青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「服~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~有る 有る~ ~有力 有力~ ~有名 有名~ ~有様 有様~ 有難い~ ~服
服~
~服装 服装~ 望~ ~望み 望み~ ~望む 望む~ ~望ん 望ん~ ~朝

「服~」 6241, 67ppm, 1680位

▼ 服~ (2288, 36.7%)

511 着て 91 きて 38 つけて 28 ぬいで, 着た男 24 脱いで 22 着けて, 身に 15 着せて 13 着た 12 着た人 11 著て 10 借りて, 著た 9 着たまま, 着た若い 8 きた男, まとって, 着たの, 着込んで 7 持って, 着たり, 着た女 6 出して, 着かえて, 着せられて, 着るの, 見て 5 きた一人, もって, 作って, 着た巡査, 着た給仕, 著け, 買って 4 かぶって, 新調し, 着こんで, 着し, 着た一人, 着た少年, 着ながら, 着ること, 着換えて, 着用し

3 [19件] つけた, ぬぎすてて, ひっぱった, 作つた, 改良しましょう, 着た丈, 着た人間, 着た女の子, 着た小柄, 着た方, 着た看護婦, 着た老人, 着た背, 着なければ, 着換, 纏って, 脱がせて, 脱ごうと, 著る

2 [83件] うしろから, かくして, きこんで, きせて, きた, きたり, きた人形, きた小さな, きた少女, きた少年, きた鳩, きちんと着, きると, こしらえて, つかもうと, つけた男, つけ三角, つけ首筋を, とおして, ぬぐと, ぬごうとして, まとつて, みて, 一纏めに, 作らせるの, 借りに, 全部脱い, 包んで, 取って, 引っかけて, 手に, 拵えて, 握って, 更へて, 来て, 添えて, 無造作に, 皆が, 着かえ, 着けたり, 着けた男, 着け或は, 着せたり, 着せられた妙子, 着たこじき, 着たやう, 着たよう, 着た中年, 着た二人, 着た人々, 着た信造, 着た四十恰好, 着た女学生, 着た娘, 着た小さな, 着た支那人, 着た私, 着た職工, 着た自動車掛り, 着た船員, 着た青年, 着た顔色, 着ては, 着てるので, 着る, 着るよう, 着用した, 着短い, 着顔, 編んだ, 纏うて, 纒った, 美しと, 脱いだ, 脱ぎに, 脱ぐの, 脱して, 著たり, 裾長に, 見ながら, 見ると, 釈き嫁, 開いて

1 [1054件 抜粋] ああし, あらためし浪子, あらは, いかにも役人, いじりて, うちの, うばつて, おく棚, おつけ下さい, お揃い, お脱ぎやす, かえさせられながらも, かえ九ツ刻, かけて, かなぐり捨てひきとめる人々, かわかして, きせられくさり, きせ人形, きたお, きたすこし, きたとき, きたひと, きたふつう, きたやつ, きたフランス, きた乞食, きた人間, きた六十, きた十四五人, きた四十面相, きた太刀川, きた妹, きた子ども, きた時江, きた混血児, きた紳士, きた脊, きた若者, きた雪子, きちんと直した, きないで, きめたいという, きること, くしゃくしゃに, くださると, くれ代わり, こしらえるには, こんなになる, した王者, して, しみ通して, すすめたく思います, すっかりインクだらけ, すっぽりと, すらりと, すッ, すーっと, そのうしろ, そよ風に, それに, そろえはじめる, だいなし, だして, ちらりと眺めた, つかんだり, つぎつぎと, つくって, つくるン, つけすらり, つけたその, つけたまま水中, つけたる等身人形, つけたエレーナ・ニコライエヴナ, つけたフィリッポフ, つけた五つ六つ, つけた五十がらみ, つけた人間, つけた保, つけた写真, つけた半白, つけた四十, つけた娘, つけた家政婦, つけた監督, つけた眼, つけた職工, つけた赤い, つけてさ, つけてるの, つけてる百姓, つけながら, つけにせもの, つけまんなか, つける, つけること, つけるとき, つけろ, つけスキー帽を, つけナポレオン, つけ久し振り, つけ大きな, つけ尖った三角, つけ役者, つけ曲馬の, つけ武装し, つけ真白い, つけ空気銃, つけ老, つけ青い, つけ首, とって, とりあげたわけ, とりかえさせました, とりかえるん, とり出した, とると, なつかしみその, ぬいだ, ぬいだやつ, ぬうこと, ぬがされたの, ぬがしちまったん, ぬがせそれ, ぬがせて, ぬがせに, ぬがなくちや, ぬぎさえ, ぬぎすてもと, ぬぎすて縞, ぬぎ帯剣, ぬぐところ, ぬぐの, ぬったり, はいで着, はぎとられて, ひっかきまわしいちばん, ひっかけて, ひっぱって, ひとつひとつ手で, ひろげ強い, ふわりと, まといさほど, まといたいが, まとい十七歳, まとい彼女, まとい自動車, まとい頭髪, まとうたひとり, まとった日本, まとった看護婦, まとってる廃頽, まるめて, むしり取り髪, もらって, ゆずって, よごさないよう, りりしく身, スマートに, ドレスに, ピリピリと, ポカポカ湯気, メリヤスの, 一つしか, 一様に, 一着し, 一着なし, 一着買う, 一重だけ, 上半身に, 下に, 与えられ誓願, 与へられたいと, 乗組員の, 乾かすこと, 事實として, 二十フランで, 五枚重ねに, 付け葬式, 体の, 作り得ずに, 備へ, 冒すに, 出しに, 出し褪めて, 切り拔, 剥ぎとった, 包んでは, 又着込ん, 取つて, 取り出しそれ, 取ると, 受けた数人, 叩いた, 召されたる, 召して, 吊るさうと, 命じたので, 型取つた, 壁に, 変えて, 大急ぎで, 好み財物, 寛, 寝巻に, 小さくたたん, 少しく變, 巴里の, 平気で, 廢し, 引っ掛けた, 引張った者, 強制さるる, 彼女らに, 心に, 念入りに, 想像しなけれ, 愛好し, 戀し, 払い頭髪, 払って, 投げ附けて, 拵えたじゃ, 持ち上げて, 持ってるかい, 指さした, 掛ける釘, 探して, 改めた, 改めたこと, 改めて両手, 改め直ちに, 改良し, 新しく縫い直し, 新調する, 日に, 暑苦しそう, 更むる忙し, 服し弓矢, 朝から, 来た一人, 染て, 汚し傍人, 派手な, 渡して, 温めたり, 無理に, 照す, 畳みかけて, 盗み出して, 直ぐ着用, 真似て, 眺めて, 着かえだした, 着かえると, 着かけて, 着かへて, 着が, 着くる者, 着けたまま, 着けたまま監獄, 着けたヴィール夫人, 着けた五十余り, 着けた人形, 着けた先生, 着けた土人, 着けた太子, 着けた晶子, 着けた爲, 着けた白縞, 着けた背, 着けた英国, 着けた青年, 着けば, 着け候, 着け壺みたい, 着け旅行, 着け犬, 着け立派, 着け自分, 着け足, 着け黒い, 着こなすよう, 着こみ顔, 着こんだ奴, 着こんで白い, 着しいたるもの二人, 着し美容, 着せお, 着せたの, 着せた案内係, 着せた生れたばかりの, 着せては, 着せられそれから, 着せられまるい, 着せられ胸, 着せられ髪, 着せるの, 着せれば, 着せ人形, 着せ絹, 着そして, 着たある, 着たおとなし, 着たかの, 着たが, 着たきたない, 着たげた, 着たこと, 着たしかし, 着たたくさん, 着たにが, 着たまま寝床, 着たまま露路, 着たまんま半, 着たやつ, 着たるを, 着たる婦人, 着たわたくし, 着たイギリス人, 着たサイ, 着たチンピラ, 着たプルダン神父, 着たボーイ長, 着たミス, 着たモン, 着たローズ, 着た一隊, 着た三十がらみ, 着た中国人ボーイ, 着た乞食, 着た二人連れ, 着た二十歳, 着た人物, 着た人足, 着た人達, 着た伸子, 着た僕ら, 着た公使館, 着た別, 着た北田卓一, 着た半島, 着た受付, 着た召使達, 着た吾輩, 着た哥薩克たち, 着た団長, 着た外山直堂, 着た大男, 着た女工たち, 着た姉, 着た娘さん, 着た子ども, 着た学生, 着た少女, 着た岩元君, 着た幽霊, 着た弟, 着た手ぎわ, 着た数名, 着た新吉, 着た明晰, 着た書生姿, 着た楽隊, 着た毬栗頭, 着た清潔, 着た父, 着た独身者, 着た王妃, 着た田川, 着た男の子, 着た男学生, 着た痩せた貴婦人, 着た痩猿, 着た秀麿, 着た紳士, 着た老, 着た職人, 着た肥った男, 着た船乗り, 着た艇員, 着た芥川龍之介, 着た若々しい, 着た虚無僧, 着た裁判官, 着た親方, 着た赤星ジュリア, 着た赧ら顔, 着た軍隊, 着た部下, 着た金博士, 着た長大赭面, 着た隊長, 着た青年子爵, 着た頭, 着た骨っぽい, 着た高, 着た魔法博士, 着てたね, 着ても, 着てる彼, 着なかった, 着なさい, 着はじめた, 着ぶくれた大男, 着ました, 着ようとは, 着られるよう, 着ると, 着るとき, 着る事, 着る以上, 着れば, 着ろって, 着シャベル, 着一隊, 着何, 着化粧, 着圓, 着始めたとき, 着小柄, 着換えさせる, 着換えなかった, 着換える暇, 着替えさせ, 着替え靴を, 着無精髯, 着用せよ, 着白, 着直した, 着装, 着足, 着込んだ老人, 着長靴, 着頭, 着首, 着馴れた奴, 禁じ姓名, 穿いた若い, 窓の, 納めるン, 縫いますの, 縫って, 縫わなければ, 織つたこと, 纏い弁髪, 纏うた女, 纏ったまま手拍子, 纏ひ, 纒い, 美に, 背中に, 背負うと, 脱いじまいたいん, 脱いだら漸く, 脱いだ場所, 脱いでからも, 脱がうと, 脱がして, 脱がせたの, 脱がせ床, 脱がなかった, 脱がぬ, 脱ぎながら, 脱ぎ俄, 脱ぎ捨てて, 脱ぎ換えようとも, 脱ぎ木目, 脱ぐと, 脱ぐ暇, 色服に, 著ず, 著せた様, 著たる, 著用する, 行李の, 衣て, 被せて, 裁縫係の, 装い巡査, 裸では, 見ただけで, 見つめた, 見失うほど, 誂えた, 誂らえた, 買いました, 買うこと, 買うゆとり, 買つてと, 買つて來ても, 質屋に, 追いかけた, 造り紗綾形, 連想する, 配給され, 重ねて, 電話室の, 預けに, 頭や, 鳥の

