青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「手足~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

手当~ ~手拭 手拭~ 手柄~ ~手段 手段~ ~手紙 手紙~ 手術~ ~手足
手足~
手首~ 才~ ~才能 才能~ 打~ ~打たれ 打たれ~ ~打たれた ~打ち 打ち~

「手足~」 2772, 27ppm, 4365位

▼ 手足~ (1119, 40.4%)

28 のばして 27 動かして 24 伸ばして 18 しばられて 16 洗って 15 ばたばたさせ 13 縛って 12 伸して 10 しばられさるぐつわ, ばた, 縛られて 9 縮めて 8 しばって 7 もがいて, 動かすこと 6 しばりさるぐつわ, 延ばして 5 じたばたさせ, ちぢめて, ばたばたと, ばたばたやっ, 投げ出して 4 して, もがきながら, バタバタさせ, 伸ばした, 出して, 動かした, 厳重に, 洗った, 縛され, 縛し 3 くくられて, だらりと, ばたばたやつ, ばらばらに, ぶるぶると, バタバタやっ, 働かせて, 動かしたり, 色どりて, 震わせながら

2 [71件] うごかして, くくって, ぐるぐるまき, しばられたうえ, しばる, とられて, なめて, のばしたが, のばしたって, のばしたり, のばしました, のび, はやめて, ばたばたうごかし, ひろげたまま, ひろげて, ふり, もがくと, もがれて, グルグルまき, ダラリと, バタ, バタバタさせた, バタバタさせる, バタバタやり, ヒクヒクさせる, ブルブルふるわせ, 伸ばしたいの, 伸ばしたり, 伸ばしながら, 伸ばすの, 伸ばすも, 使って, 動し, 圧伏せぬ, 太い縄, 宙に, 延して, 延ばした, 張って, 托して, 投げだした, 投げだしたまま, 投げだして, 投出し大, 折るか, 押えて, 拭いて, 持って, 振って, 捉り, 描くには, 放って, 殆ん, 残して, 洗うて, 洗ったり, 洗つてゐた, 洗ひ, 石鹸の, 空に, 突張りながら, 縛せし, 縛られたも, 縮めつ, 縮め海老, 荒縄で, 見ると, 触れると, 負傷する, 鎖で

