青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「所々~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

戸外~ 戸棚~ 戻~ ~戻っ 戻っ~ ~戻る 戻る~ 房~ ~所 所~
所々~
~所以 所以~ 所在~ ~所有 所有~ 所詮~ 扇~ ~扉 扉~ ~手

「所々~」 1099, 11ppm, 10189位

▼ 所々~ (513, 46.7%)

5 ある, 於て 4 出て 3 あって, あり, あるの, 名も, 散在し

2 [32件] あった, あったが, ありお, あります, ある茶屋, いたり見るに, かたまって, てんぷらの, 一かたまり, 下から, 作って, 出水した, 壺穴の, 家が, 小石を, 散在す, 散在する, 散生して, 散見する, 森が, 燭が, 穴を, 糸瓜を, 蕭条たる, 見えた, 見える, 象嵌が, 転戦し, 隙間を, 雪の, 露出した, 頭を

1 [420件] あしらわれ一方, あつた, あつて, あるが, あるきり, あること, あるこれら, あるし, あるので, ある中, ある明るい, ある木小屋, ある行潦, ある諏訪, ある道標, ある銀狐, うすく星, うねって, おびただしい破損, お救い小屋, きらきらと, きわめて, こう云う, ことに裁判所, これを, こんもりと, ごく稀, しろかね, その記事, たまった雪, たむろし, ついて, つきて, つつじや, つないで, できたそんな, なお灌漑, にじみの, のびたの, はさまれて, ひよろ, ぶつきら棒, ほとんど目, まだ慰問品, まだ白雪, やはり干, わが国情, わびしく交, アイヌの, エンビセンノウの, クレバスち, ヌーシャテル甲冑や, ハメ木を, ブクブクと, ベンチが, 一二箇月ずつ, 一団の, 丸い影, 丸く集まっ, 乱毛を, 乱闘騒ぎを, 亀裂の, 交えて, 人家と, 人家は, 付いて, 付けられて, 伝写の, 住居川上まで, 何人もの, 余焔の, 作られた落し戸, 傷口の, 傾いたり, 光った, 光って, 光を, 入れるの, 兵営や, 凋れた, 出たやう, 出まして, 出入口の, 出口が, 出来ますが, 出水の, 切店有て, 刷つて餘白に, 創が, 動いて, 印が, 古池が, 召連れられ, 名物が, 咲き残った花, 啼鳥を, 善云と, 喰い込み労働服, 固まつて, 在しならん芭蕉, 塊った, 塔の, 塵の, 境界を, 墨で, 壁を, 声聞師と, 多人数寄り集まり不穏の, 多少の, 大きい広場, 大きな平たい, 大きな紺屋, 大きな雪面, 大なる, 大学が, 大風に, 天空と, 太い円柱, 奇警な, 存するあるに, 存在し, 存在した, 安全燈が, 完全な, 寄せ掛けて, 密集した, 寝て, 寫生的の, 小さい人家, 小さな土砂, 小さな歩橋, 小さな池, 小丘, 小松や, 小競合, 尖った波, 屋敷あとの, 山崩れが, 崖崩れが, 川柳の, 川楊が, 工事材料を, 巨大な, 巨岩が, 差し入れた後光, 幾つかの, 幾個か, 建てられたもの, 建物が, 引込線が, 往来の, 徘徊する, 微かな, 怪しい小料理屋, 愛国的信念を, 打った厳しい, 投げ与えて, 投げ散らし, 