて, 方で, 方を, 日本人たる, 本当の, 為に, 爲に, 特質を, 皮膚の, 目には, 眼から, 精神の, 経営し, 美点を, 考へた山越し, 胸に, 能率は, 趣味には, 趣味を, 間で, 間では, 間には, 顔の, 顔も

2 [145件] いろいろな, いわゆる親しい, ここに, ことだ, すべてであった, すべては, ところに, なかには, なかまじ, なかまで, やって, ボーイが, 一人で, 一人である, 一人一人が, 一時の, 一群が, 一部は, 世界に, 中での, 中の, 二千年来君に, 仕事は, 会合の, 伝統が, 伝統的な, 体質に, 体面を, 余り知らない, 保証人を, 信仰の, 信仰生活には, 信者が, 信者に, 信者の, 傍へ, 先生に, 先祖に, 利己心について, 労働者は, 動きなどは, 口から, 口には, 名が, 名は, 名前の, 国へ, 多くが, 夢にも, 大半が, 女たちが, 女の, 女房が, 女房を, 好奇な, 妻君は, 姓名は, 姿を, 子, 子供が, 子供に, 学生が, 宗教と, 家に, 容子を, 小説を, 心には, 心情は, 思想と, 思想とは, 思想的でない, 性格に, 性格の, 愛国心は, 感情は, 或る, 手が, 描ける油画, 教授達が, 教育に, 文化を, 方, 旅人が, 昔の, 普通の, 本心を, 本當, 本質は, 様な, 歴史に対する, 気質を, 浴客が, 渡来を, 特性は, 特性を, 現代生活を, 現在の, 生命が, 生活といふ, 生活や, 生活全般の, 生活感情の, 生活様式の, 癖で, 皮膚では, 目から, 目に, 眼で, 眼には, 矜り, 知識が, 祖先の, 科学に対する, 空想が, 籍を, 給仕が, 美の, 老画家, 考えて, 考へ, 耳に, 耳には, 能率が, 自然観は, 芸術が, 蓄妾癖は, 血など, 血などと, 血を, 血液には, 表情は, 貧弱な, 起原を, 迷信を, 通弁が, 過去の, 面目を, 音楽にも, 頭には, 頭の, 頭は, 頭脳が, 頭脳の, 顔が, 風上にも

1 [1778件 抜粋] あたま, あなたに, あの花合せ, あり方は, ある階級, いう東洋, いだく親愛, いまだ持っ, いろいろの, おかれた, お医者さま, お得意, かういふ因習, かっこうが, が, きれぎれ, こしらえた歴史, ことに, この後, この能力, この近代的, これ等及び, ごとくい, した学芸上, すぐれた趣味, するよう, ぜひとも, それとに対して, たとえば社会性, ためなら, つゐの, と同じ, なかに, なにかに, はたらきとは, ひげ, ほとんど全部, ほんとうの, みにくい情況, もって, もつ古来, ものは, やり好き貰, よい美しい一面, ようであり, わるい癖, イデオロギーは, イルマンを, オリジナルな, キマリの, コツクさんも, サービスまで, スパイが, テーブルは, ドイツ, ハイカラな, ベルシヨールや, ホントの, ポケットでは, メイドが, ユーモアと, 一人であり, 一人を, 一喇嘛僧に, 一方の, 一種変質的な, 一般出迎者は, 一行には, 一青年に, 三浦須美吉であった, 上陸点と, 不具的相貌を, 不思議な, 世界観, 中では, 乗馬運動は, 乞食を, 事である, 事實を, 互の, 人世観である, 人情は, 人生態度の, 人種起源論は, 仁侠の, 仏教享受は, 代表者日本民族の, 企業に対して, 会社は, 伴侶も, 低さ, 体には, 体格が, 体質には, 体質是が, 何人が, 作つた一番古い, 作り出した文化産物, 作品である, 作家には, 使命であり, 例の, 信仰から, 信仰は, 信徒達に対して, 信義の, 修道女だけが, 個々の, 側における, 働く口, 優れて, 優越感なる, 先生方だ, 先祖は, 全部が, 共通な, 典型であります, 内村が, 出入りが, 刀剣商人が, 別莊さ, 到底及ばぬ, 創る芝居, 創作なる, 創造活動が, 力では, 力について, 助手達は, 勇気や, 動揺する, 勤勉さと, 医師が, 半分は, 厚意, 参考と, 友人が, 友人を, 反省は, 古い墓, 古代精神が, 合戦絵巻土佐派の, 名あり, 名前は, 名字の, 君の, 味覚を, 命名ださうだ, 商人も, 商業社会から, 喜ぶところ, 嘘, 国民性に, 國民性は, 國民的生活が, 坐り方, 堕落と, 墓石は, 声は, 外国文学を, 外国語教育は, 多くと, 多数が, 夜着を, 大好きな, 大工さんが, 天皇崇拝は, 夫君について, 奥さんに, 奥様を, 女としては, 女房で, 好みに, 好誼として, 如く大胆, 妄信は, 妻と, 姿といふ, 姿は, 娘としては, 婦人生活を, 子は, 子供や, 子孫が, 学校参観講演, 学生友人茶, 完成的趣味に, 宗教的素質を, 実価, 客では, 宣伝力或は, 家について, 家は, 家族と, 宿屋かね, 対自然観が, 専断が, 小形な, 少くとも, 尼僧が, 居住商租権などの, 希望を, 常住坐臥の, 常識程度を, 平均より, 平民なら, 幽霊が, 店が, 庶民的風格といふ, 弱点で, 弱点として, 形式主義とも, 彼等よりも, 御婆さん, 徳が, 心力体力ともに, 心持ちようの, 心理にも, 心生活の, 心配性を, 思想とても, 思想も, 思索によって, 思考の, 性情とが, 性情や, 性格として, 性質として, 性質の, 怪しげな, 恋愛の, 恥辱であり, 悲嘆, 情緒は, 想像の, 意思が, 意識の, 感じで, 感情に, 感能に, 感覚を, 態度に, 或性情, 手から, 手は, 手紙には, 手記としては, 批評に, 持つ封建的, 指揮者と, 挨拶が, 探究心に, 描く油絵, 支那研究においては, 政治を, 教化の, 教授が, 教養では, 文化, 文化日本人の, 文学ずきで, 文明は, 文明観では, 新しい創造, 方だ, 旅行者の, 旅館に, 日常生活が, 日常生活を, 日本魂に, 時代でも, 普通以上の, 書いたドイツ文, 書に, 最も愛読, 最低生活てえ, 朝食に, 本色を, 某々等は, 根本的運命を, 案出した, 標準で, 欠点は, 歌に, 正しい生き方, 武士道に対する, 歩かない山, 歯科医に, 殘した, 母親程, 民族文明の, 民族的リリシズムとも, 民間信仰ひいては, 気性だ, 気持に, 気禀の, 気質でも, 気質七匁に, 求めなくては, 汽車の, 油絵より, 洋服姿は, 海外へ, 混血児だ, 温和な, 濫費癖, 無用な, 無頼漢だった, 熱情なり, 父黒白混血の, 物として, 特に著しい, 特徴は, 特性として, 特異な, 特色の, 特長であるらしい, 狂熱的な, 独創的な, 独自の, 現代の, 現状を, 理想型に, 生きようと, 生命の, 生徒に対して, 生活その, 生活では, 生活についての, 生活ぶりの, 生活品なんか, 生活態度について, 生活様式を, 生活法を, 生活精神殊に, 生理的弱点は, 男が, 男の子一つは, 男女約, 画家です, 畸形的と, 痕跡の, 癖です, 癖には, 発明だ, 発砲した, 皮膚が, 監督の, 盲目的な, 直観力による, 真面目という, 眼も, 着て, 矢代の, 知能の, 知識は, 短所の, 研究が, 確實に, 社交性の, 社会意識とか, 社会道徳を, 祖先で, 神様は, 神経は, 私なぞには, 税関と, 窮極の, 立場で, 端っくれであるなら, 簡単な, 精神は, 精神活動の, 精神的活動が, 約十五倍, 素質も, 細君を, 紳士淑女が, 経営した, 経営に, 絵には, 絵も, 総代に, 罪であります, 美点から, 美風である, 群が, 義気に, 習慣では, 老幼が, 考えた山越し, 考え方を, 耳目を, 聽覺的野蠻性と, 肉食を, 肩身が, 胃は, 胸の, 能力は, 脳だけが, 腕とは, 臓腑に, 自分には, 自己を以て, 自己認識を, 自然科学における, 自然観あるいは, 自然観を, 自由な, 舌は, 船客中にも, 良識が, 芸術であり, 芸術の, 芸術的生活に, 若い人達, 英語と, 著で, 血が, 血液を, 行動は, 行為に, 衣食住について, 補助を, 製作として, 要求によって, 見物も, 視察団一行に, 覚悟に関して, 親方密告不正入国者の, 観察である, 解り方, 言葉, 言葉を, 言語を, 記憶には, 訪問で, 評判に, 詩的な, 認識の, 誤った米, 読者に, 誰もが, 課題の, 論理的思想, 負け目といふ, 財産を, 質問に, 赤帽なぞが, 起原という, 趣味から, 趣味は, 足の, 身振, 躰格は, 軍楽隊が, 農民に対する, 近代的文化意識から, 送り過, 通常の, 通訳を通じて, 連絡係の, 遊楽の, 過去現在未来の, 道徳の, 道義の, 遺骨が, 部屋へ, 野暮臭いの, 錬成, 間においては, 関係という, 陥り易い, 雄弁の, 雇われて, 靈魂に, 青春の, 非科学的, 面汚しだ, 音楽嫌いは, 頭からは, 頭としては, 頭脳, 顔から, 顔と, 顔な, 顔色の, 類型である, 風俗や, 風流だけは, 食うもの, 食事が, 食物などは, 首とは, 馬鹿が, 骨も, 高い鼻, 髪を, 魂に, 麻雀が, 黄色系の

▼ 日本人~ (1435, 16.6%)

9 これを, 昔から 6 さう, それを, 世界の, 日本人の, 自分の, 非常に 5 西洋の 4 これまで, もつと, 米を, 腕を, 西洋人と

3 [14件] いろいろな, その声, 一人も, 一般に, 何を, 如何に, 日本人として, 生きて, 確かに, 私の, 自然に, 西洋人の, 誰も, 鶯に

2 [69件] いつでも, かつては, この, この点, この種, これまでの, これ等の, こんな場合, すべて一室に, その人力車夫, その男, そもそも何者, それに, そんなこと, だれでも, どうした, よその, オダテの, 一人残らず, 一句一句力を, 世界浪人と, 今でも, 元来外の, 先天的に, 党閥に, 前に, 前後左右に, 北支那に, 史蹟において, 堕落し, 堕落しなけれ, 外国の, 外面大いに, 天皇を, 家に, 彼の, 彼等が, 彼等の, 恩を, 我々の, 戦争が, 戦争で, 手に, 持って, 探偵小説に, 敵に, 日本人である, 日本人としての, 日本国人で, 最も平和, 植物の, 概してユーモア, 樵夫である, 滑稽な, 漢詩を, 熱心に, 特別に, 眞似, 第一, 絶対に, 美術観念が, 職域の, 脚を, 西洋人よりも, 豚を, 賞められる, 金を, 音楽と, 頭に