1 [656件 抜粋] あがいて, あげて, あたためるだけ, あらい物, あらって, いくらつぎ, いそがしくうごかし, いたはれ口, いっぱいに, いましめられて, いろいろと, ううんと, うごかし時に, うーんと, おっぺしおってゆく, お洗, お温め, かがめて, かける凹みを, かためて, かっ浚われて, かわるがわるうごかし, きれいに, くじいたの, くるくるっと, ぐるぐると, ぐるぐる巻き, ぐッたりと, ことごとく浴衣, こわばらせ息, ごらんに, さすって, さすらせたり, さすらせること, さよう, した何, しば, しばった子ども, しばられた小ばやしくん, しばられた小林くん, しばられた正一君, しばりました, しばりベッド, しばり口, しばり外, しばり押入れの, しばり猿ぐつわ, し灰色, すくめて, すくめる様, すすめた, すぼめ曳船, そそぎ刀, そのままに, そろえて, そろそろと, ぞんぶんに, たたいて, たちまちぐるぐるまき, たとえ蘇生, だらんとのばし, ち, ちぎろうと, ちぢめ恐れ, ちぢめ胸, ちょこまか動かし, つかまえられて, つぎ合わせ, つぎ合わせる, つけると, つければ, つねって, つねられるよう, できるだけ縮め, とって, とつて, どうにかし, どこかで, ながめて, なげ出して, にゅっと伸し, のたうち断末魔, のばしたよう, のばした途端, のばしながら, のばしよく, のばしわれ, のばし深く, のばし眠れた朝, のばすつもり, のばすの, のばすべきこと, のびのびと, のびのび投げ, のべて, ばたばたさして苦痛, ばたばたさせた, ばたばたさせられる, ばたばたやった, ばたばたやりました, ばたばたやる, ひきつるよう, ひっかかれて, ひつかく, ひろげた鳥追い, びくびく動かし, ぴくぴくさせ, ぴくぴく引き攣らせる, ぴんぴんさせた, ふいて, ふみのばして, ふりまわして, ふり払わなくては, ふるわせた, ふるわせたんで, ふるわせながら, ふれて, ぶる, ぶるっと, ぶるぶるふるわせ, ぶるぶるぶる, まめまめしく働かし, まるめて, みろ, むごいほど, むざむざちょん, むしって, めちやくち, めったむしょうに, もいで, もがかせる, もがきやう, もがき出しながら, もがき苦しみ, もがれたよう, もがれた人々, もがれても, もぎ取って, もぎ取られるの, もぎ口, もって, もてあまして, やけにばたばたさせる, ゆすりながら, ゆわえて, ようやく落ち着かせる, よちよちさせ, わなわなさして見, わなわな震わした, わんざらくっさらさし, ギゴツチなく, グルグル巻き, ジツと, チクチクと, バタつかせ, バタつかせた, バタバタさし, バタバタさして泣き叫んだ, バタバタし, バタバタふり, バタバタやる, バタバタ力一杯に, バタバタ顫, バラバラに, バラバラにも, ヒクヒクさせ, ピンピン振り動かし, ブラ下げ, ポキポキと, リズムに, 一つずつ, 一つに, 一時バラバラ, 一本ぐらい, 一本一本引き裂く, 乱暴に, 事細かに, 伸した後, 伸すこと, 伸すと, 伸すといふ, 伸すところ, 伸せば, 伸せる, 伸ばさうと, 伸ばさせないといふ, 伸ばしたくなるの, 伸ばしたなんて, 伸ばした序, 伸ばした気分, 伸ばした気持, 伸ばし俯伏せ, 伸ばし打, 伸ばし胸, 伸ばすこれ, 伸ばすと, 伸ばす為, 伸ばす隙, 伸び伸びさしてぐっすり寝込ん, 伸び伸びと, 伸べて, 使うはず, 使うよう, 使役し, 傷つけて, 傷つけられるか, 働かさなければ, 働かして, 働かすこと, 働かすたび, 働かす元気, 働かせた跡, 働かせても, 働かせるだけ, 八重十文字に, 公衆の, 其の大木, 出した太郎, 出来るだけ, 切った, 切りとられある, 切り五体, 切り離されてる文句, 切るよう, 刎ね, 別々に, 前に, 剪り, 割いて, 割きて, 加えたものの, 労した, 労し額, 動かさうとも, 動かさずに, 動かさずには, 動かさなければ, 動かさねば, 動かしそれ, 動かしたが, 動かしたので, 動かしだした, 動かしてるらしい, 動かしはじめた, 動かしました, 動かし始めた, 動かし寝言, 動かし技術, 動かし顔, 動かす, 動かすうち, 動かすかと, 動かすとか, 動かすの, 動かすもの, 動かす事, 動かす形, 動かす物, 動かす芸, 動かせて, 動かそうと, 動かそうとも, 取りあって, 取りはずして, 叩きますので, 喰い千, 器械的に, 四方から, 地面に, 垂らして, 垂れさ, 夜通し自分, 大いにばたばたと, 大地へ, 失い顔中やけど, 奪って, 好い心持, 寄せて, 小学生の, 少しぐらい, 少し人間らしく, 左右に, 巻いて, 幹に, 底に, 延した, 延ばしたの, 延ばす余地, 延ばせるよう, 延べた, 引ちぎっ, 引っくくって, 引っ叩け, 引っ込めて, 張つて平, 張り縋った, 強張らせ, 彼に, 思う様, 思ふさま, 恐がらずに, 恣に, 悶い, 惜しげも, 惜し気, 意の, 慄わして, 憐む事を, 截しめた, 截ちて, 截り, 手繰り寄せられて, 打たれ刑場, 打っての, 投げかけ合った, 投げだしたり, 投げ出したと, 投げ出したり, 折つて薦に, 折られでも, 折るよう, 抛りだしたままグッタリ, 押えい, 押えても, 押えようと, 押えられたまま, 押込んで, 拡げて, 拭い下駄, 拭ひ, 持つた大, 持つて, 指して, 挫かれた, 振った, 振りながら, 振りまわして, 振りまわすの, 振り動かした, 振り廻すこと, 振舞い蚯蚓, 捕えた, 捩ぎとろうとする, 掉つてお, 掛けて, 措くところ, 揉上げ, 描いて, 撫でて, 擦り, 擦り切らしても, 支えて, 斬られて, 斬りさんざん, 斬り取る仕事, 普通に, 暖めさせた, 暖める爲, 暗がりの, 更に一人, 材木を, 板子へ, 棒の, 検めると, 横たえた, 機械的に, 止めて, 残らずたたき切ってよ, 氷の, 汚して, 没義道にも, 泳がさせては, 泳がせた, 洗いそれから, 洗い悠々, 洗い最後, 洗い清めそのまま, 洗い着替え, 洗い髪に, 洗うと, 洗うほどに, 洗う水音, 洗えと, 洗えば, 洗つてくださいました, 洗つてやる, 洗つて上へ, 洗つて寝床に, 洗つて寢亂れた, 洗つて香川を, 洗ふ, 洗ふこ, 洗ふと, 洗わせる, 洗わせ着物, 洗出した, 浮かして, 浮べた, 海月の, 温めながら, 濡らした手拭, 炙るべく炎々, 炬燵の, 無理に, 焼焦がし, 燒け, 片方ずつ, 特別な, 犇, 生れたばかりの, 用うる, 甲羅の, 畳の, 疲らして, 痙攣させた, 痙攣させだした, 痛いほど, 目茶苦茶に, 相手の, 眼の, 砂原に, 砕かれる者, 移殖し, 穢い蒲團, 突っ張るよう, 突張らか, 突張り, 突浸し, 端々から, 筏から, 精いっぱいに, 組み立てて, 綺麗だ, 縛せり, 縛せん, 縛つた細引は, 縛つて拷問に, 縛つて真綿にでも, 縛められてを, 縛られこの, 縛られその, 縛られてる上, 縛られるの, 縛られるもの, 縛られ猿ぐつわ, 縛られ猿轡, 縛られ痲痺, 縛りつけたの, 縛りてなりと, 縛りてなりとも, 縛り地上, 縛る不可思議, 縦横ムジンに, 縮こめ, 縮めちゃいましたよ, 縮めてぞ, 縮められるだけ, 縮め紛, 縮め込んで, 纏えど, 義手義足と, 義手義足に, 考へて, 自分の, 舞わして, 蒲団に, 藻掻く, 蛙の, 蝦の, 蟻が, 覆つて, 見まわすと, 見るとき, 見出したの, 見廻した, 見廻すと, 親から, 解いて, 解放された, 誇りあい談笑, 赤くし, 踊らせて, 踏みのばして, 踏ん張り背中, 躍らして, 躍るよう, 透かして, 遠慮がちに, 釘で, 長椅子に, 隈の, 集めて, 震わした, 震わしどう, 震わせて, 静としては, 飛ばして, 食う章魚, 髪の毛一す, 鰭の

