青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「朝日~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

望み~ ~望む 望む~ ~望ん 望ん~ ~朝 朝~ 朝倉~ 朝夕~ 朝廷~
朝日~
朝鮮~ 期~ ~期待 期待~ 期間~ ~木 木~ 木の葉~ 木下~ 木戸~

「朝日~」 1452, 16ppm, 7187位

▼ 朝日~ (398, 27.4%)

41 光が 23 光を 15 光の 13 光りが 9 光に, 光りを 7 影が 5 射して, 煙を 4 中に, 光は 3 すが, 光と, 光りの, 光りは, 照るまで, 通信員として

2 [17件] さすころ, なかから, なかで, 光, 光との, 光対岸の, 前の, 原稿を, 昇るの, 月おくれ, 直刺す, 直射を, 袋を, 記者が, 誌上で, 豊さか, 透きて

1 [211件] あたつてる, あたらない横町, あたるを, あたる窓, いさましきは, いっぱいに, いろにと, うえで, うつれる, かがやいた雄大, かげか, かげは, かげを, かげ昇るが, きらきらする, ことだろう, ごとく, ささない内, ささない頃, さした植込み, さして, さしてる座敷, さしてる時, さし入る, さし込む, さすの, さす對岸, さす往来, さす部落, その号, だ, でしょう, なかに, なかを, のぼるごとき感じ, のぼる姿, のぼる様に, はなやかに, ひかりすが, ひかりに, ひかりを, もあり, ものと, カンカン照, マークの, 三竿に, 下で, 下に, 下を, 二山が, 人々と, 仕事し, 仕事も, 企てに, 企ては, 会が, 位置から, 佐々木氏等僕は, 僚友は, 光だけが, 光だった, 光では, 光りに, 光り爽, 光俄に, 光秋の, 光線は, 光輝く, 出た頃, 出づると共に, 出ると, 出る前, 出る迄には, 出版局内では, 分では, 前, 前あたり, 前で, 前に, 力を, 包紙の, 升る, 半井君と, 口付煙草の, 同じ紙面, 吸口を, 吸殻を, 喫い, 國の, 國際電話で, 土屋君独逸の, 夕刊に, 夕刊小説を, 夕刊面に, 多少に, 大道鍋平君などとともに, 天声人語子は, 如くに, 如く笑ましげに, 如く綺麗, 学芸部長ころ, 射した庭, 射しに, 射し込む方, 射し込んだやう, 射し込んで, 射すであろう白, 射す庭, 山家かな, 広告部の, 底から, 座談会, 座談会は, 強く当る, 当って, 影の, 影は, 待遇には, 御勢, 御陽光, 忠実なる, 手記より, 投書欄では, 投書欄へ, 揚がるころ, 支局の, 支局を, 支社の, 文芸欄などは, 文芸欄に, 新映, 方は, 方も, 方を, 日曜附録に, 旧社員, 昇るところ, 昇るよりも, 昇る時, 昇る準備, 明るみで, 映った道路, 映るさま, 時には, 時岡さんが, 晴れやかに, 本尊, 杉村楚人冠君が, 杉村楚人冠氏だった, 条が, 棋院大, 注文一枚報知の, 流れてる晴々, 港西の, 湖に, 濡れて, 灰の, 灰を, 煙の, 照ってる爽, 照りて, 照り栄える時, 照り渡る, 照り輝く國, 照り返, 照るうつくしく心地よし, 照るを, 特派員で, 疑って, 社員である, 社員は, 社旗を, 竹内さんペンリントン夫人その他主催の, 紙上で, 紙上に, 紙巻タバコの, 素粒子毎日の, 組じゃった, 綜合展に, 編輯局で, 編集部へ, 編集長の, 編集長先ほど, 縞の, 縞を, 老人が, 脚どり, 色の, 葉ぼたんのか, 袋と, 裏の, 角田様も, 記事を, 記事一讀の, 記者で, 記者に, 記者名誉ある, 記者来り, 誌上では, 講堂で, 讀者欄で, 軍艦旗を, 這いよる障子, 這ひよる, 連峰に, 金光を, 金光線が, 鉄箒欄で, 長篇小説の, 阿闍梨という, 黄色っぽい

