青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「既に~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

旅人~ ~旅行 旅行~ ~旅館 旅館~ 族~ ~旗 旗~ 旗本~ ~既に
既に~
~日 日~ ~日々 日々~ ~日光 日光~ 日向~ 日常~ 日曜~ ~日本

「既に~」 10298, 107ppm, 1012位

▼ 既にその~ (242, 2.3%)

5 頃から 4 時から 3 時は

2 [14件] ことを, ような, 一年前に, 土地を, 存在を, 方の, 日の, 時に, 木は, 本来の, 案内人が, 破片しか, 腹案も, 頃の

1 [202件] あたりに, お手本が, こと自身が, ころ故郷から, つもりで, なかに, ひとりの, もう一方, やうな, ように, わづら, エトリの, クリークを, セリが, ハルカマン氏の, プルウスト論の, 一二に, 一歩を, 三四年前から, 三年前から, 不備な, 不都合の, 中に, 主人が, 主義をも, 主要な, 乞食から, 事が, 事に, 事は, 事を, 事実が, 二個を, 亡父の, 人の, 人は, 人を, 仕事をを, 仲間入りを, 位置に, 余地なき, 作品の, 作物には, 信を, 傍に, 先代からの, 光を, 八分通りを, 内容と共に, 内部の, 出発点を, 利爪は, 前を, 前南宋の, 前年なる, 前年に, 前年の, 前年より, 前年一度医者より, 劇しい, 劇しい戦ひ, 劇団の, 力を, 効を, 勢い衰え, 半ばは, 半ば取りこぼたれ, 南端に, 可能は, 可能を, 名が, 名は, 名を, 四所に, 地に, 域を, 報を, 声が, 声名を, 壺の, 多くの, 大意を, 大方は, 大欠点, 奇怪な, 奇遇に, 姿に, 娘への, 実を, 実物が, 家に, 家にて, 家風が, 屋に, 山上の, 床の, 弟ジュウルと共に, 弾力を, 当時に, 影薄く, 徳川氏の, 心の, 心を, 心像に, 必要は, 怨みを, 恋が, 悪い事, 意の, 感の, 憲法によって, 成り立ちから, 数百人にも, 文壇の, 方から, 方へ, 時が, 時すらも, 時には, 時にも, 時も, 時代を, 時代俳諧は, 時分から, 時分には, 時彼の, 時心底から, 時手に, 時明日の, 時期に, 曙光を, 最終の, 有様は, 根が, 根拠を, 格鬪の, 極意を, 極致を, 構想は, 様な, 樹は, 機運と, 正覚を, 歴史は, 活力を, 準備を, 父が, 獸, 疑ひを, 病が, 病根の, 症状を, 痛手を, 白い小さな, 眸の, 社會の, 種は, 笑顔を, 第一戦, 第三回, 筋へ, 箇人の, 精神が, 精神の, 組織も, 結果に, 結果を, 絶頂を, 緒について, 縁が, 美麗繊細な, 群集の, 背は, 能力を, 舞台全体の, 船体を, 芽生を, 茎の, 行燈に, 行程の, 袋を, 裾野の, 見合いの, 言はんと, 言葉が, 論文に, 身の, 造らる, 遙かの, 鋒芒を, 限界を, 霞の, 非を, 頃からの, 頃は, 頃より, 頃他所へ, 頭は, 顔を, 食卓の, 高品の, 髣髴をも

▼ 既に~ (155, 1.5%)

4 て彼, て閣下 3 てこの, て我 2 てわれ, て人々, て侯, て保, て我等, て日, て榛軒, て私, て露清特約, て黒き

1 [121件] つつある, て, てくみ, てくれた, てしもうた, てわたくし, てわれ等, てダンテ自ら, てフエデリゴ, て一, て一つ, て一斎, て一行, て三人, て三島神社, て三年越, て上, て両, て乾隆中四庫全書提要, て予貌, て二, て井上条約案出づるや, て井上條, て京都, て亮, て人, て人気者, て今井四郎兼平敗残, て以爲, て伊東氏, て伊沢分家, て佛, て信吉, て僕, て先生出発, て公, て其養子, て冒頭, て剃り, て南方, て又, て君, て商業, て堪えられぬ, て場内アナウンス, て夕刻, て多く, て夜行太等, て大, て太平志, て太祖崩, て夫人, て奇景, て奔, て女王, て妻, て婢, て子, て完成, て家, て家業, て導かれ, て山勢俄, て岡本氏, て川手氏, て巨鐘水, て希臘古文學, て平滑, て幾勢, て後人, て慶安四年, て挙場, て文壇的, て暮色蒼然, て更に, て更衣, て朝風徐ろ, て朱鷺色, て松川, て松田氏, て梅子, て梵鐘, て次年癸亥, て正弘, て正教, て此年, て汝, て法皇, て波上, て海保漁村, て消極的, て清休, て準, て燈火凄味, て猶子, て玄機, て甲斐国裡, て真夜中, て矢島周禎, て碧波, て磐, て空氣, て罪, て群集, て自ら, て舟, て薩摩平野, て蘭軒, て詩集, て詩集後編, て身, て車輪, て輦, て近く, て遅, て遙, て闇市場, て雲大空, て雲霧四塞, て風雨, をらしい

▼ 既にこの~ (123, 1.2%)

3 時に 2 ことを, ように, 事実に, 時は, 語を, 頃から, 鳥が

1 [106件] ことからが, ひとも, 一作によ, 一座で, 世の中に, 主張を, 事あり, 事は, 事望みたる, 二つの, 二三年前から, 二句の, 五日制を, 人格化の, 仕事は, 作品の, 作者自身も, 価格の, 信仰の, 僕の, 元気が, 前の, 動物園の, 北の, 単調から, 危険に, 収容所でも, 名は, 名称だけを, 名稱, 問題に関する, 国に, 土地に, 土地には, 土地の, 地を, 場の, 変動ある, 大威力, 女との, 委員に, 学士会館に, 尊敬すべき, 小動物, 層の, 川一帯の, 布教の, 常人の, 平野でも, 弱点あれ, 意味に, 戦ひには, 数年の, 数年来の, 文化の, 文字が, 方面専門の, 時には, 時より, 時世界の, 時分から, 時弁天松代は, 時抜い, 曲に, 書物で, 未練が, 業を, 業績の, 機械作用の, 歌を, 民族生活そのものによって, 気概あり, 法門に, 淤泥もて, 点に, 熱望を, 状態に, 献身的な, 現實, 男は, 瘧に, 真理が, 研究の, 神と, 秘密な, 種の, 篇の, 結婚の, 老僕が, 老成国は, 良き書, 著者は, 蒸気機関を, 蓄音機に, 言あり, 言葉は, 説あった, 越女詞にも, 通りだ, 道を, 金が, 關門を, 霊性を, 頃では, 頃は, 頃より

▼ 既に述べた~ (86, 0.8%)

10 ように, 通りである 8 ところである 4 とおりである, 女の, 如くに 3 やうに, 通りだ 2 がその, 所である, 通りであります

1 [34件] がそれ, が先生, が其時, が国際的, が巻末, が日本, が而, ことも, とおりそこにおいては, とおりそれほど, とおり手荒な, ところから, ところでも, ところの, とほり, やうな, ような, よう何処へも, スミスセイの, 一つの, 事である, 例の, 大きな四角い, 建築は, 所と, 所の, 様に, 理由により, 福地桜痴小野湖山の, 諸事実, 通りであっ, 通り中でも, 通り契沖阿闍梨や, 通り歌舞妓踊り時代の

▼ 既に~ (67, 0.7%)

7 は私 2 の作つたアレ, の枕元, の気持, は自分

1 [52件] がマルクス主義文学, が何, が受けた, が持っ, が最後, が眼, が見貫い, が証明, と同じ, においてはこの, については不思議, にとっては香馥郁, にはおいしく, にはさっき, には一つ, に出, に分つてる, のうち, のお, の中, の云, の右手, の居った, の幻, の手, の承知, の爲め, の生涯, の知る, の酔い, の頭, の顔, の黒い, は, はこの, はその, はとり憑かれ, はめざましい, はチタ子, はヂヤアナリズム, は妻, は彼女, は彼等, は握つた, は文五郎, は生, は総理, も此, より早く, を知っ, を終生, を閉ぢ

▼ 既にもう~ (61, 0.6%)

2 丑松の, 何も, 初夏の, 失敗だ

1 [53件] あの頃, いろいろな, お前の, お前を, こうした翹望, すべての, そこに, その生まれた, その風景, みんなの, 一人の, 一様に, 一生の, 不思議な, 不謹愼, 代りまで, 伯楽の, 六十年来この, 其処で, 出来て, 切なく可, 十一時に, 半年も, 吾儕職員を, 屑も, 岸本は, 幾つか, 幾年か, 弾指の, 彼が, 念頭からは, 手前が, 持つて, 救われざる破滅, 期待と, 某方面, 植民船隊を, 父の, 現われ掛けて, 盗まれて, 秋の, 第一, 緊張が, 脈が, 論理的経験的科学の, 踏査に, 軍港の, 途絶し, 遅かった, 道往く, 間に合わなかった, 饒舌った, 鬼の

▼ 既に~ (44, 0.4%)

2 が手, の手, の本性, れの

1 [36件] からは殆ど手, が境遇, が懸軍長駆, が時勢, にその, には一倍, には後暗い, によって基礎, に目, の中, の卓越, の厭世主義的傾向, の少年時代, の心, の最後, の無罪, の目, の眼差, の見知り越, の視線, の青年, は, は前日, は受け取っ, は己, は彼, は恋, は死ん, は部屋, もある, をはなれし, を呼ん, を存する, を狙う, を見つめ, を離れ

▼ 既にそれ~ (43, 0.4%)

3 に着手 2 を見抜いた, を証明

1 [36件] が, が一寸, が在る, が始まっ, が演技, が表れ, が起き, だけで落第, と判る, と心付き, と覺悟, に先んじ, に心づいた, の規定, の詞章, は, は一段落, は人, は弱小蠢愚, は私, は米何俵, も危ない, よりさき, をかみこなす, を体得, を制御, を完成, を廢絶, を悟っ, を示し, を示した, を要求, を見た, を見合せ, を讀み, を讀んだ

▼ 既に~ (43, 0.4%)

4 に私, に述べた 3 の章 2 から規定, に書いた, に述べ

1 [26件] からスペイン人, から捨て, にもほととぎす治, にも云った, にも書いた, にも記した, にも述べたる, にアリスタルコス, にインカ, にニュートン, に一人, に之, に云いし如く, に幾度, に引用, に無意識的, に瞻, に見え, に説いた如くである, に論ぜし, に述べし如く, に述べたごとく, に陳べし如く, の劉, の年, 内閣に

▼ 既にこれ~ (38, 0.4%)

3 を言 2 を云, を天下, を述べた

1 [29件] あったと, あり都人士, がアメリカ, が研究調査, だけの仕事, だけ改良, といくらか, に從, に象った, に近い, に関し述べた, に類似, ほどまでよく, までの経験, まで一人二人三人, をしるした, をつくり出し, をひとつ, を予定, を作家, を悟らしむ, を手長, を求め, を測定, を用い, を示し, を見た, を証し, を身

▼ 既に~ (35, 0.3%)

4 一章に

1 [31件] 一の, 一回の, 一審に, 一巻は, 一故, 一次欧州大戦で, 一流の, 一版にも, 一版序言中の, 一篇第, 一級の, 三の, 三峰に, 三時の, 三版であった, 二の, 二の矢が, 二條の, 二次世界戦争の, 二次五ヵ年計画の, 二次欧州大戦が, 二行に, 五回に, 五階選士と, 五階選士に, 八の, 六号を, 十一号が, 十四議会も, 十四議會も, 十巻の

▼ 既に~ (33, 0.3%)

3 隱れ 2 察しの, 手討にも, 浦の

1 [24件] かくは, なくなりにな, ほかた, もちや, 冬さんの, 分りで, 勢に, 土産ものが, 堂より, 手元に迄, 払いした, 氣づき, 浦が, 由は, 由殺しの, 糸さんが, 紺婆なども, 絹を, 聞きの, 聴き及び, 能の, 雪が, 雪の, 鳥の

▼ 既に死ん~ (32, 0.3%)

13 でいる 7 でいた 3 でしまった, でゐた 2 でしまっ 1 でい, でしまつて, ではいた, で了つた詞句

▼ 既に自分~ (32, 0.3%)

2 に嫁い

1 [30件] から離れ, が決めさせた, が知らぬ, でもどう, でも母親, にはあの, にも分らなく, の口, の名前, の外套, の家, の手, の手先, の現在, の病人, の目, の移動証明, の考, の職務, の職務さ, の胎内, の頂上, はきっと, は女中, は完全, より強い, を亡霊扱い, を年, を笑っ, を笑つて

▼ 既に~ (31, 0.3%)

8 れを 2 を知れり

1 [21件] に注意, に類する, を丁酉倫理會雜誌, を単なる, を呑んだであろう, を天保十四年, を完成, を所有, を打, を掲, を是非, を畫, を發, を看取, を知った, を知る, を示す, を記し, を証し, を論ぜり, を領す

▼ 既に多く~ (28, 0.3%)

1 [28件] の人, の作家, の先住民族, の同胞, の場合, の妻, の学者, の家畜, の年, の星, の書物, の月, の有益, の死体, の目, の翻訳, の菰, の著者, の虫, の註釋, の詩集, の貴い, の近代作家, の革命, を語った, 刊行され, 山を, 腦中を

▼ 既に日本~ (28, 0.3%)

2 にあった

1 [26件] が比類, が西洋文化, では酒, でも度々, でも歌舞伎俳優, などにもさう, にも労働者階級, に傳, の, のある, のプロレタリア文学史, の全国, の史学界, の各, の在満, の女, の妻, の属領, の巫女道, の文体, の新し, の西半部, の近海, は断末魔, へ出発, へ向

▼ 既に~ (27, 0.3%)

2 の声, の妻, の知る, をし

1 [19件] がいつ, が舞台, となつ, にも語りし如く, に向, に嫁, に悟られ, に異なる, の世, の嘲罵, の子, の客, の無, の知る如く, の背丈, の脊, を喰っ, を教, を殺し

▼ 既にある~ (26, 0.3%)

2 ものを, 度まで

1 [22件] かも知らぬ, という咄, のかも, のであ, のである, もの以前に, 一つの, 原因が, 古典作物以外には, 境遇という, 峯に, 戦慄すべき, 文學としての, 物で, 真理を, 種の, 範囲内に, 農村に, 部分が, 部分まで, 部分までは, 限りの

▼ 既に十分~ (24, 0.2%)

2 見て

1 [22件] あり余る水流, その困難性, である, なる時間, な労働者, な甘味, にととのい, にキリシタン迫害, に持っ, に支度, に示し, に論証, に論證, に講究, の実力, の性的充実, の技術, の酔心地, 大きい名声, 憐れまれるに, 知られて, 調べられて

▼ 既に~ (24, 0.2%)

2 理想を, 體の

1 [20件] なりき, なりきシツィイ, なる幸福, なる業, なる群衆, に此般, に足利時代, に違う, 修正を, 国家とも, 地震の, 坂に, 変革を, 學を, 寶時代には, 意思である, 満員である, 英帝国の, 部分は, 騒を

▼ 既に~ (23, 0.2%)

6 承知の 2 自分の

1 [15件] らんの, 仕舞だ, 他界の, 出版なされ居る, 察しに, 承知である, 承知でした, 承知と, 気付きと, 考証御, 聞き及びの, 聞に, 興趣を, 許容相成らず, 諒解を

▼ 既に今日~ (22, 0.2%)

2 及び昨日

1 [20件] いくたの, では流行, の吾, の情勢, の教育, の教育会, の業務, の現実, の言語, の領分, までに一部, までに新原家, までの, まで大槻博士, まで百日余, まで真, もなほ殘つて, よりなし, 深い暗闇, 激しく求められ

▼ 既に存在~ (22, 0.2%)

7 して 3 するもの

1 [12件] がなかつた, したこと, したもの, した信仰, しないの, するの, する土地, する或, する生産物, する社会, せしが, の跡

▼ 既に~ (22, 0.2%)

3 の如し 2 の如き, の如く, の時, の段階

1 [11件] の事, の列車, の如くなれ, の実験, の後, の本土, の本城, の為, の約束, の道徳律, の頃

▼ 既に~ (20, 0.2%)

4 を去っ 2 に聞えたる

1 [14件] にあらはれ, になき, に一物, に在らず, に存, に居なく, に生れ, に行, の塵, は次, を去った, を去つ, を去り, を謝

▼ 既に~ (20, 0.2%)

4 の章 2 の状態

1 [14件] に移転, に述べた, の事, の例, の劇団, の史料, の各派, の学者, の巻, の所, の機会, の潜水夫, の職業人, の要素

▼ 既にかく~ (19, 0.2%)

5 の如く 4 の如し 2 の如き 1 のごとくである, のごとし, の如くん, の如く円熟, まで屈服, 恥か, 老いて, 鎖国と

▼ 既にそこ~ (19, 0.2%)

8 にある

1 [11件] からの脱皮, になけれ, には主人, には昔, に宿っ, に待ち受け, に横, に行われ, に見られる, に誤算, へ忍び込ん

▼ 既に一つ~ (19, 0.2%)

2 の理論

1 [17件] のこの, の云い, の人間性, の信念, の共通, の合同地域, の名, の完成品, の定評, の幸福, の心, の結論, の説明, の象徴派文学, の輝き, の錯覚, の革命

▼ 既に~ (19, 0.2%)

2 來た, 來て, 發點から

1 [13件] ています, ている, てしまった, てゐた, てゐます, てゐる, て山, て来た, 來ては, 來上つた, 來上つたバスケットが, 來上つて居つた, 板に

▼ 既に過去~ (19, 0.2%)

3 のもの 2 となっ, の予

1 [12件] て又, でありまだ, であるが, となりきっ, になつた上, に属し, のこと, の事實, の仕事, の奥州, の観念, の道

▼ 既にかなり~ (18, 0.2%)

1 [18件] あるので, すぐれた蘭学者, によく, に深く, に進んだ, の數, の深, までつつき廻した, 久しいこと, 以前から, 冷却した, 広く発展, 悪化し, 永く話し, 進んだ数学, 長時間つづけられた, 離れた道, 高度の

▼ 既に知っ~ (18, 0.2%)

10 ている 4 ていた 1 ておられる, ておられるであろう, て居られる, て居る

▼ 既にこの世~ (17, 0.2%)

3 にいない

1 [14件] から逸し去っ, で永久, ならざる世界, にはいなかった, には居ない, のひと, のもだえ, の一哩, の人, の絵, の者, を去, を去り, を辞し

▼ 既に久しく~ (17, 0.2%)

2 この自由

1 [15件] おられるからの, して, その様, 之を, 人の, 伝来し, 学校の, 學校の, 定まって, 成りける程, 昨年十月歸朝以來常に, 書家董斎の, 無縁と, 腐朽せる, 鎖しぬ

▼ 既に幾度~ (17, 0.2%)

2 か木

1 [15件] かわが, か出発, か平民社, か振り, か日和見主義分子, か此海, か紹介, か経験, か記述, か起こった, となく, も出, も叫ん, も幾度, も拭つたガーゼ

▼ 既に~ (17, 0.2%)

2 の御, を無

1 [13件] その物, たる以上, に対する取りかえし, の咎め, の御代, の懐, の民, の真言化, の第, の聖意, を失う, を求むる, を見ん

▼ 既に~ (16, 0.2%)

3 に述べた 2 に書いた, に注意, に第, に見え 1 に出で, に引いた, に記した, に説いた, の松田氏観劇談

▼ 既に二人~ (16, 0.2%)

2 ともに何時

1 [14件] とか三人, のこと, の女の子, の子, の幼い, の手, の敵, の新聞記者, の若い, の間, はそこ, はジュリア, まで失敗, 来て

▼ 既に云つた~ (16, 0.2%)

5 如くである

1 [11件] ごとくである, 如くわたくし, 如く仮に, 如く孫, 如く正弘, 如く此主従, 如く此事, 如く此会, 如く池田氏, 如く荏薇問答, 如く霧渓撰

▼ 既に其の~ (16, 0.2%)

1 [16件] リンズサヤと, 一片をも, 以前に, 卓然として, 夜の, 姿に, 年の, 心を, 意氣即ち, 氣が, 活力は, 男は, 素有の, 萌芽は, 財が, 頃備わっ

▼ 既に多少~ (16, 0.2%)

1 [16件] かの開墾者, とも使った, の哲学的考察, の文名, の日本板画, の時代, の欠陥, の解決, の試み, の論議, の趣味, は名声, 普遍化し, 発達したる, 英語を, 見届ける所

▼ 既に~ (16, 0.2%)

2 る信仰, る程度

1 [12件] る一群, る不安, る場所, る文化, る準備, る解決, 医学博士に, 感じを, 気分を, 省に, 程度の, 老友

▼ 既に相当~ (16, 0.2%)

1 [16件] な勢威, な多数, にある, のアルバイト, の会員, の名, の年, の成績, の時間, の裁判, の要塞, の造詣, までその道, 多額の, 集まって, 齢を

▼ 既に立派~ (16, 0.2%)

1 [16件] なる哲学, なる宗教, な先生, な哲學, な女, な御馳走, な批評家, な文明, な昔噺式, な社会, な芸術上, な詩人, な青年, に建てられ, に裏切られ, に証明

▼ 既に~ (15, 0.1%)

1 [15件] ある儘, いった如き困難, から私, では感じ切れない, は跡方, までにも, までに半分位, までの取調べ, までの話, まで君, まで述べ, まで音, も新九郎, 朝来心の, 見た穴倉

▼ 既に~ (15, 0.1%)

2 もない

1 [13件] かあたらしい, かお互い, かが解決, かではある, かに, かのツグナイ, かの前兆, かの意味, かの考証, か聞きこん, がどう, の苦痛, をなした

▼ 既に遅かっ~ (15, 0.1%)

131 たので, た彼

▼ 既に世界~ (14, 0.1%)

1 [14件] が最終戰爭時代, に名, に喧伝, に存在, に曝露, に行われ, の人, の大, の如何なる, の強国, の隅々, は二つ, は男性衰微, 第一等

▼ 既に久しい~ (14, 0.1%)

6 以前から 2 前から 1 ことで, ことである, ので親子夫妻, 以前に, 前に, 時が

▼ 既に~ (14, 0.1%)

3 つた 2 つたやう 1 ひし所, ひぬ, ひ古し, ひ尽された議論, ひ得ず今, ひ盡, ふべきこと, へり, へり其山中

▼ 既に出来~ (14, 0.1%)

4 ている 2 てゐる 1 ていたらしい, ていました, てゐた, て居ります, 上つた作家に対して, 上つた行の, 上つてゐる, 上つてを

▼ 既に十年~ (14, 0.1%)

2 の余, の友, の餘 1 から前, から四五年前, になつ, になる, に近き, の月日, を経過, 近い月日

▼ 既に~ (14, 0.1%)

1 [14件] であった, であつ, なり, なりき, に入, に入っ, に入り, の出陣, の空, の間, の靄, は更け, もふけ, 深く加

▼ 既に彼等~ (14, 0.1%)

1 [14件] とは反対, と気脈, にし, に会わなかった, に悪事, の内地人, の實際生活, の將來, の死敵, の讚美, の近き, は四散, は必要, を見棄てた

▼ 既にあつ~ (13, 0.1%)

3 たの 1 た, たと, たもの, たらうと, たらしいこと, た山林仏教, た証拠, てそれ, て恐らく, て田楽舞

▼ 既に充分~ (13, 0.1%)

1 [13件] であるという, なるに, に暗示, に書き尽され, に生活, に知っ, に研究, の覚悟, の覺悟, 御承知, 持ち合, 消えて, 頂いて

▼ 既に~ (13, 0.1%)

2 を決し

1 [11件] であること, の偉大, の冷却, の宣告, は決して, りぬ, をも征服, を信じ, を明らか, を決する, を覚った

▼ 既に死んだ~ (13, 0.1%)

2 と彼等, ので 1 ということ, といふ, 人の, 娘達を, 様な, 筈である, 者が, 袁世凱の, 言葉も

▼ 既に~ (13, 0.1%)

7 はれて 1 て居る, はれたらうと, はれたり, はれた後, はれなくな, はれはじめた

▼ 既に~ (13, 0.1%)

1 [13件] あがりするほどの, あるを, につい, に深手, に生じ, のいかに, はパリ, をか, を忘れ, を献ぐ, を率, を起し, を隠しすぎた

▼ 既に遅く~ (13, 0.1%)

1 [13件] あった, つわ, なりすぎて, はるか由良川の, 一艇身半を, 両軍敗退, 前記の, 場内に, 夕飯には, 更けたの, 次第に息, 羽織と, 飲酒は

▼ 既に人間~ (12, 0.1%)

1 [12件] ではない, ではなくし, ではなくなっ, では無い, として具え, の偽り, の先祖, の家族, の搾, の生活, の知的, を追い出されかけ

▼ 既に~ (12, 0.1%)

2 の苦役 1 が調査ずみ, の内, の妻, の心, の知る, の見, の解析, の送つた, はその, は第

▼ 既に彼女~ (12, 0.1%)

1 [12件] と道, には天分, の後, の心, の罪, の胸中, の袖の下, は室, は明るみ, は警官, を殺した, を見る

▼ 既に~ (12, 0.1%)

2 に厚し 1 が忍ぶべき, にかえっ, にさきだち, に不利, に向, に足る, の相, の罪, はかの, を喉

▼ 既に明らか~ (12, 0.1%)

2 である, にされ 1 だが, な, なれば, な事実, にされた, にし, にした, に国家意識

▼ 既に東京~ (12, 0.1%)

2 が不 1 から申込み, でも認められ, で彼, と神戸, に来, に歸つた事, の年中行事, へ来, へ郵送, を離れ

▼ 既に決定~ (12, 0.1%)

3 されて 2 したもの 1 された或, した, したこと, した価格, した前提, して, せられたが

▼ 既に知られ~ (12, 0.1%)

7 ている 4 ていた 1 て居る

▼ 既に見た~ (12, 0.1%)

5 ところである 1 ことが, とおりの, のであつ, ように, 事が, 如くに, 通り学問は

▼ 既にあの~ (11, 0.1%)

1 [11件] とおりの, サガレン旅行前後の, 不幸當時から, 大航空器, 当時から, 当時人の, 映画によって, 時から, 程度の, 被告を, 通りの

▼ 既に全く~ (11, 0.1%)

1 [11件] すること, 倒されて, 凋落した, 動きの, 廃滅に, 忘れて, 死んで, 燕王の, 稿を, 自由に, 見ること

▼ 既に在る~ (11, 0.1%)

2 ものを 1 のであ, もの, ものは, ロゴスによ, 一切の, 事実は, 劇場や, 成語を, 映像と

▼ 既に幾分~ (11, 0.1%)

1 [11件] かどつ, か其痼疾, か見たる, か黄ばんだ, その成迹, の成果, 含んで, 東洋史も, 病的な, 精神に, 薄くな

▼ 既に暮れ~ (11, 0.1%)

2 ていた 1 かかって, かかつて, かけて, てこの, てまた, て夕暮, て寒月, て星, 果てて

▼ 既に書いた~ (11, 0.1%)

2 ように 1 から略す, が其上, 事も, 以上の, 概説とも, 様に, 通りその, 通りである, 通り猪類皆好ん

▼ 既に一定~ (10, 0.1%)

2 の形式 1 の内容, の思想性, の文化水準, の文学様式, の方角, の理論, の習性, の調律

▼ 既に一種~ (10, 0.1%)

2 の幸福 1 の不愉快, の幻影, の感動, の本歌意識, の死語, の毒薬, の関係, の香

▼ 既に完全~ (10, 0.1%)

1 なる民間, な夫婦, に仕遂げた, に和解, に地球, に彼等, に治, に焼け尽し, に覚醒, に陸上

▼ 既に~ (10, 0.1%)

2 の如き, の如くなれ 1 ういう, かる航路, の如く, の如し, の待合室, まで手配

▼ 既に斯く~ (10, 0.1%)

5 の如し 2 の如き, の如く 1 鎖國と

▼ 既に早く~ (10, 0.1%)

2 射を, 評壇の 1 から文部省あたり, プラトン及び, 仏が, 本書の, 病死し, 耳馴れたもの

▼ 既に用意~ (10, 0.1%)

4 して 2 されて, せられて 1 せられた恐ろしい, は出来上がっ

▼ 既に終日日光~ (10, 0.1%)

10 に浴

▼ 既に老い~ (10, 0.1%)

1 そろそろ桜, てゐた, て更に, て木枯し, て疲れ, て石炭, または老いん, 島は, 朽ちて, 疲れて

▼ 既に~ (10, 0.1%)

4 てきた, 已へ 1 ておいた, てゐる

▼ 既に解決~ (10, 0.1%)

2 して, せられたりと 1 がつい, されたもの, されて, したと, の曙光, の約束済み

▼ 既に述べ~ (10, 0.1%)

6 たり 3 ておいた 1 もし

▼ 既にあった~ (9, 0.1%)

2 のだ 1 し家持苦心, ために, と思います, と知らる, ので, ものを, 事と

▼ 既にかかる~ (9, 0.1%)

1 傾向の, 反省が, 問題と, 因襲を, 土地に, 地である, 構思が, 自己矛盾的存在である, 語の

▼ 既に~ (9, 0.1%)

3 うした 2 ういふ 1 うだつた, うなりか, う云, う云つた

▼ 既にわが~ (9, 0.1%)

2 随筆 1 劇壇に, 手の, 昌造は, 目に, 答成りけれ, 身の上の, 身の上を

▼ 既にわれわれ~ (9, 0.1%)

2 の精神 1 がマリユス, の本能, の観察, の間, はあの, は国民, をある

▼ 既に大きな~ (9, 0.1%)

1 刺撃の, 収穫といつても, 夢が, 守宮が, 成功を, 料理屋の, 疑ひを, 矛盾が, 罪に

▼ 既に完成~ (9, 0.1%)

4 して 1 されて, し尽した繊弱悲哀, に近づい, の域, を見

▼ 既に平安朝~ (9, 0.1%)

1 からあっ, からあった, に於, の, のうたて, の中期, の頃京都, も末期, を斜聴

▼ 既に支那~ (9, 0.1%)

1 にあった, に入りいた, に存, に行, の亡命者, の小説金瓶梅二五回, の東南海岸, の疆域, の詩

▼ 既に故人~ (9, 0.1%)

3 となった 2 となつ 1 ではある, となっ, に属す, に屬

▼ 既に~ (9, 0.1%)

1 かになった, かに分れ, かに悟道, かに支那文化遺物, かに独自, かに立証, である, なる事実, に外形上

▼ 既に明白~ (9, 0.1%)

2 なり, なりとして 1 なる事實, にし, にアラビア人, に申した, に詩中

▼ 既に発見~ (9, 0.1%)