▼ 手足~ (449, 16.2%)

15 ように 8 先まで, 指を 7 先が, 爪を 6 指の, 泥を, 自由を 5 縄を 4 指が, 関節が 3 やうに, ような, 不自由な, 先に, 力が, 延ばされぬ事, 爪まで

2 [33件] あがきも, うまさ, しなやかな, やうな, 下背中の, 中に, 働きで, 先にまで, 先は, 力も, 力を, 動きも, 動きを, 垢づい, 大さ, 如くに, 恰好も, 指先まで, 方が, 爪とを, 爪の, 疲れるも, 皮が, 筋は, 筋肉が, 自由が, 運動も, 運動を, 鎖を, 長い人, 関節を, 頑丈な, 骨を

1 [286件] あがきが, ある人形, ある廉平, ある胴, いくつかを, いましめは, うえを, おく所, かじかみも, かちかちした, かわりに, かわりを, きかぬ祖父さん, きゃしゃな, きれいな, ぎごちない, くるひ, ことを, こなしである, こなしは, こわれた人形, ごとき身体, ごとく使いました, ごとく使い日本人, ごとく使われて, ごとく兵, ごとく動くよう, ごとく奇兵, ごとく速やか, さきが, さきには, さきの, さきは, さきまで, しびれが, しびれる程, しんなりと, すらりと, する仕事, その武士, ために, ため蠅男の, ちぎれた人形, どこかを, ないよう, ない人々, ない俺, ない女, ない歯, のんびりした, ひっつり飛び出した, ひりひり痛む, ふしぶし, ふるえるの, ほかは, ほね, まがるところ, まだ痛む, みじめさと, ギプス型が, ソレと, ヌツと, 一本ぐらい, 一部である, 一部分に, 一部分にな, 丈夫な, 三つに, 上げおろし, 上に, 上へ, 不完全な, 不自由は, 丸々し, 乱れを, 亀手も, 二本や, 五人分も, 代わりに, 位置を, 傷口を, 働きから, 働きが, 優しいの, 先から, 先き, 先ばかりが, 先猶, 具ある, 冷たいこと, 凍たるも, 出た玉, 出来るの, 利かないお, 創痕だの, 力とか, 力の, 力弛ましむ, 労を, 労働に, 労働においては, 労働にのみ, 労働による, 動かしやう, 動かし方, 動かせない場合, 動かないこと, 動かぬを, 動きで, 動きとを, 動く人形, 動作で, 動作によって, 区別なく, 太い女たち, 太い英吉利女, 太った, 如くうごかし治, 如く使ひ, 如く動かすの, 如く動く土工, 如く然, 如く自由, 如く違う者, 姿勢を, 嫌なく, 子だ, 寒いの, 寸法が, 小さい小柄, 尖にまで, 届くだけの, 形も, 急所々, 急所を, 急所急所を, 怪我を, 感覺が, 態度を, 打身は, 投げ出された方向, 折れるまで, 指か, 指から, 指などは, 指に, 指は, 指まで, 指頭を, 挙止が, 掛りも, 接觸ばかり, 措くところ, 措く所, 揃うすら, 支える蚊帳, 数ヶ所から, 方々を, 方で, 方は, 方へは, 曲ったの, 末端は, 枝が, 柔かいのに, 柔かさ肌, 柔軟さを, 根元を, 樣子や, 機微な, 欠けた人形, 水腫に, 汚くなる, 汚れを, 泥など, 泥などを, 泥や, 泥着物の, 満足な, 無數, 爪だ, 爪で, 爪に, 爪は, 爪先まで, 爪切り清掃耳掃除按摩など, 生えた人間, 生えた化け物, 生えた漫画, 生爪を, 疵の, 病気重い, 痺れが, 痺れるの, 痺れるよう, 瘡を, 発育が, 発育の, 白いところ, 皮と, 皮の, 皮を, 皮膚も, 皹が, 相は, 眞黒な, 真黒な, 真黒に, 知覚さえ, 知覚も, 短いよう, 短かい, 砂を, 硬直し, 硬直譫言, 神である, 神経の, 神經と, 科した三個, 筋が, 筋の, 筋肉に, 筋肉を, 筋骨いやに, 節々が, 節々の, 節々も, 節々一時に, 紅色で, 細そりした, 細りたゆ, 細引きを, 細部の, 綱を, 綺麗な, 緊縛を, 繃帯を, 繊く, 纖く, 置き場にも, 者な, 肉から, 肉が, 肉付けに, 肉体を, 肥った赤児, 腫起んだ, 自由に, 自由の, 芽生が, 芽生たちが, 荒れ肩幅, 華奢な, 萎えた状態, 萎えた老人, 血も, 血を, 血痕を, 表情だ, 触るる場所, 言うこと, 負傷心の, 跡に, 跡形の, 運動神経のみ, 道具が, 鎖は, 長いこと, 長い爪, 長く伸びた, 長さ, 間接の, 関節から, 関節などは, 関節や, 附け根, 露出した, 顫え, 顫える, 骨かと, 骨が, 骨で, 骨とが, 骨まで, 魚です, 鰭で

