青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「期~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

望む~ ~望ん 望ん~ ~朝 朝~ 朝倉~ 朝夕~ 朝廷~ 朝日~ 朝鮮~
期~
~期待 期待~ 期間~ ~木 木~ 木の葉~ 木下~ 木戸~ 木曾~ 木村~

「期~」 3980, 43ppm, 2701位

▼ 期~ (1068, 26.8%)

6 道標 5 もので 4 初期に, 大部分, 政論, 時代事業に

3 [11件] ことで, ものが, やうな, ような, ように, 初めに, 句としては, 思い出に, 研究, 諸作, 音韻

2 [67件] それであり, はうが, ものと, ものに, ものには, ものを, ソヴェトの, ソヴェト劇場の, フロレンスの, ブルジヨアの, ロマン, 不明な, 不覚と, 中層民以下の, 中間に, 事業にも, 二大, 五百年は, 人々は, 人の, 仕事に, 健康である, 健康としてしか, 健康感は, 処では, 到来とともに, 印刷文化は, 多くの, 大事と, 大出発, 大統領には, 如くに, 少女の, 少年時代の, 強制から, 影響を, 後に, 思ひ出, 思想や, 所謂, 政論に, 政論派は, 文学は, 新生の, 方が, 日本の, 時に, 時代事業は, 時代事業を, 時代事業終る, 末に, 末まで, 浮世絵, 物と, 生活が, 生活では, 生活に, 産物である, 終なる, 終に, 終りに, 終りには, 終結たる, 諸仏像, 近づいて, 遺物と, 間は

1 [874件 抜粋] あとを, あひだぢ, あまあましいた, あらわれとしても, あるとき, あろうこと, いたるの, うちには, おつきあい, おり, おりに, お嬢さんとして, きわめて滑稽, こうした回想, ことだった, このよう, この感じ, ごとみとあた, さし昇っ, そういう偏見, それであっ, それに, たれかれの, ついた馬みたい, ところで, ならい石段の, のちに, はじめへ, はじめ頃に, ほかは, ほとんどを, むさぼるよう, もの, ものだけが, ものである, ものなら, ものまた, よろい具足などが, アチャコが, イデオロギイを, クリストフは, スキー登山が, スペクトラ, ソヴェト社会内の, ダヴィデであった, ニホンの, ヒューマニズムとは, ブルジョアジーの, ブルジョア文學は, ブルジョア階級の, ブルジヨアジーは, ブルジヨア階級にと, ブルジヨア階級の, プロレタリア文学活動に, ベーリング海を, マドンナは, 一ころには, 一之の, 一人の, 一典型とは, 一歩一歩は, 一特徴である, 一特色は, 一部を, 三つに, 下から, 下限である, 不安若い, 不況時代にも, 不覚, 不覚にて, 不養生, 世界経済恐慌との, 中ごろまで, 中に, 中頃それも, 中頃の, 久しい前, 乾燥と, 事情である, 事業は, 五倍の, 五年生が, 五百年の, 京大阪の, 人々, 人々に, 人たちは, 人としては, 人は, 人口増加百分比率から, 人生に, 人間である, 今でも, 今度は, 仏画ある, 仏画の, 仕事である, 仕事は, 代表として, 代表的な, 仮名の, 仲間の, 伴侶として, 住居な, 住民は, 体躯では, 何人に, 作の, 作品, 作品であっ, 作品らしい, 作物は, 作者も, 來り, 修行中に, 偉大な, 傑作で, 傑作コンチェルト・グロッソ十二曲の, 傳統が, 僧尼の, 兆が, 先進部分の, 児の, 全体的基準をも, 全鐵製ハンドプレス, 写真には, 処女という, 初に, 初めにな, 初めらしく, 初りです, 初期には, 初等教育で, 初頭あたりを, 別れする, 利益配當を, 前すでに, 前なり, 前の, 前半を, 剣技が, 動乱を, 匂いも, 医書類には, 十分の一であった, 半において, 南部藩の, 印税の, 危機は, 危険と, 危難を, 収穫な, 受難が, 句である, 同じ行事, 名残りと, 吹上試合が, 哲学である, 哲学又, 哲學に, 哲理は, 唯美主義は, 啓蒙と, 啓蒙思想に, 啓蒙書, 噴水バロッコ時代の, 四月は, 国富論派を, 国権論派に, 国権論派中に, 地形では, 地形を, 塑像によって, 境目に, 境目の, 壓迫で, 声で, 壺や, 変態の, 夢を, 大きな女性, 大事に, 大事到来と, 大事死ぬ, 大家簇出の, 大断食, 大芸術家, 大金工, 天候は, 天氣の, 失意煩悶, 失策だった, 失策平常, 奉公だ, 奔放自由が, 女性の, 奴隷制度に, 妖艶なる, 姿をも, 娘を, 子供の, 子供を, 学者が, 学者と, 学者も, 完了を, 完成を, 宗教画は, 宗教畫に, 定まつ, 定期演奏会には, 封建的な, 小唄類の, 屍体投棄の, 山陰道へ, 工事を, 巨き, 巻, 市街である, 師匠の, 幅の, 平均数よりは, 幻影が, 弁護, 弔歌に, 形の, 影が, 彼は, 後における, 後半を, 御本尊, 忌避と, 志賀暁子君を, 思想であった, 思想を, 性質に, 恋その, 恐るべき猛獣, 恒例に, 患者で, 患者である, 患者の, 悦びに, 悲嘆は, 情景の, 愉快な, 意味である, 感情の, 憂悶から, 憧れを, 懺悔聞き, 戀愛さへも, 成立後も, 或る, 戦場として, 戰場で, 所産で, 手術で, 技術を以て, 折であった, 振動を, 政論が, 政論を, 政論時代において, 政論派すなわち, 政論派なりき, 政論派よりも, 政論派を, 政論界に, 教育によ, 散聖, 数ある, 数学, 整理が, 文化が, 文化である, 文化の, 文化を, 文化文政の, 文化文政以後から, 文化面に, 文壇に, 文学活動だけ, 文學の, 文物制度の, 新しい発足, 新気運, 新詩界, 日常の, 日本人の, 日蓮宗の, 日記, 明治文学の, 時人は, 時代は, 時分の, 時間, 時間こそが, 晴着といった, 暗い夜, 曇った空, 最も伝染, 最後と, 最後における, 有り余る覇気, 末における, 末までは, 末を, 末期には, 末頃から, 材料は, 杖と, 来ること, 来る迄は, 栄誉なれ, 校正刷の, 棋界に, 検閲までには, 椰子許りで, 楽界は, 武門の, 死亡を, 死亡率を, 殆ん, 毒野です, 民は, 気分には, 水勢を, 水量減少も, 江戸の, 泰平時代には, 洋画科生である, 洪積世であっ, 活動を, 活溌な, 浮世絵に, 浮沈である, 海へ, 深刻味を, 混乱に, 清盛四十台の, 温泉宿では, 演出として, 漠然とした, 無いの, 無知な, 熱を, 熱狂にも, 爆発的な, 父の, 物で, 物忌みだらう, 物語や, 特徴たる, 特殊現象と, 特色なる, 特質と, 特質を, 犬が, 状態いわば, 状態に, 猟虎の, 現われて, 現われること, 現象だ, 環境から, 璽光様とも, 生き生きした, 生活は, 生産経済計画完成に, 男女は, 男女や, 画家らの, 畸形的文化の, 疫病送りの, 痩せた岩山, 百姓は, 盛衰の, 目前主義を, 眞實は, 知れない旅, 短い主要動, 石器です, 砂地の, 社会が, 社会には, 社会主義的前進の, 神事の, 祭り, 福島警察枢要書類等である, 禿鷹の, 私に, 私の, 穴埋め材料としての, 空に, 空気維新以来ほとほと, 童貞の, 精神, 精神病患者が, 約三年間, 終には, 終りすなわち, 終りだった, 終りとして, 終りの, 終り時分に, 終り頃から, 組で, 経済的政治的及び, 絵巻だの, 絵本を, 絵画を, 絶頂に, 続目, 線を, 美しいこと, 美しい道程, 美女は, 美術の, 義理人情であっ, 者と, 胃袋には, 胴体を, 自分一人取り残された, 自然科学的, 致命な, 興亡欧羅巴にも, 芭蕉の, 芸術が, 芸術を, 芸術家が, 苦しい息, 苦痛は, 荻生徂徠が, 菊五郎吉右衛門という, 蒸, 蔦代の, 蝦蟇が, 製作であった, 覚悟を, 言語風俗習慣を, 記録ものお伽草子, 試験であった, 試驗の, 詩人は, 詩人ウォルテルの, 詫に, 認識として, 読物にと, 諸爬虫, 諸音韻, 謹慎生活禁慾生活と, 議会までも, 議會までも, 議會以來彼は, 谷壁の, 象徴詩も, 豪華時代と, 財宝の, 貴族文化の, 農夫を, 近い事, 近い玉目トキ, 近づくを, 迫つたことを, 迷ひする, 通用語を, 連鎖として, 遊歴中に, 過激民権派と, 遺跡の, 都會生れの, 錦絵的な, 長さ, 長崎時代の, 門の, 開展や, 間本尊と, 関門に, 阿弥陀如来の, 際くらいの, 雄犬, 雑詠を, 雑誌文学中較や, 雨雲が, 震動を, 青少年が, 青年達は, 音韻を, 頃既に, 頼みなる, 願い, 願いという, 風流を, 飢餓生活と, 馬で, 高い価値, 鬱屈を, 鱒が

