青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「日本~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~日 日~ ~日々 日々~ ~日光 日光~ 日向~ 日常~ 日曜~ ~日本
日本~
~日本人 日本人~ 日本橋~ ~日本語 日本語~ ~日記 日記~ 日間~ 日頃~ ~旦那

「日本~」 49177, 509ppm, 191位

▼ 日本~ (18594, 37.8%)

119 女の 88 社会の 77 ために 74 ように 65 文化の 62 文学の 51 ような 50 国の 49 女は 46 人民の, 民主化の 42 すべての 40 文学は 39 歴史の 38 ことを, 今日の 37 婦人は, 歴史を, 眼 36 女が 35 人民は, 文化を 34 国を, 文化は, 社会は 33 女を, 女性の, 文学が 31 婦人の, 民衆の 30 現在の 27 国に 26 作家の, 歴史に 25 国は, 歴史は, 社会が 24 人民が, 婦人が, 学者は, 文学に, 昔の, 過去の 23 政府は, 現代の 22 多くの 21 やうに, 人は, 作家は, 土を, 文化に, 社会と, 神 20 女性は, 詩の 19 子供は, 文化が, 男の 18 家庭の, 民主化が 17 女性が, 姿を, 政府が, 新劇は, 方で, 社会を 16 中に, 政治の, 文壇は, 民主化と 15 作家が, 全人民, 土地に, 学者の, 家庭, 方が, 歌の, 民主化を, 現実の, 社会に

14 [12件] 事を, 兵隊が, 古代の, 姿, 家の, 文壇の, 新聞は, 歌を, 民主主義の, 民衆は, 芝居の, 農村の

13 やうな, 国が, 或る, 政治は

12 [13件] どこにも, 人々の, 女に, 教育は, 文壇に, 文学を, 歴史が, 民主化は, 民衆が, 特産で, 現状に, 生活の, 芸術の

11 [18件] もので, 人が, 今の, 国土に, 国家の, 土に, 大衆の, 姿が, 小説を, 文明は, 文明を, 新劇が, 民主革命の, 民族生活の, 現実を, 真の, 着物を, 資本主義の

10 [26件] ものに, ものは, インテリゲンツィアの, 人々が, 他の, 代表的な, 作家に, 兵隊は, 国へ, 国民は, 在来の, 学問の, 将来は, 文壇では, 権力が, 武士の, 治安維持法は, 演劇の, 特殊な, 現実は, 男は, 石器時代の, 社会では, 自然の, 言葉で, 話を

9 [28件] わたしたちは, 一つの, 事情に, 伝統の, 労働者は, 女と, 学界の, 学者が, 従来の, 探偵小説は, 数学は, 文化と, 文学者の, 新らしい, 春の, 民主化という, 法律は, 現代文学の, 知識階級の, 科学の, 空を, 芝居は, 警察は, 軍艦が, 農村は, 運命を, 青年の, 青年は

8 [41件] ことばを, ためにも, どこかで, プロレタリア文学の, ラジオの, 人に, 仏教は, 俳優が, 古典を, 国では, 国も, 国土を, 土地の, 土地を, 婦人作家の, 子供に, 山の, 戦争は, 政治を, 文壇には, 文壇を, 文学と, 文学者が, 文明に, 文明の, 新劇の, 新聞に, 映画は, 本当の, 民主的な, 現代劇は, 現代文学は, 知識人の, 習慣の, 詩に, 読者に, 資本主義が, 資本主義は, 近代の, 近代文学の, 音楽を

7 [57件] いまの, これまでの, どこかに, 一部の, 事情を, 人々は, 人民生活の, 伝統を, 伝統的な, 俳優は, 北の, 国内に, 国土の, 土の, 外に, 大多数, 大学の, 天皇は, 女には, 姿は, 娘が, 子供の, 家屋が, 封建的な, 小説に, 所謂, 政治が, 文化といふ, 文学者は, 文明が, 新聞の, 方へ, 普通の, 権力は, 歌が, 歴史において, 民主主義文学の, 民主化に, 現実に, 現状を, 生活が, 田舎の, 画家が, 知性の, 社会で, 社会生活の, 科学は, 芝居と, 芸術は, 若い女性, 言葉が, 言葉の, 詩は, 詩壇に, 読者の, 金に, 開化は

6 [76件] ことが, ことで, ことは, ことも, ためには, ものを, キモノを, ナンセンス文学は, ブルジョア, プロレタリア文学運動が, 中でも, 事が, 事情は, 人口の, 人口は, 伝統に, 劇作家が, 劇壇に, 古典の, 国と, 国には, 国体を, 国力が, 国家は, 国情に, 國に, 地に, 大衆は, 女で, 女も, 女性, 婦人に, 婦人作家は, 子供が, 家屋の, 家庭は, 宿屋は, 封建の, 小説は, 少年の, 支那学の, 政府の, 文化や, 文壇が, 文学における, 文学には, 文章は, 新聞が, 最初の, 有名な, 東京の, 民族の, 民衆を, 法律に, 洋画の, 演劇は, 物は, 現状から, 生活を, 男が, 男子は, 知性は, 経済の, 美の, 習慣に, 芝居が, 芝居を, 誇りと, 読者にも, 軍隊が, 農業を, 近海に, 進歩的な, 陶器を, 風土に, 飛行機が

5 [122件] きょうの, すがた, その時代, それとは, ひとは, まじめな, ものだ, ものと, トーキーが, ファシズムと, ブルジョア文学の, プロレタリア文学は, プロレタリア文学運動の, ラジオは, 一般の, 一般的な, 上代の, 世界に, 主権は, 人の, 人民に, 人民にとって, 人民戦線の, 伝統は, 伝統的小説の, 住民が, 侵略戦争が, 俳優の, 僧侶の, 内地で, 内地に, 再建は, 前途は, 医学は, 図書館は, 国で, 国体の, 国民が, 國の, 土地が, 夏の, 女として, 女性に, 娘の, 婦人たちは, 婦人と, 婦人も, 婦人作家が, 学生が, 家は, 将来の, 小説の, 幽霊の, 建設の, 当時の, 支那学が, 政治家は, 政治家や, 数学の, 文化, 文化人の, 文字は, 文芸の, 新劇を, 新聞にも, 方に, 方は, 方を, 旧来の, 最近の, 本を, 民族が, 民衆という, 気候に, 法律では, 活字は, 海の, 海岸を, 海軍が, 演劇が, 演劇に, 独立と, 現代文学が, 現状は, 生活に, 男に, 男女の, 画壇の, 留学生の, 知識人は, 社会における, 社会にも, 神を, 神道の, 科学が, 科学者は, 立場を, 精神の, 精神は, 精神を, 自然と, 自然を, 舞台に, 芸術に, 芸術を, 芸術家が, 言葉は, 言葉も, 言葉を, 詩人は, 誉, 読者は, 軍人が, 軍人は, 軍部は, 軍隊は, 農民は, 金で, 青年が, 音楽の, 音楽は, 飛行機は

4 [184件] それを, どこに, なかで, わたしたちが, わたしたちの, インテリゲンチャの, インテリゲンツィアは, ファシズムの, プロレタリア, メーデーの, メーデーは, 一人の, 亭主は, 人心を, 人民を, 人民戦線は, 人民的な, 働く婦人, 共産党は, 兵士が, 再建に, 前途を, 劇作家は, 労働者の, 勝利を, 化物は, 北方の, 半封建, 半封建的, 原産では, 古代には, 古墳と, 古来の, 古美術, 古語を, 各地に, 各地方, 哲學の, 国事探偵である, 国体に, 国体は, 国家に, 国語の, 國が, 國は, 國を, 地を, 外務省の, 多数の, 大学が, 大衆が, 大部分, 天皇と, 天皇の, 天皇制の, 女, 女である, 女としては, 女らしさ, 女性にも, 女房は, 婦人こそ, 婦人たちが, 婦女と, 子供には, 存在を, 学問は, 学者達は, 學者の, 宗教が, 官僚は, 家庭が, 家族制度の, 将校は, 小説が, 庶民の, 建築が, 当局は, 役人の, 思想の, 恋人, 悲劇を, 憲法は, 探偵小説界は, 支配権力は, 敗北を, 教育が, 教育に, 教育を, 文化人が, 文壇も, 文士の, 文学, 文学では, 文学者として, 文章が, 料理屋へ, 新しい演劇, 新しい領土, 新劇も, 新憲法, 旅館は, 昔は, 最後の, 杉の, 村, 東京に, 権力の, 権力を, 歌, 歌だ, 武士道の, 歴史と, 歴史には, 歴史上に, 民主主義を, 民族生活に, 民法が, 民衆に, 気候は, 治安維持法の, 法律が, 法律の, 海は, 海岸に, 演劇を, 潜水艦が, 為に, 状態では, 状態は, 現代劇に, 現代文学を, 現在に, 現状では, 男と, 眞の, 社会から, 社会には, 社会全体が, 社会的な, 神代の, 神道に, 秋, 空に, 空気の, 笛の, 紳士が, 美しさ, 美術は, 美術を, 肖像畫の, 臣民は, 自然は, 船が, 船を, 芸術家の, 若い人々, 若い女, 若い精神, 行動を, 詩が, 詩を, 詩壇は, 諸地, 警察が, 軍部が, 軍部の, 運動が, 運命は, 過去に, 都会の, 重要な, 野蛮な, 金の, 陶器に関する, 陸軍が, 青年たちは, 青年としての, 音楽が, 領土と, 風俗と, 風俗の, 風俗を, 風土と

3 [401件] あらゆる芸事, ある種, いろいろな, お寺の, お金に, ことだ, ことである, ことばに, こんに, それと, それの, それは, ため, ための, ためを, どこかへ, どこの, ほかの, ものが, ものの, ものも, わたしたちにとって, インテリゲンチャは, インテリゲンツィアが, クリは, シュロは, ヒューマニズムの, ファシズムが, ファシズムは, ブルジョアジーは, プリマドンナの, プロレタリアの, ラジオ, ラジオが, 一流の, 三大, 上に, 上を, 上代を, 世論を, 中から, 中で, 中世の, 中央の, 中流以上の, 主権者の, 事で, 五月の, 人では, 人口を, 人間は, 今日でも, 仏教と, 代数学は, 位置を, 作家である, 作家では, 作家と, 作家として, 使節が, 侍の, 侵略戦争の, 信仰には, 俳優に, 俳句が, 偉い人, 側に, 全国に, 全女性, 全社会, 全面積, 公衆は, 兵士の, 兵士は, 兵隊の, 内地の, 内部へ, 再軍備, 劇作家の, 劇壇は, 力を, 労働組合の, 労働者が, 勝と, 勝利は, 勢力が, 南の, 博物館の, 印象は, 古い時代, 古い書物, 古代からの, 古語の, 各地には, 名誉の, 哲学は, 商業を, 固有な, 国中に, 国中を, 国内で, 国土は, 国宝と, 国家が, 国民として, 国民に, 国語が, 國體の, 國體は, 土地で, 土地では, 地上に, 地方の, 地震は, 基督教は, 場合と, 場合は, 夏に, 夏は, 外交の, 外務省から, 夜の, 大勝利, 大学では, 大学でも, 大学に, 大学は, 大學, 大新聞, 天皇制, 女としての, 女よ, 女子が, 婦人で, 婦人には, 婦人を, 婦人作家, 婦女が, 子供と, 子供を, 学校で, 学界は, 学術が, 学術を, 學者が, 官僚, 官憲の, 宝の, 実情に, 家庭で, 家庭では, 家庭を, 宿屋に, 宿屋の, 封建性と, 将来を, 将校が, 将校を, 小猿め, 小説では, 小説家の, 少女の, 少年, 少年よ, 屋根の, 山には, 山は, 川の, 常識の, 幕府の, 平和と, 平和の, 幽霊は, 幽霊を, 建設を, 彫刻は, 役人は, 心の, 忠義の, 思想と, 思想や, 思想界に, 性格の, 恋愛は, 恥に, 悪口を, 悲劇の, 技術は, 探偵小説の, 探検隊は, 支配者が, 支配者の, 支配者は, 支配階級が, 政治や, 政治家に, 政治界の, 数学, 数学が, 数百万の, 文化人は, 文化史の, 文化史を, 文化情勢は, 文化的自由主義は, 文字が, 文字だ, 文学も, 文学や, 文学史に, 文学者たちが, 文明と, 文章に, 文章には, 文章の, 文芸は, 料理の, 料理を, 新しい芝居, 新劇界, 新聞や, 新聞紙の, 新聞記者が, 方には, 方の, 旅行家は, 映画が, 景色を, 書物で, 最も古い, 有様を, 本土は, 本州の, 本来の, 東北の, 東北地方の, 桜の, 植物の, 植物を, 様な, 様に, 歌は, 歌よみなら, 正月の, 武士は, 武士道は, 歴史から, 歴史で, 歴史では, 歴史上の, 母, 民主主義は, 民主的文化の, 民族生活は, 気候が, 水兵が, 江戸時代の, 汽船が, 汽車の, 治安維持法が, 洋画家の, 津々浦々にまで, 活字が, 活字の, 活字を, 浴衣を, 海軍は, 滅亡を, 為めに, 牛は, 物ばかり, 特色を, 状態を, 独特な, 現下の, 現代劇を, 現代文化といふ, 現代文化の, 現代文化は, 現代生活に, 現在は, 現実における, 現実について, 現状と, 理性の, 生活と, 生活感情の, 産業は, 男の子の, 男も, 町は, 画家の, 畑なら, 留学生は, 畳の, 百姓が, 皇室の, 目下の, 看護婦の, 着物の, 知性を, 知識人が, 破滅を, 社会そのものの, 社会主義者は, 社会発展の, 社會に, 神社の, 神話の, 神道が, 神道を, 私たちの, 私たちは, 秋の, 秋は, 秋を, 科学者の, 空の, 空気に, 米と, 米の, 經濟の, 經濟は, 經濟界は, 美と, 美を, 美術が, 習俗の, 習慣が, 聖母の, 自然, 自然が, 自然科学の, 船で, 芝居に, 花の, 芸能に, 芸術, 芸術では, 若い人, 若い作家, 若い女性たち, 茶の湯は, 衣服を, 裁判官は, 裁判権は, 見物は, 言葉に, 言語の, 記録では, 詩である, 詩として, 詩について, 詩や, 詩人や, 詩壇では, 詩歌には, 諸地方, 諸学者, 諸方に, 警察の, 象徴の, 軍人の, 軍国主義を, 軍艦に, 軍艦の, 軍艦も, 辞書の, 農村に, 農村を, 農業の, 農業精神とは, 農民の, 近代劇は, 近代文学における, 近代文学は, 近代社会の, 近海を, 選手は, 郵便切手を, 都市は, 酒は, 釣技, 陶器の, 陸地の, 陸軍では, 階級闘争の, 雪の, 青年である, 青年に, 音を, 顔を, 風呂の, 風景は, 風景よりも, 風景を, 風景及び, 飛行機では, 食物を, 馬の, 高等官吏である

2 [1154件 抜粋] ああいう, ある学者, いわゆる, おかめ, お伽噺には, お振袖, お米, ことであった, ことばで, この種, ごときは, それとの, ためだ, ちり鍋で, なかに, によく, は, は固い, ほうへ, ほかには, むかしの, ものである, わたしたちにとっては, アルファベットの, インテリゲンチアが, ウドンと, カフェーの, キリシタンの, シュロの, ディレンマ, トーキーの, パルナスは, ビールは, ファシズム権力が, ファンの, ブルジョアジーの, ブルジョア作家の, ブルジョア革命は, プリマドンナだ, プロレタリア作家の, プロレタリア文学運動を, モダン語, モースーメさんを, ラジオを, 一般人の, 一詩人の, 一部を, 上下の, 上流社会の, 世界における, 両親の, 中の, 中世的な, 中央政府は, 中産階級の, 主婦は, 事に, 事情や, 五十音は, 人たちが, 人と, 人民と, 人民戦線に, 人民生活は, 人達は, 人間では, 人間に, 今日までの, 仏像の, 仏教が, 代表者として, 伝統的小説が, 伝統的小説には, 伝説に, 何, 何処の, 作家から, 作家や, 作家達は, 作者は, 例に, 侵略を, 保守的な, 信仰は, 俳優では, 俳句の, 偉い人たち, 児童の, 全土を, 公学校教育を, 兵卒が, 兵隊だ, 其れ, 内地では, 内地は, 内閣は, 再起を, 出版物を, 出版界は, 切支丹は, 初期象徴詩家の, 利益に, 前途に, 劇壇を, 力が, 力は, 労働運動は, 勤労大衆を, 勲章は, 南極探検の, 南部の, 印刷術に, 反対の, 古い歌, 古い物語, 古い芝居, 古代文字の, 古典, 古典としての, 古典文学の, 古神道, 史学の, 各所に, 各種の, 名に, 名誉である, 君主は, 和歌や, 唯一の, 善良な, 固有信仰が, 国である, 国体と, 国内では, 国力は, 国土と, 国宝の, 国情では, 国是を, 国民も, 国民性に, 国民的性格, 国語に, 国防費は, 國会は, 國民性といふ, 土地にも, 地で, 地図が, 地震の, 基盤を, 場合では, 士官学校を, 外交史に, 外務省に関する, 大乗仏教を, 大使の, 大使館で, 大敗北, 大船と, 大衆文芸が, 大隈伯なり, 天皇について, 奔波は, 女だ, 女です, 女では, 女なら, 女の子は, 女優の, 女形, 女性も, 女性史の, 女流作家の, 如きは, 如き国, 姓名を, 娘は, 婦人たちの, 婦人よりも, 婦人雑誌は, 子供たちに, 子供ほど, 字だ, 学問と, 学校は, 学生は, 学者には, 學界に, 完全独立と, 官吏も, 官許教育方針を, 宴会は, 家という, 家屋には, 家庭という, 家庭には, 密教の, 富豪の, 対外的活動に対して, 封建時代の, 将来という, 将来について, 小説家では, 小説性格形成の, 小麦粉を, 少年である, 山と, 山を, 山水の, 島を, 島影を, 工業が, 左翼運動の, 帝国主義が, 帝室から, 干渉を, 年中行事に, 幼年ぞ, 庭, 建国を, 建設に, 建設者として, 当面する, 役人が, 御門と, 徳川時代の, 心に, 思想では, 思想上の, 思想界は, 思想運動にも, 怪談は, 情勢では, 態度の, 憲法という, 憲法を, 戦史は, 戦国時代にも, 手によ, 手紙が, 技術の, 探偵小説が, 支那学は, 放送事業は, 政府から, 政治に, 政治家たちは, 故地, 教育では, 数十万の, 数学には, 文人が, 文人は, 文化であり, 文化一般の, 文化日本の, 文化運動の, 文壇という, 文字を, 文学といふ, 文学に対して, 文学史の, 文学精神が, 文学者と, 文学者達が, 文學の, 文學を, 文明とを, 文法を, 文芸に, 文芸も, 料理は, 新しい婦人, 新しい文化, 新劇といふ, 新劇俳優諸君は, 新民主主義, 新聞も, 新聞記者も, 方々の, 方角に, 旅行家が, 旗が, 旧軍部, 明治以後の, 昔からの, 昔に, 映画に, 映画も, 映画製作の, 時代の, 書物の, 最も著名, 有様と, 服装は, 木板画, 本に, 本土に, 杜鵑と, 東京のみ, 果して憲法政治, 染物の, 栗の, 梨の, 植物では, 植物志すなわち, 権力者であった, 檜舞台で, 歌に, 歌舞伎が, 歌謡は, 正倉院, 武士たちは, 武威を, 歴史にも, 歴史はじまっ, 歴史家が, 歴史教科書は, 殖民地なり, 民主主義文学は, 民主化とともに, 民主的発展の, 民俗学の, 民族生活そのものを, 民族生活には, 民窯は, 民衆には, 気候と, 水泳選手が, 治この, 沿海を, 洋学の, 津々浦々で, 浅草よりも, 海を, 海軍軍人の, 漁船が, 演劇, 演劇も, 漢詩は, 為政者や, 無政府主義者, 燐寸の, 版画を, 物に, 特色である, 独立は, 猫だ, 王朝時代に, 現今の, 現代に, 現代は, 現代文学に, 現在には, 現在を, 現状が, 理性と, 理想顕現を, 生きて, 生活から, 生活は, 生花の, 田地は, 田舎を, 男を, 町の, 画家で, 留学生が, 皇室と, 皇室を, 目ざめ, 真相を, 真髄を, 着物が, 知識人たちは, 短歌の, 社会, 社会において, 社会情勢が, 社会生活と, 社會は, 神典を, 神話は, 神道では, 私の, 私小説は, 秋も, 科学論の, 稱徳天皇の, 空は, 第一, 精神そのものが, 紀元の, 純文学の, 紡績女工の, 紳士の, 紳士を, 経済を, 統一を, 絵画の, 絹の, 絹を, 經濟界が, 經濟界の, 総ての, 緑茶を, 繊維産業は, 羅貫中も, 美は, 美術の, 美術文学の, 美術雑誌通信でも, 習慣は, 者で, 胆ッ玉を, 能楽は, 自然である, 自然主義が, 自然主義は, 自然主義的な, 興行者の, 舟は, 船の, 船員礼儀を, 艦隊は, 良心と, 芝居では, 芝居ばかり, 花瓶の, 芸術家は, 若い婦人, 英雄の, 草花でも, 藝術家が, 衣物の, 見知らない多く, 解放運動の, 言語は, 記録は, 詩で, 詩と, 詩人たちは, 詩人を, 話では, 読者も, 講談には, 議会に, 豚の, 財界なんて, 資本主義社会の, 足どりに, 軍事探偵と, 軍人によ, 軍国主義の, 軍艦咸臨丸を, 軍部否出先軍部が, 農夫は, 農村では, 農業が, 農業精神は, 迂濶, 近世的な, 近代化が, 近代文学が, 近代文明が, 近海で, 進歩に, 進歩は, 進路を, 運命の, 過去を, 道徳は, 都會の, 醫學者も, 重大な, 金融資本の, 鎖国の, 開化に, 間から, 降伏に, 陶磁器の, 陸軍は, 雑誌に, 雪国には, 青春が, 非常の, 音楽と, 音楽も, 領土の, 風俗書きし, 風呂は, 風景と, 風流という, 風潮は, 風物人情を, 食物が, 首都東京の, 高山の, 鶏が

1 [9072件 抜粋] あいだの, あらゆる家庭, ある作家, いちごの, いわゆる竜宮入り話, うつし絵の, おとなしく地味, お嬢さんな, お爺さんだった, か, こく倉, ことや, この状態, ごとき立ち遅れた国, しきたりでは, そして東京, たまふりをも, つま物語り, どこが, どの街, に比すれ, はもつ, ひどさ, まじめで, めぼしい宝石, もの彼の, よく知られた, をみな, アンマにも, インテリゲンツィアには, エリット達は, カメラは, クグツすなわち, コキュー, サムライは, ジャーナリストとして, スパイ士官らしい, ツバキの, ナイヤガラとも, ハマボウに, ヒューマニズム論議が, ファッシストに, ブルジョアばかり, ブルジョア的政治家の, プロレタリアートも, プロ詩人よ, マッタホルンとも, ムツかしい, モースーメさんは, ラジオにとって, レベルと共に, ヴェルミセリ, 一作家として, 一大資源という, 一畝と, 一統におけるが, 一般詩壇では, 一里について, 三十年代には, 上代が, 上流階級の, 不平等, 世界制覇を, 両部神道という, 中世史に, 中心としての, 中部を, 主権者では, 九谷伊万里とも, 事などは, 事變の, 五人の, 交通巡査が, 人たちの, 人口増加の, 人民でない, 人民的文化の, 人道主義文学運動を, 今日に, 仏教学者より, 代表の, 仮名に, 会話では, 伝統的小説は, 位置と, 何百万人の, 作品としては, 作曲の, 使臣に, 侵略戰爭を, 保守勢力温存の, 俳優, 個人主義は, 健気に, 僧の, 元老連を, 光栄は, 全ての, 全社会生活, 公使館の, 六里半ほど, 兵卒らしい, 兵隊と, 内乱を, 再建される, 冷静な, 出版文化は, 出発という, 初めの, 刻み煙草の, 創設の, 劇壇映画界の, 労働大衆の, 勃興及び, 勝利に, 勤労女性は, 北半殊に, 医学生に, 十五円位の, 半分以上を, 南満州鉄道を, 印刷は, 原子力委員に, 友人, 叔母の, 古い服装, 古九谷古伊萬里系統, 古代文化への, 古典などの, 古典芸術に, 古文献, 古語は, 史学にとって, 各地から, 同志だ, 名家や, 名誉なり, 君臣道とは, 哀れむべき文化意識, 唐もろこしの, 商品を, 喜劇には, 四阿亭まで, 固有文化は, 国三角岳へ, 国内移住は, 国土に対する, 国家機構に, 国旗だけ, 国民学校六年の, 国粋ファシズムと, 国防力が, 國では, 國會政治を, 土が, 土藏造りの, 地位が, 地方色とも, 地震で, 堅実な, 塗膳と, 声で, 外へ, 外務省が, 大きなお, 大使館に, 大和魂を, 大學等, 大政翼賛會等は, 大衆とは, 大道楽, 天子は, 天皇制なる, 太平洋岸に, 奥中将に, 女によって, 女子を, 女性と, 女流作家だけを, 如く物資, 妻という, 姿とでも, 娘と, 婦人であり, 婦人作家である, 婦人服とを, 嫁姑の, 子供ら, 季感に, 学生にとっては, 学者たち二十七名が, 學生には, 宗教なる, 官僚であろう, 官学ギルドは, 実力と, 実権を, 客観情勢を, 害虫である, 家屋道路の, 家族主義を, 富士に, 対国際的文化統制計画に, 封建性を, 封建的社会の, 将来より, 尊いラマ, 小判を, 小粒だ, 小説家に, 少年たちの, 居留民が, 山で, 山椒魚は, 島々に, 巡査に, 工芸の, 市民一般の, 帝国主義による, 幕末維新の, 幸福かも, 床が, 庭園風の, 建築すら, 建設にあたって, 強味と, 彫刻史中で, 役所は, 御國燒, 復活再生という, 必勝を, 思想には, 性格東洋の, 恩義に, 悲劇日本の, 愚民も, 態度を, 憲法民法刑法その他の, 或時代, 戦法を, 所謂ヒューマニズムにとって, 扉が, 批評家では, 持つよ, 探偵作家, 探偵界と, 損と, 支配機構の, 改造統一に, 政党は, 政治, 政治実権者と, 政治的事情は, 政界を, 敗戦のみ, 教育と, 教育界に, 数学から, 文体に, 文化のね, 文化人文学者に, 文化政策が, 文化的あるいは, 文化運動には, 文壇的文化人が, 文学については, 文学思想哲学等が, 文学的諸, 文學と, 文明及び, 文禄四年で, 文芸を, 文藝も, 新しい出発, 新しい童話, 新劇俳優は, 新常識, 新緑が, 新聞口調に, 方から, 方言にも, 旋律が, 旧いおくれた, 旧態が, 明治にな, 明治文化の, 昔風な, 映画界に, 昨今の, 時局精神の, 智的な, 書では, 書肆の, 最近数十年に, 有様は, 朝露の, 末期的な, 本州ばかりで, 東の, 東洋に, 某名士, 栄誉を, 桜花は, 森林帶について, 植物分類学者の, 楓とが, 楽律を, 権力者たちは, 權力を, 歌舞伎劇にも, 正暦, 武士でござれ, 武将と, 歴史, 歴史小説には, 殉教者を, 比でなく, 民主勢力の, 民主的文化運動の, 民俗学徒の, 民族性社会と, 民藝, 民衆音楽中でも, 気候四季共に, 水墨画は, 氷山の, 河川で, 沿岸で, 法政軍政文政大学の, 洋画界よりも, 活火山中最も, 浅弱, 浴衣の, 海岸も, 海軍将校が, 淫祠のは, 港から, 漁夫らと, 演劇界における, 漢詩学界の, 瀬戸系の, 無差別な, 煎茶でも, 爲めに, 版画が, 物価安がそこで, 物資の, 特殊事情の, 特産物である, 犂は, 狂気の, 独裁者で, 王政維新, 現代においても, 現代文学史の, 現在との, 現支配者たち, 現象として, 琴を, 生んだ世界的名作, 生活よりも, 生産企業の, 生麥, 田中内閣が, 男でも, 男子の, 画学生に, 留学生に, 畸形化された, 百に対して, 盛り場には, 盲人は, 真正なる, 知性良心の, 知識階級を, 砂金漆絹太刀工芸品などを, 社交なる, 社会一般は, 社会史を通じて, 社会感覚文学感覚との, 社会現実を, 社会経済と, 祖先崇拝の, 神代に, 神社仏閣に, 祭りの, 私立探偵は, 科学を, 科学的社会主義の, 種々雑多な, 空気によるか, 竜は, 第一人者であった, 箪笥に, 粘土の, 精進料理と, 紋所皆同じ, 紡績工業者は, 経営は, 経済状態は, 統一的な, 絵画を, 經濟界にも, 総理大臣官邸に, 縦の, 罪ほろぼしの, 美学は, 美術学校にも, 羽搏き, 習慣や, 者は, 職業的知識代表者と, 能書ならしめ, 臣下と, 自然主義以来の, 自然科学者や, 興福寺は, 舞踊は, 船会社が, 芝居における, 花柳界と, 芸者屋の, 芸術家だけかも, 芸術論の, 若い建築家たち, 若干の, 英学者の, 茶漬を, 菌類を, 蒲団を, 藩情如何を, 蝦蟇の, 衣服が, 裁判所で, 複雑な, 西瓜の, 親分乾児の, 言葉から, 言語に, 許可を, 詩人たちであろう, 話し家, 誇りに, 説教師の, 論理で, 諸島を, 諺を, 警察官だ, 豆腐屋の, 負担は, 貨幣價値が, 貸本屋としての, 資本主義的打開の, 資金が, 踊りでは, 軍事的天皇制, 軍医制度そのものに, 軍艦だって, 軍隊を, 辞書は, 農村生活は, 農民生活を, 近代国家としての, 近代洋画を, 近海から, 通念であった, 進歩が, 過去現在に, 遠来神を, 邪魔ばかりを, 都会が, 醜業婦に, 野菜料理が, 金魚の, 銅を, 鎌倉足利時代の, 長歌や, 開拓史を, 降伏後日本の, 陸地測量部で, 階級的進展と, 雑誌は, 雪氷の, 青年たちの, 青年画家として, 面に, 韓國を, 音楽理論家たちは, 領地で, 風俗に, 風土気候は, 風物を, 飛行機でなけれ, 食物に, 餅なり, 首長たるべき, 駆逐艦らしい, 高等學校の, 鮭の, 麹の

▼ 日本~ (3161, 6.4%)

136 於て 90 於ては 47 来て 31 帰って 30 於ても 23 於る 17 於いて 15 渡来した 14 於いては 13 渡って 10 對し, 居て 9 於ける, 滞在し, 特有な, 生れて 8 とつて, 住んで, 存在し, 帰ってから 7 あっては, あるもの, いると, いるとき, なかった, 來て, 入って, 於ける唯一, 於ける最も, 於ける最初

6 [12件] あるの, いたとき, いて, このよう, して, 向って, 固有な, 必要な, 昔から, 生きて, 生まれて, 紹介された

5 [20件] きて, 一人も, 伝わって, 傳は, 對する, 帰った, 帰ること, 持って, 於ける文化統制, 来た, 来たこと, 来たの, 欠けて, 残して, 独特な, 着いて, 紹介した, 興味を, 行われて, 連れて

4 [24件] あつた, あつて, いたころ, いるの, いる時, たった一人, ないもの, まだない, 人は, 到着した, 始めて, 帰て, 帰ると, 帰化し, 帰化した, 於ける大, 於ける文化, 来た外国人, 来てから, 来ても, 発達した, 行はれ, 輸入され, 限ったこと

3 [49件] あっても, あること, あれば, いくらも, いたこと, いた間, いても, いる人, しなければ, たったひとり, ない, のこって, やって来て, ゐて, ゐては, 仏教が, 伝わった, 來た, 例を, 傳へ, 出現した, 勃興した, 取つて, 向かって, 就いて, 居ても, 居りました時, 居る時, 居る頃, 居住する, 帰ったが, 帰った時, 帰つて来た, 帰るの, 帰れば, 於けるヒューマニズム, 於ける反, 於ける唯物論哲学, 於ける文化対立, 於ける特殊, 来たりて, 歸る, 残って, 流通し, 生れたこと, 留学し, 較べて, 遺つて, 類の

2 [172件] あったと, あったもの, あって, あふれて, ある, あるが, あるギョリュウ, あろうとは, いたの, いた人, いた時, いた頃, いてさえ, いては, いないの, いる, いるうち, いるヤソ会士, お帰り, お着き, ことに多い, これだけの, これほど, こんな寒い, そういうもの, その名, たった一つ, ないから, なくて, ひとりしか, もって, よくある, よく知られ, ゐるの, プロレタリア文学運動が, ポピュラーな, 一人の, 不利益なる, 二つしか, 亡命し, 亡命した, 人間の, 伝えたの, 伝えたもの, 伝って, 伝わり上下一般, 伝わり信長公, 伝説の, 似たり, 似て, 何本も, 出て, 出来て, 分布せる, 切支丹の, 到着し, 到着する, 前例の, 力を, 参りまして, 古くから, 同じ, 向つて, 味方する, 唯一の, 在るの, 在留した, 地を, 多きは, 天才的作家が, 好意を, 存在する, 安着し, 少きも, 就いても, 居た時弓, 居ったところ, 居ては, 居られた頃, 居るとき, 居る人, 帰ったよう, 帰つてきた, 帰つて来, 帰らねば, 帰りたいと, 帰りたいという, 帰りました, 平和が, 幾何も, 弘まっ, 應用する, 戻って, 扶植せ, 拡まった, 持つて, 探偵小説が, 於けるその, 於ける三年間, 於ける人民戦線, 於ける今日, 於ける公教会, 於ける啓蒙期, 於ける実施, 於ける文化的自由主義, 於ける文学上, 於ける斯学, 於ける最高, 於ける民衆, 於ける演劇革新運動, 於ける科学主義工業, 於ける統制, 於ける羽衣説話, 於ける自然科学, 於ける象徴詩, 日本の, 暴露せられた, 最初から, 最初の, 未だ無い, 来たとき, 来たり, 来た人, 来た時, 来られたの, 来るかも, 来ること, 来ると, 来る途中太平洋上, 来朝した, 来遊し, 来遊した, 残された資源, 派遣された, 派遣し, 流れ入った自然主義, 流れ込んで, 流行し, 特有なる, 現存する, 生まれた, 生れた一人, 生れても, 生れながら, 生れ何, 生を, 生息する, 生活し, 真の, 眼病や, 着いてから, 着いてからの, 着くと, 着たの, 知られて, 科學を, 稀な, 紹介される, 紹介しよう, 行って, 論及し, 講談師とか, 起つた事, 輸入さる, 輸入した, 這入って, 遊びに, 適用した, 関係の, 限って, 飛んで, 駐剳

1 [1828件 抜粋] あたえて, あったよう, あったストライキ, あった話, あの内気そう, あらず, あらわれたの, ありて, ありませんなあ, あるかしら, あるそれ, あるといふ, あるなら国史, あるみたま, あるアカネ, ある保存物, ある多数, ある文化団体, ある本当に, ある玉篇, ある蚕卵, あんな女, いくつと, いくらかいた, いささか退屈, いたか, いたらレエヌ, いた時分, いないこと, いましても, いられないからって, いるあいだ, いるときシュニツラ, いる僕ら, いる友人達, いる宇宙怪人, いる密偵長, いる細君, いる限り, おいでに, おこったロマン派, おこない人民, おっても, おらんぞ, お出でに, かえらないという, かえること, かて神戸, きたとき, くれて, この属, この草, これという, こんなの, さう, しては, すぎない, すること, そのまま居つい, その芸術, そんなに古くから, ただひとり, たった二つ, だつて, だんだん酒, つこうと, つたわった, できた最初, とどまって, とり入れなければ, どういう種類, どこまで, どんなに多く, ないと, ない大変, ない絹ビロード, ない鶏血草, なくたつ, なくなって, なったから, なった筈, なれば, のこる自分, はおるまいて, はじめて基本的人権, はじめて職業婦人, ひとつの, びっくりした, ふさわしい大, ふんまんを, まして田舎, まだ一, みちびき日本, むかって, もさういふこと, もたらされたもの, やって来たところ, やつて, よい喜劇, よろこびをもって, われらの, ゐたこと, ゐた頃, ゐますか, ゐるか, ゐる日本人, ゐる頃, イブセンとか, オペラ運動が, ジャーナリズムが, トーキー化が, ヒューマニズムの, プレスされない, プロレタリア文学は, ヤソも, ラフカディオ・ヘルンが, 一つしか, 一人と, 一大耶蘇会堂を, 一種類でも, 万里の, 三百しか, 与えたあまり, 中央政府と, 之が, 二三冊しか, 二十七八歳の, 二重政体の, 五十人いる, 亡びて, 人生通と, 仏教文化は, 付ての, 仮令一個人, 伝えられたとき, 伝へられる種々, 伝わらなかった, 伝わると, 伝来し, 伝道に, 似た景色, 住みなれて, 何の, 何人いる, 何等かの, 併合せられぬ, 來つては, 來られた, 俳優養成機関と, 傳つて居る, 傳ふる, 傳へられまし, 僅三部しか, 優れた探偵小説作家, 光榮あれ, 入ったもの, 入りたて, 入れて, 入れ欧州人, 六十余州あり, 具眼の, 出ない美しい, 出来るよう, 初めて学校, 別れて, 到着いたしました, 前方後圓の, 加えて, 勉強し, 十分よく, 南鮮北鮮の, 原子爆弾が, 参りました, 参りましたの, 又世界, 及ぼす影響, 取って, 古伝の, 同じ手口, 同樣, 向うイルマン, 向けて, 君の, 吹き散って, 味方を, 咲きかえった二十年代, 喧傳された, 四つしか, 国立劇場が, 土着し, 在つた蘭人フランシス・カロン, 在りては, 在るの感, 在る樹, 地震という, 塗か, 外交官が, 外国劇の, 多い不義, 多くそして, 大いに同情, 大事變が, 大砲を, 天主教の, 天邪鬼という, 女学校令という, 始まったの, 存するのみ, 存在し得, 学びつ, 宗教なし, 宛てた手紙, 宣戦布告した, 富を, 將來せんと, 導き入れられたの, 就いての, 居た時荷風君, 居つた頃, 居ります, 居るよう, 居る天主僧, 居れないで, 屈服した, 布くこと, 帰ったからと, 帰ったの, 帰ったら毎日, 帰ってからなどは, 帰つた当座の, 帰てから, 帰りその, 帰りて, 帰り築地小劇場, 帰るん, 帰る方, 帰る決心, 帰る道すがら, 帰れる日, 帰還し, 平和擁護の, 広がったは, 建設する, 引きつけるもと, 弘めようと, 当てはめなくても, 征服された, 得て, 急速に, 愚図, 應用した, 戦争し, 戻ってからの, 押寄せて, 拡がりはじめた明治, 持ち帰らせたの, 持て帰て, 挑戦すべく, 採用する, 接触した, 擡頭し, 支配し, 政府が, 数え切れぬほど, 数年住む, 文学なり, 斯う, 新しい潮, 新文明, 於いても, 於けるが, 於けるアインシユタイン博士, 於けるエスペラント流布, 於けるニイチェ, 於けるフロン・ポプュレール, 於けるブルジョア観念論哲学, 於けるポルトガル商人, 於ける一時的, 於ける不幸, 於ける云わば, 於ける仏教, 於ける倣造, 於ける切支丹復活, 於ける勞働運動, 於ける反動勢力, 於ける右翼団, 於ける唯物論, 於ける四, 於ける声明, 於ける大抵, 於ける天才, 於ける実際, 於ける封建的条件, 於ける形式主義, 於ける思想, 於ける戦争ジャーナリスト, 於ける支那思想移植史, 於ける文化ファシズム, 於ける文學, 於ける新劇開拓者, 於ける最近十二年間, 於ける本格的, 於ける氷河捜索, 於ける演劇界, 於ける無, 於ける現, 於ける発売禁止, 於ける社会主義者, 於ける社會主義者中, 於ける空前, 於ける管理者, 於ける美術, 於ける自然主義, 於ける自然科学的知能, 於ける自由詩, 於ける藏書家, 於ける製罐業, 於ける賣値, 於ける農村人口, 於ける通用名詞, 於ける陰陽道, 於ける麻雀, 於てとに, 既存する, 昔も, 時めく四十代, 書き送つて, 最も興味, 有り余るほど, 未だに事実上存在, 本当の, 来たと, 来たるとき, 来たイタリー人, 来た事, 来た朝鮮, 来てるとは, 来られたについては, 来りここ, 来るや, 来る旅程, 来れば, 来着する, 来遊する, 染み込んで, 棲む動物, 楽に, 横行し, 止って, 此二大, 武将は, 歸らんと, 残した七人, 残ること, 残る記録, 殘つてゐる, 比して, 比較する, 民主的方向が, 永くいた, 永く来, 求むるも, 求めねば, 決められて, 沢山の, 法律が, 洋学を, 流し天皇, 流れ入って, 流行させた, 清僧は, 渡ったインゲンマメ, 渡つて來た, 渡らぬその, 渡り又, 渡来し, 満足し, 滯在中に, 漲った民族, 潜入, 潜入する, 潜入薩摩に, 無い詞, 熟兎を, 特別つよく, 犯されないもの, 独特と, 珍しい枝垂栗, 現れた, 現れても, 現代劇と, 現在見る如き, 生きる幾多, 生ひ, 生まれた以上, 生まれながら, 生まれ合せた僕, 生れそう, 生れたなら關白公方, 生れたら大統領, 生れた事, 生れた幸福, 生れり, 生れ合せたる吾人, 生れ育つたものの, 産する, 甦って, 留まること, 畜類を, 発生した, 発達する, 直接に, 真似ては, 着き山口, 着陸し, 知れるよう, 社会小説という, 科学の, 移住し, 移植し, 稀なる, 立ち寄ったの, 籍を, 納まって, 純粋の, 紹介されなかつた, 紹介する, 続きて, 翻訳され, 翻訳する, 聖徒が, 育つて, 自然主義が, 至っては, 舞い戻って, 舶来し, 苛められて, 英仏等の, 落したの, 蒔絵師は, 行きわたって, 行こう, 行った私, 行は, 行はれた, 行われる漢学, 西欧の, 西郷隆盛が, 見られない図, 見るよう, 親しまれて, 言葉の, 訳されて, 論理学が, 負かざるべき, 貢物を, 買ひ戻す, 赴任する, 起ころうとも, 起つた個々, 起原した, 踏み止まり夫, 較し, 輸入する, 辞書の, 近いし, 近い南朝鮮, 近かった, 近づくほど, 返せと, 迫るという, 送って, 送りその, 送り還されて, 這入りましたの, 通用する, 進出し, 達して, 遣わし秀吉懐柔, 遷すこと, 郷愁を, 鉄筋コンクリートという, 長くゐた, 関した著述, 關する, 降る雪, 限つた, 限らずどこ, 限らず支那, 限りますな, 限ること, 隠れようと, 露西亜が, 革命が, 類が, 飜訳書と, 食糧は, 駆逐され, 駐屯せしめ, 高い運命

▼ 日本~ (1540, 3.1%)

21 世界の 11 東洋の 10 どうなる 9 戦争に 6 それを, 日本の, 昔から 5 アジアの, 世界一の 4 戦争を, 日本で, 神の, 神国その, 西洋から

3 [17件] いかになるべき, それに, ポツダム宣言を, 何を, 戦争にも, 支那に, 支那の, 新憲法, 旧国, 無条件降伏を, 神国なり, 神國なり, 負けて, 負けました, 金の, 非常な, 非常に

2 [99件] いつまでも, いまに, かかる行い, かつて朝鮮, きょうから, きわめて名字, この戦争, これだ, これを, ごくごくこの間, さう, すでに文明開化, すでに西洋, その地理的, それほど恵まれ, だめだ, どうしても敗け, どんなこと, どんなに貧乏, どんな風, まだ日本, もう, もうダメ, もつと, もとより唐天竺, もと小国, アメリカにたいして, キリスト教を, ファシズムの, 万世一系の, 世界じゅうで, 乃ち小国倭の, 二つに, 二千年来常に, 亞細亞の, 人口が, 人道の, 人間が, 今かくする, 今どんな, 今国全体として, 今日の, 今興亡の, 他の, 伝説の, 何うなる, 健康で, 再軍備, 勿論西洋, 南北に, 古への, 古来美を, 国の, 堕落せよ, 外国に, 天下泰平だ, 天皇の, 奈何か, 宗教の, 家族制度の, 小林の, 幸いに, 幸に, 急に, 成り立つまじく日本文学者, 戦争放棄を, 支那から, 支那と, 支那などに, 文化的に, 新聞紙の, 最も好い, 朝鮮の, 未だ人間, 東西によって, 歐洲と, 歐米諸, 正しいこと, 歴史の, 民衆が, 決して暴虐, 海外に, 特別で, 特別な, 破産の, 神にも, 神国である, 自ら正義の, 良い国, 芸術の, 負けそして, 負けた日本, 貧乏である, 赤いから, 踏み出した足, 遥かに, 関係が, 闇だ, 駄目だ

1 [1192件 抜粋] あいつに, あたらしい世の中, あまりおくれ, ありがたい国, あんまり多く, いいところ, いい美しい国, いかになすべき, いかん, いち早く科学, いづれでも, いまアメリカの, いま国運を, いま行方不明である, いやだ, えらくなった, おそらくいちばん, おろかなる, おろか世界中の, おろか東洋の, かうだ西洋, かかる無, かつて支那, かなり混乱, こういう時, ここに, このま, この上, この人々, この十年来, この土地, この意味, この時, この海, この聖天子, この都, これからだ, これからの, これから世界, これが, これまで, これ日本国中の, こんなにみすぼらしい, こんなに美しい, さすがに, さんざんな, すつかり変りました, すでに去れり, すでに満蒙, そういうところ, そうでない, その冒險航海家, その国家組織, その実力, その救, その時代, その発展途上, その膨張, その過去, そも, それから立ち後れ, それだけ進ん, それらの, そんな国, たった二つ, ちょうどその, ついに日本的, ですね, とてもわが, ともかく一応の, どういう国, どうか, どうしても国家主義, どうである, どうなっ, どこでしょう, どこの, どの土地, どんなところ, どんなに強い美しい, なおこれ, なくなった, なくなった自分, なんという, なんと三三・八%, はじめて封建制, はるかに, ひじょうに混乱, ひどくおくれた, ふたたび太平, ほろびないと, ほんとにいい, まけた国, まことに希望, まさにその, まず国民的邪教性, また別, まだそれ, まだまだ食, まだ困り, まだ恵まれ, まだ砂鉄精錬, まだ負ける, まったく旭日昇天, まるきり三百年, みずからの, もういけ, もうこんな, もう二千余年, もう混乱, もう鎖国, もちろん外国, もともと祭り, もとより世界的, もはやきのう, やがてパチンコ, やっちゃったの, やはりこの, やはり日本, よい國, よほど偉い, りっぱに, アジア有色人種の, アメリカが, アメリカよりも, イギリスの, インドに, カラフト国境から, キナの, ギリギリまで, コミンテルンの, シナ市場の, ジャパンでない, スパルタの, ソヴェトの, ドイツとともに, ドイツ風の, バイカル以東を, バルザックが, フン詰まりに, ホントは, マルクス主義の, ライオン戦車など, ロンドン条約と, 一つである, 一つは, 一体宗教的, 一大転換を, 一方マイル, 一歩も, 一番遅れ, 一等国だ, 一等國という, 丁年以上の, 万国赤十字なんかの, 三十六丁で, 三千年来世界と, 三年前の, 上下を通じて, 上述の, 不思議だ, 世界が, 世界に対するの, 世界一であり, 世界中最も, 世界新, 中国と, 主として女帝, 乾坤一擲の, 二十ばかりの, 二千五百年来鍛えられ, 五〇倍弱に, 五百九十四郡, 亞細亞洲の, 亡びても, 亡びるん, 亡国です, 人後に, 人民の, 今うごい, 今では, 今ひどく, 今や君国, 今ようやく, 今大きな, 今大危難, 今度十だけ, 今恐し, 今支那人の, 今日までは, 今明治大帝や, 今生きる, 今紙類に, 今膨脹する, 今非常な, 他界に対する, 伸びないと, 何でも, 何れの, 何処に, 何處までも, 佳い国, 借入金を, 健かで, 僅に, 元来が, 元来論理学の, 元来雨量が, 全く孤立, 全く行き詰っ, 八點三分北日本は, 公私ともに, 再び明治, 冬陽当たりが, 出来て, 到る處景色, 前に, 助からないよ, 勝ちます, 勝った異国, 勝つたの, 勝つの, 北は, 北樺太と, 千年あまり前まで, 半封建, 印度ほどの, 危いのです, 即ち神, 参ったが, 反対であり, 古くより, 古代から, 古來, 古橋を, 台湾朝鮮満州等の, 君民同治である, 否少く, 吾, 哀れな, 喜劇を, 四方海に, 四面海も, 困るといふ, 国が, 国は, 国事多端の, 土地狹く, 地方の, 地震が, 地震国だ, 地震學開發の, 堕落し, 増税は, 外へ, 外務省などに, 外国の, 外國に, 多少の, 大つ, 大乗相応の, 大体古来から, 大切な, 大博打, 大戦争, 大洋の, 天地の, 天皇によ, 太虚であり, 女の, 好景気を, 孤島の, 完全な, 実に, 実にスミレ品種, 実に無量, 家族を, 密教相應の, 寶の, 対米平和条約の, 封建制であった, 封建制度が, 封建時代先天の, 将来どう, 将来鉄と, 小さいけれども, 小なれ, 小国であり, 少くも, 山国で, 山嶺近くから, 島國で, 巾着切りの, 平和の, 年号と, 幸福な, 広いけれども, 広くて, 建国以来二千六百年に, 弓矢の, 当然後者, 従来の, 從來どうも, 徳川幕府の, 必要食糧が, 思いのほかに, 急速に, 恵まれたの, 意外に, 愚か支那でも, 感じて, 懐しい思い出, 或は今日, 戦争し, 戦争の, 戦争中な, 戦前の, 戦闘し得る, 戰爭を, 手ずさわる, 持たざる国, 挙げて, 摂取し, 支那や, 政争に, 政治的に, 政治軍事生産ともに, 敗ける, 敗れた, 敗戦し, 敗戦と共に, 敗戦後七年間も, 数千種類の, 敵国の, 文学で, 文明開化から, 断じて負けない, 断末魔の, 新体制, 既にこの, 既に大きな, 既に武力, 既に藤原時代, 日本だ, 日本では, 日本に, 日本民族独特の, 日清日露の, 旦那の, 早くそして, 明との, 明治初期の, 昔ながらの, 時々自分, 暫く措い, 更に第, 最新兵器を, 最近頓に, 有機的の, 未だ国, 未曾有の, 本の, 本当に大丈夫, 東も, 東方に, 東洋でこそ, 東洋諸国の, 松の, 果して文明国, 極めて整然たる, 欧化され切った, 欧洲とは, 歐洲の, 正義の, 武を以て, 歴史上にも, 死物狂いである, 段々大木, 毛唐と, 民法の, 気に入ったかという, 水の, 決してこれ, 決して世界, 決して好戦, 沈没した, 洋画の, 海の, 海国お, 海国なり, 消費機関ばかり, 清國に, 満州事変以降日本特有な, 満州進出以来少し, 滅亡した, 漁夫の, 潰れたん, 火山脈の, 無癩, 焦土に, 独特な, 独立を, 独舞台で, 猛烈な, 珊瑚か, 現在甚だ, 理想の, 生れ変り得ない, 田舎と, 男尊女卑だ, 画期的な, 發達しない, 皇国でございます, 盛に, 目下中世な, 真に民主国, 真黒な, 砂鉄は, 社會音感にも, 神代から, 神国ゆえ西班牙あたりの, 神國で, 禁教の, 私を, 科学普及とか, 空中より, 立憲国で, 立派だった, 竹竿だ, 第三着, 第二次世界大戦, 箱庭式の, 米作と, 米国より, 結局アメリカの, 統制主義國家として, 維新後の, 美しい自然, 美なる, 義の, 聖徳太子以後平安朝の, 肇国以来厳然と, 自ら足れり, 自重しなけれ, 致命的な, 花の, 若く而, 英佛米伊の, 英雄崇拝の, 蔽われて, 行基の, 西欧の, 西洋文化の, 見渡す限り大抵近代, 親の, 言葉の, 誰の, 負けた, 負けやしません, 負けると, 財閥独裁警察国家を, 貧乏だ, 貧富の, 起つの, 軍艦の, 農国で, 農業国である, 近代文明の, 連合諸国から, 遂にこれ, 遅れて, 過去においては, 過去十余年間巨額の, 醒めて, 重大な乗る, 野蛮の, 鉄道網の, 鎌倉よりも, 鎖国攘夷病に, 長い間, 長い間さ, 開国以来僅, 闘わずして, 降参した, 隋唐文化の, 雛小屋みたいだ, 電燈国としても, 露国との, 露西亜と, 非常なる, 面積の, 頓と, 領地を, 風が, 風速が, 餓えさせないで, 饒舌りだすだろう, 駄目だって, 髣髴と, 鯨の

▼ 日本では~ (1333, 2.7%)

15 昔から 10 それが 8 非常に 7 女の 5 これが, さう, とても見られない 4 ないの, 何か, 徳川時代の 3 それを, なくて, 一般の, 他の, 婦人が, 少くとも, 見たこと, 誰が

2 [66件] あり得ない, かえってそういう, これを, すべての, そういうこと, その前, その差, それまでの, そんなこと, どうだ, どうでしょう, どこへ, ない, なく各, まだ万余, まだ或, アメリカの, ドイツの, ナマクラの, 一つの, 一般に, 中, 中国の, 中央気象台の, 今日の, 何が, 何人と, 作家が, 俳優が, 初めての, 初めは, 利休の, 古くから, 夫が, 女が, 如何に, 学問を, 実験の, 容易に, 或る, 戦争によって, 支那から, 文学の, 日本の, 普通煉獄を, 最初の, 有名な, 未だ中, 本質的な, 残念ながら, 民衆の, 珍らしい, 男の, 男女の, 画期的な, 知られて, 私の, 科学が, 絞罪, 自分の, 西洋の, 贅沢の, 農家の, 通俗な, 酒が, 餘り