1 [1176件 抜粋] ああいう, あいまいな, あたま, あっても, あなた方二人きりです, あほらしいと, あまりに彼等, あまりに楽天的現実家, あまり散る, あらかた殺され, あらゆる感情, ある程度において, い, いかに生, いたく愛する, いったんは, いつも模倣, いないと, いれましぇん, いわゆるじり貧, うれしいなと, お, おもしろいわ, お客様を, お茶しか, かえって五六十銭, かかる慣習, かないませんよ, かなりな, きょうの, けっしてこの, こ, こうした句, こせ, ことごとくベルギー国, ことに現代, この二つ, この位仕事, この固い, この意味, この日本流, この理, この種類, この語, この重大, これで, これに対する, これ位の, こんどの, こんなに人間的同情, ございません, さきの, すくなく, すぐに, すでに数, すべてさう, すべて超, ずいぶん悲酸, そういうこと, そうしない, そう感じる, そこまで, その儘採つて, その大事, その審美, その必要, その暦法, その美しい, その豐富, その道, それではルオー, それでも金, それら現象の, そんな事, たしかに, ただこの, だめだ, だんだん意氣込, ちがうという, つまらんところで, とかく嘘, どういふ風, どうかと, どうして利己心, どうだらう, どうも米, どう云う, どれも, どんな人物, どんな印象, ないもの, なかなかよくつとめる, なには, なんという, はたして恩知らず, ひたすら食物, ほとんどすべて, ほとんど凡て純粋, ぼくばかり, まことに幸せ, まずこの, またこれ, また住居, まだ両者, まだ義理, まったく静か, まるい物, みなそっちへ, みな正直で, みな皇民なれ, みな藷ばかり, みな驚きました, みんなやせた, みんな叫ぶ, みんな日本に, めいめいが, もともとそんなに残酷, もの, やはり偉い, やはり東洋人, ようやくその, よく妥協, よく考え, より多い, アジア人の, アメリカ人が, アメリカ文化に, ギリシア人に, シナ人, スウェア, タオルを, テーブルを, ノーベル賞は, ピストルが, ブア人の, ホッテントット以下の, ポンペイの, マダマダ及ばない, メスメリズムに, ヨオロッパに, ヨーロッパ文明に, レース開始の, 一九四六年の, 一体に, 一年に, 一日も, 一時的の, 一面に, 七八十家族で, 三井の, 三十年来侵略を, 上下の, 不快な, 不潔に, 世界じゅうで, 世界一に, 世界史上幼稚な, 世界的には, 中国へ, 之には, 之れ, 乏しいの, 二十二歳である, 二言三言の, 五十三人も, 亡国の, 人を, 人民としての, 人造藍で, 人間として, 今さう, 今に, 今までの, 今や世界, 今や美談, 今日に, 今日よりも, 今日尚, 今陣痛の, 仏蘭西人の, 他人に, 以前に, 仮名という, 住みにくく, 何かという, 何でも, 何ゆゑに, 何度も, 何故夫婦, 使うけれども, 例に, 侮辱や, 信じて, 信頼に, 俺たちを, 偉いです, 偉いん, 優れて, 元来人と, 元来論理思想に, 元来面識の, 先づわれら日本人の, 先祖に, 入浴好きだ, 全力を, 全部三等車に, 公共思想が, 兵法と, 其功利の, 内心厭な, 冷淡だ, 凡て市民である, 利己心が, 到底外国商法, 到底西洋, 勘という, 勝つと, 勝手な, 北派の, 南洋から, 反動勢力の, 口が, 古きヨーロッパ人, 古く鶏, 古代の, 古来数または, 可愛いお, 同じ日本人, 名ま, 君だけで, 唯座つて支那人, 單に, 四五人この, 四季に, 国の, 国外の, 国民儀礼と, 国民的緊張を, 地味で, 地震に, 外国人に, 外国人を, 夜中起され, 大きいロシア, 大きな木, 大事な, 大変に, 大小を, 大發憤, 天井に, 天皇の, 天皇後醍醐を, 太平洋の, 奇妙な, 好かれませんよ, 如何なるもの, 如何なる民族, 妻を, 嫌いと, 子供の, 字という, 学理に, 完全な, 宗教を, 宗教的である, 宜しく慶長元禄時分, 実に器用, 実に小さい, 実際まだ社会的訓練, 宣教師が, 容易に, 寝屋, 尊敬すべき, 小学から, 少くなかった, 島国根性で, 巧みな, 常に蝦夷, 平気で, 平生食物問題に, 床に, 建国精神によって, 弱いの, 彼が, 彼一人らしい, 後に, 徳川時代以前の, 心悪しく, 必ず男女平等, 性悪じゃ, 恐しく照れ屋, 恐らく一言, 悉ふんだんに, 惡く, 愛国者の, 態, 成長し, 我々を, 我々式の, 我輩の, 戦の, 戦争と, 戦争は, 手強い, 技術といふ, 指先の, 支那から, 支那人など, 支那人に対してばかり, 支那人よりも, 支那文を, 故意に, 教えれば, 数およそ, 敵いません, 文化人では, 文句は, 文明人として, 旅行ずれの, 既に外国, 日夕この, 日本の, 日本人, 日本人らしい, 日本史上いまだかつて, 日本国を, 日本服に, 日本語の, 日満, 早く仏教, 春夏秋冬を通じて, 時刻を, 暮して, 書物を, 最も素質, 最初どの, 最早彼ら, 朝と, 木綿を, 本当にケチ, 本質的に, 東方の, 東洋文化の, 柄の, 根本に, 梅干でも, 極く, 極端に, 概してさう, 模範的な, 欧州人から, 欧羅巴人に対して, 歐米人達よりもずつとずつと, 正月の, 正直を, 此等の, 武道に, 歴史的に, 死ななきゃならねえんだ三分の一, 死ぬこと, 殆ど例外, 殊に日本, 毎年徴兵に, 毛唐に対して, 気の毒と, 気質的に, 水壜は, 求めずして, 決して彼等, 決して計算, 波羅葦増, 浦上切支丹の, 海外の, 清いの, 漢字が, 漢字の, 漢文によって, 火事に対しては, 然しなぜ, 照れくさいから, 燻した鱒, 牛肉を, 特に優れた, 特別な, 特色の, 狐に関する, 独創的といふ, 猫も, 獣類同様或いは, 珍しいと, 現今地盤上に, 理髪店で, 甚だ愉快, 生れながらに, 生活費の, 由来如何なる, 由来独創力の, 男女の, 画の, 異教の, 発明の, 皆お, 皆そうだろう, 皆一人で, 皆彼を, 皆親切だ, 皆貧乏だ, 皇室本位の, 直ぐに, 相当の, 相手を, 真似が, 眠ろうと, 睡て, 知識欲に, 破産し, 社会といふ, 祖國を, 神経質だ, 私に, 秋の, 科学の, 立入ること, 立派に, 第一項, 米と, 米国人より, 精神病医学の, 純情であろう, 紙に, 終始日本人, 罵殺するの, 義烈で, 考へ, 肉体的な, 肉親友人愛人と, 脱ぎ捨てなければ, 自分で, 自分を, 自治権を, 自由かってに, 至つて簡單な, 船の, 芝居が, 芸術的な, 英国が, 英語まじり, 菫の, 藤野先生を, 蜂谷柴垣の, 蟻の, 衷心においては, 西洋より, 西洋人でない, 西洋人にも, 西洋諸国の, 見ては, 見掛けに, 親の, 解釈した, 言う, 言葉を, 記録せぬ, 詩的精神の, 誰しも, 誰でも, 論議に, 警察官以外拳銃を, 賢い, 赤いの, 足と, 身丈高から, 軽々しく神, 近世の, 迚も, 迷信を, 造園芸術にかけては, 進出し, 過去に, 遙かに, 避難の, 酒を, 野蛮人でも, 鉄の, 鐵の, 門から, 隅に, 隔離し, 雑誌などに, 電光の, 霧社にばかり, 革命を, 頗る風呂好き, 風呂で, 風流問題に, 食べるもの, 馬車の, 鬼が, 魂を, 鹿つめらしく見える

▼ 日本人~ (1020, 11.8%)

10 日本の 6 如何に 4 持って, 持つて, 支那に対して, 日本人に, 誕生した

3 [18件] ある, いて, このま, のって, 一人も, 住んで, 作りたる上, 外国人に, 大部分, 支那の, 支那人に, 日本語で, 昔から, 普通に, 皆日本固有, 私に, 組織したる, 見て

2 [54件] あった, あります, いた, お互に, これらの, すべての, その環境, それに, それを, たくさんゐる, ないで, なぜ平生, もつて, よく支那人, シンから, 世界の, 世界人に, 並んで, 何故に, 僕の, 充分に, 出て, 和臭を, 四十年間の, 売るから, 外国の, 外国語を, 好きであられた, 好んで, 彼を, 我々を, 支那人と, 新式武器を, 日本人の, 朝鮮人の, 歐文を, 正直である, 渡って, 率先し, 現代の, 生きて, 私を, 経営し, 自分たちの, 自分で, 自分の, 自分自身で, 花を, 英語を, 西洋人に, 過去から, 集って, 非常に, 馬に