▼ 服~ (1262, 20.2%)

28 男は 25 男が 22 上に 14 上から 13 ような 12 裾を 11 前を 10 ままで, ポケットから, ポケットに, 下に 9 袖で 8 役人が, 襟を 7 ま, 巡査が, 男の, 胸を 6 ように, 男に, 腕を, 袖を 5 お光さん, 丈高い, 下から, 中に, 女が, 姿が, 少女の, 着方, 警官が, 間に

4 [13件] ボタンを, 仲間は, 姿で, 方が, 男と, 紳士が, 肩を, 胸に, 胸の, 間から, 青年が, 青年は, 青年も

3 [32件] うえから, えりを, ことを, せなか, ズボンを, 上着の, 下には, 人が, 人物が, 内が, 大男が, 女と, 女に, 女は, 女を, 姿を, 子供が, 小柄の, 少女が, 山崎は, 支那人が, 方は, 旗が, 男を, 給仕が, 胸が, 膝の, 膝を, 袖に, 襟に, 襟の, 間も

2 [78件] うちに, おもげなる, お尻, ことが, ことなど, ことなんか, すそを, どこかが, ふところを, ほうが, ほかに, ままその, ままでは, やうに, よく似合う, スカートを, ボーイが, ポケットの, ポケットへ, 一つを, 上へ, 上を, 上衣だの, 中には, 中へ, 人の, 人は, 人形が, 人物は, 僧が, 内ポケット, 前に, 商人は, 型に, 太目, 女の, 女の子が, 娘さんは, 娘は, 婆さんは, 婦人の, 安重根, 少女は, 少女も, 少女を, 少年が, 少年の, 役人は, 手から, 方から, 浜子を, 煙草を, 男たちに, 白髪の, 皺を, 着流しに, 着流しの, 紳士と, 肩と, 肩に, 背に, 背中を, 胴を, 脇ポケットから, 色の, 裏を, 裏地が, 裏地を, 裳を, 裾から, 裾が, 裾で, 裾に, 襟から, 重さ, 野郎が, 隠しから, 髪の

1 [666件 抜粋] あいだに, あちこちに, あなたを, あの度胸, いいこと, うしろから, えりの, おきみ, お前さん, お前さんなんかにゃ, お坊さん, お着替で, かくしに, かげから, かたまりが, かみさんが, かみさんを, かろ, かわいらしい少年, かわりに, きれ屋, くっきょう, ことだ, ことについて, ことは, しずくを, ずぼん, せいか, そして胸高, その姿, そまつなみなりです, ためで, だん, つけ方が, つけ方や, でき上るの, でっぷりふとった, ところから, としかるべき, どこかには, どこが, どろ, ない者, なかから, なかに, なかの, なるほどお役人, はしを, ひだの, ふくらがりが, ほうへ, ほかは, ほこりを, まへの, ままかしこまっ, ままの, まま下は, まま仁王立ちに, まま他所から, まま出ね, まま妙な, まま岸へ, まま昼夜ネクタイも, まま水の, まま生命辛, まま舞台裏から, まま青山の, まんま座っ, みすぼらしさ, めずらしかった, もう板, やうな, やぶれから, ようで, わかき工夫, わきから, わずかに, アルマンが, カフスを, キチン氏は, シルレルに, シンデレラに, ジャンパーの, ズボンに, タイピストなんか, タゴール爺さんだ, チンドン屋が, デモの, デンドウイ属が, ハルビンお, バンドを, ビラくばり, ホコリを, ホツクを, ボイに, ボタンに対しても, ボタンの, ボタン穴に, ボーイの, ボーイや, ポケットには, ポケットへは, ポケットを, ポケツトから, マークは, ミアルカ格子縞の, ルバシカを, 一つも, 一人に, 一件じゃ, 一将校が, 一張羅, 一着すら, 一部を, 七歳ばかりの, 三好と, 上着なし, 上着を, 上衣に, 上被, 下にでも, 下の, 下まで, 下男と, 下請を, 不気味な, 両膝, 中から, 中で, 中は, 中年男が, 中年紳士は, 中老人に, 主人が, 久慈は, 予想を, 事, 二人を, 五六歳の, 五十女, 井上氏を, 人々と, 人々の, 人々や, 人で, 人に, 人によって, 人達が, 人達を, 仕事を, 仕立卸し, 他には, 令嬢に, 仮縫, 仮装とは, 仲間から, 似合う少女, 似合ったよく, 似合ふ, 体を, 何とも, 使い動かす刃物, 侏儒たちが, 信造の, 俺等にゃ, 児が, 全体が, 兵士が, 兵士達が, 兵士達は, 其當時を, 内隠し, 冒険記者が, 写真が, 出来て, 切れはしが, 制定は, 前の, 前ボタン, 剥がれる響, 助手が, 労働者が, 労働者の, 北原白秋, 十四五歳の, 十歳ばかりの, 古くなった, 古物を, 古袷, 右手の, 右肩には, 吉本は, 和洋なり, 和製タゴールさんが, 唐子唐子よ, 商人風な, 問題, 地同, 地質が, 坊やを, 型について, 埃を, 壮漢が, 壮漢の, 大きな男, 大きな裾, 大の, 大官を, 大褂児, 女たちだった, 女や, 女中とが, 女学生が, 女学生の, 女性は, 女王さまが, 奴フランシスカン派ミニム派カプェサン派カルム派小, 奴白服の, 奴黒服の, 如き俗, 妻を, 姿, 娘に, 婆さんにさえ, 子どもが, 子供を, 宏子は, 寂しさ, 寸法裁ち, 将校と, 将軍連は, 小僧が, 小林少年が, 少女だった, 少女に, 少女汗くさく, 少女町子の, 少年工夫が, 尻を, 山羊髭の, 岩谷天狗松平氏を, 巡査と, 工夫が, 左腕が, 左腕に, 左腕について, 師匠に, 帯であり, 平吉を, 広い青い襟, 店などを, 店員に, 弦三が, 形を, 彼は, 後でした, 後先刻の, 後姿を, 急造運転手に, 怪しい男, 怪人は, 怪外人は, 怪物は, 愚劣さを, 憲兵も, 或る, 所に, 手ざわりです, 手入れでも, 手入れを, 持ち合せ, 掃除を, 擦音, 支那人と, 改良を, 改革は, 新調なき, 方の, 方へ, 時用いる, 時節だ, 晴着でも, 暇である, 有るの, 朝鮮人たちが, 末最後に, 材料などが, 材料は, 松公を, 染模様が, 柔らかな, 柳下空曹長の, 検事や, 様に, 欧州美人が, 武士が, 歩哨に, 毛織地を通しても, 気候学的物理的生理的の, 気温から, 泥も, 注文に, 洋装夫人が, 津の, 満里子, 満里子君の, 潤一青年を, 濡れたの, 濡れて, 点検であった, 点検は, 無口で, 片袖, 特徴に対して, 特長は, 甥は, 用意に, 男, 男それに, 男たちが, 男たちを, 男の子が, 男の子と, 男も, 男女俳優が, 男女観客に, 男巻ゲートルの, 男達が, 町子は, 畳目の, 白い襟, 白い陸地, 白きが, 百姓鳴き立てる, 的野代議士を, 皇帝そんな, 皇帝青服の, 皮衣は, 監督らしい, 看守が, 看護婦が, 看護婦と, 眼の, 着が, 着こなしや, 着つけも, 着ながし, 着古して, 着心地よき, 着流しで, 着納めで御座いましたろう, 短かい, 短刀で, 短袖, 破れた大, 破れ目から, 硝子越しに, 神殿を, 私に, 私の, 秦が, 穴や, 立派さを, 端を, 競争を, 筒袖の, 系統を, 紐, 細い肩, 紳士であった, 紳士との, 紳士に, 紳士より, 絶えず小指, 継ぎは, 縫目から, 美々しきが, 美しい女王さまたち, 美しい鋭敏, 美人梅花の, 美女が, 美的価値を, 美貌の, 群の, 群れが, 義夫が, 義妹にか, 老人, 老婆, 老婆が, 老子の, 聖モウル派, 職工さんや, 職工は, 肩が, 肩ごしに, 肩さえが, 肩へ, 肩章を, 背なかを, 背中に, 背中には, 背中の, 背筋の, 胡僧を, 胴一杯に, 胸へ, 腕の, 膝に, 船員が, 良い紳士, 良い青髯, 色と, 色や, 色を, 若い女房, 若い婦人, 若い巡査, 若い紳士たち, 若い船員, 若い門番, 荒武者は, 著心地の, 蔭に, 薬売人に, 藥には, 蟻と, 衣嚢の, 衿元は, 袖から, 袖でも, 袖口を, 裂けた一片, 裏地だった, 裏地な, 裏地に, 裳が, 裳の, 裳裾賭博館の, 裾だの, 裾の, 裾は, 襟へ, 襟元の, 襟許から, 西洋人形と, 見物たちで, 親仁が, 言った意味, 詰襟である, 詰襟の, 警官四十数名監視反, 議論を, 貧民や, 賜でありました, 赤坊が, 足だけしか, 踊り子を, 身じまいを, 身の, 軽やかさは, 軽装に, 近衛兵が, 通行人が, 連中だ, 運転手や, 鄙びのいろ赤く, 醜いこと, 金の, 釦が, 釦こそ, 釦に, 鉄かぶとと, 銀一色が, 銃剣喇叭聯隊旗眼は, 長い裾, 間だ, 間で, 附属品であるらしく, 附属品として, 陽に, 隙で, 隱し, 雨宮青年が, 青年それに, 青年の, 青年を, 頃六月三十日の, 頑健そのものの, 頭に, 風習を, 飾などを, 飾りなどを, 餅其他東京近在の, 餅花から, 餅花と, 馭者が, 騎兵が, 髭翁が, 黒いや

