青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「挺~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

挙動~ ~挨拶 挨拶~ ~振 振~ ~振っ 振っ~ ~振った ~振り 振り~
挺~
~捉 捉~ ~捜し 捜し~ 捜査~ ~捨て 捨て~ 捨てる~ 据~ ~据え

「挺~」 1052, 10ppm, 10303位

▼ 挺~ (439, 41.7%)

52 駕籠が 24 駕籠を 12 鉄砲を 9 ピストルが, 駕籠は 8 駕が, 駕籠の 7 斧を, 駕を, 駕籠から 6 ピストルを 5 鉄砲と 4 乗物が, 拳銃を 3 ような, ナイフを, ピストル, 三味線を, 剃刀を, 女乗物, 早駕籠, 鍬を, 駕籠に

2 [23件] ピストルと, 乗物は, 剃刀の, 小型ピストルを, 山駕籠が, 方の, 早駕, 櫂を, 櫓を, 猟銃が, 町駕籠が, 籠が, 蝋燭を, 装薬した, 車がらがらと, 鉄砲が, 鉄砲に, 鉄砲の, 鉄砲は, 銃が, 鍬と, 頭である, 駕籠と

1 [204件] かごに, かご走りは, きらめく刃物, はや駕籠, ぴすとるが彼の, カメラの, コルト拳銃を, コントラ, ジャックナイフを, スナイドル銃を, セロを, タレを, トヤ駕籠が, トヤ駕籠を, トヤ駕籠ドン, ナイフが, ナイフでも, パチンコで, ピストルだった, ピストルっきり見出されなかった, ピストルで, ピストルであった, ピストルである, ピストルに, ピストルには, ピストルは, ブローニングの, ブローニングを, マンドリンを, ヴァイオリンが, ヴァイオリンは, ヴァイオリン及び, 丈夫な, 三味線それから, 三味線と, 三味線は, 不浄駕籠は, 中から, 乗物だ, 使命を, 値が, 先を, 全部弾薬を, 内へ, 出刃も, 切棒駕籠だけは, 列ね駕籠, 剃刀が, 剃刀であった, 剃刀得物こそ, 剣が, 剣付き鉄砲で, 匕首に, 匣槍, 厳めしい, 古鉄砲を, 古風な, 号で, 四ツ手の, 四ツ手駕籠が, 塗駕を, 塗駕籠が, 塗駕籠は, 外は, 大きな鉞, 大鎌, 太い蝋燭, 太い銃口, 太皷, 太鼓の, 太鼓を, 女駕, 女駕籠, 小さい鉞, 小さな拳銃, 小刀すらも, 小柄千代之, 小銃は, 小銃を, 小鍬, 山籠を, 山轎の, 山駕それを, 山駕は, 山駕も, 山駕を, 山駕籠へ, 弓が, 手を, 手斧を, 扱いかた各種制動機の, 拳銃, 拳銃その, 拳銃であります, 放れわざ, 数しか, 斧が, 方には, 旅駕籠の, 旋条銃一万個入れ, 早打, 板斧と, 梯子が, 梯子と, 機関銃は, 機関銃を, 櫓と, 櫓に, 櫓は, 櫓拍子が, 櫓櫂を, 水兵ナイフを, 法師轎が, 猟銃を, 用意が, 町駕籠は, 番争いから, 白い刃, 短刀とを以て, 短刀を, 短剣がわらの, 短銃が, 短銃と, 種子島が, 空駕籠が, 算盤を, 肩代で, 肩輿が, 自動銃無数の, 艪と, 花鋏を, 著す所, 葬い駕籠, 蒔絵駕, 蝋燭が, 蝋燭に, 蝋燭の, 装填した, 角柄の, 角砂糖挟み, 車に, 車を, 車門に, 軽機関銃, 輿が, 輿に, 輿を, 轎が, 辻駕籠が, 辻駕籠を, 金槌と, 金簪の, 金鍬を, 鈎に, 鉄砲いつの間に, 鉄砲で, 鉄砲であります, 鉄砲なく, 鉄砲なら, 鉄砲一すじの, 鉄砲刀架に, 鉄砲弾薬を, 鉄砲方の, 鉄砲組を, 鉈を, 鉛筆削でも, 銀の, 銃とを, 銃の, 銃も, 鋏は, 鍬が, 鍬に, 鍬にも, 鎌を, 鎌一挺の, 鎖鎌を, 鎖駕籠は, 鎖駕籠を, 鏝が, 鏡を, 鐵砲を, 鑢の, 鑿と, 鑿を, 音の, 頭に, 駕, 駕には, 駕の, 駕は, 駕へ, 駕尻を, 駕牛込見附から, 駕籠, 駕籠からは, 駕籠でございましたら, 駕籠と共に, 駕籠には, 駕籠へ, 駕籠三人は, 駕籠垂を, 駕籠忍ぶ, 駕籠江戸の