挟んで, 損傷が, 故意か, 散りて, 散乱せる, 散在した, 散在せし, 散所, 散見し, 散點, 新火山岩, 旅館の, 日傘を, 明いて, 明りが, 時代違ひ, 普通に, 書いて, 書かれて, 月並調の, 有するとも, 有りまして, 朝日の, 木が, 木の, 木札を, 机椅子等を, 杉や, 材木屋らしくない, 松の, 林が, 林を, 枝ぶりの, 枯木や, 枯葉の, 柱を, 根を, 桃色の, 桃金花や, 案山子が, 棒が, 棚も, 棟瓦の, 棧橋が, 植え付けた上, 榛軒柏軒の, 槍お, 様々の, 模様に, 橋が, 橋も, 櫻の, 欠けたもの, 死骸の, 残って, 残雪が, 残雪有之, 毎年巡礼に, 比重が, 水の, 水溜が, 水溜りが, 水溜りの, 水飲み場を, 汚点の, 汚點, 決戦戦争が, 沼の, 泥が, 洞が, 津藤さんと, 流寓, 浅瀬が, 海獣の, 港の, 湧く, 漁業を, 濃く白粉, 瀬が, 灌木が, 火が, 火の, 火を, 灯台ある, 炭坑を, 点いて, 点在する, 焚火を, 焼瓦, 焼跡が, 熊の, 熔岩や, 熟したオレンジ, 熱い蝋, 燃えて, 燃え残って, 牢番小屋が, 獣の, 現はれ, 現れて, 現われると, 瓜を, 生えた雑草, 生木の, 痛みが, 瘤の, 白い星, 白い茎, 白く見える, 白茶けた幹, 白雪の, 白魚が, 目印の, 着いて, 短かい葦, 石の, 石を, 石塊が, 石骨を, 砂が, 磯馴松の, 秋草の, 秘密な, 穴が, 穴の, 突き出て, 突出した, 窓から, 立ち止って, 立ち番, 立って, 立つ喬木, 立札が, 立派な, 笹を, 節穴さえ, 節穴さへ, 築山を, 粗末な, 紅燈を, 細い裂目, 絆創膏が, 結びつけられて, 結びコブシが, 結われ朝露夕露, 緑の, 置いて, 置かれてる生気, 罷在, 美しい色彩, 美しい花, 群る, 群れる景色, 聖母の, 聞えた事, 肌が, 背の, 腕だる, 腕の, 腕や, 腰掛が, 臙脂や, 至り諸流, 芒が, 苔の, 茂った花樹, 草の, 草むらが, 落ちて, 落ち散らばった, 落雷した, 蒸気機関が, 蒼い色, 蓬草の, 蔓って, 蔓つて如何にも, 蔦が, 薄い血痕, 薄氷が, 薄紫で, 薊の, 薬が, 藩の, 蛙が, 蜘蛛の, 蜜柑の, 血が, 血の, 血を, 血管の, 行は, 行われた例, 行われて, 街灯が, 見えその間, 見えて, 見える灯, 見える農家, 見ゆる者, 見られた, 見受ける, 見物所遊興所免許せしめたる, 角立った巌頭, 認められたと, 説明され, 警官の, 象眼を, 貝殻細工の, 負傷し, 貼つけたもの, 貼り出されること, 赤き繪, 赤松が, 赤鉛筆で, 起った, 起って, 起る, 起伏し, 路傍の, 跼み, 農民騒動が, 連れて, 連夜の, 遅桜, 道一杯に, 部落を, 配備され, 醤油の, 野火を, 金山が, 金物の, 針で, 鎖の, 長く列, 開いて, 開ける自然, 間を, 闊葉樹を, 防寨での, 隠れ家を, 難しい古い文章詞句, 雪が, 雪解の, 電気スタンドが, 霰を, 非常に, 顔を, 颯と薬研, 飾られて, 馬の, 騰るこれ, 高い防火建築, 高さ十二フィート, 高塔伽藍, 鬼御影の, 鴈が, 黄色く残っ, 黒い血, 黒く立っ, 黒の, 黒土の, 黒子や

▼ 所々~ (107, 9.7%)