▼ 朝日~ (248, 17.1%)

12 さし込んで 9 さして 5 射して 4 一ぱいに 3 出て, 昇ると, 東の

2 [19件] あたって, うらうらと, さしこんで, さしてゐる, さして來, さすと, のぼりかけようと, よくさし, キラキラと, キラキラ輝い, 下の, 出ましたので, 出ると, 射し込んで, 山の端を, 差して, 差し込んで, 最初の, 窓から

1 [171件] あかあかとの, あたたかくてっ, あたたかく百舌鳥, あたり出して, いっぱいさしてる, いっぱいに, いまだあけ放たぬ, いろいろお世話, うつくしく照っ, うらの, かがやきそめて, かんかん差し込ん, きらきら射し, きらめいた, けむだしの, こ, この春あたり, これから燃えよう, さした, さしてとてもきれい, さしてゐ, さしてゐます, さして居た, さして居る, さして木々, さして来る, さし初める, さし込みました, さし込み段々建て, さし込み障子, さし込む, さすたんび, さすはず, さす頃, さっと差し, しばらく東向き, すでに長け, その朝, その横顔, それ等の, たけて, だいぶ昇る, だんだん高く, ちらちら水影, てり出すと, にぶく射し, のっかりと, のぼったばかり, のぼりかけむこうの, のぼる頃, ひむが, ぼんやりした, ぽかぽか照りつけた, まっすぐに, まともに, まぶしく机, まんべんなく冬宮前, もう余程さし登っ, ようよう高い, キラ, キラキラし, キラキラ照る, ジジの, 一ぱい寢床の, 一杯に, 一面に, 上って, 上ると, 二つなら, 今その, 俺の, 入荷する, 八十七部毎日が, 出か, 出る, 出懸けて, 出掛かつて, 切り抜いて, 刺青の, 前の, 北の, 反射した, 天井窓から, 室へ, 寒い山, 寒さ, 射し込みも, 射し込み獣, 射し込むと, 射し込む十分, 射すあたり, 射すの, 射す時, 射せば, 屋根の, 山の上から, 山巓に, 巌壁に, 川の, 差し入っ, 差し込む様, 差込みます, 座敷の, 庭に, 強く差し込む, 当って, 彼自らが, 戸の, 拜めない, 日向灘から, 早くさし込む, 昇って, 昇つたのである, 昇つて初春らしい, 昇りはじめて, 昇るには, 昇る頃, 昇れば, 明るくさし込みます, 明るく普請場, 映って, 晴れやかに, 暖かく十月下旬, 暖くさしてる, 木の葉をと, 東山の, 桃色に, 森を, 母屋の, 汽車の, 波を, 渺々たる, 湖面に, 煌々と, 照った, 照って, 照りつけた時, 照りゃこそ, 照りわびしい, 照り栄えて, 照れば, 燃えるよう, 燦々と, 登つ, 登るとともに, 白み初めた, 白銀の, 目に, 石像の, 私には, 私の, 第一番, 縁側一杯に, 美しく野, 若葉に, 茶の間の, 融けて, 街路に, 見事に, 覗いて, 谷間の, 赤い大鳥居, 踊る, 車窓の, 輝き出すの, 門の, 陽だ, 障子に, 静かに, 高く上, 麗かに

▼ 朝日~ (144, 9.9%)