▼ 挺~ (56, 5.3%)

3 て行く 2 ている

1 [51件] て, てこの, てすでに, てその, てそれ, てつきすすん, てひとり, てふたり, てアサリ女史, てエスメラルダ, て万戸, て事, て人, て働い, て克, て免れたる, て入りこみ, て前, て助けた, て反抗, て唱道, て国難, て多く, て実, て少し, て怪青年, て愛する, て慈善切手, て支倉, て斬りつけ, て来た, て橋上橋畔, て武人, て殉じる, て激流, て熱心, て生き抜く, て立ち, て端的, て苦悩, て袁紹, て諫め, て警察, て走っ, て赴いた, て追いかけよう, て進ん, て闘っ, て防いだ, 戈を, 険を

▼ 挺~ (28, 2.7%)

2 手に

1 [26件] かつぎて, ぶんぶんと, 保有する, 加えて, 取って, 壁の, 外船から, 宰領させ, 岸辺に, 座右から, 得物の, 拾いました, 持ちながら, 持って, 持つて, 挽かせ小筒持, 携えて, 武器に, 残らず舁い, 申付て, 見たやう, 見たよう, 買ひ, 購入した, 軽々と飛ばし, 預けて

▼ 挺~ (16, 1.5%)

2 だか

1 [14件] あった, あろうかと, そちに, ボートと, 三百ルーブリ一挺は, 八百ルーブリ出した, 出来るだろうな, 前に, 女駕籠です, 孤堂先生の, 小野の, 後に, 病人です, 黒い幌

▼ 挺~ (15, 1.4%)

2 て余人, 墓など

1 [11件] こういう, これを, ちょこっとこじた, 二千両だ, 仕止め, 前に, 小柳と, 帰ったとき, 日本中を, 簡単に, 酒の

▼ 挺~ (15, 1.4%)

1 [15件] いわるるに, それに, ピストル二挺と, ピヤノの, 一寸した, 数本の, 火薬一ポンドと, 獲物袋とが, 紙が, 角燈とを, 赤坂今井谷へ, 身を, 針指し一つより, 鉄砲十何挺を, 鑓を

▼ 挺~ (15, 1.4%)

2 増えた

1 [13件] お供が, したよ, したらどう, なった, なって, 人足廿三人を, 十五六人の, 弾薬若干と, 拳銃が, 提燈が, 槍が, 槍十五筋門の, 背丈の

▼ 挺~ (13, 1.2%)

1 [13件] ありませんが, さげて, つながって, なかった, なし刃物, 三挺も, 取揃えて, 壁にか, 打ちおろしたかと, 持ち出されること, 持って, 無いから, 納まると

▼ 挺持っ~ (12, 1.1%)

1 [12件] てい, ている, てきた, てどこ, て上甲板, て中庄, て参りました, て座敷, て来, て来い, て来たら, て町町

▼ 挺でも~ (11, 1.0%)

1 [11件] これで, 一つ物を, 動かない, 動かない大胆さ, 動かない男, 動かぬ暗鬱, 動きそう, 動きましねえでね, 動きませんので, 百挺でも, 足が

▼ 挺~ (11, 1.0%)

1 [11件] その脳味噌, ので誰, ものだ, ものを, 初対面の, 店が, 御託宣だ, 心持の, 感じの, 矛盾である, 驚きを

▼ 挺~ (11, 1.0%)

1 [11件] であるが, で漕ぎ離れた, で追いかけ, で追越し, で飛ばし, の大船十数艘, の船隊, をたて, を一人, を押し, を押す

▼ 挺~ (9, 0.9%)