2 家の

1 [105件] かがり火の, ことを, それ等の, ぶくぶくが, パンを, 世話ヲ, 人家の, 仕切先を, 他人の, 修繕を, 傷を, 入口に, 凸凹さえ, 出入は, 叢林の, 古沼, 句会へも, 合戦に, 味方と, 土民百姓共を, 城から, 城下に, 壁に, 壊れた荒壁, 大浚, 学校に, 宮寺に, 家から, 家に, 寄席に, 寺, 寺に, 将棋会に, 小芝居, 屋敷に, 山国の, 岩の, 岸から, 峠には, 工場の, 庄屋大, 慰問使が, 散所, 断れ目, 村落都邑の, 権門に, 権門の, 橋に, 歌連歌, 氏民に, 民家をも, 水溜では, 水溜には, 水辺に, 水門により, 洲や, 海岸には, 海辺で, 湿った地面, 湿地の, 燭ばかりが, 特に掌中, 田園果樹園牧場または, 田舎では, 畦や, 白壁などが, 知州などを, 石垣や, 砂利洲に, 砂洲も, 破損を, 秘庫の, 筋肉が, 縁日の, 縁日熱閙場へ, 耕地や, 能囃子に, 草むらは, 草を, 草間に, 荒浜に, 蓮田で, 藁屋根や, 行為が, 見物に, 視野を, 詩も, 買懸り, 軒に, 軒下に, 軽い擦過傷, 農家で, 辻, 辻口に, 辻篝などは, 追跡を, 部落で, 鎮守の, 門に, 隅に, 隠しの, 電柱に, 頭と, 鱗が, 鴛鴦燈だけが

▼ 所々~ (58, 5.3%)

2 ながれあるいて, 徘徊なし, 案内し, 見物し

1 [50件] いつもこんな, うろついて, こう言っ, さまよい歩いて, ぶらついて, ぶらつき候, 一つも, 切裂これへも, 初対面の, 刺し切りて, 合祀の, 問ひ合せ, 噛み切られて, 回りて, 尋ね廻り千辛萬, 尋ね廻るうち, 巡礼した, 廻つて警戒し, 徘徊し, 徘徊せし, 打やぶり, 押したり, 持って, 捜し候, 採集し, 改め見るに, 旅行し, 歩るいて, 洩れる空, 流浪し, 流浪致し居, 漂泊し, 焼きたてましたので, 籐で, 精密に, 綱で, 聞合せける, 若君に, 行きちがって, 行きめぐって, 見物しける, 見物しけれ, 訪ねた結果, 訪問し, 讀み淺沼, 赤茶色に, 転々させられ, 遊歴なし, 除く可, 飛行し

▼ 所々~ (35, 3.2%)

2 一瞬間馬は, 掘り抜き井戸を, 活字本に

1 [29件] いろんな名, これ等の, して, とめて, ハアハアと, 休みながら, 信玄を, 合戦が, 土人を, 声を, 屋並みが, 峡谷を, 彼に対する, 感心した, 我々は, 数十度の, 歯ぎしりの, 発光が, 盗みを, 笑いを, 絶えまなく, 草木が, 角に, 起ったが, 踊つてゐる, 踊りを, 逗留する, 陸を, 鳴く

▼ 所々には~ (32, 2.9%)

2 あざみや, 水増しの, 背の, 蜘蛛の

1 [24件] かなり沢山の, クルージイと, ノーマン時代の, 亭々たる, 人家の, 会社に, 低い家, 列柱式の, 小沼の, 小高い丘, 抓投, 新しく打つ, 昔さながら, 松の, 深い亀裂破れ, 混ぜられて, 目標の, 花を, 赤錆の, 足がかりと, 針金を, 障子に, 黄や, 黒ずんだ血痕

▼ 所々方々~ (32, 2.9%)

2 へ臆面

1 [30件] から彼岸, が誰, で拾い集められた, とあさり, と出入, と尋, と尋ねける, と彷徨, と捜し, と遊歴, と駈, にあり, にて稼ぎたる, に下級, に下級神人, に油田, に窯, の品, の土, の小, へ招かれ, より縁談, をうろ, を歩行, を流れ渡っ, を渉, を視察, を馳, 尋ね, 尋ね居れりと

▼ 所々~ (16, 1.5%)

1 [16件] 一反ぐらいずつ, 伊代は, 取持たれば, 執筆を, 恰度あてはめる, 放火した, 散乱する, 渡来致し, 燃移れ, 真珠を, 礼廻に, 結び目を, 線を, 貸金等も, 貼りついて, 追手を

▼ 所々~ (11, 1.0%)

1 [11件] あるの, 三カ所ほど, 冷たく肌, 剥げ落ち, 劇しく, 朱を, 消えるよう, 破れて, 空いて, 薄くなっ, 裂けて

▼ 所々~ (10, 0.9%)