▼ 期~ (855, 21.5%)

47 なって 36 及んで 23 於て 22 なると 16 入って 15 達して 12 入つて, 臨んでも 10 なっても, 臨んで 8 して, 於ては 7 およんで 6 当って 5 あって, 分けて, 至って 4 入ると, 入るの, 向って, 死亡する, 移るの

3 [11件] ある, あるもの, なっては, 入ったから, 入ったの, 入れば, 入ろうと, 於いて, 至れば, 這入ると, 間に

2 [48件] あった, あっては, あつた, あつて, ありて, あること, あると, あるの, あるほとんど, ある場合, ある時, およんでも, かかって, さしかかって, なつた, なりますと, フランス文化を, 何の, 何を, 入ったもの, 入った日本, 入ってから, 入ってからは, 入つた, 入りつつ, 入る, 入るもの, 分ける事, 分つ, 分つとき, 分れる, 及んでは, 及んでも, 向かって, 向った時, 属して, 当つて, 於ける獣類, 死亡し, 相応する, 至りて, 至るまで, 躍る人間, 近づいた少年, 近づくに, 逆転させ, 這入つて, 達したと

1 [459件] あたって, あたつ, あったし, あっても, あのよう, あまり家を, あり, ありしかも, ありし久保正夫君, ありそして, ありとはい, あり他, あり鎌倉期以後, あるかの, あるとき, あるとは, あるソヴェト同盟, ある事, ある国家, ある少年, ある明子, ある民族, ある町人文化, ある社会, ある自己, ある芝居, あゝいふ, いたって, いたマクシム・ゴーリキイ, いたモネー, いた伸子, いわば, うつらんと, おこる, おためらい, および慈悲, お米, かういふ雰圍氣, かかったの, かかっては, かかる方針, ぐいと飮め, ここから, さうな, さかのぼる物, さらに近い, しちゃあ, しろ彼, すっかりかたく, ずっと近づい, そっちから, そなえて, その枝, ちかづきて, ちょうど世, なお何, なお同, なった, なったから, なったらサナトリアム, なってから, なっての, なつとる, なほ籍を, なりかけて, なりますやう, なり今度, なるの, なるはず, なるまでは, なれば, のぞみ何, のぞんで, のぞんでも, はいったせい, はいったの, はいつて, はいり内, はいり没落, はいり没落期, はいるちょっと, はうが, ひき出された性的混乱, ふるいブルジョア社会, ぶつかるや, もしフェノロサ, もつたやう, よく急激, わが身の, わけたの, わけて, わける, オランダ渡来の, サンショウウオを, フランスで, ブルジョア文学の, 一奮発し, 一度に, 一種の, 一貫目三十三銭で, 一貫目青物組合へ, 一閃光と, 上流から, 世を, 二十人以上の, 五山が, 亥刻, 人口は, 人物が, 人間の, 他ならぬ, 会釈し, 位する者, 位する諸, 作られた銅鑼, 作製された, 俳句精神と, 備えるの, 先だつて, 先んじて, 入ったこと, 入ったその, 入ったのに, 入ったばかりの, 入ったわけ, 入った列国代表者, 入った国, 入った文化, 入った鳥, 入っては, 入つたの, 入つた感, 入つて以来, 入らうと, 入らずして, 入らんと, 入らんとして, 入りたるを, 入りつ, 入りひどい, 入りましょう, 入ります, 入り七, 入り今日, 入り住所, 入り初め, 入り華華しい, 入るとともに, 入るとの, 入ると共に, 入るに, 入るので, 入るべきもの, 入る動揺, 入る時, 入る頃, 入れること, 八十俵も, 出たカリダアサ, 出た鬼才パラセルズス, 刀を, 分けるが, 分ち一月, 分つて, 分とう, 分れて, 別つて, 到来した, 到達した, 到達する, 北米に, 区々な, 區分された, 區別する, 卑劣な, 占めた例外, 及びて, 及びわれ曹, 及び唯, 及び黒, 及ぶと, 収穫あらしめよう, 取材した, 叫ばれたよりは, 合わず, 向いた頃, 向いつつ, 向い封建的農奴制, 向う明治, 向かいつつ, 向った余, 向った為め, 向つた人達ばかり, 向つて, 向はんと, 向ひかける, 問題は, 在りて, 在るの, 在るもの, 地方語の, 外ならない, 外ならぬ, 多くの, 多く見出されるごとき, 大成する, 天涯孤独の, 始まり哲学, 姿を, 存するの, 對し, 小市民的, 小樽へ, 小説の, 属し下剋上, 属し集団性中毒, 属す, 属すること, 属す時代, 屬する, 岐路を, 左翼運動から, 帷を, 幕を, 年長の, 幾らでも, 度々不通, 廢頽し, 引続い, 当たる, 当りその, 当りて, 当るので, 影響を, 彼は, 彼女の, 得た明瞭, 心が, 忿懣の, 怠慢な, 意を, 感興が, 應へ, 成る表画, 我々の, 抒情詩を, 押しやって, 据ゑねばならぬ程, 採った出生, 推し移ろうと, 散財せず, 敵前これを, 文化的な, 文学の, 文芸附録を, 於ける, 於けるかの, 於けるアテナイ貴族, 於けるイタリア, 於けるローマ, 於ける一, 於ける一種, 於ける修養, 於ける啓蒙, 於ける啓蒙哲学, 於ける啓蒙活動, 於ける役割, 於ける恋愛, 於ける情操, 於ける情操教化, 於ける支那人, 於ける文学, 於ける文芸復興, 於ける新, 於ける日本文学, 於ける朱子学, 於ける混沌, 於ける演劇, 於ける環境, 於ける疾病, 於ける科学, 於ける肉筆絵画, 於ける貴族精神, 於ける資本主義, 於ける迷妄, 於ける革命的精神, 於ける高山, 於てさえ, 於ても, 施される初等学校教育, 既に高遠, 日伊協定が, 映つて來, 書いたもの, 書かれたもの, 書かれた平家物語, 最も人口, 最も有力, 有害な, 服し, 服しまするが, 服するの, 朝の, 未練がましいこと, 来たり, 来て, 東久邇宮を, 東京では, 槍が, 樋口一葉が, 樺太の, 死亡が, 死亡した, 殆ど出世という, 殺すべき者, 比べて, 江戸の, 沢山の, 渡つたもの, 無数の, 父の, 特有な, 猶予などを, 