▼ 服~ (389, 6.2%)

26 身を 6 着かえて 5 着換えて 4 くるまって, ついて, 着換 3 ついた火, 目を, 身体を

2 [24件] うすき褐, さわって, して, すれば, なって, ゲートルを, サーベルを, ブラシを, ヘルメットを, 下駄を, 似た服装, 似て, 半ズボン, 潜水兜を, 焼けこがしが, 白手拭の, 着かえた, 着かえてから, 着替えて, 貧乏時代からの, 革の, 靴を, 鳥打帽を, 黒い外套

1 [283件] あこがれ, あちこちに, あらわして, ありついた, かえして, かえて, かかった, かかって, かぎりますなあ, かぎる, かたい男, きかえたの, きこえるよう, きやしやな, くいこんだの, さわったかと, さわりながら, しかず洋服, しみこませて, しみ通る, すっかり身, すっぽり身, するわ, それと, ちがいない, ついた水, ついた泥, つつまれたしなやか, つつまれた細い, つつまれた腕, つつまれた色, つつまれた若い, つつまれて, つつんだ身体, つつんで, なると, ぬいつけた三角型, ねずみ色の, はでな, ぴかぴかする, ぴっしゃり取付ける, ぴったりと, ぺたぺた塗りつけ, まつかな, もんぺを, やけこがし, よくある, エビ茶の, エプロンを, オーバーの, カラーを, カンカン帽, ギュウ, ゲートル, ゲートルで, ゴム靴自分ながら, ジャンパーを, スラックスという, ズダ袋を, ズダ袋一つ背負つた恰好の, ズボンに, ズボンを, タキシイドと, テーブルを, ナポレオン帽を, パナマ帽竹の, ピカピカした, ブラッシを, ブリキを, ボロカバン, ボンネットと, マントを, メリヤスを, ライフルを, ルックサック, レインコートの, ロシア帽を, 一輸の, 下駄ば, 下駄穿き, 二頭立ての, 云いました, 云ひました, 仕事着の, 仕立てられて, 仙台平の, 似たもの, 全身を, 冠を, 出掛けたの, 別れを, 刻み鞘の, 前掛, 努めて, 勝つて, 包まれた円, 包まれて, 包んだ痩せた体, 包んで, 及んで, 取りまかれた, 古めかしい襷, 合わせて, 向う鉢巻という, 喪章を, 基づかずして, 基づくゆえに, 変った, 変へ, 変りました, 変りチヨツキ, 変り腰, 大きなヘルメット, 大きな袋, 大小を, 大徳帽を, 女兒の, 姿を, 宝石の, 対した時, 小さいエプロン, 小倉織, 尺八を, 山ば, 左の, 幾分顎, 引っ掛けたりなど, 当って, 慣れ前屈み, 戦闘帽を, 手を, 手垢や, 押されると, 採用された, 揃ひ, 支那風の, 改めて参内, 改めると, 替えて, 替へ, 朱鷺色の, 板裏ぞうりを, 柳の, 柿色の, 椀皿の, 正装し, 残して, 気がつくと, 水色の, 洋袴で, 洋装とりどりの, 洗濯の, 派手な, 灰色の, 灰色囚人帽の, 無恰好, 照り輝きそれ, 燃えついたの, 燃えついた火, 用いられましたが, 異ひ, 登山靴という, 登山靴耳おおい, 白いカラー, 白い喪章, 白い折襟, 白い羽, 白い長靴下, 白い靴, 白く光る, 白の, 白チョッキを, 白ベルトの, 白前, 白手袋を, 白足袋草履ふところでを, 白靴の, 真つ, 真赤い, 真赤な, 真黒な, 着いた砂, 着かえ, 着かえさせられながら, 着かえたが, 着かえたホームズ, 着かえた船, 着かえたP, 着かえながら, 着かえなければ, 着かえる, 着かえると, 着かえるの, 着かえ寝衣, 着かえ足先, 着かへた下山真弓, 着かへて, 着かへますと, 着が, 着代えて, 着代えるの, 着代え二人, 着換えた, 着換えながら, 着換え座蒲団, 着換え自分, 着更, 着替えこれ, 着替えしおれ切って, 着替えた, 着替えると, 着替へた, 破けた麦稈帽, 立てた薄茶, 緋の, 緑色の, 織ると, 美しい飾帯, 翠色が, 而出仕可致旨, 耳か, 聴診器を, 脚絆を, 腕を, 腕をと, 膝行袴を, 至るまで, 色の, 色変りの, 茶褐色の, 華奢な, 落したら大変, 著かへ, 著換えた, 薄い, 薄茶の, 藁くずの, 血が, 血痕だ, 袴を, 西洋風な, 触って, 訊いた, 護られて, 豹の, 赤い先, 赤い沓, 赤い総, 赤い長靴, 赤の, 赤や, 足駄といふ, 近い, 近くなる, 近よって, 金色の, 銀の, 銀鼠色の, 銃剣を, 長靴を, 間に, 附着した, 雨竜の, 雪白の, 青いづ, 青いリンネル, 静まっても, 静まつて, 革帯を, 顔色の, 類似し, 飾りの, 駝鳥の, 驚いたのね, 鳥打帽の, 鳥打帽や, 鳥毛を, 黄色い春, 黄色の, 黒いフェルト, 黒い冬オーバー, 黒の, 黒天鵞絨の