1 [822件 抜粋] ああやり, あったなら知る知らぬに, あったらそういう, あつた, あなたと, あらゆる手芸, ありとあらゆる荷物, あり日本人, いかなるもの, いかなる雪, いかにもそれ, いかに育て, いたし, いたずらに自己, いたので, いたらわたし, いちばん長じ, いないかと, いる, いるこれ, いるの, いろいろな, いろいろに, うるさく附き, おざなりと紋切型, おれの, お前の, お祈りを, かかる事, かくも, かたまって, きいたら腹, ここに, こしらえた言葉, このアメリカ語, この場所, この日本, この焦げつく, この絵, これから手, これに, これを, こんなヘンテコ, さう寫, さう思ふに, さらに変化, しでかそうという, しようと, すべてこういう, せめて入, そういう環境, そうであった, そうな, そのままに, その前, その古, その支那, その点, その社会生活, その雨, それだけ苦労, それほど恐ろしい, たくさん名も, たとえいかなる, たべに, だいぶ見えた, つい先頃, つかうこと, できあがつたかは, とうとう逃, とまって, どうあらね, どういう考え, どうして西洋, どう化け, どこから, どやどやと, どんなに喜んだ, どんなに見えました, どんな事, どんな生活様式, なぜ一, なんでも, にこにこ笑っ, はなしてたよといった, ひらいた海底国, ほんた, まだ名, まだ未開人, まだ田舎者, みな一人一人小説に, みな死に絶え, みんな悪く, めざめたとき, もしもその, もしも日本, もし偉大, もし真に好戦的, もっと早く, もともと本質的, やがて腰, やったか, やって来た, やつても, やらなければ, やること, やるん, やれること, よほど珍し, われわれになんかと, アアリア人種だ, アイヌから, アイノに, ウエリントン港で, カルチユアと, コロシアムの, シナ伝来の, スウェア語を, スラブ人や, ソヴェト人の, ネの, パリへ, フランス人よりも, プロシァの, ホソバタイセイと, ボオトに, マラッカと, メリケンと, ヨーロッパの, ヨーロッパヨーロッパと, ヨーロッパ人を, ロシアに, 一々細か, 一と, 一人おった, 一人ひどい, 一人二人いるらしい, 一人先き, 一人尋ね, 一人居る, 一人支那人に, 一人這入っ, 一時に, 一生の, 一番多い, 一番学ぶべき, 一番日本人を, 一致協力し, 丁寧である, 万力の, 三四人塊って, 三月堂の, 上って, 不正直な, 世界中で, 世界的潮流に, 世界的発明を, 中へは, 主たる交通者, 主だった, 主婦に対して, 乗り込んだ, 乗り込んで, 事務員を, 二人, 二人アメリカ人が, 二人捕虜に, 二十七人も, 云ふと, 人間自体の, 今, 今は, 今夜ここに, 今日に, 今日当然, 仏蘭西の, 他の, 他国を, 伝写し, 体が, 何かしらに, 何かと言う, 何人かいた, 何十年も, 余計に, 作つて居る, 作れば, 使役される, 保存し, 倫敦の, 倭生樹を, 偶に, 元気に, 先に, 先生の, 其の文化, 具象的な, 円に対して, 出来るだけ, 出羽をば, 初めて日本語, 刺身を, 勤勉で, 十人ばかり, 十人程, 十年に, 千人あまりも, 半年も, 単に農業大学, 原住民と, 原子力を, 原色を, 友人や, 反省を, 口かせ, 古い一人, 古来最も, 合理的である, 同じ国, 名誉を, 唐詩の, 唯一の, 四五人その, 四人乗りました, 四百餘州を, 困難な, 固有の, 国を, 国民として, 国際法と, 土地の, 堕落を, 外人等に, 外国へ, 外国人に対して, 外国人の, 外国風を, 外國の, 多い, 多くは, 多少とも, 多少出入, 大きらい, 大使館員を, 天然物を, 奇妙不思議な, 奈良朝から, 好きな, 如何なる立派, 如何なる過去, 威張りちらしてるという, 字引を, 孟子を, 學問を, 官僚主義の, 宣伝下手だ, 寄れば, 尊びました, 尊び馴れて, 小さな物, 小卓, 少くない, 居さえ, 居って, 居る事, 常に刺身, 常に畳, 年ごろの, 建てたらしい草葺小舎, 建て西洋風, 引きあてたの, 強盗に, 当然に, 彼等が, 彼等と, 彼等の, 必ず通過, 忘れたま, 恋しくなった, 恐れるところ, 恥かしい, 悪い, 悪いの, 悪えんだ, 想像する, 愛好する, 感じた通り, 憎い, 我々と, 我国の, 戦争が, 戦争に, 手に, 手斧を, 手紙を, 招待し, 拵らえた, 持つてを, 掃除を, 掘り出したあと, 接触した, 支那についての, 支那人に対し, 支那文字を, 敗けたん, 教えこまれて, 数千の, 数多の, 数学だけは, 整数論の, 文化が, 文字通りた, 新しい自然, 既にこれ, 日本で, 日本にのみ, 日本主義に, 日本人である, 日本人としての, 日本人みずからの, 日本固有の, 日本海である, 日本語を, 暗黒の, 書いたの, 書いたもの, 書きこれ, 最初から, 最近四十年間の, 有って, 有色国民殊に, 有難がって, 木陰の, 未だに漢詩, 未知の, 本能的に, 本質的に, 来た, 来て, 来るそう, 東洋を, 極僅かの, 概念の, 欠陥し, 欧洲へ, 欧羅巴へ, 歐米人に, 歐羅巴に, 歩いて, 殊に戦国, 殊に日本, 殺したこと, 殺戮され, 比較参照すべき, 民族性として, 民族的差別を, 気がつかずに, 決してタクサン, 決して喋舌ら, 汽車の, 沢山い, 沢山いる, 油紙製の, 泊って, 泊り合せそれ, 洗礼を, 流行性肝臓炎に, 浦塩あたりで, 海水浴の, 深く感謝, 混って, 漢書を, 漢詩を, 火星人に, 無理に, 無表情である, 煙草を, 片隅に, 牧畜の, 物静かな, 特別に, 特別の, 狼狽し, 現在いかに, 現在の, 現實, 理髪という, 甚だ不得意, 生れつき正直である, 生理的並びに, 用いて, 當面する, 痛感し, 発明した, 發掘した, 發見する, 百名ほど, 皆その, 皆土井英一さんの, 皆殺気立ちました, 目を, 目下旅行中な, 相手に, 真に日本, 真の, 真赤な, 着ると, 矢代に, 知る緒, 知識を, 確かに, 神を, 私が, 科学技術の, 秘蔵してた, 立ち並んで, 立ち話を, 競争し得ない, 笹部準之助という, 米を, 精神的にも, 純粋性を, 素戔鳴尊を, 組下で, 経営する, 続々渡韓, 綺麗好きだ, 織ったもの, 義気に, 老若男女シコタマいる, 考へた霊魂, 聞いたら誰, 職務的に, 肉体的に, 肉弾という, 肺病やみの, 自ら姓名を, 自ら恃むところのものを世界の, 自分自身の, 自然に対する, 舞いこんで, 船長でした, 芝居と, 芝居に, 苦力達の, 蒐集を, 薄ボンヤリ, 蝎に, 行くところ, 行けないの, 衣服や, 裸体を, 西洋へ, 西洋劇に, 西洋料理を, 要塞見物を, 見たらよ, 見たパリっ子, 見る我々, 触れる可能性, 言葉と, 試みたの, 話して, 誇りと, 認める熊, 語感の, 誰も, 負は, 貴婦人と, 賑かに, 賭博を, 贈物として, 身に, 軽装で, 輸入し, 近々五六十年, 這入って, 這入つて, 通称し, 通訳として, 運用の, 遠国から, 選手権を, 酒杯を, 醜いとか, 重んじた程, 金まわりの, 鐵砲の, 長い歴史, 間違つて支那に, 防火建築の, 陰翳の, 集まって, 集まる, 雨に, 青年の, 革命家としての, 飛行機を, 飢饉の, 黒潮に

▼ 日本人~ (431, 5.0%)

16 して 7 とつて 6 しては, なって 4 似て, 向って 3 よく似, 取って, 取つて, 独自な, 相違ない, 知られて, 違いない

2 [21件] しても, ちがいない, なったの, なりきって, なるの, デモクラシーの, 会つたら, 会つてゐる, 使われて, 向つて, 向つて日本, 変装し, 希望を, 於て, 日本の, 比べて, 逆照, 逐はれた, 闕けて, 障害せられ, 非ずや

1 [325件] あいたいあいたいと, あいながら, あえようとは, あきあきした老, あった, あったの, あって, あとを, あらざるかと, あらざるもの, あらず, あらわに, あんな性質, いかなる人間, いけない, いまでも, いろいろな, うったえた点, かう言, かかる馬鹿, きいて, くらべると, くれたと, この精神, これを, さうい, したしまれて, したの, しようと, すすめること, すべてを, する外, そう伝え, そなわった風流, それが, ただちに公爵伊藤, ただで, つよくあっ, であったという, とって, どうしてこの, どうしても考え得られない, ならなければ, なりつ, なるため, なるとともに, なるまでには, なるん, なる必要, なれた通い, なろうと, はちよつと, はなはだ強い, ふれさせたの, ほ, ほとんど共通, ほんとうの, まるきりない, むかって, もう一つ別, ものいいたげなる末, よく似た, よく呑み込め, よく知られ, インドや, カルチユアが, カルデロンなんか, サーヴイスなど, ミュージックの, ロシヤ人たちは, 一メートル八十二の, 一体いつ, 一文なし, 一番冷淡で, 一番多から, 一種卓絶の, 一言二言何か, 一貫し, 三人ほど, 上手物を, 不平を, 不思議がられなかった, 不案内なれ, 不満な, 不足した, 不適当, 与えたの, 与えられた使命, 与えられた悦ばしい, 与えること, 与える映像, 云ったと, 交際求めてる, 仏蘭西語を, 会うなんて, 会えた悦び, 会する, 会った, 会って, 会つた事が, 伝道し, 伯爵板垣退助氏が, 似たある, 似たるあり, 何が, 使うの, 使われ続けるだろう, 依て, 信ぜられたるその, 信頼し, 候失望の, 候拒まざる, 優る国民, 共有の, 共通し, 共通の, 其支離滅裂な, 出会う事, 出喰わした, 出来るわけ, 分るよう, 到らん日本人一変, 加えて, 劣らぬもの, 化けたの, 化けて, 化けるの, 匹敵する, 却けられた, 却つて是丈の, 反抗すべし, 取っては, 取つてあまり, 受容され, 可愛がられて, 可能か, 合うらしいなどと, 同化させる, 同化する, 向かないという, 向かなかった, 向ひ, 命じて, 問い掛けます, 喜ばれまた, 圧迫され, 報ゆる, 売ったなぞと, 変わりは, 外に, 外国語を, 多くいつの間にか, 多彩な, 大いに同情, 大和魂が, 大和魂の, 失望し, 好感情, 娯樂と, 嫌われたの, 嫌気が, 宣伝され, 寄与した, 對し, 少しも, 就て, 就ての, 引渡すの, 当てはまると, 彼等を, 心当りは, 必要な, 忘れられて, 応用する, 思いも, 悪い事, 愛され選ばれるよう, 感動させられない, 我々を, 手が, 手つだって, 扮し, 扮する, 拝ませようと, 指示し, 採用された, 接したが, 接して, 接するごと, 接するには, 接触した, 接近する, 描かしたの, 教うべ, 教えて, 教へ, 斯う, 於ても, 日本を, 日本語が, 明瞭である, 最もふさわしい, 最も受け, 最も接近, 最も親しい, 望めるか, 本格的な, 案内され, 案内し, 極めて無作法, 欠けて, 歓迎され, 正しいとは, 残されて, 殺されるの, 比して, 比べると, 比較し, 気がついた, 気がつくと, 気づいて, 気にいるよう, 水田を, 永く記念, 注意され, 注意し, 深い感興, 深い精神的内容, 深く浸, 熱心に, 爾し, 物を, 特有な, 独自なある, 珍らしい, 理解させた, 生きながら, 生れたかつたぞ, 生れたこと, 生れたもの, 生れた保吉, 生れながら, 生れ代らして, 異なるは, 発明の, 盗まれたので, 相当鬚の, 真の, 知らしめて, 知られること, 示して, 祖先崇拝を, 精力が, 紹介される, 紹介する, 統轄され, 縁の, 習いました, 習ったの, 考えろと, 聞かして, 聞くであろうと, 肖てるぢ, 胃の, 背中を, 膾炙され, 自慢を, 自殺を, 苦しい思い, 著しい特質, 衣する, 見せたらこの, 見せたらこれ, 見せなければ, 見せ済みませんが, 見たこと, 見て, 見られるや, 見るよう, 親しい感覚, 親しかりし, 言われたこと, 言語を, 詰めこんだ, 話しかけたの, 話したら彼, 話して, 話しても, 説きに, 説くが, 読み聞かせるという, 読んで, 課せられた重い, 買いとられるかも, 賣渡した最初, 較べて, 近い性質, 近い感じ, 近い顔立ち, 近くアイヌとは, 近代科学を, 近眼と, 追ひつ, 送られて, 通ずる, 逢えば, 逢つた, 逢ふ, 適する職業, 適応する, 金で, 鉄砲を, 開国の, 間違いが, 関した物語, 附き物, 限つた, 限りその, 隠して, 霊魂の, 非常な, 非常に, 顔を, 飲酒の, 馴れ親しむとかいふ

▼ 日本人~ (272, 3.1%)