2 して 1 されたる上, されたわけ, されて, しました, し又, せられて, られたの

▼ 既に知る~ (9, 0.1%)

3 とおりである 2 ところが 1 とおりその, とおり三つの, ところで, 者は

▼ 既に種々~ (9, 0.1%)

1 なこと, なる文献, なる新, な不純, な年齢, の伝説, の新た, 専門的立場から, 雜多な

▼ 既に結婚~ (9, 0.1%)

5 して 1 が家族制度, したほどの, したる上, した者

▼ 既に~ (9, 0.1%)

3 つた 2 つたが 1 はれた如くこの, ひしが, ひは, へり

▼ 既に説いた~ (9, 0.1%)

2 ように, 通りで 1 がそれ, けれども尚, ところである, ような, 通りである

▼ 既に述べた如く~ (9, 0.1%)

1 このこと, エタという, 所在の, 旋律は, 海螢は, 王安石の, 發光物質は, 知識の, 自由詩の

▼ 既にいった~ (8, 0.1%)

6 ように 1 とおりである, 二つの

▼ 既に~ (8, 0.1%)

2 と通り 1 かどの, となれる, の手段, の邸, ノ木戸, 原素

▼ 既に一年~ (8, 0.1%)

1 が経過, ちかく続け, になっ, にならう, になろう, の星霜, もまえ, 約三五千枚

▼ 既に一部~ (8, 0.1%)

1 では行, に行われ, の人, の地方, の学者, は実現, は競売, 送って

▼ 既に七十~ (8, 0.1%)

2 に達し, の齢 1 の歳, を越し, 近い徳望県下, 近い徳望縣下

▼ 既に公然~ (8, 0.1%)

6 の秘密 1 と承認, の事實

▼ 既に古く~ (8, 0.1%)

1 あった問題, いかに祝日, からあつ, からポルトガル, から行われ, なった, 日本の, 遅れて

▼ 既に~ (8, 0.1%)

1 としては過去, に又, に話した, の周囲, の心, の身近, の酔ひ, は失われ

▼ 既に地上~ (8, 0.1%)

1 から去った, から去つた, では次, にヘシ, のみに行われ, の重大, をつ, を覆おう

▼ 既に~ (8, 0.1%)

1 あり, があつ, があり, が居, ではない, の左右, の年齢, を持つ

▼ 既に当時~ (8, 0.1%)

2 の人 1 から一種, でもティコ・ブラーヘ, に於い, の武士訓, は公然, 全ヨーロッパ

▼ 既に~ (8, 0.1%)

2 おくれに 1 に入れた, のつけられない, の下しよう, の中, をつけ, をつけられた

▼ 既に指摘~ (8, 0.1%)

5 して 1 したが, したところ, した政治的対立

▼ 既に~ (8, 0.1%)

3 が暮れ 1 に乾いた, の内, は西, も暮れた, も落ち

▼ 既に~ (8, 0.1%)

2 の如し 1 だけの不思議, に依り, に兆せし, までの經過, を成す, を証する

▼ 既に秀子~ (8, 0.1%)

1 から故, が為, と相談, によって自己, の事, の死んだ, は肝腎, を疑います

▼ 既に~ (8, 0.1%)

1 で蟋蟀, の収穫, の如し, の御霊迎, の明け方, の陽, の香り, らしい虫

▼ 既に落ち~ (8, 0.1%)

2 て家 1 たりとあ, てう, て余光華, て幾百, て熊笹, 急に

▼ 既に西~ (8, 0.1%)

1 に傳はり, に傾き, に傾きかけ, に廻っ, に遠, の地平線, の水際, は越後境

▼ 既に覚悟~ (8, 0.1%)

1 したその, の態, はし, は決め, をし, を定めた, を極めた, を極めました

▼ 既に説明~ (8, 0.1%)

1 があつ, したし, したと, したとおり, したよう, するまでも, せんと, を要しない

▼ 既に過ぎ~ (8, 0.1%)

1 たり我等, てこの, てしまっ, てしまった, て了, て全, て針, て馬鹿げた

▼ 既に長い~ (8, 0.1%)

2 以前から, 前から 1 事あれ程, 交際が, 間である, 間彼は

▼ 既にこういう~ (7, 0.1%)

1 ことに, ことを, ところに, 下染, 人が, 覚悟が, 詔書が

▼ 既にそう~ (7, 0.1%)

2 なって 1 いって, であった, ですから, でなければ, 云ったでは

▼ 既にそういう~ (7, 0.1%)

1 まとまりの, 事実である, 勉強を, 意味の, 方術が, 衝動を, 観念が

▼ 既にどこ~ (7, 0.1%)

1 かで初対面, かに生れつ, かの職場, か病気, まで進ん, やら姿, を見

▼ 既に一人~ (7, 0.1%)

1 としてそこ, に祈祷, の作家, の女性, の子, の男, はある

▼ 既に一家~ (7, 0.1%)

3 を成し 2 を成した 1 の相, をなし

▼ 既に一度~ (7, 0.1%)

1 で無く二度, ならずしかして, は死, ふれたが, 新しい命, 栄えた時代, 述べた私

▼ 既に二つ~ (7, 0.1%)

2 の島, も彼 1 あるもの, の生活趣味, の穿孔

▼ 既に二度~ (7, 0.1%)

2 も移転 1 しかも悠々, までも掠められたる, までも近寄っ, も喀血, 同じ病気

▼ 既に人々~ (7, 0.1%)

2 の声 1 が夙, が熟知, に紹介, の寝静まった, を後に

▼ 既に以前~ (7, 0.1%)

1 からみんな, にも作中, に九郎右衛門, に於, に聞い, のよう, 記したよう

▼ 既に何等~ (7, 0.1%)

1 かの保守的性質, かの物, か其, か知られ, の意義, の秘密, 琴線に

▼ 既に~ (7, 0.1%)

1 きには, に私, の事, の印象, の巡査, の方, の話

▼ 既に半ば~ (7, 0.1%)

1 に近づいた, はみまか, を讀み, 別れて, 崩れて, 満たされたよう, 白い自分

▼ 既に~ (7, 0.1%)

2 を成した 1 をその, を冒し, を天下, を認められ, 殘なく

▼ 既に~ (7, 0.1%)

2 鈴を 1 光が, 六花が, 學を, 旅行の, 羊の

▼ 既に成り~ (7, 0.1%)

1 から沂, たりといえ, て復, て社会, と, 云々, 泰山主簿に

▼ 既に数年~ (7, 0.1%)

2 を経た 1 に亙っ, に及べ, も前, を経, 経った

▼ 既に~ (7, 0.1%)

1 というた, となってる, に起っ, のもの, の俤, の北国民, の殯斂

▼ 既に~ (7, 0.1%)

1 が命, に, の疑ひ, の眼, の脚, の願, は來らん

▼ 既に~ (7, 0.1%)

1 りこの, りでいわんや, りと, り誰, るからは, るもの, る以上

▼ 既に発表~ (7, 0.1%)

1 された部分, されて, したこと, したところ, したもの, しましたプログラム, しもしくは

▼ 既に~ (7, 0.1%)

1 に映じ, に曇り, の中, は血走り, を覚した, を覚まし, を閉じ

▼ 既に社会~ (7, 0.1%)

1 にまで拡大, に落第, の初期, の各層, の裏面, の醜汚, を成す

▼ 既に見え~ (7, 0.1%)

3 てゐる 1 そめてるその, ている, て居た, て来た

▼ 既に記した~ (7, 0.1%)

1 がやや, とおりの, デカルトの, 榛軒門人渡辺昌盈が, 通りである, 通り四方とも, 通り夫人と

▼ 既に~ (7, 0.1%)

1 である, であると, としての效果, の内容, の範圍, をよろこぶ, を認め

▼ 既に読者~ (7, 0.1%)

1 が知る如くである, にはそれ, の書く, の知らるる如く, の知れる, の記憶, も御

▼ 既に遠い~ (7, 0.1%)

2 世の 1 南朝の, 日に, 昔から, 昔に, 闇に

▼ 既にしばしば~ (6, 0.1%)

1 借りて, 書いたこと, 本書の, 歴史地理の, 相見, 知識と

▼ 既にそれら~ (6, 0.1%)

2 のもの, を有し 1 の努力, の恋愛

▼ 既に一個~ (6, 0.1%)

1 の人, の儒教的哲学者, の創作家, の勢力, の反動家, の家庭

▼ 既に世人~ (6, 0.1%)

2 の話柄 1 が知る, の利害, の知る, の興

▼ 既に~ (6, 0.1%)

2 が草堂 1 が恋, に右様, の領分外, をば彼女

▼ 既に亡び~ (6, 0.1%)

1 ている, てゐた, て了うた武家頃, て存在, て英国, 盡し

▼ 既に何人~ (6, 0.1%)

2 であるかを 1 かある, かゐた, か更迭, にも目

▼ 既に作者~ (6, 0.1%)

1 として揺がぬ, の人格, の手, の敗北, の習慣, は単なる

▼ 既に出来上った~ (6, 0.1%)

1 ものとして, ように, バスケットが, 完備した, 発電所と, 芸術家または

▼ 既に~ (6, 0.1%)

1 を過ぎ, を過ぎたる, 世紀も, 世紀余威殷々今に, 狂亂の, 蜘蛛と

▼ 既に危く~ (6, 0.1%)

1 おわしました時, なったので, なつた頃, 倒れんと, 思われた, 見えたの

▼ 既に去り~ (6, 0.1%)

1 て人文科学, て力, て身邊, 勢既に, 東の, 申候

▼ 既に~ (6, 0.1%)

1 なり, なりな, なりに頻繁, なりの修業, なり肺, 羨い

▼ 既に固定~ (6, 0.1%)

5 して 1 した文学用語

▼ 既に夫人~ (6, 0.1%)

2 の手, の蜜 1 がある, の閨

▼ 既に~ (6, 0.1%)

2 でないだけは 1 があった, に恋々, の夜遊び, は経済

▼ 既に~ (6, 0.1%)

3 した後 1 して, を娶つ, 入た

▼ 既に~ (6, 0.1%)

2 にあらず 1 施されて, 現し盡せり, 現せられたるもの, 現せられて

▼ 既に~ (6, 0.1%)

2 りましぬ 1 じ建文帝, りたま, りましき, りまして

▼ 既に幾人~ (6, 0.1%)

1 かの巨匠, かの血, かを斬っ, か紹介, もの殺人罪, 有ったか

▼ 既に~ (6, 0.1%)

1 において信, に決定, に潜ん, の統制, の落着き, を酔

▼ 既に忘れ~ (6, 0.1%)

2 てしまった 1 ていた, てしまっ, てゐた, て了つて

▼ 既に成長~ (6, 0.1%)

3 して 1 しつつ, し立身, を阻まれた

▼ 既に我が~ (6, 0.1%)

2 同胞の 1 党は, 国語は, 掌中に, 法王においても

▼ 既に政府~ (6, 0.1%)

2 と伊藤侯 1 が貴い, では政治, は朝敵, を退い

▼ 既に文学~ (6, 0.1%)

2 の目的 1 が人間, に多く, の新, の起原

▼ 既に新しい~ (6, 0.1%)

1 一歩を, 世代への, 刺戟を, 妻である, 様式として, 細胞が

▼ 既に昨夜~ (6, 0.1%)

1 のうち, の中わけ, は両家, までの事, もある, も或

▼ 既に~ (6, 0.1%)

1 によほど, に多く, に日本人排斥, に波, に独語, に陳腐

▼ 既に死し~ (6, 0.1%)

1 て冷ややか, て後, て無, 兄弟も, 家人は, 後継者は

▼ 既に~ (6, 0.1%)

1 となっ, とならう, に孝, も母, を失ひ, 在せし頃

▼ 既に生命~ (6, 0.1%)

1 の芽, を, を亡つて, を失ひ, を奪, を終らん

▼ 既に~ (6, 0.1%)

1 對あり, 對たり, 對の, 應な, 當に, 當の

▼ 既に~ (6, 0.1%)

1 と改称, の意味, の粋, 夜半の, 志屋西村金沢屋増田の, 蒼に

▼ 既に知つて~ (6, 0.1%)

1 ゐるから, ゐると, ゐるもの等, ゐる予等, 居られて, 居るやう

▼ 既に行われ~ (6, 0.1%)

3 ている 1 たり, ていた, ていた事

▼ 既に述べし~ (6, 0.1%)

3 が如く 2 所の 1 が如く余

▼ 既に通り越し~ (6, 0.1%)

2 ていた 1 てい, ている, てしまひ, てゐた

▼ 既に~ (6, 0.1%)

2 の中 1 が有り, のうへに来, の問題, を擡げ

▼ 既に~ (6, 0.1%)

2 を失っ 1 がなかっ, が無くなっ, さえも無い, 斬役

▼ 既に高く~ (6, 0.1%)

1 上って, 上つて楽気に, 昇って, 昇つて樂し, 身は, 輝いて

▼ 既にいった如く~ (5, 0.0%)

1 それは, カントの, 哲学は, 竜田町の, 経験は

▼ 既にさう~ (5, 0.0%)

2 であつ 1 いふ用意が, いふ訓練も, 断言する

▼ 既によく~ (5, 0.0%)

1 ご存知の, その目的, 理解せられた, 知って, 知ってる事柄

▼ 既によほど~ (5, 0.0%)

1 ゆるやかな, 以前から, 健康を, 戸惑った奴, 稀薄に

▼ 既に一応~ (5, 0.0%)

1 の検査ずみ, 形式上の, 果されたかの, 片附いた, 首を

▼ 既に一歩~ (5, 0.0%)

1 を横穴, を誤る, を退くや, を進め, を降り

▼ 既に三十年~ (5, 0.0%)

1 にもなる, の長, は生き過ぎ, も経っ, をその

▼ 既に久し~ (5, 0.0%)

1 かつた, と聞い, 焔, 空漠たる, 而し

▼ 既に五年~ (5, 0.0%)

2 振で此市 1 か, の月日, の歳月

▼ 既に人生~ (5, 0.0%)

1 から無限, に疲弊, に芽ぐみ, の壁, の複雑

▼ 既に~ (5, 0.0%)

1 て, て秀衡以前, て秦大津父, て葬る, て許すべからざる

▼ 既に~ (5, 0.0%)

2 の叔父 1 が養蟲園, の生れた, を知つて

▼ 既に~ (5, 0.0%)

1 ではなかっ, にし, に近く炬燵, の領, や夏

▼ 既に十数年~ (5, 0.0%)

2 を経過 1 の往時, の星霜, を経た

▼ 既に~ (5, 0.0%)

1 いと云う, い処, かったの, かつた, ふいところ

▼ 既に~ (5, 0.0%)

3 歌として 1 來の, 曲と

▼ 既に問題~ (5, 0.0%)

2 なの 1 であつ, ではありません, なので

▼ 既に四十歳~ (5, 0.0%)

1 を越え, を越し, を越した, を過ぎ, を過ぎた

▼ 既に埋められ~ (5, 0.0%)

2 日本堤は 1 てその, て居る, ながらなお

▼ 既に大きく~ (5, 0.0%)

1 なって, なってる実, ひろがって, 別棟の, 横腹を

▼ 既に姿~ (5, 0.0%)

2 を消し 1 が見えない, さえ見えた, は見えなかった

▼ 既に~ (5, 0.0%)

1 ったものの, っていた, って動かすべからずなっ, つて居る, るや

▼ 既に定評~ (5, 0.0%)

1 あるところ, あるもの, ある作家, ある米川正夫氏, ある養殖鱒

▼ 既に少く~ (5, 0.0%)

2 ともそれ 1 ない, ないの, も二回

▼ 既に~ (5, 0.0%)

1 云つた, 云つた如くである, 云つた如くに, 此伝記に, 記した所

▼ 既に彼ら~ (5, 0.0%)

1 がエタ仲間, の利器, の手, の穿ちたる, の間

▼ 既に~ (5, 0.0%)

1 から押しかけ, に数多, に遺し, に遺せし, のルター

▼ 既に意識~ (5, 0.0%)

1 せられて, に上つて, の対象, を失っ, を絶

▼ 既に我等~ (5, 0.0%)

1 の前, の脚下, の行爲, の足, を超え

▼ 既に~ (5, 0.0%)

2 を閉め 1 に閂木, を閉じ, を開け

▼ 既に数年前~ (5, 0.0%)

2 早く滅亡 1 ある男, から問題, より外国

▼ 既に~ (5, 0.0%)

1 ていた, ていたろう, ている, て居る, 青閣の

▼ 既に~ (5, 0.0%)

2 の時代 1 のよう, の日, の獄

▼ 既に歿~ (5, 0.0%)

5 して

▼ 既に~ (5, 0.0%)

2 の意, は二歳 1 であること

▼ 既に~ (5, 0.0%)

2 を呑まれ 1 が変, が遠く, 懸りなの

▼ 既に~ (5, 0.0%)

2 を消し 1 が点つて夜, の点いた, は消え

▼ 既に熟し~ (5, 0.0%)

1 ていた, て其時, て天下乱, 林檎の, 農婦頻

▼ 既に現れ~ (5, 0.0%)

4 ている 1 てゐる

▼ 既に発明~ (5, 0.0%)

3 されて 2 され此処

▼ 既に研究~ (5, 0.0%)

1 された方面, した交換, した人, した如く持久戦争, に着手

▼ 既に終った~ (5, 0.0%)

1 かも知れない, ということ, というよう, という説, といっ

▼ 既に~ (5, 0.0%)

1 だけを償った, に陥されし, は救われた, を淨む, を犯した

▼ 既に自然~ (5, 0.0%)

1 に対する知性, に對, に投入, のうち, の中

▼ 既に藤原~ (5, 0.0%)

5 の氏神河内

▼ 既に読者諸君~ (5, 0.0%)

2 の御 1 が御存知, の知られる, も御存じ

▼ 既に貴方~ (5, 0.0%)

1 に御, の叔父, へ愛想, も叔父様, 御自身

▼ 既に遅い~ (5, 0.0%)

1 イヤイヤ必ずしも遅く, 晩秋の, 気の, 男は, 男女は

▼ 既に~ (5, 0.0%)

1 が重傷, のところ, の工面, の必要, ばかり欲し

▼ 既に黄葉~ (5, 0.0%)

5 して

▼ 既にあらゆる~ (4, 0.0%)

1 希望の, 文学作品の, 艱難の, 詩人が

▼ 既にある程度~ (4, 0.0%)

1 これに, の効果, の専門家, までは机上

▼ 既にいろいろ~ (4, 0.0%)

1 な人, な理由, の研究, の評論

▼ 既にお気づき~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 でしょうが, のこと

▼ 既にここ~ (4, 0.0%)

1 からも判る, にも数百人, に実行, に胚胎

▼ 既にただ~ (4, 0.0%)

1 いままで, の人間, の大陸寺院建築, の小説

▼ 既に~ (4, 0.0%)

1 ツぷりと暮れ, 弓絃を, 思い出した, 思ひ出した

▼ 既にどう~ (4, 0.0%)

3 にもならない 1 云ふ

▼ 既になく~ (4, 0.0%)

3 なつて 1 叔父叔母も

▼ 既になくなっ~ (4, 0.0%)

3 ている 1 ていた

▼ 既になし~ (4, 0.0%)

1 かくして誰, つつある, と覚った, 遂げられた生活

▼ 既にはっきり~ (4, 0.0%)

1 して, と云われた, と見えてる, 予見され

▼ 既にわかっ~ (4, 0.0%)

3 ている 1 ていた

▼ 既にクラシツク~ (4, 0.0%)

1 として我が, として登録, になつ, になつて

▼ 既に一人前~ (4, 0.0%)

3 の男 1 の紳士

▼ 既に一旦~ (4, 0.0%)

1 公けに, 嫁いで, 渡った以上, 臣籍を

▼ 既に三年~ (4, 0.0%)

1 であつ, になる, に垂んとし, 今ヱネチア

▼ 既に~ (4, 0.0%)

1 合法であった, 忍の, 氣味に, 適当にも

▼ 既に久しき~ (4, 0.0%)

1 がため, ものと, を知るべし, 以前より

▼ 既に~ (4, 0.0%)

1 がこ, が決まった, 済んだ上, 終りたればとて

▼ 既に二年~ (4, 0.0%)

1 ちかくとにかく, の星霜, の間, もそこら

▼ 既に人類~ (4, 0.0%)

1 が生息, と世界, の本心, の退化現象

▼ 既に他人~ (4, 0.0%)

1 に譲渡, の所有, の物, の翻訳

▼ 既に先刻~ (4, 0.0%)

1 から何回, から其の, から向う, から私

▼ 既に先生~ (4, 0.0%)

1 が歩み, の風, は何, は千古

▼ 既に六十~ (4, 0.0%)

1 になる, に手, の坂, を越えた

▼ 既に其事~ (4, 0.0%)

2 は人 1 に関する豊富, は述べた

▼ 既に再三~ (4, 0.0%)

1 いつた, 再四従卒, 論及した, 述べたこと

▼ 既に~ (4, 0.0%)

1 い夜露, かな星, く成つて死人, 硬なる

▼ 既に出た~ (4, 0.0%)

2 詞を 1 泊瀬の, 皇子の

▼ 既に前年柳田先生~ (4, 0.0%)

4 が注意

▼ 既に十一時~ (4, 0.0%)

2 を過ぎた 1 に近い, を廻つて

▼ 既に十餘年~ (4, 0.0%)

1 の昔語, の歳月, も經, を經過

▼ 既に半年~ (4, 0.0%)

1 になりぬ, の月日, ほど前, を過ぎ

▼ 既に~ (4, 0.0%)

1 のうまい, をひらき, を切ろう, を開かぬ

▼ 既に古い~ (4, 0.0%)

1 のである, もので, 昔の, 社会に対して

▼ 既に地球上~ (4, 0.0%)

1 からその, から影, で知られ, に出現

▼ 既に変じ~ (4, 0.0%)

1 てその, てゐた, て多人数, て芭蕉

▼ 既に変化~ (4, 0.0%)

2 を生じ 1 して, し過ぎて

▼ 既に~ (4, 0.0%)

1 になり切っ, の衣, らしく爽, を迎えたる

▼ 既に夕闇~ (4, 0.0%)

1 がおり, が漂っ, が迫, が迫りました

▼ 既に大した~ (4, 0.0%)

1 ことである, ことな, ものである, 望を

▼ 既に大学~ (4, 0.0%)

2 を出 1 の教授, を以て響い

▼ 既に~ (4, 0.0%)

1 に歸, に結ばれ, の甘美, を突い

▼ 既に天下公衆~ (4, 0.0%)

2 の知悉, の認識

▼ 既に失われ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ていま, てしまった, て空しき

▼ 既に奈良朝~ (4, 0.0%)

1 から少し, にも寡婦, に熟し, の人々

▼ 既に始まっ~ (4, 0.0%)

2 ていた 1 てい, ていました

▼ 既に子供~ (4, 0.0%)

2 の時 1 では無し, の有

▼ 既に~ (4, 0.0%)

1 にはあらざりき, に在らざる, は焼かれ, を成し

▼ 既に家庭~ (4, 0.0%)

1 である程度, の人, の幸福, をもつた

▼ 既に~ (4, 0.0%)

2 ている 1 てゐた, 静った

▼ 既に少なから~ (4, 0.0%)

1 ざる実例, ざる意義, ず世に, ぬ無理

▼ 既に尽き~ (4, 0.0%)

1 ていた, て多く一帯, ながらまだ, 昨年の

▼ 既に屋敷廻り~ (4, 0.0%)

4 の地形

▼ 既に~ (4, 0.0%)

1 に傾いた, の半, の後, の霊気

▼ 既に平岡~ (4, 0.0%)

2 に嫁いだ, の所有

▼ 既に年老い~ (4, 0.0%)

1 てい, て餘命, 年々に, 心も

▼ 既に幾多~ (4, 0.0%)

1 の兵士, の怨み歌, の議論, の革命的闘士

▼ 既に度々~ (4, 0.0%)

1 してを, 云う通り, 云った通り当時僅, 立ち退きを

▼ 既に忘れられ~ (4, 0.0%)

1 ている, てゐた, て名, て立派

▼ 既に忘却~ (4, 0.0%)

1 して, し去つた, の淵, を重ねた

▼ 既に~ (4, 0.0%)

2 絶えて 1 が絶え, を引取つた

▼ 既に悉く~ (4, 0.0%)

1 壊滅し去っ, 死し僅, 相当の, 認めたれど

▼ 既に成功~ (4, 0.0%)

3 して 1 した筈

▼ 既に成立~ (4, 0.0%)

2 す可 1 したところ, せる恋

▼ 既に我々~ (4, 0.0%)

1 が述べ, と関係, のところ, は世界

▼ 既に所有~ (4, 0.0%)

1 された世界, された土地, されて, せられる量

▼ 既に承知~ (4, 0.0%)

1 されて, した上, になつ, のこと

▼ 既に提出~ (4, 0.0%)

2 せられたもろもろ 1 されて, せられ次いで

▼ 既に~ (4, 0.0%)

2 を呑ん 1 の手, の重囲

▼ 既に文壇~ (4, 0.0%)

1 で名, に遠, の一部, の第一人者

▼ 既に既に~ (4, 0.0%)

1 幅広の, 彼の, 消滅し, 自覚し

▼ 既に早くから~ (4, 0.0%)

1 あったの, 世界の, 分れて, 親しむ折

▼ 既に~ (4, 0.0%)

1 かった, かったので, く卓敬, し両

▼ 既に最初~ (4, 0.0%)

1 から何, の傾向, の太陽, の錯誤

▼ 既に死骸~ (4, 0.0%)

2 であること 1 が其筋, の女

▼ 既に民衆~ (4, 0.0%)

1 ではなかつた, の大, の大半, の奧深くに

▼ 既に気がつい~ (4, 0.0%)

1 ていた, ている, ているだろう, て実行

▼ 既に江戸~ (4, 0.0%)

1 で勤め, に始め, に行かれた, を発せしめた

▼ 既に注意~ (4, 0.0%)

3 して 1 した大家

▼ 既に消滅~ (4, 0.0%)

2 して 1 したりと, すれば

▼ 既に深く~ (4, 0.0%)

1 彼女を, 根を, 経験し, 頽齢に

▼ 既に満員~ (4, 0.0%)

2 である 1 であるひるは, で窓

▼ 既に満足~ (4, 0.0%)

1 されて, したの, し得なくなって, を得ず

▼ 既に~ (4, 0.0%)

1 が来, が点じられ, のよう, は三人

▼ 既に~ (4, 0.0%)

1 に入った, に帰したる, も同然, 勢力に

▼ 既に熟知~ (4, 0.0%)

1 されて, して, する所, せり作り話

▼ 既に~ (4, 0.0%)

1 たらず物, に見え, の數, 足らぬ感

▼ 既に甚だ~ (4, 0.0%)

2 愛嬌津々たる 1 奇修飾を, 近きを

▼ 既に生じ~ (4, 0.0%)

2 ている, てゐる

▼ 既に~ (4, 0.0%)

1 あらず目, ゐたれば, ゐられなくなつ, ゐ尽して

▼ 既に疾く~ (4, 0.0%)

1 これに, に宣言, 児を, 明かに

▼ 既に病死~ (4, 0.0%)

1 したと, して, し他, として立派

▼ 既に発狂~ (4, 0.0%)

3 して 1 の予告

▼ 既に發達~ (4, 0.0%)

1 した理論家, した生産力, して, の彼岸

▼ 既に白く~ (4, 0.0%)

2 光を 1 なって, 濃藍色の

▼ 既に~ (4, 0.0%)

1 きたり, きたるならん, きるころ, し果て

▼ 既に矛盾~ (4, 0.0%)

1 がある, が沢山, であり滑稽, はある

▼ 既に知った~ (4, 0.0%)

3 ように 1 はずだ

▼ 既に示した~ (4, 0.0%)

2 如くに 1 幾何学的表現に, 方針に

▼ 既に経過~ (4, 0.0%)

1 した其, して, し去りて, せる事実

▼ 既に絶え~ (4, 0.0%)

1 あるもの, てもと, てゐるだらう, て僅

▼ 既に美しい~ (4, 0.0%)

1 少女から, 色を, 輪郭を, 鮎返り

▼ 既に老人~ (4, 0.0%)

2 である 1 であった, の熟知

▼ 既に老境~ (4, 0.0%)

1 に入っ, に入った, に入り, に達し

▼ 既に老衰~ (4, 0.0%)

2 して 1 に及ん, の境

▼ 既に考へ~ (4, 0.0%)

1 て, てゐた, て居つた, 方が

▼ 既に耕作~ (4, 0.0%)

3 されて 1 せられた土地

▼ 既に舞台~ (4, 0.0%)

1 と自分, に上がる, に上っ, の経験

▼ 既に芸術~ (4, 0.0%)

1 に於ける, の方則, の第一義, の聖殿

▼ 既に若い~ (4, 0.0%)

1 可憐な, 女房を, 嫁を, 演劇研究者の

▼ 既に観察~ (4, 0.0%)

2 した 1 したこの, したところ

▼ 既に解放~ (4, 0.0%)

1 されて, される階級, せられて, せられもしくは

▼ 既に言った~ (4, 0.0%)

1 とおりまた, とおり人生の, とおり彼女は, 通り牡馬が

▼ 既に証明~ (4, 0.0%)

1 した如く, して, し得たつもり, を得たれ

▼ 既に詳しく~ (4, 0.0%)

1 書いたから, 知りがたく, 述べた, 述べた通り

▼ 既に認められ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ておった, てしまっ, てゐる

▼ 既に読ん~ (4, 0.0%)

1 でい, でいた, でいらつ, で下さつた

▼ 既に論じ~ (4, 0.0%)

2 ておいた 1 ている, 畢んぬ

▼ 既に起き~ (4, 0.0%)

1 ている, てゐる, て火鉢, て蒲團

▼ 既に~ (4, 0.0%)

3 かつた 1 矣雪の

▼ 既に遠く~ (4, 0.0%)

1 なつた榛の木, なりぬ, の彼方, 川上の

▼ 既に長く~ (4, 0.0%)

1 つづいて, 忘れて, 田中の, 真正面より

▼ 既に間違っ~ (4, 0.0%)

4 ている

▼ 既に~ (4, 0.0%)

1 が降っ, になつて, を冐, 漏や

▼ 既に~ (4, 0.0%)

1 が降っ, の中, の片影, の結晶

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 がつて, つた, つても

▼ 既にあなた~ (3, 0.0%)

1 のため, の趣味, の魂

▼ 既にいくつ~ (3, 0.0%)

1 かの破れ, かの論文, もの插話

▼ 既にいと~ (3, 0.0%)

1 あはれなる, さだかに, たやすく搬

▼ 既にかうした~ (3, 0.0%)

2 青春時代の 1 描写能力

▼ 既にかしこ~ (3, 0.0%)

1 にみえざりき, に援兵, を去り

▼ 既にこれら~ (3, 0.0%)

1 の押問答, の極めて, の法則

▼ 既にすたれ~ (3, 0.0%)