1 [1110件 抜粋] あからさまに, あなたには, あまりにも, あまり喜ぶ, あまり気づかれ, あまり重大, ありません, あること, あれが, あんな間抜け, いいほう, いたって, いったいに, いつのまにか発生, いま本を, いろいろな, おくれて, おそらく明治開化, おびただしい良人, お前親の, お手輕, かう言, かかる種類, かの築地小劇場, かろうじて進歩的, きょう和一郎と, こういう少年, こう言う, このわたしの, この一座, この事情, この先生ただ一人, この本州, この海底都市, この社会主義的リアリズム, この立憲的ファシズム全般, この間の, この高山の, これに, ごくごくの, さうし, さう多く, さらに工場労働者数, すっかりやりかえられ, せいぜい一, そういう所, そういう蓄音機, そういう風, そうした評論, そうでなかった, そこが, そのよう, その原料, その年, その所謂封建的, その筋書, その頃, それほどの, それまで, それ自身推賞すべき, そんなに珍, そんな不老不死, そんな本, そんな風, たいていは, たしかに, ただ一種, ただ天恵, たとえば銀座, だめだ, だれ知らぬ, ちょっと変ってる, ちょっと考えられない, ついこの間, できない, とかく米国, とかく軽視, とても食べられない, どういふ風, どうかと, どうも學者, どつ, どんな演劇, ないこと, ないで, なかった, なかなかそういう, なかなか効き目, なかなか得る, なくシナ, なく八雲, なく朝鮮半島, なげすてられて, はじめてこの, はなはだ, ふると, ほとんど見る, まあ彼所位, まさか女, まず一般, まず第, また劇作家, まだあまり研究, まだそういう, まだまだこの, まだまだ婦人, まだハルビン辺, まだ十分, まだ女, まだ少しも, まだ新聞, まだ本, まだ殆, まだ珍しい, まだ発達, まだ確固たる, まだ若かっ, まだ見た, まづ雄弁, みられないおもしろ, むかしから, めったに, めったに得られない, もう一つ, もう古典, もう新しい, もとより西洋, もと農民, やがてテレビ, やや東部, よい香, よく言われ, よほど違っ, アインシュタインを, イノシシである, オランダ人の, カナリに, カワという, キリスト信者が, ゴッホと, シヨセイでは, ストリンドベリーの, スミレとしては, タビラコ支那では, トルストイの, ドイツ, バルザックの, ファシズムと, ブルジョアの, プロレタリア文学運動を, ヨオロッパの, ヨーロッパ諸国の, ルノアールの, 一万米以上の, 一九三三年以来文学に関する, 一九四五年八月から, 一切の, 一向まだ駄目, 一夫多妻が, 一月頃には, 一番何を, 一番西の, 一見モダーン, 一遍も, 三千七百七十八米突という, 三越が, 上記の, 不充分この, 世帯とか, 世界平和に対する, 両性の, 中等学校の, 中野逍遥坪内逍遥など, 主上に, 二つの, 二十五歳の, 二十面相ひとりだ, 人を, 人民解放と, 人間を, 今までの, 今一つ同じ, 今年で, 今日でも, 今日は, 他に, 他國, 以前贅沢品ばかり, 仰誰, 会は, 何でもかでも真似, 何も, 何時の, 作家の, 例えばキャムプ, 例へば西洋料理, 俗に, 個人の, 僅に, 僕らの, 元来指示する, 先づ当分トラストが, 兎も, 全く想像外, 全く空文, 全国労働者総数の, 全釣徒, 公然と, 六十年目に, 共産党という, 其の頃, 内外の, 出て, 分ったよう, 初めてで, 割合そういう, 動物の, 勿論人民, 北から, 医学方面の, 千年以上の, 南方へ, 卵が, 又農本的制度, 古事記日本書紀あるいは, 各方面, 吉野作造が, 同一の, 名誉心, 和歌が, 唐以來正統を, 商品切手なる, 喜怒哀楽を, 器械だって, 四十に, 国家は, 国民相互の, 國府縣市町番地と, 土井利位の, 地について, 塗りものが, 外国種の, 多年外国との, 夜遅く, 大した値, 大体何か, 大切な, 大学, 大形の, 大新聞, 大衆の, 大阪なり, 天ぷら屋など, 天平時代の, 天文永祿から, 失業を, 奇異な, 女子の, 妾と, 姿を, 婦人に, 婦人は, 子供に, 子供を, 子持の, 学位も, 學令に, 実に目, 実用を, 宣伝官庁の, 家庭にも, 富山灣内の, 寝るのに, 寧ろプロレタリア文学, 封建の, 封建社会が, 專門家の, 小倉に, 小栗虫太郎西洋では, 少しその, 少ないが, 屁でも, 屋根を, 山上墳が, 山水画といふ, 工場で, 左様に, 常に論理, 平安朝の, 年々労働に, 年月日と, 広い規模, 弘法大師が, 当分小説家は, 役人と, 役者と, 彼自身の, 律文と, 徳川も, 徳川時代は, 必要が, 忘られる, 忙が, 思想犯の, 恋愛の, 恐らく明治初年, 悪いこと, 情操文学も, 意味が, 戦国時代から, 所作事式の, 手に, 捕物帖に, 推理小説よりも, 支那を, 改革的な, 政治と, 政治上の, 故岸田劉生, 数が, 数日うちに, 文化人の, 文学, 文芸協会から, 文藝復興とかいふ, 料理を, 新しいもの, 新しい思いつき, 新しく国防保安法, 新劇の, 新潟を, 新聞法制上から, 既に違つて, 日本人は, 日本独特の, 早くから名, 明治の, 明治五年福沢諭吉が, 明治初年当時博物局, 明治維新以来次第に, 昔からの, 昔に, 昔眼病に, 是とは, 普通の, 普通詰らない, 暦法が, 書けないだろうか, 最も水温, 最善且つ, 最新式といへる, 最適任者, 月見が, 木に, 木村曙, 未だに軍国時代, 未だ時期, 本屋の, 本当の, 机上の, 東京などの, 東京の, 松脂ばかりを, 桂太郎一人です, 梵語学者に, 楮を, 極めて稀, 概して普通, 横溝正史が, 次第に安い, 欧羅巴に, 此うし, 此無頼漢が, 殆ど俳優に, 殊に, 殊の, 毎年何千万石の, 毛色の, 民族上から, 永久に, 決してあり得ない, 決して多い, 油絵かきは, 法律上無能力であり, 流行しない, 浦島太郎という, 海水浴場の, 源八さんの, 漢文の, 濃尾震災, 火山の, 無理に, 無論の, 父の, 牡丹の, 特に屡々映画, 特に特殊, 特別に, 独特な, 猫は, 猿飛佐助の, 珍しいの, 珍しくも, 甘党辛党など, 生命力という, 生物的面からの, 男でさえ, 略, 畳が, 發見されない, 百三十万の, 皇室や, 盛んに, 盲人の, 相当観念的, 眞の, 石の, 社会の, 社会科学そのものが, 神代の, 神様や, 禁止すべき, 私が, 私立探偵などは, 科学は, 稀であります, 稲穂は, 竹籔の, 第一期, 第二次大戦, 算盤の, 粕谷程, 経済的自由主義は, 絶対に, 縦令再び同じ, 習慣として, 翻訳と, 老年議員と, 考えられないこと, 聊か無理, 腕の, 自動車を, 自然主義の, 至る処, 良妻賢母という, 芝居を, 若いもの, 苦行に, 荷風と, 菜食主義者と, 著しく発達, 蒼井雄の, 藁の, 蝙蝠は, 裸一貫お, 製鋼業は, 襖絵の, 西欧知識の, 西洋と, 西洋より, 西行や, 見られない絵, 訓点を, 読物が, 誰にも, 諸種の, 豊国西洋では, 貝類が, 貴族院や, 超政治的, 足袋に, 軽々しく人, 農民の, 近代的な, 返り咲きは, 逆に, 造庭の, 違警罪布告以前で, 酒場は, 重大に, 金の, 鎌倉の, 鐵眼の, 長い名, 陀羅尼經以來木版ないし, 雄弁を, 難解の, 雪と, 雲助以上に, 青年たちは, 青年男女の, 音楽が, 顕著な, 飛鳥朝以来の, 餘程古く, 馬が, 馬琴流の, 騒々しいの, 魚ほど, 鯉が

▼ 日本~ (1100, 2.2%)

85 帰って 50 来て 16 帰ってから 15 戻つて 14 渡って 12 帰ること 11 帰れば 10 帰ると, 持って, 渡来した 9 来たの, 行って 8 來た, 帰っても, 帰るの, 来た時 7 やつて, 向って, 連れて 6 やって来て, 來て, 来てから 5 入って, 帰りたいと, 帰ろうと, 来たこと, 来たとき, 歸る, 遊びに 4 つれて, 帰つたら, 持つて, 来ると, 着いて

3 [18件] 來る, 帰ったとき, 帰ったよう, 帰ってからの, 帰るつもり, 帰るという, 帰るまで, 帰るん, 帰る旅費, 帰ろうという, 戻って, 来た, 来ても, 皈る, 移住し, 輸入された, 輸入した, 逃げて

2 [52件] いくん, かえってからは, かえって来, かえると, きて, きても, はいって, やってきて, 向けて, 宣教に, 帰った, 帰ったって, 帰った後, 帰ってからは, 帰ってからも, 帰つてきた, 帰つて来, 帰らなければ, 帰りたい, 帰りたい帰りたいで神経衰弱, 帰りついたの, 帰りました, 帰ります, 帰るか, 帰る事, 帰る前, 帰る日, 帰る時, 帰る準備, 帰れるよう, 廻って, 手紙を, 推渡り, 来たが, 来たもの, 来たん, 来た事, 来てからは, 来朝した, 来遊された, 渡り来っ, 渡来し, 渡来せしめ, 演奏旅行に, 移住した, 落ちのびて, 送って, 送る手紙, 逆に, 逆輸入, 這入つて, 飛んで

1 [565件 抜粋] いけるね, いそぐ復航船, いって, いらしった, いらっしゃいと, いらっしゃるん, うつしたよう, おいででした, おいでに, おくること, お帰, お歸國, お皈, お金を, かえさないって, かえされるはず, かえった, かえったら, かえったらこんど, かえったらしいね, かえったら五倍, かえったら本当に, かえった秋山宇一, かえって, かえってからの, かえってくれ, かえってたった二月許, かえって一ヵ月, かえって二日目, かえって亡くなる, かえって別, かえって来たら, かえって此, かえって温泉, かえります, かえること, かえる須美子, かえれるだろうか, きたの, くると, くるなら潜入以外, くるまえ, この重大, これが, さがしに, しらせれば, じゃありません, ずっと帰ります, その名, ただイエス, ついて, つく事, つれられて, なぞ帰らないで, なにかお, のりこむの, のりこんで, はいったばかりの, はるばる渡来, ひきあげた, ひきかえすこと, ひきとって, ひろめないという, まいりました, もう来る, もぐりこんで, もどりました, もどると, やってきたある, やってきた大, やってくるよう, やって来たところが, やって来たにつき, やって来たの, やって来てから, やって来られたという, やって来られるの, やって来るか, やって来る口実, ゆきますが, ゆくの, ゆこうよ, よこすこと, よった, よばなければ, よばれて, わたったの, わたる蠢動, アンナ・パヴロヴァが, フジヤマを, ペルシャ研究の, ヨーロッパの, 一は, 一応渡っ, 一枚でも, 一遍帰る, 上陸し, 中国から, 乗りこんで, 乗渡っ, 二度に, 亡命し, 亡命した, 伝えたもの, 伝ったもの, 伝わった, 伝わったこと, 伝わったらしくないけれども, 伝わって, 伝わること, 伝来し, 伝道に, 佛教がは, 佛教を, 使に, 使者を, 來てから, 來ては, 來られた, 來り, 侵入し, 侵略し, 傳へられた, 傳來した, 僕は, 入ったガラス絵, 入りこんで, 入る迄に, 入れば, 冊封使を, 写真術が, 出かけること, 出す手紙, 出る駅路, 出来るだけ, 出発した, 初めて近代, 到来した, 到着しない, 十八日にて, 十組くらいは, 千人の, 去る親子, 取り入れたという, 向う新, 向け年賀状, 向け輸出, 向った, 向つて出帆, 向はんとて, 呼び戻されて, 国民精神の, 土産に, 売却に, 夏渡る, 外交文書を, 多くの, 大伴の, 寄って, 対して, 對する, 導き入れられたにも, 導く原因, 少しも, 差出す, 布教の, 帰えるべき, 帰ったこと, 帰ったと, 帰ったという, 帰ったところ, 帰ったばかりの, 帰ったらうんと, 帰ったらお, 帰ったらきっとどうか, 帰ったらこの, 帰ったらこれ, 帰ったらどうにか, 帰ったらば, 帰ったらもう, 帰ったら僕, 帰ったら喫, 帰ったら是非, 帰ったら第, 帰ったん, 帰った以上, 帰った健三, 帰った形跡, 帰った時, 帰つ, 帰つたのは, 帰つたのも, 帰つた感を, 帰つてから, 帰つて信濃憂人といふ, 帰つて寺田先生に, 帰つて日本の, 帰つて自分の, 帰らずに, 帰らせて, 帰らないで, 帰らないと, 帰らないの, 帰らない積り, 帰らなくては, 帰らなくなると, 帰られたならば, 帰られたらちよ, 帰られは, 帰られると, 帰られるもの, 帰りたいという, 帰りたい気, 帰りたい郷愁, 帰りたくないの, 帰りたくなったね, 帰りたくなったの, 帰りたくなり出したの, 帰りたくなる, 帰りたくは, 帰りつく前, 帰りなさい, 帰りはじめて, 帰りましたが, 帰りまして, 帰りますよ, 帰り世界, 帰り着くん, 帰り給, 帰る, 帰るころ, 帰るに, 帰るについて, 帰るべきだと, 帰るまでには, 帰るもの, 帰るよう, 帰る中学二三年生, 帰る仕度, 帰る便船, 帰る思い, 帰る支度, 帰る晶子, 帰る石井柏亭君, 帰る積, 帰る筈, 帰る該地, 帰る途中, 帰る道, 帰る都合, 帰れそう, 帰れって, 帰れるあて, 帰れること, 帰れるの, 帰れるん, 帰れる事, 帰れる前兆, 帰ろう, 帰ろうかと, 帰ろうかとも, 帰ろうにも, 帰ろう大伴, 帰化した, 帰化する, 帰化せしめ, 帰朝した, 帰着した, 帰航する, 帰航の, 廻航中濱島氏夫妻は, 引きかえせない, 引き上げたの, 引き返すこと, 引揚げ, 引続い, 引返して, 弘めるため, 当て嵌めて, 往くと, 往復し, 御出, 忘れて, 急激に, 急行する, 慰めを, 戻ったら父, 戻った八十吉夫人, 戻つた時, 戻りつくには, 戻れたと, 拉し去られたこと, 招来し, 拡がって, 拡める, 持ち帰つて, 持帰られた, 持歸り, 捧げ最も, 掲載した, 支那から, 攻め寄せて, 攻め寄せるは, 新しい力, 旅は, 日本から, 日本の, 早く帰りたい, 昔寛保年中に, 時計の, 暫く行っ, 書いて, 来たいわゆる, 来たかとか, 来たさうである, 来たすべて, 来たという, 来たときこれ, 来たので, 来たば, 来たほん, 来たスティーヴン, 来たメフイストフエレス, 来たワケ, 来た人, 来た人たち, 来た仏教美術, 来た加奈太政府, 来た動機, 来た宣教師, 来た旅行家, 来た最初, 来た科学使節団, 来てからも, 来てまで, 来なく私等, 来ました, 来ませんか, 来られたの, 来られた神, 来るちょっと, 来るの, 来るのに, 来る前, 来る外人客, 来る新, 来る早々日光, 来る気, 来る筈, 来る船中, 来れば, 来始めたの, 来戦, 来朝しはじめた, 来遊した, 案内した, 歸つ, 歸つたで, 歸つた後武村兵曹若し, 歸つた方が, 歸つてから, 歸つて來る, 歸らんと, 歸りたい, 歸りついてる, 歸國の, 残して, 注ぐ川, 洋行し, 流れ込んで, 流浪なされ, 流浪なされました, 海を, 渡った, 渡ったばかり, 渡ったもの, 渡ったら何とか, 渡ったロマンティシズム, 渡った湯屋, 渡った者, 渡つて來た, 渡つて来た, 渡られたの, 渡り来り, 渡り秀吉, 渡ること, 渡ると, 渡る航海, 渡る迄には, 渡来する, 渡来を, 渡航を, 潜入し, 潜入する, 潜入とらはれた, 無事帰りつい, 特派する, 発航せしめた, 皈つた, 皈つて後も, 皈らんと, 皈りたい, 皈りたくつ, 皈りました, 直航しよう, 着いた, 着いたとき, 着いたばかりの, 着いたら絹, 着いたら電報, 着いた以上, 着かずに, 着くころ, 着くと, 着けば, 知らせなければ, 移したの, 移したら露語, 移ってから, 移り住みそれ, 移植しよう, 移殖の, 立ち寄り一カ月, 立って, 立つ, 立つの, 立つまで, 立つ五郎大夫, 立寄ったバートランド・ラッセル, 競争で, 篆書の, 紡績を, 紹介された, 紹介した, 紹介したらう, 翻訳され得ない, 耶蘇教を, 自分も, 舞いもどって, 舶載しよう, 船が, 若い妻, 行かないの, 行きたいと, 行くか, 行くこと, 行くと, 行くの, 行くほど, 行くん, 行けば, 行こうと, 行った, 行ったこと, 行ったソヴェト作家, 行つたら, 行つてみたいとも, 襲撃すれ, 観光に, 譲っても, 賣りに, 贈つて, 走るマニラ, 赴くの, 赴く時, 輸入し, 輸入の, 輸送し, 近づいて, 近づくにつれ, 近づけば, 近よっ, 返されて, 送ったゆえん, 送られ巣鴨拘置所, 送りと, 送り届けた, 送り機織, 送り返すもの, 送る年賀状, 逆カワセ, 連れこんで, 遁帰り, 遠征し, 遣は, 遣わした, 適用される, 適用しよう, 還すこと, 金屬が, 金魚が, 針路を, 開港を, 集って, 電報を, 青銅器がは, 飛ぶこと, 飛来する, 食糧を, 齎した

▼ 日本~ (1060, 2.2%)

23 いえば 17 最初の 9 最初に 8 云えば 6 出來, 言えば, 言へば 5 あつた, はじめての, 始めて 4 一番高い, 云ふ, 出版された 3 いうと, いへば, ならば, 云へば, 初めての, 問題に, 指折りの, 有名な, 見たこと

2 [65件] いうどんぐり, いう子安貝, いちばん好い, がんが, ここは, こしらえたもの, このよう, この方面, この種, どんな働き, どんな手段, なら, なら学問, はじめて演奏, はやって, やると, 一ばん駄目な, 一二を, 一流の, 一番よい, 一番古い, 一種特別な, 一般に, 作られて, 偉い文学者, 初ての, 又調べ度, 女の, 婦人の, 実用化し, 実際に, 宣教師を, 屈指な, 彼の, 待ち巴里, 必要な, 想像し, 手に, 文学の, 普通に, 最も古い, 最も早い, 最も進んだ, 最後の, 有名に, 有数の, 民主主義という, 流行し, 物を, 申せば, 発行され, 発見された, 発見せられた, 発達した, 盛んに, 経験した, 考えられて, 自分の, 色の, 見るよりも, 言うと, 言ふ, 通用する, 集められた陶器, 非常に

1 [801件 抜粋] あくせく息を, あったらこの, あつたら, あるに, ある映画会社, い, いう不良少年, いう嚊大明神, いう大部屋, いう庭木, いちばんの, いつ頃, いふ分類, いふ結納, いふ繪高麗, いわゆる婦人問題, いわれて, うまく出来る, お互いが, お留守, かういふ人物, かかる註釈, きいて, こういう文化的, こうして酒, こしらえたの, こっちふうに, このごろ流行する, このアルミニウム・ドープ, この作品, この我来也, この本, この草, これまで, これらの, こんなこと, こんにちはと, さかんに, しなかったゼイタク, しろと, すべての, そういうもの, そういうブルジョア唯物論, その影響, その本統格, その頃, ただ一人と, ただ二人の, たった一ヵ所, たつた一人, だったら大変, だれかが, だんだん形, つくった新字, つくられた憲法, できた, できたもの, できた昔話, とうの, どういう風, どういふ, どこから, どしどし過剰生産, どんなに腕, どんな病気, なった実, なら二十銭, なら京都, なら何, なら日光, なら日本流, なるべくその, なるべく外国, はじめて, はじめてみる, はじめてクリスチャン, はじめて出た, はじめて帝国主義, はじめて私, はたしてどれ, はね, ひと通り面白味が, ひらくため, ほかに, ほんたう, ほんとうに, みると, むかしながらの, もう一度ノン, もっとも両者, もっとも保守主義, もつ運命, もはやつて, やって, やつた, やつて, やや似た, やらうと, やる下り, よくこなされた, より海外, わたしは, アイと, エイゼンシュテインが, キリスト教を, コレやらない, ジイドは, タンボを, パスポートが, ピストルを, フジに, ブルジョア女性解放運動が, プレスされた, プロレタリアの, ベスト, マミまた, メロンを, モテたり, ユウゴオ物を, 一ばんの, 一ばん最初に, 一ヶ所と, 一九四六年婦人参政権を, 一宗派を, 一心に自分, 一時大, 一本立ちの, 一番いい, 一番不思議な, 一番世地辛い, 一番偉い, 一番名高い, 一番大きい, 一番崇高の, 一番早く, 一番最初に, 一番短篇に, 一番若い, 一等, 一等発達し, 七十五銭する, 三番目の, 三菱の, 上演され, 下船する, 不可能な, 世界中外には, 中学高等学校と, 之を, 二ヶ月と, 二人椋助とか, 云う山男, 云はれ, 云ひ慣らされた, 云へ, 亡くなったが, 人民戦線という, 今まで, 今売られ, 今日世界の, 今日文芸作家を, 今演劇学校を, 仕事を, 他の, 会いましょう, 会った各種, 伸子の, 何, 何か, 何の, 何人と, 作ったもの, 作った立派, 作って, 作つた鏡も, 作られたと, 作られたら作為, 作られた蘭和辭書, 使う同額, 使つてゐる, 使われた, 侠客と, 信者と, 信貴山が, 働いてた田舎, 僕が, 充分の, 先生の, 入手の, 六朝唐初, 共産党の, 処分する, 出す新聞, 出た単行本, 出喰わす愉快, 出来たでしょうが, 出来た品々, 出来た然し, 出来た神様, 出来るはず, 出来るもん, 出来る綿, 出生した, 刀剣を, 切実に, 刊行され, 初めてな, 初めて使う, 初めて出, 初めて日本人, 初めて此, 初めて生れた働く, 初めて結びつく, 初めて聴いた, 初めて見る, 初演された, 刷られたもの, 創製した, 労働組合の, 十分出来る, 十惡を, 単的明確に, 又本, 又船中, 受けなかったせい, 古代梵語學の, 只一ヵ所海の, 可能に, 右傾する, 同一の, 名づけた俗名, 名所として, 呼ばる, 呼ばれて, 咲いた超, 咲きますか, 唯一の, 問題と, 善良なり, 喜ばれるコナ珈琲, 四五冊の, 四千人に, 因習と, 固有に, 国際結婚を, 國民が, 地震研究を, 報告文学が, 売って, 売却される, 売却する, 外国生活を, 多数の, 大いによまれ, 大に, 大分自然派の, 大和の, 大正頃から, 大罪人, 天才の, 天然色トーキー映画フィルムを, 天皇制権力の, 天皇自身が, 天眼鏡を, 女が, 女である, 女の子の, 始めての, 始めなりその, 婦人労働者の, 子供の, 子安神という, 安穏な, 宋画の, 定めた, 客死した, 宴会に, 家根の, 富士山よりも, 封切りされた, 専ら, 尊ばれたと, 小学校の, 小山いと子の, 小説を, 屈指の, 展覧会を, 工夫した, 巧く行かない, 幼年工は, 広く行われた, 建築家として, 得られたもの, 御用達の, 忌まれた死人花, 思想という, 思想動員と, 性教育を, 想像されない, 應用し始めた, 戦争中どれだけ, 戯曲を, 抹茶碗に, 拵えた贋珊瑚珠, 指紋探偵小説が, 捕われて, 採集し持ち帰った, 支那の, 支那料理を, 政府党が, 数人信長公に, 数学の, 整理し, 斡旋の, 新劇と, 新聞が, 新聞記者と, 既に発表禁止, 日常よく, 明治以来今日まで, 昔単に, 昔話を, 晨星も, 普及し, 暮した青年期, 暮らしたって, 書いた字, 最もいい, 最もお, 最もよく知られ, 最も優秀, 最も切迫, 最も名高い, 最も堂々たる, 最も大きく美しい, 最も役に立つ, 最も早く, 最も美味, 最も良い, 最も調法, 最上と, 最優秀と, 最初造られた, 最古の, 最高地に, 木扁に, 本当に天照大神, 果して大衆車, 栽培する, 桃で, 梵語を, 極く短い, 榛の, 正成とか, 正月に, 死んだ後, 殆どはじめて明六社雑誌, 民主化の, 民主的な, 民主精神なんか, 決闘が, 沙翁と, 治安維持法が, 消化し切れなかっ, 深い美, 無性に目, 煽つて, 片手の, 特にこの, 特に発達, 独自な, 猫を, 珍重される, 現今行われ, 現在用い, 理解されないだらう, 生まれたもの, 生まれ出, 生れた陶画, 生れ日本で, 生活を, 生産されない, 生麦じ, 用い初めたの, 申しますと, 申します叔母, 申すよう, 男女二つの, 発展する, 発心し, 発明した, 発行された, 発見する, 發明した, 發見した, 百科全書を, 百貨店が, 相當, 真に音楽, 真実な, 着ようとは, 知られかつ, 研究の, 社会主義的リアリズムを, 社会的な, 私が, 私は, 稼ぎ込んだ, 立派な, 立派に, 第一番, 米にあたって, 精神的と, 経験する, 結んだ学術, 結婚を, 編まれた案内記, 織って, 罪を, 美味な, 羽を, 習った礼儀作法, 翻刻も, 翻訳され, 考えて, 考える景色, 考へて, 耕した小麦, 聞いたこと, 聞いたと, 聴けるレコード, 育ちましたが, 育った女, 育つた同院, 育てられた染, 自分で, 自然分科の, 興行せられる, 花といった, 芸術品としての, 若い学生たち, 若い男女間, 著わ, 行はれ, 行われたそう, 製した字, 製造し, 褒むるが外国には, 見たと, 見たどの, 見たよう, 見たセザンヌ, 見た事, 見た最も, 見た白磁, 見られないぐらいの, 見られない明媚, 見られなかったほど, 見ること, 見るの, 見世ものの, 見受ける犬, 見聞した, 言って, 言っても, 言つて見, 言ふなら, 許されるなら, 読みかじり, 読み書きの, 誰の, 議論を, 買うほとんど, 買ったもの, 買ったらおそらく, 起った自然派, 起り道仏混淆, 足利時代に, 辛味の, 近頃流行, 造られたといふ, 郷と, 重要な, 野口米次郎氏位の, 野外に, 長男に, 開業し, 阿倍晴明などが, 隊附は, 雪の, 面会した, 面識の, 音楽が, 飼いいたもの, 飽くまで開国, 馬一字を, 高名だ, 高級足袋を, 鶏を, 鶴の

▼ 日本~ (998, 2.0%)

12 して 10 代表する, 出てから, 離れて 9 出発する, 愛して 7 代表し, 出て, 出る時 6 今日の 5 中心として, 出発した, 去って, 背負って, 題材に 4 了解し, 去ってから, 建設し, 建設せ, 文明に, 立つ前

3 [22件] こめて, はなれて, 世界に, 中心と, 信じて, 去ったの, 去ること, 去るに, 建設する, 形造る, 支配した, 発つとき, 発つ前, 知らない, 知ること, 研究し, 立つ時, 統一し, 訪問する, 語ること, 論ぜんと, 離れるの

2 [55件] えらくする, 乗り超えて, 了解する, 侵略する, 先生の, 全世界, 再建する, 出でて, 出発し, 募って, 去られて, 去る時, 去ろうと, 双肩に, 否定します, 図画し, 大事に, 好きで, 征伐し, 征御し尽す, 想像し, 愛し日本, 愛するが, 愛するといふ, 愛するの, 憂ふる精神, 手本と, 挙げて, 支配し, 敵と, 旅行する, 歌ったもの, 狙って, 疑わない, 発つ時, 発見し, 真理にまで, 眺めて, 知らない連中, 知り日本, 立つたの, 統一した, 經由した, 見たこと, 見て, 訪れる時, 認識し, 誤解し, 談ずる外人, 識る, 距る, 離れようと, 非常に, 風靡し, 馬鹿に

1 [686件 抜粋] あれだけに, いじめる意思, いっぱいに, いや美しく, うかがいつつ, うち破った, うち立てなけれ, おき公, おさえつけなければ, おどろかしたと, かくあらね, かくも, けなして, この有様, こめた世界, こめる世界, こんなこと, ごたごたさせよう, さして, さわがせて, したって, すつかり捨て, そこから, そのまんま, その同情国, その彼, ただちに十八世紀末, たちさったの, たって, だましたあの, だめに, つくりあげた何十年, つくろうと, つなぐ最後, とびだした連中, ともすれば, どうしよう, どうなる, ねらう恐るべき, のっ取るため, のみ認めようと, のろい東洋, はなれてから, はなれるとき, はるかに, ふくむ世界, ぶっつぶさなけれ, ぶっつぶす, ほんとうに, ますます窮地, みて, もう憂え, もたらしたその, やっつけるため, よくしよう, よく了解, よく理解, よみながら, より多く, わすれて, エキゾチシズムの, ケロリと, シナから, ドイツ風の, ハッキリと, ファッショの, マンマと, リードし, リードしよう, 一人去り, 一人己れ, 一日も, 一歩踏み出しまし, 一歩踏み出す, 不安に, 不幸に, 世界から, 中世化し, 中心に, 主導者と, 予想せしめる, 亡す, 亡国に, 人手に, 今さう, 今日あらしめた, 今日に, 今日初めて, 伝道せよ, 住みよい, 何故忘れ, 例に, 侮り過ぎて, 信じる, 健康な, 偲んだ日, 先づ寫し, 八九冊ずつは, 公園として, 具体的に, 再建しよう, 再発見, 処理し, 出たまま, 出るとき, 出るとき閣老, 出るまでは, 出る動機, 出発の, 切り開いて, 初め諸, 別の, 創りたい, 創り出すため, 創ろうでは, 動かす原動力, 勝たすため, 北及西から, 十二歳ぐらいの, 半分わけに, 占領した, 危地に, 去った, 去ったとも, 去ったらしいが, 去ったロッテナム夫人, 去った後フロイス, 去った金三郎, 去らない前, 去りたき思ひ禁ずべからず, 去りはじめ, 去り南洋, 去り此, 去る, 去るという, 去るに際し, 去るはず, 去るべくして, 去るまで, 去る前, 去る気, 去る頃, 反映し, 反映する, 取巻いて, 古日本, 叩きこわした方, 名実ともに, 君子國と, 否定する, 呪詛せし, 問題の, 善くする, 喜んで, 喰いあげた私, 嚴しく, 回国し, 困らすため, 基準に, 基礎に, 外国に, 大きく呼ん, 大清国, 好意攻めに, 始めと, 始め列国にとっても, 嫉視し, 嫌う人間, 嫌う気色, 守る海, 安定させる, 寫す鏡, 将来ふたたび, 尊敬させる, 尊重しない, 導く懼, 導く最も, 少しなり, 少しは, 左右し, 巧妙に, 師として, 平和的文化国家として, 平定し, 幾つかの, 廣大ならしむ, 建築する, 弁護する, 引きずって, 引上げてからも, 強く正しく, 当時の, 形だけでも, 彷彿させる, 往来する, 征伐しよう, 征伐する, 征服し, 征服したい, 征服する, 律するん, 御覧なさい, 復歸させ, 復活する, 必要と, 忘れて, 思いがけないところ, 思い出したり, 思い出し何ん, 思うと, 思う人, 思ひ日本, 悲劇の, 想いだすよう, 愛さねば, 愛したいと, 愛したの, 愛し同時に, 愛し日本の, 愛し民族, 愛するあまりに, 愛すること, 愛するとは, 愛するは, 愛するわが, 愛する人々, 愛する以外, 愛する心, 愛する気持, 愛する良識, 愛せずに, 愛せずには, 愛敬する, 憎まなかつた, 懐しがっ, 戀しがる, 戦争の, 打ち消して, 抑へる, 抵当に, 押しかえす力, 拵へ, 拾ったのに, 指したもの, 振り返って, 探しても, 探し廻れば, 掩護すべき, 掩護する, 描き出す態度, 支持し, 支援し, 支那以上に, 支配し始めた, 支配する, 改良し, 攻めて, 攻撃し, 攻撃した, 攻略する, 救いこの, 救うよう, 救う人民戦線, 救え他, 救って, 救ふも, 救わねば, 敗戦に, 教え子の, 文化国家として, 文明と, 新しくし, 新羅, 旅行し, 日本だけにしか, 日本の, 更に活かさね, 最大な, 最後の, 本位と, 本位に, 本当の, 東夷と, 東夷傳に, 棄てる訳, 植民地化しよう, 構造し, 横斷する, 横領する, 欧化させず, 欧米の, 歌へ, 正しく理解, 正しく見直す, 正しく視る, 武力で, 武装解除し, 歩いても, 民主化しなけれ, 民主化しよう, 水先案内と, 水先案内として, 永久に, 沃土と, 治めて, 治め給う神国, 洗いかけて, 活かしたい, 流れる代表的, 渡り歩く四十男, 準近代国家, 滅ぼしかけてる奴, 滅ぼすという, 濁して, 無頼漢たらしめよう, 狙う悪魔, 現在の, 現実的に, 理解させ, 生きて, 生きようと, 産んだの, 畏敬させる, 留守に, 疑って, 発ち巴里, 発った時, 発つにあたって, 発つ以前, 発てる, 発展せしめなけれ, 発見した, 発見する, 發つ, 皆さんに, 目ざして, 目ざす前, 目し, 真に愛する, 着実に, 知らしむべき寄与, 知らせるといふ, 知らせ度, 知らなかったの, 知らぬ日本人, 知るのに, 知る必要, 知る爲, 研究する, 破るもの, 破壊した, 破滅させた, 破滅に, 破算的, 空襲する, 立ち去るだろう, 立ってから, 立つ三日, 立て直すと, 立派な, 笑い踊り, 築いたと, 築き上げて, 粉砕する, 統一すべき, 經ずして, 經て, 考えずには, 考える, 考える場合, 考へるとき, 股にかけて, 肥やす肥料, 背景に, 脅威しよう, 脱出せね, 腐敗堕落させた, 腐蝕させ, 自分の, 自由主義國家として, 自由主義國家の, 船出する, 良導し, 色彩の, 苦しめること, 蓬莱島と, 蔽うて, 衝く説, 表現し, 襲う事これ, 襲う策, 襲撃し, 西畔第, 覆い私たち, 見ずして, 見た, 見たから, 見なおして, 見なおす, 見ますと, 見ること, 見ると, 見る目, 見れば, 見下したとき, 見日露戦争以後, 見直さねば, 見習うよう, 見限って, 見離しがたく, 観たるもの, 観たる二支那人, 観る時, 觀たる, 觀察し, 記念する, 訪れある, 訪れそれ, 訪れたの, 訪れた生物学者, 訪れた目的, 訪れよう, 訪れる人, 訪れる外国人, 訪れ二ヵ月, 訪れ長崎滞在中, 訪われた時, 訪問した, 訪問したい, 評す又, 詠じた一篇, 誇りに, 認めて, 認める樣, 語ったもの, 語る力, 誤らしめて, 誤るもと, 説明した, 説明する, 読み空襲, 談ぜんと, 護る大切, 象徴した, 象徴する, 貫く巨大, 足がかりに, 軽蔑する, 辛くも結ん, 近代化した, 近代化へ, 退帆, 退散しなけれ, 通ったの, 通り過ぎて, 通るもの, 通過する, 造った人, 造り出さんが, 遊歴した, 遠く去っ, 遠く離れた, 選ぶか, 選ぶに, 開いたの, 開いた殊勲, 開いて, 開て, 開国させた, 開国させね, 防壁として, 降伏させね, 除いて, 除く二十八ヵ国, 隅から, 離れた, 離れたの, 離れたら万事休矣, 離れてから, 離れない限り, 離れます, 離れませんでした, 離れること, 離れるとき, 離れるに, 離れるまで, 離れるん, 離れる事, 離れる決心, 離れれば, 離れ世界放浪, 離れ幸運, 領解し, 題材として, 飛びだして, 飛び出して, 食おうと, 養って, 駆逐し, 魔界の

▼ 日本~ (873, 1.8%)

8 戦争に 6 世界に 5 今日の, 必要と 4 あると, 世界の, 支那に, 神の 3 ある, どうなる, 勝ちロシヤ, 外国と, 外国の, 支那の, 民主の, 民主的に, 負けて

2 [70件] あります, あるの, いつか正当な, いつも正しく温かい, いとおしくて, おかれて, おさまると, かかる和合, かかる恥辱, ここに, これに, これを, そして日本的思考, そのあらゆる欠点, そんな独立国, どうする, どんなに封建的, ふたたびあやまち, まだ神代, むしろ混乱, アジアの, アメリカに, ロシアに, 不正であった, 不正であるなら, 世界を, 世界歴史の, 世界的に, 世界第, 二つに, 何処へ, 再軍備, 列国の, 勝ったら日本, 勝って, 南満を, 古今に, 国防の, 地理的に, 好きで, 好きに, 如何なる道, 完全に, 完全独立国家に, 強く正しく, 彼の, 恋しい, 恋しくなり, 戦争を, 支えられる日, 支那と, 支那に対して, 支那よりも, 暴力に, 朝鮮を, 木綿不足で, 欧洲の, 欧洲大戦に, 民主主義の, 民主的な, 生んだ最初, 目指して, 素晴らしい手仕事, 聖書の, 自ら酵した, 許すかぎり, 負けたこと, 負けること, 負けると, 非常に

1 [666件 抜粋] あなたには, あまり小さい, あるであろうが, あわれな戦争, いいぜ, いくらか残る, いくら善く, いちばんたくさんである, いま戦争を, いま民主化される, いま絶命する, いるの, いわゆる東洋, うごめくの, えらくな, えらくなっ, えらくなった, おかれた世界, おそろしくふくれあがった, お相伴, かつた, かねがね国際連盟, こういう状態, こすいの, こちらへ, このまま, このよう, この初夏, この十数年間, こひしくなりました, これだけ, これで, こんなになられ, こんなに勝っ, さういふ国, さきに, さまざまな, さらにシベリア, すきだった, すすんで, ずっとまだ未開, そのままそっくり天外, そのよう, その周囲, その御, その悲運, その感謝, その現実, その誇るべき, それだけな, たとえ敗け, たのもしくならなけれ, だんだん欧米化, つたえて, つまらなく見え, どういうこと, どの国, どれだけ, どんなに亂, どんなに文明, どんなに見える, どんな凛々しい, なつかしくなる, ならして, はたして正義, ふっとばして, ほとんど世界, まいたよう, また元, また再び, また再び戦争, まだ, まだそれ, まだアジア大陸, まだ一人, まだ多く, まだ西洋, みえない, めずらしいバイヤーたち, もう一度戦う, もしも以前, もしも空襲, もしロシア, やってきて, やっと人民, やっぱり眉毛, やや自負, ようやく世界, よかっとも, よくその, よくわかる, よく分る, より人間らしい, アメリカの, アメリカや, イギリスと, サンディカリズムの, サーヴイスの, シナを, デモクラシーを, ドイツと, バカに, ファシスト, プロイセンの, ポツダム宣言を, ポーランドの, メキシコと, ヤイヤイ横から, ヨオロッパや, ヨーロッパと, ヨーロッパ資本主義列強に, ヨーロツパぢゆう, リーダーと, 一個の, 一度ひどい, 一律に, 一方に, 一日も, 一番いい, 一番住み, 一番多くを, 一眼に, 一統されたら, 一部落の, 丁度それ, 万国郵便連合に, 三百六部朝日が, 三百年間鎖国し, 上海円卓会議で, 世界にたいして, 世界もしくは, 世界一である, 世界中一番尊い, 世界人類に対して, 世界史的な, 世界最大の, 世界歴史を, 世界的な, 世界的強国と, 中, 中で, 中国その他に, 中国と, 中国との, 中国への, 中国を, 中国人民と, 中日事変を, 主の, 之まで, 二大, 云ったに対して, 五十年間に, 亡びたら文学, 亡びて, 亡びても, 亡國に, 人類平和に対して, 今, 今どんな, 今なにごとを, 今の, 今やっと, 今世界の, 今後鉄と, 今日まで, 仏領印度に, 他国から, 他日この, 伝統に, 伸びるの, 住み難い, 住むに, 何うなる, 何を, 何故に, 何時でも, 保有し, 俺の, 個人の, 倭を, 倭國として, 偉大な, 優れた自然天恵, 克った方, 全く新しい, 全体として, 全体において, 全体主義国家である, 内部で, 円心主義で, 凱歌を, 出来上ったという, 分らなくなりかく, 分る, 切支丹を, 初めてで, 初めて外交, 動く船, 勝ちますか, 勝ちゃあ, 勝つため, 勝つつて, 勝つでしょうそうすると, 勝つもの, 化物の, 十年一と, 半世紀, 半開國から, 南洋進出の, 原動力と, 参加したらしくなった, 又再びあやまち, 受けたの, 受けて, 台湾, 各國共通, 同じ経済事情, 名実共に, 君の, 嘉永六年亞米利加の, 嘗て議會, 四箇の, 四角の, 困るだろうと, 国を, 国際的に, 国際的孤立の, 変ったと, 外國と, 外國に, 外来文化によって, 外来語を, 夜に, 大の, 大事な, 大勝利, 大変だ, 大変らしい, 大変恋しく, 大工業, 大戦に, 大戦争, 大陸から, 大陸と, 大陸に, 失うこと, 女にとって, 女分の, 好きかね, 好きだ, 好きであった, 好きな, 好んで, 好餌として, 始ってから, 始めた戦争, 始めて, 威張って, 子供の, 子供達の, 安定し, 完全なる, 完成した, 家族主義國家といふ, 宿命し, 富めば, 寝耳に, 対外的受動に, 対露戦争につき, 封建的な, 将来如何なる, 小さいからと, 岸田その他の, 島国であり, 工業を, 常態でない, 平和な, 平定する, 幼稚で, 幼稚であった, 幾らという, 弱りかけたと, 強いとか, 強くて, 彼らの, 彼を, 彼等支那人の, 従属を, 御互に, 徳川時代に, 思想とか, 急いで, 急に, 悪くなる, 悲しくなっ, 憎い妾, 憲法を, 憲法政冶を, 懐かしかった, 戀しく, 或は最も, 戦うと, 戦争してよう, 戦争など, 戦争の, 戦争放棄を, 戦国の, 戰爭に, 持つて, 持つ大, 挟く, 接触した, 損を, 支那から, 支那文化の, 支那文化を, 政治経済に, 敏感に, 敗けたか, 敗けたから, 敗けたが, 敗けたと, 敗けたという, 敗けたん, 敗けて, 敗けてから, 敗れ降服, 数箇の, 文化の, 文明に, 文明國の, 新しい誕生, 新しく自ら, 新に, 既にこれ, 日本を, 日本型ファシズムに, 日本独特の, 日清戦争までに, 早く降参, 明日にも, 明治元年を, 昔の, 暖かいから, 曲りなりにも, 更にひろや, 最も優れ, 最も雄弁, 最近の, 最近五十年間の, 有って, 有つ, 有利な, 未だ世界, 未だ資本主義興隆期, 未曽有, 本当によい, 本当の, 本来一つであるべき, 東シナ海を, 東亜で, 東亜の, 東洋と, 東洋一体の, 東洋新, 果して是, 根こそぎ亡び, 極めて心臓, 欧米から, 欧米諸国と, 欧米諸国に, 正しいと, 武家時代に, 武装を, 残るかも, 残るでしょう, 母国の, 比類の, 民主化する, 民主的自主的政治の, 法治国である, 活動し, 清露兩國に, 満州に, 火山国と, 無くなったよう, 無くなって, 無趣味, 特別な, 特別の, 獨立の, 獨立國家として, 現代の, 現在求め, 生きるか, 生まれるかも, 生み出した天才, 生み出した第一流, 生れて, 生れる筈, 生んだ一見健康, 生んだ世界的名歌手, 生んだ偉大, 生んだ庶民教育家, 生んだ政治的天才たち, 産み出した最大者, 當時支那の, 発展途上に, 皆目分らない, 皇道精神を, 盛に, 相当な, 眞先き, 真に八紘一宇, 真に大御, 真先に, 眼を, 破滅した, 破滅したら, 社会主義的リアリズムの, 立ち上がるもの, 立憲政体である, 第一, 第二, 米国に, 精神上の, 経験した, 統一され, 統一した, 置かれたる特殊, 老大支那, 自ら核武装への, 自主権を, 自分等の, 自分自身ファシズム支持を, 自身窒息させる, 致命的な, 興るか, 若い知性, 苦戦し, 苦戦の, 蒸汽軍艦と, 行いつつ, 行く行くは, 西という, 西洋の, 西洋文化に, 見えない, 見える, 見えるの, 見たいの, 見つかったという, 言う, 負けたつていう, 負けたという, 負けたの, 負けちまって, 負けちやつ, 負けても, 負けるつて, 負けるなどとは, 負ける前, 貧しいため, 貧乏だ, 貧乏でも, 貧弱だ, 貧弱だって, 資材に, 軽蔑される, 輸出超過の, 農業国であっ, 近づくに, 近代工業国として, 近代文明を, 連盟を, 連盟脱退を, 遅れて, 過去の, 過去五十年昔まで, 遠いヨーロッパ, 選ばれた走者, 郷里である, 野蠻國で, 金貨本位の, 鎖国という, 鎖国として, 長い間世界, 開けたやう, 開国しない, 附いて, 降伏し, 降伏しなかったら, 随一で, 隷属の, 露西亜に, 領有する, 頭の, 頭を, 高価なる

▼ 日本には~ (728, 1.5%)

15 ない 9 昔から 6 なかった, 日本の, 珍らしい 5 いって, 産しない 4 ないもの, 行われて 3 それを, ないの, 古くから, 日本固有の, 無い, 非常に

2 [28件] あるの, いくらでも, いろいろの, それが, それに, ないが, まだ, まだ一つ, まだ日本, まだ癩, もう初期, ろくなもの, 一つも, 仏教が, 傑れた, 口碑的豪傑が, 古代から, 各地方, 始めての, 幸か, 日本に, 此の, 治安維持法という, 立派な, 絶対に, 見ること, 訳し得ぬ趣味, 類の

1 [594件 抜粋] あえて産, あった, あったの, あてはまらないところ, あなたと, あなたの, あまりない, あまりにな, あまり無い, あらゆる伝統, ありますまいね, ありませんね, あり得なかった精神, ある, あるが, あるもの, ある種, あれだけの, あんなの, いくらも, いけない, いたの, いたるところ, いないもの, いまビールどころか, いられない, いろんな外国人, おいでに, おかしいこと, おこなえない, お墓, かういふ傾向, かういふ大切, かうした芸術, かかるもの, かけて, かつおぶし, かつて決してボードレエル, かなり古くから, きまって不世出, こういう子供, こうした場所, こう云う, このくらいの, このシュウカイドウ科, このジャコウソウ, この二つ, この対照, この政党, この発育上, この紙風船, この類, これまで, これまでも, これ位の, これ程の, ごく古い, ございます, ございません, ご用なんか, さう, さうし, すでにあった, ぜひ必要, そういう概観, そういう流行, そこ迄は, その風説, それこそ, それぞれの, それまでに, それ等の, そんな機械, たしかに恐れさせない, たしかに欠け, ただ政府, ためし少なき, だんだん酒, できなかったので, どうしても日本植物研究, どこにも, どこを, ないし, ないという, ないので, ないやう, ないん, ない支那特産, ない砂糖わり, ない藻類, ない豆, なかつた考へ方, なんとヤジロー, なんの, ふつうあけび, ほとんどいなくなった, ほんとうの, まずいい, また日本限り, まだいない, まだこの, まだごく, まだしつかりした, まだそういう, まだそんな, まだない, まだほんとう, まだまとま, まだレーニン, まだ人間, まだ備わらなかった, まだ全般, まだ婦人, まだ存在, まだ探偵小説, まだ数限り, まだ文壇, まだ植物志, まだ沢山居る, まだ現れない, まだ見当らない, まだ農民, むかしから, むかし海軍が, めったにない, もう官庁, もう必要, もてはやされて, やたらに, やつと, ゆだん大敵, わしを, アイヌ語と, アケビが, アメリカソヴェト・ロシアなどの, イギリスの, インフレーション防止非常措置として, エロチシズムの, カフエエといふ, クラシズムが, クルミの, スミレの, テーブルなど, トーキー俳優という, トーキー監督として, パイも, ファシズムは, ブルジョア民主主義が, ブルジョア民主革命が, プレスされてない, プロレタリア文化団体が, プロレタリア文学の, 一人くらい, 一人森先生ある, 一千万人の, 一台でも, 一度も, 一般にこの, 一般的に, 丁度二十二年間治安維持法という, 万人が, 三十の, 三四十の, 三百年前の, 下足番みたいな, 不向きである, 世界に, 世界無比の, 中臣, 中間が, 九州と, 事實に, 二つしか, 二十万や, 二種しか, 二組くらいしか, 五百八十三万人の, 享保年間に, 人の, 人民などという, 人民に, 人造人間などという, 人間の, 今, 今だに, 今なほ, 今まで, 今も, 今一台の, 今五百万の, 今西田先生, 他に, 他国の, 仙人は, 代役の, 伝言を, 何, 何から, 何れの, 何処にも, 余り早く, 作劇第, 例が, 俳諧錦繍段に, 候補者として, 僧侶の, 充ちて, 先ず存在, 先一人も, 入学試験が, 全くない, 全く留った, 全然と, 全部残っ, 八年間も, 八百万の, 公認競馬十一箇所草競馬は, 六十万以上の, 兵隊さんの, 内省から, 出て, 出版文化協会, 剣道柔道が, 労働争議は, 十数年来なかっ, 半可通ばかり, 半年前に, 原始から, 原子力を, 原料たる, 原書が, 厳として, 及ばずして, 古く, 古くは, 古く年, 古来いかなる, 古来日本独特, 司教を, 各人に, 各地に, 各県, 名勝という, 君たる, 哲学として, 哲学も, 唐代の, 唯一つ, 国会開設の, 国体の, 國債といふ, 地震が, 堂上方は, 外交の, 外国に, 外国の, 外国人が, 外国作品についてさえ, 多いの, 多くの, 多数の, 大いなるキリスト教会, 大師が, 大昔から, 大統領に, 大革命, 天下一の, 天地開闢以來殆ど, 天才は, 天皇制という, 奈良の, 女の, 奴隷の, 妻と, 存しなかった, 存在しなかつた, 孤児や, 宜しくない, 実在しない, 実存主義哲学など, 家庭が, 富士山と, 将棋は, 少い, 少いの, 少しおかしい, 少し人間, 少ないの, 尻尾の, 居ない, 島崎藤村という, 工業らしい, 帝国議会という, 師範学校の, 帰って, 帰らないつもり, 帰ること, 幇間的職分を, 建築の, 当然と, 後に, 徹底した, 心臓病よりも, 必要量の, 忘れ難い, 思いがけない立派, 恋愛という, 恋愛といふ, 恨みが, 息の, 悪い所, 憎悪と, 成金を, 我国に, 戦争に, 戦争の, 戦争を, 批評文学或は, 探偵小説は, 支那とは, 支那の, 敵国の, 文化も, 文学にも, 文教の, 文芸と, 文芸雑誌だけ, 文藝の, 既に信長, 既に憲法, 既に空, 日本古来の, 日本国民精神という, 日本特有な, 日本特有の, 日本独特の, 日本精神が, 明治以来たくさんの, 時計は, 普通の, 暗号の, 書かれたこと, 有り余るほど, 有り得ないの, 有害です, 未だない, 未だなかっ, 未だ此種, 本来の, 東に, 果してどんな, 植物を, 植物学者が, 植物誌が, 極めて多い, 欧米に, 欧米流の, 武田博士という, 歴史は, 歴史上鞦韆の, 殆ん, 殊の, 残念ながら, 比較的多く, 民主主義文学運動の, 水田が, 永久に, 汽車が, 沢山ある, 沢山いた, 沢山例, 浪人という, 浪漫派の, 海上を, 海越え, 温泉が, 滅多に, 滿洲や, 演奏会と, 火山が, 火山は, 無いか, 無いが, 無いこと, 無いはず, 無いよ, 無かつ, 無く宋元, 無教育, 無論そんな, 爰に, 独特の, 独自の, 独身の, 獣肉を, 珍しいこの, 珍しい独創的, 現れて, 現われて, 現代といふ, 現代劇を, 現在さう, 甚だ多く, 甚だ少い, 生憎この, 産しなく, 産せず日本, 産せない, 用が, 用紙割当事務庁という, 田に関する, 男は, 男一匹の, 発達しなかった, 百五十三万四千三百十四名, 百人の, 百八十八万人の, 百姓も, 皆無である, 盛んに, 直接関係は, 相傳, 相当な, 真の, 真性アル中という, 眼を, 石刻以上の, 研究の, 確立し, 社稷の, 神の, 神事に, 神代から, 禁制されるべき, 空位は, 窮屈で, 箱根山から, 約十一億圓, 紙そのものが, 統計さえ, 絶えず地震, 続いて, 縄文弥生や, 耳の, 職業教育振興何, 自分たちの, 自分の, 自由の, 至るところ, 花の, 芸娼妓でさえ, 芸術家を, 芸術小説以外の, 芽生えて, 英語だ, 著作権法も, 行って, 行はれない, 表現されず, 西ドイツと, 西洋と, 要らないと, 見あたらなかった, 見ない, 見ないと, 見られないよう, 言葉の, 評論の, 誰一人この, 調味料補助味の, 豊かな, 財産も, 起らないか, 足よりも, 足利義満が, 軽井沢が, 農民は, 近時喋々として, 退屈な, 遙に, 適しない, 適当しない, 野生は, 金鵄勲章といふ, 鉾は, 錬金術師が, 長くい, 陶磁器の, 陶磁器製作の, 陸軍も, 随分変, 隨分澤山入, 雨と, 音楽の, 韻を, 養魚場が, 餘り見, 魂迎へを, 黄金が, 鼠の

▼ 日本民族~ (472, 1.0%)

7 の中 6 に同化融合 5 の仲間, の優秀性, の運命 4 に同化, の歴史, の現実, の血, の間 3 が一つ, のため, の上代, の力, の将来, の成立, の理想, の生活, の由来, を危地

2 [35件] が国家意識, であること, となっ, との間, になっ, にわざわい, に固有, のすべて, のはたらき, の一人, の一員, の一部, の仕事, の何物, の優秀, の全, の全体, の大, の存在, の存立, の尖端, の思想感情, の文化, の新しい, の最初, の栄誉, の特長, の誇り, はこの, はどの, は出来, は成立, をし, を組織, を統一