▼ 服~ (264, 4.2%)

2 きれいで, するすると, ほんとうに, トランクに, 小石を, 少し短い, 汗で, 笑って

1 [248件] あくまで無色透明, あく迄も, あなたには, あのかばん, いくところ, いずれも, いなかくさかっ, いよいよ区々, いろいろの, いわれるまま, おかしいだろう, かえって似合いませぬ, かなりの, かなり汚れ, きて, きまったの, きゅうくつだ, くるぶしの, ご自分, さけたまま, さけ膝, さも心地よ, して, すぐ出来た, すぐ駒, すこしばかり, すこし不平そう, すっかりぬぎすて, すっかり着, すなわち神, すり切れて, すり切れては, ずいぶん古い, ずたずたに, せせら笑いました, そう言っ, そのあくる日, そのため, そのねこ, そのまま彼, そのまま泊っ, その小男, その時代, それこそ, そんなこと, たしかにその, ただ, ただ農民, たちまち美しい, たてよ, ちがって, ちぢむと, ちっとも変, ちゃんととっ, ちゃんとはっきりし, ついに僕ひとり, つづけさま, つとに英国シーベ会社, どういうぐあいにつくられているのであろうかと, どこへか, どの子, どんなだ, ない, ぬいで, ぬ人ども, はたして松公, ひらりと, びしょぬれで骨が, びしよびしよに濡れ, びっしょり水玉, ふうんと, ふくらんだそで, ぼろぼろに, まだ一度, みっともないといった, むっとした, もう一度吉本, もう半分, もう小さ, もう笑っ, もってはおりません, もとの, もとよりこの, もとよりシャツ, もとよりワイシャツ, やがて死者, やはりその, やめて, よくから, よくない, よごれが, グショ濡れだ, コートの, サーチェという, ズタズタに, トランクの, ドウし, バタで, フロックと, ボタンが, ボロボロに, ヨレヨレながら, ララから, 一着のこらず, 上を, 世に最も優雅, 世祖の, 丘の, 丸めて, 二十着であった, 云いながら, 云ひ, 些かは, 些か華美, 人間の, 今日なお, 仮縫いなし, 便衣である, 働くの, 僕の, 全部私室に, 全部鞄から, 六日目に, 冬の, 出来んばかり, 制定しない, 勿体ないが, 勿論の, 勿論洋服, 勿論皮, 半ば脱げかかった, 半礼装, 即神, 取り替え人, 古い友人, 四五尺も, 固ッ, 国の, 土に, 土間の, 大きかった, 大友君の, 大蛇の, 夫人の, 好きである, 如何, 学生時代の, 家主に, 宿屋の, 寝皺, 射撃を, 少し古い, 屋根に, 平凡だ, 年で, 廃し, 廉物の, 彼らの, 彼等を, 往来へ, 得意先でも, 拵えとったやの, 持ってるよう, 敗れた黄ろ, 散らばった, 新しいの, 新調靴も, 旅行服に, 明日から, 明治三十六年日蔭町で, 昔風な, 普通の, 服に, 服部だ, 本人が, 東洋風の, 果して細君, 架台に, 横町へ, 死んでも, 汚れて, 決して新しく, 泥だらけ, 泥だらけに, 泥を, 海中で, 淡青色透明, 滑稽だった, 濡れて, 無慙に, 無料で, 片方に, 特製の, 獲物を, 白茶の, 直衣指貫白綾の, 真ツ白, 着たるばかりなりと, 着て, 着なくても, 破れ泥に, 破れ眼, 破れ血, 私が, 私の, 私一人それで, 筋張った顔, 紅髯のとは, 純金の, 紺無地羅紗背広の, 綿衣に, 肱と, 背中に, 胸の, 脱がずに, 自分が, 自分の, 自分ひとりで, 自分を, 自慢しました, 英国の, 茨に, 荒布の, 落ちて, 董承, 街を, 褐色の, 襟が, 西洋の, 西洋服よりも, 見れば, 辛抱しきれない, 返さねば, 部屋に, 野良犬の, 金属製の, 金時代と, 金糸銀糸の, 銃が, 錘を, 長いだぶだぶ, 雑作も, 青い作業服, 青と, 静かに, 黒い棒, 黒し俺, 黒麻に

▼ 服~ (206, 3.3%)

2 あわてて, きせて, 見えた

1 [200件] あがる, あげられる, あたりに, あちこちへ, あっちも, あべこべでも, ありあちら, あり一方, あり他, あり向こう, あり片すみ, あるけれど, あるだけ, あるという, あるなら羽織, あるの, あるばかり, あれば, いかにも奇麗, いきり立つ, いくつと, いっぱいかけ, いっぱいはいった, いなくなったので, いやに, いるなどと, うっとりした, うなるよう, うらやましいほど, おかしいと, おまえに, お坊さん, かえっていかにも強, かわきかけて, かわって, きたなく褪せ, きらいだ, くれ, こう叫ぶ, ここに, こわばりついて, さかさ, さわりまして, しっとりと, しまいこまれて, すきな, すき間から, すこし大きい, すこし汗ばん, そこで, そのひも, その肢, たくさんそなえ, たくさんつっ, たずねると, ちょうどよかっ, できないむかし, とても歓迎, どっさり来, ない, ないので, なけりゃ素裸, なにかいいかける, のっそり帰っ, はいって, はっとした, びしょびしょに, ぴつたり似合ひ, ぷすぷす燃えだした, まだ縫いあがっ, みすぼらしいと, むずむず動い, もっとかるく, やぶれますよ, やみの, よいとか, ようやく見分けられた, よく似合った, よく落着, よごれて, キリキリと, サーッサーッと, スイッチ一つで, スキーから, ズタズタに, トロッコの, ハッキリと, バサバサと, ピョンピョコピョンピョコ操り人形みたいに, リーロフの, 一つ, 一つあった, 一人帳場に, 一番似合う, 一着あった, 一着も, 一襲で, 三々五々現れ, 三つばかり, 三十間も, 上下そろえ, 両側に, 並んで, 乞食の, 乾くの, 二大隊これも, 二着並ん, 人夫か, 似合ふ, 何と六百何円, 余計に, 僕のから, 光って, 入りまざって, 入り乱れ蠢く方, 全然目, 出て, 出来たよ, 列を, 千恵といふ, 却って珍, 古かったり, 吊されて, 喜ばれました, 四五人ばかり, 多い, 夜目に, 大きすぎる, 好都合で, 如何にも当時新定, 小枝, 屍体に, 左官を, 広くなっ, 引ぱられるので段々, 役に立たない, 戸棚の, 戻って, 手に, 投げ込んだの, 揃えて, 擦り切れると, 支給され, 日の, 日頃人物を, 昂然として, 明智の, 暖く, 木綿だ, 棘の, 楽しそう, 模造人形に, 残して, 殺人の, 気に入り小, 油だらけに, 泥だらけじ, 流行し始めた, 濡板の, 無かったり, 燃えて, 用意し, 番を, 皆よごれ, 皮肉に, 真赤に, 着せて, 着られなかった, 着心, 短刀の, 砂を, 破かれたから, 破れたら明日, 破れるじゃ, 空とぼけて, 窓の, 縫い上がって, 罵り返え, 肩と, 肩胛骨の, 脱がされては, 脱ぎすてて, 腕椅子の, 自然の, 苦労や, 草原から, 蕨の, 見えぬ筈, 見える, 買えないの, 身体に, 軽蔑すべきであった, 部落を, 重なって, 野犬を, 顔を, 飛び出して, 馳せつけた, 馳せて, 鳥の子の

▼ 服~ (176, 2.8%)

12 して 10 すること 9 しなければ 8 せねば 6 するの 3 せなければ, によつて 2 したの, したるもの, します, する, するは, とは, に於い, の道徳