1 てただ, て他, て吾妻コート流行

▼ 既にそれ以前~ (3, 0.0%)

1 からこれ, から固定, の文化元年

▼ 既にだいぶ~ (3, 0.0%)

1 はいってるらしい, 前から, 召上っ

▼ 既になき~ (3, 0.0%)

2 世の 1 人の

▼ 既にはじまっ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ていた

▼ 既にひどい~ (3, 0.0%)

1 心痛は, 破損で, 脳貧血を

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 いったよう, ぎとらうとしてゐるのを朧氣ながら, 言った如くもし

▼ 既にやや~ (3, 0.0%)

1 すたれて, 不足を, 薄くなっ

▼ 既にアメリカ~ (3, 0.0%)

1 の工場, の毛皮業船, を発見

▼ 既にキリシタン~ (3, 0.0%)

2 となった 1 となっ

▼ 既にチベット~ (3, 0.0%)

2 の婦女子 1 に留学

▼ 既にロシア~ (3, 0.0%)

1 の党, の油虫, の現実的情勢

▼ 既にロンドン~ (3, 0.0%)

1 に到着, に巣くった, のロングマンズ

▼ 既に一ぱい~ (3, 0.0%)

2 なの 1 で私

▼ 既に一年半~ (3, 0.0%)

1 になる, も以前, も前

▼ 既に一方~ (3, 0.0%)

1 ならず心, ならぬ冷遇, 的に

▼ 既に一月~ (3, 0.0%)

1 が経過, も進み進ん, を經

▼ 既に一般~ (3, 0.0%)

1 から重大, に知れ渡っ, の習慣

▼ 既に三人~ (3, 0.0%)

1 の女, の娘たち, の競技者

▼ 既に三十三歳~ (3, 0.0%)

2 になつて 1 なの

▼ 既に三月~ (3, 0.0%)

1 の初旬, の間, も過ぎ

▼ 既に不思議~ (3, 0.0%)

1 であるばかり, な恩寵, な映像

▼ 既に不明~ (3, 0.0%)

1 となり, になっ, になつ

▼ 既に与えられた~ (3, 0.0%)

1 ものを, 時にのみ, 紙幅を

▼ 既に世の中~ (3, 0.0%)

1 に顔, の光明, を自由

▼ 既に中年~ (3, 0.0%)

1 ではあり, のころ, の域

▼ 既に了解~ (3, 0.0%)

1 され始めて, したであろう, して

▼ 既に~ (3, 0.0%)

2 大宿題 1 の象結び合

▼ 既に二三~ (3, 0.0%)

1 の作品, の例, の著書

▼ 既に二会期~ (3, 0.0%)

2 の議会 1 を経過

▼ 既に二十年~ (3, 0.0%)

1 になる, ほどまえ, を経

▼ 既に二十年前~ (3, 0.0%)

1 に吾輩, のこと, の事

▼ 既に二十歳~ (3, 0.0%)

1 くらいにも見える, の作, の名主時代

▼ 既に二會期~ (3, 0.0%)

2 の議會 1 を經過

▼ 既に云った~ (3, 0.0%)

1 がこれ, とおりである, ように

▼ 既に云つた如く~ (3, 0.0%)

1 に文化八年, に文政五年九月四日, に茶山

▼ 既に五十~ (3, 0.0%)

1 であった, にま, にも近から

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 かつた, し, たりと

▼ 既に亡き~ (3, 0.0%)

1 ジューヴェを, 数に, 者に

▼ 既に亡くな~ (3, 0.0%)

1 つた, つて居たなら, つて居りまし

▼ 既に亡くなっ~ (3, 0.0%)

1 ていられた, ている, てしまっ

▼ 既に他国~ (3, 0.0%)

2 に異なり 1 の船舶

▼ 既に余りに~ (3, 0.0%)

1 も歴然たる, 生活の, 疲れた

▼ 既に使~ (3, 0.0%)

2 ひずみ 1 ひ馴れたる文字

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 の二階, の小包, の道路工夫

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 うと, へなき, れり唯

▼ 既に傾いた~ (3, 0.0%)

2 陽ざしは 1 西日が

▼ 既に傾き~ (3, 0.0%)

1 て子午線, やすくやうやう, 瓦は

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 世界を, 健康男子が, 屋に

▼ 既に全快~ (3, 0.0%)

2 しながら 1 して

▼ 既に全然~ (3, 0.0%)

1 新しい層, 滅び只, 誤つて

▼ 既に八十歳~ (3, 0.0%)

1 になつて, を経, を經

▼ 既に八時~ (3, 0.0%)

1 に近く, を過ぎ, を過ぎました

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 を知り, を語るべからざる, を起し

▼ 既に内地~ (3, 0.0%)

1 にいる, の神道, へ帰っ

▼ 既に出来た~ (3, 0.0%)

1 ものが, 作物を, 後どうして

▼ 既に出版~ (3, 0.0%)

1 されて, と決した, に相成る

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 の下, の下げ緒, は抜き持っ

▼ 既に分っ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 て居る

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 の一カ年, 唐の, 登攀を

▼ 既に~ (3, 0.0%)

2 の事 1 の車

▼ 既に前回~ (3, 0.0%)

1 でも触れ, の話, までのいきさつ

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 であるに, の前, を及ぼす

▼ 既に十五年~ (3, 0.0%)

1 にもなる, も経っ, も経過

▼ 既に十年前~ (3, 0.0%)

1 にこの, に僕, の針木峠

▼ 既に十時~ (3, 0.0%)

1 だったし, と聞き, に近から

▼ 既に~ (3, 0.0%)

2 つてゐた 1 つて畢つて居る

▼ 既に叔母~ (3, 0.0%)

1 から旅費, の娘, の意見

▼ 既に古代~ (3, 0.0%)

1 に其の, の希臘哲学, の欧羅巴文学

▼ 既に古典~ (3, 0.0%)

1 であったと, としての待遇, に属する

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 にあたり, の困難, の最初

▼ 既に名人~ (3, 0.0%)

2 の域 1 だつたが

▼ 既に唯一~ (3, 0.0%)

1 ならざる意義, の無限, の確證

▼ 既に四世紀~ (3, 0.0%)

1 の初め, の歴史, までに終っ

▼ 既に四十~ (3, 0.0%)

1 ちかくに, ちかく髪の毛, の宿儒

▼ 既に困難~ (3, 0.0%)

1 なこと, なる一九一五年度, になつ

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 に帰り, へ帰り, を配すべき

▼ 既に国家~ (3, 0.0%)

2 の萌芽 1 に対して債権者

▼ 既に国民~ (3, 0.0%)

2 の国民 1 に倦まれたる

▼ 既に地獄~ (3, 0.0%)

1 か墓, にある, を離れたれ

▼ 既に堂々たる~ (3, 0.0%)

2 文科大学生だ 1 一家の

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 の領域, を収め, を立つべき

▼ 既に外国~ (3, 0.0%)

1 と交際, の歯科医学, 特に独逸

▼ 既に多分~ (3, 0.0%)

1 に存在, の変移, の滑稽

▼ 既に多数~ (3, 0.0%)

1 のこの, の医師, の非人

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 だと, ならず, の中

▼ 既に大人~ (3, 0.0%)

1 なりけれ, の気, の社会

▼ 既に大分~ (3, 0.0%)

1 の読者諸君, 切ったので, 息苦し気

▼ 既に大半~ (3, 0.0%)

1 に超え, 焼かれまた, 焼けて

▼ 既に太陽~ (3, 0.0%)

1 の引力範囲, をもおおい隠し, を祀る

▼ 既に夫婦~ (3, 0.0%)

1 の大, は無い, を成し

▼ 既に失つて~ (3, 0.0%)

1 しまつ, ゐる, 居つたかも

▼ 既に妻子~ (3, 0.0%)

1 がある, のあつ, を持ち

▼ 既に姦淫~ (3, 0.0%)

1 したの, を犯した, 双斃

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 したの, した早期, せずと

▼ 既に宇宙~ (3, 0.0%)

1 に遍満, の宏大無辺, の脈

▼ 既に定まっ~ (3, 0.0%)

3 ている

▼ 既に定まり~ (3, 0.0%)

1 その月, て削, 兵甲既に

▼ 既に容易~ (3, 0.0%)

1 でない上, ならぬ疑問, の業

▼ 既に察し~ (3, 0.0%)

1 ている, ては居る, てゐる

▼ 既に小学校~ (3, 0.0%)

1 に入, に這入る, のうち

▼ 既に屡々~ (3, 0.0%)

1 嫌疑され, 注意を, 言明し

▼ 既に~ (3, 0.0%)

2 になつて 1 になっ

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 が生命, が高輪田長三, の恋

▼ 既に已に~ (3, 0.0%)

1 焼けに, 過ぎ去つた自分, 邪気の

▼ 既に巴里~ (3, 0.0%)

1 の宿, へ帰っ, を去った

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 から掃出された, に出, の経営

▼ 既に希臘~ (3, 0.0%)

2 の昔 1 の上古

▼ 既に常人~ (3, 0.0%)

1 とちが, とちがっ, の用いる

▼ 既に常識~ (3, 0.0%)

1 である, となった, になっ

▼ 既に平氏政府~ (3, 0.0%)

1 の亡滅, の存在, の敵

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 のはじまり, を取っ, 経て

▼ 既に幽か~ (3, 0.0%)

2 に光つて 1 に忍びいつてゐる模様

▼ 既に引いた~ (3, 0.0%)

1 ものの外, 七首の, 茶山の

▼ 既に~ (3, 0.0%)

2 の崩れた 1 がない

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 たりとせん, て止むべし, ば周公

▼ 既に御存じ~ (3, 0.0%)

2 のとおり 1 とは思います

▼ 既に御存知~ (3, 0.0%)

1 とは思ひます, の筈, の血染め

▼ 既に心中~ (3, 0.0%)

2 に疑惑 1 の大

▼ 既に必要~ (3, 0.0%)

1 となった, な言葉全部, になっ

▼ 既に~ (3, 0.0%)

2 げな 1 樂の

▼ 既に快い~ (3, 0.0%)

1 ものでない, コバルト色に, 酔いを

▼ 既に恐ろしい~ (3, 0.0%)

1 ことだった, 山崩れの, 陥穽が

▼ 既に悪魔~ (3, 0.0%)

1 の巣, の弟子, の虜

▼ 既に意思~ (3, 0.0%)

1 である以上, となる, になる

▼ 既に憲法~ (3, 0.0%)

1 があり, の条章, の條章

▼ 既に成った~ (3, 0.0%)

1 と云っ, 後之を, 書も

▼ 既に成る~ (3, 0.0%)

1 の後, 以て, 苦

▼ 既に成熟~ (3, 0.0%)

1 した人, した文明, を感じさせる

▼ 既に我が国~ (3, 0.0%)

1 で隆盛, はどこ, を指し

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 を切っ, を切り, を引金

▼ 既に挙げた~ (3, 0.0%)

1 ヘラクレスの, 為山永機の, 群

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 兵の, 兵戦術の, 所若しくは

▼ 既に散り~ (3, 0.0%)

1 八手漸く, 初む, 昼も

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 なる実在, 五百題にも, 古今調と

▼ 既に新聞~ (3, 0.0%)

1 でも御, に素ッ, に載った

▼ 既に日本人~ (3, 0.0%)

1 としての雄大, の話す, の頭

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 草まじり, 藩侯邸の, 面目を

▼ 既に~ (3, 0.0%)

2 やうす 1 やお

▼ 既に明け~ (3, 0.0%)

1 そめたの, たり, 放れて

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 ちゃんと呼ばれる, の来れる, は去

▼ 既に昨年~ (3, 0.0%)

1 とかも藻西太郎, の春, 第一次勧告書

▼ 既に時機~ (3, 0.0%)

1 が遅い, が遅く, を失し

▼ 既に時間~ (3, 0.0%)

1 が過ぎ, と空間, の測定

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 ちかしと, の光, の近き

▼ 既に書い~ (3, 0.0%)

1 ておいた, てしまった, て来た

▼ 既に最後~ (3, 0.0%)

1 の手段, の段, の珈琲

▼ 既に有する~ (3, 0.0%)

2 ロゴスの 1 信仰を

▼ 既に有る~ (3, 0.0%)

1 からという, のでせう, 性命から

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 でも定評, の人達, の向う

▼ 既に東北地方~ (3, 0.0%)

1 から江戸吉原, の東北地方, は紹介

▼ 既に枯死~ (3, 0.0%)

2 して 1 せんと

▼ 既に根本~ (3, 0.0%)

1 が此処, において誤り, に於

▼ 既に極めて~ (3, 0.0%)

1 低いので, 冷ややかである, 多く論ぜられ来っ

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 實に, 藍が, 驗無しと

▼ 既に正午~ (3, 0.0%)

1 になっ, に近, の線

▼ 既に此目的~ (3, 0.0%)

2 を抱 1 を達したる

▼ 既に死したる~ (3, 0.0%)

1 か又或は, 人の, 思想の

▼ 既に沒理想~ (3, 0.0%)

1 なり, なり作者, を一主義

▼ 既に没し~ (3, 0.0%)

1 ていずれ, ている, て文茲

▼ 既に演劇~ (3, 0.0%)

1 という一つ, としての形態, の専門的研究

▼ 既に無力~ (3, 0.0%)

1 であり或は, となった, を曝露

▼ 既に無形~ (3, 0.0%)

2 の大 1 の娯楽

▼ 既に父母~ (3, 0.0%)

1 は世に, を失った, を罵

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 いうこと, まで罪, 考えられる如く我々

▼ 既に物故~ (3, 0.0%)

1 したこの, したそう, して

▼ 既に~ (3, 0.0%)

2 内閣の 1 はれて

▼ 既に現世~ (3, 0.0%)

1 の役割, の覊絆, を超越

▼ 既に現代~ (3, 0.0%)

1 の全体, の文学観, らしくディフォーメイション

▼ 既に現在~ (3, 0.0%)

1 の作品, の俺, の読者

▼ 既に理想~ (3, 0.0%)

2 の都市 1 を失つた国々

▼ 既に理解~ (3, 0.0%)

2 して 1 されて

▼ 既に~ (3, 0.0%)

3 を内

▼ 既に病気~ (3, 0.0%)

1 が本復, であつ, は直った

▼ 既に発展~ (3, 0.0%)

2 して 1 の余地

▼ 既に發表~ (3, 0.0%)

2 されて 1 をします

▼ 既に百日~ (3, 0.0%)

1 になる, にもなる, に垂

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 に行, を越した, を過

▼ 既に~ (3, 0.0%)

2 も眩ん 1 をつけられ

▼ 既に目睫~ (3, 0.0%)

1 に迫っ, に迫れる, の中

▼ 既に眠っ~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 ており

▼ 既に知られる~ (3, 0.0%)

1 とおり船形も, ところである, 通り彼の

▼ 既に知れ~ (3, 0.0%)

1 ている, てもをる, ばなり

▼ 既に秀吉~ (3, 0.0%)

1 に与, の勢, は自ら京

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 は白ん, 乏を, 飛ぶ機械

▼ 既に精神~ (3, 0.0%)

2 の成熟 1 が壊れ

▼ 既に約束~ (3, 0.0%)

1 したという, して, の成立った

▼ 既に終つた~ (3, 0.0%)

2 から平生 1 かのやう

▼ 既に終り~ (3, 0.0%)

2 を告げ 1 て日

▼ 既に纏つて~ (3, 0.0%)

2 居たもの 1 ゐたもの

▼ 既に習慣~ (3, 0.0%)

2 がついた 1 となっ

▼ 既に老年~ (3, 0.0%)

1 この難役, に近い, に達し

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 に動悸, に匕首, の悪かっ

▼ 既に腐敗~ (3, 0.0%)

1 したり, して, し外形

▼ 既に自由~ (3, 0.0%)

1 という訳字, と幸福, に使用

▼ 既に自身~ (3, 0.0%)

1 のその, の文学, の新た

▼ 既に~ (3, 0.0%)

2 へられて 1 へたる認可

▼ 既に興味~ (3, 0.0%)

1 の多い, の深い, を以て従う

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 から離れ, に乗じ, は桟橋

▼ 既に若干~ (3, 0.0%)

1 の支那人信者, の混乱, の申込者

▼ 既に草鞋~ (3, 0.0%)

2 を解い 1 をつけ

▼ 既に著しく~ (3, 0.0%)

1 その興味, 減少した, 表面化し

▼ 既に藝術~ (3, 0.0%)

1 の天地, の第一義, を云

▼ 既に蘭軒~ (3, 0.0%)

1 が八月十九日, の家, を七日市

▼ 既に見る~ (3, 0.0%)

1 可から, 者で, 者の

▼ 既に詩人~ (3, 0.0%)

1 たらざるなり必ら, として特異, となった

▼ 既に説ける~ (3, 0.0%)

2 が如く 1 が如し

▼ 既に諸君~ (3, 0.0%)

1 の知られる, も御存知, を代表

▼ 既に軍隊~ (3, 0.0%)

1 の内部, の単位, の現代的調練

▼ 既に述べました~ (3, 0.0%)

1 が残る, ように, 通り唐律から

▼ 既に過ぎた~ (3, 0.0%)

1 九月の, 事である, 事を

▼ 既に過ぎ去った~ (3, 0.0%)

2 ものであり 1 暴風雨であった

▼ 既に過ぎ去り~ (3, 0.0%)

1 つつある, 海も, 青梅を

▼ 既に~ (3, 0.0%)

2 かつた 1 し海賊船

▼ 既に部屋~ (3, 0.0%)

1 の中, の内, を出よう

▼ 既に~ (3, 0.0%)

1 が高く, くさい息, を中心

▼ 既に閣下~ (3, 0.0%)

2 の内閣 1 も喝破

▼ 既に青年~ (3, 0.0%)

1 となっ, になっ, の姿

▼ 既に非常~ (3, 0.0%)

1 な疲労, に曖昧, の戦争熱

▼ 既に音樂~ (3, 0.0%)

1 に掛らぬ, に掛りませぬ, の拍節

▼ 既に頂上~ (3, 0.0%)

1 の一部, まで達, まで騰貴

▼ 既に驚くべき~ (3, 0.0%)

1 ミステリーであり, 發展である, 科学の

▼ 既にあきらめ~ (2, 0.0%)

2 に住

▼ 既にあっ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て新

▼ 既にあとかた~ (2, 0.0%)

1 もあらぬ, もない

▼ 既にあまりに~ (2, 0.0%)

1 多くの, 貴族的であり

▼ 既にあらわれ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 既にあり~ (2, 0.0%)

1 て吾, といっ

▼ 既にあれ~ (2, 0.0%)

1 て新都, ほどまでの進化

▼ 既にいい~ (2, 0.0%)

1 古され, 腕に

▼ 既にいい加減~ (2, 0.0%)

2 参って

▼ 既にいう~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ 既にいくら~ (2, 0.0%)

1 かの定型, かの年数

▼ 既にいくらか~ (2, 0.0%)

1 酔って, 黄ばんで

▼ 既にいつ~ (2, 0.0%)

1 てしまつ, ぱしの

▼ 既にいわゆる~ (2, 0.0%)

1 コペルニクス説の, 民主主義陣営と

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 ンにには, 殺せたま

▼ 既におそ~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 既におそい~ (2, 0.0%)

1 と思った, のである

▼ 既におそかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たの

▼ 既におと~ (2, 0.0%)

1 しも六十歳, よさん

▼ 既におの~ (2, 0.0%)

1 が君, づから

▼ 既にお前~ (2, 0.0%)

1 の, の名義

▼ 既にお話~ (2, 0.0%)

1 があった, があッ

▼ 既にかう~ (2, 0.0%)

1 いふ效果を, いふ講演会といふ

▼ 既にかうし~ (2, 0.0%)

1 て作られつ, て日本人

▼ 既にかの~ (2, 0.0%)

1 花粉の, 魂等と

▼ 既にこう~ (2, 0.0%)

1 でありますから, なれば

▼ 既にこうして~ (2, 0.0%)

1 出て, 府からの

▼ 既にこんな~ (2, 0.0%)

1 ヘンな, 菌を

▼ 既にご存じ~ (2, 0.0%)

1 でございませうが, のこと

▼ 既にさうな~ (2, 0.0%)

1 つて, のだ

▼ 既にさっき~ (2, 0.0%)

1 から何, 調べて

▼ 既にさる~ (2, 0.0%)

1 大藩から, 貴族に

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 つかり溶け合つて, ッぱり思切ッて

▼ 既にすべて~ (2, 0.0%)

1 の学問, を言

▼ 既にずっと~ (2, 0.0%)

1 前から, 前に

▼ 既にそれだけ~ (2, 0.0%)

1 のもの, 大切な

▼ 既にそれ等~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 既にちゃんと~ (2, 0.0%)

1 出来て, 自信たっ

▼ 既につい~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 既にです~ (2, 0.0%)

1 か, よ既に

▼ 既にどんな~ (2, 0.0%)

1 人間でも, 方法が

▼ 既にない~ (2, 0.0%)

1 のである, のです

▼ 既になくなり~ (2, 0.0%)

1 母と, 私より

▼ 既になされた~ (2, 0.0%)

1 決心, 経験についても

▼ 既にひとつ~ (2, 0.0%)

1 の思想, の解釈

▼ 既にひと通り~ (2, 0.0%)

1 の下調べ, の調査

▼ 既にひどく~ (2, 0.0%)

1 そこなわれた, 酔つてし

▼ 既にほか~ (2, 0.0%)

1 から聞いた, ひ以外

▼ 既にほとんど~ (2, 0.0%)

1 コットウ化した, 人口の

▼ 既にまた~ (2, 0.0%)

1 土地土地の, 歳月は

▼ 既にまったく~ (2, 0.0%)

1 師走の, 老境に

▼ 既にもうこ~ (2, 0.0%)

1 の上, の某

▼ 既にもつ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, ように

▼ 既にやっ~ (2, 0.0%)

1 ている, てしまった

▼ 既にやつ~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ 既にわかり切っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 既にわたくし~ (2, 0.0%)

1 とは相識, は葷斎漫筆

▼ 既にアバタ~ (2, 0.0%)

1 の穴, の茶漬け侍

▼ 既にアリストテレス~ (2, 0.0%)

1 が国家, が太陽太陰

▼ 既にインド~ (2, 0.0%)

1 で拵えられた, の方

▼ 既にソ連~ (2, 0.0%)

1 では北極洋, の共産主義

▼ 既にドイツ~ (2, 0.0%)

1 においてこの, の第

▼ 既にナポレオン~ (2, 0.0%)

1 によって勝利, を粉砕

▼ 既にフランス~ (2, 0.0%)

1 の四分の三, 第一

▼ 既にプラトン~ (2, 0.0%)

1 の哲学, やデカルト

▼ 既にプログラム~ (2, 0.0%)

1 の低調, も刷られ

▼ 既にペリクレス時代~ (2, 0.0%)

2 のアゼンス

▼ 既にマリユス~ (2, 0.0%)

1 を射とめ, を美しい

▼ 既に一仕事~ (2, 0.0%)

1 である上, を終つて

▼ 既に一時間~ (2, 0.0%)

1 ほど前, 何しろ魔術師

▼ 既に一月怎~ (2, 0.0%)

2 うした

▼ 既に一着~ (2, 0.0%)

2 を贏

▼ 既に一般的~ (2, 0.0%)

1 な困難, に決められ

▼ 既に一身~ (2, 0.0%)

1 の運命, は落ちん

▼ 既に一週間~ (2, 0.0%)

1 ほど経た, も以前

▼ 既に七月~ (2, 0.0%)

1 となりました, の夢

▼ 既に三ヶ月~ (2, 0.0%)

2 にもなる

▼ 既に三十~ (2, 0.0%)

1 の身, を越し

▼ 既に三回~ (2, 0.0%)

1 のテレヴィ放送, も他

▼ 既に三度~ (2, 0.0%)

1 も借用, 目だつた

▼ 既に三百歳~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 で以, 葉の

▼ 既に不完全~ (2, 0.0%)

2 なりしは

▼ 既に与えられ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 既に世に~ (2, 0.0%)

1 なきが, なき翰

▼ 既に世上~ (2, 0.0%)

1 に知られ, の問題

▼ 既に世界的~ (2, 0.0%)

2 な評論家

▼ 既に世間~ (2, 0.0%)

1 に知られ, に行われ

▼ 既に両親~ (2, 0.0%)

1 がなく, も早

▼ 既に中国~ (2, 0.0%)

1 でも日本, の一隅

▼ 既に中學~ (2, 0.0%)

1 の二年級, を卒業

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 の有る, を失ひ

▼ 既に主義~ (2, 0.0%)

1 となっ, となる

▼ 既に主題~ (2, 0.0%)

1 の一部, は完成

▼ 既に九時~ (2, 0.0%)

1 を過ぎ, 近かった

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 得せられたこと, 解せられたで

▼ 既に予告~ (2, 0.0%)

1 せり貴下, も出

▼ 既に予定~ (2, 0.0%)

1 されて, の時間

▼ 既に予期~ (2, 0.0%)

1 されてたこと, したこと

▼ 既に予算~ (2, 0.0%)

1 は取っ, は復活

▼ 既に事件~ (2, 0.0%)

1 の各, は迷宮

▼ 既に事切れ~ (2, 0.0%)

1 ている, となった

▼ 既に二三人~ (2, 0.0%)

1 の子持, の客

▼ 既に二三寸~ (2, 0.0%)

2 に延びた

▼ 既に二三年~ (2, 0.0%)

2 も前

▼ 既に二十~ (2, 0.0%)

1 の星霜, を越した

▼ 既に二十六~ (2, 0.0%)

1 だつた, にも成る

▼ 既に二囘~ (2, 0.0%)

1 の議会, の議會

▼ 既に二回~ (2, 0.0%)

1 までもこの, 会って

▼ 既に二日~ (2, 0.0%)

1 ばかりも続いた, も秀子

▼ 既に二時~ (2, 0.0%)

1 を打た, を経過

▼ 既に二時間~ (2, 0.0%)

1 を経過, を費消

▼ 既に五六年~ (2, 0.0%)

1 になる, にもならう

▼ 既に五年前~ (2, 0.0%)

1 の廃墟, も成人

▼ 既に五日市町~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 既に五月~ (2, 0.0%)

1 の始め, の末

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 を去つたらしい, 摂間

▼ 既に京都~ (2, 0.0%)

1 で受取つて, に上つて

▼ 既に人口~ (2, 0.0%)

1 に膾炙, は充満

▼ 既に人手~ (2, 0.0%)

1 に渡っ, に渡つたもの

▼ 既に人足~ (2, 0.0%)

1 の用, は杜絶

▼ 既に人麿~ (2, 0.0%)

2 の歌

▼ 既に今井~ (2, 0.0%)

1 は岩蔭, は岩陰

▼ 既に今日嫂~ (2, 0.0%)

2 との会談

▼ 既に仕事~ (2, 0.0%)

1 が限界的, の境地

▼ 既に他家~ (2, 0.0%)

2 に縁付いた

▼ 既に~ (2, 0.0%)

2 助に

▼ 既に伐採~ (2, 0.0%)

1 が済ん, されて

▼ 既に伝説化~ (2, 0.0%)

1 して, し劇的

▼ 既に~ (2, 0.0%)

2 の戦法

▼ 既に何となく~ (2, 0.0%)

1 ただごとでなくなっ, 罪悪感を

▼ 既に何年~ (2, 0.0%)

1 となく, を経過

▼ 既に何度~ (2, 0.0%)

1 となく, も繰返し

▼ 既に何日~ (2, 0.0%)

1 かを経過, か経った

▼ 既に余程~ (2, 0.0%)

1 前の, 改善せられた

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 既に使っ~ (2, 0.0%)

2 てあります

▼ 既に使つて~ (2, 0.0%)

2 ありますね

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 り居たり, るの

▼ 既に個人~ (2, 0.0%)

2 というもの

▼ 既に倒れ~ (2, 0.0%)

1 てまた, 豎子台鼎の

▼ 既に倒れたる~ (2, 0.0%)

1 もその, 帝座は

▼ 既に借り~ (2, 0.0%)

1 てさ天引四割, て無法

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 文五年, 槧千金方を

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 であるところ, を押

▼ 既に兆し~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐる

▼ 既に先客~ (2, 0.0%)

1 があっ, がある

▼ 既に先着~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 がこの, の消えた

▼ 既に光子~ (2, 0.0%)

1 からと俊子, は僕

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 つたものが, つてゐる

▼ 既に全景的~ (2, 0.0%)

2 にリズム

▼ 既に八つ~ (2, 0.0%)

1 の峰々, の犯罪

▼ 既に八年~ (2, 0.0%)

1 に及ん, 前将軍

▼ 既に六人~ (2, 0.0%)

1 の生命, ばかりの特別

▼ 既に六十年~ (2, 0.0%)

1 に垂ん, を越し

▼ 既に兵舎~ (2, 0.0%)

2 に充てられ

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 があつ, れを

▼ 既に其中~ (2, 0.0%)

1 にごと, に於

▼ 既に其前~ (2, 0.0%)

1 から其新聞紙上, に熱力學的考察

▼ 既に其地~ (2, 0.0%)

2 を代

▼ 既に其時~ (2, 0.0%)

1 は機先, を逸し

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 から働い, にあり

▼ 既に内閣~ (2, 0.0%)

1 の尊厳, の尊嚴

▼ 既に~ (2, 0.0%)

2 黙の

▼ 既に凡て~ (2, 0.0%)

1 の物, の飾り付け

▼ 既に処女~ (2, 0.0%)

1 ではなかっ, にあらずし

▼ 既に出し~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 既に出家~ (2, 0.0%)

1 して, の本意

▼ 既に出来上っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 既に出発~ (2, 0.0%)

1 したこと, して

▼ 既に切迫~ (2, 0.0%)

1 して, し来れるの感甚切

▼ 既に刊行~ (2, 0.0%)

2 せられて

▼ 既に初老~ (2, 0.0%)

1 を越えた, を過ぎ

▼ 既に利潤~ (2, 0.0%)

1 の問題, の変動

▼ 既に到りたる~ (2, 0.0%)

2 の現象

▼ 既に到達~ (2, 0.0%)

1 したもの, せる者

▼ 既に前年~ (2, 0.0%)

1 の政変, 造られて

▼ 既に前章~ (2, 0.0%)

1 ではっきり, で大要

▼ 既に前節~ (2, 0.0%)

1 に於, に述べし如く

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 あり造化, しがたき

▼ 既に動い~ (2, 0.0%)

1 てゐた, て居た

▼ 既に勝負~ (2, 0.0%)

1 は分明, は定まっ

▼ 既に~ (2, 0.0%)

2 仕して

▼ 既に匕首~ (2, 0.0%)

2 を呑ん

▼ 既に化石~ (2, 0.0%)

2 となっ

▼ 既に北宋~ (2, 0.0%)

1 の初期, の終り

▼ 既に医者~ (2, 0.0%)

1 から楼主, の耳

▼ 既に十七歳~ (2, 0.0%)