1 [324件] から分析, から独立, があれ, がこの, がその, がたえず, がどうして, がどれ, がアメリカ人, がシナ, がマヒト, が一民族, が世界, が人類, が何故, が作り得た, が優者, が先住民, が先祖代々, が内, が唯, が国際的, が土地, が多く, が形づくられた, が得意, が戦争, が支那語, が新, が日本島国発見, が朝鮮支那, が朝鮮民族, が海, が海外, が滅亡, が現代, が皇室, が直面, が真に, が精神文化, が終始, が絶えず, が製作, が階級, が頭, が馬, こそ真, ことごとく遠い, すなわち天孫民族, たること, たる事, たる同胞, たる官軍, だから, でありまして, であります, であります上, であり日本民族, であり社会, であるから, であるの, でないという, でも運, というもの, という一つ, といふもの, としての, としての死後, としての自覚, としても日本, として同じ, として天皇, とそう, となった, との関係, とはどういう, とは何ぞ, とは全く, とは別, とは前々, とを同時に, と人種, と呼ばれ, と差別, と形, と接触, と東洋, と混血, と申しまし, と申し候う, と称し得られる, と言語, なの, なり蝦夷, なるにおいて, にあらずや, にとっては之, にとって如何にも, にとって寒心, にとって画期的, にのみ生じた, にはかならず, にはかよう, にはその, にはわれわれ, にはジャズ, には儒教, には初, には日本民族, には本質的, には民族, によって敬虔, によって融合統一, にわざ, に世界的視圏, に仲間入り, に依, に及んだ, に変じ, に対してどんな, に対して用いられる, に対する強い, に播及, に於い, に於ける, に混じっ, に特異, に蒙らしめた, に融合, の, のうえ, のこうした, のこころ根, のそれ, のとどのつまり, のなか, のはじめ, のブル思想, の一つ, の一代がかり, の一割弱, の上古, の不名誉, の世界史的任務, の中心, の主体, の人間性, の今後, の今日, の伍班, の伝統, の住地, の優越性, の光栄, の内部, の分岐者, の創造, の劣等性, の勢力, の南方起原説, の危機, の原, の原始的, の原種, の古代生活, の古風, の同情, の否, の問題, の噴行艇群, の団結, の固有性, の国家的選民宗教, の国民性, の國家成立, の地位, の堅実, の堕落ぶり, の外, の天才的資質, の天職, の女子, の安住, の実力, の巨大, の幸福, の形式的, の思考, の性格, の持つ, の教養, の敵, の文化的伝統, の昔, の最も, の本能, の本質, の架空, の核心, の正しき, の此国土, の歴史そのもの, の歴史時代, の民主制, の民族的英雄, の気質, の気魄, の永遠, の海外, の海外発展以外, の物, の状態, の生き, の生存, の生業, の生活なぞ, の生活意識, の生活状態, の発展, の発展史, の発展政策, の真実心, の神, の神話, の科学性, の移動, の精神, の精神構造, の精神生活, の純情, の統一, の綜合的特性, の繁延, の腸, の自, の著しい, の藝術, の血液, の行く, の豊富, の起原, の趣味, の進取, の過去, の量り, の隣人愛, の青年, の魂, はいく, はいまだかつて, はすべてこれ高天原, はちょっと, はとう, はもう, はもちろん, はもっと, はもといろいろ, はもはや, はよほど, は一家族, は今, は他, は先住土着人, は再び, は出来た, は合の子民族, は固, は國家, は地球人類, は多く, は実に, は島国, は後世階級思想, は必ずしも常に, は明白, は有っ, は次第に, は民族, は決して, は没落, は流石, は消滅, は牧畜, は科学性, は稲, は立至っ, は軍閥, は近い, は近代, は靈智靈能, は高天原, ばその, への侮辱, もこの, もしくはその, も亦, も徳川時代, も明治以来朝鮮, も漢民族, や日本人血統, を, をあやまらしめた, をおい, をののしった, をも意味, を侮辱, を元, を分析的, を叩きだす, を叩き出す, を大, を家僕, を封建, を斯, を日本, を為し, を現在, を研究, ノ大, 乃至日本, 乃至日本国民, 及びその, 殊に吉川公, 蒙古

▼ 日本~ (449, 0.9%)

11 の伝統 10 の方 8 の世界 7 の新しい 6 の展覧会 5 というもの, と西洋画, の将来 4 と洋画, の横顔 3 である, の上, の中, の稽古, の線, の運命

2 [31件] に於い, に転じた, のやう, のよう, の仕事, の名コンビ, の場合, の大作, の如く, の婦人画家, の影響, の技術, の持つ, の方法, の材料, の歴史, の物質的材料, の特色, の生徒, の確立, の絵の具, の表現, の部, は今, は殆ど, は洋画, は線, もその, を以て写実, を描い, 大展覧会

1 [304件] か, かお茶, がある, がこれ, がとてもゆるゆる, がどの, がない, が今, が僅少, が売れ, が好んだ, が存続, が将来, が掲げられ, が明らか, が材料, が果して, が欲, が滅亡, が芸術的, そのままである, だけか, だとか, であるが, であること, であるそれ, でうずまっ, でなければ, ではその, では先ず, では思う, では河合玉堂, では理解, では肉, では複雑, でも人物, でも多少, でも行き詰る, で使う, で川合玉堂, で現代, で線, という, という名, といふもの, といふ材料, といふ立派, としてああ, としてのレエゾン・デエトル, としての優れた, としての技術上, としての規定, としては確か, としても西洋画, としてデテール, として新しい, として相当, となつ, との技法, とはあまりに, とはいはず, とは時, とは非常, とセザンヌ, とフレッシュ, と彫刻, と木彫, と比較, と純粋, と運命, と違っ, などいう, などは昔, なり, においてはある, において首め, における没骨体, にかく, にこれ, にした, にしたら, にしろ, についての一般眼識, についての手引, についても云われる, について誌, につきまとつ, にとっては心強い, にのみ見出される, にはずいぶん, にはそういう, にはほとんど, には内, には到底, には昔, には生気溌剌, には空気, にまれ洋画, にもならない, にも或, にも油絵, によく, に似, に取っ, に対立的, に就い, に影響, に新しい, に於ける, に望める, に比較, に気の毒, に漢詩, に移つた, に見られなかつた, に転じ, に関する限り, の, のかけもの, のこの, のみならず, のやり方, の一つ, の一タイプ, の万灯, の三つ, の不完全, の中古, の中心的組織, の丸い, の亡霊, の今日, の仕事ぶり, の伝来的, の似顔, の作者達, の価値, の傾向, の先生達, の典型, の内, の内部, の写実, の前, の半面, の取扱, の問題, の墨画, の大, の大体, の大家, の大成者, の女流画家, の如く線, の妙, の存続問題, の封建性伝統性, の屏風絵, の展覧市場, の山水, の帝展制作等, の強み, の従来, の成立ち, の手法, の手法そのもの, の技法, の技法馳駆, の掛け軸, の改革, の教養, の文化的地位, の新, の有力, の本質, の本質的, の本領, の様式, の為, の特殊性, の特長, の現在内包, の生命, の画具, の画学生, の画家, の目録, の短所, の祖先, の私有, の空気, の立場, の筆, の筆法, の精神, の絵具, の緑青, の美, の老大家, の肖像画, の肩, の自由, の苦心, の蒐集, の行くべき, の裸体, の西洋画, の観, の解脱性, の評論家, の象徴性, の質感, の贋物, の超, の路, の近代的要素, の追求, の長所, の雪舟, の領域, の頭, の題材, の骨子, はこの, はそう, はその, はだんだん, はどう, はどういう, はまず, はもう, はテーマ, は一流, は主として, は低級芸術, は何処, は元来, は別種, は少く, は成立ちません, は日本人, は日本画, は更生幾回転, は殊に, は残らず売つち, は比較的, は油画, は観る, は題材, ばかりかく, ばかりで, ばかり描い, への移行, へ転じた, もの, もまた, もやり, も募集, も幾つ, も木彫, も洋画, も絵具, も西洋画, も遣, や南画, や洋画等, や西洋画, よりはむしろ, よりもよき, よりも洋画, より線, をいつも, をかく, をけなし, をすて, をつくりあげ, をつくる, をやらせられた, をやる, をよく, を一番沢山, を中心, を主張, を募集, を土台, を家, を愛し, を描かう, を描く, を救い得る, を暗示的, を現在, を目安, を真に, を見ない, を見れ, を論じ, を責める, を賞め, を酷評, を非難, 即ち古い, 及び木刻, 特に南画

▼ 日本左衛門~ (448, 0.9%)

14 の手下 6 と金右衛門, の影 5 の手, はそれ 4 がお, と先生金右衛門, のこと, のやつ, の姿, はその, はふと 3 が, がいつ, が身, です, では, という男, のことば, の肩, の顔, はただ

2 [19件] だ, というの, とその, と一緒, にちょっと, に先生金右衛門, に違い, のあと, の下風, の声, の居所, の手先, の方, は, は思わず, は笠, は軽い, も遂に, をし

1 [316件] ああ遂に, かその, からいいつけられ, からいいつけられた, から夜光刀, がああ, があれ, がいい出した, がいったん, がきっぱり, がこいつ, がこう, がここ, がこッそり, がそう, がそこ, がそっと, がそれ, がつけ入ろう, がという一点, がところどころ, がばらばら, がひそん, がみなぎる, がもし, がやがて, がネお嬢様, が一同, が二度目, が今, が付い, が側, が入っ, が出した, が剣勢, が召捕れる, が夜光, が女, が好み, が官庫, が寵愛, が常に, が引き上げられた, が忘れられない, が恋, が戻っ, が手, が探し, が揶揄, が擽られた, が早く, が死に, が気がついた, が潜伏, が無事, が片, が男, が百倍, が私, が立った, が羅馬, が考え, が自分, が逃げのびた, が鋭く, が餌, が驚いた, すらその, その手, だったので, だという, だろうが, で, でありました, であると, でした, です二人とも, でもめったに, でも夢, で売れた, と, とああ, というもの, という世話, という人, という兇賊, という呑舟, という大きな, という奴, という貫禄, とお, とがこの, としてはあるまじき, とつき合い, とてこの, とても月何回, とにからむ, との距離, とは縁, ともあろう, と一まき, と万太郎, と別れた, と四ツ目屋, と明らか, と白刃, と知られます, と秤量, と組みついた, と読まれた, と金吾, などという盗賊たち, にいわせれ, におびやかされ, にさ, にし, につかまるでしょう, にはそろそろ, には内証, には少し, には意外, にもうなずけます, にも舌, にも頷, に似, に何, に向っ, に寝込み, に差出す, に袖, に近づい, に追い廻された, に頼られ, のあの, のあばら骨, のお先棒, のかかえ, のこす, のさしがね, のす, のため, のみでなく, のむッつり, のよう, の一息, の不利, の人さし指, の人相書, の仰山, の仲間, の低い, の体, の六感, の前, の剛質, の名, の咄嗟, の墓, の射る, の居る, の当身, の心得ちがい, の怒, の悩まし, の意気地, の慧眼, の憤怒, の所, の手下ども, の手下千束, の才覚, の放言, の文字, の気がかり, の気の毒, の気持, の烱眼, の特徴, の生死, の皮肉, の目, の目的, の眼, の立場, の籖, の胸, の脾腹, の腕, の腕首, の行動, の袖, の視力, の視線, の計画, の足音, の跫音, の身, の近く, の追, の逃げた, の遣, の隠れた, の隠れ家, の飄々乎, の黒装束, の黙りこん, の鼻, はあわて, はうなずい, はお, はこう, はここ, はこの, はさすが, はさながら, はしきり, はすすけた, はそのまま, はその間, はそれで, はだいぶ, はどう, はどうしても, はなに, はひとり, はまた, はもう一度必ず, はやおら, はギョッ, はニンマリ, はヒラリ, は九兵衛, は二度と, は今夜, は伏せ身, は何, は元来侍, は博労, は大, は少し, は廻廊, は彼, は彼方此方, は微笑, は息, は悠々然, は意外, は捕え, は波うち, は白絹, は笑い, は笑いかけました, は笑いまし, は胸, は自分, は虎, は途端, は雲霧, は首領, へ口, へ向っ, へ堂々, へ渡り, もあぶない, もいずれ, もう一度待て, もお, もかなりカッ, もかの, もここ, もこれ, もそれ, もまったく, もやおら, も人情, も今, も倒れ, も充分, も口, も同じ, も大分, も手, も暫く, も期せ, も気がつい, も背中, も腰, も金右衛門, も黙然と, や他, や千束, や金右衛門, や雲霧, をかしら, をすて, をよく, を乗せた, を先, を初め手下, を匿っ, を大川端, を打とう, を捕えました, を捕まえる, を探し出せ, を真ン中, を網, を聴いた, を見, を見た, を討つ, を追, を追って, を追跡, 動じるさ, 待てッ

▼ 日本でも~ (446, 0.9%)

8 西洋でも 7 昔から 5 支那でも 4 有数な 3 古くから, 同じ事, 同樣, 外国でも, 指折りの, 有名な, 有数の

2 [15件] いつでも, これを, 一流の, 中国でも, 出来て, 初夏の, 多くの, 後には, 徳川時代に, 時, 有名に, 歌を, 田舎へ, 貧乏な, 通じなくなる時代

1 [371件] あああの男, ああいう, あっちこっちで, あまりおもしろい, あまり威張れない, あらゆる人々, ありますが, ある方面, ある部分, ある開業医, あんなに読まれた, いう事, いかなる種類, いくばくも, いつか大々的に, いよいよこの, うんとメーデー, えらい思想家, お寺の, かうしたひろい, かつて陸軍, かなり理想的, こいつの, この二つ, この五, この若々しく, この風, これが, これくらゐ, こんなこと, ごく大切, ごく田舍, さう, すっかり出なくなり, ずいぶん可愛, ぜひ念仏, そういう下宿, そういう例, そういう本, そうしたお, そうじゃ, そうでしょう, そうなる, そう云う, その儘真理, その地方地方, その戦争, その本国, その模倣, その真似, その研究, その通り, その頃, そろそろ, たいていの, たいへんな, だいぶこのごろ, だいぶ好評, だんだんおそろしい, ちよつと, できない名刀, どれにも, どんなに大衆, ない珍, なく西洋, なければ, なまはん, また古く, まだ数, まれに, むかしから, めずらしくない, もうそろそろ雪害意識, もう古風, もう戦争, やかましく騒い, やつた, やはり同じ, やはり左様, やるべしと, やれないはず, よほどの, わしの, アイヌの, アナウンサーは, インテリゲンチャが, オコルと, カチューシャと, キリシタンが, コンナ小説が, スペンダーの, ゼイタクな, バラバラ事件が, バレー御, ビルマ辺から, ファッショ的勢力は, フランスでも, ブルジョアが, ベスト, ポツ, マルクス主義に対する, メーデーには, ヨーロッパでも, ラジオは, 一二と, 一二の, 一時そんな, 一番ありがたい, 一緒に, 一般に, 一部の, 一部見られた, 万葉時代には, 三百六十五日朝, 上杉家の, 上流の, 上演され, 上述の, 世界並みに, 世界人権宣言第, 世界大戦以前に, 世間に, 中世以後には, 乞食を, 予防的に, 事に, 事務引受の, 二足で, 五臓丸を, 人間が, 今まで, 今年は, 今日は, 今百頁ぐらいまで, 何とか云, 佛像を, 俘虜が, 信州あたりの, 倫理で, 優に諸般, 優秀な, 先日淨土宗の, 先生各自の, 光線を, 入木道の, 共産主義者は, 其の儘採り用, 内村鑑三氏などは, 冗談に, 処によっては, 出なくなり世の中, 出來, 出兵し, 出来るン, 出版され, 初めは, 初期の, 割に近い, 労働基準法の, 勉強は, 北村季吟が, 千里眼に, 南方には, 卜法の, 叡山の, 古い語り傳, 古くは, 古くより, 古く経験, 同じこと, 同じであろう, 同様である, 同様な, 名高い植物, 君臣という, 吾輩幼時出雲の, 和製の, 品不足で, 喜んで, 嘗て左翼文学, 嚥んで, 国際軍事裁判所が, 土俗的な, 地方と, 地方の, 売りだされたこと, 外国諸国でも, 外来語の, 大いにもてはやされ, 大いにやった, 大きな商館, 大和辺あるいは, 大學, 大安寺の, 大阪城の, 太古の, 奈良朝以前には, 奥羽地方では, 女が, 女の, 女性の, 好い加減に, 好戦的な, 姓を, 婦人の, 学生だの, 官僚という, 官海游泳術といふ, 封切される, 少なからず読まれた, 少なくは, 屈指な, 屈指の, 山に, 山の, 岡田嘉子が, 左衞門尉とか, 平安朝時代の, 年表に, 幾人という, 度々上演, 度々耳, 張作霖を, 徳川の, 徳川時代には, 徳川柳營において, 恋愛と, 或はヨーロッパあたり, 或る, 戦争中戦傷者の, 戦後ふたたび, 戦後色々, 批評家無用有害論が, 搾油用として, 撫子又は, 支那と, 支那の, 支那画を, 支那通と, 政党を, 文学の, 文禄時代に, 新石器時代, 新聞記者の, 方言としては, 既に認められる如く, 既に起き, 既成政党が, 日光の, 早くあの, 早く法律, 明治二十九年八月福来博士の, 昔は, 昔時真言宗において, 昨今ベスト, 昨年だった, 時々あっ, 暖國地方には, 曾つての, 最も古い, 最も姿, 月の, 朝鮮でも, 東京帝室博物館や, 東京音頭や, 松明結び灯台から, 林房雄なぞに, 柳と, 格別注意する, 横溝正史高木彬光両君の, 歌の, 歌舞伎の, 歌舞伎俳優という, 正にそうだ, 死んで, 段々そうなり, 比較的縁, 毛利の, 毛唐を, 水の, 決して珍しく, 注意し, 演説に, 灸治研究が, 無論國, 熊野人は, 特殊の, 猫が, 王朝時代は, 珍重すべき, 現にその, 現在とべる, 現在は, 現在九州で, 理髪店は, 生きた泥鰌, 生活に, 田舎育ちの, 男優と, 盛んに, 相州三崎邊には, 真面目な, 短篇は, 祖父母, 私は, 私ほどの, 種々さまざま, 種々の, 種苗目録の, 稲の, 米粒の, 素材そのまま, 織物の, 美顔術と, 義捐金を, 翁草などと, 翻刻された, 翻訳が, 聖天に, 聖徳太子の, 聞いた例, 聴かせたが, 聴かれたが, 職人の, 肩書きの, 自慢相に, 自由民権の, 舊時代の, 色々な, 色々の, 花合せの, 英文学とか, 蓍に, 行なわれたの, 製作され, 西欧でも, 西郷隆盛は, 見馴れた洋種, 訳して, 試みられたこと, 誰か, 論じられたはず, 諸国から, 貞奴を, 財を, 貴族の, 貴族院議員に, 質の, 走高跳と, 趣味に, 身分の, 近ごろ, 近松と, 近松や, 近頃は, 逍遙の, 過去の, 遠からず, 適当な, 都会生活が, 釈迦死ん, 野猪の, 阿弥陀様を, 離婚は, 電気自動車の, 青銅器を, 顏に, 飛騨の, 飜刻せられた, 養殖される, 鼬の

▼ 日本~ (429, 0.9%)

85 なもの 43 なるもの 1376 のもの 5 な性格 4 とは何 3 である, であること, なの, な味, な変種

2 [22件] だという, であ, でも, といふこと, な伝統, な女優, な宗教, な悪妻, な感情, な物理学, な生活, な矛盾, な科学主義工業, な美, な美し, な表現力, な道徳, な顔, な風趣, にし, に有名, に表現

1 [207件] あるいは東洋的, がその, そんなこと, だから, だけれど, だと, だひなびてゐてみやびやかである, だ日本的, であったため, であって, であつ, であらうと, であり個性, であり田園趣味, であるか, であるかは, であるかも, であるから, であるかを, であると, であるという, であるやう, であるよりも, である場合, でうれしい, でしかも, でそうして, でない, でないこれ, でないわけ, でなくて, でよい, で大衆的, で奥ゆかしく, で日本型, で西洋, ということ, というもの, といえ, といわれる, とか国民性, とすれ, となり, とは云, とは云われなかった, と云, と思はれる, と称される, と称する, と陶酔, なあるもの, ない, なお嬢さん, なこと, なこの, なそして, ならざる露骨, なること, なるよき, なる世界的映画, なる生一本さ, なる社会機構, なる素質, なる魚, なん, なヂェスチュア, なテーマ, なデモクラシイ, なトリック, なヒューマニズム, なユニイク, なレアリズム, な一切, な一匹, な一畫風, な人材, な人間態度, な人間錬成, な代表者, な伝統文化, な何, な作, な作家, な保守思想, な個人生活, な優しい, な六曲屏風, な力, な動き, な勝負, な味覚, な呼び方, な和服姿, な哲学, な土佐派, な在り方, な地方, な場, な多く, な大衆作家, な奥床しい, な女らし, な女性, な封建文化系統, な小説伝統, な微笑, な情緒, な想像, な意識, な教養, な文化面, な文学教養, な断わり方, な日本, な日本髷, な旧套, な木枠, な本質, な条件, な枯淡, な梅雨, な楽壇人, な様々, な歴史性, な氏, な物, な物音, な特色, な特質, な独自性, な現実, な現実性, な着実, な知恵, な社会, な祕色, な科学, な種々雑多, な筈, な絵画, な職制, な色, な苦悩, な草花, な虚無感, な衣食住, な表現, な要素, な言葉, な諦観, な諸, な農本主義, な道行, な部分, な間違, な風俗, な風景, な風流少年, な香料, に, にあまりに, にしよう, になっ, になる, には主として, にまた, にも理会, によく, に云っ, に古めかしい, に小さい, に工作, に成長, に救, に涼しい, に獨立, に秩序, に翻訳, に言, に言え, に銘記, に非常, に黄ばんでる, のごく, のすずし, のやさし, のよ, のデモクラシイ, の仏教, の含み, の寳物, の尊, の文明, の文章, の武士, の涼し, の生活様式, よりもより, を恐れない, 乃至仏教的禅宗的, 乃至東洋的, 乃至東洋的ヒューマニズム, 乃至東洋的特殊性, 反文化的性格, 好季節, 老心, 諸学

▼ 日本~ (422, 0.9%)

14 支那との 10 同じよう 7 中国との, 中国の, 云ふ, 支那とは, 支那の 5 世界の, 外国との 4 云ふも, 戦争を, 日本の, 違って 3 シナとの, 似て, 支那と, 支那とが, 書いても

2 [33件] いうと, いえども, ちがって, どこかの, なった, なって, なる事, アメリカとが, アメリカの, ドイツの, 今日の, 協力し, 合衆國とは, 同じこと, 同じで, 同じ事, 同様に, 外国とを, 大いに異なる, 奧州との, 支那とを, 支那は, 日本人とを, 日本人の, 日本人を, 比較し, 米国の, 薪炭条約を, 西洋との, 西洋の, 諸外国, 関係の, 露西亜の

1 [256件] いずれが, いつたやう, おなじよう, きては, くらべて, こう照合, こしへの, こちらは, しましても, するとき, するに, するは, せば, そこは, その人民, その南, その将来, その風習, ちがうのよ, ちがった石, どっちが, なっちま, なつた, なるの, なろうと, また八大山人, まるで社会, よく似た, アジアに, アジア大陸とは, アチラとの, アベコベな, アメリカが, アメリカだけ, アメリカで, アメリカと, アメリカとの, アメリカに, アメリカは, アルゼンチンだけ, アルゼンチンの, イギリスとの, イタリヤの, オランダとが, オランダとは, カスピ海の, カリフォルニアくらいの, ギリシアとは, ギリシャとは, シナとを, スペインとの, ソビエットとを, ソヴェト支那と, ツナガリの, ニイチェの, フランスでは, フランスの, メキシコが, メラネシアほど, ヨーロッパとの, ロシアと, ロシアとは, ロシヤが, ロシヤ間の, 一体である, 一口に, 一番ちがっ, 世界という, 世界平和と, 中国その, 中国とが, 中国は, 争ひ, 云い労働法, 云うところ, 云うの, 云う国, 云う未開, 云う考, 云っても, 交渉が, 今この, 仏蘭西とは, 仏蘭西の, 他の, 仲よくしてやっ, 似たりよったりの, 何が, 何の, 何方が, 傳播する, 共通する, 共通の, 分けて, 列国との, 北日本との, 南方の, 南洋諸国即ち, 南米と, 即断したらしく, 反対に, 反対の, 取極め, 台湾とを, 台湾政府の, 号した, 号す, 各国間の, 合併し, 同じか, 同じからず, 同じき, 同じくワン, 同じく主観派, 同じく方々, 同じく東洋民族, 同じやう, 同じらしいです, 同じ位, 同じ島国, 同じ時間, 同一に, 同様で, 同盟を, 名づけて, 呂宋との, 呼び日本, 唐好き, 唐好きにて, 唯一つ, 商売が, 喧嘩させる, 土地は, 変つてゐません, 変らぬ, 変りが, 変りの, 変わって, 変わりは, 外国の, 大いに違っ, 大したかわり, 大差なく, 大差は, 大方同じ, 大陸とに, 大陸とは, 天皇の, 好意を, 密接な, 山東の, 彼の, 戦う国, 戦っても, 戦争いたし, 手を, 抗争状態に, 支那あたりの, 支那には, 支那ばかり, 支那より, 支那朝鮮と, 改号し, 文化的血縁の, 文法組織が, 新羅, 新鋭作家及び, 日本人とに関する, 日本人は, 明国とを, 明治時代後天の, 書かねば, 朝鮮と, 朝鮮とは, 朝鮮の, 朝鮮は, 条約を, 東洋とが, 東西両, 柬埔寨国との, 桁はずれに, 欧洲各国とは, 欧羅巴と, 歐洲西端との, 正反対の, 比べて, 比較する, 比較研究すべき, 決定する, 沖縄から, 沖縄と, 沖縄との, 沖縄とを, 浅草とに, 満州国とが, 満洲, 満蒙との, 特殊の, 独逸へ, 獨逸との, 現代の, 現在の, 申しましても, 申す国, 町人根性, 略, 異つて作物, 異なりまず, 異なり一種, 異る, 直さば, 真前に, 私たちとを, 称したとある, 称し我が国, 称するとき, 種々の, 答う, 米国そのものが, 縁の, 聊かも, 英吉利との, 英国と, 英国とは, 葡萄牙人が, 號し, 衝突の, 西洋と, 西洋とは, 西洋とを通じて, 言えば, 較べて, 較べるよう, 通商を, 連合国は, 連想が, 違うて, 違うん, 違う作用, 違ったもの, 違つて古, 違つて格納庫も, 違ふ, 遠方ながら, 長い通交, 開化と, 関係ある, 関係が, 関係ふかかっ, 闘って, 隋との, 雖ども全く, 露西亜, 露西亜との, 非常に, 類似し

▼ 日本~ (352, 0.7%)

11 の人間 6 の大 5 のどこ, の新聞 3 で最も, に流行, の人, の人達, の女, の子供

2 [23件] で一番, で一番得意, なべて変る, にこの, にたくさん, にも聞えた, に一人, に宣伝, に有名, のあらゆる, のどの, の婦人, の男, の芸者, の諸, の金, はおろか, へ知れ渡った, を歩い, を股, 探したって, 探して, 至るところ

1 [261件] いたるところ, いたる所, いや世界中, おしなべて変り, から十四, から大地, から来, から観光客, から集まった, が, がいくさ, がことごとく, がそう, がみんな捕虜かいな, がやられる, がバレエ, が一致, が富め, が廻れます, が引っ, が戦, が東京風, が気, が江戸城中, が滅茶, が焼, が牢獄的, が病気, が石屑だらけ, が赤く, この辺, だから, でお前, でだれ, でどこ, での最も, でもまあ, で一番好き, で一番感覚美, で一番昆虫, で一番純朴, で五本, で京都, で今, で今日, で伝統的, で何億何万何千何番目, で先登, で切り下された, で千人針, で吉田塾, で完全, で店, で最高, で東京, で検挙, で毎年燐寸, で生れた, で知らない, で鯨, と戦っ, どころか海, にあっ, にありとあらゆる, にいらっしゃる, におくり出します, におそろしい, にここ, にたった, にては東京, にどれほど, にはどんなに, にはなくなっ, には少く, には幾千人, には私, にばら, にひびきわたった, にひびきわたる, にひろまった, にまたがる, にも世界中, にも滅多, にストライキ, にタダ, にダム, に一軒, に三十, に二, に二つ, に俺, に名, に名だたる, に在る, に家, に居る, に峠, に弘, に張り, に強烈, に数百万, に普く, に横行, に沢山, に満ち溢れ, に源三郎さま, に澤山, に画い, に相手, に知れ渡つ, に確たる, に私, に聞えた, に豆天才, に錯綜, に響い, に類, に鱗, に鳴り, のうごき, のお父さんみたい, のこと, のもの, のキリシタン, のゴタゴタ, のダンスホール, のモースーメ, の不景気, の人たち, の人間みんな学生女生徒, の仁王, の代議士, の仲間, の何れ, の何処行, の何千万人, の何千何万, の健全, の出来る, の到る, の劇場, の古城址, の史書, の各, の名だかい, の名所, の名所見物, の名流婦人, の商店, の困っ, の土竜, の土龍, の壮士役者, の大きな, の大名, の大名共, の大名等, の奉行さま, の女子, の如何なる, の娘達, の婦女, の子供たち, の宝石, の家, の家元, の少年少女, の山, の工場, の市, の平民, の廃棄金山, の或, の戦, の数, の新聞記者, の景色, の有名, の有識者, の村, の森林面積, の汽車, の猫, の生きもの, の田中氏, の田畑, の町, の病人ひとり, の眠り, の神主, の神事, の稲, の立女形, の結構, の絹, の美男子, の者, の胆, の能楽, の花, の薄情女, の評判, の誰, の貧乏, の販路, の貴婦人方, の農村, の道路, の都会, の野, の金山, の金気, の金銀銅鉄鉛, の銅像, の関心, の隅々, の雑誌, の霊場巡り, の非難, の風, の驚嘆, の髪結, の黄金, はみな, は勿論, は天竺, へひろがりました, へ伸び, へ売れる, へ押し広がる, へ紹介, をおさえてる, をさがせ, をそうして, をはじめ, を一巡り, を変革, を山, を巡廻する, を廻り歩く, を廻国, を引掻き廻す, を探しまわっ, を敵, を旅行, を真, を自分, を見つめ, を逃げまわっ, を遊歴, を震撼, を震駭, を騒がした, 切っての, 同じ地上, 探しても, 探し廻ったとて, 残らずとは, 知って, 走って, 駈けまわって

▼ 日本文学~ (342, 0.7%)

17 の伝統 8 の中, の城壁 7 の夕べ, の歴史 6 の発生 4 の精神 3 に於ける, の上, の動き, の古典, の基礎, の発展

2 [26件] として至極, に一つ, に就い, に於い, のあらゆる, のなか, の世界, の世界的位置, の代表, の伝統的気風, の問題, の成長, の抒情性, の教養, の消長, の源, の異色作家, の確立, の興隆, はいくばく, はその, は破滅可致候, は風景, を律する, を破壊, 全史

1 [215件] および他, から学んだ, から消え, がもっと, がもつ, がわからない, が万葉集時代, が三二年来, が下らない, が前進, が実質的, が文学, が物語る, が発達, が翻訳, が自ら負はず, が観察, が豊富, が近い, だ, であり中国文学, ではじめて, でも支那, というもの, というやつ, といふもの, として云われる, との対比, とフランス文学, と作家生活, と同じ, と国躰, と外国文学, と婦人作家, と欧州文学, と申しまし, に, にあっ, にあらわれた, にある, における, におけるデカダニズム, における和歌, における明治以来, における河童, における社会性, における近代, における長篇小説, にこれ, にしろ, にその, についてを朗読, について話ししたい, について語る, にとっての暁, にとって歴史的, にとつて, にはそれ, には文学, にもたらした消えざる, に例, に入っ, に対する国際的, に対する彼, に少し, に属する, に新鮮溌剌, に最も, に構成力, に沢山, に河童, に発表, に登場, に精しい, に許容, に近代性, に響いた, に驚異, の, のあり, のいい悪い, のこの, のため, のつきぬ, のとき, のどういう, のもの, のサンボル, のジャンル, のリアリティ, の一つ, の一大収穫たる, の一方, の一種, の今日, の代表的作品, の作品, の偏頗, の傾向, の先進者, の創造, の勃興期, の動向, の双璧, の古い, の味, の地盤, の変遷, の夕, の多く, の客観的, の将来, の年次, の庶民性, の弱い, の思想, の恥辱是, の悲劇, の惨苦, の愛読者, の成立以来, の或, の抒情性特輯, の推進力, の文学, の新, の新しい, の明日, の時代別研究, の最も, の根づよい, の根柢, の業績, の標準, の歴史的, の母胎, の流れ, の海外, の混乱低迷, の滑稽, の特性, の特色, の現れ, の現実, の病弊, の発展途上, の発想法, の発生当初, の発生時代, の発生点, の研究, の社会性, の精神史, の総, の胸中, の著しい, の話, の誠実, の講義, の財産, の貧弱, の通念, の進化, の遺産, の隆盛期, の黎明, は, はいまだに, はそれ, はた, はたいへん, はどんな, はわが, はヒューマニズム, は一つ, は主情的, は今日, は克服, は古来人生, は外国文学, は少なくとも, は既に, は日本, は日本そのもの, は果して, は歴史的, は漢文調, は自ら, は興味, は貧困, へなら, も暗澹, をみる, を世界文学, を仏蘭西文学, を促進, を否定, を外国, を客観的, を少く, を愛し, を成長, を押しすすめ, を支配, を新た, を海外, を私小説化, を育て, を見た, を論じる, を講じ, 全集中, 大年表, 始まって, 新日本文学会

▼ 日本にも~ (339, 0.7%)

5 よく知られ 4 あつた 3 出て, 外国にも, 昔から, 来て

2 [12件] あります, このくらいの, こんな立派, その例, 一つの, 一種の, 僅かに, 初めて新しい, 来たこと, 来ましたし, 死刑は, 知られて

1 [294件] あった, あったが, あったの, あったもの, あって, あなたに, あらわれたこと, あらわれたの, ありしが, ありそう, ありて, ありましたが, ありました租庸調, ありまた, ある, あるこの, あると, あるという, あるの, あるべき筈, あるもの, あるよう, あるギリシア陶器, ある宿根草, あんな連中, いくらも, いった事, いつか一度は, いろいろな, おなじみの, お馴染, かういふ役者, かう云, かかる思想, かつて無かっ, きっとある, きて, こういう偉い, このよう, この二つ, この敵, この気運, この美的陶磁器生産, この頃, これからウラニウム鉱石, これから優秀, これだけの, これに, これほどの, こんなに宝石, こんなに若く, こんなに高い, こんなよい, こんな作家, こんな清水, こんな素晴らしい, こんな豪い, したしまれて, ずゐぶんたくさん, そういう人, そういう若い, そのまま当, そのよう, その余波, その訳, その革命, それぐらいの, それら大家への, それを, そんな無情, そんな物語, たくさんあります, たくさん輸入され, たつた一つ, ちょっと比肩, ちょっと見られない, つたえられた, どっさりある, ないこと, ない音楽者, はいって, まず二人, また全然, まだこれ, まだ芸術, もしかそれ, やかましく云われる, よくない, よし小さく, よほどながく, アカヒキと, イプセンモリエールシェクスピイヤが, シナにも, デモクラシーの, ドシドシ浸潤し, ピオニェールが, ファシズム反対の, プロレタリア文学運動が, 一と, 一人の, 一茶が, 三つプレスされ, 三善為康の, 三四種ゐる, 三月三日に, 世の, 世界にも, 世界の, 丹いね子という, 二つの, 二三種ゐる, 今は, 以前は, 伝えられた, 伝えられて, 伝わって, 似たよう, 住むという, 佐藤氏の, 作り出したいといふ, 作れと, 例の, 保字金や, 偉い人, 偶然的な, 優秀なる, 先ずフランシスコ会士, 入って, 全然ない, 其交渉が, 其辺ぢゆうに, 処女には, 出來, 労働者階級が, 勇敢な, 勲章を, 匂う匂い, 医者が, 参りましたから, 参りましたヴァイオリン, 又類型, 及んで, 古くから, 古く行われたらしい, 古橋式の, 同様な, 唐代から, 四世紀を, 国会開設の, 国運上又は, 国際的な, 在ったが, 変り者が, 外国の, 外来語の, 夙く伝わっ, 多々あった, 多くあります, 多くの, 多少あるべし, 大きな戦争, 大分弘まつて, 天台の, 天然に, 女房を, 存在し, 存在すべき, 存在する, 学者の, 実はあった, 小さい水族館, 少しは, 少し健全, 少なくない, 尠く, 居る, 居るそう, 山水画が, 平和と, 平和を, 年号を, 幾らか金持, 幾人かの, 幾多の, 当然創作, 当然生れ, 影響し, 影響した, 役者が, 御出, 心臓の, 怪異の, 所謂ふちなし, 支那に関する, 改造中央公論乃至, 数年住ん, 数年前に, 文化の, 文芸院とかいう, 斯う, 新しい文学, 新鮮な, 族霊盛んに, 日本特有の, 日本語の, 早く渡来, 明治維新の, 昔は, 時々見かけます, 曾て, 最も友誼, 朝鮮半島にも, 来たそう, 来たもの, 来た事, 来ましたから, 来ること, 梯梧の, 櫛笥殿北山大原の, 次第に洋学, 欲しいと, 母胎から, 民主憲法が, 民主的社会への, 永正元年武州に, 沢山政治家, 沢山来, 波及しない, 流行し, 渉り, 渡れるを, 渡來せんと, 渡来した, 源範頼肥後の, 滅多に, 無い事, 無政府党, 珍しいという, 珍らしかろう, 現在何んな, 現在手品じみた, 生れた合理主義的, 生活そのものの, 産する, 甲子夜話五九に, 相当矜持, 神代から, 禍が, 移された, 移され歴史, 素晴らしく大きいの, 紹介され出す, 紹介され始めた, 絶えず入込ん, 繪書きの, 聞えて, 職業作家の, 職業婦人が, 肺病は, 自然弁証法に, 自然科学者で, 自由劇場と, 舶来品に, 良種ばかり, 花驢が, 若干の, 若干は, 行はれ, 行われて, 行われるならすべて, 西洋にも, 見ること, 負けないほど, 資本主義が, 起こる現象, 輸入される, 連繋を, 邪視を, 銭形平次や, 間もなくそういう, 関係は, 随分アントニイ, 随分古くから, 隠れたる立派, 隨分入, 電波探知機は, 非常に, 音楽や, 類が, 類例が, 飛行機が, 飛鳥時代に, 馬鹿は, 馴染の

▼ 日本から~ (295, 0.6%)

6 持って 4 支那に

2 [27件] もって, フランスの, 取寄せて, 戦争を, 支那へ, 日本へ, 来たばかり, 来たん, 来た女, 来て, 海を, 海外に, 渡米した, 着いたばかりの, 行って, 言えば, 買って, 輸入された, 輸入し, 輸入した, 輸出した, 送って, 送られて, 逆輸入, 遠く離れ, 遠めがね, 離れて

1 [231件] いつた逆, いろんな外国, お馨さん, かぶって, きた, きたん, きた作家たち, きた新聞, これと, しかけたの, ずいぶん作家, ずれて, その御, たくさんの, だ, つれて, でなければ, どのぐらゐ, どんな窮乏, なくなって, はじめて島崎藤村, はるばるこの, ぽッ, みるとき, やってきた, やってきた武徳会, やって来て, ゆくものしだい, わざわざ持参, アメリカへ, インドから, シナへ, パリへ, ブラジルへ, ベルリンまで, ホノルルソルト・レークなどに, ポート, ヨーロッパへ, ヱジプトまで, ヴァンクウヴァへ, 一歩外国に, 一番高い, 一足跳び, 一通の, 上海へ, 上海を, 不平分子を, 世界の, 中国へ, 亜米利加に, 仏蘭西へ, 任那に, 伝え中国人, 伝は, 伴れ, 來た, 倫敦へ, 偉い方, 出した最初, 出ました際, 出る古い, 出席した, 出席する, 出稼ぎでき, 初めての, 区別する, 十年後に, 南洋に, 南洋へ, 占領軍が, 参りましたから, 又朝貢, 取り寄せた桜, 受け継いだ男, 国賓が, 地方語を, 坊さんが, 塩田真氏などが, 外国へ, 外國に, 多数に, 多数の, 大和魂まで, 大和魂までも, 失業者を, 奴隷として, 妖怪博士が, 妻が, 婦人雑誌が, 客が, 小は, 左団次が, 巴里へ, 帰って, 帰る途中, 帰国する, 帰航の, 年々多額の, 引き抜いたら果たして, 弘法大師や, 影を, 思いがけなくだれ, 手紙なぞも, 手紙の, 打ち出したもの, 抗議された, 招聘せられた, 持ち來, 持つて, 援軍を, 携へて, 支那から, 教師を, 数百名の, 文化の, 文化的反動が, 断えず輸入, 新作家, 日本人としての, 日本独特の, 早速道照, 景徳鎮へ, 有力な, 朝鮮の, 木村に, 来たうち, 来たこと, 来たの, 来たばかりにも, 来たもの, 来たヘル, 来た人, 来た作家, 来た僕宛, 来た労働者, 来た学者たち, 来た手紙, 来た新聞, 来た留学生, 来た矢代, 来た貧乏書生, 来た雑誌類, 来た魅力, 来るうち, 来るには, 来るの, 来るまでの, 来る人, 来る助け船, 来る者, 根気よく, 極く, 横川氏の, 欧州に, 欧洲へと, 欧羅巴諸国に, 歌舞伎の, 歸つた留學生などが, 毒ガス研究の, 比べたら安い, 水泳が, 沢山の, 派遣された, 消え去った, 消え去ったと, 消え失せて, 消滅する, 渡ったもの, 渡った百姓, 渡って, 渡つて来た, 渡来した, 漫遊もしくは, 火鉢を, 理性の, 生れた日本, 男女を, 直ぐ此土地, 相当の, 着いた, 知性を, 移された桜, 稱する, 積出されるもの, 米国へ, 純銀製の, 素質の, 締め出しを, 美川君の, 脊負て, 脱皮した, 芝居か, 行くと, 行った者, 行った阿部知二, 行つた名士を, 行つた留學生を, 見えた客, 見ること, 見るならば, 解放されよう, 訪ねて, 詩人として, 誤解の, 贈つた甲胄, 赤紙一枚で, 身に, 軍艦という, 輸入されたらしい, 輸出されてるらしい, 近ければ, 追ひだす, 追われて, 追放され, 追放された, 退去を, 退帆, 送つたアイヌ, 送つて, 送られるべき候補作品, 逃げて, 連れて, 遙, 遠ざけて, 遠ざけること, 遣唐大使, 金が, 金は, 除き去る, 隋へ, 飛んで

▼ 日本文化~ (275, 0.6%)

14 の会 9 といふもの 8 の伝統 6 の一つ, の特質 5 のため, の特色 4 の中, の由來, を守る 3 に於ける, の華, の起原, を代表

2 [16件] の上, の低, の偉大, の問題, の基礎, の恥辱, の本質, の歴史, の発揚, の第一線, の貧困, の進歩, の運命, は農村文化, を将来, を混乱

1 [166件] がだ, がどんな, が光つて, が外来文化, が如何, が完全, が島国的, が形作られ, が形成, が無, が科学的思想, が経済条件, といふ一, として大, との交流, との接触, との關係, とは何ぞ, とギリシア文化, と主張, と云, と称する, と考へた, と関係, なの, なるものの, にあった, においてこの, についての伝統主義, について単純, にとって由々しき, には殆ど, に取っ, に同化, に対しては勿論, に対するヤソ会士, に就, に特に, のあらゆる, のあれこれ, のかく, のイロハ, のギリシア的特徴, のファッショ化, のホント, のルネッサンス, の一切, の一大要素, の一面, の三つ, の世界, の中心, の中心改造, の中枢地方, の主潮, の今日, の会宛, の伝播, の伝統的, の低下, の優秀, の優秀性, の全体, の全般, の典型, の内容, の再, の及ぶ, の古い, の国粋主義的宣揚, の国際主義的強調, の地方性, の変形, の宣伝, の宣揚, の対蹠的, の師匠, の建設, の強調, の急進性, の恐怖, の恩人, の悲しい, の成立, の救, の数々, の日下開山, の昂揚, の時代遅れ, の普遍, の最も, の最高水準, の有力, の根本精神, の根柢, の概観, の様相, の権利, の欠陥そのもの, の正しき, の母胎, の源泉地, の源流, の為め, の特徴, の特長, の独自, の現在, の現状, の畸型的, の病根, の発達, の發生, の眞, の矛盾, の研究, の神髄, の移動, の精神, の精髄, の紹介, の絶頂, の綜合性, の縦走, の縮図, の虚脱, の見方, の観察, の課題, の象徴, の過去, の過渡期, の風俗的, の高, はこの, は上古, は全く, は出来, は台湾, は忽ち, は支配者自身, は教学, は消滅, は紙, は遂に, も区別, やその, や国民文学, や文化, や日本人精神, をし, をますます, をまもる, をシナ文化, を二千何百年前, を南方, を支配, を特徴, を語る, を護る, を象徴, を貫, を貫通, ノ普及ニ役立ツコトハ非常ナモノデアロウ, 乃至文化一般, 新研究

▼ 日本~ (261, 0.5%)

4 が攻め, の勝利 3 が大, のため, の手, の飛行機

2 [16件] が鉄砲, が駐屯, との衝突, の中, の作戦, の基地, の如何なる, の将校, の戰術, の攻撃, の方, の爆撃隊, の進出, はその, はそんなに, は決して

1 [209件] からこの, から受けた, から支那, から離反, がかう, がこの, がこんな, がちゃちゃっとはんごうすいさんをやって, がどう, がなん, がはいっ, がやって来た, がシベリア, がシベリア鉄道, がマレー, がワンワン, が上陸, が何, が侵入, が入っ, が北城, が各地, が奪取, が居, が引上げ, が強い, が意外, が捕虜, が撤退, が散, が最後, が来たら逃げる, が現れない, が竹, が縄梯子, が自衛, が襲撃, が進駐, が首都南京, だ, である, であれば, でかい, ですか, ですよ, ではいよいよ, でも手, といっ, といま戦, とのおかげ, との戦争, と今日, と南軍, と同じ, と戦い, と戦つて, と戦闘, と連絡, なく暴慢, ならさ, なら明, にこびる, にとってたいへん, にとらわれ, になる, にぶっつけれ, にめちゃめちゃ, による香港入城式, に依っ, に刃, に向っ, に圧迫, に大きな, に好意, に対し博士, に対する住民, に対する感情, に抵抗, に捕えられ, に文句, に知らせる, に追撃, のこと, のじゃ, のほん, のよう, のタンク, の一番, の一隊, の一隊長, の不, の主, の作りつけた, の侵リャク, の侵略, の保, の先鋒, の入城, の兵士たち, の兵站部, の前哨, の勇敢さ, の勇猛さ, の占領區域内, の善政ゆえ, の基本的, の奇略縦横, の奴ら, の守備区域, の宣撫, の寛大, の尖兵, の幻想, の御家芸, の必敗, の応援, の惨, の意嚮, の意想外, の戦闘機, の所謂, の捕虜, の斥候隊, の旧, の朝鮮侵入, の来, の正義, の残虐行為, の治水事業, の沿海州撤退, の為, の特攻機, の犯した, の目, の砲撃, の秘密艦隊, の管理部, の精鋭, の腰, の衛兵所, の許可, の警備区域, の豫想以上, の進む, の進入, の進路, の過, の過ぎる, の配置, の釜山撤退, の銃弾入れ, の鋒先, の開発, の陣地, は, はいま, はこ, はこれ, はすぐ, はそこ, はどこ, はほとんど, はもはや, は一万一千, は一挙, は三方, は之, は余りに, は先づ釜山, は全滅, は全線, は処々, は勝ちました, は壁, は大, は大いに, は左右, は後方, は必ずや, は敵, は朝陽門, は死に絶えた, は破竹, は糧食, は良民, への敵意, も入城, も勢い死戦, も比島人, も近い, も長い, やお, らしくないといふ, をだまし, をみくびっ, をむかえうつ, を一もみ, を信じ, を制し, を叩き, を毒ガス, を用, を監視, を迎, を追撃, を釜山, 侮り難し, 入ルベカラズ, 浮足立ったの

▼ 日本における~ (253, 0.5%)

6 最初の 4 プロレタリア文学運動の 3 ヒューマニズムの, ヤソ会の, 新興コンツェルンの 2 キリスト教の, プロレタリア文化, ラジオの, 三年間, 人口に対する, 天皇制の, 文化の, 英語の, 造顔術の

1 [216件] あるいは昨年ビルマ, いちばん古い, いわば一つ, いわゆる婦人, いわゆる総合開発, このヒューマニズム, この時代, この種, そういう町, それと, それとが, まれに, めでたい礼式, ように, われわれの, アイヌ民族の, ウインクの, カフェーの, キリシタン伝道史の, キリシタン全盛時代を, キリスト教布教事業の, キリスト教徒は, シェストーフそのものの, デューイ, ドン, ヒューマニズムあるいは, ファッシズムは, ブルジョア, プロレタリア, プロレタリア文化啓蒙運動の, プロレタリア文化運動が, プロレタリア文化運動全体を, プロレタリア文化運動全般から, プロレタリア文学の, プロレタリア美術展の, プロレタリア芸術運動は, プロレタリア解放運動全体の, プロレタリア運動の, プロレタリア革命への, マホメット教の, ユネスコ運動が, ユネスコ運動は, ユネスコ運動者たちは, ヨーロッパ音楽の, ルネッサンスが, ロマンティシズムの, ロマンティック時代の, 一つの, 一人の, 一定の, 三十四年の, 上述の, 中日国交回復の, 二大, 五七調の, 人民戦線という, 人民戦線の, 人民戦線は, 人民戦線運動に対する, 人民戦線運動の, 今日の, 仏教思想の, 仏教思想史の, 仏教諸派の, 代表的な, 会員の, 位置などから, 個人陶工として, 傑出した, 公私の, 共産主義の, 凡ての, 切支丹復活の, 切支丹文化に, 労働問題解決の, 勤労大衆の, 北海道の, 反宗教運動, 古代信仰の, 同じよう, 同じ問題, 和蘭貿易の, 哲学書の, 哲學書も, 唯一の, 国内的な, 国民論派の, 国語教育者が, 国際軍事裁判所は, 在銘陶としては, 地主が, 地位は, 変動でも, 外国文学翻訳の, 多くの, 大きい社会的情勢, 大窯業地, 大財閥, 天皇の, 夫婦間の, 奇妙な, 女役者の, 女性の, 女流思想家の, 婦人の, 婦人参政権運動或は, 婦人団体で, 学問上の, 学問研究の, 宗教文学の, 定訳たらしめない, 宣教師の, 家庭の, 家族家庭の, 封建性の, 封建時代の, 小市民層, 尖端芸術の, 屁の, 左翼運動が, 布教活動の, 平和の, 平家一門に, 徳川時代の, 排外運動の, 推理小説では, 支那文字の, 教会は, 教育の, 教育を, 教養思想に, 文学と, 文学史の, 文学発生, 新しい国, 新しい学術, 新カント主義, 新カント派, 新劇運動と, 新文明, 昔の, 最もラヂカル, 最も有名, 最も若い, 最も高い, 最初で, 最大の, 未来の, 案山子の, 植物界の, 標準テキストとして, 毎日の, 民主主義文学運動の, 民主主義革命の, 民主主義革命は, 民主的文学の, 民族生活の, 治外法権廃止の, 治安維持法の, 洋學に, 洋画家とは, 流し釉, 激化した, 燒物とても, 特有な, 特殊な, 特異の, 現代文学の, 生産設備を, 産児制限, 田舎の, 画家の, 真の, 研究を, 社会主義的リアリズムの, 社会事情の, 社会情勢の, 社会情勢特に, 社会生活と, 社会科学の, 神のみ, 科学の, 科学的普通教育に, 稀有な, 経済学の, 結婚が, 考古学の, 能動精神ヒューマニズムの, 自分の, 自然主義の, 自然界の, 自由主義の, 若い専門家達, 英国の, 著作権法の, 行動主義の, 複雑独自な, 西夷, 西洋音楽の, 解剖学の, 言論の, 豊臣秀吉の, 貴重な, 資本主義興隆期には, 近代小説は, 連合軍の, 遊女という, 過去の, 重言の, 野蛮な, 開発計画の, 階級的自覚の, 階級闘争が, 雪の, 饑饉の, 魔法の

▼ 日本国民~ (250, 0.5%)

6 の特質 4 のため, の一人 3 の, の中, の大, の心, を代表

2 [11件] が之, が二千年来, である, としてこの, としての自覚, のみがキリスト教, の名誉, の生活, の血液, は全く, は最も

1 [199件] および連合国, がどういう, がポツダム宣言, が一段文明, が先天的特質, が古, が外国, が外敵, が如何, が数多, が歩い, が神話発生以前, が自覚, が苟くも精神, が血, が要求, たること, たるもの枕, たる多幸, たる自覚, たる限り, だ, だぞ, だった, だとも, だよ, だッ, とこの, としてあるまじき, としての可憐, としての矜, としては世界無類, としてまた, としてわれわれ, として一生, として世界人類中, として十分, として守らなけれ, として彼等, として忘, として断じて, として日本, として日本国民, として私, との相互, とりわけ農民諸君, と人類, と南洋民族, なるが, について同様, にとつ, になる, にのみ限れる, にも多少, に依っ, に冠ら, に固有, に敬意, に明るい, に普及, に独立, に独自, に若し, に話しかけ, に鉄道, のこれら災害, のすべて, のたたかい, のアジア, のエネルギー, の一つ, の一人一人, の一員, の一部, の上, の不動, の不易, の世界中, の二千年来此生, の人文開発, の伝統, の伝統的精神, の何, の使命, の利害, の前, の古史神話, の名, の国民性, の基本的, の多数, の天地開闢説, の如き, の姿, の宗教的情操, の実情, の将来, の常識, の平均生活費, の当然, の形体, の思想統一, の悠久知るべ, の意思, の感情, の戦争活動, の支那人, の政治常識, の敬愛, の文学的製作, の方, の普遍, の最大多数, の本来, の歴史, の民主的, の深い, の潜在的世論, の烈々, の熱烈, の特徴, の生命線, の産物, の痛切, の神話学, の総意, の義務, の自由, の自覚, の著しき, の血潮, の見事, の記憶, の認め, の象徴, の貴重, の資格, の趣味, の身, の通有性, の道, の野蛮性, の間, の霊場, の魂, はこの, はさう, はそこ, はその, はなんと, は一時, は万歳万歳, は京都市, は今日, は何, は実は, は実際, は家系, は尚武任侠, は建国二千六百年, は弱い, は忠孝義勇, は快活楽天, は恵王陵, は悉く, は所得倍増, は挙げ, は敗れた, は文化外交, は斯く, は本来日本国民, は枕, は果して真に, は欧州, は此雪, は疑いはじめた, は見究めね, は非常, ひいては人類, もまた, もジェンナー, も今, や日本民族, よ何所, らしい, をし, をびっくり, を如何, を憤起させ, を抹殺, を挙げ, を救い出す, を甘やかす, を生じ, を組成, を解放, 従って, 既に耶蘇教, 残らず全部

▼ 日本~ (249, 0.5%)