1 [109件] いたし, が晝間, が第, が語られ, させやう, させること, させるの, されて, した時, した根岸, しても, しないで, しない人たち, しない人ども, しない無, しなさい, し以, し兇暴, し嫁いでも, し民族的理想實現, し百事, し禍惡, し若しくは, すべきであるのみ, すべき道徳的義務, するかの, すること天使, するため, すると, するとき, するとしても, するより, するよりは, する場合, する外, する恐ろしい, する爲, する義務, する諸, する限り, する首領等, す可, せしめ以, せしめ若し, せずむば, せよと, せられたりき, せる三十七名, である, で自分, といふ, といふ言葉, との分岐點, との場合, とは自己, とを爲, と云, と呼ぶ, と秩序, と雖, なるが, によつて滅亡, によつて益, に重き, の一種, の位置, の厭, の場合, の意, の最も, の根據, の概念, の眞髓, の禮, の精神, の美名, の義務, の象徴, は, はある, は危險, は實, は我等, は正しく, は盲目, は自己, は自律的服從, は自我, ふこと, も亦, も共に, も猶, をすら甘んずる, をも現在, を命ずる, を強, を意味, を慂め, を拒む, を教, を正, を求めた, を現在, を甘んじ, を缺, を行, を表する, を要する, を誓

▼ 服~ (141, 2.3%)

2 いいわけ, 包んで, 急いで, 自分で

1 [133件] あちらに, あつた, あつて, あの子, いいこと, いちばん目立つ, いっぱいな, いま帰った, おかしい節, おじぎをしているようすは思わず, きちんと立っ, この前, これも, さへ, しかも場内, しょんぼりと, しよんぼりと, すごし得ること, すべて念入りに, そうし, そこに, そして小倉, その肩, それも, それを, たくさんだし, ちょっとさっきのむすめぐらいというところ, つまって, のこのこ歩く, ひきたつよう, ひどく夏, ひよつくり, ぼんやり見, ゆくの, オカッパの, チン, ナイフの, ペンを, マスクし, マズルカを, ワシントンの, 一ぷくのみながら, 一杯だった, 三味線を, 不愛想, 世界を, 丸くなった, 丸く肥った, 丸火屋の, 乗って, 今夜の, 伝馬船に, 低い床几, 來た, 働いて, 入って, 全身を, 出かけたの, 出かけたので, 出かけると, 出て, 出ろ出, 別人の, 勤めの, 包むこと, 右手に, 味を, 固めたルキーン, 堂々と, 大きなシヤベル, 宮中へ, 小使部屋と, 屏風の, 市内を, 広間へ, 御免蒙らう, 怪しげな, 恐らく地下足袋, 愉快そうに, 手に, 控えて, 料理屋に, 旅行に, 日覆けの, 来たので, 梯子を, 椅子は, 母親が, 毎日毎晩鋼鉄の, 淡青い唐草模様, 甲州街道まで, 甲板に, 男を, 登校し, 祭壇に, 突立つて其の, 窮屈に, 立って, 立派で, 背は, 英国の, 茶の, 血だらけに, 行きましたが, 行ったので, 行って, 裾の, 見習の, 護謨の, 赤褐の, 足拵えし, 身を, 身軽に, 輝くばかり, 近よって, 通して, 通つ, 通勤する, 鉄砲の, 鍔広の, 鍵裂だらけで, 長い槍, 長煙管, 頸と, 顔だけは, 風呂敷包を, 食堂へ, 飾りに, 飾り頭, 飾花だけ, 馬車を, 駆けつけて, 高い桟敷

▼ 服~ (134, 2.1%)

12 をし 11 をした 3 をする 2 から見, して, なりは優雅, のため, の上, の好い, の立派, をつけ, を趣向む

1 [90件] からし, から何, から其順境, があつ, がそつ, がそれ, がどんなに, が不潔, が知りたい, が街, した田舍人, せる船丁等, その輕薄, だつたやうに, だつて, だと, である, であると, でその, でまだ, でもある, で往來, で統一, で車夫さん, といい, とからし, と釣合つて, どうしても都, などは大, などもこれ, につけ, には簑笠, に不, に太刀, に好み, に心, に注意, に無, に由來, に近かっ, に關, に關心, のあでやか, のひと, の不行儀, の人, の別, の却つて鶯帶蝉羅, の子供等, の自分, の色, の趣好, の點, はあまり, はどう, は他, は何, は内地, は困つたわ, は實, は本, は決して, は男, は親子づれ, は飾氣, は黒衣, もま, も一際, も作法, も相, も素敵, も見すぼらし, よりは老けた, を, をかへたりなんかし, をかへて私, をかへる, をさせた, を忌々しく, を改め, を整, を有せざりし, を樹蔭, を決して, を考, を西洋人, を見れ, を諦視, を賞讚, を飾るで

▼ 服~ (133, 2.1%)

3 同じ色 2 いえば, おぼしき黒, 冕を, 同じ服, 浴衣が, 靴とを

1 [118件] いうから, いっしょに, いって, いふから, いわず例, お面, かえた, きたら袖口, し新, すること, そのしどけない, その物腰, それからもう, それから少女, ちがって, なる, ふさの, ぶかぶかの, ぼうしは, むぎわら帽子の, アラビア人の, シャツの, ズボンを, ダイヤモンドの, ボロ靴に, メリヤスの, レースの, 一つ目小僧の, 一枚外套が, 一緒に, 両方で, 中世紀時代, 云うの, 云って, 仮面が, 似て, 全裸の, 別れて, 前かけを, 劒の, 半纏の, 印半纏人影が, 同じもの, 向い合って, 埃だらけの, 変な, 外套の, 外套を, 外套一枚を, 女学生様か, 嬢には, 子供の, 子供服が, 定めて, 尖った三角, 左の, 帽子が, 帽子とを, 帽子に, 帽子バンドの, 広告板が, 引きは, 彼の, 思ったの, 思はれる短, 思われる彼, 愛と, 換えた, 日本の, 日本語が, 春外套に, 汗みずくの, 法服との, 潜水か, 澄み切ったひとみ, 燃えるよう, 爲し, 猩猩緋の, 白い羽, 白木綿の, 白靴揃ひ, 白髪の, 着かえた, 着かえて, 着換へ, 着替えに, 破れ靴を, 称へ, 立派な, 精巧な, 糊で, 糊の, 縁を, 義服の, 胸の, 董承, 蒙古, 行く, 襞襟を, 見分が, 見分けが, 言つたのは, 赤い肩章, 赤皮の, 違って, 酸素か, 青いズボン, 青灰色の, 靴とだけじゃ, 靴とに, 靴の, 靴は, 髪とが, 髪形に, 鸞輿を, 麦わら帽であった, 麻の, 黒眼鏡は

▼ 服~ (125, 2.0%)

8 靴も 5 シャツも 2 なにもかも叩き壊され, 何服も, 全く無用, 喫んだ, 地下生活を, 着て, 着ないで, 黒サアジの, 黒眼鏡も

1 [94件] ありませんし, ある, いる, おさらばだ, おなじよう, かき消すやう, きちんとし, きちんとでき, きつく畳まれ, こたえが, しわくちゃだ, しわくちゃに, すべての, すると, だぶだぶの, どれほどおじいさん, なかった, なにから, なんにも着, ぬがれて, ぬぎたまえ, びしょぬれだ, また同じく, まったく同じ, みんなダンケルクの, みんなロイスデエルや, もう自分, もって, ろくには, イソベルの, シヤツも, シュミーズも, ズボンも, 一様に, 上品な, 不公平なし, 丸帽子も, 乾きかけて, 仕立てて, 他所行の, 付属品いっさいも, 似合は, 何も, 何もかももう不自由, 全身濡って, 共々熱涙, 出ようと, 刻煙草を, 劇場から, 呉子, 変って, 夏服も, 外のは, 姓名を, 帽も, 帽子も, 幾人かの, 役に立たない, 彼一流の, 恥か, 手も, 振るべき袖, 改めずに, 敢, 整へぬ, 新調した, 更ためず, 泥水を, 洋服も, 海底の, 無くなって, 男だ, 皆英制, 着かえないで, 着かねるよう, 着けた, 着ずに, 着た, 着でだたぞ, 着るし, 着換えては, 經つ, 經つと, 脱いで, 脱がずに, 萎れ面, 見えずその, 買うが, 質素でありまし, 身に, 青土色の, 靴まで, 頭巾も, 黒の

▼ 服~ (65, 1.0%)

2 外套を, 帽を, 帽子は, 毛布なども

1 [57件] うやうやしげ, かぶと, ぎごちない, なにかも, インターナショナルの, エプロンの, ズボンや, チョッキの, リボンを, レエスの, ワイシャツを, 下着は, 二頭立の, 体に, 作業服など, 兜も, 化粧に, 医務服の, 医療機械なんかも, 口元を, 呉碩たちも, 四角八面の, 大礼服, 少しは, 屑の, 山刀と, 帽子も, 帽子や, 帽子を, 御料地事務官の, 扇などが, 支那織の, 教師の, 椅子の, 気密兜を, 法被姿の, 独房内が, 病的の, 白い木綿, 着物の, 着物や, 綿の, 腕環などから, 莫大小の, 襤褸の, 貂皮の, 金モールの, 釦などの, 開襟シャツに, 防圧服に, 靴に, 靴の, 靴足袋を, 鞄に, 頭巾は, 食うもの, 髪毛は