現はれ, 現れる一部分, 現在が, 生きた作家, 生きるを, 生まれしかも, 生まれたらもっと, 生れあわせて, 生れたあ, 生れたため, 生涯し, 病の, 病を, 発した芸術, 盛った日本, 目の, 相当する, 相当するだろう, 確立した, 社会主義医者という, 移ってから, 移りかけようと, 移りかける年ごろ, 移りたるは, 移る年ごろ, 移る肉体上, 移ろうと, 移ろうとして, 突然手荒く, 精霊を, 素人芝居が, 経済的実力を, 経験し, 編入せられた, 耽読した, 聖い, 職を, 育つた人間, 肺尖を, 背きて, 胚胎せられた, 臨みいかに, 臨み礼, 臨めり, 臨んでの, 自滅を, 至っては, 至っても, 至つては, 至つて人名索引を, 至つて屡, 至つて還す, 至り自由論派, 至るこそ, 至るべし, 至るまでの, 至る古典劇, 至る迄, 至れども, 芝居の, 葉が, 葉月二十六日曙近き, 著しい恋愛, 著しく確立, 薄って, 薨去した, 蜃気楼の, 行われました迷信, 行われ来った, 西欧の, 西洋から, 見苦しい死, 語りもの, 語る人, 買ひ集めた, 起こったと, 起こる現象, 起る, 起るの, 辞世有り, 近いて, 近い妹, 近い物, 近く右肺の, 近づいたらしい, 近づいた女たち, 近づいて, 近づき出して, 近づくにつれて, 迫って, 迫りて, 這入ったと, 這入ったよう, 這入って, 這入つたお前, 這入るだろうと, 造られたもの, 進歩的な, 遅るる, 遅れた真田勢, 道義的情熱を, 達したばかり, 達したばかりの, 達したもの, 達したるもの, 達した二三年来, 達した人間, 達した作家, 達した時, 達した若者, 達してからは, 達しても, 達しません, 達しよう, 達し待たれた本望, 達し技術, 達するの, 達する人間, 達する以前, 達する時, 達する男子, 達せん, 達せんので, 違わんこと, 遭遇し, 遭遇した, 遭遇せる, 遷る, 間に合うよう, 際した時代, 際会する, 際會した, 面して, 頭を, 體驗した, 魔術を

▼ 期~ (298, 7.5%)

4 前に 3 問ふ, 問へども, 経て

2 [17件] 代表する, 入れて, 問ひ, 境として, 得たるなり, 控へて, 現出し, 現出した, 示すもの, 終へて, 経験した, 脱しよう, 見て, 謀って, 費やしたる, 越え江戸文化, 過ぎて

1 [251件] あやまりたれば, こうした悲しみ, この新都府, さして, した様, して, すぎたばかりの, すごしその, すごしたの, すごしたので, すでに地上, そこに, それとも自覚, たのしみに, つくりヨーロツパ, つくり出しつつ, とびこして, とるの, どのよう, なした時代, ぬけようと, ねらって, はずして, はずすな, はりに, ひかえた鮭, ひきついだ僧家, ひたすらに, ふりかへ, ほかならぬ, まえに, また大地, まつて, もって, もつ島々, もはや, ゆるめて, フランス, 一す, 一備と, 一日位は, 世盛りとして, 中世末と, 乗り越えて, 了つた, 二つの, 今さら彼, 休息と, 凶作に, 出したという, 出たばかりに, 出たばかりの, 出てからの, 出でない, 切り抜けるん, 列記し, 利する処, 利用し, 劃さず, 劃した, 劃したもの, 劃すること, 劃する境界線, 加減すれ, 勤めたが, 勾当の, 十分の一か, 合して, 合わせて, 含むを以て, 呈したん, 告げる為, 周防の, 問わざるなし, 問わず欣弥, 土方さん老年の, 報らせ, 変えて, 外さず人, 外しては, 失えば, 失して, 失ひて, 失へば, 失わず事, 失わんより, 始終し, 定めざるさき, 定めたる大詔, 実直に, 寸時も, 導く上, 展き, 延ばしたの, 彷徨する, 待たずに, 待たれたい, 待ちぬ, 待ち暮らし待ち明かし, 待つと, 後に, 得ざるまま, 得て, 得るに, 徹底的に, 心で, 思召す, 愆たず, 愆らず, 意味し, 愚図, 愛するの, 懐に, 我家で, 承認し, 持ちしなり, 振り返つて, 捕えインテリゲンツィア, 控え相場, 救う推移, 早めさせた人々, 早めたつや, 早めたり, 明らかに, 暗い心, 暗示する, 書いた, 書いたの, 条件と, 東京と, 條件と, 棄てる惱, 此の, 武者修行し, 歩んで, 決定する, 消耗させず, 清新に, 清算し, 無事に, 現す追, 現在勤め, 生きつつ, 生きのびる子供, 生残し, 生活した, 申し上げた, 画しあの, 画したという, 画して, 画し融合, 畏れる風習, 異にする, 発見しよう, 眺めて, 知らず更に, 知りの, 知りのがれざる期, 知り遅き, 知るという, 知る一流直通, 示した, 示したこの, 示して, 示す, 立てて, 細かくする, 終ったとき, 終って, 終つてその, 終つて将に, 終へ, 終らうとして, 終るの, 終わった僕, 終わらせら, 終わらんと, 経たインテリゲンチャ, 経愈, 經て, 經愈々, 纔かに, 義経の, 脱しかけて, 脱し俄然, 脱殻した, 脱皮し得た, 著者が, 葬ります, 衝き抜けなければ, 見せて, 見たこと, 見るため, 記念し, 誤ま, 誤らざるの, 誤らないよう, 誤り旧臘, 読んだの, 論じるべきでは, 豐後, 賢く暮し, 起す榮養, 超えて, 越えて, 越した太閤, 越した女, 跨ぐには, 迎えた勤労階級, 迎えた日本, 迎えて, 迎えても, 迎え余みずから物, 迎送する, 迫られて, 迫るに, 送ったこの, 送つたから, 送りたまたま, 通じ室町没落, 通じ更に, 通り越すと, 速める事, 造りたいと, 進んだ, 逸しては, 遊蕩に, 過ぎたり, 過ぎた未婚, 過ぎてまでも, 過ぎ八重桜, 過ごしたスコットランド地方, 過ごして, 過ごしました, 過ごすこと, 過したエディンバラ, 過した土地, 過した家, 過して, 過しでは, 過し今なほ在郷軍人, 過すの, 違えずして, 違えずペルリ, 選び安定, 閲し尽しても, 降るもの, 限界と, 除いては, 離れて, 頻繁に