1 いつでも, やがて村, ア定価は, 一度に, 二十五両だった, 俄かに, 添えて, 空駕だった, 送られて

▼ 挺ずつ~ (8, 0.8%)

1 かついで, つまり十本, ポケットに, 入れて, 失くなります, 持って, 水平に, 用意しまし

▼ 挺~ (7, 0.7%)

1 でもこの, で持ち上げる, となつ, なお寺, におされる, のよう, の先

▼ 挺ある~ (6, 0.6%)

1 か, が櫓, に過ぎない, 切りで, 鉄砲へ, 鋸と

▼ 挺~ (6, 0.6%)

2 でて 1 じて, ずるにも, ずるを, ずる新興文芸

▼ 挺~ (6, 0.6%)

1 がもの, でかたづけ, の一挺, は生々しく, を持った, を諸手

▼ 挺~ (5, 0.5%)

1 おもしろい音, 何千挺か, 安革鞄, 張宗昌に, 買入れたけれども

▼ 挺~ (5, 0.5%)

21 か蝋燭, ぞ, な

▼ 挺~ (5, 0.5%)

3 して 1 さすとは, せしめて

▼ 挺~ (4, 0.4%)

1 蝋が, 貸し下さいまし, 貸し下さる, 高が

▼ 挺かの~ (4, 0.4%)

1 三味線や, 短銃気が, 連れ弾き, 銃身中に

▼ 挺だけ~ (4, 0.4%)

1 といで, 多くなる, 多く入っ, 持って

▼ 挺とも~ (4, 0.4%)

1 にためぬり, 床の, 発射し, 私の

▼ 挺~ (4, 0.4%)

1 二十挺は, 二挺お前どう, 二挺では, 二挺の

▼ 挺あれ~ (3, 0.3%)

1 が昨夜, ばたくさん, ば孤身

▼ 挺しか~ (3, 0.3%)

1 ないん, 役に立たなくなったの, 持ってないわけ

▼ 挺した~ (3, 0.3%)

1 人々を, 小次郎は, 知識人は

▼ 挺では~ (3, 0.3%)

1 あつた, どうする, ないもの

▼ 挺には~ (3, 0.3%)

1 仲居か, 見知人甚左衞門善助, 貝十郎乗りおりまし

▼ 挺ばかり~ (3, 0.3%)

1 あるから, 来てる筈, 誂らえて

▼ 挺ほど~ (3, 0.3%)

1 だ, 奪い取られたの, 板に

▼ 挺出し~ (3, 0.3%)

1 ている, て三世十方, て此任

▼ 挺~ (3, 0.3%)

2 にか 1 にかからぬ

▼ 挺~ (3, 0.3%)

1 でどこ, のボオト, の漁船

▼ 挺買っ~ (3, 0.3%)

1 ておく, て来, て来た

▼ 挺頼ん~ (3, 0.3%)

1 で来, で来ました, で疲れたら

▼ 挺~ (3, 0.3%)

1 で旅, の屋根, を仕立て

▼ 挺お前~ (2, 0.2%)

1 どうする, にわたし

▼ 挺から~ (2, 0.2%)

1 それ以上もの, 火花を

▼ 挺ここ~ (2, 0.2%)

1 へ来る, へ貸し

▼ 挺ずつの~ (2, 0.2%)

1 十二船頭, 銃を

▼ 挺その~ (2, 0.2%)

1 前において, 後ろのが

▼ 挺とりだし~ (2, 0.2%)

1 て反抗, 右手に

▼ 挺にも~ (2, 0.2%)

2 おえなくなるの

▼ 挺~ (2, 0.2%)

1 どッしり, 夫婦二人を

▼ 挺~ (2, 0.2%)

1 の鐵砲, は所持

▼ 挺出るで~ (2, 0.2%)

2 ござりましょう

▼ 挺剃刀~ (2, 0.2%)

1 が数十基, で後ろ

▼ 挺取り~ (2, 0.2%)

1 になる, にグレー

▼ 挺~ (2, 0.2%)

1 の短銃, を持たせ

▼ 挺弓二十張~ (2, 0.2%)

1 がある, そのほか徒士武者一団

▼ 挺拳銃~ (2, 0.2%)