8 して 3 代表し, 見ると

2 [13件] 万葉人と, 信用し, 収容する, 廃業し, 愛し本統, 捕虜に, 教育し, 滿足させる, 相手に, 知らぬ人, 見た, 軽蔑する, 避けようと

1 [232件] あげて, あざむく悪, あざむく言説, あなどって, あやまらしめた, あんな途方, えらい者, おどかして, かばう巡警, ききたいといふ, このうえ, こんだけ, さう, さがして, さがし出せば, さらに四人, しばらく漬け, すっかりヤンキー化, だまって, つくるという, なつかしむといふ, のせたオープン, はじめ多くの, ひきつれて, まるで相手, みな医者か, みんな眼病患者の, めずらしがっ, やっつけて, やっつける, よびさまし明るみ, アメリカ資本主義, シナ人以上シヤム人以上と, ハッキリと, バカに, ペキンで, ロシア人と, 一人一人つかまえ, 一人助け, 一人大学に, 一人形式上保証人として, 一人連れ, 一様の, 三年前に, 不可解な, 不思議そうに, 不思議な, 乗せて, 乗込ませた, 事務員に, 二つに, 代表しうる, 代表しなく, 伴って, 伴ひ, 何人捕虜に, 作りたいなあ, 作り上げた功績, 使って, 促して, 信じさせて, 信じて, 信用した, 倒したかも, 偵察に, 働かして, 僕が, 優待する, 兄弟並みに, 入れて, 全体に, 全部去勢する, 全體, 分らず屋ばかり, 判斷した, 卑屈に, 去勢し, 去勢する, 又隣人, 取り押えた, 取扱ったこと, 同時に驚かし, 同行する, 含んで, 呪って, 呼び止めると, 呼ぶ名称, 咎むるに, 哭かしめる為, 善導し, 圧抑する, 奨励し, 威かしたに, 安全に, 宣教師として, 寂しがらせる, 富ます, 尊敬しない, 尊敬する, 尊重させる, 小説に, 小馬鹿に, 岸本の, 廃業する, 弁護する, 強調する, 悲觀する, 惹きつけるもの, 意識し, 愛して, 愛する憂国, 感動せし, 憎みすぎて, 憎む訳, 戦闘に, 扶ける, 批評し, 招聘し, 指さして, 指揮し, 捕える時, 掌の, 探しに, 探し出す五つ, 措いて, 掻き分けるやう, 支配し, 改宗せしめる, 救いたいでは, 救うつもり, 救うという, 教育される, 新しく拵, 新しく狡猾, 日本人に, 日本人らしく見せない, 早く文明, 最初に, 東方日出処の, 欺いて, 殺して, 殺そうとの, 母として, 泥坊扱いに, 満載した, 激励または, 無学無産の, 獣扱いに, 珍らし, 理解し, 理解した, 理解せず, 生きて, 生み育て, 生んだ自然, 生育し, 生蕃人に, 皆死刑に, 相手の, 眠らせて, 眺めて, 知つて居る, 知らずひとり, 知らない, 知らんと, 研究する, 示すと, 素質的に, 紹介され, 考へると, 苦しめた筆鋒, 苦しめようという, 苦しめるから, 苦笑せしめます, 虐殺し, 西洋文明の, 見あきて, 見いだしたわけ, 見せようという, 見そく, 見ぞろぞろ, 見たこと, 見て, 見なおして, 見に, 見はって, 見ましても, 見ませんでしたよ, 見ること, 見る眼, 見れば, 見わける法って, 見出したわけ, 見受けなかつた心細, 見学せ, 見日本人, 見殺しに, 覚えて, 観もう少し, 観察し, 評して, 誘惑に, 誹毀するの, 負かしたいの, 買いかぶって, 買って, 賞め日本が, 軽侮させる, 軽蔑し, 軽賤, 輸出し, 迎うる, 追放し, 退去させた, 送ったが, 運んで, 避け合って, 鏖殺する, 除いた何処人, 陰影の, 隅から, 集めて, 離れて, 雲の上まで, 露西亜の, 非常に, 頼もしく思う, 養成し, 首長と, 馬鹿に, 驚かせた, GIなみの

▼ 日本人には~ (226, 2.6%)

4 珍らしい 3 容易に, 日本人の 2 それが, それは, ないの, 味は, 大和魂が, 無いの, 祖先伝来の, 誰れ

1 [200件] ある, いいにくい, いたってすくない, いったい滑稽味, いやみや臭味, いろいろの, おかしくも, おそらくこの, おのずから学術的研究, お伽噺への, お米, お馴染み, かういふこと, かえって理解, かなわぬよ, こういうところ, こうしたニグロ, このこと, この柔軟性, この種, これが, これは, こんな風, さう, しっくりゆかない, ずいぶんばかげた, ぜいたくだ, そうでない, そのこと, その作品, その佳, その必要, その意味, その言葉, それを, そんなこと, そんな卑劣, そんな寿命, ちょっと分らない, どうも近代, どう云う, どんな事, ない, ないけれど, ないだろう, ないもの, ないよ, なおのこと聞い, なくては, なじみ深い, なれないだろうという, まだ一人, まだ向かない, まだ考える, めずらしく燕尾服, もっとシェークスピア, もはやない, やはりこれ, やらうと, よくその, わからないの, わからない味, わけて強い, キモノのみが, スポーツを, ネゴシエーションの, モッケの, 一挙に, 不思議に, 中, 事実の, 二時間以上続け得ない, 似合は, 似合はず, 似合わず君, 余り名誉, 入らない, 入浴ほど, 公徳心なんて, 冷水浴は, 出来ない芸当, 出来ぬ, 判つてゐる, 判らないわ, 別におもしろい, 到底堪えられない, 割合はっきりし, 勿論の, 勿論気持, 単に意見, 原作の, 及びも, 向きそう, 向きませんな, 含羞的性質が, 哲学が, 堪らない, 売らない, 変な, 多くこの, 多少変, 大したもの, 大変科学知識が, 好かれた, 好まれて, 始めの, 宗教感や, 実は少し, 家常茶飯に, 容易ならぬ, 寂しさ, 少し長, 居ないだろうね, 差支へ, 常識と, 強い印象, 必然の, 必要な, 思はれると, 悪く聞こえる, 悲劇的精神が, 愛と, 愛児的器官も, 手が, 手を, 新鮮だつた, 日本人らしい, 日本人同士が, 日本人固有の, 日本服程よい, 日本魂が, 昔から, 普通の, 月といふ, 有るよう, 木造建築が, 栄養価大に, 欠けて, 歯が, 死後の, 殆ん, 殊に経済界, 毛深いもの, 無い, 煩瑣に, 特にそれ, 特に一種, 独創力が, 珍しい写実的, 珍しい狡猾卑劣, 珍しく柔軟, 珍しく透き徹った, 珍らしかった, 理想的だろう, 異様な, 皮膚や, 直ちにまた, 真似の, 真似も, 知ったもの, 知つた, 神を, 禁止の, 科学知識の, 稀らしい, 稀れであります, 笑われるけれども, 米国風の, 縁なき, 羨ましいと, 考えも, 膨れつ面, 自分の, 芸術的精神は, 虫の, 西洋人が, 見学さえ, 親しみの, 解せない感情, 解せられまいと, 解らない, 解らなかったであろう, 読みにくき, 誰しも, 誰にも, 誰の, 貴女の, 逆に, 道楽に, 道樂に, 遥かに, 適せぬ, 適確に, 重荷である, 附合わない, 難しい, 非常に, 面白くは, 馬関と, 驚くだけ

▼ 日本人~ (183, 2.1%)

5 外国人との 3 いっても, 支那人との, 支那人とは, 結婚する, 西洋人との 2 なった, なつて, 中国人の, 同じやう, 同一の, 外国との, 日本の, 生まれたが, 英語の, 見ると

1 [143件] いうより, いえども, いえば, いふよりも, いへども, いへば, いわず外国人, いわず昼, いわれて, いわれるべきもの, おなじ神様, かの地方, きて, こうして膝, その生活, それぞれの, ちがって, つながること, どうちがう, どんな縁故, なったの, なった生まれながら, みると, やいはむ, よく似た, わかりそう, アメリカ人と, オランダ人との, カナダの, シナ人, シナ人が, ドイツ人と, ドイツ人の, ロシヤ人の, 一しょに, 一しょには, 一つ系統から, 一部の, 中国人とは, 中央日本に, 中華民国人の, 争闘する, 云うやつ, 云う総称, 云えば, 云っても, 云ふ, 亜米利加人との, 亜米利加人とは, 交わること, 交通した, 交際し, 交際を, 今の, 会談する, 偽称しおる, 兵士だけに, 出所を, 区別しない, 半々ぐらゐの常客が, 原住民とを, 友である, 取引する, 同じくらいの, 同じく蛸飢, 同じぐらい, 同じこと, 同じだ, 同じで御座います, 同じ名, 同じ食物, 呼ばれて, 変らんわい, 外国人と, 外國人との, 容貌の, 寸分変りない, 対話する, 巨大な, 彼は, 思えないという, 感じること, 我々とが, 戦つて居る, 把頭の, 接触する, 接觸の, 支那の, 支那人では, 支那人とが, 支那人とに, 支那人とを, 支那人の, 日本犬と, 日本語と, 最も箸, 朝鮮人との, 朝鮮人とは, 歐米人の, 正に対蹠的, 毛唐人との, 水色の, 牛鍋は, 犬入るべからず, 琉球人との, 生れたからには, 生れたる此身, 生れた俳優, 異つた点, 異ならずまた, 異なること, 異る, 白眼んだ, 看破される, 確定し, 立ち入った議論, 競争する, 米国インディアンとが, 米国人とは, 結婚した, 縁が, 西洋人の, 見えましょう, 見わけた瞬間, 見込んで, 觸接する, 言うべからず, 言うもの全体, 言ふも, 話しして, 話すこと, 話を, 違いますでしょ, 違って, 違ひ, 郷党隣人の, 間違へ, 関係の, 限つたわけぢや, 隣接する, 露西亜人とで, 非合法に, 餅

▼ 日本人~ (117, 1.4%)

7 ということ 5 といふ 43 から, から日本人, よ 2 という事, といっ, と思う, もの

1 [84件] あと叫んだ, いやん, からすこし, からそう, からだ, からだろう, からで, からとて決闘, からね, から何, から入国, から出来た, から十五夜, から多分, から御, から御存じ, から日本, から日本的日本人, から日本風, から自ら別, から英語, から蝶々さん, か中国, か中国人, か今, か分かりません, か支那人, か混血児, がどう, が二メートル, が戦争, けど羅馬, けれど精神力, けれど自分たち, こ, ぞと大, ぞと押しつづけた, つた, つたから, つたに, つていふ, つて何方かと, という, という確信, という親しみ, という証明, といったね, といふ事情, とでも思, とばかり思つて, とばかり思ひ込ん, とも言える, とわかる, と争っ, と云, と云い切る, と云う, と何, と失笑, と存外, と幼い, と強いる, と思いこん, と思え, と思ふ, と意識, と早合点, と来る, と涙, と白状, と直感, と矢代, と称し, と紹介, と聞い, と能, と言い, と言う, と言った, などということ, なんとかしましょう, わが同胞, ァこの, 日本人の

▼ 日本人~ (105, 1.2%)

2 これを, またその, 優に列強, 加入し

1 [97件] あった, ある, あるので, あろうに, いたと, いない筈, いま死についての, いやいやながら形, いる, これ支那から, じつに多く, そこい, その尻馬, その通り, そんな, だん, どしどし外国, はげしく恐怖, はじめてバルザック, ひとりとして, ほんの少し, またこれ, また然, また穢, もって, もつと, やはりイミテーション, よく知っ, イギリス人も, インド人と, クリスマスだ, ラヴと, ロシア人なみに, 一人いる, 一人や, 一驚を, 七百人寄留す, 三人いました, 交じって, 交りゐ, 亦, 亦戦時, 今は, 伊太利人も, 会員に, 伝統的に, 何かの, 使って, 便乘し, 傷ついたところ, 出世の, 列国人も, 同じ人間, 名人の, 向うの, 含めて, 和歌の, 外国人も, 外國の, 多くなりつ, 大昔には, 大阪人も, 実は心底, 居りませず話, 屬する, 幾人かいた, 影響を, 戦つて居る, 手傳いは, 持って, 捨てたもの, 支那人も, 教へ, 日本人じ, 時として呪語, 普通に, 朝鮮人も, 来て, 来やしない大丈夫, 歓迎という, 歳費の, 決してそういう, 決して高く, 海外に, 混り, 盛んに, 真底の, 知らず外国人, 知らぬた, 素足で, 英国人も, 街上に, 西洋人も, 説教を, 途中で, 随分気の毒, 餅を