▼ 期~ (141, 3.5%)

2 君と, 日本に, 病状が

1 [135件] あるまい, あるまいと, いうまでも, およそ男女, こういう現象, このくらい, このよう, これで, こんな譯, ございますまい, すぐはじまつ, すでに去, すでに終り, その後ち, そんな時代, だから復興期, つねに私, どうします, どの課目, ないであろう, ないと, なかなか時間, なかろう, まことに短かっ, まず旧, まだ現れず, まだ遠い, もはや週期, カラ駄目だ, ギリシア, ソフィストから, ブルジョア独裁が, ヨーロッパでは, ヨーロッパ諸国の, ラッセルと, 一七六〇年に, 一九四五年八月十五日から, 一八一六年より, 一六九〇年に, 一六二〇年に, 一年二ヶ月に, 一月問答を, 一般に, 七月中旬から, 三好党の, 三年で, 下の, 乾隆の, 二十五歳と, 享保以前で, 享保以後から, 今までの, 住所を, 何れも, 何日だ, 依然として過渡期, 六月開校と, 凡そ十二時間である, 出生当時の, 到頭差押, 刻まれたる部分, 前後二段に, 北魏の, 十七世紀特に, 十六七歳から, 即ち世界, 唯一乗教の, 唯三乗教の, 嗣二の, 四月だ, 地方によって, 夏道を, 外来文化輸入の, 夙に過ぎた, 夜なり, 大丈夫だろう, 大体一ヵ月を, 大出発, 天平弘仁の, 奈良朝を, 常にこの, 当然来る, 後世の, 悪い谷, 想ふ, 成るべく速, 新時代, 既に歌舞伎劇, 明治の, 明治二十三年から, 明治以来木曾山の, 星を, 星雲期に, 晴天冬期は, 未だ冬, 梢重い, 極度に, 正確には, 母への, 永いもの, 江戸初期から, 無限の, 獅子舞が, 田園で, 眠いもの, 短かつ, 確定し, 第二期九箇年, 等しく三年, 細かくならね, 終った, 美人の, 自然に, 航海術が, 芸者美が, 若しあつ, 英帝国の, 蓋し第, 藩閥に, 藩閥に対する, 見通しが, 観測する, 講演を, 貴族の, 軌道に, 近づいて, 近づきぬ, 迫つた, 退校に, 通信簿を, 那珂通世氏の, 郷里からの, 陸羽線敷設の, 雪の, 2箇年位で

▼ 期~ (131, 3.3%)

3 迫って 2 ある, きて, ないとは, 早いのに, 来た, 来ると, 近づいたため, 遂に無い

1 [112件] あったこと, あって, あとで, ありその間利子率, あり漫然と, あるか, あること, あると, あるまい, ある元, ある日子賎, いよいよ迫っ, きた, ここに, すぎると, すべての, せまったと, そうだった, そのがらくた, その絶頂, ちょうど歳, つづきます, どうの, ないらしく見えた, なかった, なにを, はじまって, また名状, もうあと一ヶ月, もう粉微塵, もつとも祝祭日氣分, やってきた, われわれの, 丁亥の, 七月中旬から, 中断される, 二十二年憲法発布とともに, 五六日後に, 今こそ, 出現した, 切れるまで, 初まり, 単に偶然的, 去って, 参りました, 各人の, 同じくなつ, 回って, 土地慣れない, 地代の, 埋もれて, 失われたの, 如何に, 始まって, 始まつた, 始まつた時, 始りかけ, 安政五年秋から, 宗教文化と, 定められる, 実証し, 尽きました, 心臓, 日本列島の, 早いといった, 明治の, 春と, 晩成である, 来たが, 来たという, 来たの, 来た世界文学全集, 来て, 来り今日, 来る, 来るという, 満ちて, 満つる, 満つれ, 無いとは, 熟さない芝居, 熟したと, 熟したので, 特にその, 盛唐即ち, 目覚めかける頃, 短い, 短くて, 糜爛期に, 約十一年, 終って, 終つても, 自然に, 至るとも, 著しく長いこと, 親の, 近づいた, 近づいた時, 近づいて, 近づき出すと, 近づくと, 迫つて来る, 送られて, 進歩の, 進行し, 逼った, 遅くなる, 過ぎて, 過ぎるの, 遠く過ぎ去った, 長かった, 長く反

▼ 期~ (116, 2.9%)

4 なって 3 すれば, なっては 2 す, する, なっても, なると, 中年期と, 云ふ, 晩年との, 為す可

1 [90件] いい九月, いい五月, いうが, いうならば, いうべきもの, いえ淫行, いった, いわれた過去, しこの間, したい, したいと, したならば, して, し大いに, し平安朝, し江戸時代, するなら当時, するの, するを, する季節的変化, せり, その急速, その時期, なしたが, なすべし, なった時, なる, なること, なるであろうと, まあ斯, 一致し, 乱行ぶりを, 二度は, 云って, 云つて十三月一年であります, 云われた王朝時代, 五月中旬の, 今日の, 仮称する, 前進期とによって, 創作時代に, 半分解けた, 反対な, 収穫期と, 同じだった, 同一である, 同時に来た, 同様の, 名ける, 名づける, 名づける學者, 名づけ第, 味の, 呼んでを, 変革期との, 天正十三年の, 夫に, 定むると, 定めそれ, 実の, 密接な, 弥生式期の, 後批判期とを, 我が, 時を, 歩調を, 歴史的な, 為る我楽, 爲す, 生理状態が, 申しますと, 相關, 破壊期, 老年期と, 考えられる時期, 考ふ, 見なして, 見る, 見るべきであらう, 見るべきもの, 見做, 見天武紀の, 覚えたり, 言いも, 言ふも, 誓って, 連関した, 長さ, 青年期の, 食物との

▼ 期には~ (98, 2.5%)

