青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「有様~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~有っ 有っ~ 有り~ ~有る 有る~ ~有力 有力~ ~有名 有名~ ~有様
有様~
有難い~ ~服 服~ ~服装 服装~ 望~ ~望み 望み~ ~望む 望む~

「有様~」 3003, 32ppm, 3612位

▼ 有様~ (767, 25.5%)

84 見て 23 見ると 16 見るに 11 眺めて 9 呈して, 見れば 8 想像し, 見ては 5 もって, 私は, 見た 4 いろ, ながめて, 描いて, 申せば

3 [17件] して, みて, 写して, 呈した, 形容し, 想像した, 想像する, 想見する, 目撃する, 示して, 考えて, 見せて, 見ても, 見ながら, 見ようと, 見ること, 記して

2 [37件] ありのままに, あれよあれよとただ, じっと眺め, そのままに, まざまざと, 一目に, 住宅の, 何遍と, 写し出すこと, 回想し, 察する, 彼は, 心に, 想像すれ, 明らかに, 書いたもの, 次の, 比較し, 率直に, 目撃し, 眺めたり, 眺めると, 眼の, 眼前に, 知らぬの, 研究し, 細かに, 考えると, 聞きたいの, 自分で, 見せたり, 見ますと, 見るだけでも, 見逃さねば, 観察し, 詠ぜしめたる原因, 述べて

1 [443件] ああその, あまりに歴然とのこし, あらは, あらわして, いうの, いささか呆れた, いへば, いまだに眼, いろいろ訊いた, うつしたもの, おぼえて, お前が, お咎め, お役人, お銀様, からだじゅうの, ききに, きげん, くり返しましてそれ, このラサ府, この上, ごく自然, しばらくながめ, しばらく立っ, しらべた, じっと楽しん, じっと見つめ, すでにはっきりと, すべて善玉悪玉の, ずるい悪徳, そう云った, そのま, そのまま即時, その友人, それとなく見せ, ただそれ, ちょっと簡単, ぢつと, つく, つくづくと, つぶさに見, つぶさに見た, とうからなじみだし, とくと実見, どう判断, どう変え, どう見るだろう, ながめたり, ながめると, なげいて, なして, なつかしく想起, ぬからず当時, のべること, はっきりと, はつきりと, はなして, ば目に, びっくりし, ふりかえッ, ほとんど知らない, ほとんど示し, まともに, まのあたりに, みたエルキュル, みても, みると, みるなり, むさぼるよう, やはり水銀, よく観じ, よく説明, アイヌは, エミリアンは, シツダルの, ジッと, ツブサに, バックは, リアリスティックに, ヴィヴィットに, 一つ一つ病的な, 一と, 一切見廻し, 一変させた, 一応お, 一応きい, 一目み, 一目見た, 一眼見る, 一瞥し, 一瞥したなら, 一言に, 下して, 両親達は, 主膳は, 主馬之, 二人に, 人に, 人形の, 今から, 今もっ, 今日まで, 伝へること, 何とも云え, 何に, 何百の, 信じない, 信子が, 俯瞰し, 偵察する, 偶, 偸み, 傍らから, 傍観し, 傷ましそう, 充分語る, 再現する, 写さうと, 写したもの, 写すかが, 写すこと, 写生する, 出来るだけ, 利用し, 前に, 前後左右および, 厭うて, 参考の, 取り止めようとして, 叙する, 叙ぶべき, 古我判事, 各自に, 吐気を, 呈した山容, 呈する, 呈するしかるに, 呈するであらうか, 呈せり, 告げたらなるほど, 味気なく見た, 唐草模様の, 問われたら森林, 嘆いたの, 嘲笑ってるよう, 回想する, 回想すれ, 回顧する, 基礎と, 報告し, 墨絵に, 夢みるの, 夢中に, 大変面白が, 夫に, 如何とも, 妹は, 委しく告げた, 宏子は, 家畜と, 密と, 寝床へ, 察して, 