6 輝いて 4 照らされて 3 向こうて

2 [11件] うつる影, きらきらと, 匂ふ, 向かって, 干して, 桔梗の, 火を, 當れ, 輝かして, 長い影, 霜の

1 [109件] あからんで, あなたの, うつり出したの, かがやいて, かがやかして, かがやきて, かがやく, かがやく冬, かぎろい, かざして, きゆる峯, きら, きらきら光っ, きらつくに, きらつく色, きらめく山々, すかされたの, すかしつつ, それは, ちがいない, とける葉末, とける霜, ひかる刃物, ひかる翼, ふかぶかと, むこうて, わが, キラキラし, 九輪が, 光って, 光らせて, 光る小石, 光る山々, 出された記事, 出たの, 出づ, 出て, 匂ひ, 匂ふさま, 収録され, 向って, 向つて祈念, 向ひ, 咲くの, 四五回書い, 射し映え複眼, 小指の, 小説を, 影を, 批評を, 押し込まれて, 映えた薄, 映え微粒子, 映じて, 映ずるいろ誠に, 映ゆる, 映る寝乱れた浮世絵, 暑気が, 暖められて, 曝されて, 書いたが, 書いたの, 書かれた能評, 枯れぬ, 正面から, 洗われて, 消える星, 照され, 照し, 照らされるセント, 照らされ雲, 照りそ, 照りそう, 照り耀いた, 番匠谷英一が, 発表した, 絡って, 美しい色, 美しい顏, 美しく輝い, 翔ける雪融, 花つけ, 菫色の, 葵が, 蒼白く不気味, 融けかけた路傍, 見る, 見るべ, 解ける霜, 評が, 谷川徹三氏の, 載り出したの, 輝いた剣銃, 輝かしながら, 輝く山, 透けた霧, 逢った淡雪, 逢った霜, 逢ふ, 連載された, 連載した, 連載中で, 連載中の, 連載小説を, 雀鳴く, 面した時, 面丁を, 鶴を, 鶴田子の浦の

▼ 朝日~ (143, 9.8%)

21 受けて 12 浴びて 8 うけて 5 反射し 3 一本飲む 2 いっぱいに, まともに, 見た事, 運転手達に

1 [86件] あたら馬蹄, あびて, あびながら, あふぎ, いれる, うけた満開, うけては, うけ軽ら, うまそう, おがんだ, おがんで, くれ給, くれ給え, さまして, ふかしながら, ふかし始めた, まぶしそう, やめて, プカリプカリと, 一つくれ, 一つ一つうけ, 一つ隠しに, 一ぱいに, 一本出し, 一本吸った, 一本吸付け, 一杯背中, 一面に, 二つくれ, 二つ保吉へ, 五つ求める, 享けて, 代表し, 仰いで, 入れて, 出さずに, 反映さする, 反映し, 取り出して, 受けたその, 受けたので, 受けたトタン, 受けた上野, 受けた小, 受けた山, 受けた街角, 受けた頂上, 受けてるきり, 受けねど, 口に, 含んだ金色, 吸い吸い嗄れた響, 吸い吸い私, 吸はずに, 啣えた, 好む, 引切りなしに, 待ちわびつ, 拝し, 拝した, 拝むといふ, 拝むまでに, 拝もうという, 捜して, 捨てて, 映しもてあたり, 求めたこと, 洗ふ, 浴びた木深い, 浴びてるアカシヤ, 浴びるあたり, 爽やかに, 眺めに, 破壊する, 礼拝する, 縦に, 背に, 背負った一つ, 見た, 買い今朝, 買って, 遮って, 避けながら, 部屋いつ, 静に, 顔いつ

▼ 朝日~ (44, 3.0%)

1 [44件] あったかい, いよいよ鮮明, かくて, きらきらと, そのうらら, そのじじむさい, びつくらして東の, まだ出, まだ山, まばゆく海上, みち亘つて, やっぱり偉い, よく照る, カソリック教徒である, ビールの, 今ようやく, 奴国の, 射して, 山本松月氏, 彼らの, 御所の, 探幽, 新らしい, 既に東, 日本の, 昇った, 春の, 昼の, 暖い, 東に, 柘榴の, 流れの, 浅いな, 海を, 滑かな, 照れど, 玻璃の, 私の, 稀有な, 谷, 輝く浮世, 隈なく, 露に, 青く