3 いって 2 それは, 頭の

1 [91件] あなた方は, いやぼく, いると, いるとか, いるので, えんどう, かうした発想, かつぽ, この星, この貯水池, これこれの, こんな洒落, すでに家業, すでに道路, その例, その頃, それを, たいていそうした, ただ食わせ, ともかくそれ以上, どうしても徴兵, なお現存, なかなかやり手, なるほど, ほととぎすが, ほとんど水, まだまだ絶望, まだ義仲寺, よく家, イギリス文壇の, キッカリ, スコットランドの, 一つの, 一部の, 三日月形に, 之が, 互いに俗事, 仕方の, 他の, 何てえ, 何の, 免れ難い, 出生を, 出生一二結婚者八すなわち, 出生二四結婚者一六すなわち, 各地を, 和算家が, 國文學が, 多く玉子, 多少の, 大宰大弐, 天平時代末期の, 夫妻とも, 奴隷に, 奴隷の, 專ら漢文學が, 對外關係の, 山の, 幾分か, 強烈な, 当然起る, 往々あり, 復興機運の, 必ず自分, 既に氓びて, 日本の, 早いよう, 早くから一般的, 松花堂の, 激流が, 猛烈である, 生活の, 男らしくない, 男女公民の, 相当の, 約二百万人, 純益の, 結婚の, 絶対トーキー反対の, 絶無と, 罪の, 耕地に, 至極粗暴, 良い辞書, 葛木山に, 薬師信仰は, 蟻の, 貧民を, 軍事的にも, 限らず今日, 験方の

▼ 期~ (78, 2.0%)

2 すべり面, な疫病, な疾病流行季, な精神錯乱, に変化, に精神錯乱

1 [66件] あるいは非, では, と呼ばるべき, ないし擬週期的曲線, ないし非, な不快, な凸凹, な同心環, な囘起, な暑, な構造, な気象学的, な波, な波動, な消長角逐, な状態, な現象, な縞, な繰返し, な芸術家, な蓋然率, な観念, な雪解け, な雰囲気, にあたためられる, にこの, にこれ, にさういふ, にし, になる, にやって来る, に一秒, に与えられね, に争闘, に交代, に囘帰, に引っぱっ, に彼, に循環, に断続, に時, に普通, に村, に来る, に来臨, に此土, に現れる, に異, に神言, に繰り返し, に虎, に複雑, に襲, のまたは, の仏, の割れ目, の変化, の摩擦運動, の来訪時, の死, の現象, の異同, の痙攣, の皺, の社会支配, の運動

▼ 期から~ (65, 1.6%)

6 青年期に, 青年期へ 2 江戸初期にかけては, 青年期を

1 [49件] いうと, いえば, ただ一人の, みて, ドイツ国語で, ミケルマス期までの, 三三年にかけて, 三期の, 三期への, 之を, 今日の, 壮年時代などに, 壮年期に, 壮年期にかけて, 壮年期へ, 壯年時代などに, 大人へ, 大正時代に, 妙に, 少女期から, 少年期の, 崩壊期に, 徳川時代へと, 成長し, 招待されたる, 既に病気, 明治の, 明治維新後の, 晩年と, 晩年期だつた, 晩年期にかけても, 次の, 江戸初期に, 流行した, 現在までの, 発して, 真に美, 第二期, 美人の, 老年期に, 著しくな, 電気吹き込み, 青年へ, 青年期にかけて, 青年期にかけては, 青年期の, 青年期二十歳前後までの, 青春期まで, 非常に

▼ 期~ (62, 1.6%)

12 あつた 2 あつて, は福

1 [46件] あらう, あらうが, いは, いわば日本内地, これは, してな, すべての, それからは, なしに, はもはや, は人間, は知情意, ひとまず筆を, みし, カリダーサなどが, ダーだ, 一種の, 三声ぐらい, 交互に, 会計係は, 再び回春, 助郷, 動かしながら, 又姑, 四十フランにしか, 広い畳, 弟の, 振り子の, 数々の, 新生活準備期, 未だ第, 次々に, 止った, 気温が, 水の, 江戸にも, 決するやう, 現われると, 編輯は, 繰返されて, 脚の, 著しい満員車, 著しくなった, 蒙古, 術語も, 連續的に

▼ 期~ (43, 1.1%)

2 すぎて

1 [41件] あったが, あったの, あり老期, いずれは, おしまいに, せまって, ないの, なかった, なく去つたの, まだひどく, みなそうだが, ようやく終わり, ミーシャと, 亦大した, 別にぱっとした, 去らんと, 同様であっ, 四期も, 大層長い, 大體同時, 峠を, 悦二郎も, 文久二年春まで, 既に今明日, 有る理, 末に, 殘り, 無配當を, 独自の, 終つたらしい, 終つて千恵は, 終りに, 終わったの, 続いて, 迫って, 迫りたるに, 迫るや, 過ぎて, 過ぎ余病, 過して, 長いこと

▼ 期~ (42, 1.1%)

4 になる 3 である 2 に於

1 [33件] おくれたるため, が二月, が来た, が終る, が近, であった, であつ, でもあった, でもなけれ, で人, となろう, なり, において海上, にはまだ, には恵まれた, に書きたい, に消え残った, に雨天, のうつりかわり, のころ, の二週間, の十月, の忍苦, の忙し, はすがすがしい, は済んだでございませう, は短く, を, をほこり, をもっ, を定め, を皆, 即ちサムソン

▼ 期における~ (35, 0.9%)

3 音韻の 2 若干の

1 [30件] これら実験の, ごときハ行音, ロマンティシズムの, 人口の, 人口増加は, 作品の, 傑作品の, 出生の, 出生数も, 和算家の, 国民士気昂揚の, 国語の, 大出発, 如くに, 幕府の, 平田や, 彼の, 文学と, 日本画の, 時代的影響も, 最も勇敢, 最も活動的, 死亡以上に, 民権論派を, 洋學傳統の, 生活の, 産物将来の, 羅馬の, 羅馬市街の, 音韻変遷の

▼ 期~ (35, 0.9%)

2 がある, が現われる, の決定要素

1 [29件] ある刊行物, があっ, が内在, が生じ, が重要, そういういろいろ, とを必要, とリズム, と云, と編集性, なおまた人間常住, なるもの, につきる, によってたとえ, に依存, に反応, に因っ, に関する説明, に関係, のある, の縞状, は交通, をもっ, をもって排列, を支配, を有, を決定, を示す, 即ち結合

▼ 期せずし~ (28, 0.7%)

2 て一致

1 [26件] て, てあの, てかれ, てこれ, てこれら, てどうも, てはなし, てひとつ, てみな, て一種, て一鼓, て二人, て伝六, て來會, て呼吸, て奔流, て幼友達同士, て彼等, て我等, て沸く, て深夜, て炉辺, て申し立てた, て皆, て相応, て私

▼ 期において~ (25, 0.6%)

1 [25件] いのち以上の, ことに, このよう, ほ, ウェトリヤンカ郡を, ソヴェトの, 一方には, 一般から, 保守派とまでに, 入声, 哲學は, 城を, 大きな見のがし, 実用の, 心外です, 新たに, 日本の, 死亡以上に, 生じた音変化, 発祥の, 益々大衆, 素晴らしい進歩, 絵画が, 自由論派の, 開花した

▼ 期として~ (21, 0.5%)

2 理解し

1 [19件] いわゆる, この星, さらに大, 二三この, 多分市電, 大きく回りかけ, 所有する, 持って, 新撰組は, 桔梗の, 機械論は, 消長する, 考えられるの, 考へても, 考へられるの, 腹構えを, 行われたと, 規則正しく週期的, 述べる