▼ 服姿~ (36, 0.6%)

2 の順一

1 [34件] がその, が出, その良家, だけれど, であらわれ, であり靴, である, でふらふら, でもらった, で三味線, で千垣, で故郷, で起立, で身軽, で迎え, と房, のリンデン夫人, の一郎殿, の中野学士, の八ツ切, の名, の太刀川, の女学生達, の妾, の小幡氏, の少女, の男, の竹内被告, の黒奴, は修繕中, をとらえた, を妙, を珍, を現した

▼ 服~ (28, 0.4%)

2 たる老, てタンゴ, て宮, て待つ

1 [20件] たる一個, たる僮僕, たる十七八, たる姿, たる男一僕, ていました, ているだ, てことこと, てたって, てつた, てバキューム, て家出づる, て居られ, て恐ろしい, て春風, て海岸, て窓, て船長, て行つて, て通った

▼ 服んで~ (25, 0.4%)

2 いるの

1 [23件] いたが, いるし, いると, いるらしかった, おきました, お膳, しまって, すっかり快く, それから牡蠣, みると, やる, 一日も, 寝るの, 寝る度, 少年は, 布団の, 東西両, 病気の, 臥せて, 苦悶し, 衰へ, 見るが, 青褪めた

▼ 服~ (24, 0.4%)

32 だの, では

1 [17件] だか, だが, だこと, だため, だという, だらいい, だら大抵, だりした, だり悠悠, だり眼, だ彼, だ雀, だ験, でから, でね, で見, で見せた

▼ 服には~ (21, 0.3%)

1 [21件] いろいろな, この上, この外, こんな着癖, すぎないの, そでは, ちっとも異状, なおよかろ, ビラビラした, 乱れた皺, 五つの, 松葉汁を, 灰色の, 穴が, 競輪も, 美な, 胸の, 酸素タンクが, 金色の, 長い燕, 雨が

▼ 服~ (18, 0.3%)

2 からね一寸, ね

1 [14件] から袖口, か礼装, がこれ, がそれでも, がまるで, が重役風, けれどすぐ, げっとも, とかなに, とか似合わない, とか絹, と着こなし, ね真新しい, わ

▼ 服でも~ (18, 0.3%)

1 [18件] かめへんよってなあ, きて, ぐっていたのかい, こんなに沢山金モール, つくつたら好から, ない, もりたがる, 三服でも, 中津が, 作ったらと, 作つたらと, 作者の, 勤められるお, 払い下げたもの, 洋服でも, 着かえなおして, 衛生上の, 買って

▼ 服ませ~ (14, 0.2%)

2 てくれ

1 [12件] たり一切五銭, てみる, てやった, てやりたい, て癒し, て見たら, にやならん, もする, 少し甲板, 水を, 生空, 身体を

▼ 服ませる~ (14, 0.2%)

2 と何時しか

1 [12件] お薬, ぞ, とその, とたちまち, と今, と忽ち, と朝鮮人参, のを, ものは, 事が, 大胆さまで, 薬を

▼ 服~ (14, 0.2%)

2 に包んだ

1 [12件] だけは発見, ともいった, と命, にちかい, につつん, につつんだ, には物, のよう, の銀, は絹, を刀柄, を払った

▼ 服~ (13, 0.2%)

2 の頂

1 [11件] がこしらえた, が早速, だったん, でお, で拵えさせる, に好く, の方, の見本, の飾窓, へ抱, をあなた

▼ 服~ (13, 0.2%)

3 も定め 1 からきた, でも眼, によって人, に包まれた, のため, のよく, は光, は雑多, も装身, を別

▼ 服という~ (12, 0.2%)

3 のは, ものを 1 ことで, ものが, 妙テコリンの, 珍な, 白いの, 言葉は

▼ 服から~ (11, 0.2%)

2 靴まで 1 あらわれて, とつた, なにか落ちた, ぬきとった卵, 匂って, 発散された, 落ちたもの, 軍服襦袢袴下靴靴下までも, 黄色い腕

▼ 服~ (11, 0.2%)

2 のたばこ 1 だ, の火, の煙草, をつめこみ, をつめた, をつめよう, をはたいた, をぷかぷか, を馭者

▼ 服着た~ (11, 0.2%)

3 青年が 2 女の子に, 紳士が 1 だけで海岸, 恥なし, 火夫も, 鹿爪らしい

▼ 服です~ (10, 0.2%)

1 か, かもう, から, からまるで, がな, がゆびに, けどそれ, こと, もの様子なんぞに, よ

▼ 服~ (10, 0.2%)

1 と勧め, と勸め, の薬, ば卒中風, ば本復, ば毒, ば病気, ひどい目, を吸いつけ, を運ん

▼ 服などを~ (9, 0.1%)

1 一かかえ, 着ける者, 着せられ接待役, 着て, 着ないで, 着るもの, 着込んで, 著て, 証拠品として

▼ 服~ (9, 0.1%)

2 なければ 1 ないか, ないよう, ない方, なかった, なくっては, ば即座, れるが

▼ 服では~ (8, 0.1%)

1 あるが, おたがいに話, そうは, ない栖方, なくタキシード, なく阿蘭陀風, 可笑い, 外聞が

▼ 服とを~ (7, 0.1%)

1 ごっちゃに, ひとまとめに, 比較し, 着けて, 着て, 肌身に, 著け

▼ 服~ (7, 0.1%)

3 んだ 1 のである, のです, のでスカート, ので家人

▼ 服などは~ (7, 0.1%)

1 ない外套, 大嫌, 恐らく一番金, 貧弱極, 賢い人間, 適当な, 適當な

▼ 服なら~ (7, 0.1%)

1 あたしに, いいがね, そんな選び方, どこにでも, まあ止そう, 片手は, 羽織袴でも

▼ 服~ (7, 0.1%)

1 くるまって, つ, んとて, 斯様に, 泥を, 聖エミリオンの, 鮮明に

▼ 服~ (7, 0.1%)

2 を導きたる 1 して, せし如く見ゆべく記せる前説, せる後, は始めて, を表する

▼ 服しよう~ (6, 0.1%)

1 というの, という心, という無邪気, とした, とする, とはせず

▼ 服について~ (6, 0.1%)

1 どんなこと, 少しだって, 心配し, 残つてゐた, 聞きたくは, 話し合いました

▼ 服にも~ (6, 0.1%)

1 つけられて, なって, まつわって, 似て, 模様が, 真黒に

▼ 服ほどの~ (6, 0.1%)

1 うちに, 後でした, 手間も, 間が, 間は, 間も

▼ 服まで~ (6, 0.1%)

1 かわったよう, はいって, もらったの, 誂えさせて, 買える, 飮ませます

▼ 服みたい~ (6, 0.1%)

3 なもの 1 な人間, な姿, にすんなり

▼ 服~ (6, 0.1%)

2 ありて 1 から脱落, が有ろう, も格別, を調査

▼ 服だけは~ (5, 0.1%)

2 脱ぐと 1 ゴルフと, 夙くから, 海岸に

▼ 服だの~ (5, 0.1%)

1 エプロンだ, カアキ色の, ガウンだ, ランプだの, 雑然たる服装

▼ 服である~ (5, 0.1%)

1 かと尋ねた, のが, 事で, 緋の, 長襦袢それに

▼ 服とも~ (5, 0.1%)

1 つかないもの, つかない縫取り, みえ裃, シャツとも, 重明が

▼ 服なんか~ (5, 0.1%)

1 きて, とても苦しく, 着こんでふとい, 着せるの, 着て

▼ 服まし~ (5, 0.1%)

1 てくれない, てやっ, てやった, てよ世界, て下さいます

▼ 服~ (5, 0.1%)

1 せっかく今, ながらそこら, ながらの談合顔, ながら四方山, 休養を

▼ 服~ (5, 0.1%)

1 アザヤカニシテ倡門ニ遊ブ, 探ス, 着シ, 着タ青年石ノ上ニ倒レ, 着用セシムベシト云フト一般愚論ナリ

▼ 服~ (5, 0.1%)

2 に子 1 に姙娠, に生れた, に生んだ

▼ 服美食~ (5, 0.1%)