6 をし 5 に於 3 の独立 2 てふ, には自, のため, の一切, の全面, の有無, の統治権者, の英雄, は神国, を固

1 [215件] あるを, および日本国民, および日本国民統合, および日本国民自身, がいつ, が保てる, が文明, が旭日, が海面沈下, が締結, すなわち日本, たらしむる, たりし, たる周囲みな海, だけに厳, だ九時, であること, でこの, でない身, でも最早, で学んだ, で登録, というところ, という国, とはその, とは絶えず, と云, と合衆国, と清国, なの, ならずや, に, にあっ, においてその, においてもこの, においても仮に, において今, において学者, において政府, において私, において見, にそこばく, にても今日, にても政府, にて外人, にとって非常, にとり, には三百, には古く, には敬神思想, には未だ, には立派, には耶蘇, にひとつ, に共通, に到るべし, に及びません, に対してめん, に対する私, に居, に建て, に晴さん, に特に, に生々, に生れた, に生れ育った, に道徳, に隠れ, の, のうち, のすべて, のたま, のシンボル, のタンボ, の一男児, の万国, の上流社会, の不文不明, の中, の中央, の中心, の事情, の二十分の一, の人情, の人民, の代表, の住民, の何物, の使, の優越, の元祖, の元首, の公益, の内, の前, の功労者, の古風残り, の合意, の名称, の名誉, の周囲, の商人, の国, の場合, の外, の大きな, の天神地祇, の女, の如き, の始まり, の存亡, の学問, の学権, の富, の小さい, の峠, の帝室, の平安, の強, の捜査機関, の支配, の政治, の政治家, の教育, の旧, の栄名, の森, の歌, の正誤訂正記事, の武家, の比, の気風, の洋学, の海岸, の為, の為め, の熊野, の独自, の発達, の皇子, の皇帝, の禍源, の約束, の統治者, の縮図, の臣民, の覇者, の言葉, の誰, の象徴, の輝かしき, の道中, の野蛮推して知るべし, の首府, の首班, はこの, はじまって, はじまつて, はどう, はもはや, はポツダム宣言, は一つ, は今, は四国, は堺, は存在, は日本人, は月氏漢土, は東洋, は東西, は泉州堺, は生まれ, は盟主, は譬えば, は連合軍, は連盟, ばひっ, へ持ち帰る, も亡びる, も彼ら, より仏法習, より欧州, をいかに, をつくりあげなく, をとくに, をもっ, をもらった, を下さる, を保護, を兵力, を出, を出来る, を取り, を同心, を外国, を救う, を歩い, を滅茶苦茶, を焼き, を知ろしめす, を統治, を維持, を荒れ, を護つて, を負う, を貶し, を退去, を開, を震, を高め, ノ名誉, ノ国法, ノ柱幢, ノ棟梁ナリ, ヲ歩イテ

▼ 日本精神~ (245, 0.5%)

8 なるもの 4 というもの, という語 3 がある, と呼ばれる, の提唱, の本質, の現われ, の確立, を説く

2 [13件] が新, ということ, とすべき, とは何ぞ, なの, に基く, のはたらき, の哲学, の発現, の真髄, を意識, を理解, を過去

1 [182件] か何, があり, があります, があるべきである, がこう, がこういう, がはたらいた如く, が出, が又そう, が外国人, が多義, が現われ, さ, だけでいくら, だけは一番, だとか, だな, だの日本的性格, だよ, であり整, であるかという, である如く宣伝, でなし, ではない, ではまだ, といい得られるであろう, というの, というよう, という問題, という四字, という或, という概念自身, という語そのもの, といえ, といふ茶碗, といわれる, とか大和魂, とか時局, とか東洋, とか東洋哲學, とが如何, とが相反, とが矛盾, として認めず, とそれ, とは, とは凡そ, とは取り, とを対立, と儒教, と剣道方面, と呼ぶ, と曖昧, と泰西文化, と相容れない, と称する, などというテーマ, なる表現, にかへれ, にした, についてもその, にとって有害無益, にのっとった, にまで抽象, による方法, に対立, に就い, に無意識, に目, に立ち返っ, に立ち還る, に関する一考察, の, のいろいろ, のこの, のドレミファ, の一つ, の一特質, の一環, の一粒, の上, の中心, の主, の代表的, の何, の何もの, の内容, の内容如何, の勝利, の危機, の各種, の名, の味方, の問題, の場合, の宣伝教化, の宣揚, の必然的, の意義, の成立, の振興, の探索, の新しい, の昂揚, の材料, の根柢, の検出, の構成要素, の活動, の淵源, の特色, の現われであり, の理想的, の産物, の由来, の発揚, の発現以外, の眞髓, の研究, の研究熱, の種々, の精髄, の表情, の表現, の解明, の語, の重要, の顕現, の鼓吹, はだから, はびく, はもう少し, は反, は外国, は審美的, は必, は恐らく, は批判, は日本, は日本ファッシズム, は明らか, は欧米文化, は永久, は現代, は言葉, は過去, は非, への復帰, への鍵, へ傾斜, も今日, や日本文化, をあきらか, をそこ, をほん, をもっ, を世界的, を中軸, を云々, を以て新た, を体得, を具體化, を勉強, を問題, を審美的表現性, を導い, を強調, を持っ, を昂揚, を明, を植え付けなく, を検討, を正しく, を求める, を独立, を現代, を発揚, を知ろう, を科学的精神, を称えない, を考える, を高唱

▼ 日本~ (235, 0.5%)

5 のお, の家, の生活 4 の宿屋, の草花 3 に訓, のお辞儀

2 [14件] であるが, ではない, なひさし髪, のあらゆる, のそれ, の二階建, の会釈, の台所, の活花, の畳, の肖像畫, の荷船, の西洋料理, の食事

1 [178件] であった, であったらより, でありながら, である, であるかと, であるかに, でその後, でという, ではある, でも彼女たち, で挨拶, という, となり, とダンサア好み, と欧洲風, と違う, な, なすき焼部屋, なの, なり, なハイカラ, なヤルセ, な刀劍, な名, な太陽, な専政支配, な座敷, な手仕事, な横笛, な汚, な現象, にいえ, にし, にしめる, にする, にと云う, にと近づい, になっ, には, にやつ, に両脚, に丸髷, に云, に云わず, に人道主義化, に似, に化し, に化した, に合掌, に変化, に姓, に安心, に建てられた, に弓, に折衷, に改作, に敬礼, に日本風, に消化, に炊いた, に結髪, に考え, に落ちついた, に言う, に訓むの, に訳した, に読む, に造りました, に適した, に酒, に鐘, に食っ, に飾りつけ, の, のさしみ, のしとやか, のもの, のヨタモノ, の一つ, の七厘, の七輪, の事, の二階造り, の人形, の仏法, の傘, の剃刀, の化粧, の名, の四阿亭, の墳墓, の壁, の声, の夜具蒲団, の好男子, の娘さん, の室, の家具, の家屋, の家族, の審美, の小さな, の小舟, の巻紙, の平家, の店舗, の座敷, の庭, の庭園, の建物, の建築, の引き戸, の彩色筆, の感じ, の扁額, の接収家屋, の握り鮨, の料理, の料理屋, の旗館, の日本独特, の昔, の昔気質, の昼餐, の暴食連, の書物, の朝食, の板羽目, の柔かいおとなしい, の桃割れ, の武士道, の歴史記録類, の氷水, の油, の海岸佳景, の淋しい, の温柔, の火鉢, の炒, の状袋, の玄関, の町, の発音, の白木造り, の硝子, の礼装, の社, の私生活, の竪穴, の紅絹, の美人画, の考え, の茶, の落着き, の蒲焼, の衣食住, の表現, の裏漉, の解釈, の設備, の論法, の貧弱, の釜, の長, の障子, の頭, の顔立ち, の食事法, の髷, の鬘, は大学, は胸, もこれ, も西洋風, を以て任, を好みまし, を好む, を棄て

▼ 日本料理~ (234, 0.5%)

50 の部 4 というもの, と西洋料理 3 に馴れ, の御馳走 2 だと, でも西洋料理, にし, の方, の特色, は酒, よりも西洋料理

1 [156件] がいただけた, がうまく, がわれわれ, が何度, が十種, が召上, が喰, が好いかね, が宜, が我々, が本格, が生まれた, だ, だった, だって二汁何菜三汁何菜, だって古来幾多, だよ, であるが, でこんな, でございと, でさ, でささやか, ですね, でとても, では鹿, でも猪, で三十六品, で夜食, で日本人, で無くなり, で非常, という, といえる, といっ, としていちばん, として早くから, との味, とは違つて, と云, と思っ, と為す, と言う, などでは良い, などは食べたい, など分る, なるもの, なれば, にあっ, についてはカラ駄目, につき物, にて大, にはみられない, には材料, にも中国料理, にも国粋, によって生活, に使っ, に慣れ, に無用, に至っ, に視, に適し, に適当, に願ひたいトサ, に鰹節, のい, のすべて, のなか, のよう, の中, の南瓜, の原料, の名, の名手, の味, の場合, の定食, の宴会, の家, の家元, の料理, の晩餐, の根本, の献立表, の玉子酢, の珍しい, の現状, の生, の目, の真価, の突出し, の美味, の胡麻, の膳, の補助味, の言葉, の間, の革新, の食道楽会, の馳走, の高, はこれ, はその, はない, はないだろう, はなんと, はもうそろそろ, はもっと, は味, は器物, は女房, は実は, は幾千幾百, は料理人, は日本, は明るい, は眼, は簡単, は美術的, は西洋料理, は見た, は見る, は追, ばかりでない, ばっかりかと思っ, へ西洋料理, まずそれ, めいたものの, も得意, も特長, も西洋料理, や惣菜料理, や支那料理, よりもよっぽど, をこし, をこの, をつめこんだ, をもって饗, をもって饗応, をやめた, をわざわざ, を会食, を味, を好かぬ, を差上げたら, を廃, を改良, を本気, を研究, を解さない, を設け, を試む, を調, を頂き, を食うた, を食べさせ

▼ 日本~ (222, 0.5%)

4 に向っ, のすぐ 3 の室, の部屋, は, はその, は自分, は馬車

2 [16件] がその, が答えた, のところ, の前, の胆嚢, の膝, の隣, の顔, の黒い, はそう, はそこ, は一日, は写実劇場, は右手, は室, は床

1 [164件] がきいた, がつよい, がどうして, がびっくり, がやっ, がモスクワ, がレーニングラード行, が一度, が先ず, が口, が唇, が広告, が弛緩, が最も, が歩いてる, が砂糖, が耳, が足, が鞄, だってやはり, である伸子たち, との間, とはラグナート, と一, と子供たち, と話し, にくっ, にねばりづよい, に示した, に見出す, に訊いた, に説明, のうしろ, のため, のとなり, のふはいした, のまわり, のわき, の仲居, の写真, の印象, の受けとった, の右隣, の問, の後, の思想, の思考力, の患者, の机, の模範, の滞在, の狭い, の眼, の空色ヤカン, の署名, の耳, の見本, の記憶, の返答, はある, はいそがず, はいつも, はいろんな, はお爺さん教育部長, はこの, はさっさと, はしばらく, はすぐ, はそれ等, はてすり, はびっくり, はほんの, はまるで, はもう, はゆっくり, はオペラグラス, はドア, はバス, はピオニェールカ, はモスクワ, はモスクワ一, はリノリューム敷, はリーダ, はロンドン人, は一九一七年十月, は一枚, は乗合自動車, は二人, は二階, は云った, は今, は今日び馬, は体, は体じゅう, は何とも, は先ず, は再び, は凍った, は前後, は古典的, は同じ, は向い, は変, は婦人講習会員, は婦人講習会員たち, は寂しい, は小さい小さい, は小説, は強情そう, は心, は急, は惜し, は感じ, は感じた, は扉, は持ってない, は明日, は時計, は柔軟, は植民地生れ, は毛布, は気, は海, は皿洗女, は真実, は石油コンロ, は空色エナメル, は窓, は笑っ, は腕時計, は芝居, は英国人, は英領オーストラリア産小鳥, は茶, は蜜, は足早, は車, は軽く, は辞退, は門, は革紐, まで混, も横, も馬鹿, やっかんで, をかえりみた, をこね直した, をつかまえ, をのっけた, をゆすぶった, を不安, を例, を呼んだ, を待たせ, を振返らず, を本棚, を牽きつけた, を皮帽, を羨まし, を見, を見くらべ, を見た, を見る, を見下し

▼ 日本~ (217, 0.4%)

4 支那も 3 それに 2 尊王の, 新羅, 近頃は

1 [204件] いいな, いい運, いちじるしく大人, いつの間にか足もと, いまは, いよ, いよいよけち, いよいよこれからです, いよいよポツダム宣言, いよいよ負ける, えらくなった, おしまい, おそかれはやかれこれ, お終, かなり文化, きっとロシヤみたい, きっと救われる, けさから, この地域, この大勢, この節, これから新しい, これだけの, これまでとは, こんなだ, ご皇室, すべてを, そして全て, そのほか, その傾向, それぞれひどく狭く, それは, そろそろ新人, そんな風, だんだん亜米利加化, だんだん国際的, だんだん発展, どうせ油絵, なか, なさけない, のんびりし, はあこん, はやくそういう, ほぼその, また一人, また半分位, また小児, また忘れ得ない, また米国, まだ頼もしい, まだ駄目, まんざらそれ, みこまれたの, みたし今度国, やがては, やがて彼, やっと国際的, やっぱり究理, やぶれかぶれ, よき歴史, わかって, わからなくなって, われわれと, シナも, シナを, フランスも, ヘルシンキでは, ロシアみたいに, 一世界も, 一日も, 一等国でしょう, 不景気に, 世界の, 世界も, 世界史的規模で, 中古時代には, 中朝, 五年間で, 亜米利加との, 交戦国の, 交易御, 亦その, 亦其病, 亦別, 亦堕ちる, 亦文化国家, 亦本来, 亦相当恵まれた, 亦豐公, 京都も, 今その, 今にそんな, 今の, 今までは, 今世界, 他の, 似て, 何百年という, 偉いこと, 全く同じ, 其通りで, 初めて支那, 危なかった, 又すべて, 又唐朝, 同じこと, 同じで, 同じです, 同じもの, 同じ事, 同じ大きな道, 同じ道, 同樣, 呑気に, 嘉永の, 四千年に, 均しく忠孝一本, 変ったが, 変ったもん, 変る, 外国同様に, 外國も, 外来語に対して, 多聞に, 大東亜共栄圏, 失敗そして, 子供が, 官立大学に, 実につまらぬ, 屹度二十年経つ, 広いと, 広いもの, 当分は, 当然もつ, 心細いからね, 必ず幸い, 急廻転, 成長した, 我が修行, 支那で, 支那もさようには, 救われ黄人, 敗けて, 文学の, 文明國なさうだ, 斯うなった, 日本あの, 日本でございます, 日本江戸の, 明治十五六年頃は, 明治維新によって, 昔は, 是に, 時勢も, 最全盛期, 朝鮮の, 未曾有の, 東京辺では, 東洋である, 構造の, 武力で, 決して例外, 満州事変を, 満更悪く, 満洲, 王朝以前は, 琉球を, 生きか, 発狂しはじめた, 皆共通, 盛んに, 眼を, 累進率の, 結局は, 結局行く, 繁昌する, 脳充血に, 腕力にかけては, 自分と, 英国仏蘭西露西亜独逸即ち, 落目に, 衰へる, 西洋と, 西洋並に, 西洋人が, 見えやしねえでお, 見ならうべきだという, 諾威に, 贅沢だった, 軍事的行動に, 遂にもはやこれ, 遂に金屬, 運の, 遺憾ながら, 長い石器時代, 開らけたものだ, 開発の, 随分怪談, 非常に, 頼襄が, 飜訳権などの, 馬鹿に, 駄目だって, 骨髄まで

▼ 日本アルプス~ (208, 0.4%)

5 の中, の名 3 の万年雪, の大, の山々, の深い, の連峰, の雪

2 [14件] に於ける, のもの, のよう, の主脈, の乗鞍ヶ岳, の仙境, の写真, の命名者, の山中, の登山, の話, の諸, の連山, の麓

1 [152件] おろしの, からとかく, から流れ出す, か空, くらいの厚, そのアルプス, だ, だけで, だけでも南, ちゅうと, ちゅう奴, で, であっ, である, でいえ, では御嶽, では花崗岩, では誤った, でもあるまい, でもそう, でも上高地, でも他所, で最も, で私, という厳粛, という堅, という感じ, という西洋名, という言葉, といえ, といわれる, とかいっ, とここ, とは反対, とを対等, とを比較, と呼ばれる, と称, などの登山記録, における遭難事件, にない, にはそれほど, には見る, にもこの, にも比い, にも永河, にも類, に人間, に共通, に分け入っ, に列座, に導いた, に於, に棲む, に欝葱, に登る, に積, に行っ, に較べ, に近い, の, のいい, のため, のどこ, のどの, のやう, の一大仙境, の上高地, の中屈指, の他, の何処, の先達, の劍岳, の北部, の区域以外, の双, の名称, の命名者ウィリアム, の地ならし, の地帯, の地形, の壮大, の夕日, の大立物, の奥穂高, の屋棟, の山, の山小屋, の山麓, の幻, の御幣, の支脈, の最高点以上, の案内者, の槍ヶ嶽, の洞窟, の特色, の登山口, の登山期, の禿げた, の第, の縦走, の聖境, の裏, の谷, の谿, の貧しい, の連嶺, の遠い, の遭難, の重畳, の重鎮, の雪山, の雪形中, の雪渓, の順礼, の高原, は南北, は言う, は赤石山系, へでも行こう, へ写生旅行, へ分け上り, へ登る, へ登山, へ行き, へ行く, へ行つた時, もいや, や秩父山脈, や米国あたり, を中, を仮に, を広く, を後ろ, を思い出す, を横断, を欧洲アルプス, を照らす, を物色, を統御, を見る, を越え, を踏破, を蹴飛ばす, を軽視, を通じての特色, を通じて之, を通じて容易, を通じて稀, 或はその他, 第一

▼ 日本全国~ (184, 0.4%)

3 に分布, の王

2 [15件] たいていの, に向っ, に知られ, に行き渡り, のすべて, の人民, の君主, の図書館, の地図, の測量, の測量地図, の諸, はもとより, を征服, を旅

1 [148件] おしなべて同じ, から, からぞろぞろ, からイヤ, から人々, から代表的, から菓子, から見, から集っ, が, がその, が今や, が焦土, が自ら統一, その化鳥, だけで, ではどう, では二百何種, でみな, で二十カ所, で二十代, で独唱会, で鰹船, という言葉, としては無駄, どんな山奥, にある, におよそ, にその, にちょい, について言え, にといっ, には千以上, には政治, には毎年十五万人, にひろがる, にひろまる, にひろめ, にひろめた, にまた, にみなぎりわたった, にわたった, にわたって供出, にストライキ, に五十四万人, に亘つた, に会員三万人, に充ち満ちた, に充満, に共通, に割, に及び, に及ん, に売られ, に広がった, に建てられ, に待遇改善, に拡がる, に拡つて, に拡め, に放送, に散在, に数多く, に於, に日刊新聞社五十四社, に普及, に歌わせた, に求める, に無数, に百人, に知らせる, に響いた, に鳴り, のそれぞれ, のどこ, のめぼしい, のキリスト教化, のプロレタリアート, のラジオ聴取加入分布図, のラジオ聴取者, の人, の人々, の人口, の人口割, の作柄, の借家人, の党組織, の力, の労働者階級, の動物中, の各, の各地, の同胞, の城下まち, の子供, の宝石, の寄り合い勢, の工場, の市政, の市長サン, の帚, の手毬歌, の新聞, の新聞紙, の最も, の植物, の正直, の活動, の田, の異教徒, の発明家, の盗賊達, の神社仏閣, の葉茶屋, の金持ちども, の門戸, の風景, はおろか, へ発送, もしくは東京全部, より結集, をあらかた, をあれ, を二つ, を圧した, を巡廻致します, を席捲, を探し, を測量, を漂泊, を漫遊, を潜行, を相手, を股, を襲った, を見渡す, を調査, を通じていちどに, を通じてもっとも, を通じて戦乱時代, を遊説, を震駭, を風靡, 到る処, 同じこと, 或は京都, 更にわが, 調べたなら随分

▼ 日本~ (176, 0.4%)

6 やビール 4 の方, を飲む 3 に限る, の味, の徳利, を一本, を飲み, を飲ん

2 [15件] があるなら戴い, だ, とビール, なら一合, のお, の最初, の熱い, の熱燗, の燗, の盃, もちゃんぽん, や洋酒, をのむ, をのん, を飮

1 [114件] か, かそれとも, があった, があつ, がいちばん, がもう, がよい, が一本膳, が出, が帆村, が無かっ, が飲めなかった, が高価, じゃいけない, だけなら, だけにしよう, だけはどうしても, だけを味, ですが, でひどくいい, といふ左門, とが交ぜこ, とまるで, とウイスキー, と海苔, と米, と紹興酒, と葡萄酒, なら僕, なら小さな, にし, にせよ, になつ, にも馴れた, に比べる, に縁, に酔ひ乍ら卓上演説, のこと, ののみかた, のほう, のやう, のよう, のチビチビ, のバー, の一升壜, の半値, の壜詰, の宴会繁雑, の徳利がま, の最上, の樽, の相当量, の罎詰, の醇, はからく, はさながら, はだめ, はない, はのみません, はひどく, はま, は一々, は他, は勿論, は必ずしも, は最初, は浅酌低唱, は苦手, は遠慮なく, は陽気, は飲みたかった, は高い, ばかり飲む, まで珍しい, もって, ものむ, もビール, も何, も出, も味, も呷った, も飲みつくされ, よりかえって, よりはい, よりもこの, よりも美味, を, をあ, をきらひ, をさき, をのみだした, をのんだ, をはじめ, をぶらさげ, を一升, を冷たい, を固執, を好ん, を安直, を届ける, を滿, を立山温泉, を解する, を貰いましょう, を運ん, を静か, を飮ん, を飲まぬ, を飲みたい, を飲みたかった, を飲み初めた, を飲んだ, 安ウイスキー, 殊にアルコール分

▼ 日本主義~ (175, 0.4%)

4 と自由主義 32 なの, に対する批判, に転向, のもの, の哲学, の批判, の本質, の根本観念

1 [152件] かのエントヴェーダー・オーダー, がこの, がわるい, が何, が勃興, が台頭, が国粋的, が多少, が好ん, が恐らく, が横行, が流行, が自由主義, こそその, こそ中道, だけの言論機構, であった, でありそして, である, であるの, では之, でもなけれ, というの, というもの, というイデオロギー, とかが一体, としての面目, として東洋, として残る, となせり, となっ, とはなん, とはファシズム, とを対等, と並置, と云っ, と呼ばれる, と唯物論, と或, と歴史哲学, と異, などに於ける, などの主張, なるもの, なんて屁みたい, にすすみ, にとっては極めて, にとっては説明, にとって決定的, になっ, になる, には進歩的, にも奮起, による労働組合, に停滞, に如何, に徹底, に於, に本当に, に立つ, に読者, に赴かない, に赴く, に通じ, に阿諛苟合, に集約, のいう, のこの, のピボット, の一つ, の一本質, の一群, の主張, の代表物, の体系, の側, の先駆者, の内容, の前哨戦, の国粋主義の, の埒内, の変質, の大学, の媚態位, の学, の完全, の帰趨, の延長, の文学化, の文学的形態, の本当, の殆, の発展, の社会理論, の窮極, の観, の説明, の諸, の資格, の軍閥的, は, はあまり, はこうした, はともかく, はまだ, はファシズム的政治権力, は一歩原則的領域, は今度, は何等, は例えば, は勝義, は国学的, は大衆, は実は, は幸, は幼稚, は従来, は愈々, は或, は日本型, は東洋主義, は殆ど普及, は淘汰, は現代社会, は理論的, は自分, は西洋の, は駸々乎, への準備, へ御, へ移行, へ行かなけれ, また大勢順応主義, もそれ, も同じく, も響き, や挙国一致主義, や皇道主義, や皇道経済, や自由主義, や連隊長的イデオロギー, よりも寧ろまだ, をとり, を云々, を意味, を批判, を支持, を産み出す, を目, を騒い, 乃至民族至上主義, 新日本主義

▼ 日本~ (163, 0.3%)

14 を着 4 の着流し, を改良, を着た 3 に着換え, をき, をきた, を着る 2 で出かけた, といえ, の上, を少しく

1 [117件] からも殆ど, があげられる, があるなら, がきらい, がとても, がよく, が余計, が却って, が喜ばれました, が好都合, が着, さえ着, だから, だと, であって, でそれ, ではなく, では外聞, でもかめへん, でも勤められる, でも洋服, でも衛生上, で出かける, で出ろ, で別人, で愉快そう, で控え, で旅行, で茶, で行きました, で行っ, で行った, で食堂, というもの, との美醜, と日本語, などはない, などは賢い, などを着せられ, など頗る, ならどこ, ならまあ, なら片手, なら羽織袴, にあらわし, にかぎります, にかぎる, にしかず, には, にはビラビラ, には美, にエビ茶, に大小, に着代え, に著, に袴, に近く, のあなた, のいい, のまま, のもの, のハルビン, の下, の不体裁, の全体, の前, の古, の商人, の妻, の娘さん, の子供, の愚劣さ, の改良, の方, の時, の晴着, の染模様, の気候学的物理的生理的, の細い, の美的価値, の美術的価値, の胸, の裳, の賜, の身じまい, はよく, はドウ, は働く, は私一人, は西洋服, ばかり着, へくるまっ, も洋服, も着ず, やぎごち, よりも支那服, をまとっ, をまとった, を久々, を以て勝れり, を出せ, を好きまし, を愛好, を拵え, を来た, を眺め, を着け, を着けた, を着こなす, を着しいたる, を着せ, を着たる, を着用, を脱がぬ, を身, 別して浴衣, 程よいもの

▼ 日本政府~ (161, 0.3%)

3 と可, はよろしく

2 [14件] が施政, に信頼, に対して申し込ませる, の堀盛, の官吏, の役人, の手, の措置, の處置, の責任, の貴, の間者, は日本人民, も英国

1 [127件] からは一割二分, からもらう, からドイツ, から抗議, から支那政府, がある, がこの, がその, がもしも, がサイパン, が大いに, が戦争責任追求, が裁判判決前, が見, が許可, が高率, でも悲鳴, で払わなけれ, としての誓約, としてはこの, との契約書, との間, との関係, と事端, と安, と歴史家, なし政府, にある, において交易条約, にたいしては慎重, にていえ, にて余, にねじこむ, によって重用, による検閲制度, に一種, に不, に云, に在, に対して悪, に平和的条約, に忠実, に服從, に無断, に申告, に迫っ, に通告, に雇われ, に電報, のお, のため, のとりしまり, の一年, の上海警戒, の代表, の体面, の依頼, の信任, の八百長, の公認, の内務大臣, の出先役所, の力, の名, の命, の命令, の官員, の対外的声明, の対韓策, の對韓策, の差圖, の形態, の御, の微妙, の微弱無気力, の心, の意気込み, の感情, の援助, の撰びたる, の旅行免状, の日和見, の望み江戸, の植民政策, の権威, の機密機関, の汽船, の理解, の眼, の行爲, の誠意, の軍事探偵, ははじめ, は一方, は二百四十万弗, は今, は他方, は価値, は内外, は同, は否定, は国民, は当時日本, は快く, は戦時中情報局, は此忠良, は武力, は米公使, は脱退, は謝罪, は軽卒, は近ごろ露国, は追放, は開拓団, は随分, は韓国皇室, は韓國皇室, もこの, もまた, も世話, も何等, も始めて, も微妙, や憲兵隊, を日本国民一種族, を馬鹿, 及び日本國民

▼ 日本婦人~ (150, 0.3%)

2 [13件] が出, が白人, である, と結婚, の中, の多く, の教養, の現在, の理想, の美し, の習慣, の華, はみんな

1 [124件] があれ, がおくれ, がズングリムックリ, がツウル, が世界, が二人, が嚥, が外, が外国語, が妻, が揃い, が明治, が昔, が毎日, が物好き, が突然, が自己, たる私共, だった, でお, です, で二十五, としてのウィーン, としての母性愛, としては先ず, として子供, として当時新聞, として磐長姫, とともに仲よく, とは平生, とやはり, と全く, と共に散歩, と生れた, と話したい, なぞは少から, にあまねく, にはその, には欠乏, に劣らん, に可能, に対して生き, に比べ, のうち, のやう, のやや, のキモ, のキモノ, の一人, の一団, の一種, の一般, の上, の不, の何人分, の優美, の先覚者, の労働力, の可能, の味, の善意, の国際性, の大, の大いに, の将来, の常, の常套思想, の平生, の教育程度, の文化, の智的貧弱さ, の最も, の有様, の服装, の権利擁護, の洋装, の洋装批難, の為, の為め, の無, の状態, の狂噪, の社会的成長, の第一人者, の総動員, の美しい, の美徳, の美点, の美質, の血, の貞淑, の貞淑さ, の運命, の頭髪, の風俗, の黒襟, はとにかく, はほめられた, はわれわれ多く, は一九一九年, は体格的, は侮り, は別に, は外, は大, は大概毎日入浴, は大概顔, は折角, は特に, は率直, は皆結婚, は知情意全般, は辛苦, は遅, は額, も大使館関係, も行った, らしい清し, をまねるあり, を女房, を妻, を戒める, を細君, を誘っ

▼ 日本国中~ (147, 0.3%)

4 の人 3 の人民, の人間ども 2 に在る, のどこ, の人民一人, を遍歴, 到る処

1 [127件] いいえ唐, いらざる処, およそ三千万人, がこの, が一つ, が大分, が引っ繰り返っ, この中山, この矢追村, こんな美しい, すぐった大, その勢い, その責, ついて, では, でも違う, で公判開始以来, で兵庫県, で捜そう, で民政, で無類, で見よう, どうなる, に, にいま, において封建, にお前, にその, にただ一人, にて明治, にどの, にどれ, には将軍殿下, にひろがっ, にも洋学, にヤマノイモ, にライフル, に与えた, に二つ, に仕合せ, に及ぶ, に多数, に子, に宗弘, に小学, に帳合法流行, に慶應義塾, に散在, に此奴一人, に残つて, に知れ亘ったなら, に知れ渡っ, に福澤, に行われ, に雨, に鳴る, のあらゆる, のおのおの, のため, の人々, の人口三千四, の人物, の人間, の何十万人, の刀, の同流, の図書館, の塾生, の士族, の大名, の大小神祇, の婦人, の学校, の学者先生, の学者達, の山奥, の山家, の山谷, の幕の内, の手の, の日本, の有名, の毎, の漢学者, の立場, の習慣, の製材所, の諸, の車夫, の輿論, の金, の鈍い, の門並み, の隅々, の風俗習慣, はその, はもちろん, へ蜘蛛, をあるき廻っ, をこの, をし, を修行, を唸らせる, を巡り, を指し, を探したら, を探し回った, を探す, を放浪, を旅行, を流れ歩い, を皆殺し, を相手, を経, を自活, を行脚, を西行, を訪ね, を顧, 到る所, 悉く漢学, 数えきれぬほどの, 穿たざる女, 自惚, 至るところ, 至る所, 苟も書

▼ 日本という~ (135, 0.3%)

21 国は 14 国の 8 国が 5 ものが, ものの, ものは, ものを 4 ところは, 国に 3 国を 2 ことが, のは, 一つの, 国から, 観念が

1 [51件] ことについて, ものと, ものに, ものにたいしては, ものについての, 一ツの, 一個の, 世界の, 中から, 事を, 先進国の, 列島が, 名さえ, 唯一の, 国およそ, 国さえも, 国でこそ, 国では, 国と, 国について, 国には, 国ほど, 国も, 国号も, 国名も, 国土が, 国家, 國の, 土地に, 大国に, 孤島の, 小さい貧しい島, 島の, 島は, 庭園的の, 愛唱される, 感じが, 新世界, 新天地の, 東洋の, 海図上の, 独立国では, 祖国に, 統一は, 自分の, 表現とともに, 貧乏国には, 限界が, 順である, 順に, 魔物と

▼ 日本画家~ (134, 0.3%)

3 の作品 2 が写実, であつ, の, のお父さん, の中, の田村, の良心, の蘭沢, は日本画

1 [113件] あるいは南画家, があまり, があり, がいた, がいる, がこの, がその, がもし, がゐる, がゐるであらう, が今日, が余り, が写生画, が多い, が巴里, が幽霊, が新しい, が現, が現代生活相, が目前, が裸形, であるとか, では大観, でカンバス, で実際, といふ風, とし, としての放庵, としての方, としては珍, としても有名, として必要, として相当, とは何ぞ, とは日本人, と二人, と吉岡氏, と同日, と洋画, などにはこれ, なども西洋画家, にし, にそれぞれ悪魔, にとっては困難, にはずいぶん, にも日本画, にも西洋画家, に与え, に会った, に対する天啓, に描かし, に油絵, のある, のうち, のことごとく, のよう, のデッサン, の一日, の一本, の一種, の中年, の作物, の例えば, の内, の制作上, の半, の名前, の場合, の大半, の大家, の持物, の方, の日本画材料, の横山大観, の点呼, の生活, の精神, の素描, の肉筆, の芸術家, の苦しい, の誇り, の諸君, の軸物, の通有, の間, の陥る, は, はかなり, はこの, はそれ, はどんな, はない, はない如く, はキューキュー, は一つ粉本, は世界, は別, は多く, は実業家, は川向, は手, は自然, は若い, は頼りすぎ, は鸚鵡, への紹介, もその, らしくそつ, をすべて芸術家扱, を半蔵門近く, を多少, 徒に古画

▼ 日本武尊~ (131, 0.3%)

5 の御

2 [15件] がここ, が伊吹山, が東征, のお, の伝説, の出征, の征討, の東征, の軍, の運命, の遠征, はその, よりも本当, をお, を祀る

1 [96件] がお, がこの, が亡くなられた, が信濃坂, が兇賊, が出雲建, が勇武, が古事記中, が天皇, が女装, が実は, が平, が日本武命, が景行天皇, が東, が東夷, が東夷征伐, が熊襲, が秩父, が草, が遭難, だの万葉, であり大友皇子, であるから, でさえ, でもあっ, とその, と大友皇子, にて座す, にならっ, にも当る, に下し, に似, に命じ, に抗, に殺された, に附会, のこと, のため, の事, の二ツ, の休憩, の伝, の出雲建, の功績, の場合, の屍体, の常陸, の御名, の心, の悲劇, の捕虜, の故事, の新, の方, の昔, の東夷征伐, の死体, の殺され, の焼津, の熊夷, の経略, の蝦夷, の西征東, の足跡, の路, の退治, の遭難, はその後, は信濃, は幼少, は日本紀, は熊襲兄弟, は白鳥, は自分, もこの, もそれ, も危うく, も東征, よりも強い, をいつき, をこういう, をし, を一度, を伊吹, を始め, を御, を東夷鎮定, を祀れる, を祭神, を蝦夷征伐, を言う, を遠, 即ち槻弓槻矢, 否大友皇子, 当郡最高

▼ 日本固有~ (123, 0.3%)

17 のもの 9 の語 7 の文化 6 の物 3 の学, の精神 2 の国風, の妖怪, の文字, の発達, の言語, の道徳

1 [66件] すなわちいつ, というべき, なもの, な文化, な樹, に成り立った, に発達, の, のうまみ, のおとぎ話, のこの, のしかも, のよ, の人情, の俳諧連句, の優れた, の処, の国性, の國性, の地名, の奇術, の子安観音, の存在, の学問, の學問, の山野, の平民文学, の建築, の形, の忠孝, の思想, の思想家, の性質, の慣習, の文明, の斎忌制, の日本独特, の日本的範疇, の条件, の柔道, の植物, の武士道, の涼し, の演劇, の演劇形式, の特色, の独特, の神祇崇拝, の空気, の美術心, の美術表現, の自然観, の舞踏, の藍色, の詩形, の諸, の貴重, の趣味, の部分, の陰陽術, の雅味, の風, の風俗習慣, の風景, の風景美, らしい特色

▼ 日本~ (118, 0.2%)

4 のニオイ 3 を抜い 2 とピストル, と云, に大和魂, の味, を一本, を二本, を持ちだし

1 [97件] かを隠し, があったなら, がそこ, がならべ, が何, が出品, が架け, が桟橋, が立てかけ, が鋸, さして緊張, じゃない, でざくり, でずばり, での名刀, でバッタバッタ, で先ず, で危機, で埋められ, で女房, で戸, で斬られた, で斬り捲くる, で銃砲火薬店, で随分, で頸, といふもの, と浮世絵, など片手, にかかった, にて切り卷くる, にでも頼み給, のあの, のささった, のすぐれた, のぬき身, のよう, の二本, の切ッ先, の切味, の原料, の峰, の持つ, の斬れる, の方, の柄, の歌, の美し, の鞘, の鞘みたい, はどこ, は不要, は凄み, は朽ちさせ, は洋刀, は荷抜屋, やピストル, をあずけた, をお見舞, をきたえる, をこねまわした, をとりだし, をもちまして一寸, を交互, を借り, を前, を吊し, を吊した, を執った, を大切, を大盤, を弄具, を引抜い, を引掴ん, を手, を抜いた, を抜き, を抜き放した, を持っ, を持った, を持出し, を振っ, を振り廻す, を握り, を洗っ, を液體, を片手, を用い, を縁側, を置く, を背, を背中, を見る, を造り始めた, を鍛えた, を鞘, を颯爽

▼ 日本一太郎~ (113, 0.2%)

3 とお, のほう 2 がお, のこと, の手品, はお, は笑っ

1 [97件] が, がいった, がいや, がおり, がこの, がじっと, がそう, がつい, がときどき, がはじめて, がやって来, がよりかかっ, が取り出し, が口, が大丈夫金, が帰っ, が控え, が笑う, だった, でございますが, というお前, という手妻使い, という芸名, として一度, とならん, とははじめ, とやら実, と同じ, と名乗る, と申す, と計らっ, なる手妻使い, にこう, についてその, には気がつかず, にも楽しかっ, に会った, のあ, のいう, のいささか, のことば, のまえ, の姿, の手腕, の扮, の指先, の浴衣, の漁師, の着物, の端麗, の考案, の顔, はあと, はいか, はいっぱし, はいま, はおどろき, はこう, はすぐ, はすこし, はそう, はだんだん, はどっち, はやっぱり, は一, は何, は壁, は妙, は年恰好, は彼, は手品, は昔, は木場, は死んだ, は毎日毎晩, は眼, は睡, は破れ三味線, は磯五, は端麗, は笛みたい, は筋みち, は舞台, は芝店, は語, は足, は金銭, は顎, は風呂場, も一度, も話材, をたずねた, を後見, を思い出し, を見かえし, を送っ, 新考案

▼ 日本~ (102, 0.2%)

3 に数え 2 に唱った, に数える, に用, の, の刺身, の宿屋, はあんな

1 [85件] からいえ, では, ではない, で行く, なこの, ならば, に, にいえ, にいへ, にかぞえれ, にすれ, にはまぎれ, によく, にハタ君, にワシントン・ジヨージ, に云, に云う, に低い, に俗化, に合掌, に大, に娵, に完成, に崩し, に手, に挨拶, に敬禮, に数, に早速, に書く, に櫛, に牛鍋, に省い, に解釈, に言え, に読む, に連綿, に頭, に駒太郎, のお八つ, のお辞儀ぐらゐに, のこんな, のたしなみ, のやり, の事, の勘定, の厠, の名人芸術, の土壁, の大名, の天麩羅, の奇麗, の婚姻, の孫子, の家, の幽霊, の忠, の感傷主義, の手相, の採点, の文化統制, の文学者, の木, の本箱, の机, の歓待, の洗肉, の漕法, の漢字, の窮屈さ, の立礼, の紅白, の絃歌, の茶屋小屋, の茶碗むし, の落語, の落語滑稽, の見え, の読み方, の講演, の部屋, の食物, の飾りつけ, もしくは封建的, 或は寧ろ

▼ 日本において~ (101, 0.2%)

1 [101件] いかなるわけ, いずれが, おきたくない気, この新釈, これが, これまで, これを, さへ, そういうこと, それを, たぐいまれな, ただ翻訳上, たぶん富, どうして男子, どんなに重大, はなはだ緊要, ひとり法律家のみの, また市町村会議員, まだそんなに悪い, まだ十分, まだ禅宗, やたらに, より外国, スメドレイの, ソクラテスの, ソヴェト権力による, プロレタリア作家の, ユネスコに対する, ヨーロッパの, ワグナーの, 一つの, 一種独特な, 三百万人の, 二つと, 人権を, 人道主義や, 全般的な, 公表された, 初めての, 初めて独創的, 創造せられた, 労働運動の, 古来神という, 各界を通じて, 同じ文化運動, 唯一のみ, 国常立尊の, 坦々たる, 天皇の, 如何に, 完成せられた, 実験的の, 容易に, 少なくも私, 工藝が, 平凡なる, 彼の, 意味の, 或る, 拡まった, 支那の, 政治と, 文化反動との, 新しい民主生活, 新しき様式, 日本古来の, 昔から, 曽て, 最も大きな, 最も注意, 最も烈しい, 朝廷という, 民主化の, 民主団体平和団体は, 民主戦線統一は, 法律とは, 独自に, 現に存在, 発達したる, 発達せしむべき, 直ちに社会主義的リアリズム, 真の, 石器を, 科学の, 立憲政体の, 米国における, 純中世風, 美学上における, 著しいといふ, 行われぬよう, 見出される, 言論の, 貝塚を, 近代活字を, 都鄙上下の, 鎖國の, 開催され, 開闢以来かつて, 開闢以来稀なる, 階級対立は, 雪の

▼ 日本~ (98, 0.2%)

2 にする, の, のローマ字, の女, の弥陀浄土変, の彌陀淨土變, の旅館, の現地解決主義

1 [82件] か西洋式, であるが, でいえ, でしかも, でどこ, ではない, でやれ, でをかしい, とか西洋式, として受け容れられ, となり, と呼ばれる, なお部屋, なもことし, な孔子, な小綺麗さ, な小銃, な畳, な花柳放蕩, にこなれた, にない, にやっ, に倣っ, に太郎, に李太郎, に胸襟, に西洋人, に言, に言っ, に還元, ね, のいつも, のお, のお嬢様, のところ, のゴチャゴチャ, のニギリコブシ, のプラグマチズム, のプロダクション, の不断着, の中流, の儒教論理, の剣術, の卓抜, の喪, の坪数, の天麩羅, の女性, の客間, の宴会, の家屋, の庭園, の庭園術, の建築, の御, の思想, の推理法, の新しい, の晩餐, の晩餐会, の歌舞伎趣味, の正餐, の気分, の浮世絵, の温浴, の白壁, の童男童女, の簡単, の粹, の絵, の美人, の製鉄法, の西洋料理, の西洋間, の読本, の遊び, の野菜畑, の顔, の風呂, の鶏頭, ノ木製, 悪趣味

▼ 日本内地~ (92, 0.2%)

4 に於ける 3 に散在 2 では殆ど

1 [83件] からいよいよ, からその, からそれ, からやつ, から来る, から爆薬, から見, から輸入, がやがて, だか, だけをにらん, でさ, ではちょっと, では一尾, では天, では麻雀賭博, でも中部以南, でも同じ, でも奈良朝, でも武蔵野, でも相当, でも近頃, でイズム, で本属唯一, で製造, というもの, と同じ, と植民地, にある, にいる, における, にその, には強力, には長い, にも十万石, にも引かれ, に働い, に居ります, に於, に生き残っ, に移住, の, のどんな, のダンサー, の上空, の切支丹, の博物館, の同胞, の地点, の城, の多く, の大, の好景気, の学校, の工場, の幽霊, の手, の放送時間, の方, の旅, の旅行, の村落, の標準, の正月, の深, の生活全体, の石佛, の繩紋式土器, の輸入超過, の都会生活者, の陸地, はどう, は勿論, は四季, は文化, は最早, へ押しこめる, を周遊, を旅行中, を行く, を遍歴, ノ改造, ノ改造ニ經驗

▼ 日本~ (90, 0.2%)

20 して 4 されて 3 したと, せられて 2 したもの, すること, せられた象徴詩, では, の未だ, を笑い去る

1 [48件] が既に, が求められ, が見える, が認められる, が起こる, された味, された淡彩, された翻案, された翻訳, された近代芸術, されわが国独得, されわれわれ, したところ, したるは, した様, した無韻, した程度, した結果, した自然主義, した音, しつ, しない大黒天, しない純然, しなかったこと, し去ったの, し国民情趣, し得た我々, するため, するもの, する言語, すれば, せしむる, せしめて, せられたもの, せられたる者, せられた時代, せられを, せられ独特, であるかも, というなら, というよう, の完成, の有無, の極, は外来, を免れ, を最も, を認めた

▼ 日本じゅう~ (88, 0.2%)

5 の人 2 にどれ, に迎えられた, に隠れ, のうわさ, の人々, をいや

1 [71件] いたるところ, お米, がこうして, が大きい, が戦争, が森閑, が犬だらけ, でいちばん, では今, では戦災, で何百万人, にある, になりひびいた, にひろがっ, にもあるまい, にもないいい, に一日, に二人, に婦人, に幾躰, に灰色, に知れわたりました, に見せつけ, に踊, に非常, のあちこち, のあちらこちら, のあらゆる, のすべて, のど, のどっさり, のみなさん, の不如意, の人びと, の人民, の人気男, の名, の多く, の女性たち, の妻たち, の宝石, の家々, の家庭婦人, の少女たち, の役者, の律気, の憂い, の数千数百万, の村, の武士, の物音, の理性, の男の子, の穀物, の給料, の美術品, の者, の警察, の警察官, の農村, の開港場, の青年, は地つづき, まわるので, をぐるぐる, をさわがせた, をふるえあがらせた, をわきたたせました, をアッ, を草鞋がけ, 歩きめぐって

▼ 日本歴史~ (75, 0.2%)

2 というもの, に詳しく, のあみだした, の上, の証する, を一貫, を動かした, を貫く

1 [59件] あつて, あるのみ, から造り出した, が欲しく, での暗黒時代, では平家, で知り得る, で養われ, とでも言, における最も, には見られなかった, に於い, に明らか, に未曾有, に欠けた, に特有, に示され, に趣味, に通じた, に関する極めて, に関する特に, のこの, のすべて, のカイビャク以来, の初歩, の学問的研究, の家系譜, の專攻者, の授業, の教科書, の新しい, の明らか, の智識, の無, の特性, の研究, の研究その他, の科学的研究, の立ち場, の解釈, の認識, の變, の貴重, の關白, の非, はあまり, は十分, は眼, は表, を学ぶ, を明治以後, を書い, を書く, を知らず, を研究, を習った, を見れ, を読ん, を通じてかかる

▼ 日本~ (73, 0.1%)

4 の記録 2 の水源, の虚, の要求全部

1 [63件] からの出席者, からの婦人, からの移住者, からは伊藤俊介, からは日本, からも贈物, がよく, が受動的, では今後, では早川雪洲, でも特に, で折れる, で指定, としては病院関係者, として決意, とも南京政府側, とを結ぶ, とロシア側, と外国側, と関係, にはまもなく, には不明, には彼, にもまた, に引き渡した, に看護婦, のこうした, のこの, のこまかい, の三人, の主, の主要人物, の主賓, の代表, の使臣, の信仰, の奇襲, の婦人, の婦人客, の客, の将校, の意志, の意志表示, の捕虜収容所, の支那人巡査, の日付, の武装解除, の死傷者七千二百人, の民政上, の江戸時代古文書, の決意, の立役者川路聖謨, の舞, の要求七ヶ条, の軍部, の通報, の除き, の雪, はあの, は口, は総, へ深い, 全權川路左衞門尉

▼ 日本~ (71, 0.1%)

3 で書き, に直し 2 で書い, で書いた, の手紙, の方, の書翰

1 [55件] が分かる, が恰も, でした, ではない, でも欧文, で作製, で例へば, で原文, で書かれた, で書く, で認め, として通じ, とで, とでその, とで書かれた, となり, になおす, になつ, には余り, にも發表, によって書かれた, による小説, に作り直した, に対する神経, に新しく, に書きなおす, に直され, に翻訳, に訳し, に訳する, のなか, のみで發表, の参考資料, の小説, の憲法, の文脈, の最後, の模範, の歴史, の種本, の表現法, の間々, はむしろ, は事務, は会員, は眼, や英文, や諺文, をもっ, をも立派, を書いた, を書き出した, を英語, を解する, を読み得る

▼ 日本映画~ (68, 0.1%)

3 の将来, を見 2 の水準, の製作

1 [58件] か西洋映画, が逆, が高い, だけがそう, では, で満足, としては相当, とその, について素子, について農村, にはこうした, には無縁, に似た, に愛着, に於い, に食事, のおびただしい, のダイアローグ, の健全, の傑作, の優秀作, の優秀作品, の内的世界, の嘱託, の噂, の国際的価値, の大, の方, の昔, の根本的幼稚さ, の発祥, の発達向上, の空虚さ, の芸術的, の芸術的水準, の観客, の質的向上, の進出, の髷もの, はほとんど, はバラック, は七%, は嫌い, は必ず, は新派悲劇的, は欧州物, は現在, もいろいろ, をし, をもっ, を一定, を一概に, を上映, を低く, を作る, を観る, を誕生, を買込み

▼ 日本~ (67, 0.1%)

46 一の 4 二の 3 一級の 2 一なり

1 [12件] 一たるは, 一であり, 一ラジウム温泉の, 一乗馬の, 一位の, 一古今独歩と, 一大軍神健御名方の, 一大軍神建御名方命を, 一大軍神諏訪明神の, 一第, 三の, 二のみ

▼ 日本帝国~ (65, 0.1%)

4 のため 2 ではない, には斯, の忠良, を始め

1 [53件] から締め出そう, がどうか, が国際的, こそこの, っ, としての口, との間, とチベット国, と同義, には国民, に向っ, に対して試みた, に於きまし, に関係, の不名誉, の不為, の中堅, の中学, の代表者, の利害, の十分の一, の国体, の国威, の地質図, の大きな, の天皇, の学生, の守備隊, の富, の対満州国行政, の心臓部, の忠実, の憂, の憂鬱, の支配者たち, の根本, の植民地, の歴史的現実, の為, の締結, の臣民, の製艦技術, の軍人, の軍機, の首都, は果して, は直ちに, を亡ぼし, を売る, を守る, を背負っ, 乃至日本国民, 決して不徳

▼ 日本とは~ (64, 0.1%)

3 違って 2 ちがって, 事情が, 全く異, 反対に

1 [53件] いつ戦端, おおいに違う, おなじよう, かぎらず世界, この輩, そこが, その世界的地位, ちがうの, ちがった騒がしい, どういふ, まったく天地, まつたく別の, まるでち, まるで比較, まるで違っ, もちろん人情, よほど違う, 何か, 何の, 全く違っ, 切っても, 前年すでに, 商人を, 商業上の, 国情も, 地球の, 変つてゐる, 大そう, 大分発音が, 大分考え方が, 大分違つてゐる, 大體年數, 対面する, 対面するだろう, 少し意味, 少し違う, 思われない, 思われない不可思議, 支那の, 東洋と, 格段の, 異つて, 相当異, 西欧に対して, 親善の, 詩の, 違いさ, 違い脇目, 違い言語, 違ったもの, 関係の, 隨分違ふと, 非常な

▼ 日本古来~ (63, 0.1%)

3 のもの 2 の彫刻, の文化, の文学, の神道

1 [52件] の, のいわゆる, のからぶり, のカナヅカイ, の不自由, の仕来り, の伝統, の信仰, の倉, の兵制, の兵法, の及び, の名作, の国民的観念, の家族制度, の巡遊伝教者, の彼女達, の思想, の戒め, の文化イデー, の文化教養, の文学的様式, の方法, の旧, の書物, の柔術, の歌, の武士道, の武士道的教練, の泳法, の演劇, の演劇伝統, の演劇的伝統, の物, の特技, の知恵, の短い, の神話的, の競技, の精神歴史, の美術工芸品, の習慣, の肖像彫刻, の行事, の詩形, の論理, の道, の道化戯, の随筆, よりの神道, よりの芸道, ノコノ日常語ガ

▼ 日本~ (63, 0.1%)

9 のもの 4 の鏡 2 のシガレツト, の漢字, の風景画

1 [44件] か支那製, だって立派, でしょうね, でな, で外側, で岩代屋, というマーク, となっ, と思はれる, なりと斷定, にもその, のこの, のつまらない, のやくざ, のフィルム, のブリキ, の丸い, の古き, の品, の品物, の地蔵, の奴, の字, の安物, の提籠, の梵語辞典, の洋書, の火薬, の物, の物尺, の玩具, の理化学的器械, の紙屋紙, の自転車, の詰換, の造花, の金庫, の釣鐘墨, の錦, の青年, の靴, ばかりだ, や時々, を買い込ん

▼ 日本神話~ (61, 0.1%)

7 に於 5 の天地開闢説 3 も亦 2 と吠, に混入, の立田媛, は其中, は天地開闢説

1 [36件] では重要, というもの, との此点, と上代, と南洋神話, と同じく, と日本説話, にあ, には兄弟, に之, に就, に応えん, に英雄神, に見ゆる, に関する一個, に類似, のこの, の人文英雄神, の史的源泉中, の基礎形式, の大立物, の形成, の復活, の息吹き, の特色, の研究, の神山, の素盞嗚尊, の説明, はまた, はダブッ, は別に, は動物説話的分子, は唯, は多く, 猶太神話

▼ 日本國民~ (58, 0.1%)

5 のひとり 2 はこの

1 [51件] がじ, がつくった, が十分, が國, が外國, が支那, でなくても, として所有, として日本國土, にある, にし, にとつ, に負, のうち, のする, のはう, の一人, の一員ぢ, の中, の僞ら, の利害, の力, の古今, の大, の憲法, の文化的素質, の文明開化, の爲め, の生活, の總意, の著しき, の象徴, の趣味, はそれ, はだれ, はまだ, は二十歳以上, は其, は國家, は外國, は大好き, は妙義的也, は山中, は恒久, は文化, は本, は柔和, は正, ノ國家觀ハ國家ハ有機的不可分ナル一, ノ神ハ, 亦同

▼ 日本独特~ (57, 0.1%)

9 のもの 2 なもの, のこと, の伝統, の詩

1 [40件] であって, であるところ, な理解, な精神, な過去, の, のせわしく, のやり方, のダラダラ, のプラン, の五重塔, の同時に, の哲学体系, の土壤, の妙諦, の封建的専制主義, の山女魚, の政治理念, の文芸, の新, の日本, の東洋的諦観, の歌劇, の民主主義, の清潔, の演劇, の物, の現実, の発達, の精神, の美, の習慣, の花火, の花道, の芸術, の軍事学, の醜悪, の風俗, の風景, の鳥

▼ 日本プロレタリア文化連盟~ (56, 0.1%)

2 に加盟, のこと, の出版所, の関係, をわたしら

1 [46件] からは参加団体それぞれ, から出版, から刊行, から大衆, から奪われ, から発刊, から発行, がつい, が一九三一年九月, が参加, が日本, が結成, こそ数百万, だって当人たち, では二月選挙, で働い, というところ, というの, とその, となった, とは小林多喜二全集刊行委員会, によって行われる, に加えた, に加えられた, に加える, に対する反動支配階級, に結集, に統一, に関し今度, に関する問題, の具体的, の出版部, の参加団体, の存在, の活動, の活動全体, の結成, は合法的, は文化活動, は邪魔, への打撃, やそこ, を守ろう, を潰し, を結成, 即ち全日本

▼ 日本女性~ (56, 0.1%)

1 [56件] がため, だから, であって, としての全, としての誇り, として責任, との間, には, にも負け, に就, に満たされない, に課せられた, のああ, のこういう, のこんなに, のつつましい, のキモ, のシンボル, の一九二六年代, の中, の偉大さ, の優しい, の力, の勇敢さ, の動かす, の参政二年, の名声, の名誉, の向学心, の大和魂, の姿, の性格, の意気, の持つ, の新鮮, の日記, の最も, の氣質的, の特有, の生ける, の立ち姿, の簡潔, の精神, の絵姿, の美し, の美点, の複雑, の講和問題, の趣味教養, の鑑, は真面目, よりずっと, らしさ, をもつ, を楽観, を超え