▼ 期~ (18, 0.5%)

2 ということ

1 [16件] からそり, からですまし, から仕方, から危ない, から卵巣, けれど当時, つた, つたとも, とか戰國期, として自覚, と云う, と思います, と思ひます, ね, のが, のと

▼ 期~ (16, 0.4%)

3 かけて, かけての 1 かけ上杉家, はいって, 入ったばかりの, 入って, 入る不安, 向いたころ, 向いてからは, 移りかける年頃, 移る頃, 近づいて

▼ 期~ (16, 0.4%)

2 少年時代を

1 [14件] あの江戸時代, ただの, 二期の, 又は大きな, 大晦日の, 平安朝にも, 振幅を, 源平時代の, 産婦なんぞに, 老躯の, 衰弱の, 退潮期を, 須磨明石などは, 頽廃期の

▼ 期以後~ (14, 0.4%)

1 [14件] からはヘブライ的キリスト教的, であろう, で古く, の人, の反動時代, の婦人, の幾つ, の戦乱, の戰亂, の短歌, の神道, はむしろ, は全く, を詳しく

▼ 期にも~ (13, 0.3%)

2 あつた

1 [11件] あったが, それと, ともかく一つ本当, なかつた筈, また晩年, まだ生き, まだ白, 國守としての, 少年期にも, 彼は, 第一次欧州大戦後

▼ 期である~ (12, 0.3%)

1 [12件] からと見, がすべて, がその, が第, こんに, という事, といふ意味, に相違, 徳川時代な, 戦国時代に, 甲斐の, 而し

▼ 期では~ (12, 0.3%)

4 ない 1 あるが, これに, ないかと, なくむしろ, ほんとに婦人, 吉原や, 祭文と, 酢加減が

▼ 期という~ (12, 0.3%)

2 ものが 1 ことは, のが, のは, ものも, 一つの, 全体的特色を, 年代が, 文明や, 観念も, 近世の

▼ 期への~ (12, 0.3%)

1 [12件] あいだに, 入口に, 峠として, 想いに, 新入者は, 時代で, 時代であった, 橋を, 準備である, 衰亡期への, 転換を, 遺伝的な

▼ 期まで~ (12, 0.3%)

1 [12件] ここに, で奈良朝, ふたたび, 出て, 勤めあげた神人, 有つて十期, 維持し, 育つ子供, 船賃だけは, 行はれた, 金魚屋に, 高時の

▼ 期~ (12, 0.3%)

3 たまって 1 と一緒, になる, の一年分, の借り, の税金額, は税務署, もたまっ, も借り, を払っ

▼ 期とも~ (11, 0.3%)

4 いえる 1 いうべき最も, いえるし, いふべき玄宗, いへる我が, 云ふべき, 名づくべき, 称せられる重要

▼ 期においては~ (11, 0.3%)

1 [11件] これは, そのよう, その感覚的刺激, 主題は, 出生の, 哲学を, 本来の, 涙も, 経営者の, 絶對に, 語頭音として

▼ 期を通じて~ (10, 0.3%)

1 その子音, よく通った, チェホフが, 人並みの, 四百人の, 国民的討論の, 変遷の, 植えつけられた, 江戸初期に, 精神形成の

▼ 期~ (10, 0.3%)

1 そのまま陳列, だから, には出生, には死亡率, に列ねたる, に多く, に姙娠, に完成, のどの, の状態

▼ 期であった~ (9, 0.2%)

1 かも知れない, かを思う, が三四年, その時代, ために, ばかりでなく, 明治末及び, 藤原時代後半の, 頃の

▼ 期以来~ (9, 0.2%)

1 しきりに重ねられ, なかっただろう, に於ける, に長足, の寄席修業者, の海族, の皇族公卿たち, の神経衰弱, の道徳

▼ 期~ (8, 0.2%)

2 しても 1 したこと, するなり, にし, に酬いん, は開展, よりし

▼ 期独身期~ (8, 0.2%)

7 に死亡 1 の死亡

▼ 期でも~ (7, 0.2%)

1 あった, あったため, あったの, ありましたなあ, あり粗食, また以後, 何種族に

▼ 期といふ~ (7, 0.2%)

1 ことは, ふうに, ものの, ものは, 一群の, 事に, 名称は

▼ 期的変化~ (7, 0.2%)

1 が第, として現われる, となり, の, のある, の生成, の説明

▼ 期なき~ (6, 0.2%)

1 ものと, を, をよろこぶ, 恨なる, 滑稽の, 盈つる期あらぬあめつち

▼ 期より~ (6, 0.2%)

1 その晩年, 前の, 少いこと, 既に存在, 第四期, 起る

▼ 期以下~ (6, 0.2%)

2 の人口 1 である時, で死亡, の多数, の形

▼ 期~ (6, 0.2%)

1 の婚礼そこのけ, の少年, の特色, の現代, の餅製法, まで木挽機械

▼ 期~ (6, 0.2%)

2 はその, を訪ね 1 がいつも, の手

▼ 期的啓蒙~ (6, 0.2%)

1 から或, の例, の哲学組織, の有っ, は先ず, を意味

▼ 期~ (6, 0.2%)

2 二期の 1 二期は, 二期を通じて, 二期当時に, 四期成層岩から

▼ 期運動~ (6, 0.2%)

2 として内容 1 における主事, の場合, の条件, はむろん

▼ 期からの~ (5, 0.1%)

1 ことを, 事で, 傴僂には, 変則な, 素行に

▼ 期だけ~ (5, 0.1%)

1 たい網に, でない, では, で其の, 早かった

▼ 期であり~ (5, 0.1%)

1 そしてその, その意味, 人類及び, 日本ファシズムの, 親分子分兄貴との

▼ 期なる~ (5, 0.1%)

1 ことを, この季節, ものが, 者が, 部分との

▼ 期にな~ (5, 0.1%)

1 つたのである, つてから, つての, つて本朝文粹といふ, つて硬貨の

▼ 期よりも~ (5, 0.1%)

1 さらに不明瞭, むしろ第, 少し遲, 更に不明瞭, 頭脳の

▼ 期を以て~ (5, 0.1%)

2 失敗の 1 各地を, 時代の, 繰返されるの

▼ 期以前~ (5, 0.1%)

1 に暴行, の古, の女, の状態, の雄大

▼ 期~ (5, 0.1%)

1 したもの, するに, するの, する事, する方法

▼ 期未満~ (5, 0.1%)

3 の人口 1 のもの, の大きな

▼ 期的現象~ (5, 0.1%)

1 である, で珍しい, としての生, として介在, の群

▼ 期としての~ (4, 0.1%)

1 天平時代の, 明治初年の, 生々しさ, 福沢の

▼ 期なし~ (4, 0.1%)

1 と思わるる, と悟り, と雖, に種々

▼ 期にかけて~ (4, 0.1%)

1 おもは, 住居が, 強く少年期, 関西の

▼ 期前後~ (4, 0.1%)

1 の女流作家, の婦人, の悲哀, の東京生活

▼ 期~ (4, 0.1%)

2 にし 1 ならずして, を要する

▼ 期だった~ (3, 0.1%)