▼ 日本人として~ (103, 1.2%)

2 かく生きね, まだしも我慢, 一種の, 厳しい批判, 日本の, 日本民族の, 此の, 生れたこと

1 [87件] あたらしい神神, あなたが, いまどの, いろいろ感じる, うっかりし, お酒, この国, この日本国, この道筋, これに, しみじみと, すまないん, その写実主義, それが, どうした, のしつかりした, はいそれ, はっきりと, まづ可能, やはり祖国, りっぱに, アイノ研究を, ラサ府に, 一生知らなく, 世界の, 世界的観察の, 互に通辯, 今でも, 例外である, 健康な, 僕が, 儀礼的に, 先祖以来の, 勿論すこぶる当惑, 参加しました, 古典語を, 君の, 声高に, 大陸進出の, 天地に, 如何なる, 始めてこの, 學術的に, 寄宿した, 当然の, 当然深く, 恥しくない, 戦争に, 日本と, 日本人流に, 時々は, 最も立派, 最高の, 望み得るやう, 栄えて, 楽しんで, 欣快に, 欧米の, 止りたくない, 正一という, 正論するなら, 消化し得る, 漢詩を, 漬物と, 特に典型的, 甚だ悲しむべき, 生れたもの, 生れ或, 男らしく起ち, 當然に, 発展しよう, 神武天皇以来の, 統一する, 考え日本人, 耳に, 英語を, 行動しなけれ, 裸にな, 西洋の, 見ては, 見るに, 諸方から, 起つ心構, 鈴木文史朗氏が, 限定する, 面白く且つ, 顔も

▼ 日本人である~ (102, 1.2%)

18 ことを 12 ということ 4 ことに, ことは 3 ことが, といふ自覚, 事を 2 ことの, 前に

1 [51件] か, かそれとも, かない, かのよう, かも知れない, からこの, からは今, からばかりで, から日本人, から無下, かシナ人, か西洋人, がため, がゴルフ界, が共に, が最上級, が目下中風, ことここに, こととの, ことなどを, ための, だけに特別, という事実, という点, といふ事実, といふ理くつ, ところの, と云つて, と思う, のにどう, ように, われ等に, 事から, 事は, 事も, 以上は, 僕自身を, 或は日本, 故貴方, 日本人なら, 私が, 私などには, 私は, 自分大河平一郎は, 花屋の, 藤沢親雄氏の, 身どもらに, 限りこれだけの, 限りこれを, 限りそれが, 限り社会的性的年齢的条件に

▼ 日本人~ (100, 1.2%)

8 あつた 5 あつて 2 ここへ, その中, セーラムに, 洋服を

1 [79件] あつて日本, あらいでよ, ありうると, あり得ないという, この家, この方面, この研究所, こんなに大きい, さかやきを, さへ, さア, しめられて, すら能, そういう偏見, その当時カルカッタ, その殆ど全部, たれか, でも, とても鰐, ならぶもの, ジョリジョリ屋だい, ネパールへ, ハドルスキーと, フランス文学を, フランス語が, フン大尉は, ベルリンの, モスク, 一万噸以上の, 一人, 一杯だった, 一番パリーの, 一番感心した, 上流階級を, 世間話の, 二人が, 二十歳ぐらいの, 今度こういう, 保証を, 信徒の, 入選した, 出席者は, 助けてと, 北川準一という, 千二百円の, 南洋に, 外国へ, 大連に, 太刀川時夫という, 女は, 女性の, 子供が, 帝劇の, 彼の, 拙者ぐらいの, 拙者ぐらゐのものですよと, 描いたの, 支那人は, 教に, 日本の, 春さきに, 柔術が, 根気の, 此の, 母は, 泥棒, 洗礼を, 満洲, 無帽で, 現代に, 白く肥った, 而も, 腹から, 船の, 芸名昇菊くらい, 英語は, 身元の, 通して, 顔形に

▼ 日本人~ (61, 0.7%)

2 の思想, はこの

1 [57件] が今日当面, が全, が公然, が天皇, が心から, が有識人, が欧州, が自分達, である, として, とその, と環視列国人民, と環視列國人民, なりこの, にし, にとって生き, には自治, に与え, に命令, に戦争, に経営, のすべて, のため, のエネルギー, の一人, の人間性, の半ば, の崇拜, の崇拝, の往かん, の意志, の感情, の旧, の模範, の民主的生活, の生活, の破滅, の第, の自由, の至頂, の解放, の運命, の道徳, はあの, はその, は世界, は人民, は人真似, は巨額, は新た, は旧, は氷山雪屋, は英字新聞, や乃至, を奴隷, を配置, を駆りたて

▼ 日本人としての~ (50, 0.6%)

3 解り方 2 真の, 立派な, 自覚を

1 [41件] よろこび, エスプリが, エスプリを, 一切の, 仕事に, 伝統的な, 優れた生活, 古い生活, 名誉を, 平均した, 幸福国民としての, 彼らの, 心を, 情趣が, 意気と, 教養は, 文明を, 新らしき, 正しい理想, 漱石自身が, 独自の, 現代に, 理想が, 生活に, 登録を, 目で, 真実に, 矜り, 私の, 立場から, 純粋小説が, 考へから, 能力で, 自分と, 自分には, 自分自身の, 誇りと, 誇りとを, 誇るべき生活, 雄大な, 骨組みを

▼ 日本人なら~ (49, 0.6%)

3 ば日本, 誰でも 2 日本の

1 [41件] きっと厭味, こそ一, この投書家, すぐに, すらすら読むだろう, それは, ではこれ, では誰, ともかくも, ともかくアメリカ, ははア, ば, ばあいつ田舎者, ばすぐ, ばちょうど, ばみな, ば丁度, ば何人, ば日本人, ば歯, ば聴い, ば誰, ば髪, よくきけ, 一日も, 一番拳鬪の, 云は, 何れこの, 大が, 太陽と, 技術とは, 日本とは, 日本人らしくしとり給え, 楽隠居し, 突ッ通す, 誰しも, 誰だって, 誰にでも, 足で, 金を, 館内に

▼ 日本人という~ (44, 0.5%)

6 ものは 5 ものが 3 のは 2 ことを, ものを, 奴は, 日本人は

1 [22件] のだ, ものに, ものの, パチンコの, 事が, 事も, 人種が, 人種は, 人間の, 仏教国民の, 国民は, 在来の, 壁から, 奴の, 意識は, 民族の, 理由で, 素質を, 者は, 自分を, 面から, 響が

▼ 日本人たる~ (37, 0.4%)

7 ことを 2 の, の矜, 事を, 所以即ち, 資格の

1 [20件] あなたには, ことの, にそむかぬ, の意識, ものが, ものは, われわれ何とも, 事が, 僕は, 名を, 吾, 国民の, 小宮氏輩が, 彼が, 我輩の, 特権を, 矜り, 科を, 諸君は, 道元において

▼ 日本人では~ (35, 0.4%)

7 ない 4 ないか 2 ありません, ないかと, なく藩人

1 [18件] ありませんか, あり得ないと, あるに, ないでしょうか, ないの, ないらしい, ない釋迦, なかった, なく中国人, なく八雲, なく小, なささうだし, バナナの, 古い所, 或はああ, 深く支那人, 自分の, 長崎の

▼ 日本人らしい~ (35, 0.4%)

1 [35件] が早い, という, と思っ, 一生を, 丹念さから, 人たち, 人な, 人に, 何物かが, 動作とで, 心持が, 性急な, 恬淡な, 感覚の, 態度が, 支那人は, 日本人に, 日本人には, 晴れやかな, 最も獨創的, 決定的な, 清らかな, 犠牲の, 男が, 笑いだ, 老人と, 考日本人らしい, 若い紳士, 行動である, 袂別な, 装飾も, 詩を, 象徴的な, 趣味と, 頼もしさ

▼ 日本人全体~ (33, 0.4%)

2 が西洋人, のため, の生活

1 [27件] がいまなに, がさういふ, がさうな, が一つ, が不幸, が夢中, が政治, が東京人, が横, が精神的, が背負っ, としての心構え, として自分, には近年, に気づかせる, に活気, に迷惑, のもの, の光栄, の利害, の名誉, の好み, の注意, の血肉, の迷惑, を対象, を標準

▼ 日本人たち~ (32, 0.4%)

2 はこの, はその

1 [28件] がいかに, がいろいろ, が不思議そう, が互いに, が休ん, が公使館, が大いに, が皆, が維新, であった, のうれし, のだらだら, のひとり, のテーブル, の暮しぶり, の気分, の驚き, はあきらか, はそれ, はどんなに, はひっくり返っ, はよりより, はシベリア, は一六二三年, は日本, は無気力, を妨害, を黙殺

▼ 日本人にも~ (32, 0.4%)

2 あるのに, わかる処

1 [28件] ああいう, ある, すでに彼, なお考えず, なほ広く, まだ半信半疑, めったにない, よく知られ, 共通に, 困難な, 墓, 好かれて, 娯楽は, 我々に, 珍しいので, 理解出來ない, 稀れな, 第二, 著しい, 親しみが, 語った, 読めない, 赤毛の, 通じ難い, 逢は, 随分な, 露西亜人にも, 飛行機を

▼ 日本人とは~ (31, 0.4%)

2 おほか, 昔から

1 [27件] いかなるもの, いつたい, きわめて縁, こうした点, このやう, こんなに程度, どこか, なにか, まつたく彼等, よほどちがっ, 切っても, 大いなる相違, 如何なるもの, 婚姻を, 思えなかった, 思えぬまで, 思はれぬほど, 思へなかつた, 思われないくらい, 放れて, 日本人の, 決してあまり近い, 狭い田圃路, 見方が, 言われないから, 離れて, 頭が

▼ 日本人としては~ (30, 0.3%)

2 それを

1 [28件] いささか習性外れ, かような, それが, とうてい満足, また国際, 一応住み, 不自然な, 余りに綺麗, 十分に, 千鶴子は, 少しケタ外れ, 文明の, 日本の, 最もひらけた, 最初に, 本当である, 根本的に, 珍しい大男, 甚だ愉快, 異常に, 白すぎる, 稀に, 純種, 絶えずこの, 聞くだに, 自国の, 著者としての, 誰しも

▼ 日本人でも~ (29, 0.3%)

2 ない, なければ

1 [25件] あるわけ, このまね, この偉人, ずいぶん鼻持ち, そんな風, ないでしょ, キリシタンでない, コンナに, サントスや, 何でも, 動植物の, 同一と, 同様であった, 彼等に, 支那古典的趣味の, 料理を, 朝鮮人でも, 火事など, 男でも, 皮肉家だ, 結構相手, 能と, 誰でも, 随分召し上る, 魯迅は

▼ 日本人にとっては~ (29, 0.3%)

1 [29件] かかる画法, この事実, この句, そのこと, ともに採っ, まるで音楽, 三十マイルは, 不思議と, 何の, 何よりの, 俳諧が, 全く訳者, 勿論甚だ参考, 合点の, 山高などは, 庭園の, 日本語の, 有難いこと, 決して伝統的, 決して単なる, 無気味此上も, 珍らしい, 甚だ教訓的, 盟邦に, 相当くたびれる, 真とに, 米国人なり, 罪の, 驚く可

▼ 日本人から~ (28, 0.3%)

4 見ると 2 見れば

1 [22件] あてがわれて, おいおいと, して, みれば, 一掃すべきである, 俗に, 傳授されまし, 全く放れ, 受ける尊敬, 器物を, 忘れられ誤解, 愛想を, 招待を, 支那人に, 教えられたもの, 日本語を, 本当に嬉し涙, 焚き出し, 聞かされて, 自分を, 見て, 觀れ

▼ 日本人同士~ (26, 0.3%)