▼ 日本共産党~ (54, 0.1%)

3 というもの 2 はその, は民族独立, は非合法

1 [45件] がどんなに, が人間味, が今回, が公然, が東条, が非合法, だけ, だけでした, であったが, であったろう, というニューフェース, とかかれ, と大書, と結びつけ, にし, にもある, に金, のたのもし, のビラ, の事情, の人たち, の同志, の同情者, の品性, の問題, の場合, の外郭団体, の如き, の指導者, の指導者たち, はそういう, はコミンフォルム, は云う, は先ず, は天皇制, は恵まれた, は機関紙, は殆ど, は率先, は飽くまでも, へ金, もいま, やプロレタリア文化, をどう, を自己批判

▼ 日本~ (54, 0.1%)

2 が押し寄せ, は一人, も一人位

1 [48件] が, がい, がどれ位, がやらせられ, が出没, が占領, が四, が始め, が山の上, が強く, が手, が斧, が来襲, が洪水, が街, が躍りかかっ, としては投降, と京, と支那兵, なんかを相手, に原因, の, のなす, のやつ, のよう, の尖った, の屯, の庇護, の悪, の暴虐, の残ぎやく行為, の殺人行為, の父親, の白兵戦創, の間, はいる, はここ, はそこ, はその, は嬉しい, は支那兵, は煽てなけれ, は約, は終戦, もゐない, や剣つき鉄砲, をきずつけない, を満載

▼ 日本との~ (53, 0.1%)

4 間に 3 間には 2 文化の, 間を

1 [42件] あいだには, あひだ, まつたく, 交渉, 交際は, 人倫の, 公認貿易の, 原産宿根草である, 原産植物で, 国交の, 國民性について, 外交関係の, 大激闘, 実際運動, 密接な, 差違を, 待遇に, 戦争なども, 戦争に, 接觸が, 比較を, 直取り引き, 約束に, 経済的な, 貿易を, 貿易関係を, 距離が, 距離は, 通商交通の, 通商權利を, 通話を, 連絡は, 違いは, 間へ, 間隔を, 関係, 関係が, 関係という, 関係についての, 関係を, 關係が, 關係といふ

▼ 日本全体~ (53, 0.1%)

2 が一つ, が日本, の今年度, の図書館

1 [45件] からいう, から見たら, がそう, が不備だらけ, が八紘一宇教, が新しい, が見えなかった, で七艘, で三万足らず, と考へる, にわかっ, にわたって住ん, に富山, に渉つて行, に空間, に関わる, の不幸, の人民, の利益, の労働者, の問題, の国王, の姿勢, の幸福, の改良, の文化向上, の文化問題, の文明, の旅館, の柱石, の現在, の生活不安, の社会的, の社稷人民, の祭主, の経済, の繭安価, の風土, の風潮, は米騒動, をやまと, をゆるがし, を対手, を意味, を赤色

▼ 日本趣味~ (53, 0.1%)

2 で髪, とのため, のもの

1 [47件] があり, がうける, が一端, だけで, だったらたいした, であった, でそれ, で溢れさせ, というもの, といふの, といふ意味, とでも言った, ともいうべき, なの, な男, な音楽, にも心, に富む, に憧れる, に没頭, に通じ, ね万葉集, の, のお嬢様, のよ, のスタンド, の人, の勃興, の勝った, の反射, の名所, の大掛り, の女性, の復活, の日本人, の普及, の特質, の美女, も無く, も知った, をあら, をちょっと, を具体, を多分, を尊ぶ, を知っ, 並びに古典的趣味

▼ 日本より~ (51, 0.1%)

2 外には, 豪い

1 [47件] ずっと国, その点, たくさんの, はい, ほかには, よくなる, ジェネ, ソヴェトの, ハ三十斗も, 三倍四倍も, 三韓並に, 五時間ばかり, 仏蘭西にでも, 佛教を, 倍でも, 偉いと, 創つたと, 創つたといふ, 劣ったもの, 南の, 厳なる, 反って, 商船渡り, 少し先, 巴里に, 帰来し, 引離しつつ, 強い, 強く感ずる, 招聘した, 支那が, 文化が, 早くこの, 欧州へ, 歐羅巴に, 移植せる, 舶来せる, 良い男女關係, 豪州まで, 運送する, 遣す物, 遥かに, 閉め出すという, 閉め出すの, 頭の, 餘程後くれ, 高く社会的制裁

▼ 日本での~ (49, 0.1%)

2 最初の, 発見は

1 [45件] いろいろな, いわゆるパッキング, ほくろは, アブラナへ, オニグルミ一名チョウセングルミ, ソシアリストの, ハイキングに, 上演と, 上演脚本としての, 人民戦線の, 人間性の, 出来ごとだった, 切支丹の, 初演が, 刻本, 原子炉築造だけに, 同志との, 名人であろう, 宣伝は, 富豪な, 御話, 成功の, 提唱者は, 方が, 最も良い, 最近の, 有名な, 椿の, 権威です, 民衆芸術論者を, 特色の, 珍品と, 現われ, 生活を, 研究者である, 私の, 科学的発見を, 第一人者じゃ, 考証穿鑿の, 興行を, 話なら, 通名である, 運動の, 運営方法が, 長篇の

▼ 日本~ (49, 0.1%)

7 國に 6 體の 5 國の 4 国民の 3 國を 2 國で

1 [22件] 人民の, 国土の, 国大威張りで, 国民にとっても, 国民を, 國では, 國へ, 國中何處よりも, 國到る, 國津々浦々までも, 國測量の, 國諸, 圖など, 地, 地に, 地方に, 州に, 州の, 文化領域の, 産額の, 社会の, 電力を

▼ 日本~ (49, 0.1%)

2 の偽らざる

1 [47件] が水藩, ではロレンソ, では大楠公, でも山陽, で見る, と云, と競はん, などでは扱われ, などもそれ, においてはこれら, には叛臣伝, に十六世紀, に女性時代, に當時, に至る, に関する本, に関する著名, のほか, のもの, の主旨, の内田銀蔵, の研究, の第, の筆法, の精神, の編修, の編纂, の草稿, の記事, の語, の謎, は, はここ, はその, は系図, も亦, も将門始末, も山陽同様, も貞盛伝, や記, を何より, を書き残した, を書く, を編みし, を編ん, を編纂, を読み

▼ 日本といふ~ (48, 0.1%)

11 国は 5 国が 4 国を 2 もの, ものは, 国に, 国の, 國を

1 [18件] この特別, ものが, ものを, 国には, 国家が, 国苦しみ少ない, 國が, 國に, 國は, 國號の, 國號は, 國號も, 地理的の, 島国の, 嶋の, 意味が, 故郷や, 樹木は

▼ 日本~ (48, 0.1%)

11 の方 3 になっ 2 で洋間, のほう, の上座

1 [28件] がある, がいい, が二室, で, であつ, でございましたが, で畳, ならば, にあっ, にうつす, にした, にしとい, にすれ, には壁, にも半双, に西洋家具, に西洋画, のピカ一, の唯一, の敷物, の簡単, へ行っ, へ通し, も一つ, をとりまい, を洋風, ノ部屋ニ枕, 塞がってるよってに

▼ 日本まで~ (47, 0.1%)

9 持って 3 連れて 2 渡って

1 [33件] お婆さんを, ブラ下げ, 三十七ルピー掛る, 伝わったもの, 何物をか, 依頼する, 到達し, 動かしたらいい, 同行する, 名が, 吹きとばされて, 夫人等と, 帰って, 帰るの, 廻航し, 従いて, 押し渡り私, 持ち帰って, 持て帰, 探検の, 文化が, 旅費は, 杜松さんを, 来ること, 爆撃機で, 行くこと, 西は, 誘い寄せたの, 走って, 辿りつき, 送つて, 遠く聞え, 遠征し

▼ 日本~ (47, 0.1%)

5 支那の 2 ドイツの, 中国の, 外国の

1 [36件] ただの, アイヌの, アメリカと, アメリカなどの, アメリカの, イギリスや, イタリーに, シナの, ダイヤモンドを, ドイツに, ドイツばかりには, フランスと, マレーに, ロシアでは, 世界が, 亞米利加等に, 他の, 古代日本という, 支那, 支那が, 支那と, 支那に, 支那について, 支那にと, 支那は, 日本の, 日本人を, 東洋の, 欧州のと, 歐洲と, 米国が, 英国の, 英米其の, 西洋の, 露國の, 黄金の

▼ 日本~ (47, 0.1%)

2 どうなる, に關, 見在

1 [41件] が世界, が無上, が遲, だ, で學んだ, といふ範圍内, と君, と稱, にこの, に傳, に到るべし, に同化, に對, に居つ, に屬, に御座, に於い, に於ける, に行, の一大快事, の利益, の執政, の成立, の支那音ジーペンクオ, の民, の發展, の發言權, の經濟, の美稱, の肺病, の象徴, は女人, は無い, は神武天皇, は自, は農業, をヂパング, を固, を背負つて, 之筋, 即ちヂパング

▼ 日本文学会~ (47, 0.1%)

5 の第 3 の指導 2 の大会

1 [37件] から, から民主的詩人, ができた, が主催, が組織, が結成, であり機関誌, で活動, としての組織活動, と同時に, と皆新, なんかで計画, にも底, に相談, に集っ, のグループ, のメンバーたち, の創立大会, の弱点, の批評家, の批評活動, の書記局, の東京支部, の活動, の活動方針, の演説会, の評論家, の詩, の誕生, の運動, は勤労者文学選集二冊, は専門家, は文学, は日本現代文学, への宿題, 第五回大会, 第四回大会

▼ 日本~ (47, 0.1%)

2 で下貼り, の切れ, の紙, を幾枚

1 [39件] が出, であるから, でこしらえた, です, でその, ではある, でペン, で片面, で紙, で綴つた帳面, で貼り固め, にお捻り, にし, には細い, に一字一字, に例, に大きな, に木版, に活字, に筆, に糸瓜, の反古, の台紙, の封筒, の巻物, の生紙, は, へ書いた, へ活版, をかぶせ, をハリ, を四角, を幅五, を引き裂きたる, を張りつけ, を焼いた, を用, を用い, を綴じた

▼ 日本全土~ (46, 0.1%)

1 [46件] が灘, が焦土, における印刷物, にしかれ, にも比類, にわたつ, にわたるいわゆる, にわたる配布網, に根, に波及, に知られ, に空襲, に行き渡り, に起った, に顔, の七十パーセント, の三倍半, の三分の一, の主要都市, の人々, の人間, の六倍近く, の君主, の地図, の大半, の支配者, の旅行, の約, の統一, の統治権者, の肝臓, の領有, はおれども, は猛烈, よりもずっと, を侵略, を巡っ, を征服, を掩, を敵, を旅, を東国, を相手, を睥睨, を簡単, 飛び歩く忍術道中

▼ 日本画壇~ (45, 0.1%)

2 に於い

1 [43件] がうけた, がどんな, が近ごろ, でどうして, での三つ, での位置, では, ではこれ, ではその, ではそれでも, では他人, では奥田, では福田, でもかなり, でよりは幾分, というもの, においてもその, には伊東深水氏, には写実主義者, には考へ, のうち, のこと, のどの, のセリ合, の一問題, の上, の中, の内部, の前途, の大きな, の好人物三点, の年齢番附, の所謂大家, の批評, の方向, の福田, の重鎮, はこれ, は幸福, は従来, は画商, は良い, への紹介方法

▼ 日本~ (44, 0.1%)

3 を宗方竜太郎 2 すなわち和名, をつけ

1 [37件] がつい, がない, がもと, だが, だと, であった, であるから, でサンマ, で町名, となっ, と素性, に引き直し, に改名, のあけび, のある, のあろう, のもの, のホ, の姓, の神田仁太郎, はみなカナ, は下戸米秀吉, への改姓, まえに, までもらっ, をいったら, をもち, をもっ, を以て日本植物, を名乗っ, を有, を用, を知古広, を私, を詳, を象った, を貰つて

▼ 日本ファシズム~ (43, 0.1%)

2 の各, の進行

1 [39件] がその, が何, が圧力, が有っ, こそ今日, である, にとっても花, にみずから左袒, に共通, に対抗, に対立, に於, に淵源, に連関, に関して特に, の, のこの, の一般的, の分析, の台頭, の哲学, の固有性, の意味, の根柢的, の気分, の現実, の発生, の発育, の発達期, の社会的分析, の結局, の要約, はその, は封建的勢力, は日本, は段々, は民間, は進歩的, も亦

▼ 日本座敷~ (43, 0.1%)

3 に調和 2 の縁

1 [38件] があっ, が出来てる, だと, でいつも, でひろ子, で冬季, で日曜学校, で紫檀, とは調和, とをつない, と調和, にし, にすわっ, にはいつた, に作っ, に夏, に来り, に泊まっ, に通つて, に運ばれた, に集つ, に集つた, の中, の前, の宴会, の床の間, の方, の畳, の簡潔, の美, はあがき, へとつれ, へ続く, も雨戸, を一つ, を二, を洋風, を見

▼ 日本海軍~ (42, 0.1%)

2

1 [40件] がどの, がはたして, が威海衛, が誇る, が赤道以北, だ, だッ, でございと, というも日本人, なんか恐れる, に太刀打, のお, のこと, のため, のハワイ海戦, の一万噸巡洋艦, の大, の字引, の戦法, の水兵, の水兵仲間, の汚, の海戦記, の潜水艦, の爲, の特技, の真珠湾急襲, の秘密, の航海術, の製艦技術, の記録的, の起源, はどう, は勝った, は敵, は朝鮮海軍, へ売っ, をうち, をやっつけ, を侮辱

▼ 日本よりも~ (41, 0.1%)

2 優れて, 文明的に

1 [37件] つと物質主義, はるかに, もっと華々しい, アメリカの, ソビエトの, 世界の, 世界的ひろい, 中国の, 仏蘭西に, 住み心地, 何倍も, 兄弟子位に, 十層倍も, 古く久しくしかも, 多いの, 大まかな, 季節の, 急激に, 文明の, 旨い, 早く実現, 早く支那, 早く日本, 星亨岡本柳之助氏らその, 格段に, 殘酷極まる, 民主主義の, 狭いよう, 真を, 經濟上政治上又, 豪快な, 進んで, 進歩し, 遙かに, 遙に, 遠くかつ, 長く南緯十七度

▼ 日本国内~ (41, 0.1%)

2 に於

1 [39件] および国外, が多事, だから, だけの出来事, だけの問題, でああ, でいがみ合う, での争い, での生産, では知る, では諸国共, でも東北, で劇映画, で反戦, で自給自足, ならどこ, に, において事物, において改進, において資本主義, における国語教育, にもまだまだ, にも内在, にも反映, に本来異国語, に核兵器, に遺棄, の一港, の兄弟喧嘩, の共有, の分裂, の印刷能力, の往来交通, の御, の旧, の行き詰った, の重要, は一応, を巡視

▼ 日本~ (41, 0.1%)

2 は丁度, や大, を行き尽し

1 [35件] から折れ, から逃げた, だぜと, だった, で何者, で唐犬権兵衛等, で旗本, で見た, という所, と言つたの, にか, につづく, になる, に多く, に待受け, の上, の下, の交番, の分署, の取崩され, の吉原土手, の土手, の尽きやう, の尽きよう, の落葉, の警察, は昔, は用事, は雪, まで人力車, をてくっ, を北, を往復, を築いた, を編笠茶屋

▼ 日本においては~ (40, 0.1%)

1 [40件] さきに, その, それが, それは, そんなに幸福, とうていできない, はたしてこれら, まず芸術, まだきまっ, むしろ平凡, ユニークな, 三池か, 中流以上の, 作曲家たる, 勿論そうだ, 堺ほど, 士人の, 存在し, 少年の, 平和と, 攘夷開国の, 支那の, 数が, 日本人が, 日本型ファシズムの, 日本憲法は, 明治以来西洋哲学が, 様々に, 残念ながら, 気分的想像の, 片影すら, 特に天皇制的, 繊維産業に, 美術家としては, 脚下の, 諸道の, 資本主義とか, 逞しい生活意欲, 過去の, 銅銭の

▼ 日本にとって~ (40, 0.1%)

2 非常に

1 [38件] あと四十時間ばかりが, おきたいと, これが, これほど, どういう角度, どんなに大きな, どんなに大切, 一つの, 一大事の, 一番重要な, 先駆的な, 公の, 地方の, 大きなヒストリカル・イヴェント, 大きな役割, 実に大切, 従って, 必要な, 忘れられぬ日, 悲劇的な, 戦争は, 教化運動に, 最も必要, 本当にすがすがしい, 正に画期的, 歴史的な, 決して喜ぶべき, 決して意味, 満洲, 無用である, 独特の, 獅子身中の, 私たちの, 第二, 緊要な, 見よう, 重要な, 非常な

▼ 日本への~ (39, 0.1%)

3 土産に 2 郷愁を

1 [34件] よりよき, ノスタルジアを, 交誼を, 儒教伝来は, 囘歸, 回帰, 土産話に, 執着には, 好感を, 家苞に, 展開は, 帰路に, 帰途に, 復帰を, 愛と, 愛情は, 憧憬と, 採用が, 歴史的な, 歸途新, 流入は, 渡来の, 渡来は, 渡米は, 義えん金を, 翹望が, 航海の, 要求条項は, 転換が, 通信として, 進出も, 関心の, 関心も, 関門

▼ 日本男児~ (38, 0.1%)

32 ですわね

1 [33件] あり, が殺到, じゃ, じゃああ, じゃない, だとは, だろう, だ大沢一等卒, だ後, っ, としてはじない, にあらず, に教える, の, のはじ, の仕事, の典型, の品行, の好, の断じて, の標本, の気概, の癖, の真相, の答, の血, の記念, の象徴, の鋼鉄, はすぐ, はなんとなく, は腹, を以て国学者

▼ 日本に対する~ (36, 0.1%)

2 朝鮮の

1 [34件] お世辞, この親切, しくみだあなどりだ, まごころ, センティメンタルな, 不満の, 世界の, 他国の, 信用を, 占領政策が, 印象を, 反逆者と, 圧迫凌辱に, 悪感情は, 愛情が, 愛情を, 態度を, 持久戦争は, 支那の, 敵性の, 模範として, 正当な, 満蒙の, 狭い反感, 理解も, 睚眦の, 考へ方, 興味だけで, 評論が, 認識も, 軽侮心の, 陰謀を, 集中排除法の, 韓国上下の

▼ 日本人民~ (36, 0.1%)

2 の中

1 [34件] がそれ, がファシズム権力, としての独立, と深い, にはない, にむかっ, に外国, に適, のおくれた, の十分, の平和, の平和裏, の新しい, の独立, の生命, の生活, の生活問題, の立場, の総, の總代表者, の運命, はこの, はたぶらかされ, は大半インド, は戦争中短波放送, は旧, は正確, は自主, または政府, をあざむい, をあざむき, をこめる, をし, を蒙

▼ 日本型ファシズム~ (36, 0.1%)

2 の進行

1 [34件] が想定, が所謂, が遠く, という言葉, とその, と他, と名づける, と呼ぶ, と文化人民戦線, に向かっ, に就い, に於, に於ける, の, のこうした, の一つ, の上昇, の典型的, の固有, の必然的, の指導者, の推進, の新しい, の日本型, の本質, の特色, の発展, の社会的実地踏査, の結論, の非, の高潮, は民族精神, への一途, やそれ

▼ 日本演劇~ (36, 0.1%)

3 の伝統 2 にとつ, の近代化

1 [29件] が歌舞伎, であるか, についてなかなか, に最も, のグロテスク, の今日以後, の伝統精神, の古い, の品位, の整理, の方面, の本流, の正しい, の正確, の正統, の殆, の民衆, の民衆的性格, の水準, の特殊性, の特色, の特質, の現代アカデミスム, の現在, の起源, の非, の革新, は新劇, を変貌

▼ 日本特有~ (36, 0.1%)

3 のもの 2 なる造形美

1 [31件] な反対, な型, な型式, な文学形式, な日本的, な波濤, な言葉, のタイプ, の倫理学, の味, の型, の封建的, の強靭, の形, の所謂ファッショ風景, の探偵小説, の文化, の旋律, の温泉浴場, の満員, の演劇, の現象, の種類, の竹竿, の絵, の美し, の肖像畫, の背景, の論語, の道, の風習

▼ 日本ほど~ (35, 0.1%)

2 今も

1 [33件] その傾向, ギリシアに, 亜流と, 住みよい, 啓蒙運動の, 多くの, 多数で, 子供が, 子供を, 學校の, 実は猫, 思はしくない, 恐ろしい国, 時間の, 楽しいところ, 正々堂々と, 残って, 漢洋折衷, 為すべき事, 甚だしい所, 生活と, 男と, 発達させ, 発達しない, 發達する, 翻訳の, 自然の, 衣服に, 親しめないという, 警察権力が, 豊富な, 赤坊の, 顕著でなかった

▼ 日本プロレタリア作家同盟~ (34, 0.1%)

3 に参加 2 の各, 第三回全国大会

1 [27件] がその, が婦人, が書記長鹿地亘, が解散, では農民文学, として雑誌, と日本プロレタリア文化連盟, にはいった, には窪川稲子, に加盟, に合流, に同志, のなか, の全, の内部, の国際的同盟加入, の婦人委員会, の書記長, の活動, はその, は三月十五・六・七, は婦人作家, は現在七, は第, へ参加, 第三回全国大会万歳, 第三回大会

▼ 日本に関する~ (33, 0.1%)

2 知識を, 記事を, 限り円・銭です

1 [27件] あらゆる書籍, かぎりは, ことで, ことである, 不十分な, 予備知識や, 仏蘭西語の, 凡ての, 十二講の, 博物書としては, 報告から, 報告書に, 夢においては, 書物の, 書籍と, 本は, 歴史的展望, 決議は, 知識が, 知識と, 知識においては, 研究は, 色々な, 記事の, 記述の, 諸研究, 限り無尽蔵で

▼ 日本らしい~ (33, 0.1%)

1 [33件] こういう矛盾, その感情, ところで, のね, はっきりした, ものという, ものに, 健忘症の, 名前を, 味が, 品が, 好い心もち, 山水を, 幻覚を, 影響は, 性格を, 情調を, 感情の, 日本の, 旧い結婚観, 映画は, 特徴は, 特徴を, 特種の, 細部の, 表現を, 話である, 趣の, 道を, 面白味が, 風が, 風景だ, 飯を

▼ 日本家屋~ (33, 0.1%)

2 だつた, の構造

1 [29件] が木造, である, でおまけ, でしかも, でないと, というもの, と白壁作り, には滅多に, に手術室, に比べる, に適する, の中, の保存期限, の台所, の屋並, の模型, の美, の聚落, の脊梁, の菓子店, の部屋, の醜, の長所, は匠家, は日本, は普通一家族, は見てくれ, を建て, を指さし

▼ 日本文字~ (33, 0.1%)

2 で書い, の

1 [29件] があった, がうす, が書い, で入れ, で印刷, と輸入, なぞも無論, に直し, に精通, のしかも, のもの, のサイドタイトル, の使用頻度, の手紙, の活字, の流し込み, の発明, の種書, の署名, の色盲検査表, はジーナ, は何で, は磨滅, をおくつた, を書いた, を書きこん, を自由, 即ち仮名, 第四

▼ 日本ライン~ (32, 0.1%)

4 の白い 2 である, にのみ恵まれた, の上流, の情趣, の特色, 噴き騰る乱雲

1 [16件] というところ, という名, という名称, といふ名, といふ名称, とのお, とはあさましい, にし, にもかつて, の名, の夕焼, の夕焼け, の奇岩怪石, の豪宕, ばかりで独占, を下っ

▼ 日本~ (31, 0.1%)

2 ではない, は果して

1 [27件] お雪, がほんとに, がダンサー, が三, が突然, じゃない, だ, であり文化交換, で金髮, になっ, に乗りかけ, のよろし, のサーヴィス, のスナップ, の両, の典型, の寵神, の着物, の美しい, の袂, はある, はそして, はそれから, はどんな, はまた, は胴中, も生活

▼ 日本帝國~ (31, 0.1%)

3 の干城, の領地 2 の海軍, の爲, の萬歳, の領土, 新領地朝日島

1 [15件] の, のため, の代表者, の占領地, の天晴れ軍人, の守護, の新, の豫言者, の軍艦旗, は其負, を置き, ノ一部タリ一行政區タル大本, ヲ契約ニヨリテ組織シタル者ト一考セシコトモナシ, ヲ改造スベキカノ大本, ヲ考フル者此

▼ 日本資本主義~ (31, 0.1%)

2 の, の分析, の特色, の興隆期

1 [23件] が当面, との提携, にとって完全, に咲き栄えた, のため, のタイプ, の上, の上昇期, の初期, の危機, の基柢, の基盤部分, の成立条件, の成立条件そのもの, の最も, の植民地的搾取, の特別, の発達, の行き詰り, の観念的機構, はその, を列国帝国主義, を運命

▼ 日本~ (31, 0.1%)

2 と洋食, の晩餐

1 [27件] がい, ってもの, では漬物, でクサリ, で押し通す, にくらべ, について語る, に慣れる, のかずかず, の代表的, の宴, の晩餐後, の祝宴, の膳, の饗応, は言語道断, は食, ばかりで生き, へのあこがれ, をこちら, をほし, を上げましょう, を単に, を取る, を広い, を整え, を洋食

▼ 日本~ (30, 0.1%)

2

1 [28件] からいかん, からと云, からと言っ, からどう, か西洋, がしかし, これが, ぞ, つたと, とああ, といふ, とする, と云いたげ, と云い云い, と仏堂, と思う, と思った, と星形, と答, と答える, と誰, と青森, ねとにかくこう, よ, アね, パリだ, 日本だ, 自分も

▼ 日本へは~ (30, 0.1%)

2 帰って, 帰らないの, 来て

1 [24件] かえれまい, その客観的条件, たいした輸出品, たぶん直接, ひつた, まだそんな, もう帰らない, バッタリ来なくなっ, 中国から, 亜米利加系の, 今年の, 來て, 四十日余りせん, 帰られないと, 帰らん, 帰りたくない, 帰れないだろう, 帰れないん, 応用されない, 最も広く, 未渡来品, 来たこと, 沢山アメリカ製の, 行って

▼ 日本~ (30, 0.1%)

8 の伝統

1 [22件] からでなけれ, から一層, から離れなけれ, が出, が多く, であること, ではどんな, として向う, との比較問題, とは如何なる, と西洋劇, に趣味, のため, の実父, の根本的樹立, の行, の衣裳, は此, を御覧, を持込ん, を見, を顧みない

▼ 日本外史~ (30, 0.1%)

2 は兎

1 [28件] が懷中, が維新, で精神教育, とかいうもの, とどっち, とは物, なること, に読み耽り, のその, の山陽, の業, の素読, の編述, の草稿, はおもしろい, は実に, や日本史, をかかえ, を出し, を幼い, を引い, を披, を書いた, を書き下し文, を繙い, を習い, を読んだ, 並びに四季

▼ 日本~ (30, 0.1%)

4 で, で書い 2 が読めなく, が読める, で書いた

1 [16件] が書きつけ, が読め, でうずめられた, でかう書い, でゆっくり, で一人一人名, で書く, なりと答える, になつ, のかける, の書き, の看板, の読み書き, の読める, は勿論, を愛し

▼ 日本最初~ (30, 0.1%)

3 の歌劇 2 の歌劇上演

1 [25件] といわれる, の, のまた, のキリシタン大名, のメリヤス工場, の人, の伝道, の使節, の公証人, の単一無産政党, の女子留学生, の小説, の探偵恐怖劇興行者, の政党内閣, の新聞人岸田吟香, の活動写真, の測候所, の犬, の背景装置, の自由貿易条約, の近代戦術, の追憶的舞台, の鉛版師, の阿弥陀如来様, の飛行機

▼ 日本海岸~ (30, 0.1%)

2 に漂着, の潟

1 [26件] でそんな, では風景, でンナ, と太平洋岸, にある, には潟, に出現, に及ばん, に或は, に於ける, に春, に最も, に沿う, に近い, のおおよそ, の三日市町附近, の侘び, の広い, の方, の旅路, の砂丘数里, の航路, の親, の風景, はずっと, を通り

▼ 日本~ (30, 0.1%)

3 のもの 2 の小

1 [25件] です, ですよ, でも純粋種, という, とは思われなかった, のあらゆる, のカエデ類, のコブシ, のニレ, のフジ, のモリイチゴ, のユリ, の奇妙, の文學, の植物蝋, の様, の河馬, の熊, の犬, の犬ども, の鉄火, の間に合う, はノウゴイチゴ, は三十銭, 大茴香

▼ 日本~ (30, 0.1%)

3 の源泉 2 の再

1 [25件] こそわれわれ, でも発見, というもの, に一段, に抱摂, に溢れ, の中核, の伝統, の健康性, の優雅, の型, の奥深い, の有力, の淵源, の源泉的性質, の特質, の諸, の重要, の雄, の顕揚, は今後, をその, を守る, を立派, を陶器

▼ 日本美術~ (30, 0.1%)

4 の研究

1 [26件] なる総称, について最も, に対する著者独創, に影響, に関する出版物, に関する知識, に関する第, の世界的発展, の世界的評価, の価値, の勝利, の大著, の愛好家, の水準, の珍, の知識, の研究者, の精華, の紹介, の蒐集家, の賛美者, の重要, は日本, を研究, を語ろう, を鼓吹

▼ 日本からの~ (29, 0.1%)

3 手紙を 2 送金を

1 [24件] おたより, お客さまが, プロレタリア作家代表も, 代表の, 代表も, 便りでは, 国賓も, 対連合国和平斡旋の, 弾薬補給から, 新聞, 新聞で, 注文に, 消息は, 無電は, 留学生が, 留学生も, 直接通信が, 移民の, 約束どおりに, 途中であった, 道伴れ, 郵便物の, 電報を, 黒いお

▼ 日本だけ~ (29, 0.1%)

13 では 2 だという

1 [14件] かく密接, だ, だから, だと, であと, であります, ですからね, でなく万事, でなく外国, なの, キツネを, 見て, 遅れて, 降るの

▼ 日本にて~ (29, 0.1%)

2 調候丈は

1 [27件] いま棲息する, その由来, 何と言りや, 作られしもの, 作り植物学, 医学上の, 古来足利の, 同様の, 品行方正位の, 学校を, 平民に, 役所を, 従来講ずる, 御用ひ, 必用の, 斬髪所に, 新政府, 望むとは, 木綿付鳥あるいは, 歳入の, 洋服は, 狼が, 百姓, 盛と, 統計表の, 討死せし, 開国以来大に

▼ 日本在来~ (29, 0.1%)

3 の芝居 2 の仏教, の演劇

1 [22件] の, のもの, の古典劇, の型, の娯楽雑誌, の宗教上, の常識伝統, の教団, の文字, の文学的伝統, の棚, の民謡, の石油タンク, の神, の童謡, の精神主義, の絵画, の習慣, の自然主義的手法, の踊り, の迷信, の鬘

▼ 日本本土~ (29, 0.1%)

2 の北, を望見

1 [25件] から引き離し, では只, では天, では見た, で一番北, に向う, に対して此, に渡来, に近接, の中央, の中央山脈, の人, の凡て, の南方海面, の存続, の屋根, の東北地方, の横腹, の沿岸, の港灣開放, は殆, へ東京, を仲繼ぎ, を敵, を衝こう

▼ 日本現代~ (29, 0.1%)

4 の生活 2 の油絵, の社会状況, の開化

1 [19件] である, に於ける, のこの世, の一つ, の世情, の小説中, の帝都, の戯曲, の戯曲界, の文化, の文學, の文明, の新しい, の演劇, の演劇界, の画界, の社会, の都市, の青年男女

▼ 日本ばかり~ (28, 0.1%)

14 では 2 でなく外国

1 [12件] であります, でありません, であろう, でなくて, でなくヨーロッパ, でなく一般, でなく世界, でなく世界中どこ, でなく女, でなく支那, でなく欧米, でなく西洋

▼ 日本古代~ (28, 0.1%)

2 に初夜権, の神事演芸, の豊富

1 [22件] との間, における威力神, に於ける, の万葉人, の仏像造顕, の婦人, の完全, の山岳説話, の峠, の慣例中, の文化, の文学, の最後, の神樣, の神話, の美しき, の美術, の説話, の論理, の遊び, の陶器, ノ鋳

▼ 日本~ (27, 0.1%)

13 のところ 4 の処 2 の息子, の所 1 にたのん, に頼ん, のとこ, の一室, もそれ, を訪ねた

▼ 日本民衆~ (27, 0.1%)

1 [27件] がそれ程, が何, が問題, こそ唯一, であって, というもの, として意識, とは右, なるもの, にとってのクラッセン・ゲーゲンザッツ, に全体主義, に押しつける, の一人, の中, の利害, の心, の心理, の感覚, の民衆的信念, の特色, の生活, の自由, の自発的, の解明, はまだ, への執着, も民衆

▼ 日本だけの~ (26, 0.1%)

3 ことで 2 もので

1 [21件] ことじゃ, ことだ, ことでなく, ものだ, ものとは, 事情では, 古今独歩じゃ, 問題では, 国字と, 天下では, 山中に, 水先案内業者の, 法では, 為事では, 特殊な, 特殊事情であった, 現象でありません, 現象では, 美風だ, 話であっ, 話では

▼ 日本なら~ (26, 0.1%)

1 [26件] いろいろな, それが, ばそこ, ばたいへん, ばまあ, ばインテリ階級, ば一時代, ば一流, ば人物學問, ば停年, ば念仏, ば明治十二年卯歳, ば稲, ば結納, ば老大家, ば腹話術師, 三十日も, 井戸端会議という, 差當り, 潰し島田とか, 熱海といふ, 燕であるべき, 私の, 肩揚も, 落第組で, 首を

▼ 日本出版協会~ (26, 0.1%)

3 はその 2 は果たして

1 [21件] からこれ, から申入れ, がいかに, が今後民主的出版, が弾劾, が発足, が終戦直後, という業者, とか何とか, のごとき, の公的存在, の権力濫用, の用紙割当, の用紙割当権, は, は今やまさに, は内閣直属, は商工省, は戦後一度解体, は日本民主化, 新日本医師連盟

▼ 日本文学史~ (26, 0.1%)

4 の上

1 [22件] が, が世界的見地, でも教, で初めて, にとって未曾有, に対抗, に特書, に私たち, の一つ, の一学生, の中, はある, はまさに, は動かすべからざる, は守田, は必ず, をみる, を書きたい, を書く, を研究, を観じ来れ, 並びに芸術史

▼ 日本新聞~ (26, 0.1%)

1 [26件] で, でしだした, ではい, で第, で言, なぞをゆ, などで代表, において意見, に入っ, に出, に墨汁一滴, に発表, に詳しく, のため, の俳句欄, の創設, の方, の系統, の記者, の選者, の附録週報, へ掲載, も, やその他, を他, を出し

▼ 日本~ (26, 0.1%)

2 に乗っ

1 [24件] が二隻, が出入, が来た, じゃありません, で出掛けた, と会, なので, ならなぜ, なれば, にのっ, に乗せ, に入った, のこわれた, のふた, の不完全, の入港, の外国渡航, の影, は一體, は亀甲船, は十七時以後, は多く揚子江沿岸, へ入院, や英国船

▼ 日本艦隊~ (26, 0.1%)

1 [26件] おそろしさ, がいかに, がこんな, が現れた, だったらもっと, に告ぐ, の出港, の加古, の左翼方面, の最後, の考え, の解纜, の釣出し, はかなわない, はどこ, は真, へ食糧, もついに, や飛行機, よ, をおびきよせ, を屠り去り, を待っ, を撃滅, ヲ爆撃ニ行クノダ, 及びそれ

▼ 日本以外~ (25, 0.1%)

5 の国 4 の土地 2 の文明国

1 [14件] ではた, ではどこ, にない, にはなから, にも勿論未だに, に行われた, に見られなかった, のいずれ, のどこ, の國, の外国, の旅, の船舶, の風景

▼ 日本及び~ (25, 0.1%)

3 日本人, 日本人の 2 日本人は, 朝鮮石劍

1 [15件] その周囲, 世界各国が, 中華民国人は, 亜米利加合衆国のみが, 他の, 台湾における, 外國人の, 大阪の, 支那駐在の, 日本人が, 日本人という, 日本人といふ, 日本人を, 琉球と, 西洋演劇史演劇本質論近代劇論科白原論視覚芸術論音楽解説演出研究演技論及び

▼ 日本太郎~ (25, 0.1%)

1 [25件] いったいどういう, がこの, が出演, が松葉, こそまことに, その人, だと, では喧嘩, とくる, どうやら清水次郎長, などというゲテもの, にはわが, のげ, のごとき, の咆哮以上, の姿, の針金渡り, はその, はどう, はにっこり, は今, は道, も花街, らしい逸話, 聴きたさの

▼ 日本潜入~ (25, 0.1%)

3 を決意 2 に当, の決意, の神父

1 [16件] といふ至難, に成功, の公許, の夢, の機会, の観念, も記録, を天父, を妨げる, を志す, を念願, を教皇, を決意以来, を約束, を遂行, を願ひで

▼ 日本青年~ (25, 0.1%)

1 [25件] が日本政府, が習得, が舷梯, が青雲, だ, とこれ, としての, としての矜, としての雄大, についての事件, に言語, の, のす, のみならず, の一挙手一投足, の利益, の命, の希望, の理想, の脳裏, の顔, はなかなか, はまっ黒, を想像, を見

▼ 日本音楽~ (25, 0.1%)

1 [25件] からのという条件つき, が日本, が西洋音楽, であったとしても, などは尚更, について何, の, のメロディ, の伝統, の価値, の先生, の改良, の改革なぞ, の権威, はさらに, はその, は即ち, も亦, をきき, を作る, を創造, を愛し, を絶対, を西洋音楽, を解し

▼ 日本~ (25, 0.1%)

1 [25件] がある, すなわち国家思想, だとか, だとかいう, であるが, と強烈, と日本人, と義理人情, などいふ, に劣らぬ, のおかげ, の二合罎, の力, の方, の精華, の表象, の風教上, までデングリ, もことごとく, や滋籐, をいかに, をも教える, を発露, を磨い, を腐蝕

▼ 日本主義者~ (24, 0.0%)

1 [24件] がそんな, が好ん, が悲劇的精神, が段々, が自己, すら心, だけだ, である, であること, でし, ではある, といふの, として今日彼, による, に特有, の側, の政治イデオロギー, の通常, はどういう, は空論, までが倫理的, までが無産派, もある, もあれ

▼ 日本~ (24, 0.0%)

2 であった, の居間

1 [20件] があり, だ, でドイツ語, で六畳, で聞く, で酒, と円形, にしといた, に入る, に菅原, のやう, のよう, の大, の広間, の方, の画室, の畳, や洋室, を直した, を雛段

▼ 日本~ (24, 0.0%)

1 [24件] がいる, が弾丸, が機銃一つ, ではなく, と思う, にとどく, のあやしい, の前後左右, の姿, の編隊, の翼, の襲来, はいかなる, はすぐ, はどういう, はどこ, は光弾, は全部, は大, は悠々, は癪, は銀色, らしかった, を追いかける

▼ 日本じゃ~ (23, 0.0%)

1 [23件] あんたよる, したこと, せいぜい千単位, そんなに少ししか, だめだ, とても這入れません, どうせ高, どこへ, ないと, ないよ, ないらしい, また大分共産党, まっ暗だ, むずかしいかも, ミセスどころか, 今女, 生活できない, 舶来が, 見られない事, 見ること, 見る訣, 通らない, 駄目かね

▼ 日本においても~ (23, 0.0%)

1 [23件] いよいよ旅順, おのずから新た, これらの, そのとおり, またそれ, もつと, ワグナーが, 一つ位営利を, 世界に, 他の, 修験道の, 天明の, 將來設けられる, 文化の, 日本ペンクラブが, 昔話は, 東インドの, 流行する, 聴衆の, 西洋と, 起って, 近時いちじるしく, 開国以来とみに

▼ 日本~ (23, 0.0%)

2 最モ, 講和委員ハ何ガ故

1 [19件] 一部タルコト北海道ト等シク正, 享有セル領土擴張ノ, 何処カヲ旅シタ折ニモ偶然人ガ野外ニ立ッテ拓本ヲ, 偏鄙成故, 健康體ナルコトニ在, 八デス, 六ノ, 前營タルベシ, 各方面ニ先覺者, 同盟スベキ國家ノ, 大部分ニ通ジテ生存シ居リシナリ, 奴隸的臣從ハ大, 改造ヲ, 極東西此利亞領有ハ日本, 歌イマス, 積極的權利タルト同時ニ支那ヲ, 統一軍隊程, 軍備及ビ戰鬪的精神ニ對スル非難トシテ輸入サレツツアル内容皆無ノ, 進歩ニ於テ英語國民ガ世界的知識ノ

▼ 日本~ (23, 0.0%)

3 というもの

1 [20件] がレース, というべきだ, として一きわ頭, と何, にはない, に似, に西洋, に身, の形, の形態, の番犬, の話, の調査, の躰格, の頭, は主人, ばかりでない, ほどケンカ, も訓練次第, を保存

▼ 日本的現実~ (23, 0.0%)

2 を特に

1 [21件] がなぜ特に, では, とのつき合せ, と云え, と呼ぶ, に反応, のもつ, の中, の単なる, の実体, の把握, の条件, は正に, をいきなり, をこの, を以て国際的現実, を分析, を強調, を把握, を掴まね, を理解

▼ 日本~ (23, 0.0%)

3 の方

1 [20件] での第, と西洋館, に, に起居, の一ばん西の, の前, の歌劇, の活動寫眞, の瓦, の生活, の西端, の長い, の間, の隣, へ, へ入り, へ入る, へ見, へ通じる, へ金龍館

▼ 日本へも~ (22, 0.0%)

3 来たこと

1 [19件] きたこと, その影響, どつて, まわって, めぐって, レオナルド・ダ・ヴィンチダンテなどを, 來た, 傳は, 寄って, 幅ひろい, 早くから, 是非輸入しなけれ, 来たの, 来て, 渡ったらしい, 渡航布教の, 移し入れただろうが, 移植された, 間もなく鐵

▼ 日本帝国主義~ (22, 0.0%)

1 [22件] がその, が今日東洋, が列強帝国主義, が日本, と日本革命, に内在, のやり口, のブルジョア, の三百代言松岡洋右, の侵略性, の侵略戦争, の植民地政策, の満州侵略, の満州侵略戦争, の軍事行動, の軍隊, の軍需工業原料生産地, は国内, は日本プロレタリア文化連盟結成, は日清戦争, は特に, は軍隊

▼ 日本精神主義~ (22, 0.0%)

2 による日本精神, の一つ

1 [18件] が知らず知らず, ではない, というの, という形, なるもの, に一応, に就い, のハッキリ, の一変種, の侵略的拡大, の拡大, の方, の特色, の立場, はこの, や亜細亜主義, を日本アジア主義, 乃至之

▼ 日本としては~ (21, 0.0%)

2 当然我慢, 或いはその

1 [17件] あまりに少ない, そういう弾丸道路, なんらめずらしい, もっとも合理的, 上乗の, 不思議な, 何うし, 全く不可能, 少し不義理, 文人の, 独特の, 猶お, 珍しいこと, 珍しい現象, 現在も, 画期的な, 百パーセントに

▼ 日本大使館~ (21, 0.0%)

1 [21件] から出された, がかかれ, づき陸軍武官, とがこの, にいます, にまで毎日毎日綺麗, に低い, に広田大使, に強硬談判, のマアク, のムシュウ・マスナガ, の人たち, の参事官, の大使井上勝之助侯爵, の安達峰一郎氏, の抗議, の無風流, へかえす, へも十五年来出入, へ廻った, へ行

▼ 日本~ (21, 0.0%)

1 [21件] が並べ, だが, では紫野, では織部, で西鶴, で雷遊, なので, に影響, に較べたら, の方, の映画, の死人, の活動写真, の研究書, はこ, は全く, は映画, ばかり映写, もこういう, より西洋物, をやった

▼ 日本男子~ (21, 0.0%)

2 ではない

1 [19件] だ, だア, である, であれば, ですから, というもの, として何事, にし, のよく, の亀鑑, の内, の名誉, の品行, の天職, の面目, はおめおめ, はこの, は息の根, をし

▼ 日本社会~ (20, 0.0%)

1 [20件] で或, にて空前, に当, のため, の一つ, の上, の今日, の公式, の十人, の変化, の大, の実情, の文化上, の現実, の私的生活, の虚威, の面白い, の風潮, は真に, を見る

▼ 日本領事館~ (20, 0.0%)

1 [20件] だ, で官民合同, にいっ, に仮寓, に林総領事さん, に泊め, に龍, の下, の建物, の方, の薦め, の門, へお, へまかり出た, へ出かけ, へ尋ね, へ行った, へ邦人労働者, を通じてとどけ, 留め置きに

▼ 日本である~ (19, 0.0%)

2 と言い切る, 事を

1 [15件] か, かと痛切, から新, か戰爭, が自分, ことが, ことに, ことを, と, というの, と云う, と共に世界, と言い得るであろう, のに外人, 限りは

▼ 日本唯一~ (19, 0.0%)

2 の作家, の美しい, の西洋型船大工

1 [13件] となった, のクラブ, の一大権力者, の大, の威力, の孔子, の廢娼縣, の教会, の文豪, の新しい, の聖地浦上, の貿易港, の赤壁

▼ 日本國中~ (19, 0.0%)

2 を旅行, 到る處

1 [15件] にある, にさう, に蔓, の, の人民, の人民此改暦, の府藩縣, の泥棒, の知者, の良民, の車夫, を大抵, 最も大, 最も廣, 最も麥

▼ 日本菓子~ (19, 0.0%)

3 の製造 2 の職人

1 [14件] には何, には調和, のお, のよう, の人々, の工場, の方, の紹介, は特に, は私, は餡, を併せ, を売り出し, を持っ

▼ 日本~ (18, 0.0%)

8 なれの 2 しの, し裏 1 し, し式部小路, し数寄屋町, し裏新道, なれが, なれと

▼ 日本ペンクラブ~ (18, 0.0%)

2 の, のテーブルスピーチ

1 [14件] がユネスコ, が反, での奇妙, というの, となった, の創立, の外交官まがい, の性格, の活動, は, は国際ペンクラブ, は国際的文化組織, は除名, も活動

▼ 日本北アルプス~ (18, 0.0%)

2 の名

1 [16件] とも称すべき, なる飛騨山脈, にはそれ, に与え, に交錯, に取り, のみ雪, の中, の中枢, の唯一, の峰々, の槍ヶ岳, の縛, の頂点, の飛騨山脈南部, やまたは

▼ 日本~ (18, 0.0%)

3 の賣

1 [15件] が滝, が競爭, が舶来品, であるかも, でなければ, の小さな, の注文, や, よりも支那, をもっ, を取寄せ, を土産, を用い, を見, 賣買所

▼ 日本文壇~ (18, 0.0%)

2 の此

1 [16件] ではこの, ではスタンダール, にとっての新しい, に対するジャーナリズム機構, に於ける, に活躍, に渡来, に顧みられなかつた, のため, の一収穫, の所謂, の流行児, の若い, の音韻使用, を形づくつ, 未この

▼ 日本有数~ (18, 0.0%)

2 の大, の権威者

1 [14件] という形容, のエキスパート, のフランス語学者, の人材, の劇詩人, の古, の名刹, の好, の米どころ, の舞台監督, の蘭学医, の長篇大作, の陶工, の高山

▼ 日本社会党~ (18, 0.0%)

1 [18件] か日本社会民主党, がこれら, が政権, が祖国日本, でゆき, にこういう, の一貫, の一部, の意思, の訪中使節団, の領袖, は, はあの, はこの, は社会主義, は社会保障, も即時社会主義実現, を代表

▼ 日本紳士~ (18, 0.0%)

2 の多数

1 [16件] あり, から結婚, がある, がつい, が特に, が立っ, が英人, で有名, として彼, の中, は, は流暢, は重心, らしくぽうっと, をヘキエキ, を何とか

▼ 日本~ (18, 0.0%)

1 [18件] されて, で読ん, としてあらわれ, とは専門家, にも序文, によった, にハーハー, のマウパッサン短篇集, の書, の聖典, は一つ, は六百頁余, は整一, は既に, は私, もあっ, を教えろ, を無言

▼ 日本読み~ (18, 0.0%)

12 にする 1 である, にした, には無関係, に返っ, の漢文調, の調子

▼ 日本軍人~ (18, 0.0%)

1 [18件] か, かいやしくも, がいない, が傍, が指揮刀, が西洋, として面目, と殆, に並々, の典型, の労働能率, の名前, の気質, の面上, はうまく, はここ, もって, らしく彼

▼ 日本として~ (17, 0.0%)

1 [17件] この二, また武装, ポーズされ, 初めての, 存在できない, 封建性への, 当然であった, 手答えが, 最後の, 決して野蛮国, 独自に, 生きて, 生活し, 科学の, 自慢に, 装われ観光日本, 誇るに

▼ 日本に対して~ (17, 0.0%)

2 非常に

1 [15件] じかに危害, すぐさま硬い, すまぬ, どのよう, まあ好意的, わが大, 一種の, 復讐戦を, 持つ憎悪, 攻撃姿勢を, 日本的な, 気の毒である, 立つの, 要求する, 言つた

▼ 日本~ (17, 0.0%)

2 である

1 [15件] だった, だと, だね, と異, と自称, にしよう, になっ, のアメリカ人, の人, の画伯, の西洋人, の雄弁, は實, ひの, もわが

▼ 日本そのもの~ (16, 0.0%)

2 の反映

1 [14件] が何人, が健康, が完全, が文化的, であります, のよう, の一點, の古代建築, の大, の敗北, の文化, の本来, の関係, をぬすむ

▼ 日本にては~ (16, 0.0%)

1 [16件] いずれの, この土地, これを, やはり背広, フロックコートに, 下級の, 到底想像すべ, 單に, 女の, 山姥鬼婆共に, 成すべからず日支兩國, 政府の, 杖は, 結婚式の, 織田信長が, 貧家の子が

▼ 日本にとっては~ (16, 0.0%)

2 一種の, 大切な

1 [12件] ながく深刻, ゆゆしき大事, 事態は, 北海道の, 単なる人ごと, 多く親しまれた, 宝の, 悲しくて, 明治政府以来国外からの, 最近に, 米は, 遠い過去

▼ 日本ラジオ~ (16, 0.0%)

1 [16件] がその, が日本軍人, だけは初め, ではさし当り政党政治, という敬称, としては確か, の例, の処女, の時事解説, の特色, はあれ, はずっと, はその, は実に, は日本軍人, を政治的

▼ 日本各地~ (16, 0.0%)

1 [16件] おしなべて同じ, からの救援, で寶掘り, に土着, に於い, に生れた, に集団密入国, の住民, の方言, の植物方言, の植物界, の民謡, の蒐集, の風, を旅行, を歩き

▼ 日本少年~ (16, 0.0%)

1 [16件] がどこ, が一人, じゃない, だ, としてたたかう, の, のくせ, の偉大さ, の手, の投書欄, の正太, の胆力, の英国水兵殺害事件, は決して, をどう, をひっぱっ

▼ 日本建築~ (16, 0.0%)

1 [16件] が見えた, ながら洋風, に在, に比し, に生甲斐, の一条件, の喫茶店, の有難み, の樣式, の美術的, の遠景, はこれ, は古, は漸次, を見る, を見下す

▼ 日本最古~ (16, 0.0%)

2 のもの

1 [14件] の仏像, の刀匠, の名家, の名門, の地方, の天主堂, の学校, の家柄, の建築, の教会, の書物, の武道, の茶園, の詞章

▼ 日本民主化~ (16, 0.0%)

4 のため 2 の第, の途上 1 のいくつ, のキー, の全面, の契約, の現実, の端緒, の課題, は四七年度

▼ 日本現代劇~ (16, 0.0%)

2 に対する不満

1 [14件] がまだ, の不振, の主流, の基礎, の大きな, の樹立, はこれ, はまだ, はまだまだ, はイプセン以後, は何十年来, は悲しい, を本質的, を通じて多少

▼ 日本的性格~ (16, 0.0%)

2 といふもの, と家族制度

1 [12件] などを太鼓入り, に近代的特質, の一つ, の一面, の片鱗, の甚だ, は如何なる, を十分, を完成, を必要, を持った, を有した

▼ 日本舞踊~ (16, 0.0%)

1 [16件] が研究, せっかくうまい, で清姫, とバレエ, により広い, の下地, の動き, の微妙, の決定的打撃, はその, は物質的困難, ばかりの, を習っ, を習った, を習わせ, を習わせる

▼ 日本~ (16, 0.0%)

1 [16件] あり四百人前後, が出来た, である, では婦人, というの, に入, に分れ, に加はつ, の噂, の日本人, の食糧, は全く, を人力車, を感心, を散歩, を襲

▼ 日本説話~ (16, 0.0%)

2 の猿

1 [14件] とこの, とに於, に存せし, に見えず, に近き, に鰐, の, のみ独り, の一, の宝庫, の裏面, は唯, は多く, を分類

▼ 日本贔屓~ (16, 0.0%)

2 であって, であらう, の人, の男 1 で仏国, で種々, というわけ, に成つて, のワーナー, の好事家, の婦人, の王様

▼ 日本青年館~ (16, 0.0%)

1 [16件] での合評会, で催され, で催した, で民俗学, で演出, で郷土舞踊, にて発表, に台臨, の会, の分館, の此事業, の長い, へ, へ松竹座, へ行く, や青山会館

▼ 日本代表~ (15, 0.0%)

1 [15件] が出席, が派遣, として万国婦人参政権大会, として出かけた, として出席, として外国, として尾崎咢堂, の下, の努力, の有島氏, の送別会, はいない, はまもなく, は余り, や商務官

▼ 日本六十余州~ (15, 0.0%)

3 をめぐって歩ける 2 を尋ね 1 にも平和, の国, の将軍, の津々浦々, の神祇, へ百八十, をおん, を歩き廻ったです, を相手, を跨

▼ 日本教育~ (15, 0.0%)

7 の伝統 2 の現状 1 と宗教教育, のため, の本質, の民主化, を建設, 非適格者追放指令

▼ 日本文學~ (15, 0.0%)

4 の城壁

1 [11件] が出, ではそれ, ともいふべき, の人稱問題, の古典, の基礎, は幾何, は破滅可致候, を有し, を破, 若くは

▼ 日本詩壇~ (15, 0.0%)

4 に於ける, の現状 2 では其昔詩 1 に対, に對, の一方, は判然, は実に

▼ 日本近海~ (15, 0.0%)

1 [15件] からは彼, での難場, ではとても, では大体月, で四日四晩, で随一, において見る, にはこの, のこと, の小粒, の海底, の測量, の真珠, の魚族, 第一

▼ 日本選手~ (15, 0.0%)

1 [15件] が三段, が到着, だという, でもあり, という名前, に対する感情, に至っ, のバタフライ, の多く, の後半, の急ピッチ, の成績, の猛, は決勝線, は渾身

▼ 日本からも~ (14, 0.0%)

1 [14件] そこに, そのむかし, とり急いで, 二十余名の, 出て, 十人余りの, 商業上の, 委員を, 必ず探偵小説家, 日本パンクラブ代表として, 硫黄瑪瑙などの, 西園寺全権や, 遠く支那, 陣羽織が

▼ 日本だけが~ (14, 0.0%)

2 悪いん

1 [12件] いつ平和, この次, さうだとは, どうしてそんなに古く, まもなく鎖国, 何とでも, 取り残されて, 取殘, 戦争を, 滿洲事變だの, 特別な, 神国でない