▼ 朝日~ (43, 3.0%)

3 の頂上 2 の頂上附近

1 [38件] から小沢岳, から東南, から牛ヶ岳, から笠ヶ岳, から蒼い, ではなかっ, でも尚, という, といふ, とが共に, とであった, との中間, との間, と呼ぶ, と呼ん, と脈, にあてはまる, には雪, に有峰, に連, に遠く, のよう, の北, の名, の外, の山襞, の方, の肩越し, の西北, の雪, は他, は所謂, よりも笠ヶ岳, をそれ, を出立, を奥仙丈, を探った, 及び北肩

▼ 朝日ビル~ (26, 1.8%)

5 の地下 4 の前 3 のアラスカ 2 の講堂

1 [12件] から, で新刊二冊, のすし, の千疋屋, の喫茶, の本み, の本屋, のABC家族会, は冷房, へ, 暑い, 迄

▼ 朝日~ (22, 1.5%)

3 を出 2 に漂着, は遠く

1 [15件] と刻ん, に上陸, に元, に苦め, の占領, の名, の月, の海, の海岸, の生活中, は此家, へ漂流, も蒼渺, を去, を離れ

▼ 朝日会館~ (21, 1.4%)

3 の読者大会 2

1 [16件] で, で恒例, で朝日新聞, で私たち, と並ん, などまるで, において同日午後一時半, における読者大会, の愛読者大会, の映画, へ, へチャップリン, へ明日昼顔, へ行く, や公会堂, を描く

▼ 朝日夕日~ (16, 1.1%)

2 に輝い, の押し

1 [12件] が土蔵, が斟酌, が映る, が美しい, にまっか, に映え, の当らぬ, の行衛さ, は一万三千五百五回, は美しく, を受, を受ける

▼ 朝日~ (15, 1.0%)

2 うどんの, 一緒に

1 [11件] その葬式, バツトそれも, 中央と, 併合と, 同じやう, 書いたり, 書いて, 東京日日とを, 金いろ, 風と, 鶴

▼ 朝日~ (10, 0.7%)

2 の夫婦 1 って屋号, ではそれ, で飲む, という大きな, といふの, の, は堀一橋, へ知らせ

▼ 朝日~ (10, 0.7%)

2 が斜め 1 ありがたし, がさし込ん, さして, さす桜, に情, に踊らせ, に蹄, を望み見る

▼ 朝日~ (9, 0.6%)

1 そろそろ暑く, ま向き, やっぱりこんなに大きい, 夕日も, 当らぬ部屋, 時事も, 毎日も, 知らずおく霜, 霞むまで

▼ 朝日ビル地下~ (9, 0.6%)

4 の天ぷら 2 の天ぷら屋 1 でま, で女房, へ天ぷら

▼ 朝日権現~ (9, 0.6%)

1 とあらわれる, のあらたか, のお, の利益, の御利益, の御前, の御来光, はすなわち, は万物

▼ 朝日講堂~ (9, 0.6%)

2 へ, へかけつけ 1 であの, で神近さん, へ又, へ国民芸術観賞, へ西村

▼ 朝日~ (8, 0.6%)

2 夕日に 1 その他返事を, 夕日で, 敷島を, 日々の, 読売の, 雀とともに

▼ 朝日さす~ (7, 0.5%)

1 なり, はこ, 光を, 枝は, 藐姑射の, 軒の, 軒端の

▼ 朝日~ (7, 0.5%)

1 まわって, よって, 出るまで, 向って, 手を, 投げだして, 行きました岡部齋氏

▼ 朝日~ (7, 0.5%)

1 でした中将姫, との間, に一座, の喜劇, の楽屋裏, の角, を中心

▼ 朝日~ (6, 0.4%)

1 とけた白雪, 云ってること, 既報された, 月一回の, 溶けて, 溶ける

▼ 朝日評論~ (6, 0.4%)