▼ 手足~ (303, 10.9%)

4 バラバラに, 生えて, 痺れて 3 いうこと, しびれて, わなわなと, 利かなくなって, 思うよう, 急に, 華奢で

2 [17件] すこし長い, できて, ばらばらに, もげて, やせて, 不自然な, 不自由な, 八本も, 冷えると, 慄え, 最もうまく, 痙攣し, 痩せて, 細れば, 震えた, 震えて, 黒いしみ

1 [236件] あかじみた石太郎, あったから, あった時, ある, あるの, あるよう, あるん, いちじるしく短い, いやに, うごいて, かじかむ程, かろい誰, か細くて, きいて, きかないと, きかなくなり凍え死, きゃしゃに, きりきりと, くつろぐの, くるまれ目, ぐんにゃりとぶらさがった, けだるくなっ, こまかく動きだしやがっ, これに, ござります, しぜん, しびれたよう, しびれときどきふっと, しびれるよう, しびれ体が, すくんで, すこしずつ, すこしでも, すこやかに, そして身体中, そのまま食料, それに, そろって, だるうて, だるくて, だるく漫画, ちぢむよう, ちゃんとつなげる, ちゃんと揃っ, ちょうど裸体, ちりちり痛み, ついたと, ついて, つめたくなり, つるつる滑る, とどきませんでした, とび散って, とんで, ない, ないと, なおれば, なかった, なくなった後, なくなって, のびのびと, のびる, はなれそれから, はり肉, ばらばら, ばらばらと, ひとりでに躍り出し, ひどく真っ黒, ひりひりし, びくびく震えだした, ぴくぴく動い, ふいと, ふらふらし, ふるえだすこと, ふるえて, ぶる, ぶるぶるふるへた, また自分, まだ頬, まるで唐草模様, まるで鉄, みなひきつった, みんなほ, むくん, むずむずし始め, よくきかなくなっ, よくきかなくなりました, よく冷え, よく肥り込ん, わななくの, ガタガタふるえ, ゴミクタの, チクチク刺される, ビクリビクリと, ビリビリと, ピタリと, ブルブルと, ブルブル動き出す, ブルブル動く, ロウで, 一本多, 不叶い, 不安定で, 不自由だろう, 今までにも, 伸ばせる筈, 伸びて, 伸び縮みし, 何かに, 働かぬ時, 八つあります, 再び動きはじめ, 冷えきって, 冷えて, 冷えてね, 冷えへん, 冷える, 冷えるの, 冷える冷えると, 冷たいくせ, 冷たくかじかん, 冷たくて, 冷上らない, 凍えるほど, 凍りつくやう, 出て, 出来たの, 利かず, 利かずたちまち, 利かないから, 利かないて, 利かなかったから, 利かなくては, 利かなくなること, 動かせるか, 動かせるの, 動かぬよう, 動くこと, 動くばたばた, 動くやう, 動くよう, 動作する, 十分活発に, 千切れる, 厭であった, 取りとめも, 可愛い蝋細工, 可憐に, 図抜けて, 大層伸び, 太くて, 子供さながら, 宙に, 小さいので, 小さくて, 少し見える, 岩磐の, 干から, 平野を, 延ばせるという, 引き締まるよう, 引裂かれて, 彼女の, 徐々に力, 悪寒に, 懈く熱っ, 戦えて, 抜けるよう, 擦り剥けて, 敏活に, 断れる, 棒の, 欠けて, 水の, 氷の, 汗ばんで, 法外に, 泛び次郎は, 浮腫みその, 渦を, 湯立った, 漸次麻, 火の, 無い, 無くて, 生えたとでも, 生えつつ, 生え顔, 生きて, 生傷だらけに, 生前の, 疲れて, 痛んだり, 痺れそのまま, 痺れるぐらいの, 痺れるぐらゐのうちは, 皆先づ蘇我氏の, 皹だらけ, 着いてるところ, 短いという, 穴の, 突張って, 突張り, 竦むよう, 竹ぼっ, 細くて, 細くなった, 細長いと, 緊縛され, 縁に, 脱落し, 腐って, 自由に, 若い杉, 草の, 荒れて, 裂けて, 見えた, 見えなくなったとき, 身振りや, 転がって, 軽く熱, 透き通るやう, 這うとる音, 邪魔に, 鉄の, 長いと, 長くて, 震えだした, 震え眼, 顫え, 顫へて, 馴れきった仕事, 鬱金染めの, 鰭でない, 麻痺した, 黒ん坊の