▼ 日本~ (14, 0.0%)

2 の千二百羅漢, へ参詣 1 に達す, のお嬢さん, の千二百羅漢様, の山, の廢宇, の羅漢様, の裏山, へも参詣, へ泊り, へ登る

▼ 日本憲法~ (14, 0.0%)

3 とグナイスト談話

1 [11件] において全, には, にはかかる, に明記, の, の原案, の定めた, は国, は憲法, は成立, を一目

▼ 日本~ (14, 0.0%)

1 [14件] があつ, が帝紀, なしに, なる名, に就, の一部, の帝王本紀, の帝紀, はふるい, や文房具, よりも大きく, を並べた, を読む, 或は其一部分

▼ 日本などでは~ (13, 0.0%)

2 想像の

1 [11件] こういう準備行動, まだなかなかそういう, 一たん荷物を, 到底肉眼, 強い封建制, 木綿が, 東洋思想や, 極めて少ない, 理論的には, 自由主義と, 見られない図

▼ 日本について~ (13, 0.0%)

1 [13件] あまり知らなかつた, どうお, また支那民衆, 並は, 何ほどの, 大部分, 彼に, 或る, 知る由, 考えて, 記したもの, 語りあうなどとは, 語る場合

▼ 日本國現在書目~ (13, 0.0%)

2 にも其の

1 [11件] だけに殘つて, で宇多天皇, と云, には二卷, にも勿論, にも見え, にも載, に載, の中, を見れ, を隋書

▼ 日本~ (13, 0.0%)

2

1 [11件] が決して, たる所以, にあてはまっ, にまで批判改造, に固有, に特有, の一種, の文化ファシズム, の文化躍進, の特殊性, の農本主義者

▼ 日本大学~ (13, 0.0%)

2 というべし, の夜学, の組織 1 などを転々, に於ける, の一家, の同級生, の教科, の法律科, へ電話

▼ 日本布教~ (13, 0.0%)

2 の決意, の独占権 1 に来, の中心地, の前途, の報道, の師命, の方針, の計画, は実に, を志し

▼ 日本留学生~ (13, 0.0%)

2 の世話

1 [11件] が一纏め, が此地, に取, に就い, の人たち四人, の代表, の写真, の注意, の自分, の金使, は概ね

▼ 日本などは~ (12, 0.0%)

1 [12件] その点, それに, とうてい比較, とてもややこしい, まだまだ壊, まだ温い, 何の, 何よりも, 問題外だ, 早くから独逸流, 時として此, 特に關ヶ原

▼ 日本なる~ (12, 0.0%)

4 ものは 2 太平洋上の 1 ものはの, 人種の, 問題は, 国家の, 姿に, 彼女の

▼ 日本のみ~ (12, 0.0%)

2 では 1 いら, でなくまた, でなく支那, ならずヨーロッパ, ならず世界中いずれ, ならず全, ならず外国, ならず支那, ならず諸国, 拒みて

▼ 日本仏教~ (12, 0.0%)

1 [12件] がある, が成立, とチベット, とチベット仏教, の危機, の多く, の大きな, の師教, の精神, は今日常識的, は生, を味読

▼ 日本出来~ (12, 0.0%)

2 である, の纐纈 1 である処, のなに, のもの, のイチゴ, の南蛮物, の寝台, の金ぴか模様, や支那出来

▼ 日本劇壇~ (12, 0.0%)

1 [12件] が一度, が生んだ, として明治三十四年, にもちょっと, のよき, の一つ, の中堅, の新, の観念, の解剖, は仏蘭西, を観よう

▼ 日本商人~ (12, 0.0%)

1 [12件] および外人, が注文欲しげ, が私, とひと, の勢力, の山崎, の支那商人, の敬語, の為, の独占的仲介, は仏頂面, よくやる

▼ 日本国家~ (12, 0.0%)

1 [12件] が直面, である, に報, に必要, の主体性, の仏教, の基礎, の威力, の広義, の正しき, の発展, を表わす

▼ 日本広し~ (12, 0.0%)

9 といえ 1 といへ, と雖, と雖ども

▼ 日本文化中央連盟~ (12, 0.0%)

1 [12件] がそれ, が松本学氏, との間, なるもの, による, に対する注文, に於, に限定, の事業, の結成, はそういう, より二千六百年

▼ 日本武士~ (12, 0.0%)

1 [12件] があらわれた, と支那, には及ぶべく, のす, のとうとい, のよう, の人情これ, の名誉, の大小, の気風, の真骨頂, の精神

▼ 日本~ (12, 0.0%)

2 に於 1 いづれも, が全体主義, と云う, にある, に用, の成文神話, の文字, の東洋, の諸国, またこれ

▼ 日本~ (12, 0.0%)

1 [12件] が出, が最も, で學ぶ, について片, にはギリシヤ原音ヨーアンネース, のテキスト, の公刊, の序, は早くから, は最初, を手, を見る

▼ 日本~ (12, 0.0%)

3 を焚い 2 を焚く 1 で無い, の会, の本当, はいや, をくった, を呼ばれ, を焚ぎ

▼ 日本~ (12, 0.0%)

1 [12件] がすき, が多い, に結っ, のうち, のカモジ, の実際, の方, の裸女, はとんと, や下町風, を珍, を結う

▼ 日本からは~ (11, 0.0%)

1 [11件] なれて, わざわざ留学生, 一向これ, 一月に, 丹波の, 何らの, 岡田武松藤原咲平黒田正夫の, 島崎藤村夫妻が, 從來法相宗を, 松山永田という, 硫黄などの

▼ 日本などで~ (11, 0.0%)

1 [11件] あまりその道, ある種, よく用, 人民戦線, 普通に, 最も大事, 特に目立つ, 現今遲れ走せ, 自分の, 落着い, 酷く評判

▼ 日本なんか~ (11, 0.0%)

2 でも 1 おまえ亡び, そう矢鱈, では, でピエール, どうなっ, どこからでも, やっと薄手, 鉄砲が, 難有

▼ 日本にだって~ (11, 0.0%)

1 [11件] いやしない, そうない, ちっとは, カーネギーが, 一人位いは, 天平六年に, 幾らも, 有るん, 流布し, 神様も, 良いもの

▼ 日本中どこ~ (11, 0.0%)

5 へ行っ 1 でも歩く, にもある, にもいる, の宿屋, へいっ, へ行つて

▼ 日本国体~ (11, 0.0%)

2 の神聖, の霊力 1 に及ぼし得たる, に就い, の精神, の自覚, の説明, を中心, を信仰

▼ 日本地図~ (11, 0.0%)

2 が浮んだ, を広げ 1 が印刷, にやや, の青写真, は御存知, を入れる, を教員室, を見せられ

▼ 日本宿~ (11, 0.0%)

2 の方 1 だと, で朝食, に落着, の大通旅館, の昂栄館, へ行っ, もいけない, よりは私達, を松竹

▼ 日本文明~ (11, 0.0%)

1 [11件] が三十七, との混血児, の一, の中, の建設, の混沌, の由來, の裏面, を呪咀, を建設, を破壊

▼ 日本料理屋~ (11, 0.0%)

1 [11件] では畳, でもある, でも洋食屋, で腐った, で藝者達, に招い, の女中, へ入っ, へ登る, を例えば, を見つけ

▼ 日本~ (11, 0.0%)

1 [11件] から出, といふもの, と油畫, に宗旨變, に精魂, の全般, の大家, の弊, の材料, の相違, や書

▼ 日本移民~ (11, 0.0%)

2 の実況 1 の一大成功場, の問題, の居宅, の状態, の経済状態, の近況, をとにかく, を訪問, 第二世

▼ 日本美術協会~ (11, 0.0%)

3 というもの 1 が生まれ, と名, に次いで, のある, の展覧会, の年中行事, の方, の話

▼ 日本臣民~ (11, 0.0%)

2 は均しく 1 で御座ると, としてこれ, の一人, の一人一人, の心, の至情, はだ, は其所有権, は所有權

▼ 日本芸術~ (11, 0.0%)

1 [11件] が特に, のうち, のこの, の一つ, の伝統, の揺籃, の根蔕, の発足, の美, の血統上, の遺産

▼ 日本および~ (10, 0.0%)

2 支那の 1 シナが, シナの, セイロンボルネオ等諸島に, 台湾の, 日本の, 日本人が, 日本人に対する, 日本人を

▼ 日本だって~ (10, 0.0%)

1 あの作品, おまえテーンエージャの, この前, そうだ, そうでしょう, ヤングは, ヨーロッパだって, 人夫が, 原始林が, 孤立し

▼ 日本にだけ~ (10, 0.0%)

3 特有な 2 あって 1 ある傳統的, いるもの, 昔から, 生じて, 通用する

▼ 日本に対し~ (10, 0.0%)

1 どういうこと, 余程好意, 反目し, 同じく開港, 寛大な, 挑戦し, 最も友誼, 無礼の, 目的を, 遼東半島を

▼ 日本公使館~ (10, 0.0%)

1 では仕事, でポーランド通過, にいた, に居た, に良人, に電報, もここ, や領事館, をめぐる, を訪う

▼ 日本再建~ (10, 0.0%)

1 なぞ在り得ない, に役立つ, に関する情熱, のかぎ, のため, の使命, の微衷, の足場, は不可能, を目指す

▼ 日本列島~ (10, 0.0%)

3 の上 2 がぐんと, は小さな 1 の構造, の聚落, を戦略地点

▼ 日本南アルプス~ (10, 0.0%)

2 の白峰山脈 1 では容易, と呼ばれ, と甲斐, の中, の大, の大王, の第, の駒ヶ岳山脈

▼ 日本~ (10, 0.0%)

2 來の 1 來, 傳である, 有の, 武道, 武道型大会開かる, 神道の, 美術は, 美術展に

▼ 日本国王~ (10, 0.0%)

1 との直接談判, と為す, にし, に封じ, に封ずる, に封ぜられ, に服従, に説い, の祖先, はシナ

▼ 日本~ (10, 0.0%)

2 の二階家, の家 1 である, の方, の玄関, の郵便局, も一棟, も全く

▼ 日本本来~ (10, 0.0%)

2 のもの 1 の伝統, の伝統的文学, の健康, の大政, の姿, の宗教, の欠点, の自然

▼ 日本~ (10, 0.0%)

2 借金を 1 では, 下等人民に, 図書館などが, 好い処, 學校騷動の, 極端に, 水力に, 釣りに

▼ 日本経済~ (10, 0.0%)

2 の結び目 1 に寄与, の, の低, の成長率, の枠, の買辨化, はアメリカ, をつつむ

▼ 日本美術院~ (10, 0.0%)

3 の同人 1 の光彩, の展覧会, の目録, を創立, を創設, を拵ら, 第二十五回展

▼ 日本評論社~ (10, 0.0%)

1 が出版, で分冊, にしろ, の, の主催, の本, の現代文学読本, の社長鈴木利貞氏, の茅原茂さん, 各二・三〇

▼ 日本軍部~ (10, 0.0%)

2 が目的, 即ち関東軍側 1 がヨーロッパ文明, が築きかけ, による張作霖, の教え, の満州中国, の衝動的

▼ 日本~ (10, 0.0%)

4 にし 1 ですから, でやれ, のチップ, の一円, の勘定, の参円

▼ 日本陶器~ (10, 0.0%)

2 に関する書 1 として古瀬戸, に於, のすべて, のよ, のカタログ, の化粧道具, の蒐集, を売つ

▼ 日本~ (9, 0.0%)

1 やあの, やある, やいい, やかういふ, やアハビ玉, やシェークスピア, や出来ないだらう, や漁師たち, や身

▼ 日本とか~ (9, 0.0%)

2 支那とか 1 あるいは欧米, そういう公式, マレーの, 我我日本人の, 支那とかいう, 現代とかいう, 百濟高句麗などが

▼ 日本にと~ (9, 0.0%)

3 つては 2 つても 1 つて憂慮に, つて最適の, つて農村の, つて近代醫學の

▼ 日本みたい~ (9, 0.0%)

1 な夏, な小さい, な草, に労働者農民, に大小ブルジョア, に惡, に感受性, に梅雨, に除夜の鐘

▼ 日本主義哲学~ (9, 0.0%)

1 となる, になる, に対して初めて, に移行, の有力, は所謂右翼反動団体的, は自分自身, への余地, や仏教徒

▼ 日本伝来~ (9, 0.0%)

2 の家屋 1 のみたまふり, の文人気質, の文化, の演劇, の迷信, の進歩, の道士

▼ 日本伝道~ (9, 0.0%)

1 についての明るい, に必要, に赴く, の意図, の機会, の特殊, を力強く, を欲, を決意

▼ 日本作家~ (9, 0.0%)

1 としては個人的, と呼ぶべきである, にはまだまだ, のある, のもの, の作品, の多く, の手, の真似

▼ 日本劇場~ (9, 0.0%)

1 が経営困難, で, で仏蘭西洋画壇, で開演, のレコード, の前, へマーカス・ショオ, へ寄り, へ足

▼ 日本古史神話~ (9, 0.0%)

2 の史的源泉 1 にも多く, に男性, に関する意見, の天地開闢説, は後世, も亦, を称し

▼ 日本地理~ (9, 0.0%)

1 で仙台, というもの, と同じ, に, に扱う, の見学, の附録, を書く, 第一章

▼ 日本大衆~ (9, 0.0%)

2 の精神 1 にたいして大きな, のあいだ, の中, の多く, の日常生活, を二つ, を明瞭

▼ 日本~ (9, 0.0%)

3 に住ん 2 の屋根 1 があった, がある, には煙筒, を洋風

▼ 日本将来~ (9, 0.0%)

2 のオペラ, の一大問題 1 の宗教, の政体, の政治, の文章, の経済

▼ 日本攻略~ (9, 0.0%)

1 という我々, にあたってこれ, のため, の日, の行動, はいつ, は攻略, を前, を決行

▼ 日本放送協会~ (9, 0.0%)

2 のラジオ 1 から独立, が事実上半官半民, が唯一, などでもその, の独占的事業, は戦前, は手段

▼ 日本~ (9, 0.0%)

1 八景の, 劇壇の, 女性の, 政府の, 文学が, 民法論, 演劇協会, 演劇協会の, 記録であった

▼ 日本浪曼派~ (9, 0.0%)

1 と名づけ, の一週年記念号, の同人諸兄, の提唱, の機関雑誌, の評論家保田与重郎, は苦労知らず, へはいろう, またその

▼ 日本的源泉~ (9, 0.0%)

2 の一つ 1 としての斯, として今日われわれ, として日本芸術, として飛鳥時代, とは単に, は決して, を説い

▼ 日本的範疇~ (9, 0.0%)

1 が思惟, で物, と欧州的範疇, にも拘らず, の哲学, は恐らく, は次第に, をどんなに, をれい

▼ 日本皇帝~ (9, 0.0%)

2 からいただいた 1 が旅順港襲撃, にあて, のさよ, の書, へささげる, への贈り物, よりおくられた

▼ 日本~ (9, 0.0%)

1 がいい, でないよう, というの, ならざるは, の加之, の學者, の鶏, は中, ばかりである

▼ 日本空軍~ (9, 0.0%)

1 が鉄, に発見, のおかげ, のため, のはげしい, のまきちらす, の爆撃, の爆撃機, の男らしい

▼ 日本絵の具~ (9, 0.0%)

2 をもっ 1 でなければ, で絹, といえ, の性質, はそれ, は混濁, は透明

▼ 日本軍隊~ (9, 0.0%)

1 と云う, におけるスラッピング, に入っ, の伝統的, の威信, の婦女暴行, の恩威並び, の独裁政権, は身の毛

▼ 日本銀行~ (9, 0.0%)

1 でお札, と云う, にあ, に居た, に持っ, の貨幣市場, まで歩い, をそっくり, を襲撃

▼ 日本とを~ (8, 0.0%)

1 別国として, 同時に両方, 含ませて, 比較する, 混ぜ合, 結び付ける役目, 繋ぐ縄, 較し

▼ 日本などの~ (8, 0.0%)

1 ように, 十二月號エラリイ・クイインの, 如く金, 支那研究などに, 新民主主義, 歴史では, 無産者は, 現実だ

▼ 日本~ (8, 0.0%)

1 お前は, しばし待て, なんぢ朝の, 世界に, 乗り切って, 何処へ, 強くなれ, 我等より

▼ 日本よりは~ (8, 0.0%)

1 はるかに, もっともっと男尊女卑, 住み心地, 余程進歩, 勝って, 多く耕し得る, 支那の, 独逸で

▼ 日本ファッシズム~ (8, 0.0%)

2 のイデオロギー 1 のため, の急速, の本質, の歴史的, の諸, はこの

▼ 日本ロマン派~ (8, 0.0%)

1 がその, が素朴, と云われた, と入りみだれ, のルネッサンス論, の亀井勝一郎, の人々, の理論家

▼ 日本三景~ (8, 0.0%)

2 の一 1 などという, などといふ, などの彩色写真, の一つ, の内, の親玉

▼ 日本伝統~ (8, 0.0%)

2 の問題, の文人気質, の精神 1 なるもの, の道義感

▼ 日本全国どこ~ (8, 0.0%)

2 の隅 1 でもその, でも聞く, にもございまし, に行つて, の城下, を捜し

▼ 日本外交~ (8, 0.0%)

2 の基本 1 の基本的方針, の明朗性, の過失, の重大, の重大問題, は一〇〇パーセント親米

▼ 日本~ (8, 0.0%)

1 勝利だ, 勝利を, 勝利万歳, 地震の, 政府の, 空襲を, 詩人の, 遠征の

▼ 日本山岳会~ (8, 0.0%)

1 が其時, の一員, の名誉会員, の小, の生み, の発起人, の設立, 小集会

▼ 日本支那~ (8, 0.0%)

1 に於, に於ける, の古い, の古代, の美術, の通弊サ, の風俗人物美人, を始め東洋

▼ 日本支配~ (8, 0.0%)

1 がこの, に反対, の確立, の結果, は女帝, は必ずしも, は着々, を正統

▼ 日本政記~ (8, 0.0%)

3 の校訂者 1 で旁詩文題跋, の如き, の校訂, の論文, を補訂

▼ 日本新劇~ (8, 0.0%)

1 に多少, の創始者, の因襲的, の将来, の正統, を代表, 乃至は, 否現代文学

▼ 日本新聞社~ (8, 0.0%)

1 から依頼, から特に, に入っ, に出勤, に来, の楼上, へ子規氏, を退く

▼ 日本渡来~ (8, 0.0%)

1 となつ, のバテレン中, の一行, の事業, の師命, の橋掛け, の願望, までにヤジロー

▼ 日本潜水艦~ (8, 0.0%)

1 が来た, に攻められた, に舵器, のすばやい, の影, の襲撃, の追跡, をひどく

▼ 日本独自~ (8, 0.0%)

1 な伝統, の, の作, の字体, の歴史的開展, の清浄性, の立場, の芸術

▼ 日本現在~ (8, 0.0%)

1 のインテリゲンチャ, の情勢, の映画, の村, の油絵, の諸, の風俗, を斯く

▼ 日本留学~ (8, 0.0%)

1 に出かけ, の必要, の決心, を勧奨, を喜ばず, を志望, を許し, を許可

▼ 日本研究~ (8, 0.0%)

1 だから, と来たら, なん, に大いに, の重要, は正に, をした, をし直した

▼ 日本科学~ (8, 0.0%)

1 があり得る, というよう, などもその, など口, の力, の提唱者たち, の粋, を疾呼

▼ 日本~ (8, 0.0%)

1 だつた, の御飯, の様, を味つた, を食, を食べ, を食べる, 続々産出

▼ 日本要塞~ (8, 0.0%)

1 から締め出し, が未, の方, の武装, は外部, は完成, より締め出されたる, より締め出し

▼ 日本陸軍~ (8, 0.0%)

1 が分水嶺, にも海軍, に至大, の主力, の制度, の師表, はドイツ陸軍, は未だに

▼ 日本~ (8, 0.0%)

1 が躍り上がった, である, というの, の姿, は銚子, も川千鳥, も若鮎, を釣っ

▼ 日本だけに~ (7, 0.0%)

1 あった時, あるもの, ついて, 俳句が, 偶, 特有な, 限らぬの

▼ 日本でこそ~ (7, 0.0%)

1 その昔, 人が, 封建的な, 尊敬される, 最も高貴, 演劇の, 芸術的演劇の

▼ 日本としての~ (7, 0.0%)

1 ブルジョア民主化の, 創意は, 女権拡張の, 意見を, 混乱も, 立場を, 高い水準

▼ 日本などに~ (7, 0.0%)

2 比べて 1 あり得ないと, もさう云, 於ける自然科学, 行はれてる, 賣卻

▼ 日本にまで~ (7, 0.0%)

1 到達し, 到達した, 届いたの, 彼の, 惡名を, 流れて, 襲來し

▼ 日本のみが~ (7, 0.0%)

1 キリスト教の, 今日の, 天皇を, 果し得た比類, 特殊な, 絶えず發展進歩, 親善に

▼ 日本を以て~ (7, 0.0%)

1 一個の, 世に, 世界に, 亞細亞に, 呼ばれるやう, 新思想, 此二者に

▼ 日本侵略~ (7, 0.0%)

1 が目的, のため, の意図, の手段, の第, の金, を心掛け

▼ 日本全国津々浦々~ (7, 0.0%)

2 を放浪 1 にいたる, にまでつたわった, にまでひびきわたった, まで行き渡った, を光明優婆塞

▼ 日本出版文化協会~ (7, 0.0%)

2 および日本出版会 1 が設立, による用紙統制, の規定, は発展的, 及び日本出版会

▼ 日本天皇~ (7, 0.0%)

2 といふの 1 とかいふ言葉, としるす, の名誉, の親類, 或は天皇

▼ 日本女子~ (7, 0.0%)

4 に限り 1 の一分, の体格分類統計, の袂

▼ 日本妖怪~ (7, 0.0%)

2 の味, 実譚 1 の作者, の感じ, の病的感

▼ 日本学生~ (7, 0.0%)

1 から, が急, といふわけ, に面会, の人人, の語学教師, の説明

▼ 日本小説~ (7, 0.0%)

1 のひと, のフィクション性, の方々, の方達, の源流, の編輯員, の繪物語

▼ 日本市街~ (7, 0.0%)

1 が経営, と同様, の和洋両様, の埠頭, も共に, を半ば, を過ぎる

▼ 日本~ (7, 0.0%)

2 の尊 1 がその, が討伐, と云, の負傷, や万葉人

▼ 日本獨特~ (7, 0.0%)

1 と言, の, のそれ等, のもの, の拵, の玉, の美術的要素

▼ 日本画材料~ (7, 0.0%)

2 を使 1 によつて, をある程度, をこなす, を手, を扱

▼ 日本神道~ (7, 0.0%)

1 であろうと, の上, の根本, の研究, の純化, の組織, の諸

▼ 日本絵具~ (7, 0.0%)

1 ですっかり, の砂もの, の金粉, をなすりつけ, を使つた場合, を盛り上げる, を膠

▼ 日本美人~ (7, 0.0%)

1 そっくりだ, だ, には絶対, は到底, は西洋美人, や活動, をここ

▼ 日本自体~ (7, 0.0%)

2 の堕落 1 が無くなっ, が無くなりかけ, のあり方, のカリカチュア, の問題

▼ 日本~ (7, 0.0%)

2 の船 1 の一行, の妨げ, の準備, より八年目, を決意

▼ 日本見物~ (7, 0.0%)

1 に行った, の積り, の第, や西洋見物, をしたい, を一人, を志し

▼ 日本詩歌~ (7, 0.0%)

3 のリズム, の特色 1 の形

▼ 日本~ (7, 0.0%)

3 地方に 2 地方の 1 宗教各派の, 寺社の

▼ 日本農村~ (7, 0.0%)

2 の精神内容 1 のこの, の姿, の性格, の服装改良, の生命

▼ 日本農民~ (7, 0.0%)

2 の生活 1 のあ, のそれ, のやや, の発展, の道徳

▼ 日本~ (7, 0.0%)

1 と蝦夷, におさめ, になるだろう, にも近づきしか, に彩り, の海豹島, を政府

▼ 日本だけで~ (6, 0.0%)

1 あらう, どのくらいに, 一年に, 二百五十万人の, 独自の, 考へますと

▼ 日本だったら~ (6, 0.0%)

1 そういう象徴, カナカナの, 一週間位徹夜し, 二十年かかる, 君が代も, 義兵を

▼ 日本であっ~ (6, 0.0%)

1 ていずれ, てはこれ, てはならない, てみれ, ても当時, て新潟

▼ 日本についての~ (6, 0.0%)

1 いろいろの, 基礎的な, 決議は, 知見は, 知識とが, 質問の

▼ 日本にとっての~ (6, 0.0%)

2 兄弟である, 恥辱の 1 大失敗, 大損に

▼ 日本にばかり~ (6, 0.0%)

1 あること, あるもの, 出現する, 特にかよう, 特別に, 陽は

▼ 日本もの~ (6, 0.0%)

1 しかなくなる, にありとあらゆる, のスリラー映画, の映画, の茶碗, の部類

▼ 日本~ (6, 0.0%)

3 しさ 1 しからぬ思, しからぬ思ひあり, しさそのもの

▼ 日本アルプス地方~ (6, 0.0%)

1 では梓川, では熊笹, では私, に於, をはじめ, を除け

▼ 日本ブルジョアジー~ (6, 0.0%)

2 の商品 1 の又は, の日常処生訓, の特色, は出兵当初

▼ 日本プロレタリア文学運動~ (6, 0.0%)

1 が当時, についての決議, に於ける, の先行的任務, の方向転換, の歴史

▼ 日本倫理学~ (6, 0.0%)

1 だったの, と人間学, にはなれまい, に限らず, の不充分, を提供

▼ 日本倶楽部~ (6, 0.0%)

2 で初めて 1 だの何, だよ, で午餐, の観

▼ 日本印刷術~ (6, 0.0%)

1 からみ, の, の傳統, の始祖, の歴史家たち, の輪廓

▼ 日本印象記~ (6, 0.0%)

1 であった, についての不満足, の中, はお, をよみ, をよん

▼ 日本古典~ (6, 0.0%)

2 の研究 1 の中, の問題, の書物, の物語

▼ 日本国民性~ (6, 0.0%)

2 に基づく 1 の一つ, の中核, の特色, を護る

▼ 日本国民精神~ (6, 0.0%)

1 が如何, が発生, という特殊性, に基く, に悖る, を無視

▼ 日本好き~ (6, 0.0%)

1 なカション, になり, の事, の其処, の寡婦, は狂人

▼ 日本建て~ (6, 0.0%)

1 と黄色い, の商家, の家, の居間, の屋根瓦, の館員宿直室

▼ 日本支部~ (6, 0.0%)

1 からの報告, が解散, ではなく, として組織, と名乗る, を作る

▼ 日本数学~ (6, 0.0%)

2 の根幹 1 が花々しい, の何, の基礎, の将来

▼ 日本料理店~ (6, 0.0%)

1 が主として, で女中, で彼ら, における食物, にはほか, により夕食

▼ 日本新劇倶楽部~ (6, 0.0%)

1 がこれ, が生れた, の事業, の結成以来, の設立, はかかる

▼ 日本映画界~ (6, 0.0%)

1 が世界, では他, においては従業員, の前線, はロケーション, をより

▼ 日本映画社~ (6, 0.0%)

3 というところ 2 の嘱託 1 といふところ

▼ 日本最大~ (6, 0.0%)

1 の地下資源, の壁面, の平野, の毎日新聞, の裾野, の關東平野

▼ 日本本州~ (6, 0.0%)

1 という大館, に在る, に於ける, の方, の最高凸点, の脊髄骨

▼ 日本植物~ (6, 0.0%)

2 の書物 1 の研究, の誇り, の誇り秋田ブキ, を呼ん

▼ 日本無双~ (6, 0.0%)

1 と云われた, の大国, の形勝地, の忠臣, の藤十郎, の重宝猩々瓶

▼ 日本~ (6, 0.0%)

1 こそは知る, のその, を作っ, を作製, を発見, 第二十二号

▼ 日本画風~ (6, 0.0%)

2 の挿絵家等 1 なところ, な約束, にと云, の繊細

▼ 日本畫家~ (6, 0.0%)

1 であつ, で女二人, と二人, にわたつ, のこと, の中

▼ 日本精神文化研究所~ (6, 0.0%)

1 というの, にだって紀平正美博士, に対する不信, は学生, は最近殆, も実は

▼ 日本美術史~ (6, 0.0%)

2 の講義 1 の先生, の劈頭, の研究, を講じ

▼ 日本肖像畫~ (6, 0.0%)

2 の全盛期 1 と禪宗, の新, の高潮期, は獨立

▼ 日本~ (6, 0.0%)

3 からの 1 ラノ改造ガ實ニ將來ノ, ラ其, 體を

▼ 日本製品~ (6, 0.0%)

1 か独逸品, が我国, が跋扈, にわずか, の世界的進出, を追放

▼ 日本言葉~ (6, 0.0%)

2 のなつかしい, の美しい 1 が私, と英語

▼ 日本随一~ (6, 0.0%)

1 でありましょう, である, と称せられる, の哲学者, の果報者, の観光地

▼ 日本震災~ (6, 0.0%)

3 のため 1 のこと, の惨害, の惨状

▼ 日本~ (6, 0.0%)

1 か西洋馬, と西洋馬, の方, は処分, を一匹, を二匹

▼ 日本ある~ (5, 0.0%)

1 のみなり, のみ支那, ぷす登山鉄道と, を知らざる, を知らしめ

▼ 日本こそ~ (5, 0.0%)

1 その故郷, キリスト教の, 世界に, 侵略されるでございましょう, 布教すべき

▼ 日本その~ (5, 0.0%)

4 日その 1 地なり

▼ 日本だけは~ (5, 0.0%)

1 なまじつか, フハイダラクの, 全く違つて萬世一系, 少しも, 独り高く

▼ 日本であった~ (5, 0.0%)

1 が実は, ころには, ところの, のだ, 最も気持

▼ 日本でさえ~ (5, 0.0%)

1 ファシズムは, 世論という, 余程鑑賞眼, 六百万に, 裸で

▼ 日本とに~ (5, 0.0%)

2 産し暖地 1 ある現実的, 於ける好況, 産する

▼ 日本なぞ~ (5, 0.0%)

1 ではちょっと, では到底, にゐなく, に齷齪, よりも執筆者

▼ 日本などには~ (5, 0.0%)

1 住まわぬが, 入って, 到底起る, 未だ本当, 殊に少ない

▼ 日本にしか~ (5, 0.0%)

1 ないソーユ, ない表現, 見られないと, 見られないもの, 見られない精神

▼ 日本にのみ~ (5, 0.0%)

1 あって, 伝わる武芸, 存在する, 居つて, 見る物

▼ 日本に関して~ (5, 0.0%)

1 こんなこと, じつに何, どんな事, 少くも, 私かに

▼ 日本はじまっ~ (5, 0.0%)

4 て以来 1 て以来これ

▼ 日本びいき~ (5, 0.0%)

1 でいられる, で趣味, といわれ, は大変, らしい声

▼ 日本~ (5, 0.0%)

1 今ヤ皆無カ全部カノ斷崖ニ立テリ, 全世界無産階級, 全然其, 最モ, 自營自給スル能ハザル幾多

▼ 日本一般~ (5, 0.0%)

2 の生活態度 1 の常識, の風俗伝説, の風俗伝説文芸

▼ 日本~ (5, 0.0%)

1 家庭, 尊王倒幕, 少年未だに, 教育, 船大工異

▼ 日本以上~ (5, 0.0%)

2 に展覧会 1 であります, にさういふ, の文化

▼ 日本出版会~ (5, 0.0%)

1 といふ名称, によって統制, の役員, の罪業, は日記

▼ 日本労働者~ (5, 0.0%)

2 の特殊 1 の優秀, の堪へ得ない, の家族的家庭的美点

▼ 日本医学史~ (5, 0.0%)

2 に特筆 1 には此抄録, の医書目録, の資料

▼ 日本医方~ (5, 0.0%)

1 がこれ, を辱むる, を辱むるもの, を辱むるものとなし, を辱め

▼ 日本國内~ (5, 0.0%)

1 から見, に於ける, の政治, の景氣, は勿論

▼ 日本國民ぜんたい~ (5, 0.0%)

1 にある, の中心, の意見, の考え, をあらわされる

▼ 日本在住~ (5, 0.0%)

2 の外人 1 のバテレンたち, の朝鮮人作家, の英人

▼ 日本娼婦~ (5, 0.0%)

1 に見送られ, の数, の稼ぎ高, は流石, は浴衣

▼ 日本婦人会~ (5, 0.0%)

2 の理事 1 の勤労奉仕, の名誉理事, を再

▼ 日本宗教史~ (5, 0.0%)

1 などがこの, の叙述, の唯一, の研究, はそんなに

▼ 日本封筒~ (5, 0.0%)

1 で素子, にし, に入れた, に私, をとり上げる

▼ 日本平城京~ (5, 0.0%)

4 の土 1 でなく大

▼ 日本~ (5, 0.0%)

1 の臣, また危, を引払っ, を復興, を置い

▼ 日本~ (5, 0.0%)

1 で蓋, で開演, におけるその, に出演, の檜舞台

▼ 日本庶民~ (5, 0.0%)

1 の住宅, の理性, の生活信条, の生活史, はまさに

▼ 日本当局~ (5, 0.0%)

1 に依然として, の御, の無気力, は彼等, は誰か

▼ 日本征服~ (5, 0.0%)

2 の野心 1 というよう, の恐しい, をこころみた

▼ 日本従来~ (5, 0.0%)

1 の学問, の教訓, の独立, の生活, の遊興技芸

▼ 日本~ (5, 0.0%)

1 料理, 料理さくらである, 料理仕出シ御旅館, 滞在には, 滞在を

▼ 日本意識~ (5, 0.0%)

4 に眼 1 に目覚めた

▼ 日本文化史~ (5, 0.0%)

1 に罪, の一節, の上, の中, の未

▼ 日本日高見~ (5, 0.0%)

3 の国 2 の國

▼ 日本朝鮮~ (5, 0.0%)

2 安南等 1 との交通, にあらん, の記事

▼ 日本東京~ (5, 0.0%)

1 と下, に居住, の少女, の或, を出発

▼ 日本植物志~ (5, 0.0%)

1 が必要, の図, の大著, を世, を出版

▼ 日本民族中~ (5, 0.0%)

1 にもまた, に混入, に融合, に行き渡っ, の落伍者

▼ 日本民法~ (5, 0.0%)

1 としよう, となさん, と書き直せ, を作ろう, を制定

▼ 日本活字~ (5, 0.0%)

1 のはい, の元祖, の種書, を創造, 乃至日本

▼ 日本~ (5, 0.0%)

1 があっ, が相当, と呼ん, に奧州, を建設

▼ 日本画家中~ (5, 0.0%)

1 この北寿, で少なくも, の最大, 恐らくは空前絶後, 最も己

▼ 日本画式~ (5, 0.0%)

1 といふ, の筆始め, へい, を全然, を手がけた

▼ 日本的ファシズム~ (5, 0.0%)

1 であるとでも, とその, とは如何なる, と直接, のイデオロギー

▼ 日本的思考~ (5, 0.0%)

2 が現に, の在り方 1 が現実的

▼ 日本的感情~ (5, 0.0%)

1 ではちよ, と叡智, に共鳴, の中, を示した

▼ 日本的教養~ (5, 0.0%)

1 なるもの, の重, を得たい, を積まう, を身

▼ 日本着物~ (5, 0.0%)

1 であった, の柄, をほし, を一枚, を着

▼ 日本~ (5, 0.0%)

1 から, の入江元彦, の増田義一氏, の社長, へ遊び

▼ 日本租界~ (5, 0.0%)

1 からいきなり, のなんとか, の宿屋, の本屋, へはひり

▼ 日本童話~ (5, 0.0%)

21 は, は以上, もまた

▼ 日本第一流~ (5, 0.0%)

1 と云われない, の人気者, の画伯, の記者, の骨董類

▼ 日本統一~ (5, 0.0%)

2 の機運 1 に非常, の中心点, の第

▼ 日本~ (5, 0.0%)

1 を入れ, を呉れ, を土産, ヲ取, 知って

▼ 日本訪問~ (5, 0.0%)

1 が指令, にかかはらず, に来た, をした, をなした

▼ 日本諸国~ (5, 0.0%)

1 の古墳, の諸, の豪族, の集まる, をかなり

▼ 日本~ (5, 0.0%)

2 にし 1 にする, の五銭, の弐拾銭

▼ 日本資本~ (5, 0.0%)

1 のひろがり, の注入, の発展, の退嬰主義, の運命

▼ 日本軍艦~ (5, 0.0%)

1 がしのん, なり敵, のうった, の大, の砲弾

▼ 日本農民組合~ (5, 0.0%)

1 とが反対, と関係, に加入, に参加, の地主糾弾演説会

▼ 日本郵船~ (5, 0.0%)

1 のポスタア, の欧州航路, の船, はこれから, は十三マイル

▼ 日本鋼管~ (5, 0.0%)

2 の岸壁 1 には三千四, のエライ人, の向う岸

▼ 日本長崎~ (5, 0.0%)

2 の出島 1 で護り, の, の同

▼ 日本開国~ (5, 0.0%)

1 による東西文明, の先べん, の先鞭, を先取, を米国

▼ 日本電力~ (5, 0.0%)

3 の出張所 1 の出張員, の大

▼ 日本領土~ (5, 0.0%)

1 であるという, として確保, の六倍, の新聞, を侵

▼ 日本風景~ (5, 0.0%)

2 の含有 1 にはそぐわない, の一つ, の粋

▼ 日本騎兵~ (5, 0.0%)

1 と遭遇, のいる, の一隊, の悪口, の顔

▼ 日本~ (4, 0.0%)

1 へある, へいつか, へまだ, へもこの

▼ 日本でなけれ~ (4, 0.0%)

3 ば夜 1 ばならぬ

▼ 日本とで~ (4, 0.0%)

1 何の, 別々に, 自然の, 買い集めた書物

▼ 日本とでは~ (4, 0.0%)

1 国情が, 大いに違う, 科学に対する, 立地条件が

▼ 日本~ (4, 0.0%)

2 のである 1 のでせう, んだ

▼ 日本などでも~ (4, 0.0%)

2 段々通俗化 1 ジャーナリスト出身の, 日本紀や

▼ 日本びとなる父~ (4, 0.0%)

4 の書いた

▼ 日本ふう~ (4, 0.0%)

1 になつ, に言え, の四阿, の戸

▼ 日本までの~ (4, 0.0%)

1 旅を, 橋が, 航海が, 船便の

▼ 日本アジア主義~ (4, 0.0%)

1 が日本精神主義, たる所以, なの, にまで拡大

▼ 日本~ (4, 0.0%)

1 取リテ必敗ナリ, 取リテ支那ハ只分割サレザレバ足ル, 可劣國トモ, 向ツテ吹キシコトハ米國史上空前

▼ 日本プロレタリア文芸連盟~ (4, 0.0%)

1 が創立, の第, の結成等, はトランク劇場

▼ 日本プロレタリア芸術連盟~ (4, 0.0%)

1 とともに, に活動, の分裂, は遂に

▼ 日本ペン倶楽部~ (4, 0.0%)

1 が組織, として生れ, の組織, は日本独自

▼ 日本モルトケ~ (4, 0.0%)

4 の自任

▼ 日本~ (4, 0.0%)

2 大神楽 1 大急流, 大森林地

▼ 日本上古~ (4, 0.0%)

1 に關, の信仰布教, の状態, の遺物

▼ 日本~ (4, 0.0%)

1 とよぶ, の機関部, の櫓, は暴れまわる

▼ 日本主義者達~ (4, 0.0%)

1 にとっては併, による, の大, の説明

▼ 日本今日~ (4, 0.0%)

2 の仏教 1 の映画企業, の農法

▼ 日本倫理~ (4, 0.0%)

1 とは倫理, にまで上昇, は模範的倫理, は決して

▼ 日本~ (4, 0.0%)

1 には次, により, の如く, を作りし

▼ 日本八景~ (4, 0.0%)

3 の一 1 の選抜委員

▼ 日本兵士~ (4, 0.0%)

1 のため, の勇気, の大和魂, 並びに満州

▼ 日本~ (4, 0.0%)

1 にても懸絶, にて相, にも相当, に対立

▼ 日本剃刀~ (4, 0.0%)

1 が投げ捨てられ, で髯, で鬚, とどっち

▼ 日本労働~ (4, 0.0%)

4 総同盟

▼ 日本勝った~ (4, 0.0%)

2 ロシア負けた, 日本勝った

▼ 日本医学~ (4, 0.0%)

1 が無限, の大御所, の発達, の確立

▼ 日本~ (4, 0.0%)

1 のあらわ, のある, の濃い, の豊

▼ 日本商船~ (4, 0.0%)

1 の乗組員, はどうして, をお, を捕獲

▼ 日本国民同盟~ (4, 0.0%)

1 がこれ, が反対, は急, は特に

▼ 日本国民自身~ (4, 0.0%)

2 とが同じ 1 の尊厳, はそういう

▼ 日本国語~ (4, 0.0%)

1 の根源, の特質, の研究不完全, は此区別

▼ 日本國王~ (4, 0.0%)

2 の印 1 に奉ず, の不

▼ 日本國現在書目録~ (4, 0.0%)

1 がある, であります, は實際, も現存書目

▼ 日本型ファッシズム~ (4, 0.0%)

1 がファッシズム一般, に集中, の何より, の固有

▼ 日本堤署~ (4, 0.0%)

1 では早い, の管内, へ引か, へ飛びこんだ

▼ 日本~ (4, 0.0%)

1 としての姿, の独立, の部, はもちろん

▼ 日本官憲~ (4, 0.0%)

4 の手

▼ 日本家屋論~ (4, 0.0%)

1 の一部, の或, は有名, を講演

▼ 日本家庭~ (4, 0.0%)

1 に接し, のいくぶん, の如く食室, の家事

▼ 日本将校カワカミ~ (4, 0.0%)

1 が化け, じゃない, だったの, らしい男

▼ 日本屈指~ (4, 0.0%)

2 の大 1 の料理屋, の殺傷事件

▼ 日本~ (4, 0.0%)

1 ということ, となるべきなり, の如き, の里長

▼ 日本廻国~ (4, 0.0%)

1 のこと, の期間, をなさっ, をはじめて

▼ 日本思想史~ (4, 0.0%)

1 に関する書物, の究積中, の講案, の講義

▼ 日本~ (4, 0.0%)

1 に急, を同義反覆的, を帯び, を遠慮なく

▼ 日本手拭~ (4, 0.0%)

1 で汗, で顔, と魚, を持っ

▼ 日本教習~ (4, 0.0%)

2 の數 1 の話, をも迎

▼ 日本教育会~ (4, 0.0%)

1 が組織, の二度目, の方針, は従来文部省官僚

▼ 日本文学者~ (4, 0.0%)

2 が皆 1 の多く, を今

▼ 日本料理人~ (4, 0.0%)

1 だ, でも今, の無知無能, はいずれ

▼ 日本日本~ (4, 0.0%)

1 で粕谷, で見世もの, に光榮あれ, の中

▼ 日本最高~ (4, 0.0%)

1 の富士山, の心理通, の目録構造, の芸術

▼ 日本~ (4, 0.0%)

1 のお, のこと, の観, へ渡つた人々

▼ 日本武士道~ (4, 0.0%)

1 とかいう鎖国時代, の清節, の精華, の象徴

▼ 日本武尊東征~ (4, 0.0%)

1 の傳説, の帰途, の途中, の際

▼ 日本武尊様~ (4, 0.0%)

1 がこの, が大風, でさえ, ほどのお方

▼ 日本歴史上~ (4, 0.0%)

1 の名将東郷平八郎元帥, の大きな, の時代觀, ノ蝦夷

▼ 日本民族全体~ (4, 0.0%)

1 が己, のはたらき, の一つ, の力

▼ 日本民族独特~ (4, 0.0%)

1 の情死, の抱容性, の淡い, の見地

▼ 日本水聯~ (4, 0.0%)

1 というところ, の愚行, は対抗競技, は記録好き

▼ 日本沿海~ (4, 0.0%)

1 だけはヤッ, の海賊, の測量, を往来

▼ 日本洋画~ (4, 0.0%)

1 の古典, の紅二点, の親, の道

▼ 日本~ (4, 0.0%)

1 の俳人, の俳諧師これ, の全盛, の文学

▼ 日本~ (4, 0.0%)

2 である 1 であると, であろうか

▼ 日本海上~ (4, 0.0%)

1 に若干, に飛ん, を掠め, を横断

▼ 日本独得~ (4, 0.0%)

1 なの, の憲法, の現象, の美術的

▼ 日本現代文学~ (4, 0.0%)

1 が戦争, の一様式, の多く, の進歩的

▼ 日本現時~ (4, 0.0%)

1 の不思議, の女子教育, の文壇, ノ大

▼ 日本産業~ (4, 0.0%)

1 の再建, の好況, の技術的発達, の海外発展

▼ 日本画家たち~ (4, 0.0%)

1 によってどう, の日常生活, は日本画, も本来

▼ 日本画展~ (4, 0.0%)

2 を観 1 に, は早晩専門職人以上

▼ 日本的思想~ (4, 0.0%)

1 との錯綜, の伝統, は日本的国民精神, は永劫以来絶対

▼ 日本的東洋的~ (4, 0.0%)

2 なもの 1 だと, であること

▼ 日本的精神~ (4, 0.0%)

1 でもなけれ, とは何, の伝統, を生かし

▼ 日本精神史~ (4, 0.0%)

2 の叙述 1 のまとまった, を明らか

▼ 日本精神文化~ (4, 0.0%)

1 とか国民伝統文化, などを真面目, の研究者, を研究

▼ 日本精神運動~ (4, 0.0%)

1 が事実, にもそれ, はかかる, は現代

▼ 日本紀行~ (4, 0.0%)

1 が外交官, の本, の興味, はロテイ

▼ 日本紹介~ (4, 0.0%)

1 といふもの, のため, の色々, の英文書

▼ 日本~ (4, 0.0%)

1 においてもそう, の下絵, の材料, の様式

▼ 日本自身~ (4, 0.0%)

1 について考へ, のす, の出版界, を東洋

▼ 日本色里~ (4, 0.0%)

4 の総

▼ 日本~ (4, 0.0%)

1 がなかつた, でも莢隠元, より水, を細かく

▼ 日本~ (4, 0.0%)

1 からすれ, に重大, を不安, を助成

▼ 日本評論~ (4, 0.0%)

1 で分冊, の, の九月号, の人

▼ 日本~ (4, 0.0%)

1 の原始的発生, の押韻, の歴史, は到底

▼ 日本貨幣~ (4, 0.0%)

1 で二百五十円, と兩換, 取戻しの, 同種類

▼ 日本貴族~ (4, 0.0%)

2 の最 1 の傲慢, ノコノ傲慢ナル風習

▼ 日本貿易~ (4, 0.0%)

1 における英国, の果実, の独占, を失う

▼ 日本贔負~ (4, 0.0%)

1 である, の婦人, の思想, の筆まめ

▼ 日本農本主義~ (4, 0.0%)

1 がそこ, との関係, を産む, 更に日本アジア主義

▼ 日本通商~ (4, 0.0%)

1 の下心, の利, の特惠國オランダ, をしよう

▼ 日本鉄道~ (4, 0.0%)

1 の曽我, の汽車, の駅長, をめぐる

▼ 日本開化小史~ (4, 0.0%)

1 なり, にも吾人, に就, の最も

▼ 日本領事~ (4, 0.0%)

21 だった藤田敏郎氏, の岡田兼一氏

▼ 日本あたり~ (3, 0.0%)

1 ではこういう, とちっとも, とはだいぶ

▼ 日本あるいは~ (3, 0.0%)

1 その近海, 支那の, 東京の

▼ 日本せい~ (3, 0.0%)

1 きと, のくり, の食物

▼ 日本だの~ (3, 0.0%)

2 清国だ 1 祖国だの

▼ 日本であり~ (3, 0.0%)

1 ながら処, 即ち國體, 地上に

▼ 日本です~ (3, 0.0%)

21

▼ 日本でない~ (3, 0.0%)

1 ところに, とこんなに, 或る

▼ 日本とても~ (3, 0.0%)

1 同じこと, 法律上は, 西洋諸国とても

▼ 日本など~ (3, 0.0%)

1 何うであろう, 臨戦態勢総, 貧しいもの

▼ 日本などへ~ (3, 0.0%)

1 影響を, 来た個々人, 来るには

▼ 日本なり~ (3, 0.0%)

1 いやしくも国, やに疑, やを疑ひ

▼ 日本なんかに~ (3, 0.0%)

2 オダテラレ甘やかされ 1 ゐると

▼ 日本にこそ~ (3, 0.0%)

2 高い演劇 1 あつた

▼ 日本にたいする~ (3, 0.0%)

1 印象は, 善意などを, 態度などで

▼ 日本については~ (3, 0.0%)

1 ちっとも知らぬ, 世界史との, 解らない事

▼ 日本にても~ (3, 0.0%)

1 愚民の, 西洋にても, 隨分適用せられ得べき

▼ 日本にとっても~ (3, 0.0%)

1 大きな損失, 常識であった, 重大な

▼ 日本にゃ~ (3, 0.0%)

1 あ神, 帰れめ, 無いとは

▼ 日本のみは~ (3, 0.0%)

1 その例外, 多大の, 日本文學を

▼ 日本ばかりじゃ~ (3, 0.0%)

1 ない, ないん, 騒がし足りない

▼ 日本ばかりの~ (3, 0.0%)

1 ことと, 事であっ, 問題でも

▼ 日本へと~ (3, 0.0%)

1 經度を, 近付いて, 逃げて

▼ 日本みずから~ (3, 0.0%)

1 において一日, の文化, は我々

▼ 日本むす~ (3, 0.0%)

3 めの

▼ 日本よりの~ (3, 0.0%)

1 社会局役人を, 貿易船は, 贈物を

▼ 日本らしき~ (3, 0.0%)

1 相に, 純粋なる, 芸術様式を

▼ 日本をも~ (3, 0.0%)

1 含む, 本当に文化的, 見舞った年

▼ 日本アルプス大山系~ (3, 0.0%)

1 の地質構造史, も南, を手招き

▼ 日本アルプス登山~ (3, 0.0%)

1 の中心点, の帰りがけ, はこの

▼ 日本アルプス系~ (3, 0.0%)

1 の一峯, の大, の山岳

▼ 日本ファシスト~ (3, 0.0%)

1 がみずからファシスト, と, との協力

▼ 日本ファッショ化過程~ (3, 0.0%)

1 が原則的, が原始的, に対する抵抗力

▼ 日本プレス~ (3, 0.0%)

1 はない, はなく, を始める

▼ 日本ポリドール~ (3, 0.0%)

1 が数年前名曲鑑賞会, のカタログ, の名曲鑑賞会

▼ 日本ムスメ~ (3, 0.0%)

1 だったの, にもてた, の貞操

▼ 日本ラジオ放送~ (3, 0.0%)

2 に於ける 1 の内容

▼ 日本主義的~ (3, 0.0%)

1 である処, なもの, のもの

▼ 日本主義的イデオロギー~ (3, 0.0%)

1 が単なる, の批判, 程範疇論的

▼ 日本乃至~ (3, 0.0%)

1 日本文化圏に, 東洋に, 東洋演劇と

▼ 日本二十六聖人~ (3, 0.0%)

1 のひとり, の祝祭, をはじめ

▼ 日本~ (3, 0.0%)

1 の楽屋, の高座, はお

▼ 日本今後~ (3, 0.0%)

1 の工芸美術, の正しき, の運命

▼ 日本体育協会~ (3, 0.0%)

1 とは一切, に報告, はフィリッピン

▼ 日本使節~ (3, 0.0%)

1 として行つた木村攝津守, に送, のそれ

▼ 日本僧侶~ (3, 0.0%)

1 であって, とヤソ僧侶, の決心いかん

▼ 日本光学技術研究所~ (3, 0.0%)

1 だ, の吉村技師, は研究室

▼ 日本児童~ (3, 0.0%)

1 がアメリカ, が大抵, ぐらいにしか見えない

▼ 日本公使~ (3, 0.0%)

1 に適任者, の引払, は急

▼ 日本~ (3, 0.0%)

1 認識とか, 軍備の, 軍備を

▼ 日本勉強~ (3, 0.0%)

1 したので, なり, をした

▼ 日本~ (3, 0.0%)

1 と闘った, もそれ, を全敗

▼ 日本医専~ (3, 0.0%)

1 の二人, の獅子舞, の生徒

▼ 日本十八世紀~ (3, 0.0%)

2 のアカデミイ画派 1 の称賛者

▼ 日本占領~ (3, 0.0%)

1 と天皇, の事業, を区域

▼ 日本古代史~ (3, 0.0%)

1 の研究, の要領, をおもに

▼ 日本古典文学~ (3, 0.0%)

1 とその, の領域, への関心

▼ 日本史上~ (3, 0.0%)

1 いまだかつてない, に少い, に於

▼ 日本~ (3, 0.0%)

1 地方の, 新聞の, 時代の

▼ 日本哲学~ (3, 0.0%)

1 と称する, は哲学, をかける

▼ 日本問題~ (3, 0.0%)

1 がこの, に進出, を解決

▼ 日本固有文化~ (3, 0.0%)

1 に関心, の精粋, は決定的

▼ 日本国土~ (3, 0.0%)

1 に生活, のうち, はただ

▼ 日本国家社会党~ (3, 0.0%)

1 と日本農民組合, などそれから, の学生層

▼ 日本国旗~ (3, 0.0%)

1 が掲げられる, と各国旗若干, は散々

▼ 日本地理風俗大系~ (3, 0.0%)

1 などをひまひま, にも, にも蟹田川

▼ 日本型コンツェルン~ (3, 0.0%)

1 の一般的特徴, の政治生活, の特徴

▼ 日本堤分署~ (3, 0.0%)

1 です, と云う, へ出頭

▼ 日本天子~ (3, 0.0%)

1 のため, の宗廟, の為め

▼ 日本女優花子~ (3, 0.0%)

1 に残, の噂, の美

▼ 日本女学園~ (3, 0.0%)

3 のやんちゃ

▼ 日本~ (3, 0.0%)

2 の此 1 でしたよ

▼ 日本字新聞~ (3, 0.0%)

1 に出す, に同じ, は

▼ 日本学者~ (3, 0.0%)

1 がこの, の協力, の恥

▼ 日本學術會議~ (3, 0.0%)

2 を代表 1 が生れた

▼ 日本密教~ (3, 0.0%)

1 のこと, の光, は金剛

▼ 日本~ (3, 0.0%)

1 国民たちが, 国民の, 国民文庫

▼ 日本山岳景~ (3, 0.0%)

1 でも他, に独特, の特色

▼ 日本左衛門一まき~ (3, 0.0%)

1 とはだいぶ, と称される, の盗賊ども

▼ 日本帆船~ (3, 0.0%)

1 が漂流, が難破漂流, を拿捕

▼ 日本帝国政府~ (3, 0.0%)

3 の紙幣

▼ 日本平民新聞~ (3, 0.0%)

1 は一年, を見, を見た

▼ 日本~ (3, 0.0%)

2 しと 1 しとい

▼ 日本彫刻~ (3, 0.0%)

2 の伝統 1 の性質

▼ 日本思想~ (3, 0.0%)

1 の弱点, を以て文壇, 乃至東洋思想

▼ 日本戦史~ (3, 0.0%)