察すれ, 尋ねた, 小気味の, 小説に, 少し離れた, 巣の, 工合が, 巨細残らず, 巨細視, 形に, 形容すべき, 形容すれ, 彼に, 彼らの, 御簾の, 御覧に, 復誦させられた, 心の, 心配し, 忘れては, 快げ, 思いながら, 思いゲンコ, 思い出すたび, 思い合わせ初江, 思い描いて, 思い浮かべ名, 思い起した, 思うた, 思って, 思ひ出すこと, 思ひ浮べて, 思ふと, 恐ろしそう, 悪しき道具, 悲痛な, 想い出して, 想って, 想ふと, 想像される, 感じて, 感じる事, 憂い患ら, 憐れっぽく, 憐れみ何とか, 憤おらしく見廻わ, 手に, 手短かに, 打明けて, 批評し, 披露した, 拝しました, 拝写したい, 拝見できませんでした, 持って, 持宝院の, 指を, 捕捉出来, 推察しよう, 描いたの, 描きしは, 描きたりとて, 描写する, 撮らせその, 改革せん, 数年間苦節を, 新しく聞い, 日記で, 曲線で, 更に訊ねた, 書いて, 書きとめて, 書き留めた事, 書き記すべき暇, 書く勇気, 最も同情, 最も魅惑的, 月と, 月の, 有って, 望見する, 朧げながらも, 栄養不良の, 格子の, 検め度, 概観し, 模写し, 模擬したる, 次第に強く, 次第次第に, 歎息し, 正枝, 残らず話しました, 母や, 比較する, 気の毒そうに, 気の毒に, 法水は, 注意し, 海の, 熱心に, 父に, 牛丸少年は, 物珍らし, 物語ったという, 物語るに, 王様に, 現じるだらう, 現わし, 現出し, 現出した, 申さんに, 申し上げて, 申し上げますでございましょう, 画面に, 異にする, 異にすれ, 白状せず, 盗み見し, 目に, 目も, 目撃した, 目撃したる, 直叙し, 看て, 真似て, 眺むれ, 眺めた, 眺めたとこ, 眺めては, 眺めましたら急, 眺めようと, 眺める, 眺めるだけ, 眺めるとともに, 眺めるとも, 眺めるに, 眺めるばかり, 眺め入った, 眼を, 睨らんで, 瞬きも, 知って, 知て, 知らず, 知らず玄関, 知らんと, 知りたいもの, 知るに, 知る事, 研究した, 示したもの, 祖母は, 祝せざるべからず, 私の, 秘かに, 空の, 窺い阿鼻叫喚, 窺はんと, 細大洩さず, 絵葉書で, 考えざるべからず, 考えること, 考ふる, 聞いて, 聯想し, 胸に, 自分の, 自慢した, 自由と, 興がったこと, 荒尾譲介に, 表は, 表わし出して, 見かねてさ, 見この, 見せさい, 見せしめな, 見せずに, 見せちや駄目, 見せつけられて, 見せつけられても, 見せては, 見せは, 見せようため我ら, 見せようと, 見せると, 見せるよう, 見せろと, 見その, 見たいと, 見たくなかったのみ, 見たならば, 見たの, 見たら一部, 見た与兵衛, 見た事, 見た仁兵衛, 見た少年少女, 見た新規, 見た時ひそか, 見つづけたの, 見ました, 見まして, 見ますに, 見また, 見まもって, 見まもるなり, 見よ, 見られて, 見るにつけ, 見るも, 見るより, 見る事, 見わたしました, 見んと, 見上げて, 見不自然, 見出して, 見守つて, 見将来, 見悲憤, 見渡すと, 見物し, 見物する, 見知って, 見究め度, 見聞き妹が, 見聞せぬ, 見荷物, 見送って, 覗いた後, 覗いて, 覗い見ること, 親達は, 観察証知する, 言えば, 言つた, 言へば, 言上し, 記憶し, 訴うる, 詠んだの, 詮索する, 話して, 詳さに, 詳しくお話し, 詳に, 詳らかに, 認めて, 認めること, 認め腰, 語ったの, 語って, 語つてゐる, 語ると, 誤解し, 説いて, 説明し, 読んだ, 読者の, 誰も, 調べて, 調べナイル河, 論ずるとき, 講師達は, 警部に, 讃美詞に, 貞清見, 述べた昔噺, 通りすがりに, 通覧し, 連想されぬ, 進めて, 鐘に, 隙見する, 非常に, 面白く思つて, 驚嘆の, 髣髴として