1 小さい深い溝, 当惑, 朧げに, 柳桜に, 氷るよう, 牛の, 田圃の, 石で, 紅であった, 言おうと

▼ 所々から~ (9, 0.8%)

2 雫が 1 この部屋一ところ, のぞかせて, 寄せて, 眞黒な, 真黒な, 起った, 馳せ集まった兵数

▼ 所々にて~ (7, 0.6%)

1 借入何處共なく, 宵の, 救助を, 見たり, 遊びけるが, 金銀衣類等を, 難儀やしつらん

▼ 所々破れ~ (5, 0.5%)

2 たり血痕 1 ている, て今, て少量

▼ 所々~ (4, 0.4%)

1 が浸んでゐた, が滲ん, に塗れ, を滲ませ

▼ 所々しか~ (3, 0.3%)

1 はつきり聞えなかつた, 写らない剥げた鏡, 通じなかったらしい

▼ 所々では~ (3, 0.3%)

1 人知れず心, 派手が, 燐燧を

▼ 所々より~ (3, 0.3%)

1 出す過料金銀, 嫁に, 願ひ

▼ 所々奔走~ (3, 0.3%)

3 して

▼ 所々裂けた~ (3, 0.3%)

2 事天井が 1 水干を

▼ 所々~ (3, 0.3%)

2 もうかん 1 が切れ

▼ 所々この~ (2, 0.2%)

2 泥岩層の

▼ 所々これ~ (2, 0.2%)

1 こそ泉, は何時

▼ 所々その~ (2, 0.2%)

1 砕けた氷, 跡が

▼ 所々において~ (2, 0.2%)

1 特にオハイオ, 都合三回の

▼ 所々ほうぼう~ (2, 0.2%)

1 からの訴え, と人

▼ 所々~ (2, 0.2%)

1 あるあれ, 見えず

▼ 所々~ (2, 0.2%)

2 の岩

▼ 所々丹塗~ (2, 0.2%)

2 の剥げた

▼ 所々~ (2, 0.2%)

1 に一石塊, に紅

▼ 所々~ (2, 0.2%)

2 が雪

▼ 所々小さい~ (2, 0.2%)

1 温泉旅館が, 湖水を

▼ 所々~ (2, 0.2%)

1 が多く, に緑青

▼ 所々~ (2, 0.2%)

1 弟子達の, 評議に

▼ 所々植付け~ (2, 0.2%)

2 られたばかりの

▼ 所々樺火~ (2, 0.2%)

1 の趾, の跡

▼ 所々歪んだ~ (2, 0.2%)

1 ま, まま曝されきった

▼ 所々真赤~ (2, 0.2%)

2 な血

▼ 所々破けた~ (2, 0.2%)

1 ところも, ままの

▼ 所々破損~ (2, 0.2%)

1 して, んでいる

▼ 所々~ (2, 0.2%)

1 のやう, をならべ立てた

▼ 所々落葉~ (2, 0.2%)

1 の中, や草

▼ 所々赤く~ (2, 0.2%)

1 染ったまま机, 照らしてる街灯

▼ 所々~ (2, 0.2%)

1 の折れた, ぶしの

▼1* [196件]