6

▼ 朝日~ (6, 0.4%)

1 で模範, で藤山アトラクション, と云う, の組合員, へ売却, へ帰る

▼ 朝日劇場~ (5, 0.3%)

1 ての, に出掛け, へ出かけ, へ出掛けた, へ行き

▼ 朝日紙上~ (5, 0.3%)

2 に小説宮本武蔵 1 で矢代幸雄氏, に小説, に発表

▼ 朝日~ (4, 0.3%)

2 夕日に 1 みのり刻, 夕日かを

▼ 朝日から~ (4, 0.3%)

2 邦枝完二氏の 1 タイトルで, 露西亜へ

▼ 朝日という~ (4, 0.3%)

2 ことに 1 少年が, 店で

▼ 朝日にに~ (4, 0.3%)

2 ほふ山ざくら花 1 ほふ, ほふ山櫻花

▼ 朝日には~ (4, 0.3%)

1 つねに縁遠く, 宮津電話として, 淡路島を, 附録が

▼ 朝日~ (4, 0.3%)

1 に梅津家, に移り住ん, の飯盛神社, を所領

▼ 朝日照る~ (4, 0.3%)

2 まで天 1 に至る, 佐太の

▼ 朝日~ (4, 0.3%)

1 などがある, の詮衡, を受, を受けた

▼ 朝日~ (4, 0.3%)

1 で客, の主人, の敬吉, の間

▼ 朝日輝く~ (4, 0.3%)

2 印度洋 1 山の端を, 日の

▼ 朝日とか~ (3, 0.2%)

1 まるで凧, 敷島とかいう, 照日とかね

▼ 朝日グラフ~ (3, 0.2%)

1 で街頭, にいろいろ, は私

▼ 朝日タクシイ~ (3, 0.2%)

2 の若旦那 1 にも電話

▼ 朝日主催~ (3, 0.2%)

1 の中京, の同地, の自由大学講師

▼ 朝日~ (3, 0.2%)

2 がくっきり 1 のほとり

▼ 朝日誌上~ (3, 0.2%)

1 での連載, で募集, の杉本氏

▼ 朝日がよ~ (2, 0.1%)

2 かつた

▼ 朝日さし~ (2, 0.1%)

1 けり, 来る椎

▼ 朝日さし夕日~ (2, 0.1%)

1 てりそ, 照りそ

▼ 朝日その他~ (2, 0.1%)

1 の新聞, の有名

▼ 朝日~ (2, 0.1%)

1 が, とか日日

▼ 朝日では~ (2, 0.1%)

1 ない, なく今日

▼ 朝日でも~ (2, 0.1%)

1 さして來, ちょっと書いた

▼ 朝日まぶしい~ (2, 0.1%)

1 花きる, 餅を

▼ 朝日クラブ~ (2, 0.1%)

1 でけい古, の会

▼ 朝日~ (2, 0.1%)

1 といふ船, の御佩刀

▼ 朝日影窓~ (2, 0.1%)

1 に差, に眩き

▼ 朝日撮影所~ (2, 0.1%)

1 の門, の門前

▼ 朝日支局~ (2, 0.1%)

1 の北野君, の大山為嗣さん

▼ 朝日支社~ (2, 0.1%)

2

▼ 朝日文芸欄~ (2, 0.1%)

1 が出来る, もそれら

▼ 朝日明神~ (2, 0.1%)

2 の社

▼ 朝日権現様~ (2, 0.1%)

1 はつまり, まで人

▼ 朝日理髪店~ (2, 0.1%)

1 と書かれ, の勝手口

▼ 朝日記者~ (2, 0.1%)

1 は, は予

▼ 朝日週刊~ (2, 0.1%)

1 のため, の瀬良文蔵

▼ 朝日~ (2, 0.1%)

1 かに輝き, とも詠じ

▼1* [119件]