▼ 有様~ (368, 12.3%)

3 今でも

2 [12件] さながらに, ちょうど大, どう見, ほんとうに, 今も, 今日の, 何か, 凄まじくも, 彼を, 未だにこの, 火の, 見られたもの

1 [341件] あたかも一度, あたかも雪山, あなた様方も, あの小坊主, あまりにも, あらゆるもの, ある勇敢, いかなるや, いかにもいう, いかにも君主, いかにも心持, いたましかつ, いって, いつまで, いまだにはっきり覚え, いやになる, おのずから松五郎, おれには, おれの, お傍, かつて以前, かの仏蘭西北部, けっして忘れないでしょう, この弁慶, こりゃ, こんなあんばい, ごらんの, さっきお, さながらシノン, さながら一団, さながら海賊, さもそんな, しだいに進み, すでに政治的, すべての, そのとき, そのキー, その単純, その後私は, それから, そんな風, たしかに自分, ただ我ら万斛, たとえばみゆき, ちょうど, ちょうど一流, ちょうど殺人犯人, ちょうど軍隊, ちょっと面白い, とてもダージリン, とても深刻, どういう風, どうか, どうしてもくっ, どうだった, どうで, どうであった, どうであったろう, どうにも手, どうも残念, どうも耐ら, どう解釈, どこにも, どちらかと, なお一層, なかなか生, なみだ, なるほど教練, なんという, にくたらしくあくどく野暮, ふさわしいもの, ほとんど人, ほとんど別人, ほとんど売買, ほとんど言葉, ほぼ想像, まことに壮観, まことに奇妙, まことに物珍しい, まことに物珍しく, まことに素晴, まさに驚異, まったく驚き, まばゆきばかりの, まるでアダムスン漫画, まるで一揆, まるで変るだろう, まるで春秋, まるで書生, まるで浅草, まるで病院, まるで長い, むしろ悲惨, めざましいもの, やっぱりお玉, やはりこれ, よく知らない, よく見え, わしは, オリガが, ゴーリキイの, ドウだ, ハッキリし, ハッキリ頭, メデューサの, 一個の, 一層物凄く, 一日一晩オーヴンの, 不思議な, 中, 主従の, 之を, 事変下に, 云々に, 五百羅漢が, 人々に, 人の, 今なお, 今の, 今までと, 他目には, 以前と, 会社の, 何う, 何たる事, 何だか本当, 何ともいえぬ, 何の, 何んの, 何事, 何事だろう, 何事である, 何人も, 僅かに, 全くこの, 全く反対, 全く幼い, 全く正気, 全く見, 全く驚くべき, 其記行文に, 再び藤原時代, 凄く憐れ, 出版の, 到着第, 勇ましさ, 勿論の, 医師で, 十分理解する, 博労を, 却つて絶筆を, 受け身の, 只事では, 君を, 哀れさと, 啄木鳥とも, 土地の, 地獄の, 壮観である, 外を以て, 多分宇宙, 夜が, 大きに御苦労, 大体そんな, 大体において, 大体右の, 天然の, 太平無事で, 奇妙だった, 奇妙である, 奇抜な, 如何かと, 如何じゃ, 如何と, 如何にと, 如何にも, 如何にも不思議, 妙である, 妾を, 完全に, 定めし戦慄, 宛も, 宛然あぶら, 実にすばらしく, 実になんともいう, 実にチベット国, 実に人, 実に典雅それ自身, 実に勇ましい, 実に奇態, 実に抱腹絶倒, 実に立派, 実に美しく, 実に著しい, 実際不思議, 宣伝のみ, 寧ろ痛快, 将来どう, 尋常一様武勇一点張りの, 小気味の, 少しも, 少し狂気, 工商が, 巴里市民諸君の, 平常と, 彼等が, 後ろから, 徳川時代に, 徳義の, 心易い, 心身に, 怖いと, 思いみるだに, 思いやると, 急に, 怪しげなる, 恰も人魂, 恰も古代, 恰も地方, 悲しい気持, 意外に, 我々東洋人から, 或る, 手に, 抑も, 推して知るべし, 掴んで, 政友会的国体明徴一派に, 教師から, 日一日と, 日本あたりと, 日本の, 旧の, 時めく人, 更に更に興味, 有難い御, 朝焼けの, 本当に不思議, 東西古今には, 柔かい霧, 椽の, 極めて写実的, 欠落者が, 次の, 毎度の, 毎日これです, 気の毒なる, 決して快い, 決して悪い, 決して捨て置くべき, 法王の, 波瀾に, 流石に, 流石の, 海へ, 涅槃会ならぬ, 深く, 滑稽にも, 火山から, 無いやう, 無我に, 煙に, 煽風器, 燭台に, 父に対して, 犬よりも, 犬猫の, 狼や, 猫こそ, 珍しき見もの, 珍しくも, 珍中の, 現に今人, 現在ありあり, 生ける虎, 生まれしとき, 病人の, 皓々赫々として, 真に無邪気, 真実魂も, 眼の, 磯之丞とは, 神様の, 稀なり, 空に, 竜巻の, 笑止であった, 管から, 粗野で, 精神にも, 終戦後三年に, 絵葉書で, 美的に, 羨ましいと, 耶馬渓の, 聞き置くべきだけは, 腰が, 自ずから人, 自分が, 臭い物, 興味が, 興味深かった, 興味深く見られた, 色即, 若し第三者, 菅, 萬華鏡の, 虚心坦懐で, 蜻蛉の, 蝗採りが, 表面上は, 見せませんでした, 見たこと, 見ても, 見やるごと, 見るも, 見物に, 言葉に, 言葉にも, 記憶に, 誠に不思議, 誠に滑稽, 誠に興味, 誰が, 身の毛が, 身の毛も, 車座に, 辛苦し, 近代的な, 逃げて, 遠く眺, 遺憾と, 関東へ, 陰惨たる, 随分盛大, 雑誌, 非凡で, 風変りである, 飛行機の, 驚くべきもの, 鯨が

▼ 有様~ (341, 11.4%)