1 する者, に力, はおのずから, もいずれ, を好まざる

▼ 服~ (5, 0.1%)

1 させ車, して, はしてるだらう, を用, を退けた

▼ 服~ (4, 0.1%)

1 あるいは紋つき, やっぱり, 何かに, 自転車乗の

▼ 服しか~ (4, 0.1%)

1 ないから, ないの, ないん, なかつた

▼ 服だった~ (4, 0.1%)

1 から見つけ出した, がふしぎ, が中, ので

▼ 服とは~ (4, 0.1%)

1 ひとまとめに, 喫み, 縁の, 違つてゐない

▼ 服など~ (4, 0.1%)

1 有りたけ, 氷雪を, 着て, 頗る閉口

▼ 服ばかり~ (4, 0.1%)

3 着て 1 なのよ

▼ 服まされた~ (4, 0.1%)

1 か知れなかった, ものです, んだ, 風で

▼ 服丹餌丹~ (4, 0.1%)

1 などという言葉, のよう, の法, は丹

▼ 服煙草~ (4, 0.1%)

1 を吸い, を吸っ, を吸ひじれつ, を喫

▼ 服さえ~ (3, 0.0%)

2 着て 1 着せたらきれい

▼ 服その~ (3, 0.0%)

1 ま, 赤い道化師, 足にも

▼ 服だけ~ (3, 0.0%)

1 だった, でよい, 殘つて居ります

▼ 服だけが~ (3, 0.0%)

1 うつって, 両手を, 宙に

▼ 服といった~ (3, 0.0%)

1 ものです, 姿である, 風に

▼ 服とが~ (3, 0.0%)

1 くるの, まったく同じ, もつれ合って

▼ 服としては~ (3, 0.0%)

2 ゆくところ 1 野服と

▼ 服との~ (3, 0.0%)

1 美醜を, 間には, 間は

▼ 服などが~ (3, 0.0%)

1 かくして, ぎつしり詰まつ, 頭に

▼ 服などと~ (3, 0.0%)

1 いっしょに, その趣, 天皇という

▼ 服なども~ (3, 0.0%)

1 仕事着の, 六七着も, 出来るだけ

▼ 服なんど~ (3, 0.0%)

2 といく組 1 の五色七彩

▼ 服にて~ (3, 0.0%)

1 人の, 現はれる, 襟かざりの

▼ 服ふかし~ (3, 0.0%)

1 ている, てから奥, てまたす

▼ 服ほど~ (3, 0.0%)

1 待つと, 無気味な, 飲めば

▼ 服ほども~ (3, 0.0%)

1 して, 手間は, 經つては

▼ 服より~ (3, 0.0%)

1 じぶん, もっとハイカラ, 違った衣

▼ 服一着~ (3, 0.0%)

1 でした, と自分, を一年中

▼ 服~ (3, 0.0%)

1 ひつけました, ふほど, ふ間

▼ 服吸う~ (3, 0.0%)

1 て一息, て帰つて, ほど経っ

▼ 服~ (3, 0.0%)

3 子蘭

▼ 服~ (3, 0.0%)

1 ひ續, ふことも, まん

▼ 服~ (3, 0.0%)

1 と兜, や兜, を着

▼ 服既に~ (3, 0.0%)

1 成りから, 成りと, 成り云々

▼ 服白い~ (3, 0.0%)

1 エプロンを, 帽子水色の, 顔

▼ 服~ (3, 0.0%)

1 という二, の四人, 即ち今

▼ 服~ (3, 0.0%)

1 する法, のこと, の法

▼ 服~ (2, 0.0%)

2 て寿命

▼ 服かなんかを~ (2, 0.0%)

1 着せられて, 着て

▼ 服それ~ (2, 0.0%)

1 がソックリ伯父, にシラミ

▼ 服たま~ (2, 0.0%)

2

▼ 服たる~ (2, 0.0%)

2 紫衣を

▼ 服だろう~ (2, 0.0%)

1 が同じ, 沓も

▼ 服であっ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て立派

▼ 服であった~ (2, 0.0%)

1 が決して, ということ

▼ 服でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばやにわに, ば朔北

▼ 服といふ~ (2, 0.0%)

1 ところです, ものが

▼ 服とか~ (2, 0.0%)

1 ぶとを, 靴とかが

▼ 服として~ (2, 0.0%)

1 勇み立つて, 悪くは

▼ 服とに~ (2, 0.0%)

1 あらずんば, 好意を

▼ 服なりと~ (2, 0.0%)

1 云ふ, 御選定

▼ 服についても~ (2, 0.0%)

1 助けが, 同様の

▼ 服によって~ (2, 0.0%)

1 出来たもの, 身体の

▼ 服に対して~ (2, 0.0%)

1 どんな実感, 主上の

▼ 服に対する~ (2, 0.0%)

1 人気で, 欲望は

▼ 服ばかりじゃ~ (2, 0.0%)

1 ないか, ないつけ

▼ 服ばかりの~ (2, 0.0%)

1 人の, 男女の

▼ 服~ (2, 0.0%)

1 させる事, 確かりし

▼ 服まして~ (2, 0.0%)

1 御前を, 置けば

▼ 服ます~ (2, 0.0%)

1 とその, とよい

▼ 服むこ~ (2, 0.0%)

1 とと御飯, とも出来ない

▼ 服やら~ (2, 0.0%)

2 書物などを

▼ 服を通して~ (2, 0.0%)

1 はっきり輝い, 且つは

▼ 服一枚~ (2, 0.0%)

1 でいい, で過し

▼ 服児欲得~ (2, 0.0%)

2 とあれ

▼ 服呑め~ (2, 0.0%)

1 ば旧, ば死ぬる

▼ 服~ (2, 0.0%)

1 して, すると

▼ 服夫婦~ (2, 0.0%)

1 はこの, へ同情

▼ 服~ (2, 0.0%)

1 がエヘン, は意外

▼ 服巡査~ (2, 0.0%)

1 がぼんやり, は花房一郎

▼ 服従い~ (2, 0.0%)

1 その神, 天皇命の

▼ 服從的~ (2, 0.0%)

1 でないといふ, の平和

▼ 服從的状態~ (2, 0.0%)

1 を有, を有する

▼ 服~ (2, 0.0%)

1 がガタン, は薄い

▼ 服景伯~ (2, 0.0%)

1 がその, が先師

▼ 服曾比猟~ (2, 0.0%)

2 する月

▼ 服正帽~ (2, 0.0%)

1 でいる, の上

▼ 服~ (2, 0.0%)

1 の制作, を制作

▼ 服立て續~ (2, 0.0%)

1 けに吸, けに喫

▼ 服~ (2, 0.0%)

1 で職業, には適応

▼ 服紗包み~ (2, 0.0%)

1 が前, の小

▼ 服~ (2, 0.0%)

1 ではなかっ, の丸帯

▼ 服織る~ (2, 0.0%)

2 兄たなばたつめ

▼ 服色燦爛~ (2, 0.0%)

2 たる数十万

▼ 服~ (2, 0.0%)

1 の注, の註

▼ 服裝等~ (2, 0.0%)

1 の用筆, は土佐光長等

▼ 服~ (2, 0.0%)

1 のうしろ, の四人

▼ 服非常服~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 服~ (2, 0.0%)

1 から被っ, には普通

▼ 服~ (2, 0.0%)

1 をはじめ, を用意

▼ 服~ (2, 0.0%)

1 も天子, ヲ為

▼1* [365件]