▼ 手足~ (177, 6.4%)

3 感覚を, 枯木の 2 だるく眼, 冷えて, 古木の, 少し荒れ, 痛いまでに, 硬ばっ, 糸の, 職人に, 自由に, 見えず

1 [151件] あら縄で, あれて, いくら不死身, いつか尾鰭に, いつの間にか小さく, いつももじもじと, いま恐怖の, がっちりし, きかないが, きずだらけ, ぐるぐるまき, ことごとく木彫り, さながら深山, しびれきって, じっとし, すくみ頭, そのまま動けなくなりました, その動かされた, それが, たっしゃでつよい, だらんとさがっ, つかれきって, つりあいが, どこに, はなれて, ひどく冷, ふたたびぶるぶる震え, ふるえお, ふるえ出した, ぶる, まだピクピク, まったく感覚, まるで鉛, みな黒く, みるみる冷, もう冷たく, もぎれて, もしこれ, もちろん骨, もちろん髪, やせて, やせ細り皮膚, ゆがみ夜, よくその, よく均衡, ガタガタと, ブルブルと, 一見し, 中年の, 人の, 人形師の, 人間の, 今にも知覚, 伸して, 何に, 僕に, 全体に, 六十近い, 冷えきつて無感覚, 冷えたろうと, 冷たかつた, 冷たくなり, 凍えて, 凍って, 凍りかけて, 切りとって, 利かず耳, 利かず講談, 利かなかった, 動いて, 動かず声, 勝手気儘な, 四本しか, 土蜘蛛の, 垢と, 垢黒み衣裳は, 埃だらけにな, 多可子が, 夜着を, 大人なみに, 女か, 妙ちきりんに, 寒さ, 尋常であった, 少しも, 尺取虫の, 山の, 引締って, 強くなり, 必要な, 思ひの, 急速に, 折れまがり腹, 揃えられた, 改めて何十倍何百倍, 日ごとに, 日に, 時候のせゐ, 最早枯れかかっ, 松の, 枝の, 棒の, 椅子車に, 死との, 死んで, 殆ど全く死人, 油汗を, 泥だらけに, 泥に, 泥んこどこかに, 海松の, 火の, 無事らしかった, 無論有る, 生けるもの, 痛みませんか, 痩せ細り眼鏡, 痩せ細り腰, 痺れパトラッシュの, 痺れ目は, 痺れ眼も, 癲癇の, 発条の, 直ぐ皸, 真黒に, 硬ばり, 稍長く, 粗大である, 経之, 綾羅に, 翠花楼の, 肌に, 自分の, 芋殻の, 荒れて, 蜘蛛の, 血だらけに, 血に, 軽く動い, 鎖に, 震慄せり, 順序よく動き出す, 頭脳の, 顔に, 顫え, 餓鬼の, 饅頭の, 骨ばかりに, 鳥の, 鷹の, 麻痺れる

▼ 手足~ (157, 5.7%)