2 が血, の間

1 [22件] がなん, がよく, が仏頂面, が傷つけあう, が独逸, ではお, で戦う, で結びつく, という, というせま, ならばこそという, のくつろぎ, のよう, の事件, の内輪もめ, の戦い, の方, の激烈, はどんな, は一眼, は名前, 集まって

▼ 日本人自身~ (25, 0.3%)

1 [25件] から正当, がその, が一日, が感, が日本文, が矢張り能狂言, が解決, では気, で味気, で測量, にはそれ, には風聞, のもの, のキリシタン, の中, の付けた, の体験, の内, の心, の方, はこれら, は八幡船, は宗教的, は宣伝下手, は考へ

▼ 日本人であり~ (24, 0.3%)

2 且つ官吏, 他国に対する, 日本人の

1 [18件] さえすれ, しかも最も, その半ばフランス人, それを, ながらことに, ながらどうしてこう, ながらチベット服, ながらロシア人, ながら他, ながら外国文学, ながら日本, ながら日本人, ながら日本過去, ながら裸体, ながら頭, ヨネ, 支那人が, 日本の

▼ 日本人です~ (24, 0.3%)

543

1 [12件] からどこ, か西洋人, がさすが, がそんな, が日本, が浦塩, と白状, の, もの, よ日出雄さん, よ空魔艦, わ

▼ 日本人よりも~ (24, 0.3%)

1 [24件] いくぶんか黒く, さらに数等愚劣, しんから, なお勤倹, まさった西洋人, ズットお, 二十倍強い, 低い貧弱, 優れたもの, 勝れて, 学者という, 幾層倍か, 支那人に対して, 支那人の, 本当の, 無知で, 無限に, 特に古い, 甚だしくし, 突飛な, 肉感的である, 西洋人の, 進んで, 顔も

▼ 日本人にとって~ (23, 0.3%)

1 [23件] いかに卓越, お祭り, きわめて興味, この上ない侮辱, この場所, これ以上ふさわしい, その世界, たしかに新しい, なんたる, むしろいやらしかっ, バタは, 一つの, 一世紀以来馴染の, 一番憎らしい, 一種の, 初めの, 大使館は, 幸福であった, 彼女は, 思って, 明るい, 異常に, 痛い言葉

▼ 日本人ほど~ (23, 0.3%)

2 自然を

1 [21件] たやすく流行, よく働い, キリスト教を, 他の, 印度の, 小児の, 小児を, 抑制力が, 抽象的な, 新鮮で, 旧物を, 有史以来こんに, 深い感情, 深く追求, 無愛想で, 眼の, 自分を, 自然の, 複雜な, 郷土に, 陶器を

▼ 日本人との~ (21, 0.2%)

2 混血と, 間に

1 [17件] あいだで, あいだに, なつかしく美しい交遊, 三つの, 交易の, 交通を, 何等かの, 包含によって, 対照は, 差別が, 心持の, 接触の, 民族の, 短日月の, 間には, 間の, 雑婚を

▼ 日本人といふ~ (20, 0.2%)

4 ものは 2 日本人は

1 [14件] ことについて, ことにな, のは, ものが, ものを, 事柄だけが, 人種は, 処が, 国民性は, 意識は, 日本人が, 日本人を, 民族の, 血液的な

▼ 日本人に対する~ (19, 0.2%)

1 [19件] ように, 不幸なる, 不深切, 信用が, 信頼は, 優越感を, 善意が, 市民の, 影響力をも, 感情は, 態度の, 態度は, 態度を, 憎悪を, 東京の, 精神的指導権を, 複雑した, 親しみを, 馴れ馴れしさ

▼ 日本人~ (19, 0.2%)

1 [19件] けど, ぜ, シナ人に, リットン調査団の, 中国人には, 喧嘩早い, 土人が, 変形日本人が, 外国人と, 外国人取り交ぜ, 支那人が, 支那人だって, 支那人は, 日本に, 日本国を, 朝鮮人も, 歐米人が, 特殊の, 赤毛と

▼ 日本人~ (18, 0.2%)

5 のである 2 のだ, んだ 1 の, のであろう, のでいきおい, のです, ので外人客, ので日本人, のね, んだろう, んで商船学校

▼ 日本人ばかり~ (18, 0.2%)

5 では 2 なので

1 [11件] だった, であった, でともかく, でない知己, でなく, でなく世界, でなく世界中, で事, で伸子, で何やら, で酋長

▼ 日本人より~ (18, 0.2%)

1 [18件] ずっと野蛮, ないと, よほど敬意, よほど背, より強い, 一般的な, 外に, 学びし所, 捌けて, 気前が, 約三十年, 薄い爲め, 西洋人の, 遅いもの, 遥かに, 面白いわ, 黒いが, 黒い西洋人

▼ 日本人イルマン~ (18, 0.2%)

3 のジョアン 2 のジョルジ・ロヨラ, のダミヤン, のパウロ, のビセンテ 1 と共にフロイス, と共に目ざましい, のコスメ, のビエイラ, の説教, も同様, やポルトガル人

▼ 日本人であった~ (17, 0.2%)

2 のか, のである

1 [13件] かどう, か唐人, が, がその, ために, という喜び, という基本, という誇り, とすれ, と考えず, などと史料, ふたりが, 息子が

▼ 日本人じゃ~ (16, 0.2%)

4 ないか 3 ない, ないと 1 ありません, ごせんか, ないの, ないよう, ねえか, アねえの

▼ 日本人~ (15, 0.2%)

5 なれが, なれの 1 なれした型, なれした大きな, なれして, なれする程鼻, なれを

▼ 日本人~ (15, 0.2%)

1 [15件] では右, で問題, で多少, で纏めた, にあり, にある, にはざら, には接吻, にひろまっ, にも其の, にも聞え, に問題, に嫉視, の右, の噂

▼ 日本人~ (14, 0.2%)

2 わからぬよう

1 [12件] あるいは多少, さもなければ伸子たち, それとも混血児, どうかという, バカバカしい彼, 中国人か, 他の, 何う, 依然としてわからない, 支那人が, 碌な, 西洋人かすら

▼ 日本人~ (14, 0.2%)

2 な卑俗感

1 [12件] であるか, でないだけ, では, な, なあまりに, なるあまりに, なるもの, なレアリズム, な特殊, に, のぎこち, のよろし

▼ 日本人でない~ (13, 0.2%)

2 事を, 何ものかを 1 かも知れない, ことが, ことを, といかん, と疑われる, やうな, ような, 限り膝小僧を, 露店商人が

▼ 日本人固有~ (13, 0.2%)

2 の自然観

1 [11件] のやり方, の一番みじめ, の容貌並, の心生活, の情緒, の感じ方, の民族的精神, の海洋観, の精神, の表現法, の食生活精神

▼ 日本人に対して~ (12, 0.1%)

1 [12件] でなければ, 厳しく警戒, 同情を, 外国との, 容易ならぬ, 抱くところ, 持つ感情, 日本の, 日本語教育が, 極めて薄情, 気不味く, 非常に

▼ 日本人だけの~ (11, 0.1%)

1 [11件] ことである, もつて, ものかも, ものである, 世界で, 夕飯会で, 大一座, 専賣では, 感じうる特殊, 手で, 新設区が

▼ 日本人にと~ (11, 0.1%)

7 つては 2 つての 1 つても, つて必然的な

▼ 日本人~ (11, 0.1%)

1 [11件] その従来, で先ず, には今日, にも如此不幸, に傳, のある, の何パーセント, の別種族, の日本人, の進歩, 最も国際化

▼ 日本人~ (11, 0.1%)

1 [11件] にある, にはいなかった, のない, の呉淞路, はすでに, は今, は広, は焼き払われた, は首府アユチヤ, へ自動車, や海外在留者

▼ 日本人経営~ (11, 0.1%)

2 のホテル 1 の, のもの, のクラブ, の会社, の店, の料亭, の相当, の義務教育機関, の踊場

▼ 日本人離れ~ (11, 0.1%)

5 がし, のした 1 をし

▼ 日本人だった~ (10, 0.1%)

3 のか 1 か, から, じゃない, として同じ, と頷ける, のでした, のです

▼ 日本人だって~ (10, 0.1%)

1 そう無茶, それに, まんざら変装, ノウが, ファウストの, 大抵そんな, 我々同様敏感である, 欧米人と, 西洋人の, 酔っ払えば

▼ 日本人一般~ (10, 0.1%)

1 が南方, が実際, に反撥, に対しての批判, の支那, の知識, の西洋人, の迷信, の進歩, の野蛮

▼ 日本人独特~ (10, 0.1%)

21 のあわれなる, のよう, の健康色, の暗鬱, の筋肉, の絵, の薄笑い, の趣

▼ 日本人だけ~ (9, 0.1%)

1 あいてに, あって, だから生, だった, である, では, 一緒に, 出しといて, 知識が

▼ 日本人によって~ (9, 0.1%)

1 タコマ富士と, 不幸に, 把握せられ, 提供せられる, 日本語で, 書かれた軍事学, 歌われた詩, 特別に, 起されたところ

▼ 日本人クラブ~ (9, 0.1%)

1 で二十歳, とも何ん, の上記, の会合, の奥, の宛名, の玄関, へ行った, を訪い

▼ 日本人~ (9, 0.1%)

1 が奥, に見せた, のお客様, はこの, はみんな立派, は彼等, をも見受けた, を交互, を連れ

▼ 日本人及び~ (8, 0.1%)

2 アイヌの, 日本自体の 1 古への, 外国人は, 山口から, 日本文化の

▼ 日本人特有~ (8, 0.1%)

2 のもの 1 のある, のこの, の季題感, の生命, の負け惜しみ根性, の赧

▼ 日本人かと~ (7, 0.1%)

2 思って, 言って 1 きかれても, 尋ねた, 思った

▼ 日本人だけが~ (7, 0.1%)

1 いつまでも, しきりにベルリン, 口では, 登ること, 神であっ, 西洋人の, 郷に

▼ 日本人だけで~ (7, 0.1%)

1 すること, 一家ダンランあげくは, 充満させる, 出来て, 創つた蒸汽船が, 特別な, 考へるべき問題

▼ 日本人だろう~ (7, 0.1%)

1 か, か西洋人, が何, が某, じゃあない, とは思った, ね

▼ 日本人でなけれ~ (7, 0.1%)

1 ばわからぬ, ば何, ば作られない, ば出来ぬ, ば好く, ば書けない, ば表

▼ 日本人とも~ (7, 0.1%)

1 お馴染み, 同じからず, 外国人ともい, 大さ, 支那人とも, 西洋人とも, 親しく交わりたい

▼ 日本人なる~ (7, 0.1%)

2 が故に, ことを 1 ことに, ものは, 限り其の

▼ 日本人~ (7, 0.1%)

1 にて昼食, に列す, に戻り, に於ける, に赴く, の人, へ行き

▼ 日本人同志~ (7, 0.1%)

1 が何, だけの庭園, で大目, にあ, の新郎新婦, の結婚, の間

▼ 日本人向き~ (7, 0.1%)

2 の美貌 1 でなぜ, に彫らせる, に改造, の清浄野菜, の筆匠

▼ 日本人好み~ (7, 0.1%)

21 に投ずるらしく, の地味, の大根, の女優, の細面

▼ 日本人自ら~ (7, 0.1%)

1 が励声一番, が国宝, が解決, の平和的事業, はなほ更徹底的, も新, 言うところ

▼ 日本人だの~ (6, 0.1%)

2 アメリカ人だ, 外国人だ, 米国人だの

▼ 日本人のみ~ (6, 0.1%)

1 さらに相, でシナ, で大胆, ならず世界, ならず世界中, ならず例

▼ 日本人~ (6, 0.1%)