あり我また, 服いかめしく身を, 服いずれの服, 服いつでん金, 服うるはしき立姿, 服うるわしき立ち姿を, 服おせつたいしてあげた, 服おなじだん, 服お茶をガブ, 服かとも思われるが, 服からはほかほかと, 服からも殆ど姿を, 服きた瘠せた女, 服ぐらいはちゃんとから, 服ぐ決意を秘め, 服こそ纒って, 服さて感に, 服さも旨そう, 服しなやかな娘たち, 服じゃ暑かった, 服じゃあと思って, 服すっかり新しくしてやらなけれ, 服そして信子は, 服そッくりそこへ脱ぎ捨てる, 服たりければ, 服だけしかなかった, 服だけの化けものと, 服だけを二人が, 服だったり浴衣がけ, 服だつたらロツクフエラア擬き, 服だらうが同じ, 服っておくつろぎなさる, 服つけて黒き, 服つづけて吸っ, 服既に賤人, 服であればなん, 服でさえハッキリ見えない, 服でしたから, 服でと先生が, 服でない白い被い, 服としての洋装は, 服どう思う, 服どんなに着たかったか, 服ないの, 服ないし和服着流しに, 服ながら引き繕って, 服なぞ着て, 服などともひそかに, 服などに久しく無沙汰, 服などにも綺麗に, 服などの裁縫が, 服ならあるんです, 服なる者自ら言う, 服なんかでしめつけられて, 服なんかよりよっぽどいい, 服なんかを着込んで, 服なんてあるはず, 服にかあき色, 服についてはわたしは, 服にでも用いたであろう, 服になつた昨日は, 服にばかり気を, 服にまで手の, 服ぬがせて, 服のうへに松葉の, 服のせゐかダラット, 服はだけに大の字形の, 服ばかりに成れば, 服ひけむをおもふ時われは, 服ひもじさう, 服べて何う, 服ぼろぼろの股引下, 服まさうかとも思, 服まされて体, 服まされました何の, 服まされるような, 服ましたかい, 服まずに死んだ, 服ませたなど極, 服ませたらドンナにか, 服ませられたほかは, 服また若い娘たち, 服までも渋い色調, 服みたくないんだ, 服みましたところが, 服み続けていた, 服み過ぎて眠る, 服み過ぎたらしいと云い云い, 服むからせめて, 服むすっぽん, 服むと其のまま熱, 服むときのような顔して, 服むとなおらないかと思うの, 服むと一刻経たないうち, 服むと身体の各部, 服むにしても相かわらず, 服むのは苦しい, 服むのもキマリが悪く, 服むのをお忘れだね, 服むらしいがね, 服む時間が来る, 服めいたものを, 服めしあがれな, 服やのあったところ, 服よりは高くついた, 服よりも支那服に, 服の四人, 服らしい服を, 服らしく袖口と, 服りっぱな道具, 服ぬ徒輩, 服をとほして, 服をば着て, 服をも亦とらせ, 服を以て勝れりと, 服を通じて彼の, 服んでから間もなくとうとうぐっすりと, 服んでからは一層苦しみ, 服アツラえ海市, 服カバン靴顔にいたる, 服カラリ晴れて, 服ガ普及シタルヲ以テ其レヲ室内, 服キショウだけちがう, 服ケープの肩, 服サーベルあご紐をかけ, 服ストッキングもその, 服スベキ者ナラバ天ハ彼ノ心身, 服スルコト能ハザルトキハ前借金ニ利子, 服セシヨリシテ人民自ラ女酋, 服セリ一旦空ニ, 服ダンスなどというもの, 服トンガリ帽子顔はまっ白, 服仮縫イヲシテ, 服ノアクセサリーヲ売ル店デレースヤナイロン製, 服ルバシカ破れたる背広等, 服ヱヂツの君, 服一つ着たなり, 服一枚靴一足にしろ, 服一着預金帳二冊ハンカチーフにパン, 服一色にし, 服一重ねを着, 服万歳となりました, 服三服とな, 服三重足袋の旅行, 服上下を買い, 服上靴を穿いた, 服下着上靴など小, 服下着上靴抔小腋, 服に様式服, 服中嫁娶とか, 服中子を生みし, 服も太子, 服で男, 服也犯也惶也とあやまつ, 服するを以て, 服二三人の若, 服二字の扉, 服二着それに大人, 服今朝また半, 服になっ, 服以上を飲む, 服の物, 服をかきつ, 服はこの, 服儀仗を用いる, 服入っている, 服八四至に分類, 服其労有酒食先生饌, 服冬外套も重苦しく, 服分夜寢しなに殘, 服別して浴衣が, 服制平常の人, 服を重んじた, 服北さんはモーニング, 服ズボン草履を, 服古い型の, 服叩きでたたい, 服結構の, 服同じ色の, 服同然のもっさり, 服吸いて耳, 服吸っている, 服吸ったかと思う, 服吹かしそれから, 服呑ませた方が, 服呑むんだ, 服呑んだ事が, 服和人は皆白無垢, 服好く頸, 服まで締め上げた, 服喫つて見たの, 服四服はつづけ, 服四至等の事項, 服が出, 服百僚, 服地下足袋に自分, 服型一つのため, 服売買婦はじっと, 服夜着などの積まれた, 服天遊に嘯翁, 服の舞ひといふ事, 服女舞も同一, 服好みの洋服, 服始めから濡れ, 服婦人と胃カタル婦人, 服婦人ポルカやワルツ, 服学生帽スポーツずきの, 服家庭服として悪く, 服小さな頭巾にか, 服届けようとは誰, 服に在, 服の山の神, 服巡査紋三と同じ, 服已に成る, 服帯剣で東京, 服帽子やお茶時, 服帽子等を買わね, 服帽子靴ズボン吊トランクを引ずり出し, 服庇帽剛い毛, 服度宮室を漢, 服のもの, 服後二人に問い試みし, 服從心とか宮殿, 服從申してを, 服納戸縮緬の, 服徽章無の制帽, 服忌令分限帳改となり, 服に襄邑, 服急がしさうに煙草を, 服恐怖に顔, 服息子たちは白っぽい, 服懷中提灯の用意, 服扇影簪光参差として床, 服持っている, 服推賞に対して一人有力, 服揚々たる八, 服携帯用の床几, 服散歩服訪問服帽子やお茶時, 服料金三両宛被成下, 服旗本たちは稽古着, 服明子はわりに, 服昼間夏服の気候, 服普通の商船, 服木根にも春はか, 服栗陰長嘯絶妙前聯及之, 服桃色の股引, 服様無断で書斎, 服残っているだろう, 服殘つた白い粉藥, 服殘つて居た, 服毛皮の靴下, 服気取った鼻目がね, 服といひ, 服水色服扇影簪光参差として床, 服洗濯したらスフ入り, 服派手な手袋, 服は忙中僅, 服混交の貞操オン・パレード, 服瀬田屋藤助この四人, 服点検もおわった, 服無精髯の中, 服牛乗馬は太古, 服特有の裾, 服独特の優雅, 服獅子頭の医学生吹矢隆二, 服王者のごとき, 服生れて始め, 服生地を使わない, 服の案内, 服痙攣して, 服などとしゃれ, 服登山靴汗ばんだ顔, 服のエプロン, 服白前垂に大きな, 服白襷見事な差刀, 服な口調, 服皆唐制に拠つたの, 服皇后服などと天皇, 服盛って貰った, 服直しをされる, 服着せたらんには, 服着るのだ, 服睫毛の長い黒い, 服が利益, 服礼服寝衣, 服社是也然後, 服程よいものは, 服空咳こんこんと, 服空色ビロウドのリボン, 服続けに, 服立て續けに, 服立て続けに吸った, 服立付けて飲ませました, 服等長髪もあり, 服を膝頭, 服附きの, 服紗包を斜, 服紗袋に包ん, 服紳士体の男, 服続け様に喫ん, 服綸更紗の前, 服緋色の肩衣, 服縫いましたしあの, 服織りたまふ, 服け樣, 服へる一侍女, 服置場に走った, 服美々しく着飾った若い, 服美粧して, 服美衣貧富同じく其製, 服は之, 服者無欲者沐浴者覺悟者を我, 服職業服並に様式服, 服自弁時間外に掃除, 服致候ほどの事, 服色一様でない土民兵, 服色制度の事, 服色明快で場内, 服若葉色の唐衣, 服を吸っ, 服落着のある, 服古服等, 服藥位では癒ら, 服虔曰く猪性触れ突く人, 服虔杜預注, 服衆夷六十六國渡平海北九十五國王道融泰廓土遐畿累葉朝宗不愆于歳, 服はいつも, 服の, 服裝すべて剥ぎ取らむ, 服裝もちやん, 服裝二連銃の銃身, 服裝住居飮食等に至る, 服裝其他を作者, 服裝家屋調度あらゆる背景, 服裝實用的工藝品にけばけばしい, 服裝美の上, 服裝行はれし處, 服がはやる, 服見たところ機械工場の, 服見本を用意, 服親關係に在るべき, 服といふの, 服訪問服帽子やお茶時, 服論者を毅然, 服貴様の腕前, 服を思ひ出す, 服遺髪甚だ多かっ, 服を加速度, 服金髪の令嬢, 服鉄拐仙人のよう, 服鍔広帽の外国宣教師, 服長く逞しい二本の, 服防寒頭巾防寒靴及び手袋, 服雑多な車, 服青い服白い, 服静かにくゆらした, 服せざる者, 服食家多ク, 服んでさあ, 服飲む間だ, 服馬士張りの煙管, 服黄色な下, 服と黄, 服黒い高い帽子を, 服黒カバン黒帽子の大男