2 の圧巻 1 は武士道

▼ 日本手品~ (3, 0.0%)

1 の名花一輪, の柳川一蝶斎, や水芸

▼ 日本探偵小説~ (3, 0.0%)

1 の嚆矢, の如何, は闇

▼ 日本支店~ (3, 0.0%)

1 の本店たる, の舞鶴上陸, は品性

▼ 日本文化中央聯盟~ (3, 0.0%)

2 の嘱 1 の囑

▼ 日本文化人~ (3, 0.0%)

1 に非, の渇望, はまいっ

▼ 日本文化宣揚~ (3, 0.0%)

1 のため, はどう, を口癖

▼ 日本文化院~ (3, 0.0%)

1 と云った, の計画, は文化

▼ 日本文学中~ (3, 0.0%)

1 で第, にあっ, の一珠玉

▼ 日本文学史上~ (3, 0.0%)

1 における偉大, のあらゆる, の一秘事

▼ 日本文学者会~ (3, 0.0%)

1 という妙, という新しく, もボスぶり

▼ 日本文明協会~ (3, 0.0%)

1 という, のため, の事業

▼ 日本文芸~ (3, 0.0%)

1 に能, の一形体, の眺め

▼ 日本旅館~ (3, 0.0%)

1 に泊つて, に泊る, の前

▼ 日本~ (3, 0.0%)

1 では八月五日, で二月二十六日, で明治五年正月十日頃

▼ 日本服姿~ (3, 0.0%)

1 でふらふら, をとらえた, を現した

▼ 日本根子天津御代豊国成姫~ (3, 0.0%)

2 の大 1 大尊様

▼ 日本~ (3, 0.0%)

1 と液, に劣らない, を圧し

▼ 日本植物志図篇~ (3, 0.0%)

1 と定めた, の書, を続

▼ 日本武尊ら~ (3, 0.0%)

2 の母印南大郎女 1 の運命

▼ 日本武尊的~ (3, 0.0%)

1 ですが, で神武天皇, に殺され

▼ 日本武芸~ (3, 0.0%)

2 総本家 1 の総

▼ 日本歴史地理学会~ (3, 0.0%)

1 には顧問, の夏期講演会, の経営

▼ 日本民衆的~ (3, 0.0%)

3 なもの

▼ 日本民間~ (3, 0.0%)

1 でふつう, の古, の説話

▼ 日本水上聯盟~ (3, 0.0%)

1 のアナウンサー, はこの, はやたら

▼ 日本沿岸~ (3, 0.0%)

1 に指定, の太平洋, 至る所

▼ 日本波止場~ (3, 0.0%)

1 へついた, まで, まで一時間

▼ 日本浪漫派~ (3, 0.0%)

2 の人々 1 によって神話時代

▼ 日本浮世絵~ (3, 0.0%)

1 の宝庫, の紹介, を扱う

▼ 日本滞在~ (3, 0.0%)

1 をお許し, を固執, を許容

▼ 日本漆器~ (3, 0.0%)

1 などあり, の尊ばれたる, の流行甚盛

▼ 日本演劇史~ (3, 0.0%)

1 と歌舞伎新報, に新, の研究

▼ 日本演劇界~ (3, 0.0%)

1 の先覚者, の耆宿小山内君, を代表

▼ 日本演芸~ (3, 0.0%)

1 である, には酒, のこと

▼ 日本無産党~ (3, 0.0%)

1 という, もそう, も亦

▼ 日本獨得~ (3, 0.0%)

2 の精采 1 の肖像畫

▼ 日本獨立~ (3, 0.0%)

1 の學問思想, の社會組織, の經綸

▼ 日本現代作家~ (3, 0.0%)

1 がこれ, のもの, の頭

▼ 日本現代語~ (3, 0.0%)

21 の混亂

▼ 日本球根商会~ (3, 0.0%)

3

▼ 日本生糸~ (3, 0.0%)

1 のアメリカ, の値, の買値

▼ 日本男兒~ (3, 0.0%)

1 の腕前, の象徴, の魂

▼ 日本画中~ (3, 0.0%)

1 の比較評論, 最も写生, 最も現実

▼ 日本画崇拝~ (3, 0.0%)

1 であったから, にもあらず, は変らない

▼ 日本画法~ (3, 0.0%)

1 によって生かす, によるところ, はよい

▼ 日本画洋画~ (3, 0.0%)

1 をこめ, を見物, 押しなべて世界

▼ 日本画界~ (3, 0.0%)

1 に一つ, に於ける, に画時代的

▼ 日本画部~ (3, 0.0%)

1 から受けた, では好き, に傑作

▼ 日本畳新聞社~ (3, 0.0%)

1 から記者採用, の業績, へ出掛けた

▼ 日本的固有~ (3, 0.0%)

2 の感情 1 の文明

▼ 日本的特質~ (3, 0.0%)

1 として現れ, の表現, の証左

▼ 日本的生活~ (3, 0.0%)

1 に在る, の在り方, の歪み

▼ 日本的美~ (3, 0.0%)

1 という特殊性, の伝統, の性格

▼ 日本知識人~ (3, 0.0%)

1 のそれ, の意識機構, は西洋人以上

▼ 日本移動演劇連盟~ (3, 0.0%)

1 とかの事業団体, の活動, 第一回東京公演

▼ 日本精神病学界~ (3, 0.0%)

3 の双璧

▼ 日本~ (3, 0.0%)

1 並びに万葉, 同天皇二年, 旧註其他

▼ 日本~ (3, 0.0%)

1 国風土記, 本家た, 鎮守

▼ 日本老人アンリ・アラキ~ (3, 0.0%)

1 という存在, と老人, と親分

▼ 日本自ら~ (3, 0.0%)

2 がその 1 一度その

▼ 日本西部~ (3, 0.0%)

1 が深刻, の方言, の音

▼ 日本言語学~ (3, 0.0%)

2 と言 1 が起らぬ

▼ 日本~ (3, 0.0%)

1 みが, みである, みに

▼ 日本詩人~ (3, 0.0%)

1 の名, は季節, を見る

▼ 日本認識~ (3, 0.0%)

1 のさせ, の上, の基礎

▼ 日本諸学~ (3, 0.0%)

1 などということ, なるもの, を建設

▼ 日本警察~ (3, 0.0%)

1 に狩, の範囲, の関係

▼ 日本赤十字病院~ (3, 0.0%)

2 といふ海 1 に轉

▼ 日本軍閥~ (3, 0.0%)

1 の中国, の敵, の満州侵略

▼ 日本農業~ (3, 0.0%)

1 のこの, の特殊性, を近代化

▼ 日本近代詩~ (3, 0.0%)

2 の浪曼運動 1 の浪曼運動その他

▼ 日本造り~ (3, 0.0%)

1 でぎしぎし, でご, の鳥料理

▼ 日本里數~ (3, 0.0%)

1 で三里, で三里許, で十五里許

▼ 日本野球~ (3, 0.0%)

1 のさる, のベストメンバー, の各

▼ 日本開闢以来~ (3, 0.0%)

1 の名誉, の歴史, 初めての

▼ 日本関係~ (3, 0.0%)

1 の主任, の公共機関, の博物館

▼ 日本雑貨~ (3, 0.0%)

1 の使用, を向け, を売つ

▼ 日本離れ~ (3, 0.0%)

1 がし, した風景, のした

▼ 日本霊異記~ (3, 0.0%)

1 とせがまれ, には牛五十頭, の中

▼ 日本音曲~ (3, 0.0%)

1 の心, の欠点, は徳川時代

▼ 日本音楽部~ (3, 0.0%)

1 として二百五十人, とに分れ, なる大

▼ 日本風俗~ (3, 0.0%)

1 の一断面, の人形, を創りだす

▼ 日本~ (3, 0.0%)

1 につけ, のい, の婦人

▼ 日本いじめ~ (2, 0.0%)

1 に夢中, をやりだした

▼ 日本いたる~ (2, 0.0%)

1 ところに, 所で

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 中国か, 外国か

▼ 日本かと~ (2, 0.0%)

1 思へば, 想ふと

▼ 日本がか~ (2, 0.0%)

1 あいく, あいそう

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 やあ稀, や金

▼ 日本たる~ (2, 0.0%)

1 所以に, 所以を

▼ 日本だけにしか~ (2, 0.0%)

1 考えられない狭量, 観ること

▼ 日本って~ (2, 0.0%)

1 のは, 母国へ

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 とこさ, ところは

▼ 日本でございます~ (2, 0.0%)

1 か, がしかし

▼ 日本ですら~ (2, 0.0%)

1 そうであります, 東亞同文會の

▼ 日本とが~ (2, 0.0%)

1 シベリアで, 東洋において

▼ 日本とともに~ (2, 0.0%)

1 わびしく貧弱, 生れ出た

▼ 日本とには~ (2, 0.0%)

2 もっと親し

▼ 日本とも~ (2, 0.0%)

1 つかず支那, 支那とも

▼ 日本などと~ (2, 0.0%)

1 ちがって, 較べもの

▼ 日本なれ~ (2, 0.0%)

1 ばいやしくも, ばこそこの

▼ 日本なんぞ~ (2, 0.0%)

1 もう既に無い, ケチ臭い

▼ 日本においてと~ (2, 0.0%)

2 同じく支那

▼ 日本においての~ (2, 0.0%)

1 来るべき革命, 様々の

▼ 日本におきましても~ (2, 0.0%)

1 三四百年以後に, 畏くも

▼ 日本のど~ (2, 0.0%)

1 つかで, つかの

▼ 日本のみに~ (2, 0.0%)

1 して, 限らず諸

▼ 日本はと~ (2, 0.0%)

1 みると, 考える

▼ 日本ばかりで~ (2, 0.0%)

1 太って, 通用する

▼ 日本ひろし~ (2, 0.0%)

2 といえ

▼ 日本へかへ~ (2, 0.0%)

1 つたら何, れようなぞとは

▼ 日本へでも~ (2, 0.0%)

1 帰るよう, 適用する

▼ 日本へまで~ (2, 0.0%)

1 やって来ます, 遙る

▼ 日本ほどに~ (2, 0.0%)

1 もてはやされず単行本, 鬼門を

▼ 日本また~ (2, 0.0%)

1 東ヨーロッパ諸国に, 然り

▼ 日本までが~ (2, 0.0%)

1 この馬鹿, 石井駐米大使を

▼ 日本めし~ (2, 0.0%)

1 だから, はライスカレー以外めった

▼ 日本らしく~ (2, 0.0%)

1 また支那, 複雑に

▼ 日本カブレ~ (2, 0.0%)

1 と言っ, と言われました

▼ 日本シュロ~ (2, 0.0%)

1 すなわちいわゆる, の一変種

▼ 日本ジャーナリズム~ (2, 0.0%)

1 のドミナント・フィギュア, の一特異性

▼ 日本ビスマーク~ (2, 0.0%)

2 を自任

▼ 日本ビール~ (2, 0.0%)

1 なぞいう, を一本

▼ 日本ファシスト達~ (2, 0.0%)

1 の間, は主張

▼ 日本ファシズム思想~ (2, 0.0%)

1 にぞくする, に帰着

▼ 日本ファッショ~ (2, 0.0%)

1 のむだ花, の果実

▼ 日本プロレタリアート~ (2, 0.0%)

1 の前, の力

▼ 日本プロレタリア文学~ (2, 0.0%)

1 の中, の発展

▼ 日本プロレタリア芸術運動~ (2, 0.0%)

1 が国際組織, の方針

▼ 日本ライン鳥瞰図~ (2, 0.0%)

2 が私

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 相手方トシテ英獨協商ヲ, 研究セムトスル機運顕著ナルモノアリ隣邦中華民国及満洲国ヨリ夙ニ多数

▼ 日本一円~ (2, 0.0%)

1 の古い, をのんびり

▼ 日本一流~ (2, 0.0%)

1 の大, の有識者

▼ 日本三公園~ (2, 0.0%)

1 と稱, の一

▼ 日本三急流~ (2, 0.0%)

1 の一, の一つ

▼ 日本上代~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の綿津見

▼ 日本上空~ (2, 0.0%)

2 の敵機

▼ 日本中何処~ (2, 0.0%)

1 の国, へ行っ

▼ 日本中心~ (2, 0.0%)

1 でなければ, のやう

▼ 日本中心主義~ (2, 0.0%)

1 の研究法, を發見

▼ 日本中心説~ (2, 0.0%)

1 となつ, も陽根本位論

▼ 日本中部~ (2, 0.0%)

1 から以北, を縦断

▼ 日本主義イデオロギー~ (2, 0.0%)

1 のエッセンス, の最も

▼ 日本主義的哲学~ (2, 0.0%)

1 との本質的, や社会理論

▼ 日本主義的軍国意識~ (2, 0.0%)

1 が期待, の主体

▼ 日本主義運動~ (2, 0.0%)

1 とか日本文化, と国家社会主義

▼ 日本~ (2, 0.0%)

2 も三

▼ 日本二千何百年~ (2, 0.0%)

2 かの歴史

▼ 日本井上甫水兄~ (2, 0.0%)

1 に遇う, 亦自

▼ 日本亜細亜協会~ (2, 0.0%)

1 が十月十三日, で

▼ 日本交響楽団~ (2, 0.0%)

1 がある, が定期演奏会

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 五十年間ニ二倍セシ人口増加率ニヨリテ百年後少, 内蒙

▼ 日本人民戦線~ (2, 0.0%)

1 の主導的, の機能

▼ 日本仏教文化史~ (2, 0.0%)

2 の研究

▼ 日本代表者~ (2, 0.0%)

2 の一人

▼ 日本伝説集~ (2, 0.0%)

1 という原語, を読ん

▼ 日本住宅建築~ (2, 0.0%)

1 の特色, の特色如何

▼ 日本体協~ (2, 0.0%)

1 の該電報, は大会参加

▼ 日本便所~ (2, 0.0%)

1 のよう, ヘ通ウ

▼ 日本信徒発見記念~ (2, 0.0%)

1 のマリア像, のマリヤ像

▼ 日本俳優協会事務所~ (2, 0.0%)

1 でその, へ俳優協会

▼ 日本側代表~ (2, 0.0%)

2 と日本国民自身

▼ 日本側代表者達~ (2, 0.0%)

2 は中国国民そのもの

▼ 日本側委員~ (2, 0.0%)

1 にすこし, に贈物

▼ 日本働く~ (2, 0.0%)

1 人ばかり, 人やる

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 が彼邦, 快川

▼ 日本元来~ (2, 0.0%)

1 のみたまふり, の首長

▼ 日本全国人~ (2, 0.0%)

2 に見すべし

▼ 日本全国六十余州~ (2, 0.0%)

2 に散在

▼ 日本全国的~ (2, 0.0%)

1 にたいへん, に山地

▼ 日本全権~ (2, 0.0%)

1 ででもあっ, は失望

▼ 日本全般~ (2, 0.0%)

1 のすべて, を通じての傾向

▼ 日本公債~ (2, 0.0%)

1 が利子年九分, が外国市場

▼ 日本共産党員~ (2, 0.0%)

1 であります, の何千人

▼ 日本内部~ (2, 0.0%)

1 にひそん, の社會革新機運

▼ 日本劇作家~ (2, 0.0%)

1 で誰, の作品

▼ 日本労農党~ (2, 0.0%)

1 に参加, を生み

▼ 日本化学会~ (2, 0.0%)

1 の会合, の幹部二十三名

▼ 日本北アルプス中~ (2, 0.0%)

1 の白馬岳, の絶大

▼ 日本協会~ (2, 0.0%)

1 の領袖, もある

▼ 日本又は~ (2, 0.0%)

1 世界の, 東洋の

▼ 日本古代文化~ (2, 0.0%)

1 と平, と民族

▼ 日本古史神話中~ (2, 0.0%)

1 に混入, の大

▼ 日本古墳~ (2, 0.0%)

2 の外形

▼ 日本古墳發見玉類~ (2, 0.0%)

2 及び金裝耳飾り

▼ 日本古語~ (2, 0.0%)

1 の優秀, を標準

▼ 日本史神祇志~ (2, 0.0%)

1 が出版, を書かれた

▼ 日本司教~ (2, 0.0%)

1 に就職, のマルチネス

▼ 日本司教マルチネス~ (2, 0.0%)

1 が既に, が来着

▼ 日本名物~ (2, 0.0%)

1 が散らかっ, の一

▼ 日本周辺~ (2, 0.0%)

1 に充満, へ押し戻されかかっ

▼ 日本商工会議所~ (2, 0.0%)

1 というところ, はいう

▼ 日本国中どこ~ (2, 0.0%)

1 でも大, へも行き

▼ 日本国中津々浦々~ (2, 0.0%)

1 までも伝わっ, まで響け

▼ 日本国有~ (2, 0.0%)

1 のもの, の怪談

▼ 日本国民たる~ (2, 0.0%)

1 の多幸, の義務

▼ 日本国民全般~ (2, 0.0%)

1 が切望, に思考力

▼ 日本国民思想~ (2, 0.0%)

2 に影響

▼ 日本国民精神教育~ (2, 0.0%)

1 が注目, の方針

▼ 日本国民精神的~ (2, 0.0%)

1 な出版物, な存在

▼ 日本国民統合~ (2, 0.0%)

2 の象徴

▼ 日本国民諸君私~ (2, 0.0%)

2 は諸君

▼ 日本國中數萬~ (2, 0.0%)

2 の氏人

▼ 日本國使~ (2, 0.0%)

1 の墓, へ學資窮乏

▼ 日本國土~ (2, 0.0%)

1 の極小, の魂

▼ 日本國民一家~ (2, 0.0%)

1 ノ所有シ得ベキ私有地限度ハ時價拾萬圓トス, ノ所有シ得ベキ財産限度

▼ 日本土着~ (2, 0.0%)

1 の人民, の大

▼ 日本地圖~ (2, 0.0%)

1 が自然的, などいふ

▼ 日本地歴学会~ (2, 0.0%)

1 の大森金五郎氏等, の某氏

▼ 日本地誌~ (2, 0.0%)

1 の著者山崎直方氏, は先日

▼ 日本地震史料~ (2, 0.0%)

2 によれ

▼ 日本地震學會~ (2, 0.0%)

1 から出版, を組織

▼ 日本坑法~ (2, 0.0%)

1 には何, 第三項

▼ 日本型ファッショ化~ (2, 0.0%)

1 にとって不, への拍車

▼ 日本型文化ファシズム~ (2, 0.0%)

1 が盛ん, の支柱

▼ 日本執政~ (2, 0.0%)

1 の来, の来る

▼ 日本士官~ (2, 0.0%)

1 の伎倆, は思わず

▼ 日本士族~ (2, 0.0%)

1 の帯刀, の風俗

▼ 日本大衆党~ (2, 0.0%)

1 から公認, の公認

▼ 日本天台~ (2, 0.0%)

1 の宗義, を創め

▼ 日本天台弘法大師~ (2, 0.0%)

2 の真言密教

▼ 日本女性的~ (2, 0.0%)

1 のもの, のカラ

▼ 日本好み~ (2, 0.0%)

1 である, の出た

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 ってまだ, まつて

▼ 日本始まっ~ (2, 0.0%)

2 て以来

▼ 日本婦人たち~ (2, 0.0%)

1 に何, の先生

▼ 日本婦人作家~ (2, 0.0%)

1 があなた, の作品

▼ 日本婦人全体~ (2, 0.0%)

1 の恥辱, の連帯責任

▼ 日本婦人協力会~ (2, 0.0%)

1 というよう, には検事局

▼ 日本婦人式~ (2, 0.0%)

1 に謹しみ, ノ脚

▼ 日本婦女~ (2, 0.0%)

2 の髷

▼ 日本婦道~ (2, 0.0%)

1 の健全, の神秘自体

▼ 日本学術振興会~ (2, 0.0%)

1 などの長老組織, 第五回総会

▼ 日本學會~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 日本官僚~ (2, 0.0%)

1 の悪習, はあらゆる

▼ 日本官吏~ (2, 0.0%)

1 である, や事業家

▼ 日本宮廷~ (2, 0.0%)

1 の信仰, の力

▼ 日本家族制度~ (2, 0.0%)

1 の血, は最近

▼ 日本寺院~ (2, 0.0%)

1 の建築, の西洋

▼ 日本対西洋~ (2, 0.0%)

2 の関係

▼ 日本封建制~ (2, 0.0%)

1 のいわば, の最

▼ 日本将校~ (2, 0.0%)

1 だし, はフクシ大尉

▼ 日本将軍~ (2, 0.0%)

1 と号, と威張り出し

▼ 日本少女~ (2, 0.0%)

1 の勇まし, の生

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 の奴, の店頭

▼ 日本山岳~ (2, 0.0%)

1 における万年雪, の欽仰

▼ 日本岩手県~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 日本巡査~ (2, 0.0%)

2 に依

▼ 日本工業~ (2, 0.0%)

1 のため, の海外発展

▼ 日本左衛門ここ~ (2, 0.0%)

1 に初めて, へ何

▼ 日本左衛門ら~ (2, 0.0%)

1 が山屋敷, は袋

▼ 日本左衛門様~ (2, 0.0%)

1 の, 恋しい日本左衛門さま

▼ 日本布教者~ (2, 0.0%)

1 としての能力, はフロイス

▼ 日本帝国そのもの~ (2, 0.0%)

1 は膨張, は膨脹

▼ 日本幕府~ (2, 0.0%)

1 の歴史, の記録

▼ 日本平定~ (2, 0.0%)

1 の余勢, の大事

▼ 日本庭園~ (2, 0.0%)

1 あるを, の趣

▼ 日本建設~ (2, 0.0%)

1 のため, の一つ

▼ 日本弁当~ (2, 0.0%)

1 をとどけさせ, を食

▼ 日本式庭園~ (2, 0.0%)

1 で諏訪明神, の型

▼ 日本式建築~ (2, 0.0%)

2 や生活様式

▼ 日本式製鉄法~ (2, 0.0%)

1 が単に, は中止

▼ 日本從來~ (2, 0.0%)

1 の住宅建築, の勞働組合運動

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 をあらわした, を甲冑

▼ 日本恋し~ (2, 0.0%)

1 さからという, さの

▼ 日本情調~ (2, 0.0%)

1 が彼, である

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 の, の純全

▼ 日本憲政史上~ (2, 0.0%)

2 に永久磨滅

▼ 日本或は~ (2, 0.0%)

1 支那西洋に, 精

▼ 日本技師~ (2, 0.0%)

2 のダム工事

▼ 日本招致~ (2, 0.0%)

1 が選手, は日本代表

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 險船で, 險隊長スパンベルグ中佐の

▼ 日本探偵小説界~ (2, 0.0%)

2 の一時期

▼ 日本支那朝鮮~ (2, 0.0%)

1 に輩出, を通じていたる

▼ 日本改造法案~ (2, 0.0%)

1 ノ起草者ハ當然ニ革命的大帝國建設, ヲ一貫スル原理ハ

▼ 日本攻撃~ (2, 0.0%)

1 の的, の筆鋒鋭利

▼ 日本攻略戦~ (2, 0.0%)

1 の主演俳優みたい, の花形俳優

▼ 日本政治~ (2, 0.0%)

1 の全体的, の将来

▼ 日本政界~ (2, 0.0%)

1 の腐敗堕落, の近状

▼ 日本敗れ~ (2, 0.0%)

2 たり

▼ 日本教会~ (2, 0.0%)

1 の再興, は三百年

▼ 日本教員組合~ (2, 0.0%)

1 が発行, は反対声明

▼ 日本教育者組合~ (2, 0.0%)

1 が全教組, が組織

▼ 日本文化発祥~ (2, 0.0%)

2 の地

▼ 日本文化講座~ (2, 0.0%)

1 の一科目, を主要

▼ 日本文学全集~ (2, 0.0%)

1 と云, 第十巻

▼ 日本文学古典~ (2, 0.0%)

1 についてまだ, の伝統

▼ 日本文学振興会~ (2, 0.0%)

1 である, では技術的

▼ 日本文學史~ (2, 0.0%)

1 に異彩, を讀みました

▼ 日本文法~ (2, 0.0%)

1 など, の研究

▼ 日本文法書~ (2, 0.0%)

1 や語彙, を編纂

▼ 日本文華~ (2, 0.0%)

2 の末路

▼ 日本料理それ~ (2, 0.0%)

1 が生んだ, も川魚料理

▼ 日本料理観~ (2, 0.0%)

1 としか受け取れない, を随筆

▼ 日本新聞協会~ (2, 0.0%)

1 が唯一, として存在

▼ 日本新聞聯盟~ (2, 0.0%)

1 となり, の外報部長

▼ 日本旅人~ (2, 0.0%)

2 のらん

▼ 日本映画フアン~ (2, 0.0%)

1 がすべて, でありその間

▼ 日本映画協会~ (2, 0.0%)

1 などというもの, は創立

▼ 日本時間~ (2, 0.0%)

1 で十一月四日, で言え

▼ 日本普通~ (2, 0.0%)

1 の代表的蜜柑, の兎

▼ 日本曹洞宗~ (2, 0.0%)

1 の祖, の開祖

▼ 日本最後~ (2, 0.0%)

1 の, の仇討

▼ 日本最近~ (2, 0.0%)

1 の一世紀, の政治上

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 數といふ, 數の

▼ 日本朝廷~ (2, 0.0%)

1 の使命, の學問

▼ 日本朝鮮支那~ (2, 0.0%)

2 古瓦

▼ 日本本位~ (2, 0.0%)

1 ではどうしても, の思想

▼ 日本本国~ (2, 0.0%)

1 からの輸出品, との連絡

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 の両脚, を用い

▼ 日本根子天津御代豐國成姫~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ 日本植物分類学~ (2, 0.0%)

1 の創設者, の始祖

▼ 日本植物研究~ (2, 0.0%)

1 の土台, の第一人者たる

▼ 日本植物研究者~ (2, 0.0%)

2 のマキシモヴィッチ氏

▼ 日本樟脳~ (2, 0.0%)

1 は一斤五円, は暴落

▼ 日本権力~ (2, 0.0%)

1 の活躍ぶり, も侵略戦争

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 だけ流す, であるの

▼ 日本橋本町~ (2, 0.0%)

1 に軒, の紙問屋

▼ 日本橋本銀町~ (2, 0.0%)

1 に向, の淺田屋

▼ 日本歌人~ (2, 0.0%)

1 によつて如何, の脳中

▼ 日本歌劇~ (2, 0.0%)

1 が生れ, の曙光

▼ 日本歌謠~ (2, 0.0%)

1 のお, の原始的

▼ 日本歌謡~ (2, 0.0%)

1 との音脚, の上

▼ 日本武官~ (2, 0.0%)

2 を訪問

▼ 日本武将~ (2, 0.0%)

2 の謀略

▼ 日本武尊東夷~ (2, 0.0%)

1 の国, を平らげ

▼ 日本歴史教科書~ (2, 0.0%)

1 がまず, の編纂

▼ 日本殊に~ (2, 0.0%)

1 小石川植物園に, 東京付近では

▼ 日本民主主義文化連盟~ (2, 0.0%)

1 が各種, 第二回

▼ 日本民俗学~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の開基

▼ 日本民族そのもの~ (2, 0.0%)

1 が劣等, は科学性

▼ 日本民族固有~ (2, 0.0%)

1 のもの, の観念

▼ 日本民族本来~ (2, 0.0%)

1 の無, の長所美点

▼ 日本民族生活~ (2, 0.0%)

1 の本質, の浄化向上

▼ 日本民族精神~ (2, 0.0%)

1 の本領, の発揚運動

▼ 日本民謡~ (2, 0.0%)

1 のメロディー, の或

▼ 日本水仙~ (2, 0.0%)

1 の清純, は全く

▼ 日本水兵~ (2, 0.0%)

1 なかなかつよい, の為

▼ 日本水泳~ (2, 0.0%)

1 が上手, は長距離王国

▼ 日本汽船~ (2, 0.0%)

1 が独逸, が通ります

▼ 日本洋画壇~ (2, 0.0%)

1 のホープ, の今

▼ 日本活動写真連盟~ (2, 0.0%)

1 と本質上別, なるもの

▼ 日本流行~ (2, 0.0%)

2 大作家

▼ 日本海溝~ (2, 0.0%)

1 の北端, もある

▼ 日本潜水夫~ (2, 0.0%)

1 の名誉, の療法

▼ 日本潜水艦現~ (2, 0.0%)

1 ると, るとの

▼ 日本燐寸~ (2, 0.0%)

1 に圧倒, も多く

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 では肉, の乳

▼ 日本物理学~ (2, 0.0%)

1 というもの, というよう

▼ 日本特殊~ (2, 0.0%)

1 の美, の自然主義文学

▼ 日本現代演劇~ (2, 0.0%)

1 の大きな, の混乱

▼ 日本生活~ (2, 0.0%)

1 のなか, の懐

▼ 日本生産党~ (2, 0.0%)

1 の鈴木某, は岡田総理

▼ 日本産植物~ (2, 0.0%)

1 の分類, の種子

▼ 日本画具~ (2, 0.0%)

1 を使っ, を捨てなく

▼ 日本画専門~ (2, 0.0%)

1 となられ, になっ

▼ 日本画崇拝者~ (2, 0.0%)

1 で西洋画排斥者, の一人

▼ 日本画浄るり新内~ (2, 0.0%)

2 といった風

▼ 日本画的~ (2, 0.0%)

1 な或は, な風景

▼ 日本画科~ (2, 0.0%)

1 の先生, を専攻

▼ 日本發見石器~ (2, 0.0%)

2 及び骨角器

▼ 日本百科~ (2, 0.0%)

1 大辞典, 大辭典

▼ 日本的テーマ~ (2, 0.0%)

1 はそれ, を尊重

▼ 日本的原理~ (2, 0.0%)

2 を信じませう

▼ 日本的宗教~ (2, 0.0%)

1 が脈々と, とを求むる

▼ 日本的家居~ (2, 0.0%)

2 及び什器

▼ 日本的家庭感情~ (2, 0.0%)

2 の奇怪

▼ 日本的幽霊~ (2, 0.0%)

1 といふ, をその

▼ 日本的思考法~ (2, 0.0%)

2 の結び目

▼ 日本的情趣~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 日本的文学~ (2, 0.0%)

1 なんかが出る, の伝統

▼ 日本的特徴~ (2, 0.0%)

1 がつよく, の一つ

▼ 日本的特殊~ (2, 0.0%)

2

▼ 日本的自然~ (2, 0.0%)

2 の音楽

▼ 日本的表現~ (2, 0.0%)

1 だという, のなか

▼ 日本的道義~ (2, 0.0%)

1 の確立, の精神

▼ 日本的風景~ (2, 0.0%)

1 が展開, と其の

▼ 日本的風習~ (2, 0.0%)

1 がそこ, の根源

▼ 日本~ (2, 0.0%)

2 体制論

▼ 日本石器時代~ (2, 0.0%)

2 及び金石併用期土器

▼ 日本研究家~ (2, 0.0%)

1 として知られ, に

▼ 日本社会史~ (2, 0.0%)

1 のプロフィル, の波乱

▼ 日本社会民主党~ (2, 0.0%)

1 かでもめた, ということ

▼ 日本社會黨~ (2, 0.0%)

1 を組織, 大會

▼ 日本神代史~ (2, 0.0%)

1 に就, を調べ

▼ 日本神婚神話~ (2, 0.0%)

1 と比較, の特徴

▼ 日本神話中~ (2, 0.0%)

1 の有名, より数個

▼ 日本空前~ (2, 0.0%)

1 の大, の神秘的殺人事件

▼ 日本空襲部隊~ (2, 0.0%)

1 はわが, は超重

▼ 日本空輸~ (2, 0.0%)

1 にかけた, へ電話

▼ 日本立憲政治史~ (2, 0.0%)

2 に一新紀元

▼ 日本管理~ (2, 0.0%)

1 に関係, 始まる

▼ 日本箪笥~ (2, 0.0%)

1 の中, の後ろ

▼ 日本精神自体~ (2, 0.0%)

2 が敗北

▼ 日本紀元二千五百余年来未曾有~ (2, 0.0%)

2 の珍事

▼ 日本紀文徳実録寛平~ (2, 0.0%)

2 御記

▼ 日本紙綴り~ (2, 0.0%)

1 で一枚ごと, の一冊

▼ 日本紡績~ (2, 0.0%)

1 の印度輸入, への圧迫

▼ 日本絵画史~ (2, 0.0%)

1 などであった, の編纂

▼ 日本維新~ (2, 0.0%)

1 の革命, の鴻業

▼ 日本総領事館~ (2, 0.0%)

1 の門前, 満鉄事務所

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 のある, の先生

▼ 日本美術史上~ (2, 0.0%)

1 からも逸す, の遺品

▼ 日本美術蒐集家~ (2, 0.0%)

1 として有名, の庭

▼ 日本美術院展覧会~ (2, 0.0%)

1 で同人経川槇雄作, に意外

▼ 日本羽織~ (2, 0.0%)

1 はき, をはおっ

▼ 日本脱出~ (2, 0.0%)

1 という角度, の手引き

▼ 日本脱走~ (2, 0.0%)

1 が發起, は決せられた

▼ 日本船員~ (2, 0.0%)

1 のえらい, のみだしなみ

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 で塗る, で染められる

▼ 日本色彩映画~ (2, 0.0%)

2 の最初

▼ 日本芝居~ (2, 0.0%)

1 に限られたる, の伝統

▼ 日本芸能~ (2, 0.0%)

1 の宿命風, の起原

▼ 日本芸能社~ (2, 0.0%)

1 では先ず, では早速

▼ 日本茶利休~ (2, 0.0%)

2 ならね

▼ 日本茶館~ (2, 0.0%)

1 の出張店, へ集り

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 は一向, は用

▼ 日本菓子部~ (2, 0.0%)

1 に荒井公平, の職人

▼ 日本華族~ (2, 0.0%)

2 の改革者

▼ 日本蔬菜~ (2, 0.0%)

1 の王, の第

▼ 日本薬局方~ (2, 0.0%)

1 の刻印, の赤酒

▼ 日本西教史~ (2, 0.0%)

1 にも記され, の幾ページ

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 在書目, 在書目録

▼ 日本訳語~ (2, 0.0%)

1 はマルクス主義, を挙げた

▼ 日本評論新聞~ (2, 0.0%)

1 の記者, の馬鹿記者

▼ 日本詩人たち~ (2, 0.0%)

2 の努力

▼ 日本詩史~ (2, 0.0%)

1 の上, をよむ

▼ 日本諸島~ (2, 0.0%)

1 の開発, は未だ

▼ 日本象徴詩~ (2, 0.0%)

2 の早期

▼ 日本財政~ (2, 0.0%)

1 につき説明, の実情

▼ 日本貴族院~ (2, 0.0%)

2 は不幸

▼ 日本資本主義発展~ (2, 0.0%)

1 と崩壊, の歴史的基礎

▼ 日本資本主義社会~ (2, 0.0%)

1 の機構, の珍奇

▼ 日本軍人勇敢~ (2, 0.0%)

1 だけで, ですね

▼ 日本軍部側~ (2, 0.0%)

2 の対支要求

▼ 日本軍駐屯~ (2, 0.0%)

1 の北城区域, の北城地域

▼ 日本輿地~ (2, 0.0%)

2 全図

▼ 日本近く~ (2, 0.0%)

1 なった太平洋船中, ねぼけて

▼ 日本近世~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の憲法

▼ 日本近代劇~ (2, 0.0%)

1 は如何なる, は断じて

▼ 日本近代史~ (2, 0.0%)

1 の浪曼運動, を中心

▼ 日本近代文学~ (2, 0.0%)

1 のうち, の発展

▼ 日本近時~ (2, 0.0%)

1 の学校教育, の政論派

▼ 日本通信~ (2, 0.0%)

1 には, の吉田氏ら

▼ 日本進攻~ (2, 0.0%)

1 の際, を前

▼ 日本進駐~ (2, 0.0%)

1 に関する米国側, 第一夜

▼ 日本道徳~ (2, 0.0%)

1 の根, の見地

▼ 日本部教授~ (2, 0.0%)

1 は二三年前, も皆

▼ 日本~ (2, 0.0%)

1 から出張, に戻す

▼ 日本都市~ (2, 0.0%)

2 の外観

▼ 日本酒嫌~ (2, 0.0%)

1 ひの, ひ日本飯嫌

▼ 日本銀貨~ (2, 0.0%)

1 は手, をもっ

▼ 日本開国問題~ (2, 0.0%)

1 が横たわっ, を考察

▼ 日本陶器展~ (2, 0.0%)

1 で私, に仲間入り

▼ 日本陶器類~ (2, 0.0%)

2 の部長

▼ 日本青年団~ (2, 0.0%)

1 の女子部, の歌

▼ 日本風土~ (2, 0.0%)

1 からし, の特色

▼ 日本食事~ (2, 0.0%)

1 は一向まだ, を廃

▼ 日本食堂~ (2, 0.0%)

1 で最, へ昼飯

▼ 日本飯屋~ (2, 0.0%)

1 のお, へ誘われ

▼ 日本首相~ (2, 0.0%)

1 の如く, を仰天

▼1* [2228件]