1 からも多く, が一人, に関する限り, は居留民会役員, は盛, は私

▼ 日本人全部~ (6, 0.1%)

2 に歌 1 の中, の低, の血液, を誘っ

▼ 日本人~ (6, 0.1%)

1 がみんなソヴェト労働者, なんぞ一人, の旅券, の経験, はトビ口, をあっち

▼ 日本人だったら~ (5, 0.1%)

1 あんなヘマ, この酒盛, 例えば長谷部先生, 僕は, 大人は

▼ 日本人って~ (5, 0.1%)

3 奴は 1 のは, 議論が

▼ 日本人であっ~ (5, 0.1%)

1 てけっして, てもなく, ても日光, て米, て近代人

▼ 日本人などの~ (5, 0.1%)

1 もっともだ, 全然無, 病室と, 盡力で, 考へられない處

▼ 日本人のみが~ (5, 0.1%)

1 人類に, 特にその, 独り世界に, 知る政治, 神様の

▼ 日本人以上~ (5, 0.1%)

1 である, であると, に大, に日本語, に粋

▼ 日本人倶楽部~ (5, 0.1%)

1 で聞いた, に少憩, に現われた, に話し, まででき

▼ 日本人専門~ (5, 0.1%)

1 に商売, のハーバーライト, のボーイ, の女たち, の案内人

▼ 日本人~ (5, 0.1%)

2 のよう 1 が出され, の名産地, や日本服

▼ 日本人殊に~ (5, 0.1%)

1 文壇の, 無教養, 男が, 知識層の, 西洋人相手の

▼ 日本人独得~ (5, 0.1%)

1 な緻密, の力強い, の生活観, の発達, の直観力

▼ 日本人留学生~ (5, 0.1%)

1 が多数, と共通, によって鬘, によつて鬘, の中心

▼ 日本人~ (5, 0.1%)

1 といふもの, と歐羅巴人種, の使っ, は見上げた, を劣弱

▼ 日本人すべて~ (4, 0.0%)

1 がはじめて, が持っ, の, の理想

▼ 日本人~ (4, 0.0%)

1 きまって, こんなところ, のは, 大体他人の

▼ 日本人としても~ (4, 0.0%)

1 とくに鼻, 世界人としても, 立派な, 背の

▼ 日本人とや~ (4, 0.0%)

3 申さん外国人 1 申さん外國人とや

▼ 日本人なんか~ (4, 0.0%)

2 相手に 1 そう怖く, 日本人じゃ

▼ 日本人に対し~ (4, 0.0%)

1 もしも日本政府, 好感情, 寛大に, 最も間違った

▼ 日本人に対しては~ (4, 0.0%)

2 自由に 1 特別の, 非常な

▼ 日本人よりは~ (4, 0.0%)

1 すぐれた意志, 多分遅く, 恰好の, 毛唐の

▼ 日本人~ (4, 0.0%)

1 が丁度そんなに, しからぬこと, はへん, は山の手組

▼ 日本人らし~ (4, 0.0%)

1 さだ, さとは私, さに, さによ

▼ 日本人らしく~ (4, 0.0%)

1 偽称した, 多少気概, 曽我貞一と, 行動せよ

▼ 日本人らしくない~ (4, 0.0%)

1 ことだ, のであった, 無神経な, 髪の毛を

▼ 日本人以外~ (4, 0.0%)

1 の人, の国民, の外国人, はほとんど

▼ 日本人全般~ (4, 0.0%)

1 に通用, の思想, も利己, をこの

▼ 日本人労働者~ (4, 0.0%)

1 が着々, と朝鮮人労働者, の運命, も学生

▼ 日本人本来~ (4, 0.0%)

1 の因果モノ性, の特質, の考へ, の非常

▼ 日本人くらい~ (3, 0.0%)

1 その点, であったならば, 象徴という

▼ 日本人ことに~ (3, 0.0%)

1 日本の, 町人の, 知識階級の

▼ 日本人~ (3, 0.0%)

2 やない 1

▼ 日本人であります~ (3, 0.0%)

1 から出来る, がその, ぞ

▼ 日本人であろう~ (3, 0.0%)

1 という意, ととにかく, と印度人

▼ 日本人でなく~ (3, 0.0%)

1 ては持合せ, とも少し, なつて

▼ 日本人とを~ (3, 0.0%)

1 問わず禁止, 愛する事, 愛する奥さん

▼ 日本人ならぬ~ (3, 0.0%)

2 ものと 1 者の

▼ 日本人にたいする~ (3, 0.0%)

1 好印象, 裏切りに, 言葉も

▼ 日本人にて~ (3, 0.0%)

1 入獄せる, 自身は, 調へ

▼ 日本人にとっても~ (3, 0.0%)

1 むずかしく彼, 不便かね, 外人を

▼ 日本人にのみ~ (3, 0.0%)

1 接して, 見られる現象, 言われる言葉

▼ 日本人にゃ~ (3, 0.0%)

1 分からんもん, 思いも, 珍しい肚

▼ 日本人によ~ (3, 0.0%)

1 つてのみ, つて創られた, つて爲さる

▼ 日本人みずから~ (3, 0.0%)

1 が過去, のうち, の文化

▼ 日本人を通じて~ (3, 0.0%)

1 それが, 当時日本大使館内に, 日本民族に対する

▼ 日本人クラブ宛~ (3, 0.0%)

1 か或は, で来る, に出し

▼ 日本人コロニイ~ (3, 0.0%)

1 といふ目新しい, に一種独特, を背景

▼ 日本人~ (3, 0.0%)

1 女ガ六十餘年, 改造執行機關ヲ, 植民地ニ非

▼ 日本人パウロ~ (3, 0.0%)

1 にあずけ, は説教, 及び右

▼ 日本人一人~ (3, 0.0%)

1 だと, の十倍, をつれ

▼ 日本人二人~ (3, 0.0%)

1 が燭台, も一緒, をつれ

▼ 日本人~ (3, 0.0%)

1 に感覚, の芸術的表現力, の順良さ

▼ 日本人朝鮮人~ (3, 0.0%)

1 のこと, は勿論, も皆揚州

▼ 日本人~ (3, 0.0%)

1 に外国語, に解釈, の手工的方法

▼ 日本人相手~ (3, 0.0%)

1 のホール, の店, の料理屋

▼ 日本人総体~ (3, 0.0%)

2 の精神分析 1 の集合意識

▼ 日本人~ (3, 0.0%)

1 でないため, になっ, に演出

▼ 日本人ある~ (2, 0.0%)

1 のみだ, を知らざる

▼ 日本人からは~ (2, 0.0%)

1 永遠に, 西洋人の

▼ 日本人くさい~ (2, 0.0%)

1 のに, 感じが

▼ 日本人ぐらい~ (2, 0.0%)

1 いわゆる風景, 口で

▼ 日本人ぐらゐ笑~ (2, 0.0%)

1 ひの, ふ国民

▼ 日本人その~ (2, 0.0%)

1 一人は, 中でも

▼ 日本人そのもの~ (2, 0.0%)

1 が非常, はといえ

▼ 日本人だけに~ (2, 0.0%)

1 特有な, 着物で

▼ 日本人だけを~ (2, 0.0%)

1 死なさずに, 聴衆に

▼ 日本人であるなら~ (2, 0.0%)

1 ば明治政府, 僕らの

▼ 日本人でし~ (2, 0.0%)

2 ゅよ

▼ 日本人でなくなる~ (2, 0.0%)

1 と思つて, のです

▼ 日本人といふだけの~ (2, 0.0%)

1 理由で, 資格で

▼ 日本人とが~ (2, 0.0%)

1 事こ, 同じ文化

▼ 日本人とで~ (2, 0.0%)

1 建造され, 自然に対する

▼ 日本人とでは~ (2, 0.0%)

1 同じ女, 箸の

▼ 日本人など~ (2, 0.0%)

1 初めての, 扱う

▼ 日本人などに~ (2, 0.0%)

1 それが, 如何し

▼ 日本人などは~ (2, 0.0%)

1 寄りつきも, 街を

▼ 日本人などより~ (2, 0.0%)

1 觀れ, 遙かに

▼ 日本人なみ~ (2, 0.0%)

1 の惚気, の習慣以外

▼ 日本人なり~ (2, 0.0%)

1 支那人なりが, 無為に

▼ 日本人においては~ (2, 0.0%)

1 これまで, その生命財産

▼ 日本人においても~ (2, 0.0%)

1 また抽象的論理的能力, 敵味方共に

▼ 日本人ばかりの~ (2, 0.0%)

1 やうだ, ようだ

▼ 日本人への~ (2, 0.0%)

1 反感と, 反感を

▼ 日本人までが~ (2, 0.0%)

1 さう云, ライラックや

▼ 日本人みんな~ (2, 0.0%)

1 がもつ, に責任

▼ 日本人~ (2, 0.0%)

1 わが, 満足する

▼ 日本人らしき~ (2, 0.0%)

1 人のみ, 心の

▼ 日本人をも~ (2, 0.0%)

2 拒けて

▼ 日本人ナカナカキツイ~ (2, 0.0%)

2 あります刀

▼ 日本人ベルシヨール~ (2, 0.0%)

1 とを復活祭, と共に説教

▼ 日本人~ (2, 0.0%)

1 であつ, にちいさい

▼ 日本人仲間~ (2, 0.0%)

1 からも嫌われ, は皆

▼ 日本人信徒~ (2, 0.0%)

1 が斬首, の中

▼ 日本人信者~ (2, 0.0%)

1 で改宗, のみならず

▼ 日本人~ (2, 0.0%)

1 満ルイス笹田を, 満山本

▼ 日本人入満~ (2, 0.0%)

1 ガスパル定, シモン

▼ 日本人労働者排斥運動~ (2, 0.0%)

1 が起こり, に非常

▼ 日本人~ (2, 0.0%)

1 の最大多数, の調節

▼ 日本人古来~ (2, 0.0%)

2 の遺伝性

▼ 日本人合作~ (2, 0.0%)

2 の大詰

▼ 日本人~ (2, 0.0%)

1 樣な, 樣潔癖で

▼ 日本人墓地~ (2, 0.0%)

1 に五尺, の中

▼ 日本人~ (2, 0.0%)

2 部分の

▼ 日本人夫婦~ (2, 0.0%)

1 がもう, が住ん

▼ 日本人官憲~ (2, 0.0%)

1 の収奪, の混乱

▼ 日本人居留民~ (2, 0.0%)

2 にそのまま

▼ 日本人或は~ (2, 0.0%)

1 その他の, 日本の

▼ 日本人教師~ (2, 0.0%)

1 がこの, を配属

▼ 日本人民全体~ (2, 0.0%)

1 が決して, の運命

▼ 日本人獨特~ (2, 0.0%)

1 な考へ方, の考

▼ 日本人男女~ (2, 0.0%)

1 の云ふところ, は幾十万人

▼ 日本人画家~ (2, 0.0%)

1 としてパリ, の運命

▼ 日本人~ (2, 0.0%)

1 優れて, 科学的精神を

▼ 日本人~ (2, 0.0%)

1 は心外, は芸者

▼ 日本人總體~ (2, 0.0%)

2 の精神分析

▼ 日本人~ (2, 0.0%)

1 からが, 體が

▼ 日本人自体~ (2, 0.0%)

1 が概して, である

▼ 日本人~ (2, 0.0%)

1 で, といふの

▼ 日本人~ (2, 0.0%)

1 りだと, りでなく西洋人

▼ 日本人青年ベルシヨール~ (2, 0.0%)

1 も同伴, をつれ

▼1* [343件]