45 あつた 3 人に, 穴の 2 あらわれて, ござりまする, な, 私の, 要するに彼, 通る, 連歌師風情には

1 [276件] あつて, ある時, あれこれと, あツ, いつかお送りし, いつ果, いて, いまは, いよいよ白雲, いる, いるか, いると, いるん, うちの, おのれの, お菓子でも, かなり当局者, がすよ, こうなっ, この分, この夜道, これなども, これを, ござりました, ござります, さすがの, ざっと二千人, しかもなお日本, しきりに新陳代謝, しばらく落ちつい, そういってる, そこには, そっけなく, その上, その前, その卵子, その四十万円, その夜更け, その御, その日, その時, その賑やか, それだ, それにつれて, それは, たとえ地, だしがらと, ついに池辺吉十郎等千余人, ついに科学小説時代, つめかけて, てれ隠しに, とてもこの, どうしてかよわい, なかなか愉快, なんという, ね, はじめから, ひれ俯した, ぶらぶら遊ん, ほとんど他, まことに春風駘蕩, まさかあの, ましてや夜, ますますその, まるで夕方, まるで話, もしも景気, もちこされて, もって, もと六郡を, よく読ん, わけても苦境, わずかなお, わたしとして, ウダツが, エルベオーデル両, ステーションの, プロレタリア文学運動の, ベッドに, ホワイト部長と, ボンヤリ縁側へ, ポール, ヤクの, ワグナーは, 一度破門, 一見蛮民, 七兵衛としては, 万事旨く, 上流の, 不毛同様に, 不自由舎などでは, 世間なみに, 乱脈を, 今は, 今日では, 今日の, 会員は, 何の, 何も, 何んで, 何事も, 作物に, 作者も, 例の, 兄哥すっかり, 兎は, 兵糧すら, 其外山や, 出入りには, 分って, 初対面の, 前方を, 医者に, 半は, 又お母さん, 又東北, 各官庁会社, 各民族, 同志の, 呻る, 商品価値は, 喰い荒した皿小鉢, 器量の, 噴きだしたくなるやう, 四日は, 四面八方ドッチを, 国家の, 場面の, 壁の, 外からは, 夜が, 夢中で, 大体互角の, 大抵茶, 大鼾, 天下の, 太平洋を, 奥様には, 女房は, 女狂いどころで, 好加減, 始終家を, 学問は, 学者と, 官人貴族または, 実にそのままじっとし, 実にみじめ, 実に山三郎, 実に素晴らしい, 客達は, 少しも, 居るの, 屋根は, 山は, 山木たちの, 島田に, 巻を, 平林さんに, 年増女を, 廊下には, 引はが, 当時日本国中の, 彼の, 往生が, 後の, 御維新, 心労の, 忠臣義士の, 思いつめて, 悲観し, 情緒的教育でありました, 慶応病院に, 我々の, 我々を, 手の, 指揮棒を, 数年の, 新たに, 新らしい, 新三郎は, 日本から, 日本布教の, 日比谷にも, 旦那様も, 昼夜を, 暮したこと, 暮して, 暮らしたろう, 曲者にとっては, 有った若し, 有るが, 有る秀子, 朗々と, 木の間に, 村は, 東北の, 果てしが, 柵壁へ, 欧羅巴の, 正に, 此の先いつまでも, 歩いて, 歩きまわり身体, 歳費の, 死ぬとは, 死んでからは, 水に, 水意あれ, 渡るの, 片隅の, 牙を, 物乞いを, 由紀子の, 男は, 登って, 相当の, 真茶人, 眼の, 確かに, 祖母は, 秀子を, 私が, 私たちとしては, 私どもの, 私ども日本人は, 私は, 私も, 窓を, 立って, 立帰り近藤に, 竜池会から, 笑止千万よ, 給仕され, 義政の, 能く, 至極おとなしく, 至極大袈裟, 船の, 良人と, 若くて, 苦痛の, 苦笑の, 茲へ, 草深い田舎, 藩士銘々の, 行われ得る, 要するに宮臣的, 見ると, 観る者, 言が, 訳が, 試験だ, 詩を, 詰めかけて, 警察は, 貧しさ, 賭博に, 足で, 農民が, 迎えただろうか, 近江新報その他の, 追い, 遂に戸外, 重武, 閉口です, 隊伍を, 随分手古摺らされた, 随分登る, 霰を, 静, 非常な, 非常に, 面白かった, 頭の, 高笑放談自慢話, 黴臭い古書箱

▼ 有様~ (239, 8.0%)

39 なって 7 なった, なったの 5 して 4 なりました, 眼を, 私は 3 驚いて 2 した, なるの, 世話人は, 候えば, 就いて, 御座候, 至っては, 陥るかも

1 [150件] あつた, あらずや, ありしもの, ある, あると, ある事, いささかなり, いって, おぞげ, おどろいた, おびえた人々, お成りなすった, お気づきな, お答え下されい, お藤, きもを, けりを, こめられて, これも, さっと顔, されたの, じりじりし, すぐ気がつく, すっかり気, たじろぎます, どうやら胡, なったしかしながら, なったであろうと, なったので, なったらしい, なったろう, なった時, なってから, なりそう, なりましたが, なり春頃, なる, なるに, またも胸, むしろ法水, もう誰, もしや違った, ものを, よりて, キョト, 一同は, 不安を, 云いよう, 仰天し, 伝えて, 似て, 依り熟, 保ち得る生活法, 値を, 僕は, 全くおどろい, 到達した, 及びしこと, 叔父は, 口を, 吃驚し, 周章狼狽を, 哀れを, 唾を, 在るかと, 堕落した, 夢とも, 密接する, 対しつ, 居ようと, 引歪め, 当時草茫々と, 彼は, 徳太郎は, 怒髪天を, 息を, 悟浄は, 悸として, 想像され, 意外な, 懐しさ, 成ったと, 打たれて, 接しいろいろ, 接するたびごと, 日本を, 暮し居候始末, 曹操は, 残して, 残つてゐた, 比すれば, 比べて, 比擬し, 気づき言った, 気を, 気絶し, 注意する, 流行した, 深く鋭く人生, 満足し, 満足すべから, 激しく心, 無関心, 現代インテリゲンツィアの, 異ならず, 皆驚く, 相反す, 相違ない, 眼も, 私の, 立ち到って, 立ち至った, 立ち至って, 結びつけその, 耐えられなくなった, 聯想し, 胸を, 至りたる, 至り洋学, 良人も, 若しも沈ませる, 虐待侮辱せらるる, 見えたが, 見えたです, 見えたの, 見えて, 見えるの, 見とれて, 見られます, 見惚れた, 見惚れて, 言って, 誘われ世俗, 誰も, 諸行無常生者必滅とでも, 赴く道, 近きなり, 近づき得るの, 逆戻りした, 進んで, 遠慮し, 野口は, 野次馬も, 閉口し, 陥って, 陥りければ, 陥りたるなり, 陥り可, 陥るよう, 飾られて

▼ 有様~ (201, 6.7%)