1 の悪漢, をさっそうと

▼ 挺探し~ (2, 0.2%)

1 て来た, て来ない

▼ 挺~ (2, 0.2%)

1 かかったが, ていた

▼ 挺此職人~ (2, 0.2%)

1 が何処, が何處

▼ 挺~ (2, 0.2%)

1 として群, として自ら

▼ 挺盲目~ (2, 0.2%)

2 の琵琶背負

▼ 挺碧血~ (2, 0.2%)

2 に染ん

▼ 挺~ (2, 0.2%)

1 が気, に渡し

▼ 挺置い~ (2, 0.2%)

2 てあった

▼ 挺花嫁~ (2, 0.2%)

2 と仲人夫婦

▼ 挺~ (2, 0.2%)

1 てぢ, ひに

▼ 挺踊子~ (2, 0.2%)

2 は男女

▼ 挺~ (2, 0.2%)

1 まで勤め, まで勤めた

▼1* [240件]

あちこち折りこんだ讃美歌, 挺あったが塗り, 挺あったら何れほどか, 挺あと垂駕籠という体たらく, 挺ありゃあしねえって若い, 挺ありましたらあ今, 挺いきなり飛乗るよう, 挺いずれもしかるべき, 挺いや針一本見付からなかった, 挺かかえ人の, 挺からも老女の, 挺上つて光線を, 挺くらゐつくるの, 挺くらいになると, 挺ぐらいあった, 挺ぐらゐぺろりと平らげる, 挺こそ先へ, 挺これでやりました, 挺用意, 挺さげただけの軽装, 挺されたことは, 挺したら林蔵は, 挺しなかった人々も, 挺し得るか得ない, 挺し養われかくまわれた恩をも, 挺するにはその, 挺ずっと彎刀が, 挺そいつを真ん丸, 挺そうして壁に, 挺そっと裏口の, 挺その他長州人との往復文書, 挺それから小荷駄を, 挺だけにしあと, 挺だったように, 挺ちゃんと隠されて, 挺つづいて飛ぶ, 挺づつ三段にわけ, 挺づれであった, 挺でこじたりし, 挺でござったか, 挺ですかい, 挺という二人をも, 挺とがあった, 挺とつてくれ, 挺とて賣る, 挺とともに失踪人の, 挺とは豪勢じゃ, 挺どうしようと云う, 挺なくっても口三味線, 挺なくなって廓内, 挺ならべてかむろ, 挺なんざ太神楽だ, 挺にでもなって, 挺はずして一メートル, 挺ばかりの蝋燭が, 挺ほかありませんから, 挺ほどと想像し, 挺までともし連ね, 挺みつけてくる, 挺もう一本だんだん, 挺もっていた, 挺もつて山, 挺ものマンドリンが, 挺やとったがこれ, 挺よぶとさき, 挺んでたるを, 挺アルミのコップ, 挺エイホイと, 挺テーブルの上, 挺トランクへ入れ, 挺ハサミの追撃, 挺ポケットにひそませ, 挺一つはお, 挺一ツずつ消し, 挺一人の美女, 挺一同の送り言葉, 挺一同不審の思, 挺一所にかつい, 挺一遍に火點けたん, 挺万田龍之助, 挺の名, 挺三円以上もし, 挺三味線つれて, 挺三氏もその, 挺上衣の下, 挺下さると云, 挺下ろしてあった, 挺脇に, 挺並べてたてかけ, 挺二三十目玉から五十目玉, 挺附けて, 挺から借り入れ, 挺人足三人づつ尤も通し, 挺仕立てて来た, 挺代りに, 挺何千挺の鉄砲, 挺作用に, 挺るこれ道人, 挺借りてその, 挺入っていた, 挺六匁玉筒千挺弓百張長柄五百本槍三百本具足二百領其他とある, 挺其外鑓旗太鼓火薬葛籠具足櫃長持等であつ, 挺内一挺車台付小筒三挺其外鑓旗太鼓火薬葛籠具足櫃長持等であつ, 挺てすこし, 