1 になっ, に成っ

▼ 既に十三十四十五十六~ (2, 0.0%)

1 といふ年齡, といふ年齢

▼ 既に十九世紀~ (2, 0.0%)

1 に西洋, の初め

▼ 既に十二時~ (2, 0.0%)

1 に近, に近く

▼ 既に十二月~ (2, 0.0%)

1 に入っ, の中旬

▼ 既に十余年~ (2, 0.0%)

1 を経た, を経過

▼ 既に十分発達~ (2, 0.0%)

1 したるもの, したる神話

▼ 既に十幾年~ (2, 0.0%)

2 の間身

▼ 既に十日~ (2, 0.0%)

1 の余, ほども屯集

▼ 既に十有余年~ (2, 0.0%)

1 の前, の昔

▼ 既に十歳~ (2, 0.0%)

1 と八歳, になつて

▼ 既に千金~ (2, 0.0%)

2 を捐

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 なり, を過ぎ

▼ 既に半分~ (2, 0.0%)

1 去つた如く, 酔って

▼ 既に半分以上~ (2, 0.0%)

1 は諷刺, も開け

▼ 既に南下~ (2, 0.0%)

1 して, の勢

▼ 既に単なる~ (2, 0.0%)

1 チヤンバラでは, 流行では

▼ 既に博士~ (2, 0.0%)

1 である人達, の姿

▼ 既に印刷~ (2, 0.0%)

1 し畢, に回し

▼ 既に印度洋~ (2, 0.0%)

1 から軍艦, 及び南太平洋

▼ 既に危険~ (2, 0.0%)

1 であるのに, は皆

▼ 既に原始~ (2, 0.0%)

1 のもの, の印度日耳曼民族

▼ 既に去っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て僅か

▼ 既に去る~ (2, 0.0%)

1 を見, 寛保年中一時の

▼ 既に友達~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, は八方

▼ 既に反省~ (2, 0.0%)

2 が来

▼ 既に収まっ~ (2, 0.0%)

1 て夕風, て案外

▼ 既に取除け~ (2, 0.0%)

1 てある, ておいた

▼ 既に古典的~ (2, 0.0%)

1 なもの, な貧

▼ 既に叫ばれ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 方面からの, 版の

▼ 既に各種~ (2, 0.0%)

1 の自著論文, の落伍者

▼ 既に合同~ (2, 0.0%)

2 といへ

▼ 既に君主~ (2, 0.0%)

1 となれ, の地位

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 を死ね, を認めし

▼ 既に吾が~ (2, 0.0%)

1 心に, 輕氣球を

▼ 既に吾人~ (2, 0.0%)

1 の常識的事実, の知覺

▼ 既に呪詞~ (2, 0.0%)

1 なくし, の中

▼ 既に呼吸~ (2, 0.0%)

1 がせまり, が止っ

▼ 既に喪っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て了

▼ 既に~ (2, 0.0%)

2 の有

▼ 既に四年~ (2, 0.0%)

1 しかもい, の前

▼ 既に図書館~ (2, 0.0%)

1 に備えつけ, の方

▼ 既に國民~ (2, 0.0%)

1 がもつ, に倦まれたる

▼ 既に園子さん~ (2, 0.0%)

1 に対して非常, の方

▼ 既に土人~ (2, 0.0%)

1 が用意, の間

▼ 既に土地~ (2, 0.0%)

1 が食物, の者

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 と詞, に散っ

▼ 既に地位~ (2, 0.0%)

1 の下り, を失っ

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 も危く, を修繕

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 ができてる, にかけた

▼ 既に夕暮~ (2, 0.0%)

1 の影, を過

▼ 既に夕飯~ (2, 0.0%)

1 の支度, は客

▼ 既に夕餉~ (2, 0.0%)

1 の支度, を進めた

▼ 既に外國~ (2, 0.0%)

1 と御, の古代文學

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 と一, 日を

▼ 既に夜半~ (2, 0.0%)

1 に近, に近し

▼ 既に大いに~ (2, 0.0%)

1 和らいで, 緩和され

▼ 既に大勢~ (2, 0.0%)

1 の患者, 押し懸けて

▼ 既に大抵~ (2, 0.0%)

1 の物, 烏有と

▼ 既に大方~ (2, 0.0%)

1 の悲苦, 直りました

▼ 既に大阪~ (2, 0.0%)

1 と藩地, に住まつ

▼ 既に天下~ (2, 0.0%)

1 のお尋ね者, の秀吉

▼ 既に天井~ (2, 0.0%)

1 から垂, の梁

▼ 既に天方伯~ (2, 0.0%)

1 の祕書官, の秘書官

▼ 既に天然~ (2, 0.0%)

1 の材料, の縮毛

▼ 既に天皇~ (2, 0.0%)

1 の位, の鹵簿

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 くして, つたとい

▼ 既に失せ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て仕舞

▼ 既に失われた~ (2, 0.0%)

1 自分自身に対する, 訳である

▼ 既に女性~ (2, 0.0%)

1 らしい愬, を遊戯的玩弄物

▼ 既に女房~ (2, 0.0%)

1 があつ, を殺し

▼ 既に妊娠~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 とは永久, は詩人佐藤惣之助

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 った増加, っている

▼ 既に婚約~ (2, 0.0%)

1 の娘, をした

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 の身体, を射殺

▼ 既に子供達~ (2, 0.0%)

1 というもの, といふもの

▼ 既に孟子~ (2, 0.0%)

1 も, も申し

▼ 既に学生時代~ (2, 0.0%)

1 から郡会病院, にそういう

▼ 既に学者~ (2, 0.0%)

1 の大きな, の明白

▼ 既に完了~ (2, 0.0%)

1 しあり, したもの

▼ 既に定まった~ (2, 0.0%)

1 のを, 様に

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 の罪人, を結んだ

▼ 既に実に~ (2, 0.0%)

1 なつて, 複雑な

▼ 既に実行~ (2, 0.0%)

1 で示し, にとりかかってる

▼ 既に実際~ (2, 0.0%)

1 に証拠立てられ, の民俗

▼ 既に室町時代~ (2, 0.0%)

1 から両者, に行われた

▼ 既に宵の口~ (2, 0.0%)

1 に木村義男, に隣町

▼ 既に家屋敷~ (2, 0.0%)

2 の外父

▼ 既に封建~ (2, 0.0%)

1 の石垣, を非

▼ 既に少し~ (2, 0.0%)

1 固パン, 荒んだ野卑

▼ 既に尽く~ (2, 0.0%)

1 沃がれ旧悪の, 英風一世を

▼ 既に屍体~ (2, 0.0%)

1 となっ, の検証

▼ 既に山陽~ (2, 0.0%)

1 に倦ん, の口

▼ 既に岡崎邦輔氏~ (2, 0.0%)

2 の媒介

▼ 既に崩壊~ (2, 0.0%)

1 した階級, して

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 と急迫, の一

▼ 既に~ (2, 0.0%)

2 になつて

▼ 既に左様~ (2, 0.0%)

1 と知つて, な組織

▼ 既に巨人~ (2, 0.0%)

1 の足, の身躰

▼ 既に巫女~ (2, 0.0%)

1 が箱, の生活

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 の間, を解い

▼ 既に平和~ (2, 0.0%)

1 の破壊, の神

▼ 既に平氏~ (2, 0.0%)

1 にし, に反

▼ 既に年頃~ (2, 0.0%)

1 になっ, に達したる

▼ 既に幸福~ (2, 0.0%)

1 では, なる人妻

▼ 既に幾たび~ (2, 0.0%)

1 となく, も君

▼ 既に幾多漫遊者~ (2, 0.0%)

2 の見知する

▼ 既に幾日~ (2, 0.0%)

1 か続い, か過ぎ

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 の人, を閉め

▼ 既に廊下~ (2, 0.0%)

1 である限り, には見当らなかった

▼ 既に廢つて~ (2, 0.0%)

2 しまつ

▼ 既に廢物~ (2, 0.0%)

1 になつ, に歸

▼ 既に~ (2, 0.0%)

2 がりて

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 がトルストイ, に追

▼ 既に~ (2, 0.0%)

2 寺の

▼ 既に形式~ (2, 0.0%)

1 の完成, をはきちがえた

▼ 既に彫刻~ (2, 0.0%)

1 である以上, をやっ

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 も見えない, を潜め

▼ 既に彼地~ (2, 0.0%)

1 に於, へ行つて

▼ 既に彼岸~ (2, 0.0%)

1 の世, を過ぎ

▼ 既に従来~ (2, 0.0%)

1 にも我国, の道徳

▼ 既に得た~ (2, 0.0%)

1 所謂識認という, 物を

▼ 既に得べからず~ (2, 0.0%)

1 いたずらに, 而し

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 せるを, た出

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 らして, られたか

▼ 既に恐るべき~ (2, 0.0%)

1 ものである, 悪魔的天才の

▼ 既に愈えて~ (2, 0.0%)

1 ゐたので, ゐる

▼ 既に愛着~ (2, 0.0%)

1 の現われであった, を抱い

▼ 既に感じ~ (2, 0.0%)

1 ておられる, て居られる

▼ 既に感覚~ (2, 0.0%)

1 として自覚, を失っ

▼ 既に成人~ (2, 0.0%)

1 した息子達, であったという

▼ 既に成就~ (2, 0.0%)

1 された些細, したよう

▼ 既に成算~ (2, 0.0%)

1 あり書生, のちゃんと

▼ 既に成算胸~ (2, 0.0%)

2 にあるらしい

▼ 既に成語~ (2, 0.0%)

2 に富みたる

▼ 既に我と~ (2, 0.0%)

2 彼との

▼ 既に戸外~ (2, 0.0%)

1 に來, へ出

▼ 既に所々~ (2, 0.0%)

1 に起っ, に転戦

▼ 既に手遅れ~ (2, 0.0%)

1 だつた, なの

▼ 既に折れ~ (2, 0.0%)

1 て出, 箭既に尽く

▼ 既に抽象的~ (2, 0.0%)

1 であると, なこと

▼ 既に拘引~ (2, 0.0%)

1 とそして, と確定

▼ 既に持っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て帰りました

▼ 既に推察~ (2, 0.0%)

1 されたこと, せられたこと

▼ 既に推移~ (2, 0.0%)

1 した今, し去つた過去

▼ 既に支倉~ (2, 0.0%)

1 が貞, の訊問半

▼ 既に放棄~ (2, 0.0%)

1 された, して

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 ハクスレーも, 栗田博士も

▼ 既に~ (2, 0.0%)

2 ひの

▼ 既に教育~ (2, 0.0%)

2 せられて

▼ 既に散っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てしまった

▼ 既に散文~ (2, 0.0%)

1 ではない, の領域

▼ 既に散逸~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 既に数世紀来イスラム~ (2, 0.0%)

1 の支配下, は西方

▼ 既に数千年~ (2, 0.0%)

1 の社会, を経た

▼ 既に数回~ (2, 0.0%)

1 あって, の太刀打

▼ 既に数日前~ (2, 0.0%)

1 から山上三十六軒, 発せられて

▼ 既に敷居~ (2, 0.0%)

2 を越え

▼ 既に文学上~ (2, 0.0%)

1 に於, のグループ

▼ 既に文學~ (2, 0.0%)

1 にある, や美術

▼ 既に文芸~ (2, 0.0%)

2 にあらず

▼ 既に断崖~ (2, 0.0%)

1 に近寄つた, の中途

▼ 既に新た~ (2, 0.0%)

1 な砲弾, に出

▼ 既に新生~ (2, 0.0%)

2 の芽

▼ 既に新聞紙~ (2, 0.0%)

1 に刊, に由っ

▼ 既に新聞記者~ (2, 0.0%)

1 たらんとして, の手

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 の日数, の終

▼ 既に日本語~ (2, 0.0%)

1 になり, の翻案

▼ 既に旦夕~ (2, 0.0%)

1 に迫っ, に迫れる

▼ 既に明瞭~ (2, 0.0%)

1 であるであらう, になっ

▼ 既に昔日~ (2, 0.0%)

1 の意気, の雑

▼ 既に映画化~ (2, 0.0%)

1 されウィリヤム・パウエル, もされ

▼ 既に春琴~ (2, 0.0%)

1 の美しい, も床

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 の波, の観念

▼ 既に時代~ (2, 0.0%)

1 は一新, は研究

▼ 既に時期~ (2, 0.0%)

1 が遅, は来

▼ 既に晩秋~ (2, 0.0%)

1 の蜜柑, の風

▼ 既に普通~ (2, 0.0%)

1 に用いられ, の小説

▼ 既に更け~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て涼しく

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 かけて, を著した

▼ 既に書かれた~ (2, 0.0%)

1 事である, 資料が

▼ 既に書き~ (2, 0.0%)

1 あが, 一切の

▼ 既に最も~ (2, 0.0%)

1 社会的普遍性を, 避くべき

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 の二十五日, は圓

▼ 既に服従~ (2, 0.0%)

2 したもの

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 となった, の籾

▼ 既に朝鮮~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ 既に期限~ (2, 0.0%)

1 ながら一兩年, に遅れし

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 となれる, 誌上において

▼ 既に本当~ (2, 0.0%)

1 の朝, の生一本

▼ 既に本書~ (2, 0.0%)

1 のこの, の前

▼ 既に枕詞~ (2, 0.0%)

1 としての意識, のある

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 か崖, を離

▼ 既に林間~ (2, 0.0%)

2 の焚火

▼ 既に枯れかかつた~ (2, 0.0%)

2 病葉は

▼ 既に枯れた~ (2, 0.0%)

1 ような, 自然生の

▼ 既に枯れつくし~ (2, 0.0%)

2 てわたくし

▼ 既に柳河~ (2, 0.0%)

2 の街

▼ 既に案内者~ (2, 0.0%)

1 ではあり得ない, 然たる

▼ 既に案出~ (2, 0.0%)

1 した問題, せられた自由

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 が咲い, が咲く

▼ 既に椅子~ (2, 0.0%)

1 から突, から突立つて飢饉

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 に長く, わって

▼ 既に歐羅巴~ (2, 0.0%)

1 の, の中世

▼ 既に止っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 既に此の世~ (2, 0.0%)

1 にいない, の戦

▼ 既に此世~ (2, 0.0%)

1 から亡くな, を辭

▼ 既に此事件~ (2, 0.0%)

1 を以て親ら, を以て親ら出會

▼ 既に此所~ (2, 0.0%)

1 にもはつきり, に引用

▼ 既に此神~ (2, 0.0%)

1 の天然的基礎, の太陽神

▼ 既に此等革命~ (2, 0.0%)

1 の健児, の健兒

▼ 既に武力~ (2, 0.0%)

1 を捨てた, を掣肘

▼ 既に武士~ (2, 0.0%)

1 ではなくなっ, となっ

▼ 既に武装~ (2, 0.0%)

1 が解かれた, しつつ

▼ 既に死せり~ (2, 0.0%)

1 と思ひ, や

▼ 既に死なん~ (2, 0.0%)

1 とする, とせし

▼ 既に死亡~ (2, 0.0%)

1 して, を伝えられた

▼ 既に死刑~ (2, 0.0%)

1 に処せられた, の全廃

▼ 既に死相~ (2, 0.0%)

2 が読まれた

▼ 既に死色~ (2, 0.0%)

1 を呈し, を帶び

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 あさりつくされたり, んど

▼ 既に殺され~ (2, 0.0%)

1 てしまいました, んと

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 の詩人的, は妻子

▼ 既に気づい~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 既に気分~ (2, 0.0%)

2 の平調

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 が足らなく, ちが

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 になつて, も艸木

▼ 既に水戸~ (2, 0.0%)

1 がドレゴ, の鍛冶

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 が張っ, のくっつい

▼ 既に決心~ (2, 0.0%)

1 したと, せし時

▼ 既に沒却理想~ (2, 0.0%)

1 ならざるもの, を立てたれ

▼ 既に油絵~ (2, 0.0%)

2 を画い

▼ 既に泣い~ (2, 0.0%)

1 てゐない, てゐる

▼ 既に浮世~ (2, 0.0%)

1 の刺衝, の虚榮心

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 に張出し, は暗く

▼ 既に海上~ (2, 0.0%)

2 に浮ぶ

▼ 既に消え~ (2, 0.0%)

1 て怪物, て斯

▼ 既に消磨~ (2, 0.0%)

2 せるの

▼ 既に深かっ~ (2, 0.0%)

2

▼ 既に済ん~ (2, 0.0%)

1 でいたらしく, で居る

▼ 既に渋江抽斎伝~ (2, 0.0%)

1 に見え, に記した

▼ 既に温泉場~ (2, 0.0%)

2 へゆく

▼ 既に満開~ (2, 0.0%)

1 なり, を過ぎた

▼ 既に準備~ (2, 0.0%)

1 されて, はととのっ

▼ 既に滑稽~ (2, 0.0%)

2 なほど

▼ 既に漸く~ (2, 0.0%)

1 本尊くさく, 農業そのものに

▼ 既に潰敗~ (2, 0.0%)

1 したる士気, したる士氣

▼ 既に澆季~ (2, 0.0%)

1 に這入, の世

▼ 既に激しい~ (2, 0.0%)

1 初恋を, 疲労を

▼ 既に無し~ (2, 0.0%)

1 は旧, わが槍

▼ 既に無上~ (2, 0.0%)

1 の楽しみ, の歓喜

▼ 既に無条件降伏~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 既に無理~ (2, 0.0%)

1 である, な注文

▼ 既に無用~ (2, 0.0%)

1 の有, 皆討死討死

▼ 既に無言~ (2, 0.0%)

1 で谷間, を以て百千万言

▼ 既に照子~ (2, 0.0%)

1 から意中, に屈服

▼ 既に燈火~ (2, 0.0%)

1 が点い, の文明

▼ 既に片付け~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て仕舞つた積

▼ 既に物語~ (2, 0.0%)

1 の冒頭, を讀む

▼ 既に特色~ (2, 0.0%)

1 ある戯曲家的才能, を現

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 せるの, ひが

▼ 既に独立~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 既に独逸~ (2, 0.0%)

1 が真向, の国境

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 ている, 易からざる

▼ 既に獲物~ (2, 0.0%)

1 に迫る, を将

▼ 既に珍しく~ (2, 0.0%)

1 ない世の中, はない

▼ 既に現われ~ (2, 0.0%)

1 てい, ている

▼ 既に現実~ (2, 0.0%)

1 の事態, の複写

▼ 既に理会~ (2, 0.0%)

1 せられなかつた事, 致して

▼ 既に理論~ (2, 0.0%)

1 して, であるの

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 しくおそく, しく蝕まれて

▼ 既に生れ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て居る

▼ 既に生れる~ (2, 0.0%)

2 時に

▼ 既に生徒~ (2, 0.0%)

2 及び生徒

▼ 既に生産~ (2, 0.0%)

1 された既, を停め

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 れましぬ, を破つ

▼ 既に用いた~ (2, 0.0%)

1 微分法の, 簡単な

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 の下り, 述べた如く隋

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 といふもの, とすれ

▼ 既に男女~ (2, 0.0%)

1 のいずれ, の別

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 のため, へ入込んだ

▼ 既に町家~ (2, 0.0%)

2 となり

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 って, 伝が

▼ 既に當時~ (2, 0.0%)

1 に於, の流行

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 はし, はしい

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 に罹, の篤い

▼ 既に癒え~ (2, 0.0%)

1 てゐた, て力

▼ 既に発した~ (2, 0.0%)

1 が一日, 病は

▼ 既に発達~ (2, 0.0%)

1 したる状態, して

▼ 既に白い~ (2, 0.0%)

1 雪が, 髭を

▼ 既に白ん~ (2, 0.0%)

1 で枕辺, で枕邊

▼ 既に百叩き~ (2, 0.0%)

2 は終ったらしく

▼ 既に皆さん~ (2, 0.0%)

1 が正しい, の記憶

▼ 既に皮膚~ (2, 0.0%)

1 の白い, は剥がれ

▼ 既に盛岡人~ (2, 0.0%)

1 の呑気, の呑氣

▼ 既に目的~ (2, 0.0%)

1 があ, に対する矛盾

▼ 既に盲目~ (2, 0.0%)

2 な民衆

▼ 既に眉端~ (2, 0.0%)

1 に迫り来りし, に迫れる

▼ 既に真っ暗~ (2, 0.0%)

1 であった, になりだし

▼ 既に着々~ (2, 0.0%)

1 と準備, 実施され

▼ 既に着手~ (2, 0.0%)

1 して, せられ今後十数年

▼ 既に瞥見~ (2, 0.0%)

1 したとおり, した男

▼ 既に矛盾的自己同一~ (2, 0.0%)

1 として成立, として歴史的形成作用

▼ 既に知られた~ (2, 0.0%)

1 ものであっ, ように

▼ 既に短歌~ (2, 0.0%)

1 と訣別, の形

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 壞され, 素された

▼ 既に破壊~ (2, 0.0%)

1 されて, せられて

▼ 既に破綻~ (2, 0.0%)

1 が続出, に瀕

▼ 既に確乎~ (2, 0.0%)

1 たる技倆, たる文学

▼ 既に確定~ (2, 0.0%)

1 した以上, して

▼ 既に確実~ (2, 0.0%)

1 な基礎, に知覚

▼ 既に神経~ (2, 0.0%)

1 の運動, を多少

▼ 既に神聖~ (2, 0.0%)

1 なる軍国, な祭壇

▼ 既に福人~ (2, 0.0%)

1 たりと云, なの

▼ 既に私ども~ (2, 0.0%)

1 には魂, は退庁

▼ 既に私共~ (2, 0.0%)

1 が交換, と同様幕府

▼ 既に私達~ (2, 0.0%)

1 の仲, の詩感

▼ 既に科学小説~ (2, 0.0%)

2 の域

▼ 既に秘密~ (2, 0.0%)

1 に属するでしよう, の十分の九

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 であったが, なるも

▼ 既に穀物~ (2, 0.0%)

1 の市場価格, 及び粗

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 に入りたる, を掘っ

▼ 既に突破~ (2, 0.0%)

1 された, して

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 から離れ, の外

▼ 既に簡単~ (2, 0.0%)

1 に概説, に述べ

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 二千六百年を, 十年の

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 と曰, を東天

▼ 既に紅葉~ (2, 0.0%)

1 したの, は廓内

▼ 既に純粋~ (2, 0.0%)

1 な探偵小説作家, に虚無

▼ 既に細君~ (2, 0.0%)

1 には空っぽ, らしい女

▼ 既に終っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 既に終つて~ (2, 0.0%)

1 ゐる, ゐるので

▼ 既に経験~ (2, 0.0%)

1 しつ, のある

▼ 既に結核~ (2, 0.0%)

1 に冒され, の徴候

▼ 既に絶命~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 既に絶頂~ (2, 0.0%)

1 に達し, に達したる

▼ 既に經過~ (2, 0.0%)

1 して, し今

▼ 既に縛られ~ (2, 0.0%)

1 そうに, て生

▼ 既に織物~ (2, 0.0%)

1 の個所, の名

▼ 既に罪悪~ (2, 0.0%)

1 なれば, のよう

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 でないのに, を意識

▼ 既に翻訳~ (2, 0.0%)

1 である以上, につき

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 す老, 友と

▼ 既に老成~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 既に老朽~ (2, 0.0%)

1 と言, の坂

▼ 既に考え~ (2, 0.0%)

1 ている, 或る

▼ 既に聖なる~ (2, 0.0%)

1 段を, 運命を以て

▼ 既に聴衆~ (2, 0.0%)

2 で一杯

▼ 既に肉体~ (2, 0.0%)

1 の滅, は滅び

▼ 既に脱稿~ (2, 0.0%)

1 いたし中, なされたる当

▼ 既に脱走者~ (2, 0.0%)

2 は船

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 まで掻, まで掻切ろうと

▼ 既に膏肓~ (2, 0.0%)

1 に入, に入り

▼ 既に自ら~ (2, 0.0%)

2 起ちたる以上

▼ 既に自ら公言~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 既に自分自身~ (2, 0.0%)

1 でその, の世界

▼ 既に自動車~ (2, 0.0%)

2 に同乗

▼ 既に自己~ (2, 0.0%)

1 みづから, を絶

▼ 既に英吉利~ (2, 0.0%)

1 の方, の有名

▼ 既に英語~ (2, 0.0%)

1 とチベット語, に翻訳

▼ 既に茶山~ (2, 0.0%)

1 に知られ, を送る

▼ 既に萌し~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐる

▼ 既に落し~ (2, 0.0%)

1 てゐる, と云

▼ 既に落ち付い~ (2, 0.0%)

1 ていられない, てゐられない

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 が落ち去っ, の黄いろく

▼ 既に薄暗く~ (2, 0.0%)

1 なった秋草, なった露地

▼ 既に藩閥~ (2, 0.0%)

2 を打破

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 となっ, となつ

▼ 既に虫喰~ (2, 0.0%)

1 ひ算, んで床花瓶

▼ 既に蜀山人~ (2, 0.0%)

1 の嘆賞, の東豊山十五景

▼ 既に行き~ (2, 0.0%)

1 づまっているのである, づまつてしまつた

▼ 既に表現~ (2, 0.0%)

1 するという, に於ける

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 へた, へ人々新

▼ 既に衰微~ (2, 0.0%)

1 した周室, して

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 の一種, を出

▼ 既に被告~ (2, 0.0%)

1 の手, をもう

▼ 既に複式~ (2, 0.0%)

2 の顕微鏡

▼ 既に複雑~ (2, 0.0%)

1 な人事, にし

▼ 既に褐色~ (2, 0.0%)

2 に変色

▼ 既に西洋~ (2, 0.0%)

1 では民衆, の意識

▼ 既に見えた~ (2, 0.0%)

1 事だ, 語で

▼ 既に見えなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ 既に見た如く~ (2, 0.0%)

1 人生の, 貴下の

▼ 既に見ゆる~ (2, 0.0%)

2 限りはといふ

▼ 既に見よ~ (2, 0.0%)

1 海浜に, 瞬間の

▼ 既に親友~ (2, 0.0%)

2 と成つた

▼ 既に解体~ (2, 0.0%)

1 しながら, を終り

▼ 既に解剖~ (2, 0.0%)

1 した屍體, のため運び

▼ 既に言う~ (2, 0.0%)

1 ことを, 通り僕は

▼ 既に言うた~ (2, 0.0%)

1 から今, とほり

▼ 既に言っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て居る

▼ 既に計画~ (2, 0.0%)

1 されて, も出来

▼ 既に討幕~ (2, 0.0%)

1 に決し, の密勅

▼ 既に記した如く~ (2, 0.0%)

1 文三の, 狩谷

▼ 既に記せし~ (2, 0.0%)

1 如く富士見町の, 故此所

▼ 既に記憶力~ (2, 0.0%)

1 が甚だしく, の減退

▼ 既に記載~ (2, 0.0%)

1 があり, されて

▼ 既に記録~ (2, 0.0%)

1 した夢, せられて

▼ 既に訣ら~ (2, 0.0%)

1 なかつたもの, なくて

▼ 既に許嫁~ (2, 0.0%)

1 して, の約

▼ 既に~ (2, 0.0%)

2 が決つて了つて

▼ 既に話した~ (2, 0.0%)

1 奈良時代の, 所である

▼ 既に詳しい~ (2, 0.0%)

2 情報が

▼ 既に誇大~ (2, 0.0%)

1 されたもの, して

▼ 既に認める~ (2, 0.0%)

1 ことの, 範囲に

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 うごとくこの, 了すと

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 でも気がつい, にでも理解

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 したるか, せしが

▼ 既に論語~ (2, 0.0%)

1 などにも見え, にも現われ

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 大名の, 方面で

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 はば, はば自己

▼ 既に議論~ (2, 0.0%)

1 が岐, せられし事

▼ 既に變化~ (2, 0.0%)

2 を生じ

▼ 既に豹一~ (2, 0.0%)

1 と水原紀代子, は安二郎

▼ 既に貴女~ (2, 0.0%)

1 から爾, に御

▼ 既に貴方がた~ (2, 0.0%)

2 の味方

▼ 既に貴族~ (2, 0.0%)

1 と平民, のもの

▼ 既に買手~ (2, 0.0%)

1 がそれ, きまりし後

▼ 既に贅沢~ (2, 0.0%)

1 なの, な遊び

▼ 既に起つ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, てゐる

▼ 既に起訴~ (2, 0.0%)

1 し沈黙, のうち

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 国境的な, 満員だ

▼ 既に足り~ (2, 0.0%)

1 て其以上, て安んず

▼ 既に足掛三年~ (2, 0.0%)

2 にもなる

▼ 既に輝き~ (2, 0.0%)

1 陰湿漸く, 陰濕漸くに霽れ

▼ 既に辞職~ (2, 0.0%)

1 して, を思い立った

▼ 既に近づい~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐた

▼ 既に迫つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, ゐたの

▼ 既に~ (2, 0.0%)

2 つめられて

▼ 既に逃げた~ (2, 0.0%)

1 あとだった, と覚える

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 節に, 路より

▼ 既に逝い~ (2, 0.0%)

1 て今や, て暁湖

▼ 既に進ん~ (2, 0.0%)

1 でいった, で短歌

▼ 既に進歩~ (2, 0.0%)

1 して, である

▼ 既に遁げ~ (2, 0.0%)

1 たれば, 落ちたけれど

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 ぐ今は, たり海

▼ 既に過ぎし~ (2, 0.0%)

2 世の

▼ 既に道子~ (2, 0.0%)

1 が緊縛, の右胸

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 つた以上, ふ

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 かに遠, か高位

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 ざかつてはゐるがその, 退いて

▼ 既に遠く十年以前~ (2, 0.0%)

2 全く細微

▼ 既に遠方~ (2, 0.0%)

1 から見え, の山脈

▼ 既に遥か~ (2, 0.0%)

1 にのり, の前方

▼ 既に遭難者~ (2, 0.0%)

2 で一杯

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 くべから, くべからずなつ

▼ 既に都会~ (2, 0.0%)

1 に住, は数歩

▼ 既に醉つて~ (2, 0.0%)

1 いられました, 居るらしい

▼ 既に重大~ (2, 0.0%)

1 な變化, な過失

▼ 既に鎌倉時代~ (2, 0.0%)

1 に存在, に於

▼ 既に長し~ (2, 0.0%)

2 なへに新田耕助

▼ 既に開く~ (2, 0.0%)

1 といふ, を見る

▼ 既に開化~ (2, 0.0%)

2 せる民族

▼ 既に雑器~ (2, 0.0%)

2 の意

▼ 既に雑誌~ (2, 0.0%)

1 へ出した, へ書いた

▼ 既に電燈~ (2, 0.0%)

1 が点じられ, が煌々

▼ 既に電車~ (2, 0.0%)

1 が通じ, が開通

▼ 既に露西亜~ (2, 0.0%)

1 が復讐戦, の曙光

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 人間的で, 戰論者として

▼ 既に非凡~ (2, 0.0%)