5 手に 4 まざまざと, 眼に 3 あり, 目に, 見えて, 見える

2 [12件] ありありと, いろ, うかがわれます, 何か, 何処と, 勝平の, 室外に, 彼の, 想像される, 歴々と, 目を, 美奈子にも

1 [152件] あっても, あまりに奇怪, あらわれて, ある, あるか, いい知れぬ, いかにもいぶかしい, うつって, うつらないの, おかしいほど, おのずから珍無類, お前たちみんなを, お雪, がらりと, さうさせたと, さんざんであった, しるされて, そうやっ, そこに, そのままに, ただならなかつた, ただようて, ちょうど岩形氏, ちょっと使, ちよつと, つづけば, とんと国芳, どうぞし, どうやらこの, はっきりと, ぴたりと, へんに, まのあたり見える, もう目, もしある, もっと含蓄, よくわかるだろう, よく分かる, よく分った, よく分る, よく想像, よく見える, わからない, アリアリと, ハッキリと, ワトソンの, ヴァンデーを, 一と, 一変し, 一度に, 一方に, 一目で, 三宝山と, 下の, 人の, 仄見え, 今も, 今日とは, 仔細に, 偲ばれあたかも, 出て, 分るかね, 刻々と, 則重の, 却て, 可笑いの, 合点が, 多く見られます, 夜目にも, 好きである, 如何にも真に逼, 嬉しうございました, 子供の, 実によく現, 実に面白い, 実は却つて青年, 寄辺ない, 尋常でない, 少年には, 展開され, 展開される, 常に変化, 平常と, 幻の, 彼女の, 徳山だった, 忍ばれるやう, 思ひ出された, 思ひ出されるので, 急変した, 悲しくない, 惨澹たる, 想像され, 愉快で, 愉快であった, 我慢できない, 描かれて, 明かに, 明治十何年, 映つて, 普通の, 曲線的に, 書いて, 望まれる, 村井の, 来るべき冬, 歴然と現れ, 殆ど伝説の, 毎日の, 永続され, 浮き上つ, 浮んで, 滑稽な, 現はれ, 田町の, 画家の, 異なって, 目の, 目前に, 瞭, 知れ渡るに従い, 私の, 私を, 移りゆきつつ, 窺はれ, 米友に, 続いたならば, 美しければ, 肉眼で, 脳裡を, 艶麗の, 見えた, 見えたです, 見えるです, 見えるやう, 見えるよう, 見えるん, 見て, 見られたから, 覗かれる, 覗われます, 記されて, 許さない以上, 躍, 述べられて, 違って, 遠くで, 長火鉢から, 面白くて, 頭から, 飾りなく, 髣髴として

▼ 有様~ (112, 3.7%)

16 なった 14 なって 3 なつた, なりました, なる, 云うもの 2 なったの, なったので, 比べて, 為って, 較べて

1 [60件] ある, いい何, いい何もかも, いう, いえば, いったらとても, いったらまあ, いつたらない, いへば, お腹の, かの一体, この無責任, それらは, なったが, なったけれど, なったという, なったもの, なった時武力戦, ならざるを, なられたの, なり, なりいずれ, なりたるなり, なりたれば, なりましたから, なりまた, なり御, なり果てましたゆえ, なり無念, なり釣客, なるが, ひき比べての, まるで別人, よく似, 一致しない, 云うの, 云つたら, 今ひとつなる, 他人が, 似て, 余り違わないであろう, 同じである, 同時に後方, 大差は, 少しも, 帆村探偵の, 形容する, 我ら一同の, 為った, 為り必死, 照らしあわせて, 照らし合わせて, 異った, 私の, 聞き関羽, 聞けば, 行って, 通義とを, 釣合つて非常に, 階級意識

▼ 有様では~ (88, 2.9%)

2 あったが, ないの, 無下に

1 [82件] あったけれども, あったれど, ありますが, あるが, あんまり安心, いつまで, いわゆる学者, これは, ございますが, それからそれ, それも, そんだけの, ただ歯痒い, とうてい今ここ, とてもとてもだ, とても信用, とても筆, どうして一国, どうにもなる, どんな劇場, ない, ないか, ないかと, なんと申しわけ, なんびとが, まだ容易, もうこれから雉子ヶ淵, もともと冠履転倒, やがてチュウインガム, やがて山間, よし結構, シナ政府が, 一方を, 一般小売商店にとっては, 不平不満真剣な, 不経済な, 二十六夜待ちの, 人は, 今にえらい, 今後五十年後の, 他に, 何処の, 出来なかった, 到底凝つ, 前衛的闘士ばかりか, 劇文学の, 同じこと, 君の, 国の, 大変親密な, 婿の, 小学も, 彼の, 手の, 折角食物衛生, 掃除に, 日中の, 明日の, 有るけれど, 殆ど戦争にも, 注文も, 火星の, 無病の, 熱病患者肺病患者には, 物を, 独立は, 生効, 益々狼狽, 目ざす猛獣, 祝う気持, 私は, 空想である, 自由放任で, 芝居が, 詮ない, 誠にこ, 誠に残念至極, 返り討ちは, 道徳と, 駄目だ, 鳥合ヶ原の, 黒雲五人男と

▼ 有様~ (84, 2.8%)

12 のだ 7 のです, んです 5 のである 4 のであった 3 んだ

1 [46件] の, のだった, のぢ, ので, のでありました, のであります, のでいつか目, のできっと, のできのう, のでございます, のでさっき, のでした, のでその, のでそれ, のでみるみる, のでようやく, のでわたくし, ので一号艇上, ので世話, ので何, ので口惜し, ので咄嗟, ので地方官, ので地面, ので師匠, ので建てた, ので当分気, ので殆ど, ので渋々, ので為世, ので琴, ので知れ, ので種々, ので自分, ので蜀軍, ので請, ので転居, ので金木町, ので魏軍, のに, のには, のに忘れられた, のね, のよ, のよあわれ, んで