挺出させてそれ, 挺出し六花蓋片の白花, 挺出せんとする, 挺刀一呼渠が魂, 挺十五両乃至二十両, 挺十六挺の櫓櫂, 挺十匁玉より二十目玉, 挺十数発の実弾, 挺半ば乾きながらも, 挺取り囲みまして逃げる, 挺看板三ツ并びに, 挺古道具屋の店, 挺の腰, 挺呉れて何, 挺呼んで驀地, 挺四人位の人手, 挺四元上陸部隊満載のもの, 挺土居四千三百余駄の木租, 挺の渦, 挺大きな紙入の, 挺大型のピストル, 挺大急ぎで仕立てい, 挺威嚇的に差し出された, 挺子棒でかつぎ起した, 挺宛脇勝太郎米倉倬次郎に三十目筒一挺宛, 挺小刀を抽取つて, 挺小半挺とて賣る, 挺小銃を持っ, 挺小銃五十挺ほどだ, 挺山駕籠五挺駕籠桐油二十五枚馬桐油二十五枚駕籠蒲団小五十枚中二十枚, 挺んでいた, 挺并んでゐた, 挺幾らづゝかの勘定で祝儀, 挺弓十張槍十二筋三つ道具二通りその他の諸, 挺弓百張長柄五百本槍三百本具足二百領其他とある, 挺弓百挺槍百筋を押立, 挺が飛ん, 挺必勝の勝目, 挺念入というの, 挺急いでくる, 挺愛人と共に荒野, 挺へ突込みそう, 挺に入れ, 挺手拭にくるん, 挺打ち放し候ところ異, 挺打ち放し候えども地方, 挺抜くとそれ, 挺抱えて弾い, 挺押棒をつけ, 挺担いで来ました, 挺担わせてその, 挺持ち乳呑児を, 挺持ってるか, 挺持出してそれ, 挺捜して来, 挺掛った藁家を, 挺探り出して渋紙, 挺揃って女, 挺新しいのを, 挺の光, 挺日本の木鋏, 挺早いところを, 挺昼夜急ぎ張立指上, 挺最新式の猟銃, 挺かどちら, 挺来い乗って下さる, 挺来ましたから是, 挺槍百筋を押立, 挺づけに, 挺横着けされた, 挺櫓朱の欄干, 挺が三枚, 挺残ってある, 挺消さない蝋燭が, 挺火鉢何個煙草盆何個草履何足幕何張それに供, 挺灯ってその, 挺点つて居る, 挺燃えさかる篝火と, 挺燃えさしのに火, 挺燭台何挺火鉢何個煙草盆何個草履何足幕何張それに供, 挺せしも, 挺特挙世無双だった, 挺生して風, 挺ひたの, 挺用意して, 挺申渡し其夜の, 挺百二十匁玉之御, 挺百目玉の御, 挺百目玉筒二挺西洋流十一寸半も来た, 挺皺手に白く, 挺目方を引くごとく, 挺知津に而午支度, 挺短銃と砂金袋, 挺立ての早, 挺米五百俵である, 挺にくるんだ, 挺紛うべくもない, 挺紛失さしかしそりゃ浮舟さん, 挺組合せて飾っ, 挺結びつけてある, 挺舁ぎこの館, 挺に八挺, 挺が一枚, 挺落ちていた, 挺行くのを, 挺行く手から現われ, 挺西の方, 挺西洋流十一寸半も来た, 挺見えねえもんだ, 挺誂らえて来, 挺貰ったそうだ, 挺買いとって山口善兵衛, 挺買つてネ直ぐ, 挺買つて帰つた, 挺貸してやる, 挺足らずか百二, 挺を雇いまし, 挺車台付小筒三挺其外鑓旗太鼓火薬葛籠具足櫃長持等であつ, 挺車台付木筒二挺内一挺車台付小筒三挺其外鑓旗太鼓火薬葛籠具足櫃長持等であつ, 挺に捲き込まれ, 挺通って行く, 挺都合六挺がやがて, 挺釣らせてありました, 挺門人守口村の百姓兼質商白井孝右衛門, 挺と称する, 挺雇い四ツ手駕籠に, 挺雇って貴方, 挺面相一本でもなかなか, 挺頂いて帰りましょう, 挺に消し, 挺を切っ, 挺駕籠屋が四人, 挺駕籠桐油二十五枚馬桐油二十五枚駕籠蒲団小五十枚中二十枚, 挺高屋迄, 挺黒白短なく肥痩所, 挺の音