2 なる戯曲作家

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 と向, の戦法

▼ 既に革命~ (2, 0.0%)

1 の歴史的観点, の黙示録

▼ 既に鞏固~ (2, 0.0%)

1 なる財政, なる財政計画

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 で鼓, を宇治川

▼ 既に音楽~ (2, 0.0%)

1 から独立, と袖

▼ 既に頗る~ (2, 0.0%)

1 危險である, 進歩し

▼ 既に頭上~ (2, 0.0%)

1 をよぎらう, をよぎろう

▼ 既に食事~ (2, 0.0%)

1 の済みし, を配給

▼ 既に食卓~ (2, 0.0%)

1 が調えられ, に就い

▼ 既に食物~ (2, 0.0%)

1 の増加, の差し入れ

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 り感心, り長く

▼ 既に馬車~ (2, 0.0%)

1 の車輪, の轅

▼ 既に馴れ~ (2, 0.0%)

1 ています, て初め

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 のよく, は去っ

▼ 既に~ (2, 0.0%)

2 と5

▼ 既に~ (2, 0.0%)

1 に減っ, に減つて

▼1* [4511件]

既にあかきもうち, 既にあがっている, 既にあすこの庭先, 既にあたかも夫に, 既にあの大階段の, 既にあの御立派な, 既にあぶなからうと, 既にあぶなかろうと, 既にあまねく俗間に, 既にあまりあるほどの, 既にあやうく見えたとき, 既にあらかじめ意識に, 既にあらたに集まれる, 既にあらまし終って, 既にあるならかういふ学校の, 既にいえるが如くである, 既にいかにして, 既にいくたびも, 既にいささか自負する, 既にいたく激して, 既にいってある, 既にいっぱしの荒武者気取り, 既にいつかはこういう, 既にいつたやうに, 既にいつもの歎, 既にいとよく檢べ, 既にいないので大いに, 既にいひたり, 既にいふ愛は, 既にいふべきもの, 既にいへることを, 既にいまごろは岩瀬, 既にいま頃から繚乱, 既にいろんな噂が, 既にぐひす落ち, 既にうしろにせまれり, 既にうすい影を, 既にうすらぎけむ參詣者, 既にうずうずしたが, 既にうたはれて, 既にうら枯れぬらん, 既におかしいのである, 既におかしくなって, 既におさまりて, 既におしも押され, 既におそく帰りがけの, 既におそしである, 既におのおののいかに, 既におのれの反響, 既におぼろになりしか, 既におれたちの主義, 既にお化けである, 既にお召抱えと決定, 既にお気付きでしょう, 既にかういふことは, 既にかすかで一語一語骨, 既にかずかずの手配, 既にかたむきはじむ我等ながく, 既にかつがれて露地, 既にかつて堪えられぬ虐遇, 既にかなたの溪間, 既にかりそめの, 既にがたがたで活字, 既にきのうの徳川, 既にきまってしまっ, 既にきまった一種の, 既にきまり候に付, 既にくずれこわれてしまっ, 既にくらきに水, 既にくわしく述べて, 既にここらが最期, 既にこちらの事情, 既にこと切れてゐた, 既にこなごなに壊れ, 既にこのほどからどうにも, 既にこの上なく怠屈, 既にこの程英吉利の王子入城謁見, 既にこの間小学校長の大, 既にこれこれであったと, 既にこれ懲治である, 既にごたごたしすぎて, 既にさうだとすれ, 既にさうであり其子孫皆其方便に, 既にさしもの兇悪, 既にさばいて来た, 既にしかせるを思ふ, 既にしかめっ面をしなけれ, 既にしかりとせ, 既にしっかりと生命, 既にしっくりと彼女等, 既にしつくりせない生活の, 既にしばらく前から, 既にしぼんだブシ, 既にしやりかうべか何, 既にしれわたった事実である, 既にじゅうぶん承知の, 既にすぎていた, 既にすぎたれども今朝船, 既にすぐれた作家と, 既にすこし古いの, 既にすさまじく犇めく物音, 既にすたってるジャコバンという, 既にすでに時代, 既にすべて知つてるわけ, 既にする時は, 既にずつとずつと以前から, 既にずんずん他人を, 既にそうした気宇の, 既にそこら中人の, 既にそっと準備され, 既にその大きな仕事に, 既にその後作歌も千三百首, 既にその後篇とも言, 既にその道を行く, 既にその間に区別, 既にその頃ナオミを恋し, 既にそれぞれの用意, 既にそれぞれ両親を圧倒, 既にそれぞれ勇猛果敢なる行動, 既にそれぞれ群をなし, 既にそれぞれ革命の経験, 既にそれ以外の職業, 既にそれ位親しい風, 既にそれ自身ロゴスとして他, 既にそろそろ東京では, 既にそんな風であります, 既にぞくぞく彼の, 既にたくさん載って, 既にたけなわになっ, 既にたしかだから, 既にだめである, 既にちかひの, 既にちがっていた, 既にちやんとでき, 既にちよつと話し, 既にちろちろ切りかかって居る, 既につかい古して, 既につまらんところへ, 既にできてゐる, 既にでき上がっている, 既にでき上がってる墳墓の, 既にでき上がりマドレーヌさんは, 既にとうにすべての, 既にとく子の体, 既にとけ電極が, 既にとっぷりと暮れ, 既にとび去っている, 既にとり出して述べた, 既にどうやら人が, 既にどちらからともなく, 既にま温い, 既になかば散りたるけしき, 既になした疑問を, 既になってしまった, 既になつかしい廣重の, 既になりにけり, 既になんだか釣り下がられかかった, 既ににべもなく, 既にぬらぬらして, 既にのけ者にし, 既にのぼりて向山, 既に一応解決, 既にはいってき, 既にはいりこんでしまっ, 既にはじめたところを, 既にはつきりした形, 既にはなはだしく亀裂や, 既にはね起きてズボン, 既にはや以前の, 既にはやく生苦の, 既にや酒, 既にひとりのギリシア, 既にひろ子は全く, 既にへんである, 既にほぼ遺憾なく, 既にほんのりと白く, 既にぼくはその, 既にぼつぼつ実行し, 既にツと, 既にぽつりぽつりと大粒, 既にづ高市黒人の, 既にまばらに消えた, 既にまる三年友の, 既にまるで当然のよう, 既にみた如くに, 既にみなそれぞれ愛の宿命, 既にみな帰つたあとである, 既にみまかってもう, 既にむりがある, 既にもうそこのベッド, 既にもうよくは呑み込めなかつた, 既にもう時々近い將來, 既にもし紙幣発行権が, 既にもてなくなつて, 既にもどきである, 既にものに魅せられた, 既にものすごい一群の, 既にもはや単に外国の, 既にもろもろの希望, 既にやってきたと見え, 既にやぶれかぶれである, 既にやり通したものを, 既にやんでおり, 既につくりと, 既によい年頃恐らく, 既によかった, 既によごれ初めた雪道を, 既によほどの高処, 既によまれている, 既によんだものによって, 既にろくな役者では, 既にがいづ, 既にわかくはない, 既にわかったところである, 既にわからぬ文章として, 既にわが国新劇の創始時代, 既にわが家の主人公, 既にわしは秘巻, 既にわたつみの宮, 既にわれながら老い, 既にわれらの知る, 既にさなくして, 既にアイネは其の, 既にアカデミズムへの本当, 既にアクロン号を守る, 既にアジアの国々, 既にアスヴィナウが赤き, 既にアナキサゴラスは恒星, 既にアノ時から此, 既にアノ鯉のぼりが象徴, 既にアメリカ人の生活, 既にアラカタ理解されて, 既にアラスカの寒地, 既にアリスタルコスはこの, 既にアルザス・ロートリンゲンに対し攻撃, 既にアルブケルケのゴア攻略, 既にアルプス的容貌から逸脱, 既にアルミの小さい, 既にアンドレーの如き, 既にアンニュイだと, 既にアーサー王に對, 既にイエに話した, 既にイギリスの多く, 既にイギリス人ウイリアム・ニコルソンやドイツ人フリードリツヒ・ケーニツヒら, 既にイギリス艦をぶっ, 既にイタリアの航海者, 既にイタリヤのレーデイ, 既にイデオロギーによる統制主義國家, 既にイブは神, 既にウイスキー一杯五十銭となりたる, 既にウクライナで病ん, 既にウソの表情, 既にウラゴーゴルを知っ, 既にエジプト各地に教会, 既にエタであったの, 既にエレスブルグの, 既にオグデン氏の主, 既にオットー一世が平定, 既にオペレットと称し, 既にオリジナルから必然的, 既にオーアンの道, 既にカスティレ王がスペイン皇帝, 既にカブラルの帰着以前, 既にカラン伝を読ん, 既にカリホルニア大学のアダムス教授, 既にカントにおいてはひとつ, 既にカーテンもさがつて, 既にキッパリ辞ッて, 既にキバナノシャクナゲも沢山, 既にギベルリニ黨のため, 既にギリシアに於, 既にクレーヴン探偵は墓, 既にクロクロ島の中, 既にゲペウの手, 既にゲーテと歴史, 既にコツプを手, 既にコレラ患者が続々, 既にコロンブスの幼時, 既にコーヒーも甘酒, 既にゴンスやミジヨン, 既にゴーリキイの旺盛, 既にと同, 既にサンカの語, 既にサークルをもっ, 既にシェークスピアの戯曲中, 既にシェークスピヤのハムレット, 既にシエクスピイヤが曲, 既にシガレツトを口, 既にシナ政府は各国連合軍, 既にシナ茶のごとき, 既にシャンマティユーを逸した, 既にシャーターが宰相, 既にシュライエルマッハーがロマンティク, 既にシルラを助け, 既にシンガーポール香港の支那海, 既にシーザーらに知られ, 既にジャヴェルの考え, 既にジルノルマン氏の胸, 既にスカンヂナヴィアの各地, 既にスザでも第, 既にスタニスラフスキイダンチェンコを首脳, 既にスチブンソンの, 既にストア哲學において大, 既にストライキをやらう, 既にスペインの船, 既にセオソフイストだから, 既にセガンチニの画境, 既にセダン附近に於, 既にセッタをはなれき, 既にセピア色の澱み, 既にソヴェトの生活, 既にソヴェト同盟ではゴーリキイ, 既にソヴェート同盟の生産技術上, 既にタイタニックは右舷, 既にタダオモウナオは従者, 既にダンテがそう, 既にテーブルの上, 既にテーモ・リンボチェが在世, 既にデレンコフのパン焼場, 既にトップリと日, 既にトラックにのっ, 既にトルストイをもガンチャローフ, 既にドイツ軍がエベンエマエル要塞戦, 既にナポレオンモルトケ時代の戦争, 既にナポレオン初期の戦争, 既にネネと木島, 既にネパール国王がチベット, 既にノルデンショルドによつて突破, 既にハッキリして, 既にハルトマンを奉ず, 既にバスコ・ダ・ガマのインド航路打通, 既にバビロンに存, 既にバラバラになり, 既にバラモン師の處, 既にバルザックの作品, 既にバーコフ氏などもいっ, 既にパーキンスから今, 既にパーリー城で還し, 既にビジテリアン同情派の堅き, 既にピサ倒塔の如く, 既にファウスト博士の手, 既にファシスト最高幹部会で決定, 既にフィエソレを出, 既にフランス内にシェイクスピア党, 既にフランス大使を通じてその, 既にフランス戯曲に親しむ, 既にブドウの品種, 既にブラッセルで連絡委員会, 既にブラームスを正しく, 既にブリュネットは死んだ, 既にブルジョアジーにとって脅威, 既にプラトーンの哲学, 既にプリゾナーとなり, 既にプレハーノフによって一応, 既にプロレタリア文学の領域, 既にプロレタリア文芸の明確, 既にプロレタリヤの生活條件, 既にプーリアに王たる, 既にヘビサイド・ケネリーの電離層, 既にヘロヘロになつ, 既にペルリ應接係を任命, 既にペルーの第, 既にホールの客, 既にボオドレエルの名, 既にポルトガル人と貿易, 既にポワロの作, 既にマガリャンスの前, 既にマキシマムに達し, 既にマホメット教に歸依, 既にマラバルの岸, 既にマリアをわが, 既にミダリニの副詞, 既にミッドウェーの敗戦, 既にメキシコ征服と時, 既にメンセビキの頭領, 既にモオパッサンの短篇, 既にヤヽ黄を帯び, 既にヨブ記という高山, 既にヨーロッパでも東洋, 既にライプニツはモナド, 既にラサを逃げ出し, 既にラシイヌさんが動物園, 既にラシュリエの如く, 既にラングーン無電局から午前十一時, 既にラ氏の名前, 既にリカアドウと価値, 既にリキとタケ, 既にリルケも書い, 既にリードに於, 既にルビコンを渡れる, 既にレアリズムの極, 既にレーリーの心, 既にレールの上, 既にロシヤがあらゆる, 既にロチスター氏の方, 既にロックなどの感覚, 既にロマーシと一緒, 既にワンセンヌに至り, 既にヴィルドラックを訳し, 既にヴェルレエヌボオドレエルの名, 既に一たびこれを引いた, 既に一たび上に補説, 既に一たび世に現れ, 既に一たび丸燒のため, 既に一たび刻したもの, 既に一たび岩国に往つた, 既に一たび崇福寺の彭城氏, 既に一たび従良したこと, 既に一たび本篇に出でた, 既に一たび畫工に隨, 既に一たび空想を出で, 既に一たび錦橋を插叙, 既に一つ前の第, 既に一ト昔も超え, 既に一ヶ月たってのこと, 既に一七九八年に其の, 既に一七八七年から何もかも, 既に一万八千人ある, 既に一万円近くの金, 既に一万四五千の卒業生, 既に一万部に満たなかった, 既に一世を風靡, 既に一九二七年右翼的固執を示した, 既に一九二八年には百三十六万五千余人, 既に一事件を記載, 既に一二の新, 既に一五〇〇年にバルボア, 既に一五〇三年にアメリゴ・ヴェスプッチ, 既に一五一五年にシナ, 既に一五八五年の夏, 既に一五八四〇マイルの時速, 既に一五四〇年にキトー総督, 既に一人控へて居た, 既に一個角燈に類した, 既に一元に還る, 既に一八一三年にはタタム, 既に一八一八年ごろより数人, 既に一八七三年から一八七六年, 既に一八九四年の最初, 既に一八五〇年には恐らく, 既に一八五四年から物理学, 既に一八四八年三十歳のツルゲーネフ, 既に一六八八年にイギリス, 既に一切の生活, 既に一匹の野馬, 既に一千余唯魯, 既に一千年の寿命, 既に一千年余の歴史, 既に一台の高速力, 既に一商品を価値尺度財, 既に一団りの, 既に一大展覧会を催しつづい, 既に一子がある, 既に一寸見には六十, 既に一尺ばかり積, 既に一尺以上も空, 既に一帝二皇子を弑し, 既に一年以上頑張って, 既に一年前に確立, 既に一年半以前に或, 既に一年有余の永き, 既に一度以上書いて, 既に一度何年か前, 既に一度口をきいた, 既に一度召喚した神戸牧師, 既に一度樹を植ゑたる以上, 既に一度結婚したこと, 既に一度聯隊に入営, 既に一座の空気, 既に一戸を構えた, 既に一撃を加えた, 既に一日ならず二日, 既に一昔し前, 既に一昨年御医師中, 既に一昨年大和一揆尚又野州騷動, 既に一昨年末アッケルマンてふ, 既に一時の火, 既に一時間以上も前, 既に一時間近く経過して, 既に一月以上も發掘, 既に一月前からフェルナンデス, 既に一期をはり, 既に一杯引っ掛けて, 既に一槌をわが, 既に一段の変化, 既に一流の大家, 既に一浦に依れり, 既に一海里ばかり駛, 既に一片の白骨, 既に一生の平穏無事, 既に一男一女を挙げられ, 既に一番の中, 既に一盞を傾け尽くしつ, 既に一瞥を与えた, 既に一秒時三十キロメートルに達し, 既に一種心得顔のところ, 既に一箇の小説, 既に一箇月近かった, 既に一箇月以上にもなる, 既に一箇月前に自殺, 既に一篇の詩, 既に一絶を作つて, 既に一群をなし, 既に一致するもの, 既に一般世人の認識, 既に一般化され抽象化, 既に一般市民に東交, 既に一般民衆の間, 既に一般読者に歓迎, 既に一角の批評, 既に一言を聞いた, 既に一變して, 既に一足橋を越え, 既に一身同体とあれ, 既に一転化した女, 既に一転機の動かん, 既に一部分は目的, 既に一部分固定化を経た, 既に一閑斎に詰め腹, 既に一間ほどの近, 既に一面に敵, 既に一面呼格であり乍ら, 既に一首の歌, 既に一髪を容れざる, 既に七代目団十郎の寿海老人, 既に七八寸の深, 既に七八年齋藤巡査と稱, 既に七分通り生長して, 既に七十五の高齢, 既に七十年の長, 既に七十有余の高齢, 既に七十歳に近い, 既に七回も監獄, 既に七巻に達し, 既に七年になつて, 既に七日いまだに彼女, 既に七時を過ぎ, 既に七月五日榛軒が函嶺宮下奈良屋, 既に七歳になつて, 既に七略から漢書藝文志, 既に七百の武装民, 既に七福を得たる, 既に七輪の薬罐, 既に万一の場合, 既に万事が終った, 既に万家の棟, 既に万有教の趣味, 既に万有造化の美, 既に万治の頃, 既に万策尽きて, 既に万葉時代の人, 既に万葉詩人の中, 既に万葉集でもそれ, 既に丈夫な子, 既に三つになつて, 既に三世紀の歴史, 既に三代以後其の跡, 既に三個所も居, 既に三分の一以上も集っ, 既に三分の二以上を占領, 既に三分方開花して, 既に三十七歳になっ, 既に三十万円の大金, 既に三十三年を経, 既に三十九歳になる, 既に三十二になつたの, 既に三十五年の歳月, 既に三十五日になる, 既に三十八年の星霜, 既に三十八歳になっ, 既に三十六歳榛軒より少き, 既に三十年代にはいつた, 既に三十年後の世界最後, 既に三十年来読者にとって馴染, 既に三十年近く勤続して, 既に三十年近く勤續して, 既に三十路を越え, 既に三十軒も引き, 既に三千七百以上の労働者倶楽部, 既に三千人余の共産主義者, 既に三升ほどの酒, 既に三吉の故郷, 既に三四回のポンコツ, 既に三四回彼らと顔, 既に三四尺の高, 既に三四年もたち, 既に三四百年以前からやつ, 既に三四週間にもなっ, 既に三国一の恋婿, 既に三國志の倭人傳が魏略, 既に三尺の上, 既に三山の歌, 既に三年今年の忌日, 既に三年戦勝つと雖, 既に三年間翁に師事, 既に三度盗みを繰り返し, 既に三日になつて, 既に三日以前から幸田節三, 既に三時半であり露営, 既に三更に近かっ, 既に三月中旬にはわが, 既に三番目の子, 既に三百何枚かの自叙伝体小説, 既に三百余名議長の卓上, 既に三百枚の原稿紙, 既に三等船客の間, 既に三箇年間大学の生活, 既に三観三諦即一心, 既に三里以上歩いたに, 既に三重吉と知り, 既に三韓諸國等, 既に三韓支那と交通, 既に三馬一九の時代, 既に上ずって空虚, 既に上の空で相手, 既に上ジリンスキー村の宗教反対運動, 既に上古からし, 既に上文に述べた, 既に上梓された, 既に上段を正眼, 既に上流から来た, 既に上流社会の和子様たち, 既に上空めがけて, 既に上説の如く, 既に上述の如き, 既に上野駅を発つた, 既に上鉱に掘りあたっ, 既に下された錠に, 既に下り切っていた, 既に下り坂に向おう, 既に下ろして居り, 既に下界の菓実, 既に不可思議の次第, 既に不可能である, 既に不可解であるのに, 既に不合理な男女, 既に不安の文学, 既に不惑を越え, 既に不死のワルハラ, 既に不治にし, 既に不法なれば, 既に不満を感じ, 既に不純なもの, 既に不良性の種子, 既に不貞となる, 既にへたる許可, 既に世帯の苦労, 既に世界屈指の大, 既に世界的水準に従っ, 既に世道の廃頽, 既に世間的価値がゼロ, 既に世間的價値がゼロ, 既にを昇り, 既に集団に, 既に両人接吻せんと, 既に両側の家々, 既に両国の過去, 既に両性の差別, 既に両手で眼, 既に両極端の相反, 既に両派の妥協, 既に支に, 既に中世より古代, 既に中世期末に起つ, 既に中傷して, 既に中原に覇, 既に中国民衆の智慧, 既に中天を遠く, 既に中学が前, 既に中学生さえ猿, 既に中学生さへ猿, 既に中性的なところ, 既に中本が来, 既に中核を逸した, 既に中毒の徴候, 既に中毒性の病氣見たい, 既に中等学校の上級生, 既に中納言中将に昇り, 既に中老性の方面, 既に中風の諸, 既に丸一年間も留置, 既に丸根の佐久間, 既に丸部夫人と云う, 既に丹那トンネルのよう, 既に主人役に廻り, 既に主従関係が生じ, 既に主戦論者に非ずし, 既に主義といは, 既に主義態度を思ひ到らない, 既に主賓を家, 既に久しく根深いものに, 既に久保田君の作品, 既に乏しかった, 既に乘客名簿で分つ, 既に九つか十くら, 既に九世紀の頃, 既に九分九厘まで父, 既に九十を過ぎ, 既に九十有餘の多き, 既に九大法医学部解剖室内の黒怪人物, 既に九州に始まり, 既に九年を過ぎ, 既に九年近くも経過, 既に九日であつ, 既に九時間以上を経過, 既に九郎右衛門は七十一歳, 既に乞食の縄張り, 既に乞食托鉢の生涯, 既に乱れ身辺に, 既に乱れ始めていた, 既に乱心の体, 既に乳母の出た, 既に乾いたらしい他の, 既に乾ききつて, 既に乾きし如く思はれ候へども, 既に乾卦は爻名, 既に乾燥状態に入っ, 既にが往来, 既に予め副王, 既に予審がすん, 既に予想して, 既に予等は海, 既に予言した彼, 既に争うべからざる成績を, 既に事変下で新, 既に事実になつ, 既に事実上の海水浴, 既に事実上戦争が不可能, 既に事實問題としては我, 既に事端を発する, 既に事變を聞き, 既に二たび點ぜられし, 既に二万五千もあっ, 既に二三十軒を富士見町, 既に二三回お千代, 既に二三回友釣りを試み, 既に二三尺の或は, 既に二三度芝居の切符, 既に二五〇マイルの記録, 既に二作目の, 既に二児を哺育, 既に二劉の時代, 既に二十一史十三經等を校勘出版, 既に二十一歳になっ, 既に二十七年間に及ぶ, 既に二十三年を経た, 既に二十二三年にもなる, 既に二十二三年前の事, 既に二十二年の著作, 既に二十二歳のゲーテ, 既に二十五回の転居, 既に二十五年になる, 既に二十五年スペイン人がこの, 既に二十五年前にマルコ, 既に二十余年も新劇, 既に二十八歳になつ, 既に二十六年の壮年, 既に二十六年前から爆発, 既に二十六年東京市内にもこんな, 既に二十家族からの人々, 既に二十年余りを経たれ, 既に二十日余り経ったが, 既に二十江戸に祗役, 既に二千年の昔アリストテレス, 既に二年以上になる, 既に二年前に歿, 既に二年有餘の歳月, 既に二年荒海を航海, 既に二年越しにわたっ, 既に二年近くになる, 既に二年間の愛, 既に二度目の夫人, 既に二昼二夜になる, 既に二時間あまりも完全, 既に二本のパラソル, 既に二本氏から金澤氏, 既に二杯目を盛る, 既に二次元では, 既に二次的である, 既に二段目が同じ, 既に二町を街道, 既に二百七十円なにがしという額, 既に二百年も前, 既に二百年前に彼ら, 既に二種の物, 既に二章まで成りたる, 既に二箇月私は再び, 既に二軒ほどおなじ, 既に二週間前新聞に掲載, 既に二面あるので, 既に二頭もある, 既に云い尽してある, 既に云った如くだから赤人, 既に云つた如く二十六弟柏軒が二十, 既に云つた如く四十歳になつ, 既に云つた様に人類出産, 既に云つた社會の問題, 既に云つてゐる, 既に互いに軽侮し始める, 既に五つ六つ聞かされた, 既に五人目の人身御供, 既に五六人も見, 既に五六度呼んで, 既に五六間の高, 既に五十一年の歳月, 既に五十七である, 既に五十七歳に達し, 既に五十九あけて, 既に五十九億圓に達し, 既に五十六歳にもなる, 既に五十嵐の眼, 既に五十年続けて, 既に五十幾種かの自然生, 既に五十日にも餘, 既に五十枚以上発売されて, 既に五十歳になった, 既に五十近く私の涙袋, 既に五千円余りのお金, 既に五千年の昔, 既に五合目辺に下れ, 既に五年その間た, 既に五年以上を経, 既に五時半なり, 既に五時間も経っ, 既に五時間余六時間ほども前, 既に五月頃から屡々, 既に五百余りの論文, 既に五箇月ちかく経っ, 既に五軒も十軒, 既に五通詞をし, 既に五郎兵衞であつ, 既に井上氏を納, 既に井戸応助に嫁, 既に亡くなられてただ, 既に亡びた中世勞働者の, 既に亡びたる種族の, 既に交はるに及ん, 既に交わるの時, 既に交通の途, 既に亨和三年に親交, 既に享保元文時代, 既に享保十八年に京都六条村年寄, 既に京極丹後守が家臣, 既に京橋の北詰, 既に京橋署の連中, 既に京水の墓, 既に京畿に衰え, 既に人となりてこ, 既に人事を尽した, 既に人事不省に陥っ, 既に人妻である, 既に人影のなくなった, 既に人心を囚, 既に人柱である以上, 既に人格と全く, 既に人格的にさうなけれ, 既に人民のあらゆる, 既に人物なし, 既に人知れず言交した, 既に人道というけなげ, 既に人間學的なる限定, 既に人間生活の一断片, 既に人間自由の本能, 既に人間通有の惨, 既に人頭税を免, 既に人麿以前の作歌, 既に什器の事, 既に仄かな色情, 既に今夜印半纏でいなっ, 既に今川了俊の為, 既に今年も泊まった, 既に今年現はれるべきこと, 既に今日吾人の目睹, 既に今日当番繰合昨夜相勤置程, 既に今日歴史を帯, 既に今明日に迫り, 既に今昔物語には人身御供, 既に今月拂つてあるので, 既に今朝の雪, 既に今次英独戦争で明らか, 既に今頃君は調書, 既に仏さまとなり, 既に仏体を作り, 既に仏像を礼拝, 既に仏国でも竜, 既に仏子である, 既に仏果を得たら, 既に仏法盛に行, 既に仏蘭西政府は他, 既に仏蘭西文壇の主潮, 既に他愛的な傾向, 既に他界して, 既に付いて居る, 既に化す, 既に代役であ, 既にの古記, 既に令名がある, 既に以上において勞働者革命, 既に仮りにも客, 既に仮設敵ではなかつた, 既に仲裁裁判に関する思想, 既に仲間の横っ面, 既に伊吹山も登山者, 既に伊藤がこの, 既に伏生が尚書, 既に伐り倒されて古生層, 既に休みあきて進發, 既に休みあきる頃なれ, 既に休兵の命, 既に会つてあの由良家, 既に会員は千名, 既に会員たる者の幾名, 既に会戦のため, 既に伝来して, 既に伝統的なもの, 既に伝説にくみ込まれた, 既に伯林の悲運, 既にとの繋り, 既に位置の変化, 既に位階勲等を有する, 既に低くなつて, 既に住んでいなかつた, 既に体験ずみのアメリカ人, 既に何だか町の, 既に何ものかを憚り, 既に何よりは御, 既に何らかの区別を, 既に何一つ見ない, 既に何処かのボックス, 既に何十人かの先輩, 既に何十年過ぎて, 既に何十里の旅, 既に何千回となく, 既に何年目に見える, 既に何日間も動かない, 既に何百年か前, 既に何者かが財宝, 既に余りあるの, 既に余んぬるを, 既に余吾の湖, 既に余命いくばくも, 既に余生に過ぎぬ, 既に余輩の所見, 既に佛教に在, 既に佛教道教が行, 既に作っている, 既に作られ既に出来, 既に作られたものであり, 既に作品としてこれ, 既に作家としてある程度, 既に作家達は各々, 既に作曲を三つ, 既に作者自身が葬つた, 既に使徒傳道者の生活, 既に來つて居るの, 既に來春を豫祝, 既にが大名, 既に供給と需要, 既に俗体になっ, 既に俗物を以て指目, 既に保守に傾い, 既に保険料をお, 既に信じたる後の, 既に信ぜられいたのだ, 既に信仰の範囲, 既に信仰内容を失う, 既に信州なり, 既に信長に不利, 既に信長秀吉家康たちも舞台, 既には走りだし, 既に修得した技術, 既に俳優坊主小兵衛を描ける, 既に俳優肖像画の行, 既に俳優自身が自分, 既に俳句といふ上, 既に俳句雑誌などと天下, 既にの生命, 既に個人生活の上, 既に個別的なもの, 既にる, 既に倒錯心理とすれ, 既に借りた以上は, 既に借金が沢山, 既に値打づけられて, 既に倭國と燕, 既に假名遣の, 既に偏聴の誚, 既に健康は恢復, 既に偵知して, 既に偶像としてのみ其心, 既に偶然の機会, 既に偶然的危険の種子, 既に傍らの窓, 既に傍聴席は満員, 既に備えられている, 既に備中守正精の世, 既にが癒, 既に傷つきたる心の, 既に傾きぬ夜登る, 既に働いている, 既に僕らにはかう, 既に僕等も見, 