▼ 有様~ (71, 2.4%)

2 からこの, から私, けれども因果, というの, と陸相

1 [61件] か, から, からお, からだ, からだらう, からどう, からね仕事はじめ, からぴりぴり, からもし万一, からものすごい, から万一, から兄さん, から全く, から口説く, から困る, から大同年間, から実に, から挨拶, から義貞, から自身, から西洋料理屋, から親爺, から黙っ, がいい, がこれ, がこんど, がその, が同じ, が学校, が心, が農村, これで, し, しすこし, し今, し叔父, それで何もかも, つたから, つたといふ, つたのだ, つたのです, とある, ということ, といつた, とか警察当局, としても誰, とついに, とは聞い, と云, と告げた, と毎度両人, と言う, のに林町, のを, もの, もんだ, よき事変物, 今から, 古風な, 壁の, 此の

▼ 有様です~ (52, 1.7%)

2 か, からどこ, ね

1 [46件] から, からちょっと, からね, からはじめ人々, から一日, から不随, から全く, から女子自ら, から女子解放運動, から如何, から婬風, から寺内, から小さい, から少し, から平次, から彼女, から彼等, から急, から既に, から暫く, から潮流, から無二無三, から目, から私, から血, から誰, から追, から道庵先生, がさすが, が下げ潮, が愈, が昨今, が私, けれど硝子戸越し, し, しね, それは, どうやっ, な, のでつくづく, もの, もの冬の, ゆえたいがいの, よ, よ朝, 併し

▼ 有様である~ (49, 1.6%)

2 とすれ

1 [47件] か, かその, からこれ, からそんな, からとても, からどうも, からなさけない, からやむを得ず, からヤマク, から一行, から万事, から別々, から多く, から房吉, から文, から映画, から水木由子, から田園生活なんど, から登山, から花廼屋, から誰, から軍兵, から都合, から雨, から魂魄, がこれ, がしかも, がその, がそれ, が不, が史料, が各自骨, が国民, が現在, ことが, ことも, という, といふこと, とはい, のであろう, のにもし, のに猿田彦, 三時頃から, 十一時以後は, 此の, 此処が, 限りそれが

▼ 有様であった~ (48, 1.6%)

3 のである 2 がこの, がその, のだ

1 [39件] か, かは私, からつまり, から今日, から僧侶, から多く, から大変, から官庁, から小松清, から忠通, から是, から漱石氏, から華麗, から諸国, から近松, から高い, がそれ, がなお, がブラームス, がモーゼス, が国家, が最近, ことは, ことを, ため彼は, というよう, と想われる, と新聞, にし, に相違, のであります, ので昔, ので窮, のは, ようだ, ように, 御岳は, 最も愉快, 結果に

▼ 有様~ (42, 1.4%)

2 下に, 中で, 歴々と

1 [36件] あさましさ, うちに, きのうは, ところへ, ところを, なかにも, 一部分を, 不同なる, 中でも, 体を, 余り非常である, 儘そこに, 全体を, 冴え冴えと, 原因に, 同じかるべき, 変ったの, 定まれる身, 幾分でも, 怖ろ, 折である, 描写を, 日本軍なら, 殺風景とも, 為全く, 猛烈凄惨を, 現在と, 町を, 目撃は, 真中に, 立派さと, 等しきを, 絵が, 著しい例, 見えたと, 見えて

▼ 有様~ (40, 1.3%)

2 見え透く心地

1 [38件] あった, あり幾千万, うかがわれる, しかもそう, その変遷, その通り, だいたい明かに, なほを, またキヌ子, また周平, 一層明, 一見したく, 交つてゐた, 以前と, 伺いたくと, 何と神々しい, 出て, 単に大, 同様に, 大体同じ, 大抵は, 平素の, 彼には, 思いやるに, 思い浮べて, 想像せられる, 日本の, 望遠鏡を, 気に, 牙彫, 知りたいという, 知り度い, 絶えず眼, 美しかりけり, 見られる, 覚えて, 違って, 顔も

▼ 有様だった~ (26, 0.9%)

8 のです 2 のである, のも

1 [14件] かあなた, からすっかり, がまた, が今, けれど根, し和氏ら, のだ, のであろう, のでこの, ので一時, ので何, ので私共, 事も, 私ばかりの

▼ 有様~ (25, 0.8%)

1 [25件] が詩, ことに高社山, さかいの, そしてその, また時には, メアリゴウルドを, 両耳, 其の頃, 又は小さい, 又其蝉口, 叫び声が, 唄って, 堅い寝心地, 家そのものの, 小さな酒場, 意味について, 我が身我が家の, 数多くの, 料理屋の, 朝儀の, 死に, 移変や, 立木の, 血まみれに, 飢に

▼ 有様から~ (20, 0.7%)

2 推すと, 見て

1 [16件] かき起した, なんとも名, 始まった, 始まつた, 察する, 察すること, 庭石の, 得た名, 抜け切ること, 比べれば, 水兵は, 目鼻立ち髪に, 見ても, 見ると, 逃れたい, 逃れ出ること

▼ 有様には~ (16, 0.5%)

1 [16件] さして変り, さすがに, さすがの, ただごとで, ならずつつまやかに, ふさは, ほとんど自分, まったく肝, まつたく一驚, 一種の, 実に笑わざる, 実に驚かされたです, 母の, 真剣な, 私も, 自分は