日本人あすは仏蘭西人, 日本人あたしもこれ, 日本人あやまりて其舟, 日本人あらば日本國, 日本人ありという, 日本人あるいは世界人とにかく, 日本人いれることなりまし, 日本人およそ七八十名一同相会し, 日本人および日本国内勢力に, 日本人お互いに今, 日本人からも同樣, 日本人がといふ風に, 日本人がとてみずむ, 日本人ぎらいの名がたつ, 日本人くらゐ痰, 日本人ぐらゐ他人の気分, 日本人ぐらゐ物をやつ, 日本人こそ真に徹底的, 日本人ことに都会人, 日本人これに次ぐ, 日本人さえいた, 日本人しか使わない麦味噌, 日本人ぶんで, 日本人じみたことを, 日本人じゃろうか, 日本人すくないですね, 日本人すら来る, 日本人そのままに今, 日本人そもそも洋服の, 日本人それぞれがそれぞれ, 日本人ア量見, 日本人たしかに日本人だ, 日本人たち七八人を誘っ, 日本人たら甘い時, 日本人たらしむるものは日本人的なる, 日本人たり武士道の, 日本人たる者は天子様, 日本人だけしか通って, 日本人だけでも欧羅巴人と, 日本人だったならいざ知らず, 日本人だつてある, 日本人だつたらどんなに嫌, 日本人つていふもの, 日本人つてやつは楽しい, 日本人つて云つたつていいん, 日本人つまり個人として, 日本人でありたければありたい, 日本人でありまして, 日本人であれ英国人であれ, 日本人でこてちゃん, 日本人でござるといっ, 日本人でさえ本文を, 日本人でしかありえなくなる, 日本人でしたがどこ, 日本人でしょうオホホそれなら, 日本人というも栄養不良の, 日本人とか何とかいう, 日本人としか思われないの, 日本人とて暗い部屋, 日本人とても例外では, 日本人とに多少名前, 日本人とにては人種体質も, 日本人とに関する関心と, 日本人と共に暮した後, 日本人なおここに, 日本人なぜ子供か, 日本人なぞ足許にも, 日本人なぞには見むき, 日本人なぞの姿を, 日本人などが真似られない, 日本人などと比べ物には, 日本人などには逢わないだろうと, 日本人などを冷かして, 日本人ならではと思はれる, 日本人なら云わずともすぐ, 日本人なら捨てるがいい, 日本人なら笑うだろうと思う, 日本人なら聞かしてもいい, 日本人なりといって, 日本人なりという定義と, 日本人なりの答を, 日本人なんかがイクラ想像した, 日本人なんぞは例えば家主, 日本人において一人として, 日本人にさえあまり交際, 日本人にたいして彼らは, 日本人にたいしても同じでなく, 日本人にだけしか行われない道, 日本人について云われる皮肉, 日本人についての観察であった, 日本人についても言えること, 日本人にでもよく見受ける, 日本人にとってだけでなく世界全体, 日本人にとりまして興味ある, 日本人にはかういふところ, 日本人にはとつては, 日本人にばかり特にかつ, 日本人にものいひたげなる末, 日本人にやとてもああ, 日本人による朝鮮人教育が, 日本人に対すると同じ態度, 日本人に関する記事という, 日本人のぶざまさは舞台, 日本人のぼたんや, 日本人のみの手で, 日本人のみやびやかな寛衣を, 日本人はとわれわれは, 日本人はやくくたばれ, 日本人ばかりで成立って, 日本人ばかりやいうけれど, 日本人まだ死なぬか, 日本人みずからそれを明, 日本人にっこり笑っ, 日本人めずらしく伯爵夫人の, 日本人めづらしく伯爵夫人, 日本人よりもずつとがさがさし, 日本人らしい間に合わせ主義を, 日本人らしくたたかって死のう, 日本人らしくない云い表わし方だ, 日本人らしく思われようとする, 日本人らしく死にましょうよ, 日本人らしく笑って死のう, 日本人らしく見せない整型学醜い, 日本人ゐまするか, 日本人イスパニヤ言イマスイスパニヤハ果物タイヘンオイシイデス唄モナカナカ面白イデスオ婆サンモ若イ娘サンモ, 日本人イルマン・ベルシヨールをつれ, 日本人イルマン三人を置いた, 日本人イルマン中の傑物ダミヤン, 日本人シナ人百余人の入船者, 日本人スパイがはいりこんだ, 日本人タチバナ氏の方, 日本人タル權利ニ於テ其ノ生長ト共ニ參政權, 日本人ダラシが無く, 日本人トシテノ自由ヲ對鮮策, 日本人トシ日本人タル權利ニ於テ其ノ生長ト共ニ參政權, 日本人トハ米國内ノ白人ト黒人トノ如キ人種的差別アル者ニ, 日本人ト同一ナル參政權ヲ得, 日本人ト同一ナル國民權ヲ取得スベキ時期ニ達セザル者ト雖モ, 日本人ト同一ナル生活權利ノ各, 日本人ト大差ナキ民族タル理由ニヨリテ日本國民タル國民權ヲ最初ニ且ツ完全ニ賦與セラルルヲ明カニスル者ナリ, 日本人ト略等シキ程度ニアル者ニ對シテハ取得ト同時ニ此ノ改造組織, 日本人ト語ルトキノ彼等ノ公語タラシメザルベカラズ, 日本人ナルカト思イタレドモ後ニ至リテ彼等ハ日本人ニハ, 日本人ニコラス・スクナガ・ケイアンいづれも, 日本人ニハ非ザルモノノ如キコト判明セリ, 日本人ノウチデ宗教家トシテハ内村鑑三氏芸術家トシテハ岡倉天心氏教育家トシテハ井上哲次郎氏以上三氏ノ他, 日本人最モ復讐, 日本人ハ摸傚ニ長ズ發明思索ハ長ズル所ニ非ズト謂ハシムルニ至ル, 日本人ハ武術ヲ修練スルノ国民ナリ, 日本人ハ綿密ニ神経質ニ大事ヲ取, 日本人フガ氏に向っ, 日本人ホテルで随分, 日本人ヤジローその弟, 日本人ヤソ会士三人その他日本人信者十七人が京都, 日本人ロレンソコスモなどを伴っ, 日本人夫ニ持ツ佛蘭西婦人, 日本人一億人ありと, 日本人一同大喜びこんなに, 日本人一名を買収, 日本人一変せば, 日本人一流の宣伝方法, 日本人一流長生きの法, 日本人一部分の愚, 日本人三上重四郎なるもの, 日本人三人がむやみ, 日本人三十余名を船中, 日本人三名各々法衣, 日本人三浦須美吉という者, 日本人上下一般に用, 日本人上古専ら水, 日本人中唯数人に過ぎない, 日本人中船室を同じく, 日本人中野が市場, 日本人主催の航海経験, 日本人二世の間, 日本人二名あり, 日本人五人麦畑を縫い, 日本人五名を捕, 日本人以上支那人は金, 日本人以下同じ, 日本人会長として公私, 日本人伝統の気風, 日本人伴天連シスト・トクウンは長崎, 日本人位正確な知識, 日本人住居録が若し, 日本人かしやしない, 日本人信徒パウロ三木をはじめ, 日本人信者一人のポルトガル人, 日本人信者十七人が京都, 日本人個人としてどういう, 日本人元来の素質中, 日本人八千万の耳目, 日本人八千何百万人の中, 日本人八名あり, 日本人六人ポルトガル人六人であった, 日本人共同墓地に二葉亭四迷, 日本人冥加に, 日本人剛情でしゅ, 日本人医師が多分, 日本人千人以上寄留して, 日本人ひアイヌ, 日本人可哀想な彼等, 日本人各々の持つ, 日本人各自の生活, 日本人同士英語での珍問答, 日本人同士言葉がわからなく, 日本人同志そう一つところへ集っ, 日本人同様になり, 日本人同様ツケアガルことは日本人以上, 日本人同車に三人男, 日本人名前の方, 日本人商館が二人組, 日本人四五名で市街, 日本人四名を捕虜, 日本人として天下, 日本人多数を占め, 日本人大使に送り, 日本人大多数の処世, 日本人大工たちが腕拱, 日本人大衆の中, 日本人太刀川のこと, 日本人嫌悪におとし入れた, 日本人学校に赴き, 日本人学生の成績, 日本人学童が公立中小学校, 日本人南人みんなち, 日本人官吏のすべて, 日本人はたった, 日本人富岡鉄斎は九十歳近く, 日本人小学校で教える, 日本人少なくとも東洋人以外の, 日本人尽くがさうである, 日本人居留民会会長河井松之助満鉄代理店日, 日本人居留者に国家的掩護, 日本人山田の洞, 日本人山田左門先生の地図, 日本人市民がその, 日本人国海岸に, 日本人形劇であります, 日本人彼折竹を俟, 日本人志士は支那志士, 日本人るべしとの, 日本人悉くが九州, 日本人意識というもの, 日本人扱いをした, 日本人批判を最近, 日本人折竹のみに生還, 日本人拒絶のため, 日本人指揮者によって指揮, 日本人捕虜収容所のボス, 日本人排拒は豪州, 日本人排斥が起っ, 日本人探偵が間抜け, 日本人描くところの, 日本人支那人のよう, 日本人支那人等の区別, 日本人支配人尾島氏の許容, 日本人放れのした, 日本人わからぬせゐか, 日本人教会はどこ, 日本人教化の実際, 日本人教授が私, 日本人教授達が公共教育, 日本人旅館に宿, 日本人日常の触, 日本人日本における支那文字, 日本人時代から私, 日本人望みの如く物, 日本人本木昌造の名, 日本人東洋人というもの, 日本人根性をおびえさせ, 日本人するもの続出, 日本人民すべてに人間らしい, 日本人気質をも疑, 日本人洋服をきる, 日本人漁夫の三浦須美吉, 日本人特にこの未曾有, 日本人特異の単純化, 日本人独特固有の趣味, 日本人生来の風流心, 日本人生糸商人ずるい, 日本人画家原田直次郎を見出した, 日本人画家国吉氏の作品, 日本人異体の知れない, 日本人なんて, 日本人的スタイルで強引, 日本人的代表なさ, 日本人的完成ともいふべき, 日本人的思索が十分加味, 日本人的性格や肉体的劣勢, 日本人的素質を脱却, 日本人相互の間, 日本人相寄つて心許りの, 日本人相渡候儀無益との事, 日本人礼讃のすべて, 日本人神父セバスチャン木村で死ぬ, 日本人移民の間, 日本人移民それらの移民, 日本人移民労働者としてのチャーリー, 日本人精神として掴み, 日本人純粋の古い, 日本人紡績会社に罷業, 日本人絞るやうな, 日本人絹業の興隆, 日本人総出で出迎え, 日本人の日常生活, 日本人習いに来ました, 日本人老来の伝統趣味, 日本人老若男女ともにこれ, 日本人自ら内部の空虚, 日本人自ら金を出し, 日本人自力の力, 日本人さで, 日本人英語が出来かかっ, 日本人菊五郎はくふうを隠す, 日本人蚫獵を做, 日本人血統の解説, 日本人行くべからずとなった, 日本人行ってもいい, 日本人をきかせ, 日本人記者で水戸宗一, 日本人記者二名が陪観, 日本人をみる, 日本人贔屓の人, 日本人贔負であった, 日本人趣味と西洋人, 日本人のバラック, 日本人農夫の襤褸, 日本人農家はこの, 日本人通有の特徴, 日本人過ぎるのを, 日本人避難者を乘, 日本人部落から一人二人, 日本人重役の二名, 日本人錬成の理想, 日本人間学になるべき, 日本人関矢一郎のひきいる, 日本人青年ダミヤン近江坂本の出身, 日本人青年間にも過激, 日本人類似の服裝, 日本人高田兼吉の家, 日本人かな, 日本人に山内嵒氏