既にの妻, 既に僧行基が奈良, 既に億劫だ, 既に儒墨と併稱, 既に儒家中心の考へ, 既に優勢の位地, 既に優美を貴ぶ, 既に允恭天皇の御代, 既に元年六月十五日になっ, 既に元日の詩, 既に元禄頃の諸, 既に充分悲劇的でございます, 既に充分知つておらるる所, 既に充分自分の味方, 既に充分興を尽くした, 既に充分酔の廻った, 既に充棟なるのみ, 既に兆象の意義, 既に先代の時, 既に先住して, 既に先刻中引けが過ぎる, 既に先天的な非凡さ, 既に先妻を亡くした, 既に先師三矢重松先生が殆ど, 既に先年公義より多分, 既に先年合祀を強行, 既に先年所得税法の始め, 既に先年柳田先生が, 既に先方に恩, 既に先祖書を得た, 既に先約がある, 既に先賢も申され, 既に先鞭を着け, 既に先頃の経験, 既に光そのものであ, 既に光りを失ひ始め, 既に光明の神, 既に免疫して, 既に免許状を与えた, 既にを産ん, 既に入りて畫, 既に入りたる後も, 既に入り乱れて盃盤狼藉, 既に入り口近くからフォーク形, 既に入口に達し, 既に入府して, 既に入社して, 既に入籍したもの, 既に入門したこと, 既に入院して, 既に全体において主観的, 既に全国を通じて着々, 既に全治して, 既に全滅して, 既に全身に沁みつくし, 既に全部の人, 既に兩半球の境, 既に八か月になる, 既に八万の書生, 既に八九年以前よりの予謀, 既に八十両という大金, 既に八寸以上も積, 既に八日になりぬ, 既に八星霜居常法律を学びし, 既に八瀬尾の谷, 既ににした, 既に公人の字, 既に公務に対して卑屈, 既に公学校教育には永年, 既に公表されてる者, 既に公議政治の何物, 既にづかしい註文, 既に六ヵ月を経過, 既に六ヶ年在京の諸, 既に六七年続き来った, 既に六七年車に載せられ, 既に六十一歳になつて, 既に六十五円とかいう高価, 既に六十余の老体, 既に六十六歳その中五十有余年, 既に六十前後でしょうが, 既に六十四五呂尚范増, 既に六十四五歳になつて, 既に六十四歳になっ, 既に六十年以前にロンドンタイムス, 既に六十日にちかい, 既に六十枚ばかりを書い, 既に六十歳で活気, 既に六十歳餘りであつ, 既に六十餘の老, 既に六年ほど經過, 既に六年以前の事, 既に六日である, 既に六百万人からの失業者, 既に六花二箇に分離, 既に共同生活の統制組織, 既に共通の一つ, 既に共鳴者の一人, 既に兵士のある, 既に兵糧庫も焼, 既に其事業の半, 既に其五月興行の東京座, 既に其以前に示し, 既に其以前平安朝に於, 既に其作を版行, 既に其例である, 既に其俤を見せ, 既に其処から花田, 既に其分量を誤る, 既に其刑に処, 既に其名を聞い, 既に其女を天子, 既に其姓を小野, 既に其子孫の事蹟, 既に其完成の域, 既に其寡欲と多く, 既に其弊の見, 既に其所属の叙事詩, 既に其損を知り, 既に其新作許りを, 既に其方の共謀者藻西倉子, 既に其時分からし, 既に其災難の經過, 既に其痕跡を示す, 既に其相談であつ, 既に其立場を失ひし, 既に其習慣を成したる, 既に其肉を離れ, 既に其處に到つ, 既に其角の句, 既に其言葉が口, 既に其資料となつ, 既に其起りが乱暴, 既に其辺にまで伸び, 既に其運命をば天, 既に其郷國主義を小, 既に其非を知つて, 既に其魅力を投げ始め, 既に具象性を失つて, 既に内務省の用い, 既に内務省地理局の測量標, 既に内包して, 既に内定して, 既に内容を語っ, 既に内政に失敗せり, 既に内面的に独立生活, 既に再び牢屋に, 既に再度の通知, 既に再版に着手, 既に冒されてゐる, 既に冒險だ, 既に写し伝えられて, 既に写実の黎明, 既に写象の鮮明, 既に冷えて沈厳, 既に冷たくなって, 既に冷ややかな心, 既に冷却し完全, 既に冷眼もて無用, 既に冷笑を含んだ, 既にれ白鵠, 既に凋謝した深, 既に凍った氷の, 既に凛々しい一代を, 既に凝りて黒く, 既に凝りしかども氣象, 既に凡夫の往生, 既にを殊に, 既に処世上何等確信, 既に処分済の後, 既に処女性を失つた晩, 既に出した大伴坂上郎女の, 既に出ようとする, 既に出口を扼してる, 既に出品した以上, 既に出払って一台, 既に出来るだけの諸, 既に出来上つてゐたもの, 既に出来上りましたし二巻, 既に出港の時刻, 既に出演して, 既に出立ちて彼, 既に出羽殿にも御, 既に出航した後, 既に出藍のほ, 既に出陣しない前, 既に出雲大神の祟り, 既にを喉笛, 既に分つてゐる, 既に分つたことは, 既に分光學で調査, 既に分列の任務, 既に分家して, 既に分封した自治独立, 既に分明には見えなかった, 既に分隊を二分, 既に切られたのだ, 既に切れたのです, 既に乾した田, 既に刈り取られた稲田の, 既に刈り終った四五枚の, 既に刈取つた田畠には, 既に刈取られた麦畠も, 既にせられて, 既に列席を致し, 既に列挙した消費的用役, 既に初まッて, 既に初めっから, 既に初めてのった人力車, 既に初代瑞仙が嶺松寺, 既に初声を挙る, 既に初夏の夜, 既に初期においても前掲, 既に初瀬から若干, 既に判ったのであります, 既に判事らが討議, 既に判決を下す, 既に判決以前に於, 既に別々になつ, 既に別れてピアツツア, 既に別家しても, 既に別居して, 既に別離の悲歌, 既に利根の船橋, 既に制せられて居る, 既に制作の完成, 既に制定せられ予, 既に制約されつめた動作, 既に制限された紙数, 既に刻める柱頭あり, 既にと云, 既に削り掛けの, 既に前々回でお, 既に前人の植福, 既に前出の歌, 既に前号に載せた, 既に前夜から驚き, 既に前妻を去, 既に前年争論の結果, 既に前年松本学氏が警保局長, 既に前掲の事実, 既に前提された神, 既に前文に書いた, 既に前日からこの, 既に前漢若くは, 既に前科を四犯, 既に前科三犯を重ね, 既に前賢が注意, 既に前述のエジプト, 既に前途のため, 既に剥脱して, 既に創作それ自身が実は, 既に劇場で支給, 既に功利派にあらざるなり, 既に功徳なり而, 既にへられ, 既に加部錬之介, 既に劣等地を余りに, 既に労働の平常, 既にはある, 既に勇ましくも華美, 既に勇氣おとろへ, 既に動かし難い, 既に動かすべからざる存在だ, 既に動かない現実として, 既に動きつつある, 既に動き出している, 既に動植物の存在, 既に勝ったと喜び, 既に勝手な作者, 既に勝軍地蔵を本宮, 既に勢治荒富が出, 既に勤王党になっ, 既に勸告して, 既に包み直した後で, 既に包装されレッテル, 既に匈奴は漢, 既に化生説話に比較, 既にに向きかけ, 既に北国の運命, 既に北斗参宿昴宿の語, 既に北方に於, 既に北方伝説において多数, 既に北行の船, 既に北西航路や北東航路, 既に区長の処, 既に区長授与の刹那, 既に医者側の相談, 既に十一二日ごろのこと, 既に十一年を経, 既に十一時すぎ子の刻, 既に十一月の末, 既に十一月六日に至つて, 既に十一月号である, 既に十一歳だから, 既に十七代に為る, 既に十七年を経, 既に十万円を定期貯蓄, 既に十三世紀の末, 既に十三歳にも達した, 既に十世紀頃より純粋, 既に十二三里許進みて, 既に十二世紀にラテン語, 既に十二度地球の周圍, 既に十二時近くであつ, 既に十二時間位経過して, 既に十五六間も懸隔たっ, 既に十五夜の晩, 既に十五巻の二部, 既に十五年これが最初, 既に十五年以来数度会って, 既に十五年前日本探検隊が発見, 既に十何代とか此處, 既に十余年以前日本古代史の研究, 既に十余年前の事実, 既に十八しかも妹, 既に十八九日の日数, 既に十八春秋を経, 既に十八時間遅れながら, 既に十八歳である, 既に十六歳に達し, 既に十冊近く出版せられて, 既に十分の準備をもっ, 既に十分の研究を積ん, 既に十分の陶酔に入, 既に十分彼の胸中, 既に十分日本人であるといふ, 既に十分理解出来る, 既に十分自分の味方, 既に十分評価されて, 既に十分酔の廻っ, 既に十四になっ, 既に十四五年を過ぎ, 既に十四歳になつて, 既に十字軍の遠征, 既に十数年前から着手, 既に十数年前野上豊一郎氏によって発表, 既に十数年来こんな情, 既に十數册の短編小説集, 既に十數年來こんな情, 既に十數篇の小説戲曲, 既に十日以前に過ぎた, 既に十時半の処, 既に十月十三日詩会の宿題二, 既に十有余日山中なる塩湖, 既に十里に近い, 既に十里手前の町, 既に十餘のチヤシ, 既に千万ボルトのもの, 既に千久馬から聞いた, 既に千五百十二の中等学校, 既に千六百万人の世界各地, 既に千円を突破, 既に千年は経っ, 既に千百年ばかりも前, 既に千里の差, 既に午前三時を過ぎ, 既に午前九時すぎで隣室, 既に午後の二時, 既に午後一時過ぎだった, 既に午後三時近かった, 既に午後二時半になっ, 既に半ば出家したるもの, 既に半ば問題を解決, 既に半ば意識が働き, 既に半ば旅人であった, 既に半ば独自の相, 既に半ば神格を持つ, 既に半ば隠棲的である, 既に半分呉青秀半分は呉一郎, 既に半分私は立ち上, 既に半局を結ん, 既に半年前に歿, 既に半年近くなる, 既に半歳に垂ん, 既に半生を文字, 既に卑屈な泣きべそみたい, 既にして, 既に卒業したもの, 既に卒業証書は得られた, 既に卓子に向い, 既に協同一致して, 既にの方へま, 既に南北朝にある, 既に南島研究に執する, 既に南方に於い, 既に南日君に記載, 既に南朝の藤原長親, 既に南隣の大洲藩, 既に単純に概括, 既に単行本も出, 既に単調を感じさせる, 既に博物局員によって紀州, 既に卜部兼方の釈日本紀, 既にひの, 既に卦辭爻辭と必ずしも, 既にの刻, 既にをつけ, 既に印刷術が発明, 既に印度を掠め, 既に印行せられたこと, 既に危いところを本尊, 既に危ういところでした, 既に危うきに臨み, 既に危きそこへ, 既に危く何を憾む, 既に危く見えけるを, 既に危急を告げ, 既に危殆に瀕, 既に危篤の状態, 既に即位前七八年の間, 既に原作から遠い, 既に原因があった, 既に原始的であるばかり, 既に原始的法律の性質, 既に原子時代という名詞, 既に原子物理学方面の実験, 既に原本は焼, 既に原理的にその, 既に原稿料を払つて, 既に原義から離れ, 既に厭うべきもの少なから, 既に厭世を志した, 既に厳重な警視庁, 既に厳霜凄風, 既に去つて上原, 既に去りたるを知らざるなり, 既に去れりとの意, 既に去年冬よりし, 既に去歳木下杢太郎氏は, 既に参って居ります, 既に參禪を濟, 既に及ばなくなった代りに, 既には居らぬ, 既に反動期に入った, 既に反響測定器で確かめ, 既に収まつて案外, 既に収穫を終った, 既に叔父と打合せ, 既に取りあげられてゐる, 既に取り去られていた, 既に取入れられて居る, 既に取返しがつきません, 既に受け入れた凡ての, 既に受取られる誓約の, 既に叙事詩の影響, 既に叙述性能を持つ, 既にしたの, 既に叢林であるが, 既に口外したからには, 既に古からあったの, 既に古くさうした信仰, 既に古くさくおもしろくなくなって, 既に古事記伝において疑う, 既に古事記応神巻に, 既に古京遺文仏足石の条, 既に古人も言つた, 既に古代信仰による登山, 既に古代希臘羅馬の説話界中, 既に古代織物の一部分, 既に古典化しきつて, 既に古典扱いをされ, 既に古典論の行くべき, 既に古史神話の明, 既に古文の円満, 既に古来の所謂, 既に古調から脱却, 既に古風に片付い, 既に只今からこの, 既に只今これへ墨, 既に叫ぶ筈です, 既に可能なる今日, 既に台湾では藁, 既に台閣に存すれ, 既に右眼の視力, 既に右肺の大半, 既に右舷のブリッジ, 既に各国語に翻訳, 既に各所に現, 既に合して一, 既に合一した後, 既に合戦の最中, 既に吉原には誰袖, 既に吉野作造の万人, 既に一感情と, 既に同じければ, 既に同一なるを, 既に同人が何かしら, 既に同化融合の実, 既に同地の人家, 既に同好の小倉君, 既に同心同体の睦び, 既に同志的気持が成立, 既に同様の静観, 既に同氏へ御身, 既に同盟をし, 既に名のり合って, 既に名主塚越弥左衛門殿より言上, 既に名優の声色, 既に名取なり近頃, 既に名古屋の相場, 既に名字の称, 既に名所旧跡の趣, 既に名状もできない, 既に名産の一つ, 既に向う側へ廻っ, 既に向こうに行っ, 既に君位は国憲, 既に君枝にまでうすうす, 既に君達を迎, 既に否定されて, 既に否定的自覚の途, 既に含まっている, 既に含まれている, 既に呆れを通り越し, 既に呉青秀の胤, 既に呑み干して空, 既に周囲の森林, 既に周知のとおり, 既にはれて, 既に呪咀の義, 既に味わい取っている, 既に呼んだように, 既にを捨てよう, 既に命名された事, 既に和辻哲郎氏も触れた, 既に咲いてゐた, 既に咲き乱れていた, 既に咲き乱れた花の, 既に咲二がすべて, 既に咽喉結核が昂進, 既に哀しい間違いを, 既に哲学が盛行, 既に哲学的な抽象概念, 既に哲學概論についていつた, 既に哺乳の時, 既にの初頃, 既に唐代に於, 既に唐様を学, 既に唯物史觀の構造, 既に商品的な価値, 既に商売をする, 既に問名の禮, 既に問答無益とばかり右門, 既に問題そのものに於, 既に啼いている, 既に善人と惡人, 既に善悪の外, 既に善惡の差別, 既に善美なる一紀念図書館, 既に喋々する必要, 既に喜捨をした, 既に喝采に価する, 既に喧嘩相手の周馬, 既に喧嘩通しなれば, 既に喪われていた, 既になる, 既に営まれている, 既に嗄れた声や, 既にをいつた, 既に嘲笑つて居りまして, 既に囚人の背後, 既に四たび五たびも遊び, 既に四つの大きな, 既に四とせになれ, 既に四世紀以上の間, 既に四五ニズムは衰微, 既に四五十年以前失って, 既に四五年以上も経た, 既に四五羽は射ち落し, 既に四五里は来た, 既に四人ある, 既に四代となり, 既に四分の三以上死んだもの, 既に四割も徒長, 既に四十一年何と息苦しい, 既に四十七歳である, 既に四十三名に達し, 既に四十二歳になっ, 既に四十五六になっ, 既に四十五歳にもなる, 既に四十六歳遭難の後九年, 既に四十年を經, 既に四十年前に, 既に四十年来不都合なる条約, 既に四十年間毎朝冷水を浴び, 既に四十日間も地下, 既に四十近く姥桜も散り過ぎた, 既に四千三百万人前後に減り, 既に四千二十余尺気候の暖さ, 既に四回の公判, 既に四年半になる, 既に四年生時分から卒業程度, 既に四度も自殺未遂, 既に四庫全書は四通, 既に四才なり, 既に四日を経, 既に四月にもなりたれ, 既に四椀目を盛りつ, 既に四王天但馬守を知る, 既に四箇月余りを過ぎた, 既に四箇月餘りを, 既に四足も拵ら, 既に四辺は暗く, 既に四週間あと三重県の数ヶ村, 既に回顧にすぎない, 既に因縁浅からぬ, 既に因襲化し便宜化, 既に固く鎖されたり, 既に固まつて居つた, 既に固定資本は種々, 既に固有名詞になっ, 既に国中にひろまっ, 既に国会で可決, 既に国内に於, 既に国内的にも幾多, 既に国力に自信, 既に国学者の心, 既に国庫へ償還, 既に国民性とも云, 既に国軍は数軍, 既に国都への進軍, 既にを生み竟, 既に國半まで到りき, 既に國郡が手, 既に國際聯盟などの空想, 既にをかぶった, 既に土井利位がなした, 既に土器の中, 既に土地其ものから離れた, 既に土堤の芝草, 既に土壁が龜裂, 既に土州が占領, 既に土着して, 既に土着民族中に一種, 既に土芥に帰せん, 既につた事を, 既に在せし唯一の, 既に在り予約を, 既に在世中からであっ, 既に地下へもぐっ, 既に地主との調印, 既に地動説も知り, 既に地峡に上陸, 既に地方官の高等, 既に地方的固着心あらざりき, 既に地火の神格化, 既に地球にそれだけ, 既に地球雰囲気から逸散, 既に地神は怒っ, 既に地腫も引い, 既に地震学に興味, 既にに堕在, 既に垣一重隔て立って, 既に城外に待ちゐたる, 既にに入り尽した, 既に堅固に非, 既にを成し, 既に堪えられぬ佗し, 既に堪へ難き壓迫, 既に堪へられぬ恨を, 既に報知新聞社会部記者であった平井晩村, 既にはハネ, 既に場内へ牽き入れられた, 既に場所的現在において過去, 既にが行き, 既にの建立, 既に塚田村で遠回り, 既にったよう, 既に塩酸加里が入っ, 既に塵埃の集塊, 既に墓穴に入っ, 既に墨版は出来上る, 既に墳墓の中, 既に壮絶なるを, 既に売りありく霞, 既に売切れの大, 既に売品と成つた以上, 既に売払ってから十年近く, 既に売約済になつて, 既にだ, 既に変った風格を, 既に変つて了うて居る, 既に変り移って, 既に変る以上は, 既に変心した以上, 既に霞みが, 既に夕方で西, 既に夕陽を催し, 既にに出, 既に外されてゐた, 既に外出した後, 既に外国すべてと和合, 既に外気の寒冷, 既に外洋を控, 既に外皮のところどころ, 既に多々問題を, 既に多いのになおも, 既に多きに過, 既に多大な犠牲, 既に多年海外にあっ, 既に多量のバター, 既に多鶴子の心身, 既に夜半過ぎなりしかと覚えし, 既に夜叉王の如く, 既に夜明けで夫, 既に夜明け近くに御方自身, 既に夜露の深い, 既に夢みていた, 既に夢幻の一種, 既に夥多の水兵, 既に大いなる効果が, 既に大きいといふこと, 既に大事を共に, 既に大人達はもうどうしても, 既に大佐の家, 既に大分前から僕, 既に大分夕方に近く, 既に大分目鼻が附いた, 既に大分醉つてゐた, 既に大化以前から存在, 既に大嘗祭の曳き, 既に大坂蔵屋敷に著い, 既に大声で次, 既に大変拡大されて, 既に大安寺の僧達, 既に大官を得, 既に大宝の, 既に大家の風格, 既に大小の列藩, 既に大少参事は, 既に大川に下りき, 既に大成せられた後, 既に大成円熟の境, 既に大政を返上, 既に大方武門に帰し, 既に大概の想像, 既に大正の始め頃, 既に大正九年の法律改正, 既に大正二年と十四年, 既に大正五年発刊されて, 既に大正十一年五月の作, 既に大江匡房の, 既に大窪に退いた, 既に大組を終つて印刷, 既に大罪よりも軽し, 既に大臣となれり, 既に大衆文学へ移っ, 既に大豆が一尺近く, 既に大量な花, 既に大阪市中にては小売, 既に大陸の影響, 既に天保時代の老人, 既に天子崩御の後, 既に天平時代の正, 既に天文学的観測を行った, 既に天文学者には明らか, 既に天智天皇八年に, 既に天武天皇の御代, 既に天気の場合, 既に天測点を見極め, 既に天空には夥しき, 既に天運循環なる語, 既に天野信景の塩尻, 既に太一の如き, 既にが解決, 既に夫餘國の出現, 既に失いましたが二, 既に失って居る, 既に失はれてゐ, 既に失望し居, 既に失礼の先, 既にである, 既に奇怪であるのに, 既に奇抜である, 既に奇異の感, 既に奇蹟だ, 既に契冲がその, 既に奕秋の如き, 既に奥さんの話, 既に奥平の屋敷, 既にはれたの, 既に奪われていた, 既に奮発の一つ, 既に女優志願者で失敗, 既に女化原となつ, 既に女子の可能, 既に女学校を卒業, 既に女学校在学当時から其の, 既に女房もちだつたが, 既に劇家の, 既に好い加減の, 既に好き処に据ゑられたるなり, 既に好き聽衆とすべきならぬ, 既に好く知り尽して, 既に好ましくないが, 既に好事家に狙われ, 既に好個の笑劇的題材, 既に好運と目すべき, 既に如何ともし難い, 既に如何なる涙の, 既に如此くなれ, 既にである, 既に妙子さんが誘拐, 既に妥協を遂げたらしい, 既に妹娘はいない, 既にの胸, 既にのジルノルマン嬢, 既に始まつてゐた, 既に始まつてゐる, 既に始まりたる時代の, 既に始めが有る, 既に始められてゐる, 既に始終あり盛衰, 既にの下, 既にんでいる, 既に姙娠したといふ, 既に姦夫であるかの, 既に姦婬同然といい, 既には哀れ, 既に娠めり, 既につてゐた, 既に娶つて未だ, 既に婚礼の約束, 既に婦人の姿, 既に婬鬼を攘, 既に婿を迎え, 既に媒介されたもの, 既に嫁ぐべき相手が, 既に嫌忌すべきである, 既に嬢様に献げた, 既にまでなしたい, 既に子婦を索め, 既に子路の名, 既に孔夫子も申し, 既に孕んだ上へ, 既に存するところの, 既に存せし日記に, 既に存命せぬならば, 既に孝子たる当, 既に孟丙が亡, 既にの楽しみ, 既に学んでいられる, 既に学友の籾山, 既に学庸を一斎, 既に学校に入るれ, 既に学界に発表, 既に学者間に聞, 既に学術を以て名, 既に孫呉の昔, 既に孵つた時に, 既に學校を去られた, 既に學派の異同, 既に宇宙旅行に第一歩, 既に宇宙艇をやや, 既に宇宙飛行の技術習得, 既に守られなくなり始めていた, 既に守吉に三千円, 既に守戸として実務, 既に安き夢に, 既に安井の端書, 既にうして, 既に宗助を覗い, 既に宗教改革を成就, 既に宗祖親鸞上人の時, 既に官位十二階憲法十七条を定め, 既に官吏を以て終生, 既に官職も高い, 既に官軍に加わっ, 既に定まつてゐる, 既に定まつたことだ, 既に定まりたるや否, 既に定まりぬ我は, 既に定まるあゝ君, 既に定まれりと告ぐる者, 既に定まれるにも拘らず, 既に定められていなけれ, 既に定基には定まった, 既に定家卿より前, 既に宝晋斎其角が, 既に宝物の数々, 既に実例がある, 既に実情を知られた, 既に実感としては甚だ, 既に実現されて, 既に実質の上, 既に実験者としてフランス, 既に客たちは辞し去り, 既に客観的であること, 既に客車の扉, 既に宣宗の世, 既に宣戦の詔書渙発以来, 既に宣教師の下働き, 既に宣言して, 既にに迫っ, 既に室町時代以来だんだん解放, 既に宮城を開放, 既に宮家には観察, 既に宮島までの事, 既にあって, 既に害せんと, 既に家屋は取り払われ, 既に家系にみた, 既に容赦せぬ事, 既に宿にいなかった, 既に寂寞として霊柩, 既に密告されること, 既に密接な協力, 既にを重ね, 既に富みそして更に, 既に富むと裕, 既にさは, 既に寛永三補図を写した, 既に寝ねたる聖徒の, 既に寝台車も調えた, 既に寝床が設けられ, 既に寝息きさ, 既に察し得たろうとおり, 既に察するだろう如く母親が, 既に察知したに, 既に寢臺の上, 既に寢靜つてゐた, 既に實際の政治, 既に實際問題であるだけに, 既に實驗して, 既に寸志を投じた, 既に対岸の餓鬼奥鐘, 既に対等の文学価値, 既に対象認識の意味, 既に対高利となつ, 既に寿詞と鎮詞, 既にを切, 既に封建社会の敵, 既に封建社會のうち, 既に封筒の名, 既に射撃準備を整, 既に射殺されようと, 既に将軍の前, 既に将軍家は未, 既に将軍職を伜, 既に将門の乱, 既に專門家の澤山, 既に尊敬するに, 既に小さな芽を, 既に小使の妻, 既に小倉氏は草花画家, 既に小僧はさっき, 既に小児でなく立派, 既に小勢を以て夜中, 既に小原山へお出で, 既に小唄踊りに変, 既に小学を卒, 既に小学校以上の学力, 既に小屋が出来た, 既に小川の流れ, 既に小指の先, 既に小牧における秀吉, 既に小生のところ, 既に小著日和下駄の中, 既に小説家は詩人, 既に小野武夫氏田村栄太郎氏森嘉兵衛氏等には尊敬, 既に彦名命の, 既に少々胸が, 既に少からざる実例, 既に少しく酔って, 既に少なくして, 既に少なくとも四十年一万四千六百日の, 既に少年の時代, 既に州に, 既にく第, 既に就寝中だった学士, 既に就業して, 既に尽きかけている, 既に尽きたるを察し, 既に尽き戦い得る兵僅かに, 既に尽したり此上, 既に居留地になれ, 既に届いている, 既に届いたも同じ, 既に屋内まで降り, 既にになつて, 既に屍臭に似た, 既に屏風襖葛籠等の下, 既に展開の途上, 既に属僚に命じ, 既に屬僚に命じ, 既に山名は郡名, 既に山城の一部, 既に山廻りが実行, 既に山毛欅帯であるから, 既に山河を竭, 既に山田孝雄氏の痛撃, 既に山県侯の忠実, 既に山縣侯の忠實, 既に山野家の人達, 既に山間の別世界, 既に岐阜の城下, 既に岡本綺堂氏の作品, 既にの骸骨, 既に岩代の一部, 既に岩壁へくっ付い, 既にに降り, 既に岸辺の川面, 既にの絶頂, 既に峻峰が迫っ, 既にを上っ, 既に崩ぜられたのでかく, 既に崩れてもゐた, 既に崩壞しかけて, 既に崩落し二十三日, 既に川上宗壽の茶技, 既に川柳というもの, 既に巡査の檐下, 既に巡遊伶人があつ, 既に工事にかかった, 既に工場と三業組合, 既に左右に控え, 既に巨万の富, 既に巨大な存在, 既に巫女自身の資格, 既に差し当りの危険, 既に差押の手続, 既にむことを, 既にから影, 既に巾着はダラ, 既に市内を駆逐, 既に市民の記憶, 既に市衛生課として実情, 既に布かれ巴里の, 既に布衲なり, 既にたり, 既に帝劇の舞台, 既に帝国主義的段階への過渡期, 既に帝国劇場の開かれ, 既に帝室技芸員という名称, 既に帝政の頃, 既に帝紀の意義, 既に帝都においては三度, 既に師匠の手, 既に師友肉親の人々, 既に師子と同一金色, 既に師範家意識が出, 既に師走である, 既に帰っていた, 既に帰り来れる趣, 既に帰仕度をしかけた, 既に帰依し会堂, 既に帰路に臨む, 既に帰順兵千二百を出し, 既に常世を現実, 既に常民の意識, 既に常識化されて, 既に幅広の紙, 既に幕府を敵視, 既に幕軍が近づいた, 既に幟町の方, 既にけ訖, 既に平ヶ岳の頂上, 既に平安と称し, 既に平安京初期の文化, 既に平安朝初期の新撰姓氏録上表, 既に平安朝時代からハシタ, 既に平安祝詞らしいもの, 既に平山が云, 既に平滑になり, 既に平生に復し, 既に平等主義についてあれ, 既に平野の上, 既に平門の惰眠, 既に年ごとにさ, 既に年三十であります, 既に年中行事という程度, 既に年老いた額田王は, 既に幸先のいい, 既に幹事から御, 既に幹枝の必要, 既に稚きは, 既に幽玄の語, 既にたりもゐた, 既に幾つかの, 既に幾らか自分の, 既に幾位の客人, 既に幾処の実景, 既に幾分鍛練がある, 既に幾十の人命, 既に幾十年の昔, 既に幾十年前に成りたる, 既に幾十百年以前に, 既に幾年かを経過, 既に幾度目かの夜盗, 既に幾星霜を経, 既に幾月か前, 既に幾条も前売切符, 既に幾枚をも余さなくなった, 既に幾歳月かが流れ, 既に幾萬の人, 既に幾許か心, 既に広く上下に, 既に広尾では家族会, 既に広重の出世作, 既に庄内藩には府下非常, 既に庄司神戸両氏は証人, 既にに就き, 既に店番が藻西, 既に庚午四月六日に至つて, 既にに在る, 既にと云, 既に座敷から廻っ, 既にに咲い, 既に庭下駄を穿い, 既に廃ってしまい, 既に廃れた事を, 既に廃れたる古代の, 既に廃墟である, 既に廃屋同然恐ろしい程, 既に廃止されて, 既に廃滅して, 既に廃絶せる秘法, 既に廃語となりかけ, 既にに入れられ, 既にの芸妓三人, 既にして, 既に廢止されて, 既に廢道となつ, 既にく認められて, 既に延享二年頃鳥居清重, 既に延喜式には所謂天神, 既に延暦二十年三月にも噴火, 既に延暦二年の勅, 既に建設の時代, 既に廻っている, 既に廻り切つていた, 既に廿歳に近い, 既に弁証法的である, 既にに偏, 既に式場に着し, 既に弓道師範日置流に掛け, 既に揚げられたり, 既に引いてある, 既に引用したワルゲンティン氏, 既に引目がありましょう, 既に弘法大師に對, 既に弥撒ははじまっ, 既につてゐる, 既に張つた横糸によつて昇つて行つて, 既に張る氣の, 既に強く受けて, 既に強力なり加, 既に強権によって破壊, 既に強調しそして, 既に弾け乱れて地上, 既に弾力性を持つ, 既に当りぬべく覚えて大, 既に当時それらの成果, 既に当時ソヴェト同盟では批判, 