4 胴も, 顔も 2 いやに, 全き, 動かされなくなって, 妙に, 節くれ立ち, 細く薄肉, 華奢で, 頭も, 首も

1 [131件] あったから, あるん, あれじゃあ, うごけず口, かさかさと, きずだらけ, くずれるそう, ぐったりで, ぐるぐるまき, こごえ, こごへ, こんなに固く, しなやかに, しびれずちょこなんと, しまって, じりじり痩せ, すくんで, すっかり火焔, すりへ, すんなり伸び, それこそ, ちぎれちぎれに, ちぢめて, ちぢめ隙間風, ない奇妙, ない年, なかった, なく俤, なく服, のびのびと, ばらばらに, ひどく荒れ, ふっくらし, ぶるぶるふるえ, まつかな, もうろうと, もぎとられたかたち, よく洗つて, ろくに洗わない, わが夫, キミ子の, プリッと, 丈夫さうで, 並々ならず筋張っ, 中途で, 亀手一歩も, 人なみはずれ, 人尋常より, 伸ばせる, 傷だらけで, 先端に, 共に皮膚, 冷たくなり, 分らないまんま, 利かない彼, 利かなくなつちやつて錢, 利まじ, 動かせぬよう, 動かせるよう, 動かなくなると, 動かなくなるまで, 動かぬよう, 動かぬ病人, 動くん, 口も, 叶わぬと, 同じ白, 同然家臣の, 土の, 垢じみ, 垢と, 太く殊に, 始めて, 完全に, 小さく仇, 弱くなり, 徒労に, 微動も, 心も, 旅垢に, 暖かに, 暖まり頭輕, 松の木の, 正面に, 歳の市で, 残して, 毛だらけの, 気懈, 氷の, 泥まみれに, 洗って, 洗わずに, 浄めて, 海辺に, 満足に, 無事じゃ, 無事ぢや, 無細工, 男らしく使ひな, 痺れる腰, 真黒く日, 硬直し, 確と, 稲光を, 紅斑, 細く私, 綺麗に, 縛られて, 縛るばかり, 縮められるだけ, 繃帯の, 胴体も, 胸元も, 脂が, 脹れ痛む鬼薊, 腹も, 自由に, 自由には, 薄っぺらで, 血だらけに, 衣も, 身体中も, 逞しかった, 露わ, 青葉の, 頭目も, 顏も, 顔の, 骨格の, 黄色く脹, 黒く汚れ

▼ 手足~ (144, 5.2%)

4 力を 3 して, なって 2 五寸釘を, 巻いた繃帯, 水掻きの, 痙攣が, 負傷し

1 [124件] あかぎれ, いくらか水気, いっぱい霜やけ, うす黒いえ, うるさいけれど, お島, かうやくを, かかって, からませて, からまるもの, からみ付いて, からむよう, からむ味方, くい入るなわの, くらべて, ここから, さわられたり, したり, すっかり塗っ, すつかり塗, そのぬれた, それと, だらりと, ちからを, ついた細い, つけて, できた瘍, とりすがりながら, なったか, なったの, なったもの, なるよう, にせの, ぬくもりが, はめ四, ひきずられて, ひっかき傷, ひびあかぎれをきらし, ふれて, まつはる, まといついて, まるで力, もう動かず, タジロギが, ムクミが, ワナワナと, 七カ所胸に, 不足を, 二三カ所の, 二三ヶ所ある, 付いた血, 似たもの, 何か, 先祖の, 刺戟を, 刺激を, 力が, 取りすがつて泣き, 取りついて, 取り懸かりて, 取着き這, 受けた聖傷, 号令し, 吸盤を, 土を, 報告する, 塗りこくっ, 大した汚れ, 宿って, 少し擦過傷, 少し火, 巻きついて, 巻き固めたくなるの, 幾ヵ所の, 幾所か, 張って, 弾力が, 当るよう, 心を, 心好, 心持よく, 怪我を, 感覚の, 懸つて, 搦んで, 攀縁す, 斑, 旅装いを, 最後の, 比べると, 水の, 汚れた薄, 油を, 火傷の, 爪が, 環を, 生血が, 痙攣らしい, 皸が, 監視が, 紐を, 組みついて, 絡い, 絡まる電線, 絡み着くよう, 絡んで, 纏い又は, 纏うて, 纏わる, 至る迄, 與へる, 蚊が, 血が, 血飛沫を, 觸れる, 負傷した, 通う血管, 遊ばして, 過ぎないし, 降りかかったので, 青い痣, 髯ぼうぼう, 鱗を, 麻痺した

▼ 手足~ (51, 1.8%)

12 なって 3 なつて

1 [36件] いい筋, いわずズタズタ, いわず服装, いわず着衣, であった, なりて, なる門弟, のどは, ばらばらに, ぼろぼろに, クビを, チラッと, 予の, 刀を, 分れて, 同じほど, 心得べしとは, 思って, 恃む旗本どもに, 疑り深い, 知識とを, 胴体が, 胸の, 能力との, 腹筋の, 荷物と, 薄赤い, 触角を, 言わずズタズタ, 頭とに, 顏の, 顏を, 顔と, 顔や, 顔を, 馬と