1 がこの, と大声, わけです

▼ 期であっ~ (3, 0.1%)

1 ていわゆる, てアイルランド其他, てイングランド

▼ 期との~ (3, 0.1%)

1 ために, 時期に, 甚だ相

▼ 期などの~ (3, 0.1%)

1 ように, 單調に, 支配者や

▼ 期にあたって~ (3, 0.1%)

1 人たるの, 士族屯田兵は, 殿の

▼ 期にまで~ (3, 0.1%)

1 さかのぼって, 持ち越せるの, 進んで

▼ 期に際し~ (3, 0.1%)

2 皇上特に 1 歸國の

▼ 期までは~ (3, 0.1%)

1 とにかくも, まだ外国式, 岐阜の

▼ 期~ (3, 0.1%)

1 しが, たまひ, てす

▼ 期~ (3, 0.1%)

1 五輪塔ニ関スル知識今宮神社, 名稱中, 腐屍ノミ

▼ 期以上~ (3, 0.1%)

1 の人々, の人口, まで生存

▼ 期以降~ (3, 0.1%)

1 のもの, の多く, の治乱興亡

▼ 期半期~ (3, 0.1%)

3 の奉公人

▼ 期壮年期老年期~ (3, 0.1%)

1 とまあ, の三つ, を通じて人並み

▼ 期政論~ (3, 0.1%)

1 の名称, の啓端, より第

▼ 期時代~ (3, 0.1%)

1 にあたる, の人々, の英主ハムムラビ王

▼ 期~ (3, 0.1%)

1 にも知られ, に起つ, の文禄年間

▼ 期的窮乏~ (3, 0.1%)

3 の常住

▼ 期老年期~ (3, 0.1%)

1 とまあ, の三つ, を通じて人並み

▼ 期~ (3, 0.1%)

2 の尊長 1 の者

▼ 期計画~ (3, 0.1%)

1 としては雑誌, に着々, の日

▼ 期青年期~ (3, 0.1%)

1 にいわば, にはそれ, を通じて植えつけられた

▼ 期あたり~ (2, 0.1%)

1 の古人, の放

▼ 期あり~ (2, 0.1%)

1 といひし, 第一期

▼ 期ある~ (2, 0.1%)

1 か, ものと

▼ 期あるいは~ (2, 0.1%)

1 擬似的週期の, 老いらくの

▼ 期あるべし~ (2, 0.1%)

1 その節, とも覚えざりし

▼ 期~ (2, 0.1%)

1 主人に, 言つたお

▼ 期こそ~ (2, 0.1%)

1 幸か, 資本主義の

▼ 期せね~ (2, 0.1%)

2 ばならなかった

▼ 期その~ (2, 0.1%)

1 前後に, 桑も

▼ 期だけで~ (2, 0.1%)

1 消滅し, 独立し

▼ 期でした~ (2, 0.1%)

1 からそう, からそれ

▼ 期でない~ (2, 0.1%)

1 けれどその, に拘らず

▼ 期とか~ (2, 0.1%)

1 収穫期とかの, 第三期

▼ 期とともに~ (2, 0.1%)

1 ゼニバコに, 全く地

▼ 期においても~ (2, 0.1%)

1 小学校四年の, 数奇なる

▼ 期におけるだけの~ (2, 0.1%)

2 名人名工は

▼ 期にかけての~ (2, 0.1%)

1 ごく短い, 新しい型

▼ 期にかけても~ (2, 0.1%)

1 なお雪村, 武藏の

▼ 期については~ (2, 0.1%)

1 成文法も, 殆ん

▼ 期にでも~ (2, 0.1%)

1 なると, 入ったの

▼ 期に対して~ (2, 0.1%)

1 完全な, 殆ど絶望を

▼ 期に対する~ (2, 0.1%)

1 われわれの, 感覚限界の

▼ 期に際して~ (2, 0.1%)

1 思想界が, 挙世の

▼ 期のみ~ (2, 0.1%)

1 では, ならずわが

▼ 期までの~ (2, 0.1%)

1 日本の, 間に

▼ 期もしくは~ (2, 0.1%)

2 壮年期に

▼ 期らしい~ (2, 0.1%)

1 すがた, 楽天性と

▼ 期をは~ (2, 0.1%)

1 づしちやあならんぞ, づしてはまたとわたしの生涯に

▼ 期プロレツト・カルト~ (2, 0.1%)

1 の目標, の目的

▼ 期二十五年間~ (2, 0.1%)

2 の大

▼ 期~ (2, 0.1%)

1 のよう, をなす

▼ 期十巻~ (2, 0.1%)

1 でちょうど, を機

▼ 期及び~ (2, 0.1%)

1 スキー期以外に, 終期は

▼ 期及第十六期~ (2, 0.1%)

1 の議会, の議會

▼ 期~ (2, 0.1%)

1 十五年の, 樣な思ひ

▼ 期~ (2, 0.1%)

1 するに, するの

▼ 期地租附加税~ (2, 0.1%)

2 の未納督促状

▼ 期地震計~ (2, 0.1%)

1 が入用, と名づける

▼ 期封建制~ (2, 0.1%)

1 によって著しく, ほど特色

▼ 期少年期~ (2, 0.1%)

1 で決する, を通じて精神形成

▼ 期工事~ (2, 0.1%)

1 が完成, として延坪

▼ 期当時~ (2, 0.1%)

1 にあった, に完成

▼ 期成熟期~ (2, 0.1%)

1 から晩年, はまことに

▼ 期~ (2, 0.1%)

1 はここ, は風前

▼ 期~ (2, 0.1%)

1 を畢, 看遍

▼ 期現象~ (2, 0.1%)

1 としてモラル論, に他

▼ 期的合理主義~ (2, 0.1%)

1 のモットー, はドイツ

▼ 期的曲線~ (2, 0.1%)

1 は必ずしも, は音

▼ 期的運動~ (2, 0.1%)

1 だけである, の位相

▼ 期知らぬ~ (2, 0.1%)

1 涙を, 長夜の

▼ 期社會主義運動~ (2, 0.1%)

1 は不思議, は衰頽

▼ 期至り~ (2, 0.1%)

1 て身, 我心は

▼ 期議会~ (2, 0.1%)

1 は甚だ, を解散

▼ 期遠き~ (2, 0.1%)

2 にあらざるべし

▼1* [296件]