既に当時日本文学の古典, 既に当時西遊途上にあつ, 既に当然惹き起したであろう恐るべき, 既に形容枯槁して, 既に形式化せられて, 既に形式的に出来上っ, 既に形而上の観念, 既に形而上學的なる見地, 既に形而下の法律論, 既に彫刻的の性質, 既に彫工会も充分成立, 既に彷彿として悲, 既に彼個人の一存, 既に彼女自ら知らないうち, 既に彼此接觸したから, 既に彼自身が病気, 既に往き夏未だ来らず, 既に往年の童話的, 既に往時のある, 既に往来してること, 既に往還に疲れ, 既に征服されて, 既に待っている, 既に待合は満員, 既に後世風な聯想, 既に後代の色懺悔, 既に後任の副, 既に後年の民権論勃興, 既に後退性に方向, 既に従軍したが, 既に得たる觀念の, 既に得道の後, 既に御堂の上, 既に御岳を攀ぢ, 既に御稜威の下, 既に御覧の事, 既に御身にも新, 既に御霊社の前, 既に徳島へ移つて寄席興行主, 既に徳川時代において立派, 既に徳義的に痙攣, 既にあるの, 既に心変りのしたる, 既に心得ていたらしい, 既に心愉快になる, 既に心臓病の為, 既に心霊的空気を感じ, 既に必ず動向が, 既に必要品に対する租税, 既に必須科目にし, 既に忘れかかってい, 既に忘れられた人々ばっかり, 既に応仁の乱, 既に念仏者等によつて, 既に怒りばかりで, 既にさは, 既に思い定めていた, 既に思い附かれた事と, 既に思ったことだった, 既に思つたよりもなか, 既に思ひ定むる所, 既に思ひ出せなかつたが自分, 既に急使は家康, 既にを成し, 既に性急である故に, 既に性質の領域, 既に怪しいと思はれ, 既に怪しかった, 既に怪人団のため, 既に怪奇味が横溢, 既に怪異に気がつくべきだった, 既に怪美人が勘定, 既にある事, 既に恋愛の何物, 既に恐れのため, 既に恐れようといふ, 既に恐ろしかったし, 既に恐怖の色, 既に恢復の一歩, 既に恢癒したはず, 既に恥じるべきなんらの, 既に恨み既に瞋, 既に恩典だ, 既に恩沢に霑, 既に恩給を受ける, 既に恭順を表した, 既に悟られた筈の, 既に悟入した同, 既にどいと, 既に悪い事が, 既に悪文であるのに, 既に悪法であるそれ, 既に悲しみ此等はおそる, 既に悲壯の極み, 既に悲怨の域, 既に悲惨なり況ん, 既にの声, 既に惡念を預, 既に惡魔の下僕, 既に酷でした, 既に想像されたであろう様, 既に愉快なので, 既にを決した, 既に意味を持たない, 既に意義を十分, 既に意識的でなければ, 既に愛する人が, 既に愛情といっ, 既に愛想を盡, 既に愛書癖を一歩, 既に附かれたこと, 既に感じた事で, 既に感づいてゐた, 既に感化する所, 既に感性的表象のうち, 既に感激を失っ, 既にる, 既に慣用語となっ, 既に慰めいたわる必要なき, 既に懐妊して, 既に成し遂げた事で, 既に成つてゐます, 既に成り立つている, 既に成れば之, 既に成女の肉附, 既に成立ちゐたり, 既に我国にも爆発, 既に我空想を喚び起し, 既に我胸に迫り, 既に我自然に帰依, 既に我責を輕, 既に我邦に渡来, 既に戒厳令が敷かれ, 既に或いは弾丸に, 既に負けて, 既に戦争の惨害, 既に戦始り幸村, 既に戦後の三国干渉, 既に戦死したと, 既に戦線にある, 既に戦闘するつもり, 既に截點を過ぎ, 既にせられて, 既に戮力を待つ, 既に戯曲や小説, 既に戯曲家として危げ, 既に戯曲的であったので, 既に戰國一統の任務, 既に戰爭準備の必要, 既に戸籍は分けられ, 既に所伝が失われた, 既に所在を知られたる, 既に所天を持った, 既に所謂口語なる文體, 既にの締, 既に手中に保っ, 既に手元に入りたれ, 既に手後れの至り, 既に手早く消毒され, 既に手段である以上, 既に手紙でくはしく, 既に石斧十四五本を, 既に打ち合せが出, 既に打つてし, 既に払いつくして彼, 既に払底塩も極度, 既に扱所というもの, 既に扶桑衆美の勝地, 既に批評の境地, 既に批評家自身によって随筆化, 既に承諾したと, 既に技術的である, 既に折口さんが暗示, 既に抜き終ったのが, 既に抜けてしまっ, 既に抱かれて居った, 既に抱き下し奉らん, 既に抵当にはいっ, 既に抵抗力を失った, 既に抽斎の生涯, 既に抽斎伝に記した如くである, 既に拓かれた境地だ, 既にき終つたの, 既に拗け剛腹で, 既に拙著下谷叢話の中, 既に拵えて置いた, 既に拾穂抄でこれ, 既に持つた人の, 既に持久戦に入っ, 既に持久戦争を行ない, 既に指し示したる沒却理想を, 既に指図を与え, 既に指定の紙数, 既に指揮に當つて, 既に挑戦的態度に出, 既に挙げそしてその, 既に挙げたる印度希臘両民族の, 既に挙げられて港, 既に挙って寺内内閣, 既に挨拶を済ませ, 既に捕えた相手を, 既に捜索に着手, 既に捨ててしまった, 既に捲土重来の意気込み, 既に捺印ずみになっ, 既に排斥されなければ, 既に掘り壞りぬ, 既に掛かっていた, 既にを犯した, 既に掠奪の経験, 既に探く迷ひ, 既に探り尽されて真に, 既に探り得た様子だ, 既に接してゐる, 既にいがたき, 既に掴まへてゐる, 既に描きながらまだ, 既に描像の範圍, 既に提供せられた許多, 既には無い, 既に摩耶夫人の像, 既に撞著あり, 既に撥音んのわりこみ, 既に擬古的で内容, 既に攘夷が決した, 既に支払ってある, 既に支那式模製の日本鏡鑑, 既に支那文化は日本民族, 既に支那民族の器物, 既に改善せられ救済, 既に改正されるべきはず, 既に放っていた, 既に放つてゐた, 既に放免せられた後, 既に政党の総理, 既に政党内閣の已む可, 既に政党総理を辞し, 既に政府運転の急行列車, 既に政治上に於, 既に政治小説に目覚め, 既に政治的な大きな, 既に政治的名聲を博し始め, 既に政界の醜状, 既に政黨の總理, 既に政黨内閣の已む可, 既に政黨總理を辭, 既に故紙堆中, 既に故郷の殘影, 既に救われている, 既に救治し難い, 既に敗色が感ぜられ, 既に教えてある, 既に教会にはいっ, 既に教員の月給支払請求, 既に教壇を退き, 既に教師ではなくなった, 既に教養が文学創造, 既に散々な目, 既に散じて狼, 既に散つてこまか, 既に散りたる也, 既に散りはじめた櫻の, 既に散佚して, 既に散尽した晩春の, 既に散果てたが姫芥子, 既に敦忠を懐妊, 既に敬称が重複, 既に数々の重要, 既に数云つた如くであるが, 既に数個の黒い, 既に数億の病菌, 既に数十年数百年以来徐々に醸され, 既に数十年来の大, 既に数千年以前から埃及, 既に数千歳を以て一歳, 既に数名に及ん, 既に数回来泊して, 既に数年間呼吸して, 既に数年間東京専門学校経営の経験, 既に数度の革命, 既に数時間の前, 既に数百の爆弾, 既に数百年の長い, 既に数箇村に重要, 既に数輪は綻び始め, 既に数里の道, 既に数限りなく証明, 既にへてゐる, 既に整い寝巻及び, 既に整えりという, 既に整っていた, 既に整つてゐた, 既に整合を要するあり, 既に整頓の楔点, 既に敵国を動かし始めた, 既に敵正面突破のため相当, 既に敵蕃の死傷, 既に敷かれてあった, 既に多く都城, 既に數學は中, 既に數年前より東京, 既に數年言なくし, 既に數年間助手として滯在, 既に數百年も經, 既に數百歳を經, 既に文中に見え, 既に文久四年となり, 既に文化の感情, 既に文化二年に長女天津, 既に文名を馳せ, 既に文壇ドストエフスキイを云々, 既に文字によつて, 既に文学そのものの創造, 既に文学作品を発表, 既に文学史上クラシツクに入るべき, 既に文学史的な出来ごと, 既に文学座愛好者のおなじみ, 既に文学精神の或, 既に文学者の生活, 既に文展審査の二つ, 既に文徳天皇嘉祥三年において壱岐, 既に文明の進んだ, 既に文明諸国に沢山, 既に文書認め了, 既に文章たる価値, 既に文芸委員が政府, 既に文芸復興の声, 既に文通を試み, 既にの大夫某, 既に斥候を放つ, 既に断然村役場を, 既に断絶し鉄道, 既に斯文の宗主, 既に斯様いふ人が有, 既に新しき御代の, 既に新味のない, 既に新村氏の考証, 既に新聞種であるに, 既に新興ブルジョアと成上り貴族, 既に新鮮さを失いかけ, 既に方向を同じく, 既に施行されて, 既に旅人の歌, 既に旅券が下, 既に旅立つてゐる, 既に旅行をいや, 既にを先立て, 既に旗田氏が死ん, 既に既成の演劇界, 既に日の入りはてしか, 既に日光様のお, 既に日常生活において行, 既に日暮れで癌研究所前, 既に日曜画報にも簡単, 既に日本トキョーに居た, 既に日本化せられたる者, 既に日本国の禍源, 既に日本的になっ, 既に日本譯が出, 既に日本趣味の人, 既に日本軍の手, 既に日本軍遠征をこれ以上, 既に日没の後, 既に日清戰爭の直ぐ後, 既に日耳曼と英国, 既に日録に見え, 既に日露両国の国交, 既に旧劇にも新派劇, 既に旧師自身其処まで解釈, 既に旧式に属し, 既に旧悪の為愛想, 既に旧来の如き, 既に旧約全書の, 既に早い闇が, 既に早ければ十四歳, 既に早し既に遲, 既に早世して, 既に早春のうち, 既に昇代議士に相談, 既に明かであったのであり, 既に明かな決定的な, 既に明かな如く政治的精神では, 既に明かにせられてゐる, 既に明けんとする, 既に明るいが地上, 既に明るかったが, 既に明るく點され, 既に明子を見, 既に明治の初め, 既に明治三十四年公布の中等学校令施行規則, 既に明治三十年の五月, 既に明治二十七年から二十八年, 既に明治二年と云, 既に明治十三年の竜池会, 既に明治十二三年の交, 既に明治四十三年の噴火, 既に明治四年の廃藩置県, 既に明治四年穢多非人, 既に明治時代からニイチェ, 既に明治的グロテスクである, 既に明示したから, 既に明軍の後属部隊, 既に昏睡です, 既に昏酔に陥っ, 既に昔プトレマイオスはこれら, 既に昔ヤスナポリヤナに幾百人, 既に春秋時代からこの, 既に昧者に益, 既に昨年秋頃から全国, 既に昨日の山中, 既に昨晩それとなく駒井さん, 既に昭和三年その処女作, 既に昭和四年度の四分の一, 既にのうち, 既に時々あつた, 既に時代遅れかも知れない, 既に時代遲れである, 既に時勢のホント, 既に時平の面上, 既に時流を擢んで, 既に晩年に押詰められた, 既に晩飯の用意, 既に普く人の, 既に晴れあけ放たれた戸口からは, 既に暁闇と旭光, 既に暖かな説得力, 既に暖かくなってるが, 既にかつた, 既に暗かった, 既に暗く椰子殻の, 既に暗示したこと, 既に暗雲が兆し, 既にが存在, 既に暮れ果てし後なり, 既に暮色の迫る, 既に暴動が起りました, 既にの近き, 既にけぬ, 既に曠野の夜叉, 既に曰くつきのもの, 既に曲者が書, 既に更けた後素戔嗚は, 既に更け行きぬれど梅子, 既に書かなかったという文法, 既に書かれてゐる, 既に書きあげた作品と, 既に書き尽されてある, 既に書き記したがさて, 既に書傳若しくは春秋公羊傳, 既に書卷の形, 既に書物の中, 既に曾槃は, 既に曾遊の跡, 既に美の, 既に最前の色情気分, 既に最早逢わせて, 既に最期の狂乱, 既に最近の成績, 既に月経が閉止, 既に月給は百円, 既に理想とも, 既に有っている, 既に有らん限りの, 既に有名な歌, 既に有望な新進作家, 既に有識者に認められ, 既に服する丈の, 既に服飾の部, 既に朕兆の認, 既に望遠鏡の構造, 既に朝廷に分配, 既に期せずして東京, 既にである, 既に朧ろげながらにもせよ, 既にに竹, 既に木の本に着い, 既に木乃伊にされた, 既に木崎がシャッター, 既に木幡伏見に至る, 既に木曾川の岸, 既に木立ちの茂みへはいっ, 既に未亡人で軍属, 既に未来の昆虫, 既にの用法, 既に末世の事, 既に末期のもの, 既に本人に帰りたい, 既に本堂へ上つて, 既に本塁を我手, 既に本妻即ち義母, 既に本年の夏, 既に本所横川邸に移つて, 既に本箱などをヤタラ, 既に本能化したもの, 既に本能的に夢, 既に本船を去る, 既に本誌三巻五号において述べた如く, 既に本質的な分裂, 既にを建て, 既に札幌の家, 既に札幌農学校を済し, 既に朱文のこと, 既に朽ちて了つたの, 既に朽ち果てて中, 既に杉浦巡査の官舎, 既に李如松を提督, 既に李如松等代って, 既に材料が枯渇, 既に材木と小麦, 既に村外れの火の見柱, 既に村道へ遁, 既に条約を結ん, 既に来り迫る願く, 既に来る筈であった, 既に来れば則, 既に来れるに攫み, 既に来着して, 既にの山, 既に東亜の形勢, 既に東京横浜其他の富豪, 既に東京行幸の為, 既に東京駅で今朝, 既に東太の母, 既に東寄りの手すり, 既に東歌が採られ, 既に東洋にあった, 既に東漢の王充, 既に東漸しはじめて, 既に東隣の主人, 既にとして消え失せ, 既に松かさの形, 既に松下氏の説ける, 既に松浦武四郎踏査による地図, 既に松田の軍破れ松田, 既に松風号の操縦士, 既にに就きたる, 既に果てて仮設敵, 既に果てたと見え, 既に果ものの食順, 既に果実を結んでる, 既に果実中に用意, 既に果實が生ずれ, 既に枢要の位地, 既に枯木になつ, 既に枯渇して, 既に某所に移され, 既に染めた更紗を, 既にかで瀟洒, 既に柔道二段の選手, 既に柱松に陣, 既に柳亭種彦が, 既に柳田君も疑われた如く, 既に校勘學の必要, 既にも絶えた, 既に根づよくこの時代, 既に根拠を自由党, 既に根據を自由黨, 既に根本主義に於い, 既に根本的に誤っ, 既に栽培が諸方, 既に案内書や独特, 既に桑畠で林檎, 既に桓武天皇の御, 既には散りはて, 既に梅泉の生, 既に梅雨の如し, 既に梯子を一二段, 既に梯子段の降, 既に梵天四王閻魔帝釈五道冥官司令司録等の許し, 既に棒鼻へ, 既に棠助と洲, 既に棠軒が入, 既に森蔭に落ちたる, 既にの底, 既に植木に入っ, 既に植林済みとなっ, 既に検事が公訴, 既に検出したん, 既に検証的に証明, 既に楚辞にも秋菊, 既に楽しんだ後に, 既に概念論だ, 既に榛軒の逸事中医治, 既に榛門の一人, 既にえき, 既に槍ヶ岳登りを終られ, 既に槍薙刀の鞘, 既に様子を察した, 既に樂園を離れ, 既に標準といふ古, 既に標準語の欠陥, 既に樞要の位地, 既に模様をなし, 既に権力平衡の愚論, 既に権田の妻, 既に権田氏が取り揃え, 既に横ぎつた一筋の近, 既に横ざまに倒れ, 既に樹木の茂, 既に樹根に倒れ, 既に樹立した感じ, 既に樺太木材が枕木, 既にを失した, 既に機会を失っ, 既に機械的でも, 既に權力平衡の愚論, 既に欠け失われてうたた, 既に欠乏しかかって, 既に次ぎに起り得る, 既に欧洲より動き, 既に欧羅巴の学者, 既に歌人として歌集, 既に歌舞伎に食傷, 既に歌舞伎劇の完成時代, 既に歌舞伎的新派的なるもの, 既に歐陽修も疑問, 既に正しく而かも, 既に正宗白鳥氏その他が現在保護, 既に正実に違い, 既に正常な情感, 既に正徳享保頃に流行, 既に正気を失い, 既に此の前の事件, 既に此事があつ, 既に此信仰状態に入, 既に此処に移転, 既に此古神道の根本精神, 既に此句を著, 既に此型に入る, 既に此場処を占領, 既に此奴に殺される, 既に此山に登つたこと, 既に此島の仲間, 既に此時よりあつ, 既に此時分に裁判, 既に此時數十の獅子, 既に此書が丁亥, 既に此有様に達し, 既に此期の初め, 既に此桃の神秘, 既に此点よりのみ考, 既に此等の記述, 既に此範囲に入, 既に此迄に於, 既に此頃の春嶽, 既に此風はあつ, 既に武内博士によって紹介, 既に武家の始め, 既に武芸に在り, 既に武術の心得, 既に歩き出している, 既に歪みて隙間, 既に歳月の過ぎた, 既に歴史になつて, 既に歴史性への転向, 既に歴史的に多種, 既に歴史的産物なの, 既に歴史的自然によってそこ, 既に歸國して, 既に歸朝養子のみ留り, 既に死し給うと誤解, 既に死につつある, 既に死にたるか彼我, 既に死に残る二人の, 既に死に絶えて僅か, 既に死に臨むにおよび, 既に死ねと思ほしめす, 既に死んでしまつた自殺者等が, 既に死んでるかも知れなかった, 既に死体となり, 既に死候者は被, 既に死期に臨んだ, 既に死滅に瀕, 既に死灰のごとく, 既に死生を超越, 既に死病にかかっ, 既に死罪になるべき, 既に死臭がある, 既に死語になつ, 既に死門に入る, 既に死體となつ, 既に歿後不得已拙筆, 既に殆ど燃え盡, 既に殆ど其職分を遂げ, 既に殆ど地上から見離され, 既に殆ど撤廢されて, 既に残りのう探り, 既にさるとお, 既に殺されしにあらざる, 既に殺されようとした, 既に殺される所で, 既に殺しましたと白状, 既に殺戮に, 既に殺気立っている, 既に殿からはこんなにも, 既に毀れている, 既に母上大方西大久保なる威三郎方, 既にの力, 既に毒害という事, 既に毛頭の興味, 既に民俗であり民間伝承, 既に民俗学上の研究, 既に民戸の繁栄, 既に民族に對, 既に民画たること, 既に民間には固有名詞, 既に氓びて猿女の如き, 既に気付いていられるであろう, 既に気候の変化, 既に気味が悪くなって, 既に気温が五度, 既に気狂いになっ, 既に水戸家の用達, 既に永く廃止の, 既に永代橋を南, 既に永劫に隔てられ, 既に永年その方法, 既にをよそい終っ, 既に求道者の一面, 既に汚れております, 既に汚れたものを, 既に汝ら知るところ, 既に江戸出発の折, 既に江戸嚢里の家, 既に江戸川の問題, 既にには水, 既に池田京水自筆の巻物, 既に決したのである, 既に決してゐる, 既に決す一葦の, 既に決まっている, 既に決まつてゐる, 既に決められたことを, 既に決定的なもの, 既に決意して, 既に決断した上, 既に決論の処, 既にを上げし, 既に沈み行き着く所に, 既に沈んで汐, 既に沈着に声, 既にし年代, 既に沒却理想以外に詩文, 既に沒理想といへり, 既に沙漠における人間叡智, 既に了し去れ恍惚, 既に没したれども文, 既に沢山落ちて, 既に河内によりて義仲, 既に河流をきめ, 既に油屋の元, 既に治したるが如き, 既に治むる道を知り, 既に沼津を過ぎ, 既に沿岸の山, 既に法世の思想, 既に法典を発行, 既に法則をすら生みました, 既に法師の所, 既に法廷侮辱の罪, 既に法律上故なく, 既に法律生活に馴れた, 既に法律的であるという, 既に法政騒動の成行, 既に法楽の舞, 既に法王が位, 既に法華經讀誦の音, 既に波頭が散り初めた, 既に泣きべそを, 既に泣き出したくなっていた, 既にのよう, 既に泥中に転がる, 既に泥水全く分れ, 既に泥酔に近く, 既に釋詮考され出した, 既に注する所を, 既に注射を為終, 既に注射器で貫かれ, 既に注目して, 既に洋学の門, 既に洋行前の慶応出身, 既に洗い落してしまいました, 既に洗ってしまったでしょう, 既に洗淨を終つて, 既に洗濯して, 既に洗濯物の処置, 既に津多子夫人は遠く, 既に津輕まで屆, 既に洩らしたる今御, 既に洪範の筮法, 既に活力が消耗, 既に活溌な仕事, 既に流されたり, 既に流派といふもの, 既に浄土山の登り, 既に猿しくも, 既に浅い眠りから, 既に浅黄色を帯び, 既に浙江地方に南下, 既に浦富の方, 既に浦島子傳, 既に浪人した小太郎, 既に浪人界の巨頭, 既に浪打際を逍遙, 既に浪曼主義のアンニュイ, 既に浮世絵に応用, 既に浮世絵発達の当初, 既に浴衣に着換え, 既に海底に朽ち, 既に海抜六千尺弱の霧ヶ峰, 既に海抜千メートル以上の高地, 既に海抜四千八百尺余の高地, 既に海水に洗われ, 既に海洋にすべり出, 既に海面の高, 既に涅槃に近づけり, 既に燼し, 既に消えうせていた, 既に消えかかっている, 既に消え失せた後に, 既に消え散じて僅, 既に消え果てた道を, 既に消しガラスに映る, 既に消失して, 既にもなく, 既に涙香研究に着手, 既に涸渇して, 既に涼しい来月に, 既に淀君が大, 既に淋しく頼りない, 既に淡き燈火を, 既に淨土教の信仰萌し, 既に深い影の, 既に深ければ敵, 既に深夜を過ぎ, 既に混淆して, 既に清国と兵, 既に清国そのものを信じ, 既に清川志村二家の事, 既に清朝下民の阿片, 既に清水焼の四五, 既に清浄潔白では, 既に清涼の秋気, 既に済んだので坦, 既にに上つた子供, 既に渡つたものと見る, 既に渡来して, 既に渡辺内蔵助糺が水野勝成, 既に渦巻く滝津瀬に, 既に温暖い雨, 既に温良恭謙柔和忍辱の教, 既に測量部または調査所, 既に港内に入っ, 既に離した魂, 既にが見え出し, 既に湧き上る幾重の, 既に湮滅して, 既に湯上りの肌, 既に湿気のため, 既に十五歳の, 既に満員今日は十一時, 既に満州や中国, 既に満腹を感じた, 既に満身創痍の観, 既に源護平良兼平貞盛等の訴, 既に源軍を破, 既に溝涜の汚水, 既にる, 既にえて, 既に滅びても其名, 既に滅びかけて居る, 既に滅びなば朝廷孤立, 既に滅亡の方向, 既に滑稽以上であつ, 既に滞在が一ト月, 既に滿ち渡つて, 既に滿腹を感じ, 既に漁師の手, 既に演じて居る, 既に演じ終りたるなりと, 既に演劇そのものと相, 既に演劇化して, 既に演壇に立てり, 既にでは其地方, 既に漢代から疑問, 既に漢書の地理志, 既に新なる, 既に潜水艦にあらで, 既に潰滅したこと, 既に潰瘍を生じ, 既に濃藍色の幾重, 既に濟んだので, 既に濡れた地面を, 既に濫用に傾かう, 既に瀕死の状態, 既に瀬戸や香住, 既に火星に帰る, 既に火焔界に達したる, 既に火薬がつめられ, 既に灯火の入った, 既にから掻き出され, 既に炊けたので炊事軍曹, 既に炎々たる火, 既に点々として開く, 既に点じ了り, 既に点点と蕾, 既に為すべきことを, 既に烏啼の重要書類, 既に烏天狗の域, 既に無きを知らざるなり, 既に無くなつて仕舞つた本, 既に無効となった, 既に無意味では, 既に無意識にでも存在, 既に無用論があった, 既に無窮なるもの, 既に無辜の人, 既に失せて, 既に焼いたものであった, 既に焼き払われていた, 既に焼き飯も焼け, 既に焼け砕けて灰, 既に煖炉の火, 既にを吐き, 既に煙癖があった, 既に煙突から飛び出し, 既に煩悩の兆し, 既に熊和邇佐比持などその, 既にせるを, 既に熟しきったものである, 既に熟したる也, 既に熱せられていた, 既に熱海貞爾と云う, 既に燃えつきようとする, 既に燃尽せしかど, 既に爛熟して, 既にに到れり, 既に爲替相場が上つて, 既にを削られ, 既に父子仇となり, 既に父親の山木コンクリート氏, 既に片づけられ此処に, 既に片寄つた好みと癖, 既に片影が出来, 既に片腕を差出し, 既に片足を船板, 既にになつ, 既に牙彫りでは日本, 既に牛乳を飲みます, 既に牛肉を食, 既に牛鍋を食わす, 既にとして抜くべからざる, 既に牧牛馬の法, 既に物心ついた少年期, 既に物理学的に世界, 既に物語そのもののこの世, 既に特に神に, 既に特別の場合, 既に特別輸出港の栄誉, 既に特殊なもの, 既に犠牲の累積, 既にを殺しつけ, 既に犯し難い神聖, 既に犯したもの, 既に犯人を充分, 既に狂いが出来, 既に狂歌の事, 既に狂歌俳句に読古, 既に狂詩と共に狂歌, 既に独楽が有, 既に独酌の盃, 既に狭隘に過, 既に猛き獸の, 既に猜疑心を起し, 既に猥褻物であると, 既に猥雜な舞臺人, 既に献上仕り候, 既に猿田彦猿女君など猴, 既に獄中にあった, 既に獄門にもなろう, 既に獨斷で決め, 既にりぬ, 既に獻立して, 既に玄宗注を取る, 既に玄蕃がこの, 既に玄関まで出でたる, 既に玉砕したし, 既にといはれ, 既に王國維の論證, 既に王子のいまし, 既に王政となった, 既にらしがられた師走, 既に珍しいのにその, 既に珍本の部, 既にを貫ける, 既に現われ出たもの今現われ, 既に現われ終ったものは, 既に現代ソヴェト農民の特殊性, 既に現在佐々は裸體モデル, 既に現地で拘引, 既に現実のよりどころ, 既に現実苦と取組んだ, 既にと事, 既に理屈を離れた, 既に理性にも感情, 既に理性界を觀, 既に理想社会が生れ, 既に理研の仁科博士, 既に理論的解決を与えた, 既に瑞々しい若葉の, 既に環境に入った, 既に環境的となった, 既に瓦斯燈を設け, 既に瓦解しその, 既に甚だしくなって, 既にを意識, 既に生きている, 既に生み月に近き, 既に生れ落ちた日の, 既に生一本な情熱, 既に生命物質を合成, 既に生存して, 既に生殖的奉仕に由っ, 既に生水をお, 既に生活が不断, 既に生物の限界, 既に生理の一部分, 既に生産文学に於ける, 既に生産様式が内容, 既に生産物の価格, 既に生真面目が看板, 既に生計費がその, 既に生長して, 既に産別に組織, 既に用紙の制限, 既に田中氏にいろいろ, 既に田原坂を占領, 既に田齊の宣王, 既に由槻が岳, 既に由良川の奔流, 既に甲戌に茶山, 既に申して居る, 既に申した通り検事の, 既に申しました軽皇女, 既に男の子を儲け, 既に男女両性の別, 既に男尊女卑と定まりたる, 既に画室や下宿, 既に画家の心理的空白, 既に画法幾何学の建設, 既に画風に独特, 既に畏怖の念, 既に畜生道に陥る, 既にがつくられ, 既に番小屋の方, 既に異なつて來て, 既に異なれば至粋, 既に異国と同じ, 既に異性を知っ, 既に異教の村, 既に異郷にある, 既に異郷人と考, 既に當國市立の濫觴, 既に當時用ゐない石器, 既に畿内地方に於, 既に疑う可くし, 既に疑わしい文明の, 既に疑惑を挾むべき, 既に疲れて了, 既に疲れ果ててそこら, 既に病みてつかれ, 既に病んで醫療, 既に病人自身が承諾, 既に病客ならず又, 既に病歿したもの, 既に病源が宿る, 既に病牀を離れた, 既に病的な域, 既に病膏肓に入った, 既に病褥にあつ, 既に病院に送られたる, 既に痛手を被ってる, 既に発令後の申出, 既に発作的な狂人, 既に発射された弾丸, 既に発生して, 既に発病の前兆, 既に発表禁止になつ, 既に発議者よりの要求, 既に発足して, 既に登山者のあった, 既に見せるニコチン酸, 既に發生して, 既に發見された或は, 既に白刃を抜き, 既に白布が取りのけられ, 既に白水社から川口篤君, 既に白状した通り, 既に白種に征, 既に白骨が甚だしく, 既に白鼠を尊んだ, 既に百万に達する, 既に百人近く東京へ行った, 既に百余年を経過, 既に百億八百萬年の舊國, 既に百年前までは毎年顔見世, 既に百数十両に及んだ, 既に百発百中である, 既に百發百中である, 既に百花園の荒廃, 既に百餘年を經過, 既に帰って, 既に皆徒歩である, 既に皇孫のましませ, 既に皇朝の命, 既には少く貴い, 既にのよつた, 既にも相当, 既に益田の方, 既にでは, 既に盗み去ったと見える, 既に盗賊強盗らの間, 既に盛りを過した, 既に盛り上がるように, 既に盛るに不, 既に盛装を凝らした, 既に盤石の其の, 既にが用意, 既に目前に迫り, 既に目指す美女を, 既に目立つばかりになっ, 既に目見医師の班, 既に目覚め始めたのである, 既に目録に關, 既に目録學が立派, 既に頼と, 既に相当五ヵ年計画がもりこまれ, 既に相当泥酔して, 既に相応の名, 既に相手にすばらしく, 既に相手方が右, 既に相談は破れ, 既にたる硯友社, 既に看破されて, 既にの事實, 既に眞ツ赤に紅葉, 既に眞實と違い, 既に眞物と鑑定, 既に眞理の概念, 既に真夏も過ぎ, 既に真夜中に近づい, 既に真昼時です, 既に真暗になっ, 既に眠くなッ, 既に眠つてしまつ, 既に眠りについ, 既に着いていた, 既に着るべき物を, 既に着れなくなり新しい上衣, 既に睡って燈火一つ見えよう, 既にりし, 既に瞬間は時, 既に瞭然たり而, 既に瞹眛派にあらざるなり, 既にの裏, 既に矛盾的自己同一的であるが, 