朝日かがよう海, 朝日かげにほへる, 朝日かげおのづから, 朝日かげ玉だれの小, 朝日きらめきて蜘蛛, 朝日こちらが大, 朝日この数日ない, 朝日さしこむ火燵かな, 朝日さし來る椎, 朝日さし照りあはれなり鶏, 朝日さすすめら御國, 朝日しか来ません, 朝日その他月曜は二頁きり, 朝日だつたかの懸賞, 朝日やない, 朝日てる佐太の岡, 朝日であるか夕日, 朝日とを買って, 朝日とをかはる, 朝日と共に明瞭に, 朝日どのと申す, 朝日なす目細毛夕日なす浦細毛, 朝日などはもう吸わず, 朝日なりバットなりを, 朝日なるかも, 朝日にでも掲載させ, 朝日によって私の, 朝日のみあかるく, 朝日への毎回の, 朝日まちとりて竈馬, 朝日まぶしう枯山, 朝日まぶしく組み合つてゐる, 朝日やゆふ日, 朝日ふ日, 朝日よりも美味いか, 朝日をという具合に, 朝日をよこが, 朝日ニュース劇場へ漫画, 朝日ビイルはありません, 朝日ビル一階の千疋屋, 朝日ビル内の映画, 朝日ヶ岳といふなり, 朝日ヶ峰にかくれ, 朝日ヶ嶽大鷲ヶ峰, 朝日一本いた, 朝日一袋一切合財で一円四十銭, 朝日三笠敷島厳島その他主なる戦艦, 朝日丸屋の小夜衣花魁, 朝日九州支社より帰朝最初, 朝日二十五週年記念にあまれた, 朝日会館入りもろくに, 朝日住宅その他方々の普請, 朝日八月十二日号の塩谷氏, 朝日出づる頃よりし, 朝日出版局の諸兄, 朝日初めて出る時好き幃帳内, 朝日匂う大空に, 朝日十万円で社, 朝日につれられ, 朝日地下の天ぷら, 朝日奈川でも鮎, 朝日将軍の墓, 朝日岳以北の諸山, 朝日岳兎岳牛ヶ岳八海山中の岳, 朝日岳連峰がつらなり, 朝日岳金峰山等合せて, 朝日島紀念塔設立の顛末, 朝日など言う, 朝日川原の夕涼, 朝日差すところ朝雲高くそ, 朝日年鑑は昭和十四年版, 朝日年鑑この間も見, 朝日座あたりでは座頭格, 朝日式輪轉機とかめ, 朝日影石仏は坐しぬ, 朝日所載の井師, 朝日敷島の先祖, 朝日文化賞が讃える, 朝日文化賞規定により表彰候也, 朝日文芸とは自然対立, 朝日文藝欄ができた, 朝日文藝欄抔があつ, 朝日日曜毎日はすぐ, 朝日昇りたる東の, 朝日昇る時, 朝日明神様であると, 朝日映画のラッキーストライク, 朝日映画子のいわゆる, 朝日暑ければにや障子, 朝日村柿屋喜左衛門祖父物語一名朝日物語に云う, 朝日来らず他すっかり, 朝日橋三原橋木挽橋出雲橋等の下, 朝日との間, 朝日の番台, 朝日潰えて出で立て, 朝日照り炊煙棚引き親子, 朝日物語に云う, 朝日理髪店一家は北田辺, 朝日発表後に大岡山書店, 朝日白馬鑓奥不帰唐松岳に至る, 朝日のごとき, 朝日社員となっ, 朝日社長村山も終に, 朝日へ週一回, 朝日終了後亀島さんまで通知状, 朝日編集部であらゆる, 朝日へる雲, 朝日花やかに玻璃窓, 朝日蓮自ら法華経を読誦, 朝日薬局というの, 朝日薬局さんですね, 朝日融渓師の吉田絃二郎随筆剽窃問題, 朝日西部本社の, 朝日覚めると明け放った, 朝日賞受領者の一人, 朝日長者の屋敷跡, 朝日闌けて起き, 朝日雪倉の諸山, 朝日などもつ