▼ 手足~ (38, 1.4%)

2 絶対者に, 顔の

1 [34件] 二つ以上ある, 五体の, 内臓が, 唇や, 壜漬けに, 姿態の, 小さい才覚, 尻を, 心の, 服の, 毛脛にも, 眼鼻が, 着物を, 瞼が, 肋の, 胴は, 胴を, 胴中や, 胴体が, 胴体など, 胴体に, 胴体を, 胸は, 言葉が, 身体つきを, 身体には, 道具などを, 頭や, 頭を, 顔が, 顔に, 首や, 首を, 髪の

▼ 手足まとい~ (17, 0.6%)

5 になる 2 の登山客 1 となっ, とならない, な門人共, になっ, にならぬ, になりすぎる, にはなっ, のミツ子, の家族ども, の幼少者

▼ 手足~ (16, 0.6%)

1 [16件] あの危険, うまくちょうし, かじりつきそうして, じいと, すらりと, それを, ガリガリ引掻き, バタバタはねる, 二つ蜻蛉が, 拍子を, 掻き廻して, 枝を, 登り駆けるかの, 空を, 自分を, 茶碗を

▼ 手足から~ (15, 0.5%)

2 感覚が, 血を, 顔まで 1 乳の, 先に, 垢だらけ, 滴り落ちる汗, 組立てられて, 血が, 頸根っこまで, 首へ, 鮮血を

▼ 手足にも~ (13, 0.5%)

2 血の

1 [11件] それらしい, むくみが, もじゃもじゃと, 利目が, 力が, 最早何ん, 焼けどを, 肩先にも, 血の気といふ, 頬の, 骨折が

▼ 手足まで~ (10, 0.4%)

1 すっかり包ん, すっかり泥まみれ, たっしやに, ぶるぶると, むごたらしくもぎとられた, 固くなった, 弱々しい感じ, 揃って, 煤を, 赫くし

▼ 手足には~ (9, 0.3%)

1 ちやんと, ならずとも, ピリン疹を, 極度の, 毛が, 毛生い繁り, 玉の, 蜘蛛の, 鉛が

▼ 手足~ (9, 0.3%)

2 打撲傷だらけで 1 一面に, 伝わり出した, 循環致す, 登るよう, 茨や, 貼ッ, 附けて

▼ 手足だけ~ (5, 0.2%)

1 であるが, では, で左, 人間以上の, 出したり

▼ 手足とを~ (5, 0.2%)

1 ネクタイの, 働かせて, 失っては, 縮こめ, 除く外

▼ 手足であり~ (4, 0.1%)

1 わが顔, 一体の, 杖であった, 眼であり

▼ 手足など~ (4, 0.1%)

1 ありて, お洗ぎ, だが, 蚊細

▼ 手足ばかり~ (4, 0.1%)

1 でなく背, 動かすの, 口ばかりの, 震わせて

▼ 手足~ (4, 0.1%)

2 措クニ処ナシ 1 作リテ而モ健康ノ, 動カシ器具ニ依頼シ散歩遠足ヲ

▼ 手足その~ (3, 0.1%)

1 全体が, 手や, 時怖

▼ 手足たる~ (3, 0.1%)

1 ことも, 玄徳を, 身分柄を以て

▼ 手足~ (3, 0.1%)

1 し時に, つて叩き売る, よ

▼ 手足だけを~ (3, 0.1%)

1 そとに, のこすばかりと, 急がして

▼ 手足である~ (3, 0.1%)

1 ことに, ことを, 処の

▼ 手足では~ (3, 0.1%)

1 あるけれども, 到底その, 百姓仕事を

▼ 手足とは~ (3, 0.1%)

1 備わりながら, 別の, 殆ど人の

▼ 手足などが~ (3, 0.1%)

1 でて, 折れたり, 肌に

▼ 手足などに~ (3, 0.1%)

1 塗ること, 毒々しく紫色, 注意が

▼ 手足のな~ (3, 0.1%)

3 わを

▼ 手足をば~ (3, 0.1%)

1 ことごとく露, たんと大きく, ちゃばちゃさしていた

▼ 手足をも~ (3, 0.1%)

1 具へ, 切り命, 食って

▼ 手足一面~ (3, 0.1%)

1 にイボ, に塗つて, に疣

▼ 手足纏い~ (3, 0.1%)

1 がすく, になる, を同船

▼ 手足~ (3, 0.1%)

3 はせのぼりゆく

▼ 手足さえ~ (2, 0.1%)

1 伸ばせば, 判明し兼ねる

▼ 手足たらしむべき~ (2, 0.1%)

2 のみ

▼ 手足だって~ (2, 0.1%)

1 チャント物を, 自分の

▼ 手足でも~ (2, 0.1%)

1 あれば, 揉みましょうと

▼ 手足として~ (2, 0.1%)