既につたるこの, 既に知らした如く予は, 既に知らせてある, 既に知らぬ人が, 既に知られたる事実を, 既に知られなくなっていた, 既に知りたりし, 既に知りつくされている, 既に知り合っている, 既に知り尽し聞き旧して, 既に知り得たところは, 既に知り過ぎるほど知っ, 既に知れなかつたに違, 既に知れる如く秋川家に, 既に知人から流行, 既にから人間, 既に石器が有れ, 既に石器時代以来すなわち数千年間スカンジナビア, 既に石川五右衛門の狂った, 既に石川豊信鳥居清満鈴木春信磯田湖龍斎, 既に石橋のまさしく, 既に石炭の積載, 既に石田梧堂と岡本豊洲, 既に砂だらけであ, 既に砂煙をあげ, 既に砕けた瓦は, 既に破れ義仲行家疾馳し, 既に破れ関東の大軍, 既に破産して, 既に硫黄島を失い, 既に確かりした地歩, 既に確かめている, 既に確信して, 既に確實な基礎, 既にの母, 既に磐安と改称, 既に磔刑にもなるべき, 既に示されているらしい, 既に示して来た, 既には勿論, 既に社交の詭辞, 既に社会的に一定位置, 既に社會の中心, 既に社會主義政府の實, 既に社界を厭, 既にへのす, 既に祖母となっ, 既に祖父は破産, 既に祝福であるか, 既に祝詞の執筆者, 既に神さまになった, 既に神事に与る, 既に神人交感の阻隔, 既に神仙といふ概念, 既に神功皇后と卑彌呼, 既に神學のため, 既に神意により, 既に神慮によつて, 既に神田鎌倉町の本宅, 既に神經がひどく, 既に神話学者の屡, 既にの字, 既に禁止となつ, 既に禁錮を必期, 既に禅定の機, 既にひを, 既に禮經に是認, 既に禿げて光り, 既に禿頭だった, 既に私たちの殆, 既に私有財産を失つて, 既に私等は此話, 既に私自身にさえ想像, 既に私財で南さん, 既に秋冷を感ずる, 既に科学的解法を見出した, 既に秘巻を譲られた, 既に稀有な観もの, 既に程度を越え, 既にや久しき, 既に種子無しの葡萄, 既にを刈っ, 既に稼いでゐた, 既に穗ばらんでその, 既に穢れたる世を, 既に空しくなりたり, 既に空ろなり, 既に空中襲英の問題, 既に空席なきところ, 既に空想や推測, 既に空文を厭, 既に空気管の中, 既に空洞へ入っ, 既に空虚であつ, 既に空論である以上, 既に空間及び時間中, 既に窃かに国境, 既に窮したるを表す, 既に窮極の度, 既に立ちて皇太孫, 既に立ちあがつて温気, 既に立ち去ろうとした, 既に立って皇太孫, 既に立つ力も, 既に立候補してる同士, 既に立山には一等測量標, 既に立教山岳部によって登路, 既に立秋は過ぎた, 既に立窘みにも, 既に立論の根本, 既に竜顔といえ, 既にってその, 既に童女の姿, 既に童話に於, 既に竪琴草子なる一篇, 既にきて, 既にを開いた, 既に端然衣を整, 既に端緒を啓, 既にの籠, 既に竹槍蓆旗にも及び, 既に笹濁り程度に澄ん, 既に等身以上の藪, 既に筋肉の働らきが, 既に筒抜けなん, 既にの出, 既に策學の爲め, 既にを捲いた, 既に箱根行の電車, 既に築き上げられた地位と, 既に築城が始まった, 既に篠田の売節, 既にの三合配給, 既に米国では食物療法, 既に米國から歸つて, 既に米軍に占拠, 既に米高と言った, 既に粋人たらむ事, 既に粛々と動き出した, 既に精神病者ではない, 既に精神的絶え果, 既に精神的問題の何もの, 既に精神的自殺をなし遂げたる, 既に糊本はドクトル邸, 既に系統立てて, 既に紀元前一千二百余年前に於, 既に約定されて, 既に紅い蕾を, 既に紅燈紘歌の巷, 既に納棺も済ん, 既に写実劇よりの, 既に純文学の現れた, 既に純然たる一幅, 既に紙帳の側, 既に紙数を超過, 既に紛乱の元, 既に素人になっ, 既に素人作家は御免, 既に素人芸でないと, 既に素戔嗚尊は出雲, 既に素盞嗚尊の時, 既に紡織の仕事, 既に紫式部の時代, 既に細川の希望, 既に紹介した如く十惡中, 既にを告げた, 既に終らむとせしに快く, 既に終らうとしてゐる, 既に終れば則, 既に終わった一生涯が, 既に終わりかけていた, 既に終夜考え既に, 既に終日考えたの, 既に終末に達した, 既に組み立られた田の, 既に経文より引いたごとく, 既に経済学に与えられた, 既に経験ずみである, 既に経験的方則の存在, 既に結合して, 既に結婚上の危機, 既に結婚生活に入っ, 既に結果の失敗, 既に結構なこと, 既に絞った後だった, 既に給料袋に入れられた, 既に統一が成立, 既に絶えた書に, 既に絶大な詩, 既に絶對の價値, 既に絶滅したの, 既に絶点から下降, 既に絶縁同様になっ, 既に經文の原意, 既に經驗して, 既に命縷としての, 既に続々注文が, 既に綺麗な土饅頭, 既に綿井が墜死, 既に総帥の器, 既にの岬, 既に緒言中にも記し置きたる, 既にが切れ, 既に編年の行状, 既に練り踊りの, 既に縁語としての為事, 既に縁遠く響くし, 既に縄張りがあります, 既に縛ってあった, 既に切れて, 既に縦横に靴, 既に豊時代に, 既に織田氏に及べり, 既に置き並べてある, 既にに食わし, 既に美しさに, 既に美保子が縁側, 既に美意識を有, 既に美的生活中の人, 既に美育部を持つ, 既に美術協会が成立, 既に羞恥心は目覚め, 既に群集で埋っ, 既に義しき者の強, 既に義兄だった東畑精一氏, 既に義公光圀の世, 既に義勇節慨の真, 既に義雄兄との協議, 既にに懲り, 既にの後嗣梅津謙助氏, 既にある上, 既に老いさらぼうた翁, 既に老いたけれども谷, 既に老いたれど身, 既に老中を罷めた, 既に老後醒翁と号, 既に老期に入, 既に老熟の境, 既に老病中で明答, 既に考えられずそれを, 既に考察を試みた, 既に耄碌しその, 既に耐えがたい苦悩な, 既にに伝わっ, 既に耳順自ら謂えり這老耄矣蒲柳の質甚, 既に耶蘇のバイブル, 既に耶蘇教に入りたる, 既に聖者の域, 既に聞いていた, 既に聞かれなくなったが中元, 既に聡明な精神, 既になきかの, 既に職場であり職業, 既に職工であつ, 既に職業といふ問題, 既に職業戦線に活躍, 既にいて, 既にまで燒, 既に肢翅成って巣蓋, 既にを浸した, 既にを結核, 既に肺結核を患っ, 既にの具合, 既に胃の腑になかつた, 既に胃弱に悩み居らるる, 既に胃癌に犯され, 既に背後には十間, 既に胎兒の中, 既に胚胎して, 既にぶるい, 既に胸襟を披, 既にく水, 既にが釣る, 既に脚光を浴びた, 既に脱して今, 既に脱疽に罹り, 既に脳天などは槌, 既に脳病にはあらざりしなるべし, 既に腐って行こう, 既に腐り去っている, 既に腐朽を示し, 既に腐爛して, 既に腦膸に定量, 既にを下し, 既に腰かけている, 既に寒く覚, 既にに乗っ, 既にについてビール, 既に臨めりということ, 既に臨んだのである, 既に臨床的にも沢山, 既に自ら其力を信じたりき, 既に自ら心事の不徳, 既に自ら是として人非, 既に自ら海人の子, 既に自ら語つてゐる, 既に自ら調子を合せる, 既に自ら釀したもの, 既に自分一人の興味, 既に自分一人置きざりにされた, 既に自分等に対して僭越, 既に自力によって一定, 既に自在に読み書き, 既に自宅でも朋友同志, 既に自害したと, 既に自家撞着に陥っ, 既に自家遺伝の美徳美風, 既に自己否定的に世界, 既に自己矛盾を含ん, 既に自律的な知性, 既に自明の理, 既に自暴自棄のよう, 既に自殺した後, 既に自治制が半ば, 既に自活しなければ, 既に自然主義にはおさまれず, 既に自然及人生に對, 既に自然界の万象, 既に自然科學的であつ, 既に自由主義と枢軸, 既に自由競争の運命, 既に自由競爭の運命, 既に自由詩以前に於, 既に自覚して, 既に至り待つこと久し, 既に至れるを知らず, 既に至上のこと, 既に至善を解せず, 既に至尊風の歌風, 既に致仕して, 既に臺閣に存すれ, 既に興れりされど素姓賤, 既に興奮して, 既に興行十年の星霜, 既にいロマンチツク, 既に舊阿蒙では, 既にで云え, 既に舛命の苦, 既に舞台俳優のうち, 既に舞台芸術家として新しい, 既に航海に羅針盤, 既に船中は真, 既に船宿で食事, 既に良市民となりゐ, 既にを失, 既に色づいて来, 既に色彩美を十全, 既に色欲淫事にあり, 既に色眼鏡をかけた, 既に芍薬の莟, 既に芝居の芽, 既に芥川が止り, 既に芥川龍之介の, 既にが散り尽し, 既に花心にあり, 既に花籠の意味, 既に花籠やうの意味, 既に芸格は進ん, 既に芸者とよりは師匠, 既に芸術小説が行詰った, 既に芽差していた, 既に若くないこと, 既に若竹になっ, 既に若葉が青葉, 既に苦い経験を, 既に苦しくなる場合, 既に苦しんだ後に, 既に苦患なし何とて, 既に苦痛の果, 既に英吉利海峡を越え, 既に英国軍隊とアメリカ人, 既に英文で書かれた, 既に茂吉調であって, 既にの葉, 既に茅野雄はこの, 既に茶店の屋根, 既に荀子非相第五, 既に草原に絶えた, 既に荊棘を負, 既に荊楚地方に行, 既に荒々しく剥ぎとられた人間, 既に荒ぼりが済ん, 既に荒れ放題に, 既に荒川の上流, 既に荒廃して, 既に荒蕪して, 既に荷厄介にし, 既に荷田春満が云っ, 既に莚升の新, 既にの花, 既に華々しくそして独自, 既に華華しかつた, 既に萎えんとしたる如き, 既に萎れ山茶花も, 既に萎れた後色も, 既に萩原とは旧知, 既に萬物を師, 既に落されて烟, 既に落ちつくしたれど黒檜山, 既に落ついてはいた, 既に落着した事件, 既に落葉し尽して, 既に落馬せんとして, 既に葉子の暖かい, 既に葉巻あり刻み, 既に著き進歩を, 既に著しい影響が, 既に著名なお, 既に著者が, 既に葬つて後は疏食水飮, 既に蒋介石は我が, 既に蒲団の上, 既に蒹葭蘆荻を見る, 既に蒼い顔を, 既に蒼く酔醒め, 既に蓄積して, 既に蕃風を先進國, 既に蕩然として後, 既に蕪稿も千枚近く, 既に穢い半, 既に薄い霜が, 既に薄れ暮靄の, 既に薄暮のこと, 既に薔薇のサンドウィッチ, 既にじて, 既に薩州と連合, 既に薩長へ向っ, 既にに伐るべき, 既にの高い, 既に藝術内に於い, 既にの花, 既に藤原時代の社会生活, 既に藤次郎は美代子, 既になどはなく, 既に藩庁を取囲む, 既に藩許を得る, 既に蘇東坡の文, 既に蘭人にとつて, 既に蘭軒医談を校刻, 既に虎髯大尉よりの報告, 既に虞淵に沒, 既に喰い算, 既に虫の息でありました, 既に蜜柑の盛り季, 既に蝙蝠傘屋の女, 既に融け始めてあれ, 既に蟄居を免, 既にを相手, 既にの聲, 既に蟲聲をきく, 既にを求め, 既に血迷った見えぬ眼で, 既に衆目を浴び, 既に行うた記録の, 既に行つてゐるもの, 既に行われたことの, 既に行先がきまってる, 既に行市山の佐久間盛政, 既に行方をくらまし, 既に行書すらも行, 既に行為的直観が含まれ, 既に行燈式の電燈, 既に行状を読んだ, 既に行軍の準備, 既に行長清正相次いで, 既に街道の形, 既に衝突その物, 既に衣服とする, 既に衣服有つて其水に潤, 既に表沙汰になっ, 既に表現的形成的でなければ, 既に表面にあらはれたる, 既に衰えをあらわし, 既に衰世であり危険, 既に衰替の期, 既に衰滅の徴, 既に衰老の年, 既に衰運に趨, 既にを少し, 既に袈裟を愛し, 既にをき, 既に裂き棄てられていた, 既に装飾部員が仕事, 既に補助椅子がワンサ, 既にだと, 既に製作の時代, 既に製本されて, 既に製本済になり, 既に製紙や枕木, 既に製造家から搾取, 既に裾野であるが, 既に複合形で純, 既にに秘し持った, 既に西アジア全体とエジプト, 既に西京で味, 既に西國順禮を賣, 既に西山に傾きしか, 既に西方の山, 既に西施を得, 既に西洋的メトーデの中, 既に西洋趣味を脱却, 既に西筑摩郡でいわば, 既に西袋の景, 既に點を, 既にを成し, 既に覇道に徹底, 既に見えざるものと, 既に見えなくなつて, 既に見えなくなっている, 既に見えるのである, 既に見すぼらしく貧苦に, 既に見たれど阿, 既に見つればこ, 既に見ぬき鮮やかに, 既に見られなくなっていた, 既に見事に罰せられ, 既に見出されて彼, 既に見向きもせず, 既に見捨て断じて再び戻らない, 既に見物の人, 既に見知っている, 既に見貫いている, 既に見透かし難いこの, 既に規則を極めた, 既に規定の紙数, 既に視覚的なもの, 既に覗かれたものである, 既に覚醒きって, 既に親しいものでした, 既に親しみのある, 既に親しんでいる, 既に親まれている呼び, 既に親方も姿, 既に観たところでは, 既に観世物になる, 既に覿面の効果, 既に角太夫や薩摩太夫, 既に角笛は鳴りはじめ, 既に解け頂に, 既に解していた, 既に解って居る, 既に解つたで有らう, 既に解散して, 既に解説が一定, 既に解釈して, 既に言い尽されたのであります, 既に言おうとした, 既に言ったごとく同じもの, 既に言つた如く同じ, 既に言つてゐたの, 既に言われたごとくこのもの, 既に言われた如く勿論この, 既に言及した原因, 既に言明して, 既に言語の通貨, 既に言語学の認識, 既に訂正しつつ, 既にりて, 既に記したる如く大正五年には, 既に記したればこれ, 既に記しましたが日本, 既に訣つてゐる事, 既に訪ね歩いてし, 既に訪れたことが, 既に許された紙面を, 既に許す可らざる, 既に許すべからざる悪であった, 既に許多の日, 既に訳されて居る, 既に訳者と見, 既に診察を受けた, 既に詐りを信, 既にを書く, 既に評釈した, 既に詣ではした, 既に試みといふ, 既に詩作さへ無意味, 既に詩壇を退い, 既に詩歌として短歌, 既に詩集二冊と戯曲, 既に話していた, 既に話術の話術, 既にかに説い, 既に誅戮を蒙りたる, 既に認めてゐる, 既に認められることである, 既に認められる如く犬は, 既に認め得て其文章, 既に認識し得ない乗客, 既に認識上で矛盾, 既に誓つた良人がある, 既に誘惑そのものであった, 既に語っている, 既に語りしところに, 既に語り得る人が, 既に語根の屈折, 既に語部が邑, 既に誤りあり今亦, 既に誤るものと, 既に誤謬の初め, 既に説いて了うた, 既に説いた如く世人を, 既に説き及んでおいた, 既に説けり日本橋側に, 既に説諭に向った, 既に読まれた如くその巧妙, 既に読みたいと思うかずかず, 既に読めぬ位古び, 既に読んでるんだ, 既に読売新聞社を離れ, 既に読書界を騒がし, 既に読経が始まっ, 既に読者諸子が名前, 既に読者諸賢の諒解, 既に誰云ふとなく, 既に誰人の胸, 既に調べた事実を, 既に調査ずみのやう, 既に論じたように, 既に論じたごとく実際蟒蛇, 既に論じたる所にも, 既に論ずる余地が, 既に論ぜし所少しく, 既に論争が始まっ, 既に論壇を圧し, 既に論証して, 既に諦めきつて, 既に諸種の宗教, 既ににある, 既に講武所に於, 既に講演されまた, 既に落して, 既に謡曲の, 既に謬見を去り, 既に謹慎の期間, 既にした, 既に識者の注目, 既に警官を載せ行きたる, 既に警察に来, 既にへ話, 既に譯者と見, 既に護法胤であること, 既に讀まれてゐた, 既に讀書不精の過, 既に讀者よ自分, 既に變形された銅鐸, 既に谷ククまたはククト, 既に谷山の姿, 既に谷本幸田兩博士の研究, 既に豐後水道を瀬戸内海, 既に象徴派を経, 既に豪華なもの, 既に豫め定められて, 既に豫想されて, 既に貞操が婦人, 既に貞派に勝りたる, 既に負傷して, 既に財布を捜し当てた, 既に財政困難に陥っ, 既に貧困の社会的, 既に貧者のため, 既にを得ける, 既に貨幣租税が穀物地代, 既に貨物の市場価格, 既に貪濁シャイロックの, 既に責任の荷, 既に貰い物の食物, 既に貰ったと云い, 既に嬢の, 既に貴き座に, 既に貴下のお, 既に貴君の母堂, 既に貴族的になっ, 既に貴殿を打ち込ん, 既に貴重の書, 既に買う必要が, 既に買入れたのが, 既に買収の契約, 既に貼り出された掲示の, 既に資料の欠乏, 既に資本主義下の寄食, 既に賊船の姿, 既に賞讃せられ, 既に賤人の形, 既に質屋の小僧, 既にに勝った, 既に贅澤と思はれた, 既に贈位の恩典, 既に贋使者とある, 既に赤い天井を, 既に赤く腫れ上って, 既に赤札とはどう, 既に赤沢脳病院の朽ちかけた, 既に赤瀬氏の事業, 既に赤裸々の姿, 既に赤電車の出た, 既にれて, 既に走り行く以上は, 既に起きゐたり, 既に起き出でて竈, 既に起つたからには法律, 既に起り矢石京城に, 既に起れるものなる, 既に起稿して, 既に超人の視力, 既に越した風貌である, 既に越中文化の中心, 既に足かけ四年になります, 既に足れり材料既に, 既に足場はなく, 既に足掛け三年もそのまま, 既に足柄の嶮, 既になけれど, 既に跡かたもない, 既に跪きてゐ, 既にもなけれ, 既に路傍の松山, 既に踏み出している, 既に踏み外したと思ひ込ん, 既に踏み込んでゐる, 既に踏破しその, 既に躋寿館に勤, 既に身うけされて, 既に身体の束縛, 既に身体裝飾衣服等の事, 既に身分としての武士, 既に身嗜みの一つ, 既に身支度を調, 既に身體も精神, 既には疲労, 既により前, 既に車夫にも見離されました, 既に車庫に廻され, 既に軌道を踏み外した, 既に軍務を見る, 既に軍医を瞞, 既に軍費が問題, 既に軍隊教育に於, 既にといふ字, 既に転化して, 既に転向して, 既に転歩に耐, 既に軽々と決めてか, 既に軽い陣痛を, 既に軽微なチアノーゼ, 既に軽蔑心が有る, 既に軽部夫人のあなた, 既にやかしい歴史, 既に輝かしい成果を, 既にた相, 既に轉變の憂苦, 既に辞典ものです, 既にじおきたり, 既にを解いた, 既に込みあつて, 既に近きを知る, 既に近くかれ等, 既に近く世間に発表, 既に近づきに成っ, 既に近づける鷹の, 既に近世の粟島伝説, 既に近代仏蘭西の小説, 既に近代劇の名, 既に近代小説として確立, 既に近代的には悪, 既に近代的傾向を見よう, 既に近所からもらった, 既に近松門左衛門の, 既に近江守にもなっ, 既に近藤崩れがあった, 既に迫つて村や橋, 既に迫る夜の, 既に迫れるを知らなかった, 既に述べきたったとおりマリユスによって, 既に述べたごとくでありましていずれ, 既に述べたるがごとし, 既に述べたる如く孔子以後儒家發展の, 既に述べたれば再び, 既に述べた如くで久しく地表, 既に述べられている, 既に述べる所が, 既に述べ置いた通り美術としては, 既に迷宮入りを伝えられ, 既に追うなし, 既に追記と日記, 既に追込まれたとほり, 既に退いた上は, 既に退却して, 既に退社して, 既に退転して, 既に退隠後年を, 既に送り神に托し, 既に逃げ去つた後らし, 既に逃げ去った後らしかった, 既に逃亡を思い止まった, 既に逃走して, 既に逐電して, 既に通じて汽車, 既に通ってきた, 既に通りかかった車に, 既に通り過ぎて今, 既に通俗なる平民芸術, 既に通学の傍ら, 既に通常市場に送り出される, 既に通過したりと, 既に逝いた後である, 既に逝きて白玉楼, 既に逝けるも英雄, 既に逞しい青年である, 既に連れて行った, 既に連邦的存在ある点, 既にべる, 既に進みたる途に, 既に進みよろこびてわが, 既に進化して, 既に進行して, 既に逸早く私の, 既に逼塞せしとは, 既に遂げられたり, 既に遅きに失する, 既に遅しである, 既に遅れて岸辺, 既に遊仙窟だけは確か, 既に遊佐さんも御, 既に遊女の手, 既に遊女達が多勢, 既にを天意, 既に運ばれて例, 既に運び去られ今や偽物, 既に運び去られた後で, 既に運転台の方, 既に運転手と助手, 既に過ぎたるが如し, 既に過ぎ去つたのである, 既に過ぎ去って今や, 既に過ぎ去つてゐる, 既に過ぎ去りたるも資本的帝國主義, 既に過ぎ去ろうとし, 既に過ぎ恐しい黒船は, 既に過分の名誉, 既に過剰人口を養う, 既に過去何十年間かこの, 既に過去数年間文筆家として生活, 既に過渡期の人, 既にに入る, 既に道化の上手, 既に道場を荒された, 既に道徳的に非ずし, 既に道辻で出会った, 既に道長の子孫, 既に達している, 既に達せられし折柄あたかも, 既に達成された, 既に違つてをり, 既に遠地に流離, 既に遣り始めようと迄決心, 既に遥か下の一階, 既に遥か高位に進み, 既に遭難地点に達し, 既に遮断されて, 既に選出した, 既に選挙法改正案提出の時, 既に選擧法改正案提出の時, 既に選集の中, 既に遼陽で感じた, 既に避難者等の交交, 既に還暦を越した, 既に邪淫の兩界, 既に部曲を分かち, 既に郵便の六十銭, 既に郷家に入る, 既に郷里で一とおり, 既にも遠く, 既に都権平の妻, 既に配偶の大, 既に酒渇を病ん, 既に酒肴の支度, 既に酔い眠った猴を, 既に酔ってから陸, 既に酔っぱらっている, 既に酔つてゐた, 既に酔ひぬ, 既に酩酊気味だつた, 既に酷く感服し, 既に醇化して, 既に醒め一座は, 既に美の, 既にしがたき, 既に醸されつつある, 既に釋畜に屬, 既に馴れた遊女, 既に里數を以て之, 既に重々認められて, 既に重くなつて, 既に重井と諸所, 既に重傷を負う, 既に重吉をも紹介, 既に重荷なの, 既に重鎮組の作家, 既に野呂の口, 既に野性が生き返っ, 既に野村のよく, 既に野郎より女, 既に金包がスリ, 既に金吾もザクザク, 既に金沢の方, 既に金網をもっ, 既に金製の鶏, 既にをそこここ, 既にを抜き取つ, 既にを以て楽しまう, 既に釣った後の, 既に釣り尽くしたあとで, 既に釣台で舁, 既に鈴木春信論の中, 既に鉄砲を洗ひざら, 既に鉱業停止の請願, 既にと山, 既に銀河の諸星, 既に銀貨に駆逐, 既に銃殺されて, 既に銷磨し盡, 既に錆びてザラザラ, 既にの用, 既に錦橋の門人録, 既に錬金術そのものが金, 既にされし文字, 既にへたる此, 既に執る小生, 既に鎌倉に入, 既に鎌倉時代末頃より隆信, 既に鎮魂祭の神遊び, 既に鏑木雲潭と親善, 既にに足, 既に鑑識課の連中, 既に鑛毒問題と云, 既に吏の, 既に長けど暑き此頃, 既に長岡半太郎博士が原子構造論, 既に長崎退帆, 既に長州は薩摩, 既に長年の間内証, 既に長男を憎ん, 既に長篇になりかかっ, 既に長距離を歩い, 既に長途の旅程, 既に長音に化し, 既に門出の時, 既に門閥となり, 既に閉ざされたる現世と, 既に閉じられている, 既に閉店し対岸山谷堀, 既に閉鎖したほど, 既に開かれたのは, 既に開きたる後なりき, 既に開くるに及, 既に開けた都會である, 既に開戰された後, 既に閑散の身, 既に閑花只合閑中看, 既にに合, 既に間人の土師人, 既に間抜けの本性, 既に間近く接って, 既に間違つてゐる, 既に関係が成立, 既に関東骨をそなえ, 既にを出でし, 既に闕巻になつて, 既に關西電話で傳, 既に防ぎ止めたとばかり信じ, 既に防空服装というもの, 既に防衛諸部隊, 既に阿部家の禄, 既に添われた最初, 既につてゐ, 既に降参するの, 既に限られてゐた, 既に限りある収入, 既に院内の散歩, 既に陣中にある, 既に除かれていた, 既に除き去られたのであらう, 既に除去せられて, 既に除名と定, 既に陥ってしまっ, 既にに隠れ, 既に陰晴を殊, 既に陳す之を行, 既に陳べたとおりである, 既に陳腐となっ, 既に陸士に約, 既に陸軍演習の地, 既に険阻の大, 既にが落ちた, 既に隅田川と同じく, 既に隅田河口を脱, 既に隆盛をき, 既に隈公の知, 既に隋書經籍志もあり, 既に階段をのぼり切っ, 既に階級があらわれ, 既に階級闘争が避け, 既に随分好事, 既に隠し子まであった, 既に隠すとあり, 既に隠居して, 既に隣りの寝台, 既に隣室へ躍り出, 既に隣接部隊が渡河, 既に隣組の有難, 既に隨處に農業, 既に隻脚を墓, 既に隼人海峽黒迫門を踰, 既にの渡る, 既に雅致ありと, 既に雅遊の地, 既に集ってもっぱら, 既に集中決定の時, 既に集団農場化の第, 既に集結したと, 既に雙方の間, 既に雛鳥と烏帽子折求女, 既に離れて衰亡, 既に離れた上の, 既に離婚せねば, 既に離籍しようかと, 既にかしい問題, 既に雨期にはひつ, 既に雪渓の下端, 既に雪白に變つて, 既にに掩, 既に雲中に没し, 既に雲收まりて蒼々, 既に雲霞の如く, 既に零落して, 既に雷槌という名, 既に電信採用せられ鉄道, 既に電報で再度, 既に電報線のきく, 既に電線に障る, 既に需要が供給, 既に震災前の公園, 既になきもの, 既に霊魂信仰の存在, 既に霧渓の師, 既に霧社で遭難, 既に露地から走り出し, 既に露店の許された, 既にれて, 既ににかくれ, 既に青々たる作物, 既に青く雨中の, 既に青ざめていた, 既に青天白日何等の不忠, 既に青山の方, 既に青帽の生徒, 既に青黛色濃か, 既に静つた和やかさで煙草, 既に静岡県下にはいっ, 既に非凡以上と申さね, 既に非常警戒の網, 既に面会の時間, 既に面倒くさいのだ, 既に面白い所へ, 既に面白かった幾多, 既に面白からぬに, 既に面白くない, 既に革命後十五年の歴史, 既にの跡, 既にに納め, 既に鞦韆のあつ, 既に韓非子に楚王, 既にが萌え, 既に音律を好み, 既に音楽学校と美術学校, 既に音無家に於きまし, 既に響いている, 既に頃日同館とは殆三十年間交誼, 既に預つてゐる, 既に頭髪の半ば, 既に頷けない屈伏は, 既に頼んで置いた, 既に頼んだということ, 既に頼母は起き上がり, 既にれたる, 既に頽廃し内, 既に頽廃期に入った, 既に頽廃空虚の叢, 既に題材的な制限, 既にをそむけ, 既に顔見知りの間柄, 既に顔馴染のひとたち, 既に顕著な傾向性, 既に風土記では日本武尊, 既に風水に解け, 既に風間の魂, 既に風間九十郎の上, 既に風雪の激しい, 既に飛び出してしまっ, 既に飛び出した後だ, 既に飛び立たざるを得なくなっ, 既に飛脚はやっ, 既に飛込みに掛りました, 既にを求める, 既に食べ始めてゐる, 既に食物搬入は済んだ, 既に食物療法専門の病院, 既に食用にした, 既に飽満するであろう, 既に養成せられて, 既に養父殺しと云う, 既に養父養女の約束, 既にえたる, 既に餘燼となつ, 既に饒舌に過ぎた, 既に首領は赤毛, 既に香剤を収めた, 既にから下り, 既に馬背に乗っ, 既に駈けぬけた犬が, 既に駈込んで一呼吸, 既に駑馬として終り, 既に駕籠から離れよう, 既に駿府へ発した, 既に騒擾の兆, 既に騷然たり, 既に驚いた様子であった, 既に驚かされたがこの, 既に驚きが終り, 既にという, 既に骨抜きになっ, 既に骨肉の間, 既に體驗した事, 既に蹈派に, 既に高い文化を, 既に高きオリムポに, 既に高く高くのぼって, 既に高利の大火坑, 既に高原に近い, 既に高句麗夫餘等の王, 既に高山樗牛登張竹風等の諸氏, 既に高田家に老人, 既に高田殿は守刀, 既に高等学校には視学制度, 既に高等學校に在, 既に高輪田の妻, 既に高遠な數理, 既にを梳き, 既に髪の毛が麻, 既にを薙いでしまつ, 既に鬼神に感応, 既に鬼籍に入る, 既に魂等全く掩, 既にを生ず, 既にに近い, 既に魯庵の, 既に魯西亜人緩優交易, 既に魯迅自身は歩まなかった, 既にかなる, 既にの屍, 既に鳴子馴れてる, 既に鴈治郎在世中にも備つて, 既に鵠沼の後期, 既にの字, 既にの羽音, 既に鹿鳴館, 既にへ舁き去られ, 既に麺麭屋の店, 既にや紅, 既に黄土に帰せり, 既に黄泉国の火, 既に黄瀬川沼津に著, 既に黄色の外套, 既に黄金メダルを戸倉老人, 既ににまみれ, 既に黒薙川附近まで探られた, 既に默想の中, 既に黝んだ薄紫色, 既に黴菌がいる, 既にを毘沙門, 既になどは少し, 既に鼻曲りがある, 既に齊國は田氏, 既に齢人生の半ば, 既に龍太と僕, 既に1年2個月を經, 既に4囘も招聘