▼ 有様でした~ (14, 0.5%)

1 [14件] から, からことし, からもともと, からシナ人, から事, から兵馬, から浅野さん, から自然, から霜どけ路, がその, がまた, がやや, が不思議, が私

▼ 有様にて~ (14, 0.5%)

1 [14件] さむら, その学問, もとより同じ, われわれの, 人の, 今の, 四面包囲を, 妾の, 家を, 悲惨と, 没頭いたし, 洋学を, 生徒の, 老いたる妻

▼ 有様なれ~ (13, 0.4%)

1 [13件] ども後に, ども竊, ば, ばさらでも, ばむしろ書, ばもとより, ば今, ば妾, ば学校, ば残余, ば獄中, ば自分, ば賓主

▼ 有様でも~ (11, 0.4%)

2 見せるかな 1 あつた, あらうか, あろう, いられないわけ, お秀, ないこと, なかった, 体が, 知られるが

▼ 有様であります~ (9, 0.3%)

1 からしたがって, からそういう, から徳川時代, から戦争, から昔, から欧羅巴, から言葉, が社会, のでさすが

▼ 有様などを~ (9, 0.3%)

1 尤面白く, 思ひ出しながら, 思ひ浮べると, 現わし, 筆に, 精しく話し, 詳さに, 詳しく聞いた, 面白そう

▼ 有様にては~ (9, 0.3%)

1 これを, その是非, 仮令いそ, 充分を, 国の, 天下文運の, 経済商売の, 西洋諸国の, 読書家も

▼ 有様とは~ (8, 0.3%)

1 あまり違っ, かかわりない, どんなにちがっ, なった, なりぬ, 多少の, 比ぶべく, 申しながら

▼ 有様であり~ (7, 0.2%)

1 そういうもの, また当時カイゼル, 又みじめ, 又亭主, 特にドイツ, 男の, 論議の

▼ 有様という~ (7, 0.2%)

5 ものは 1 ものが, 以外に

▼ 有様これ~ (6, 0.2%)

2 も一種 1 がお, がはたして, では一, に因っ

▼ 有様じゃ~ (6, 0.2%)

1 お話に, これが, ないか, 何ごとかと, 何とも仕様, 所詮たすかる見こみ

▼ 有様~ (6, 0.2%)

21 やどうも, やわれ, や之, や余程

▼ 有様とを~ (5, 0.2%)

1 並べて, 比較し, 眼の, 見守って, 顧みて

▼ 有様なる~ (5, 0.2%)

1 にぞ只, に其うえ顔, に御身, を以て今, を以て重要

▼ 有様にも~ (5, 0.2%)

1 なるの, バルナバスは, 一層深い, 現われて, 用ひ

▼ 有様をも~ (5, 0.2%)

1 了解する, 形造っ, 想像する, 或時, 見逃さない

▼ 有様だつた~ (4, 0.1%)

1 かを, がそれ, が林平, が驚いた

▼ 有様でありました~ (4, 0.1%)

1 から一旦, がその, が敢, ので私

▼ 有様など~ (4, 0.1%)

1 いく分ひろがった, 清綱さまは, 見つつ, 見て

▼ 有様などが~ (4, 0.1%)

1 大げさに, 此等の, 浮かんでは, 髣髴された

▼ 有様にな~ (4, 0.1%)

1 つたのである, つてしまつ, つてを, つて来ました

▼ 有様やら~ (4, 0.1%)

1 どうも後, 日ごとに, 町の, 知名の

▼ 有様その~ (3, 0.1%)

1 ような, 凄まじさ, 志の

▼ 有様だけを~ (3, 0.1%)

1 云々する, 思い出しました, 本当の

▼ 有様でございました~ (3, 0.1%)

1 がそれ, がふと, のにさらに

▼ 有様について~ (3, 0.1%)

1 くどい説明, その洗濯女, 先ず一言

▼ 有様までに~ (3, 0.1%)

1 進み来つた, 進み来つたので, 進んだの

▼ 有様をば~ (3, 0.1%)

1 其角の, 吾, 朧気ながら

▼ 有様~ (3, 0.1%)

1 の先, までとは打っ, 襖を

▼ 有様正しく~ (3, 0.1%)

3 屋根の

▼ 有様~ (3, 0.1%)

2 てあれ 1 てま

▼ 有様いと~ (2, 0.1%)

2 見苦し

▼ 有様かと~ (2, 0.1%)

1 実はばか, 思う

▼ 有様こそ~ (2, 0.1%)

1 怪しけれ, 無惨な

▼ 有様それ~ (2, 0.1%)

1 から八十吉, につく

▼ 有様であっ~ (2, 0.1%)

1 てわざわざ, て帝国大学

▼ 有様でございます~ (2, 0.1%)

1 からどう, からどんな

▼ 有様でございますれ~ (2, 0.1%)

1 ば, ば亡ぼす

▼ 有様でし~ (2, 0.1%)

1 て, て終い

▼ 有様なども~ (2, 0.1%)

1 似て, 私は

▼ 有様なんて~ (2, 0.1%)

1 いうもの, 見ない人

▼ 有様によって~ (2, 0.1%)

2 外国人が

▼ 有様ほど~ (2, 0.1%)

1 凄惨な, 物凄い光景

▼ 有様より~ (2, 0.1%)

1 判断するなら, 物産に

▼ 有様を以て~ (2, 0.1%)

1 事の, 人類社会の

▼ 有様丁度~ (2, 0.1%)