所々かかっているだろう, 所々かけたのが, 所々かすみが深い, 所々くずれ落ちことに, 所々すりきれたチョッキの, 所々ただ瓦の, 所々だけを歌いながら, 所々でこぼこして, 所々でも非常に, 所々人の, 所々といつても東京附近, 所々とびとびに摘み取る, 所々ないでは, 所々ながら母うえにも, 所々にてものたまへ, 所々ぬきがきす, 所々のぶく, 所々はげかけた金文字の, 所々はげ落ていたし娘, 所々へも読経を, 所々ほころびて洗い, 所々ほの暗い網雪洞の, 所々まだらに, 所々まっかになってる, 所々まつ黄色に, 所々むしり取られて燃さし, 所々やさしいかたくりの, 所々わくら葉が落ち, 所々ガラス張りの魚槽, 所々ジメジメした足元, 所々トラックとすれ, 所々ハゲた壁, 所々バラバラに物品, 所々大勢罷, 所々ボツンボツンと散らばっ, 所々一本一輪途中へ棄てた, 所々の低い, 所々上陸しつつ, 所々不自然の痕迹, 所々のよう, 所々中窪に崩れた, 所々の所謂, 所々五六寸ずつ開け放し, 所々例えば肩下, 所々侍町を幾, 所々修繕の上, 所々倒れた巨木が, 所々偃松の古, 所々僅かの岩肌, 所々先づ以て之, 所々先生の旧, 所々光るやうな, 所々円天井や曲面, 所々円孔の空いた, 所々切れている, 所々別して尾根に, 所々剃ってあった, 所々剥がされていた, 所々剥げた蝋鞘の, 所々危うげなる, 所々取れてい, 所々古い孔へ, 所々古代の名詞, 所々土城の上, 所々地割のした, 所々堂舍廟塔一つとして全, 所々が染んだ, 所々大きく剥落し, 所々大きな岩石が, 所々好い加減に頁, 所々がまちがっ, 所々字句を改易, 所々宅地の隅, 所々尋ね廻り候處漸, 所々尋ねたれ共相知, 所々尋ね廻りしが頃, 所々崩れか, 所々崩れかかったそうしてその, 所々崩れ落ちて居る, 所々広がって四角い, 所々釣るよう, 所々引き裂け帯は, 所々強く光を, 所々徘徊して, 所々怪しいところが, 所々恰も錆びた剣, 所々意味のわからない, 所々崕の, 所々手帖にかう見ねえ, 所々打ちつけてあつ, 所々掛行燈が赤く, 所々探索を申付, 所々文字は涙, 所々方々奔走あり, 所々方々手の屆, 所々に墨色, 所々景色のいい, 所々たかく塊, 所々曖昧な部分, 所々有り今度中門を, 所々木立は薄く, 所々の列, 所々殊に凱旋門の, 所々残ってい, 所々水気を持った, 所々汚れていた, 所々の辺, 所々によって切り込まれ, 所々洲肌が現われ, 所々流されていた, 所々涙痕を印し, 所々淡く紫がかった, 所々渡り侍士を, 所々漆喰を塗り固めた, 所々濡らした指尖で穿たれた, 所々を放っ, 所々点々や太い, 所々焼けこげがあっ, 所々焼け跡になっ, 所々煉瓦塀の残骸, 所々が漂う, 所々煽って高い, 所々ゆるよう, 所々を懸け, 所々疎らに塞がっ, 所々痛みをおぼえる, 所々白く光った, 所々が剥げ, 所々探し候, 所々相尋しか共, 所々相違するところ, 所々真白の花, 所々真鍮の生地, 所々の上, 所々破けてゐた, 所々空地などもあっ, 所々空間があつ, 所々立つて居る, 所々を入れたらしく, 所々簡単に取りつけ, 所々が切れ, 所々を重ね, 所々紫色の斑點, 所々絵具がはげ, 所々綴布の入, 所々練れるように, 所々缺けた所がある, 所々群がりまた時に, 所々考証を記す, 所々肝要のところ, 所々腫物とも言える, 所々自然に土砂, 所々自然科學の言葉, 所々が塗っ, 所々が生え, 所々や木, 所々草茫々たる中, 所々が拡げ, 所々薄ぐろく所々は, 所々のくった, 所々蚕食いたし候, 所々に喰われ, 所々裂け目のついた, 所々の赤い, 所々裏向けにし, 所々見分相捜候得共外に疑, 所々見廻り仕候処是又, 所々見物なし日, 所々訂正すべき點, 所々読んで見る, 所々の方, 所々赤インキで, 所々身元宜者共, 所々途絶えまた所々, 所々金色をした, 所々の長男, 所々開かれた汽車の, 所々開けて見, 所々間抜けらしく見せて, 所々つて來さうな, 所々降つて来さう, 所々陶器の鉢, 所々に埋められ, 所々非常な卓見, 所々を上げ, 所々風化して, 所々高くなって, 所々を捕へる, 所々かなコバルト, 所々の剥げた, 所々黄ばんで來, 所々黒い表皮が, 所々黒くすすけて, 所々ずんだ仄, 所々黯青また緑, 所々いろの