らんも, 期あらずと云, 期あらぬあめつちに在り, 期あらねばたま, 期あるべきを信ずる, 期いたりて初めて, 期いのちの目ざめ, 期いまだ到らざる証, 期おくれたるを怨ませ, 期および妊娠期等には, 期それ以前の, 期かけよと颯ッ, 期かけ合せても一期ニンシン, 期からずつと療養所で, 期さなかの唐, 期しるものゆゑ, 期すぎて失っ, 期せざりしと語れる, 期せざる渦流に, 期せし花の, 期せずに書かれました, 期ぞと問う, 期たる日露戦争直前に, 期だけに限って, 期だけのことであっ, 期だけをこの山間城下, 期だつたので爺さん, 期だろうというの, 期ってのは, 期であったらしく店先に, 期でありまして貴族, 期でさえももう今, 期ですからし, 期でなくなるんです, 期でのことであった, 期とかで客が, 期とかに入ったやや, 期とかの農繁期に, 期としては最大きな, 期としても良いが, 期とでも名くべきで, 期とに分け第, 期とによってこの点, 期とは美人の, 期とばかりに手足を, 期ともいへ過渡期, 期とを分つの, 期のかも, 期なかりしなり, 期なく祇だ, 期などと言われる天明, 期などは一日に, 期ならば支離滅裂的, 期ならねば哀し, 期なるべしと覚悟, 期なれば當時, 期なんていふもの, 期においてのみ訪問し, 期においてほど華々しい諸, 期にかけ全盛の, 期にかけては三日おきぐらゐにくるその發作に, 期にこそ世の中の, 期にさえ達して, 期にたいする覚悟や, 期について最大きな, 期にて毎日快晴一片の, 期にわたって抱いて, 期に対し特に好ましく, 期に当たって当時の, 期に関しては反対の, 期に関する研究の, 期ぶっとおし, 期へわたつて, 期ほど風にも, 期までという意味に, 期までも保存せられた, 期までをつらぬき迂餘曲折, 期やら暗黒の, 期らしく護謨は, 期りおかしし美夜受比賣, 期り定めて東, 期をもって交代する, 期ををへて, 期を通じての五山の, 期シテ敢テ一身ヲ以テ利害, 期シ朝鮮人ニ日本人ト同一ナル參政權ヲ得, 期シ死ヲ以テ, 期シ洵ニ此学必須ノ偉, 期殺スベキモノ, 期ハ武士ト人民トノ人格的覺醒ニヨリテ各ソノ君主タル將軍, 期ハ藤原氏ヨリ平氏ノ過渡期ニ至ル專制君主國時代ナリ, 期フランスの思想, 期一九三二年後半から一九三四年三月頃, 期一九三四年後半より今日, 期一九二八年初めから一九三二年三月頃, 期一九二六年後半から同, 期一代の腕, 期一會にち, 期一節期を愚図, 期一見於二百里外豈意其人既亡, 期一連のもの, 期一週間を市内, 期七月ごろの鮎, 期三ヶ月の博覧会, 期三期の患者, 期三百年の封建性, 期の一部, 期不思議に還元的色彩, 期不明の休校, 期不規則生活による訓練, 期中年期の恋, 期中毒者で些, 期乃至は明治初期, 期九箇年の後, 期二十七年間は本, 期二十歳前後までの間, 期二十歳頃から書き出しまし, 期五月十日も明らか, 期人物に共通, 期仏像のよう, 期以來到る處, 期以來二百餘年昌造時代ももちろん, 期以外に如何なる, 期以後二十世紀まで続い, 期以後伊太利唯一の天才, 期以後急速に行なわれた, 期以来彼女が見聞, 期以来日本の民主主義, 期建築期本, 期仮舎期仮建築期, 期休んだりし, 期にめぐまされ, 期とも言うべき, 期優等の卒業生, 期八年間の任期中碌, 期公演は第, 期六百萬圓也と胸, 期出獄となりたる, 期到れるを覺, 期到来して, 期成り名, 期十字架の苦, 期十月に切っ, 期半季の奉公人, 期卒業の記念, 期ゆきあ, 期参覲交代の廃止, 期哲学に於, 期四年の人, 期壮年から老年, 期壮年期に殆ど出世, 期外収縮ガ長ク続イテドウシテモ止マラナイデ, 期恐慌大, 期大衆小説さては久良伎剣花坊, 期天草の前後, 期夭折した天才漫画家小川治平, 期失うべからずと即ち, 期始業式の席上, 期之門, 期されたる米沢, 期封建制下の家族制度, 期少年から青年, 期少年少女期青年処女期壮年期老年期とまあ, 期山脈をふみ越え, 期岸田であるから, 期市街の真, 期帝国主義の矛盾, 期年のうちに成就, 期幼児期少年少女期青年処女期壮年期老年期とまあ, 期建築に至っ, 期建設計画に属する, 期弾性波に対してどう, 期は年, 期を原子構造, 期に潜在, 期後期の小説家, 期徐々に輕き, 期命相願候, 期性感官や運動機関, 期性雑音を聴取, 期感傷的な心持, 期感情が強く, 期成層岩から成り立っ, 期ひは, 期所謂ゆきあひ, 期手紙を遣る, 期政論派の特色, 期文學史などは幾ら, 期既に尠く, 期日本にはじめて, 期日本社會主義の代表者, 期かるべし, 期が第, 期や刈, 期曲線はともかく, 期更年期と大別, 期最初の大儒, 期最高の霊像, 期最高潮期と云っ, 期月七年の期月十三年, 期月三十三年の期月, 期月三年の期月七年, 期月二十五年の期月三十三年, 期月十三年の期月二十五年, 期月毎に祭礼, 期未だ終らざるに, 期建築期である, 期劇史, 期に少し, 期江城梅落鳥鳴時, 期江戸時代以後らしい, 期決定因子の研究, 期混亂によつて, 期満ちて, 期準備期として考へ, 期滿たねど, 期滿つること一年後, 期漁獲が八月, 期無くして, 期無けんこれ水狐族の, 期熟してその, 期特有の病気, 期渺渺, 期生前首重聚, 期病後恢復期および妊娠期等, 期登山の隆盛, 期的不安定の現象, 期的交代の観察, 期的伝染病に襲われ, 期的円筒形渦流である, 期的刊行物を意味, 期的反転の現象, 期的反響によつて構成, 期的噴泉に著しい, 期的妨げなくし, 期的季節的循環のほか, 期的形像中の最も, 期的循環がそれ, 期的排列を生じ, 期的時間間隔はと言え, 期的東洋封建文化と西欧, 期的械機論を, 期的機械論を, 期的疫病の中間期, 期的疾病に襲われる, 期的痙攣をはじめる, 期的発作が十秒, 期的相対運動をし, 期的紋形なども最も, 期的衝撃に堪えない, 期的襲来とそれ, 期直前に製作, 期矣同社諸彦賦感秋詩述思旧之情, 期祇憑魂夢接親和近來欲, 期祭りには邪気退散, 期禪家の僧, 期以前に, 期程の梅毒, 期重き身體的精神的勞作, 期には殊に, 期等々の段階, 期節外れの蛍, 期精神の諸, 期終って熊本, 期終りまで籾俵, 期絶對臥蓐は之, 期を漢字, 期羅馬人を祖先, 期羅馬法王インノセント三世は非常, 期美術は奈良あたり, 期羽織期の後, 期自由主義はブルジョアジー, 期色相世界現狂癡, 期若しくは蠶あがり, 期西洋活字文化の花, 期親尊長主婚者, 期許焉先生時猶在, 期試驗が近づい, 期議会以後公は伊藤侯, 期議會を解散, 期議會以後公は伊藤侯, 期貧民法移民その他類似の性質, 期にあり, 期近き松花江見ゆ, 期近くなってから, 期遅れの方, 期遠からず幸, 期遠くは上世, 期重い勞働に, 期鎌倉期に入, 期開港を幕府, 期隅田川筋の物資集散, 期青年から壮年, 期青年処女期壮年期老年期とまあ, 期まで我が, 期鮮緑の海