日本あの呉絽を, 日本あり日本の, 日本いかに貧国たりとも, 日本いったいへ聞え, 日本からこそ起るの, 日本からだけ昇るもの, 日本からとは違うぞ, 日本がかった所が, 日本きっての名流中, 日本くまなく行脚, 日本くらゐ尊い, 日本くらいの程度の, 日本ぐらい月々幾冊もの, 日本ぐらいの面積の, 日本ぐらゐ不心得な親, 日本ぐらゐ咳の聞こえる, 日本こそはそのこんなに, 日本この世よりも夢, 日本これを私, 日本のじ, 日本ざしきの縁, 日本しのばゆ, 日本じゅうどこ捜したって, 日本じゅう幾十万ヵ所かに出来た, 日本じゅう幾百万の国民学校, 日本きだから, 日本ずきの主人, 日本ぜんたいから見る, 日本そっくりなん, 日本その他の国, 日本その他二つの同盟国, 日本その他多くの国々, 日本それはまた, 日本それから朝鮮支那を, 日本それ自体の勝利, 日本あ限らねえ, 日本ただ一国であると, 日本だけかもしれない, 日本だけじゃないや, 日本だけとか支那大陸だけとかいう, 日本だけを舞台に, 日本だそうなだから, 日本だましひの, 日本だろうと変る, 日本ぢゆうのあちこちから集, 日本ぢゆうのどの土地よりも直接, 日本ぢゆうの科學者たちが刻苦精勵, 日本つづいて英国, 日本であったならば抜刀騒ぎ, 日本であれば矢張り一千万円, 日本でだけ通用させ, 日本でだけより通用し, 日本でだって君不良の, 日本ででもできる, 日本でなかった何処かの, 日本でのみ見られるもの, 日本ではの話です, 日本でばかりその改造, 日本でもかのジェミエが, 日本でもやきものつまり, 日本といった具合に, 日本といはん事其人を差別, 日本といふもの並びに日本的, 日本とおないどしだ, 日本とじのその, 日本とだけ書いて, 日本とてももとより日本文化宣揚の, 日本とでも申しますか, 日本とにおいてほぼ時, 日本とにては気候風土も, 日本なきは決して, 日本なぞ用もない, 日本などから見ると, 日本などがその禍福, 日本などという考えは, 日本などとは丁度反対, 日本などにも世道澆季を, 日本などより遙に, 日本などを憧れて, 日本なみに笑っ, 日本ならざるに非, 日本ならでは見られない図, 日本なら虐められないだろうね, 日本なりと言う, 日本なりに現代文学における, 日本なんかへ帰りたくないつて云つておいで, 日本なんぞは無かった, 日本なんていうもの, 日本においででしたか, 日本にじっとしてはいられない, 日本にすら四十日内外にて, 日本にだけしかない事, 日本にだけだって二百万人ばかりの, 日本についても民族生活の, 日本につきまとつて, 日本にてと限りても, 日本にでも充分に, 日本にとってはと云うこと, 日本になつたのは, 日本になども近頃よく花, 日本にはかやうな, 日本にばかりに戦争犯罪国の, 日本によってやっつけられ艦隊, 日本による満州や, 日本にをればと, 日本に対してだけこの手段, 日本に対しては今日でも, 日本に対しても妥当でない, 日本のかもしれないぜ, 日本のけんどうで, 日本のじゃない唐, 日本のにおけるが如く或, 日本のねうちは, 日本のみを咎め難い, 日本のやきものの, 日本はいぜんとしてここ, 日本はいふに及ばず, 日本はかなりに豊富, 日本はじまつて, 日本はじめての国政太夫, 日本はじめ世界の大, 日本はねきみいま大変な, 日本ばかりか異国さえも, 日本ばかりでの現象では, 日本ばかりとは限らないよう, 日本ばかりにかぎらぬこと, 日本ばかりにはいない, 日本ばかりはこれに, 日本ひとりでにも起る, 日本ふう彩色の製作陶, 日本ふるき東洋の, 日本へだけ行くの, 日本へということも, 日本へなんか帰って, 日本べやの建物は, 日本ほどの国は, 日本まげを戴い, 日本または朝鮮に, 日本まだまだ駄目, 日本まつりの日比谷, 日本までも従いて, 日本までをその泥沼, 日本みじめな日本, 日本みやげ的油絵は生長, 日本みんなのお方, 日本めし食いに行く, 日本もの三〇%に及ん, 日本もはや明治と, 日本よりか広いに, 日本らしいからぬメロデイを, 日本らしいよごれのあれこれ, 日本らしく低められた水準要素そのものによって, 日本らしく取り繕ってあった, 日本りうに町, 日本りんごであつ, 日本をこそ誇って, 日本をめぐっている海, 日本をもって来ようという, 日本を通じて佛教思想の, 日本を通じての燃料である, 日本アジア協会学報第二集, 日本アルプスあたりでは大洋, 日本アルプスその他の縦走コース, 日本アルプスその他山という山, 日本アルプスのは半, 日本アルプス一万尺の高, 日本アルプス上高地あたりに国立公園, 日本アルプス中に深く, 日本アルプス中唯一の活火山硫黄岳, 日本アルプス以上の効験, 日本アルプス以下すべての高山, 日本アルプス以外の地, 日本アルプス初代ぽんた, 日本アルプス南方に雪, 日本アルプス夏山登攀の新, 日本アルプス山岳景の特色, 日本アルプス帯にもただ, 日本アルプス形の凸凹, 日本アルプス探検などは好奇心, 日本アルプス探険時代ともいうべき, 日本アルプス最高峰北岳の絶頂, 日本アルプス横断中一時行方不明になった, 日本アルプス殊に北アルプス, 日本アルプス登山案内に穂高, 日本アルプス登山記を作つた, 日本アルプス見えいい雄大そう, 日本アルプス連山を一眸, 日本アルプス連峰の横顔, 日本アルプス風景や現代世相, 日本アルプス飛騨山脈が平均三千米突, 日本アンデパンダン展覧会を見, 日本イソップ物語というよう, 日本インテリゲンチャの歴史, 日本インテリゲンツィアの動向, 日本インフレーションのこんな, 日本エスペラントは相, 日本カイビャク以来の異常児, 日本カイビャク以来これほど意気消沈, 日本カラテ界の最高峰, 日本カンボジア蒙古人等, 日本大地主, 日本ガ力ノ組織的結合タル陸海軍, 日本ガ國家ノ權利トシテ主張スルヲ非議スル者アラン, 日本ガ國防上朝鮮ニ據リテ戰フコトハ國家ノ國際的權利ナリ, 日本ガ小農法ノ國情ナルニ考ヘテ, 日本ガ東清鐵道ヲ取得シテ, 日本ガ此ノ要求, 日本ガ首ヲ擡ゲテ英領, 日本キモノをアメリカ娘, 日本キリシタンについては勝部真長教授, 日本キリスト教の宣教師, 日本キリスト教史は鎖国, 日本キリスト教団は, 日本クラブで鯛ちり, 日本クルウは英国, 日本ゴキゲンなりし昔, 日本ザルではなく, 日本シェイクスピア協会の主催, 日本シナインドの全体, 日本ジャンボリーの大, 日本ソースで赤く, 日本タケルとよびなさい, 日本タチバナの名, 日本ダイバー倶楽部から除名, 日本ダンサアとダンス, 日本チャリネがくろんぼ, 日本チヤリネがくろんぼ, 日本デハアンナスバラシイモノ聞イタコトナイデスソレヲ一ツココデ真似テ見ルデス, 日本デハチョット入手困難ダソウデ木村ノ持ッテ来タモノハ期限, 日本デハ手ニ入ラズ, 日本トキョーに居た, 日本トシテノ物質生活ヨリ築カルベキ幾多, 日本トーキーのおもしろく, 日本ト云フヲ以テ直ニ範圍狹シトナス勿レ, 日本ト歐米トガ全然發達, 日本ト結ビテ獨立ヲ企劃シテ勞苦止マザリシト雖モ, 日本ドイツイタリヤの枢軸国側, 日本ドイツイタリー等の文学, 日本ニノミ存スル長子相續制ハ家長的中世期ノ腐, 日本ニュース社で製作, 日本ニ代ヘタルガ故ニ, 日本ニ加冠セラレタル軍國主義トハ印度獨立ノ, 日本ニ支那ヲ保全セシメタル米國トガ, 日本ニ於テハ茲ニ掲グル例外的不幸ヲ除キテ無用ナル立法ナリトス, 日本ニ輸出卸値ト同様多少ニ, 日本ニ關スル著述頗ル多シ千九百四年東京ニ歿シ雜司ヶ谷ニ葬ル先生, 日本ノコトハ知ラザルモ難産ヤ子宮患ナラ命ヲ救ヒクレタル医者ヲバ, 日本ハリウード映画都市も今, 日本ハ亞細亞文明ノ希臘トシテ已ニ強露波斯, 日本ハ凡テニ於テ惡模倣ヨリ蝉脱シテ其ノ本, 日本ハ北ニ大ナル圓, 日本ハ天皇ヲ政治的中心トシタル近代的民主國ナリ, 日本ハ山東ヲ満, 日本ハ建國精神ヨリ又現代國民思想, 日本ハ彼ニ於テ破壞, 日本ハ數年ノ後, 日本ハ斯ル建國ニモ非ズ, 日本ハ日本海朝鮮支那ノ確定的安全, 日本ハ此ノ改造ニ基ク國家, 日本ハ濠洲ト極東西比利亞トヲ要求ス, 日本ハ眞個父兄的愛情ヲ以テ, 日本ハ米獨其ノ他, 日本ハ英語ヲ強制セラルル英領印度人ニ, 日本ハ露國ノ復讐戰ニ對スル, 日本パンクラブ代表として老, 日本ファシスト団体からの借り物, 日本ファシスト政党の機関紙, 日本ファシズム反対の人民的任務, 日本ファシズム哲学イデオロギーの例, 日本ファシズム的結論に就い, 日本ファッシスト達の間, 日本ファッシズム評論は限り, 日本ファッショ化の過程, 日本ファッショ化反対の動き, 日本ファッショ団体の戦線統一, 日本ファッショ文化であるの, 日本ファッショ的な卑俗道徳, 日本ファッショ的イデオロギーは国民, 日本フアツシヨの宣言, 日本フランス文学者の間, 日本ブルジョア共の中国侵略戦争, 日本ブルジョア国家が憲法, 日本ブルジョア封建的教育によって文化水準, 日本ブルジョア文学の出発点, 日本ブルジョア社会の常識, 日本ブルジョア自由主義自身の打倒, 日本プロレタリア作家同盟東京支部における婦人同盟員, 日本プロレタリア文化史上に消す, 日本プロレタリア文化活動の革命的, 日本プロレタリア文化連盟婦人協議会の婦人たち, 日本プロレタリア文化連盟婦人協議会会議中全員検挙一ヵ月検束された, 日本プロレタリア文化連盟拡大中央協議会は開会, 日本プロレタリア文化連盟拡大協議会が築地小劇場, 日本プロレタリア文化連盟書記長小川信一の家, 日本プロレタリア文化連盟結成と前後, 日本プロレタリア文化運動の唯一, 日本プロレタリア文化運動一般があった, 日本プロレタリア文学史の上, 日本プロレタリア芸術団体協議会が中心, 日本プロ芸術連盟の方, 日本持ッテ来レバ倍以上ニナルデショウ, 日本ペン倶楽部代表者たちだけで, 日本ホテル豊陽館の前, 日本ポーランド文化協会もまた, 日本モ西洋モカハリナキト存候尤モアイリッシュノ婦女ナドハ裸体ヲ見, 日本ヤソ会の指揮, 日本ユーモア文学の特徴, 日本ヨイトコの実況放送, 日本ヨリ視ル時單ニ分科的價値ヲ有, 日本ライン上流の寝, 日本ライン遊園地に向, 日本ラジオ悲観論を披露, 日本リンゴの意, 日本ルネサンスのとき, 日本レコードでは二メートル, 日本レジスターの新, 日本ロッシュ会社発売のレドクソン, 日本ロマンの傳統, 日本ロマン主義になっ, 日本ローマン派の亀井勝一郎, 日本ヲ外ニシテ支那ニ恐ルベキ實力, 日本ヲ選ビテ天ノ保存シタル者, 日本一太郎以外の何もの, 日本一州の未来記, 日本一州未来記というもの, 日本一番の派手, 日本一蹴すべし, 日本七高山のその, 日本三千だったが, 日本三千五百ロシア数万の由, 日本三四段名手対局輒勝布置謹厳守堅攻鋭且才思敏捷, 日本三天狗の一, 日本三奇橋の一つ, 日本三美林の称, 日本三菱公司の忍野半三郎, 日本上代史の根国, 日本上代文学や歴史, 日本上古史に就い, 日本上古史中の大, 日本上古史等皆一樣に筑紫, 日本上古年代考久米邦武氏の日本上古史等, 日本上陸兵団の指揮者, 日本下田で船, 日本世界中の英雄, 日本両国の学界, 日本両様の婦人服, 日本並びに日本人礼讃, 日本中さがし, 日本中みな頭ええわ, 日本中アロハとパンパン, 日本中クロを乗りまわし, 日本中ニハ外ニあるべからず, 日本中ニ而格別はぢ申事ハ, 日本中メチャメチャの時, 日本中一人で旅行, 日本中一般に流布, 日本中世史ノ武士ハ婦人, 日本中世界中は臍, 日本中何ヵ所か着手, 日本中何處へ行つて, 日本中古代にて織田氏, 日本中国印度支那ビルマタイに限られた, 日本中国朝鮮をこめ, 日本中国等は現在, 日本中変りがなかろ, 日本中学にいた, 日本中学校に入り, 日本中幾万の人, 日本中御法度はねえ, 日本中心思想といふもの, 日本中心民族と生活様式, 日本中燒き拂, 日本中虫ケラだらけさ, 日本中部以北の深山中, 日本中部以南の各地, 日本中鉦と太鼓, 日本主催の白衣, 日本主義そのものを説述, 日本主義つて雑誌をやつ, 日本主義倫理であるの, 日本主義倫理学へ之, 日本主義化に対する批判, 日本主義思想に帰着, 日本主義思潮が今日日本, 日本主義政党的デマゴギーを信用, 日本主義的エキゾティシストをも含む, 日本主義的ファシズムに就い, 日本主義的ファシズム下に於ける, 日本主義的代議士候補者は一二, 日本主義的右翼反動思想から情緒的, 日本主義的啓蒙運動に対するこの, 日本主義的国史だけであっ, 日本主義的提唱とともに既に, 日本主義的歴史観に対立, 日本主義的色彩によって色, 日本主義者帝國主義者國家主義者愛國者國自慢者などがコスモポリタン人, 日本主義転向を勧告, 日本主義風潮の副産物, 日本二千年の歴史, 日本井上円了博士遠訪于哲孟, 日本亡国の原因, 日本交通史に於, 日本交通運輸の大動脈, 日本人民みずからがこの, 日本人民西洋人の風, 日本人種優良の現, 日本人間学は模範的, 日本今時の洋学者, 日本仏像の部, 日本仏教史をやる, 日本仏教家としての特色, 日本仏教独特の眼目, 日本付近にあまり, 日本代表たちのメッセージ, 日本代表ロッシュと英公使パークス, 日本代表乙羽信子嬢にこれ, 日本以下同じ, 日本以前に又, 日本以外どこにもない, 日本会社の製品, 日本会話は相当, 日本伝統的のゆかし, 日本伝統論に基く, 日本伝説播磨の巻, 日本伝道史の上, 日本位天恵に乏しい, 日本住宅とおなじ, 日本住宅史日本旅行史等及び幾種, 日本体育叢書の第, 日本とやらと鼻唄, 日本何時頃だろ, 日本何景かの一つ, 日本でないという, 日本作家中所謂甲の部類, 日本作家陣の最高, 日本使節一行の為め, 日本俗庭は不用, 日本俗謠の暗, 日本俗謡の八木節, 日本信者の形容, 日本信託の森川氏, 日本俳優学校生徒第一回公演, 日本俳句の力強, 日本倫理史後には法政大学, 日本倫理思想史を考究, 日本側弁護人法学博士清瀬一郎は被告たち, 日本側弁護人首席として登場, 日本側警備員たちも多, 日本傳來の眞蹟, 日本傳説集に載す, 日本僧堂の沿革, 日本僧虚中の伝, 日本僧袋中が, 日本先住民の証跡, 日本先帝陛下を記念, 日本入寇即ち弘安四年, 日本全てを支配, 日本全員の生命, 日本全国のを残す, 日本全国ビーヤホールの名, 日本全国三十の放送局, 日本全国上下を挙げ, 日本全国中国満洲, 日本全国中富士山に次い, 日本全国中最初に流行, 日本全国中蜃気楼の名所, 日本全国共通の現象, 日本全国各地の植物採集会, 日本全国図書館の本, 日本全国戦争の惨禍, 日本全国朝野の貴顕紳士, 日本全国津々浦々劇団が乗り込ん, 日本全国流言蜚語の洪水, 日本全国相手の大, 日本全国近隣友邦の平穏息災, 日本全国郵便局の消印, 日本全土寂として声莫, 日本全土群雄割拠のあり, 日本全部の絹物, 日本八十州残る隈, 日本公使夫人として東, 日本公使館内の一室, 日本公道会以下民間特志の団体, 日本六十余州庶民はもとより, 日本六十六ヶ国共に天主様, 日本六十六国共にデウス様, 日本六十六國の全, 日本六十四州からのお上りさん, 日本共産党万歳を高らか, 日本共産党再建の中心, 日本共産党批判はその, 日本共産党東京地方に活動, 日本共産党自体がコミンフォルム, 日本共産黨はみづか, 日本共通の古く, 日本兵たちも村, 日本兵制の沿革, 日本兵庫神戸にある, 日本兵隊を感じさせる, 日本内地ト同一ナル行政法ノ下, 日本内地三千万の人口過剰, 日本内地全体が鍬一丁, 日本内地爆撃僕には兵隊, 日本内閣の政務, 日本再建官も民, 日本出來の鐵砲, 日本出品事務所所長となり, 日本出来ぢやア, 日本出来のは見掛け, 日本出版協会臨時総会に反映, 日本出版業の特性, 日本出版界の王者, 日本出発前に外国, 日本刀剣づくりの大道, 日本刀匕首を持っ, 日本刀左手に槍, 日本刀焼ゴテで奮戦, 日本刀鎌などが牀, 日本切っての名物, 日本切支丹は全滅, 日本切支丹史の最後, 日本刑死記録においても相当, 日本初め支那その他も亦, 日本あらずして, 日本利権をじゃま, 日本到る処に, 日本到着後の活躍, 日本掛を, 日本前代の学者たち, 日本剣聖と向う, 日本劇作家中誰が, 日本劇場あたりにあつ, 日本劇川上一座の人気, 日本劇樹立の根本要素, 日本劇界の進展, 日本助佐々木三郎左衛門塩谷高清の三人, 日本労働科学研究所となり, 日本労働者階級の状態, 日本労働運動史の初, 日本労農党右翼の社会民衆党, 日本動物説話のみに非, 日本動詞の最古形, 日本勝ったい露西亜負けたい, 日本勢此都にて餓死, 日本勤労人民解放のため, 日本勤労階級の社会党統一, 日本化シ世界化シタル亞細亞思想ヲ以テ今, 日本化シ更ニ近代化シ世界化シテ來ルベキ第二, 日本化問題は絶えず, 日本化時代という矢代ら, 日本は渤海, 日本北アルプス北半の山, 日本北アルプス系の火成岩, 日本北アルプス辺の峰頭, 日本北半の七日日行事, 日本北岸原産の麝香バラ, 日本北端の兩半, 日本北辺の小, 日本北部地圖を示し, 日本医史学会からの補助, 日本医学会第十二回総会, 日本医学生聖リューク療養所より追放, 日本医学者としての権威, 日本医師にも診察, 日本医師連盟綜合アメリカ研究所中国研究所新演劇人協会, 日本千年の歴史的常識的, 日本國を, 日本半分においては味わい, 日本半国の帝王気取り, 日本南北の支那, 日本南方の海, 日本南洋インドペルシャとにかく地球上, 日本南海岸のうち一部分, 日本南画史を読む, 日本単味の製作陶, 日本博物学年表を通覧, 日本博物学年表嘉永二年の条, 日本占領地と日本軍, 日本占領方式を発表, 日本占領軍の最高司令官, 日本印刷史に占める, 日本印刷術中興の祖, 日本印度支那三国の無頼漢, 日本印象をかう, 日本即ち退歩否, 日本原住民族の一, 日本原始民族の一, 日本原理の上, 日本及ビ支那ノ必要, 日本及支那の絵画凡そ二千余種, 日本及日本ノ同盟スベキ國家, 日本及日本人の毎号, 日本及日本人」に山内嵒氏, 日本及朝日新聞社へ着陸, 日本古今随一のまた, 日本古代一般の風習, 日本古代信仰の重要, 日本古代史研究の為, 日本古代宗教の基礎観念, 日本古代日本を思ふ, 日本古代社会の機構, 日本古代詞章の中, 日本古文書に見え, 日本古書の蔵書庫, 日本古来虎豹なく羊, 日本古物館ヲ建テヽ, 日本古画古器物, 日本古銭ヲ玩ブ人, 日本史上金へん随一, 日本史中の一大史嶺, 日本史中古今稀である, 日本史以外のもの, 日本史大系などにも写真版, 日本史家の組織的, 日本史文學傳にも出, 日本史料もこの, 日本史最大の利益, 日本史略および万国地誌略, 日本史編纂をはじめ, 日本の槍, 日本司教セルケイラの活躍, 日本各国の人民, 日本各種各樣, 日本吉利支丹史に関する諸家, 日本同じ支那でも, 日本同士の戦争, 日本同様に非常, 日本同様異常の蛇, 日本同様監獄の前, 日本同然ひどいもの, 日本名前で男, 日本名勝風景などの類, 日本名所図会東京の部, 日本名著全集本はさらに, 日本名誉領事館を訪ねた, 日本名題の名, 日本名風に呼ばれ, 日本カワセ相場は, 日本向きではない, 日本向け日本語放送は, 日本否世界の科学界, 日本周航会社に出勤, 日本周遊二十八頁の上, 日本品授受についてペルリ側, 日本品詞組織の考察, 日本品陳列場が出来, 日本哲学術語になる, 日本唯一つという珍品, 日本商人はつぎのごとく語っ, 日本商人史の中, 日本商工会議所会頭郷誠之助氏は或, 日本商店滝波および婦野, 日本商松浦滝波両店, 日本四十七万であった, 日本四十五州の要所, 日本四千五百萬人の曾, 日本回国して, 日本回想記をきかされ, 日本図書館協会はまったく, 日本図書館協会大会においてであった, 日本固有産のガクアジサイ, 日本固有芸術の中, 日本国マニラ国へとおもむいた, 日本国中そこにもここ, 日本国中何処ともなう或, 日本国中夜のこと, 日本国中天下よりたばこ, 日本国中学問の社会, 日本国中方々でおっ, 日本国中最高の町, 日本国中津々浦々どこに寄っ, 日本国中海防軍備の話, 日本国中蘭学社会の人, 日本国以外にはない, 日本国会議事堂の前庭, 日本国体論を明らか, 日本国光の一大要素, 日本国全体の帝室, 日本国内六十万人を目標, 日本国内勢力にむかっ, 日本国内各地の築港事業, 日本国内東亜の範囲, 日本国内津々浦々に行きわたっ, 日本国内生産と経済事情, 日本国力の充実これ, 日本国史のタブー, 日本国君殿下に書, 日本国土上さいしょの共和声明, 日本国家等の正しき, 日本国情視察の結果, 日本国日本の光り, 日本国有鉄道建設をうたった, 日本国民すべての心, 日本国民一種族の集合体, 日本国民三分の一位はあるであろう, 日本国民中の有権者, 日本国民主義アジア主義東洋主義王道主義其他其他に分裂, 日本国民全体の心理, 日本国民史を見た, 日本国民固有の特性といはん, 日本国民特有のいろいろ, 日本国民的なナニワ節, 日本国民社会の国質, 日本国民童話協会が創立, 日本国民精神教育国体教育はいつの間にか, 日本国民精神自身は空間, 日本国津々浦々へ行き渡っ, 日本国現在書目ありと, 日本国産的のもの, 日本国究て航海, 日本国策の一つ, 日本国籍を取得, 日本国粋ファシスト哲学はまず, 日本国総ての地頭, 日本国見在書目録, 日本国語辞典を引い, 日本国防教育に変質, 日本国領の標柱, 日本國中何處の土, 日本國中最上の點, 日本國人の性質, 日本國家の根本, 日本國家ハ只彼等, 日本國政府と交渉, 日本國書の無, 日本國民たる者は誰, 日本國民ガ全亞細亞, 日本國民タル國民權ヲ最初ニ且ツ完全ニ賦與セラルルヲ明カニスル者ナリ, 日本國民タル權利ニ於テ平等普通ニ衆議院議員ノ被, 日本國民ト同一無差別ナル利, 日本國民ハ平等自由ノ國民タル人權, 日本國民一般の參拜, 日本國民上下一般に期せし, 日本國民統合の象徴, 日本國民自身が生み出した, 日本國海岸の何れ, 日本國現在書目佛書にては八家, 日本國訪問に好, 日本土産品店よりも貧弱, 日本土産植物の根本調査, 日本來の, 日本地下史のモヤモヤ, 日本地区のみにて窮民二万, 日本地名学研究所というの, 日本地名辭書の若き, 日本地図中華語の本, 日本地図東京地図などが不, 日本地圖海外持出し事件, 日本地理志料に遂佐, 日本地誌提要という本, 日本地震の有様, 日本地震學會時代に於, 日本型トラクターの能率, 日本型ファシズム化にある, 日本型ファッショの一翼, 日本型ファッショ支配に対する人民大衆, 日本型ファッショ文化に帰着, 日本型ファッショ的イデオロギーは国民, 日本型ファッショ的支配主体であるが, 日本型人民戦線の特殊事情, 日本型強力政治への進行, 日本型文化躍進の足どり, 日本基督教青年會の何, 日本堤土手八丁の意味, 日本堤夜景の図, 日本堤橋のたもと, 日本堤界隈さ, 日本堤竜泉寺町金杉下町三の輪, 日本墓地へ埋葬, 日本壊滅の血祭, 日本士官たちの心, 日本壮士大芝居, 日本声曲会の主催, 日本声楽家の, 日本外交官の表情, 日本外交文書の編纂出版, 日本外交界の獅子, 日本外務省の旅券, 日本外史あれはまだ, 日本外史中の関ヶ原戦後, 日本外史十八史略などを教えられた, 日本大事に守りなさい, 日本大使の知らぬ, 日本大使一行はなお, 日本大使館付武官福士大尉の烈々, 日本大使館側とが対立, 日本大使館内におかれ, 日本大使館気付で斎藤清衛さん, 日本大使館附フクシ大尉はダンケルク方面, 日本大使館領事館の高田代理検事, 日本大名たちは自身, 日本大学学生古橋広之進が四〇〇メートル自由型, 日本大小手品を真向, 日本大海溝です, 日本大衆党全国労農大衆党社会大衆党と戦争中政党解消, 日本大辞林が就中, 日本天文學に魁, 日本天狗道の管長格, 日本天皇史である, 日本天皇國太古代上々代御皇譜神代文字, 日本天皇詔旨と書い, 日本天竺唐あらゆる神仏, 日本太古の原始的家屋, 日本太夫診て, 日本太平洋艦隊の出発, 日本太平洋艦隊司令官の報告, 日本太郎何が動機, 日本太郎味が時に少々, 日本奇術曲芸の祖先, 日本奥羽地方出土とあ, 日本女そのものがいよいよ, 日本女のである, 日本女ひとりである, 日本女らしさ澄子は, 日本女優の松子, 日本女大必ずしも毛ぎらいすべからず, 日本女子大学校松柏寮内倉田艶子に送っ, 日本女子恒産会を起し, 日本女子教育に一貫, 日本女子軍団を編成, 日本女子選手の娘達, 日本女性代表だ, 日本女性史上特筆すべき時代, 日本女服の美, 日本女流作家の会, 日本女流文学者会というの, 日本女猫背の支那女, 日本好学精神の生きた, 日本妬婦伝のはじめ, 日本姉妹の為め, 日本始つて以來未だ曾, 日本始め南洋諸地, 日本委任統治の島々, 日本委員の心づかい, 日本娘さんと道行, 日本娘円盤投げの姿勢, 日本娘風にしつける, 日本婆さんには珍, 日本婆アさんと呼ばれ, 日本婚姻史といったもの, 日本婦人たるの任務, 日本婦人となり度いと思ひます, 日本婦人ウルサンの斡旋, 日本婦人トシテハ均整ノ取, 日本婦人中でも一二, 日本婦人会翼賛壮年団等はいづれ, 日本婦人会青少年団産業報国会などはいづれ, 日本婦人佐々伸子について一定, 日本婦人倶楽部に招待, 日本婦人全般の教育水準, 日本婦人大衆の生活, 日本婦人的事情を感じます, 日本婦人的慎しみというもの, 日本婦人自身にとってほんとに, 日本婦人花子とが囲炉裏, 日本婦人赤十字社の大, 日本婦女皆これにし, 日本ひを, 日本嫌いな広岡浅子女史, 日本だッ, 日本字値段之脇, 日本孤立主義である, 日本学中には史学, 日本学会でわが, 日本学会主事藤室夫妻等と小, 日本学問社会の学者, 日本学士院の会員, 日本学界の名誉, 日本学術振興会啓明会その他の団体, 日本學術協會で大嶽君, 日本に留守, 日本守備隊へ発砲, 日本南南洋一切を, 日本安らかになった, 日本安全のその, 日本完全独立の姿, 日本宗教家の教育, 日本宗教思想史は処, 日本宗教連盟と宗教文化協会, 日本官吏たるの名, 日本官民一般の需要, 日本官界の現実, 日本宣戦すハタ, 日本室好みで折角, 日本家屋軒の下, 日本家庭百科事彙の如き, 日本家庭的なもの, 日本宿ってもの, 日本富まば分, 日本寝巻の儘石鹸, 日本寫眞界の元祖, 日本寺あたりの空, 日本対世界民族対人類の問題, 日本対外国といふこと, 日本対米英開戦以来わが金博士, 日本対語ローマ字百人一首和蘭語訳付など外, 日本封建から解かれ, 日本封建性は無論, 日本封建文化の黄金時代, 日本封建時代の日本, 日本封建的なもの, 日本射撃クラブで前後十一回, 日本将校フクシ大尉の失踪, 日本将校二名がこれこれ, 日本將來の文明, 日本將棋聯盟に紛擾, 日本專有のもの, 日本なりといえ, 日本小さい社会, 日本小国といへ, 日本小笠原諸島とはっきり, 日本小説社です, 日本小間物屋がある, 日本小麦の持つ, 日本少くとも徳川期, 日本少女歌劇はあちら, 日本少年僕である, 日本少年式な, 日本居留民中にあ, 日本屋自室で厳重, 日本山妙法寺の藤井行勝師, 日本山岳会会員によって縦走, 日本山岳会員の名刺, 日本山岳会員辻村伊助氏の説明, 日本山岳論の特色, 日本山岳風景の最も, 日本山水論にも, 日本岩手県上閉伊郡青笹村字瀬戸二十一番戸伊藤万太の宅, 日本岬アメリカ岬フランス岬ドイツ岬イタリア岬支那岬インド岬と名づけた, 日本のよう, 日本島上で耳, 日本島内に海陸相連絡, 日本島国発見の擬人化神話, 日本島弧の上, 日本島群の南半分, 日本崇拝で家, 日本巡洋艦かと思っ, 日本工場の方, 日本工藝史中特筆すべきもの, 日本左衛門うそは言わない, 日本左衛門おのれの身, 日本左衛門かかとを蹴っ, 日本左衛門はかぶりを振っ, 日本左衛門まちがいは御三家, 日本左衛門みたいなあんな, 日本左衛門よけいな口, 日本左衛門中心の一味, 日本左衛門剣風の先, 日本左衛門影も形, 日本左衛門様日本左衛門様恋しい日本左衛門さま, 日本布教法の原則, 日本帝国主義ハ真先ニ掠奪スルタメニ有利ナル戦略的状勢ヲ利用シテ, 日本帝国主義ブルジョアジーハ諸君ヲシテ銃ヲ携エ砲, 日本帝国主義侵略に対して奮起, 日本帝国主義侵略戦争以来激化したファッシズム, 日本帝国主義侵略戦争反対の意見, 日本帝国主義軍隊の戦争, 日本帝国人民が偉い, 日本帝国内に本邦植物図志, 日本帝国内ニ本邦植物図志ヲ著, 日本帝国博物館に招聘, 日本帝国外務大臣発行の旅券, 日本帝国大学紀要第一, 日本帝国官憲の威力, 日本帝国憲法及び法律, 日本帝国指を屈する, 日本帝国政府代理人は英国最高バス勲位ホレーシォ・ネルソン・レー, 日本帝国臣民のみを, 日本帝國ガ國民ト共ニ亡ビザル限リ銀行省ノ預金ニ不安ナシ, 日本帝國ハ内憂外患並ビ到ラントスル有史未曾有, 日本帝國海軍大佐櫻木重雄本島を發見, 日本帝國軍艦旗を見ずや, 日本帝大的習慣を別, 日本帝紀など稱, 日本帝都になつ, 日本帰航の際, 日本幕末の歴史, 日本幣制を金銀, 日本平価に換算, 日本平定後即位するの, 日本平定直前にチヌ山城水戸, 日本年代より謂, 日本年紀と共に西歴, 日本幽霊の画, 日本広くは大, 日本座敷あすこはこの, 日本座敷みたいにこちんこちん, 日本庶民生活の悲し, 日本建二階造の四室, 日本建国の創業, 日本建国以来初めて起つた, 日本建築会はすでに, 日本建築史の標本, 日本建築史岡倉覚三先生の泰東巧芸史, 日本建築固有の特色, 日本建鉄工業株式会社に通っ, 日本式つてどういふ, 日本式スタイルを作つて, 日本式タイム流のあやまった, 日本式デナケレバ困ルト云ウ, 日本式ホオズキ提灯数十個をともし, 日本式ローマ字で書く, 日本式ローマ字論の優越, 日本式住宅の形成, 日本式夜会服を一着, 日本式大砲のみを洋式, 日本式家屋で生活, 日本式尊の白鳥伝説, 日本式建築法は建築, 日本式最初のプロ文化, 日本式最古の形, 日本式栄養食なの, 日本式正餐がほしい, 日本式生活が随所, 日本式美爪法をきちんと, 日本式設計になる, 日本式談合万端にこそ抵抗, 日本式貞操観念を理解, 日本式転身の姿, 日本弧島の地質構造線, 日本当代の名優菊五郎氏, 日本当代特異の風習, 日本当面の非常時, 日本彫刻美の淵源, 日本役人取計, 日本往時の洋学者, 日本往生伝に記され, 日本往生極楽記を著, 日本征伐事件に幾分, 日本征服どころの話, 日本後紀に, 日本後紀三代實録に見えたる, 日本後記に見え, 日本従管区長コエリョに公式謁見, 日本心酔は並大抵, 日本心霊学協会の会員証, 日本心霊学協会会員証を握りしめた, 日本必勝を口, 日本るべしと, 日本思想史上の画期的, 日本思想成立の根柢, 日本思想界の展望, 日本情緒も完全, 日本意識民族精神の拡充, 日本をもっ, 日本懐良王の書, 日本戒律宗の祖鑑真, 日本戦うとき, 日本戦力の増強, 日本戦犯たちの最後, 日本戦艦を全滅, 日本戯曲の女, 日本所産の芸術作品, 日本手づまの鈴川伝, 日本技術陣の涙, 日本抒情詩はそこ, 日本へ来る, 日本拓殖銀行総裁の柳田篤二郎, 日本振袖の姿, 日本授産館の山師, 日本探偵小説壇に残した, 日本探勝会第一回, 日本探検隊が発見, 日本提灯がつい, 日本支那その他東洋の美術品, 日本支那のは姑, 日本支那印度西洋の各国, 日本支那地方に生ずる, 日本支那等に於ける, 日本支那西洋ととりあつめ, 日本支那露西亞ノ三大國ニ介在シテ自立スル能ハザリシ地理的約束ト, 日本支部設立を計画, 日本支配以前のもの, 日本支配権力の兇暴, 日本改造法案大綱ヲ名, 日本改造法案大綱ニ基キテ國家ノ政治的經濟的組織, 日本改造法案大綱ニ示サレタル原理ガ國家ノ權利, 日本攻略準備がなった, 日本放送協会技術研究所および浜松市, 日本放送協会農山漁村文化協会婦人民主クラブ自由懇話会新協友の会日本文芸家協会日本著作家組合日本出版協会新日本医師連盟, 日本政党中に在, 日本政党界のルイ十四世, 日本政府そのものがわたっ, 日本政府代表は国際連盟, 日本政府側にある, 日本政府南方連絡事務所との所在地, 日本政府及ぴ日本の父母, 日本政府委員は民部大蔵大輔大隈重信, 日本政府承服に及ぶ, 日本政府海關税を以て之, 日本政治社会の官吏, 日本政黨中に在, 日本政黨界のルイ十四世, 日本救世軍も戦後, 日本敗れたれど, 日本教会全滅といふ大袈裟, 日本教権に対して一種骨董的好奇心, 日本教職員組合が誕生, 日本教育内容の改善, 日本教育制度の改革, 日本教育史に於ける, 日本教育史外交政策などに関する外人, 日本教育茶話会で試みた, 日本敦賀の海, 日本数学界の展望, 日本数百年戦争これなきは, 日本文のと英文の, 日本文体の革正, 日本文典で辛抱, 日本文化これと西洋, 日本文化ファシズムの武器, 日本文化上のファッショ化, 日本文化主義者はいない, 日本文化全般に於ける, 日本文化協会の催し, 日本文化史上における一つ, 日本文化史上画期的な著作権改正, 日本文化国日本を再建, 日本文化国民の文化, 日本文化圏に限られ, 日本文化大観を編纂, 日本文化情勢の根本特色, 日本文化教官研究講習会に於, 日本文化文学史の特色, 日本文化日本美術その他あらゆる日本的, 日本文化獨立の根本, 日本文化発展のため, 日本文化的伝統の止揚, 日本文化的時局性に於, 日本文化研究の機関, 日本文化研究世界文芸思潮史外国作家研究等の一般文学的教養, 日本文化私観堕落論などの受売り, 日本文化紹介の有意義, 日本文化統制方針の最近, 日本文化聯盟なり我視力, 日本文化芸術の第一線, 日本文化論者の反省, 日本文化起原論とも云, 日本文化輸出熱はその, 日本文化連盟の政治学者, 日本文化連盟主催の万国文化大会, 日本文字全書温知叢書帝国文庫などの翻刻物, 日本文字字母が安政年間, 日本文字片假名の, 日本文字種字が何で, 日本文字頻度統計をすっかり, 日本文学ぐらゐ著しい例, 日本文学そのものの客観的進展, 日本文学一般がおくれ, 日本文学中比類のない, 日本文学主催の文学者, 日本文学会全体の活動, 日本文学会内の小, 日本文学会創立大会の日, 日本文学会員の創作活動, 日本文学作品コンクールが行われ, 日本文学作品集から中野重治, 日本文学入門へ, 日本文学全体の歴史, 日本文学全書温知叢書帝国文庫等の飜刻物, 日本文学全般が一種異様, 日本文学全集その他の円本, 日本文学全集刊行の事業, 日本文学創刊号のため, 日本文学博士の学位, 日本文学古典上の評価, 日本文学史全巻を担当, 日本文学史日本現代文学概観日本文化研究世界文芸思潮史外国作家研究等の一般文学的教養, 日本文学史関係の本棚, 日本文学史骨を著, 日本文学和文派の遺産, 日本文学唯一の典型, 日本文学報国会とか音楽文化協会, 日本文学外国語外国文学等に大別, 日本文学未曾有の有様, 日本文学発生の姿, 日本文学発生論を書く, 日本文学研究の中, 日本文学講座中の特殊項目, 日本文學全集の宣傳用フィルム, 日本文學獨特のもの, 日本文學者が皆, 日本文學講座はすでに, 日本文撰工の元祖, 日本文明そのものに原因, 日本文明協会会長としてその, 日本文明史に重大, 日本文明史略長岡博士のラジュウム, 日本文明固有の特徴, 日本文明波及の點, 日本文献のはなはだ, 日本文献学主義は必然的, 日本文章組織の或, 日本文脈の研究, 日本文芸史の一面観, 日本文芸史上屈指の傑作, 日本文芸家協会日本著作家組合日本出版協会新日本医師連盟, 日本文芸院側の計画, 日本文藝が近代ロシア文藝, 日本料理なぞは不, 日本料理中もっとも大切, 日本料理人組合会の最高幹部, 日本料理人組合連合会の三宅孤軒君, 日本料理屋西洋料理屋というふう, 日本料理屋西洋料理屋鮨屋鰻屋菓子屋果物屋と方々, 日本料理店清涼亭の灯, 日本料理店献立表を報告, 日本料理店胡月の卓子, 日本料理支那料理と全員一堂, 日本料理日本酒嫌ひの, 日本料理界の建てなおし, 日本新劇史の足跡, 日本新劇史上劃期的の事業, 日本新劇史上画期的と称せられる, 日本新劇史演出論演劇論史舞台機構論戯曲論を映画専攻者, 日本新劇界の大, 日本新劇運動の最大, 日本新劇運動史の頁, 日本新聞アサヒ・ブレテンにこう, 日本新聞入社という事, 日本新聞公社となり, 日本新聞協会日本放送協会農山漁村文化協会婦人民主クラブ自由懇話会新協友の会日本文芸家協会日本著作家組合日本出版協会新日本医師連盟, 日本新聞時分から余, 日本新聞界の兩大關, 日本新聞社員タリ月給四十円などと書いた, 日本新聞社長の陸羯南氏, 日本新聞記者や他, 日本新聞関係としても病苦, 日本でもこう, 日本の家づと, 日本旅行を望まれ, 日本旅行史等及び幾種, 日本旅行者の研究, 日本旅館植半に投宿, 日本旧式のどんな, 日本旧来の男, 日本映画コンクールがある, 日本映画人がかつて, 日本映画作者の参考, 日本映画俳優一般への認識, 日本映画俳優学校とかいふ処, 日本映画協会国際映画協会その他各省の文化映画製作, 日本映画従業員の境遇, 日本映画愛好者にいくら, 日本映画生産企業家は大, 日本映画製作者だけの責任, 日本映画論を読んだ, 日本映画買つけを発表, 日本映画連盟というもの, 日本映画配給社日本移動映写連盟演劇にあ, 日本は幾ら上手, 日本時間午後六時十一分あなた方の幾, 日本晩秋のやう, 日本景気に氾濫, 日本曲馬をやろう, 日本書房の, 日本書撰定の詔勅, 日本書生の極, 日本書籍考經典題説が解題, 日本曹洞禅の開祖道元禅師, 日本最高水準の人, 日本有史時代と考へ, 日本有用植物志編成の急務, 日本服万歳となりました, 日本服位の物, 日本服好みの洋服, 日本服推賞に対して一人有力, 日本服着たる姿, 日本服紋附きの, 日本服袴の, 日本服装史等の主として, 日本朝廷開創以来雄略天皇の御代, 日本朝日の國, 日本朝野の例, 日本朝鮮滿州はフヰニシヤ人, 日本木彫史上の壮観, 日本木版の技術, 日本木綿を縫い直し, 日本未曾有の論文, 日本本土侵略に対し充分, 日本本土沿岸を探, 日本本島中部の大, 日本だそう, 日本を使った, 日本来寇の報知, 日本来朝の時, 日本来遊の外人達, 日本東京神田區冨山房をニホ, 日本東京銀座の街頭, 日本東北の限り, 日本東北地方の山, 日本東北部のこれ等三地方人, 日本松樹の二, 日本板画を蒐集, 日本林氏専売コロンタイ式恋愛に対する彼女, 日本染織界に起った, 日本柔道の道, 日本根子天津豊国成姫天皇少名, 日本根子天皇としての祝詞, 日本根子彦国牽天皇大日本根子彦太瓊天皇太子也, 日本で実, 日本案内記を読みつ, 日本は年々, 日本棋界の強豪, 日本棋界征服の緒, 日本森林植物帶の話, 日本植字工が適当, 日本植民地にも進出, 日本植物分類の研究, 日本植物圖鑑ではすいば, 日本植物学界のため, 日本植物編に本邦自生, 日本植物誌ヲ作ルヲ素志トナシ我身命, 日本楽器の沿革, 日本楽団の大きな, 日本楽壇に人, 日本楽府一巻其他文集詩鈔の類, 日本楽府政記そのほか, 日本楽舞部の台本, 日本概念的な日本, 日本横断ぐらいな距離, 日本橋上笑相見, 日本機めうまくにげやがった, 日本の伝統, 日本歌史上に於, 日本歌舞伎がモスク, 日本歌謡史に記載, 日本正義党かまるで, 日本正義党員なにがしと白状, 日本武人の一面, 日本武力の特質, 日本武命にてはと傍, 日本武士的鎌倉もしくは足利期的, 日本武尊中世に日蓮上人, 日本武尊以来の歴史, 日本武尊信濃の山中, 日本武尊兄弟忍熊王兄弟両面スクナは同, 日本武尊奏平熊襲, 日本武尊時代にはこんな, 日本武尊本岳のは倉稲魂命, 日本武尊東夷どもを平, 日本武尊東夷征伐の時, 日本武尊當時の現状, 日本武尊相模より上總, 日本武尊蛇を跨い, 日本武尊蝦夷を征, 日本武尊駿河の国, 日本武術に注意, 日本歯科青年団写真班鹿児島ァ起きろ, 日本歴史中の胴ナカ, 日本歴史全書第一巻, 日本歴史全部のうち, 日本歴史地理学会出張員藤井宮崎の両, 日本歴史家の講義, 日本歴史教師を担任, 日本歴史未曾有の衆議院議員選挙, 日本歴史的現實, 日本歴史的現実に於, 日本歴史詩人の本田種竹, 日本歴史論は, 日本歴史集成を並べよむ, 日本母語との間, 日本毎日読売の各, 日本毛織の販売所, 日本民主主義の敵, 日本民主主義文化連盟日ソ文化連絡協会日本移動映画連盟日本新聞協会日本放送協会農山漁村文化協会婦人民主クラブ自由懇話会新協友の会日本文芸家協会日本著作家組合日本出版協会新日本医師連盟, 日本民主主義文化連盟発行の, 日本民主主義文学のテーマ, 日本民主主義運動の深まり, 日本民主化そのもののすべて, 日本民主化方策についてはじめ, 日本民主文学の歴史的所産, 日本民俗の上, 日本民家の研究, 日本民族のに限らず, 日本民族ニ取リテハ一ニ奇異ナル風俗トシテ傍觀スレバ足ル, 日本民族上いかなる地位, 日本民族世界に対立, 日本民族中堅の階級, 日本民族主義に帰着, 日本民族主義理論が台頭, 日本民族先人の出色的光彩, 日本民族共通の信仰, 日本民族創造の大乗精神, 日本民族化して, 日本民族古来の習慣, 日本民族史において極めて, 日本民族史研究上最も必要, 日本民族存立のため, 日本民族学協会連合大会第8回記事, 日本民族成立上の知識, 日本民族成立史の上, 日本民族文化の優位性, 日本民族日本国家の正しき, 日本民族日本国家等の正しき, 日本民族昭和維新の新, 日本民族最高の表現慾, 日本民族本位から論ずれ, 日本民族的条件を考慮, 日本民族製作のもの, 日本民族詩としての俳句, 日本民族雄飛の夢, 日本民権は徳川氏, 日本民藝美術館の設立, 日本民藝館の設立, 日本民衆故の鍵, 日本民謡史の中, 日本民間説話にもその, 日本民間説話界にその, 日本気質の哀れさ, 日本水泳協会だった, 日本水産の冷凍法, 日本水産会社大敷網, 日本水産委員会で智的, 日本水聯流に云え, 日本水路測量部は我国, 日本江戸の眞ん中, 日本汽船会社の社員全体, 日本汽船会社員小野龍太郎が支配人, 日本治国の体裁, 日本沿岸何百キロの距離, 日本沿岸測量を遂行, 日本沿岸金華山沖で捕鯨船, 日本沿海航路をよたよた, 日本法廷の裁判官中, 日本泥棒史といつた, 日本洋画家とマリイ, 日本洋画界の歴史, 日本津々浦々実にラジオ, 日本活世界の有様, 日本活字創成の苦心, 日本活字創造のこの, 日本派遣隊の集合所, 日本流のがみた, 日本浪曲協会の独自, 日本浪曼派団結せよには, 日本浴衣のねまき, 日本海員はこういう, 日本海外移民の魂, 日本海岸風景の特色, 日本海流一名黒潮となる, 日本海溝附近で沈んだ, 日本海賊史のその, 日本海軍め海と空, 日本海軍最初の紅玉島砲撃, 日本海軍武官が神経, 日本海軍潰滅前後の物語, 日本消滅せる日本, 日本渡来前の国, 日本温泉論にあります, 日本港岸の拓殖, 日本満州国の全土, 日本準備せよ, 日本滞在日数が二年, 日本滯在のうち, 日本滯留十九年でバタビヤ, 日本漁業發展を祝福, 日本漂民で尾張, 日本漂流記とが出版, 日本演劇並に浮世絵研究者, 日本演劇発生の由来, 日本演劇表現史上の発見, 日本演劇革新の使命, 日本演芸協会に生まれ変わっ, 日本漢土に渉つて説明, 日本漢語について云え, 日本漫遊の途次, 日本潜水艦近くにあり, 日本潜水艦隊が肉薄, 日本瀕海の岩崖地, 日本と撫順炭, 日本無双のといわれる, 日本無双城中には矢種玉薬, 日本無比な情熱的, 日本無産党支持者の少なく, 日本無類の怖, 日本版一七号を見よ, 日本版心の旅路, 日本版画の感情的伝統, 日本版畫の鼻祖司馬江漢, 日本版編集長とある, 日本牛のは全体食牛, 日本牛蒡の極, 日本物理学会の一九四七年度大会, 日本物理学界の回顧談, 日本特にドイツの, 日本特別の境遇, 日本特殊性万能主義者や民衆習慣絶対主義者, 日本特産の中世, 日本特産芸術がチャップリン, 日本特色の繪畫遺品, 日本犬以上にケンカ, 日本犬愛好者の医師, 日本犬的なところ, 日本犯罪史に新しい, 日本犯罪研究会発会式の席上, 日本とも言いたい, 日本独り衰へると, 日本独創のもの, 日本独壇場の千五百, 日本独有な文化史的条件, 日本独楽のはじまり, 日本独立後初めて行われた, 日本独立後国連軍を無, 日本独逸北米合衆国墺太利匈牙利白耳義清国丁抹西班牙仏蘭西希臘伊太利ルクセンブルグ墨西其モンテネグロ和蘭波斯葡萄牙羅馬尼亜露西亜塞耳比亜暹羅瑞典那威瑞西土耳其勃牙利の二十六ヵ国, 日本狭しとなげく, 日本そして尻尾, 日本に酷似, 日本り此例, 日本獨自のもの, 日本にまさる, 日本王朝ならびに日本文化発祥, 日本現下の文化, 日本現代劇作家の大部, 日本現代劇樹立のため, 日本現代戯曲の最大欠陥, 日本現代文学概観日本文化研究世界文芸思潮史外国作家研究等の一般文学的教養, 日本現代文明の傾向, 日本で修繕, 日本の屋根, 日本甘んじて白人, 日本甚利すくなく, 日本生まれだったので, 日本生産力の殆ど, 日本産業労働クラブや総, 日本産業施設の撤去, 日本産業界を左右, 日本産魚類の分類, 日本男児万歳をさけぶ, 日本男子鉄面皮なるも, 日本男狂人として彼, 日本画そのものが既に, 日本画ぢやない, 日本画ものは恐らく, 日本画主任の西山翠嶂氏, 日本画二百点を陳列, 日本画全体に及ぼし, 日本画具使用法改良研究者に属する, 日本画及浮世絵に関するもの, 日本画古来の伝統法式, 日本画向きのもの, 日本画壇好人物三羽烏だと, 日本画壇稀に見る, 日本画大家連はこの, 日本画大成の中国篇, 日本画始まつて, 日本画家何某の三人, 日本画家側から見たら, 日本画家放庵は生きつづけ, 日本画家洋画家といふ語彙, 日本画家洋画家彫刻家戯曲家舞踏家評論家流行歌手作曲家漫画家すべて一流の人物, 日本画家番附といふもの, 日本画家達を批評, 日本画展覧会には通有, 日本画師として立った, 日本画描法の理論, 日本画教授の口, 日本画洋画双方を踏ま, 日本画洋画蝋作りまで試みた, 日本画畑の吉岡氏, 日本画発達の淵源, 日本画的雰囲気として申し分, 日本画的題材を感覚的, 日本画的風景ではない, 日本画研究会には福田豊四郎氏, 日本画研究会展の評, 日本画稽古して, 日本画等をやった, 日本画西洋画の絵描き, 日本画評はさうである, 日本画部全体の印象, 日本画革新の急先鋒, 日本画革新論者や日本画家, 日本画題材へ精神, 日本留学時代の事, 日本留学生小田島春作は女友イベット, 日本留學の眞意, 日本畫壇の弊, 日本畫科に入, 日本畫科卒業のとき, 日本に兩國, 日本発音を私, 日本登山史上に特筆, 日本登山家協会とかその, 日本發祥以來次第に大きく, 日本百将伝かのうち, 日本百年の弔鐘, 日本百景九十九島うつくしいといふ, 日本百景当選の巨大, 日本百科辞典でもちよ, 日本百科辭典でもちよ, 日本百貨店の有する, 日本的イデオロギーが文化, 日本的オッチョコチョイは哲学的詩的要素, 日本的ナナの物語, 日本的ハイ日本的そんなこと, 日本的パジャマをきた, 日本的ヒューマニズムが考えられ得る, 日本的ビューロークラシーのこの, 日本的マツリゴトの道具, 日本的モラルの確立, 日本的レベルというもの, 日本的ロマンの, 日本的ロマンティシズムの素材, 日本的一環なの, 日本的下町風の味, 日本的事情というもの, 日本的人生はこの, 日本的仏教文化を以て文化的, 日本的作家たらうとして, 日本的俳句的そして山頭火的, 日本的全体主義とかいろいろ, 日本的共同体社会生活が世界中, 日本的典型の上, 日本的創意のデザイン, 日本的単純の深, 日本的哲学を作られた, 日本的哲學と日本的宗教, 日本的国民精神は日本的範疇, 日本的地方色は私, 日本的変種まで批判, 日本的変貌をとげ, 日本的外国楽が成立, 日本的女性の美, 日本的妥當性を與, 日本的家庭の飲物, 日本的家族制度の崩壊, 日本的宿命がある, 日本的封建制の基礎条件, 日本的弱点を指摘, 日本的強力政治への進行, 日本的形態である, 日本的律義にいくら, 日本的性質その心理的, 日本的情景であった, 日本的意味で進歩的, 日本的意義を知る, 日本的感覚は到底, 日本的政治の復興, 日本的政治マツリゴトの本質, 日本的文士と同じ, 日本的方法の限界, 日本的日本人だから, 日本的日本語だ, 日本的晴朗とでもいふべきだらう, 日本的東洋的妥當性にある, 日本的気候感覚の骨身, 日本的気魄いずれも私, 日本的水準で謂わ, 日本的洋画ではなく, 日本的洋食を大久保さん, 日本的演技と絶縁, 日本的照れ屋ルナアルをし, 日本的特性を考へ, 日本的特殊事情なの, 日本的特色をば, 日本的現実日本的人生はこの, 日本的理念の表現, 日本的産物である, 日本的用語によるの, 日本的画趣を与へる, 日本的百パアである, 日本的眼孔を以てこれ, 日本的知性の中, 日本的科学をやらない, 日本的科学主義工業ではあり得ないで, 日本的突喊性が, 日本的筆致で書い, 日本的篤農精神が巧, 日本的純粋の高度文化, 日本的美感の伴わない, 日本的義理人情をもち, 日本的考え方だよ, 日本的耶蘇教が日本, 日本的自覚と国家観, 日本的色彩の鮮明, 日本的芸術の開花, 日本的薄笑いを口辺, 日本的行動主義もメシヤ, 日本的表象の影, 日本的装飾が内地, 日本的製鉄法という事件, 日本的要素がみられなけれ, 日本的解釈だと, 日本的記述リアリズムでは一人, 日本的詩情の高, 日本的論理ともいうべき, 日本的諦観の底, 日本的趣味の人, 日本的趣味性に優美化, 日本的農本主義もあり, 日本的農業精神が大いに, 日本的迷信に対して反逆, 日本的適用の線, 日本的閨房語で極まる, 日本的限界を拡げ, 日本的音楽を聴き得る, 日本的風土化もつまり, 日本的香気といふべきだらう, 日本的騒音で石, 日本的鮮人は相, 日本皆其現はし, 日本皇太子史論という小, 日本皇女トノ結合ヲ以テ日鮮, 日本皇室の神聖, 日本皇室史に一抹, 日本皇帝陛下に親書, 日本皇師に贈る, 日本だ, 日本を売り出し, 日本目抜の商店, 日本と言う, 日本知名の富豪紳士, 日本知性のコンプレックス, 日本知識階級は開戦頃, 日本短歌の第一人者, 日本石器時代人民ニ關スル研究ノ結果ハ廣ク人類學, 日本石器時代人民ハ幾種族ナリシカ容易ニ知ル事能ハズト雖モ北海道ト本州ノ大, 日本石器時代遺物中ノ著, 日本石胎内石鞍石等は其等, 日本研究員は大, 日本研究班を視察, 日本研究者に対する日本人, 日本砲兵の射撃, 日本砲術の冴, 日本の方法, 日本磁器だけのこと, 日本磐余が天皇, 日本礼道の本家, 日本社会主義者の言論, 日本社会党中央委員会ではいま, 日本社会党訪中使節団の団長浅沼稲次郎, 日本社会全体の風潮, 日本社会学院の大会, 日本社会機構の内部, 日本社員は最初発砲, 日本社山海堂の七社, 日本社會主義の代表者, 日本神仙説の発生, 日本神傳に自ら, 日本神兵隊という, 日本神学以前の神, 日本神経学会に出席, 日本神話中他に反対, 日本神話観に過ぎない, 日本禅宗史を一席辯, 日本の感じた, 日本私学団体総連合会, 日本私立学校の保護者, 日本私立衛生会委員筱崎氏といへる, 日本科学博物館に献納, 日本科学界の現状, 日本科學の振興, 日本租界敷島町の或, 日本移動映写連盟演劇にあ, 日本移動映画連盟日本新聞協会日本放送協会農山漁村文化協会婦人民主クラブ自由懇話会新協友の会日本文芸家協会日本著作家組合日本出版協会新日本医師連盟, 日本移民労働者の一人, 日本移民史に早く, 日本移民四十戸にし, 日本移民排斥問題を思い出させられる, 日本税関吏の検査, 日本種族の精神, 日本空爆の目的, 日本空襲をする, 日本窒素株式会社の常務取締役, 日本窯藝への注意, 日本窯藝史に豊富, 日本を用いた, 日本等彼らの, 日本等未知の国々, 日本筑摩書店から印税, 日本管理政策も, 日本とよぶべきだらう, 日本を通して私, 日本米国を経由, 日本米昨日は純, 日本粕谷にしっかり, 日本精器とかへ勤めてる, 日本精神そのものを正しく, 日本精神主義哲学から云っ, 日本精神主義日本農本主義更に日本アジア主義, 日本精神主義者は国粋的, 日本精神侘の心境, 日本精神協会というもの, 日本精神哲学等々の国粋ファッショ哲学, 日本精神文化研究所員となり, 日本精神日本固有の精神, 日本精神日本文化日本美術その他あらゆる日本的, 日本精神発揚の声, 日本精神的な歴史認識, 日本精神的マンネリズムの打破, 日本精神誇示の文学, 日本精神闡明のため, 日本精神鼓吹によつて, 日本精華ニ基ク世界的常識ヲ養成シ, 日本紀その他の書物, 日本紀一書のすさの, 日本紀一書皆おなじ言葉, 日本紀作者の手, 日本紀元は歴史上, 日本紀元二千五百余年来の慣習, 日本紀元正天皇霊亀二年五月の条, 日本紀収むるところの孝徳天皇大化改新の条, 日本紀天孫降臨章にある, 日本紀天智天皇九年条の火災, 日本紀天智朝火災の記事, 日本紀姓氏録等の記事, 日本紀孝徳天皇の条, 日本紀敏達天皇十二年の条, 日本紀景行紀によるに此辺みな海也, 日本紀火災の記事, 日本紀私記其他雑史書類までも収め, 日本紀系統ではさ, 日本紀編者によって収録, 日本紀行中の異色, 日本紀講筵と呼ばれ, 日本紀資料記述時代に既に, 日本紀顕宗即位前紀, 日本紀風土記祝詞等を渺, 日本で玉虫色, 日本紙一帖位の綴込み, 日本紙上に飾つた時, 日本紙刷の玉流堂本, 日本紙幣というもの, 日本紙幣束にし, 日本紙幣百円を取り上げられる, 日本紙本を出し, 日本紙綴じの分冊, 日本紡が四つほど, 日本紳士中での幅利き, 日本紳士諸公にこの, 日本紳士諸彦ノ御, 日本紹介外来客に対する日本紹介, 日本紹介映画との間, 日本経済史の中, 日本経済史その他の方面, 日本経済建設の立案, 日本統治を万代不易, 日本統治対切支丹日本統治対海外貿易という難問題, 日本統治対海外貿易という難問題, 日本統治者に共通, 日本絵巻のそら, 日本絵師の総, 日本絵所人別帳をすっかりそのまま, 日本絵画一般の歴史, 日本絵画三代志の文章, 日本絵画伝統の深, 日本絵画協会へ出品, 日本絵画壇にとってはあまりに, 日本絶対主義の軍事力, 日本の販路, 日本經濟史を書いた, 日本の帳面, 日本綴りのボロボロ, 日本綿布の外衣, 日本綿糸よりすこし, 日本総体に堕落, 日本総督府の建築, 日本織りとする, 日本罫紙の綴じた, 日本美独特のもの, 日本美男子紳士探偵結城新十郎, 日本美術その他あらゆる日本的, 日本美術上における北斎, 日本美術会新俳句人連盟, 日本美術品として陳列, 日本美術品蒐集の為, 日本美術国に生れ, 日本美術学校に籍, 日本美術学者ラングトン・ウォーナーがやって来た, 日本美術愛好家の一団, 日本美術研究の開拓者, 日本美術論は北斎, 日本美術院出品の, 日本美観であるなまじ, 日本美顕揚の御, 日本美食を通暁, 日本義勇兵の奮戦ぶり, 日本翻訳家協会設立等について各国代表, 日本者神国なり異朝, 日本者神國なり異朝, 日本耶蘇会出版の諸, 日本聖教将来の開山ハビエロ, 日本聯合青年団第十四回大会, 日本聯合青年団大会では産業賞, 日本能書伝をよむ, 日本能楽の始祖, 日本膨脹の雛型, 日本臣民ハ法律ニ依ルニ, 日本臣民中には甚だ, 日本自慢はよく, 日本自然主義は日本ブルジョア文学, 日本自然派小説の典型, 日本自然派文壇の誤った, 日本自由出版協会を組織, 日本などはせず, 日本臭いと同様, 日本興行協会の役割, 日本にひる, 日本船のと念, 日本船出入の要, 日本船大工にもおぼえ, 日本芸者がし, 日本芸能全体の上, 日本芸能史上にその, 日本芸術特有の幽玄, 日本芸術独自の渝ら, 日本芸術院会員に推された, 日本英吉利独逸墺太利仏蘭西露西亜伊太利西班牙亜米利加瑞典諾威などから来る, 日本英国の公使アールコツク, 日本英国独逸の社会現象, 日本英国米国ドイツイタリアフランス支那インド八ヵ国の少年, 日本茄子の事, 日本茶店と書, 日本茶道の伝統, 日本茶道精神の奥義, 日本菓子専門の店, 日本かなりし, 日本著作家組合日本出版協会新日本医師連盟, 日本著名な仏教学者, 日本がはな, 日本葱一本を等分, 日本薬学会が四七年五月, 日本薬学大会に大阪, 日本薬局方サントニン〇・〇五瓦海人草及び石榴皮, 日本藥局方によるもの, 日本初新誌, 日本蚕業会社の重役, 日本蛙ここをどこ, 日本または海賊, 日本蝋燭を出し, 日本蟻ばやッ, 日本行きの船, 日本行動主義が思想上, 日本衣裳に調和, 日本表日本の区劃, 日本装飾としてはもう, 日本裏面史の大立て者, 日本製ニヒリズムにイカリ, 日本製時計自転車の大量輸出, 日本製油鶴見造船などの使役, 日本製洋書に日本, 日本製絨会社に勤め, 日本製薄紙に細字, 日本製鋼北海道電力といった優良株, 日本製陶がこの, 日本製陶労働組合同盟に対し執拗, 日本製陶史の非常, 日本製靴労働組合の服部重信, 日本西に英国, 日本西インド諸島メキシコセイロンインド南アメリカなどがあり, 日本西教史中の宣教師たち, 日本西日本は全く, 日本要塞内に入る, 日本覆面史の最近, 日本見学をし, 日本見学団を招待, 日本視察団の一行, 日本観光に来た, 日本観光日本を建築, 日本観察が記され, 日本言語学者の誰か, 日本言語解決の足し, 日本記事の中, 日本記録六メートル〇七を出し, 日本訪書志と云, 日本りでなく例, 日本訳名ソヴェト大学生の私生活, 日本訳者とを見比べる, 日本訳聖書に, 日本評論のを入れられなかった, 日本評論日本文学入門へ, 日本評論社版のはあります, 日本よく駄目, 日本詞章と提携, 日本詩人中彼を推し, 日本詩集三冊新しい小説集三冊, 日本のとき, 日本のうまい, 日本誌上で詳細発表, 日本誌壇の近状, 日本語彙に加えたる, 日本説話宝庫を飾る, 日本にと先生出勤, 日本読書家の眼識, 日本調理の風, 日本談話の歓, 日本論客の意見, 日本論派と称すべき, 日本論議が恰も, 日本諸侯の力, 日本諸州の農家, 日本講座のため, 日本警備区域内では北四川路, 日本警備地区の楊樹浦辺, 日本警察国家の日本, 日本警察署が管轄, 日本警視総監の至らざる, 日本議会の輝かしき, 日本讃美の由っ, 日本豊秋津島というお, 日本豊秋津洲を生む, 日本財界の王者的, 日本財閥の巨頭, 日本貨十円といふの, 日本貨四十円である, 日本貨物の積込, 日本貴族的である, 日本資本主義分析に関する名著, 日本資本主義制度の根底, 日本資本主義成立の歴史, 日本資本主義独得のひねくれ, 日本資本主義発達の諸, 日本資本主義発達史講座の業績, 日本資本主義高揚期であった明治末, 日本資産家ノ侵略ガ官憲ト相結ビテ彼等, 日本贔屓なぞに見る如き, 日本赤化主義についてまだ, 日本赤十字の使節, 日本趣味的で興, 日本趣味的デザインを創作, 日本趣味粋な西洋趣味, 日本趣味者の心, 日本車輛製造の原田勘七郎氏, 日本軍一角が崩れる, 日本軍事権力は人民, 日本軍京城の大勝, 日本軍人柴大人の威徳, 日本軍出動の報, 日本軍刀槍を揮っ, 日本軍勢の三倍, 日本軍営の応対, 日本軍国主義とその, 日本軍幹部の祝辞, 日本軍敗退のデマ, 日本軍敬慕の北京人, 日本軍楽隊であった, 日本軍特務機関の嘱託, 日本軍経営の農場, 日本軍自体もこの, 日本軍艦三笠といふ金文字, 日本軍艦数隻が沈没, 日本軍襲撃の報, 日本軍連勝の報, 日本軍遠征をこれ以上, 日本輸出入総額のわずか, 日本輸出総額は英貨, 日本輿地図に題した, 日本辭書とを編, 日本辭書編輯の命, 日本農士学校に見出した, 日本農家にとって有益, 日本農本主義哲学から云っ, 日本農村振興協会へ籍, 日本農民党の四つ, 日本農民組合日本労働総同盟, 日本農民自身の姿, 日本辺りに来た, 日本近代の音楽中, 日本近代劇山脈の高, 日本近代封建制の社会, 日本近代小説や世界, 日本近代探偵小説の鼻祖, 日本近代文化に於, 日本近代社会がその, 日本近代社会生活の飛躍, 日本近代精神のこの, 日本近代美人を見る, 日本近代航海術の鼻祖, 日本近古の怪談小説, 日本近来の批評家, 日本近海最大の漁場, 日本迷所の一つ, 日本追い出しの陰謀, 日本退帆後七月十一日琉球那覇着同, 日本潜入に, 日本通ぶろうとした, 日本週報課題春雨の歌, 日本進出に努力, 日本遊学の心得, 日本遊廓の根元地, 日本運輸の重役, 日本過去の文化, 日本遠征を企てた, 日本選手一同が揃っ, 日本選手権を持っ, 日本避暑地めぐりといふ, 日本避暑地めぐりのやうなことをやってみようと思ふ, 日本りでは, 日本邸宅で私, 日本には凡そ十室, 日本部彙考七に明朝, 日本部支那部安南部と分れ, 日本部隊に於きまし, 日本郵便株式会社のカトリ丸, 日本郵船会社の支店長, 日本郷肴町の小, 日本郷通りの雑誌店, 日本都市特有のもの, 日本酒ビール各種のウイスキー, 日本酒一杯位は美味い, 日本酒三合いた, 日本酒二百円ビール三百円にしろ, 日本酒以外の酔ひ, 日本酒及料理を惠, 日本酒如来である, 日本酒楼六三亭の主人, 日本酒正宗一瓶一円五十銭なりと, 日本酒色を洩し, 日本酒麦酒以外の酒類, 日本酸素会社により帰宅, 日本醜男同盟なんという, 日本醫事新報から天津教古文書, 日本里数の十五里, 日本里程の三百六十里, 日本里長森を出, 日本野生のもの, 日本野生品のタチバナ, 日本金五円をその, 日本金円を近年張長官, 日本金貨に換え, 日本鉄道会社の鉄道事業, 日本鉄道会社大宮工場の如き, 日本鉄道隅田川線荷物列車踏切の南, 日本鉱夫組合にも参加, 日本鉱夫組合本部にも麻生久, 日本鉱業百二十七と書い, 日本銀行券が二倍, 日本銀行総裁になつ, 日本工史稿, 日本のやう, 日本鎖国の堤防, 日本鏡鑑の發達, 日本鑑賞家の北斎, 日本長崎港内にてエス・エス・ジョージ・エルホエリー号, 日本開けて以来, 日本開化の性質, 日本開化小史上古史の如き, 日本開化小史世に出で, 日本開化小史巻の四, 日本開始以來斧斤を入れない, 日本開拓の第, 日本開放はいかなる, 日本開教者フランシスコ・サビエルの遺志, 日本開明史上の一風俗, 日本開港の日, 日本開闢いらい, 日本開闢以來の新, 日本開闢以来未曾有の事, 日本間近になる, 日本関白臣平秀吉誠惶誠恐稽首頓首, 日本闘牛は越後, 日本降伏までの時期, 日本限りの隠れたる, 日本陰陽道特有の廻り神, 日本陶界の精神的無能さ, 日本陶磁界は完璧, 日本陶芸史上ゆゆしき陶芸作家, 日本陶芸史上唯一の芸術家, 日本陸地の成立, 日本陸軍歩兵少佐日野強とあつ, 日本陸軍進撃の活人形, 日本は今, 日本階級戦線上の最も, 日本随市川のかまびすしい, 日本震災記事を読む, 日本靈異記中に聖武天皇, 日本青年たちであった, 日本青年代表の選定, 日本青年党とかいう政党, 日本青年外交協会という, 日本青年学生の模範, 日本青年男女の輝かしい, 日本青年館本来の目的, 日本面積として考え, 日本革命の性質, 日本革命小図書館とでもいうべき, 日本革新の大, 日本の場合, 日本音楽協会教育民主化協議会児童文化協議会日本美術会新俳句人連盟, 日本音楽史では, 日本音楽家とその, 日本音楽文化協会の組織, 日本音楽文化協会日本浪曲協会の独自, 日本音楽論を読まれ, 日本音楽講談その他を聞き, 日本音楽部即大歌所, 日本音樂の改良, 日本領内に亡命, 日本領土内には敵, 日本領土内ニ一律ナル公語ヲ決定シ彼等ガ日本人ト語ルトキノ彼等, 日本領土内ニ居住シ又ハ國民權, 日本領地では二千尺, 日本領樺太における生活, 日本領瓜哇発にて其文左, 日本風デパートに買物, 日本風俗画大成の解説, 日本風呂敷に包んだ, 日本風物人情を描く, 日本風美人画を亡ぼす, 日本飛行何とかという協会, 日本飛行科学研究所の第, 日本食器の内容的, 日本食料品製造元特約代理店トシテ特別安価ニ販売仕候, 日本食物史日本住宅史日本旅行史等及び幾種, 日本飯嫌ひには, 日本館以後のオペラ, 日本首相原敬被刺, 日本馬二匹がつない, 日本駄右衛門家橘の南郷力丸, 日本駄右衞門雲切仁左衞門鼠小僧神道徳次郎曰く某曰く某, 日本剳中には, 日本騎馬隊を, 日本高僧では道元禅師, 日本高円寺の恐るべき, 日本高女の技芸科, 日本高官の取調べ, 日本高山の雪, 日本高麗分目の軍, 日本髮さへひとり, 日本魂社からもまた, 日本鳥学界で編輯, 日本でも去勢, 日本麦酒会社の社長, 日本をやらし, 日本麻雀道のため, 日本麻雀選手權大會の時, 日本KABUKI