1 使う能力, 活動すべき

▼ 手足などの~ (2, 0.1%)

1 ことに, 繊細な

▼ 手足なども~ (2, 0.1%)

1 まるみと艶, 今の

▼ 手足なら~ (2, 0.1%)

1 ば即ち, 胴体なら

▼ 手足なんぞは~ (2, 0.1%)

2 荒れて

▼ 手足一つ~ (2, 0.1%)

2 動かす事

▼ 手足~ (2, 0.1%)

1 に同じく, のご

▼ 手足~ (2, 0.1%)

1 わが怪しき, 鉄腕力想うべし

▼ 手足~ (2, 0.1%)

1 に附着, 最もこれ

▼ 手足~ (2, 0.1%)

1 にならぬ, ひとなつ

▼ 手足胴体~ (2, 0.1%)

1 は人間, 触れば

▼1* [144件]

手足あくまで肥へて, 手足あるものとしての, 手足縛らえてたふう, 手足ぃ縛らへてた, 手足引捩いで, 手足いしばらえてたふだ, 手足いたるところ無数の, 手足いとほしや, 手足うごくに拾, 手足顏かに, 手足からは血汐が, 手足ががくりと, 手足がもじゃも, 手足こそ縛られて, 手足この老年が, 手足さえも截った, 手足さびいく, 手足しびれてすくみたる, 手足すくみてそのまま, 手足そうして躯の, 手足その他へは神経, 手足その他全身が繃帯, 手足そろったわら人形が, 手足だけが綺麗だった, 手足だけとなって, 手足だけに切り離された夢, 手足だったが城内, 手足だったらしく一向に感じない, 手足だろうが胴体, 手足ちんちくりんで頭, 手足とかにまじないを, 手足とが逆光線を, 手足とがったくちばしそういう, 手足との疵はさほどの, 手足どうしたおきやがりこぼし, 手足ないのでおきやがりこぼし, 手足なお断つべしいわんや, 手足なきを号, 手足なく口ばかり, 手足なぞはほんとに細かっ, 手足なぞを拭かせたが, 手足などには少しも, 手足なりとなし之, 手足なるらん, 手足について来るだろうと, 手足のばして眠っ, 手足のみずかき, 手足のみを器械的に, 手足はしもやけで, 手足ばかりが無暗に, 手足ばかりを眺めながら, 手足ひとしく輕く敏し, 手足ひとつ動かさないで, 手足ひやひや体をふるわす, 手足ひろげて白熊, 手足とひ, 手足までには及ばず, 手足までは出来なかつたが, 手足までも奪って, 手足まといだぐらいに考えた, 手足まる顔の, 手足まるで女の, 手足みたいなもの, 手足みな毛おひ, 手足もがけど歩まれぬ, 手足もとより同然である, 手足やを拭いた, 手足よりもおまへたち, 手足らしい部分が, 手足わななきてえ殺せたまはず, 手足をもがもがさして, 手足をもがもがやりはじめから, 手足をもがもがと黒髪を, 手足似タリ, 手足位置ガ考エラレタ, 手足モヒヘ草, 手足一杯にはり切っ, 手足一癖あり気, 手足惜躯命, 手足不自由な秋蠅, 手足両目ありて, 手足に準じ, 手足五官を具備, 手足人頭は元, 手足伐られるようだ, 手足伸ばして一夜, 手足伸ばせば, 手足働かさず思いに, 手足きは, 手足全体の姿, 手足凍え助り, 手足凍て枯木の, 手足無く其兵, 手足動かす朱海胆海胆の, 手足動きて茲, 手足十分に伸び申さず, 手足ず一人, 手足及び脅に, 手足呆けたよう, 手足四ツの両面四手, 手足四本とも義手義足, 手足四本これによって両面四手, 手足えられて, 手足多少の不自由, 手足にし, 手足小さく背スラリ, 手足心息まったく一つ, 手足思ひのま, 手足ける王, 手足抜けるように, 手足既に完うし, 手足服飾などに, 手足正常な骨骼, 手足殿たちの身体, 手足毛髪などのどこかしら, 手足満足なの, 手足異常に腫れ, 手足に悩む, 手足白痴のやう, 手足相対すること, 手足絶えず小さな舌, 手足綺麗な爪, 手足がかった青い, 手足纏いであろうがわし, 手足肋骨の一本一本, 手足肌胸などを実は, 手足など血, 手足胴体チリチリバラバラ, 手足胸腹を口吻, 手足胼胝して, 手足腹胸首背中全身はれあがつて, 手足自ずから動き遂に, 手足を異に, 手足赤硝子よりさらに, 手足の裏, 手足身體總ての處, 手足の欠損, 手足長き人だ, 手足長く侏儒と, 手足關節などを念入り, 手足しい頬, 手足のところどころ, 手足食物とビール, 手足飽くまで肥えて