1 灯火に, 燈火に

▼ 有様~ (2, 0.1%)

1 にすぐれ, の耳目

▼ 有様哀れ~ (2, 0.1%)

1 と言, と言う

▼ 有様実に~ (2, 0.1%)

1 目も, 綺麗です

▼ 有様愛嬌~ (2, 0.1%)

2 も嬌態

▼ 有様~ (2, 0.1%)

1 の人たち, は憤怒

▼ 有様~ (2, 0.1%)

1 も竦, も魂

▼ 有様銀座街頭~ (2, 0.1%)

2 の燈火

▼ 有様陽気~ (2, 0.1%)

2 が土中

▼ 有様~ (2, 0.1%)

2 の方

▼1* [176件]

有様ありありと眼, 有様あるいは室生寺の, 有様いみじきこと限りなし, 有様お話にならない, 有様確と, 有様かえって殉死の, 有様かくの如し, 有様かな人生幻の, 有様かはお前にも, 有様からはなれて, 有様かを見る為, 有様こう事件が, 有様ここに再び, 有様こんな恐ろしい光景, 有様しか見えませんから, 有様しかしこういう所, 有様しかも目の, 有様じゃという, 有様すなわち生活の, 有様それでも同益社, 有様それらの寂しく, 有様たるやさながら, 有様だけでもほんとに, 有様だけは頭脳から, 有様だったり本当に, 有様だもつと凝視, 有様だらうあの省吾, 有様だろうか, 有様だ許すも許さぬ, 有様ったらありませんでしたよ, 有様であるですから充分, 有様であれば日本, 有様であろうか, 有様でございまして建保三年, 有様でとあたかも毎日胃袋, 有様でなければすなわち, 有様で御座いましたがちっとも, 有様で御座いますからとて幾度, 有様で御座るよ, 有様といふ意義に, 有様とかその交尾, 有様とかいうものは, 有様とかを問われるまま, 有様とさえなりてよりは, 有様としかいえない, 有様として文学とは, 有様とともにふれて, 有様とにすっかり心, 有様とまでなって, 有様ともみられる, 有様とわが日本, 有様どこで聴い, 有様なぞが幻燈の, 有様なぞを見て, 有様なぞをもフト思ひ浮かべ, 有様などに接するにつけ, 有様などには目も, 有様などは最も知り, 有様なにしろ小さい時, 有様ならどんな家, 有様なりしさて, 有様なりしよ, 有様なりしかどあたかも同じ, 有様なりしかども天下一般分を, 有様なりしかば誰も, 有様において奨励せられる, 有様については三日に, 有様にまで変って, 有様はと見ると, 有様はとはッと, 有様はや尋常ならぬ, 有様ばかりが明瞭に, 有様への憤りを, 有様まで示して, 有様までが憶い出された, 有様みずからの高慢, 有様もうグタグタに, 有様もしソロ, 有様ものにこえ, 有様やとてほとんど自失, 有様やの錯綜した, 有様ゆえ取り逃がさぬ工風, 有様ゆえ悟浄も眼, 有様ゆえ時とする, 有様よりもその事件, 有様らしいので仕方, 有様わずかに戸袋, 有様わたくしは昨冬弓子, 有様わたしとまた, 有様インドの各, 有様チチコフはただ, 有様生キテイタッテ何, 有様ナカナカ面白し, 有様一芸一能あるもの, 有様世にたぐひなきは炭竈, 有様世界の有様, 有様中でも一番先に, 有様之らは久しく, 有様云わば精神, 有様人形の秘密, 有様今度は赤井左門, 有様今日をもって昨日, 有様の見る, 有様何となく物凄い坂, 有様何やら充分備え, 有様佳き哉自ら称し, 有様全く気の毒千万の, 有様六十七万石の家国, 有様の名将, 有様古い版画の, 有様の国, 有様喧嘩が済ん, 有様大きな舞台で, 有様も憎しみ, 有様如何にもして, 有様は兄, 有様以て, 有様家老の家, 有様尋常で美しい, 有様小村雪岱張りでと注文, 有様少し休ませて, 有様屏風の絵, 有様は反っ, 有様主人は, 有様御覧成サレ度キ御旨ニ候間, 有様を, 有様られず, 有様にとる, 有様此無根の, 有様う云う, 有様方等般若の滝, 有様の朝, 有様昨夜のうち, 有様昨日に異ならず, 有様曲者はどこ, 有様更に現実は, 有様木賃泊りに居なさんす, 有様束髪の利害, 有様正直を申, 有様ういふ人たち, 有様にも元, 有様の紂王, 有様水中で動く, 有様永く描写し止まり, 有様江戸から東北, 有様もこの, 有様物凄いばかり, 有様生来子煩悩の, 有様そうびが, 有様白衣黒衣の天人, 有様に見る如くでありましょう, 有様は自分, 有様については或は, 有様等詳細に観察, 有様繁代は暫らく呆然, 有様美麗になん, 有様舞台監督は狼狽, 有様若い者などが, 有様に餓え, 有様見ました心痛い, 有様見るも歯痒い, 有様見兼ねた新九郎は, 有様評判のいい, 有様にならない, 有様足場を見付け, 有様身の毛もよだつ, 有様車井戸井戸枠に腰掛けてる, 有様軍部もドタンバ, 有様通りが, 有様通りがかりの橋, 有様選りわける迄もなく, 有様都会の暮し向き, 有様鎌倉山の星月夜, 有様と泥, 有様面白くもあれ, 有様や馬